5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

高橋佳子先生のGLAについて

1 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 23:01
高橋佳子先生のGLAについて教えてください。

2 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 23:25
過去ログを読みましょう。
上の「過去ログメニュー」から、捜しましょう。


3 :健康度チェック:2000/11/27(月) 01:56

*日本脱カルト研究会*

「集団健康度チェック」の項目をお勧めします。
所属する宗教団体の健康度を知りたい方は、約100項目にも及ぶアンケート方式で、
あなたの集団の健康度チェックが出来ます。(下記『JDCC』URLへどうぞ)

http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/


4 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 19:21
教えてあげません。
宗教板住民はカスばかりだからな。

5 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 20:18

 過去ログからも消えているけど、「GLA高橋佳子の秘密」は、なんちゅー
低レベルのスレと言われてたから、読んでも役にはたたんと思う。

 ヤフーの「真に法を継ぐもの」トピで聞いてみれば? 高橋信次の話が少し
載ってた気がしたが。

6 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 03:02

教えて上げます。
宗教板住民はカスばかりではないから。

とにかく「巧妙」の一言につきる団体です。こう言っちゃなんですけど。
なんでも聞いてください。

いわゆる新新宗教の霊能力崇拝はGLAからの影響を受けている面もあると思う。

幸福の科学の教義の基本的枠組みは、GLAからのものであるし
あの麻原彰光も、一時的に入会していたと雑誌かなにかに書いていた。
オウムの機関誌かなにかに、麻原自身の発言として載ってもいたはずだ。
なぜか、このことはあまりだれも言わないんだけど。弟子に対しての過去世認定
なんかは、まさにGLAのパクリそのものでしょう。

まあ、これは勝手にまねする方が悪いんで、GLAは被害者か・・・

GLAについて考察することは、日本の新新宗教について考察する
ことにもなるので、このスレッドはなかなか有益です。
このインターネットの世の中、ひとり、いつまでもすましているわけにも
いかないでしょう。

7 :ageman:2000/11/28(火) 03:24
age

8 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 09:25

> 1さん

 高橋佳子「先生」と呼んでいる理由がわからないのですが?
 一般の人が、本読んでいきなり「先生」と呼びますか?
 あと、どうして知りたいのでしょうか?
 そちらの理由にあわせて、過去スレ思い出してカキコしますけど・・・。

9 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 14:37
佳子先生とか、信次先生とかって、呼んでいたら、
もう「一般の人」じゃないよね。

>8
GLAは「TL人間学講座」ということで、最近は宗教団体色を薄めた名称で
講演会をたくさんしています。
著作自体は結構売れているようなので、ファンも多いのかもしれません。
GLAが宗教団体であるとか、教義の変更とか、さらに他のいろいろな
どろどろしたことを全く知らないような方が、「先生」と呼んでいる
のかもしれません。

10 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 19:01

> 8さん
>GLAが宗教団体であるとか、教義の変更とか、さらに他のいろいろな
>どろどろしたことを全く知らないような方が、「先生」と呼んでいる
>のかもしれません。

 他の宗教団体みたく社会からの批判が表立ってないぶん、「どろどろ」
したもの強いですよね。1人の宗教作家を「先生」ととりあえず呼んで
いるだけならいいのですが。

> 1さん
 とりあえず、過去ログのコピーを載せます。読むに耐え得るレスを
選びますが、読むに耐えない箇所はカット(*****で)します。
簡単のコメントもつける場合もあります。

2 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/24(水) 14:44

ミカエル宣言(古すぎかな)のあいつかい。
******の噂聞いたよ。
(週刊誌がかぎつけたのかも)
霊媒だよ、あれも、**師。
深見と同じだ。
谷口とか言う、やつもいたな。幹部に。
>***************
最近、聞く噂だね。********。
********は、こいつに決定しよう。

注)ミカエル宣言 = 高橋佳子が自分を大天使ミカエルの化身だと錯覚し、
 信者の前で、「全人類はミカエル佳子の前に跪く」と公言したこと。

  霊媒 = 過去世の言葉を語ったり、信者に関係ある故人の意識で語る
 能力が、高橋佳子にはあることになっている。パフォーマンスに近い。

11 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 20:38
続きです。

3 名前: うるさい宗教 投稿日: 2000/05/24(水) 15:15

俺にも言わせろ。内の会社に信者が二人いた。
君は何故菩薩になろうとしないのかと勧誘のうるさいこと。
夜中まで、知らないやつから今度いかがですかとTELかかってきたな。
上記、ボティサットバー宣言の時の話。
この二人、結局仕事そっちのけだから、リストラされたが。
今ごろ菩薩になったのかな??
ここの二代目教祖だろ、けいちゃんは。
確か、**も入信してるらしいが・・・・。(アメリカで)
かわいそうな、**ちゃん。

4 名前: ぼんだ。 投稿日: 2000/05/25(木) 01:26

その、高橋佳子さんておいくつぐらいの人なんですか?
****ですか?

5 名前: >4 投稿日: 2000/05/25(木) 02:11

確か1956年生まれです。大川隆法や麻原彰晃とほぼ同世代。

注)菩薩 = GLAでは菩薩を重視している。他人と関わりながら共に成長
    していくのが菩薩であるが、会の外の人といかに関わるか、市民社会
    でどう関わっていくかについては、特に語られていない。

  二代目= 父親である高橋信次から教団を引き継ぐ、当初は新たな法を説く
    ということであったが、いつのまにか法の後継者になっている。
       ちなみに20歳前半で教団を引き継いでいる。

12 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 20:39
続きです。

8 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/25(木) 08:41

大川隆法は確か、GLA出身だろ。
GLAは、信二?(しんじ)が死んだとき、もめたからな。
幹部と、あせった信二?(しんじ)の嫁が当時日本大学に行ってた
佳子をむりやり担いだんだ。
本は、急遽、平井というSF作家が書いてね。
たいがい、むちゃくちゃな宗教らしいね。
2代目にありがち、世襲の**おばさん。
まあ、綺麗な口だけど。
***好きらしいよ。上にあるように、********
********まくりらしい。友達が信者だから、情報が入って
来たんだ。正体は*??
>5 >6おまえら信者やな。

9 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/25(木) 09:29

佳子って、****目の女だろ。
あれで、よく**だけはよく見えるんですね。
**病ですね。あの女。カルマかなー。
とにかく、聖人ぶったあいつはやはり凄かったんですね。
***とは。

21 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/26(金) 01:01

それにしても、いくらなんでもこのネタはひどすぎる。
ご本人さんが見たらどう思われるか。
言っておくが私は信者じゃないぞ。

22 名前: 21同感 投稿日: 2000/05/26(金) 07:40

こんな弱小教団(だろ)なぞ知らんが眼の敵にしてるのがいるみたいね
ちょっとこのスレ異常。批判なんてもんじゃないね

注)大川隆法 = 幸福の科学総裁 当初高橋信次霊言集を出し、高橋信次は
     アラーの神の分霊だとしながら、いつのまにか、高橋信次は仙人さん
     にすぎないと主張。

  平井 = 平井和正(作家) 真創世記は平井氏の手によるらしい。退会後
     はGLA批判者に転ずる。幻魔大戦はGLAがモデルとのこと。

13 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 20:39
続き

32 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/26(金) 21:06

大宇宙大心霊って、高橋信次の仏陀より偉いのか?
何次元ぐらいになるのかな?
これじゃあ、大川隆法と同じだな。

33 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/26(金) 21:14

>32 そりゃもう、仏陀なんてもんじゃない位置付けだったよ。
エルランティかなんか、細部は忘れたが、太陽系零団の
最高心霊とかも言ってたよ。
あほ、丸出し。**丸出しだ。
大川と同じ路線だが。あいつは、エルカンターレだろ。
まあ、高橋信次のパクリ合いですな。
思い出した。佳子は、自分で大日如来だとも言ってた。
その心は、なんでも最高(サイコ)だ。

35 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/26(金) 21:19

エルカンターレも、エルランティも同じはずだ。
エルカンターレが、発音の響きとかいいというので使っていたのが、
エルランティだったと思うよ。

36 名前: 締め上げでGoo 投稿日: 2000/05/26(金) 22:16

>35
結局同じだが、どちらにしても、ばかげてる事は確かだ。どんなにたたかれても
>26
 どんなにつき放されても
 とんなにさげすまされても
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 その痛みの底に
 人を新たにする癒しの力が生まれる

                   高橋佳子著「千年の風」より
かなり、この2ちゃんで佳子サイドも防御に入ってるな。
攻めの方が、追われる側より強い。
どんどん締め上げよう。

注)大宇宙大神霊 = 宇宙創世の働きを意味する。アラーの神のような存在を
      仏教キリスト教的に日本語で表現しただけと思われる。
  次元 = 霊界に段階があり、その段階を次元と表現。高橋信次が勝手に
      言っているのをそのまま継承。大川隆法も使用している概念。        「痛み」「癒しの力」 = 高橋佳子独特の表現、本に出てくる表現は
      清らかなイメージではある。

14 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 20:40
続き

41 名前: >40 投稿日: 2000/05/26(金) 22:43

同感。
あまりひどい誹謗中傷(それも確たる証拠もなしに)を言っていると
**されますよ。

49 名前: 戸籍はあるの 投稿日: 2000/05/26(金) 23:18

戸籍はあるの?

50 名前: >49 >41 投稿日: 2000/05/26(金) 23:28

母の和江が佳子のことを高次元の存在だと、講演会で言ってたよ。
高次元なんだから、今は無いとの認識で書いてるんだけどな。
だから、人権など配慮してないよ。するはず無いじゃないか。
我々とは、違う高次元なんだから。
我々、凡夫を超越してるんだよ。
怒ってないはずだよ。
セミナーに無理やり、行かされたときに、
この世は「忍土」でどんな試練でも、たくましく
そして、相手のこころの「光」を信じてと言ってたんだから。
交通費、ビデオ代あわせて、¥15000要ったよ。
確かめる必要はないんじゃないかい。
が、ここに来てびびって、低次元の存在(人間)と言い出したりしてな。
なんでも、ころころ都合で変わる宗教だから、分からんぞ。
分かったかな、>41よ。高次元なんだよ。

注) 和江 → 会では「一枝」と名乗っている。
   「凡夫」 = 仏教的な響きのある用語を使っていることが多い。
   「忍土」 = キリスト教的な響きのある用語を使っていることが多い。
   ¥15000 = 他宗に比べ研修費などは低価格。ただし精神力や労力が
        別途かかることが多い。

15 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 20:41
続き

59 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/28(日) 15:42

GLAに悪意を持つものが誹謗目的に立ち上げたスレッドであることは明らかだよ。
もっともそんなのここ2chにはあふれかえってるので驚かないし、宗教の実態
なんてだいたいそんなものでしょう。
「幻魔大戦」読んでGLA に入ってしまった者は大勢いるし、その後平井がGLA批判
したために脱退した者が多数実在することを僕は知っているよ。そんな平井信者と
その周辺にとっては注目ぜずいはいられないスレッドなんだね、ここは。

60 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/28(日) 16:52

いっそのこと平井和正が宗教つくって、その教祖に
おさまればよいのに。

61 名前: いやぁ〜 投稿日: 2000/05/28(日) 19:11

最近の平井氏の小説見た?あとがきなんか(立ち読みだけど)
あぶないっつうの(笑)<彼。

16 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 20:42
続き

63 名前: スレ立ち上げ者 投稿日: 2000/05/29(月) 13:09

>GLAに悪意を持つものが誹謗目的に立ち上げたスレッドであることは明らかだよ。

言うまでもなく、そのとうりです。目的は佳子の**実現です。
我輩は、大川さんの被害には合ってないので、そちらはどうでもいいのだが。

>58 無理矢理****た・・拉致でもされたのですか?

無理やりのジャンルだね。TELも夜中までしつこかったし。
行かなかったら、拉致されたかもな。あそこなら、やりかねん。
ちなみに、**は本当だ。被害者の筋から聞いたのだから。
困ってるらしいよ。(*******の人もいるだろうがな)

65 名前: 名無しさん@1周年>63 投稿日: 2000/05/29(月) 13:44

ところどころで、圧力かかってるようだけど、がんばれよ。
それと、気を付けろよ。
俺は、全部じゃあないが、結構信じてるぞ。
だって、最初の三部作の写真、***好きそうな顔に見えたもの(笑)。

66 名前: >65 投稿日: 2000/05/29(月) 15:28

たしかに あの3部作の写真、
***と******が好きそうな顔してるね。

注) 三部作 = 真創世記 地獄編 天上編 黙示編 のこと。今となっては、
      たわいのない霊界フィクション。

17 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 22:45
>高橋佳子「先生」と呼んでいる理由がわからないのですが?

つい先日、友人から高橋佳子氏の出版物と講演会のビデオをもらったのですが、
さかんに友人が「佳子先生、佳子先生」というので、ついつい私もスレに「先生」
と書いてしまいました。
また、あまりにも友人が熱心なものですから、悪徳宗教に騙されてるのではと思い、
真相を知りたくなり、スレをたてさせていただきました。

18 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 20:19

続きです

71 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/30(火) 00:34

好き放題書くのはもういい加減にして下さい!
もう誹謗中傷の数々で掲示板を汚すのはやめて下さい。
この掲示板の管理者の方もどうかしています。
即刻このスレッドを削除すべきです。
これ以上名誉を傷つけるような書き込みを続けるようでしたら、
警察に調査していただきそれなりの法的な手続きをとることも
有り得ますよ。
串を通しても、インターネットカフェを使っても無駄です。

76 名前: スレッド立ち上げ者 投稿日: 2000/05/30(火) 09:49

>71 こら、自分が信者だからって、教祖が直視出来ないのだな。
なんども言うが、教団からの強引な勧誘で困り果てた我輩の人権は
どうしてくれるんだ。なんとか、言ってみろ。
自分だけ(佳子)だけが被害者面するなよな。
これだから、宗教は困るんだ。****だね。
本当の被害者は我輩とその家族なんだよ。
が、教団は大きいし狂信的だから、家族に危険が及ぶから
ここでありがたく書かせていただいてるんだ。
本当にいいかげんにせいよ。宗教が告訴わらわせるなよ。
出る所でたら、そっちが困るんじゃないのか。ええー。
それに、高次元の存在という点もどうクリアするんだ。
高次元自体、嘘まるだしじゃないか。
この点を論点にすれば、そっちは負ける。
我輩は必ず勝つのだよ。
少々難あり発言としても、そっちのやったことと 最悪刺し違えれるのだ。
どうだ。いどめるか 信者さんよ。

注)高次元 = GLAでは菩薩界以上を高次元と呼んでいる。但し、想像で
     言っているだけで「嘘まるだし」という批判にも一理ある。

19 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 20:20

続き

96 名前: ガキ 投稿日: 2000/06/01(木) 07:58

まるで子供が、自分の欲しかった物が手に入らなくて、駄々こねてる風にしか
思えないね。 立ち上げ君。
君さ、ビデオ買って、見たけど思ったほど自分が救われなかったから、駄々こ
ねてるじゃないの。 ほんと、子供だね。 そんなに、そのことを責めるんだったら、
始めっからそんなモンに頼らなきゃイイジャン。 自分で、解決すれば。
出来ないからって、外を責めてるんじゃ、**みたいだよん 見苦しいからやめときな。
でも、そんな君もさ、苦しんだろ。 助けて欲しくってたまらないんだろ。
だから、そのビデオ買ったんじゃないのかい? 期待と裏腹だったから、
そんなに責めるんじゃないのかい?

97 名前: 氏子24 投稿日: 2000/06/01(木) 22:21

まっとうな宗教世界を知らないで育ってきた人は、あんなもんに平安を求めて
しまうんだろう。佳子の文章をちょっとみれば**な内容であることは明らか
なんだが、GLAが初体験だとのめり込んじゃう人もいるんだね。
今は世論が厳しいから、ちまちまと稼ぐ戦法だろう。

99 名前: まっとう? 投稿日: 2000/06/01(木) 23:32

『まっとうな宗教世界』? まっとうってどういうこと?
そういうあなたは、まっとうな宗教人? どんな宗教でしょうか? > 氏子24さん
高慢な態度で人を批判しているようでは、まっとうとは言えないと思うのですが・・・
あなたの心は、今、本当に平安ですか?
人を見下して、安心しようとしているだけではないですか?
私も偉そうなことは言えませんが・・・  本物の心の平安は、欲しいですね。

注) 期待と裏腹 = 本を読んで感動して新興宗教に入った場合によくおこる。
     伝統的な仏教、キリスト教、神道などの世界をイメージして本を読むため、
     会の雰囲気や活動にそれ以上のものを期待するが、現実には期待は裏切られ
     ることが多い。

20 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 20:22

続き

100 名前: はぁ。 投稿日: 2000/06/02(金) 00:51

あんなぁ、君。
セミナーに参加して交通費とビデオ代を含めて全部で一万五千円未満、なんやろ?
一般の自己啓発セミナーって参加費『だけ』で五万や十万円は軽く相場やんかー。
某はっぴー教バカボン教祖さまんとこじゃ100万円のご本尊売っとるそうやで。
交通費は除いて、9800¥のビデオ代?・・そら世論を煽るのは無理あるやん。
君かてわざわざ交通費払ろうて出かけて、その上ビデオまで買うたんやろ?
しかもその後2ちゃんでこんなん立ち上げとるんやから、余程その教祖さまにご執心
なんやね。
自分は納得のいかへんモノには一円たりとも払わん主義やけど、
君、実生活では『結構いい人』で通ってて、お人好しって思われてるんとちゃう?
イヤやったらな、誘われた時に「イヤや!!」てキッパリ言うたらええんや。
君、誘った相手に「俺な、今2ちゃんでこんなん立ち上げとるんや。おまえんとこ
の教祖追いつめたるで〜ぇ」って直接目を見て、言えるんか?

101 名前: 氏子24 投稿日: 2000/06/02(金) 18:45

>99
「まっとう」というのは問題が多い表現でした。「伝統的な宗教世界」ぐらいに
とらえてください。
一般的に言って新興宗教に入れあげてる人間になに言っても無駄なんです。それ
しか知らないんだから。
ちょっと勉強するだけで見えてくるものがあるのにね。実際は、裏切られてそれが
わかってくる ことが多い。ぐっすり寝てから考えるといいですよ。

注)全部で一万五千円未満 = 料金設定はカルチャースクール並み、但し精神力
    を使いすぎると損した気になる。
  新興宗教に入れあげる = 新興宗教に惹かれるのは、親が適切な信仰をしてい
    いない場合が多い。親にないものを新興宗教に求めるので、当初は新鮮な感
    覚があるが、必要なことは短期間で学べることが多いので、それ以上のもの
    を期待すると、裏切られたように感じられる。裏切り感を否定するため現実
    を直視せず活動にはまることも多い。

21 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 20:22

続き

102 名前: ガキ 投稿日: 2000/06/02(金) 20:34

2000年前は、キリスト教も新興宗教だったんだよ。氏子24君。
その事を君はどう思うんだい?
まぁ、そんな事はどうでも良いが、初めてここへ来て、このスレに目がついて開いて
見てよぉ〜、なんちゅう低レベルの所かと思ったぜ。そう言う俺もこんな所で油売って
るんだからしょうがないがな…
しかし、あの*****、スレを投稿した奴、えらい詳しいやないけ?
お前さァ〜、好きなんじゃないの?
よくストーカーがさァ、自分の目をつけた女にふられて、*****を撒き散らして
いるのと同じじゃんか。
ほんで、もってもっと嫌われてやんの。それがわからんのかね。 もっと、頭使えよ。
ほんでからさぁ、信者にしつこい勧誘を受けたっちゅう奴おったやろ、お前もさァ、
もっと筋道と押して書かないと行かんぞ。
もっと詳しく、言わないとねぇ、これじゃ、『お前のかァちゃんでべそ』の幼稚園の
********だぜ。
どっちにしろ、お前たちも痛みや、苦しみがあって、GLAへ行ったんだろうが、そこで
なっとく行かん事があったら、筋道を通せ。
こんな所で、わめいていても、どうにも成らんぞ。
どう見ても、自分の苦しみを押し付けている様にしか見えんぞ。賢く成れよな。

103 名前: 木偶の棒 投稿日: 2000/06/03(土) 01:14

>101
「伝統的な宗教世界」=「正しい世界」????
どうも、「伝統的」と言う言葉はくせ者ですね。 もちろん「伝統」の全てを否定する
わけではないが、 やはり、時と共に風化してしまうものもあるのではないか?
正しさから、ずれてしまった部分もあるのではないか?
つまり、「伝統的」を鵜呑みにすることは間違いではないか? と思うのですが・・・・・
裏返して見れば、 「新興宗教」=インスタント、間違ったもの・・・・
と考えるのも、また違うのではないかと思います。
「啓示を受けた!」なんていうのは、怪しいでしょうが・・・・

「正しさ」って、一体何でしょう? いつも疑問に思うこと・・・
スイマセン、とりとめのないことを、、、、

注)啓示を受けたなんてのは怪しい = 親が幼児をほめる場合の言葉は啓示に
    似ている。お前はできる、偉い、大きくなって立派になれ。実は教祖には
    人格的に至らない部分(幼児で止まっている部分)があるため、自分の人格
    の大人の部分が幼児性の部分に語りかけているのが神の啓示に思えるだけ。
  「正しさ」 = 宗教でいう「正しさ」のこと。幼児にとってみれば大概の
    大人は信頼でき正しい。ある程度成長すると全人格的に信頼できる人間
    は少なくなってくるので、神仏への信仰を通して人格的な信頼を保つこ
    とになる。ただし、宗教団体では神仏への信頼が教祖・長老への信頼へ
    とすり替えられることも多い。

22 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 20:23

続き

107 名前: >97、100 投稿日: 2000/06/03(土) 07:34

14500-9800=4700¥
セミナーの参加費はいくら?
他のスレで親がGLA会員から誘われて豊心大学に参加してるけれども
【タダ】だって言ってる人がいる。
それなら稼ぐどころじゃないだろう、充分良心的じゃねぇか。

ケチつるには桁が違うからガセで水増し、て結論だな。

108 名前: 氏子24 投稿日: 2000/06/03(土) 17:33

>木偶の棒さん、ガキさん
そう。「芸能界」と「伝統芸能界」とは全く違うようにね。
これも宗教と同じでどちらが正しいと言うことではないです。
キリスト教の牧師は「コーリング」とか「召し」によって牧師となったということ
をよく言います。一種の天声ですね。インチキかどうかは本人しかわかりません。
>GLA信者の皆さん
佳子さんの本を読むと、GLAはキリスト教の変種のように思えてくるんですが
イエスについて神あるいは神の子という表現を使ってますか?


注) 豊心大学 = 老人向けのセミナー。菩薩が売り文句。
   キリスト教の変種 = ミカエルはキリスト教の大天使であって、ミカエル宣言
    をしている以上、キリスト教の変種という指摘は正論。

23 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 20:24

続き

110 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/04(日) 16:47

あれ、君らまだやってたの。
バカだよ。わしゃもうなくなったと、思ってたよ。
ひさびさに、宗教おちょくりはおもろかったよ。
ああ、***ここ。
テキトーに書いてやりゃ、群がるんだから。
あんなのね、聞きかじりにちょこと色つけたんですがなあ。
また、翻弄いつかやろうと。
****ですね。操りやすいのなんのって。

注) スレ立ち上げ者の発言がどうかは不明。

24 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 20:25

113 名前: 路傍の石 投稿日: 2000/06/06(火) 10:26

こんな所に書きこむまいと思ってましたが、申し訳在りません、御許しを…

氏子24さんへ、

>GLA信者の皆さん
>佳子さんの本を読むと、GLAはキリスト教の変種のように思えてくるんですが

キリスト教の変種ではなくて、2000年の時を経て、変形してしまった今のキリスト教
を原点に戻しておられるだけだと思います。

こちらのスレッドの投稿は非常に、中傷が酷く、驚きました。
しかし、どなたか、『この中傷は酷い、ご本人が見たらどう思うか』と、ご記入されて
いましたね。
でも、私は、『たとえご本人が見ても大丈夫、それどころか、そんな事を書いた方で
さえ、きっと、その方の痛みを受け入れて、愛されるに違いない』と感じます。

信者の一人に強引な勧誘をされ、その事で、『家族全員ノイローゼになった』
『領収書』をもらえなかった。
本当にせよ、うそにせよ。
そう言うように、思わせてしまったのは事実でしょうから。

私が、ここにスレを入れる事で、また、中傷が始まるかもしれませんが、敢えて、
申し上げたいと感じました。

この方も相当に傷ついておられる様に想えます。
助けて欲しくて、GLAに来てくれたのに、助けてあげれなかった事、それは改めなくて
は行けないと想います。
自分がどんなに傷ついたかを皆にわかって欲しくて、あんな事を書いているのだと想い
ます。

それはこのかたの痛みです。

この後、あなたがもっと酷い中傷を書こうと、私も一緒にあなたを愛します。

注)キリスト教を原点に戻す = 新興宗教にありがちな世界宗教に対する態度。
    伝統宗教を本来の道に戻すという発想、教義の正当性を示すための方便。
 「そのかたの痛み」 = GLAの思考方法。「批判」=「他人の痛み」と捉え
    それを愛するという思考方法。その痛みをどう癒すのかについて実践でき
    でいるわけではない。教義のパターンにあてはめて相手を理解しているだ
    けなので言葉と実践にギャップがあることが多い。

25 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 20:25

続き

116 名前: 神道自由派 投稿日: 2000/06/07(水) 09:15

 真面目に議論する「路傍の石」や「氏子24」は偉いと思う。
 「GLA」って害もなく利もなくってところ?
 高橋佳子の本読んで感動したという人もいるし。
 人によっては利があるとも言えるのでは。
 教義というより心理学という感じがするが。
 信仰を使って人格形成していく方法論を解義しているのだと思う。
 信者がみんな人格者なんてことはないが。
 絶対視して押しつけてくる連中はどこの宗教組織にもいるからね。
 どんな宗教組織にも、立派な人格者、有名人はいるもんだけど、
被害者も必ず出る。被害者が少ない宗教がよい宗教だとすると、
GLAは昔に比べるとよくなっているのでは?
 光だ闇だと言って結局闇を押し付けられたのが被害者なの?
 悪魔呼ばわれされることはなくなったのでは?
 「路傍の石」の言うことももっともだ。
 でも、本当に救いたいのなら、自分で被害者・脱会者の役
やってみなければ救えないのでは?誰かが背負わなければ
ならないんでしょう。そういう役業も。
 ここ10年の高橋佳子を悪く言うこともないと思うが。
 意外と素敵な女性だという意見も多い?
 GLA高橋佳子という人格は信者の集合人格?
 信者の中には素敵な女性もいるからね。
何でいまさらGLA批判?
 個人的には偕和会の雰囲気の方が好き。
 正法協会どうなった?
 JIは相変わらず?
 「GLA」、いわゆる一つの宗教組織、それでいい。
 「高橋佳子」、いわゆる一つの宗教人格、それでいい。
こんなところでしょうか。信者の方もそうでない方も頑張ってください。

注)心理学= 幼児心理学・児童心理学における大人への信頼を神への信頼に置き換え
   神近き先生に対する崇拝に近い信仰を求めている。
  偕和会 = 元三宝出版社長堀田氏が作った宗教団体。巨人モーゼなどの著書あり。
  正法協会= 元GLAの故園頭氏が作った宗教団体。高橋信次の法をそのまま
     受継ぐ。
  JI  = 千乃氏が作った宗教団体。千乃氏もミカエルを名乗る。

26 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 20:26

続き

130 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/22(土) 00:09

上司に講演会に強制的に連れて行かれた!
もうまっぴらだ!
同僚が熱出てるのに、「先生のお話聞いてたら、
絶対気分が楽になるから」って、無理やり
参加させられた!よけいに熱上がったぞ!
人一杯連れてったら、なんか利益でもあるのか!?

132 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/07/23(日) 08:36

俺の知り合いが高校生の頃高橋佳子と付き合っていた。
いろいろ聞いたが<その頃は>結構まともだったらしいよ。
ふつうの女子高生って感じだったそうだ。

注)上司に強制的に  = 親類や知人に信者がいない限り誘われることは少ない。
   本を読んで感動したから良い宗教かということは関係ない。
  ふつうの女子高生 = 2代目世襲時から30代半ばまでは、ビデオを見た限り
   きつい女の人というイメージ、30代後半からはかなり雰囲気が柔らかくなった
   ように見える。小柄で線が細い感じ。美人というよりかわいらしい。

27 :名無しさん@1周年:2000/11/30(木) 08:43

 > 1さん

 ご友人から本とテープを頂いたのとのことですが、GLAは宗教団体ですので
信仰するかしないかは個人の信教の自由です。ここのスレに書いてあるようなこ
とを面と向かって言われるとご友人の方も気を悪くされるかもしれません。
 今の時代は宗教が異なっても、友達づきあいできますし結婚もできます。互い
の人権を尊重する態度があれば、宗教の違いは「人間の絆」の障害にはならない
のです。自他の人権を尊重することが、人間の本来の絆と考えていいのが現代で
すから、宗教は個人の自由と割り切った態度が必要でしょう。

28 :名無しさん@1周年:2000/11/30(木) 08:52
このスレなーに。
読む気にならない。

29 :名無しさん@1周年:2000/11/30(木) 12:38

やらせかもしれませんが、「この方の痛み」思考の実践例を示しておきます。

 28さんの
>このスレなーに。
>読む気にならない。

 もし、「1さん」が真剣にこのスレを立ち上げて情報を得ようとした
のであって、旧スレを転載した方も真面目に情報を伝えようとしたので
あれば、上の2文に対してどう感じるでしょうか。
 「28さん」はスレを見たときに感じた素直な気持を書きこんだだけ
でしょう。でも、読む側にはズシンと響く言葉になる場合もあります。
当然、「28さん」と同じ気持ちを持っている方はよくぞ言ってくれた
と感じるでしょう。

 この時、自分が感じた様々な思いを「その方の痛み」と思考する態度
をとるのです(路傍の石さんがとった態度)が、おわかりになると思い
ますが、「受け取る側の痛み」なんです。

30 :名無しさん@1周年:2000/11/30(木) 12:40

 本来の反省は「自分に生じた喜怒哀楽」の原因をみつめ、過度になら
ないように戒める態度です。
 この場合、スレ立てる際に理由をはっきり書くべきだったとか、荒し
ても面白くないスレですと注意書き入れておくとか、反省点はあるかも
しれないですし、さらに自分が相手の立場だったらどうかと考え、面白
くないスレに一々反応してもしょうがないとか、読む気にならない理由
をつけて書きこむようにしようとか、考え、自分が同じ状況に立った時、
同じことを繰り返さないよう行動できて、反省したといえるのです。
 「その方の痛み」思考は相手を突き放す感じがあるので、今のGLA
を象徴しているような気もするのでレスしました。

31 :名無しさん@1周年:2000/11/30(木) 20:55

 わざわざ「GLA高橋佳子の秘密」をカキコむ奴がいたとはご苦労なこった。ちなみに
俺は2以外の****は全部覚えていたぞ、我ながらいい記憶力だ。 まあ、今のGLA
は家族や知り合いに信者でもいなけりゃ入る奴なんていないだろうけど、友達が信者とは
な。せいぜい高橋佳子を崇拝するようにならないことを願うぜ。人間崇拝は芸能人やスポ
ーツ選手ならいいけどな。なぜかって?そりゃあ客観的な実力ってもんがあるだろ、彼ら
には。でも、宗教家なんて客観的な実力あるか? ないだろ。幸福の科学の大川、創価の
池田、生長の家の谷口、WMの深見、善知識の中根、どれがどうすごいかなんてわからん
だろ、世間からは。神秘的な能力が売り物といったってどのくらいすごいかわからんしな。
それ以前に、意味のない能力かもしれんぞ、霊能力っていうのは。高橋信次は物当てとか
物質化とかすごかったというけど世間ではそういうことで評価されんだろ。そういえば高
橋佳子は子供の頃からそういう練習をさせられていたと講演会で言っていたがな。
 その友達が、新興宗教で人間崇拝せず神仏への信仰をつらぬき通すっていうんならすご
いと思うけどな。でもGLAでそれやったら追放処分になるだろうな、きっと。教義につ
いて友達と議論するのは喧嘩になるからまずいが、友達のこと考えているなら聞いてみな、
高橋佳子「先生」のどこがすごいのってな。世の中には幼稚園の先生から大学の先生まで
いっぱい「先生」がいるけど、別に崇拝する必要もないだろうって聞いてみることだな。
自分に学びたいことがあって、それを教えてもらえるんであれば、その範囲で尊敬するの
が普通だからな。教えてもらえるのが霊能力だったらやめるこったな。悟りや菩薩はGL
Aとは関係ないということも再度強調しとくぞ。

32 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 12:27

ミカエルやめたからageとく。

33 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 09:26

如来佳子やめたからageとくぞ。

34 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 15:09

 神佳子やめたからage!

35 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 23:37

 2世信者はかわいそう。子供の頃から中途半端な信仰もたされてさ。

プロジェクト活動する前にすべきこといっぱいあるのにね。中途半端な活動やったり、

背負ったり大変だよね。狭い宗教団体で業を共有したってしょうがないよ。学校教育で

すでに広い範囲の業に参加しているのにさ。さらに別の業背負って大変だね。業の処理

の仕方を勉強していると思ったんだけど。正直な話、僕みたいな入門者から見ても習う

気にならなかったよ。親から背負った業を改善するには、親が子にしてあげたことと同

じことをする時に、同じ過ちをしないようにして、正しいやり方を身につけるってこと

だと僕は知っているよ。普段の生活、食生活、健康管理、整理清掃から始まって、勉強

も暗記ばっかりしないようにして、社会見学したり、情報を集めて自分で考えたりね。

そして多数の人と世界を共有するために信仰するってこともね。

36 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 23:38

(つづきだよ)

 反省してみると何をすべきかすぐわかると思うよ。宗教団体の活動なんて人生の中の

1万分の1もないし、信仰は個人でするものだからね。反省のしかたのセミナーとかや

っていたよね、確か。宗教団体なんかにいると自他を分別しすぎるから反省しにくいん

だよ、実は。釈迦の悟りは無分別、分別ばっかりしてたよね、皆さんは。高橋信次さん

が言ったことって釈迦の悟りと比べると、入門レベルにすぎないんだよ。お経を1句1

句かみしめるように読んでみなよ、般若心経でもブッダの言葉でもね。はっきり言って

すごいよ。人間釈迦とか心の原点なんて子供だましだと思うよ、きっと。

 もう会をやめた僕の言うことなんて気にしなくていいけどさ。悲しくなったら思いだ

してごらんよ、ここに書いたことをね。じゃあ、さようなら。

37 :名無しさん@1周年:2000/12/03(日) 05:45

 凡夫佳子にage

38 :名無しさん@1周年:2000/12/04(月) 12:53
GLAに入信する母を持っています。
母は私を生んだ頃ノイローゼだったようですが、
今は元気に普通の生活をしているところを見ると、
まあ、GLAのおかげなのでしょう。
教義自体も「あやしい」「ぼったくり」ではないことはみとめます。
ただ、私を誘うだけならいいのですが、
私の友人や彼氏などまで誘おうとするのは、本当にやめて欲しい。
彼女にとって悪気はないのはわかっています。
自分が救われたから、自分の心が楽になったから、
だから他の人にも…という気持ちでいってるのはわかるのですが、
とても迷惑です。何度いってもわかってくれません。
母は、GLAにはいっていない人は「物事をきちんと受け止めていない」
と思っています。
けれど、私や私の周囲の人たちは、「宗教」というものに頼らなくても
立派に生きていられるんです。きちんと世の中と対峙していられるんです。
ここにGLA信者のかたがいらっしゃったとしたら、
自分の力で一生懸命歩もうとしている人にてを差し伸べるのは大きなお世話だと
いいたいと思います。

39 :名無しさん@1周年:2000/12/05(火) 16:48

自律を妨げなくなったらage

40 :名無しさん@1周年:2000/12/05(火) 22:58
>38
「宗教」は頼るものじゃない。
ということを娘さんに示せていないようでは、お母さんも
わかっていないということだな。

41 :名無しさん@1周年:2000/12/08(金) 20:00

飽きてくる前にageとく。

42 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 02:26
http://homepage1.nifty.com/~xyz/img-box/img20001207002636.jpg


/

43 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 10:27

20世紀いっぱいageとこう。

44 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 12:30

 苦しみを人に背負わせて楽になることもあるからいいとは思うんだけど、

背負わされた人は大変だよね。

45 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 19:08

世界人権宣言 第18条

 すべて人は、思想、良心及び宗教の自由に対する権利を有する。この権利は、
宗教又は信念を変更する自由並びにあらゆる手段により、また、国境を越える
と否とにかかわりなく、情報及び思想を求め、受け、及び伝える自由を含む。


46 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 19:09

国際人権規約(B規約) 第18条

1 すべての者は、思想、良心及び宗教の自由についての権利を有する。この
権利には、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由並びに、単独
で又は他の者と共同して及び公に又は私的に、礼拝、儀式、行事及び教導によ
ってその宗教又は信念を表明する自由を含む。

2 何人も、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由を侵害する
おそれのある強制を受けない。

3 宗教又は信念を表明する自由については、法律で定める制限であって公共
の安全、公の秩序、公衆の健康若しくは道徳又は他の者の基本的な権利及び自
由を保護するために必要なもののみを課することができる。

4 この規約の締結国は、父母及び場合により法定保護者が、自己の信念に従
って児童の宗教的及び道徳的教育を確保する自由を有することを尊重すること
を約束する。

47 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 19:09

国際人権規約(B規約) 第20条

2 差別、敵意又は暴力の扇動となる国民的、人種的又は宗教的憎悪の唱道は、
法律で禁止する。


48 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 19:10

児童の権利に関する条約 第14条

1 締約国は、思想、良心及び宗教の自由についての児童の権利を尊重する。

2 締約国は、児童が1の権利を行使するに当たり、父母及び場合により法定
保護者が児童に対しその発達しつつある能力に適合する方法で指示を与える権
利及びその義務を尊重する。

3 宗教又は信念を表明する自由については、法律で定める制限であって公共
の安全、公の秩序、公衆の健康若しくは道徳又は他の者の基本的な権利及び自
由を保護するために必要なもののみを課することができる。

 注) 児童=18歳未満のすべての者、成人(既婚者)を除く。

49 ::2000/12/09(土) 22:11
42 は誰の画像ですか。

50 :15:2000/12/09(土) 23:59
http://lovely.millto.net/~milkycat/cgi-bin/img-bak/cumm008.JPG

51 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 09:13

1さんが終了宣言しない限り終わりそうにないな。

で、ageとく。

52 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 17:53

>45訂正

世界人権宣言 第18条

 すべて人は、思想、良心及び宗教の自由に対する権利を有する。この権利は、
宗教又は信念を変更する自由並びに単独で又は他の者と共同して、公的に又は
私的に、布教、行事、礼拝及び儀式によって宗教又は信念を表明する自由を含
む。

53 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 17:54

世界人権宣言 第12条

 何人も、自己の私事、家族、家庭若しくは通信に対して、ほしいままに干渉
され、又は名誉及び信用に対して攻撃を受けることはない。人はすべて、この
ような干渉又は攻撃に対して法の保護を受ける権利を有する。

54 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 17:55

世界人権宣言 第19条

 すべて人は、意見及び表現の自由に対する権利を有する。この権利は、干渉
を受けることなく自己の意見をもつ自由並びにあらゆる手段により、また、国
境を越えると否とにかかわりなく、情報及び思想を求め、受け、及び伝える自
由を含む。

55 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 17:55

国際人権規約(B規約) 第19条

1 すべての者は、干渉されることなく意見を持つ権利を有する。

2 すべての者は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、
手書き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境との
かかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含
む。

3 2の権利の行使には、特別の義務及び責任を伴う。したがって、この権利
の行使については、一定の制限を課することができる。ただし、その制限は、
法律によって定められ、かつ、次の目的のために必要とされるものに限る。
(a)他の者の権利又は信用の尊重
(b)国の安全、公の秩序又は公衆の健康若しくは道徳の保護


56 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 17:56

児童の権利に関する条約 第13条

1 児童は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書
き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境とのかか
わりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む。

2 1の権利の行使については、一定の制限を課することができる。ただし、
その制限は、法律によって定められ、かつ、次の目的のために必要とされるも
のに限る。
(a)他の者の権利又は信用の尊重
(b)国の安全、公の秩序又は公衆の健康若しくは道徳の保護 

57 :名無しさん@1周年:2000/12/11(月) 17:51

 旧スレにあった高橋佳子さんの私的生活に関わる記述は、事実だとしても

書きこむべきじゃなかったということだね。宗教法人の先生としての部分は

公的な立場である以上、批判されても仕方ないというか、批判されてしかる

べきということだね。

58 :名無しさん@1周年:2000/12/12(火) 09:07

 ヤフーのトピで、高橋信次氏の教えと今のGLAの教えの関係を知りたい
というカキコを見たけど、どうして知りたいのか書かないと、こういう掲示板
ではまともな情報くれないと思うよ。


59 :名無しさん@1周年:2000/12/12(火) 18:34

 さらば20世紀宗教GLA!

 さらば20世紀宗教家「高橋佳子」!

60 :名無しさん@1周年:2000/12/12(火) 18:43
8サンの引用した過去ログが見つかりません。ないのでしょうか?私の母がGLAなので詳しく知りたいのです。

61 :>60:2000/12/12(火) 22:54

>旧スレ「GLA高橋佳子の秘密」について

 上に書いてあるくらいの情報しか書いてなかったと思う。


>旧スレ「次に逮捕される教祖は?」について

 GLAに関するレスがいくつかあったはず。

 たしか、「知り合いからかけ橋セミナーに誘われて行ったところ『先生のため
に生きる』というのを子供に押しつけるセミナーだった」という内容だった。

 あと、「家族が豊心大学に行っているが、お金はそんなにかからないし、危険
ではないようだ」というレスもあった。

 高橋佳子の私生活に関するレスもあった。中身は上にコピーがあるレスの2〜20
みたいなえげつないものだった。


62 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 01:12
バイト先の50過ぎの親父は高橋佳子の熱烈なファン。
何かと言えばすぐ「先生、先生」ときたもんだ。
おまけに、未だに自分が童貞だってこと高らかに公言
してるんだぜ。
こんな親父どうしたらいいもんかねえ?


63 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 12:54

> 62さん

 けっきょく、GLAなんて人間崇拝なんだよね。まあ、尊敬するのはかまわない

けど、神や仏のような存在だとおもうのが根本的なまちがい。そのおじさんもきづ

くといいよね。高橋佳子さんからなにを学びたいのか。なにを学ぶうえでの手本と

なるから尊敬しているのかってことをね。人間が神や仏ということはありえないと

いうことがわからないようでは、まだまだ宗教の初心者だよ。

64 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 19:34

 >60

 GLAは、かなり狭い価値観を持った団体だとみていいだろう。信者だった頃、
元GLAの人で左翼活動やってた人を知っていると言ったら、俺までも左翼扱い
されたもんだよ。どちらかというと右よりの俺にだよ。信者をかなり類型化して
管理しているような感じもあった。文字の上では、オンリーワンの人生なんとこ
とも言っていたけどな、実践が伴っていないのは新興宗教によくあるパターン。
GLAはカルトの危険の小さいかもしれんが、新興宗教の問題点を内在している
のは事実だから気をつけることだな。
 60の母親さんにも言っておくが世の中は本当に広いぞ。自分で勝手に狭いと
思ってGLAがすべてだなんて思わないことだな。自分の世界を少しづつ広げて
いかないと意味ないぞ。GLAの教義で物の見方が広がるとも思えんぞ。

65 :名無しさん@1周年:2000/12/13(水) 20:58

 GLAの退会者です。なぜ会に魅力を感じなくなったかといいますと、結局、
GLAで何を学べるかということを真剣に考えた場合、あまりないのですね。
反省にしても現代社会の仕組みを知る努力がないと子供の反省で終わってしまい
ますし。それで魅力を感じなくなりました。

 高橋佳子先生と誓いの儀式で対面したとき、幼稚園の時の先生のイメージと重
なりました。幼稚園の先生には小学校入学までに必要なことを習うのですから、
GLAで学べることは人によってはすぐ身につくと思いました。

 あと、子供がいる場合は大家族的に会が1人1人の会員に代わって子供の教育を
受け持つ面もあるようでしたが、なにせ小さい団体ですから、天理教みたく、
幼稚園から大学や専門学校まであるのであれば、会の教育能力もある程度認めて
もいいのでしょうが、安心して子供を託せるかというと難しかったように思え
ます。

66 :名無しさん@1周年:2000/12/14(木) 09:29

 ボティサットバー(菩薩)宣言? 何菩薩になったの? 地蔵菩薩のつもりかな?

 観音菩薩? 文殊菩薩? 普賢菩薩?  よくわからないけどね。

67 :勘違い菩薩:2000/12/15(金) 09:02

 母親がGLA信者だということですが、布教してくるというのはどの宗教でもあることで
仕方ないといえば仕方ないと思います。信教の自由は、家族であっても個別に保障されるの
ですから互いに侵害しないことです。児童なら親が宗教教育をする権利を持つようですが、
成人していれば関係ありません。

 宗教に必要以上にお金をかけたり、日常生活よりも会の活動が主となり家を空けるように
なったりしない限り、家族の間でも信教は自由でしょう。

 GLAについては掲示板のレスで明らかですが、マイナーな宗教で関心を持っている人は
少ないです。家族や知り合いに信者でもいない限りその存在を知ることもないのが普通でし
ょう。実際、知り合いの紹介とかで入会する人が多いようなので、入会者も退会者も少なく
他の掲示板のように議論白熱とならないようです。似た感じの宗教は天理教でしょうか、
女性教祖ですし。規模は違いますけど。とりあえずなんとなくやっている人が多く、ごくた
まに心が救われたと感じる人がいるようです。

68 :小さな三姉妹:2000/12/15(金) 12:44

 高橋佳子さんってどうして人気あるのかしら?

69 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 01:38
>68
親(高橋信次)の七光

70 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 09:11
>親(高橋信次)の七光
その死んだ親の教えをひっくり返したバカ女

71 :小さな三姉妹:2000/12/16(土) 17:09

 ふ〜ん、でも、どっかに高橋佳子は高橋信次の「法の後継者」

だと書いてあったけど、どうなんだろう?


72 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 21:31
まあ、某WMみたいに、お金ぼったくるわけじゃないからいいんじゃない?
できれば、「教義」についても教えてもらいたいけどね。
ついでに、お父様はエライ人だったの?
大川さんもえらくご執心だが。

73 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 22:37
父親の信次氏は抜群の霊能力で、個人の過去、さらに過去世の
事についても異言という形で本人に知らしめる能力があったようで
大阪の瑞法会という3万人の団体が教団ごと氏に帰依する、といった
宗教の歴史においても稀な事態も起こり、氏の宗教的力量に関して
は疑う余地はないと思われます。
詳しくは氏の著作やビデオ、テープを参照の上、各人が判断されると
いいと思います。
問題は氏の遺稿『新・復活』の中に、佳子氏他を後継者と認めない旨の
の記述があったらしく信次氏の死後24年たった現在も遺稿は出版
されないままになっておりますが、この遺稿が日の芽をみれば
佳子氏とGLAの関係についても明確になるのですが、それは
即ち佳子氏他が教団を率いていく意味をなくすことなので
不可能でしょう。
高弟の園頭氏はこの遺稿のコピーを入手し出版予告までされていた
のですが果たせず亡くなられたようです。
志ある方が信次氏遺稿を出版してくれる事を痛切に願います。

74 :小さな三姉妹:2000/12/17(日) 09:33

 小さい団体なのに、もめたのね、後継者で。

 でも、高橋信次の死後、高橋佳子を先生って

いってるんでしょ。信者がそう思っているのは

変えられないのでは? その本がでても。
 

75 :名無しさん@1周年:2000/12/17(日) 16:24
>74
各方面からGLAに対し信次氏遺稿の出版を捉しているよう
ですが、執拗に拒否し続けているところをみると、何か
決定的なことが記されていた様子。
園頭氏が遺稿のコピーを出版しょうとしたところGLAより
提訴の予告が来たとか。


76 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/17(日) 18:16
あげ

77 :名無しさん@1周年:2000/12/17(日) 19:19
ふ〜ん。じゃあ、今のGLAは後継者とかでもめているけど、高橋信次って人は、すばらしい人だったんだ。

78 :名無しさん@1周年:2000/12/17(日) 23:52
で、その園頭さんっていう人は、自分が後継者になりたかったわけ?

79 :小さな三姉妹:2000/12/18(月) 09:18

 GLAって分裂したのですね。上のレスに出てました。

それで、GLAから出て行ったお弟子さんが、新復活の

原稿を持っているというのですね、なるほど。

 今のGLAの信者は高橋佳子のことを先生だと言って

ますよね。 ということはGLAというのは、信次氏の

第1期と佳子氏の第2期で中身がまったく異なる宗教団体

ということでしょうか?

80 :小さな三姉妹:2000/12/18(月) 19:46

 で、佳子さんって、本当にかわいいの? ちょっと嫉妬。

81 :>79:2000/12/18(月) 20:18
そのとおりです。
このあたりの事情は当事者以外の菅原秀という人の『誰も書かなかった
高橋信次』(明窓出版)という本が参考になると思います。
信次氏は組織作りにはさほど熱心でなかったので、
教団の成員は存命中もさほどの数ではなかったですが、
与えた影響は、幸福の科学の大川氏やオウムの麻原を含めて
現在にいたるも広範囲なものがあります。

82 :名無しさん@1周年:2000/12/19(火) 00:37
まあ、高橋信次氏がすばらしい人であったということがわかればそれでいいよ。

83 :小さな三姉妹:2000/12/19(火) 19:44

> 81、82 さん

 参考になります。

84 :名無しさん@1周年:2000/12/20(水) 12:34

 GLAにおけるクリスマスの位置付けやいかに?

85 :名無しさん@1周年:2000/12/21(木) 09:27

 100までいくかこのスレ。

86 :名無しさん@1周年:2000/12/22(金) 00:31
へー佳子さんってミカエル・如来・神辞めたんだ。
で、今は何を名乗ってるの?名無し佳子?

87 :名無しさん@1周年:2000/12/22(金) 03:13
>86
信次氏存命中はたしかにミカエルの霊を降ろし
ていましたので(実演テーブ多数あり)
本人もその分身なのかな、と思ってましたが
真偽は不明。
ただ中学生ぐらいの時に霊道が開いたときには
ヤマタイ国の卑弥呼の意識だったようです。


88 :小さな三姉妹:2000/12/23(土) 09:42

> 87さん

 ???なんでミカエルが日本人になるの???

 ???日本人が想像しているミカエルの分身ってこと???

 ???なんで卑弥呼が現代人の意識になるの???

 ???現代人が想像している卑弥呼の意識になったの???

89 :名無しさん@1周年:2000/12/24(日) 20:52

20世紀の 記憶と共に 消えていく

 GLAと ミカエル佳子と 如来佳子と 神佳子と 高橋信次も・・・

 それで ようやく はじまる


90 :名無しさん@1周年:2000/12/25(月) 15:28
>88 他
 小さな三姉妹さんへ
 ヤフーの掲示板見ました!
 「改革案」に感動しました。
 もとは、ワールドメイト関連の方だったのですね!
 「巨悪」を相手にがんばってください!!

91 :世界@名無史さん:2000/12/25(月) 17:16
降服の科学はやたら自民党の政治家に媚び取るぞ!彼等は前世もえらかったんだそーだ
村山さんは、前世「新羅の漁師さん」という扱いで
これって、もろ学歴コンプレックスじゃん
高橋佳子も、現世で活躍してる者は「光の天使」が地上に散ったものだと言ってたよな


92 :ぜんぶうそなの?:2000/12/26(火) 09:43

 「誰もが仏性を持つ、磨けば光る」
 「努力して心を磨けば光の指導霊の指導を受けられる」
 「光の指導霊がこの世に生を持ちこの世を導く」

 すべて嘘さ♪ 全部嘘さ♪ ってわけにはいかないよな。
 宗教で一回言ったことは。

 嘘も方便って言い逃れかい。フィクションだったってことかい。
 本当にフィクションならいいけど、間違いだったらどうすんの?

93 :世界@名無史さん:2000/12/26(火) 13:00
高橋佳子によると、デモや労働争議で死んだ人間は地獄に落ちて、永久に修羅の道を歩むんだそうだ。
この人のオヤジゃー軍人ぢゃったせいか、ぼっけー民衆蔑・エリート崇拝が目立つんよのー。
わしにとっちゃー、ロベスピエールも洪秀全も居る地獄は寂しゅーねーけー、えんぢゃけーど、
地獄のことから語る宗教家、前世のことを語る説法は(またそねーなもんに耳を傾けるもんも)下の下ぢゃ。
幸福のエセ科学は、自民党の三塚を総理にせー言うとったなー。
GLAや大川は、実際に選挙強力をやった事があるんかなー?

94 :左右の翼:2000/12/27(水) 16:11

生まれ変わりとか死後の世界とか、思いつきで言ってみただけなんだ
ろうが、高橋信次が組合対策で苦労したのかも。

 社会の中での経験が絶対的に不足しているよ高橋佳子は。
宗教家としての経験と言っても教団相続しただけだから。
 2世・3世となると教祖の言ったことに依存せざるをえないし、
ありふれた宗教作家としての地位に立っているだけだろう。

 左右の翼ってミカエルウイングじゃないけど。


95 :これも嘘なの?:2000/12/28(木) 18:14

 「人生に無駄はない」
 「自分の願いを知る」
 「オンリーワンの人生」

 すべて嘘さ♪ 全部嘘さ♪ ってわけにはいかないよな。
 宗教で1回言ったことは。

 長い眼で広い範囲を見るとそう言えるかもしれないけどな。

 そういう努力と結びついた地理や歴史、学校では教えないよな。

 GLAで教えているかって? さあ、どうだろうね。


96 :これは本当だよ@:2000/12/29(金) 11:16

 GLAは宗教法人である。

 GLAは新興宗教である。

 高橋信次は宗教を説いたわけでない。 高橋信次は信仰の方法は言った。

 高橋佳子も同様である。

97 :これは本当だよA:2000/12/29(金) 11:17

 1人の自律した人間として宗教を信じ、信仰生活ができるようになることを
目標にする、学校的な存在がGLAである。

 GLAでの学びは、自律した信仰生活ができるようになると卒業となる。


98 :名無しさん@1周年:2000/12/30(土) 02:57
宗教は世襲制度でやるべきではない。
親と子供は全然違う。
特にGLAは。

99 :名無しさん@1周年:2000/12/30(土) 03:06
>>98
するとチベットのダライラマのあのやり方は良いね。
かりにデタラメに決めているんだったとしても世襲に
ならないだけまだまし。

100 :これは本当だよB:2000/12/30(土) 15:23

 自らが自らの信仰の主宰者になることができるなら、GLAは卒業。

 高橋佳子はミカエル・如来などというのは、信者が自律した信仰生活を獲得する
ために超えなければならない方便である。

 その方便を見抜き否定することで、自律した信仰者への道が開け、卒業にいたる。

 21世紀のGLAと高橋佳子の役割は、自律した信仰者への道を「誘う」役割である。

                                 お・わ・り


101 :エピローグだよ:2000/12/31(日) 11:35
あくまで個々の人の信仰に命を吹き込み、魂を入れるための「誘い人」の役割である。

 GLAも高橋佳子もそれ以上の存在ではなく、それ以下の存在でもない。

 他の新興宗教の役割も同じである。

 どれだけの人を「自律の道に誘えるか」が21世紀の宗教の役割である。

                           さ・よ・う・な・ら

102 :名無しさん@1周年:2001/01/01(月) 00:46
『新復活』読みてー!佳子先生出版して!

103 :名無しさん@1周年:2001/01/01(月) 01:38
愛読者の声
●詩情溢れて美しいが、それでいて人生の闇について深く考える道へと知らず知らずの内に引き込まれてゆくような魅力がある。 悲しみも喜びも、善も悪も包み込む優しさが、心にしみ入る感じがする。(20代男性、学生)

●「後悔は光と化す」という言葉に強く惹かれるものを感じ、いつも見えるところに貼っています。 「人生に無駄なものは何一つない」という部分も、私の胸にグサリとよい意味での一撃を与えてくれました。(40代女性、会社役員)

●この本を買い求めた帰宅途中、車の中で号泣してしまいました。 探し求めていた何かにめぐりあえたような、とてもなつかしく心の奥から溢れるような喜びの涙でした。 一言一句、そうだそうだと頭が納得するのを確かめながら読み終えて、 この想いを一刻も早く誰かに伝えたいような衝動に駆られて思わずペンをとりました。(40代男性、自営業)

104 :IKEIKE:2001/01/07(日) 19:08
佳子先生はよく夢に出てきます。

105 :創価学会員:2001/01/07(日) 20:41
みんな嘘つきもはなはだしいね。ハハハッ

106 :IKEIKE:2001/01/14(日) 19:02
いや本当に夢に出てきて、いろいろおっしゃられるんです(マジです)

107 :^^^:2001/01/19(金) 22:12
同感

108 :名無しさん@1周年:2001/01/21(日) 14:17
今日はパシフィコ横浜で佳子先生の講演がありますね。

109 :名無しさん@1周年:2001/01/26(金) 19:02
佳子先生画像希望

110 :名無しさん@1周年:2001/01/27(土) 03:03
この先生はデムパ弱いの?あんまり人気ないみたいだけど。


111 :名無しさん@1周年:2001/02/02(金) 00:41
狂信的個人崇拝age

112 :名無しさん@1周年:2001/02/02(金) 00:45
誰それ?

113 :名無しさん@1周年:2001/02/10(土) 16:23
佳子先生はよく夢に出てきます。

114 :よしこさんなら忍におまかせ:2001/02/19(月) 16:13
http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/

エホバ原液です まだ誰もカキコしてくれないので鬱です
ページの掲示板カキコしましょうお願い
書き手が少なく寂しいです おねがいおねがい

115 :名無しさん@1周年:2001/02/26(月) 12:35
高橋佳子さんの講演会のときのビデオを、元GLAの信者に見せてもらったことがあるよ。
それを見た感想だが、一言でいえば、彼女と信者というのは、現実世界と空想の区別の付かなくなった
人達だね。人間には全く不可能なことを信仰の対象としているようだ。
悟りを開くとかいうのならまだいいが、彼女達の目標としていることは、いわゆる
人間の世界を越えて神のイデア(理念)の世界に早く入りましょうという類だよ。
地球人の我々に可能なことかね?宇宙人にでもなれってのか。
まあ、彼女は父親の影響である程度は本当のことも喋っているのだろうが、基本的には、
現実逃避の一見お上品な信仰だと思うよ。本気ではまると、現実の人生を駄目にするね。
しかし、今どきの日本人には、ああいうものに救いも求める人も多いのだろうなあ。

116 :名無しさん@1周年:2001/02/26(月) 19:18
好きな教祖様が夢の中に登場することは、洗脳を受けた信者なら誰でもあることです。
まあ、無理に目を覚ます必要もないでしょう。楽しんだらいいでしょう。
しかし、それで自分が特別に偉くなったとでも思ったら、魔界道に堕ちたも同然でしょうね。
夢で特定の人が登場して説教を垂れるのは、一種の自律神経の病の可能性もあるので、
心配ならば精神科の医者に診てもらうのも一策ですよ。


117 :会員Y:2001/03/06(火) 14:22
> まあ、彼女は父親の影響である程度は本当のことも喋っているのだろうが、基本的には、
> 現実逃避の一見お上品な信仰だと思うよ。本気ではまると、現実の人生を駄目にするね。
> しかし、今どきの日本人には、ああいうものに救いも求める人も多いのだろうなあ。
>>115
 少し誤解されているようですので、発言させて下さい。
 ↓先生の説かれる問題解決手法は、経済界の方々にも支持されています。
 http://www.sampoh.co.jp/
 現実逃避のお上品な教義を並べたところで、経済界の方々にはきっと支持
されないでしょう。彼らにとっては直面している困難をどう乗り切るかが最
重要課題だからです。

http://www.sampoh.co.jp/

118 :名無しさん@1周年:2001/03/06(火) 20:08
>117
>先生の説かれる問題解決手法は、経済界の方々にも支持されています。

そういうことを言うなら、創価学会だって、経済界の方々にも支持されているはず。
あなた、GLAの教義の変遷を直視したことがありますか。
いい気分になっているところ、申し訳ないが、周囲の会員に尋ねるのではなく、
自分で調べるのがよろしいかと思います。

>116
>しかし、それで自分が特別に偉くなったとでも思ったら

GLAは、極度の一極集中型個人崇拝をとっていますので、教祖以外は
みな凡夫あつかいです。よって構造的に「謙虚」とならざるを得ません。
教祖の実の母親が、娘である教祖に向かって、講演会場で土下座したり、
人前はばかることなく「崇拝申し上げております」と言う有様です。
初代教祖の時代に「先生」と呼ばれていた幹部たちも、今はただの講師と
いうことで、(少なくとも表面上は)、一般会員と同列の扱いであり
「先生」と呼ばれる教祖に崇拝が集中するように工夫がこらされています。

119 :名無しさん@1周年:2001/03/06(火) 22:30
会員Yさんよ、あなたが言うところの、経済界の人にも支持されているとかいう、
現実的な問題解決策というのは、そこのホームページのどこに載ってるのかい?

