5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宗教は全部信じない

1 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 06:50
キリスト教、仏教、ヒンズー教、イスラム教、、、
宗教信じてるやつ!それはお前の心の弱さの象徴だよ!
神に頼らずに、自分の心持で生きろ!
救ってもらおうとか、天国行こうとか、本質はエゴなんじゃねーの?


2 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 08:17
無視するのが正しいんだろうけど。

つまりあなたは葬式しないんですね、親のお墓参りもしない。
友人が亡くなっても葬式に出ない。結婚する友人が
キリスト教式でやったら罵倒する。そういうことなんですね?

3 :信者200 :2000/08/26(土) 10:22
わたしはキリスト教徒ですが

お墓参りとご葬儀と結婚式だけが宗教ではありません・・・・・・。

「いきることしんじること」がたまたま冠婚葬祭のばであらわれるだけでして。

4 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 10:41
>1
そうそう、エゴがあるから他宗教、他教団どうし
ケンカすんだよね。
管理なき2chのこの腐ったありさまを見よ、
これが宗教の本質なんだよ!

5 :俺だけ教教祖 :2000/08/26(土) 12:08
葬式にも結婚式にも出ちゃうけど、おまけにクリスマスまで楽しんじゃうけど、
やっぱり宗教なんて信じてません。ただのイベントだから・・・。
宗教に頼る人は、自分で善悪とかのモノサシを作れない人が多いでしょ。
他人のモノサシをいかにも自分のもののように言うから嫌いな人が多い。
他からの受け売りを自分の意見のように話す人と同じだな。
ただし、宗教の道徳的なところを尺度の1つとして取り入れるのは別だよ。
宗教の人にも中にはいい人もいる。でも、とても少ない。

6 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 12:47
神父さんは言いました
「神様はあなたの心の中から、あなたを見ています」
住職は言いました
「仏様はあなたの心の中に宿って居られます」

いろいろ話も聞いてみたけど、「自分の良心に恥じぬ行動をすればいい」
って点でまともな宗教は一致してると判断。
別に信仰を持たなくてもこれでいいとは思うんだけどね。

7 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 12:50
そうそう、宗教団体に入ってお金出して生活を管理される必要はない。


8 :ただのとうりすがり :2000/08/26(土) 12:55
僕は無神論者と言うより宗教に関心が無いんですが(葬式等イベント除く)、
宗教を信じている人の信心を支えるおおもとはいったいなんですか?
きっかけでも良いです。抽象論ではなく具体的に聞きたいです。

9 :イザベル :2000/08/26(土) 12:59
みんなお互い様。っていう気をなぜみんなもたないのかしらって、
思う。どの宗教も「殺しなさい」って教えてるかしら?
違いを認め合えば、それまでなのに。
神の世界に人間を入れれば、こうなるっていういい見本ね。

1>そうそう、一人一人の心の持ちようで変えれるはずなのよ。

10 :えっと・・・ :2000/08/26(土) 13:06
自分自身は周囲の環境と切り離せない。
周囲の環境が好ましいのは、あなたの努力が実ったせいばかりではない。
キリストを信じてキリストを主とする事で周囲が変わっていくこともあり、
もっと言えば、宗教を信じて入信すると周辺状況は自ずと変わることも
わかるはず。
宗教も神も否定する自分中心の人間観は、内側にも全体にも閉鎖的自己完成
しか打ち立てることがない。つまり、進化や進歩の仕上げは、個人にとっても
全体にとっても、自己のうちに自己を築くこととなるのみであるから、
言葉を換えれば単なる自己中ということになる。そんな奴が集まって殻に
こもって享楽にうつつを抜かすだけの人生は無神論の極みであり、下卑た人生
だと俺は思う。そういうものを浄化して今を乗り越えて今地上にあるものを
乗り越えようとする力があるとすれば、それはすべからく無神論からではなく
何らかの信仰者、宗教者からもたらされているのである。
 謎や混沌を越えるのに有効なものの一つが神や宗教であることは疑い得ない。

11 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 13:24
キリスト教の宗派とか全然知らないけど、地動説を唱えていた頃のキリスト教は、
カルト集団だと思う。そうした過去に抵抗感が残る。

12 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 13:26
>11
確かに、中世キリスト教が西洋の文明の発展を阻害していたのは間違いないからね。
つか、今の西洋文明がこれほどまでに攻撃的なのは中世キリスト教に大きな原因があると睨んでるんだけど・・・どう?

13 :イザベル :2000/08/26(土) 13:37
だからこそ、原点の「神様は人間全てを愛されている」
というところに戻ってもらわないと。
まぁ、東洋にもっと早く伝わっていたら、違っていただろうけど。

14 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 14:00
俺は子供を連れて変なパンフレット配りにくる奴らが嫌い。
子供をだしに使うな、と言ってやりたい。

15 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 14:26
>13
>東洋にもっと早く伝わっていたら、違っていただろうけど。
無理です。
中国人にはもともと「神様より人間が偉い」との思想があります。
仙人は人間出身で、且つ神様よりも偉いのです。

また、晋代にはキリスト教は伝わっており、四川の地に「景教(キリスト教)流行記念碑」なるものが建てられています。
宋の時代には杭州にムスリム系の町が出来ていました。
唐代にはゾロアスター教(拝火教)の聖火が中国にもたらされています。
いずれも広まることはありませんでした。


16 :13 :2000/08/26(土) 14:27
太平天国の乱は例外的事項になりますね、中国史上では。

17 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 15:18
自分の考えを作りなさい!

18 :某国立大工学部 :2000/08/26(土) 15:32
私は理系の人間ですが,宗教を信じてる人の頭の中を見てみたいです。
上佑さんもあんなに優秀な頭脳を持ちながら宗教にのめりこんだ所を
見ると,たいした人間じゃなかったと言う事ですね。
NASDAよりもオウムをとるなんて信じられませんよ。

19 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 15:42
>18
基本的に同じ考えなんだけど、上佑の件はちょっと変だと思う。
論理的思考ができなかった頭脳を優秀と言えるかどうか、これだけは合点がいかない。
記憶系統だけはよかったのかもしれないが、思考系は劣っていたのだと思います。

20 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 15:42
>10
神を信じないことが、自分中心につながるわけじゃないだろ?!
そんな事言ったら、「神」自体が自己中だろ?
自分の考えを人間に押し付けてるんだから。

世の中、「完全」なんてものはないんだよ。
1つの宗教を信じて、個人が画一化するより、
自分自身のアイデンティティで生きるべきなんじゃない?
自分の正しいと思う行いをする=自己中 じゃないでしょ?


21 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 15:42
本物の宗教は浄土真宗親鸞会以外にありません。

22 :イザベル :2000/08/26(土) 18:04
15>あら、そう。神は使役されるものなのね。
それじゃあ、無理ね。

それから、複雑な教義を持つものは嫌がられるものね。
キリスト教全般的に、一つの言葉のとり方の違いで
異端になったり、正統となったりしてきたのよ。
あたしゃどうでもいいじゃないさ。って思う。

あの子供を出しに使うやつらは、ちょっと違う宗教なのよ。
誰も愛せない人たちだから、ほっとけばいいのよ。
布教が商売の人たちだから。

神の世界なんて、人間の頭でなんて考えられないわ。
難しく考えずにいれば良いのだけど。
人間の欲が勝つとこうなっていくのよね。

見えないものは信じないって言うのは正解よね。
オウムとかややこしい宗教の連中が、
見えないのに信じるから、ほらごらん。どつぼにはまったわ。
あたしは見えるから、信じてるけど。それだけのものよ。

23 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 18:30
>22
それはちょっと言いすぎでしょ?
見えないものにも多くの真理はあるんじゃない?
昔はウイルスなんてものは見えなかった。
だから、病気は「たたり」とか「呪い」と思われていたんだよ。
でも、まぁ自分の経験と合理感を考え合わせた結果で、
神はいないんじゃないのかなー。



24 :首無し :2000/08/26(土) 18:31
神サマとかって本気で拝んでいるやつってほんとイタイよな。


25 :イザベル :2000/08/26(土) 18:37
23>それなりの謙虚さがあればいいけど、
謙虚さがなくなれば、どつぼに落ちるってことよ。

ほら、今日もどっかで宗教戦争やってるわ。バカらしい事よね。
そう考えると、宗教や神を信じない人って合理性があるのよ。

ただ、あたしは神がいるって感じるから、そう思うだけ。


26 :15 :2000/08/26(土) 18:37
神様が居るか居ないかなんて関係ないんじゃないかな?
その人にとって居ると思えば居るし、居ないと思えば居ない。
それでいいじゃないか。
だから、勧誘に来ないで。

27 :イザベル :2000/08/26(土) 18:47
ほんと、そのとおりよ。チラシぐらいで勘弁してほしいわね。
ついでに、裏白だったらもっとありがたいわ。
メモ帳買わなくて済むから。

28 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 22:23
もっと自由な発想があってもいいと思うのだが、宗教関係者には無理かな。
いちいち宗教にあった理由付けしなくては駄目だからなぁ。

29 :名無しさん@1周年 :2000/08/27(日) 10:37
毎朝、駅前でパンフ持って立ってるオッちゃん、誰も信じてねーぞ。早く仕事行け。

30 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 13:37
この板での比率はどのぐらい?
信じる6:4信じない
これぐらいかな〜?

31 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 13:42
>1
まさに島国日本人ね。もっと世界をみろよ

32 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 14:21
いや、いや、書き方は煽り調でよくないけど、言っている内容はまともだと思うよ。

33 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 14:27
宗教信じないなら葬儀で手を合わせるなよ。

34 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 14:28
>1
バカなやつだ

35 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 14:45
俺にとっては葬儀は宗教行事というよりも誕生日を祝うのと同じ単なるイベントだよ。

36 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 14:47
>35
葬儀は、原始宗教なんだよ。

37 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 15:03
>36
元々はそうだったかもしれないけど
俺にとっては全ー然、宗教的な意味合いは持っていないと言うこと。
飯を炊くのにいちいち水の中で米を研ぐぐらいの意味しかない。

38 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 15:21
>37
タトエガワカリマセン

39 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 15:29
>37
南無阿弥陀仏

40 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 15:30
>38
ただの習慣ってこと。

41 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 15:40
にゃるほろ

42 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 16:21
>33
じゃあ、やっぱり仏教徒の人は、クリスマスプレゼントとかあげた事ないのかなー?
あと本来「宗教」なんて「信じる人」「信じない人」どちらの人も愛すべき
なんじゃないのかなー?
「信じる人だけ救われる」のはヒドイ、、、



43 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 16:46
宗教を名乗るネズミ講まがいの詐欺団体。逝ってよし。

44 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 18:04
騙される奴が騙されるだけなので「信じる人だけ救われる」のはヒドイとは思わない。
ただし内輪でやってくれ。インチキなものを勧誘するな。隠れてやってろ。

45 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 18:07
親鸞会だけは本当の宗教だよ

46 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 18:10
クリスマスがあればプレゼントがある。
バレンタインがあればチョコレートがもらえる。
お正月があれば三日間休みで、お盆も同様だ。
土日が休みになってるのもキリスト教のお陰だ。
宗教が無かったらこれら全てのイベント行事が無くなる。
宗教様々じゃないか。



47 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 18:12
>45
親鸞会だってインチキだろ?

48 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 18:31
死後を商売のタネにしているのは全てインチキです。

49 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 21:13
痛いところを突かれると何も言えないね。

50 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 21:16
どうして死後がないとわかるのですか?

51 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 21:23
死んだら無になるという考えを釈尊は断見外道であると教えられています。


52 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 23:10
死後を保証できる根拠は何ですか?

53 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 23:20
心が弱いかどうかは、知りませんしあなたにいわれることでもないですが、
天国にかえりたいというのは、本心ですしそれをエゴといわれれば、
そうですね、としかいえませんな。だとしたら、この思いは正しい利己主義
ですかね。
我々は、死後を信じているんで、宗教やっているわけです。
で、あなたはご丁寧に(狂信者のごとく)いちゃもんつけてくるわけです。
だとしたら、挙証責任はあなたにあります。
つまり、モンクを言う以上、あなたが死後の世界が存在いないことを証明すべきです。

54 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 02:25
>55
って言うか、その前に「死後の世界」の存在をどうして信じるの?
論理的に証明もできない。自分で経験したわけでもない。
ふつうのまともな人間なら信じないんじゃない?
それともただの勘なの??


55 :イザベル :2000/08/29(火) 02:39
無理に信じて、地獄へ落ちたらどうしようとか
びくびくして生きる人生だったら、面白くないわね。
そこへカルトがつけ込んで、騙されて金がなくなれば用なし。
人間は人間。自分は自分。人は人。その方が気分よく生きれるわね。
それから、そうね。ウイルスを人間が発見したように、
発見できればいいのにねって、信じてるからそう思うときがあるわね。

56 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 02:42
>>54

>論理的に証明もできない。自分で経験したわけでもない。

 信じたい事を信じるのに何のためらいがあるんだ?
 論理的に証明できなくても、信じれると思えば人間は信じれるんだよ。
 論理的に証明できないと困るのは、他人に信じさせるときだけ。

 それが人間ってもんだ。
 それもわからず論理論理と言ってんじゃねぇよ。
 世の中には論理的に証明しても信じない奴だっているんだよ。


57 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 02:44
????
なんで、死後の世界を信じられんのかな。
論理的に信じているわけでもないしね。というか、まあ今もってる知識体系では
うまく説明できんということかな。説明できる日もくるかもね。
人類もしばらくの間は地球丸いこと証明できんかったし。でも地球はそれに関係なく
丸かったし。
まあ、経験してなくても認識できることはあるしね。日常でも。
困ったことに、私は反対に君がまともに見えんのよ。
普通、まともな人間ってのあ、信じないもんかね、死後の世界。
夏になると怪談やるよね。
ずいぶんたくさんの人が信じてるように見えるけどね、あの世。
まああの世がどんな世界かは宗教で異なるんだが。
それにあの世がないことを論理的に説明してほしいもんだけどね。


58 :死後の世界 :2000/08/29(火) 02:47
死後の世界、、、、。
もし、あると仮定したら、
猿、犬、猫、鳥、魚、蛙、虫、、、、
これらにもあると思うべきだろう。
だが、人間はこれらの生物を殺し、
住処を奪い、見世物にしたり、、、、、
自分がペットや動物園に入れられてたら、イヤではないのか?
科学の中で生活する限り、犠牲は増えつづける、、、。

すべての「人間の存在」そのものが、他の生物の犠牲の上に成り立ってるんだ。
そんな我々「人間」は天国なんてところにはいけない、、、。
いや、望むべきではないのだ、、、。

それでも宗教にしがみつき、救われようと言う姿勢では、
人間の未来は暗い、、、



59 :イザベル :2000/08/29(火) 02:54
エホバの商人は、ないって言ってるわね。

60 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:00
>58
動物や虫の霊がいたら、オレ、呪い殺されてるなぁ〜(笑)




61 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:08
へー、変わった人だな。
動物殺す人間は天国いけないし、天国いくことは望むべきじゃないんだ。
まあ、アニミズム的なところ、あるんかな、君には。
土俗宗教には天国地獄を説かんところあるみたいだね。
私にはよくわからんけど、人間つくったの神様で動物つくったのも神様って
おもっとるわけね、私は。で、人間は動物食うわけね。予定されてんでないの、
動物くうこと。
なにはともあれ、私は天国かえりたいしね。君はかえりたくないか、あの世自体
信じないわけだね。気の毒に。
ああ、エホバはあの世はないっていってるね、そういえば。
ハルマゲドンの後、肉体で復活するんだっけ、うろおぼえだが。
へんな宗教だね。
58さんみたいな人が、死後エホバの神様やってんじゃないかな。
あの世を認めず、妙に暗いしね。

62 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:14
>57
地球はまるいよ。
でも、物理学と宗教を一緒にしてほしくないね。
我々、物理学者が思うに、
この宇宙は”ビックバン”により生まれ、”時間””空間”が発生し、
相対性理論により”宇宙は膨張している”ことがわかった。
そしてその結果、”宇宙の果てには何があるのか?”という疑問が生じた。

きっと我々が想像もしえないようなところに宇宙はあるのかもしれない。
たとえば、宇宙という実験施設の中にできた小さな惑星”地球”に
住んでるだけなのかもしれない。
そして、実験を行ってるのが、君たちの言う”神”なのかもしれない。

事実は想像よりも奇なりってね!


63 :58 :2000/08/29(火) 03:20
人間が一番偉いと思ってんの?あなたは?
人間は、他の生物を犠牲にしてイイって?
それが「エゴ」なんだよ。
宗教やってるやつって、こんなやつしかいないわけ?>61

64 :トド。 :2000/08/29(火) 03:22
死後の世界ってあるんじゃないかなって思う方が面白いけど。
実際に死んでみないとわっかんないんだけれどね。でも、その世界でも
自分がいるのなら、そこで今度はどんな生活をする世界が待ってるのか
想像するってのも結構楽しいよ。
深く考えるよりも、楽観的に考えればいいんじゃないかなあ。
私も、いまある宗教は全部嫌いなんだけれど、(だって、すぐに他の
宗教やってる人と喧嘩するし・・・。仲良くしろって自分とこの神は
言ってないのか? もー・・・。)そういう、不思議世界は好きだよ。
そんなカンジでいいんでないかい?

65 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:27
はにゃー???
すごい想像力だな。でもへんな文章だな。>62
物理学と宗教を一緒にしてほしくない・・・・・ってだけでも
解答としてはお粗末だが、きみの例えも宗教的だねー。
ああ、死後の世界がないんだ。
そっち信じるほうがやっかいだな。
いや、宗教のほうではね、神がいて、神が万物をつくって、死後の世界
があることがわかっているんですよ。ただ君の想像のほうが、奇だな。


66 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:28
>>62

>地球はまるいよ。
>でも、物理学と宗教を一緒にしてほしくないね。

地球が丸いといって、大きさを測ったのが2000年くらい昔だからね。
その当時は宗教も科学も同じ学問だったよ。
良い例えじゃないか。

67 :トド。 :2000/08/29(火) 03:28
つけたし。自分のトコの神って書き方したけれど、神って者がいるの
なら、もちろん1つだと思ってる。
宗教やってるひと全部ではないけれど、時々「うちの神を崇めていれば」
という言い方をする人がいるので。
神は一つなんだから、うちもよそもないっての。とにかく、違う宗派の
人にも優しくしてやれば良いのに。へんなの。

68 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:32
こうやって見ると、無信仰の人たちの宗教感情の方が
はるかに深くて豊かであるような印象があるにゃー。
コトアゲしない方がより気持ちを大事にできてるって
ことかにゃー。

69 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:37
>63
ふーん。君は人間と動物は対等という価値観をもっているわけだね。
そりゃ、エゴにみえるだろうね。
まあ、訳もなく殺しすぎるのはよくないわね。そりゃそうだ。
だから君は、君の価値観にしたがってアニミズム信じるか、天国拒否して、
地獄にいくといいよ。わたし、新宗教とちがって、おせっかいじゃないから、
無理強いしないよ。
私は地獄いくのやだけどね。

70 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:39
無宗教の人たちの宗教感情・・・・・(爆笑

71 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:44
>65
一つの例をあげただけだよ。そうゆう”可能性”もあるだろって事。
あたの言ってる事だって”可能性”があるにすぎないんだから、
”自分の言う事が真理だ!!”って考え方はよくないね。
一つの事に執着しすぎて、他のものに盲目になりすぎだよ。
まぁ、それが宗教の悪いところだけど、、、

真実はわからないんだから、宗教も信じ過ぎず、
「こうゆう考えもあるんだー」程度にとどめておくべきじゃない?
反論どうぞ(藁


72 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:49
この地球上に生命が誕生した頃の死後の世界はどうだったんだ?当時は原生生物しかいない世界だったはず。
やがて生物は進化してアンモナイトや恐竜の時代に、この頃、人類の祖先は猿でもなくネズミに近かった。
長い年月を経て猿人から原人へと進化して、さらに長い時間をかけて現在の人類という過程を経ている。
この間の死後の世界、果たしてどうだったんだろう?

死後の世界は永遠の形需上学だとは思うけど、死後の世界を説く点では宗教はインチキだと思うな。

73 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:50
>69
そんな性格じゃ、信じてても天国にはイケねーんじゃん?(笑)

74 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 03:59
ああ、可能性はあるとおもってるんだ。>71
いや、とくに反論もないんだけどね。
「宗教は全部しんじない」って、盲目的にいわれたから。
「こうゆう考えもあるんだー」程度に考えることが、君のスタンスならそうしていたら。
私は死後の世界があるかどうかわかんない、ではなくあるとおもって信仰してるんで。
しかし、盲目的に信仰攻撃やろうとすると、ひとは急に物理学者になるんだね。
統一教会みたいだな。
君のいうとおり、盲目はあぶないね。


75 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:00
>69
人間を一番の生物と考えるあなたは、何教徒?
全ての宗教が、こんな醜い人ばっかりなの??>ALL

76 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:10
>72
どうだったんだろうね。よくわからんね。
原生生物の死後の世界でもあったんかね。
進化論もよくわからんね。神がある意図で猿人を進化させたか、進化論は
じつは嘘っぱちで、ある日神がぽんと人間つくったかは知らんけどね。
ただ、どうしてこのことが宗教がインチキであることを示すかはもっと
わからんね。


77 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:13
>76
死後の世界を見て帰ってこれた人はいないからだよ。

78 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:13
動物さんざんころしておきながら、平等主張するひとのほうが、
私には、醜くみえるけどね。

79 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:14
>77
ああ、そんだけの理由か。

80 :71 :2000/08/29(火) 04:16
>74
は?「宗教は全部信じない」なんて言ってませんよ?
このスレしたの私じゃないし。
たぶん、一般の人から客観的に見たら、
あなたの方が盲目的に見えるはずですよ。

大体、あなたは天国いきたいから信じてるんだよね?
…………。あきれて返す言葉もないよ。
醜い。
もう寝よう。
あと急に物理学者になったわけではないですよ。
これでも、博士なので。




81 :イザベル :2000/08/29(火) 04:19
人間は人間の世界。それぞれの種類の動物は各々の世界があるって見えるわ。
でも、これもあたしの妄想じゃないのと言われれば、それまでの事。

82 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:20
博士、おやすみ。俺も寝よーっと。

83 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:22
>80
おやすみなさい。
(おきたらよんでね)
一般のひとから客観的にみたら、君は博士じゃないよ。

84 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:24
進化論が信じられない人は地動説も信じてないのかもね。
こりゃダメだ。

85 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:31
>84
ははは。進化論信じてるんだ。盲目的だね。
私は可能性の一つとして留保するにとどめるけどね。
地動説は、「知っている」よ。
きみ頭悪いな。

86 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:42
>85
書き方も悪かったかもしれないが死後や来世を語る宗教よりも信憑性が高いということ。
あと、ご指摘通り俺は頭悪いよ。自覚はしてるんだ。

87 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:45
==========終了==============

88 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 04:47
また明日ーーーー。

89 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 05:11
>83
君が博士号にどんなイメージを抱いているのか知らないけど、
博士号を持っている人は世の中に沢山いるよ。

90 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 08:26
天国に行くにはどうしたらいいんですか。

91 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 09:34
>90
天国へ行くには、都会の夜中に現れる
「夜中専門薬局」を営んでる方たちに
相談してください。
 お値段が高いですが、親切に天国の
気分が味わえるものを売ってくれますよ。

 効き目が切れるまではね うひひひ

92 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 10:12
お互い言ってることはあんまりかわんねんじゃないの。
科学では心の領域にはいまだ行き着いてないしね。
宗教は心を救うものだとおもうよ。精神病院と薬だけじゃ人は救われないし。
安易な信仰をしてない人も沢山いるし、逆にそいうひとは、論争なんか
しないしね。悟るから、心をね

93 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 11:06
>85

あんたが進化論を保留するのはわかったが,
盲目的だね。は余計なんじゃないか。



94 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 11:21
宗教は自分が良いと思うとこだけ取り入れて
人生の捉え方の参考程度にとどめてた方が良いと思います。
一つの宗教が述べること全てが正しいとも思えませんし
そうゆう考えになることが盲目的だと思うのですが?

95 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 11:22
>94
消えろ

96 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 11:29
このスレ立てた人、死ぬときもやっぱり寺に行かないのかな?


97 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 11:30
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 

98 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 11:36
宗教で救われている人がいるのは「事実」なんだよね。
普通に生活が出来てる人はそれだけで幸せなんだよ。
何も無理に信仰することもないし、ましてや信仰者を蔑む
必要もない。時には盲目になければどうにもならない人もいる。
そういうのを騙す自称宗教団体が多いのは事実ですね。
人の心を救うのが宗教家の仕事だと思うけど。

99 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 11:41
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 

100 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 12:30
宗教が嫌われる要因の1つとしては税制の優遇措置もあるのかな?

101 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 12:31
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏


102 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 12:35
                            ■■
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            ■■        ■
            ■■        ■■
          ■■          ■■      ■■
          ■■■■■■  ■■      ■■■
        ■■■  ■■    ■■    ■■■
      ■■■    ■■    ■■■■■
    ■■  ■    ■■    ■■
  ■        ■  ■■    ■■
            ■■■■    ■■
              ■■      ■■          ■
            ■■        ■■          ■
          ■■■        ■■          ■■
        ■■            ■■■■■■■■■
      ■■                ■■■■■■■

103 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 12:36
>101
君みたいのは、特に自分の頭を使った方がいいよ。
宗教云々以前の問題としてね。

104 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 12:41
心を救うなら精神科かな。

105 :名無しさん :2000/08/29(火) 12:45
>72
ブッダはね、個人の生まれ変わりのみならず、宇宙の生まれ変わりを
見ているんだよ。幾多の宇宙の生まれ変わりだから、幾多のビッグバン
だね。君の生命はその頃から連綿として続いていたと言う事さ。

106 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 13:00
ブッダは電波か?

107 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 13:07
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏




108 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 13:11
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏




109 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 13:16
やはり電波君ですね。

110 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 15:13
http://www.d3.dion.ne.jp/%7Enyoetu/
これ、君の仲間ね>108

111 :名無しさん :2000/08/29(火) 23:04
age

112 :名無しさん@1周年 :2000/08/30(水) 01:11
>94
その通りだと思うよ。宗教の人は盲目になりすぎ。
このまんまじゃ、もし彼らの信じる真理が偽りであった場合、
自我が崩壊しちゃうんじゃん?

>96
オレの事?
別に灰を海にまいてくれて、イイよ。でも怒られるからしないだけ。

>98
宗教が人の心を救うのは知っているよ。
だから、「心の弱さの象徴」って言ったんだ。
なにか辛い時に、宗教で心を癒すのもよかろう、、、
だが、今のほとんどの人は「宗教」という依存症にかかってしまっているように思える。

113 :名無しさん@1周年 :2000/08/30(水) 02:38
>カルト、詐欺宗教
偉そうなウンチクたれても結局は金集め、犯罪行為
>メジャーな宗教
偉そうに神の教えを説くが結局は異教徒の迫害、政治介入に御執心
法王がムッソリーニと裏取り引きした翌日、
「ファシズムは歓迎すべき物であり、ムッソリーニは天意を得た人物である」
と臆面もなく演説した事や、その次の法王が迫害されているユダヤ人
を助けもせずに見捨てた事が所詮は奴等も凡人であることを如実に示している
所詮宗教なんぞ世迷言、全て嘘さ

ただ適度に利用すれば心が安らぐのも事実だがな、食われんなよ



114 :名無しさん@1周年 :2000/08/30(水) 03:23
>>112

>だが、今のほとんどの人は「宗教」という依存症にかかってしまっているように思える。

 今ではなく昔からそうなんだよ。
 お前モノ知らないくせに偉そうにすんな。
 他人の心の弱さを確認しないと安心できないんだろ?
 そりゃ、お前の心が弱いからなんだよ。
 本当に強い奴は弱い奴見ても気にもしないんだよ。

115 :名無しさん@1周年 :2000/08/30(水) 04:54
ああ、そうか。かりに宗教信者の心が弱いので神に頼ると仮定しても
宗教を信じない人たちは、その信者をたたいて、弱さを確認すること
で、安心してたんだ。だから、昨日みたいにつめたく突き放す信者に
言い負かされると、逆上するんだな。

116 :ダミー :2000/08/30(水) 06:02
1 賛成
キリスト教、仏教等・・・を、捨てよう
まるめて  ポイ

117 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 09:51
何度も言うが信仰がなかったらどうしょうもない人生しか歩めない
本当に助けてあげなきゃいけない人だっているんだよ「実際」。
そんな人にあんたは心が弱いよ、現実とうまく折り合いをつけて自分が
良いと思うものはとりいれて・・・って言うのか?
じゃぁどうやって強くなったり、穏やかな心持で暮らせるようにその人に
「何がしてあげれる」のだ。
現場はシビアだ。

118 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 10:00
>今のほとんどの人は「宗教」という依存症にかかってしまっているように思える。
「宗教」という依存症にかかってしまっているように思えるような信者しかいない
内容「自称宗教」しかテレビで報道されないからだよ。
とかくテレビは宗教をバックグラウンドに持っているってことはあまり表には
出したがらないからね。っつうかそんな番組面白くないしね。
ゴシップ記事のほうが視聴率取れるじゃん。ここの板と同じだよ。
テレビの見すぎ。

119 :6=12=15 :2000/08/30(水) 10:56
確かに信仰を持つこと自体は全く悪いことではない。
それによって救われる人だって居るわけだし。
あなたの心の中にあるうちは自由だし、それに伴いどんな行動をとっても個人の責任の範囲にある間は自由。

信仰を持っている人から、信仰を持ってない人を見て「ダメだ」って意見もどうかと思う。
自分自身の指針を持ち、しるべとなるものを必要としない人たちが大半なんだから。
自分の基準で、自分らしく生きるのもけっこう大変なんだけどね。
既存の価値観を良しとしないのもあるけど。

私の伯父夫婦は「エホバの証人」の信者で、まぁ、その絡みもあって近くの教会やお寺で宗教関連の話をよく聞いた。
そのあたりも結構調べたりもした。

人間なんて信仰の有無よりも、個人の人格なんじゃないの?
信仰があろうが無かろうが、悪いヤツは悪いし良いヤツは良いし。

だから、勧誘に来るな。


120 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 11:10
>119さんのレスが117に言ってるとしたら「ダメだ」とは一言も
言ってません。信仰を持たなくても暮らしていけることは、
ある意味幸せだと思います。
勧誘に来たら思いっきり罵声をあびせ断りましょう。

121 :名無しさん :2000/08/30(水) 11:26
信仰がなかったらどうしょうもない人生しか歩めない人って
本当は精神科に行った方がいいんでしょうね。

122 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 11:31
精神科がなんでもしてくれると思ってんのかしら・・・
気が狂ってなくったってどうしょもない人もいるのにね
やっぱりテレビの見すぎ。

123 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 11:33
どうしょもない人じゃなくどうにもならない人っていった方が
よのかな。

124 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 11:38
>このまんまじゃ、もし彼らの信じる真理が偽りであった場合、
>自我が崩壊しちゃうんじゃん?
だから自我が崩壊して自殺しちゃうような教えを(洗脳)する
統一教会とかはやばいんだよ。洗脳と信仰は違うんだ。
字も違うでしょ。



125 :名無しさん@1周年 :2000/08/31(木) 03:40
でも統一協会の人に言わせれば洗脳ではなく信仰だと言うんじゃない?
他の宗教とさほど代わりはないと思うんだがなぁ。

126 :名無しさん@1周年 :2000/08/31(木) 03:51
統一教会は神を信じているんじゃなくて、文鮮明を拝しているんでは?
宗教は究極は「組織」を越えている。洗脳は「組織」を固め、人を破壊
するが「組織」基本的にどこまでも組織に閉じこめられるんじゃない?

127 :126 うっ :2000/08/31(木) 03:53
文めちゃくちゃなまま・・・ごめんなさいね。

128 :名無しさん@1周年 :2000/08/31(木) 03:54
仏教の場合、仏陀は神じゃないからなー

129 :名無しさん :2000/08/31(木) 03:56
>126さん
気にしないで下さい。

130 :名無しさん@1周年 :2000/08/31(木) 04:23
>>115
>宗教を信じない人たちは、その信者をたたいて、弱さを確認すること
>で、安心してたんだ。

 もっと最悪です。
 人は何かで心のストレスを発散させたり、不快な事を忘れて心の折り合いをつけて生きていく生き物です。
 それが宗教だったり、家族だったり、趣味だったりするわけです。
 それが脳が特殊化した人間の生きるために生み出された手段なのでしょう。

 ところが、宗教を信じるのは心の弱い奴とほざいている奴ほど、自分も同じ狢と言うのが解っていないのです。
 まるで自分は疲れる感覚が壊れた欠陥人間であることを(妄想して)自慢したり、自分と違う考えの人間を見て
『俺様ルール』で判断する知能の低い人間性をさらしているのです。

 こんなスレを立てる奴ほど、科学知識に疎く、論理的な考えが苦手な奴なのです。
 理系の人間とほざいていた奴も居るけど、理系が好きなだけで理系の人間じゃないじゃん。
 頭割るスギ。
 ドキュンだね。(ぷ

131 :名無しさん@一周年 :2000/08/31(木) 04:30
>>119
>だから、勧誘に来るな。

 だったらお前もこんなところまで自分の考えを布教に来るな。
 やってるのは同じことだろ。

 バカ?
 ドキュン?


132 :名無しさん@1周年 :2000/08/31(木) 06:00
 考えてみたら、『宇宙に始まりがある』ことを最初に説いたのは宗教だよね?


133 :名無しさん@1周年 :2000/08/31(木) 10:51
>131
議論が出来ない夏厨は去れ

134 :名無しさん@一周年 :2000/08/31(木) 11:30
>133
オマエモナーっ!

135 :名無しさん :2000/08/31(木) 13:13
>>130
イジメの構造として合っているような気もするよ。
でも、基本的には >>5 の理由で嫌ってる。


136 :130 :2000/08/31(木) 14:27
>>135

 一般人は適当な自分の尺度で判断し法律を犯す人が多いです。
 これは自分で善悪のモノサシを作っている人が多いからでしょう。
 他人の受け売りを自慢げに話すのは人間の本質の問題でしょう。
 宗教特有の、その分野だけに見られる現象ではありません。
 『虎の威を借る狐』と言う言葉は宗教家のために作られた言葉では
ないのを理解すべきでしょう。
 よって、宗教を嫌う理由としては成り立ちません。

 もちろん、『好き嫌い』の理由に理論整然な理由など必要ないです。
 つまり、宗教が嫌いなのは信仰を持っている人と同じような人間だと言えると思います。

137 :名無しさん :2000/08/31(木) 15:06
>>136
犯罪と善悪の尺度を直結している点で、理論が破綻しているような気がするけど・・・。
あと、「自慢げに」ってのは誇張じゃない?

138 :136 :2000/08/31(木) 18:35
>>137

 ごめん、理屈をこねるのが面倒だったんです。(^-^;


139 :名無しさん :2000/08/31(木) 19:08
>>138
面倒っての、分かる気がします。ご丁寧にどうもでした。

140 :名無しさん@1周年 :2000/09/01(金) 01:56
>130
仮に、神が存在したとしよう。
しかし、神に使える人間がこんな事しか言えないようじゃ、
失望するしかないな、、、
できる事なら、宗教を完全否定はしたくないんだよ。
このスレッドを立てた人だって、
宗教を信じる人と裸で向き合い、
納得できる考えを得て共存できればと思ったんじゃないのかな?
帰ってきてるスレは、どれも好戦的で失望に値するものばかり、、

130はなんであんなに、断言できるんだ?
物事の真理なんてものは、一人間が「こうだ!」なんて一生はかれないものじゃないのかな?
もし、「本気」で彼らを
>頭割るスギ。
>ドキュンだね。
なんて思ってるなら、ホントに頭が悪いのは自分なんじゃないのかなー?



141 :130 :2000/09/01(金) 06:17
>>140
>仮に、神が存在したとしよう。
>しかし、神に使える人間がこんな事しか言えないようじゃ、
>失望するしかないな、、、

 ごめん、僕は神に仕える人じゃないのだ。
 それから、人が何かで心に折り合いを付けて生きていくというのは事実じゃないのかな?
 宗教を信じている人にとって神が居るとか居ないとかは大事だけど、宗教を信じて
いない人には居るか居ないかは関係ないんじゃない?
 宗教を信じている人間が居るのは紛れもない事実なんだから。
 宗教を信じている事を不思議に思うのはかまわんけど、論理的とか科学的に
理解しようとするのなら問題の本質が違うのだよ。

 神がいるとかいないとか関係ないんだよ。
 もちろん、神が実在して人間を幸せにしているという事実があるのなら理解に
苦しむ事もないので、まったく関係ないとは言わないけど。

>できる事なら、宗教を完全否定はしたくないんだよ。

 完全否定しても存在するし、良い事も悪い事もしている。
 信じている人間もいれば、信じていない人間もいる。
 あなたが何故理解に苦しんでいるのかが文章から読めないので、理解に苦しみます。

>このスレッドを立てた人だって、

 このスレッドを立てた人は『心の弱さの象徴』と言って最初から否定しているし、
好戦的だよ?
 帰ってくるスレにばかり好戦的な事の責任を押し付けるのはどうしてなんでしょ?

>130はなんであんなに、断言できるんだ?

 大雑把なことしか言っていないからだよ。
 これくらいの事にも一人の人間に測れるわけがないと思う?

>なんて思ってるなら、ホントに頭が悪いのは自分なんじゃないのかなー?

 君がすぐに納得できるような文章をかけない時点で、僕の頭が悪いのは認める。
 でも、こうして釈明したのでその点だけは許してね。
 それから、頭が悪くても他人の頭も悪い事がわかることもあるんだよ。
 だから、頭が悪いと言っているなり。
 決して自分より頭が悪いと比較しているわけじゃないんだ。

 それから、文章が悪いのは煽りだから。(笑)


142 :ダミー :2000/09/01(金) 06:34
宗教は詐欺師の集まり
教祖はうそつき

143 :名無しさん@1周年 :2000/09/01(金) 10:28
右翼、左翼ってのも宗教かね?

144 :名無しさん@1周年 :2000/09/01(金) 20:53
>142
賛成!!  詐欺師の大量生産工場ですね。
いわば、ネズミ溝ですな。

145 :名無しさん@1周年 :2000/09/01(金) 23:14
age!age!

146 :イザベル :2000/09/02(土) 05:22
それでもなんか信じときたいのよね!
うその中にある真実を。
でも、それで幸せならそれでいいのよね。
って最近思うようになったわ。

147 :名無しさん@1周年 :2000/09/02(土) 16:18
われわれ人類という種族は宗教を克服するほどには
「種として」知的に成熟していなかったと言うことだと思う。
宇宙のどこかには、きっと宗教なんぞに頼らずに暮らしている
生命体があるに違いない。

148 :名無しさん :2000/09/02(土) 16:26
いなかった→×
いない→○

要するにまだまだバカチンってことですね。

149 :名無しさん@1周年 :2000/09/03(日) 02:29
>>146
真実なんて、自分にとっての真実でしかないんだから、宗教に拘泥する必要はないんじゃないかな?


150 :名無しさん@1周年 :2000/09/03(日) 21:08
宗教をやっている人は、他の宗教の神様はインチキだと考えているのでしょうか?

151 :名無しさん@1周年 :2000/09/04(月) 01:30
イスラム教は宗派が違ってもダメだ。

152 :名無しさん@1周年 :2000/09/04(月) 12:14
宗教をやっている人は、他の宗教の神様は偽者だと考えているのでしょうか?

