5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  ●●● 学徒出陣 ●●●  

1 :名無しさん :2000/10/06(金) 01:36
このフィルムが放送される度、涙が出てしまいます

当方40代、別に戦争世代ではないのに・・・

篠つく雨、あの行進曲、東条さんの言葉、そんなのがあいまって感極まるようです
別に思想的には偏ってません

他にこんな方みえませんか

2 :日本@名無史さん :2000/10/06(金) 02:10
神宮のやつですよね。
一番泣けるフィルムです。

3 :日本@名無史さん :2000/10/06(金) 02:12
私は特攻隊の遺書に感涙しました。
知的レベルが高いだけに、殆どの学徒兵は日本の敗戦を確信していた様です。
生き残った連中(オヤジの世代)は大なり小なり後ろめたさを感じているようです。




4 :ジーモン :2000/10/06(金) 02:37
鶴田浩二は、散っていった戦友達を食い物にした屑野郎。
奴がミナミでどんな事をしていたか知っている者ならば
解かるはず。
奴の軍歌は買うな!

5 :名無しさん :2000/10/06(金) 12:43
>>4
詳細をきぼんぬ
NHKの昔のドラマ「男達の旅路」等でもそんな役柄で好評だったですね

悪い奴なの?

6 :三橋敏夫 :2000/10/06(金) 12:57
戦争と畳の上の団扇かな

7 :名無しさん@1周年 :2000/10/07(土) 18:11
涙が出て、それでどうなの?
ただ感動してるだけ?
まさか、あの戦争を侵略戦争だと言うのは、英霊を冒涜するものだっていうつもり?
だったらいやだな。


8 :ジーモン@リアルパトリオット :2000/10/07(土) 19:14
>戦争賛美者&「英霊」冒涜者

聞け、ワダツミの声!

9 :光源氏@大谷大 :2000/10/07(土) 19:25
おいおい。 困ったな。君たちは馬鹿だな。
そして田舎ものだな。
僕は天下の大谷大にいってるんだぞ。 関西一の私立大学だぞ。
ルックスはバッチグー。
ロン毛。後ろで縛っている。
ゴムも赤。
サングラスはエレッセのやつ。
サングラスといえばエレッセ。
ジャケットはいつも渋く茶色。
泣かせるぜ。
シャツはラコステ、ポロ、ラルフローのほかに
アードルノパーマとかも着てる。
アラミスも着こなす。そして釣りバンド。ホストっぽいかな。 鞄は革。
靴はひも靴。ヤングにいえばスニーカー。
喧嘩は本当に強い。
小学生くらいなら何人でもかかってこい。
キックも空手も得意。
フェミニズムだから女に甘い。
さん付けだしノートも貸す。
お話しする子は15人。
女に不自由なし。
パパは社長。 薬局をやっている。 金持ち。だから外車(セドリック 中古だけど)。
中学時代は生徒会の書記。花のキャリヤ。
パスタやグラタン、ビフテキ(高級フレンチ)が好物。
全てがそろった男前。
朝日新聞を読みこなす。
漱石好き(マニアックだが)。
ビンチ好き(みんな知ってるモナリザの作者)。
ディスコでブレークダンスを踊るよ。
ナウいだろ。バッチグーだろ。
高校時代は偏差値55を取ったよ。
ははははは。
凡人が。


10 :オカルト@名無史さん :2000/10/07(土) 20:55
↑さっさと消したいのでみんなで書き込もうage

11 :名無しさん :2000/10/07(土) 23:41
>>7
>>8
思想的にどうこうじゃないって断っているのに・・・

若くて純真で一途な学徒が「生等もとより・・・」なんてかわいそすぎ
ちょっと時代がずれれば自分もこうなったかと投影してしまうのです

余談ですが「愛国」「憂国」「英霊」「日の丸」「君が代」
言葉自体が色が付いてしまって普通に使いづらいですね

「自分の国が好きだ」
これだけで色がついてしまう なんか言霊の国らしい

12 :日本@名無史さん :2000/10/07(土) 23:53
>7@`8
まあまあ、煽らずに、穏やかにいこう。

13 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 00:06
理屈じゃないんです。
日本人なら泣けるのです。
かわいそうというのも失礼な言い方です。
負けるとわかっている戦いでもやらなければならないことがある。
そういうことを忘れている人が多いだけです。

14 :酔生夢死ジーモン :2000/10/08(日) 00:08
私は、鶴田浩二のように生きて国には戻らん。
自決する。
また、多くの関東軍将兵のように、
敵しかも赤露の捕虜になど決してならぬ。
玉砕するか、それが無理ならば、拳銃なり青酸カリ(シアン化物)
で自決!

15 :オカルト@名無史さん :2000/10/08(日) 02:18
>14
 負けて命が惜しくなるのは人情
自決するのは後始末を他人任せにしたヤケクソの責任放棄
 残される方が大変だったりする
俺ならわずかな可能性に掛けてでも帰国して国の再建に尽くすね
まずは子作りからかな
 

16 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 02:33
「陸軍分列行進曲」はかっこいい
戦争はいやだけど

17 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 07:43
「たとえこの身は、南海に果るとも、幾歳のちの春を思へば」
軍事板からコピペ。学徒兵かどうかは知らないけど。
一般論として、他人のために自らを犠牲にするというのは崇高なことですし、感動もします。
しかし、何が彼らをそこへと駆り立てたのかに思い到らねば、彼らの犠牲は何も生まないでしょう。
彼らにはそれ以外の選択肢が無かった、それだけだと思います。

18 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 08:18
学徒兵に同情し涙しつつも、
アジアに対する日本の加害責任もしっかり認識するのが、
最も健全な感覚ではないか。

19 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 11:04
>>16
ルルー作曲.フランスのエスプリです.

20 :吾輩は名無しである :2000/10/08(日) 11:20
「死ぬ勇気はあっても、時代に逆らう勇気はなかった」
どこかで聞きました。
二度と、そんな世の中になってほしくないな。


21 :【^▽^】 :2000/10/08(日) 11:46
>18
奴隷道徳の信奉者発見!
日本が白人の植民地を破綻させた功績に着目せよ!

肯定面と否定面の両側面を正しく認識できてこそ始めてまともな人間といえる。
他国からの非難を怖れるあまり、自国の否定面ばかりを声高に叫ぶ。
貴様のような人間を「提灯(ちょうちん)持ち」という。
「他人の機嫌をとるために生まれてきたピエロ」という。

これからもどんどん他人の機嫌を取りまくるがいい。
貴様は人生の目標を「他人の機嫌をとること」に定めろ。
但し、貴様の汚い尻尾を振るのはそこそこにしておいてくれ。
ダニが飛び散るから。。。

もっともっと他人の機嫌をとれ!
応援してるぞ(´∀` ) ワハハ

22 :袁世凱 :2000/10/08(日) 11:56
>16、19
『官軍抜刀隊』ね。
我は官軍、我が敵は天地容れざる朝敵ぞ〜♪

とにかく、まだ明治10年頃なのに、さすが西洋人の作曲だけあって
メロディーがカッコ良い。

23 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 11:59
>天地容れざる朝敵
これって「西郷」のことだよね。

24 :在日韓国人 :2000/10/08(日) 12:00
>21
お前のような愚かな健忘症の日本人は、
我が民族に対してしでかした数々の戦争犯罪を隠蔽し、
侵略戦争を美化することに余念がないようだな。
創氏改名、神社参拝の強制、強制連行、従軍慰安婦、
こうした事実を抹殺しようとするお前達日本人は、全くあきれた連中だ。
まあ、そうして侵略戦争の事実を隠蔽し美化するがいい。
いずれ必ずその報いが来るだろうから。

25 :【^▽^】>20 :2000/10/08(日) 12:01
>20
>「死ぬ勇気はあっても、時代に逆らう勇気はなかった」

一体、このBBSにはどうしてこのような馬鹿が集まってくるのだろう?
まともな判断力を持った人間はいないのか?

