5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

皇国史観で東日本人を侮辱するな(日本史板4.1)

1 :アズマ維新の会:2001/02/25(日) 18:50
 天皇中心史観の皇国史観は、薩長土肥の明治政府による悪質なプロパガンダですが、
その本質は、「西日本=善玉、東日本=悪玉」という構図です。
 それは、日本史が朝廷を中心とした近畿とそれに反抗して来た関東との対立抗争の
歴史だったからです。

 皇国史観で忠臣あるいはよく言われる人物で西日本と関係が深い人物には、
中臣鎌足、和気清麻呂、坂上田村麻呂、日野資朝・俊朝、名和長年、楠木正成・正行、
豊臣秀吉、大石内蔵助、吉田松蔭、桂小五郎、高杉晋作、坂本竜馬、大久保利通など
がいます。
 それに対して、皇国史観で逆賊あるいは良く言われない人物で東日本と関係が深い
人物には、平将門、源頼朝、北条政子、北条義時、北条高時、足利尊氏、徳川家康、
柳沢吉保、近藤勇、土方歳三、松平容保、河井継之助などがいます。

 高慢な西国人(西日本人)がつくった明治政府は、皇国史観によって、我々東国の
先人達を悪人として宣伝し、国民にそう吹き込みました。
 我々東国人(東日本人)も、いつのまにかそれに洗脳され、郷土の偉人達を悪人だと
思い込まされて来ました。
 これは我々東国人(東日本人)を侮辱するものに他なりません。
 これを読んだあなたが東国人(東日本人)であるならば、
 こんなデタラメな歴史観の復活を、絶対に許してはいけません。

 戊辰戦争の頃、清水港に漂着した幕府軍戦死者の遺体収容を官軍が禁じ、
そのまま晒しておくようにと命じたとのこと。

 会津城下じゃ、本当に晒したのですよね。一ヶ月くらいでしたっけ。
 しかし、身内の屍が、犬に食われカラスにつつかれ、朽ち果てていくのを毎日見る
のは、どんな思いでしょう?

 我らアズマにとって、サイゴク人とサイゴク人が明治簒奪によって作った国民国家
日本と日本近代とは、自虐の屈辱的歴史でしかないのです。

日本史板
その1  http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=977923311
その2  http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=979223662
その3  http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=980857292
政治思想板
その1  http://2ch.server.ne.jp/2ch/test/read.cgi?bbs=sisou&key=970010917
その2  http://2ch.server.ne.jp/2ch/test/read.cgi?bbs=sisou&key=974133129
その3  http://2ch.server.ne.jp/2ch/test/read.cgi?bbs=sisou&key=976144211
その4  http://2ch.server.ne.jp/2ch/test/read.cgi?bbs=sisou&key=977842169

2 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 18:53
心機一転して再投稿。
以後こちらに投稿してください。
削除板にも抗議してくださいね!

3 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:00
>2
そうだ。
その意気だぜ。
このスレは、皇国史観を論ずることで近代天皇制の馬鹿さ加減を暴いた最高のスレだ。
今日言われている愛国心やナショナリズムの欺瞞を白日の下に晒してくれた。
何者かが執拗に削除しようとするのは、このスレがあまりにも的を得たことを指摘して
いるからだろう。
だから削除なんてけしからない。
言論弾圧断固反対。

4 :アズマ維新の会:2001/02/25(日) 19:00
削除板の日本史板要望スレッド。
なんで、部分削除なのかわからん。
削除人さんにみなさんも質問してくれ。

http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=972901566

5 :アズマ維新の会:2001/02/25(日) 19:14
他の駄スレが許容されて、当スレの表題や文書が削除される理由がわからん。
削除に根拠があり、削除部分に妥当性があるなら、俺も削除はかまわんが、
このスレが、削除ガイドライン http://www.2ch.net/guide/adv.html#saku_guide
のどの条項に違反して削除対象になったかわからん。

もし、違反して削除なら、そこを明示すべきだろ。
それに、他の駄スレを放置して、これだけみなさんの賛同を得て続いている長寿スレを
削除するのはどう考えてもおかしい。このスレを部分削除するなら、他スレの同様な
書き込みもすべて削除しなければダブルスタンダードだと思うが?

6 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 19:19
このスレはね、人の心を傷つけすぎるの。
何ヶ月にも渡って同国人を執拗に侮辱し続ける書き込みはかなり悪質。

結局このスレは、一部関東地方への、全国の憎悪を掻き立てただけだった。
本当に、一部関東人の見識を疑う。

7 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:21
削 除 ガ イ ド ラ イ ン 削 除 す る 人 の 心 得に

5.削除人は恣意的な削除をしてはいけません。
削除ガイドラインを熟読し、ルールに則った公平な削除作業をしましょう。
「好き・嫌い」「ウザイ」「不愉快」などといった主観を元に行動してはいけません。
例え板住人の総意であろうと左右されず、嗜好や価値観も捨ててください。

とある。俺は今回の部分削除は、上記に違反した無効な削除だと思うが。
まあ、削除するのは削除人の権限だから、無権限な我らは批判するしかできないが、
少なくとも、削除するなら削除理由を明示して、書き込み者の弁明を聞いてから
削除すべきだと思うが。うるさい削除要求者の命令だけを聞いて、書き込み者の
意見も聞かずに問答無用で削除するのは公平ではないと思うが?
まあ削除人の誤解もあるだろうから、これからは我らもクレマーの反論に対して、
削除板をこまめに覗いて、反論を出して削除人の誤解を解いていくようにしよう。

ということで削除板のアドレスは、http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=972901566

8 :>6:2001/02/25(日) 19:22
それで?削除ガイドレインのどこに違反するんだ?

9 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:24
アズマ氏以外の、ほとんどの住人が「不要」とおもってるから。
これは「多数決原理」による「民主的」結論でしょ。
「言論の自由」という最も重要な価値といえど、他の諸々の価値と
衝突することが皆無とはいえない。そういう場合、判断基準となるのは
「常識」だからねえ。なんでおれがこんな「厨房」な意見を開陳せにゃ
ならんのかなあ。


10 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:25
削除ガイドラインというものがあり、こちらもそれに抵触しないように考えて、
スレたてとるんだから、削除ガイドラインのどこに違反するかわからん削除は、
書き込みを萎縮させたり、管理人に対する不信感を増させるだけだと思うが?
明確な削除規定への違反がないのなら削除はできないだろう!

11 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 19:25
地域差別的書き込みがあまりにも多かったためです。

12 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:28
>戊辰戦争の頃、清水港に漂着した幕府軍戦死者の遺体収容を官軍が禁じ、
>そのまま晒しておくようにと命じたとのこと。

平気でこんなウソ書いてるしな。
官軍がそんなこと命じたのならなぜ死体を処理した清水の次郎長は
処罰されなかった?

13 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:31
じゃあ、削除ガイドラインはいらないのか?
多数決原理だけですべてを決めていいわけないだろ!
民主主義も、多数決ですべてを決めるのではなく、
多数決原理によっても否定されないルールを守るという原理が含まれている。
もし、多数決ですべてきめていいなら、ルールなんていらんだろ!
削除ガイドラインがあるならそれを遵守すべき。

もし、このスレが酷いというなら、朝鮮差別スレなども同様に部分削除すべきだろ
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=976692353
でなければダブスタ!

14 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:31
>12
だったら南京大虐殺はでっち上げだなんて言ってるスレは何故削除しないんだよ。
他にもそういうデタラメなスレはいっぱいあるだろ。
このスレだけ削除するのは不当な言論弾圧だ。

15 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:33
>12
だったら近代日本のアジア近隣諸国に対する加害責任をうやむやにする
意図のスレはすべて削除しろよ。


16 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:37
>12
このスレは何故許されるの?
明かな歴史の改竄ではないのか?

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=981158021

17 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:37
削除ガイドラインより引用

削除ができるという権限は、一歩間違えれば荒らしにもなりかねないものです。
削除人(削除屋)は、削除という手法で「できるだけ住人さんが快適に過ごせるように」
「ほんの少しだけ掲示板の方向性を指し示す」、そんなお仕事なのです。

連続投稿・コピー&ペースト
連続投稿で利用者の会話を害しているものは削除対象になります。個々の内容に違いがあっても、荒らしを目的としていると判断したものは同様です。
コピー&ペーストやテンプレートの存在するものは、アレンジが施してあれば残しますが、全く変更されていない・一部のみの変更で内容の変わらないもの、
スレッドの趣旨と違うもの、不快感を与えるのが目的なもの、などは荒らしの意図があると判断して削除対象になります。



18 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:40
おかしなスレ、駄スレ、差別スレがいくらでもあり、放置されているのに、
なぜこのスレが標的になるのか?それがわからん。
他のスレも、同様に削除依頼だせば、削除されるのか?
どう考えても、朝鮮人差別スレの方が悪質度では上だよなあ?
実在する朝鮮人をあからさまに差別して、差別を煽ってるんだから。

19 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:43
>17

では表題は?表題は連続しても、それはスレッドの基本的な主張を訴える
看板のようなものだから、繰り返しとはいえないだろ。

20 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:48
このスレがあまりにも近代天皇制の馬鹿馬鹿しさを暴いているので、
連中は青くなっているのだろう。

21 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 19:48
どうしてそうまでして、差別的発言で多くの人たちの
心を傷つけるスレを継続したいのですか?


22 :酔鯨ジョーカー@武蔵国:2001/02/25(日) 19:52
このスレの削除を画策する連中はブサイゴク人と不逞鮮人である。
削除依頼したら天誅を加える。

23 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:55
差別ではないだろ。我らは真実の追究をしているだけ。
もし、意見があるなら、反論をきちんとすればよい。
民主主義とは、自由な言論が保障され、思想の自由市場の中で、
民衆にとって、必要な思想が残り、不必要な思想が淘汰されるもの。
だから、俺達の主張がおかしいというなら、キチント言論で勝負し、
ギャラリーに訴えかければよい。君の意見が妥当なものなら、
我らがいくら声が大きくとも、ギャラリーはどちらが正しいかきちんと判断するだろ。

そもそも、発表する機会を奪うことは論外。民主主義の根底には
どんなクソ思想も表現させる自由が保障されるべき。
有害表現かどうかは、見る者が判断すればよい。

24 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 19:58
「ブサイゴク人と不逞鮮人」
このような地域差別的用語が多くの書き込みに挿入されてきました。
しかも同じ差別発言を何度も繰り返しコピーすることで、数千発言が
行われてきています。
残念ながら日本史板にふさわしくないことは、ほぼ確定的と思われますが。

25 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 19:59
>21
個人的には、天皇中心の愛国心やナショナリズムの欺瞞を暴くためです。
真の愛国心は、天皇制にあるのではなく、郷土にあるというのが我々の主張。
それを訴える為には、近代天皇制のイデオロギーである皇国史観(尊皇思想)
の正体を徹底的に暴く必要がある。

このスレより差別的なスレは他にたくさんある。
特にアジア蔑視剥き出しのスレを何故放置するのか。
ここは日本語圏とはいえ、インターネットの世界であることをお忘れなく。
ネットには国境なんてないんだから。

26 :>24:2001/02/25(日) 20:00
じゃあ、下のスレはどうなんだ?

日本史の中の鮮人
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=976692353

27 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:01
>24

「日本史板にふさわしくない」→削除理由が不明確で表現行為を萎縮させる。

28 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:04
>ここは日本語圏とはいえ、インターネットの世界であることをお忘れなく。
>ネットには国境なんてないんだから。

だったらさっさと2chから出ていけよ(ワラ)

29 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:04
>24
だいたいこのスレを読んだ誰が傷ついてるの?
サイゴク人で天皇を担いでる奴は絶対に傷つかないでしょ。
連中はポリシーがあるんだろうから。

30 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 20:05
「日本史板にふさわしくない」とは、地域差別的発言が多すぎるということです。
ちなみに私は削除人ではないので安心したまへ。

31 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:06
>>ここは日本語圏とはいえ、インターネットの世界であることをお忘れなく。
>>ネットには国境なんてないんだから。

>だったらさっさと2chから出ていけよ(ワラ)

お前のような言論弾圧する奴こそさっさと出て行け!!
お前こは東日本を差別する大馬鹿野郎だ!!


32 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 20:07
>29
「スリに強姦大好き西国人」
こんな事を繰り返し発言されれば傷つく人たちは多くいます。

33 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:08
サイゴク人による東日本差別断固粉砕!!
靖国神社国家護持による東日本弾圧徹底粉砕!!
アズマ民族の勝利する日は近いのだ!!

34 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:09
>だったらさっさと2chから出ていけよ(ワラ)

このスレが気に入らないのなら、さっさと2chを閉鎖しな(ワラ。



35 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:10
>おかしなスレ、駄スレ、差別スレがいくらでもあり、放置されているのに、
>なぜこのスレが標的になるのか?それがわからん。

そういうスレは、書き込みが少なくてsageられていきますから。
このスレは、もっとも頻繁にageられてるから、第一に対象になった、
それだけのことですよ。

36 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 20:11
28じゃないけどさ
>お前のような言論弾圧する奴こそさっさと出て行け!!

「言論弾圧」というのは南蛮渡来の概念だぜ。
自分の時はいいのかよ(笑)
大体、お前が開いたHPが勝手に削除されたとか金を出しているとかいう
のならともかく、2chはあくまでも私的な空間だぞ。
不満があれば出て行けばすむことだ。
しかしまあ、たかだか2chのスレが削除されただけでこれだけ慌てふため
くとは何とも底の浅いやっちゃ(ワラ)

37 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:12
まあ、今回の削除事件は我らアズマの影響力が大きく、
それにおそれをなした連中が本格的に言論弾圧にでたということだろう。
我らも、勝って兜の緒を締めよのことわざではないが、
勝者として、軽挙妄動をつつしみ、横綱相撲に徹していこう(藁

それと定期的に削除板を巡回して、削除依頼に対する弁解をしていくことにしよう。
削除依頼板は、http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=972901566&ls=50

38 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:14
>35@`36

だとすれば、削除ガイドラインというのは意味がないただの空文か?
多数決、雰囲気ですべて決めていいとするのは、南蛮起源のファッシズムだろうが!

39 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:15
>36
2chが私的空間なら、さっさと閉鎖すれば済むこと。
この掲示板が存在する限り、我々は出て行かない。
なお、お前のようなうざったいサイゴク人は絶対に関東へ来るな。

40 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:17
ちなみに自ら、「おかしなスレ、駄スレ、差別スレ」であると認めたらしい。


41 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 20:17
今までの多くの地域差別発言の重みを忘れないでほしい。
自分たちは心地よく書き込んでいても、それによって
傷つけられる人たちがたくさんいることを分かってほしい。

そして、おそらく今後も多くの地域差別発言のオンパレードに
なるであろうことは想像に難くないため、やはり一定期間の削除は
やむを得ないと考えます。

42 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:17
>37、38
まあ、朝鮮差別のネタとかはやめよう。
連中に言論弾圧の口実を与えるだけだぜ。




43 :アズマ:2001/02/25(日) 20:23
 ともかく、削除ガイドラインというものがある以上、削除するならガイドラインの
どこかに該当しなければ削除するのはおかしい。

 それと、同様のスレがあるのに、当スレッドだけをねらい打ちにするのは、
ガイドライン適用の平等性に欠ける。

 さらに、削除ガイドラインのどこに違反するのか明確さに欠ける削除は、
書き込みの萎縮効果を伴うので日本史板にとって有害だ。

 それと手続き面で言えば、このスレが単に一過的な荒らしスレなら、
問答無用の削除もやむを得ないが、このスレは曲がりなりにも、
数ヶ月続いているという実績があるのだから、告知もなく削除するという
削除要望者のみの一方的見解のみを聞いて削除するのであるから、
手続き面での公正さに欠けるおそれがある。

以上の理由から、今回の削除について俺は妥当性に欠けると思うが?

44 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:25
>42

そうだな、朝鮮差別に基本的に我らも反対なわけだから、
今後、当スレで朝鮮差別ネタは自粛しようぜ!
言論弾圧の口実に使われるからな。

45 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 20:26
西日本差別ネタも禁止です。

46 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:29
>45

理由があれば、西日本差別禁止にしてもいいが。
たとえば、どういう表現がまずいんだ?
例示を示して、これはまずいといわんとわからん!

