5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

池田晶子

1 ::2000/11/29(水) 07:41
「哲学の巫女」とよばれている池田晶子の思想が
わかる人いる?


2 :照れ補:2000/11/30(木) 00:23
あげ

3 :考える名無しさん:2000/11/30(木) 07:39
この人の文章は一見分かりやすいようでいて、
思想を要約するのは難しい。

4 :考える名無しさん:2000/11/30(木) 09:45
彼女に思想は無い。と言うか思想を問うても無駄だと思う。
「思想」によって考えているのではなくて、考えによってその都度
思想を吐き出しているのだから。

彼女について考えたいのならば、何か彼女の本に沿って語ってよ。

5 :非1:2000/11/30(木) 13:04
ソクラテス三部作、「考える日々」等のエッセイ系、獄中対話、
その他のどれがいい?

6 :考える名無しさん:2000/11/30(木) 13:09
メタフィジカル・パンチが秀逸。

っつーか、過去ログが2つくらいあったような・・

7 :非1:2000/11/30(木) 13:15
ああ、もう無くなってるねえ。僕も見たことあるけど、
あんまり突っ込んでなかったような。うわっつらだけ
どーのこーの言ってるだけだった。

8 :考える名無しさん:2000/12/10(日) 05:56
サンデー毎日の連載も終わっちゃったねえ。
この人は問題が難しいところに来ると
結局居直ってすませる、っていう
印象がある。
ごまかしたり適当に答えたりしない分だけ
他の人々よりだいぶましだけど。

9 :考える名無しさん:2000/12/14(木) 18:07
サンデー毎日の「考える日々」の連載は終わった。
彼女はどこへ行く?

10 :考える名無しさん:2000/12/15(金) 03:01
いやー、いい声優さんですよね。僕もファンです

11 :考える名無しさん:2000/12/15(金) 18:00
>8
「難しいところに来ると」とあるが、どこが難しいのだ。
犯罪とか老人介護とかについては、たしかに人々の感情に配慮しなけりゃ
ならないぶん、筆加減が難しいが、問題そのものは「難しいところ」に
行くも来るもない。
「臓器移植」なんかあいも変わらず「生きたい生きたい」のオンパレードで
あって、「生と死」を問う立場からすれば「生きたいのです」「ええ、どうぞ」
と居直るのは、ある意味当然では。結局「臓器移植問題」だから難しいとか、
この人にとってそういうことはありえない。「微妙だ」と言うことはあるかも
しれないけれども

「難しいところ」とはその「生きるとは」こそであって、この難しさを
置いたままで他の問題を答えても結局は一時凌ぎみたいなもんであるし、
一方この根本の難しさとは、誰に責任を負っているわけでもない、
真理についての難しさであるから、分からなければ「難しいね」と
言うのは、確かに正直な方だと思う。

12 :考える名無しさん:2000/12/20(水) 13:37
いやー、この人が朝生に出演した際はお世話になりました。

13 :考える名無しさん:2000/12/21(木) 02:01
何の世話じゃい(藁

14 :考える名無しさん:2000/12/21(木) 03:27
結構きれいな人だよネ
http://www.otakara.org/otakara/idle/natu/ikeda-shoko/images/img007.jpg


15 :考える名無しさん:2000/12/21(木) 04:07
別人だっちゅーの!

16 :通行人Ω:2000/12/21(木) 04:22
>>6
それは池田昌子。メーテルさんの声をやった人ですね。なつかしい。

17 :通行人Ω:2000/12/21(木) 04:23
↑10の間違いだった。ごめん。

18 :考える名無しさん:2000/12/21(木) 13:48
この人はどうやってデビューしたの?
ライターになろうとして売り込んだのか、それとも誰かの紹介を受けて
書き物の依頼が来て、それが今に続いているのか。

19 :名無しさん@1周年:2000/12/23(土) 13:58
女の武器を使いました。

20 :考える名無しさん:2000/12/24(日) 03:01
今度の企画はちょっとあざといと思うけどなあ・・・

21 :考える名無しさん:2000/12/25(月) 01:12
どんな企画?

22 :御約束:2000/12/25(月) 01:38
スッゲーきれいだと思う。
つーわけで、

晶子たん…ハァハァ…ハァハァ

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/26(火) 00:02
>>21 これ。

ttp://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/tetsugaku.html

24 :名無しさん:2000/12/27(水) 02:07
デビュー前後に柄谷行人にこびまくったが当然ながら無視されたのは有名。
それ以来アンチ柄谷になりまちた。

25 :考える名無しさん:2000/12/27(水) 08:49
本当?

