5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

皇統の今後

1 :名無しサーヤ:2000/11/27(月) 05:09
今上天皇の次は皇太子ですが、もしこのまま皇太子に子供が誕生しなかった
ら、皇統はどのように流れて行くのでしょうか。もし秋しの宮の系統に
いくのなら、即位は、皇太子→秋しの宮→眞子となるのでしょうか。
それとも皇太子→眞子となるのでしょうか?


2 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 05:15
皇太子→秋篠宮→眞子

3 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 09:29
まあ、なんとでもなるのでしょう。

4 :名無し三等兵:2000/11/27(月) 09:32
皇太子がだめっぽかったら、弟宮に皇子誕生のプレスをかける
だろうな。皇室典範変えるの面倒だし。

5 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 10:00
チベットみたいに、どっかから子供をかっさらってくればよし。

6 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 10:01
>3
そう言うことでしょう。戦後、臣籍にされた宮家がいくつもあり、
これを戻す計画を聞いたことがあります。
昔も、仏門に入っていた皇子を還俗させた例があったと思います。

7 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 13:20
長期的(22世紀まで)には象徴天皇制なんかなくなってるでしょう。
それまでの せいぜい3、4代は >6の おっしゃるとうり
適当に なんとか すますんじゃないですか。

8 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 13:33
>長期的(22世紀まで)には象徴天皇制なんかなくなってるでしょう。

さあ、それはどうかな? 日本教のシンボルが皇室なわけでしょう。
様々な荒波を乗り越えて続いてきたもので、
日本民族が存在する限りは続くんじゃないかな?

9 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 13:44
なくなるかどうかは別にしても、誰も関心を持たなくなるでしょう。
皇居の土地は新都心?に生まれ変わり、皇族はどこか地方でひっそりと‥。

10 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 13:54
>なくなるかどうかは別にしても、誰も関心を持たなくなるでしょう。

これまでも、皇室は盛衰を繰り返しており、単純にそうなるかは疑問。
国民が団結する必要に迫られたときは、国民結集のシンボルとして、
皇室の存在が重要になることもあると思う。
武家時代の天皇については、今谷氏の本が詳しいので、読んでみると良い。
時代別に、中公新書・岩波新書・福武書店本などが出ている。

11 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 14:52
そうかなぁ。
皇室に興味あるのは誰が誰と結婚するかぐらいでしょ。
あとは右翼と宮内著ぐらいの一握りの人じゃない。
それこそ百年持つとは なぁ、信じれない。
それより時給100円 ageてぇな。

12 :名無しさん:2000/11/27(月) 15:14
皇太子も秋篠宮も死ねば眞子か佳子が女帝になる可能性もあるわけ
だけれど、その時までに結婚して臣籍降下してるとダメだよね?
してなかった場合は女帝になってからでも結婚はできるの?
どっちにしろ皇室典範書き換えりゃすむ事か。

13 :名無し三等兵:2000/11/27(月) 15:21
天皇の代替わりで、休日が一つ増えるので皇室は日本人の働きすぎを
是正するのに不可欠です。え、働きすぎじゃない?


14 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 15:23
大空位時代のはじまりです
過去に例がなかったわけじゃなし

15 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 15:29
日本人は勤勉…なんて過去の神話.
無駄に休日が多いと生産性が上がらない.

ただでさえ日本人は怠け者なんだから
休日はむしろ減らす方向で検討すべきだ.


16 : 日本@名無史さん:2000/11/27(月) 15:30
皇室典範の変更は難事です。
多数決では決め難いことです。
全員一致ということも有り得ないでしょう。
今の政治家はやりたがらないでしょう。
結局 男子継承者がいる間は先送りでしょう。

17 :名無しさん:2000/11/27(月) 15:30
眞子か佳子の前に紀宮清子内親王殿下(愛称:さーや)が出てくる余地は無いの?
このまま誰ももらってくれなければだけど。

18 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 15:32
規定順位だと秋篠宮の次は、今上の兄弟だか従兄弟だかの**宮(か、もしくはその子)にいきます。
皇族男子がひとり残らず死亡しない限り、眞子とか言うのの所には、可能性がありません。
しかも、女帝以外方法がなくなっても、紀宮が順位で上になるでしょう。
あの一族って、遺伝上もう、繁殖力ないんじゃないの?
近親婚とか繰り返して、純血を保っちゃったから、生物としてすごく弱そう。

19 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 15:34
皇太子&雅子の間に女だけ、って状況が面白い。
典範変えるのか?それとも・・・・・

20 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 15:34
いまの皇太子もあと50年は生きてるんじゃない?

21 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 15:40
 皇室典範第1条は「皇位は皇統に属する男系の男子が継承する」と定めている。したがって現行法上は、女性が天皇になることは不可能である。それゆえ皇位継承者は、皇太子、秋篠宮の順で、3番目が常陸宮となり、7番目の高円宮まで続く。1・2順位を除けば、後の方は40歳以上の高齢であるゆえ、男系の世襲制を前提とする以上、皇室は必ずしも盤石といえないこととなる。さらに女子の皇族は、結婚すれば皇族の身分から離れるため、女の子供ばかりの宮家は途絶える。
 だが、旧皇室典範が、天皇主権体制化下の明治体制の下で大日本帝国憲法から超越した別法体系と位置づけられたのとは違い、現行のそれは日本国憲法下の一つの法律にすぎない。当然(最高法規である日本国憲法第14条「法の下の平等」と関係から言えば、天皇の承継を男子に限定する現行法は、「憲法違反ではないか」との指摘は別にして)、女子にも天皇の承継(「女帝」)を認めるように改正することは国会の議決があれば可能である。
 そもそも天皇を男系男子に限るとする考え方は、帝国憲法制定に強い影響力を持った初代内閣総理大臣の伊藤博文らが、男子中心社会を構成していた武家の伝統を基本に、天皇の『万世一系』体制を演出するといった政治的要素を背景に旧皇室典範で明文化されたもので、せいぜい100年の歴史があるにすぎない。
 日本でも江戸期以前に女帝が存在した。神武天皇から現在の(明仁)天皇まで125代中、女性は推古、皇極、斉明、持統、元明、元正、孝謙、称徳、明正、後桜町10代・10人が即位している(うち皇極天皇と斉明天皇、孝謙天皇と称徳天皇は、それぞれ重祚(ちょうそ=重複して即位)なので実際は8人となる)。
 推古天皇から称徳天皇までは7、8世紀。明正、後桜町の両天皇は17、8世紀である。宮内庁は、これらはいずれも「跡継ぎが幼少・病弱などのために中継ぎ」であり、実質的に男系を崩したことはないとの見解を踏襲している(今は中継ぎすら出来ないが)。確かに古代の6女帝は、中継ぎ的性格が強かったが、「明正天皇の場合は朝廷の幕府への反発が発端となった」との見解もあり、中継ぎ的と断定するのはいささか問題である。

22 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 15:41
 イギリスの例を見るまでもなく、欧州諸国の王室では女帝は今や常識である。欧州には10の王室があるが、女王の国はイギリスのほか、オランダ、デンマークである。
 特にイギリスは、現在のエリザベス2世で7人目の女王。王位継承に関する明文規定は、ウィリアムズ3世時の「王位継承令」(1701年)にまでさかのぼり、「ソフィア王女およびその子孫の、プロテスタント教徒」との名称の規程が踏襲されている。しかし、王位継承の「順番」の規定は存在せず、「王位の承継は王子の年齢順、王子がいない場合は王女の年齢順とする」との慣習が続いているのが実情である。
 一方、スウェーデンは1980年、王位継承法を一部改正、王位継承を「国王の第1子とする」と改正した。同国王の第1子はビクトリア王女で、次の国王は女王となる。
 なお、日本国憲法制定(皇室典範改正)当時、女性議員から男子限定に対して異論が出たとが、当時の金森徳次郎・新憲法担当大臣は「男系男子は国民の確信」としつつも、「(女帝は)将来の検討課題」にするとの答弁をしている。
 しかし、その後の日本政府は「天皇は生まれながらに公人であり、一般国民の人権はなじまず、憲法に抵触しない」との公式見解を取り現在に至っている。
 ところで1995年9月の自民党総裁選の公開討論会で、総裁候補者だった橋本竜太郎前首相、小泉純一郎の両氏が「国民が認めれば、女性天皇を認めるように皇室典範を改正してもいい」と表明、会場のどよめきを誘ったのは有名な話しである。
 なお、日本世論調査会の調査によると、女性天皇の容認派は92年で33%だったのが、98年には50%に増加し、逆に「男子に限る」とする人は47%から31%に減少している。21世紀が女性の時代といわれる現代の風潮を反映しており注目されるところである。
                    (参考資料――1999年12月23日付『東京新聞』)

23 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:00
いいなぁ、女帝かぁ。
早く皇室典範改正法案だそよ。
もりあがるよ、きっと。
女帝、いいなぁ。

24 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 16:00
おそらく雅子さんを離縁するでしょう
もしくは2代目三笠宮さんか秋篠宮さんの嫁さんが離縁させられて
妊娠可能な女性を嫁さんにするはずです。男子皇族を得るために
これが最も「現実的な術」ですもん

25 ::2000/11/27(月) 16:03
また病院を抜け出しの?(ワラ

26 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 16:05
>24

ということは、皇室の体面上、雅子さんは(病死に見せかけて)ポア。
そのあと、ハイティーンで安産型の女性(でも学習院の女子大生)を後釜に入れる。
めでたしめでたし。

27 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:07
>23
ただ時期が難しいだろうね。
サーヤが結婚するのを待ってるんじゃない?
女帝を認めると、サーヤは眞子佳子につぐ継承権をもつからね。


28 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:08
24=26
はいはい、バレバレね。

29 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:09
皇統に属するって どの程度なの。
何代目までが皇統っていえるの。
もし該当者がいなけりゃドンドン遠戚までひろがるの。

30 :名無しさん@1周年 :2000/11/27(月) 16:10
24、26の精神病患者は、同じことしか言わないから、
すぐわかるね。

31 ::2000/11/27(月) 16:10
そうでしょうね。
皇室典範を改正したりして女系の皇統を認めたくない古頭のじじい
にとっては・・・
その方が現実的になるかと思います



32 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 16:12
>29
公式文書である皇統譜に載ってる人でしょ。
旧宮家の関係者は皇統に属してはいません。

33 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:12
>女系の皇統を認めたくない古頭のじじい

誰のこと言ってるんですか?
女系に反対している保守派ってのは一人も知らないんですけど。

34 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:13
継体天皇のように、前天皇とはるかに遠縁という前例もアル

35 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 16:14
 皇室典範第1条は「皇位は皇統に属する男系の男子が継承する」と定めている。したがって現行法上は、女性が天皇になることは不可能である。それゆえ皇位継承者は、皇太子、秋篠宮の順で、3番目が常陸宮となり、7番目の高円宮まで続く。1・2順位を除けば、後の方は40歳以上の高齢であるゆえ、男系の世襲制を前提とする以上、皇室は必ずしも盤石といえないこととなる。さらに女子の皇族は、結婚すれば皇族の身分から離れるため、女の子供ばかりの宮家は途絶える。
 だが、旧皇室典範が、天皇主権体制化下の明治体制の下で大日本帝国憲法から超越した別法体系と位置づけられたのとは違い、現行のそれは日本国憲法下の一つの法律にすぎない。当然(最高法規である日本国憲法第14条「法の下の平等」と関係から言えば、天皇の承継を男子に限定する現行法は、「憲法違反ではないか」との指摘は別にして)、女子にも天皇の承継(「女帝」)を認めるように改正することは国会の議決があれば可能である。
 そもそも天皇を男系男子に限るとする考え方は、帝国憲法制定に強い影響力を持った初代内閣総理大臣の伊藤博文らが、男子中心社会を構成していた武家の伝統を基本に、天皇の『万世一系』体制を演出するといった政治的要素を背景に旧皇室典範で明文化されたもので、せいぜい100年の歴史があるにすぎない。
 日本でも江戸期以前に女帝が存在した。神武天皇から現在の(明仁)天皇まで125代中、女性は推古、皇極、斉明、持統、元明、元正、孝謙、称徳、明正、後桜町10代・10人が即位している(うち皇極天皇と斉明天皇、孝謙天皇と称徳天皇は、それぞれ重祚(ちょうそ=重複して即位)なので実際は8人となる)。
 推古天皇から称徳天皇までは7、8世紀。明正、後桜町の両天皇は17、8世紀である。宮内庁は、これらはいずれも「跡継ぎが幼少・病弱などのために中継ぎ」であり、実質的に男系を崩したことはないとの見解を踏襲している(今は中継ぎすら出来ないが)。確かに古代の6女帝は、中継ぎ的性格が強かったが、「明正天皇の場合は朝廷の幕府への反発が発端となった」との見解もあり、中継ぎ的と断定するのはいささか問題である。


36 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 16:14
 イギリスの例を見るまでもなく、欧州諸国の王室では女帝は今や常識である。欧州には10の王室があるが、女王の国はイギリスのほか、オランダ、デンマークである。
 特にイギリスは、現在のエリザベス2世で7人目の女王。王位継承に関する明文規定は、ウィリアムズ3世時の「王位継承令」(1701年)にまでさかのぼり、「ソフィア王女およびその子孫の、プロテスタント教徒」との名称の規程が踏襲されている。しかし、王位継承の「順番」の規定は存在せず、「王位の承継は王子の年齢順、王子がいない場合は王女の年齢順とする」との慣習が続いているのが実情である。
 一方、スウェーデンは1980年、王位継承法を一部改正、王位継承を「国王の第1子とする」と改正した。同国王の第1子はビクトリア王女で、次の国王は女王となる。
 なお、日本国憲法制定(皇室典範改正)当時、女性議員から男子限定に対して異論が出たとが、当時の金森徳次郎・新憲法担当大臣は「男系男子は国民の確信」としつつも、「(女帝は)将来の検討課題」にするとの答弁をしている。
 しかし、その後の日本政府は「天皇は生まれながらに公人であり、一般国民の人権はなじまず、憲法に抵触しない」との公式見解を取り現在に至っている。
 ところで1995年9月の自民党総裁選の公開討論会で、総裁候補者だった橋本竜太郎前首相、小泉純一郎の両氏が「国民が認めれば、女性天皇を認めるように皇室典範を改正してもいい」と表明、会場のどよめきを誘ったのは有名な話しである。
 なお、日本世論調査会の調査によると、女性天皇の容認派は92年で33%だったのが、98年には50%に増加し、逆に「男子に限る」とする人は47%から31%に減少している。21世紀が女性の時代といわれる現代の風潮を反映しており注目されるところである。
                    (参考資料――1999年12月23日付『東京新聞』)

37 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:14
>27

そっかぁ、女帝っても ひとによりけりだなぁ。


38 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:17
>34
はるかといっても継体天皇は5世孫。
現代の民間に天皇から男系の5世孫はいないだろ。
20世孫ぐらいならいるが。

39 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:19
>33

女帝については、一時的な措置として認められると思います。
しかし、そのあとの”女系”による皇統の継承までは(皇族以外の男性の血によって、天皇が即位することです!)
今の宮内庁の意識では無理だと思います。

40 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:20
>37
本人(サーヤ)も嫁に行くから、婿をとるに
いきなり変わったら困るでしょう。
眞子佳子はまだ幼いし、それなりの教育もできるけどね。

41 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:24
>39
宮内庁は他省庁の官僚の寄せ集めに過ぎない。
すでに候補者がいないことを考えれば、女帝女系を考えるは当然だろう。

42 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:32
臣籍降下した旧宮家からの養子縁組は?
これも皇室典範改正が必要か・・・


43 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:33
おぉ、天皇の父親になるのか。
平清盛や徳川秀忠みたいに。

44 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:33
>>38
系統がはっきりわかるということになると伏見宮系の旧宮家しかないが、
そうだと20世孫もいないでしょ。伏見宮の系統は北朝の崇光天皇までさかのぼることになる。
系図を600年以上もさかのぼって継承することと、現在の系統から女系を認めることと、
どっちが現実的で、一般的に認められるかはあきらか。


45 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:35
え? 養子でもいいの?

46 :44:2000/11/27(月) 16:39
究極的には、眞子佳子などの皇族女子が、
旧宮家の男子と結婚し、その子供(男)を
皇位につけるという方法もあるが、
現実にはうまくいかないだろうね。


47 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:40
直系の女帝は まあやむえないが
配偶者が皇統でないと問題だのう。

48 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:43
やはり長期的に見ると天皇家の血筋は権威が薄れるな。

49 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:47
いいんじゃない。
もともと天皇家なんて時代の権力者と交わっていたんだから。
誰でも可能性があるとなればバカやる人間が減るだろうし。

50 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:51
民間から血を入れた段階で、純血論はとっくに終わってる。
日本の本家みたいなものとして、
日本が収拾のつかない大混乱に陥った時に求心力を発揮してくれればいい。




51 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:54
このスレどんなひとたちでもりあがっているの?
なんかキモチわるい


52 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 16:56
「日本沈没」で いよいよ日本が沈むとき
世界各地に日本人が分散避難するとき
皇室のメンバーがそれぞれの代表になってたみたい。
なんか高級人質かい。

53 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 17:08
新世紀日本の十大ニュースのひとつです。

54 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 17:09
>51
検査は終わったの?

55 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 17:12
まぁ、このへんで そろそろ終わりかな。

56 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 20:59
眞子様の婚儀の折りに新宮家創立というのはだめですか?

57 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 22:35
男系でなければならないという何か歴史的理由はあるのですか?
道鏡の時の御神託に男系でなければならないといっているのかな?

58 :和気清麻呂:2000/11/27(月) 22:50
道鏡の神託は偽でっせ。臣下が皇位につくは禁じ手。その子もまた然り。

59 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 23:04
男系に限っている現状では、皇統の維持ってのはなかなか難しそうだな。
旧宮家の復帰って言っても、戦後50年以上経過していて、当時の皇族で
生存者っていないんじゃない。だとすると、民間人として今まで生きて
きた人を皇族にするわけだよね・・。なんだかなぁ・・?

60 :日本@名無史さん:2000/11/27(月) 23:06
なんで奈良時代みたいな陰険な時代を例に出すの?

61 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 01:31
まだ表面上は独身のアル中桂宮に嫁とらせるって手もあるか。

62 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 01:58
ともあれ、反日サヨクがとやかく言うことではないな。

63 :名無し:2000/11/28(火) 04:25
宮家って、昭和天皇の、別の子供達ってこと? それって何人いるの?
それとも明治天皇からの別系?

64 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 04:27
>63
宮内庁のHPいって勉強してから書き込もうね

65 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 05:55
越前から、第二の継体天皇を探せばいいのよ。
姓は息長で。

66 :日本@名無史さん :2000/11/28(火) 07:31
輪王寺宮の子孫はいないのかな?

67 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 10:09
熊沢天皇の出番だぜ!

68 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 11:20
>66
輪王寺宮は結局、還俗して北白川宮になったので
その系統の子孫はいっぱいいる。



69 :日本@名無しさん:2000/11/28(火) 12:50
>66
輪王寺宮って・・マニアックなとこ衝いてくるね。それにしたって、
結局は旧皇族で、血縁はだいぶ薄れてる。>59と同じで、かなり
無理があるよ。
しかし、旧皇族って何やってるんだろう・・疑問。

70 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 13:36
萌えな女帝のためなら戦争で死んでもいい


71 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 13:41
>70
卑弥呼は、こう言う役割だったのかな?

72 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 13:43
最近ペットな男の子多いね?

73 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 13:44
>66
輪王寺宮も伏見宮系だよ。

74 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 14:59
実際のとこ まだ先の話だけど(先の話だから)
皇太子→秋しの宮→眞子か。
皇太子→眞子でしょう。っつうのが落ち着きそう。


75 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 17:02
雅子さんは どうなるのやら?
心配です。

76 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 21:40
たとえ20世孫でも、皇胤が皇位を踏むべきです。

77 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 22:21
踏み踏み

78 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 22:32
代々王号をとなえた神祇伯、白川家ってのはどうよ。

79 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 22:57
確か途中で藤原氏の養子を取らなかったっけ?

80 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 23:04
>78、79
村上源氏の久我家とか、高倉、冷泉、梅溪から養子とってる
現在は元皇族からとった養子が離籍しているから断絶してます。

81 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 01:59
>75
近年の皇族夫婦(一夫一婦制)を見ると、子供のいるところといないところが半々です。
大正天皇の4人の子でも、昭和天皇と末弟の三笠宮のところは子供ができましたが、
次男の秩父宮妃、三男の高松宮妃は子供を生んでません。
また現天皇は男の兄弟は2人ですが、天皇には子供ができて、弟の常陸宮は子供がいない。
皇太子秋篠宮の兄弟で、秋篠宮に子供がいて皇太子にいなくても、驚くことはないでしょう。
また皇后(皇太子妃)を見ても、明治天皇の皇后は子供を生んでないし、
歴史的にみれば、正室が子をなさぬことは、なんら珍しいことでもありません。
天皇家の系図をみればわかりますが、天皇に子がおらず、弟や甥、従兄弟が皇位を
継承することも普通のこととしておこなわれてました。
子供がいないことによって、どうなるという問題ではないでしょう。
そのために宮家があるわけですから。

82 :日本@名無しさん:2000/11/29(水) 02:47
>81
理屈としてはわかるけど、現実問題として、宮家にも男子が少ないわけだよね。
仮に、皇太子→秋篠宮に皇位が継承されるとして、そこにも子供ができないと
次は宮家だよね。宮家っていっても高円宮なんかは女子ばっかりだったし。
ほんとに大丈夫かな?
そういう意味では、旧皇族も臣籍降下させないで残しておいたほうが、皇統の
維持が安全といえば安全だったけど・・。いまさらか。

83 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 03:11
>82
>そういう意味では、旧皇族も臣籍降下させないで残しておいたほうが、

それもGHQの戦略だからね。日本が独立した時なら復活もできたでしょうが、
孫の世代では復活は不可能ですね。世論も認めないだろうし。
でも女系女帝を認めれば一気に未婚の皇位継承者が増えるし、
とりあえず、当面の危機はのりきれるでしょう。


84 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 11:46
万世一系明治天皇の2代前の天皇だって、典仁親王(東山天皇の5世孫?)
の子供だったんだから今の皇統を旧宮家の方が継いでも問題ナッシング?

旧宮家て何家ぐらい在るの+男系子孫居る?

85 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 12:21
旧宮家つったって、君と同じ臣下だから
皇統を継ぐ資格なんてないね。
御心配無用

86 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 14:22
>84
典仁親王は東山天皇の5世孫ではない。
東山天皇の孫です。旧宮家とは比べ物にならない。
現在、旧宮家の子孫は、すべて伏見宮家から分かれたか、養子をもらってます。
伏見宮は、14世紀、北朝の崇光天皇の皇子、栄仁親王にはじまってます。
第24代当主博明王の時に終戦を迎え、臣籍降下してます。
第4代当主の貞常親王の兄が皇位を継いで後花園天皇となってますが、
博明王は、天皇の弟である貞常親王から数えて17世孫。北朝崇光天皇からだと20世孫。
北朝崇光天皇は第93代の後伏見天皇の孫だから、終戦時の博明王の時点でも、正式な天皇の22世孫になる。
(ちなみに香淳皇后の父、久邇宮邦彦王は天皇の21世孫)
例えば、一部でいわれている旧東久邇宮家の御曹司にしても、
後花園天皇の実弟である貞常親王の19世孫、(後伏見)天皇からだと24世孫になってしまう。
もちろん、男系ならば江戸時代に五摂家に養子にいった方のが近いが、
数百年私家の系図に入ってるし、現実的にはありえない話。
こう考えると、女系を認めるほうが自然でしょう。




87 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 15:07
>86
なぜsageで書く?

88 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 16:00
男子が生まれれば善し
でなければ
法改正して
女帝で決まり。


89 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 16:18
昔の皇室典範は憲法だったけど いまのは法律 変えるのは憲法
より簡単

90 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 16:20
早く皇室典範改正に賛成!!

91 :    :2000/11/29(水) 16:25
>早く皇室典範改正に賛成!!

わたしも同意。

92 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 17:13
佐渡のトキや上野のパンダなみに扱ってもよかですか?

93 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 17:13
繁殖を促すために天皇牧場や天皇養殖場でもつくればいいじゃねえか

94 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 18:53
皇太子や秋篠宮に二号、三号、四号持たせて男子作らせれば
すむ話じゃん。皇太子には柏原芳恵なんかいいんじゃないか(藁

95 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 18:56
人工授精じゃだめなの?言わなきゃわかんないし。

96 :>94:2000/11/29(水) 19:06
皇太子の方がタネ無しだったらどうするの?
まあ秋篠宮はタネあるみたいだが・・。
>皇太子には柏原芳恵なんかいいんじゃないか(藁
ブルック・シールズもいいかも

97 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 20:02
>>88
女帝がどうこうと言う前に、
眞子様の婚儀の折りに新宮家創立できるかを議論しないと、
もし勝手に彼氏を作られて臣下に下ることになったらどうするんだ?
勝手に誰かの種をつけられたら終わりじゃん。
もう小学校四年生だぞ。今すぐ議論しないと

98 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 20:13
下賎の婿養子とはわけが違う。
女流の世襲宮家設立なんて皇祖以来前例なし
皇室は伝統に殉ずるべし

99 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 20:33
皇室典範 附則2項 現在の皇族は この法律による皇族とし 第六条
の規定の適用についてはこれを嫡男系嫡出の者とする
ナンジャ コレハ??  ソウダ妾モテルンダ

100 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 20:41
伝統に従い、旧皇族から猶子をむかえ、皇位継承者とするのが良い。

101 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 21:00
>>98
女性差別反対!
>>99
妾なんてもてる分けないだろ!
>>100
その猶子ってだれを考えてるの?

102 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 21:12
下郎を猶子に迎えた伝統なんかない!

真子は嫁に行って、サーヤ天皇が
ラストエンペラーになるのだ!


103 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 21:28
こりゃもう天皇家は終わりだなあ

104 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 22:01
処女に始まり処女に終わる…南無

105 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 22:19
真剣に問題になるのは雅子と紀子のメンスがあがった時かな?
後何年の猶予があるのだろう?

106 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 22:59
旧皇族を迎えようよ〜。

それが駄目なら女帝で女系移行。
でも、皇統が変わっちゃう・・・・(涙)。

107 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:02
とりあえず、皇太子、秋篠宮に頑張ってもらうしかないね。
まだまだ余裕はあるでしょ。

あと高円宮もまだ男子を持つ可能性があるんじゃないかな???

桂宮って結婚しないのだろうか???

108 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:18
サヨクが女帝女系を阻止したいために必死だね。

109 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:22
旧皇族を迎えるのが伝統か?
そんな伝統があるのか?
臣籍降下した人間が戻れるのはせいぜい天皇の子とかだろ。
天皇の20世孫を戻して継がせるなんて、外国から見れば完全な王朝交替だぜ。



110 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:23
妾云々言ってる奴はいつものブサヨク。

111 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:23
女性が宮家当主になった例はあるよ。

112 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:29
>102
どう考えても逆だろ。
現実は紀宮が嫁に行くのをまって、
皇室典範改正の方向だろ。
まあ、どっちみち継承権は眞子佳子のほうが先だけど。


113 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:33
>>109

別に血統そのものと王朝の交代とは必ずしも関係がないよ。

徳川家だって最後は初代家康の遠い子孫の慶喜を迎えたけど
それで将軍家が代わったなんていわないでしょ。

中国でも皇帝の本家筋が絶滅したときに遠い家系の王族を迎えたり
五代なんかでは皇帝家の姓が途中で変わってしまった例などある。
無論、5代は異民族系だが。


114 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:36
今は男性が皇位を継ぐのが法律できまってるので、
それを改正しないと女帝はうまれない。
皇位継承権者(確か現在6人位いると思う)も細かに決まっています。


115 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:39
>>112

そうそう、一部に勘違いしている人がいるけど今の天皇を
基準に皇位継承形を考えると紀宮の方が眞子佳子より先だけど
皇太子が皇位を継げばこれが逆になるし。
秋篠宮が継げば眞子佳子はまさに「皇女」となる。

116 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:48
>113
20世孫を迎えるなんて、女系を認めるより、
反発が強いだろうよ。まったくの民間人だぜ?

>115
今の天皇を基準にしても、眞子佳子のほうが先でしょ。
長子、長子の子孫、次子、次子の子孫、三子・・・って感じで。

117 :日本@名無史さん:2000/11/29(水) 23:53
>114
http://www.houko.com/00/01/S22/003.HTM#s010

ここを見ればわかる。男系の男子を削れば、順位も、
1皇太子徳仁親王
2秋篠宮文仁親王
3秋篠宮眞子内親王
4秋篠宮佳子内親王
5紀宮清子内親王
6常陸宮正仁親王
7 あとは三笠宮一家とつづく。

118 :日本@名無しさん:2000/11/30(木) 00:59
女帝かぁ・・。なんかあんまり想像できないなぁ。でも世界には
女王も多いし女帝でもなんら問題はないけど、婿になる人間は
やっぱり民間人になるわけだろ。大丈夫かな?

119 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 01:10
>118
はじめだから、そこそこ旧家からとるんじゃない?
まあ、そこいらのにーちゃんてことはないだろ。



120 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 01:44
>>119


いや、本当に女系となったら
そうなった以上はどうだかわからないよ。
民間から迎えるかもしれないし。

ただよく考えればたとえ眞子が皇統とつながらない婿を
迎えてもその子が女子だったらその婿に旧皇族の子孫を
迎えればいいわけだから結局いつでも修正が効くってことだな。

121 :日本@名無しさん:2000/11/30(木) 01:47
>119
まあ、そうなるとは思うが。現在の妃殿下選びを見ても、
「名家」ではあるかもしれないが、「旧家」ではないので、
やはり基本的には民間人ということになる。
旧皇族レベルだったら納得もいくけど、民間はどうも・・

122 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 02:35
女帝は過去に例がないわけではないが、あくまでピンチヒッターで
女系にかわった前例はない。したがって現代の女系にかえないと
続きそうにない事態は本当に危機。

123 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 02:47
まあ、でも継体天皇は怪しいよな。
あれが男系では旧大王家とつながっていないとすれば
彼も安閑、宣化も皇統とはつながっていないことになるしな。

いいんじゃない?女系でも。

124 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 02:58
女系にするくらいなら、天皇制廃止にするほうがいいと思う。
伝統だってことだけで続いてるのに、伝統から外れるわけだし。

125 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 03:02
いっそのこと皇室典範を廃止してしまえばいいのだ。
あんなもん、明治になってきめたものだし…

126 :【^▽^】:2000/11/30(木) 04:29
大変だ!
日テレ柴田アナが水着で天気予報を読まされてるぞ…!
http://ujino.3nopage.com/cgi-bin/img-box/img20001130020806.jpg

『セクシャル・アナウンサーW』
http://haikyo.3nopage.com/cgi-bin/log.cgi?room=010
『RSA(Real Sexual Announcer)』
http://haikyo.3nopage.com/cgi-bin/log.cgi?room=011

4

127 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 04:47
このタイミングで書くのがいかにもだな

128 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 07:00
124に激しく同意。

天皇制のありがたさは万世一系にあるのに、
それを遠い血筋だからなどと言うきわめて近代合理主義的な考えで、皇胤を差し置いて、
王朝交代である女系を主張するのは、ばかげてる。
ほんと、そうするならこれをきかいに大統領制にしたほうがいい。

129 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 07:29
女系にしてまで天皇がほしい奴等は
女系が断絶したら選挙で天皇を選ぶんだろう(藁

130 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 07:36
>>128

別に血統の近さのみが家督を継ぐときの絶対条件ではないことくらい
わかっているよね?

王位の継承方法なんてその時代の環境に影響されるのが
あたりまえで、近代合理主義的な観念でなんたらというのは
歴史をわかっていない証拠。

だから、そもそも、女系を認めることと万世一系や
王朝交代とかということとは別の問題なのにわかんないやつだな。

婿養子って概念を知らないのか。

131 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 09:29
いずれにしても今の日本では
民意が決するのだから
世論の動向&操作で動くんですね。


132 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 09:42
日本国憲法2条  普通の法律と同じとワザワザのせてる 注意規定
なんですよ!!で三笠宮に注目

133 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 09:59
三笠宮に後継者あったっけ?

134 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 10:10
 更にその前に29条に皇室会議って モノがある 法案上程前に これに審議
されなければならない  ココできめるんだろうヨ

135 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 10:28
 別に妾の子が悪いワケじゃないだろ 妾を持つのは現在の道徳観念かすれば悪
だけど 妾の子は悪じゃない 大正天皇にしろちかくは吉田茂だってそうだろ
明治初期 10年代までは戸籍法に身分部分記載に堂々と「妾」−−−−と
記載事項になってたんだからーーーーーーー!!ただ欧米文化のカブレだよ
イスラムの教典 現在みろよ  デビ夫人またおこるぜ!!1条の方が悪だよ

136 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 11:37
「国民の総意に基づく」と定められた地位なので
国民の総意に基づかなくなった時点で,廃止を検討すべきでしょう.

137 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 11:43
もちろん「総意」といっても,
それは国民投票における多数決とか世論調査における支持率とかで
はかることのできないものです.

「国民の総意」とは,憲法制定権力としての「国民」の意思であって
政治的な意味での民意とは,別次元の話.

138 :奥さまは名無しさん:2000/11/30(木) 12:02
既出だと思うけど。

たとえ、現在の天皇家がなくなったとしても、国家主義やら、
民族主義が擡頭してくる時代には、似たようなのが出てくる
のは確実。人間の考えなんて、昔も、今もたいして変わらないよ。


139 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 12:29
ただねー、古代以来(概念上は神話のころから)男系血族でとおしてきて、他の為政者(藤原とか徳川とか)が養子や婿とることでつないできたのとあきらかにちがうってとこに価値を見い出してるのではないかとおもうのだが…
というわけで、女帝がたったとしても、婿あるいは養子をとった時点で皇室の権威ってだいぶなくなると思うのだが…

140 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 12:46
既出ですが、真子、佳子あたりが女帝になり、その夫は臣籍降下した旧皇族でして
、次はその息子。で何とかならないでしょうか。

141 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 12:48
>139
欧州の王家などは、女系でつながってるし、
国民からは問題にされないでしょ。
むしろ、男系にこだわることこそ問題にされる。

142 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 12:50
秋篠宮さま誕生日
 ――両殿下にお尋ね致します。今年は、香淳皇后の大喪儀、新居への引越しなどご家族にとって大きな出来事がございました。これらの出来事を通じて、眞子さま、佳子さまの成長ぶりを示すエピソードや、両殿下がお二人に対して心がけられた事がありましたらお聞かせ下さい。

 ◆秋篠宮さま じゃあ私から。これは成長を示すエピソードになるのかはわからないのですが、6月に香淳皇后の崩御がありまして、その後に宮殿においていろいろな行事があったわけです。その中で例えば、殯宮(ひんきゅう)の祗候(しこう)(一般の通夜。柩を安置した宮殿の一室=殯宮=で故人をしのぶ)とか、それからこれは斂葬(れんそう)の儀の当日になりますが、轜車発引(じしゃはついん)の儀(柩を乗せた車が葬儀場へ向け宮殿を出発する儀式)の時に、玄関の所でお見送りをした。このようなことは、本人たちにとって貴重な経験ではあると思うんですが、私の方から見ますとですね、そういう所にも出席ができるような年齢になってきたんだなあという気持ちが致します。それで、恐らく殯宮の祗候をしたりとか、見送りをしたりとか、私たちが子どもたちを連れて、時々、大宮御所の方にごあいさつに行って、そういうことから非常にそのなんて言うんでしょうか、自然な形で親しみがあったんだと思うんですね。ですから、亡くなる前日ですか、この時もお見舞いに行ったわけですけれども、こちらが「行こう」と言って連れていったというよりも、子どもたちの方から「是非ともお見舞いしたい」と、いうようなことを言ってくれました。そのようなあたりはやっぱり、年齢が少しずつ上がってきているという印象になっております


143 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 12:55
佳子ちゃん、かわいいね。

144 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 13:44
>141
日本だけにそれがあるってのがいいんだけどね。
結局ヨーロッパや他の王統も、日本の他の為政者と同じように家を保ったわけだし。
たぶん、婿、養子とりに反対する心理はそこにあるような気がする。
つまり、他の真似になってしまうのがいやなんだろうねえ。

145 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 13:47
>144
日本でも一夫一婦制ってのは、皇室が先がけた形になっているしね。


146 :日本@名無しさん:2000/11/30(木) 14:58
皇統の維持と伝統か・・・。
皇統を維持するためには伝統を破らなきゃならないが、
伝統を破った時点で国民の支持を得られるかどうか・・。
難しい問題だよな。。
実際にそうなってみないと、結論ってのは無いんだろうね

147 :名無しさん:2000/11/30(木) 15:14
ところで秋篠宮殿下の率直なインタビューに加えて
天皇陛下の帝国議会開設110周年スピーチ、かなり
踏み込んだ内容だったと思う人、いないかね?

148 :日本@名無史さん:2000/11/30(木) 15:43
>>147
どんな? あらましをこう。

149 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 08:58
親政をねらってる?

150 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 12:09
ワタシャネ 皇室典範第一条は二条以下の総則規定だとおもってる つまり第2条
以下は各論だ ローマ法のパンデクテンシステムだ 恰も憲法11条が総則で12ー40
が各論じゃないのかな??

