5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

社会的選択理論

1 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 01:30
社会的選択理論(Social Choice Theory)というのはどんな理論ですか?
分かりやすく説明してもらえませんか?

2 :KA:2000/10/31(火) 06:07
社会学版にしては珍しく専門的なスレですね。ほんとは経済学版のほうが
向いてると思いますけど(ま いいか)

社会的選択理論というのは米国の経済学者、K.Arrowが『Social Choice
and IndiviDual Values』(1951)(長名寛明訳『社会的選択と個人的
評価』日本経済新聞社,1977年)をきっかけにして発展した厚生経済学
と呼ばれる分野の理論です。
 Arrowは社会的意思を決定する民主的ルールが存在しない、ということを
示しています。また、彼は有限個の対象について構成員が合理的と思われる
順序づけを持つ社会で、倫理的に妥当すると思われる条件をみたす社会的
順序づけが一般的に存在しないことを証明しました。
 彼の業績はこのほかにも一般均衡解の存在、安定性、パレート効率性、不
確実性の経済学など広範囲に渡っています。
 社会的選択理論は経済学だけでなく政治学や社会学にも影響を与えています。
政治学では公共選択理論に、社会学では「構造機能理論」の論理的欠陥を批判
するために、日本の社会学者が援用したりしています。
 記号論理に基づいた精緻な理論なので、数学や論理学になじんでない人には
難しいかもしれません。もしそうなら、事前に論理学などの教科書を読んでお
いたほうがいいですよ。
 参考書としては、鈴村興太郎編著『社会的選択理論の研究』日本経済研究
センター、1996年4月、佐伯胖『決め方の論理』(東大出版会?)などがあ
ります。




3 :No,1:2000/11/05(日) 00:34
KA様
返事が遅くなってすみません。
詳細なご説明をいただき、ありがとうございます。
紹介していただいた参考書等を読んで勉強を進めてみます。

「社会学では「構造機能理論」の論理的欠陥を批判
するために、日本の社会学者が援用したりしています。」
とありますが、これは具体的にどなたでしょうか?
よろしければご教示ください。
では。



4 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 06:08
>3
橋爪大三郎や志田基与師だろ。
「構造機能理論」なるものが、アローを持ち出してまで批判するほどの理論
だとは到底思えないがね。批判した本人たちが「あの様」だからな。

5 :名無しさん@1周年:2000/12/27(水) 06:42
なんで、こんなことするんだ??

6 :名無しさん@1周年 :2000/12/27(水) 06:53
>1
社会的選択理論も知らないの?氏ね

7 :名無しさん@1周年:2001/01/02(火) 05:17
>6
じゃあ、おまえ敷衍させてみろよ。

8 :名無しさん@1周年:2001/01/14(日) 04:27
エルスターの合理的選択論などとの関連は?

9 :名無しさん@1周年:2001/01/16(火) 11:12
特に感じられないが。

10 :名無しさん@1周年:2001/01/21(日) 15:22
そんなことない

11 :CC名無したん:2001/07/15(日) 03:36
社会的選択 social choice

社会を複数の個人により構成される集団として理解するとき、
社会には個人の願望や利害の衝突を調整する規則が必要になる。

この規則に基づく決定が社会的選択である。

市場機構を通じる所得分配の決定や,
投票による政治的決定などがその例である。

社会的選択を決める規則と集団構成員の願望との関係を
論理的に考察するのが社会的選択論のテーマである。

12 :CC名無したん:2001/07/15(日) 03:38
一般可能性定理 general possibility theorem

社会を組成する諸個人の選好順序から、社会的選好順序を構成しうるか否かは、
厚生経済学の基礎にある重要な問題である。

アローは、民主主義的な社会的厚生関数は論理的に存在しえないという
一般可能性定理(または一般不可能性定理)を主張し、大きな反響を呼んだ。

13 :CC名無したん:2001/07/15(日) 03:40
投票のパラドックス voting paradox

3人が3個の対象に対して投票を行い、甲はAよりもB、BよりもCを選び、
乙はBよりもC,CよりもAを選び、丙はCよりもA,AよりもBを選ぶとき、

多数決の原理はAよりもB、BよりもC、CよりもAを選ぶという逆説をもたらすことになる。
このような状態をいう。

アローの社会的厚生関数の非存在を内容とする一般可能性定理は、
この逆理に基礎をおいている。

14 :公共選択論:2001/07/15(日) 04:31
>>1の意図は不明だが、
2は正しいけど、基本的にはそのご経済学と政治学で異なる発展。
みなさん経済学での流れはご存知のようだけど、
政治学で「公共選択論」ていうと、むしろ意思決定論よりだよ。
っていうか、「公共選択」という論文誌さえでてたのに、1は?

15 :CC:2001/07/19(木) 01:54
いいんじゃないか。がむばれ。

16 :考える名無しさん:2001/07/21(土) 07:53
あげ

17 :名無し:2001/08/11(土) 11:40
最近の注目すべき日本の研究者は? 遠藤薫?

18 :サードキャッチャー長嶋:2001/08/14(火) 18:55
アローって子供の頃、やくざだったってほんと?

19 :ななしぼん:01/10/10 03:05
age

20 : :01/12/03 23:09
 参考書としては、鈴村興太郎編著『社会的選択理論の研究』日本経済研究
センター、1996年4月、佐伯胖『決め方の論理』(東大出版会?)などがあ
ります。

21 :奈々氏:01/12/04 01:18
 鈴村さん最近アマルティア・センの入門書お書きになられましたよね。実教出版でしたか。
ここではあんまり関係ないのかな。でも評判はいかがなもんでしょ。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)