26 :>25:2001/01/06(土) 10:31
10年ぐらい前に柄谷さん本人からそう聞いた。

27 :考える名無しさん:2001/01/08(月) 01:22
埴谷雄高の薫陶を受け、お世話になりながらデビューしたんだよ。
学生時代に井筒俊彦に論文を送ってもいたね、確か。
んで、大森荘蔵を囲む会とやらにも参加している。
また『口伝西洋哲学史』のオビの推薦文は西部邁が書いてもいる。

というわけで柄谷に媚びを売っていたというのは意外といえば意外(笑)


28 :考える名無しさん:2001/01/09(火) 14:24
>>27
確か埴谷雄高と対談していたな
でも二人とも常人についていけない何だか分らないところに逝っちゃってる、じゃない、
行っちゃってるお方だから何が何だか分らなかった

29 :考える名無しさん:2001/01/21(日) 17:56
独我論

30 :考える名無しさん:2001/01/22(月) 05:02
同じ独我論でも彼女には深い愛がある(藁
屈折した形で永井や中島にも認められるけどね。
大森だと純粋に知的好奇の行き着くところみたいな感じだけど
ウィトやカントだとさらにひねくれてるけど(藁

31 :考える名無しさん:2001/02/22(木) 12:32
「睥睨するヘーゲル」の扉にある池田晶子の写真を見た。
美形でしかもポーズをとっているのを見ると、本の読者も担当の編集者も男が多い
のだろうと想像してしまう。

32 :考える名無しさん:2001/02/26(月) 02:46
新刊でてたな。

33 :考える名無しさん:2001/02/26(月) 10:31
中沢新一と付き合ってた頃、仏教系の出版社で本を出してた。

34 :考える名無しさん:2001/02/26(月) 12:10
>仏教系の出版社
法蔵館のこと?そんならいまも連載してるね。

35 :考える名無しさん:2001/03/01(木) 16:27
age

36 :考える名無しさん:2001/03/02(金) 23:55
池田昌子って,インターネットのことを「さびしいもの同士が慰めあったり乳繰り合ったりしている」
などと批判しているが,別のところでは「読者からの手紙が楽しみで文章を書いている」というようなことも
書いてる。死刑囚と文通もしているらしい。自分は孤独で満たされてるなどと強がっていることと大いに矛盾しないか。
テレビラジオも喜んでみているようだ。要するに自意識の塊なんだ。
山にこもれとまでは言わないが、完全に他者に伝わらない状況下で思考することの意味まで、考えたことがあるのだろうか。
著書は読み物としては面白い。

37 :考える名無しさん:2001/03/04(日) 07:27
本人が思っているよりも普通の人だということでしょう

38 :考える名無しさん:2001/03/04(日) 19:41
悪口の続き。
新聞は読まないということだけで、超俗を気取ったり、(そのくせ、学生が自分の
著書の引用の仕方で無礼を働いたとねちねち書いて,自分がいかに物事の道理を
心得てるか誇ったり)
養老ナントカとか言う頭悪インチキ学者を持ち上げてみたり。
ソクラテスが師匠らしいが、そのうち馬脚をあらわすこと必至。



39 :考える名無しさん:2001/03/04(日) 20:18
著作全部持ってます。
彼女について上記のような見解があるとは新鮮でした。

40 :名無しさん:2001/03/04(日) 21:31
あるよそりゃ(笑

41 :考える名無しさん:2001/03/05(月) 01:02
「言葉は言葉以外の目的を持たない」というのは、彼女の殺し文句だが、
では世界は言葉によって(全て)記述可能なものであると考えているのだろうか。
皮肉ではなく,本気で聞きたい。




42 :考える名無しさん:2001/03/05(月) 01:19
あのひとが何を指して“言葉”と呼んでいるのか、ということ
になるのかな……。

43 :考える名無しさん:2001/03/06(火) 16:58
リマークはマターリのパクリだと思うが、どうか?


44 :考える名無しさん:2001/03/06(火) 18:48
池田晶子がよく,「私は何の役にも立たないことを考えている」というのは、
彼女はカントが批判した「純粋理性」を指向している、と理解してよいのでしょうか?

哲学専門の方よろしくお願いします(本人に訊けばいいんだがね)。

45 :考える名無しさん:2001/03/06(火) 19:38
ただちょっとカッコつけてみたいだけのオバサンなんだよ。
面白がって読むぶんにはいいけど、あまりまともに取り合わないように。
まったく、池田晶子といい、香山リカといい、
どうしてこう思想ヲタのおばはんには痛い奴が多いのか・・・。

46 :考える名無しさん:2001/03/06(火) 21:42
「睥睨するヘーゲル」あたりまでは面白かったけれど、最近の
ものは手に取る気になれまへん。どうしてざんしょ?

