5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お袋の浮気癖で人生変わっちまった俺

1 :あほ親の息子:2001/02/16(金) 03:58
お袋の浮気癖で、自堕落になった親父。
その親父から、高校の時お袋の浮気癖を知らされた俺。

浮気してたお袋も、その事実をわざわざ俺に教えてくれた親父も馬鹿です。
その時から、両親とも軽蔑するようになりました。

「こりゃダメだ」と思ったのが、お袋にそれとなく浮気癖を非難した時。
「親の自由」とかぬかしてました。

はあ。

世の母親たちに言うけど、母親の浮気って洒落になりません。
家庭が崩壊します。

今の俺は、人間不信。
女も信用できません。

お袋には、罪悪感なんてないみたいです。
今でも平気な顔してます。
おつむのネジが一本抜けてんじゃないかと思います。

親、特に母親が馬鹿だと人間として自信も持てません。
母親ぐらいは、誇りに思いたいってのが人情です。

だらしない親父見てんのも嫌だし、天然のお袋もなあ。

昔は人妻の浮気なんて所詮他人事でしたから、
「パカな女(ひと)だなあ」のひと言で終わりでしたが、
わが事となるとかなり凹みます。

でも一応家族だから、こんな馬鹿親でもかかわって生きていかなきゃなんないんだよなあ。

俺には、結婚して子供もいながら浮気する人妻の気持ちがわかりません。
ばれたら、子供は確実に軽蔑しますよ?
そして、その軽蔑はたぶん一生続きますよ?

俺の経験上、そう言えます。
もちろん子供も無用の心の傷を背負います。

自分のしたことでもないのに。


2 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 04:22
>>1
その血を貴方も受け継いでいます

3 :あほ親の息子:2001/02/16(金) 04:23
>>2

だから、自信が持てないんだよ。

4 :あほ親の息子:2001/02/16(金) 04:29

お袋のことを知る前までは、お袋が俺の心の支えだった。
でも、その事実を知ったてからは俺の心の支えはない。
前はお袋が好きだったけど、今は好きになりたくもない。


5 :あほ親の息子:2001/02/16(金) 04:35

それから、このスレはコピぺ可です。
不倫に批判的な人は、2chを問わず不倫ごっこしてる人たちのHP、他のスレなどに貼っちゃっていいです。


6 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 04:38
>>2
血を受け継いでるから何?とか思っちゃうけど。
親見て育って反面教師で「絶対こうはなるまい」と思う人もいるよ。

7 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 04:41
私もそういう女は信用できない・・・。
そんな人が自分の親だったらと思うと・・
1に同情する。

8 :あほ親の息子:2001/02/16(金) 04:51
>>6

>親見て育って反面教師で「絶対こうはなるまい」と思う人もいるよ。
俺もそうです。
情の厚い女と普通の家庭を持つのが夢です。

>>7

親との関係は一生もんですから。
他人なら、さよならで済むんですけど。

9 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 04:52
親父は本当の親父なんだろうか...?

10 :あほ親の息子:2001/02/16(金) 05:04

>>9

本当の親父だと思います。
一応、顔は似てきてますし。

俺には兄弟がいるのですが、他の兄弟には正直疑念がないわけでもありません。
疑念のある兄弟のことですが、不憫です。

可哀想だなと思います。

でも、ネットっていいですね。
こういう形だから話せるんです。

俺は親父からお袋の事実を聞かされた時以来、ずっと我慢して黙ってきました。
兄弟にも親戚にも。

正直、母方の親戚が俺の家庭の事情も知らずに脳天気な顔してるの見るとむかつきます。

11 :あほ親の息子:2001/02/16(金) 05:37
しかし、この板で「不倫したい」だの「してる」だのって馬鹿スレ
立ててる連中見て思うんだけど、こいつら一体何考えてんのかなあ。
こういう馬鹿な大人見てるとむかつくよ。

12 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:25
私も父親が同じようなカスなんで、1さんの言ってることわかるよ。
他に子供の視点から不倫を見たスレあるから読んでみれば。
同じような境遇の人がたくさんいるよ。

それにしても、親になる資格の無い人間の多いこと、心底あきれます。

13 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:31
>「こりゃダメだ」と思ったのが、お袋にそれとなく浮気癖を非難した時。
「親の自由」とかぬかしてました。<

この「親の自由」って言い草は凄いね。
このスレにも主婦も恋をしていいとか抜かしているヴァカがいるけど
結局同じことなんだろうな。




14 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:45
>>11
エネルギーの無駄だよ

15 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:47
不倫する人間が悪い人とは言えない

16 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:52
>>15
浮気を全くしない男性を見ると「あいつ変わってるな」という印象をもつ。

17 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:55
女にとっては男はブランド品、一つじゃ満足できない

18 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:57
不倫している奴は日陰を歩けばいいのに、最近、さも「恋愛の
自由」なんて開き直っている奴らがいるから、腹が立つんだよ。
ましてや、HPや日記の公開なんて、人間の屑としか言いようが
ないよ。そういう奴等は逝っちゃって欲しいということだよな。

本当に
&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9617;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9617;&#9617;&#9618;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9618;
&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9617;&#9618;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9617;&#9617;&#9618;&#9617;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9618;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9618;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9618;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9617;&#9617;&#9618;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9619;&#9617;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9617;&#9618;&#9619;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9617;&#9617;&#9617;&#9618;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;
&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;&#9619;


19 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:58
他人が見てない所では野獣

20 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:59
>>14>>17
いくら正当化したって、子供からはものすごく軽蔑されるよ。

21 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 06:59
一度に二つ食べるのが癖なの

22 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:05
自分自身に嘘をつきたくない

23 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:06
自分の思いを否定することが罪だ

24 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:07
持てなかったら、浮気はしてないよ

25 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:13
>>1
貴方は女性に対して人格者か

26 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:14
動物には責任がない

27 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:17
本音で生きたい

28 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:18
本能のままにしたかったの

29 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:18
冒険心

30 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:19
青春が蘇る

31 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:41
不倫否定者の意見が出ると自分のことを言われている訳じゃないのに
実行者が現れるのは何故だろう?


32 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 07:52
やましいからだろ(藁>31
哀れな連中だよな、下半身の都合で一生ヤマシイんだぜ?

33 :1さんへ:2001/02/16(金) 08:22
貴重な人生、語ってくれてありがとう。あなたには目標ができました。妻を母親のような淋しい女にしない。頑張って良い家庭を築いてください。

34 :ななしさんです。:2001/02/16(金) 09:25
1さん
自分も父親がカスだったので、一生結婚しないと思っていました。
でも、結婚しました。
旦那様にも、父親がカスだったから男性不信な事を告白しました。
(結婚する気がなかったから)
旦那様は一人でお出かけすると、必ず逐一状況を知らせてくれて
(”用がすんだから帰る”とか”用はすんだけどどこどこへ寄ってくる”とか)
1時間で帰ると言うと必ず1時間で帰ってきます。
旦那様のお陰で男性不信がかなりましになりました。本当に感謝しています。
私自身が遊びに行く事については、かなり理解をしめしてくれています。
(別に細かく連絡しなくても良いらしい。)

結婚丸3年です。(交際7年)

1さんにもきっと良い人がみつかりますよ。



35 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:31
>>34

旦那さん、大切にしてね。
末永くお幸せに。
なんだかちょっと心が明るくなったわ。(笑)

36 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:35
悪い事だと分かってるし、罪悪感でいっぱいなのに
未だにきっぱりと別れきれないでいる不倫妻(母親)です。
ずるいけど、子供たちには一生真相は話さないで置こうと思います。
だから、旦那にバレた時点で終わりでしょうね。
子供に対する愛情と不倫相手に対する気持ち、全く別に動いてるんです。
だから、両方を目の前に付きつけられて
「どっちを取るの?どっちを捨てるの?」って言われるまで
終われないのかもしれないですね。

37 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:39
>>36
ダンナにばれるまでは続けようというのが既に甘えてる・・・
ばれる前にやめるくらいの根性持てよ。
子供は意外と気が付くもんだよ、舐めるんじゃない。

38 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:43
>>36
ダンナが子供に話したらどうするのさ?
私なんて、小学校2年生のときからさんざん親父の悪口(不倫の詳細)
聞かされて育った。
あんた最低。「お子さん」スレでもくらえ〜。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=furin&key=973364517


39 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:45
36>>37
そうなんですよね。
甘いんですよ。
今はなんとか距離を取って会わない様にしてるけど、
自分の中の「まだ続けたい」っていう気持ちと戦っている最中です。
もしかしたら、旦那には打ち明けた方が良いのかもしれない。
たとえ離婚になっても・・・

40 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:47
>>36
要するに、発覚したときにどうなるかとか想像できない人なんだな。
>>1を読んでも、バレたときのことがわからない?
子供に心底軽蔑された余生を送りたいなら、止めないけどさ。

41 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:50
バレ無い自信があるんだろうね。
それが不倫に向かわせてる。


42 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:51
いっそのこと、子供にも軽蔑された方が幸せなんじゃない?
子供捨てて不倫相手と一緒になれるじゃん。
産み逃げだね。(藁

43 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:53
>もしかしたら、旦那には打ち明けた方が良いのかもしれない。
>たとえ離婚になっても・・・
どこまで他人を傷つけたら気が済むのかね。
自分でとっととピリオド打って、墓場までもっていくのが筋だろ、この淫売。

44 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:55
家庭も大事、恋も大事。どっちかなんて選べない。
コレが不倫妻の心境よ。
いつかは戻ろうとハ思うんだけどさ…
子供の事は言わないでー
って、
こんなとこで弁解したってしょうがないのにね。
私もバカだわ。(藁

45 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:56
>44
その「いつか」が来た時に、ほんとに戻れるとよいね。(w

46 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 09:57
>>39

旦那に言うんじゃない!
今が中毒症状の一番辛い時なんだよ。きっと。
不倫相手とは会わないで頑張ってくれ!!
頼むから。

                 元不倫夫より


47 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 10:04
家庭が大事なのに不倫する妻って、ごく普通平凡な幸せを実感できない人なのよね。
失わないと分からないのよ。
36さん、離婚して子供の顔を見られない生活考えてみてよ。
子供が「ママ〜」って淋しがって泣く姿考えてみてよ。

48 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 10:33
私は子供がいないから気持ちはわからないけど、
男と違って女って自分の子供って可愛いでしょ?
特に子供が小さい頃は、子供にとっては母親が一番大事
のような気がする。
その子供を悲しませるようなことをする気持ちが
わからない・・・鬱になる。

49 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 10:39
ゴメンね。
私も不倫母だけど家庭と不倫を別々に上手く運営してる。
そりゃ罪悪感はあるけど、どっちもが上手く行っている以上
今のところはやめられない。
バランスが上手く取れなくなったらやめるかな?


50 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 10:44
自分でバランスが取れてないからやめようと判断できるほど
冷静でまともな状態だったら最初から不倫なんかしないんじゃないの?
こういうタイプは絶対あとになって
「ばれてしまったけど、どっちを選んだらいいのかわからない…」とかいう
バカなことを言い出すに5000バカフリン。

51 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 10:44
>49
罪悪感があるのは当たり前。無かったらおかしいよ。
今は上手くいってるかもしれないけど頭の中では
バレることも少しは考えているんでしょ?
もしもバレたときに子供を悲しませることになるよね。
それも仕方ないと思っているのでしょうか?

52 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 10:51
>1の言うこともわかる。
それだけ心に傷を負ってしまったのかもしれないね。
でもさ、いつまでも親を恨んでいてもしょうがないよ。
自分は親と違うんだから、親にされたことは教訓として
自分でやらなければいいだけのこと。
そうじゃない人もたくさんいるってことを分かって欲しい。
前に進まないと。幸せにならないと。


53 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 10:54
>>49
うまくいってるって、バレてないってだけでしょ?
「どっちかがうまくいかなくなった」時っていうのは
ダンナか子供にバレた時のことをいうんでしょ。
その時にはもう手遅れではないの?
良心がほんの少しでも残っているなら
バレてない今のうちにすっぱり止めることだね。
それができないようじゃ、たとえバレてもやめられないと思う。

54 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 11:01
>>49
ゴメンねとか、罪悪感があるとかいいつつ、実際は屁とも思ってない
んだよね。本当にそう思ってるんだったら、行動で示せるはず。

55 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 11:03
いや、人間なら多少は罪悪感もあるだろう。
けど自分の気持ちが優先なのさ。きっとね。
「ゴメンネ・・・でも好きなの・・・」ってなとこだろうよ(藁

56 :名無しさん:2001/02/16(金) 11:32
みんな、男の不倫にもそこまで厳しく言ってくれたらね〜
男の不倫には、まだまだ甘い出しょ。
男にも子供いるんだよ。

ところで、1さん、相手は既婚?未婚?

57 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 11:34
え?男にも言うよ。

58 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 11:36
でも男はあんまり本気にならないし。
女はすぐに本気になるから面倒。

59 :名無しさん:2001/02/16(金) 11:38
すいません、なんか話が通じるような通じないような・・
スレ違いでした〜。

60 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 11:39
父親だろうと、母親だろうと、子供に軽蔑されることには
変わりなし>珍満人

61 :名無しさん:2001/02/16(金) 11:39
56=59です

62 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 11:43
>子供に軽蔑される
いや、全ての人に軽蔑されませんか?

63 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 11:47
>62
と、信じたいところだが、この板に居るとあまりの価値観の違いに
驚くよ。

64 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 11:50
賞賛するのは逝っちゃってる珍満人だけ。
あとの大多数の人間は、口には出さなくても珍満人を
心の中で軽蔑している。

65 :俊文:2001/02/16(金) 13:51
1です。
たくさんのレス、どうもありがとうございます。
「あほ親の息子」ってHNは、少し過激だったかもしれませんので、「俊文」にかえます。

時間がないけど、少しだけレスさせてください。

浮気してる母親たちへ。

少なくとも子供には“絶対に”ばれないようにしてください。
本当に子供の心が一変しちゃいます。
俺がそうでした。

「知らぬが仏」という言葉があります。

俺もお袋の事情を知らなければ、今ごろ孝行息子になってたことでしょう。
それも、少し間抜けな話ですけど(笑)

でも、その方が幸せでした。

それと、旦那さんにも打ち明けない方がいいです。
旦那さん経由で子供に、ということも考えられます。

>>36

>子供に対する愛情と不倫相手に対する気持ち、全く別に動いてるんです。
その気持ちもわかります。
というか、そういう種類のひともいるんだなとわかりました。
俺は、お袋を通して女の「魔性」というもんを知りました。

だから、魔性を持つ女を否定はしないけど信用もしません。
もちろんお袋も信用しません。他の女もほとんど信用してません。

俺は、このスレで浮気をやめろと言う気はありません。
ただ、俺みたいな子供がひとりでも減ってほしいと本当に思ってます。

あなたの葛藤を知って、少し癒されました。
今まで、反省の「は」の字もないお袋のことしか知らなかったんで。
俺のお袋の中に少しでも反省の心が垣間見えれてれば、俺も少しは癒されてたのかもしれない。

これは、誰に対して言うわけじゃありませんが、あなたの子供、俺みたいにしたいですか?
俺みたいな子にしてもいいんなら、浮気すればいいでしょう。
ただ、ひと言だけ言います。

親を軽蔑しちゃった子は、不幸ですよ。

また来ます。

66 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 14:01
母親、父親、どちらが不倫をしようと
子供は知りたくは無いですよね。
私は父親から、不倫相手との情事を聞かされて切れた娘です。
軽蔑していますし、人の前で「父親の〜」と紹介して欲しくない。
むかつきますよ、この世に居なかったらいいと思いもします。
だから私の中では、親は母親一人だと思っています。
でも、年老いていく父親をほってもおけずに
距離をおきながら面倒も見ているけど、やっぱり腹が立つ。

67 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 14:08
おーい、不倫中の珍満ども66をよく読んどけよ。
人として最低の大ポカだなあ。
不倫中は勘違いが暴走するって見本のような話だ。

68 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 15:00
なんでだろうなぁ。やっぱり珍満人を軽蔑する。
ひましにやっぱり軽蔑の念が強くなるよ。
愛情は消え、軽蔑が残る。でも関係は続くんだよねぇ。
ヤだなぁ〜!
師んで欲しいって思うんだよね、最近。
そうすると現時点で関係は終わるでしょう?
そんなこと考えると先に自分が逝っちゃいそう〜。

69 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 15:12
アホ珍満人に読ませたいね>>65-66
でもアホだから読んでも受け入れられないんだろうな(ハァァ

70 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 15:22
アホ珍満人だけど子供はカワイイよ。
なんで止められないのかなあ・・・?
そこがアホなんだけど。
中毒なのかもしれない。

71 ::2001/02/16(金) 15:34
1の聞きたいことからズレてない?珍満人否定するだけなら、他のスレに行った方が良いよ。子供はいつでも親の犠牲だね。鏡なんて言葉言って欲しくないよ。あ、ちなみに私は珍満人じゃないからね。

72 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 15:34
目を覚ませ!しっかりせんかいっアホ珍満人70!

73 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 15:41
ふふぅ〜ん。子供も自分の人生のワキ役だもんね。
おまけに自分を無条件に愛してくれるもの(今んとこ)。
珍満人にとってはおいしいエサだよね。
子供がどうなろうとどう思おうと「それはアイツの人生だ、
アイツならなんとでもなる(できる)!」って感じかな?