47 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:32
その4(本スレッド表題参照)の表題を削除しているが、
この表題の表現のどこが削除にあたいするのかわからん。
これが、削除するほど問題のある表題なのか?

48 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 20:36
>47
地域差別的書き込みがあまりにも多かったためだと思います。


49 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:43
>48

どこが地域差別的なんだ。そんな表現ないじゃん。
事実を書いてるだけじゃん。
事実を出すことが差別だというのか!

50 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:43
俺はこのスレには正直あまりカキコしないが表題の削除はやりすぎだと思うよ。


51 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:44
その理由ならスレごと削除は不当だろう

52 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 20:50
しかしこれだけ国内外への差別発言を繰り返してきて、
今さら削除反対とは、少々虫が良すぎるというか、
中傷され続けた人々の心中を察しなさすぎではないでしょうか。

53 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:56
なら、他スレの差別発言もすべて削除対象だせ〜!
でなければ都合いいダブスタだろう。

54 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:59
>52
ここの表題のどこが誰を中傷しているのか?
少々あなたにとって耳障りな事が書いてあってもそれにいちいち腹
を立てて削除依頼を出す、というのはあまりに子供じみた行為だ。
意見があるならそれをきちんとレスすればいいだろ。

55 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 20:59
このスレには、他国民差別発言もあれば、自国地域差別発言も
同様に数ヶ月に渡り数多く行われてきました。
量質共に他を凌駕する差別発言過多スレと言わざるを得ないと思います。
中傷され続けた人々の心中を察しなさすぎではないでしょうか。


56 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 20:59
ともかく、48は表題のどこの表現が差別表現か明示せよ。
でなければ、あいまいな理由で削除を正当化しているだけだろ。
このスレの表題のどこが差別的なんだ!差別的じゃないじゃん。
それに、すべて事実だし!

57 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:00
>53@`54

コピペの荒らしじゃんか(藁
これも削除依頼対象だな。

58 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:02
>>43

>削除するならガイドラインの、どこかに該当しなければ削除するのはおかしい。

>>17を参照のこと。

>当スレッドだけをねらい打ちにするのは、ガイドライン適用の平等性に欠ける。

3ヶ月にわたる長期間、上記行為を常に継続して行ってきた実績があるスレッドは
本スレッドのみである。

>削除要望者のみの一方的見解のみを聞いて削除するのであるから、手続き面での
公正さに欠けるおそれがある。本スレッドの書き込み者は、日本史板の他の住人からの度重なる忠告、要望を
悉く無視しており、住人が削除人への嘆願を行うのも、相当の理由があると認められる。

判決は、陪審にまかせます。

59 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:05
>58

差別箇所とかあるなら、その箇所を具体的に明示せよ。
風評で削除するのは、人民裁判だろ(藁

60 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 21:12
私はこのスレで何度も差別発言を止めるようにお願いしてきた者です。
しかしながら、今に至るまで聞き入れてはもらえませんでした。
48は表題がが問題と言ったのではなく、本文の話でした。失礼。
しかしながら、表題にも問題箇所が見受けられますので、削除処理は
妥当だと思われます。削除依頼は1度だけ出しました。

61 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:17
>>59

>>17をよく読むように。
差別表現がなくても、削除の対象になることはありうると明記されている


62 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:17
また、削除箇所の指摘なしの風評批判かい。
ようするに、このスレが気にくわないから荒らしてるだけだろ。
今まで注意しているというなら、その注意箇所を示しなさい。

自分でなんら証拠もださず、削除対象表現の箇所も示さないのでは、
単なるいんねんつけてるだけだろ。
ようするに60は、風評被害を当スレに与えてるたんなるクレーマーだろ。

63 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:22
>61
コピペは部分削除にしかならないだろ?


64 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:23
また、文面だけ読んで、自分の都合のいい解釈を導き出してるだけだろ。
差別表現が無くても差別対象になるというのは、単にサーバーに付加
をかけているだけの荒らしなど特異な場合に限られると解釈するのが妥当だろ。
そうでなければ、削除人のまったくの気分で削除できることになるからおかしいだろ。

このスレがここまで続いたことと、賛成・反対複数の人間が参加していることなど、
このスレが単なる荒らしでないことはあきらか。
だから、削除規定に該当する部分的な削除はあり得ても、スレ自体の削除や、
表題の削除はおかしいだろ。

日本史板が、自治を行っていて、特定の思想傾向による書き込みしか認めないなら、
削除もやむを得ないかもしれないが、日本史板にそのようなものはないだろ。

65 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:31
>58
文中からまるでこの板の代表であるかのような印象を受けるがそれは大きな勘違い
ではないのか?
あんたこそへんな自治会作ったつもりでこの板を窮屈にしてると思うよ。

66 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:40
ちなみに自ら、「おかしなスレ、駄スレ、差別スレ」であると認めたらしい。

67 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:41
マジで、止めてくれ。ホント頼むから。


68 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:43
>>65
そりゃ、裁判のパロディだから、自分が裁判官になったつもりじゃ
なきゃかけんよ。だから、判決を保留したの。ただアズマくんたちが
他のひとに迷惑をかけてるという自覚がないのが気になるだけ。

69 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:44
やだ!止めるも、止めないも利用者の自由だろ。
気にくわないなら無視すればいいじゃん。

70 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:46
>66・67
上記のレスに対して答えになってない。
逃げモードかよ。

71 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:52
>>65

68の補足
>文中からまるでこの板の代表であるかのような「印象」
>あんたこそへんな自治会作った「つもり」

これこそ風評って奴でしょ。あるいは印象批評?

72 :アズマ:2001/02/25(日) 21:52
こんどは、アズマを装って、へんな表題立てて回ってるよ!
明らかにこれは当スレを狙ったスレッド荒らしだな。

73 :アズマ:2001/02/25(日) 21:56
削除依頼出しておいたからな!

 粘着質の133さんが、今度は自作自演で、皇国史観スレッドを立てて回っているので
削除してください。おそらく、当スレッドの参加者の悪印象を与えようとする自作自演でしょう。
 以下のスレッドを削除してください。

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=983105390
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=983105236


74 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 21:58
>68
いや、だから迷惑かけてないだろ?
あんたが気にしてるだけじゃん。
クリックしないで無視してろよ。
2ちゃんねるの主旨を理解すべきでは?

75 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:01
>>74
マジ?、ちょっとコピペするね。

スレ立てるなとは言わんが、あまり他の住人に迷惑かけるなよ。
注意書きや隔離スレの表記も削ったようだが、
まともなスレにする気が無いなら、極力下げといてくれ。
それと、チャット状態で喧嘩するのもみっともないからやめとけ。

>日本史板住人諸氏
ご存知のように実質的な荒らしスレなので、チャット状態になってたり、
無意味に上がっていたら容赦なく廻し、叩き、終了コピペで対抗しましょう。
このスレの住人には凶暴性があるようなので取り扱いには注意しましょう。

これまだやってんの。
自作自演もう、やめろ。
アホか。
モリといっしょに、いってよし。

ひろゆきに頼んでよ、この低脳の荒し屋野郎を追い出そうぜ。

基地外は政治思想板に帰れ!!!

なんで有名人だとさげないの?
意味がわからん。
政治思想でやりやがれ!こんなクソスレ。

76 :アズマ:2001/02/25(日) 22:02
しかし、正直言って今回のリアクションには驚いた!
俺達の主張って、こんな弾圧を受けるほどほどの
影響力のある思想だったんだ(藁

これからも、アズマ至上主義をネットに浸透させよう!

77 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:05
アズマ至上主義によってサイゴク人に担ぎ出された天皇制は息の根を止められるだろう。

78 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 22:05
あまり書きたくはないけれど、一部を取り上げるなら、
「鮮人」「スリに強姦大好き西国人」「ブサイコク人」
「サイゴク人ヤマトゴキブリども」
などという地域、民族差別的言い回しが多用されています。
自分が多用した心当たりがおありでしょう。
あなた方は気軽な気持ちで書き込んでいるかもしれませんが、
読んで心を傷つけられる人もいるのです。
多くの人が止めてくれと言っている意味がまだ分かりませんか?

79 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:05
75は単なるスレッド荒らしだから、無視無視!
今回は、スレッド荒らしの75の主張に削除人がまんまと騙された。
これからは、我らもガードを堅くして、削除板に削除依頼が出されていたら抗弁しよう。


80 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:06
78は単なるスレッド荒らしだから、無視無視!
今回は、スレッド荒らしの75の主張に削除人がまんまと騙された。
これからは、我らもガードを堅くして、削除板に削除依頼が出されていたら抗弁しよう。

81 :アズマ:2001/02/25(日) 22:09
また古い皇国史観スレッドあげて、age荒らしやってるよ!
77は良識ぶって、アズマを騙ってまで、アズマすれ荒らす悪質な荒らしだな。

82 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:09
4.1とかあるのは偽者です!!
4が正解です!!
きっとヤマトの奴が作ったに違いない。削除依頼板でも、我々を騙って
無知な書きこみを続けている!さすがヤマト、やることがあざとい!!
騙されるな!アズマの同士よ!!

83 :アズマ有志No.10:2001/02/25(日) 22:09
アズマの同胞やそれに便乗して西日本を煽っている人に了承してほしいことがある。

我々の相手は「ヤマト人」であって、決して「西国人・西日本人」ではない。
同様に我々も「東国人・東日本人」ではなく「アズマ人」である。
アズマ・ヤマトの違いは、住む土地の違いによるものではなく、支持する
体系の違いによるものなのである。

私の心を突き動かしアズマに目覚めさせた、名も無きアズマ同胞による
簡潔ながらも含蓄のある名文に目を通していただきたい。


84 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 22:10
アズマの皆さん、もうやめようよ。

85 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:10
>>81
アズマもヤマトもオレ関係ないけど、キミ、被害妄想すぎ。
すぐに○○のせいだ!○○がやってる!と言うのはやめとけ。
あと、毎日毎日同じ内容を、文章変えるだけで投稿するのも。


86 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:11
4.1とかあるのは偽者です!!
4が正解です!!
きっとヤマトの奴が作ったに違いない。削除依頼板でも、我々を騙って
無知な書きこみを続けている!さすがヤマト、やることがあざとい!!
騙されるな!アズマの同士よ!!

87 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:11
>75
何書いてんだか解らん。
電波?
もうキティ外には関わりたくないッス。

88 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:11
4.1とかあるのは偽者です!!
5が正解です!!
きっとヤマトの奴が作ったに違いない。削除依頼板でも、我々を騙って
無知な書きこみを続けている!さすがヤマト、やることがあざとい!!
騙されるな!アズマの同士よ!!

89 :アズマ:2001/02/25(日) 22:17
また、攪乱させてるよ。
残念でした。5と6は、削除依頼だしときました(藁

90 :アズマ有志No.10:2001/02/25(日) 22:19
308 名前: アズマ 投稿日: 2001/02/20(火) 21:30
アズマ人は、人種ではなく民族である。
アイヌ系のアズマ人もヤマト系のアズマ人も、アズマ系のアズマ人も、
アズマ民族としての伝統・文化を共有すれば、みなアズマ民族である。

そもそも民族とは、何度このスレでアズマの諸氏が指摘するとおり人種ではない。
たとえば、ユダヤ人は多様な人種・言語の混在した集団だが、共通の民族意識により
単一のユダヤ民族であり、その逆にボスニアのモスリム人は、セルビア人と
同一の人種・言語を話しても、別民族である。
よって、アイヌ系のアズマ人がいたとしても全然矛盾していない。
我らは、共通の「やむにやまれぬアズマ魂」の下に結集した単一のアズマ民族なのである!

(引用ここまで)
つまり「アズマ・ヤマト」と「東国人・西国人」の間には何ら論理的な関係は
ないのだ。非難されるべきは「ヤマト」であり、決して西国に住む民ではない、
我らの同胞は西国の地にも存在するからだ。

当然のことながら「ブサイゴク人」などと、西国人を罵倒・差別した
書き込みは容赦なく削除されるべきだと思う。
スレッドが正しく成長するためにも、削除人の方には冷静な判断をお願いしたい。

91 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:22
天皇嫌いはすべてアズマ人=トウゴク人。
天皇好きはすべてヤマト人=サイゴク人。

92 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:24
>>91
ちがう!
東国人、西国人は関係ない。
これをアズマ、ヤマトと意図的に混同させようとするのは
このスレを荒そうとしているのに等しい蛮行だ。

93 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:33
いままでここでチャット状態で書き込んでたんだけど、持論がいき詰まっ
てキティ外じみたあらしをする負け犬がいるね。
これもネットの醍醐味か。

94 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:35
言論で負けたからって、日本史板や削除依頼板までまきぞえにして荒らしだもんな!
これだから、皇国史観派はやり方がえげつない!

95 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:37
被害妄想ミットモナイヨ>>94

96 :アズマの諸君に告ぐ!:2001/02/25(日) 22:38
とりあえず削除依頼板に、いままでの事情を説明して、
過去スレすべての凍結と新規に立てられた変なスレッド
(その5、その6)の削除を依頼しておいた。
アズマ人は、これらのスレッドに以後書き込まないこと!

アズマの諸君、皇国史観派のえげつない荒らしに負けるなよ!

97 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:39
とりあえずこのスレが正当なる継承スレッドと言うことでいいですね。


98 :>all:2001/02/25(日) 22:39
95は単なる荒らし。無視無視。

99 :アズマ:2001/02/25(日) 22:40
>97
そう、これが正当な継承スレッド。
これ以外の書き込みはすべて荒らし屋の書き込みと考えてもらってかまわない。

100 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 22:42
つーか、この関連スレ全てが、日本史板に対する荒らし行為なのですが・・・
ま、、双方聞いちゃくれないだろうが。


101 :>all:2001/02/25(日) 22:45
100は単なる荒らし。無視無視。

102 :アズマ:2001/02/25(日) 22:47
まだ、やってるよ。書き込み時間から言って、こちらが正当スレ。
その5、その6は単なる荒らし。アズマすれそこまでしてつぶしたいのか(藁

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=983105236

103 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:03
さあ、このスレに書き込もう。

104 :薩長逝ってよしとは思っているけど。:2001/02/25(日) 23:07
(自分の投稿のコピペ)
7 名前: 薩長逝ってよしとは思っているけど。 投稿日: 2001/02/25(日) 22:54

>平将門、源頼朝、北条政子、北条義時、北条高時、足利尊氏、徳川家康、
柳沢吉保、近藤勇、土方歳三、松平容保、河井継之助

この人たち、全員尊王なんですけど・・・。半分は天皇家の子孫だし・・・。


105 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:07
しかし、凄い荒らしだったな。
そこまで荒らさせる何かが、アズマすれにあるのか?
伝統とか、国民国家の欺瞞性など、日本の保守・右翼の弱点を突きすぎたということか?
だとしたら、これまで続けてきた俺達の努力が報われたということか(藁

106 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:09
日本史板の荒らしをしのいだと思ったら今度は、政治思想板が不調だよ。
今日は厄日か?

107 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:09
>105
近代天皇制の欺瞞を暴いたからでしょ。
このスレを読んで天皇制に疑問を持つ奴が出て来るのが彼らには脅威なんだろう。

108 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:15
>105

そうだね。これからも頑張って、日本の旧来の保守や右翼の主張が、
いかに欺瞞にみちみちているか、徹底的に暴き出していこう!

109 :ななし:2001/02/25(日) 23:17
>107

アズマの自作自演か・・。「近代天皇制の欺瞞を暴いた」とは誰も思わないよ。
そもそも、本物の「アズマ人」自身が全然合意していないではないか。

>このスレを読んで天皇制に疑問を持つ奴が出て来るのが彼らには脅威なんだろう。
この程度の論旨で「天皇制に疑問をもつ奴」なんか出てくるのか?。
逆に天皇制反対者が「馬鹿」だということが明らかになるくらいだね。



110 :105:2001/02/25(日) 23:17
「108の>105」は、107さんへの間違い。
お互いに荒らしに負けず頑張ってアズマ至上主義をネットに広めよう!