47 :考える名無しさん:2001/03/07(水) 16:31
「睥睨」ってことば、今まで聞いた事なかったので今調べました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[睥睨]の大辞林第二版からの検索結果 

へいげい 【睥睨】

(名)スル

(1)にらみつけて威圧すること。「あたりを―する」
(2)横目で、じろりと見ること。また、にらみつけること。「微笑する者あり、―する者あり/思出の記(蘆花)」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

48 :考える名無しさん:2001/03/07(水) 21:45
香山リカはマジだよな。そこが痛々しいというか,ほほえましいというか。

池田晶子は自分は裏を知っているのだよという思わせぶりがいやらしい。

でもまあ,二人とも(というか文章で食っている人は)良くも悪くも頭いいな。

うらやましいよ。

49 :考える名無しさん:2001/03/08(木) 09:52
香山リカは尊敬はしないが、お友達になりたい。

池田晶子は尊敬はしないが、お友達にもなりたくない。

50 :考える名無しさん:2001/03/08(木) 10:41
香山リカは楽しそうにバイオリンの練習をしている庄司紗矢香に「もっと楽しんでやってもいいんじゃないか」とか
暴言を吐いていたけどなぁ。何か一生懸命やってみるのがいいんではないかなぁ。

51 :考える名無しさん:2001/03/08(木) 12:59
>でもまあ,二人とも(というか文章で食っている人は)良くも悪くも頭いいな。

あのう、勿論ネタですよねっ、ねっ!

52 :考える名無しさん:2001/03/08(木) 13:01
キ○ガイと書くと差し障りがあるからね。

53 :考える名無しさん:2001/03/08(木) 14:39
テレビに出演したことあるんですかね。
動く池田晶子を見たい。

54 :考える名無しさん:2001/03/08(木) 15:29
むかし、「朝まで生テレビ」でショーコーちゃんと話していたね。

55 :考える名無しさん:2001/03/08(木) 20:51
今は亡き景山民夫ちゃんと「犬のフン」論争?をしていて、爆笑。
アンニュイな顔で真剣に「フン、フン」連発する晶子に、萌えた(藁
あの夜は、お世話になりました(藁


56 :考える名無しさん:2001/03/08(木) 20:53
でも、肝心なときに、ショーコーちゃんで、一気に萎えたよ、、、、

57 :考える名無しさん:2001/03/08(木) 21:34
あれ「うん●」とのたまわっていたよーな?
あまりのインパクトゆえに記憶錯誤か?

58 :考える名無しさん:2001/03/09(金) 08:10
そうだよ。「う●ち」と言ってました。

59 :考える名無しさん:2001/03/09(金) 13:27
>>50
そういうことを思わず言っちゃうところが「マジ」でかわいいんだよ。憎めないおばさんだ。

60 :生真面目な55:2001/03/10(土) 01:56
そうですね。「う●ち」と言ってました。
「犬のフン」論争と書いて、つられて「フン、フン」と
書いてしまいました。
私が間違っておりました。
57、58さんには、多大なご迷惑をおかけしました。
鬱だ、氏脳・・・・

61 :考える名無しさん:2001/03/11(日) 15:18
まえにどっかで「犬のフン」論争のキャプ画像見たな

62 :名無しさん@1周年:2001/03/11(日) 15:28
いったいどんな脈絡で・・・

63 :考える名無しさん:2001/03/11(日) 15:53
いわゆる斜怪道涜と淋漓(感)とは別もんだっちゅう話でしたよね、
たしか。

64 :考える名無しさん:2001/03/12(月) 03:19
池田晶子の哲学は、抽象的な形式論議の域を出ないから、
意識的独我論以上でも以下でもない。
意外と平板で、つまらないよ。

65 :考える名無しさん:2001/03/12(月) 11:26
>64

だからあのおばさんの書くもんは、
思想っぽいエンタメなんだってばよ。

66 :名無しさん@1周年:2001/03/20(火) 15:24
なにげに彼女を盲信ぎみ。
批判を聞きたい。

67 :考える名無しさん:2001/03/20(火) 20:18
そうねぇ、・・・・批判のうちに入るかどうかはともかく、あの
人の本を読むときは見神家の体験記を読むときと同じようにした
方がいいかもね。

68 :いくぞう:2001/03/20(火) 22:26
おらが、たっぷり批判してやるべ。
とりあえず、今日はうんこして、寝るから、
今度な。

69 :名無しのオプ:2001/03/27(火) 13:02
あきこたん。

70 :考える名無しさん:2001/03/30(金) 23:27
あの女に、女の喜びを教えてやるぜ・・・まだ処女なんだろ、40歳。

71 :考える名無しさん:2001/03/31(土) 01:47
新刊、いっちゃってていい感じです。

72 :考える名無しさん:2001/03/31(土) 06:57
>>61
これのこと?
http://members.nbci.com/aum_archive/asanama/10.html