74 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 15:46
鬼だな。>73
寝たきりになった時、捨てられるよ。(もっと前か)

75 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 16:03
>74
同意。
73のようなことを言っていた父親がネタきりになった今
子供は誰も面倒見ることはしない人を知っている。
もちろん妻も。頼みのツナの愛人にも途中で捨てられた。
人はその子供達をひとでなしだと言うが、
自業自得という言葉が存在するのがこの世だから。

76 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 16:29
このスレの現在進行中実行者の意見を見ると泣けてくる。
私の母親も本当の意味での罪悪感なんてなかったんだろうな。
今、愛人にも父にも捨てられ一人貧乏暮らししてます。
私は、稼ぎの中から時々援助してます。
「愛人に捨てられた時、死のうかと思ったけど、それはさすがにアンタ達がかわいそうだから」って
おいおいって感じだよ。
「結婚したのはアレだけど、子供産んだのは後悔してないよ」って、不倫した事こそ後悔してくれよ。

77 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 19:48
age

78 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 19:53
>>76
きついね・・・
せめて君には幸せになってもらいたい。いや、なれる。

79 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 20:05
なんかこのスレ読むと不倫実行者のイタさが際立つ・・(涙)

80 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 20:43
不倫なんて子供にとってはこの世で一番信用できるはずだった人の裏切りだもんね。
そんな人に裏切られたら一体誰を信用して生きていけばいいんだろう?って思うだろうよ。
人を信じて生きていけないことの辛さって、珍満人はわかってるのかなぁ?
わからなくてもわかろうとする努力くらいは欲しいもんだ。

81 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 20:57
まったくだね>80

82 :俊文:2001/02/16(金) 21:35
こんばんは。俊文です。

たくさんのレス、ありがとうございます。
すべてにレスできなくて、本当にすみません。

>>56

>ところで、1さん、相手は既婚?未婚?
複数います。
ひとりだけ身近な奴がいました。

そいつは近所に住んでた奴で、まだ子供だった俺にとって「近所の優しい
お兄ちゃん(と言っても、30前後の奴でしたが)」的存在でした。

ところが、ある日突然、そいつが引っ越すことになりました。
お袋との関係に気付いた親父に強引に引越しさせられたんです。

その引越しの日、なにも知らない俺がそいつん家の前で遊んでると、
そいつ、俺に「〇〇、ごめんな」とひと言ポツリと言いました。
その時は意味がわかりませんでしたが、お袋との浮気を詫びてたんですね。

その後、高校に入ってしばらくのころ、その浮気のことで親父に連れられて
そいつを強請りに行ったことがあります。
俺は職場からそいつを連れて来役でしたが、右手に石を握ってたことを憶えています。

なんかあったら、ぶん殴ってやろうと思ってました。
でも、久しぶりに会ったそいつは、猫背で情けない男でしたよ。

親が馬鹿だと、こんな再会もあるんです。

83 :かば:2001/02/16(金) 21:45
じゃあ、父親の浮気は?父の浮気が、キズになったって人、いる?
うちの旦那は、ネット浮気しようとした。寸前でばれて、未遂に終わったけど、人妻と
メール交換の延長のほんのカルーイ遊び、のつもりらしい。
そっちは軽い気持ちでも、されたこっちは、たまらない。
私も、子供も、なめられていた。
例の、福岡の判事の妻も、小学生の子が三人いたそうだ。
彼女の子どもは、一生、深い傷と、不信感を背負う。

84 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 21:58
俺の祖父、愛人がいるけど自慢出来きるよ
父はその影響か、酒もたばこもギャンブルも女もしない真面目男
情けなくみえるよ

85 :俊文:2001/02/16(金) 21:59

>>83

>じゃあ、父親の浮気は?父の浮気が、キズになったって人、いる?
父親の浮気も同罪だと思います。

俺は親父の浮気の経験はありませんからわかりません(知らないだけかもしれません)が、
父親もマジになっちゃったら、やっぱり家庭は崩壊するでしょう。

小学校のころ、友だちの家にそれっぽい家がありました。
遊びに行くと、そこの母親が妙に挙動不信の気があって、
今考えてみると、少しノイローゼぎみだったんじゃないかなと思います。

突然、母親と友だちが取っ組み合いの喧嘩をしはじめるような、
どこかギクシャクした雰囲気のある家庭でしたね。

父親がマジになってもならなくても、子供が傷つく場合はあります。
特に女性はそうなんじゃないでしょうか。

父親好きだった女性なら、なおさらじゃないかと思います。

86 :俊文:2001/02/16(金) 22:01

>>83

旦那さんに、このスレ見せてあげたらどうですか。

>>84

自慢してください。

87 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 22:12
>>1
私も不倫母ですから言えた義理じゃないんですけど、、、
1さんのお父さんの行動、かなり問題アリじゃないですか?
不倫相手に文句言いに行くとか別れさせるのはもちろんでしょうが、
お母様とは話し合っておられるのでしょうか?
そして、話し合っているとしたら
その結果が出ていないのはどう言う事なのでしょう?
お母様は今も不倫を続けていらっしゃるのですよね?
お父様は何故離婚されないのですか?

88 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 22:15
>>87
そーいうことは自分の亭主に聞けば?

89 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 22:16
>>87
私は1さんではありませんが質問させて下さい。(煽りじゃないです)

あなたはご主人と話し合っていないのですか?
あなたの不倫はご主人に問題があってのことですか?


90 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 22:25
87いわく、
「私の旦那さんは、まさか私が不倫しているなんて
思ってもいないだろうな」
だって

91 :87:2001/02/16(金) 22:30
今は不倫していません。
主人と話し合ってやめる事が出来たので。
だからこそ、1さんのお父様の事が気になるのですが。

92 :俊文:2001/02/16(金) 22:34

>>87

今は離婚してます。

お袋とは話し会って、数年前までは子供のことを考えて(苦笑)ひとつ屋根の下で暮らしてました。
お袋の浮気癖は反省以前の問題だし(本能なのかもしれません。俺には理解できませんが)、
それなりにばれないようにやってたみたいなので、親父も見て見ぬふりをしてたみたいです。

でも、昔は結構豪気だった親父が男の誇りをすっかり失って、アル中みたいになっちまって、
怒鳴ったり愚痴ばかりたれてどうしようもないので、悪いけど出てってもらいました。
酷と言えば酷な話です。
でも、それで(お袋の浮気を抜かせば)、一応家庭の平穏が保たれました。

俺は、お袋の方に籍を入れました。
うるさくないから。

俺は、そのずっと前から家を出ています。
今は、お袋から連絡も来ません。
俺も連絡しません。

今、お袋は別の男とつきあってます。
でも、もう浮気ではありません。

93 :87:2001/02/16(金) 22:40
>>92
そうでしたか。
言い難いことを聞いてしまってごめんなさい。
私の場合主人が全て許してくれて子供にも伝えなかったし、
あなたの場合とは状況が違うのでなんとも言えませんが、
ご両親はあなたのことを邪険に扱っていませんか?
それが心配です。

94 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 22:41
ごめん。
スレ違い承知で質問させて<1さん

旦那に浮気されての離婚母なんだけど、
母親の恋愛や再婚ってどう考えます?

すいません。

95 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 22:45
>>94

ゴメン、横レスだけど…
1の母親はある意味特殊な人物。
あなたのような人の参考にはならないと思うよ。
このスレ全部読んでごらん。

96 :94:2001/02/16(金) 22:47
>>95
全部読んで質問してみたけど、
そうか、特殊だからだめですかね・・・。

ありがたう。

97 :俊文:2001/02/16(金) 22:48

>>93

賢明なご主人ですね。
感服します。

親父とは連絡は取ってません。
お袋とは、お互い相手にしてません。

お袋は自分のことが嫌いな息子は嫌なんでしょうね。
親戚の結婚式すら伝えてくれません。
だから、出席できませんでした。

親戚から見ると俺は、付き合いの悪いガキって評価みたいです。

それでもいいです。

98 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 22:52
66です。
現在不倫をされている方に言いたいです。
父から本当のことを聞かされるまでは、中学生の頃には気が付いていたけれど
自分の中で信じたくない一心で否定し続けてきました。
でも私が結婚をして子供が産まれた頃に
「お前にも子供が生まれ親としての責任が・・・」と言う話から始まり
「取引先の○○さん・・・」父の事業を手伝っている私は
書類提出のために、毎週会っていた女性の社長だった。
憎しみと同時に殺意に変わり掛けてきたから、父から離れました。
私も子供も居ますから、自分の感情だけで手を掛けそうな自分を必死で押さえた。
あなた達不倫実行者に何が分かりますか?
子供の苦しみなんて分かるはずはないですよ。
何が恋愛と子供への愛情は別だとか、比べられないなどと簡単に言うの?
心の葛藤するんだったら、不倫を止める方へ回してみたらどうですか・・・
一度しか無い人生だからとか言うのも言い訳だと思う。
子供の愛くるしい時期や、親を必要とする時期はあっという間なんですよ。
その大事な時期に不倫しながら家族とも上手くいっているとか
愛しているけど夫(妻)も不倫相手も選べれないとか
不倫HPを見ていても腹が立つ。
子供の苦しみを知らない親も不幸だと思う。
人として許せない、親である資格など無いと思っています。

99 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/16(金) 23:57
不倫実行者の言い訳は〜♪

100 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 00:14
俊文さんへ
子供の身にもなってよ のスレにもいたのですが、やっぱり母親の愛情って
いうのは無限な物ですよね。それなのに子育て中、他の男性にも愛情が逝っていた
というのはショックですよね。私も小学生の頃から母親が浮気を繰り返してました。
友達の家とか、旦那の実家とかに行くとその母親の子供に対する接し方が過保護だな
と思ってしまうのですが、それは私が母親からすべての愛情を注がれてなかったから
そう感じてしまうのか、とか思ってしまいます。今、私自身子育て中なのですが
お手本でもある自分の家庭環境がこんなにへんてこりんだったのでどういう
家庭を築いていけばいいのか分かりません。
ちなみに私の一番ショックだったことは、母親が避妊として、お腹にリングを
入れていたことでした。

101 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 00:29
>恋愛と子供への愛情は別
そうやって自分に言い聞かせることで罪悪感から逃れようとしてるんだよ。
思ってもいないこと平気で言って平気で人を傷つけられる人種だよ。>珍満ちゃん

102 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 00:32
でも、恋愛と子供への感情が一緒だったら
こんなに不倫は蔓延しないでしょうね。

103 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 00:39
不倫は感情というより、現実逃避だろ

104 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 00:55
何を言っても、言われても、
不倫実行者は自分で痛い目に会うか、
自分から考えを変えるまでは止められません。
第3者が何を言おうと無理。

105 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 01:03
言われて気付き始める珍満人もいるからなんとも言えないな、それは。>104


106 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 01:52
私の母は癌で5年間の闘病生活を送っていました。
父は会社を経営しているため、多忙で毎日病院に顔を出すという事が
出来ない状態でした。病院は完全看護ということでしたが
洗濯や身の回りの世話、何より母が1人で死を迎える恐怖を
紛らわせるために人恋しがるので、私が毎日母の看護に通っていました。
そんな状態の中では、普通に勤めることは無理でしたので
午前中は病院に、昼からは父の会社で秘書のような仕事を、
そして就業から面会時間終了までは、また病院という生活をしていました。
そんなある日のことです。父が「今日の接待にはお前も来てくれ」と
言うので、母には申し訳なかったのですが”仕事ならば仕方が無い”と
父と出掛けると接待先の社長さんと部下の方、それに女性が二人。
”??”と思っている私に父は「○○さん(相手の会社の方)に
話の内容を伝えてくれ」と言うと、私達の存在が消えてしまったかのように
4人の世界に入っていってしまいました。
訳が解らなかった私は思わず、相手の社員の方に
「どういう関係なのでしょう?」と尋ねると
社員の方は「うちの社長とおたくの社長の女ですよ」と
私が娘であることを知らないせいか、さらっと答えてくれました。

母が苦しんでる時に・・・

母は亡くなる直前まで「今日もお父さんは忙しくて
来てくれないの?・・・仕事ならしょうがないね・・・」と・・・。

私は今でも父を許すことができません。


107 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 02:18
>>106
あなたのお父さんなので申し訳ないですが、
クズですね。本当に人間なのか疑ってしまう。
思わず涙が出てきました。自分のことじゃないのに。

あなたには本当に幸せになって貰いたいです。
ごめん、いい言葉見つからないや。

108 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 02:40
>106
似たような境遇で胸が痛いです。
病気の母の看病をしている私にとって
忙しいと言いつつ不倫している父の事は許せない。
幸せになりたいのに、私はその道を経たれそうな毎日です。


109 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 02:42
>108
あー感じ間違った。

110 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 02:51
>106
私も読んでいて涙が出てきました。
お父さんはお母さんのことを愛していると思います。
妻が病気に倒れている時、他の女を作る話はよく聞きますが、それは
現実逃避である場合が多いのです。妻がこの世からいなくなる、その
現実を直視するのが怖いだけなんです。男ってこういう時すごく弱い
ですからね・・・・。子供っぽいと言うか、バカと言うか・・・。
で、本当に妻を失ってしまってはじめて後悔するんです。そこで娘
からも責められたりしたら、それこそ立つ瀬がないでしょうね・・・。
お父さんにそんな思いをさせたくないと思うのなら、あなたから一言
言って上げてもいいかもしれません。でももうこんなオヤジ嫌だ・・と
思っているのなら、黙ってそのまま軽蔑するのもありです。
何はともあれ、あなたはあなたで幸せになれば良いし、お母さんは
最愛の娘に見守られながら病気と戦って、真実を知らずに過ごしていく、
というのが良いのかもしれませんね。

111 :106:2001/02/17(土) 03:56
>107さん、109さん、110さん
レスありがとうございます。

>>110
>それは 現実逃避である場合が多いのです。
うちの場合はそうじゃなかったみたいです。
母が亡くなった後、その女性は父の会社の下請会社の
事務員として働くようになりました。
勿論、父の紹介があったと思います。
その女性が「通勤用の車が欲しい」と言えば
買い与えていましたし。

>最愛の娘に見守られながら病気と戦って、真実を知らずに過ごしていく、
というのが良いのかもしれませんね。

母が亡くなった後、病室で私物の整理をしていたら
母が入院中にずっとつけていた日記が出てきました。
毎日、毎日「恐い」「助けて」
そして「××さん(父の名前)傍に居て欲しい」の連続でした。
毎日、顔を出していた私の事は、思い出したように
時々「今日△△が来てくれた」と書かれているだけで
どのページにも父の名前が書き綴られていました。
いい年をしたおばさんが・・・と思われる方もいるかも知れませんが
私はそれを見た時”ああ・・・本当に傍に居て欲しかったのは
やはり父なんだ・・・。子供の前では気丈に振舞わなければ
ならないと母は思っていたのかもしれない。
母は父の胸で恐怖や不安、思いのたけをぶつけて
泣きたかったんだろうな・・・”と本当に切なくなりました。

上手くお話出来ませんが、やはり父は許せません。

長文失礼致しました。おやすみなさい。




112 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 04:13
106さんの辛すぎ…いまは106さんは幸せなのかな?
そうであってほしい。

113 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 05:01
>>106
107です。
ごめん、また泣けてきた。
お母さんの気持ち考えたらやるせないよ。
本当に辛くて苦しくて怖くて仕方ない時に自分の傍にいてくれない夫。
お母さんはどういう気持ちで逝かれたのだろう・・・
考えれば考えるほど胸が締め付けられる。
そしてそのお母さんの思いを知ってしまったあなたの苦しさ。
お父さんを許せない気持ち、私でも判る。
許す必要はないと思う。
許せたらどれだけ楽になれるかとも思うけど、
でもお母さんの気持ちを考えたら許せないよね。

子供が親に慰謝料請求って出来ないのかな?
1さんや106さんのレス読んでると、
親の不倫で子供が一体どれだけ傷付けられているのか、
世間の不倫してる親はもっともっと今以上に考えるべきだと思う。
考えられるのなら不倫なんてしないだろうけど、
でもここのスレ読んで考えを変える人がいればそれに越したことはない。

114 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 05:43
>>107さん
もちろん出来ますよ。
本当はお母様が請求したほうが良いんでしょうが、
出来ないなら107さんが代理で請求する事は出来ます。
頑張って下さいね。

115 :俊文:2001/02/17(土) 10:04
おはようございます。俊文です。

書き込みをしてくださってる方々、本当にありがとうございます。
あまり時間もないので、例によって少しだけ言わせてください。

ここに書き込まないで、ロムだけしてる浮気母もいることと思います。
もちろん書き込みしてる浮気母も含めてですが、今までの俺の話はあなたたちに対するものなんです。

俺の話を読んで同情する人もいるでしょうが、俺ははじめから同情は期待してませんでした。
同情がなんの役にもたたないのは、とっくに経験済みです。
愚痴ってる気持ちもありません。

支障のない範囲で、ただ淡々と俺の体験を話してるつもりです。
ここでは話しませんが正直、お袋の浮気以外にも複雑な家庭の事情もあり、俺の性格はちょっと複雑です。

感性が麻痺しちまってる部分もあります。
これは、お袋の浮気が原因です。

お袋の事実を知らされた高校時代のある時期から、俺の良心はどっかにすっ飛んじまってます。
そして、そんな人と親子として関わってるうちに、だんだんと人間として大事なもんを失っていきました。

親も信用できないもんにとって、道徳だの良心だの言われてもピンと来ないです。
一応、他人と関わってく上で必要なんで、普通の人間のふりをしてます。

だから、あなたの浮気もなんとも思ってません。
「勝手にやってくれ」と思ってます。
「口ぬぐってりゃわかんねえだろ」って思ってます。

「改心してくれ」なんて野暮なことは、はじめから言う気はないんです。

俺は、あなたに向けて話してますが、あなたのために話してはいません。
あなたの子供のために話してます。

いいですか?
俺にとっては赤の他人の、あなたの子供のためにです。

俺ん中に良心があるんなら、それは「他の子には、俺みたいな気持ちを味あわせたくない」
それだけです。

そして、もう一度言います。
今日、子供が家に帰って来たらその子の顔をじっくり見てやってください。
そして、俺の言葉を思い出してください。

あなたの子供、俺みたいにさせたいですか?

116 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 10:59
>>115

1つだけ言わせてね。
キツイかもしれないけど、
これからの自分の人生の全てを、自分の性格悪いところの全てを
母親の浮気のせいにしてはダメよ。
「母親が浮気性で家庭が崩壊してたから」
それはもちろんあなたの人生に大きな影響を与えたでしょうが、
そのことに甘えて欲しくないです。
傷心のあなたには心無い言葉かとも思いますが、
これからの方が大事なのですよ。
どうか、その事、心の中に留め置いてくださいね。

あなたのお幸せを祈っています。


117 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 11:04
不倫してる母親は、我が子が傷つく姿を目の当たりにしないとやめられないかもね。
傷つく姿を見ても止められない人も居るけど、そういう母親って、母親になりきれなくて
母親の部分より女の部分の方が勝ってるんだと思う。
母性が弱いのかも。

118 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 11:12
親の不倫で苦しかったから、自分が結婚したときには
絶対に努力して幸せになろうと努力している人と
結局親の悪い見本を見ながら育って来て、不倫だけは避けようとしていたのに
不倫してみて親の気持ちも分かったとか言う人もいるし
子供に対する影響力も親としての責任=子供は宝物を
守る、育てる、親としても一緒に成長する事を怠っていると思う。

119 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 11:19
私が中学・高校の頃、父は不倫していました。
いつも母と喧嘩していた。家には寝に帰ってくるような
ものでした。家の中は嫌な空気が漂っていた。
父親を恨んだし、それでもなお父にすがっている母にも
嫌悪感を覚えました。微妙な年頃だった私も傷ついた。
しかし今では私も珍満人として生きています。
された側の苦しみを目の当たりにしているのに
今、何故自分が同じことをしているのか・・・
自分でも不思議でなりません。でも終わりにできない。
私はきっと地獄に落ちますね。


120 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 11:21
子供に悟られないうちにヤメナキャね。
母というか人間として。

121 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 11:24
親の不倫が子供に多大なる悪影響を与えるのは事実。
でも、子供が「こうなったのは親の不倫のせいだ」って
思いながら人生を生きるのは、
なんだかちょっと違う気がする。
ちなみにわたしも別の事情で同じように親のせいにして
生きてきたけど、
そろそろそういうのもなぁ・・・って思い始めた。
みんな、がんばろう。

122 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 11:27
>あなたの子供、俺みたいにさせたいですか?

不倫している母親を改心させる為じゃなかったら
自分の恨みを世の中の不倫母にぶつけたいの?
こんなところに書いてないで自分の母親にぶつけたらどうでしょう?
あなたの苦しみはここに書いても解決されないし、
あなたも書いていて悲しくなりません?
他人の家庭や子供を心配している場合では無いような気がするんですけど…


123 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 11:38
1は、母親の不倫がいかに子供を傷つけるかについて語ることによって、
そういうことをしている人に、是非気づいて欲しい。って
うながしてるだけだよ。
「母親は、不倫なんてしてる場合じゃない。」ってだけ。
論点を摩り替えて1を責めてもどうにもならないよ。


124 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 11:40
責めてるって122の事?
なんか、私も1のレス見るたびに
一自身の現状が心配になるんだけど、
122も心配してるんじゃないのかな?

