5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小野不由美さんの小説について

1 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 00:13
小野不由美さんの小説どう思いますか?

私的には、いいと思うのですが。
2chのみなさまの意見をお聞かせください。



2 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 02:21
十二国記はでている文庫が文庫だけに抵抗あったが、
すごく面白いと思った。
ただあれってミステリか?

旦那を養うのも大変ですねぇ。<小野

3 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 04:45
ミステリとして語る気にはあまりなれない。

4 :名無しさん:2000/07/02(日) 05:14
同感。
ライトノベルのスレで語ってはいかがか?
個人的には、書き方は上手いがなんともいえないオタク臭が
鼻について好きになれない。

5 :いや:2000/07/02(日) 06:41
でも屍鬼と東京異聞はスゴイ。


6 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 09:19
>5
東京(とうけい…字がでないので)異聞、屍鬼、いいとは
思わないけど。
評価高すぎだと思う。
>2
むしろ、旦那が旦那だから、世間が気をつかってくれている
んじゃないの??

7 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 09:23
自意識過剰のブスがよくあんな旦那落としたよな>小野
そこが世間のブスに支持されているんだろ

8 :煽りじゃないけど:2000/07/02(日) 11:56
十二国記、講談社文庫版で出たのをすごく期待して読んだんだけど
ぜんぜん面白くなかった……。 あれが受けるだろうっていうのは
わかるんだけど、ファンタジーとして世界観の構築の甘さが眼につくし
なんていうか頭でっかちな感じの部分が多くて酔えなかった。 主人公
の陽子に感情移入できないともうアウトだし。
本気でどこが面白いのか教えて欲しい。

9 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 13:11
>8

1、2巻は少女向けライトノベル色が強いので
合わない人間には合わないかもね。
俺はホワイトハートの方で「図南の翼」から
逆順に読んでいったけど、世界観の構築が甘いとは
全く思わなかった。

>6

綾辻の威光なんて新本格とその近辺にしか通じないんじゃないの?
(いや、俺も嫌いじゃないけど)
好き嫌いはともかく、小説技術は小野の方が上だと思うけど。


10 :「十二国記」好きです:2000/07/02(日) 13:13
>8
非ライトノベル読者が「十二国記」読む時は、新潮文庫の「魔性の子」から
入った方がいいんじゃないかな。
十二国の住人が現代日本にいたらこうなる、というホラーになってます。
作者の異世界ファンタジー物へのスタンスもわかると思うし。

感情移入に関しては、1作目ではほとんどの読者が楽俊あたりに感情移入して
読んでるのではなかろうか。

11 :ゆき:2000/07/02(日) 13:16
旦那がデビューする時、旦那の担当者に原稿持ち込んだとかいう話読んだことある。
初期の作品はかなりすごい。
あとがきなんかオタク丸出し。(別にいいけど。ミステリじゃないし。)
十二国記は最後にどーんと感動の波が押し寄せてくる(笑)のがいい。私は、ね。

>7
写真公開してた?公演か何かで見た?見たことないので気になる。

12 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 13:20
>11
ライトノベル板の小野不由美スレッドに、
1回か2回くらいは雑誌に写真がのったことがある
とあったような気がする…。

13 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 13:26
>6
「とうけい異聞」と「屍鬼」の評価高いのはファンタジー・ホラー方面なのでは?
でも「屍鬼」は「このミス」の上位にいたか。
よくわからん。

14 :名無しさん:2000/07/02(日) 13:56
ずーっと前に「魔性の子」を読んで、忘れたころに「十二国記」が出
たので、読み始めた三回目になってやっと世界がつながって(酒ボケ
の脳味噌)すごくうれしかった。つぎが待ち遠しい。


15 :ゆき:2000/07/02(日) 14:18
10月にミステリ(4月に十二国記)がでるらしいです。期待してしまう。

>12
ライトノベル板行ったことなかった。どうもアリガト。

16 :名無しさん:2000/07/02(日) 14:40
旦那におんぶにだっこもいいんだけど、コメントの類で
綾辻を意識的に無視してる感じがいつも気になってる。
コネって言われるのがイヤなんだろうけど、事実は事実なんだし
ずるいなあ、と。
綾辻のほうは、よく小野の話を出しては誉めてるのにね。
まあどうでもいいけど。
話の流れ的にもやっぱライトノベル作家だね。
さげ。

17 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 15:30
まぁ、ミステリと言うとあやしいものがあるよね。
ちょっと悲しいけど。さげ。

18 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 19:55
綾辻さんは小野さんのことを本当にすごいと思っているから誉める。
小野さんは、そこらへんどちらかというと口を濁したいと思っている。
のではないかな。
ゲームのエッセイでは、旦那さんの話もよく出てきましたよ。

19 :名無し:2000/07/02(日) 21:02
>18
>小野さんは、そこらへんどちらかというと口を濁したいと思っている。
なんで?
つまり小野は旦那のことはすごいと思ってないわけだ。
コネは使うけど(藁
綾辻がゲームネタで叩かれてるのよく見るけど
そーゆーわけだったのかあ。
哀れ、、、。

20 :>19:2000/07/02(日) 22:08
>旦那のことはすごいと思ってないわけだ。
つーか、小野さんはミステリマニアではないので、旦那の作品は理解
不能なのでは?
「どんどん橋」とかが小野さんにウケるとはとうてい思えん(笑)


21 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/02(日) 22:14
>小野さんはミステリマニア

けっこうなミステリマニアですが・・・
京大ミス研出身ですし、
犯人当て形式には一家言あるようですが。


22 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 23:52
>21

小野は、「京大ミステリ研出身」って、やたら言うよね。
京大卒じゃなくて、そういう事言うのって、ちょっと変な気がしますが。

23 :東亰異聞:2000/07/03(月) 00:15
一応辞書にあります。

24 :名無しさん:2000/07/03(月) 00:38
>小野は、「京大ミステリ研出身」って、やたら言うよね。
(ワラ!確かに、前から気になってた
京大卒かと思ってる人多いんだろうなー
そういえば、ペンネームが島田宗司命名ってえのも
旦那のコネのおかげなのにねえ
うさんくさい人物像しか浮かんでこないのは なぜ?

25 :名無しさん:2000/07/03(月) 00:42
>小野は、「京大ミステリ研出身」って、やたら言うよね。
(ワラ!確かに、前から気になってた
京大卒かと思ってる人多いんだろうなー
そういえば、ペンネームが島田宗司命名ってえのも
旦那のコネのおかげなのにねえ
うさんくさい人物像しか浮かんでこないのは なぜ?

26 :え?:2000/07/03(月) 00:48
島田御大命名なの?はじめて聞いた。
だって、京大ミス研への投稿名、今と漢字は違うけど同じ名前だよ?

27 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/03(月) 01:11
「ミステリー」って、既に広い意味で使われているんだからさぁ……。
未だにいるんだね。「ホラー」だなんだってジャンル分けに拘る人。


28 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/03(月) 01:36
島田荘司命名じゃないっすよ。
確か本名なのでは?

29 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/03(月) 01:55
小野不由美読むんだったら
  京極夏彦、読んだほうがいいし
小野不由美読むんだったら
  栗本薫、読んだほうがいいし
小野不由美読むんだったら
  S・キング、読んだほうがいいし
                   そんな印象の作家さんです。
                            おわり
           

30 :栗本薫だったら:2000/07/03(月) 02:09
小野不由美のほうがまだまし(最近の読んでます?)

31 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/03(月) 03:08
30さんに激しく同意!
>29さん、最近のグイン・サーガ読んでらっしゃいます?
はじめの5巻までだけっつーのはなしよ。

32 :>30.31:2000/07/03(月) 03:22
賛成。

栗本のオナニー小説はもう勘弁だ。

33 :どうでもいいけど:2000/07/03(月) 03:49
ライトノベル版いってやってくれないかな
小野不由美のスレっていつもこんな感じになるよな、、、。
いろいろ器用にこなすファンタジー作家さんってことで
いいんじゃないの?
ジャンル分け自体をナンセンスとする奴もいるみたいだけど、
それなら板分けしてある意味がないだろ。
見やすく便利なように分けてあるんだからさあ。

34 :>24、26:2000/07/03(月) 07:52
小野さんはたしか本名のはずです。
島田のエッセー(たしか)で「小野さんは本名で
画数が完璧だった」と読みました。

35 :名無しさん@1周年:2000/07/03(月) 08:57
>34 宇野冬海 では?

36 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/03(月) 11:03
こういうほかのジャンル出身で、
わりと境界に位置する作家さんの作品を、
ミステリの文脈として語るとまた違う見方がありそうで
おもしろそうだとは思うんだけどなー。
でもおれは小野はあんま読んでないから語れないけど。


37 :名無しさん@1周年:2000/07/03(月) 11:32
今は内田さん

38 :名無しさん@1周年:2000/07/03(月) 12:23
宇野冬海さんのはず。綾辻のデビュー作の文庫版でお礼を述べていた。

39 :名無しさん@1周年:2000/07/03(月) 15:31
魔性おもしろかった。


40 :>39:2000/07/04(火) 13:42
おもしろかったね。

41 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 17:24
小野不由美のほかの活動はよく知らないけど、「屍鬼」、これはすごい。
ホラーとか、エンターテイメントを超えて、様様な意味を持つ「境界」を越えるのか、秩序の中で生きるのか、人間の残酷さと屍鬼の悲哀が見事にシンクロしていて、「哀しみ」がズシっりと詰まってる。
凄く長い小説だけど、まったく長さを感じさせない。
ファンタジーノベルも書いているらしいけど、これは読んでないんです。「屍鬼」に圧倒されて早1年が立ちますが、高村薫ファンの私ですがこの小説が今まででBest1かな。


42 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/04(火) 19:01
>16
小野のデビューは綾辻から1年遅れくらいの88年、
少女向けジュニア文庫バブル真っ最中の講談社X文庫ティーンズハート。
綾辻がらみで編集者が身近にいてデビューしやすかった、ということはあっても
綾辻のコネは関係なかったでしょう。その後は自分の筆の力。

ティーンズハートでの代表作「悪霊シリーズ」はベタベタにライトノベルなホラー
ではありますが、超常現象を論理的に解いていこうとする姿勢や、
主人公に関する謎を、シリーズ全体に渡り伏線を張っておいて
最終巻で「名探偵みなを集めて」的に解く、などなかなかミステリしています。

ジャンル小説としてのミステリを書くとどうなるのかは、Nonノベルから
でるという次作でわかると思います。

43 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/04(火) 20:45
ファンタジー系のをむかし手にとったんだけど、文章が気張りすぎててすげえ読みにくかった。ちなみにおれは男。

44 :名無しさん:2000/07/05(水) 00:10
>43
気張りすぎ、、、って凄くわかるなあ。
僕にとっては、「私はそこらの作家とはちょっと違うわよ〜」的な
雰囲気が気恥ずかしくて読みづらい、という印象。
すごく女性的な作家さんですよね。

45 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/05(水) 04:32
「屍鬼」は面白かったです。
41さんとだいたい同じ感想。
ただ、せっかく閉ざされた地域の恐怖・・・みたいのを描いているのに、
村人がみんな標準語だったのが気になってしょうがなかった。
リアルさに欠けていたのが萎え。

46 :面白いとは思うけど:2000/07/05(水) 05:50
キャラの描写の仕方がアニメ的というかオタク向け的というか・・・・。
あれに馴染めません。
読んだ奴が悪かったんですかね。

47 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/05(水) 05:53
>46
何の作品読んだの?

48 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/05(水) 06:02
小野&綾辻ってのはオタ夫婦なの?
それとも小野だけオタなの?アニメっぽいっていうか、、、。
今まで綾辻のほうの小説はオタくせーっって特には思わなかったんだけどなあ、、、。



49 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/05(水) 06:06
わたしは特にアニメくさいと思いませんが・・。
アニメっぽい小説?ていうのを読んだことないから分からないのかな。

50 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/05(水) 08:26
アニメ的とは思いませんが、現実の生身の人間というよりは
端正に描かれたマンガのキャラクター、という感じはあるかも。

今のところ、「屍鬼」も含めて、その物語世界の中の登場人物として
私はそんなに違和感ありませんが、駄目なひとには駄目かもしれませんね。



51 :どうもね:2000/07/06(木) 21:11
屍鬼。最初の部分がたるすぎてたるすぎてなかなか進まなかった。中盤からいっきに
読めたけれど、後味が悪すぎて駄目な人は駄目かも。この最初のたるささえなんとか
なっていればキングを越えるホラー小説として認められたのに。

52 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/06(木) 21:42
あの夫婦は……オタ夫婦っていうより
言われ尽くしたかもしれんが「ゲーマー夫婦」

初めて読んだ小野さんの本がマンガだったせいか、
マンガっぽい話だな、と思ったんだけど。


53 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/06(木) 21:43
あの夫婦は……オタ夫婦っていうより
言われ尽くしたかもしれんが「ゲーマー夫婦」

初めて読んだ小野さんの本がマンガだったせいか、
次に小説読んだ時、マンガっぽい話だな、と思ったんだけど。


54 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/06(木) 22:32
小野ってアニメの同人とかもやってた人でしょ
キモいと思う人がいるのも 小説がオタくさいのも当たり前
いまさら否定しようとする人達の気持ちがわからない
それと結婚してんだから 綾辻だってもちろん強烈オタクでしょう

55 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/06(木) 23:01
>54
皆知らないんでしょう。
屍鬼でかなり話題になったけど知名度としてはそれぐらいなんじゃないの?
それともあえて言わないのかな?


56 :>54:2000/07/07(金) 05:42
ごめんなさい、そこまで彼女がオタクの人とは知りませんでした。
そうなんですか・・・・・・。
46ですが、読んだのは「東京異聞」という奴です。
でてくるキャラクターの描写の仕方や、とりあえず美しい男と表現した
がる所とか、どうだろ?と思ったんです。

57 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/08(土) 05:25
うーん、わたしはオタク話はあんまり興味ないです。
とにかく新刊読みたいよー。

>56さん
トウケイ異聞はけっこう前の作品ですよね。
最近の作品は、登場人物についてそういう説明の仕方はなかったと思います。

58 :名無しさん:2000/07/08(土) 05:59
「綾辻行人の奥さんについて」語るなら、ミステリ板でよし。
この作家について語るんならライトノベル逝け。
うざsage



59 :東亰異聞:2000/07/09(日) 00:10
頼む。コピペしてでも使ってくれ。

60 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 05:05
ライトノベルはあまり読まないので、「屍鬼」で小野さんの作品を初めて
読んだけれど、面白かったです。
ただ、村民の数が実際の1/10にも満たないように感じられたんですよね。
村全体をまきこんだ事件には思えなかったです。そんな表現でした。

61 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/09(日) 12:07
>59
や〜だ〜よ〜(笑




62 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 20:31
「魔性の子」は良かったな。出版系列にあってたというか。
確か新潮社のファンタジー系だかミステリー系だかで出したんだよ。
ちょっとライトなの。恩田陸とかも出してた。
「東亰異聞」は・・・おたくな娘さん萌え萌えかな(笑)。
まあまあ面白いとは思ったけど、中途半端で不完全燃焼。
たく女をターゲットにするなら、もっとガンガンお耽美してくれりゃいいのに。
「屍鬼」長すぎる。あのオチであのページ数はいらない。

63 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 23:12
小野さんはヲタです。クソヲタです。
ゲームエッセイ本を見たらヲタの守備範囲が
ゲームだけにとどまってないことがありありとわかります。

文章の構成方法が非常に真摯なので
この人のミステリ新刊とやらが非常に楽しみ。
遅れないことを祈る。

64 :>62:2000/07/09(日) 23:16
12国記大好きなヲタ娘さんには全然人気無いですよ、東亰異聞。(笑
コミケでも12国記関係は数ありますけど、
東亰異聞は・・・・(笑)
あの話、独特のキレイさがあって好きなんだけど
ヲタ娘さんの食指には合わなかったようで・・・・

65 :62>64:2000/07/16(日) 18:52
じゃあ私ヲタ娘さんじゃないや(笑)。
>独特のキレイさ
同感。枚数あったら、それがもっとたくさんの人に伝わるんじゃないかな。
もう少しファンに評価されてもいいと思うんだけど。
ヲタ娘さん達に人気あるのは、やっぱキャラ先行型のお作品みたいですね。
それとも物語が完結してると妄想が膨らまないんでしょうか(笑)


66 :名無しさん@1周年:2000/07/16(日) 19:50
>64
ヲタじゃなくても好みに合わなかったら読まないでしょう。
狙った読者層も違うだろうし。(私は読んだけどあんまり好きじゃなかった)
コミケに本がなかったら、ヲタは読んでないってのはまた極端
ですね。逆に名作だと手のつけようがないってのもあるんだけどね。

67 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 13:16
>逆に名作だと手のつけようがないってのもあるんだけどね。

それはあるね。
でも結構パロ書きやすそうだと思ったんだけど。萌え場面もあったし。
でもヲタちゃんは東亰読んでても12国のほうが好きなわけでしょう。
個人的には12国のどの辺があれほどブレイクするのかわからないんだけど。

68 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/17(月) 13:19
小野不由美のことは全然知らなかったんですが、
キングへのオマージュ、みたいなあおりにつられて屍鬼読みました。
あの長さのわりには、飽きずにそれなりに楽しめましたんですが
硬めの文章のわりに、バンパイア萌えのヲタ女的な、
お耽美趣味がやけに鼻につくのが難でした。
ここ読んでなんか納得できました。

69 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/17(月) 21:25
キレイでいいんだけど、キレイゴトすぎるんだよね。
どうしようもない変態とか出てこないし(笑)
屍鬼はホラーで売り出したから、よけいそれがハナについてるカンジ。
東亰〜はファンタジーだったから甘さもそれなりに見逃す気になったけど。
耽美に徹しきれてないとこが穴じゃない?


70 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 10:20
器用だけど、大物じゃあないな、ということだよ。

71 :>69:2000/07/20(木) 13:26
同感です。
なんだかハンパにタンビっぽくて、読みやすいんだけど時々同人誌を
読んでるみたいな気分になります。
なんと言うか、人間関係が同人女の好きなツボっぽいのばかりなんですよね。
(特に12国記の主上と麒麟とか)

72 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 20:47
ツボにはあたってるんだけど、もっと強力に押してもらわないと(藁

73 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 23:00
>70
「器用だけど、大物じゃあないな、ということだよ。」
うわぁ、、、。この一言って小野不由美の総てを表している感じ。
だから同業者に叩かれないんだろうねぇ、、、小野って。
中途半端に世渡り(小説界渡り?)していくんだろうなあ。


74 :>73:2000/07/20(木) 23:18
「だから同業者に叩かれないんだろうねぇ、、、
小野って。」
確かに。なんだか皆ほめるよね。


75 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 16:24
うんうん、だんだんここらしくなってきた。

76 :名無しさん@1周年:2000/07/21(金) 17:51
本人も小説は技術だとかいってるし、
器用な人ってことでいいんじゃないの。

77 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 20:51
>73
するどい!!
同業者にたたかれないって事は、たいしたこと
ないってことだよね。


78 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 21:17
読みました。屍鬼。
・・・・・・枚数の割には・・・・・。という印象。
ホラーなのに全然恐怖を感じなかったんですが。
特に、バンパイアなんだな、と解って来るところで
一気に冷めてしまいました・・・・・。
どうせバンパイア萌え〜で終わるんなら、村人描写あんなにいらないです。

79 :私も屍鬼つまんなかった。:2000/07/22(土) 06:30
村人描写がウザいのは飯嶋和一「神無き月十番目の夜」の影響かな、と。
言われてるようなキングのオマージュではないような気がする。
延々と通常の平時の村の描写が続いて(過程を描いてるんだろうけど〜)
事が起きて…って感じの展開の仕方がとても似てるし、本人ぱふでこの本誉めてたしね。

一番苦手だったのは主人公のおぼーさんの内面世界に全く共感できなかったこと。
ウザい。鬱陶しい。読んでるだけでもいらいらした。


80 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 11:08
結構評判よくないんですね。
参考になりました。

81 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 11:51
>76
 技術ね、、、でも、これくらい書ける作家は沢山いるわけだし。(当たり前だが)
 確かに教科書的な書き方で読みやすいとは思うけど、つまらなくちゃ意味無いんだ
から、技術、技術言う時点で何か妙なコンプレックスを感じる。
 つうか、換骨奪胎にも程があるというか、そのへんも同人誌的な感覚んだろうな。
 好きなモノのマネをして書く、どの作家もそうなんだけど、秀でた作家ってそれでも
自分なりの業がにじみ出るモノと思うのだが、小野にはそれが無い感じかなあ。
 やっぱりライトノベルが合っててると思うよ。天職?
 本人はライトノベルを馬鹿にしてるところもあるみたいだけど、他のステージでは
絶対大きくならなかった作家だと思ってる。

82 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 15:53
うん。ライトノベルは素直に評価できる。
あれは面白いよ。←ピンク表紙の奴

83 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 20:32
「本人も小説は技術だとかいってる」
なーんか、不必要に偉そうなことばかり言うんだよね>小野不由美
他の作家の解説なんて、ホント偉そう。


84 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 20:46
>81
>本人はライトノベルを馬鹿にしてるところもあるみたいだけど

具体的にどんな発言をしてたんでしょう?