戦前の人々は完全に、「自分が戦う意義」を明瞭に認識していた。
それが全否定されたのは戦後のことである。
あの戦争の意義が全否定されたのは、
貴様>20のような詭弁主義者・勝者主義者・御都合主義者が群がり出た後である。
お前のような「勝者の立場に立ってしまおう。その方が得である」という
打算主義者が徒党を組んで出現した後である。

この偽善者ッ!

貴様も歴史に関心を持つ者なら、歴史を学ぶ者なら、
戦前の日本の行為に必然性が少なからずあったことに、
ナゼ言及しないッ!?
どうしてアジアを数百年にわたり支配した白人の言うことを全面的に
肯定するのか?
どーして白人に「侵略者はお前らのほうだ」と言わないのか?

自分たちを勝者だと勘違いしている傲慢な中華糞たちに
「白人を追い出したのは当時人口5000万の日本だ。
 人口4億を持っていた中国ではない
 アジアからの白人駆逐の功績は日本にある」
と、どーしてハッキリ言えないのか?

卑怯者ッ!

貴様らは真の意味で日本人である。
「こいつなら叩いても大丈夫」
そのようなレッテルを貼られている人間だけを、注意深く選んで叩く…

貴様らこそ、真の意味で日本百姓の後継者である。

26 :酔生夢死ジーモン :2000/10/08(日) 12:02
>22のHNを世界史板のままにしてしまった!

   我が祖父の時世の句
我が身よや、樺太に地に朽ちるとも、魂は九段の花と咲く。

昭和20年(1945年)8月19日、
真岡(現ホルムスク)にて戦死。

27 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 12:10
はっきり言って学徒兵は、
全く大義のない侵略戦争に駆り出されて無駄死にさせられたお馬鹿さん。
明治神宮外苑で行進している暇があるなら、
侵略戦争に反対しろって言うの。

28 :【^▽^】>24 :2000/10/08(日) 12:12
いやはや…

いつから日本人は名誉ある民族名さえごまかすようになってしまったのか?
よりによって、先天的奴隷民族の名称などを平然と騙るようになってしまったのか?

いいか?
小坊主?

「日本」という名称は、西暦6〜7世紀の朝廷(天皇家の祖先)が、
中華に対抗して名付けて名誉の国号なのだ。
「世界の中心はこちらである」という気概の発露なのだ。

それに比べて「朝鮮」という名称は、奴隷たちが
明の初代皇帝洪武帝に頼み込んでつけてもらった卑屈な国号なのだ。
朝鮮の意味は、「朝恩に服した鮮卑」、つまり、
「中華王朝に服属した野蛮人」、という意味なのだ。

24よ。
お前は、ウケを狙うあまり祖霊を汚(けが)した。
こともあろうに奴隷として抜群の才能を示しす先天的奴隷民族の
民族名を僭称した。
猛省せよ

29 :結論 :2000/10/08(日) 12:13
アジア太平洋戦争は、天皇制ファシズムの狂気が引き起こした侵略戦争であった。
だから学徒兵は、侵略戦争の先兵であり、アジアの解放者などではなかった。

30 :酔生夢死ジーモン :2000/10/08(日) 12:14
ねぇ、煽りにも少しは頭を捻れないの?
ウヨorサヨ、「白人帝国主義」VS「大アジア主義」・・・
電気ショックでも受けて、少しは知能指数を上げなさい。

31 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 12:15
>>25 = 引かれものの小唄 だよね。
もう少し緻密な論理を組み立ててよ。
まぁ、現在の倫理(論理)だけで、過去を語るのは愚の骨頂なのは確かだけどさ。


32 :>30 :2000/10/08(日) 12:19
ジーモンが、凄いマトモにみえるよ… 

33 :【^▽^】 :2000/10/08(日) 12:21
>はっきり言って学徒兵は、
>全く大義のない侵略戦争に駆り出されて無駄死にさせられたお馬鹿さん。

馬鹿はお前の方だ。
あの人たちは祖国のために戦場で黒焦げ死体になって奮闘した人々だ。
自分のことにしか関心を持たない我々の世代などより、
遥かに立派な人たちなのだ。

代々、兵役忌避の卑怯者しか出さなかったお前の家の人間が、
国家に連帯感を抱けないのは容易に理解できる。

しかしクズ。
お前は病原菌をまきちらすな。
お前は黙って朝鮮人のフリをして祖国弱体化に強力しておればそれでよい。

そして、テポドンを打ち込まれて、初めて逃げ惑えばいい。
初めて自分の愚かさを悔いればよい。

そのようなお前でも、同朋は優しく受け入れてくれるだろう…

34 :酔生夢死ジーモン :2000/10/08(日) 12:32
私の祖父は、学徒兵じゃないし、貧乏人の倅。
当時1%に過ぎない、学生(大学・旧制高等専門学校・旧制高等学校
のボンボン共)だけが、エコヒイキされるのは変だよね。
東条の決断(と言うより「目論み」)は正当!

35 :【^▽^】 :2000/10/08(日) 12:33
>アジア太平洋戦争は、天皇制ファシズムの狂気が引き起こした侵略戦争であった。
>だから学徒兵は、侵略戦争の先兵であり、アジアの解放者などではなかった

それならクズに聴く。
一体、日本がどこを侵略したと言うのか?

中国を侵略したと言うのなら、イギリスが先輩だと断言できる。

東南アジアを侵略したというのなら、
個人名としてチャンドラボース・国名としてタイをあげる。

貴様らは一体、どこの国の人間なのだ?
コスモポリタン(国際人)か?(爆

いいかゴミども?

あの戦争の実態は、その立場をどこに置くかによって全く異なる。
アメリカは開戦して間もない頃、日本の大東亜共栄圏のスローガンが
アジアに猛烈な勢いで浸透してゆくのを見て怖れた。
当時のアメリカのレポート(繊細失念)にも、
「この戦争に白色人種対黄色人種というレッテルを貼られては不利」
とハッキリ言っている。
それが事実だからだ。

お前らは強い者におもねるだけのカスだ。
恋人のデート中、恋人を強姦集団にさらわれても、
警察への電話一本で済ませてしまうクズだ。
相手が多数なら、身体を張ってやろうとしないゴミだ。

36 :酔生夢死ジーモン :2000/10/08(日) 12:34
東条ではなく東條か?