153 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/04(月) 15:01
イゼベルって人気持ち悪いなぁ。

154 :名無しさん@1周年 :2000/09/04(月) 15:33
なるほど。

155 :147 :2000/09/04(月) 18:38
>148
僕的にはやっぱり「いなかった」です。
人類に対する絶望みたいなものを感じ取っていただけたら、と思いますです。
これからバカチンでなくなるとは到底思えない。
このまま人類は滅んでいくと思いますので。

156 :148 :2000/09/05(火) 07:16
>>147
人類がバカチンであり続けることは否定しないけど、かなり悲観的ですね。
悲観的に見ることも悪いとは思わないけど、ゲノムの解読などをみると、
遅々としながらもカタツムリぐらいのペースでは前に進んでいると僕的には
思っています。
余計な横槍を入れてゴメンでした。

157 :147 :2000/09/06(水) 02:30
>148
いえいえ、悲観的に観てしまう自分があまり好きではないのですよ、これが

158 :助けて下さい :2000/09/06(水) 03:14
僕はこれまで30年間宗教等とはおよそ無縁の生活をしてきましたが
ある女性にストーキングされ、それがどんどんどんどんエスカレー
トしてきて見ず知らずの人につけられたりして、『???』と思っ
て一人で悩んでいましたが、最近になってそれが宗教団体の手口だ
と気付きました。
それ以来、『自分の周りに(日本にも)こんなに宗教が絡んでいる
んだ』と気付き、今ノイローゼ気味です。
聞いても正直に答えませんが、何故か両親もその某団体に入ってい
るようです。あと、今好きな女の子も某団体の人みたいです。

僕はそういうの、生理的に嫌いなんです。
『そういうのと関わるくらいなら無人島で自給自足でもして
 暮らした方がまだマシ』
と思うくらいです。
自然科学とか、そういう考え方しかできないし、信じられません。
(不器用ですから)

みなさんは、どういうスタンスで宗教と距離をとっていますか?
本当に無人島に住むのは嫌だし、その娘とつきあいたいし、本当に
悩んでいます。
助けて下さい。

159 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 03:56
そんなにいやならその子と別れろよ。
宗教ってな、アイデンティティーの一つだからな、そんな子が好きな
君は、なんかその宗教に親和性があるか、よほどその子がいい体してるか
どっちかだろ。
いっそ、宗教にはいって性欲を絶つか(笑い)

160 :助けて下さい :2000/09/06(水) 04:58
お返事ありがとうございます。
よく考えてみます。
というか、知識と情報があまりに不足していて
自分の頭で考えているとパンクしそうです。

日本に無宗教の人って何%くらいいるんですか?
怖いです。

161 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 06:00
>>160

 宗教に無関係の人はまずいません。
 というか、各宗教の信者の数を合わせると日本の人口の二倍います。

 日頃、宗教とは関係ない顔をして生活をしていても、親戚の葬式などでは
本性が暴露され『成仏』という言葉をしきりに出します。
 そして、日常では目に見えて宗教を信じている人達を攻撃するべく、非難
罵倒しています。
 しかも、彼らは自分たちが攻撃されないために無宗教を装っています。

 あなたの周りの人たちもその類でしょう。
 気をつけてください。

 ちなみに、日本では様々な季節に色々な宗教の信仰をあらわにします。
 年の初めの月を『正月』と呼称し、お正月様という神様の支配する月だとしています。
 この時は日本中で神様の登場を祝い『あけましておめでとうございます』と
挨拶するのが慣わしとなっています。
 この挨拶をしない者ははみ出し者となります。

 次の月には『節分』という、豆を撒く事により災いの象徴の鬼を追い払うという
呪術的行為が2月3日に行われます。
 夜、外に出て耳を澄ませば「鬼は外、福は内」という呪文がどこからか
聞こえてきます。

 次の月には、『お雛祭り』という人形に自らの災いを封印するという、
呪術が様々な形で行われます。

 飛んで5月は、『鯉は滝を上り詰め、登竜門を越えて龍になる』という
信仰から、鯉を模った布を屋外に飾り、自分の家と子供たちが出世する
ようにと願いを込めます。

 7月には、七夕。
 彦星と織姫が出会う日に、短冊に願いを書き竹につるせば叶えられると言う
信仰に基づいた呪術が行われます。

 10月は『月見』と称して、月で神様のための餅をつく兎を祝福する祭りが
全国で行われます。

 12月にはクリスマスという、ユダヤ人の王族の『イエス』という人間の
誕生日を祝うという祭りがあります。


 まだまだ、日本には地域限定の祭りもあり、そのすべてを書くことは
できませんが、様々な宗教的行為が平然と行われ、時には学校で行事として
執り行ない、無垢な子供たちを洗脳しようとしています。
 大人たちも時には仕事を休んで、祭りの準備などを行い信仰に揺るぎ無いことを
行動でアピールすることも多いです。

162 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 12:14
>158の人。基本的には気をつけたほうがいいよ。君のような極端に思い込み
が激しい考え方は逆にカルトにはまりやすい体質だから。
知らぬというのは怖いことなのだ、宗教やってる人なんて沢山いるよ。
君が10人の人と接したら一人は何らかの信仰を持ってると思って差し支えない
普段はそんなの表に出さんでしょ。たまたま出す人に会っただけ。
とにかく図書館とかで色々な宗教について調べてみたほうがいい。そうする
ことで新たな理解や偏見が出てくるはずだから。タダ単に信仰を持っていれば
怖いと言うのは逆に君の考え方のほうが怖いと言うことを忘れないで欲しい。

163 :助けて下さい :2000/09/06(水) 14:09
>>161@`162
御回答ありがとうございます。

>とにかく図書館とかで色々な宗教について調べてみたほうがいい。そうする
 ことで新たな理解や偏見が出てくるはずだから。タダ単に信仰を持っていれば
 怖いと言うのは逆に君の考え方のほうが怖いと言うことを忘れないで欲しい。

信仰を持っていれば怖い、という事ではないんです。
人はそれぞれ信念(哲学)とかありますよね?
それが何であろうと構わないと思っています。

ただ、卑怯な陰湿なやり方で人を監視(尾行・盗聴)し、本人に確認することもなく
人のプライバシーを都合良く歪曲して広めて脅迫し、結果的にその人を追い込む、と
いうようなやり方をされたら誰でも軽蔑するし偏見を持ちますよね?
僕は実際に長期にわたってそのようなことをされ、昨年ようやくそれが某宗教の仕業
であることに気付き、危機感をもった訳です。

各宗教を併せるとかなりの数、というのは身をもって感じます。
僕のように特定の宗教に属さない人間は、そうした宗教とどのように距離をとってい
けばいいのでしょうか?

164 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 21:42
>>161
現代の日本人がそれらを宗教的行為と認識して行っているでしょうか?
ちょっと疑問に思いました。
>>163
宗教を理論的に考えて、道徳的要素と形式的要素、OTHERSと分けてみたら?

165 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 21:46
>163
環境が悪いんじゃん?
オレの周りに、宗教信仰してるやつなんて1人もいないよ。
周りが信じてるから、必然的に自分も信じていくって形にだけはなってほしくないな。
「好きな人」が宗教的でも、それを普段露呈してきたり、君に押し付けてこなければ、
付き合っても問題ないだろ。
宗教信じる人でタチ悪いのは、狂信的に自分たちは絶対と思ってる人たち。
それ以外は安心でしょー。


166 :助けて下さい :2000/09/06(水) 22:58
御回答ありがとうございます。

>>164
宗教に関しては全く無知なので、今、ココを含めて勉強しています。
>>165
おっしゃる通りです。
僕も宗教なんて全く無関係の人生を送っていたのですが、そのストーカーの問題から
周りの状況が一変してしまいました。その関係で何度も職場を追われ、自宅まで監視
されています(のぞき・盗聴等)。本当に憎いです。現在、警察を含めて相談してい
ますが、こうした問題は本当に難しいです。

167 :名無しさん@1周年 :2000/09/07(木) 03:25
>>166
やっかいな問題を抱えて本当に気の毒だね。
さらに追い打ちをかけるようで申し訳ないけど、彼女がその宗教を盲信しているようであれば
並の説得は聞かないと思うよ。付き合い続けるなら、先ず、宗教&彼女は切り離せない存在として
付き合っていかなければならないと思うよ。そのCapacityが君にあるかどうか、それが問題になると思う。

168 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/07(木) 09:24
>オレの周りに、宗教信仰してるやつなんて1人もいないよ。
おそらくその確率は低いでしょう。みんな言わないだけ。

169 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/07(木) 09:31
>卑怯な陰湿なやり方で人を監視(尾行・盗聴)し、本人に確認す
>ることもなく人のプライバシーを都合良く歪曲して広めて脅迫し、
>結果的にその人を追い込む
怖いやつに引っかかってしまったねぇ。こりゃ彼女と一緒になるのは
大変だぞ、どこ?

170 :名無しさん@1周年 :2000/09/07(木) 11:41
本当キモイよね。>168

171 :Mrs.名無しさん :2000/09/07(木) 11:47
>165
>オレの周りに、宗教信仰してるやつなんて1人もいないよ。
「赤旗」勤務ですか?

172 :助けて下さい :2000/09/07(木) 15:46
>>167
最近ココや他の宗教関係の掲示板を見ていて、「本当に宗教って難しい問題なんだな」
と今更ながら気付きました。そのコが何を信仰してようと僕としてはいいのですが、
それで「そのストーカーと繋がってしまう」のが何よりも我慢できません。彼等には
常識や制度なんて通用しないし、今までの経験からして何をしてくるかわかりません。
忘れた方が良いのかもしれませんね。 

173 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/07(木) 16:22
忘れたほうがいいね。
昔付き合ってた人が神様はだれにも拘束されないはず。とかいって
自分の信仰にまったく耳をかさないどころか、完全否定されて
そのまま別れてしまった。
こういう人もある意味可哀想だと思う。納得させられなかった
自分も悪いんだけどね。

174 :名無しさん@1周年 :2000/09/07(木) 18:56
そこまで来ると悪い言葉で言えば「狂人」と変わらないから、諦めた方がいいんだろうね。
オレだったらとても付き合いきれないな。

175 :名無しさん@1周年 :2000/09/07(木) 21:27
>171
君の周りにはそんなにキティが多いの?

176 ::2000/09/08(金) 02:13
死後の世界を信じない人に質問。
あなたは幽霊も信じないのですか?
幽霊を見た人を私は何人も知ってますよ。

177 :名無しさん@1周年 :2000/09/08(金) 03:26
幽霊=死者の霊と考えなければいい

178 :名無しさん@1周年 :2000/09/08(金) 07:56
>176
もちろん幽霊も信じないよ。

179 :名無しさん@1周年 :2000/09/08(金) 19:27
幽霊を見た人って電波を受けちゃった人じゃないの?

180 :>176 :2000/09/09(土) 07:25
>>176
幽霊なんているわけないでしょ。
あんなの夏に怪談を話すために作ったネタだよ。
もしくは戒め。
「人を殺すと、呪われるよ」みたいな。

まず人間が「なんかココ怖い」と思う。(これは自分に暗示をかけるのと一緒)
すると鳥肌がたつ。(怖いと暗示をかけたから体が反応)
そして、見えないハズの物が見える。(見たくないものを無意識に頭が想像)
イイ?物事は目で見ているようで、実は脳で見てるんだよ。
目はただの光を刺激に変換するだけ。
つまり、脳が「怖い」「幽霊が見えたら」なんておもってると、
現実と交錯して、錯覚がみえるんだ。

大体、幽霊がいて摂りついたりするなら、世の中の犯罪者をどうにかしろよ。


181 :名無しさん@1周年 :2000/09/09(土) 17:48
幽霊がいたら広島や長崎は霊場になってるね

182 :名無しさん@頭悪い :2000/09/09(土) 18:02
>>176-180

 幽霊は観測された時点で存在します。
 観測できなければ存在していないのです。

 存在とは脳が認識する情報だからです。


183 ::2000/09/09(土) 20:33
幽霊がいないわけないだろ。
http://www.mimibukuro.com/
たとえばこの第49話だが、大脳生理学の立場から
どのように説明できるんだ?

184 :名無しさん@1周年 :2000/09/09(土) 22:29
>>183
ネタじゃないの?
「ベッドの下に斧をもった男」とかと一緒だよ。

185 :名無しさん@1周年 :2000/09/09(土) 22:41
183の上げてるURLは何だ?


186 :山崎一幸 :2000/09/09(土) 22:43
ふっ( ̄〜 ̄;)

187 ::2000/09/09(土) 22:53
幽霊現象が脳が見せる錯覚だとするなら、未来の事象を予見する
というのはどういうメカニズムか説明して欲しかったのだが、

上記の頁はネタではないと思うが、私には確認する術がないので、
実際に友達が体験した話をすると、

友達ともう一人霊感の強い友達が、繁華街を歩いていると、はる
か向こうに『それ』がいて、二人とも霊感が強かったので、
『あれ人間じゃないよね?』
『そうだね』

などと話していたが、それがものすごいスピードで近づいてきて、
すれちがいざまに、

『よくわかったな』
といったので、二人は、

『おお〜、しゃっべったよ』
といって走り出したそうだ、ちなみにこの話のポイントは、幽霊
現象が脳が見せる錯覚だとするなら、二人同時に見るのはどういう
メカニズムか?ということだ。

その話はおもしろかったので、会社の同僚で霊感の強いのがいたの
で、翌日その話をすると、

『その霊は有名』
だそうで、例えば踏み切りの向こうに『人間じゃないものがいるなあ』
などと思っていると、やはりすれちがいざまに『よくわかったな』と言
うそうだ。この話のポイントは、幽霊現象が脳が見せる錯覚だとするな
ら、同じような幽霊に全く別人が遭遇するのはどういうことか、という
ことだ。

188 :名無しさん@1周年 :2000/09/10(日) 05:19
おもしろい

189 :名無しさん@1周年 :2000/09/10(日) 05:33
がんばれ、ふ。君の方がまっとうに見えるぞ。

190 :180 :2000/09/10(日) 07:03
>>187
正直に言うと、ネタにしか思えませんゴメンなさい。
私の周りにも、同じような話をする人がいますが、
みんな決まって「友達が体験した」「友達から聞いた」と言います。
私は、当事者と話をしたことがないので、
ぜひ霊感が強いと言う人、よく見るという人、友達になりましょう。
それで、私を霊がいる所へ連れてって、見せてください。



191 :名無しさん@1周年 :2000/09/10(日) 09:07
宗教=幽霊ではありません!
いつのまにかオカルトねたになっている。

192 :名無しさん@1周年 :2000/09/10(日) 13:12
宗教も幽霊も、どちらも胡散臭いと言うことで・・・。

193 ::2000/09/10(日) 15:16
>私は、当事者と話をしたことがないので、
何歳だか知りませんが、それは知り合いが少なすぎるのでは?

>それで、私を霊がいる所へ連れてって、見せてください。
霊は見える人と見えない人がいて、20歳までにみない人は、
一生みないといわれているので、心霊スポットに行っても、
多分あなたはみないでしょう(私もみえませんが)。

ただ、エクトプラズムといわれている謎の物質は、誰にでも
見えるそうです。ただし、幽霊と比較するとかなり珍しい
もののようです。

http://home9.highway.ne.jp/castrol/gallery/horror/horror.html
http://www.ghostresearch.org/ghostpics/ghost8.html

194 :名無しさん@1周年 :2000/09/11(月) 12:14
ムーの読者かい?

195 :名無しさん@1周年 :2000/09/12(火) 02:08
余計なお世話だろうけど、目を覚ませといいたい人情も分かって欲しいね。


196 :名無しさん@1周年 :2000/09/12(火) 04:34
うっわー、こえぇー。
このスレッドには存在しない人の言葉が書き込まれている!!!

「よくわかったな」…

なんちゃって。

197 :名無しさん@1周年 :2000/09/12(火) 04:43
尊師マーチ

尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
日本の尊師 世界の尊師 地球の尊師
尊師 尊師

光を放ち 今立ち上がる 若きエースに帰依しよう
僕らの日本を守るために 尊師の力が必要だ
尊師 尊師 麻原尊師


尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
過去の仏陀 現在の仏陀 未来の仏陀
尊師 尊師
光を放ち 今立ち上がる 十方諸仏の変化身
僕らの心を守るために 尊師の力が必要だ
尊師 尊師 麻原尊師


尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
過去生の如来 現世の如来 死後の如来
尊師 尊師
慈愛を放ち 今立ち上がる マイトレーヤの変化身
僕らの魂を守るために 尊師の力が必要だ
尊師 尊師 麻原尊師

198 :名無しさん@1周年 :2000/09/12(火) 14:54
布施という名目でカツage!!

199 :ダミー :2000/09/13(水) 07:44
仏をなくす会、わけがわからない神を捨てる会、しゅうきょうをつぶす会等
知っている人がいたら、教えてください。
仏、仏壇、それに類するものを捨てたけれど、それだけでは納得いかないのだ
積極的に宗教をつぶしたいのだ 
がてんがいきたいのだ



200 :名無しさん@1周年 :2000/09/13(水) 07:47
宗教に入り実践してからいいましょう
実践もしないのにそういう事いっている人はただの無智です

201 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 14:35
何とかしてくれよ。
近所の学会員が五月蠅いんだよー。
勧誘なんてしないで一人でやっててくれよー。

202 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 17:36
他人に勧めるな!勝手にやってろ!! >宗教野郎

203 :名無しさん@1周年 :2000/09/16(土) 12:34
神の御陰じゃ

204 :ダミー :2000/09/18(月) 07:29
1さん  「神に頼らずに、自分の心持で生きろ」
     よし この言葉 
     宗教にうつつ抜かしている奴らに
     たたきこみしてやってください

205 :名無しさん@1周年 :2000/09/18(月) 11:46
どこにあるのか探しage

206 :名無しさん@1周年 :2000/09/18(月) 12:10
宗教の奴等ヤクザより質悪い宗教軍団は全員死んでくれ
202
同感


207 :もう :2000/09/18(月) 13:16
死にたい。
ババアが新興宗教にはまってる。
家庭不和もいいところ。
どんなに言っても考え直してくれないよ。
宗教団体なんて、世界最強の悪性腫瘍みたいなもんだ。

208 :名無しさん@1周年 :2000/09/18(月) 14:43
>207
レッツ、カウンセリング!!



209 :名無しさん@1周年 :2000/09/18(月) 14:51
移されないように気を付けましょう>207

210 :ダミー :2000/09/18(月) 23:39
207さん  捨てましょう  拝みの対象を

211 :名無しさん@1周年 :2000/09/19(火) 09:06
別の宗教団体にも勧誘させて喧嘩させればオモロイ。

212 :名無しさん@1周年 :2000/09/19(火) 10:15

宗教全部信じたら面白い。
わけわかんなくなってどうしよう。
麻原ダンスに、十字きって、太鼓たたいて、
肉食べられなくて、仏像とキリストとシバ神と蛇神さまと
お稲荷さんと・・・部屋中コレクションで、
あー私って何考えてんだろうね〜

213 :名無しさん@1周年 :2000/09/19(火) 10:21
>207

そのババァを捨てちゃいましょう。
縁を切るのです。
完全に。
スッパリと。
キッパリと。
ポッキリと。

精神的にも、経済的にも。
それが良いです。

人間としてなんて考えは宗教と同じようなものです。
そんな考えも一緒に捨てちゃいましょう。

214 :名無しさん@1周年 :2000/09/19(火) 23:19
拝火教教徒はいるか〜?

215 :ジェスター :2000/09/20(水) 14:00
わたしは頭が悪いので宗教を信じています。

216 :名無しさん@1周年 :2000/09/20(水) 14:15
オウムは、宗教ではありません。
宗教法人格を剥奪されています。

オウムは宗教でなく真理なんです。

217 :名無しさん@1周年 :2000/09/20(水) 16:11
>207
家庭不和は気の毒だが、それだけならまだいいかもしれないよ
今の年寄りはまだ結構年金をもらっていて、使い道がなくて貯金だけしているってのも多いから
金目当ての教団がそれに目をつけると恐いよ

うちのババアもそうやって文無しにされた

218 :名無しさん@1周年 :2000/09/20(水) 17:29
>207
オウムにいって、極限のお布施をしましょう。
そうすれば、もうお金はとられませんよ。

世の中、人の弱みにつけこんで金をまきあげる宗教団体が
ホント多すぎる。

219 :名無しさん@1周年 :2000/09/20(水) 19:16
>>216
法人格があろうが、無かろうが宗教じゃない?

220 :名無しさん@1周年 :2000/09/20(水) 22:32
>218
詐欺の手口としては理にかなっていると思うが・・・。

221 :ダミー :2000/09/22(金) 05:00
215さん  宗教を疑いましょう 頭がよくなります
     釈迦の言葉は、皆、うそだ  と思いましょう
     キリストは世界一の詐欺師だ と言いましょう
     マリアのおばはんを不良女と よびましょう  長い


222 :名無しさん@1周年 :2000/09/22(金) 15:30
一つだけ発言させてもらうと、人の抱えるもっとも大きな恐怖は死ぬこと。
死は、私から友人、家族、恋人、財産、名誉も地位も、また、経験も何もかも奪ってしまう。
友人を一人失うのにも、身を切り裂くほどつらく、100万取られたといって大騒ぎもするのに、
死は無情にも全部を奪う。死を恐れないという者は、観念の遊戯に浸っている無智無盲の人だと思った。

223 :名無しさん@1周年 :2000/09/24(日) 13:17
宗教を信じても現実は変わらない。

224 :名無しさん@1周年 :2000/09/24(日) 15:49
>222
死ぬってそんなに怖い?
わたし、もう死んでも何にも思い残すことないから、怖くないですよ。
無神論者ですけど。若いころにはたくさん遊んだし、結婚もしたし、
子供は生んで育てたし、自分のやりたいことは、やって来たし、
あと、何がやりたいかって、別に欲もないし、毎日平凡な日が
続いているのだから、このままスーッと朝、目が醒めなかったら
「これほど楽はなかりけり」って思います。

自分が死んだら、別に財産とか家族とか、自分で考えられないわけだから、
あとに残った人が考えればいいことだし、友達や身内が死んで悲しんでも
死んでしまった人には、わからないわけだから。
どっちにしろ、悩んだり考える苦労が全然ないわけだから、
そんなに怖いものではない、と思うんですけどね。

225 :224 :2000/09/24(日) 15:59
>222
まあ、子供が独り立ちするまでは、死んではならん!て思っていましたけれど
子育てがたいへんだったり、夫婦仲がうまくいかない時なんかは、
かえって、死ねたらどんなに楽だろうとか、このまま死ねたらなあ
って思っていましたね。



226 :ねこぢる最高 :2000/09/24(日) 21:34
この掲示板を見てると、宗教の方と無宗教の方の間に何の接点もなく、お互い
に醜い非難と自己弁護ばかり。宗教やる人はほっとけばいいし、近づいてきた
ら拒絶すればいい。だけどその人の人間性を明らかに馬鹿にしたような見方しか
できない人が多いのは悲しいと思う。宗教やる人も、自分が正しいと思ってやっ
ている事が、実は多くの人に不快感を与えている事もあるということを冷静に
考えたほうがいいと思います。大切なのは、お互いに理解しあうことだとおもい
ますよ。そうしなきゃいけないってんじゃなくてね。


227 :ねこぢる最高 :2000/09/24(日) 21:38

宗教やる人はほっとけばいいし、近づいてきたら拒絶すればいい。だけどその人の
人間性を明らかに馬鹿にしたような見方しかできない人が多いのは悲しいと思う。
宗教やる人も、自分が正しいと思ってやっている事が、実は多くの人に不快感を与
えている事もあるということを冷静に考えたほうがいいと思います。大切なのは、
お互いに理解しあうことだとおもいますよ。


228 :名無しさん@1周年 :2000/09/24(日) 22:19
ようこそ!
>>226
>>227
ここにレスを入れた時点で、君も仲間入りだ。

229 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 02:10
「宗教は全部信じない」というスレッドで、
信じる派と信じない派が仲良く、というのは解せません。

信じない人ばかりで、宗教人は何故、弱くてエゴなのかを
語り合ってもいいと思います。

どちらの言い分も聞こうという、中庸なスレッドは、ほかにも
たくさんありますから、そちらに行かれたらいいと思います。

230 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 09:24
宗教は誰かの都合に合わせて存在するもんだ。
自分に都合のいい宗教にはまったりするわけだから、
信じないって人の方が信じられるよ。

231 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 11:33
思いっきり同意!>203
特定の誰か(教祖?)に自分を投影してるだけ。
そこにすでに依存関係が成立してることにどうして気がつけないんだ!
共同幻想というか妄想で成り立ってる組織に
ハマれるやつってのも信じられん。
それまではいい友達だったのに、入信したとたんに
自分の言葉でなく○○○○の言葉をあたかも自分の言葉のように
しゃべり始めた君に失望したよ。
オレは君と話がしたかったけれど、
○○○○と話したいわけじゃないんだよ。
思想と宗教の違いは、一人称を誰かに預けるか否かってことだ。


232 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 11:39
主体を外部化して安心してる奴なんかキライだ。
ものすごく不衛生だ。
それで救済されたと思うなバカ!!!


233 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 13:15
精神的強さを求めるのは人生の敗者特有の物だからな(ワラ

234 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 13:27
宗教なんて、紀元前じゃあるまいし
役に立ちません。
あ、戦争の原因には役に立つか。

235 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 17:13
宗教はあったとしても一つ、後は全部いんちき。
地球を作ったというものが、いたとして一人。
つまり、キリスト教が正しいのなら、仏教は間違いいだし、
仏教が正しかったなら、キリスト教は間違い。
日本だけで18万以上の宗教があるといわれ、何といんちきなものが多い事だ、とおもはずにはおれない。
釈迦に、真実を知らず100年生きるよりも、真実を知って1日生きるほうが良い
とある。
真実とは完璧な理論のもとに真実とつけられる。
完全無欠の理論のある宗教こそ、真実の宗教といえる。

236 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 21:06
>235
宗教は全部いんちき。と書かれながら、釈迦の言葉を引用されているのには
驚きましたが、仏教だけは認めておられるのかな?

それはさておいて、日本に18万もの宗教団体があるとは・・・・
これも驚きでした。文部省の管轄でしたっけ?
ちゃんと調査して、いかさま宗教から法人格とりあげて下さいよ!
真面目に税金払ってるサラリーマンはやってられないよ。

237 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 23:13
宗教を批判するなんて、なんて俺は親切なんだろう。

238 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 09:19
宗教を信じない宗教。何を奉ったりするかね。
空気なんかいいな。

239 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 10:03
宗教とは「宗の教え」。つまり、生活の中の基礎に当たる教え。
さながら、あれをしなければならない、これをしなければならないといった昔の法律みたいな物。
精霊や神などは、太古の人が自然の猛威から生み出した産物に過ぎず、
どうする事も出来なかった人たちの、何とかしたいと生み出したかって気ままな物。
よって、それらの物には何の根拠もなく、立証もない。
神や精霊などを信じる人は、原始的なごりを捨て切れぬ人、また
神や仏を信じない人は、無知からくるとも言える。

私は思う。死んだらどうなるのだろう。
確実にここに私はいる、が、この私がいなくなるのか?
死が怖い。
神や仏を疑いなく信じる事は、まず、私には無理。
哲学に答はなく、宗教にもない。私は釈迦に注目している。
過去の偉大な唯識者として。


240 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 10:22
信じるとは、疑いの心があってその上で信じる事をいうのだ。
つまり、神を信じるとか、あさはらを信じるというのは、
神はモシカシタラいないかもしれない、けれど信じる。
あさはらのいう事は間違っているかもしれない、けれど信じる。
ということであって、「信じる」の裏には疑いの心もあるのだ。
疑いの心無く、はっきりしているならば、「知っている」というものだ。
あいつは男だと信じている、は疑いの心あり、
あいつは男だと知っている、は疑う余地なし。
「信じる」と使うのは疑いの心が実際に持っていると公言しているようなもので、
宗教を信じているという人は、その宗教を自ら疑っているのだ。
ああ、自分の心す判らぬ、なんと哀れではないか。
もっと自分の心を見ねばならない。

241 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 10:48
>239
>私は思う。死んだらどうなるのだろう。
>確実にここに私はいる、が、この私がいなくなるのか?
>死が怖い。

なんで怖いの〜わからないです!死んだら無くなるだけ。
いなくなるだけ。
体が仕事やめたら、内蔵も死んで、神経も死んで、お腹すいたとか、
暑い寒いなんてわからないように、脳が仕事やめたら、記憶もなくなって
恐怖とか、喜びとかもわからない。それだけじゃないの?

生きたいっていう欲があるから、死にたくないんでしょう?
ただ、それだけでしょう?

死んだらどうなる、なんて取り越し苦労でしょう。
毎日、何千人、何万人が死んでどうなってるわけでもないんだから。
難しいことばっかり考える人って、自分が考えたいから考えるんで、
趣味みたいなものでしょう?
自分の、飽くなきファンタジーでしょう?
考えても考えなくても、みんな死んだら同じでしょう?

自分だけ違いたいと思う欲があるから、宗教なんか入るんでしょう?
自分は天国や極楽いきたいとか、自分だけは、死んでもみんなと
違ういい思いしたいっていう欲でしょう?
それって、生きてる人の考えること。
考えても考えなくても、宗教に頼っても頼らなくても
腐って土になって終わりよ。
それを絶対認めたくないいんだよね。

でも、その土が地球の生き物を育ててるんだよね。


242 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 12:12
>239
>神や仏を信じない人は、無知からくるとも言える。

これって意味不明。説明してね。
はったりみたいに見えるけど?


243 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 12:51
>239
ブツブツ死ぬときの事、考える暇があったら、働けば?
凡人に暇を与えると、ろくなこと考えない、とかいう
ことわざがあったよね。
私は凡人だから、一生懸命働くよ。

こんなことわざもあるよ。

「死を恐るるに惑いて反って生を忘る」


244 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 15:59
釈迦に注目しようが有田芳生に注目しようが自由だからさ
他人の生きる権利を勝手な理屈で侵すなよな。
頼むからさ。


245 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 17:53
>235
>日本だけで18万以上の宗教があるといわれ
その中には神社や寺院が約7〜8万づつある。曹洞宗の寺院は1万以上ある。
キリスト教や天理教の教会もその中に含まれる。
だから18万以上の宗教があるというのは間違い。

246 :政教分離名無しさん :2000/09/26(火) 18:21
創価学会

247 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 21:29
>244
そりゃそうよね。別に生きる権利を侵すつもりはないけど。
死ぬことを怖がって生きてる人に言いたかったんです。

死ぬことを考えて生きるより、100才まで生きようって
考えているうちにポックリ逝った方が幸せじゃないかって。
死だけじゃなく、不幸だってなにが襲うかその時にならないと
わからないんだから。

まして、年を取ったら、自然に死を受け入れられる心境に
なるかもしれないのに・・・若さがもったいないですね。

うちの母だって、30代から死の準備みたいなのしていて
死んだ時のことばっかり考えていたけど、80近くなって
今だに元気で生きていて、相変らず、死の準備しています。
そういうのって、まわりを幸せにしないよね。
同じ生きるんだったら、生きる素晴らしさ考えて生きてほしいよ。


248 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 09:17
>>247
うん、うん、宗教って「死の準備」みたいだね。

249 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 09:46
>240
じゃあ、神様が実際いて、その結果救われるかどうかは殆どギャンブルだな。ギャンブルは、神様は認めてるんだな。

「知らない」=「確証も無い」だろ?確証あったら「知ってる」なんだからな。確証も無いモンに自分を捧げて、しかも他人まで巻き込もうとは迷惑なハナシだ。


250 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 11:49
自分を自分と見た時に始めて、自分は何をすべきかが分かり、
死が恐ろしくなる。
周りのものに自分の存在を映し、周りのものから自分を見ていたら
ゆがんだ自分しか見えない。
周りのものに目をむけ、自分に目が向いていない。

これから私事を書く、読まんでもいいよ。
人は皆、幸せを求めて生きている。人のなす行動は、常により快適により安心満足に向かって動いている。
これに異論を唱える人はいないと思う。自殺する人さえ、今の苦しみから逃れるためにより良い方に動いた結果といえる。
人は幸せを求めている、じゃあ幸せとは何だ?
お金や物で幸せになれる?否、今の日本は幸せか。世界でトップの金と物を持っていながら、自殺者は3万3千人、若者の犯罪が
年々増えている。朝の電車に乗る人の顔に、希望があるか?幸せな顔しているか?金、物では、幸せになれん。
ハッキリ言えば、名誉や地位、友人、恋人、家族などなど一般に幸せと言えるものは、目の前のはかない幸せに過ぎない。
なぜならそれらのものは、必ず失うものであるからだ。人はいずれ自分のもとを離れ、地位もいつまでも保てない。
さらに言うなれば、人は必ず死ぬ。
100万盗まれて大騒ぎするし、友人1人失っても、身を引き裂かれるほど辛い。なのに、自分が死ぬ時は全てのものから切り裂かれてしまう。
全てを失うのに辛くないと言える者がいようか、これほどの一大事をほっておけるのか。
友を失った者いるか?家族を亡くした者いるか?大金を取られた者いるか?もしいたら、私の言う事がわかるだろう。亡くす事の悲しさを。
あきらめきれる問題ではないよ。全ての人、物、経験、思い出を失う悲しさはもはや想像を絶する。
未来に必ずあるこの問題を、今解かずにいつ解く?未来に問題があらば、現在に影をおとす。未来の予知できる悲劇は今の不安となる。
私の言う事、事実か否か?
自分に目を向ければ、必ずわかる。誤魔化しても、見ぬ振りしても必ず来る。本当のハッキリと絶対に壊れないとわかる幸せをつかむのだ。事実が知りたい。

251 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 12:58
>250
あなたの言うことがわからない。

>金、物では、幸せになれん
>ハッキリ言えば、名誉や地位、友人、恋人、家族などなど
>一般に幸せと言えるものは、目の前のはかない幸せに過ぎない。

と、物質や現象的なものの価値を否定した、その口で

>全ての人、物、経験、思い出を失う悲しさはもはや想像を絶する。

と物質や現象的なものに執着している。

結局あなたが死んで失いたくないものが、
現世の物質や人間関係や思い出だって言いたいの?
だから、死ぬのが恐怖だって言いたいの?


252 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/27(水) 13:04
でも死んだ後どうなるかわかるなら、今、行動しやすい。

253 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 13:08
それは、死んでみなけりゃ分からない。

254 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 13:13
>250
あぁ〜!!! 頭狂いそう〜

>人のなす行動は、常により快適により安心満足に向かって動いている。
>自殺する人さえ、今の苦しみから逃れるためにより良い方に動いた結果といえる。

と自殺も良い方に動いた結果といいながら、

>今の日本は幸せか。世界でトップの金と物を持っていながら、自殺者は3万3千人、

と、自殺が多い日本を否定している。

これって、どういうことなのかなあ・・・・・・・
250番じゃない人、誰か解説をお願いしま〜す!

255 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 13:15
>239
>神や仏を信じない人は、無知からくるとも言える。
この言葉の意味がわかんないってのはやっぱり無知としか言いようがない
んですよね、全否定される方々。
説明するのはめんどくさいし、無知な人に説明もへったくれもないしね

256 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 13:32
>250
>本当のハッキリと絶対に壊れないとわかる幸せをつかむのだ。
>事実が知りたい。

絶対に壊れない幸せって、生きてる時も、死んだ後も
壊れない幸せっていうこと?

少なくとも、生きていることに幸せを実感できる人は、
死ぬときも安らかに死んでいけるわけだけど。

病気で死を宣告された人を考えるとわかるけど、死にたくないって
苦しんだり、あがいたりしているうちは、死ぬことは凄い苦痛だけど、
病気を受け入れて、せいいっぱい生きようって思ったときに、
死ぬことも、最初より苦痛でなく受け入れられるようになるでしょう。


257 :たぶん239 :2000/09/27(水) 13:39
>255
>239
>神や仏を信じない人は、無知からくるとも言える。
>この言葉の意味がわかんないってのはやっぱり無知としか言いようがない
>んですよね、全否定される方々。
>説明するのはめんどくさいし、無知な人に説明もへったくれもないしね

そうよ、私は無知だから、説明してくれって頼んだわけ。
もったいぶってないで、説明してね。

258 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 13:44
無知でない神や仏は、無知な人こそ救われると
おっしゃっています。
なぜなら、信仰を疑わないからです。

259 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 14:06
だからめんどくさいんだって
わかってね!(はぁと)

260 :たぶん239 :2000/09/27(水) 14:18
>259
257も258も私が書いたの!

255番の人は、「無知だから神や仏を信じない」って書いています。
それに対して、
神や仏は、「無知だから神や仏を信仰する」って言っています。
これって正反対でしょう?

261 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 15:08
↑はっ?
全然解釈がおかしいぞ。もちっとよく考えてから発言しよう!

262 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 15:15
無知でない神や仏は、無知な人こそ救われると
おっしゃっています。

言葉尻だけとらえて結果にする方法はよくないな
この場合無知からくる無垢な心を持つ人を指していんでしょ。
同じ無知でも人から嫌われるようなことばかりしている人は
救ってくれないでしょ。
常識的に。

263 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 15:20
「無知だから神や仏を信じない」
じゃなくて何にも知らないのにテレビの情報だけで全ての信仰を
否定するような人も×でしょ。
うちの嫁なんかこの板見てアホかって感じだし。
普通に生活して普通に信仰している人もいることをお忘れ無く。

264 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 16:17
普通に生活して普通に信仰してるってのは、
自分の判断でしょ。なんでもそうだけど、
他人の尺度なんか理解するのむずかしいよ。
アホかっていう嫁によろしくな。

265 :名無しさん :2000/09/27(水) 16:42
普通ってなんだ?
ようするに適当なんだろ、その程度ってヤツだな。

266 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 17:36
普通に生活して普通に信仰してるってのは、
自分の判断でしょ。なんでもそうだけど

はぁ?
一体あなたは何を基準に生きてるのでしょうか?
何か絶対的なより所でもあるのかしらん(笑)

267 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 17:38
>普通ってなんだ?
>ようするに適当なんだろ、その程度ってヤツだな

あなたは宗教徹底撲滅の運動でもしているのでしょうか?
いや面白い。

268 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 17:44
>264あなたのいう「普通」とはどのような状態を指すのでしょう?

269 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 20:02
おいおいそれを聞くなら263だろ。
よく読めよ。

270 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 23:53
普通の人から見て「普通じゃない」状態のことかな?

271 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 00:31
人がなぜ宗教にはまるか、それは未来が見えぬ恐怖からくるもの。
全く光のない真っ暗な道を一人出歩くのはどんな気持ちであろうか。
しかも止まることのできない。
いうならば、これが私達の人生。未来に確かなものなど何一つないし、1秒先も
判らない。わかる人は神か何かだろ。
未来は不安で満ちている。何が起こるかはわからない。
突然穴に落ちるかも、何かにぶつかるかも。
自分の部屋を真っ暗にして試せばいい。なかなか足が恐れで進まんよ。
未来に確かなもの、導いてくれるものを人は求めている。
占いがその例。宗教もまたそお。
神や仏は絶対的で、未来の明かりとなる。しかし、何ら根拠なし。占いも。
神や仏を信じている者を変に思うのは間違いではないが、
彼らの気持ちがわからんのは、自分の先を見ないもの、未来の不安を見ていない者と言える。
仏や神を信じない者は、自分の未来を真剣に見ていない無知の者といえる。
逆にいえば、仏や神を信じるものは、冷静さに欠け、何ら根拠のないものを信じている、
間の抜けた者といえる。


272 :無知・間抜け :2000/09/28(木) 01:42
>271
あなたの文章(最後の3行)から、修飾語を取り払ったら下記のように
なりました。

>仏や神を信じない者は・・・無知の者といえる。

>仏や神を信じるものは・・・間の抜けた者といえる。

あなたは、要するに信じる者も、信じない者も
「無知・間抜け」と言いたい訳?

どなたか、言葉尻をとらえるな、とおっしゃっていましたが、
「この文章の結論」が、ほんとうのところ、私にはわからないんです。
私は、理解できないから知りたいわけで、この人の言うことを、
中傷しているわけではありません。
はっきり知りたいですよ。
この人の言いたいことは何なの?無知な私に分かり易い言葉で教えて!
と言っているのです。


273 :. :2000/09/28(木) 09:29
.

274 :なぞの老人 :2000/09/28(木) 10:32
ふぉふぉふぉ、宗の教え、宇宙・生命の根本の法則はあるんじゃよ。
信じようが信じまいが厳然とあるんじゃよ。
それを宗教は教えてるわけ。
間違ってる宗教も当然あるよ。
惜しいところまで解明してる宗教もあるよ。
宇宙・生命の根本の法則がわかって生きていけばよりよく生きていけると思わないかい?
宗教を信じない人は無知とか無宗教(宇宙・生命の根本の法則があるとは思わない、信じない、考えたときもない)という宗教を元に生きてるとか言われるのはこういう意味でじゃろう。

275 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/28(木) 10:56
>おいおいそれを聞くなら263だろ。
>よく読めよ。
いいえ264が正しいでしょう。だって263がそう質問してるんだから

276 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/28(木) 10:58
でもう一度質問ですがあなたのいう普通の生活ってどの程度の
ものを指すのでしょう?皆さんそれぞれ生活レベル、習慣等の
認識に差があると思いますので。

277 :. :2000/09/28(木) 11:21
>274
>宇宙・生命の根本の法則がわかって生きていけば
>よりよく生きていけると思わないかい?

宇宙・生命の根本の法則は、よりよく生きていくうちに
わかるんだと思います。


278 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 11:23
全ての人は、無知で間抜けといっていい。
自分の未来に何が起こるかを知らずに平気で生きている。
先には死がある。死は自分のやってきたこと、持っているもの全てを破滅に追いやる。切り離させる。
これを私たちの人生の中の一大事といわず、何を一大事という?
自分が死ぬことを知らぬのか、それとも死と言う言葉さえ知らぬのか?
なぜ生きているのか生きている意味すら知らぬ。
自分の未来を知らぬから、平気でいられるのだろう。
死を知れば、何とか解決の道はないものかと、もがくものだ。、哲学や宗教なども学ぶだろう。
無知ゆえに自分の死の恐怖さえ判らない。自分の死の恐怖を知らぬゆえ無知と言える。
生きる目的すら知らない、無知と言える。
なぜ生きているのか、それを知らぬためにダクダクト生きるしかない。
どうやって生きていくかは、皆得意なところだが、結末を忘れている。
生きるとは、結果死ぬこと。生死一如、生きると死ぬは一つの如し。
人は死ぬために生まれてきたのか?

279 :なぞの老人 :2000/09/28(木) 11:25
ふぉふぉふぉ、そうじゃろう。
そのよりよく生きたキリスト、マホメット、釈迦などが他人にこの事を語ろうと思い行動し宗教は盛んになっていたのじゃろう。


280 :精神世界4 :2000/09/28(木) 11:43
>278
生と死は、単純なことさ

>子孫の繁栄のため。DNAの為すべき方向へ。
>押し潰された者を、自然淘汰したと言う。
>繁栄している者が、次世代への生き残り組み。

過去も未来もこのとおり進行する。


281 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 11:44
生命の根本の法則、の一つとして。
皆、幸福を求めている。人でも、アリでさえも幸福を求めている。
人の先人達もまた幸せを求めて、求め続けた。
結果判ったことがある。
人の求めている幸福とは相対の幸福であること。
つまり、何かと比べて幸せを感じるのだ、周りの人や過去の自分と比べて度合いを測っている。
他人が自分の物より良い物を持てば、自分の持つ物に不満を覚え幸せの度合いが下がる。
いつまで経っても競争である。


282 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 11:49
>278→279

ひとり芝居するな。見苦しい。


283 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 11:56
>281
>人の求めている幸福とは相対の幸福であること。

それ、あんたのことでしょう。
他人と比べて幸福を測るような俗な人間ばかりじゃないんだよ。
自分が幸福だったら幸福なんだよ。
今どきハタチ超えたらそのっくらいわかってるだろ。
「となりの芝生は青く見える」
学校で習わなかったのか?
そのっくらいの教訓は、学校出たら、理解してんだろ。

284 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/28(木) 12:05
280>生と死は、単純なことさ
意見良く理解できました。
で?それがわかったことであなたは「生」に何を求めるのですか?
何が自分にとって正しさになるのでしょうか?
何が自分にとって幸せで、何が他人にとっての幸となれるのでしょう?