73 :名無し:2001/04/01(日) 04:42
三省堂本店で4月6日サイン会(藁
晶子ヲタ、頑張れ!

http://www.books-sanseido.co.jp/event.html?MBR_NO=&SESSION=

74 :考える名無しさん:2001/04/01(日) 04:54
逝ってらっしゃい>サイン会

75 :考える名無しさん:2001/04/01(日) 05:43
アイドルだね。ちょっとトウが経ち過ぎだが。(ワラ

76 :考える名無しさん:2001/04/01(日) 07:12
>>70
いくらなんでもそれは無いだろ(和良>まだ処女なんだろ、40歳


77 :名無しSUN:2001/04/01(日) 11:17
新刊本あざといなー。おもろいけど。

78 :考える名無しさん:2001/04/02(月) 12:52
池田晶子もえー
新刊本買ってサインしてもらって握手してもらって
帰ってからハァハァしよー

79 :考える名無しさん:2001/04/02(月) 18:31
>>76

どっちのほう?『リマーク』それとも『2001年哲学の旅』?

80 :考える名無しさん:2001/04/02(月) 19:16
>>79
「あざとい」ってことは後者かな?

81 :考える名無しさん:2001/04/03(火) 00:30
>>70
尻は、な。

82 :考える名無しさん:2001/04/04(水) 20:06
慶應の文系は入試科目に数学がないと聞いたがほんとか?

83 :考える名無しさん:2001/04/04(水) 20:12
>>82
http://www.zkai.co.jp/infoexam/subject/u017_a.html

84 :考える名無しさん:2001/04/05(木) 14:35
ハァハァ、明日。
あげ。

85 :考えない名無し:2001/04/06(金) 00:47
しかし、彼女の理解者は彼女の著作を何冊も買わないで卒業すると思うのだが・・・。

今日はサイン会だね。報告希望age

86 :考える名無しさん:2001/04/06(金) 02:14

カジュアル系の代表だね。
これだから日本の哲学はチョン未満なんだよな。


87 :考える名無しさん:2001/04/06(金) 14:12
>>85

ごもっともです。

88 :考える名無しさん:2001/04/07(土) 11:45
サイン会逝ってきました。精液でベトベトの手で握手してもらったけど、
あきこたんは表情ひとつ変えずに微笑んでくれました。

89 :考える名無しさん:2001/04/08(日) 00:55
サイン会行ってきたよ。
5時半頃にはもう50人以上並んでいたと思う。
若いサラリーマンや女子大生っぽいのが多かったな。
年輩のオジサンもけっこういた。
実物の池田晶子さんはまあ、きれいな方なんじゃないかな。
40にしてはフェロモンもある方なんじゃない?
でも近くで見ると顔の肌はやはり40を感じさせるな。
あと10歳若くて丸顔でぽっちゃりした感じだったら萌え〜だけどな。
物腰柔らかで物静かな感じだね。
やっぱり育ちのいいお嬢さんだな。
新刊書読んだけどこの人からは品性、教養、洗練、ハイソといった言葉が連想される。
2chとは無縁の人だろう。
>>88
ウソだよ。
急いでとはいえ、丁寧にサインしてたから一人一人話したり握手したりする余裕はなかったよ。
そんなに社交的でもない人だろうからけっこうストレスになったんじゃないかな。
でも、ファンレターは嬉しいみたいなことを書いてあるから出してみるのもいいかも。
サインするのもとりあえず嬉しそうだったね。

90 :89:2001/04/08(日) 01:16
あ〜あ、やっぱ、ハイソだよな、池田晶子さん。
お父さんもお兄さんも東大法学部卒らしいしな。
育ちが違うよな。
もって生まれた上品さがあるよな。
俺みたいな野蛮人とは永久に関わりのない人だろうな。
俺ももっと庶民的な女にしか萌えないしな。
しゃ〜ねえな。


91 :考える名無しさん:2001/04/09(月) 12:30


92 :考える名無しさん:2001/04/09(月) 23:37


93 :考える名無しさん:2001/04/10(火) 01:17
俺この人の後輩なんだよね―。
学生時代誰のゼミだったんだろ。学部しか出てないんだよね。

>>82
慶應文は入試に数学が無いのに哲学専攻は論理学方面が充実しているので、
数学苦手な奴は苦労してるよ。避けて通っても卒業できるけど。

94 :考える名無しさん:2001/04/12(木) 16:55
うむ。

95 :考える名無しさん:2001/04/12(木) 19:33
だから?