37 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 12:39
>【^▽^】
あんたいいことゆーなー
ちょっと見直したよ。

38 :>35 :2000/10/08(日) 13:05
順番は別にして、イギリスも日本も「侵略」したんじゃないの…
その評価は置いといてさ…

39 :>35 :2000/10/08(日) 17:51
私はこれまで天皇なんてどうでもいい存在だと思っていました。しかしここ数年、小林某の低俗漫画に感化され、
スッカリその気になった「俄か愛国者」どもが糠味噌に湧いた蛆虫のようにあちらこちらに出るのを見るにつけ、
天皇に対する感情は無から嫌悪へと完全に変化しました。
結局かれらの「議論」(本当は議論ではない)というのは、まず「自分が正しいと思ったこと」があって、
それが絶対不動なんですね。その「正しいと思ったこと」を無理矢理強制的に押しつけてくるのが、彼らの
「議論」のようです。反対意見がでても、彼らいうところの「武士道」とはほど遠い、育ちの悪さ丸出しの
脅迫・暴言合戦が始まるんですね。一種の偏執狂かもしれません。自覚してない分かなりタチが悪いみたい
です。しかも「オレたちは国のためにいつでも死ねる」と言
ってるワリには、なにもボランティアすらしないで、飄々と毎日を過ごして、一体なんの「国のため」なの
でしょう?意味不明です?結局「愛国」やら「天皇」やらという便利なキーワードは、自堕落を言い逃れす
るための免罪符なのですね。こういう明らかに知識・モラル・所得とも最下層のレ
ベルに属する集団が跋扈し、やりたい放題している現状をみるに、つくづく「天皇」というバカげた存在が
日々鬱陶しく思えてしかたありません。いやしくも、一国の首相がオウム真理教みたいに「神の国」などと
いうカルトそっくりの発言をし出すなど、天皇は現実のがれのための自慰道具から破壊的妄想にまでなりつ
つあります。
文化・伝統という理屈付けで天皇の正当性をゴリ押し
てくるオジーチャンたちもいますが、そんなもの自発 的に作られるものであって、天皇みたいに特定の人が
決めないと文化や伝統が出来ないのでしょうか?逆にいえば人が「これだ」と決めなければ守れないほどの
ものが「文化」といえるのでしょうか?
江戸時代なんて殆どの日本人が、天皇と無縁に一生を終えていたのに、いまさら殊更に天皇なんて持ちだす
なんて馬鹿らしさの極みですね。それに天皇が日本の文化そのものなら、沖縄の人たちは日本人じゃなくて
いいっていうことなんですか?じゃあ独立させてあげましょうね(爆笑)よく天皇支持者の人が自由主義者と共産主義者を一緒
くたに「アカ」よばわりして、無教養ぶりをさらけ出してますが(まあ、そうしないとマトモに攻撃できな
いんでしょうね、笑)むしろ共産主義みたいに上意下達のシステムになじむのは天皇制のほうじゃないんで
すか?現に戦時中ファシストに転向した社会主義者なんてゴロゴロいますしね。(笑)
馬鹿丸出しの「国民の歴史」やら「戦争論」やら読んで自己満足しているようですが、いちど冷静に自分を
見つめ直したらどうですか?海外で天皇陛下万歳!なんて叫んだところで、即黄色の救急車が来て措置入院ですよ?
とにかく「不敬罪」やら「大日本帝国」やら「ユダヤの陰謀」やら、実在しないものを押しつけてくる、幼
稚なカルトゴッコは、人に迷惑にならない形でやってください。あなた方が人間より劣るバーコード政治屋
の片棒担ぎやって自慰って、一生を棒に振るのは勝手ですが、それ以外の真面目に生きている人の迷惑にな
らないようにしてください。それにウンザリなんですよね。あなた方が妄想の撒き散らしをやっているだけ
で、いままでカラカラに乾いて関心なかった例のニセ神さまがむしろ、腐臭すら放ってくるようになってま
すからね。(笑) 例の偏向した趣向の押しつけは、即辞めて下さい。最
後に、妄想に逃げないで自分の人生を客観的に見てみ たらどうですか?いや、マジで(爆笑


40 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 18:00
>39
同感。

41 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 18:03
> まず「自分が正しいと思ったこと」があって、それが絶対不動なんですね。
>その「正しいと思ったこと」を無理矢理強制的に押しつけてくる

オマエモナー

42 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 19:24
39は朝鮮人かその手先のサヨクの創作話
皇室と言う、日本古来からの団結のシンボルがあると、朝鮮には都合が悪いだろうな。

43 :名無しさん@1周年 :2000/10/08(日) 19:37
ってゆうか39は新しいコピペです。

44 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 23:14
ヒロヒト(顔面神経痛・田母沢)ヒロヒト(陰茎形成性硬結症)ヒロヒト(精神分裂病)
ヒロヒト(両面神経痛・田母沢)ヒロヒト(非淋菌性尿道炎)ヒロヒト(レジオネラ症)
ヒロヒト(顔面神経痛)ヒロヒト(頭蓋骨陥没骨折)ヒロヒト(性行動異常)
ヒロヒト(顔面榊経痛)ヒロヒト(膣壁裂傷)ヒロヒト(糖尿病) ヒロヒト(黄熱)
ヒロヒト(顔面神径痛)ヒロヒト(職場不適応症)ヒロヒト(急性副睾丸炎)
ヒロヒト(顔面神経通)ヒロヒト(睾丸捻転症)ヒロヒト(処女膜閉鎖症)
ヒロヒト (三叉神経痛) ヒロヒト(血栓性外痔核)ヒロヒト(亀頭包皮炎)
ヒロヒト(不安神経症)ヒロヒト(肛門周囲膿瘍)ヒロヒト(外陰毛嚢炎)
ヒロヒト(被虐性異常性欲)ヒロヒト(子宮膣部びらん)ヒロヒト(老人性膣炎)
ヒロヒト(顔面破傷風)ヒロヒト(奇異性尿失禁)ヒロヒト(会陰裂傷)
ヒロヒト(顔面陰茎痛)ヒロヒト(化膿性乳腺炎)ヒロヒト(持続勃起症)
ヒロヒト(顔面死陰茎痛))ヒロヒト(細菌性睾丸炎)ヒロヒト(顔射)
ヒロヒト(仮性包茎)ヒロヒト(非特異性膣炎)ヒロヒト(肛門膣痙攣)
ヒロヒト (リュウマチ) ヒロヒト(脅迫神経症)ヒロヒト(老年期痴呆症)
ヒロヒト(顔面神経痛・江東区)ヒロヒト (インフルエンザ) ヒロヒト(糞線虫症)
ヒロヒト(顔面神経痛・田母沢は山谷の出身)ヒロヒト(処女膜閉塞)
ヒロヒト(多分ホモサピエンス)ヒロヒト(月経困難症)ヒロヒト(日本住血吸虫症)
ヒロヒト(前立腺肥大)ヒロヒト(境界性人格障害)ヒロヒト(症候性肛門痛)
ヒロヒト(梅毒治療中)ヒロヒト(猫ひっかき症)ヒロヒト(慢性乳腺炎)
ヒロヒト(顔面神経痛・田母沢御用邸)ヒロヒト(梅毒スピロヘータ第四期)
ヒロヒト (性転換中) ヒロヒト(細菌性食中毒)ヒロヒト(顎関節症)
ヒロヒト(闇の狩人)ヒロヒト(顔面神経痛・塩原御用邸御座所)ヒロヒト(脳挫傷)
ヒロヒト(顔面神経痛・田母沢御用邸御座所)ヒロヒト(老年期神経症)
ヒロヒト(顔面神経痛・日光田母沢御用邸御座所)ヒロヒト(トリコモナス膣炎)
ヒロヒト(外傷性視神経症)ヒロヒト(ヘルペス膣炎)ヒロヒト(慢性砒素中毒)




45 :日本@名無史さん :2000/10/08(日) 23:48
まだ加害責任とかいってるアホがいるな。
だから2chはバカサヨの巣窟だといわれても仕方ないんだよ。

46 :酔生夢死ジーモン :2000/10/09(月) 00:13
大君の辺にこそ死なめ
顧みはせじ

45にはこの心が有るのかな?

あと、ウヨ少年諸君(というより、よしりんグルーピーか)は、
白虎隊や神風連の少年のように潔く殉じる事が出来るのかな?

