5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

だから、他人(哲学者)の名前で哲学語るなっての

1 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 22:07
哲学ってのは、てめーの頭で考えて初めて哲学っていえるんだよ、本質的には。
だから、ニーチェだの、カントだの読むのは勝手だけど
そこから、自分なりに系統立てた思考を打ち立てられなかったら、
そりゃ、哲学してるんでもなんでもなくて、
唯、本読んでるだけなの。
わ か る ?

2 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 22:12
当たり前だろが、この糞餓鬼
いまさらなに云ってやがる

3 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:13
他人の頭で考えたものと自分の頭で考えたものとの境界線は?
「日本語」という言語を使用している点については?
言語は元来他者のものでは?
哲学者の名前さえ出さなきゃいいの?

4 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 22:16
>>3
1の云いたい事と多分ずれている
つまり、「RAGE」という名でありながら
云っている内容は「カントの言葉」であり、ただの「テープレコーダー」
と云う事だろう

5 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:16
君の思考はオリジナル?
君の思考のソースは?
本読んでないのだが、さらに系統立てた思考を打ちたてられなかったら、
これも本を読んでることになるの?
本を読むって?

6 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:17
>>4
君がそうやって解説するのは1をただ読んでるだけ?

7 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:19
>>1
オマエには人に語ることのできる哲学があるの?

8 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 22:28
つまり、いくら結果が重要だとは云え
「哲学」が、その性質によって「真偽」が、真に問えないものだからこそ
「数学」のように「とりあえず公理、公式を覚えてから〜」というのは
通用しないのだ
カントがあれだけ練った言葉は、それなりの根拠がある
だからこそ、純粋理性批判などという物を
1週間やそこらで読んでしまうのは、その世界観に呑まれることであり
己の思考が入り込む余地がない故に「客観的な」真偽の判断がつかなくなると云う事が云いたい
あの爺は少なくとも愚か者ではないからだ

数学で、公理が間違えていた時に、その系統の中において
自ら自己矛盾を発見できないのと同じである

9 :アルチュセリアン:2001/06/25(月) 22:32
そもそもなぜ『独自の思想』を持つことが、なされねばならない事
なの?アルチュセリアンとしての意見としては、「どのような思想
も先行した思想を加工して、新たな思想が生まれる。」ってこと。
いきなり自分の思想を持とうとしても、そりゃ無理、、、っていう
か、いろんな哲学者の事を知らないで、自分独自の思想を持ったつ
もりになることは、たやすいけどたいがい、誰か先行者の思想が、
すでにそれを語ってたりするから、哲学者の本を読むのは、「敵が
どういう奴か知る」ためにもじゅうようなのでは?

10 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:33
>>1,2
そんな、簡単に自分の哲学を打ち立てられたら、
日本は哲学者だらけだな〜。(藁
多くの思索や問いは、すでにかぶってるんだよ。
オリジナルな問いなど探す方が難しい。
自分の哲学をかたるのなら、著作にするなり、
せめてまとまった形で意見をを述べろ。
それができないなら、小便くさい餓鬼の悩み
でしかない。クサイだけだ。(笑

11 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:38
ぎゃはははは笑ったぜー
1=10

12 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 22:40
>>9
それは確かに必要な事だ
しかし「己」がない者が、先人の本をそのまま読んだら
ただ呑まれるだけではないのかね?
其処からは何も生まれはしない
それが「わがまま」でもよい
己の芯を持っていなければ、それこそただの「カントを語る偏屈」で、終わる

知識とは、利用する物である
カントは目的ではなく、あくまで手段である
カントを良く理解する事
それは、カントと経験を同じくする事であろう
同じ経験からは同じ結論しか出ない
だからこそ、「芯」が、大事なのだ
きちんと消化出来るだけの実力をつけてから、物を食べるべきである
それがないなら、せめて少しずつ食え

13 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:42
大学に入れるだけの頭脳すら持ち合わせていない奴らの詭弁に過ぎない。
なぜ科学が時間軸に沿って発展していくのか考えろ。
お前等の頭脳は歴史の数多の学者の頭脳より賢いものか?
比較するのも恥ずかしくなるようなゴキブリ共が偉そうな口を叩くな!

14 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 22:42
知識とは、利用する物である
カントは目的ではなく、あくまで手段である
(間が抜けた)手段は目的に優先されない・・以下

15 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:44
勉強しない言い訳にしか聞こえないけどなあ。
高校生?

16 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:47
>下等恥的生物を尽く抹殺する者 =いぬのめい
高校中退したんか?

17 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 22:54
>大学に入れるだけの頭脳すら持ち合わせていない奴らの詭弁に過ぎない。
はい、優秀な愚か者発見!正に恥!
大学に入るのに必要なのは「能力」である、ここでは努力も能力に数える
それが確かに優秀である事は保障されている、機械として、利用するのに便利であるという意味で!
それが判断力があるものであるかは、ここにおいて関係ない
ただ、従順で、「少なくとも」与えられた課題をこなすという能力に突出している
だから、企業は優秀な「コンピューター」を得るために、東大等の大学を卒業した者を
優先して、とる、使うコンピューターは、処理能力が高いほうがいい
彼らの多くは「意思」がない、そして、自分で率先して物事をなさない
なぜならば、真に判断力のある者は、己のなすことをそれ以前に決めて、実行しているであろうからだ
大学へ行くことは、判断の先延ばしでしかない
自力で、一人で事を起こす「勇気」がない

何か貸せてんだ、ボケ!!!!どうでも良いわ、こんなこと!!!!
>なぜ科学が時間軸に沿って発展していくのか考えろ。
いつから哲学は科学になったんだ!!!!!!!!!!!
>お前等の頭脳は歴史の数多の学者の頭脳より賢いものか?
そんなこと分かったら苦労はしねえ
>比較するのも恥ずかしくなるようなゴキブリ共が偉そうな口を叩くな!
ゴキはてめえだ!!!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!

18 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:57
垂れ流しか? コイツ

19 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 22:57
>>17
やっぱ、君は単なる工房か。
失望。

20 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 22:59
・・・もう少し面白い事云ったら?
つまらんぞ

21 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:01
諸行無情だって。

気が利いてると思ってるのかな、コイツ。

22 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:05
やたらと独断的・感情的でうんざりする。

23 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:06
>17
どうでもいいことなんだが…
君は哲学的思考を考える際に何を参考にする?

24 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:07
>17
まさにネオ麦。
少年は偉い!と大声出していってみ。

25 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:09
>17
哀れですらある。
大学に入れなかった本当の理由を素直に言ってみ。

26 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:15
>下等恥的生物を尽く抹殺する者
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
.........

27 :下等恥的生物を尽く抹殺する者 :2001/06/25(月) 23:16
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
.........

28 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 23:16
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
世の中の全てがむかつく!!!!!!
.........

29 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 23:20
>>23
とことん自分で考える
結論が出ないことは滅多にないが
自分には中々賢い友人がいるので、悩んだときは彼に相談するかな
哲学者の訳書も読むが、一度に読みきったりはしない
思考に関係のあるところをチョイスする
あとは、世の中で「問題」とされているものを、本が出ていたら買ってきて
状況を知り、自分でその原因及び対策を考える
「哲学」は、役に立たないなどとは云わせん

30 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:42
く、くるってる。廃人や

31 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:46
>下等恥的生物を尽く抹殺する者
結局君も何らかの形で先人からヒントを得てんじゃないの。
みんな書物からはヒントを得てるだけだYO
君はここで哲学的な議論が行なわれていないなどと嘯いてる
ことがあったけど、本当にオリジナリティーのある意見や発見を
こんなところで発表する奴なんか居るわけ無いじゃないの。
独自で論文書くっていうの。
こんなのどこの掲示板でも常識だっツーの!
もっと世間と関わり合いを持ってね。

32 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:48
1の台詞ってどこかで何度か聞いたことがあるんだけど。

33 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/25(月) 23:49
>>31
>ことがあったけど、本当にオリジナリティーのある意見や発見を
>こんなところで発表する奴なんか居るわけ無いじゃないの。
>独自で論文書くっていうの。

・・・馬鹿じゃない?
度量が狭いにも程がある
それこそ痴れ者

34 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:57
>>33
動揺するなよ。
もっと気の利いたこといえよ。
少なくともこれは大多数の意見だから。

35 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 23:58
31の負けー!

36 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:03
いや31は正しいと思うぞ。
おれもこんなところで自分の関心分野に関することを
書いたりしないよ。

37 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/26(火) 00:05
>>34
これが本当に大多数だとしたら
このことは日本の哲学が他に劣る正にその理由である

38 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:09
劣るも何も当人にしてみれば人生かかってるからね。
日本も外国も一緒でしょ。こんなこと。
君が論文に関わる環境に居たことがないだけ。

39 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:10
まるで「論文に関わる環境にいる奴はすべてそうだ」と言わんばかりの
口ぶりだな、小人。  >>38

40 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:10
本気じゃ書きこんでないって事か?
熱くなれないってのは致命的だと思うが、、

41 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/26(火) 00:14
>>38
本当にそうなのか?
論文に載せるにしても便所に書き込む事がその妨げに
なるとは思えないし
名札をもらう為に大学へ行ってしかもそれが人生かかっているとは
それこそ失笑

42 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:22
大学教授は年収いいのよ。
下等クンもそろそろ親のスネかじってないで、
就職活動始めたら。

誰かイッてったよな。人間は生きるためだけに人生の何パーセントか
を費やさなければならないとかなんとか。

43 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:24
ソフィスト、か…。

44 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:24
便所っていってもネットで繋がれてる一部だからね。
ついでにいうと、便所は君が書き込んだスレに限定される。

45 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:25
>>41
というか、本気でやるには、あまりにも軽い場所だろう。(笑
お笑いも求めてる人もいるんだから。

46 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:25
おまえらみたいのが一番嫌いだよ。
一生そうやってすかしてれば

47 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:35
哲学弁士は、それっぽいことを言って稼がないといけないのです。

哲学随筆家は、有償性によってはじめて創造性を発揮します。

48 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:53
うざい。既出すぎ。

ニーチェやカントがはじめて考えた「ことになっている」
哲学や思想だって、それ以前に誰かが考えたことではなかったのか、
という問いには誰も答えを出せない。
また、ニーチェやカントの哲学や思想を
そのまま受け売りしている「ように見える」人も、
自分で考えてそこに辿り着いた(あるいは途中まで行っていた)ことが
たまたま彼らのそれと一致していたのかもしれない。

まぁ、明らかに受け売りの胡散臭いやつもいて、それはムカつくが、
対処法は、こちらが正しい知識etcを身につけて看破するしかないだろ。
そいつらに文句言ってもはじまらないよ。

49 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 00:54
> それ以前に誰かが考えたことではなかったのか
それ以前に考えてはいたが、
発表しなかった/世に知られなかった、ということね。

50 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:00
人の名前と哲学は関係ないんじゃないの?
インド仏教ではあとから釈迦が言ったことにしちゃうし、
中国でも偽書を作るわけでしょ。

「俺がこの思想を考え出したんだぜ」ってのは、単なるヨーロッパの風習なんじゃないの?

それはある意味で、「コロンブスがアメリカ大陸を発見した」ってのと同質のインチキなんじゃないの?

51 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/26(火) 01:07
生きるために哲学思考をせず、食らう為に哲学をする人間・・・・か

52 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:11
「哲学」(日本)の掲載率は80%
「科学哲学」(日本)の掲載率は50%

Philosophical Review(米)の掲載率は4%
British Journal of Philosophy of Science(英)の掲載率は10%

「International Directory of Philosophy and Philosophers」
より。

なんなんだこの違いは!!掲載率80%の査読誌があるのに、
なんでみんな紀要に載せるんだ?

53 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:11
>>47
>哲学弁士
>哲学随筆家
具体的に何人かあげてみて。

54 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:15
終わらせていいんだよこんなすれ。1なんか
あまりにも素朴過ぎる意見なのにみんな過剰に
反応してさ。なんか固着があるんじゃないのみんな

55 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:17
>>51
そのとおり。
仲間入りしないように気をつけてください。

生活の糧のために知識武装して、生きるための思考が現れるとなわばり根性でこれを排撃する輩。

56 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:19
やっぱり研究板がほしいとか思ったりして

57 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:20
>55
落ちこぼれクン
落ちこぼれ同盟を組まないで下さい。

58 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:24
>>57
落ちこぼれました。
収入ありすぎるため、妙な肩肘はって知識をひけらかす必要がなくなってしまったのです。
哲学生活者としては落ちこぼれです。

59 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:24
>>56
哲学研究板こそカスだな。税金泥棒の巣窟になるだけ。

60 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:26
>>57
ゾンビ野郎が何言ってんだ。いつまで
すかしてりゃ気が済むんだよ

61 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 01:27
>>54
同意!

62 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 05:33
>>54
ここに来て誰もが一度や二度
1のような題で煽られた事があるのさ。
ていうかマジ「人生哲学」と「学問としての哲学」
に分けてほしいね。
「学問としての哲学」が偽でいいからさ。
そのかわり偽だからってこっち来んな、臭い。オエッ

63 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 05:34
>>58
プ

64 :電波男Ψ(´д`)Ψ:2001/06/26(火) 08:16
「人生哲学」で煽ってくる奴のHNがさ、「W大学」とか「T大学」とか
「見抜くもの」とかいかにもって感じなんだ。

概念の定義をしてコンセンサスを得る作業してるのに「定義の問題は下らない
からするな」とか、「そんな下らないことする奴は自然を愛でることは出来ない」
とか本当に迷惑至極。

65 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 10:29
>>64
いかに大学といえど、優秀なやつからバカなやつまでは正規分布

66 :名無しさん@1周年:2001/06/26(火) 10:59
私は正真正銘、「1」です。
だから、本読んだり、他人の哲学を学ぶことを否定しているわけでも
なんでもないの。
ていうか、どんなジャンルの勉強でも、スポーツでも
当たり前に基本は大切だから、そこはやりすぎるくらいやらなきゃいけないよ。
ただし、哲学を語る奴ってのは、全員とは言わないが、
いつまでたっても、他人の言葉や考えの引用に終始しているから、
馬鹿馬鹿しくなってきたって訳だよ。
他人が既に言ったりやったことの引用なんかは、
どうしても、それを用いないと説明がつかない時にはじめてすべきものだ。
それを、大多数の「哲学者」達は、はなから、自分ってものを
確立することを放棄してしまっている。
だから、「唯、本を読んでいるだけ」って揶揄したの。
今更オリジナルな哲学を打ち出すのは、そりゃ、大変だ。
唯、他人の本を読んだり勉強するってのは、とても大切なんだが、あくまで、過程であり、
目的到達のための手段にすぎない。
そこを、当たり前に理解していない輩が、
あまりに、多すぎるんじゃないのってこと。

67 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 11:09
>唯、他人の本を読んだり勉強するってのは、とても大切なんだが、あくまで、過程であり、
>目的到達のための手段にすぎない。
>そこを、当たり前に理解していない輩が、
>あまりに、多すぎるんじゃないのってこと。

そうでもないよ(笑)

68 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 11:16
>>66
>いつまでたっても、他人の言葉や考えの引用に終始しているから、

違うね。
哲学板での多くの議論では、引用をしたうえでの解釈妥当性が議論されてるんだよ。
(解釈の妥当性を議論し検討するには引用はさけられない←この方が正確かな)
そこの区別がきちんとつけられてないと、いくら批判がなされても説得力ないね。

69 :名無しさん@1周年:2001/06/26(火) 11:16
>67
どう、「そうでもない」んだか書いてくれんと
さっぱり、分からんね。
ちなみに、66だけど。

70 : :2001/06/26(火) 11:36
下等恥的生物君の言ってることや怒りは僕も以前感じていたからよくわかる。
世の中どこいってもまともな人間は1割程度。それは、T大だろうが、W大だろうが
ドキュソ大だろうがたぶん変わらない。3丁目だろうが7丁目だろうが、9割は
世俗、受け売り馬鹿、意志をもたない。それは、この哲学板だろうが、カント
とかフッサール好きだろうが、馬鹿ばっか。自分の言葉で話してないからオーラ
がない。

71 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 11:38
Productivity や originarity が評価されないのは、日本のこの業界の特徴
であります。他人の業績紹介して食って来た大学教授連がのさばり過ぎです。

72 :バカ:2001/06/26(火) 11:52
>Productivity や originarity

きみたちの主張のどこにそんなもんがあるんだか?


それより厨房のみなさん聞いてくださいな。

>>8で下等君が

>数学で、公理が間違えていた時に、その系統の中において
>自ら自己矛盾を発見できないのと同じである

って書いてるんですけど、これって何と言う定理なんでしょうか?
おしえてくださいな。

73 :電波男Ψ(´д`)Ψ:2001/06/26(火) 11:57
>>72
いやんしみぃずの口調ににてるな。(ワラ
否定するものではありません。念のため。

8さんに公理と定理の違いが解ってるのか甚だ疑問。

74 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 12:24
公理が間違ってたら、自己矛盾するだろ?

自己矛盾が発見できなかったら、その公理は
間違ってないよ?

75 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 12:36
>きみたちの主張のどこにそんなもんがあるんだか?

Productivity や originarityを発揮しようとする気概のことを言って
るんだ。先人の受け売りだけで死ねるか。

76 :バカ:2001/06/26(火) 12:44
>Productivity や originarityを発揮しようとする気概のことを言って
>るんだ。先人の受け売りだけで死ねるか。

厨房さん、それなら、まず先人の知恵を十分吸収してくださいな。
おりじなりてーは無からはうまれませんよ。
哲学は、基本的に結論ではなくて、考え方を学ぶものですから。

77 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 13:01
76<そんなの当たり前だろ。先人を乗り越える気概なしに勉強したって、
ろくな勉強にはならんだろうと言ってるんだ。この世に存在する哲学を
はみ出した部分が自分にあると思わなかったら、一体何のために哲学やる
んだ。大概のところ、実ははみ出していないんだが、それでもまだはみ出し
てるかも知れないと信じて、その境界がどこにあるか知りたくて、やむに
やまれず勉強するんだ。大学で講義するために勉強するのは、ただの「お勉強」
に過ぎん。

78 :電波男Ψ(´д`)Ψ:2001/06/26(火) 13:42
偉大な哲学者は優れた思想史、哲学研究者でもありました。

79 :たく:2001/06/26(火) 13:52
ここ哲学版いるほとんどの馬鹿どもは

あれだ
ドストエフスキーの「罪と罰」の主人公ラスコーリニコフ
簡単に言うと、世界は凡人と天才の二つに分かれてて
んで、俺は天才なので、世界を引っ張るものだと
人を犠牲にしてもいいのだって考えだ
要するに自分は何かを起こせる人物だと
勘違いしてる馬鹿が多いと言う事だ

つーか、こんなネットで
身分を晒さないのは議論は
一銭の価値も生み出さんと思われ

80 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 15:28
例の第5公準だって、その上に無矛盾な体系を作れる。

ちがう公準で代替しても、別の公準の上に無矛盾な体系を組める。

だから、どちらも間違ってはいない。

81 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 15:48
公理から矛盾が導出された場合は、公理に間違いがあることになる
のかな。

82 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 15:58
聞きたいんだが、
「他人の考えを引用しているだけのバカ」
以外の奴は何をしているのかな?

俺の目には「他人の考えを引用しているバカの発言」
を「更に」引用してカスのような「自分の哲学」を垂れ流している
奴しか見えないんだが。
それって同類じゃん、どう違うんだよ。

83 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 16:02
それとも、思いついたような事をいきなり「独り言」のように
レスつけたり、明らかに前の奴のレスに取り付いて
クソ自論で固めたレスをつける事が、
「哲学者の言ってる事をただ引用しただけ」より
上だと思ってんのか?

84 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 16:27
僕は、まだましだと思う。
だって引用なら本開けば書いてあるから。

85 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 17:29
おいおい。本開けばって簡単にいうけど、あんた。
実際に哲学書開いてみろよ。

そこに書かれている内容が難しければ引用しただけじゃ
ただ電波だし、簡単だとしたらなんで読んでない奴がいるわけ?

それでも一応本読んでない奴にも理解(らしきもの)ができてる
んだから噛み砕かれてるって事じゃん。引用してるだけじゃないだろ。
それとも噛み砕いてるのはたいした事ないとでもいうつもりか?

86 :コヴァ:2001/06/26(火) 18:57
>そんなの当たり前だろ。先人を乗り越える気概なしに勉強したって、
>ろくな勉強にはならんだろうと言ってるんだ。

ああ、そんな気概があるなら、こんなくだらんスレッドたてて時間
を浪費せずに、ひたすら勉強したまえ。
こんなスレ立てても、ろくな勉強にはなるまい?

>この世に存在する哲学を
>はみ出した部分が自分にあると思わなかったら、一体何のために哲学やる
>んだ。大概のところ、実ははみ出していないんだが、それでもまだはみ出し
>てるかも知れないと信じて、その境界がどこにあるか知りたくて、やむに
>やまれず勉強するんだ。

 はみ出した部分があるかどうか分かるためにも、なおのこと必死に
他人の著作を読まねばならないね。
やむにやまれず勉強してるんだろ。(笑)
他人のやることなんて気にしてちゃだめだ。

87 :名無しさん@1周年:2001/06/26(火) 19:37
66だけど。
結局自分を納得させるだけの批判ができる人っていないの?
明らかに論破されれば、すぐにでもかぶとを脱ぐけど、
予測範囲内の言葉しかこないのは残念だな。
「自分に言葉」でしゃべってくれ、少なくとも独立した人格を持った者ならば。

88 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 20:11
論破ねえ・・・

自分の主張に安住できるものは幸いである。

89 :>66:2001/06/26(火) 20:12
人に批判を期待する暇があったら
自己省察なさい。
それも哲学ですから。

90 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 20:28
すいません。(おそるおそる)
>>81
のわたしのレスはただしいのでしょうか?
(すいません、数学音痴なので)

 

91 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/26(火) 20:56
にゃご〜
1=66さんへ、ぼくちん、貴方の言ってることまるっきりそうだと思うから反論なんてないよ〜

92 :tet:2001/06/26(火) 21:40
哲学のことは、よく知りませんが、
66の方の言っておられることも何となく筋が通っているように
かんじてしまうのは、私がド素人だからでしょうか?
何となく、ほかの方のご意見は、難しくて理解しにくいものが多いです(私には)
多分、私が哲学に対し無知だから
そうかんじるのだとは思いますが、恐れ入りますが、
素人の私にも分かるように書いて頂ける方、見えましたらお願いします。

93 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 21:54
「私的言語は存在しない」
これを反駁してください>>87

94 :考えぬ名無しさん:2001/06/26(火) 22:55
>>93
まず、存在しない事の論証(私的言語の定義をも)は君の挙証責任。

※ここで、解釈の山が築かれるほど曖昧模糊としたウィトゲンシュタイン
の当該箇所を引用する事ですまさないように!

95 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 23:05
そもそも「私的言語」は形容矛盾である。本来存在し得ないものが存在しない
という言明は命題ではない。反駁 終わり。

96 :どうよ?:2001/06/26(火) 23:10
93じゃねいけど

私的言語とはなにか?

1:原子的な言語はありえない。
たった一人の人だけが、言語を持つということはありえない。
あなたが言語を持っているならば、他の多くの人も言語をもっていなけ
ればならない。

2:その人以外には原理的に理解しえないような言葉をもつ(話す)ことは
できない。(こっちがウィトゲンのいう私的言語か?)

 こんな感じでどうよ。

 

97 :ななし:2001/06/26(火) 23:21

言語というものに最初から他とのコミニケ−ションが
前提とされるからでは?

ほとんど96と一緒かも。

98 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 23:28
邪魔するようだが、おもしろそうなので一言。
「私的」だったら言語でありえないというような理屈だったと思うが。(201節)

99 :93:2001/06/26(火) 23:30
先に書いてくれたのか>>96,>>97 どうも。
>>94別に煽りのつもりで書いたんじゃなかったんだが・・
まず「自分の言葉」を定義してないからなあ> >>87
「※ここで、解釈の山が築かれるほど曖昧模糊としたウィトゲンシュタイン
 の当該箇所を引用する事ですまさないように! 」
なんで?同じ解釈だったら同じような言葉でしか表現できないと思うけど

100 :93:2001/06/26(火) 23:36
あ、それと私は経済系の学生で哲学は素人なので
「自分の言葉」で分かりやすく反論してね>>87
「自分の言葉」が何を指すのかは知らないけど。

101 :どうよ?:2001/06/26(火) 23:44
ごく普通の意味での「自分の言葉」なんじゃない。
引用じゃないという意味での。

でも、まあここで不毛な議論するより、実践した方が全然生産的なん
じゃない。
これこそ哲学だとか、いいあってるより、実際に自分が興味あることに
ついて議論していった方がぜんぜん意味あるとおもうしね。

102 :93:2001/06/26(火) 23:51
>>101
「でも、まあここで不毛な議論するより、実践した方が全然生産的なん
 じゃない。 これこそ哲学だとか、いいあってるより、実際に自分が興味あることに
 ついて議論していった方がぜんぜん意味あるとおもうしね。」
確かにそうですね。どうよ?さんいい人ですな。
またたまにここ見てみます。ありがとう。

103 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 23:52
で、皆さんが哲学をやる目的というか、ゴールは何なのよ。
俺の場合、これまでの哲学に新しいものを付け加えようなんて
大それたもんじゃなくて、ただ自分の思考を鍛えるためだけに勉強してる
けどね。本気でやってる人達ってどうなのよ?