85 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/22(土) 21:04
小野さんのファンって
おおむね感じ良いお嬢さんが多いんだよ。
だから彼女等目の前にしてアンチ意見は言い難い。
…笑ってくれい。

86 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 00:32
「魔性の子」は読み終わった後、すぐにゴミ箱に捨てたくなった。
あの話を単独で読むと、荒唐無稽もいいところ。作者の頭の中で
終わってるって感じで。

87 :>86:2000/07/23(日) 01:07
わかる。
私も読んだ時なんじゃこら、って思ったもの。
単体で勝負できない作品を出すんじゃねーよ、新潮社!!

88 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 04:34
「魔性の子」って十二国記を最初に読んでたらすんなりと読めると思うけど、
「魔性の子」だけしか読んでなかったらほんとなんじゃこら?ですよね。
私がなにこれ?って思ったのが、気とか麒麟とかあっちの世界の言葉。
著者の考えてるあっちの世界での定義ではなんなのかがわからないから、
読み終わったあともモヤモヤしてたよ。
謎は謎のままでも気にならない人もいるからいいんだろうけどさ。

十二国記を読んだあとで読み直したらスッキリしたけど、あとから出版された
本を読んで前の本を理解するなんて私ってば邪道なことしてるよな……。

89 :名無しさん:2000/07/23(日) 07:27
同じこと考えてる人がいる。
でも、知り合いには言えない。
(怒りはしないだろうけど)

90 :sage:2000/07/23(日) 08:32
ああ、こんなに溜飲の下がるスレは久しぶりだあ。
自分だけじゃなかったんだねえ、こういう風に思ってるの。嬉しくて泣けてくるよ。(笑)
ライトノベル板では「主上」だの「萌え〜」だのでいっぱいだったのに、
ミステリ版でのこの状態。(笑)
やっぱここの住人のほうがまともな感覚で本読んでる気がするよ。
それにつけても、やはり旦那が綾辻じゃなかったら絶対ミステリ版では立たないスレって
気はするので、さげ!sage!!

91 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 10:24
>90
「旦那が綾辻じゃなかったら」

ははは。これって、小野自身が一番勘違いしているよね。
「本格のプリンス・綾辻」と同格だと…。


92 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 10:48
べつに綾辻をプリンスなんて思わないけどお(ワラ
それにしても、小野のえっらそうなコメントや開設にはいつも閉口していました。
私なんか・・・的な、自分をすごい卑下したような前フリの後に、どえらい
傲慢な発言をぶちかますのが、小野風って感じ。
たぶん無自覚に言ってるんだろうな、イコール大本音って感じで。
ちなみに小野は綾辻のことは小馬鹿にしてると思うけどな?
「技術は自分のほうがある」と思ってると思うけど。コワイコワイ

93 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 11:54
同人誌感覚の「女」がヘタに文章力とやらを授かってしまうと
こういう小説家が出来上がっちゃうってことか?
ところでこの人京大じゃなくて大谷大出身←三流仏教系 だったんだねえ。
それ考えて【屍鬼】読むと、この人大学でいったい何やってたんだろうと思う。
他校(京大)の研究会(ミステリ)で遊ぶのに忙しかったんでしょうか、、、。

94 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 15:59
>92
>それにしても、小野のえっらそうなコメントや開設にはいつも閉口していました。

誰か具体例をあげてくれ。

95 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 17:11
過去レスにも出てる「器用だけど大物じゃない」で、
すべて語り尽くされてる気がするなあ。
なんか、特に愛すべきところが無いつうか。
上手かもねーとか、難しい漢字知ってるなー、で、、、おわり。
でもライトノベル的には良い作家さんなんじゃない?
さらっと読める、てえのも大事なことかと。

96 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 17:49
うーん、私この人の作品って「魔性の子」を最初に読んだけど、
結構面白かったよ。確かにあっちの世界のことはちょっと
きになったけど、小難しそうで何年もよまなかったな。
そんなにいわれるほどひどいとは思えないけど。
ミステリー版にスレッドがたったのと、旦那の七光って
感じがするのがいやなのかな。
で、七光が通用するほど旦那って凄いの?
小説は大半よんでいるけどその凄さがわかりません・・・。

97 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 18:58
私は綾辻行人の小説好きだから、その妻の小説もあんまり貶したいとは
思えないな。。。
だから七光りとかいうことじゃなくて、気を使ってしまうという心理なら
わかる気がする。。。
別にミステリー作家さんじゃないんだから、この板でそんなに叩かなくても。。。


98 :よかった:2000/07/23(日) 20:52
>>88
私も「魔性の子」を先に読んじゃって、同じような感想だった。
途中まではすごく面白く読んだのに、ラストでいきなりあの展開で、
「は? 麒麟? 何それ?」とビックリしました。 全然説明に
なってないってば……。 どこが「独立した作品」?
十二国期の1話目も、陽子がやっと麒麟に再会して、さぁこれから
物語が盛りあがるぜ!と思ったらいきなり、
「そして王になりました」ってなんじゃそれ〜〜〜?!
なんで皆怒らないで読めるのか不思議でしょうがないです。

99 :そうね:2000/07/23(日) 21:51
この人はライトノベルの人であって、
ミステリの人ではないわね。
じゃ、突っ込む人はライトノベル板で・・・・
ってわけにもいかんか?

100 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 22:29
>>90
>ああ、こんなに溜飲の下がるスレは久しぶりだあ。

に代表される意見の方々は、北上次郎が変に小野不由美を持ち上げたり、
「屍鬼」が山周賞候補になったりしたのが、気に入らないのでしょうか?

101 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/23(日) 23:18
>100
都合よく、ミステリだったり、ライトノベルだったりするからでは?
他の作家はもっと批判にさらされているような気がするんですが。

102 :名無しさん:2000/07/23(日) 23:57
に持ち上げ過ぎる人達(信者というか)に違和感を感じる。
よく書けてるとは思うけど、それほど絶対的なものとは
思えない。個人的にいえば篠田節子さんの方がいいと
思う。(較べるものではないことはわかっているが)

103 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/24(月) 00:00
>102 同感!

104 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/24(月) 01:32
だからさ、みんな持ち上げるの嫌ならさ、下げようよ。。
だいたいミステリーじゃないんだからこのスレそんなに
そだてなくてもいいじゃん。

105 :88:2000/07/24(月) 02:01
「魔性の子」について似たようなこと思ってる人がいてよかった。
あんなこと恥ずかしくて誰にも言えなかったんだ。ホッとしたよ。

106 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/24(月) 14:26
>88・98
私は逆に「魔性の子」は12国と世界繋がらないほうが良かったのにと思った。
器用な人で、嫌いじゃないだけにショックだったよ。
一冊完結で、謎は謎のまま、後日談とかも一切ナシにして欲しかった。
とくにラスト近く、「王がこちらの世界にお渡りになると災害が起きる」とかいうあたり、
どんな化け物が王なんだ、ラヴクラフトみたいなのかしらとか想像したもんですが、
12国で若くてハンサムで覇気にあふれて、っぽい描写されててえらいがっかりした。
好きな人は多いみたいだけど、私は12国が小野作品中もっとも欠点がはっきり出てると思う。
二作目以降とくに。

107 :106:2000/07/24(月) 14:30
ごめん、>89・105が抜けちゃった。


108 :100:2000/07/24(月) 21:44
>101
作品批判のほとんどは共感できないまでも納得できるのですが
作品以外の作者の言動のどこが叩かれてる原因なのか、気になるので・・・。

>都合よく、ミステリだったり、ライトノベルだったりするからでは?

これも、具体的に言うとどういうことなんでしょうか?

109 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/24(月) 22:49
私の場合、普段はライトノベル住人。
友人も小野さんの小説はとても誉めてる人ばかりなので
話題になってる時はそうかな〜、と思ってても合わせちゃう。
好き好きの人達の中にいるならわざわざ進んで雰囲気悪くすることもないしね。

新刊出れば買っちゃうし、楽しんで読んでる作家さんの一人ではあるけど、
それほど素晴らしいとは正直な所思えないのですよ〜。
昔のピンク表紙のティーンズハートの頃が一番面白かったな。

110 :>100さん:2000/07/24(月) 23:18

>都合よく、ミステリだったり、ライトノベルだったりするからでは?

批判されたら「ライトノベル出身だから」で済むし、誉められれば
「ライトノベル出身の割に」ってことじゃないですかねえ。
本人の問題じゃないかも知れんですが。
魔性の子も最初から十二国として世に出ていればややこしい評価に
なっていないようなきがするです。

111 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/24(月) 23:36
ライトノベルとしては破格の出来だが「屍鬼」のテーマは正直荷が勝ちすぎた、

112 :109>108:2000/07/24(月) 23:44
人格攻撃めいたカキコは「?」と思いますが
作品批評には概ね賛同です。
旦那さんが作家さんだとか、彼女の言動がどうかとか
そう言うのはあまり読んでても気持ち良くないし読み流してますよ。

113 :88:2000/07/25(火) 04:48
>106
私も別に世界が繋がっていたほうがいいとは思ってないよ。
ただ十二国記を読むことによってモヤモヤがはれたっていうのも事実なの。
「異世界のことだからよくわかんなくてもいいのねー」でサラッと読み流せな
い人もいるってことです。

魔性と十二国記は同じ異世界を共有してても別モノととらえてるので、友人に
は魔性から先に読めとすすめてます。


114 :106:2000/07/25(火) 23:45
>113
怖いものはわからないから怖いんだと思ってるので、モヤモヤは余韻として流しちゃってた。
「魔性の子」は一話完結ホラーだと思って手に取ったんだよね・・・。
あと主人公(広瀬だっけ?)に感情移入して読むと、12国世界の謎はわりあい気にならなかった。
どうやっても窺い知ることが出来ないから異界なんだというか。
う〜ん。
ファンタジー世界の見せ方、あんまり上手くないのかも。

115 :名無しさん:2000/07/26(水) 19:14
具体的に、とか言動や旦那さんの事言うのは気持ちが良くないとか
言ってる人がいるけどさ。
「つまんないもんはつまんない」
「偉そうな発言がムカつく」って、言える場所が、小野不由美の場合あんまり
無いから、これだけの発言があるんだと思うけど。
業界では首を傾げるほど守られてるし(旦那のおかげじゃ無いとは思ってなかったなあ。。)
小野信者って、すっげえ頑固でさあ、異論とか許さない奴も多いんだよ。
そういう思い込みのパワーがある人が小野小説好きなんだろうけどね。
ライトノベル現象なのか、類は共を呼ぶのかもしれないしさ。頑固で不気味。

具体的っても、ファンでは無いから困るんだよね。
やっぱ。「技術」ネタと「私は放っておいてほしいのに、周りの人が私の才能を
放っておいてくれない」的な、謙遜を装ったスゲー発言は何度か印象に残っているよ。

屍鬼と東亰異聞しか読んでないけど、「技術」って大声で言う前に、やることあるだろ
って感じがしたけどね。
それこそ、12国とかいうのの話ししたい人たちはライトノベルかなんかにスレ立てれば?
おまけに旦那が綾辻じゃなかったら、ここにスレ自体立たないでしょって。
だから当然、旦那の話だって、比較だって出るさ。


116 :名無しさん:2000/07/26(水) 22:26
>115
うんうん。
小野は、(このログにもあるけれど)何かと
「京大ミステリ研出身」といい、そういう話を言い(書いて)
ますよね。
どうしても、夫である綾辻やらを意識せざるを得ないのでは?
と思います。
むしろ、そのように仕向けている気さえしますが。

117 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 23:16
彼女、オタク嫌い なオタクなのかな


118 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 01:36
>やっぱ。「技術」ネタと「私は放っておいてほしいのに、周りの人が私の才能を
>放っておいてくれない」的な、謙遜を装ったスゲー発言は何度か印象に残っているよ。
ああ、小野ってそういう発言よくしてるね、確かに・・・。
なんで普通にできないんだろう。
ある意味めちゃくちゃ周り(ミステリ研と旦那?)に甘やかされてきた
人なんじゃなかろうか?


119 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 02:26
講談社はもちろんのこと、だけど。
考えてみたら新潮社も旦那つながりのコネ、、、?
悲しくなってきた。

120 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 02:33
新潮社では、今はなき日本ファンタジー大賞で
なんか賞とってませんでしたか?

121 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 03:02
応募はしたけど受賞はしていないんじゃない?
選外の作品が編集の目に止まって本になったのが「東亰異聞」だった
んじゃないかな。

122 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 03:06
>120
そうなんですか?良かった〜。
まさかいくらなんでもオールコネなんて、、、と、思ったので。
それが新潮デビューなんですか?
どの作品が賞を取ったのでしょう??????
(賞が偉いと思ってるわけではないのですが、聞いたことが
無かったので、、、)
ミステリと関係無い話でスミマセン。

123 :どーでもいいことだが。:2000/07/27(木) 03:08
小野不由美のエッセイで〜す。

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/magazine/m-teiki/inpocket/ip_ono-f.html

124 :名無しさん:2000/07/27(木) 03:14
だーかーら〜。
その「目に止めた編集」が大森望でしょ?
大森氏は京大で綾辻氏と同期じゃん。
はー。


125 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 03:31
>>123
読んだよ〜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
最低〜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
このスレで腹立てている人達の気持ちが少し解った・・・・・。
こういった自慢の仕方もあるんだね。躰が痒くなってきたよ。

126 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 03:34
>120
「東亰異聞」は1993年日本ファンタジーノベル大賞の候補作です。
この年は大賞が『イラハイ』佐藤哲也、優秀賞が『酒仙』南條竹則
「東亰異聞」と同じく最終選考まで残って賞からもれたもう一本が『球形の季節』恩田陸です。
日本ファンタジーノベル大賞候補作は『星虫』や『六番目の小夜子』はじめ
単行本化される作品が多いので、コネは関係ないでしょう。

127 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 03:40
>125
そっかあ、>>123これ読んで
「躰が痒くなってきた」ってのはわからんでもないけど
「最低〜」とくるのか。
そっちの方がわからん俺も信者なんだろうなあ。

128 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 03:45
まあまあ・・・。
最低・・・とまでは言わないけど・・・。
性格は悪いなあ・・・とは思ってしまった・・・。

129 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 04:19
>>123
なんかこれを読んだら、このスレに書き込むことも小野不由美にとっては
「私って悪目立ちしちゃって、はみだし者だからー」
と、いい気にさせる要因になる気がしてきた。ここまでナルシストとは。
かなり最低、と思いますが・・。

130 :>127:2000/07/27(木) 05:16
私も「最低〜」がわからん。信者なのかな・・(自信なし)
あのエッセイってX文庫→文庫落ち→またX文庫って
説明じゃないの?

ところで出版界って最初の一歩はコネが有利だとしても、
実力がなきゃ生き続けていけない世界では?



131 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 06:06
十二国記は一作目も二作目も、「自分を認めて」ちゃんが主人公の
話だったので作者もそう言った不満とプライドの塊じゃないかと。

考えすぎ?

132 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 06:12
ファンと信者の違いってどこだろ。
私は彼女のことを主上と人前で言えるかでファンか信者か区別する。
へーきで主上がね、主上のねとか言えるようになれば信者。
主上って言ってる人って崇拝してるような印象を受けるんだもん。

>>123
エッセー読んだ。最低とは言えないけど、いい気持ちはしない。
自分を卑下しながら自慢せずにストレートに自慢してくれたほうがいいよ。

133 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 06:18
主上か。自分としては、恥ずかしくて言えない。
ネット上じゃなく、人前でそう言ってる人いるのか。

123のとこのエッセー、小説自体がはみ出し者の物語だから、
それになぞらえてるのかと思った。
それこそ、考えすぎ?


134 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 06:36
いかにも自分が書きそうな嫌な文章だっておもっちゃった>123
何で自分が小野不由美かわかった気がする。
私も「自分を認めて」ちゃんだったのね。
そうと分かっても人間なかなか変われないのが難しいところ。
考えすぎじゃないと思う>131

ところで、綾辻さんと小野さんって綾辻さんのほうが有名な人なの?
私は小野さんのほうが有名だって思ってた。
ネット以外の世界で「十二国記」や「屍鬼」を知ってる人に会ったことはあったけど、
綾辻行人の小説知ってる人は一人もいなかったから。
推理小説を読むような友達がいなかったからなのかなあ。

綾辻さんは4年くらい前にその当時の作品をほとんど読んだけど
読み返したいと思えるのは十角館くらいだったし、
文章も小野さんのほうが上手に思えたから。

全然関係ないけど、綾辻行人ってすっごい名前だよね。

135 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 07:09
ごめんタイプミス
何で自分が小野不由美かわかった気がする。
→何で自分が小野冬美ファンかわかった気がする。


136 ::2000/07/27(木) 07:15
sageてね

137 :名無しさん:2000/07/27(木) 07:22
>134
>ところで、綾辻さんと小野さんって綾辻さんのほうが有名な人なの?
ああ、こういう方もいるんですね。
ミステリ好きという人の間では、普通はそうです。
「綾辻以前、綾辻以後」という言葉もありますしね。
一応、推理作家協会賞をとっていますし。

>文章も小野さんのほうが上手に思えたから。
それは、まったくその通りだと思います。

>全然関係ないけど、綾辻行人ってすっごい名前だよね。
これは島田荘司氏がつけた名前です。
島田さんはご存知でしょうか?


138 :名無しさん:2000/07/27(木) 07:29
>123
このエッセイ、これでも、ひどくない方でしょ。
ちょっとここに案内出来ないのが残念。
以前読んだ中で、「ええ?!」と思ったのは、
雑誌ダヴィンチのリレーエッセイ。
雑誌波での京極夏彦との対談なんかもすごかった。

139 :名無しさん:2000/07/27(木) 07:32
>115

>業界では首を傾げるほど守られてるし

なぜなの??誰か教えて!!