47 :日本@名無史さん :2000/10/09(月) 00:27
>44
一緒にされたくないのでやめて下さい。
あなたのような人がいるから、右翼が「サヨはこれだから」とか言って
つけあがるのです。

48 :吾輩は名無しである :2000/10/09(月) 01:31
右翼も左翼も、どっちもうっとおしい・・・

49 :日本@名無史さん :2000/10/09(月) 04:49
やっぱこうなったな。いいから政治思想でやれって。
このスレは日本史板学徒兵スレだろ?
1よ、どう思う? それとも狙いどうりか?

50 :日本@名無史さん :2000/10/09(月) 04:51
追記。
負けた戦争が正しい戦争のわけねえだろ。
やるからには勝たなきゃなんねえのよ。

51 :日本@名無史さん :2000/10/09(月) 06:34
>50
その通り。
「勝てば官軍、負ければ賊軍」の言葉通り、
戦争に敗れた以上、日本は悪玉にされてもしょうがないのです。
歴史は常に勝者のものなんですから。

52 :日本@名無史さん :2000/10/09(月) 07:38
戦火に散った学徒兵の皆さん、悪魔天皇ヒロヒトを恨んで下さい。
あの男は皆さんを侵略戦争に駆り立てたにも関わらず、
戦後何の責任も取らなかったんですから。

53 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/09(月) 07:44

いや、畏れ多くも前の御門は悪くない
御門を泥臭い世界に巻き込んだ薩長の奴らが悪い
鹿児島県人・山口県人は他の日本人に対して謝れ


54 :名無しさん :2000/10/09(月) 08:54
>>49さん
私ゃ全くノンポリなもんで・・・
こんな議論にただただ驚いています、でも熱い、そして極論が伺えて楽しいです

個人的には阿川弘之氏の考え方は好きです
今後は流れにまかせます


55 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 09:43
いまだに日本が侵略戦争をしたとか言ってる奴はまだマッカーサー
に洗脳されてるんだね。化石もんだな

56 :日本@名無史さん :2000/10/09(月) 11:41
>53
確かにアジア太平洋戦争の敗戦は、
薩長の明治政府が採った帝国主義アジア侵略政策の最終的な結末です。
故にその最大の責任は、薩長の明治政府にあるのです。
薩長に担ぎ出された天皇家は、ある意味では犠牲者だったと言えるでしょう。

57 :酔生夢死ジーモン :2000/10/09(月) 11:52
>55=クレムリンの手先!

貴様、マッカーサー元帥を愚弄する気か!
貴様のような奴が民族派の仮面を被ったアカとして日本の
再建・防共体制確立の邪魔だてをしてきたのだ!
国賊逝って良し!

58 :名無史さん@お腹いっぱい :2000/10/09(月) 11:58
マッカーサーは昭和天皇ヒロヒトにとっては命の恩人です。
オーストラリアがヒロヒトを戦犯として裁判にかけ処刑すべきだ、
と主張していたのに対して、
マッカーサーがそれを却下してくれたんですから。
彼がいなければ天皇制もそこで終わっていたでしょう。
だからウヨは彼の悪口を言うべきではありません。

59 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 12:18
 貴方の出かけている所は大丈夫ですか?
◆実在のカリスマ的指導者が中心にいて、メンバーは無条件に心酔している。
◆新しいメンバーの獲得に余念がない。
◆金儲けにのめり込んでいる。
◆質問したり、疑問を持ったり、反対意見を唱えることは認められず、 罰せられるケースさえある。
◆瞑想や詠唱、体力を消耗させる労働など、精神を麻痺させるテクニックを用いて 疑いの心を持てないに仕組んでいる。
◆指導者がメンバーの考え方や行動、感情を細部に至るまで支配している。
◆エリート主義的な発想に立ち、集団とそのメンバーと指導者は特別な高い地位に あると主張している。
◆自分たちは善、外部者は悪という「二分法」的な考え方に立ち、一般社会との 軋轢を生み出している。
◆主流の宗教の聖職者などとは違って、指導者にはいかなる権威に対しても 従う意思がない。
◆倫理に反すると考えられるようなこと(不正な目的の募金活動など)でも、 目的のためなら正当化されと教える、または、ほのめかす。
◆メンバーの罪悪感をあおって、支配力を強めている。
◆メンバーは集団に従属させられ、家族や友人との絆は断たれ、それ以前の 個人的な関心事も忘れてしまう。
◆メンバーは当然の義務として、集団の活動に法外なまでの時間を費やすことを 求められる。
◆ 同じ集団のメンバーとの共同生活や、メンバーのみとの交流が奨励される、 あるいは、義務づけられている。
2つ以上当てはまる方は残念ながら創価学会か狂った宗教です。 早急に脱会しましょう!

60 :>43 :2000/10/09(月) 20:45
ていうか42のようなコピペも付いてきてウザイです。

61 :【^▽^】クズどもへ :2000/10/10(火) 16:35
我々の一呼吸一呼吸が、学徒兵たちの血の結晶でないものはない…!
もう一度この学徒兵たちに思いを馳せろ馬鹿ども…!

62 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 01:00
>>16 >>19 >>22
リアルプレーヤーかなんかで音が聴けませんでしょうか

63 :>61 :2000/10/11(水) 01:11
これが学徒兵を死の戦場に駆り立てた昭和天皇ヒロヒトの正体だ。

ヒロヒト(顔面神経痛・田母沢)ヒロヒト(陰茎形成性硬結症)ヒロヒト(精神分裂病)
ヒロヒト(両面神経痛・田母沢)ヒロヒト(非淋菌性尿道炎)ヒロヒト(レジオネラ症)
ヒロヒト(顔面神経痛)ヒロヒト(頭蓋骨陥没骨折)ヒロヒト(性行動異常)
ヒロヒト(顔面榊経痛)ヒロヒト(膣壁裂傷)ヒロヒト(糖尿病) ヒロヒト(黄熱)
ヒロヒト(顔面神径痛)ヒロヒト(職場不適応症)ヒロヒト(急性副睾丸炎)
ヒロヒト(顔面神経通)ヒロヒト(睾丸捻転症)ヒロヒト(処女膜閉鎖症)
ヒロヒト (三叉神経痛) ヒロヒト(血栓性外痔核)ヒロヒト(亀頭包皮炎)
ヒロヒト(不安神経症)ヒロヒト(肛門周囲膿瘍)ヒロヒト(外陰毛嚢炎)
ヒロヒト(被虐性異常性欲)ヒロヒト(子宮膣部びらん)ヒロヒト(老人性膣炎)
ヒロヒト(顔面破傷風)ヒロヒト(奇異性尿失禁)ヒロヒト(会陰裂傷)
ヒロヒト(顔面陰茎痛)ヒロヒト(化膿性乳腺炎)ヒロヒト(持続勃起症)
ヒロヒト(顔面死陰茎痛))ヒロヒト(細菌性睾丸炎)ヒロヒト(顔射)
ヒロヒト(仮性包茎)ヒロヒト(非特異性膣炎)ヒロヒト(肛門膣痙攣)
ヒロヒト (リュウマチ) ヒロヒト(脅迫神経症)ヒロヒト(老年期痴呆症)
ヒロヒト(顔面神経痛・江東区)ヒロヒト (インフルエンザ) ヒロヒト(糞線虫症)
ヒロヒト(顔面神経痛・田母沢は山谷の出身)ヒロヒト(処女膜閉塞)
ヒロヒト(多分ホモサピエンス)ヒロヒト(月経困難症)ヒロヒト(日本住血吸虫症)
ヒロヒト(前立腺肥大)ヒロヒト(境界性人格障害)ヒロヒト(症候性肛門痛)
ヒロヒト(梅毒治療中)ヒロヒト(猫ひっかき症)ヒロヒト(慢性乳腺炎)
ヒロヒト(顔面神経痛・田母沢御用邸)ヒロヒト(梅毒スピロヘータ第四期)
ヒロヒト (性転換中) ヒロヒト(細菌性食中毒)ヒロヒト(顎関節症)
ヒロヒト(闇の狩人)ヒロヒト(顔面神経痛・塩原御用邸御座所)ヒロヒト(脳挫傷)
ヒロヒト(顔面神経痛・田母沢御用邸御座所)ヒロヒト(老年期神経症)
ヒロヒト(顔面神経痛・日光田母沢御用邸御座所)ヒロヒト(トリコモナス膣炎)
ヒロヒト(外傷性視神経症)ヒロヒト(ヘルペス膣炎)ヒロヒト(慢性砒素中毒)


