5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

存在と時間

1 :名無しさん:2001/07/15(日) 19:16
って結局何がいいたいのかわからない。
具体的に何処がすごい理論なのかおしえてください。

2 :考える名無しさん:2001/07/15(日) 19:32
そうね、退屈の本質を教えてくれるところね。

3 :考える名無しさん:2001/07/15(日) 20:49
>>1
昔苦労して読んだら、結構刺激的だった。
耳を澄ますようなアプローチが素晴らしいと思ったよ。
僕じゃ役不足だけどある感じだけ述べると、
存在(ある)ってどういうことかに血を通わせた議論をしようとしてる。
存在一般は難しいので将来の課題として、
まず現存在(人)の存在について考えていくんだけど、
徐々に深まっていくその成果が世界=内=存在、関心、情態性、時熟等々になると思う。
われわれはそのあることの前提として、なんらかの開かれをしているってことかな。
その開かれは、だらしなく言えば生きるってことに近づく。
だから最後は歴史についてのロマンみたいになって、ファシズムに利用されたと後年批判されてたんじゃなかったっけ。

>>2
存在問題の規定のとこを終わって世界=内=存在と解きほぐして
語り始めるあたりから面白くなっていくんだけどね。

4 :考える名無しさん:2001/07/15(日) 22:00
>>3

役不足って...力不足じゃないの?
君にとってハイデガーはとるに足らないか。

5 :考える名無しさん:2001/07/15(日) 22:50
あ、役不足ってそういう意味だったのか。
今の今まで間違って使ってた。逝!

6 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 06:58
ハイデガーは読むに値しません

7 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 07:04
>>6
同意。マジで。

8 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 07:45
>>6
いや、現存在とか、世界ない存在とか、
いろいろチンケなことばを世界にばらまいた功績は
評価しないわけにはいかないだろう。

9 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 07:49
>>8
それは日本語のせいだろ

10 :sage:2001/07/16(月) 08:44
現存在。英語訳ではDaseinのままで使われているが
これを読むアメリカ人にとっちゃ、やはり
チンケな単語をおしつけられた印象はまぬかれない。
また、複数の単語を - で結んで何か新しいことばを
つくったような気でいるところが、やすものだ。

11 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 10:42
>複数の単語を - で結んで何か新しいことばを
つくったような気でいるところが、やすものだ。

ドイツ語ってもともとそういう単語のつくりかた
するっしょハイデガーに限らず。

12 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 10:51
哲学者のくせに安直なことば使いをするからむかつくってんの。

13 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 11:10
あれ、ハイデガー先生は?

14 :WIZ:2001/07/16(月) 12:25
で、、存在と時間の話は どうなったの?

15 :7:2001/07/16(月) 17:35
ひとつの言葉に深い意味をこめすぎな時点で、彼の直観が正しいかどうかを
他者が判定するすべがないということに、彼自身気づいてないのが、まずいと思う。
ヘーゲルとかもそうだけど。

自分の直観は、体系(構成)を提示して、相手自身がそれを直観化する助けに
なるような形で説明しないと結局伝わりようがないのに、
直観を直観のままわかってもらおうとするから、うまくいかない。
多分直観は優れていたに違いないんだろうけど、参考にしているだけで、
人生の日が暮れてしまいそうだ。

16 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 20:43
>>12
彼自身、生硬な言葉づかいに寛恕を請うていたね。
語るべきとこを語るために、ある程度仕方ないのでは。
安直ではなかったと思うよ。

>>15
言葉に意味を込めすぎたっていうより、
(なにしろ諄々とそれらの言葉について説明ないし展開してた)
透明な態度(彼にとっての直感は現象学的な陶冶を経ているとみなきゃね)
で臨んだとき、言葉の用法が常識とずれることを厭わない、
そんな書き方だったんじゃないかな。

ていうかみんな「存在と時間」読んだの?

17 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 00:10
死へと関わる存在、先駆け的決意、良心

18 :(T_T):2001/07/17(火) 00:11
人間は気遣いやね

19 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 00:30
>>18
ああ、いいね。

20 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 00:40
うんこの存在論的分析をたのむわ。
お願いね〜

21 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 01:25
>うんこ
世界-内-存在-内-存在

22 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 01:31
>うんこ
Daのトポロジーに結構近いものかも?

23 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 01:31
>うんこ
駄-sein
ウ〜ん つまんないっすね。スマソ。

24 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 01:33
>うんこ
存在論にとっては、道具以上に特権的な対象かもしらんよ。

25 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 01:36
社会に生きる人間はクズだって言ってんの!

26 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 01:38
まんこの実存論的分析をやります。
御期待あれ。

27 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 01:43
>>25よくわからんが、大丈夫か?

28 :25:2001/07/17(火) 01:45
えっ、ちがうそんな事、このおっさん言ってなかった?

29 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 01:49
>>28
ひとへの頽落ってことかな? 誤解だよ。
つか、うんこの後に出てくるから、あわくっちゃったよ。

30 :25:2001/07/17(火) 01:56
誤解?
じゃあ要点は何?