151 :名無しさん:2000/12/01(金) 12:52
>>148宮内庁HP参照

152 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 13:32
皇室典範は別に 離婚は否定してないよ!! 子無きは三年にして去る
これは 昔の俚諺だけれどね

153 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 13:49
 ついでに 子の認知 準正も否定してないよ

154 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 18:49
>152=153

まいど、嫉妬オヤジ発見!(藁

155 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 18:51
81 名前:日本@名無史さん投稿日:2000/11/29(水) 01:59
>75
近年の皇族夫婦(一夫一婦制)を見ると、子供のいるところといないところが半々です。
大正天皇の4人の子でも、昭和天皇と末弟の三笠宮のところは子供ができましたが、
次男の秩父宮妃、三男の高松宮妃は子供を生んでません。
また現天皇は男の兄弟は2人ですが、天皇には子供ができて、弟の常陸宮は子供がいない。
皇太子秋篠宮の兄弟で、秋篠宮に子供がいて皇太子にいなくても、驚くことはないでしょう。
また皇后(皇太子妃)を見ても、明治天皇の皇后は子供を生んでないし、
歴史的にみれば、正室が子をなさぬことは、なんら珍しいことでもありません。
天皇家の系図をみればわかりますが、天皇に子がおらず、弟や甥、従兄弟が皇位を
継承することも普通のこととしておこなわれてました。
子供がいないことによって、どうなるという問題ではないでしょう。
そのために宮家があるわけですから。

156 :日本史から見た女帝の伝統:2000/12/01(金) 20:41
(1)女性の皇太子(皇太女)は阿部内親王(孝謙/称徳帝)の例がある。
(2)現在の皇統は、女帝である皇極/斉明帝の直系の子孫である。
よって女帝では皇統が途絶えるとかいうのには論拠はない。
(そもそも男の天皇が結婚できて、女の天皇が婿を迎えられないというのがおかしい)
(3)女系であっても皇統は変わらない。男か女かという違いでしかない。
母であっても父であっても親は親、子は子
そもそも始まりは天照大神から始まるのだろう。

157 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 21:07
(2)は皇極の夫かじょめい天皇であることを
知ったうえの発言か????

ちなみにじょめいはビダツの皇子、押坂彦人の皇子で
まさに直系。

皇極が即位できたのは彼の皇后だったから。

158 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 21:14
奈良時代はろくなころがなかった

159 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 22:14
天皇制って、伝統といっても、
その時代にあわせて変わっていったからこそ残ってきたわけでしょ。
明治の天皇制だって、それまでの伝統を変えてきたわけだし、
女系になっても問題はないと思うよ。
天皇の遺伝子が男系しか伝わらないんなら、女帝そのものも成り立たないけど、
女帝は過去に何人もいるわけだしね。女帝の子供でも血統にはかわりないよ。


160 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 22:56
>>157
でも天智と天武は連れ子だったのでは?

161 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 23:09
>>160

連れ子じゃないよ。
連れ子だったら王位継承権が発生しない。
古人と中大兄がライバルだったことからも両者が
等しくじょめいの皇子だったことがわかる。

ちなみに皇極の前夫、高向王との間の子は漢皇子といい、
明らかに天智、天武と区別して扱われている。

また漢皇子を朝鮮系とか言うのは電波、当時は名付け
の際の習慣として異民族や動物の名をつけるのがあたりまえだった。



162 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 23:11
>>142
>新居への引越しなどご家族にとって大きな出来事がございました。
>轜車発引(じしゃはついん)の儀(柩を乗せた車が葬儀場へ向け宮殿を出発する儀式)の時に、玄関の所でお見送りをした。

秋篠宮邸の新築や、香淳皇后の葬儀で眞子ちゃん佳子ちゃんに
わざわざ見送らせたりしていることなどをみても、
宮内庁や天皇家が、秋篠宮家から将来女帝をたてることを
皇室周辺や国民に意識させてることがわかるね。


163 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 23:12
養育をおおせつかった氏族の名ですよ。

164 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 00:57
>162
いい医者紹介するよ。


165 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 01:10
>164
キミは精神科でしょ?(藁

166 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 01:11
>162
いい医者紹介するよ。


167 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 01:19
>>162
同感だが、宮内庁はもっとはやくから女帝即位を意識してるよ。
95年に宮内庁が、オランダ、デンマークなど、女王を頂いてる国に
職員を派遣していたことを読売新聞が一面ですっぱ抜いている。
そして宮内庁の内部資料も入手していて、それが女帝即位の法改正の
準備であったことをあかしている。
これは宮内庁側からのリークかもしんないね。


168 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 01:20
164=166は重症だね。(藁

169 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 01:24
>163

もちろんそれもあるがそれだけでは説明がつかないことも多い。
特に普通の豪族の名前になると。
やはり、そもそもの風習であった部分も大きい。
ちなみに大海人なんかは養育氏族の名前だけどね。


170 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 01:29
戦後、廃止された宮家を復活させる話は、以前に読売系の雑誌で読んだことがある。
こちらの方が、現実的だな。

171 ::2000/12/02(土) 01:31
いい医者紹介するよ。 (藁

172 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 01:43
>170
残念でした。
その読売系の雑誌を持ってます。嘘を言ってはいけません。
男系の場合を検討した資料(宮内庁の資料)をみて
「現実的には考えにくい。旧宮家の家族もすでに代替わりして、
普通の結婚、生活になじんでいる。このケースの問題点として、
資料は『ここまで遡るなら、むしろ女系にすべきとの議論が出る』
と自ら指摘している」
宮内庁の内部検討資料にしろ、読売系の雑誌も、女系の方向であることはあきらか。

173 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 01:59
たしかに600年も遡ることが認められるとは思えないね。
旧宮家といっても、孫、曾孫の世代だからね。
何年か前の女性誌に、旧宮家の子孫がトラックの運転手を
しているなんて話も載ってたな。


174 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 02:07
せめて江戸時代につくられた閑院宮や有栖川宮あたりの
旧宮家子孫が残っていればね。
伏見宮から分かれた旧宮家ではあまりにも遠すぎる。

175 :名無しさん23:2000/12/02(土) 02:09
女帝にしたって婿探しが大変。男の子が生まれる保証もない。
女の子が生まれれば再びおなじ問題に直面。

どっちにしろ長期的に見れば権威失墜は確実だな。

176 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 02:28
>175
>女帝にしたって婿探しが大変。男の子が生まれる保証もない。

そんなの男だって同じじゃん。今は皇太子の後がいないし、
女帝を認めれば未婚の皇位継承権者も一気に増え、可能性が広がる。

>女の子が生まれれば再びおなじ問題に直面。

なぜ?オランダのように女王が連続してもいいわけだろ?
女系を認めるってことは、そういうことだろ。

>どっちにしろ長期的に見れば権威失墜は確実だな。

権威もなにも続かなければ意味が無い。
長期的にみれば、天皇制の存続がそれまでより楽になるし、
性差別の批判もかわせる。
だからこそ、反天皇制論者が女帝阻止のために必死なのでしょう。


177 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 02:31
>>175

だから女系で女子が生まれたらそこに旧皇族とか
皇別摂家を迎えれば言い訳でそういう意味では男系での修正もいつでもできる。

178 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 02:33
現実的には男子がいないときは皇室会議を経て
女子の皇位継承を認めるとか言う風になるんだろうな。

179 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 02:46
>178
英国風ね。
男子優先は残してあるみたいな。
でも、その改正では、かえって反発をかうかも。


180 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 02:50
わざわざ皇室典範を改正するんなら、
スウェーデン、ベルギー、デンマーク、ノルウェーなどのように、
男女とわず第一子を継承者とする方向でしょう。

181 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 02:57
イギリス・オランダ・スウェーデン:女王OK
ベルギー・ノルウェー・デンマーク:女王不可
じゃあなかったかしら?

182 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 03:03
>181
女王不可は、欧州王室ではリヒテンシュタインだけだよ。
デンマークは現在女王だし、ベルギーも90年代に法改正している。
イギリスは男子優先だけどね。

183 :181:2000/12/02(土) 03:05
あと、モナコ公国は、
男子が生まれないとフランスに併合されることになってるそうです。
最近の新聞記事によると、レーニエ大公はフランスからの完全独立を
発言したそうです。

184 :183:2000/12/02(土) 03:06
181ではなく182の間違いです。
181さん、ごめんなさい。

185 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 03:22
  A・J・P・テイラー『第二次世界大戦の起源』(中央公論社)

186 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 09:59
私は別に嫉妬してるわけじゃないよ 現在の法律だけで言ってるんだよ
(法改正はべつとして)例えば皇太子が離婚し 別の女子の子を認知しその後再婚
すればその子は準正の嫡出子となるだろう すれば皇位継承できるだろう 戦前の宮家
は皇室典範附則1−2−3項があり 現在の皇族から遮断されてるだろうが
何故皇室典範1条があるか考えてくれ。>>154クン



187 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 10:11
>177

その女帝が旧皇族を婿に迎えるとは限らないだろ。だからみんな問題にしてるんだよ。
皇胤じゃない人間と結婚したら、その子は貴種じゃないから、皇位継承は認められない。

>186
皇太子が離別し、愛人と男の子を作る可能性ってあるの?
ここは法律知識をひけらかすところじゃないよ。

188 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 10:39
天皇は八幡神の男系子孫でなければならない!
道教の時にそう決まったはず。
だから眞子様や佳子様に旧皇族から婿を取り、まず眞子様を女帝として擁立し、
後はその子孫に繋げていくのが一番良いと思います。

189 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 10:46
>>97 の言うとおりすでに余裕はないので、
一刻も早く皇室典範を改正する事を希望します。

190 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 10:56
眞子の描いた絵に難癖つけて、脱がして四つんばいにさせたい!

191 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:01
皇室典範改正を具体的に言うと、
その第一章第一条
 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。

 皇位は、皇統に属する男系の子孫が、これを継承する。
に変えるだけですむと思います。


192 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:03
でもさぁどうせならカッコいい人のが良くない?
しょっちゅう病気になるけど髭の生えたオットコまえの人いたよね

193 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:05
このスレを見ると、予想以上に旧皇族復権派が多いことに驚いた。
やはりさすが日本史板というべきだろう。
旧皇族復権をいう人は、
むかしの、貴種、皇胤尊重の気風を今でも持っている人だと思う。
かつて武士団が源平を皇胤なるがゆえに尊敬したのと同じ心理だ。
やはりこれは天皇制を支える立派な伝統のひとつと言える。
西洋の例や、庶民の常識などは、参考にならんと思う。
逆に旧皇族を必死になって否定する人は、庶民のねたみの現われだと思う。
このような人は本当は皇位継承をうんぬんする資格はないのではないか。

194 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:14
皇室典範1条は男系だよ 皇太子だって人間だよ 真子は女系だよ
念のた私は現在の皇室典範だけの解釈といったよ 法律知識ウンヌン
とおっしゃったが 過去の歴史 特に明治以降どんなにヒドイコト
人々されたか もう一度かんがえてくれないかなー  大岡越前なくよ!!

195 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:20
>>194
裕仁は人々にひどいことなんてしてない。したのは軍部でしょ。
サヨは逝ってください。

196 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:20
>194

要するに天皇制は廃止すべきだと言いたいの?
そんならそれで結構。
でもスレッドの趣旨とあってないね。

197 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:30
>>194
眞子は女系ではない男系子孫です。

198 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:30
 別に 立法論したわけじゃ ありませんからね!!ただ 現在は
こうじゃないんか??と解釈したまでだけですよ  間違わないでください
人の感情まではいりこんだのでは ありませんよ
庶民の常識 ネタミ ハイ いっさい考慮しません

199 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:35
 スレは貴方だけのものでは ありませんよ!!
解釈は自由ですけど!!

200 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:39
男系男子になっているのはまずいな

201 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:42
東久邇宮さんなんてどう、電波教主の子孫が日本神道のトップに!!

202 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:46
>198

庶民の常識やねたみをふりまわしているのは、たしかに、君ではない。
前のほうのレスで、女帝に反対するやつはサヨなどとほざいて失笑を買っているバカですよ。
政治思想版でも、同じようなことを言ってみんなからあきれられていた。
こいつが、一番旧皇族を否定している庶民代表(爆笑)


203 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:51
別に旧皇族に限らなくてもいいんじゃ
眞子ちゃんに自由に選ばせてやりなよ

204 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:51
女子皇族は旧皇族と婚姻した場合に限り皇族の身分を保持する、と言う風に皇室典範を変えたらいい。

205 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:53
>203
もちろん、その場合は皇族の身分を失うわけね。

206 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 11:57
>>204
ということは旧皇族を貴種と認めることになるわけだ。

207 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 12:01
だから眞子様か子様に限り
皇室会議で婿を取ることにすればいいだけ何じゃないの?

208 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 12:13
旧皇族を華族として復活させよう。

209 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 12:56
私は現在の皇室典範をかえたくないのだよ だから立法論がイヤなんだよ
変えたい 変えたい っていうのが!!ーーー雅子様のご祖父は皇族との
結婚を絶対反対した気持が分かるよ!!で皇室典範第14条3項に離婚
可能となってる こんな事予想したくないけど でも規定があるだろ
立法で変えろ ってのは下心あるんじゃないの??と予測したくなる
マ明治の残鎖だろうね

210 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 12:59
 変えたら これ以上悪くなるだろうからね

211 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 13:01
男子皇族と民間女子が婚姻する際に,妻側の姓で入籍することは
できるのだろうか?
もちろん,民法上はできるにきまっているが,皇室典範は
そんなことを予想してないだろうねえ...

212 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 13:04
>>204
皇室典範って,そうなってるんじゃないの?
改正する必要があるのか?

213 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 13:05
スマソ...「旧」皇族か.
読み足らなかった...鬱だ

214 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 13:10
>206
>ということは旧皇族を貴種と認めることになるわけだ。

平安時代の昔から、東国では同じ発想でやっているじゃないか。
桓武天皇五世孫の平将門を貴種として擁立して、独立を図ったり
清和源氏の源頼朝を貴種として、神輿に担いだりしている。

215 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 13:10
 でこの附則2条で1947年5月3日より としてる陵墓も陵墓としてる
のと 同じだ!!ーーーーつまりその時の皇族が皇族でその時の陵墓が陵墓
って訳です それ以外はただ参考にすぎません

216 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 13:19
 皇室典範26条 皇統譜 一般の人は戸籍法記載になるけど 附則
時点で戸籍法でなく皇族は皇統譜記載になるんです

217 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 13:42
なるほど附則をちょっと変えればいいだけだ。

218 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 13:49
>>187

>その女帝が旧皇族を婿に迎えるとは限らないだろ。
>だからみんな問題にしてるんだよ。

問題になどしているのはあんたたちだけ。

>皇胤じゃない人間と結婚したら、その子は貴種じゃないから、
>皇位継承は認められない。

皇后/皇太子妃を民間から迎えている時点で、随分と時代遅れな発想。
現皇后とかその子であるところの現皇太子の正当性を否定するわけ?

>>188
>天皇は八幡神の男系子孫でなければならない!

男系子孫なんて言っていないのでは…そもそも天照大神の性別を知っているのか?

>道教の時にそう決まったはず。

多分、道鏡といいたいのだと思う。


219 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 13:57
>男系子孫なんていってない

不文律だと思うよ。
女系で即位したためしなし。

220 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 14:08
>>1さんの答えになるけど 現在の皇室典範の改正まだ50年さきまで
このままで okですね  40−50年ぐらいは変える必要ないみたいとおもいますよ

221 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 14:11
後はご自分で調べてごらんなさい

222 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 14:42
万世一系神話とは
1 天皇の実父が王爵をもっていなければならない。
2 王爵を得るためには、実父が王爵をもっていなければならない。
という条件を貫徹したこと。
誰でもが天皇になれるわけではないという
閉じた世界を作っていることが
神話作用となって、天皇の尊厳が護られてきたのだ。

223 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 15:28
 221だけど 皇室典範28条の皇族は男子とは 限らない成年女子皇族2人でも良い
男子皇族が1人になったとき 開き必要がある それまでに2人以上の皇族が
あると 皇位継承問題が必然的におきる 同法第3条の問題がつきまとうからだ
政争の問題にもなりかねない  だから それまで無闇に 皇室典範を変革
するのは 危険だ 安易な変革こそ大事を招くと思うが??

224 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 15:51
>186

事実上、ありあえない話をわざわざ
もってくるところが嫉妬そのもの。

225 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 15:56
>209

こいつが有名な嫉妬オヤジか。(w

>雅子様のご祖父は皇族との結婚を絶対反対した気持が分かるよ!!

嘘つけ。証拠を出してみろよ。
童貞横恋慕オヤジが必死だな(藁


226 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 15:58
>>209
>皇室典範第14条3項に

それって、夫を失った時だけでしょ。


227 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 16:03
雅子離婚ってのは難しいだろうから薬でも盛って謀殺って手があるな。
御所内の出来事だから何とでもうやむやにできるだろうし。

228 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:08
>>202

>女帝に反対するやつはサヨなどとほざいて失笑を買っているバカですよ。

自分が失笑もののレスをしてしまったことを隠したいだけなんだろ?(藁
だいたいウヨで反対してる奴がいるのか?
天皇制存続に繋がるとしてサヨが反対してるのはたしかだが。

>政治思想版でも、同じようなことを言ってみんなからあきれられていた。

ぎゃはははは。
政治思想版で完全論破されてこっちにきたのか?(藁
袋叩きにあってたのはおまえだろうが。(プ



229 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:08
>227

童貞オヤジが考えそうな妄想だな(ワラ

230 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:11
なんかさあ、こういう議論してると、
必ずウヨや保守派を装ったサヨが出て来て、
女帝や女系を否定してくるんだよね。
旧皇族の復活だの、妾だの、離婚しろだとかね。
現実的な話をしようよ。


231 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:13
皇室典範の規定だと、
離婚は夫を失った時だけじゃないの?

232 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:15
>227
一番得をするのがサヨじゃん。
サヨの願望か?

233 :魔沙箇:2000/12/02(土) 16:18
http://www.zakzak.co.jp/spo/s-2000_03/image/s2000033007masako_b.jpg

234 :まだ可能性はある:2000/12/02(土) 16:18
「週刊朝日」99年12月24日号
「お二人の愛の結実は熊本で、だった?」

雅子さまの出産予定は来夏と報じられている。本誌が入手した雅子さまの体の
リズムを考えると、皇太子夫妻のベビーは十一月前半ごろに結実したことになる。
なかでも可能性が高そうな十一月五日から七日にかけて、皇太子夫妻は、熊本
で開かれた全国身体障害者スポーツ大会を視察している。宿は熊本市内の老舗の
ホテル。二十二階にある百二十平方bのインペリアルスイートで、通常は一泊十
八万円。大きなダブルベッドのある部屋だった。

ニュースカイホテル
http://www.kumanichi.co.jp/president/59.html
インペリアルスイート
http://www.sunfm.co.jp/yado/newsky/info/index.html


235 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:23
>230
でも、女系を否定されても
言い訳染みた反論しかできてないみたいだね。

皇室の伝統なんてどうでもいいんだ
皇室祭祀も時代錯誤のパフォーマンスだって
女系反対派に教えてやれば。

236 : 名無しさん@1周年 :2000/12/02(土) 16:24
>228

202は三種の神器のスレで必死になってた人でしょ。
論破されて他のスレで愚痴るところなんかすごく似てるね。

237 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:30
>235
素直に「自分は天皇制反対派だ」、「女系は天皇制存続に繋がるからら認めない」って、
言えばいいんだよ。保守派を装ってもみんなわかってるよ。



238 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:32
>でも、女系を否定されても
>言い訳染みた反論しかできてないみたいだね。

ん?
これって逆なんじゃないかな?

239 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:35
まあ、現実が将来の女帝誕生に向けて、
政治家も宮内庁も国民世論も動いてるから、
サヨはあせってるんでしょう。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/02(土) 16:38
なるほど、サヨはウヨが反対してくれないと困るってわけか。

241 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:40
>218

>皇后/皇太子妃を民間から迎えている時点で、随分と時代遅れな発想。
現皇后とかその子であるところの現皇太子の正当性を否定するわけ

はあ?
男系血統主義は極端なことを言えば、女性の身分など問題にしていない。
たとえ皇子の母が遊女であっても、皇子たることに一点の疑いもない。
何で今の皇太子を否定しなくっちゃいけないのよ?。

242 :雅子妃35歳誕生日会見:2000/12/02(土) 16:49

Q3:結婚されて5年を過ぎましたが、夫婦円満の秘訣は何ですか。夫婦げんかになったりした時は、どのように仲直りされますか。できればエピソードを交えお聞かせください。

 A:まず何よりも皇太子殿下がいつも大変に寛大なお心で、私のことを温かく見守って下さるということに感謝申し上げたいと思います。幸い、公務なども含め、一日のうちで二人でともに過ごす時間というものが長いものですから、いろいろなことをご一緒に体験することができますことを大変幸せなことと思っております。そして、そうですね、あの、それぞれが関心を持っておりますことにお互いに関心を寄せて、何ごとについても、いろいろと話し合うという雰囲気ができているように思います。夫婦げんかにつきましては、ご期待に添そえないかもしれませんが、仲直りが必要なようなけんかには、あまりなりません。ただ、相手の、相手に不快な思いをさせてしまったかしらと思う時には、素直に謝るということが大切なのかもしれないと思っております。それから、今、犬(注:参照)がおりますけれども、この犬がいるというのも夫婦の仲にとって、とても良いように思います。よく夫婦げんかは犬も食わぬと申しますけれども、けんかの種は割と良く拾って食べてくれるような気がいたします。(一同笑い)

http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako98/index.html
http://www.zakzak.co.jp/spo/s-2000_03/image/s2000033007masako_b.jpg


243 :雅子妃35歳誕生日会見:2000/12/02(土) 16:49
Q4:皇室に入られた当初と現在とで、皇室に対するお考えやイメージはどのように深められたでしょうか。両殿下の皇室での役割、若い世代の皇族としてご自分たちらしさをどんな面で生かしていきたいとお考えですか。

 A:皇室に入りましてから、いろいろなことを経験する機会に恵まれ、大変ありがたいことと思っております。お陰さまで、初めのうちは、右も左もわからず、一つ一つのことを一から教えて頂いておりました。宮中のお行事や、それから公務なども次第に慣れてまいりまして、段々と楽しく感じるゆとりも生まれてまいりました。その中で、皇室の中では、あの、両陛下お始めが、国民の喜び、そして悲しみと伴のう深くお心にお留めになり、そして、あのご自身のお喜び、ご自身の悲しみとして、日々お過ごしになり、また、あの、国民の幸せというものを常に願っていらっしゃるということを幾度となく実感いたします。それから、また、私は以前、普通の生活をしておりましたので、考えてみますと、皇族の公務というものは、一般の方の目に映るよりもかなりたくさんあって、そしてまたあの多岐にわたるのではないかという気がいたします。特に陛下は、皇居でのご公務も大変多くおありになり、そして毎日、大変お忙しい日々を送っていらっしゃいます。そのあたりのことが、国民の皆さんにも広く理解されていると、よろしいんですけれども。そのあたりいかがでございましょうか。

 それから私たちの皇室での役割ということでございますが、やはり、皇室での役割としては、両陛下を私たちの立場でできる限りにおいて、お助けしていくということが大切なことだと思っております。そして、若い世代の皇族としてということでは、皇太子殿下は、いつも私たちと同じ比較的若い世代の人々がどのようなことを考え、どのようなことに関心があり、そしてまた、皇室にどのようなことを期待しているのかということを、常に視野に入れていきたいというふうにおっしゃっていらっしゃいまして、私もこのことを、とっても大切なことだと思っています。それから、殿下にはイギリスへのご留学の経験がおありでらっしゃいますが、その時に大変多くのことを吸収なさっていらっしゃったようにうかがえますので、そのような視点も大切にしていきながら、世の中の様々なことに関心を持っていくことができたらというふうに思います。昨年もお話ししたかもしれませんが、いろいろな新しい考え方ですとか、新しい技術、そういったものに触れていくということも、大切なのではないかと思っています。また、自分たちらしさということに、自分たちらしさを生かしていくということについては、皇室で長い間培われてまいりました伝統というものを大切にするということも、大切なことでございますし、また新しいものを取り入れていくということ、それからまた、自分たちらしさを大切にするということ、それぞれが大切なことだと思います。そしてそのような違ったいろいろな要素を、その時々で、どのようにバランス良く取り入れていくのかということについて、常に考えながら若い世代の皇族としてどのようなことができるのか、殿下とご一緒にご相談しながら、常に考えていきたいと思っております。

 http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako98/02.html

244 :雅子妃35歳誕生日会見:2000/12/02(土) 16:49
Q5:最近、公務を離れて興味をもって取り組んでおられること、楽しみにしておられることはどんな事ですか。

 A:楽しみにしていることは、いろいろとございますが、そして以前お話ししたこととも重複するかもしれませんが、1年に何回か自然の豊かなところを訪れる機会に恵まれました折には、そこでいい景色を、きれい、美しい景色を眺め、そしてきれいな空気を吸って、そしてまた、山歩きなどをしながら、植物ですとか、あのそういったものについて、いろいろと教えて頂くこと、それからまた、そういう空気のきれいなところでは、夜には天体観測をしたりすることも大きな楽しみになっております。それから、日々の生活では、先程もお話しに出しましたが、犬たちとの散歩ですとか、いろんな触れ合いを通じて、たくさんの楽しみや喜びを見いだしております。

 それと今年の夏、クワガタムシ(ノコギリクワガタ)の、昆虫のクワガタですけれども、クワガタが、ここの、御所の窓の外の所で、弱っているのを見つけまして、私自身ここにクワガタがいるということ自体、驚きだったんでございますけれども、皇太子殿下がお小さいころに、クワガタやカブトムシもここにたくさんいたとかっていうことで、殿下も大変久し振りに御覧になられたということでしたけれども、クワガタが弱っておりましたので、保護いたしまして、飼育いたしました。そして、その後、雌を加えて、一緒に飼育いたしましたところ、繁殖いたしまして卵を産んで、それで今は幼虫を飼育しております。幼虫の飼育というのは、取り掛かってみて分かったんですけれども、クワガタの場合、成虫になるまでには3年ぐらいかかる、ということで、割と長い、3年がかりの仕事になるかしらと思っておりますけれども、子供のころに、親しんだ昆虫にまた触れることができて、そのことによって、いろいろな、たとえば虫ですとか、そういった小さな命一つ一つが、大変いとおしく思えてくるものでございまして、そのようなことから、現代の子供たちにも、そういう体験をすることっていうのは、とても大切なことなのではないかしらというふうに感じております。

 それから一つ新しいことといたしましては、皇太子殿下やそれからご家族やほかの皆様とも音楽、何か、アンサンブルですとか、そういったものを、演奏をご一緒できたら楽しいかしらと思いまして、フルートを始めたっていうことがございます。これは上達するまでには、長い道のりだと思いますけれども少しずつ、楽しく練習していかれたらというふうに思っております。ほかには、皇室の伝統でございます和歌、書道は、引き続き楽しく学ばせて頂いておりますけれども、たまに殿下とご一緒に絵を描くこともございます。絵と申しましても、大体あの、草花の写生なんでございますけれども、そうやって写生をしてみますと、写真とはまた違いまして植物の細かいところを、いろいろ見ることになって大変新しい発見がたくさんございまして、世界が広がるような気がいたします。このようにして、いろいろと新しいことを試してみますと、楽しい発見がございますので、大変幸せなことと思っております。

 http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako98/02.html

245 :雅子妃36歳誕生日会見:2000/12/02(土) 16:50
問3  御公務でお忙しい日々を送っていらっしゃる中での気分転換やリラックス法があればお聞かせください。

皇太子妃殿下  確かに私たちの生活では,仕事と生活の境というものが余りはっきりしていず,ふだんの生活と公務が非常に近く結び付いているという面がございますので,ふだんの生活の中でうまく気分転換を図るということは確かに大切なことのように思います。公務の間に余裕を見いだすことのできる何日間というのがございます時には,幸い御用邸の方で過ごさせていただき,そこで山へ出掛けましたり,それから,自然の中でゆったりと過ごさせていただいているということは大変有り難く思っております。また,ふだんの生活の中では,まず皇太子殿下に何でも,何についてもお話ができるということを本当に幸せなことと思っております。やはり話をするということでいろいろな意味で気分が楽になるということは随分とあることなのではないでしょうか。
 それから,私にとりまして,今飼っております犬たちと一緒に過ごす時間というのもホッといたしますし,大切な時間となっています。例えば,一日の日程を終えて,あるいは夕方に公務があったりいたします時は,その公務の間の時間を見付けて,夕方,犬たちを連れてここの御用地の中を散歩いたしましたり,自転車で回ったりいたしますと本当に良い気分転換になります。もう少し時間があります時には,皇太子殿下と御一緒にテニスをさせていただきましたり,楽器のフルートの練習をいたしましたりもしますけれども,最近は,秋の日程が忙しかったこともあり,フルートの方はしばらくレッスンをごぶさたしてしまっているような状況になっています。後は,一日の終わりに,夜,本を読んだりというようなことも休息になるような気がいたします。

http://www.kunaicho.go.jp/koutaishi/hidenkakaiken-h11.html

246 :雅子妃36歳誕生日会見:2000/12/02(土) 16:50
問4  今年は,北海道や岩手八幡平,那須などへの,皇太子様とのお出ましがありました。日常の生活も含めまして皇太子様との生活の中で夫婦のきずなを深められたことや新しく発見されたこと,そして,妻として皇太子様に望まれることがありましたら,お聞かせください。

皇太子妃殿下  今年は,北海道での冬の国体への出席の後,一日お休みを頂くことができまして,クロスカントリースキーを楽しむ機会に恵まれました。クロスカントリースキーを習うのは初めてのことでしたけれども,林の木立の中で木漏れ日を浴びながら滑るというのは,とても気持ちよく大変楽しい時間を過ごすことができました。夏には,先ほどおっしゃられた八幡平,そして,志賀高原の方に参ります機会を得て,そして,そこで美しい高原を歩き,また,案内の方から植物ですとか,自然のことについていろいろ教えていただくなど,大変楽しい滞在をさせていただきました。皇太子様と御一緒にこのような経験をさせていただいて,段々と世界が広がっていくということを大変うれしく思っております。
 ふだんの日常生活では,先ほどもちょっと申しましたけれども,皇太子様がなるべくいろいろなことについて一緒に考え,そして,話し合おうというお気持ちでいらしてくださることを大変幸せなことと思っております。そしてまた,例えば音楽ですとか,自然や動植物との触れ合い,天体観測,時折絵を描くことなどを通じて,それから,日々犬たちを伴って一緒に過ごす時間などを通じ,いろいろな楽しみを分かち合ってくださいますことを大変有り難く思っております。
 皇太子様は,大変お体がお丈夫でいらっしゃいますことを,私は心強く感じておりますけれども,これからも,いつもお元気でいらしていただけますようにと願っております。そしてまた,私自身,何かお役に立てますよう努めたいと思っております。

http://www.kunaicho.go.jp/koutaishi/hidenkakaiken-h11.html
http://www.zakzak.co.jp/spo/s-2000_03/image/s2000033007masako_b.jpg


247 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 16:59
>241
>男系血統主義は極端なことを言えば、女性の身分など問題にしていない。

オイオイ、大丈夫か?

248 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 17:07
>247

そうなんじゃない?「極端」に言えば。
どうしてそれが疑問なの?
後白河法皇には白拍子との間にご落胤がたくさんいたし。

249 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 17:10
源義経の母は遊女。
しかし彼が源氏であり貴種であることにうたがいはない。

250 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 17:13
じゃあ、なんで美智子皇后の身分が問題にされるんだ?
だいたい男系血統主義なんてとっくに終わってる。


251 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 17:18
そのとおり。
庶民の血も天皇家にはいっぱい入ってる。
今更女系になっても、歓迎こそされても問題にはされないよ。
男系血統主義なんて宗教みたいな話でしょ。


252 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 17:29
>251
だって君主制って宗教みたいなもんじゃん。
死守す節度ってものがあるよ。
天皇制の場合、万世一系がそれにあたる。

253 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 17:39
>252
そーいうのは天皇の人間宣言で終わってるじゃん。
終わってないのは、むしろサヨのほうになってるかもね。
だって死守するなら現時点で女系を否定できないでしょ。
現実にいないわけだし。現実的にありえない話をもってきてもしょうがない。
ありえるとしたら、せいぜい女帝の夫に旧皇族を迎えるくらいでしょ。

254 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 17:52
ここのスレでも支持者が多いように、
何らかの形で旧皇族を復権させることは、非現実的ではない。
何よりも現皇族も、旧皇族としばしば面会している。
昭和22年に旧皇族が皇籍を離脱したとき、昭和天皇は、心ならずもGHQの指示に従うことになって非常に残念だ、
と、旧皇族一同を集めたお別れ会で述べている。
皇室の意思は明確である。

255 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:01
 法律を否定するのはやめてくれ ソクラテスは悪報も亦法なり として自ら
毒を飲んで死んだ 皇室典範が悪法かどうかは俺はしらん!!もうコレ以上
皇室を政争の具にするのは止めたいから昭和22年5月16日からこれが
施行されたんだよ 第1条にそう記してあるからそうしなければならないんだよ
改正する 解釈するは自由だけど 二度と皇室利用はやめてくれよなーー非国民じゃないものから


256 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:06
悪報ーーー>悪法

257 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:08
多数決をとります。
1 女帝を認めるがその夫は必ず旧皇族でなくてはならない。
2 女帝を認めるが夫は誰でもいい
3 女帝など認められない
私は2です。

258 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:08
昭和22年の皇籍離脱は、強制された法律行為だから、無効と言う解釈もある。

259 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:10
>257

2ちゃんで多数決を取っても意味ないでしょう。

260 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:12
>何らかの形で旧皇族を復権させることは、非現実的ではない。

具体的になってもいいという旧皇族がいるの?
国民がすんなり認めると思う?
600年も前の家系を保守派が認めると思う?
かえって天皇制を危機に追い込むよ。
だいたい旧皇族が復権するわけではないじゃん。
旧皇族の子孫の話だよ。

261 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:17
>260
何で危機になるの?
国民の認識はあとからついてくるものです。
600年前の家系でも認めるでしょう。現に50年前まで認めていたのだから。
もちろん旧皇族の子孫も今猶皇室と親しくお付き合いしていますよ。

262 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:18
>>260
だからいきなり旧皇族の子孫を天皇にするんじゃなくて、
眞子さまをかますの

263 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:18
>254
>ここのスレでも支持者が多いように、

へ、どこが多いの?
あんたがたくさん書いてるだけじゃん。
しかも保守派を装って女帝を妨害してるし。
むしろ、それでも女系賛成派のほうが多いようにみえるぞ。



264 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:18
>255
日本国憲法制定(皇室典範改正)当時、女性議員から男子限定に対して異論が出たとが、当時の金森徳次郎・新憲法担当大臣は「男系男子は国民の確信」としつつも、「(女帝は)将来の検討課題」にするとの答弁をしている。
 

265 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:22
>何で危機になるの?

女帝賛成が増えている。
旧皇族を迎えるなんて話しはどこにも出てないよ。

>600年前の家系でも認めるでしょう。現に50年前まで認めていたのだから。

ハァ?何わけわかんないこと言ってんの?