64 :日本@名無史さん :2000/10/11(水) 01:14
江戸時代の天皇は、京都を住みかにするゴキブリみたいな存在だった
んでしょうね。
つまり、太古の昔から生き長らえて来たという意味において、
天皇はゴキブリとよく似ています。
そして幕府も、その利用価値を見出していたからこそ、殺さずに飼育
していたんでしょう。

65 :日本史板も終わったね :2000/10/11(水) 01:46
あーあ

66 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 01:59
反日サヨクのプロパガンダの場としては終わったな

67 :日本@名無史さん :2000/10/11(水) 02:04
>65
その責任が馬鹿右翼にあるのは明白だな!!

68 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 02:08
頭の悪い反日サヨクは、議論では勝てないから、逆上してばかりなのが、恥ずかしい(わら

69 :日本@名無史さん :2000/10/11(水) 02:12
消えてネ>右翼・左翼

70 :69の訂正 :2000/10/11(水) 02:15
消えてネ>左翼ダケ

71 :70の訂正 :2000/10/11(水) 02:17
消えてネ>右翼ダケ

72 :日本@名無史さん :2000/10/11(水) 02:20
おねがい心中して>70・71

73 :日本@名無史さん :2000/10/11(水) 03:14
そもそも68のていのうが荒氏はじめた。
語彙が貧困すぎて頭悪すぎ(ワラ

74 :日本@名無史さん :2000/10/11(水) 03:30
国際社会に恥をさらし続けるボケ発言男・68は、国辱そのもの。

75 :日本@名無史さん :2000/10/11(水) 07:17
68は日本史板に害毒を撒き散らす馬鹿。

76 :日本@名無史さん :2000/10/11(水) 08:03
我々は、先の侵略戦争における
南京大虐殺、シンガポール大虐殺、マニラ大虐殺、
731細菌戦部隊などの数々の日本軍の蛮行により、
多数のアジアの民衆の尊い命が奪われたことを、
しっかり後世に語り伝えていかねばならない。

77 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 08:04
76は執拗に反日プロパガンダを続けるスパイ野郎

78 :馬鹿右翼どもへ!! :2000/10/11(水) 08:24
我々の父祖が犯した侵略戦争の罪は、永遠に消えるものではない。
日本軍の残虐行為によって亡くなったアジアの民衆に想いを馳せろ、この馬鹿ども。

79 :馬鹿右翼どもへ!! :2000/10/11(水) 08:25
>77
お前ら馬鹿右翼はさっさと北朝鮮へ逝け。

80 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 08:33
78は執拗に反日プロパガンダを続けるスパイ野郎

81 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 09:50
>78
祖先をつるし上げて喜んでるバカは最悪だな。
そんなに悪いことをしたと思うなら被害者の前で氏んで詫びてきてね。

82 :日本@名無史さん :2000/10/11(水) 12:08
アジア太平洋戦争は、ナチスドイツと手を握った天皇制ファシズムが引き
起こした侵略戦争であり、日本に何ら情状酌量の余地はない。
軍部と昭和天皇ヒロヒトは厳しい批判を受けるべきである。

83 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 12:39
>82
あ〜こんなとこに居たんですか〜?
先生が探してましたよ?
今度こんなことしたらまた隔離病棟に戻されちゃいますよ?
さ、帰りましょうね。

84 :遠雷 :2000/10/11(水) 13:37
>82
先の「大東亜太平洋戦争」は、平板に『侵略戦争』と一言で表現できるほど、
単純なものではありません。
米軍にせよ日本軍にせよ、中共の「チベット侵略」のように、国土を
簒奪しようという意図はありませんでした。
当のD・マッカサーがアメリカ議会で証言したように、
『客観的に見て、あれは日本の防衛戦争であった・・』という見方や、
タイの低学年用読本にあった、
『日本はアジア独立のお母さんですが、そのお産が元で死んで・・』
という考え方もあります。
私自身、戦前の軍事官僚らは虫酸が走るほど嫌いですが、あの戦争を、
侵略戦争とひとくくりにする、単純な“反日史観?私感”は、知性の
冒涜、知的好奇心の放棄であると思っています。
チャイナ・コリアン・反日華僑の世界的プロパガンダにもかかわらず、
冷静に考えていきたいものです。

85 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 17:56
>>84  遠雷さん
素晴らしい、そのとおりだと思います

黄色人種対白色人種、アジア対欧米、近親憎悪、
そんな事もこの問題に複雑に絡み合っているのでしょうね
以前のレスに私が好きだと書いた阿川弘之氏の「国を思うて何が悪い」等はとても共感します

中国はアヘン戦争や文革のほうが被害は大きいんだけれど、『政治』が入ってくるから本当の事を自国民はもとより対外的にも言えない状態なんでしょう
韓国、北朝鮮についても似た部分は多いですね

86 :名無し三等兵 :2000/10/12(木) 22:40
>84
いや、インドネシアは日本領になる予定だったね。
中国がチベットを領有するのはおかしいと言うのが言い分があるとすれば、
日本が沖縄・北海道を、アメリカがハワイを領有するのもおかしい。

87 :? :2000/10/12(木) 22:53
沖縄・北海道に組織だった独立運動があるとでも?

88 :日本@名無史さん :2000/10/12(木) 23:02
インドネシアの重要地区は永久日本領化だろ、一方向の本ばっか読んで美化すんなよ。
ほんと、バカの溜まり場だな。
え?おれが反日? なに言ってるんだ、外国から後ろ指をさされたくない愛国者だよ。
日本の占領地域での「独立」は、日本の主導下での形式的独立じゃん。
ほんと、ひどい歴史認識だ。
阿川については、少し前にあった中西輝政スレでもミロや。

89 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 01:07
>88
小林某に感化される馬鹿が多くて本当に困りますよね。
「大東亜戦争」はアジア解放の聖戦だったなんて、本気で言う奴がいるんですからね。
白色人種からのアジア解放なんて言うのは、
日本の軍事行動を正当化するプロパガンダに過ぎず、
実際はアジアにおける日本の勢力圏拡大を目指した侵略戦争だったことは明かなのにね。
馬鹿な自称「愛国者」が増えると、
日本はますます国際社会から孤立するばかりで、ホントお先真っ暗です。

90 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 01:27
>アジアにおける日本の勢力圏拡大を目指した侵略戦争
だったとすると何か不都合があるのか?