125 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 20:57
>>106>>111に涙age

かなり特殊な話だとは思うけど
不倫してる奴等はしっかり読みなさい。

126 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 21:30
>106=111さん
幸せになりなよ。 それっきゃ言葉が見つからない、ごめん。

127 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 21:45
俺は1が未だに(何歳か知らないが)
自分が自分を好きになれない、つうか大事に出来ない、
ちょっと自暴自棄みたいなとこが
ソーシャルであるんでは、と心配してしまう。
浮気三昧だった親の血をひいてる自分自身への嫌悪感は
俺も吹っ切るのには結構時間かかったよ。

まずは自分自身を大事にしろよ。1さん。
あと、世の中はそんな女ばかりじゃねえぞ。
まだまだ捨てたもんじゃない。

128 :俊文:2001/02/17(土) 22:04
こんばんは。俊文です。

今回のレスは長いですが、最後に刺激の強いことが記述してあります。
いやな人は、読まないでください。
その記述は、下の122さんへのレスとは別のもんです。

下は122さんへのレスですが、レスを読んだら122さんもその記述を目にすることに
なりますので、いやなら122さんも俺のレスはひらかない方がいいです。

その点、ご了承ください。

>>122

>不倫している母親を改心させる為じゃなかったら
>自分の恨みを世の中の不倫母にぶつけたいの?

いいえ。

俺みたいな思いを他の子に味あわせたくない。
ただ、それだけです。

でも、子は親を選べません。
これは、どうしようもありません。

俺は、どんな親を持つかはその子の運、というか運命だと考えてます。
世の浮気母に対しては、一種のあきらめに近い感情を持ってます。

人のみちを外しちゃった人に人のみちを説く気は、俺にはありません。
それに前にも言いましたが、俺自身、道徳とか良心とか笑っちゃってるところもあります。

だから俺の救いのない話を読んで、浮気をやめるかやめないかは、浮気母自身が考えてくれって思ってます。
俺が、どうこう言うことじゃありません。

俺の言葉で浮気をやめれば、その浮気母の子はいい親を持ったってことです。

やめなければ、その子供はスカをつかんじまったってことです。

「仕方がないね。
 それが、あんたの母親です。」

もはや俺には、それしか言えません。

>こんなところに書いてないで自分の母親にぶつけたらどうでしょう?

とっくにぶつけました。

あまりに平気な顔をしてるので、ある日反省してるのか聞いたことがあります。
そうしたら、「なんで親にそんなこと言えるの?」と逆に大泣きされてしまいました。

それから親父が壊れて愚痴ばかりたれてたので、兄弟もお袋のことを気付いてたみたいで、
お袋の言うことを聞かないで、好き勝手やってた時期があったんですけど、お袋いわく

「子供たち、なんでこうなっちゃうの?私なにも悪いことしてないよ?」
って、俺に愚痴っていました。

「宇宙人」なんですよ。
あきらめるしかないでしょう。

>あなたの苦しみはここに書いても解決されないし、
>あなたも書いていて悲しくなりません?
>他人の家庭や子供を心配している場合では無いような気がするんですけど…

悲しんだ時期は、とっくに過ぎてます。
今は、もうあきらめだけです。

精神的には堕ちるとこまで堕ちました。
後は、もしいずれ光が見い出せる時が来るのなら、
その時まで闇の中を生きるのみです。

それから、

>>100

>ちなみに私の一番ショックだったことは、母親が避妊として、お腹にリングを
>入れていたことでした。

今朝、あなたのレス読んで話そうか話すまいか迷ったけど話します。

俺の馬鹿母は、俺が世話にってたサド医者に剃毛されてました。

俺の話しには、救いがありません。
話せば話すほど、おぞましい方向に行きます。

いやな人は、もうこのスレ読まないでください。
ただ、不倫ごっこしてる奴らのHPとかスレにはバンバン貼ってやってください。

で、不倫ごっこしてる奴らに言いたいんだけど、

俺は、変態の子です。
おまえら、ガキ傷つけてんの、わかってんのか?

129 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 22:55
親が不倫している子供は、自分の存在価値が
消え失せてしまいそうで恐かったりする。
私は父親の不倫相手との間に出来た子供で、
愛人生活を送るつもりもあったようですが
父と血の繋がらない私を、母の元に連れてきた。
実の子どもと分け隔てなく育ててくれた母親には感謝しているけど
愛人の子として生を受けたことを知った私は
死のうと思ったこともあった。
でも育ての母は私にとってはかけがいのない存在です。
父だけは許せないけれど、愛人の子供として命を授けるような
馬鹿なことだけは止めてもらいたい。
育ての母は暖かい人だけれど、もし違っていたらと思うと恐いです。

130 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 23:23
1(俊文)さんへ
不倫とは違う形で親から虐待を受けた者です。
ここに自分の辿った道をレスさせてもらっていいでしょうか?
親を憎み、のたうち回った所等々、何か感じるモノがあるかもしれません。


131 :俊文:2001/02/17(土) 23:49

>>130

どうぞ。

他の方にも言いますが、どんなレス書き込んでもいいですよ。

浮気してる人、してない人、全然関係ない人、問いません。
好きなこと書き込んでください。


132 :俊文:2001/02/17(土) 23:51

ただ、俺以外のマジレスしてる人たちへの冷やかし、誹謗・中傷は厳禁です。

133 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/17(土) 23:59
1って何でこんなに執拗に「不倫”母”」って
女の不倫だけが絶対悪みたいにこだわってるんだろう?
1が母親の浮気癖に辛い思いをしたのは分かるけど
他の人の経験談のレスは父親だったりして
何も母親(女)の不倫だけを責めることはないと思うのだけど。
何か1のレスって男のご都合主義とマザコンの部分とで
構成されてるようで見ていて不愉快。
不倫否定者としては「母親」に限定せず
「親の不倫」として発言して欲しいと思うのだが。

134 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 00:00

すまそ。
「浮気”母”」だった。

135 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 00:09
1のお母さんって特殊だと思う。(ゴメンね)
罪悪感も全くないし子供にバレても平気。
「私はそうじゃないわ」って思う不倫母には
参考にならないでしょ?

136 :俊文:2001/02/18(日) 00:18

>>133

マザコンじゃないけど、子供のころは母親への思慕の念は人一倍強かったような気がします。
中学のころまでは、夜台所まで行って夕飯を作ってる母親にその日の出来事を話すような子でした。

浮気母のことばかり言ってるのは、俺にはその経験しかないからです。
レス見てると父親の浮気も子供を深く傷つけてるのがわかります。

できれば、父親の浮気で傷ついた子供の体験談、もっと書き込んでほしいです。
そして、このスレがどんどん浮気親父の目に留まればいいと思います。

しかし、他のスレ見てると男の浮気って本当に軽い気持ちなのが多いですね。
そして、無神経。


137 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 00:18
1さんだけではなくて、父親よりは母親の愛情は絶大的ですよ。
父親よりもずっと長い間接っしてきた時間が長いほど
裏切られたり、不倫というものを見せつけられて
自分を一生懸命頑張らせて耐えてきたからだと思うけど。
ここまで至るには必死だったと思うけどな・・・
ごめん1さん、不愉快だったらすみません。

138 :130:2001/02/18(日) 00:18
>1さん 有り難うございます。>>132 の条件、必ず守ります。

私の両親は不倫はしていませんでした。しかし、非常に不仲でした。

話を、私が母の胎内にいた頃からにしましょうか。
母の胎内にいたとき、父は母を階段から蹴り落としました。
そして、私が生まれたとき、両親・親族の誰一人、喜ぶ者はいませんでした。
生まれて一番最初に私が母から聞かされたことが、この2つ。

その後、何度も何度も徹底的に刷り込むように聞かされました。
「お前が生まれてだ〜〜〜れも喜ばなかったのよ。
それどころか、生まれる前には、階段から蹴り落とされたのよ。」と。

こんな事をやっと人の話が聞けるようになったばかりの子供に言う
母もどうかと思うし、例え言ったとしても
「それでも私だけは生まれて嬉しかった」と言ってくれたら、
どんなにか救われたでしょうね。
母は「こんなに私は不幸なのよ」と私にぶつけたかったのです。
私がどんな気持ちでその言葉を受け取るか、意識になかったのでしょう。
「私は生まれてはいけない人間なんだ」と
人生最初に親から消えない焼き印を押された様なものでした。



139 :俊文:2001/02/18(日) 00:35

>>135

俺も、そう思います。
けど、普通の浮気でも傷つく子多いんじゃないかと思いますよ。

「親の浮気されて悩んでる」なんて身近の大人に簡単に相談できないだろうし、
結局、ひとりで苦しんでる子、多いんじゃないかな。

子供だって、外出りゃいろいろあるんですよ。
せめて、家ぐらいは心休まるところであって欲しいです。

>>137

不愉快じゃありません。

精神的には、いつもいっぱいいっぱいでした。
高校時代は、虚ろな目をして下向いて歩いてました。
クラスの人たちが陽気にはしゃいでるのを、はたから冷めた目で見てるような子でした。

当時を思い出すと、切なくなります。
そのころに戻って、当時の俺を抱きしめてやりたくなります。

今の中高生には、そんな目に味わせたくない。
のびのびと青春を謳歌して欲しいです。

中高生って、すごくみずみずしい感性を持つ時期なんですよ。
そういう感性を大事にしてやりたいです。


140 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 00:42
133じゃないけれど横レス失礼します。
130さん、お話の途中だとは思うけどごめんなさい。
>>137さん
>父親よりは母親の愛情は絶大的ですよ。
この部分が引っ掛かったのですが、、、
こういう決め付けた発言は、差別や苛めを誘発すると思います。
現に私のように父親に育てられた者としては
軽く聞き流せないものがあります。
私自身、父からは沢山の愛情を受けて育ったという
自負を持っておりますし、何の負い目もありません。
世の中には様々な家庭があると思います。
それを1つだけの形の尺度に当てはめて
決め付けて貰いたくはありません。
それだけはご理解して頂きたいです。

141 :130:2001/02/18(日) 00:44
その後・・・
記憶のある4才からずっと両親の喧嘩ばかり見てきました。

父は仕事以外趣味もなく、人付き合い、話し下手。
(そのせいもあってか)短気でかっとなったら手が出る人でした。オマケに酒に飲まれるタイプ。
母は父の機嫌がわざわざ悪くなるようなことしか話せないし、すぐに泣き叫ぶタイプ。
(まあ、誰に対してもそんな人でしたが・・・)

酒の入った父が怒りを爆発させて母を殴る(時には食卓のイスで)、
家中のモノを壊してまわる、怒鳴る、母がヒステリックに挑発するように泣き叫ぶ。
怖かったです。部屋の隅で怯えて震えるしか、ありませんでした。

これが私の記憶にある家庭の光景です。一家穏やかに過ごした記憶はありません。
(何処かに出かけても、何かに付け母の嫌みの連続で喧嘩に。外出を楽しむことなど出来ませんでした。)

142 :俊文:2001/02/18(日) 00:44

>>138

いいえ。

>>132の条件は、あなたに言ったもんじゃないんですよ。

これから、好きなこと書き込もうとしてる人たちへの言葉です。
こういうところですから、無責任な書き込みをする人がいないとも限りませんしね。

143 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 00:56
>140
ごめんなさいね、不愉快にさせてしまって。
両者揃った場合の事を言ったまでで、私の友人も
幼い頃から、不倫が理由・・・男と夜逃げ・・・
父親に育てられて、今現在結婚もして幸せに暮らしていますが
愛情は人一倍受けて育ててくれたと聞きました。
親子ではあるけれど、何でも話せる人生の先輩と言ってましたし
偏った言い方に聞こえてしまって申し訳なかったです。
ごめんなさいね。

144 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 01:00
父親の不倫より、母親の不倫が許せない理由は、
多分、母親と過ごす時間のほうが多いし、愛情を感じることが
多いからだと思います。
主夫をしている家なら、逆なのかもしれない。

145 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 01:03
>137
って、遠回しに「男の浮気はしょうがない」って
言ってるよなもんだね。
子供にとっちゃ浮気してるのが
母親だろうと父親だろうと付く傷は同じなのにね。
深く傷を背負った子供の傷の深さを
「母親が原因だからあの子の方が深いわ」なんて
比べるものなの?
子供だって立派な人間なんだから
子供によって感受性だって様々なはずだよ。
男の浮気を容認するから相手として女がいるんでしょ。
片方を認めて片方を認めないなんて理論上不可能。
倫理的にも不道徳。これは男だから女だからってことじゃないよ。

146 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 01:10
>145
男であれ女であれ、不道徳に決まってます。
遠回しに「男の浮気はしょうがない」って 聞こえましたか?
文才のない私のせいなのか・・・
私も父親で苦しみ続けて、現在も戦っておりますが
いなくなって欲しいと思うばかり・・・でも親なんですよねー


147 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 01:11
140です。
137=143さん
ありがとうございます。

148 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 01:12
100です。
>俺の馬鹿母は、俺が世話にってたサド医者に剃毛されてました
なんと言って表せたらいいのか、言葉が見つかりません。
ごめんなさい。
やはり、自分を産んだ母親を完全否定するのは自分自身のことも
醜いものから生まれた存在として認識してしまうので怖いです。
そして何より、母親が自分達(子供)だけを見ているということを
ずーっと信じて育ってきたので、その気持ちを裏切られたくなかった。
133さんの言うとおり少々マザコン気味と思われるかもしれないけど、
私の場合父親の浮気は母親ほどショックではありませんでした。
家事をする母親の姿がすべてニセモノ(愛情のない)に見えてきたのです。

130さんへ
私も母親から誕生には否定的な言葉を言われたことがありました。
でも自分が生まれたのは何か意味があるのではないか?と考える様に
しています。産まなきゃ良かったじゃん!と言っても自分が一番可愛そうと
思っている母親だったので意味が無かったです。


149 :130:2001/02/18(日) 01:13
少しずつ書きますので、構わず他の話を進めてください。(私も参加したいのですが、話がとっちらかるので、今は自粛します)

子供は私一人なので、母が父から受けた暴力の余波はすべて私に集中しました。

2,3才の頃発疹と高熱が出ましたが、放置されました。
5才の頃、床の雑巾がけで足を滑らせて、強く頭をコンクリートのたたきの角にぶつけて
意識不明になりましたが、やはり医師にも見せず、放置されました。

食事も適切なものを与えない時期もありました。(食も細かったため?)
また、食事中にその時の母の気分で小言の連続。同じ事を1週間以上、毎日言うことなど当たり前。
食事が砂を噛むようで、胸につかえて食べられませんでした。

しつけと称して母は布団叩き等棒状のモノで、目の前に正座させた私を殴りました。
殴るときも、殴るふりをしたりで、私が怯えて身体を庇おうとするのを見て
「何、それ?何のつもり?」と言いながら不気味なニヤニヤ笑いをして母が有る意味楽しんでいたことは
小学3年生くらいになれば、イヤでも分かりました。

母に例えば「右を向け」と言われてそうすると、それが「気に入らない」と罵声が飛ぶ。
何をどうして良いか分からず、びくびく、如何に母に嫌われないようにするかに必死でした。
何しろ私は「生まれてきてはいけない子」で、母親から疎まれきっていましたから。

これらは大方、父の見えないところで繰り返されました。
見つかると、母は父に殴られるからです。

150 :130:2001/02/18(日) 01:38
母からの肉体的被害は小学生くらいで収まりましたが、
その分精神的な追い込みは年々キツイものになっていきました。

「生きていてすみません」そう思いながらのスタートを切った私は
せめて親の役に立とう、親にとってイイコであろうと必死でした。

両親の泣きさびながらの喧嘩に割って入って、泣きながら母の涙を拭い
(この時の母は自分の涙、”可哀想な自分”に酔っていましたね)、父を抑え、
酒に酔って家に帰られなくなった父を、深夜、度々近くまで迎えに行きました。
(母は絶対に行かない。中高生の娘を深夜、一人で行かせる危険を知りながら)

高校、大学進学もすべて母の希望に添うように、心身すり減らして頑張りました。
家事も早くから手伝い、20才の頃には主婦並になっていました。
仕事も自営の父の手伝いをしながら、家事をこなしました。
母は好きなときだけ自分のしたい家事をすればいいようになりましたが、
私のやり方が何もかも気に入らず、罵倒されこそすれ、有り難うを言われたことは一度もありません。
こんな事を20年以上続けて、ストレスからどんどん身体も蝕まれ始めてきました。

外では仲のいい友達も沢山いて、明るく元気で恵まれた人だと誰もが思っていますが
家庭内でこんな風に生きてきたことは殆ど誰も知りません。
(大学時代の友人とは話が出来ましたが、全部話したわけではありません)

151 :130:2001/02/18(日) 01:40
続きはまた後日に致します。
長文続きですみませんでした。

152 :130:2001/02/18(日) 01:49
ちなみに・・・・お見苦しい話で申し訳有りません。
自分家庭の恥の歴史を書いて、「皆さん、同情してください」ではありません。

生まれる前から、唯一無条件に愛情を貰える人からも
愛情も信頼も得られず、裏切られた人間の経緯をまず知って貰う為に事実を書いています。
(不倫で親から「愛情も貰えず、裏切られた」方々と近い部分を知って貰えたらと)

散々傷ついて、壊れてしまってから、どう復活したかを知って貰うために。

153 :133:2001/02/18(日) 02:29
1さん、100さん、きつい書き方で申し訳なかったと思います。
ただ、他の方、例えば>>145さんの言うように
「浮気”母”」に限定する書き方は
過去ログで「父親の浮気」で傷ついた方に失礼なような感じと共に
145さんが書かれたような「男性の浮気は容認」の
ような感じが受け取れたために一言書かせて頂きました。
「母」に限定せずこのスレが育つといいなと思います。

>130さん
書くことであなたの尊厳が再認識できるように願っています。
今日はお疲れ様でした。

154 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 03:11
私の場合は父親ですが、かなり特殊なタイプ。
1さんのお母さんとかなり似ていて、苦笑しました。
父方の親戚からは我々子供たちが薄情ものにされている所までそっくり。
父のような「宇宙人」タイプの珍満人って他にもいるんですね。
ぞっとします。

父親の浮気が発覚した後、彼は子供たちに謝って来ましたが、
申し訳ない、というよりはその場をうまくやり過ごし、自分が
早く楽になりたいという考えが露骨だったので謝罪を拒絶しました。
心から反省しているかどうかは子供にはわかります。
親の不倫そのものも相当つらいけど、家庭を危険にさらした
事を反省できない人間を親に持つ事が一番つらい。

それから、余計なお世話だけど
恋愛の充実感も子供もどっちも大事にしているというレス
多いけど、不倫した時点で子供をドブに捨てているようなものです。


155 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 03:18
他のスレを見て思いましたが、このスレを見て欲しいと
切に願わずにいられない。
結局、親の不倫が原因で子供の〜ってありましたが
不倫現在進行形のお盛んな時期の方には、この1のさんの言いたいことや
みなさんが書き綴られている事も、子供は親の影響も受けない
それぞれに勝手に育つみたいになっていて、
所詮子供の気持ちは分からない人が多いんだなと思ってしまいました。


156 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 04:25
>>155
確かに親が不倫してたからって
子供が皆揃って誤った方向へ行くとは限らないけど
だいたいそんなこと言われなくても判ってるんだよね。
親の不倫が発覚して程度の差こそあるだろうけど
傷つかない子供なんていないってこと言ってるのに
現在進行形で萌えちゃってる珍満人は理解できないんだよね。
傷ついた子供がその後どんな道を歩むかは
確かに子供次第だけどそれが誤った道でも
反面教師として真っ当な道であっても
自分達が傷つけた子供の過去は清算されることは決して無いし
ましてや自分が加害者だという事判って無さ過ぎ。
珍満人の頭の中って全て自分の都合の良いように
解釈されるようにできてるようで羨ましいわ。

EX 「いつか子供も判ってくれると思う」
  
アホかっつーの、洗脳に成功したら別だけどね。

157 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 11:06
>>156
私は大人になったらわかったよ。
洗脳されたわけじゃないよ。

158 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 11:18
>157
親の愛情のかけ方にもよるのでしょうね。
ちょっと関係ないかも知れませんが、web上で浮かれた不倫HPがありますが
あのようなタイプの親は、156さんのようには
将来理解できないんではないかと思いますが?