104 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 23:56
最初は興味本位だった。
女にもてそうというのもあった。
表面的知識で他人を煙にまけるという、妙な優越感もあった。
今では飯を食うネタ。

105 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/06/26(火) 23:59
>>103
それは、結論を出す為ですよ
(もしかして哲学書を読む、研究する事を「哲学する事」と云っているんじゃねえだろな・・・)

106 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 00:08
俺は「本気でやっている人」には分類されないと思うが・・・

今自分が考えていることに表現を与えたいから、過去の哲学者の書いた本を
読んでいる。それこそ、「言語は私的ではないから」

107 :考えぬ名無しさん:2001/06/27(水) 00:15
>>99
ウィトゲンシュタインの同じテクストの同じ箇所からすさまじい数の対立する諸解釈
が出てきているのが現状です。
従って、少なくとも、自分の「解釈」の提示でなく、原テクストの引用で終わらされた
なら、諸解釈の内のどの立場なのかあるいは今までにない新たな解釈なのか、後者であ
るとしてどのような理解なのか、そこが不明なままに終わるのがみえみえだからです。

108 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 00:50
>>105
哲学書を読んでない奴がごちゃごちゃうるせえな。

109 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 15:36
ge

110 :kass:2001/06/27(水) 15:49
うーん、確かに1の言っていることにはあまり賛成できんな。
ただ、ここの板で熱く議論している人たちは、
本当に人生を解決したいという目的のために哲学を
やってるんだろうか、という感じがたまにするけど。
べつに人生というのは個人の一生のことではないよ。
なんていうの、自分の頭のよさを競争しようとしている
だけにしか見えない人がたまにいるような気がする。
ああ、でも、103さんとか105さんのような方もいるのか。
哲学って、唯一実践的価値が認められてる学問だと思ってるんだけど、
偏見かなあ。

111 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 16:16
人生を解決する為の哲学は人生を解決するしか
役に立ちません。
それは「人生哲学」というもので
学問の哲学とはあまり関係ありません。

112 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 16:42
そろそろ、屁理屈はやめて、
実践的に行こうぜ。
理屈のための理屈なんて、
浣腸して屁をたれた、SMクラブの会員のゼネコンの部長さんくらいな
価値しかないぞ。
確かに1は、何も分かってなさそうなくせに生意気だ。
だったら、奴を打ちのめすマイクタイソンのパンチ、
必要なのはそれだけさ。誰か放ってみろよ。

113 :のんたん:2001/06/27(水) 17:33
できないよ、できないよ
だって1のいうことは全くその通りだよぉ@

114 :kass:2001/06/27(水) 17:48
論理的なスマートさって、
それほど重要なものっスかね?

115 :のんたん:2001/06/27(水) 17:54
論理的なスマートさは、あったほうがかっこ(・∀・)イイ!!のん@

116 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 17:55
別に屁理屈でも理屈の為の理屈でもいいから
自分のいる所から出ないでください。
そう思ってんならなんでそういう人達と関わろうと
するかねえ、矛盾してるよ。

117 :のんたん:2001/06/27(水) 18:11
_ , '⌒ ⌒\
\\ ノ// ヘヘ、
 '(○) |||)、 ヽMノノ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ' 'へ゛ーノ   (゚Д゚) <  矛盾のない人間は、人間じゃないのん@
    (  ̄ ̄ ̄《U⊃U  \________
    |  ー−− | |
    |__|   | |
  ∠|_|_|_|_|_ゝ 丿UU
    |__|_|
    | ||
    |__|__|
    | \\

118 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 18:16
微妙に怖い・・・

119 :のんたん:2001/06/27(水) 18:23
こわくない、こわくない

120 :ななし:2001/06/27(水) 18:43
この問いに答えるのは簡単な話で、
いいもの、あるいは、正しいものに
自分のものも、他人のものもないはずである。
そういった区別を求めるのは、
19世紀のロマン主義の産物であり、
人間主義である。

121 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 18:55
えぇ、1です。
まず、初めに、表現的に必要以上に生意気であったことを、
お詫び申し上げます。そうすることによって、
より多くの方々の反響がおこるであろうと、あらかじめ計算してのことでした。
ただし、内容的には、全て本心ですので、
今のところ、撤回するつもりは、ございません。
私は、小さな事業を営む者で、
哲学の専門家でもなんでもありません。
読書は人並みにはしてきたつもりですが、
例えば、哲学に限定すれば、ここにいる多くの方のほうが、
基礎知識としての、哲学(の文献)に関する知識の絶対量は
私なんかより多いことでしょう。
しかし、知識というものは、何をするにもとても大切で有用ではありますが、
特殊な場合を除き、あくまで「手段」である、というのが
私の考えであります。
例えば、私の会社での仕事では、しばしば高等な専門知識が必要とされますので、
スタッフもそれなりに、大学等で深く学んだ者が多いです。
しかし、実際の仕事上で、より高学歴、より上の資格をもっている者が、
より高等な仕事をするかというと、決してそうとばかりとは申し上げられません。
例えば、海外の法人と折衝するにあたって、英語の能力は
しばしば、当たり前に求められますが、しかし、
これもまた、当たり前でありますが、英語力よりも、本質的な折衝力の方が
より求められるのです。英語が話せても、彼らと友人になれない人物では困りますし、
それよりは、話せなくても友人になれる人物の方が、よほど有用です。
哲学する、あるいは哲学を学ぶ、とは、己を知らんとすることに、
その本質があると、私は解釈しております。
ただ、未熟な自己を知るために先達の言葉から学び取ろうとすることは、
無論尊いものでありますが、しかし、哲学を学ぶ本質から考えますと、
やはり、そこはあくまで「過程」であって、
目的地ではないはずです。
突き詰めて考えれば、目的地そのものが、実はないのかも知れません。
しかし、あえて、その道を行かんとするのに、
いつまでも石橋を叩くのに始終してしまうのなら、
それは、哲学を学ぶということから、本質的にはずれた
行為ではないかと、私は考えるのであります。

122 :ななし:2001/06/27(水) 19:06
>>121
>哲学を学ぶ、とは、己を知らんとすることに、
>その本質があると、私は解釈しております。

もちろんその線で哲学を規定するのは一向にかまわないと
思いますが、それだけが哲学の全てではない、ということも
同時に知っていただきたいと思います。

123 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 19:10
>>121
>未熟な自己を知るために先達の言葉から学び取ろうとすることは、
>無論尊いものでありますが、しかし、哲学を学ぶ本質から考えますと、
>やはり、そこはあくまで「過程」であって、
>目的地ではないはずです。
>突き詰めて考えれば、目的地そのものが、実はないのかも知れません。
>しかし、あえて、その道を行かんとするのに、
>いつまでも石橋を叩くのに始終してしまうのなら、
>それは、哲学を学ぶということから、本質的にはずれた
>行為ではないかと、私は考えるのであります。

結局何が言いたいのかわかりません。
「目的地そのものが、実はないのかも知れません」との暫定的判断から、
「いつまでも石橋を叩くのに始終してしまうのなら、それは、哲学を学ぶということから、本質的にはずれた行為ではないか」
という結論が導き出される、根拠が不明です。

>しかし、知識というものは、何をするにもとても大切で有用ではありますが、
>特殊な場合を除き、あくまで「手段」である、というのが私の考えであります。
哲学自体は、思考法の洗練、思考力の鍛練であって、何ら実践的なものではない、との有力説があります。
その辺の検討が薄弱と思われます。

124 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 19:57
121です
>123
それほど不明瞭な表現を使ったつもりはなかったのですが。
「目的地がないのかもしれない」というのは、おっしゃる通り、
あくまで、「暫定的」に用いたのであります。
こういえば、よろしいでしょうか?
ここを掘ったら、金鉱がみつかるかもしれない、と仮定します。
実はないかもしれない。
でも、本気で金鉱を探し求めるのならば、あれこれ理屈を述べるのも大切ですが
まずは、掘ってみないと、何も始まらないんじゃ、ということです。
「何ら、実践的なものではない、との有力説があります」とのことですが、
それを諾とするか否とするかは、判断の分れる所でしょう。
私は別に実践的でないものを軒並み否定するものではありませんが、
哲学がそうであるとは、思いません。
特に特定の信仰を持たない方にとって、確固たる哲学は、
文字通り心のよりどころとなり得ますし、実践的であるといえると、私は考えます。

125 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 20:04
>>1
哲学における実践とは具体的に
どのようなものであるとお考えでしょうか?

126 :kass:2001/06/27(水) 22:17
>>122
失礼しました。

127 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 22:35
>>126
貴方を一生許せないだろうと思います。

128 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 22:39
>>126
俺も君のような酷い奴を許す事ができません。

129 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 22:44
>>126
こんなに極悪な人間がいようとは思いませんでした。人として許すことができません。

130 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 22:45
>>126
君のせいで人間不信に陥りそうです。

131 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 22:46
>>126
貴方と出会って私は心にトラウマを抱え込むようになってしまいました。何も気にせずに笑っていたあの頃が懐かしいです。

132 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 22:48
>>126
死刑になることを切望せずにはいられません。

133 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 22:48
>>126
君の書き込みを見て以来、我が子の笑顔が消えてしまいました。我が子の笑顔を返してください。

134 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 22:56
>>126
どうしてそういうこというかなぁ・・。
いい方ひどいよぉ・・。
でも頭は自慢できるほど悪いよぉ・・。
下級家庭に育ったからかなぁ・・。
社会の底辺で細々暮らす自分んちでは「ヤリマンクズ」が精一杯の煽りなのになぁ・・。
上流階級もしくは並の暮らしが出来る人にはわからないだろうなぁ・・。
ほんとに・・。

ふぅ・・。

135 :考える名無しさん:2001/06/27(水) 23:56
偉大な哲学者も以前の哲学者の功績を知り、それを肯定したり否定したりしながら
独自の思想を作っていったんだし
うちらは別に神じゃないんだから何もないところからモノはつくりだせないんだし
そのうち「自分で拾ってまとめて(時には捨てて)構築した言葉」をもてばいいと思う

136 :工房大師:2001/06/28(木) 01:16
およそ哲学とは「己を知らんとする」方向ではなかろうか?
それは、単なる「知性的」営みであろうか?
それは、単に「知性的に見せたい」営みであろうか?
どこかの商売人のように「思想」を売り歩くためのものだろうか?
「私の思想は上手に機能するよ」と言ってシェアを占めるためのものだろうか?

「哲学」は「言語」という道具を使うだろう。
「言語」と云う道具は、一体何であろうか?
その道具は、"正しく"機能するのだろうか?
一体、「哲学」は、何をすべきなのだろうか?

「思想」というのは、結果である。
真の哲学者は思想を打ち建てはしないだろう。それは、結果、「生じている」のだ。
また、もしそれが「普遍的」であるならば、彼だけのものではない。
彼の言葉は人類、人間の遺産である。

137 :考える名無しさん:2001/06/28(木) 02:39
で、人間の遺産とまでいえるほどの哲学は? 哲学者の遺産ではなく。
 >>136

138 :名無し:2001/06/28(木) 02:40
だから、日本の哲学って、いらないんだよね。

139 :考える名無しさん:2001/06/28(木) 02:41
というより、日本に哲学がいらないのかも。

140 : :2001/06/28(木) 02:55
>哲学を学ぶ、とは、己を知らんとすることに、
>その本質があると、私は解釈しております。

ドキュンだドキュンだ
わ〜いわ〜い

141 :工房大師:2001/06/28(木) 06:20
>>137
>>で、人間の遺産とまでいえるほどの哲学は?哲学者の遺産ではなく。

「知らない。」

142 :電波男Ψ(´д`)Ψ:2001/06/28(木) 08:37
>>140
>ドキュンだドキュンだ
>わ〜いわ〜い

おまえはバキュソだ。

143 :考える名無しさん:2001/06/28(木) 11:23
ここを読むと、哲学に2種類あるのがわかる。
学問としての哲学と、一般家庭用の哲学。専門としての
科学と一般大衆科学の関係に似てる。

144 :ほんまぐろ:2001/06/28(木) 12:28
あなたのこのご意見自体、すでに語り古されてしまっていますし、
この立場っていうのは、あなたが独力で到達した境地でもないわけでしょ?
あなたは単に名前を出さないか、もしくは忘れてしまっているだけです。
その大切な人のことを。

全ては収集と解釈と配列に終始するもんだと思いますけど。
哲学なんてね。自分だ自分だなんて瑣末なことに拘るのは、
哲学の門外漢だけで十分です。もう耳たこですよ。なんちゃって。

145 :考える名無しさん:2001/06/28(木) 12:39
144< オレはここに居るんだ。その事実をどうしてくれる。

146 :考える名無しさん:2001/06/28(木) 13:27
145<あんたの発言も哲学では語り尽くされてる。

147 :考える名無しさん:2001/06/28(木) 16:06
ずぶの素人の私は大体こんなふうにこのスレを理解したけど、あってるかな

1「どうして同じ太陽に照らされてるのに、晴天は青くて夕焼けは赤いの」

研究者「それはね。そもそも空を照らす太陽光にはいろんな波長の光が…
 (以下長い説明…略)
 というわけで晴天は青くて夕焼けは赤いんだよ」

1「難しい知識の披露はありがたいけどさ、そもそも研究者てのは
 自分で自然の仕組みがどうなっているのか考えるものじゃないの?
 だったらスペクトルだの、波長だの、散乱だの、反射だのといった
 昔の科学者が使った言葉を引用するだけじゃなくて、自分の言葉で説明してよ。
 あんた結局、ニュートンだのアインシュタインだのの公式をやみくもに覚えて、
 彼らの受け売りをしてるだけじゃん。それでもあんた研究者?」

研究者「つうかそもそもお前は俺の説明をちゃんと聞くつもりすらなかったろ、
 だったら俺に話し掛けてくんな、うぜえ」

148 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 00:43
>>147
まあそういうことだと思います。

149 :名無しさん脚:2001/06/29(金) 11:43
147=148?

150 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 11:58
>>147
>ずぶの素人の私は大体こんなふうにこのスレを理解したけど、あってるかな

間違ってます。
あなたの科学者批判もこの板批判も的をはずしまくりです。

151 ::2001/06/29(金) 12:48
 哲学って概念が生まれる前に
哲学を始めたヒトだけが本物の
哲学者だって言葉を聞いたことがある。
 それを言ったヒトは
自称哲学者。なんだそりゃ。

152 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 13:38
147< つうかぁ
1「あんたら教科書に書いてあることしか考えられんの?そんなんで
本当に研究者?」と言ってるような...

153 :名無しさん脚:2001/06/29(金) 14:33
うーん。一通り読ませてもらいましたが、
どちらかっていうと、1の人(その後に言ってることも含めて)
の言ってる事の方に、共感します。
でも、最近出てこないのは、何で?会社忙しいのかな?

154 :名無しさん脚:2001/06/29(金) 14:54
哲学って屁理屈ってこと?
もう少し誰でも分かるように言えんのかな?
言葉って、伝わってなんぼでしょ?
何いってんのかさっぱりだ。
さいなら。

155 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 15:09
世渡りに必死なのさ。
1さんの関心は力学さ。彼の現実である社会の力学さ。

156 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 15:54
>>1
このスレは中島義道・森岡正博によりとっくからガイシュツです
やつらの本やら論文読んでみろや
よってsage

157 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 16:06
>>1は、自分で裁いた言葉に
自ら裁かれるのであった
sage

158 :名無しさん脚:2001/06/29(金) 16:25
>156
本当にそう思うんなら、どうガイシュツなのか教えていただけませんか?
153です。

159 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 16:28
>>150
どう間違っているのかを具体的に説明しないあたり
煽りくさい。

160 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 16:30
>共感します。
人に聞く前にどう共感したのかを教えてくれよ。
教えて厨房じゃなければ。

161 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 16:42
微妙に不穏な空気が

162 :考える名無しさん:2001/06/29(金) 16:48
>言葉って、伝わってなんぼでしょ?
正確にいえば難しい、わかんねえ
簡単にいえばなーんだそんな事か、失望した、と理解した気になる
奴に進んで教えるほど暇じゃないんだろ。

163 :名無しさん脚:2001/06/30(土) 11:17
いまいち盛り上がりに欠けてきましたね、ここ。

164 :名無しさん脚:2001/06/30(土) 14:59
形成派の言によれば
「なすがままに」ってことですよね?
つまり真理はそこで既に究め尽くされている、というのは
暴論だろうか?

165 :考える名無しさん:2001/06/30(土) 15:06
認識しなけりゃないのと同じ。

166 :名無しさん脚:2001/06/30(土) 15:23
>164
否、なすがままにってのは、形成派の中でも多数派ではなく
むしろ異端であり、少なくとも「スタンダード」とは違う。

167 :名無しさん脚:2001/06/30(土) 17:37
kage

168 :147:2001/06/30(土) 19:54
私はずぶの素人だが1には共感できなかったので、
>>147ではむしろ科学者に感情移入して、
1を批判するために書いたつもりなんだけど、

科学者批判と捉えられちゃったね、なんで>>150はそう捉えたのかな
私には>>147の研究者の態度に問題があるとは到底思えないのだけど、
これを科学者批判と捉えてしまうひとが研究者の側に出て来てしまうってのは
どういうことなのかなあ。

つうか私の147の喩えがへなちょこ下手っぴだったので
意図が分かりずらかっただけのことっぽいけど

169 :考える名無しさん:2001/06/30(土) 23:31
>168
どこが共感でけんのか書け

170 :147:2001/07/01(日) 00:13
>>169
共感できないというか、
他人(哲学者)の名前の哲学を参考にしながら話をすすめることを
「自分で考えてないからだめ」と見做しちゃう1がなんかバカっぽいなと。

哲学がもし他人の名前の哲学を土台に研究を進めてはならないものだとしたら、
それこそ哲学は学問としては成り立たないでしょたぶん、
(他人の業績を土台にすることを「自分の考えではないから駄目」と
 排斥されるような学問って、ありうるだろうか)
ここは人生哲学板じゃなくて学問文系カテゴリの哲学板なのだから、
もし1が思う哲学者がここにいなかったとしても、
それはただこの板でそれを求める1の方が間違っているに過ぎない。

このスレの上の方で散々述べられていることの繰り返しになっちゃったけど。
わたしはそっちの意見がまともだと思ったわけ。

171 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 04:29
俺は>>147はよく分かったし、
おもしろかったよ。

大事なのは自分が哲学するということだ
ということがよく分かっていれば、>>1のような
意見が出てくる余地はなくなる。

172 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 04:53
そういや上の方でいぬのめいがアホゥな事を抜かしていたな。

自分の哲学観を人に押し付けるんじゃねえ。

173 :名無しさん脚:2001/07/01(日) 12:02
ge

174 :名無しさん脚:2001/07/01(日) 12:37
あのさ、俺には1の方がはるかに心に響くよ、
屁理屈ならべてるあんた達よりは。
何か、具体性に欠けるっていうか、抽象論に過ぎるよ、おたくら。
批判するなら、もっと具体的に行かなきゃ。
それでなくても、哲学なんて誰も見向きもしない空論なんだから。

175 :哲学板代表:2001/07/01(日) 13:00
そこまでいったんだから、具体性のある論というものを
聞かせてもらおうか。
俺は素人だからって逃げるなよ。

176 :哲学板代表:2001/07/01(日) 13:03
大体、哲学と他の学問とはなんら変わらないぞ。
違うと感じるのはそれが「人生哲学」だからなんだが。
まあなんでもいいから、書いてくれ。
批判ばかり述べるバカタレじゃなければ。

177 :名無しごん:2001/07/01(日) 13:37
議論に進展がないね。双方。
よって引き分け!
新鮮味がないよ!どっちも!

178 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 14:11
人の名前出しときゃあ反論されにくいからだよゴルァ。
自分じゃなくてそいつを否定しなきゃいけないしね。
そうなると知らない奴じゃあどうしようも無いでしょう。
それに自分の意見じゃ誰も賛成してくれんのですわ。
哲学なんてやってる奴らは特にね。
そこで権威ある先生方の名前を出してやるわけですよ。

179 :哲学板代表:2001/07/01(日) 14:12
引き分けかよ(w
俺には生とは何か? 死とは何か?
などの「哲学的」なものと「哲学」を
混同したバカがぎゃあぎゃあわめいているようにしか
聞こえない。

180 :哲学板代表:2001/07/01(日) 14:15
(゚Д゚)ハァ?
人の意見だろうが、出された意見に関係ないだろうが。
権威あるって何だよ(w

181 :哲学板代表:2001/07/01(日) 14:24
>知らない奴じゃあどうしようも無いでしょう。
はい?
なんですか、それ。
自分の意見をもっている奴はどの角度から反論されても
自分の所見から反論を述べる事ができる。
素人である事を盾にして一面の事だけにしかレスをつけられない
奴とは違うんだよ。
哲学は学問なんだぞ。
いろんな角度から反論が来て当然。
それをズルイ、俺は知らないのにっていうのは厨房だろうが。

182 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 14:36
>181
177です。
別に1の見方もしませんが、
あなたに行ってることって、
やっぱり抽象論ばかりで、中身が感じられない。
「代表」するほどの弁は立っていませんね、どなたかに
代表は譲ってください。

183 :哲学板代表:2001/07/01(日) 14:45
分かったよ。だがこれだけはいわせてくれ。
素人だからって抽象論をいっていい事はない。
それはわかるだろ。
お前は俺は素人だから足りない意見を
言ってもいいなんて考えてる奴は逝ってよし。
哲学板に来るな。

184 :哲学板代表:2001/07/01(日) 14:47
足りない意見を補うのがお前らなんて勝手に決めるな。
要求するな、ボケ。
自分で補完してからもの申せ。

と最後に代表らしい意見を述べておく。

185 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 15:00
>184顔が見えないからって「お前」呼ばわりするなんて、
気が小さいのね。
あと、冷静に読み返してご覧。
日本語になっていないよ。
とにかく、代表、失格。

186 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 15:14
>>185
内容がないよう。

187 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 15:17
なんというか結局
「理解したくない奴」に何をいっても無駄だって事だね。
それで、他人の意見に日本語になってないだとか、
それでいて気が小さいとか「煽りだけは」きっちり書く
とかで終わらせて引き分けとかいわれた日には……
ヽ( ´ー`)ノ ヤレヤレ

188 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 15:18
で、

とにかく

って何ですか?
冗談?

189 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 15:22
187=代表?
返事になっとらんよ。
だから、1の是非ってことじゃなしに、
あんた個人がなってないんじゃないの?って、みんな言ってるんじゃないかな

190 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 15:30
あのさぁ。
>あんた個人がなってないんじゃないの?
ってどういう意味?
こっちだって返事になってないっつーの。
185のどこが返事になってんだよ。
他人を批判するんだからまず自分から抽象論をやめろや。
お前がまずやめろって?
なんで批判される側が最初に譲歩しなくちゃならんのだ、まったく。

191 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 15:34
>>186
意味わかんないよう

192 :考える名無し:2001/07/01(日) 15:38
>>190
冷静に見てきたが、ちょっとひとこと。
>あんた個人がなってない。
この人間性批判を持ち出すやつにろくな議論
は望めません。みんないってる、世間が・・・
哲学をすこしでも知ってる人間は、
絶対にこんなこといいません。
不毛な議論になる可能性あり。
気をつけてね。

193 :元代表:2001/07/01(日) 15:42
結論として、噛み付こうとてぐすね引いている奴等
と譲歩しあった議論はできないってこった。
奴等は際限なく自分の都合に合わせようとするからな。
「無知を盾にし、偏見を常に正当化する、いや前提化する
奴と議論をしようとしても無駄である」
亡者のように自分の論理の救いがたさを他人に押し付けて
引き摺り下ろそうとするなよ。お前等が正にいってることだ。

自分で考えろ。

194 :元代表:2001/07/01(日) 15:45
もう一度いう。
お前等はこう思っているだろう。
「あっちが譲歩すればこっちだって譲歩するのに…」
それは嘘だ。
相手が抽象論をぶちかました時に、
お前等は少しでも具体的な事を言おうと努力した事はあるか?