91 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 01:37
>90
89は88に同意する意見ですけど。

92 :遠雷 :2000/10/13(金) 02:05
>86
>いや、インドネシアは日本領になる予定だったね。
まず、確実な資料を出しなさい。
戦後、インドネシア独立戦争に、旧日本軍兵士が多数参加しました、
その生き残り兵士が、今当地に名誉国士として居住しています。
オランダの手先になって、現地人を収奪していたのは『華僑』でした。
彼等からの反省の声は、どこにありますか?
>中国がチベットを領有するのはおかしいと言う言い分があるとすれば・・、
君の考えだと、イギリスの「阿片戦争」も是認されるわけですね、
孫文先生が泣いて怒るでしょう。恥を知りなさい!

>88
憶測でものを言うな!資料を調べよ。
本間・山下両大将が占領軍により、現地で「死刑」になっているのに、
何故、インドネシアの今村均大将が死刑にならなかったのか?
今村死刑判決に対して、誰が減刑嘆願の運動を起こしたのか?
調べてなお、人を「バカ」呼ばわりできるなら、君は偽善者だ。
>89
なんでも、小林の影響か(笑)。乏しい発想だお先真っ暗だね。
ちゃんと相手の文章を読解しろ。「聖戦」ってどこに書いてある?



93 :89 :2000/10/13(金) 03:01
>92
別にあなたに言った訳ではなく、
一般論として言ったまでです。


94 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 03:13
小林がどうのこうのと、こんなところで、わめいている奴。
そういうのが、この日本において、もっとも、無教養な馬鹿者なのだが、
気付いていない。気付く能力がないからなおさら、言う。
したがって、
馬鹿に付ける薬はない。
馬鹿は死ななきゃ直らない。
50年かけてガラガラ再生産されてきた、カタツムリの破片だな。

95 :17と49と50@しょうがねえなもう :2000/10/13(金) 05:03
黙って見てたけど、やっぱ意見するわ。
>>90
>>アジアにおける日本の勢力圏拡大を目指した侵略戦争
>だったとすると何か不都合があるのか?
何の不都合もありません。そうだったとすればね。
現実には、日本は先の大戦の結果、多くの人命と全ての海外植民地を失い、
米軍に本土を占領されるという事態に相成りました。
客観的に見て、ドイツの次に酷い結果です。
じゃあ日本は被害者か?
んな訳ないですね。日本から仕掛けたんですから。
つまり、日本(政府・軍部)は国民にとって最悪の選択をしたわけです。
この理由によって、俺は先の大戦における日本を肯定できません。
遠雷さんのような見方もアリだと思いますが、
俺は個人主義者なのでそういう考え方はできません。
ただ納税者のために最大の利益を図るのが国家だと思ってますんで。

96 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 05:15
>んな訳ないですね。日本から仕掛けたんですから
真珠湾のことか?
>つまり、日本(政府・軍部)は国民にとって最悪の選択をしたわけです。
結果から見て最悪といってるのか?



97 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 05:45
>>93
そういう逃げ口上は、ちょっと酷くない?
なんでも小林に結びつけるのはホント見苦しいよ。


98 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 07:52
>彼等からの反省の声は、どこにありますか?
反論になってねぇ。つうかそもそも話が繋がってねぇ。
ひょっとして分裂症クン?

99 :名無しさん@1周年 :2000/10/13(金) 08:02
太平洋戦争がなければ、今頃日本はソ連領。
かもよ。


100 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 08:12
>>97
>なんでも小林に結びつけるのはホント見苦しいよ。
アンタもやけに小林ごときに拘るねぇ(藁々

101 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 08:29
つまり、ソ連に戦争しかければよかったって事ですか?(笑)

102 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 08:45
全て松岡が悪い

103 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 11:53
>97
最近の日本における「あの戦争」に関する歴史の見直しは、
小林某の漫画の大流行とは決して無縁ではないのでは?

「あの戦争」は、自国の勢力圏拡大を目指した日本による侵略戦争としての要素と、
英米蘭の帝国主義列強と日本とのアジア太平洋地域での勢力圏争いとしての要素の
両方があったというのが最も客観的な観方でしょう。
あなたはそうではないのかもしれないが、最近馬鹿右翼がしばしば言うように、
日本にとって自存自衛の戦いでもなければ、ましてや西洋列強による植民地支配から
アジア解放を解放する為の聖戦でもなかった。
これが最も冷静で良識ある見解でしょう。

104 :名無しさん@1周年 :2000/10/13(金) 12:06
アメリカの挑発がなければ戦争にならなかったのでは?
ABCD包囲網やハルノートは明らかに日本を挑発しています。
少なくとも切っ掛けは自衛のためにおきた戦争であると思う。
あと、自分の意見を最も冷静で良識ある見解でしょうと勝手に
決めないでね。

105 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 14:51
>>92
 本論ではないが、気になったので一点だけ。
 本間・山下両将の「死刑」は、マッカーサーの個人的な復讐としての側面
があることと、フィリピンが独立の口約束があったアメリカ領でのことなの
で、直接比較するのはふさわしくありません。
 今村大将の事例をあげるだけで、論拠としては十分です。もっとも、アメ
リカとしては、インドネシアがオランダ植民地でない方がよいというのもあ
りますが、そこまでの判断・圧力は為されていないと考えます。

106 :遠雷 :2000/10/13(金) 23:29
>105
簡単に言います。
事実を正確に理解していただきたい。
本間雅晴・山下奉文・今村均の南方方面の将軍は(寺内は事前に死亡)、
全員死刑判決を受けています。
本間・山下がマッカサーの個人的報復に合い、今村はそうではなかった、
そんな認識は大間違いです。
インドネシアの日本軍将校は、オーストラリア軍等による恣意的な報復や、
植民地支配を破壊されたオランダによる執拗で無茶な報復を受けました。
とりわけ、シンボルとしての今村将軍(占領軍司令官)への死刑判決は、
オランダ政府の強い意志でなされたものでした。
しかし、今村軍政(比較的自由を尊重し、公平であった)に好意を持った
インドネシア住民と在留オランダ人!達が、減刑嘆願運動を繰り広げ、
ついには当局が折れ、禁固刑に減刑しました(ちなみに罪名は“部下将兵に
多数の戦犯者を出した”というものでした、彼個人の罪は作り出せなかった
のです)。
その後、日本の巣鴨プリズン(なぜ日本へ送致されたかはお調べ下さい)を
出獄した老将軍は、『部下があっちの牢屋にまだ入っている』と言い残し、
単身インドネシアに渡り、全員出獄するまで、当地にとどまりました。
インドネシアの人々は今村元将軍を暖かく歓迎したということです。

先の天皇陛下訪欧の際、オランダ復員軍人会らの「敵意ある失礼な示威行動」は
有名です、当時オランダは日本軍司令官を執拗に殺そうとしました(たぶん、
君の言うマッカサー以上に・・)、住民の運動がなければそうなっていた事
でしょう。
日本がインドネシアを植民地にするために侵略した、などというのは、
戦後に創られた“新説”です。
なおついでに、スウ・チー女史の父親であったビルマ独立運動のリーダー
についても、調べれば興味深い事実が見つかるでしょう。


107 :日本@名無史さん :2000/10/13(金) 23:44
>104
アメリカが日本を兆発したのは、1941年夏以降のことでしょ。
ABCD包囲網やハルノートのはるか以前に、
満州事変、日中戦争で中国侵略を進めた日本の責任はどうなるの?
やはり1931年以降の一連の経緯を考えれば、
最終的にあの戦争に至った責任の多くは、日本にあるんじゃないの?

108 :>107 :2000/10/14(土) 00:04
半分は日本の責任、半分はあちらの責任ってことで。

109 :日本@名無史さん :2000/10/14(土) 00:11
>107
んなこと言ったら、ロシアの責任はどうなるんじゃ。
ハワイを強引に併合して、女をレイプしまくったアメリカ人達はどうよ?