96 :考える名無しさん:2001/04/23(月) 16:51


97 :考える名無しさん:2001/05/03(木) 18:28
age

98 :数学小僧:2001/05/06(日) 21:58
>>93
数学なくて大学生になれるのか!卒業できるのか?大笑い。だいじょうぶか?心配。
俺、晶子の読者で中卒でビンボーですごくコンプレックスあったけど、ちと幸福感。


99 :法学部:2001/05/06(日) 22:01
哲学科はどうか知らんが、文系では数学無しは珍しくも無いよ。

100 :考える名無しさん:2001/05/06(日) 22:39
100GET!

101 :考える名無しさん:2001/05/07(月) 16:38
はー

102 :考える名無しさん:2001/05/08(火) 15:30
2001年哲学の旅萌えーーー!!!

103 :考える名無しさん:2001/05/08(火) 15:49
池田さん美人ではあるがもう40なんで? 確か。
学科の先輩ざんす。

104 :考える名無しさん:2001/05/08(火) 19:55
メーテルの声やってた人?

105 :考える名無しさん:2001/05/13(日) 13:32
メーテルの声優サンは「池田昌子」
「晶子」と「昌子」
私も最初間違えた

106 :考える名無しさん:2001/05/14(月) 14:51
女優にも似たような名前がいたような。

107 :名無し:2001/05/14(月) 15:08
『考える人』の「哲学など徹底的に無視しましょう」っていうの好きだなぁ。


108 :考える名無しさん:2001/05/14(月) 19:08
ねこの絵本描く似たような名前のひともいるね。

109 :考える名無しさん:2001/05/15(火) 16:57
>>106
Winkの片割れだネ!
彼女はウルルンで全く泣かないデス。

110 :考える名無しさん:2001/05/15(火) 17:54
はて?売れないセクシー女優(ワラだったと思うが>同じ字面

111 :考える名無しさん:2001/05/21(月) 16:24
ん?

112 :考える名無しさん :2001/05/21(月) 23:18
新刊の「2001年…」見たよ。
ちょっと見ない間に、目尻に…来たなぁ〜

113 : :2001/05/28(月) 16:42


114 :考える名無しさん:2001/05/30(水) 17:30
名前忘れたけど、前に知性派っぽい女性キャスターがいて、
少年を情夫として囲っていたことがばれたじゃないですか。
池田晶子も実は同じ性癖を持っているんじゃなかろうか。
男根羨望者の波動が出てないですか?

115 :考える名無しさん:2001/05/30(水) 17:51
>前に知性派っぽい女性キャスターがいて、
>少年を情夫として囲っていたことがばれたじゃないですか。

しらねーぞ、そんな話し。
誰だ、その知性派美人グラマー女性キャスターというのは。


116 :考える名無しさん:2001/05/31(木) 09:07
>>114
石井苗子のことと思われ

117 :考える名無しさん:2001/06/10(日) 23:32
age

118 :考える名無しさん:2001/06/18(月) 21:15
age

119 :考える名無しさん:2001/06/20(水) 07:33
池田の本ってみんな糞だろ。
読めたもんじゃねぇ。つまんなくて。

こんなの誉めたがるやつの気が知れない

120 :考える名無しさん:2001/06/22(金) 14:24
内容云々じゃないからな、このおひとは。

121 :考える名無しさん:2001/06/25(月) 09:06
本屋で「2001年〜」を立ち読みしたけど、あれはいかんな。
まあ、全体に悪趣味な雰囲気が漂っているから、騙される人は少ないだろうが。

122 :考える名無しさん:2001/06/26(火) 22:39
>>121
永井との対談は永井フリークの俺としては楽しく読めたぞ。
二人とも哲学入門書を書いたりして
哲学者を自称していながら、その論理の明晰性には
明白な違いがあることが明らかになった。
永井は学者、池田はミーハー。

123 :考える名無しさん:2001/07/04(水) 01:38
まあ、ミーハー的要素は多分にあるが初期の著作は大分マシだよ。

124 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 16:26
おっしゃるとおり。
哲学してる美人学者気取りで、大したこと言ってない。
まぁ、そういう方針でビジネスしてるというのなら、結果論として彼女の勝ちだね。
千葉麗子とかと全然かわらん。

125 :提供:名無しさん:2001/07/05(木) 21:42
この人の体は何でできてるの?

126 :吾輩は名無しである:2001/07/05(木) 22:39
ブルジョワ気取りがたまんね−!
そのくせハスミほどの学識もね−から使えね−

127 :考える名無しさん:2001/07/05(木) 22:59
美人だから良し!

128 :考える名無しさん:2001/07/06(金) 07:41
芸能人とかわらね-よ。
青土社とかからまともな哲学評論だしてみろ!

129 :名無しさん:2001/07/06(金) 08:04
http://www.bekkoame.ne.jp/~hirumas/HEAD/head31.html

130 :考える名無しさん:2001/07/22(日) 18:49
「事象そのものへ」は良いと思います

131 :考える名無しさん:2001/07/22(日) 22:59
どのように?