111 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:18
今回のあらしを乗り切って、我々の結束はさらに強まった。
インチキ保守には痛いカウンターパンチだろう。


112 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:19
>110
OK。

113 :109:2001/02/25(日) 23:21
>111
本当に痛いよ。痛々しくてたまらない、哀れでたまらない。下手な自作自演を見るのは・・・。


114 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:22
>>109
天皇制がインチキ保守の思想と矛盾するサヨクだってことに、まだ気づかないヴァカ発見。

115 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:22
>109

 削除依頼板みれば、複数のアズマの人間が書き込んでるのは明かだろ。
皇国史観派のアズマ批判者こそ自作自演の一人芝居だろ。

116 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:23
>109
アズマは少なくとも3人はいるよ。
自作自演じゃないぞ。


 

117 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:24
>113

アズマは、削除板に要望だしている者だけでも二名いる。
実際は、さらに大勢の者が書き込んでいる。
アズマ荒らしこそたった一人の粘着ウヨの一人芝居!

118 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:35
>>115
まあまあ
お互い相手こそ自作自演と決めつけていては進展しませんがな。

筋を通せば第三者にはどっちが正しいかすぐにわかるはずです。

>>109
>逆に天皇制反対者が「馬鹿」だということが明らかになるくらいだね。
少し短絡的や過ぎませんか?
アズマは地方ナショナリズムを提唱しているだけです。
その提唱に対して、国粋ナショナリズムの人たちは何の回答も示していない。
「サヨクうざい」「もう既に論破されたことを何度も繰り返して・・・云々」
だのと、答えをはぐらかして罵倒に走るのみ。

我々誰もが持つ「郷土愛」「望郷心」と国粋主義のあり方についてなど、
アズマは新しい切り口のナショナリズムを提案しているのです。


119 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 23:35
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=972901566&ls=100

削除板も結構面白い。
削除を要請しているのは3人いるが、その中で123にひたすらからん
ではその都度「調べれば分かる」とあっさり否定される「皇国史観スレ立てた者」
の一人相撲が笑える。

120 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:40
これが全部、一人芝居って断言できる、この人の脳って・・


121 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:43
笑われてもいいもん!
このスレッドが続いて、従来の右翼・保守の主張していることの
欺瞞性が少しでも、このスレを通して考えていければ本望だもん(藁

122 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:46
天皇中心でない真のナショナリズムを!!

123 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:47
しかし、凄い執着心だな!変なストーカーに絡まれたものだ(藁
120は、あずまストーカーとこれから呼称することにしよう!

124 :あずまストーカーに負けるな!:2001/02/25(日) 23:49
天皇、皇国史観を打倒しよう!
『あずまストーカー』から皇国史観スレッドを防衛しよう!

125 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:51
お互いにね(藁


126 :109:2001/02/25(日) 23:53
本当に複数いるようだな。どちらにせよ左翼の偽装には違いないが・・・。

実際は保守派内部で、薩長を非難し幕府を擁護する意見が、会津人などを中心としてかなり以前からあったのだよ。しかし彼らは反薩長であっても、反皇室ではない。
(幕府や会津の人は尊王だっだから、当然のことだ)。

それを見た左翼が、(東国の人間の)反薩長の感情を、反皇室とこじつけようと試みている、というところかな。



127 :109:2001/02/25(日) 23:55
>124
間違いなく、自作自演だな。本物の保守派が、左翼を「あずま」と認定するわけがない。

128 :アズマ:2001/02/25(日) 23:57
しかし、『サイゴク人』もそうだけど、
このスレッドのいわゆる差別的表現とか攻撃的表現って、大部分が
日本茶とか、戌板からとってきた文章を改作してるだけなんだよね。
朝鮮をサイゴクに置き換えたりとかしてるだけ(藁

『♪オッペケぺ オッペケぺ オッペケペッポゥ ペッポッペ♪
♪スリに強姦大好き西国人 そんな西国こし抜かす
西国人あんたが大将だ 盗みに強盗 殺しに誘拐 おまけに麻薬
に売春で 西国人は大麻でかわいいや♪』

↑なんて、日本茶の平山桃の投稿詩?の「韓国人」を単に西国人に置き換えただけ。
やっぱ、日本の保守・右翼を真似るというコンセプト自体が非常識ということなのか(藁

129 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 23:59
>本当に複数いるようだな。どちらにせよ左翼の偽装には違いないが・・・。

アズマ至上主義がサヨクの偽装?????
幕末の反体制派に担がれた天皇制こそサヨクでしょ。

130 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 00:02
>128
そうそう。
自称保守・民族派の主張の「シナ人、朝鮮人」の部分を「ヤマト人、サイゴク人」に、
「日本人」を「アズマ人、東国人」に変えれば我々の主張なんだよね。
このスレを目の敵にしてる奴らはそれが分かってないのかな。

131 :ヤマト:2001/02/26(月) 00:02
◆アズマ原人ちゃ〜んへ
 日本史板の皆さんに【嫌われて】いるのですかダニ???

 何時でも政治思想板に帰って【負いで=追いで】ダニ!!!★←負けたり・追い出されたりの比喩ダニ!

★それから、まったく同じモノを投稿するのは頂けないダニ!!!
 【ペスト禁止ダニ!】===ペースト禁止ダニ!

◆日本史板の皆さん、民主主義では、お互いの自由を認めるべきダニ!!!
 麻呂は、麻呂の自由を【希有】致しますダニ!!!
 汝アズマ原人ちゃ〜んの自由を【杞憂】致しますダニ!!! オホホホッ!

132 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 00:04
別に削除しなくてもいいんじゃない。
アズマの言い分もある程度はあたってると感じる。
だいぶん洗練されてきているよ。
関東人の主張というか東北人の主張じゃないかな?
関東の奴らはチョンだからね。

133 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 00:04
原住民史観で西日本人を侮辱するな

134 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 00:07
>133
別にスレ立てて。


135 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 00:21
50・54・65・70・74・87・93は俺なんだけど、そこまで下げて
書き込んでたうちの誰かが荒らしたのではないかと。
特に75、特に後半の文章から脈絡が無くなりピクピクしてるのがうかがえるネ。
それじゃあ僕はもう寝るけどアズマのみなさんがんばってねー。
応援してるぴょん。



136 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 00:29
uzai @`kore ga azuma no jisaku jien↑

137 :>135:2001/02/26(月) 00:31
応援ありがとう!

アズマは、滅びぬ。何度でも蘇るさ。
アズマの力こそアズマ人の夢だからさ!
次は、4.1だ。ひざまずけ。命乞いをしろ!

なんちゃって(藁

138 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 01:27
>>87 >>135
予定通り、クリティカルしたようだな。

139 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 01:49
あげ

140 :ヤマト:2001/02/26(月) 01:56
◆政治思想板に【挿入=進入】出来ませんダニ???

★アズマ原人ちゃ〜んもある意味では、カワイソウなのかダニ???
 【ウザイとか差別語】などで嫌われたとしても、日本史板の皆さんがこの掲示板の中を開いて【観なければ】済むだけなの、どうして削除依頼をするのかダニ???

★放送法などで規制を受ける【テレビ・ラジオなど】ならば、放送禁止用語を使っては逝けないでしょうけれども、この【2ch】は騙しを見抜ける技量=議了のあるモノのみ参加をするべきダニ!!!


◆しかし、以下は如何なモノなのかダニ???
◆削除人は恣意的な削除をしてはいけません。
 削除ガイドラインを熟読し、ルールに則った公平な削除作業をしましょう。
 「好き・嫌い」「ウザイ」「不愉快」などといった主観を元に行動してはいけません。
 【例え板住人の総意】であろうと左右されず、嗜好や価値観も捨ててください。

141 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 02:07
麻呂はだにダニ。

142 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 02:17
かつてこれ程までにうざい糞スレがあったろうか?

143 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 02:20
かつてこれ程までに歴史の欺瞞を暴いたスレがあったろうか?



144 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 02:48
ウザイんなら、削除依頼だしーや。>>140との兼ね合いで
多分受領されないけど。

145 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 02:59
↓↓↓↓ついに馬脚をあらわしたブサヨク↓↓↓↓

http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=972901566&ls=50
144 名前:皇国史観で東日本人を侮辱するな 投稿日: 2001/02/26(月) 02:12 ID:CCKvrK.I
↑このスレのアズマ至上主義には複数の意味合いがあるのです。
一つは純粋に保守の立場から近代天皇制が犯した伝統破壊を検証すること。

それ以外にこのスレにはある種の教育的効果があるのです。
偏狭なナショナリズム剥き出しで近隣国を侮辱することが
如何に人々の心をすさませるものか、分かって欲しいものです。
その点を理解して貰うためには東西ネタ的な煽り合いもありだと思います。
なんたって日本国内です。気心が知れてます。煽っても安全でしょ。
実際にはヤマト人だのアズマ人だの存在しませんからね。
外国相手だと、その国の人を不愉快にさせ、場合によっては危険ですよ。
アズマナショナリズムを見て不愉快だと思ったら、
日本ナショナリズムの危険性に気付いて欲しいものです。

見渡せば他スレの朝鮮中国を対象とした偏狭なナショナリズムは続いています。
だからこのスレでアズマ、ヤマトに擬して教育を続ける必要があります。

それとも削除人様は他スレが近隣諸国を侮辱することは大目に見ても良いし、
他スレが東西ネタで日本を二つに分けて煽るのも許せるけど、
このスレだけは許せないと言うのですか? …ナゼ?

146 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 03:17
自称アズマがブサヨク鮮人なのは超既出

147 :ヤマト:2001/02/26(月) 03:18
◆日本史板の住人の皆さんの精神年齢は【イクチュ】ですかダニ???


★<麻呂=大バカモンのヤマト>や<アズマ原人ちゃ〜ん達=小バカモン>は、汝らを強要して【診=看=見】させておりましょうかダニ???
 汝らが<糞スレ>と思うのならば【書き込み】などをせずに、無視すれば済む事ダニ!!!

★基本的人権違反でなければ、削除依頼をすることは、【ウィット】を理解できない【バルバロイ】ダニダニ!!!

148 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 03:36
>>145
こんなんで「アズマ実はサヨク」なんてぬかすなら
自由主義史観は極左だな(わら

149 :コピペ:2001/02/26(月) 03:47
本当に複数いるようだな。どちらにせよ左翼の偽装には違いないが・・・。

実際は保守派内部で、薩長を非難し幕府を擁護する意見が、会津人などを中心としてかなり以前からあったのだよ。しかし彼らは反薩長であっても、反皇室ではない。
(幕府や会津の人は尊王だっだから、当然のことだ)。

それを見た左翼が、(東国の人間の)反薩長の感情を、反皇室とこじつけようと試みている、というところかな。

150 :日本@名無史さん :2001/02/26(月) 04:00
>>148
>自由主義史観は極左だな(わら
こんな馬鹿史観ほっとけよ。
馬鹿は、馬鹿でしかない。
それに対抗して、アズマとか訳のわからんことを繰り広げると
まともな左翼まで巻き込まれるの。
左翼は、冷静にブレーキをかけとけば良いの。
左翼+極右=中道右派で落ち着く。
ブサヨクは、民主主義を理解していないんだよ。
論理だけで、実際に国民が右傾化してるのは、国民の意思。
それを馬鹿理論で強引に防ごうとすればするほど、問題を複雑化させ
国民が暴走し出したときにまともにブレーキを掛ける存在が見つけられ
なくなる。鎌倉史観で元寇の仇を打つとか言い出すやつとか、否、
北条史観だとか色々でてき収集がつかなくなるんだよ。一々対応してたら
手が付けられない。それなら、薩長的皇国史観批判で新たな皇国史観を
気づく方が簡単なの。

151 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 06:49
どっちもどっち。笑えもしない。

152 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 08:51
も〜いい加減にしてくれ!



153 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 08:53
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=972901566&ls=50
こちらが正当なる継承スレッド 4.1です。他は凍結される予定です。


154 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 09:31
このスレのアズマ至上主義には複数の意味合いがあるのです。
一つは純粋に保守の立場から近代天皇制が犯した伝統破壊を検証すること。

それ以外にこのスレにはある種の教育的効果があるのです。
偏狭なナショナリズム剥き出しで近隣国を侮辱することが
如何に人々の心をすさませるものか、分かって欲しいものです。
その点を理解して貰うためには東西ネタ的な煽り合いもありだと思います。
なんたって日本国内です。気心が知れてます。煽っても安全でしょ。
実際にはヤマト人だのアズマ人だの存在しませんからね。
外国相手だと、その国の人を不愉快にさせ、場合によっては危険ですよ。
アズマナショナリズムを見て不愉快だと思ったら、
日本ナショナリズムの危険性に気付いて欲しいものです。

見渡せば他スレの朝鮮中国を対象とした偏狭なナショナリズムは続いています。
だからこのスレでアズマ、ヤマトに擬して教育を続ける必要があります。

それとも削除人様は他スレが近隣諸国を侮辱することは大目に見ても良いし、
他スレが東西ネタで日本を二つに分けて煽るのも許せるけど、
このスレだけは許せないと言うのですか? …ナゼ?



155 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 09:57
はいはい、後付けの理論武装、見苦しいよ。
これまでのアズマくんたちの書きこみ、全部読んできな。萎えるから。

156 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 10:22
155の言うとおり。アズマを詐称して、低レベルな頭で日本分裂工作を図る
反日ブサヨク鮮人は逝ってよし

157 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 10:52
>>156 お前も同類。早めに消えろ。


158 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 10:53
アズマは少なくとも3人はいるよ。
自作自演じゃないぞ。


159 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 10:53
アズマは少なくとも3人はいるよ。
自作自演じゃないぞ。

160 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 10:53
アズマは少なくとも3人はいるよ。
自作自演じゃないぞ。


161 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 11:02
固定ハンドルが題名に入っているスレッド・固定ハンドルが占用するために
作られたスレッド等は、自己紹介板・最悪板・おいらロビー・なんでもあり板以外
では全て削除または移動対象にします。

162 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 11:04
このスレのアズマ至上主義には複数の意味合いがあるのです。
一つは純粋に保守の立場から近代天皇制が犯した伝統破壊を検証すること。

それ以外にこのスレにはある種の教育的効果があるのです。
偏狭なナショナリズム剥き出しで近隣国を侮辱することが
如何に人々の心をすさませるものか、分かって欲しいものです。
その点を理解して貰うためには東西ネタ的な煽り合いもありだと思います。
なんたって日本国内です。気心が知れてます。煽っても安全でしょ。
実際にはヤマト人だのアズマ人だの存在しませんからね。
外国相手だと、その国の人を不愉快にさせ、場合によっては危険ですよ。
アズマナショナリズムを見て不愉快だと思ったら、
日本ナショナリズムの危険性に気付いて欲しいものです。

見渡せば他スレの朝鮮中国を対象とした偏狭なナショナリズムは続いています。
だからこのスレでアズマ、ヤマトに擬して教育を続ける必要があります。

それとも削除人様は他スレが近隣諸国を侮辱することは大目に見ても良いし、
他スレが東西ネタで日本を二つに分けて煽るのも許せるけど、
このスレだけは許せないと言うのですか? …ナゼ?


163 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 11:11
↑これは、あとから取ってつけたいいわけ。見苦しい。

164 :アズマ:2001/02/26(月) 11:13
>このスレだけは許せないと言うのですか? …ナゼ?