>↓先生の説かれる問題解決手法は、経済界の方々にも支持されています。
http://www.sampoh.co.jp/
>現実逃避のお上品な教義を並べたところで、経済界の方々にはきっと支持
>されないでしょう。彼らにとっては直面している困難をどう乗り切るかが最
>重要課題だからです。

そもそも、佳子さんを支持しているとかいう「経済界の方々」てえのは、具体的に一体誰の
ことなんです? いわゆる経済界の人には、かつてオームみたいなオカルトを支持して
いた人達もいたことをご存じですかね。彼らは神様でも特別に偉い人達でもないぜ。
俺は別に、高橋佳子氏が悪者だとは言っていない。いい人なのかもしれん。
少なくとも、大川某、深見某、石井某なんかよりは、ずっとましな人なんだろう。
しかし彼女を信じるYさんが、いいかげんな論拠をもって他人を説得できると思うのは、
危険なことかもしれないぜ。よく考えてみな。
まあ、115の人が言うような、お上品なだけの宗教ではないのかもしれんが、
彼女達の場合は、教祖も信者も、神秘的な話の内容に陶酔して現実的な判断ができないように
思える。俺が彼女の本を読んだ感じではね。世間知らずの人達には、そういうのが多い。


120 :名無しさん@1周年:2001/03/07(水) 00:51
どんどん転載して下さい。

・宗教法人GLA総合本部 (本部・東京浅草)   http://www.gla.or.jp/
 〒111-0034  東京都台東区雷門2-2-6

・三宝出版(GLAの書籍専門の出版社)     http://www.sampoh.co.jp/
 〒130-0001  東京都墨田区吾妻橋1-17-4  伊藤ビル

・GLA関西本部(本部・大阪東大阪市) http://www.gla-kansai.or.jp/top.htm
 〒577-0823 東大阪市金岡1丁目5-12
 (GLA総合本部とは、別団体です。)  

・高橋信次先生の法を学ぶ会(本部・石川県)http://www2u.biglobe.ne.jp/~reverend/
 〒920-0807 石川県金沢市乙丸町甲36

・「神理のコーナー」   http://homepage2.nifty.com/~office-abe/sinri.html
 (国際正法協会[すでに解散]系のサイト)

・「インターネット宗教  宇宙に示す心の教え」http://www.shoho.com/index.html
 (国際正法協会[すでに解散]系のサイト)

どんどん転載して下さい。他にもいろいろまた探します。

121 :名無しさん@1周年:2001/03/07(水) 01:07
GLA系、高橋信次系のHPが、だいぶ増えてきたね。

現GLAの教義が高橋信次氏の説くところとは全く違ったものであることは、
思考停止していない者であればだれでも分かることなんだが、
それにしても、高橋信次氏の教えをねじ曲げた本家本元が
まともに思えてしまう、他教団のドキュンぶりよ・・・

結局、連中の心の中は、
「自分は正しい、自分は正しい、人の知らない特別のことを知っている。
だから、人を裁きたい。」それだけだ。全く吐き気がする。
夢想にふけっている現GLAの会員のほうが、まだましだ。

(高橋信次氏の教えが正しいとか、そういうことは言っていないので念のため。)

122 :会員Y:2001/03/07(水) 01:22
>>119
 すみません。リンクがうまくいきませんでした。リンク先ページの左欄から
「書評」をクリックして下さい。私が言っている経済人というのは、「財界」
誌の論説主幹の村田氏と、経済評論家の久水氏のことです。
 もっとも、久水氏はGLAの幹部ですから、佳子先生を立てる発言をされる
ことはある意味で当然のことでしょう。私が最も驚いたことは、それが産経新
聞に掲載されたことです。全国紙で、特定の宗教団体の教義を賞讃する記事は
タブーではないかと思われますが、それを圧しても掲載されたのは産経新聞の
幹部を納得させるだけの内容があったものと考えています。
http://www.sampoh.co.jp/



123 :名無しさん@1周年:2001/03/07(水) 01:32
では、景気が悪いのはこの先生の指導のせいなんですね。

124 :名無しさん@1周年:2001/03/07(水) 15:09
>122 あのね、会員Yさん。あんたが119の人を納得させたい気持ちも分からん
でもないぜ。しかしな、自分の信仰を他人に客観的に巻き込むことなど無理なんだよ。
本当にそれができると思っておられるならば、Yさんは佳子さんに洗脳を受けているという
ことだよ。それが悪いとは言わないが。
Yさんは、余程気持ちの純な人だと思うが、世の中はあんたが考える程綺麗じゃないぜ。
耳の痛い話かもしれんが、1つ知っておくといいぜ。あなたが論拠としている「財界」という
雑誌は、結構やばい部分が多い所なんだよ。どこからでも金を受け取ったら・・・・・まあ、
後はご自分で想像してみな。某宗教を支持していたこともあるよ。マスコミ関係者では常識だよ。
それともう1つ、産経新聞の書評なんてものは、どこの宗教団体だろうが何だろうが、
面白いと思った本は取り上げるんだよ。よその出版社をほめたら、自分も商売になるからさ。
第一、新聞社の幹部が、いちいち書評なんかをチャックしたりしないぜ。
産経が賞賛した本といえば、かつて創価学会や生長の家や幸福の科学やらもあるよ。
何も高橋佳子が特別な存在じゃないぜ。彼女の教義がインチキとは思わないぜ。
信じたい人は他人に隠れて信じておけばいいってことさ。それが純な会員だろうね。
幸福のなんたらの連中は、他人にも教義の押し売りをしたから嫌われたんだよ。
それにしても、佳子さんの言う、意識の改革なんてのは、大昔から宗教でやってることだがね。

125 :名無しさん@1周年:2001/03/08(木) 03:39
会員Yさん、あとはあなたがすべきことは、
124氏の書き込んだ事実を確認して、
あなたと同じように先生の教えは経済界の方々にも認められていると無邪気に喜んでいる
お仲間の会員に、この事実をきちんと伝えることです。

できますか?
あなたの誠実さが問われる場面です。
もし、124氏の書き込みを読まなかったものとして忘れようとするならば
それこそ、盲信、マインドコントロールされているとしか言いようがない。

126 :会員Y:2001/03/08(木) 14:25
 まず、私が「経済界の方々」を引き合いに出したのは、
> 彼女達の場合は、教祖も信者も、神秘的な話の内容に陶酔して現実的な判断がで
> きないように 思える。俺が彼女の本を読んだ感じではね。世間知らずの人達には、
> そういうのが多い。
という>>115さんの誤解を解こうとしただけです。私は経済界の方々が「立派であ
る」とか「社会的地位が高くて信頼できる」というつもりはありません。
 誤解を恐れずに言うなら、「現実世界にどっぷり漬かって海千山千の人達」とい
う意味に取って頂いて結構です。>>124さんがどんな噂を聞かれたのか知りません
が、「金が絡むと汚くなる」ということでしょうか。
 そのような方々にとって重要なことは、現実に直面している問題、例えば「赤字
を解消する」というようなことであり、「心が救われる」という話にはあまり関心
を示さない方が多いのではないかと思います。
 それから、理論がはっきりしないと相手にしないでしょう。「御本尊様にお百度
詣すれば救われます。現に私は事業が好転しました」と言ったところで、「お百度
詣」と「事業の好転」との間に因果関係を認めない方が多いと思います。
 先生の御著書「DISCOVERY」には、一人一人の煩悩の型を発見し、煩悩が問題を引
き起こしている現実を直視し、自分の内側を変革することによって問題を解決して
ゆく理論と現実が著されています。けっして、神秘的な話の内容に陶酔するだけの
教えではない、ということを申したかっただけです。


127 :会員Y:2001/03/08(木) 14:25
> しかしな、自分の信仰を他人に客観的に巻き込むことなど無理なんだよ。
 この点は>>124さんの おっしゃる通りだと思います。先生の御著書を読まれ、
また先生の御公演を聞かれた上で「賛同できない」とおっしゃっている方々をこの
板を通じて翻意させることは困難を極めると思います。
 また、私がそのように動くことが先生の御意向に沿うものとも思っていません。
 ただ、疑問や誤解をお持ちの方に対して、可能な範囲でお答えできればと思った
だけです。


128 :名無しさん@1周年:2001/03/08(木) 17:59
>先生の御著書「DISCOVERY」には、一人一人の煩悩の型を発見し、煩悩が問題をひき
>起こしている現実を直視し、自分の内側を変革することによって問題を解決して
>ゆく理論と現実が著されています。けっして、神秘的な話の内容に陶酔するだけの
>教えではない、ということを申したかっただけです。

 ふ〜ん、じゃあ、DISCOVERYという本を読んでみようかな?

 質問するかもしれなから、会員Yさん責任もってこたえてくださいね。

129 :名無しさん@1周年:2001/03/08(木) 19:58
この板も結構、お盛んなようだね。それにしても、会員Yさんとやらは、
宗教的な教義が本当であることを他人にも示すには、自分の実体験を語る以外に
はないことを知といた方がいいかもね。どこそこの財界人や有名人が誉めたなんて
ことは、教義の正当性を論理的に主張することにはならない。他人を説得すること
など考えてる位なら、自分でその教義とらやが現実にどれだけの効能があるかを、
体験してみた方がいいよ。
私も高橋佳子氏の話を聞いたことがあるが、はっきり言って彼女の話の一部は信用できる
が、好きにはなれなかった。プライドが高すぎる。浮世離れしている。
自分の周囲や親にも礼をさせるような人は、人間的には信頼できない。
自分が神様だと思っている人は、どんなに上手い内容の話をしていてもね。


130 :名無しさん@1周年:2001/03/08(木) 20:13
会員Yとかいう純情な信者を持って、佳子氏も幸せな教祖様だ。
2ちゃんねるに登場するには、少し心が綺麗過ぎるかもよ、Yさんは。
おそらく、余程善良な人間だろうよ。しかし、そういう人は今の時代は危険が多い。
Y氏がそうだとは言わないが、カルトや新興宗教問題に詳しいある人が言っていた。

いわゆる、洗脳を受けやすいタイプの人の特徴とは、
1.精神的に幼いところがあり、世間知らず。
2.現実の自分から逃避したい気持ちが強い。
3.自分たちを特別な存在だと思いこみたい。
だそうです。
ご参考までに。


131 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 01:09
会員Yさんへ

そう、高橋佳子氏が説く教義そのものは、悪いものだとは思わないんですよ。
むしろ、世のあまたある宗教団体の教義に比べれば、実践的であり、
素晴らしいものかもしれません。

>宗教的な教義が本当であることを他人にも示すには、自分の実体験を語る以外に
>はないことを知といた方がいいかもね。どこそこの財界人や有名人が誉めたなんて
>ことは、教義の正当性を論理的に主張することにはならない。他人を説得すること
>など考えてる位なら、自分でその教義とらやが現実にどれだけの効能があるかを、
>体験してみた方がいいよ。

これは、まさにGLAが徹底的に実践していることですね。高橋佳子氏の著作にも、一般の会員の
ごく一般の市井の会員の実践報告が数多く載っています。
ですから、上記に引用したような批判は、Yさんにとっては、釈迦に説法かも
しれません。

ただ、一方で、気づいていらっしゃるのか、教勢拡大という教団運営上の都合で、
財界人・政治家・科学者などを引き合いに出しているということもあります。
著作「ディスカバリー」でしたっけ。NECの会長の推薦文が帯に出ていました。
(その後NECは、自衛隊の納入疑惑などに絡んで、ダーティーなイメージがつ
いてしまったし、会長が、自分の立場の維持に固執して、無責任な態度を取ったので
世間から批判されてしまいました。このことについては、会員に対して何か説明でも
あったのでしょうか。)
しかし、これはこれで宣伝ということですから、悪いことではありませんが。

132 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 12:57
131さんへ

あんたも子供ですね。大人の社会常識でお考えになってごらん。
NECに限らないが、大企業の会長のような立場の人は、どこの宗教団体だろうが何だろうが、
頼まれたら推薦文の1つも書かないはずがないでしょう。そうすることが、自社の製品売り上げにも
つながるし、また否定すれば売り上げ低下につながるかもしれんからですよ。佳子信者が製品を買わなくなるかもしれないでしょう。
商売人というのは、そういうものです。ちなみに、あのNEC会長はいつも多数のよそのものに
推薦文を書いてましたよ。そういうのが、好きだったようだね、売名的だったのかも。

佳子さんは、大川某や深見某を見習って、広告代理店に依頼して宣伝したらいかか。

133 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 13:12
うん、高橋佳子氏が広告代理店を使って布教するのは、効果的かもよ。
なにせ、世間の常識的な人達は大川や深見のふやけた男のツラにはもう
うんざりしているし、特に女性信者には嫌われ始めているらしい。
今時はいい年になっても嫁にもらい手のない女性や離婚した女性も多いから、
佳子氏が教祖様の宗教ならば、女性信者を多数獲得できそうだ。
彼女達の精神的な慰めには良さそうだ。昔から、商売は女と口を狙えという
位だからね。女達につれられて、女の尻に付いていく情けない男達も沢山付いて
くるだろう。うん、21世紀は、新興宗教も女性が主役になるのがベストだろう。
女性が教祖様で大成功したのは、昔の大本教なんかも同じだぜ。出口なおさんを見習ったら?

134 :会員Y:2001/03/09(金) 13:37
>>131さんへ
>(その後NECは、自衛隊の納入疑惑などに絡んで、ダーティーなイメージがつ
>いてしまったし、会長が、自分の立場の維持に固執して、無責任な態度を取ったので
>世間から批判されてしまいました。このことについては、会員に対して何か説明でも
>あったのでしょうか。)
 関本氏は「自分には責任は無いと思う。辞任する理由は、けじめをつけるためで
ある」と言われたと記憶しています。
 関本氏に対比して思い出されるのがインド独立の父ガンジーです。ガンジーは
「非暴力」でインド独立を果たそうとしていましたが、彼を支持する一部の青年が
暴力事件を起こしました。ガンジーは「このような事件が起きるのは自分が足りな
いからである」と言われて断食をした、と聞いています。
 しかし、誰でもがガンジーのように事態を受けとめて応える力を持っているわけ
ではありません。人間は弱いものであるとつくづく感じます。
 佳子先生は、「現在の世界の混乱は一部の傑出した覚者によって解決できるもの
ではない。一人一人の平凡な市井の人が目覚めることによって解決できる」と常々
おっしゃっています。私のような者が関本氏を「平凡な市井の人の一人」と言っ
てしまうのは憚られますが、ガンジーのような人を「傑出した覚者」と呼ぶならば、
関本氏も私も、目覚めなければならない「平凡な市井の人」だと思います。



135 :会員Y:2001/03/09(金) 13:39
 ところで、社員の不祥事に対してトップが責任を取って辞任する話はよくありま
す。その時に「一切の責任は自分にある」という言葉がよく聞かれます。しかし、
そのうちの何人が本当に事態を自分の内側に引き寄せる力をお持ちなのだろうか、
とよく思うことがあります。
 関本氏も、「一切の責任は自分にある」と発言された方が世間受けがいいという
ことはご存じだった筈です。私が関本氏の立場ならおそらくそう言ったと思います。
 そのように発言されなかったのは、関本氏は自分に正直で嘘をつけない人ではな
いか、それゆえに信頼されてNECのトップに立たれたのではないかと思います。
 事態を自分の内側に引き寄せるためには、自分の心を正直に見つめる力が必要で
す。事態と自分の内側を検証した結果として「自分には責任は無いと思う」と正
直に言える人は、表面的に「一切の責任は自分にある」と言う人よりも、本当の責
任を担える可能性が拓かれているようにも思えます。
 なお、佳子先生はこの事件について何もおっしゃておられません。会員一人一人
がこの事件をどう受けとめるか見守って下さっていると思います。以上述べたこと
は私の個人的な見解です。


136 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 15:21
会員Yさんは、完全に佳子さんに洗脳されてるみたいだね。彼女が神様だと
思っているわけか。まあ、それも一時の経験としてあんたには必要なんだろうね。
おそらく、生まれてから今まで純な気持ちのままで生きてこれた人だろう。
世の中で汚れた意識を持ったことがないんだろうね。それは一見良いことのようで、
実は大人になれていないってことだぜ。汚れるのを勧めるわけじゃないが、
人間はいったん世の中で垢にまみれて精神の外側が腐ってから、改めて自分の内側の
本当に綺麗な(宗教的に言えば神の子的ってことか?)実体に気づいてこそ、
本当に大人の悟りも開けるもんだと思うぜ。役に立つ人間にもなれるってもんだ。
外側の腐った部分を取り除く作業は必要だがね。
俺の言ってる意味が分かるかい? わかりたくなきゃ、一生子供のままでいるんだね。
いつまでも子供のような心を持った聖人君子ってのがいるだろ。ありゃ、要するに
使いもんにならん馬鹿ってことだよ。

137 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 15:27
ところで、会員Yとやらは、高橋佳子の宣伝マンか?
それとも、彼女のいい男か?


138 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 19:09

 ディスカバリー「DISCOVERY」世界の実相の接近 を買ってきたけど、
買うときちょっと恥ずかしかったです。

 会員Yさんには真面目に質問しますから、嫌がらずに答えてくださいね。

 それと、134についてですが、GLAで学んだ法を、外の一般の人にそのまま
あてはめて、その方の行為を判断しようとするのは、やめたほうがいいと思います。

 新宗教が人から嫌がられるのは、自分たちの法を勝手に信者以外の方にあてはめて、
ああだこうだと議論する点ですからね。せいぜい自分たちが反省するために使うこと
ですよ。NECの元会長の責任は商法や刑法で判断すべきことでしょう。


139 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 20:33
洗脳を受けている人達に、常識的な説教をしても無駄だと思うよ。
彼らは、普通人とは違う異次元の世界、イデアや理念の世界に住んでいる
人達だからね。つまり、妄想の徒だ。
元GLA信者で、佳子さんとこは、綺麗な妄想が売り物だと言った人がいた。
まあ、彼らは自ら目を覚ましてもらわない限り、まともな世界には戻れない。
相当に、きついことだろうがね。

140 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 20:55

 会員Yさんへ

 イントロダクション読みました。特に質問はありません。

 アトランティスが唐突に出てきましたね。真面目に調査している科学者の方も
おられるので、否定はしませんが。アトランティスの話を方便として信じること
で、反省の役にたつのだろうという程度に受け止めておきます。

 第1章以降どういう展開になるのでしょうか? 楽しみにしています。
仏教に関しては、岩波文庫の本を参照しつつ読ませていただきます。



141 :名無しさん@1周年:2001/03/10(土) 00:41
会員Yさんへ

イントロダクションの批判的感想もまとめておきます。

 どう考えてもGLAの会員、それも高橋信次さんの教えと高橋佳子さんの教えを
それなりに受け入れてきた人でないと、唐突な用語が多くて、???になってしま
うのではないですか?

 それに会員Yさんはイントロダクションの部分をすんなり理解できました?
これがすんなり理解できるなら現GLAの会員って「賢いな」という気がしま
すが、どうなんでしょうか? 20年近く教えを学んだ(教えを刷りこまれたに
すぎない方も多いと思いますが)会員にはもう常識になっているようなこと
なのでしょうか?


142 :会員Y:2001/03/10(土) 15:04
>>141さんへ
>  どう考えてもGLAの会員、それも高橋信次さんの教えと高橋佳子さんの教えを
> それなりに受け入れてきた人でないと、唐突な用語が多くて、???になってしま
> うのではないですか?
 その傾向は確かにあると思います。先生は今まで仏教やキリスト教で使われてきた
言葉をそのまま使われることもありますし、新しい言葉を使われることもあります。
 新しい言葉を使われる時の多くは、既存の言葉では表現できない概念を伝えようと
される時です。

>  それに会員Yさんはイントロダクションの部分をすんなり理解できました?
 表面意識でアトランティスの後悔を実感できるのはごく限られた人だけだと思いま
す。私自身は、このことについて何も実感できたわけではありません。
 ただ、「よく解らない」ことは「よく解らない」まま置いておけばよく、急いで
結論を出さなくてもよい、ということはGLAの中で良く言われていることです。
 「DISCOVERY」の内容は、これまでGLAに(というよりは宗教そのものに)縁遠
かった人の理解できる範囲で、充分なインパクトを与える書籍であると思います。


143 :131:2001/03/10(土) 19:55
>132
>あんたも子供ですね。大人の社会常識でお考えになってごらん。

困りましたねえ。この宗教板は、自分では気の利いたことを書き込んだと
思っているお馬鹿さんが相変わらず絶えません。

131の書き込みで述べていることは、どのような団体・個人であろうと、
自己の利益になると思った行動を選択するものであり、その意味で著名人に
推薦文を一筆書いてもらうということもこの教団にとっては
教勢拡大の上で効果的であると述べたまでのことです。

>NECに限らないが、大企業の会長のような立場の人は、どこの宗教団体だろうが
>何だろうが、 頼まれたら推薦文の1つも書かないはずがないでしょう。
>そうすることが、自社の製品売り上げにもつながるし、また否定すれば売り上げ
>低下につながるかもしれんからですよ。佳子信者が製品を買わ
>なくなるかもしれないでしょう。

こんなこと、本気で信じているんでしょうかね。
自社の製品売り上げの向上につながるかもしれないからと、財界人が、
どこの団体であろうと無差別に推薦文を書くなんてことがあるわけないでしょう。
人並みの慎重さがある人間であれば、自分のとる行動がどのような結果を導くか、
普通は熟考するものです。
そういった慎重さが欠けた態度が、関本氏のNECのああいった不祥事に結びついた
とも言えるわけでしょう。

まずは、書き込みを正しく読むことから始めてみましょう。
2ちゃんねるとは言え、あなたには、書き込みをするのはまだ少し早いのかもしれません。


144 :名無しさん@1周年:2001/03/10(土) 20:43
「DISCOVERY」とやらを、書店で立ち読みしてみました。
私の感想ですが、実に上手く洗脳のテクニックが用いられていると思います。
中にでてくる言葉の多くは、今時の科学雑誌あたりから盗用したものでしょうね。
知的劣等感のある人や、似非インテリになりたい人には最適でしょうね。
例のアトランティスのどうのこうのという話は、元GLA関係者だった
人から聞いたことがあります。嘘か本当かは別にして、アトランティスだのムーだの
というのは、今の地球の話ではないらしい。昔消滅した他の惑星のことだとか。
高橋某はそこで大衆を教化して世直しをしようと試みたが失敗して、地球に
逃げてきたそうな。そして今の地球でも同じ間違いをやっているわけですか?
まあ、親の七光りで神様気分になっている人が何をしようと社会的な影響は少ないだろう
からどうでもいいでしょうけど。

145 :名無しさん@1周年:2001/03/10(土) 22:53
佳子さんとかは、救世主のつもりなの? それとも、カルト教祖なの?
アトランティスのどうのと言ってるということは、ノストラダムスの予言が
はずれたのに、ひょっとして未だに地球が駄目になるとか崩壊すると言ってるの?
なら、ソフトなカルトだね。しかし、2ちゃんねるでさらし者になるに
は、少し迫力が足りないのでは?


146 :名無しさん@1周年:2001/03/11(日) 00:34
会員Y さんへ

>表面意識でアトランティスの後悔を実感できるのはごく限られた人だけだと思いま
>す。私自身は、このことについて何も実感できたわけではありません。

>「DISCOVERY」の内容は、これまでGLAに(というよりは宗教そのものに)縁遠
>かった人の理解できる範囲で、充分なインパクトを与える書籍であると思います。

 アトランティスの後悔でも、エデンの園の原罪でも、過去世の業でも、現在の自分を
受け止めるための方便だと考えればいいのではないでしょうか。

 イントロダクションを読んだ限りでは、GLAの霊的世界観をすんなり共有できる方で
あれば、インパクトあるかもしれませんが、、、どういう霊的(精神的)世界観を持つかは
信仰の領域ですから、自由ですよね。それに、これだけが絶対的な真理だという霊的世界
観もないと思いますが。


147 :名無しさん@1周年:2001/03/11(日) 00:35

会員Y さんへ

第1章、 とりあえず流し読みしました。

 色即是空・空即是色を使った止観ですか。こういう考え方と方法論もあるんだろうな、
という感じです、今のところ。

 今度はゆっくり受け止めつつ読んでみます。その上で質問や感想をまとめたいと思います。


148 :オカルト:2001/03/11(日) 15:00
オカルト教団gla
http://www.gla.or.jp/

教祖、高橋信次
http://www.shoho.com/newpage18.htm

高橋信次設立の企業
http://www.borland.co.jp/cppbuilder/cases/cb004.html
http://www.avis.ne.jp/~sakucity/guide/kigyou/ki14.htm

149 :名無しさん@1周年:2001/03/11(日) 23:20
 会員Y さんへ

 今日は時間がとれたので第1章少しゆっくり読んでみました。感想です。

 色即是空・空即是色がちょっと引っかかります。釈迦の大悟が宇宙即我ともイントロに
ありましたが、これを引っかかります。

 高橋信次さんが書物にあらわした手前、少し強引に使っている気もしますし。

 そういう解説を著者にして欲しいというのがGLA信者の願いだとすると、仕方がないのかな
という気もしますが、、、手元の岩波文庫の般若心経や仏陀のことばを参照しても、どうして?
と思ってしまいます。

 止観はおっしゃる通りだと思いますが。


150 :名無しさん@1周年:2001/03/12(月) 01:46
>147,149さんへ

大きなお世話かもしれませんが、ああいう親の七光りで続いている教祖様の書いてること
を、論理的にどうこう詮索しても無駄だと思います。第一、あの本も彼女が書いている保証は
ありませんよ。過去から引きずってきた信者の気を引くために、色々な宗教的レトリックを
用いているだけと私は感じました。
ああいう類の教祖や教団は、自分に都合の悪いことは知らんぷりをして無視するのを
観ても、ご都合主義的なことを書いているだけと思われますが。
自称神様なんて人は、いつの時代も結構いたそうです。

151 :名無しさん@1周年:2001/03/12(月) 02:31
会員Yさんへ

多勢に無勢で、ちょっとお気の毒な感じもしますが、
だれもYさんに悪意があって、書き込みをしてるわけ
じゃないでしょうから・・・

気楽にね。

152 :天使はいらない:2001/03/12(月) 14:24
 日本には皇室があるから高橋佳子は必要ない。
元GLA会員としての結論。
高橋信次、佳子は敗戦日本に一時生まれたカルト
に過ぎません。

 皇室、大御心に回帰してください。


153 :名無しさん@1周年:2001/03/12(月) 14:31
佳子氏の書くような本(本当に彼女が書いてるのかは知らない)は、論理的な内容のある
ものとして読める物じゃない。感性的に読む物だろうね。だから、何もそれが悪いわけじゃないだろうぜ。
しかし、ああいう物は感じて楽しめる人だけにとって良いものなんであって、それ以外の人達に勧められる
ようなもんじゃないだろうぜ。会員さん達は、そこんとこよく分かっときな。
他人に押しつけりゃ、一種の洗脳カルト教団だよ。幸福の某なんか、それに近くなってるだろ。
宗教的なものは、多分に麻薬的要因があると言われてるが、本物のジャブよりはましだ。
しかし、それを他人に説得しようとするのは、おかしなことだよ。

154 :天使はいらない:2001/03/12(月) 17:06
 一種の洗脳カルト教団でしょ。
本人たちは本気だから。少しでも異議を言えば
排除されます。


155 :名無しさん@1周年:2001/03/12(月) 21:03
カルト教団的なものには、大きく分けて信者の獲得に2つのタイプがあるらしい。
1つは、幸福の科学のような不特定多数というかアホでも馬鹿でも誰でも人を選ばずに
綺麗な言葉で誘い込んで餌にするタイプ。これは、比較的にソフトだ。大勢の中から
使い物になる奴を選んで、その他からは広く小金を集める方式だからね。
もう1つは、初めからある程度、人を選んで入れておいて洗脳を勧めるタイプ。これは、
外見はソフトでも中に入れば狂信的にされる。佳子氏のところのように、一般社会との
パイプはそれ程大きくない。ただし、有名人などを上手く利用することは考える。
どちらが良いとも言えないが、後者の方がはまると怖いことは確かだ。簡単には抜けられなくなるかも。
それと、教団の宣伝役に利用されても、信者自身はそれに気づかないことが多い。
佳子さんの信者さん達よ、何を信じようと勝手だが、そこんとこも少し考えてみな。
彼女の本が好きなら、読者として少し距離を置いて接するのが、常識的に言っても安全だと思うぜ。
人に気づかれずに人を上手く利用すること、それがカルト的洗脳手段だよ。

156 :名無しさん@1周年:2001/03/12(月) 22:05
すみません。ちょっとだけお邪魔します。
去年交通事故で入院したら、「酵素玄米」という食事をすすめられました。
6万円でお釜とジャーを買いました。
なーんか、説明が神がかり風だなと思っていたら、このごはんの炊き方
って、高橋信次さんがあの世から教えてくれたやつなんだって?
タネを聞いて馬鹿馬鹿しくなってしまいました。
どなたか、詳しい方いらっしゃいませんか?

157 :名無しさん@1周年:2001/03/12(月) 22:41
>去年交通事故で入院したら、「酵素玄米」という食事をすすめられました。
>6万円でお釜とジャーを買いました。
>なーんか、説明が神がかり風だなと思っていたら、このごはんの炊き方
>って、高橋信次さんがあの世から教えてくれたやつなんだって?

誉められたことではないが、GLA方面にはくわしくなってしまった自分ですが
そういうことは全く聞いたことがないです。
そもそも、長女で二代目の高橋佳子氏にすら、信次氏はコンタクトは
とっていませんから。(現GLAが主張したことはないはず。)


158 :少女の涙:2001/03/13(火) 01:15

 会員Y さんへ

 第1章で言っていることはわかってきました。

 色即是空・空即是色は「DISCOVERY」で言っているような解釈も可能かなという程度で、
解釈の許容範囲には入っているとは思えますし、細かい点にこだわってもしょうがないので、
特に質問はしません。後の章で関係ができてきたら質問します。

 第1章をもう少し読んでみます。



159 :名無しさん@1周年:2001/03/13(火) 01:44
>157さんへ。
そっかー。GLAとは関係なかったんだ。
あるいはね。精神分裂症の医者が天啓があったかのように語っていて
それらを信奉する栄養士がいるんだろうね。
ま、GLAの亜流が存在しているということで。
で、信次さんって五十代で亡くなったでしょう?
あれって、ガンだったの?

160 :会員Y:2001/03/13(火) 12:08
> 少女の涙さんへ
> 細かい点にこだわってもしょうがないので、特に質問はしません。
> 後の章で関係ができてきたら質問します。
 DISCOVERYは、まず全体をざっと読んで頂いて、それから細かく読んで頂いた方が
理解しやすいかもしれません。
 途中に「自己診断チャート」を介在として、煩悩が引き起こす症候群が煩悩のタイ
プ別に明示されます。あなたのように真摯に読み進められたなら、「他人のせいで自
分の周囲に混乱が起きている」が、「自分が混乱を起こしていた」に転換すると思い
ます。その時に「色即是空」「空即是色」をより深く受けとめることができると思い
ます。


161 :電気や:2001/03/13(火) 16:26
DISCOVERYは日本電気の元会長、関本氏の推薦がありましたね。
なんであのような本に推薦だしたのか不明です。
あれでオカルト好きの関本という噂がさらに広まっただけ。


162 :名無しさん@1周年:2001/03/13(火) 22:13
元NECの関本さんに限らないが、日本の有力な経営者には、オカルトに洗脳を受けて
いる人達が結構多いようだ。ある人によると、外国からの策略ではないかという。
その元になった所の1つは、船井総合研究所というコンサルタント会社らしい。
あそこがオカルト的な経営思想をばらまいたことは確かだ。経営していた病院に勤めていて
元看護婦がばらしたらしいが、精神科でマインドコントロールの実験を行っていたらしい。
京セラの会長、その他いくつかの有名企業で現在は落ち目になっている所に、そういう洗脳を
受けた人がいる。オカルト経営学とでも言えるものに、見事に騙されている。
経済的には豊かになったが、心の貧しい人達が人生思うように行かなくなったとき、
よりどころとするものの1つが、病的なオカルトだろう。自分で楽しんでいるだけなら無害だが、
それを世間に向けて公表することをすると、社会的に非常に有害だと思う。

163 :鉄鼠:2001/03/13(火) 23:00
>>146 確かに「知性が発達しても」は変な表現でした。
幼児や精神薄弱者を「サンタクロースを信じている危険な人」の対象からはずしたかっただけです。
「大人になっても」が妥当でしょうか?

164 :鉄鼠:2001/03/13(火) 23:02
申し訳ない、163はスレッドを間違えました。

165 :少女の涙:2001/03/14(水) 21:24
>150さん
>あの本も彼女が書いている保証はありませんよ。

 おっしゃる通り、企画や文献調査などすべてを1人でやっているわけはないでしょう。
 指導部の1人として関わっているくらいかなという気もします。単なる名板貸しと
いうことはないと思いますが。

>過去から引きずってきた信者の気を引くために、色々な宗教的レトリックを
>用いているだけと私は感じました。

 読んでいて、不思議と強調して主張していることの中に、GLA独特の解釈があるようです。
伝統的通説とは少しずれていると感じます。



166 :少女の涙:2001/03/14(水) 21:25
>161電気やさん、162さん

 今回買った「DISCOVERY」の帯には、

中山素平 氏  (興銀名誉顧問)
  日本が当面する様々な試練は、思い切った変革を必要としている。社会システムだけでなく、
 その前提自体を転換する時である。「外なる解放から内なる解放へ」という新時代の洞察は、
 人間存在の根本からの提言であり、我々経済人といえども心から共感する。

日江井榮二郎 氏(東大名誉教授)
  本書は、21世紀の複雑多肢な課題にフロンティアとして立ち向かう人々に、具体的な道を
 示してくれる。魂を磨き、叡智を開き、宇宙との響働を図る実践可能な行を学ぶことができる
 教典である。

との推薦文が載っていました。彼らは会員なのでしょうか?



167 :少女の涙:2001/03/14(水) 21:25
 会員Y さんへ

>「他人のせいで自分の周囲に混乱が起きている」が、「自分が混乱を起こしていた」に
>転換すると思います。

 全部他人のせい、全部自分のせい、も極端な見方なようにも思えます。正しく受け止めるための
1つの過程として、「自分が混乱を起していた」と受けとめることも必要だと思いますが、それにこだ
わりすぎると、先に進まないのでは?という気がします。

 「自分と自然や社会との関わりの範囲を広げるにつれ、他も自己の一部となり、自己も他の一部と
なっていくので、関わりの範囲では自他を分別することなく、出来事をすべて自分のこととして受け
止めることができる」というのは、仏教の通説ですよね。

 関わりの範囲を広げるための方法論が後ろの章に説明されているのかもしれないので、楽しみに
しています。


168 :元会員・あきら:2001/03/15(木) 11:44
>>166
>中山素平 氏  (興銀名誉顧問)
>日江井榮二郎 氏(東大名誉教授)

会員かどうかは知らないが名前を使ってる感じしますね。
本人に確認するのが一番かも。
なにかトリックを感じます。

http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=984473312


169 :名無しさん@1周年:2001/03/15(木) 23:00
>>165
>>150さん
>>あの本も彼女が書いている保証はありませんよ。

>おっしゃる通り、企画や文献調査などすべてを1人でやっているわけはないでしょう。
>指導部の1人として関わっているくらいかなという気もします。

熱心に真摯な気持ちで、GLAの会員として活動されている人には
耐え難いことでしょうが、会員の方が実際に検証できることをひとつ提示
します。自分で都合の良い解釈をなさることなしに、受け止めればよい
と思います。

高橋佳子氏は、講演会で、以前に書いた著書を引用する際に、
自分が書いたはずのものを正しく読めなかったことがあります。
著作高橋佳子と銘打った、あくまでも自分の著書です。
会員が後生大事に、何度も何度も反芻して読みこんだであろう著書です。
単なる読み間違いではなく、同じ漢字を何度も読み間違えていました。

具体的には言いません。
90年代からのそこそこ熱心な会員であれば、
だれでも普通に検証できます。

170 :会員Y:2001/03/16(金) 00:38
>>169さん
> 具体的には言いません。
> 90年代からのそこそこ熱心な会員であれば、
> だれでも普通に検証できます。

 80年代からの熱心な会員(のつもり)ですが、具体的に教えて頂けない
でしょうか。先生はほとんど毎週のように御公演されており、今年の分だけ
でも検証することは大変なことですので。


171 :169:2001/03/16(金) 01:08
会員Yさん、こんばんは。

>具体的に教えて頂けないでしょうか。
う〜ん、ここでもったいぶっていてはいけないんでしょうが・・・。
ただ教団の性質からいって、教団もここをおそらく見ているでしょうから。
だから具体的に言うと、巧妙な対策というか、もみ消し手段をとられてし
まうかもしれない・・・

90年代の、TL人間学以外の関東地方の講演会ということで、
今のところはご勘弁を。
繰り返しになりますが、容易に検証できるということです。

あとは、Yさんは、この書き込みのことをお仲間の会員には伏せておく
ことですね。下手なことを言うと、必ずマークされます。ご注意を。
ちょっと怖いことになってしまいましたが、大丈夫!
信次先生がついています。

172 :169:2001/03/16(金) 01:17
>ちょっと怖いことになってしまいましたが、大丈夫!
>信次先生がついています。

このくだりは、自分自身に語りかけている面も少しあります。
ともあれ、インターネットのこの時代、まだまだ白日の下に
晒されることが出てくるでしょう。

173 :名無しさん@1周年:2001/03/16(金) 02:37
会員Yさんよ、本当に気をつけな。あんたが思っているほど、世の中は甘くないぜ。
そしておそらく、他の佳子信者や関係者もな。Yさんは、佳子氏を弁護するつもりで、ここに
書き込みをしてるのだろうが、関係者は会員のあんたが書き込むのを見て、困った存在だと
思ってる可能性が高いぜ。何しろ、2ちゃんねるは、宗教団体の裏事情や実体がばらされること
で既に世間では有名だからね。当局もマークしてるようだぜ。
今時、教祖様がご自分でいっぱしの本や講演会の原稿を書いてると思うのは、世間しらずかもよ。
あえてはっきり言おう。宗教家専門のプロのゴーストライターもいるんだぜ。
彼らは文章を作るのが上手いだけでなく、大衆洗脳の技術を習っているんだよ。

174 :会員Y:2001/03/16(金) 11:15
 よく解らないのですが、読み間違いというのは誰にでもあることではないでしょうか。
 漢字の勉強をするつもりなら、GLAよりももっとふさわしい所は沢山あるでしょうけど。


175 :あきら:2001/03/16(金) 11:25
>>173
東北本部に佳子からファクス来たときなんか
わざわざ書き直して本物を一般会員に見せない
のだよ。どこまでが佳子の本当の文章か怪しい
というのが現実さ。


176 :会員Y:2001/03/16(金) 13:20
 元会員の方々にお聞きしたいことがあります。

 皆さんは、佳子先生が同時に何百人もの過去世の記憶を開いてゆかれる様子
をご覧になったことはありませんか?
 先生が如何なるお方であるか、これ以上の証拠は無いように思いますが。
 皆さんの目には、あの場面が「やらせ」に映ったのでしょうか?それとも
「集団催眠」の類に映ったのでしょうか?


177 :佳子:2001/03/16(金) 14:06
>「集団催眠」の類に映ったのでしょうか?

少なくても科学的方法とは違うね。

178 :名無しさん@1周年:2001/03/16(金) 21:26
科学的方法ではないが、集団催眠によって過去世の記憶とやらが再現されることは、
ありうるそうだ。会員Yの言ってることが本当なら、佳子氏は、集団催眠に長けた人
なのかもしれんね。その能力があるから特別に偉いわけじゃないが、教祖様になるには
十分な素質かもしれんぜ。
霊的な特殊能力は少しあるのかもしれんが、その先が問題だよ。そういう連中は、常に調子のいい
ことを言って人だましをするからね。儀保愛子なんかも、そうみたいよ。


179 :名無しさん@1周年:2001/03/16(金) 22:46
会員Yさん、

もうおやめになりませんか?
124さんの良心的な大人の書き込みがすべてを
物語っています。
あなたがむきになって説得しようとすればするほど、
GLAが評判を落とすことがどうしておわかりに
ならないのでしょうか。

純粋な気持ちから出ているのかもしれませんが、
少々思慮に欠けた行為だと思います。

180 :少女の涙:2001/03/17(土) 00:55
>169さん
>単なる読み間違いではなく、同じ漢字を何度も読み間違えていました。

 「DISCOVERY」第2章で「空華」読み間違いました。「くうか」だと思ったら、「くうげ」
でした。ふりがなに気づきませんでした。だからといって、私が愚か者であると決めつけられる
わけではないですよね。「空華」の解釈はGLA独特の解釈でしたが。

 同様に、佳子氏が講演会で漢字読み間違ったとしても、すべてゴーストライトととも言えない
のではないでしょうか。

 決定的な読み違いといえるものなのですか?



181 :少女の涙:2001/03/17(土) 00:55
>会員Y さんへ

>佳子先生が同時に何百人もの過去世の記憶を開いてゆかれる様子
>をご覧になったことはありませんか?
>先生が如何なるお方であるか、これ以上の証拠は無いように思いますが。

 第2章「深化の段階」をざっと読みました。過去世の話などはいっさいでてきませんよね、今の所。

 あと、漢字読み間違ったからといって、即、いんちきにはならない、のと同様に、過去世の記憶を
開かれたと言っても、即、偉いわけでもない、ですよね。霊能力を持っているのだろう、ということ
にはなりますが。
 それ以上の解釈をして、神の化身などと思いこむのは、第2章の冒頭にある<自我の主観の危うさ>
ではないですか?

 苦集滅道、四諦をこう解釈されるとは、ちょっと驚きですね。第2章じっくり読んでみます。



182 :169:2001/03/17(土) 02:11
普通この手の応答の場合、信者の方たちというものは、都合が悪いことには、
耳も目もふさいで、現実からただひたすら逃れようとし黙殺するものだが、
辛うじて、会員Yさんとは、コミュニケーションが成り立っている。
Yさんの真摯な態度は、評価されるべきものだと思います。
こちらもがんばって、書き込まねば・・・・
ちょっと辛いところかもしれないけれど、ここがYさんの踏ん張りどころ。
会員対批判者という構図で、受け取らないでほしいと思います。
応援していますよ。

繰り返しになりますが、2ちゃんねるのことは周囲に伏せておくべきです。
別に、それが背信行為にはならないはずです。
よく教団内では言うじゃないですか。
「(高橋佳子)先生は、すべてご存じなのです。」と・・・・
だから、気にすることはありません。もっとも、この手のものの言い方は
どこの教団でも言われているようなことですけど。

183 :169:2001/03/17(土) 02:18
>>180
>決定的な読み違いといえるものなのですか?

決定的な読み違いでした。ご自分で書いた著書なのです。
単にうっかりしたというたぐいのものではなくて、同じ漢字を何回も
間違って読んでいました。そう読むとどう考えても不自然な箇所でした。
字が読めないというのは、自分で本当は書いていないと考えるのが、
普通ではないでしょうか。

>>174
>漢字の勉強をするつもりなら、GLAよりももっとふさわしい所は
>沢山あるでしょうけど。

Yさん、こういう書き方は、ちょっと良くないです。
ただ「あのお優しい、いつもわたしたちを大切にして下さる先生が・・・」
と思うと、とても悲しいし、だから「余計な」ことを書き込んだ人間に
対して怒りが出てくる、その気持ちは分かります。
ただ、それは多くの人が乗り越えてきた道でもあります。

184 :169:2001/03/17(土) 02:24
>>179
>もうおやめになりませんか?

事実など、確かめようもありませんが
ああ、さっそく教団関係者のお出ましかと感じました。
勝手な思いこみですので、違いましたら失礼いたしました。

ただ、言えることは、あなたがYさんの書き込みをいさめるなど
見当違いも、はなはだしいということです。

185 :世界一の幸福のバカガクル  :2001/03/17(土) 02:29
           

186 :そよ風:2001/03/17(土) 03:47
169さん こんばんは
>>183
>決定的な読み違いでした。・・・・
ここまで断言するのであれば、やはり、事実を明らかにして欲しいと思いますが・・・・・

まあ、これが事実として、169さんは何をおっしゃりたいのかよく分かりません。
「だから、高橋佳子さんの言うことはすべて信じられない・・・」 でしょうか?
それとも・・・・ 
是非、お聞かせください。


187 :会員Y:2001/03/17(土) 04:14
>>169さん
> 字が読めないというのは、自分で本当は書いていないと考えるのが、
> 普通ではないでしょうか。
 そのように問われても、169さんの指摘されている事実が何であるかはっ
きりしないと、答えることが難しいですね。
 先生の御公演の中で勘違いと思われるような点が見受けられたことはあ
りましたが、私にとって(そして、おそらく他の大部分の方にとって)信
仰を左右するような事件は何も記憶にありません。
 それから、私は土日にはネットに接続できない場所にいますので、次の
レスは月曜以降になります。


188 :名無しさん@1周年:2001/03/17(土) 22:08
会員Yさんへ

あんたは純情なのか世間知らずの馬鹿なのか、おそらく両方だろうと思うが、僭越ながら、
1つだけ忠告しといてあげよう。間違っても、他の高橋佳子信者や関係者には、あんたが
ここに書き込みをしていることは言わない方がいいぜ。自分の命を大切にしなよ。
昔から、カルト教団の教祖様を神様の化身だと信じている信者が、けなげにも他の世間の連中
から理解を得ようとして、その結果、教団中枢に近い関係者にヤバイ存在だと思われて、
処分されたことは多いらしい。Yさんと違って、教団の中枢に近い連中には、他の一般社会の人達に
知られたら不味いことが沢山あるからさ。
現に、あなたは佳子氏がゴーストライターに頼っている可能性を、ここで示してしまった
だろう。宗教関係に詳しいジャーナリストによると、あの話は本当らしいです。
「本当の敵は我が内にあり。」とも言う。Yさんは、既に高橋佳子教団にとっては、
いわゆる「獅子身中の虫」と思われているのかもしれないよ。
とにかく用心して、客観的に教団や佳子氏の周辺事情を調べてみな。といっても、
既に洗脳されきっているのなら、無理かもしれないがね。

189 :名無しさん@1周年:2001/03/17(土) 22:24
Yさん

188氏が言っていることは、ある程度本当だと思う。
Yさんがここで空しい書き込みを続けるのは遊びで楽しみかもしれないが、他の教団関係者は
遊びとは思ってないかもしれないですよ。
かつてオーム真理教の麻原を弁護していた信者数名が、また幸福の科学の大川某を弁護して
いた景山さんが、不可解な事故死を遂げたことをご存じでしょう。
この次は、佳子信者が事故死したなん記事は、あまり見たくもないですよ。


190 :信者:2001/03/17(土) 22:25
4月8日は横浜で佳子先生の講演会です。
超楽しみです。
カードも欲しいです。

191 :少女の涙:2001/03/18(日) 01:36
会員Y さんへ

 第2章ゆっくり読みました。第一印象のときよりもかなりわかってきました。

 六波羅蜜を現代語で表現したということでしょう、おそらく。

 伝統的通説では、115ページの図でいうと、空の部分にかいてある4つの枠は、本来無い
という意味で「空」を使うのですが、「空の場」に「血・地・知」が「華」をつくっている
ということで、「空」を定義しているのでしょう。

第3章、 第4章は読んでいませんが、この図ですと、血・地・知も修正していくという、
フィードバックのプロセスが読み取れないのですが、「変革」に含まれているのでしょうか。
伝統仏教の枠組みの範囲で理解できる感じがしてきました。

 にもかかわらず、過去世の意識や、高橋佳子先生の完全性にこだわるのは、なんなんで
しょうか? そっちの方が疑問です。


192 :会員Y:2001/03/19(月) 11:24
少女の涙さんへ

>  伝統的通説では、115ページの図でいうと、空の部分にかいてある4つの枠は、本来無い
> という意味で「空」を使うのですが、「空の場」に「血・地・知」が「華」をつくっている
> ということで、「空」を定義しているのでしょう。
 先生は「無い」という意味で「空」という言葉を使っておられません。先生は「空」を「人間の
精神世界」という意味で使っておられます。「空」は直接目で見ることも手でつかむこともできま
せんが、はっきりとした「かたち」があり、刻一刻と「色」を産み出すエネルギーを持つ存在とし
て描かれています。
 仏教関係者の方から「GLAは仏教と同じ言葉を使っているが、『空』の解釈が仏教とは異なる
のではないか」という批判を頂いたことがありました。それが批判すべきことかどうかは別問題と
して、その方がおっしゃったことは事実であると思います。

> 第3章、 第4章は読んでいませんが、この図ですと、血・地・知も修正していくという、
> フィードバックのプロセスが読み取れないのですが、「変革」に含まれているのでしょうか。
 その通りです。読み進めて頂ければと思います。

> 伝統仏教の枠組みの範囲で理解できる感じがしてきました。
>  にもかかわらず、過去世の意識や、高橋佳子先生の完全性にこだわるのは、なんなんで
> しょうか? そっちの方が疑問です。
 先生のことを知って頂くには、御著書や御公演等で直接先生に触れて頂く事が一番であると私は
確信しています。私のような者が間にはいって何かを付け加えるのは愚行であるようにも思われま
す。
 ただ、私はこのスレッドで先生のことを批判されている方々に興味があります。特に、「元会員」
の方々が何に反感を抱き、何にとらわれたのか、まだ充分に語り尽くされていないように感じました。
「先生が御著書の読み間違いをされた」、「先生の肉筆のFAXが書き直されて配布された」という
ことはGLAを離れる直接的な原因になったかもしれませんが、それ以前に何か鬱積したものがあっ
たのではないかと思われました。そこで、色々な角度から質問すれば、本音を聞かせて頂けるのでは
ないか、と思った次第です。


193 :少女の涙:2001/03/19(月) 22:51
>169さん
>>179
>>もうおやめになりませんか?
>事実など、確かめようもありませんが
>ああ、さっそく教団関係者のお出ましかと感じました。
>勝手な思いこみですので、違いましたら失礼いたしました。
>ただ、言えることは、あなたがYさんの書き込みをいさめるなど
>見当違いも、はなはだしいということです。

 そうですよね。ここで会員Yさんがやめてしまったら、本を勧めたのはいいとしても、それに
答えて本を買って読んだ私との一期一会の出会いを放棄して、一部の信者の高橋佳子先生崇拝を
傷つけたくないがために、「DISCOVERY」に説かれている教えの実践を怠ったということに
なってしまうでしょう。
 会員Yさんが、この場から、今、撤退することの方が、GLAの評判を確実に落とすことに
なると思います。


194 :少女の涙:2001/03/19(月) 22:52
会員Y さんへ
>御著書や御公演等で直接先生に触れて頂く事が一番であると私は確信しています。
>私のような者が間にはいって何かを付け加えるのは愚行であるようにも思われます。

 そうでしょうか? 私は、会員Yさんが、この場で「DISCOVERYには一人一人の煩悩の型を
発見し、煩悩が問題を引き起こしている現実を直視し、自分の内側を変革することによって問題を
解決してゆく理論と現実が著されています」と言われたので、読んでみようと思ったわけです。

 例えば、知り合いの人が「DISCOVERY」をプレゼントしてくれたからといって、ここまで
じっくり読みません。色即是空の段階で、「これは異説だ、たいしたことはない」と思って本棚に
ポイでしょう、おそらく。
 会員Yさんとの関わり合い、ネットを通しているとはいえ真摯な対話があるからこそ、理解
しようと最大限の努力をしているわけです。自分の真摯な関わり合いを愚行として、先生の講演を
聞けばわかるなどと言うことは、高橋佳子先生が会員Yさんが考えておられるような方である
ならば、いい気持ちはなされないと思いますが?

 「DISCOVERY」は、3/25には第3章まで、4/1には第4章まで、その後数日かけて
結びを読む予定なので、4月5日〜6日に読み終わると思います。それまで、真摯に関わって
いただければ、有難いです。



195 :名無しさん@1周年:2001/03/20(火) 01:21
少女の涙さんとやらへ

あなたは、上のスレを読んでないのかい。会員Yが、自分の身の危険を感じ始めたことが
分からないのかね。無理につきあわすのは、罪なもんだと思うよ。質問があるなら、さっさと
今月内にすましてやることだね。
それと、ゴーストライターの書いた本の内容にいつまでこだわるのだね。あの類の本は、
教祖様が少しアイディアを出したら、それを使って信者受けする筋書きを書くものなんだよ。
元々、一貫した論理がある訳じゃなかろう。佳子氏じゃないが、某有名教祖様のゴーストを
やってた人から聞いたことがある。実際は、教祖は何も考えてないってね。
そういえば、昨今の幸福のなんたらやワールドかんとかでは、教祖様の本の文章が、物によって
ずいぶん違うので、複数のゴーストがいることが、会員にも分かってきているらしい。
知的な劣等感を埋めるお遊びなんだよ。もうこの国の新興宗教はね。


196 :名無しさん@1周年 :2001/03/20(火) 02:35
>195さんへ

確かに、GLAは新興宗教ですが、そのくくりで一律に論じるのも
いかがなものかと思う。
例えば、法の華などでは、確かにゴーストライターがいて、そのことは
マスコミでも報道されているし、幸福の科学やワールドなんとかなど
でも、教祖が書いていないのかもしれない。

ただそのことをもって、だから高橋佳子氏も自分で書いていないはずだと
いう主張ならば、説得力に乏しい。会員でなくとも、それでは納得
しないでしょう。

あなたも、いろいろとお詳しいようだから、もう少し粗いところの
ない書き込みをお願いしたいものです。

197 :信者:2001/03/20(火) 11:13
4月8日は横浜で佳子先生の講演会です。
超楽しみです。
カードも欲しいです。



198 :元会員:2001/03/20(火) 15:39
>>197
>カードも欲しいです。

フェチシズムですか?


199 :元会員:2001/03/20(火) 15:45
麻原もGLAの教義を学んだのだ。
http://www.aleph.to/index2.html


200 :名無しさん@1周年:2001/03/20(火) 22:48
GLAそのものが悪かったとは思わないが、昔からおかしな取り巻き会員が多かった
のは事実のようだぜ。本当に真面目でまともな人達は、創始者が亡くなってからは、
あそこを去って行ったそうだ。今残ってるのは、変なんじゃないの?


201 :少女の涙:2001/03/20(火) 23:41
会員Y さんへ

 第3章に入る前に、やはり、色即是空・空即是色について、伝統的通説と「DICCOVERY」の
解釈との違いをはっきりさせておいた方がいいと思いました。少し長くなりますが、読んでイメージ
だけでも共有していただければ、第3章・第4章の私の読解も進むと思いますので、ご協力お願い
します。
国語辞典(現代語・古語)より
 「空」  万物はすべて仮に形を現したものであるから、永久不変の実体はないということ。
 「色」  五蘊・三諦の一。色や形のあるもの。物質。宇宙のすべての有形物。
 「五蘊」 色(肉体)・受(感覚)・想(想像)・行(心の作用)・識(意識)の称。
 「三諦」 空諦(万物は空であると観ずること)・仮諦(万物は有なり)・中諦(前二者のいず
     れにも片寄らない中道が第一の真理であること)のこと。
 「色即是空」 すべて形あるものの本質は皆空であるということ。
 「空即是色」 宇宙の万物は本来仮の存在にすぎないが、目にうつる形としては千差万別の
     現象として存在しているということ。
 「空華」 煩悩に迷った人は、本来空である万物をあたかも実在であるかのように妄想して
     執着するということ。
 「縁起」 因縁によって万物が生じ起こること。
 「因縁」 「因」は事物を成立させる種子。「縁」は事物を発生させる力。
岩波文庫「般若心経・金剛般若経」註より
 色即是空〜物質的存在をわれわれは現象として捉えるが、現象というものは無数の原因と条件に
     よって刻々変化するものであって、変化しない実体というようなものは全然ない。また、
     刻々変化しているからこそ現象としてあらわれ、それをわれわれが存在として捉える
     こともできるのである。
 空即是色〜現象は実体がないことにおいて、言いかえると、あらゆるものと関係しあうことに
     よって初めて現象として成立しているのであるから、現象をみすえることによって、
     一切が原因と条件によって関係しあいつつ動いているというこの縁起の世界が体得
     できるはずである。


202 :少女の涙:2001/03/20(火) 23:42
会員Y さんへ

>先生は「空」を「人間の精神世界」という意味で使っておられます。
>「空」は直接目で見ることも手でつかむこともできませんが、はっきりとした「かたち」
>があり、刻一刻と「色」を産み出すエネルギーを持つ存在として描かれています。

 GLAの「空即是色」における「色」は、おそらく、図1−2における「実施中」の場、図1−3に
おける中央の「結果−原因」をさしているようです。そして、図1‐3で時間が左から右へ流れる
とすると、図の左半分を図1‐2の視野に、右半分を後方野に位置づけると、時の神理と場の神理が
組み合わさった、立体的なイメージが構成されることになります。

(1) GLAの「空」は、視野と後方野を意味しているようです。伝統的通説の「空」は、立体的
イメージ全体を指します。視野とか後方野の枠は、図1−2にいる人の「受・想・行・識」が作り
出した「空華」(煩悩)の枠であるととらえるのです。

(2) GLAの「色」は図1‐2の場に現れた現実を意味しているようです。自己が認識している
範囲の現実といえるのでしょうか? 伝統的通説の「色」は、どちらかというと、自己の認識を
通す以前に、現に存在している現象・物質的存在そのものをさします。

 GLAの解釈と伝統的通説が、完全に一致することも可能です。無限の宇宙空間、無限の過去
から無限の未来までの、場の神理と時の神理(縁起)のすべてを見とおした、如来の境地に立てば、
視野・場・後方野の枠が無限に大きくなるので、GLAの「空と色」と伝統的通説の「空と色」が
一致するわけです(煩悩の枠が無限のかなたに消え去る)。


203 :少女の涙:2001/03/20(火) 23:42

会員Y さんへ

 伝統的通説の理解では、GLAの「空即是色」は、「自己の『空華』(煩悩の枠)が自己の『受・想・
行・識』を歪めている」、GLAの「色即是空」は、「現実(色)を『受・想・行・識』することを通し
新しい「空華」の輪郭が形成される」ということになります。

 そういう意味で、「DISCOVERY」における「空と色」は伝統的通説の範囲で理解できます。ただ、
大乗教典でも2000年くらいの歴史があるわけで、その伝統的理解と異なる意味で同じ言葉を使用する
というのは、ある意味新鮮ですが、ある意味危険であるといえるでしょう。

 例えば、高橋信次さんが、「空と色」はこういう意味ですと言ったことを深く考えることなく妄信し、
伝統的理解を知らないくせに、般若心経や法華経を馬鹿にした信者がいたと聞いています。
 現GLA会員の中にも、「DISCOVERY」の「空と色」の理解が正しく、般若心経や法華経なんて
たいしたことはないと思っている人も少なくないでしょう、おそらく。

 それでも、GLAの「空と色」でも構わないと私が感じた理由は、実践の面、煩悩の型を発見し
自己の内側を変革していくプロセスを理解するには、GLA的な認識がわかりやすいのかな?とも
感じたからです。

 これで、第3章・第4章を読んでいくための障害がかなり取り払われた感じがします(第2章
に入った時点で、ものすごい心理的抵抗を感じたもので、、、般若心経や法華経を馬鹿にしたこんな
奴らは相手にすることはない無視してしまえ、というような抵抗です)。

 第3章の質問・感想は土・日になると思います。それでは、また。


204 :A.K:2001/03/21(水) 04:55
>少女の涙さま
 初めまして。私も、Yさんと同じく、GLAの会員をしております。
 >(第2章 に入った時点で、ものすごい心理的抵抗を感じたもので、、、般若
 >心経や法華経を馬鹿にしたこんな 奴らは相手にすることはない無視してし
 >まえ、というような抵抗です)。
 このようなお気持ちが湧いたにも関わらず、 教の違いを超えて、争いに走らずに
対峙してくださったこと、本当にありがとうございます。
 そして、
 >例えば、高橋信次さんが、「空と色」はこういう意味ですと言ったことを深く
 >考えることなく妄信し、 伝統的理解を知らないくせに、般若心経や法華経
 >を馬鹿にした信者がいたと聞いています。 現GLA会員の中にも、「DISCO
 >VERY」の「空と色」の理解が正しく、般若心経や法華経なんて たいしたこ
 >とはないと思っている人も少なくないでしょう、おそらく。
(引用が長くなり申し訳ありません)個人的にはこのことが心に残りました。

205 :A.K:2001/03/21(水) 04:58
>少女の涙さま
 般若心教や法華経と言うお経文を、よく知らないという会員さんは、今のGLA
に大勢いらっしゃると思います。私自身も、恐縮ながらその一人です。これは、
少女の涙さんがおっしゃった通り、高橋先生が自己の内側を変革していくプロ
セスの表現として、空と色というものを使っておられるためだと思います。
 しかし、高橋先生ご自身が、仏門の様々な先人の方に対し、また仏教を学ん
でいる方々に対し、「こちらが正しい」という事を言われたことは、私が聞く限り
では一度もありません。その方々の歩みに対して、深々と頭を下げられる方です。
(私は、高橋先生のそのようなお姿に惹かれます。)
 今の、団体としてのGLAには、課題も、会員個人の姿勢の問題も、組織とし
ての問題もあるかと思います。少女の涙さんがおっしゃったような方も、居ないと
断言できません。会の中にいる私自身が、それをどう受け止めて、どう動いてゆく
のか、自分も考えたいと思いました。
 長くなりまして、申し訳ありません。それと、Yさんとのやりとりにいきなり
はいってしまいました。Yさん、少女の涙さん、ごめんなさい。


206 :高橋信次の本名:2001/03/21(水) 11:12
高橋春雄らしい。


207 :会員Y:2001/03/21(水) 13:48
少女の涙さんへ
>  会員Yさんとの関わり合い、ネットを通しているとはいえ真摯な対話があるからこそ、理解
> しようと最大限の努力をしているわけです。自分の真摯な関わり合いを愚行として、先生の講演を
> 聞けばわかるなどと言うことは、高橋佳子先生が会員Yさんが考えておられるような方である
> ならば、いい気持ちはなされないと思いますが?
 このお言葉を頂いて、大変嬉しく思います。実は私は最初このスレッドに対して発言すべきか否か
迷っていたのですが、やはり発言したのは間違いではなかったと安堵しています。

> 例えば、高橋信次さんが、「空と色」はこういう意味ですと言ったことを深く
> 考えることなく妄信し、 伝統的理解を知らないくせに、般若心経や法華経
> を馬鹿にした信者がいたと聞いています。 現GLA会員の中にも、「DISCO
> VERY」の「空と色」の理解が正しく、般若心経や法華経なんて たいしたこ
> とはないと思っている人も少なくないでしょう、おそらく。
 確かに、そのようなことをはっきりと口に出す人は少ないでしょうが、「思っている」人は結構
いらっしゃると思います。これが「選民意識」というものでしょうね。


208 :会員Y:2001/03/21(水) 13:49
(続き)
 ただ、私は「選民意識を持つのはよくないことだからやめなさい」と先生がおっしゃるのを聞いた
ことはありません。その代りに、「先生をお伝えする」ことを自らの「空」を点検するための行の一
つとして位置付けて頂いています。
 無意識にせよ選民意識を持ったままで先生をお伝えしようとすると、表情や雰囲気にそれが現れ、
相手の方から「NO」の反応が返ってくることになるでしょう。何度も同じような「NO」の反応
が返ってくるので、「止観シート」(DISCOVERYにも掲載されています)で点検してみると、自分の
中に選民意識があったことを発見できるわけです。選民意識を「空」とし、「NO」の反応を「色」
とすると、GLA的な意味での「空即是色」に他ならないわけです。
 さらに、選民意識の根底にある「つぶやき」を点検してゆくと、例えば「自分は特別でなければな
らない」とか「自分を高みに置いて他人を見下していれば安心」というような、根底にある「空」あ
るいは「信念」が出てきます。この信念がどのようにして自分に植えつけられたのかを検証し、信念
(煩悩)の型に応じた行を実践することにより、誤った信念の呪縛から徐々に自分を解放してゆくこ
とができます。
 私を含め、会員が御迷惑をおかけするかもしれませんが、このような過程を経て関り方が変わって
くると思いますので、事情をご賢察頂ければ嬉しく思います。

209 :会員Y:2001/03/21(水) 15:14
(また続きです)
> (1) GLAの「空」は、視野と後方野を意味しているようです。伝統的通説の「空」は、立体的
> イメージ全体を指します。視野とか後方野の枠は、図1−2にいる人の「受・想・行・識」が作り
> 出した「空華」(煩悩)の枠であるととらえるのです。
 少し、誤解があるようですので指摘させて頂きます。まず、「視野」すなわち未来に起こること
については、無限の可能性を秘めているという点で、ここでは「空」/「色」の何れかにに分類され
るものではないと思います。
 無限の可能性を秘めている「未来」に対して、人間の「空」が触れることにより、(換言すれば人
間が「受・想・行・識」を行うことにより)、「一つの形」、「一つの現実」に固定されます。
 このように無限の可能性を秘めていた未来が、人間の「空」によって一つの「色」に固定されてし
まう働きをGLAでは「空即是色」と呼んでいます。また、このことは逆に、既に現れた(後方野に
去った)「色」は「空」の現れに他ならないこと、それゆえに現れた「色」を検証することによって
「空」を掴めるということをGLAでは「色即是空」と呼んでいます。

> (2) GLAの「色」は図1‐2の場に現れた現実を意味しているようです。自己が認識している
> 範囲の現実といえるのでしょうか? 伝統的通説の「色」は、どちらかというと、自己の認識を
> 通す以前に、現に存在している現象・物質的存在そのものをさします。
 GLAでも「色」は「現に存在している現象・物質的存在そのもの」の意味で使っています。「自己の
認識」の要素を加えてしまうと、人によって「色」が異なって見えることになりますが、「色」そのも
のは「客観的な事実」です。


210 :MBGずっけこ秋田:2001/03/21(水) 18:11
>>209
会員Yさんへ

佳子の説は自己言及的なの。
意味などない空論。

例えば、法とは愛、愛とは自然、自然とは法
というような論法なの。



211 :名無しさん:2001/03/21(水) 18:31
もしかして吉川工業はGLAの会員?

http://www.icl.hsp.saga-med.ac.jp/dev/co/YOSHIKAWA.html
>弊社は、創業開始以来78年に亘り、「人間尊重」を経営理念として経営を進めてまいりました。

「人間尊重」という言葉が気になる。

 吉川工業
 http://www.yst-net.co.jp/


212 :少女の涙:2001/03/21(水) 22:44

 A.K さんへ

>このようなお気持ちが湧いたにも関わらず、 教の違いを超えて、
>争いに走らずに対峙してくださったこと

 湧いた気持ちは複雑でした。第2章をざっと読んだところ、だんだん腹が立ってきた
というのが正直な気持ちです。その中の1つがあのような気持ちだったのです。
 般若心経の「空と色」との違いは、会員YさんがGLAの「空と色」を教えてくれたので、
理解できたのですが。他にも色々な気持ちが混ざっていたとは思います。

 教えの違いといっても、「DISCOVERY」の概念は、用語の使い方はともかくも、
仏教といえば仏教なのですが、もしかしたら仏教の重要な視点が抜けているのかも
しれない、という気もしてきました。
 ただ、教えの問題なのか、会員の方々の実践の面の問題なのかは、「DISCOVERY」の
後半を読んでみないと何とも言えないので、何でもいいですから、「DISCOVERY」の教え
についてA.Kさんが感じられていることを感じたまま伝えていただければ有りがたいです。
 よろしくお願いします。


213 :少女の涙:2001/03/21(水) 22:44
 会員Y さんへ

>無限の可能性を秘めている「未来」に対して、人間の「空」が触れることにより、(換言すれば人
>間が「受・想・行・識」を行うことにより)、「一つの形」、「一つの現実」に固定されます。

 「DISCOVERY」の説明と会員Yさんの説明を通して、GLAの「空即是色」の意味するところ
は私なりにようやく理解できたのですが、例えば、「人間の『空』が触れる」という表現は、伝統的
見解では使わないのです。というより「無色無受想行識」を「空」の状態としているのですから、
用語の使用上、論理矛盾をおこすわけです。そこで、GLAの「空」は「空華」のような意味で
使っているのだろうという気がして、ようやく第1章を読んだとき感じたすっきりしないものが
とれたのです。

 でも、高校の世界史や倫理では「空即是色」は形式的な言葉の定義上は、伝統的理解を正解と
して教えているわけで(実質的な意味や実践的な意味を教えているわけではないですが)、そこで
いきなり「DISCOVERY」を渡されて「『空即是色』は、実践的な意味ではこういうことになり
ます」と言われても、渡された方は???になるのは目に見えているのではないでしょうか?