159 :157:2001/02/18(日) 11:21
>>158
そうかも。
うちの親もラリラリになって私に不倫を告白するような
親だったら今どうなっていたかわからない。
不倫はしてたけど家庭はちゃんと守っていたからね。


160 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 13:36
前スレにもあったけど、不倫サイトへ
ここにリンク貼られているって、教えてあげているー
偽物 あゆ・・・でてこいよ。
どうせ、自分のサイトが潰されターとか言って
被害者妄想、下半身丸出しのクズ野郎だろう?

2ちゃんに戦い挑んでも無駄だよ。
なんならもっとアングラーに貼りましょうか?

161 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 13:43
>160
すみません、間違ってる。無視しといてー

どうしてだ?スレ呼び出してカキコしているのに。
とにかくごめん。

162 :130:2001/02/18(日) 14:27
>>153 = >>133 優しいレス、有り難うございます。
時に揺れる事もありますが、幸い生まれる前から無かった自分の尊厳を取り戻すことが出来たと思います。
1さん始め配偶者、親の不倫に傷を受けた方々の本復を願って書きます。

大学卒業後は家業手伝い(母は何もしない)のため、ストレスは増加。
両親の不仲は変わらず、口を利かない二人の通訳をしなければならない状態。
家に波風を立てないよう、家事に仕事に一生懸命すればするほど、躍起になって
私のあら探しをし、嫌がらせをする事を母は生き甲斐の一つにしているかのようでした。
とうとう20代半ばまでに、内臓疾患(ストレスが原因。悪くなることはあっても治ることは無い。激痛を伴い、発作の状態では死ぬ場合もある)で倒れました。
入・退院を繰り返し、検査・点滴三昧、救急車のお世話に度々なる始末。
その病床で母に「恥。病気になるなんて惨めったらしい。お前がいるだけでもウンザリする」等々、罵詈雑言の雨嵐。
面倒をかけているのは事実。それだけに辛いとも言えず、謝り続け、退院してはその穴埋めに必死でまた倒れる悪循環。

不治の病気というショック、激痛を伴う発作への恐怖、理解されない辛さ。原因が明らかに家庭の問題と分かっているだけに
親への憎しみははち切れんばかりにつのっていましたが、何も言えないし、何か言ってもあの親には伝わらない。
親への精一杯の報復のつもりで、20年余りの恨み辛みを手紙にしたため、自殺を企てましたが、
失敗してしまいました。
まあ、自殺に成功して、親が残した手紙を読んでも、「自分が悪いのを親のせいにして恥をかかせた」と
骨も拾わなかっただろうことは想像に難くありません。私の自死は犬死にだったでしょうね。
死んだら反論も出来ませんから。

163 :130:2001/02/18(日) 14:47
自殺をしくじり、何をやっても状況を変えられないんだと、諦観するようになりました。
その後、長い付き合いのあった男性と結婚して家を離れました。
(結婚の際も、信じられないような母の行為にノイローゼになりました。)
家業手伝いは続けていましたし、毎日母から電話がかかってくるので、
離れたと言っても、家が別になっただけに近いのですが、本当に楽な気持ちになりました。
「もう問題から解放されたんだ」と、心の底にくすぶる憎しみに蓋をして気がつかないふりをしたのです。

ところがそうは上手くいかず、7年後、実家の問題に巻き込まれ、身も心も疲れ切り
これまた別の病気で倒れ、まともに日常生活すら出来ないようになってしまいました。
見ないふりをした7年分(それまでの一生分?)のツケが回ってきたわけです。

164 :130:2001/02/18(日) 15:16
さて、ここからは回復への軌跡を。(ネットで相談する場所も機会も無かった頃の話です。)

実の子である私を愛さず、鬱憤晴らしや便利な道具にする親のために奔走して、
感謝もされず、その結果自分自身の人生を棒に振るのかと思うと、哀しい、悔しい、憎い、憎い、憎い。
どうしようもなくなって、医師の治療とカウンセリングを受けました。

カウンセラーの書棚から、参考になる本を教わって、色々読んでみました。
私と同じく「子供の頃、親から愛されなかった精神科の医師」の本には
過去、通り過ぎてきた憎しみと苦しみ、そしてそこからの回復がつづられていました。
「私と同じ、親から愛されない人がいるんだ」そう分かっただけでも
どうしようもない孤独がマシになった気がしまして、泣けて仕方がありませんでした。

不倫の被害に苦しみ、不倫板に訪れ、同じ立場で苦しんでいる人のレスを読んで
力づけられたり、救われたりするのと似ているかもしれません。

165 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 15:41
130さんは、育児板でこれと同じこと書いて欲しいです。
虐待スレがあるけど、なかなか体験者(子供側)からの意見が
なく、いかなる理由でも虐待は許されるべきでないという意見には、
「母親だって大変なんだから、正論で責めないでよ。」
とまるで、ここの否定者と実行者の議論のようになってます。
130さんの意見は、あの板でも貴重だと思います。

166 :130:2001/02/18(日) 16:02
>>165 さんへ
一度に両方のスレに行くことは現状では難しいので、
ここのレスをコピペして下さっても結構ですし、不倫板を見に来られるのもいいかもしれません。
不倫板、育児板、どちらも夫婦・親子・家族に関わっている話で、
リンクしている部分がとても多いと思います。

>虐待は許されるべきでない
これは同意しますし、虐待されたお子さん達の気持ちも分かります。
>「母親だって大変なんだから、正論で責めないでよ。」
そして「父親だって大変」なのだなあと思っています。

被害者・加害者ともに、起きている現象を如何にきちんと捉えるか、
そこから何が必要かを各人のケースに合わせて導き出さない限り、何も始まらないし、
苦痛から脱することが難しいと考えています。
双方、脱却の道を求めれば必ず何処かに有るはず。もしくはどんな形でもいいから有って欲しい。
そう思うから私はここにうざったいマジレスをする次第です。




167 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 16:10
珍満ってなんですか?

168 :130:2001/02/18(日) 16:35
不倫の被害者の方も、辛くて、辛くて、加害者が憎くて憎くてたまらないでしょう。

親の保護下にある子供なら、それこそ光も空気も通さない窮屈な袋に、
無理矢理押し込められ、シールパックされた様な辛く息苦しく最悪の気分だったり。
唯一安らげる筈の家なのに、それすら自分には無いと思うと。(私はそうでした)
1さんが無感覚になるのも、そうでもしないと自分を保てないのではないかと言う気がします。

さて、
「過去に親にこんな事を言われた、された。今日もこんな事を言われた」と親への憎しみや辛さをつのらせ、
「どうやって親に思い知らせてやれば効果的だろうか?」と考える地獄のような毎日。
そのうち、本をヒントに
「じゃあ、何故自分の親はこんな事を私にしたのか?」と疑問を持ちました。
答えは過去の親の話や、色んな出来事に見つかりました。

結論は 「(その頃の)私の親には ”子供を愛する能力”が無かった」でした。
もしかしたら「子供だけではなく他人を愛する能力」も
もっと突き詰めれば「自分も愛していない」人だった気もします。

そんな親に愛されたい、認められたいと苦悩している私は
山に魚を、海に木の実を、砂漠に水を求めていたに等しかったのでしょうかね。

169 :130:2001/02/18(日) 16:41
>>167
珍満って不倫のことですよ。
あの・・・珍満(不倫)に関係ない話をやめろということですかね?

形は違えど(重なっている場合もあるかな?)、家族から受ける精神的な被害として
人間不信になったり、苦しかったり。
そこからの脱却の道は似ているから、書かせて貰っています。
頭が悪くて長いレスになってすみません。

170 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 17:49
>130さん
>167は無視してもいいと思いますよ。
このスレは不倫版にしては「不倫の無かった時代」と共に
珍しく煽りが無くマジレスの多いスレですから。
>167は恐らく現在進行形の珍満ご本人か
厨房ですから放置しましょう。
お話の途中のようなので貴方へのレスは
今回は遠慮しますが読みながら
自分自身の過去を振り参考にさせて頂いています。

171 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/18(日) 17:53
170です。
×自分自身の過去を振り参考にさせて頂いています。
○自分自身の過去を振り返り、参考にさせて頂いています。

訂正させて頂きます。失礼しました。



172 :俊文:2001/02/18(日) 21:17
みなさん。
書き込んでくださって、本当にありがとうございます。

俺にレスしてくださってる方々もいますが、全部にレスすることができなくて、本当にすみません。

>>166

>双方、脱却の道を求めれば必ず何処かに有るはず。もしくはどんな形でもいいから有って欲しい。
>そう思うから私はここにうざったいマジレスをする次第です。

130さん。全然うざったくありませんよ。
とても貴重な書き込みだと思います。
他にも、ご自身の実体験を書き込んでくださっている方々がいますが、そのどれもとても貴重なものです。

俺も考えたのですが、自分の母親の浮気ばかり書きすぎたかなと思います。
母親だけじゃなくて、父親の浮気で俺と同じぐらい、またはそれ以上傷ついてる人もいます。
そして、そういう人たちも書き込みをしてくれてます。
もちろん、親の虐待で傷ついたあなたも口を開いてくれて、こうして貴重な体験を書き込んでくれてます。
その書き込みに反応してる方々もいます。

俺は、浮気や虐待に関わらず、子供を精神的に肉体的に傷つけるということがどういうことか、
実際に浮気や虐待等をしてる親にわかってもらう一番有効な手段は、
実際に傷つけられた子供の実体験、その心情を聞いてもらうことだと思います。

実は、俺がこのスレを立てたのも世の浮気母に浮気をされた母親を持つ俺の体験や苦悩を知ってもらうためでした。

ただ、こんなことを言うと語弊があるかもしれませんが、俺には世の浮気母を責める気はありません。
俺も親ってもんが「聖人」じゃないことぐらいはわかるし、母親にも性欲ぐらいあって当然だし、赤の他人の俺がいくらネットで「浮気をやめろ」と吼えたことで無力なのはわかってるので、時には熱くなりましたが淡々と俺の体験を話してきたつもりです。

今は、ネットっていう便利なもんがあります。
ネットだから、こんなことが書けました。
ネットがなければ、ずっと自分の胸にしまってたことでしょう。
このスレでご自身の体験を書き込んでくださった方々もたぶん、俺と同じだと思います。
130さんも同じじゃないでしょうか。

幸い、このスレはそういう書き込みが多くて、俺も心を開いて話したかいがありました。
願わくば、このスレが浮気や虐待はもちろんですが、その他の原因も含めて、親に傷つけられた人たちが気がねなく自分の体験談を告白できる、そういう場所になってほしいです。

そして、他のHPやスレにリンクしてさまざまな種類の親たちに読んでもらいたいって思います。

どうか、ここをロムってるみなさんの中で親に傷つけられた体験をお持ちの方がいたら、支障のない範囲でここに告白してくれませんか。
浮気、虐待、その他原因は問いません。

あなたの告白を他の親が読んで、もしその人の行動が変わったとしたら、
あなたの告白はひとりの子を救ったということです。

俺は俺の告白で、俺みたいな味気ない感性になっちまう若者が、ひとりでも減って欲しいと思います。

NHKの教育テレビで「真剣しゃべり場」って番組をやってます。
あそこに出てくるやつら、みんなかわいいです。
純粋な感性を持ってます。
俺は、ああいう子たちを守りたいんです。

あいつら、昔の俺だったんです。

173 :130:2001/02/18(日) 22:18
1= >>172
書き込み許してくださったこと、このスレッドを立ててくださったこと
本当に感謝します。
あの番組や10代の人達が江川昭子さんと話す番組もたまに見ています。

>あなたの告白を他の親が読んで、もしその人の行動が変わったとしたら、
>あなたの告白はひとりの子を救ったということです。

「救う」とは畏れ多くて言えませんが
子供も大人も、少しでも希望の光を自分から見出す切っ掛けになれば幸い。
(出来ればやはり親である大人も、いつか決着をつけられたら・・・・。)

>俺みたいな味気ない感性になっちまう若者が、ひとりでも減って欲しいと思います。
>あいつら、昔の俺だったんです。

あなたは昔の私だったかも。だから私はここに来ました。
あなたをこのままにしておくことは、最も残念なことです。

   あなたも 「守りたい大事な未来有る若者」 の一人です!!

174 :130:2001/02/18(日) 23:51
私が30代になってから分かったことです。
私の親は人を(子供を)愛する能力が無い人だったと。
何故なら両親共に、親からの愛情を受けてこなかったから・・・。

特に母は年子の姉が病弱だったのが親に見返られない原因だったため、病気の私を
自分の姉の代わりに責めることによって、子供時代の自分の恨みを晴らそうとしたのでした。
そのことに母自身気がつかないため(薄々自分で分かっていながら、ワザと目をそらしているだけかも)
還暦を過ぎてもその恨みから解放されないのですから、よく考えれば哀しい話です。

母も私に当たって楽しかろう筈は無いのです。 何故そう言えるか?
母が躾と称して(言い訳です)、ムカツク度にペットを殴る・蹴ることがありました。
その時のペットの怯えきった目・姿を見たら、その罪悪感に耐えられるモノではありません。
母も当たり散らした後、ちっとも気分が良さそうではありませんでした。

過去に親から愛情を貰えなかった恨みを他の人間にぶつけても解消されはしない。
それでも、やめられない。自分が嫌になってくるのが、ますます辛い。

狭間にいる親もやはり私と同じ、辛く・不幸なのだと気がつきました。


175 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 01:42
泥沼じゃないと不倫板では続かないのかな・・・
とりあえず、良いスレだと思うので上げますね。

176 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 01:48
>>175
う〜ん、タイトルが悪い(1さん、すまそ)せいも
あるかも、、、と何気に思ってしまった。
(タイトルからは想像ができない内容のスレになってるからね)

177 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 01:51
>>175
いや、単に130の話が終わるのを待ってレスしようと思ってる人が多いんだと思う。


178 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 01:54
>>177
同意…

179 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 03:16
ここもダメになってしまいそうな雰囲気。

>>130
確かに良いレス書いてるけど、「他人にどう見られたいか。」
にがんじがらめになってるから、書いてることが嘘くさくなってしまう。
くどい位の自己弁護と、全く違うキャラでの煽り等、内面にはものすごい
傷を抱えている人だと思う。他人に回復がどうこう語る程回復してないよ。

まず最初に「2ちゃん不倫板依存症」をどうにかすべき。今のあなたの手助け
になっているとは思えない。

去年の暮れから、この人が出る度に貴重なスレが潰れてしまうことに辟易している者です。
私も親の不倫に苦しんだ元子供です。なるべく沢山の不倫実行中の人に話を聞いて
欲しいと思います。だからこういうスレには、生き残ってもらいたい。
実行者が「あ〜あ、また宗教チックな流れだよ。」「長文読んでられないよ。」
と飛ばすスレになるのは残念です。

すみませんでした。スレの話題に戻ってお話を続けてください。


180 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 06:03
>>179
まぁ、そう言わずに暫くは、このスレを見守りましょうよ。
良質のスレが沈んでしまわないように、あなたもさげではなく
あげませんか?

181 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 10:57
>179さん
おっしゃりたい事はとてもわかります。

ただ、子供の頃に私などには想像もつかない傷をうけた方々が、
自己弁護や保身、時には攻撃に頼らざるを得ないとしたら・・・
(誤解をうける言い方かもしれませんが、他に思いつかなかったのでごめんなさい)
そういう観点からしても、親の立場から見た貴重なレス(スレ)だと思います。

1さんや、130さんその他の皆さんが、ここ2chに書く事で少しでもそんな傷を癒せたり出来るのなら、
それでよしと私は思います。
(わかったような口きいてごめんなさい)

182 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 11:05
もうその話題はいいよ。
スレが続行すればそれでいいんじゃ。


183 :130:2001/02/19(月) 11:10
>>179
待ってたよ。もちょっと短くまとめるように気をつけるね。

>私も親の不倫に苦しんだ元子供です。
そうか、妻か子供か分からなくてレスに困ってた。
そして今あなたが幾つくらいで、既婚かどうかも分からないから一層。

1さんの言うとおり、あなたもここに書ける人だと思う。
私はあなたがどこで何を書いているか分からないんだ。
書けるようなら読ませて貰えないかなと思ってる。無理にはすすめない。
ただ、私に絡んでくる所を見るとあなたも、まだ苦しいんだろう??

また弁解だと言われるかもしれないが、
被害を受けた人に相手を憎むなと言ってない。憎めるのは当事者こそ。憎むことで楽になるなら憎め。
(ここに書いたように私も自分の親をちゃんと憎んでるだろ?)
部外者の私が、例えばあなたや他の人の親を憎むこと・非難することは
的はずれだから出来ない、したくない。同時に「不倫をしてもいいじゃない」とも言わない。
家族が泣いてるのに軽い気持ちで不倫してる人はぶん殴りたい気持ちだし、
どうして良いか分からずに右往左往してる実行者をみると、それも辛いのなら
きちんと決着(離婚なり、別れるなり)をつけて、迷いから抜け出て欲しいと思う。
    ↑
加害者だった親もちっとも幸せじゃなかったから、この年になってそう思えるようになった。(今後書く予定)


184 :130:2001/02/19(月) 11:12
>>179
私のメアドも知ってるよね?
ここが嫌なら そっちにぶちまけてくれてもいいよ。

185 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 11:30
なんだか、終息の方向に向かっているのは気のせいでしょうか?
たくさんの人の意見を聞きたいなあ。出来れば不倫現在進行形の人。
そういう人にも理由がある訳なんだろうし。

186 :俊文:2001/02/19(月) 11:37
俊文です。

例によって時間がないので、ちょっとだけレスさせてください。

>>179

>実行者が「あ〜あ、また宗教チックな流れだよ。」「長文読んでられないよ。」
>と飛ばすスレになるのは残念です。

俺は、浮気実行者を責める気はありませんが、
彼ら(彼女ら)の顔色までうかがってやる気もありません。

面倒臭くて読む気しないって実行者は読まなくていいです。

宗教チックとのことですが、皮肉なことに今の俺は「神も仏もありゃしない」って心境です。

あえて宗教的な表現を使うなら、
俺の言葉は浮気実行者よりも下の地獄にいる者からの、浮気実行者への心の叫びとでも言いましょうか。
俺みたいにさせたくないってのは、子供を俺のいるような地獄に堕としたくないってことです。

130さん。

こんな言い方は、失礼ですが、179さんの言葉は気になりません。
あなたのレスには感謝してます。

まだまだレスしたいことがあるんですが、時間がないので夜にします。

187 :俊文:2001/02/19(月) 11:40
>>185

>なんだか、終息の方向に向かっているのは気のせいでしょうか?

このスレを、長い目でみてます。
それについては、また夜にでも書きます。

188 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 11:42
>>185
最初の1行だけ同意。
最後の1行は親の不倫で苦しんだ私からすると
「理由」ではなく「言い訳」に聞こえるかもしれないから
何とも言えないけど、マジレスなら聞いてみたいとは思うかな。

ところで、、、130って昨日の人と同一人物?
なんか、かなり雰囲気違うんだけど、、、
これが179さんの書いてたことなのかな?