140 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 08:03
何で読んだか忘れたが、菅浩江との対談が寒かった。
互い誉めに終始しててさ。
そういえばこの人、昔ニフで暴れてたことあったよ。
菅浩江と組んで。小説の書き方講座みたいなのやって、
素人と衝突してた。

141 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 11:17
それぱふだと思う。>140
でもそんなに寒いかな。
私は小野さんの小説はそこそこ面白いと思う程度の読者なんだけど
このスレ、アンチ(?)の人が息まいててなんか違和感感じる。
上げられてたURLもふーん、程度で、サイテーとまで言えちゃう人のほうがわからん。


142 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 16:38
ひとりの人が「最低」って言っただけで、その言葉に過剰反応する必要はないでしょう。
この小野不由美の文章>>123は、まあ大抵の人が読んでいい気持ちのするものでは無い
ことは確かとは思うよ。
俺は個人的に小野小説には全く思い入れが無いが、「嫌な文章だなあ」、とは思った。
この独特の卑屈な傲慢さが「好きで仕方が無い」という人もいるのだろうしね。
ただ、この「ミステリ板」で、綾辻よりも小野のほうが有名作家と思っていただのとい
う戯言だけは勘弁してくれないか。説明するのも馬鹿らしい。
ここは「ミステリ板」です。
小野不由美に対しても、小野小説の熱狂的なファンに対しても、
近視眼的なロマンチスト達(ライトノベルは大抵そうだけど)という印象が強まった。
(それからアンチって言葉、危険だから使うのよそうよ。好きか嫌いか発言するのは
自由だし、俺だって別にアンチじゃないぞ?呆れてるだけ)
しかしさすがに男の作家には出せない、嫌味さがあるねえ。俺はパスだわ。


143 :名無しさん:2000/07/27(木) 21:00
ここのスレッドを読んで知ったのだけど、
小野さんとファンって、まさしく宗教の教祖と信者そのものですね。
もちろんそうでないファンもいるんでしょうけれど。
なによりも、教祖自らがある世界に入りこんでいるところがすごい。

「定説です」で、去年話題になった宗教団体を思い出しました。
教祖は自身を自ら「グル」と読んでいたし、周りを取り囲む
信者の女性達が非常に真面目そうだったなあ。
似てる〜(笑)。

他者には入り込めない世界です、はい(笑)。




144 :名無しさん:2000/07/28(金) 01:49
age

145 :ミステリじゃないので:2000/07/28(金) 02:04
sage

146 :評価待ち:2000/07/28(金) 03:33
昨年秋の小野さんの講演会に参加された方のレポートによると
この秋にミステリーをノベルズで発表される予定らしいので、
そうしたら堂々と「ミステリー作家小野不由美」をこの板で
語ることができるかな。

それまではここで小野不由美を語るのはふさわしくないような
気がします。




147 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 03:38
123の文章の感想は、こんなとこにこんなもの書くなんざ
頭が悪いなってことだけだ。

で、この人美人なの?周りからちやほやされてるって。

148 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 03:39
やっぱりライトノベル板でスレ立てるべきだったと思うよ・・・

149 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 03:44
そもそもこのスレ立てたやつ、逃げてんじゃねえよ。

150 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 03:49
>>147
違う、違う(大藁
美人なら、こんなふうには叩かれないってば。
ちやほやされるのは、旦那のおかげなんじゃないかってこと。

151 :名無しさん:2000/07/28(金) 07:51
>146
山周賞候補になったんだから、ここでもいいんじゃない?

>147
作家ということを抜きにしても40歳近くになって
こんなこと言っているなんてね・・・・・・
>150
だからなぜ、こんなにかばわれているの?
誰か教えて。普通じゃないよ。
小説家って、批判にさらされているのが普通なのに。

152 :134:2000/07/28(金) 09:39
誤解を招いてすみません。私もミステリ好きです。
昔は新本格のかたの本もよく読んでいました。
今は時間がなくてまだ読んでない高木彬光と、
島田宗司くらいしか読まなくなってしまいました。残念です。

>137,142さん
「綾辻行人の方が有名」ってミステリ界を知ってる人の間でって意味だったんですか?
それだったらうなずきますよー。
120あたりの発言が「旦那のコネ?」って感じだったから
「別に小野不由美がそんなにミステリ色の強いものをを書いているわけでもなくて、
 一般への知名度も小野不由美のほうがあると思うのになんで綾辻さんのコネなのかしら?」
と疑問に思ったんです。

>137さん
>>全然関係ないけど、綾辻行人ってすっごい名前だよね。
> これは島田荘司氏がつけた名前です。
> 島田さんはご存知でしょうか?
もちろんです!お二人の対談集も読みました。
私的には綾辻さんは「新本格」の中では一番上手なかただと思っていました。
そうか島田さんが名づけ親だったんですね。
言われてみればそんな文章を読んだ気もしてきました。
妙に耽美な名前だと思ってたんですけど、
それだったら確かにどうしようもないですね。

153 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 13:02
>151
>小説家って、批判にさらされているのが普通なのに。

人格攻撃は批判じゃないと思うぞ・・・


154 :42:2000/07/28(金) 13:49
>151
「かばってる」って例えば>>42なんかのことですか?
作品への批判ならともかく、根拠薄そうな作者への個人攻撃に対する
一ファンとしての事実確認のつもりだったのですが。

ちなみに小野不由美のデビュー作と二作目は、ジャンルで言えば
「青春ミステリー」にあたるものでした。
作者本人が「あれはなかったことにしたい」といってるくらいの
作品ですが。

155 :このスレおもろい:2000/07/28(金) 14:39
信者様達が湧いて出てきたけど、
なーんか、どれも上手に庇い切れていないねえ。寒い(藁
まあ普通の読者は事実と常識で判断するよ。
ところで、他のコメント記事等(ぱふ?アニメージュ?読んだことないが・・・)
おもろいのアップきぼーん。
いや>>123読んで、ここまでお馬鹿オバサンとは思ってなかったんで>小野


156 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 14:39
こないだ「屍鬼」読んだけど驚いた。
のっけから「呪われた町」に捧げてあるので
てっきり吸血鬼と人間のバトル物かと思ったら
世界における人外の位置についての物語だったんだね。
しかしそれを語る主人公の作家坊主がはっきり言ってただの
ロリコンムッツリスケベなので説得力に欠けることはなはだしい。
このテーマだったら「フィーヴァードリーム」の方が良し。

157 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 14:44
>152
これが小野信者なんだねえ。すげええ頭悪いわ。
言葉使いだけ丁寧なんだけど、論拠が全然分かってない、つーか、ずれてるわ。
いい見本をひとつ見せていただきました。

158 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 14:57
だから「私を認めてちゃん」で「私は悪くないちゃん」で
「私は間違ってない」ちゃんが読んで、共感できるのが小野小説なのでは?
まあ、上記のナルシズムをクリアしていれば、そこそこは売れるわな。
と、書いてみて、なんか怖くなってきたけどさ。

159 :134:2000/07/28(金) 15:49
>157
ごめんなさい。私本当にわからないんです。
バカに使う時間などないかもしれませんけど、
お暇があれば説明していただけると嬉しいです。


160 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 16:23
>>155
>なーんか、どれも上手に庇い切れていないねえ。寒い(藁
>まあ普通の読者は事実と常識で判断するよ。
155氏にとっての「事実と常識」とやらを書いてくれい。

161 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 16:51
>152
一般への知名度なんてどっちもどっちじゃないか?

162 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 17:20
ここまで育ってしまったからどうしようもないけど、
やっぱ信者はライトノベルスレッドに帰れよ〜
と思ってみたり。

163 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 17:23
綾辻行人=操り人形(人行)→島田の・・・

164 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 22:55
一般人は綾辻なんて知らんよ…屍鬼の方がまだ知名度は高い。
残念ながら。


165 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 23:11
こわいよ〜。信者の逆襲が始まったのか?
もう言ってることめちゃくちゃじゃん(ワラ
なんで皆さん、ライトノベルにスレ立てしないのですか?>小野信者
いいかげん邪魔ですよ。

166 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 23:32
>>163>>164
ミステリ板にこーいう電波というか、いやがらせは少ないんだけどね。。。困
綾辻さんに文句があるなら論拠と一緒に綾辻スレに書けばいいでしょうに。
ライトノベルへお帰りなさい。
小野不由美もヤバい読者を育ててますねえ。。。。。

167 :146:2000/07/28(金) 23:35
>151

>>山周賞候補になったんだから、ここでもいいんじゃない?

私にはあの作品がなぜ山本周五郎賞にノミネートされたのか、理解
できませんでした・・・。


>154
>>ちなみに小野不由美のデビュー作と二作目は、ジャンルで言えば
>>「青春ミステリー」にあたるものでした。

自称「ミステリー作家」の小野さんは、「なかったことにしたい」
と言う上記以外に、「ミステリー」と言えるような作品を書いてい
るのでしょうか?
「屍鬼」「東亰異聞」「十二国記」「悪霊(GH)」「緑の我が家」
「過ぎる十七の春」・・・どれも私的にはミステリーではないのです
けれど・・・。

168 :164>166:2000/07/29(土) 00:00
は? 私は綾辻の方が好きだけど? 小野なんて屍鬼しか知らないし、
それも幼稚だからすぐ放り出したよ。
「残念ながら」もそのままの意味。
自分の周りでの現状を書いただけだ。被害妄想凄すぎないか?


なんかアンチ小野も似たり寄ったりだなぁ(笑)
すげー恐い。


169 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 00:23
人に勧められて小野作品は「東亰異聞」「十二国記」「緑の我が家」 「魔性の子」を読んだけど、
どれも面白くなかったです。ミステリーというより、ホラーとかSFのような気がするなあ。
小野作品は決して読みにくいわけじゃないんだけど(むしろ文章自体は読みやすい)、ページが
まるで進まない。
たぶん、もう少し精神が若ければ「魔性の子」とか一連のジュブナイルは共感できるんだろうけ
ど、精神が若くない今読んでも、自分の世界に酔っている子供な感覚はむかつくだけです。
まあ、貸してくれた友人の手前読みましたけどね。

170 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 00:31
>168
なにを切れていらっしゃるのか分かりませんが。
164のカキコを見たら、切れた小野ファンの脈絡のない綾辻攻撃と
思われても仕方なかったかもよ。(綾辻(作家)と屍鬼(作品)の知名度の比較って。。。ズレてない?)
アンチって言い方も凄く気持ち悪いんだけど。。。166の人のカキコがアンチとは思わないけど。。。
このスレ見てたら気分悪くなって、一言言ってやりたくなる気持ちは分かるよ。
とにかく怖いよ、小野不由美周り。。。

171 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 01:55
というか、小野作品を好きな人も嫌いな人もいるでしょう。
好みは人それぞれなのに人格攻撃やらファン攻撃やら
アンチが変に煽るからおかしくなっちゃうんだと思いますがね。

作品批評から外れてその作家を肯定する読者を
信者扱いし始めたあたりからは、明らかにアンチのほうがイタイ。
…一応言っときますが、私は小野信者ではありません。
どちらかというと否定意見書いてますしね。(79、85、87他)

172 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 02:59
人格攻撃は仕方ないんじゃないか〜?
どの作家だってされてるだろ、それくらい・・・。

173 :ライトノベル板いけよ〜:2000/07/29(土) 03:01
きーきー言ってるのは夏休み厨房なのか?

174 :ィード:2000/07/29(土) 03:02
珍しい光景を見させていただきました。
どうも

175 :>146:2000/07/29(土) 03:05
山本周五郎賞は、新潮社の社員が新潮社で仕事してもらいたい作家や、
新潮社で書いてくれてありがとうな作家の本を候補にしている
みたいに見える。
その作品のできはともかく、お近づきになりたいという……。
審査員のほうはその都合を考慮しないので、
さんざんな評価結果がでたりするけど。

176 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 03:06
飲料水先生よりも怖いです、このスレ。

177 :146:2000/07/29(土) 03:18
>175

言われてみると、確かにそんな感じのセレクションでした。

審査員の評価結果は歯に衣着せぬところを楽しみに読んでいます。
「屍鬼」に対しても、なるほどっ! と膝を打ちたくなるような
評価をされていたので、なおのこと「なぜノミネートされるのか?」
と不思議だったのですが、納得しました。

178 :ありゃまあ:2000/07/29(土) 04:01
おれ、164 じゃないけど、164 の書き込みって
「おれ釈由美子が好きだけど、残念ながら一般には優香の方が知名度あるよね」
という物言いとほとんど同じで、小野信者でも何でもないじゃん。
こんなこと言うと「スレッド全体の流れからして、ここでこういう書き込みする
と小野信者と間違われても仕方ねえんだよ! このドキュン厨房」と反論される
かも知れないけど、だとしたら「全体の流れ」を作っているのはこのスレッドで
はなく、「このあたりで出てくる小野信者を叩きたい」と思っているヒトの頭の
方。もっと発言は素直に読みましょ。>166、170
ちなみにおれは特にミステリーファンでも何でもないですが(海外ハードボイル
ドとかが好きだから、ここを見に来ただけですが)、綾辻行人の名前は知ってて
も、小野不由美の名前は知りませんでした。もっと勉強します(汗)。
んで、123 のエッセーは読みました。確かに嫌味ですが、小説は別ですよね?

179 :名無しさん:2000/07/29(土) 05:18
私、綾辻さんのほうが名前はずっと昔から知ってましたが
書評など読む限りでは好みに合わなそうなので読んでませんでした。(このミスや本の雑誌など)
なのでコネ、コネ、だとか言ってる人は的外れ、、というかむしろ不自然に感じてしまう。
本心から思ってるのか、単に思い込み激しい綾辻ファンや本格ファンなのか…
今時、本格ミステリ、とかの肩書きではなかなか読む気になれないですよ、
ホントのミステリ好きならいざ知らず。

小野不由美は友人の紹介でその後読むようになりましたが
ティーンズハートなどの女の子文体のホラー作品はかなり好きですね。
でも屍鬼や東京異聞などはあまり評価してません。
そっちのほうはなんだか勿体ぶってるような気がしてしまう。
読者が一番支持してる作風で、求められてる作品書いてったほうがいいと思うんだけど。
書評サイトなど見てる限りではティーンズハートのほうが支持率多そうなんだけどな。

180 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 06:07
単純に小野と綾辻は読者層が違うのに、
なぜ「小野の方が知名度があってすごい」とか
書きたがるのだろう?

それが不思議だ。



181 :名無しさん:2000/07/29(土) 07:01
盛況ですね>ここ

182 :178:2000/07/29(土) 07:25
>180
>単純に小野と綾辻は読者層が違うのに、
>なぜ「小野の方が知名度があってすごい」とか
>書きたがるのだろう?
え? それって、ここでの話? だとしたら、どの書き込みが?

183 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 07:34
しかし1は、「どうですか?私はいいとおもいますけど」って
書いてるだけなのに、スレッドたてた当初はまさかこんな有様
になるとは思っても見なかっただろうな(笑)。

ライトノベル板にたてりゃいいものをミステリ板にたてたばっ
かりに。
それともまさかこうなることを予想したアンチ小野だったりして。

184 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 21:01
好き嫌いを問わず、小野不由美に多少なりとも
興味のある人間は全員低脳・馬鹿、決定。
よって

■■■■■■■■■■■■■終了■■■■■■■■■■■■■■

読者ならびに小野不由美さん、笑わせてくれてありがとう!!!ばーか!

 @ /⌒~~~⌒\
 / ( ゚>t≡ )y─┛~~
(_ ノγ U  ∩_∩) 大変長らく御愛顧頂きました ┌───────┐
  α___J _J      このシリーズも      (|●        ● |
  / ̄ ̄ ̄ ̄\   とうとう終了となりました。/.| ┌▽▽▽▽┐ |
 /     ●  ●                   ( ┤ |      |  |
 |Y  Y       \誠にありがとうございました。\.└△△△△┘   \
 | |   |       ▼ |                  | \あ\      |\ \
 | \/        _人| ∧∧∩゛    ∧_∧     |     \り\     | (_)
 |       _/)/)/( ゚Д゚)/     (´∀` )   __ n    \が\.  |
 \    / 〔/\〕 U  / ∩∩ (    )o/  \ ヽ    \と\ |
  | | | c(*・_・)  |  |ヽ(´ー`)ノ_|  |  | (__丿    |.  /\ \う | (-_-)
  (__)_) UUUU /∪∪ (___)(_(__) ⊆_    ヽ_┘  └──┘(∩∩)


185 :発見しちゃった:2000/07/29(土) 23:39
小野負由美のスレって、現在同人板で盛んなんだね。
(ライトノベルには立ってなかった)
このスレが究極的に荒れだしたのも同人にリンク入ってからか〜??
いや、面白かったわ>同人板
小野があれほど同人の世界の人間とは知らなかったよ・・・。
あのノリについていけない理由も、『屍鬼』の幼稚な内容の生まれ方も
やっと理解できました。


186 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 07:28
私も人に勧められて小野不由美を読んだクチです。
最初は高校生の時に「12国」を読みました。面白かったです。
思ったことはとてもターゲットを絞って狙った話だなってことでした。
マンガを沢山読んでいる世代や、同人誌活動している人にとてもウケるだろうって
思いました。
私は「12国」で好きになったので、同じ作家の本ということで「東亰異聞」を読みました。
雰囲気に重点が置かれていて中途半端は印象がぬぐえませんでした。
文庫で買えば良かったと思いました。
「12国」に絡んで「魔性の子」を知り読みましたが、主人公の心情方面は良かったものの
話のポイントポイントに現れる「12国」の要素を全く説明していなかったので
この本だけ読んだ人にとっては一体何だかわからない部分が多かったんじゃないだろうか、
この本だけを読んで小野不由美ファンになる人はかなり少ないだろうと思えました。
彼女はマンガを沢山読む世代や同人をやっている人向けの話を書かせると
本当に上手くツボを突くと思います。彼らにはたまらないものがあるのも分かります。

187 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 12:19
>186
なんか学生の感想文っぽいですね。

188 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 12:27
\(^○^)/\(^○^)/すばらしい!!\(^○^)/\(^○^)/
\(^○^)/\(^○^)/あなたの文章力は95オマエモナーです\(^○^)/\(^○^)/

全ての文がですます長で終わってる上、〜だと思いました、を多用しているところなどは
夏休み最後の日必死になって書き上げた読書感想文のようですね。\(^○^)/
狙ってこれだけのものを書けるですから、小野不由美の知的レベルの高さは
完全に証明されましたね。\(^○^)/
文章全体からにじみ出るあなたの知性を感じた、休息日のひとときでした。\(^○^)/\(^○^)/

189 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 12:54

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< オマエモナー
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

190 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 13:54
なんつーか、同人板のノリでくるのかね。。。

191 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 16:32
ここまで精神レベルの低い支持者を集めてしまうところを見ると、
小野不由美の精神レベルもかなり低そうだなと感じてしまう。
類は友を呼ぶって言うし。

192 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 20:37
来年だかにミステリを発表するらしいけど
なんかやだなあ、イタい読者を山ほど引っ張ってきそうで・・・
ライトノベルの続編を待ちこがれている人達がいるみたいなんだし、
素直にその続編を書くのが筋なんじゃないの〜?
ミステリ作家も沢山いるんだし、もういらないよお(泣

193 :名無しさん:2000/07/30(日) 21:57
>192
なぜ、小野は、ミステリを発表したいんだろ?
ライトノベルでいいじゃない。ねえ。

194 :>193:2000/07/31(月) 03:38
そりゃあ、「ライトノベル作家」より「ミステリ作家」肩書きの
方が、本人の自尊心を満足させることができるからでしょう。

195 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 11:12
>192
いらないなら、読まなければすむことでは?
イタい読者をひっぱってくるって、どこにひっぱってくるの?

196 :名無しさん:2000/07/31(月) 12:11
>195
ああいうのに、大きな顔されたくないよ・・・

197 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 20:46
>196
俺の知識不足だとは思うんだが、小野不由美ってそもそも大きな顔しているのか?
「活字倶楽部」とかでしかインタビューされたの見たことないんだが、
それならちゃんと出るところをわきまえているように思えるし……?
あとがきの文章も、べつに自書のあとがきだし、
もっとイタい文章書く人いっぱい居るじゃないか。
ことさら小野不由美を叩く感覚がよく分からないんだよな。
いや、思い入れはないし、別に叩かれてもいいのだけど。



198 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 21:53
ね……ライトノベル板に帰らない?
わたしファンだけど、ここで語るのはちょっと
抵抗あるのよ。
確かに作品はミステリテイストだけど、
ミステリテイストとミステリは違うでしょ?