214 :少女の涙:2001/03/21(水) 22:45
会員Y さんへ(続きです)

 実践的な面ではわかりやすいのかもしれない(「ビジョンも持って場と関わることにより具体的な
現象が引き出される」という表現は非常に明快だと思います)のですが、「空即是色」は、最低限、
実質的な意味、すなわち伝統的理解とどこが違うのかを会員さん各自が押さえておかないと、読み
手が形式的な用語の「違い(虚偽)」を、

 「実質的な理解の虚偽(GLA会員は何もわかっていない愚か者)」
 「会の実践面の虚偽(ソフトなカルト活動)」
 「高橋佳子先生の虚偽(親の七光りで続いている教祖様)」

にまで増幅して乱反射させてしまい、「綺麗な言葉のレトリック」「綺麗な妄想」「意味などない空論」
「親の七光り」「たいしたことのない異説」などが場から引き出されてしまうのだと思います。

 それを会員Yさんが、「自分には特別という意識がある」「自分を高みに置く傾向がある」などと
受け止めて自己の空華の輪郭を変革できたとしても、下手すれば自己を卑下するだけの反省に終わ
ってしまうような気がします。

 外部の私が言うのも余計なことですが、「色即是空・空即是色」の部分は、「煩悩即菩提の智慧」とか
「中諦の実践」とした方が、用語上は適切のような気がしますし、無用な反発を招かないと思うのですが、、、


215 :A・K:2001/03/22(木) 01:12
>少女の涙さま
 お返事ありがとうございました。
 >A.Kさんが感じられていることを感じたまま伝えていただければ
この一言がうれしいです。

 でも、私には、「DISCOVERLY」に書かれている仏教の解釈の違いを、少女の涙さんと語り合う
だけの、知識や、弁論力がありません。
仏教を真摯に学んでおられる(というお姿を、書かれた文面から、感じ取らせていただきました。)
少女の涙さんが読むと、腹立たしい気持ちになるのだということも、仏教の解釈とは違う
ということも、ここに来るまでわかりませんでした。
 それは、世間知らずというか、無知なのだなあと思います。
 後半を読み進める中で、少女の涙さんが、どんなお気持ちになったか、どうか聴かせてください。
わたしも、今から後を追って、「DISCOVERLY」を読ませて頂きます。
 >教えの問題なのか、会員の方々の実践の面の問題なのか
 会員である私たちの、実践の不足の問題であると思います。私にとって切実な問題です。
GLAの中にも様々な方がおられます。Yさんが書いておられた、『私を含め、会員が御迷惑をおかけするかもしれませんが、このような過程を経て関り方が変わってくると思いますので』という事を、
わたしからもお願いいたします。     

216 :A・K:2001/03/22(木) 01:15
>少女の涙さま(続き)
 高橋先生の一連の著書は、「DISCOVERLY」「希望の原理」「グランドチャレンジ」と続きます。
これらは、会員へのご指導がまず先にあり、それが時期を追って本としてまとめられてきました。
 私は「グランドチャレンジ」という本が発行された辺りから、本を読み始めました。
 あの、話が飛んで申し訳ありませんが、わたしは「煩悩即菩提」という言葉が好きです。
自分の中にある煩悩が、「即」菩提に通じるということの答えや、いかに、煩悩を転じていくかという
道を、わたしは高橋先生に教えて頂いていると思うのです。
著書「グランドチャレンジ」の中にある、転換のみちに私は惹かれます。
 少し支離滅裂になってしまいました。仏教の「中諦」や「煩悩即菩提」についても、この書式での
説明は難しいかもしれませんが、教えていただけないでしょうか?

>211
「人間尊重」という言葉は、GLAに限らず普通に使われている言葉ではないでしょうか・・・。
その社長さんが、会員か、そうでないかは、わからないので答えられませんが。


217 :会員Y:2001/03/22(木) 01:39
少女の涙さんへ
>  外部の私が言うのも余計なことですが、「色即是空・空即是色」の部分は、「煩悩即菩提の智慧」とか
> 「中諦の実践」とした方が、用語上は適切のような気がしますし、無用な反発を招かないと思うのですが、、、
 実は、「DISCOVERY」の中では述べられていなかったので今まで触れなかったのですが、最近GLAの中
では「色即是空・空即是色」の言葉があまり使われなくなっています。今、頻繁に使われている言葉は「受発色」
といいます。「受発色」の「受」は、五感で「色」を受けとめる時の心、p71の図1−4における「感じ」、
「受けとめ」の部分です。「発」は「考え」、「行為」の部分です。「色」は現れた現実であり、「色即是空」
の「色」と同じ意味です。円環の上に「受」「発」「色」の文字を120°づつずらして配置した図を想像して
みて下さい。「受発色」が絶えずぐるぐる回っており、「受」と「発」の歪みによって歪んだ「色」がどんどん
生成されると説明されています。
 「DISCOVERY」の中では煩悩は大きく4種類に分類され、関りの鋳型として8種類に分類されていますが、
実は「受発色」のそれぞれの傾向に応じて煩悩はさらに細かく分類されています。
 「受発色」という言葉はGLA的な意味での「色即是空・空即是色」の理論を発展させると同時に、伝統仏教
とは異なる言葉を使うことによって無用の誤解を避けようとする配慮が働いたのかもしれません。


218 :名無し:2001/03/22(木) 10:46
>>216
216さんへ

下記にGLA関連企業と並べてあったのでカルト疑惑を持ちました。
http://www.icl.hsp.saga-med.ac.jp/dev/co/HYOUSI.html

219 :名無し:2001/03/22(木) 10:52
>>216
A・K さんへ

それから高橋信次、佳子の仏教解説はでたらめですよ。
心身一如は仏教では心と身を分離して考えません。

蓮華と泥沼の説もいいかげんです。
「蓮華は泥沼に咲く」のであって「蓮華は泥沼だけれども咲く」では
ありません。信次の説は「蓮華は泥沼だけれども咲く」の誤説。


220 :少女の涙:2001/03/22(木) 20:24
 A・K さんへ

>少女の涙さんが読むと、腹立たしい気持ちになるのだということも、仏教の解釈とは違うということも
>仏教の「中諦」や「煩悩即菩提」について

 「DISCOVERY」を真剣に理解しようと努力すると、こういう解釈もできるのかな?という気には
なったのですが、「色即是空・空即是色」は、ある意味、智慧の完成を実践した結果得られる境地を指す
ので、入門の段階で理解できるような境地ではないということに配慮が必要なのではないか?と思い
ました。「中諦」は生きた体験として実感としてつかまれた「色即是空・空即是色」の概念なので、
高橋佳子さんの体験や実感があのような理解であり、かつ実践として適切であるならば、形式的な言葉
の定義の違いは気にならなくなるということです。「煩悩即菩提」は中高生が使う国語辞典に形式的な
意味はのっています。実質的な意味は「DISCOVERY」のパラミタを実践しつつ自分なりに理解され
ればよいと思います。
 A・Kさんが「DISCOVERY」を読まれる際には、「心の歪みが現象を歪んで受け取らせる、また
それがさらなる心の歪みを生み出す」というように、実質的な意味を押さえつつ読まれるならば問題
ないと思います。

>知識や、弁論力がありません。
>世間知らずというか、無知なのだなあと思います。
>私は「グランドチャレンジ」という本が発行された辺りから、本を読み始めました。

 教典の議論をしたいわけではなく、グランドチャレンジを読まれたとき、どのような感じを
受けられたのか、そのまま伝えてくださればありがたいのですが。謙譲も自己卑下もぬきで、
プライバシーに関わる部分は不要ですから、何に惹かれたのかその時の気持ちをあるがままに
伝えてください。何を求めてGLAに入会されたのか等もできればお教えください。
 「DISCOVERY」が予定より早く読めそうなので、その分「グランドチャレンジ」を読んで
みようかなとも思ってるのですが、会員のA・Kさんに対して不遜なことかもしれませんが、
「高橋佳子さんに対する私の偏見を取り除く」というテーマで関わってもらえますか?来週
から4月の第1週までの約2週間ですが。


221 :少女の涙:2001/03/22(木) 20:25
会員Y さんへ

>歪んだ「色」がどんどん生成されると説明されています。

 伝統的意味での「色」の定義とは若干ニュアンスが異なると感じますが、それは、Yさんの
側で般若心経(岩波文庫)をじっくり受け止めつつ(註釈も含めて)読んでいただければ、伝わ
ると思います。般若心経と「DISCOVERY」の双方の意味するところを、真剣に理解しようとす
るならば、形式的な言葉の定義の違いはだんだん気にならなくなると感じました。

「DISCOVERY」を読む上での抵抗がなくなったので、第3章・第4章は今週中に一気に
読めそうです。ただ、ざっと眺めた感じでは、Yさんがなさっている、「先生を伝える行」は
少しレベルが高い「行」なので、「DISCOVERY」をそのまま形式的に実践するのではなく、
実質的な意味を自分なりに探求する努力が必要になるのではないかと感じました。



222 :A・K:2001/03/23(金) 19:17
>218、129
218,219さんは、どこかで高橋信次先生、佳子先生の話に触れられたのでしょうか?
「蓮華は、泥沼に咲く」について、218,219さんはどう受け止めていらっしゃるのか、
関連企業の話については、カルト?と結びつけるのは、どうしてなのかなぁと思います。
しかし、「悪意」が動機の書き込みではないようにも感じますので、私は218,219
さんとお互い違う立場ではありますが、よろしければ、お聞かせ下さい。

>少女の涙さま
色即是空・空即是色については、本当にそうだと思います。
「受発色」という見解になってから、私はわかりやすいなと思いました。
「グランドチャレンジ」のこと、了解いたしました。「不遜」などということは本当に
ないです。未熟者なので、やりとりの中で、少女の涙さんや、他の方に対して
誤解やこだわりを発信してしまわないかということが、心配ではあります。
「毎日」は無理かもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。

223 :会員Y:2001/03/23(金) 22:22
>>219さんには、できれば「希望の原理」を読んで頂きたいと思います。
 私には、「泥沼であるからこそ蓮華が咲く」と先生が一貫しておっしゃって
いるように受け取らせて頂きました。


224 :信者:2001/03/24(土) 08:21
4月8日は横浜で佳子先生の講演会です。
超楽しみです。
カードも欲しいです。

225 :名無しさん@1周年:2001/03/24(土) 13:51
224の信者さんへ

あんたなーーー恥を曝して何が楽しいのかね。自分を表現する場は他にもあるぜ。
ガキは失せろ、小僧。


226 :名無しさん@1周年:2001/03/24(土) 20:09
>225
信者が教祖の講演会を楽しみにするのは、当たり前のこと。
そんなことに、いちいち反応しないこと。
ちょっとはものを考えましょう。
だいたい、224はコピペ。

227 :名無し:2001/03/25(日) 18:38
>>223
>219さんには、できれば「希望の原理」を読んで頂きたいと思います。

佳子の本をいまさら読む必要ないよ。昔し会員の時よんだからね。
立ち読みで十分ですよ。それに「希望の原理」というタイトルは
いけませんな。カルト丸出しだよ。このようなタイトルを付ける根拠
あるのですか? まともな出版社ならこんなタイトル付けないよ。。

>私には、「泥沼であるからこそ蓮華が咲く」と先生が一貫しておっしゃって
>いるように受け取らせて頂きました

ここで問題なのが「泥沼であるからこそ...」だね。
この思考が佳子の問題点と言える。「こそ」ではない。
「こそ」では泥沼を否定している。泥沼と蓮華は一体であって
泥沼と切り離して蓮華が存在するわけではないのだよ。
 

228 :名無し:2001/03/25(日) 18:43
>>222 名前: A・K 投稿日: 2001/03/23(金)
>しかし、「悪意」が動機の書き込みではないようにも感じますので、

悪意を通り越して「あほらしい」の一言です。
人間とはこれまで妄想に生きるのかと呆れます。。。


229 :少女の涙:2001/03/25(日) 20:32
会員Y さんへ  「DISCOVERY」を読んだあと思ったことです。

>115さん 現実逃避の一見お上品な信仰だと思うよ。
>119さん 教祖も信者も、神秘的な話の内容に陶酔して現実的な判断ができない
>139さん 佳子さんとこは、綺麗な妄想が売り物だと言った人がいた。
>144さん 実に上手く洗脳のテクニックが用いられていると思います。
>150さん 過去から引きずってきた信者の気を引くために、色々な宗教的レトリックを用いている

 おそらくそういう信者(妄想的、教祖崇拝)もいるのでしょうが、どの程度の割合なのかは、
本読んだだけではちょっとわからないです。「スレ立ち上げ者の友人」さんや、「38さんの母親」は、
妄想的なのかなとは感じましたけど。
 洗脳のテクニック?ですか…。すでに半分崇拝状態にある人が、この本を歪んだ眼で読んで自分の
煩悩(この本では空華といっている)を増幅させることはあるでしょうが、この本では、そういう煩悩
を変革すべきだと言っているのですが、なかなか気づけないのでしょうか。

>124さん 佳子さんの言う、意識の改革なんてのは、大昔から宗教でやってる
>153さん 論理的な内容のあるものとして読める物じゃない。感性的に読む物だろうね。
>210さん 佳子の説は自己言及的なの。意味などない空論。
>219さん 心身一如は仏教では心と身を分離して考えません。

 「DISCOVERY」にも自己言及的な表現は随所にありました。ただ、証明できないこと、
例えば「なぜ愛は大切か?」などを、説得的に記述するには、自己言及的に感性に訴えかける
ことは、悪いことではないでしょう。宗教書に完全な論理を求めることもないでしょう。
 ただ、伝統的見解と明らかに違うことはおさえておいた方がいいとは思いました。
 イデアの世界から現実を引き出すというのも、わかりやすいと思いましたが、広い意味での
心(真我)と身(偽我)を分離しすぎているというか、仏教はどちらかというと連続的に心を
とらえているので、現段階の実践的指導の限界がここらあたりにあるのでしょう。


230 :少女の涙:2001/03/25(日) 20:33
(続きです)
>154さん 本人たちは本気だから。少しでも異議を言えば排除されます。
>183さん 「余計な」ことを書き込んだ人間に対して怒りが出てくる、その気持ちは分かります。
>Yさん 「元会員」の方々が何に反感を抱き、何にとらわれたのか
>A・Kさん 団体としてのGLAには、課題も、会員個人の姿勢の問題も、組織としての問題も

 これらの応答(呼びかけ)から、何に問題があるかは明白だと思いました。例えば「色即是空・
空即是色」という用語をあっさり入門の段階に持ってくると、「色即是空・空即是色」を観自在の
境地として尊重している方々の信仰を暗に傷つけることになります。
 また、高橋佳子先生崇拝をすると、世の中に数多くいる立派な宗教家を暗に否定することに
ならないでしょうか?
 高橋佳子先生崇拝は多くの方々との絆・関わりを断つ方向に作用するので、「DISCOVERY」の
教えを素直に受けとめると、そのような崇拝はできないはずなのですが?


231 :少女の涙:2001/03/25(日) 20:34
(続きです)
>118さん GLAは、極度の一極集中型個人崇拝をとっていますので、教祖以外はみな凡夫
>129さん 人間的には信頼できない。自分が神様だと思っている人は、
>152さん 日本には皇室があるから高橋佳子は必要ない。
>169さん 単なる読み間違いではなく、同じ漢字を何度も読み間違えていました。
>Yさん  佳子先生が同時に何百人もの過去世の記憶を開いてゆかれる様子を
>178さん その能力があるから特別に偉いわけじゃない

 無条件に尊敬されるのは皇室だけで十分だというのは、ある意味正論でしょう。
 「DISCOVERY」もまだまだ発展する可能性のある教えでしょうし、字を読み間違えたのは
おそらく事実でしょうが、完璧な人間なんているわけないのですから、それだけでもって、
高橋佳子さんが間違っているとは私は思いません。
 高橋佳子さんを神の化身・完全なお方だと信じている人にとってみれば、一大事なのでしょうか?
 1人の女性宗教家として努力されている方だという程度の尊敬では会の中では排除されるのでし
ょうか? 暗に崇拝を求める雰囲気が会にあるので、それに反感をいだき会を去ったのではないで
しょうか?


232 :会員Y:2001/03/25(日) 22:36
>227さんへ
> 泥沼と蓮華は一体であって 泥沼と切り離して蓮華が存在するわけではないのだよ。
 まさにおっしゃる通りだと思います。立ち読みで結構ですから、一度「希望の原理」
に何が書いてあるかご覧になって頂きたいと思います。

>少女の涙さんへ
>  また、高橋佳子先生崇拝をすると、世の中に数多くいる立派な宗教家を暗に否定する
> ことに ならないでしょうか?
 結果的にはそのようなことになるでしょう。しかし先生は別に仏教界に新風を巻き起こ
すために新説を説いておられるのではなく、国難とも呼ぶべき現代の混迷した世相
に対して解決の道を指し示そうとされているだけです。
>  高橋佳子先生崇拝は多くの方々との絆・関わりを断つ方向に作用するので、「DISCOVERY」の
> 教えを素直に受けとめると、そのような崇拝はできないはずなのですが?
 GLAは基本的に「来る者は拒まず去る者は追わず」というスタンスですので色々な会員さんが
いらっしゃるのは認めますが、大多数の人は社会との絆を断つようなことはしていません。
> 1人の女性宗教家として努力されている方だという程度の尊敬では会の中では排除されるのでし
> ょうか? 暗に崇拝を求める雰囲気が会にあるので、それに反感をいだき会を去ったのではないで
> しょうか?
 退会された方がどのように受けとめられたかは解りませんが、会員さんの中には先生・GLAに
反感を抱いている人もいるようです。他の宗教とかけもちしていても何の問題もありません。


233 :169:2001/03/25(日) 22:58
169です。みなさん、ご無沙汰しています。
このところ、このスレッドも、時間が取れなくて、横目で見る位になっています。
今日も、じっくりとは書き込めません

>>231少女の涙さん
>字を読み間違えたのはおそらく事実でしょうが、完璧な人間なんているわけ
>ないのですから、それだけでもって、
>高橋佳子さんが間違っているとは私は思いません。

どうも誤解があるようです。
字を読み誤ることを非難しているのではなく、自分の著作を読めないと
いうのが、不自然だと主張しているのです。

なお、言うまでもないことですが、このことは教義の評価とはまた別問題です。
教義が、実のところだれの手によるものなのかを問題にしています。

反論ということであるならば、このスレッドの今までのご自分の書き込みの中で、
自分が書き込んだのにもかかわらず、読めない文字があったという人からの
反論を、まず伺いたいと思います。

234 :169:2001/03/25(日) 23:23
会員の方々には、あまりにも自明のこととなっているせいか、
教団内での高橋佳子教祖の位置付けに、あえて言及されていない
のかもしれません。

端的に言いますと

教団によると、GLAの会員は、この世(現象界)に生まれてくる前に、
あの世(実在界)において、高橋佳子氏のもとでお役に立つことを
約束して、それから生まれてきたと、されています。
つまり、人生の目的と使命は、個々人さまざまあるのだが
最終的には教祖のお役に立つことに収斂されていくということです。
(ただし、教祖に対する盲従ということではなく、あくまでも主体的に
教祖に帰依していく形です。)

このことは、GLA会員の基本的な世界観です。
GLAを知らない方は、まず最初に把握されるとよいことだと思います。

235 :会員Y:2001/03/26(月) 01:34
>169さんへ
> 字を読み誤ることを非難しているのではなく、自分の著作を読めないと
> いうのが、不自然だと主張しているのです。
 それが「あなたにとって不自然に感じられた」という主張は、あなたの内側だけで完結
している話ですから、誰も反論できないでしょう。ただ、「客観的に見て不自然である」
と主張されるのであれば、それなりの論理構成、事実の列挙などが必要であるように思
います。

> 反論ということであるならば、このスレッドの今までのご自分の書き込みの中で、
> 自分が書き込んだのにもかかわらず、読めない文字があったという人からの
> 反論を、まず伺いたいと思います。
 このスレッドの書込みと、先生の御著書を同列に論じるのは、やはり説得力が無いと思い
ます。文書の絶対量、仏典等古今東西の書物からの引用の量などを比較して、先生の御著作
とこのスレッドの書込みが同等であると思う人はいないでしょう。


236 :ミカエルちゃん:2001/03/26(月) 10:35
>>234

>教団によると、GLAの会員は、この世(現象界)に生まれてくる前に、
>あの世(実在界)において、高橋佳子氏のもとでお役に立つことを
>約束して、それから生まれてきたと、されています。
>つまり、人生の目的と使命は、個々人さまざまあるのだが
>最終的には教祖のお役に立つことに収斂されていくということです。
>(ただし、教祖に対する盲従ということではなく、あくまでも主体的に
>教祖に帰依していく形です。)
>
>このことは、GLA会員の基本的な世界観です。
>GLAを知らない方は、まず最初に把握されるとよいことだと思います。


 知ってるよ。そんな教団内部の世界観で布教するな。
天上界でのミカエルとの約束とは教団の世界観であって
一般人には関係ないの。




237 :ミカちゃん:2001/03/26(月) 10:41
>>232
会員Yさんへ
>まさにおっしゃる通りだと思います。立ち読みで結構ですから、
>一度「希望の原理」 に何が書いてあるかご覧になって頂きたいと思います。

だから言ったでしょ。アホらしい内容だって。
他の本の切りぬきモザイクにしか過ぎない低俗な内容。。。
内容というより中味の無い本と言ったほうがよいかもね。。。


238 :みかちゃん:2001/03/26(月) 10:46
>>235
>文書の絶対量、仏典等古今東西の書物からの引用の量などを比較して、先生の御著作
>とこのスレッドの書込みが同等であると思う人はいないでしょう。

佳子は他の本を自分に都合良いように解釈しているだけであって原本の意味を
正確に引用しているわけではない。

239 :ミカエル佳子ちゃん:2001/03/26(月) 10:53
>>232
>結果的にはそのようなことになるでしょう。しかし先生は別に仏教界に新風を巻き起こ
>すために新説を説いておられるのではなく、国難とも呼ぶべき現代の混迷した世相
>に対して解決の道を指し示そうとされているだけです。

ミカエル佳子に「国難」など救えんよ。
佳子は普通のおばさんとして人生を送りな。
カルトの教祖に国難が救えるほど甘くないよ。。。


240 :平会員X:2001/03/26(月) 12:26
私なりに個人的な意見を書かせて頂きます。
確かに自分の著作の章を読み間違えたり詰まったりということが
有ったことを記憶しています。その時はどういう意味だろうと
違和感を覚えましたが、その後に映像の中で先生が人の感想文を読む
場面があり、中に書かれている文字をそのまま読んでいるのではなく
意味を読みとりながら行間を読むという感じでした。
自分も自分で書いた原稿を元に人前で報告するとき、読み進めている
内にいろいろな言いたい思いが湧いてきて、原稿から離れた発言を続けて
しまうという傾向にあって、よく人から注意を受けます。
左脳と右脳の話ではないですが、有る瞬間自分の思いが溢れている時には
自分の書いた文章でも、文字の通り読めなくなり詰まることはあると想います。
また、ゴーストライターの件ですけど、あのように先生以外に本を書いてくれる
人がいたら、逆に先生は喜んでくれる位と思います。週にな平均で2回も何時間にも
及ぶ講演をなされていてその内容を文章に起こすと、そのまま本の一章になるという
素晴らしい能力だと思います。ですから、人に本の全体を書いていただく必要が
ないのではないかと想います。そして、講演の内容と月刊誌の内容に比べて、
出版している本の内容は少なすぎます。
もっと、時間が在ればどんどん本が書けるのではないかと想います。
余りにも、先生一人に負担をかけ過ぎていないかと心配しているくらいです。

241 :ダメ天使:2001/03/26(月) 14:48
誰が書こうが三宝出版の本はオカルトだよ。


242 :七誌さん:2001/03/26(月) 16:36
佳子さんって子供何人産んだの?
でやっぱりいまも矢理マンな訳?

243 :会員Y:2001/03/26(月) 20:07
>>237さんへ
> だから言ったでしょ。アホらしい内容だって。
> 他の本の切りぬきモザイクにしか過ぎない低俗な内容。。。
> 内容というより中味の無い本と言ったほうがよいかもね。。。
 では、具体例を挙げて頂けませんか。
 先生のどの御著書が、他人のどの本の切り抜きモザイクであると主張される
のでしょうか。


244 :少女の涙:2001/03/26(月) 20:52
会員Y さんへ

 「受けとめる」ということを、GLAの会員がどう実践されているかは、よくわからない
のですが、私なんかですと、場全体との関わりを通して湧きあがってくる自己の喜怒哀楽が
おさまるように、見解(観)を自由に変えるということで実践していますが(日和見という
わけではないです)。

 Yさんが、批判的なレスに対してどう感じておられるかはわかりませんが、簡潔にいい
ますと、「DISCOVERY」の関わりの鋳型や饗働は、閉じた関わりの中ではそういえるの
でしょうが、開いた社会に自己の関わりの場を広げていくという、会員Yさんが行って
いる「先生を伝える行」のような場合にはそのまま当てはまらないと思いました。
 それと、自然との関わりあいと社会との関わり合いを同じ平面で論じている点も気に
なりました。
 ただ、会員の方々の実践が深まれば、さらに、広く深く細かい教えが提示されるのでは
ないかと感じています。
 Yさんに「DISCOVERY」を誘っていただき、様々な思いを感じ受けとめることができ
たので、意外と?学びにはなったと思います。どうもありがとうございました。
では、また。


245 :169:2001/03/26(月) 21:56
>235会員Yさん
具体性のある指摘ではないということのご指摘を、以前にもいただきました
昨日は、そのことについて言及するのを忘れておりました。失礼いたしました。
実際、当方の「高橋佳子氏は自分が書いたものを読めなかった」という件については、
具体的に、これこれのこの講演会でのことだということを明示していないので、
会員の方々からすれば、そのような漠としたことを主張されても、
なんとも反応のしようがないではないかというところだろうと思います。

>>187
>そのように問われても、169さんの指摘されている事実が何であるかはっ
>きりしないと、答えることが難しいですね。
まさにそのとおりで申し訳なく思っています。ただ、その後少々考えたのですが
以前にも申し上げたような理由(>>171)で、
もうしばらくの間は具体的な指摘はやめようと決めました。

(続く)

246 :169:2001/03/26(月) 22:04
>>174
>よく解らないのですが、読み間違いというのは誰にでもあることではない
>でしょうか。 漢字の勉強をするつもりなら、GLAよりももっと
>ふさわしい所は沢山あるでしょうけど。
書き込みの内容に対しての応答はせずに、ただ小馬鹿にしています。

>>235
>> 反論ということであるならば、このスレッドの今までのご自分の書き込みの中で、
>> 自分が書き込んだのにもかかわらず、読めない文字があったという人からの
>> 反論を、まず伺いたいと思います。
> このスレッドの書込みと、先生の御著書を同列に論じるのは、やはり
>説得力が無いと思います。文書の絶対量、仏典等古今東西の書物からの
>引用の量などを比較して、先生の御著作とこのスレッドの書込みが同等
>であると思う人はいないでしょう。

>>234で書き込まれている文脈を強引に無視して、高橋佳子さんの著書と、
このスレッドの書の優劣を比較しています。氏の著作と当スレッドの
比較など、>>234ではまったくなされていません。
2ちゃんねるでは、たとえば幸福の科学の信者と、脱会者の方々との
やり取りなどで、半ば無意識になのでしょうが、
この手のはぐらかしは、いやというほど見てきました。
正直のところ、悲しくなりますね。

247 :169:2001/03/26(月) 22:14
大変読みにくくて、申し訳ありません。
本来、以下の文章は 245と246の間に入るべきものでした。

>>245-247で、ご覧いただければと思います。

------------------------------------------
(続き)
ただ、しかしながら、(これは決して人格攻撃ではありませんが)、私の書き込みに
対する、あなたのレスを読ませていただき、疑問を感じないわけにはいきません。
率直に言いますと、ずいぶん失礼な書き込みだとは思いませんか。
ここは2ちゃんねるですし、別に気にしているわけでもないのです。
失礼であることが前提であるような掲示板ですから。
けれども、このような悪意あふれる書き込みを意図してされているか、それを
うかがいたいと思うのです。
もし、そのような悪意など微塵もなかったというのならば、それこそ、
根は深いことで、話は深刻になります。

248 :佳子ちゃん:2001/03/27(火) 11:04
>>243
>先生のどの御著書が、他人のどの本の切り抜きモザイクであると主張される
のでしょうか

全てだよ。元々の視点が彼女はズレてるの。
そうゆう視点を貴殿が好きならそれでもいいけどね。
ただ間違っても国難云々はやめてね。

 政治、国難論はカルトの範囲を超えるから。

佳子の本を読むより論理学の本を読みな。
そうすれば佳子の本の全体がおかしいことに
気がつくよ。




249 :会員Y:2001/03/27(火) 14:56
> 少女の涙さんへ
> Yさんが、批判的なレスに対してどう感じておられるかはわかりませんが、
 私の発言に対してあなたが感じておられることは、大体理解できるつもりでいます。
 私に対して、「このように行動すればよい」とあなたが考えておられることは、多分
私にとっては安易な道ではないかと思います。
 ただ、もしかするとその行動は誰かを「軽んじる」ことにつながるかもしれません。
 批判的なレスを付けておられる方々は真剣に道を求めておられる人であると感じます。
 その方々を「軽んじない」ためには、「自分が相手の土俵に立つ」ことが必要ではな
いかと思います。

> Yさんに「DISCOVERY」を誘っていただき、様々な思いを感じ受けとめることができ
>たので、意外と?学びにはなったと思います。どうもありがとうございました。
>では、また。
 こちらこそ。私の奨めに応じて「DISCOVERY」を読んで頂き、有り難うございました。
 ただ、正直に言いますと、途中であなたが仏教を学んでおられる方であることが解り、
少し戸惑いました。それは、仏教を学んでおられる方に対しては、最初に先生の御著書
「明智の源流へ」を常々お奨めしていたからです。
 「明智の源流へ」には日本の仏教の十人の先達(最澄、空海、法然、親鸞、蓮如、道元、
明恵、道宗、鉄眼、良寛)の生き様が描かれています。私の中で「遠い昔の高僧」という
漠然としたイメージしか持っていなかった方々が、どのような困難に出会い、それをどの
ように克服していったのか、そしてその叡智が現代に何故必要なのか、少し理解できたよ
うな気がしました。機会がありましたら是非御一読下さい。
 なんだか、先生の御著書を購入することばかりをお奨めしているようですが、あなたな
ら、きっと価値を解って頂けると思いますので。


250 :パウロの関?笑い:2001/03/27(火) 16:36
>>249
>「明智の源流へ」には日本の仏教の十人の先達(最澄、空海、法然、親鸞、蓮如、道元、
明恵、道宗、鉄眼、良寛)の生き様が描かれています

 パウロの関とか坂本竜馬の谷口とか、いろいろいるよね。
全部妄想だよ。
佳子の「明智の源流へ」などフイクションだよ。
佳子の本ではなくまともな仏教書から学んでください。



251 :パウロの関?笑い:2001/03/27(火) 16:38
パウロの関とは
総合本部の関だよ。


252 :少女の涙:2001/03/27(火) 20:48
>250、251さん

 Yさんと私のレス間によく横レスが入るので、Yさんに私の意図が全く伝わって
いないことがわかってしまい、ガクッときてしまいました。

 私は、「DISCOVERY」は、伝統的な見地から、中学レベルのテキストとしては、
よくまとまっていると思いましたし、中学の教科書はモザイクの貼り付けですが、
それでもってテキストとしての価値が失われるものではないでしょう。


253 :パウロの関?:2001/03/27(火) 23:13
パウロ→親鸞→高橋興和
ヤサ(釈迦の6番目の弟子)→関芳郎の筈だが?
この二人前世をトレードしたのか?

254 :A・K:2001/03/28(水) 02:21
>少女の涙さま
お久しぶりです。GLAという団体に関しての、少女の涙さんの憶測は現実に近いと思います。
>1人の女性宗教家として努力されている方だという程度の尊敬では会の中では排除されるのでし
ょうか? 暗に崇拝を求める雰囲気が会にあるので、それに反感をいだき会を去ったのではないで
しょうか?
私は、一人の同性の人間としての生き方が、素晴らしいと思うから高橋先生に惹かれます。
会の中には、先生に対して、盲目的になる方もおられます。
そのかたがたに対して、自分の態度を「DISCOVERLY」や「グランドチャレンジ」
に書かれている知恵によって、どう転換していくのかが大切なのだと、このスレッドを通し
学ばせていただきました。私や、会員である私の父も会の「先生信仰」と言えるような姿に
対しては、同意できません。その私が、現実を見てどう「受発色」するのか?が大切なのだ
という事を、このスレッドに対する少女の涙さんの姿勢から改めて教えていただきました。
上手くいえませんが、そのような姿勢で出会って下さって、ありがとうございます。

255 :少女の涙:2001/03/28(水) 08:50
>169さん

>字を読み誤ることを非難しているのではなく、自分の著作を読めないと
>いうのが、不自然だと主張しているのです。

 結局、GLAの指導がどのように運営されているかがわからないと、判断できないと
思います。年間計画で講演会やセミナーの内容など決まっているのでしょうし、計画に
従って、講演会の内容が会議で決裁されて、原稿をスタッフが起草して、最終的に
講演者がチェックして読む、というような形ですと、ある単語を読み間違えることは
ありえるので、例えば、
 体調不良で頭が朦朧としていた、もともと単語を間違って覚えていた、ど忘れした、
等の可能性もあるでしょう。

>教義が、実のところだれの手によるものなのかを問題にしています。

 心理学に詳しい方が一枚噛んでいるのは明らかですが、高橋佳子さんなのか
どうかはわからないです。悪く言えば、心理学的な仮説を仏教用語と科学用語で
補強したにすぎないともいえますが、変な教義でないとは思います。


256 :少女の涙:2001/03/28(水) 08:51
>169さん(続きです)
>教団によると、GLAの会員は、この世(現象界)に生まれてくる前に、
>あの世(実在界)において、高橋佳子氏のもとでお役に立つことを
>約束して、それから生まれてきたと、されています。
>つまり、人生の目的と使命は、個々人さまざまあるのだが
>最終的には教祖のお役に立つことに収斂されていくということです。

 方便でしょう。法華経でも過去世に求道の決意をしたとの記述がたくさん
でてきますが、修行者を勇気づけるための方便ですから。
 ただ、教義に不十分なところがあっても目をつむるくせがつくでしょう。
 それより、TL人間学を過大評価しすぎていたかもしれないと反省している
ところです。

>253さん 250さん

 まだ、今でも、本人が生まれ変わりだと信じておられるなら、「終わってる」
ということになりかねないのですが、いつまでも方便にとらわれているとも
思えないのですが。


257 :元会員・あきら:2001/03/28(水) 11:46
>>256
谷口も関も生まれ変わり否定していませんよ。
内心信じているのでは。
そもそも生まれ変わりを前提にしなければ
この教団成立しないでしょう。
生まれ変わり否定は教団の消滅そのものです。


258 :元会員・あきら:2001/03/28(水) 11:47
ところでこの教団にはホモの会あるの?
創価学会はあるようよ。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gay&key=985290602&ls=50

259 :会員Y:2001/03/28(水) 12:16
> 少女の涙さんへ

>  まだ、今でも、本人が生まれ変わりだと信じておられるなら、「終わってる」
> ということになりかねないのですが、いつまでも方便にとらわれているとも
> 思えないのですが。
 霊道を開く話は単に「信じている」ということでも「方便」でもありません。
 私がこの話をどこまで開示してよいのか解りませんが、信次先生の御著書の随所
に登場する範囲なら許されるでしょう。
 人間は誰しも長い転生輪廻の過程で得た記憶を内在しています。正しい方法で心
を鍛錬してゆけば、やがてその扉が開かれます。
 霊道を開くということは、例えば釈尊の弟子であったことを二人の人が思い出し
たならば、習った筈がない古代インド語を自在に操り、当時のカピラバーストの様
子などを懐かしく語り合うということです。
 ただ、GLAでは霊道に対して慎重な態度をとっています。会員の遵守事項にも、
「会員は本部の承認なく霊的現象を求めたり起こしたりしません」と明記されてい
ます。霊道は心の鍛錬の度合に応じて自然に開かれてゆくものであり、霊道そのも
のを求めるべきではないからです。


260 :会員Y:2001/03/28(水) 13:20
(続きです)
>教団によると、GLAの会員は、この世(現象界)に生まれてくる前に、
>あの世(実在界)において、高橋佳子氏のもとでお役に立つことを
>約束して、それから生まれてきたと、されています。
 このお話についても、「思い出した人」の多数がそのように語っていると
いうことです。「思い出した人」にとってその事は紛れもない事実であり、
単に「信じている」ということでも「方便」でもありません。
 ただ、思い出していない人が無理にそれを自分にあてはめる必要はありま
せん。無理に信じ込んだとしても、先生のお役に立つことはできないと思い
ます。
 「思い出していない人」が為すべき事は自分の心を鍛錬することであり、
その過程で自分の心の内から魂願が湧き上がってくるかもしれません。もし、その
ようなことが起ったならば、元々自分の願った通りに生きればいいだけの話
です。


261 :日本の鬼神:2001/03/28(水) 16:08
>>259
>>260

会員Yさんへ

>ただ、GLAでは霊道に対して慎重な態度をとっています。会員の遵守事項にも、
>「会員は本部の承認なく霊的現象を求めたり起こしたりしません」と明記されてい
>ます。霊道は心の鍛錬の度合に応じて自然に開かれてゆくものであり、霊道そのも
>のを求めるべきではないからです。

霊的現象の正当性は知らんが本部の承認云々は詭弁だね。
まともな教団なら本部の承認云々を正当な根拠にしないよ。

 ところで貴殿はこの教団に何を求めているの。
このサイトで布教やっても無駄だよ。カルトが通用する
ような御仁はこのサイトでは生き残れないから。

 貴殿の質問である、GLAとは何かについて結論は出ている。
「カルトだからGLAから足を洗え」
「このサイトでの布教は無意味」


262 :会員Y:2001/03/28(水) 17:52
>>261さんへ
> 霊的現象の正当性は知らんが本部の承認云々は詭弁だね。
> まともな教団なら本部の承認云々を正当な根拠にしないよ。
 霊道を開くということは、心の調和が伴っていなければ非常に危険な事だからです。
 つまり、心の状態に応じて天上の世界に通じやすくなる一方、地獄の世界にも通じや
すくなるからです。


263 :169:2001/03/29(木) 01:04
>会員Yさん

あなたの当方の書き込みに対する、都合の悪いことにははぐらかし、黙殺という
態度から、GLAの(少なくとも一部の)会員がどういうものであるか、よく理解
できました。
また、書き込みをなさらずROMしている方も、あなたの書き込み内容から、教団の
体質の一端が垣間見えて有益なことだったと思います。

対立するような意見に対しては、敵意を見せるでは、困りものですね。
賛同者以外には、友好的ではいられないということでしょうか。
まあ、あなたには、教団で言う「先生をお伝えする」なんてことには興味は
なさそうなので、どうでもよいことなのでしょうが・・・・

264 :169:2001/03/29(木) 01:06
非常識な書き込みに関してのレスばかりでは発展性もないので
以後、別の視点での書き込みをまた続けたいと思います。

265 :少女の涙:2001/03/29(木) 08:18
>会員Y さんへ
>「思い出した人」の多数がそのように語っているということです。

 霊道が開くことと、生まれ変わりは別の話で、「感じた」というだけでしょう。
178さんは、次のように言ってますが、
>集団催眠によって過去世の記憶とやらが再現されることは、 ありうるそうだ。
 霊道が開き、別の国の言葉を語り、「過去に生きていた方の意識」を自分の意識として
「感じる」ということはありえるでしょう。
 ただし、こういうことが起っても、生まれ変わりの証明にならないでしょう。心理学
でいう人類の集合無意識にアクセスしたにすぎないのではないでしょうか?

>正しい方法で心を鍛錬してゆけば、やがてその扉が開かれます。

 GLAの方法が正しい方法でしょうか? 自分の無意識が意識の領域に入ってくる
ことはどういうことなのか体験としてわかっておられるでしょうか? 無意識を無条件
に意識化させることは、非常に危険でありかつ幼稚な霊道現象なのですが。

 宗教団体内部で、生まれ変わりを信じることは自由ですが、会の内部で意味をもつだけ
であって、せいぜい努力するための方便にするか、死に対する不安を取り除くことに使う
べきで、それ以上の意味を持たせるとマイナスの効果しか得られないでしょう。
 ただ、「転生」という言葉を、過去に生きた方々の生(願いや後悔)をこの世に引き出す
(転じる)という意味で使うのであれば問題ないですし、そのような意味での「転生」は、
1対1の「転生」ではなく、多対多の「転生」ですから、現代社会で行われていることで、
とりたてて問題にするほどのことではありません。


266 :少女の涙:2001/03/29(木) 08:18
>248 佳子ちゃん さん
>元々の視点が彼女はズレてるの。
>257 元会員・あきら さん
>そもそも生まれ変わりを前提にしなければこの教団成立しないでしょう。

 もし、高橋佳子先生が単純な生まれ変わりを肯定しているならば、元々の視点がズレている
と思いますが、「DISCOVERY」では、転生=生まれ変わり とは語られていません(確認のため
読んで再度読みましたが、生まれ変わりを主張していないと思います)。

 例えば、「転生」を過去に生きた方(霊人)の「願いや後悔」を現世に引き出し、背負った上で
強く生きていくという意味ととらえるならば、当たり前のことであって、
 大天使ミカエルを現世に強く引き出した方は、湾岸戦争のアメリカの指揮官でしょうし、
 聖パウロを現世に強く引き出しておられるのは、ローマ法王であり、カトリックの伝道者
であることは、当たり前の話なのです。生まれ変わりどうこうは無意味な議論でしょう。



267 :少女の涙:2001/03/29(木) 08:19
>佳子ちゃん 元会員・あきら さん
(続きです)
 だいたい、高橋佳子さんが大天使ミカエルを現世に引き出して何をするのでしょうか?
宗教戦争でもしたかったのでしょうか? 元会員さんが在会していた当時はどう説明されて
いたのでしょうか? それよりも、ミカエルとかは異説になっていて、会員Yさんは少々
こだわっているだけなのではないでしょうか?

 それはそうとして、私には、高橋佳子先生は、大本教の出口ナオさんや、天理教の中山みき
さんなど女性教祖の「願いや後悔」を引き受けて活動されているように思えますし、それは
それで立派なことだと感じています(高橋信次さんの願いと後悔も引き受けておられるようです)。
「グランドチャレンジ」を買ったのですが、講義中の筆者の写真が掲載してあって、そうですね、
大天使ミカエルには感じられませんが、「慈母観音様」のようには感じられます。慈母観音様程度
では不敬だと一部の信者さんに注意されるかもしれませんが。


268 :元会員・日本の鬼神:2001/03/29(木) 13:01
>>262
会員Yさんへ

>霊道を開くということは、心の調和が伴っていなければ非常に危険な事だからです。
>つまり、心の状態に応じて天上の世界に通じやすくなる一方、地獄の世界にも通じや
>すくなるからです。

 「心の調和」とはなんだね?そんなの教団のご都合に過ぎんよ。
そんなもので天上、地獄が決まるわけないだろ。この考えこそ貴殿の
問題思考だよ。
ここでの布教はやめな。目障りだ。このサイトは佳子や信次のオカルト
教義が通じるほど無知ではないよ。

カルトより足を洗いな。それが貴殿の人生にいいよ。
このサイトでみんなでわいわい議論やろう。そのほうが健全だよ。

貴殿に必要なのは何ゆえにそのようなカルトが必要なのか
自分で考えることだ。もっと自分を相対的に見な。。
安易に絶対と称する教団に帰依することは怠慢でしかない。
教祖の本を数冊読んだところで人生の本質なんかわからない。

人生の本質は自分で試行錯誤しながら求めるしか
ないんだよ。


269 :会員Y:2001/03/29(木) 13:45
>>169さんへ
> けれども、このような悪意あふれる書き込みを意図してされているか、それを
> うかがいたいと思うのです。
> あなたの当方の書き込みに対する、都合の悪いことにははぐらかし、黙殺という態度から、……
 では、はっきりと申しましょう。

> 反論ということであるならば、このスレッドの今までのご自分の書き込みの中で、
> 自分が書き込んだのにもかかわらず、読めない文字があったという人からの
> 反論を、まず伺いたいと思います。
 私はこの発言から、このスレッドの書込みと、先生の御著書を同列に論じようとする
あなたの「意図」を感じました。このスレッドには、難しい仏教用語などほとんど登場
していませんから、自分の書込みも、他人の書込みも全て読めるでしょう。
 先生は、「正論癖」の特徴として、「古今東西、ありとあらゆる材料を並べて相手を
へこますために利用する」とおっしゃったことがありました。あなたの目には、このス
レッドそのものが格好の材料に映ったのではないでしょうか。
> >>234で書き込まれている文脈を強引に無視して、高橋佳子さんの著書と、
> このスレッドの書の優劣を比較しています。氏の著作と当スレッドの
> 比較など、>>234ではまったくなされていません。
 その通りです。あなたは反論に利用するために、(無意識のうちにでしょうが)両者を
正当に比較するという踏むべきプロセスを省略して同列に論じてしまったのです。
 ついでに言いましょう。あなたの>>171の書込みは、「世界は悪意に満ちている」という
「被害者の空華」そのもののように感じました。あなたが先生の読み間違いの事を具体的に
挙げて騒いだところで、ほとんど全ての会員は「あっそう」という反応を示しただけで終わっ
てしまうでしょう。


270 :会員Y:2001/03/29(木) 13:46
(続きです)
>  このスレッドの書込みと、先生の御著書を同列に論じるのは、やはり説得力が無いと思い
> ます。文書の絶対量、仏典等古今東西の書物からの引用の量などを比較して、先生の御著作
> とこのスレッドの書込みが同等であると思う人はいないでしょう。
 この私の先の書込みは、以上述べたことをあなた自身に悟って頂くことを意図したものです。

 以上、感じたことをはっきり書きましたが、それでは私の内から煩悩が消滅しているかと問わ
れれば、そんなことはありません。このスレッドにも、随所に私の煩悩の現れを読み取ること
ができます。煩悩は人間として生まれたならば誰しも背負わねばならないものです。自分の煩悩
の状態をはっきり認識し、行ずることによってのみ徐々にそれを超えてゆくことができます。
 もしよろしかったら、「DISCOVERY」のP108、「被害者の空華」の5行をゆっくりと読んでみま
せんか?「もしかしたら自分に少しはこの傾向があるかもしれない」という視点で御自身のレス
を読んでいただければ、きっと発見できることがあるように思います。


271 :だめ:2001/03/29(木) 15:38
会員Y
>>269
>>270

会員Yさんは救いようない御仁だね。
自閉、分裂思考につきあえんワ。。。。

272 :会員Y:2001/03/29(木) 16:04
>少女の涙さんへ

>  霊道が開くことと、生まれ変わりは別の話で、「感じた」というだけでしょう。
> 178さんは、次のように言ってますが、
> >集団催眠によって過去世の記憶とやらが再現されることは、 ありうるそうだ。
 >>178さんの話についてはもう少し詳しい情報がないと、何とも言えませんが。
 誰が行った集団催眠によって、どのような過去世の記憶が再現されたのでしょうか?
もし、>>178さんがご覧になっていたら教えて頂きたいと思います。

>  霊道が開き、別の国の言葉を語り、「過去に生きていた方の意識」を自分の意識として
> 「感じる」ということはありえるでしょう。
>  ただし、こういうことが起っても、生まれ変わりの証明にならないでしょう。心理学
> でいう人類の集合無意識にアクセスしたにすぎないのではないでしょうか?
 どうでしょうね。「自分以外の意識」が語りかけてくる、とか「自分以外の意識」が自分の
口を使って話す、ということはしばしば聞きますが、「自分以外の意識」を「自分の意識」と
して認識してしまうような例は、私は聞いたことがありません。「集合無意識」というものが
あったとしても、やはり自分は自分、他人は他人という区別はつくような気がしますが。

>  自分の無意識が意識の領域に入ってくる ことはどういうことなのか体験としてわかってお
られるでしょうか?
 一応、体験的にわかっているつもりです。
> 無意識を無条件 に意識化させることは、非常に危険でありかつ幼稚な霊道現象なのですが。
 幼稚であるかどうかは別にして、前にも述べた通り危険であることには同意します。



273 :会員Y:2001/03/29(木) 16:05
(続きです)
>  宗教団体内部で、生まれ変わりを信じることは自由ですが、会の内部で意味をもつだけ
> であって、せいぜい努力するための方便にするか、死に対する不安を取り除くことに使う
> べきで、それ以上の意味を持たせるとマイナスの効果しか得られないでしょう。
 この発言には少し戸惑いました。転生輪廻そのものは釈尊も説かれていることであり、仏教徒
の方には異論が無いものと思っていたからです。現代仏教では、転生輪廻のことを方便ととらえて
いるのでしょうか? >>226にも、
> 「DISCOVERY」では、転生=生まれ変わりとは語られていません
 と書かれていますが、先生は「転生」を「生まれ変わり」の意味で使っておられます。このこと
を「元々の視点がズレている」と結論付けるのではなく「釈尊の説かれたことを方便としてとらえ
ず字義通りとらえる」ことがもしかすると正しいのかもしれない、と考えて頂ければと思います。

274 :平会員X:2001/03/29(木) 17:43
>会員Yさんへ
同じ会員として、Yさんの対応は立派と思いうれしく想っています。
GLAは、いろいろ言われても黙っているか極端に反発する場合が
多いと心配していました。ちゃんと受発色を教えて頂いているのですから
そのように対応すべきと想います。
しかし、一つ仏教は転生輪廻を一般的に肯定しているという件は、
例えば、小室直樹氏の「宗教原論」を読んでみると分かるのですが
仏教では転生輪廻を否定しているというのが、通説ということです。
実際、魂の存在さえある宗派のお坊さんに否定されました。
いろんな方と対話するには、一般的な宗教書も勉強しておく必要があると想います。


275 :169:2001/03/30(金) 01:00
だんだんと、なにやら恐ろしいことになってきました。

>会員Yさん
>> 反論ということであるならば、このスレッドの今までのご自分の書き込みの中で、
>> 自分が書き込んだのにもかかわらず、読めない文字があったという人からの
>> 反論を、まず伺いたいと思います。
> 私はこの発言から、このスレッドの書込みと、先生の御著書を同列に論じようとする
>あなたの「意図」を感じました。
>このスレッドには、難しい仏教用語などほとんど登場
>していませんから、自分の書込みも、他人の書込みも全て読めるでしょう。
(中略)
>> >>234で書き込まれている文脈を強引に無視して、高橋佳子さんの著書と、
>> このスレッドの書の優劣を比較しています。氏の著作と当スレッドの
>> 比較など、>>234ではまったくなされていません。
> その通りです。あなたは反論に利用するために、(無意識のうちにでしょうが)両者を
>正当に比較するという踏むべきプロセスを省略して同列に論じてしまったのです。

恐ろしい曲解で、正直、驚愕しております。
また上記の引用の部分だけでも、すでにあなたのおっしゃることは論理的に破綻
しているのですが・・・

> 私はこの発言から、このスレッドの書込みと、先生の御著書を同列に論じようとする
>あなたの「意図」を感じました。

感じるのは、ご自由ですが、あなたの推理(と言うのでしょうか)は著しく外れて
います。もう一度当該書き込みを読み直していただきたいものです。単なる読み間違い
による誤解であってくれればよいのですが・・・
まったくの見当はずれの思い込みで、あなたは人を裁こうとしてるのです。

都合の悪い部分には、相変わらずレスはなしですし・・・・

276 :169:2001/03/30(金) 01:28
訂正続きで申し訳ありませんが、

>>246の書き込み
>>234で書き込まれている文脈を強引に無視して、高橋佳子さんの著書と、
> このスレッドの書の優劣を比較しています。氏の著作と当スレッドの
> 比較など、>>234ではまったくなされていません。

上記の>>234>>233の間違いです。失礼いたしました。
>>233についてのやり取りをしている最中ですので、この間違いは
すでにお気づきのことと思われますが、念のため。

それにしても、>>233をもう一度是非ご覧ください。
あなたは、間違った前提で、人を裁こうとしているのです。
なお、>>171は、まったくの善意からの書き込みです。これも誤解なきよう。

277 :少女の涙:2001/03/30(金) 06:43
>272 会員Y さんへ
>「自分以外の意識」を「自分の意識」として認識してしまうような例

 ありますよね。物心つく前の乳幼児はどうですか? そうしないと自我が形成
されないのではないですか?

>273 先生は「転生」を「生まれ変わり」の意味で使っておられます。

 「DISCOVERY」や「グランドチャレンジ」のどの部分でしょうか? 特定の人が特定の
人に生まれ変わったという意味での記述です。
 三宝出版の高橋佳子著作集(サイレントコーリング以降です、人間の絆三部作も引用されて
いるので含めます)の中に、そのような記述があるならば、高橋佳子先生に対する私の受けと
め方を変えなければならないと思います。

注)「DISCOVERY」には イデアの次元=実在界 に関し「私たちの魂は、この実在界より
やってきて、現象界で肉体を与えられ、人生を生きる」(p247)との説明がありますが、この
表現では、1対1の転生か、多対多の転生か断定していないでしょう。


278 :少女の涙:2001/03/30(金) 06:44
(続きです)会員Y さんへ
>273「釈尊の説かれたことを方便としてとらえず字義通りとらえる」ことがもしかすると正しい

 お釈迦様の教えについては、大前提というものがあって、これは、他の方レスで言うと、

268 元会員・日本の鬼神 さんの
>安易に絶対と称する教団に帰依することは怠慢でしかない。
>人生の本質は自分で試行錯誤しながら求めるしかないんだよ。
ということです。最古の仏典であるスッタニパータ(岩波文庫ブッダのことば)にも、

「(真の)バラモンは、他人に導かれるということがない。また諸々のことがらについて断定をして
固執することもない。それ故に、諸々の論争を超越している。他の教えを最も勝れたものだとみなす
こともないからである。」
「見たり、学んだり、考えたりしたどんなことについてでも、賢者は一切の事物に対して敵対する
ことがない。かれは負担をはなれて解放されている。かれははからいをなすことなく、快楽に耽る
ことなく、求めることもない。 ― 師はこのように言われた。」

 原始仏典では、「特定の観にとらわれるな」、がとりわけ強調されているのです。

 輪廻転生は仏教以前のインド思想で言われていたことですから、お釈迦様はその思想を受けとめられ
その思想にとらわれていた方々に、その方々の思想・信仰を否定(破壊)されることなく、自主的に改
善されるよう勧められたのが「仏教の輪廻転生」であると私は受けとめていますので、現代の私たちが、
その輪廻転生を絶対視することは、仏教の根本的な態度に反することになるでしょう。


279 :少女の涙:2001/03/30(金) 06:45
>254 A・K さんへ

 レスが遅れましたが、「グランドチャレンジ」を手に入れてきました。イントロダクション、
第1章を読んだところです。時間の都合もあるので、章ごとに少し違った視点から感想を
まとめる程度で、読みすすめていきたいと思ってます。よろしくお願いします。

 A・Kさんはどの部分に強く惹かれたのでしょうか? 宗教的な話、歴史の話、科学の話、
政治経済の話、偉人の話が散りばめられていますが、どういう部分に感動したのでしょうか?


280 :日本の鬼神:2001/03/30(金) 11:56
 佳子や信次の説に正義の根拠は無いよ。
何度も言うが佳子や信次の説は「言葉遊びゲーム」
に過ぎない。

 彼らの本を分析するのはいいが単に趣味にしかならないよ。


281 :会員Y:2001/03/30(金) 13:49
> 平会員Xさんへ
> いろんな方と対話するには、一般的な宗教書も勉強しておく必要があると想います。
 そうですね。私も少女の涙さんとの対話を通じて、そのことを感じました。
 一応、全体を網羅していて簡単に読めそうなものとして(^^;)、「仏教聖典」という本を
買ってきて2/3ほど読んだところです。
 そう言えば、今のところ転生輪廻の話は出てこなかったような気がします。そもそも「転
生輪廻などない」という立場からですと、入門書で「ない」ことをわざわざ説明する必要も
ないでしょうから。


282 :会員Y:2001/03/30(金) 14:23
> >273 先生は「転生」を「生まれ変わり」の意味で使っておられます。
>  「DISCOVERY」や「グランドチャレンジ」のどの部分でしょうか?……
 「DISCOVERY」のp308にも「魂の生まれ変わり、《転生》というテーマに……」とあります。
 もっともこの部分だけでは「多対多の転生」と読めないこともないですけど。「多対多ではな
く一対一である」旨が明確に記されている箇所があるのかどうかは定かではありません。そのよ
うな視点で先生の御著書を拝読したことが無かったものですから。
 しかし、会員と先生との対話では、「あなたは前世にこのような環境で生まれ、このような人
生を歩んだ。その時に抱いた後悔と願いによって、あなたは今、このような人生を歩んでいる」
というような話は頻繁に出てきます。

 ところで、上記ページには、「DISCOVERYの歩みと転生というテーマは両輪であり、表裏一体の
もの」、「このことについては、ぜひ、稿を改めてお話しする機会を持てればと考えています」と
書かれています。つまり、先生は時期を見て転生の理論と実証の書を著されると思います。その時
まで(いつになるか解りませんが)、転生のお話しについては、私自身が「よく解っていないこと」
と捉えておく必要があるように感じました。


283 :名無しさん@1周年:2001/03/30(金) 14:45
ここの過去スレに「恨みを忘れたい」というのがあるので、そこを
ご覧ください。今、246番目です。

284 :名無しさん99:2001/03/30(金) 14:50
会員Y殿へ
はぐらし天使長に任命します。


285 :名無しさん@1周年:2001/03/30(金) 14:57
あ、あ、あお、ああああの、あの〜
「ひぐらし天使長」って、だだだ、だれ、だれででですか?

286 :偽善者サタン:2001/03/30(金) 15:06
「はぐらし」と「ひぐらし」か・・・・・・・
う〜む・・・・・

10点!

287 :名無しさん@1周年:2001/03/30(金) 15:09
臨時ニュースです!
285の白痴ダジャレに10点の判決が決まりました!

288 :GLAの会員ざんす。:2001/03/30(金) 15:16
 GLAの会員になって、はや2年。この宗教は、けして悪くはないと思う。
会費も、月2000円しかからないし(研鑚会員)、莫大なお金を払うことを強制され
たりしない。
 高橋佳子さんは、女性リポーターみたいで、なかなか魅力的なおばさんだと思う(他の信者さん、ごめんなさい。)。
話もおもしろいし、納得できる話も多い。ポジティブな話が多い。
 しかし、宗教というよりも、「生きかたセミナー」のようである点は、否定できない。
 そのため、社会に前向きに取り組んでいる人が,会員になりやすい気がする。
 実際の人生で、失業、失恋、愛すべき人との別れなど、困難に直面している人は、話を聞けば
プラスにはなると思う。
 「霊障」とかで悩んでいる人には、意味ないかも・・・・。


 

289 :名無しさん@1周年 :2001/03/30(金) 16:22
>284
はぐらかし天使長

ということだね。

290 :名無しさん@1周年 :2001/03/30(金) 16:39
GLAの会員とは、「会員Y」という人の書き込みを見る限り
とても非常識な人間であるということになりそうだ。

GLAや高橋佳子氏に対して、否定的な意見を持つ人間に対しては
どんな失礼な振る舞いをしても構わないということらしい。
また、他の会員もだれも、それを諌めようとはしないし・・・
身内が非常識なことをやってたら、普通注意するものだが。

GLAに入信するとこうなるのだったら、問題ですね。

291 :日本の鬼神:2001/03/30(金) 17:03
GLAはオウムと同じで非常識です。
演出、演技だけ得意な偽善教団です。



292 :大魔王サタン:2001/03/30(金) 17:09
いいんだって、そのままいい気にさせとけば
あの世で俺らのいいシモベなんだからさ〜

293 :日本の鬼神:2001/03/30(金) 17:56
カルトGLAは日本にいらない。


294 :大魔王サタン:2001/03/30(金) 18:01
そう意気ばんなや、293
おめえも悪魔なんだからよ

295 :GLAの会員ざんす。>290:2001/03/30(金) 19:35
 他の会員が注意をしない、・・と言われてもねぇ・・・、
困るです。
 あなたは、面識もないような知らない人に、信仰上のことについて、
注意できるのですか?