アホが集うから。

165 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/02/26(月) 11:14
やはり、2chは馬鹿右翼とキティ左翼に占領されていて、
皇国史観か唯物史観かのどちらかでしか歴史を考えられない
偏狭な屑野郎ばかりだ。東日本イジメをいいかげんに止めろ。

166 :アズマ:2001/02/26(月) 11:20
>>165
もう1種類いるよ

「バカ」

これはひたすら小学生並みの「おもしろい!」という感性で
一生懸命立派な文章のつもりの書きこみで、とことんくだら
ない事を毎日書きこんで、それでいて遊び場を奪われそう
になると被害妄想むき出してだだっ子のようにバタバタ暴れ
、そして大人が呆れると、自分が勝ったつもりで遊びつづけ
るだけの脳無しのこと。

つまり、君のこと。>>165




167 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 12:24
>>166
根拠を聞かれると黙る邪馬台国九州説のやつらとか、ピッタリ当てはまる

168 :日本@名無史さん :2001/02/26(月) 13:16
西日本・イワイの乱


169 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 13:52
>>165
そうそう。だから皇太子も唯物史観のキティ左翼ね。

170 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 14:58
削除反対、アズマの惨めな敗北記録を永遠に残すべし。

171 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 15:49
アズマから見れば、アズマに害なすものは全てサヨクです。

歴史的に、日本はアズマのものでした。
あとから半島より渡来してきた人達が
日本を占領して我がものぶっているのです。

こうした人たちが唱える「愛国」はアズマ=本来の日本人にとっては
単なる「売国」でしかありません。


172 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 16:27
>歴史的に、日本はアズマのものでした。
昔から、畿内が中心だったぞ。

>あとから半島より渡来してきた人達が
百済・高句麗の難民を、東国開発に従事させたんだぞ。

>日本を占領して我がものぶっているのです。
電波な鮮人の説。自称アズマは、ブサヨク鮮人の詐称だから寝言を言う。

173 :名無しさん@1周年:2001/02/26(月) 17:35
>162
あなたは軽い気持ちで地域差別ネタを振りまいているのでしょうが、
中傷されている日本人やアジア人の気持ちを考えるのなら、
一刻も早く中止するべきです。日本史はアジア史と一体であり、
日本史板にアジア差別論者が多くいるとは思えません。
政治思想板で続けられることを期待いたします。あそこは面白い。


174 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 18:17
>162
>なんたって日本国内です。気心が知れてます。煽っても安全でしょ。
>実際にはヤマト人だのアズマ人だの存在しませんからね。

要するにここでアズマだ何だと逝っているヤツは、いもしないアズマ人をネタにして
煽っているだけだってことだ。
つまりただのアホのアラシなんだからさっさと削除、削除。

175 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 19:19
バカだねえ、こいつら。日本史板の連中は。
アズマ主義思想は、単一のものとでも思ってるのか?
主な目的はふたつ

@マジスレッド

  Tナショナリズムをこえる郷土伝統主義を出すことで、
   マジにナショナリズム批判をすること。
  Uナショナリズムにより育成されてきた、「日本史」自体のもつ思想そのものを
   白日の下にさらけ出すこと。
  V天皇制明治藩閥政府打倒!という政治行動を混ぜることで、
   政治と一体になった「国民の歴史」の醜悪さを「自ら」演じること

ちなみにヤマト主義者は全く反論できない頭の悪さをさらけ出してるな(藁)

Aネタギャグ・スレッド
  T既存右翼のバカの書き込みを使って、アズマ主義パロディをつくることで、
   既存右翼がいかにバカであるかを示すこと。ヤマト=鮮人連合政権などは、
   完全に逆パロディ。
  Uアニメパロディスレッド
   分かる奴はニヤリとしな、と言う感じ。

@とAの真ん中を突っ走るのが「アズマ至上主義スレッド」の面白さだな。
訳がわかんない、なんて行ってる方がおかしいんだよ。

>いもしないアズマ人をネタにして 煽っているだけ

の174は完全にアホだな。
「いもしない日本人」を作るのが、日本史の目的なんだろうが(藁)
@Uの項目でも、読み直しな。
つーか、解説してやらなければ分からない、バカは日本史板だけだぞ(藁)。
政治思想板って、日本史板よりレベルが高かったんだ、って始めて知ったな(藁)


176 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 19:27
おれが作ったスレッドを転載するぞ。
知の支配そのものを批判しているんだがな、アズマ主義は。
+++++++++++++++++
われらアズマ主義者は、ヤマト民族による知の支配に対し抗議する。
ヤマトは「善」「悪」の二分法を持ち込み、自らを「善の体系」に位置付け、
知を支配することで日本全土の知の組織化=洗脳教育を日本国民に施し、
明治簒奪政権=ヤマト・朝鮮連合政権の延命を図ってきた。
その結果、知の支配=日本語支配を通じ、われらはかかるレッテルを貼り付けられてきたのだ!!

【善】---------------------------------------------【悪】
明治政府------------------- ⇔------------------- 江戸幕府
男 ------------------------⇔---------------------- 女
論理的--------------------- ⇔------------------- 感情的
ヤマト--------------------- ⇔ --------------------アズマ
西欧文明 -------------------⇔------------------- 伝統文化
日本国家 -------------------⇔-------------------- 地域
天皇 -----------------------⇔ --------------------将軍

われらは国家のイデオロギー装置を通じた、ヤマト=朝鮮連合酋長政府
の知の組織化に対し、断固として戦う!われらは最後の一兵になっても
ヤマト政権を打倒せねばならぬ!
そのためにはまず日本語支配を打破せねばならない!
アズマ語の制定を!古式ゆかしき麗しのアズマ言葉を復興せよ!!!!!!




177 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 19:29
ハイハイ。
ただの荒らしとばれてるのに、それでも続けなきゃならないとは哀れだねえ(藁)

178 :アズマ主義者:2001/02/26(月) 19:31
適当にフーコーと過激派フェミニズムを混ぜてあるが、
おれたちの「日本史」という枠組みそのものを批判しつつ、
それをアズマ主義政治運動に転化する「醜悪さ」をも演じたつもりだぞ。
こっちアズマ主義は、かなり高度なことをやってるんだがな。

日本史板の反アズマ主義者は何をしてきたんだい?
君たちの知的怠慢を、アズマ主義者のせいにしないでくれないかな?
きみたちがバカであることは、アズマ主義者とはなんの関係もないだろ。

179 :アズマ主義者:2001/02/26(月) 19:33
>ハイハイ。
>ただの荒らしとばれてるのに、それでも続けなきゃならないとは哀れだねえ(藁)

また、バカのひとりごとかね(藁)
どこに荒らしという証拠があるのかね(藁)
「実証主義」じゃないのかな?証拠を出してみな。
ここに今すぐな(藁)




180 :アズマ主義者:2001/02/26(月) 19:36
つーか、削除人なら、177を削除しろよ。
俺達を傷つけるんだしな(ゲラゲラ

181 :アズマの有志No.10:2001/02/26(月) 19:38
>174は完全にアホだな。
>「いもしない日本人」を作るのが、日本史の目的なんだろうが(藁)

その通り!
どこにも存在しない「日本人」などというものを捏造し、
列島を無理矢理束ねたのがヤマトお得意の「皇国史観」


182 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 19:41
一人二役ウザイ。

183 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 19:45
しかもその中心にある天皇はサヨクなんだよな。
昭和天皇は、コヴァが聖戦だとほざく太平洋戦争を嫌がった。
これはサヨクそのもの。
明仁天皇の年始の挨拶もサヨクそのもの。
皇太子はマルクス主義者。
サヨクを中心に皇国史観を唱えているんだから、
ヤマトの連中の出鱈目さはあきれるな。

184 :アズマ主義者:2001/02/26(月) 19:51
>>182
>一人二役ウザイ。

違うぞ(藁)。アズマ主義者は何人もいるんだがな。
お前の妄想なんかどうでもいいんだよ。さっさと応えろよ。
お前>>177と同一人物だろ?>>182よ。

おい、182よ。おまえの>>177投稿に俺はこうレス付けたはずだな。
*******************************************
>>179
どこに荒らしという証拠があるのかね(藁)
「実証主義」じゃないのかな?証拠を出してみな。
*******************************************
と。

ないなら、アズマ主義者ではなく、
「反アズマ主義者が荒らし」と認定だな(藁)



185 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 20:19
思想を説くのであれば、政治思想板でやれ。
日本史板住人からの単純な主張です。
あと、叩きはsageでやれ。ageはアズマと同類、若しくは騙りとみなします。

186 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 20:26
しかしアズマ人も、今になってやっと自分たちがいかにひどい差別発言を
毎日繰り返し、忠告を反論と勘違いしていたかに、やっと気付いたようだな。


187 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 20:32
>しかしアズマ人も、今になってやっと自分たちがいかにひどい差別発言を
>毎日繰り返し、忠告を反論と勘違いしていたかに、やっと気付いたようだな。

「右翼のパクリ」で「ひどい差別発言」が飛び出す以上、
気付かないはずがないと思うけどね。指摘する方が、アホじゃないのか
それとも、あらたな、バカの言い訳の登場なんだろうか。




188 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 20:40
チョンの西国人は東国から出ていけ
排他主義マンセー
ひきこもり民族主義マンセー

189 :アズマ:2001/02/26(月) 20:41
おお、今日もやってる。やってる。削除も荒らしも一段落か(藁
我らの一人がいうように >>175 がこのスレの趣旨だろ。仲良く喧嘩しょうぜ!

190 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/02/26(月) 20:51
ヤマトさんの言う通り、気に食わない人は見なければ良いのだ。

191 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 21:04
>190
それを言うと削除屋さんが失職されるのでは?・・・

192 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 21:25
10世紀前半のマサカドタイラーの乱以来、
関東は反天コロ政府の本拠地だったのだ。
このことを教えてくれたこのスレに感謝感謝。


193 :アズマの有志No.10:2001/02/26(月) 22:31
>>186
ヤマトの手先、アズマサヨク発見!(゚Д゚)
歴史を捏造したがりの渡来人は半島に帰れ!
神聖な日本=アズマの地をケモノ臭い騎馬民族の血で汚すな!

194 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 22:39
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

195 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/02/26(月) 22:54
アズマ維新バンゼイー!

196 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/02/26(月) 22:55
訂正:バンゼーイ!

197 :諏訪大社の氏子:2001/02/26(月) 23:21

このスレに差別的発言が多数書込まれたのは確かにそうだが、
書込みの絶対数それ自体が多いことを考慮すべきではないか?

個別の書込みについては削除されて当然のものもあるようだが、
皇国史観の是非を論じること自体に何か問題があるのか?

また差別というが、具体的に誰が誰を差別したのか?
例えば俺が
「形質人類学上西日本人は朝鮮人と区別がつきません。
関東、東北と縄文的要素が強くなり、北海道の
アイヌは完全に北方縄文人の直系の子孫です。」
と書いたら差別的か?

論争に負けた側が不愉快だから削除してくれというのなら
あまりにも身勝手だろ。議論なら受けて立つぞ。


198 :アズマ:2001/02/26(月) 23:28
差別、蔑視と騒いでいるのは、ウヨクソのバカどもだけだろ。
そもそも、このスレの差別、蔑視手法は、右翼や保守のキティガイどもが、
日本茶、戌板、2chのハングル板などでやっていた手法を戯画化したもの。
そのことは過去スレ見れば明か。過去スレの中には丁寧に引用した
もとネタのサイトまで、最後に明示してあるものまである。
差別とか、蔑視とか騒いでるクソウヨどもは、自分たちの犯してきた
傲慢さと、愚劣さを後悔することだな。
前にも書いたように、このスレッドの何割かは、既存の右翼や保守の
やり口をデフォルメしたカリカチュアなんだからな!

199 :日本@名無史さん:2001/02/26(月) 23:41
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


200 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 00:10
まさか、差別差別とさわいでるウヨは、
女性差別とかしてないだろうね?

201 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 00:51
>そうそう。
>自称保守・民族派の主張の「シナ人、朝鮮人」の部分を「ヤマト人、サイゴク人」に、
>「日本人」を「アズマ人、東国人」に変えれば我々の主張なんだよね。
>このスレを目の敵にしてる奴らはそれが分かってないのかな。

分かっているから、そして否定のしようがないから逆に必死なんだろ。

202 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 00:55
>中傷されている日本人やアジア人の気持ちを考えるのなら、
> 一刻も早く中止するべきです。日本史はアジア史と一体であり、
>日本史板にアジア差別論者が多くいるとは思えません。

その通り、アジア差別論者など一握りの天皇崇拝者だけです。
なぜなら天皇は日本にだけいて他のアジア諸国にいませんからね。
天皇を何か偉大なものとして祭り上げることができれば、
他のアジア諸国を見下すことができますからね。
ということで天皇崇拝者を日本史板から叩き出しましょう。

203 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 01:10
「一視同仁」という言葉を知っていますか?

「内鮮一体」という言葉を知っていますか?

植民地時代に朝鮮半島で「いもしない日本人」を作るために
半島人に強要された創姓改名のことを知っていますか?

204 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 01:13
新井君、カモン!!


205 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 01:48
新井

206 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 03:32

論争になってません。

・都合が悪い事は逃げる
・都合が悪い部分は自分ルールで処理する。
・都合が悪くなると「ヤマトはこれだから」と言う妄言演説に入る
あずまくんたちのこの部分が直らない限り、論争にはなり得ません。




207 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 04:47
↑新井君



208 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 05:32
>>207
あげるな!ウザイ!

209 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 06:03

以降、全員下げること。



210 :アズマバッシャーの背後霊でござる:2001/02/27(火) 07:27
このたびは拙者が背後霊として取り付いておるアズマバッシャーがこのような
スレッドを立ててしまったことを心の底から詫びたいと思う。
拙者は、生存のころ平家の落ち武者をしており、そのアズマに対する怨念から
背後霊となってしまい、今はアズマバッシャーに取り付いておる次第でござる。
アズマバッシャーは幼少のころより、人見知りが激しく、家に閉じこもりがちになり、
一人でテレビを相手に、登場人物を罵倒して会話した気になる毎日なのでござる。
今回もニュース23をみていて、筑紫を罵倒するのにヒートしすぎて、
そのいきおいで、こんなスレッドを立ててしまったのだろうと推測するでござる。
つきましては、拙者が懲らしめのため、これから1週間ほどは毎晩1が床についたら
金縛りの刑に処するつもりなので、なにとぞ、今回はお許しくださいますよう、
みなさまにお願いいたします。

211 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 07:32
>197
>また差別というが、具体的に誰が誰を差別したのか?
「鮮人」「スリに強姦大好き西国人」「ブサイコク人」
「サイゴク人ヤマトゴキブリども」
などという地域、民族差別的言い回しが多用されています。
気を付けて下さい。

>論争に負けた側が不愉快だから削除してくれというのなら
>あまりにも身勝手だろ。議論なら受けて立つぞ。
氏子さんは特に問題発言をなさっているようには思えませんが。

212 :かわいそうなアズマバッシャー:2001/02/27(火) 07:49
 大東亜戦争も末期の敗色濃厚になってきた頃、空襲で動物園の檻が壊れて、
逃げた動物が人間を襲うかもしれないということで、猛獣・大型獣はすべて薬殺
することが軍部により決定されました。

 しかし飼育係のおじさんは手塩にかけて育てた三匹の厨房、トンキー、ワンリー、
そしてアズマバッシャーを殺すことなどとても出来ません。三匹とも仔厨房の
ころからおじさんが手塩にかけて育てた、自分の子供も同然の厨房たちなのですから。

 三匹はとても賢く、毒入りのじゃがいもを与えても一切受け付けません。
しかたなく、レスを与えずに餓死させることになりましたが、三匹の厨房は、
お腹を空かせて必死でおもしろくもないバッシグ芸を披露して御褒美のレスを
ねだります。
 「おまえたち・・・もう芸なんかしなくていいんだよ」おじさんはやせ衰えた厨房
たちが健気にバッシング芸をしてみせる姿を見て、涙が止まりませんでした。

 やがてトンキーが、そしてワンリーが氏んで逝きした。最後に残ったアズマ
バッシャーも骨と皮ばかりに痩せこけています。「ああ、ごめんよ。私はお前を
助けてやれないんだ」そう呼びかけるおじさんの前でアズマバッシャーは最後の
バッシング芸を披露します。おじさんが稚コヴァ厨房だったアズマバッシャーに
はじめて仕込んだバッシング芸、「ブサヨクアスキーアートコピペ」です。
コピペのポーズを決めたまま、硬直したアズマバッシャー。その時、アズマバッシャー
は既に氏んでいました。

 それから56年……「だから、僕は君達だけにはあんな思いをして欲しくないんだよ」
と、おじさんは、皇国史観のあやまちを繰り返さないよう、今でも哀しい皇国史観
厨房たち〜氏んでいったトンキー・ワンリー・アズマバッシャーのお話を孫たちに
話して聞かせるのです。

213 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 09:33
age

214 :アズマ主義者:2001/02/27(火) 10:33
元寇の仕返しをしよう!
アズマ地区には、優秀な軍人が沢山居た!
アズマ地区は、自民党支持者だらけ!