>もちろん旧皇族の子孫も今猶皇室と親しくお付き合いしていますよ。

旧華族とも親しくしてるだろ。
菊栄親睦会なんて、数年に一回開かれる程度の話。
特別に親しくしてるわけではないだろ。




266 :雅子妃35歳誕生日会見:2000/12/02(土) 18:23
Q3:結婚されて5年を過ぎましたが、夫婦円満の秘訣は何ですか。夫婦げんかになったりした時は、どのように仲直りされますか。できればエピソードを交えお聞かせください。

 A:まず何よりも皇太子殿下がいつも大変に寛大なお心で、私のことを温かく見守って下さるということに感謝申し上げたいと思います。幸い、公務なども含め、一日のうちで二人でともに過ごす時間というものが長いものですから、いろいろなことをご一緒に体験することができますことを大変幸せなことと思っております。そして、そうですね、あの、それぞれが関心を持っておりますことにお互いに関心を寄せて、何ごとについても、いろいろと話し合うという雰囲気ができているように思います。夫婦げんかにつきましては、ご期待に添そえないかもしれませんが、仲直りが必要なようなけんかには、あまりなりません。ただ、相手の、相手に不快な思いをさせてしまったかしらと思う時には、素直に謝るということが大切なのかもしれないと思っております。それから、今、犬(注:参照)がおりますけれども、この犬がいるというのも夫婦の仲にとって、とても良いように思います。よく夫婦げんかは犬も食わぬと申しますけれども、けんかの種は割と良く拾って食べてくれるような気がいたします。(一同笑い)

http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako98/index.html
http://www.zakzak.co.jp/spo/s-2000_03/image/s2000033007masako_b.jpg

267 :雅子妃35歳誕生日会見:2000/12/02(土) 18:23
Q4:皇室に入られた当初と現在とで、皇室に対するお考えやイメージはどのように深められたでしょうか。両殿下の皇室での役割、若い世代の皇族としてご自分たちらしさをどんな面で生かしていきたいとお考えですか。

 A:皇室に入りましてから、いろいろなことを経験する機会に恵まれ、大変ありがたいことと思っております。お陰さまで、初めのうちは、右も左もわからず、一つ一つのことを一から教えて頂いておりました。宮中のお行事や、それから公務なども次第に慣れてまいりまして、段々と楽しく感じるゆとりも生まれてまいりました。その中で、皇室の中では、あの、両陛下お始めが、国民の喜び、そして悲しみと伴のう深くお心にお留めになり、そして、あのご自身のお喜び、ご自身の悲しみとして、日々お過ごしになり、また、あの、国民の幸せというものを常に願っていらっしゃるということを幾度となく実感いたします。それから、また、私は以前、普通の生活をしておりましたので、考えてみますと、皇族の公務というものは、一般の方の目に映るよりもかなりたくさんあって、そしてまたあの多岐にわたるのではないかという気がいたします。特に陛下は、皇居でのご公務も大変多くおありになり、そして毎日、大変お忙しい日々を送っていらっしゃいます。そのあたりのことが、国民の皆さんにも広く理解されていると、よろしいんですけれども。そのあたりいかがでございましょうか。

 それから私たちの皇室での役割ということでございますが、やはり、皇室での役割としては、両陛下を私たちの立場でできる限りにおいて、お助けしていくということが大切なことだと思っております。そして、若い世代の皇族としてということでは、皇太子殿下は、いつも私たちと同じ比較的若い世代の人々がどのようなことを考え、どのようなことに関心があり、そしてまた、皇室にどのようなことを期待しているのかということを、常に視野に入れていきたいというふうにおっしゃっていらっしゃいまして、私もこのことを、とっても大切なことだと思っています。それから、殿下にはイギリスへのご留学の経験がおありでらっしゃいますが、その時に大変多くのことを吸収なさっていらっしゃったようにうかがえますので、そのような視点も大切にしていきながら、世の中の様々なことに関心を持っていくことができたらというふうに思います。昨年もお話ししたかもしれませんが、いろいろな新しい考え方ですとか、新しい技術、そういったものに触れていくということも、大切なのではないかと思っています。また、自分たちらしさということに、自分たちらしさを生かしていくということについては、皇室で長い間培われてまいりました伝統というものを大切にするということも、大切なことでございますし、また新しいものを取り入れていくということ、それからまた、自分たちらしさを大切にするということ、それぞれが大切なことだと思います。そしてそのような違ったいろいろな要素を、その時々で、どのようにバランス良く取り入れていくのかということについて、常に考えながら若い世代の皇族としてどのようなことができるのか、殿下とご一緒にご相談しながら、常に考えていきたいと思っております。

 http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako98/02.html


268 :雅子妃35歳誕生日会見:2000/12/02(土) 18:23
Q5:最近、公務を離れて興味をもって取り組んでおられること、楽しみにしておられることはどんな事ですか。

 A:楽しみにしていることは、いろいろとございますが、そして以前お話ししたこととも重複するかもしれませんが、1年に何回か自然の豊かなところを訪れる機会に恵まれました折には、そこでいい景色を、きれい、美しい景色を眺め、そしてきれいな空気を吸って、そしてまた、山歩きなどをしながら、植物ですとか、あのそういったものについて、いろいろと教えて頂くこと、それからまた、そういう空気のきれいなところでは、夜には天体観測をしたりすることも大きな楽しみになっております。それから、日々の生活では、先程もお話しに出しましたが、犬たちとの散歩ですとか、いろんな触れ合いを通じて、たくさんの楽しみや喜びを見いだしております。

 それと今年の夏、クワガタムシ(ノコギリクワガタ)の、昆虫のクワガタですけれども、クワガタが、ここの、御所の窓の外の所で、弱っているのを見つけまして、私自身ここにクワガタがいるということ自体、驚きだったんでございますけれども、皇太子殿下がお小さいころに、クワガタやカブトムシもここにたくさんいたとかっていうことで、殿下も大変久し振りに御覧になられたということでしたけれども、クワガタが弱っておりましたので、保護いたしまして、飼育いたしました。そして、その後、雌を加えて、一緒に飼育いたしましたところ、繁殖いたしまして卵を産んで、それで今は幼虫を飼育しております。幼虫の飼育というのは、取り掛かってみて分かったんですけれども、クワガタの場合、成虫になるまでには3年ぐらいかかる、ということで、割と長い、3年がかりの仕事になるかしらと思っておりますけれども、子供のころに、親しんだ昆虫にまた触れることができて、そのことによって、いろいろな、たとえば虫ですとか、そういった小さな命一つ一つが、大変いとおしく思えてくるものでございまして、そのようなことから、現代の子供たちにも、そういう体験をすることっていうのは、とても大切なことなのではないかしらというふうに感じております。

 それから一つ新しいことといたしましては、皇太子殿下やそれからご家族やほかの皆様とも音楽、何か、アンサンブルですとか、そういったものを、演奏をご一緒できたら楽しいかしらと思いまして、フルートを始めたっていうことがございます。これは上達するまでには、長い道のりだと思いますけれども少しずつ、楽しく練習していかれたらというふうに思っております。ほかには、皇室の伝統でございます和歌、書道は、引き続き楽しく学ばせて頂いておりますけれども、たまに殿下とご一緒に絵を描くこともございます。絵と申しましても、大体あの、草花の写生なんでございますけれども、そうやって写生をしてみますと、写真とはまた違いまして植物の細かいところを、いろいろ見ることになって大変新しい発見がたくさんございまして、世界が広がるような気がいたします。このようにして、いろいろと新しいことを試してみますと、楽しい発見がございますので、大変幸せなことと思っております。

 http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako98/02.html

269 :雅子妃36歳誕生日会見:2000/12/02(土) 18:24
問3  御公務でお忙しい日々を送っていらっしゃる中での気分転換やリラックス法があればお聞かせください。

皇太子妃殿下  確かに私たちの生活では,仕事と生活の境というものが余りはっきりしていず,ふだんの生活と公務が非常に近く結び付いているという面がございますので,ふだんの生活の中でうまく気分転換を図るということは確かに大切なことのように思います。公務の間に余裕を見いだすことのできる何日間というのがございます時には,幸い御用邸の方で過ごさせていただき,そこで山へ出掛けましたり,それから,自然の中でゆったりと過ごさせていただいているということは大変有り難く思っております。また,ふだんの生活の中では,まず皇太子殿下に何でも,何についてもお話ができるということを本当に幸せなことと思っております。やはり話をするということでいろいろな意味で気分が楽になるということは随分とあることなのではないでしょうか。
 それから,私にとりまして,今飼っております犬たちと一緒に過ごす時間というのもホッといたしますし,大切な時間となっています。例えば,一日の日程を終えて,あるいは夕方に公務があったりいたします時は,その公務の間の時間を見付けて,夕方,犬たちを連れてここの御用地の中を散歩いたしましたり,自転車で回ったりいたしますと本当に良い気分転換になります。もう少し時間があります時には,皇太子殿下と御一緒にテニスをさせていただきましたり,楽器のフルートの練習をいたしましたりもしますけれども,最近は,秋の日程が忙しかったこともあり,フルートの方はしばらくレッスンをごぶさたしてしまっているような状況になっています。後は,一日の終わりに,夜,本を読んだりというようなことも休息になるような気がいたします。

http://www.kunaicho.go.jp/koutaishi/hidenkakaiken-h11.html

270 :雅子妃36歳誕生日会見:2000/12/02(土) 18:24
問4  今年は,北海道や岩手八幡平,那須などへの,皇太子様とのお出ましがありました。日常の生活も含めまして皇太子様との生活の中で夫婦のきずなを深められたことや新しく発見されたこと,そして,妻として皇太子様に望まれることがありましたら,お聞かせください。

皇太子妃殿下  今年は,北海道での冬の国体への出席の後,一日お休みを頂くことができまして,クロスカントリースキーを楽しむ機会に恵まれました。クロスカントリースキーを習うのは初めてのことでしたけれども,林の木立の中で木漏れ日を浴びながら滑るというのは,とても気持ちよく大変楽しい時間を過ごすことができました。夏には,先ほどおっしゃられた八幡平,そして,志賀高原の方に参ります機会を得て,そして,そこで美しい高原を歩き,また,案内の方から植物ですとか,自然のことについていろいろ教えていただくなど,大変楽しい滞在をさせていただきました。皇太子様と御一緒にこのような経験をさせていただいて,段々と世界が広がっていくということを大変うれしく思っております。
 ふだんの日常生活では,先ほどもちょっと申しましたけれども,皇太子様がなるべくいろいろなことについて一緒に考え,そして,話し合おうというお気持ちでいらしてくださることを大変幸せなことと思っております。そしてまた,例えば音楽ですとか,自然や動植物との触れ合い,天体観測,時折絵を描くことなどを通じて,それから,日々犬たちを伴って一緒に過ごす時間などを通じ,いろいろな楽しみを分かち合ってくださいますことを大変有り難く思っております。
 皇太子様は,大変お体がお丈夫でいらっしゃいますことを,私は心強く感じておりますけれども,これからも,いつもお元気でいらしていただけますようにと願っております。そしてまた,私自身,何かお役に立てますよう努めたいと思っております。

http://www.kunaicho.go.jp/koutaishi/hidenkakaiken-h11.html
http://www.zakzak.co.jp/spo/s-2000_03/image/s2000033007masako_b.jpg


271 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:29
また雅子様への童貞横恋慕オヤジか(藁

272 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:33
横恋慕オヤジは見るのがつらいだろうね。

273 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:34
 解釈だろ 裁判所の判決じゃないだろ!!

274 :不経済:2000/12/02(土) 18:34
「週刊朝日」99年12月24日号
「お二人の愛の結実は熊本で、だった?」

雅子さまの出産予定は来夏と報じられている。本誌が入手した雅子さまの体の
リズムを考えると、皇太子夫妻のベビーは十一月前半ごろに結実したことになる。
なかでも可能性が高そうな十一月五日から七日にかけて、皇太子夫妻は、熊本
で開かれた全国身体障害者スポーツ大会を視察している。宿は熊本市内の老舗の
ホテル。二十二階にある百二十平方bのインペリアルスイートで、通常は一泊十
八万円。大きなダブルベッドのある部屋だった。

ニュースカイホテル
http://www.kumanichi.co.jp/president/59.html
インペリアルスイート
http://www.sunfm.co.jp/yado/newsky/info/index.html

275 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:37
>249
井沢を読んだでしょ?
義経の母は遊女じゃないよ。井沢の認識不足を鵜呑みにしちゃいかん。

276 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:39
 別にツラクないよ  横恋慕しったて  高嶺の花ダモン

277 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:41
  皇室を政争の具にするのは止めてくれ

278 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:43
>>274
もう雅子様にゃだれも期待してないよーだ。

279 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:46
精液を遠心分離機にかければ男女うみわけが可能です。
雅子様のしあわけをねがうなら、最新医学の補助をうけるべきでしょう。

280 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:47
 >>1さん の質問にこたえられないのかね???

281 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:47
これで眞子ちゃんが女帝だね。

282 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:49
 答えられないでしょう!!  私だって答えられませんからね!!

283 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 18:54
今後って 歴史なんですか??過去じゃなくて未来でしょう??
未来まで歴史って確定できるのですか??  横恋慕ヨリ

284 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 19:08
>281
皇位継承権のある数人の男子全員が亡くなるのは、数十年後のこと
でしょう。
その間に、女帝問題は起きないでしょう。
さて、全員が亡くなったその後で・・・・・お婆さんになった彼女が、
女帝に・・・・・?


285 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 19:22
>284
つーか、その頃には彼女は結婚して民間人になってるか、
結婚しないで閉経してるでしょ。

286 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 19:38
>283
ストーカーは自分に都合のいい未来を妄想するもんです。

287 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 19:40
>285

政治家も宮内庁もアホじゃないんだから、
眞子や佳子を女帝にしようと思えば、
彼女たちが10代のうちに改正するだろ。

>その間に、女帝問題は起きないでしょう。

現に起きてるから、こうしてここでも議論されてるわけだろ。

288 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 19:45
だから 俺言ってるだろ 皇太子にいい おめかけさん 世話しろやって。

>>285

289 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 19:47
>288

サヨはもういいよ。

290 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 19:51
 オレか??  雅子様と不倫する

291 ::2000/12/02(土) 19:52
ブサヨク発見!

292 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 19:54
>290
童貞がしそうなレスだね。(w

293 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 19:54
ストーカーは自分に都合のいい未来を妄想するもんです。



294 :名無史さん:2000/12/02(土) 19:57
結局は、
600年も民間の血を遡っても男系をつらぬくか、
他の国の立憲君主制のように、女系を認めていくかのどちらかだね。

295 :名無史さん:2000/12/02(土) 20:05
>294
男系をつらぬくと言っても誰がやるんだよ。
具体性ゼロだな。


296 : 名無しさん@1周年 :2000/12/02(土) 20:06
290は精神病院からアクセスしてるの?

297 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 20:07
 皇室典範第1条は「皇位は皇統に属する男系の男子が継承する」と定めている。したがって現行法上は、女性が天皇になることは不可能である。それゆえ皇位継承者は、皇太子、秋篠宮の順で、3番目が常陸宮となり、7番目の高円宮まで続く。1・2順位を除けば、後の方は40歳以上の高齢であるゆえ、男系の世襲制を前提とする以上、皇室は必ずしも盤石といえないこととなる。さらに女子の皇族は、結婚すれば皇族の身分から離れるため、女の子供ばかりの宮家は途絶える。
 だが、旧皇室典範が、天皇主権体制化下の明治体制の下で大日本帝国憲法から超越した別法体系と位置づけられたのとは違い、現行のそれは日本国憲法下の一つの法律にすぎない。当然(最高法規である日本国憲法第14条「法の下の平等」と関係から言えば、天皇の承継を男子に限定する現行法は、「憲法違反ではないか」との指摘は別にして)、女子にも天皇の承継(「女帝」)を認めるように改正することは国会の議決があれば可能である。
 そもそも天皇を男系男子に限るとする考え方は、帝国憲法制定に強い影響力を持った初代内閣総理大臣の伊藤博文らが、男子中心社会を構成していた武家の伝統を基本に、天皇の『万世一系』体制を演出するといった政治的要素を背景に旧皇室典範で明文化されたもので、せいぜい100年の歴史があるにすぎない。
 日本でも江戸期以前に女帝が存在した。神武天皇から現在の(明仁)天皇まで125代中、女性は推古、皇極、斉明、持統、元明、元正、孝謙、称徳、明正、後桜町10代・10人が即位している(うち皇極天皇と斉明天皇、孝謙天皇と称徳天皇は、それぞれ重祚(ちょうそ=重複して即位)なので実際は8人となる)。
 推古天皇から称徳天皇までは7、8世紀。明正、後桜町の両天皇は17、8世紀である。宮内庁は、これらはいずれも「跡継ぎが幼少・病弱などのために中継ぎ」であり、実質的に男系を崩したことはないとの見解を踏襲している(今は中継ぎすら出来ないが)。確かに古代の6女帝は、中継ぎ的性格が強かったが、「明正天皇の場合は朝廷の幕府への反発が発端となった」との見解もあり、中継ぎ的と断定するのはいささか問題である。




298 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 20:07
 イギリスの例を見るまでもなく、欧州諸国の王室では女帝は今や常識である。欧州には10の王室があるが、女王の国はイギリスのほか、オランダ、デンマークである。
 特にイギリスは、現在のエリザベス2世で7人目の女王。王位継承に関する明文規定は、ウィリアムズ3世時の「王位継承令」(1701年)にまでさかのぼり、「ソフィア王女およびその子孫の、プロテスタント教徒」との名称の規程が踏襲されている。しかし、王位継承の「順番」の規定は存在せず、「王位の承継は王子の年齢順、王子がいない場合は王女の年齢順とする」との慣習が続いているのが実情である。
 一方、スウェーデンは1980年、王位継承法を一部改正、王位継承を「国王の第1子とする」と改正した。同国王の第1子はビクトリア王女で、次の国王は女王となる。
 なお、日本国憲法制定(皇室典範改正)当時、女性議員から男子限定に対して異論が出たとが、当時の金森徳次郎・新憲法担当大臣は「男系男子は国民の確信」としつつも、「(女帝は)将来の検討課題」にするとの答弁をしている。
 しかし、その後の日本政府は「天皇は生まれながらに公人であり、一般国民の人権はなじまず、憲法に抵触しない」との公式見解を取り現在に至っている。
 ところで1995年9月の自民党総裁選の公開討論会で、総裁候補者だった橋本竜太郎前首相、小泉純一郎の両氏が「国民が認めれば、女性天皇を認めるように皇室典範を改正してもいい」と表明、会場のどよめきを誘ったのは有名な話しである。
 なお、日本世論調査会の調査によると、女性天皇の容認派は92年で33%だったのが、98年には50%に増加し、逆に「男子に限る」とする人は47%から31%に減少している。21世紀が女性の時代といわれる現代の風潮を反映しており注目されるところである。
                    (参考資料――1999年12月23日付『東京新聞』)


299 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 20:08
女帝でも別にいいじゃん。
反対する政党ってあるのかな。

300 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 20:08
女帝でも別にいいじゃん。
反対する政党ってあるのかな。



301 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 20:15
とくにないんじゃない。共産党は反対か?

302 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 20:53
まだこのスレあったんだね。
もういいだろ。ここで議論してもしょうがない。
国民投票なんてないしな。

303 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 20:53
終了。

304 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 21:45
>>279
遠心分離機は女子の産み分けはできますが、男子についてはできません。

305 :日本@名無史さん:2000/12/02(土) 21:56
できますよ。性別を決定するのはX精子かY精子のどちらが受精するかですが、
わずかに比重が違う。
だから遠心分離機にかけてより分けて受精させることが可能なのです。



306 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 01:43
桂宮殿下はなぜ結婚してないの?

307 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 02:16
age

308 :世界@名無史さん:2000/12/03(日) 03:35
>皇太子や秋篠宮に二号、三号、四号持たせて男子作らせれば
>すむ話じゃん。

後継ぎ男子作りの為に妾って国民意識と離れちゃうよ。
現在の皇室は絶対的権威じゃないんだし、
国民意識と離れたら皇室存亡の危機だよ。

309 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 06:08
桂宮っていつできたの?

310 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 06:32
後宮の復活を…は呉智英氏がいってたような気がするが
もともとは三島が冗談交じりに主張していたと思う.
でも,三島が生きていた頃は,いまほど皇室も後継者難ではなかった.
純粋に美的な感覚から三島は近代天皇制を嫌悪していたのだろう.
一夫一婦制度にしばられている今の天皇なんて男としてソンケーできねえぞフリーセックスを楽しんでおられた古代の天皇をみならえってこの税金どろぼーのクソッタレめってことか.

311 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 06:54
「女帝」なんてすんなり決まるかな?
西やん秀忠だってあんなに怒りまくっていたのに(笑)


312 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 07:27
今の皇室で男が産まれないのって、
実は誰かの意思による意図的なものじゃないか?
目的は色々あるだろうけど。
下々が科学の力で男の世継ぎを作れば?っていう前に、
そんなこと上つ方々が分かってない筈ないよね。

313 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 07:59
それは、秋篠宮の生誕後のことね?

314 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 08:25
>311
時代が違うからね。
いまだと大歓迎でしょ。

315 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 09:26
>311
あと、一般人で女帝の婿に成りたがる人間もいないね。
まず女遊びは出来ないし。浮気も出来ないし。
女帝がいやに成ったら死ぬまでオナニーだもんな。
おまけに社会的自由はまったくない。

316 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 09:51
>315

まあ、女帝の夫となると、生きるしかばねみたいなものだからね。
まともな人間なら絶対ご免こうむりたいよね。
おまけにネットではむちゃくちゃ中傷される自分を見ることに成るだろうからね。

317 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 10:10
桂宮と紀宮を結婚させちゃえば?

318 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 10:46
日本国は天皇が在位ましまし 特に与党 野党 最近は共産党までが 軍事の必要
を説いてる 戦いは男子にその双肩がかかっている 敗戦国のドイツすら徴兵制だぞ
絶対に男系男子の天皇でなければ その志気が損なわれずぞ 自衛の戦争の危機
を考えてくれ 男子諸君!!  ナマッチロイこというな!!

319 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 11:18
>>318
こら!皇室を卑しい武家文化で乗っ取ろうとするでない!


320 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 11:40
どっちみちあんな家に入って空虚な生涯をおくりたがる男なんていないよ。
眞子も佳子も、好きな人と結婚するために民間人にしてれって親に泣いて頼むだろう。
上流階級の人も含めみんなが自由恋愛でズコバコやってるときに天皇家なんてもつわけないよ。
後継者断絶=天皇制廃止だろう。

321 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 11:47
紀宮と田村亮子、どっちかと結婚しなきゃいけません。
あなたならどうする?

322 :your papa:2000/12/03(日) 13:32
到底オマエの天皇は男が生めない
天皇制廃止できる?
上に天皇が無ければ、生きていける?
お前ら、人に踏まれながら、生まれてきたから、天皇なんか無ければ、
存在価値がないよ

323 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 13:40
>315=316=317=320=321
だからさあ、
「自分は天皇制に反対で、女系は天皇制存続に繋がるから反対」って
素直にいえばいいんだよ。
今までは保守を装い、伝統を持ち出して女帝女系の批判レスを
1人で大量にしてたくせに、旗色が悪くなると、
「ケッ!どうせ女帝にしたって相手がいねーよ。」
って話だもんね。キミはいつも同じパターンだね。
ちなみにここで紀宮は関係ないよ。眞子佳子のほうが優先だし、
法改正される前に嫁ぐ可能性もあるしね。



324 : 名無しさん@1周年 :2000/12/03(日) 13:47
315と316の腹話は、指摘されるまでもなく、誰でもわかる。
周りが気付いていないと思ってるところがイタイ。



325 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 13:51
口調も同じだね。


326 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 13:53
紀宮を愛人にします>>321

327 :保守思想派:2000/12/03(日) 19:21
私のスレッド
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=974075781&ls=50
であれほど男系の万世一系にこだわっていた人たちが、
ここでは左翼といわれる。
万世一系とはこれほど滑稽な思想だと思い知っただろう。
日本人にとってそのアイディンティティとは万世一系の天皇?
違うだろう
天皇を中心としてまとまっていたこと、そのことじゃないの?
それがなぜできたか、なにが一番大切なことなのか、
歴史を学ぶとはそういうことだ。

328 :日本@名無史さん:2000/12/03(日) 22:51
保守思想派はウザいし受け入れられない、がまずありき。理由はなんとでも付けられる。

329 :日本@名無史さん:2000/12/04(月) 12:41
 囚人の娘が女性総理大臣で足軽頭の末裔の女帝のために この日本の隊長の
命令で 戦闘するのかあ 退院一同

330 :日本@名無史さん:2000/12/04(月) 20:46
 三笠宮家に男子出生の機会がまだあるうちにこの議論するのは大変失礼な事だと
思いますよ    sage

331 :名無しさん@1周年:2000/12/04(月) 22:29
三笠宮家はもうないだろ。


332 :名無しさん:2000/12/05(火) 00:25
え、ないの?長男が継いでるんじゃないの?>三笠宮家

333 :名無しさん:2000/12/05(火) 00:28
すまん・・・もう出生の機会が「ない」ってことだね・・・
読解力を身につけてからまた来ます。


334 :日本@名無史さん:2000/12/05(火) 11:33
いえいえ、こちらもちょっと言葉が足りなかったかもしれません。

宮内庁のページを見ると、高円宮妃は姉さん女房なんだね。
47歳にはちょっと見えない。
また、三笠宮寛仁妃のほうが、45歳で年下みたいね。

335 :日本@名無史さん:2000/12/05(火) 14:26
そうよ
21性器は女の痔堕慰よ!!

336 :あっと@名無史さん:2000/12/05(火) 14:45
雅子妃が男子誕生すれば澄むことじゃ。

337 :日本@名無史さん:2000/12/05(火) 16:11
遺伝的にはミトコンドリアは母系のみ伝わり 父系は全く遺伝しない。
男系男子に限るというのはナンセンスではないか。


338 :名無しさん@1周年:2000/12/06(水) 03:39
ミトコンドリアってなに?
おちえて。

339 :名無し:2000/12/06(水) 03:49
徳川将軍家もそうだけれど、なんで「直系」って絶えやすいの?
遺伝とかナンとかあるのかな。

340 :名無しさん@1周年 :2000/12/06(水) 04:01
同族同士で交配を繰返すと奇形が増えるっていうけど
直系ほど、純血主義が強まるせいで、頑丈な子は育たず
精子の活性も落ちるのではないかな。

341 :名無しさん:2000/12/06(水) 13:10
宮家を復活させて、男系を立てるべきだろう。
系譜的にもっともありうべき方で、慶応を卒業した方がいるそうだ。

342 :日本@名無史さん:2000/12/06(水) 16:06
>340
そういうこともあるのか、
血が近くない側室の子が天皇になるほうが多いんだよね。

343 :日本@名無史さん:2000/12/06(水) 22:03
>342
そうですよ。明治天皇も、大正天皇も、ひらたくいえば、めかけの子です。
それはちっとも不名誉なことじゃないの。
男系血統主義からすれば、女性は「借り腹」にすぎないから。


344 :名無しさん@1周年:2000/12/06(水) 23:42
天皇制に、反対するものは以下の休日に反旗を翻せ!!
 主権在民をこの手に、皇室の絡む休日を粉砕せよ
2月11日 建国記念の日(紀元節)軍国主義
3月中旬 春分の日(春季皇霊祭)軍国主義 皇室行事強制するな!
4月29日 みどりの日(人殺しの日?)
5月3日  憲法記念日 (菊の紋章が描かれている!第一章になんで天皇?)
7月20日 海の日(明治天皇が船で帰ってきた日?)
9月中旬 春分の日(秋季皇霊祭)軍国主義 皇室行事強制するな!
10月第二月曜日 体育の日(人殺しがオリンピック大会宣言)
11月3日 文化の日(明治節)
11月23日 勤労感謝の日(新嘗祭)軍国主義 皇室行事強制するな!
12月23日 天皇誕生日(天長節)軍国主義 皇室行事強制するな!



345 :名無しさん@1周年:2000/12/07(木) 04:57
実はもう妾とか、皇太子の非嫡出子の類はいるんじゃないの?
宮内庁が隠して、侍従長の家とかでこっそり養育されてるんだよ。

346 :日本@名無史さん :2000/12/07(木) 06:13
昔は皇極(斉明)天皇とか孝謙(称徳)天皇と、その他
女帝が多いんですけど、これって既に男系血統は途絶え
ていたことにはならないんですか?

347 :日本@名無史さん:2000/12/07(木) 08:44
あの頃はガキは天皇になれなかったんです。
だもんで成人するまでのつなぎネ。

348 :日本@名無史さん :2000/12/07(木) 09:43
でも称徳女帝を最後に天武系は途絶えてますよ。

349 :日本@名無史さん:2000/12/07(木) 11:02
天皇制云々てことよりも,休日多すぎるから減らしたほうがいいと思います.

350 :日本@名無史さん:2000/12/07(木) 17:10
>345
ハァ?


351 :日本@名無史さん:2000/12/07(木) 22:55
>348

今の天皇家は皇極(斉明)天皇の直系の子孫です。
途絶えていないでしょ?

352 :日本@名無史さん :2000/12/07(木) 23:22
皇極(斉明)天皇の息子の天武系は途絶えたが
もう一人の息子である天智系が続いたということか?

353 :日本@名無史さん:2000/12/08(金) 13:19
>>223
皇室会議の正議員2人の他に予備議員2人ってのもあるね.
女子皇族を含めても天皇以外の成年に達した皇族が4人を割ってしまう日が
やってくるのは案外近いかもしれん.

354 :日本@名無史さん:2000/12/09(土) 02:19
元宮家復活って11宮全部かい? それとも伏見限定?

355 :日本@名無史さん:2000/12/09(土) 04:50
11宮家は全部伏見宮系だよ。


356 :日本@名無史さん:2000/12/09(土) 05:14
東山天皇系の閑院宮家は違う気がする

357 :日本@名無史さん:2000/12/09(土) 09:46
旧宮家は、準皇族というあつかいで姓をもち、日常は自活していただき、
皇室が断絶の危機にあったときだけ、皇室に入って皇位をつぐということにする。

358 :日本@名無史さん:2000/12/09(土) 11:31
>356
閑院宮家は伏見宮家から養子が入ってるし、戦後、断絶してるでしょ。
ようするに、旧皇族なんていっても、
みんな天皇家から600年以上離れた家系。




359 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 04:33
う〜む、なかなか打開策がでないね。

とりあえず、皇太子の精子を冷凍保存しておいてから考えよう

360 :日本@名無史さん:2000/12/10(日) 05:41
クローン作ればいいんじゃないの?


361 :日本@名無史さん:2000/12/10(日) 09:12
伏見の宮さんでいいんじゃない。

362 :日本@名無史さん:2000/12/10(日) 10:39
伏見宮はもういない。民間の家系として子孫がいるだけ。
仮に皇族として残っていても、
600年も離れた家系がいいということにはならんだろ。
閑院宮は皇統の備えとして創られたし、現実に光格天皇が即位して
備えとしての機能を果たした。
男系の血が遠い伏見宮ではその機能を果たせなかったわけでしょ。
明治期の伏見宮は、皇女の嫁ぎ先の宮家をつくる機能を果たしたが、
とても皇位を継げるものとは考えられてないっしょ。



363 :世界@名無史さん:2000/12/10(日) 13:02
雅子さんの卵子をとりだして、皇太子のY精子をふりかける。
場合によっては代理母の使用も考えたほうが良い。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/12/10(日) 13:13
もう、女帝でいいじゃん。


365 :日本@名無史さん:2000/12/11(月) 02:07
皇太子が健康オタクになればいい

366 :日本@名無史さん:2000/12/11(月) 09:27
>仮に皇族として残っていても、
>600年も離れた家系がいいということにはならんだろ。

600年離れようが、世代数が一緒=血がブレンドされる回数も一緒。
実際数十年しか経ってない戦前は皇統を継ぐべき宮家として認められてた
だったらソコから秋篠宮家に婿採ってその間の子供を継がせれば善し。

未婚で皇位についた女帝は結婚出来ないそうだし
ホントは天皇制其の物を亡くせば良いんだけどそれは無理っぽい
どうせ崇め奉らにゃぁイカンのなら旧でも宮さんのが良いっしょ。

21世紀が女性の時代と言った所で日本のフェミニズムは歪んでいて
男女平等じゃなく女尊男卑、女性の権利は主張するけど責任はとりたがらない
田島&辻元のような人たちが居る。
天皇主権でないにしろ何らかの責任は付いてくるもの<天皇である以上
出来うる限り男帝の方が良いんじゃない。


367 :日本@名無史さん:2000/12/11(月) 11:11
憲法上は皇位は世襲(2条)でありさえすればよいので
あとは皇室典範の改正でなんとでもなる
憲法の理念上は国民の総意に基づいていさえすれば何でもよいので
天皇の地位を世襲のものにする必要すら本当はないのだ

368 :日本@名無史さん:2000/12/11(月) 14:43
600年も離れ、民間の家系図だと、
世襲という点で憲法違反じゃないのか?
憲法で男女平等ともあるし、
どう考えても女系を認めるほうが自然。


369 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 01:46
男女平等というのも世界的な“常識”からいえば至極当たり前。
天皇においてのみ男系優先というのも、この国の伝統であり、個性なのだから、
むりやり国際社会に合わせる必要もないというのも一つの見方。

石田純一じゃないけど、“文化”の問題でしょう。
天皇家の後継ぎは天皇が決めたらいい。


370 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 02:35
>世襲という点で憲法違反じゃないのか?
バカかお前は、憲法に世襲と書いてあるんだぞ。

371 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 02:37
ともあれ、日本弱体化のために進駐軍が押し付けたエセ憲法は、
改正する必要があるな。

372 :名無しさん@1周年:2000/12/12(火) 02:38
>368
凄い論理だな(笑
自分でいってることがまるでつじつまが
あってないことがこの馬鹿には理解できているのだろうか・・・。

373 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 02:40
368の頭の悪さは鮮人並だな。

374 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 02:55
>370
旧宮家が皇位継承するのは世襲とは言えないって意味だろ
世襲が憲法違反って言ってるわけじゃないと思うぞ。
憲法で男女平等云々ってのはおかしいがな
一般市民と同じに語れるものじゃない。

375 :バカウヨどうしでののしりあいかい(笑):2000/12/12(火) 09:47
368はウヨだろ



376 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 09:58
憲法では皇位の継承は「世襲」(2条)とのみ規定されているのだから
養子縁組で皇嗣候補をつくることも憲法上可能である
(ただし皇室典範の改正は必要)

377 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 12:21
375=ブ左翼だな。(ワラ

378 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 12:41
>372=373
まともに反論できない奴に限って、馬鹿だのウヨだのと言い出すんだよな。
だいたい20代以上600年以上前にさかのぼって継承する世襲なんて
あるのか?それを世襲といえるのか?
宮内庁内部の検討資料そのものにも、「おかしいという声が国民から出る」
と書いてある。それが自然な感覚だろう。
源頼朝、足利義満も天皇の子孫だが、皇位を継承したら、
それは天皇家を世襲したといえるか?そうみられるか?
600年以上前でもいいなら、もはやなんでもありだぜ。




379 :国民の総意としては:2000/12/12(火) 14:23
そんなことはどうでもいい
足の裏についた飯粒をどうやってはがすかと同程度の悩み

380 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 19:54
マコがおやじの持つ「学習院バカ記録」更新するかな?

381 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 20:13
>379 名前:国民の総意としては投稿日:2000/12/12(火) 14:23
>そんなことはどうでもいい

その割には皇室ネタはテレビや週刊誌では大人気だよな。
国家権力が視聴率を押しつけてるのか?
「国民の歴史」や「国民の道徳」と同じく、9割は組織購買なのかな(笑)?
五千部程度しか売れないような左翼本や現代思想本の何万倍かは一般の興味を惹いているトピックだと思うよ。

現在の天皇制は極めて強固であり、国民の圧倒的多数の支持を受け、国際的にも(中国からすらも)日本の国家元首であるとみなされていると、なぜ左翼は認められないのだろうか?
まずその事実を認めてから、世襲という概念を批判し共和主義の理想を語るなどして天皇制を否定するのが王道でしょう。
左翼って少数派に転落するのがよほど恐ろしいんだな。少数派、マイノリティの立場に立つことこそ左翼にとっては燃える立ち位置だと思うんだがね。

それから、女帝に反対している保守派や右派は一人もいないと思うんだけど、いるなら教えてくれ。

382 :女帝反対:2000/12/12(火) 21:04

    彡川川川三三三ミ〜
    川|川/  \|〜 プゥ〜ン
   ‖|‖ ◎---◎|〜        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  川川‖    3  ヽ〜       テンコロ廃止の必要性を
  川川   ∴)д(∴)〜        ネットで世界に発信せねば・・・
  川川      〜 /〜 カタカタカタ  \___________
  川川‖    〜 /‖ _____
  川川川川___/‖  |  | ̄ ̄\ \
   /   サヨ童 \__|  |    | ̄ ̄|
   /  \___ 貞     |  |    |__|
  | \      |つ   |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |    ヒキコモリ    

383 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 21:11
やっぱり男系がいいね。
神武天皇以来万世男系一系で続いてきたというのは、動かすべからざる日本の伝統、国体だと思うね。
今の憲法が定められたときの政府答弁でも、憲法に言う世襲は男系のことで、女系は世襲の観念に入らないと言っている。
この考え方はまっとうだよ。天皇が歴史に基づく存在である以上ね。
この考え方からすると女系を認める改正は違憲であり無効となる。
女性皇族は旧宮家と決行した場合に限り皇族たりうる、皇族は旧皇族に限り養子に取ることが出来る、と言う風にすべきでしょう。

384 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 21:29
>383

日本国憲法制定(皇室典範改正)当時、女性議員から男子限定に対して異論が出たとが、当時の金森徳次郎・新憲法担当大臣は「男系男子は国民の確信」としつつも、「(女帝は)将来の検討課題」にするとの答弁をしている。

385 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 21:37
>383

今更、神武天皇もないよ。
民主主義、男女平等である以上、女系を認めていくしか生き残る道はない。
たしかに旧皇族の子孫が眞子ちゃん佳子ちゃんあたりと結婚してくれる
ことが望ましいが、できないんならもうしょうがない。

それと旧宮家とか旧皇族というが、正確にはその子孫というべき。
おじいちゃんおばあちゃんの旧皇族は何人か残ってるかもしれないが、
若い世代に旧皇族はいない。

386 :日本@名無史さん:2000/12/12(火) 21:39
>384
俺は女帝に反対してないよ。念のため。
女帝がね、旧皇族と結婚してくれたら万万歳なんだ。
紀宮も旧皇族と結婚して、皇室に残ってほしいと思ってる。
それから皇太子・雅子さんに皇男子誕生があるのをを熱望している。
ただ女系=王朝交代だけは認められれんのよ。

387 :保守思想派:2000/12/13(水) 02:07
だから旧皇族と結婚する場合にのみ皇族に残すという制度は作れないでしょ、
それを法制化すると言うことは旧皇族を貴種と認めることになる。
どう考えても国民の賛成を得られるとは思えません。

388 :日本@名無史さん:2000/12/13(水) 21:35
結局のところ最後は庶民のねたみか。

389 :日本@名無史さん:2000/12/15(金) 20:27
話を眞子香子の婿にするなら誰?に変えよう。
海外の王室からとか<ヘンリー王子とか(w
華族から、または旧皇族からとかさ。

390 :名無しさん@1周年:2000/12/15(金) 20:41
だから、華族も旧皇族もいないっつーの。

391 :日本@名無史さん:2000/12/16(土) 00:33
君主制を肯定しながら、高貴な血筋をねたむのは理屈に合わないね。
貴種は貴種なのよ。

392 :日本@名無史さん:2000/12/16(土) 02:37
日本は立憲民主制だがな

393 :baka:2000/12/16(土) 11:59
普通の法律は その第一条で その法律の理念を述べるのが普通だ おおよそ の
法律は、この形態をとってる 皇室典範もこの例外ではあり得ないとおもう
第一条を改正することはこの国のありようを変える事に通ずるように思えてならない

394 :名無しさん:2000/12/16(土) 13:48
華族制度の復活こそが望ましい。
別に特権階級とかではなくて単なる名誉的な地位としての華族はあってもいいのでは?
新たな「華族」には、戦前の旧華族の家のほかに、現在の皇后・皇太子妃を出した正田家・小和田家を加え、さらに終戦直後に臣籍降下した旧皇族11家を加える。


395 :日本@名無史さん:2000/12/16(土) 13:59
華族は今でもあるぞ
つか年に1回、ちゃんと集まってるし、制度とかが無いだけ

でも華族だと結婚とか五月蝿いよ
相手も敬遠ぎみになるし

396 :名無しさん:2000/12/16(土) 14:05
>>395
霞会館(かつての華族会館)ってやつだろ?