31 :7:2001/07/17(火) 02:01
>>16
>言葉に意味を込めすぎたっていうより、
>(なにしろ諄々とそれらの言葉について説明ないし展開してた)
いや、その後者の部分が丁寧に書かれてあるのは、分かるのだけど、
その手法が、他の人にとって、一意的でなく読み取れるものだったと
いうことを述べたつもりだよ。

>透明な態度(彼にとっての直感は現象学的な陶冶を経ているとみなきゃね) で
>臨んだとき、言葉の用法が常識とずれることを厭わない、
>そんな書き方だったんじゃないかな。
言葉の用法がずれるのと、新しい用語をたくさん作るのとは、
全然ちがうことだよ(訳に無理があるのかな?)。
言葉の用法を、イメージの輪郭を日常用語をうまく使って画しつつ、
最終的に修正する・厳密化するようなアプローチを、彼はとっていたの?
もしとっていたのなら、7は撤回してお詫びする。
でもって、ひっぱり出してきちんと読んでみることにするよ。
あと、現象学的な陶冶を経てるという点については、その通りだと思うよ。

32 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 07:48
みんなハイデガーは気になるんだなあ。

言葉の使い方にかんして批判的な
意見を述べてる人がいたけど、
ハイフンでつなげて新語を作るのって、
たしかフッサールもやってたような気がする。
まあ、ハイデガーの言語感覚がふつうのドイツ人
にとってもかなり違和感を覚えさせるようなものであった
ことは事実だけど、
『存在と時間』くらいならまだ文章も読みやすいし、
自分でかってに用語を作った頻度だって許容範囲内でしょ、
たぶん。

33 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 11:25
ハイデガーは既存の単語を避ける為に
造語を量産したのでしたっけ。
デリダが『精神について』で
ハイデガーにとって避けるvermeidenとは何かを論じて
ましたよね。

34 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 22:38
せっかく・e・氏が来てるから、、、
何かコメントプリーズ。

論文でハの字も見るの嫌かな、、、

35 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 22:42
>避けるvermeidenとは何か
ちょっとだけ教えてください。

36 :考える名無しさん:2001/07/18(水) 00:09
>Dasein
da zu sein(現にあること、ほらここにって感じ)から出ているんだよね。
極めて一般的だよね。一般的でありすぎて、意味の空白を引き起こしそうなほど。
だから戦略的には正しい命名かな。
でも「存在と時間」読んだ後では、投企と投企されることの弁証法としての、
われわれの存在をはなはだよく現している気がするけどね。
言いすぎかな?

37 :考える名無しさん:2001/07/18(水) 00:24
Dasein は、そこ「にある」存在であるとともに、そこ「である」存在でもある。
そこ「を」存在する、という感じ。
存在の他動詞性というものがあるとすれば、それを、場「それ」が要請する。

38 :37:2001/07/18(水) 00:26
単に存在は存在するのではなく、
場「そこ」に常に既にアフォードされることによって
存在している。
そのことを指し示すのが Dasein だ。

39 :考える名無しさん:2001/07/18(水) 01:14
>そこ
はちょっとね
>場
もどうだろうね

40 :37, 38:2001/07/18(水) 01:54
>>39
何が言いたい? 審判か、おまえは?

da のアフォーダンスとしての構想と、
存在動詞の他動詞性について、
せめて、批判的なことを聞きたいものだ。

41 :考える名無しさん:2001/07/18(水) 02:33
>>40
指呼される"そこ"ってのは、慎重に避けていいんじゃないかな。
アフォーダンスとしての場が存在論的契機の布置なら、
それはより高等な(優れたって意味じゃない)比喩であって、構想ではないよね。
他動詞性も誤解を生みそうだけど、非対称性を生む位相ってことなら反対はしないよ。

42 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

43 :41:2001/07/18(水) 02:53
>>40
うん、つまり存在論的な議論を、存在的な議論に移し変えるのが
どうなのかってことなんだよ。

44 :考える名無しさん:2001/07/18(水) 02:56
>>43
いやっ、存在自体でしょ。

45 :ザ・神様こと吟遊詩人WIZ!!:2001/07/18(水) 07:00
ここは? なにかわかった?
フリーメール書いとくから こんなのもわからない人は
メールで教えてあげるから それと

YAHOOチャットのIDは vaio_yoshida
よろしく

いつまでも簡単なことに頭悩ますこと無い

46 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 08:27
終わりじゃないよね

47 :考える名無しさん:2001/07/20(金) 02:46
Zeitigungは元々ドイツ語にある言葉ですか?

48 :考える名無しさん:2001/07/20(金) 02:58
元は、zeitig形容詞
動詞は
zeitigen熟させる、もたらす、生じさせる、sichを伴えば自動詞化。
それの名詞化?だと思うから、もともとかどうかはわからないが、
容易に作れる言葉だし、それほど奇異でもない。

49 :考える名無しさん:2001/07/20(金) 03:04
>>48
参考になりました

50 :考える名無しさん:2001/07/20(金) 15:02
age

51 :考える名無しさん:2001/07/26(木) 05:23
さいきん、笠井潔の『哲学者の密室』っていうミステリーを読んだんですけど、
笠井の『死への先駆』の解釈はトンデモだって本当ですか?

なんか、笠井は『葉隠』の「武士道とは死ぬことと見つけたり」みたいな解釈だったけど。

52 :考える名無しさん:2001/07/26(木) 15:10


53 :考える名無しさん:2001/07/26(木) 15:47
もし知ってる人がいたら教えてください。
『死への先駆』ってどういうこと?

54 :考える名無しさん:2001/07/26(木) 17:28


12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)