薩摩隼人は、ヤマトなのか!?

215 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 11:55

この馬鹿は詐称アズマです。

216 :郷土戦隊大アズマ(保存用):2001/02/27(火) 14:30
もしも アズマが 弱ければ ヤマトが たちまち 攻めてくる
家は焼け 教科書は 皇国史観 君は 八丈島 送りだろう
アズマは オォ 僕らの土地だ ヤマトから 守りぬくんだ
*1
(カミカゼ エドジョウ ヨシワラ)
(ハラキリ アサクサ フジヤマ)
 俺たちの 葵のご紋が 燃えている
*2
 YAMATO GO HOME
 SHOUGUN BANZAI
 郷土戦隊 大アズマ


この世に ヤマトが ある限り いつかは アズマに 攻めてくる
西の果て ヤマトの 彼方から 天皇の魔の手が 迫り来る
アズマの 四方を 守るため 防人は オォ アズマの義務だ
*1 くりかえし
 君たちも 今すぐに 銃をとれ
*2 くりかえし


江戸城に 天皇がいる限り ヤマトは いつでも 狙ってる
尊い 犠牲を 払っても 東の土地から 追い返せ
江戸城は オォ アズマのものだ 祖先の土地を とり戻すんだ
*1 くりかえし
今すぐに ヤマトどもを ぶち殺せ
*2 くりかえし


217 :郷土戦隊大アズマ(保存用):2001/02/27(火) 14:30
「びっくり!!君の教科書もヒロヒトだらけ?」

「…郷土戦隊大アズマのリーダー、アイカミカゼこと神風猛(じんぷう・たけし)は
有事に備え、日夜体を鍛えていた。 また彼は読書することも忘れない」
(オープニングナレーションより)

 神風がふと立ち寄った本屋でパラパラ本をめくると…なんとページがすべてヒロヒト
だらけ!

○=○ ○=○ ○=○ ○=○ ○=○ ○=○ ○=○ ○=○
 π     π    π     π    π     π    π    π

「こ、これは…外見は普通の本だが、中身は…皇室礼賛、古事記、日本書紀…みんな
皇国史観じゃないか!」

 その時、「てんのうへいか、ばんざーい!」と奇声をあげ、突然おそいかかる本屋の
店員!倒された店員の姿がみるみるヤマトンマ戦闘員西国マンに! 「…やはり!
秘密結社ヤマトンマか?!」

(そのころ、秘密結社ヤマトンマ本部、悪魔の城・にせ宮内庁では…)

総統ヤマト「性感大名、洗脳5ケ年計画はどうなっておる?」
性感大名 「都内の本屋の本を全て入れ替えるまであとわずか…子供たちの教科書も
      まもなくわれらが改訂版に! 今の子供たちが大人になる頃には、我ら
      の思想が主流になっております」
総統ヤマト「行け〜!性感大和大名! すべての本を皇国史観にするのだ〜!」

 嗚呼!アズマに危機せまる!




218 :郷土戦隊大アズマ(保存用):2001/02/27(火) 14:31
次々となぎ倒される西国マン戦闘員!
ここで、秘密結社ヤマトンマの思想改造人間「ゴーマニスト仮面」登場!
「ゴーマンかましてヨカですかーー!」次々と罵倒を浴びせるゴーマニスト仮面!
吹きつけられる「強烈な悪意」と「笑えない寒いギャグ」!苦戦する大アズマ!
「天罰ボムだ!」 「オウ!」
「あ!」「と!」「み!」「っ!」「く!」
「天罰・てきめん〜っ!」5人の手から投じられたボールが空中合体!
ゴーマニスト仮面を直撃! 大爆発! きのこ雲(核爆発?)が立ちのぼる!

だがその時ゴーマニスト仮面の体内の巨大化システムが?
「新ゴーマニスト〜宣言ッ!」巨大化したゴーマニスト仮面!

「大アズマ戦艦、出動!」飛来する巨大戦艦、搭乗する5人!
「鎌倉幕府號発進!」「室町幕府號発進!」「徳川幕府號発進!」
合体する3機のメカが大アズマロボ(鎌倉大仏)に!
ゴーマニスト仮面のふるう竹槍(対B29用決戦兵器)と分厚いだけの「台湾論」シールド
を「アズマ剣・天誅勤王派ギリ!」で一刀両断!爆発四散するゴーマニスト仮面!


「…こうしてアズマはヤマトの脅威から守られた。しかし、ヤマトとの苦しい闘いは、
今始まったばかりなのだ。 郷土(アズマ)を守れ、大アズマ!」
(エンディングナレーションより)

219 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 15:42
おもしろい (パチパチ)。よくまあ、結構な長文を、次から次へと
書けるね。アズマもHPつくって、書きためた文章を、保存しておけば
いいのに。でもスレの様子からして、誰も見に来てくれそうにないから
2chでageまくった方が、効果的と判断してるということね。

「郷土戦隊アズマ」の内容を要約すると、アズマ=佐幕派ということです。
長い割には内容がないのが、唯一の問題ですね。

220 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 16:12
騒いでるのはまさかど以来 ネにもってる
茨木のペケらです。


221 :アズマの差別発言のネタ:2001/02/27(火) 17:40
>211
>>また差別というが、具体的に誰が誰を差別したのか?
>「鮮人」「スリに強姦大好き西国人」「ブサイコク人」
>「サイゴク人ヤマトゴキブリども」
>などという地域、民族差別的言い回しが多用されています。気を付けて下さい。

 「鮮人」は、ウヨ・差別主義者どもの朝鮮人に対する蔑視呼称。
 「スリに強姦大好きサイゴク人」は、キティガイ系右翼サイト日本茶での
即興詩人?平山桃さんのオッペケ節の一部「強姦大好き韓国人」の改作。
 「ブサイゴク人」とは、政治思想板などで、「サヨク」をブサヨクと呼称
しているのを参考にして、「ブ+サイ(コ)ク」人としたもの。
 「サイゴク人」とは、朝鮮差別ウヨが、在日韓国人・中国人を三国人と
差別的ニュアンスで使うのを参考に、「サンゴク→サイゴク」ともじって、
アズマに在住のヤマト族を同様のエイリアンとして揶揄したもの。

 これらアズマ側の差別発言と呼ばれているものはすべて、差別主義者自称ウヨどもが
日常的にやって、それを正当化している差別発言そのもの。
 なぜアズマがこのような差別発言を多様するかと言えば、もし差別発言を繰り返す
差別大好きウヨどもが、逆に異なった民族主義の視点から、自分が同様の罵倒をされ
たらどう感じるか、他人の痛みを教えるために敢えてやってるもの。

 アズマの主張は、右翼の民族差別を批判、揶揄するためのカリカチュアなので、
文句があるなら右翼にしろ!

222 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 17:48
凄いわ。
やっぱ、アズマの主張には凄みがあるわ。


223 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 17:57
>騒いでるのはまさかど以来 ネにもってる
>茨木のペケらです。

220は無知丸出しの厨房、バカは逝ってよし。
奈良時代に書かれた「藤氏家伝」によると、藤原氏は常陸国の出身とある。
北畠親房「神皇正統記」は常陸国の小田城で書かれ、
水戸藩の「大日本史」は勤皇思想で満ちているぞ(藁

224 :名無しさん@1周年:2001/02/27(火) 19:14
新井って?

225 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 19:20
>221
つまり、あなたは右翼が散々差別発言に使用した用語を拝借して、
地域民族差別発言を繰り返しているということですね。
あなたのお気持ちはよく分かりました。お察しいたします。
全くひどい元の発言があったのですね。彼らの差別的な発言にも
これからは積極的に反論していくことと致します。
そういうわけで、地域民族差別発言は慎んでくださいね。

226 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 19:25
>>221
目くそ鼻くそを笑う。


227 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 20:19
>>226
鼻くそ発見!

228 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 21:15
>奈良時代に書かれた「藤氏家伝」によると、藤原氏は常陸国の出身とある。

中臣氏は大和に行って天皇の忠実な臣下となった。
だからアズマから見れば民族の裏切り者だ。

229 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 21:18
藤原なんか天皇に忠実でもなんでもないよ。

230 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 21:23
>藤原なんか天皇に忠実でもなんでもないよ。

鎌足は忠実だったようなイメージがあるけどね。
中大兄皇子と組んで蘇我氏を排斥したでしょ。

231 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 21:28
コヴァ的ウヨク使用用語のアズマ主義への変換の基本は以下の通りである。

シナ・朝鮮→西国・ヤマト・西日本
日本→東国・アズマ・東日本

この法則さえ分かっていれば、すべては簡単。

232 :アズマ差別発言の元ネタ!!:2001/02/27(火) 21:30
>211
>>また差別というが、具体的に誰が誰を差別したのか?
>「鮮人」「スリに強姦大好き西国人」「ブサイコク人」
>「サイゴク人ヤマトゴキブリども」
>などという地域、民族差別的言い回しが多用されています。気を付けて下さい。

 「鮮人」は、ウヨ・差別主義者どもの朝鮮人に対する蔑視呼称。
 「スリに強姦大好きサイゴク人」は、キティガイ系右翼サイト日本茶での
即興詩人?平山桃さんのオッペケ節の一部「強姦大好き韓国人」の改作。
 「ブサイゴク人」とは、政治思想板などで、「サヨク」をブサヨクと呼称
しているのを参考にして、「ブ+サイ(コ)ク」人としたもの。
 「サイゴク人」とは、朝鮮差別ウヨが、在日韓国人・中国人を三国人と
差別的ニュアンスで使うのを参考に、「サンゴク→サイゴク」ともじって、
アズマに在住のヤマト族を同様のエイリアンとして揶揄したもの。

 これらアズマ側の差別発言と呼ばれているものはすべて、差別主義者自称ウヨどもが
日常的にやって、それを正当化している差別発言そのもの。
 なぜアズマがこのような差別発言を多様するかと言えば、もし差別発言を繰り返す
差別大好きウヨどもが、逆に異なった民族主義の視点から、自分が同様の罵倒をされ
たらどう感じるか、他人の痛みを教えるために敢えてやってるもの。

 アズマの主張は、右翼の民族差別を批判、揶揄するためのカリカチュアなので、
文句があるなら右翼にしろ!




233 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 21:40
アズマの優勢は確定したな。
しかし、骨の髄まで民族差別に凝り固まったコヴァ(=日本の恥)を
滅ぼすには、まだまだ困難な戦いが続く。
勝って兜の緒を締めよう。


234 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 21:46
いつの間にウヨサヨ論になったんだこのスレッドは
どうせ両方とも未来のない排他主義ひきこもりだろう
生活保護だけで暮らして生産力はゼロの君たちは
生きているだけ税金の無駄だからさっさと死んでね

235 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 21:53
>233
差別発言への忠告がよっぽどこたえたと見える。

236 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 21:53
オレは本当に、アズマの同志に謝りたい。
一時期、正直言ってオレも面倒くさくなって、
ほとんどカキコをしなかったんだ。
しかし、荒らしや新井、コヴァと必死に戦い続けている君たちの姿に
オレは猛烈に心を揺さぶられた。
すまないー涙を流しながら、オレは今回の荒らし攻撃を防ごうと、
精一杯できる限りのことをしたんだよ。
それが少しでも、アズマの同志の助けになったのなら、
これほど嬉しいことはないよ。
そしてもし、オレの一時の気の迷いを許してくれるなら、
また戦いに加えてくれ。 たのむ

237 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 21:54
>勝って兜の緒を締めよう。
ってところが、必死度アップでなおよし。



238 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 22:03
>>232
なんだ、要するに同級生にいじめられている中坊が
逆ギレバスジャックして「いじめる側」になるのと
同じことをしたかっただけなのか>アズマ君

239 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/02/27(火) 22:11
こんな私でも、協力さてくれ>アズマの同胞・同志
私は、「天皇制」反対の考えには到達(?)していないが、
それでも東人・武州男児・関東侍だ。

240 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/02/27(火) 22:12
訂正:協力させてくれ

241 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 22:29
>>238
ドキュンウヨによる差別的発言は国益を損ないます。
それを止めさせようとする良心的日本人が、頭の悪い天皇制ウヨクに
どうやって彼ら自身に、彼らの差別的発言の酷さを自覚させようかと
考えた結果がアズマなのです。

しかし、実際はアズマの思っていた以上に
天皇制ウヨク=アズマサヨクの知性のなさは深刻でした。

突如出現した「アズマ」が自らの行為のカリカチュアであることに
まったく気づくことができず、ただうわごとのように
「サヨクが!サヨクが!」と繰り返し泣き叫んでいるだけでした。

それを見るに耐えかねたアズマが、ネタばらしをしてあげたのですが、
こんどは馬鹿にされていたと知ったアズマサヨクが騙りや
コピペ荒らしをして迷惑をかけています。

242 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 23:30
>>頭の悪い天皇制ウヨクにどうやって彼ら自身に、彼らの差別的発言の酷さを
>>自覚させようかと考えた結果がアズマなのです。

つまり、アズマ主義じゃ自覚させることが、できなかったってことね?
相手の知性のなさを一方的に詰るだけでなく、方法論自体の欠陥も反省しなきゃね。

>>差別的発言の酷さを自覚させる

こればっかりはねぇ・・個々人の良識しか最終的には頼りになりませんな。
世の中って、そういうもんでしょ?



243 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 23:32

あの・・・アズマ「主義」と、思想を展開してる時点で

日本史板ローカルルールに抵触するのですが・・・

削除人さまはどうお考えなのでしょうかね?

アズマ=削除人?

244 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 23:34
>241

そのとおり。バカのバカさを指摘したから、キレたんだろう(藁

でも、こわかたよなあ。去年の年末くらいだったけ。
ヤマト派の一部が、アズマの主張を曲解して真剣になって議論してるんだもん。
まあ、まだ政治思想に関心のある真剣な人間を小馬鹿にするのも可哀想だし、
それ以上に気持ち悪かったので、ネタばらしをした。
それが、2階に登らされた上、梯子をはずされたみたいに感じちゃったんだろうね(藁

国粋主義、民族主義の極端なカリカチュアのアズマを批判しようとすると、どうしても
価値相対論・文化相対論を持ち出して批判せざるをえない。
でもそれって、右翼や左翼が批判してやまない「戦後民主主義」の思想なんだよね。
だから、アズマを批判するということは、自分たちの民族主義、伝統重視の
右翼・保守の「戦後民主主義」批判と同様にならざるをえない。
そこに巧みに誘導されていたことに、なけなしの自尊心を傷つけられてしまった。
それが、今回の荒らしの正体だろ。
ヤマト派にも、国民国家の良い部分・悪い部分をわかった上で、アズマの主張を
冗談めかして流すヤマト氏や性感氏のような者もいるが、このスレのテーマである
国民国家、民族主義批判の本質を理解せず、単なるヘイトスレッドと思いこんでるアホも多い。

245 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 23:53
 つまりアズマ批判で右翼・保守は、戦後民主義者と立場が逆転してるわけだ。
右翼・保守を戯画化した超伝統主義、超拝外主義を批判するあまりに、
文化の相対性や他文化受容の立場でアズマを批判せざるを得ない。

 でも、それは右翼・保守が普段、伝統軽視、無国籍主義と批判してやまない
「戦後民主主義」の立場そのものなわけだ。
 この皇国史観スレッドで右翼・保守は、アズマの主張の矛盾点を突こうと必死になった
そしてアズマ蒔いた、矛盾点まるだしのエサにまんまと食いつき、アズマの弱点と思われた、
アズマ伝統の欺瞞性、アズマ民族の成り立ちの曖昧さをまんまと批判した。
 でもそれは、右翼・保守の抱える伝統の欺瞞世、民族、国民国家の不確かさを
あぶり出すためのエサだったわけさ(藁

 この国民国家や民族文化、伝統にたいするアズマ側からの異議申し立てには、
ヤマト側からは、なんら適切な反論がなされていない。これこそが、このスレの
真のテーマなんだろうね。
 こそスレは、煽りスレに見えて実は、東アジアの辺境の島嶼で現在絶対と
信じられている、国民国家幻想、民族主義幻想を、歴史的視点から、
なぜ近代にそれが出現し、それを担ぐ必要性があったのか、また国民国家
に替わる概念はないのか、などをを真摯に追求する学術スレッドなんだよ(藁

246 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 23:55
だいたい、天皇制とナショナリズムの問題をゴッチャにしてる時点で
頭わるい。現代の天皇制は、基本的にナショナリズムの問題ではなく
法律問題ですよ?