285 :精神世界4 :2000/09/28(木) 12:20
>284
>あなたは「生」に何を求めるのですか?

何も求めない。あるがままを受け入れる。
今、自分のやるべき事を果たし、今、必要とされていることを果たす。
今この時を、精一杯努力し、楽しみ、悲しみ、苦労し、積み重ねて
生きていくことだけが、この世に生を与えられた、自分の役割。

>何が自分にとって正しさになるのでしょうか?

この世に正しいことなど何もない。
自分が正しいと思ったことが正しい。

>何が自分にとって幸せで、何が他人にとっての幸となれるのでしょう?

自分が幸せと思えばそれが幸せ。
自分が幸せであることが、他人にとっても幸せをもたらす。

286 :精神世界4 :2000/09/28(木) 13:07
>284

私自身の具体的な幸せとは
生きていること。
体と心が存在すること。


287 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/28(木) 13:18
>精一杯努力し、楽しみ、悲しみ、苦労し、積み重ねて
>生きていくことだけが、この世に生を与えられた、自分の役割。

この考え方は多くの宗教の教えにもあるものですが、そう考える
方が宗教をあえて否定する理由を教えてください

>この世に正しいことなど何もない。
>自分が正しいと思ったことが正しい。
>自分が幸せと思えばそれが幸せ。
>自分が幸せであることが、他人にとっても幸せをもたらす

極端な見解を示せばこれは独善になります。つまり強力なエゴです。
これはあなたの批判する宗教の考え方どう違うか教えてください。
私は信仰を持つ人間ですが
他人の幸せを真に願える人間は幸せであると考えます。
また人間社会において常に相手を思うことが重要であると思います。
社会生活を行うとは基本的に人の役に立つこと(仕事)や喜ば
れることを行うことによって初めて成立されるものであると考えます。
これが素直な気持ちで行えることが普通の生活、そういうおだやかな
精神状態を練り上げていくことが普通の信仰であると考えます。

288 :精神世界4 :2000/09/28(木) 14:21
>287
>この考え方は多くの宗教の教えにもあるものですが、そう考える
>方が宗教をあえて否定する理由を教えてください

ひとつの価値観にしばられることなく、自由な精神を持っていたいからです。
善も悪も受け入れたうえで、自分で判断し、自分の力を信じて生きるためです。

>極端な見解を示せばこれは独善になります。つまり強力なエゴです。
>これはあなたの批判する宗教の考え方どう違うか教えてください。

カルト宗教には否定的ですが、その国の文化や習慣に則した宗教は、
肯定も 否定もしません。

>自分が正しいと思ったことが正しい。
>自分が幸せと思えばそれが幸せ。

何を正しいとするか、幸福とするかについて、私自身の判断が試されています。
故に、これがエゴである場合は、私自身が、世の中で淘汰されると考えています。
エゴでない場合は、自分あるいは、子孫の繁栄に繋がると考えています。

>他人の幸せを真に願える人間は幸せであると考えます。
>また人間社会において常に相手を思うことが重要であると思います。
>社会生活を行うとは基本的に人の役に立つこと(仕事)や喜ば
>れることを行うことによって初めて成立されるものであると考えます。

<他人の幸せを真に願える人間は幸せ>この思考は傲慢だと思っています。

私自身は<自分の幸せを真に願っているエゴな人間>を自覚し、
<さらなる自己満足を得るために奉仕する人間>であることを自覚し、
常に自分が傲慢ではないかを自己に検閲していくことを、自分に課しています。


289 :精神世界4 :2000/09/28(木) 15:38
>287
>社会生活を行うとは基本的に人の役に立つこと(仕事)や喜ば
>れることを行うことによって初めて成立されるものであると考えます。

私の考えでは、私が自分の幸せを求める行為に対して、
他人の役に立たせてもらった。他人に喜んでもらった。
ことへの感謝で社会が成立するのが好ましい。


290 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 17:05
288>常に自分が傲慢ではないかを自己に検閲していくことを、自分に課しています。

その検閲の手段として宗教にある教えを信じ、仰ぎ、利用し、考え、
昇華させていくことは、教義の押しつけになると考えますか? または
何も自分では何も考えないことと同じことでしょうか。

291 ::2000/09/28(木) 17:13
・・・・・・・・・・・・・・はぁ?。

292 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 17:26
>私自身は<自分の幸せを真に願っているエゴな人間>を自覚し、
><さらなる自己満足を得るために奉仕する人間>であることを自覚し、

言っている大意はほとんど同じだと思いますが・・・

293 :精神世界4 :2000/09/28(木) 20:02
>290
>その検閲の手段として宗教にある教えを信じ、仰ぎ、利用し、考え、
>昇華させていくことは、教義の押しつけになると考えますか?

いいえ。
それは宗教の信仰を選択した方々の.自由です。
私は、私の考えを述べているだけです。
誰を変えようとも思っていません。


294 :精神世界4 :2000/09/28(木) 20:13
>292
>>私自身は<自分の幸せを真に願っているエゴな人間>を自覚し、

これは日常生活をおくる自分に対して自覚していること。

>><さらなる自己満足を得るために奉仕する人間>であることを自覚し

奉仕活動は、より高度な人間のエゴだと思っているため。
もし、奉仕活動をするならば、このように自覚するであろうということ。

なお「私が自分の幸せを求める行為」は
「一瞬一瞬に幸せを確認する作業」という意味です。

295 :名無しさん :2000/09/28(木) 20:16
生きているのが幸福
まったくだ、そのたうりだ。
思いっきり俗物だ。

296 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 20:43
>295
295は、「俺は、俗物ではない立派な人間である!」
とでも思ってるのかい?

297 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 20:51
>295
人に向かってバカっていう人間がバカなんじゃないの?
これ、普遍的真理。南無阿弥陀仏。

298 :名無しさん :2000/09/28(木) 22:09
友達がクリスチャンになった時、違和感を覚えた。
それまで人間だったが、クリスチャンという一つ
人間より優れたものになった気でいる馬鹿になった。

299 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 22:45
何かを信じては生きているような気もするけど、
宗教という枠がやだな。

300 :精神世界4 :2000/09/29(金) 05:13
>298
>それまで人間だったが、クリスチャンという一つ
>人間より優れたものになった気でいる馬鹿になった。

クリスチャンだけじゃないだろう。
バックに組織がつくと、急に優れたものになった気になる輩といえば、
暴力団の若い衆も同じだな。


301 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 06:12
宗教団体も暴力団も体質は同じかもねぇ。

302 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 06:18
>301
そのとおり
でも、オウムや阿含宗をみると更に怖そうです
暴力団はサリンを作ったりしませんから

303 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 07:41
ヤクザには一応、スジがありますからね。
一般には手を出さないなんていう。
宗教団体には、これといったスジがありませんね。

304 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 09:21
この世界に幸福はないといって良い。
たくさんの物語があるけれど、悲劇の物語とはどういうものなのかというと、
結末が不幸に終わるものを指す。
中盤が幸せに盛り上がれば盛り上がるほど、最後に悲惨な終わり方をすれば
中盤の幸せがとても儚く思え、心に悲劇として残るだろう。
人生もまた同じではないのか?
生きている間、どんなに楽しかろうと、結末は死だぞ。
死は自分から全てのものを取り上げてしまうのだ。
これを悲劇といわずに何を悲劇という?
悲劇の人生を楽しむ、まともな人ならそんな事出来ない。
己のことだ、自覚しようがしまいが、刻々と人生の終幕にちかずいてるよ。

305 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 09:22
ですが、弱みにつけこむ点では同じですかね。
暴力団と宗教団体が合体すると怖いものありますね。

306 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 09:41
>悲劇の人生を楽しむ、まともな人ならそんな事出来ない。
>己のことだ、自覚しようがしまいが、刻々と人生の終幕にちかずいてるよ。
で、それがわかったうえであなたは何を「行動」するのですか?
自覚しようがしまいが皆さんがんばって生きてますよ。

307 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 09:44
>宗教団体には、これといったスジがありませんね。
スジも通っていない宗教団体を宗教とは思われてもなぁ・・・
それって単なるインチキじゃん。

308 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 09:46
真実の宗教ってあっても一つだぞ。
どいつらも言っていること違うじゃねーか。
てことは、でたらめなことを言って人を集めていることになる。
これをほっといていいのか、
論破できるぐらいの知識を持つ人は、どんどんぶち破ってくれ。

309 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 09:46
あ、でもインチキなのはここで叩かれてるからいいかもね。

310 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 09:52
>どいつらも言っていること違うじゃねーか。
ちゃんとしたところでちゃんと修練を積んでいる人は
そんな変なこと言わないぞ、そんなにみんな違うことも言ってないし
本質を突き詰めていくと割と似たようなこと言ってるよ

311 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 10:04
>304〜310

いい加減に、ひとり芝居はやめろーーーーーー!!!!!
ヘドが出るぜ!



312 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 10:07
自分の人生が悲劇とわかったなら、喜劇に変えようとするだろ。
それともあきらめるかね。
どうすれば喜劇になるか、むかしっから偉人・哲人と呼ばれた人は
自分の人生を考えてきた。
ならば、それらの人達から学ぶのが得策だろ。
俺は今、親鸞を学んでいる。
親鸞についての本の数はたくさんあって、書いてあることも
本によって全然違う。
だが、親鸞自ら書いた本にはすげー面白い、感銘を受ける。
なんせ、多くの寺や宗教を堂々と非難し、言っていることに筋がある。
浄土真宗で言っていることと全く違う。
他人が言うからどうこうじゃねー。
自分の目と耳で、頭で何とかせにゃならんのだ。自分で動け。

313 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 10:12
親鸞は人を殺すことをどう教えてるかだけ教えてくんない?

314 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 10:13
>304・305・306・307・308・309・310
<恥を知れ。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

.
.
.
.
.
.
.
.
.

.


315 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 10:17
sagesagesage
sage

sage

sage

sage

sage

sage


sage

316 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 10:19
みんな同じように聞こえるって
真実って2つも3つも4つもあるもんんじゃない。
同じように聞こえるのは、その人達が間違った道を同じく行っているのだ。
大体言ってることって、
お金持ちになるには、病気を治すには、頭が良くなるにはっていう
生き方を言ってるだろ。
もしくは、信じれば死んだ後何とかしてやるって言うものでしょ。
死後なんかを言うものはインチキ。
生き方ならHOW TO本でも読めばいい。

317 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 10:19
sagesagesagesagesage

318 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 10:23
15才未満お断り



319 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 11:07
本気揚げ

320 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 11:13
>316
きみは、もちっと、作文の練習をしたほうがいいかもしれないよね(笑)
ムカツク輩がいてもまあなんというか、気持はわかる。

>自分の人生が悲劇とわかったなら、喜劇に変えようとするだろ。
>それともあきらめるかね。
>どうすれば喜劇になるか、むかしっから偉人・哲人と呼ばれた人は
>自分の人生を考えてきた。

きみさあ、人生に喜劇と悲劇しかないなんて、いつもこうやって
決めつけるだろ。
「僕は〜思うんですけどみなさんはどうですか?」
こんな感じで書けないの?
きみの書き方って、文章の稚拙さに比べて、
いかにも、ものがわかったような決めつけが多くて、
横柄に聞こえるんだよ。
「〜である。」なんて断言するのは、もちっと
ものの解った人が言うから、みんなが受け入れるんだよ。

人生に喜劇と悲劇しかないって思うのは、きみの自由だけど、
ほかにも、いろんなとらえ方があるってこと理解したうえで
文章にしてほしいね。そしたら、も少し、謙虚な書き方になるだろ。

321 :イザベル :2000/09/29(金) 11:21
仕方ないわよ。どこにでもいるじゃないさ。
あたしもそんな部分あるんだけど、自分の言う事は絶対なはずって
いうものの考え方。このスレ作った人もそうじゃないの?

だけど、あたし的には、ある程度当たってる部分はあると思うのよ。
盲信というものの恐ろしさ。歴史を見れば一目瞭然。

精神衛生の勉強すれば、少しは見方が変わるかも知れないけど。
どうかしら?

322 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 11:33
>321
>自分の言う事は絶対なはずっていうものの考え方。
>このスレ作った人もそうじゃないの?
>盲信というものの恐ろしさ。歴史を見れば一目瞭然。

イザベルさんのおっしゃること、もっともです。
ただ、どうも「ものの考え方」っていうより
この方の場合「幼さ」の方が目についてね。

>精神衛生の勉強すれば、少しは見方が変わるかも知れないけど。
>どうかしら?

そうしてもらいたいものです。
具体的には、どのような分野から入ればいいのですかね?


323 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/29(金) 11:57
宗教は全部、合法的詐欺。法律で禁止して、全部の宗教がなくなっても、全然困らないね。

324 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 12:20
>323
<ウンウン!困らない。

325 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 12:23
初心にかえって、
宗教は〜〜全部〜〜嫌いダァ〜〜〜ッ!

326 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 12:33
>323
なんで、信教の自由なんて、法律で守られてるんだ?

327 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 13:08

>宗教信じてるやつ!それはお前の心の弱さの象徴だよ!
>救ってもらおうとか、天国行こうとか、本質はエゴなんじゃねーの?

これ以外に考えられません。
私は以前、カトリックの修道院と関わりがあったものですが、
修道女の人たちを見ていると、何かの不幸の末、修道院に
入った方たちが多いとしか思えません。

彼女たちのことをキリストの花嫁と呼ぶそうですが、その中に
先天的に胸に乳房のない若い女性がいました。
明らかに、結婚ができないから修道院に入ったとしか思えず、
カトリックに憧れていた私の熱が一気に醒めていきました。

健康な体と心を持ちながら、こんなところに逃げ込むまいと
決心しました。
健康で強ければ、社会からドロップアウトするなんて、
洗脳でもされなければ、まずは考えないのではありませんか?

そして、ドロップアウトした人たちを、神に特別選ばれた人のように
世の中に宣伝するのは、エゴとしか思えません。
もしやるなら、その弱さを認めたうえで、自分たちだけで
「私たちは、弱い者同志、慰めあう集団です」と言ってひっそり
生きてほしいです。

カトリックの修道院はその点は、満たしていますが、
若い人たちを騙して呼び込んで、勧誘に走る宗教を見ていると、
人の弱さにつけこんで、弱い者の仲間に引き摺りこもうとしているように
見えて仕方がありません。

328 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 13:18
火災保険や自動車保険に入ったり、老後のために貯金を
する人のことを堅実な人と思われるだろう。
火事になったら火事になった時、老後になったら老後になった時、
といっているのは実際にそうなった時のことを考えていない。
未来を考えれば、保険や貯金をするでしょう。
だけど、死のことを考えていない。
死は家や車だけではなく、自分の体まで持っていってしまう。
若い時から老後を考える日本人にとっては100%到来する
死を問題にしないのは、ずいぶん間抜けではなかろうか。
死を宗教ではごまかせても解決は出来ない。
真実とはとても言いがたい。

329 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 13:25
>327「私たちは、弱い者同志、慰めあう集団です」と言ってひっそり
生きてほしいです。

そうだな。布教なんて言わずに素直にそう言えよだな。
弱みにつけこむ悪徳商法とどこかちがう点があるだろうか。



330 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 13:34
死を宗教ではごまかせても解決は出来ない。
真実とはとても言いがたい。

はぁ、まぁ大抵こういうことを大上段に言われる方に限って、引っかかりやすいですよ。
インチキに、真実をついにみつけたよっ!なーんてね。

331 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 13:45
>健康で強ければ、社会からドロップアウトするなんて、
>洗脳でもされなければ、まずは考えないのではありませんか?
何勘違いしてんだよ。健康で恵まれてるやつが本気で神にすがろう
と思うか?そんだけの覚悟がいるんだよ、そんだけ追いつめられるから
本気でできんだろう。そんな簡単にみんながマザー・テレサになれりゃ
苦労はしないよ。
何に落胆したんだかしらんが聖書よく読めよ、信仰に興味があるならさ。
教会批判なんてそのあとだよ。

332 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 13:54
>そして、ドロップアウトした人たちを、神に特別選ばれた人のように
>世の中に宣伝するのは、エゴとしか思えません。
そうすることでドロップアウトした人の心が救われるなら十分意味は
あると思うがな、それともエタは死ねってか(笑)
きれい事ばっかじゃないぜ。世の中

333 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 13:56
まぁそれを拾って上げるのも宗教家の仕事だけどね

334 :327 :2000/09/29(金) 14:18
>331
>>健康で強ければ、社会からドロップアウトするなんて、
>>洗脳でもされなければ、まずは考えないのではありませんか?

>何勘違いしてんだよ。健康で恵まれてるやつが本気で神にすがろう
>と思うか?そんだけの覚悟がいるんだよ、そんだけ追いつめられるから
>本気でできんだろう。

この部分あなたが何をいわんとされているのか、
意味がわからないのですが。

>何に落胆したんだかしらんが聖書よく読めよ、

私はカトリックの学校に勤務しており、その雰囲気に憧れ、、
約1年間、カトリック教会にて、公教要理(洗礼を受けるための教え)を
勉強してきました。その後洗礼を受ける直前に、洗礼式を断り、
転向したのですが、これは、その時の実感です。
若輩で、考えが甘いのかもしれませんが、私の感じたことを
書かせて頂きました。

335 :イザベル :2000/09/29(金) 14:20
でもさ、宗教がいる人といらない人もいるのよ。
どっちでも、人の勝手じゃないさ。あたしはそう思うわ。
でも今の変な宗教はびこってるの見てたら
何も信じないほうが理にかなってるといえば、そうなのよ。

みんな精神衛生上なにか不衛生だからなのよね・・・。

336 :327 :2000/09/29(金) 14:24
>>そして、ドロップアウトした人たちを、神に特別選ばれた人のように
>>世の中に宣伝するのは、エゴとしか思えません。

>そうすることでドロップアウトした人の心が救われるなら十分意味は
>あると思うがな、それともエタは死ねってか(笑)

ドロップアウトした人を救うのは良いことだと思います。
私が言いたかったのは、宗教団体が、その人たち(信者)のことを
社会に向けて「神に選ばれた人」などと宣伝することを批判しているのですが。

337 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 17:15
>>328
宗教は保険か。
保険金が高そうだね。保険会社でも倒産する今のご時世、
ちゃんと支払ってもらえるかよく調べておいた方がいいよ。

338 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 17:17
>健康で恵まれてるやつが本気で神にすがろう
>と思うか?そんだけの覚悟がいるんだよ、そんだけ追いつめられるから
>本気でできんだろう。

これがわからんなら若輩で、考えが甘いとしかいいようがないです。

339 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 17:29
>約1年間、カトリック教会にて、公教要理(洗礼を受けるための教え)を
>勉強してきました。

勉強ねぇ、1年間。そうすると信仰者から見れば
1年生なんだけどね。それで見限るほど浅い教えじゃないと思うよ
キリスト教はよくしらんが、まぁ学校行って変な知識だけついて
わかった気になって幻滅するというパターンは多いけどね。
そっから実行が伴って行くんだけどなぁ。
自分で悟っていくものだからねぇ、信仰なんて。自分と聖書と仲良く
やっていって下さい。一生分をかける価値はあるけどね。

340 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 17:29
>331
>>健康で強ければ、社会からドロップアウトするなんて、
>>洗脳でもされなければ、まずは考えないのではありませんか?

これのレスがどうして下記のようになるか?
その繋がりがわからないのです。

>健康で恵まれてるやつが本気で神にすがろう
>と思うか?そんだけの覚悟がいるんだよ、そんだけ追いつめられるから
>本気でできんだろう。

ずっと読んできましたが、あなたは、答えられなくなると、
無知だの間抜けだの、人をバカにする言葉で逃げてしまわれる方の
ようですね。


341 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 17:37
「神に選ばれた人」ってのは神様の仕事に一生を捧げたってことの
称号じゃないの。だってあなたそんなこと簡単にできんでしょ。
それともあなたはこの人たちを蔑んでるのですか。
あなたの受け取る心の問題だと思うよ。

342 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 17:44
>339
>勉強ねぇ、1年間。そうすると信仰者から見れば
>1年生なんだけどね。

幼いときから15年間、親に連れられて教会に通いました。
洗礼を受けるときの勉強は、実質的には3ヶ月〜半年くらいで終わります。
教えを学ぶことと信者になることは、天と地ほどの差があると
思っています。外からものを見るか、団体の中からものを見るかでは、
見え方が180度違うことだってあります。


343 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 17:46
>>健康で強ければ、社会からドロップアウトするなんて、
>>洗脳でもされなければ、まずは考えないのではありませんか?
そうね、確かにないかもしれない。だから基本的にどうしょもない人間
がまっとうになるためにやるものだと思うよ、それが自覚できないと
信仰を進めるのは難しいかもしれない。
あなたも学校にあこがれて行った時点でもうダメ人間なんだよ。
そっからがんばってはい上がって下さい。僕もクズのような人間です
あなたは綺麗な人間じゃないんです。自覚できますか?

344 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 19:12
>343
>あなたも学校にあこがれて行った時点でもうダメ人間なんだよ。

カトリックの高校に入学した時点でダメ人間だとおっしゃるんですか?
それとも、その短大を卒業してその学校の事務に就職した時点で
ダメ人間だとおっしゃるんですか?

>あなたは綺麗な人間じゃないんです。自覚できますか?

汚い人間だとおっしゃりたいんですか?
ずいぶんな決め付け、思い込みですね。
少なくともあなたと同じクズのような人間とは思っていませんし、
汚い人間だとも思っていません。

夫と子供に囲まれた健康で楽しい家族生活が私にはありますし、
多くの友達と趣味のフラワーアレンジメントを楽しんだりして、
普通の主婦をやっていますから。
平凡で、平均的主婦だといわれれば、そのとおりですが、
汚いとかダメ人間であると自覚せよ言われても、そのような
やましい生き方をやってきた覚えはありません。




345 :名無しさん :2000/09/29(金) 19:21
おんあぼきゃべいろしゃのうまかぼだら
まにはんどまじんばらはらはりたやうん

人が生きていくには、多くの命が必要
生きていられることに感謝しましょう。



346 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 19:44
>341
>「神に選ばれた人」ってのは神様の仕事に一生を捧げたってことの
>称号じゃないの。だってあなたそんなこと簡単にできんでしょ。

カトリックでは信者だけでなく、信者でない弱者に対してそう言います。
また、ほかの宗教では、人類滅亡のときに、神に選ばれた人間だけが救済されると言って勧誘したり
しています。信者になること自体、選ばれた人間だと宣伝しているということです。

>それともあなたはこの人たちを蔑んでるのですか。
>あなたの受け取る心の問題だと思うよ。

この文章のどこが、人を蔑んでいるのですか?
あなたが、すぐ他人を蔑むからといって、みんもそうであるなんて
失礼です。私はあなたのように他人を蔑むつもりは毛頭ありません。


347 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 02:07
>328
>火災保険や自動車保険に入ったり、老後のために貯金を
>する人のことを堅実な人と思われるだろう。
>だけど、死のことを考えていない。

おまえさあ、社会生活ちゃんと出来てんの?
中年にもなったら、葬式や墓のこと考えてる人もいっぱいいるんだよ。
子供に生前に財産分けしてる家もいっぱいあるんだよ。
生きているうちに自分たちの財産を子供に年間300万だっけ?
(それを超えると贈与税がいるから)振込んで 財産分けしてる家もあるんだよ。
遺言書いて、自分の後始末して死ぬ人もいるんだよ。
一家の亭主が死んだら、残されt者は、生命保険で生活を補うこともできる。

火災保険・自動車保険→堅実>なんていう論点だったら
生命保険・葬式・墓・遺言・財産分与→堅実>て、ちゃんと死のことだって
考えてるだろ。

死が「心の問題」だって言いたいなら、最初から、論点をはっきりしろ。

>死は家や車だけではなく、自分の体まで持っていってしまう。
>若い時から老後を考える日本人にとっては100%到来する
>死を問題にしないのは、ずいぶん間抜けではなかろうか。
>死を宗教ではごまかせても解決は出来ない。
>真実とはとても言いがたい。

また、おまえの得意な「間抜け」がでてきたな。
おまえにはなんで、他人がそんなに間抜けや無知に見えるんだ?
偉い人間ほど他人に寛容なんだよ。
他人が間抜けや無知にしか見えないのは、
おまえが自分で公言してるとおり「僕もクズのような人間です」
だからなんだろう?

おまえは「物質と心の問題」いかなる場合でも、分けて分析・観察することが
出来ないんだな。どうしようもなく混沌とした頭脳なんだな。
まずは、どっちかの論点に絞って書く練習しろよ。
それと、自分がバカにされたくなかったら、他人をバカにするな。

もうひとつ、
おまえは、宗教懐疑論者なのか?
おまえは、宗教擁護論者なのか?
それとも、無神論者なのか?
それとも、スレッドの意見に難癖をつけに来ているだけなのか?
それとも、ほかに意図があるのか?

<――― 態度をはっきりしろ!!!―――>




348 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 02:25
>328
つけ加えていえば、例えば「物質と心の問題」をリンクして考えるには、
もう少し、論理的な思考が必要だっていうことだ。

論理的な思考法が身についていないなら、
もっと、現実的なことを現実に即して考える訓練をしろよ。
抽象的なことを言葉にする能力は、そこに根付いていなければ、
他人の心には何も訴えないよ。


349 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 02:38
>彼女たちのことをキリストの花嫁と呼ぶそうですが、その中に
>先天的に胸に乳房のない若い女性がいました。
>明らかに、結婚ができないから修道院に入ったとしか思えず、
>カトリックに憧れていた私の熱が一気に醒めていきました。

あのさぁ、この人をあなたが蔑めば蔑んだだけ彼女は素晴らしい人間になれる確率が
増すんだよ。人の痛みが判るようになるから。少なくとも同じように乳房を失って
しまった人や体の事情で結婚が出来ない人に対して誰よりも気持ちが分かることが
できるんじゃないかな、少なくともあなたよりはね、信仰においてはこの人のハン
デはむしろ神に祝福されたものなんだよ。
だからこそ選ばれた人なんだよ。ドロップアウトせざるえない程追い込まれているからこそ
結果的にそれを克服したときにより大きな心持ちを得ることが出来るチャンスのある
人たちなんだよ。
あなたは15年間何を学んだのだ。組織が悪い何が悪い。なぜ聖書と自分を照らし合わせない
そのような歪んだ見方をしてしまうような人間だから信仰のある家に生まれたんだよ
神様から導いてもらってるのに、何をやってるんだあんたは。
自分の醜さに気づかないことが一番の不幸なんだよ。信仰をする人はみんな醜いんだよ
醜いからこそ信仰でそれを綺麗にして行かなくちゃならない。
なにが醜くなにが美しいのかは君が15年間学んだハズだよ。
がんばってはい上がって下さい。がんばって。

350 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 03:10
宗教って、神様を拝む事なんですか?
お金を納める事が宗教なんですか?
読経する事が宗教なんですか?
生きて行くのに必要な心の在り方を教えてくれるのが
宗教なんじゃないんですか?

楽しくても辛くても生きているって事に変わりはないんだ
って事を教えてくれるのが宗教だって僕は信じたい。

351 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 04:35
>>350
それなら、別に宗教でなくてもいいでしょ

352 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 04:37
「宗教」とは、心の弱い(死が怖い、一人じゃ生きられない、守ってもらいたい)
なんて考えてるヒトがほとんどです。

しかも、一見そのヒトたちの「心を救ってる」ように見えますが、
本当に救ってあげるなら、立ち直らせて1人でも平気な強い人間にすることが
その人を救う事じゃないでしょうか?
「宗教」という媒介に依存し、一生抜け出せないなんて、
「麻薬」みたいなもんです。

別にワタシは、無信仰だしどうでも良いけど、
どんなものでも「中毒」の人を野放しにしておくのは危険だから、
はやく宗教なんかに頼らずに生きていける人間になってほしいものです。



353 :かえる :2000/09/30(土) 04:55
>352 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/09/30(土) 04:37

(ノ^▽^)ノ☆拍手♪
(*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆ パチパチ
\(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ\(^o^)/バンザーイ


354 :346 :2000/09/30(土) 05:03
>信仰においてはこの人のハンデはむしろ神に祝福されたものなんだよ。

そのとおりです。その方たちにとっては、克服の手段だと思っていますよ。
宗教は弱者のためにある。弱者が弱さを克服するためにあることは
認めてます。
ただ、私が、神という絶対者・あるいは組織の教義をバックにしか
自立できない信者に対し弱さを克服したとは思っていないことは確かです。

私は、それからあとの話を問題だと考えています。
「宗教団体は、弱者の集団であり、弱い者が神に助けられ弱さを克服する場」
であることを世の中に、正直に語るべきだと言っています。
私はその時<こういうことに嘘があることに気付いた>のです。

それを正直に語ったうえで、伝導や勧誘をすべきだと思っているだけです。
障害のある人はのことは、気付いたときの単なるきっかけです。

信者たちは自分が信者になった瞬間から自分を弱者だと
意識することを止め、反対に自分は神や教団や教祖に認められた
特別な人間であるという意識に変容していくわけです。
こういうことは「教団の内部だけに留めておくべき」と言っている
だけです。外に向けての勧誘や伝導の材料にしないでほしいということです。

ちなみに、私の両親は、仏教徒です(平均的日本人のように)
ちゃんと法事や墓まいりもしていましたよ(笑)
なぜか、神棚もありましたしね。教会に行っていたのは、
父が近所のカトリック教会の神父さんと小学校からの友人だった
よしみです。

あなたは、とても感情的で感覚的ですね(笑)
<蔑むとか、醜いとか、美しいとか、綺麗とか・・・>
私は、この話を、感情や感覚的に訴えるつもりはありません。
論理的に捉えていただけないようですので、私はこれで、2CHを去ります。
あなたのような方に、少しは理解していただこうと思ったことが間違い
でしたね。
「あなたの相手をまともにするような間抜け」だったことは確かです。
それではさようなら〜。


355 :346 :2000/09/30(土) 05:07
>354の続き

あなたは、とても感情的で感覚的ですね(笑)
<蔑むとか、醜いとか、美しいとか、綺麗とか・・・>
私は、この話を、感情や感覚的に訴えるつもりはありません。
論理的に捉えていただけないようですので、私はこれで、2CHを去ります。
あなたのような方に、少しは理解していただこうと思ったことが間違い
でしたね。
「あなたの相手をまともにするような間抜け」だったことは確かです。
それではさようなら〜。


356 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 05:22
>351
その通りです、宗教じゃなくて良いです。
あたりまえに生活して、あたりまえに生きる事が大切なのです。
形式だけの宗教は必要ありません。
仏さんの前でお経を読む必要があると思えば、坊主なんかに
頼まずに自分で下手くそでも良いから読経したほうがよっぽど
心があると思います。

357 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 11:58
宗教者の主張を無宗教者が、自分のあらん限りの知識をつくして否定する。
それはいいとして。
宗教にマインドコントロールされるとか、金をとられるとかいう問題以前に、
宗教の価値観で、自分の考えを否定されるのが怖いんだろ?



358 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 14:31
どちらもね。

359 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 15:11
無宗教者の主張を宗教者が、自分のあらん限りの知識をつくして否定する。
それはいいとして。
無宗教に、心の弱さの象徴だよ!本質はエゴなんじゃねーの? と言われるとかいう問題以前に、

無宗教の価値観で、自分の考えを否定されるのが怖いんだろ?


360 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 16:05
ここは、宗教信じないヤツのスレッドだ。
<語りあおうぜ。

<宗教の欺瞞を!宗教の偽善を!宗教への疑念を!
<「3G」だぜい!


361 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 18:31

<無知、間抜け君の荒らしについても語ろう!
あんたって、人を批判するのに、無知と間抜けしか言葉をしらねぇなあ。
ほんとに無知で間抜けな野郎だなあ。

362 :名無しさん@1周年 :2000/10/01(日) 19:51
海外に住むときには、
日常的に宗教をたずねられる事が多いけど、
たとえ信仰をしていなくても、神道とか仏教徒などと
答えておくほうが無難だそうな。
無宗教だと、共産主義者か変わり者か半人前に見られて、
人格まで割り引いて見られるらしい。

363 :名無しさん@1周年 :2000/10/01(日) 22:26
信教の自由は分かるが、何で宗教法人を税制上優遇しなきゃならないんだ?
この問題が分かる人がいたら教えて下さい。

364 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 04:45
「人生の破調は神を輸入す」

365 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 04:55
>364
「人生の破調は神を輸入す」

な、なんだ?この電波少年のような野郎は。
こんな、センス悪い「迷句」堂々と発表するなよ!
自分じゃ「名句」だと思ってんだろうけど。
意味は察するが、全くぅ〜美意識ねぇよなあ。

366 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 05:14
>364
きみは、分裂くんかい?
それとも、間抜けくんかい?

367 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 12:27
心と宗教の板に来てみましたが、
ずっと読み進むうちに、宗教団体というのは、犯罪者集団のようで
恐ろしいですね。オウムも凄かったけど、あれだけが特殊でもないんですね。
詐欺はまだしも殺人もけっこうあって、驚きました。

宗教に入ったら犯罪に向かってしまうのか、もともと犯罪傾向のある人が
宗教に入るのか、どちらが正しいのでしょうか。


368 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 12:28
無宗教の人でも何かしら信じてるものあるんでは?

例えば自分自信が今思ったことを信じて行動するとか。
親の言ったこととは必ず信じて行動するとか。
やっぱ世の中仕事だ、仕事すれば幸福になるとか。
金だろ、金だよ、金さえあれば幸せな生活おくれるとか。
自分なりに基準となる考え・哲学があると思うんですよ。

いわゆる、ここで宗教信じてるって言われてる方は、
その基準となる考え方がキリスト教とか仏教とかだけだと思うんですが。

キリストの教えを基調に生きてる人をキリスト教信者、釈尊の教えを基調に生きてる人を仏教信者、自分自信が思ったこと考えたことを基調に生きてる人を自分教信者とすれば、
キリスト教、仏教やってる人だって、自分自信を信じて(無宗教、自分教)生きてる人だって
他人に自分の考えを薦める教えるのはまだよいが、強引に押し付けたり、人殺したり、自分の考えと違うからって人間性まで批判するどの宗教であれ悪いと思うんですが。

その宗教(キリスト教、仏教、無宗教、自分教、拝金主義、etc)信じて生活して、他人に迷惑かけずその人自信が幸福になれば基本的にいいと思うのですがどうでしょう。




369 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 12:51
>368
ご意見は最もだと思います。
ただ、何かを信じて生きている人は、そのとおりですが、
まだ何を信じて良いかわかっていない若い世代の人たちや、
信じていたものが信じられなくなるような不幸に会われた人たちは
迷いがあると思います。
何を信じて生きていけばいいのか・・信じるものを見つけたい・・・
そういう時に、良くも悪くも宗教は忍び寄ってきます。

他人ごとといえば、そうですが、いつ、自分の家族にもふりかかるか
わかりません。自分の子供が外に出て、カルトの餌食にならないためにも、
宗教の在り方とか、間違いとか、社会のみんなで考えて行くことは
決して無駄ではないと思います。

370 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 16:09
信教の自由は分かるが、何で宗教法人を税制上優遇しなきゃならないんだ?
この問題が分かる人がいたら教えて下さい。

371 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 16:59
ほんとにハラがたちます。
坊主どころか電波まるもうけです。

372 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 18:50
>370
下記URL法人の説明です

http://www.kohokyo.or.jp/hojin/hojin.htm

ゆえに、税制が優遇されます。
簡単に言えば、公益を目的とした集団だから・・・ということではないかな?

373 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 18:54
>370
宗教法人については、こちら文化のURLをどうぞ

http://www.bunka.go.jp/9/IX.html

374 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 18:56
>370
訂正
こちら文化の→こちら文化庁の

375 :370です :2000/10/02(月) 19:09
>>370
そんな気がします。

>>372>>373>>374
お教えいただき、有難うございます。
公益を目的・・・、というのは宗教法人に限らず判断が難しいですね。

376 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 19:14
>>369
小学校の時、女子だけ見る生理の映写会とか、中学の時のたばこの害の映写会とか、
そいいう感じでもいいから宗教も教育の上でどいいうものか教えたほうがいいかもね。
ここで発言してる人も宗教とは何ぞやと聞かれて本質的な答えられる人少ないのでは。
人間の思想の根幹に関わる問題だから生理、たばこ以上に重要な問題だからね。

ある程度、宗教に関して知識・免疫があれば明らかに金儲けを目的とした宗教を隠れ蓑にしたサギ団体にひっかかる人少なくなると思う。
オウムにはいわゆるエリートって言われてる東大卒などの人もひっかかたわけだから、宗教に関しては殆ど日本人は教育されてないで臭いモノにはフタをしろって感じで育ってきたのかもね。

>>370
営利目的じゃないからだよ、宗教は商売じゃないから。
それを利用して金儲け企んだら宗教団体ではなくサギ軍団だね。
もし営利目的が発覚したら処罰するべきかもね。

377 :名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 01:11
>>368
っていうか、宗教なんて型枠がいらないじゃない?
もし人に道徳的教えを説きたいなら、
「宗教」なんて「派閥」みたいなものを作らないで、
哲学の授業みたいに、こうゆう風に考えた人もいますって紹介すれば良いんだよ。
あとはそれを聞いて、自分の考えにプラスしてばいいだけ。
そうやってアイデンティティ(自己の確立)を作ったものなんじゃない?



378 :名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 01:13
>>368
っていうか、宗教なんて型枠がいらないじゃない?
もし人に道徳的教えを説きたいなら、
「宗教」なんて「派閥」みたいなものを作らないで、
哲学の授業みたいに、こうゆう風に考えた人もいますって紹介すれば良いんだよ。
あとはそれを聞いて、自分の考えにプラスしてばいいだけ。
そうやってアイデンティティ(自己の確立)を作るものなんじゃない?



379 :378 :2000/10/03(火) 01:13
だぶりましたすいません。

380 :名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 11:38
>>378
宗教って型枠は、いるというかいくらなくそうとしてもできますよ。ありますよ。
哲学と宗教に重なる個所もあるけど違う個所もあるからね。


381 :370です :2000/10/03(火) 23:35
>>376
これはこれは、有難うございます。
営利目的か否か、この点では明確ですね。
でも、宗教法人と出版社と使い分けてたりするところもあるみたいで、
なんか納得がいかない団体が多いです。

382 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 01:48
どの宗教のどこが「公」益なんですか、どこが!!!
営利目的でないとしても公益に資するか否かは別問題。
いったい誰が判断するんだよっ、そこんとこを。

383 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 02:14
表面上で私益を図っているかどうかなんじゃない。
法律なんて、そんなもんでしょ。どの政党も宗教団体ベッタリだから。

384 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 03:58
ラエリ
私たちは別の太陽系から来て、地球上のすべての生命を科学的に造りました。私たちに似せて人間も造りました。
あなたたちは私たちを神と間違えたのです。

私たちはあなたたちを自分の子供のように愛しており、預言者を通じて知恵を送りました。しかし、あなたたちは私たちの教えをゆがめ、戦うために利用しました。

今あなたたちは私たちが誰であるかを理解できるので、私たちは公式に認められた大使館で接触を始めたいのです


385 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 04:29
ラエってんじゃねえぞ。あぁ〜ん、ゴルァ!!

386 :ゲフッゲフッ(;´Д`)y-~~ :2000/10/04(水) 06:49
宗教にハマる人って痛いコなんじゃないの?自分で物事考えられないとか。
要は他力本願寺なんですな。あー痛い痛い。


387 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 09:48
どの宗教団体が営利目的でやってるか、やってないかわからないけど、
とりあえず数十万単位の入会金が必要だとか、
何百万のツボとか買わされるとかは宗教法人を隠れ蓑にしたインチキサギ会社でしょう。
だからこいいうことやってるのは本当の宗教じゃないんだよね。宗教を利用してるんだよ。




388 :メリーチェイン :2000/10/04(水) 12:01
宗教を哲学とか心の拠り所とか倫理とかっていう観点で見ているかぎり
ものの一面しか見てないことになるね。
宗教というのはだ。すべからく人間の出来そこないの象徴なんだよ。
自分のレゾンデートルにギモンを持つつまらないオマケを脳に抱えた
地球上初の自己矛盾型生物。それが人間。ま、かわいそうなこった。

そしてな、宗教というのは、そういった人間の出来そこない加減を
なんとか補間して抑制を効かすための方便なんだ。
昔、頭のちーとばかり良い奴が、こいつらできそこないをなんとか
制御可能にするために仕掛けたトラップが「宗教」。
その秘伝の書が各地でバリエーションを生んでいろんな宗教として
馬鹿に手綱をつけるために使われている。まさに今もって誰もが
超えられない最高の
「政治とマーケティングの指南書」
それが宗教。
キリスト教も仏教もオームも本質になんの変りもないってわけ。
わかったかな? 宗教は全部信じない、はまったく正しいことです。
「いいマーケティング戦略」「悪いマーケティング」
「好きな巻き込み方」「嫌いな煽り方」
くらいに思っておけばだいたいあってるよ。 お菓子屋のホワイトデー
みたいなもの。

389 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 16:30
素直に「商売だ!」っていえば、こんなに嫌われないのにね。

390 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 17:35
age

391 :哲学者 :2000/10/04(水) 17:55
この本を読みましょう
「生活のなかの哲学」牧野紀之著。永版社2000円(本体)
http://www.eihansya.8m.com

392 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 19:11
どんな宗教もそうだけど、元々の教義ってそのまま伝わってないよね?
キリスト教もそうだけど、仏教だって
「仏で人は救えない。ただ黙して滅びよ」
だと思ってないもの。みんな。
気付いた坊主やなんかはけしてその通りに伝えようとはしない。
宗教っていうのは人を計るリトマス試験紙としてはよくできてるよ。
ただ嫌悪感しか出せないヤツはそれはそれで健全だけど、
対して脳みそ使ってないって言っているようなもの

393 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 02:45
世知辛い世の中だ。

394 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 02:52
宗教板は電波と統合していいんじゃないか?