199 :どーでもいいことだが。:2000/07/31(月) 23:35
一時期、小野不由美=物集高音説があったんだよね。
もしこれが当たっているなら、この板で小野不由美のことを
語ってもあまり外れていないんじゃない?

>198

小野不由美の作品は一通り読んでみましたが、どこが「ミステ
リテイスト」なの?

200 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 23:44
>>188さんの書き込みって186さんが小野不由美ってことを言いたいの?

201 :名無しさん:2000/08/01(火) 00:04
>199の方
「物集高音説」について説明していただけませんか?
ちなみに私はフアンではありません。

202 :名無しさん:2000/08/01(火) 00:23
200超えてるよ!

203 :199>201:2000/08/01(火) 02:30
小野不由美がそのゲームエッセイ本「ゲームマシンはデイジー
デイジーをうたうか」(ソフトバンク刊)内にて系図屋探偵な
るアイデアを語っていて、それが物集高音の「血食 系図屋奔
走セリ」(講談社ノベルス)ととてもよく似ていたことから生
まれた説です。




204 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 12:25
ちなみに物集高音は京極の熱心な読者で、
講談社への持ちこみデビューらしいです(未確認情報)
小野不由美は違うだろ…。

205 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 12:27
>199
「屍鬼」の上巻や、「東亰異聞」の捕物帳的要素あたりはミステリテイストだったのでは。
あと>>42が「悪霊シリーズ」について書いてた。

206 :199:2000/08/01(火) 21:17
>204

図書館で「ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか」(203で
書名を間違えてしまいました ^^; )を借り出し、件の部分を抜き書き
してきました。

  以前、「系図屋は名探偵」という話を考えたことがあった。血脈を
 過去に向かってたどる作業は、探偵が謎を解決していく作業に似てい
 る。それで系図屋が、系図を作成する過程で現実の殺人事件やら過去
 の殺人事件やらにブチ当たり、歴史の謎とともに事件の謎を解決して
 ゆく話というのは面白そうだと思ったのだが、書くチャンスがないま
 ま放り出してある。
        「ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか」
                       92ページより抜粋
                  小野不由美著・ソフトバンク刊

このネタと物集氏の「血食 系図屋奔走セリ」の設定が似ているために
同一人物説が生まれたようです。

>205

なるほど。あの当たりが「テイスト」なのか。



207 :名無しさん:2000/08/01(火) 23:53
201です。有り難うございました。

208 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/02(水) 01:43
次の作品はミステリなんだよ!
ここで語ったっていいじゃねえかよ!!

209 :>208:2000/08/02(水) 01:46
未だ発表されていない作品について、一体何を語れと?
自分が一体何を言っているのか、よく考えてみてください。

210 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/02(水) 02:22
>206

それって・・・そのまま「血食」では。

211 :名無しさん:2000/08/03(木) 00:37
age

212 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 05:53
麻耶雄嵩は悪霊シリーズをミステリと言ってるぞ!

213 :名無しさん:2000/08/03(木) 08:09
age

214 :sage:2000/08/03(木) 08:13
小野主上、悪目立ちして嬉しいのは分かりますが
無意味にageるの止めてください。お願いします。

215 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 09:16
あはは
確かに>>123の小野のエッセイ読んだら
このスレ見ても「私って悪目立ちしちゃって、困るわ〜」とか
ほくそ笑んでいる小野が想像できるねえ
下品なオバハンだな、まったく

216 :下品なオバハン:2000/08/03(木) 15:43
ちょっと気に入らないことがあると全部自作自演にするのね。
これだからアンチの厨房は嫌だわ


217 :名無しさん:2000/08/03(木) 16:11
age

218 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 21:04
>216
アンチ?じゃなくてもイラつきます。
この無意味なageしてる人は小野の熱烈なファンなのかな?
意味ないと思うけど。このスレもう飽きられてるし。
小野本人がニフで暴れた過去とか聞くと、自作疑惑も。

219 :名無しさん:2000/08/03(木) 23:25
age

220 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/04(金) 00:11
>小野本人がニフで暴れた過去とか聞くと、自作疑惑も。
ニフIDもってないんだけどどっかでログ読めない?無理?

221 :名無しさん:2000/08/05(土) 00:05
小野のエッセイその他コメント類(ニフを含む)をきぼーん!

222 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/05(土) 15:35
これらを全て拾ってくるのは大変なので、自分で集めてね。>221

http://syyk11.is.noda.sut.ac.jp/~katohide/list/fuyumi.html

223 :名無しさん:2000/08/05(土) 18:45
221です。222さん、アリガトウ。

224 :屍鬼.....:2000/08/06(日) 12:30
 屍鬼=おたく、村人=いわゆる一般人と読み替えると寒さ倍満
そんなつもりはないかもしれんが...
さらに、少女=小野、坊主=綾辻とすると気色悪さ役満級

屍鬼といううより汚堕鬼

225 :名無しさん@1周年:2000/08/06(日) 19:00
は・ね・ま・ん揚げ

226 :名無しさん:2000/08/06(日) 19:02
>>224
んー。まあ、大なり小なりそうゆう妄想は持ってそうだね。小野不由美は。
肝心なリアリティは無いけど、都合の良い現実からのひっかけはやってそう。
自分は幻想文学は好きなんだけど、屍鬼には少女漫画的なオナニズムしか
感じなかったな。


227 :名無しさん:2000/08/06(日) 23:38
>少女漫画的なオナニズム

うん、上手い言い方!

228 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/07(月) 13:08
このまま静かに沈めるべきなのでしょうが、もう一つだけ。

「ウロボロスの基礎論」における『小野不由美』どう感じましたか?
小野作品のファンではあるんですが、ちょっとあれは勘弁してほしかったです。
これこそ小野本人とは関係ないことなんですが。

229 :天然八歩:2000/08/07(月) 15:24
>228さん
「ウロボロスの偽書」の方では?
「基礎論」の方は小野不由美さんご自身でマンガを寄稿してたりする
(ムチャクチャうまい!)ので、
すくなくとも本人はあんまり気にしてないみたいですね。

230 :名無しさん:2000/08/07(月) 18:51
>228さん
これって、実在の作家を登場させているやつのこと?
その作家の一人として小野さんが出ていますよね。
それとも、小野作の漫画(小説に添付されている)のこと?



231 :名無しさん:2000/08/07(月) 20:27
「屍鬼」ホラーの人はすごく誉めてるよな。
誉めないと後が続かないのかもな。


232 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/07(月) 21:07
>誉めないと後が続かないのかもな。
これはあまりにも穿った見方では?
東雅夫がそんなせせこまい考えを持っているとはとても思えない。
(あの人は身内でも出来が悪ければちゃんと批評する人だよ)

233 :>232:2000/08/07(月) 21:14
というより、誰にでも耳の痛いことを堂々というおれって、
カッコイイと思っているんだよね。
ナルさんだから。

234 :天然八歩:2000/08/07(月) 21:33
>232
別に誉めてるのは東さん一人じゃないですよ。
「このミス」でも上位にランクされたはず。

235 :>234:2000/08/07(月) 22:30
と言うことは、「屍鬼」はこの世界では「ミステリー」と
認められているんですね。
やれやれ……。

236 :名無しさん:2000/08/08(火) 12:42
>232
そうか、これが有名なファンクラブ活動ですか(ワラ



237 :228:2000/08/08(火) 12:52
>>229 >>230
作家デビュー前の「綾辻の妻」として、あんな目にあう「偽書」の方でなく
(ああいうのは個人的にはOK)、「基礎論」の方です。
あの美化200%(ですよね、たぶん)と、終盤の展開に、読んでて少々引いてしまったのです。
マンガはホント夫婦そろって達者でしたね。

238 :名無しさん@1周年:2000/08/08(火) 13:06
くんくん、なんか牛の臭いが・・・

239 :偽牛:2000/08/08(火) 13:16
やでやで…

240 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 22:33
東雅夫の書評では、「大長編にも関わらず読後の印象はショートショートのよう」
というのが印象的(でもうろ覚え)。
登場人物の造形が浅いってことだね、と解釈するか、
吸血鬼ネタに焦点絞って一点勝負ってことか、と解釈するかで評価が変わってくるんですかね。

241 :名無しさん@1周年:2000/08/08(火) 23:48
ここはミステリー板です。

242 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 10:14
>241
「怖い小説」スレはOKで、「屍鬼」は駄目なの?

243 :名無しさん:2000/08/09(水) 11:10
>240
ふーん。SFマガジンでは絶賛してたけどなあ。

244 :>241:2000/08/09(水) 13:36
清涼院でもOKなんだから、まー硬いことゆーなよ。

245 :名無しさん@1周年:2000/08/09(水) 23:50
>242 ミステリにも「怖い小説」はあります。
>244 個人的には清涼院も却下ですが...
   しかしあれはミステリーで扱うしかないかと。
   もっと言えばホラーでもいいとはおもいますが、
   ライトノベル板は他にあるので。 

246 :名無しさん@1周年:2000/08/10(木) 17:52
age

247 :名無しさん@1周年:2000/08/11(金) 07:50
age

248 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/11(金) 21:36
十二国記スレとかならともかく、小野不由美スレは
ミステリ板やSF・ファンタジー板でもOKと思うけど。
なんにしろ、新刊とやらがでるまで沈めておきますか。

249 :名無しさん@1周年:2000/08/12(土) 00:17


250 :************************************************名無しさん@1周年:2000/08/14(月) 18:00
彼女を持ち上げる新潮社って、何!?

251 :>250:2000/08/14(月) 19:27
ageてるあなたも、なに!?



252 :名無しさん@1周年:2000/08/15(火) 23:26
>251
あなた、大森望さん?(藁)

253 :名無しさん@1周年:2000/08/16(水) 11:25
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/17004390
相変わらず高値ですね。
でもこの出品者って講談社のものばっかり出してるけど、社員?

254 :名無しさん@1周年:2000/08/23(水) 03:39
このスレ読んで思ったんですけど・・・・・
何回も「対象がしぼられてる」って記述があったんですけど、
当然じゃないでしょうか?
だってそういう人対象の文庫で書いてたんだし。
年齢層的には中高生、でも実際にそれを購読する人の層となると
同人世界と被る人は多いと思うんですよね。
そこで売れるように書けば、自然そういう傾向の話になるかと。

でも器用な作家さんというのには賛成。
ただし執筆ペースは器用というわけにはいかなかったようですが。

255 :名無しさん@1周年:2000/08/24(木) 23:51
>254
「対象がしぼられてる」作家だと、小野自身は思っていないのでは?

256 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 21:57
sage

257 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 23:46
>256
それじゃダメだよ……。
それともsageといいつつひっそりとageたかった?

258 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/05(火) 12:51
小野主上はこの夏、同人誌の執筆でお忙しかったみたいですね
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=doujin&key=948495251
もうこの人の小説なんて二度と真面目に読むまいと心に誓いました

259 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/05(火) 15:07
それは今にはじまったことでは、ないのでは〜〜 >258

260 :名無しさん@1周年 :2000/09/05(火) 23:24
>258
また、デリカシーのないことでも言っているのでしょうか?(藁

261 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 00:05
何でみんなそんなに叩きたいのかなー

262 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 02:46
「魔性の子」を読んだ時、この人は子供のことをよく知らないのでは?と思った。
ホントはどうなのかな。

263 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 03:01
ダンナが綾辻だからスレたってるって………………そのダンナはどこがすごいの?
十角館のほかはダメダメだと思うんだけど?

264 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 03:16
純粋に好きな作家。
十二国記好きだな〜

265 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 04:01
>264
このスレ読んでも好きでいられるなんて
あなたは本物の信者だねパチパチパチ
きっと主上もご満悦だよ

266 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 04:10
>>262
そりゃ知らないんじゃないの。確か子供いないよね?この夫婦。
でも小野不由美理論ではどーせナニつっこんだって
「いいんですホラですから」ですまされちゃうのでわ?はーあ。。。。

267 :名無しさん :2000/09/12(火) 07:49
なんだかんだいって、育っているスレ

268 :名無し :2000/09/12(火) 13:32
>>265
このスレ読んではっきりわかったことって
小野不由美にはイタいアンチファンがついてるんだなあ
という事実だけだったな。

269 :名無しのオプ :2000/09/14(木) 05:44
よかったね >268

270 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/14(木) 06:32
ここでも議論が活発
http://www.zero09.com/bbs/bbs.cgi?./pl/hina



271 :名無しのオプ :2000/09/14(木) 12:04
屍鬼を読んで十二国記ではあまり鼻につかなかった「特別な人」思想が
なんでこれはこんなに鼻につくのかと思った。
結局後者はヒーロー小説で、前者はそうではなかったからなんだな。
……個人的には静信に思い入れる人とはあまり友達になりたくないな……。
十二国では「特別だから不幸」思想をばっさり切っているくせになー。

272 :名無しのオプ :2000/09/14(木) 14:21
自分は後書きとかの本文以外のところはほとんど読まない。
書いたヒトがどういうヒトで、誰と結婚してて、どこで
どういう発言をしてたか、なんてのも全く興味ない。
書いたものだけおもしろければそれでいいし、
同じヒトが書いたものならなんでも読むわけでもない。

小野不由美のライトノベルの悪霊シリーズは好きだ。
単純に怖くて面白いと思う。恐怖にぐだぐだ理屈をつける
ものよりは、ストレートに怖い方が好きだから。
他のファンタジーっぽいのはは読みたいと思わなかったので
読んでない。屍鬼も…どうだろ。文庫になったら読むかな。

273 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/18(月) 00:48
清信萌えっているの?>271
自分的には「屍鬼」ってもったいないと思ったな、いろんな意味で。
ジュブナイルぬけきってないつーか、枚数の割に人物が薄っぺらいっつーか。
主要キャラほど書割みたいに感じた。
いっそのこともっとはっきりきっぱりと、ヤオイ色ロリ色打ち出しとけば、それはそーいうもんと受け止められて批判も少なく、マニアからは絶大な支持を得たんじゃないか?


274 :名無しのオプ :2000/09/18(月) 08:49
>>273
激しく同意
まさにその「抜けきらない」ところの微妙な雰囲気に
小野のつまんない計算がミックスされて(w
こんだけ小野が叩かれたりしてる気がする
どー考えても読んでも、ライトノベル(ジュブナイル)なのに(いい意味で)。。。
小野本人は「ブンガク」に成りたがっている様子がショボいというか。。。

275 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/19(火) 03:30
273っす。
ライトノベル書きながらライトノベルを馬鹿にしてる?ような。
純文でも一般エンタでも文字マンガでも売れたもん勝ちだと思うんだけど、
どーもオコチャマ向けを脱して高尚と評されたい気アリアリに見える。
でも彼女の本質はどう考えても10代〜20代女性(向け、というか本人がそうだというか・・・)でしょう。
屍鬼etc.のショボさは、背伸びした子供が書いたポルノ小説の現実感無さと同質だと思う。
>>274

276 :名無しさん :2000/09/19(火) 13:42
でも評論家さんたち絶賛してるじゃん。


277 :名無しのオプ :2000/09/20(水) 01:00
>>273-275
「屍鬼」って「過ぎる十七の春」や「緑の我が家」「魔性の子」と
同じようなもんだと、作者もファンも思ってるんじゃないのかなあ。
そんなにそれまでと変わってたっけ?

278 :名無しのオプ :2000/09/20(水) 01:48
>>277
ハードカバーでめちゃめちゃ分厚かった。
だから、お値段もそれなり。
あ、中身のことかな。

279 :名無しさん@1周年 :2000/09/20(水) 02:11
あらら、また、育ってる!

280 :名無しのオプ :2000/09/20(水) 03:55
>>276
評論家さん達が絶賛してる・・・って(困惑)
このスレちゃんと読んで今更そんな発言するかなあ。
それがあるから(腑に落ちない)こそ、こんだけ叩かれてんのでは??
あ、私はどっちでもいーと思ってますけどね。。。
つか、小野不由美読むくらいなら篠田節子読んだほうがマシ・・・な人ですので。

281 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/20(水) 06:48
屍鬼で普段小野不由美に触れない人が読んで
必要以上に評価が釣り上がった。
完成度としては今までのライトノベルのほうが上だと思う。
屍鬼は冗長すぎ。
さらに不必要な分も多かっただけにアンチのツッコミ部分も多い。
ライトノベルの小野不由美は大好きなんだけどなあ。


282 :名無しさん@1周年 :2000/09/20(水) 12:41
>280
おそらくワラってるんでしょ。
今まで小野不由美知らなかった(読んでなかった)評論家さんたちを。
で、屍鬼絶賛。



283 :名無しさん@1周年 :2000/09/21(木) 00:10
信者以外には嫌われているみたいね。コメント等悪すぎるものね。

284 :名無しのオプ :2000/09/21(木) 00:21
いや、自分も少なからず首をかしげていたものの
こんなに嫌われていたとは(笑)
本音の吐き出し場所というのか・・・2ちゃんねるってスゴイんですねえ
おもしろい。

285 :名無しさん@1周年 :2000/09/23(土) 00:35
主上
このスレをお読みになっていますか?
ご意見をお聞かせください。

286 :ああ疲れた :2000/09/28(木) 03:29
十二国記しか読んでないライト小野ファンです。
ここは2ちゃんねる、仕方のないことはわかりますが、
小野ファンと綾辻ファンはお互い礼儀正しくして、
もう少し距離をおいた方がいいと思いました。まる。

287 :sage :2000/09/28(木) 14:30
>>286
sageもしないで偉そうに言うことなのかよ低脳が
そんなことは、この糞スレ作ったバカに言え
氏ね

288 :名無しのオプ :2000/09/28(木) 20:46
287のsage失敗はわざとか?

289 :名無しさん :2000/10/08(日) 02:37


290 :名無しさん:2000/10/28(土) 01:32
主上!


291 :名無しのオプ:2000/10/28(土) 02:02
読んだことはあるけどさあ・・・・・
典型的な女流〜その気になってます〜作家じゃん。あーあ。
あの気取り文体とオタクな盛り上げで、オタクの気持ちを
盛り上げるのは上手いんだろうね、きっと。
ライトノベルで主上気取りできるんならこの板ではsageきぼん
つーか懇願。
ミステリが出てからageりゃいいだろ。
小野信者害基地

292 :名無しのオプ:2000/10/28(土) 13:38
主上って呼び方がむかつく。
オウムと同じか?

293 :名無しさん@京都板じゃないよ:2000/10/28(土) 23:57
屍鬼の冒頭から出てくる兄弟って、聖書のカインとアベルのことですよね?

294 :名無しのオプ:2000/10/29(日) 05:15
>>293
また小野信者が低脳ぶりをさらしています(ワラ
逝け
しっかし使い古されたネタでよくやるよ
さっすが主上(ワラワラワラ

295 :名無しさん@1周年:2000/10/29(日) 21:42
>>294
お前のレスがなにより低脳ぶりを披露してるぞ(ワラ
しょがないなぁ厨房は・・・ププッ


296 :名無しのオプ:2000/10/29(日) 22:22
>>295
そう言ってageてる貴方も充分厨房です。
ここはもう沈没させてほしい。
こんな不愉快なスレはミステリ板にはめずらしいです。
私は小野不由美って読んだことありませんので、中立です。
さようなら。

297 :名無しのオプ:2000/10/30(月) 00:27
さげさげさげ!!!!!