 GLAや高橋佳子氏に対して、否定的な意見を持つ人間に対しては
どんな失礼な振る舞いをしても構わないと・・・、そんなことはない
でしょう(笑)。失礼な振る舞いは、慎むべきです。

 高橋佳子さんについては、本当の所、どんな人かは良く分からんです。話をした
こともないし・・・(集いとかで、聞いたことはあるけどね。)。いつも、一緒に
いて話していれば、どんな人か分かるかもしれんが、そうじゃないからね。
 人柄はわからんが、話している感じでは、会員の幸せを本当に考えてくれている
・・・という気はする(我は,強いかも・・・)。
 会員に対しては、優しいよ(それが営業スマイルかどうかは、正直わからん。)。
会員の人は、間違いなく、このおばさんが好きだと思う。直接話したりしたら、感激
して、泣いちゃう人とかいそうだ。

 <親の七光り>という批判があるが、そうかもしれん。少なくとも、高橋信次さん
がいなければ、今の地位はなかっただろう。
 ・・・が、彼女には才能がある。頭がいい。会員の期待に答えるだけのカリスマ性
もあると思う。2世俳優が、全てダメじゃないのと同じように、彼女は、ピンでもや
れそうだ。

 この教団の会員で、すごい批判する人はあまりいないのでは?物足りなくて辞める
人はいるかもしれんが・・・。



296 :会員Y:2001/03/30(金) 22:53
>>284@`289さんへ
 転生輪廻の話題について「はぐらかし」という御指摘は当たっています。
 言い訳だけさせて下さい。
 実は、「DISCOVERY」のエピローグを再び読んでいて思ったのですが、「転生
輪廻の証明」ということであれば色々な本が出ていますからそれを読んで頂け
ればいいと思いました。私がそれらの本を読んで引用すれば、転生輪廻を信じて
いない方にも、もしかすると信じて頂けるようになるかもしれません。しかし、
それは殆ど意味が無い低レベルなことのように思えました。
 先生が単なる「転生輪廻の証明」の御著書を出されるとは思えません。出され
ると、それはきっと、「人間に転生輪廻を与えた神の大慈悲を証明する」御著書
でしょう。会員の方は察しがつくかもしれません。「真我誕生」のことです。
 私も、転生輪廻を語るなら「真我誕生」を語りたいと思います。ただ、私が今
それをすることは余りにも荷が重すぎます。「DISCOVERY」無しで3層のベールを
説明するより大変なことです。先生のゴーストライター(笑)ほどの境地があれ
ばいいのでしょうが、無いものは仕方ないですね。

> 少女の涙さんへ
 このような事情ですので、転生輪廻のことはとりあえず保留して頂けませんか?


297 :平会員X:2001/03/30(金) 23:51
GLAでも転生輪廻ということについては、一対一のみとは
いっていないのでは?
信次先生の本を見る限り、いくつかのパターンがあると思います。
@魂本体の生まれ変わり(一対一)
A魂の兄弟の生まれ変わり(一対多?)
B縁がある指導霊として潜在意識に働きかける(多対多?)
とも言えると思います。
少女の涙さんが語っている通り、転生を言うならそれ相応の
その存在の意味を確証させるような自業がなければならないと
思います。例えば歴史的に有名な人物の本物の生まれ変わりであるならば、
それを知らずに人生を生きてきた課程で、笑いたくなるほどそのカルマの
現れが出て、歴史的に謎とされたことも実感を込めて解答出来ることだと
思います。
GLAでは、実証のない霊的現象は認めないし、
先生が起こされる現象も必ず、本物しか判らないという実証を
常に行っていると思っています。
最終的には、自分では本当の構造は判らないので、三世を見通す
力持ちたる先生に宜しくお解き下さることを願うしかありません。

298 :名無しさん@1周年 :2001/03/31(土) 00:03
>>295
> あなたは、面識もないような知らない人に、信仰上のことについて、
>注意できるのですか?

スレッドの流れから言って、もちろん信仰上のことについてじゃなく、
他の書き込み者との応対の仕方ですよ。
面識のない人間をストレートな言葉で注意できないのは当然です。でも
同じ会員であれば、何かやんわりと非常識さを教えてあげられる
アイディアはないのかなということ。

>>296
>転生輪廻の話題について「はぐらかし」という御指摘は当たっています。
>言い訳だけさせて下さい。

この書き込み自体がすでに、はぐらかし・・・。
で、結局、この人ってこのスレッドで何がしたいんだろう。
GLA会員の評判を下げただけだな。
評判が下がろうと、別にこちらには関係ないからいいけどね。

299 :名無しさん@1周年 :2001/03/31(土) 00:19
>>267少女の涙さん
>だいたい、高橋佳子さんが大天使ミカエルを現世に引き出して何をするのでしょうか?
>宗教戦争でもしたかったのでしょうか?

キリスト教的な天使として、ミカエルを考えるとよくわからなくなります。
GLAでは、輪廻転生は方便ではありません。
輪廻転生の実在こそ教義の中核となっています。

高橋信次氏の生前の講義がテキスト化されたものを見つけたので
ご覧ください。きっと参考になると思います。
http://www.shoho.com/newpage17.htm

300 :ハクション大魔王:2001/03/31(土) 12:38
>>294
悪魔比べおもしろい。

佳子は実体の無い妄想観念者なの。
映画のセットで言えば表はあって裏無し。
佳子の本はただ記号の羅列であって意味など
無い。

ハクション。。。
またね。。。



301 :会員Y:2001/03/31(土) 16:17
> 平会員Xさんへ
> GLAでも転生輪廻ということについては、一対一のみとは
> いっていないのでは?
> 信次先生の本を見る限り、いくつかのパターンがあると思います。
 私も「魂の兄弟」のことを考えれば、「GLAの教義でも転生輪廻は多対多である」と
言えないことは無いと思いました。しかし、根本的な考え方が違うのに「多対多」という
同じ言葉を使ったとしても、どんどん誤解が増幅するように思えたので、あえて言いませ
んでした。
> 少女の涙さんが語っている通り、転生を言うならそれ相応の
> その存在の意味を確証させるような……
> 歴史的に謎とされたことも実感を込めて解答出来ることだと 思います
 「歴史的に有名な人物」に限られないでしょうが、転生輪廻を語るならそのような実証
がどうしても必要でしょうね。実証例はいくつか知っているつもりですが、それを開示す
るには相当の智慧が必要だと思います。前にも発言しましたように、先生が転生輪廻を証
明されるとすれば、それは人類に転生輪廻を与えた神の大慈悲の証明だと思うからです。


302 :無根拠通俗道徳悪魔:2001/03/31(土) 17:26
>>301
会員Yさんへ

おだいじに。

303 :平会員X:2001/03/31(土) 17:38
> 会員Yさんへ
解答有り難うございます。
その通りだと思います。先生の本当の素晴らしさを正しく伝えたいなという
ことを性急に焦ってみてもずれてしまい、煩悩が流れ込んでしまったと反省しています。
「人類に転生輪廻を与えた神の大慈悲の証明」をじっくり待ちたいと
想いました。

304 :金毛九尾之狐:2001/03/31(土) 20:08
ここもわらわの手中に落ちているぞえ〜ホーッホホホ!

305 :少女の涙:2001/03/31(土) 20:28
会員XY…さんへ

>296 このような事情ですので、転生輪廻のことはとりあえず保留して頂けませんか?

 はい。ただ、保留もなにも、転生輪廻は宗教団体の中で信じる分には原則自由という
のが私の観ですので、そういう観もあるのだという程度に受けとめておいてくだされば
十分です。以下、感じたことです。

 GLAのコンセプトは、相手との対話・関わりを通じて、互いに願いや後悔を引き出し、
共に背負い、共に歩む、という気がしたので、多対多の転生だと感じました。

 今までは、高橋佳子先生に頼りきりで、先生との関わりを通して願いや後悔を引き出し
てもらっているというように思えました。 先生(本部)しか先人の生を引き出せないの
で、会員が背負う生は先生に引き出していただくしかなく、それゆえ、便宜状1対1の
生まれ変わりのように思えたにすぎないのではないでしょうか。

 霊道現象を通してではなく、会の内外を問わず相手との対話・関わりを通じて、感じ・
受けとめ・考え・行為し、煩悩を変革していくことが、過去に生きた方の生(願い・後悔)
を引き出す(空華の認識)ことになり、積極的に業を改善していくことができるのですよと、
「DISCOVERY」の筆者である高橋佳子先生が語っていると、私には受けとめられました。



306 :少女の涙:2001/03/31(土) 20:30
(続きです)
>301 根本的な考え方が違う

 ここからは私の観ですが、生まれ変わりは単なる制度として自由に信じてよい、その
社会の中で皆が納得できるのであれば、そう信じてかまわないと思っています。

 社会の正当性を維持するために、社会のメンバーが納得できるような生まれ変わりを
信じればいいのですが、原則、身分制度がなく(日本は皇室のみ)、教育の機会も保障
されている先進社会では、特定の生まれ変わりを信じるならば、身分がある人以外は、
マイナスの効果の方が大きいような気がします。

 仏陀の生まれ変わりを名乗る人も多いですが、現代社会では、基本的には、宗教を興し
たい方が、仏陀の生をこの世に引き出し背負い、そして最大限に仏陀の生を具現させて
いただければ、誰も困ることはないわけです。
 ただし、信者が自分とこの教祖こそ仏陀だと主張し争うようでは、お釈迦様が説かれた
「賢者は一切の事物に対し敵対することがない」に反するので、仏陀の生を具現していな
い集団なのだなと、判断することになります。   ただそれだけのことです。



307 :少女の涙:2001/03/31(土) 20:30
(続きです)

 チベット仏教の転生も、チベット仏教社会の中では正当であり、皆が納得している
のでしょうが、中国社会からみると、あのような転生は正当性に疑義があり、納得で
きないということでしょう。共和制の国から見ると身分制の名残のように思えるので。

 また、東アジアには儒教の伝統があって、死後の世界を重視しない伝統もあります
が、先人を尊敬し、先人の生を受けとめ・背負い・改善し・この世に具現するよう努
力すればするほど、自分の生を背負ってくれる方が増えると理解しています。

 儒教的には、自分の道徳的な努力が社会の中で継承されていく(人格の継承)とい
う観を持つなら、死後の世界を信じなくても「多対多の転生」が社会の中で実際に行
われていることになり、霊界どうこうはさほど重要ではありません(ただし、一定の
精神的世界観が社会の中で共有されている必要はあります)。



308 :少女の涙:2001/03/31(土) 20:31
(続きです)
>299さん
 高橋信次さんの1976年6月の講義、読みました。あの時点で、GLA社会の中
では、あのような話を信じていただくのが、GLA社会にとって正当性が維持され、
GLA社会のメンバーが納得できるので、あのようなことを説かれたのであろうと
思うしか受けとめようがないのです。
 個々の話については、いまさらというより、会の外から見るとご自由にという程
度です。

>299さん 輪廻転生の実在こそ教義の中核となっています。
>300さん 佳子は実体の無い妄想観念者なの。

 「DISCOVERY」や「グランドチャレンジ」では、輪廻転生が教義の中核には
なっていないように思えます。高橋信次氏のころイデアに片寄った(妄想的)ので、
現実重視になっているように思えます。



309 :少女の涙:2001/03/31(土) 20:32
(続きです)

>八起氏HP

 Fとかいう子供の、カブトムシとクワガタの話はおもしろかったです。

 これからは、宗教でなく事業と言ってましたが、TL人間学は宗教というより事業
のように思えるので、GLAの方向としては高橋信次さんの願いどおりになっている
ような気もします。

 高橋信次さんの講演などを読んでみると、あれだけ現象ばっかりすると信者は盲目的
に信じるしかなかったのだろうと感じます。

 般若心経や法華経等、何かと批判されているようですが、極端な創価信者が高橋信次
さんの身近にいたので、単にうっとおしかっただけではないかと思えます。私も
折伏された経験がありますが、大喧嘩にならず、かなり理解しあえましたが。また、
座談会の世話人の方は、人間的に非常に幅が広い立派な方でしたので、あれ以来、
創価に一目おくようになりました。

 あと、教義作成者がいるとして、その方へいくつか言っておきたいこともあります。
エープリールフールがてら、明日、書きこみます。


310 :名無しさん@1周年:2001/03/31(土) 20:48
>>299
高橋信次師の最後の講演より http://www.shoho.com/newpage17.htm

岩手県盛岡・東北研修会1976(昭和51年)6月4日〜5日

以下抜粋
>人類は緑に包まれた、しかも神の光に満たされた地球という環境に、
>今から三億六千五百有余年前にはじめて、ベーター星という星より、
>神より与えられた新しい緑につつまれたこの地球上に、人類は最初に
>印したのであります。その当時ベーター星は調和され、私達は新しい、
>新天地を求めて、最も調和されたこの地球という環境を選んだのであり
>ます。その当時最初に反重力光子宇宙船という、いまで云うUFOに
>乗りまして、最初地球上の人類は、神の光によって満たされた天使で
>あるエルランティーと云う方が中心になって。
>エルランティーは直接神の光を受けている真のメシアであります。
>そしてエルランティーの光の直系として、光は七色に分かれます。
>七色のプリズムということを想像いたしまして、まったく同じように
>神の光はここから七色の光に分かれます。
>この七色の光の方向を決めているのがミカエル(ミカ)と言います。

311 :少女の涙:2001/04/01(日) 10:06
>310の引用

 エルランティー=高橋信次 ミカエル=高橋佳子 を信じることができるなら、
高橋信次 → 高橋佳子 の教団の継承が正当化されるので、この話を信じた方
はGLAに残られたのでしょう。

 高橋信次GLAとミカエル佳子GLAと今のGLAは、高橋信次GLAの願いと
後悔に気づくためにミカエル佳子GLAがあり、願いと後悔を受けとめ、背負っ
たものが今のGLAであると捉えるならば、それなりに理解できます。



312 :少女の涙:2001/04/01(日) 10:07
>教義全般に対して
 仏教を形式的にではなく「実質的に実践」している立場では(今の日本に数万人以
上はいると思います、創価にも数千人はいるでしょう)、「DISCOVERY」の教えは、
それなりに納得できましたが、逆に、ビジョン(青写真)の形成はよいとして、イデア
(真我)も積極的に形成・維持しなければならないので、そのあたりに物足りなさを
感じました(自分たちの努力不足とA・Kさんは言われましたが)。
 また、高橋佳子先生にわざわざ生を引き出してもらう必要のない実践者の立場では、
過去世や自分が背負うべき願いや後悔を教えてもらう必要もないので、高橋佳子先生
を崇拝するなんてことはできないのです。

 GLAの中で興味を持った人がいるかというと、高橋一栄さんですか? 伝聞(噂)
では、夫をなくされた後、娘を教祖にするため土下座(?)して、夫の会社を継いで
(倒産?再建?)、出版の社長はされるし、普通ならどう考えても、高橋一栄さんを
尊敬します。 高橋佳子さんより高橋一栄さんを尊敬するのは変でしょうか?
エルランティー直系のミカエルは会内部の話で、外から見ると方便でしょう。
 そう受けとめると、高橋一栄さんには「慈母観音」を、教義を考えておられる立場
の人が佳子氏もしくは別の人だとしてもその方には「文殊菩薩」を、講演をされる
高橋佳子先生には(異論も多いでしょうが)「アン・サリヴァン先生」の生をこの世に
引き出し背負い歩んでいただたきたいと思いました。生徒とともにしっかり歩んでい
ただきたいという意味をこめてです。


313 :少女の涙:2001/04/01(日) 10:08
(続きです)
>「人間に転生輪廻を与えた神の大慈悲を証明する」

 儒教、大乗仏教的(諸法無我、空と色)な観では、人格が社会の中で継承されてい
るという視点をとり、そして、人格の継承は無意識の領域の神仏的なる存在を通して
行われているように思います。そこで、無意識が無条件に意識の領域に入ってこない
ように宗教道徳や法律のフィルター(想念帯?)を意識と無意識の境界に築き上げる
実践が必要であり、また神仏的なる存在を浄化する実践も必要でしょう(八正道に
含まれていると思います)。ただ、意識や想念帯や無意識の世界が明確に線引きできる
とはとても思えないです。

 旧GLAの教えに共感できる部分はこのあたりだけで、1対1の転生、個性を持った
魂の転生は、カースト制度で固まった古代インドの身分制社会でこそ言える当時のバラ
モン教の一派の思想でないかと感じます。少なくとも、仏教の諸法無我、空即是色の観
からは、1対1の転生、個性を持った魂の転生は論理上も経験上もでてこないでしょう。

 あと、一般的には、自然科学等、客観的に論理的に誰もが共有できる智慧は、世界
観や社会の違いを超えて継承できるでしょうし、社会科学等、社会制度の中でえられ
る智慧は、社会の枠を超えては継承されにくいでしょうし、人文科学的、精神的世界
観を共有してえられる智慧は、その集団内で継承されるのではないか、と思います。
実際は自然神や民族神の存在などで互いに重なっているようですが。


314 :少女の涙:2001/04/01(日) 10:09
(続きです)
>転生輪廻を語るなら「真我誕生」を語りたいと思います。

 「真我誕生」?ですか。自然を共有するために自然(理科)を学習(観察・実験・
知識獲得)し、様々な社会に生きる人々と社会を共有するために社会を学習(社会参
加・体験・知識獲得)し、精神的世界観を共有するために宗教や道徳を実践するなら
ば、その広さ深さ細かさに応じた「真我」が「誕生」すると思います。
 「真我」を魂の中心にある光の領域で愛と智慧のエネルギーの次元と説明していま
すが、「幼な心の真我」はそれでいいかもしれませんが、「大人の真我」はそう単純で
はないでしょう。「幼な心の真我」を思い出し、その上に実践を通して「大人の真我」
を築きあげることが宗教実践だと思います。

 旧GLAの世界観にとらわれている人には、その世界観を破壊することなくうまく
導いてあげてほしいですし、現GLAに共感して入ってこられた人には、旧GLAの
世界観に染まらないように、導いてあげてください。お願いします。

 細かいことを言ってるときりが無いので、この辺でやめにします。もし、GLAの
教義を信じて、他の団体や教えに対して偏見を持ってしまった方がおられるなら、
その偏見は自分で疎外していた自分の姿であると受けとめると、某かの気づきがあ
るでしょう。


315 :だめ:2001/04/01(日) 10:21
>>314

>旧GLAの世界観にとらわれている人には、その世界観を破壊することなくうまく
>導いてあげてほしいですし、現GLAに共感して入ってこられた人には、旧GLAの
>世界観に染まらないように、導いてあげてください。お願いします。

それは無理でしょう。連続性がものごとにはありますよ



316 :少女の涙:2001/04/01(日) 13:20
>315 「だめ」さん

 313、314は、ものすごくはしょって書いたので、考えたことのない方には、
まず伝わらないと自分でも思いました。単に、方向としては、それがいいのでは、
という、GLAには、外部からのわかりにくいおせっかいという程度に受けとめて
おいてほしいです。

 「その世界観を破壊することなく」は、連続性をたもってという意味です。



317 :ふぇらちお:2001/04/01(日) 17:02
>>316
どうしてそんな必要あるの?
GLAなんか必要ないよ。




318 :会員Y:2001/04/01(日) 18:52
>>少女の涙さんへ
>  旧GLAの世界観にとらわれている人には、その世界観を破壊することなくうまく
> 導いてあげてほしいですし、現GLAに共感して入ってこられた人には、旧GLAの
> 世界観に染まらないように、導いてあげてください。お願いします。
 GLAでは、自己の生活(および本人が希望する場合にはGLAに対する奉仕活動)
を通して、自己の煩悩を徹底的に検証し浄化することから学びが始まります。
 「宇宙は有限であるか無限であるか」という弟子の問いかけに対して釈尊は毒矢の例
えを以って応えられました。正に、「DISCOVERY」に示された3層のヴェールこそが毒矢
の正体であり、新規に参入された方はまずそこから自由になることが先決問題であると
思います。
 毒が回っている状況では、信次先生・佳子先生が如何なるお方であるかということを
聞いても、それは単に言葉の上の理解にとどまるものであり、学びの糧にはなりません。
「3層のヴェールから自由になってゆけば、やがて人は自らの使命を生きることができる
ようになる。先生が如何なるお方であるかということ、その他諸々の情報は、必要があれ
ば(自らの内側から)開示される」、というのが私の実感ですし、他の会員さんも大半は
そのように感じていらっしゃると思います。


319 :平会員X:2001/04/01(日) 21:12
少女の涙さんのアドバイスは、大変深い知識と人格に裏打ちされた
有り難いものと受けています。一般的に外から智慧深いとされる知識人が見ると
ここまで深くはありませんが、近いことは言われます。
その中で、いくつか認識の違いを感じたことについて、自分の意見を述べさせて頂きます。@転生輪廻を正式に肯定している代表的な宗教はヒンドゥー教であり、それ故にインドの カースト制度が肯定されていうることは判ります。前世でいいことしたからこういう
 身分で生まれられたのだと言うことです。GLAも魂を永遠の生命と位置づけていて、
 生まれてくる理由はいくつかあるが、その一つとして魂としての成長(カルマの修正
 含む)があると解きます。よって、その為に必要な環境に生まれるという事ですので、
 よい行いをするものが良い身分に生まれるという感じとは大きく異なります。
A先生=本部という印象をお持ちのようです。
 これは、個人的な感じですが、そうではないと思っています。
 本部も素晴らしいとおもいますが、先生の受発色を目の当たりにすると
 こんなに良く物事を理解し、全てを思いやれる方がいるのかと大変驚きます。
 これは、先生の受発色(感じ、受け止め、考え、行為)を目の当たりに
 するとはっきり判ると思います。
 残念ながら、このチャットには先生の受発色はありません。
BGLAの発祥自体が、既成の宗教に属さない形で (例えば仏教の何々派から出て
 きたという訳ではない)発生しているので、現状の各宗教の教えに対して勉強は
 会員としては不足しています。その割には、キリスト教(ユダヤ教)的な部分や仏教を 用いた部分もあり、モザイクと評されることもこのチャットを見れば明らかです。
 世界宗教の中では、イスラム教のように啓示によって起こされ、他の宗教の創始者を
 神が使わした預言者と認めているものもあります。旧約聖書もイスラム教では用い
 られていますし、イエス様を預言者の一人とは認めているのは、お知りのことと思い
 ます。発生の仕方は、それに近いものがあり、素晴らしいと言われる宗教に対しては、 神の命で下ってきた方が説かれた法なのだということからだと思います。

320 :名無しさん@1周年:2001/04/01(日) 23:34
GLA信者完敗age

321 :少女の涙:2001/04/02(月) 07:37
>317さん
>どうしてそんな必要あるの?
>GLAなんか必要ないよ。

 といわれても、何か宗教法人解散事由に該当する事実があるのでしょうか?
隠された事実があるのでしょうか?


322 :少女の涙:2001/04/02(月) 07:44
>318 会員Yさん

 いずれにせよ、原則自由のことに干渉できませんが、「GLAの会員ざんす」さんの
ような方がミカエル崇拝するようになるのであれば、GLAへの肯定的な受けとめは
撤回したくなるのですが。

 会員Yさんは、童話読んだことありますよね? 別に事実だと信じませんよね。
 神話はどうですか? 空想・フィクションと言ってしまえばそれまでですが、神話
の神様の働きは社会の中に具現していませんか? 経典の聖人の生き方は生きる上で
様々な手本になりませんか? 神の光のプリズムの働きが日本社会の中に具現してい
るとして、日本社会ではその働きは「内閣」ではないのですか?

 高橋佳子先生がGLA社会の中でプリズムの働きをしているのは「先生」という役
目上当たり前のことであって、 それ以上の意味を感じるから「佳子は実体の無い妄
想観念者」などと批判を浴びるのではないですか?

 どうや高橋佳子先生を貶めているものは会員の勝手な妄想のようです。


323 :天誅GLA:2001/04/02(月) 12:26
GLAは反社会的です。
キリスト、仏、モーゼの生まれ変わりという
妄想を撒き散らし人心を迷わす邪教です。

天誅とはGLAのためにある言葉でしょう。
天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅
天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅
天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅
天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅
天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅天誅



324 :天誅GLA:2001/04/02(月) 12:28
 高橋一族は地獄落ち。


325 :天上界お買い得情報 :2001/04/02(月) 13:18
http://1ban.demasse.com/

憎悪のGLAへ憎しみと嫌悪と怒りを込めてな。



326 :会員Y:2001/04/02(月) 13:19
> 少女の涙さんへ
>  いずれにせよ、原則自由のことに干渉できませんが、「GLAの会員ざんす」さんの
> ような方がミカエル崇拝するようになるのであれば、GLAへの肯定的な受けとめは
> 撤回したくなるのですが。
 GLAは「来る者は拒まず」ですから、色々な方がいらっしゃいます。中にはびっく
りするような方もいます。GLAに反感を抱いている人もいます。先生はそのお一人お
一人が目覚めることをじっと待っておられる方です。ただ、信次先生は「メシヤを信仰
することは誤りである。信仰すべき対象は神である。メシヤの語ることを信じて行ずる
ことが大切なのだ」と明言されました。この点は今も変わりません。


327 :会員Y:2001/04/02(月) 13:21
(続きです)
>  会員Yさんは、童話読んだことありますよね? 別に事実だと信じませんよね。
> ……神の光のプリズムの働きが日本社会の中に具現しているとして、日本社会では
> その働きは「内閣」ではないのですか?
 まず、少女の涙さんの今までのレスを読んで感じたことは、少女の涙さんは、先生
の説かれることの中で「納得できること」と「納得できないこと」があり、解釈によ
って「納得できないこと」を「納得できること」の範疇に無理矢理押し込めようとさ
れていることです。
 今回の「プリズムの働き」も神話のように受け取られていますが、信次先生は別の
御公演で佳子先生のことを「太陽系霊団の最高責任者」とおっしゃっています。「プ
リズムの働き」とは正にそのような意味で使われた言葉です。
 GLAの中では、「納得できないこと」を簡単に「納得してしまう」ことを戒めて
います。先生は「納得できないこと」は「納得できないこと」のまま、「解らない」
ことは「解らない」まま、大切に持っておきなさい、ということを常々おっしゃって
います。
 「プリズムの働き」のお話についても、私は「信次先生がおっしゃっているから本
当の事なんだろう」と受けとめていますが、佳子先生が実際に諸如来・諸菩薩を指揮
されている所を見たことはありません。つまり、私自身にとって、このお話は「よく
解らない」お話しであり、「よく解らない」まま十数年も放置しているお話です。
 「よく解らない」お話は、別に異次元のお話に限られるものではなく、例えば「グ
ランドチャレンジ」の最初に登場する「六力」もそうです。「六力」の個々に対して
述べられていることに特に違和感を覚えるということは無いのですが、日常生活の中
で「宇宙に六力があまねく満ちている」という感覚にはなれません。もし私が「解っ
ているような気分」にひたったとしても「六力」と響働することは不可能でしょう。
 少女の涙さんが、「DISCOVERY」を読んで下さり、引き続き「グランドチャレンジ」
を読んで下さったのは、「納得できないことは多々あるが、納得できることもある」
からではないでしょうか。それならば、「納得できないこと」はそのまま大切に持た
れた上で、「納得できること」を心の糧にして頂ければと思います。


328 :GLAの会員ざんす。>290:2001/04/02(月) 13:58
>会員Yさんへ

いずれにせよ、原則自由のことに干渉できませんが、「GLAの会員ざんす」さんの
> ような方がミカエル崇拝するようになるのであれば、GLAへの肯定的な受けとめは
> 撤回したくなるのですが。
 GLAは「来る者は拒まず」ですから、色々な方がいらっしゃいます。中にはびっく
りするような方もいます。GLAに反感を抱いている人もいます。

-------------------------------------------------------------
 別に、僕はびっくりするような人でもないし、GLAに反感も抱いていませんよ。
・・というか、反感を抱いていたら、会員にならないのでは・・・?

329 :GLAの会員ざんす。:2001/04/02(月) 14:21
 GLAを盲目的に信じて、長く活動されていた人にいろいろ聞いても、
良く分からないことが多いです。

 GLAに出会って、人生が変わったとか、考え方が変わったとか、という
話は良く聞きますが・・・・・。
「前世はあるんですか?」
とか、聞いても、
「ええ、魂は永遠です。」
と答えます。
「どうしてそれがわかるんですか?」
と聞いても、
「GLAでは、そう考えています。」
とかいう答えなんですよね・・・・。
(GLAの考え方を聞きたいわけでは、ないのですが。)

 結局その人は、実体験として、魂の存在とか、輪廻とかを、
確認していないのですよね。
先生の教えとか、本に書いてあったとか、単に信じているだけ・・・。
信じるかどうかではなく、「本当の世界は、どうなっているのか?」
「どうしたら、それがわかるのか?」
をおしえてほしいだけなのに・・・・。

 そういう不満は、GLAにはありますよ。

 ただ、これだけ世の中が混沌とした不安のある社会ですから、
生活実践にしろ、講演にしろ、「生きかたセミナー」「悩みを
打ち明ける会」みたいなものは、非常に有効だと思うし、そういう
意味で、救われる人も多いのでは・・・・。
 自分を変えることによって、周りも変わる・・・というのは、
まったくその通りだと思うし。

 GLAのような活動は、世の中に必要だと思いますよ。

 ただ、これが宗教かというと、・・・やはり疑問。違う気が
する。

 ミカエル崇拝って、何でしょうか?
高橋佳子さんは、僕の中では、がんばっているおばさんなんですが・・・。
 2世に対する社会の風当たりにもめげず、良くやっていると思いますが。

330 :名無し:2001/04/02(月) 14:51
>>321
>といわれても、何か宗教法人解散事由に該当する事実があるのでしょうか?

何でこうゆう質問になるの。
少女の涙は教団の犬か。

宗教法人だからと言って社会に必要な理由なんかない。
こうゆうすり替えは佳子の特技だぜ。笑い。。。



331 :会員Y:2001/04/02(月) 15:36
> GLAの会員ざんすさんへ
>  別に、僕はびっくりするような人でもないし、GLAに反感も抱いていませんよ。
> ・・というか、反感を抱いていたら、会員にならないのでは・・・?
 別にあなたの事を言っているわけではありません。そのように受け取られかねない
文章を書いたことは私が足りないと思いますが。でも、仮にあなたがびっくりするよ
うなことを発言されたとしても、先生は大いなる御慈悲の心で受けとって下さると思
いますし、私もそうしたいと思います。

> 信じるかどうかではなく、「本当の世界は、どうなっているのか?」
> 「どうしたら、それがわかるのか?」
> をおしえてほしいだけなのに・・・・。
> そういう不満は、GLAにはありますよ。
 前に私が発言した釈尊の「毒矢の喩」のことは聞いたことがありませんか?ネット
上で探したところ、下記ページの(7)に掲載されていました。
http://www.let.ryukoku.ac.jp/~hasuike/newpage3.htm#Ch7
 また、「人間のまなざし」(会員向け書籍)のどこかにも掲載されていたように記
憶しています。私達がしなければならないことは毒矢を抜くことであり、そのために
必要なものは先生が全部与えて下さっていると思います。


332 :GLAの会員ざんす。:2001/04/02(月) 15:50
会員Yさんへ

 「毒矢の喩」は、有名なお話なので、知っております。
 ただこの話は、宗教的な疑問に答えられない場合における便法に
も使われている・・・という認識です。


333 :会員ちゃん:2001/04/02(月) 16:38
 GLAの会員を3年以上やるやつは狂人だよ。


334 :会員ちゃん:2001/04/02(月) 16:57
総合本部に問い合わせ。
「今でも霊能者いるのですか?」
どんな反応がくるか。笑い。


335 :GLAの会員ざんす。:2001/04/02(月) 22:02
<あなたに毒矢が刺さったら、どうしますか?>

 あなたが道を歩いていると、誰かが、あなたに毒矢を放ち、命中しました。
そのときに、あなたの横にいたワン・ツー・スリーという人が,言いました。
「あなたに必要なことは、毒矢を引きぬくことです。誰が矢を射たか、どこから
飛んできたか、矢の長さはどれくらいか、毒の種類は何か、などを考えていたら、
毒が回って死んでしまうでしょう。」
 あなたは、その通りにして、矢を引きぬきました。

 しかし、毒の種類を調べませんでした。
 実は、毒はトリカブトの毒だったので、わすがな量だけで、致死量に達する
ものでした。
 あなたは、毒の種類を調べて解毒を行わなかったため、矢を引きぬいたにも
かかわらず、後日お亡くなりになりました。

 また、あなたは、犯人のことも一切調べませんでした。そのため、犯人は捕まり
ませんでした。
 この犯人は、この犯罪で味を占め、同じような犯罪を繰り返し、多くの人を
不幸にしました。

 ワンツースリーは、言います。
「しかし、人生など、泡沫の夢。限られた時間で、いったい何ができるでしょう?
その中でできることと言ったら、矢を引きぬくことくらいなのです。」

 本当でしょうか?

336 :会員Y:2001/04/02(月) 22:24
> あなたは、毒の種類を調べて解毒を行わなかったため、矢を引きぬいたにも
>かかわらず、後日お亡くなりになりました。
 「DISCOVERY」には毒の種類の見分け方と解毒方法が書いてます。これに従って
しっかりと治療しないといけませんよね。
>「しかし、人生など、泡沫の夢。限られた時間で、いったい何ができるでしょう?
>その中でできることと言ったら、矢を引きぬくことくらいなのです。」
> 本当でしょうか?
 解毒すれば自分の中心にある真我が発動します。そこから使命に応える本当の人
生が始まると先生は言われました。使命を果たすために必要なものは神が与えて下
さるのではないでしょうか。


337 :GLAの会員ざんす。:2001/04/02(月) 23:44
< 会員Yさんへ >

 あなたは、もう解毒できていますか?
 GLAの会員の中で、解毒できている人は、どれくらい
いるのでしょうか?

 こういう質問をすると、他の会員の方も、反応はだいたい決まっていて、
「いえいえ、私などまだまだ勉強させてもらっている身です。ただただ、
佳子先生のご指導に従うだけです。」
なんて答えが返ってきます。

 僕の質問にも、信次さんや、佳子さんの本を取り上げ、
「この本のここに書いてあります。読んでみてください。」
みたいな返事が返ってきます。

 僕が疑問に感じるのは、それが入会まもなくの人ばかりでなく、
20年以上前からGLAの活動をされている人も、同じだという事です。
(もちろん、僕の出会った会員の方の範囲だけですが・・・)

 ・・・ということは、僕の20年後も、自分は何一つ解毒できていない
のではないか、と不安になります。
 結局、その20年で、霊性において、高橋信次さんや、佳子さんの言葉
が血となり、肉となっていない・・・、自分の物になっていないのでは
ないでしょうか?
 だから、自分の言葉で語らず、受け売りになり、・・・・ただ教わっ
ているだけで、人に伝える言葉・内容がなくなっているのではないでし
ょうか?
 本を持って来たり、法話を持ってくるのは、結局、何も自分では分か
っていないからではないでしょうか?

 一般の人から、会員の人が異様に見えるのは、自分の言葉で語らず、
受け売りだけで、わかったような顔をしているのが、滑稽に見えるから
ではないでしょうか?

 ちょっと書きすぎたかも知れません。
 決して、GLAや会員の方を悪く言おうとは思っていないのですが・・。
気を悪くしたら、申し訳ないです。

 

338 :平会員X:2001/04/03(火) 06:29
確かに実践して、自分の言葉で語るようにならないとという感はあります。
この件は、自分でももっと検証した上で何らか書き込みたいと思っています。
少し前にあったプリズムの件について、自分なりのコメントを書きます。
良識ある知識人と言われる方の多くは、プリズムの話のような
簡単に実証できないことは、嫌われることが多いと実感しています。
それを通じて、実のある話が出来れば良いのですが、囚われを生むようでは
いいとは言えないと思います。
先生もGLAだけでなく、純粋に人間学を学びそれを社会の場で実践していく
TL研修機構も主催されているとお聞きします。そこでは、発表の時に神という
言葉さえも使わないようにしていると聞いたことがあります。
宗教アレルギー、霊的な話に拒否したくなる多くの方に対しても、道を開いて
下さっているのだなと感心しています。
仏教でのある意味魂の存在を封印したようにある現状について、その道をつけた
龍樹の話が、「真創世記・天上編」に出ています。当時は、悪霊の影響でおかしく
なる人が多いのを憂えて、霊的なものを一切拒否したとあります。時代の苦しみに
応えようとそれを行ったという事でした


339 :少女の涙:2001/04/03(火) 06:52
>>319 会員X さんへ

>GLAも魂を永遠の生命と位置づけていて、 生まれてくる理由は
>いくつかあるが、その一つとして魂としての成長(カルマの修正含む)
>があると解きます。よって、その為に必要な環境に生まれる

 「DISCOVERY」には、生れた後、血・地・知を無自覚に背負い、それが空華
をつくっています、しかし、空華に気づきそれを修正するならば、自ら背負った
願い・後悔を知り人生の使命に気づくことにつながるので、まずは「受発色」を
実践していきましょう、と説明されていると、私には感じられます。

 一方、「魂の成長に必要な環境に生れる」と説明してしまうと、ご存知のとおり、
偶発的事故に巻き込まれた時、魂の成長・カルマの修正の説明がつかなくなって
しまいます。
 結局、天動説に固執して補助仮説を継ぎ出すように、次々と過去世と文明を継ぎ
足さなければ説明ができなくなり、ベーター星まで継ぎ足してしまったのが、高橋
信次先生の最後の講演だったのでしょう。

 とすると、「DISCOVERY」や「グランドチャレンジ」は地動説にあたる教えで
あって、高橋信次先生の天動説を修正した上で、古い信者にもわかりやすく地動説
を教えられているのが、高橋けい子先生であって、私は、そのような高橋けい子
先生の「歩み」を否定するつもりはありません。


340 :少女の涙:2001/04/03(火) 06:52
(続きです)
>319 会員X さんへ
>神の命で下ってきた方が説かれた法なのだということからだと思います。

 聖書については、アダムの神が、アダムとイヴの神になり、その子孫の神と
なり、イスラエル民族の神となり、人類の神となった、と受けとめています。
 家族や民族の神であるならば、「互いに愛しなさい」をわざわざ説く必要は
ないでしょう。

 キリスト教、イスラム教の成立で、人類の神、神の国(コーランが国家
の法として適用されている)が実現されているので、現代に啓示宗教が
説かれるとして目的はあるのでしょうか?

 簡潔に申しますと、宗教を統一するならば平和が訪れるというのは、
「知の空華」の1つであって、宗教に関係なく人と人の絆ができるのが現代
社会で、人間の絆を適切に形成するために、「受発色」の実践を勧めておられ
るのが、高橋けい子先生ではないのでしょうか。
 特定の神様や天使を説く必要がないということは、高橋けい子先生はすでに
わかっておられるのではないかと、私には感じられます。


341 :少女の涙:2001/04/03(火) 06:54
>>310 さん
>今から三億六千五百有余年前にはじめて、ベーター星という星より、
>神より与えられた新しい緑につつまれたこの地球上に、人類は最初に
>印したのであります。その当時ベーター星は調和され、私達は新しい、

 「グランドチャレンジ」p55−56には、
>人間も含めて、地球上に生息するあらゆる生物、そして地球生態系その
>ものが≪新陳代謝≫という「循環」の力によって、数十億年にわたって
>継承され、進化してきました。

との記述があります。ですから、高橋けい子先生は、高橋信次先生の上記の
記述については、会の中でだけ通用する「神話」と理解されているはずです。
 「DISCOVERY」と「グランドチャレンジ」では、「グランドチャレンジ」
の方が、トータルな理解が深まっているようです。ただ、閉じた系にやや限定
した話であるのが物足りない点なのかもしれません。


342 :少女の涙:2001/04/03(火) 06:55
>>327 会員Y さんへ
>信次先生は別の御公演で佳子先生のことを「太陽系霊団の最高責任者」と
>おっしゃっています。

 「知の空華」について説明しておきたいのですが(GLA用語を使うのは、
伝統用語を調べる時間が今ないからです)、
(1) 客観的に検証できる自然科学の知識は、地球どころか宇宙の誰にとっても
真理であり、
(2) 社会の仕組みや制度は、同じ社会の中で共有されていることであり、
(3)精神的世界観は、同一の世界観を持つ人の間で有効である、
という前提があります。

 高橋信次先生は、(3)の意味で「プリズム」「太陽系霊団の最高責任者」を
説かれたわけで、それを勝手に(1)の意味まで拡張していませんか?
 「知の空華」の判断の難しいところは、心が調和されていたとしても、心の
曇りがとれていたとしても、「知」の範囲を間違うと世界が歪んでとらえられる
という点にあります。


343 : :2001/04/03(火) 11:56
信次先生の御著書も良いですよ

344 :会員Y:2001/04/03(火) 11:59
> GLAの会員ざんすさんへ
> あなたは、もう解毒できていますか?
 解毒というのは徐々になされてゆくものでしょう。一枚一枚ヴェールが剥がれて
ゆくに従って真我の光が徐々に現れてゆくものだと思います。完全に剥がれるという
ことは難しいと思いますが。
>  ・・・ということは、僕の20年後も、自分は何一つ解毒できていない
> のではないか、と不安になります。
 漫然と20年会員をやっていると、そのようになりかねないでしょうね。集中して鍛
錬する機会を得た方がいいと思います。もし、あなたが青年層であるなら、5月の青
年塾セミナーから始まって、夏のかけ橋セミナー、その前後の青年鍛錬プロジェクト
にかけてみるのもいいかもしれません。
 そこでは、きっと、あなたの同志が数年程度の短い時間で自分を変革している姿を
見ることができるでしょう。「もしかしたら自分も変われるかもしれない」という感
触をきっとつかめると思います。
>  結局、その20年で、霊性において、高橋信次さんや、佳子さんの言葉 が血となり、
> 肉となっていない・・・、自分の物になっていないのでは ないでしょうか?
>  だから、自分の言葉で語らず、受け売りになり、・・・・ただ教わっ ているだけで、
> 人に伝える言葉・内容がなくなっているのではないでし ょうか?
 どうでしょうね。先生が説かれた膨大な神理の中から、今のあなたにとって必要な
ものをその方が選んで呈示されたのであれば、その方にとって、その神理が身につい
ているのかもしれません。
 あなたは「自分の言葉で語る」ことに価値を見いだしていませんか?私は、学ぶに
つれて自分の愚かさが明らかになってゆくと、「自分の言葉で語る」ことが段々と恐
くなってきました。あなたにアドバイスをされた方がどのようなお気持ちだったのか
は解りませんが。


345 :ダメダメ:2001/04/03(火) 12:08
高橋一栄は評判悪い。
悪女というのが外部の意見

346 :平会員X:2001/04/03(火) 12:20


いろいろ深い見地からのお話有り難うございます。
私としても、「DISCOVERY」や「グランドチャレンジ」の教えを
生きていきことがもっとも大切なことと想っています。
ある意味それで充分であろうとも想います。
唯、何のために人間は生きていて、人間として成長しろというなら
その信義を述べろといわれると、私は、魂としての転生を通じての
成長という説を信じます。
この世限りではなく、生き通しの生命としてあるので人間としての
成長を求められていると考えているからです。
偶発的な事故で亡くなった方とか生まれて直ぐに亡くなった方の場合には
人生の意味が無いじゃないかという疑問も湧きます。それについては、
その方自身の魂の成長というだけでなくそこに関わっている人の成長という
観点から説明できると想います。例えば、イエス様が十字架で亡くなられた
ことによって、その弟子達が大いに目覚めで伝道を果たしていったという
ことでも分かります。その人自身の成長に止まらず、関わる皆の成長を
目指していると解釈すれば説明できます。
> 簡潔に申しますと、宗教を統一するならば平和が訪れるというのは、
>「知の空華」の1つであって、宗教に関係なく人と人の絆ができるのが現代
>社会で、人間の絆を適切に形成するために、「受発色」の実践を勧めておられ
>るのが、高橋けい子先生ではないのでしょうか。
> 特定の神様や天使を説く必要がないということは、高橋けい子先生はすでに
>わかっておられるのではないかと、私には感じられます。
このご意見は、その通りに思います。
啓示宗教は、もう既にあるのでこれ以上いらないのでは?という件ですが、
現状の宗教で全てが解決して、全ての人類が救われるというものがあれば
良いのですが、そうではないから多くの方が困惑の中にいるのだと想います。
そんな困に対する解答を求めてのGLAだと考えています。

347 :会員Y:2001/04/03(火) 13:28
>少女の涙さんへ
> (1) 客観的に検証できる自然科学の知識は、地球どころか宇宙の誰にとっても
> 真理であり、
> (2) 社会の仕組みや制度は、同じ社会の中で共有されていることであり、
> (3)精神的世界観は、同一の世界観を持つ人の間で有効である、
> という前提があります。
 (1)と(3)については、私は「検証可能であろうがなかろうが、真理は一つである」
と考えています。信次先生が語られた「プリズム」のお話は、「GLAの中の考え方」
ということではなく、「太陽系霊団の構造」のお話です。従って、このお話についても
「本当の話」であるのか「妄想の類」であるのか、真理は何れかのうち一つでしょう。
何れにしても、それが真理であるのか否か、現在のところ検証する術がありません。
 その中で、私は、「信次先生の説かれたことであるから事実であろう」と考えていま
す。しかし、特にGLAの外部の方が「これは誠に疑わしい話であり、信じ難い」とお
考えになることは至極当然であるように思います。
 信次先生は、「私の言うことを簡単に信じてはいけない。疑って、疑って、疑いきれ
なくなったら信じて下さい」と言われたそうです。ですから、疑わしい話はぜひ疑って
頂きたいと思います。


348 :GLAの会員ざんす。:2001/04/03(火) 13:43
 <会員Yさんへ>
 自分の言葉で説明するのが怖い・・と言う方にも、
たくさんお会いしました。
 「私が説明すると、信次先生や、佳子先生の言葉を
曲解しているかもしれないから、直接本を読んだり、
講演を聴いた方が良い。」
という感じです。
 なぜ、20年も活動して、曲解の恐れがあるのか?
(この人は、あと20年しても、同じ事を言っていそうです。)
 自分の愚かさが分かるのはいいとしても、なぜそれ
を克服して、次のステップに進めないのか?
 克服できないのなら、永久に真我など、発見できないの
では?

 GLAにいると、仲間もできて、学ぶ場所もあり、
なんとなく、安心して流されているように見えます。
 まるで、資格試験の学校に通うと、勉強している
事自体に安心して、本来の目的を忘れるように・・・。
 きっと、GLAに通うのが、楽しいんだろうなあ・・・。

 このへんが、GLAの物足りなさに繋がっていると
思うのです。
 つまり、会員の方は、みんな学校の生徒にすぎず、
他の生徒から質問を受けて分からないことがあると、
「テキストに書いてあるよ。」
とか、
「先生に聞いてみたほうがいいよ。」
としか言わないのです。

 そのような調子ですから、他の生徒と話をしていても、
真理など見えてきません。ますます混乱するばかりです。

 分からない同士が、本や講演という松明を頼りに、
手探りで話をしているにすぎないのですから・・・・。

 「信次先生と,佳子先生は、魂の世界で繋がっているのです。」
などという会員の方がいましたが、何を言っているのか、さっぱり
分からない。
 言葉自体は美しいのですが、魂の世界で繋がっている・・・?
どういう状態なのか?
「霊的ステージが同じという意味ですか?」
「いえ・・・。違います。」
「降霊しているということですか?」
「いや、そういう意味ではなく、魂が繋がっているのです。」

・・・・説明になっていません。
結局、この人も、霊のことなんて何もわかっていないのです。

 本当に、分かっている人の話が聞きたいです。

349 :GLAの会員ざんす。:2001/04/03(火) 13:53
<会員Yさんへ>
 ☆ (1)と(3)については、私は「検証可能であろうがなかろうが、
真理は一つである」
 ・・・・・まったく、その通りだと思います。本当のことが、いくつ
もあるわけがないです。
 ☆ 何れにしても、それが真理であるのか否か、現在のところ検証する術がありません。
 その中で、私は、「信次先生の説かれたことであるから事実であろう」と考えていま
す。
 ・・・・・論理的な飛躍を感じます。<検証できない>→<でも事実だと
考える>というのは、科学的ではありません。


350 :GLAの会員ざんす。:2001/04/03(火) 14:01
 Aさんが言うから正しく、Bさんが言うから誤りである、
という関係は、必ずしも成立しません。
 正しいことは、Aさんが言っても、Bさんが言っても正しく、
誤っていることは、Aさんが言っても、Bさんが言っても、
誤りです。
 高橋信次さんでも、間違っていることを言っている
可能性はあります。

351 :佳子の代理ミカエル:2001/04/03(火) 14:53
>「DISCOVERY」や「グランドチャレンジ」

どうでもいい内容だよ。



352 :少女の涙:2001/04/03(火) 19:37
>A・K さんへ

 おかげさまで、高橋けい子さんへの偏見はかなりなくなりました。ありがとうございます。

 「グランドチャレンジ」は正確に読み取らなければならないと感じましたので、レスは
感想を適宜入れる程度にします。


353 :名無しさん@1周年:2001/04/03(火) 21:28
>>341 少女の涙さん
>とすると、「DISCOVERY」や「グランドチャレンジ」は地動説にあたる教えで
>あって、高橋信次先生の天動説を修正した上で、古い信者にもわかりやすく地動説
>を教えられているのが、高橋けい子先生であって、私は、そのような高橋けい子
>先生の「歩み」を否定するつもりはありません。

少女の涙さん、GLA教団を、予断や偏見を注意深く排して、論じていこうとする
御姿勢には、感じ入るものがあります。

しかし、残念ながら、少女の涙さんは、一般の書店で入手できる外部向けの
著書と、恣意的にも感じられるこのスレッドの書き込み(一部ですが)だけで論じられて
いるので、教団の実態を把握なさるのが、難しいのだと思います。


事実

教祖は、ついに、また自分がミカエルであると言い出しました・・・・
(2000GLA全国感謝の集い  2000/12/3 横浜アリーナ )

354 :少女の涙:2001/04/04(水) 07:28
>会員X さんへ
>魂としての転生を通じての成長という説を信じます。

 「個々の魂があって、神仏(霊)を通して魂が交流しているととらえる」(神道的)

 「諸法無我の全体性の中で互いに関わりあって意識が交流しているととらえる」(仏教的)

かの違いであって、大切なのは、「受発色」の実践による「業」の改善であるのは、
GLAに限らず、たいがいの宗教が言っていることです。

 単に、私には、後者の観がすっきり感じられるというだけで、前者の観がすっきりする
方はその観をとればよいだけでしょう。「色即是空・空即是色」で前者の観をとるのは矛盾
しているので、用語は正しく使いましょう、と批判しただけですから。

 高橋信次先生の説明は補助仮説が多すぎるのですが、納得できるのであれば信じるのは
自由でしょう。


355 :少女の涙:2001/04/04(水) 07:29
>>347 会員Y さんへ
>(1)と(3)については、私は「検証可能であろうがなかろうが、真理は一つである」
>と考えています。信次先生が語られた「プリズム」のお話は、「GLAの中の考え方」
>ということではなく、「太陽系霊団の構造」のお話です。従って、このお話についても
>「本当の話」であるのか「妄想の類」であるのか、真理は何れかのうち一つでしょう。

 精神的世界観の真理が1つと言われても、社会の運営に必要な部分は、法として
共有したうえで、残った部分は原則自由ですよね。

 宗教を共有していると、GLA的にいうと、個人の業の流れと響働の範囲が宗教の
範囲に限定されることになりますが、実際は、社会との関わりで伝わる業や社会の場
における響働はご存知のとおり、宗教の枠を超えて(宗教の枠を超えて伝わるように
国家制度がつくられている、各種の法人制度など)いるので、無理やり精神的世界の
真理は1つだと頑張る必要はないでしょう。

 精神的世界観の真理を1つだと信じるとどういうメリットがあるのでしょうか?

 「太陽系霊団の構造」みたいなことを主張する宗教は、日本にも幾つか(K科学、
WMなど)あるのですが、結局、「受発色」の実践と業の改善がよくできている団体の
主張が相対的に正しいのではないかということが言えるだけでしょう。


356 :少女の涙:2001/04/04(水) 07:31
>353 さん
>教祖は、ついに、また自分がミカエルであると言い出しました・・・・
>(2000GLA全国感謝の集い  2000/12/3 横浜アリーナ )

 そうなのですか。といっても、どういう意味で言ったのか不明ですし。
「GLAの会員ざんす」さんは聞かれていたのでしょうか?
 Xさん、Yさん、A・Kさん等、会員の方々はどうとらえたのかが知りたいです。


357 :会員Y:2001/04/04(水) 10:48
>少女の涙さんへ
>教祖は、ついに、また自分がミカエルであると言い出しました・・・・
>(2000GLA全国感謝の集い  2000/12/3 横浜アリーナ )
 「2000GLA全国感謝の集い」では、「約束の丘」という大きな絵画が舞台全
面に開示されました。そこでは、地上界の野原と同じような場所に様々な人種、様々
な服装の人が集まっており、中央に翼を持つ大天使が描かれていました。集まった
一人一人は、大天使の前に進み出て約束を交わしているようでした。
 先生が御自身のことを「ミカエル」と称されたのか、「その大天使は自分である」
とおっしゃったのかは記憶にありません。ただ、そのような意味でこの絵画が描かれ
たことは間違いないように思います。

>  Xさん、Yさん、A・Kさん等、会員の方々はどうとらえたのかが知りたいです。
 この絵画が開示された時、会場全体になんともいえない叫び声が響きました。「自
分はこの場所を知っている」、「確かにこの場所にいた」、「夢の中で何度も出てき
た場面と全く同じだ」との感想がよく聞かれます。
 私は、……この場面に限って言えば、特にそのような特別な感情は湧いてきません
でした。そうゆう点で「少し残念だった」というのが正直な気持ちです。


358 :会員Y:2001/04/04(水) 11:07
(続きです)
 なお、先生は、このことを「無理に信ぜよ」というようなことは一言もおっしゃていません。
言うまでもないことですが、信じるかどうかは個々の会員の勝手です。


359 :日本の鬼神:2001/04/04(水) 12:20
会員Yさんへ

アニメ・お伊勢さん
http://www.isejingu.or.jp/anime/index2.htm

日本人の多くが忘れた心のふるさと。


360 :平会員X:2001/04/04(水) 12:47
約束の丘の絵を見ての感想ですね。
これは、会員のみの集会での出来事なので一般に言って良いのか
考えさせられますが、個人的な感想ということで言わせて頂きます。
大きな絵が前面に出されました。その絵の詳細を語るのは止めておきますが、
簡単に言うと「太陽神を想わせる光球の中に先生を彷彿させるシルエット
ともう一人のシルエットが描かれていた」ということです。そして、多くの
方がそれを眺めているというものです。
当然、私の受け止め方はメッセージ性がある絵なのだなという受け止めです。
多くの会員の方の受け止めを聞くと、隣のシルエットが信次先生ということで
法の継承の正当性を改めて強調したという受け止めでした。
ここからは、私の個人的な(異端な)受け止め方ですので、そういう見方で
聞いてください。
絵の細かいシルエットの配置から感じたことですが、先生は隣に並ぶような
約束された助力者を求めておられてのメッセージと受け取りました。
先生は、意味の無いことはされませんし、本当に細かいことまでメッセージ
性を持たせるという素晴らしい才能を持たれた方と感じるので、そう感じました。
GLAでは、近い内に10名程度の優れた助力者が現れるという噂があります。
それに対する第一歩のメッセージと感じました。
言葉にすると「時は来た。約束された同志よ。目覚めなさい」と・・・。
それは、会員の誰か、非会員の誰か、それともこのチャットを見ている誰かかも
知れないという感じで受け取りました。
こんなこと言っていると、怒られそうですが?
全く、個人的な異説です。

361 :GLAの会員ざんす。:2001/04/04(水) 14:16
<少女の涙さんへ>
 「宗教的多様性を認めること」と「宗教的相対主義に陥ること」
を混同しているように、見うけられます。

 真理は、1つでしょ、やはり・・・・。

 例えば、モルモン教徒の人は、
「アメリカインディアンは、イスラエルから来たユダ
ヤ人である。」
といっているようですが、これについて、モルモン教
的精神社会では正しいが、他の世界では正しくない。
・・・・などと言うことは、ないでしょう。
 真理は1つであり、「ユダヤ人」か、「そうでないか」
です。

 「最後の審判」について、キリスト教的精神社会では
正しいが、仏教的精神社会では正しくない。
 なんてこともないて゛しょう。
 「最後の審判」が本当に、「ある」か「ない」かです。
 本当にあるなら、仏教徒だって、審判に掛けられるでしょう。
本当はないのなら、キリスト教徒だって、審判にはかけられない
でしょう。

 「輪廻転生」があるなら、キリスト教徒だって、輪廻転生してい
るはずです。

 高橋佳子さんが、ミカエルであると言っているのだって、GLA
的精神社会では正しくて、他の世界では誤りである、なんてことはない
でしょう。
 本当に、「ミカエル」か、「違うか」です。



362 :高電さん:2001/04/04(水) 16:47
>GLAでは、近い内に10名程度の優れた助力者が現れるという噂があります。

 高電の社員からでしょう。それ決定的らしいですよ。



363 :高電さん:2001/04/04(水) 16:51
>高橋佳子さんが、ミカエルであると言っているのだって、GLA
>的精神社会では正しくて、他の世界では誤りである、なんてことはない
>でしょう。
>本当に、「ミカエル」か、「違うか」です。

佳子さんは「ミカエル」でないと教団内部で決定しているらしいですよ。
本当の「ミカエル」が近いうちに現れるそうです。
佳子さんは代理の人だそうです。


364 :名無しさん@1周年 :2001/04/04(水) 19:07
>362・363
>佳子さんは「ミカエル」でないと教団内部で決定しているらしいですよ。
>本当の「ミカエル」が近いうちに現れるそうです。

2000年の「感謝の集い」の講演では、御本人が、’76年に
信次氏が知らなかった神理を、ミカエルの意識をもった自分が伝えたと
明言しているんですが・・・。

365 :会員Y:2001/04/04(水) 19:26
>>362@`363 次はもっと面白いネタをお願いします。

366 :GLAの会員ざんす。:2001/04/04(水) 21:50
 佳子さんは「ミカエル」でないと教団内部で決定している・・・?
変な言い回しですね。
 教団内部で決定するような話ではないと思うのですが???
(追認するとか、公式に認めている、なら分かるんですが・・・)
 何か、違和感を感じる・・・・。

 ライオンは、猫科の動物であると、私たちの組織で決定しました!
とかと同じ・・・・・。
 別に、そこで決定してもらわなくても、猫科ですよね?

 「決定する」という文章からは、何か、恣意的な、作戦みたいな雰囲気が
漂いますね。

367 :平会員X:2001/04/05(木) 06:34
本当は、人間学をただ学ぶだけで十分に思いますし、先生に出会われて
その受発色(感じ、受けとめ、考え、行為)の素晴らしさに会えば、
それでいいと思っていますが・・・。
その方が、いかなる方か(いかなる霊の方か)証明しろ
という問題が出たら、2つの方法があると思います。一つは、その方の
人生史とその方の過去世と言われる人生史の照合、そして、その霊のテーマ
とも言える自業の照合により、検証していくという方法です。
もう一つは、心の目で見て感じて判断しろということです。
どちらも、そう簡単ではありません。
では、具体的にあなたはどう思っているのか?と問われると、理屈好きな
私としては、証明できないことが歯がゆいですが、私の中では間違いなく
Yesです。
その理由は、
@丁度入会した前後に啓示てきなものも含めて、先生=ミカエルでしか
 知り得ない光景(ヴィジョン)をはっきり見てしまっている。
A先生が代々人々を照らす光に満ちた光景を見ている
B先生が、神のごとき力を使って、呼びかけ導かれるその感じをはっきり
 自覚できる。
C寝て目が覚めても、自分の親の顔を忘れないように、そんな感覚で先生を
 確信できる。
ということです。ですから、私は、全ての人がNoと言ってもYesと言います。

368 :少女の涙:2001/04/05(木) 07:29
>GLAの会員ざんす さんへ
>「宗教的多様性を認めること」と「宗教的相対主義に陥ること」
>を混同しているように、見うけられます。
>真理は、1つでしょ、やはり・・・・。

 客観的に検証できることであるならば、真理は1つですが、現実に存在しないものは
客観的に検証できないのですから、「真理」といっても主観的相対的に判断するしかない
はずですが。

>「アメリカインディアンは、イスラエルから来たユダヤ人である。」
 歴史学やDNA鑑定などの証拠で決まる話でしょう。

>「最後の審判」について、キリスト教的精神社会では正しい
 終末の時の審判でしょうか? 終末の時にわかることで今議論したところで
実益はなく、「信じる」「信じない」のレベルでしょう。
 私には、悪しき行為を慎ませるための道徳的威嚇のように感じられます。

>「輪廻転生」があるなら、キリスト教徒だって、輪廻転生しているはずです。
 キリスト教社会では、輪廻転生でなく、人格心理学や精神科学で、人格の形成(継承)
をとらえようとしているように思えます。あくまで予想ですが、心理科学的な探求と空即
是色・色即是空の観が一致するように思えます。そうなったときに、「魂」「霊」を定義し
なおすと、転生の意味がはっきりすると思います。それまでは、自分に必要な範囲で部分
的な真理を信じていればよいのではないでしょうか。


369 :少女の涙:2001/04/05(木) 07:30
(続きです)

>高橋佳子さんが、ミカエルであると言っているのだって、GLA的精神社会では
>正しくて、他の世界では誤りである、なんてことはないでしょう。

 現象世界と精神世界の関係に対する錯誤でしょう。現象世界は、客観的な意味では
誰にとっても同じ世界でしょう。精神世界は、1人1人が持っている世界ですが、思
想や宗教を共有している範囲で重なり合っています。全人類が共有している客観的な
精神世界があると思っていませんか? せいぜい重なっている部分があるというだけ
でしょう。

 自然界における太陽は誰にとっても、客観的な太陽ですが、精神世界における太陽的
な働きをする神仏は、宗教ごとに異なりますし、GLA的な精神世界ではエルランティー
と言うのでしょうが、仏教では大日如来と言っているので、精神世界では別の存在です
よね。GLAの主張はエルランティーが高橋信次さんとして具現したのだから、仏教徒
の大日如来も高橋信次さんのはずだと、強引に主張しているだけで、論理的には破綻
していることを信じているのでしょう。

 「大天使ミカエル」は2千年以上前から、聖書の世界観を共有している人たちの
精神世界に霊的に存在しているわけですが、仏教の世界観の中には存在しないわけ
です。ただ、仏教の世界観に存在する諸如来・諸菩薩の中で「大天使ミカエル」と
同じ働きをすると思われる存在は、不動明王でしょうか? 神道では須佐之男命で
しょうか? 軍神のような存在はどこの宗教にも存在するので、すべての人の精神
世界に「大天使ミカエル」が存在する必要もないのです。


370 :少女の涙:2001/04/05(木) 07:30
(続きです)
 76年当時のGLAの信者間で共有されていた精神世界における「ミカエル」の
働きをGLAの場に具現する働きを担ったのが高橋佳子さんというだけで、少なくとも
キリスト教の「大天使ミカエル」とは、ほとんど関係ないでしょう。

 「プリズムミカエル」に相当する仏教の如来も存在するのでしょうし、神道では女性
の政治的指導者(「卑弥呼」や女性の天皇など)が「プリズムミカエル」的な役割を古代
社会の中で現実に担っていたということはできるでしょう。

 キリスト教徒に、「キリスト教のミカエルは高橋佳子さんです」と主張するのは、
議論するまでもなく笑われて終わりでしょう。妄想と思われるかもしれませんよ。

 宗教的多様性は現代日本では当たり前で、相対的といったのは、例えば、
「GLAのミカエル」と「JIのミカエル」のどちらが正しいかと聞かれても、
信じて思っている分には自由の範囲であって、どちらも「キリスト教のミカエル」
とは違いますし、正当性の決着をつけたいのであれば、宗教実践としてまともな
方がよりまともだと判断するしかないでしょう。


371 :少女の涙:2001/04/05(木) 07:31
>364 さん
>2000年の「感謝の集い」の講演では、御本人が、’76年に信次氏が知らなかった
>神理を、ミカエルの意識をもった自分が伝えたと明言しているんですが・・・。

 キリスト教の精神世界に存在する「大天使ミカエル」の意識だと言っていたのでしょうか?