247 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 23:58
結局、既存ウヨであれ、新興のアズマウヨであれ、ウヨの本質は差別主義者という結論ですか?

248 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:00
>だいたい、天皇制とナショナリズムの問題をゴッチャにしてる時点で
頭わるい。

そんなの個々人の問題だろう。あんたにとっては法律問題かも
しれないが、別の人間にとってはそうではない、ということも
ありうるだろうが。あんたのほうが頭悪いと思うが。

249 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:09
>>248
あなた、日本国憲法って、読んだことある?

250 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:15
憲法だけが世の中じゃないだろうが。

251 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:18
おれは天皇制支持だけど>>246はナンセンスだと思う。


252 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:21
日本国憲法は、日本の最高法規なんだから、当然、全ての日本人は
それに従う義務があるわけやん。日本が法治国家ならね。

253 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:28
>>252
憲法など可変的なものだろう?それに人間ってやつは
法律を敢えて犯すことも場合によってはある生き物。
あんたの言ってるのは人間じゃなくてロボットかなんかの話だろう?


254 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:31
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



255 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:31
>252

憲法は、機械装置としての国家制度の基本を成文化して定めたものにすぎない。
憲法は、基本的に制度であり、道徳規範ではない。道徳規範と法規範は違う。
 法規範とは、国家の暴力装置によって、その実行性が担保された制度であり、
別に個人の心情・内心まで拘束するものではない。

 そういう意味で、日本国憲法の根底にあるイデオロギーと成文法の憲法をごっちゃに
して考えると混同する。法規範性のある成文法としての憲法には、最高法規として
日本国民は強制的にしたがわされるが、それは憲法に従わない場合に国家に
強制されるだけの話。
 だから、成文法以前のイデオロギーとしての憲法に、国民は従う義務はない。
それは、憲法自身に内心の自由として規定されている。それが、道徳と法律を
峻別する個人主義的近代法治国家というもの。

256 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:32
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




257 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:33
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



258 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:34
>>247
同じナショナリストであるならば、国家愛・郷土愛というスケールの差こそあれ、
アズマウヨと天皇制ウヨの主張は必然的に似通ってくることでしょう。

同胞の誇りを高めるために、他の集団をこき下ろしたりするでしょうし、
逆に郷土を貶すものはバッシングされるでしょう。

国家ナショナリズムは、東西ナショナリズムによって分断され、
そして東西ナショナリズムは地域ナショナリズムによって細分化されます。

ナショナリズムの欺瞞と矛盾を純真な破瓜期ウヨ君たちにも
よく考えて欲しいと思っています。

259 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:35
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




260 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:35
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



261 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:37
>>253
日本人の中に「憲法に抵触する行為を侵すものがいる」という事実と
日本人は全て「憲法を尊重する義務がある」という法律論を、まぜこぜに
したらあかんよ。事実として全ての日本人が憲法に則った生活を
しているかを問題にしてるわけではない。そんなことは原則論の問題とは
関係ないしね。憲法は可変的というのは、そのとおり。だから現行の
「象徴天皇制」は、改憲されるまで有効ということ。

262 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:38
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

263 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:38
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



264 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:39
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




265 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:40
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



266 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:40
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


267 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:42
>>255
「憲法の根底にあるイデオロギー」ってなんやねん。
言論の自由と基本的人権の尊重と平和主義ですか?

268 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:42
>>261
>憲法は可変的というのは、そのとおり。だから現行の
「象徴天皇制」は、改憲されるまで有効ということ。

改憲されるまで有効、ということに異議をはさんでいる人間なんて
とりあえずいないんじゃないか?そういう憲法の有り方に異議を
もつ人間はたくさんいる、ということだろう。
255氏のレスが言い得て妙なのでは?

269 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:43
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



270 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:46
政治思想板にうつりましょう


271 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:47
>261

だから、それは本質論ではなく。現実論だろ。
制度の本質を考えず、既存の制度がなんとなく替わるまで、
それに従うべきというのは、思考停止だろ。
思想制度にはそれを作った意味があり、その趣旨を考えて、
変えるべきか、変えないべきか考えて、行動するのが
自由意志をもった人間としての当然の行為だろ。
象徴天皇制でも、既存の憲法秩序でも、国民国家でもいいが、
それの存在意義を考えず、なんとなく場の空気で、
人が守っているから、なんとなく人が守らなくなるまで守ろう
というのはおかしいだろ。象徴天皇制もそう。
憲法にあるから、国民がそれに心情的にも拘束されるというのは、
憲法を道徳規範とごっちゃに考えているのでは?

272 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:49
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




273 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:51
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



274 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:51
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




275 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:52
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



276 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:52
>267

究極的には個人主義だろ。
社会から個人を峻別し、社会から浸食されない個人の領域を確保する。
それが、現在の憲法のイデオロギーの根本だろ。
後は、平和主義も、人権、民主主義もそのための道具的概念なんだろうね。
これは、おそらく現在の社会・経済体制を確立するために作られた概念なんだろうね。

277 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:54
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

278 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:55
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



279 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:58
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




280 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 00:59
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

281 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:00
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



282 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:01
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




283 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:01
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


284 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:03
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



285 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:04
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




286 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:05
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


287 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:07
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



288 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:08
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




289 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:08
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



290 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:10
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

291 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:13
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



292 :アズマ:2001/02/28(水) 01:13
議論に負けそうになるとこれだもん!
やっぱ、アズマバッシャーって、削除依頼か、荒らししかできない知的弱者!

293 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:14
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




294 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:15
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



295 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:15
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




296 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:16
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



297 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:16
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




298 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:19
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


299 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:20
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



300 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:22
だから、政治思想の板でやってやるっていってるの!!


301 :世界@名無史さん:2001/02/28(水) 01:25
アズマ人の定義を簡潔に述べよ。

302 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:25

  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



303 :アズマ:2001/02/28(水) 01:27
しかし、削除依頼がダメなら荒らしか。
削除依頼人のお里がしれたな!
これも、削除板で削除依頼人に報告だな(藁

304 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:29
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



305 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:32
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

306 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:33

  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

307 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:34
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



308 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:37
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




309 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:39

  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




310 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:43
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



311 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:43
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




312 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:49
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

313 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:50
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



314 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:51
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




315 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 01:52
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



316 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 04:27
243 名前:日本@名無史さん投稿日:2001/02/27(火) 23:32

あの・・・アズマ「主義」と、思想を展開してる時点で

日本史板ローカルルールに抵触するのですが・・・

削除人さまはどうお考えなのでしょうかね?

アズマ=削除人?

317 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 05:37
ここは日本史板です。 以下の質問に返答が無い場合は、
日本史板に関係ない電波思想と判断して、消去を希望します。

実際は保守派内部で、薩長を非難し幕府を擁護する意見が、
会津人などを中心としてかなり以前からあったのだよ。
しかし彼らは反薩長であっても、反皇室ではない。
(幕府や会津の人は尊王だっだから、当然のことだ)。
それを見た左翼が、(東国の人間の)反薩長の感情を、
反皇室とこじつけようと試みているのではないか?

アズマ人の定義とは、何か?

318 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 07:09
>>317

こらこら。
「思想」がテーマである時点で日本史板ローカルルールでアウトだってば。
思想板がふさわしい。

319 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 08:17
ばかちゃう?
頭の弱いインチキ保守がどうこうというのと、今回の話となんで関係があんの?
だいたい、皇室ってのは平和主義・環境配慮主義だからサヨクだぞ。

320 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 09:01
age

321 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 09:33
>>317
>>319

日本史板での話題ではありません。
政治思想板でやってください。



322 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 11:14
>>317
そもそも左翼政党の強い所といったら大阪をはじめほとんど西日本だもんな
長州毛利の故郷広島なんかプロ野球団まで真っ赤という有様

真のアズマ主義なら都民の選んだリーダー石原陛下を讃えるべし

323 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 11:47
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ
蛮人の悪しき遺伝子は駆逐せよ

324 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 12:19
夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし夷は逝ってよし

325 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/02/28(水) 12:24
>似非アズマへ
極端ないしは下らんレスや荒らしをして、”アズマ”の
信用を落しているんだろう?

326 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 14:47
よくわからないが、
確かに天皇は、コヴァの基準からしたらサヨクになる気がする。
そのサヨクを、保守が担いでいる体制はどう見ても不自然。
その意味で、やはりヤマトはおかしいと思うね。


327 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 15:41
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


328 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 19:16
>326
左翼思想は政治思想板でね。


329 :荒らし撃退宣言!:2001/02/28(水) 22:13
もはや、荒らし屋の攻勢は潰えたと考えていいのか!
今回も我らアズマの勝利かな?
今回の荒らしは、悪質なヤマト派による言論によらない弾圧だった。
しかし、我らアズマは、良心的なヤマト派の力添えもあって荒らしを撃退した!
我らの未来は明るい!立てアズマの子らよ!
いまこそ我らアズマの見果てぬ夢。王道楽土をアズマの地に実現するんだ!

330 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 22:13
>真のアズマ主義なら都民の選んだリーダー石原陛下を讃えるべし

石原はサイゴク人だよ。
出身地もイデオロギー的にも。


331 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/02/28(水) 22:20
三成如き近江の商人風情が、三河と尾張の兵(つわもの)に
刃向かうなんぞ戯けにも程がある。
ましてや、関ヶ原から逃走し、山に逃げ隠れ。
慶長三年(1600年)は、(広義での)東の栄光の年なり。

332 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 22:50
ウヨもサヨ差別ネタが大好きなんだね
喧嘩しないでさっさと自分たちが兄弟だということに気がつけばいいのに
右端の隣は左端なんだぜ

333 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 23:10
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


334 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 23:11
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



335 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 23:12
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


336 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 23:13
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



337 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 23:15
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




338 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/02/28(水) 23:18
荒らしも断末魔ブサイゴク人の悪あがきの証拠だな(藁

339 :アズマ:2001/02/28(水) 23:27
>338

 削除人からも、日本史板の多数派からも見放されてイカ荒らしに退行(藁
いいかげんに、イカ荒らしのアズマバッシャーは、日本史板からいなくなれ!

340 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 00:00
317の左翼は、現憲法の天皇条項に対して保守派か改革派かと
云う意味の左翼です。誤解を招いたみたいです。
これ以上日本史的な話の展開が見られないないようなので
消去を引き続き希望します。

341 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 02:04
age

342 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 02:09
サヨクの天皇が保守の上に乗っかってるって・・
ヤマトはまさに”キメラ”だね。

343 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 02:42
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


344 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 02:44
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



345 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 02:44
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


346 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 07:19
age



347 :名無し:2001/03/01(木) 10:36
チョンの流入を260年間阻止したトクガワ幕府は偉い


348 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 10:44
秩父宮も東亜新秩序の建設に消極的で、
悪い蒋介石と手を組もうとしたから、
明らかに国賊。
おそらくは支那の手先だったのだろう。


349 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 10:49
皇道派を弾圧した昭和天皇に至っては
ウヨクの対極にあるとしか言いようがない。
洋行してイギリス好きだったのだから、
西欧の手先・売国奴だったのだな。

350 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 12:06
>>374
明治の国賊どもが余計なことさえしなければ
チョーセンの汚れた血が日本に入ってくることなどなかったのだ

351 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 12:09
神国へのチョンの流入を許したのが
明治の最大の失敗だったな

352 :"削除"板より転載:2001/03/01(木) 13:39
>>168
>君たちって、「日本史の中の思想についての論議」ではなく、
>「今現在の自分たちの主張」をしてるんでしょう?

>自分たちでそう言ってたじゃない?

>「思想の主張」は素直に「政治思想板」にて展開してください。
>あそこで削除依頼は出ないでしょう?


>これは「撤退」でも「勝利」「敗北」でもないのですよ。

>「板違い」。

>なので「板違い失敬した!さらば!」とでも言って
>郎党を引き連れて去っていけばいいのです。
>どうか。




353 :安全宣言!:2001/03/01(木) 16:05
表題が部分削除されてから3日。
どうやら、荒らしも削除も攻勢も撃退したようだ。
さあ、今後もじゃんじゃん、インチキ民族主義者、インチキ伝統主義者
どもの歴史認識の誤りを正しいアズマ郷土歴史観で追求していこうぜ!

354 :勝海舟の北条義時評:2001/03/01(木) 16:18
 北条氏の憂えるところは、ただ人民ということばかりだった。
 それゆえに栂尾の明恵上人が、あるとき、泰時に向かって、
北条氏が帝室に対する処行につきて忠告した際にも、泰時は、
「いかにもおそれ多いことだけれども、民百姓のことを思うと、
やむなくかくせざるをえないと、先父も常々申された」と答えたそうだ。
 その決心は、実に敬服すべしだ。

 北条氏は、このとおり善良な政治家であったけれども、いずれも
無学文盲で、後醍醐天皇の勅文をさえ読むことができなかった。
 しかし、実際の手腕は、あのとおりさ。
陪臣、国命を執れば亡ぶと、聖人はいわれたけれども、北条氏は九代
も続いたではないか。
 人民を離れて尊皇を説くのは、そもそも末だわい。
/////////////////////////////////////////////////////////

 アズマ魂、アズマ的伝統とは、土地からの上がりだけで生きる寄生地主的
荘園経済の担い手、貴族・天皇家を廃し、土地に土着し現地の土地管理者として
農民とともに生きた武士階級の精神、伝統なのだ!
 シナ、朝鮮起源の律令国家体制は、日本独自の封建国家体制に打倒された。
律令国家体制を支えた階級こそ、貴族天皇家一派であり、日本独自の封建国家
体制を寄生虫どもと戦い築きあげた階級こそアズマを中心とした武士階級なのだ!
 なぜ、武士階級が貴族天皇家に勝利したのか?それは武士階級の方が、
土地・民衆に根ざした「民百姓のため」の政治に心がけたからである!

355 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 17:02
>アズマを中心とした武士階級なのだ!

北条氏は桓武平氏だからアズマじゃないよ。

356 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:02
歴史学的には東国を代表する豪族三浦氏を奸計で滅ぼした
アズマの敵という方が正しいよな>北条一族

357 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:04
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

358 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:04
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


359 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:05
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

360 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:06
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



361 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:07
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

362 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:09
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

363 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:11
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


364 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:11
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

365 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:13
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



366 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:15
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

367 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:16
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


368 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 18:17
手作業?

369 :世界@名無史さん:2001/03/01(木) 18:34
削除人が、これを削除しない時点で、
これまでの削除がいかに「身勝手な独善」「政治的偏向」だったか
が分かるな。

削除人となのる人間の、ダブスタぶりを表すのに最適なスレッドだ。
このままさらしあげておけ

370 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 19:56
>武士階級の方が、土地・民衆に根ざした「民百姓のため」の政治に心がけた
うそこけ。貴族との二重支配で百姓を苦しめただけだろ。
「農民は生かさず殺さず」が江戸幕府のやり方だったらしいな。
刀さしてふんぞり返ってないで、自分で耕せっての。まあ、徳川幕府は結局滅んだが。

371 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 20:26
>>370
うそこけ。そりゃ豊臣だろ。
年貢も豊臣の方が重かったらしいな。

372 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 20:55
>371
「刀さしてふんぞり返ってないで、自分で耕せっての。」
これには同意見ってわけだな(藁。



373 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 21:11
皇国史観あげ

374 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 21:12
東条英機あげ

375 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 22:37
ヤマトゴキブリあげ

376 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 22:58
バンドウエイジさげ

377 :アズマ:2001/03/01(木) 23:13
このスレッドは日本史板の良心。
このスレッドが滅亡するのなら、
日本史板の良識が崩壊すると言うことだろうぜ!

