5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■この詩なんの詩?

1 :名前はいらない:2001/06/05(火) 23:05
雨が降った、風が吹いた

その時僕は笑っていた
壁には君の文字、よく分からない

ふざけた答えしか見つからない
永遠に交わらない他人の二人と言い聞かせたけど
それでも何を望むのか一から十まで知りたかった


2 :FAB:2001/06/05(火) 23:28
マワルマワル 俺と君
マワルマワル  ビル群の隙間で

サイバーシティー サイバーシティー マワルマワル
俺の視界に君キテトマル。 君の視界から俺トマッテイッチャッタ。

3 :名前はいらない:2001/06/06(水) 00:42
あげ

4 :乃乃:2001/06/06(水) 08:36
そっと あなたへ
キャッ(^^*))((*^^)キャッ

http://members.goo.ne.jp/home/albion33




5 :名前はいらない:2001/06/06(水) 19:16
age


6 :名無しさん:2001/06/07(木) 10:21
age

7 :tinn:2001/06/07(木) 10:56
http://www.apc.7777.net/bbs/test/read.cgi?bbs=entrance2&key=991826008&ls=50
なにかかきこんでください

8 :名前はいらない:2001/06/07(木) 20:23
age

>>7
ラウンジ嫌い

9 :ネットポリス:2001/06/07(木) 20:43
のの、もしくは乃乃を使って書き込みされた方、
書き込みの内容から当の本人のハンドルネームを
借用し書き込みしているのが判明しました。
IPアドレス、ログ等よりこれ以上過熱した場合は
調査届出いたします。


10 :名前はいらない:2001/06/07(木) 20:57
ネットポリスってナニ?(笑)
そんな組織、実在してないのにね。
所属もメールアドレスも書いてない、
HNだけ、ネットポリスじゃなんの信憑性もないね。

ののって逝ってる人っぽいけど、本物だったんだね。
南無。

11 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/06/07(木) 22:50
この詩何の詩気になる気になるし〜♪

12 :名前はいらない:2001/06/08(金) 22:01
とて〜もageたい詩ですから〜♪

13 :名前はいらない:2001/06/10(日) 16:40
age


14 :名前はいらない ◆sageQB0Y :01/10/09 19:05
晩き日の夕べに


大きな大きな巡りが用意されているが
誰にもそれとは気付かれない
空にも 雲にも うつろう花らにも
もう心は惹かれ誘われなくなった

夕闇の淡い色に身を沈めても
それが快さとはもう言わない
啼いてすぎる小鳥の一日も
遠い物語と唄を教えるばかり

導もなくてきた道に
道のほとりに なにをならって
私らは立ち尽くすのであろう

私らの夢はどこに巡るのであろう
密かに しかしいたいたしく
その日も あの日も賢い静かさに

15 :名前はいらない ◆sageQB0Y :01/10/09 19:06
地の終わりのあたたかい日のような
陽の色が僕らの風景にはあった

そしてせせらぎの音がいつもよりよく聞こえた
今日で僕らの夏が終わる
僕の夏 お前の夏 そしてこの街の夏が 終わる
というより 秋が僕らの手にしかっりと掴まれねばならない
さあ出発だ

おまえの声が私にそれを思い出させた
私は瞬間にお前に出会ったのではないと
私は幾つもの風景や物体に支えられて
おまえとの出会いを刻々に作りあげて行ったのだ

そしておまえが 六月のやや暑い午前の日差しのなかで鳴いていた
おまえらはどこへ行ったのか 私の手に秋草の花を残したまま

やがて北に私は遠く旅を続けるだろう
私は何を見るだろう―私はとうにそれを知らない・・・しかし私はそれを哀しまない
私は毎日歩くだろう 私は毎日進むだろう
見知らないものばかりが
私のまわりに拡げる風景の中を―そのときおまえは私を一体どこに探すだろうか
そして私を知り得るだろうか

16 :名前はいらない ◆sageQB0Y :01/10/09 19:16

夏は慌しく遠く立ち去った
また新しい旅に

私らは残り少ない日数を数え
火の山にかかる雲霧を眺め
うすら寒い宿の部屋にいた
それも多くは
何気ない草花の物語や街の人たちの
噂に時を過ごして

ある霧雨の日に私は停車所にその人を見送った
街の入口では
冷たい風に細かい落葉松が落葉していた
しきりなしに
部屋数の余った宿に
私ひとりが所在ない明かりの下に
その夜から
いつも手紙を書いていた

ある

17 :名前はいらない ◆sageQB0Y :01/10/10 09:57

昨夜月の出を見たあの月が
昼間の月になって
朝の空に浮かんでいる

鮮やかな群青は空に流れ
それが散っては白い雲に
またあの月になったと

幾たび振り返り見 幾たび振り返り見
旅人は空を仰いで
残してきた者に尽きない恨みを思っている
限りないかなしい嘘を感じている

18 :名前はいらない ◆sageQB0Y :01/10/16 02:25
星の位置さえ違う昔の

馬小屋生まれを信じるなんて

19 :名前はいらない:01/11/23 00:09
はあ///////////

20 :名前はいらない:01/11/28 13:55
この詩 なんの詩
気になる (気になる) 詩
名前も知らない 詩ですから
名前も知らない 詩になるでしょう

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)