195 :じいさま:2001/07/01(日) 16:04
哲学ってつまらなさそう...。
馬VS鹿じゃな。
さいなら。

196 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 16:22
>>195
馬鹿発見。

197 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 16:34
imifumei

198 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 16:39
>>197
プ

199 :147:2001/07/01(日) 16:50
>>174
>何か、具体性に欠けるっていうか、抽象論に過ぎるよ、おたくら。
>批判するなら、もっと具体的に行かなきゃ。

これこそ、かなり抽象的な批判だよね。

たしかに素人目には、ぱっと見1に同感してしまう人が多いとは思うんだよ、
ただ、それに対する反論になぜ174が「屁理屈だ」と思ってしまうかが問題。
なぜなら私は1に対する反論に「もっともだ、確かに」と思ってしまったのだから。

174がもし、それが174に共感した意見の反論だからというだけで屁理屈呼ばわり
していたのだとすれば、それこそ174は聞く耳を持っていないことになる。
抽象的だからという理由はそれこそ抽象的すぎるし。
なぜ174に言わせればここの連中の書き込みが屁理屈なのかを、
174がもっと具体的に指摘しないと話にならないと思うんだけど。

200 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 17:06
最近ここをよく見るのですが、
「元代表」さんは、名前を変えて色々ご自分を弁護されていないでしょうか。(違っていたらすみません)
反対されている方も幼稚かとは思いますが、
少なくとも、哲学をかじっている、という自負のもとに
色々おっしゃるんでしたら、反対さんも含めて
それこそ抽象論でない、お答えをされた方が筋が通りませんか?
いつまでも、同じようなやりとりの応酬しかないと、
かじっている(ように見受けられる)、あなたの旗色の方が
悪くないですか?

201 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 17:23
>200
馬鹿はほっときなさい。

202 :元代表:2001/07/01(日) 18:47
悪いが勉強中なんでそれほど哲学について語れるわけじゃない。
すまん。(だが、いつかはやってみようと思う)

でもな、哲学書を読み、少しでも哲学を勉強しているものに
対して、二三のレスをつけただけで自己満足、優越感にひたって
いる奴を増長させるのはよくないと思ったんだよ。
そういう奴等は最低限自分の考えが「人生哲学」か
「そうじゃない、何か」かを区別してほしいんでね。
まあ、中にはどうでもいいやつ、さっきもいった
「理解したくない奴」も混ざっているけど。

203 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 19:02
>202
結局「語れるわけじゃない」レベルのくせして
「代表」だとか訳分からんことを標榜するあんたが
一番悪い。
語れないんだったら、さっさと、「語れる」人にまかせりゃいいんだよ

204 :元代表:2001/07/01(日) 19:21
都合のいい事だけを切り取って批判するなよ(ワラ
お前のレベルとやらはどうなんだ(ワラ

しかし200に聞きたい。
俺には147の例でさえ、一言のレスで切って捨てる奴が
いる事に恐れ入った。
多分、素人を装った煽りだとは思うが
もし本当にそう思っていたのなら、荒れて悪いが
とてつもない大馬鹿者だと思わないか?
理性をがっちりと感情が押さえつけている、
つまり感性の赴くままにレスをつける奴に誰が教えてやれるのか?
ここは2ちゃんねるで、このような勘違い野郎は際限なく
涌いて出る。
教えてやれ、という前に147の例をもう少し考えてみてくれよ。

205 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 19:26
>204
外国の方ですか?
日本語、もう少しお勉強された方がいいですよ。
あと、日本語には、敬語というものがありますが、
時と場合に応じてそれを使い分けられないと、
誰にも相手にされませんよ、この国では。

206 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 20:05
>時と場合に応じてそれを使い分けられないと
ここは2ちゃんねるです。(プ

207 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 21:39
>205
包茎くんはほっときなさい。
女をイカせられない奴が語る資格なし。

208 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 21:46
>207下品で意味なし。
204が「語る資格なし」ってとこには同意。

209 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 21:49
>207,208
ほっときなさい。

210 :ばんちょ:2001/07/01(日) 21:51
やめろやめろ。

211 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 22:04
207=208=209ナノカー!?

212 :考える名無しさん:2001/07/01(日) 22:05
204の後は一言レスが多いですね(藁

213 :考える名無しさん:2001/07/02(月) 00:06
204は1に批判的なのか?そうでないのか?
どっちなのか教えてくれ。

214 :元代表:2001/07/02(月) 00:31
本を読む事で消滅してしまう脆弱な主張を
振り翳されても困るってもんだ。
影響されそうでイヤなんだろ。

それを批判しているんだが。

215 :考える名無しさん:2001/07/02(月) 02:08
うーん…
知り得ない事に寛容になるのは難しいかもナー
しかし1は204の様な人間がもし人の名を出しても不満なのだろうか?

216 :考える名無しさん:2001/07/02(月) 03:08
あのさ、ちょっとだけいいかな?
「生とは何か?」や「死とは何か?」だって哲学の問題として十分アリだよ。
言われる人生哲学でも体系的で妥当性と普遍性が備わってるとするなら哲学で扱う事は可能。
ただ普通それを論証していこうとすると、よくある哲学命題を避ける事は出来ない。
哲学でやってるのは学問の基礎の基礎で、上の構造物も扱うけど分科した他の学問があるから、、、
もともと全領域に渡る学問なんだからさ。
あんまり限定してくと自分の首を〆かねない。

ただ大半の人生哲学を語る人は、体系的論理的でも妥当性を備えて普遍的でも無いよね?

217 :考える名無しさん:2001/07/02(月) 11:19
あのぅ、趣旨はズレてしまうかもしれませんが、
ここに来ている皆さんは、哲学をどのように
定義していらっしゃるのか、
よろしかったらお聞かせ願えませんか?

218 :>217:2001/07/02(月) 11:57
こんなトコに限らず、
そんコンセンサスがあるわけないだろ。

219 :>218:2001/07/02(月) 12:30
冷たいな

220 :ははは!:2001/07/02(月) 12:42
>>219
ゴメン、ゴメン(反省)
でも、ここに限らず、ひとそれぞれでしょ、言うまでもなく。

221 :>218:2001/07/02(月) 14:10
なんか、最近内容がなくなってきたな、ここ。
前半はちょっと面白かったのに。
1は仕事いそがしいんかな?
炊き付けたんなら、最後までやって欲しいよ。
俺は1を応援しとったのに。

222 :考える名無しさん:2001/07/02(月) 16:40
がんばれ

223 :考える名無しさん:2001/07/02(月) 18:13


224 :考える名無しさん:2001/07/02(月) 20:04
早期中辰関係はどうなってるの?

225 :考える名無しさん:2001/07/02(月) 21:43
仏の間よりも、もっと深い者だろうか?

226 :考える名無しさん:2001/07/02(月) 21:49
あらすな

227 :考える名無しさん:2001/07/03(火) 10:47
age

228 :考える名無しさん:2001/07/03(火) 11:59
>哲学ってのは、てめーの頭で考えて初めて哲学っていえるんだよ、本質的には。
>だから、ニーチェだの、カントだの読むのは勝手だけど
>そこから、自分なりに系統立てた思考を打ち立てられなかったら、
>そりゃ、哲学してるんでもなんでもなくて、唯、本読んでるだけなの。
1さんは良いこと言うね
哲学板は大切な板だけど、ここの板の人はエライ人の本を読みすぎだよ

229 :考える名無しさん:2001/07/03(火) 12:11
哲学は学ぶだけのものではない。
自ら行うものである。

230 :ゾマホン:2001/07/03(火) 12:37
エライ人の本が読まれるのはなぜかを考えた人はいないのですか?

231 :228:2001/07/03(火) 12:42
エライ人の本が読まれるのは読んでないと不安だからだろう
実際に読んでみると古典はさすがに中身が濃いこと多いし
でも、読んでないと話に入っていけない雰囲気というのはなくすべきだ

232 :ゾマホン:2001/07/03(火) 12:52
一面だけを語れないから哲学と思いますです。
本を読んでない人は暗黙の了解というか前提というか
を理解していないので、表面的な議論で外す事が多いと思いますです。
その暗黙の了解とか前提とかいうのはやはり
他人を通した欠けたレスで理解できるとは思えないです。
教えるにしては現在の哲学板には基盤がないと思いますです。
だから、本を読めとしかいえないのではないかと思いますです。

233 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 12:52
実際に1がどの程度哲学書を読んでいるのかは定かではないけど、
本質はついている気がする。
哲学書をたくさん読んでいるらしき方々の反論は、
仲間内では評価されるかもしれないけど、
別に哲学に大した興味なんてない、大多数に中では
支持されないだろう。
哲学なんて、そんな大それたものじゃないだろうに。

234 :ゾマホン:2001/07/03(火) 13:05
だから“暗黙の了解”というものがあるのですです。
勿論、哲学は普通の事をいっているだけですです。

235 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 13:11
>234、232
言う割には、知性を感じさせない文をお書きになられますね。
哲学を語る以前に、日本語を正しく意思疎通の道具として
使用するのに不可欠な「暗黙の了解」や「前提」の欠如が
あなたには、顕著にみられます。
ご立腹されましたら、申し訳ございません。
でも、素直にそう思いました。

236 :228:2001/07/03(火) 13:16
哲学は大学の哲学科や大学院のためにあるのではない
だれもが必要としていてそれなしでは生きて行けないものだと思う
(日常生活には何の役にも立たないが)
本を読まなければ語れないものではないだろう

237 :ゾマホン:2001/07/03(火) 13:23
「普通」の文章を書くには、哲学板は厳しい所ではありませんか?
議論というものは、お互いがお互いの主張を理解しあい、尊重しあって
から進めるものであり、戦いではないと考えます。
ですから、無用な煽りを回避する為にも以前の文体に戻ります。

238 :ゾマホン:2001/07/03(火) 13:26
カントは今までの哲学の問いが「無批判」である事を
主張しましたですです。
ここで、その問いが妥当である事を決めるのは誰でしょー。
問いの見解が一致していなければ、待っているのは
混沌だけだと思いますです。

239 :考える名無しさん:2001/07/03(火) 13:30
中沢新一お得意の「戦略的読み直し」って
いかがわしい。

240 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 13:31
>ゾマホンさん
私も思います。あなたに、「知性」は感じられません。
うちの子(4歳)だったら、思わず、眉をひそめて泣き出すでしょうね。
あなたみたいな人が身近にいたら。
格好悪いですよ。

241 :考える名無しさん:2001/07/03(火) 13:40
>>236
>だれもが必要としていてそれなしでは生きて行けないものだと思う
>(日常生活には何の役にも立たないが)

ここ読んであなたの人生が普通の日常生活からは成り立っていないのではないか
と推測いたしました。

242 :228:2001/07/03(火) 13:41
カントとか中沢新一とか、どうしても著名な人物の名前を言いたいのか

243 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 13:46
>241
日常生活から成り立つってどういうこと?

244 :236:2001/07/03(火) 13:47
>>241
普通の日常生活で成り立ってる平凡な人生を送っています

245 :ゾマホン:2001/07/03(火) 13:53
>>240
前から思っていたんですが、貴方は煽りレスでも
さげませんね。同じ人が何人もいるとは思えませんです。
格好悪い?

246 :ゾマホン:2001/07/03(火) 13:56
ほら、煽りしか書けない人が紛れ込んでいる中で
哲学、哲学的な議論ができるとはとても思えないですです。
話の腰を折る事に全力をかけてるらしいですからです。
「実験」と、奴等は称していそうですが。サムいですです。
アフォですか?

247 :考える名無しさん:2001/07/03(火) 13:57
>>243-244
誰もがそこで生きている日常のなかで哲学が役に立たないにも関わらず、
哲学はそれなくしては生きてはいけないものだと書かれているように見えたのです。

248 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 14:04
>ゾマホンさん
別に煽ってませんよ。だから、下げる必要もありません。
あなたは自分が否定される限り、それを受け止めて改善なさろうとは
しない方のようですね。
それほどムキになるのは、自身、知性が人並みにあるとお考えですか?
「品」も感じられませんね。私には。

249 :236:2001/07/03(火) 14:14
>誰もがそこで生きている日常のなかで哲学が役に立たないにも関わらず、
哲学はそれなくしては生きてはいけないものだ
まさにそういうつもりで書いたんです

250 :考える名無しさん:2001/07/03(火) 14:14
途中から読んでます。

>>248
貴方は4才児の様に扱われたいんですか?
ゾマホン氏が無茶な事を言ってる様には思われないのですが。

251 :ゾマホン:2001/07/03(火) 14:17
>>228
じゃあ、本を読んでいる人とそうでない人は
目的が違うという事でいいですかです?
少しでも哲学書に書かれている思想に触れたなら、
それを理解したいと思う人もいるはずですです。

252 :ゾマホン:2001/07/03(火) 14:20
>>248
独り言はほどほどにするです。

所で貴方は何を求めて哲学板に来てるですか?
228さんのようにも見受けられないし、かといって
哲学書を理解しようとする人にも見えないですです。

253 :228:2001/07/03(火) 14:55
>>251
目的がちがうということはないでしょう
誰もがより良い哲学を探しているのです
本を読んで求める人もいるし身近な人の話やテレビから
自分なりの哲学を得る人もいるでしょう

254 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 17:04
「俺はこれだけ練習したんだ」
「俺なんか、こんなに素振りしてるんだぞ」
と言っても、試合で結果が出なければ、意味がない。
「練習することの意義」について語るのなら別だが、これは、
何にでも、基本的に当てはまるだろう。
「これだけ哲学書を読んだんだ」といっても、
結果的に、彼(彼女)自身の哲学が生み出されなければ、
それはやはり本質的に哲学に打ち込んでいるとは言いがたい。
百歩譲って、哲学に打ち込んでいるとしても、
先に述べた「練習することの意義」について語るのと同じで
哲学を学んだ結果、某か成果を出したとは言えないのだ。
1はきっと、こういっているのだと思う。
正論だし、ゾマホンさんはじめ、ここを
読んでる限り、申し訳ないが、ひたすら「練習することの意義」
を述べている意見が大半だ。
それで、満足している方はいいが、
何ら1への返答にはなっていない。

255 :228:2001/07/03(火) 18:00
>>254
最初コピペかと思った
あなたは自身の哲学を生み出すことができているのですか?
べつに披瀝しなくてもいいけど

256 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 19:54
はぁ。全部読むと疲れるね、さすが。
しかし、こんなこと話し合って何が
面白いのですか?
お互い。
大きなお世話?
うん、二度と来ません。
さいなら

257 :ゾマホン:2001/07/03(火) 20:56
>>254
自分の哲学とはどういうものかを聞きたいですです。
そもそも哲学=人生の目的とかそんなもの
としている場合、私と貴方の哲学が食い違っている
可能性が大きいですです。
別に数学は自分の理論(発見した場合、ある程度は便宜として自分の名前が法則につくが)
は自分の理論ではないのですです。
なぜ自分の哲学でなければならないのか分からないですです。

258 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 21:25
>>257
お前の哲学の定義から云えよ

259 :ゾマホン:2001/07/03(火) 21:31
>>258
お前などという汚い言葉を吐く人間の聞く耳など
持たないですです。
というかお前に命令される筋合いはないですです。
自分から何も問題を作れない癖にいきがるなです。

260 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 21:41
貴方様の哲学の定義ってなあに?(はあと
問題:貴方は何のために生きているのか教えて(はあと

261 :ゾマホン:2001/07/03(火) 21:43
>>260
お前は本物のバカですです。
なんで哲学の定義から
>問題:貴方は何のために生きているのか教えて(はあと
が関係あるのか先に説明しろです。

262 :ゾマホン:2001/07/03(火) 21:45
しょうがないから、261に答えたなら
哲学の定義について答えてやるです。
ありがたく思えです。

263 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 21:49
じゃあ清聴しよう

264 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 21:49
答えたらだと〜

265 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 21:53
>>261
関係などない
上のは貴方様の御意に沿って>>258を繰り返したのでちゅ
下のはこれまた貴方様の>>261を受けたのでちゅ
(゚Д゚)

266 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 21:56
さあ、答えて(はあと
もう言い訳はしないでね

267 :ゾマホン:2001/07/03(火) 21:57
>>265
ぐだぐだといわなくていいから早く答えろですです。
関係ないのならなんで聞いたですか、まあいいですです。
それに答えたなら260について答えてやってもいいですです。

「それ」とはなんで聞いたかですです。
答えたならこっちも明確・納得に答えてやるですです。

268 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:05
つっこみどころが多すぎる〜〜〜!!!助けてくれ〜〜〜!!!
まあいいや
あのね、なんで聞いたかって言うと
貴方が>>259に於いて
>自分から何も問題を作れない癖にいきがるなです。
って云ったから、問題提起をしたのですよ
この質問は、十分問題提起になると思いますがね

269 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:07
貴方は何のために生きているのか教えて(はあと
改め
貴方が生きる目的はなあに?(同じだけど)

270 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:12
しょうがない、ここまで答えてやるといったんだから
答えてやるです。

ずばり私が生きる目的とは

問題提起をする為

ですです。もういいですかです。
さて、次は哲学の定義についてですね。
もう少し待てです。寄生虫。

271 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:13
まさか貴方の生きる目的まで
哲学書から引っ張ってくるんじゃないでしょうな
このスレの題は
「だから、他人(哲学者)の名前で哲学語るなっての」

272 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:13
それよかつっこみどころが多いならつっこめです。
お前はバカですか? アフォですか?

273 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:14
>>271
プ
ププププ
あーーーーーーはっはっはっ。
お前は真性のバカですです。
まだ気付かないですか?
ひゃーーーはっはっはは

274 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:15
問題提起をする事の根拠は如何に?
まさか裏づけもないなんとなくな目的の為に生きているんじゃないだろな
いや、非難はしないよ

275 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:16
電波にも生きる目的くらいあるだろ?

276 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:16
バーーカ、バーーカ。
まだ気付かないですか。
アフォすぎですです。
首吊れですです。

277 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:18
というかもうそろそろさっさと理解しろですです。真性のバカじゃなけりゃ。
でも、お前が教えてくれと懇願しても教えてやらんです。
早く気付くですです。
みなさーん、ここにアフォが一人いるですよ。

278 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:18
教えてくれよん
それとな、馬鹿は、幸せだ

279 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:20
教えてくれないのか
電波は電波なりのでんぱった回答を期待したがやはり無駄か
じゃあね

280 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:29
たったの「「二分」」しか待たないくせに教えてくれないとは
またアフォですね。やっぱりお前には生きている価値はないですです。
それからお前も生きる目的をいえよです。
人にばっか聞くなです。

281 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:30
電波?
お前が電波ですです。
その前にクズですが。
なんならここの住人に聞いてみるです。
私とお前のどちらが電波かを聞いてみろです。

282 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:31
あのね、馬鹿な偽者に言ったんだって

283 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:33
待ってるよ

284 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:36
早くお前の生きる目的をいえよです。
ぐずぐずしてないでさっさといえよです。
私は答えたですです。逃げるなよです。

>>282ー283
今更何をいってるですか?

285 :某スレの106だが:2001/07/03(火) 22:47
下等君、人に迷惑をかけてはいかんよ。
あのスレでは許される(というか許した(笑)が、
人に軽軽しく生きる目的を聞くもんじゃない。
君は、実在論に立ってるようだが、唯名論に立てば(まあ
たたなくても哲学に興味があるものは)、生の意味の問いに
自らとの不可分性を感じている、つまり生きる目的とは最も自分に
固有なものなのだ。だから、他人に生きる目的など質問したり、
答えたりすることに何の意味もないのだよ。この自分の生は、自身にとって
固有のものだから、生きる目的に普遍性などない。というか、生きる目的ぐらい
自分で考えようと思わんのかね?(笑
やるなら、あのスレだけにしなさい。暇な時、相手してあげるから。(笑

286 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:50
おやおや、どうやら逃亡したようですです。
都合が悪くなるとすぐに逃げる癖はやはりお前が
議論もできないクズだという事を示す重大な証拠ですです。
他人のレスには『二分も』待てないのに
どういう事ですか?
釈明しろです。

287 :ゾマホン:2001/07/03(火) 22:52
どうやら私の解答がどういう事かが
本気で理解できなかったようですね。
とてつもなく簡単な事なのに、哲学ですらない
事なのにですです。
もうちょっと一連のレスを見とけです。

288 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/03(火) 22:59
>>285
あのさ、前にも言った通り別に他人の目的を分捕る気なんて当然ないのよ
あくまでも、他人がどれだけ己の存在根拠に固執するかを知りたいのね
>腸内〜さん、上のやり取りを元にちょっとは参考にしてちょ

追伸:石ころに石ころの目的はないということ

289 :ゾマホン:2001/07/03(火) 23:19
しょうがない、教えてやるです。
皆にも聞いて欲しいのでアゲです。
いぬのめいは結局他人に対してある種のアドバンテージを
得たいが為に生きる目的を聞くのです。
よって、答えてやる必要はこれっぽっちもないのですです。

結論はここからですです。
なぜ聞くのか、に対していぬのめいは「なんとなく」
聞いているだけなので。
答えてやる時には同じく「なんとなく」生きていると
答えるのが吉です。
いぬのめいが私に聞いた理由は「問題提起」
でしたので、「問題提起」で返しただけです。
どうやらついに分からなかったバカでしたが。

290 :ゾマホン:2001/07/03(火) 23:21
そもそもつまらん理由で聞いてくるバカに
真摯に答えてやってもバカを見るだけです。
さ、アフォは無視して議論しましょうですです。

291 :Mr.すぽっく:2001/07/04(水) 00:07
人間の営みとはこういうものなのだろう。
勉強させてもらいました。

292 :228:2001/07/04(水) 09:27
良いスレだったのに荒れてしまった
バカだのアフォだの、そんな言葉を使ってしまうと互いを否定しあうことになる
哲学は人(自分も他人も)を大切にするためのものだと思う

293 :ゾマホン:2001/07/04(水) 11:27
しょうがないですです。
奴はそんな言葉を使わなけりゃ哲学ができない奴ですからです。
だからどうしようもないのですです。
駄目な奴は何をやっても駄目ですです。

294 :名無しさん@1周年:2001/07/04(水) 12:13
>>293
お前来るな。
ゾマホンだか何だか知らんけど、
1の命題について何も言うべき答えがないんだったら
来るな。邪魔だ。
俺は、答えが分からないし、だけど興味があるからずっと
静観していた。もう二度と書かないから、
お前も二度と来るな。
真面目にここ読んでいる人に対して目障りだ。
1が気に入らないならそれで全然構わないけど、
それについて何ものべずにひたすら繰言を書くだけの奴なんて
誰も欲していないよ。多分友達や話す仲間がいないから
こんなとこで発散してるんだろうけど、正直迷惑です。
お願いだから二度とこないで下さい。

295 :ゾマホン:2001/07/04(水) 12:27
へっ、結局本によって叩き潰されるような
貧弱な理論を振り翳している奴を見ると
笑いが止まらんですです。
大体1の文章からして煽りが入っているですです。
私の答えですか?
塵のような事いってないで他に有意義な事しろやです。
なんの為に1は主張しているのか理解できないですです。

296 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 12:35
そもそも他人の頭で考えることは不可能です。以上。

297 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 12:43
>295格好いい!
素敵!
きっと、いつか友達できますように!
朝から晩まで、モニタの前でキーボードを無為に叩く生活から
逃れられますように!
いつか、いつか、友達が一人でもできますように!
心から祈っています!
頑張ってください!
私はあなたの見方です!ゾマホンさん!
いいか、あなたにも、きっと友達ができます!
一人じゃないんです!
だから、笑顔を思い出してください!
きっと、おいつかはお友達ができるはずです!
頑張ってください!