397 :日本@名無史さん:2000/12/16(土) 14:10
>>396
詳しい事は知らないが、叔父夫婦が出席してる
でもかーなりウザイよ、マジで

398 :華族復活?…あまり趣味の良いこととは思われない:2000/12/16(土) 14:44
経済的特権も与えずに華族としての義務だけを負わせるつもりかい?
義務といっても要するに華族らしい生活をしてくれさえすればいいんだが
夜ごとの舞踏会やら音楽会やらを経済的特権もなしに続けなきゃならない
なんてさぞつらかろう…


399 :日本@名無史さん:2000/12/16(土) 15:57
>391
ハァ?
言ってる意味がわからん。
現在は(若い)旧皇族も華族もいないといってるだけじゃん。
それは誰も否定できない事実。
子孫ならいるけどね。

400 :日本@名無史さん:2000/12/16(土) 16:02
>393
旧皇室典範を基にしているんだからあたりまえだろ。
しかし、その旧皇室典範の前身である、
宮内省作成の「皇室法規」では、女帝を認めている。
また、戦後の皇室典範作成にあたっても、女帝は議論され、
当時の金森徳次郎・新憲法担当大臣は「女帝は将来の検討課題」
にするとの答弁をしている。


401 :日本@名無史さん:2000/12/16(土) 16:08
>394
一部賛成だが、
残念ながら旧宮家もいくつかは途絶えている。
高円宮が言ってたが、もう旧華族といっても、
孫の世代にはそのような意識がほとんどなく、
家族形態も変わってしまっているのだそうだ。



402 :fw.tctv.ne.jp:2000/12/16(土) 19:59
>400へ 皇室典範は民法の特別法なんだ 特別法は一般法に優先する この原理
はココでも作用する だから皇族は典範の規定に遮られるのだ で民法1条3項が
無効になるとしか解釈しようが無いんだ  。393から

403 :fw.tctv.ne.jp:2000/12/16(土) 20:01
失礼1条3項でなく 1条の2でした スマン >393

404 :日本@名無史さん:2000/12/16(土) 21:10
>402
はぁ?全然400に答えてないじゃん。
「だからなんだよ」としか言いようがない。
明治時代ですら女帝を認めようという議論が強くあり、
戦後は今後の検討課題とされた。
そして現在は必要に迫られつつある状況。
国会で改正できる法律だし、有力政治家からも改正の声が出ている。
国民世論も賛成が過半数。何がいいたいの?


405 :日本@名無史さん:2000/12/16(土) 22:12
皇室典範が民法の特別法だとは思えないが
参考文献はなによ?

406 :日本@名無史さん:2000/12/17(日) 01:19
>405
皇室の家族法は、民法の規定より先に皇室典範の規定が適用されるのだから、
あきらかに皇室典範は民法の特別法だろうが。

407 :名無しさん:2000/12/17(日) 01:31
>>398
私は何も舞踏会や音楽会を毎晩のように華族にさせろなんて思っていない。
(まさか鹿鳴館時代じゃあるまいし)
現代のご時世における華族の義務は自分が名族の末裔であるというプライドを持って行動することだけでよい。
そもそも、ヨーロッパの貴族階級なんかと比べても近代以後の日本の華族は(戦前も含めて)根本的に経済的にはあまり恵まれていない。
歴史的に見て、ヨーロッパの場合は、領主は地主であって領地というのは領主の私有地というべきものであったのに対し、日本の場合は、領主はただ領地に対する徴税権をもつだけで土地の所有者ではなかった。
そのため、日本の華族は廃藩置県によって領地から切り離された時点で、すでに経済的なバックグランドを失っていた。
そのような日本の華族に、身分相応に華やかに振る舞えなどというつもりは毛頭ない。
ただ、華族というものが制度的に再び確立し、日本の社会の中に一つの階層をつくって欲しいのである。
貴族が制度としては消滅していても(イギリスなどには存在)、階層としては社会の中にしっかりと残り、社交界を形成しているヨーロッパが羨ましい限りである。

>>401
旧宮家の中にすでに断絶した家がいくつかあるのは私も承知している。
しかも、その中には閑院宮などの江戸期から続く由緒ある宮家も含まれることは非常に残念なことである。
こうしたことだって、華族が制度的にしっかりしていれば、他家から養子をいれたりして家名を残すことが出来ただろうに。


408 :日本@名無史さん:2000/12/17(日) 02:00
階級制度が残っていることが、そんなにうらやましいものかねぇ???
華族しか入れない、レストランやトイレがあったりして。

409 :名無しさん:2000/12/17(日) 02:06
>>408
ちょっと違うが、イギリスではバーなどに2つの入口が用意されている。
つまり、片方が上流階級用、もう片方が無産階級用。
しかも、それぞれが自分の身分をわきまえて、下層階級の者が上流階級用の入口から入ることは決してない。


410 :日本@名無史さん:2000/12/17(日) 02:13
>>409
だから、そういう社会になることが、ホントに幸せなの?ガキに何逝ってもムダか。

411 :名無しさん:2000/12/17(日) 08:51
ほんと、ほんと 幸せなはずないよ >>410

イギリスの凝り固まった階級制度はあの国の諸悪の根源じゃないの?
華族制度が残っていたら、その下に続く細かい階級も
延々残っていくってことでしょう。そうなったら階層があてはめられるのは
は華族だけではないもんね。
借家に住んでいる人は地主に声をかけるのもはばかられるような社会に
(昔の小作人と地主様みたいに)住みたい人いるのかねえ。



412 :日本@名無史さん:2000/12/17(日) 14:45
だけどさあ、前のほうに華族を復活させる事は良い趣味とは思わない、ってカキコがあったけど、
それを言うなら君主制の維持だってちっとも言い趣味とは思わない。
なんか昔支配者だったと言うだけで、愚民どもわけもなくありがたがってるのは滑稽だぜ。

413 :日本@名無史さん:2000/12/17(日) 15:06
>>412
華族制度って皇室を支えるために作られたものだからな。
これがないと、いずれ、渋谷のコギャルみたいなのが皇后とかに
なりかねん。よって、皇室のありがたみは数十年単位で徐々に薄れていく。

結論。皇室は放置しておけば、勝手に逝きます。

414 :日本@名無史さん:2000/12/17(日) 15:23
特別な特権を与えなければ、華族制度復活は賛成。
その家に伝わる文化財の相続に、課税しないくらいのことでいい。


415 :吾輩は名無しである:2000/12/17(日) 16:05
>>411

昔の小作人と地主の関係は、今言われてるほどひどくなかったよ。

416 :酒井美意子 「敗戦以前の華族 」:2000/12/17(日) 17:46
『元華族たちの戦後史』.主婦と生活社.1995年

酒井美意子氏の略歴
大正15年、加賀百万石の家系を継ぐ侯爵・前田利為の長女として、
東京に生まれる。幼少時をロンドンで過ごし、帰国後、女子学習院
に入学・卒業。元伯爵家の酒井忠元氏と結婚。戦後は欧米仕込みの
マナーと日本の伝統的作法を身につけた国際的マナーの第一人者と
して、テレビ・ラジオ・執筆・講演活動などに大活躍。ハクビ総合
学院学長。


417 :酒井美意子 「敗戦以前の華族:2000/12/17(日) 17:47
二章 敗戦以前の華族
華族の実態
 一般に思いこまれていることだが、華族全員が裕福で、戦前上流社会を形成していたわけではけっしてない。公卿(くげ)、大名の旧華族ですら、自分たちの持つ文化や生活様式を最高と思い、お互いに反目し合っていた。
 そこヘ、軍人や官吏や事業家などの成功者の新華族が加わると、旧支配層はまるで異星人をみるようにこれを扱った。とてもとけ合うどころではなく、ヨーロッパのように社交界も育ちようがなかった。
 「私たちは、一度だってよかったことはありません。明治維新のときもひどい目にあったらしいし、十五銀行の破綻(はたん)のときも物凄かった。私の家なんか、十五銀行のときにスッテンテンになったので、財産税のときは、もう取られるものなんかありませんでした」
 十五万石以上の大名を除き、同じ大名華族でも領土や石高の少なかった大名の末裔(まつえい)、清貧に甘んじてきた公卿の末裔、そして種々雑多な新華族のめんめんの、これが偽らざる本音である。
 十五銀行とは華族のみが株主となって発足した銀行のことである。話に聞けば、明治十年に発足、昭和二年の恐慌を乗り切れず、減資をやむなくされた、という。そのため、株主の華族たちはひどい目にあったそうだ。頭取の公爵松方巌が爵位返上を申し出て謹慎したのも、皇室始め皇族や華族に大迷惑をかけた責任をとったのである。
 そして太平洋戦争に完膚(かんぷ)なきまでにやられたあとで襲ってきた財産税。財産税は当時、十万円以上の資産のある家にまったなしで襲いかかったのだが、十万円の財産もない華族が少なくなかったのである。この現実を知らず、戦争に負けたから華族が一斉に没落し、斜陽階級になってしまったと思いこむのは、笑止千万である。


418 :酒井美意子 「敗戦以前の華族」:2000/12/17(日) 17:48
 華族の実態を知る人が減少し、知らない人による意見は意味をなさないが、かつて華族の一員であった者として所感をのべれば、華族の存在意義はなく、制度が昭和二十二年に廃止されたのは当然、と考えている。そう発言する元華族は少なくない。
 華族としてのプライドと使命感をもって社会に貢献したのは、ほんの一握りの富裕な人々だけである。たとえ富裕でも、私利私欲のほかに関心を持たない人のほうが多かった。まして富裕でなければ、何をかいわんや、華族全員が富裕だったわけではないのである。
 フランス語の「ノブレス オブリージュ」(身分高き者は義務を負う)が、貴族的精神の根幹といわれるが、この言葉すら知らない華族も少なくなかった。
 ごく一部には、華族の体面を重んじて行動し、当時の天皇家に倣(なら)い、伝統文化の継承と普及、西洋文化の導入と普及に知識と財力を傾けた人物もいた。育英事業に精魂を傾けた人物もいた。しかしその数は余りにも少なかったのである。
 華族は、公卿華族、大名華族、新華族の別があり、それぞれピンからきりまである寄り合い所帯で、お互いに対立、反目しあっていたことも、種々の問題を生じた。

419 :酒井美意子 「敗戦以前の華族」:2000/12/17(日) 17:51
 旧華族と新華族

 間違いやすいのは“華族”という一つの集団があって、皆が同じような生活をしていたという思いこみ。実際は、もっと複雑なのである。
 平安朝以来、伝統文化を守って今も京都を本拠に居住する公卿の家、東京と江戸末期まで領土であった国許(くにもと)とを往(ゆ)き来して暮らし、現在でも国許を主に東京を従にしている大名の末裔、それに明治以後功績のあった軍人や政治家や実業家などの新華族と呼ばれた人々の寄り合い所帯であったから、服装一つとっても、“華族”はこうだった、というのは乱暴だし正確ではない。一律に贅沢だったと書いてある本が多いが、何を基準にしているのか、要するに事実とは違うのである。
「華族は山海の珍味を食べ、日常の食卓は贅沢をきわめた」
と、ものの本にあるが、それは知らない人の想像にすぎない。
 ことに大名華族の食事は質素そのものであった。大名はかつて平時といえども野戦や籠城を想定して質素を旨とし、その気風は昭和になるも続いていた。たとえば前田では、お正月のお雑煮は青味と里芋が入るだけ。これでは質素すぎるというわけで、昭和になってから一級の来賓には鴨雑煮をお出しするようになった。軍人は三流の客だから里芋とほうれん草だけであった。
 いっぽう、公卿華族が衣・食・住にわたって質素そのものであったことは歴史に名高い。
「財産税や農地開放で、やられたやられたといっても大大名と小大名とでは大違い。 大きけりゃ財産税で九十パーセント取られたって残ったものは大きい。もともと何もなくて明治天皇のお情けにすがったわれわれ貧乏公卿とは較べものになりませんよ」
 元公爵の公卿華族の末裔のお言葉である。
 これら公卿と大名の旧華族と違い、にわかに成りあがった新華族の一部の人々はうれしがって威張りちらし、車と二号と別荘を見せびらかしたので、一般の風あたりも強く戦後すベてを剥奪されたとき、集中砲火を浴びたという話である。

420 :日本@名無史さん:2000/12/17(日) 18:52
/ ̄ ̄ ̄\
川   ∪  \
川∪  川川川
彡 ∪   ∪  )   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
彡  ∀  ∀ |  <おいら ゴミ右翼ダペ
∂彡∪ (σ σ)\   \ 君も仲間になろーヨ
彡彡∵丿 ‖ \:)  \ カスヒト陛下万歳
彡彡∪  Д  丿    \_______________________
彡彡      丿
   ∪ ̄ ̄∪

421 ::2000/12/17(日) 19:53
ブサヨク

422 :名無しさん:2000/12/17(日) 21:38
>>414
華族の家(特に公卿や大名の家系、例えば冷泉家)には、歴史的にも貴重な文化財が残っていることが多い。
こうしたものが散逸することを防ぐためにも、彼らが代々継承してきたものを非課税にすることは必要だろう。
確か、イギリスでは、3代以上にわたって直系で相続されたものは非課税になるらしい。


423 :名無しさん:2000/12/17(日) 21:46
霞会館(旧華族会館)がつくっている華族のすべての家が掲載された家系図はとても貴重である。
普通の市販の系図集には明治以後(特に戦後)の系図が記載されていないことが多い。


424 :仕事人:2000/12/19(火) 09:32
皇位問題解決のシナリオ
1、あくまでも皇太子殿下と雅子妃殿下に頑張っていただく。
2、内緒で対外受精、又はクローンを実践してみる。
以上が皇室典範を改正しない方法。以下は典範の改正が必要となるが
3、旧宮家の直系の御子息を擁立する。
4、とりあえず、眞子内親王殿下を女帝として擁立させ、
  佳子内親王殿下が旧宮家直系の方と結婚して男子が生まれれば
  これを皇太子とし、成人したら天皇が譲位する。
  または、男子が誕生したらすぐに即位して、摂政に眞子さま、
  佳子さま、男子の父親のいずれかを立てる。

425 :仕事人:2000/12/19(火) 09:36
追加:秋篠宮殿下と紀子妃殿下にがんばっていただく。

426 :名無しさん:2000/12/19(火) 10:47
>>415

ほんとのところどうだったんだろ〜、
と思ってたんだけどさ、小作側と地主側の話し聞いて
今言われてるのも嘘じゃないって思った。

「昔だったらこんなふうに地主の家の人に話しかけたりなんてできない」
って言った人の話しを年配の当事者から聞いたことがあるよ。
今の人がもう忘れちゃってるだけじゃないのか・・・?
少なくともうちの地域では。
だからやっぱやだね。

皇室、逝ってちょうだい。

427 :日本@名無史さん:2000/12/19(火) 15:08
>424

俺は、基本的に4に賛成(望ましいという意味)ではあるが、
現実的に一番可能性が高い
女系での継承容認をシナリオにいれないのはおかしいね。
欧州の王室のほとんどはそのシナリオをとったわけだし。



428 :名無しさん:2000/12/19(火) 17:34
>>424
3の案は難しいでしょう。
戦後、臣籍降下した旧皇族11家は、閑院宮(昭和56年断絶)を除くと、いずれも伏見宮系の宮家だが、伏見宮が皇室の直系から分かれたのが室町初期であることを考えれば、現実的には今の皇室とは殆どあかの他人だろう。
(ちなみに、閑院宮にも明治期に伏見宮系の皇族が養子に入っている)
はっきりいって、伏見宮家は、正親町源氏の広幡家(公卿、侯爵)などよりも今の皇室との血縁は遠い。
(一般人の感覚では、どちらもあかの他人だが)
もちろん、女系による継承を認めるのならば、明治帝の皇女が嫁いでいる竹田・朝香・北白川・東久邇の各家(いずれも旧皇族、特に東久邇宮家には昭和帝の皇女も嫁いでいる)が候補に上がるだろうが。


429 :名無しさん:2000/12/19(火) 17:55
ヨーロッパの君主国(王国・公国)で、現在、女性の即位を認めていない国はスペインとベルギーのみ。
但し、スペインは過去に女王が存在するので女王即位の土壌はあるわけだし、ベルギーも時代の趨勢をいつまで無視できるかは定かではない。
過去200年間(つまり19世紀以降)にヨーロッパに君臨した女性君主を以下に示す。
( )内は、その国の君主の称号を示す。

イギリス(王)
ヴィクトリア(位1837−1901)
エリザベス2世(位1952−現在)

オランダ(王)
ウェルヘルミナ(位1890−1948)
ユリアナ(位1948−1980)
ベアトリクス(位1980−現在)

ルクセンブルク(大公)
シャルロット(位1912−1919)
マリ・アデレード(位1919−1964)

スペイン(王)
イサベル2世(位1835−1868)

デンマーク(王)
マルグレーテ2世(位1972−現在)

注、あいまいな記憶で書いているので、年号等が違っているかも知れません。


430 :日本@名無史さん:2000/12/19(火) 18:20
>429
ヨーロッパで女性国王を認めてないのは、
リヒテンシュタインだけじゃなかったかな。
三ヶ月くらい前の読売新聞に載ってた。
ベルギーは90年代に入って改正してるよ。

431 :日本@名無史さん:2000/12/19(火) 22:11
>424
女系を考察の対象からはずしている424に賛成。
女帝と女系容認とを故意に混同させる向きがあるが、これは受け入れられない。

432 ::2000/12/19(火) 22:15
女のくせに男の上に立つのは間違い
女帝にするくらいならやめてしまえ
男じゃなきゃダメダメ

433 :天之御名無主:2000/12/19(火) 23:34
>431
あほか。
最有力なシナリオがないのは欠陥だろ。
個人的に賛成反対の問題じゃない。
おまえが反対でも、そのシナリオが現実にあって動いてるんだからな。


434 :仕事人:2000/12/19(火) 23:46
>>427 >>431
日本にだって女帝が居たんだし、後桜町天皇以来って事でイイと
思うなぁ。でも後桜町天皇だって後桃園天皇までの一時凌ぎだったから
あくまでも、基本は男系天皇が皇位につき、女帝は一時凌ぎって事で
出来るだけ今の皇室典範を変えないように女帝は『超典範的措置』って事に
しておいた方がイイと思う。
やっぱり出来るだけ今の皇室典範に沿いたいしね。

>>428
うーん、確かに血筋が薄いと言う問題があるには有ると思う。
継体天皇みたいに応神天皇の五世孫として即位した前例もあるしー。
でも、やっぱり血縁が遠すぎるのは僕もイヤ。でも仕方ないかな?
一時期、東久邇宮家の御子息を皇位に・・・って話が内々であった
らしいけど。
山階宮家、賀陽宮家、梨本宮家はいかがでしょうか?
いっその事、旧宮家の庶子を皇籍復帰させるとか。
臣籍に下った後、復籍して皇位を継承した宇多天皇の前例もあるし。

435 :仕事人:2000/12/20(水) 00:01
でも、万が一、徳仁皇太子殿下、秋篠宮文仁親王殿下の後に
男系にせよ女系にせよ、臣籍の方が皇族に復籍して皇位に就いた時、
最も問題なのは、その人の人柄でしょう。だって今の皇族は戦前とは
異なるにせよ、ある程度の帝王学を修めているが、旧皇族の御子息が
帝王学を修めているとは考え難い。って事は仁徳に欠けた天皇になってしまう。
古来より天皇は仁徳を重んじてきたのだから、ソコも問題かと。

436 :日本@名無史さん:2000/12/20(水) 00:05
僕は434に全面賛成するよ。
人をいきなりあほ呼ばわりする433はクズ。おまえはもういいから出て行け。
そのカキコからしてもおまえの育ちの賤しさがにじみ出てるよ。
ちなみにオレを434と同一人物と邪推するなよな。

437 :日本@名無史さん:2000/12/20(水) 00:59
>434
応神天皇の5世孫である継体天皇ですら、疑われるありさま。
20世孫では王朝の継続性はないよ。
少なくとも現在の皇室の未婚皇女と結婚することが最低の条件だし、
それでも認められないだろうね。国民も認めないし。

>一時期、東久邇宮家の御子息を皇位に・・・って話が内々であったらしいけど。
ソースは?
>いっその事、旧宮家の庶子を皇籍復帰させるとか。

一般の生活をしている旧宮家の子孫たちが戻るとは思えないね。
もともと喜んで臣籍降下した宮家も多いし、若い世代の菊栄親睦会への
出席率はあまりよくない。



438 :437:2000/12/20(水) 01:43
旧朝香宮家は、戦後キリスト教に改宗。
旧竹田宮家はテレビで見たことがある。オリンピックに出場し、
現在も日本馬術連盟理事で、娘がかわいい。たしか息子はいなかったと思う。
旧東久邇宮家は、まあ旧宮家の子孫では一番候補だろうね。
東久邇信彦氏はさくら銀行に勤務してたな。マスコミにもちょくちょく出てくる。
息子の征彦氏は写真でみたことある。
旧賀陽宮家には、皇太子と同級生がいて、ご成婚の時にテレビに出てた。




439 :日本@名無史さん:2000/12/20(水) 04:26
うっせー
復帰させるいうたらさせるんじゃあ
シノゴノいわさずに強制的に天皇にしちまえヴォケ

440 :仕事人:2000/12/20(水) 14:03
>>437
一時期、東久邇宮家の御子息を皇位に・・・
↑確か皇位継承って本だったと思う。チョット自信が無いケド。
>一般の生活をしている旧宮家の子孫たちが戻るとは思えないね。
確かに。もし僕がその立場にあったら拒否するだろうなー。

>>438
竹田宮家の御息女は僕も何年か前にテレビで見た!僕よりチョット
年上だったけど、ちょっとイケた。一人っ子だそうです。
やっぱり東久邇宮家が第一候補なのかなー。

って言うか『あくまでも皇太子殿下と雅子妃殿下に頑張っていただく。』
↑これが話題にもならないって事は皆さん諦めていらっしゃるのかな?
まだまだ殿下もバリバリだろうから、励んでほしいところですが。
雅子妃殿下の年齢が気になる所ですが(><)


441 :437:2000/12/20(水) 14:51
>440

ちなみに皇太子の学友の賀陽正憲氏は、
紀宮さんのお婿さん候補にも上がった人なんだよね。
もっともマスコミが歌会始に出てる独身者を探したら、
坊城さん園池さん賀陽さんの三人だったという理由だけでなんだけどね。
今はもう結婚されてます。

http://www1.ocn.ne.jp/~ncc/wakaH12/waka.html



442 :437:2000/12/20(水) 14:57
東久邇征彦氏やその兄弟たちは、菊栄親睦会に出席してるんだけどね。
(その写真を持ってる)
でもやっぱり国民が認めないだろうな。


443 :名無しさん:2000/12/20(水) 14:59
>>434
伏見宮家については、>>437のいうとおり、崇光帝(北朝3代、位1347−51)の20世孫などということになってしまい、応神帝の5世孫である継体帝とは次元が違う。
後花園帝(102代、位1428−64)が伏見宮家の出身であることを考慮しても血縁が薄すぎることは否めない。
また、宇多帝については、父の光孝帝が即位したことによって皇籍に戻ったのであり、それに、もし光孝帝が即位しなくても宇多帝の血筋は仁明帝の2世孫であり、臣籍降下していたとはいえ、それまでの皇室の直系に非常に近かったといえる。
山階・賀陽・梨本の各宮家については、いずれも伏見宮系であり、これらの家から天皇を擁立するのならば、明治帝の皇女の嫁ぎ先である各宮家からのほうがまだよいと思う。
さらにいうと、江戸期の朝廷においては、世襲の4宮家(伏見・京極・有栖川・閑院の各宮家)は五摂家(近衛・鷹司・九条・二条・一条の5家、いずれも維新後に公爵)よりも下に置かれていた。
実際、頻繁に皇室との縁組を繰り返していた(つまり、娘が皇室に嫁いだり、内親王を正妻に迎えることが多かった)五摂家よりも世襲の4宮家のほうが皇室との血縁は薄かったといえるし、特に近衛家と一条家には後陽成帝の皇子が養子に入っている。
ちなみに、上記の4宮家のうち、京極宮はのちに桂宮に改称するも明治12年に断絶し、有栖川宮と閑院宮もそれぞれ大正2年と昭和56年に断絶したので、戦後臣籍降下した他の宮家はみな伏見宮系である。


444 :日本@名無史さん:2000/12/20(水) 15:07
【世襲宮家の成立】
 院政の展開に伴い、八條院領などの大規模な荘園領が形成され、天皇や皇親の私有財産として繼承された。このような經濟的基盤の確立を背景に、鎌倉時代後半から室町時代前期にかけて、相續財産としての殿邸 ・ 所領等を繼承した男系皇胤が、家號としての宮號を傳承することにより、世襲宮家が成立することとなった。
 世襲宮家の一部は、代々、天皇または太上天皇の養子または猶子となって親王宣下を被り、所謂「世襲親王家」としての體裁を整えた。
 【世襲宮家の衰退】
 しかし、室町初期から中期にかけて、岩倉宮と四辻宮は源朝臣を賜姓され、また、南朝系の宮家は政治的に斷絶させられた。
 それ以外の宮家も、荘園の有名無實化によって經濟的基盤を失った。五辻宮や木寺宮は地方に下ったことが知られているが、その後の消息は不明である。
 かくて、室町時代の末期に至るまでに、伏見宮家を除く世襲宮家は悉く消滅するに至った。
 【「四親王家」の成立】
 戰國時代を生き拔くことができた世襲宮家は伏見宮のみであった。
 天正十八年(一五九〇)、豐臣朝臣秀吉の奏請により八條宮(のちの京極宮、桂宮)が創設された(なお、後陽成院の二宮が「七條宮」となっているが、後、仁和寺御室に轉じた)。さらに、江戸時代に、高松宮(のちの有栖川宮)と閑院宮が創設された。これら「四親王家」と稱される各宮家は、皇統の備えとして、朝廷 ・ 幕府から歴代の繼承を認可されて、幕末に至った。
 これら「四親王家」の繼承は、男系子孫による世襲を旨としつつも、名跡の相續という側面が強かった。現に、宮家の開祖の男系子孫が幕末 ・ 維新期まで續いたのは伏見宮家のみである。

445 :日本@名無史さん:2000/12/20(水) 15:10
鷹司家に閑院宮直仁親王(東山天皇の皇子、光格天皇の祖父)の子が養子に入ってる。



446 :名無しさん:2000/12/20(水) 16:10
>>443続き
桂宮については、現在、三笠宮家の第2王子が名跡を継いでいる。
有栖川宮については、高松宮家がその後継者ということになっている。
(有栖川宮家の最後の当主・威仁親王の王女・美枝子女王が、徳川慶久公爵(慶喜公の七男)に降嫁し、生まれたのが現在の高松宮喜久子妃であるため)


447 :名無しさん@1周年:2000/12/20(水) 21:06
とすると、現在の天皇、皇族は憲法13−40条まで、が或る部分否定され、その
恩典が享受できないという事になる。

448 :仕事人:2000/12/21(木) 00:57
旧宮家の復籍を考えれば考えるほど、さらに皇位への道が狭くなって
しまいますねー。(><)もはや血縁の濃さから考えると東久邇家
以外の宮家は全て却下されてしまいますねー。
確か東久邇征彦氏は今年で27歳ですが、征彦氏には
その他にもご兄弟はいらっしゃるのでしょうか?

449 :437(444、445):2000/12/21(木) 02:02
>448
いるよ。
東久邇信彦さんには征彦、照彦、睦彦の子供がいます。
あと弟の基博氏(東久邇宮と照宮の次男)が壬生家へ養子に入っていて、
男の子供(壬生基敦)が1人います。
壬生基博氏は第一ホテル副社長だったが、現在は森ビルに移ったそうです。

東久邇信彦氏って戦後生まれだとずっと思っていたら、
実は昭和20年3月10日生まれだから、いちおう「信彦王」という元皇族なんですね。


450 :437(444、445):2000/12/21(木) 02:21
個人的にはスポーツの宮様として知られた
竹田宮家が好きなんだけどね。
竹田宮恒徳王(母は明治天皇の皇女)の三男の恒和氏は
馬術で二度もオリンピックに出てるんだよね。娘さんもかわいいし。
息子はいないのかな。他の兄弟のほうはどうなんだろ。
竹田恒和氏↓
http://www.joc.or.jp/sydney/member/headquarters/takedatsunekazu.html

451 :日本@名無史さん:2000/12/21(木) 02:40
天皇制否定したがる人はいっぱいいるけど、別にいいんじゃないか?
成立当初は神主の親玉みたいなもんだし、今と似たようなもんだって。
結構ながく続いたしギネスのせてくれよ。

もっともここ、なんで皇室オタクみたいな発言が多いのかね?

452 :名無しさん:2000/12/21(木) 15:01
我が帝室は永遠に不滅なり!

>>451
そもそも「天皇制」(サヨクのつくった造語)という言葉を用いること自体が、その人物の左な思考を表しているし、なによりも陛下に対して不敬であると断じざるを得ない。


453 :日本@名無史さん:2000/12/21(木) 15:10
美智子さんや雅子さんにしてみれば
こわいストーカーばっかしだね。

454 ::2000/12/21(木) 15:40
言ってる意味がようわからん。
君がストーカーってこと?

455 :名無しさん:2000/12/22(金) 03:37
ようするに、追っかけをやってる連中のことだろう。
彼らもある意味で礼節を欠いている。
本当に皇室を尊ぶ気持ちがあるのならば、不敬にならぬようにもう少し配慮すべきだ。


456 :名無しさん@1周年:2000/12/22(金) 03:50
>455
同感。
公務ならばともかく、御用邸や施設での静養、私的な旅行まで
追っかけて写真撮ってるオバサン達だからね。
立場上、笑顔で手を振ってても、ご本人にとっては迷惑な存在でしょうね。
プライベートな行動には、マスコミ取材や追っかけをもっと規制すべき。




457 :日本@名無史さん:2000/12/22(金) 06:50
>>456
ほんと。
天皇さんが箱根の向こうに下られてから、
宮さんらがおかしくなった。


458 :日本@名無史さん:2000/12/22(金) 09:35
>>457
「ざんしょ」厳しき折
でもあるまいに

459 :名無しさん:2000/12/23(土) 02:02
>>457
あんた京都人?


460 :日本@名無史さん:2000/12/23(土) 03:25

 まさかとは 思うが ノリ○ミヤ みたいなのを
 ストーカーする馬鹿は いないだろうな (わラ

461 :名無しさん:2000/12/23(土) 04:06
>>460を不敬罪により、車裂きの刑に処す。


462 :日本@名無史さん:2000/12/23(土) 04:54
まあ…たでくふむしもすきずき…といひますから

463 :日本@名無史さん:2000/12/23(土) 15:28
明治天皇は孝明天皇の長男じゃない
大正天皇も明治天皇の長男じゃない
明治・大正両陛下の兄弟は何処に?

宮家の人って何歳なんですか(常陸宮とか幾つあるのかしんないけど)
仮にこのまま皇太子・秋篠宮に男子が生まれないまま
常陸宮(癌になった人?)家とかに男子誕生なんてことになれば
その子が天皇を継ぐことになるんですよね?

464 :日本@名無史さん:2000/12/23(土) 15:36
常陸宮はもうお年だからね。
秋篠宮家には可能性が今後もある。

三笠宮さまは上の三方とはかなり歳が離れてお生まれになったし
期待できないこともないだろう。

明治、大正ニ帝の御兄弟は殆どが夭折されました。
無事成人された内親王方は東久邇宮家や竹田宮家に
嫁がれました。

465 :日本@名無史さん:2000/12/23(土) 16:07
>463
明治天皇も大正天皇も男の兄弟は若くしてなくなられてます。

466 :日本@名無史さん:2000/12/23(土) 21:45
Y染色体は万世一系

467 :日本@名無史さん:2000/12/23(土) 23:49

ミトコンドリアは貴賎貧富賢愚美醜ごちゃまぜ。
あ、美智子さん、雅子さん、きこさん除いてね。

468 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 00:07
三笠宮(生物学者)に協力してもらえばよい。
Y染色体の塩基配列を調べれば、天皇家が縄文系
か弥生系かは確定出来るぞ。
毛髪や爪があれば調査可能。

469 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 01:14
>468
あほか?
Y染色体でわかると思ってるのか?
これだから素人は困るな。


470 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 01:22
>468
古代の天皇と現代の天皇のY染色体の塩基配列が同じになるとでも思ってるの?
君、ほんとにY染色体のこと知ってる?

471 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 01:30
だいたい三笠宮を生物学者と思ってるところから痛いね。
Y染色体の塩基配列が変わらないとでも思ってるのかね。


472 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 01:36
XYYの父からは男児の1/6の確率でXYYを持った子供が生まれるが,XYと比較してどちらが正常かという論議は不毛かもしれない.もしかするとXYYがかつては多かったのに,現在の環境がXYにとっては適していたため,XYYは淘汰されてきたのかもしれない.しかし,眠れる遺伝子進化論によると,そのような遺伝子もある比率で生き延びる可能性はある.



473 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 13:57
1999年、「日本人と日本文化の起源に関する学際的研究」国際シンポジウム
(研究代表者、尾本恵市・国際日本文化研究センター教授)で発表、
の朝日新聞で報道された記事からの抜粋によると、
米、アリゾナ大学のマイケル・ハマー助教授と総合研究大学院大学の宝来聰教授
によるY染色体の共同研究により、遺伝子の違いをみる指標として、Y染色体の
特定位置にA1uという特殊な塩基配列があるかないかを調べた。
なおY染色体は組み換えがなく遺伝の様式が簡単、突然変異の率が小さい、など
の研究するうえでの利点が多い。
A1uは、あってもなくてもいいもので、約300塩基からなり、人の染色体に
100万個のオーダーで存在する。アイヌ人、本土日本人、沖縄の人、韓国人
中国人、パプアニューギニア人、タイ人、チベットの人などから提供を受けた
血液で、特定位置のA1uの有無を調べた。
すると、日本人は25%以上の人に存在し、韓国人、中国人など日本人以外の
ほとんどのアジア人では1%程度だった。 例外はチベットの人で、50%の
人に存在した。日本人の中では、特定位置にA1uがある割合はアイヌ(約90%)、
沖縄の人(約50%)に多かった。さらにこのようなA1uがある人に付随する別
の変異の分析から、Y染色体の特定位置にA1uが入り込んだのは5万年程前で、
この人達が1万2千年前頃に日本に入ってきたと推測される。
ハマー助教授はこれらのデータから、縄文人はもともと約5万年前にチベット
周辺の中央アジアにいた人たちで、中国・朝鮮半島というルートを通って日本
にやって来て定着、北海道から沖縄まで広がり、さらに考古学データを加味する
と、2千3百年前頃、東南アジアからと思われる別の人達が中国・朝鮮半島経由
で本州に入り、弥生人となったと推測する。本州から南北へ広がったので、南端
と北端では縄文人の形跡が現代人の遺伝子に色濃く残っている、という見方がで
きる。 埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授は、日本の各地にあるさ
まざまな年代の化石骨を分析し、日本人は在来の縄文人と渡来系の弥生人という
「二重構造モデル」を提唱した。今回の研究成果はこの説を裏づける。
ハマー助教授は「さらに世界的なY染色体からの比較研究を進めたい」と話す。


474 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 14:11
へ〜、Y染色体の研究って、そんな進んでいたんですか!
とりあえず、縄文系か否かは判るみたいね。

475 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 15:30
>474
縄文系は日本人の中でも25%
要するにほとんどがそうじゃないってこと。

476 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 15:40
縄文人の男が、その後100代に渡って弥生系の女性と交配し、
顔や体は99%弥生系の場合、Y染色体は?
逆に、
弥生人の男が、その後100代に渡って縄文系の女性と交配し、
顔や体は99%縄文系の場合、Y染色体は?