110 :日本@名無史さん :2000/10/14(土) 00:24
>107
あのさあ、君、多分日本軍の中国侵略は糾弾するけど、
香港が英国領だったこととかには全然疑問持ってなかったりするっしょ?
セオドア・ルーズベルト時代にすでにアメリカの対日本戦略計画、
「オレンジ計画」ってのか始まってたんだよ。
歴史を一方的な価値観で断罪する事自体、プロバガンダにはまってると
は思わないのかなあ。

111 :>110 :2000/10/14(土) 00:28
ひょっとしてなんかカンチガイしてない?

ただし、
>歴史を一方的な価値観で断罪する事自体、
こっちは同意。

112 :110 :2000/10/14(土) 00:33
>111
ん〜?勘違いって?
日本の中国に対する侵略と、アメリカの日本への挑発になんで因果関係が
あるんだろうね?

113 :日本@名無史さん :2000/10/14(土) 00:59
>日本の中国に対する侵略と、アメリカの日本への挑発になんで因果関係が
>あるんだろうね?

>112
日本の中国侵略により、蒋介石の中国を支援する米英と日本は対立。
1940年9月、援蒋ルートの遮断と南方進出の足がかりを求めて、
日本軍は北部仏印進駐。
さらに1941年の南部仏印進駐により米英との対立が激化。
そしてアメリカは、日本から先に手を出させることを画策し、日本を挑発。
という因果関係ですけど。

まあ、歴史なんてどうにでも解釈出来ますから、
考え方の違いはどうにもならないと思いますけど。

114 :110 :2000/10/14(土) 01:15
>113
つまり、日本がアメリカの国益を損なう動きをしたから
アメリカは反発したワケで、
別に日本はアメリカに対して攻撃したワケではない。
日本の中国での行動に対してアメリカが文句をつけた根底には
アメリカなり帝国主義があるワケでさ、そもそも、
なんで文句をつける筋合いがあんだっての。
日本の侵略主義、帝国主義を責めるのに、
アメリカの帝国主義的利益を損なったから、とするのは変だろ?

115 :日本@名無史さん :2000/10/14(土) 01:33
>日本の中国での行動に対してアメリカが文句をつけた根底には
>アメリカなり帝国主義があるワケでさ、そもそも、
>なんで文句をつける筋合いがあんだっての。

>114
第一次世界大戦以後、世界は国際協調の時代に入っていました。
その世界の潮流に逆らうかのように日本が中国侵略を進めた以上、
国際協調の立場からアメリカがそれに文句をつけるのは当然です。
勿論、アメリカに中国における自国の帝国主義的な国益を保持する目的があった
ことは認めますが、決して日本が文句を言われる筋合いのものではない、
等とは絶対に言えない筈です。
まあ、そうした当時の国際情勢など諸般の事情を考慮すると、
あの戦争に至った責任の8割ぐらいは日本側にあると思います。

116 :日本@名無史さん :2000/10/14(土) 01:37
>日本の中国での行動に対してアメリカが文句をつけた根底には
>アメリカなり帝国主義があるワケでさ、そもそも、
>なんで文句をつける筋合いがあんだっての。

>114
第一次世界大戦以後、世界は国際協調の時代に入っていました。
その世界の潮流に逆らうかのように日本が中国侵略を進めた以上、
国際協調の立場からアメリカがそれに文句をつけるのは当然です。
勿論、アメリカに中国における自国の帝国主義的な国益を保持する目的があった
ことは認めますが、決して日本が文句を言われる筋合いのものではない、
等とは絶対に言えない筈です。
まあ、そうした当時の国際情勢など諸般の事情を考慮すると、
あの戦争に至った責任の8割ぐらいは日本側にあると思います。

117 :110 :2000/10/14(土) 01:45
>115
君、アメリカは世界連盟に参加すらしていなかったんだぞ。
国際協調の立場からアメリカがそれに文句をつけるのが当然とは、
一体誰がアメリカ人にそんな権利を与えたのだね?

>勿論、アメリカに中国における自国の帝国主義的な国益を保持する目的があった
>ことは認めますが、決して日本が文句を言われる筋合いのものではない、
>等とは絶対に言えない筈です。

これは忠告だけど、一度アメリカが中南米をどうやって属国化していったか調べるといいよ。
ついでにアメリカの企業がいかに中南米から搾取しているかもね。
キューバのカストロが何故立ち上がったのか?決して理由が無かったワケではないんだよ。
アメリカが日本の中国への侵略に文句を付けられる筋合いではないよ。
侵略主義の上に成り立ったアメリカの正義をなぜそうも無条件に信じられるんだろうな。


118 :ハングル板より出張中 :2000/10/14(土) 03:30
>106
 間違ってはいないだけに、暴走を続けて無視される事態を見過ごせないので、あ
えて指摘する。
 106を今村信者・今村太郎・厨房ではないと仮定する(好意的に過ぎるか?)。
 106が言われていることは、今村の事例を語るのに、本質的に無関係な本間・
山下両名の処遇(行動・目的は同じでも、主体が異なることを忘れているようにも
見える)を持ち出し、論拠を混乱させていると言うことである。105が、今村に
ついては判断が付かないということ以上の内容ではない故に、106の反応は正当
ではない。最悪、他人の文章をまともに読んでいないことから、厨房・太郎・信者
(どれも似たようなもの)でしかないと判断され、無視されることもあるので気を
付けられたし(軍事板では、この程度で無視される可能性がある)。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 今村の例を挙げるのであれば、比較対照としてふさわしいのは、同じインドネシ
アにおり、同様にオランダ軍によって戦犯とされた将軍であるが、そのような人物
は存在しなかったのですか?(ハングル板・従軍慰安婦スレより出張中のため、本
当にわからない) 存在するのであれば、その人物との比較検討が筋であるし、存
在していないのであれば、106の「インドネシア・・・」以下の文章だけで意図
は通じるはずである。
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 オランダと日本については、インドネシア独立戦争についてと、オランダの女王
の発言(詳細は覚えていないが、何を言ってるんだこいつはと思った覚えがある)
も必要ではないかと思う。当方と異なり、情報は十分に所有していると思われるの
で、続編を書かれたし。
 冒頭の仮定が間違っているなら、今村大将の伝記スレでも立ててくれ。反日史観
の存在を理解しているようなので、その心配はないと思うが。

119 :118 :2000/10/14(土) 03:33
 あたりまえだけど、比較対照→比較対象です。
 あと、太郎というのは、軍事板の信者と思っていただければよろし
いかと。

120 :日本@名無史さん :2000/10/14(土) 12:39
小林よしのりの主張は正論だよ。
だけど残念ながら説得力がない。実際戦争逝って
生き残った年寄りが「戦争は楽しい、戦争のカッコ良さも学ぼう
ではないか!」っていってるんならオレ信じるよ。
自分に漬いては「年寄りで役に立たないから」と兵役拒否してる
色白メガネデブのマンガ家じゃあねえ。
最近ゴー宣もつまんないし、マンガ家は一時休業して
パレスチナにでも傭兵修行してきて欲しい

121 :日本@名無史さん :2000/10/14(土) 13:06
[3:5] サヨが日本史板を占領してる ■▲▼
1 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/10/14(土) 10:54

最近気付いたことですが、日本史板ってサヨが多いですね。
誰かがちょっと正論を言っただけですぐ「小林信者だ」と総攻撃を受けました。
↓がいい例です

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=970763811

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=history&key=970541089


122 :地球市民@1周年 :2000/10/15(日) 05:25
TEST

123 : :2000/10/15(日) 05:32
誤:小林よしのりの主張は正論だよ。
正:小林よしのりの主張は『正論』だよ。

124 :日本@名無史さん :2000/10/15(日) 06:57

ウケタ。

125 :日本@名無史さん :2000/10/15(日) 07:19
>国際協調の立場からアメリカがそれに文句をつけるのが当然とは、
>一体誰がアメリカ人にそんな権利を与えたのだね?