298 :ゾマホン:2001/07/04(水) 12:50
どうせここにいる奴等は人の揚げ足ばかりをとって
自分は叩かれないように曖昧な文を打つしかできないです。
負け犬、グズのグズです。
真っ向から議論をぶつけられた事がないのですです。
抽象論に終始して、デカい口を叩く奴が現れたら集中的に
叩くのですです。例えばコピペとか。
それで、結局哲学板のスレッドが流されるなんて
本末転倒ですです、ざまあみろです。

299 :228:2001/07/04(水) 13:50
せっかくのスレなのに誹謗中傷で流されてはいけない
板から出て行けなんて権利は誰にもないはずです
自分の言葉で哲学を語ろうという問題提起はすばらしい
そこにこそこのスレの意義がある

300 :228:2001/07/04(水) 14:56
まず自分から言わなければならない
でも長いレスは自分でも読みたくないからボツボツとひまを見て書こう
哲学の定義からかな
研究者じゃないから気楽に書く
哲学とは この世界とはなにか 人間とはなにか 自分とはなにか
人生とはなにか 幸福とはなにか 死とはなにか 死んだらどうなるか
などについて考えること
どうだろう

301 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 15:32
せっかく下等がゾマホンのキチガイぶりを引きずり出したのに全く生かされていない。

302 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 15:34
>All
奴へのレスは無駄ですよ、いいですね。
完全無視。

303 :ゾマホン:2001/07/04(水) 15:44
何をやってるですか?
>>301-302
反応してやって有り難いと思えです。
感謝しろです。
哲学できない奴には煽らせてあげるです。
さ、どんどん煽って見ろです。プ

304 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 15:47
どうせゾマホンは人の揚げ足ばかりをとって
自分は叩かれないように曖昧な文を打つしかできないです。
負け犬、グズのグズです。
真っ向から議論をぶつけられた事がないのですです。
抽象論に終始して、デカい口を叩く奴が現れたら集中的に
叩くのですです。例えばコピペとか。
それで、結局哲学板のスレッドが流されるなんて
本末転倒ですです、ざまあみろです。

305 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 15:49
ゾマホンは論破されっぱなしで
それでいて自覚がないのが悲しいほどに笑える。

306 :ゾマホン:2001/07/04(水) 15:51
コピペですかです。
だからですです口調にした事が分からんのですか?
アフォですね。

>それで、結局哲学板のスレッドが流されるなんて
>本末転倒ですです、ざまあみろです。

見えないですか?プ

307 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 15:53
ゾマホン=哲学コンプレックスのバカウンコ(w

308 :ゾマホン:2001/07/04(水) 15:54
出た出た、いぬのめいの時にも使った
>ゾマホンは論破されっぱなしで
>それでいて自覚がないのが悲しいほどに笑える。
ですか?
しょうがないからいってやるですよ。

私がいつ論破されましたか?
具体的な証拠をあげないのによくそんな抽象的な事がいえますね(嘲笑

はいはい、これで満足しましたですか?プ

309 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 15:54
>コピペですかです。
>だからですです口調にした事が分からんのですか?
>アフォですね。
お前がお前自身をバカにしているのが笑えるんだよ(w

310 :ゾマホン:2001/07/04(水) 15:55
ふー、やはり一行レスのたぐいは無視しなけりゃならないようです。
めんどくさい。
そういう事で相手してあげないから頑張って長い文章を書くです。

311 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 15:59
>237 名前:ゾマホン 投稿日:2001/07/03(火) 13:23
>「普通」の文章を書くには、哲学板は厳しい所ではありませんか?
>議論というものは、お互いがお互いの主張を理解しあい、尊重しあって
>から進めるものであり、戦いではないと考えます。

と言いながら、煽っているのは、お前。
自分で自分を論破済み、いいや、それは矛盾と言うのです。

312 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 16:00
>>309
電波を相手にするなと言いました。

313 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 16:03
>>312
スマソ。

314 :ゾマホン:2001/07/04(水) 16:04
あれ?
ここで議論なんかしてましたですか?
私?
普通に議論できる所とそうでない所は分けるですよ。
少なくともいぬのめいが出てからは議論なんか
した事ないです。

315 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 16:05
ヒッキー電波ゾマホンの名を語る人間のIQ:2

316 :ゾマホン:2001/07/04(水) 16:06
あーらら、レスが流れすぎですです。
まったく誰のせいだと思っているですか。

317 :ゾマホン:2001/07/04(水) 16:10
いぬのめいと同じ事してますですね。
でも反論はあくまで他のスレッドに書こうと思うです。
逆効果でしたね。プ

318 :ゾマホン:2001/07/04(水) 16:39
入ってねといわれたから入っているです。
でもいぬのめいみたいに素直に反応すると思っている奴は
バカですです。
浅はかな自分の考えを悔いるです。
バーーーーーーーーーーーカ。

319 :昼はヒッキ―の溜まり場か?:2001/07/04(水) 16:45
>ゾマホン
つーかさ、あんたも何やってんのさ?
この板、哲学コンプレックスの常駐荒しが居るんだよ。
コテハンはこいつ等に狙われ易いから完全無視で巻込まれるなよ。
コテハンで書込む時はマトモな議論の時だけで十分だよ。
それに深夜にならないとマトモな奴は来ないぜ。

320 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 16:47
1の言うことって哲学以外の研究室で哲学持ち出すと、
よく言われる批判だね。自分の言葉で言えとかなんとか。
哲学に対するコンプレックスでしかないと思うんだけどウザイ。

321 :228:2001/07/04(水) 17:18
>>320
専門的な用語でしか哲学を語れないっていうことか
本を読んでない人の口から哲学的な話を聞いて教えられることもあるんだよ

322 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 18:02
毎日朝から晩までこんなくだらないことばかり
書きつづけているゾマホンって、
一体何者?
文字通りひきこもっているの?
学生?(にしても、学校いったり、友達と遊んだりしてたら、ここまで暇にはなり得ない)
否ならいいけど、ゾマホン、あんた何者?学生?それとも働いてる?(わけないよね)
もしよかったら、それだけ答えてくれる?
ちなみに、僕は心理学部学生で、一回生ですが、
何か、あんたがどんな心理構造なんだか少し興味があります。
失礼な質問でもあるので、答えたくなかったら、結構ですけど、
恥的なハンニバルレクターみたいな奴かな、と思って。

323 :ゾマホン:2001/07/04(水) 18:13
>322
うん。多分、君の思った通りさ。
でも、それ以上何もいうなよ。
あんまり触れたくない部分だしさ。
いいじゃないか。

324 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 18:18
ひきこもりかぁ、知的障害ですか?(プ

325 :判明:2001/07/04(水) 18:23
今までの煽り、騙り、荒らしのほとんどは、ゾマホンでした。

326 :ゾマホン:2001/07/04(水) 18:29
322=323だな。
ったく、馬鹿を相手にしているとつかれるですです。

327 :女教師:2001/07/04(水) 20:03
ゾマホンさん。あなたがすばらしいことは十分、分かりました。
でも、とても私たち、あなたのレベルにはついていけません。
ですから、お願いですから、他の板で
頑張ってください。応援しています。
きっとあなたはいい人です。ですから、ここへはもう来ないで下さい。
不愉快です。

328 :女教師:2001/07/04(水) 20:09
1です。
久しぶりに来たら、何かあれてますねぇ。
とりあえず、もうやめにしますか?これ。

329 :女教師:2001/07/04(水) 20:18
2です。1の親です、こんばんは。
いつもお世話様。
ゾマホンさn元気?

330 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:20
>心理学部学生
哲学で哲学的にいって、心理学で心理学的にいって、
物理で物理学的にいって、
などといっている専門家、学生など聞いた事ないですです。
というか勝手に自分の憶測を断定する学生ですか?
面白いですです。
ちなみに、で心理学部学生とかいうのが面白すぎですです。
どう関係あるんですか?(爆笑

331 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:22
まーだ私があのスレッドになぜ書き込んでいるか理解できない輩
がいるようですです。
いつまでも虚しく煽ってなさいですです。プ

332 :女教師:2001/07/04(水) 20:22
>ゾマホン
傷ついた?
ごめんね。
実は、実はぼくもヒッキーなんだ。もう、言わないよ。
あんなひどいこと。
ごめん。

333 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:24
それからどうでもいいですけど、
1がサゲで立てているスレッドって笑えますです。
煽りに夢中でそんな事も気付かなかったのですか?ププ
バカすぎ、ですです。

334 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:27
一生sageていろ、ということだろ(w

335 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:27
ゾマホン、あなたの強さに惹かれます
あなたの、やさしさに、惹かれます。
今日は眠れません。

336 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:28
いきなり傷ついたとはこれまた何いってんの?ですです。
なんだか私に対する専用煽りでも名乗ってやろうか、
などとは考えていないと思いますですが。
もしそうだったらアフォの極致ですです。
まあ私は心が広いですから、女教師とかいうHN
にも優しくしてやるです。

337 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:31
一度、あってくれませんか?
ゾマホンさん。
私女教師なんですが、
ヒッキーというか、出不精なんです。
あなたなら、救ってくれそうな気がして。
年は27です。

338 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:35
す、すごい。
まるでチャットのようだ、この板。
にしてもくだらない。

339 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:36
ははは、もうこのHNは汚染されまくっているので
いぬのめいが出た時にしか使えないですです。
それまでは、煽り合いに飽きたら潜伏するですです。
というか諸行無常を地でいく展開になったですです。
いぬのめいが現れた時はどうやったらこいつを追い出すか
悩んでいたのに、今ではこの通りですです。

340 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:37
>>337
あってどうするかを書くですです。
まさか煽りにしても考えてなかったとか抜かすな、ですです。

341 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:38
つまり、消えてくれるん?
悲しいけど、バイバイ。
じゃあ、みんなマジレスたのむぜ!

342 :337:2001/07/04(水) 20:39
>340
会ってお話しがしたいです。

343 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:40
だから煽り合いに飽きたらといっているですです。
哲学板住民には上位スレッドがゾマホンスレッドでも
涙をのんでもらうですです。

344 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:40
>>342
なんでです?

345 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:43
>>343
自分の頭の悪さに気づいたんじゃなくて!?

346 :337:2001/07/04(水) 20:44
>344
あなたなら、私のこと分かってくれそうだし、
救ってくれそうな気がして。
何か似たものを感じます、あなたに。

347 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:45
>>345
その煽りは微妙に脈絡がないですです。
雑魚ですね。
ズィー

エー

ケー

オー

ZAKO!

348 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:46
>>346
貴方のようなゴミを救ってどうしろというんですか?
くずかごにポイならまだ分かりますが。

349 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:46
>346
やめろ、ゾマホン立ってるぞ!
きもちわるい

350 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:47
>>349
(゚Д゚)ハァ?
ですです。

351 :337:2001/07/04(水) 20:48
ひどいことを。
ひどすぎます。
ひどすぎます。

352 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:49
穴とか騒いでいたのによくいいますです。
プププ
今更取り繕ってももう遅いですです(爆笑

353 :司会:2001/07/04(水) 20:49
かくして、2CH史に残る
壮絶ないみなしチャットの幕が切って落とされた。

354 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:50
ビンゴ!(爆笑

355 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:51
残らない、残らない。

356 :20:2001/07/04(水) 20:51
穴は俺が言ったんだよ、穴へ帰れ、荒らし!!

357 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:52
あのさ、消えてくれよ、頼むから。お前。

358 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:53
>>337
そうですかです。
分かってますよです。(微笑

359 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:56
やぁれやれ、ですです。
あんまり調子こいてると、
その内単調コピペ煽りが来るので
退散するですです。
また来たあげるですです。

穴に帰れですか?
ビンゴ!!(大爆笑

360 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:56
ゾマホン、女教師と会うの?

361 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 20:58
>360
絶対その気でいるよ、」こいつ。
でも女教師、もう来ないだろうね、絶対。
他すれで煽られて、間違えてるからな、こいつ。

362 :ゾマホン:2001/07/04(水) 20:58
いやーどうやら私の存在は騙りを生み出すような
生み出さないような感じですねです。
フォーマットはできているから誰でも騙れるですです。
でも元祖は私だという事を有り難く思えですです。
アフォ、ですです、を使えば今日からあんたが
ゾマホンですです。プ

363 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:00
その気でいるよって、どうやって連絡を取るつもりですか?
それを聞きたいですです。

364 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:03
ゾマホンのクッキーが残っている奴はアフォすぎですです。
グーズ。

365 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:03
そんな腐った名など誰が使うか(w
全てお前のレスに決まっている。
他人に罪をなすりつけようとしているのか?
ごめんなさい、そんな脳みそは入っていませんでしたね(w

366 :337:2001/07/04(水) 21:03
もういいです。
たとえこんな場所でも
誰か信じてくれる人がいたならばと
浅はかなことを思っていました。
それに、ずっと、読んでいると、やっぱり
あなたも何か違う気がする。
もういいです。

367 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:05
内容が全くないので、リアル消防でもそっくりにまねられる稀有な奴。

368 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:05
藁がすべて(w だったり、決まっているとかいう言葉で
決め付けられると思っていたり、
罪とかいう単語がスラスラ出てくるお前は面白すぎですです。

罪ですか?
ビンゴ!

369 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:06
何なんだ、ここは...

370 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:06
ゾマホンから腐臭が・・・

371 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:07
>337
バカが多くてすみません。
でも、ここはそういうところです。
何を信じるのですか?

372 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:08
>>366
今度はクッキーを残さぬよう精進するですです。

>がっはっは!
>こっちで「337」にしたら、真に受けてるあの馬鹿!
>いいぞ!ゾマホン!
でしたっけ?
プ

373 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:10
>いいぞ!ゾマホン!

応援されてしまいました。
プププ

374 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:10
>>372
まじか?こいつあ・・・
何にも分かってねえよ、脳外科医に見てもらったら?

375 :むこうの337:2001/07/04(水) 21:10
>372
馬鹿だなお前。
別々なんだよ337は。

376 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:13
ゾマホンは、本当に理解力のない奴なので
>>375のように親切に教えてあげましょう。
いや、ほんとマジで、分かってない。
最初ふりかと思ったが、分かっていない。
煽りじゃない、この内容は、神の存在より信じられる!!!

377 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:13
>372
ちょっと、まじでおば加算だね。
馬鹿だよ

378 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:14
なんかかわいそうになってきた・・・・・・涙

379 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:15
何か、哲学とは関係ないけど、
変に面白いな、ここ

380 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:15
あれ、消えた?ゾマホン

381 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:16
>>375
それは失礼ですです。
で、私が間違っていたから何かあるんですかです。
特に何もないですか?

382 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:16
337さん
哲板一同を代表して、IQ:20ゾマホンの数々の無礼をお詫びします。
本当に申し訳ありませんでした―――――

383 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:17
ゾマホン、バカか課かか化か

384 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:17
>382
否、20はちょっと持ち上げすぎでないですか?

385 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:18
>>381
氏んでわびろ!!!ガキが!!!

386 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:18
向こうの337とこっちの337が同じじゃない事なんて
分かっていましたが、あえてそれをいわなかったんですよ。
まったく、勘違いしないでください。

387 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:19
それから、そんな事どうでもいいでしょう。
もうやめてくれませんか?

388 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:19
>>384
手が滑って「0」が入っちゃった(わら

389 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:21
>386
なんかさ、真面目にむかついてきたよ、俺。

390 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:21
>>387
337さんにわびろ、ガキが!!!!

391 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:21
>>389
同意

392 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:24
>>337
すんまそんですです。
ごみんなさいですです。
でも首は吊らないですです。
というか337の方がバカですです。

…………もういいですか? です。
謝りましたよ、です。

393 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:24
何か、何か、凄いこう、実況中継みたいですね、ここは。
哲学なんて、どうでもよくなってきますね(すみません)
でも、そう思えるくらい、何か、凄いですね。
下手なマンガより面白い

394 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:25
馬鹿なのはしょうがないけどさ...。
救いようがないね、ったく。

395 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:26
これも私の個性の成せる事ですです。
どうせ後世に残る形容詞など分かりきっていますがです。
有り難いと思えです。

396 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:28
>>394
ったく

というのが自然に出てくるのはキモイですです。
即刻首を吊るべきですです。
ブルブル

397 :ゾマホン:2001/07/04(水) 21:31
どうやら哲学板にいる煽りではすぐ疲れて
相手にならないようですです。
もうちょっとダイエットしろですです。デーブ
この時期熱暴走を起こしかけているパソコンの前にいて
虚しくないのですかです。
あーーーーークーラーが涼しいです。プ

398 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:32
いやぁ。しばらく来ないうちに
何のことだかさっぱりわけがわからなくなってますねぇ。
みんなこれ、ひとりで書いてるの?
大変だねぇ、こりゃ。

399 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:33
1-397全部ゾマホンの自作自演

400 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:34
結局、1の命題はどうなったのさ?

401 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:36
>ゾマホン
>>392
で言った「というか337の方がバカですです。」
の謝罪をしろ、ボケ

402 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 21:40
>401
言っても無駄だよ。
正真正銘の馬鹿だからさ。
最初はいくらなんでも、「ふり」をしてると思ったけど、
かわいそうだ(とは思わん)けど、本当に馬鹿なんだ。

403 :337:2001/07/04(水) 21:46
あの、私も毎日仕事は
しているんです。でも、気持ちが
いつもうちにむいているんです。
こんなところ(と言ったら失礼ですが)で
時間をつぶすより、ほかに何かみつけたいんです、本当は。
でも、とにかく、余計なひとことで
混乱させてしまって申し訳ございませんでした。
もう、きっと、来ません。

404 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 22:06
337さん、本当にごめんね。
by哲板代表。

405 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 22:08
,,,。
何か、妙に考えさせられるな。
337さん、おかげでって言ったら失礼かもしれないけど、
何か、色々考えさせられました。
それだけです。

406 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 22:10
目頭が熱くなってきた。

407 :ゾマホン:2001/07/04(水) 22:26
世の中にはこんな奴もいるんだな、とか思った人はいないと思いますですが。
昔ならメンヘル板逝けや、で済んだ事をぐじぐじいうんじゃないです。
他人ばかり見てないで少しは自分を見ろです。
都合のいい所ばかり妄想して考えた気になるんじゃない、です。
お前の人生なんて、そうはいうけど何が妄想なんて分からないとか分かった風な
事をいってうやむやにしているのがまだ分からんのですか。
やっぱりアフォですね。
もう来ないとかいってまた来ていたら大爆笑ものですです。
今、私は2ちゃんねるの他の板のあるスレッドに書き込んでいるです。
それに比べて、哲学板にしかいないお前は何なんですかです。
馬鹿とかなんだとかいっていて実はここにしか来ていない奴は
ほんと存在価値ないですです。人生80年、たかだか十分かそこらですが
少なくともゾマホンお前よりはマシだと思うとかに思考を費やしているバカ
は本当にグズです。他人と比較して自慰している暇があったら哲学しろです。

408 :ゾマホン:2001/07/04(水) 22:53
今度いぬのめいが来るまで潜伏するです。
その前に書いとくです。
悩みを解決するだけが哲学と思うなです。
勝手に決め付けるなです。
その解釈が違って、すれ違いでばっさり切られても
文句いうなです。

心理学板、哲学板にいないでメンヘル板に帰れ、です。

409 :ゾマホン:2001/07/04(水) 23:08
まあとにかくおおまかに407に書かれた事で
心の平安を取り戻す奴が哲学するなんて片腹痛いという事ですです。
お安い価値観というかなんというかです。ぺっ

410 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 00:38
age

411 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 00:42
世の中にはこんな奴もいるんだな、とか思った人はいないと思いますですが。
昔ならメンヘル板逝けや、で済んだ事をぐじぐじいうんじゃないです。
他人ばかり見てないで少しは自分を見ろです。
都合のいい所ばかり妄想して考えた気になるんじゃない、です。
お前の人生なんて、そうはいうけど何が妄想なんて分からないとか分かった風な
事をいってうやむやにしているのがまだ分からんのですか。
やっぱりアフォですね。
もう来ないとかいってまた来ていたら大爆笑ものですです。
今、私は2ちゃんねるの他の板のあるスレッドに書き込んでいるです。
それに比べて、哲学板にしかいないお前は何なんですかです。
馬鹿とかなんだとかいっていて実はここにしか来ていない奴は
ほんと存在価値ないですです。人生80年、たかだか十分かそこらですが
少なくともゾマホンお前よりはマシだと思うとかに思考を費やしているバカ
は本当にグズです。他人と比較して自慰している暇があったら哲学しろです。

>ゾマホン
オマエガナー

412 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 11:43
誰か本題について、語ってくれ

413 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 11:47
結局余計なお世話だと思わないでもない。
棲み分けりゃいいじゃーん。
なんで相手の領域につっかかっていくかなー。
理解できん。

414 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 11:48
337はまた来るよ。今も見てるよ。

415 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 11:57
337って一体何者?
ショックを受けた割には
ひどいことを。
ひどいことを。
なんて
冷静に同じ文章を二回キーボード叩いていたみたいだけど。

416 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 12:56
あんたら、ゾマホンだろ?

417 :リセット:2001/07/05(木) 15:31
思うに哲学科(哲学ではない)は『文学』だと思う。
一般が思っているような純粋に『考える』行為では無い。
一般が想像してる真の哲学者は、何の基準もなく世界に点在している。

そうすれば全て噛み合わないか。
つまり、哲学科の学生にとって1のような問いかけは余りにも理不尽なの
である。『哲学』がそこにある確率は、自分の住処や珍走団やブルガリアの
片田舎と比べても全く変わらないのだから。
彼らの専門性とは、シェークスピアや川端を扱う文学科と同じであり、代わりに
カントやフッサールを読んでいるだけである。読書感想をここで述べて何が悪い。
 門外漢が勘違いして、自分の専門性を否定されたらそりゃ良い気持ちはしない。
あらゆる学問で哲学科だけがそういう役回りをさせられている。同情するよ。
 こういう特異な環境を利とするか否かは学生の自由だけど、私は
「哲学板」と「哲学文学板」の分割を薦める。

418 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 16:27
哲学のことなーんにも知らないで、大学入って哲学の先生に
俺のオリジナリティ溢れる熱い思いを自分の言葉で伝えたら、
「哲学を勉強することは、哲学史を勉強することである」
よってお前はまず勉強せい、と言われてがっくりしたな。
でも、それってほんとだよ。
先人の哲学を学び、批判する(時に先祖がえりする)こと
の繰り返しが哲学なんだよ。
自分だけのオリジナルだと思っていても、
どこかで誰かが既に同じ事を言っていたら、
それはオリジナルな考えじゃないよね。
どこかで誰かが既に同じ事を言っているかどうか、
勉強する必要ってあるんじゃねえの?
そのための哲学史ってワケ。

419 :418:2001/07/05(木) 16:38
おっと肝心なことを忘れてたが、
どこかで誰かが既に自分と同じ考えを述べていた場合、
その「誰か」の考えであることをきっちり明記しねえと、
「誰か」に失礼だろ。はじめの言い出しっぺの功績
を自分の功績にしちまおうって言われてもしょうがねえ。
そういう時ゃ、きっちり「誰か」を明記してから、
テメエの考え言ってみる、ってのが道理ってもんだ。
そいつやらねえと、外道ってな言い草されても文句は
言えねえヨ。

420 :418:2001/07/05(木) 16:41
大学のセンセにもそういう外道はいるらしいがな。

421 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 16:58
そりゃ哲学だけに限った事じゃないだろ。

422 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 17:49
 人間の存在について探求するとき、研究者のありかた、例えば生活様式や考え方、哲学などが最も反映される。心理学や教育学という人間を対象とした学問において、対象への接近法、尺度の用い方は、その研究者が人間をいかに眺めるか、ということに左右される。つまり研究者が洗練された考え方を持って生活していればいるほどに、奇抜で新鮮な、時には力強い考察を行うことができるのである。それゆえに、人間を対象とする学問において、優れた考察が全く理解されない、という事態が最も生じやすいのである。なぜなら、人間としての成長、正しい人間の関わり、あるいは思考の洗練、力強い認識力は、一人一人がこの社会生活のなかで身につけていくものであり、それを身につけていない者には、それを身につけている人間の主張を理解することはできないからである。ここに人間を対象とした学問の独自性がある。つまりこのような学問の成長は、一人一人の人間としての成長にかかっているのであり、それゆえに一人一人の現実の生活の中に、探求者としての資質を磨く機会があるのである。

 我々が認識できる事実は、我々の中に潜在的に生きている法則や、我々が無意識的に行っていること、あるいは我々が身につけてきたものに依存している。例えば我々のなかに物理的な法則が働いていないとすれば、我々は物理法則を理解することはできなかったであろう。我々の中に生殖とか形態の変化、生と死などがなければ、我々は植物の法則や細胞の法則を見いだすことはできなかったであろう。さらに言えば、我々が活動しない存在なら、例えば食べるとか働くとか、あるいは眠るというような様々な活動をしない存在だったなら、我々は動物について知ることはできなかったであろう。我々が何かを知る、というのは、我々の中に生きている法則を、対象に当てはめることによってのみ可能なのである。これらの例で言えば、我々のなかに物質的な側面、植物的な側面、動物的な側面が備わっていなければ、我々はそれらのものを認識することはできないのである。我々は成長するが故に植物が生長することを認識できるし、活動するが故に動物が活動することを認識できるのである。

 この観点から人間について考えるなら、私が先に述べた人間を対象とした学問についての前提を理解することができるだろう。人間独自の本質は、人間自身で培っていく。動物学的に人間の本質に迫る方法はナンセンスと言わねばならない。動物には人間のように何かを解き明かそうという性質は備わっておらず、人間自身への考察は、人間自身の進歩によってのみ可能なのである。我々は進歩すればするほどに、我々自身への新しい認識を手にすることができるのである。人間だけが歴史を持ち、歴史の中で進歩を遂げている。動物的進化と進歩を取り違えてはいけいない。例えば基本的人権が意識されていなかった時代には、その時代の人間も潜在的に人権を備えていたとは言っても、基本的人権についての説明を受けても理解が困難であっただろう。

423 :422:2001/07/05(木) 17:50
 発達心理学における社会的学習理論ほど退屈な理論は存在しないが、我々がそれを部分的に理解できるのは、それが現実の一側面を確かに表しているからである。この理論の提唱者も、後継者も、またそれを理解する読者も、自分がそうされてきたこと(賞と罰の尺度あるいはモデリング)を知っているからである。それは発見ではなく、自分のされてきたこと、していること、つまり自分のよく知っていることを現実にあてはめ、それで全てを説明しようとしているにすぎない。

 認知的発達理論における道徳性の研究を洞察してみると、私の主張を理解するのによい手がかりとなる。この理論は、いかにして道徳を獲得するか、という点ではなく、道徳観はどのように進歩していくか、という研究をしているのである。そしてどのように進歩していくかを語ることができるのは、そこまでの進歩を遂げてきた者だけなのである。他律から自律へ、拘束から協同へ、結果論から動機論へ、という考察のなかには、それぞれ後者のほうが優れたものであるという認識がまずあるのである。でなければ、この研究者はそのような尺度を、研究のために用いることは不可能であっただろう。

 重要な点は、人間としての成長は、はじめから備わっている他の法則とは違って、一人一人が獲得していくということである。だから一人一人、趣も違えば程度の差も大きくなる。新しい法則は、生まれてから生活する中で、試行錯誤しながら、我々一人一人が見つけだし身につけていくのである。その時初めて、我々は人間自身を研究していることになる。人間を対象とした研究は、既存の尺度に当てはめるという他の対象への研究とはことなり、我々一人一人の創造的な行為によって可能となるのである。人間は自らの存在の意義、行為の目標、目的を自ら探求し、自ら規定する。人間は自分自身に従って、自分自身でそれらを決定するのである。人間が世界にどう関わっていくかは、人間の判断に委ねられている。新しく得られた尺度はそれゆえに、同じ真理を見いだした者にしか理解できない。それでも我々はこの事実に打ちひしがれる必要はない。我々は関わりのなかで生きているのであり、その関わりの中でお互いを教育しあったり、示唆を与えあったりすることができる。人間を対象とした学問はまさにそのためにある。そして真理は、誰もが納得できるが故に真理だからである。

424 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 17:50
誰?