189 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 11:57
age

190 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 12:01
なんか初めて来た人は書きずらい・・・
全部読みたいのは山々ですが、ひとつひとつの文章が
長過ぎるのが難点。

191 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 12:05
1はゴミ箱逝きを覚悟してるということかな?
それとも下がって過去ログに逝っても
自分で毎日せっせと上げるからという意味なのか。
どちらにせよ、皆が飛ばしてレス書かなくなったら
当然下がるよね?下がったら人の目に触れにくい位置に
逝ってしまうのは必然的だよ。
それは、1が読んで貰いたいと思ってる、傷を負った人にも目にされにくく
なるってことを179さんは危惧してるのだと思うけど。
それともこのスレは1の自己満足だけで成り立ってるの?


192 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 12:08
だんだん自己満の世界に入ってきた気がする。
最初の頃はいいスレだな〜と思って読んでたけど。

193 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 12:19
だね、もはや1は当然としても
130が仕切ってるもんね。
179の言いたいことが良く分かったよ。
良質スレ潰しか。。。
どうせなら、不倫で盛り上がってるスレを潰して欲しいのにな。
良いスレだったのに。。。残念無念。。。

194 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 12:20
130の性格が変わったと思うのは私だけ???
まあいいや。もう終了でしょ?

195 :130:2001/02/19(月) 12:24
>>188
>ところで、、、130って昨日の人と同一人物?
>なんか、かなり雰囲気違うんだけど、、、

同一人物です。 そんなに雰囲気違いますか?
昨日まで文体(と言えばいいのかな)は 1さんの文体に合わせているのと、
自分の過去のことなので、その点を意識してああいう感じになっています。

179には179の文体に合わせて書いています。
179とは過去何度か軋轢があったため、その事を仰ってると思いますが・・・。
あの方が「された子供だった」というのが今日やっと分かりましたし、
スレ上でも直接接触がなかなか出来なかったので、ここで出来るのならいいなと思います。

196 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 12:36
私も親に不倫された子供です。
以前の私は何でも親の不倫のせいにしてた。
彼に振られたり、好きな人に告白できなかったり
結婚に踏み切れなかったり。それを親のせいにしてた。
でもそうじゃないってわかりました。
もちろん親が不倫して傷付いたことも多少の原因かもしれない。
けど自分自身の生き方に問題があると思った。
いくら親が不倫していたからって、子供まで不幸とは限らない。
もっと前向きに生きていけば幸せになれる。
そう思うようになりました。今では愛する人もできて
私も愛されています。とても幸せです。
1や130の気持ちもよくわかります。経験者ですから。
でも親のせいにしてても何の解決にもなりません。
自分の足で立って、自分らしい生き方をして欲しい。
親は親。自分は自分です。


197 :130:2001/02/19(月) 12:42
>>188 >>185
>出来れば不倫現在進行形の人。そういう人にも理由がある訳なんだろうし。
>「理由」ではなく「言い訳」に聞こえるかもしれないから
> 何とも言えないけど、マジレスなら聞いてみたいとは思うかな。
同意です。
残念ながらこの要望を他のスレで書いたら鬼畜扱いされました。
(敵?の本質を知らねば、対処の仕方が分からないと思うのですが・・・・。)

>>190
他の方が書かないのは良くないので。私の本意ではありません。
他の方が書くのを阻んでいるようなら、気をつけます。

不倫を叩いても叩いても一向に無くならないし、
傷ついてる1さんのような人へのアプローチが必要。
それを邪魔して、申し訳ない事でした。
1さんにも今の状態から本当に抜け出して欲しいので、中途半端なのが残念です。
あなたも自分の回復を諦めないでください。
彼やその他の子供を救える人、どうぞ彼らを楽にしてあげて下さい。

1さん、皆さん。ご迷惑おかけしてすみませんでした。

198 :130:2001/02/19(月) 13:05
休むと言った先から、すみません。

>>196さん、ありがとう。
>もっと前向きに生きていけば幸せになれる。
>自分の足で立って、自分らしい生き方をして欲しい。
これがどうしても出来ない時期があるのは貴女もご経験があると思います。
そこの途中が本当に苦しい。

>以前の私は何でも親の不倫のせいにしてた。
私もそうでした。今は立ち直るどころか、プラスに転じました。
その話に至っていませんでしたので、すみませんでした。

心の傷は事が事だけに、簡単な一言では、到底理解できないと思いました。
私が恥をさらしたのはその為です。


199 :196:2001/02/19(月) 13:28
>130
そうですね。私とは少し違うのだと思います。
私は自分の親のしてきたことを誰にも言えませんでした。
恥ずかしくて友達にも言えなかった。
でも一人で悩んでいてもダメなんですよね。
誰かに聞いてもらって心が軽くなることがあります。
誰かに助言されて考え方が変わることもあります。
ですから、ここで気持ちを吐き出すことによって
130が少しずつでも気持ちが楽になるなら・・・と
思っています。これからも来て良いと思いますよ。
もちろん全部の人に受け入れられないことは仕方が無いですけど
130の話を聞いて共感できる人、考え直す人もいると思います。

200 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 14:17
age

201 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 19:26
age


202 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 19:36
一度狂った流れは変わらないのかな?
レス全然付かなくなってきてるよ。マジ残念。

一応復活期待あげ。

203 :俊文:2001/02/19(月) 21:17
こんばんは。俊文です。

179さん。

>>186
>こんな言い方は、失礼ですが、179さんの言葉は気になりません。
語弊があったかもしれませんね。
“179さんの、130さんに関する言葉は気になりません”という意味です。

それと、「私も親の不倫に苦しんだ元子供です。なるべく沢山の不倫実行中の人に話を聞いて
欲しいと思います。だからこういうスレには、生き残ってもらいたい。」というお気持ちは、ありがたく思います。

>実行者が「あ〜あ、また宗教チックな流れだよ。」「長文読んでられないよ。」
>と飛ばすスレになるのは残念です。
これにレスしたのは、思わず“お気楽な浮気実行者”を想像してしまったからです。
「“お気楽な浮気実行者”に合わせてやる気はないよ?」ということを“お気楽な浮気実行者”に言ったんです。
あなたへの言葉ではありません。

204 :俊文:2001/02/19(月) 21:35
重いのでレスが遅れます。
ご了承ください。

>>187
今後、俺自身が他のHPやスレにリンクして、体験談その他の書き込みをお願いするつもりです。
俺もスレを立ち上げて間もないので、ここのところ毎日来てましたが、今後も毎日来れるかはわかりません。

積極的に自身の体験を話したいという方は、あまりいないと思います。
ほとんどが、このスレの流れを見てるうちに、思わず自身のことを口に出さずにいられなかった
というところじゃないでしょうか。

だから体験談を募集はしますが、しょっちゅう投稿があるとは限りません。
ロムをしてる人たちも、もう飽きてる人もいるでしょうが、
もしまだこのスレに少しでも興味がおありなら、たまにこのスレを覗いてみてください。


205 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 22:01
類似スレとして「子供の身にもなってよ」と「お子さんが知ったら・・」
スレがありますのでそちらのほうも読まれることをお薦めします。

206 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 22:02
ってゆーか、
スレを私物化してる感じが、ちと排他的な雰囲気を醸し出してるのよ。
あなた「も」レスすればいいだけの話。
流れを自分で作ろう、とか思わなくても大丈夫。
2ちゃんでは、自然な流れが作り出されるんですから。

207 :俊文:2001/02/19(月) 22:09
>>198

>心の傷は事が事だけに、簡単な一言では、到底理解できないと思いました。

130さん。

そのとおりだと思います。
ちなみに、このスレで俺が、一番意外だったレスは>>36です。

「浮気母は、みんな自分のしてることなどなんとも思ってない」
と思ってたので、この方の葛藤は意外でした。

>私が恥をさらしたのはその為です。

ありがとうございます。

決してあなたの恥ではありませんが、家の恥部(話したくない部分)をさらしたということですよね。
俺も家の恥部をさらしました。

あなたのような書き込みがあるからこそ、このスレは価値あるもんだと思ってます。
俺は最初、自分の経験をひととおり書いたら、このスレ捨てようと思ってました。

でも、あなたや他の方々が重い口を開いてるのを読んで、
このままそれぞれの方々の書き込みを捨てるのはもったいないと思うようになりました。

スレが上がったり下がったりで、いろいろと心配をしてくださってる方もいますが、大丈夫です。
続けます。
俺は、このスレを一時の盛りあがりとしてとらえてません。

それと、同じ人がたくさんの投稿をしても全然かまわないと思います。

130さん。
また、その気になったら遠慮なく書き込んでください。


208 :俊文:2001/02/19(月) 22:21
>>205

さっそく読んでみます。

>>206

なるほど。
納得です。

それじゃ他にリンクして、俺もレスだけします。

209 :俊文:2001/02/19(月) 22:25
>>206

納得した後で自分の書き込みを読んでみると、ちょっと恥ずかしいです。
りきみすぎました。

210 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/19(月) 23:00
1さんへ ありがとうございます。
私も極力、淡々と、短く書くように気をつけます。

1さんは度々来られないご様子なので、
それに合わせてゆったりペースで進めばいいですね。130でした。

211 :俊文:2001/02/20(火) 00:17
ふたたび、俊文です。

>>210

130さん。

お礼には及びませんよ。

>私も極力、淡々と、短く書くように気をつけます。
気にしないでください。
自分のやり方で書いてくださればいいですよ。

>>205

ふたつのスレ、読ませていただきました。
たくさんの体験談が載ってて、興味深かったです。

ただ、たまに軽いノリで話してる人たちがいるのが気になりました。
これはあくまでも俺の感想ですが、それらの投稿がスレ全体の雰囲気を軽いもんにしてると感じました。

俺の、というか俺たちの苦悩は深刻です。
本来ならマジで他人に話せないことだし、自分ひとりで心の中にしまってしまう類いの話です。

>>206さんが、「排他的な雰囲気」というのは、俺のこの、「マジレスしか受けつけない態度」を言ったのかもしれません。

また、スレを私物化と言われてしまうかもしれませんが、
このスレに載ってるみなさんの体験談、あまり軽い気持ちで読んでほしくはありません。
(特に浮気・虐待実行者には)。

俺たちの苦しみって、そんな生半可なもんじゃないんです。

このスレを見て、浮気や虐待などの実行者が、その生々しさにヘドが出る。

そのぐらいでちょうどいいと思います。

けど、これはあくまでスレを立ち上げた立場から離れた、いち発言者の意見として受けとってください。

スレは、みんなで作るもんですから。


212 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 00:23
虐待は、また別として・・・
親の浮気でそこまで悩みますか?
そりゃ軽い気持ちで読まれるのは辛いと思いますが。
私の親も長いこと不倫してましたが、親は親の人生ですし
私は私の人生ですから。もちろん傷付きました。
憎んだこともあります。けど憎んでも恨んでも
そこからは負のエネルギーしか出てきません。
自分まで親と似たような人間になってしまう気がします。
だから私は親を反面教師として親とは違う人生を歩む
ことにしました。そのほうが自分にとっても良い人生を
歩めると思いませんか?



213 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 00:23
何だか、俊文って、すごくピュアなコなんだね。
素直っていうか・・・。
あなたのことをそんなふうに素直な素敵なコに育てたのは
あなたの憎むべきお母さんなのだって考えたこと、ある?
(これ、煽りじゃないよ)
三つ子の魂百までって言うけど、
そういう意味じゃ、俊文母は、子育てに成功してるのかも
なんて、レス読みながら思っちまいました。
気を悪くしたら、ごめんね。

214 :俊文:2001/02/20(火) 01:01
>>212

>親の浮気でそこまで悩みますか?

俺は、悩みました。
苦しみました。

他にもマジで苦しんでる子、たくさんいると思います。

>もちろん傷付きました。

正直言っちまうと、
「お袋を好きになりたい。でも、好きになりたくない」
そんなジレンマです。

それと、恨み。
「おまえは、女である前に人間じゃないのか?」って言いたくなります。

親父が目の前で壊れてくのを、自分が原因だって全然気付かないで、平気な顔して見てた奴なんです。
そんな親父を見てるのも、男しとてつらかった。

>憎んだこともあります。けど憎んでも恨んでも
>そこからは負のエネルギーしか出てきません。

俺、今も負のエネルギーを出しまくってます。
目にも出てます。

>だから私は親を反面教師として親とは違う人生を歩む
>ことにしました。そのほうが自分にとっても良い人生を
>歩めると思いませんか?

親がいやで、反面教師にもしたくないって感じですが、
今は親を恨みながらも「親は親。子は子」って心境にはなってはいます。

でも、あいかわらず心は闇です。
なげやりな気持ちです。

次が見えないんです。
光が見えないんです。

>>213

気を悪くはしません。

215 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 01:02
皆さん熱弁だなぁ。

216 :俊文:2001/02/20(火) 01:19
それと、また告白しちゃいます。

>親父が目の前で壊れてくのを、自分が原因だって全然気付かないで、平気な顔して見てた奴なんです。
>そんな親父を見てるのも、男しとてつらかった。

これについてですが、また刺激の強い話になるので伏字使います。

親父からこんな話を聞いたことがあります。

俺がある医者に世話になってた話はしましたよね。
そのころの親父の体験ですが、夜の生活の時、お袋の〇〇を手で触ったら、〇がなかったそうです。
不思議に思ってお袋に聞いたら、「できものができたので〇った」と言ったそうです。

その後です。
原因がわかったの。

そりゃ親父も壊れますよ。
俺もこの話聞いて、女ってもんが怖くて怖くて仕方なかった。

本当に、ぞっとしました。

いやです。こんなひと。
それに、怖いです。

今でもトラウマです。

でも、こんな話聞いてくれて嬉しいよ。

217 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 01:24
間違ってたら、または慨出だったら申し訳ないんですけど...
お母様がそこまでお父様に冷たく当たるのが不思議なんです。
父親のほうには全く原因はないのですか?


218 :俊文:2001/02/20(火) 01:35
>>217

これは推測ですが、性的な面でかまってやんなかった時期もあると思います。
ただお袋は、強い性欲を持ってるひとではありました。

食事の時にあるものを出すのが、その日に性生活をするって合図みたいでしたが、
お袋はそのあるものを毎日のように出してました。

親父は、うんざりしてたようです。
毎晩喧嘩してた時期がありました。

思いつく原因は、それくらい。

親父は、お袋のことがなければ、今ごろいい親父になってたはずです。
結構豪気な奴でやんちゃなところがありましたが、歳を取るごとに人間丸くなって
終いには女房の尻に敷かれるってタイプじゃないかって思います。

男の持つ可愛さを持ってる奴でした。

お袋の淫乱は、たぶん血だと思います。
お袋の親父(俺のじいさん)に浮気体質がありましたから。

219 :俊文:2001/02/20(火) 01:37
寝ます。
おやすみなさい。

220 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 01:39
煽りじゃないです。不倫を肯定してるわけでもないです。
けど、そんな女性を選んだのはお父さんですよね?
きっと1は男性だから男性からの視点で見てるんじゃないかなと
思うんです。1の母親も最初からそうではなかったはず。
何か不満を抱えてそうなったとも考えられませんか?
生まれつきSEX命の淫乱女性でしたら、何も言えませんが...


221 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 01:47
>>212
あなたがそう発言できるようになったのは、時が導き出したくれたものではないですか?
傷が癒えるのに費やす時間は、人によって異なるものではないでしょうか?
ご自分が今現在、自分自身の人生を歩めるようになったからといって
苦悩の最中に身をおいて、未だに苦しんでいる人に対して
「親の不倫でそこまで悩みますか? 」などと言ってよいものでしょうか?
私も過去に父親の浮気が原因で悩んだ時期がありました。
今はあなたと同じく親は親と割り切り、自分の人生を歩んでいます。
父親とも普通に会話していますし、面白い話題があれば一緒に笑います。
けれど、そこにあるのは普通あるべき親子関係ではありません。
一言で言うならば、血の繋がった他人というところでしょうか。
他人であるから他人の人生には興味が無くなっただけのことです。
ですから「父親のことを尊敬している」等の
よく聞くような台詞は、一生口にできないと思っています。
大人になってから私やあなたのように傷を克服できた人は
多数存在しているとは思いますが、壊れた親子関係まで
修復できた人は多くはないと思います。
私やあなたと同じように「親は親」という結論が多いのではないでしょうか?
これは実は大きな間違いだと思うのです。
しかし私自身も他の回答を、持っているわけではありません。
だからこそ原因である「親の浮気」が無くなることを切に願っているのです。



222 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 01:51
真剣に読みましたあげ

223 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 02:35
不倫とは正反対なのですが・・・・
セックス嫌いの母親を持って(時代だからそれでも結婚して子供を産んだのでしょう・・)
「化粧して男にコビを売る女は娼婦みたいなものだ」
「(テレビを見て)ああ、気持悪い。色気だけで生きてる女は」
などと育てられた女の子(過去の私(笑))も歪んで育ちました。

逆の意味で、男性に対しての嫌悪感が今でも残っていますね…。
実際、成人した今でも同じ女性同士なのに
「化粧・流行のおしゃれ」に対して、
どうしてもうまく言えないけど「軽蔑」の様なものが拭えないイヤな女です。
(ちょっとはずれてるので、さげます。ごめんなさい)

224 :関係ない話でスマソ:2001/02/20(火) 03:16
>>223さん
私もそれに近い感じですが、年頃になっても
化粧っけ一つなく男を作るでもなく
家に居座り続けたら、頼むからもっとお洒落だの
恋だのしてくれと言われました(笑)。
何を今更。滅茶苦茶手遅れだっつーの。

225 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 03:32
>224
同じ境遇あげ。。。

226 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 11:47
親の浮気や不倫も困るが
子供に依存しすぎる親を持っても苦労する。


227 :130:2001/02/20(火) 12:33
>>226
>子供に依存しすぎる親を持っても苦労する
同意。苦労しました。私も悪かったのですが・・・(苦藁

>>223 >>224
我が家もややお二人に近かった。有る程度の年齢になったら何も言われなくなって助かった。
「女らしさ」を強要されなかったと思えば、却って良かったと考えてる。
今は自分のために女らしいお洒落も楽しむし、感情も持ってるし、性の枠を越えた思考もできる。
今の時代には丁度あってるかもしれない。

228 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 18:54
他のスレ読んでて思ったんだけど、性生活の不一致で不倫に
走ってしまう人もいるみたい。やっぱ性欲って理性で抑えられない
部分があるから、母親と言っても一人の人間。欲求という面から
考えてあげると、仕方のないことかも知れない。と考えてしまいました。
だって、私達は人間の性欲から生まれてきたんですもんね。
1さんももう少しテンション下げてお母様を見てあげることできませんか?
お母様なりに努力した部分もあると思いますよ。

229 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 19:18
>>228
>性欲から生まれてきたんですもんね。
これじゃ動物でしょ?人間には理性というものが
備わってるはずでしょう。
隣の敷地の花が、店先のパンが、銀行にある現金が、
子供が欲しいから新生児が、と小さなことから大きなことまで
いくら欲しいからと欲求の部分のみで動いたら
普通は犯罪ですよ?
いくら欲求を埋める為に欲しくても
どんな場合でも手順があるんです。
性欲だってキチンと手順を踏めば不倫という行為に
至ることはありません。
私達は理性というものを授かった、人間という生き物なのですよ。

230 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/20(火) 19:45
性欲は基本的欲求だから仕方ない…と考えるのは
極論過ぎると思います。
眠くなったらからっていってどこででも寝ますか?
運転中に寝てしまえば大事故に繋がって自分だけでなく
多くの人が死んでしまうこともあるじゃないですか。
「眠かったから仕方ないのよねぇ。」って被害者・遺族は
納得するんでしょうか?
例えが極端かもしれないけど…。