378 :諏訪大社の氏子:2001/03/01(木) 23:25

さて、と。少し落ち着いたようですね。

我々としては天皇教カルトの欺瞞性を暴くネタはどこにでも転がってるんですから、あまり煽りっぽいこととかやらなくてもと思います。ま、偽ウヨ、ヤマトウヨがあまり口汚く近隣諸国を罵る場合は彼らの行為を皮肉る意味でのアズマ的排外主義もありかな?とは思いますが、アズマの基本は地域間での文化・伝統の相互尊重ですから、それを疑われるような言動は慎みましょう。

で、近代天皇制の欺瞞はこれまで十分このスレで暴いてしまいましたが、それに先立つ天皇制も全面的に肯定出来るような代物ではないですね。まぁ、ヤマトの伝統ということでアズマが口を出す筋合いではないかも知れませんが、勝手に千代田城を占領していてアズマと無関係とは言えませんからね。一応言いたいことは言わせて貰います。

天皇カルトの原点は私は天武天皇だと思うんですがどうでしょう。日本という国号の正式採用も、天皇という称号を考案したのも天武らしいし、記紀をでっち上げたのも天武のイニシアティブによるものらしい。さらに天武というのは大変な中国カブレで、特に道教にハマっていたらしい。それで在来の八百万の神々への信仰に道教を無理矢理ミックスして「神道」を作った − 神道というのは「神ながらの道」の意味と解釈されてますが、これって「神事」と「道教」のミックスとも解釈出来ますよね。

ということで、近代の天皇一神教に先立つ禍悪として、元祖天皇カルトとその教祖、天武の話も少しはしませんか?


379 :"削除"板より転載:2001/03/01(木) 23:27
>君たちって、「日本史の中の思想についての論議」ではなく、
>「今現在の自分たちの主張」をしてるんでしょう?

>自分たちでそう言ってたじゃない?

>「思想の主張」は素直に「政治思想板」にて展開してください。
>あそこで削除依頼は出ないでしょう?


>これは「撤退」でも「勝利」「敗北」でもないのですよ。

>「板違い」。

>なので「板違い失敬した!さらば!」とでも言って
>郎党を引き連れて去っていけばいいのです。
>どうか。


380 :諏訪大社の氏子:2001/03/01(木) 23:28

ちなみに我々の近代天皇制批判に対して幕末の東国諸藩が勤王だったことを指摘して何か言ったつもりになっている人がいるようですが、天皇一神教は明治維新以後のことであり、存在しない天皇一神教に対して東国諸藩が反対出来るはずがない、という点を指摘しておきましょう。


381 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 23:33
>>380
あんたそれ前半と後半かみあってないよ。

382 :諏訪大社の氏子:2001/03/01(木) 23:34

天武の暴挙として知られるのに天武十年七月の天下大解除がある。この時天武は諸国の国造に命じて奴婢を祓柱として供出させています。

祓柱というのは分かりやすく言うとお雛様みたいなものです。ただし今のような飾り雛ではなく、流し雛。お祓いをする時に自分の「穢れ」をこの祓柱につけて流し捨てるわけです。天武はこの祓柱として生身の人間を使った。

もともと「穢れ」というのは人間につくモノであって穢れた状態の人間はいても穢れた存在の人間はいなかったはずです。ところがこの時天武によって祓柱として使われ、穢れをつけられちゃった人達というのはもはや穢れを落とすことは出来ず、ずっと穢れたままの存在になってしまったわけです。だって相手は日本最強の呪術師、スメラミコトですよ。その呪術を覆すことが出来るのは天皇をブチ殺して天皇以上の呪術師であることを証明した者だけでしょ。

で、この人達はどうなったんでしょうね。まさか流し雛みたいに川に捨てることも出来ないでしょう。生きてる人間ですからね。絶対泳いで逃げますよ。そうなると彼らはついている「穢れ」をまき散らしながら日本中を逃げ回ることになるでしょう。

ま、手足縛って川に投げ込めば泳いで逃げる心配はないですが、そんなことしたら死んじゃいますよね。もしその死体がどこかの村に流れ着いたら…。想像するだに恐ろしいですね。日本中の穢れを押し付けられた上に川に投げ込まれて殺されれば、穢れだけじゃなくて怨みまで背負ってますからね。そんな者の穢れや怨みをどうやって浄めることが出来るんですか?出来ないでしょ。

実際に川へ流すことが出来ず、流さなければ祓柱の意味を持たないなら、象徴的に流すしかないでしょ。橋の無い川を渡って彼らは川向うに追い立てられたのでしょう。そして、その場(河原)に留まって故郷に帰ることを許されなかった。「逃げたら故郷の家族も皆殺しだぞ」って。

でもこれって天武にすれば便利ですよね。臣下の嫌がる穢れ仕事も河原の連中に命じてやらせりゃいいんですから。河原に住むことを強要され、他に生計の途を持たないんですから、嫌も応もなく命じられた穢れ仕事をしますよ。

そして天皇は封印された「穢れ」の閉じ蓋として誰にも外せない存在になった。


383 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 23:44
いいから政治思想版へ帰れよ

384 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 23:54
そう言えば「橋のない川」って大和国(奈良県)が舞台だったな。
ヤマトは部落差別が激しいのはどうやら本当らしい。

385 :日本@名無史さん:2001/03/02(金) 00:00
これって韓国人排斥スレッドに並ぶ究極の煽りスレッドだよな
最初に政治思想板で作った奴も
よもやここまで厨房が集まるとは思わなかったに違いない

386 :日本@名無史さん:2001/03/02(金) 00:09
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

387 :日本@名無史さん:2001/03/02(金) 00:11
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


388 :日本@名無史さん:2001/03/02(金) 00:12
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

389 :日本@名無史さん:2001/03/02(金) 00:13
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


390 :日本@名無史さん:2001/03/02(金) 01:32
age

391 :"削除"板より転載:2001/03/02(金) 02:47
>君たちって、「日本史の中の思想についての論議」ではなく、
>「今現在の自分たちの主張」をしてるんでしょう?

>自分たちでそう言ってたじゃない?

>「思想の主張」は素直に「政治思想板」にて展開してください。
>あそこで削除依頼は出ないでしょう?


>これは「撤退」でも「勝利」「敗北」でもないのですよ。

>「板違い」。

>なので「板違い失敬した!さらば!」とでも言って
>郎党を引き連れて去っていけばいいのです。
>どうか。

392 :日本@名無史さん:2001/03/02(金) 21:12
age



393 :世界@名無史さん:2001/03/02(金) 23:00
ヤマトは侵略主義者!
アズマは平和主義者!

394 :アズマの良識派:2001/03/02(金) 23:21
なんといっても、アズマは荒らしを完全に撃破した!
良識ぶって、このスレを差別スレだのなんだのと言っていた奴らは、
このスレの反皇国史観が怖いだけのヘターレ悪質ヤマト族だった。
いろいろ誹謗スレ立てたり、固定ハン叩きやってるが、
これがアズマスレ叩きしてた奴らが、低脳、卑怯者、弱虫、クズのなによりの証拠。
良識派なら、イカ荒らし、コテハン叩き、誹謗スレ、削除板での嘘八百など、
変質者なみのことはしないだろ(藁

395 :>391:2001/03/03(土) 00:56
この板には皇国史観に基づいた書込みが山ほどある。
一つ一つ反論するのが面倒なので纏めてこのスレがある。
それとも皇国史観に反論してはいけないのかなー?

396 :名無し:2001/03/03(土) 01:25
関西にチョンが多いのでなく
関西が元々チョンなんだよな
だからトミーズ雅とかあんな顔でも堂々と住める
西日本もチョンも嫌いだけど九州南部は別だな
あそこの人たちは非朝鮮顔の人多いし



397 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 01:30
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


398 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 01:31
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



399 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 01:32
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


400 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 01:33
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



401 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 01:34
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


402 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 01:36
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



403 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 01:39
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

404 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 02:34
このスレは、朝鮮系右翼VS部落系左翼の戦いなの?
お互い差別の矛先をどちらに向けるかの戦いをしてるみたいだ。
どちらにしても板違い。

405 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 03:59
朝鮮系がアイヌ系を差別したのが部落差別の起源だろ?
関西辺りで今でも被差別部落が多いのは、
部落を差別する関西人が朝鮮系だってことだな。

406 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:18
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


407 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:19
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




408 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:20
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


409 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:21
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




410 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:22
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


411 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:25
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)



412 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:28
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




413 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:29
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


414 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:32
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

415 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 06:33
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)




416 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 09:02
もうわけわかんない

417 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 09:06
>>395
当該スレで反論してください。

418 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 09:08
>君たちって、「日本史の中の思想についての論議」ではなく、
>「今現在の自分たちの主張」をしてるんでしょう?

>自分たちでそう言ってたじゃない?

>「思想の主張」は素直に「政治思想板」にて展開してください。
>あそこで削除依頼は出ないでしょう?


>これは「撤退」でも「勝利」「敗北」でもないのですよ。

>「板違い」。

>なので「板違い失敬した!さらば!」とでも言って
>郎党を引き連れて去っていけばいいのです。
>どうか。




419 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 10:05
皇国史観

420 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 10:05
東条英機

421 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 13:33
東条英機はサヨクである!

422 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 18:59
ヤマト撲滅あげ

423 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 19:12
皇国史観もサヨクである!
人民という弱者を慈しむ天皇(この行動はサヨク)を称える史観なのだから。

424 :アズマ:2001/03/03(土) 19:16
今週は様子見でおとなしくしてたが、来週あたりから攻勢をかけるぞ!

アズマの諸君、日本史板の厨房差別主義者クソヤマトども、
インチキ伝統・インチキ愛国心で、アズマ人をあざむくウヨクソどもを、
日本史板から撲滅し、浄化された日本史板を再建するんだ!

ウヨクソどものインチキ伝統の破綻はあきらかだ!
それに反論できないからって、こそくにアズマ板を攻撃した。
ヤマト、ウヨウソどもは、一部良心的な分子を除きすべて卑怯者のクソだ!

425 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 19:22
ヤマトの精神分裂ぶり(サヨク天皇をウヨクソが担ぐ)は明らか。
地域に根ざした真の保守主義(=アズマ)に立ち帰れ!

426 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 19:24
>425

おお、同士よ!分割された削除依頼板にまた削除抗議の抗弁しといたぞ!
今週は様子見でおとなしくしてたが、来週からまたいつもどうりの平常運転でいくぞ!

427 :新しい日本史板"削除"依頼スレッド:2001/03/03(土) 19:27
監視すべき削除板の日本史板削除依頼スレッド

スレッドごと削除(未処理分)は以下のURL
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=983595951

レス削除
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=983601702

ちなみにこういうのもあります。
削除依頼@マルチポスト
http://teri.2ch.net/test/read.cgi?bbs=saku&key=970520692

板違いの同趣旨スレを複数の板で見かけた時は
ここの方が簡単に削除してもらえるよ。

428 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/03/03(土) 20:05
東国の裏切り者 清河八郎晒し上げ!

429 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 20:45
清川八郎いまいちわからん人物だが、勤王派というより、
幕末の動乱で一山当てようとした、単なる山師だろ。
もし、清川八郎のこころみが一時的に成功していても、
赤報隊みたいに、結局は薩長藩閥サイゴク人どもにに始末されてただろ。

430 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/03/03(土) 20:52
相良も自業自得とはいえ、薩長&岩倉に使い捨てにされたもなぁ。
赤報隊事件も西国人の狡猾さと冷酷さの現れだ。

431 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 20:55
投獄人撲滅あげ

432 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/03/03(土) 20:55
赤報隊事件って、朝日新聞社神戸支局襲撃事件の事じゃないよ(藁

433 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 20:57
投獄人のアヅマ皇国史観反対あげ

434 :酔鯨ジョーカー武蔵之守:2001/03/03(土) 21:04
薩長&討幕派公卿晒し上げ!

435 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 21:05
>434
ひねりがほしいところだが・・

436 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 21:08
佐幕イデオロギーの究極の到着点は、天皇制の否定のアズマ至上主義である。


437 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 21:13
党獄百姓アヅマ一揆鎮圧征夷あげ

438 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 22:20
由緒あるアヅマだら、郷土の言葉を使うべさ。
ゆがすい言葉も使えねだら、アヅマでね。

439 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 22:45
そうだ
以後、このスレはアズマの言葉でいくべし

440 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 02:16
あげ

441 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 03:02
言葉も、もっと混沌としたものでいいだ。
公家言葉がゆかしいだの、田舎なまりは恥ずかしいだの、
ヤマト(=明治国家)の言い草はなんとも横暴だべ。
郷土愛があるのならお国言葉丸出しで
なんの恥ずかしいこともねえべ。

442 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 03:37
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

443 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 03:37
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


444 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 03:38
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

445 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 04:25
そんなにこのスレが嫌なのか?
このスレに限ってそこまでして荒らすのは、
傍から見ていても不自然に思うぞ。

446 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 05:47
もういい加減にやめて下さい。
こんな荒れたスレが上の方にあると不愉快になります。
一部の人たちのおかげで迷惑を受けている第三者のことも考えてください。
2chだからといっても度が過ぎています。



447 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 06:46
↑かるしうむの足りたいノータリンのバカ

448 :アズマ:2001/03/04(日) 06:49
さあ、今週から気合いを入れてガンガンいくぜ(藁

南蛮起源のインチキ習慣・インチキ愛国心を平然と主張する
ウヨクソどもを真の伝統の守り手アズマさまの力で撲滅しようぜ!

449 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 06:50
日本の歴史は、東国文化こそが真に優越した文化であることを証明している。
平安以降、堕落した西国人は、堕落した政治体制しか作りえず、
東国人こそが、堕落した西国文化を打倒して、美しき歴史作り出してきたのである。

承久の乱しかり、建武の新政しかり、室町幕府の堕落しかり、織豊政権の堕落しかりである。
東国人は、これら堕落した下等な西国人による腐敗した文化を打倒し、
健全な政権を東国に作り出してきたのであり、
西国は東国に支配されることによってのみ、まともな文化発達が遂げられたのである。
明治以降の歴史は、西国人による日本総堕落化の自虐的歴史であり、
我ら独立自営の東国人によって、打倒されねばばらない!!!

450 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 06:50
我々アズマ至上主義者によってアズマ民族の主権国家が確立された暁には、
源頼朝公が創始した最初のアズマ国家である鎌倉幕府の政体を模して、
国家機構は下記のように改名される。

立法
衆議院→評定衆
参議院→引付衆
行政
内閣→政所
内閣総理大臣→執権
司法
裁判所→問注所

防衛庁→侍所
防衛庁長官→侍所別当

451 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 06:50
我々の政治目標は以下の通りである。

・異民族ヤマト(西国人)の東国からの追放
・鬼畜薩長による押しつけ天皇制の解体
・糞官軍の戦死者を祭った靖国神社の撤去
・蛮族の土人ヤマトの酋長天皇の京都への強制送還
・アズマ民族(東国人)の主権回復
・徳川将軍家の末裔の国家元首化
・蛮族ヤマトの劣等文化の抹殺
・アズマ民族の先人達の名誉回復
・アズマ民族の伝統的武道文化の興隆とアズマ民族精神主義教育の普

452 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 06:51
東国は、西国にくらべ、独立自営の武装農民が作り上げた天地だ。
天皇中心、中央集権的な西国思想を撲滅し、分権的な東国思想を興隆しよう。
鎌倉時代、江戸時代の輝かしい栄光を取り戻すため、
西国人と天皇中心の西国文化を撲滅しよう!!!