425 :ゾマホン:2001/07/05(木) 17:51
大体見当はつくですです。

426 :考える名無しさん:2001/07/06(金) 15:29
age

427 :考える名無しさん:2001/07/06(金) 16:17
>>418
あなたの哲学は誰かとかぶりましたか?

哲学史を学ぶことはとても意義あることだと思う。(418以外にもう一つ大きな
意味があるけど主旨と外れるので置いとく)でも既出かそうじゃないかは本来関係
ないことであって、それはやはり哲学屋の糧としての利便というのが大きいと思う。
哲学科の災難は>>417で書いたが、言い換えるならそれは哲学というものが学問の
根本に位置し、それ故に専門知識が0でもその専門家を論破し得る、さらに言い換えれば
哲学以外の学問は「知識」であり、知能ではない。「知識」はしばしば換金され職と
なるが、純粋な思考としての哲学は換金できなし、誰かのアイディアという特許は
発生しない。
つまり哲学で飯を食うということは、「哲学史」という知識を換金することであって
それ以外の方法で稼ごうとすると一般からは白い目でみられるのである。(本を
売ることはすなわち文学としての「作家」でしかない。本屋を見渡せば、もっと優れた
「哲学書」がある。)

やはり「哲学」と「哲学文学」の間には距離がある。>>422もそれを示唆するものだね。

428 :考える名無しさん:2001/07/06(金) 21:36
屁理屈抜きで話せる奴はいないのか?

429 :418:2001/07/07(土) 02:49
>>427
 少なくとも、俺自身が「俺の哲学」と思っていたものは、どこかの誰かの哲学
とかぶりまくりだったね。
 で、言っとくけど俺のこれらカキコは単なる思い込み(ドクサ)だから、哲学
なんて思っちゃいねえけどヨ。
 ま、哲学史を勉強しろ、なんて先生は、自分の著作を含め、そうやって学生に
哲学書を買わせ、「換金」することを生業にしているとも言えるな。(笑)

430 :考える名無しさん:2001/07/07(土) 06:01
>>429
いいわけすんな。

431 :考える名無しさん:2001/07/07(土) 14:34
age

432 :考える名無しさん:2001/07/07(土) 14:43
やっぱり分割した方がいいよ。学問体系はちゃんとあるんだから。
能書きさんもそこに引っ越してもらえばいいし。

433 :中卒ヒッキー:2001/07/07(土) 21:45
そもそも哲学者の定義ってな〜に?

434 :考える名無しさん:2001/07/07(土) 23:32
>>433
気合いが入っているか、入っていないか。
ただそれだけだ。

435 :中卒ヒッキー:2001/07/08(日) 11:19
>>434
でも気合い思いっきり抜いた時に、何か悟りっぽいモノ感じたりしない〜?

哲学者って名乗ったもん勝ち?

436 :C-Life:2001/07/08(日) 11:28
>>中卒ヒッキー
そもそも哲学者の為す行為って「悟る」こととは対極に位置するんじゃ
ないの?ただ、433の言う「気合い」って案外的を射てるよね(藁
いくら考え続けてもハラをくくらないことには言葉は吐けないからね。

437 :C-Life:2001/07/08(日) 11:30
言葉を吐く=思考一旦停止(藁

438 :中卒ヒッキー:2001/07/08(日) 12:50
哲学者の為す行為ってな〜に?
究極的にどこ逝きたいの〜?
言葉吐かなきゃ哲学者じゃないの〜?

439 :考える名無しさん:2001/07/08(日) 13:03
>438
無駄だ。
結局ここに来る奴は知ったかぶるやつばっかで、
ムズカシイ言葉使えば、「コリャ哲学だ」ってのばっかりだから。
「無知の知」なんて、生まれてこの方想像したことすらないんだからさ。
ほっとけよ、そんな奴は。

440 :考える名無しさん:2001/07/08(日) 13:10
無知の知を口に出す奴は恥ずかしい。
これは定説です。

441 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/08(日) 13:24
いいじゃないか、哲学史を研究して分析する事を
哲学と呼んでも。
本質的に考える人は、そんな事にかかずらう暇はないよ。
いいから勉強しろ。

442 :中卒ヒッキー:2001/07/08(日) 14:14
>いいじゃないか、哲学史を研究して分析する事を哲学と呼んでも。
悪いなんて思わないよ〜。
逆に、哲学的要素を一片も含んでない物事ってなんかある〜?
1人に哲学書、1人にドラえもんを読ませて感想文書かせたら、
その内容が同じだったって事もありえるんじゃな〜い?

443 :考える名無しさん:2001/07/08(日) 14:47
>440
何がどう恥ずかしいんだ!定説だか何だかしらねぇけどよ、
そういう、お前みたいなのが俺は一番むかつくんだよ!

444 :二酉:2001/07/08(日) 15:58
>>440
現在の定説がすべて正しいとは限らないと思ふ。
そこまで考えるのも哲学の仕事(と言ったら語弊があるが)じゃ?
ついでに定説っていってもそれは同じフィールドに居る人になら通じるけど
そういった意味で「定説だから」というのはこういった場では
何ら説得力を持たないと思う。ああ、わけわかんなくなってきた・・・

445 :考える名無しさん:2001/07/08(日) 16:56
>>440
ただ単にシャクティパットのおっさん(名前忘れた)
の真似してるだけだと思う。

446 :中卒ヒッキー:2001/07/08(日) 17:18
哲学書読んだ人と読んでない人の主張が同じでも、
そこに優劣は無いんじゃな〜い?
電車で行こうが、徒歩で行こうが目的地に着けばいいわけだし〜。
必ずしも電車で行った人の方が先に着くとも限らないし〜。
そもそも哲学って競争じゃないんじゃな〜い?

447 :考える名無しさん:2001/07/08(日) 17:47
>>446
目的地にいたるまでの家庭を大事にするのが
一般的な哲学的営為ですよ。

448 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/08(日) 18:22
>悪いなんて思わないよ〜。
俺がいいたかったのは、いい悪いじゃなくてかまうなよ、って事なんだが。

中卒ヒッキーって、なんで中卒ヒッキーってHNなわけ?
わけあり?
わざわざ中卒とヒッキーである事を匂わせるのは。

449 :中卒ヒッキー:2001/07/08(日) 19:07
>>447
過程を大事にする理由は、その後の発展性以外にある〜?
発展性だけならどっちも、メリット・デメリット的に等価じゃな〜い?

>>448
ぢつは某大教授ってオチでも期待してるのかな〜?

むしかえすけど、そもそも哲学の目的地ってな〜に?

450 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/08(日) 22:30
>ぢつは某大教授ってオチでも期待してるのかな〜?
いや、全然。それどころかなんでそんな発想が出てくるのか知りたいね。
普通出てこねえよ。

>むしかえすけど、そもそも哲学の目的地ってな〜に?
一つは、言語上の混乱を解く為じゃない?

451 :中卒ヒッキー:2001/07/09(月) 00:05
>一つは、言語上の混乱を解く為じゃない?
言語上の混乱を解くのは、言語学者の仕事じゃな〜い?
それにそれは目的地じゃなくて、通過点じゃな〜い?
「一つは」って、通過点はいくつ有ってもいいけど
目的地は一つじゃないとまずいんじゃな〜い?

言い換えると、哲学者って結局何を求めてるの〜? 究極的に〜。

452 :考える名無しさん:2001/07/09(月) 00:07
>言語上の混乱を解くのは、言語学者の仕事じゃな〜い?
違うよ〜
言語学者はそんな発想で研究してないよ〜

453 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/09(月) 06:48
>言語上の混乱を解くのは、言語学者の仕事じゃな〜い?
言語学者の仕事は言語がどのように変移していくかを研究する学問じゃないのか?
言語という言葉を使っているから言語学者の仕事だと思っていないか?

それに目的地は一つって勝手に決めているようだけど、
他の学問にも目的地はあるのか?
哲学にしかないのか?
というかお前は究極的な目的じゃないと納得しないの?

454 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/09(月) 06:52
>言い換えると、哲学者って結局何を求めてるの〜? 究極的に〜。
様々な解釈、概念、まあ言ってみれば、考え方をうまく消化する
事を求めていると思うけど。違うの?

455 :C-Life:2001/07/09(月) 10:16
>>中卒ヒッキー

>哲学者の為す行為ってな〜に?
>究極的にどこ逝きたいの〜?
「どこかに逝く」ってのに囚われるとツライから止した方がいいよ。
進歩とは無縁に、ただただ自明と思われることを解釈せずにはいられない連中が
哲学者じゃないのかね。俺、思うに。

>言葉吐かなきゃ哲学者じゃないの〜?
そりゃ、そうだろ(藁

456 :C-Life:2001/07/09(月) 10:22
>>439
>「無知の知」

紋切り型やね〜(藁
そっくりそのまま自分に返ってくるっていう危機感をもたない内には、
その言葉を乱用しない方がいいよ。

457 :C-Life:2001/07/09(月) 10:31
>>中卒ヒッキー

>哲学書読んだ人と読んでない人の主張が同じでも、
>そこに優劣は無いんじゃな〜い?
>電車で行こうが、徒歩で行こうが目的地に着けばいいわけだし〜。
>必ずしも電車で行った人の方が先に着くとも限らないし〜。
そもそも君は他人のレスに対するアンチテーゼを、ここに表明している時点で
「優劣はないんじゃな〜い?」とは言えんやろ。
君、「優」の位置に立ちたいマインド丸出しやないの(藁

>そもそも哲学って競争じゃないんじゃな〜い?
そんなこと微塵も思わんけど(藁)一億万歩譲ってそうだとして、
それは君の嫌いな優劣をつけることになるわな。

吐いた唾飲まんときや〜(藁

458 :中卒ヒッキー:2001/07/09(月) 13:00
>言語という言葉を使っているから言語学者の仕事だと思っていないか?
そのとおり〜。でも分野は向こうじゃな〜い?
あるいは、国語委員会(?)とか〜。
聞きたいのは、哲学者が哲学の名の下に研究するべきモノかな?ってこと〜。

>他の学問にも目的地はあるのか?
無いわけないよね〜?
そもそも目的が有るから、あらゆる活動が発生するわけだよね〜?
目的の意識・無意識は別として〜。

>様々な解釈、概念、まあ言ってみれば、考え方をうまく消化する
>事を求めていると思うけど。違うの?
違くないと思うけど、そういった作業ってどんな人も日常的にやってな〜い?
意識してやってるかそうでないか、職業的にやってるかそうでないか、
もっと単純にその作業に費やす時間にそれぞれ違いがあっても〜。

哲学者とそうでない人の決定的な境界線は〜?
「今年の4月から哲学者になりました」とか「元哲学者です」とかって
なんか変じゃな〜い?

>というかお前は究極的な目的じゃないと納得しないの?
究極的ってことは、本質的ってことにならな〜い?
物事の本質を見抜こうとするのは、哲学の基本じゃな〜い?

本質がわかれば「様々な解釈、概念」をその本質を損なわずに
単純化することができるよね〜?
「様々な解釈、概念」をひとつひとつ「消化」するんじゃなくて、
それらに共通する本質を見極める事によって、まとめて「消化」
しようとする所が哲学の特徴じゃな〜い?

>「どこかに逝く」ってのに囚われるとツライから止した方がいいよ。
どこにも行かなかったら運動自体発生しないんじゃな〜い?
活動してる以上「進歩とは無縁」では居られないし、その目的地は
確実に存在してるはずだよね〜?

>そりゃ、そうだろ(藁
言葉吐かなくても「ただただ自明と思われることを解釈」することは
できるよね〜?

>君、「優」の位置に立ちたいマインド丸出しやないの(藁
そんな悪意的に解釈されても困るけど、中卒ヒッキーは自分で主張する事が
苦手だから、セコセコ他人の揚げ足とってるだけなの〜。みんなごめんね〜?

>そんなこと微塵も思わんけど(藁)一億万歩譲ってそうだとして、
>それは君の嫌いな優劣をつけることになるわな。
競争するメリットってな〜に?
競争しないことが優劣をつけるってどういうこと〜?
あと中卒ヒッキーは、優劣が嫌いなんじゃないよ〜?
それって意味ないんじゃな〜い?ってこと言ってるの〜。

そもそも土台が違う人と競争って成り立つの〜?
よーいドンは一緒でも、走ってく方向が違かったらいつまでたっても
勝敗なんてつかないんじゃな〜い?
結局のところ、哲学って個人作業の繰り返しじゃな〜い?

459 :考える名無しさん:2001/07/09(月) 14:30
                   _______    ___________________      
                 _/;;;;;;;;;;\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ー__     ______________________________________________
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ /
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y
            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Y;;;;;;;;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
           /;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄;;;;;;;;Y;;;;;;;;;;;;;;; ̄\;;;;;;;;;;;;;;;;;/   こんなあぶねぇスレは
          ./;;;;;;;;;;;;;;;/;;jj|||!!!!!!!!!!;;;;!!!!!!!!!!!|||jj;;;;;;;\;;;;;;;;<        さっさと
         /;;;;;;;;;;;;;;;/;;;jj|||||从从从 从从人|||||jj;;;;;;;;\;;;;;;;;\        つぶせよ
        ./;;;;;;;;;;;;;;/;;;jj|||||!!''::::::        ''!!||||ii;;;;;;ヽ;;;;;;;;|
        /;;;;;;;;;;;;;;;/;;;jj||||!!'':::::          ''!!|||||ii;;;;;;|;;;;;;;|
       ./;;;;;;;;;;;;;;;/;;;jj|||||!':::::   し        ''!!|||||ii;;;ヽ;;;;;;\______________________________________________
      /;;;;;;;;;;;;;/;;;jj|||||!';;;;;;       し   ,,,,,,,,||||||||ii;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;jj|||||ノ|||||||||||||||lllli     illll|||||||||||ハ|||||||ii;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;jjj|||||!'::::::::______;;;;;;,,   ,,;;:::::______::::::''!!||||||ii;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;jjjjj||||||||:::::::/ ・ \;;;;,   '';;/ ・ \::::: ''!!|||||||jjjjjjjj;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   |;;;;;;;;;;;;;;;;jjjjj|||||||||||:::     ̄   ::::       ̄      ''!!||||||||||||||||||||||||||||||
   .|;;;;;;;;;;;;;jjjjjj|||||||||||||:::.        ::::              |||| ̄ ̄||||||||||||||||!
   |;;;;;;;;;jjjj|||!!;i|||||||||||||:::       .::::         し    .||||   ||||||||||||||!
   |;;;;;;;!!!;;;;;;;i|||||||||||||||::::       .:::     :::.         |||!   イ|||||||||||!!
  /;;;;;;;;;;;;;;i||||||||||||||||||::::: し    (:::.... ....:::):::        ノ| __ イ|||||||||||||!
 /;;;;;;;/;;;;;i|||||||||||||||||||人::::...      ⌒,,,,⌒     しし  ./;;|||||||||||||||||||||||!
/;;;;;;;;/;;;;;i|||||||||||||||||||!;;||||lj;:::::::..  ,イj||||||||||||||||||||||jj,,,     /;;;;||||||||||||||||||||||||i..
;;;;;;;;イ;;;;;;i|||||||!|||||||||!!;;;;;||||||||lj;:::;;jj||l'':::......____.......::''l||jj,, ./;;;;;;;イ||||||||||||||||||||||||||ii.
;;;//;;;;;i||||||!!i|||||||!!;;;;;;;;|||||||||||||lj;'':::::   |;;;;;|     ''l|〆;;;;;;;;;;イ|||||||||||||||||||||||||||||||
ツ ./;;;;;i|||||!;;;i||||||!!;;;;;;;;;;;|||||||||||||||||lj;____/;;;;;;;\______/;;;;;;;;;;;;;イ|||||||||||||||||||||||||||||||||
 /;;;;;i|||!;;;;;;i|||||!!;;;;;;;;;;;;;;.l||||||||||||||||iiiiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ|||||||!||||||||||||!|||||||||||||||
./;;;;i||!:|;;;;;;i||||!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|||||||||||||||iiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ|||||||!;||||||||||!!|||||||||||||||!!\___
;;;i||!'::ノ;;;;;i|||!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'l|||||||||||||iiiiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ|||||||!;;i|||||||||!!i|||||||||||||||!::::  ̄─.___
ツ:::/;;;;;i|!;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;'ll|||||||||||iiiii;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ||||||!!;;;i||||||||!!;i|||||||||||||||!:::::::::::. ̄─___

460 :C-Life:2001/07/09(月) 14:35
>>中卒ヒッキー

>どこにも行かなかったら運動自体発生しないんじゃな〜い?
「どこかに逝く」のに一面的に囚われてる君への揶揄のつもりやってんけどな(藁

>活動してる以上「進歩とは無縁」では居られないし、
どう考えても「進歩」とは無縁やろ。

>その目的地は確実に存在してるはずだよね〜?
だから、それを提示すんのが君の仕事やろ?言い出しっぺの君がふってどーする。

>言葉吐かなくても「ただただ自明と思われることを解釈」することは
>できるよね〜?
無理(藁
外面上無言であったとしても、言葉を選択して紡ぎ上げる作業以外に何らの解釈は
できない。っちゅーか、君と文字通り「言葉」を交わしてるやないか(藁

>競争するメリットってな〜に?
>競争しないことが優劣をつけるってどういうこと〜?
これは俺の誤読や、スマン(藁
「そもそも哲学って競争じゃないんじゃな〜い?」を
「そもそも哲学って競争なんじゃな〜い?」って読んでたわ。
否定の否定を平仮名で続けるなちゅうねん(藁

>あと中卒ヒッキーは、優劣が嫌いなんじゃないよ〜?
>それって意味ないんじゃな〜い?ってこと言ってるの〜。
「優劣が嫌いなんじゃない」輩が言葉の無意味化に躍起になるのってどうなんやろね。

461 :考える名無しさん:2001/07/09(月) 19:12
あのさ、上の流れからははずれるけどさ、
やっぱり、「哲学」っていうからには、自分の内側から湧き上がって来る
言葉なり論理なりで、ものごとを説明せないかんのじゃないかな。
その過程において、誰かがこういっているとか引用するのは構わないけど
やはり、極力それも避けるべきじゃないかな。それが過ぎると
単に評論になってしまうんじゃないかな。
評論と哲学あるいはその他の学問というのは、明らかに異なるんじゃないのかな。
文学って言ったら、文学をやっているっていうんなら
自分で作品を作らなきゃ、そうは言えない(少なくともそう思う)
人の遺したものを、あれこれいうのは、あくまで批評であり評論だ。
仮に自分の思いつきが、たまたま過去に誰かに述べられていたとしても
それは当人にとって立派にオリジナルだと言える。
しかし、単に他者の言ったことについて感想を述べるのは評論だ。
評論という分野はあってもいいし、それは否定しないが
唯それと、哲学なり数学なり独立した学問と同一にみなすのは
やはり同意できかねるな。恐らく反論の方が多いと思うけど
自分としてはこの考えを曲げるつもりはないな。正しいと思う。

462 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/09(月) 20:50
評論できない哲学なんて哲学といえるのか?

貯められてきた哲学の理論を、あれこれ改造しなおす
事が哲学じゃないのか?

「哲学」と、「哲学する事」を区別しないと。
確かに461のいっている事は「哲学する」事ではないかも
しれないが、哲学ではないとはいえない。

463 :461:2001/07/09(月) 21:31
>462
あれこれ改造することが哲学だとはとても思えない。
結局みんな、自分で何か言ったりやったりすることに
臆病なんだよ。
哲学なんて、正に自分で主張することなのに、
自分でも何言ってんだかわかんないことを、
分かった振りして、いじくりまわしてるんだ。
ちょっと上のレスにも書いてあったけど、
無知の知を口に出すのは恥ずかしいのが
定説だとか、馬鹿なこと言っている奴がいるけど、
仮にそれが定説でもいいんだけど、要は
定説だからどうだってことだ。
てめぇの言葉に責任をもてない奴に限って
そういう訳のわからねぇことを言って煙に巻くんだ。
自分の言っていることに責任の持てるやつが
誰それさんが、こういってたから、どーだあーだなんて
ガキみたいなことほざくはずがないんだ。
唯本だけ読んで知識を詰め込んでる奴ってのは、知識バカだ。
知的とは言わない。
本心としてはこう言いたいね。
引用禁止!

464 :sage:2001/07/09(月) 21:32
sage

465 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/09(月) 23:30
>>463
君の主張からただ一つ、
「決め付け」が抜けているようだが。
463でいった事さえ抜かせば
決め付けてもいいとまではいわないよな?

466 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/09(月) 23:34
補足

君がきらっている事と同じぐらい、
他人にとって「断言的」な文はきらわれる。
だからなんだとかいってもそれは変わらないぞ。

467 :二酉:2001/07/09(月) 23:59
線か面かの違いなのかな。
到達地点があるとするならそれは線だよね。
うまく言えないけど上のレス見てると、「哲学」してる人には
その「哲学」が線の人と面の人が居て、互いに対立してるように思える。
でも、きっとそれを眺めてる第三者が両方の良いとこをとるんだろうね。
だからどうしたっていわれたら撃沈だけど、楽しいからあげておこう。マル。

468 :考える名無しさん:2001/07/10(火) 20:26
中卒ヒッキー氏もそりゃ引くよな、、。
ただ「目的地」は言ってほしかった。

469 :考える名無しさん:2001/07/10(火) 23:49
君たちは一体何のために哲学とやらをしているのだ?
哲学してみなさい

470 :461:2001/07/11(水) 00:10
何か、悪いけどバカバカしくなってきちゃうんなだよね。
>他人にとって「断言的」な文はきらわれるとか
>中卒ヒッキー氏もそりゃ引くよな、、。 とかさ。
他人に嫌われたら、だからどうなの?
だれかさんが引いたら、どうなの?
主体はあくまで「自分」でしょ?
俺はこう思うんだよ、こう生きるんだよ、こうやるんだよ。
これが哲学じゃないか。だれかに嫌われたり引かれたり、
そんなささいなことで己を曲げる奴の一体どこに哲学があるっていうんだ?
例えに使っちゃ悪いけど、467なんて、俺は何言ってるんだかさっぱり
分からんね。何だよ、線とか面とかって。自分で分かっているつもりで言ってるの?
「うまく言えないけど」なんて、歌の文句みたいに簡単に言うなよ。
うまく言えないってことは、つまり、自分ですら何を考えているんだか
分からない人間が吐く言葉だ。
上でも少し触れたけど、自分の言葉に責任を持てって言いたいね。
本当に哲学なり「己」ってやつを持っている人が
「うまく言えない」なんて、口が裂けても言うべきじゃない。
俺の哲学は単純明快だ。
己を知り、己の考えに従って行動し生きる、これだけだ。
森羅万象、と言うと流石に未知の部分が誰にでもあるけれど、
すくなくとも、日常の生活規範くらいは、自分なりの哲学を持って
勉強し、仕事して、人と付き合う。
それで、十分「哲学している」と俺は信じているし、
悪いがここで何か小難しい理屈を並べている人よりは、
「哲学している」実感があるんだよね。
何か、馬鹿にしたような、言い方で悪いけどさ、
もう少し、借り物じゃない「自分」ってものを
持つようにしないと、つまらなくない?自分自身が。

471 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:15
うざ長文死ね

472 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:15
うざ長文死ね

473 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:15
うざ長文死ね

474 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:15
うざ長文死ね

475 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:15
うざ長文死ね

476 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:15
うざ長文死ね

477 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:15
うざ長文死ね

478 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:16
うざ長文死ね

479 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:16
うざ長文死ね

480 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:16
うざ長文死ね

481 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:21
てめえが氏ね、この低脳が!