395 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 03:02
388 名前: メリーチェイン

なんか吠えてらあ。オマエこの50年くらいのプラグマティズム
を全然越えてないよ。歴史も知らんのにいい講釈たれの
マネができるから、2ちゃんって魅力的ね(はあと)。

396 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 04:37
>395
超えてみてください。聞きたいです。
ていうか、395は何がいいたいのですか?
おもしろそうなので。
わかりやすくお願いします。

397 :商社マン :2000/10/05(木) 07:13
こういう議論が成り立つのは日本だけです。海外で何も信仰が無いなんていったら、まず変人扱いされます(特に欧米、中東)外国人とビジネスされている方なら常識でしょうが・・(ただし、知日家、中産階級未満の人間は除く)
今や中国やキューバの人でさえ信仰を持っています。北朝鮮だってちゃんと金正日信仰があるのです。
一応、世界の現実を知って欲しいので書いてみました。

398 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 10:24
>397
それは世界の一般ピーポーと世間話をするときの方便のことでしょう。
それはそれでいいし、あえてストレンジな日本人を強調することはない
けど、ここでの議論はもっと切羽詰った心理状態での話、と言って
しまって良いのでは? ポリティカル・コレクトネスやら「世界の常識」
みたいな話してもしょうがないし、そういうのに結局深い意味は無い。
世界と仲良くしたいひとは適当にあわして置けばよい。アメリカ人だって
都市部の若者にはほとんど信仰なんてないよ。日本と同じ。
それでも葬式や結婚式に牧師に歩調をあわせたり、感動したりしているが
本来の意味での信仰心という意味では、さして違いは無い。むしろ世代性、
シンクロニシティのほうが強い。

信仰心の強いヨーロッパの哲学者と話すれば、純粋な信仰心と、
信仰心というものを考え直すという行為の違いは鮮やかに説明して
くれるよ。

399 :ジーザス :2000/10/05(木) 10:27
>395
一声吠えてバックレ。
2chでは普通。
きっぱり無視でOK

400 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 10:48
>398
エセ日本人。

401 :>400 :2000/10/05(木) 15:03
自分の理解を超えると、中傷しかできなくなるパターン。
わりとよくみかける。397ではない

402 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 15:25
>401
397センス悪いで。
ホント、教養ある人物の文章やないよ。
おれも教養ないけど、外来語使うにしたって
教養あるやつは、使う場所が違うんやない?
一般ピーポー(笑っちゃう)
田舎教師やあるまいし。赤シャツ思い出す。

403 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 17:51
あ〜あ宗教かぶれな。戦争は宗教と欲で起こるって万国共通なんだなあ。
って言ったら怒るかな。

404 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 18:55
商社マンは勝手に利益だけ追求してなさい。
エゲツナイ商売しよってからに、何が信仰じゃ。

405 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 22:47
神に頼らずに、自分の心持で生きろ! という1の意見に賛成です。

406 :商社マン :2000/10/06(金) 05:19
>398
あのね、欧米のエグゼクテイブ相手に方便や適当で信仰について話すわけにはいきませんよ。向こうはトップクラスの教養を持っています。いわば信仰は教養の一部として持っているという認識があります。もしいい加減な事を言えば教養なしとみなされ、以降相手にされなくなります。
また米都市部の人達は貧困層が主です。これは397で例外と申し上げています。彼らはジーザスより1ドルを優先しますから信仰心は希薄ですね。
欧州の哲学者も教養人ですから信仰に造詣が深いのは当たり前のことです。
398さんに現状を認識して頂きたいので再書き込みしました。

>404
やっかみはやめましょう。見苦しいですよ。
ちなみに商売から「エゲツナイ」を取るとボランテイアになります。それでは人間、食っていけないでしょ。

それにしてもココ、無宗教派の人多いですね。本当に宗教を否定するには、まず全ての宗教及び宗教学の知識を有し、かつ論破できる明確な理論を持っていることが前提だと思います。それなしで無宗教を主張する人は無教養をさらけだしていると言えるし、たんなる「エゴ」とも言えます。否定派の方々の意見は限られた知識と自分の経験上から導きだしたものばかりのようです(過去レス見る限り)エゴでは議論になりませんよ。
私は歴史上の偉大な先人達を否定できる知識も理論も持ち合わせておりません。よって、宗教を信じないとか否定できる資格はありません。
そんな事ないぞ、という方、ご意見お待ちしております。

407 :ジーザス :2000/10/06(金) 05:56
そんなことないぞ

408 :名無しさん@1周年 :2000/10/06(金) 06:33
欧米人に教養がないと思われるのがそんなにイヤか?
たかが集団的無意識やマインドコントロールについての
誤解と盲従の歴史が長いだけの頭でっかち人種に気に入られたい
だけのことじゃん。却下。
欧米でも大多数の最先端の知識人や研究者はニヒリズムに陥らずに
宗教とよばれる社会動物の精神規範の本質をさぐるのに必死なんだ。

あんたはそのレベルにはまだ達していない。もっと頑張れ。
テーブルマナーとしての信仰心談義をめざすんならそれでいい。

だがな、ここでいってるのはとっくに欧州がぶち当たった近代社会の
袋小路、アメリカの若者がすさんでいった80年代、そしてようやく
日本も90年代に否応無く獲得したニヒリズム、まずはこれらを事実
として認識し、肯定してから破壊しようという第一歩なんだ。

あんたみたいな額縁に入れて鑑賞するための宗教談話なんか
ここにくるやつは誰も見たくもないんだよ。
友人でユーゴから亡命してきた奴がいるが、そいつは戦争で両親を
殺され、「死にたい」とか「復讐して殺してやる」といっていた。

こいつに向かって「民族紛争はいけない」「宗教の勉強をもっと
しないとダメ」っていう教養主義の鼻持ちなら無い宗教論など無効。
まさに虚無のどん底にいる奴が腹の底にもちえるロジックを獲得したい、
そのための全否定でしょう。

まあそんなことより、あんたの考えを書けよ。人がどうみるかなんか
どうでもいいだろう? 自分の考えを自分の言葉で書かなきゃただの
冷やかしだろう。あの国にもこの国にも、信仰ってあるよー
じゃ398の文を読んでいることにはならないだろ。

409 :黒やぎ :2000/10/06(金) 06:35
408 は 406への返信でした :p

410 :名無しさん@1周年 :2000/10/06(金) 09:33
田代まさしは宗教を信じているそうだ。

411 :名無しさん@1周年 :2000/10/06(金) 12:27
外国の履歴書には”宗教”って欄があるらしいけど本当なのかなあ。
そこ空白だと信用されなくて採用されないこと多いんだって。

412 :名無しさん@1周年 :2000/10/06(金) 18:47
>>411
そんな会社は止めておいた方がベターだよ。

413 :名無しさん@1周年 :2000/10/06(金) 22:19
新興宗教を信仰している奴ってゴミみたいなのが多い。
前の職場に、100kg近い怪物(30代女)がいて、新興宗教を信仰しているらしく
「神がどうのこうの」とか不気味な事をしょっちゅうつぶやいていたが、やってる
ことといったら他人を中傷すること、人の心を傷つけるような発言、逆セクハラに
類したこと、などばかりだった。結局、男に相手にされないことを宗教でまぎらそうと
でもしてるんでしょうね。たいていの新興宗教信者はこの手のアホばっかりだと思い
ますけどね。

414 :名無しさん@1周年 :2000/10/06(金) 22:49
田代まさしは、どこの信者ですか?

415 :名無しさん@1周年 :2000/10/06(金) 22:50
田代まさしの信じる宗教って、何?


416 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 05:33
>>406
ココ初めて来たけど、なに君は?
「外国がこうだから」とか関係ないだろ?
欧米諸外国に劣等感でもあるんじゃないの?
宗教の言ってる事が本当なら、宇宙規模での矛盾が起こるだろ?
あなたの言う、「宗教を全部学んでから」って言うのは、
経験主義的考えなんだよ。
たとえ経験しなくても、やつらは物理的にありえないこと言ってるんだから
それが間違いだという事は気づくだろ?


417 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 05:42
宗教を否定するのは、たぶん一生無理。
なぜなら、彼らは別次元の話をしてるから。
「今の世界のほかにもう一つ(神)の世界が存在する」
な〜んて、次元が違うのにどうやって証明できるの?
無理でしょー。

まさに宇宙の外には、何があるって感じやねー。

418 :半信半疑 :2000/10/07(土) 06:54
最近、教会に行くようになった。
理由はコミュニティと関わりを持ちたかったから。
欧米では教会が「町内会」の役割をしてるんじゃ?

暇を持て余した年金ババアの近所姑の集まりよりは気持ちいいよ

419 :半信半疑 :2000/10/07(土) 07:04
商社マンの言われることももっともだと思う。
西欧の思想はやっぱり聖書をバネにしてるから、
批判するにしてもそれを知らないとはじまらない、みたいな。

一方で、でもそんな西欧思想にかぶれていない東洋の自分も残しておきたいんだよな。
戦争に無力というか、むしろその要因になっている現実を見ると。

宗教は阿片だと言ったのはマルクスだが、今風にいえば脳内麻薬か。
で、それが効けばいいじゃん。なかには薬物中毒になる奴もいるかもしれんが・・
自分に関していえば教会にいくようになってから落ち着いた。
ま、これも落ち着いたから、教会にいくようになったのかもしれん。

420 :半信半疑 :2000/10/07(土) 07:28
昨日、中古ビデオでジョンレノンの「イマジン」を買った。
ジョンが「ビートルズはキリストよりポピュラーだ」といって
大変な騒ぎになった事件も収録されていた。

来る9日に与野市にジョンレノンのミュージアムが開かれることが新聞各紙で報道されていた。
その記事の中で、ヨーコがジョンの神格化のおそれについてコメントしていたが、
レノンはすでに歌の中で、「キリストも、ビートルズも信じない」とカリスマを否定してんだよね。

再度、商社マン氏と黒やぎさんの論にひきつけて考えると、
世界には継承されつづける固有の時間と、
虚無として現れる個人の時間があり、
ジョンは60〜80年までのシンクロニシティの代弁者だった、と。

マルクスをパロっていえば
「世界は過去と現在の闘争の歴史である」なんてことを
ジョンのビデオで考えました。

421 :商社マン :2000/10/07(土) 08:07
>408
基本的にあなたの主張には矛盾点があります。始めに「あたまでっかちの人種」「却下」などと書いて欧米人及び価値観を否定しています。が、続いて欧米人の研究事例、状況を引き合いに出していますね。さらにニヒリズムだって欧米発の理論です。つまるところ欧米の理論を書いています。ここでは欧米理論以外で書いてもらわないと、あなたのスタンスから主張における矛盾点は解消できません。

また「肯定してから破壊する第一歩」とは何ですか?具体的に説明してください。私はレベルが低いので解りかねます。

ユーゴの友人とは・・始めに書いていることとまた一致していませんよ。それとこの友人の言う事を本当に信じているのですか?
亡命なんてカッコはつけていますが、要は故郷とそこの友人を見捨ててきたわけです。「死にたい」人間が亡命しますか?生きたいから逃げてきたのでしょう?「復讐」したいなら現地でとっくに銃を取って戦ってるはずです。そんな甘い自己弁護をする人間の言い分を根拠に「全否定」を導き出すのですか?ナンセンスの好例ですね。

私の考えは「信教の自由」を肯定する立場です。憲法上保障されていることでもありますから。全否定する以上、この条文にも反論できるはずです。ただし、あなたの示した立場上、マルクス・レーニン主義からの引用はできないというのは申し上げておきます。


422 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 08:28
商社マンと408の勝負、408の判定勝ち。

理由は、408には人間の血が通っているから。

423 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 10:13
421 みたいなのはただ議論を吹っかけているだけだろ。
ニヒリズムを欧米の理論としている時点で底の浅さも露呈している。
まあ自分でも認めているけどな。レベルは低いって。

第一反論されて頭煮えてるんじゃないの?
信教の自由を否定してないじゃん。他のスレにはいるだろうけど。
宗教のもつ閉塞感、行き詰まり感を糾弾し、カルトにもつながる
思考停止の危険性についての暗喩だろう? 1は。

商社マンの真意がどうあれ、その土俵で「欧米では・・・」風の物言いを
すれば馬鹿にされてもしょうがないよ。単に欧米の人の風習を知っている
ってことを言いたいようにしか読めない。
「宗教はゴミだ」という宣言に対して、欧米だのなんだのではなく
自分はゴミじゃない、こんないいところが、こんな可能性がある、
といった反論でなければ意味がない。もしくは宗教を違う角度で切って判りやすく
表現するのでもいい。それが「欧米では重要であたりまえのこと」ではツマラナイ。
反論でも賛成でもいい、切実に宗教とのかかわりについてなにか持っている
人の意見なら聞きたい。
商社マン自身になにもいいたいことも目新しい切り口も無いのならそれ以上口出し無用。
ウザイだけだから。

あげくの果てに問題を読み違えて「信仰の自由を支持。論破してみろ」では
頭の悪さ丸出しで、ただの議論好きの欧米かぶれといわれてもしょうがないだろ。
聖書大いにけっこう。砂漠の民の書を論じてくれ。リアルな議論にできるもの
ならしてみろ。観念的なものは一切お断りだ。

総合的には422と同じかな。人間的かどうかではなく、スレのタイトルにかかわる
スタンスが気に食わないから。商社マンは。このあと書き込むからには
ちゃんと考え直してくれ。

424 :メリーチェイン :2000/10/07(土) 10:34
くだらん議論しとるわい。。。

425 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 10:46
↑オヂン?

426 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 10:51
  Λ_Λ
 ( ・∀・)マァマァ
  ノ   ノ
 | | |
 (__)_)

427 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 14:27
なんでみんなエルサレムなんだ?

428 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 14:51
そうだそうだ
密教も拝火教も考えてくれ

429 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 15:25
商社って拝金主義じゃないとやっていけないんでしょ?
今は商社以外もみんなそうなってるって聞いたけど。
宗教以前に倫理からお勉強って感じ。
拝金主義、ヘドがでる。
カネのためならお世辞とか平気でいうんでしょう?
ぺっぺっ

430 :半信半疑 :2000/10/07(土) 19:39
日本は明治以降、脱亜入欧で近代化をなしとげ、
途中、独逸と組んで「国家神話」で戦争起こし、
敗北して民主主義を賜った。

民主主義の思想も一朝一夕に獲得されたのでなく、
マグナカルタ以来の聖俗闘争があってのことだから、
その果実だけ享受して非西欧文明の利を説くのは、
いざご本尊と対峙したとき、存在理由が薄弱かな、と。
加工貿易国家日本の最前線で戦う商社マン氏はそれを痛感しているのだろう。

少し前まではアジア儒教経済圏が称揚されていたが、
「開発独裁」のウミやら「官僚制」の弊害やらでいまじゃすっかり冴えないし、
なかなか辛いところではあるな、お世継ぎの生まれない少子化皇国は。

431 :半信半疑 :2000/10/07(土) 19:40
ユーゴの独裁政権が崩壊したのは嬉しいが、
一部暴徒化してるのは、これまでの民族紛争を鑑みて、前途多難を予測させるな。
やっぱり人類には、民族主義をおさえる宗教やマルクス主義のような汎思想てのが必要なのかな。

432 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 19:50
>民族主義をおさえる宗教

そんなものあるんですか?
民族主義を発揚させる宗教はあるけど。
ちょっと信じられないなあ。
仏教とキリスト教でさえ、西欧民族と東洋民族の文化に
境界を作っていると思うんだけどね。


433 :半信半疑 :2000/10/07(土) 20:03
1の人のいうように、宗教うざい、ていうのは当たり前の感覚だと思う。
でも、自分は教会にいくようになってから、それらへの攻撃性が薄れた。
宗教に寛容になったというよりは、拠り所ができてイラつかなくなった、
というのが正解かな。

はっきり言ってしまうと、布教するやつらってコンプレックスを刺激しちゃうんだよね。
だれでもつつかれるとイタイようなとこを平気で突ついたり、
なんでこんな奴にエラそうな口きかれるんだ、みたいな。

掲示板は匿名だからまだいいけど、というのは冗句(でもないか)

434 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 00:56
>はっきり言ってしまうと、布教するやつらってコンプレックスを刺激しちゃうんだよね。
その通りだと思いますが、
ここで1つ言いたいのは、コンプレックスや弱みを刺激する事によって
「ウザイ」とおもう人と「どうにかしてほしい」と思う人の2通りあるハズ。
前者が無宗教、後者が宗教にのめり込む人。



435 :商社マン :2000/10/08(日) 03:22
拝金主義を笑っている方がいるが、現代日本の経済繁栄の恩恵を受けている以上そんな発言は慎むべきですね。戦後、世界中に輸出攻勢をかけて外貨を荒稼ぎし、インフラや福祉を整えてきた国の人間なのですから。

436 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 03:55
開発者の褌を借りてね。。。
信仰しているのは拝金教ってところかい?

437 :半信半疑 :2000/10/08(日) 04:13
>432
たしかに宗教が民族・部族の差異性を解消して大同小異で統合していくのは、
教化していく過程のごく初期の話に限定されますね。

ただ、どうしようもなく歴史的わだかまりのある日本・韓国の間柄も、
キリスト者同志にはそれがない、というか
それを乗り越えられる人々がキリスト者同志かな、という気もする。

そのような信仰による越境性を逆手にとったのが統一教会ということで。

438 :商社マン :2000/10/08(日) 04:28
何故、私が憲法20条を持ち出してきたのか・・・

先日、あるクライエントに
「君の国はメードインUSAだね」と言われました。続けて「憲法は米製だろう」と。私は反論できませんでした。実際その通りなんですから。

そして20条。これも米国製。欧米否定論の方なら十分批判できる価値があるでしょ?

また20条を基に制定されたのが「宗教法人法」です。これの第一条二項には
「個人、集団または団体が、その保障された自由に基いて、教義を広め、儀式行事を行い、その他宗教上の行為を行うことを制限するものと解釈してはならない」
と、あります。つまりカルトだろうが怪しい新興宗教だろうが存在は勿論、活動もOKといっているのです。
私は、この条文に賛成なのです。ただし、違法行為を行う団体及び個人はその限りでは無いと申し上げておきます。

以上の文において批判される方がいるはずです。いままで宗教及び活動をこきおろしておいて、法律に対しては無抵抗なんていう不様な態度はとらないでくださいよ。

439 :半信半疑 :2000/10/08(日) 05:14
宗教談義とは関係ないが、
ジョンレノンが、なぜ迫害されるのに米国に住みたがるのか、ときかれ
「米国は現代のローマ帝国だからね」とこたえていたのを思い出した。

パックスロマーナの時代には辺境であれローマ法が適用されて、それが世界化を実現したんだから、
パックスアメリカーナの現代に米国の思想的影響を受けるのは文明史的に仕方ないかな、と。

それはともかく、米国はガンコントロールをどうにかしろ、野蛮な国だな、
ジョンレノンを殺しやがって、と言ってみたい

440 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 05:16
ああ、ここに哀れな男がひとり・・・
1やその他のヒトは精神のことを語りたいのに、438は国境線と法律と
テロのことしかアタマにない。

第一国をけなされてへこんでいる段階ですでに議論ができるタイプでない
ことはわかる。
てゆっか、たとえナイーヴすぎてショックだったとしても、そこで詭弁
だろうが本心だろうが論破できなきゃ商社マンなんてクビだろ。
日本人としても俺は恥ずかしいよ。認めたことになってるじゃん。
オヤヂはマスかき文書いて寝てろ! ほんとこの世代はなんで法律とか
他人の言葉でしかものを語れねえんだ? かなしくなるよ。
てゆっか、逝ってポア。

441 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 05:27
半信半疑の文には視点や意見があって面白い
商社マンの文は押しつけがましいわりには内容がなくてツマラン
近所の主婦レベルの脳をここに持ちこむな
枠にハマッタ典型としても、気味が悪い。。
年末の査定はゼロだな。このぶんでは

442 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 05:35
日本人にもアメリカ人にも、拝金主義を嫌って偉大な思想や
表現を残した人もたくさんいるよ。偉大じゃなくっても
拝金主義に反感を持つ人たちってけっこういるのでは。
インフラの恩恵と精神のありようの議論を強引に結び付けようと
するなんて、言語道断というコトバを贈りたい。
第一おまえに慎めと命令される覚えはないぞ。タコ商社男め。
いつまでたっても国家のくくりでしか物事を考えられないくらいなら
アメリカに帰化して一生差別されて暮らせ。イエロージャーップ。

443 :半信半疑 :2000/10/08(日) 07:04
米国には「カルト法」があって、
この前もたてこもった連中とドンパチやってたな。

日本の「オウム新法」がこれをどれだけ範としたかはしらないが、
条文を読む限り、やはりこれじゃ、オウムぐらいしか取り締まれないな、みたいな。
http://www.ron.gr.jp/law/law/musabetu.htm
(RONさん、勝手にリンクしてすみません)

で、そのことを鋭く批判しているサイトを見て頷いていたら、
最後の著作権者を見てびっくり!
http://www.ifvoc.gr.jp/1999/newpage330.htm

勝共連合も言論活動だけやってれば、共感者も増えるのによー
肝心のてめーが・・

444 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 07:53
>433
同感です。
私も宗教のイメージは、ダーティー、弱者の依存、カルトなど、
いい印象を持っていませんでしたが、信仰を持ってから、考えが
変わりました。
一般に信仰心は人の成長や心の安定のためにプラスにはたらくと思います。
そしてそれは、子どもを育てる立場に立つと、より実感します。

445 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 14:52
444は向こう側に逝ってしまったのね。

446 :半信半疑 :2000/10/08(日) 17:21
>444
自分のとこも子供を持った女性が多いです。
まっとうな生き方を親として示せる信念、
プライバシー侵害をしない良識ある助け合い、
そういうのに資する宗教に出会える。

>商社マン
欧米人がエコノミックアニマルを見る目は、
日本人がカネ目当てで大陸からくる中国人を見るのに近いかもしれません。
現代日本の西欧への説明原理を考えたいのですが、
和辻哲郎以来の「風土」論ぐらいしか思い付きません。
「五輪書」みたいな武士道とか八百万の神では生活感覚とかけ離れてるし、
「菊と刀」は向こうの人が書いたし。

WASPの感覚について興味があるので、
よかったら暇なときでも、ぶっちゃけた話を教えてください。
メールアドレスは名前のところです。

447 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 21:09
商社マンにWASPのことはわからないよ。
相手がプロテスタントかカトリックかどうかよりも
自分が間抜けに見えないかどうかのほうが気になる。
その時点で間抜けなのに。
大乗仏教と小乗仏教の区別もつかないドキュソ

448 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 21:23
20年の実績 直営/契約牧場246ヶ所
27@`000人のオーナー様が信頼の証です

安愚楽牧場

449 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 03:37
貴方はどうですか?

1実在のカリスマ的指導者が中心にいて、メンバーは無条件に心酔している。
2新しいメンバーの獲得に余念がない。
3金儲けにのめり込んでいる。
4質問したり、疑問を持ったり、反対意見を唱えることは認められず、 罰せられるケースさえある。
5瞑想や詠唱、体力を消耗させる労働など、精神を麻痺させるテクニックを用いて 疑いの心を持てないように仕組んでいる。
6指導者がメンバーの考え方や行動、感情を細部に至るまで支配している。
7エリート主義的な発想に立ち、集団とそのメンバーと指導者は特別な高い地位に あると主張している。
8自分たちは善、外部者は悪という「二分法」的な考え方に立ち、一般社会との 軋轢を生み出している。
9主流の宗教の聖職者などとは違って、指導者にはいかなる権威に対しても 従う意思がない。
10倫理に反すると考えられるようなこと(不正な目的の募金活動など)でも、 目的のためなら正当化されると教える、または、ほのめかす。
11メンバーの罪悪感をあおって、支配力を強めている。
12メンバーは集団に従属させられ、家族や友人との絆は断たれ、それ以前の 個人的な関心事も忘れてしまう。
13メンバーは当然の義務として、集団の活動に法外なまでの時間を費やすことを 求められる。
14同じ集団のメンバーとの共同生活や、メンバーのみとの交流が奨励される、 あるいは、義務づけられている。


450 :半信半疑 :2000/10/09(月) 04:06
>449
カルトの判別法として秀逸。
人の組織にはすべてカルト性があるという反論は無意味。
そのような批判に立ち止まって自省できるかどうかが重要。

451 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 15:05
あと100年もすれば「こんなことを本気で信じていた人がいたんだ」って、
笑い話になっているのでしょうね。

452 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 15:08
age

453 :Y.H.V.H :2000/10/09(月) 17:14
>446
ちょっと古い本ですが、
河出文庫の「黒船幻想」(岸田秀、K・D・バトラー)
がお勧めです。
主に日米関係ですが、多少目先を変えれば西欧にも当てはめることができます。



454 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 21:29
神に頼らずに、自分の心持で生きろ!

455 :半信半疑 :2000/10/10(火) 05:03
>453
岸田秀ときいただけで唯幻論が浮かんできて、
内容を類推してしまうのだが、こんど本屋で立ち読みしてみます。

>454
それに類することを、信仰によって復活したジョージフォアマンに、阿部譲二が放言している対談を読んで、
なに言ってんだ、ヤクザが、と思ったけど。
筒井康隆版のツァラトゥストラみたく、ヤクザはヤクザでひとつの超人哲学なのかもな。

456 :名無しさん@1周年 :2000/10/10(火) 18:27
まぁ、無宗教と信仰派のどっちが異端児なのか
断言するってことがおかしいのかもね。
カルト教団が生まれ、悪いイメージがつきすぎなんだよ。
だから、信仰を罵倒する人が現れ、それに対抗して無信仰の人を罵倒する。
どっちもどっち。
でも、もし宗教なしで人間が秩序を保てないのだとすれば、
宗教はあった方がイイのかもしれないけど、それは悲しい事。
「人間の弱さの象徴」ってのは当たってるんじゃない??



457 :名無しさん@1周年 :2000/10/10(火) 22:12
フォアマンで思いだしたけど、タイソンも宗教に走らなかったっけか?

458 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 03:23
age

459 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 08:58
犯罪を犯す人がいるから法律があり@`病気になる人がいるから病院があり@`
真理を追究する人@`悟りを求める人@`絶望@`挫折@`不安な人などがいるから
宗教があると思います。
需要がある以上なくならないと思います。

私は仏や神が観ていると信じて生きていくだけです。
実際に@`仏や神がいても@`いなくてもいいのです。
これだけで、別に宗教団体に入らなくてもいいと思います。


460 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 15:42
宗教なんてしょせん文化のひとつだろ
信じてなくても葬式出すし仏壇にもまいるさ
心の拠り所が欲しいやつだけ信じてりゃそれでいいじゃん
信じてないからどうこうってこともないだろ

461 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 16:12
大筋では理解できるけど真理の追究は科学じゃないの?
それを宗教でやるからカルト的になるんでしょ。

462 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 16:31
欧米ではより日本以外の世界ではっていったほうがあたってるかもな

463 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 16:35
イタリアはキリスト教っていうかバチカンがなければとっくに南北に別れてもおかしくないらしいね。

464 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 05:16
大変興味あるのでAGE
今後は宗教と大量の金について議論してほしいじょ?

465 :精神 :2000/10/12(木) 13:45
 神との対話読んでみたら。

466 :名無しさん@アットホーム :2000/10/12(木) 14:15
>>461

 宗教も科学も基本的には世界の認識の仕方だと思う。
 科学とは違う認識の仕方があっても良いんじゃないかな?
 そういう意味では真理の追究は宗教でも出来るでしょう。

 問題は考え方の違いを笠にきて、他人に攻撃的になる奴らだろう。
 そういう意味では漢学を信奉している奴も危険なんだ。


467 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 14:27
宗教は科学で解明できていない部分を商売にしているような気がするんだけど。

468 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 14:34
宗教法人空自学親交会
設立/1979.3.25
会長/稲村健一郎
本部/東京都豊島区
大阪支部/大阪市北区

初回布施料
会員料/2.3000
会長稲村健一郎氏による知能診断料/4.8000
初日研修費/4.0000
空自来信の数珠/1.6000
合計/12.7000

その後も稲村空父による直研修は月一ペースで行います。
研修料はその都度情報誌に掲載。

幸せは空から。
健康は空から。
あなたの幸せここにあり。
お待ちしています。

469 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 14:56
ボロい商売だな(藁

470 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 15:01
>468
コンマの場所間違えるな。

471 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 15:07
>会長稲村健一郎氏による知能診断料/4.8000

弁護士の相談料よりも高そうだけど、倍以上払うと知能が高くなりそうだね。(藁

472 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 18:59
>470
カタカナの順番間違えるな、、、、、って間違ってないねぇ。

473 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 22:17
宗教は科学的な見解についてはどう考えているんだろう?
DNAも神が組み合わせたと思ってるのかな?

474 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 22:48
宗教とは人の生き方を説いただけ。
後世の人達が勝手に改ざんしてしまった。
真実は闇の中。
改ざんしてきたからこそ、ここまで物凄い宗教宗派の数になった。
宗教にあんな立派な建物や衣服はいらない。
あんなもんに金使うなら、トップに立つ奴ら自ら田畑を耕せ、
汗を流せ、悟りを開きたければ普段の生活の中でも、
己を高め行く事できるはずだ。
生活をして行けぬものが、新たに始められるよう全てを施せ。

地位の高さや位の高さなど要らぬだろう・・・
徳の高いものならば、そのようなものは自ずとそのようなものは求めず。

よって今ある宗教は企業と変わらず、悲しいものだ。

しかし全てを否定はしない。素晴らしい人も知っている。



475 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 23:13
>472
え?どこにカタカナって書いてあるの?
コンマでしょ?

476 :名無しさん@1周年 :2000/10/12(木) 23:14
>472
え?どこにカタカナって書いてあるの?
コンマでしょ?

477 :名無しさん@1周年 :2000/10/13(金) 02:15
マンコ

478 :>474 :2000/10/13(金) 02:46
だからさー
宗教ってものの核心部分はなるほどーと思えるエッセイとか
よく出来たハウツーものの本とかそういうもんだよ。
それにまつわるものは全て、為政のための方便。
それにだまされるフリして利用するのはいいけど
利用されるのはあまりお勧めできない

企業っていうのは
「金を得ることが正義、快感、充足」
というのを公理とし目的としないと、なにも機能できないんだ。
そこに清さを感じるね。
目的の良し悪しはこの際問わない。
拠り所が明確に判りやすくあるってことがポイントだね。

479 :名無しさん@1周年 :2000/10/13(金) 06:35
>>470

 日本式のコンマのつけ方をしているだけでは?




480 :名無しさん@1周年 :2000/10/13(金) 10:11
ヴィトケンシュタイン萌え〜

481 :名無しさん@1周年 :2000/10/13(金) 20:32
宗教はある意味滑稽である。

482 :名無しさん@1周年 :2000/10/14(土) 12:42
age

483 :名無しさん@1周年 :2000/10/14(土) 16:51
age

484 :名無しさん@1周年 :2000/10/15(日) 04:52
電波な人に話しても無駄です。

485 :名無しさん@1周年 :2000/10/15(日) 07:27
age

486 :名無しさん@1周年 :2000/10/15(日) 15:30
おれは宗教にドップリ浸かっている奴を信じない!

487 :名無しさん@1周年 :2000/10/15(日) 21:31
だね。
怪しすぎる。

488 :名無しさん@1周年 :2000/10/15(日) 23:03
宗教ヒタってるおかた。
不幸な人間探す嗅覚鋭いのがかなしい。
さらに
本当は「信じてる自分がさらにもっと不幸だ」ということに気づいていないのが
もっとかなしい。


489 :名無しさん@1周年 :2000/10/15(日) 23:46
宗教人は「不幸な人間=カモ」と見ているはずです。

490 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 07:46
幸福の科学は全部信じない

491 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 09:22
カモにならないためには、どうすればいいのだろうか?


492 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 11:46
>491
ワールドメイトの会員にならないことだ。

493 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 12:16
信じなくても強いやつが生き残る。
オウムの残党は、あのざまだろ。
やっぱり、宗教は信じられん。

494 :イザベル :2000/10/16(月) 12:59
人それぞれよ。人の悪口言う事なんて誰でもできるわよ。
どーだっていいじゃない。

確かに新興宗教の大多数に宿ってるものは、
あたしはあまり良いものに感じない。
既成宗教なんて、みんな最初の教えと異なって変質してるわ。
そういう意味では、宗教は無くなったらいいって思ったりもするのよ。
でも、そこからでも深層にあるものを見分けられる事ができるはずなのよ。
変な部分頑なに信じてる連中は「自分の宗教一番最高。他はダメ」
どこを見てるのって感じよ。あんたの中の話しでしょって思うの。
どこにでも神様はおられるでしょと思うの。

否定派の人たちもあたしも含めて肯定派の人たちも、ある部分あってるけど
ある部分間違ってるところがあるのよ。
なんでもかんでも「こうに決まってるから、自分の主張は正しい!」って
決め付けたら、それは人の否定、存在しているものを否定してしまう事に
つながりかねないことだとあたしは最近思うようになった。
何事も一つの意見として、納めなくちゃねって。
でも、落書きさんは勝手だから、突き放したけどね。

でも「自分に見えないから、感じないから、
疑問に思うから信じない」というのは正論だとあたしは思うわ。

人間的な救いについても、あたしはそんなもの人との関わりがあれば
救いなんてどこにでもあるわって思ってる。
人間て支えがあって生きて行ってるものだもの。
「あたしは一人で生きてるわ」って言ってる人もいるけど、
スーパーにも行くでしょ?電車やバスにも乗るでしょ?
車に乗ればスタンドへ行くでしょ。車は買わないとないでしょ?
無人島で一人で住んでるって人にも、
あんた、何か食べるでしょ。食べなくても生きてるって人には
「あんた、それは気を食べてるのよ」って感じじゃないさ。
みんな何かに支えられて生きてるもの。

495 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 13:48
生きてることを現実として実感できるのは本人だけ。
他人に生かされてるとしても他人は私じゃない。
感覚を共有するのはむり。
私は今日も生きちゃってるからしょうがなく生きてる。
生きたいけど長く生きられない人にはもったいない話でしょうけど。
朝起きて。「また今日も生きちゃってるよ。」って思うし。
そういうわたしよりは、生きようと宗教にすがる人達ののほうが
はるかにたくましいんだろうとおもいます。
あの、付け加えますと、しにたいわけじゃないですから。
漫然と生きてる私ここにありってかんじですかね。
すんません、関係ないかもで。

496 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 16:10
∧囗∧
( ・∀・) < って言うか、宗教なんかに興味持たないで、
(⊃  )⊃    その日その日を前向きに生きるのが 最も健全だよ。
(__)_)

497 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 17:44
>宗教は全部信じない

というより、信じたくない。
末代、子々孫々まで、悪名が語り継がれてしまうから。
今だって、エホバの信者になった親戚の叔母は、鼻つまみだ。
本人が、つきあいも愛想も無くなって、みんな迷惑しているからなんだ。
そういう宗教は、信じられるわけがない。


498 : :2000/10/16(月) 18:29


499 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 19:57
僕はもちろん宗教否定派、嫌悪派といってもいい。
ただし宗教論は好きだ。密教、イスラム教、ゾロアスター教、キリスト教、、
比較宗教論は面白いと思う。
さて、友人にマルチ商法にはまって洗脳されたバカがいる。おつむは元々
足りなかったが、僕にとっては大事な友人だ。MLMに触れなければ今でも
尊敬できるCOOLなセンスを持っている。しかしMLMというやつは究極の
マーケティングというだけあって、その洗脳はナカナカ見事で強固だ。
やつらはねずみ講まがいのシステムの合法性や正当性を吹きこんでいるが
それはメインではない。あくまで洗脳がメインなんだ。
だからやっかいだ。

さらに頭のいいヤツ、社会を知っているやつほど、このカルト宗教と同じ
MLM商法の組織の洗脳と対峙したときに悩むだろう。。
個々の人間やウソやなんかはどうでもいい。
今の先進国といわれるアメリカや日本?やその他の国の「健全」なビジネスと
詐欺寸前、あついは詐欺そのもののMLMとかカルト宗教に、本質的な
違いなんてあるのかないのか、と。
そんな事件、いくらでもころがっている。欲に目がくらんだバカな消費者。
それを手玉にとる悪徳企業。マジメにやってる企業だって、組織としての
「カネ第一主義」で必然的にたどり着くモラルの低下や詐欺寸前のビジネスを
ゼロにはできない構造的問題。
結局は人間のできそこない加減を思い知ることになる。
誰も誰かを笑うことはできないのさ。宗教を古風な意味での宗教だとだけ思って
嫌ったり好いたりしててはダメだよ。結局「宗教」と呼ばれるものがあろうと
なかろうと、「人間」というものが不可避的に陥る罠の本質について、もっともっと
考えをめぐらせなければ、同じことなんだ。やられちまうのさ。あはは。

500 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 20:06
でも、教祖になって酒池肉林の毎日を過ごしたい...

501 :名無しさん@1周年 :2000/10/17(火) 09:06
人はなぜ騙されるのか  安斎 育郎著
文庫 朝日新聞社
を読もう。


502 :名無しさん@1周年 :2000/10/18(水) 20:31
宗教屋は税金としてとられる金が惜しいから法人化するのであろう。
最初から公益なんてことは考えていないクソ団体。逝ってよし。

503 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 01:53
公益のため、納税しろ!

504 :名無しさん@1周年 :2000/10/19(木) 02:21
あなたも拝金教に入りませんか?
お金があれば、しあわせになれるんですが。

え?もう入信してるって。


505 :名無しさん@300周年 :2000/10/19(木) 03:16
>>504

おいらは『のほほん教』です。
毎日をのほほんと暮らせば幸せになるという教義です。
お金は必要な分だけあるといい。
贅沢は言わない。

贅沢を言わないほどのほほんと暮らしましょう。
そうすれば幸せとは何かが判らないほどに幸せになります。

のほほん のほほん

506 :シャカ :2000/10/19(木) 03:32
わしは、仏教改め、チンポコスパンキーズの開祖・・・

ただの信者でいいや・・・

507 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 10:34
宗教をやると不思議と心が狭くなる方が多い様に見受けられます。
あまり入らない方が宜しいかと存じます。

508 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 11:30
あ、おシャカさんがいる!

509 :名無しさん@1周年 :2000/10/20(金) 14:13
宗教をやっていらっしゃる方を一目で判別できる方法があれば便利なのですが・・・。
そのような方法があれば、お互いに近寄らずに済むので助かるかと思います。

510 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 01:39
若葉マークみたいなのがあればいいね。
弁髪でもいいかな。

511 :オオカワ リュウホウ :2000/10/21(土) 01:42
>510さんに国家予算全部あげてちょうだい!

512 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 01:59
わーい。おかねもちだー。

513 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 02:01
大川さま。ぼくも・・

514 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 03:44
>>509

人類の95%は何かしらの宗教を信じていると『コンタクト』って云う映画で言ってたが、
その通りだと思う。

むずかしいぞぉ〜、残りの5%を探すのは。

515 :電波です :2000/10/21(土) 09:24
宇宙はなぜ存在するのか?
人類はなぜ存在するのか?
俺はなぜ存在するのか?
俺は何のために生まれてきたのか?
セックスをするためか。
TVゲームをするためか。
インターネットをするためか。

誰か教えてくれ〜〜〜

これらの問題が解れば宗教なんていらない。
多分、人類が最後まで解けない問題だろう。

電波でした。

516 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 09:30
>>515

>これらの問題が解れば宗教なんていらない。
>多分、人類が最後まで解けない問題だろう。

 解けない答えではなく、人類が最後まで納得しない答えなんだと思うよ。


517 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 09:31
 ̄    、 /
       /  ' _/| " "     Y
    /'" 〃  ` '@`-ー '))"~)) )ζ
   <    ヽ /(( ((  (( _@`))_)) ))@`@`
    \__V)) )) ( __ ))@`@`ー、(( (( ))
        (( (( (('@`-、´' ´`''~ ζ)) )
         ( (( ))'`'~   、 '"ζ(( ))      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ) )) )\″  ゜_.λ(( (( ゛  <
         ( ( ( ) > ̄    ヽ、))@`'^^'' 、 |  神がそれを望むから
          @` -―ー '"   ;   '     7   !) \_________________
         / @` '"^、 `ー-、 _@` -ー   !   /'|
      |'   _ミ7ゝ     @`.    !   / |
         ||  Y'    ::y'     :   |  |
       |.|   |     :     :   |  !
          |'   ! .'◎@`   |  '◎@`!   |@`/
       |   ヽ、  @`人     ノ   |
         !    | `゛´  ` ー 'ヽ   ノ
          i    |           ヽ、_@` '
          ヽ、__ ノ          /
          /     r       |
         /               i
       /                !
     _o/   `       @` '  .|
     //ヾ'~~"''ー、_|__  __/_@` -'"~!
    7        |  ̄ / ̄    \
    |          l|  ノ       \
     |           |"~、|        \
   |         |  ヽ        \
    |           |  ヽ        \

518 :電波です :2000/10/21(土) 09:34
>515

そんなことを考える暇があったら、
あとから生まれてくる人のことを考えて努力しましょう。
今生きている人は200年たつと誰もいないんだから。
便所のスリッパと同じですね。

自分で突っ込みをいれてみました。

電波でした。

519 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 09:42

答えがあったら、生きていけないかも。オソロシクテ。

>俺は何のために生まれてきたのか?
そして、何のために死んでいくのか?