298 :名無しのオプ:2000/12/08(金) 12:07
>>275
>ライトノベル書きながらライトノベルを馬鹿にしてる?ような。
>純文でも一般エンタでも文字マンガでも売れたもん勝ちだと思うんだけど、
>どーもオコチャマ向けを脱して高尚と評されたい気アリアリに見える。

激しく同意!!
でもこんな不愉快なスレつくったのはミステリ板の住人なんだから
あえてさらしage

299 :名無しのオプ:2000/12/10(日) 14:13
人に薦められて「屍鬼」読んだ。超つまんねー!!!!!
あんな長さいらんつーの。
坊さんの小説のとこも読んでない。
つーか読んでも意味なし。
せめてもの救いは図書館から借りた本だったこと。
あんなの自腹で買わなくてよかったー。
というわけでage


300 :フェイたん:2000/12/10(日) 17:54
オマエがよければそれで良いネ。

301 :名無しのオプ:2000/12/10(日) 20:52
屍鬼、道で拾った。

302 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 23:16
おや、このスレ、また上がっているのね、根深いものを感じるね。

303 :名無しのオプ:2000/12/15(金) 19:35
小野の高校は県で1.2を争う進学校だね。
俺の出身高校と競っている。
向こうは県境出しいろいろ状況違うけどね。
他県の生徒もよく来ている。

304 :名無しさん@1周年:2001/01/01(月) 23:07
小野ふゆ美は十二刻貴しか読んでないけどさ
描写がきれいすぎるっていうかどっかで見たことあるようなというか
ホンモノじゃなくてよくできたジオラマって感じで
良くも悪くも女性らしい作品を書く人だなと思った。
それ以上でもそれ以下でもないや。

305 :名無しのオプ:2001/01/05(金) 06:22
ああ創価 お前もか by三上寛
あげ。
これから読みますオレ屍。

306 :名無しさん:2001/01/06(土) 04:21
age

307 :名無しさん:2001/01/07(日) 03:49
高校生の頃(もう10年近くも前か、ふぅ…)
姉から「なにか面白い本ない」と聞かれて
悪霊シリーズの続きを貸そうと思ったら
「それはもういい。その人、心霊マニアっぽいんだもん」と言われた。
今でも小野さんは、宮部みゆきさん、横山秀夫さんと共に
ハードカバーでも迷わず買える貴重な作家さん。
でも、姉の言葉が忘れられない〜


308 :名無しのオプ:2001/01/07(日) 15:47
だからageるなって。話がしたいのならライトノベルの方に逝ってくれ

309 :名無しさん@1周年:2001/01/08(月) 06:57
age


310 :名無しのオプ:2001/01/08(月) 16:31
>>307
ふーん。全然読んだ事ないんだけどおもしろそうだね。
その、お姉さんが”心霊マニアっぽい”と判断した本の書名はなんですか?
それから読んでみる。

311 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/08(月) 21:33
心霊マニアだと思うよ。最終巻の資料は膨大だった。
芋蔓系読者としては非常に役に立った(w

312 :310:2001/01/08(月) 22:51
>>307 >>311
調べたところによると、ティーンズハート文庫の”悪霊”ってつくのを読んで行けばいいのかな?
こちとら、カーとかスラデック、コリンウィルソンなど大の心霊もの好きで心霊とか悪霊とか出てくると読まずにいられない。


313 :310ですが:2001/01/08(月) 22:55
>>307 >>311
調べたところによると、ティーンズハート文庫の”悪霊”ってつくのを読んで行けばいいのかな?
こちとら、カーとかスラデック、コリンウィルソンなど大の心霊もの好きで心霊とか悪霊とか出てくると読まずにいられない

314 :名無しのオプ:2001/01/08(月) 22:55
ひえー2重ごめん

315 :名無しのオブ:2001/01/08(月) 23:23
ライトノベル板で語ってください!

316 :名無しのオプ:2001/01/08(月) 23:27
初期の三作の復刊はダメだったみたいね…

317 :名無しのオプ:2001/01/09(火) 00:54
「屍鬼」「東亰異聞」はライトノベルなんだろうか?
あ、2月に祥伝社からノベルズ出るよ! これで例のシリーズの
新刊はまた遠くなるのだろうか。

318 :名無しのオプ:2001/01/09(火) 01:08
ライトノベルかあ。まあどっちでもいいよ。

319 :名無しのオプ:2001/01/09(火) 01:13
ちょっと修復

320 :名無しのオプ:2001/01/09(火) 02:53
>>316
今さらあの三作は恥ずかしいとかいってるからみたいだね。
でも別にそういうほどひどくなかったと思うけど、作者としては恥ずかしく
てしかたないものなのね。
あれが恥ずかしいんだったら悪霊の初期もかなり恥ずかしいと思ってそう。

321 :名無しさん:2001/01/09(火) 20:05
>>310
そうです。悪霊シリーズです。
かなり強引な説明ですが↓
心霊現象絡みの事件を調査する会社みたいのがあって
そこで働くことになった主人公が仲間達とに事件を解決していきます。
(1巻、上下巻完結です)
そして全巻を通じて、謎の多いその会社の所長のことも明らかになっていきます。
主人公は素人なので、調査過程で色々と説明を聞く場面が多く
そこら辺を姉が「心霊マニア」と言ったのかもしれません。
主人公の女子高生の一人称なので、読み手の年齢によっては読みにくいですが
話自体はミステリー(謎解きという意味で)要素もあり、面白いと思います。
結構、血みどろの恐い場面もあります。
310さんが満足するかは解りませんが、お薦めは出来ます。
文庫で安いし。




322 :名無しのオプ:2001/01/09(火) 20:42
一番恥ずかしいのは初期&ドラマCDの後書きじゃ!
狂ってるよ。

323 :310:2001/01/09(火) 20:51
>>321
はっはっは。会社の帰りにもう買っちゃいました(はじめの2冊)。
レジに行くのは恥ずかしいんで嫁にいかせました。
今まで読んでたカーなんかとはイラストが全然違うぞー(笑)。

324 :名無しのオブ:2001/01/10(水) 00:26
ライトノベル板に逝ってくれ!

325 :名無しのオプ:2001/01/10(水) 05:06
>324
こんどミステリがでるってよ。

ライトノベル板だったかのスレで悪霊の続きは書かないって書き込みをみた。
なんでもWHの悪霊を読んだファンがこんなのは違うみたいな感想を送ったらし
い。それであとがきでもう書きませんみたいなことを書いたとか。
もしかしたらティーンズハートのほうの悪霊を絶版にするなんてこともあり得
るかもなー。ライトノベル作家って思われるのが嫌みたいだし。


326 :名無しのオブ:2001/01/10(水) 07:55
小野自身と小野オタがミステリだと思っているだけ・・・それが真実だよ。

327 :名無しのオブ:2001/01/10(水) 18:47
小野不由美には、仲良しさんのミステリー作家のようにはなってほしくない。
一生懸命考えました!!っていうトリックを披露されても嫌だ。
新刊出るのはやっぱり嬉しいけど。



328 :310:2001/01/11(木) 19:46
>>321
面白かったです。悪霊シリーズ1冊目。
確かに自分が今まで読んできた本とは世界が全く違いました。
(カーとコリンウイルソンがフェイバリットなもんで)
寝る前の小一時間で読み切れるのがいい。
10年以上前にサーモグラフィーで霊チェックってのは、
無かったわけじゃないけどまあまあマニアックでいいね。
これ以上書くとネタばれしちゃいそうだからやめとくが、
このスレの書き込みを読んでぜったいおもしろいだろうと
思ったのが当たりました。

329 :名無しのオプ:2001/01/15(月) 04:07
「黒祠の島」発売予告age!

祥伝社から2月13日発売で〜す
://www.shodensha.co.jp/shoseki.html

330 :名無しのオブ:2001/01/15(月) 22:24
>>329
うわ、孤島で連続殺人だって。
嫌な予感がする……
変なトリック使うんだったら、いっそのこと悪霊のせいの方がいいな。
早く読んでスッキリしたい。
そして十二国の新刊は本当に出るのでしょうか?
本屋に行ってみたけど講談社文庫の新刊が無かった。帯が見たいのに〜


331 :名無しのオプ:2001/01/17(水) 03:36
十二国記、4月に文庫書き下ろしで出るらしいよ。
講談社文庫版『図南の翼』参照。

332 :名無しのオプ:2001/01/18(木) 02:21
へぇ。
正面切ってミステリーに挑戦か。


333 ::2001/01/19(金) 00:15
中津のスター小野不由美さん!

334 :名無しのオプ:2001/01/20(土) 23:32
小野はミステリ作家じゃねーだろ。ライトノベルズ板にもあるんだからそっち
行けよ。
特に331はミステリ板に来るな。

335 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 05:31
>>334

2月にはミステリー作家として売り出されるんだからいーじゃん。

336 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 08:08
東亰異聞を読んでいる最中ですがなかなか進みません。

337 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 10:16
>>336
進まないのは、つまらないからです。
さっさとブックオフに売り払って、もっと実のある本を読みましょう。

338 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 22:29
>>337
いや。おもしろいんですけどね。
あの魂売りなんかは非常に魅力を感じませんでしたか?
進まないのは睡眠導入剤を飲んでから読んでるんで寝ちゃうんですよ。
>>337

339 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 22:52
また叩きがいるな……
ミステリの文脈で読み、語りたい人が居たから、
>>331はこの板に情報を書いてくれたんじゃないの?
>>334が小野不由美が嫌いなのは分かるが、
そんないいかたはねーだろ。


340 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 23:07
小野不由美さんって若い人なの?
とりあえず悪霊シリーズは面白い。

341 :名無しのオブ:2001/01/24(水) 23:28
>>340
小野さんは、40歳です。

342 :名無しのオブ:2001/01/24(水) 23:35
>>340
40歳だよ。

343 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 23:51
>>339
”ミステリの文脈で読み”って・・・・・言わんとしてることは分かるんだが
変な日本語。

344 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 23:58
小野叩きウザ。
私も既に離れてる読者だけど話ぐらいさせたげなよ。
次のはミステリだっつってんだから文句ねーハズ。

345 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 00:20
ええっっ!40歳。。。。。。
それであのヲタクのりなんですか。。。。
私の母親とそう変わらない人が萌えキャラ三昧って。。。がくっ
そう考えるとなんか気持ち悪いわ。。。。
叩くつもりじゃないんで。。。。sage

346 :名無しのオブ:2001/01/25(木) 07:04
小野不由美の小説って、10代、いや中学生なら、いいと思えた
かもしれない。
でも、いい大人がよんでも、(申し訳ないけど)うざいだけ。

347 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 07:33
>>346
そうね、言い回しや漢字使いなんかだけは凝ってるんだけど
読んで見るとすごく幼稚な内容で・・・。
言わんとするところがこんなもんなら、もっと簡単に書きゃいいのに、と
思うんだけど、小野のそのへんの文学的見栄(ワラ が、叩きの要因のひとつではありそう。
中学時代のクラスメイトでも居たよね(ワラ
かんたーんに言えばいいことをわざわざ難しい言い方とか言葉回しで気取ってるヲタクが(藁

348 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 12:08
>>341-342
ありがとうございます。ほぼ同年代だ。
だからおもしろいのかも知れないですね。

349 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 12:09
小野不由美の内容はともかく
オタク的要素が強いというのは確かにあるね。
でもまあこれだけオタクが増えた時代にあって
そういう需要を満たす作家が
生まれてくるのは必然であるわけだし、
作品がオタク的であるということは
もはや批判の対象とならないと思う。
好き嫌いの問題としかいいようがないな。

>>347
君の文章も幼稚で素敵だよ。
精神年齢の低さと語彙の貧しさ、感性の乏しさが
にじみ出た名文だね。
小学校で勉強の一番できない子が書いてた
作文を思い出したよ。

350 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 23:46
>>344
次の本が出てない状態でスレ立ててるから、アンチが出てんじゃねーの?

351 :名無しのオプ:2001/01/25(木) 23:59
いいやん、どうせ場末の寂れた板なんだし

352 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 03:32
>>349
これこれ、内容に関する反論ならわかるが、読者の批判を文章が未熟といって煽るのは
いかがなものか?ずいぶんといじわるだ。
>>346の言ってることは私(元小野ファン)としては、かなり頷けるんだな・・・悪いけど。
今(二十代後半)となっては読んでいたことがちょっぴり恥ずかしい・・・それが私にとっての
小野小説だったりする・・・。
まあ、そうやって読者が卒業していくタイプの作家なのかもしれん、とも。
ミステリ出るらしいけど、東亰異聞のようなファンタジー&萌えキャラ系でせめられるのなら
もう、ついていけんです・・・。
でもそれで萌え読者またつけるんだろうし。小野の姿勢が変わらないかぎり、ある意味叩きの
質も変化しないのでは?

353 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 03:35
いかんいかん、>>346じゃなくて>>347に頷ける、でした。
煽らないでね・・・

354 :名無しのオブ:2001/01/26(金) 07:13
>>349
>>347の書いたことってそんなに変じゃないよ。こういう、批判を許さない
ような書き方をするから、「オタ」は逝ってくれ、と言われるのでは?

355 :349:2001/01/26(金) 08:10
「オタク的要素は幼稚なもので
年齢の加算と共に卒業されるべきものである」
という考え方が旧弊で現実から遊離してると
指摘してるだけだ。

それが良い悪いは別にして、
最初のオタク世代が中年にさしかかっている現在
上のような考え方を抱くのは
全く意味がないことだと思う。
現実問題として現在売れてる
ミステリ作家(特に本格系)はいずれも
オタク要素が濃厚だしな。

347は「幼稚な内容」という批判を行いながら
あまりにその文章自体が幼稚なので笑っただけ。
別に内容はどうということもない

良く今読むと恥ずかしいとかいう
読者がいるが勝手に恥ずかしがってるのは
読み手であって作品ではない。
作品が変化するわけではないし、
自分の嗜好が変化してその作品のターゲット層から
ずれただけのことだ。

>>354
変じゃない、というのは非常に主観的で
他人には理解不能な評価だけど、とりあえず君、逝ってくれ。

356 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 08:21
まあ、小野さんはストーリーテラーとして一流ってところは
意見が一致するでしょう?
オタクうんぬんは別として。

357 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/26(金) 08:30
>>356
えっとライトノベルに関してはyes.
ミステリはnoです。

358 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/26(金) 08:35
ミステリ&最近の作品はライトノベルから脱却したいあまり
ごてごて装飾しすぎで中身は薄いような気がします。
読み手の素直な感想として面白さに欠ける。
十二国も外見大人っぽく装ってるけど中身はさほど…(以下略)

359 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 08:49
>>355
うっひゃー。>>347が逝ってる>中学時代のクラスメイトでも居たよね(ワラ
かんたーんに言えばいいことをわざわざ難しい言い方とか言葉回しで気取ってるヲタクが(藁<
そのもの、みたいな人が(藁
こーゆー信者に支えられているのか、小野不由美(大藁
374の発言がいっそう説得力を持ってしまうわ・・・。
作品が恥ずかしがるわけは無いですよねえ・・・いや、ほんとうに。ププ



360 :イラストに騙された名無しさん:2001/01/26(金) 08:57
>>359
恥かしいのはあなた。

361 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 09:02
>>360
噛み付きすぎだぞ、おかしい。こりゃまたスレが荒れるな。

362 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 09:09
そーいや小野センセって創価学会員って聞いたんだけど、ほんと?
旦那のほうは学会員じゃないからモメてるって聞いたけどマジ??
まあ宗教は自由だからいいんだけどさ。。。

363 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 10:38
嘘ですよ>>362

364 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 14:29
ほんとうですか?

365 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 15:06
嘘だよ。

366 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 15:07
なんか最近「誰それは学会員(らしい)」という書き込み多し。
文学板とかでも。
同一人物によるネタ書き込み?
あんまり本気にしない方がいい気がします。


367 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 15:19
そうだとしても別にあんまり違和感ないなあ。説教くさいし。
いや、どっちでもいいけど。

368 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 15:39
そういや前「学会に所属してるミステリ作家」
とかいうパチもんくさいリストが
コピペされてたなあ。
有名人が一杯だったよ(笑

まあそれはうさんくさいけれども
宗教板は詳しい人多そうだから
気になるなら聞いてくれば?
俺は興味無いからどうでもいいがね。

369 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 15:46
ああ、でもなんか宗教やってそう・・・(学会じゃなくても)

370 :名無しのオブ:2001/01/26(金) 23:34
大谷大学ってそうなの?

371 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 00:04
>>370
大谷大学ってどこの大学?聞いたことないんだけど。

372 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 00:25
小野さんの出身校だな、ひた隠しにしてるかも知れんが。
地域的には京都、ただし寒いのでチベットとも言う。


373 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 07:08
小野さんは大谷大学で仏教学専攻。確か大学院にも行っ
てて、専門は原始仏教。大谷といえば本願寺直営、浄土
真宗だわな。学会なわけないじゃん。

374 :名無しのオブ:2001/01/27(土) 07:25
>小野さんの出身校だな、ひた隠しにしてるかも知れんが。

「京大ミステリ研出身」を強調しているよね。

375 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 07:52
大学院逝ったっても、ほんのほんのほ〜んの、短い期間ね。即やめて鱒。
いや、また学歴詐称?って疑問符がきそうだからね。

376 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 08:41
>>374
>「京大ミステリ研出身」を強調しているよね。

そうとられてもしかたない著者紹介が過去にあったのかな?
それが、しつこいアンチが少なくない理由の一つなのか。

377 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 10:10
自分はオタクっていわれるの好きだけどな。
マニアックで孤高でかっこいい感じ。
日本を動かしてるのもオタクなわけだし。
今流行りの携帯電話だって通信研のオタクたちがつくったんじゃないの?
オタクに感謝そしてオタクを賛美そしてオタクになろう。

378 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 10:16
↑あーあ、また叩きに油を注ぐドキュソが・・・

マニア・専門家と======ヲタ・厨房 は全く違います。
2ちゃんロムててもわからんのかそんなことが。
俺は小野小説まったく興味ないが、こう言いたい。
真摯に生きてる者達に土下座しろ>>377

379 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 10:26
日本を動かしてるのもオタクなわけだし。
日本を動かしてるのもオタクなわけだし。
日本を動かしてるのもオタクなわけだし。

・・・・・しみじみ、すごいわ・・・小野ファンって・・・・。

380 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 10:34
今流行りの携帯電話というのもすごいな。
小野信者の間では「今流行り」なのか?携帯電話・・・。
笑っていいものなのかどうか・・・いやはや・・・。

381 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 11:58
いま流行りだよ。携帯。若い奴らチャラリラやってるじゃん。
しらないの?

382 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 12:00
>>379
日本動かしてるのがオタクだって知らないの?
工業技術院の研究者とか企業の基礎研、総研の連中。
みんなオタクばっかだよ。研究ばっかりで社会の事なんか知らない。
そんなオタクが作った技術をあんたがた凡人が享受してるんだよ。

383 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 12:24
私は小野ファンではないけど、とにかくアンチってえのが嫌い。
で・・・、
ミステリ読み(私も含めて)って全員オタクじゃないですか?
”オタク、あれ読んだ?”
”いやだな、オタクったらそんなの読んでんの?”
って会話想像するとヲタクそのもの。

384 :通りすがり:2001/01/27(土) 12:56
だから小野信者さん達がヲタクだってことは、よくわかりましたから・・・。
そんなに自慢気に何度も言わなくても(w
しかしすごいね(w

385 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 13:06
しかし上がるたびにイヤ〜な話題しか出ないね、小野スレは…。


386 :小野って誰?:2001/01/27(土) 14:08
      ███▄
       ███▀     █████████
      ███▀ ██  ███▀ ▄███▀
     ██▀ ▄███▀███▄▄▄███
   ▄███▄▄██▀ █▀  ▀████
   ▀▀▀▀███▄      ▄██▀█▄▄
      ██▀ ███   ██▀  ▀███▄▄
    ▄████▀▀██ ▄█▀▄▄    ▀█████▄▄
    ▀█▀▀  █▄▄█▀   ████▄  ▀███▀▀▀
  ▄   ███ ▀███      ▀▀▀
  ███  ███  ▀▀
   ███  ▀        ▀████▄
    ▀              ▀████
                    ▄
              ▄▄▄██████▄
      ▄▄▄▄█████▀▀  ████▀▀
        ▀▀▀▀      ███▀
              ▄▄▄█▀
               ▀██▄
                ███
                ███
                ███
                ███
                ███
                ███
           ▄▄▄▄████
            ▀█████
              ▀██▀

387 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 15:51
つーか2chはオタクの集まりだろ(藁

388 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 16:49
ここで叩かれてるヲタクってのは
萌えキャラ・やおい・同人=小野不由美自身 と、信者のことでしょ
拡大してうやむやにするとはニクイね(プ

389 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 17:17
↑どうしても自分だけはヲタクじゃないって言いたいのか?