132 :考える名無しさん:2001/07/26(木) 00:38
http://www.skd.ne.jp/2syoukai/hon/010504_k.html

133 :考える名無しさん:2001/07/27(金) 03:36
age

134 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 00:18
あげるぞえ。

135 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 19:08
『メタフィジカル・パンチ』とかは良かったけどね。
商売やらタレント性やらは別にして、姿勢や覚悟は
据わってるるでしょ、この人。

136 :考える名無しさん:2001/08/03(金) 23:58
寄る歳波には勝てず・・

137 :tama:2001/08/04(土) 00:38
哲学制度・エコールとは無縁であるが故に防衛機制から上記雑文のような不安や恐怖を与えてしまう。
池田晶子に触れると、思考は喚起されるが、ついにはヴィトのように<沈黙>を
余儀なくされてしまうからかもしれない。様々な意匠を着て、迷走せず、かっこうをつけずに、
真摯にことばを聴いてみたらよい。きちんと、強く、深く<かんがえる>という、世人には
行えない生の実験をしていてくれる。上記の意見群からは近親憎悪、ルサンチマンからの言葉達のむなしさを感じる。

138 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 00:42
いや、確かに在野で考えることを精確に折り目正しく
行ってるのがいかに凄いかっていうのは認めるし、頭
の下がる思いもしばしばだよ。
だけど、いくら編集の意向とはいえ最近の売り出し方
はねえ。まあ、些事なのかもしれないが。

139 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 01:14
些事でしょう。

140 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 02:04
池田マンセー!!

141 :tama:2001/08/04(土) 02:16
同感です。確かにこの数年の同じ言説の繰り返しや
ジャーナリスティクな批評は本人が批判してたものでしたね。
閉口しながら、つきあってきました。
初めの3冊ぐらいでやめておけばよかったのに。残念です。
生活のためでしょうか。<年をとる思想>からすれば、いつも
おなじであることより、年とともに(環境とともに)、思想を
鍛えていったのかもしれませんね。世人(わたしのような)
の手の届きそうな領域に。それにしても現在存命の碩学の中で
もっとも思想家としての知的な清潔感と強さを感じてます。
無理だと思いますが、是非、アフォリズムより、建築物を見てみたい。

142 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 02:21
読みたいねえ。
ヘーゲルを超えられるかもって言ってたからね。
トンデモすれすれでも、勘違いでもいいから読んでみたい。

143 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 02:36
鍛えていったと見る向きもあれば、妥協したと言えてしまうし
衰えた・・は言いすぎか・・

144 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 03:05
言いすぎです。

145 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 03:26
藤沢・埴谷・大森・井筒・・・

池田晶子マンセー!!

146 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 04:04
ところで、池田晶子氏って、どうやって生活しているの?
とても原稿料だけで生活しているとは思えないんですけど……。
どなたかご存じですか?

147 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 04:20
からだを使ってる。

148 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 04:22
しかし、中沢や柄谷とも親交があったのか。ポストモダンに対する
嫌悪もその辺に端を発していたりして。

149 :tama:2001/08/04(土) 09:46
ポストモダンとの接触などというウラ話は根拠のない、
よくあるガセネタではないのですか。本当とも嘘とも
わかりません。エクリチュール、ディスクールを考えればよいと思います。

150 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 11:08
碩学って、池田のことですか?(笑)

151 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 14:10
碩学というよりは考える人じゃないかな。

152 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 19:38
逝ってよし!!

153 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 20:33
池田と昨日ヤったぜ。マンセー!!!

154 :考える名無しさん:2001/08/04(土) 23:07
池田大作マンセー

155 :考える名無しさん:2001/08/05(日) 00:28
逝ってよし!!

156 : :2001/08/05(日) 06:24
最新作は?

157 :考える名無しさん:2001/08/05(日) 14:47
2001年でしょ。

158 :OFW:2001/08/05(日) 20:51
金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜金大中マンセ〜

159 :考える名無しさん:2001/08/05(日) 22:34
金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜
金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜金正日マンセ〜
金正日マンセ〜金正日マンセ〜

160 :名無しさん:2001/08/09(木) 02:07
最新作は安っぽいというかあざといというかあれでいいのか・・・
ギャグか?

161 :考える名無しさん:2001/08/09(木) 02:10
今上がってんの5つくらいおんなじ奴のだ!

162 :名無しさん:2001/08/09(木) 02:11
もんくあるか!!!

163 :161:2001/08/09(木) 02:18
>>162
いやっ、特には”
がんばって!