これくらい、もう答えが出始めているよね。
DNAの存続のため。DNAに自殺遺伝子が組み込まれているため。
サムイよ。


520 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 11:01
>>515
意味や理由なんて無いですよ。

日本に棲むゴキブリがなぜ日本語を話さないのかを考えてた方が意義があります。

521 :名無しさん@1周年 :2000/10/21(土) 11:53
>>517
質問! これって目は開いているのですか?閉じているのですか?

522 :名無しさん@1周年:2000/10/23(月) 17:56
>>517は宗教を信じる人の書き込みか?

523 :名無しさん@ご利用は計画的に:2000/10/23(月) 20:24
親鸞会の陰謀です。>517

524 :名無しさん@1周年:2000/10/24(火) 16:43
親鸞会ってどんなカルト集団なんじゃ。

525 :名無しさん@1周年:2000/10/24(火) 17:02
>これくらい、もう答えが出始めているよね。
>DNAの存続のため。DNAに自殺遺伝子が組み込まれているため。

しかし、なんのために遺伝子を残すのかという問いが残る。
意味なんてないんだと考えるか、なにかしらの理由があるんだと考えるか、
俺は後者の方が夢があって好きだな。

526 :名無しさん@1周年:2000/10/24(火) 20:55
>宗教は全部信じない。

宗教そのものと、問題のあるカルト団体とは全然違います。
問題のあるところはごく一部だと思います。それらが問題を
起こしたから 宗教全部が問題だと思ってしまったら、大変
な間違いが起きてしまうように思います。
宗教の自由、信教の自由は、尊重され、守られるべきこと
だと思います。信じない自由も、信教の自由です。

カルト宗教とは、宗教を利用して「基本的人権を侵害してゆく」
もの、だそうです。宗教とは、「基本的人権を尊重する」ほうの
信仰をいうのだと思います。ですからカルトが問題だからといっ
て宗教全部おかしいとか、宗教全部信じている人は、弱いのだとか
間違っている・・・などということになってしまったら、まさに
本当の宗教弾圧になってしまうと思います。カルトに対処
するよりもずっと大変なことになってしまいます。それは
絶対的な間違いになると思います。

信じる気持ちは誰でもいつでも尊重される、という共通の
社会理念は人そのものの尊重につながるのでとても大切だと
思います。

それと同時に、宗教に限らずいろいろなことを利用している
カルトを見分けてゆくことや、情報を得て、カルトにはまら
ないこともとても大切だと思います。カルトに気をつけるあま
り宗教そのものまでをおかしいとしたり信じることそのもの
を排斥したりしたりしたら、そちらのほうがよほど大規模で
深刻な問題になってしまうと思います。



527 :名無しさん@1周年:2000/10/24(火) 20:58
カルトの問題に対処するには、まずカルトとは何か、について
正しい情報を得なくてはなりません。宗教とカルトを選別する
知識をもってないとはまってしまいます。また、もうすでにカ
ルトにはまった人をいたずらにせめても、全くよいほうへは、
ゆかないと思います。

社会からせめられたり、排斥されたり、攻撃されたりすればす
るほどさらに盲信を強め、深くはまり込むように最初から作ら
れていると思われますから、カルトの信者に対処するためには、
そのことを気をつけないと、逆に世論そのものが、カルト側に
利用されてしまうことになりかねないと思われます。

おそらく、宗教は、PCにとってのゲームソフトのようなもので
カルトは、ウィルスの入ったゲームソフトのようなものではな
いでしょうか。たとえば、後者が出回って損害を受けても、そ
のために前者全てを買わないことにしようということはおかし
いのであって、そのようにしたら、ますます後者(カルト)の
思うつぼという結果が待っていると思います。

宗教に限らず 信じることはとても心にとって大切だと思います。



528 :名無しさん@1周年:2000/10/24(火) 21:24
(526)
>信じる気持ちは誰でもいつでも尊重される、という共通の
>社会理念は人そのものの尊重につながるのでとても大切だと
>思います。

信じる自由(信じない自由)は全ての人が等しく、尊重され守られる
べきことであるという社会理念は・・・のほうが正しいのかも、と思う
ので、言いかえます。(言いかたってむずかしぃ。。。)


529 :名無しさん@1周年:2000/10/24(火) 21:56
宗教って、その効用が証明されないから胡散臭がられるんですよ。
道徳なら道徳でそのままにしておけばいいのに、
変な神様を祭り上げてしまうことでカルトと同視されるのだと思います。

530 :名無しさん@1周年:2000/10/25(水) 14:43
カルト信者を抱えていない宗教ってあるの?

531 :名無しさん@1周年:2000/10/25(水) 22:46
明日は、このスレができて2ヶ月目を迎えるようです。

532 :名無しさん@1周年:2000/10/26(木) 01:30
一日一善。
これも人助けだと思ってageておこう。

533 :名無しさん@1周年:2000/10/26(木) 14:03
祝2ヵ月!!

534 :名無しさん@1周年:2000/10/26(木) 16:21



535 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 00:44
今日も一善。

536 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 03:22
たまにはちゃんと自分自身と向き合ってみろよーーー。
人任せにするなよーー。
自分の人生だろー。

537 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 09:11
薬を間違って使ったら毒になる。
包丁は人殺しの武器になる。
宗教の使い方に注意しよう。


538 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 15:33
>536
仏教の真髄は自分自身と向き合うことなんですが。
ひょっとして「他力」って言葉を勘違いしてないですか。

539 :無神論名無し:2000/10/27(金) 15:58
「他力」とは題目や念仏を唱えて仏の力にすがる信仰方法と理解していたが
違うのか?

540 :名無し:2000/10/27(金) 16:26
>539
おいおい、そういう態度が君の言う「他力」。仏教がいう「他力」は自分
のエゴを捨て、すべてを阿弥陀仏にお任せするという帰依の姿勢です。
「自力」で救われるって態度はむしろ心の垢を流し仏性をを掘り出す姿勢。
それだって、仏の加護を祈りつつやるわけで、「他力」の要素が含まれてい
るの。つまりは極言すれば、仏教っているの「信頼できる自分」を見つけ
る旅で、仏がナビゲーションしてくれるという二人同行の旅。でも、その
仏なるものが自分自身であると気づく時、その人は「信頼できる自分」を
見つけ出し、救われるのですよ。
 そういう意味で、仏教って究極的には無神論といえるかもね。しかし、
未熟な時に親などの保護が必要なように、救ってくれる人(神仏)がいる
というファンタジーが勇気付けてくれる。ゆえに方便なんですよ、輪廻転生
も多くの教えも。
かくいう私はクリスチャン(爆)よってどんぶり勘定な解説ゆえ、詳細は他に
譲る。

541 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 16:39
私が仏の力にすがるのは自分の力ですがるわけだから、絶対他力ではない。

542 :ドレミファ名無シド:2000/10/27(金) 17:07
>たまにはちゃんと自分自身と向き合ってみろよーーー
同じコトの繰り返しだけど
単純に信仰を逃げに使っているのは、信仰とは言いません。
自分と向き合うことそのものが信仰なのです。
あしからず

543 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 17:18
>542
それにしては、自分の考えを言わせると、すぐ教義になっちゃうよね。
教義って組織の考えなの。それイコール自分ってこと?

自分と向き合って、何がわかったのって、一般の人に聞くと
さまざまな話が返ってくるけど、信仰者はみんな似たり寄ったり、
団体と教義と教祖と人生賛美の答えしか返ってこない。

人間て、自分で考えて生きてたら、もっといろんなことを考えるよ。
それで、その人なりの人生訓が出来てくるんじゃないの?
それが、個性ある自立した人間じゃないの。


544 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 17:26
自分自身で何でもできるという驕りを戒める意味も「他力」にはある。
世の中自力で何もかもできるやつなんかいません。
「生かされている」という意味が厨房にはわからないでしょう。

545 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 17:40
>543んだからそういう人に限って信仰が薄いのよ
人に自分の信仰心なんて語ったって伝わらないモン(笑)
熱く語れば語るほど人は引いていきます。
そんなもん経験上あたりまえのこと
だから信仰のない人には言葉を選んで慎重に話するよ。
でも、そういう薄っぺらい人は逆に信仰が必要なんだよね。
悪いから良くしたいんだから、素晴らしい人はしなくてもいいよ。
必要とする人がやればいいんだとおもうよ。

546 :543:2000/10/27(金) 17:47
>544
自分で生きるというのは、そういうことも含めて
自分の人生から学んでいくということですよ。
周りに感謝する心も、別に信仰しなくても学んで行けますよ。

社会で、それなりに成功した人は、それもわかっているからこそ、
周りの引き立てを得て、今の地位が与えられるわけですから。
いい大人はみな、自分は周りの人たちがあっての自分、という関係を理解していますよ。
人だけでなく、自然も宇宙も何もかもが、自分を生かしてくれていることを
知っていますよ。

それでなければ、日本の発展はなかったでしょうね。
オウムの人間のように自己中心な人間ばっかりだとね。

547 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 22:24
いいスレなのに気が付くと落ちてますねー。

548 :544:2000/10/28(土) 00:11
>546
仰るとおりです。別に信仰しなくても学んでいけますね。
ただ、それを信仰から学んでいくというアプローチの仕方も
否定はできないのではないでしょうか。

549 :543:2000/10/28(土) 00:38
>544>548
信仰は否定しません。
信仰を持つ人も、持たない人も、独善的にならなければ、
共存は可能だと思っています。
ただ、カルトと呼ばれる団体は、一般の人からみて独善的だと
思わざる得ないです。

自分が神と対峙することが、信仰だと思うのですが、
一般の人々と、それをぬきに語り合えることが出来なければ
独善的だと思えるのです。ちょっと、説明しづらいですが、
自分の信仰に寄って得た人格対、人生経験から得た人格が語り合う
ことも出来ると思うのですが、教義対一般人の人格となると、
話が噛み合いません。(うまく説明できないけど)



550 :546:2000/10/28(土) 00:38
>544>548
信仰は否定しません。
信仰を持つ人も、持たない人も、独善的にならなければ、
共存は可能だと思っています。
ただ、カルトと呼ばれる団体は、一般の人からみて独善的だと
思わざる得ないです。

自分が神と対峙することが、信仰だと思うのですが、
一般の人々と、それをぬきに語り合えることが出来なければ
独善的だと思えるのです。ちょっと、説明しづらいですが、
自分の信仰に寄って得た人格対、人生経験から得た人格が語り合う
ことも出来ると思うのですが、教義対一般人の人格となると、
話が噛み合いません。(うまく説明できないけど)



551 :名無しさん@1周年:2000/10/28(土) 15:55
549と550は同じ内容みたいですけど。

552 :名無しさん@1周年:2000/10/28(土) 16:20
宗教は人が人としているための心の拘束具。人はもともと獣だったから。


553 :549・550お詫び:2000/10/28(土) 20:01
二重カキコになってしまいました。
お詫びします。

554 :名無しさん@1周年:2000/11/03(金) 14:26
獣に戻りつつある。

555 :名無しさん@1周年:2000/11/03(金) 16:09
ただただ生の営みを繰り返すだけの一生物種が、理性を備えたがゆえにそこに意味を見出そうとする。神を、というよりも目的をもって人間を創造した存在を前提すれば、容易に人間の存在に意義が与えられる。発生を促した要因はこれだけでは当然無いであろうが、やはりこのような心理的要因によるところも大きいと思っている。


556 :名無しさん@1周年:2000/11/03(金) 16:16
南無阿弥陀仏

557 :名無しさん@1周年:2000/11/03(金) 16:33
目的をもって人間が発生した訳じゃないよ。
人間なんて偶然の産物。

558 :名無しさん@1周年:2000/11/03(金) 17:12
>>556 一生言ってろ!

559 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 04:23
気に入らないかもしれないけど、冷静になれば1は結構いいことを言っているよ。

560 :555:2000/11/04(土) 08:53
発生を促したってのは、宗教の発生ってことだよ。


561 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 13:06
 神は人の知覚を仲介として、神自らを自覚する。
本来何ら自己に対峙する客体を持たない巨大な無意識としての
神が、自らを自覚せんとした時、宇宙と時間は生まれ、悠久の
ときの彼方、生物進化の果てに我ら人類は生まれた。そして
人類にしてはじめて、神は自らを自覚する手段を獲得した。
人類の中で、ある精神レベルに達したものから、彼らは神を
求めざるを得ない衝動に突き動かされる。彼らの意識にあっては
それは人生苦の解決であり、自らの有限性に対する絶望であるが、
その実、潜在している神性が人間の自我を突き破り、神が神自ら
を自覚せんとする絶えざる活動なのだ。もっともその試みのほとんど
は失敗に終わる。人は結局現状に折り合いをつけ、なんとかその
人生を全うしてしまう。また、その活動に人間の精神が耐えられず
心狂うものもいる。しかし、極めて稀に神は自らの意図を達成するのだ。
神の慈悲に過大な期待をかけてはいけない。ほんの少数の恩寵者を
除き、神の意図を達成できない我々は失敗作であり、人間とはいえ
他の下等な生物とたいした違いはないのだから。

562 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 13:16
すまん、流し読みして最後に数行しか読解できなかった
誰か翻訳してくれ

563 :名無しさん:2000/11/04(土) 14:55
>蚊は人の知覚を仲介として、蚊自らを自覚する。

蚊が人をさすと人が痒いと思う。その痒いと言う人の気持ちで、
蚊は自分が蚊であるということに気がつくのだ。


564 :名無しさん:2000/11/04(土) 14:56
やめようよ。1行目から嘘っぱち。

565 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 15:01
宗教人は最悪な人々だって事は、再確認できるスレだなぁ〜。


566 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 16:15
>561
何億もの精子のうち卵子と受精できるのはたった1匹。
何万もの魚の卵のうち成体になれるのはほんの数匹。
つまりほとんどは捨石ということですな。
ま、自然界はひとつひとつの個体に気を配るより、その種自体
の存続が第一目的という、極端な全体主義だから人間社会より
徹底している。
つまり、俺たちはひとりの天才を生み出すための素材にすぎない
わけか。ふむ、それって「罪と罰」の読みすぎ。話としてはそう
いうの好きだがな。

567 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 16:22
エックハルトとかも読んでそう。

568 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 16:26
地球そのものが一つの生命体。
人間はそれの神経細胞って事。

569 :名無しさん@1周年:2000/11/04(土) 16:36
俺が俺であって俺以外の何者でもないって言う事実はどうしてくれる。


570 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 01:52
age

571 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 02:51
おもしろー

572 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 04:51
あげ

573 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 06:35
>561 神は人の知覚を仲介として、神自らを自覚する。

いい先いってるけどね。ちょっと違う。
…っていうか、以下の内容詳しく読むと全然違うじゃん(笑)。
まあ、本読んで宗教研究してるだけの人だな。

主体が自分自身を認識するのはどっちにしろその原理からして絶対に不可能。
なぜなら認識可能な対象は常に客体であって主体ではないから。

574 :無神論名無し:2000/11/05(日) 07:58
>561
>主体が自分自身を認識するのはどっちにしろその原理からして絶対に不可能。
>なぜなら認識可能な対象は常に客体であって主体ではないから。
「我思う故に我在り」は主体が自分自身を認識している事にならないのか?



575 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 08:59
新しい宗教です。
http://www.kitanet.ne.jp/~beloved/be_with_you-love_photo.html

576 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 10:30
>574
哲学なんて高校の倫理以外ろくすぽ本も読んでねえから
わからんが、その原理ってなに?
白色は白色だけだと白色ということもなくて、黒色とか
があってはじめて白色ということがいえるってことか?

577 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 10:39
>568
電波?


578 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 12:05
>1
soreharinnzaisyuu

579 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 21:48
今日も一善。

580 :名無しさん@1周年:2000/11/06(月) 17:33
利己的な遺伝子アゲ


581 :名無しさん@1周年:2000/11/06(月) 17:35
神がいるかどうかなんて、わかりマへん。

582 :名無しさん@1周年:2000/11/06(月) 23:03
この世界は自我によって再構築されている!!

583 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 01:07
神がいないかどうかなんて、わかりマへん。

584 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 01:15
そうです。クソとける。

585 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 01:38
大丈夫です、とけるは、死にました。

586 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 03:02
一般的に無宗教と言われる国は何処?

587 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 03:31
日本

588 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 04:17
宗教団体にも公認会計士を入れる。
キャパが100席以上の会堂をもつ団体には
外形標準課税する。
宗教団体も、水道、電気、交通などの社会インフラに
よって支えられているのだから、課税は当然だ。

589 :不良会員:2000/11/07(火) 04:39
SEXと宗教以上に面白い物なんかない。
こんな面白いものは止められない。


590 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 01:25
573>574「我思う故に我在り」は主体が自分自身を認識している事にならないのか?

「思考」は立派な客体。
いったい「誰が」思考しているのか?
その主体は思考によっては捉えられない。

591 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 21:58
主体は北鮮にまかせましょう。

592 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 20:24
age

593 :がぶり:2000/11/09(木) 23:29
信じようが信じまいが、どっちでも良い。
神様が居ようが居まいが俺の今の生活には
大した影響はない。
それよりも、今は飯食って糞して仕事して
セックスと少しばかりの余暇を楽しめれたら
それで満足だ。


594 :名無しさん@1周年:2000/11/10(金) 17:14
俺も宗教や神さんよりも生活が大切。

595 :名無しさん@1周年:2000/11/10(金) 18:33
宗教信じないなんていって、この板に来るのは、結局宗教信じている
人間がうらやましいからだよ。

自分がそうだからいうんだけどさ。

なんでも厄介なことは神の試練とか思ってなきゃやってらんない
ことって多いよね。

素直に神を信じられる人間って、その点便利だよ。

俺はヒネクレちまっているので、神なんか信じられない。
それでも人間は自分が不幸なことの理由を考える。
(考えたって答えの出ないことだって多いのに)

なぜって、いつも理由を考えるのが人間だから。

「神」っていう究極の答えを持ってる人間がうらやましいよ。

596 :名無しさん@1周年:2000/11/11(土) 13:06
何でも神のせいにしちゃえ。

597 ::2000/11/11(土) 13:12
>>596
そりは困るんだよなぁ。。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/12(日) 04:49
神様、いるんなら今すぐ現れてちょーだい(笑)

599 :神様:2000/11/12(日) 04:59
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!
佼成会逝って良し!特に青梅練成道場の高橋、逝って良し!と言うより逝け!今すぐ。
佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!佼成会逝って良し!

600 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 05:03
ここには土人が考える「神」しかいない。

601 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 06:14
阿含宗出身者が信仰を持ちながらなぜ平気で殺人を犯せるのか
色々考えてみましたが、原因はやはり桐山氏にありました。

つまりたくさんの逮捕歴や刑務所にいたことですら
自分が悪いのではなく、先祖の霊障だと責任を転嫁しています。
つまり殺人を犯しても「自分は悪くない」と言い逃れるパターンを
阿含宗では公式化しているようです。

それゆえ、そんな恐ろしい教団に何年もいて洗脳された沢山の信徒たちが
のちに無差別殺人や拉致監禁殺人などの凶悪犯罪を平気で
行なうようになってしまったのではないでしょうか。

つかまっても「自分は悪くない。先祖の霊を裁いてくれ」と
桐山流で自らを正当化するのでしょう。
本当におそろしい教義だと思います

宗教って怖いですね
神仏の名のもとに平然と無差別殺人が出来るのですから


602 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:06
>宗教って怖いですね
>神仏の名のもとに平然と無差別殺人が出来るのですから

ウソつけ。
無宗教の方がもっと怖い。
愛の無い眼差しに、愛の無い言葉、行動はアニマルじゃない。
「人の目」が神だから、人が見てないところで
何するかわからない。だから信用できやしない。
何を基準にして行動するのか動物のように読めない。
おそろしく美しい心を見せたかと思いきや
その反動でおそろしく残酷になったりする。

無宗教ってやつこそ「自分教」を作り上げてるんだよ。




603 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:13
そうだ。無宗教のやつって馬鹿が多いぜ。

犬は仏壇の供え物をくわえるからな。



604 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:14
だから神は死んだって

605 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:14
だから神は死んだって

606 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:17
>602&603
本物の基地外発見!

607 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:17
だから神は死んだって

608 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:20
ウソつけ。
宗教の方がもっと怖い。
自己愛しか無い眼差しに、偽善に満ちた言葉、行動はアニマル以下じゃない。
「自分」だけが神だから、人がなんと言おうとおかまいなし
何するかわからない。だから信用できやしない。
教団を基準にして行動するから動物のように読めない。
おそろしく偽善を見せたかと思いきや
その反動でおそろしく残酷になったりする。

宗教ってやつこそ「自分教」を作り上げてるんだよ。

609 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:21
動物占いの真実
昨年くらいから大人気となっている動物占い、占いブームとしてはひさびさの大ヒットのようである。最初に刊行された書物の挿し絵がとてもかわいい、というのが大きいそうだが、結構当たるという評判でもあるらしい。
そこで筆者も本屋で立ち読みをしてみた。たしかに面白いものではある。ところが、どの本をめくってみても、
これがどういう方法で何を根拠に占っているのか?
が、はっきりとは記されていないのだ。どの本も「中国伝統の陰陽五行説に基づき・・云々」と書いてあるだけだ。しかし、もしこれがそのままの形で古典中国にあろうはずがない。第一、中国にはコアラはいなかったはずだ(爆笑)。一体なんだろう?筆者は多少は中国の占いをかじったことがあるので、それをもとに、少し探求をしてみることにした。



610 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:21
占いの出し方の欄を見ると、動物占いは生年月日から、1から60までの値を出して占う。そう、これは間違いなく生まれた日の干支(十干十二支)を用いている。干支とは、日本人にもお馴染みの子、丑、寅・・・のあれである。意外と知られていないようだけど、日本人にもお馴染みの「年」ではなくて、日にちにも干支があるのである。西洋で言えば、ソロモン王のころから今現在までずっと間違えることなく、7日周期で日、月、火、水、と曜日が刻まれているのだけれど、それと同じように、殷や周のころから、ずっと、1日ごとに、十干、つまり法律家にはなぜかお馴染みの甲、乙、丙、丁、戊・・・癸の10日周期と、十二支の子、丑、寅、卯・・・亥の12日周期が、刻まれているのである。ここで、この十干と十二支は独立に巡っているので、甲子、乙丑、・・・癸亥まで、ちょうどLCM(10,12)=60通りの組み合わせが出来ることになる。これを、甲子を1、・・・癸亥を60として番号をふっているのである。
この1から60までの干支番号を用いる占いは極めて多い。もちろん先天八字(=四柱推命)はこれを基礎とするし、いわゆる「天中殺占い」、あるいは「六星占い」、「0学占い」(ちなみにこの3つは本質的には全く同じもの!読み比べてみて下さい、とても面白いですよ)もこれを用いる。
ところが、この1から60までの数字と、それに対応する動物とが、一覧表を見ただけでは法則がすぐにはわからない。奇妙奇天烈な動物の排列なのである。なんだ?と筆者は思った。ところがである、この排列、どこかでみたことがある、と思ったのだ。それは・・・


611 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:22
四柱推命という中国起源の占いがある。生年、月、日、時間おのおのの干支を算出し、その十干と十二支の組み合わせで占う、非常に複雑なものである。その中に、
「十二運」
という項目がある。これは、十干と十二支の組み合わせから、その組み合わせの持つ力の強さとその位相を、生まれてから死ぬまでの一生の栄枯盛衰、輪廻転生に例えてあらわすものである。そう、この十二運を算出するときの一覧表と、動物占いの一覧表は全く同じものなのだ!つまり動物占いのオリジナルはこの十二運なのだ。


612 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:22
さあ、動物占いをやったことのあるみなさんはここで、
「その十二運って何なのか?はやく教えてくれ!!」
と思うことだろう。それでは、さっそく、お見せしよう。
といいたいところだが、その前に。先程述べたように、この「十二運」、人の「栄枯盛衰」に例えてある、ものである。ということは、「栄、盛」もあれば「枯、衰」もあるということ、ショックを受けないで欲しい。
それでは早速、十二運−動物占い対照表をご覧にいれよう。

十二運−動物占い 対照表 四柱推命の原名 長生 沐浴 冠帯 建禄 帝王 衰 病 死 墓 絶 胎 養
動物占いの名前 サル チーター 黒ヒョウ ライオン トラ タヌキ コアラ ゾウ ヒツジ ペガサス オオカミ 子鹿
要素の強さ 9 7 10 11 12 8 4 2 5 1 3 6


613 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:23
ショックを受けた方、それほどでもなかった方、いろいろだろう。なお、十二運の各々の意味は、次の通りである。

長生=出生したばかり、 沐浴=生まれて産湯につかる、 冠帯=冠をして帯を締めるつまり元服・新成人、 建禄=初めて禄(給料)をもらう・社会人になった青年期、 帝王=人生の最盛期、働き盛りの壮年、 衰=中年過ぎ・足腰に衰え 、 病=年をとって病に付す、死=死亡・逝去する、 墓=死んで墓に入る、 絶=生命が絶えて仏様になる、 胎=母親のお腹の中で受胎する・生命の始まり、 養=子宮内で胎児が養われる、

ということである。それにしてもこれは激しく、情け容赦ない命名である。なお、表最下段の「強さ」とは、これは本来、十干と十二支の組み合わせの強さを見るためのものだからである

614 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:23
ここで、この十二運についてもうすこし話をしておこう。これは十干と十二支の強さを見るものだが、十干と十二支は生まれた年、月、日、時間それぞれにあり、通常は、日にちの「十干」と、年、月、日、時間の4つの「十二支」を組み合わせて4つの十二運を見るのが一般である。また、生まれた日の「十干」から論理的に導かれる、親族(祖父母から孫まで)に割り当てられる「家族の十干」と、自分の十二支から十二運を割り出して、家族それぞれと、自分との力関係を計算したりするのにも使われたりする(ちなみに、余り当たりません、はっきりいって)。それに、この「十二運」、本来の四柱推命の中では、かなり傍論でつかわれる、マイナーなものなのである。


615 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:24
というのが、動物占いの「説明」であるが、どう思われただろうか?確かに著者が出典をつまびらかにしないのはうなずけないこともない。こんなのがばれてしまったら大変なことになってしまうからだ。それに、この動物と十二運の対応、なるほどとも思うし、いや・・?とも思う。
ただ、一つ言えることは、この動物の割り当て、なかなかセンスがあるなあと言うことだ。
「あなたは「ゾウ」です」なんじゃなくって、「あなたは「死」です」
「あなたは「ヒツジ」です」じゃなくって、「あなたは「墓」です」
なんて占いだったら、おそらくこれほどのブームには決してなっていなかっただろうから(笑)

616 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:24
宗教やってるやつなんか、
結局、他人の作った教えでしか世界を見られない、
思考停止した連中なんだ。
だから、テロでも犯罪でも疑問無く出来るんだ。
オウムに愛想尽かした信者だって、その後また別の宗教に走っちまう。
学習能力が無いんだな。

617 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:38
アニマルは暴れるねえ(W


618 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:39
A report on U.S.-Japan relations by a bipartisan group led by Republican Richard Armitage and Democrat Joseph Nye (both former Assistant Secretaries of Defense) calls for the new U.S. Administration to exercise "excellence without arrogance" in relations with Japan. The October 11@` 2000 Institute for National Strategic Studies Special Report on "The United States and Japan: Advancing Toward a Mature Partnership@`" envisions a time when Washington and Tokyo are "better able to realize the full potential for cooperation nurtured during the past 50 years."

619 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:39
Nowhere is that point better made than in the security section which says the revised Guidelines for U.S.-Japan Defense Cooperation should be regarded as the floor not the ceiling for an expanded Japanese role in the alliance. More to the point@` it says "Japan's prohibition against collective self-defense is a constraint on alliance cooperation."

620 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:40
Under the guidelines Japan is supposed to help U.S. forces in an emergency by providing "rear area" (non military) support. A principal Japanese official who helped draft the guidelines wrote recently that such support will not endanger Japan because it 1) will not be military 2) will only be provided in areas away from the combat zone and 3) will be withdrawn if the rear area becomes dangerous.

621 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:40
Virtually all Americans knowledgeable about Japan believe the so-called "Japan passing" phenomenon is irresponsible. Yet would Americans and Japanese who want Japan to play a more realistic role in security affairs want Congress and the American people to clearly understand the above Japanese view? Would they want it known that if Japan lived up to its publicly stated denial of the right to collective self defense@` the country's 60 destroyers and 200 F-15's would have to stand idle even if Americans were dying in Korea or the Taiwan Strait in defense of U.S. and Japanese national interests?

622 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:40
The Armitage-Nye report regards a major war in Europe as "inconceivable for at least a generation." Though it does not regard conflict in Asia as likely@` it calls the prospect "far from remote@`" noting the presence of some of the world's largest and most modern armies@` several nuclear-armed or nuclear-capable powers@` and potential flashpoints in Korea@` the Taiwan Strait@` the Indian subcontinent@` and Indonesia. The report regards Asia as promising@` but is mindful of the dangers and evaluates the U.S.-Japan alliance as more important than it was in the past.

623 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:41
Though the authors call for an "advance towards a mature partnership@`" the Armitage/Nye committee does not naively think Japan's current leadership will "suddenly embrace reform or assume a higher profile on the global stage." Perhaps@` more to the point@` they criticize "the lack of clear direction from Washington" and the "episodic executive branch leadership (which) has failed to produce a well conceived game plan" for U.S.-Japan relations.

624 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:41
Seven Elements. Specifically the report calls for a "special relationship" between the U.S. and Japan modeled on that between America and Britain@` and including seven elements:

A reaffirmed U.S. defense commitment to the defense of Japan including the Senkaku Islands claimed by China;
Diligent implementation of the Guidelines including Japanese passage of crisis management legislation;
"Robust cooperation" between the sister services including an update of combat roles and missions last done in 1981 and training that "replicates reality;"
Full Japanese participation in peacekeeping and humanitarian missions and removal of self-imposed restraints that would otherwise burden other peacekeeper nations;
Development of a U.S.-Japan force structure characterized by mobility@` flexibility@` diversity and survivability to reflect regional security environment and take advantage of technology to reduce the U.S. presence in Japan and Okinawa;
Making U.S. defense technology available to Japan and encouraging strategic alliances among U.S. and Japanese defense firms; and
Broadening the scope of U.S.-Japan missile defense cooperation.

625 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:42
Healthy Debate. The Armitage-Nye report notes that a larger role for Japan in security would cause a healthy debate in both countries and no doubt elsewhere in Asia. But it notes the need for "burden sharing" to evolve to "power sharing" which can and will only happen if "the next U.S. administration will devote the considerable time that will be necessary to bring this into being."

626 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:42
Dr. Nye would likely give this advice to Vice President Gore if he wins@` and Amb. Armitage is an adviser to Governor Bush. Given that@` hopefully U.S-Japan defense policy in the next administration will be characterized by considerably more effort than has been the case since the Gulf War.

Dr. James E. Auer is the Director of the Center for U.S.-Japan Studies and Cooperation at Vanderbilt Institute for Public Policy Studies. This article is reprinted with permission from the October 13@` 2000 issue of the Japan Digest.


627 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:45
さ、考えろ!もっともっと考えろ!

母の遺影に放尿してしまうアニマル達よ。

「自分教」を完成させるんだ!

628 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:50
あらあら。
アニマルは突拍子もないことするねえ。
相撲の猫騙しってやつね。やっぱりアニマル技。
だから「自分教」は怖い。(爆

629 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 07:59
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/britishpub/asobi/zatubun/takeda.jpg
/


630 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:00
千手観音は千手千眼観自在菩薩といって頂上に11面の化仏と千の手を持ち、それぞれの手に目を持ち自在な力を発揮するといわれている。

京都市内のあるところに、古くから人々の信仰を受けてきた古い寺院がある。

その寺院の本尊は千手観音菩薩であり、平安の昔から今日に至るまで穏やかな微笑みをたたえてずっと人々の平穏と幸せを見守り続けている。

そして今日もまた、千手観音にお願いごとを言いに、参拝客が後を絶たない…。

631 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:00
メガネをかけた、ちょっと陰鬱な感じのする青年。

髪はボサボサで目の下にクマを作っていた。

襟がくたびれたシャツを着て、ジーンズもボロボロ。

「こ、今年でダメだったら来年は4浪なんです。今年こそ、今年こそ京都大学に入学したい。絶対合格しますように!!」

青年はお賽銭箱に小銭を投げ入れ、そして手を合わせた。

632 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:01
中学生と思しき少年が一人で自転車に乗ってやってきた。

カゴの中にはサッカーボールが入っている。

サッカー部の部活の帰りだろうか、顔も手も汗とほこりで汚くよごれている。

「一生懸命練習しますので、将来はサッカー選手になって中田選手みたいに世界で活躍したいです。神様、僕の願いを聞いてください」

少年は100円玉を賽銭箱に投げると手を叩いて、静かに頭を垂れた。

633 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:01
子供をベビーカーに乗せた若いオンナのコ。

銀色の髪に色黒の肌。

ピンクのルージュに厚底のサンダル。

いわゆるママギャルというのだろうか。

「あたしとまーくんの愛の結晶のタクヤが木村拓哉みたいにカッコよくなってジャニーズに入ってたくさん儲けていっぱいいっぱい稼いでくれますように。」

634 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:02
高校生の女のコ。

ルーズソックスははいているものの、髪は黒いままだし、きちんと制服を着ているところを見ると、普通の女子高生なのだろう。

「クラスの田中君が好きなんですが、告白する勇気がありません。明日、思いきって『好き』って言おうと思います。あたしに勇気をください」

少女は手を合わせて、しばらくの間そこで目を閉じて頭を下げた。

635 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:02
おばあちゃんがやってきた。

目が悪いのか、少し足元がおぼつかない。

あたりをキョロキョロと見まわしたあと、賽銭箱に小銭を投げ入れて、手を合わせた。

「アタシは今年で78になります。子供が3人いて孫も5人おります。ですが、千手観音菩薩さまの御力でアタシを17歳の女子高生に生まれ変わらせてくだしゃい。おねげーします」

636 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:07
先日、こういう高卒差別・学歴偏重のHPを見つけた。作者はこのなかで自己紹介(自慢?)としてマサチューセッツ工科大学出身でニューヨーク在住と言っているが、おそらくウソだろう。見る人をからかっておこらせて楽しんでいるだけに違いない。これを読んでいておもったのだが、学歴というのは使い途があるのだろうか。

正体がバレるのは避けたいし、あえていうこともないので、控えめな表現をするが、僕の大学はこのURLに見える大学である。僕はこの大学は大好きである。首都にある某T大よりも締め付けは緩いし、何を勉強しても、あるいはしなくても許されるところがある。だが、その『好き』というのは僕の個人的な感想であって、世間に強要するものではない。一般に、『学力的』には偏差値の高い大学とされているが、僕にはそんなのどうだっていいのである。僕が好きなのはこの自由な校風、大胆で自学自習を重んじる習慣があるからなのだ。だからたとえ学力的に偏差値が低くなろうと、問題ではない。


637 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:07
しかし、世間は学力が高いイコール人間的にも素晴らしい、と勘違いする人が多い。それが間違いであることは先日ウチのバカ学生が毒物を販売していたことでも明らかである。この勘違いのおかげで僕もいい目にあってることは確かなのだが。え? どんなときかって? 重要な局面ではそんなに得したことはないのだが、例えば、女のコの家に電話して親が出たときに、気分よく電話に応対してもらえるということくらいだろうか。あるいは、学歴でナンパしている某私立KOやW大の連中に小バカにされて、言葉のうえで復讐するときくらいだろうか。ピアスを二つ開けているからかどうか知らないが、案外賢く見てもらえないので、「おまえ、どこの学校いってるの?」と言われることもたまにあるのだ。別に賢く見られたくもないし、自分の行ってる学校をひけらかすのもかっこわるいので、必要なとき以外は学校名は口にしないのだが、こういう学歴偏重者に出会うと逆に攻撃したくなってしまう。基本的たいがいの大学には友達がいるので、学校差別はしないのだけどね。



638 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:07
一概に言って、学歴というのはかなり狭い一面を語るだけのような気がする。有名私立大学を出たとしても、エスカレーターで小学校から登っているのなら、学歴的に大学受験をくぐった人よりも劣るだろうし、よしんば有名大学に合格したからといっても在学中マージャンに呆けていたなら、それなりに学力も低下する。もちろん学力だけがすべてではないのは当然で、東大からも京大からも慶応からも数多の犯罪者を輩出している。つまり、学歴というのは、学力的側面のうちでもさらに狭い一面しか語らないのである。

639 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:08
トータルで一人の人間を測ることはおそらく不可能だろう。人間はいくつもの顔を持つし、見る人によってそれぞれの側面に対する評価も違うだろうからである。だからそれを数値で比較できる学力に置き換えてしまいたくなるのはわかる。比較できない要素を捨ててしまった後に残るのは恐らく学力だけだろうからだ。ただ、問題は、その過程を忘れて、学力イコール人間性としてしまう点だ。もちろん、この捨てられてしまった要素のうちには『創造力』『発想力』『行動力』『主導力』『向上心』など重要な要素が含まれていることは言うまでもない。特に、『やさしさ』というのは数値にはできないが、社会で人と接して生活する以上大切なものであろう。これらを忘れての学力偏重というのは、まさに本末転倒であると言わざるを得ない。

640 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:08
結論をいってしまえば、学歴はまさに学力を測るメジャーのひとつにすぎないものであって、それが役に立つのは学者の世界だけであろう。企業に必要な要素のうちの一つでもあるかもしれないが、他にも必要とされる“力”はあるわけで、これがすべてではない。

学歴を偏重したがるあなたに言いたい。

『学歴ではパンも買えない』

これは、「学歴なんて何の役にもたたないから、さっさと働いてカネを稼ぐんだよ」といううちの姉の言葉である。正論かもしれない。


641 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:18
ば〜か。うろついている次元はそのレベルかよ。

もっと考えろ。お前の見てるのは他人の神だよ。出直してこい。




642 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:26
The year 1999 witnessed the quiet close of one chapter of history about Japan's actions before and during World War II and Japan's apologies for them. When Foreign Minister Masahiko Komura and Prime Minister Keizo Obuchi paid separate official visits to South Korea in the first half of 1999@` absolutely no reference was made to Japan's past actions or its apology@` let alone to the issues involving so-called comfort women. It was the same when Foreign Minister Yohei Kono@` who was once an active advocate of an apology in the comfort women issue@` attended a Japan-South Korea ministerial conference last autumn. The issue was not brought up because South Korean President Kim Dae Jung honored the pledge he made during his October 1998 visit to Japan to consider the matter closed as Japan had tendered a written apology. China@` for its part@` made only nominal and minimum reference to past events when Obuchi visited Beijing in July 1999. This was in stark contrast to the tense atmosphere that existed when Chinese President Jiang Zemin visited Japan in November 1998.

643 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:27
U.S. and European academics and commentators still believe that Japan has yet to win the trust of its neighbors because it has not apologized sincerely to them@` despite Germany's complete coming to terms with its past. First of all@` it is wrong to say Japan did not apologize enough. Close analysis of then German President Richard von Weizsacker's apology in 1985 shows that it was less straightforward than those offered by successive Japanese prime ministers.

644 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:27
But that is not the problem. The problem lies with the misconception that Germany has settled the apology issue but Japan has been dragging its feet over the matter for more than 50 years since the defeat. Recently@` I had a chance to talk to a group of American intellectuals well informed on Japanese affairs@` including a Harvard University professor. I said: "You have the preconceived idea that Japan has not settled the issues in the past 50 years. Then I would like to ask you if there is anybody here who commented about Japan's past actions and apologies@` for example@` in the year 1980. If you think you did@` please show me the evidence." I was 100 percent sure that nobody there had touched on those issues in that year. I answered Diet questions on more than 300 occasions between 1978 and 1981@` but these war-related issues were never raised during that period in Japan@` the United States@` China or South Korea. In fact@` at that time the issue had already been closed once. In 1980@` 35 years had passed since the war's end. Wartime events and memories that had been subjects for politicians were being handed down to historians.