390 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 17:35
>>388
>ここで叩かれてるヲタクってのは

いつ叩いたんだよ。全部空振りしてるぞ。

391 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 17:53
泥沼です
やめよう


392 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 17:59
でもこういう言い合いも楽しいよね。

393 :名無しのオプ:2001/01/27(土) 22:09
東亰異聞読み終わりました。雪のおかげで出かけずに読書したので。
ストーリーテリングと作品世界良かったです。
ネタバレにならずにほめられないなあ。○○ミステリの傑作ですね。
小野作品は(悪霊シリーズをのぞくと)
1作目ってことになるんだけど他にも面白いのあるかなあ。
(もちろんネットで書評、過去ログしらべるけどお薦めあったら・・・)

394 :名無しさん:2001/01/28(日) 20:31
あげ

395 :名無しのオプ:2001/01/30(火) 02:04
からあげ

396 :日本@名無史さん:2001/01/30(火) 16:54
東亰異聞、つまらなくはなかったけど…
帝都物語に趣向が似てる、と思うのは、私だけ?

397 :名無しのオプ:2001/01/30(火) 21:25
魔性の子はどうよ?

398 :名無しのオプ:2001/02/01(木) 21:44
>>396
それはちょっと同意しかねるなあ。
>帝都物語に趣向が似てる
ってことについては。
最後の落とし方はいいんだけど、その前をもうちょっとロジカルにやっといて欲しかったなあ。
まあ、佳作以上のものだとは思う。

399 :名無しのオプ:2001/02/01(木) 23:33
>>397
ただのライトノベルズです。しかもこれ一作だけ読むと、何が何だか分かりません。
最後の方は作者の脳内だけで終わってる感じです。十二国記の番外編として
十二国記を読んだ後なら、何とか読めるけどはっきり言ってつまらないです。

400 :名無しのオプ:2001/02/04(日) 01:38
小野冬美、萌え〜

401 :目のつけ所が名無しさん:2001/02/04(日) 01:55
>>399
とっても同感です。
最初読んだ時訳わかりませんでした。
オチがついてないっつーの。
いくら異界を描いてるといってもありゃないよ。
小野ワールド住民にしかわからない話じゃないの。

402 :名無しのオプ:2001/02/04(日) 21:10
>>399さんのレスを見て、”本当かなあ??小野作品はここではマイナス評価受けやすいから・・・”などと思いつつ土曜日に”魔性の子”を購入(あまのじゃくなもんで)。
>>401さんのレスを横目て見つつも先程、読了。
お二人のおっしゃることは正しかったです。疑ってすみませんでした。

403 :名無しのオプ:2001/02/04(日) 22:48
>>402
ここをはじめから読むと「魔性の子」を最初に読んだときの感想とか思いとか
があるよ。
人それぞれ。

404 :名無しのオプ:2001/02/04(日) 23:12
>>403
本当だ。ありがとう。
魔性の子は今、新潮の「ミステリー&サスペンスフェア」で、
おされてて(宮部;龍は眠る、レベル7なんかと一緒に)
書店では平積みになって売ってるとこも多いから、
また賛否両論、疑問持ったりする人が多く生まれるでしょうね。
(自分も該宮部作品みたいのを期待してたので)

405 :名無しのオプ:2001/02/05(月) 02:41
某書店員のサイトからのコピー

2.9 「黒祠の島」小野不由美/祥伝社ノンノベルス 886円

がいしゅつですか?

406 :名無しのオプ:2001/02/05(月) 06:05
祥伝社員に聞いたところ、「黒祠の島」、凄く本格らしいぞ。

407 :名無しのオプ:2001/02/05(月) 10:32
いったい誰が持ち上げているの?

408 :名無しのオブ:2001/02/05(月) 23:12
>>406
凄く本格だと思われたいのか?

409 :名無しのオプ:2001/02/09(金) 20:54
とりあえずgetしたのでageとこ。どこもかしこも山積みだったね。

410 :名無しのオプ:2001/02/09(金) 23:00
感想書いてね

411 :名無しのオプ:2001/02/10(土) 16:12
読みましたage
ストーリーは、予想範囲内だったので特にすごいと思いませんでしたが
なかなか雰囲気は良かったですよ。
小野さんの小説はいつもラスト近辺で萎えさせられるのですが(屍鬼とか)
これは、まあ許容範囲内だったし。


412 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 02:19
黒しの島読みましたよ。  大分人の小野さんには九州弁でちゃんと小説書いてほしかったなあ。

413 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 03:07
しょーーーーーじき言って、ダンナとどっちがミステリの才能
ありそうですか?

414 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 03:24
>>412
土佐弁は巧かったのにね。
実は私が十二国記で一番感心したのあそこだった。
方言って巧く使われるとリアルさがぐんと増すよね。

あ、私は黒祠の島、未読です。

415 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 04:07
>>413 私は旦那さんのアイディアのいくつかは奥さんが助けてると思ってるんだけど。
そう思ってるのは、十角館の殺人の冒頭の献辞のせいなんだけど。

まだ読んでないけど「悪夢の棲む家」のみで「屍鬼」&「東京異聞」のことをスッキリ
忘れると、奥さんのほうが才能ありげだと思うっす。(綾辻は館シリーズ数冊と緋色の
囁きと殺人方程式ぐらいしか読んでないけど)

416 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 06:10
最近の小野さん見てると島田御大が壊れはじめた頃を思い出しちゃう。
出す作品がどんどん「?」になってくのに何故か周りが持ち上げてる。

417 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 13:15
>>416
出せば売れちゃうせいだよ。
?でも。

418 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 13:57
九州弁って言っても福岡の方と大分の方と鹿児島の方で
全く形が違うから、結構難しいと思う…。
大分の方でも博多弁みたいなのを使うと思ってる人多いけど、
イントネーションも含めて全然違います。小野さんは中津市だから
多少北九州寄りの言葉を使うでしょうけど。

419 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 15:28
>416
>最近の小野さん見てると島田御大が壊れはじめた頃を思い出しちゃう。
>出す作品がどんどん「?」になってくのに何故か周りが持ち上げてる。

最近作って、「図南」と「屍鬼」でしょ。
「図南」は素直に十二国記してたと思うし、「屍鬼」だって持ち上げてるのは
「悪夢の棲む家」「東京異聞」の頃からの支持者なのでは?
ま、山周賞候補はどうかと思うが。

それとも、「悪霊」シリーズの昔に戻ってくれ、と言いたいのか?
「黒祠の島」がとことん???だったのか?

420 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 15:54
しかし感想少ないな。
実はみんな買ってない?

421 :解体屋:2001/02/12(月) 16:20
>>420
今日、手にとって、また戻してきちゃった。(笑)
わたしも、もうちょっと感想でてから、買うなら買おうかなー、と。

422 :名無しさん@1周年:2001/02/12(月) 16:26
>>421
前のやつは買って後悔したから私も(笑)
実はそーゆう人案外多かったりして。


423 :解体屋:2001/02/12(月) 16:35
>>422
おお、同士よ♪(笑)

424 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 17:38
ぽつぽつ感想出てるね〜おおむね不評のような?
特に女性からはキャラの描き方が薄い!との評が多い。

425 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 20:21
同人板でも「これ書くならさっさと十二国かいてくれ」みたいな感想が…

426 :名無しのオプ:2001/02/12(月) 20:25
んん? 出だしの雰囲気は普通にイイよ?

427 :名無しのオプ:2001/02/13(火) 10:09
金田一島モノへのオマージュなんかね。
そこそこおもしろかったけど、終盤ドタバタと無理やりまとめた感があるなあ。
なんで彼女の顔を焼いたのかイマイチ納得いかんし。
「屍鬼」に比べて登場人物の掘り下げがないんで、もうひとつノれなかったって
のもあるけど。

428 :名無しのオプ:2001/02/14(水) 01:12
そうそうー、厚さが足りん!
もっとページ数書けば、絶対もっといい物に
仕上がったと思うんだけどなあ・・・
どうせ本厚くするなら、中途半端な事は
よせばよかったのにねえ・・・

429 :名無しのオプ:2001/02/14(水) 05:42
>419
わたし、悪霊の頃の小野不由美に戻って欲しいよぅ〜
当人嫌がってるらしいから無理だろうけど‥

せっかくライトノベルで才能があるのになんで他の分野に手をだすんだろう?
はっきり言ってライトノベル以外の小野作品はつまらないです

430 :名無しのオプ:2001/02/14(水) 09:22
守護さん萌え♪

…すみません海にでも飛び込んで逝きます

431 :名無しのオプ:2001/02/14(水) 10:18
覚悟して読んだわりには普通におもしろかったです。
いい暇つぶしになったという感じ。一番いいのは読みやすかった
ことかな〜。罪と罰についての云々はうざかったけど。
舞台設定、トリックなどは平凡だったしうんちくの掘り下げも
浅かった。読み返したりはしないと思うので明日ブックオフに
持っていく。守護さんは私も好き。岡田武士のイラストの女の子を
思い出した。活字倶楽部のイラストは多分この子が一番多いだろな。

432 :メールはネタばれ注意:2001/02/14(水) 10:47
守護さん主人公のシリーズはどうだ!

433 :名無しのオプ:2001/02/14(水) 13:28
ブックオフに売るくらいなら俺に下さい(笑)>>431

434 :名無しのオプ:2001/02/15(木) 15:24
>>432
いいかもしれん。
………………………………逝きます。海へ。


435 :名無しのオプ :2001/02/15(木) 16:37
伊藤君萌え葛木フェチ

436 :名無しのオプ:2001/02/15(木) 20:29
シナリオに重要なマイナーな教養(神道)を主人公が持ってるのがご都合主義っぽい。
主人公があまり苦労せずに続々と情報が集まってるのもどうか。

というか、彼女を探さなくてはならないという希求感をサッパリ感じない。
不自然に事件にのめり込んでいくVIウォショースキーよりも不自然な雰囲気。

437 :名無しのオプ:2001/02/16(金) 01:52
>436
同意。
なんか主人公より脇役の人のほうが考えてる・・・。

たたみかけるような台詞回しが、十二国記なら気にならないんだけど、
コレは鼻についたなあ。

438 :名無しのオプ:2001/02/16(金) 03:15
なんかね、さくさく話し進みすぎ。
初心者には読み易かったし、
思ってたより面白かったけどね。
ただ、もーちょい苦労してしかるべきだと
思うんだけどなあ・・・情報収集。
なんていうのかなあ、あまりにも「計算式」っぽく
見えちゃったんだよね、話の詰め方が。
十二国&屍鬼では感じなかったんだがなあ・・・

439 :名無しのオプ:2001/02/16(金) 15:26
話の構造と枚数が釣り合ってない気分。盛り込み過ぎじゃないのかなぁ?
違うかなあ。なんなんだろうなあ、コレ。うんと濃いアメリカンというか。

440 :名無しのオプ:2001/02/17(土) 11:52
>>439
ページが足らなかったんだろうと私も思った。情景描写にそんな力入れな
くていいから、登場人物の心理描写に力を入れてほしかった。登場人物の
描写がほんとにいまいち。あと最後の犯人が分かる所あっけなさすぎ。そ
れまでの何回もある犯人推測、否定(何回もあってウザイ)を減らしてそっ
ちの方に力を入れるべきだったと思う。
続きで島の崩壊まで読んでみたい。守護さんがもっと見たいです。

441 :名無しのオプ:2001/02/17(土) 21:42
読了しました(合掌)
私としては代替わりになった神領家と守護さんのコメディタッチの続編きぼん(激しく無理!!)

つーかラストシーンでこの作品は私のなかでギャグになってしまいました。。。

442 :名無しのオプ:2001/02/17(土) 21:43
>>432 みたいなのもいいなぁ。。。読みたすぎる。

あと幼女に神性を求めすぎてる気がするんだけど。これが男なら
ロリコン作家と謗られても仕方がないような気が。。。

443 :ぎゃーーーーーー!:2001/02/17(土) 22:15
私の本、P289〜304が落丁ーーーーーーーーー!!!!!
P305〜320が二回入ってるーーーーーーー!!
…推理ものでこれは勘弁してくれよう。明日まで我慢しろというのか。
しかも買ったとこのレシート捨てたし…。
良い悪いと、感想を言う以前の問題だーーーーー!
…すいません、取り乱してます。

444 :名無しのオプ:2001/02/17(土) 23:59
>>443 ご、ご愁傷さまです。。。

445 :名無しのオプ:2001/02/18(日) 00:00
レシート捨てても、古本以外は版元で取り替えてくれるはずなので
本屋さんに聞いて無理そうなら出版社に直接聞くと良いのでは?

446 :443:2001/02/18(日) 00:19
>444さん、>445さん
ありがとうごさいます…。
版元に言えば取り替えてくれるとは思いますが(本に明記してあるし)、
本を読んでいるときのワクワク感というか、楽しみが
中断させられてしまった悲しさ故に上記のような書き込みに
なってしまいました。

で、途中までですが
人物描写が薄い。
「孤島、因習、連続殺人」のはずなのに
おどろおどろしさ、恐さがないのにはちとがっかりかな。
どういう結末を見せてくれるのか、楽しみに(?)明日を待ちます…。

447 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

448 :名無しのオプ:2001/02/19(月) 02:37
>>447 さりげにネタバレありがとう。。。

449 :名無しのオプ:2001/02/19(月) 03:36
>>448さん
アナタのおかげでネタバレを読まずにすみました。
パっと目についてよかった。
ありがとう、そして御愁傷様です・・・

450 :名無しのオプ:2001/02/19(月) 11:01
>>448さん
合掌。涙・・・

451 :名無しのオプ:2001/02/20(火) 00:01
「黒祠の島」、いろいろ意見あるようだけど
じつは質量共にそこそこ悪くはない話だったと思う。
むしろ最大の難点をあえていうなら
出るのに時間がかかり過ぎたことだね。
これが「屍鬼」の後、1年以内の刊行なら
皆おおむねは納得してた気がする。
とりあえず「待たされた時間に見合うもの」が要求されてるのだと。

452 :名無しのオプ:2001/02/20(火) 00:10
でも、そもそも小野不由美でなければまったく評判に
ならない内容なのも確実なわけで。

いや、駄作だとは思わないのだが。

453 :名無しのオプ:2001/02/20(火) 01:12
>451
去年の恩田陸並みの刊行ペースでこれなら納得
するけど、2年かけてこれかぁな気持ちだ。

ミステリ系の有名サイトで玉虫色のほめ方してる所
ほんとにいいと思ってるのか?

454 :名無しのオプ:2001/02/20(火) 14:45
そうだよなあ。私も「オノフユミ」だから買ったけど、
例えば他の新人作家の作なんかだったら
多分ろくに話題にものぼらず消えていっただろうと思われる。(黒祠)

455 :名無しのオプ:2001/02/20(火) 22:07
■ネタバレありまくりです■

私はラストシーン読んだ瞬間、黄色い人の視点で物語を再構成しちゃいました。
こっちのほうが面白くなりそうな気がする。ミステリのフリをしたサバイバル。

456 :名無しのオプ:2001/02/21(水) 21:53
ネタバレしてます。

>>455
最初の方は面白いかもしれないですけど、
後半はどうかなーと言う気も多少。
小屋にたどり着いてからの動きが少なすぎると思う。

457 :名無しのオプ:2001/02/21(水) 22:08
>>456,455
でも、わたし的には読んでみたい!!

458 :名無しのオプ:2001/02/22(木) 00:54
>457
私的には、購入せずに図書館で借りるのをオススメします。
個人的には激つまらなかったというか、事件処理の仕方がメチャメチャ
納得できませんでした・・・


459 :名無しのオプ:2001/02/22(木) 10:20
読了しました。
途中まではけっこう面白くさくさくと読み進めたのですが、
最後の犯人がわかるあたりから一気に脱力。
守護さんがどういう活躍するのかと思ってたらあれかい。
納得いかない終わり方でした。

460 :名無しのオプ:2001/02/27(火) 18:13
金田一のように田舎の因習系を期待していたのですが、
意外とそうでもなくて「現代になるとこんな感じになるのか」
と少し感心。
でも、色々要素を入れたのにそれを
書ききれなかった感じがしました。
守護さんについては特に納得できないことがあったので、
もう少し書き込んで欲しかったな、と。
昔の家で、当時のことを想像するところとかは
どきどきしたのに、本当に最後の方は駆け足詰め込み状態ですね。

人には特にすすめないけど、
読むなら止めないよ、という本です。
気軽に読むなら大丈夫。


461 :名無しのオプ:2001/02/27(火) 23:59
冒頭の老人の島についてのすんばらしい御説明でまず引いてしまい
そのまま最後まで没頭できないままだった。
島の地図とか家系図とかあったらわかりやすいし
いちいち考えながら立ち止まらずにすむのにな。
位置関係とか考えてると思考がストーリーを寸断してる感じで苛々した。
小野不由美はライトノベル時代から好きな作家だったけど
最近のはどうも素直に楽しめない。
ふりがな振らなきゃ読めないような漢字を多用したがるのもうざい。
難しい漢字をたくさん使えば格調高くなるってわけでもないだろうに・・・

探偵役の人物も事件そのものも 話をひっぱる魅力に欠けると思うのですが。
のめりこむきっかけが掴めないまま終わってしまって読者としては不完全燃焼です。
面白かった!とは言えないけどつまらなかったと言い切るのもなあ、、、もにょ。
守護さんに期待してたのに、あれかい。




462 :名無しのオプ:2001/02/28(水) 04:23
『黒祠の島』は、ミステリ小説として云々の前に
中学の道徳で教わるレベルの誤った差別意識を
助長してしまうのではと非常に不愉快でした。
まずいよ。ほんと。
活字を無批判に丸呑みする人たくさん居るんだよ?
あの展開アンドあの解釈じゃ簡単にミスリードされっぞ。
解釈の辺りで最低限の配慮が欲しかったにょ。

463 :名無しのオプ:2001/02/28(水) 15:32
>活字を無批判に丸呑みする人
いや・・・でもこんな人ばっかりに気使って小説書かれてもなァ・・・


464 :名無しのオプ:2001/02/28(水) 17:23
>>462
あー、小説読んで
差別を助長とか言い出す時点でかなりアホンダラだ。
こういう奴が言葉狩りとかはじめたんだろうなあ。
小説はやめて道徳の教科書でも読んでてくださいな。

最近、悪霊シリーズを書店で見ない気がするんだけど
絶版になった?