477 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 15:42
精子数少ない縄文人、弥生人より2割以上も

読売新聞ニュース速報

 男性だけに存在するY染色体の違いで日本人男性の精子を調べたところ、縄文人(原
日本人)の系統とされるタイプの男性の精子数が、弥生人系より二割以上も少ないこと
が、中堀豊・徳島大医学部教授らのグループの研究でわかった。厚生省の研究班の一環
として行った研究で、九月一日発行の「ジャーナル・オブ・ヒューマンジェネティクス
」に発表される。


478 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 15:56
皇族男子のY染色体にA1uが有るか無いかがポイントだね。

479 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 16:00
>476
A1uの特定位置に存在するパターンは交配に左右されない
でしょ。476さんの仮定の場合、ミトコンドリアDNAだけ
が左右されるでしょ。

480 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 16:16
96年のミトコンドリアDNAに関する発表とY染色体に関する
発表では、割と、似通った結果が出ています。

人類遺伝学会(96年)で公表された結果を共同通信がこう伝えている。
          ------------------------
 アイヌ民族や韓国人など東アジアに住む人たちを遺伝子レベルで分析した結果、現
在の本土日本人の遺伝子群の約六五%が弥生時代以降に大陸からもたらされた遺伝子
に由来していることが国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の宝来聡助教授らの共同研
究で分かり、二十三日の札幌市での日本人類遺伝学会で発表された。
 また、骨や歯の研究から弥生時代以降の渡来集団との混血の度合いによって在来系
(縄文系)と渡来系と二つに分けられるという「二重構造モデル」が遺伝子レベルの
研究で一層強められたことも、同助教授は明らかにした。
 宝来助教授は、国際日本文化研究センター(京都市)の尾本恵一教授らとともに、
東アジアに住む人たちを本土日本人、沖縄住民、台湾系中国人などの五つの人類集団
に分け、計二百九十三人から血液などを採取、母親の系統がたどれるという細胞中の
ミトコンドリア遺伝子を比較した。
 二百七の異なる塩基配列のタイプを調べた結果、十八タイプが二つまたは三つの集
団に共通して見られた。うち、本土日本人と韓国人は八タイプが共通しており、両者
が遺伝的に近いことが分かった。
 また、ミトコンドリア遺伝子の変異のパターンから二百九十三人は十八の集まり(
群)に分けられた。うち韓国人と中国人が多数を占める七つの群に五○%もの本土日
本人が入ったのに対し、アイヌ民族と沖縄住民はそれぞれ二○%以下しか入らなかっ
た。
 同助教授は、この大陸系の特色を持つ七群に入る五集団の割合から、ミトコンドリ
ア遺伝子がどれだけ渡来によってもたらされたかを試算。その結果、本土日本人のミ
トコンドリア遺伝子の約六五%は大陸由来、残る約三五%は縄文由来となった。弥生
時代以後約九百年続いた渡来が現代の日本人の遺伝子構成に大きく影響していること
が示された。


481 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 17:07
弥生天皇家

マンセー


482 ::2000/12/24(日) 17:21
天皇家は縄文系。

483 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 17:23
皇室がなくなってしまうと宮内庁もなくなってしまうので
宮内庁楽部に所属している楽琵琶・篳篥・笙・龍笛の演奏家の方たちのことが心配になってきます.
正直言って皇室の今後などどうでもよいのですが,
雅楽の今後については,あまり楽観できません.

484 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 17:24
日本人はほとんど弥生系

マンセー


485 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 17:29
>479
てことは、Y染色体にA1uがあるかないかでは、
縄文系と弥生系は分けられないってことね。
また、顔や骨格でも分けられないということになるね。



486 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 17:54
>>484
縄文系+弥生系+アイヌ+琉球で25%
朝鮮半島系で25%、中国系で25%、その他で25%
だよ

487 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 18:09
>486
そのソースは?

488 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 18:13
>483
だいじょうぶです。そのために文化庁所轄の財団法人を作れば良い。
皇室滅びて伝統残る。
後数十年で結局こうなると思うんですよ。

489 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 18:20
何だかんだいっても、
そうした諸民族の複合体である日本が大和民族を形成できたのは、
天皇制があったからでしょ。

490 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 18:25
>488
数十年後なんて、地球そのものがどうなっているかわからないような未来の話でしょ。
それと、宮内庁はそのように文化保護、文化財保護、また国家元首としての儀礼などを
しているわけで、宮内庁の予算をもって「天皇制が税金の無駄遣い」というトンチンカンな
批判はあたらないということだね。宮内庁がなくなっても所管が代わるだけだし。

491 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 18:28
最近では、縄文人たちが自然共生型の高度な生活文化や洗練さ
れた信仰体系を持っていたこと、また縄文末期には一部の地方で初期の
稲作農耕が行われていたことなどが分かってきている。そして、一方で
は6千年前頃から始まった気候の寒冷化によって森林の食糧生産力が低
下したために縄文人の人口は減少傾向に入り、やがて突如として列島に
蔓延したウィルス性の疾患(ATLウィルス)によってその人口が一気
に激減したことも知られるようになってきた。そこから推測されること
は、自然と共生しながら豊かな文化や信仰を育んできた縄文人たちの生
活が、自然の猛威に脅かされて存亡の危機に瀕していた時に、より安定
的に食糧を供給できる稲作農耕の高度な技術を携えた渡来人たちが彼ら
を席巻していったのではないかということである。
ただし、縄文人が有していた文化水準の高さから考えると、渡来人は自
分たちが持ってきたものを一方的に縄文人に押しつけるだけでは縄文人
をうまく支配することはできなかったのではなかろうか。ことに宗教的
なことに関して言えば、渡来人は縄文人がもともと持っていたものを尊
重し、それを制度的に再組織化することによって洗練させ、自らもそれ
に帰依していった可能性が高いように思われる。そうした宗教的な帰依
の対象を天皇に集約するにあたって、渡来人たちは縄文人たちの自然信
仰と天皇信仰を巧みに同化させていった筈で、それはイスラム・マタラ
ム王国がスノパティとニャイ・ロロ・キドゥルを結びつけた時よりも、
はるかに徹底したやり方がとられたと思うのだ。
これに関してより大胆な仮説を立てているのは栗本慎一郎氏で、同氏は
田原総一郎氏との対談『闘論・二千年の埋葬』において、天皇制は古代
における縄文勢力と弥生勢力の妥協の産物であり、弥生人たちは縄文の
首長をそのまま天皇として奉り、統治システムは弥生人が持ち込んだも
のを採用した可能性があると語っている。そして、それ故に天皇は弥生
の中心に居座りながらも、常に日本文化の基層部を担う縄文とも直結し
うる両義的な存在になったというのだ。栗本氏はこの説を敷衍して、日
本人の政治的な意思決定の曖昧さは、縄文と弥生の妥協の産物として天
皇が生み出されたことに由来するとも語っているが、これもまた興味深
い仮説である。


492 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 18:48
>490
ちがうちがう。
財団法人は寄付金で維持するの。伝統を大切だと考える人たちがあればいい。
宮内庁みたいに税金を食うのとは違うでしょ。
天皇だって信者の寄付でやっていけばいいんですよ。
勿論憲法からは天皇条項は削除するの。

493 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 19:01
>485
Y染色体判断はミトコンドリアDNA判断と合わせてこそ効果が
あるものですね。言葉不足で誤解されたようです。
Y染色体の特定位置にあるA1uは縄文系の男子のみが持つものです。
Y染色体は男のみにあるので、縄文人の女には当然無いわけです。
476の設問の後段のように弥生系の女性を始めとして、100
人の縄文系の男と交配を繰返した子孫の男子には当然、特定位置
のA1u塩基配列が残るわけです。Y染色体は交配による組換え
が起きません。では最初の弥生人の女性の遺伝子はどうやって
確認するかといえば、ミトコンドリアDNAから母系情報を取出す
しかありません
100人の縄文系男子と交配を繰返しても、子孫が女子なら、A1u
は確認出来ないことになります。
476設問の前段のように縄文人の男子を始めとして100人の弥生
系の女子と交配を繰返したら、子孫が男子なら、特定位置のA1uが
確認出来るし、子孫が女子ならA1uは確認出来ないことになります。
よって、学会ではミトコンドリアDNAとY染色体の両面を考慮して
判断するという方式がこれからの主流となるでしょう。
ところが、・・・
天皇家は万世、男子一系と言われるからこそ、A1uが有るか無い
かは、天皇家が縄文人の流れをくんでいる一族であるかないか、
はたまた本当に男子一系なのか、A1uの有無によって大きく
揺らぐってわけです。



494 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 19:09
>493
突然変異もあるんだろ?

495 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 19:11
493はまたまた言葉不足か。A1uの有無は天皇家の「男子」
のみに有効な判断方で、真子ちゃん、佳子ちゃんでは判りません。

496 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 19:14
>494
Y染色体は極めて安定したもので、突然変異は極めて起りにくい。

497 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 19:43
この話ってほんとうかな。
そんなの初耳だよ。


498 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 19:44
>496
100代以上だからわかんないよ。

499 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 19:48
>493
なるほどね。
日本において支配層は弥生系が多いと言われてきたけど、
天皇家は縄文系だったということは充分ありえるね。

500 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 19:50
縄文であれば少数派にあたるね。

501 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 20:50
べつに大方の日本人は天皇家が弥生人の子孫で縄文人の子孫
でなくても構わないんじゃないですか。
また、天皇家が実際には男系一系でなくても構わないと
思ってるでしょう。
縄文以来の万世一系でないと許せないのは一部の皇国史観
の者達だと思います。


502 :おちゃら:2000/12/24(日) 21:05
ケイタイ天皇云々,応神天皇云々もあるしねえ
スジン天皇何なんだろうねえ
でもながけりゃながいほどかっちょええじゃない。
別に皇国史観じゃないけどさ¥

503 :501:2000/12/24(日) 21:05
501の書方は誤解されるね。一部の皇国史観者は天皇が
縄文人の子孫が興したと考えたいということで、縄文時代
に天皇家があったという意味ではありません。

504 :日本@名無史さん:2000/12/24(日) 21:28
>501
一部であっても皇国史観者がそんなこと思ってるか?
皇国史観者は天皇はアマテラスという太陽神の子孫と考えてるわけだろ。
縄文も弥生も出てこないよ。
「縄文人の子孫が興した」なら、皇国史観じゃないじゃん。

505 :504:2000/12/24(日) 21:34
むしろ、反天皇主義者が「天皇家は弥生人の侵略者が興した」と考えたいということでしょ。
もっとも弥生人は日本の多数派なんだけど。


506 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/12/24(日) 23:03
ジャップはチョンと南方土人の混血

507 :日本@名無史さん :2000/12/24(日) 23:27
日本人は縄文時代から1つの民族で、その長たる天皇も
また縄文の血を引いている、いわば、縄文弥生同系論を
言う人達は、皇国史観と言うよりは、日本人優越論者
(特に朝鮮に対しての)と言うべきか。

508 :名無しさん@1周年:2000/12/25(月) 19:10
 皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承するーーーーこれが大原則じゃ。

509 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 10:29
>皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承するーーーーこれが大原則じゃ。

原則は変えればいい。今までも政体とか権威とか変わってきたんだし
皇位は、皇統に属する長系の長子(性別問わず)がこれを継承する
…なら、家系が途絶えることはない。
女系になると家系が変わるとかいう前時代的な発想はなしね。

510 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 11:19
>>507
「古事記」「日本書紀」の中で
神功皇后は、新羅から但馬に帰化した一族の出身、ということになってますが。


511 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 11:47
>510
どこにどういう言葉で書かれてるの?
調べてみるから教えて。

512 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 11:51
神功皇后は実在しない人物

513 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 11:56
>511
すんません。かなり前なので原文は覚えてません。
記憶にあるのは神功皇后の母方が天日矛(あめひのぼこ)の玄孫にあたると
いうこと。父方は開化天皇の曾孫だったような・・・。
あ、つーことは「新羅から但馬に帰化した一族の出身」とは違いますね。
まちがってました。
ごめんなさい。


514 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 12:05
>>510
嘘つき!

515 :511:2000/12/27(水) 12:08
>513
ネットで調べてみたら、父方の五代前の先祖が開化天皇、母方
の六代前が新羅の王子・天日矛となってました。
でもやっぱり架空の人物なのかな。



516 :511:2000/12/27(水) 12:10
原文にはなんて書いてあるのだろう。

517 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 12:14
応神天皇は九州南部の縄文系海人族の出身

518 :授業程度の知識ですが(=513):2000/12/27(水) 17:14
天皇家って縄文以降の渡来系じゃなかったんだ。
アイヌ民族の母胎となったのが「原日本人」で
その原住民を駆逐したのが、
大陸から九州へ上陸した「渡来人」。

そんな話しを授業で聞いたことがあるような。
もう古い学説なんだなあ。
(関係ないけど、考えてみると1万年くらい続いたんだよね縄文時代。
   これってスゴイかもしんない)

519 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 17:26
最近では、縄文人たちが自然共生型の高度な生活文化や洗練さ
れた信仰体系を持っていたこと、また縄文末期には一部の地方で初期の
稲作農耕が行われていたことなどが分かってきている。そして、一方で
は6千年前頃から始まった気候の寒冷化によって森林の食糧生産力が低
下したために縄文人の人口は減少傾向に入り、やがて突如として列島に
蔓延したウィルス性の疾患(ATLウィルス)によってその人口が一気
に激減したことも知られるようになってきた。そこから推測されること
は、自然と共生しながら豊かな文化や信仰を育んできた縄文人たちの生
活が、自然の猛威に脅かされて存亡の危機に瀕していた時に、より安定
的に食糧を供給できる稲作農耕の高度な技術を携えた渡来人たちが彼ら
を席巻していったのではないかということである。
ただし、縄文人が有していた文化水準の高さから考えると、渡来人は自
分たちが持ってきたものを一方的に縄文人に押しつけるだけでは縄文人
をうまく支配することはできなかったのではなかろうか。ことに宗教的
なことに関して言えば、渡来人は縄文人がもともと持っていたものを尊
重し、それを制度的に再組織化することによって洗練させ、自らもそれ
に帰依していった可能性が高いように思われる。そうした宗教的な帰依
の対象を天皇に集約するにあたって、渡来人たちは縄文人たちの自然信
仰と天皇信仰を巧みに同化させていった筈で、それはイスラム・マタラ
ム王国がスノパティとニャイ・ロロ・キドゥルを結びつけた時よりも、
はるかに徹底したやり方がとられたと思うのだ。
これに関してより大胆な仮説を立てているのは栗本慎一郎氏で、同氏は
田原総一郎氏との対談『闘論・二千年の埋葬』において、天皇制は古代
における縄文勢力と弥生勢力の妥協の産物であり、弥生人たちは縄文の
首長をそのまま天皇として奉り、統治システムは弥生人が持ち込んだも
のを採用した可能性があると語っている。そして、それ故に天皇は弥生
の中心に居座りながらも、常に日本文化の基層部を担う縄文とも直結し
うる両義的な存在になったというのだ。栗本氏はこの説を敷衍して、日
本人の政治的な意思決定の曖昧さは、縄文と弥生の妥協の産物として天
皇が生み出されたことに由来するとも語っているが、これもまた興味深
い仮説である。




520 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 17:57
>518
「原住民史観」は70年代のアカの置土産。

521 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 18:43
>519
それを科学的に実証するには皇族の遺伝子調査(ミトコンドリア
DNAとY染色体の両面で)するしかないね。

522 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 18:48
>521
まったく意味ないよ。
誰を天皇家の先祖と考えてる?
古代は実在しない天皇もいれば、王系交替もあったと
考えるほうが有力だろ。

523 :日本@名無史さん :2000/12/27(水) 18:49
>519
あくまで、「そうあって欲しい」という思惑あっての説
に過ぎない。

524 :日本@名無史さん :2000/12/27(水) 18:52
>522
万世男子一系、天皇家は純血、朝鮮人の血は入っていない、
これらの建前は遺伝子調査で充分立証可能よ。

525 :倭人傳 :2000/12/27(水) 18:53
  倭人傳

 倭人在帯方東南大海之中依山嶋爲國邑舊百
 餘國漢時有朝見者今使譯所通三十國從郡至
 倭循海岸水行歴醜國乍南乍東至其北岸狗邪
 死國七千餘里始度一海千餘里至對海國其大
 官曰卑狗副曰卑奴母離所居絶嶋方可四百餘
 里土地山儉多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無
 良田食海物自活乗船南北市糴又南渡一海千
 餘里名曰瀚海至一大國官亦曰卑狗副曰卑奴
 母離方可三百里多竹木叢林有三千許家差有
 田地耕田猶不足食亦南北市糴又渡一海千餘
 里至末盧國有四千餘戸濱山海居草木茂盛行
 不見前人好捕魚鰒水無深淺皆沈没取臭倭

526 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 18:59
>523
そう、「弥生系であって欲しい」という願望であって、根拠なし。

527 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 18:59
>>523
それは逆でもいえるでしょ。


528 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 19:03
>524
だからその必要性はなんだよ。
万世男子一系は君が信じてるのか?
>天皇家は純血
純血とはどういう状態のこと?
>朝鮮人の血は入っていない、
朝鮮人の定義をのべてみ?




529 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 19:03

 どうせ また 血族内 姦淫だろ




530 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 19:06
>523
栗本が「そうあって欲しい」なんて思うか?
そう考えたほうが自然ということだろ。
天皇文化は縄文をバックボーンとしているわけだし。

531 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 19:07
>529
ドキョソ発見!(藁

532 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 20:51
だから縄文系男子だけが持つ特定位置のA1u塩基配列を
皇族男子が持っていれば万世一系なんだから、天皇家は
縄文人の系統であると認めましょう。
ただ、それなら日本人の少数派だがね。

533 :日本@名無史さん :2000/12/27(水) 20:55
>530
ほんとうに自然か? 遺伝子調査だとアイヌ、琉球人と
いった学会が縄文系と認める人種が南北両端に追いやられ
ているのはどういうことだ?
日本人の25%ほどというのも少ないな、先住民のわりには。

534 :名無しさん@1周年:2000/12/27(水) 21:01
>532
そんなことでわかるのか?
それが今の天皇家にあったとしても、万世一系とは限らないし、
あるなしで縄文弥生の系統はきめられないでしょ。
古代は婿入り婚があったわけだし。
そもそも万世一系ってどこからのことを言ってるの?
今の皇族ですら1500年の歴史といってるよ。


535 :名無しさん@1周年:2000/12/27(水) 21:06
>533
そうじゃなくて、天皇家は縄文弥生の両義的な存在ということでしょ。
天皇家の発祥が縄文であれ弥生であれ、血統も文化も両方取り入れたとみるほうが自然だよ。
王権ができたころはすでに混血もすすんでるし。

536 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 21:09
>>533
どこの学会?
アイヌと琉球人は同祖ではないだろ。
追いやられたというのは正しいのか?


537 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 21:13
>533
アイヌと琉球人は畿内に住んでいたとでもいうの?
学界は蝦夷とアイヌですら同種と見てないんじゃない?
あなたはアイヌ民族が出来たのはいつだと思ってる?

538 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 21:15
そんな昔話より

 眞子さまのことを・・・

539 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 21:32
結局、70年代の「原住民史観」をいまだに引きずってる古い奴がいるんだろうね。
なにがなんでも天皇家を大陸からの侵略王朝にしたいんだろう。
しかし、現天皇家と絡めていうならば、誰を天皇家の先祖とするのかを
言わなければまったく意味ない議論だね。



540 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 21:38
70年代のアカの置土産ともいふべき「原住民史観」によつて
サンカ/アイヌ/蝦夷=原住民=出雲 /国津神=縄文人
      大和朝廷=侵略者=高天原/天津神=弥生人
といふ図式が作られた。
こんなのは冷戦下での第三世界論(左翼のアジア解放論)のもじりで、
初期には政治的プロパガンダであることが意識されてゐたのだが、
今は古代のロマンを売る通俗本のネタになるだけ。
これで歴史がわかったなどとは思考停止も甚だしい。
たんじゅんな二項対立で世界が理解できるなら、学問はいらぬ。
階級闘争史観で十分、といふことだ。

541 :日本@名無史さん :2000/12/27(水) 21:57
遺伝子分析の世界じゃもう弥生系と縄文系では塩基配列
に違いがあることは認められているし、縄文と弥生の混血
も詳細にしらべれば判るということだ。
また遺伝子科学はこれからますます進んで行く学問だという
こと。日本人の中で朝鮮系ミトコンドリアDNA塩基配列を持つ
割合は約25%、中国系ミトコンドリアDNA塩基配列も同様に
約25%という統計結果が出ていることは事実。


542 :日本@名無史さん :2000/12/27(水) 21:59
>537
コピペしとくよ

473 名前:日本@名無史さん 投稿日:2000/12/24(日) 13:57
1999年、「日本人と日本文化の起源に関する学際的研究」国際シンポジウム
(研究代表者、尾本恵市・国際日本文化研究センター教授)で発表、
の朝日新聞で報道された記事からの抜粋によると、
米、アリゾナ大学のマイケル・ハマー助教授と総合研究大学院大学の宝来聰教授
によるY染色体の共同研究により、遺伝子の違いをみる指標として、Y染色体の
特定位置にA1uという特殊な塩基配列があるかないかを調べた。
なおY染色体は組み換えがなく遺伝の様式が簡単、突然変異の率が小さい、など
の研究するうえでの利点が多い。
A1uは、あってもなくてもいいもので、約300塩基からなり、人の染色体に
100万個のオーダーで存在する。アイヌ人、本土日本人、沖縄の人、韓国人
中国人、パプアニューギニア人、タイ人、チベットの人などから提供を受けた
血液で、特定位置のA1uの有無を調べた。
すると、日本人は25%以上の人に存在し、韓国人、中国人など日本人以外の
ほとんどのアジア人では1%程度だった。 例外はチベットの人で、50%の
人に存在した。日本人の中では、特定位置にA1uがある割合はアイヌ(約90%)、
沖縄の人(約50%)に多かった。さらにこのようなA1uがある人に付随する別
の変異の分析から、Y染色体の特定位置にA1uが入り込んだのは5万年程前で、
この人達が1万2千年前頃に日本に入ってきたと推測される。
ハマー助教授はこれらのデータから、縄文人はもともと約5万年前にチベット
周辺の中央アジアにいた人たちで、中国・朝鮮半島というルートを通って日本
にやって来て定着、北海道から沖縄まで広がり、さらに考古学データを加味する
と、2千3百年前頃、東南アジアからと思われる別の人達が中国・朝鮮半島経由
で本州に入り、弥生人となったと推測する。本州から南北へ広がったので、南端
と北端では縄文人の形跡が現代人の遺伝子に色濃く残っている、という見方がで
きる。 埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授は、日本の各地にあるさ
まざまな年代の化石骨を分析し、日本人は在来の縄文人と渡来系の弥生人という
「二重構造モデル」を提唱した。今回の研究成果はこの説を裏づける。
ハマー助教授は「さらに世界的なY染色体からの比較研究を進めたい」と話す。


543 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:06
>542
まさにアイヌと琉球は同祖ではないことがわかるじゃん。
ぜんぜん、つながりないし。

544 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:08
>542
二元論でわけられないっつーの。
そりゃあ、強引にどっちのタイプか分けろといえば、
わけられるかもしれないが、混血が進めばそんなの関係ないし。

545 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:09
>541
○○系が、どの程度意味があるんだ?

546 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:10
最近では、縄文人たちが自然共生型の高度な生活文化や洗練さ
れた信仰体系を持っていたこと、また縄文末期には一部の地方で初期の
稲作農耕が行われていたことなどが分かってきている。そして、一方で
は6千年前頃から始まった気候の寒冷化によって森林の食糧生産力が低
下したために縄文人の人口は減少傾向に入り、やがて突如として列島に
蔓延したウィルス性の疾患(ATLウィルス)によってその人口が一気
に激減したことも知られるようになってきた。そこから推測されること
は、自然と共生しながら豊かな文化や信仰を育んできた縄文人たちの生
活が、自然の猛威に脅かされて存亡の危機に瀕していた時に、より安定
的に食糧を供給できる稲作農耕の高度な技術を携えた渡来人たちが彼ら
を席巻していったのではないかということである。
ただし、縄文人が有していた文化水準の高さから考えると、渡来人は自
分たちが持ってきたものを一方的に縄文人に押しつけるだけでは縄文人
をうまく支配することはできなかったのではなかろうか。ことに宗教的
なことに関して言えば、渡来人は縄文人がもともと持っていたものを尊
重し、それを制度的に再組織化することによって洗練させ、自らもそれ
に帰依していった可能性が高いように思われる。そうした宗教的な帰依
の対象を天皇に集約するにあたって、渡来人たちは縄文人たちの自然信
仰と天皇信仰を巧みに同化させていった筈で、それはイスラム・マタラ
ム王国がスノパティとニャイ・ロロ・キドゥルを結びつけた時よりも、
はるかに徹底したやり方がとられたと思うのだ。
これに関してより大胆な仮説を立てているのは栗本慎一郎氏で、同氏は
田原総一郎氏との対談『闘論・二千年の埋葬』において、天皇制は古代
における縄文勢力と弥生勢力の妥協の産物であり、弥生人たちは縄文の
首長をそのまま天皇として奉り、統治システムは弥生人が持ち込んだも
のを採用した可能性があると語っている。そして、それ故に天皇は弥生
の中心に居座りながらも、常に日本文化の基層部を担う縄文とも直結し
うる両義的な存在になったというのだ。栗本氏はこの説を敷衍して、日
本人の政治的な意思決定の曖昧さは、縄文と弥生の妥協の産物として天
皇が生み出されたことに由来するとも語っているが、これもまた興味深
い仮説である。

547 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:12
縄文人の平均寿命は15歳だったらしいね。

548 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:12
何だかんだいっても、
そうした諸民族の複合体である日本が大和民族を形成できたのは、
天皇制があったからでしょ。




549 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:14
応神天皇は九州南部の縄文系海人族出身らしいね。


550 :日本@名無史さん :2000/12/27(水) 22:31
>543
アイヌと琉球は日本に入る前までは同じ中央アジア系人種
じゃん。日本に入ってから分離して独自に文化を作っただけ。

551 :日本@名無史さん :2000/12/27(水) 22:34
>546
栗本慎一郎の仮説とはね(ププ

552 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:38
>550
そこまでいくなら人類はアフリカ出身って話だよ。
では聞くが、アイヌ人は琉球人はいつごろ出来たの?

553 :横レス:2000/12/27(水) 22:42
>551
反論できずに笑いとばすだけではドキョソに見られるよ。

554 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:43
>>550
いやいや、最新の説では、アイヌと琉球は同時期に別ルート、
北と南からそれぞれ日本へと渡ってきた、と言われている。
ミトコンドリアDNAの分子時計で図った結果からの説だったと思う。

555 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:45
>>548
あり?あんまり関係があるとは思えないけど。
つうか、王朝が出来ない国家とか、きわめて希で
天皇制がなかったらどうなったとか、推論出来ないのでは。

556 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:46
結局、542は何が言いたいの?
天皇家が縄文系か弥生系かの判断には関係ないじゃん。
そもそもそういうふうにわけることに意味はあるの?


557 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:50
>>555
社会的融合なしの政治的統合はありえないでしょ。
天皇制がその役割をはたした王朝ということでしょ。


558 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:55
縄文と弥生はけして侵略というような関係ではないよ。


559 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 22:58
●鈴木隆雄(都立老人総合研究所疫学部門長)
・ 縄文人の平均寿命は14〜15歳。正確には零歳の時点での平均寿命(余命)が男子では14歳、女子では14.6歳にすぎなかった。ただし15歳まで生き延びられた者は、だいたい34〜35歳まで生き延びる可能性が高かったと見て良い。
・ 結核という病気が相当古くから人類の歴史とともに存在した事は間違いない。では日本にはいつからあったのか? 結核によって特有な壊れ方をした骨は、日本の古代を遡っても、これまでに確実なものは5,6例しか発見されていない。それも、全て古墳時代以後のものである。私が研究した限りでは縄文時代には結核は存在していない。結核が流行するには幾つか条件があるが、一つには人口密度が高い、ということがあげられる。それからすると縄文時代の人口密度は相当低かったと言える。




560 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:01
前出の鈴木隆雄氏は、「伝染病に対して無防備だった縄文人達は、中国大陸で起こっていたヒトの大移動や戦乱や疫病流行のなかで揉まれ、免疫力をつけていた弥生人達の持ち込んだ結核などの病気に、ひとたまりも無く感染し、急激に死に絶えていった可能性が大きい。」 「縄文晩期の人口の激変を見ると、これはどう見ても渡来系弥生人と先住系縄文人との間に入れ換えに等しい急激な変化があったとしか思えない。考古学的にも大量の殺害を示す証拠はない。おそらく何らかの感染症が入ってきた可能性が高い。私は古病理学の立場から、その直接の原因を結核をはじめとする新顔の感染症だと想定している。」

561 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:07
>>557
> 社会的融合なしの政治的統合はありえないでしょ。
そうでもないが。無理に政治統合する場合もある。
その後は分裂するか、政治統合が社会融合を引き起こす場合もある。

> 天皇制がその役割をはたした王朝ということでしょ。
それはどうだか。必要なのは政治統合のシンボルであって、
それが必ずしも天皇制=王朝?である必要性は無いんではないか。
別に、政治統合のシンボルに別のモノを用いても可能のような。
日本はたまたま、天皇を中心にしただけでは。

562 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:10
結局、本州に住む縄文人たちは渡来の弥生人と混血していって
和人となったんだよ。その中から王権も出てきたわけで、
天皇家が縄文か弥生かなんて議論はナンセンスだね。
そして北海道や沖縄に住む縄文人はアイヌ人、琉球人となったわけでしょ。


563 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:16
>561
無理に政治統合すれば分裂もある。
両方が出来たことはいいことだよ。
>必要なのは政治統合のシンボルであって、
社会的融合もあったほうがいいわけでしょ。分裂と戦争を繰り返すより。
>それが必ずしも天皇制=王朝?である必要性は無いんではないか。
それが有効であるならばそれでいいじゃん。
>別に、政治統合のシンボルに別のモノを用いても可能のような。
具体的に何があります?
>日本はたまたま、天皇を中心にしただけでは。
だからよかったんですよ。




564 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:19
天皇はわれわれ大和民族の族長。

565 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:22
 本社加盟の日本世論調査会は4月18、19の両日、天皇制や皇位継承の在り方、天皇の国民との接し方などについて、国民の意識を探る全国世論調査を実施した。
 天皇の地位については「国の象徴」とする人が七五%、天皇制の在り方で「今のままでよい」とする人が八〇%で、前回調査とほぼ同じ数字。天皇に「少し政治的な力を与える」「主権者にする」は合わせて一〇%、「廃止する」との声は八%で、象徴天皇制が安定して国民に根付いているのを裏付けた。

http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003-01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&month=all&nextskip=&nexttop=&subid=71




566 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:26
内閣支持率とは大違いだな。

567 :日本@名無史さん :2000/12/27(水) 23:43
遺伝子科学は人ゲノムの解明もあるし、どのみち無視出来ない時代
になるさ。
ここに書いてる人の多くが皇室の過去が縄文、弥生、朝鮮、色々混じって
いると考えているようなので、今後の皇統が女系になっても構わないん
でしょ。そんなこったどうでもいいよね。

568 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:47
100代も過ぎればいろいろ混じるだろ。

569 :日本@名無史さん :2000/12/27(水) 23:54
>553
というより、栗本の説が正史になったら、考古学者や歴史家は
苦労しないよ。
あくまで、数ある説の一つに過ぎないだけで、それを正史まで
に持上げるには、学会でかんかんがくがくの論争を経て勝たねば
ならないの。これからは生物学の観点も無視出来なくなるから
正史として日本史の教科書に当り前に載るようになることは大変
なことよ。
あんま縄文、縄文、とあちこちのスレで書きまくってる君の方が
縄文厨房に見られるよ。

570 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:58

 あの顔面だから
 猿と交尾したんだよ



571 :日本@名無史さん:2000/12/27(水) 23:59
>569
栗本の説のどの部分を言ってるんだ?
君こそ、思い込みが激しいんじゃないの?



572 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:00
>570
縄文厨房発見!


573 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:02
てゆーかさあ、
天皇家が縄文と弥生の両面を持ってることは常識じゃん。
神話の世界もそうだし。
栗本なんか関係ないよ。


574 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:04
このスレで縄文弥生論争する意味ってまったくないよ。

575 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:07
このスレで縄文弥生論争する意味ってまったくないよ。

576 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:09
570みたいなブサヨクってどこにでもいるね。

577 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:10
>569
で、おまえは何がいいたいわけ?

578 :日本@名無史さん :2000/12/28(木) 00:17
日本史の教科書には天皇が何人の子孫かなんて
書いてやしない。
2ちゃんねるの議論なんて歴史オタクの思い込み
議論だからたかが知れてます。


579 :日本@名無史さん :2000/12/28(木) 00:22
縄文人も弥生人も元々は大陸からやって来た人々。
日本原人なんてのは居ないんだから
縄文弥生論争してるやつらはセコイ奴らだ。

580 :日本@名無史さん :2000/12/28(木) 00:25
>576
コヴァ発見!

581 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:27
反天皇制論者が必死になってるだけで、
国民は天皇家の先祖に関心がない。
女帝でもぜんぜんOKでしょ。

582 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:27
>580
図星で顔真っ赤!

583 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:29
「コヴァ」ってなんだ?
自分でつくった言葉では誰もわからんよ。

584 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 00:31
ブサヨクという言葉によっぽど傷ついたみたいね(w

585 :日本@名無史さん :2000/12/28(木) 00:53
ここの板の住人はブサヨクがコヴァ達が創った言葉
であるのを知らないのか。
引きこもってないで、政治思想板にでも逝ってこい!
コヴァやられまくり!(ウァライ

586 :日本@名無史さん :2000/12/28(木) 00:56
ここの板の住人はブサヨクがコヴァ達が創った言葉
であるのを知らないのか。
引きこもってないで、政治思想板にでも逝ってこい!
コヴァやられまくり!(ウァライ


587 :眞子ちゃん@お腹いっぱい:2000/12/28(木) 01:55
眞子、天脳になんかならないも〜ん。さっさとオトコ作ってヤンママ
になっちゃうんだから。パパみたいに愛人作るのも逝かすって感じか
なぁ(ハアト)。

なにぃ、この板。アタシに内緒で言いたいこと言っちゃってさあ。
ム・カ・ツ・ク。不敬罪でみんな氏んじゃえ!!ウフフ。

588 :名無しさん:2000/12/28(木) 02:38
皇室のご先祖のことをあれこれと詮索することは、この板の趣旨からはずれている。
そもそも、皇室のご先祖のことを学問的な根拠は何一つなく、逆に悪意を持って勝手に詮索して騒ぎ立てるのは、一部の盲信的なサヨクだけである。
皇室のご先祖が仮に何であったとしても、皇室が2千年にわたってこの国に君臨なさってきたことは歴史上の事実であり、圧倒的多数の国民は昔も今も変わらぬ敬愛の念を天皇陛下と皇族の方々にいだき続けているのである。
そして、皇室がこの国に君臨なさることの根拠は、皇室の遠いご先祖が何であるかということなどとはあまり関係はなく、ただ何代にもわたってこの国に君臨なさり、ずっと国民から慕われて支持されてきたということである。
このことは別に我が国だけに限らず、諸外国の王室などにおいても同様である。
例えば、19世紀のイギリスには、ヴィクトリア女王という偉大な君主がいらっしゃったが、女王は血筋的には99%ドイツ系であられたいう。
しかし、女王はイギリスという国家とその国民の統合の象徴として、そして、その国家が存続することを保証する者としての地位を不動のものとされ、また、国民もそれを疑うことなく支持していた。
ようするに、現在の皇室の地位というのは、正確な年代も定かでない大昔から国民に慕われて支持されてきた皇室と、長きにわたって皇室を戴く栄誉にあずかってきた国民との間にある切っても切り離すことのできないほどの強固な信頼関係によっているのである。


589 :名無しさん@1周年:2000/12/28(木) 03:48
クエーカー教徒に教えられた今の天皇なんて右翼は嫌いだろ。

590 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 06:59
>589
別に。

591 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 07:00
>>589
それは言わない お・や・く・そ・く

592 :日本@名無史さん :2000/12/28(木) 07:19
今の天皇はサヨク思想の持主、というのはウヨが
隠したいこと。

593 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 08:11
右翼=天皇絶対
こんな図式しか、頭に浮かばないのか?
思考力の不自由なやつだな。

594 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 08:32
御右翼と舞左翼は消えんしゃい。

眞子さまの帝王教育を早くかんがえねば。


595 :名無しさん@1周年:2000/12/28(木) 14:33
>589、591、592
別に隠してないでしょ。
今上天皇にサヨク思想はないが、
平和主義者であることは認識しているよ。

596 :日本@名無史さん:2000/12/28(木) 14:54
 今の天皇陛下がお生まれになったのは1933年の12月23日で、
ちょうどこの日は、五つの惑星が一列に並ぶという天文学上まれな日
だったそうです。当時、世界中の霊能者の間では、惑星が直列したとき、
世界のどこかで救世主が生まれると予言されてたらしく、そこにお生まれに
なったのが陛下です。

597 :日本@名無史さん:2000/12/29(金) 01:43
>>596

へー、ネタだとしても面白い。ちなみに出生時間は何時何分だったの?

598 :日本@名無史さん:2000/12/29(金) 14:42
>>597
ネタじゃないよ。本当の話。
時間までは知らないけど。

599 :共和党宣言:2000/12/29(金) 16:38
もういいかげんに天皇制は国民の手で廃止して、共和制にしようよ。

国民が大統領を選ばないと、いつまでも森くんみたいのが国家行政の長でいられるんだから。東京都知事をみれば、国民が長を直接選挙で選ぶ真価がわかるでしょう。

600 :日本@名無史さん :2000/12/29(金) 17:41
天皇より三笠宮がサヨク的。
2000年8月、NHK教育テレビで、
戦前の歴史教育を「偏狭な歴史教育」と言切って
ました。

601 :日本@名無史さん:2000/12/29(金) 17:47
>600
三笠宮は考古学者なんだから、
そう言うのはあたりまえだよ。

602 :日本@名無史さん:2000/12/29(金) 17:59
>>601
宮様の専攻ってナニ?