>会員Y さん
>先生が御自身のことを「ミカエル」と称されたのか、「その大天使は自分である」
>とおっしゃったのかは記憶にありません。

 「グランドチャレンジ」の伝言ゲームの話を思い出してしまいました。
「ミカエルの意識で伝えた」と言っていたのでしょうか?


372 :少女の涙:2001/04/05(木) 07:32
>会員X さん
>人間学をただ学ぶだけで十分に思います
>いかなる方か(いかなる霊の方か)証明

 GLAでは「霊」と「魂」と、「働きとしての神仏」と「人格としての神仏」を大混乱
させているようです。でも、一部の団体のように言いきろうとしないので、変な妄想を
しているとも思えません。

 Xさんの主張のように、高橋佳子先生がどうのこうのを気にせず、無意味な議論をする
よりも、実践中心でいくのがいいと思います。


373 :GLAの会員ざんす:2001/04/05(木) 09:53
 <少女の涙>さんへ
@ 実証できない
  ↓
A 「信じるか、信じないかしかない」
  ↓
B 「それぞれの宗教が、それぞれの精神社会において、真理を
  持っている」

 みたいな事を言われているような気がするんですが、特にAから、
Bにかけて、無理があると思います。

 例えば頭の良い詐欺師が、宗教で儲けて
やろうと思い、
「私は、イエスキリストの生まれ変わりです。」
と嘘をついたとしましょう。
 この理論で言えば、それを信じる人の精神社会では、
これは真理ということになってしまいます。
 そうではなく、これは単なる嘘でしょう?

 その精神社会でしか成立しないものであれば、それは、
真理ではなく、
 神話であり、便法であり、物語であり、単なる例えばなしで
あり、もっとはっきり言えば、架空の話です。

 宗教は、この<嘘>を持っていることがあります。
 教団維持のためのつじつま合わせとか、教祖が創作したとか、
いろんな理由があると思いますが・・・・。
 そういうものもひっくるめて、全部真理だと考えるから、
それぞれの精神社会において、真理を持っている・・・みたいな
話になるではないでしょうか?

 太陽神がもし本当にいるのなら、それぞれの宗教で名前が違く
ても、本当にいるのでしょうし、本当は、いないのなら、それは
単なる物語であり、たとえGLAがそういうことを言ったとしても、
信用すべきではありません。

 真理は、やはり1つでしょう。


374 :ゴットマン:2001/04/05(木) 13:25
こっちも面白いよ。
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=984473312

375 :少女の涙:2001/04/06(金) 08:06
>373 GLAの会員ざんす さんへ

 身近な例でいいますと、「父」も、理想的な父親としての存在と、現身としての
父がいるでしょう。理想像としての父親も複数存在しているでしょうし、現身とし
ては父親の数だけ現に存在します。

 どの「父」が真理なのでしょうか?

 原則、うちの「父」はあなたの家庭に働きかけることはありません。あなたの「父」
はうちの家庭に働きかけることはありません。理想の「父」像が同じであれば、理想的
な父親人格を共有している範囲で働きかけあうとはいえます。

 どの「父」が真理なのですか?

 また、理想的な「父」像を社会で共有している場合には、その理想的な「父」像を最も
具現している方が、よりすぐれた「父」であるというだけでしょう。



376 :真理は多数:2001/04/06(金) 11:36
ミカエルは選挙できめましょう。
どうせミカエルが本物かどうかなど問題ではない。
雰囲気でメシアであればいいのです。
ですからミカエルをやりたい人に立候補してもらい
後は投票で決めればいい。

田中真紀子はいかが?


377 :GLAの会員ざんす:2001/04/06(金) 12:11
<少女の涙さんへ>

 それぞれの父親の数が、真理の数ではなく、
「誰にでも、少なくとも1人の父親がいる。」
ということが、真理なのでは?

 

378 :GLAの会員ざんす:2001/04/06(金) 12:14
 <真理は多数 さんへ>

 田中真紀子さんは、ミカエルよりも、
首相になりたそうです。

379 :GLAの会員ざんす:2001/04/06(金) 12:21
 それぞれの宗教の真理が、
 全部本物でも(偽者もあるでしょうが・・)、
真理が複数あることにはなりません。
 1つの風景(神)を、たくさんの芸術家(宗教家)が,写生しているよ
うに、元々の神や真理は一緒でしょう。
 ただ、芸術家によって、書き方が違うので、違うことを言っている
ように見えるだけだと思います。

380 :GLAの会員ざんす:2001/04/06(金) 13:02
リンゴも腐るけど、ナシも腐る。
だから、真理が2つある・・・ということにならないのは、
当然です。
「全ては流転し、変わらないものは何もない」
というのが、真理です。

381 :少女の涙:2001/04/07(土) 09:18
>「それぞれの宗教が、それぞれの精神社会において、真理を持っている」

「真理」:ほんとうのこと、まことの道理のことで、具体的には判断と実在とが一致すること
である。主観的な判断と客観的な実在の一致という場合、古代・中世ではイデアとか神とい
うように実在を基準にしたが、近世以降は人間の意識・判断などの認識能力に基準をおき、
人間中心的になっている。人間の能力の有限・相対の自覚に伴い、人間の真理の把握は相対
的にならざるをえないが、相対的真理も絶対的真理に含まれており、限りなく絶対的真理に
近づくと考えられている。

 「真理」の意味内容も幅があるので、相対的真理という意味であるならば、それぞれの精神
世界にはあるでしょう。

 言葉の意味内容を正確に誰もが共有しているわけではないので、精神世界に関することを
「正しい」か「正しくない」で議論しても、収拾がつかないのでしょう。ですから、仏教や
儒教では特定の神霊がどうのこうのと議論しないのでしょう。神霊を語ると議論になって無
用な反発を招くので、方便として悪霊の影響と言ったのではないですか?


382 :少女の涙:2001/04/07(土) 09:19

(続きです)
  無意味な議論にすぎないのですが、「高橋佳子さんがミカエルである」が誰にとっても
(絶対的な)真理かというと、

「高橋佳子」は、GLAで指導する先生ですから、誰が高橋佳子かは確認できることです。
 一方、「ミカエル」の実在が誰にとっても明らかであれば、本物のミカエルを確認できま
すが、それは無理ですし、とらわれると反発を生むだけでしょう。
 せいぜい「ミカエル」の意味する内容を解釈で限定することにより、GLAの会員が共有
する範囲で相対化し、

 高橋佳子先生は、GLAプリズムミカエルとしての役割を、GLAの中で担っている。

としておけば、嘘にはならないでしょう。


383 :少女の涙:2001/04/07(土) 09:20
(続きです)
 次に、たとえば、「高橋けい子の魂はミカエル霊と意識交流することができる」と
いうように補って解釈しますと、高橋けい子さんがミカエル霊そのものであると言って
いるのではないので、否定する必要もないと思います(「魂」と「霊」の定義があいまい
だから何とでも解釈できる)。

 高橋けい子の魂は、ミカエル霊と自由に意識交流ができる。

 この場合は、高橋佳子先生がミカエルの働きをこの世に具現できているかどうかで、
高橋佳子先生を判断すればよいだけであり、また、宗教指導者の中にミカエル霊と意識
交流できると主張している方も何人かいるわけで、互いに正当性を争いたいのであれば、
宗教指導の結果で判断すればよいのではないでしょうか。


384 :少女の涙:2001/04/07(土) 09:21
 「高橋佳子さんはミカエルか否か」を議論したところで実益があるとは思えません。
 会員で信じる人は信じるでしょうし、外の人は信じないか気にしないでしょう。

 真理かどうか知りたければ、キリスト教や幾つかの新興宗教の人に直接お聞きになって
みるのがよいでしょう。自分の精神世界が広まりますし、「受発色」のいい実践にもなると
思います。

 また、「DISCOVERY」以降の三部作の教えは、ミカエル佳子崇拝していると、外の広い
世界と強く響働できないような教えになっているように思えます。

 内輪の講演会ではミカエルだろうが、何だろうが言えばいいじゃないですか.。高橋佳子
先生もどうぞ遠慮無くミカエルと意識交流して、ミカエルの意識で会を指導されるとよい
でしょう。教えが実践できるのであれば文句はでないでしょうし、教えが実践できないの
であれば批判されるだけですから。

 高橋佳子は、GLAの講演会で、ミカエルの意識で語る。
 会の外で、高橋佳子がミカエルかどうか議論しても、実益はない。


385 :名無しさん@HOME:2001/04/07(土) 11:06
<少女の涙さんへ>
 シッダルダや、イエスも、
「私の言うことは、実益があるかどうかで、判断しなさい。」
と言うと思いますか?

386 :会員Y:2001/04/07(土) 15:31
> 少女の涙さんへ
> 高橋佳子は、GLAの講演会で、ミカエルの意識で語る。
> 会の外で、高橋佳子がミカエルかどうか議論しても、実益はない。
 その通りだと思います。自分のことを「神」だの「メシヤ」だのと呼んで
いる人は沢山いますから、思慮ある人であればそのような言葉を簡単に信ず
るべきではありません。
 思慮ある人がそれを信ずる時は、「疑って、疑って、それでも疑いきれな
くなった時」ではないかと思います。


387 :名無しさん@HOME:2001/04/08(日) 02:28
 会員Yさんへ

 高橋佳子さんが、ミカエルなのか、その代理なのか、
はたまた全くの嘘なのか、嘘でなく、そう信じているだけなのか、
もしくは、別のものなのか、
正直、疑うも何も、その手がかりさえ掴めないんですが・・
・・(涙)。
 

388 :GLAの会員ざんす:2001/04/08(日) 02:30
 ↑ このレス僕です。

389 :age:2001/04/08(日) 02:39
age

390 :少女の涙:2001/04/08(日) 09:26
>>高橋佳子がミカエルかどうか議論しても、実益はない。
>シッダルダや、イエスも、
>「私の言うことは、実益があるかどうかで、判断しなさい。」
>と言うと思いますか?
 「議論することに実益はない」と言っているのです。
 「高橋佳子の言うことを実益があるかどうかで判断すべき」は別の話です。

 おそらく、啓示宗教に関わる部分と、実践宗教に関わる部分をまぜこぜにしてしま
った当初のGLAの影響なのでしょう。

 釈迦は心の平安を得る方法を周囲の人に説き、それを納得した人がその教えを実践
したのであって、特定の神霊や天使を信じなさいとは言っていないでしょう。あくまで
実践として役立つことを説いたはずです。啓示を納得せよとは釈迦は説いてません。
イエスは人類の神の働きを国家の中に表現するための啓示を説いたのですから、初期
キリスト教はある意味政治思想と変わらないでしょう。だから結果で判断するしかない
のです。

 啓示宗教は、歴史から明らかですが、社会形成・国家形成に結びついていくのであって、
その当時の国家権力とぶつからざるをえません。日本の教派神道も天皇政府とぶつかった
のは事実です。しかし、今の立憲民主社会を啓示宗教で変える必要はないでしょう。

 私は、現代に啓示宗教が出る必要はないが、実践宗教の活躍する余地はあり、実践の
結果が社会一般に納得できるようなものであれば、それは良い実践宗教だと判断されると
思っています。


391 :少女の涙:2001/04/08(日) 09:27
>>280 日本の鬼神さん
>佳子や信次の説は「言葉遊びゲーム」に過ぎない。
>>300 はくしょん大魔王さん
>佳子の本はただ記号の羅列であって意味など無い。

 「希望の原理」も含めた三部作を読んでいるのですが、仏教の勝手な解釈(言葉遊び)
が意外と多いように感じています。どうしてこういう解釈をしているのかということを、
あえて探求すると学びになるので、私としてはそれで十分なのです。

>>330 名無しさん
>少女の涙は教団の犬か。
>宗教法人だからと言って社会に必要な理由なんかない。
>こうゆうすり替えは佳子の特技だぜ。笑い。。。

 少女の涙は教団の犬でも、高橋佳子先生フェチでもありません。



392 :千年の風邪:2001/04/08(日) 11:56
「希望の原理」を全文暗記して
「千年の風邪」に乗ろう。
とは嘘。

「千年の風」は「千年の風邪」でしょう。笑い。




393 :少女の涙:2001/04/08(日) 13:33
>>351 佳子の代理ミカエルさん
>>「DISCOVERY」や「グランドチャレンジ」
>どうでもいい内容だよ。

 「どうでもいい内容だよ」と主張するので、一部の妄想会員は「あの人はわかってない」
「あの人は正しく受けとめていない」と返答するのではないでしょうか。
 どこが仏教と比べて不十分なのか、どこが勝手な解釈なのかを正しく把握することが妄想
信者を減らすことにつながると思います。

>>359 日本の鬼神さん
>日本人の多くが忘れた心のふるさと。

 GLA会員でも伊勢神宮や各地の神社に参拝されるでしょう。エルランティーやミカエル
の方が偉いという態度で参拝するのは、宜しくないですが。


394 :少女の涙:2001/04/08(日) 13:34
>>363 高電さん
>佳子さんは代理の人だそうです。

 でも、代理の効果は本人に生じるから、ミカエル本人がいたとしていい迷惑したかもしれ
ませんね。「DISCOVERY」以降でぎりぎり許せる範囲ではないでしょうか。

>>392 千年の風邪さん
>「希望の原理」を全文暗記して
>「千年の風邪」に乗ろう。

 希望の原理を読んでまず驚いたことは、「血」「地」「知」の解釈です。勘違いだと思います。
けど、天邪鬼なわたくしめは、勘違いをみつけると、高橋けい子さんって完璧じゃないけど、
努力されているんだなと、逆に彼女が好きになってしまうのです。
 自分ながら困ってしまう性格です。わざと勘違いしているふりをしているとすれば、策士で
しょうね。「希望の原理」を全文暗記してどうするのでしょうか?


395 :名無しにゃーん:2001/04/08(日) 14:09
>>394
>わざと勘違いしているふりをしているとすれば

佳子さんのは勘違いではなくただの無知。

>「希望の原理」を全文暗記してどうするのでしょうか?

暗記の価値なしでしょ。


396 :なつかしかー:2001/04/08(日) 16:47
佳子さん!なつかしいなー元気でいるなら48歳?私のイメージは25年前のまま、天人五衰を享受なさっておられるのかしら?

397 :名無しさん@1周年 :2001/04/08(日) 22:16
>なつかしかーさん

>天人五衰を享受なさっておられるのかしら?

事情通を自称しているのに、↑とはどういうことか
残念ながらよくわかりません。よかったら教えてください。

また、(GLA会員でいらっしゃったとして)GLAをやめた理由や、
その後の宗教遍歴なんかも教えていただければ嬉しいです。

398 :会員Y:2001/04/08(日) 22:23
> GLAの会員ざんすさんへ
>  高橋佳子さんが、ミカエルなのか、その代理なのか、はたまた全くの嘘
> なのか、嘘でなく、そう信じているだけなのか、 もしくは、別のものなのか、
> 正直、疑うも何も、その手がかりさえ掴めないんですが・・ ・・(涙)。
 まず、先生の説かれる神理が事実であるのかどうか、御自身で確かめることが必要だと思います。
 本当にあなたが3層のヴェールに覆われているのか、本当にそのヴェールがはがれてゆけば真我の
光が輝くのか。
 その過程において、先生とあなたとの関係が、あなたの内側から開示されると確信します。


399 :21世紀ミカエル:2001/04/09(月) 10:57
21世紀ミカエルの登場願いを総合本部にメールしたよ


400 :名無し:2001/04/09(月) 10:59
>>399
??


401 :21世紀ミカエル:2001/04/09(月) 11:03
>>396
あんた48歳なわけないでしょ。
佳子さんは1956年生まれよ。


402 :平会員X:2001/04/09(月) 17:44
>少女の涙さんへ
>「希望の原理」も含めた三部作を読んでいるのですが、仏教の勝手な解釈(言葉遊び)
>が意外と多いように感じています。どうしてこういう解釈をしているのかということを、
>あえて探求すると学びになるので、私としてはそれで十分なのです。
 仏教の用語を独自の解釈で使っているということは、内部では構いませんが
外部の方からは、言葉の遊びと言われてしまうことは事実であり、考えて行かねば
ならないと感じます。
 いろいろ妄想だとかまで言われていますが、確かに既成概念とは異なるという
ことは、事実と想います。その既成概念が、妄想であったということも歴史的には
ありました。さて、この場合はどうでしょうか?末端会員としての、気楽な立場から
意見を述べたいと想います。(GLAとしての意見ではありません)
言葉だけですとなかなか言葉の認識の違いによる誤解も有りますので、イメージで
教えていただきたいと想います。
 GLAの宗教観では、「あの世はある」「転生輪廻を認める」「あの世を実在界と呼び
会社組織の如く意志がある」「この世は、魂の修行所である」としていると想っています。
 そこで、例えば「あの世株式会社」が有ったとします。そこの経営理念は、社員一人一人の
成長と世界貢献(神への貢献)を目的とするとします。
 そして、社員教育の場として海外に現象界研修センターを設立して、そこに社員を送り込んで
研修させるという構造だとします。普通の海外研修派遣と違うのは、飛行機に乗って研修センターに
降り立つ時に、一度記憶を失ってしまうとします。

403 :少女の涙:2001/04/09(月) 20:58
>X さん
 以前のレスを読みなおしながら、3部作を読んでいます。
すみませんが、402へのレスは、数日待ってください。

>>131 さん
>まさにGLAが徹底的に実践していることですね。高橋佳子氏の著作にも、
>一般の会員のごく一般の市井の会員の実践報告が数多く載っています。

 会員の方にお聞きすべきなのでしょうが、後悔と願いを引き出せた人って会員
100人につき何人くらいですか? 会員ざんすさんのレスによると2〜3人とい
う印象を受けましたが。



404 :少女の涙:2001/04/09(月) 20:59
>>135 Yさん
>関本氏は自分に正直で嘘をつけない人ではないか、それゆえに信頼されてNECの
>トップに立たれたのではないかと思います。

 企業の中の「公」としての「会長」という役職に必要な努力をしてきたのか、単に
前任者から引継いで前例どおりやっていたら「公的な業」がたまたま自分が役職につい
た時に現れてしまい業を受けとめることができなかったのか、という観点で判断すべき
だと思います。


405 :平会員X:2001/04/09(月) 23:42
>402の続き
 GLA流ですと、計画を立てて乗り込んだ社員達は、物質文明全盛という時代の波に
呑まれてなかなか予定の仕事と目的の研修を達成できずに(多くは、そういう約束が
あることも忘れて)苦戦します。なかには、きちんと予定の仕事と研修を終えて、
見事に本社に帰還できる方もいます。しかし、中には余りにも誤ったことをして
しまい。時間が来て研修所を出なければならない時間になってしまうが、
本社へ帰るということさえも忘れているので研修センターを追い出されても、
その近くで居座ってしまい不良社員の群を造ってしまうということになると思います。

406 :平会員X:2001/04/09(月) 23:47
402の続き
 GLA流ですと、計画を立てて乗り込んだ社員達は、物質文明全盛という時代の波に
呑まれてなかなか予定の仕事と目的の研修を達成できずに(多くは、そういう約束が
あることも忘れて)苦戦します。なかには、きちんと予定の仕事と研修を終えて、
見事に本社に帰還できる方もいます。しかし、中には余りにも誤ったことをして
しまい。時間が来て研修所を出なければならない時間になってしまうとセンター外に
不良社員の溜まり場ができてしまう。という感じに思います。


407 :平会員X:2001/04/10(火) 06:23
続きです
こういう観点で聖書を見ると、研修センターの危機に際して、神と言われる
社長から担当役員クラスが派遣されて、強力に導くという預言者の物語に
感じられます。
予定説となると難解ですが、会社の幹部社員等は本社に忠実でその計画した
予定に従って行動することができる模範社員にみえます。ただ、始めから
本社に帰還できる社員と帰還できない社員が決定されているというのは、
普通の会社では考えられない話になります。だから、日本人には理解が
難しいと言われるのかも知れませんが・・・。

408 :少女の涙:2001/04/10(火) 19:49
>>248 佳子ちゃん さん
>佳子の本を読むより論理学の本を読みな。

 数学や記号論理学的な感覚で霊現象や夢を判断すると妄想に陥るのでしょうか。入門
的な本は読んだことがあります。
 「霊」、「魂」、「転生」、「真理」、「神」、「天使」などの言葉は、幅広い意味を持ってい
るので、ある特定の意味にもとづく観にとらわれると、別の意味にもとづく観が虚偽
のように感じられるのでしょう。

(補:国語辞典より)
内包(ないほう):ある概念の適用される物事の範囲(外延)に属する事物の、共通に
 有すべき概念の必然的性質。例えば、動物の内包は、あらゆる動物に共通な、かつ
 動物にとって本質的な性質の総体をいう。
外延(がいえん):ある概念の適用される対象の範囲。例、金属という概念の外延は金・
 銀・鉄など。


409 :少女の涙:2001/04/10(火) 19:49
>>282 Yさん
>会員と先生との対話では、「あなたは前世にこのような環境で生まれ、このような人生を
>歩んだ。その時に抱いた後悔と願いによって、あなたは今、このような人生を歩んでいる」
>というような話は頻繁に出てきます。

 「前世」も概念として幅広い意味があると思います。どういう意味で使っているのか、
理解しておかないと、妄想的な言葉の遊びと批判されてしまうでしょう。


410 :平会員X:2001/04/11(水) 12:05
何かあの世とこの世の構造的な所に集中してしまっているようなので
実際に先生が一般会員向けに提示してくださっている3つの方針について
触れておきます。GLAを偏って理解されるのを心配して提示しておきます。
(自分流に書いてますので、正確にはGLAで聞いてください)
@これは、モデルで勝手に書いてしまったような、「全ての魂が永遠の生命」
 であるということと、それを育み導く「大いなる存在」との絆の回復
A人間学を学び実践して、人間として本来もてる力を発揮していくという
 人間復興
B世界復興
Aを中心に運営した方がいいよというのが、少女の涙さんのアドバイスだったと
想います。
Bについては、何を言っているという声が出てきそうですが、その力が有るとか
無いとかではなくその志があることが大切に想います。先生の志の高さには
感動するものがあります。本来は、宗教や宗派等も越えて、志がある方が
力を合わせて行けばよいのになと個人的には想っています。「和を持って
尊しとせよ」がGLAのベースにはあると想います。

411 :だめ:2001/04/11(水) 16:25
>>410
>「和を持って 尊しとせよ」がGLAのベースにはあると想います。

確かにブッタ、キリスト、モーゼの生まれ変わりの人が教祖なら
1人で3役ですからね。

 冷笑。。。


412 :会員Y:2001/04/11(水) 17:17
> 少女の涙さんへ
>  「前世」も概念として幅広い意味があると思います。どういう意味で使っているのか、
> 理解しておかないと、妄想的な言葉の遊びと批判されてしまうでしょう。
 「幅広い意味」というのがどのようなものなのか勉強不足のため解りません。ただ、GLAで
「前世」の言葉が使われる時、意味は単純明快です。人間が永遠の生命を有し一対一の転生輪廻
をするとの前提に立った上で、「過去、自分の魂が現在とは別の肉体を持って歩んだ人生」とい
う意味です。
 4月8日に先生の御公演がありました。その場において、6月頃に新しい御著書が発刊されると
いうことを聞きました。題名は「真我を誕生させる行」だそうです。この御著書は、転生輪廻を
人間に与えた神の大慈悲を明かす書になるのではないかと思います(内容については何も聞いて
おりませんので、予測の域を出ませんが)。
 人間が一対一の転生輪廻をする意義については、大体、会員Xさんが先に述べられた通りです
が、新しい御著書においてより深く具体的な内容が開示されると期待しています。また、一対一
の転生輪廻の実証については、前述したように、私は数え切れないほど拝見してきました(あな
たはそれを実証であるとは認めて下さらないようですが)。逆にお聞きしたいのですが、
 (1)人間が多対多の転生を行うとして、その意義(神が人間にそのような運命を与えた理由)
はどのように説明されているのでしょうか?
 (2)人間が多対多の転生を行うことの実証にはどのようなものがあるのでしょうか?


413 :少女の涙:2001/04/11(水) 22:14
>>412 Yさん
>(1)人間が多対多の転生を行うとして、その意義(神が人間にそのような運命を与えた理由)
はどのように説明されているのでしょうか?

 「生を転ずる」という意味での転生と以前レスしました。神が与えたというよりも
生物のしくみだろうと思いますが。Yさんが、人類はUFOでやってきてエルランティが
霊の主ということを信じておられるのであれば、ノーコメントです。

>(2)人間が多対多の転生を行うことの実証にはどのようなものがあるのでしょうか?

 心理学的・精神科学的アプローチと色即是空・空即是色の観が一致すると「予想」して
います、そのとき、「霊」と「魂」を定義しなおせば多対多になると思われると、以前レス
しました。GLAの実証は、部分と部分を取り出して、1対1と言ってるように感じられ
ます。ただ、会の中で信じるのは自由で、否定しませんと何度も言ってきましたが。


414 :少女の涙:2001/04/11(水) 22:15
(続きです)
 会の外では、GLAの観が歴史的にどのような観に基いているのかを押さえた上で、
主張してもらわないと、特定の観にとらわれている方だなと感じざるをえません。

 時間があれば高校レベルの社会で十分だと思いますが、思想の位置づけを学んでおか
れるのがよいかと思います。繰り返しますが「会の外であえてGLAの観を主張したい
のであれば」そうしたほうがよろしいのでは?ということです。

例)Xさんへのレスで引用しようと思っていたものです。
(高校で使う用語集からです)

予定説「個々の人間が救済されるか否かは、あらかじめ神によって定められている
とするキリスト教神学の一説。カルヴァンによると、この世の一切は神の絶対的
意志によってあらかじめ規定されており、個々人が救いに予定されているが呪いに
定められているかは、信仰や行いによってこれを変更することはできないという。
神の絶対主権と神への絶対服従を強調する教えである。」


415 :少女の涙:2001/04/11(水) 22:16

(続きです)

 神政政治「国法は神の戒律。この政治形態では、僧侶または神官が天上からの
戒律の公布者・解釈者であり、支配者となる。古代エジプトの王ファラオの支配、
カルヴァンのジュネーブ政府が代表例」

 アウグスティヌス「新プラトン学派の哲学を神学に取り入れ、カトリック教義
の確立に尽力、原罪から救われるためには、恩寵によるしかないと説き、ローマ
カトリック教会の確立につとめ後のスコラ哲学の基礎を築く」

 新プラトン学派「3世紀にプロティノスが確立。流出説をとり、世界は神から
流出し、また神へと復帰するとして、神と世界との一元論的な把握を試みて、
キリスト教の教義の発展や近代哲学の形成に影響を与えた。」



416 :少女の涙:2001/04/11(水) 22:16
(続きです)

 トマス=アクィナス「アリストテレスの一元論的哲学によりキリスト教の教義を
体系化した彼は、信仰と理性を区別し、理性により認識される哲学的真理は信仰の
先駆であるとし、両者の調和をはかった。そして、神学は神的恩寵への段階であり
『哲学は神学のしもべ』である限り真であるとされた」

一元論「二元論の精神と物質、神と世界の対立原理を認めず、一つの原理、実在の
変容とみる。万物のもとのものを水としたターレスの哲学は、一元論に立つ最初の
哲学である。(1)観念論的一元論。例えば、ヘーゲルのように絶対精神という精神的
原理を立てて、これによって世界を統一的に説明しようとする立場。(2)唯物論的
一元論。意識つまり精神を最高の物質とみ、物質から出発するマルクスはその典型
である。」

 GLAの世界観は新プラトン学派に近い(一元論的ではあるが、現世と霊界を
二分する)と思われます。この世界観に仏教の観を取りいれているので、仏教の
世界観からすると、いまひとつ、整合性が感じられないのです。仏教は、他の方の
レス(泥沼と蓮の話でしたか?)にもありましたが、一元論かつ現世と霊界を二分
しないのですから。


417 :少女の涙:2001/04/11(水) 22:17
>>402 Xさん
>>「希望の原理」も含めた三部作を読んでいるのですが、仏教の勝手な解釈(言葉遊び)
>>が意外と多いように感じています。
> 言葉だけですとなかなか言葉の認識の違いによる誤解も有りますので、イメージで
>教えていただきたいと想います。

 私のこの発言は、GLAに対し批判的な元会員さんに対して言っているのです。Xさん
にはレスしにくいのですが、イメージだけでも説明してみたいと思います。



418 :平会員X:2001/04/12(木) 00:29
> GLAの世界観は新プラトン学派に近い(一元論的ではあるが、現世と霊界を
>二分する)と思われます。この世界観に仏教の観を取りいれているので、仏教の
>世界観からすると、いまひとつ、整合性が感じられないのです。
どうも理科系出身なものですから、実証がないが伝統のある学説を頼りに
自分なりの理論体系を組み立てていくという習慣がなかったので、すいません。
変にサイエンス的に考えてしまいます。まず、この世で起きていることとあの世で
ある実相とは、きわめて密接な関係にあるということを仮定して、そこから
GLAで学んだ世界観を検証してみたときのモデルをお話しました。
GLAの教え自体は、仏教やキリスト教の哲学等をもとに寄せ集めて造り上げた
という観点に立てば、その根拠となる学説を述べねばなりませんが、そうではない
独自の観に立った説ということになります。伝統を重んじる文科系的には、許され
ない発想かも知れませんが、理科系的にはとにかく事実に迫れれば良いのです。
ただ、確かに伝統的な学説との摺り合わせをして、GLAの説とは何なのかという
ことを説明し易いようにするということは、絶対に必要な大切な観点に思います。


419 :平会員X:2001/04/12(木) 00:54
(続きです)
 伝統ある学説については、優れた先人達の大切な遺産として敬いを持ち、それにも
学び続けることは、大切に思います。
 さて、あなたの言う事実の検証とは?と聞かれれば、どんな事象のどんな現象
でも理解できる説明ができるということです。GLAモデルでは、現実の社会で
起きている発想で、その動きが説明できますし、聖書等で見とれる神と人との
歴史的事件もその背景を説明できます。理科系的には、この方が納得できるのです。
例えば、最近よく売れている本で「追いつめられた進化論」というのがあります。
神学的な見方を持つ、ダーウインの自然選択型の進化論は永いこと信じられた
妄想に過ぎないとあります。ダーウインのそれは、サイエンスではなかったと。
今は、いろいろ事実に基づき検証され、「生命体の生体力学的な対応で起こる」進化
が有力となっています。こういう世界では、事実のみが大切であって、伝統的な誤り
には歴史として残るだけです。(歴史的な智慧の遺産は、別に思いますが)
 地球にとっての太陽が一つしかないように、あの世この世含めた実相も本当は
一つしかないはずです。(思想という面では幾つもあってもそれはいいのですが)
それをいろいろ意見を聞きながら、検証したいと望んでいます。


420 :平会員X:2001/04/12(木) 06:18
大きな思想的変革をもたらした偉大な先人の多くは、その時代に常識とされた
通念(例えば天動説)をうち破るような説を唱え、当時世間一般にはなかなか受け
入れ難いということは、歴史上確認できると思います。キリスト教に至っては、
ユダヤの方々にさえ受け入れてもらえず、通説と異なることを唱える変人とされて
見放され、十字架に掛けられてられてしまったり、仏教でも当時のバラモン教に対して
新たな説を唱えてのものであったと思います。
イエスが旧約聖書にある「裁きの神」に対して、愛ある新しい神の在りようを唱えた
とき、イエスが学んだであろう旧約聖書の世界では決して考えられない発想であったと
思います。それは、そういう愛ある天の父からはっきりした呼びかけが心の中に聞こえて
来たからに他なりません。それは、事実であったからイエスは、その実感した神の
本当の意思と在り様を説いたのだと思います。
ですから、通説と異なることは変であるという事は、良く検証しなければならない
事ですが、通説に合わないイコールダメとは言えないと歴史は証明していると思い
ます。

421 :お悟り:2001/04/12(木) 11:40
>>418
>>419
>>420

>通説に合わないイコールダメとは言えないと歴史は証明していると思い
ます。

これは論理が正しい場合の時だけですよ。
佳子さんのはこれ以前の話しと思うが。

平会員Xさんは何故にこのように解釈したいかを
自己分析してはどうですか。佳子さんの展開する物語
に何を投影させているのかです。




422 :平会員X:2001/04/12(木) 12:35
かなり厳しいご指摘ですね。
正しくなければ、当然そういうことになります。
ですから、きちんと検証していきたいと思うのです。
何事も、しっかり検証せずに決めつけるのは、いいこととは思いません。
根拠をしっかりと教えて頂ければ有り難いのですが。
自己分析ということですが、先生が提唱されている人間学については、著作にある通り
膨大な実証例を元に、展開されていると聞きます。そういう努力と姿勢に共感しているという
こともあります。また、教え全般に自分の中では矛盾無く感じるからです。
なにか随分と先生は、誤解を受けているように感じるので、きちんとしていきたいと
思うからです。
やはり、決めつけでない根拠有る話で教えていただきと希望します

423 :少女の涙:2001/04/12(木) 20:50
>>416 の続きです

 GLAの観は、「新プラトン学派的な神と世界の関係と、バラモン思想の魂の輪廻転生を
基盤に置き、人間の魂と神の関係は我と梵であるとした上で、心理学的アプローチを用いて
自我を梵(真我)に近づける方法論を、仏教用語を用いて説明している」ことになります。

 心理学的アプローチを説明する上で仏教用語を便宜的に用いているだけのようです。
「DISCOVERY」の時、仏教的だと思ったのは、先入観から出た勘違いでした。

 真我誕生も、仏教の実践というより、おそらく梵我一如の実践方法だと思います。自我と
梵を隔てる煩悩を取り去ると梵が現れて、愛と調和の真我の働きが現れると言いたいので
しょう。


424 :少女の涙:2001/04/12(木) 20:51
(続きです)

 また、GLAで行われている実証としての霊道現象と整合性を保つように、教義の方を
実証にあわせているので、GLAの霊道現象(異言、魂の対話、霊夢など)のみ正しい
(本部の認証が必要)とすると、GLAの世界観のみ正しいと思いこむのはやむをえない
でしょう。

 Xさんが自然科学的アプローチをとられるならば、霊道現象についてGLA以外の現象
も見聞したり調べたりしないと、実証と教義のトートロジー(同義反復)の遊びをしてい
るとも思われかねないでしょう。

 では、GLAの観が「いんちき」であるとか「妄想」と断定することができるかと
いうと、それは短絡的な気がします。

 私の観では、GLAの観が「いんちき」「妄想」なのではなく、人生の中のある状況に
おいては「真我誕生のようなGLAの観」が有効であるので(私もある状況ではGLAの
ような観をとることはあります)、適用場面を間違わなければ問題ないはずです。


425 :少女の涙:2001/04/12(木) 20:52
(続きです)

 元会員・批判者は、GLAの観が万能で普遍の真理であると思いこんでいる信者さんの
ことを「妄想」と言っているのであって、言葉の上では「佳子は妄想」と言っていますが、
誰も、高橋けい子先生のことを否定しているわけではないでしょう。

 また、高橋信次さんについては、ノーコメントの立場なのですが、例えば、釈迦の
悟りは「宇宙即我」と言っていたようですが、「梵我一如」が釈迦の悟りだと主張され
ているように感じられます。魂の輪廻転生も説いておられるし、仏教というよりバラ
モン思想を仏教用語を用いて説かれたのでしょう。

 高橋信次GLAも教義としては、霊道現象が肯定されるような教義であったかと思い
ます。自分のとこの霊現象以外は悪霊現象としてしまえば、信者は信じるしかないの
です。会の中で信じている分には文句はありませんが、霊道現象・啓示宗教は会の外
で主張すべきものではないのです。

(補)梵我一如 ウパニシャッドに代表される正統バラモンのインド世界観の根本思想
宇宙の根本原理であるブラーフマン(梵)と個人の主体的原理であるアートマン(我=自我)
は同一であるという考え方。梵から生じた我が本来梵と同一である真理を知り、梵我一如の
境地に達すれば、輪廻の苦しみから解脱できるという。



426 :少女の涙:2001/04/12(木) 20:53
(続きです)

 今のGLAの観も、仏教と大きく異なる観ではあるのですが、ではGLAの観が正しい
かどうかについて議論する価値があるかというと、実践されている会員の方が納得されて
いるのであれば、文句はないのです。

 「真理」かどうか、「実証」できるかどうかなど、些細なことでしょう。

 会の外に「先生を伝えたい」のであるならば、GLAの観が有効な状況に置かれている
方に伝えればいいのでしょう。会員さんがGLAの観の限界と、高橋佳子先生の教えの
範囲を、先入観なく受け入れるならば、必要な人には伝わると思います。



427 :天使:2001/04/13(金) 17:11
こっちにもボード作ったよ。
GLAを評価するには高電工業を見れば
よくわかるよ。

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=987133337


428 ::2001/04/14(土) 20:54
>427以外にもニュース板のとこかどこかに高電工業
のスレッドなかったっけ?

429 ::2001/04/14(土) 21:11
スマソ
ちくり裏事情にありました
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=984473312&ls=50

430 :名無しさん@1周年 :2001/04/15(日) 02:01
明窓出版 http://www.meisou.com/

「誰も書かなかった 高橋信次」菅原 秀(すがわら しゅう)著 1995
http://www.meisou.com/takahasi.html

反GLAの立場ではなく、中立的な立場からGLA教団を論じた一冊です。
会員の方がこの本を読むのは、かなりきついことです。
幸せになりたい方はむしろ読まないほうがよいかもしれません。
この本を読むことで人生が好転するとかそういういことではありませんから。
知らないほうがよいこともあるものです。
事実を追究したい方向け。

出版の経緯はわかりませんが、内容を見てみますと、例のオウム真理教の一連の
騒動がきっかけになって、引き出しにしまわれていた原稿が日の目を見たようにも
思われます。そのためか、出版年度1995年当時のGLAについての言及については
なされていないようです。この点を念頭に読むべきでしょう。

431 :名無しさん@1周年 :2001/04/15(日) 02:13
宗教法人 偕和會 [堀田和成(ほったわせい)氏主宰]
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaiwakai/hazimete/hazimete.html

堀田和成氏は、三宝出版株式会社(http://www.sampoh.co.jp/ 
GLAの出版部門)の社長をされていた方です。

432 :名無しさん@1周年 :2001/04/15(日) 02:33
「レボリューション」高橋佳子著(三宝出版)1997 推薦文

●菊池哲榮氏(コンサートプロデューサー)
数十年間、若者を相手にライブコンサートや、マルチメディア、
インターネットに関する企画製作に携わり、横浜アリーナや武道館に集まる熱き
若者たちにも触れてきた。一時の充実感を求めながらも
彼らは今確かに何かを探している。
その疼きに真正面から応えてくれる唯一の実践の書だと思う。

●倉橋燿子氏(作家)
自分がわからない、未来が見えない、毎日がつまらない。
そうした若者たちの声に共感できるのは、
私自身未だ闇の中にとどまっているからだ。本書を読み終えた今、
どうしても抜け出せなかった闇に光が差し込んできた。
そこから自分が、未来が、希望が、そして失っていた志が見えてきた。

●犬竹正明氏(東北大学教授、プラズマ科学)
ミクロな個とマクロな世界との繋がりを思い出させ、新しい時代
潮流を創り出す智慧を引き出してくれるすばらしい本に出会えた。
生きがいを模索する学生諸君、無力感を感じている教育者のみなさん、
新しいパラダイムを見い出そうとする科学技術者の皆さんにも、
ぜひお薦めしたい。

433 :少女の涙:2001/04/15(日) 11:28
>427 天使さん
>GLAを評価するには高電工業を見ればよくわかるよ。

 GLAの観が仏教ではないことがわかってしまったので、興味が半減してしまい
ました。仏教の観点からGLAを理解するのはやめることにします。

 教義作成者の方に文殊菩薩を引き出していただきたいと願いを入れましたが
撤回します。仏教と異なるGLAが文殊菩薩を引き出すことは不可能ですから。

 高電工業のページ見ましたけど、GLAを評価することとどのような関係があ
るのでしょうか? 医療システムを扱っているから、心の看護学校などと言って
いるということでしょうか?



434 :少女の涙:2001/04/15(日) 11:29
>>410
>GLAを偏って理解されるのを心配して提示しておきます。
>(自分流に書いてますので、正確にはGLAで聞いてください)
>@「全ての魂が永遠の生命」、それを育み導く「大いなる存在」との絆の回復
>A人間として本来もてる力を発揮していくという人間復興
>B世界復興

 信次GLAでは、禅定で心の曇りを取り心を調和すると主張していたようなので、
瞑想・苦行で梵我一如の境地を目指すウパニシャッド哲学に近かったのでしょう。
 高橋佳子先生は、信次GLAの教えを修正した、より実践的な真我誕生という方法論
を説かれているということだと思います。

 教え自体が良いとか悪いとか言うのではなく、GLAの教えが完全だと思いこむのは
盲心ですよということです。

 また、今のGLAの活動で独自といえるのは受発色の実践ですから、GLAでは
受発色を学び、キリスト教会や、大学等の教育機関で学べるものは、そちらも利用
するならば、より多くの人と響働しながら学べるのではないでしょうか。


435 :少女の涙:2001/04/15(日) 11:30
>>420
>キリスト教に至っては、ユダヤの方々にさえ受け入れてもらえず、通説と異なる
>ことを唱える変人とされて見放され、十字架に掛けられてられてしまったり、
>仏教でも当時のバラモン教に対して新たな説を唱えてのものであったと思います。

 今も、ユダヤ教徒はキリストの神を受け入れていないでしょう。啓示宗教は
ある意味、社会革命を目指すので、思想犯として弾圧されやすいはずです。
 国家間の宗教的なバランスが安定する第2次大戦後まで、キリスト教国家は
帝国主義・植民地支配を平気でやってきたのですから、愛の教えといっても、
民族の枠を超えた愛の神であったけれども、異教徒も含む愛の神というわけ
ではなかったようです。キリスト教の愛の神より国際人権規約の理念の方が、
人類への愛を具現していることになります。

 仏教は新たな説というより、各バラモン思想の部分部分の真理を、釈迦の観で
統合(いわゆる正・反・合:バラモン思想を学び・否定し・より高次の観を得る)
したようなものであったと思います。

 また、少なくとも、現代の釈迦の観は、唯物論的一元論の観も統合しなければ
ならないので、霊界や魂を強く主張しないと思いますが。


436 :少女の涙:2001/04/15(日) 11:31
>>422
>先生が提唱されている人間学については、著作にある通り膨大な実証例を元に、
>展開されていると聞きます。そういう努力と姿勢に共感しているということも
>あります。また、教え全般に自分の中では矛盾無く感じるからです。なにか随
>分と先生は、誤解を受けているように感じるので、きちんとしていきたい

 他の宗教団体にも霊的実証例はGLA以上にあるでしょう。高橋けい子先生が
誤解を受けているわけでなく、会員の方が完全視しすぎるので、批判を受けてい
るだけだと思いますが。

 私は、著者プロフィールにあるとおり、「神理の水先案内人の1人」が素直な
受け止め方だと思ってます。


437 :名無しさん@1周年 :2001/04/16(月) 02:30
教団側から、会員はこのスレッドに書き込むなとの
お達しがあったのですか?

438 :名無し:2001/04/16(月) 11:01
>>437

まともに反論できないからでしょ。
カルトは2chには勝てない。


439 :会員Y:2001/04/16(月) 13:43
>  仏教は新たな説というより、各バラモン思想の部分部分の真理を、釈迦の観で
> 統合(いわゆる正・反・合:バラモン思想を学び・否定し・より高次の観を得る)
> したようなものであったと思います。
 想像の域を出ませんが、私は違うと思います。まず、なにより先に「釈尊が世界
の実相を悟る」というステップがあったと思います。しかし、悟った実相を他人
に伝えることは非常に困難が伴います。そこで、従来から有ったバラモン思想のう
ち利用できるものは利用し、利用できない場合は新しい言葉を作って、様々な側面
から弟子に法を説かれたのだとだと思います。つまり、釈尊がバラモン思想を利用
されたとしても、それは単に「利用した方が理解され易かった」ということに留ま
り、そもそも必須のものではなかったと考えます。


440 :平会員X:2001/04/16(月) 17:42
特に、方針的なことは分からないので、本論的な内容については、先生の御著書待ち
という感じでいます。(自律性がないと言われるかも知れませんが・・・)
個人的には、少女の涙さんが学問的に見るという観点からでしたら、ある意味で
理解されていると思います。真我誕生は、梵我一如に近いかもしれません。
しかし、それに達する手段として、ヒンズー教のような方法とは、異なりますが・・・。
おそらく、GLAの会員としては、仏教的でないということに不思議に思う方が
おられると思います。元々、信次先生は、仏陀が説かれた当時の教えに帰るということで
人間釈迦1〜4、原説般若心経にて書かれている内容が、GLA流の仏教ということに
なると思います。それを書かれた経緯については、大橋信史氏の「現代の仏陀TとU」をみても
(この本自体は、佳子先生に批判的な国際正法会系の方と思われるので、GLAでは推奨しないと
思います)目の前に映像が映し出されるのを唯、書き留めていくという感じで、当時の記憶を
思い出しながら書かれたとあります。こういう問題は、信じる信じないの問題ともなりますので、
一度、読んでみられるのも良いかと思います。ただ、仏教学者の方からは、苦情の手紙が来たそう
ですが、きちんと返答されたということでした。
個人的には、非常に分かりやすく、リアルに感じます。

441 :平会員X:2001/04/16(月) 20:21
>啓示宗教はある意味、社会革命を目指すので、思想犯として弾圧されやすいはずです。
こういう意味で啓示宗教的と言ったつもりはありませんでした。言葉の使い方を間違えた
のかも知れません。今の時代に対する困に応えるべく、啓示を受けられたという感じです。
例えば、信次先生が人間釈迦を書くときの状態も含めたものです。
本を書く方にも頭で考えて書くだけでなく、インスピレーションを伴って書かれる方もいると
思いますし、科学の大きな発見の場合も最後はインスピレーションが決め手ということも
多いと聞きます。

442 :GLAの会員ざんす:2001/04/17(火) 03:26
 うーむ、ひさしぶりに来てみたら、GLAが仏教かどうか、議論になって
おりますね・・・。

 ところで、会員が言うのもなんですが、GLAって、仏教なんですか?
たしかに、書店では、仏教のスペースに入っていることがありますが・・・。

 もともと、高橋信次という霊能者がはじめた宗教だと思っておりました。
 たしかに、元々あった仏教とか、キリスト教とかを分析し、取り入れようみたいな
所は感じますが・・・・。仏教関係の本も出ているけどね。

 そのように、GLAを分類することに、学術的にはともかく、
宗教的に意味があるのでしょうか?
 良く分かりません。宗教学者じゃないし・・・。

443 :名無しさん@1周年:2001/04/17(火) 05:18
高橋一族って元創価だったんだよ。
だから信次氏の本の仏教用語は創価式の解釈ばっかりなの知ってた?

444 :千年の暴風:2001/04/17(火) 11:20
>>443
じゃ創価学会に高橋一族の撲滅を頼むか。

445 :平会員X:2001/04/17(火) 12:33
>信次氏の本の仏教用語は創価式の解釈ばっかりなの知ってた?
創価学会と共通の解釈をしていたとは知りませんでした。
具体的にその用語を教えてください。検証してみたいので。


446 :GLAの会員ざんす:2001/04/17(火) 14:39
高橋信次さんが、元創価というのは、初耳ざんす。

 なにしろ、信次さんの本には、こんなことが書かれている。

 <「南無阿弥陀仏」とか、「南無妙法蓮」とか,呪文のように
1つの言葉を繰り返し唱えても、人間は幸せになんかなれない。
 お経の意味を正しく理解し、それを生活に役立てるようにし
なければならない。>

 これって、浄土宗や、日蓮宗の人から見ると、すごくイやなこと
を言っていると思う。
 お題目を唱える創価の人も、嫌だろうな・・・。
 実際、創価の人とこの件で話をしても、話はズッと平行線。
 きっちりと、論破できないようだ。
 例によって、「私は勉強中なので・・・。」
とか言って、逃げられる。新興宗教の会員の特徴か?(笑)

 元創価だという情報ソース、きぼーん!

 ところで、創価って、まだ5時8教とか、信じているの?
 

447 :会員Y:2001/04/17(火) 15:16
>>443さんへ
 私は創価学会の教義についてよく知りませんが、部分的にはGLAと一致すること
もあるのではないでしょうか。むしろ、GLAの初期には元創価学会員が多数いらっ
しゃったようですから、私が>>439で述べたことと同様の理由により、信次先生が積極
的に利用されたということもあったかもしれません。

>>442さんへ
>  たしかに、元々あった仏教とか、キリスト教とかを分析し、取り入れようみたいな
> 所は感じますが・・・・。仏教関係の本も出ているけどね。
>  そのように、GLAを分類することに、学術的にはともかく、
> 宗教的に意味があるのでしょうか?
> 良く分かりません。宗教学者じゃないし・・・。
 意味は無いと思います。信次先生は、「日本には仏教的な素地が有ったから仏教
の言葉を使って神理を説明した」とおっしゃったことがありました。つまり、言葉
というものは、神理(実相)を伝えるための一つの道具にしか過ぎないものであり、
言葉を介在として伝えられる実相にアクセスできなければ学んだことにはならない
と思います。先生が使われているお言葉を部分的に切り取って、既存の宗教と擦り
合わせることは、知的興味を満足させることにはなったとしても、実相にアクセス
する道からは遠のいていくように思います。


448 :名無しさん@1周年:2001/04/17(火) 17:15
信次さんは被差別が出自だったです。
被差別に入っていた宗教は伝統仏教では浄土真宗、新宗教では創価。
もっとも真宗は檀家仏教だったから創価の方が勢いがあった。
兄弟姉妹も夫人も地域幹部だった。
信次さんはワン・ツー・スリーからの啓示後、一族の中で最初に創価をやめた。



449 :笑い:2001/04/17(火) 17:22
>ワン・ツー・スリー
 1@`2@`3
 プロレスのカウントですか?

 やはり信次さんはおかしい?



450 :笑い:2001/04/17(火) 17:25
佳子さんはミカエルを悟る時に背中がかゆくなったそうですね。
なんでも羽が背中に生えたためと説明されていますが
天使の羽とは何ですか?


451 :少女の涙:2001/04/17(火) 19:48
>>441
>今の時代に対する困に応えるべく、啓示を受けられた

 GLAは霊能宗教なので、GLA会員向けの啓示を受けるのは当然だと
思います。が、教義も啓示も仏教やキリスト教とは関係ないので、検討
する気はなくなりました。

 ただ、三部作に実践として有用な方法論が提示されているかどうかには
興味があります。
 しかし、 >>35 で、
   >プロジェクト活動する前にすべきこといっぱいあるのにね。
という実践に対する退会者の否定的な意見が示されています。
 このスレに投稿されている会員の方が、プロジェクト活動(研鑚と言う
のですか?)で、受発色や自分の使命を理解したというような学びがあっ
たというのであれば、紹介していただきたく思います。
 書籍の実践例は、他の団体でもみられる体験発表と変わりないと感じま
したので。


452 :M:2001/04/17(火) 20:20
他の団体でもみられる体験発表ってどこの団体のどんな体験ですか?

453 :名無しさん@1周年:2001/04/18(水) 00:43
>>118
>教祖の実の母親が、娘である教祖に向かって、講演会場で土下座したり、
>人前はばかることなく「崇拝申し上げております」と言う有様です。

いくら気の利いた教えを説いていても、普通に考えて、こういう宗教は、
やはりまともな宗教ではないですよね。一般の社会では最初から通用しない。

信者の方たちは、↑のようなことには、自分の中で折り合いがついているん
だろうか。それとも、自分でもおかしいと思いながら、疑問をもたないよう
にしているんだろうか。

自分の中でさまざまな疑念を飼いならしながら、
「でも、この宗教で私が幸せになったことは事実なのだから・・・」と
つぶやきながら、残りの人生を終えていく。
もしそうならば、自分の心にうそをついて生きていくことにしかならないと
思うのですが。

454 :名無しさん@1周年:2001/04/18(水) 01:31
最近、このサイトの掲示板が某テレビ局のニュース制作者に目を
つけられているようだ。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~seraphim/bekkan.htm

高橋信次氏の名前が再度話題になり、大川隆法氏の舞台裏が暴かれ、
幸福の科学がまたダメージを受け、千乃裕子氏の団体がカルト視さ
れ、マスコミによって葬られることになるやも知れない。




455 :GLAの会員ざんす:2001/04/18(水) 03:34
>教祖の実の母親が、娘である教祖に向かって、講演会場で土下座したり、
>人前はばかることなく「崇拝申し上げております」と言う有様です。
 信者の方たちは、↑のようなことには、自分の中で折り合いがつい
ているんだろうか。

 直接このシーンを見たことがないのですが、本当なら、一般社会では
あまり見ないですよね、たしかに。娘に母親が土下座するとか。

「あなたに、悪霊がついています。」とか言う人も、あまり見ないし、
高橋信次さんだって、そういう意味では、一般の社会では最初から通
用しないと、言えるんでしょうねぇ・・・。

 でも宗教だからなぁ・・。一般常識の枠に当てはめて,何でも判断
するのは危険な気がするなぁ。一般常識の枠にきっちり当てはまるなら、
それは、倫理とか、道徳であって、宗教じゃない気がする。

 別に、母親が娘に土下座しても、宗教的にはokな気もする
・・・・が、僕が興味あるのは、何で土下座するのか?という理由。

 @ 信次さんから、佳子さんに、GLAをスムーズに承継させる
  ために、会員向けの演技をした。それだけ霊的に偉大なのだと
  いうアピール。
 A 本当に、崇拝するに足りる宗教的な人格であり、娘と言えども、
  土下座せずにはいられなかった。
  のどちらかな・・・?

  もし@なら、453さんの言うように、自分の心にうそをついて
 生きていくことになるし、宗教的な裏切りだと思う。GLAの会員
 をやめるよ。
  でも、Aを否定できるだけの根拠も、もちろんない。良く知ら
 ないし。

  他の会員の人はどうか分からないが、僕は、一般社会の感覚
 と違うという理由で、GLAの会員を辞める気は無いよん♪
  そういうスタンスなら、最初から宗教なんて入らないですゥ。



456 :名無しさん@1周年:2001/04/18(水) 03:47
福永法源の母親だって、逮捕されて初めて、心情を吐露したんだから、
母親の心の中は、わかりませんよ。
               
自分が産んで育てた子を崇拝なんて、自分に弱味が無い限り、私には出来ないな。
生活の面倒をみてもらってる、とかね。子を育てた者としてそう思う。
それでなくて、そういうことをしろと言われたら、叱責するか、距離を置くでしょうね。

457 :名無しさん@1周年:2001/04/18(水) 04:10
反対にいえば、教祖にとって、母親の存在はどこまでも
自分を危うくする存在です。自分の配下に置くか、捨てるか、
そのどちらかでないと困るわけです。
   
麻原は親を捨てた教祖です。親とは完全に縁を切り、
金すら送ってません。 高橋の、親の土下座は、故に、教祖であるための
当然の儀式だったといえるでしょう。
          
人間の心理は、そんなにオカルティックなものではありません。
どんなに、カリスマや霊的に装おうとも、所詮、人間の想像力など、
他の人間にも想像できるものでしかあり得ないのです。心理とて同じです。

458 :平会員X:2001/04/18(水) 06:35
肉体としての親子というのを越えて、魂としては逆の親と子の関係と悟られて
そういう形となったと聞いています。普通では考えにくい面がありますが、
自分の子供で考えた場合、親子であっても自分とは違うものをもっています。
ある意味、遙かに自分より優れた面に出会うと自分から生まれてきた子供という
感覚より、魂は別だなと感じるときが在ります。
それの大袈裟なものだと思います。遺伝子的な親子とだけ観ると変に感じるのでは?


459 :名無しさん@1周年:2001/04/18(水) 07:31
完全に逝ってるな。こういうとこの信者は。

460 :会員Y:2001/04/18(水) 11:10
>>451 少女の涙さんへ
>  このスレに投稿されている会員の方が、プロジェクト活動(研鑚と言う
> のですか?)で、受発色や自分の使命を理解したというような学びがあっ
> たというのであれば、紹介していただきたく思います。

 「プロジェクト活動において得られる学び」ということでは、私と169さん
とのやりとり >>235 >>246 >>263 >>269 >>270 >>275 が参考になるかもしれ
ません。
 自分の煩悩を自分で発見して自分で調御してゆけるのであれば、プロジェク
ト活動は特に必要が無いかもしれません。しかし、人は自分の匂いが解らない
ように自分の煩悩というものは、なかなか自分では見えないものです。しかし、
様々な活動を通じて自分の煩悩が現れた時、同志がそれを指摘してくれれば気
づくことができます。


461 :会員Y:2001/04/18(水) 11:11
(続きです) 従って、私が169さんに対して指摘したような事は、プロジェクト活動に参入
していればどんどん浴びせられます。それは煩悩を持っていることを責めている
わけではなく、相手の方の変革を願っての言葉です。それを「聞いて」、「受け
入れて」、「変わる」というプロセスによって、過去の自分を超えてゆくことが
できます。
 なお、169さんは既に会員では無いので、私は相当に抑制して書いたつもりで
すが、世間一般の基準で考えれば「失礼なこと」という指摘は当たっているか
もしれません。ただ、そのように受け取られたということは、GLAの醍醐味を
味わう前に退会されたということでしょう。



462 :会員Y:2001/04/18(水) 11:25
 先生に対して土下座をするというのは、別に一栄会長(佳子先生の母親)に
限らず、時々見受けられることです。確かに一般の方の目には奇異なことに映
るかもしれませんね。
 しかし、先生はそのようなことをせよ、とは一言もおっしゃったことはあり
ません。土下座をしている本人も、(少なくとも表面意識上では)そんなこと
をしようとは思っていないのです。ただ、どんどん頭が下がってゆき、気がつ
いたら床にはいつくばっていた、ということです。


463 :千年の風:2001/04/18(水) 12:01
土下座したの?
セミナーで関氏がやったの見たら笑ってしまった。
というか奇異。

464 :会員Y:2001/04/18(水) 13:34
 だから、わざとやってるわけではないのです。特に、先生が瞑想に誘って下さって
いる時、私も(客席でですが)どんどん頭が下がってきて椅子からころげ落ちそうに
なったことがあります。


465 :千年の突風:2001/04/18(水) 13:52
>>464
それは集団催眠でしょ。
後で冷静に考えたらそうでした。
セミナーの演出はうまいからね。


466 :GLAの会員ざんす:2001/04/18(水) 14:10
 >どんどん頭が下がってきて椅子からころげ落ちそうに
なったことがあります。
 ・・・・うーん、僕はそういう経験ないですぅ。
 それは、催眠術じゃないとしたら、霊的な働きなのでしょうか?
どういう作用が働いているか、知っている人、教えてください。




467 :M:2001/04/18(水) 19:35
20年以上会員やってても、何も感じないで、
頭も下がったりしない人もいるし、
入会して、1年も経たないのに、セミナーを受けて
胸の中にこみ上げてくる強い後悔を
感じる人もいますね。
本当は集団催眠でしょうか?それとも
脳の健全な機能のひとつでしょうか?

468 :平会員X:2001/04/19(木) 00:28
世界の中でも日本は、特に唯物主義が主流なのでそういう観点からみると
異常としか見えないのも否めません。儒教的な気風からも困惑は確かにありますし、
批判したくなるのも分かりますが…。
しかし、多くの方が体験しているのなら、これも不思議な現象ですね。
自分自身は、そういう現象での頭が下がるという体験はないのでなんとも言えません。
体験された方の大まかな話を聞くと、強い情動と共に後悔と願いがでてくるそうです。
幸せそうに語っていました。


469 ::2001/04/19(木) 01:11
祈りの道っていう本読んだことありますけど、あれすごくいいですよね。涙がでてきました。

470 ::2001/04/19(木) 01:23
ほんとお勧めってカンジ。うそじゃないよ

471 :M:2001/04/19(木) 05:11
止観シートで自分の心の動きをつかみ、
そのときつかんだ心が「祈りのみち」のぴったりくる部分に
本当に突き当たると涙が止まらなくなります。
そこから人生の目的、魂の願いが見えてくると思います。

472 :部外者:2001/04/19(木) 05:25
ところで『心行』って信次さんのときと今とでは変えられてるって知ってた?
だれがなんの目的で変えちゃったんだろうね。

473 :カルト追跡有志募集:2001/04/19(木) 10:44
http://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=company&key=984473312

474 :止観シート:2001/04/19(木) 12:44
止観シートまだやっんの。
>本当に突き当たると涙が止まらなくなります。
>そこから人生の目的、魂の願いが見えてくると思います。

座禅の方がましでしょう。
それもいやなら猫と遊んだ方が真実が見えますよ。
自分で自分を分析は自己言及ですから意味ありません。

止観シートは一見高度なものに見えるが意味の無い
手段です。




475 :名無しさん@1周年 :2001/04/19(木) 13:12
>>469-470
「〜ていう本読んだことありますけど、あれすごくいいですよね。
涙がでてきました。」
「ほんとお勧めってカンジ。うそじゃないよ」

本に書いてあることの素晴らしさをもって、その宗教団体を正邪を
判断しないことです。自分の涙を基準としないことです。

あなたの言っていることは、オウム真理教でも、統一教会でも
すべてのカルト信者が口をそろえて言うことです。

476 :169:2001/04/19(木) 13:19
>会員Y氏
169です。
やれやれ。何も自分から好き好んで、さらし者にならなくともよかろうに・・・
(ROMしている他の方がた、話を蒸し返した感もありますが、ある種のケース・
スタディということで、申し訳ありませんが、長くなります。平にご容赦を。)

あなたの最大の欠点は、自分では気づけないのでしょうが、
このことはこれこれこうではないかと、ご自分で推測していることを、
いつのまにか自明の事実として、論を展開することです。

その手の空想癖・妄想癖は、あなたが>>135でおっしゃっている、
NEC会長についての言及にも顕著に見られます。
>>138氏が、そのことについて戒められています。)
そして、その心の傾きは、当方とのやり取りでもいかんなく発揮されています。

>>233=169
>反論ということであるならば、このスレッドの今までのご自分の書き込みの中で、
>自分が書き込んだのにもかかわらず、読めない文字があったという人からの
>反論を、まず伺いたいと思います。
上記と同様のたとえを、さらに挙げるとします。
例えば日記帳を日々つけている方が、先月に書いた自分の日記をみんなに
紹介しようと言って、いざ読み始めたら、自分の書いた漢字が読めなかった。
こんなたとえも考えられるでしょう。

477 :169:2001/04/19(木) 13:20
ところが、これに対するレスが

>>235 会員Y 氏
>このスレッドの書込みと、先生の御著書を同列に論じるのは、やはり説得力が無いと思
>います。文書の絶対量、仏典等古今東西の書物からの引用の量などを比較して、先生
>の御著作とこのスレッドの書込みが同等であると思う人はいないでしょう。

>>269 会員Y 氏
> 私はこの発言から、このスレッドの書込みと、先生の御著書を同列に論じようとする
>あなたの「意図」を感じました。
>このスレッドには、難しい仏教用語などほとんど登場
>していませんから、自分の書込みも、他人の書込みも全て読めるでしょう。

というような珍妙なものになってしまいます。ROMをしている多くの方々にとっては
「なんで、こうなるの?」という不可解なYさんの反応だと思うのですが、この心理は
説明しやすいことです。つまりあなたには、>>233で書いている内容をどうしても
理解するわけにはいかない事情があるのです。
上記の日記の例でいうならば、話は単純で、自分で読めないと言うのなら、
そんなものは、誰か他の人間が書いたということになります。
まあ、私が言いたいことは至極シンプルで、高橋佳子氏は、本当は自分で本を
書いていないのではないか(少なくとも著書の一部は)、ということです。

478 :169:2001/04/19(木) 13:21
しかし、Yさんにとっては、これは一笑にふしたいことであると同時に、たとえわずか
でも自分の頭をかすめたくないことであるのです。
ですから 「書いた本人が読めない→自分では書いていない」という、ごく一般的
な前提すら受容できないでいるのです。その前提を認めるとすると、私が何か
動かぬ具体例を提出した場合、反論が難しくなり、ご自分の心の均衡が保てなく
なることを無意識のうちに恐れているようです。

よって、いくらこちらがまっとうなことを申し上げても、あなたの耳には決して届かない
仕組みです。ただ、人は、どんなにドグマにどっぷりとつかっていようとも、自分の
心にはうそをつけないもので、内心の不安を与えた当方に対して敵意を覚えます。
よって>>174>>235のような書き方になってしまうのですね。
これがよそのカルト宗教の信者のこととなるとあなたも容易に理解できること
でしょうが、それがいざ自分のこととなると・・・ 
まさしく
>人は自分の匂いが解らないように自分の煩悩というものは、
>なかなか自分では見えないものです。
おっしゃるとおりです。

479 :169:2001/04/19(木) 13:22
>>461
>なお、169さんは既に会員では無いので

またまた、やれやれ。この調子でいけば、Yさんは私の食べ物の好みや
趣味までご存知のようだ。
>あなたの最大の欠点は、自分では気づけないのでしょうが、
>このことはこれこれこうではないかと、ご自分で推測していることを、
>いつのまにか自明の事実として、論を展開することです。

>>461
>私が169さんに対して指摘したような事は、プロジェクト活動に参入
>していればどんどん浴びせられます。
>169さんは既に会員では無いので、私は相当に抑制して書いたつもりですが

相当に抑制してあれだそうです。何気ない書きこみだったのでしょうが、
著書や機関紙などでは決して紹介されない教団の危険な体質が、
はからずも垣間見えてしまいました。これは収穫でした。
Yさんのこの書き込みからだと、佳子教祖の批判や疑念を口にでもしたら、
もう徹底的につるしあげられるんでしょうね。想像するだに恐ろしいことです。

480 :169:2001/04/19(木) 13:24
>>169で、私が提起した問題にお答えいただきましたみなさま
ありがとうございました。返答が大変遅れてすみません。

>>186そよ風さん 
その後の会員Y氏とのやり取りなどで、当方の意図がお分かりいただけたと
思います。ありがとうございました。また、書き込んでくださいね。

>>240平会員Xさん
冷静かつ真摯なご返答ありがとうございました。
場合によっては少々苦しい反論になるかとも思いますが、
人をして納得させられないご意見でもないと感じました。

>>255 少女の涙さん
非常にまっとうなご意見だと感じ入りました。ありがとうございました。

なお、会員Yさんと私のやり取りとその他の方のレスは、以下でご覧になると
見やすくなると思います。
>>169-174      >>180-187
>>233-247の中の(233-240 245-247)
>>255-276の中の(255 263-264 269-271 275-276)

481 :天照の鬼神:2001/04/19(木) 17:25
反論や異議は絶対無理でしょう。
というより理論的に反論や異議が成立しないでしょう。
ミカエル、天上界を信じることが起源ですから
そのbaseを疑うことは絶対に教団としては認めない
はずです。

一見天使で紳士のようですが彼らの正体こそ悪魔でしょう。
彼らに対抗するにはこちらが本物の悪魔の必要があるという
逆説が成立します。

482 :名無しさん@1周年:2001/04/19(木) 17:50
>>481
激しく同意!