465 :名無しのオプ:2001/02/28(水) 18:21
町の本屋です。悪霊シリーズはX文庫にしては
シリーズ完結しても売れてる珍しい作品ですが、
「ゴーストハンター」と言うタイトルで漫画化されてるので、
そのせいかもしれません。
でも新刊優先なのがティーンズ文庫だから、うちみたく
売れてない店なら注文出してないでしょう。

「黒祠の島」は土曜ワイド劇場でドラマ化希望。

466 :名無しさん:2001/02/28(水) 21:47
なんかもうヤフオク出てます(笑)

467 :名無しのオプ:2001/02/28(水) 23:47
>「ゴーストハンター」と言うタイトルで漫画化されてるので、
「ゴーストハント」です………………。
つっこみスマソ。

468 :微妙なネタバレ:2001/03/01(木) 11:31
扉に「麻理」って書いてあるシーン読んで、
弟切草思い出したのは私だけ?
ゲーム画面まで思い出しちゃったわ

469 :名無しのオプ:2001/03/01(木) 22:58
>467

465です。うっかりしてました。こっちこそスマソっす。
妖怪ハンターとゴッチャにしていたような。

黒祠はもう忘れて、来月予定のはずの十二国記新作に
期待します。でも本当に出るのでしょか。講談社の営業さんは
屍鬼のあとはこちらに全力を注ぎますと言っておきながら
こんな有り様なので半信半疑。

470 :名無しのオプ:2001/03/02(金) 01:18
というか、十二国に心血注いでいた。祥伝社からの発注があって
断れなくて、十二国の合間にやっつけ仕事でこなした。祥伝社と
してはなんとしても十二国刊行前に出版したかった(飢餓感が煽
られている作家だろうから)

という推理はいかがなものでしょう。

471 :名無しのオプ:2001/03/02(金) 01:31
なんか、もうあんまり、書く気ないらしいよ>十二国記

書く気ない、じゃなくて、書けなくなった、じゃないのか?
とか思うけどさ(藁
あんまりにも時間、経ち過ぎてるし、主上の中で世界観が
消えたんじゃないの?


472 :名無しさん@1周年:2001/03/02(金) 01:54
書くつもりがないなら書かないでいいから
ちゃんと宣言して欲しいよ。<ライトノベル
興味無い「本格ミステリ」まで買うのはやめるから。

ライトノベル待ってるからその延長で買ってるんだよお。

473 :名無しのオプ:2001/03/02(金) 02:22
作者は嫌でも、出版社は必死・・・というパターンなのか。
もしかして。
ゴーストシリーズも、そうだったみたいだし。

無理矢理書かされて内容のレベルが荒れるよりも「未完の大作」
の方がいいと思うなあ。
新刊の面白さレベルが落ちていないことを、祈るわ。

474 :名無しのオプ:2001/03/02(金) 03:41
今読み終えたよ→「酷使の島」

この人の小説読んだの初めてだけど、上のほうでみんなが「枚数が足りない」
「ラストがドタバタしすぎ」みたいな話をしてたけど、
俺は長すぎと思ったよ。途中寝てしまいそうになった。
最終章は、それまでのだらだらから一気に加速したんで、むしろ気持ちよかったな。

あと、感想としては、このスレ読んで納得したんだけど、人物名が
「羽瀬川」とか「式部」とかいちいち萎え。なんだ、「伊東輝」って。
学習机かっつの。
神嶺家の家系について延々と語るくだりや「牛は五行のハカ、ひつじは・・・」
のくだりは完全オナニー状態。

「守護様萌え」には完全同意だ(笑

475 :ななしさん:2001/03/02(金) 05:04
黒詞読み終えた・・・・。

こ、これはとんでもない駄作では?作者が訴えたかった
ことがさっぱりわからん。なんだ、ラストの展開は。

でも守護さんはいいね。いじめられたい・・・。


476 :名無しのオプ:2001/03/02(金) 12:49
現代の設定で、横溝ばりの「孤島もの」をやるのは
もうムリなのかもしれないね。

「一回島を出たらもう入れない」
って、お前が思い込んでるだけだろ、
って思った。
「駄作」とまでは俺は思わないけど、決して
「傑作」でもないことは確かだ。

>>460の、
「人には特にすすめないけど、
読むなら止めないよ、という本です。 」

というのが的を射てるかも。



477 :474:2001/03/02(金) 23:13
>>475
おお、おんなじ時間におんなじ本読んでた人がいたとは。
ちょっとうれしい。
駄作か・・・まあね。


478 :名無しのオプ:2001/03/03(土) 14:44
「黒祠の島」読んだ。
藤木凛の「大年神のさまよう島」(←タイトルうろ覚え)に、すごく似ているような気がするのは俺だけか。
かなりネタかぶってると思うんだが。




479 :名無しのオプ:2001/03/05(月) 02:40
>>478
それ、私も思った。「大年神〜」読んだすぐ後に、「黒祠の島」読んだ
からかなって思ってたけど。

480 :イラストに騙された名無しさん:2001/03/07(水) 23:47
念のため、訊いとくけど
小野不由美って女だよね。
いや、ちょっと心配になって


481 :名無しのオプ:2001/03/08(木) 00:50
>>480 綾辻行人の旦那さんって言うからには男でしょ?

482 :名無しのオプ:2001/03/08(木) 01:07
>>481
ここは笑うところでしょうか。

483 :名無しのオプ:2001/03/09(金) 02:47
>>482 流すところです

484 :名無しのオプ:2001/03/09(金) 13:02
ごめん笑っちゃった

485 :名無しさん:2001/03/09(金) 15:38
「黒祠の島」読み終わった。
中盤にさしかかったところから「やばいなー」と
思っていたけど、これはやばいどころの話じゃない。
駄作でしょー。
話そのものも変だし、キャラがアウト。
とくに主人公の探偵はひどすぎる。

486 :ななし:2001/03/12(月) 13:23
黒祠の島、何軒も書店巡って買ってきた。田舎だから無いのよ。本が。
読み終わって、何か一日損した様な気になった。

…お金、もったいない本買っちゃったな…。
この人下手になったな…。と言うのが感想。
テンポ遅いし、話はツッコミどころ満載で…。
自分の中で一回読んでもう要らない本第1位にランクイン。
こんなひどい本出さないでよー。
ミステリ界の低迷は続いているのだろうか…

487 :名無しのオプ:2001/03/12(月) 14:54
黒祠の島はかなりダメだと思うが
この程度でもう要らない本第1位にランクインとは
まだまだ読書量が足りんな。

俺の中では583位ぐらいだ。
つうかメフィスト賞出る端から読んだりして
耐性つけなさい。

488 :煽りじゃないよ:2001/03/12(月) 16:22
>>486-487
どちらかというと486に同意だ。
これよりダメな作品、582冊も読むなんてうんざり。
ここ数年、これ系のミステリはかなり警戒してから手を出すようにしてる。
これも十分考えて買ったつもりだったが、やっぱりって感じ。
487みたいに片っ端から手をつける人が多いから、
書き手の方でも「こんなんでいいんだろ?」ってなめてかかってるのかも
とか思ったり。
ちなみに487の1位を聞いてみたい。逆に読みたいよ。

489 :密室博士:2001/03/12(月) 17:54
我孫子武丸がWeb日記で黒祠の島を無理やり誉めてるのが哀しくてたまらん。
鬱だ…。

490 :しきぶ:2001/03/12(月) 18:57
大森望が週間現代で書いた、黒祠の島の書評ってどんなの?

491 :名無しのオプ:2001/03/12(月) 21:37
悪霊シリーズの悪霊の棲む家?だったかな。
あれが一番面白かった。

続きはでますか?

492 :名無しのオプ:2001/03/12(月) 22:14
出ないでしょうねー。<悪霊シリーズ

493 :486:2001/03/12(月) 22:22
>>487
自分メフィスト賞他ミステリ関係は一通り全部読んでるんですが…。足らない?
一位って言っても同率一位で他にいっぱいありますよ。
スクリーミングブルーとかも…

この人はライトノベルで頑張ってればいいのにね。
悪霊シリーズとかおもしろいのにな。
読みやすさでは後期の方がいいけど、面白さでは前期の方が面白かったかな。
屍鬼と十二国、東亰は同人向けかと。
個人的にもうこの人のミステリは期待できない。
初期京極並みに書いてくれれば別だけど。

494 :名無しさん:2001/03/12(月) 22:49
大森望がクソだから、書評もクソである

495 :名無しのオブ:2001/03/12(月) 23:31
大森は、屍鬼が新潮社に持ち込まれた時、「10年に一度の
傑作、社内騒然」と日記に書いていた。
彼は、小野不由美の宣伝担当者なんだと思った。
断じて、評論家じゃあない。
我孫子も、綾辻の奥さんだから、褒めているんじゃないの。
嫌だよね、こういうの。


496 :名無しのオプ:2001/03/12(月) 23:51
あのへん仲良し倶楽部って感じだからなあ。
書評なんかは部外者にやらせるべき。

497 :名無しのオブ:2001/03/13(火) 18:15
age


498 :名無しのオプ:2001/03/15(木) 00:37
すごくすごくつまらないって訳じゃないんだけど…。
ミステリをあまり読まない、友人の小野ファンが読んで、
「私に犯人とトリックが分かるというのは問題だ…」と。
なんかな〜。

499 :名無しさん@ご利用は計画的に:2001/03/15(木) 01:00
気の強い、頭の回転のいい女の子ってのが作者は好きなんだろうか。
読んでる間中、守護さん=「図南」の女王の子(名前忘れた)のイメージだった。
「図南」の彼女はあんなことしないだろうけど。
途中までは面白かったけど、ラストで萎え。
あと主人公が危険を冒してまで行方不明の友人を助けに行く動機が薄いような気がした。

500 :名無しのオプ:2001/03/15(木) 02:50
というか最近の話はかぶりまくってる。
恭王→沙子(屍鬼の)→守護さんって。
作者が男なら絶対ロリコンを疑ってるヨ。

501 :名無しのオプ:2001/03/15(木) 02:50
話じゃないね。キャラだね。アハハ。

502 :ポア口:2001/03/17(土) 01:51
やっと「黒祠の島」読み終わりました・・・。
なんか人間関係とか地理とかを整理しながら読んでるとめんどくさくなって他の本に
手をつけてはまた戻って読み返して・・・ってやってたら異常に時間がかかりました。
投げつけるほどじゃないけどおもしろくもなかったなあ。
ただ今貧乏なのに買ってしまったんでかなり後悔してる。他の本買えばよかった。

503 :名無しさん@1周年:2001/03/17(土) 18:03
「黒祠の島」って、「屍鬼」に比べて住民間の横の繋がりが弱い。
島民同士で喋るシーンが殆ど無いし、かといって「火車」の様にエピソードで
キャラを浮き彫りにしている訳でもないし、式部との会話は妙にゲーム臭い。
それが一番気になった。

504 :名無しのオプ:2001/03/18(日) 22:31
某書店のポップ(黒祠の島)
”21世紀最初で最後の傑作!(21世紀まだはじまったばかりだけど)”
・・・21世紀のミステリお先まっくらだな・・・

505 :名無しのオプ:2001/03/18(日) 23:11
そのPOP書いた店員さん、小野ファンだったんだね…

506 :名無しさん@1周年:2001/03/18(日) 23:25
>>504
lastとlatestとの訳語の違いがわからない英米人だったんじゃないの?

507 :名無しのオプ:2001/03/19(月) 03:26
死体描写がイヤーンだった。

508 :名無しのオプ:2001/03/19(月) 03:39
>>504 ()も込みのPOPならイカす店員さんだと思った。

509 :名無しのオプ:2001/03/19(月) 11:24
()も込みでした

510 :名無しのオプ:2001/03/20(火) 00:02
しかも読んだ上でそのポップならアンチ本格の人かもね

511 :名無しのオプ:2001/03/20(火) 04:53
十二国・悪霊は面白い。素直に。
それ以外は「?」

512 :名無しのオプ:2001/03/20(火) 11:58
同感。
無意味にごてごて文章を飾り立てる悪い癖がついたね。
その分のエネルギーはストーリーに使ってくれい。

知ってることや思ってることを
全部詰め込んで書こうとするのはカッコ悪い。


513 :名無しのオプ:2001/03/20(火) 17:10
綾辻って、デブブスが好きなんだね。
マニアなんだね・・。

514 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/20(火) 18:03
http://www2s.biglobe.ne.jp/~W-NILE/J/menu/

515 :名無しのオプ:2001/03/20(火) 20:14
少なくともデブじゃないと思うが……


516 :名無しのオプ:2001/03/20(火) 22:53
というか12国も・・・ダメなのもある・・・

517 :名無しのオプ:2001/03/20(火) 23:41
小野さんはデブブスというよりは
チビの深海魚でしょう?


518 :名無しのオブ:2001/03/21(水) 00:22
画像きぼーん

519 :名無しのオプ:2001/03/21(水) 00:31
>>512
同意。
昔はインタビューで
「10のうち全てを書くのはみっともないから、確実な1をかく」
というような答えをしているのをみて、
かっこいい!見習おう!と思った厨房の頃・・・。

520 :名無しのオプ:2001/03/22(木) 09:31
◆黒祠ネタバレ◆
遅まきながら『黒祠の島』読了
このスレ読んでたから覚悟はしてたけどやっぱりもにょ。
京極堂じゃあるまいし、陰陽五行説の知識がそらでスラスラ出てくる
主人公なんて都合よすぎ。

守護さんの扱いは沙子を思い出していやーな感じ。
二人の外見が、デブスやニキビ面のごつい少年だったら
式部は体はってでもアレを止めたような気がするし
『屍鬼』の坊主は「彼女を守って生きていくんだー」とか
ならなかっただろうと思うと、欝…
所詮は外見のくせに罰がどうとかとってつけたような説教たれるから
萎え萎え〜。

体にある特徴を持つ者は「鬼」だってのもなぁ滅茶苦茶差別的じゃん
そうかそういう血筋なんだって納得する式部も式部。
普通は、体に特徴があるというだけで監禁され、
偏った知識や意識を植え付けられたために
嗜虐嗜好を持つようになったんじゃないかとまず疑うんじゃないの?

全体的にツッコミどころ満載で読むの疲れたよ。
十二国記もこんな感じなんだったらいやだな。

521 :名無しのオプ:2001/03/23(金) 04:48
酷使はいくらなんでも庇いきれないツマラナさ
でも売れてるみたいだな
書店によってはコミックス売り場に置かれてるのを見ると(藁
やはり12国信者の皆さんが大きな購買層なのかね
それだけライノベ読者にお世話になってんのにライノベ馬鹿にしてる
作者ってのはやはりイタすぎるよなぁ・・・(ワララ
信者の皆さんも小野を甘やかしすぎなんでわ、いくらなんでも

522 :名無しのオプ:2001/03/23(金) 05:12
>>513>>517>>518
俺が見た小野さんは出目金魚に似ていました・・・(汗)
おとなしそうにしてるんだけどなにやらやけに目が怖い印象。うまく言えんのだが。
金勘定してる目なのかもしらん(笑)あの目のコワさは・・・
と、このスレ読んでると思えてきたり(笑)

綾辻氏のファンなので同情sage・・・(笑)

523 :名無しのオプ:2001/03/23(金) 12:22
綾辻氏と小野先生ちょうどいいんじゃない?

524 :名無しのオプ:2001/03/23(金) 21:07
>>523
ルックス的にはそうかもしれないが、作家としては
まだ綾辻のほうが「スジ」は通ってると思われ。

わたしゃ別にファンではないのでどーでもいいのだが。

525 :名無しのオプ:2001/03/23(金) 23:40
ラ板、同人板じゃ、コクシはボロカスだが十二国記は熱愛してる人が多そうだもんな・・・

小野の脱ライトノベル志向が読者を掴んでる雰囲気も否定できなくもないなり。

526 :名無しのオプ:2001/03/24(土) 01:05
ミステリ板で尤もコクシはボロカスだと思うが。
つかミステリ読者的には、あの出来(内容)で、あれだけ平積み売りされてる
のを見ると、なんだかなー・・・という気にはなってしまうし。

527 :名無しのオプ:2001/03/24(土) 01:10
>>526
ラ板、同人板「でも」と言い換えマス。気持ちはわからんでもないけど
以前からのファンにはこんなに不評ですが、一般的な読者はどうなんだ
ろ。

528 :名無しのオプ:2001/03/24(土) 03:05
コクシを今ごろ読みました。
借り物だったのでかなり一気に読んじゃったんで、見落としなのかも
しれませんが、「体にある特徴を持つ」のある特徴って、説明ありまし
たっけ?。友人(借りた本をまわし読み)と思い出そうとしても出てきません。
メール欄で教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします!。


529 :503:2001/03/24(土) 04:27
直接の描写は無い筈だけど、「馬頭さん」の頭部だと思っていた。

530 :名無しのオプ:2001/03/25(日) 00:38
小野不由美がブスでも所謂ライノベ女流でもなんでもいいけど
とにかく「黒祠の島」はつまらなかったよ、俺には。
頼むからもうミステリには手を出さんでほしい。無駄な出費は沢山だよ・・・。

531 :名無しのオプ:2001/03/25(日) 12:06
「黒祠の島」やっと読みました。
なかなか面白かったんだけど、ここでは予想通りボロカスのようで。

無数の風車と風鈴が寂しげな音を奏でる離れ小島、ってだけで、ぞくぞくするオレは
所詮ハンパな、ホラー・ファンタジー(&ミステリ)読みなのかねえ。
まあ、ミステリとしては水準作ではあっても、傑作ではないだろうけど、
最後現世のみでオチがつくのか、彼岸が顔を覗かせるのか、そっちにどきどき
しながら読んでたオレとしては、守護さんの正体は意表をつかれたなあ。

532 :名無しのオプ:2001/03/25(日) 12:29
>>520 ◆黒祠ネタバレ◆へのレス
>京極堂じゃあるまいし、陰陽五行説の知識がそらでスラスラ出てくる
>主人公なんて都合よすぎ。

彼がそういうことに詳しいということを知ってたから、彼女は自分を探して
と依頼したのでは?

>二人の外見が、デブスやニキビ面のごつい少年だったら
>式部は体はってでもアレを止めたような気がするし

二人とも美少女というのは、どちらかというと読者の勝手な妄想なのでは。
(そう読めるように書いてるだろうけどさ)
それに彼女がどんな野郎だろうと、アレは止められなかったと思うけど。

>偏った知識や意識を植え付けられたために

本文読む限りでは、彼女が、それまでの人々と大きく異なる扱いを受けてた
とは思えなかったが?

533 :名無しのオプ:2001/03/25(日) 14:08
ネタばれはメール欄だけにしてくれ。こわくてこのスレ読めない。

534 :名無しのオプ:2001/03/25(日) 15:35
>>533 全著作を読んでからこのスレを読めば解決する

>>532
依頼・・・してないじゃん・・・

535 :名無しのオプ:2001/03/25(日) 17:16
それとも全著作もう読まないと決めるかね

536 :悪乃符弓:2001/03/25(日) 19:46
『告死』読了。言われているほど酷くもなかった。ただ「本格」でなかったのは確かだな。元々小野にそれを期待するのも間違いだし、本人もはやく気づいて欲しいよ。むしろ「守護」のことをメインに書き込む方がよかったのでは。

537 :名無しのオプ:2001/03/25(日) 21:50
とりあえず、彼女の本は十二国記以外は買わないことにしたよ。
十二国記は個性も強いし、前にも言われていたけどこの作家しか書けない独特の味がある。
国士は正直言って買ったことを後悔した。
図書館で借りるぶんにはそれなりよかったかもしれんが。

538 :名無しのオプ:2001/03/26(月) 00:08
>>532
>本文読む限りでは、彼女が、それまでの人々と大きく異なる扱いを受けてた
>とは思えなかったが?

520さんじゃないですが。
小さな頃から学校にも行かず、家から出ることもなく、親子としてではなく
お客さん扱いされるのは大きく異なってません?

539 :名無しのオプ:2001/03/26(月) 00:59
>>532は、代々の守護について述べたのではないか。

540 :名無しのオプ:2001/03/26(月) 01:25
538です。
ああ、なるほど。読み間違いしてました。
539さんありがとう。変に絡んだようになってすいみせん、532さん。

541 :名無しのオプ:2001/03/26(月) 01:32
「すいません」だった・・・
逝ってきます。

542 :520:2001/03/26(月) 08:53
>>532
>彼がそういうことに詳しいということを知ってたから、彼女は自分を探して
>と依頼したのでは?