645 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:28
Practical approach to history

It was only logical. For example@` criticism of Napoleon's imperialism and aggression was fierce in the wake of the Battle of Waterloo in 1815@` but the memory was completely consigned to the annals of history after 1848--one generation later. The Nazi Holocaust is an exception. It specifically was a case of intentional genocide--and was not directly related to the war. This tragedy lingers in the minds of many people. Japan@` as Germany's ally in World War II@` somehow has suffered collateral damage from the backlash over German actions (although Japan had made it publicly clear that it would never condone the German policy of racial discrimination). Incidents for which Japan has been blamed@` such as the Nanjing Incident@` however@` are those that involved civilian casualties during the wartime. By definition@` they fall into the same category as the bombing of Hiroshima@` Nagasaki@` Tokyo and Dresden@` as well as acts of brutality by Soviet troops in Berlin and Manchuria. These incidents are now part of history. When then Soviet President Mikhail Gorbachev visited Japan@` he reportedly said the atrocity in Manchuria was committed by Russians of a different generation with a different philosophy. This may be one of the practical approaches to history. Otherwise@` friendly relations cannot possibly be established among a majority of neighboring nations.


646 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:28
Inductive questions

Then why were issues@` regarded as history@` raised again in Japan? I have clear evidence on each case to show that@` without exception@` such war-related issues were being intentionally raised by the Japanese themselves and that negative foreign reactions were solicited by some Japanese posing inductive questions@` at least at the beginning. It is difficult to explain to foreigners the reasons behind these self-damaging acts. Many of the Japanese who committed them belonged to left-wing or antiestablishment movements. They were frustrated by the failure of their political resistance to the long-reigning conservative government. The propelling forces behind the acts were communist propaganda during the Cold War and the prevailing tendency of Japanese intellectuals@` including senior government officials@` to avoid being labeled reactionary. Although I am yet uncertain if this explanation is good enough to enable foreigners to understand the masochistic attitude@` this is the only explanation convincing to myself.


647 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:28
It all started with the textbook controversy of 1982. It was falsely reported that the Education Ministry had ordered a phrase in a history textbook to be changed from "invasion of China" to "advance into China" during the book's screening for official approval. Japanese media acquired the fierce responses of China and South Korea. The report was soon proven to be false. The government@` however@` went on to pledge that it would consider the feelings of peoples in neighboring countries in the future@` partly because of the impending visit to China by then Prime Minister Zenko Suzuki and@` in retrospect@` because of a need to appear vaguely like a "progressive" intellectual@` which was supposed to be a good thing in the atmosphere prevailing at that time. After a controversy over then Prime Minister Yasuhiro Nakasone's visit to Yasukuni Shrine in 1985 and another over new history textbooks in 1986@` a spate of disputes flared up that followed a fixed pattern--Japanese from a certain quarter reported domestic events related to Japan's past deeds to China and South Korea and drew negative foreign responses and interference in Japanese domestic affairs. During the ensuing decade@` this pattern could be observed everywhere in East Asia. Some Japanese correspondents stationed in Asian capitals would ask questions like@` "Is the revival of Japan's militarism frightening?" whenever Japan's defense budget was increased. If questioned that way@` officials and experts in Asian countries had no choice but to respond that they were "concerned." Then@` newspaper reports would appear in Japan@` saying that Asian academics and experts were apprehensive about increases in Japan's defense budget.

648 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:29
An end to fixed pattern

As I was posted outside of Asia in the middle of the 1980s@` I was uninformed about these developments. When I visited the United States in 1988 for the first time in many years@` I was surprised to find a U.S. government document saying that Japan should build up its defense capabilities "while taking the reactions of Asian nations into consideration." When I asked why on earth such a statement had appeared in a U.S. government document@` I was told that the United States was merely quoting what the Japanese government had said. I looked into the matter and found that the Japanese government had indeed made that comment@` something that would have been unthinkable in 1980. But this fixed pattern of provoking controversy did not last long in Southeast Asia because the pattern was concocted too artificially. The leaders of Malaysia@` Thailand and some other countries in the region grew weary of maneuvering by the Japanese left wing and mass media and refused to play that game. Recently@` the Japanese media could no longer quote remarks that fitted this pattern in Southeast Asian nations@` with the exception of Singapore--in particular Chinese-language newspapers--which since 1992 onward has been following China's lead. In South Korea@` although a furor was first triggered by inductive questions from certain Japanese@` it immediately provoked a national outcry unaided by experts' comments on the matter. The emotions of the South Korean people@` which were based on centuries-old rancor and reinforced by anti-Japanese education following the rule of President Syngman Rhee@` erupted just as they were granted freedom of speech after being forced to contain themselves during the period of strict censorship that had been in force since the days of President Park Chung Hee. Anti-Japanese arguments were rampant almost for a decade. Just as this anti-Japanese outcry passed its peak@` President Kim Dae Jung steered the course toward reconciliation@` and his policies were in line with South Korea's newly emerging national sentiment.


649 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:29
China is the last remaining problem. There is@` of course@` a national sentiment in China@` but it is a quite separate issue when it comes to how this feeling is expressed as national policy in a polity like China. It made the 1992 visit by the Emperor and Empress a tremendous success by instituting strict controls@` described as almost martial law@` to ensure that no protests were heard. Chinese@` including ordinary people@` are strategists. They are different from the Japanese--who are so simple-minded that they believe that words are the tools to express their feelings--in that Chinese know that words should be used for their own benefit. Chinese are grown-ups@` compared with Japanese. As long as there are sectors of society in Japan calling on the nation to clarify its responsibility for the war and apologize for it@` it gives China a diplomatic advantage over Japan to continue mentioning the issues. But@` if the entire Japanese people started saying in anger@` "What right do you have to say such things? It is interference in our domestic affairs@`" China would have nothing to gain from making such demands. Chinese diplomacy@` too@` is of course designed to serve China's national interests and the benefits of its people. If mentioning Japan's past misdeeds and raising the issue of apologies only provoked Japanese anger@` China would stop doing so because it would run counter to the interests of its people. That had been my assumption. In fact@` China apparently paid attention to the atmosphere in Japan during Jiang's visit in November 1998 and sensed a subtle change in Japanese public mood. Beijing seems to have reflected that change in its policies toward Japan.

650 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:30
Had the same attitude taken by China at the time of Jiang's visit been repeated when Obuchi visited China in July 1999@` a serious schism between the feelings of the Japanese and Chinese peoples would have taken place. Considering that@` I am again impressed by Chinese shrewdness in assessing the situation and its flexibility in implementing its strategies. Or@` if I use common sense to assess the situation@` I imagine that Chinese and South Korean leaders might have wondered if it would be advisable to continue the dangerous game of high-handedly criticizing Japan over the issues@` which rely upon the support of a small segment of Japanese population@` for many years to come.

651 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:30
Diplomacy versus history

Then@` what developments can we expect to see in the future with regard to the issue of Japan's past actions? Once@` Prime Minister Noboru Takeshita said the issue should be left for historians of later generations to judge. The atmosphere at that time was so intense that this remark was not sufficient to cool the controversy down. But Takeshita's remark should be regarded as well suited to a common sense@` fair and appropriate attitude when dealing with modern history. Of course@` rancor will not disappear. Perhaps not one of the 1.3 billion people who make up China's population has family who did not suffer during the war. Although most of what Weizsacker said about the German people's wartime misery also applies to the Japanese people@` it makes a difference that the battlefield for a long time was on China's soil. Also@` when Japan colonized Korea in the early 20th century@` it realized that most of the tales of patriots in Korea were about their resistance to invading Japanese troops at the end of 16th century. Also@` it is absolutely impossible to delete the misgovernance of the British colonial authority at the time of American Independence from the textbooks in American schools. Historical facts will indeed remain forever.


652 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:31
But animosity harbored by people is a separate issue from international politics. Every government is obligated to serve the national interest as much as possible@` and bilateral diplomacy targets maximum harmony between two peoples by achieving a workable compromise between both sides' national interests. A government should not be allowed to sacrifice national interest and harmony by dragging elements of the past into diplomacy. History should be handled by historians. In 1980@` the issues of Japan's past reportedly had already been passed from the hands of politicians and diplomats to those of historians. We must politely return the issues to the hands of historians.

653 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:35
3 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/11/12(日) 06:31

http://www.jah.ne.jp/~kita2801/kiku.cgi?action=img_vew&vew_img=uruka_kitamura_1009.jpg


4 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/11/12(日) 06:56

http://www.jah.ne.jp/~kita2801/kiku.cgi?action=img_vew&vew_img=shizuko_iwasaki_0015.jpg

654 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:36
さあ、基地外への道「自分教」を完成させるんだ!

あのニーチェも発狂したな。(W

655 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:40


 また、放送の翌日〔10月15日〕の読売新聞には、「TBS、録画で(放送、そのために)『歴史発言』など一部放映せず」との記事がありますので、これもご参考までにご紹介します。それによると、「参加した市民の人選はTBS側が独自に行った。質問は事前にチェックされたという」とあり、さらに「今回の『直接対話』でも、収録段階であった『私は中国で批判されている』など、歴史問題にかかわる一部分をTBSは放映しなかった。朱首相の率直な発言だけに残念だった。」(国際部若山樹一郎記者)であったとのことです。

 10月15日の産経新聞は、香港の藤本欣也特派員による香港紙の報道の紹介として、「市民の質問内容がTBS側に『検閲』されていたと報じた。朱首相に同行している(サウスチャイナ・モーニング・ポスト)同紙の記者が伝えたところによると、ある大学教授(=大阪外語大)は、番組に出席予定の学生の証言として、「朱首相が江沢民国家主席とどのようにうまくやっているのか、あるいは、今後の世代交代後も政権にとどまる考えがあるのか、といった質問をしたかったのに、それらの質問を拒否された」とし、結局「朱首相はどんな歌が好きですか」といった質問になったという。また、TBSが番組への出席者に事前に配布した文書には、「中国側は質問に制約を設けていないが、ホストとして朱首相には番組に出演してよかったと確かに感じてもらいたい」「そうでないとメディアとしての信用を失うだけでなく、外交問題にも発展しかねない」などと記されていたという、と報道している。


656 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:40


 10月15日の産経新聞は、香港の藤本欣也特派員による香港紙の報道の紹介として、「市民の質問内容がTBS側に『検閲』されていたと報じた。朱首相に同行している(サウスチャイナ・モーニング・ポスト)同紙の記者が伝えたところによると、ある大学教授(=大阪外語大)は、番組に出席予定の学生の証言として、「朱首相が江沢民国家主席とどのようにうまくやっているのか、あるいは、今後の世代交代後も政権にとどまる考えがあるのか、といった質問をしたかったのに、それらの質問を拒否された」とし、結局「朱首相はどんな歌が好きですか」といった質問になったという。また、TBSが番組への出席者に事前に配布した文書には、「中国側は質問に制約を設けていないが、ホストとして朱首相には番組に出演してよかったと確かに感じてもらいたい」「そうでないとメディアとしての信用を失うだけでなく、外交問題にも発展しかねない」などと記されていたという、と報道している。

 10月15日の朝日新聞は、歴史認識をめぐり、「いつまで日本に謝罪を求め続けるのか」と質問され、「今回の訪日では要求していない」と念を押し、それが中国国内で「軟弱」だと批判の対象になっていると語ったという、実際には放送されなかったくだりを紹介している。朝日新聞は、録画取りの現場での対話を報道し、読売新聞は、録画取りの現場での対話と実際に放映された内容を対比して、その違いを報道している。

 10月15日の毎日新聞は、TBSのテレビ放送の一駒を写真で報道しているが、報道内容については、一切触れていない(14版)。放送直後の毎日新聞のサイトには、放送内容について触れた坂東賢治記者の記事が掲載されていましたが、14版では掲載されていない。

 朱鎔基首相のテレビでのパフォーマンスに対しては、すべての新聞が好意的にとりあげているが、そのなかで、読売新聞は、先に紹介した、放送の裏舞台も含め最も大きな紙面を割き、放送内容を一問一答形式で15問紹介し、バランスの取れた十分な報道している。毎日新聞と朝日新聞はTBSのスタジオで撮影した同一写真を掲載、産経新聞は写真なし。読売新聞は、市民対話集会の最後に、市民からのリクエストで胡弓を演奏する朱鎔基首相の姿を「TBSテレビから」として、掲載した


657 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:41
「筑紫哲也スペシャル  中国の朱鎔基首相があなたと直接対話」

世界が注目する指導者の1人中国の朱鎔基首相が、初のテレビ市民対話に臨み、日本の市民の様々な質問・疑問に答えました。今回放映された番組の全文和訳です。話題ごとにページが分かれ、各ページは下記のような構成になっています。見たいテーマを選んで下さい。

筑紫 こんばんわ、筑紫哲也です。今日は、このスタジオに、世界で最も多くの人たちを率いるリーダーそして私たちの国のお隣の指導者である方をお迎えしております。こういう試みは二年前のクリントン大統領に続いて二回目でありますけれども、それでは早速お迎えしましょう中華人民共和国総理、朱鎔基さんです。 (握手)

筑紫 改めてご紹介します。中華人民共和国総理、朱鎔基さんです。市民とこういう形でテレビの前で対話するのは世界で初めてのことであります。それでは最初に総理から一言お願いします。


658 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:41
朱首相 ありがとうございます。私をお招きいただきまして、日本を訪問しまして、そして1998年、江沢民総書記が日本を訪問し、かつ、亡くなられた、小渕総理と宣言に調印されました。それによって、中日両国が21世紀に目向けて平和と発展をするための、その長期的な戦略的なパートナーシップをつくるという声明を発表しました。それ以来中日関係は、非常によく発展してまいりました。しかし、問題が無いというわけではございません。日本の国内にも、一部の、中国に対して、心配、あるいは日本に対して脅威だと考える人もいます。同時に、また、中国にも、日本の国内において歴史の問題、台湾の問題、安全保障の問題などについて、いろいろないい方があります。そして中国人の感情を傷付ける言動もみられるわけであります。そういう時に、私は日本に参りましたので、その皆様方と、友好協力を推し進める仕事を進めていきたいと思っております、これは、両国の政府の仕事であるだけでなく、両国の人々の直接対話も必要だと思います。ですから、私は、今日の夜、日本の人々と直接対話するということを非常に重視しております。中日双方が共に今日の夜のこの機会を重視していると思います。少し前、与党の代表が中国を訪問されました。今日の夜は、ぜひ笑顔で話をしてもらいたいという風にいわれました。どんな質問でもいいと思いますが、ちょっと、私、難しいかもしれません、普段はこういう顔でございますので、いつも笑顔では難しいかもしれませんけど、できるだけ、やりたいと思います。できるだけ、笑顔で話しをしたいと思います、同時に、皆様方、私が無理に笑ってるなんて思わないでください。あるいは逆に、笑ったりおっかないという風に思わないでください。よろしくお願いします。

659 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:42
「視聴者からの素朴な疑問」

筑紫 どうぞおかけください。

筑紫 ありがとうございました、本当にようこそおいでいただきましたけど、私どもの番組恒例で、後ほど、おっしゃった日中関係の話、きたんなく議論したいと思いますが、恒例でまず、非常に短い質問を5つほどさせていただきます。簡潔にお応えいただければありがたいです。

アナウンス ニーハオ、筑紫哲也スペシャルにようこそおいでくださいました。には簡潔、かつ正直にお応えください。番組におよせいただいた、インターネットやFAXでの朱首相への質問からです。千葉県の新松戸北小学校5年生のみなさんからの質問。私たちのクラスは20人ちょっとですが、いろいろな意見がでて、まとめるのは大変です。一体どうやって、13億人もの人をまとめているんですか?

朱首相 まず一つの方法は、法律の制度の問題です。中国の各レベルの政府は、人民代表大会がありまして、その人たちの任務は、民意を反映し、政府を監督することであります。二つ目は中国は中国共産党のほかに8つの党派があります、そしてそれぞれ違った階層の意見を反映をしています。これも、政府を監督する役割をはたしています。三番目は、世論の役割です。中国の世論、特に中国のテレビ局は、民意を反映する面で大きな役割を果たしています。もちろん、まだまだ不足している点がありますので、ひき続きそれを完備させ整備して、社会主義の民主の法制を整えていき、そして民意をもっと反映をして、誠心誠意、国民に奉仕したいと思います。アナウンス 次の質問も新松戸北小学校5年生からの質問。中国はなぜ、ひとりっこじゃないといけないんですか?朱総理は、自分の兄弟や姉妹がいないと寂しいとは思いませんか?


660 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:42
朱首相 中国は今、都市の家庭には、ひとりっこということを奨励していますが、農村では、そのような制限はもう少し緩やかです。とりわけ、少数民族の地域におきましては、民族の習慣を尊重しまして、少数民族には制限がありません。もちろん、都市では1つの家庭で子供は1人しかいませんので、私は、自分の体験からは、たとえば私の孫ですけれども、 13才の孫がいますが、確かに寂しがっています。しかし、私たちは、もし、12憶5千万の人口を抱える国が、無限に子供を産みつづけてしまいますと、世界中、中国人だらけになってしまいます。

アナウンス それでは次の質問です。日本人との会見は、儀礼的で面白くない、時間の無駄だ、という理由で、日本の政財界人と会わなかった時期があったというのは、本当ですか?

朱首相 そんなことありません。かつてそんなこと一度も言ったことありません。この機会に、こういうようなことはなかったということは、はっきりさせたいと思います。中華民族は、お客様をたいへん好む民族でありまして、お客様に会うということは、これは一応必要なそういう儀礼も最低の礼儀だと思います。そして自分たちの友好の表現だと思っています。もちろん、ここ数年間私が外国の方に会う機会、特に日本の政界、経済界の人たちに会う機会が少なくなりました。それは国内の仕事があまりにも忙しいので、時間が無いだけであります。比較してみますと、私は日本の方に会う機会のほうが他の外国の方に会うよりも多いと思います。しかし、どなたにも会うというわけにはいきませんので、私の日本の古い友人たちにも、それはぜひ理解していただきたいと思います。


661 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:43
アナウンス さて朱鎔基に恐いものなし、ただし、労安婦人を除いてといわれているそうですが、その奥様は、どこが恐いですか?

朱首相 私は、彼女が恐いとは思ってません。かわいいと思ってます。アナウンス 奥様がこのスタジオにいらっしゃらなかった場合でも、同じ答えでしたか?

朱首相 それは当然です。表と裏ありませんから。

筑紫 ありがとうございます。

アナウンス 率直なお答えどうもありがとうございました。


662 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:43
「日中同時アンケート」

筑紫 どうもありがとうございました。総理が冒頭でおっしゃいましたけれども、中国と日本との関係、いろいろな問題もないわけではない。その問題に入りたいと思います。

佐古 この番組では、今回の朱総理の来日に際しまして、日中両国で世論調査を実施いたしました。日本が中国をどんな風に見ているのか。また逆に中国の人たちは、この日本をどのように見ているのか。日中で同時に行った、世論調査です。まず日本で聞きました。中国人と聞いて最初に思い浮かべる人物は誰ですか。この問いに対しては第1位「毛沢東さん」、2位「周恩来さん」、3位「ケ小平さん」と中国の歴代の指導者のお名前が並んでいます。逆に今度は中国で聞いてみました。日本人と聞いて、最初に思い浮かべる人物は誰ですか。ご覧のように、第1位がなんと「山口百恵さん」。その後に続いて「東条英機さん」、「田中角栄さん」ということで、この時代になっても、こういう答えかと、驚きを持って見ている方も多いんではないでしょうか。そして、次には日本と中国で、お互いの国の人に好感を持っていますか?と聞いてみました。中国では、「日本人に好感を持っていない」と答えた人が、なんと48%にも上っています。どうも日本人は、中国の人たちにあまり好かれていないという結果が出ました。

筑紫 総理はこの結果をご覧になって、どうお思いですか?


663 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:44
朱首相 勿論アンケート調査というのは、ある程度、人々の意見を反映するものですけれども、正しいとは言い切れないと思います。問題はどういう人を対象にしたかということだと思いますね。やっぱり、答えとしても色々な答えがあると思います。例えば山口百恵さん。みんな良く知ってます。というのは、彼女の映画、作品、テレビが中国で紹介されてますから。東条英機については、中国人民としては忘れることはできませんね。田中先生は中日の国交正常化のために、大きな貢献をされました。中国人民はこれを忘れることはありません。ですから、総じて私が思うのは、我々は今、歴史を教訓にして、未来に目をむけることだと思います。過去の歴史において、どういう遺憾な、あるいは悲惨な事が発生したとしても、我々が歴史を見つめると同時に、未来に目をむけて中日両国人民の世々代々に渡る友好のために、我々のこの世代の人間としてできる事をすべきだろうと思います。

664 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:44
「人民元の将来は?」

筑紫 はい。もう一回、大阪に聞いてみましょう。大阪、質問ありますか。平松アナ(大阪) はい。それでは、早速、聞きましょう。どうぞお手をお挙げ下さい。前の列の紺の背広の男性の方。よろしくお願いします。

質問者(男) 私は、大連で生まれて、ハルピンで育ちました。それで、今、中国大陸には、日本の化学兵器がたくさん埋まっておると聞いています。また、先日、大阪で、「南京大虐殺はなかった」「嘘だ」と言って歩いている人物がおります。こういった問題について、首相は、どうお考えですか。

朱首相 日本が戦時中に中国に残した化学兵器の問題ですが、これは、すでに、双方で協議しています。現在、すでに、それを掘り起こして、包装し、廃棄するための努力をしております。現在、非常に順調に進展しています。しかし、 今は、ただ掘り起こして、包装していますが、まだ、廃棄の仕事は、していません。これは、双方が、今後、努力してほしいと思います。「南京大虐殺」については、これは、否定できないことでありますし、十分な証拠もあります。私は、このことについて、あまり触れたくないんですが、あなたがいいましたので、ここで申し上げます。あれは事実です。


665 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:45
平松アナ(大阪) それでは、大阪、もうおひと方、聞いてみたいと思います。どうぞ、お手をお挙げ下さい。上の段のベージュの方。はい、お願いします。

質問者(男) 私は現在、上海で合弁会社を持っており、主に、自転車用の塗料を製造・販売してます。今後、人民元はどうあるべきなのか。切り上げがあるのか、または、切り下げがあるのか。将来の展望をお聞かせ下さい。

朱首相 中国の人々は、アジアの金融危機の間に人民元を切り下げなかったわけです。中国の金融の安定のために、人民元をずっと切り下げないできました。今から見まして、中国は完全にアジアの金融危機の影響を抜け出しています。しかも、外貨準備は、1600億ドル以上でございます。ですから、人民元を切り下げる、何も理由はないわけです。

筑紫 さらに広い問題、いままで聞いてきていない、お尋ねしていない質問に移りたいと思うんですが、その前に、さきほど申し上げました、全国からいろんな質問が来ています。そのまとめを草野さんに、じゃあ。

草野 はい。今回、事前にインターネットやファックスで質問を寄せていただきました。その数、2000以上に及びました。皆さんからお寄せいただいた質問の中で、数が多かったものを、ここでまとめてご紹介したいと思います。中では、台湾問題、日本の戦争責任問題、蛇頭・密入国などの治安問題、経済やビジネスをめぐる質問などが上位を占めています。


666 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:45
「日本へのメッセージ」

筑紫 はい、本当にどうもありがとうございました。今のお言葉でもう尽きてるんだと思いますが、あらためて、日本の市民と対話していただいたことをお礼申し上げます。私最後に一言だけ申し上げたいんですが。日本と中国が次の世紀手をつないだら、本当に世界のためにたくさんのいいことができると思います。そのために考えなきゃいけないのは、お互いのことをあまりいい過ぎること、そして、もうほっておいても非常に愛国的な国民なのに、いたずらに、過剰に愛国心を掻き立てること、それが次の日本と中国の関係にとって、もしかしたら障害になるんじゃないかという気もいたします。そういう意味で、私たちのやりようによってはいろんな将来があると思いますが、最後に、視聴者、このテレビを見ている方を含めて、朱総理からメッセージをいただきたいと思います。

朱首相 この機会をお借りしまして、テレビをご覧になっている皆さま方、日本の友人の皆さま方に、心からのご挨拶を申し上げます。そして、敬意を表します。私は希望しておりますが、両国また両国の人々が1972年の中日共同声明、また1978年の平和友好条約、そして98年の江沢民主席とお国の首相が調印された共同声明、この三つの基礎の上にともに努力して、中日両国間の長期的な友好協力関係を作り上げていきたいと思います。そして、われわれが共に世世代代に渡って友好的に付き合っていきたいと思います。それは両国にとってだけではなくアジアの人々、さらには世界の人々にとっても幸いであると思っています。ありがとうございました。筑紫 どうもありがとうございました。どうも大変ありがとうございました。( おわり)


667 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:46
1928年10月生まれ。71歳。清華大学電気機械製造学科卒。

58年  反右派闘争で党籍剥奪

78年  名誉回復

88年〜上海市長

91年  副総理就任

98年〜中華人民共和国国務院総理

幼くして両親を亡くし、その後、文化大革命の時代は、下放(強制労働)に従事するなど多難な人生を歩む。改革・開放後、故トウショウヘイ氏に見出され、経済運営を任される。汚職、不正に対して特に厳しいことで知られ、鉄面宰相、経済皇帝などと呼ばれる。趣味は、京劇と読書。労安夫人との間に、一男一女。


668 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:47
宗教を否定しろ。
否定して否定して否定して「自分教」という宗教を完成させるんだ!
「人の目」がお前の行動を決める神だよ。
そして口癖は「そういう時は、普通こうするんじゃないか」。(W

669 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:52
3 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/11/12(日) 06:31

http://www.jah.ne.jp/~kita2801/kiku.cgi?action=img_vew&vew_img=uruka_kitamura_1009.jpg


4 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/11/12(日) 06:56

http://www.jah.ne.jp/~kita2801/kiku.cgi?action=img_vew&vew_img=shizuko_iwasaki_0015.jpg

670 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 08:54
そうだその調子だ。
暴れろ。もっともっと暴れろ。
宗教というやつ、この不可解なやつを多くの投稿で消し去るんだ!
そうすれば忘れられる。
神が追っかけてくるよな。逃げろ。逃げろ。逃げろ。逃げろ。逃げろ。
そうすれば「自分教」の完成だ!

671 :犬神:2000/11/12(日) 09:06
神から逃れられても
俺から逃れることは できぬ・・・

672 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 09:17
>604
その前にお前が既に死んでるんだってば。

673 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 09:30
しかし怖いね。無宗教ってのは。ヘンな宗教も問題あるけど。
「無宗教です」なんて自慢げに外国で言ってみろ。
「私馬鹿です」って言ったのかどうかを確かめるために
顔をマジマジと見つめられるぞ。
哲学のレベルが国民的に低い日本じゃ通用するのかもしれんが。

宝くじを当ててくれるガキンチョが考えるみたいな神を考えてるんだもん。


674 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 09:52
           ┃▼┃┃┃┃┃〜〜電波〜〜
  アンテナ → ┼╂╂╂╂╂╂┨〜〜電波〜〜
         │┃▲┃┃┃┃┃〜〜電波〜〜
         │
   彡川川川三三三ミ〜 プ〜ン
   川|川/  \|〜    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ‖|‖ 卍   卍|〜   | コピペしか逃げる方法がない・・・
  川川‖    3  ヽ〜 < 不細工な俺には自分教!何も信じないぞー
  川川   ∴)д(∴)〜  | でも俺の顔が逝ってることだけは確か。
  川川      〜 /〜   \____________
  川川‖    〜 /‖ _____
 川川川川___/‖  |  | ̄ ̄\ \
   /  コピペ  \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ   |__|__/ / カタカタカタ…
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄


675 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:05
>673
そのとおり。
「無宗教です」なんて外国で言うやつは馬鹿というか、馬鹿正直。
「仏教です」とか「神道です」くらい言っておけばいい。
それが、本音と建前を使い分けられる賢い大人というもの。

あんたのように、無宗教を蔑む人間も馬鹿。
単に文化の違い。あんたのように外国至上主義で、外国のやってる
ことの方が常に正しいなんて人間は、もっと馬鹿。


676 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:14
>673
結局、外国でも宗教やってる本人達がそー逝っているだけぢゃん。
それこそ「自分教」→自画自賛とも言う。
「人の目」を馬鹿の一つ憶えで連発しているが、おまえ自身が哲学無いから、「宗教の教え」か「人の目」かの二者択一しかできない訳だろ?
自分の低いレベルで他人様を量って厨房丸だしだな(ワラ

677 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:18
>676
馬鹿宗教の集会でそう教えられているんだよ。
おれの友達にも昔いた。
道場で教わった通りのことを説く馬鹿。
宗教やっている自分を褒め称えるんだよな、誰も誉めてくれないから。

678 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:19
>675
馬鹿発見 KONYより馬鹿

679 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:21
自分自身の価値観ってモンがないのよ。
だから神か人が見ていないと何も判断出来ない。
低脳ってヤツ?(藁

680 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:23
俺は673がやっている宗教を知りたい・・・
間違い無くカルトだと思う。

681 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:25
>675@`676
あ〜ほ。猿知恵でレスうつんじゃねえ(W


682 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:29
俺は680がオナニーしてるのが見てみたい・・・
間違いなく猿だと思う。

683 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:34
>681
オマエモナー
カルトバカより猿知恵の方がまし。

684 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:39
>682
>俺は680がオナニーしてるのが見てみたい・・・

こういうことを言う人間は、自分が鏡の前でオナニーして、悦に入ってるやつ。
これって、心理学上の常識。


685 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:42
>682
>俺は680がオナニーしてるのが見てみたい・・・

人間は、自分のレベルでしかものを考えられんからな。

686 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:45
オナニーは効いたな。猿よ。

レスでわかった。(W

687 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 10:51
おい、コピペマン。作戦変更したか。
「普通、そうくるよな。」(W

688 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 11:06
>686
本心をごまかすな。
弁解に聞こえるぜ。

689 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 13:02
世の中の変革ってのは、
一人の救世主に任せる物ではないんだよ。
救世主はみんなの心の中にいるのさ。

690 ::2000/11/12(日) 13:15
誰ですか、勝手に私が死んじゃったことにしたのは?

691 :Mrs.名無しさん:2000/11/12(日) 14:06
仏教とか、キリスト教とか、そういうのは信じられないです。
でも、地球は大きな宇宙の中にあって、太陽があって、人間が生きているということ
に関して、人知を超えた、何かの力が働いている、と私は思うので、
神様・・・っていうか、心の中で、「何者かの大きな存在」に、お祈りしたりすることはあります。
でも、そのへんにいる「神様」にお金払ったり、御布施したり、お守りかったり、そういうのは好きじゃないです。
だいたい、神様がお金なんか欲しがらないでしょう。
欲しがるのは、「人間」です。

692 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 16:45
>>690
そうだよね、もともと存在しないんだから勝手に「死んじゃった」はおかしいよね。

693 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 17:23
>だいたい、神様がお金なんか欲しがらないでしょう。
>欲しがるのは、「人間」です。

大当たり!!!


694 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 18:09
>691

人間1人1人が考える神は、人間1人1人の顔が異なるように
違っている。それを全部まとめて巨大な本にする。
「人間の頭が考える可能な限りの神様像です。」と言って
神に提出する。
自分について書かれている本を読んだ神は苦笑すると思う。

「神は死んだ」と言う時の「神」は自分が考えた「神」を
想定して叫んでいる。
たった1人の脳みそ1個で「考え始めて何年目の神」だろう。
「神は死んだ」と言うのは死ぬまで早すぎる。


695 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 18:34
自分独りの知恵を絞って考え出した「神」。
どんな「神」が死んだと言っているのでしょう。
あなたにそれを教えて下さいなんて野暮なことは言わない。

ただしこの低レベルの「神」以上の「神」を考えて欲しい。
それは「現世御利益の神」。
合格祈願。健康祈願。宝くじ祈願。子宝祈願・・・。泣けてくる。
そんな「神」なら私もとうの昔に「死んでいる」。



696 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 21:13
うわぁ。
宗教馬鹿が偉そうに・・・

697 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 21:45
神が死ぬということは、少なくとも自分が死んでしまわない限りないことです。

698 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 21:54
それは、こんな投稿をしている私にとってもみんなにとっても同じことです。
神様は生きている者の神と「聖書」にも書いてあるとか・・・マタイ22:32 マルコ12:27 ルカ20:38etc.

699 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 21:57
「神という存在がいるかいないかわからない。
わからないけど、私は存在を信じたい」
そういう素直な心が神の存在を信じる人達には
必要じゃないでしょうか?
それなら私も話がわかるのですが。
いきなり「神は存在します」と言われても・・・ちょっとねえ・・・

700 :Mrs.名無しさん:2000/11/12(日) 23:20
どうして、、キリスト教だとか何々教だとか、神様にそんな名前がついてるのっつーの。
一体誰がつけたの??人間じゃないの??神様が(神様って呼ばれてるのかどうかも知らないけど)
「とんでもねぇワシャ神様だよ」とでもいって降臨なさったのでしょうか。
ドリフ並みの神様だね。

701 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 02:09
>神様・・・っていうか、心の中で、「何者かの大きな存在」に、
>お祈りしたりすることはあります。

これが素直な「人間」の告白だと思う。
お祈りしたくなる、お祈りせずにいられない、
お祈りした方が幸せと時々感じることがあるもんな。
「人間」は本能的に「祈り」を知っていると思う。

702 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 02:11
>神様・・・っていうか、心の中で、「何者かの大きな存在」に、
>お祈りしたりすることはあります。

これが素直な「人間」の告白だと思う。
お祈りしたくなる、お祈りせずにいられない、
お祈りした方が幸せと時々感じることがあるもんな。
「人間」は本能的に「祈り」を知っていると思う。

703 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 02:19
702さんの言う事は納得できる。
自分もそういう事がある。
人間はそれだけでいいのかもしれない、いやその方が幸せかも。

704 :名無しさん:2000/11/13(月) 02:32
↑激しく同意。
それだけで充分じゃなの?つーかそれだけで済んでいる自分の人生は
結構幸せなんだなー、きっと。
信じるのは勝手。だけどそれを他人に押し付けるのはエゴなり。

705 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 02:39
なぜ他人に押し付けるのか?
きっと本人の心の中に、ある不安があって、それを隠すために、
自分の信念を強化しようとする、それで不安から逃れようと
するのではないだろうか?それが、他人に対する非常識なまでの
布教につながるのではないか、と考えます。

706 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 05:35
>705
誰がおまえに宗教押し付けた?
肛門にカマ掘られたような言い方じゃん。

707 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 06:27

基地外が逆ギレ(ワラ
きっとコウセイカイインだ。
違うなら、どんな馬鹿宗教に嵌っているか告白しなさい。

708 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 10:00
>706
偉そうな事言っても、自分の宗教恥ずかしくて言えまい。

709 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 10:11
ピンクピンク花びらちゃんの「さくら教」ウフフッ・・・

710 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 17:19
アホが多いね。

711 :名無しさん@1周年:2000/11/13(月) 17:36
>706さん
これは、私がある宗教の信者だったころを振り返って、
思った事です。
あのときはその教えを信じて一生懸命になっていた。
今はやめました。人は自由な方がいい。たとえそれで不幸に
なったとしても。
宗教で人間はくくれない。
人間の中の一部として、宗教があるのだろう。

712 :名無しさん@1周年:2000/11/14(火) 02:27
そうさ。
要はいらないんだよね。宗教なんてフィクションは。

713 :名無しさん@1周年:2000/11/14(火) 08:44
桜は春になると花が咲き、
稲は秋になると米ができるけれど、
人はどうなのだろうか?
俺は暇な穀潰し。
何回も地獄に落ちちゃった。
これからも地獄に落ちるだろうなあ。

禅宗かぶれより。

714 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 00:38
おもしろいよね。
医療ミスが多発しても、医者や看護婦が悪いとは言うが、医学が悪いともいらないとも言わないし・・・。
危険な遺伝子実験やってても、科学者が悪いと言っても、科学が悪いとか、いらないとか言わない・・・。
なんで、宗教だけ眼の敵にしてるんだかね。(^^;まるで、ヒステリーみたい。(^^;;;;

715 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 00:50
>危険な遺伝子実験やってても、科学者が悪いと言っても、科学が悪いとか、いらないとか言わない・・・。

言わないのが普通。
それが正常。
もしも、輸血はダメ、とか言い出したら…世の中ひどいことになります(爆)。

716 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 01:04

ニキビは、動物霊のたたりです、とか(笑)

717 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 01:27
医療ミスはプロセスの問題でしょ。

それにしても珍しくいいスレがあがってるね。

718 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 02:26
宗教を信じないのも立派な宗教です。我が道を進んでください

719 :半信半疑:2000/11/15(水) 02:31
近代化はキリスト教化の変種

720 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 02:34
結婚式も宗教だし七五三もクリスマスも宗教だしお墓参りも初詣も宗教だし死んで葬式やお墓に埋めても宗教ですし御経をあげてもらうのも宗教だからこの人は生きていてもイベントはなにもせず死んだらそのまま放置しとけばいいのかも・・・でもそれの方がカルトかな

721 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 03:21
>720
イベントと宗教を信仰するのは、全然違うって。

結婚式だって、神式、教会式なども信仰してなくてもやってくれるし、
立ち会い人さえいれば、式は自分の家でも出来ます。
お葬式だって、別に宗派がなくても死亡証明書だけ出せば、
火葬も土葬も自由に出来ますよ。自分ちの敷地なら庭や裏山に埋めても
いっこうにかまわないわけだしね。
それじゃ、外国旅行しても史跡見学や、お祭りにも出られなくなっちゃうよ。

722 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 05:30
人間が作った教えなのに、神のコトバの様に言って見たり、
一思想家に過ぎない仏陀を神格化してみたり、
要は嘘のかたまりだからイラナイっつーの。
結局、宗教やってるやつって馬鹿ばっかぢゃん。
この板見ていたら良く判るよ。

723 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 06:10
>722
フランス・スペイン・イタリア・イギリス・オランダ・・・
ヨーロッパはほとんど全部キリスト教の国です。
アメリカもカトリックが一番多いキリスト教国ですよ。
あなたより容姿容貌、頭、・・・肉体的・精神的・経済的に
優れた人達が神を信仰しています。
アメリカの歴代の大統領もほとんど全てがキリスト教です。
ブラジルは1億5000万人の国でカトリックの国です。
故アイルトン=セナも「一生懸命に神に祈ることが大切だ・・・」
ってインタビューで言っていました。
あなたが、そんなに簡単に否定できるほど甘くないですよ。

724 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 07:55
>723
>あなたより容姿容貌、頭、・・・肉体的・精神的・経済的に
>優れた人達が神を信仰しています。

ブーイング!これ、聞き捨てならないよ。
外国至上主義。
「容姿容貌、頭、・・・肉体的・精神的」て文化の違いだけでしょう。
おまけに少し落ち目とはいえ、経済大国といわれている日本の人間が
あちらの方が優れているなんて、どういうこと?

あなたは、外国に対してとことん、どうしようもない劣等感の持ち主なんですね。
日本には日本の文化があっていいし、宗教感だって独自性・国民性があっていいとは
思えないの?むしろ、他の国と違うことが誇りだと思うけど。

個人の考えを批判する以前の問題だと思うけど。
例えば、インディアンなどの少数民族にしても、自分たち独自の
宗教感を持っているわけだし・・・数が多ければ正しいってもんじゃないでしょう。


725 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 07:58
>724訂正します。
経済大国といわれている日本の人間が →経済大国といわれている日本の人間より

726 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 08:06
>724
数が多ければ正しいってのが馬鹿丸出しなんだよ。
じゃあ、かつて地動説を迫害した連中が正しかったのか?
いまだに信仰を理由に進化論を否定しているアメリカ国民(の一部)が正しいのか?
だいたい根拠が無いんだよ、宗教には。
根拠の無いものをいきなり信じられる馬鹿さ加減が、「あなたより容姿容貌、頭、・・・肉体的・精神的・云々」に良く現われているよ。
狂信者はコレだから・・・

727 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 08:07
ごめん。
馬鹿は723でした。
724はごもっとも。

728 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 09:56
>726
逆に、日本では無神論者が多いから正しいことになるかな?
馬鹿丸出しだよ。おまえの言ってることにも根拠が全くない。
不細工は心までがネジれちゃうんだろうなあ・・・やれやれ
それから、おまえは何故この板に来てるんだよ?
俺は、おまえみたいな馬鹿を駆除しに来てるだけだよ。

729 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 10:12
>728
>逆に、日本では無神論者が多いから正しいことになるかな?