483 :会員Y:2001/04/19(木) 18:34
>>169さんへ
>やれやれ。何も自分から好き好んで、さらし者にならなくともよかろうに・・・
 同感です。しかし、私を含めて煩悩を調御しきれない人間は、自分で意図しなく
ても煩悩が現れてさらし者になってしまうようです。私は>>270
>  もしよろしかったら、「DISCOVERY」のP108、「被害者の空華」の5行をゆっく
> りと読んでみま せんか?……
 と発言しましたが、「DISCOVERY」をお持ちでないかもしれませんので、該当部分
を引用しておきます。
-----------------------------------------------------
《被害者の空華》……被害者とは、世界や自分に対して、被害者意識を抱いて受けと
める傾向を持つ人格を指します。この人格は「世界は悪意に満ちている」「世界は自
分を受け入れてくれない」といった空華のために、常に警戒心や屈辱感を抱いていま
す。他の問題点がよく目につき、不満を抱きやすいというその歪みゆえに、ちょっと
したことで怒りや責めの心を現して、人や場に対して過度に対抗的、攻撃的な態度を
示してしまうのです。
-----------------------------------------------------


484 :会員Y:2001/04/19(木) 18:35
(続きです)
> >なお、169さんは既に会員では無いので
> またまた、やれやれ。この調子でいけば、Yさんは私の食べ物の好みや
> 趣味までご存知のようだ。
 もしかすると現役のGLA会員なのですか?そうだとすると、「会員では無い」と
いうのは、確かに私の誤った思い込みでした。
> Yさんのこの書き込みからだと、佳子教祖の批判や疑念を口にでもしたら、
> もう徹底的につるしあげられるんでしょうね。想像するだに恐ろしいことです。
 現役のGLA会員なら、想像などせずに試してみればいかがですか?誰にでもとい
うわけにはいかないでしょうが、地域のお世話役の方にぶつけてみるのもいいでしょ
う。きっと慈愛と寛容の心であなたを受けとめてくれると思います。但し、煩悩に対
しては徹底して「NO」の反応が返ってくると思いますけど。


485 :会員Y:2001/04/19(木) 18:37
(続きです)
> まあ、私が言いたいことは至極シンプルで、高橋佳子氏は、本当は自分で本を
> 書いていないのではないか(少なくとも著書の一部は)、ということです。
 信次先生の御著書の中(何だったか忘れましたが)にも「この本は私(信次先生)
がトランス状態になって書いたものである」旨が書かれていたものがあったと記憶
しています。つまり、実際には(表面意識の)信次先生が書かれた本ではないのに、
著作者名は「高橋信次」となっているのです。
 また、佳子先生は「私(佳子先生)は信次先生と二人三脚で天上界から神理を降
ろしている」ということをおっしゃったことがありました。
 佳子先生にも信次先生と同様の現象が起こっていたとすると、佳子先生の御著作
の一部は、実際には佳子先生以外の方(例えば信次先生)が佳子先生の手を使って
書かれたようなことも充分あり得る話だと思います。
 そうではなくて、通常の意味でのゴーストライターということでしたら、会員X
さんがおっしゃったように、とても喜ばしい話だと思います。それほどの境地と智
慧を備えた方が弟子の中に現れた、ということですから。


486 :だめ:2001/04/19(木) 18:39
>《被害者の空華》……

佳子さんそのものでない。

487 ::2001/04/19(木) 21:34
<475さん すくなくとも自分にとってはプラスになりました。小さなことで悩むことも減ったんです。

488 :名無しさん@1周年 :2001/04/19(木) 23:02
>☆さん
>>487 
>すくなくとも自分にとってはプラスになりました。
>小さなことで悩むことも減ったんです。

それは、本当によかったことだと思います。
でも、だからと言って、その著者や著者が主催する団体が
信頼するに値するかどうかは、また別の問題だということは
わかりますよね。

☆さんが、精神世界・宗教に足を踏み入れてどのくらいたって
いる方かわかりませんが、
何かに心酔してしまった時が、一番危ないと思ってほしいですね。
宗教団体は、人を感動させないことには、お客が来ないのです。

489 :平会員X:2001/04/19(木) 23:57
> もう徹底的につるしあげられるんでしょうね。想像するだに恐ろしいことです。
このスレの中でこのように言われるものですから、会員を名乗る中で一番自分勝手な
ことを書いている私に圧力が掛かるのではないかと内心期待していましたが、まったく
そんなことはありませんでした。そういうことってGLAでもあるのですか?
批判や疑念を口にする方とも前にグループミーティングで会ったことがありますが、
そこのリーダ格の方も「疑問は疑問で大切に」といっていましたが?
組織の中には、熱烈な信者で人によってはそういう感じ考え行為する方もいるかも
知れません。会員向けの講演会での先生と本部の方とのやり取りを見ていても
先生が誰よりも一番全体や幹部でない会員の方含めて考えられているという慈愛満ちた
感じ受け止め考え行為が確認できますので、先生には関係ないと思うのですが?
批判の原因となっているところの本当の意味は何なのでしょうか?
自分なりに検証はしようと思います。
こういう試練は、原因がなんであれ、変わりなさいという呼びかけだと有難く受け
止めて、自分側を変えて行くと教えて頂いている分けですから、組織としても同じ
だと思うのですが・・・。


490 :平会員X:2001/04/20(金) 00:05
プロジェクト活動自体は、普通に会社で行っているようなプロジェクトの感じに
プラスして自分の煩悩を知って、“私が変わります”を切磋琢磨しながらやって
いく場と聞いていますが…。立場は、当然社会でのものと異なるのでそういう
体験になって、学びが深まるということではなかったかと思います。
プロジェクト活動に参加して、優しくなったり生き生きとした方は見かけますが…。
こういうスレの世界も一つの仮想世界だと思います。いろいろな人間模様があり
いろいろな方からいろんな観点で指摘してもらったり、意見を聞いたりという
事で、私は大変勉強になっていると思っています。在る意味で、普通の社会生活
以外の学べる場ということで、同じ様な事だと思います。


491 :会員Y:2001/04/20(金) 01:22
>>☆さんへ
 私も、ある意味では、>>488さんの意見に賛成です。
 オウム真理教にしても、100%間違ったことを言っているわけではなく、50%ぐら
いは正しいことを言っているのではないかと思います(オウムの教義を学んだことは
ありませんので単なる予想ですけど)。無差別殺人に走った人は、その50%の正しさ
に盲目的になり、「嘘をつけない自分自身の心に照らして真実なものであるか否か」
という尺度で一つ一つ吟味してゆくことを放棄してしまったのではないかと思います。
 ☆さんが「祈りのみち」の中で心に響いたことがあるなら、それは大切に心に留め
て頂きたいと思います。一方、他の先生の御著書や御指導の中で疑問に思われる点が
あれば、疑問点も大切にして頂きたいと思います。盲信からは何も生まれません。


492 :会員Y:2001/04/20(金) 01:23
(続きです)
 実は、私も先生の御指導の中で、納得できていない点が何点かあります。そのうち
の一つに「自分の内を変革することにより、社会や時代に満ちる様々な困難を解決で
きる」ということがあります。私の身近な範囲(例えば家族や友人関係)では、相手
を変えるのではなく、自分の内を変革することにより捻れた関りを解決できるという
ことは、体験的に納得できています。
 しかし、もっと大きな問題、例えば世界の様々な地域で起きている戦争、差別、貧
困、人身売買、環境破壊、不況等に対しては「自分の内を変革しても対処できないの
ではないか」と正直思っています。この意味で、>>123さんの質問
> では、景気が悪いのはこの先生の指導のせいなんですね。
は、このスレッドの中で最も痛い所を突かれた質問でした。正に、私自身がその解答
を求めていたからです。疑問を持ち探求していれば、やがて私にその解答が開示され
ることがあるかも知れません。ただ一つ確信していることは、私がもし先生のお言葉
を盲信したとしても、現実に困難を背負う力は生まれないということです。


493 :GLAの会員ざんす。:2001/04/20(金) 03:08
 GLAの会員の人も色んな人がいますが、信次さんや、
佳子さんについて、批判しなくても、熱狂的に賛同しないと、
すごい形相で怒る人には、出会いました。
 怖かった・・・・。

 それは、まだGLAに入ったばかりのとき、ある集会所に行き、集い
のビデオを皆で見たときの話。
 その中心となっているおばさんは、ビデオを見終わった後、参加者(10
人くらい)の1人1人を指して、感想を言わせ始めた。
 みんな、「感動しました。」とか、「佳子先生の素晴らしさが分かった。」
とか、賛美の言葉を述べていた。僕の順番になって、「まだ入ったばかりだし、
良く分からない。」と言ったら、「どうして、わかんないの!」と怒られた。
 霊的なこととか、興味を持って入ってきて、・・でも、デビオを見ただけ
では何もわからなかったから、そう言ったのに、・・・怒んなくても、いい
のに・・・。会場は、すごい険悪な雰囲気に・・・。
 僕、何かしましたか?(悲)
 その集会所には、2度と行っていないですが・・・。

494 :AK:2001/04/20(金) 05:40
A・Kです。学校がはじまり、ネットにつなぐ時間が取りにくく
なってしまいました。(私事ですみません。)
しばらくつながないうちに、他の会員の方も書き込まれるように
なり、会員の方のいろいろな意見が聞けるようになったのですね。
私は、会員の方と会員でない方のやりとりだけでなく、会員同士の
方の意見のやりとりというのも興味深いと思います。

あと、どなたでしたか、『チャット』と書いておられた方、2CHは
『掲示板』です(^−^)(言うほどのことではないのかしら・・・)

批判派の方にも、宗教批判派、GLA批判派、高橋佳子氏批判派、
会員批判派などいろんな方がいらっしゃるのですね。
(批判は、その方の意見だとうけとめております。)

今は、会員の態度についてのお話ですね。
私は、会員さんの態度や、風習の中に納得できないと感じることが
あります。
少女の涙さんに教えていただいたことに、『そのような際に、自分は
どのような内面の活動・行為で臨むのか』が大切なのだということが
あります。

495 :A・K:2001/04/20(金) 05:43
(続きです)
私は、疑問点やおかしいと思ったことなど、自分の意見は伝えよう
と思いました。今日、久しぶりに青年の集まりに参加しました。
数名で、意見を交わすミーティングがプログラムの中程で持たれました。
(5分程度)
私は、自分の意見をごまかし、あたりさわりない意見を述べることで
ミーティングの場を円満に終わらせては盲信につながると怖く感じ、
また私の気持ちを素直に語っての周りの方の反応が知りたかったので、
来たくない気持ちがあること、映像で見る、高橋先生の語って
おられる事とこの今の場は違うようにも感じてしまうこと、などを
話しました。しばらくしたらうしろの席の友人から手紙を渡されて、
『さっきのミーティングの話、あれでいいと思う。つくる必要もないし、
ありのままでいいと思う。』と、書いてあり、少なくとも違う意見を
言ったからといって気を悪くしない人もいるのだな、ということは
分かりました。
日記のように、長々かいてしまいまして、すみません。

496 :A・K:2001/04/20(金) 05:44
>>Yさま
>現役のGLA会員なら、想像などせずに試してみればいかがですか?
 169さんは、会員とおっしゃったわけでもないと思いますので、少し
 決めつけに聞こえる気が致します。
>但し、煩悩に対しては徹底して「NO」の反応が返ってくると思いますけど。
 徹底して、『どのような形で』「NO」の反応が返ってくるんでしょう。
 私は、そういう姿勢は怖く感じてしまうのです。なにを煩悩として、なにを
 気持ちを聴かせていただくべき意見ととらえるかは、個人個人ちがうと思う
 ので・・・。読み違えていたら申し訳ありませんです。

497 :A・K:2001/04/20(金) 05:47
≫少女の涙さま
 お久しぶりです。話しかけてくださってありがとうございます。(^-^)
 グランドチャレンジの中でひかれたところや、全国感謝の集いの感想など、
 また後日、書き込みます。


498 :名無しさん@1周年:2001/04/20(金) 05:57
>493
あなたは、賢明な方ですね。2度と足を運ばなかったのだから。
会員でいるのも、やめるのも自由なのに、不満や不安を次々に心で感じていながらも、
客観的にGLAを見ることを避けている人たちは哀れです。
会員同志でしゃべっていていもドグマに陥るだけなのにね。
   
外には、広大で多様な世界があるというのに、知ろうとも見ようともしない。
見ているのは、教祖さまと教団だけ。齢20代から、60、70のお爺ちゃん
お婆ちゃんになるまで、教祖さまと教団に手取り足取りしてもらって、
生きていくしかない人たちなんですね。
    
自分の子供にも、ひとつの価値観しか与えないで育てるのかな。
教祖さまと教団のイエスマンになれって育てるのかな。悲劇ですね。

499 :名無しさん@1周年:2001/04/20(金) 06:00
オウムの子はオウム。
GLAの子はGLA。
エホバの子はエホバ。
永遠に続く、カルトの血統。

500 :名無しさん@1周年:2001/04/20(金) 06:07
あなたがたは、仲間内で、どんなに議論しようとも、
あらかじめ決定された、最後の結論に向けて、話し合っているだけのこと。
GLAは素晴らしい。GLAは正しい。
      
ほかに、どういう結論が出たら、教祖は満足するのでしょうか。


501 :名無しさん@1周年:2001/04/20(金) 06:16
あなたがたは、生きていくためにGLAの教えを使います。
私たちは、生きていくために、自分でよりよい生き方を編み出します。
  
あなたがたは、50歳になっても、変わらぬ教えに頼ることしか出来ません。
私たちは、50歳になっってもなお、新しい生き様に挑戦していけます。

502 ::2001/04/20(金) 07:19
<<488さん 確かにそうですね〜。でも自分の場合は生活のひとコマにちょっととりいれてるだけなので、「それが全てだ!」っていうかんじではないです。当然、人間ひとりひとり考え方も違うわけなので、それについていろんな事をおっしゃる方もいると思いますが、いいところを学べばプラスになるとおもいます。だから全部正しいとムキになることもないし、だからといって全部悪だという事もないとおもいます。 

503 :名無しさん@1周年:2001/04/20(金) 07:25
>>420
それって、オウムの麻原を援護するやつらの
いいぐさと、全く同じですね。

504 :名無しさん@1周年:2001/04/20(金) 07:49
オウムとGLAの関係は教祖の麻原がGLAの集いに参加した
経過があるらしいです。


505 :ゴットマン:2001/04/20(金) 11:53
>>493

>GLAの会員の人も色んな人がいますが、信次さんや、
>佳子さんについて、批判しなくても、熱狂的に賛同しないと、
>すごい形相で怒る人には、出会いました

 いるいる狂人が。


506 :オリオンの☆☆☆:2001/04/20(金) 12:37
>『心行』って信次さんのときと今とでは変えられてるって知ってた?

 文章が変えられているってことかいな?
 10年くらい前、S協会の講演会行ったとき、心行とやらを手に入れて、
声に出して読んだら、体がすごく熱くなったけどな。しかし、あの頃は、
聖書を声に出して読んでも同じようなことが起ったから、心行がすごいと
いうわけではないよな。
 涙が出たり、体が熱くなったり感じることは、単に、自己のカルマが
増幅しているにすぎないということに、その頃は気づいていなかったから、
心行も結構まともだなと思ってしまった。
 まあ、宗教の講演会で大感動涙したり、体が熱くなったり、教祖に五体
倒地したくなったら、カルマが増強しているだけだからよくよく気をつける
ことだな。

 そういえば、GLAで言ってる、自業とか基盤とか、あれはなんだい?
少女の涙とやらに解説して欲しいぜ。大乗仏教とは全然違うということをな。



507 :ミカエルの妻:2001/04/20(金) 12:38
>止観シートは一見高度なものに見えるが意味の無い手段です。

 止観シートって、ミカエル代理の佳子大先生の最近の御著書に載ってる
やつか?
 10年以上前のことだが、俺も手帳によくメモってたよ。心の動きをな。

 例えて言うなら、書道の模写に近いけどな、あの止観シートのやり方は。
今となっては、役に立ったかどうかはわからんけどな。まあ、止観はいきなり
できるものでもないから、始めはあれでもいいとは思うが、いつまでも
模写ばかりでは進歩がないぜ。それにGLAの空華?あれはなんだい?
小乗仏教GLAが大乗仏教の用語持ち出すなよな。


508 :艮の大金神:2001/04/20(金) 12:39
 500ゲットのために、ひそかにROMしてたが、どうして、
今朝方こんなにレスあるんだよ? 10個くらいレス用意して
いたのに無駄になっちまったようだ。

>こちらが本物の悪魔の必要があるという逆説が成立します。

 GLAに悪魔だと思われようが、地獄に落ちると思われようが、
どうでもいいけどな。エルランティ代理の信次先生、ミカエル代理の
佳子大先生を批判して地獄に落ちた奴なんて1人もいないぜ。
 なぜわかるかって?そりゃー、艮の大金神はこの世の閻魔だからな。



509 :佳子ちゃんにもセカンドチャンスを:2001/04/20(金) 12:39
>実際には(表面意識の)信次先生が書かれた本ではないのに、
>著作者名は「高橋信次」となっているのです。

 そんなこと言い出したらきりないぜ。そもそもこのスレのカキコ
だってそうなるぜ。会員Yはミカエル代理の佳子超大先生の意識で
カキコしてるんだろうよ。佳子ちゃん大先生ファンの俺としては、
彼女の性格がわかって有り難いけどな。このスレ読んでたら、2回
はぶち切れてるぜ、佳子ちゃん大先生は。怒りっぽい佳子ちゃん大
先生もかわゆいけどな。


510 :会員Y:2001/04/20(金) 13:02
>>496 A.Kさんへ
> 169さんは、会員とおっしゃったわけでもないと思いますので、少し
> 決めつけに聞こえる気が致します。
 決めつけているわけではなく、「GLA会員なら」という仮定を置いた
つもりです。実際のところはよく解りません。
>>但し、煩悩に対しては徹底して「NO」の反応が返ってくると思いますけど。
> 徹底して、『どのような形で』「NO」の反応が返ってくるんでしょう。
 煩悩に対しては「NO」、存在に対しては「YES」と先生がおっしゃった
ことがありました。徹底して「NO」の反応を返すというのは、私の中では次
のプロセスを繰り返すことであると理解しています。
 (1)相手の困を自分の中に吸い込む。
 (2)どのようにすれば相手が気づけるか徹底して考える。
 (3)考えた結果を出してみる。
 (4)相手の反応が思わしくなければ自分に何が足りなかったのか徹底して考える。


511 :会員Y:2001/04/20(金) 13:31
>>493 GLAの会員ざんすさんへ
 あなたは青年層の方でしょうか?それならば、青年の集いに出席してみる
というのも一つの方法かもしれません。
 おばさん達と一緒に学ぶのもいいけど、やっぱり同年代の方と一緒の方が
悩みなどを共有しやすいのではないですか?
 それから、5月4日〜6日に青年塾セミナーがあることは多分ご存知ですよ
ね。ぜひ参加して下さい。



512 :MBG佳子の愛弟子・良勝:2001/04/20(金) 15:01
>>511
青年塾セミナー?
青年なんて何年も前に教団から消えたのでは。
MBGて知ってる?これ知らないなら青年塾セミナー
なんか言えないよ。


513 :基盤ちゃん:2001/04/20(金) 15:06
>>506
基盤だって懐かしいね。この言葉。
むかし機関紙やらセミナーで学んだよ。
あのころは谷口竜馬ちゃんも若かったね。


514 :ミカエルの妻:2001/04/20(金) 15:06
 ミカエルウイングボーイズアンドガールズ

 ミカエル代理のしたことですから、ミカエルとは関係ないのです。

妻が言うのですから本当です。佳子大先生は代理です。

515 :ミカマダム:2001/04/20(金) 15:11
 ミカマダムて恐妻の別名では。


516 :佳子ちゃんにもセカンドチャンスを:2001/04/20(金) 18:02
>>《被害者の空華》……
>佳子さんそのものでない。

 「佳子さんそのものだ」の意味? 「佳子さんそのものではない」の意味?

 前者の意味だろうが、ミカエル代理の高橋佳子が被害者づらするのは変
だろうよ。エルカンターレ隆法君は「20世紀中に日本国民全員を信者に
してみせる」と公言していたから、被害者づらしてるんだろうけどな。
 佳子ちゃん大先生は幹部会で「全人類はミカエルの前にひざまずく」と
言っただけで公言していないようだからな。

 ま、変な霊能宗教を高橋信次に背負わされたという点では同情するがな。


517 :艮の大金神:2001/04/20(金) 18:23
>ほかに、どういう結論が出たら、教祖は満足するのでしょうか。

 そりゃー決まってるだろうぜ。「高橋信次先生から、霊能宗教背負わされて、
よくここまで頑張ったね、佳子ちゃん大先生は偉い」っていう感じかな。

 俺は、「素顔の佳子がずっと好きだった」って言ってやりたいけどな。


518 :仏教自由派:2001/04/20(金) 18:23
>「自分の内を変革することにより、社会や時代に満ちる様々な困難を解決できる」

 大乗仏教なら当たり前のことだぜ。GLAは小乗仏教だからGLAの教義では
矛盾を感じるのは、これもまた当たり前。

 少女の涙とやらが>>167で言ってたことにつきるけどな。少女の涙が本当に
大乗仏教わかってるなら、説明してもらおうじゃないか。


519 :会員Y:2001/04/20(金) 18:55
>>518さん
>>「自分の内を変革することにより、社会や時代に満ちる様々な困難を解決できる」
> 大乗仏教なら当たり前のことだぜ。
 それでは、教えて頂きたいのですが。
 私は私の内側をどのように変革すれば、環境破壊をストップできるのでしょうか?


520 :名無しさん@1周年:2001/04/20(金) 19:05
高橋佳子さんの写真見たよ。
俗っぽい顔立ちだね。貧相だし。
それに全く、品のない顔してるし、
私は選びたくないな。

521 :仏教自由派:2001/04/20(金) 20:53
> 私は私の内側をどのように変革すれば、環境破壊をストップできるのでしょうか?

 ? 少女の涙とやらに>>167の意味を聞くことだな。ちなみに会員Yは、環境行政
や国際環境条約の仕組み知ってるかい? 関わりの範囲がそこまでいってないなら、
Yにはまだ変えるべきものすら身についていないってことだぜ。

 はっきりいうが、GLAの教義は、関わりの範囲を広げる努力がないんだよな。
公民としての知識を得る具体的な努力、少しは創価・公明を見習ったらどうだい。


522 :佳子ちゃんにもセカンドチャンスを:2001/04/20(金) 20:57
>高橋佳子さんの写真見たよ。
>私は選びたくないな。

 選ぶって何に?

 でも、幼稚園の時、俺の手をつねったかわゆい女の子の面影が
あるんだよな、佳子ちゃんには。イメージなんて人によりけりだ
からどうでもいいんだがな。


523 :169:2001/04/20(金) 23:38
>>483 会員Yさん    ちょっとお尋ねしたいのですが

>>269
>私はこの発言から、このスレッドの書込みと、先生の御著書を同列に論じようとする
>あなたの「意図」を感じました。

>両者を正当に比較するという踏むべきプロセスを省略して
>同列に論じてしまったのです。

私は、両者について、どの書き込みでも同列に論じていないつもりでいるので、
Yさんのおっしゃることがよくわかりません。
上記について、私の書き込みの具体的な引用を交えての説明をお願いします。
さすがに「感じました」だけでは、説得力に乏しいでしょう。
ここがクリアできないと、今後とも話がかみ合わない気がしましたので。

>《被害者の空華》
引用ありがとうございました。全く当てはまりませんでした。

まあ、熱心な信者であるあなたは、GLA及び教祖のよい面しか見ない
わけですから、私の人間性のほうに問題があるということにしたい
[ >>171に対する反応 ( >>269 ) ]のは当然です。

524 :169:2001/04/20(金) 23:44
>>494 AKさん
>今は、会員の態度についてのお話ですね。
>私は、会員さんの態度や、風習の中に納得できないと感じることがあります。

会を主宰している教祖にも必ず責任の一端はあるはずです。
まさか無関係とは言えないでしょう。
たしかに会や会員に問題があったとして、それがいつでも教祖のせいだと非難
されるのでは、教祖もたまったものではありませんが、
教祖は精神的指導者なのですから、会の風土についても、責任は必ずあります。
あなたが納得できないとおっしゃることには、少なくとも教祖の一面が投影されて
いるのです。

「我々が、先生に充分にお応えできていないから、先生が悪く言われる。」
などという思考をなさる会員がいれば、偏った考えといわざるを得ません。

525 :169:2001/04/20(金) 23:50
>>495 A・Kさん
その場の状況がよくわからないので、なんとも言えないのですが、
どうして後ろの人は直接口頭で言わずに、わざわざ手紙で言わなければ
ならなかったのか。ちょっと気になりました。

>私は、自分の意見をごまかし、あたりさわりない意見を述べることで
>ミーティングの場を円満に終わらせては盲信につながると怖く感じ、

そもそも、あなたがこのような心配をしなければならないこと自体、
すでに何かがおかしいのではと、感じることも必要ではないでしょうか。
盲信につながる雰囲気がその場にあったからこそ、あなたは
発言したわけですよね。
私であれば、恐怖を感じるような団体では学びたくありません。

526 :オリオンの☆☆☆:2001/04/21(土) 01:16
>>493のざんす

 おめーなー、止観シートはくだらないって言えるのは、10年以上前から自分の心の
動きを受け止めている俺らだから言えるのであって、会員ざんすは、素直に止観シート
の模写するこったな。

 出来事   >「どうして、わかんないの!」と怒られた。
 感じ    >怖かった・・・・。
 受けとめ  >悲
 考え    >霊的なこととか、興味を持って入ってきて、・・でも、デビオを見ただけ
       >では何もわからなかったから、そう言ったのに、・・・怒んなくても、いい
       >のに・・・。
 行為する  >その集会所には、2度と行っていない
 つぶやき  >僕、何かしましたか?
 どこで立ち止まって心を見つめますか  悲を感じたとき


527 :ミカエルの妻:2001/04/21(土) 01:17
<続きだぜ>
 色即是空・空即是色の考察 中心になっているおばさんを怒らせるとこわい。
 目標 自らを変革する   講演会で言っていることの正誤を判断できるくらい
             教義を深く理解しよう(会員Yに聞け)。
    関わりを変革する  中心になっているおばさんに言いたいことを言おう。
    場を変革する    参加する際に抱いた願いを解決できる呼びかけで場を
             満たしたい。
 心構え・方法 講演会やビデオを見るとき、事前に何を学びたいのか願いを十分に
       確かめてから参加しよう。

 会員ざんすは、とっとと日曜にその集会所へ行って、おばさんと関わるこったな。
おばさん対策としては、このスレッドの元会員批判者の文章を10回読んで覚えて、
中心になっているおばさんにぶつけるこったな。中心になっているおばさんは実は
何もわかってなかったってことを示す「色」が現れると思うぜ。
 じゃあ、頑張って行ってきてくれよ。報告待ってるぜ。


528 :佳子ちゃんにもセカンドチャンスを:2001/04/21(土) 01:18
>教祖さまと教団に手取り足取りしてもらって、
>生きていくしかない人たちなんですね。

 これだったら、阿弥陀如来にすがる親鸞仏教の方がましだって気がするぜ。親鸞仏教
でも教祖さまや教団にはすがらないからな。もちろん、普通のキリスト教会もいいと思
うぜ。しかし、教祖にすがる宗教やってる奴って、実は、いつまでも幼児でいたいって
いう潜在意識に従っているだけじゃないのか?

 だったら、ミカエル代理の佳子大先生に1日10人は魂の対話をやってもらって、
会員に使命に目覚めてもらわなくちゃ困るけどな。しかし、魂の対話、こじつけ多い
と思うぜ、まったく。


529 :会員Y:2001/04/21(土) 01:37
>169さんへ
> 私は、両者について、どの書き込みでも同列に論じていないつもりでいるので、
> Yさんのおっしゃることがよくわかりません。……
 私が感じていたことは>>269 で大体発言しましたので、付け加えることはありま
せん。あなたの本心に照らして私の発言が当たっているなら受け入れて頂ければよ
いし、外れているなら無視して頂ければいいと思います。
> ここがクリアできないと、今後とも話がかみ合わない気がしましたので。
> まあ、熱心な信者であるあなたは、……
 私の>>485の発言を読まれなかったのですか?あなたの主張「佳子先生の御著作の
少なくとも一部は佳子先生が書かれたものではない」に対して、私は「充分あり得る
話だと思う」とコメントしたではありませんか。私がこの発言をした以上、議論すべ
事は無くなったと思います。ただ、他の会員さんがどのようにおっしゃるかは知りま
せん。私の説に反対する会員さんがいらしたら、議論して頂ければと思います。


530 :ひんが:2001/04/21(土) 03:15
けいちゃんの「ひんがら目」が好き。
二つの物を一度に・・・・。ぱくり。

531 :名無しさん@1周年:2001/04/21(土) 09:52
あのオバハン気持ち悪。

532 :169:2001/04/21(土) 10:47
>>529 会員Yさん
>私が感じていたことは>>269 で大体発言しましたので、付け加えることは
>ありません。あなたの本心に照らして私の発言が当たっているなら
>受け入れて頂ければよいし、外れているなら無視して頂ければいい
>と思います。

掲示板は、相手の表情も何も分からない、文字だけによる
コミュニケーションの場です。
相手の書き込み内容を元にすることなく、だれもどこにも書いていない
ことを勝手に創作して、ものを言い出すから、しまいには「当たっているなら」とか
「外れているなら」と書かざるを得なくなるのです。見苦しい限りです。
こういうこと一つとっても、GLAの信者は、一般社会の人間とは
異質であることが見て取れます。
会員ざんすさんや、AKさん、平会員Xさんも最後にはこうなると
いうのであればあまりにも悲しすぎます。

533 :ポリシー:2001/04/21(土) 12:23
>>531
nonブックの写真は20代だから素敵よ。
最近はオバサンね。がっかりしたわ。


534 :障害:2001/04/21(土) 15:01
んにちは元GLAの会員だった35歳の会社員です。
先生には憧れと疑念、また母に甘えるような気持ちを抱えたまま
脱会いたしました。
入会したのは20歳の頃でしょうか。
だからなんなの?と突っ込まれそうですが。
僕と同じ空気を感じ取っていた人が2CHにこんなにいたなんて
感激です。
とりあえず、あげ
うーん、でも先生の話はその場ではわかるんだけど後でよくわからなくなるって
僕はそうでした。
ちなみに僕は皆の様に熱くはなれなかったです。
特にオウムの事件のとき、思ったことがどうしても・・以下次へ

535 :障害:2001/04/21(土) 15:09
オウムの信者とこうして先生のお話を熱心に聞いている信者と
どう違うんでしょう?
仲間の方に聞きました。すると笑って「オウムと一緒にしないで。」と
こんな感じで、言われました。
もちろん当たり前でしょう。でもオウムの信者だって事件の前、否今だって
教義にまじめであればあるほど「GLA@`幸福,あぁ一緒にするなよ。」
と一笑に付すに違いありません。
僕はそのとき思ったのです。
とりあえず抜けようと、



536 :障害:2001/04/21(土) 15:20
ちなみに僕はあの会にいて、良いことはありませんでした。って
書くと2CH的でいいなあと思ったんですが、高速道路上のトラックの玉突き傷突で
奇跡的に傷一つなく助かりました。助手席は消滅していました。
ちなみに全車100キロ以上だしていたと思われます。
そのとき佳子せんせのご本を持っていました。エロ本と一緒に。
さすがにそのときは奇跡を感じましたね。
いいのか?こんな即物的なありがたみで・・
でも先生美人だったし、良かったす

537 :平会員X:2001/04/21(土) 16:07
>会員ざんすさんや、AKさん、平会員Xさんも最後にはこうなると
>いうのであればあまりにも悲しすぎます。
ご心配有り難うございます。
「人間学をしっかり学んで自分の煩悩を見取り、感じ方受け止め方を自分本来の
ものに変革していけば、コミュニケーションも良く取れるようになるし、周りの
環境とも調和がとれて、自らの人生の意味(使命)にも気付けて、人生が開かれる。」
という自力の道ですので、コミュニケーションの問題は本来は心配ないと思います。
GLAでは、誰もが歩める自力の道を教えながら、なんで先生一人に頼るような変な
姿勢があるのか?という違和感を訴える声が、会員も含めてあるようですね。
これは、今のGLAのテーマだとも思います。
自分なりの考察を述べてみたいと思います。
GLAでは、メシヤとか本仏とかいうレベルの方以外は、その人に依ってはならない
という伝えがあります。そして、そうかどうかは徹底的に疑って確信しない限りは
いけないとあります。その検証方法についてはいろいろあると思いますが、それを
確信した人のみが、そういう完全に信頼した姿勢でよいということだと言われています。
普通は、そこまでの実感がないので、人間学を中心に法を学んで行じて行けばよい。
ということになると思います。どうしても、先生が本物であると確信された方々が
会を運営しますので、そういう雰囲気が現れるということだと思っています。
単純に人間学を学んで人生を切り開いて有意義に歩みたいと思っている方には、
困惑の問題に写るのではないかと思います。また、この問題が多くの方の反感を
煽っているようにも感じました。

538 :会員Y:2001/04/21(土) 16:16
>>535 障害さん、初めまして。
> でもオウムの信者だって事件の前、否今だって
> 教義にまじめであればあるほど「GLA@`幸福,あぁ一緒にするなよ。」
> と一笑に付すに違いありません。
> 僕はそのとき思ったのです。
> とりあえず抜けようと、
 私は、道を求めるにあたって、>>491@` >>492に書いたことを大切にしている
つもりでいます。誤った教義を盲信した人の末路はオウムの例を挙げるまでも
なく悲惨です。
 しかし、「嘘をつけない自分自身の心に照らして真実なものであるか否か」
という尺度を手放さない人、納得できない事を「納得できない」と正直に思え
る人にとって、カルトはそれほど恐ろしいものではないと思います。


539 :千年の神風:2001/04/21(土) 16:39
●李登輝出迎え関空オフ会●
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=987742592&ls=100


540 :障害:2001/04/21(土) 23:00
平会員Xさん、会員Yさん早速のレスありがとうございます。
ドキュソ元会員の障害です
でも人間学は素晴らしいですね。
言われたときはわかりません。時間がたって、時代の風とか、自分の環境が
変わって、あっあのとき言われたのはこういう事なのかなと
腑に落ちるときがすごく多いです。(でもホントのところはわからない)
まるで景気の半年先を先行指標ている日経平均みたい。
これからもセンセの教えの納得できるところをもっと探してみたい。と思ってます。
疑い深く、常に
理の知恵、魂の道を良く知ってそうなのが佳子センセなので。
これからもよろしくお願いします。


541 :障害:2001/04/21(土) 23:02
センセの信者じゃなく、ファンでいたい、障害でした

542 :障害:2001/04/21(土) 23:10
ファンだけど土下座はしない。拝みもしない。幻魔の郁江が東に接するような
態度でいたいです。マジで

543 :もだえ:2001/04/22(日) 00:02
けいちゃん、相変わらず「肉欲」が相当激しいらしいぞ。
この板のストレスもあって、若い信者がキューキュー
泣かされてると、内部事情が入りました。
いやまて、これは道教による、房厨術という可能性も否定できない。
新生GLA「道教的エネルギー注入棒いきりたちへの道」が今後の
キャッチフレーズでどうでしょうか?
「ボディーサットバへの道」のさらに上級コースだ。
皆で入信しよう。


544 :オタク:2001/04/22(日) 00:12
年会費と、申し込み先を一刻も早く教えて下さい。


545 :名無しさん@1周年:2001/04/22(日) 03:13
相手にしてもらうのを待っている時点で、もう・・・

546 :少女の涙:2001/04/22(日) 07:16

>>452 M 様
>他の団体でもみられる体験発表ってどこの団体のどんな体験ですか?

 霊現象の体験のことではありません。宗教を実践して生まれ変わった気になった
というような、よくある体験のことです。どこの教団の出版物にも載っている体験
談という意味です。


547 :少女の涙:2001/04/22(日) 07:17

>>497 A・K 様

 「グランドチャレンジ」ゆっくり読んでます。第5章を用語にとらわれないで読むと
大乗仏教の香りがしました。

 最近レスが多くて読むのが大変です。私は、A・Kさんの分類ですとGLA(の教義)
批判派、(若い頃の)高橋佳子氏批判派、(盲信)会員批判派になるのでしょうね。


548 :少女の涙:2001/04/22(日) 07:17
>>506 オリオンの☆☆☆ 様
>少女の涙とやらに解説して欲しいぜ。大乗仏教とは全然違うということをな。
>>518 仏教自由派 様
>>「自分の内を変革することにより、社会や時代に満ちる様々な困難を解決できる」
>少女の涙が本当に大乗仏教わかってるなら、説明してもらおうじゃないか。

 私はGLAの教義解説者ではないので、そう言われても困るのですが。
 また、私が>>167で言ったことそのままでは、GLAの方には伝わらないと感じます。
相手にこちらの言いたいことをわかってもらうには、こちらから相手を理解することが
必要なのではないでしょうか。ですから、GLAの教義・言葉を使ってこちらの言いた
いことを言い換えなくてはならないのです。仏教自由派さんたちも、この場で発言する
のであれば、「DISCOVERY」「グランドチャレンジ」はお読みになり、GLAの教義を
理解し、GLAの教義・言葉を使って批判なさるのが宜しいかと思います(止観シートの
お手本はためになりましたが)。


549 :少女の涙:2001/04/22(日) 07:18
(続きです)

 そこで、GLAの教義・言葉で>>167を言い換えて、Yさんの>>519に答えると
次のようになります。

 グランドチャレンジの「因縁果報」には「困」りましたが(どうしてわざわざ違う
解釈を持ち出すの?もしかしたら高橋けい子先生は天邪鬼なのかもしれません)、
いずれにせよ、≪縁>は≪同志≫≪原則≫≪システム≫から構成されていると書かれ
ています。

 一方、私たちは、公民として、≪同志≫≪原則≫≪システム≫を共有していると
言えるでしょう。憲法理念を共有する≪同志≫であり、法≪原則≫を共有し、政治・
経済・教育などの≪システム≫を共有しているのですから。


550 :少女の涙:2001/04/22(日) 07:18
(続きです)

 そこで、環境問題を解決したいと願うならば、環境行政のシステムを理解し(小学
校から高校にかけて身近な廃棄物の問題から国際環境問題まで学習できます)願いを
こめて選挙で投票することが最低限必要になるでしょう。その上で、ネットの掲示板
やHPで適宜情報収集したり意見を述べたりしながら≪原則≫と≪システム≫を身に
つけ≪同志≫がいることを確認していけばよいのでしょう。政治運動に参加しなくて
も社会問題の解決に参加できるはずです。

 社会問題を解決するための≪縁≫は学校教育でステップを踏んで学習することにな
っているので、それを無視して「自分が変われば世界が変わる」と言うのは無理があ
ると思うのです。



551 :少女の涙:2001/04/22(日) 07:19
(続きです)
 一方、GLAのプロジェクト活動などで、環境問題について考える活動があるなら
ば、小中高の社会・理科・保健・家庭科の環境問題の「実質的」な学習として取りく
むならば、多くの人と響働できる≪縁≫としての≪原則≫≪システム≫を身につける
ことができるのでしょうが、元会員の方のレスの中に、プロジェクト活動でそういう
ことはできないとあったので、プロジェクト活動で社会問題を学ぶのは無理なのかも
しれません。
 私は多くの人と響働できる≪縁≫を形成することによって「真我」が形成されてい
くと感じたので、GLAの「真我」は子供が漠然として描く理想のような気がするの
です。もちろん、≪縁≫を形成するといっても、まずは、≪業≫を自分が引き受ける
必要があるので、理想としての「真我」形成のために、≪業≫として≪縁≫を引き受
け、さらに受発色の実践で≪縁≫を改善していくのが、大乗仏教のプロセスであり、
このプロセスを身につけた境地が阿羅漢・菩薩と思ってます。


552 :少女の涙:2001/04/22(日) 07:20

 仏教自由派さんからすると、≪因≫≪縁≫≪業≫などの用語の使い方が変だと
思われるでしょうが、GLAのテキストでは言葉の使い方が異なるので、GLA
の教義を理解した上で議論しないことには、話が始まらないのです。仏教自由派
さんは、仏教を深く理解されているようですが、GLAの教義を理解した上で、
仏教の立場を理解してもらう努力をしないと、霊能的な宗教と対話が成立しない
と思います。また、その努力を怠ったことがいわゆるカルト霊能宗教がはびこる
縁になったのだと思います。カルトは愚かだと突き放すのではなく、理解しよう
とする努力が、仏教自由派さんら批判者には必要だと思いました。


553 :日本の鬼神:2001/04/22(日) 11:14
>>544
>年会費と、申し込み先を一刻も早く教えて下さい。

会費など払わないで講演聞く努力をしなさい。


554 :日本の鬼神:2001/04/22(日) 11:18
GLAの方がオウムより悪質かもね。
なにしろ3大宗教を乗っ取った教理ですからね。


555 ::2001/04/22(日) 13:26
GLAってなにか悪いことをしたんですか??

556 :日本の鬼神 :2001/04/22(日) 13:57
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=987903066&ls=50

557 :日本の鬼神:2001/04/22(日) 13:58
>>555
ペテン、妄想を世に流し
多くの民衆をまどわした。

558 :平会員X:2001/04/22(日) 15:51
“私が変われば世界が変わる”の例:
被害者の空華をもった社長と通常は幸福者の空華で苦がくると卑下者の空華を
持った社員が集まる小さな会社があったとします。最近は、社員のミスによる
障害で返品が多く、会社の売上が落ちてきたという現状があったとします。
社長の因から見ると、社員を甘やかせるからこんなミスが増えるのだと感じ
益々ことあることに社員に注意する。社員から見ると、頑張っているのに怒ら
れてばかりで、益々元気を無くし社長に怒られるのが怖くて益々仕事に集中力を
失って、益々ミスが増えていく。また、ある程度できる社員が嫌になって、会社
を辞めるものだから、益々社内は混乱し、売上は下がる。という暗転の現実が
深くなっているという事実に社長が気づきます。
そして、自分が変わろうと想い、社員を責めたことを詫びて会社の経営の状況
に理解を求め、一緒にこの難局を乗り切ろうと話し合いを持った。
社員も社長に怒られることに怯えることから開放され、仕事に対する改善意欲
が沸いて、いろいろなシステムを改善し、ミスが大幅に減って、会社の経営が立て
直るというような感じのものです。


559 :平会員X:2001/04/22(日) 15:57
大分テーマが大きいのと、環境問題には関わっていないので無理が
あります。本格的に書ける方のものを見てみたいです。(たたき台)
目的:環境問題を解決し、未来の人類が安心して暮らせるようにする
暗転に関する
現状:・地球温暖化の進行(アメリカの京都議定書の反対等)
・ オゾンホールの拡大
・ 環境ホルモンの蔓延
・ ゴミ処理問題の深刻化etc.
因 :・環境問題に関する無関心(大丈夫、誰かがやってくれる)
・ 今の自分が困っている分けではない(他人事)
・ 自分一人ぐらいなら関係無い
縁(同志):環境問題に関わる縁ある方々
 エネルギー問題に関わる縁のある方々
 環境問題に関心がある政治家の方々
 (原則):政治は自分に関係ないという原則
 専門家に任せておけばいいという原則
 選挙に関心の無い若者が益々増えている
 自分さえ良ければ後のことは知らないという風潮
(システム):環境問題に関するGLAとしての明確な提言が無い
 こういう社会問題を改善したいと志す方との連携できる会議の場がない
(宗教等も超えて)
 このまま進めば人類全体にとっても厳しい環境にあるという正確な
予測の提示が皆に知られていない
主力エネルギーは、化石燃料を使い続けている


560 :平会員X:2001/04/22(日) 16:00
光転に関する
因の改善:人の痛みに関心を開いていく
     社会環境問題に関心を開く
     自分にも責任があるという自覚
縁の改善:
 (同志)縁ある関係者の方と語り合い、志を同じにしていく
 (原則)環境問題を自分事として捉える
 選挙には必ず一票を投じる風潮へ
 自分の責任を果たす(ゴミの分別処理の誠実な実行)
(システム)環境問題に関するGLAとしての明確な提言をするよう働きかける
  社会問題を改善したいと志す方との連携できる会議の場の創出
  マスコミによる環境問題の関心を喚起するようにお願いする
  新しいエネルギーのシステムを開拓し、脱化石燃料を果たしていく


561 :名無しさん@1周年:2001/04/23(月) 13:30
age...

562 :会員Y:2001/04/23(月) 13:48
 >>550 少女の涙さん、>>558 平会員Xさんがおっしゃっている事は、一応解る
ような気がします。しかし、それによって「すっきりしない」というのが、正直
な気持ちです。もう少し「すっきりしない」ままでいたいと思います。


563 :GLAの会員ざんす。:2001/04/23(月) 14:31
またちょっと見れなかったので、お久しぶり♪

>511 会員Yさんへ
あなたは青年層の方でしょうか?それならば、青年の集いに出席してみる
というのも一つの方法かもしれません。
 <とりあえず、前向きに検討してみます。5月は、無理ですが・・・。

>527 ミカエルの妻さんへ
 会員ざんすは、とっとと日曜にその集会所へ行って、おばさんと関わるこったな。
 <やっぱり,行かなきゃダメですか?(笑)
  宗教的に押しつけがましい人と会うのは、凄く精神的に苦痛なんですが・・・。
  GLAや佳子さんを賛美することを強制されるのは、正直困ります。
  賛美したくなったら、強制されなくても賛美しますが、今はそういう状態では
  ないです。
  僕は、北朝鮮の国民でもないしなあ・・・。
  同じ会員なので、大枠では、同じ道を歩いているはずですが、でも、ちょっと、
  うーん、うぅ・・・、うーん。
  これは、僕が乗り越えなければいけない業なのでしょうか?
  目の前のおばさん!
  うーん・・・。

>554 日本の鬼人さんへ
  GLAの方がオウムより悪質かもね。
  なにしろ3大宗教を乗っ取った教理ですからね。
  <本当ですか?それも初耳です。今のGLAは単なる宗教の学校なので、
   会員が自分の生き方や道を考える場にはなっていますが、それだけだ
   と思います。<生きかた>セミナーですね。
   3大宗教の方が、乗っ取られたと言っているのでしょうか?
   GLAには、社会を変革するほどの力はないし、社会に危害を加える
   力もないと思います。そのこと自体に問題を感じる人もいると思いま
   すが・・。僕は物足りない・・と感じています。


564 :GLAの会員ざんす。:2001/04/23(月) 14:32
 ところで、高橋佳子さんの最近の著作を、会員の皆さんは皆、しっかり
読んでいるんでしょうか?
 ここに来る方は、読んでいるようですが・・。
 「祈りへの道」とかは、良い書物だと思います。分かりやすい。
 でも、「DISCOVERY」も、「グランドチャレンジ」も、研究書みたいで、
理屈っぽく、生活実践とかに来ているオバチャンとか、本当に読んでいる
のかな?集いとかで見る80歳くらいの車椅子のお祖母さんとか、本当に
読んでいるんですかぁ?
 そうとう知的好奇心のある人じゃないと、読まないのではないかな?
 集まっても、「DISCOVERY」を皆で読み解く・・・とか、研究するとか、
やらないし。



565 :障害:2001/04/23(月) 15:16
ちょうど手元にとりやすいところに
何故かDISCOVERYが・・
よければここにあつまった皆さんで読み解いていただけませんか?



566 :障害:2001/04/23(月) 15:25
ミカエルの妻さんへ>
僕も集会が苦手でした。
というより、自分たち家族の時間の大部分を集会やプロジェクトにさく
ことがおっくうになってきたのです。
というよりのめり込んでいる人たちが怖くなった。
それにしても先生の紡ぎだす知恵は無視することができない、自分がいるのも
本当なのです。

567 ::2001/04/23(月) 21:28
「ディスカバリー」読んでみたいですね。

568 :169:2001/04/23(月) 22:44
>>565 障害さん
>DISCOVERY
>よければここにあつまった皆さんで読み解いていただけませんか?

障害さん、こんばんは。
(すごいハンドルネームですけど、ブッダの一人息子と同じ名前ですね。<ラーフラ)

このスレッドも、広範な話題で論議がなされているので、別に新しく、
教義に関してだけのスレッドが立てていただければ、すっきりするようにも
思いますが。どうでしょう?それとも、そんな必要もなし?

それにしても「ディスカバリー」も、読みごたえありますからねえ・・・

569 ::2001/04/23(月) 23:16
そんなに読みごたえあるんですか?読んでみてなにかひとつでもためになったらいいと思います。

570 :障害:2001/04/23(月) 23:33
読会どんな感じで進行させたらよいでようか?
なにか良いアイディアはないでしょうか?
佳子先生の著書「DISCOVERY」を持っておられない方が居られる。
教義に対しての理解に違いがある。
ウエブ上の掲示板ということでの制約。著作権はどうなのか?
考え出すと無理な理由はいくらでもみつかります。
どういえば私のHP障害でしたね。



571 :障害:2001/04/24(火) 00:03
また僕は読会の意味がよくわかりません。
只の廻し読みで只感想を言い合うだけなのか?
もしこの若輩者が行うとしている行為に対して好意的なかたが
居られましたら効果的な本当の読会の作法を教えてください。
ウェブ上の読会なにかよさそげな予感がします。

572 :ミカエルの妻:2001/04/24(火) 00:04
>>563の会員ざんす 氏
>僕が乗り越えなければいけない業なのでしょうか?

 ? 会の問題は会が解決するべきだろうよ。Y氏は、わからないことはそのままに
しておけばいいとか言ってたが、わからない場合は賛美するのが「しきたり」なのかい?

>>564
>生活実践とかに来ているオバチャンとか、本当に読んでいるのかな?集いとかで
>見る80歳くらいの車椅子のお祖母さんとか、本当に読んでいるんですかぁ?

 ? 同上。「DISCOVERY」は会でやったことをまとめただけだんだろう?
 だが、本当に理解しようとするなら、霊能ごっこから抜けきれない奴には無理
だとは思うけどな。霊能ごっこで満足している奴は高橋信次の心の原点で十分
じゃないのか?


573 :ミカエルの妻:2001/04/24(火) 00:05
>>566 障害 氏
>自分たち家族の時間の大部分を集会やプロジェクトにさくことがおっくうに
>なってきたのです。というよりのめり込んでいる人たちが怖くなった。

 集会でも何でも参加する際の願いが「賛美」するだけだったら、参加する
のは時間の無駄。家族で遊園地行った方が絶対いいぜ。



574 :仏教自由派:2001/04/24(火) 00:08
>>552 少女の涙 氏
>GLAの教義を理解した上で、仏教の立場を理解してもらう努力をしないと、
>霊能的な宗教と対話が成立しない

 しかし、この用語の違い何とかならないのかね? 会員側が理解してもらう努力を
するのが筋だろうよ。「DISCOVERY」と「グランドチャレンジ」くらいは手元にあ
るが、要は高橋信次の文章を焼きなおしただけでないのか?

>>565 障害 氏
>ちょうど手元にとりやすいところに
>何故かDISCOVERYが・・
>よければここにあつまった皆さんで読み解いていただけませんか?

 何のために読み解くのか願いを提示してもらわないとな。少女の涙みたく骨折り
するつもりはないのでな。
 障害氏のペースでレス入れていけば自然と議論になるが、会員の解釈はY氏のレス
で大体わかったから、元会員の障害氏が先入観抜きで読み解きたいというのであれば
参加するよ。
 本は買った上で参加するのが礼儀ってもんじゃないのか?
 新スレッドはしばらくやってみてからでいいんじゃない?


575 :障害:2001/04/24(火) 00:37
ミカエルの妻さん、仏教自由派さん早速のレス
ありがとう。
二人の僕に対する問いから「おまえの願いはなんなんだい」というキーワードが
発せられたようにかんじます。
特に仏教自由派さんにの仰られるとうり、少女の涙さんのレスを読み
非会員でも教義には凄く興味があるという自分の立場をもうすこし
掘り下げ自分と皆様の関わりもう少し考えてみます

576 :障害:2001/04/24(火) 00:53
また僕はこのレスそのものを全て読んでいません。
しかし読み続けているうち(今、2001年3月中旬頃当たりです)
僕が離れていった理由に該当する個所を指摘する方のお話も見受けられました。
それでもこうやってこのスレに書き込みを続けるには佳子先生の教義の説得力
なのかなあと思うようになってきました。
ちょうど少女の涙さんがHNを固定にして書き込みをする下りです。
初めて教義を読む人間にも説得させる力か。。
また、ミカエルの妻さん、仏教自由派さんは現れていませんがどのような
スタンスなんでしょうか?
先生ゴースト説、幹部監視説など非常におもしろいですね。
スレを飛ばし読みしていては決して気づかなかった部分が出てきました。
では又・

577 :169:2001/04/24(火) 02:00
>>493 >>563 会員ざんすさんへ
><やっぱり,行かなきゃダメですか?(笑)
>宗教的に押しつけがましい人と会うのは、凄く精神的に苦痛なんですが・・・。

これが教団の実態なんだから、そういう人たちはいないということにして
青年の集いに行っても、しょうがないのでは。
「じゃあ、ちがう集いに行けば?」「はい、そうします。」などという、
こんな馬鹿げた話もないでしょう。
もし青年層の集いで同じ思いをしたら、その時は?(参照 >>495 AKさん)

それにしても、ざんすさんの中で、もうすでに本当は答えが出ているのでは?
この板の他スレッドをじっくり読んでみると、いろいろと参考になると思います。
いろいろな教団についてのスレッドの中に、
それぞれ、この169や会員Yさんや、そしてざんすさんがいたりするから
おもしろいものです。
宗教団体が抱える問題は、どこも同じだとつくづく思います。
結局、みんな人間のやること、どこの信者も、批判者も、そして教祖も
似たり寄ったりなのです。

参考  (>493 >563に対するレス) >>498 >>511 >>526-527 >>572

578 :GLAの会員ざんす:2001/04/24(火) 02:04
>ミカエルの妻さんへ

? 会の問題は会が解決するべきだろうよ。Y氏は、わからないことはそのままに
しておけばいいとか言ってたが、わからない場合は賛美するのが「しきたり」なのかい?
 <とりあえず、わからないことを賛美するしきたりは、ないと思います。
  が、賛美するように圧力をかけてくる人も、中にはいるということです。
  今まで会ったGLAの会員の方でも、そういう人が特別多いわけでは
  ありません。ですが、数が少なくとも、そういう方は強烈なので、怖いな
  ・・・、と感じてしまいます。

だが、本当に理解しようとするなら、霊能ごっこから抜けきれない奴には無理
だとは思うけどな。霊能ごっこで満足している奴は高橋信次の心の原点で十分
じゃないのか?
 <「 霊能ごっこ」というのは、気になる言葉です。
  高橋信次さんのやっていたことも、霊能ごっこだったんですか?

  僕は、信次さんに直接会っていないので、本当のところ、分からない
 です。GLAを知ったときには、死んでおりました。
  その当時の会員の方は、ご存知ですか?信次さんが、本当の「霊能者」
 だったか、「霊能ごっこ」をやっていたのか?


 


579 :GLAの会員ざんす:2001/04/24(火) 02:21
元々、僕がGLAに入ったのは、家族などがやっていたからではないです。
 最初は、全然知りませんでした。友達にも、会員の人はいなかった。

 僕は、エドガー・ケイシーというリーディングの人に、非常に興味
を持ち、本屋さんで、いろんな本を調べていました。
 彼の本は、なぜか、宗教書の近くに分類されていました。
 7冊程度を速読で立ち読みし、帰ろうかと思ったとき、ふと高橋信次
さんの「心の発見」が気になり(なぜ?と聞かれても困りますが・・)、
また2冊ほど、速読しました。

 そこには、「48歳で死ぬことを予言し、その通り死んだ。」と書か
れていました。「プロポーズの言葉が、<48才までしか生きられないが、
それでもいいか?>だった。」とか書いてあり、「本当かな?」と興味
を持ちました。うーん、本当なら、日本のケイシーか?!

580 :GLAの会員ざんす:2001/04/24(火) 02:34
 驚いたのは、翌日です。
会社の取引先の人で、仲の良かったAさんと食事を一緒に
していると、Aさんが、
「ぜひ、読んでもらいたい本があるんです。」
と言って、紙袋をカバンから取り出しました。
そのとき、僕は、心の中で、「あっ、GLAが迎えにきた。」
と思いました(これもなぜ?と聞かれても困りますが・・。)。
 AさんがGLAの会員なんて、もちろん知りませんでした。
 創価の友達は何人もいたけど、GLAの会員なんて、今までの人生で、
遭遇しなかった。

 紙袋をあけてみると、やはり高橋佳子さんの「グランドチャレンジ」
でした。
 いやまあ、偶然だとは思いますよ。別に、霊的な現象なんて、
証明できないし・・・。
 ただ、たまたまGLAの本を手にし、非常に興味を覚え、
たまたま知り合いの人がGLAの会員で、たまたま翌日、
GLAの本を渡しに来ただけですから・・・。

 ただ、「本当かな?」という疑問を強く持ったのは事実で、
会員になりました。
 ・・・・が、入ってみると、高橋信次さんの時代と比べ、GLAが
大きく変容されたようで、なかなか疑問が解決しません(涙)。



581 :GLAの会員ざんす:2001/04/24(火) 02:52
>169さんへ
 ざんすさんの中で、もうすでに本当は答えが出ているのでは?
 <上に書いたような理由で入っていますので、やはりここでやめて
  しまうのは、「何も結局わからなかった」という結論となり、
  悲しいです。
  たしかに、怖いおばさんもいますが、そういう人ばかりでなく、
  GLAの会員の方でも、良い方はたくさんおります。
  佳子さんのことも、本当、良く分かっていません。
  もう少し、いろいろと勉強してみようかな・・・、と思っています。

582 :名無しさん@1周年:2001/04/24(火) 04:33
>65

        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |
        | 天上界はユーモアのセンスを大事にします。
    〃┏━━ 、
   |  ノノソハ)))
  (\リリ;´∀`)リ /
  (ニE(#つ∞"_つ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ┌─────┐   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  │  千乃   |  <まだまだいきますわよ!

583 :名無しさん@1周年:2001/04/24(火) 04:35
>582
スレ違い。スマソ。

584 :障害:2001/04/24(火) 08:08
ふう、膨大なレス読み終わりました。
いろんな意見があるんですね。


585 :だめ、DAME:2001/04/24(火) 11:17
>>582
忍氏喜ぶよ。
最近右翼民族派のボードに彼女来ませんね。

586 :だめ、DAME:2001/04/24(火) 11:23
>>580
>いやまあ、偶然だとは思いますよ。別に、霊的な現象なんて、
>証明できないし・・・。

霊的な現象ではありません。貴殿が布教しやすいタイプの人相なだけです。
お人好し、おぼっちゃま、何か妄想思考的な人、社会的弱者とカルトは
信者にする獲物を狙っています。


587 :会員Y:2001/04/24(火) 12:20
>>578 GLAの会員ざんすさんへ
 あなたは、「おばさんに怒鳴られて、それが原因で嫌な気分になった」と思っておられる
ようですが、それは本当のことでしょうか?
 おばさんが「どうして、わかんないの!」と怒鳴った時、あなたの内に「ぎゅっ」と心
が締めつけられたような「感じ」がしませんでしたか?その「感じ」に対して「怖い。つ
らい」と受けとめて、嫌な気分になったのではないでしょうか。もし、そうだとすると、
あなたを嫌な気分にさせた原因は「おばさん」にあるのではなく、あなた自身の心の動き
にあると見るのがGLA的な考え方だと思います。


588 :佳子ちゃんにもセカンドチャンスを:2001/04/24(火) 12:34
>だめ、DAME(おばさんって意味かい?)
>霊的な現象ではありません。

 霊的な現象だろ、これは。少なくともGLA用語使えば。
少女の涙的に言えば、GLA用語でわかりやすく諭さないと、
ざんす君にはわからないとおもうがな。 

589 :坤の金神:2001/04/24(火) 12:53
>582

 ゆーこちゃんお元気ですか?