164 :考える名無しさん:2001/08/09(木) 14:58
http://www.eel.co.jp/03_wear/01_weekly3/010608.html

165 :考える名無しさん:2001/08/10(金) 00:25
松岡正剛はきっちりおさえてるんだ。ぬかりないね(笑)。

166 :考える名無しさん:2001/08/10(金) 13:31
池田某の体は無機物で出来ています。

167 :考える名無しさん:2001/08/10(金) 15:08
しかしまあ、四十間近になって、自分のことを『ネーチャン』はないわな

168 :考える名無しさん:2001/08/10(金) 19:04
あれは35くらいの時でしょ。どっちにしてもアレだが(藁

169 :考える名無しさん:2001/08/10(金) 19:07
ヴェイユ・アレント・クリスティバ  余裕で超えたね。

170 :考える名無しさん:2001/08/11(土) 02:24
んな、アホな。

171 :考える名無しさん:2001/08/17(金) 07:03
どうでもいいが、上のバナー広告の「主婦との出会い」を見るたびに
池田晶子を思い出してしまう(笑)。

172 :考える名無しさん:2001/08/17(金) 21:48
そっちのモデルさんのほうが良いdeath

173 :考える名無しさん:2001/08/18(土) 02:47
>>359(わかりませんさん)
>混乱が生じるのではないでしょうか。
 確かに端折った言い方で、錯綜が生じているようですが、<実在><本質存
 在><概念><対象>という用語に関するややこしい(弁証法的な)事情も
 あります。
 「実在は一つ」とは(個体の向自性と根拠存在の同一性を共に指すため)
 ミスリーディングな表現で、正確には「客観は統一的存在」と言った方が良
 かったようです。                
 また、「客観的実在」という言葉も厳密には正しくないのは、客観とは実在
 以上の存在だからです。
 実在(Real being)とは、通常非実在つまり観念的存在の反対であり、時間
 性においてある存在者を指しますが、直接的に措定された場合<それ>とし
 て指示される在るもの(定有するもの、Dasein)です。それは何らかの場所
 を占めるめるものとして、反照的には区別された特定の対象を指します。
 何が実在か、は認識の段階に応じて相対的であり、知覚においては物=感性
 的実在、判断においては事実(事象)=悟性的実在、必然的推論においては
 実体(Substance)=理性的実在が真に実在するものと見なされ、また本質
 領域に応じてその現存在(Existense)は実在的です(例:物理学的実在)。
>物質にすべて還元される
 機械論的な唯物論とは異なり、弁証法的唯物論は還元主義ではありません。
>唯物論的階層論とは何か
 実在の階層とは、要は歴史的自然の発展の結果として、諸客観の階層性が
 現存在している、という認識でしょう。それは物質の運動形式の発展段階が
 実在の階層的区分となっており、連続的な不連続を形成しているということ
 です。自然、社会、精神と特種化され、主観においてその反照を得る、と。

174 :考える名無しさん:2001/08/18(土) 06:23


175 :考える名無しさん:2001/08/18(土) 07:17
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね        

176 :考える名無しさん:2001/08/18(土) 07:31
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

177 :考える名無しさん:2001/08/18(土) 07:31
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

178 :考える名無しさん:2001/08/18(土) 07:37
梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね
志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね
詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね
私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね
詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね
梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね
志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね
詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね
私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね
詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね
梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね
志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね
詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね
私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね
詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね
梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね
志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね
詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね
私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね
詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね
梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね梓ね
志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね志ね
詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね詩ね
私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね私ね
詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね詞ね

179 :考える名無しさん:2001/08/18(土) 09:58
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

180 :考える名無しさん:01/08/28 05:10 ID:tkEo.paM
http://www.transview.co.jp/transview.top.htm

181 :ヒデ:01/09/09 01:44
かんべんしてくださいよお!!

182 :心脳問題(13) ◆FyoH59Do :01/09/09 01:56
学生だったころ,一時はまりました.
随分ひどいかかれようですが,科学用語をレトリックとして
使うあたり,けっこう格好良かったけど.正直,読んでて気
持ちよかった.有能なコピーライターの言葉のように,鮮明
なイメージが沸いてくる.それは確かに学術的ではなかった
オナニーをさせられたり、汗臭いオマンコを顔に押し付けられたり、
汗でぬれたタオルや下着を口の中に押し込まれたり、
足をなめさせられ踏まれたりします。当然、騎乗位でセック
スもやらされます。何人の汗臭い女に犯され、
何回も愛液や唾液を吹きかけられます。犯された
けど,僕は好きだった.学術用語をつかった詩的な表現に,
学問の枠にとらわれない自由な知性を感じていました.
      