231 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/21(水) 00:20
>228、229、230
世の中には、本当に冷たくて恐ろしい人間がしかも
身近にいる事があるよ。そういう人間のする事を普通の人間
の尺度で考えて付き合っていたら、気が狂うよ。
珍満人の中でもごくまれだと思うけど。
きっと1の母親はそんなタイプだと思う。

決めつけすぎかも。逝こ。


232 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/21(水) 00:49
228です。私もこのスレで母親に不倫をされていたとレスしたものです。
>私達は理性というものを授かった、人間という生き物なのですよ。
>性欲は基本的欲求だから仕方ない…と考えるのは
>極論過ぎると思います。

確かにそのとおりです。
そりゃ「やりたかったから仕方ないよねぇ」なんて
死んでも納得できないし、不倫をしていた母親を許したくない。
でも、大好きなお母さん。不倫をしていなかった頃の母子関係に戻りたい。
でも戻れない。母親を生理的に受け付けられない。等、私の中では
色々な思いが錯誤しています。


233 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/21(水) 01:16
>>232
気持ち、すごく良く分かる。
不倫されたって何だって親だから愛しているんだよね。
でも親だからなお更許せない。堂々巡りで辛いよね。
どうすればいいのか分からないけど、私は、何とか自分が幸せになって
親のこと客観的に見れるようにならなきゃなあ、て思っています。
辛いけどがんばろう。

234 :俊文:2001/02/21(水) 05:14
>>220

>煽りじゃないです。不倫を肯定してるわけでもないです。
>けど、そんな女性を選んだのはお父さんですよね?
本人は責任を取らされたようなことを言ってますが(親父の一方的な話だからわかりませんが)
どんな形であれお袋と結婚したのは親父の選択です。

>きっと1は男性だから男性からの視点で見てるんじゃないかなと
>思うんです。
男の目から見てます。
だから親父が壊れるのはわかるし、心情的には親父に同情してます。

>1の母親も最初からそうではなかったはず。
結婚後しばらくは親父に尽くしてはいたそうです。
結婚前は、お袋のプライベートなことですから話しませんが。

>何か不満を抱えてそうなったとも考えられませんか?
>生まれつきSEX命の淫乱女性でしたら、何も言えませんが...
考えてみれば、昔の親父は結構粗暴なところがありました。
俺が中学に入るころまでは、よく取っ組み合いの喧嘩をしてました。
お袋は、すぐ暴力に訴える親父に「男の身勝手さ」を感じてたのかもしれません。
でも、それだけで浮気に走ったんじゃないと思います。
やっぱり性欲もあったんじゃないかと思ってます。

235 :俊文:2001/02/21(水) 05:33
>>228

お袋の浮気が原因で、いろんなことがありましたんで。

「努力」が「浮気をしない努力」なら、そういう努力はしてなかったと思います。
そういう面では、妙に奔放なところがあるんですよ。

>>231

性的な倫理面以外じゃ、どちらかと言えば善人だと思います。

以前、家の近くで傷ついた重症を負った猫をわざわざ自腹を切って
動物病院に入院させて治してやったりしたこともありました。

それに俺自身、お袋から虐待を受けた経験もありません。
むしろ、おおむね優しく接してくました。

こんなことを言うと、虐待を受けた方の気分を害してしまうかもしれませんが、
だから逆に俺の戸惑いも大きいんです。

>>232

俺もそんな感じです。

236 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/21(水) 10:28
>>1さん
失礼ながら。
私としては、1さん、ご自身にも疑問を感じます。
不倫撲滅?の啓蒙活動もよろしいですが、ご両親のことに
拘り過ぎているよな感じがしてなりません。
ご自分の人生を歩かれることが大切かと。
私は、過去レスの中で116,196,212の方の意見に賛同者です。

私自身の母は2人、(余所へ養女に出される話しもあったそうです)
他、兄弟とは親が違い、父の最期の相手。
全ての人と対面する何らかの接触がありました。
とても複雑な家庭環境でした。親から暴力を受けたことあります。
過去に何があっても、親の人生と自分の人生は別のものです。
自分自身への前向きな生き方をすることが懸命かと思いますが。

キツイこと書いて申し訳ありません。

237 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/21(水) 10:33
236の追記
親のことは憎んではいません。
思い出として心の中にしまっています。
過去は全て思い出になりますから。

238 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/21(水) 11:18
age

239 :130:2001/02/21(水) 12:00
1 = >>235
>こんなことを言うと、虐待を受けた方の気分を害してしまうかもしれませんが、
>だから逆に俺の戸惑いも大きいんです。

そこをどうするかが1さんのこれからの課題(?)なんですよ。

>>236 >>237
>過去に何があっても、親の人生と自分の人生は別のものです。
>過去は全て思い出になりますから。

そうなんです。ただ、
苦しんでいる間は簡単にそこに辿り着けない、
辿り着くには時間も整理も必要だと思います。
その整理を付ける課程を話せたらなと考えています。
ここ数日、時間が無くて、なかなか書けず。すみません。



240 :俊文:2001/02/21(水) 22:49
>>236

>不倫撲滅?の啓蒙活動もよろしいですが、ご両親のことに
>拘り過ぎているよな感じがしてなりません。

そうかもしれません。
いつも心のどこかに両親のことがあります。

俺も毎日の生活がありますから、なにかをしてる時は一応忘れてます。
でも、なにもしない時間があったりすると、心の中が両親のことで占められるのです。

それで苦しんでるんです。

>過去に何があっても、親の人生と自分の人生は別のものです。
>自分自身への前向きな生き方をすることが懸命かと思いますが。

その理屈はよくわかります。
ただ、心の中では割り切れないものがあります。

大学の時、はじめて付き合った相手がいるんですが、
なぜかお袋とよく似た浮気体質の女でした。

その時もかなり苦しんで、結局は別れました。
未練を断ち切るのに苦労しました。

それからかなり経ってから、その女が電話をかけてくるようになりました。
何度がかかって来たんですが、はっきり言っていい思い出じゃないんで、
「悪いけど、他の人にかけてくれ」というようなことを言いました。
それからは、かかって来ません。

こんな言い方はなんですが、所詮は他人ですから、割り切るのにそれほど時間はかかりませんでしたね。
彼女の人生は彼女の人生です。
自分の責任で生きていけばいいだけの話で、「さよなら」をしちゃえばそれっきりの話です。

だから、今じゃいい思い出じゃないにしても過去の話です。

でも親は、、、親と自分を赤の他人みたいに簡単に割り切れるもんでしょうか。

>>236

236さんは、親を憎んだり恨んだりしたことはないですか。
それと、心が傷ついたということは。

もしよかったら、レスしてくれませんか。

>>239

130さん。ありがとうございます。

結局は、時間が解決するんでしょうか。
解決されるとしたら、どんな形なんでしょうね。

なんか最近は、自分でも恨みがましい性格だなと思ったりもするんですよ。
特別傷つきやすい性格って言うか、感受性が強いのかな。他の人ならこんなにならないのかなって。

241 :130:2001/02/21(水) 23:28
>でも親は、、、親と自分を赤の他人みたいに簡単に割り切れるもんでしょうか

あくまでも、私の経験で感じたことを。(抽象的ですみません)
割り切るというよりは、治まるように治まっていくと言う感じでしょうか。
(「割り切る」は頭の中の考えだけで、「気持ち」はついていっていないという気がします。
 「頭」と「気持ち」が上手く同調する感じを「治まる」と表現しました。)

>恨みがましい性格だなと思ったりもするんですよ。 特別傷つきやすい性格って言うか、感受性が強いのかな。

自分の中に起こっている事を深く掘り下げざるを得なくなったと言うことでは?
本当は誰の中にも色んな事が起きているんでしょうけれど・・・

>結局は、時間が解決するんでしょうか。解決されるとしたら、どんな形なんでしょうね

>>236さん始め、貴方や私を含め傷ついた方々、どんな課程を経るかで、結果は色々かも?
友達つき合い・恋愛・結婚・育児・子離れ・親離れ・・・・
その他色んな人間関係を経験しながら、
「貴方」なり、「あなたがた親子」なりの形をとるのでしょうかね。
後日、具体的に自分の体験例をレス出来たらと思っています。

他の方も具体的にどういう経過を経て、どのくらいの年齢で気持ちが落ち着いたのかが分かったら
1さんのいいヒントになりますかね?

242 :俊文:2001/02/22(木) 00:56
>>241

130さん。

>割り切るというよりは、治まるように治まっていくと言う感じでしょうか。
俺の場合は、なんとか割り切ろうとしているって感じだと思います。
治まるなんて想像できません。

>自分の中に起こっている事を深く掘り下げざるを得なくなったと言うことでは?
この表現の方が俺にはしっくり来ます。

>友達つき合い・恋愛・結婚・育児・子離れ・親離れ・・・・
>その他色んな人間関係を経験しながら、
>「貴方」なり、「あなたがた親子」なりの形をとるのでしょうかね。
他の方が言ってましたが、たぶん俺もお袋のことを「血の繋がった他人」と見ることに
抵抗がなくなる、という形をとるのかもしれません。

>後日、具体的に自分の体験例をレス出来たらと思っています。
機会があれば是非、よろしくお願いします。

>他の方も具体的にどういう経過を経て、どのくらいの年齢で気持ちが落ち着いたのかが分かったら
>1さんのいいヒントになりますかね?
ヒントになると思います。

130さんには、親身にレスしていただいてありがたく思ってます。

243 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/22(木) 00:57
2chらしくないマジレスでごめんなさい。
>>俊文さん、236です。
>心の中では割り切れないものがあります。
>なぜかお袋とよく似た浮気体質の女でした。
俊文さんは、お母様を心から求めているのではないでしょうか?
もし、そうだったら何故、拒絶するのでしょう。
お母様の良いところも俊文さんは認識してるとお見受けしますが。
憎しみの大きさと同じくらい良い部分を大きく認めることができたら
と思います。そして苦痛から解放される為に・・・。

>親を憎んだり恨んだりしたことはないですか。
親を強烈に憎んでやると!思ったことはあります。
私は正面から向き合ってきたのか?
包丁を持った父から殺してやると追いかけられたこともあります(藁
今、思うと自分に正直に親と接していたのかもしれません。
ある時、(私なりの)親の弱さを感じた時、憎しみは全て消えました。
それと同時に親に対して、とてつもないせつなさを感じて辛かった。
同時に親のことが分かった気がしました。(私の傲慢かもしれませんが)

>それと、心が傷ついたということは。
生きてる限り自分を意識すれば、(今のところ)心はいつも傷つき通し
かもしれません。
けれど、それが誰も同じ道を歩めない私なりの人生なんだと思います。
そう受け止めて消化させるべく方向を見ようとしてるつもりです。
こんなことを書いても、決して私は強い人間ではありません。
むしろ弱くていつも暖かさを求めています。

俊文さん、ご自身の苦しみから解放される為には、
ご自身が自ら、ご両親の悪い部分と共に良い部分を見つけ
(今されてる行為のように)と
ご両親が自分に与えてくれたものの事柄(それは些細なことかも
しれません?)を自分の手にしっかり握りしめることができない限りは、
苦しむかもしれないと漠然と思ったりします。

単純ではありますが、貴方を産んでくれた。
そのことも、とても大きな評価だと思ったりもします。
私は産みの親を幼い時に亡くし、20代で義母、その後、父も亡くしました。
親への感情は亡くしてから、いっそう募ったのです(私だからかもしれませんが?)。
親が浮気しようと親子間でのトラブルがあろうと全て消えてしまうのです。
だから、今を大事にしてください。

沢山、失礼なこと書いてしまったかもしれません。
不愉快でしたら私の配慮の無さです・・・お許し下さい。
生意気なことを書き過ぎたので、これ以上はレスを控えさせて頂きます。
光が見えるようにと願っています。

244 :俊文:2001/02/22(木) 01:49
>>243

236さん。

>俊文さんは、お母様を心から求めているのではないでしょうか?
>もし、そうだったら何故、拒絶するのでしょう。
>お母様の良いところも俊文さんは認識してるとお見受けしますが。
>憎しみの大きさと同じくらい良い部分を大きく認めることができたら
>と思います。そして苦痛から解放される為に・・・。

浮気がばれてギクシャクしてしまう前は、おおむね優しい人でした。
その時に持っていたお袋への思慕の念は残ってます。

でも、したことがしたことですので。
あんな非道なことをしながら反省の「は」の字もないお袋は、
人間として、女として、母親として、許せません。

>親を強烈に憎んでやると!思ったことはあります。
>私は正面から向き合ってきたのか?
>包丁を持った父から殺してやると追いかけられたこともあります(藁
>今、思うと自分に正直に親と接していたのかもしれません。
>ある時、(私なりの)親の弱さを感じた時、憎しみは全て消えました。
>それと同時に親に対して、とてつもないせつなさを感じて辛かった。
>同時に親のことが分かった気がしました。(私の傲慢かもしれませんが)

俺が自分に正直に親と接っしてたとしたら、お袋の本心を聞くという形を取ってたでしょう。
でも、それはできませんでした。

話題が話題だし、正直おぞましい出来事も含んでますから、それでもなお、
浮気を正当化されたり開きなおられたりしたら、もう立ちなおれません。
そんな賭けはできませんでした。

もし今またお袋の浮気を話題にしたら、たぶん「この子、まだ言ってる」と呆れることと思います。
お袋には、そんなところがあります。

ちなみに俺にはお袋に弱さは感じませんでした。
逆に女の強さみたいなもんを感じてました。
理屈を無視した生身の人間の強さというか、うまく言えませんが。

>生きてる限り自分を意識すれば、(今のところ)心はいつも傷つき通し
>かもしれません。
>けれど、それが誰も同じ道を歩めない私なりの人生なんだと思います。
>そう受け止めて消化させるべく方向を見ようとしてるつもりです。
>こんなことを書いても、決して私は強い人間ではありません。
>むしろ弱くていつも暖かさを求めています。

余計なことを聞いて、すみませんでした。
本心を言ってくださって、ありがとうございます。

>単純ではありますが、貴方を産んでくれた。
>そのことも、とても大きな評価だと思ったりもします。
>私は産みの親を幼い時に亡くし、20代で義母、その後、父も亡くしました。
>親への感情は亡くしてから、いっそう募ったのです(私だからかもしれませんが?)。
>親が浮気しようと親子間でのトラブルがあろうと全て消えてしまうのです。
>だから、今を大事にしてください。

下は、書いてて自分でも情けなく思うんですが。

お袋が死んでも悲しまないかもしれません。
俺が親類の中で一番好きだったのは、母方の祖父なんですが、
高校を卒業してすぐ祖父が亡くなった時もなんとも思いませんでした。
(その前からすでに感性的なもんが麻痺してました)

>沢山、失礼なこと書いてしまったかもしれません。
>不愉快でしたら私の配慮の無さです・・・お許し下さい。
>生意気なことを書き過ぎたので、これ以上はレスを控えさせて頂きます。

レスしていただいて、ありがとうございました。
ちっとも生意気なことなどありません。

俺も、あなたや130さんとこういう対話を積み重ねてるうちに、少し心が落ち着いて来るのを感じます。
本当ですよ。

>光が見えるようにと願っています。
ありがとうございます。

245 :俊文:2001/02/22(木) 02:03
話はかわりますが、他スレやHPを見てて実際に浮気を実行してる方々の本心を聞きたくなりました。

あなたは、なぜ浮気をしてるんですか?
奥さんやお子さん、旦那さんのことをどう思ってるのですか?

俺は、浮気実行者を責める気持ちはありませんので、
どうかここをロムしてる浮気実行者がもしいらっしゃったら俺と対話してくれませんか?
お気楽な浮気実行者もそうでない方も問いません。

あなた方の本心を知ることも、俺たちには必要じゃないかと思うんです。

246 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/22(木) 06:35
>>245=1
申し訳ないが、それに関しては他スレやHPを見ているのなら、
そこに書かれているのが本心だと思った方がいいと思う。

確かに本心をこのスレで聞いてみたいと思う気持ちも判らないではないが、
貴方自身に浮気・不倫実行者を責める気持ちは無くとも、
どうしても責める形のレスが付くのは目に見えている。
それがお気楽な浮気であれば尚更。
せっかく良い状態で話が進んでいるのならば、この状態で進めた方がいいと思う。
実行者の本音は他スレやHPでいいのではないか?

生意気なレスで申し訳ないが、良いスレなだけに危惧してしまう。

247 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/22(木) 08:15
>>俊文さん
243です
>話題が話題だし、正直おぞましい出来事も含んでますから、
>それでもなお、浮気を正当化されたり開きなおられたりしたら、
>もう立ちなおれません。そんな賭けはできませんでした。
そんなことは聞かなくていいのではないかしら。
聞く必要もないと思います。
私の養母と父は上手くいってませんでした。
母は 愚痴として?私を娘としてではなく女の話し相手として
父との確執を色々話してくれました。
セックスのトラブルについては・・・私にも責任があると言われた
ことがあります。(ある意味、私が原因だと責められた形です)
20歳になったばかりの私のショックは大きかったです。
そしを黙って聞くしかありませんでした。
しかし、何を聞こうと聞かされようと夫婦間の問題です。
夫婦間のことは子供であっても計り知れないところがあると、
その時も、今も思っています。
子供として関わる必要はないとしてきました。
聞き相手にはなりましたが余計な口出しはしませんでした。
でも、そのことを俊文さんが拘る気持ちがあるのであれば、それなりに
自分の思考をコントロールする必要があるのではないか?等と
思います。
自分を、お母様を問い詰めないように。
突き詰めて行き着くとこはどこですか?
お互い認め合うことが出来ず、
ぶつかりあうだけ形になったりしませんか。
あまり突き詰めすぎると俊文さんの憎しみは増大し、
憎しみは、俊文さんの体調をも崩してしまいますよ。
体調が崩れると人間は、その責任の所在を探してしまうかも?
そして、その原点が親だと。親の問題へと逆戻り。
その繰り返しから抜けることは今以上に大変な精神状態になると
思います。気をつけて下さい。

私の父の女性遍歴(私の母ふたりも含めて)は、私の知ってるだけで、
5〜6人います。
叔母達によると実際はまだいてたそうです。
(私からみてもハンサムでしたから仕方ないと思います。藁)
私は、少なくとも5人の女性とは何らかの付き合いがあり、今も付き
合いのある女性もあります。
(その女性とは、お互い1個人として距離のある良い関係ではないかと)
遊び人の父ではありましたが、父らしい生き方だったのだと。
思う存分、自分の好きな生き方と苦しみを背負って生きたのでしょう。
俊文さんのように、拘りが私にはないのかもしれません。

>お袋が死んでも悲しまないかもしれません。
同じでした。父に対して(女性関係ではなく、お酒を飲んで暴れるなど)。
でも、現実は違ったのです。
感情は状況によって変わるでしょう。
その時、俊文さんの現実や感情がどう変化するか分かりませんが。

ついレスしてしまいました。
今度こそ最後のレスと言うことで。
私のことばかり書いてしましました。すみません。

248 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/22(木) 08:17
247の読みにくいですね。ゴメソ

249 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/22(木) 09:51
1や130が、ある意味羨ましい。
憎くても恨んでも親に対してそこまでの感情があるってこと。
親を愛しているからこそ、そういう感情が生まれてくる。
私は親に対してそこまでの感情がもう無い。
無関心・無感情。親とも思えなくなった。
それはそれで悲しい。たった一人の親なのに…