 けーこちゃんは、さる年だから、坤の金神の仲間です。

590 :A・K:2001/04/24(火) 16:25
169さま
>>524
>会を主催している教祖にも必ず責任の一端はあるはずです。
確かにそうです。ご意見ありがとうございます。
加えて、その責任の一端は、会長や、他の講師といわれる
方々、事務局の方々、わたしたち会員、皆にもあると思います。
ですからやはり、何でも「先生はすばらしい」というところに
帰結させようとする会の中の雰囲気を見直して、それぞれが責
任を考える事も大事ではないかな?と、感じました。


591 :A・K:2001/04/24(火) 16:31
169さま(続きです)
というのは、高橋先生は全国各地に赴き、事務局の方や講師の
方を指導しておられます。責任を果たそうとなさっているのだと
思います。また、会員が「先生のお蔭で〜」と言うと、いつも
「私じゃないのよ、○○さんがそうしたからですよ。」
「何を言うのよ、何を言うのよ…。」と、その方の歩みに返してお
られ、私はその姿勢が好きだと感じました。その方の変化を
本当に共に喜び、時には涙しておられる姿にひかれました。


592 :A・K:2001/04/24(火) 16:43
169さま(続きです)
 しかし、東京で開かれた一般の青年向けの講演会の折、高橋
先生が「(来場した)一人一人の中には願いがあり、あなたが
動くことで解決できる問題があり、励まされる人がいるから、
その自分を信じて引き出して欲しい」という趣旨のことを語り
かけ、退場されたあとに出てきた司会者の青年が
 「やはり先生はすばらしい!」
というようなことを言い、なんですと!?と口が開いた記憶も
あります(^-^;)。このような偏りは正していくべき風土です。

593 :A・K:2001/04/24(火) 17:03
169さんへ(最後です)
 あと、>>495での、わたしの行動について、>>525下さった意見に
ついてなのですが、「盲信につながると怖く感じ」たのは、
周りの雰囲気についてではなく、自分の内面の問題でした。
 省略しすぎて伝わりづらい文章になってしまい、申し訳ありません。
 後ろの席の人が、手紙をくれたのは、議題が進行中だったことと、
(授業中にまわす、手紙のようなものです・・・)私がはやく帰ること
を伝えていて、終わってから話す時間がないという事情があったため
でした。
 学校の授業や会社の中など、その場の雰囲気に呑まれることはどこでも
あると思うので、自分の意見をしっかり持とうと感じたのです。
 遅レスすみませんでした。失礼します。

594 :仏教自由派:2001/04/24(火) 20:33
>576 障害氏
>どのようなスタンスなんでしょうか?

 「霊能ごっこ」は終了させたいね、少なくとも、俺の世界の中では。
GLAの「霊能ごっこ」がなければ、Ωも幸福もJI(LR)も出現
しなかったということを忘れてはならんのだよ。
 「DISCOVERY」「グランドチャレンジ」を読み解きなかがら、
「霊能ごっこ」でない真の「霊能」を探求したいものだね。俺の場合は
仏典が主で、佳子氏の著作は従という立場で読み解くことになるけどな。
 そうそう、GLAや高橋信次・佳子に恨み・怒りを持ってる奴は、
俺がまとめて面倒みるから、俺に念をぶつけてくれよ。いつまでも、
恨み・怒りもっててもしょうがないからな。後は、さっぱり煩悩即
菩提にしといてやるからな。俺がおかしくならないかって?いざとなりゃ、
少女の涙にスルーパスするから平気だよ。


595 :ミカエルの妻:2001/04/24(火) 22:21
>578 ざんす 氏
>高橋信次さんのやっていたことも、霊能ごっこだったんですか?

 高橋信次氏死後、霊道を開いたと言われていた連中はどうなったんだろうね?
霊能でおかしくなったのなら、霊現象を指導していた高橋信次氏の責任だよね。
結果が出ている話だよ、これはね。高橋信次崇拝者の故H.Sonogasira氏は、
真面目に実践していなかった会員の責任だと言ってたが、責任は教えるほう8割
習うほう2割だよね、霊道現象の場合は。詳しくは、自分で調べることだね。
 「霊能ごっこ」を「霊能ごっこ」として受けとめていた人は、さほどおかしく
ならなかったんじゃないの? 今、ざんす氏に言ってあげられるのはこれくらい
だけど、自分で探求すること、それが一番大事。


596 :会員Y:2001/04/25(水) 00:03
>>595さんへ
 前にも発言しましたが、霊道を開くということは、天上の世界にも地獄の世界にも
導通しやすくなるということですから、ある意味では危険なことです。霊道を開いた
ならば、一層真摯に「心のスモッグ」を払い続けなければならない、ということは昔
からよく言われていたようです。
 「危険だから開くのを止めろ」というご意見はよく解ります。しかし、(私が実感
として把握できているわけではないのですが)それは避けて通れないことではないか
と思います。「DISCOVERY」のイントロダクションにもあるように、内なる実在を軽
視した人類は、行き止まりに向かって驀進していると思います。
 先生は、アトランティスを滅亡させた「もう一つの力」の封印を解く時が来ている
こと、その前提として人類が内なる光と闇を弁別できるようになるために「DISCOVERY」
を著した、と書かれています。私は、信次先生がおっしゃっていた「心のスモッグ」の
意味が「DISCOVERY」を読んで本当に良く解ったような気がします。「心のスモッグ」を
払えばよりよい人生を送れる、というレベルから「心のスモッグ」を払わなければ破滅す
る、というレベルに人類が踏み込んでしまったのではないかと思います。


597 :GLAの会員ざんす:2001/04/25(水) 00:48
>会員Yさんへ
 あなたの内に「ぎゅっ」と心 が締めつけられたような「感じ」が
しませんでしたか?
 <うーん・・・、意識している限りでは、そういう感じではなかっ
  たと思います(無意識にそう感じたかどうかは、分かりません
  が・・・)。
  まず、おばさんが1人1人を指して、意見を言わせ始めて時に、す
  ごく嫌な感じがしました。どう考えても、期待される発言が読め
  たし(良かった。感動した。など)、そんな予定調和のものにつ
  き合わされるのは、嫌だと感じました。他の方の期待している発
  言をしたからと言って、真理にたどり着けるとは思えませんでし・・。
 
  これがもっと、自然な茶話会みたいな感じで、感想を言い合うみた
  いなら、受ける印象も大分違ったかもしれません。
  ただ、予定調和を壊してみると、そこには、荒涼とした世界が広が
  っていて、怖かったです。おばさん、怒っていたと思います。

598 :GLAの会員ざんす:2001/04/25(水) 01:04
 >ミカエルの妻さんへ
高橋信次氏死後、霊道を開いたと言われていた連中はどうなったんだろうね?
霊能でおかしくなったのなら、霊現象を指導していた高橋信次氏の責任だよね。
結果が出ている話だよ、これはね。高橋信次崇拝者の故H.Sonogasira氏は、
真面目に実践していなかった会員の責任だと言ってたが、責任は教えるほう8割
習うほう2割だよね、霊道現象の場合は。詳しくは、自分で調べることだね。
 「霊能ごっこ」を「霊能ごっこ」として受けとめていた人は、さほどおかしく
ならなかったんじゃないの? 今、ざんす氏に言ってあげられるのはこれくらい
だけど、自分で探求すること、それが一番大事。
< いろいろと教えてくださりありがとうございます。精神的に狂ってしまった
人がいるということですよね・・・、この文を読むと・・・。
 会員の方も含め、今までいろんなことを教えてもらいましたが、僕の疑問に一番近い
ことを教えてもらっているような気がします。会員の人は、「今はもう霊道とかやっ
ていない」とか、「もうそういう時代じゃない」とか言って、やたらタブー視する人が
いるのも、その当たりに原因がありそうな気がします。
 その当時のことをもっと知りたいな・・・。知っている方、実際に霊道などを開か
れた方、もし、もしいろいろ教えていただけるようでしたら、メールください。
お願いします。



599 :平会員X:2001/04/25(水) 06:37
「DISCOVERY」にあるように先生は、第三の次元の生き方を提示していると思います。
・「第一の次元」唯物論的に現象世界のみを生きる
・「第二の次元」精神世界を生きる(場合によっては、妄想や幻想につながる)
・「第三の次元」現象世界と精神世界を結び生きる
(志や願いを吟味し、そこに不純な動機を認めればそれを浄化し、心を整えて、
精魂込めて現実に働きかけます。現実に現れた結果の中に自らの心の反映を認め、
足りない現実に対しては後悔を強くし、実現された現実には感謝の念を抱いて、
そこからさらに次の現象をつくり出す志、願いを定めます。)
と書かれています。唯物主義でもなく、現実離れした妄想に陥ることなく、現実を
内界を鍛錬しながら開いて行く道を説いていると思います。
本当にそういう道を切り開いていくならば、方向を選択するときも妄想でない
正確な直感が働いて、いい選択ができるようになるということでしょうか。
そういう生き方の中で、精神性も高まってくると思うのでうのですが。


600 :ミカエルの側室:2001/04/25(水) 12:03
>>588

 オカルト教団GLA用語「霊的現象」という意味でしょ。
オカルト教団GLA用語という限定が必要です。
一般用語では「布教しやすい御人に見えたに過ぎない」


601 :名無しさん@1周年:2001/04/25(水) 12:27
>>599
>「第三の次元」現象世界と精神世界を結び生きる
    
初めて来たので、横スレですみません。
その生き方って、大げさに説明してるけど、ごく普通の人はみんな
そうやって生きているんじゃないですか。
なんか、この教団の人は、普通のことも習わなければ生きていけない
特殊な人たちが来ているのかと、思ってしまいます。



602 :佳子ちゃんにもセカンドチャンスを:2001/04/25(水) 12:31

>ミカエルの側室

 GLA用語のカオス(混沌)を使った説明だとどうなるのよ?

603 :艮の大金神:2001/04/25(水) 12:50
>>601

 「唯物論的に現象世界のみに生きる」とは、どの程度の生き方を
意味しているのかはっきりしないが、妄想・幻想に生きてる奴は、
少ないよな。

604 :名無しさん@1周年:2001/04/25(水) 13:00
601>>603
唯物論的に現象世界のみに生きてたら、お墓参りもしないし、
結婚式も、お葬式もしないし、正月を祝うとか誕生日を祝うのも
ないだろうし、神社で拍手を打つこともない。
あるいは、有難うとか、ご苦労さんなんかの言葉もいらない。
        
だから、普通に生きていても、半分は精神的な営みだと思います。

605 :名無しさん@1周年:2001/04/25(水) 13:52
>>604
唯物論で生きてたら、行事ごとやねぎらいの必要がないということ?
それとも、行事ごとやねぎらいは精神的な営みであって、「現象世界のみ」
じゃないということ?
「精神」「現象」「唯物論」の捉え方は、人それぞれバラバラだと思います。

606 :名無しさん@1周年:2001/04/25(水) 14:02
604>>605
確かに、精神的な営みも、脳の機能にすぎないって考える
唯物論だと、そうはなりませんね。現実的に考えて、
そんな人がいるとは思えなかったもので、604くらいかなと思いました。

607 :GLAの会員ざんす:2001/04/25(水) 16:09
 実際に、霊的な現象があるかどうかなんて、分からないです。
佳子さんが、ミカエルの代理かどうかも、分からないです。
 そういうことが、妄想・幻想なのかも、わかりません。

 世の中は、わからないことばかりです。

 そういうことを、一笑にふしてしまうのは簡単なのですが、
「本当のところは、どうなのよ?」という疑問を持ちます。
 最終的に、それらが全部嘘で、催眠術で、妄想だという結論
が掴めれば、それはそれでいいのです。
 ただ、そのような結論を出すまでには、行っていないのです。

 布教しやすい御人に見えたに過ぎない・・・というのは、その
通りかもしれません。ただ、その事実を持って、何かが解決するかと
言えば、やはり解決しません。
 <布教しやすい御人に見えたに過ぎない>→<だから、GLAは
カルトであり、オカルトであり、妄想であり、霊的な現象など無い>
という結論まで、到達するのは、論理の飛躍があると思うのです。
 

608 :A・K:2001/04/25(水) 19:03
>>512 良勝さま
>青年塾セミナー?
>青年なんて何年も前に教団から消えたのでは。
 高橋先生は、今の青年世代に対しての鍛錬の場を用意して下さっています。
 1995年の「青年セミナー」(翌年から「青年塾セミナー」になりました)
 から始まり、一貫して「志」を持つこと、青年の鍛錬を誘ってくださって
 います。GWに二泊三日のセミナーがあり、年3回ほどシリーズセミナー
 が持たれます。(これらに高橋先生の講演があります。)また、地域で継
 続して学びの場が持たれます。シリーズセミナーに関しては、会員でなく
 てもオブザーバー参加できるようです。(以前わたしの友人がきたときは
 2000円でした。)

609 :A・K:2001/04/25(水) 19:28
>>512 良勝さま(続きです)
>MBGって知ってる?これ知らないなら青年塾セミナーなんか言えないよ。
 はい、知っています。先生の、あの当時青年だった方々へのお気持ちには、
 特別なものがあると、わたしは(その当時何があったのかは知りませんが)
 感じております。今GLAに残っている先輩たちに限らないはずです。
 1995年の青年セミナーのビデオを今見返して見ると、本当にそう感じます。
 (実際にその話に触れられているし、講演後『この場にどうしても来たい
  と願った』当時の青年世代の方とともに、話し合われたらしいと、今は
  青年とは呼べないある方に聞きました。)
 でも、これは「GLAに対するオサソイ」とかではないです。
 そう感じられたら、流してくだされば幸いです。それでは。

610 :仏教自由派:2001/04/25(水) 20:00
>>575 障害 氏

 今の所、「真の霊能」「心のスモッグ」「もう一つの力」「内なる光と闇」「内界を鍛錬」
「霊的な現象があるか?」「佳子氏がミカエルの代理か?」「GLAはカルトか?」
これらを読み解くことになるんじゃないかな?

 障害氏はどう読み解くの?

 読会といっても、論理を納得しあう読会じゃないから、関わりのテーマを共有
した上で、章ごとに責任者決めて、何日から何日まで(土日をはさんだ1〜2週間は
必要だろう)何章を読んで、感じたことのレス入れるくらいでいいんじゃない?
それと責任者が、祈りの道の中から1つ選んで、その期間に一回は祈ってみると
かね。
 言いだした障害氏が、第1章の責任者となって、期間と祈りの道を決めたら、
始めてもいいと思うけどな。


611 :ミカエルの妻:2001/04/26(木) 00:14
>>598 会員ざんす 氏
>精神的に狂ってしまった人がいる

 言動がおかしくなった、信仰がおかしくなったという点を強調したのであって、精神
病になったという話ではないからね。
 >>120 >>431 のところなら、手紙でも出したらそれなりに教えてくれると思うけど。
S協会が解散したらしいから、関東地区に集会所あるのは偕和会くらいかな?偕和偕は
GLAとは教義はかなり異なるけど、主宰の堀田氏にもいい意味で霊能力はあるよ。
GLA関西や北陸の会の霊道現象は高橋信次氏の頃と似たような現象らしいけどね。
故園頭氏によると高橋信次系の霊道ミニサークルがいっぱいあったらしいんだけど、
今も存続しているかどうかはね。
 探求したいという願いが透き通っているなら、それなりの結果は得られると思うけどね。


612 :GLAの会員ざんす:2001/04/26(木) 02:21
 >ミカエルの妻 さんへ
  探求したいという願いが透き通っているなら、それなりの結果
  は得られると思うけどね。
  <ありがとうございます。感激です!
   メールをいただいた方の中に、霊道を開いた方を知っている
   人がいて、お会いできるかもしれません。
   自分が、いったい何に突き動かされて、このようなことを探求
   しているのか、も含めて、何か見えてくるかもしれません。
   本当、感謝です。




613 :GLAの会員ざんす:2001/04/26(木) 02:41
 2chの掲示板で、「ディスカバリー」を読み解いていくのは、
すごい試みですね。
 GLAの集まりでもやっていないことが、2chの掲示板で実現
するとは・・・・。2chおそるべし!!
 本部は、きっと嫌がるでしょうね(笑)。本部の承認もなく、そんな
ことやっているのは・・・・、分派活動?しかも、批判的な人まで参加
するとは・・・・、うーん、楽しいです♪
 でも僕も、参加きぼうですぅ。

614 :A・K:2001/04/26(木) 03:40
>>613 ざんすさま
>読み解いていくの>やっていないことが
ざんすさん、近畿では、「読み解いていくの」やっていましたよ。
同年代の近所の方と、「希望の原理」、「ディスカバリー」を、
月に2回程それぞれの家で集まって、読み解いていました。
言うのが遅れてしまいましたね。たいへん申し訳ないです。。
>本部は、きっと嫌がるでしょうね(笑)
>分派活動?
いろんなスタンスの方と意見を交わせることは、わたしも嬉しいです
(^-^)。でも、この意見を聞いて、「面白半分なところがあるのかな?」
と感じたのです。今までの「読会」についてのレスをまとめますので、
ご覧になってください。皆さん、面白半分ではないと思いますので・・・。
(ざんすさんも、目的や願いがあることでしょうが、少し軽率かと・・・。
ほんとうに、申し訳ありませんが、留めさせて頂きます。スミマセン!)

615 :「読解」の話題の流れ:2001/04/26(木) 04:12
(>>564 GLAの会員ざんすさん 疑問提示)
>>565 障害さんが「DISCOVERY」の読み解きを提案
 (>よければここにあつまった皆さんで読み解いていただけませんか?)
>>567 ☆さん >「ディスカバリー」読んでみたいですね。
(>>568 169さん 新スレを立てては?と提示)
>>568 169さん >「DISCOVERY」も、読みごたえありますからねぇ
>>569 ☆さん >読んでみて何か一つでもためになったらいいと思う
>>570 障害さんが読会の方法についての疑問提示
>>571 障害さんが読会の作法についての質問
(>>572 ミカエルの妻さん >>564へのレス)


616 :「読解」の話題の流れ:2001/04/26(木) 04:26
>>574 仏教自由派さん >用語の違いは会員側が努力するのが筋
    >願いの提示をしてもらわないとな
    >元会員の障害氏が先入観抜きで読み解きたいというので
     あれば参加するよ。
>>575 障害さん >ミカエルの妻さん、仏教自由派さんへの返礼
    >「おまえの願いはなんなんだい」というキーワード
    >自分の立場をもうすこし掘り下げ自分と皆様の関わり
     もう少し考えてみます
>>610 仏教自由派さん >>>575障害氏へのレス
    (「省略されました」とありますが、全文表示されています。)

617 :「読会」の話題の流れ:2001/04/26(木) 04:44
不備がありましたら、皆様ご指摘ください。
早速ですが「読解」→「読会」です。失礼いたしました。

>>610で仏教自由派さんが読み解く範囲を提示されていたので、
>>565>>567>>613で参加の意志を見せた方は飛んで見られては
いかがでしょうか。

「読会」については、もし実際に行うなら、
それぞれの希望するスタンスと方法を参加する皆で話し合って
固めてからでなければ、とても混乱したスレッドを
作り出してしまうのではないかな?と、思います。
読み解く内容、話し合いの持ち方など・・・。
2chでの議論方法については、「sage」で書く、HPを立ち上げる
などの方法を見かけたことがあります。
でしゃばってしまいました。失礼いたします。  (A・K)

618 :もうひとでしゃばり・・:2001/04/26(木) 04:47
15行以上書き込むと、省略されるようです。
>>610同様、>>617もこれで全文ですので・・・。

619 :GLAの会員ざんす:2001/04/26(木) 10:06
>A・Kさんへ
 そうですか、近畿ではやっているのですね。知りませんでした。
 他の地区とか、どうなのでしょうか?
 地区によって、違うかもしれませんね・・・。

 そのようなことが実現するのは、
別に、ふざけているわけではありませんが、
おもしろ半分というよりも、100%おもしろいというか、
楽しいと感じています。
 そのおもしろさは、自分の内部からこみ上げてくるも
のなのですが、不謹慎と言えば、不謹慎なのかもしれません。
 特に、本部のことを持ち出されると、他の会員の方は、
ちゃかされていると思うかもしれませんね。
 GLA本部は、きっとそう思うだろうな・・・、と感じた
のですが、的はずれな意見だったでしょうか?
 僕の中では、どうも分裂したときの後遺症みたいなのが
本部に残っているように、感じているので・・・。会員は皆、本部
に従って活動するように・・・、みたいな感じがありますが。

 僕のような人間が参加するのが不適切でしたら、
ご遠慮させていただきます。

 不快な気分にさせたのでしたら、申し訳ないです。

 

620 :ミカエル音頭:2001/04/26(木) 10:58
 前提を議論したら、
ここのトピ議論になってない。
自説の落書きにしかなってない。


621 :天上界の国文学者:2001/04/26(木) 12:09
「DISCOVERY」の文法解釈までやったら。笑い。
昔、講師の人が佳子の文章を文法解釈で理解しょうと
試みた。もちろん失敗。
なぜか、佳子の文は天上界すなわち具体的実体に落ちない
観念の産物に過ぎないからだ。

佳子の本を何度解釈しても意味の解釈でしかない。
論理とは関係ない。自分が見たい世界を佳子の世界に
重ねているだけ。

ところでみなさん、メシアをお求めですか?
メシアに頼る愚考が佳子の本にこだわるの。。。


622 :佳子ちゃんにもセカンドチャンスを:2001/04/26(木) 12:12

>620 ミカエル音頭 さん

 「議論」ね〜、結論を共有するための「議論」は
成立するのかね〜。
 「前提」の議論? 霊体験持ち出されると、議論
できないじゃないの。

623 :坤の金神:2001/04/26(木) 12:17

>622 天上界の国文学者 どの

 飯屋(メシヤ)はあってもいいけどね。

624 :仏教自由派:2001/04/26(木) 20:01
>>671 読会の話題の流れ(A・K氏)
>それぞれの希望するスタンスと方法を参加する皆で話し合って
>固めてからでなければ、とても混乱したスレッドを
>作り出してしまうのではないかな?

 メールアドレスを取得して(ヤフーやインフォシーク等で取得可能)
参加者がこのスレとは別に読会を開くというのがいいのかも。
 しかしね、会員の人に聞きたいのだけど、たとえば入門レベルの心理学を
前提に「DISCOVERY」を分析しようとすると、心理学では、自我の3重構
造とか、個人的無意識、普遍的無意識とか出てくるわけで、かなり似た理論が
あるわけだよ。万が一、GLAの教義の底が見えてしまった場合、精神的に耐
えられる? 仏教でGLAを理解するのは少女の涙がやってたが、あまり有益
ではなかったから、俺は心理学の観点から理解してみたいし、安全な霊的探求
についても考えてみたいな。


625 :GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 02:25
今回の読会は、ROMさせていだたくことになりました会員ざんすです。

 さて、僕からの提案ですが、やはりそれぞれ読んで思ったことを書き
連ねるだけでは、あまり得られるものが少ないのではないでしょうか?

 というのも、GLAの会員と、佳子さんとの関係は、とても著作物を
論評できるような関係ではありません。もちろん、洗脳されているとい
う意味ではありません。
 <先生>と<生徒>という表現が、一番あっていると思います。だから、
佳子さんの本を読むときも、「教えていただいている」というスタンスが、
おそらく会員の一般的なスタンスです。
 このへんの感覚は、非会員の方も理解できるのではないでしょうか?
たとえば、お花を習っている生徒さんが、先生の出したお花の本を論評
できるのか?・・・という感覚です。

 ですので、会員だけで、読書会とか開けば、
「ここに書かれていることは、どういう意味でしょうか?」
「これこれ、こういうことだと思いますよ。」
「なるほど、良く理解できました。さすが、佳子先生の教えは
深いですね。」
「ええ、私達も、翌々教えを理解しなければなりませんね。」

 などという会話が繰り返されることになるわけです。
 

626 :GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 02:42
 一方、批判的な立場の人は、先生そのものがおかしい、
とかいう考えの方もいるわけですから、矛盾だと感じれば、
ズバズバとそれを指摘してくるでしょう。

 そのような感想を、ただ書き連ねても、きっとお互いに
相互理解されることも無く、ただ平行線をたどっていくだけで
すよね。
 最終的に、「非会員の方に理解されなくても、私には私の信仰
があるから、いいのだ。私は、佳子先生の元で信仰を深めるのだ。」
という会員と、
「GLAはやっぱりカルトで、会員はおかしな奴らばかりだ。何を
言っても、話が通用しない。」
という非会員が、お互いに何もわからないまま、途中で終了する
のがオチです。

 ですので、お互いに、
会員の方は、
「読書会では、佳子さんや本から教えてもらうという
スタンスではなく、書いてあることの真理を見極める。そして、
矛盾点は素直に認め、自己防御したり、かばおうとしない。」
そして、非会員の方は、
「最初から、GLAの矛盾を突いてやろうとか、GLAのいんちきを
暴いてやろういうスタンスではなく、矛盾は矛盾として指摘し、
良い面は理解し、やはり一緒に真理を考えてくれる。」
というのが、必要でないでしょうか?
つまり、お互いに、プラスマイナスゼロに戻って、
読み解いていくのが良いのではないでしょうか?

 そして、やはり意見を戦わせたほうが良いと思います。
言いっぱなしでは、新たな発見はないと思いますよ。


627 :GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 02:51
  >仏教自由派さんへ
  万が一、GLAの教義の底が見えてしまった場合、精神的に耐
 えられる?
  <ぜひ見せてください。期待しております。いや、マジで。
  

628 :谷口竜馬(冷笑):2001/04/27(金) 11:47
>>627
底は「映画のセット」だよ。
「映画のセット」に過ぎないのが
GLAの教義の底なのだ。

629 :佳子ちゃんにもセカンドチャンスを:2001/04/27(金) 12:47
>628

 会員Yも、ご公演、ご公演と言ってたからな。
ところで、谷口氏に恨みでもあるの? 恨みは仏教自由派が
買ってくれるらしいぜ。


630 :反GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 12:50
貴殿反対派批判は批判になってない。
教団の前提を無視して反論できると思ってるのか
この考えこそ妄想だね。

631 :反GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 12:53
>>629
>ところで、谷口氏に恨みでもあるの?

あるわけないだろ。あんな基地外に。


632 :GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 14:22
> 谷口竜馬(冷笑) さんへ
 「映画のセット」に過ぎないのが GLAの教義の底なのだ。
 <そのような結論に達した経緯を教えていただけると、大変
  参考になります。どのような体験をすると、そのような
  はっきり言いきれる境地に達することができるのでしょうか?

>反GLAの会員ざんすさんへ
  すごいコテハンですね♪よろしくお願いします。
  ところで、
  <貴殿反対派批判は批判になってない。>
  ということですが、僕は、反対派を批判しているつもりは
 ないのですが、批判しているという個所を具体的に指摘して
 いただけないでしょうか?
  <教団の前提を無視して反論できると思ってるのか>
  教団の前提って、何ですか?
  教団が存在していることを前提として、という意味ですか?
  ないこととして、考えろということでしょうか?
  うーん、わからない・・・・・。
  すみませんが、教えてください。



633 :GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 14:37
 ちょっと考えてみたのですが、反対派に対する批判・・・
うーん、たしかに無邪気な反対派(いろんな体験を
して、何かの結論を出した方は除く)に対する不満はありますね。

 それは、GLA妄信的な会員の方に対する不満と、イコールです。
妄信的な会員の方は、
「先生の教えは、絶対です。そこに疑問を持つのは時間の無駄。
とにかく、教えを守って、信仰を深めていきます。GLAの活動
を通して、私はかわることができたので、これでいいのです。」
という感じだし、
無邪気な反対派の方は、
「GLAは、嘘。いんちきで、カルト。学ぶべきものなど何も
ないし、会員は基地外。」
みたいな感じ。
 両方、検証もせずに、決め付けている姿勢は似ている。
ようするに、目を開けていない?顔をそらしている。

 ベクトルの方向は違うのだけど、位置エネルギーは一緒。
 そんなんで、いいのかなあ?と思いますね。

 「いいに決まっているだろ!」とか返事が返ってきそうだが
・・・・(笑)。

634 :反GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 17:43
>>633
>両方、検証もせずに、決め付けている姿勢は似ている。
>ようするに、目を開けていない?顔をそらしている。

だからあなたはおかしいの。
GLAを検証するとは天上界、霊界を検証する
ことなのだよ。初めから検証できないものを
検証せよと言うあなたは妄想でしかない。

科学とGLAを混同すべきではない。
科学は検証できるがGLAは検証不可能。

これであなたの思考が初めからズレている
ことが少しは気がついた?

靖国神社です。
http://www.yasukuni.or.jp/




635 :反GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 17:50
>>632
>参考になります。どのような体験をすると、そのような
>はっきり言いきれる境地に達することができるのでしょうか?

遠慮なく疑問を教団に質問し冷静に教団の反応を見れば
すぐに気づくよ。GLAの底に気づくのは簡単。
難しいのはGLAに代わるものを探すこと。

伊勢の神宮です。
http://www.isejingu.or.jp/
皇居です。
http://www.kunaicho.go.jp/



636 :ミカエルの妻:2001/04/27(金) 21:52
>>607 会員ざんす 氏
>実際に、霊的な現象があるかどうかなんて、分からないです。

 夢は? ビジョンは? 金縛りは? 亡霊見た? 霊聴は?
 意識交流は? 何かあるでしょうよ。

 霊的な体験ゼロでGLAに興味を持つというのは奇特すぎない?



637 :GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 22:44
>反GLAの会員ざんすさんへ

 <初めから検証できない>というのは、@検証するのが不可能
 という意味でしょうか?
 たしかに現在、検証することはできません。
 しかし、A検証することは可能だが、その方法論が分からない、
 という可能性もあると思うのです。
 Aの可能性を100%否定されているのでしょうか?
 もし、そうなら、きっといろいろな方法を試し、ダメだったと
 いう確証を得られたと思うのですが、もしよければ、
 試された方法、その結果を教えて頂けないでしょうか。
 僕は、まだAを完全に否定できるほどの材料を持ち合わせて
 おりません。

 <遠慮なく疑問を教団に質問し冷静に教団の反応を見れば
 すぐに気づくよ。>ということですが、できれば、一般論
 ではなく、具体例を教えてくれるとうれしいです。
 この文面から判断するに、何か質問して、その回答や態度
 が、がっかりさせるようなものであった、と読めるのですが、
 貴殿は、どのような質問をされ、GLAは、どのような
 態度だったのでしょうか?

 <伊勢の神宮です。>と<皇居です。>を紹介されていますが、
GLAに代わるものという意味で、推薦してくれているのでしょう
か?

 質問ばかりで、すみませんです。

638 :GLAの会員ざんす:2001/04/27(金) 22:49
 >ミカエルの妻さんへ

  僕が霊能者ではないので、そういう経験がないのでは
 ないでしょうか・・・・。
  たしかに奇特かもしれませんが、あれほど宗教嫌いだった
 僕が、すんなりGLAに入会する気になったのですから、
 何かのご縁があったのかもしれません。

639 :少女の涙:2001/04/28(土) 09:13
>>638 GLAの会員ざんす 様
>僕が霊能者ではないので、そういう経験がないのではないでしょうか・・・・。
>>633
>検証もせずに、決め付けている姿勢

 えっ? ざんすさんは、霊的経験ないのに、霊的世界は1つ、真理は1つとか
主張してたのですか? >>361>>373>>379>>380、の発言って何なの?
私は、自分の霊的経験に基づいてGLAの霊的世界観は不十分だと主張していたの
ですよ。決めつけではないのですよ。
 なんか、何も知らない人に、いっちょ前な口きかれたみたいで、ショックです、、、
Yさんもそうだったのかしら? 無意識と意識の交流の時、本当にわかっているの
かしらと感じたもので。これがわかれば一栄氏が土下座した意味もわかるのでしょ
うが、魂のレベルは親という意味ではないですよ。私は、答える気もなくなりまし
たが。

 ざんすさんは、集会所へ行ってご自分の疑問を、中心となっているおばさんに
ぶつけてみたらどうですか? 質問例だけあげておきます。


640 :少女の涙:2001/04/28(土) 09:13

(質問例)
 霊的世界観は人それぞれ、少なくとも宗教団体ごとそれぞれではないのですか?
 霊的世界を信用して、「DISCOVERY」「グランドチャレンジ」を読んでも、霊的
世界の前提が違っていたらどうするのですか?
 魂の対話が間違っていたら佳子先生は責任をとってくださるのですか?
 そもそも高橋信次先生の霊現象は正しかったのですか?
 どうして高橋信次先生の下で霊道を開いた方は、仏陀の弟子のように仏法を発展
させることができなかったのですか?
 ということは、高橋信次先生は仏陀でないということになりますね?
 仏陀の弟子、イエスの弟子を始め、GLAの主張した生まれ変わりは全部嘘ですね?
 高橋信次先生が仏陀でない以上、ベータ星から来たエル・ランティも嘘で、
佳子先生がミカエルという主張も嘘ですね?


641 :少女の涙:2001/04/28(土) 09:14

>>624 仏教自由派 さま
>心理学では、自我の3重構造とか、個人的無意識、普遍的無意識とか出てくる
>わけで、かなり似た理論があるわけだよ。
>万が一、GLAの教義の底が見えてしまった場合

 霊現象のビデオを見て、教義の底を見るのをかたくなに拒否するのでは
ないでしょうか?
 高橋けい子先生が座禅して異言とかしているお姿を会員の方が見たなら、
素晴らしいの賛美の嵐で、誰が何を言っても聞いてはくれないのでしょう。



642 :少女の涙:2001/04/28(土) 09:15

>>558-560 平会員X 様

 558のような例は書籍に載ってました。小さな会社ですと、社員相互の関わりが
すでに存在しているので、暗転から光転のステップが少なくてすむのですが、環境
問題は、外の社会に開いた関わりの中で光転させなければならないので、関わりを
つくるというステップが必要だと思います。

>環境問題に関するGLAとしての明確な提言が無い
>環境問題に関するGLAとしての明確な提言をするよう働きかける

 GLAの会員の方に学校の先生しておられる方もいるかと思いますが、小中高の
教科書で環境問題は多く扱われています。宗教法人が提言する必要もないと思い
ます。GLA会員でも主婦の方は、子育てがてら、子供と共に大人の視点で環境
問題を学習することも大事だと思います。


643 :今日は暑いぞ、鬼:2001/04/28(土) 12:40
>>638

>たしかに奇特かもしれませんが、あれほど宗教嫌いだった
>僕が、すんなりGLAに入会する気になったのですから、
>何かのご縁があったのかもしれません。

宗教嫌いが宗教に入らないということではない。宗教とは
何かを考えてみな。ブルセラも解釈によっては宗教と同じ意味
の世界ですよ。


644 :反GLAの会員ざんす:2001/04/28(土) 12:55
>>637
 貴殿は詭弁と強弁が好きなのか?
結論は自分で考えな。
貴殿にこれ以上言う義務はない。

 教団が有害と判断したら
鬼たちは天誅あるのみだよ。


645 :日本の鬼神:2001/04/28(土) 14:21
><初めから検証できない>というのは、@検証するのが不可能
>という意味でしょうか?
>たしかに現在、検証することはできません。
>しかし、A検証することは可能だが、その方法論が分からない、
>という可能性もあると思うのです。
>Aの可能性を100%否定されているのでしょうか?
>もし、そうなら、きっといろいろな方法を試し、ダメだったと
>いう確証を得られたと思うのですが、もしよければ、
>試された方法、その結果を教えて頂けないでしょうか。
>僕は、まだAを完全に否定できるほどの材料を持ち合わせて
>おりません。

こうゆう思考が科学とGLAを混同していると言うのです。
検証とは検証方法によって検証できるのです。GLAとは
検証方法外なのです。ですから検証はできません。
GLAとは意味の世界です。検証とは関係の無い世界です。

646 :会員Y:2001/04/28(土) 16:56
>>612 GLAの会員ざんすさんへ
 前にも言いましたように、霊道を開くというのは危険なことです。
 自分のことを「仏陀=エルカンターレ」であると主張している人がいます。しかし、
誠に仏陀であれば、種々の仏典に記載されている通り、弟子の転生輪廻の過程をひもと
くことができる筈であり、当時のインドの言葉で会話ができる筈です。
 それが出来ずに自分のことを「仏陀」と呼ぶのは、私の目には誠に奇異なものに写り
ます。しかし、彼自身にはその程度の判断力も無いのでしょう。この板では、彼のこと
を金目当ての詐欺師呼ばわりしている人も相当いらっしゃるようです。しかし、彼には
「他人を欺いている」という認識は無く、大真面目でやっていると私には思えます。
 彼は信次先生から通信を受けた、と主張していました。その霊が本物の信次先生であ
れば誠に結構なことだと思います。しかし、偽物であれば、悪霊や動物霊が信次先生を
騙っているのを見抜けなかった、ということです。私は、彼の姿を見て、意識を調和す
ることなく霊道を開いた人の憐れな末路を見せて頂いているように感じています。
 ただ、悪霊や動物霊であっても、何かを出したり何かを当てたりすることはできます
から、そのような意味での超能力は身につくでしょう。もし、彼のようになりたいので
あれば、意識を調和することなく霊道を求めるようお奨めします。


647 ::2001/04/28(土) 17:28
これGLAにもよいかも。
カルトはいらない。
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=988437569&ls=50


648 :会員Y:2001/04/28(土) 17:42
>>640 少女の涙さんへ
 私もささやかながら霊的体験を頂いています。しかし、その体験のみによって語れ
ることは僅かなものに過ぎないため、疑問にお答えするためには、単に伝聞したに過
ぎない事を語ることをご承知置き下さい。
> 霊的世界観は人それぞれ、少なくとも宗教団体ごとそれぞれではないのですか?
 観念としての「霊的世界観」は様々なものがあったとしても、事実としての「霊的
世界」は一つである、と考えるべきではないかと思います。誰かが頭の中で何か特殊
な「霊的世界」を考えついたとして、それが直ちに実現されるという事は、私にはと
ても納得ができません。
 ただ、あの世の世界は、「類は友を呼ぶ」という法則がこの世以上に強く働いてい
るようです。例えば、「○○の神を崇拝する○○教」の信者達は死後も○○教の教会
を作って集まり、「やはり○○教でなければ救われない」と主張している、と聞いた
ことがあります。そのような意味では、宗教団体ごとに霊的世界があると言えない事
もありません。
 実在界(あの世)は魂の放つ光の量に応じて区分けされているようです。勿論、上
に挙げた話は下の方の段階の話です。上段階に行くほど、そのような垣根はなくなる
ということです。


649 :会員Y:2001/04/28(土) 17:43
(続きです)
>  霊的世界を信用して、「DISCOVERY」「グランドチャレンジ」を読んでも、霊的
> 世界の前提が違っていたらどうするのですか?
 「DISCOVERY」、「グランドチャレンジ」には現実社会の困難を切り拓く智慧が著され
ています。これは、霊的世界観がどうであれ有益な御著書であると考えます。
> 魂の対話が間違っていたら佳子先生は責任をとってくださるのですか?
 「魂の対話が間違っていた」という実例は見たことがありません。ただ、先生は対話を
されようがされまいが、会員一人一人が魂の成長を果たせるように、責任を果たそうとし
て下さっています。
> そもそも高橋信次先生の霊現象は正しかったのですか?
 正しかったかどうかは歴史の検証を待つ必要があるでしょう。ただ、高橋信次先生が
「我こそは仏陀である」と単に主張されたとしても、なかなか信用されなかったと思い
ます。勿論、そのような主張を繰り返して多くの会員を集めている教祖はいますが、実
証を重んじる人は信次先生の所には集まらなかったのではないかと思います。


650 :会員Y:2001/04/28(土) 17:43
(続きです)
>  どうして高橋信次先生の下で霊道を開いた方は、仏陀の弟子のように仏法を発展
>させることができなかったのですか? ……佳子先生がミカエルという主張も嘘ですね?
 ご質問の前提が誤っているように思います。信次先生の最高の弟子は佳子先生ですが、
佳子先生の下、信次先生の弟子達は信次先生の説かれた神理を発展させているように私
には見受けられます。なお、その神理は狭義の(2600年前に仏陀が説かれたという意味
での)「仏法」とは異なる点が種々あろうかと思います。それは、その当時のインド人
の意識と、現代の日本人の意識とが異なり、社会情勢も異なるため、当然のことであろ
うと思います。
 「仏法」を広義にとらえれ、「神理」(永遠に変わらない絶対的な神の理)と同義で
あるとすれば、正に信次先生の弟子は仏陀の弟子のように、否それ以上に、仏法を発展
させていると考えます。


651 :艮の大金神:2001/04/28(土) 20:43
>>644 反GLAの会員ざんす 氏
>(佳子)教団が(鬼を)有害と判断したら鬼たち(に)は天誅あるのみだよ。

 読みようによっちゃ、桃太郎佳子ちゃんの鬼(日本の鬼神)退治になるぞ。
お前、いつのまにかGLAの手のひらで踊らされていないか?気をつけろよ。
反ざんすが、高橋佳子にひれふすってストーリーにならないことを祈るぜ。
まさか、反ざんすは、潜在意識では、桃太郎佳子ちゃんに退治されたいって
いう願望があるんじゃないのか? 反ざんすは、GLAに無意識を支配されて
いる可能性があるぜ。早く神社行って、祓い清めたほういいぜ。まじで心配
になってきたぜ。


652 :坤の金神:2001/04/28(土) 20:44
>反GLAの会員ざんす どの

> http://mentai.2ch.net/psy/kako/959/959146252.html
>30 名前: 佳子は罵倒で十分 投稿日: 2000/05/26(金) 20:47

>>上のほうのはただシモネタで罵倒してるのの連続でまともな批判
>>とは感じられないね。批判と中傷の違いわかるだろう。
>あーあー。いとしの佳子よー。

 反ざんすさんも、この人のように、はっきり好きなら好きって言ったほうが、
精神衛生上絶対いいんじゃないの。高橋けいこさんが若い頃美人で、今でも
魅力的な女性だっていうのは私も認めるからさ。
 坤の金神の仲間のよしみで、言っといてあげようか?
「ずっとあなたが好きだった」「もう一度あなたのもとで」な〜んてね。



653 :M:2001/04/28(土) 21:51
GLAの会員ざんす様
電話つながりません
ちがう人につながってしまいます
至急電話ください

654 :名無しさん@1周年:2001/04/28(土) 22:09
人からまともに相手にされることも書けないで
ほんとにみじめだねえ〜



655 :M:2001/04/28(土) 22:12
GLAの会員ざんす様
何時でもいいので
でんわください

656 :M:2001/04/28(土) 22:44
合言葉はジェネシス
貫く姿勢は私変わります


GLAの会員ざんす様 電話待ってます

657 :ミカエルの妻:2001/04/28(土) 23:46
>GLAの会員ざんす氏
 そういえば、高橋信次復活情報を提供しておくのを忘れてたね。
 まず、GLA系の霊能サークルに、自称高橋信次の霊言者はいっぱい
でたらしい。そして、幸福の大川隆法氏のところ。高橋信次の前世は
役小角。一栄氏の前世は役小角の母。佳子氏の前世は細川ガラシヤ。
 S協会では、高橋信次氏がとある子供に生れ変わったたらしい。今、
どうしてるんだろうね、あの子。家族のプライバシーも暴露したらしい。
さらに、○○仁義(光とか永が苗字に入ってたかな?)という男に霊言を
送ったらしい。経済界の佐藤某氏が本だしていたはずだよ。その本には
娘あてのメッセージも載っていたはず。
 今のGLAでは、Y氏の>>650 のごとく、佳子さんが、一番弟子に
なってるよね。
 え〜と、確か、高橋佳子さんは、信次氏死後、「信次氏は砕け散って、
ばらばらになった」とか言ったよね(故園頭氏によると)。その見方
は正しかったんじゃないの? でも、教団維持のために、正しい真理を
捨てたの? ざんす氏はこの辺も踏まえて探求しなきゃね。



658 :GLAの会員ざんす:2001/04/29(日) 00:40
このスレッド、何か盛り上がっていますね♪

>少女の涙様

 えっ? ざんすさんは、霊的経験ないのに、霊的世界は1つ、真理は1つとか
主張してたのですか?
 <真理は当然1つではないか、と言いましたが、霊的世界は1つということは、
 言ってないと思います。そもそも、僕、<霊的世界>という言葉を使っていないと
 思いますが、いかがでしょうか?ところで、<霊的世界>って、何ですか?

 なんか、何も知らない人に、いっちょ前な口きかれたみたいで、ショックです、、、
 <この文章を読むと、どうも貴殿のプライドを痛く傷つけてしまったようですね。
  純粋に真理に近づけるための議論だと思ったのですが、配慮が足りなかったようです。
  すみませんでした。あなたを傷つけることは、僕の目的ではありません。


 

659 :平会員X:2001/04/29(日) 07:30
>少女の涙様へ
 642で書いて下さった件は、その通りだと思います。
会社での光転の件は、縁という要素がなくても解決できる程度の案件という
ことです。大きな問題は、自分の因を変えるだけでは無理で、縁を整えなければ
光転できません。
>ざんすさんへ
 生まれ変わり云々の話は、事実?とデマが一緒になっている感じでよく分かりませんが、
例えば、園頭氏は西郷隆盛の生まれ変わりと称していたように思いますが、西南の役の
カルマか知れませんが、九州を中心に反乱を起こしたということですかね?
 事実の検証には時間がかかると思います。偽りのものは、時間の経過とともに
結果として現れてくるものと思います。そして、なにが真実か本物かを判断するのは
最終的に自分の自身の見方、感じ方ということになるでしょう。いろいろは、
広い知識と、歴史的な認識と、感性も含めて総合的に事実を確認し、できれば本人とも
会って正しく判断したいものです。論議する人をきちんと見極めながら、頑張って下さい。

660 :名無しさん@1周年:2001/04/29(日) 07:33
正直な話、幸福の科学は今のGLAのことをどう思っているのだろう?


661 :少女の涙:2001/04/29(日) 09:59
>>658 GLAの会員ざんす 様

霊的   霊・精神に関するさま。または、そのもの。
霊    神霊や目に見えない不思議な力をもつもの。
精神   人間の心。肉体に対し、形而上的な働きをする実体としての心。
精神界  精神の活動する世界。霊界。
世界   いっさいの事物現象の総体。宇宙。
Spiritual 霊の 精神の 神の 聖霊の 崇高な 宗教上の
> 「最後の審判」について、キリスト教的精神社会では
>正しいが、仏教的精神社会では正しくない。
> 高橋佳子さんが、ミカエルであると言っているのだって、GLA
>的精神社会では正しくて、他の世界では誤りである、なんてことはないでしょう。
> 本当に、「ミカエル」か、「違うか」です。

 <精神社会>をどのような意味でお使いになったのですか?

>どうも貴殿のプライドを痛く傷つけてしまった
 人様の精神的価値を否定するのは宜しくないでしょう。GLAがキリスト教的
精神、仏教的精神を傷つけた責任を、GLA会員にとっていただけますか?


662 :平会員X:2001/04/29(日) 10:15
何が本物か?証明は何でも難しいのですが、違うよという反証はは比較的可能と思います。
区別できる一つの真理として、信次先生が言っていた「本を見る前に解っているのが本物」
ということと「菩薩(仏弟子)は、オリジナルは説けず、仏の教えを一般にも解りやすく
説いていくもの」という事だと思います。信次先生の流れでは、佳子先生は当初全く
別の路線を採ったという感じでした。その変化に付いていけなくなった方が多かったかと
思います。佳子先生が、全く同じ路線を採られていれば、それはそのまま菩薩(代理)
の証明ということになってしまいますが、少なくともそこは違いました。
もちろん、違う路線イコール本物の証明では在りません。そして、本物で在るならば
アプローチは違えども必ず、最終的には同じ教えを伝えているのだとうことが
解ってくるものだと思います。現在、佳子先生が説かれた教えに、信次先生が説かれた
中心的な教えである八正道との関係を含めて明確に説いて下さっています。


663 :平会員X:2001/04/29(日) 10:19
また、もう一つ仏か仏弟子かを区別する方法として、その方の最高の状態における
見てきた世界の話を聞けば解ると思います。その方の心の段階以上には行けない
という法則があるようです。それぞれ世界があり、その独特な光景が広がっている
と言われます。上の世界からは下には行けるようで、如来の世界と菩薩の世界との大きな
断層の光景についても語れる筈です。観たこともないならば、本物とは言えません。
また、如来と菩薩最上段階(梵天界)との区別は、その世界では一目瞭然なのですが、
それはどういう事かも明確に答えられねばなりません。聖書で、イエス様が洗礼ヨハネを
語る時にその意味が説かれています。イエス様は、その遙か上の世界の方だと自ら証言しているお言葉と感じます。ですから、何らかの霊的な体験があれば、それを検証したい
覚者を名乗る方に問うてみればいいと思います。その世界を正しく説明できなければ、
その世界より低い世界の出身と自ら証言しているようなものだと思います。
その点、私が手紙にて問うたところ佳子先生は完璧以上であったと実感しました。
これでは、自分は判るがというレベルになってしまいますので、やはり各自で確かめる
べし、ということだと思います。


664 :桃タロウちゃん:2001/04/29(日) 11:35
>>651
>>652

佳子が桃タロウね。
佳子の桃タロウの時代は終わったでしょ。
佳子はただ歴史の中に消えていけばいいの。
お化けとしてね。

665 :GLAの会員ざんす:2001/04/29(日) 12:28
 お、掲示板が復活していますね。
昨日は、カキコしている途中で掲示板がどこかに逝ってしまい、
見失ってしまいました(涙)。

 

666 :GLAの会員ざんす:2001/04/29(日) 12:39
 さて、以前、僕は霊的な現象に遭遇したことがない、
とお話しましたが、いろいろと考えてみると、遭遇している
かもしれません。
 いや、霊的現象と断言もできないのですがね・・・。

 あれは僕が小学生のときです。
なぜか、うちの小学校では、「分身さん」とか、「キューピット
さん」というものが、すごくはやっていました。
 まあ、こっくりさんの類似品です。
 こっくりさんは、10円玉でやるようですが、僕達は、2人ペアで、
鉛筆でやっていました。

 動きますね、あれは。ただ、何で動くかは分かりませんが・・・。
特命リサーチとか見ると、自己暗示説とか言ってますね。低級霊
がやっているから、危険だ、という説も見ますね。

 さて、ブームだったので,毎日やっていました。
 ある日、おじいちゃんの家に遊びに行ったとき、従兄弟と、やって
いると、おじいちゃんが入ってきて、
「うちは、犬の神様だから、きつねの神様を呼び出してはいけない」
と酷く怒らられ、そのまま、禁止に・・・・。

 楽しんでやっていたので、すごく悲しかったです。
 ところで、今思うと、犬の神様というのは何でしょう?
 神棚があったので、神道系だと思うのですが・・・。

667 :GLAの会員ざんす:2001/04/29(日) 12:42
 >少女の涙さんへ
  人様の精神的価値を否定するのは宜しくないでしょう。
  GLAがキリスト教的 精神、仏教的精神を傷つけた責任を、
  GLA会員にとっていただけますか?
  <あなたの精神的価値を否定するつもりはありませんが、
   ここは、議論して真理にたどり着く場なので、議論の結果、
   否定されてしまう、ということはあり得るでしょう。
   それは、僕も同じです。
   そのたびに、傷ついたから、責任を取れ、というのは、
   ちょっと・・・・、悲しいですね。
   最初から、参加されないほうが、良いのではないでしょうか?




668 :GLAの会員ざんす:2001/04/29(日) 12:48
 >反GLAの会員ざんすさんへ
  <貴殿は詭弁と強弁が好きなのか?
   結論は自分で考えな。
   貴殿にこれ以上言う義務はない。
   >確かに、ここは自由に発言する場なので、誰にも義務はありませんね。
    せつか知り合いになれたのに、残念です。

 教団が有害と判断したら 鬼たちは天誅あるのみだよ。
   >GLA本部に押し入ったり、佳子さんや会員に危害を加える、
    という意味でしょうか?
    何も変わりませんよ、そんなことしても・・・。  

669 :GLAの会員ざんす:2001/04/29(日) 12:50
 >会員Yさんへ
  <心配していただいているのですね。
   一度も会ったことのない僕のことを心配してくれて、本当に
   ありがとう。
   気をつけます。

670 :GLAの会員ざんす:2001/04/29(日) 12:52
 >ミカエルの妻さんへ

  いつもいろいろと教えてくれて、ありがとうございます。
  今日は、霊道を開かれた方とと会ってきます。報告しますので。
  どこかで、お会いできるといいですね♪

671 :名無しさん@お腹いっぱい:2001/04/29(日) 13:40
昭和の日制定
http://www.tetsusenkai.net/offical/syouwa/example.html

672 :谷口竜馬:2001/04/29(日) 16:39
谷口氏が下記神社に行ったら
何と言うのだろう。
幕末を懐かしむのか?
http://www.gokoku.or.jp/

673 :ミカエルの妻:2001/04/29(日) 20:58
>GLAの会員ざんす 氏

祝!666ゲットおめでとう。これでざんす氏も反GLAの一員だね(爆)。

 狛犬とお稲荷さん知ってるよね。GLAは動物霊を嫌っているようだけど、
動物霊を馬鹿にしていると痛い目にあうよ。江戸時代では犬が、人より偉か
った時代があるくらいだからね。おじいさんの言ったこと正しいよね。

 少女の涙は演技だよね。もともと4月の第1週で去ると言ってたよね。
今日、旧暦で何日?4月6日だよ。傷つき悲しみ去り行く少女の涙。。。
ざんす氏のレスの対話読むと、まだまだ踊らされているようだね。本当に
傷ついている人は別にいるようだけど、「受発色」の実践、出来事を細か
く受けとめないとね。霊能力者も色々いるから、何が起こっても当たり前
というくらいの気持ちでいないとね。冗談半分の気持ちが抜けてきたら、
一気に見えてくると思うよ。


674 :169:2001/04/29(日) 22:20
なんだか、すっかり錯綜したスレッドになって・・・

「検証」
形而上的な、五感で認識し得ないものを検証しようというならば、
それは無理でしょう。高橋信次氏が、数億年前、ベーター星から宇宙船に
乗って地球にやってきたとか、高橋佳子氏がミカエルであるなどと
いうのが、それです。論議にはなじみません。言った者勝ちの世界です。
GLAの影響を受けたある新興宗教の教祖などは、自分が地球を作ったなどと
まで言っています。決して余人がその主張の間違っていることを証明できない
わけですから、もう言いたい放題、最高のストレス解消法でしょう。

しかし、上述したことを脇に置けば、現在のGLA高橋佳子氏の主張する教義を、
検証できるかもしれません。

・過去に高橋佳子氏が主張してきたことと、現在主張していることの相違
・高橋信次氏が主張していたことと、現GLAの教義の整合性の不備
・客観的・歴史的事実ではないことを、誤って教祖が主張している。

など、様々に検証できることがあると思います。

675 :169:2001/04/29(日) 22:25
GLAの主張のみ(彼らの書籍・テープ・ビデオ・講演会・教祖がする個々の
会員の指導など)をもって、GLA=高橋佳子氏を検証し、GLAの主張の矛盾点を
見つけていくことが有効であると思います。
批判・否定の根拠が教団の主張そのものなので、教団・信者は、その根拠を否定する
わけには行かなくなり、自家撞着を起こすからです。

もちろん、言うまでもないことですが、「自分が変われば、世界が変わる」などと
いうような神理を実践して、自分の抱えている問題を乗り越えられた、人生が好転
した、などという事実をもってして、教義及びそれを説いている教祖が帰依するに
あたる、霊的に高次の存在などと主張するわけにはいきません。
そのようなことは、全く同じやり方ではないにしろ、昔から、多くの宗教家が
主張・実践してきたことに過ぎないからです。
(高橋佳子さんのその方法論が洗練されているかどうかということは
また別の話ですし、氏の指導で幸せになった方が少なからずいらっしゃると
いうことも事実でしょうが。)

676 :169:2001/04/29(日) 22:29
人生の糧になる有益なことを教えてくださる、この教えを実践したら
家族が幸せになった、などということと、GLA教団が問題のある
新興宗教団体であるか否かという問題とは分けて考える必要があります。

以上、会員ざんすさんがおっしゃっりたいのではと思われることも
念頭において述べてみましたが、以前の少女の涙さんとの
「真理はひとつ」論議(>>342くらいからの)でもそうですが、
どうも話がかみ合わず、ざんすさんには少々お気の毒です。
同じ言葉を用いているとしても、その使い方・ニュアンスは、
人によって、微妙にまたは大きく異なっているということでしょうね。


677 :佳子ちゃん:2001/04/30(月) 11:14
>>652
>反ざんすさんも、この人のように、はっきり好きなら好きって言ったほうが、
>精神衛生上絶対いいんじゃないの。高橋けいこさんが若い頃美人で、今でも
>魅力的な女性だっていうのは私も認めるからさ

 そんなことあたりまえだろ。
もう中年のおばさんに用は無いの。

>>668
FBIでも聞いてね。


678 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 12:39
 さて、霊道を開いたというSさんに、お会いしてまいりました。
まず、お礼を・・・。

 まず、Sさん及び奥様、他のGLAの会員の皆様、いきなり
訊ねてきて無礼な質問を繰り返す若者に嫌な顔一つせず、深夜
1時まで、いろいろ教えてくださり、誠にありがとうございました。

 また、Mさん。見も知らない僕に、いきなりメールをくれ、そん
なことをしても、1つも得などないでしょうに、
車で、片道2時間以上もかかる道を、近くまで迎えに来てくださり、
Sさんに引き合わせてくれて、ありがとうございました。
 帰りも、反対方向なのに、深夜3時近くに、家まで送り届けてくれ
てありがとうございました。
うちから3時間以上かかって、帰るはずですので、
今日の朝になったはず。無事に帰れましたでしょうか?
 

679 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 12:45
 まず、最初におおまかな僕が感じた結論を。

 霊道を開いたという方にお会いしましたが、きわめて、まともで、
普通の笑顔の素敵な魅力的な方だと思いましたが、この方が霊能力
を持っているかどうか、僕には、分かりませんでした。
 僕の目の前で、何か霊的な現象を引き起こした、という訳ではありません。
 しかし、非常に興味深い話をいくつか聞かせていただけました。
 それを、書きたいと思います。

 また、僕の持っている疑問が全て解決した訳ではありませんでした。
が、何も得られなかったかというと、そうでもありません。
 今だ分からないことがほとんどなのですが、少し、手がかりがつかめ
たかもしれません。

680 :艮の大金神:2001/04/30(月) 12:58
>677 佳子ちゃん
>>高橋けいこさんが若い頃美人で、今でも魅力的な女性
>そんなことあたりまえだろ。
>もう中年のおばさん(女優の高橋恵子のことかね?)に用は無いの。

 言葉の遊びはおもしろいぜ。しかし、このスレ完全にGLAに毒された
ようだぜ。


681 :坤の金神:2001/04/30(月) 12:59

 佳子ちゃんは、高橋恵子(けいこ)に嫉妬してるの? 私は、

44歳でも高橋佳子(けいこ)の方が好きだな。かわいらしよね、彼女。


682 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 13:02
 霊道現象について。Sさんの意見。>は、僕が感じたこと。

「自分の記憶の中に、輪廻転象の記憶が残っているので、その
記憶のふたを空ければ、見知らぬ言葉が出てきたりするが、それ
だけ。輪廻転象の証拠ではあるが、では、その言葉が出たからと
言って、どうなのだ?何も、変わったりしない。」
 >ようするに、霊道というのは、知らない言葉が出たり、涙がいき
  なり流れたり、という物理的な現象なのですね。たしかに、そう
  いう現象があったからと言って、真理が見えるわけではないかも
  しれません。

「あの当時、120人程度、霊道を開いた人がいたが、ほとんど皆
おかしくなった。見えないものが見えたり、聞こえたりすると、
一芸に秀でることになるので、皆、天狗になってしまった。
 誘惑的な言葉が聞こえてくる。宝くじを当ててやろうか、などと
言ってくるが、その誘惑に乗れば、次は、当ててやったんだから、
肉体を渡せといってくるに決まっている。そうして、皆、おかしく
なってしまった。」
 >言動がおかしくなってしまった人がいるのは、多くの方が言っ
 ているので、事実なんでしょうね。そういう方が皆死んだわけで
 はないらしいので、次は、そういう方にも、お会いして話を聞い
 てみたいですね。
  しかし、信じていない人から見れば、狂っていないというSさん
 のような人の話も、妄想と感じるかもしれません。宝くじを当てて
 やろうか?という声が聞こえると言うのも、不思議な話です。


683 :坤の金神ちゃんへ:2001/04/30(月) 13:08
>しかし、このスレ完全にGLAに毒されたようだぜ。

だいじょうぶ、幽霊たちは自閉、分裂の世界でしか
生きられないのだから。

>44歳でも高橋佳子(けいこ)の方が好きだな。

男装してくれればファンになるかも。
昔の方が少年風だった。


684 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 13:28
 「佳子先生は、ミカエルの代理ではなく、ミカエル本人。
 佳子先生の背中から、きれいな黄金色の羽が生えているのが、
 はっきりと見える。ただし、これは僕の能力ではなく、
 佳子先生に、見せてもらっているもの。」
 >マジですか?本当に、そんなものが、はえているんですか?
  にわかには、信じがたいです。
  Sさんの他の会員の方で、見えている方、いらっしゃいますか?

 「ミカエルか、代理かなどというのは、たいした問題ではない。
 佳子先生の言動が素晴らしいのだから、信じてついていけば良い。」
 >これは、Sさん以外でも、多くの会員が言っていること。
  というか、このミカエル問題は、突拍子もないことなので、
  困惑している会員が多いということではないか?とりあえず、
  そういうわけの分からないことは置いといて、目の前の実践
  を・・・、みたいな。
   もちろん、羽の見えているSさんは、違うでしょうが・・・。
 

685 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 13:44
 「佳子先生が講演されているとき、周りに金色の光の帯が、
 天から降り注いでいるのが、見えた。おかしな奴が、講演中
 に、壇上に上って佳子先生に近づいていったが、1mくらい前で、
 金縛りにあったみたいに硬直して、動けなくなってしまった。
 それは、あの光の帯が守ってくれていたから。佳子先生も、それ
 が分かっていたから、微動だにしないで、講演を続けていた。」
 >うーん、硬直した人が、係の人に連れていかれたのは事実のよ
  うですが、そんな光の帯が包んでいたとは・・・。
  他の会員の方は、見ていますか?
  また、Sさんはこんなことも言っておりました。
 「もし、佳子先生に、刃物を持って近づいたら、その者は、心臓
  麻痺で、死んでしまうのではないか。自分のエネルギーが、命
  を絶ってしまうだろう。」
  さて、このSさんの意見に対して、他の会員の方の意見。
 「うーん、やはり佳子先生を殺そうなどと考えると、因果応報
  というか、そうなりますよね。」
  >これは、なんかちょっと怖かったです。聞きようによっては、
  佳子さんを殺そうなんて考える人は、死んでも仕方がないみたいな・・・・。

686 :名無しさん@1周年:2001/04/30(月) 13:44
あの中年のおばんに、金の羽???
絶対キモい。キモすぎる。
そんなもの見て平気な君ら、センス悪すぎ。
   
色白の若い子に金の羽なら、まだね〜許せるけど。
大川隆法の腐れブタに後光とか、おばんに金の羽とか。
よくがまんしてられるな。みんな、どこの田舎で育った?