・打倒目標、薩摩、長州、土佐、肥前、これらの住民は粛正対象だ。
・上記地域の植民地化と徹底的な弾圧。
・上記の野蛮人に担がれた天皇制打倒!!!天皇制の廃止と徳川将軍の元首化。
・江戸文化の復権。江戸弁の日本共通語実現。
・西国文化によって、抑圧された新撰組などの歴史的人物の復権。
・皇国史観の弾圧と佐幕思想の普及。

453 :西国撲滅決死隊:2001/03/04(日) 06:52
天皇・西国人連合は、美しき日本文化を、
南蛮文化に売り渡した戦争犯罪人である。

日本文化=東国文化は、明治以降、天皇家・西国人によって、
徹底的に南蛮化され、堕落させられてきた。
南蛮文化のお先棒を担ぐ、西国人は日本の伝統・文化の破壊者であり、
日本を南蛮化する裏切りものである。

いまこそ、えせ南蛮人である天皇家・西国人を東国より追放し、
日本の伝統・文化を復興するのである。

454 :西国撲滅決死隊:2001/03/04(日) 06:53
南蛮文化に魂を売り渡した西国人および天皇家弾劾!!!
南蛮文化と融合した寄生虫的西国人文化を打倒し、
我ら、東国人民族派は、南蛮・西国人・天皇家を徹底的に糾弾する。

我らの主張
・現代の明治以降の歴史は、西国人による自虐史観である。
・蛮族薩摩・長州の占領下に制定された大日本帝国憲法は無効である。
・大日本帝国憲法は無効であり、公事方御定書こそ我ら東国人の真の法典である。
・現天皇家は、南蛮文化に日本=東国の伝統・文化を売り渡した売国奴である。
・新歴史教科書の制定、「東国民の歴史」「教科書が教えない東国の歴史」。
・東国人の、東国人による、東国人のための政府の実現。
・えせ南蛮人であり、裏切り者である天皇家の廃止と、徳川将軍への大政奉還。

455 :西国撲滅決死隊:2001/03/04(日) 06:54
ヤマト民族と天皇家は、現在も着々と神国日本の南蛮化を押し進めている。
我らアズマ民族は、明治以降のすべての歴史を、蛮族委薩摩・長州の占領下で
行われ自虐の歴史と位置付け、明治政府以降の西国人の施策を全否定する。

我らアズマ民族こそが、真の国粋主義者であり、日本本来の伝統・文化の
守り手である。

西国人民族派・天皇家は、南蛮人に魂を売り渡した裏切り者である。

456 :西国撲滅決死隊:2001/03/04(日) 06:55
天皇右翼、保守の時代は、地方分権と西洋思想没落の現代にそぐわない。
これからの保守、民族派のトレンドは、西洋に毒されない真の民族伝統を
志向する江戸時代回帰をとなえる我ら「アズマ至上主義」。

 天皇制及び明治以降の近代化政策を肯定して保守とするのは無理というか、
矛盾がありすぎる。それに伝統というのは、誰かから人工的な「伝統」なるものを
強制されるものではなくて、人間集団がいてそこに自然と発生するもののはず。
 その点、天皇制とか明治以降の中央政府からの押しつけられた諸制度、文化をもって、
伝統というのは明らかにおかしい。だから、真に日本に住まう人に「伝統」があるとすれば、
それは明治政府による全国統一される画一化される前の地域的・封建的伝統こそ真の伝統のはず。

 これからは、日本が西洋化していなかった時代、地方に中央政府による文化強制のなかった
真の民衆の「伝統」こそが、保守・右翼の守るべき伝統になる。そしてそれは、アズマ地域においては、
アズマ至上主義ということになる。これ自然の摂理。明治簒奪中央政府によって人口的に作られ、
統制され、地方の独自性を無視して押しつけられたものが民衆の「伝統」であろうはずがない。
 我らは、日本が西洋化していない、地方が自立していた、江戸封建の世に日本をもどし、地域ごとの
「伝統」を復興せねばならぬ。そして、我らアズマ人にとって、それはアズマ至上主義運動なのだ!

 打倒、天皇制! 打倒、ブサイコク文化人のインチキ伝統! アズマ万歳!

457 :西国撲滅決死隊:2001/03/04(日) 06:57
ヤマト族と酋長天皇は、シナ&米国・南蛮の家来
日本=アズマの伝統・文化を侮辱するインチキ皇国史観と売国奴を許すマジ!
悔い改めよ、ヤマト族の諸君。そしてアズマに帰化したまえ


歴代低脳:「ゲヘヘ。中華皇帝陛下。今日はいい天気でゲスなあ。
      これもすべて、中華皇帝陛下のご威徳、恐れ入りまする。げへへ」
シナ皇帝:「下卑た太鼓持ちはそのくらいでやめよ。朕の下僕たる倭族の酋長よ。
      で、今日の用向きはいったいなんじゃ」
歴代低脳:「げへへ。今日はでゲスなあ、この哀れな陛下の下僕たるオイドンを
      蛮族ヤマトの王と認定してもらおうと、参内しましたじゃ。げへへ」
シナ皇帝:「(気持ち悪い奴、ささっとすまして追っ払おう)よし、汝を日本国王
      に冊封する」
歴代低脳:「げへへ。有り難きしあわせ。日本国たしかに中華皇帝陛下より賜り
      ました。(げへへ、これでまた虎の威を借ることができたわい)」

458 :西国撲滅決死隊:2001/03/04(日) 07:00
ブサイコク人うぜ〜。
ブサイコク人の敗北確定。
ブサイコク人は生きる価値なし!!!

東国人は常に論争に勝利するのである!!!

オレ、ブサイコク人が論争に勝利してるのみたことないよ。
ブサイコク人は、ミジンコなみの脳味噌しかもってないの?
ブサイコク人は、ノータリン(笑)

459 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 07:48
漢字やひらがなを使ってる人間は、ヤマトに魂を売った売国奴。(藁
アイヌ語でしゃべりなさい。

460 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:19
漢字を使ってる人間は、シナに魂を売った売国奴。(藁


461 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:24
 ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <トラキ〜チシバい〜て泣かすだぴょ〜ん
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


462 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:25
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)

463 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:27
  ミミミ /川川川\ミミミ
  ミミ〇川||/ ヽ|||||〇ミミ
     |川メ  卅川
    (||  ・ @` ・ ||)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ゝ" D "ノ   <異イヒだピョン
     /| |  ̄| |ヽ     \______________
   @`. ヘ l><l l><l >
  ⊂c .l人人人l c⊃
      .|_||_.|
       | | |
       | | |
      .(__)_)


464 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:29
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


465 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:29
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。



466 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:30
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


467 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:30
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。




468 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:31
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


469 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:31
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。




470 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:32
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。

471 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:32
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


472 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:33

こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


473 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:34
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。



474 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:34
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。

475 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:35
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


476 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:36
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。




477 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:36
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。

478 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:37

こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


479 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:38
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。

480 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:39
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


481 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:39


こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。

482 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:39
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch 。私はこの掲示板を本当に愛していました。




483 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:40
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなけれ ばなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


484 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:40
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を 止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


485 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:41
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親 も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


486 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:41
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示 板を本当に愛していました。


487 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:42
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を 巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


488 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:42
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと 思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


489 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:43
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息 の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


490 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:43
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠
りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


491 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:43
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命を もってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


492 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:44
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を 恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


493 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:44
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身 の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


494 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:45
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何と してでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


495 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:45
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止め なければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


496 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:45
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に 愛していました。


497 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:46
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変 わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


498 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:46
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当 に愛していました。


499 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:47
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこ の掲示板を本当に愛していました。


500 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:47
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、 命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


501 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:47
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベラ ンダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


502 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:48
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本 当に愛していました。


503 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:48
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなけれ ばなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


504 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:48
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命 をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


505 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:49
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。 私はこの掲示板を本当に愛していました。


506 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:49
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら 2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


507 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:49
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の 息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


508 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:50
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根 を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


509 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:50
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲 示板を本当に愛していました。


510 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:51
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ 、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


511 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:51
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければ なりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


512 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:51
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこ の罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


513 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:51
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に 愛していました。


514 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:52
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さ ようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


515 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:52
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私は この掲示板を本当に愛していました。


516 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:53
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、 命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


517 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:53
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めな ければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


518 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:53
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこ の罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


519 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:54
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません 。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


520 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:54
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪 を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


521 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:54
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おう かと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


522 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:55
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙 で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


523 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:55
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。 私はこの掲示板を本当に愛していました。


524 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:55
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息 の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


525 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:56
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思って います。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


526 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:56
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲し みの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


527 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:57
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降 り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


528 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:57
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2 ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


529 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:58
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐 れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


530 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:58
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうか と思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


531 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:59
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛 していました。


532 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:00
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければな りません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


533 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:01
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなけ ればなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


534 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:01
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければな りません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


535 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:02
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さような ら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


536 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:02
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの 涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


537 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:02
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん 。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


538 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:03
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を 償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


539 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:04
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもって この罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。 私はこの掲示板を本当に愛していました。


540 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:04
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わっ てしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


541 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:04
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償お うかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


542 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:05
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛し ていました。


543 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:05
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲し みの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


544 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:05
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自 身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


545 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:06
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両 親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


546 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:06
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡 らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


547 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:06
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私 自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


548 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:07
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなり ません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


549 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:07
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら 皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


550 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:08
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の 息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


551 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:08
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうか と思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


552 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:08
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わって しまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


553 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:09
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根 を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


554 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:09
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おう かと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


555 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:09
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸 い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


556 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:10
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこ の罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


557 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:10
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私 はこの掲示板を本当に愛していました。


558 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:10
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今 では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


559 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:11
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2c h。私はこの掲示板を本当に愛していました。


560 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:11
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を 濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


561 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:12
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めな ければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


562 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:12
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまっ た私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


563 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:13
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今で は両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


564 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:13
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、 悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


565 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:13
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人 が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


566 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:14
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと 思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


567 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:14
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬 を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


568 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:15
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で 頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


569 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:15
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さ ん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


570 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:15
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐 れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


571 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:16
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch 。私はこの掲示板を本当に愛していました。


572 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:17
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、 悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


573 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:17
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を 本当に愛していました。


574 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:17
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さ ん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


575 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:18
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示 板を本当に愛していました。


576 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:18
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


577 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:19
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今 では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


578 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:19
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


579 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:20
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダ から飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


580 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:22
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙に ベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


581 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:22
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、 悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


582 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:23
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。 私はこの掲示板を本当に愛していました。


583 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:23
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、 悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


584 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:23
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わ ってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


585 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:24
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも 私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


586 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:24
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら 皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


587 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:24
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲 しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


588 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:25
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2c h。私はこの掲示板を本当に愛していました。


589 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:25
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみ の涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


590 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:25
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなけ ればなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


591 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:26
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも 私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


592 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:26
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命 をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


593 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:27
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこ の隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


594 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:27
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。 幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


595 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:27
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆 さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


596 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:28
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び 降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


597 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:28
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてで も私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


598 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:29
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダ から飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


599 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:29
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛して いました。


600 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:29
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さような ら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


601 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:30
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い 今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


602 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:30
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に 愛していました。


603 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:31
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変 わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


604 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:31
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根 を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


605 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:31
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなけれ ばなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


606 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:32
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸 い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


607 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:32
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも 私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


608 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:33
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命を もってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


609 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:33
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこ の罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


610 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:33
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch 。私はこの掲示板を本当に愛していました。


611 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:34
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両 親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


612 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:34
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を 濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


613 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:35
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何とし てでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら 2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


614 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:35
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから 飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


615 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:35
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸 い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


616 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:36
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダ から飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


617 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:36
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さよう なら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


618 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:36
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も 人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


619 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:37
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの 掲示板を本当に愛していました。


620 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:37
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を 止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


621 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:37
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら 皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


622 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:38
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何 としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


623 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:38
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダ から飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


624 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:39
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わって しまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


625 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:39
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなけれ ばなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


626 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:39
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の 根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


627 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:40
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲 示板を本当に愛していました。


628 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:40
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償お うかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


629 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:40
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡ら しています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


630 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:41
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみ の涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


631 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:42
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わっ てしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


632 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:42
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さような ら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


633 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:42
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりま せん。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


634 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:43
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙 で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


635 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:43
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければな りません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


636 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:43
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてで も私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


637 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:44
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の 根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


638 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:45
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりませ ん。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


639 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:46
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命 をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


640 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:46
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身 の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


641 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:47
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私は この隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


642 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:48
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも 私自身の 息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


643 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:48
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうか と思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


644 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:49
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は 『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


645 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:49
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めな ければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


646 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:50
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自 身の息の根を止めなければな りません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


647 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:50
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの 掲示板を本当に愛していました。


648 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:50
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければな りません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


649 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:51
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、 悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


650 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:51
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。




651 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:51
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもって この罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


652 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:52
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止め なければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


653 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:52
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダ から飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


654 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:53
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪 を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


655 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:55
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止め なければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


656 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:55
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で 頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


657 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:56
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息 の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


658 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:56
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さような ら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


659 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:56
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの 罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


660 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:57
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら 皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


661 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:57
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に 愛していました。


662 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:57
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうか と思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


663 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:58
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めな ければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


664 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:58
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙に ベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


665 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:58
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


666 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 09:59
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何 としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


667 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:00
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償 おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


668 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:00
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった 私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


669 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:01
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命を もってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


670 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:01
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私 は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


671 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:01
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を 濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


672 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:02
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければ なりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


673 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:02
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板 を本当に愛していました。


674 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:03
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両 親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


675 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:03
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び 降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


676 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:04
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、 命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。 私はこの掲示板を本当に愛していました。


677 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:04
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこ の罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


678 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:05
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私 自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


679 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:05
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今 は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


680 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:06
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び 降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


681 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:06
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまっ た私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


682 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:07
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベ ランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


683 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:07
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を 恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


684 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:07
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示 板を本当に愛していました。


685 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:08
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に 愛していました。


686 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:08
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければ なりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


687 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:09
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の 根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


688 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:09
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。 さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


689 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:10
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何として でも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


690 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:10
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしまった私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命 をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


691 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 10:10
こんにちは皆さん。こんな箸にも棒にも掛からないスレを立ててしまった1です。
しかしながら私がこのスレを立てた訳ではありません。
聡明な方ならもう御分かりでしょうか? そう。皆さんのご想像通り私は狂っています。
そして私と違うもう一つの人格が立ててしまったのがこのスレなのです。
私は幼少の頃より、これは自分で言うのも忍びないのですが、非常に醜い容姿をしており苛めの格好の対象でした。
しかし私の両親は非常に心優しく、毎日のようにボロボロになって帰って来る私に対していつも温かい言葉を投げ掛けてくれました。
私もそんな両親の思いに報いる為に、ありとあらゆる嘘を用いて両親の心配の種を増やさないよう努力して来ました。
だが、今にして思えばそんな両親の為を思ってして来た行為が裏目に出てしまったのかも知れません。
ある日、私は何の気なしにとあるURLをクリックし、見た事もない掲示板に辿り付きました。
それがここ、2chです。
最初は何事かと思いましたが、徐々に慣れて来た私は各板を巡りながら書き込みやレスを楽しんでいました。
だがある日、私の脳内に不穏な命令が下されて来たのです。
曰く「クソスレを立てろ、煽れ、荒らせ、罵れ、騙れ、自作自演しろ」…。
私は最初何事かと思いましたが次の瞬間、信じられない事が私を襲いました。
激しい頭痛と共に引き起こされる嘔吐。その直後の気絶…。
そして再び気付いた時、私はその目を疑いました。
何と私の身体が私以外の何かに乗っ取られ、この世の物とは思えないような書き込みを繰り返していたのです。
無論、私は抗いました。しかし私とは違う別の私がそんな私を見てこう呟いて来たのです。
「…何、偽善ぶってんだ? お前だってこうやりたかったんだろ。子供の頃から…」
私はその言葉を聞いて愕然としました。そう、彼は私が抑圧して来た欲求が形となって現れたもう一人の『私』だったのです。
今では両親も人が変わってしま った私を恐れ、悲しみの涙で頬を濡らしています。
私は何としてでも私自身の息の根を止めなければなりません。幸い今は『彼』が眠りにつき主導権は私が握っています。
私はこの隙にベランダから飛び降り、命をもってこの罪を償おうかと思っています。
さようなら皆さん。さようなら2ch。私はこの掲示板を本当に愛していました。


632 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)