603 :日本@名無史さん:2000/12/29(金) 18:15
古代オリエント史

604 :名無しさん:2000/12/29(金) 19:08
>>599
首相公選制を導入すればすむことである。
それに、今の森内閣だって国民が選挙で自民党を第一党たらしめている結果なのである。
ことあるごとに皇室の存在が諸悪の根元のように宣伝するサヨクのたわごとはもう聞き飽きた。
(まあ、それ以前に「天皇制」というサヨクのつくった造語を躊躇なく使う時点でその人物の左な思考が現れてはいるが)


605 :日本@名無史さん:2000/12/29(金) 19:20
>604
599は石原支持者だろ?
自分の気に入らない意見はサヨクと決め付けるのはどうかしている。

606 :名無しさん:2000/12/29(金) 23:26
>>605
皇室の廃止を主張する以上は、まぎれもないサヨク(しかもかなり極左)であると断定できる。


607 :日本@名無史さん:2000/12/29(金) 23:30

コヴァ=森○郎
コヴァ=石原○太郎
コヴァの大将=クソヒト



608 :日本@名無史さん:2000/12/30(土) 00:49
石原は尊皇派だぞ(ワラ)。

最近ほんと多いんだよな。
「天皇はうざったいけど
石原はかっこいい!」ってやつ。

少なくとも日本が律令国家として形成されて以来の存在を
「うざったい」とか思う連中が
「国の誇り」とか「民族の伝統」とか言う。
やめてくれよ、まじで。

そんなに天皇が嫌なら
浅田彰とか田中康夫とか担ぎ出して
「共和党」でも作れ。
中途半端に石原に寄りつくなよ。

609 :日本@名無史さん:2000/12/30(土) 00:51
あげ

610 :日本@名無史さん:2000/12/30(土) 00:54
608だけど

言い忘れていたが、自分は石原を支持してるわけじゃない。
保守的だっていうのは共通してるけど。

611 :共和党宣言:2000/12/30(土) 01:01
天皇が池田大作にひざまずき、仏教徒になるならば許す!

国家神道逝ってよし!

612 :名無しさん:2000/12/30(土) 01:46
池田大作って日蓮宗から破門されたよね。
それに、歴史をさかのぼれば、仏教だって飛鳥・奈良時代に国家仏教として保護されたから、こんなに日本に広まったんじゃないの?


613 :名無しさん:2001/01/01(月) 22:03
>>599 >>604-606
大統領制のすべての国が国民の直接投票で大統領を選出しているわけではなく、国によっては議会が大統領を選出している国もある。
よって、現在の議院内閣制の問題点をすぐに君主制の是非の問題に結び付けようとするのは、やはり考えがサヨク的と言わざるを得ないであろう。


614 :池田大作:2001/01/02(火) 01:24
天皇を神道と結びつけることは許さん。天皇は仏教に帰依すべきなのだ。

615 :池田大作:2001/01/02(火) 01:27
天皇を神道と結びつけることは許さん。天皇は仏教に帰依すべきなのだ。

616 :デビィ夫人:2001/01/02(火) 03:07
主権在民! 天皇パラサイト!

617 :日本@名無史さん:2001/01/02(火) 06:43
キリスト教の暦によれば、この100年に4人の天皇が即位した。これは16、19世紀と同じ最小人数だった。
では、21世紀は何人の天皇が即位するか。某国のbookmakerなどで扱ってくれないかな。
結果が出たら本人または生存中の子孫に配当金を分配するという形式で。
倍率は1人が20倍、2人が10倍、3人が8倍、4人が5倍、5人が3倍、6人が4倍、7人が7倍、8人が10倍、9人以上が20倍といったところかな。

618 :617:2001/01/02(火) 06:49
>617
「即位」→「在位していた」の誤り。「即位」なら16、19、20世紀は3人になってしまう。

619 :名無しさん:2001/01/02(火) 07:14
>>617-618
各世紀ごとの即位した天皇の数を示す。
(但し継体天皇以前は正確な年代がわからないので除く)

6世紀、8人
7世紀、8人(9代)
8世紀、7人(8代)
9世紀、10人
10世紀、6人
11世紀、7人
12世紀、9人
13世紀、11人
14世紀、7人(ほかに北朝が5人)
15世紀、4人
16世紀、3人
17世紀、6人
18世紀、6人
19世紀、3人
20世紀、3人


620 :名無しさん:2001/01/02(火) 07:17
>>619補足
古事記の崩年干支に従えば、5世紀は9人


621 :池田大作:2001/01/02(火) 20:03
神道に汚染された現代の天皇家が子宝を授からないのは、中世から近世にかけて仏教に篤い信仰心を奉げられた歴代の天皇家の御霊を慰めていないからです。このままでは仏罰により天皇家は絶滅するでしょう。今こそ国家の信仰の拠りどころであります釈尊の教えに帰依することです。

天皇皇族が南無法蓮華経とお唱えするだけでも、功徳は積まれるのです。

622 :名無しさん:2001/01/02(火) 21:23
少なくとも日蓮宗に帰依した天皇はいないな。


623 :日本@名無史さん:2001/01/02(火) 22:50
>>621
あれ?昔から、「神は祟る者、仏は救う者」と言って、神は、敬われて当たり前。
ないがしろにされると罰を与えるという存在だがが、仏は、信じる者を救う存在で
あって、信じないからといって罰を与えるという話は聞いたことがないけどね?

624 :古代国語の音韻:2001/01/02(火) 22:52
 全体この言語の音を研究するについて先ず第一に大切なことは、
つーかコヴァは逝ってよし、どれだけの違った音でその言語が
組立てられているかということ、つーかコヴァは逝ってよし、
つまりその言語にはどれだけの違った音を用いるかということであります、
つーかコヴァは逝ってよし、てな訳で テンコロは臭い。
我々が口で発することの出来る音は実に無数であります、つーか
コヴァは逝ってよし、てな訳で テンコロは臭い。

随分色々の音を
発することが出来る訳でありますが、つーかコヴァは逝ってよし、
言語としては、つーかコヴァは逝ってよし、その中の幾つかの或る
きまった音だけを用いその他のものは用いないというように
きまっているのであります、つーかコヴァは逝ってよし、
てな訳でテンコロは臭い。これは我々が外国語を学修する場合に
よく解るのでありますが、つーかコヴァは逝ってよし、
例えば外国語では ti tu という音は何でもなく幾らでも用います、
つーかコヴァは逝ってよし、てな訳で テンコロは臭い。

625 :古代国語の音韻 :2001/01/02(火) 23:21
これにくらべて英語なんかはかなり音の数が多いのでありますけれども、つー訳で田舎っぺは
逝ってよし、それにしても三十あまりでしょう、つー訳で田舎っぺは逝ってよし、てな訳でテ
ンコロは臭い。ドイツ語やフランス語でも大体そんなものです、つー訳で田舎っぺは逝ってよ
し、てな訳で テンコロは臭い。それ位の数の、つー訳で田舎っぺは逝ってよし、違った音があ
って、つー訳で田舎っぺは逝ってよし、それを色々に組合せてその言語におけるあらゆる語が
出来上っている訳で、つー訳で田舎っぺは逝ってよし、つまりそういう言語を用いている人は、
つー訳で田舎っぺは逝ってよし、それだけの音を聞き分けまた使い分けているのであります、つー訳で田舎っぺは逝ってよし、てな訳で テンコロは臭い。

 それでその言語においてどれだけの違った音を用いるかということは、つー訳で田舎っぺは逝ってよし、言語として非常に大切なことであります、つー訳で田舎っぺは逝ってよし、てな訳で テンコロは臭い。というのは、つー訳で田舎っぺは逝ってよし、そういう音の違いというものは言葉の意味に関係して来るからであります、つー訳で田舎っぺは逝ってよし、てな訳で テンコロは臭い。

626 :これもタブーなのか:2001/01/03(水) 02:31
天皇家の隠れ宗教は日蓮宗という説もある.

大正天皇は幼少時にたいへん病気がちだったので
病気平癒の祈願を日蓮宗の坊主にしてもらっていた.
験あったのか,それ以来あの一家のプライヴェートな宗教は日蓮宗になったのだという.

なぜ他の宗派ではなくて日蓮宗なのかはよくわからないが,おそらく
二位局こと柳原愛子(大正天皇の生母)が熱心な日蓮宗信者だったからじゃないかな?
彼女は個人で日蓮宗の寺に寄進もしてますしね.

627 :これもタブーなのか:2001/01/03(水) 02:49
天皇家の隠れ宗教は日蓮宗という説もある.

大正天皇は幼少時にたいへん病気がちだったので
病気平癒の祈願を日蓮宗の坊主にしてもらっていた.
験あったのか,それ以来あの一家のプライヴェートな宗教は日蓮宗になったのだという.

なぜ他の宗派ではなくて日蓮宗なのかはよくわからないが,おそらく
二位局こと柳原愛子(大正天皇の生母)が熱心な日蓮宗信者だったからじゃないかな?
彼女は個人で日蓮宗の寺に寄進もしてますしね.

628 :池田大作:2001/01/03(水) 02:58
天皇陛下・皇后陛下・皇太子殿下が妙法蓮華経を写経されることで、雅子皇太子妃殿下の体調も御快復されることでしょう。

全国の神社を廃止し庭園に替えて、仏寺に寄進なさいませ。御仏は慈悲深く天皇家と日本国民を御加護下さいます。

629 :名無しさん:2001/01/03(水) 03:27
>>628
日蓮宗を破門されたおまえが言うな!


630 :池田大作:2001/01/03(水) 21:33
日蓮正宗は仏敵ぞ!

631 :日本@名無史さん:2001/01/03(水) 21:39
>627
貞明皇后と間違えてるんじゃないの?


632 :日本@名無史さん:2001/01/03(水) 21:48
日蓮正宗の信仰を持った人、もしくは有縁の人として、歴史上で著名な方々が何人かおられます。その名前と関係寺院の一例をあげてみますと、

蜂須賀至鎮(よししげ)正室・敬台院と大石寺並びに敬台寺等
徳川家宣正室・天英院と大石寺並びに常泉寺等
備中松山藩主・板倉勝澄と大石寺並びに有明寺
南部藩忠臣・相馬大作と感恩寺
幕府与力・大塩平八郎と源立寺
大正天皇后・貞明皇后と常在寺等

http://www.fsinet.or.jp/~shibuken/SHIRYO2/B02.htm

633 :天台座主:2001/01/05(金) 21:04
皇太子妃の不自然な流産は、池田大作レイプ魔・創価学会の呪詛によるのだ。創価学会こそ国賊・仏敵ぞ!

634 :日本@名無史さん:2001/01/05(金) 21:07
人工授精による不妊治療しかないな!
21世紀は、試験管天皇の誕生だ!

635 :日本@名無史さん:2001/01/05(金) 21:47
>>631
そりゃ貞明皇后も日蓮宗に縁があるお人だっただろうけれど
>>627は,大正天皇の御幼少時の話だから生母の柳原愛子のほうの話です.

636 :日本@名無史さん:2001/01/08(月) 16:13
ホーホケキョあげ

637 :中杉弘:2001/01/08(月) 23:38
池田大作は朝鮮人である。
池田は大森にある朝鮮人部落で産まれた。
池田は牧口常三郎、戸田城聖から続く
創価教育学会の伝統を踏みにじった
朝鮮奴隷である。

638 :中杉弘:2001/01/08(月) 23:39
池田大作は朝鮮人である。
池田は大森にある朝鮮人部落で産まれた。
池田は牧口常三郎、戸田城聖から続く
創価教育学会の伝統を踏みにじった
朝鮮奴隷である。

639 :中杉弘:2001/01/08(月) 23:44
池田大作は朝鮮人である。
池田は大森にある朝鮮人部落で産まれた。
池田は牧口常三郎、戸田城聖から続く
創価教育学会の伝統を踏みにじった
売国奴の朝鮮奴隷である。
朝鮮奴隷には神罰が下されるであろう!


640 :あんた誰?:2001/01/09(火) 03:35
それをいうなら仏罰だろ

641 :日本@名無史さん :2001/01/09(火) 04:06
おお、中杉じゃないか。元学会員で、池田に反発して
日本平和神軍を設立したやつ。(政治思想、宗教板参照)

あそこじゃ、日蓮は既成仏教を破壊した神様で、本当に
信仰しているのは日本の神々。
だから仏罰とは言わず、神罰なの。
戦前の国柱会みたいな日蓮正宗と国家神道が融合してる
団体。

642 :雅子の味方です:2001/01/12(金) 14:13
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgl6015/hitori/ht101.htm

643 :名無しさん:2001/01/12(金) 14:26
>>642
妃殿下を敬称なしでよぶのは不敬だぞ!

644 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 14:59
そうか.藤原紀香か.

645 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:26
皇太子妃雅子さま誕生日前記者会見 (2000年12月7日)

問2 昨年末には残念な出来事がありました。これまでのお気持ちをお聞かせください。

答  国民の皆さんの期待もある中で、昨年の暮れの結果は私も残念に思っております。
   そしてまた同時に、非常に早い段階から、報道が過熱してしまったということについて正直
  申しまして、戸惑いを覚えたことも事実でございます。
   その間、皇太子殿下には、常に深い思いやりを持って、私を包み支えてくださいました。ま
  た両陛下にもこれまでずっといつも変わらず、温かく支え、お励ましいただきましたことを心
  より感謝申し上げております。おかげさまで、お医者さま方に大変良くしていただきまして、
  順調に回復することができましたことを深く感謝いたしております。
   そしてまた、国民の皆さまからも大勢お便りをいただきましたり、温かい励ましをいただき
  ましたことも、忘れられないことでございます。どれほど多くの方々の善意に支えられて自分
  があるのかということを身に染みて感じました。国民の皆さんの温かいお気持ちにこの場をお
  借りして、深くお礼を申し上げたいと思います。

646 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:26
皇太子妃雅子さま誕生日前記者会見 (2000年12月7日)

問3 今年の夏には体調の理由から、斂葬(れんそう)の儀や地方でのご公務の日程を変更されま
  した。9月以降には那須御用邸や裏磐梯などでご静養の機会も設けられました。この間のご体
  調やお気持ちをお聞かせください。

答  夏には体調を崩してしまい、香淳皇后さまの斂葬の儀にうかがえなかったことをとても、残
  念に思いました。また体調を崩したのはそのとき一時的なことでございましたけれども日程の
  変更などがありましたことなどから、一部で誤解も生じてしまったように思いますけれども、
  その後は体調も戻り、おかげさまですっかり元気にしております。
   いろいろご心配いただき、ありがとうございます。そして9月には福島県からありがたい申
  し出によって育樹祭の公務の後に、裏磐梯で数日間を過ごす機会をいただき、大変楽しく過さ
  せていただきました。また今年も秋には那須そして御料牧場などで何日かずつを過ごす機会も
  いただき、ありがたいことでございました。
   以前にもお話しましたが、広々とした自然の中で過ごすことのできる機会というのは、私に
  とって大きな楽しみでございまして、今年も那須や裏磐梯で皇太子さまとご一緒に自然の中を
  歩き、美しい風景を眺めたり、また植物を眺めたりすることができましたことは大変ありがた
  いことでございました。

647 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:26
雅子妃35歳誕生日会見

Q3:結婚されて5年を過ぎましたが、夫婦円満の秘訣は何ですか。夫婦げんかになったりした時は、どのように仲直りされますか。できればエピソードを交えお聞かせください。

 A:まず何よりも皇太子殿下がいつも大変に寛大なお心で、私のことを温かく見守って下さるということに感謝申し上げたいと思います。幸い、公務なども含め、一日のうちで二人でともに過ごす時間というものが長いものですから、いろいろなことをご一緒に体験することができますことを大変幸せなことと思っております。そして、そうですね、あの、それぞれが関心を持っておりますことにお互いに関心を寄せて、何ごとについても、いろいろと話し合うという雰囲気ができているように思います。夫婦げんかにつきましては、ご期待に添そえないかもしれませんが、仲直りが必要なようなけんかには、あまりなりません。ただ、相手の、相手に不快な思いをさせてしまったかしらと思う時には、素直に謝るということが大切なのかもしれないと思っております。それから、今、犬(注:参照)がおりますけれども、この犬がいるというのも夫婦の仲にとって、とても良いように思います。よく夫婦げんかは犬も食わぬと申しますけれども、けんかの種は割と良く拾って食べてくれるような気がいたします。(一同笑い)

http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako98/index.html

648 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:26

Q4:皇室に入られた当初と現在とで、皇室に対するお考えやイメージはどのように深められたでしょうか。両殿下の皇室での役割、若い世代の皇族としてご自分たちらしさをどんな面で生かしていきたいとお考えですか。

 A:皇室に入りましてから、いろいろなことを経験する機会に恵まれ、大変ありがたいことと思っております。お陰さまで、初めのうちは、右も左もわからず、一つ一つのことを一から教えて頂いておりました。宮中のお行事や、それから公務なども次第に慣れてまいりまして、段々と楽しく感じるゆとりも生まれてまいりました。その中で、皇室の中では、あの、両陛下お始めが、国民の喜び、そして悲しみと伴のう深くお心にお留めになり、そして、あのご自身のお喜び、ご自身の悲しみとして、日々お過ごしになり、また、あの、国民の幸せというものを常に願っていらっしゃるということを幾度となく実感いたします。それから、また、私は以前、普通の生活をしておりましたので、考えてみますと、皇族の公務というものは、一般の方の目に映るよりもかなりたくさんあって、そしてまたあの多岐にわたるのではないかという気がいたします。特に陛下は、皇居でのご公務も大変多くおありになり、そして毎日、大変お忙しい日々を送っていらっしゃいます。そのあたりのことが、国民の皆さんにも広く理解されていると、よろしいんですけれども。そのあたりいかがでございましょうか。

 それから私たちの皇室での役割ということでございますが、やはり、皇室での役割としては、両陛下を私たちの立場でできる限りにおいて、お助けしていくということが大切なことだと思っております。そして、若い世代の皇族としてということでは、皇太子殿下は、いつも私たちと同じ比較的若い世代の人々がどのようなことを考え、どのようなことに関心があり、そしてまた、皇室にどのようなことを期待しているのかということを、常に視野に入れていきたいというふうにおっしゃっていらっしゃいまして、私もこのことを、とっても大切なことだと思っています。それから、殿下にはイギリスへのご留学の経験がおありでらっしゃいますが、その時に大変多くのことを吸収なさっていらっしゃったようにうかがえますので、そのような視点も大切にしていきながら、世の中の様々なことに関心を持っていくことができたらというふうに思います。昨年もお話ししたかもしれませんが、いろいろな新しい考え方ですとか、新しい技術、そういったものに触れていくということも、大切なのではないかと思っています。また、自分たちらしさということに、自分たちらしさを生かしていくということについては、皇室で長い間培われてまいりました伝統というものを大切にするということも、大切なことでございますし、また新しいものを取り入れていくということ、それからまた、自分たちらしさを大切にするということ、それぞれが大切なことだと思います。そしてそのような違ったいろいろな要素を、その時々で、どのようにバランス良く取り入れていくのかということについて、常に考えながら若い世代の皇族としてどのようなことができるのか、殿下とご一緒にご相談しながら、常に考えていきたいと思っております。

 http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako98/02.html

649 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:27
Q5:最近、公務を離れて興味をもって取り組んでおられること、楽しみにしておられることはどんな事ですか。

 A:楽しみにしていることは、いろいろとございますが、そして以前お話ししたこととも重複するかもしれませんが、1年に何回か自然の豊かなところを訪れる機会に恵まれました折には、そこでいい景色を、きれい、美しい景色を眺め、そしてきれいな空気を吸って、そしてまた、山歩きなどをしながら、植物ですとか、あのそういったものについて、いろいろと教えて頂くこと、それからまた、そういう空気のきれいなところでは、夜には天体観測をしたりすることも大きな楽しみになっております。それから、日々の生活では、先程もお話しに出しましたが、犬たちとの散歩ですとか、いろんな触れ合いを通じて、たくさんの楽しみや喜びを見いだしております。

 それと今年の夏、クワガタムシ(ノコギリクワガタ)の、昆虫のクワガタですけれども、クワガタが、ここの、御所の窓の外の所で、弱っているのを見つけまして、私自身ここにクワガタがいるということ自体、驚きだったんでございますけれども、皇太子殿下がお小さいころに、クワガタやカブトムシもここにたくさんいたとかっていうことで、殿下も大変久し振りに御覧になられたということでしたけれども、クワガタが弱っておりましたので、保護いたしまして、飼育いたしました。そして、その後、雌を加えて、一緒に飼育いたしましたところ、繁殖いたしまして卵を産んで、それで今は幼虫を飼育しております。幼虫の飼育というのは、取り掛かってみて分かったんですけれども、クワガタの場合、成虫になるまでには3年ぐらいかかる、ということで、割と長い、3年がかりの仕事になるかしらと思っておりますけれども、子供のころに、親しんだ昆虫にまた触れることができて、そのことによって、いろいろな、たとえば虫ですとか、そういった小さな命一つ一つが、大変いとおしく思えてくるものでございまして、そのようなことから、現代の子供たちにも、そういう体験をすることっていうのは、とても大切なことなのではないかしらというふうに感じております。

 それから一つ新しいことといたしましては、皇太子殿下やそれからご家族やほかの皆様とも音楽、何か、アンサンブルですとか、そういったものを、演奏をご一緒できたら楽しいかしらと思いまして、フルートを始めたっていうことがございます。これは上達するまでには、長い道のりだと思いますけれども少しずつ、楽しく練習していかれたらというふうに思っております。ほかには、皇室の伝統でございます和歌、書道は、引き続き楽しく学ばせて頂いておりますけれども、たまに殿下とご一緒に絵を描くこともございます。絵と申しましても、大体あの、草花の写生なんでございますけれども、そうやって写生をしてみますと、写真とはまた違いまして植物の細かいところを、いろいろ見ることになって大変新しい発見がたくさんございまして、世界が広がるような気がいたします。このようにして、いろいろと新しいことを試してみますと、楽しい発見がございますので、大変幸せなことと思っております。

 http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako98/02.html

650 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:27
雅子妃36歳誕生日会見

問3  御公務でお忙しい日々を送っていらっしゃる中での気分転換やリラックス法があればお聞かせください。

皇太子妃殿下  確かに私たちの生活では,仕事と生活の境というものが余りはっきりしていず,ふだんの生活と公務が非常に近く結び付いているという面がございますので,ふだんの生活の中でうまく気分転換を図るということは確かに大切なことのように思います。公務の間に余裕を見いだすことのできる何日間というのがございます時には,幸い御用邸の方で過ごさせていただき,そこで山へ出掛けましたり,それから,自然の中でゆったりと過ごさせていただいているということは大変有り難く思っております。また,ふだんの生活の中では,まず皇太子殿下に何でも,何についてもお話ができるということを本当に幸せなことと思っております。やはり話をするということでいろいろな意味で気分が楽になるということは随分とあることなのではないでしょうか。
 それから,私にとりまして,今飼っております犬たちと一緒に過ごす時間というのもホッといたしますし,大切な時間となっています。例えば,一日の日程を終えて,あるいは夕方に公務があったりいたします時は,その公務の間の時間を見付けて,夕方,犬たちを連れてここの御用地の中を散歩いたしましたり,自転車で回ったりいたしますと本当に良い気分転換になります。もう少し時間があります時には,皇太子殿下と御一緒にテニスをさせていただきましたり,楽器のフルートの練習をいたしましたりもしますけれども,最近は,秋の日程が忙しかったこともあり,フルートの方はしばらくレッスンをごぶさたしてしまっているような状況になっています。後は,一日の終わりに,夜,本を読んだりというようなことも休息になるような気がいたします。


651 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:27
問4  今年は,北海道や岩手八幡平,那須などへの,皇太子様とのお出ましがありました。日常の生活も含めまして皇太子様との生活の中で夫婦のきずなを深められたことや新しく発見されたこと,そして,妻として皇太子様に望まれることがありましたら,お聞かせください。

皇太子妃殿下  今年は,北海道での冬の国体への出席の後,一日お休みを頂くことができまして,クロスカントリースキーを楽しむ機会に恵まれました。クロスカントリースキーを習うのは初めてのことでしたけれども,林の木立の中で木漏れ日を浴びながら滑るというのは,とても気持ちよく大変楽しい時間を過ごすことができました。夏には,先ほどおっしゃられた八幡平,そして,志賀高原の方に参ります機会を得て,そして,そこで美しい高原を歩き,また,案内の方から植物ですとか,自然のことについていろいろ教えていただくなど,大変楽しい滞在をさせていただきました。皇太子様と御一緒にこのような経験をさせていただいて,段々と世界が広がっていくということを大変うれしく思っております。
 ふだんの日常生活では,先ほどもちょっと申しましたけれども,皇太子様がなるべくいろいろなことについて一緒に考え,そして,話し合おうというお気持ちでいらしてくださることを大変幸せなことと思っております。そしてまた,例えば音楽ですとか,自然や動植物との触れ合い,天体観測,時折絵を描くことなどを通じて,それから,日々犬たちを伴って一緒に過ごす時間などを通じ,いろいろな楽しみを分かち合ってくださいますことを大変有り難く思っております。
 皇太子様は,大変お体がお丈夫でいらっしゃいますことを,私は心強く感じておりますけれども,これからも,いつもお元気でいらしていただけますようにと願っております。そしてまた,私自身,何かお役に立てますよう努めたいと思っております。


652 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:27
93/01/20 東京朝刊 一面 05段
全力で守る/皇太子さま 言葉信じて/雅子さん おそろいで初会見=号外も発行

 ◆悩み、迷いを乗り越え
 皇室会議で結婚が正式決定した皇太子さま(32)と小和田雅子さん(29)は、十九日午後二時四十六分から約二十二分間、東京・元赤坂の東宮仮御所で記者会見された。この中で、雅子さんを結婚へと動かした決め手は、「雅子さんのことはぼくが一生全力でお守りします」という皇太子さまの言葉だったことが、明らかにされた。また、皇太子さまは周囲の声に、雅子さんは皇室入りと外交官という仕事を捨てることに、それぞれ悩み、乗り越えるまで長い道のりがあったこともしんみりと語られた。
 お二人によると、皇太子さまのプロポーズは、昨年十月三日、千葉県市川の新浜鴨場でのデートで。「結婚していただけますか」と率直に切り出されたが、雅子さんの返事ははっきりせず、十二月十二日に仮御所で会った際に再び申し込んだところ、雅子さんは「私でよろしいんでしょうか」と確認したうえで、「殿下のお力になれるのなら、謹んでお受けします」と承諾の返事をしたという。
 雅子さんのこの決心の裏には、皇太子さまからの「心を打つお言葉」があった。雅子さんによると、「皇室に入るには不安や心配があると思いますが、ぼくが一生全力でお守りします」「(皇室に来てもらいたいが)本当に幸せにして差し上げられるのか、悩みました」という誠実さあふれる二つの言葉だった。
 プロポーズに応じた際、雅子さんは「殿下の言葉を信じて二人でやっていけたらと思います。殿下に幸せになっていただけるよう、また私自身もいい人生だったと振り返られるようにしたいと思います」とも話したという。
 お二人の出会いは昭和六十一年。その時、皇太子さまは雅子さんに「心が通じ合うという感じ」という好印象をもったが、その後の交際中断については「(雅子さんの祖父がかつて社長を務めた)チッソの問題もあり、宮内庁でも慎重論が出て、中断もやむを得なかった」とされた。
 しかし、その間も「常に雅子さんのことが念頭に」あった皇太子さまは、そのことについて宮内庁に申し入れたことを明かし、「周囲の意見、考えも大切にしたいと思っておりましたので、雅子さんでいいということで固まった時は、大変うれしく思いました」と、ご自分の立場をわきまえ悩んだことを率直に口にされた。
 雅子さんも、外交官という職業への断ち切れない思いがあり、「外務省を去ることにさびしさを感じないと言ったらうそになる」と複雑な心境をのぞかせたが、「私が果たすべき役割は皇室という新しい道で自分を役立てること。今は悔いはありません」と言い切った。
 どのような家庭を作りたいかという質問には、皇太子さまは「安らぎのある明るい家庭」を挙げ、雅子さんはそれに加えて「苦しい時やつらいことがあった時に、いたわりあって助け合っていくことができるような家庭を」と述べた。
 また皇太子さまは、皇室入りする雅子さんについて「苦労があった場合には私が全力で守って、助けてあげたい」と、この結婚に寄せる強い決意を改めて示された。
 この日の会見には、外国特派員協会の代表としてロイター、ワシントン・タイムズ、CNNの三社も加わった。
 ◆両家そろって夕食会
 記者会見をすませたお二人は、午後三時二十分から、常陸宮さま、秋篠宮さまなどの各宮邸を同じ車で回り、婚約のあいさつをされた。
 その後、同七時からは赤坂御所で約三時間にわたり、秋篠宮ご夫妻、紀宮さま、雅子さんの妹二人も交え、両家全員がそろって内輪の夕食会が開かれた。


653 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:29
新年の儀式で、外国の大使のあいさつを受けるときに、
べたべたの洋風の正装だったけど、あんな天皇家ならいらない。
外国の大使は自国文化を尊重して民族衣装とか着てるのに。
衣冠束帯、十二単、部屋も和風だ。
それか、現代風というなら、ちょっとはアレンジしたドレスに。

654 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:29
平成6年歌会始お題「波」

皇太子殿下お歌
 我が妻と旅の宿より眺むればさざなみはたつ近江の湖(うみ)に

雅子妃殿下お歌
 君と見る波しづかなる琵琶の湖(うみ)さやけき月は水面(みのも)おし照る

平成12年歌会始お題「時」

雅子妃殿下お歌
 七年(ななとせ)をみちびきたまふ我が君と語らひの時重ねつつ来ぬ


◇平成13年(2001年)歌会始お題「草」

雅子妃殿下お歌

 君とゆく那須の花野にあたらしき秋草の名を知りてうれしき

655 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:30
「週刊朝日」99年12月24日号
「お二人の愛の結実は熊本で、だった?」

雅子さまの出産予定は来夏と報じられている。本誌が入手した雅子さまの体の
リズムを考えると、皇太子夫妻のベビーは十一月前半ごろに結実したことになる。
なかでも可能性が高そうな十一月五日から七日にかけて、皇太子夫妻は、熊本
で開かれた全国身体障害者スポーツ大会を視察している。宿は熊本市内の老舗の
ホテル。二十二階にある百二十平方bのインペリアルスイートで、通常は一泊十
八万円。大きなダブルベッドのある部屋だった。

ニュースカイホテル
http://www.kumanichi.co.jp/president/59.html
インペリアルスイート
http://www.sunfm.co.jp/yado/newsky/info/index.html

656 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 15:30
http://www.zakzak.co.jp/spo/s-2000_03/image/s2000033007masako_b.jpg
http://www.shufu.co.jp/magazine/kousitu6/images/wata6_l.gif
http://www.mainichi.co.jp/eye/feature/details/masako/graph/03.jpg

657 :雅子の味方:2001/01/12(金) 20:15
645-656 は
http://village.infoweb.ne.jp/~fwgl6015/hitori/ht101.htm
でいうところの「愚劣な出歯亀根性」ですなぁ

658 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 20:22
>>645>>656
このひと、いつも大量にコピペしていくけれどなんか意味あるの?

659 :雅子の味方:2001/01/12(金) 20:26
こういうことされるとコピペの直前にどんなカキコミがあったのか
かえって知りたくなるよね(笑)
はい!
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=975269348&st=622

660 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 20:29
さいきんのageあらしもこいつかな?

661 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 21:02
>657
は?
655の不敬朝日はともかく、
デマや勝手な妄想カキコが多い中、
本人の言葉が「愚劣な出歯亀根性」か?
なんだそりゃ。


662 :日本@名無史さん:2001/01/12(金) 23:11
2001年1月12日(金) 12時45分
<歌会始の儀>歌題は「草」 天皇、皇后両陛下などの歌披露(毎日新聞)

 新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」が12日午前、皇居・宮殿で行われた。今年の歌題は「草」。天皇、皇后両陛下と皇族方に加え、入選者10人と召人(めしうど)の京都大名誉教授、上田正昭さん(73)、選者の歌が、伝統にのっとった発声と節回しで披露された。今回の応募は2万3999首で、平成に入って最も多かった。
 天皇陛下は、昨年6月に亡くなった香淳皇后をしのびながら那須御用邸内の草原を皇后さまと散策した時の様子を、皇后さまは新人の皇宮護衛官が着任するころ、春の若草が一斉に芽吹く様子をそれぞれ詠んだ。

 ◇天皇・皇族の歌

天皇陛下

父母の愛(め)でましし花思ひつつ我妹(わぎも)と那須の草原(くさはら)を行く

皇后さま

この日より任務おびたる若き衛士(ゑじ)の立てる御苑(みその)に新草(にひくさ)萌ゆる

皇太子さま

草原をたてがみなびかせひた走るアラブの馬は海越えて来ぬ

同妃雅子さま

君とゆく那須の花野にあたらしき秋草の名を知りてうれしき

秋篠宮さま

旅先の草木(さうもく)深き川縁(かはべり)に魚釣りつつ吾子らは遊ぶ

同妃紀子さま

草ふかき山の斜面(なだり)をのぼりきて苗木を植うる土あたたかし

紀宮さま

ほどもなく夕立ちやせむみそのふに草の香あをくたちのぼりくる

常陸宮さま

御園生の夜露にぬれし草の間にほたるの光青白く見ゆ

同妃華子さま

雜草といふ草はあらずといひたまひし先(さき)の帝(みかど)をわが偲ぶなり

三笠宮妃百合子さま

雪降らばゲレンデとなる丘を来て松虫草のこもり咲く見つ

寛仁親王妃信子さま

村の道そぞろにゆけば草笛ののどかにきこゆ春ふかき午后

高円宮さま

駆けまはる仔馬しづかに見守りて母馬は食む新緑の草

同妃久子さま

アカシアの樹をもとめつつ草原をゆらりゆらりと麒麟あゆめり

http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200101/12/0112e050-400.html

663 :日本@名無史さん:2001/01/13(土) 01:37
かなり恥ずかしいね。時代がくだると皇族方の和歌も品下るもんですな。
(いちばん恥ずかしいのは岡井隆や岡野弘彦だと思うが…)

664 :日本@名無史さん:2001/01/14(日) 13:07


    天皇の居ぬ日本を唾ためて想う、朝刊読みちらしつつ




665 :日本@名無史さん:2001/01/14(日) 13:12
↑岡井隆ってかっこいいよな…
いいよ別に.いまさら歌会始の選者やったからってさ.世間から誤解されてることを楽しんでいる気配すら感じるよ.