482 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/11(水) 00:55
>他人に嫌われたら、だからどうなの?
他人とコミュニュケーションが取れないって事だよ。当たり前すぎる事だけど。
何もいえないと思った?
だからいつまで経っても長文ウザイとかいわれてさ、
そんな事心の中で思ってりゃいい事じゃん。
ここに書き込むのは他人とのコミュニュケーションじゃないのか?
他人のいった事に大して自分の主張を叫んで、反応を見て
自己満足に浸って、つまらなくない?

483 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:56
あげ

484 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:56
あげ 

485 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:56
あげ

486 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:56
あげ  

487 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:56
あげ

488 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:56
あげ 

489 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:56
あげ

490 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:57
あげ 

491 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:57
あげ  

492 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 00:57
あげ

493 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/11(水) 01:01
>>中卒ヒッキー

>哲学書読んだ人と読んでない人の主張が同じでも、
>そこに優劣は無いんじゃな〜い?
>電車で行こうが、徒歩で行こうが目的地に着けばいいわけだし〜。
>必ずしも電車で行った人の方が先に着くとも限らないし〜。
そもそも君は他人のレスに対するアンチテーゼを、ここに表明している時点で
「優劣はないんじゃな〜い?」とは言えんやろ。
君、「優」の位置に立ちたいマインド丸出しやないの(藁

>そもそも哲学って競争じゃないんじゃな〜い?
そんなこと微塵も思わんけど(藁)一億万歩譲ってそうだとして、
それは君の嫌いな優劣をつけることになるわな。

吐いた唾飲まんときや〜(藁

494 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/11(水) 01:07
>>493
何やってんだか。

495 :二酉:2001/07/11(水) 01:09
>>470(461さん)
うまく言えないと言ったのは、私の中ではある程度明確な概念となっているけど
それは私個人の経験・考えに基づいた「私にしか通じないであろう言葉」だったので、
それを他人に伝えるのにどう言ったら伝わるか、という一般化ができなかったから
「うまく言えない」と言ったのです。(自分が考えた事は分かっていますよ)
森羅万象は私から始まるけど、それは私個人に留まるのものではない、というのが私の哲学です。
よってあなたが仰った意味で、私は自分が「哲学している」と思っていますし、
「己」を持っていて、自分に忠実だと思っています。

496 :二酉:2001/07/11(水) 01:38
>>470
線か面かの話は図示すると多少解りやすいかも。(眠かったので長文の説明を省いたのは謝ります)
線の人はある到達地点を求め、目指す人だと思ってください。
先人の考えをいち早く自分の中に取り入れて、そのまま使用し、
そうしてそれぞれの「到達地点」に着こうとする「哲学」です。

面の人は自分の身の回りの事と一つ一つ取りいれて、自分を中心とした「哲学」を
創り出していく人。このタイプの人は先人の考えも「自分」の中に消化されて
ゆっくりではあっても「自分の」と胸を張って言える「哲学」を創る人です。

ただしどちらが優れているといった事はありません。
「到達地点」があるとして、それが万人共通のもので、同じエネルギィの掛け方をしたら
線の人の方が先に行き着くであろうことは目に見えていますが、
もしそれがなかったら「考えの幅」の点で線の人は面の人に敵わないでしょう。

各個人の「自分の哲学」に限定して言うなら、どれが間違いてどれが優れているといった事はないと思います。
ただ、実感はあくまでその本人だけのものですが。

497 :考える名無しさん:2001/07/11(水) 17:43
agetaroka

498 :中卒ヒッキー:2001/07/11(水) 23:59
>>482
でも、哲学者が人と「コミュニュケーション」とってるかどうかって
かなりビミョーじゃな〜い?
人が他人の主張を聞く時って、その内容が頭に入ってくる前から肯定するか
否定するか、半ば無意識に決めてるって気もしない〜?
肯定する場合は素直に聞くけど、否定する場合は粗を探して攻撃って感じで〜。
立場にこだわる人って、特にその傾向が強く表われな〜い?
結局、哲学的な主張って、人に聞かせるためじゃなくって自分に対する
確認のためにみんなしてるんじゃな〜い?

499 :中卒ヒッキー:2001/07/12(木) 00:17
>>496
>先人の考えをいち早く自分の中に取り入れて、そのまま使用し・・・
どうも否定的に考えてるみたいだけど、こっちのパターンでも
“「自分」の中に消化”できてなかったら「そのまま使用」することすら
できないんじゃな〜い?
これは「先人の考え」を道具として使うっていう意味だと思うけど、
道具だってその特性を十分理解してなければ使いこなせないんじゃな〜い?
トンカチ持ってても、釘まっすぐ打てない人いるでしょ〜?
逆に使い慣れた道具は、自分の手足のように操れるんじゃな〜い?

「線と面」って、目的に対するアプローチ方法の違いと受け取っていいの〜?
そうなら、中卒ヒッキーはどっちもどっちだと思う〜。
そもそも目的地点が何処か判らないから、色々考えてるんだよね〜?
二次元的にイメージするなら、360°どこに有るかわからない目的地点を探すのに
線のパターンで探すのも、面のパターンで地道に探すのもそれほど差は無いんじゃな〜い?
どっちが先に辿り着くかなんて運じゃな〜い?

500 :中卒ヒッキー:2001/07/12(木) 00:20
何度も出てきた気もするけど、哲学って二つに分けられるんじゃな〜い?

A:あらゆる事象の因果、その意味を論理的に解明しようとする試み。
B:「人が生きる上で」という局地的な状況で関係してくる事象における
哲学的考察。いわゆる人生哲学。

って感じで〜。
不備補完きぼーん。

501 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/12(木) 00:36
問題から発するという時点ですべての哲学に
垣根はないのだが。
でも、個人的に人生の楽しみがないだけの事を
人生とは何か? という問いに置き換えて哲学と称するのは
どうかと。
本当に人生の意味を問いたいから以外の
理由は不純すぎる。

502 :千人の仙人:2001/07/12(木) 01:22
 横レスすみません。
 to 中卒ヒッキーさん
>言葉吐かなきゃ哲学者じゃないの〜?
 言葉を吐かなくても哲学をすることはできると思います。そういう意味では言葉を
吐かない哲学者もいると思います。「職人にだって職人の哲学がある」と思います。
ただ、哲学者の歴史を読むと自分の哲学を言葉を通して世に伝えてきた人達ばかり
なんですよね。私個人の理想論では社会への貢献度の観点で言葉を使う哲学者をより
素晴らしい哲学者と考えています。

>言語上の混乱を解くのは、言語学者の仕事じゃな〜い?
 私には分りません。
 ですが、哲学の扱う範囲を「ここからここまで」と決定してしまうと哲学の可能性
そのものが今後失われていくように思います。それに作業のついでに「言語上の混乱
を解く」ことをしてしまう(せざるをえない)哲学者も多いのではないでしょうか?
特に誰がすべきか、はなくてもいいと思っています。

>そもそも哲学の目的地ってな〜に?
>言い換えると、哲学者って結局何を求めてるの〜? 究極的に〜。
 例えは悪いかもしれませんが、「必要は発明の母」という言葉があります。哲学者は
「そのときに必要だ、と感じていることを解き明かし、現実社会に活かすこと」を目的
としてきた時代がありました。私はこれが哲学者の目的地だと思います。人文科学系
(政治経済とか)、自然科学系(数学、物理とか)のどちらでもそうだと思って
います。そして全ての哲学者に共通する目的地は狭い意味では、ないのではないかと
思います。

>目的地は一つじゃないとまずいんじゃな〜い?
 何処でしょう?あるといいかもしれませんがわかりません。

 ズレてますか?

503 :千人の仙人:2001/07/12(木) 01:23
 to 中卒ヒッキーさん
>でも、哲学者が人と「コミュニュケーション」とってるかどうかって
>かなりビミョーじゃな〜い?
 これは哲学者だけでなく、人間一般のそれに対して今私は懐疑的になっています。
「コミュニケーション」の定義にも依りますが。

>結局、哲学的な主張って、人に聞かせるためじゃなくって自分に対する
>確認のためにみんなしてるんじゃな〜い?
 私は1「自分に対する確認のため」でも、2「人に聞かせるため」でも両方でもいい
と思います。ちなみに今私は1で精一杯です。

>そもそも哲学って競争じゃないんじゃな〜い?
 例外はあるかもしれませんが基本的に私もそう思います。競争ではないです。ただ、
哲学が現実社会に活かす性質のものであるならば、早いに越したことはないと思います。

504 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/12(木) 01:33
> 例えは悪いかもしれませんが、「必要は発明の母」という言葉があります。哲学者は
>「そのときに必要だ、と感じていることを解き明かし、現実社会に活かすこと」を目的
>としてきた時代がありました。私はこれが哲学者の目的地だと思います。
え、うそ?
今はどんな時代なの?

505 :千人の仙人:2001/07/12(木) 02:06
>>501
>本当に人生の意味を問いたいから以外の
>理由は不純すぎる。
 いいこと言いますね!目の前に明りを灯された気がしました。

>>504
>え、うそ?
>今はどんな時代なの?
 私には分りませんが何か「哲学」そのものが希薄になってきているようで悲しいです。
誰か教えてください。

506 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/12(木) 02:25
もしかして人間とは、人生の悩みからしか
人生の意味を問えず、よって人生の意味は問えない
という理論はどうだろう。

507 :考える名無しさん:2001/07/12(木) 06:03
>>502
>私個人の理想論では社会への貢献度の観点で言葉を使う哲学者をより
>(言葉を使わない哲学者は)素晴らしい哲学者と考えています。
言葉を使わない哲学者を哲学者とする意義がよくわからないし、
むしろ言葉を使う哲学者の思考を安易に軽んじる思考の追認に
つながるだけなので、あまりよい見解とはいえないと思いますよ。
要するに、上の言明は、単に言葉で何らかの説明・方法論をつくっている
人間よりも、職人と、職人の思考の方が社会への貢献度が高いということを
言っているだけです。ところで、これらの貢献度は質的に別の領域に属する
ものですから、領域をどう意識するかによって結論は変わってきます。
502は恣意的な議論でしょう。

>>506
前段と後段にでてくる人生という語で指示されている内容が
違うように見えますが。

508 :考える名無しさん:2001/07/12(木) 14:15
中卒ヒッキーが自身も含め「哲学」に対する見識の甘さを露呈させたね。

509 :C-Life:2001/07/12(木) 22:09
>>507
同意。
この議論において哲学の領域を「職人」にまで拡大するのはちょっと安易やと思う。
そらイチローも左官屋のオッサンも、ある意味「哲学者」やっちゅうのは皆承知してるやろ。

510 :二酉:2001/07/13(金) 11:16
>>499
否定的ではないですよう。
消化っていうのは、形も変えてしまう事だと思ったので。
理解だけでも十分でしょう>そのままの使用。
それは道具なんだから、万人共通のものだと解釈。
すでに一般化されて、ある程度の共通の認識を得ているものだと。
道具の特性云々に関しては同感です。

目的に対するアプローチ方法、というかその”目的”によりますか。
面の人はその”目的”が「人生をよりよく生きる」とかに摩り替わってしまいがちな感じ。
その個人に収斂するために一般化がし難くなってしまう(私事ですが>>495なんかそう)

たぶん、本当に突き詰める事ができるのならどっちでも良いんですよ。
線が幅をもって面になったり、面が収束して線になったり。
最初にどちらを選ぶかは趣味によるのでしょうが。

ただ、差はなくはないでしょう。かけた時間とエネルギィの点で。
人間の寿命には限りがあるし。
運と言うよりはそれに対する嗅覚な感じ。
それに運っていったらどうしようもないじゃないですか(笑)
人の力でどこまでできるか、と言う事を考えてるんですから。

511 :中卒ヒッキー:2001/07/13(金) 21:24
>>千人の仙人さん
中卒ヒッキーは「自身の哲学を極める」という作業において、
「言葉を吐く=周りに対して主張する」という行為は必要不可欠では無いと思う〜。
参考のために、自分の主張に対する他者の意見が聞きたくなった人だけ
そうしたらいいと思うの〜。
だって、「言葉を吐く」ことで(自分自身が)得られるメリットって、
自己満足とか別にしたらそれ位じゃな〜い?
純粋な研究者って人に話を聞かせる暇があったら、それを自分の研究に
費やしたいと考えるんじゃな〜い?

>全ての哲学者に共通する目的地は狭い意味では、ないのではないかと
確かに狭い範囲で見たら、「そのときに必要だ、と感じていることを解き明か」す
という作業の連続に見えるけど、全体を通して見て、その足跡からなんとなく
何処に向かってるかって想像できな〜い?
ヒッキーの言ってる「究極的な目的地」って、その最果てに在るモノの事なの〜。

>哲学が現実社会に活かす性質のものであるならば
哲学ってモノがその性質(具体性×)から、現実社会(日々の生活)において
イマイチ活きて来ないので『「哲学」そのものが希薄』になったんじゃな〜い?

512 :中卒ヒッキー:2001/07/13(金) 21:27
>>507
>言葉を使わない哲学者を哲学者とする意義がよくわからないし
・言葉を使う哲学者=職業的哲学者
・言葉を使わない哲学者=『ある意味「哲学者」』(509より)
本来「哲学者」っていうのは後者を指すんじゃな〜い?
どちらが先に誕生したかって観点から見ても明らかだし〜。

513 :中卒ヒッキー:2001/07/13(金) 21:48
>>506
ヒッキー的には、「精神の偉大さは、苦悩の大きさによって決まる」を推奨した〜い。

514 :中卒ヒッキー:2001/07/13(金) 22:26
>>510
>かけた時間とエネルギィの点で。
でもこれは面と線の差ではないですよね〜?
線だろうと面だろうと、同じ労力をかければ条件は五分五分だと思う〜。

>それに運っていったらどうしようもないじゃないですか
どうしようも無くなんかないですよ〜。
当たるまでひたすら張り続けるだけです〜。
・・・やっぱ、どーしよーも無いかな〜?

515 :千人の仙人:2001/07/13(金) 23:07
>>511
 to中卒ヒッキーさん
 あくまで私の個人的な見解なので、適当に見てくださいね。哲学的ではありません。
 確かに「自身の哲学を極める」ときに言葉を吐くメリットは無いのかもしれません
ね。詳しくは書きませんがある意味共感できます。
 そして「究極的な目的地」ですか、何となくイメージできるのですが、言葉にしよう
とすると難しいですね。何か禅問答に見えてきました。論理的ではありませんが
「全ての道はローマに通じる」のかな?考えてみます。
 返事の書き込みはできないかもしれませんが。
 それと気になったので一つ、哲学は今希薄かもしれませんが「万国の労働者よ、
団結せよ!」と「共産党宣言」に書いたマルクスとエンゲルスの心情を察してみて
ください。彼等は現実社会に耐えかねて理想社会を建設しようと、この本を書き
ました。そしてこの言葉はヨーロッパ全土を駆け巡りました。
 私は今の日本にもこのくらい強い力を持って人々を導ける言葉や文章や本があったら
いいな、と思ったことがあります。それが全ての人々にとっていいものならば。
 無ければ書きたいと思ったくらいです!
 これからも哲学は希薄であるべきでしょうか?

516 :ヽ( ´ー`)ノ GGUF:2001/07/13(金) 23:14
>>513
その主張は、ルサンチマンを肯定する事にも
なりかねないという重大な欠点があると思うんだけど。

517 :考える名無しさん:2001/07/14(土) 00:37
あの〜、哲学って何なのかよくわからないけれど、少なくとも言葉を使って
行う活動という一点は動かせないのじゃないでしょうか〜。
いくら優れたマジックの技術を持っていても、全く実演をしなければ奇術師
ではないのと同じで、いくら凄いことを考えていても、それを言葉にしない
人は哲学者ではないと思います。
だから、>>512は間違っていると思います。

518 :  ピエール瀧 :2001/07/14(土) 07:12
1は引用がわからなくて話についていけないだけっぽいな。
俺は哲学語る時は一切引用しないけどね。(できない)

519 :考える名無しさん:2001/07/14(土) 12:23
対立する二つの概念において、一方の定理が真理である場合
もう一方の概念もまた真理である、ということを
ふまえると、
君たちの言っている事には、全く議論する意味や価値がない。
やめたまえ。

520 :考える名無しさん:2001/07/14(土) 14:19
対立してないし、ふまえてないような。
ただすごいあやふやな議論になってるので、『「哲学」とはなにか』
というスレッドをたてた方がいいと思う。

521 :考える名無しさん:2001/07/14(土) 14:26
対立したふたつの概念のくわけ?

522 :考える名無しさん:2001/07/14(土) 14:34
一つの根源的な事柄がある。
それは真理、生死、存在、自分などである。
それ以外の哲学は本当の哲学とはいえない。
だから、学者があーだこーだいっている事は哲学ではない、ウザイ

まさかこんな事を本気で逝っている白痴、低脳はいないよな?(ワラ
もしいたとしたらそいつこそがウザイ、どっかに引き篭もって
勝手に人を見下して本当の哲学とやらをしてろよ。
ここに来んな(プ

523 :考える名無しさん:2001/07/14(土) 14:38
哲学とは答えを出す学問?

524 :河童の三平:2001/07/14(土) 15:33
既成相当概念使ってみたら?
すぐに終わるんちゃう?

525 :考える名無しさん:2001/07/14(土) 17:18
>>524
よくわからないので、それで終らせてみてください。

526 :二酉:2001/07/14(土) 23:14
>>513
精神が偉大かどうかっていうのは相対的な見方でしかわからないと思う〜。←うつった(爆)
よってこういった議論の場では共通の認識を勝ち得ないのでちょっと危険〜(何
>>514
スタート地点は「私」から。
方眼がかかれた面をイメージして、その1マスが1単位だと思ってみてください。
目的地は、まあスタートからは離れてると仮定して。

2次元的なイメージだけどここで大事なのは目的地の形。
二酉は点ではないと思うのです。円(円周)だと思う。
で、その中にスタート地点(「私」)が入ってるんだと思う。
こう考えると線の人はどの方向に進んでもいつかは交わりますね?
面の人はスタート地点がよっぽど円周に近いのでなければ線の人よりは到達が遅くなるはず。
(目的地がスタート地点に近いのであれば仮定に反している、よってそれは不成立)
その代り、線の人よりも多く円周に重なりますね?

二酉の「哲学」のイメージはこんな感じ。
目的地がもしも点だったら中卒ヒッキーさんの言うように
運任せって言われても仕方ないかも。
それでも二酉は点ではないと信じたいのです。そういう趣味。

527 :WIZ:2001/07/15(日) 00:07
さんせーい!! >>だから、他人(哲学者)の名前で哲学語るなっての

528 :考える名無しさん:2001/07/15(日) 01:07
人間はひとりでは考えられないよ。

529 :考える名無しさん:2001/07/15(日) 01:52
「私が哲学についてもつイメージは…」
「本来の哲学者とは言葉を吐くものではない…」
ほざいてろ。心の中では何思いこんでようが勝手だが、
じゃあさ、そんな手前の思いこみについて手前がここでしている独白は
手前がいうところの「本来の哲学」になってんの?
本来の哲学が、語られるものではない、他人の言葉を一切受け入れない、
コミュニケーションにそぐわないものなんだと思っているんならさ、
ここの研究者連中にのうのうとつっかかってくる手前等は何?
手前達こそ、ここの研究者に文句を垂れるとかいう、これこそ
手前達が勝手に抱く「哲学のイメージ」から外れていることをしてるんだから、
自ら率先して哲学板から出ていくべきなんじゃないかな。

530 :考える名無しさん:2001/07/15(日) 07:48
現実として、厨房はその事を無視するから厨房なんです。

531 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 18:27
agge

532 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 18:50
...

533 :考える名無しさん:2001/07/16(月) 23:12
中卒ヒッキーの文章って語尾の「〜」を取っ払っちゃったら(取っ払わなくても<プ)、
只の厨房丸出しだよな。微塵も名言吐いてないし。

534 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 00:30
>微塵も名言吐いてないし。


535 :すかすか:2001/07/17(火) 04:57
この板の主旨にはげしく賛同。

「知識自慢」という名の自慰行為。ほんと、いやね。おほほほ〜。。。

536 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 05:03
哲学の慰め
なんつってこれも「知識自慢」

>「知識自慢」という名の自慰行為。
このお言葉も有り難く知識の一部とさせていただきます。

537 :二酉:2001/07/17(火) 05:36
何で自慢に聞こえるのかが不思議なところ。
そういえばここの板って専門用語(?)の使用がひどく叩かれますな。
いや、きっと語ってる「哲学」の領域が違うせいなのでしょうが。
若輩者の私が言っても詮無い事ですが、叩き合っても仕方ないと思ふ。

538 :哲人:2001/07/17(火) 05:47
>>537
激しく同意!

539 :困ったちゃん:2001/07/17(火) 18:39
自慢だけならまだ可愛いけど、意味不明な言葉を並べたてて訳の分らぬ
世界像を勝手に創り上げてる奴はもっとタチが悪い。ま、どちらにして
も関わり合わないのがいちばんだね。放っておきましょ。オナニーの邪
魔しちゃ悪いし・・・。

でもホント、困ったちゃん。(呆)

540 :ルシファー:2001/07/17(火) 20:24
賛成だね>1

541 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 20:26
>>538
多分君が同意している内容は、>>537の趣旨と違うと思うよ

542 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 20:34
てめーの頭で考えるのは結構ですが、それを
表明して他人に叩かれた時にもう一つの事実にも気付いてください。
どうせこいつらは分かってないんだ、という考えは
厨房そのものですよ?

543 :ルシファー:2001/07/17(火) 20:42
なんで?>542

544 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 20:45
>543
てめーの頭(だけ)で考えるのが結構でないかもしれないと考えてみないから。

545 :542:2001/07/17(火) 20:49
てめーの頭だけで考えるなら、
人生の思索にふけろうが、あー女とやりてえ
と考える事と大差がないからだ。
別に低レベルとけなしているのではないと分かるか?

546 :ザ・神様こと吟遊詩人WIZ!!:2001/07/17(火) 20:58
ここの出題者 わかってんじゃん!!

547 :WIZ:2001/07/17(火) 21:00
いいねぇ 今 見てきたんだけどルシファーっていうのが
出題してるから そっちいこうよ

あんたの言ってることはもっともだ
なにか次のこと考えようぜ

548 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 21:02
WIZ=ルシファー?

549 :ルシファー:2001/07/17(火) 21:06
違いますよ

550 :1:2001/07/17(火) 21:48
すみません、1です。
少しだけ時間ができたので、ちょっとだけ書きます。
いつか、必ず復帰するので、それまで是非続けてください。

551 :ザ・神様こと吟遊詩人WIZ!!:2001/07/17(火) 22:23
ああ なんだ この人が本物か。。。
みんな名前かかかないから わかんないよ。。。。

なんで?

552 :ザ・神様こと吟遊詩人WIZ!!:2001/07/17(火) 22:28
ぼくのところにきてたのは はずれななしだったんだ
ざんねん

553 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 23:05
自分の内側が既に他人の言葉に侵食されてるんじゃないの?