183 :考える名無しさん:01/09/09 02:46
最初の3冊でやめて、あとはただの人として、草のように、
石のように、生きればカコヨカッタのに。

しかし、その最初の3冊にしても、一貫して水っぽい風情の顔写真
を載せてるのはイタすぎる。 

184 :考える名無しさん:01/09/10 21:37
池田晶子は美人です、年取っても。

185 :far:01/09/11 00:56
池田晶子って同姓同名の人多くない?

186 :考える名無しさん:01/09/11 01:51
愛犬が死んで、いきなりヨーロッパ巡りでしょか?そろそろ、新しい考えを発表して
貰いたいものです。

187 :考える名無しさん:01/09/11 02:53
http://www.onyx.dti.ne.jp/~nyx/ikeda00.htm

これ以外の画像求む。

188 :ほれ。:01/09/11 10:57
www2.makani.to/akutoku/upload/dat/1000173289.jpg

189 :考える名無しさん:01/09/14 02:54
>>99
バカを自慢しているんですか?

190 :考える名無しさん:01/10/04 14:28
すくいあげ

191 :考える名無しさん:01/10/04 14:35
>>186
彼女の初期の著作を読んだなら新しい考えなどもう出てこないことに気づかない?

192 :考える名無しさん:01/10/04 17:39
そうなんですか、残念です。

193 :考える名無しさん:01/10/07 01:42
景山民夫 「神の存在を感じる。例えば犬の散歩をしていて そのウンチを拾うでしょ。
      誰も見ていないけれど拾う。それは常に神の存在を感じているからです。」
池田晶子 「私も犬の散歩をするが きちんとウンチは持ってカエル。なぜそこに神が
      介在するのか。だって神の存在を感じているのは貴方の脳だ。神を作り出た
      脳。それを見ている神。でもそれはどこまで行っても脳のなかの神でしかな
      いのではないか」

194 :考える名無しさん:01/10/07 01:54
自意識過剰だよ。
コミュニケーション不全のやつにありがち。

195 :考える名無しさん:01/10/08 01:08
>>193
ほんとにそんなこと言ったのか?
「公園でごみを拾うことに神が介在するのですか」
とかいうせりふを憶えてるが。

196 :考える名無しさん:01/10/08 01:27
神を感じなければ犬のウンチを拾わない民夫はダメジャン。
茶パツのドキュ鼠だって神を感じればウンチ拾うって。
晶子の批判もイタイ(195の記憶のラインならイタクナイ)

197 :考える名無しさん:01/10/08 01:28
>>195
概ね193のような内容だった。「ごみ」では無かったよ。

198 :193:01/10/08 05:30
この時はビデオにとって何度も見たのでかなり正確に覚えているつもりだよ。
池田さんを初めて見た。周りの宗教家より数枚上手だなあと感心した。

199 :考える名無しさん:01/10/08 05:32
民夫がだめだめなだけだと思うのだが。
.

200 :考える名無しさん:01/10/08 11:53
中公文庫 井筒俊彦『意識の形而上学』の解説書いているのを読んだ。
相変わらずの池田節だが、
以前よりは、表現が洗練されてきているような気がした。。。
お約束の、井筒先生に自分の書いたものを送った件にも触れられています。

http://www2.chuko.co.jp/bunko/

201 :考える名無しさん:01/10/08 14:57
age

202 :考える名無しさん:01/10/09 07:16
>>200
がーん、そんなところで書いているの?
あの偉大な本の末尾を×××するなんて・・・

203 :考える名無しさん:01/10/09 16:27
『意識と本質』『意識の形而上学』
タイトルだけ見るとものすごくおもしろそうだが、
内容を見ると、俺にはチンプンカンプン。

204 :考える名無しさん:01/10/13 20:51
今更ながら、こんな場所を見つけた
http://one.kadokawa.co.jp/webr/r_01.htm
結構、読み応えある。

205 :考える名無しさん:01/10/13 22:59
ネットかぁ。

206 :考える名無しさん:01/10/25 02:36


207 :考える名無しさん:01/10/25 03:11
>>204
こんなのがあったとは知らなかった。
さんくす。

208 :考える名無しさん:01/11/04 13:00
平易な言葉で哲学を語ろうとしている姿勢に好感を持っています。
哲学を学校で習わなかった自分には非常にいい先生です。
でもって、大学出て難しい語句で一杯の哲学書とかを読まなきゃ
哲学ができない、バカにはできない、みたいに特権階級のアクセサリー
化した哲学ではない、本質を難しくない言葉ですっきり語ってくれる
のが非常にありがたい。
専門用語を使わずに楽しく読んでもらうというのは難しいことだと思う。
小学生から哲学を教えようとしている試みもいい。
体が弱そうなのが気にかかります。長生きして語り続けてほしい。

209 :Iridium:01/11/18 23:37
救いage

210 :考える名無しさん:01/11/20 21:45
本人はほとんど死体です。おそらく。ネットの連載も止まったし。

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)