250 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/22(木) 10:07
>>249
私も無関心・無感情。たぶん死んだと聞いても「ふ〜ん」位にしか
思わない。
たった一人の親を愛せない自分を責めた時期が長かったので
今は平和を感じる。悟りの境地じゃないんだけど(ワラ
いくら父親でも、鬼畜には違いない。それを無理矢理愛する方に
無理がある。だって、子供がうまれる状況ってすごく簡単なこと
なんだよ。セックスなんて、誰でもできる。その誰でもできること
で血の繋がりがどうこう言われたってピンとこない。
いくら自分の親でも、その人間性を正当に評価した上でこれから
も関わりをもつか、断絶するかの結論をだせばいいんだよ。

251 :249:2001/02/22(木) 10:18
>>250
同意。
そこまでなるには、かなりの心の葛藤があったけどね。
今はとても穏やかな気持ちです。
親とも普通に話せるし(表面上は)

252 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/22(木) 10:20
>>249
同意。
私も親に愛情という唯一の謝罪(適切な表現ではないかもしれないが)が
感じられなかったため、無関心になってしまった。
その反動のせいか、いい大人になった今でも「愛」に飢えている。
異性との「愛」は親とは違うものだということは
理解しているつもりだが、無意識のうちに
「無条件の愛」を求めている自分に愕然とする。
愛を求める自分の他に、愛される自信の無い自分も存在する。
そして傷つくのを恐れる自分がいる。
結果、傷つくのを恐れるあまり、愛が欲しい気持ちを無理やり殺す。
世間には自分の弱さを見せたくなくて
誰にも悟られないよう、いつでも平然とした態度で。
そんな私を他人は強いと言う。
独立した人だと誉めてくれる。

私は親に愛されたかった、、、


253 :俊文:2001/02/23(金) 00:31
>>246
多少なりとも浮気することに罪悪感を持ってる人なら、
もう少し深く聞いてみたいという気持ちもあったんですけど・・・
どうやらロムってないか、ロムってても書き込みを遠慮してるんでしょうね。

たしかに気楽な気持ちで浮気してる人たちとは、
いつまで経っても話は平行線で、ほとんど意味がないかもしれません。

ただ、「恋愛は親の自由」「子供は子供で勝手に育つ」的なことを言ってる人でも、
もう少し深い話をしてみれば、それなりに理解できる部分が出て来るかもしれない。

そう思ってました。

それと、あなたのレスですが生意気なことなどありません。
ありがたいことです。

254 :249:2001/02/23(金) 00:41
>>252
とても似ていて驚いてしまいました。
「愛」を求める反面「愛なんて・・」と思う自分もいる。
弱さを見せられない。周りは強い人間だと弱音を吐かない人間だと
思っている。本当はそうじゃないのに。
私は誰かれも愛されず、誰も愛せずに一生過ごして死んで
いくのかもしれない・・・と最近思うようになった。
親のせいにしちゃいけないのかもしれないけど・・・

255 :俊文:2001/02/23(金) 01:06
>>247

243さん。レス、ありがとうございます。
俺の方こそ俺のことだけ話してます(笑)
他の方にもですが、あまりプライベートなことを聞くのも悪いので、自分から聞くのはできるだけ遠慮してます。

お袋には今さら本心は聞けませんが、今考えると本心を聞いた方がよかったのかもしれません。
少なくとも女としての気持ちを聞くことで、女としての気持ちはもしかしたら、いずれは理解してやれたかもって思ったりもします。

俺の心は、高校の時から壊れちゃってます。
親父みたいに一応、外には出ませんでしたが内面は同じだと思います。

いつも心に重荷があります。
精神的苦痛とでもいいましょうか。

具体的に胸の奥の痛みとして自覚してます。
胸がキツイのです。

親のことを考え心を痛める。
その痛みを感じてしまい、また親のことを考える。
こういう悪循環になってます。

本当はコントロールできればいいのでしょうが、コントロールできない状態です。

お袋の死のことですが、「決して悲しまない」と決意しちゃってます。
根が頑固もんなんですが、自分の頑固さにほとほと呆れてしまいます。
でも、たしかに243さんの言うとおり、その場になってみなきゃわかりませんよね。

最後に、詳しくフライベートな話をしていただいて、本当にありがとうございました。
あなたのようなお子さんを持ったお父さまは幸せだと思います。

お父さまのご冥福をお祈りいたします。

256 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/23(金) 08:50
age

257 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/23(金) 11:53
>249さん

252です。
とても似た境遇のようですね。私も驚きました。
子供の頃に負ってしまった傷も治り、親とも普通に接することができるし
社会生活にも何の支障もなく、普通に生活しているのに
いつも満たされていません。これは愛というものに関してですが。
最近私は、傷は治ったのではなく、心の奥底に封印されただけの
ような気がしています。
何かの拍子に「過去」が出てきてしまうのです。
当事者(私の場合は父親ですが)にとっては
「過ぎたこと」なのでしょうが、私は生涯、心の障害を背負っていくのかもしれません。
今現在、父に対する恨みや怒りは全くありませんが
(あなたと同じく、普通に接しています)
「愛」に関わった時、驚くほど心が痛みます。
この年になってこんなこと恥ずかしくて誰にも言えません。
あなたとここで話せて嬉しく思います。

(勤務中なのに、神経が緩んでしまったよー(T〜T))


258 :佐々木:2001/02/23(金) 12:27
良いスレはageるデ

259 :130:2001/02/23(金) 12:29
久々に>>174 からの続きです。

<現在未成年で親の保護下にある方々>
あくまでも今後、親の元から離れた時、参考になればと思って書いています。

<成人して一社会人になって苦しんでいる方々>
年齢によって様々ですが、どうか皆が「自分自身の人生を掴むために」と書きます。

苦しみは「出口の見えない真っ暗なトンネル」の中にいるようなモノです。
私のように生まれたときからその中にいた人もいれば、
人生の途中でそのトンネルに突き落とされた人もいるでしょう。

しかし、
そのトンネルも出口はあるし、自分でその出口をこじ開けることも出来ます。
出口を見つける、出口を自分でこじ開けるにはどうするか?



260 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/23(金) 12:40
>130さん

もう、前置きはいらないのでは?
以前書かれたこととカブってますし、あなたの発言が
「正しい立ち直り方」という感じで少し違和感を覚えます。
押し付けるような感じではなく、「自分の場合は」といった
ソフトな感じにしていただけないでしょうか?

気に障ったのなら無視してもらっても構いませんが。

261 :130:2001/02/23(金) 12:40
>>257さん

その年になったからこそ、封印していることに気が付けたのかもしれないという気がします。
私も封印を解いて、もう一度整理し直したのが30もとうに過ぎてからです。
恥ずかしくはありません。残りの人生がたった一日でも良くなれば、ラッキーです。




262 :130:2001/02/23(金) 12:49
>>260
すみません、以下のようにあくまでも私の場合を書きかけていたのですが、
長くなるので分けていたため、載せ切れませんでした。
途中に無視出来ない他の人へのレスも書いてしまって。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは置かれている状況、性格その他、個人差もありますので、
あくまでも何かの参考にして下さい。

親について考えた後、今度は自分の事に目を向けてみました。

私が生まれてきた事に何の罪科もありません。愛されなかったことにも私に責任はありません。
ただし、
独り立ちしても当然と言ってよい成人する頃には、
「この家庭が自分の世界すべてではない」と気がつけば良かったのです。
家庭・両親という鎖を自分から外しても良かったのです。

会話のない両親をつなぎ止める役目を私が放棄すれば家庭が崩壊する、
そう思って家に残り、良い子を演じ続ける必要など、本当はなかったのかもしれません。
私が出ていって崩壊するかどうかは両親の問題。
子供の私が(悪くいえば)余計なお節介をしていただけに過ぎない面も否めません。

そこには
「衣食住を確保出来るという私の打算」というか、「弱さ」があったこと
恥ずかしながら、今は認めます。
親子が共にもたれあって、どんどん歪みを強めていった。
そう言う状況を変える怖さのために、ずるずると心の傷に目をつぶり続け、
恨みを蓄積していっただけでした。

263 :130:2001/02/23(金) 13:00
>>260さんへ
敢えて前置きを書くのは
10代の子供と、独立した20代独身の方と、子供もいる方と、
(配偶者に不倫されて傷ついている方と)読んでいる方の年齢、立場によって
話す内容が一緒にはならないと考えた故。

「最大公約数は無い」ということを自分でも分かって書かなければ
読む方にも分かって読んでいただかなければ
1さんような方と、
「学校から帰っても家に居場所がない」とレスをしていた人は
到底実行できることではなかったりで、
却って失望したり、酷く傷つける事になります。

不倫に傷つくことも精神的虐待の一つと位置づけていますし、
傷には年齢の幅が広いことが難しい面なのだと思います。
もっと簡単にかけたらいいのですが、考え考えながらなので
そこが下手ですみません。

264 :佐藤:2001/02/23(金) 17:09
良いスレはageるデ

265 :249:2001/02/23(金) 17:23
>252さん

そうですね。正直なところ「無関心。もう関係無い」
と思い込むようにしているだけなんだと思います。
普段は思い出すこともありませんが突如昔の思いに
引き戻される瞬間があります。
私の父も同じく「過去のこと」と思っているようです。
子供である私達や母親が傷を癒せずにいることなんて
微塵も感じておりません。そういう人だからこそ、
あんな酷いことをやってのけたのだろうと思いますが・・・。

しかし、こうやって同じ境遇の人に気持ちを吐き出すことによって
気持ちが楽になれるものですね。
私のほうこそ、あなたと話すことができて嬉しく思います。
今までは「こんなことをいつまでも考えているのは私だけ?」
と思っていましたので。
もっと弱くなっても良いのかもしれません。
肩肘張って誰にも弱さを見せない限り愛には巡り会えないのでは
ないかと最近では思うようになりました。
でも、弱さや過去の思いを誰かに曝け出すというのは
簡単なようで難しいんですよね。
「この人なら大丈夫かな?」と思いつつ
「また裏切られるのでは?」という思いがあるのも正直なところです。


266 :木村:2001/02/23(金) 20:17
良いスレはageるデ

267 :130:2001/02/23(金) 22:01
>>249 >>252
>1や130が、ある意味羨ましい。
>憎くても恨んでも親に対してそこまでの感情があるってこと。

私もちょっとの違いでお二人と同じになっていたと思います。
   愛を求めながらも傷つくの畏れてそれを見せず、人から見たらとても強い人に・・・。
   そして親への感情を封印して、無感情なまま過ごしていたでしょう。(そうなりかけていた)

既に書いたように、
親から受けた傷が元で、一生のうち、一番色んな事を楽しめる20代の若さで
日常生活すらまともに出来ず、しかも一生治らない病気にかかってしまった。
そのショックが本当に大きかったのですよ。
        封印が耐えきれずにぶっちぎれてしまったのです。

病気にかかった事治せない事は他人から見れば不幸?しかし・・・・
この病気すらも憎しみも、全部ひっくり返して自分の ”糧” にしました。
これは自分が初めて勝ち取った「自分の生き方」です。誰にも奪うことは出来ませんからね。
ここまで来て初めて、「親への感情」を昇華出来るのだと思います。時間はかかりますが・・・。



268 :130:2001/02/23(金) 22:45
>>243さんが大事な殆どの事を書かれていると思います。
(それを各人がどう適応するかが課題なのかもしれません。)

>俊文さんは、お母様を心から求めているのではないでしょうか?
>もし、そうだったら何故、拒絶するのでしょう。

1さんは母親求めているにも関わらず、当の母親から拒絶された。家庭も崩壊した。
そのことに今も ずっと傷つけられ続け、苦しみ続けている。

「求めてる、けど 許せない」=「母という”存在”を求めてる、けど彼女の”行為”は許せない」

この気持ちがぐるぐる回っているのではないかなと思いますが、どうでしょう?

269 :130:2001/02/24(土) 01:24
>>243 さん同様、私も強いどころか弱い人間です。
たまたま私は「荒療治」をしなければならない状態になっただけです。
皆さんとなんら変わりはないですから、決して特殊な例と取らないでください。

>>267の様になれたのも、時間のお陰と
色んな人の思いもかけぬ優しさに支えられたお陰です。

親以外にも優しさや愛情を教えてくれる人は、必ず居ますよ。諦めないでね。

270 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 07:54
age

271 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 09:04
>130
素朴な疑問だけど、何故あなたは不倫板に常駐してるの?
虐待と同じだって定義してるみたいだけど
全然違う問題だよ。他の板への移行を希望します。
別板からそのような要請もあったのだから
是非そうしてください。
このレスに対するもっともらしい長文の反論はお断りします。

272 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 11:16
>130
このスレ全部読んだが、荒らしにみたい
実際荒らしではないことはわかるが、
長文の連続と、あらゆる人に対する反応
まるで130がオーナーで、全て包括しているみたい
たまらん人にはたまらんだろうってのが感想。

273 :油木:2001/02/24(土) 13:56
良いスレはageるデ

274 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 14:13
age

275 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 14:16
>>271-272
真面目に読んでる人もいると思うし
130の意見を参考にしたり共感したりしてる
人も多いはず。だからこのスレが荒らしが来ないんだよ。
見たくないなら見なきゃいい。それだけのことでしょ。
>272
たまらん人ってどんな人?

276 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 14:18
130さんに
「お願いだから、うだうだ長文レスしないで」
「ここにいても構わないけど、空気読んで」
って思ってる人、手を挙げて。

277 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 14:19
「130が語るスレ」を立てればいいのでは?

278 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 14:27
>277
激しく同意

130のためにもそのほうが良いと思われ

279 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 14:29
>130
スレ立てれば?

280 :俊文:2001/02/24(土) 15:00
おひさしぶりです。
時間がなくて満足にレスできない状態ですが、ひと言だけ言わせてください。

130さんには、いつも親身にレスしていただいて、ありがたく思ってます。

俺は、俺以外の人に対する冷やかし、誹謗・中傷以外の内容なら、
だれでも、何度でも、書き込んでいただいて一向にかまわないという立場です。

281 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 15:15
>>179です。
だから言ったのに...され子供以外でもうこのスレ読んでる人なんていないよ。
もうこのスレも潰れた同然だから、この際はっきり言わせてもらうけど、
130は自分を非難している人間が1人だと思ってるところが
痛いのよ。私はあなたのメアドも知らないし、
>「179とは過去何度か軋轢があったため」
って言われても私じゃありません。

>>271に激しく同意!
虐待の被害者だからって、何で不倫板にいるのよ。
エセカウンセラー気取って、気持ち悪すぎ。

130が嫌いだったら、来なくていいって意見もあるようだけど、
良スレ潰されるのが嫌なだけ!!いい加減にして欲しい。

長文反論は、「130が語るスレ」でまとめてお願いします。


282 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 15:22
もう被害者(子供)が体験談を書けるような雰囲気じゃないと思う。
私も130にしたり顔でレスされるの嫌だから、書きたくない。

283 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 15:41
話し飛ぶと思われますが、うちの主人も幼き頃は『され子供』だったようです。
あまり多くを語らない主人ですが、お酒を飲むと当時の苦しみや悲しみを
思い出すようで、時には涙を流しながら当時の事を語ります。

私は彼の妻ですが、その時は彼の『理想の母』になり、抱きしめてあげます。
1さんの苦しみ、主人の苦しみは計り知れないものだと思います。
しかしいつか必ず、愛し、愛される人が現れます。

簡単に聞こえてしまったら謝ります。女性不信に、人間不信にはならないで
下さい。いつか現れるであろうあなたを愛する人のためにも・・・

偉そうな事をいってすみません。




284 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 15:48
>283
「され子供」が成人になって不倫をする場合もあります。
「自分がつらい思いをした」ことと、
「だから自分は結婚したら配偶者以外を好きにならない/
既婚者を好きにならない」ことは
必ずしも一致しないようです。

285 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 15:51
>284
そんなのわかりきったことだけど、
別に283さんに向けて言わなくてもいいんじゃない?

286 :283:2001/02/24(土) 16:13
>284

もちろん、それは理解しているつもりです。ただ、ここで苦しみを
吐き出している方は不倫親を反面教師としてる方が多いと勝手に
理解し、アップしてしまいました。不愉快な思いをさせてしまった
ようでしたら申し訳ありませんでした。

287 :玉置:2001/02/24(土) 17:07
良いスレはageるデ

288 :俊文:2001/02/24(土) 18:06
>>281
>>282

先にも言いましたが、俺は、俺以外の人に対する冷やかし、誹謗・中傷以外の内容なら、
だれでも、何度でも、書き込んでいただいてかまわないという立場です。

俺について言えば、130さんのレスはとてもためになってます。
時間の余裕がなくて最近は読むだけになってしまってますが、
特に>>261の「残りの人生がたった一日でも良くなれば、ラッキーです。」という言葉など目からうろこでした。

真面目な気持ちでしてくださってるレスも大事にしたいと思っています。
もし他の方のレスを受け入れてもいいという方ならば、そのレスをどう受けとめるかは、その人の問題だと思います。

ですが、>>282さんの言うこともわかります。
これはなにも、130さんだからと言うことではなくて、「自分の苦い体験について、他人にどうこう言われたくない」
という気持ちだと思います。

それについては俺も正直、鈍感でした。
俺自身、ネットということもあり、開き直ってる部分がありますから、比較的冷静に他の方のレスに耳を傾けてたつもりで、
他の告白者の方々のそういう気持ちには気づきませんでした。

もうしわけなく思います。

その点は、レスをつける人たちの問題ですね。
告白者のそういう気持ちは、留意するべきだと思います。

289 :俊文:2001/02/24(土) 18:19
>>283

ご主人は、あなたのような奥さまと出会えて幸せです。

俺も正直、相手の精神的負担にならないのなら、
できれば相手に俺の苦しみをわかって欲しいって気持ちはありますね。

今まで、こんな過去など誰にも話せませんでしたし。
ただ学生の時、はじめて付き合った相手には少しだけ話しました。

でも、その相手にも浮気されちゃったんで(苦笑)

>ここで苦しみを 吐き出している方は不倫親を反面教師としてる方が多いと勝手に
>理解し、アップしてしまいました。

アップしていだだけることが、ありがたいんです。
あなたの話を読んで、正直なところ、少しホッとしてます。

こういう話が、俺の偏った女性像に少しづついい影響を与えてくれてます。
本当ですよ。

290 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 18:29
>272
たまらん人ってどんな人?