いや、そうなんだろうけど、何の前フリもなく唐突に知識を語りだしたから。
例えば「若い頃から興味があって(または仕事柄?)色々調べて回ったりしたんですよ」
みたいな台詞があれば不自然じゃないことなのに。
小野氏の中で設定はあったのかもしれないけど読んでて納得できなかったので。

>二人とも美少女というのは、どちらかというと読者の勝手な妄想なのでは。

うう、確かに妄想で勝手に美少女にしたかも。これは読んでる私の方に問題ありですな、スマソ。

>本文読む限りでは、彼女が、それまでの人々と大きく異なる扱いを受けてた
>とは思えなかったが?

扱いそのものは異なてなくても、教えられる内容が問題なのでは?
「『特徴』を持つ者は『鬼』で血や悲鳴を好む、だから隠す」として
「あなたは『鬼』じゃないけれど、いつか『鬼』が生まれる時の為に
 こうやってカモフラージュしているのですよ」と言われて(または裏を知らされず)育つのと、
「あなたは『鬼』です」と聞かされて外の世界を一切知らされずに育つのは全然違うと思うのだが。
彼女が「本物」でもかまわないんだけど、作中でツッコミが欲しかったというか
式部がちっとも疑問に思ってないみたいなのが気になったので。
って重箱のスミをつついてるだけみたいだな、自分……欝だ。。。逝ってきます。。。



543 :名無しのオプ:2001/03/26(月) 20:16
●●●黒祠ネタバレ●●●

式部のヘタレっぷりに心底あきれた。
未成年者がまさに犯罪に手を染めつつある場面に遭遇したとき、
毅然とした態度で身を挺してでも制止してやるのが大人の役目だろ?

そのうえ、長期の拘禁により正常な倫理感や社会性を獲得できなかった
この未成年は、心神喪失といっていいほどの興奮状態にあるというのに、

「目の前にいる少女の姿をした人物が、間違いなく異常者であり
文字通りの化物であることをようやく理解していた。(本文P.320より)」

なんて、納得してる場合じゃねえだろ? ゴルァ!!!

式部よ、アレが馬頭か否かは、事件の本質にも解決にも無関係だ!
大人なら、荒唐無稽な解釈をこね回す前に、現実的な対処をしろ!
虐待を見つけたら児相、殺人は警察に連絡入れるのが大人の対処だ!

あんたの態度じゃ「人殺しの子供は人殺し、鎖に繋いで隔離しろ」って
結論しか導きだせないけど、そんなの荒唐無稽な上、穴だらけじゃねえか。

致命傷を与えるのを制止できなかったことを、少女に詫びろ!
悪かったのは生育環境で、血なんて関係ないって、少女に謝れ!

544 :>542:2001/03/27(火) 00:31
志保に頼まれて調べたことがあるから詳しいというモノローグが
どこかにあったよ。
ただ、調べたことがあるくらいであそこまで詳しいと気持ち悪い
とは思った。昔から関心があった、という設定ならよかったけど
逆にリアリストみたいな書き方だったからな。

>>543
ちょっと落ち着け(藁
だが、気持ちはよくわかった。賛同。


545 :名無しのオプ:2001/03/27(火) 02:26
うー、でも、そういう文系探偵だったから、逆に島の人の態度に
無頓着だったのかなあって今思った。
それなら少しリアリティあるかもしれないな(く、くるし・・・

546 :名無しのオプ:2001/03/27(火) 10:16
*黒祠ネタバレ*

引きこもってる人間は、変な妄想に取り付かれてて
たまに外に出て非常に凶悪な犯行に及ぶ危険がある。

引きこもり経験のある人間は、いくら普通に見えても
非常に凶悪な犯行に及ぶ危険性が充分に考えられる。

こんな電波受信して逆上したひといる? (w

547 :名無しのオプ:2001/03/27(火) 22:00
いま受信した(w

548 :名無しのオプ:2001/03/30(金) 00:33
12国記の題名わかったんでage

549 :名無しのオプ:2001/04/01(日) 15:21
新刊のポップがわかったんでage。
著しくネタバレだと思うんでラ板の小野スレで確認願う。正直、こういうポップ
ありかと思ったよ。絶対買っちゃうけどな。講談社文庫版のほうを。

550 :名無しのオプ:2001/04/07(土) 23:34
ネタバレします。◎王が氏んだんだってね・・・まじ?

551 :550:2001/04/07(土) 23:35
ああっ!!
>>550やりなおし。ネタバレします




















泰王が氏んだんだってね・・・

552 :550:2001/04/07(土) 23:36
俺が氏にます・・・

553 :おい(泣):2001/04/08(日) 00:01
>>550
それ本当だったらお前ブチ殺す。
12国記の新作5年まったんだ

554 :550:2001/04/08(日) 00:13
>>553
大丈夫。本編読む前に・・・新刊の帯でわかることだからさ・・・

555 :550:2001/04/08(日) 00:13
というかまわそう

556 :550:2001/04/08(日) 00:14
まわす

557 :550:2001/04/08(日) 00:14
多重書き込みになった。心ある人はまわしてくれ。

558 :550:2001/04/08(日) 00:15
おれもいいかげんな情報だから

559 :550:2001/04/08(日) 00:15
読んだ人は

560 :550:2001/04/08(日) 00:15
忘れて

561 :550:2001/04/08(日) 00:15
くれ

562 :550:2001/04/08(日) 00:16
このスレッドにはネタバレがあります。レスを全部読まないでください。

563 :名無しさん@1周年:2001/04/08(日) 01:14
何事かと思ったら(笑)
ライトノベル板でとっくに話題がでてたよ。
書店の新刊用のPOPに書いてあったんだってさ。

564 :名無しの貧乏人:2001/04/08(日) 18:51
そうそう。そんなに気にせんでもええよ>550
一応さげて回しとく。

565 :名無しのオプ:2001/04/09(月) 00:57
板違いだろ?ヲタ話しならラ板へ逝け。

566 :名無しのオプ:2001/04/11(水) 09:54
まだトウケイ異聞、十二国記、魔性の子しか読んでいないけど
上記の本には選ばれた人間と選ばれなかった人間という
2種類の人間しか出てこないように感じた。
作者も、作中人物も義務って言葉の意味がわからなそう。
消防・厨房の自慰行為の手助けにはなるだろうとは思うけど
それ以上のものではないと思ったよ。
とか偉そうに書いてるけど結局の所オレモナーって感じ。
私が小野不由美嫌いなのは同類嫌悪っぽいな。

友人が貸してくれるから全部読むつもりだけど
本を重ねるごとに次の本が読みたくなくなってゆく…。

567 :名無しのオプ:2001/04/14(土) 00:11
読了しました(合掌) 黒祠では違和感ありありだった文章がもうまったく
気にならない、というか十二国のせいで本来の文章を見失ってるものと思わ
れ・・・

非常に面白く読めました。

568 :名無しのオプ:2001/04/16(月) 02:53
待ってた人も多そうだから一応あげときます。
12国記新刊、講談社文庫で出てますよ。

正直あんまし面白くなかった。善人しか出てこないからかな。
『魔性の子』と本編をつなげるために無理してエピソードを詰め込んでる気がして。
大長編シリーズの一冊としてならもしかしたらアリかもしれないけど、
こんなものを読みたくて、今まで恥ずかしい思いして「ほわいとはーと」を
買ってた訳じゃないんだけどなー。
とはいえ、夢中で読んじゃいましたけど。

569 :名無しのオプ:2001/04/16(月) 02:58
新刊読んだけど、550のようなことは無かったよ、今のところ。
インポケットとメフィストの短編は読んでないから実際のとこは
解らんけど。

570 :553:2001/04/16(月) 03:12
12国記新刊読破age
>>550
楽しみにしすぎて気が立ってたんだ
きつく言い過ぎたよゴメンナ。

571 :名無しのオプ:2001/04/16(月) 20:51
ちょっと前から教条的な科白が目立つようになってきていた。
どうにも最近、科白一発で片ついちゃう話が多くないか?
科白だけで片付けられちゃうと、ちょっと違うんじゃないのって気がする。
神ならぬ人=王の身で言わせてるだけに。

とはいっても面白いんだけどね。設定的な面白さや人物の面白味があるから。
だけど最近、キャラクタが類型化してる気もする。女王とか麟とか特に。

572 :568:2001/04/17(火) 04:56
>>571
そうですね。
初期は、ああいう状況下で生きるために努力する人々の話として楽しめたものが、
ストーリー自体が、そういう状況に対する疑問に言及し出したところが
気になってるのかもしれません。
そこに触れるんだったら、キッチリと決着つけて欲しいけど、
でも、そんな凄い落ちは用意してなさそうだな、って思って、
だったら、設定自体は不可侵なモノとして楽しませてくれよ、と思ったり。
ターニングポイントかもしれません。

573 :名無しのオプ:2001/04/17(火) 17:48
つーかここでどうして十二国記の話を(謎
まあスレタイトルは「小野不由美さんの小説について」に
なってるけど、ミステリでもホラーでもないじゃーん?

574 :名無しのオプ:2001/04/17(火) 18:58
十二国記シリーズそのものが壮大なミステリーなんすよ(藁

575 :名無しのオプ:2001/04/17(火) 21:41
うむうむ、やっぱり気になる点がありますか、新作は。
私の読みもあながち間違いではなかったかな。
今後の十二国記はがらっと以前と変わりそうな予感大。
ブランクの空いた小説の宿命なのか…。有栖川にしても。

576 :571:2001/04/17(火) 23:00
>>572
悪霊シリーズが短編としてのオチも良ければシリーズ全体としてのオチも良し
でなかなか楽しめたんで、あれだけ大風呂敷を広げた十二国できっちりオチな
い筈がないとは思うのだが・・・気になるのは魔性の仔という作品の存在。
ここに回帰するというだけのオチなら、ちょっとなあ・・・

>>575 教条小説なのは最初からだけど、鼻につきだしたのは最初の雁国の話
から、ご心配なく。最初から「こう」だったと自分は思ってるのだが。

577 :名無しのオプ:2001/04/20(金) 00:45
黒祠の話だけど(※ネタバレ有り)
守護さんが特別扱いを受けるようになった理由ですが、生まれつきの
特徴のほかに…
・守護さんが7歳くらいの時にお姉さんが風邪(?)で死んだ。
・守護さんが7歳くらいまでは割と普通扱いで、表にも出していたようだが、
 ある頃から決して外に出さないようになった。
・古くからのしきたりにきちんと従わなかったせいで悪いことが起きた。
↑みたいな描写があったんで、姉を殺したからなのでは?と思ったんだけど
違うかな?
ただ、あんなことまでして隠すよりは、普通なら異常な子が生まれたときに
その子外に捨てるかいっそ殺すかすると思うんだけど…

578 :名無しのオプ:2001/04/20(金) 07:43
>>577 黒祠(※ネタバレ有り)
「守護は数えの七つでお役につく」「守護は満の五歳で継ぐ」という
しきたりに従っただけでしょ?(数えの七つ=五・六歳、満五歳=五歳)
どちらにせよ、快楽殺人気質が身体的特徴と共に遺伝するという
悪意に満ちた設定は、安易、杜撰、無責任、無神経でいただけない。

579 :576:2001/04/20(金) 22:45
メフィストを読んだ。一応、推理小説ってことでいいのかな、これは。

教条小説っぽくはあったけど、これはある意味面白かった。このラインで次作
を読んでみたいものだ。悪人を切り捨てる表現がなかったのが悪くなかった。

580 :名無しのオプ:2001/04/22(日) 03:47
十二国記を読んだことのないメヒスト読者さんは
華胥をどう思ったのか聞いてみたいものだ

581 :>580:2001/04/22(日) 15:52
どうせならageれ。全部読んでる読者は少ないと思うがな。

582 :名無しのオプ:2001/04/23(月) 13:38
12国記読んだことがなきゃオチの意味がわかんないはず<めひすと

583 :くんつ:2001/04/24(火) 23:03
私はこれから小野不由美に手をだそうと思うのだが
結局、選ぶなら「屍鬼」「悪夢の棲む家」「東京異聞」の
3冊くらいでよろしいか?

584 :名無しのオプ:2001/04/25(水) 01:09
>>583
ファンタジー好きでないなら、それで宜しいかと。
ファンタジー好きなら、十二国記も読むといいかも。

ちなみに私は前者なので、小野作品好きの中では珍しく(?)
十二国記は嫌いで、悪霊シリーズや東亰異聞がお気に入りの読者です。

585 :くんつ:2001/04/25(水) 20:11
もちろん私もホラーファンです。にこっ。



586 :名無しのオプ:2001/05/05(土) 18:26
月も火星もはるかに越えた。

587 :名無しのオプ:2001/05/06(日) 12:16
ファンタジー嫌いでも十二国は読めると北上次郎も書いてるよ。
わしも天使とか魔法とか出てくるともう読めん。

まあ中華嫌いにはおすすめしないが・

588 :おぶ:2001/05/07(月) 23:33
私もホラーファンですが、なんか表紙と挿入カットの絵柄で
引いてしまいます・・・。
読んではないけど硬派なホラーだったら、読み逃すの
もったいないし・・・。
やっぱ少女小説ですか?

589 :名無しのオブ:2001/05/08(火) 01:19
>>588
少女小説です!

590 :名無しのオプ:2001/05/09(水) 01:23
十二国記を読んだときには情報量が多くて
少女小説ばなれしたレベルの小説だなと
思いました。
で、屍鬼を読んで
少女小説だーと思いました。
基本的な世界観が
あくまでも少女小説な人ですね。

591 :男子:2001/05/09(水) 02:22
それって、主人公がナイーブな美少年だったり、
内気で勝ち気?な女子高生だったりすんの?
あと、ライバルとか、不良っぽいけど実はいい人だった
同級生とか?・・・。

中年の作家か、生活に不安な主婦が主人公の小説なら読むけど。

592 :名無しのオプ:2001/05/09(水) 02:53
抽象的ないいかたになるけど
世界観が儚いんですよね。
地に足がついていないというか、厭世的というか
どの小説読んでも、現実の世界(世間?)や人間に対して
否定的で、そのぶん夢見がちな感じ。
そのへんが少女小説。
好きな人はそういうところも好きなのでしょうか。

593 :名無しのオプ:2001/05/09(水) 06:09
少女もしくは読み手である少女の共感の範囲内に近い設定の人間が主人公で
毎回その主人公の成長物語である所が少女小説かなーと。

ちなみにあの世界観は他と比べてそんなに夢見がちでもないと思うよ。あくまで手段だし。
他って言ってもファンタジーってゲド戦記とかナルニアとかしか読んでないけど

594 :名無しのオプ:2001/05/09(水) 06:22
高校生ぐらいまでは結構はまったけど大学生になったら
なんだか現実との差を微妙に感じて読みにくい、と言うか
鼻についてちょっとはまれなくなった。

595 :名無しのオプ:2001/05/09(水) 11:32
>>593
手段としてやっているなら古い。



596 :名無しのオプ :2001/05/15(火) 23:17
黒祠の島を図書館で借りた。
途中伏線にボーダーライン引いてあるは、
挙句犯人は○○だと途中の余白に落書きしてあった。

こういうことする奴逝ってよし!というよりむしろ死ね!!!!!!!!

ミナノシュウニハカンケイナイノニアタッテゴメソヨ



597 :名無しのオプ:2001/05/18(金) 06:28
重複が立ったage

598 :名無しのオプ:2001/05/18(金) 06:34
ネタバレしたヤツを法的に訴えることって可能だろうか?

599 :名無しのオプ:2001/05/18(金) 13:40
削除依頼出しなよ

600 :ラ板のヲタですが:2001/05/18(金) 22:16
今更ながら、黒祠を読了した。

うーん,なんと申しますかミステリって、結局のところ<殺人事件発生→謎解き>ってもんだと思ってたけど
この本ってそれだけではないですな。面白かったです。

601 :名無しのオプ:2001/05/24(木) 23:29
「黒祠の島」は麻耶雄嵩の「鴉」のパクリだと
謗られないのだろうかと心配になる私(W


602 :名無しのオプ:2001/05/25(金) 23:15
>>601
全然違うと思うけど…どっちに対しても失礼な話だと思われ

603 :名無しのオプ:2001/06/08(金) 20:18
ネタバレするようなネタってあったっけ?
いや、けなしてるんじゃないよ、好きだもん。

604 :名無しのオプ:2001/06/08(金) 22:00
こくしに関してはねたばれされてもあんまり気にならないな。

605 :名無しのオプ:2001/06/08(金) 23:50
12濃くは気になる?>604

606 :名無しのオプ:2001/06/21(木) 13:41
あげぇ

607 :名無しのオプ:2001/06/21(木) 21:10
既出かもしれんが、黒詞は、犯人わかるでしょ?
顔なし殺人の古典的なトリックだし。
ま、これは犯人当ての作品じゃないけどね。

608 :ミステリ好き:2001/06/23(土) 22:16
小野不由美のだと「屍鬼」が一番好き。というか圧倒的な筆力で止まらなかった。
この人雰囲気作りとか心理描写、天才的だよね。
痛い所的確についてくる。凄いとしか言えない。

609 :名無しのオプ:2001/06/24(日) 14:04
悪霊シリーズが一番だったかもしれない。
なんて言うと厨くさいけど(藁
リア小〜リア中にかけてリアルタイムで読んだ身としてはね。
最後の謎解き(?)とか、すごいどきどきした。
あとは12国記の首相まで。

610 :uuu:2001/06/28(木) 00:56
小野の夫ってあやつじって本当かよ!?
情報もとむ!

611 :まげ:2001/06/28(木) 01:11
>>601
えっ……どこらへんがそうなの?
両方読んだんだけど、わからん。反論とかじゃないよ。

>>609
悪霊シリーズは好きやった♪
シリーズ終わった後で、ホワイトハートから出た「悪霊の棲む家」も
好きだったけど、もう続編は望めないのかなぁ……

綾辻氏がダンナっていうのは、そうだと思うよ。
どこで知ったのか覚えてないくらい前からそうだと思っていた。
証拠・論拠はすぐにあげられないのでごめん。

612 :名無しのオプ:2001/06/28(木) 09:30
12国はめっさ好きなのだが、ホワイトハートから出すのはやめてほしい。
住んでるとこが田舎だったから、周囲の視線がめっちゃイタカッタ。

613 :まげ:2001/06/28(木) 10:42
でもWHからじゃないと山田氏のイラストつかない……。
周囲の視線を気にしていると、
いい大人になってから悪霊シリーズ一気買いはできない(笑)

614 :名無しのオプ:2001/06/29(金) 00:21
小野不由美歴は長くないけど
「十二国記」シリーズにはまったくちです。

615 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 03:55
>>610
確かに夫は、綾辻行人氏ですね。
『ホラーを書く!』(ビレッジセンター出版局) にかいてあります。

616 :名無しのオプ:2001/07/02(月) 07:37
京大ミステリ研仲間です。でも小野さんは京大ではアリマセン。
京都では有名な話しかと思ってた。某大学では講演会もなさってました。
って覆面作家かよ!

617 :名無しのオプ:2001/07/28(土) 23:52
新刊あげ(ちと遅いが)
皆、読んだ?

618 ::2001/08/03(金) 12:24
ねずみさん最高。

619 :名無しのオプ:2001/08/06(月) 00:43
何でミステリ板で小野の話するんだよ。コバルト板に帰ってくれ。
おまけにそういうヤツに限って上げるし。
12酷着の話なんて、ミステリじゃないだろーが。

620 :ななしさん:2001/08/20(月) 03:39
>>572さん、

http://salami.2ch.net/test/read.cgi?bbs=magazin&key=990526745&ls=100

ここの921から激ネタバレしてます。
作者が昔、インタビューに答えて、十二国のラストを語っていたものです。
最後の落ちも決まっているようですね。

157 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1-10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000 ef="../test/read.cgi?bbs=base&key=998502913&st=488&to=488&nofirst=true" target="_blank">>>488 >>492 get="_blank">>>7871b
<★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)