ネット状の存在でしかないのだから。

554 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 23:11
>>545
なんかわざと曲解してないか?
自分の頭で考えた哲学を外に触れられる形にすればいい。
拙くても他人の受け売りだけよりはマシだと思うけど。
学問として哲学やるのは全然有益だけど、1を極端に捉えて
ただ否定しているだけでは余計蔑まれるだけだよ。

555 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 23:28
>>554

>自分の頭で考えた哲学を外に触れられる形にすればいい。
>拙くても他人の受け売りだけよりはマシだと思うけど。

この考えに異論はないよ。

> ただ否定しているだけでは余計蔑まれるだけだよ。

否定するにもそれなりに頭はつかうんだよね、一応。すまないねぇ、お馬鹿さんで。

556 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 23:33
自分の頭で考えたと思ってるだけ。

557 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 23:40
日本語という思考パターンを使っているという前提をわかっていないような・・・。
いや、別に日本語使っている限界があるとかいうんではなくてね、
自分の頭で考えたのなんのと言っている人についてね。

558 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 23:41
>557
それがわかっていたら、1みたいな考えしないでしょ。

559 :C-Life:2001/07/17(火) 23:43
“他人の受け売り”が罪悪と言うよりも、「これは自分の考えた哲学だ」と過信
してる連中の言葉の方が激しく罪悪やろうに。いっぱしの知識人も含めてみんな
がみんな受け売り(過去の遺産)をこねくり回してるだけっちゅうのは明白
なんやから、もっとみんな遠慮してこーや(w
過去の遺産に配慮することが「自分の頭で考える哲学」の第一歩と違うんか?オウ?

560 :考える名無しさん:2001/07/17(火) 23:50
>>559
自分の頭で考えるかどうかが、何かの判断の根拠になるかのように扱って、
対象がきちんと説明されているかどうかが、判断の根拠になることを見落としているのが、
単にヴァカである、というだけの話だと思いますが、あなたは、どうお考えになりますか?

561 :C-Life:2001/07/17(火) 23:58
>>560
冒頭から4行目の「単にヴァカである」までの文章の意味がサッパリ
わからんわー(w
もうちょい噛み砕いてプリーズ。

562 :560:2001/07/18(水) 00:02
>>561
自分の頭で考える
「自分の頭でヴァカなことを考える」
「自分の頭でまともなことを考える」
  ↑    ↑      ↑
  ↑   ここで判断   ↑
  ↑           ↑
 これが言えても、判断基準にならない

563 :560:2001/07/18(水) 00:03
右側の、ずれまくった矢印は、右の考えるの方に寄せて。

564 :C-Life:2001/07/18(水) 00:11
>>560

うん…何となくわかった感じがするんやけど…、
いや、やっぱ自信ないわ(w
おーい、誰かコレ見てたら560の言ってること上手くおせーてー。

565 :560:2001/07/18(水) 00:22
ヴァカなことを考えているか、まともなことを考えているかは、
理由で決めるわけですが、そこに自分が考えているという事実を
付け加えたところで、全然ヴァカかまともかの判定には
影響しないということです。

たとえば、カント君が考え、書き上げた文章を、
     2ちゃんねらーが読みあげても、
カント君が言った説明がきちんとしていれば、そこできちんと
判断できるでしょ? ということです。
なんか真面目にきいておられるので、ヴァカという表現を
使った事に関しては、お詫びしときます。んでは。

566 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

567 :542:2001/07/18(水) 04:01
もういいや、ここの奴等は哲学書を読む奴=受け売り
って考えているのがよく分かった。
本を読まなきゃ自分の考えかよ。

568 :554:2001/07/18(水) 14:24
>>555
>否定するにもそれなりに頭はつかうんだよね
使うのは結構だけど、自分の主張を通すために相手の意見を曲解しないのが前提。
>>556 557
自分の頭で考えたのかということがわからなくても、哲学者の名前出して引用は
するんでしょ。言語によってそれが変わるならどういうことか興味あるけど。
>>559
>過去の遺産に配慮することが「自分の頭で考える哲学」の第一歩と違うんか?
当然大いに参考になると思うよ。必ずしも第一歩とは限らないけど。
それに、これが自分のアイディアだ、ということが必ずしも既出とは限らない。
知識を伝承するような哲学(まあ大学でやる哲学)なら別に構わないけど、
それだけだったら本来の哲学にとってそれは進展の無い死んだ学問だよね。
>>565
つまり他人が判断できるようにしろってことだよね。(ちがうかも)
自分の哲学を他人に判断してもらう前に、十分な論理的なつっこみを
自分に課すのは義務だね。
>>567
本気でそれ言ってるなら電波の領域に入っています。

569 :ザ・神様こと吟遊詩人WIZ!!:2001/07/18(水) 14:27
あぼーん なに話してるの?

570 :考える名無しさん:2001/07/18(水) 14:42
あぼーんの意味分かってて使ってるのですかね?>WIZ

571 :考える名無しさん:2001/07/18(水) 17:39
WIZタンHP発見?
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Cassiopeia/3398/index.html
しかしまぁ、スゴい事考え付くものだ^^;

572 :二酉:2001/07/18(水) 17:53
>>568(554さん)に同意。
でもってちょっと補足的(?)意見。
>>555
否定してくれるのはありがたい。アンチテーゼをしてもらえるので。
ここで言いたいのは、否定しただけじゃ肯定しただけと変わらないと言う事。
統合してもう一段階上に進まないと肯定も否定も批判しようががないと言う事。
>>559
自分の頭で云々の話は、判断が微妙だと思う。
例えばAさんのの中で大まかな概念になっている事を
Cさんが既に著作などで述べているからと言って、
そしてそれをAさんが読んだとして
その概念ははAさんが自分で考えたのではないと言えるのか。
どちらが先だったかはAさんしか知りようがないし、
Aさん自身にも曖昧になってしまうかもしれない。
ついでに言うとAさんの概念とCさんの考えた事がまったく同じだったといえるのか。
(「読んだ」段階で既に「Aさん」のフィルターがかかってしまっているので曲解していないとも限らない)
自分の・誰かの、じゃなくてそれを踏まえた上でどうであるか、を考えないと
停滞してしまうし、だから哲学なんて大学でやらずに
在野でやれば良い、という意見も出てきてしまうのだと思う。

573 :考える名無しさん:2001/07/18(水) 23:57
>>572
>否定してくれるのはありがたい。

あ、そう。それはよかったね。
別に、他人のためにしているつもりはないんだけど。

>統合してもう一段階上に進まないと肯定も否定も批
>判しようががないと言う事。

おいらの場合、ここへはレクリエーションとして来ているだけだから。

574 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 00:00
言い訳するな。

575 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 00:15
哲学をすることによって得られる副産物

『言い訳の上達♪』

576 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 00:26
哲学をすることによって得られる副産物

『神は死んだ、無知の知を口に出す事がどんなに恥ずかしいか♪』

577 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 01:14
なが〜い引用が大好き人間のみなさまへ♪

誰が書いた、なんという著書からの引用なのか、それだけ書いてくれ
れば結構です。長い文章を書くのも大変でしょう。あとは自分で読み
ますので。

578 :考える名無しさん?:2001/07/19(木) 01:29
日本人って権威に弱いからね。
有名人が言ったとなると、急にそのコトバに説得力が出ちゃう。
新聞がいい例だよ。
そんなんじゃないの?

579 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 01:30
お前に結構といわれてもなぁ。
どうせ読まないだろ。

580 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 01:31
だからといって稚拙な文章で他人に迷惑をかける事が
容認されるわけでもない。
引用よりマシだという事とは別。
言い訳にしている奴はしねや。

581 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 01:35
というか長い引用も読みたくないが、
恣意的な言い回しに満ち溢れた自称哲学素人の
電波文を読みたいわけでもない。
どっちもどっちだよな。
結論として。

582 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 02:03
他人の言葉を引用するのは、自分の意見に説得力を持たせるため。
つか、どうせオリジナルなんてないんだから、どうでもいいじゃん。

583 :鼻。:2001/07/21(土) 00:37
 用語を使えばわからん奴は騙せるしね。
偉く思われたいんでしょうねえ。
 なんで嘘ついてまで…。はあ。ヘボいなあ。

584 :考える名無しさん:2001/07/21(土) 00:43
騙されまいと喧嘩売ってる奴も同レベルだろ。
低く見られたくないんでしょうねえ。
なんでカッコつけてまで…はあ。ヘボいなあ。

585 :鼻。:2001/07/22(日) 15:16
 大体本当に哲学やってる奴が
自分から「俺、哲学やってる」とか言うかよ。
哲学やってる奴が「ソクラテスはアメリカ人」
とか言うなよ!(笑)
 ごめん。愚痴。

586 :考える名無しさん:2001/07/22(日) 15:36
自分たちが話している事柄が、具体的にどんなものかを
確認しないで話してる・・・はあ。ヘボいなあ。

587 :考える名無しさん:2001/07/22(日) 18:02
>>93
>「私的言語は存在しない」
>これを反駁してください

私にとって言語の使い方も私に依存する。
他人と同じであっても、それは偶然である(笑)
すなわち全ての言語は私的であって、
コミュニケーションは偶然であり錯覚である(笑)

もっともそもそも言語を用いる「私」が
錯覚だという考えもあるにはあるが(笑)

588 :考える名無しさん:2001/07/22(日) 18:48
誰か1の命題について、
真剣に答えたまえ。
他のレスは禁止だ。
他でやれ。

589 :考える名無しさん:2001/07/22(日) 18:51
>>588
らげよ、君が答えたまえ。

590 :スーパー名無しくん:2001/07/22(日) 19:16
>だから、他人(哲学者)の名前で哲学語るなっての
同感ですが これはもう・・・仕方がないと思ってもうほおっておきましょうよ
こいつらを救ってやる義務もないしさ レベルが違いすぎて言葉が届かないんだよきっと・・・

それにもっとここには 本物の哲学者だって少数だけどいるから
そっちで有意義な話をしましょう

ぼくはもう 無視します 言っても聞かない人って
大人になると結構いるものです

その人はその人  私たちは私たちでよいのではないでしょうか?

591 :考える名無しさん:2001/07/22(日) 20:07
>>590
煽るなグズが
お前も同類。

592 :考える名無しさん:2001/07/22(日) 20:13
>1
異なる文脈・時代・言語で異なる人間が引用するなら、
「自分なりに系統立てた思考」の一部としての引用でしょ。
どうせ独りよがりな切り口で理解してるんだから。

>590
陳腐な意見を宣言しなくていいよ(w

593 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/22(日) 20:15
なんで590陳腐なの?

594 :考える名無しさん:2001/07/22(日) 20:28
>>593
どの辺が新しいの?

595 :下等恥的生物を尽く抹殺する者:2001/07/22(日) 20:29
>>594
確かに既出でした・・・・すまそ

596 :考える名無しさん:2001/07/23(月) 15:58
繰り返す
誰か1の命題について、
真剣に答えたまえ。
他のレスは禁止だ。
他でやれ。

597 :考える名無しさん:2001/07/23(月) 16:59
>>596
最初のほうで答えてるじゃん

598 :考える名無しさん:2001/07/23(月) 19:03
過去ログも見んとよくそんな事が書けるもんだ。
真性夏房ですか?>>596

599 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 19:41
三度繰り返す
誰か1の命題について、
真剣に答えたまえ。
他のレスは禁止だ。
他でやれ。

600 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 19:41
600

601 :WIZ:2001/08/03(金) 19:43
その通りだが>>1
こんな輩に時間を割くこともなかろう

俺はもう卒業したぜ 言っても判らない輩は無視だね

602 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 19:53
>>599
なんかもといになってるみたいなので、過去レス全然読んでないけど書くぞ。

>>1
「自分で考えた意見でなければ自分の意見とはいえない」というのはまったく正しいと思う。
だから、大枠で間違っていないと思うが、

「哲学」自体に「自分で考えたもの」という定義はないと思う。
というか「学」というのは「意見」という意味ではないのではなかろうか?

本を読んで、その人の考えに納得できれば、別に自分オリジナルの
考えを作らなければならない義務はないと思う。
本で読んだ哲学を、その著者の名前で語る限りは、なんら悪いことをしているわけではない。
(さも自分で考えたかのように語ったら愚かといわざるを得ないけど)

本を読んで、その著者の名前で語らなかったら、それこそ本を読んだだけ、
より深く理解したり、批判的な観点で考えるためには、
読んだ内容を他人と議論することも必要。
議論を行った段階で、ただ読んだだけよりは、一歩前進したことになる。

従って、「本を読んだだけ」という批判をするなら、
「哲学者の名前で哲学を大いに語れ」とすべき。

603 :WIZ:2001/08/03(金) 20:05
哲学者を哲学するのは賛成だが
知識として これを読んでから反論しろ とかいうのはいけないね

この人はそういうこと言ってくれているんだって思うな

604 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 20:14
>>603
それをやんないと、その本の内容をスレを使って説明しなきゃなんなくなる。
普通はその段階でめんどくさいから放置するのが普通だと思うよ。
本の題名教えてくれるだけ親切。

読んでる奴が正しいってことじゃなくて、
読んでる奴になら説明しなくてもいいようなことを説明するのが
つまらないってこと。
本よめばそれで済むようなことを求めて
2ch に来てるわけじゃないからね。

605 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 23:39
他人の名前で哲学を語るのが駄目なのだったら、プラトンはどうなのか?
彼は終生ソクラテスの名前で哲学を語り続けたのだが……。

606 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 23:42
>>605
結論はともかく、そういう類比はずりぃな。

607 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 23:54
ずりぃってなんだよ。

608 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 23:59
千回すると白い液が出てくるのだ。

609 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 00:14
1 の主張はともかく、
確かに上位スレが人の名前ばかりになるのはつまらんな。

610 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 00:25
つまりどの本も読んでないからつまんないって事?

611 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 00:37
>>610
まあね。
古典読んでるとこだから。

612 :鼻。:2001/08/06(月) 05:17
 語るために哲学やってるのか?
ってヤツ、多くない?

613 :考える名無しさん:2001/08/06(月) 05:25
語るために2chにくるのは当たり前のことだな。

614 :考える名無しさん:2001/08/07(火) 17:54
全部読むと、疲れるな。



肩で息してるよ、ほんと。
結局、1が確信をずばっ、と突いて、
以下蛇足ってかんじだな。
1はどこ行った?

615 :考える名無しさん:2001/08/10(金) 16:54
?

616 :考える名無しさん:2001/08/13(月) 11:53
//

617 :考える名無しさん:2001/08/16(木) 19:34
haら減ったな

618 :考える名無しさん:2001/08/16(木) 22:10
何食う?

619 :考える名無しさん:2001/08/23(木) 17:07
全部読むと、疲れるな。



肩で息してるよ、ほんと。
結局、1が確信をずばっ、と突いて、
以下蛇足ってかんじだな。
1はどこ行った?

620 :考える名無しさん:2001/08/23(木) 17:13
突いてないよ(藁

621 :考える名無しさん:2001/08/24(金) 16:18
全部読むと、疲れるな。



肩で息してるよ、ほんと。
結局、1が確信をずばっ、と突いて、
以下蛇足ってかんじだな。
1はどこ行った?

622 :( ¬_ゝ¬):2001/08/24(金) 16:25
人間、本読んで完全に理解することはできないよ。
だから、著者から言えば、間違った読み方をしてるのがほとんど。
フィヒテはカント哲学を補完しようと試みたけど、カントから言えば
「なんでやねん」て感じなんだろうな。
著者から見て間違った読み方にこそ、
読者に独自な思想が生まれる可能性があるわけで
その間違った読み方は、普通に起こり得る。

623 :考える名無しさん:2001/08/24(金) 19:30
>620
突いてみろ、突けるもんなら突いてみろ。

624 :考える名無しさん:2001/08/24(金) 19:43
「確信を突く」ってどーゆーふうにやるの?

625 : :2001/08/24(金) 19:45
さむい

626 :考える名無しさん:2001/08/25(土) 12:09
>>625
暑いだろ?

627 :考える名無しさん:2001/08/25(土) 13:22
1の哲学に関する粗雑な「べき」論がなぜここまでの電波スレに?
2chの感覚、相変わらずわかったようでわからん。

628 :考える名無しさん:2001/08/25(土) 14:30
つまりどの本も読んでないからつまんないって事?

629 :考える名無しさん:2001/08/25(土) 17:08
語るが割るべき思想についての統一は難しいね。

630 :考える名無しさん:01/08/26 13:03
名スレの予感...。

631 :考える名無しさん:01/08/26 20:25 ID:RigELJPg
>>628
この分野の専門家ではそんなこと常識です。

玄奘三蔵がインドから持ち帰ったサンスクリットの翻訳で

インドの仏教論理学者でディグナーガの学説を注釈したものに skt nAyapraveSka『因明入正理論』があります。
中国の法相宗ではこれを因明学の基本に据え、様々な注釈、解説書が誕生した。
しかし、サンスクリットを理解するものが途絶えた後、本義からだんだん離れ、独自性が強まってしまいました。

この論理学の特徴は

1 ものごとの論証と批判が他人をして十全に理解させる手段
2 直接知覚と推論は自分が理解する手段

という出発点にあります。

インドの論理学の特徴として主張命題、理由命題、比喩命題の3つが列挙されるが、この書物は理由命題についての妥当性を考察し、新しい視点を見出したのがこの書物であります。

わたしはインド哲学、特に仏教の認識論、存在論、論理学が専攻であり、基礎作業としては文献学です。
サンスクリット諸本、チベット訳諸本、漢訳諸本はじめマヌスクリプトを校合して読み進めますが、当然それぞれの地域、年代における注釈にも当たります。
玄奘の翻訳関係や中国の法相宗での注釈にはインドでは散逸した資料を見出すことも出来、非常に貴重なのです。
一方では玄奘の翻訳ミスも指摘することになりますが。

ま、インド論理学が玄奘始め、法相学の伝統から中国思想に与えた影響は大きいのです。論理的にものを考えようとする学問的潮流が生まれたのですから。
でも、神秘主義や直感に走りやすい中国人たちはその後、次第にその傾向から離れていきます。

632 :考える名無しさん:01/09/01 13:38 ID:L05267ws
>>631
だから、何なの?
ナントカ理論とか、ナントカ命題なんて言うばかりで、
中身について何も言っとらんじゃない。
ナントカ理論がどうなんてことじゃないんだよ、ここで言われてるのは。
>哲学ってのは、てめーの頭で考えて初めて哲学っていえるんだよ、本質的には。
>だから、ニーチェだの、カントだの読むのは勝手だけど
>そこから、自分なりに系統立てた思考を打ち立てられなかったら、
>そりゃ、哲学してるんでもなんでもなくて、
>唯、本読んでるだけなの。
>わ か る ?
ということについてなんですよ。

633 :考える名無しさん:01/09/01 13:45 ID:UimEssUE
>>632
その論法でいくとアンタはただ1のレスを読んでいるだけになるな。

634 :考える名無しさん:01/09/01 13:58 ID:wGI.WAeE
☆★☆★ネカマ応用方★☆★☆
1・まずはゼリーを買いましょう、できるだけたっぷりね
2・次にそれをぐちゃぐちゃに潰しましょう、掴めないぐらい
3・それをアソコに入るだけ入れましょう
4・後は一日中そのままでいてください、またに感じますが痴漢されていると思えばよけい濡れますよ

635 :考える名無しさん:01/09/01 14:06 ID:wGI.WAeE
HN まりお 由来 適当に付けた名前。気に入ってないがめんどくさいので
そのままにしてる。いずれ変更するかも。
お住まい 銀河系地球日本
誕生日 9月6日
年齢 10代半ば
性別 ♂
学校 私立
学科 特進
趣味 映画(週に5本以上見る)と、学校でやるかる〜いバスケ(お昼休みと補習の前の
休み時間only)、ネットゲーム(DCとPSOを買ってから日常に支障をきたすほど
はまる)それと任天堂アイランドの人達との交流。
好きな教科 なし。
嫌いな教科 すべて。
好きなテレビ STAR CHANNEL,AXN,CSN1,famiry劇場,NHK衛星第2
好きなゲーム会社 任天堂、セガ、エニックス。
好きな有名人 堀井雄二、宮本 茂、山内溥、DAPUMP、ジェニファーラブヒューイット、亀井静香
アンソニーエドワーズ、ピアースブロスナンその他多数。
好きなゲーム マリオシリーズ、ゼルダシリーズ、PSOシリーズ、カルドセプト、
ドラゴンクエストシリーズ、シェンムーシリーズ、セガカラ。
あだ名 下の名そのまま。
嫌いなもの Play Station2、ソニー、自己表現できない人、偉そうな人。
将来なりたいもの デトロイト辺りでクルーザー生活。その日暮らし。
その他 まだ、他にも書くかも。いつかは未定。

636 :考える名無しさん:01/09/01 21:18 ID:wGI.WAeE
こんにちわ!!
時間論の皆さん、お元気ですか?
2chの雲行きが心配です。
お世話になっている人間として、もし本当に無くなってしまうのなら、
とても残念です。

>>1さん & 考える物理屋さん に
時間について書いている場合ではないかもしれませんが、
1つだけご勘弁を(笑)。
いつか、考える物理屋さんが指摘した、
   過去の記憶を時系列的に保存しているのか
ということに実はまだこだわっています、困ったことに(笑)。

24.7時間のリズムと共にある「今日」の記憶は別にして、
長期的な記憶は時間とともにはないような気が、
私も(でいいんでしょうか)します。
あれからあれこれ考えたのですが、その1つに格言・諺があります。
大概の諺には、相反するものがありますが、
(例えば、「鉄は熱いうちに打て」に対して「大器晩成」などです)
ある時点でそれまで過ごしてきた時間の長さについての表現は、
  光陰矢の如し
とか
  少年老い易く学なり難し
など、書いてみて私自身冷や汗ものですが(笑)、
これに相反する表現が見当たらない気がします。
で、「いろいろあったなあ」という感慨に浸るにしても、
それは経験したことの量とその苦労(?)によっているのであって、
時間の長さそのものを感じとっているのではないように思われます。

使い古された言葉に、人間の認識(形式・機能)が現れる、
とするなら、以上のことは、私にとって
物理屋さんの指摘が的を得ていることの証左になります。

そこで、哲学版らしく少し脱線しますが、
「どう生きるべきか」という問題で考えてみますと、
人生の終盤に来た人が時間「量」を実感できないのであれば、
「何をしたか」こそが、生きてきた(そして、生きている)実感と
なるのでは…、とも思ったりします。

で、戻りまして、以上私が言ったことには、
(れいによって、笑い)飛躍があるかもしれません。
反論大歓迎なのですが、この2chが心配ですね。

追記:1さん。そういえば、ネカマについての話が出ていましたが、
歴史上最初のネカマは、紀貫之ではないかと思うのですが、
どう思われますか?
私としては、ネカマがいると楽しいので、誰かなってくれないか
とも思うのですが。物理屋さん、どうですか?(ヤキ入りそう)

637 :考える名無しさん:01/09/02 12:51 ID:fuY9x9XQ
.

638 :考える名無しさん:01/09/03 15:56 ID:6evozeYU
?

639 :考える名無しさん:01/09/03 16:58 ID:6evozeYU
哲学ってのは、てめーの頭で考えて初めて哲学っていえるんだよ、本質的には。
だから、ニーチェだの、カントだの読むのは勝手だけど
そこから、自分なりに系統立てた思考を打ち立てられなかったら、
そりゃ、哲学してるんでもなんでもなくて、
唯、本読んでるだけなの。
わ か る ?

640 :考える名無しさん:01/09/03 21:17 ID:FQ9digH.
>>639がログ読んで無いという事は分るね。

641 :考える名無しさん:01/09/03 21:45 ID:YXQl3qko
つーか 1 のコピペなのだが。

642 :考える名無しさん:01/09/05 20:14 ID:HDSAfbBk
だから、こんなクソすれ、上げんなよ!!

643 :考える名無しさん:01/09/06 18:00 ID:JxJMI67Y
だから、こんなクソすれ、上げんなよ!!

644 :考える名無しさん:01/09/06 18:02 ID:k8GOyRr2
時間というのは,運動から定義されている概念でしょう.
運動をうまく理解するための方便として,定速ですすむ時間という
概念をつくったわけです.
一定速度ですすむ時間という概念がフィクションであることは相対
性理論が証明してるでしょ.

未来は推論,過去は記憶.こうした時間の概念は人間の脳の機能に
依存しているように思う.1がいうように記憶の整理のための道具
といってもいいかもしれない.どちらにせよ世界認識の方法として,
そういう概念を必要としているだけではないだろうか.

時間があるのではなく,人間が認識できる「運動」があるのだと
思う.一方向に流れる「なにか」があるのでは無いだろうと.

単純運動を用いて「時計」なるものを発明することによって,
同時に「一定速度で一方向にすすむ時間」という概念も発明
したのでしょう.便利な概念ですが,人間が勝手に想定した
ものですから,その性行を探求すれば,結局人間の認識能力
の探求になってしまうのだと思う.
認識者としての人間をどこかにおいといて,絶対に流れる時
間というものを探求するのは馬鹿げている.

結局1を言い直しただけかな?

ただ,時計によって時間を標準化したところで,体験する時間
感覚は個々人の能力にかかっているように思う.一瞬を永遠に
感じたり,その逆があったり.そういう認識のあり方が,時間
の本性のように思う.認識も脳の運動のひとつとすれば,その
運動によって,時間は定義される.それが,セシウムの振動や
クオーツの振動の定時性とずれていようとも.時間認識とはも
ともと錯覚そのものであるから,時間は認識の中で,自由に伸
縮するのではないでしょうか.
刻まれた流れにのって進むのではなく,無辺の荒野を突き進む
運動があるのみ.