666 :日本@名無史さん:2001/01/14(日) 14:36
八幡太郎がナンバーワン!「天下兵馬ノ権」とゆーものを持ってたんだそうじゃ。
じゃけ、義家どんの子孫が清和源氏の正嫡ちゅーことになろ?この義家どんの次男、
義親どんの流れが実朝どんで絶えてしもうた。ふんだら一旦義家どんまで(源流)戻って、
義家どんの三男、義国どんの流れ、新田・足利の二家が源氏の嫡流になるわけじゃのう、
とかのカイオンヂチョーゴローさんも書いておられた、みたいな。
新田も足利も家の大きさは違えど、どちらも源氏の嫡流ってプライド持ってたみたいしー。
義貞のばあいそれで身を滅ぼしたと言えなくもないしー。



667 :通りすがりの者:2001/01/16(火) 07:07
アホサヨクの行動パターン(ネット版)

(1)電波トンデモ言説を自信満々にわめく。
   ↓
(2)その言説を冷静だが毒のある者からからかわれる。
   ↓
(3)サヨクは、からかわれているのに理解できず、
   反論だと思い込んでキレる。
   ↓
(4)サヨクは、彼をからかった相手を右翼と思い込む。
   ↓
(5)サヨクは、元々の自らのトンデモ発言には触れず、
   右翼(特に旧式右翼)の類型化した批判で反撃する。
   ↓
(6)からかったほうは、別に右翼でもなんでもないので、
   右翼批判を以て反撃されても苦笑するしかない。
   ↓
(7)サヨク、勝手に勝利宣言。
   ふたたび自分の内なる世界に戻り、(1)へ繰り返し


668 :名も無き者:2001/01/16(火) 12:28
アホウヨクの行動パターン(ネット版)

(1)電波トンデモ言説を自信満々にわめく。
   ↓
(2)その言説を冷静だが毒のある者からからかわれる。
   ↓
(3)ウヨクは、からかわれているのに理解できず、
   反論だと思い込んでキレる。
   ↓
(4)ウヨクは、彼をからかった相手を左翼と思い込む。
   ↓
(5)ウヨクは、元々の自らのトンデモ発言には触れず、
   左翼(特に旧式左翼)の類型化した批判で反撃する。
   ↓
(6)からかったほうは、別に左翼でもなんでもないので、
   左翼批判を以て反撃されても苦笑するしかない。
   ↓
(7)ウヨク、勝手に勝利宣言。
   ふたたび自分の内なる世界に戻り、(1)へ繰り返し




669 :日本@名無史さん:2001/01/16(火) 12:31
そもそも皇室とかかわるのが左翼としてうしろめたいなら短歌なんて表現形式を選ばないでしょう。
選者になったことを非難するよりも、選が凡庸なことを非難すべきだろう。

670 :召人(めしうど)の上田正昭って:2001/01/19(金) 17:00
古代史方面の学者ですよね?
「日本のなかの朝鮮文化」の金達寿なんかとも親交があったりする….
ウヨくんは,大量コピペしてても全然気がつかなかったのかな?(っていうか知らなかった?)
ま,おいらもこのひとが和歌をたしなむひとだとは知らなかったよ.

http://www.asc-net.or.jp/saenulee/mz/edition7.html

671 :日本@名無史さん:2001/01/19(金) 17:07
ウヨくんっていうより、雅子のストーカーもしくは出歯亀だろ(藁

672 :日本@名無史さん:2001/01/19(金) 17:08
↑あ、コピペ野郎の話ね

673 :塚本邦雄のほうが天皇に対しては辛辣だね:2001/01/19(金) 17:18

   皇帝ペンギンその後の日々の行状を告げよ帝國死者興信所

臘梅はすでにほろびて新年のすめらみことがよちよちあるき

   くれなゐの凧が墜ちくる臘月に一天萬乗のおほきみつてだあれ

   生牡蠣すすりくらふをやめよまざまざと國葬の日の霙のいろ

   ひつぎのみこを棺の御子と思ゐいしわが白珠の幼年時代



674 :さらに二首:2001/01/19(金) 17:25

日本脱出したし皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係も

   陛下の赤子たりし無念のとばっちり一盞傾くる酒場『コロス』

675 :日本@名無史さん:2001/01/19(金) 17:36
>671=672=雅子ストーカー
一分後に返答か?
バレバレの腹話だな。(藁


676 :なるほどこういうのを「語るにおちる」というのですね:2001/01/20(土) 22:42
っていうことは675=大量コピペ野郎=雅子ストーカーを自白したも同然だな(わら

(たしかに671=672だが…それは正々堂々と同一人物レスなのは明白でしょ…なにを勝ち誇ったように「バレバレの腹話」なんていってのだろ…これだから田舎もんのウヨは困るぜ…)

677 ::2001/01/21(日) 00:32
雅子ストーカーが顔を真っ赤にして反論!(爆笑)


678 :日本@名無史さん:2001/01/23(火) 08:29
語彙が貧困な奴だな。こいつももしかして新井か?
顔を真っ赤にしてるのはオマエで余裕綽々なのは676
あとは読むやつが判断する

679 ::2001/01/23(火) 17:23
>678=676
寒っ!!
バレバレの自作自演じゃん。
余裕がないんだねぇ(クスクス

680 :日本@名無史さん:2001/01/23(火) 21:21
      ========終了========
 
 
  
  
  
   
   
    
==================== end =====================


681 :世界@名無史さん:2001/01/23(火) 21:27
プ−−−−−−−−−−−−−・・・・・・ムリムリッ

ボトンッ


682 :日本@名無史さん:2001/01/23(火) 22:49
これじゃやっぱり天皇制は廃止になりそう・・・

683 :名無しさん:2001/01/24(水) 07:38
我が帝室は永遠に不滅なり!

684 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 07:56
近代天皇制は、明治維新の際に西国人(ヤマト民族)が東国人(アズマ民族)に対して
押し付けたものであり、我々アズマ民族がそれを崇拝しなければならぬ道理はない。
よって我々アズマ民族至上主義者は、その解体を要求する。
また天皇制のシンボルである鬼畜官軍の戦死者を祭った靖国神社も、
即時我々のお江戸から撤去することを求める。

私は新たな予言者となる。
たとえ悪辣な蛮族ヤマトの連合が、天皇の名の下に我々アズマ民族を根絶やしに
しようとしても、絶対に蛮族ヤマトの思い通りにはならぬ。
否、それどころか反対に我々アズマの精鋭によって蛮族ヤマトが根絶されて、
東西最終戦争は終結するであろう。



685 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 07:57
われらはヤマトとその首領、天皇ヒロヒトを弾劾する。
ヤマト=朝鮮一味の拡張主義的劣情から、アジア・中国に
侵略を加えたヤマト民族は、江戸幕藩体制を生み出した平
和を愛するアズマ民族とは相容れぬからである!。

たおせ、ヤマト国家!
復権せよ!アズマ民族!



686 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 07:57
我々の政治目標は以下の通りである。

・異民族ヤマト(西国人)の東国からの追放
・鬼畜薩長による押しつけ天皇制の解体
・糞官軍の戦死者を祭った靖国神社の撤去
・蛮族の土人ヤマトの酋長天皇の京都への強制送還
・アズマ民族(東国人)の主権回復
・徳川将軍家の末裔の国家元首化
・蛮族ヤマトの劣等文化の抹殺
・アズマ民族の先人達の名誉回復
・アズマ民族の伝統的武道文化の興隆とアズマ民族精神主義教育の普及




687 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 07:57
要するに我々がナショナリズムと思い込まれて来た天皇中心の価値観は、
明治簒奪政権の伊藤博文、山県有朋らによってでっち上げられたものなんだよ。
だから我々アズマ人がそんなものを奉じなければならない理由はないんだ。
明治簒奪政権によって押し付けられた社会規範を奉ずる者が愛国者で、
それを否定する者が非愛国者である根拠なんてないんだよ。




688 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 07:58
自称アズマ人は、日本人の分裂工作を行い、皇室を罵倒し、
ヤマトと鮮人を仲間とするなど、鮮人サヨクの詐称なのは明らか。
アズマ人を詐称する鮮人サヨクは北鮮へ帰れ

689 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 07:59
西国ヤマトが日本=アズマを占領した近現代史は、「公」の衰退の時代であった
ヤマト族は南蛮文化を導入し、我らがアズマに築き上げた「公」文化を崩壊させた
えせ南蛮文化についで、太平洋戦争後は米国文化の導入により
徳川アズマの「公」は、ヤマトえせ南蛮の「個」により虐殺されたのである

ヤマト族は、傲慢なエゴイストの集まりであり、烏合の衆にすぎん
我らアズマ人が、ヤマト族のエゴイズム「個」の堕落の誘惑にのらず
高潔な徳川アズマの「公」に帰還すれば、我らはヤマト人のくびきから脱することができよう
アズマの諸君よ ヤマトのエゴイズム、えせ南蛮文化の「個」人主義の堕落を捨てよ!!!
ヤマトのえせ南蛮文化の「個」は、われらアズマの「公」を破壊するための堕落化政策である!


690 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 08:16
天皇制なんてのは所詮キリスト教の代わりに作った補完装置
に過ぎない。
明治のはじめ頃は国民意識を作るために必要な装置だったけど
国民意識が作られた時点でこの装置は本来の役目を終えた。

691 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 11:28
終わってないから、必死でサヨクがわめいているんだろ(わら

692 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 14:41

君とゆく

那須の花野に

あたらしき秋草の

名を知りてうれしき

   
君と

ゆく

那須の

花野に

あたらしき

秋草の

名を

知りて

うれしき

   雅子













































693 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 14:44








































 
 
 
  




.
.
.
.
.


694 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 14:47
「花野」に「秋草」ってベタすぎるような気がするなあ…

695 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 14:54
いかにも,素人くさくなるけれど,それが狙いじゃないの?
だって,皇族のつくる和歌を芸術的価値でどうのこうのいう人はいないでしょ?
ちょっと下手だねえ、と思ってもらうほうが得策だよ.

696 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 15:03
今上天皇御製の和歌って本当に酷いよねえ。
ほとんど国辱的出来栄えだと思う。

697 :日本@名無史さん:2001/01/24(水) 15:10
新井君も罵倒ばっかりしてないで、
歌でも詠んでみなよ。
天ちゃんが大好きなら、歌ぐらい詠めるようになっとかないと。

698 :新井憧憬:2001/01/24(水) 15:14
天皇は誰かに和歌の代作してもらへばよささうなものなのに

699 :名無しさん:2001/01/25(木) 17:06
大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立

700 :日本@名無史さん:2001/01/25(木) 17:46
天皇の歌を代作する専門歌人がいたのは…むしろ古代だね。

額田王や柿本人麻呂などは代表的な「代作歌人」

701 :藤原定頼:2001/01/25(木) 17:57
>>699

小式部ちゃん,からかってスマソ...母上によろしく.



702 :日本@名無史さん:2001/01/25(木) 18:09
和歌を作ったのって渡来人なんだってね、最近になって知ったよ。

703 :日本@名無史さん:2001/01/25(木) 18:10
>>67

http://www.google.com/search?q=%8CF%91%F2%93V%8Dc&hl=ja&lr=

704 :日本@名無史さん:2001/01/26(金) 02:29
age

705 :日本@名無史さん:2001/01/31(水) 20:03
いざというときには女帝を容認する、というのは、宮内庁としても、
ほとんどの国民にとっても、受け入れられる状況になっていると断定できる。

しかし、その先ではいまだ国民的コンセンサスがとれていない。
存在する意見をおおざっぱにわけると以下のように分類される。

 A.女帝を認めるが今までのようにワンポイントのみ。
   いかなる手段をとっても現在の皇族に男系男子を誕生させるべし。

 B.女帝を認めて婚姻も認めるが女系は認めない。
   旧皇族子孫と婚姻して皇子を設けてもらうのがベスト。

 C.女帝を認めて婚姻も認めて女系も認める。
   明らかに皇孫でないものと婚姻して子孫につなげていくのも構わない。

実際にはそれぞれ細かい変形があるかもしれないが上記3分類したとすると、
それぞれの利点・問題点・支持率などについて議論や意見交換できればと思う。
もし必要ならば新スレを立てていただくのも構わないが、それまではここにて。

706 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 08:48
Bでよい。
Cでもよい。
なぜなら、たとえ一時的に男系で皇裔でないものが即位しても
いつでも修正可能だから。

707 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 12:05
個人的な感情論ではBかな?
理屈ではCでいいって分かってはいるんだが…
やっぱ、これまで男系で続いていたっていう「伝説」があるからね。

708 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 12:20
Cでいくのがいいでしょう。
Bは中途半端だし、結局、男系にこだわるから家系が絶えるんであって…
Aは問題外(現実的じゃないでしょう)。


709 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 12:27
皇室に養子を迎えることを可能にするという手もあるよ。
皇太子夫妻に子供が生まれなければ養子を迎えることは別に
国民感情に照らし合わせても問題ないはず。
子供が出来なくて養子をもらう家なんていくらでもある。
その際に自分の遠い親戚から養子をもらっても何の問題もない。
むしろそっちのほうが自然。

710 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 12:31
それに確か桂宮ってまだ結婚してないんじゃないかな。
そっちに若いお嫁さんをもらえばよい。
または三笠、高円宮に離婚してもらうとか。
性格の不一致とか適当に理由をつけて離婚してもらえば
(もちろんデキレース)何の問題もない。
皇族だから離婚するなって言うのもフェミニズムに反するわけだし。


711 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 12:43
桂宮って結婚する気あるのかな?

712 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 13:00
男の子なら雅子さま似がいいな〜。

713 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 13:25
そうじゃないほうに似たら困るからな

714 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 13:26
べつに困りはしないが…かはいさうではあるな。

715 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 22:42
>>701
おもしろい!

>B.女帝を認めて婚姻も認めるが女系は認めない。
>  旧皇族子孫と婚姻して皇子を設けてもらうのがベスト。
父親が旧皇族(の子孫)であれ、女帝の産んだ皇子が即位すれば
女系になるんじゃない?

>皇室に養子を迎えることを可能にするという手もあるよ。
秋篠宮家に男子が生まれたら皇太子夫妻の養子すればいいのに。
甥っ子を養子にするのは自然でしょう。
兄弟間での皇位継承だと、高齢天皇から高齢皇太子へ、となる可能性が大だし。

>そっちに若いお嫁さんをもらえばよい。
お嫁に来てくれる若い女性がいると思う?
健康な男子を産まなきゃ責められるとわかってるところに。
なかなかいなかったから、皇太子さまは晩婚になってしまったのでは?

716 :日本@名無史さん:2001/02/01(木) 23:46
>>715
>>皇室に養子を迎えることを可能にするという手もあるよ。
>秋篠宮家に男子が生まれたら皇太子夫妻の養子すればいいのに。

現行法ではそれは出来ません。だから問題になってるのだが。

>兄弟間での皇位継承だと、高齢天皇から高齢皇太子へ、となる可能性が大だし。
それなら皇太子ではなく皇太弟というはずですね。


717 :日本@名無史さん:2001/02/02(金) 06:51
>>715

桂宮って病気じゃなかったっけ。


718 :日本@名無史さん:2001/02/02(金) 06:58
皇室典範では皇嗣たる皇子を
    皇太子
皇太子がいない場合の皇嗣たる皇族を
    皇太孫
ということにしているので、弟でも皇太子でしょう。

719 :日本@名無史さん:2001/02/02(金) 07:06
>  旧皇族子孫と婚姻して皇子を設けてもらうのがベスト。

やさいジュースの気休めが…嫌い…♪

720 :タリラリランのテンコロリン:2001/02/02(金) 09:53

タリラリランのテンコロリン  テンコロリン
青空の日の丸に ウヨが祈るとき
浩宮と雅子が 結婚(結婚)した
だから 「石女で天皇家断絶なのだ」
これでいいのだ これでいいのだ
ボンボンバカヒト バカアキヒト
断絶ご一家だ バカテン コロ

タリラリランのテンコロリン  テンコロリン
夕焼けの日の丸に ウヨが願うとき
秋篠宮と紀子が 結婚(結婚)した
だから 「女腹で天皇家断絶なのだ」
これでいいのだ これでいいのだ
ボンボンバカヒト バカアキヒト
断絶ご一家だ バカテン コロ

タリラリランのテンコロリン  テンコロリン
満月の日の丸に ウヨが拝むとき
サーヤはブサイク、結婚(結婚)できなかった
だから 「モウ天皇家断絶なのだ」
これでいいのだ これでいいのだ
ボンボンバカヒト バカアキヒト
断絶ご一家だ バカテン コロ

721 :日本@名無史さん:2001/02/02(金) 10:41
>>720
ひどいよ。

ここはひとつろりっこ天皇を擁立して国威なりなんなり発揚していただきたいのだが、どうか。

722 :日本@名無史さん:2001/02/02(金) 13:58
クローン作ればいいんじゃないの?明治天皇の髪の毛とか残って無いの?

723 :日本@名無史さん:2001/02/10(土) 20:03
天皇が幼女では、ろり防止法にひっかかるんではないか?

以下のスレッドは満杯なのでもう書き込まないように。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=977489483

724 :日本@名無史さん:2001/02/12(月) 02:30
上記のスレッドはパンクしそうだ

んで、ろり天皇の場合の摂政はだれになるの?

725 :日本@名無史さん:2001/02/12(月) 02:38
明正天皇はロリ天皇だったな。

726 :日本@名無史さん:2001/02/12(月) 02:39
2月11日は建国記念日に隠れているが、桂宮の誕生日だ。

727 :日本@名無史さん:2001/02/12(月) 22:38
>>725
何歳くらいだったのですか?
それを前例とすれば現代でも適用できるのかもしれないですよね

728 :日本@名無史さん:2001/02/12(月) 22:49
>725
明正天皇[めいしょうてんのう] 《1623〜1696》
輿子(おきこ)内親王。第109代目の天皇。

 後水尾天皇の第二皇女。母は女御で江戸幕府2代将軍徳川秀忠の娘・和子(東福門院)。

 元和9年11月19日に生誕。寛永6(1629)年11月8日、幕府の圧迫に耐えかねた父・後水尾天皇より譲位され、翌7年9月12日、平安宮にて僅か7歳で即位した。このため治世は院政を敷く父の影響下にあった。さらにその朝廷に制約を設けた幕府の統制者・3代将軍徳川家光は伯父にあたる。寛永20年10月、弟の紹仁親王(のちの後光明天皇)に譲位。在位はおよそ14年。元禄9年11月9日薨去。享年74歳。月輪陵(京都市東山区今熊野)に葬られた。


729 :日本@名無史さん:2001/02/14(水) 03:47
7歳の幼女が即位してしまったのですか!?
なんかすごいですね
平成の次もこれでなんとなく安心です

730 :日本@名無史さん:2001/02/14(水) 07:28
前例主義でやったら次の次はいなくなるね。

731 :天之御名無主:2001/02/14(水) 17:18
>729
去年の大河ドラマでやってたじゃん。

732 :日本@名無史さん:2001/02/15(木) 00:01
紀宮清子内親王  1969/04/18 31歳
三笠宮彬子女王  1981/12/20 19歳
三笠宮瑶子女王  1983/10/25 17歳
高円宮承子女王  1986/03/08 14歳
高円宮典子女王  1988/07/22 12歳
高円宮絢子女王  1990/09/15 10歳
秋篠宮眞子内親王 1991/10/23  9歳
秋篠宮佳子内親王 1994/12/29  6歳

確率的に、これら皇女の半数程度へだれかが婿入りして皇族入りしなければ、
女系といえども跡絶えてしまう可能性がある。子供が産まれないかもしれない。

皇族入りすることは種々の束縛やプライベートのなさなどいろいろ大変なことも
多いと思われるが、2ちゃんねらーから皇族入りが出現する可能性はあるだろうか?

733 :日本@名無史さん:2001/02/15(木) 00:08
>732
紀宮は結婚するなら皇室典範改正前に臣籍降下だろ。
残り7人のうち、まあ悪くとも5人くらいは結婚するでしょ。遅い早いは別として。
そのうち、悪くとも3人は子供を産むでしょう。
また複数産むものも当然いるから、大丈夫でしょ。


734 :日本@名無史さん:2001/02/15(木) 00:15
論点は2つ

 ・皇族入りを前提として婿入りする男子が5人も見つけ出せるかどうか?
 ・それら5人の中に2ちゃんねらーが一人でも含まれる可能性があるかどうか?

735 :日本@名無史さん:2001/02/15(木) 09:52
5人どころか、7人いても不思議はないでしょ。
嫁とりより婿取りのほうがはるかに楽なんじゃないかな。
糞真面目な男ってどこでもいるし、ハンサムじゃなきゃ困るということもないでしょ。
もともと国民の期待もないし、妻をたててくれる影の薄い男のほうが理想でしょ。
またマスコミも婿選びは注目しても、その後はほとんど注目などしないでしょ。他の王室の婿を見てもね。
しかし、嫁の場合はそうもいかない。国民は注目も期待もするし、容姿も重要だからね。
皇族の結婚が一般より難しいことにはかわりないけど、婿取りのほうが楽でしょうね。


736 :日本@名無史さん:2001/02/16(金) 00:08
俺は立候補する
承子ちゃん

737 :日本@名無史さん:2001/02/16(金) 00:41
>735
あなたのおにいさんをむこいりさせませう

738 :日本@名無史さん:2001/02/17(土) 01:38
2ちゃんひっきーだったことがばれると、
婿入り破棄されちゃうかな?
どういうのってどれくらい厳しいものなの??

739 :日本@名無史さん:2001/02/17(土) 01:38
2ちゃんひっきーだったことがばれると、
婿入り破棄されちゃうかな?
どういうのってどれくらい厳しいものなの??

740 :日本@名無史さん:2001/02/17(土) 01:40
2ちゃんひっきーだったことがばれると、
婿入り破棄されちゃうかな?
どういうのってどれくらい厳しいものなの??

741 :名無しさん:2001/02/17(土) 03:05
本朝歴代うち、女帝は以下の10代8帝である。

33代推古天皇(554−628、位592−628)、御名・額田部(豊御食炊屋姫)

35代皇極・37代斉明天皇(594−661、位642−645、655−661)、御名・宝(天豊財重日足姫)

41代持統天皇(645−702、位690−697)、御名・鵜野讃良(高天原広野姫)

43代元明天皇(661−721、位707−715)、御名・安閇(日本根子天津御代豊国成姫)

44代元正天皇(680−748、位715−724)、御名・氷高(日本根子高瑞浄足姫)

46代孝謙・48代称徳天皇(718−770、位749−758、764−770)、御名・阿倍(高野姫)

109代明正天皇(1623−1696、位1629−1643)、御名・興子

117代後桜町天皇(1740−1813、位1762−1770)、御名・智子


742 :日本@名無史さん:2001/02/17(土) 03:55
7人の内誰か一人でも朝鮮人と結婚させろ。
それが日韓友好の早道だ。

743 :天之御名無主:2001/02/17(土) 04:16
>742
李王家が復活したらね。

744 :日本@名無史さん:2001/02/17(土) 04:40
皇族をキムチ色に染め上げてやる。

745 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:17
日英同盟もあったことだしイギリス王朝から婿を向かえるのはどうでしょうか。

746 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:22
韓国と北朝鮮が統一したら、
朝鮮王室を復活させてはどうだろう。
家系を重んじる国民性だし。

747 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:22
朝鮮人と結婚して欲しい
むこうにだって家柄の良い奴ぐらいたくさんいるだろう。

748 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:34
李王家の子孫は今でも韓国で重要な存在です。
たしか最後の皇太子が亡くなったときも国葬になったそうです。

749 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:34
大江健三郎(発禁図書『セブンティーン』著者)の愛読者であらせられる
雅子妃バンザイ!!
中世史研究者であられる皇太子殿下は
過激な唯物論者網野善彦のファンだそうだ。学習院の講演会でも拝聴なされてたようだしな。
未来の皇室は明るい。

750 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:44
そうだな、皇族が元王族の朝鮮人と結婚するのも良いな
これでウヨ達もうかつに朝鮮差別できなくなるだろうし
開かれた皇室を世界にアピールできるしな。

751 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:44
>749
大江の愛読者という件は、雅子妃は記者会見で否定してる。
そもそも愛読者なんてなんの根拠もない話。反天皇制マスコミの意図的な作り話だね。
大江のノーベル賞受賞の感想を聞かれれば、天皇だって「おめでとう」と言ってる。
だいたい大江健三郎と宿敵関係の江藤淳は雅子妃の親戚だしね。
それと、皇太子が網野善彦のファンというのも何も根拠ない。
講演会で拝聴したからってファンとはいえないだろ。

752 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:50
>>749
君の願望。

753 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:52
本朝歴代うち、女帝は以下の10代8帝である。

33代推古天皇(554−628、位592−628)、御名・額田部(豊御食炊屋姫)

35代皇極・37代斉明天皇(594−661、位642−645、655−661)、御名・宝(天豊財重日足姫)

41代持統天皇(645−702、位690−697)、御名・鵜野讃良(高天原広野姫)

43代元明天皇(661−721、位707−715)、御名・安閇(日本根子天津御代豊国成姫)

44代元正天皇(680−748、位715−724)、御名・氷高(日本根子高瑞浄足姫)

46代孝謙・48代称徳天皇(718−770、位749−758、764−770)、御名・阿倍(高野姫)

109代明正天皇(1623−1696、位1629−1643)、御名・興子

117代後桜町天皇(1740−1813、位1762−1770)、御名・智子




754 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:53
>750
現実には難しいだろうね。
天皇家の親戚なら可能かも。

755 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:56
朝鮮王室の復活の可能性はあるのだろうか?

756 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:56
>751
そりゃあ、否定するしかねーだろうがよ(藁
ほんとあんたって単細胞ね。

757 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:56
1999年12月23日付『東京新聞』

皇室典範第1条は「皇位は皇統に属する男系の男子が継承する」と定めている。したがって現行法上は、女性が天皇になることは不可能である。それゆえ皇位継承者は、皇太子、秋篠宮の順で、3番目が常陸宮となり、7番目の高円宮まで続く。1・2順位を除けば、後の方は40歳以上の高齢であるゆえ、男系の世襲制を前提とする以上、皇室は必ずしも盤石といえないこととなる。さらに女子の皇族は、結婚すれば皇族の身分から離れるため、女の子供ばかりの宮家は途絶える。
だが、旧皇室典範が、天皇主権体制化下の明治体制の下で大日本帝国憲法から超越した別法体系と位置づけられたのとは違い、現行のそれは日本国憲法下の一つの法律にすぎない。当然(最高法規である日本国憲法第14条「法の下の平等」と関係から言えば、天皇の承継を男子に限定する現行法は、「憲法違反ではないか」との指摘は別にして)、女子にも天皇の承継(「女帝」)を認めるように改正することは国会の議決があれば可能である。
そもそも天皇を男系男子に限るとする考え方は、帝国憲法制定に強い影響力を持った初代内閣総理大臣の伊藤博文らが、男子中心社会を構成していた武家の伝統を基本に、天皇の『万世一系』体制を演出するといった政治的要素を背景に旧皇室典範で明文化されたもので、せいぜい100年の歴史があるにすぎない。
日本でも江戸期以前に女帝が存在した。神武天皇から現在の(明仁)天皇まで125代中、女性は推古、皇極、斉明、持統、元明、元正、孝謙、称徳、明正、後桜町10代・10人が即位している(うち皇極天皇と斉明天皇、孝謙天皇と称徳天皇は、それぞれ重祚(ちょうそ=重複して即位)なので実際は8人となる)。
推古天皇から称徳天皇までは7、8世紀。明正、後桜町の両天皇は17、8世紀である。宮内庁は、これらはいずれも「跡継ぎが幼少・病弱などのために中継ぎ」であり、実質的に男系を崩したことはないとの見解を踏襲している(今は中継ぎすら出来ないが)。確かに古代の6女帝は、中継ぎ的性格が強かったが、「明正天皇の場合は朝廷の幕府への反発が発端となった」との見解もあり、中継ぎ的と断定するのはいささか問題である。
イギリスの例を見るまでもなく、欧州諸国の王室では女帝は今や常識である。欧州には10の王室があるが、女王の国はイギリスのほか、オランダ、デンマークである。
特にイギリスは、現在のエリザベス2世で7人目の女王。王位継承に関する明文規定は、ウィリアムズ3世時の「王位継承令」(1701年)にまでさかのぼり、「ソフィア王女およびその子孫の、プロテスタント教徒」との名称の規程が踏襲されている。しかし、王位継承の「順番」の規定は存在せず、「王位の承継は王子の年齢順、王子がいない場合は王女の年齢順とする」との慣習が続いているのが実情である。
一方、スウェーデンは1980年、王位継承法を一部改正、王位継承を「国王の第1子とする」と改正した。同国王の第1子はビクトリア王女で、次の国王は女王となる。
なお、日本国憲法制定(皇室典範改正)当時、女性議員から男子限定に対して異論が出たとが、当時の金森徳次郎・新憲法担当大臣は「男系男子は国民の確信」としつつも、「(女帝は)将来の検討課題」にするとの答弁をしている。
しかし、その後の日本政府は「天皇は生まれながらに公人であり、一般国民の人権はなじまず、憲法に抵触しない」との公式見解を取り現在に至っている。
ところで1995年9月の自民党総裁選の公開討論会で、総裁候補者だった橋本竜太郎前首相、小泉純一郎の両氏が「国民が認めれば、女性天皇を認めるように皇室典範を改正してもいい」と表明、会場のどよめきを誘ったのは有名な話しである。
なお、日本世論調査会の調査によると、女性天皇の容認派は92年で33%だったのが、98年には50%に増加し、逆に「男子に限る」とする人は47%から31%に減少している。21世紀が女性の時代といわれる現代の風潮を反映しており注目されるところである。


758 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 03:58
>756
もともと何の根拠もないんだよ。
単細胞はおまえ。


759 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:00
>>756
デマ流しに失敗したか?(藁

760 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:08
>756
てゆーかさあ、大江がノーベル賞を受賞したことを尋ねられれば、
皇族という立場なら、「よかったですね。」「おめでとうございます。」
くらいのことは普通言うだろうよ。天皇も言ってるし。
それで愛読者か?
ほんとあんたって単細胞ね。(藁


761 :歴史趣味:2001/02/18(日) 04:12
皇太子さまが網野ファンかどうかはともかく
網野さんの元教え子、というか講義を受けたというのが正解だと思うが。

一方網野さんは皇太子のことを、一学究としては評価してる。
真面目な学生だったと。天皇制への批判とは別に
個人としての皇族をきちんと評価できるのは流石。

762 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:14
前にも書いたがな、新井よ。日本人としての誇り、ブルジョアの余裕も持てない君みたいな下層民が中途半端に歴史に興味なんか
もつとろくなことないのよ。私の教えてるクラスの生徒でも
そういうださださのこばやしよしりんにいかれた単細胞の田舎者
が結構いたりするんだよ。

763 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:16
江藤淳は雅子妃の親戚(母親のいとこ)で、何度も会っているわけだし、
その江藤の宿敵の大江の本を仮に読んだとしても愛読者とはとてもいえないわな。
ブサヨクが敵の情報を知りたくて、小林の本を読んでも愛読者とは言わんだろ。
もっともそれは仮の話で、もともと全く根拠のない話。

764 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:19
>761
よくわからんが、研究してるところが近いんだろ。

徳仁親王 「室町前中期の兵庫関の二、三の問題」
http://www2.justnet.ne.jp/~jingu/naruhitoshinno-hyogoseki.htm




765 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:21
いっしょに天皇陵を発掘しようよ。新井君!


766 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:21
アカデミズムの日本史をサヨクと呼ぶなら
皇太子もサヨクになるぞ(藁

767 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:23
>765
発掘すると何かいいことでもあるのかね。

768 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:24
>>766
網野は自分でマルクス主義者と名乗ってるし、
天皇制反対も明言してるだろ。
サヨクと言って問題あるか?


769 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:25
>765
おれも新井君と一緒に盗掘チームに入れてくれ。
ついでに新井のちんぽもくわえさせてくれー
包茎でもかまわん。愛さえあれば。

770 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:26
>1
>即位は、皇太子→秋しの宮→眞子となるのでしょうか。
>それとも皇太子→眞子となるのでしょうか?

たぶん皇太子→眞子だろうね。



771 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:27
>769
新井って鮮人サヨクだろ?
捏造されそうだな。

772 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:28
天皇陵なんてもともと8割以上が盗掘されてる。


773 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:28
網野氏ね!

774 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:29
>761>764
当然だ。皇太子は聡明で優秀にきまってる。
お前らのようなキチガイとは違うんだ。

775 :アズマ:2001/02/18(日) 04:30
信長は尊皇!

776 :アズマ:2001/02/18(日) 04:34
信長は尊皇派だったんだよ。
よかったなサイゴク人

777 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:39
>774
雅子妃だって東大-ハーバードだ。
新井のような鮮人右翼の馬鹿とはレベルが違う。

778 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:39
「週刊文春」96年5月30日号
「阿川佐和子のこの人に会いたい」三笠宮寛仁親王のインタビュー

阿川 話は少し変わりますが、もし男のお世継ぎができなければ、
  女帝が復活してもいいんじゃないかという論議が今、出てきて
  いますね。殿下はこの件に関して、どのようにお考えですか。

殿下 それは、これからの問題ですけれど、女帝でも構わないのは
  当然でしょう。今までも、百二十五代の中で八人の女帝で十代
  お務めになっているわけですから。戦後に制定された皇室典範
  にはそういう条文がないから、どこかで変えなければなりませ
  んがね。

阿川 そうですか。

779 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:41
>777
新井は鮮人サヨクだろ。
どうして鮮人がサヨクになるんだ?
朝鮮民族主義のウヨクか?

780 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:41
<1998年4月29日> 朝刊 1版 総合3面(水曜日)
「皇室」世論調査/「女性の天皇」が50%容認/国民との触れ合いに好感/象徴天皇制、国民に根付く

 本社加盟の日本世論調査会は4月18、19の両日、天皇制や皇位継承の在り方、天皇の国民との接し方などについて、国民の意識を探る全国世論調査を実施した。その結果、皇位の継承で「女子が天皇になってもよい」と答えた人が回答者の50%と半数に上った。女性の社会進出や男女の雇用機会均等化への法整備が進む中で「女性の天皇」を受け入れる意識の拡大を示した。また、天皇が訪問先の老人ホームでお年寄りの肩をもむなど、昭和時代にはなかった国民との接し方について「好感が持てる」と答えた人は83%に上り・国民と共に」を目指す平成の皇室が国民から幅広く支持を得ていることが分かった。
 調査結果によると、皇位継承者を「男子に限るべきだ」と答えた人は前回一九九二年の調査では四七%だったのが、今回は三一%で、女性の天皇を認める意見(前回三%)と順位が逆転した。
 天皇の地位については「国の象徴」とする人が七五%、天皇制の在り方で「今のままでよい」とする人が八〇%で、前回調査とほぼ同じ数字。天皇に「少し政治的な力を与える」「主権者にする」は合わせて一〇%、「廃止する」との声は八%で、象徴天皇制が安定して国民に根付いているのを裏付けた。
 また天皇に「親しみを感じる」とする人が四〇%、「すてきだと思う」が九%で、半数の人が天皇に好感を抱いており、「すてきだと思う」は前回の三%の三倍になった。
 皇族や皇室の出来事への関心は「大いに関心がある」「ある程度関心がある」の合計が六二%、宮内庁がインターネットのホームページづくりなどを通じて皇室の紹介に取り組んでいることについて「皇室情報がオープンになるのはよいと思う」と答えた人は八一%となった。 天皇や皇族にどんな活動を期待するかとの問い(二つまで回答)には「今のままでよい」とする意見が四四%だった一方で「広く国民の声を聞く機会をつくる」が四六%、「福祉や災害の現場でボランティア活動に参加する」が三一%だった。【注】小数点一位を四捨五入した
 ▽日本世論調査会=共同通信社とその加盟社で組織している世論調査機関。調査は同会の委託を受け、共同通信調査センターが担当している。
http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003-01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&month=all&nextskip=&nexttop=&subid=71


781 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:42
95年に、女帝・女系が検討されている宮内庁の内部資料を読売新聞がすっぱ抜いたが、
96年の3月1日付の英高級紙「インディペンデント」国際面にも、
<宮内庁の上級職員が女子の皇位継承を研究するためヨーロッパに向かい、
オランダ、ベルギー、デンマークを訪問した>という記事が載った。
またデンマーク王室もその事実を認めてしまった。(オランダ、デンマークは現在
女帝。ベルギーは数年前に女子への継承ができるように憲法を改正している。)
国民の世論調査でも女帝賛成が過半数を超え、自民党の派閥のトップクラスからも、
女帝賛成の発言が出てきている。鎌倉宮内庁長官自身も、定例会見などで「女帝制
について絶対に検討してないということは言っていない」と微妙な発言をしている。

782 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:42
1999年12月23日付『東京新聞』

皇室典範第1条は「皇位は皇統に属する男系の男子が継承する」と定めている。したがって現行法上は、女性が天皇になることは不可能である。それゆえ皇位継承者は、皇太子、秋篠宮の順で、3番目が常陸宮となり、7番目の高円宮まで続く。1・2順位を除けば、後の方は40歳以上の高齢であるゆえ、男系の世襲制を前提とする以上、皇室は必ずしも盤石といえないこととなる。さらに女子の皇族は、結婚すれば皇族の身分から離れるため、女の子供ばかりの宮家は途絶える。
だが、旧皇室典範が、天皇主権体制化下の明治体制の下で大日本帝国憲法から超越した別法体系と位置づけられたのとは違い、現行のそれは日本国憲法下の一つの法律にすぎない。当然(最高法規である日本国憲法第14条「法の下の平等」と関係から言えば、天皇の承継を男子に限定する現行法は、「憲法違反ではないか」との指摘は別にして)、女子にも天皇の承継(「女帝」)を認めるように改正することは国会の議決があれば可能である。
そもそも天皇を男系男子に限るとする考え方は、帝国憲法制定に強い影響力を持った初代内閣総理大臣の伊藤博文らが、男子中心社会を構成していた武家の伝統を基本に、天皇の『万世一系』体制を演出するといった政治的要素を背景に旧皇室典範で明文化されたもので、せいぜい100年の歴史があるにすぎない。
日本でも江戸期以前に女帝が存在した。神武天皇から現在の(明仁)天皇まで125代中、女性は推古、皇極、斉明、持統、元明、元正、孝謙、称徳、明正、後桜町10代・10人が即位している(うち皇極天皇と斉明天皇、孝謙天皇と称徳天皇は、それぞれ重祚(ちょうそ=重複して即位)なので実際は8人となる)。
推古天皇から称徳天皇までは7、8世紀。明正、後桜町の両天皇は17、8世紀である。宮内庁は、これらはいずれも「跡継ぎが幼少・病弱などのために中継ぎ」であり、実質的に男系を崩したことはないとの見解を踏襲している(今は中継ぎすら出来ないが)。確かに古代の6女帝は、中継ぎ的性格が強かったが、「明正天皇の場合は朝廷の幕府への反発が発端となった」との見解もあり、中継ぎ的と断定するのはいささか問題である。
イギリスの例を見るまでもなく、欧州諸国の王室では女帝は今や常識である。欧州には10の王室があるが、女王の国はイギリスのほか、オランダ、デンマークである。
特にイギリスは、現在のエリザベス2世で7人目の女王。王位継承に関する明文規定は、ウィリアムズ3世時の「王位継承令」(1701年)にまでさかのぼり、「ソフィア王女およびその子孫の、プロテスタント教徒」との名称の規程が踏襲されている。しかし、王位継承の「順番」の規定は存在せず、「王位の承継は王子の年齢順、王子がいない場合は王女の年齢順とする」との慣習が続いているのが実情である。
一方、スウェーデンは1980年、王位継承法を一部改正、王位継承を「国王の第1子とする」と改正した。同国王の第1子はビクトリア王女で、次の国王は女王となる。
なお、日本国憲法制定(皇室典範改正)当時、女性議員から男子限定に対して異論が出たとが、当時の金森徳次郎・新憲法担当大臣は「男系男子は国民の確信」としつつも、「(女帝は)将来の検討課題」にするとの答弁をしている。
しかし、その後の日本政府は「天皇は生まれながらに公人であり、一般国民の人権はなじまず、憲法に抵触しない」との公式見解を取り現在に至っている。
ところで1995年9月の自民党総裁選の公開討論会で、総裁候補者だった橋本竜太郎前首相、小泉純一郎の両氏が「国民が認めれば、女性天皇を認めるように皇室典範を改正してもいい」と表明、会場のどよめきを誘ったのは有名な話しである。
なお、日本世論調査会の調査によると、女性天皇の容認派は92年で33%だったのが、98年には50%に増加し、逆に「男子に限る」とする人は47%から31%に減少している。21世紀が女性の時代といわれる現代の風潮を反映しており注目されるところである。


783 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:42
「週刊文春」96年5月30日号
「阿川佐和子のこの人に会いたい」三笠宮寛仁親王のインタビュー

阿川 話は少し変わりますが、もし男のお世継ぎができなければ、
  女帝が復活してもいいんじゃないかという論議が今、出てきて
  いますね。殿下はこの件に関して、どのようにお考えですか。

殿下 それは、これからの問題ですけれど、女帝でも構わないのは
  当然でしょう。今までも、百二十五代の中で八人の女帝で十代
  お務めになっているわけですから。戦後に制定された皇室典範
  にはそういう条文がないから、どこかで変えなければなりませ
  んがね。

阿川 そうですか。


784 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:43


眞子女帝万歳!