だからといって日本の中国侵略に関して、アメリカに文句を付けられる筋合い
はない、というあなたの主張は暴論以外に何物でもありません。

>アメリカが日本の中国への侵略に文句を付けられる筋合いではないよ。
>侵略主義の上に成り立ったアメリカの正義をなぜそうも無条件に信じられるんだろうな

あなたが何を言おうとも、日本の中国侵略は歴然たる事実であり、
それを阻止しようとしたアメリカは「正義」だと、
今日世界の多くの人々が思っています。
そして、第二次世界大戦は、「国際官軍」の連合国軍が、
「国際賊軍」の枢軸国軍を破った戦いだと、多くの人々が考えています。
別にアメリカの正義を無条件に信じる気はありませんが、第二次世界大戦に関して、
後世の世界の多くの人々に、アメリカが正義だと思い込ませることが出来たのは、
ルーズベルトの歴史創造能力も大きかったからだと思います。
例えば、戦後の国際平和機構として連合国(国際連合)がありますが、
これは大戦中の連合国がそのまま移行したものですよね。
そうしたことを考えると、ルーズベルトは東条ら日本の指導者よりも、数段役者が上だった
ことだけは確かでしょう。

126 :125 :2000/10/15(日) 07:31
>117
実際、今日世界の多くの人々が、連合国(国際連合)の旗を、
錦の御旗のように思っていますよね。
例えば、駐韓米軍は連合国旗を掲げている連合国軍であり、
それによって韓国の人々は、北に対して自分達こそ正義だと思っている。
そして、その本部がアメリカのニューヨークにあることでも分かるように、
連合国(国際連合)=アメリカなんですよ。
こうした戦後の国際秩序を考えると、第二次世界大戦に関して、
連合国軍=官軍、枢軸国軍=賊軍、というのが世界の多くの人々の認識なのです。

127 :日本@名無史さん :2000/10/15(日) 08:18
>126
そいでそれを言ったトコで「んじゃ他の旗を立てられるのか」といったらそれはまだ誰もできてない。

で、
>ルーズベルトは東条ら日本の指導者よりも、数段役者が上だったことだけは確かでしょう。
、というわけですか。

128 :日本@名無史さん :2000/10/15(日) 10:00
>127
ええ、歴史の「正義」の創造者として、
ルーズベルトは偉大だったのです。
それに比べ、日中戦争の泥沼から脱出出来なくなり、
対米英戦争に飛び込んでいった日本の指導者は、
相当な馬鹿だったと言わねばならないでしょう。

129 :日本初、他の旗 :2000/10/15(日) 12:44
信濃町のトリコロール

130 :日本@名無史さん :2000/10/15(日) 13:38
>>4
亀レスだけど。
鶴田浩二が元特攻隊というのは騙り。
「俺達の戦友の死を食い物にするな!」と
元特攻隊員で組織する団体から抗議を受けたこともあったんだよ。

131 :日本@名無史さん :2000/10/15(日) 14:22
>127
太平洋戦争は、日中戦争などの悪事を繰り広げる大怪獣(日本)を、
正義の味方のウルトラマン(アメリカ)が颯爽と登場して退治した戦い、
というのが国際社会での一般的な観方です。
そして戦後は、世界平和の維持者であるウルトラマン(アメリカ)によって、
連合国(国際連合)中心の国際秩序が確立したという次第です。

132 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/16(月) 01:28
>131

そんなふうに思っているのは、洗脳された日本人と戦勝国の国民だけでしょ。
東南アジアや南米やイスラムやアフリカなどはそうは思ってないでしょ。

133 :>132 :2000/10/16(月) 06:44
でも、東南アジアも南米もイスラムもアフリカも新しい旗をたてられない。
もはや国連(連合国)を否定するのは無理でしょ。金の問題もありーの。
少なくとも併用はせざるを得ない。

134 :日本@名無史さん :2000/10/16(月) 07:27
>132
ウルトラマン(アメリカ)と怪獣(日本)の会話。

ウルトラ:日本、中国侵略して悪いね。すぐにやめなさい。
怪獣:何を小癪な、この鬼畜アメリカめが。
ウルトラ:シュワーツ。言うことを聞かないのなら、この私が成敗してくれる。
怪獣:ええ、何だこの野郎。
しかし、怪獣はウルトラマンにぼこぼこにされ、
世界の平和は回復したのであった。

国際連合(連合国)中心の国際秩序が変わらない限り、
これが世界の人々の観方でしょう。

135 :名無しさん@1周年 :2000/10/16(月) 07:59
ドラえもんとジャイアンでも可だね。

136 :遠雷 :2000/10/17(火) 03:46
>118
なるほど、確かに誤解があった模様だ。
私が、88の妄言に、本間・山下の死刑と今村の減刑とを対比させて反駁していた
ところ、105氏が本間・山下は比島における対米との力関係に原因があり、今村と
直接比較するのはふさわしくない、と断定された。
この意見に対し私は、死刑の本間・山下を「比島独立もからめた対米関係が原因」と
すり替え、今村を特殊な事例と捉え、蘭印独立と日本進駐の関係をあいまいにする為の、
巧妙な『すり替え話法』だろうと考えた。
なぜなら、本間雅晴は対米戦、山下奉文は対英戦、今村均は対蘭戦の高名な軍司令官で、
それぞれ比島・マレー半島・インドネシアで、各植民地軍を(黄色人種として)初めて
屈服させた当事者として並列させたわけで、直截比較が不適当とは思えなかったからだ。
しかし、今考えると、
山下奉文大将は終戦時比島の軍司令官であって、開戦劈頭シンガポールで英軍総司令官に
“YESorNO”を迫った事など忘れられているのかも知れない、と思い当たった。
まあ、本間将軍は「バターン死の行進」山下将軍は「ゲリラ掃討戦」と比島関連事由で
法務死したことが有名すぎて、105氏の意見も無理ない事かとも思う。
その意味で、私が105氏発言を誤解していたなら、謝罪する。
ただ、
あの当時、アジアのほとんどを植民地にしていたのは大英帝国であったわけで、
主敵がアメリカ軍であったからと言って、対米関係ばかりを最重要視すると、
戦後のアジア独立の流れを「矮小化」してしまう事にもなりかねない、と思う。
(むろん、同様にして「対中戦争」も矮小化してはならないのも当然だ。)



137 :遠雷 :2000/10/17(火) 04:23
136の文章は、少し日本語がおかしい部分があるが、まあ諒とされたい。
(ついでに)
なお、南方軍総司令官寺内寿一(私個人としては大キライな人物だが)は、
終戦時には病死している、生存していたら間違いなく死刑だろうと思う。
また、
基本的に考えて、あの程度の兵力で、しかもあんな短期間で、欧米の
在アジア植民地軍を一掃し得たと言うことは、それだけ現地の住民の
応援があったと言うことを顕わしている。
すくなくとも、「アジア侵略」とは認識されていなかった。
白人の手先となって、現地の民衆を搾取していた『一部の反日華僑』は、
そうは思わないのだろうが・・・。


52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)