>>643
可能性というのは時間によって定義される概念のように思うが.

645 :考える名無しさん:01/09/09 10:47
だから、こんなクソすれ、上げんなよ!!

646 :考える名無しさん:01/09/09 13:37
名スレの予感

647 :考える名無しさん:01/09/09 15:59
だから、こんなクソすれ、上げんなよ!!

648 :考える名無しさん:01/09/09 16:41
http://members.tripod.co.jp/tanimania/yuka-09.html

649 :考える名無しさん:01/09/09 17:34
>>648
スレ違いだけど、サンクス

650 :考える名無しさん:01/09/09 19:27
>>648優香?
乳首見えてるよな?
合成写真?

651 :考える名無しさん:01/09/09 20:08
名スレだ!

652 :考える名無しさん:01/09/10 01:04
哲学は人文科学系の学問であって「思索」じゃない。
素人ニュアンスでやってる人を否定はしないが、
こっちから見るとアホに見えるのは確かだ。

653 :考える名無しさん:01/09/10 01:18
       , -―- 、
   /了 l__〕      〈]
    7| K ノノノ ))))〉,、
    l」 |」(l| ( | | ||. !lm    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | |ゝリ ~ (フ/リ lアノ  < 先生!これってマジですか?
     | | /\_V〕‐-/`'/    \ http://whkbrxtr.tripod.com/urajindou2.html
.    l l | /ヽ/<ノ|>‐-- '      \______________________
     !リl/ /〉、_|
   _〈 // ` ―|
.  `つノl/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 \                   \
   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

654 :考える名無しさん:01/09/10 01:38
数学は理数系の学問であって「算数」じゃない。
素人ニュアンスでやってる人を否定はしないが、
こっちから見るとアホに見えるのは確かだ。

とかいう人はアホに見えるよね。>>652

655 :考える名無しさん:01/09/10 02:02
         \     /
          \ /
         ■■■■
        ■■■■■          カサカサ
       ■■■■■■■
        ■■■■■
   __■■■■■■■■__
   /  ■■■■■■■■ \
  __■■■■■■■■■__
 /   ■■■■■■■■■  \
  __■■■■■■■■■__
 /   ■■■■■■■■  \
      ■■■■■■■
       ■■■■■■
        ■■■■       カサカサ

656 ::01/09/10 02:05
これ、久しぶりに見たな。(笑

657 :652:01/09/10 07:57
>>654
それは数学に限ってのことだと思うよ。
たとえば物理学とか考古学とか代入してみてよ。
なんか専門性を重視されなさすぎな感じするのよねー、哲学って。
間違えばオウムにもなれば革マルとか赤軍とか産出する、
ある程度危険な学問だっつーのに。

658 :654:01/09/10 08:32
>>657
素人ニュアンスを「否定しないが」「アホに見える」という
自家撞着っぷりが、アホに見えるということを
わかりやすくするために代入しなおしただけで、物理学やら
考古学がどうこうという問題ではないつもりだったんだけど・・・。

659 :652:01/09/10 10:08
囲碁将棋に通う人見ててアホだと思うことはあるが、
彼らを捕まえて「うぜーよ」と言おうとは思わない。
コギャル見ててアホと思うが、
彼女らを捕まえて説教しようとは思わない……

660 :考える名無しさん:01/09/13 10:44
>>659意味不明

661 :考える名無しさん:01/09/13 19:20
>>659意味不明

662 :考える名無しさん:01/09/14 10:42
ふーむ

663 :考える名無しさん:01/09/14 20:01
人為的な操作が加
わって価値が急騰する場合、
あきらかにバブルです.
sono通り。

664 :考える名無しさん:01/09/14 22:53
age

665 :考える名無しさん:01/09/15 00:02
(自称)君子、危うきと思いしも其に近寄らず(新語)

666 :二酉:01/09/15 02:48
あんたねぇ・・・、まず結論から。アホはあんた。自分の考えよく考え直して見ろ。(ちなみにアホって概念は相対的価値判断でまぁくだらんことだが。
あなたによって、そしてあなたの価値観でアホと言われても僕は何も傷つかない。それから仲良しの奴にアホな奴もいるけどそいつがしっかり意志や信念
持って生きて人格が良ければ別に良いと思うし。)

んであなたの意見についてですけど、科学ってのは私たちの産み落とされた世界について知る一つの手段です。人間の精神である探求心がもたらす産物です。
そして人が何かを探求し創造しようとすることです。
では科学者は何をしているのか?とにかくなによりこの自然界は私たちが創ったのではなく、我々自身もその自然の摂理の中で生まれたのでその世界の全てを知ろうとする。
古代人には地球がどうなっているのかさえも分からなかったので世界は地上を中心に廻っているとか、象が下にいて・・・だとか様々に哲学しました。
それがやがてコペルニクスやガリレオ、ケプラーなどによって科学になります。
またあらゆる自然法則もすべて謎でしたが万有引力の法則、慣性の法則、相対性理論、量子論、などの発見により新たな世界観が生まれます。しかし科学は人間を盲目にし、
人類を神と無縁にしてしまいました。そしてあなたのような人間が現れるに至ったのです。冷静に考えて欲しいのは、ニュートンは物が引かれ合うのを発見したが
彼がそれを創ったのではないということです。
科学者は未知なる世界に手を入れて我々が属する神秘の世界の謎を解いてるだけです。言うなれば神と対話してるとでも言いましょうか。
所詮科学はほつれた糸をほどいているだけで糸そのものが何処から来て何処へ向かって何故在るのか、そんなことは教えてくれないのです。絶対的な神の元では科学は所詮不具にすぎないのです。
20世紀を代表する偉大な科学者アインシュタインでさえこう言っています、「宗教のない科学は不具、科学のない宗教は盲目。」
科学の最前線にいたアインシュタインさえも、結局いくら多くを知ろうと科学が進歩しようとも自然界の創世を考える時、神の存在を否定できぬとしてこの様な事を言ったのです。
現代人の見失いがちな科学に於ける哲学の重要性、科学と哲学の関係を示した言葉として有名です。
それにピタゴラスやパスカルやデカルトなどは科学者であり、哲学者であったことを忘れてはなりません。よく言われることですが科学者は研究を進めれば進めるほど哲学者になるそうです。
如何にこの世界の存在そのものが神秘的なものなのか、より多くを知れば知るほど哲学者になっていくというのです。いつだったかテレビでHONDAのロボット開発者が
「ロボットの開発をすればするほど神様が創った人間の凄さに感銘する」と言っていたのが印象に残っています。
ということで、あなたのそのような認識は誤りとしか思えません。
あっても、無駄な経験は一つもない。

そう考えています。


667 :考える名無しさん:01/09/15 15:23
ブッシュ大統領夫妻を始め歴代大統領が出席した、ワシントンの
ナショナルカテドラルでの礼拝は、「宗教的中立」に配慮して
イスラム教の師やユダヤ教のラビをも招いて行なわれた。
しかし、仏教、ヒンドゥー教、ゾロアスター教、神道、道教は無視
された。
基本的にはキリスト教のみ差の形式で行なわれ、イエスキリすとの言葉
が読まれた。
NHKは、「宗教的(宗派的?)中立性」への配慮のみを強調して
これを垂れ流し、事実上のキリスト教賛美を行なっている。

旧約聖書の怒りと復讐の誓いを基礎とした国家、これがアメリカの
限界でありアイデンティティなのだろう

668 :考える名無しさん:01/09/17 12:05
.

669 :考える名無しさん:01/09/17 16:27
「哲学」という言葉の捉え方にもよると思うけど、ちゃんと哲学的に考え
ていれば、たぶんサリンをまくような危険思想には陥らないと思う。
倫理は必要。
アルチュセールの言葉に「科学者は最悪の哲学を選択する」
というものがある。この言葉には二つの意味がある。
ひとつは、文字通りの意味。
そして、二つめは、ひとは誰でも、それが科学者であろうと、
何らかの哲学を持たずには生きられない、ということである。
文字通りの意味っていうけど、その理由をアルチュセールはどう説明しているの?
科学者は好奇心のために倫理的判断を無視するということ?
そうだとしたら、いいたいのは、科学者全体に一般化してはいけないんじゃないか?
アインシュタインやグロタンディークのように「社会的責任」を論じた
優れた科学者もいるし、むしろ科学を応用する「実際家」のほうが
数段倫理的に劣っていると思うよ。
それはともかく、科学哲学は副作用が少ないという意見には同意。
科学哲学は比較的副作用の少ない学問ではあるでしょ?
ヘタに「正義とは」なんて哲学的に考えはじめるからサリンまいちゃったりするんでない?哲学に深入りしすぎると社会不適応起こしやすくなるんだよ。でも科学哲学だけはその逆。

670 :考える名無しさん:01/09/17 17:34
>ちゃんと哲学的に考え
>ていれば、たぶんサリンをまくような危険思想には陥らないと思う。
なんのこっちゃ???
なんか、始終、支離滅裂。
>科学者は好奇心のために倫理的判断を無視するということ?
倫理的判断は倫理的判断。哲学は哲学。
>アインシュタインやグロタンディークのように「社会的責任」を論じた
>優れた科学者もいるし
なんで、日本に原爆落ちたか、あんた、知ってる?優れた?ざけんな!
お前みたいなヘタレは、何もほざくんじゃねえ!!
サリンまくのと、因果関係が全くないやんか。
オウムの異常さと、きさんのぬかしとおことには、なんの共通項もなか。

671 :考える名無しさん:01/09/18 10:45
gemuko

672 :考える名無しさん:01/09/20 11:21
age

673 :考える名無しさん:01/09/22 18:24
きだくいに、言えばどうにかなる。そう思ってんのかな?
甘いよ。

674 :考える名無しさん:01/09/22 18:36
>>667

キリスト教徒は、キリストの教えにそむいてるね(笑)
キリストは、復讐なんて奨励しなかった。

675 :考える名無しさん:01/09/23 00:58
知行合一には憧れるんだが、やっぱり凡人の俺には哲学ゴッコで十分だよ。
みんなもそうだろ。
自分で考えることは好きだが実行まではできんよな?犯罪者になるだけだし。

676 :考える名無しさん:01/09/23 16:32
ハタチです。昨夜未明に処女を捨てました。(ネタじゃないです)
彼の部屋でしたのですが、隣の部屋には彼のお母さんがいました。
声を出さないように頑張ったのですが声って自然と出てしまうんですね。
痛かったのは最初だけ。
なんだ、こんなもんなのかっていうのが正直な感想です。
ただ本気で彼のことが好きなので、彼が喜んでくれたのが嬉しかったです。

677 :なめんな:01/09/26 19:03
おっさんのハゲならまだ許せるけど
若はげは・・・。

前にメルフレと会ったんだけど、
顔が不細工な上に明らかにはげそうな頭だった。

っつーか、若はげ。
本人メールでその事を言ってくれなかった超ルール違反。

んであせってんのかどうかしらないけど、
結婚を前提に付き合ってくれだって!!
自分の頭を見てから言えってんだよ。

付き合うも何も会った瞬間にその男から興味が
なくなったから速攻ふった。

678 :ええと:01/09/26 19:30
僕のサークルの憧れの先輩が骨折で入院しているので
こっそり一人で病室へ見舞いに行った時のことです。
先輩はノンケだし、僕もノンケのふりをしていたのですが、
それとなく先輩に欲求たまりませんか?と聞いてみたところ、
先輩はたまりまくってるとの事でした。
で、僕が冗談っぽくしごいてあげましょうか?って言ったら
マジで?って喜んでパンツ下ろしてきたのでビックリ。
僕は自分の勃起したチンポを先輩に悟られないように
手でしごいてあげて、先輩のチンポが元気になってきたら
口でくわえてあげました。ちょっと臭いがきつかったけど
大好きな先輩のチンポなんで喜んでしゃぶってあげました。
逝きそうになったら、先輩はものすごい声をあげて
僕の口の中ではててしまいました。先輩のザーメンおいしかった。
それ以来、僕は毎日人気の少ない時間帯に先輩の見舞いに行ってます。
退院しても関係はこのまま続けてほしいと思ってますけど。
でも、今の僕はただ先輩の欲求のはけ口ばだけなんで寂しいです

679 :考える名無しさん:01/09/28 16:37
数学をせよ、それいがいいうことなし。

680 :考える名無しさん:01/09/28 16:57
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∠  うるさいハエばっかだなぁ。逝ってよし!
           \_____________
                 ブーン
           ∴    ・〜
   ∧ ∧    ∴∴    ↑>>679
   ( ゚Д゚)  ∴∴∴..  
  ∪  ⊃自
  〜|  │ プシュー
    U U

681 :考える名無しさん:01/09/28 17:12
>>680
殺虫剤は環境に良くない影響を与えます。
その使用は最小限におさえましょう。

682 :考える名無しさん:01/09/28 17:24
>>681
そうは言っても哲学板はハエが多くて・・・・

683 :考える名無しさん:01/09/28 19:04
>>682
虫一匹いない荒れ野よりも、ハエでもいるほうがましです。多分。

684 :考える名無しさん:01/09/28 19:33
>>682
きっと死んだ犬にウジが湧いているのです。

685 :考える名無しさん:01/09/28 20:06
おっさんのハゲならまだ許せるけど
若はげは・・・。

前にメルフレと会ったんだけど、
顔が不細工な上に明らかにはげそうな頭だった。

っつーか、若はげ。
本人メールでその事を言ってくれなかった超ルール違反。

んであせってんのかどうかしらないけど、
結婚を前提に付き合ってくれだって!!
自分の頭を見てから言えってんだよ。

付き合うも何も会った瞬間にその男から興味が
なくなったから速攻ふった。

686 :考える名無しさん:01/09/28 20:07
僕のサークルの憧れの先輩が骨折で入院しているので
こっそり一人で病室へ見舞いに行った時のことです。
先輩はノンケだし、僕もノンケのふりをしていたのですが、
それとなく先輩に欲求たまりませんか?と聞いてみたところ、
先輩はたまりまくってるとの事でした。
で、僕が冗談っぽくしごいてあげましょうか?って言ったら
マジで?って喜んでパンツ下ろしてきたのでビックリ。
僕は自分の勃起したチンポを先輩に悟られないように
手でしごいてあげて、先輩のチンポが元気になってきたら
口でくわえてあげました。ちょっと臭いがきつかったけど
大好きな先輩のチンポなんで喜んでしゃぶってあげました。
逝きそうになったら、先輩はものすごい声をあげて
僕の口の中ではててしまいました。先輩のザーメンおいしかった。
それ以来、僕は毎日人気の少ない時間帯に先輩の見舞いに行ってます。
退院しても関係はこのまま続けてほしいと思ってますけど。
でも、今の僕はただ先輩の欲求のはけ口ばだけなんで寂しいです

687 :考える名無しさん:01/09/28 20:08
数学をせよ、それいがいいうことなし。

688 :考える名無しさん:01/09/28 20:09
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∠  うるさいハエばっかだなぁ。逝ってよし!
           \_____________
                 ブーン
           ∴    ・〜
   ∧ ∧    ∴∴    ↑>>679
   ( ゚Д゚)  ∴∴∴.. 
  ∪  ⊃自
  〜|  │ プシュー
    U U

689 :考える名無しさん:01/09/29 17:25
なんか、くだらないけど(ごめんね)
妙に笑えるね。
うわーん。

690 :通行人:01/09/29 19:06
なんとな〜く眺めてたんだけど666って別のとこで俺が発言したレスのコピペじゃないか。こんなとこに・・・!?

他の板なんかでもちらほらと私を捜索してるようですね。なんか全然あてが外れているようでびっくりです。楽しませて貰ってます。暗中模索御苦労さまです。
全然見当違いばかりのようです(本当に)。99%無理だと思う、全く分かってないみたいなんで。
ずっと眺めてて思ったんだけど大変だと思います。時間はもっと有意義に使うべきではないでしょうか。私は好きな時にのんびりとさせて貰ってるんでどうでもいいですけど。

691 :通行人:01/09/29 19:22
自分の意見に客観性を持たせる為に先哲の言葉などを引用するものです。それから哲学を何も理解できてない(というか知性の足りない)人の為に分かりやすくしてあげるという効果もあるでしょう。
もちろんその様にして書かれた意見に自分の考えが入ってないのなら弾劾されてしかるべきです。ただ、人の格言などを引用しているのは全部駄目だってのは全く馬鹿げた意見としか思えませんね。

負け惜しみで言ってるのか、偉そうに哲学語る奴に何かしらむかつきを覚えそれを抑えるだけの理性もないくらい幼稚で愚鈍で屈折してるのか。
こんな意見はそういう人間が言うことだな(ワラ)。

692 :考える名無しさん:01/09/29 19:50
>>691
違うでしょ。引用そのものを否定したりして
どーのって訳じゃぁないんじゃないの?
それに終始して、主観のない議論を糾弾するていうことが
主題でしょ?
なんでみんな、アホばっかしなん?

693 :考える名無しさん:01/09/29 19:50
>>691

先哲の言葉なんか引用したって客観性なんかないって。
先哲の権威を利用するというならともかく。

ところで、全ての考えに「名前」でもついてるのかね?(ワラ)

694 :考える名無しさん:01/09/30 05:39
>ところで、全ての考えに「名前」でもついてるのかね?(ワラ)

  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`) <  お前頭悪いモナか?
 (    )   \_____
 | | |
 (__)_)

695 :考える名無しさん:01/09/30 05:46
相手が、

・自分自身で客観性を持っている。
・こちら側の客観性を信頼してくれている。

ということを信頼して、引用というのはしてると思う。

ちょっと引用しただけで、「お前はそいつを盲信しているようだが・・・」
などと言い出すのはこの信頼を裏切る行為と思う。

696 :考える名無しさん:01/09/30 05:53
>>695がいい事いった!

697 :考える名無しさん:01/09/30 11:06
>>694

  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`) <  お前頭いいモナか?(ワラ)
 (    )   \_____
 | | |
 (__)_)

698 :考える名無しさん:01/09/30 15:17
                          サルでも              (  (
                   ,,.r'' ゛~~` ''ッ,,  立てねーぞ             )   )
                 、 ゛  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ヾ.   こんなスレ       ,.、   / /
                  ミ   ミ゛,へ.__, ,_ノヽ i.                .| |l   l ,´
                ミ    ミ, ( ・) {・フ 〉 ミ.          _-、i::| |ニニii '
            、,,,,ツi:     ミ,`~´ ヽ~〈  .ミ        /,‐ヽヽ`、||
          、シ``   i:      ,ゞ  'n.inヽ. .ミ          ( .〉〉/
         シ  //      ミ`    l.l ヽ"、         /  ノ
        ミ/ シ           彡 ,=こ二=.{ ミ,,      ,r'´ ,,、'゛
        ミi. /  /       ' ! w、`~^' vwv '、   ミ      〃 .ミ
       .ミ /     i:  /      `^^     \ ."   〃  ミ
      .ミ.:/ / / i:      v    !  ,,   \ 、 〃  ミ
      :i;     .i:   w      !!   ミ!:   ミ \\( ⌒ヽ
      :i;  /   i:      !!       .ミ キ    , ⌒`、_  )  )
      :il     .i:    !    w!    ミ .:i.   (_ (  _,ノ  ) ,
     :il   !  i:           ! ,〃゛  キ    ゞ、 __,  ノ ,
     .:il !   /~~````` " '''' = ‐- 、ミ  _,,,,_ミ,  il `  ー ´
     :il   ´ ―  ̄ - ,,. -‐‐-、、 ヽ. ヾ、  ゞ、 `  〃
     ゝ、wx.mn.!!++ナ'~      ヾ~ヽ、 ヽ、 ,, ~^^}´
        彡   〃  〃     }} /〉.〉〉〉i''"   〃
         彡、     {{     〃,__!////l |    〃
           X,,    》.   ≪.__`‐'.' '´,Uwwvw'

699 :考える名無しさん:01/09/30 18:17
オウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウム
おうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむ
oumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumu
オームオームオームオーオームオームオームオームオームオームオームオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウム
おうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむ
oumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumu
オームオームオームオーオームオームオームオームオームオームオーム
オウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウム
おうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむ
oumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumu
オームオームオームオーオームオームオームオームオームオームオームオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウム
おうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむ
oumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumu
オームオームオームオーオームオームオームオームオームオームオーム
オウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウム
おうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむ
oumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumu
オームオームオームオーオームオームオームオームオームオームオームオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウム
おうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむ
oumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumu
オームオームオームオーオームオームオームオームオームオームオーム
オウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウム
おうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむ
oumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumu
オームオームオームオーオームオームオームオームオームオームオームオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウムオウム
おうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむおうむ
oumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumuoumu
オームオームオームオーオームオームオームオームオームオームオーム

700 :考える名無しさん:01/09/30 18:59
>>697=>>693
コピペに・・・

701 :考える名無しさん:01/10/01 11:32
ばあちゃんの名前が朱良(しゅら)と言う。
沖縄だけど、「しゅらばぁ!」って呼ぶよ。
マジ中のマジ。

702 :考える名無しさん:01/10/01 11:47
掲示板…

     ヘ
  ∠ / 丶
    /  丶
  _/ S ヽ_
<_____>
  |ノリ l  l | リ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  彡\_ワ/ミゝ < お出かけしよーよ!
   / O\    \________

703 :考える名無しさん:01/10/04 18:43
>>701
激しく同意

704 :考える名無しさん:01/10/04 19:57
冨tyannこんばんは

705 :通行人:01/10/05 05:19
こんなくだらん板居座りたくないけど一応見たんでレスしとこかのぅ
>>692
主観性のない意見が駄目ってのはそんなの当たり前だ。そうも書いた筈だ。
それからアホってさ、ひょっこり出てきてくだらんたわいもない批判というか、なんの創造性もない中傷というかそんなことだけ言ってく奴の方が礼儀知らずでよっぽど手が付けられん馬鹿だ。
怒りなど一分足りとも沸いてこない。寧ろ憐れみさえ禁じ得ない。
馬鹿に付ける薬はないな、ホントに・・。
>>693
客観性なんかないって、んなことはないだろ・・。過去に権威のある人がこう言ってたって言えば少なからず客観性は含まれるだろ。
別に一般論になるって言ってるわけじゃないぞ。
権威を利用してるってのはそういう効果もあるだろうな。名もない人の本なんかでも確かに他人の意見等引用してるとなんとなく説得力は生まれるもんだ。
それとどっかにも書いてあったけどプラトンもソクラテスをたくさん引用してるし。

706 :考える名無しさん:01/10/05 18:34
>>705
はいはい。つまんねえんだよ。

707 :考える名無しさん:01/10/05 18:56
>>706
オマエガナー

708 :考える名無しさん:01/10/06 15:47
>>705なんだい?

709 :考える名無しさん:01/10/07 13:48
糞レスばかりだね。でも、
激しく同意!>>1

710 :考える名無しさん:01/10/14 19:41
このすれ、前半は面白いよ。
もう一度復活して欲しいな。

711 :通行人:01/10/15 01:57
>>708
なんだい?って何なの、突然・・・・?????
705だけど、通りすがったので。

712 :考える名無しさん:01/10/15 12:49
ma,気持ちは痛いほど分かるが
そもそも、こんな場でマジに議論しようとしても無駄。>>1

713 :考える名無しさん:01/10/15 16:03


人生哲学板はないんですか?作ってほしいです。

714 :考える名無しさん:01/10/21 11:49
そうだね。いい加減「しったか」はウンザリだね。
能は記憶のためのみに存在するのではない。
考えるためにあるのだ

715 : ◆2x9I8Pe6 :01/10/21 14:41
なぁ1さんよ
おいらはちと違うぞ
お前と話してやろうじゃないか その人の名前を使わずにな
じゃあまず哲学における普遍的な考え方を述べその後に君の意見を聞かせて欲しい

716 :教えてあげよう:01/10/27 19:11
香月

教えてあげる

源氏

717 :考える名無しさん:01/11/01 19:51
名スレの予感

718 :考える名無しさん:01/11/17 16:43
というか、既に名スレだ

719 :考える名無しさん:01/11/17 17:17
権威主義批判をしてるつもりなんだろうが、
無条件に権威を否定するなら、
それが最もたちの悪い権威主義だと思う。

720 :考える名無しさん:01/11/18 13:27
頭悪るそうだね。というか、醗酵して臭いそう。>>719

721 :考える名無しさん:01/11/18 13:37
>>720
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)<  論理的反論の出来ない煽り厨房は哲学板から出て行け。
  (    )  \_____________
  |  ⊃・・.                  
  (__)_)(゜∀゜) >>720

209 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>8>>9
>>1>>2>>3>>4 ***********************************************************************************************************************************************************************************************************************@顏/test/read.cgi/philo/993474475/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)