誰もそんなこと言ってないですけど。
726さんの意見も、数が多いから正しいってわけじゃないと
言っておられますよ。
数を引き合いに出して宗教(無神論)に意見したのは、723さんです。


730 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 10:26
無神論者って傲慢だよね

731 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 10:37
別にいいけど宗教=何も考えてないなんて発想がバカ
限りなく世間知らずだわ

732 :>726:2000/11/15(水) 10:43
あなたが宗教で熱くなるのはどうしてだろう。
宗教の入り口で迷っているからだと思う。「自分自身」のための
宗教って考えてみたら心が楽になるよ。
クリスマスがくるたびに、キリスト教を思い出そうよ。
どんなに叫ぼうが、わめこうが、そしてあなたが死んだ後も、
キリスト教は無くならないんだから。西暦を刻むんだよなあ。
それはみんなが「いいもの」と認め続けるからなんだよ。
古いとか新しいって問題でもない。
人間に「悲しみ」や「愛」という感情があるかぎり、キリスト教は
存在し続けるよ。

この世の中でエゴのためにしても醜くないものが一つだけある。
自分のためにキリスト教信者になること、かな。


733 :無神論名無し:2000/11/15(水) 11:48
>どんなに叫ぼうが、わめこうが、そしてあなたが死んだ後も、
>キリスト教は無くならないんだから。西暦を刻むんだよなあ。
確かにキリスト教をなくせと訴えても現実しそうにない。
人々は信仰する神の違いや、教義の違いで争い、殺し合い、
神の名のもとに犯罪が行われつづけるのかもしれない。
しかし、今はどうしようもなくても、次世代のための礎になる事
が出来るのではないか?。いつの日か必ず、宗教に頼らなくても、
神に頼らなくとも、お互いが尊重し合い、幸福に暮せる日が来ると
信じたい。
>自分のためにキリスト教信者になること、かな。
キリスト教徒になる事は別に醜くないと思うが。問題はなってからの行動。

734 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 11:52
無神論者でも自分にはどうしようもできない宿命のようなもの、人知を超えたものはあるって思ってるのだろうか。

735 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 12:05
神って言うのは、あなたの耳と耳の間にいるんだよ

736 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 12:11
>734
ありますよ、たくさん。
例えば、自然の脅威、宇宙の不思議・・・・
あなたたち、宗教に耽溺していると、そんな人間らしい想像力も
働かなくなってしまうのですか?
あるからといって、全て神の仕業と安易に考えないだけです。
できることは解明していく。できないこともあきらめないで、
人間として正面から向き合うだけ。

死ぬまで幸せで明るく楽しく不安もなく迷いもなくなんて生活を望むのは、
人間として、何かをどこかに置き忘れた営みだと思ってます。
不安も辛さも苦しさも迷いもあって、そんな中に少しの幸せがあれば
それが最高の純度の高い幸せ。それが人間の営みだと思っています。


737 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 12:18
↑736つづき
だから、私は、なまじっかの宗教者は傲慢だと思っています。
いわゆる、いい人ばっかりでつるんで喜んでいるような宗教は
エセだと思っています。
高野山なんかで質素な生活をして、求道生活している
お坊さんなんかは、宗教者として素晴らしいと思いますけどね。

738 :無神論名無し:2000/11/15(水) 12:19
>734
宿命などない。運命は自分で切り開くものだ。
人知を超えたものとは、ただ単に現在の科学力では解明が難しい
事象のことで、人知を超えたもの=神の御わざと考えるのは短絡的
過ぎる。昔は雷は神の怒り、ペストは悪魔が柄杓で振り撒いていると
考えられていたのだ。

739 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 13:42
>>736@`738
じゃあ、まったく無神論者ってわけではないのね。
自然の脅威・宇宙の不思議=人知を超えたもの。
人知を超えたモノを<神>と捉えてる宗教あるよ。

>人知を超えたものとは、ただ単に現在の科学力では解明が難しい
>事象のことで、人知を超えたもの=神の御わざと考えるのは短絡的
>過ぎる。

鋭いですな。
そう考えると、正しい宗教は科学が発達すればされるほど、どんどん証明されるかもね。

あと神を擬人化してないですか?
そいいう宗教もあるけどそうでないのもありますよ。

あと宿命はありますよ。人間それぞれ違う顔で生まれてくること自体宿命ですから。
宿命がなかったらみんな美女・美男子でみんな同じくらいの裕福な家で生まれてきてもいいはず。

740 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 14:01
宗教屋はいまだに病気が悪魔の仕業だと思ってるんじゃない?

741 :無神論名無し:2000/11/15(水) 14:10
>宿命がなかったらみんな美女・美男子でみんな同じくらいの裕福な家
>で生まれてきてもいいはず。
これは違うと思うな。世の中において、美男子・美女がいる割合、裕福
な家がある割合で美しい子供・裕福な環境の子供が生まれる。ただ単に
確立の問題だ。裕福な環境に生まれる子供が少ないのは、裕福な家庭が
少ないからというわけだ。
>そう考えると、正しい宗教は科学が発達すればされるほど、どんどん
>証明されるかもね。
逆に、どんどん正しくない宗教が否定されていくと思うがな・・・




742 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 14:17
>不安も辛さも苦しさも迷いもあって、そんな中に少しの幸せがあれば
>それが最高の純度の高い幸せ。それが人間の営みだと思っています。
あのぅ、普通の宗教ってみなそのように説いてるんですけど。
そいうものを心から納得できなきゃ信心なんてできないんだけど・・・
あなたも宗教的なのよ

743 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 16:19
>>741
>裕福な環境に生まれる子供が少ないのは、裕福な家庭が
>少ないからというわけだ。

そりゃ、そうでしょ。

その少ない裕福な家庭に、どういう理由があって何故に<彼>が生まれるのかってことを言ってるのに。
論点のすり替えですな。
まあこのスレの本質じゃないからそんな掘り下げなくてもいいが。

>>人知を超えたものとは、ただ単に現在の科学力では解明が難しい
>>事象のことで、人知を超えたもの=神の御わざと考えるのは短絡的
>>過ぎる。
>
>>鋭いですな。
>>そう考えると、正しい宗教は科学が発達すればされるほど、どんどん証明されるかもね。
>
>逆に、どんどん正しくない宗教が否定されていくと思うがな・・・

その通し。
科学と宗教は相反しないのですよ。
科学的に宗教一つ一つ調べれば正邪がわかりますよ。

744 :736:2000/11/15(水) 16:25
>じゃあ、まったく無神論者ってわけではないのね。
>自然の脅威・宇宙の不思議=人知を超えたもの。
>人知を超えたモノを<神>と捉えてる宗教あるよ。

だからあ、それを神の仕業と捉えるのが宗教で、無神論の私はそうは
捉えないと言っています。よく読んで。
誰にでも人知を越えたものはあるけど、即、神につなげるような安易なことは
しない、と言ってるのです。
「人知を越えたものがある=神を信仰してしている」という結論は、あなたが勝手に
思い込んでることでしょう。


745 :736:2000/11/15(水) 16:41
>739
>あと宿命はありますよ。人間それぞれ違う顔で生まれてくること自体宿命ですから。
>宿命がなかったらみんな美女・美男子でみんな同じくらいの裕福な家で生まれてきてもいいはず。

外国至上主義の次は、美男美女、ブルジョア至上主義ですか?
そんなクローンな世界、想像する方が変だと思いませんか?
ましてや、そうでなければ宿命など、笑えます。

例えばですが、美人に生まれた中で、8割の人間は10人並みの人より不幸を抱えるて生きて
いくと聞いたことがありませんか?美人であるために、好まずとも人生が狂うことが
よくある、という話です。

あなたは、美人やブルジョアやエリートが、幸せの基準だと思っている
わけですか?宗教者らしくないですね。
一介の人間としても、それではサヴイではありませんか。
私にはついていけません。

746 :736:2000/11/15(水) 16:50
>742
>あのぅ、普通の宗教ってみなそのように説いてるんですけど。
>そいうものを心から納得できなきゃ信心なんてできないんだけど・・・
>あなたも宗教的なのよ

宗教的と思われるのは、自由ですが、別に神を信じていなくても
一生懸命生きて、年を重ねれば、そういう人生哲学が身をもって
わかってきます。

宗教を信じれば近道かもしれませんが、たとえ遠回りでも、
私は自分が社会と家庭で生きて実感できたことを、大切に思っています。
宗教者が、神に感謝するように、私に苦労や困難も与えて、育ててくれた
周囲の環境と人々に感謝しています。


747 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 17:10
>>745
言ってないことに対して言及されても困ります。

宿命がなかったらみんな同じ○○・△△な容姿でみんな同じくらいの□□な家で生まれてきてもいいはず。

記号に入るのは何でもいいです。同じという所に意味があります。

揚げ足とりは嫌いなのであまり本質から離れようにお互いがんばりましょう。


748 :745(736):2000/11/15(水) 17:22
>747
すみません。739にそのように書いてあったので・・・
しばらく席を空けていたので、どの方が同一人物なのか、混乱して
いたらごめんなさい。

749 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 18:09
>>736
あなたが<神>をどう定義してるかわかりませんが、

あなたが思ってる人知を超えたものを、<神>って記号に言い換えてる人がいるってこと。
内容は一緒ですよ。

だから人知を超えたものを<神>だと思ってる人が聞いたら言い方が違うだけで同じ意味じゃんって思いますよ。


>「人知を越えたものがある=神を信仰してしている」という結論は、あなたが勝手に
>思い込んでることでしょう。

そうは結論してないですよ。
「人知を超えたもの=神(宇宙・生命の法則)」ですよ。

仮に今ここに雷が落ちて人が死んだ。
それは科学的に解明できる部分もありますよ。
さっきから雷が鳴ってたからとか、雨の中、その人が外歩いてたからとか。
しかし何故その人に落ちたのかという本当に根本的な理由はわからないんですよ。
これから科学が発展すれば解明できるかもしれないでしょう。
原因はあるんですよ。それが何なのかわからないだけ。
それを大昔の人とかは人間じゃわからないから自然に畏怖の念をもって単純に<神の仕業>って言ったんじゃないですかね。

>あのぅ、普通の宗教ってみなそのように説いてるんですけど。
>そいうものを心から納得できなきゃ信心なんてできないんだけど・・・
>あなたも宗教的なのよ

その通り。
真面目に信仰ある人が聞けば、ああ、同じこと言ってんだって思いますよ。
言い換えてるだけ。

ちなみオウムとか法の華が語ってるような<神>とかを頭にいれて語ってないですよね。
あれは宗教のふりしたサギ会社ですから。

750 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 18:15
>>738さんの考え方が宗教と科学の関係をよく表していると思います。
(いい意見だと思いましたので横レスしてしまいました。ドーモ、スミマセン。)

751 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 18:39
「人知を越えたもの」っていう言葉がよく出てくるけど、
人間が誕生してから今までに、科学で発見し解明したことは
宇宙全てを含めての何%だと思う?
この世の中は「人知を越えたもの」が99.9・・・%だよ。
地球が自転していることが言われたのが1530年
地動説が常識になったのは、更に後のことでしょう。
もっと腰を低めて謙虚になろうよ。ネット社会になって数年だよ。

みんなは自分がなんで明日まで生きなきゃならんのか?
さえわからないまま生きている。
無神論者はもっと「謎に満ちた顔して生活」するのが科学的では?



752 :736:2000/11/15(水) 18:43
>749
>あなたが<神>をどう定義してるかわかりませんが、自分教ですから、定義なんて何にもしてません。
神を信じる人がいれば、それはそれでいいけど、神を引き合いに出しての
説諭はご勘弁です。神ぬきではしゃべれないのか!なんて思います。

>あなたが思ってる人知を超えたものを、
><神>って記号に言い換えてる人がいるってこと。
>内容は一緒ですよ。

だから、何なのでしょうか。
あまりしつこく言われると、脅迫じみて聞こえます。
「あなたは本当は神を信じてる〜信じてる〜」なんて催眠術みたいにね(笑)

それはともかく、私の人生哲学とあなたの、神の教えが一致したのなら、
それはそれで、良い事。別に否定はしませんが、だから何なのよ、とは
思います(笑)

机上でものを考える似非宗教者って、嫌いですから。
私は地上で、へばりついて、のた打ち回って生きてよしって思っている者です。




753 :736:2000/11/15(水) 18:46
>752の最初がつながってしまいましたので、訂正。

>749
>あなたが<神>をどう定義してるかわかりませんが、

自分教ですから、定義なんて何にもしてません。
神を信じる人がいれば、それはそれでいいけど、神を引き合いに出しての
説諭はご勘弁です。神ぬきではしゃべれないのか!なんて思います。


754 :736:2000/11/15(水) 18:51
>751
>無神論者はもっと「謎に満ちた顔して生活」するのが科学的では?

だから、毎日好奇心の塊で、退屈してる暇はありません。
謎は、神さまにおまかせ、というわけにはいきませんから。
ネットのことも、同じ、好奇心の塊で来てみて、この板にひっかかって
しまいましたよ(笑)


755 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 19:29
一生懸命、宗教を否定したい人は

結局、自分の宗教を作っていっているんだな。

「主義」とか名前を変えてね。

それとキリスト教を信じた後の「行動」を

批判の対象にしている人がいるけど、これも早く卒業してくれ。

人間はキリストを信じたからといって、神になるわけではない

から何でもするだろうね。キリスト教徒が特別凶暴とは言えんよ。

俺も羊のようにおとなしいし。

756 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 19:42
Xファイルの正しい見方を教えてあげる。

モルダー捜査官は、無神論者。
スカリー捜査官は、カトリック信者。

比較してみてくれ。

モルダー捜査官は、UFOを信じたり、幽霊をしんじたり、
変人扱いされている。

スカリー捜査官は、それを信じない。実証主義的なんだ。

有能なクリス・カーター監督が意図してそうしてると思われるけど
進化したカトリック信者は、スカリー捜査官のように理知的なんだ。
宗教色も行動からは、見分けられないよ。

ご参考に。

757 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 19:48
もう一つ「十字架」の基礎的な意味を知ってる?

難しいことではなくてよ。

いじわる問題ではないんでこうだと思うことを書いてくれ。


758 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 19:58
スカリー捜査官は、教会に行かないタテマエ信者。
日本人にも多いけど、そーゆータテマエだけ信者も信仰持っているヒトと分類する事に無理がある。
特に米国では無神論を堂々と主張するには勇気が要る。社会的地位のあるヒトであればあるほど、タテマエだけ信心があるポーズを取るもんだ。
それが処世術なんだね。
そのへんの事ムシして何日も語っているのだから馬鹿みたいです。

759 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 20:17
>755
>一生懸命、宗教を否定したい人は
>結局、自分の宗教を作っていっているんだな。
>「主義」とか名前を変えてね。

宗教って何ぞや、定義を言って下さい。
主義とか哲学と、違うでしょう。
頭、混沌としてませんか?それとも神様依存症?

>それとキリスト教を信じた後の「行動」を
>批判の対象にしている人がいるけど、これも早く卒業してくれ。

それ、別スレ立ってるから、ここで八つ当たりしないで、
あっちでやって下さい。

760 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 20:21
>757
>もう一つ「十字架」の基礎的な意味を知ってる?そんなもの、一般の人間が知ってるわけないです。
もったいぶってないで、言いたいことがあったら言って下さい。


761 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 22:27
オウムを生み出した阿含宗。
麻原を始め,サリン実行犯のほとんどが桐山の直弟子だった事実に驚愕!
最低は,オウムと阿含宗のふたつ。
まあ,ほとんど同じ団体のようなものだけれど


762 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 22:27
>オウムを生み出した阿含宗

「あれ?別々の教団だったんですか」って最初思ったけど,
このHPで過去ログ見たら,
兄弟教団ではなく,親子教団なんですね


763 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 22:27
犯罪者輩出機関と化した阿含宗は
大変凶悪で危険ですから
世の中から消えてください


764 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 22:28
幸いに阿含宗現役信者はIQが異常に低い為
いまだに桐山浣腸を信じていますが
退会したIQの高い人達によって
世の中にその詐欺の実体が暴露されています

つまり現役でいることはアホの証明なのです
2桁の足し算ていどの算数も出来ないのです


765 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 00:15
あなたはお金もほどほどあって、病気もしたことなくて、本当に苦労ってしたことがない人なんだろうね、いいな〜満ち足りている人は強いね〜そんなに強いのならあなたが神になって助けたらいいのに・・でもきっと悪徳宗教作る奴ほどあなたみたいな無神論者の唯物主義者が多いいとおもうな・・・だって宗教のこと先入観だけで全く勉強したことないでしょ

766 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 00:25
神って何なのか?別に超常現象を起こすものでも、幸福を与えてくれる都合のいいものでもない・・それは迷いがあって欲望のカタマリで傲慢である人間が自然に対して謙虚になるために存在しているものであると思う、故に冒険家・科学者は一歩でも近づこうと努力しているのである、自分の力で努力することが神を信じることであって御利益にすがることではない

767 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 00:47
>スカリー捜査官は、教会に行かないタテマエ信者。

カトリック信者はあんなものですよ。
そして、あの中では彼女は本物の「カトリック信者」として
描かれていますよ。私も教会にはほとんどいきません。
カトリックの人が見ると「なるほど」って彼女の信仰の深さ
がわかる場面が何回も出てきてます。

カトリック信者は、それを自ら言い出さないなら
ほとんど分りません。
自然体だし偽善を嫌いますから、老人に席を譲るとは限らない
んです。私もそうです。


768 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 01:10
>もったいぶってないで、言いたいことがあったら言って下さい。

おーけー。

「十字架」は生きている人間全員が背負っているものなんだ。

自覚しようがしまいが背負っている。

そしてその「十字架」は大きさ重さ形が、一つ一つ違うんだ。

「十字架」とは、その人の「顔」「体形」「遺伝的なもの」「親」「貧しさ」

「豊かさ」「知能」「皮膚の色」「運動神経」「才能」「生きている時代」・・・

その人が持っている「環境」(精神的・肉体的・物理的・歴史的等の)を

ひっくるめて「十字架」って言うんだね。組み合わせだから千差万別なんだ。

イエスが聖書の中で「あなたの十字架を背負って私についてきなさい。」

という部分が分り安くなったでしょう。だから信者が同じ場面に出くわした

としても同じ行動をするとは限らないんだ。

神から与えられた「自分の十字架」を素直に受け止め、その十字架を

背負って頑張っていこう!という宗教なのね。十字架のネックレスの

見え方も少し変わりませんでしたか?

769 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 01:35
どうもここは議論が活発みたいなんで一言口をはさみます。

私に言わせれば、世の中「宗教」と「宗教性」をごっちゃにしている人が
あまりにも多い。
言うまでもないと思いますが、
必ずしも宗教を信じている人が
道徳的で、清い心の持ち主とは限らないし、
逆に無神論者で宗教信じていない人が、
ものすごく慈善活動してたりして清らかな心を持っている、
ということも全く珍しくありません。

つまり「宗教性」を持つことと、
「宗教」を信じることは全く別の2つのことなんです。

「宗教」というのは、
人間が本来、心の中に持っている自然な「宗教性(宗教的心のあり方)」に
「あとから定義付け」を行った結果できあがったもので、
そんなもの信じても信じなくても、
自然にしたがって生きていれば人は宗教的な感情を持つようになります。

で、私が今まで見てきた経験から言っても、
「宗教」を信じている人っていうのは、
むしろ信じていない人より、
その自然な宗教的な心のあり方が麻痺している、
言うなれば「心の不自由な方」が非常に多いんです(笑)。
なぜそうなるのか、非常に興味深い現象ではありますが、
特に日本の場合は他の国より、そういう傾向がありますね。

私自身も無神論者で無宗教者ですが、
自分の中からわき出てくるある種の宗教的感情の発露は大事にしています。
そういう点から言っても、宗教信じなきゃダメ、
なんていうのは本当に間違っていると思いますよ。
そんな麻痺した、かたくなな心では
本当の幸せを感じることなど出来ないでしょう。
あっ、だから宗教信じているのか(爆)。

770 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 01:37
どうもここは議論が活発みたいなんで一言口をはさみます。

私に言わせれば、世の中「宗教」と「宗教性」をごっちゃにしている人が
あまりにも多い。
言うまでもないと思いますが、
必ずしも宗教を信じている人が
道徳的で、清い心の持ち主とは限らないし、
逆に無神論者で宗教信じていない人が、
ものすごく慈善活動してたりして清らかな心を持っている、
ということも全く珍しくありません。

つまり「宗教性」を持つことと、
「宗教」を信じることは全く別の2つのことなんです。

「宗教」というのは、
人間が本来、心の中に持っている自然な「宗教性(宗教的心のあり方)」に
「あとから定義付け」を行った結果できあがったもので、
そんなもの信じても信じなくても、
自然にしたがって生きていれば人は宗教的な感情を持つようになります。

で、私が今まで見てきた経験から言っても、
「宗教」を信じている人っていうのは、
むしろ信じていない人より、
その自然な宗教的な心のあり方が麻痺している、
言うなれば「心の不自由な方」が非常に多いんです(笑)。
なぜそうなるのか、非常に興味深い現象ではありますが、
特に日本の場合は他の国より、そういう傾向がありますね。

私自身も無神論者で無宗教者ですが、
自分の中からわき出てくるある種の宗教的感情の発露は大事にしています。
そういう点から言っても、宗教信じなきゃダメ、
なんていうのは本当に間違っていると思いますよ。
そんな麻痺した、かたくなな心では
本当の幸せを感じることなど出来ないでしょう。
あっ、だから宗教信じているのか(爆)。

771 :736:2000/11/16(木) 02:09
>765
>あなたはお金もほどほどあって、病気もしたことなくて、
>本当に苦労ってしたことがない人なんだろうね、いいな〜

それ、たぶん私へのレスだと思うので、ひと言。
私は、15才の時に事情があって、親元を離れて独りで暮らしてました。
その頃、宗教や哲学の本をたくさん読みましたが、もうぜ〜んぶ忘れました。
私はドキュンです。いのちの電話のお世話にもなりました。
母子家庭もやりました。それくらいで、理解して頂けるでしょうか。

772 :きつね:2000/11/16(木) 02:14
私も宗教 嫌いなんですよね〜
宗教に出す金があるくらいなら、ユニセフに募金するね

773 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 02:40
>722
偉いね。俺もそうする。
イエスは、人に分らないようにそっと募金しなさいって
言ってる。偽善を注意されたんだろうね。

>771
重そうな十字架ですね。
人の十時架の重みなんてわからない。
だから人が人を裁けないんだよね。
十字架の本当の重さを知っているのは本人と神しかいない。

774 :736:2000/11/16(木) 02:44
>768
十字架の話について・・・
そういう意味だったんですね。
信者さんにとっては、すごく意味があるんでしょうね。
私にとっては、童話と同じ、観念上の物語ですし、
ネックレスも単に、装飾品ですけどね。

そういえば、日本のことわざでも、童話でもけっこう生きていくうえで
役に立っていたかもしれません。宗教の方は、観念先行ですが、
私はリアルタイムで、いろんなこと利用してきました。
それもまた、楽し、という感じです。
それでもやはり、振り返れば、言葉より体験でしたね。
どんなに言葉をたくさん駆使しても、
一度の体験には及ばないと思っています。

775 :773:2000/11/16(木) 02:54
>私も宗教 嫌いなんですよね〜

言い忘れた。俺も「宗教」は嫌い。だけど「愛」を説くイエスは好き。
山下清画伯の「野に咲く〜」もある意味イエスっぽい。
日本人が好きなキリスト像かもしれない。

日本の宗教は、どれもこれも眉唾ものだったり、矛盾ばかりだったり
金が必要だったり、現世御利益だったり、知性的な人間は誰もが
拒否したくなるよな〜。

776 :736:2000/11/16(木) 03:10
>775(773)
>日本の宗教は、どれもこれも眉唾ものだったり、矛盾ばかりだったり
>金が必要だったり、現世御利益だったり、知性的な人間は誰もが
>拒否したくなるよな〜。

同感。
外国では、宗教にはあまりお金がかからないように見えますが・・・
それに、教祖様と呼ばれる人は、なぜ豪邸に住んでベンツに乗って、
芸能人さながらの生活をしたがるんでしょうか。
そういうの、絶対ウソ!

777 :736:2000/11/16(木) 03:15
↑外国でもカルトは、お金かかるかもしれませんね。

778 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 09:58
宗教ってのは前にこのスレで誰かが言ってたけど宗(本)の教え、
宇宙・生命の法則だと思う。
ある宗教はそれを「神」とか「仏」とか言い換えてるのでは。

宗教信仰してる人はその宗教が説くなりの宇宙・生命の法則、神・仏を信じて、
それに即して生きているのでは。
もちろんその宗教が説く宇宙・生命の法則、神・仏が間違ってれば不幸になるし、
正しければ幸福になっていくと思う。
哲学とは違うけど重なる部分はあると思う。

なので、無宗教の人が自分教といわれるのは自分自信で無意識的に感じてる幸福になっていく法則に従って生きているのでは。
ある人は仕事、ある人は金、ある人は友達とか。
それもそれで幸福になっていけばいいと思う。
ただし、各宗教またその人の行き方の哲学に高低浅深はあると思う。
幸福への近道、まわり道、又は幸福に向かってるつもりが逆方向に歩いてたとか。
また自分の考え方では幸福すらわかんないとか。

当然一番高くて深いのは宇宙・生命の法則を完璧に説いた宗教・哲学・考え方だろう。
一番低くて浅いのは宇宙・生命の法則と逆行してるオウムとか最悪の宗教だと思う。
前者を信じて行動して生きていけばどんどん幸福になるし、後者を信じて生きていけばどんどん不幸になるのは当然。

宗教信じてようが信じまいが宇宙・生命の法則は厳然とある。

#宗教によってはそれを「神」とか「仏」とか言うんだけど、そう言うと嫌悪感示す人がいるんだよね。
 宗教信じてようが信じまいが「神」、仏」は厳然といる(ある)

779 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 11:17
>778
>#宗教によってはそれを「神」とか「仏」とか言うんだけど

そのあと、なんで、こう↓なるんだ?

>宗教信じてようが信じまいが「神」、仏」は厳然といる(ある)

宇宙・生命の法則を「神」とか「仏」とか言い換えるのは宗教の自由だろう。
だからといって無宗教者にも「神は存在するのだ」という論理は飛躍しすぎている。

《宗教を信じている立場で、神は存在すると主張する》のはいいが、
《宗教を信じていない人にとっても神は存在すると主張する》のは
議論の姿勢として、あまりにも決め付けや思い込みが激しくないか?

無宗教者の方が、宗教者に寛容である。
たいていは、「信じたい人は信じればいい」姿勢をとる。
「神は存在する」という人たちと、
「神は存在しない」という人たちと、
「あいまいである」という人たちと、いろいろあるが、
宗教者も、それぞれの立場を認め、尊重すべきではないか。

780 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 13:54
779>
そうかぁ?、どっちも似たようなことを・・・
「信じたい人は信じればいい」っていう態度かなぁ
神を信じる人は安易で自分の考えがないっていう否定的な面が気に触るね。
そりゃ腹立つよまじめにやってる人は
あとね、きちんと信仰してる人は人に押しつけたりしないよ。布教しても
求めていない人に無理に勧めたりしないよ。
だって興味ない人に話たって理解してもらえないモン(笑)そんなの経験上
わかってるからね。
だから普通はおとなしいし、めったに自分の信仰なんて語らないよ。変な目で
みられちゃうし
それを大上段に語ってる人はちょっと変な人か感化されちゃって一時的に熱病に
かかってる人だよ。そういう意味では素直すぎる人が多い。
ちゅうか本来信仰とはそういうものじゃないし。
普段はひっそり暮らしてるのよ・・・・ほんと

781 :778:2000/11/16(木) 14:24
>>779
だから信じようが信じまいがどっちでもいいって。

>だからといって無宗教者にも「神は存在するのだ」という論理は飛躍しすぎている

あなたが言ってることは宗教やってる人には「宇宙・生命の法則」が存在してそれにそって生きてるけど、
無宗教の人には「宇宙・生命の法則」は存在せず生きてるってことですか。
それならそれでいいですよ。考え方自由だし。

「宇宙・生命の法則はある」、「宇宙・生命の法則はない」、「あいまいである」
って考えあってもいいよ、一人一人。

ただ信じようが信じまいが「宇宙・生命の法則」は厳然とあるのは事実。
生命はそれに即して生きてるってこと。

別にこれを信じろって言ってるわけじゃないですよ。
勘違いしないように。

#「神・仏」って言葉使うとダメみたいですね。


782 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 14:29
そゆこと、言ってることは同じ。
ムナシー、ルナシー。

783 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 14:32
>どんなに言葉をたくさん駆使しても、
>一度の体験には及ばないと思っています。
だから何で信仰している人はそういう体験がないと決めつけるんだろう。
説得力というのは経験から生まれるものだ。
信仰者も同じだよ。ここらへんの偏見ってすごいのね。

784 :779:2000/11/16(木) 16:18
>783
なんか、自分の考えを理解してもらおうと思って、一生懸命、説明してきたら
(別に私の考えを押しつけるつもりでなくて、神様を信仰してない人の考え方のひとつの例として)
ひねくれた見方をされたものです・・・
お互いに、あなたの考えはそうでしたか、と認め合うことができなくて残念でした。

最後に、下記の言葉も、私の考えはこうです、と説明しただけで、
あなたたちに押しつける気持なんて、これっぽっちもなかったのに、
そう卑屈になられたのでは、接点もみつからないので、この辺にしておきます。

>>どんなに言葉をたくさん駆使しても、
>>一度の体験には及ばないと思っています。

押し付けられて傷ついたとか、嫌な思いをされたのならごめんなさい。
でも、私も次のように、ひとことも書いてもないことを決め付けられて、
少々不愉快でしたよ。

>何で信仰している人はそういう体験がないと決めつけるんだろう。

とにかく、2CHの体験も良い勉強になりました。
それではまたいつか。

785 :訂正:2000/11/16(木) 16:25
↑784は、
779→774の間違いでした。

786 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 16:50
784>
そだよ、あなたの思惑と別の方向に相手が傷つくことはあるでしょう。
結局、言ってることは同じにしか聞こえなかったね。
そこを認めたくないのがあなたの宗教への偏見でもある訳よ
ムナシー、ルナシー。


787 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 17:02
宗教は自分が良いと思うとこだけ取り入れて
人生の捉え方の参考程度にとどめてた方が良いと思います。
一つの宗教が述べること全てが正しいとも思えませんし
そうゆう考えになることが盲目的だと思うのですが?


788 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 17:14
>一つの宗教が述べること全てが正しいとも思えませんし
>そうゆう考えになることが盲目的だと思うのですが?
誰を見てそういうことを言ってるんだろう。確かにそんな人も
いるけど、そんな人は変な人なの。信仰にかかわらず。
普通の信仰者は実社会と自分の生き方と教えとを、照らし合わせながら
生きているのよ。信仰なんかしてなくても盲目的な人は沢山居るでしょう?
まぁ情報がマスコミの報道で判断されちゃうからね。
別に宗教やってるから聖人じゃないし、聖人じゃないからこそ
やるもんだしね。

789 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 19:16
最近、この板にはきりすと卿が棲みついてるね。
宗教は全部信じないスレだったはずだが(藁
1の意志を継いで頑張れよー。

宗教信じてるやつ!それはお前の心の弱さの象徴だよ!
神に頼らずに、自分の心持で生きろ!
救ってもらおうとか、天国行こうとか、本質はエゴなんじゃねーの?


790 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 20:08
モト阿含も来てるんじゃないか。女(ワラ

791 :Mrs.名無しさん:2000/11/16(木) 20:23
イエス様は、人間なら誰でも救ってくれるの?
お釈迦様も?信じる人しか救われないなんて、神様のやることじゃないよ。
そりゃ、人間だ。

792 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 00:58
信じる者は救われるってのは、神様の脅迫か。

793 :きつね:2000/11/17(金) 01:12
我侭なだけじゃないの 神って
それから 悪い事すると地獄に行くぞと言いますが
許す事の出来ない、神は偽者です。

それから祟りとか 恐れられて信仰している所があるみたいだけど
あれは神じゃなくて、悪魔なんですよね〜
悪魔信仰している、集落は結構あるような・・・

794 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 01:37
宗教をやることより自分のなかで湧き起こる宗教性を大切にするって意見には賛成です。あとご利益めあてで神にすがる者は宗教をしているのではなく物乞いうをしている人達で本当の宗教を理解している人達ではありません。法の華3法行信者などはいい例です。

795 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 02:31
>イエス様は、人間なら誰でも救ってくれるの?

生老病死が、人間が共通して持っている「十字架」である
以上、「悲しみ」から人間は逃れることはできないね。
「本人だけが背負う十字架」をイエスは軽くしてくれるのかどうか?
さあ、新約聖書を明日にでも買って読んでみてくれ。買う金の無い人は
近くの教会に借りに行こう。字がデカイやつがいいけどね。
ちょっと読み方にコツがあるので教えてあげる。

(1)とりあえず、マタイによる福音 マルコによる福音 ルカによる福音
   ヨハネによる福音を読む。この4人の人物それぞれがイエスを語るので
   素人が読むと何回も同じことが出てきて変な本と思っちゃうよ。
   それと「福音(ふくいん)」は「良い知らせ」と言う意味ね。
   誰か一人好きな名前の人のをワンストーリー読めば大体わかる。

(2)奇跡については全く無視していい。そりゃウソだと思っていいよ。
   信じれる人は信じていいけどね。

(3)聖書は土臭いドラマなんだけど特にイエスを「北斗の拳のケンシローさん」
   と思って読んでみる。なぜかイエスが行くとこ行くとこ民衆が集まってくる。
   そしていつも「否定も抗弁もできないこと」を言って去っていく。
   そうそう、山下画伯みたいに去っていく。

(4)ドラマの中にはありとあらゆる人々が出てくる。自分が当時生きてたら
   これかなという人物を探してみる。
   身を売る女性、婦人病の女性、身体に障害がある人、等々。法律やルールを守って
   自信を持つパリサイ人(びと)=偽善者がちょっと分りにくいかも。

(5)もし、イエスが生きていたら、こんな時、俺に何と言うだろう?
   こう考え始めたらあなたもクリスチャン。イエスに捕まらないように
   疑って疑って恐る恐る読もう!
   危ない聖書はどんなホテルの引き出しにも入ってるんだよな。

(宿題)イエスは何が大切だと言っているか?自分なりにまとめよ。
 
これがなんで聖書と呼ばれるの?という内容に初め驚くはず。別にクリスチャンに
ならなくてもいいので、読んだことのない人は、地球のベストセラー本くらい教養の
一環として読んでおいてくれ。洋画が分りやすくなるという「オマケ」つきなんで。
疑問点が出てきたらここや他スレで質問すれば誰かが教えてくれるはず。

796 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 03:33
>我侭なだけじゃないの 神って

キリスト教の神は俺が気の毒になるくらいに優しいよ。

>それから 悪い事すると地獄に行くぞと言いますが
>許す事の出来ない、神は偽者です。

まったくそうです。
俺はいつもわるいことしてますが、神に許してもらって
明るい顔してます。この悪さについてはとても
書けません。法律に違反してないってことで。。。

それと地獄というのは「自分の心の中」にあると思う。
例えば、人を殺してしまったら「いや〜な気持ち」が
心を支配するし、わざと他人を嫌がらせたりした時も
心の中が暗くなるよ。 金を追い求めて盲目になって
しまってる状態も心が暗いし。希望が無い「絶望」や
誰からも愛されない「孤独」も「心の地獄」だと思う。
だから例えば、「人を殺した」のなら、既にその本人なりの
バチは本人が味わっているのね。
「全く気にならない変態」もいるけど、それは初めから
神に「正常さ」をもらってない分、心も軽いわけよ。
つまりトントンってこと。神はわからない者は許してるんだね。
「悩めない」んだもん。
当然、法律で裁かれ刑罰は受けなければいけないけどね。

だから気付く人は、神により多くのタレント
(「才能」。タラントはお金の単位として聖書にでてくる)
をもらってる分、神に求められてるってことなのよ。


797 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 04:13
最近、きりすと経が、宗教板に蔓延してきた。

798 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 09:00
いかに隠れきりしたんが多いかがわかった。



799 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 10:51
無神論者・無宗教の人は祈ったときないの?

800 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 22:12
キリスト教は懺悔すれば赦されるらしいから便利そうだな。
何してもいいんだよね。

801 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 01:49
>795(宿題)イエスは何が大切だと言っているか?自分なりにまとめよ。


はーい、それは「愛」です。

#だからさぁ、神なんてどーでもいいじゃん(笑)。

802 :コピペ:2000/11/18(土) 01:56
(エホバの証人コピペ専用スレから洗脳教育のコピペ)

カルトの指導の元で勉強する人々は、知らず知らずのうちに自分の教祖・組織に対して、
強い依存心を持つようになり、組織から言われた事を全て鵜呑みにして、その結果、もはや
自分一人で考えたり、判断したり、物事を決めたりできなくなる。言い換えればリーダーの
指示どおりに動くロボットになってしまうのである。

803 :宗教嫌い:2000/11/18(土) 01:56
(エホバの証人コピペ専用スレから洗脳教育のコピペ)

カルトの指導の元で勉強する人々は、知らず知らずのうちに自分の教祖・組織に対して、
強い依存心を持つようになり、組織から言われた事を全て鵜呑みにして、その結果、もはや
自分一人で考えたり、判断したり、物事を決めたりできなくなる。言い換えればリーダーの
指示どおりに動くロボットになってしまうのである。



804 :宗教嫌い:2000/11/18(土) 01:57
(エホバの証人コピペ専用スレから洗脳教育のコピペ)

カルトの指導の元で勉強する人々は、知らず知らずのうちに自分の教祖・組織に対して、
強い依存心を持つようになり、組織から言われた事を全て鵜呑みにして、その結果、もはや
自分一人で考えたり、判断したり、物事を決めたりできなくなる。言い換えればリーダーの
指示どおりに動くロボットになってしまうのである。


805 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:00
>801
本当に「神なんてどーでもいいじゃん」なら、
何故ここにいるのよん? ムじゅ〜ん
でも宿題してるから根はいい人っぽいのね。(賞



806 :名無し人間:2000/11/18(土) 02:08
キリスト教はカルト

807 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:19
カトリックには、変な教祖は存在しません。
命令や指示、義務といったものは全く課せられません。
「宗教やってます」って感じの新興カルト宗教と一緒に
捉えられると、非常に残念です。
カトリックは、むしろ人間が人間らしくなるだけです。
カトリック信者の言動は、むしろ自由です。
何故でしょうか?言葉が与えられるという秘跡
を、幼稚なレベルで解釈すると、見誤りますね。
御馳走を、嫌がる人に食べてもらう必要はありません。
自ら、探し求めて御馳走にありつけた者は幸いです。
カトリックの私はそんな感覚です。

808 :807:2000/11/18(土) 02:23
秘跡の使い方が間違っていませんか?
「秘技」の方が良いかもしれません。


809 :A子の落書き:2000/11/18(土) 02:26
かっかっかっかっ、かとりっくう〜うう♪♯
くうくうくうくう、くうそまあじめえ〜・・・ん?糞ってか。

810 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:28
>807
イエスって変な教祖だよね

811 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:31
>807
イエスって変な教祖だよね

812 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:32
>806
あなたより、おそらく私の方が自由に遊んでいます。
単純に比較できないんだけどね。
カトリックのどこがカルトなんでしょう?

フランスは国民の90%以上の人達がカトリックです。
スペイン、ドイツ、イタリア、イギリス、アメリカ・・・
ほとんどの国々はカルト国なのでしょうか? <笑>


813 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:34
>812
勝てば官軍って言うしね

814 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:35
人間って毎日「愛」を考えて生きてる。
女とやりてーってのも愛だし、
友達と話して気が紛れるのも異性同姓に関係せず愛が
あるからだと思う。
孤独を感じれば誰かの愛を求める。
「愛無し」の状態は「心が砂漠」と言える。
思いやり=愛、気配り=愛だと考えると
人は、どんな人と接する時でも愛を考えている。

愛は甘くない。家族愛があるなら稼がなければならないし
恋人とのデート代を稼がなければならない。
愛があるなら浮気も制限されたりする。
地球への愛があるなら、それなりに行動が制限される。

愛は、エゴイズム(自分のことしか考えない)の対極をなす。

自分教を作りあげるときの舵取りは、残念ながら
エゴイズムであることが多い。
無宗教で「愛」のある人間になるのは、東大に合格するより
難しいことである。
つまり、人からも地球からも嫌われる人間になる可能性が極めて
高いと言える。

815 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:42
>812
ところで、カトリック至上主義のあなたは、
なぜカトリック信徒限定スレに行かないで、
宗教バッシングスレで、蝿たたきなんぞしてるの?


816 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:46
>815
布教ってやつだろ

817 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:58
>812
不況だったら、2CHなんかでぐたぐた言ってるより
戸別訪問でもすればあ。体動かして働きんしゃい。
PCで蝿たたきするより、主の御名によりてアーメンよ。

818 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 18:19
主の御名によりてザーメン?