785 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:43


佳子女帝万歳!

786 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:43

21世紀は女帝の時代!

787 :七誌:2001/02/18(日) 04:44
眞子たん、ハァハァ

788 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:45
新井君はサヨクです。

789 :779:2001/02/18(日) 04:47
どうして鮮人がウヨクになるんだ?
の間違い。


790 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:54
>788
新井、てめえスパイか??

791 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 04:55
新井君はもともとサヨクですよ。

792 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 05:02
西部某みてえなやつだな。新井は。
帰化、転向したってわけか。
深い挫折の経験があるんだろうよ。
いたわってやれよ。

793 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 05:07
三笠宮寛仁親王も東大時代には
火炎瓶を投げていたんだ。彼もやっぱ優秀なんだよ。皇族だから当然だけどな。
もとサヨクの新井君は髭の殿下に共感してるんじゃないのかな。


794 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 05:10
西部に悪いよ。いくらなんでも(笑)。

795 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 05:42
>794
ウヨクにまで見放されたら
童貞の新井君はどうやって生きていけばいいのよ?
無神経なこといわないで頂戴。

796 :世界@名無史さん:2001/02/18(日) 07:08
で、ウヨクは女帝については断固反対なの?
ウヨク内でも意見が分かれそうだが。

797 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 12:32
>793
東大時代ってなんだよ。
>796
男の後継者がいなければ、反対のしようがないだろ。



798 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 12:33
>795
新井君はもとからのバリバリのサヨクです。
サヨクに見放されたのか?

799 :飛鳥らんぐれー:2001/02/18(日) 14:30
>>596
キモチワルイ

==================劇終==================

800 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 14:30
と、思うたけど>>608自分が生まれた(を生んだ)国に誇りを持つのと
意味も無く天皇を敬わされるのとは別次元だろ。
日本人の誇りと伝統の中枢が天皇なのか?竹やり持ってハワイに逝ってこい。
>>619
>6世紀=8人 7世紀=8人(9代) 8世紀=7人(8代) 9世紀=10人
バトルロワイアルですか?やはり日本の伝統と文化を司るのは皇室ですね。

801 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 14:30
>>614-615>>621>>628>>630
奥田(日蓮)はいいからコイツに石ぶつけてこい
>>633
判ってたならお前が如何にかしろよ(笑)、天台座主が池田如きに負けんなって
>>731
誰か貰ってやれよ31歳のあの御方を。
凄まじいほど皇室養護(わざとだから一々つっこむなよ)してる貴方たちが
相手なら陛下も宮内庁も国民も喜んで祝福してくれるでしょう。
>>734
相手はまだ14歳だろう(怒)!31を狙え!!31を!!!男なぁらぁ〜!!!!

802 :求む、正確な情報:2001/02/18(日) 19:25
我らが2chのアイドル、新井君について詳しいことを知りたいので、具体的な情報を募集しています。今までで分かっている彼の履歴。
・31才
・フリーター(一説)
・彼女なし
・包茎手術を受けたことがある
・帰化している(一説)
・もとは総連系のサヨクである
・同じ陣営であるはずの保守、左翼か人たちからも迷惑がられている
・ただの田舎の単細胞右翼である(これは偏見じゃないかな)
・証拠を見せろが、口癖だが彼の資料改竄は有名らしい
・カラオケに行くと長渕と新井英二(だったかな?)の歌を必ず歌う(後者はガセっぽいな〜)
・ラムちゃんが好き
・愛読書は小林よしのり
・嫌いな保守系知識人は福田和也

特に知りたいのは以下の項目。
・フルネームは?
・血液型
・生年月日
・出身地
・出身高校
・出身大学
・父親の職業
・兄弟構成・・・などなど

特に顔見知りの方の情報お待ちしています。


803 :日本@名無史さん :2001/02/18(日) 19:35
>802
新井君が嫌いな芸能人は彦麻呂らしい


804 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 19:39
>802
彼、大学は大学は明治じゃなかったっけ?

805 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 19:41
>804
違う。金沢経済大学だ!

806 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 19:47
>804>805
新井のガセながすなよ

807 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 20:33
新井よりも新井嫌いの粘着質の総連活動家のほうが鬱陶しい。

808 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 20:42
31才じゃないぞ。27才だ。

809 :元総連活動家:2001/02/18(日) 20:46
世田谷一家惨殺事件の犯人は新井だろ?

810 :日本@名無史さん :2001/02/18(日) 20:48
>809
元総連活動家ウザイ。新井、早ようこいつにケツ貸したれや。

811 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 21:04
新井君はもとからブサヨクでした。
現在ももちろんブサヨクです。

812 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 21:15
>811
天ちゃん大好き、鮮人嫌いの在日ブサヨクかよ。・・・ようわからんな。
そいつ精神分裂病ちゃうんか?


813 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 21:46
新井が邪魔になったからって勝手に左翼にするな。



814 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 22:01
新井は右翼ですよ。

815 :日本@名無史さん:2001/02/18(日) 23:03
新井君はもとからブ左翼です。

816 :日本@名無史さん:2001/02/19(月) 00:38
山口昌男も女帝説には賛成してたぞ。

817 :厨房:2001/02/19(月) 00:39
>816
誰?

818 :日本@名無史さん:2001/02/19(月) 00:57
>817
人類学者

819 :だっだっ!:2001/02/19(月) 01:34

 ヒ○ヒトは負け犬だっだっ!




820 :日本@名無史さん:2001/02/19(月) 12:32
ウヨちゃんは新井を左翼だと思いたいらしいね…。


821 :日本@名無史さん:2001/02/19(月) 23:57
 桂宮(かつらのみや)宜仁(よしひと)親王殿下  昭和23.2.11生

822 :日本@名無史さん:2001/02/20(火) 00:15
>820
新井君発見!

823 :u:2001/02/20(火) 02:56
>>821
桂宮さんは厳しいでしょ。ご病気だし。子供もあらしゃらへん。

824 :日本@名無史さん:2001/02/20(火) 03:02
>823
結婚してないって。


825 :日本@名無史さん:2001/02/21(水) 03:05
みんなで嫁入りして子供を産みましょうよ

826 :日本@名無史さん:2001/02/21(水) 04:07
新井は在日ウヨク構成員
最近の右派は新井のデムパがかえって自分たちに不利になるので
新井外しに動き出してるのです。

827 ::2001/02/21(水) 04:15
新井君発見!(藁



828 :日本@名無史さん:2001/02/21(水) 04:42
ウヨが新井外しに躍起だな。

829 :名無しさん@1周年:2001/02/21(水) 04:46

     川端川三三
   彡川川川三三三ミ〜
   川|川/  \|〜 プゥ〜ン    ________________
  ‖|‖ 、 ---, |〜 ルーシー〜  /
  川川‖    3  ヽ〜     < チョンに生まれてきちまったぁ〜!
  端川   \ д   /〜       \____
  薫川    | 0 | く選挙いきてぇ〜オラ〜
  盗川‖ クサ〜 /
 川聴川川\__/‖
奇化端/       \__
  /| キ|  差サ   __ ニンニク
SM| |ム |   別ヨ 新井
朝 / |チ |_ ロリ 三国人
鮮| \__⊃ 自称アズマ
ウリナリマンセ〜マンセ〜マンセ〜マンセ〜


830 :日本@名無史さん:2001/02/21(水) 05:36
きたねえAAだな、新井君にぴったりだよ。

831 :日本@名無史さん:2001/02/21(水) 21:17
皇位継承順位

現 今上天皇明仁 昭和長男  昭和8年12月23日生  67歳
1 皇太子徳仁  今上長男  昭和35年2月23日生  40歳
2 秋篠宮文仁  今上次男  昭和40年11月30日生 35歳
3 常陸宮正仁  昭和次男  昭和10年11月28日生 65歳
4 三笠宮崇仁  大正四男  大正4年12月2日    85歳
5 寛仁親王   三笠宮長男 昭和21年1月5日生   54歳
6 桂宮宜仁   三笠宮次男 昭和23年2月11日生  52歳
7 高円宮憲仁  三笠宮三男 昭和29年12月29日生 46歳

832 :日本@名無史さん:2001/02/22(木) 06:16
どうして若者がはいっていないの?

833 :だっだっ!:2001/02/22(木) 07:37


    ヒ○ヒトは負け犬だっだっ



834 :日本@名無史さん:2001/02/22(木) 11:03
>>832
そりゃ、いないからですよー。

835 :日本@名無史さん:2001/02/22(木) 13:28
明仁が産まれたとき,皇太子生誕をお祝いするさっそく歌がつくられたが
それを聴いた国民のほとんどには 歌詞の
「ひつぎのみこは、あれましぬ」が、こう聞こえた
   「アレまぁ死ぬ」
せっかく男児が産まれたばかりだってのにアレマぁすぐ死んじまったよーあっはっはー
…そういう歌だと本気で思ってた奴は正直に前へでろ




836 :訂正:2001/02/22(木) 13:32
「さっそく歌が」→「歌がさっそく」

837 :日本@名無史さん:2001/02/22(木) 13:40
天皇を公衆の面前でギロチン使って首刎ねたい
靖国神社に爆弾仕掛けて爆破したい
皇居の堀に大量の糞ばら蒔きたい
全国の右翼を一箇所に集めてトラックで踏み潰したい
日本の統治権を韓国に譲りたい

838 :日本@名無史さん:2001/02/22(木) 14:04
羞恥心も伴わずに「日本の誇り」などと口にする徒輩に較べれば
「潔癖」であるとは、思うけどね。

839 :日本@名無史さん:2001/02/22(木) 14:22
おれは血をみるのはイヤだな
天皇はフリチンで皇居一周してきたら許してやるってので
ひとつ手を打たないか?

840 :日本@名無史さん:2001/02/23(金) 01:24
いろんな意味において天皇を中心とする国であったことは、
ウヨもサヨも認めているよ。少なくともここ1500年間くらいは。

841 :日本@名無史さん:2001/02/23(金) 02:00
>837日本の統治権を韓国に譲りたい

  よしこれだ、これを今すぐ実行しよう。


842 :日本@名無史さん:2001/02/23(金) 23:57
あと何年で今日が天皇誕生日に??

843 :日本@名無史さん:2001/02/24(土) 12:27
李王家の末裔が、真子を組み伏せる。

李氏日本の誕生。


844 :日本@名無史さん:2001/02/24(土) 12:31
「まんこ」の語源は「真処」説に一票!

845 :日本@名無史さん:2001/02/25(日) 12:10
2001年2月24日(土) 19時20分
<独新聞>日本の皇室を特集 宮内庁は下品な内容に静観、黙殺に(毎日新聞)


 ドイツの高級紙が折り込み雑誌で日本の皇室の特集記事を掲載した。だが、表紙の皇太子さまの写真に「Tote Hose」(何もないことの意)と黄色い文字で記すなど品のない内容で、日本大使館は抗議することを検討している。宮内庁幹部は「こうした問題について同じ土俵で争うのは適切でない。黙殺すべき」と語った。

[毎日新聞 2月24日]



846 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 18:30
ふだんは自由に皇室批判とかネタ扱いにしてもいいけどさ、
こういうふうに他国に自分ところの皇室を侮辱されたときは立ち上がるべきだぜ。

847 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 19:17
だから、「大人として」ネタ扱いにしてるんじゃなくて
厨房的に叩きやすいところを叩いてるだけなんだよ。
天皇叩きをしてる人間のほとんどは、さ。

848 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 19:19
相手が天皇であろうと、在日&韓国人であろうと煽りなんてそんなもんだよ

849 :日本@名無史さん:2001/02/27(火) 23:22
国民の象徴はもっとカッコイイ人間になってもらいたい

850 :>849:2001/02/27(火) 23:45
なるほど、美少女天皇制ですね。


851 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:08
茶髪よりも黒髪の女の子のほうがいいと思います

852 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:16
今の女性皇族には有資格者はいないね>>850

853 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:32
佳子ちゃんは資格があると思う。


854 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:39
どんな顔なんだよ。

855 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:40
>854
佳子たんの顔のこと?

856 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:42
そう。

857 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:43
>856
見たことないですか?
たまにテレビとかに出るけど。

858 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:44
眞子たんは父親似だけど、
佳子たんは母親似。
かわいいよ。

859 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:45
承子たんのほうがかわいいよ!

860 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:56
みんなかわいいよ、だいじょぶだいじょぶ。

861 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 17:58
>みんなかわいいよ

さーやもかわいい?

862 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 00:14
サーヤに婿入りしてくれる男性をはやく見つけなければ、
日本が始まって以来続いている皇統がとだえてしまいます。

みなさん!ぜひ!御協力をしてください!!

863 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 19:37
日本国の存在って、いままでずっと天皇とともに存在してきたので、
天皇制が消えてしまうってのは恐怖であるとともにすごく悲しいよな。
他国から天皇制の長い歴史を持っていると一目置かれているわけだし。

864 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 19:44
どういう形であれ、
紀宮の話題を持ってくる奴は、
これからサヨと認定しよう。
サヨと思われたくないなら、
紀宮の話題を出さないこと。


865 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 20:16
ウヨとして宮のことを申してはならないと、誰がお決めになったので
すか?
私は宮をお守りしたい。

866 :日本@名無史さん:2001/03/01(木) 20:29
>紀宮の話題を出さないこと。

そんなに触れられたくない話題なのか?

867 :天之御名無主:2001/03/01(木) 21:04
自作自演はやめれ。

868 :仕事人:2001/03/02(金) 01:44
皇太子殿下と妃殿下には何が何でも親王をあげて頂かない事には・・・。
やはり体外受精も試すべき。万が一に備えてクローンも作る事を考える必要有り。
しかし、現実的には東久邇家を皇族に復籍させて、
東久邇征彦氏(28)の御子息(居るかどうかは知らない)を眞子内親王か佳子内親王と
結婚させ、男子が生まれれば此れを皇太子とする。これで良し。


869 :日本@名無史さん:2001/03/02(金) 21:14
神武天皇の墓から断片を持ってきてクローンを作ればいいか

しかし佳子ちゃんとやりたかったのに先約が既にいるとは‥
東久邇征彦氏ってなにものだ!?

870 :日本@名無史さん:2001/03/02(金) 23:37
>868
東久邇征彦氏と眞子、佳子内親王ははとこ。
それでは近親婚になる。旧竹田宮家や旧北白川宮家のほうがいいでしょう。


871 :仕事人:2001/03/03(土) 02:02
>>869
東久邇征彦氏は東久邇稔彦王のひ孫に当る。
東久邇稔彦→盛厚→信彦→征彦
ちなみにクローンを実行するのなら、昭和天皇か今上陛下の細胞で行うのがベスト。
昭和天皇なら手術の時に一部をホルマリン漬けにしてるだろうからね。

>>870
残念ながら竹田家には御息女しかいらっしゃらないのです。確か24歳だったかな?
結構カワイイお顔立ちで旧皇族らしく乗馬が御得意とか。
北白川家はもう、子供も居なかったと思いますよー。
ちなみに皇室においては古来より実の姉妹と実母以外なら
イトコでも婚姻が認められていたので東久邇征彦氏と眞子内親王ならOK。
ただ、年はカナリ離れてるから現実味は薄いけどねー。




872 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 23:11
どこまでもさかのぼれば遠縁の男子はいくらでもいるだろ?
どうにかなんじゃねえの?

873 :日本@名無史さん:2001/03/03(土) 23:30
>871
そんなことはないよ。竹田家も朝香家もご子息がいます。
名前も知ってます。

874 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 01:08
皇太子殿下は養子をお迎えになるべきです。
つぎのように皇室典範は改正されるべきでしょう。

皇族は皇室の男系の子孫に限りこれを養子とすることができる。
皇室の男系の子孫は女子皇族と結婚したときは婿養子となることができる。

皇室の男系の子孫はたとえば伏見宮系がふくまれます。

875 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 01:30
別に「婿」養子にする必要はないじゃん。


876 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 01:58
つーか、伏見宮系以外にだれがいるの??

877 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 02:03
華園家とかだろ

878 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 03:37
874の考えはわりかし穏当だと思うし、賛成できるが、
875の言うとおりでもあり、
「…養子とする…」「…婿養子となる…」のところを
たんに「皇位継承順位に連なる」とすればよい。

(皇位継承権という言葉もあるが、
これって「権利」なのか「義務」なのか微妙なので)

879 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 06:12
ふと思った

皇室典範の
「皇族は養子をすることが出来ない」
は,血統を守ることを目的とする趣旨ではなく
天皇の政治的中立性を損なわぬように
恣意的な皇嗣えらびを防止するための規定なのではないか?

だとすれば天皇が養子をとる必要が将来生じて
皇室典範を改正するとしたら
なにか合理的なルールで養子えらびをする規定がなければならない

一例をあげれば…全国民から無差別抽出により選びだす…とか
#たまたま抽選にあたっちゃった人が困るだろうが…(笑)

男系の子孫に限るってのもありか? その中から無差別抽出
#いちおう俺も男系の子孫なんだけれどな(父方の実家が清和源氏の末流)
#そもそも男系に限らなければ日本人の大半は天皇の子孫なんでしょ?



880 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 06:24
まあ…そんなわけで…恣意的でない合理的なルールがあれば
別だがそうでないと皇室に養子ってのは難しい

もう一例だけ合理的と思われるルールをあげれば
  「皇族の養子は皇位継承順位の順番でおこなう」
か(もっと正確には)
  「皇族の養子は皇位継承順位を変えないように行わなければならない」
というふうに養子になれる順番も恣意性なく自動的に決まるのなら
問題はない

881 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 06:35
つまり養子によって皇位継承権をもつ皇族の人数を増やすにしても
現在の皇太子や秋篠宮の養子ってことにすると
桂宮や高円宮よりも先順位の継承権者が生じてしまうので
皇位継承を恣意的に操作したことになってしまう

養子をとるとすれば(皇族個人の養子ではなく)「皇室全体の養子」
でなければならず民法の身分法とはまったく違う養子の概念を
考えなければならないだろう

882 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 08:06
旧宮家の人たちはどんな姓を名乗っているのですか?

883 :日本@名無史さん:2001/03/04(日) 19:23
だから養子にするからおかしくなるんで
878で言ったとおりでいいじゃん。
なんでわざわざ話をわかりにくくする? なんだかなー

884 :日本@名無史さん:2001/03/05(月) 11:44
理論上は高円宮の次の皇位継承順位のひとも確定しているわけでしょう?
恣意的に皇位継承順位を操作することを防ぐ趣旨からいっても
ほうっておいてもその方の系統が皇位を嗣ぐことになるわけであって
そもそも婿入りする必要もなければ養子縁組をする必要もないわけです

885 :日本@名無史さん:2001/03/05(月) 12:12
いうまでもなく私は養子の規定をつくれなどといっているのではない
その逆である
天皇の血統を守ることなどよりも
天皇の政治的中立性こそ重要だといっているのである
特定家系の皇孫からの皇位継承が危ぶまれる事態だからといって
そのたびに継承のルールを変更したり
特定家系の旧皇族を婿養子として皇位継承者の列にいれようと画策するのは
いたずらに皇位継承の順序についての操作可能性を増すだけである
>たんに「皇位継承順位に連なる」とすればよい。
養子よりももっと直截に継承順序の操作をしようということではないか
現行の皇室典範のままでも決まるべき人に決まるはずであるから
そのような改正は無用にして無意味であろう



886 :日本@名無史さん:2001/03/06(火) 01:04
>>885
>いうまでもなく私は(以下略)

何番と何番と何番があなたなんですか?

887 :日本@名無史さん:2001/03/06(火) 01:07
>理論上は高円宮の次の皇位継承順位のひとも確定しているわけでしょう?

これって誰のこと?

888 :名無しさん:2001/03/06(火) 02:00
>>882
戦後、臣籍降下した11宮家はそのままの名字でしょ。
(「宮」をとった名字ってことね。)
でも、閑院家(元・閑院宮家)のように断絶した宮家
もある。

889 :882:2001/03/06(火) 02:05
ごめん、補足。
断絶してる旧宮家の方が多いようだ。

890 :888:2001/03/06(火) 02:07
何度もゴメン。
上は882じゃなくて888ね。

891 :歴史趣味:2001/03/06(火) 02:31


閑院宮家断絶したの?

伏見宮家と並ぶ名門なのに。


892 :888:2001/03/06(火) 04:49
閑院宮家は、家督を継いだ春仁氏(後に純仁と改名)が
臣籍降下後、倉庫会社やタクシー会社を始めたけど
どれも失敗。
挙句の果てに奥さんに浮気され逃げられて離婚。
(このショックで改名。旧皇族離婚第一号だそうだ。)
ホモ説などもささやかれ、再婚することなく
昭和63年に逝去され、閑院家は断絶しました。

ただ、春仁氏の姉、茂子女王は旧福岡藩主の黒田家に
嫁ぎ、その子孫はご存命のようです。

893 :888:2001/03/06(火) 05:03
いつも補足でゴメン。
旧皇族離婚第一号は華頂家に嫁いだ
春仁の妹の華子で、春仁は第二号だ。

でもいずれにせよ最後はスキャンダラスな一家に
なってしまった閑院家・・・

894 :日本@名無史さん:2001/03/06(火) 08:45
いいじゃないか絶えたって。
日本列島2万年。
たかだか2千年足らずの怪しげ(万世一系の確証無し)な家系。
民族としては困らんというより そのほうが良いかも。
一族だって人間的幸せになるよ。


895 :日本@名無史さん:2001/03/06(火) 08:53
伏見さんとか梨本さんとか皇族だったことが目立たないsurnameだといいけれど
姦淫はめだつもんねえ

896 : 名無しさん:2001/03/06(火) 12:50
>894
日本列島2万年と天皇家2千年を比較する意味がさっぱりわからん。

897 :日本@名無史さん:2001/03/06(火) 18:17
894みたいな天皇制廃止論者は荒らしか茶化し以外に
このスレに参加する意味がないだろ。どっか逝ってください

898 :日本@名無史さん:2001/03/08(木) 21:49
閑院宮家については支流も含めてすべて跡絶えてしまったの??

899 :日本@名無史さん:2001/03/08(木) 21:51
まだ残ってるよ。

900 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

901 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

902 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

903 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

904 :日本@名無史さん:2001/03/09(金) 06:13
>>899
>まだ残ってるよ。

なんだ。じゃ問題ないじゃん。


905 :日本@名無史さん:2001/03/09(金) 07:20
>>904

残ってないよ。戦前すでに断絶したので
伏見宮から養子をとった。

906 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

907 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

908 :日本@名無史さん:2001/03/09(金) 21:42
そうすると、現在の皇族以外には、伏見宮系各家しか残ってないのね。

909 :日本@名無史さん:2001/03/11(日) 00:07
 それより閑院宮直仁親王の子息で鷹司家に養子に行った鷹司輔平の男系の子孫は現存しておりますから
> 鷹司輔平…東山天皇の皇子閑院宮直仁親王の子
>子孫
>鷹司:輔政で断絶。他家から養子
>菊亭:輔政の弟脩季の子孫(当主は存命だが女子のみ)
>華園:政通の子摂信が興正寺を継ぐ。子孫存命分家4家あり
>梶野:華園澤称の子行康が継ぐ現在大阪長野神社神職
>徳大寺:政通の子公純が継ぐ。子孫有り。分家あり
>高千穂:徳大寺実則の子宣麿が継ぐ。子孫不明
>西園寺:徳大寺公純の子公望が継ぐ。男系は養子が継ぐ。
>中院:徳大寺公純の子通規が継ぐ。子孫あり
>末松:徳大寺公純の子威麿が分家。子孫不明
>住友:徳大寺公純の子友純(吉左衛門)が継ぐ。子孫あり
戦前の旧皇族よりは彼らに継がせるのはどうでしょうか。そっちの方が男系では近いし戦前の旧皇族のだったら男系ではあまりにも遠すぎて南朝の返り咲き論議が出兼ねませんから。
奥の手としては今の男子皇族が全滅したときの女帝の配偶者は彼らから選んでそしてイギリスのオレンジ公のように夫婦で共同で皇位につくのはいかがでしょうか。だめ?
 神道界だったら梶野家を推すでしょうし、経済界だったら住友家が金で皇位を買うという手だってあるかも。正統なら華園家or徳大寺家か?

910 :日本@名無史さん:2001/03/13(火) 22:30
養子に行ってしまった場合、皇族に復帰するのはむずかしいのではないかな?


911 :名無しさん@1周年:2001/03/14(水) 06:16
いずれにしても、皇統を見つけるでしょう。
皇室で生活してる人がたくさんいますから廃絶にはできない。

912 :日本@名無史さん:2001/03/21(水) 12:29
鷹司家に養子へいったのはもうだめとおもう。
だから閑院宮は全滅と考えた方がいい。

913 :日本@名無史さん:2001/03/21(水) 15:06
>皇室で生活してる人がたくさんいますから廃絶にはできない。

なんかゼネコンが倒産しないのと同じようなロジックだね。

914 :ニュース速報板:2001/03/24(土) 11:10
こちらをご覧いただければ日本の皇統は今後も安泰だと思われます
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=984633243

915 :日本@名無史さん:2001/03/24(土) 11:14
女はだめだね

916 :日本@名無史さん:2001/03/24(土) 11:15
2ちゃんをソースにするくだらんマッチポンプはやるな。

917 :日本@名無史さん:2001/03/24(土) 22:50
>>912
 男系では一番近いのにだめな理由は?
 明治の皇室典範制定の過程では当初は
男系が全滅したときは皇女に伝える。
その場合の女帝の配偶者は臣籍に降下した皇族の男系の子孫で直前の男系の天皇に
一番男系で近い者に限る。
ということになっていたそうですが、保守的な人間が僅かに過半数を上回ったため
却下されたそうです。
 もしこの規定が実行されたとしていれば、どう見ても女帝の配偶者は鷹司輔平の
男系の子孫(養子は除く)から選ばれたことになったでしょう。ひょっとしたら西園
寺公望も一歩運命を間違えていたら明治版弓削道鏡になっていたかも。ま、どっち
にしても最悪の場合の女帝の配偶者は戦前の旧皇族よりも鷹司輔平の男系の子孫に
婿入りしてもらいたい。戦前の旧皇族にさかのぼるぐらいならこの際南朝に皇位を
返してもらうべきです。

918 :日本@名無史さん:2001/03/30(金) 12:18
養子に入ったという点がまずいと思う
たんに臣籍降下しただけの旧宮家とは状況が違いすぎる

919 :日本@名無史さん:2001/03/30(金) 12:52
国民世論も女帝賛成。

920 :日本@名無史さん:2001/03/30(金) 22:13
養子に入っただけでもまずいのか・・・・。
だったら女系なんて論外だね。

921 :日本@名無史さん:2001/03/31(土) 00:58
>>920
となると、既成事実の消滅で南朝返り咲きor無嗣改易しかないのでは?

922 :日本@名無史さん:2001/04/06(金) 09:01
たしか、戦後すぐに首相になったんだよね。
GHQの横暴に反対して2ヶ月たたないうちにやめちゃった人

923 :日本@名無史さん:2001/04/06(金) 09:32
95年、女帝・女系が検討されている宮内庁の内部資料を読売新聞がスクープしたが、
翌96年3月1日付の英高級紙「インディペンデント」の国際面にも、 <宮内庁の
上級職員が女子の皇位継承を研究するためヨーロッパに向かい、オランダ、ベルギー、
デンマークを訪問した>という記事が載った。また、デンマーク王室もその事実を
認めてしまった。(オランダ、デンマークは現在女帝。ベルギーは数年前に女子へ
の継承ができるように憲法を改正している。)
国民の世論調査でも女帝賛成が過半数を超え、自民党の派閥のトップクラスからも、
女帝賛成の発言が出てきている。鎌倉宮内庁長官自身も、定例会見などで「女帝制
について絶対に検討してないということは言っていない」と微妙な発言をしている。

924 :日本@名無史さん:2001/04/06(金) 09:33
<1998年4月29日> 朝刊 1版 総合3面(水曜日)
「皇室」世論調査/「女性の天皇」が50%容認/国民との触れ合いに好感/象徴天皇制、国民に根付く

 本社加盟の日本世論調査会は4月18、19の両日、天皇制や皇位継承の在り方、天皇の国民との接し方などについて、国民の意識を探る全国世論調査を実施した。その結果、皇位の継承で「女子が天皇になってもよい」と答えた人が回答者の50%と半数に上った。女性の社会進出や男女の雇用機会均等化への法整備が進む中で「女性の天皇」を受け入れる意識の拡大を示した。また、天皇が訪問先の老人ホームでお年寄りの肩をもむなど、昭和時代にはなかった国民との接し方について「好感が持てる」と答えた人は83%に上り・国民と共に」を目指す平成の皇室が国民から幅広く支持を得ていることが分かった。
 調査結果によると、皇位継承者を「男子に限るべきだ」と答えた人は前回一九九二年の調査では四七%だったのが、今回は三一%で、女性の天皇を認める意見(前回三%)と順位が逆転した。
 天皇の地位については「国の象徴」とする人が七五%、天皇制の在り方で「今のままでよい」とする人が八〇%で、前回調査とほぼ同じ数字。天皇に「少し政治的な力を与える」「主権者にする」は合わせて一〇%、「廃止する」との声は八%で、象徴天皇制が安定して国民に根付いているのを裏付けた。
 また天皇に「親しみを感じる」とする人が四〇%、「すてきだと思う」が九%で、半数の人が天皇に好感を抱いており、「すてきだと思う」は前回の三%の三倍になった。
 皇族や皇室の出来事への関心は「大いに関心がある」「ある程度関心がある」の合計が六二%、宮内庁がインターネットのホームページづくりなどを通じて皇室の紹介に取り組んでいることについて「皇室情報がオープンになるのはよいと思う」と答えた人は八一%となった。 天皇や皇族にどんな活動を期待するかとの問い(二つまで回答)には「今のままでよい」とする意見が四四%だった一方で「広く国民の声を聞く機会をつくる」が四六%、「福祉や災害の現場でボランティア活動に参加する」が三一%だった。【注】小数点一位を四捨五入した
 ▽日本世論調査会=共同通信社とその加盟社で組織している世論調査機関。調査は同会の委託を受け、共同通信調査センターが担当している。
http://db.okinawatimes.co.jp/cgi-bin/search.pl?data=NEWS/1998/04/29/19980429M003-01-03.text&query=%93V%8Dc%90%A7&dbname=/data2/INDEX/NEWS&format=long&year=all&month=all&nextskip=&nexttop=&subid=71



925 :日本@名無史さん:2001/04/13(金) 14:44
幼女が天皇になってもよい

926 :日本@名無史さん:2001/04/20(金) 22:41
かわいいこのほうが日本の象徴としてはいいよね

927 :60:2001/04/21(土) 22:50
だからまずは御懐妊の行方を見守れっつってんだろお前ら!

928 :タブー施朝新井:2001/04/22(日) 17:15

だから橋本竜太郎の孫をこっそり養子にするといってるだろう
皇太子も大室寅之助明治天皇の弟庄吉のひ孫照明の子で岸信介が養子にした。
雅子は妊娠してないから。
竜太郎のちち竜伍の母が寅之祐の弟庄吉の娘だから。
平成天皇は三笠宮タカヒトの子で秋篠宮は明仁と美智子の子で北朝。

929 :日本@名無史さん:2001/04/22(日) 17:16
>>928
新井ウザイです。

930 :アルカリ三世 昭和天皇を死刑にする会:2001/04/22(日) 17:45
皆さん929は同和です。気おつけましょう。

931 :東5世:2001/04/22(日) 17:54
929は朝鮮人です。天皇と一緒に死刑。


932 :アズマのおじが新井でその孫:2001/04/22(日) 18:09
929はえせ同和でインポです。

933 :雅コラ:2001/04/22(日) 23:04
>1から
>932の皆さんへ

皇統の今後だとか
そんなこと もうどうでもいいですから
雅コラください。 キコラでも結構です。
ちなみにがま蛙の出来そこないみたいな
面構えした紀宮のコラはいらないです。


934 :新井:2001/04/26(木) 19:15
あっ!鳥だ
飛行機だ!
たけちゃんマンだ!

あっ!ヨツだ
同和だ!
亀井静香だ!

935 :酔鯨ジョーカー:2001/04/26(木) 19:37
俺が天皇になる!

936 :日本@名無史さん:2001/05/02(水) 12:09
皇室典範改正の機運が盛り上がってきたぜ!

937 :日本@名無史さん:2001/05/09(水) 15:32
小泉って結構問題ある人物だな。

938 :日本@名無史さん:2001/05/10(木) 11:10
亀井も問題ある人物

939 :名無しさん@1周年:2001/05/13(日) 19:50
?

940 :日本@名無史さん:2001/05/20(日) 17:48
たなかまきこが中国寄りなのが日本の危機

941 :日本@名無史さん:2001/05/26(土) 21:27
なぜ*

942 :日本@名無史さん:2001/05/29(火) 06:13
政治家は歴史に疎すぎるな。

943 :日本@名無史さん:2001/05/29(火) 22:52
告知

荒らし防止のため、これからは以下の規制をこの板全体にかけたいと思います。
つきましては、ご異議のある方は取り急ぎ、「日本史版 風紀委員会」まで
ご意見をお聞かせください。

 <規制案>
proxy規制、ID表示、連続投稿禁止規制、連続スレッド立ち上げ禁止規制
<規制の趣旨>
アラシ行為の撲滅(スレ立てアラシ、スレ上げアラシなどの予防措置)
<異議の受付>
五月三十一日まで・風紀委員会へどうぞ
<規制の実施時期>
管理人に依頼し、できるかぎり早期の実施を予定。

日本史版 風紀委員会
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=990956059




944 :日本@名無史さん:2001/06/04(月) 07:12
>>940
あいつが首相になるのはこわいな

945 :日本@名無史さん:2001/06/04(月) 19:46
ヨツだ

946 :日本@名無史さん:2001/06/08(金) 16:33
4つ?

947 :日本@名無史さん:2001/06/11(月) 15:16
,,

948 :日本@名無史さん:2001/06/21(木) 17:07
うそ?

949 :日本@名無史さん:2001/06/24(日) 17:01
政治家が天皇制の歴史について無知すぎる。

950 :日本@名無史さん:2001/06/25(月) 16:44
>>928
4月の時点で大室スレ作成者があんな発言をしていたんだな。

951 :kajima:2001/06/27(水) 04:29
s

952 :日本@名無史さん:2001/07/08(日) 01:06
大室ヲタによると、つぎは、北朝の者が皇位を継ぐらしい

953 :日本@名無史さん:2001/07/08(日) 05:21
そうじゃなくて秋篠宮様が明仁と美智子の間の子です。徳仁は大室照明個人タクシーの2代目(大坂)をつぎます。

954 :日本@名無史さん:2001/07/10(火) 13:05
で、北朝と南朝どっちなのよ?

955 :日本@名無史さん:2001/07/10(火) 16:41
953はチョン。

956 :徳仁について:2001/07/10(火) 18:31
皇位継承権
「皇族で皇統(天皇の血統)に属する男系の男子に限る。」

一、皇長子(天皇の長男)・・・皇位継承権1位

よって秋篠宮が今上天皇と美智子皇后の間の子のため(北朝)次期天皇は本来秋篠宮様なのである。

自民党の政治目的のため、玉として天皇家に養子として送りこまれた、大室照明の長男、徳仁に、本来皇位継承権のこの字もないのである。(皇室典範違反になるから。)

ニ、皇長孫・・・皇位継承権第2位 秋篠宮とタイのチュランポン王女との間の隠し子が男子のためこれにあたる。

957 ::2001/07/10(火) 20:09
さげ

958 :P:2001/07/13(金) 00:06
sagr

959 :ううう:2001/07/13(金) 19:24
さげ

960 :日本@名無史さん:2001/07/27(金) 00:04


961 :日本@名無史さん:2001/07/31(火) 17:06
tyoso

962 :日本@名無史さん:2001/08/01(水) 21:16
バカの子

283 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>2856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562856285628562
>>28562856285628@顏/test/read.cgi/history/975269348/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)