687 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 13:51
 「霊道とかよりも、宇宙と共振して、奇跡を起こすことのほう
 が素晴らしい。その方法論を唯一教えてくれるのが、佳子先生
 だ。あなたが、神に触れたい、というのなら、それは十分可能。
 だれでもできる。とりあえず、止観シートと、祈りの道の業を
 やり、心の曲がった部分を正し、宇宙にエネルギーを送れるよ
 うになろう。それで、あなたの知りたかったことは、全て分かる
 ようになる。」
  >この方法が正しいのかどうかわからないのですが、とりあえず、
   やってみることを約束して、帰りました。

688 :名無しさん@1周年:2001/04/30(月) 13:56
ただの、おばんだよ。
おまえら、キモすぎ。

689 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 13:57
 >平会員Xさんへ
  最終的に自分の自身の見方、感じ方ということになるでしょう。
 いろいろは、 広い知識と、歴史的な認識と、感性も含めて総合的
 に事実を確認し、できれば本人とも 会って正しく判断したいもの
 です。論議する人をきちんと見極めながら、頑張って下さい。
  <ありがとうございます。こんな感じで、あえいでおりますが、
   がんばります。




690 :ごんどう:2001/04/30(月) 14:03
神田神保町の書泉ブックマートの店員さんのキュロットスカートはヒップのラインがくっきりとしていて結構スケベです。特にぽっちゃり系の方の場合はそうです。
 以前、2階の写真集売り場で店員さんが平積みの本の整理などをしていてお尻を突き出すような姿勢をしているときに男子高校生が「へへっ」とニヤニヤしながらその店員さんのお尻を手のひらで思い切りタッチするのを見てしまいました。
 そのとき、その店員さんは「困った子ね」って感じの表情をするだけでそんなに怒ったりしませんでした。
 ちょっとしたことですが僕自身にとってはかなりトラウマになっています。
 書泉ブックマートでは店員さんへのヒップタッチがOKなんでしょうか?


691 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 14:03
 >ミカエルの妻さんへ
  祝!666ゲットおめでとう。
  これでざんす氏も反GLAの一員だね(爆)。
  <ケモノの数字666を踏んでしまい、僕も、反GLAの一員に・・
   って、まだ、会員なんですけど(笑)。

   やはり、分身さんとかは、動物霊なのでしょうか。
   ここで予言してもらったことは、当たっていないですね。
   「あなたの結婚相手は、北海道出身」
   とか出たのですが、実際は広島出身。
   まあ、再婚の可能性も含めれば、まだハズレとも言えませんが。

 

692 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 14:06
 >169さんへ
  <いつも科学的なアプローチをしようとする姿勢は、
   素晴らしいですね。
   ちょっと立場違いますが、共感します。

693 :名無しさん@1周年:2001/04/30(月) 14:11
聞く耳もたねえ、GLAの会員。
ざんすは、おばんのクローンか?

694 :名無しさん@1周年:2001/04/30(月) 14:15
いや〜しかし、男がこんなおばんの言うことに
よくいちころになれるよな。おまえらマザコンか?

695 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 14:57
 >名無しさん@1周年さんへ
  聞く耳もたねえ、GLAの会員。
  ざんすは、おばんのクローンか?
  <あ、すみません。僕に話しかけていたんですか?
   独り言を言っているのかと、思っていました。

   ところで、もし、貴殿が羽のはえている人を見たとき、
  「げっ、おばさんに羽が生えているよ、気持ち悪い。」
   と思うのでしょうか?
   なぜ、羽のはえているのか、そのことに一番最初に注意
   がいかないのか、ちょっと不思議です。

   僕なら、どんなおばさんでも、そんな羽など生えていたら、
   「ええっ、何で羽なんて、あるの?それは、本物?!」
   と驚愕すると思うのですが・・・。

   きっと羽が生えているというのは、貴殿の中では、前提と
  なっていて、そのことには驚かず、
  「どうしてこんなキモイおばんに・・・。」
  と驚くのでしょうね。

   あなたも、能力者なのですか?
  


  

696 :名無しさん@1周年:2001/04/30(月) 15:01
写真しか見てないけど、羽は生えてなかったよ。

697 :169:2001/04/30(月) 16:12
>>687 会員ざんすさん
時間がないので、とりあえず思いつきで>>687のみにレス。
なお、しばらく書き込みできません。

>その方法論を唯一教えてくれるのが、佳子先生だ。

非常に傲慢なものの言い方ととられかねない表現をする方
だったんですね。

「自分が知っている狭い範囲で言うならば、高橋佳子先生の教えが
一番素晴らしいものです。」
せめて、この位の言い方くらいできてもいいだろうに・・・
子供じゃないんだろうから。

698 :困ったクン:2001/04/30(月) 16:46
以前、雑居ビルの共用トイレのドアの鍵がかかっていなくてOLさんの
脱糞シーンを見てしまいました。すぐにドアを閉めてその後彼女が出て
くるまで待ってから丁寧に謝ったのですが彼女の恥ずかしそうな表情が
今でも目に焼き付いていて抜いてしまいます。
 これってカルマでしょうか?



699 :会員Y:2001/04/30(月) 16:53
>GLAの会員ざんすさんへ
> 佳子先生の背中から、きれいな黄金色の羽が生えているのが、はっきりと見える。……
> Sさんの他の会員の方で、見えている方、いらっしゃいますか?
 そういえば、20年ぐらい前のGLA誌で、関講師(だったと記憶しています)
が同じことを書かれていました。私も一度は見てみたい気がします。ただ、そ
れが見えたら、私は自分のステータスが上がったかのように勘違いしてしまう
ような気がします。それが凡夫の悲しさというものでしょうね。


700 :GLAの会員ざんす:2001/04/30(月) 17:04
>169さんへ

 非常に傲慢なものの言い方ととられかねない表現をする方
だったんですね。

「自分が知っている狭い範囲で言うならば、高橋佳子先生の教えが
一番素晴らしいものです。」
せめて、この位の言い方くらいできてもいいだろうに・・・
子供じゃないんだろうから。
 <まず、Sさんが、「その方法論を唯一教えてくれるのが、
 佳子先生だ。」という確信を抱いているのは、間違いがな
 いのではないか、と思います。
  その確信自体が正しいか、間違いかという論点がある
 と思いますが、それは翌々検証しなければなりませんね。

  もし、確信が間違っているのなら、言い方以前の問題。
 (この場合、内容が間違っているということが重要であり、
  言い方は、副次的な問題となると思うのですが、いかが
  でしょうか?)

  とりあえず、169さんが内容を問題としていないで、言い方を
 取り上げていますので、僕なりの感想を言ってみたいと思います。

  Sさんは、この件ばかりでなく、全般的に断定的かつ、ぶっき
 らぼうな物言いでした。
  では、僕が失礼かと感じたかと言えば、感じませんでした。
 それは、Sさんのキャラクターが、大きかったと思います。
  例えば、同じ「バカヤロウ」と言っても、
 通り掛かりの学生が言うのと、行きつけの店の店長が言うのでは、
 受ける印象も大分違いますよね?
  Sさんは、職人だったのも手伝って、そういう言い方が
 板についていましたし、違和感を感じませんでした。




701 :ミカエルの妻:2001/04/30(月) 19:49
>>691 GLAの会員ざんす 氏

>分身さんとかは、動物霊なのでしょうか。
 そのときの願いで決まる話なんだよね、実は。おもしろ半分で関わったら
狐狸霊とかね。

>自分の記憶の中に、輪廻転象の記憶が残っている

 過去世かどうかいいきれないよね? インド仏教学者の人なら、当時のインド語
読めるから話せるよね。インドの人にも当時のインド語話せる人いるだろうね。
ざんす氏は、安直に輪廻転生を認めず、踏み込んで探求して欲しいよね。


702 :ミカエルの妻:2001/04/30(月) 19:50
>霊道というのは、知らない言葉が出たり、涙がいきなり流れたり、
>という物理的な現象なのですね。
>宝くじを当ててやろうか?という声が聞こえると言うのも、不思議な話です。

 そうなの? やはりGLAで霊道開いた人は、霊能ごっこレベルだと思うよ。
 自分の欲が言葉となってどこに蓄積されるんだろうね? 自分の煩悩の声を動物霊
のせいにする(心理学でいう影の部分の外への投影)、動物霊だって迷惑だよね。
 ざんす氏には、こういうことも探求して欲しいね。

>佳子先生の背中から、きれいな黄金色の羽が生えているのが、はっきりと見える。

 何これ? アゲハチョウ佳子先生と呼ぼうか(笑)。
夢の中では、荘子のいう「物化」はよく起こるからね。詳しくは、漢文を。
 私から見ると、けいこさんは、魔法使いサリーに似てるから、天使サリエル。
サリー、サリエル佳子、断然いい響き、美しさも倍増。
 羽がはえてるからミカエルというのは、飛躍しすぎだよね。そもそも妻が、
佳子氏は代理だと言ってるのだから、佳子さんはミカエル代理なのよね。



703 :ミカエルの妻:2001/04/30(月) 19:50
>佳子先生が講演されているとき、周りに金色の光の帯が、
>天から降り注いでいるのが、見えた。

 それこそ、霊能系の宗教では日常茶飯事だよね。なぜ見えるのか? 大自然の中で
太陽を見たときの記憶、虹を見て心がなごんだ記憶、それが刺激されるような場なん
だろうね、宗教の講演会というところは。
 自分の気持ち、悲しい記憶、楽しい思いで、崇高な気持ち、怒り、憎しみ、欲望、煩悩、
心のどこかにしまわれている。それをひもとくのが心の探求。決して聖霊や天使、動物霊、
生れ変わりを探求することではないよね。
 ざんす氏には、霊能ごっこでない心の探求、お勧めしとくね。



704 :ミカエルの妻:2001/04/30(月) 19:51
>とりあえず、止観シートと、祈りの道の業をやり、心の曲がった部分を正し、
>宇宙にエネルギーを送れるようになろう。それで、あなたの知りたかったことは、
>全て分かるようになる。」
>この方法が正しいのかどうかわからないのですが、とりあえず、
>やってみることを約束して、帰りました。

 止観シートを勧めた手前、何ともいえんぜ。「宇宙エネルギー」とはね。ドクター中松
さんでもあるまいし。
 とりあえず、中心となっているおばさんに、ひとあわ吹かせてよね。
 それにしても、ざんす氏はGLAのストーリーにはめられたかもしれないね、今回は。


705 :GLAの会員ざんす:2001/05/01(火) 15:06
>ミカエルの妻さんへ
 ざんす氏には、霊能ごっこでない心の探求、お勧めしとくね。
 <心に重く受け止めておきます。

 それにしても、ざんす氏はGLAのストーリーにはめられたかもしれないね、今回は
 <うーん、はめられているのなら、入会しているときからでしょうね。
  でも、まだそうかどうか、結論が出ていません。


706 :GLAの会員ざんす:2001/05/01(火) 15:17
 Sさんと会話した中で、まだちょっと疑問に思ったことがあるので、
書きとどめておきます。

 質問 「自分が変わると、周りが変わるというのは、確かに、自分の
    周りでは、効果があります。人間間系が良好になったりします。
    しかし、例えば経済の不況とか、失業とか、自分が変わるだけでは、
    変わらないのではないか、という意見があるのですが、どうでしょうか?」
 Sさん「それは、まだこの教えを皆が実践していないからです。
    みんなが、教えを実践すれば、そういう問題も、解決してい
    きます。」
 質問 「うーん、でも、資本主義の場合、好況と不況が循環すると
    いうのが定説だと思うのですが、教えの実践により、そういう
    経済原則も、超越できるのでしょうか?」
 他の会員 「そういうことも、可能ではないでしょうか。」
    >これについては、ちょっと納得できないです。
     本当でしょうか?実際、教えを実践している会員の
     方も、失業されている方は、たくさんいるのでは?



707 :GLAの会員ざんす:2001/05/01(火) 15:30
 質問 「アフリカとかで、飢餓で死んでいる子供達もたくさん
     います。どうしてでしょうか?」
 Sさん「それぞれの魂の修行として、出てきているので、厳しい
     環境もそれに応じたものです。」
 質問 「しかし、生まれてすぐに死んでしまう子供もいますよね。
     その人も、魂の修行をしていると言えるのですか?」
 Sさん「いえます。」
   >うーん、そうなのかな?

 Sさん「あの人達は、違うグループなのです。」
 僕  「?」
 Sさん「私達とは違うグループなので、魂の修行の方法が
     違うのです。」
    >うーん、そういうものなのでしょうか?
     ブッダやイエスの教えを実践しようということは、イ
     スラエルやインドのあたりは、僕達と同じグループな
     のでしょうか?アフリカは違うのかな・・・?
     うーん、わからない・・・。
     

708 :GLAの会員ざんす:2001/05/01(火) 15:46
いただいた講演のCDロムを今聞いているのですが、
信次さんは、「銀色の羽」と言い、ミカエル本人(?)は、
「七色の羽」と言っていますね。
 正解は、七色なのかな?
 それなら、黄金色に見えても、銀色に見えても、矛盾は
していないような気がします。

709 :オリオンの☆☆☆:2001/05/01(火) 17:09

ミカエルの妻よ、サリエル佳子 本当にいいのか?

サリエルとは「神の命令」、「神の掟にそむいた天使の運命に責任をもつ」天使。

天使ガブリエルでもいいと思っていたが、ガブリエルは妹だったな。

サリエルけいこ ガブリエルまゆみ に同意。


710 :ミカエルの妻:2001/05/01(火) 19:22
>GLAの会員ざんす 氏

>教えの実践により、そういう経済原則も、超越できるのでしょうか?
>他の会員 「そういうことも、可能ではないでしょうか。」

 GLAって別に経済学は取り入れていないでしょうよ。TL経営研修は、
あるみたいだけど。マル経のいう好況・不況の循環は、新規産業が発生
するならあまり関係ないんじゃなかった? ITへの労働シフトが対応
できないため失業者を吸収できないのは今の日本でもみられるよね。
 政府・厚生労働省が労働者への教育訓練給付とかやってるけど、GLA
って教育訓練してるの? 私に言わせりゃ、パラミタの実践を知識教育に
生かすことを考えたほうが有益だよね。
 ざんす氏には、どうでもいいプロジェクト活動なんかはしょって、
パラミタを積極的に応用する探求を実践して欲しいけどね。

>「しかし、生まれてすぐに死んでしまう子供もいますよね。
>その人も、魂の修行をしていると言えるのですか?」
>「いえます。」

聞くほうも聞くほうだけど、答えるほうも答えるほうだね。
水子はどうなるのよ?  堕胎はどうなるのよ?
インドの狼少女はどうだったのよ? フランスの野生児は?


711 :ミカエルの妻:2001/05/01(火) 19:23
>信次さんは、「銀色の羽」と言い、ミカエル本人(?)は、
>「七色の羽」と言っていますね。
>正解は、七色なのかな?

 GLAの高橋佳子先生は大天使サリエルが正解。アゲハチョウ佳子、玉虫佳子が正解。
 この手の話はGLAだけで検証してもしょうがないよね。

 知ってるとは思うけど、ヤフー掲示板の霊能力・超能力情報
http://messages.yahoo.co.jp/?action=topics&board=1835546&type=r&sid=1835546
魂で宇宙空間を旅してます
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835546&tid=ba2a4g1a7ch6u4va4rn9a47a4fa4dea49&sid=1835546&mid=1&type=date&first=1
霊能者の主張「超能力はある!!」
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835546&tid=nngbdbcta4nbcgda5a1vd6gbdnoa4oa4a2a4ka1aaa1aaa1w&sid=1835546&mid=1&type=date&first=1
{エル・ランティの新復活}萩原直樹セミナー
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835546&tid=a5a8a5ka1a6a5ia5sa5fa5a3a4nbf7ifc3hgk86dbebcya5bba5dfa5ja1bc&sid=1835546&mid=1&type=date&first=1

 じゃあ、ざんす氏も、洗脳されない程度に、頑張ってね。
機会があればまたね。


712 :会員Y:2001/05/01(火) 22:28
>GLAの会員ざんすさんへ
 私も、あなたが疑問に思われたことに対して疑問を感じました。やはり「自分は解って
いない」ということを知ることも本当の理解に向かう上では不可欠であるように思います。
> 質問 「自分が変わると、周りが変わるというのは、確かに、自分の
>    周りでは、効果があります。人間間系が良好になったりします。
>    しかし、例えば経済の不況とか、失業とか、自分が変わるだけでは、
>    変わらないのではないか、という意見があるのですが、どうでしょうか?」
> Sさん「それは、まだこの教えを皆が実践していないからです。
>    みんなが、教えを実践すれば、そういう問題も、解決してい きます。」
 「みんなが、教えを実践すれば」というのは、「私変わります」ではなく、「あなた
変わりなさい」ということですよね。勿論、私もどのように自分を変えればよいか解り
ませんが、Sさんのおっしゃることは、ちょっと「?」であると思います。


713 :会員Y:2001/05/01(火) 22:29
(続きです)
> 質問 「しかし、生まれてすぐに死んでしまう子供もいますよね。
>     その人も、魂の修行をしていると言えるのですか?」
> Sさん「いえます。」
>   >うーん、そうなのかな?
 「転生の四つのテーマ」という言葉を聞いたことがあると思います。私は、つきつめて
言えば、それは「受発色力の鍛錬」であると思います。前世の自分では果たすことのでき
なかった「受発色力」を獲得することが人生の目的(四つのテーマ)だと思います。
 そうゆう意味では、生まれてすぐに死んでしまう子供は、本来の目的を達成できずに帰
ってしまう気の毒な魂であると思います。しかし、今生の人生が全てではないことはお解
りですよね。長い長い転生輪廻の過程において、今生の人生は一瞬の出来事とも言えるで
しょう。不本意にも帰らざるを得なくなった魂に対して、神は次の転生を用意して下さっ
ています。

714 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/02(水) 10:28
GLAの会員ざんすさん、会員Yさん、みなさん、はじめまして、
2chってツリー形掲示板に比べて、話題の流れを追うのが難しいですので、
もしかしたら的外れかもしれませんが、疑問を疑問として大事にする
GLAの会員ざんすさんの姿勢って好感持って読みました。

わたしは無超能力系会員^^なので、信次先生の言われるところの「六神通力」は
まったくありませんし、過去世の記憶もありません。(汗)
ですので、信次先生や佳子先生の説かれるところの
超「現代科学」的(超「唯物論」的?)な部分を
他者に話すのは、自分の経験に基づかないことなので、遠慮しています。
そのほうが、八正道の正語の実践にかなっていると思うのです。
ただし、超「現代科学」的部分を否定しているのではなく、
経験・理解できるまで(思い出すまで?)、
大切にしておきたいな〜という感じです。

信次先生は神理の探求について、疑問→解答→疑問→解答だということを、
著書のどこかの部分で書かれていたと思います。
わたしも常にそうありたいと思っているのですが、
ある種の超「現代科学」的な疑問については、
わたしの現状では無益なのではないかと思っています。
お釈迦様も「無記」ということを説かれています。
http://lapc01.ippan.numazu-ct.ac.jp/b/muki.htm

佳子先生に羽は生えているのか?(汗)
佳子先生に羽は生えていてかつ生えていないのか?
佳子先生に羽は生えていないでもなく生えているでもないのか?
佳子先生の羽の色は何色か?
佳子先生の羽の色は七色でかつ銀色か?
佳子先生の羽の色は七色でもなく銀色でもないのか?

お釈迦様なら、それは差し迫った問題・疑問ではなく、
いわんや議論をするような性質のことではないと言われるのではないかなと、
想像しています。

ところで、失礼かもしれないのですが、
GLAの会員ざんすさんのレスのしかというか引用のしかたが、
独特なので少しわかりづらいです。。。(汗)

715 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/02(水) 10:44
訂正^^;

>GLAの会員ざんすさんのレスのしかというか引用のしかたが、
GLAの会員ざんすさんのレスのしか「た」いうか引用のしかたが、

うーん
>佳子先生に羽は生えているのか?(汗)
(仮に霊視ができるとして)霊視をすると、佳子先生に羽が生えて見えるのか?
という方が正確かな^^;

716 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/02(水) 10:49
目立たないように、sage^^

717 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/02(水) 11:04
げ〜
この題名からして、このスレ建てたの会員じゃないの?(汗)
>>1
「高橋佳子先生のGLAについて」
>高橋佳子先生のGLAについて教えてください。


仮に会員だったとして、
会員が匿名でスレ建てるのはわざとらしくていやだな〜
あくまでも個人的意見^^

718 :佳子さんの羽は背中の垢?:2001/05/02(水) 11:07
 痒くなったという話しですね。
羽が生え痒くなったというのです。
でもこれおかしい。人間の体型で羽は
バランスが取れない。

719 :会員Y:2001/05/02(水) 12:07
> 個人的意見@会員ずら♪さんへ
> 超「現代科学」的(超「唯物論」的?)な部分を
> 他者に話すのは、自分の経験に基づかないことなので、遠慮しています。
> そのほうが、八正道の正語の実践にかなっていると思うのです。
 全く同感です。しかし、このスレを読んで頂ければお解り頂けると思いますが、
それでは「会員以外の人に通用しない」というのが私の実感です。
・人間が転生輪廻するなんて妄想じゃないの?
・「DISCOVERY」に出てくるアトランティスの話って本当なの?
・信次先生の御著書にある霊道現象って催眠術じゃないの?
 ……というような疑問がどんどん出されます。このような疑問が出された時に
自分に理解できる範囲で説明できるように、知識を整理しておく必要を感じまし
た。「そんなことは置いといて、自分の煩悩を発見し調御する行に取り組むこと
が大切です」と言って、納得して下さる人には何も言うことは無いのですが。
> げ〜
> この題名からして、このスレ建てたの会員じゃないの?(汗)
 私は違うと思います。このスレの中で、「会員かな?」と思われる人は102さん
が最初で、それ以前の方は全員非会員であるように感じました。


720 :坤の金神:2001/05/02(水) 12:09
>>683 坤の金神ちゃんへ さん
>>44歳でも高橋佳子(けいこ)の方が好きだな。
>男装してくれればファンになるかも。

 見たいな。ボーイッシュなサリエル佳子さん(今後はサリエル佳子と呼ばせて
いただきます)。ズボンはいてさ。スッピンだと少ししわが目立つから、少し
メークしてさ。い〜感じ。 問題は髪型よね。

>昔の方が少年風だった。

 真創世記の裏表紙の偽ミカエルの写真のこと?
今のサリエル佳子さんのほうが素敵だな。


721 :艮の大金神:2001/05/02(水) 12:13

 ガブリエルまゆみ、っていうのは本当か? 少女の涙がガブリエルかと
思ってたが、まゆみがガブリエルとはな。

>>717 このスレは、友達から本とテープをもらった奴がたてたと、
>>17 に書いてあるけどな。



722 :水前寺清子?:2001/05/02(水) 12:46
>>720
水前寺清子に似るのでは。

ミカエルは艮の大金神ちゃんやったら。
偽者と言われたら貴殿の修行が足りんから
ミカエルがわからんと強弁で通すのです。

佳子は[それは解釈の問題です]で通すよ。


723 :艮の大金神:2001/05/02(水) 14:05

 俺は、ミカエルのつもりは、ないけどな。
自称サタネルのつもりでやってるぜ。日本の鬼神=ペルゼブブ、
天照鬼神=ぺリアルで、反GLAのサタン連合結成だぜ。

 キリスト教の場合、異教の神は、ルシファー以上のサタンだ
から、当然といえば、当然だぜ。

724 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/02(水) 15:10
◇艮の大金神さん、どうもです。◇>>723

>>17 に書いてあるけどな。
会員じゃないのに、「先生」とはね〜
御奇特な^^;

(笑)シュッ(;-_-) y …−=≡卍>>718
(笑)シュッ(;-_-) y …−=≡卍>>722

725 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/02(水) 15:11
◇会員Yさん、どうもですぅ。◇>>719

>全く同感です。しかし、このスレを読んで頂ければお解り頂けると思いますが、
>それでは「会員以外の人に通用しない」というのが私の実感です。
>・人間が転生輪廻するなんて妄想じゃないの?
そうですねぇ、でも、個人的には通用しなくてもいいと思いまってます。^^;
#「あきらめに縛られた卑下者」的かも…^^;;;
「人は死んだらゴミになる」じゃなくて、
「人は時空を超えて、肉体船を乗り継ぐ旅人なんだぁ〜」
ってのはロマンティックでいいと思います。^^

>・「DISCOVERY」に出てくるアトランティスの話って本当なの?
一般的に言って、トンデモ系の部類の話ですよね。
プラトンの著述、世界各地に残る巨石文明の痕跡が、
かすかに指差しているだけですもんね。

>・信次先生の御著書にある霊道現象って催眠術じゃないの?
これは、今となってはわかりません。^^
異言も、何語だか何を言ってるかさっぱりわからない。(汗)
#こないだの久水さんの時は、感動的でしたね〜

> ……というような疑問がどんどん出されます。このような疑問が出された時に
>自分に理解できる範囲で説明できるように、知識を整理しておく必要を感じまし
>た。
そうですねぇ。わたしは、知識として知っていても、
わからないことはわからないと正直に言うことにしてます。
しょうがないですよね。^^;

>「そんなことは置いといて、自分の煩悩を発見し調御する行に取り組むこと
>が大切です」と言って、納得して下さる人には何も言うことは無いのですが。
まだ全然調御できてないので、偉そうなことは全然言えません。(泣)

726 :久水さん?:2001/05/02(水) 15:58
久水さんですか。なつかしい
彼に成長の記もらったの。

久水さんてロボットみたいな話し方しませんか?


727 :坤の金神:2001/05/02(水) 18:23

>>718 佳子さんの羽は背中の垢? さん
>人間の体型で羽はバランスが取れない。

 サリエル佳子さんって、空中浮遊したのかしら? すごいな。

>>722 水前寺清子? さん
>水前寺清子に似るのでは。

 サリエル佳子さんって、あの髪かつらじゃないですよね。



728 :仏教自由派:2001/05/02(水) 20:27
◆煩悩ありませんか?◆

 GW3日間限定、あなたの煩悩もらいうけます。

1.「高橋信次って仏教わかってないよね、空が霊界だってさ」
2.「高橋けいこが大天使ミカエル本人ということは絶対にありえない」
3.「ミカエルで大日如来? キリスト教では、異教の如来なんて悪魔でしょう、
 すでに自己矛盾」
4.「DISCOVERYのパラミタって子供っぽいよね」
5.「グランドチャレンジの宇宙との響働は実体のない言葉の遊び」
6.「使命を生きるとおっしゃいますが、GLAでは同伴者・求道者・奉仕者
 以外に道がないの?」
7.「世界を隔てる三層のヴェールは心理学のパクリだ」
8.「真我と偽我、魂の原理と自我の原理、光転と暗転、この単純な二分思考、
 何とかならないの?」
9.「祈りの道より般若心経を読もう、こないだ仏壇の前で祈りの道読んでる
 小娘を叱ってやったよ、夢の中だけど」
10.「あの一家、実は妹(ガブリエルまゆみ)が偉かっただけじゃないのか?」



729 :仏教自由派:2001/05/02(水) 20:28

◆ 煩悩ください◆

対象   GW期間中暇なGLA会員と反GLA員(忙しい方は結構ですから)

送り方 「業克服のための祈り」とともに、このスレに向かって、1〜10の文への
  気持ちをお伝え下さい。煩悩がとれるまで何回やって下さっても結構です。

受け付け期間 2001年5月3日0時〜2001年5月5日24時


730 :GLAの会員ざんす:2001/05/02(水) 22:05
 >ミカエルの妻さんへ
   {じゃあ、ざんす氏も、洗脳されない程度に、頑張ってね。
    機会があればまたね。}
    <もう去られてしまうのでしょうか?貴方とは、もっとお話した
     かったです(悲)。

  >会員Yさんへ
    {Sさんのおっしゃることは、ちょっと「?」であると思います。}
   
    <たしかに、ちょっと「?」ですね。これならば、まだ、失業
    という体験を通して、魂の修行をさせてもらっているのだ、と
    いう考えの方が、納得しやすいです(これはこれで、本当なの
    ですか?と思いますが・・・)。

    {不本意にも帰らざるを得なくなった魂に対して、神は次の転
    生を用意して下さっています。}

    <輪廻転生を信じるなら、当然、そうなるとは思うのですが・・。
    ただ、魂の修行がある程度できた者も、次の転生は用意されるわ
    けですよね・・・。この子供だけが特別ではないですよね?
     ロケットの打ち上げが失敗したように、単なる神の失敗なので
    しょうか?
     でも、生まれてすぐに死んでしまうのなら、前世や、霊界にいた
    ときに原因があることも、あり得ないのでしょうかね?もしそうなら、
    長生きできないことは予め神は分からないのでしょうか?
     信次さんは、自分が48歳で死ぬと分かっていましたよね。どうして、
    これから転生させる子供の寿命がわからないのでしょう?それとも、
    分かっていて、今回は、魂の修行はナシ!とか言って、送り出して
    来ているのでしょうか?ちょっとまだ分からないです。

731 :GLAの会員ざんす:2001/05/02(水) 22:38
 >個人的意見@会員ずら♪さんへ

  はじめまして。あなたも、自分の言葉で話す方なのですね♪
  よろしくお願いします。

 {信次先生は神理の探求について、疑問→解答→疑問→解答だということを、
  著書のどこかの部分で書かれていたと思います。
  わたしも常にそうありたいと思っているのですが、
  ある種の超「現代科学」的な疑問については、
  わたしの現状では無益なのではないかと思っています。}

  >GLAの体質、教義、信仰の中には、ミカエルなどの「訳のわか
   らないこと」と八正道などの「納得できること」が、ごちゃまぜ
   になっています(どちらも、GLAのオリジナルではないという
   批判もあるとは思いますが、論点がずれるので、ここでは触れま
   せん)。

   

732 :GLAの会員ざんす:2001/05/02(水) 22:39
 これについて、一般的な会員の態度は、検証しても分からない「
   訳のわからないこと」を考えることはとりあえず置いといて、
   「八正道」など、自分の理解できることを実践していこう、という
   方が、実に多いのです。
    実際、修行や体験の中で、幸せになった人もいるでしょうし、
   人生が豊かになった人もいるでしょう。自分が変わったという
   人もいるでしょう。だから、別に、そんなこと良いじゃない・・、
   みたいな感じです。
    Sさんのように、訳のわからないことにも、きっちりと答えようと
   する(内容が、正しいかどうかは、別問題)会員の方には、ほとんど
   お会いしていません。
    たいていは、「本を読みなさい」か、「実践をやっていけば、自然
   に分かるようになりますよ。」という答えです。

   もちろん、一生懸命探求しているのに、現在は分からないから、
  私には答えられないという謙虚な方もいるでしょう。
   しかし、「どうでもいいじゃない、そんなこと。」と思っている
  人のほうが、よほど多いと感じるのです。探求するのをやめています。
   たまに、分かっていないのに、盲信している方もいて、これはこ
  れで反対の意味で驚きなのですが・・。

   

733 :GLAの会員ざんす:2001/05/02(水) 22:40
 その一般的な会員の態度について、僕は、不満を持つのです。
  
   それは、会員Yさんのように、「会員以外の人に通用しない」と
  という嘆きとは、違います。
   そういうことなら、僕は、「個人的には通用しなくてもいいと思っています」
  という個人的意見@会員ずら♪さんの意見に近いです。
   非会員の方に説明し、納得していただくことが、本来の信仰のあるべき姿とも
  思えません。信仰は、あくまでも自分の問題であり、自分の今生の人生・
  使命の意味を理解することが重要だと思うからです。

   しかし、「訳のわからないこと」に、目をつむって、どっちでもいいや♪
  と考えるのは、自分の信仰に対して、不真面目なのではないでしょうか?
   探求する力がないから無益なのではなく、探求する気がないだけなのでは?
  と疑ってしまうのですが・・・。
  
   そんな僕は、やはりGLAでは、異端の会員ですね。すみません、すき放題
  言って・・・。また、誰か傷つけてしまったかな・・・。ごめんなさい。
  


734 :平会員X:2001/05/03(木) 11:08
1.「高橋信次って仏教わかってないよね、空が霊界だってさ」
>現状の仏教の通説に対する新説ということだと思います。通説=真実という
証明が在るわけはないので、別に唱えるのはいいのでは?
2.「高橋けいこが大天使ミカエル本人ということは絶対にありえない」
>こういう証拠が在るとか、反証があるとかいう問題ではないので、それぞれの
各自の感じ方ということになると思います。各自で追求すべきと思います。
3.「ミカエルで大日如来? キリスト教では、異教の如来なんて悪魔でしょう、
 すでに自己矛盾」
>そういう話は内部では聞いたことがありませんが・・・。別にGLAはキリスト教
ではないので、大日如来は異教の如来ではないでしょう。変な話かも知れませんが
如来界の長という意味で、同じ魂存在を指しているという意味かとも取れます。
4.「DISCOVERYのパラミタって子供っぽいよね」
>具体的にどういうところが子供っぽいか検討したいですね。私はそうは感じませんので。
5.「グランドチャレンジの宇宙との響働は実体のない言葉の遊び」
>宇宙との響働というと壮大な感じがしてしまいますが、そういう実践によって
大きく人生を切り開いたという方の報告に付いてはどうなのでしょうか?実体がないか
どうかは、もっと追求された方がいいと思います。

735 :平会員X:2001/05/03(木) 11:11
6.「使命を生きるとおっしゃいますが、GLAでは同伴者・求道者・奉仕者
 以外に道がないの?」
>使命を生きるとは、人生全体を通しての話だと思いますので、別にGLAでそういう
道しかないと限定しているとは思っていませんが?
7.「世界を隔てる三層のヴェールは心理学のパクリだ」
>心理学でいうことと同じことを言葉を換えて言っているのだと思います。
GLAでは心理学も真実と解釈して、実相追求のために用いているのでしょう。
8.「真我と偽我、魂の原理と自我の原理、光転と暗転、この単純な二分思考、
 何とかならないの?」
>2つの対立軸を設けて単純に説明した方が、判りやすいからだと思います。
また、中間があるという考えよりは、2つの要素が入り乱れているとこで複雑な
実体を説明しようという解釈なのでしょう。
9.「祈りの道より般若心経を読もう、こないだ仏壇の前で祈りの道読んでる
 小娘を叱ってやったよ、夢の中だけど」
>どちらを読んでもいいのでは?各自の自由だと思います。

736 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/03(木) 14:34

ざんすさん、どうも♪

>>732 等
>もちろん、一生懸命探求しているのに、現在は分からないから、
>私には答えられないという謙虚な方もいるでしょう。
>しかし、「どうでもいいじゃない、そんなこと。」と思っている
>人のほうが、よほど多いと感じるのです。探求するのをやめています。
>たまに、分かっていないのに、盲信している方もいて、これはこ
>れで反対の意味で驚きなのですが・・。

>しかし、「訳のわからないこと」に、目をつむって、どっちでもいいや♪
>と考えるのは、自分の信仰に対して、不真面目なのではないでしょうか?
>探求する力がないから無益なのではなく、探求する気がないだけなのでは?
>と疑ってしまうのですが・・・。
―(; ̄∇ ̄)→グサッ(笑)
「誰々の前世は何々で、守護霊は誰それで、指導霊は某で、
魂の兄弟はなにがしか?」
ということについては、探求する気がないのは事実です。(^^;)\('')バキッ

信次先生の『人間釈迦』『心の発見』等を読んだときの素朴な感動。
佳子先生が八正道を解説された『心のまなざし』(非売品^^;)を読んで、
お釈迦様の説かれたこと、信次先生が著述されたことと、
個人的には矛盾なく納得できるし探求できるところ。
『祈りのみち』等の最近の著書でも、
読むたびに個人的な新たな発見があるところや、
「ああ、これなら凡人であるわたしでも実践できるな♪」という希望が、
わたしの信仰といえば、信仰なのです。

「誰々の前世は何々で、守護霊は誰それで、指導霊は某で、
魂の兄弟はなにがしである」
また、単純に、
「誰々は誰某だった!」
という「知識」は信仰の中核ではないです。
#「前世」「守護霊」「魂の兄弟」について、
知識として、すっごく混乱しているようだし。

あくまでも個人的意見です^^

737 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/03(木) 15:22

仏教自由派さん、はじめまして。>>728 等

>◆煩悩ありませんか?◆
いっぱいあります。(笑)
>◆ 煩悩ください◆
あげません。(笑)
>対象   GW期間中暇なGLA会員と反GLA員(忙しい方は結構ですから)
反GLA会員というのは気になる表現ですね〜
嫌われてるのかな?(汗)

信次先生が亡くなられた後、
多くの団体に分かれましたが、皆信次先生の教えに忠実であるならば、
「八正道」の「正語」の実践である「悪口の戒め」「両舌の戒め」
「綺語の戒め」「妄語の戒め」等を守るべきだし、そうすれば、
それほど感情的な対立、心の平静を乱すような対立は起こらかったし
起こらないと思うのです。
また、他の仏教徒でお釈迦様の教えに従うのであれば、同じだと思います。
個人的意見です^^

>煩悩がとれるまで何回やって下さっても結構です。
煩悩がとれるとは思えないので、御遠慮させてもらいます。^^;
お釈迦様も「論争は避けること」を説いていらっしゃるので^^
http://lapc01.ippan.numazu-ct.ac.jp/b/ronsou.htm

738 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/03(木) 15:44

訂正^^;>>736

>佳子先生が八正道を解説された『心のまなざし』(非売品^^;)を読んで、
佳子先生が八正道を解説された『人間のまなざし』(非売品^^;)を読んで、

739 :GLAの会員ざんす:2001/05/04(金) 08:02
 >個人的意見@会員ずらさんへ

   これが私の信仰であり、これでよいのです。
  と言われれば、
  ・・・・そうですか、
  としか言いようがありません。
   本を読んで感動した気持ちを大切にしたい、
  という気持ちも、理解できないこともありません。

   あ、ちなみに、僕も、
  「誰々の前世は何々で、守護霊は誰それで、指導霊は某で、
   魂の兄弟はなにがしか?」
   ということを現在探求しているわけではありませんが・・・、
   まあ、僕が何を探求していても、あまり興味ないですよね、
   きっと(笑)。
  

   

740 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/04(金) 17:29

レス残してた。^^;
人の存在を無視するのはよくないと思うけれど、
うーん、でも「捨てハン」ぽい方まで、レスすべきか悩ましい。
電波系や悪意中傷系も、問題はあるにしても、
多少の人間的面白さ・ユーモアがあったらよいと思う。

>>726 久水さん?さん、はじめまして。
>久水さんてロボットみたいな話し方しませんか?
そうね〜特に、そんな感じはしませんでしたが、
パンフレットや雑誌でお写真を拝見すると、
いつも「完璧に(同じ)笑顔!」って個人的な外見の印象はありましたが。^^;
いいのだろうか、こんなこと書きこんで…(^^;)\('')バキッ

741 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/04(金) 18:02

>>739 ざんすさん、毎度どうもです♪

>これが私の信仰であり、これでよいのです。
>と言われれば、
>・・・・そうですか、
>としか言いようがありません。
「これでよい」とは思っていませんし、現状に満足もしていません。
日々の新しい発見が自分を変えていくのではないかと期待してます。^^

>まあ、僕が何を探求していても、あまり興味ないですよね、
>きっと(笑)。
そう言われると、興味が湧いてくるのが人間心理ですが。(笑)
ただ一般的に、解答は外にあるのではなく、内にあって(すでに与えられている)、
他人に聞いて納得するのでは意味がなく、
自分で悩みながら「智慧」に到達することに意義があるし、
次の探求への自信にもなるのではないかなぁと思うので、
ひとまず好奇心を押さえたいと思います。^^

742 :名無しさん@1周年:2001/05/04(金) 22:41
..... '           ` 、
            /                  ̄`丶、
          /                          \
        /  /                        \
        /     /                 \     \
      /  /                   i               \
     / / /          l       i      \\      |
    /         i      ||     l |  i    ヽヽ         |
    |         | |     | || | |  li   \l  !       |
   |         i    i | |  |      i   \\       |
   | i        ||      | | |  i |    i  i |   !       |
    | | | ! |   || l   || | i     ! | |   |ii   \          |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |l_! !  l ! | ! | | | i || || |l | | i |   !ヽ\  \ l      | < 黙れ、幸福の科学
     |    /〒キ=!=|ュ! 从 || 从l li@`'!ニ\ニl===弌__i__    |  \_____
      |  / | ='〒汀=、`  ヽ|     @`ィ汀〒=zr   | |'@`γ|| |
       |   | ヽ ヾ;リ__@``    ヽ   ' _ヾ'@`り _ノ  从| |) | |  |
        | |  ̄               ̄  ̄     | |-' /| /
         ヽ'-|         |                 ! |-'  /
           ヽ|      {|               | ! /
             ヽ       ヽ             | |  /
             ヽ          _        / | i
               \      ̄        /  / | !
             _ / \          /  /  | \
        _ /  / | \        /   /    |  \ ___
   __-― ̄    / Λ ヽ    ̄       /Λ    |

743 :GLAの会員ざんす:2001/05/04(金) 23:18
>個人的意見@会員ずら♪ さんへ
ただ一般的に、解答は外にあるのではなく、
内にあって(すでに与えられている)、
他人に聞いて納得するのでは意味がなく、
自分で悩みながら「智慧」に到達することに意義があるし、
次の探求への自信にもなるのではないかなぁと思う
 <GLAの会員になる人は、教えてもらおうと思って来ている人
  ばかりだと思っていましたが、どうやら誤解だったようですね。
  でも、この考え方なら、別にGLAの会員でなくても、良いの
  では?(謎)
  信次さんや、佳子さんの言っていることについても、やはり、
  「他人に聞いて納得するのでは意味がなく・・」と思っている訳
  ですよね。うーん、ますます謎。
  僕は、何も分かっていない人なのでGLAの会員になりました
  から、うらやましいですね。僕の場合は、まず、信次さんや
  佳子さん、他の会員さんなどの知っていそうな人の意見を聞い
  て、それから自分なりに悩み、自分の中の真理を見つけていく
  という方法を取らざるを得ないです。つまり、誰の意見も聞か
  ないで、自力で、自分の内側だけを見つめて、解答を出す力が
  ないのですね・・・(悲)。

744 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/05(土) 09:39

>>743 ざんすさん、こんにちわ♪

>GLAの会員になる人は、教えてもらおうと思って来ている人
>ばかりだと思っていましたが、どうやら誤解だったようですね。
いえいえ、わたしも教えてもらいたい人間の一人です^^;
個人的意見ですが、「何を」教えてもらうのかが問題だと思ってます。
人間それぞれ悩みはありますが、「正解」そのものは、
誰も教えてくれないと思うのです。
悩みの「原因」「解決方法」の「一般論」を教わり、
類似の悩みを持った人の「解決例」などを知って、
悩みが解決可能であることや
解決には「勇気」が必要であることを教わるのではないのでしょうか?

>でも、この考え方なら、別にGLAの会員でなくても、良いの
>では?(謎)
でも、わたしの書きこみも、十中八九はGLAの影響ですし、
(もしかしたら、我流で正確ではないかもしれません^^;)
悩みや問題、知識と行いを一致させることや
実践すべき課題は山積してます。^^;
解決方法やヒントを教えてもらうためにも、
会員でいるつもりです。
たぶん、わたしは聖人でないので、悩みは尽きないでしょうから、
会員であることをやめることはないのではないかと予測してます。

>信次さんや、佳子さんの言っていることについても、やはり、
>「他人に聞いて納得するのでは意味がなく・・」と思っている訳
>ですよね。うーん、ますます謎。
「輪廻転生」や「守護霊」などの「知識」については、
個人的には、否定や肯定など「断定」は避けてます。
ただ、個人的な嗜好の問題かもしれませんが、
「人間は有限の存在ではない」
「サハラ砂漠の真中に一人置き去りにされても、
ひとりぼっちではない」
という論理的矛盾や錯誤・錯覚がなぜか好きです。
「自分がどこから来たのか?」「なぜ生まれたのか?」
失われた記憶を取り戻したときに「納得」できるのだと思います。
それまでは、単なる「知識」について、
わかったふりはしたくないと思ってます。

745 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/05(土) 09:45
>つづき

>僕は、何も分かっていない人なのでGLAの会員になりました
>から、うらやましいですね。僕の場合は、まず、信次さんや
>佳子さん、他の会員さんなどの知っていそうな人の意見を聞い
>て、それから自分なりに悩み、自分の中の真理を見つけていく
>という方法を取らざるを得ないです。つまり、誰の意見も聞か
>ないで、自力で、自分の内側だけを見つめて、解答を出す力が
>ないのですね・・・(悲)。
特に、ざんすさんとわたしとでは違いはないと思うのですが^^;
わたしの方が偉そうなことを言ってるだけで…(汗)
無から有は生じないし、
誰も何も学ばずに、問題を解決することはできないと思うので、
「解決方法」「ヒント」ぐらいは、外から徹底的に学んで、
解答は内からひねりだす。^^;
だから、
>誰の意見も聞かないで、自力で、内だけを見つめて
っていうのは、わたし的には正確でないと思います。^^

>解答を出す力がないのですね・・・(悲)。
正直に言えば、わたしも多くの問題で自分は非力だな〜無能だな〜
と自己嫌悪することが度々です。
ただ、
聖書に、何かの病気で立ち上がることができない人に、
イエスさまが、「立ち上がって歩け」と言ったら、
その病人が立ち上がって歩き出し、聴衆はあ然とした。
という話があったと思うのですが、
この病人は肉体的にはすでに癒えていて、
ただ「自分は立って歩けない」という固定観念に
縛られていただけだったのかもしれません。

その固定観念を打ち破ったのは、
イエスさまのような人との出会いがあったかもしれませんが、
その人の「立って歩く」という「決断」だと思うのです。
あっさり固定観念を超えさせたイエスさまもすごいと思いますが^^;

---
>742
「幸福の科学」さんじゃないです(汗)

746 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/05(土) 09:52
>書き残し^^;

各人の魂はしょせん自由ですから、
自力で固定観念を打破するしかないですが、
先生の著書を読むと「がんばれ〜!ヾ(@゚▽゚@)ノ」
というメッセージが、そこここにあると思うのです。
で、真に受けてがんばると…^^;

747 :坤の金神:2001/05/06(日) 17:18

 このスレッド続けますか? それとも新スレッド?

 このスレは、高橋けいこさんもGLAも知らない人がたてたので、スレの願いが
あいまいだったかも。
 次のスレッドは反GLA連合でたてましょう。
 元会員・日本の鬼神さん、あきらさん、佳子の愛弟子良勝さん、少女の涙さん、
169さん、ミカエルの妻さん他、反GLAの皆さん、新スレッド名の案あるで
しょうか?

 「GLA高橋佳子さんの21世紀人間学」 はどうかしら?



748 :日本の鬼神:2001/05/06(日) 18:20
>>747
>次のスレッドは反GLA連合でたてましょう。

賛成。
キリスト、モーゼ、ブッタの生まれ変わりや
ミカエルと称する教団は日本には必要ありません。
弱者を妄想に導くだけです。健全な日本建設のためにも
反GLA連合は必要でしょう。

GLAは信仰の自由を逸脱した邪教です。




749 :艮の大金神:2001/05/06(日) 19:13

 スレッドタイトルに「さん」はいらん。

 「GLA」もいらん。GLA総合本部と先生は違うと誰か言ってたからな。

 「高橋佳子の21世紀人間学」。



750 :神素盞嗚大神:2001/05/06(日) 20:57
ツリー掲示板じゃないと読むのが大変みたいなので、
掲示板作りました。GLAについて教えてください。
一応TOPページから掲示板へとんでください。
よろしくおねがいします。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~truth/

751 :神素盞嗚大神:2001/05/06(日) 21:02
CGIスクリプトのC-BOARD v3.21 を使いました。

GLAについて熱く議論をしましょう

752 :坤の金神:2001/05/06(日) 23:34
>>750 神素盞嗚大神 さん
>GLAについて教えてください。

 スレ立ち上げ者の方かしら? HNは反GLAっぽいけど、
反GLAの人が「GLAについて教えてください」とは聞かないですよね。
反GLA連合で、新スレッド立ち上げますけど、神素盞嗚大神さんの質問
に答えたい会員さんが答えてくれるのでは?

>>748 日本の鬼神 さん

 ご賛同ありがとうございます。神素盞嗚大神さんってご知り合いですか?
GLA得意の演技かしら? ちょっと不思議?


753 :仏教自由派:2001/05/07(月) 00:09

 反GLA連合のみなさん、ご協力ありがとうございます。協力して頂いた
GLA会員の方にも感謝いたします。

 ただいま煩悩処理実行中、、、、、次回は、新スレッドで。


>神素盞嗚大神 氏
>GLAについて熱く議論をしましょう

 反GLA連合の目的は、GLA会員との議論や予定調和ごっこではなく、
違うところにある。で、反GLA連合に何か聞きたいことあるの?


754 :仏教自由派:2001/05/07(月) 00:11

■煩悩あげます(もちろん無料で)■

≫734-735 平会員X 氏
 「キリスト(や天使)の名を勝手に持ち出すことは、おやめいただきたいと思います。」
 「無理に東西の霊性を融合させる必要はない」
 「バラモン教・ヒンズー教の神々や天界や輪廻転生の信仰、これらは、ブッダ自身が
 生み出した新しい思想ではなく、ブッダの思想の地域的時代的背景です」

≫737 会員ずら 氏
 「聖書は全体として読まなければ無意味です。気に入った部分だけを切り取って
 自分の主張の裏付けに使おうと思えば、本来全体として意味しているのとは全く
 違うことを主張できます。」
 「聖書は死者の口寄せ、霊媒を禁止している」
 「キリスト教の教えというのは全体で一つであり、どこか欠けてしまえば人を引き
 つける魅力はおそらく失われるでしょう」

■煩悩あげました(返却不可)■


755 :GLAの会員ざんす:2001/05/07(月) 01:45
 ふぅ・・・、ゴールデンウィーク中も仕事に追われ、ここに来るのも、
ひさしぶりです。みなさん、お元気でしたか?すっかり忘れられてしまっ
たようですが・・・。

 >個人的意見@会員ずら♪さんへ
  特に、ざんすさんとわたしとでは違いはないと思うのですが^^;
  <「何も分かっていない」と公言していて、かつ、「分からないことについて
   肯定も,否定も断言しない」という点は、まさに一緒ですね。
   ただやはり、日々の発見の中で、佳子さんがミカエルかどうか分かる、など
   ということも、内なる自分を見つめて、「自分がどこから来たのか?」
   「なぜ生まれたのか?」などを、思い出すなどということも、自信はない
   です、正直言って。

  >坤の金神さんへ
   次のスレッドは反GLA連合でたてましょう。
   <いつのまに、そんな連合が・・・(笑)。
    新スレッドを立てるのも、良いかもしれませんね。
    もう重いし・・・。
    ただ、あまり過激なタイトルだと、会員の人がレスしにくく
    なるので、ちょっと考慮していただけると、うれしいです。
    僕は、反GLAではないので(と言っても、熱狂的な支持者
    とも違うのですが・・・)、スレッドを立てるのは、反GLA
    連合の方にお任せします。
    


756 :神素盞嗚大神:2001/05/07(月) 05:43

反GLA連合の方も書きこんでください。
GLAを倒すために日夜「天津祝詞」です。
GLAを審神していきましょう。
>>753 もうGLA会員との議論はしないんですか?
真スレッドはもうできましたか?


757 :個人的意見@会員ずら♪:2001/05/07(月) 06:37

>755 ざんすさん、おつかれさませす^^;

とすると、やはりわたしのほうが楽天的というかノーテンキ
なのかもしれないですね(笑)
可能性の楽観主義というのも信仰といえば信仰かも?

#神様が多いですね^^;<このスレ

758 ::2001/05/07(月) 07:19

OFF会は6月10日ベイNKでしょうか?
会員、非会員に関わらず参加できます。
みなさん集いましょう

759 :坤の金神:2001/05/07(月) 13:13
>神素盞嗚大神 さん (向こうの掲示板見ました)
>GLAについて教えてください。
>どんな情報でも結構です
>何か問題点はありますか?不満は?疑問はありますか?

 これって先生や本部が会員さんに聞くことですよね。

 反GLA連合の立場は、私に言える範囲で言うと、そう、入口を断って、
出口を開くというのが目的かしら。
 今の所、入口を断つは、仏教自由派さんとか、日本の鬼神さんたちが
やってる批判で、出口を開くのが、169さん、少女の涙さんたちの批判よね。
 会員さんと対話するのは、出口を開くに重点を置いている人たちみたい。


760 :坤の金神:2001/05/07(月) 13:14
>反GLA連合の方も書きこんでください。
>GLAを倒すために日夜「天津祝詞」です。
>GLAを審神していきましょう。

 169さんや少女の涙さんはそちらに投稿するんじゃないのかな。
「DISCOVERY」の読会でもしてみたらいかが? 来週あたりから。
 それには、ビジョンというか、青写真を提示しなきゃだめなのよ。
反GLAには、強固なビジョン・青写真があるから、先生賛美・予定
調和みたいな青写真は通用しないかも。


761 :谷口竜馬:2001/05/07(月) 15:16
>>757
過去の聖人の生まれ変わりの多いGLAよりましでしょ。
ところでGLAとはゲイ、レズビアン、アソシエーションの略でも
あるね。

それから谷口氏はシャモがお好き?


762 :坤の金神:2001/05/07(月) 17:16
>神素盞嗚大神 さん

おいしいとんかつ屋さんって、GLAと関係あるのかしら?


>谷口竜馬 さん

 HNが反GLAにそぐわないけど、ま〜いいか。
内部情報だして身の安全大丈夫? 何かあったら、
かけつけるから連絡してね。


763 :会員Y:2001/05/07(月) 18:47
 5月4日〜6日の青年塾セミナーに参加しました。
 セミナー期間中、先生は色々な方と対話されましたが、特に、会員の
外交官で、3年間某国の大使であった方と先生との対話は感動的でした。
 また、既に社会の一線で活躍されている諸分野の先輩方と青年との交流
の場が持たれ、青年一人一人の内にジェネシスプロジェクトの諸分野へ参
入する志が立上がった場でした。
 但し、ここではセミナーの内容について詳しく述べません(色々とつっ
こみがはいるでしょうから)。各地で分かち合いの場があると思いますの
で、青年層の会員でセミナーに参加されなかった方は、是非参加して下さ
い。


764 :坤の金神:2001/05/07(月) 19:49

>少女の涙 さんへ

 向こう(神素盞嗚大神さん)の掲示板にスレッドにたててくれませんか?
会員さんがたてて、本部から謹慎処分受けたら可哀想じゃない。ざんすさんなら
大丈夫かも。

案)「DISCOVERY」を読む 「グランドチャレンジ」を読む
  正しい「般若心経」の読み方  霊能ごっこを斬る
  真我誕生を斬る
な〜んて、どうかしらね? じゃ、お願いね。


>会員ざんす さん

 テーマを深く議論するのは、向こうのスレッドがいいのでは?
ざんすさんならスレッドたてても、除名はされないと思うな。


765 :神素盞嗚大神:2001/05/07(月) 21:26
>>762 坤の金神さん へ
とんかつやさんはオイシイのでぜひいらしてください。

766 :名無しさん@1周年:2001/05/07(月) 22:26
>>752
>反GLAの人が「GLAについて教えてください」とは聞かないですよね。
>神素盞嗚大神さんってご知り合いですか? GLA得意の演技かしら?

>>759
>>神素盞嗚大神 さん (向こうの掲示板見ました)
>>GLAについて教えてください。
>>どんな情報でも結構です
>>何か問題点はありますか?不満は?疑問はありますか?
> これって先生や本部が会員さんに聞くことですよね。

やはり、匿名性が高いのかどうかわからない掲示板は不安です。
意図を疑うわけではないんですが、不自然な感じはぬぐえませんね。
神素盞嗚大神さんは、教団職員の方ですか?

767 :169:2001/05/07(月) 23:09
皆さんの代理として、新スレッドを立てさせていただきました。

「高橋佳子のGLA・TL人間学について 2」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=989244074

「高橋佳子のGLA・TL人間学について 2」最新レス100
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=989244074&ls=100

768 :ミカエルの妻:2001/05/08(火) 00:09
ミカエルの妻

>>730 会員ざんす 氏
>もう去られてしまうのでしょうか?貴方とは、もっとお話したかったです(悲)。

 話題が一段落したからね。ROMはするけどね。
 新掲示板では、超まじめな議論をすればいいんじゃない?
 中傷・侮辱的言動がなければ、IPから個人情報探ることもないでしょうよ。
 坤の金神氏の案なら、「DISCOVERYを読む」「グランドチャレンジを読む」
くらいだね。「霊能ごっこを斬る」は2chでないと無理だよね。



769 :GLAの会員ざんす:2001/05/08(火) 02:06
>個人的意見@会員ずら♪さんへ
  楽観的というのも、一種の才能でしょう。きっと良い人なのですね。
  あなたとは、宗教の話ではなく、もっと別の話をしたほうが、
  楽しそうな気がします。
  酒でも飲みながら♪

 >会員Yさんへ
  実りの多いセミナーだったようで、良かったですね。
  僕は、GWはひたすら働いておりました(涙)。

 >坤の金神さんへ
  「ざんすさんならスレッドたてても、除名はされないと思うな。」
  <凄い信頼をいただきまして、ありがとうございます。
   ここで会話していて、ipサーチを掛けられ、GLAから除名通知
   が来たら、驚きです。いや、ipサーチじゃなくて、霊能力かな?
   もしそうなりましたら、報告させていただきます。ないと思うけど
   ・・・・。


770 :GLAの会員ざんす:2001/05/08(火) 02:09
 >ミカエルの妻 さんへ
  お久しぶりです♪
 ときどきでいいので、話かけてください。
 お願いします。
 

771 :名無しさん@1周年:2001/05/08(火) 02:18
>>768 ミカエルの妻さん
>>769-770 GLAの会員ざんすさん

>>767 169さんのご好意に甘えて、移転先で議論しませんか?
どうしても、このスレでレスしたいときは、sage でということで。。。

「高橋佳子のGLA・TL人間学について 2」最新レス100
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=989244074&ls=100

772 :神素盞嗚大神:2001/05/08(火) 07:12
>>766
GLA職員でもなんでもなく
ただ少し会員をかじってみました。
だれも書きこんでくれないので
せっかく作ったのに残念です。



773 :坤の金神:2001/05/08(火) 17:00

>神素盞嗚大神 さん
>GLA職員でもなんでもなく
>ただ少し会員をかじってみました。
>だれも書きこんでくれないので
>せっかく作ったのに残念です。

 会員をかじってみたのですか? お味はどうでした? な〜てね。

会員ずらさんなのよね。2chは読みにくいと言ったのは。ずらさん

が、最初に書きこむべきだったのに、ずらさんずらかった。

私、ちゅらさん見てます。いいストーリーですよね。メルヘン作家の

美穂さんもいい味でてますものね。

774 :坤の金神:2001/05/08(火) 17:01

>神素盞嗚大神 さん
>GLA職員でもなんでもなく
>ただ少し会員をかじってみました。
>だれも書きこんでくれないので
>せっかく作ったのに残念です。

 会員をかじってみたのですか? お味はどうでした? な〜てね。

会員ずらさんなのよね。2chは読みにくいと言ったのは。ずらさん

が、最初に書きこむべきだったのに、ずらさんずらかった。

私、ちゅらさん見てます。いいストーリーですよね。メルヘン作家の

美穂さんもいい味でてますものね。

775 :坤の金神:2001/05/08(火) 17:05

 sageを全角にしてしまいました。ごめんなさい。

777まで投稿しましょう。

 神素盞嗚大神さんの掲示板に、HN「M」の投稿がありましたが、

このスレに投稿する「M」さんでしょうか?

776 :坤の金神:2001/05/08(火) 17:09

 このスレッドって、一体何だったのかしら? 会員さん方、全員

演技だったりして、、、謎は深まるばかり。

 神素盞嗚大神さんは、GLAかじったって言うけど、詳しく知り

たいのであれば、信用できる人に聞くことね。反GLA連合が

GLAの活動について説明したって、「No」を言いまくるだけだ

から。



777 :坤の金神:2001/05/08(火) 17:11

 777ゲット! 祝! ざんすさん、残念でした。777は私が

とりました。

 じゃあ、皆さん、新スレッドに行きましょう。

778 :神素盞嗚大神=M:2001/05/08(火) 18:39
>>775
へへばれちゃった。
青年塾セミナーいけなくて ひがんでます。
しょうがない新スレッドを拝謁しましょう!

779 :谷口シャモ:2001/05/09(水) 10:40
>>776
全員が会員では無いでしょ。
ただ、会員が連絡して書き込みしてはいるでしょうね。

ところで谷口OBちゃんはシャモはお好き?
どうせここのボードを本部でモニターしているのだろ。
谷口ちゃんに聞いてちょ。気が向いたらシャモ送るかも。


780 :坤の金神:2001/05/09(水) 18:06

 向こうにレスいれましたので、シャモさんも移動してくださいね。

781 :会員です:2001/05/09(水) 19:19
私はGLAの会員です。でも活動はあまりしていません。けれども年に何回か
の集にはいっています。皆さんのレスをみて思ったのですが、私自信5年
前なら同じことを思ったかも知れません。GLAに入ってなにが良かったかと
いうと仏様(ブッタ)が成し遂げた悟りを開くことが、私達の日常で出来て
しまうんです。確かに悟りを開かなくても生活に支障はありませんが、なぜ
ブッタがあそこまでして悟りを開きたかったのだろうか?それは心が充たされ
るのだと思います。人の批判、グチばかりある世の中は悲しい世界だと思います。
私は今、人にやさしくなれたように思えます。
人の批判やグチを言ってるよりも心を鍛練して、人を幸せにしていきたいです。


782 :今は昔の話をひとつ:2001/05/09(水) 20:11
私が本当に宗教を心の教えであると知ったのは、高校生のとき読んだ高橋佳子先生著書である
「真創世記」という単行本です。この本により、当時悩み苦しんでいた自分が心から救われ
ました。それまで物質的なことにばかりに目を向け、また他人のこうした欲とのぶつかりあい
が多く、真実とは何なのだ、生きる目的は何なのだと苦悩する日々にひとつの灯台となってく
れました。(あの時この本に出会っていなければと思うと、今でも心から感謝しています。)
ただ、当時は受験などもあり団体に所属することはありませんでしたが。
その数年後、この教えを引き継いだと思われた幸福の科学と出会い、ここで発行する数多くの
書籍を読み、これこれこそ私が真に求めていたものだと思ったものでした。
あれから数年立ち、今は仕事に追われ、このことがひどく昔のことのように思われます。
きっとまた定年後は求道するのだろうな。


783 :坤の金神:2001/05/09(水) 21:20

 とにかく新スレッドへ移動しましょう。改めて、投稿されてくださいね。

    ↓ 新スレッドです

  http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=989244074



784 :ヒコ:2001/05/19(土) 12:20
NKホールでの佳子先生の講演会がとても楽しみです!

785 :佳子さん:2001/05/19(土) 13:18
>>781
>人の批判やグチを言ってるよりも心を鍛練して、人を幸せにしていきたいです。

GLAの会員が実践してください。
高橋一栄さんにもぜひ実践をお願いします。
演技だけうまくて実質が無くてはね。

786 :佳子さん:2001/05/19(土) 13:20
>>784
>NKホール

ニューヨークですか?
成田まで見送りに行きます。

787 :名無しさん@1周年:2001/05/20(日) 09:41

 佳子さ〜ん、いちいち、荒らしに反応してると、きりがないよ。
そこの、フェチ会員の「ヒコ」さんも、GLAらしい受発色はやめ
ようね。

 で、けいちゃん、佳子ちゃん、佳子さん、子供の頃、どう呼ばれてたの?
気になるから。

788 :名無しさん@1周年:2001/06/04(月) 12:36
age

789 :名無しさん@1周年 :2001/06/15(金) 00:59
age

500 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)