819 :無神論名無し:2000/11/19(日) 00:59
>無宗教で「愛」のある人間になるのは、東大に合格するより
>難しいことである。
信仰を持たないものは自分の事しか考えていないような書き込みだが
愛する事は人として生まれたことによって誰もが持っている素晴らしい
力だと思う。キリスト教徒以外愛を持っていないと考えるのはおかしい
逆に信仰を持つものは愛に満ち溢れてるのか?
カソリックとプロテスタントが争ってるアイルランドに愛はあるのか?
少年がイスラエル兵士に撃ち殺されるパレスチナに愛はあるのか?
血の歴史を歩んできたカソリックに愛はあるのか?
ふざけろ。


820 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 01:14
僕もワールドメイトは凄いと思う。
救霊や、祈祷会を受けたり
深見先生から教わった正しい神様への祈り方で
祈ると確実に証がでるし開運する
映画ってほんとにいいものですね

821 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 01:46
無神論者の良心の出所がわかりません。
自然発生的なんでしょう?
性格が良い人って偶発的な産物なんでしょうか?
無神論者の方に答えていただきたい。
その心の闇から何が飛び出てくるか分かりません。
多少大袈裟ですが猛獣と同じです。


822 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 01:52
>819
ふざけろ、じゃなくて「ふざけるな」でしょ。
まあ、宗教を持ってなくても立派な人はいっぱいいるのは事実だ。
宗教がなければ、いい人間になれないなんて、絶対にうそだ。
かえって、宗教を持ったがゆえに、大悪人になった人が多いんだ。
その典型は、かつてのカトリックだな。




823 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 01:57
無視論者は、目に見えるものが全てでしょう?
自分の容姿容貌が悪い場合、どうやって自分を超越していますか?
蛋白質の塊である自分を、呪っているのでしょうか?
考え方は、その場その場の付け焼き刃の集積だと思います。
何か考え方の蓄積はありますか?自分の言葉を持っていますか?
人が見ていない所で、何か良いことをしたことがありますか?
また、その時の動機はなんでしょうか?自然発生的あるいは
偶発的な行動だったのでしょうか?
人を傷つけたい衝動を制御する動機がありますか?怖いですよ。
よく形だけ保っていると思います。でも中味がゴチャゴチャだ。


824 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 01:59
無視論者は、目に見えるものが全てでしょう?
自分の容姿容貌が悪い場合、どうやって自分を超越していますか?
蛋白質の塊である自分を、呪っているのでしょうか?
考え方は、その場その場の付け焼き刃の集積だと思います。
何か考え方の蓄積はありますか?自分の言葉を持っていますか?
人が見ていない所で、何か良いことをしたことがありますか?
また、その時の動機はなんでしょうか?自然発生的あるいは
偶発的な行動だったのでしょうか?
人を傷つけたい衝動を制御する動機がありますか?怖いですよ。
よく形だけ保っていると思います。でも中味がゴチャゴチャだ。


825 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 02:00
無視論者は、目に見えるものが全てでしょう?
自分の容姿容貌が悪い場合、どうやって自分を超越していますか?
蛋白質の塊である自分を、呪っているのでしょうか?
考え方は、その場その場の付け焼き刃の集積だと思います。
何か考え方の蓄積はありますか?自分の言葉を持っていますか?
人が見ていない所で、何か良いことをしたことがありますか?
また、その時の動機はなんでしょうか?自然発生的あるいは
偶発的な行動だったのでしょうか?
人を傷つけたい衝動を制御する動機がありますか?怖いですよ。
よく形だけ保っていると思います。でも中味がゴチャゴチャだ。


826 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 02:06
>821
親のしつけ。
(心)道徳的なこと。周りの人に感謝すること。物を大切にすること。
(形)挨拶。礼儀。言葉遣い。
愛されること(与えてもらう)
愛すること(与える)
こんなことでも、良心は育ちます。
それに加えて環境や経験がプラスすれば、最強です。
今の時代、難しいけど、幼児期に与えられた心と形は
ずっと支柱にはなるようです。

827 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 02:09
>821
親のしつけ。
(心)道徳的なこと。周りの人に感謝すること。物を大切にすること。
(形)挨拶。礼儀。言葉遣い。
愛されること(与えてもらう)
愛すること(与える)
こんなことでも、良心は育ちます。
それに加えて環境や経験がプラスすれば、最強です。
今の時代、難しいけど、幼児期に与えられた心と形は
ずっと支柱にはなるようです。

828 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 02:24
>822
>宗教を持ってなくても立派な人はいっぱいいる

立派な人って、どんな人ですか?簡単に説明してもらいたいものです。
まさか学校の教科書に載るような人ってことですか?

829 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 02:27
>825
>無視論者は、目に見えるものが全てでしょう?

そうでしょうか。感謝する心や人を思いやる心は目に見えません。
喜怒哀楽の気持も目に見えません。想像力や好奇心も目に見えません。
思考することも目に見えません。遠くに住む人のことを思う気持も
目に見えません。

>自分の容姿容貌が悪い場合、どうやって自分を超越していますか?

両親に頂いた肉体ですから、それに、この世にふたつとない自分だけのもの
ですから。別に超越しなくても、このまま認めることに落ち着くのではありませんか。

>蛋白質の塊である自分を、呪っているのでしょうか?ちょっと意味不明です。体は大切です。私がどんなにだらしなくても
毎日心臓も内蔵も神経も規則正しく動いてくれます。それだけで脅威ですし、
不思議を感じます。ありがとうってお礼を言いたいくらいです。

>考え方は、その場その場の付け焼き刃の集積だと思います。

考えって構築していくものじゃないのですか?脳のシナプスが繋がる
過程をご存じありませんか?

>何か考え方の蓄積はありますか?自分の言葉を持っていますか?

蓄積ですか?記憶力はあまり良くないけど、経験則ってありますね。
自分の言葉で、今しゃべっています。

830 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 02:30
>827
今、馬鹿親が多い時代です。共働きも多いです。
良い家庭に生まれるのは、宝くじと同じですね。
2chで人の心を、訳もなく傷つけている人達は
育ちが悪いのですか?改善の見込みはありますか?

831 :名無しさん@1周年 :2000/11/19(日) 02:31
822じゃないけど、
宗教を持ってなくても立派な人はいる。
小さな町工場でも毎日働いて、子供を育てて
親バカでも成人まで大きくすれば立派な人だと思うよ。


832 :>829:2000/11/19(日) 02:36
>感謝する心や人を思いやる心は目に見えません。
>喜怒哀楽の気持も目に見えません。想像力や好奇心も目に見えません。
>思考することも目に見えません。遠くに住む人のことを思う気持も
>目に見えません。

その目に見えない心の部分は、誰にも見られませんね。
いわば無法地帯です。何かルールはありますか?


833 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 02:42
>825
>人が見ていない所で、何か良いことをしたことがありますか?
>また、その時の動機はなんでしょうか?自然発生的あるいは
>偶発的な行動だったのでしょうか?

たいてい、良いことは、人の見ていないところでするものではないでしょうか。
親にそうしつけられました。人の嫌がるような仕事を、人目につかないように
やるんだよ、ということです。だから、意識してしています。
電車で席を譲ったり、道のゴミを拾ったりするのは、人前で行う偶発的なことですけどね。

>人を傷つけたい衝動を制御する動機がありますか?怖いですよ。

人を傷つけたいと、どうして思われるのか、こちらからお聞きしたいです。
もしあったとしても、理性があります。自分が不利になる、と思考する
知性もあります。

>よく形だけ保っていると思います。でも中味がゴチャゴチャだ。

まるで害獣かゾンビか、みたいな言われ方でしたが、あなたは
無信教の人たちには、優しさも持てないのですか? 同じ人間であるのに
考え方や文化(宗教も文化だと思う)の違うだけで、人として認め合い
尊重しあうことが、できないのですか?宗教者とは信じ難いのですが。

834 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 02:42
>小さな町工場でも毎日働いて、子供を育てて
>親バカでも成人まで大きくすれば立派な人だと思うよ。

家族エゴイズムに凝り固まった人。或いは、子供の為に
何人もの人を裏切り、騙し続けた人だとしたらどうでしょう?
そして、それは本人しか知らない心の闇です。
僕は、一概に見た目では判断できないと言いたいんです。
見方が浅薄、且つ甘い。そんなレベルで生きてりゃ楽だ。



835 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 02:50
>経験則ってありますね。

だから言うのよ。
「普通、こうしないか?」「普通、こうだろ?」
ってのが無宗教者の口癖だってね。

経験が無いこと、新しいことには「おろおろ」して
自分でどう行動していいか決定できなかったり
心が不安定になってるわけです。
心に「照らし合わせるもの」が無いんでね。

「俺は、こうする」という決定ができない分、主体的に
生きれてないんですよ。自覚できないのだろうけど。



836 :ぽん:2000/11/19(日) 02:58
>835よ。
宗教やってると お前みたいに傲慢になるんかよ。

837 :829・833:2000/11/19(日) 02:58
>834
そういう人に興味がおありでしたら、少年犯罪やメンタルヘルスの板に
行けばいいと思います。心の闇なんて誰でも持っています。持ってない方が不思議です。
善も悪も中庸の自分もみんな私自身の中にあります。

だからといって、闇ばかりほじくり出して、どうするというのでしょう。
ダライ・ラマがインタビューで「そういう闇の部分は気付いたら抑えなさい」
と言っていました。

他人の心の闇を知りたければ、あなた自身の心の闇を研究するのが一番です。
心理学者になるには、他人を分析する前に自分の分析をしなくてはなりません。
他人に優しさや慈しみを持てないあなたは、格好の材料になると思います。

あなたが、自分を分析し尽くしたあとならば、他人の心の闇を願わずして
知れるようになるでしょう。

838 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:01
>834
人を裏切り、騙し続けた人だとしたらとか
そういうのって出してくると、
じゃあ、自分が気が付かないうちに人にキズを
つけて、裏切っていたとしたら?なんて事に
なりませんか?集団生活をすればお互いそういう事が
ありますよ。あるいは、万人に認められなければ
立派な人にならないのですか?私は親を尊敬しますし、
立派だと思います。
それと、子供を大学までやる事が甘い事か?
並大抵じゃない!楽なわけないだろ、そんなことを
言える奴は子供を育ててから言え!

839 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:01
>人を傷つけたいと、どうして思われるのか、
>こちらからお聞きしたいです。

これはシラバクレですよ。この板で、人を無意味に中傷している
人が多数いませんか?明らかに無視論者が多いです。偶発的な悪意
を制御する機能は何も無いでしょう。動物に近いと言っても過言
ではありません。良心や悪意・・・何が飛び出すか分からない
ビックリマンって感じがするのですが、どうでしょうか?
人間は、邪悪な心は誰もが持ってます。私にもあります。
あなたは仏ですか?真っ白い人ではないですよね。

また、あなたは偶発的に親が良かったのでしょう。
で、あなたの理性の効き具合は良好でしょうか?
そして誰がその効き具合を判断していますか?
自己満足の理性ほど危険なものはありません。

>たいてい、良いことは、人の見ていないところでするもの

「良いことは人が見ていない所でするもの」というのは
素晴らしい考え方だと思いますのが、無神論者の何%位が認識
していますか?全く現世御利益に繋がりませんが、無駄
とは思いませんか?無神論者の無意味な自己満足活動では?
あるいは、毎日毎日やってると飽きてきませんか?
そして虚しくなってきませんか。そこのところが疑問なんです。
孤高の旅人がいつまで崇高さを持ち堪え得るか?そこなんですよ。 

840 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:03
横レスで失礼。
皆さんには論理的思考を身につけていただきたいと常々思っております。
しかし私は具体的な方法を伝授するど寛容な心を持ち合わせておりません。

841 :829・833:2000/11/19(日) 03:05
>だから言うのよ。
>「普通、こうしないか?」「普通、こうだろ?」
>ってのが無宗教者の口癖だってね。

2CHが全てだと思ってはおられないと思いますが(笑)
無宗教の方の文学作品でも、お読みになってはいかがですか?
映画でも、ドラマでもいいですが、もう少し良いものに触れて
無信教でも、主体的で、人の心の良くわかる方、意見の言える方が
たくさんおられるのを知った方がいいと思います。

842 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:07
右向け右で、同じことするのは昆虫社会よ。
本来、人間らしくないよな。
早く日本人も自我を持たなきゃね。

その前に「自我」と「わがまま」の区別が課題になるか。


843 :>837:2000/11/19(日) 03:13
>闇ばかりほじくり出して、どうするというのでしょう。

他にほじくる所がありますか?仕事やプライバシーで忙しいですか?
いつも心の部屋が無法地帯で不安定ですよね。
そしてダライ=ラマを出すんですか?
あなたは無神論者でしょう?あなたの言葉で答えて欲しいな。



844 :829・833:2000/11/19(日) 03:17
>無神論者の無意味な自己満足活動では?
>あるいは、毎日毎日やってると飽きてきませんか?
>そして虚しくなってきませんか。そこのところが疑問なんです。

それは、物事を相対的に見ているからではありませんか。
例えばですが、誰かに言われたから、義務だから、そしてその見返りがほしいけど
帰ってこない、などの心の持ち方では疲れます。
主体的に考えれば、自分がやりたいことに関しては、自然に体も心も動きます。
たとえ義務であっても、主体的に考えてとり組めば、そんなに疲れません。

845 :名無しさん:2000/11/19(日) 03:19
それより、占いを信じるヤツをなんとかしてくれ!
この世から占いをなくそう!

846 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:19
>無宗教の方の文学作品でも、お読みになってはいかがですか?

なかなか文豪が出ませんね。日本文学も行き詰まってませんか?
何かお薦めがありましたら教えて下さい。
有名なものはけっこう読んでますよ。


847 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:21
>842
国に守られながらの意見は実に素晴らしい
一緒にアフリカへ行きませんか?
私は、現地で医者をしてます。
あなた達は、よくそんな事が言えますね。
冬は温かいコタツに入ってそんな事を話すのですか?
日本は平和です。

848 :>840:2000/11/19(日) 03:25
>皆さんには論理的思考を身につけていただきたいと常々思っております。

あなたの論理的思考とやらで、何か金字塔は建ちましたか?
是非、成果とやらを見せていただきたいものです。
それから、何か達観した「人が元気になるような」
独創的な御意見でもお持ちなんですか?


849 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:33
>主体的に考えれば、自分がやりたいことに関しては、自然に体も心も動きます。
>たとえ義務であっても、主体的に考えてとり組めば、そんなに疲れません。

あなたが親切や良い行いをする時は、何か自然の力に導かれて
ススっーと体が動くんですね。見ていたいものです。
言わば自然発生的、他動型、偶発性の域を出ていません。
奇怪なロボットのような動きなんです。ものすごく純かと
思えば、ものすごい邪悪の状態に変身する。それが無神論者
の自然流=偶発性の怖さなんです。


850 :829・833:2000/11/19(日) 03:35
>837
>そしてダライ=ラマを出すんですか?これは、少し前にテレビで見たもので。でも、私が、これだけ文章を
書いてもあなたの言葉で答えて、といわれると困ってしまいます。
この言葉って私ではない、とでも・・・・

>これはシラバクレですよ。この板で、人を無意味に中傷している
>人が多数いませんか?明らかに無視論者が多いです。偶発的な悪意
>を制御する機能は何も無いでしょう。

誤解していました。傷つけるって言葉上のことだったんですね。
また、実際にナイフなんかで傷つける、という意味かと思っていました。
あなたは、ここに来て、それほど嫌な思いをされて人間不信に陥って
いるのなら、別の掲示板を探したらいかがでしょう。

確かに2CHは無法地帯で、誹謗中傷陥れ、何でもありです。
私もIP抜かれたし、バッシングもされたし、板から追い出された形に
なったことあるし、そういう経験してどんどん強くなりました。
2CHは強くなきゃやっていけない。それが2CHで私の学習したことです。
いじめと同じ、自分が強くなければ、やられて終わり。

でも、そうやって長くいるうちに、2CHに来てる人たちがだんだん
良く思えて来ました。人間は善と悪の両方を持っているって、まさに
この事だと思いました。ひどくバッシングされても、認める部分は
認めてくれるようです。中には相性の悪い方もありますが、
ニアミスだと思っています。

851 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:37
自由に振る舞って人の同意や好意を得られれば、人徳だ。
自由に振る舞って人に頼りすぎれば、わがままだ。
そんなもんじゃないんだろうか???

852 :>847:2000/11/19(日) 03:38
今度は急に国ですか?
あなたの心の国は平和ですか?無法地帯ですか?
医者は忙しくて、それどころではないんでしょうか?

853 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:43
>宗教やってると お前みたいに傲慢になるんかよ。

俺も無宗教だったのよ。でキリスト教に負けた口。
だから、無宗教者の心の不安定さは、比較的分る方と思う。
その辺から、脱出したかったのが俺ってわけ。
「人に俺の行動を縛られたくない、決定されたくない」
かといって「わがままではいけない」。

このバランスを保って行動できるのがキリスト教
って辿り着いたわけよ。

>無宗教の方の文学作品でも、お読みになってはいかがですか?

邦画ってどうですか?浅薄ですよね。

854 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 03:47
>852
あんた、無法地帯の意味を知ってるのか?
忙しいなんて言ってられん・・・無法地帯の意味が
分かればそんな事聞けんだろう?
もうここには来ない方が良いかもしれませんね、
お邪魔しました。

855 :829・833:2000/11/19(日) 03:47
>あなたが親切や良い行いをする時は、何か自然の力に導かれて
>ススっーと体が動くんですね。見ていたいものです。

がっかりします。小学生に主体性を講義したあとの気分です。
私をからかっているのかもしれませんね。
まず、何かをする時は、状況判断します。頭と心と5感つかって
考えます、感じます。それからです。体が行動するのは。
ほかには、普段から自分のポリシーがあるわけですから、それに促した
行動もします。
それがスムーズにいく事を、日本語では「自然に動く」といいますが。

856 :829・833:2000/11/19(日) 04:02
>853
しかし、あなたは2CHがひどいと言いながら、人を傷つける言葉を
どれだけ並ベたか自覚していますか?
それも、同じ人間に向って、物以下のあつかい。

私も2CHに長くいるけど、あなたほどの、情緒欠乏の人は、
いませんでした(会話した中で)真正面から攻撃もしないでマジレス
してる人を傷つけるあなたと、その辺で騒いでる彼らだったら、あちらの
誹謗中傷組の方がまだましだと思いましたよ。

857 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 04:04
>853
私もさようなら。

858 :837:2000/11/19(日) 04:06
>850
>あなたは、ここに来て、それほど嫌な思いをされて人間不信に陥って
>いるのなら、別の掲示板を探したらいかがでしょう。

私は人間不信ではないです。おそらく、あなたが良識的で、かつ
バランスがある方だというのは伝わってきます。
しかし、あなたの良さは偶発的に自然環境によって出来た原石の
ダイヤのようなものだということです。
では、石炭に生まれた者や石の人達はどうでしょう?
人は運命的な「成育環境」や「育ち」や「しつけ」に、
打ち勝つことはできないのでしょうか?

自分の心の動きを見つめる習慣がなければ、邪悪と純を
偶発的に行ったり来たりするビックリマンではないでしょうか?
「心の内にも小コスモス(宇宙)がある」と、誰かが言っていました。
その心の内側の開拓を急がなければ、日本はいつまでもジャップ
の域を脱することはできないんです。
ちなみに私は日本が好きです。外国至上主義ではありません。

859 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 04:11
>857
お前は居ろ!


860 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 04:13
>日本は平和です。

物は豊かになり、治安もいいですね。
そのために犠牲になっているのが、個々の人生です。
形の上では自由主義国家。でも中身は昆虫社会。
これが日本ではないでしょうか。

「仕事で忙しいこと」は日本人に合っていました。
高度経済成長を支えた一側面は、「日本人の逃避したい精神」
「仕事で自己麻酔をかけようという精神」があったんです。
そりゃ「外国に勝ちたい。豊かになりたい。」が模範解答。
もしくは「日本人は勤勉」。
勤勉なんかではないんです。自分の人生から逃げたいから
仕事で麻痺する術を見つけたのですよ。これは厳しいけど。


861 :860:2000/11/19(日) 04:27
呆然自失なんで日曜日が恐い。。。仕事したくなるわけです。

心の問題に面と向かたり、人間の本当の幸福とは何かについて考えることから
逃げていたかったんです。それより「仕事っ、仕事っ。」って
言ってる方がカッコイイし、肉体はきつくても、心を使わなくて
済んだんです。最近、仕事仕事って言ってる人はカッコイイですか?

結局、国民レベルで哲学を深めようということを
明治時代から先送りしてきたわけですよ。

現在、そのトンネルを抜け出したところのような気がします。
「モノでは幸福になれない」ことをなんとなく個々のレベル、
国民レベルでも感じ始めているのではないでしょうか?
自我の無い昆虫的人生からの脱出。それが課題ですよ。


862 :ドレミファ名無シド:2000/11/19(日) 04:29
860さんの考えは僕も持ってました。
18の頃です。
今は違います、その時に思ってた事は全く
机上の空論で、その考えを持つのなら
一度社会に出て、それからもう一度考えろと
思いました。だから大学も辞めて働きました、
働いた結果、それに気付きました。
僕は所詮昆虫社会にもまれてるかも知れませんが、
人生から逃げているとは思いません。
大学を辞めて昆虫社会へ飛び出す事が、今の僕にとって
大きな一歩だったと思います。



863 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 04:34
>862
がんばってね 応援するよ

864 :マンセー日本:2000/11/19(日) 04:39
天皇家は平成何年かは分かりませんが、カトリックに改宗されています。

日本も列国に準じてカトリックの国になれば良いでしょう。

外国にも胸が張れますよ。イエローモンキーの時代は終りにしましょう。

865 :ドレミファ名無シド:2000/11/19(日) 04:43
>863
有り難うございます。
僕は、働いて自分のお金で生活出来てから
考えないとダメだと思って働きました。
親のスネをかじって偉そうなことを言っても
それこそ逃げですからね、だから家族も出来た
今、やっと18の頃思ったそれについて考えられる
と思ってます。

866 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 05:00
なぜキリスト教の国に日本が負けるのでしょうか?

科学や知識崇拝はいいんですが、昆虫が科学力やテクニックを
持っても幸せじゃないんです。外国に個の人間として負けています。
生きているうちから死んでる人が多い国です。

ここ2chの他スレッドでも無神論者が偉そうなこと言っていますが、
しかるべき外国人に自分の本音を堂々と話すことができますか?
語学力は抜きにしての話ですよ。無神論者は常日頃、ファジーな心の制御
しか行っていませんから自分に自信がありません。ですからタジタジ
してしまい、ただヘラヘラ笑って、外国人に不快を与えないように
自己防衛するのが関の山だったのです。

なんて情けない国民でしょう。外国人は最初は日本人を礼儀
正しく、清い国民だと思うらしいです。しかし、時が経つと、
日本人のどうしようもない心の内を感じるようになるそうです。
やはり、イエローモンキーと言われる根拠があるんです。

867 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 05:11
アメリカ人はヤンキーを言われる根拠があるように
日本人にもイエローモンキーと言われる根拠がある。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓終了〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

868 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 05:21
>イエローモンキーと言われる根拠があるんです。

ホンネとタテマエ等というレベルの低い「処世術」で
満足していてはね。

869 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 06:03
>867
言葉が悪いですが、アメリカ人にもゴミのような
人はいますよ。それがヤンキーです。

日本人の場合は9割以上がイエローモンキーでしょうか?
見せかけの温室は、邪悪菌の繁殖場でもあります。

870 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 06:05
動物は無神論です。人間だけが、目に見えないものを信じることができます。
では、猛獣が怖い理由は何でしょうか?いつ襲ってくるか分からないからです。

満腹の時、或いは環境良く育った猛獣は襲ってこないかも知れません。
空腹の時、或いは環境悪く育った猛獣は手がつけられないほど凶暴かも知れません。

人間も同じです。自然発生的な良心は、いつ訪れるのでしょう? ファジーで感覚的であり、
自己満足、或いは自分への美意識の満足に結びついている場合が多いです。
人は、何が飛び出てくるか分からない「自分の心の闇」を、見つめなければならないでしょう。
そうしないと猛獣のように怖いですよ。



871 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 06:17
>870
そこまで言っちゃう。。。宮崎勤も無宗教の猛獣なのねん。

872 :名無し人間:2000/11/19(日) 06:20
>>870
猛獣と言われているような動物でも自分の身を守るORエサを捕る以外に
他者を攻撃するような事は無いよ。

意味も無く同類を殺すのは人間だけ。そして戦争の原因のほとんどは宗教がらみ。
来世の幸福を信じ現世の命を粗末にする兵士。信仰って怖いね。

873 :>872:2000/11/19(日) 06:38
>他者を攻撃するような事は無いよ。

宮崎勤は自分の趣味で人を殺したんじゃないですか?
この間の17才も「人殺しの経験がしたかった」って言って人を
殺していますよ。
猛獣以上にIQ高いのが人間です。エゴの増長は果てしないですが、
あなたは何か御自分の心に優れた制御装置を持っているのですか?
お持ちでしたら、私も検討してみますので御紹介下さい。

>来世の幸福を信じ現世の命を粗末にする兵士。信仰って怖いね。

あれれ 無神論の国、日本も「天皇万歳」って死んでいきました。
南京虐殺も凄いよ。「戦場のメリークリスマス」っていう映画にも、
日本の精神的レベルの立ち後れが見事に表現されていた。
集団カルトの国粋主義も怖いよね。

874 :ふもー:2000/11/19(日) 06:55
なんか不毛よ。この調子は。

875 :名無しさん@1周年 :2000/11/19(日) 06:59
「天皇陛下万歳!」って死んでいったのは
お偉いさんだけだよきっと。
うちの叔父ちゃんの話によると、死ぬと思う場面
に出くわしたら、お母さんの事を思い出すそうです。
人によって違うかもしれないけど、
天皇万歳とはいかなかったかもしれません。
カルトも戦争も経験がないので分からないですけど、
違うものがあると思います。

876 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 07:11
>872
あなたは十分に人を攻撃していますよ。無神論者は怖い。
蛇の目も怖い。だってハ虫類は何を考えているか分からん。

無神論者は突然に天下り式の親切や意地悪や攻撃性が出てくる。
自分の動機も無統制、そして反省するのも偶然性に支配されて
いる。

ただ、てめえが居心地が良けりゃいいって考えてるだけじゃないかな?
後は家族エゴイズムでしょうかね。

877 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 07:15
>ただ、てめえが居心地が良けりゃいいって考えてるだけ
>じゃないかな? 後は家族エゴイズムでしょうかね。

いや〜耳に痛いですね。
そうやって考えると、日本人の「旅の恥はかき捨て」ってのも
わかりますね。

でも、日本人って基本的に優しいですね。


878 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 08:17
電波をバリバリ感じるぜ!

879 :だみ:2000/11/19(日) 08:52
捨仏論というのはどうでしょうか。
仏を捨てる団体でもつくってください。加入します。
私は捨てた後ですが、ついでに「捨て宗教」もいかが。
捨仏、捨経、捨寺・・・良い気持ち。

880 :きつね:2000/11/19(日) 09:59
なんで 群れたがるだろう・・・

881 :無神論名無し:2000/11/19(日) 10:52
>ただ、てめえが居心地が良けりゃいいって考えてるだけ
>じゃないかな? 後は家族エゴイズムでしょうかね。
海外のキリスト教信者の家族主義は異常だぞ・・・・。
>無神論者の良心の出所がわかりません。
>自然発生的なんでしょう?
何らかの神を信仰しなければ良心が発生しないと考えるおまえの考え
のほうが怖いぞ・・・。良心、優しい気持ちとかは人なら生まれた時
から持っているのだ。信仰とはぜんぜん関係ねぇ。
>中身は昆虫社会。
貧しい日本を前世代が涙ぐましい努力で発展させてきたのに、それを
虫みたいといって馬鹿にする・・・私たちが今豊かな生活を送っている
のは仕事仕事で人生を送ってきた人たちのおかげなのに・・・。そういう
人たちに感謝の気持ちは無いのか?前世代を馬鹿にする貴方の心に良心は
あるのか?貴方の自惚れと傲慢さには反吐が出る。貴様それでもイエスの
弟子なのか?


882 :名無しさん@HOME:2000/11/19(日) 12:07
>>880
さようさよう。

883 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 14:03
>881
無神論名無しさん<<右に同じ!

884 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 15:49
>参考までに

思想=その人の生活(行動)を規定し、統一するところの人生観(社会観・政治観)
主義=これだけでなければいけないと思って堅く守る考え方。
哲学=@ 宇宙や人生の根本問題を理性的な思弁により突き止めようとする学問。
A 実証
B 自分自身の経験から築き上げた人生観(世界観)
宗教=@ 心の空洞を癒すものとして必要な時、常に頼れる絶対者を求める
根源的、精神的な営み。
A また、その意義を必要と説く教え。


885 :872:2000/11/20(月) 00:09
>>873
>宮崎勤は自分の趣味で人を殺したんじゃないですか?

あんたは「猛獣が怖い」って書いたんでしょ?
オレは人間のほうが怖いよ、って書いたの。
あんた日本語読める?

>あれれ 無神論の国、日本も「天皇万歳」って死んでいきました。

それこそ「神国日本」の「神道」という「宗教」が殺したんだろ。
あんたはアンチ宗教なのか?(ワラ

>>876
>あなたは十分に人を攻撃していますよ。

議論に参加しただけで攻撃とは・・ハァ・・

>無神論者は怖い。蛇の目も怖い。だってハ虫類は何を考えているか分からん。

意味不明・・電波?

>無神論者は突然に天下り式の親切や意地悪や攻撃性が出てくる。
>自分の動機も無統制、そして反省するのも偶然性に支配されている。
>ただ、てめえが居心地が良けりゃいいって考えてるだけじゃないかな?
>後は家族エゴイズムでしょうかね。

根拠無し・・誰か説明してくれ・・

886 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 01:01
あのさぁ、「キリスト狂」とか、「なんとか狂」とか、入ってないと「無神論者」なの?
神様みたいな存在は「ある」と思うけど、人間がしきってる宗教なんか信じたくないよ。
金とるし・・。神様なんて金使わないだろうに。もらって嬉しいのは人間だもんね。
「信じる者は救われる」っていうのは、「信じない者は救わない」ってこと?
神様なら、全員救ってやれよ。

887 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 01:22
>886
うぁっ、また蝿が出てきた。もう少し考えてから来いよ。

888 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/20(月) 01:47
>866
>ここ2chの他スレッドでも無神論者が偉そうなこと言っていますが、
>しかるべき外国人に自分の本音を堂々と話すことができますか?
>語学力は抜きにしての話ですよ。無神論者は常日頃、ファジーな心の制御
>しか行っていませんから自分に自信がありません。ですからタジタジ
>してしまい、ただヘラヘラ笑って、外国人に不快を与えないように
>自己防衛するのが関の山だったのです。
>なんて情けない国民でしょう。外国人は最初は日本人を礼儀
>正しく、清い国民だと思うらしいです。しかし、時が経つと、
>日本人のどうしようもない心の内を感じるようになるそうです。
>やはり、イエローモンキーと言われる根拠があるんです。

うーん、近年まれにみるヴァカ登場!!
っていうか、本当の本気で言ってるの?
マジで?
なんか議論の余地ないって感じだけどな(ワラ。

まあ、初めて外国にいったり、コーカソイド(白人)に接したりして、
キミのようなカルチャーショックを感じる人の気持ちは分からないでもないけどね。
私は初めての海外旅行がインドとか東南アジアだったけど、
バックパッカーとして多くのイギリス人やドイツ人なんかに出会って友人も出来たし、
宗教のことも含めていろいろ議論したりもしたけど、
アジアを旅している日本人バックパッカーって白人コンプレックスが少ないから、
キミとは逆に
旅先で出会ううちに彼らの傲慢さや非人間的な野獣の振る舞いに嫌気がさして
白人嫌いになる人って結構多いですね。
たとえば私はインドで物乞いに来たばあちゃんに罵声を浴びせて追い返してせせらわらう、
なんていう白人は非常に頻繁に見かけましたしね。

ドイツに行ったときには場末の酒場の荒涼とした雰囲気は何ともいえなかったなぁ。
一人で黙々とタダの一言も発せずジョッキを傾けてるようなやつとか多かったりしてね。

ヨーロッパで、なぜキリスト教の勢力が大きくなったかよく分かりましたよ。
彼らの社会って本当にドライなんです。
で、みんな愛に飢えてる。
ドイツではベルリンのドイツ人の友人のアパートに泊めてもらっていたんですが、
そのドイツ人もそのことを率直に認めてましたね。

逆説的だけど「愛」がないから
「汝の隣人を愛せ」という愛の宗教が広まったんです。
日本で同じこと言ってみなさい。
笑われますよ。みんな隣近所、もう嫌ってほど仲良くやってるから(笑)。

コンプレックスから頭に血が上って、
日本の良いところも白人社会の悪いところも
見えなくなっているんでないの?

878>電波をバリバリ感じるぜ!

激同意〜!!
かわいそうだけど、キミ(866)、病院いったほうが良いよ。

889 :名無しさん@お腹いっぱい :2000/11/20(月) 02:03
>888
ヴァカ登場とはお前の事だ、改行しろ!


890 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 02:12
>888
ホントばかだね。 改行もできないバカは発言権なし!

891 :888に激しく同感!:2000/11/20(月) 04:22
>889・890
バカバカ叫ぶやつがバカ。
日本から一歩も出たことない、井戸の中のカエルちゃあん。
一生、白人コンプレックスで糞まみれになってろ(藁


892 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/11/20(月) 04:36
888=891
小房発見!(ププッ

893 :891:2000/11/20(月) 04:44
アホ、オマエ何考えとんじゃ。
白人コンプレックスのクソ野郎。
過去レス読んで出直してこい!


894 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/20(月) 05:31
893のアホ、オマエ何考えとんじゃ。
白人コンプレックスのクソ野郎。
過去レス読んで出直してこい!


895 :891:2000/11/20(月) 05:38
>名無しさん@そうだ選挙にいこう

オマエだったのかあ。(ナルホドネ
意味ないコピペやめろ。


896 :888:2000/11/20(月) 06:04
>891
あなたもウザイ。
改行しなかったのは悪く思ってます。
けれど、あなたは彼ら以上に言葉が悪い。

897 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 06:07
>888
面白かったですよ。好感もてる。

898 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 06:10
>888
改行しなかっただけで、
バカよばわりされにゃいかんのですか。
そういう問題じゃありませんよ。
白人擁護が気に入らんだけです。あいつらは。

899 :888:2000/11/20(月) 06:26
>898
意見を言うにはルールが必要だと彼らは言っているので、
それに素直に従おうとしただけです。
煽られるのも当然の行為だと思うので、
バカ呼ばわりされてもしかたないです。
それに、いちいち腹を立てては先に進みませんので…
898さんのお気持ちは嬉しいです、有り難うございます。

900 :>888:2000/11/20(月) 07:01
ホントに>>888の投稿で得意にでもなってるのか?
インドの白人1人、ドイツ人1人を観察しただけの「経験」で。

それと>>866のホントに「言いたいことの中心」を外して
レスしてどうするの?

日本人のタテマエの裏側は、自分の言葉主義主張を持たず、継続的な
つきあいのうちにその「本性(浅薄さ)」がバレる。
その中身の無さは「黄色い猿」と言われても仕方ないんじゃないか?
と書いてあると思うんだけど?
別に白人を崇拝しているわけではなく事実を書いただけでしょ。

ところで
旅の恥はかきすてする「日本人の無責任さ」はどこから出てきてる
かも分るスレッドになってるね。




901 :名無しさん@1周年 :2000/11/20(月) 07:11
>900
ごめんよ〜〜ごめんよ〜〜偽者なんだ〜
おら、889だ!(ププッ


902 :>898:2000/11/20(月) 07:18
白人を擁護してるわけじゃない。
鎮座ましまして読み直せ。

903 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 07:24
>885
うわっ、蝿が勢いよく出てきた。宮崎勤は無神論だぞ。
猛獣以上に怖いよ。今度はおまえの考え方を書いてみろ。
俺が修正してやるから。つーか書けないからって逃げるなよ。

904 :872:2000/11/20(月) 07:50

>>903
>宮崎勤は無神論だぞ。

酒鬼薔薇はバイオモドキ神を信仰してたな(ワラ

>猛獣以上に怖いよ。

意味不明

>今度はおまえの考え方を書いてみろ。

レス読め

>>872(オレ)
>意味も無く同類を殺すのは人間だけ。そして戦争の原因のほとんどは宗教がらみ。
>来世の幸福を信じ現世の命を粗末にする兵士。信仰って怖いね。>あれれ 無神論の国、日本も「天皇>万歳」って死んでいきました。

>>885(オレ)

>>あれれ 無神論の国、日本も「天皇万歳」って死んでいきました。(←オマエ)

>それこそ「神国日本」の「神道」という「宗教」が殺したんだろ。
>あんたはアンチ宗教なのか?(ワラ

905 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 08:21
>904
人の上げ足取りばかりして、自分の言葉が封印されている。
泣きながら向かって来なさい。 鍛えてやるよ ぼーず <わら 

906 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 08:26
>酒鬼薔薇はバイオモドキ神を信仰してたな(ワラ

いわゆる自分教だよな。(ワラ




907 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 08:30
>906
おまえが自分教そのものだよ。自覚がないから怖いね。
いつもワラってるキティーちゃん。

908 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 08:32
>905
あなた、無神論スレとかけもちですね。
でも、揚げ足とりしてるのは、あなたに見えますけど。
自分の思い込みを検証せず、ひたすら自説を相手に押し付けて
嘲笑しているだけで、議論になっていないと思います。

909 :Mrs.名無しさん:2000/11/20(月) 13:00
それにしても、「宗教」に入ってる人って、自分に答えられないことは無視して、
ひたすら「無神論・無宗教」を攻撃してるね。
「信じない者は救わない」っていうレスがあったけど、
それに対して「宗教」やってる人はどう思ってるの?

910 :Mrs.名無しさん:2000/11/20(月) 13:02
困ったときは全部神頼み。
人間が成長しないわけだよね。

911 :A子:2000/11/20(月) 13:08
無神論スレで、追い返されたよ〜ん。
「無神論者=狂暴動物論」ぶってるやつ、ぶってやる。
あれは宗教者か、宗教屋か、宗教狂か、宗教魔か、
なんなんだ!

912 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 13:55
>909
それにしても、「宗教」に入ってる人って、自分に答えられないことは無視し
て、ひたすら「無神論・無宗教」を攻撃してるね。

これに関しては、お互い様。
本気で神を信じれる人はその「心」が救われてるのよ。意味わかる?
これを否定的にとらえるのが「無神論」の人なの。
信仰するからにはこれを肯定し、教えを感じ、実行しなければならない。
実行は簡単だよ、困っている人が目の前にいたら声をかけてあげればいい。
大丈夫ですか?って、これが出来る人はその時点で心が救われているのよ。
信仰していたってこれができなければ救われていないのよ。
信仰がなくたってこれができれば救われてるの。
神の言葉に対して素直というのはこういうことをさすの。そしてそれを
社会で実行していくのは勇気がいるし、難しいことだよ。
この言葉に確信を持っている人から見ると「無信仰」の人の言葉にバック
グランドがないように見えちゃうの。
それと「心」が救われてるのは別。信仰者もよーく考えて欲しい点。
最終目標は同じなんだから。
意味わかった?

913 :Mrs.名無しさん:2000/11/20(月) 13:56
「無神論」ってどういうことなんだろー?
神様は信じてるけど、それだけじゃだめ?
どっか宗教入らないとだめなのか?
あれー?信仰って自由じゃなかったでしたっけ。

914 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 14:09
>>912
言ってることは、なんとなく分かります。
私は「無宗教」ですが、「無神論者」ではない、と自分では思っています。
ただ、「宗教」に入っている人は、「無宗教・無神論者」は乱暴で、まるで犯罪者のような
扱いをしますよね(一部の人)
どっちが危険だ、と思います。なんでも決め付けるのはよくないでしょう?
「無宗教・無神論」の人だって、「神様のような存在はまるっきりいない」
と思っている人ばかりじゃないです。


915 :A子:2000/11/20(月) 14:15
そう言えば
「1さぁ〜ん、新スレ立てないんですかあ〜!900超えましたよ〜!」

916 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 14:19
A子さん、さっきから一人で頑張ってるねぇ。
すごいなぁ。

917 :A子:2000/11/20(月) 14:21
すみません。お騒がせしてます。。。ポッ#

918 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 14:30
A子さんは、「無神論・無宗教」なの?


919 :A子:2000/11/20(月) 14:35
無宗教です。無神論っていっても、困った時の神頼みします。
「神さま仏さまキリスト様何とかして下さい」って(笑)

920 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 14:38
あー、それ分かる。
無宗教だからって、気狂い扱いしないでほしいよね。
まったくの「無神論」ってわけじゃないのにね。
「何々教」ってやつに入ってないと、だめなのかねぇ。

921 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 16:58
宗教っていうより宗教団体って言ったほうがいいかもね。100%そーかもね。
特定の宗教団体入ってなくてもA子さんのような人は信仰心があるといえると思う。

922 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 18:39
>どっちが危険だ、と思います。なんでも決め付けるのはよくないでしょう?
>「無宗教・無神論」の人だって、「神様のような存在はまるっきりいない」
>と思っている人ばかりじゃないです。
決めつけはどっちにしても危険だよ。宗教の問題ではない。こういう考え
そのものが自分の言っていることであることを気をつけなければならない
真に自分の考えをもつこととはこういうことだと思う。
色んな偏見を捨てれると世の中面白いよ。
宗教をしてない人でもとても信仰心を大切にしている人がいるし
している人でも信仰心ない人もいる。
そいうのはとても真実の信仰とは呼べないよね。
自分と神との距離は自分と神しかわからないからね。心持ちを
軽くして優しい気持ちで通らなきゃどっちにしても意味がないよ。


923 :Mrs.名無しさん:2000/11/20(月) 18:57
宗教家の人たちが、「無神論者」をケダモノ扱いしているのは、決めつけじゃないんでしょうか。

924 :A子クソまじめバージョン:2000/11/20(月) 19:43
>皆様へ
「宗教は全部信じない」スレが900を超えてしまいました。
1さんは、放置したままのようなので、1さんの意志をついで、
新スレを立てようと思います。

@ タイトルと1さんのコメントはそのまま、新スレに移行したいと
思いますが、いかがでしょう。

A また、自分が是非立てたいという方などおられましたら、是非、
名乗り出ていただきたいと思います。

以上について、今しばらく、意見を募りたいと思います。

925 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 21:56
ついでに加藤紘一も山崎拓も信じない。

926 :872:2000/11/21(火) 00:01
オレの質問に答えてくれよ

商社マンでも猛獣でも蝿でもいいからさ〜

927 :872:2000/11/21(火) 00:02
オレの質問に答えてくれよ

商社マンでも猛獣でも蝿でもいいからさ〜

928 :872:2000/11/21(火) 00:06
二重カキコ

今発見したけど「無神論者の心の中身はどうなってるの?」ってスレあるじゃん。
このスレから派生したみたいだし、こっちで続ければ良いんじゃないの?

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=974581975


929 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/21(火) 01:26
888です。
どーでもいいけど、896、899は私じゃないからね。以上。

930 :A子:2000/11/21(火) 01:33
>皆様へ
賛成意見がないようなので、
新スレは立てないことにします。
もし、他に立てたい方があれば、どうぞど自由に。

931 :930訂正:2000/11/21(火) 01:34
どうぞど自由に。→どうぞご自由に。

932 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 09:15


================終了==================

933 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 19:00
久しぶりにageてみよ〜っと。

934 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 20:43
あげ

335 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)