このスレ初めて読んで全部読んで思ったこと書いただけだよ
130が荒らしじゃなくて真剣にレスしてるのはわかるけど
何というか、よく一度話し始めたら止まらない人いないか?
当然その話の中には参考になる部分もあるけど・・・
話し手と聞き手の気持ちのバランスが悪い状態、
みたいなことを言いたかっただけです

291 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 18:52
前からこのスレを読んではいたのですが、今日初めてカキコさせていただきます。

私も、父親の不倫でだいぶ悩まされました。
そして、今もまだその問題は解決していません。
ところが、今度は私が妻子ある男性を好きになってしまい、苦しんでいます。
まだその人とは深い関係にはなっていませんが・・・。

ただ、どんな人でもその時々で選択を迫られ、決断を下すのは自分自身ですよね。
その決断のちょっとした違いで、結果が大きく変わってしまう事もあると思います。
どんなにつらい経験を人に強いられた事があったとしても、その後の人生は自分次第なわけで、
人のせいにはできませんよね。
私も人のことを言えるような状況ではないのですが、1さんには頑張って欲しいと思います。

292 :130:2001/02/24(土) 22:40
>>282さんへ
出過ぎた真似をしてすみませんでした。他の方へのレスは控えます。

>話し手と聞き手の気持ちのバランスが悪い状態
書く際にこの点も注意します。すみませんでした。

293 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/24(土) 23:27
age

294 :名倉:2001/02/25(日) 00:14
良いスレはageるデ

295 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/25(日) 01:00
>>292=130
良いスレだと本当に思うのだけど
やはりあなたがぶち壊してるかなという感じ。
不倫板に来た時には、一番初めに必ずこのスレを覗くのだけど
あなたの130という名前がずらずら並んでいると
それだけで萎えて読む気が失せるというのが正直なところ。
私もあなたがこのスレ及び板に会わない人だと思います。
あなたへの批判にしてもこのスレでは
他のスレで見かけるような煽りではなく
冷静な批判しかないという事実を、良く考えて頂きたいと思います。
1さんも「俺は」などと私物化した発言ではなく
130以外にもたくさんの住人がいるということを考えて頂きたいです。


296 :誅亡:2001/02/25(日) 01:37
父はとてもよい人だったが酒ばかり呑んで体を壊していた。
オレが中学の時、父は三度目の入院をした。
母の夜遊びが始まった。
オレが幾ら拗ねても、家庭の崩壊を憂えた祖母が泣いて頼んでも、母は夜遊びをやめなかった。
真冬の夜中に母を探して一人街を歩いた。
涙がでてきた。
でも、何故かその時悲しいとは思わなかった。
ただ、澄んだ夜空に星がきれいだった。
母が通う居酒屋から、男と一緒に出てくる母を見つけた時、オレは母を呼ぶ事は出来なかった。
父が退院して来ても、母は浮気を止めなかった。
だが、父がその居酒屋へ行った事で、終に破局となった。
翌日、母は家を出た。
オレは必死に止めたが「すぐに帰るから」と言って出ていった。
しかし、母は二度と家には戻らなかった。
一月後、父は死んだ。
オレは親戚と祖母の必死の援助で高校入学、卒業する事が出来た。
今、生きて居られるのはその人達のおかげだ。
今のオレにとっての母とは、おばや祖母の事だ。
成人してから母と会う事があったが、懺悔の言葉は聞きたくなかった。
それから暫くして、母は再婚したが、オレに縁のある事ではない。
不思議に母を憎んだり、恨んだりする事はなかった、只、悲しかった。
不幸だとすれば、それはオレが「だから幸せな家庭を築こう」とは、思えなかった事だ。
家庭などオレにはいらぬ。

オレは今でも、あの夜空の美しく冷たい星の光の下に居るような気がする。

・・・・長々と、済まない、>1よ。
オレはこのスレにだけは来たくなかった。
ネタであって欲しかった。
同情などない、が、1の言う事がとても他人の事とは思えない。
負けるな、幸せになれ、そして好きな女を幸せにしろ>1よ。
さらばっつ!

297 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/25(日) 02:09
>>296
>誅亡さん
レスを返すことが迷惑かもしれませんが、、、
私は自分と友人をあなたのレスに重ねて
胸が潰されそうでした。
私も見えない呪縛に囚われたまま
つつがなく時を過ごしていますが
愛(家庭)はいらないと思っています。
でもあなたが1さんを思われるように
私もあなたが幸せになれることを願わずにはいられません。

私達は誰かが仰っていたように
「愛」を「封印」してしまっただけなのでしょう。
誰もが自らのことは諦めているのに
他人の幸せは願っている、、、こんなに悲しい状況はないと思います。

表向きは普通の生活をしています。気付いている人など皆無でしょう。
しかし心はこんなに病んでいます。
それを何故「それくらいで悩むのは疑問」と
言われなければならないのでしょうか。

長文失礼致しました。全てに目を通したら沢山言いたいことが
出てきてしまって、、、すみませんでした。


298 :誅亡:2001/02/25(日) 02:59
不覚にも涙が出た。
人は悲しみよりも幸せを追求するべきだ。
難しいが、幸せを求めてみようと思う。
>291さん
幸せを求め給へ。
辛いと思う、辛くても、より善い選択をされ給へ。
ありがとう。さらばです。

299 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/25(日) 03:21
ネタでもいいや感動あげ(T_T)

300 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/25(日) 03:24
自分が幸せになることにがむしゃらになって欲しい。
もし将来「今自分は幸せだな」と感じることが出来た時、
多分その時に初めて親を許すことが出来ると思う。
「自分をこの世に産んでくれてありがとう」と
感謝は出来ないかも知れないが、許すことは出来るだろう。

301 :あんぱんまん:2001/02/25(日) 11:22
良いスレはageるデ

302 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/25(日) 14:33
>>284
そうそう。私もされ子供。
その行く末が不倫ちゃん。
そゆ人もけっこういるのよ。

303 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/25(日) 14:36
>>302
>>284のレスにだけ反応するあなたって・・・

304 :ふ〜み:2001/02/25(日) 14:45
読ませていただきました
自分では無く、自分の母親が、親の不倫・浮気で苦しみ
再婚等で親戚中をたらい回しにされた少女時代を送ってました
現在は中学時代からの付き合いの自分の父(夫)と結婚
僕と妹の四人家族を持って幸せ(なのかな?だといいな)な生活
自分は両親とも尊敬しているし、大好きです
が、親の説く、今時の子等?には馬鹿にされるような恋愛感を
妹は嫌悪して、カス男と出て行ってしまい落ち込んでたな
まぁ兄妹でもあくまで他人事、自分の選んだ道とは言え
不幸になるのは見えているのだけれども(既に浮気されてる)
折角忌まわしい過去?を断ち切ろうと愛情を一身に注いでくれても
逆に悪人をも疑わない馬鹿になってしまう(好きだけどね)
今思えば母の恋愛感はあまりにも古臭くて、しかも
自分の幼年時代の悲惨さを子に繰り返して欲しくない!
って言う恵まれて育った妹?には押し付けがましく鬱陶しく感じる
(にしても馬鹿だが、高校時代だとまだ分からなかったんだろうな)
ものだったのだろうが
にしても僕の祖父の浮気癖が引き起こした家庭崩壊
爪痕は大きいなぁと実感(にしても妹は馬鹿な反発をしたな・・・・)

1さんの話に触発されて、長々と勝手に並べてしまったけれども
僕は貴方を応援しています
同情とかではなく
変に自分や相手を束縛したりしないよう
幸せになってください



305 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/25(日) 14:48
>303
302です。
残念ですが、ほかにもレスしてます。
どちらの気持ちもわかるからね。


306 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/25(日) 15:37
>>295さんへ
>あなたへの批判にしてもこのスレでは煽りではなく冷静な批判
はい。いずれも煽りとは捉えていません。
1さん、ロムされている方に不快な思いをさせて、すみませんでした。

我ながら余計なお世話が多いなと、読み返して恥ずかしく思っています。
配慮の無さ、より一層気をつけるよう致します。
お言葉、有り難うございました。<(_ _)> 130でした。


307 :OLD:2001/02/25(日) 15:44
ここチャットあるのかや?

308 :俊文:2001/02/25(日) 18:22
>>295
>1さんも「俺は」などと私物化した発言ではなく
>130以外にもたくさんの住人がいるということを考えて頂きたいです。

一度一発言者宣言をしたにもかかわらず、逸脱したレスをしてしまったようです。
以後、気をつけます。
他の方も俺のそういう類いの発言を見かけたら、遠慮なく意見してください。
このスレを仕切る気持ちはありません。

それから、以下はあくまでも一発言者としての書き込みですが、
130さんがこのスレからいなくなると寂しいです。
130さんとは、ネット上のことと言え、心の深い話のできる友人だと思っています。
一発言者として、130さんの>>292>>306の言葉を信じます。

>>306
130さん。
不快に思いませんから、俺に詫びることはないですよ。

>>268
母親として素直に甘えたかったという気持ちがあります。
でも、素直になれません。なりたくもありません。
そんなジレンマです。

それと、それまで築いてきたものはなんだったのかという虚しさです。
浮気の事実を知った時、俺たちの母子としての信頼関係は、少なくとも俺の中では一挙に崩壊しました。
心の中が空っぽになったような感じでした。

母親はその話には触れず、というか俺の気持ちには気づかず、それまでと同じく普通に接してましたが、
俺は嫌なので、少しずつ少しずつ母親に嫌われるように接してきました。

今じゃ「血の繋がった他人」です。

自分では母親への思い(思慕の念や憎しみなど)は「封印」してきたつもりですが、誤魔化しきれません。
それを痛みとしていつも感じてます。

309 :俊文:2001/02/25(日) 18:40
>>296
>オレは今でも、あの夜空の美しく冷たい星の光の下に居るような気がする。

俺も高校一年の時、親父からお袋のことを聞かされた“あの時”から気持ちが前に進んでません。
なんというか「心が腰を抜かした」とでも言いましょうか。
そんな状態です。

>・・・・長々と、済まない、>1よ。
>オレはこのスレにだけは来たくなかった。
>ネタであって欲しかった。
>同情などない、が、1の言う事がとても他人の事とは思えない。
>負けるな、幸せになれ、そして好きな女を幸せにしろ>1よ。
>さらばっつ!
ありがとうございます。
俺には、「いつか心の底から理解し合えるような女と出会いたい」って気持ちがあります。
皮肉なことに今まで一番心を開けた女は、はじめて付き合った浮気症の女です。

その人は、俺の過去も少しは知ってるし、浮気が原因でお互いさんざん言い合いましたから、
お互いのことをある意味深く理解し合えたんだと思います。
だから、別れてからかなり経った時も電話が来たりしたんでしょうね。

話がずれましたが、いつか情の厚い女性と親子のきずなと同じぐらい深い心の関係を築ければなと思います。

310 :俊文:2001/02/25(日) 19:02
>>304
ふ〜みさん。
あなたのレス、読ませていただきました。
人間味のある、とてもいいお母さまだと思います。

>1さんの話に触発されて、長々と勝手に並べてしまったけれども
>僕は貴方を応援しています
>同情とかではなく
>変に自分や相手を束縛したりしないよう
>幸せになってください
ありがとうございます。
俺も高校のころはガチガチの恋愛観を持っていて、
(相手もいないのに)「付き合う相手は処女じゃなきゃ」なんて考えてました(笑)

今じゃ、よほど男を取っかえひっかえしてる人じゃなければ、
付き合う前のことなどほとんど問題にしません。

あくまでも、心の深い繋がりみたいのが大事だって思ってます。

でも、高校のころの俺とちがって、お母さまの
>今思えば母の恋愛感はあまりにも古臭くて、しかも
>自分の幼年時代の悲惨さを子に繰り返して欲しくない!
この気持ちは親心ですよ。

それと、俺の親父も両親を早く亡くなくして、親戚をたらい回しにされたクチで、
その話は親父からよく聞かされてましたから、そういう悲哀も実感としては持てませんが、わかります。

ただ、俺の親父は幸せにはなれませんでした。
そういう意味でも、お袋が憎いんです。

311 :俊文:2001/02/25(日) 19:24
>>291
>どんなにつらい経験を人に強いられた事があったとしても、その後の人生は自分次第なわけで、
>人のせいにはできませんよね。
そうなんですよ。
人のせいにしても仕方がない。
自分の心の傷は自分で解決するしかないんですよね。

そして、そこがつらいとこなんです。
こういうのって、薬飲めば治るって類いの話じゃありませんから。

正直、世間に弱味を隠しながら生きてるのもつらい。
でも、自分で解決するよう模索するしかないんですよね。

>1さんには頑張って欲しいと思います。
ありがとうございます。

312 :291:2001/02/25(日) 22:51
>>311
私も今まで、この事については誰にも相談できずにいます。
どういうわけか小学生の頃から、父の職業を言うと(たいした職業じゃないのですが)、
周りの人に、私の家庭はいい家庭だと思われてしまうのです。
だから私は、心の中では『何にも知らないくせに』と思いながらも本音を言えずにいました。
今でも、父親の事を話す時は、その事を知られないように、明るく無難な事を話してしまいます。

「神様は、その人が耐えられないような苦難は与えないそうだから・・・。」
何年も前に友達が何気なく言った言葉なのですが、それからずーっと私の心の中に残っていて、
私の励みになっている言葉です。神様を特別信じているわけではありませんが、いい言葉だと思いませんか?


313 :俊文:2001/02/25(日) 23:17
>>312
>今でも、父親の事を話す時は、その事を知られないように、明るく無難な事を話してしまいます。
そこのところは、苦労しますよね。
俺も「なんであんな奴、かばってやんなきゃなんないんだろ」って思いながら話してます。
でも世間からすれば、家の恥でしかありませんから我慢してます。
まわりにまともな親持ってる奴とかいると、内心むかつきます。

>「神様は、その人が耐えられないような苦難は与えないそうだから・・・。」
いい言葉ですね。
親を許せれば、かなり器の大きい人間になれるんだろうなと思う時もあります。
でも、それがなかなか・・・。

結局許せるか、許せないかってところですね、俺の場合。
いずれ許せる時が来るのか、それとも許せずに苦しんで一生を終わるのか。
そういうことだと思います。

314 :130:2001/02/25(日) 23:35
1さんへ
時計を戻して、失った親からの愛情、親への信頼を取り戻すことはお互い出来ませんよね。

私は傷を抱えたまま結婚して、何年もの積み重ねの結果、
初めて親から貰えなかった愛情・信頼を得ました。
(この愛情と信頼は、私を非常に安心させ、傷を癒す最大の力になりました。)
親の不仲を見てきたことがとても役にたちました。

夫婦とはいえ、信頼関係など始めから存在しない、
築いても一瞬で無くなるものだと、毎日の些細なことがとても大事に思えます。
生まれたときから親でさえ信頼できなかったので、自然とそういう姿勢が身に付きました。
(おまけに私も独身時代につきあった彼に浮気されて、一夏寝込むほど苦しんだ事がありましたので。)

私の場合、前に進みながら、人と関わりながら傷を治し始めたということでしょうか。
たまたま結婚が苦しみというトンネルから抜け出す1つ目の力になりました。

独身時代につき合った彼の浮気に傷ついたこともあったけれど、



315 :俊文:2001/02/26(月) 00:02
130さん。

もし俺に立ち直るチャンスがあるのなら、
“心の底から信頼できる女性”との出会いなのかもしれません。

ただ、そんな信頼関係は一朝一夕には作れませんし、
正直、今度浮気症の人に出会っちゃったら、もう立ち直れません。

だから、今の俺はものすごく臆病です。

理想を言えば、たまたま出会った女性と長く付き合ってるうちに
お互いの相性も合って深い信頼関係も築ける。
おまけに母性的なものも欲してしまってます。

けれど、こんな出会いは宝くじを当てるようなもんです。
でも、それしかないのかな、自分で解決するなんて所詮無理なのかなって思いもあります。

もしそれしかないのなら、相手のあることですからね。
“縁”があるかどうかですね。

しかし、上の理想の話ですけど、自分で書いてても欲張りですね(笑)
結局は、お袋との関係で失った深い信頼関係を、誰かの関係に求めてるんですよ。

316 :130:2001/02/26(月) 00:52
続けてレスして、皆さんすみません。
俊文さんへ

>“心の底から信頼できる女性”との出会い
私も夫に出逢ったのは全くの偶然。その後、20年かかってまだまだこれから。
結婚(出会い)即、信頼・安心・愛情とはいきませんでした。

貴方が何を求めて、何に傷ついているか自分でも殆ど分かっているのだから、
誰かの関係に満たされるものを求めると同時に、出来ることがありますよ?
親への憎しみ等の気持ちはそのままに、
まずは頭でだけでも親の行動を整理してみる、客観的に見るということ。
貴方も既に幾つかここでやり始めてますね。(私も夫の関係を築くと同時進行でやりました)

つきつめればその作業は「親離れ」の一つだったと感じています。
夫との関係だけでは苦しみのトンネルから、抜けられませんでした。


317 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/26(月) 05:44
age

318 :俊文:2001/02/26(月) 21:20
>>317

130さん。

>結婚(出会い)即、信頼・安心・愛情とはいきませんでした。
そうですよね。

恋愛とはまた違った、男女間の愛情や信頼というものは、
やはりある程度の時間をかけて築きあげて行くものなんでしょうね。

>まずは頭でだけでも親の行動を整理してみる、客観的に見るということ。
>貴方も既に幾つかここでやり始めてますね。
それについては、なんとなくその自覚はあります。

みなさんにいろいろレスしていただいて、俺もレスを返すということを重ねることで、
多少なりとも整理しはじめてるのかもしれません。

>つきつめればその作業は「親離れ」の一つだったと感じています。
130さんにとって「親離れ」とは、どんな意味なのでしょう。
「親の責任にするのをやめる」ということですか。

もしよろしければ、お答えしてくれませんか。
俺にとって、大事なキーワードのように思うのです。

>夫との関係だけでは苦しみのトンネルから、抜けられませんでした。
それについては、心あたりがあります。

以前、ある人に「あなたは、好きになった人に底なしに尽くすタイプだ」と言われたことがあります。
もしかしたら、そうかもしれません。

130さんの言う「まずは頭でだけでも親の行動を整理してみる、客観的に見るということ。」
これをしないと、相手に「底なしに尽くす」人格になってしまうと思うんです。

でも、それはそれで問題があります。
親との関係を自分の心の中で清算できずに、付き合う相手にとことん依存する。
そんなことだと思います。

それでは、問題が変形しただけだと思うんです。
だから、130さんの言う「親離れ」と言う言葉が大事になって来るんです。

319 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/26(月) 22:43
>「あなたは、好きになった人に底なしに尽くすタイプだ」
きっと本当の愛情を求めるがゆえに、その相手が自分にとって全てになってしまう。
その相手だけは自分を裏切るまいと。
しかし人の痛みも十分感じることができるのが1さんの光だと思うのだが。

320 :130:2001/02/27(火) 00:57
私の親離れ。
「親」という「夫婦」に私が介在できることはおのずと限界があるんですよ。
私が何かにつけ問題を背負うこと、親が何かにつけ頼り切る
「もたれあい」をやめました。もう大人として別の人生を歩む時期が来たんだと・・・。
最初は怖かったですよ。両親がどうなるかと・・・。
本当はそうやって自分の価値を親に認めて貰いたかったのかも、と最近気がつきました。
(「底なしに尽くす」貴方と同じ?愛されたくて依存していた。)

色々な事実をつなぎ合わせ、整理して分かったこと。
私の親だって決して「虐めよう」と思って産んだ訳じゃない。
そうしないといられないほど、夫婦に色んなことがあった。
私は何とか別の道を歩んで、親を反面教師に、傷を糧に
親が掴めなかった幸せを掴めた。その時初めて
「子供からも憎まれ、仲の悪い両親は不幸で悲しい」と気がついて、憎しみは消えた。

俊文さん。
昨晩、まんじりともせず、色々考えてた。
貴方はお母さんが好きだって、貴方のレスのあちこちから感じるよ。
その気持ちを押し込めようとするから、余計に苦しいんじゃないかな・・・って。

貴方がお母さんを好きだった事と、お母さんを許すこととは別物だと思うよ。
今は許さなくてもいい。憎んでもいい。でも
自分の気持ちを押し込めるのは、自分のためにカンベンしてあげて欲しいな。


321 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/27(火) 10:08
age

322 :名無しさんといつまでも一緒:2001/02/27(火) 12:25
>>1さん、マジレスします。
私も一般的な家庭に育ったものではありません。
あえてそれは省きます。(自分の不幸自慢をする気はないので)

私の場合、親にもう特別依存する・される程、愛情べったりでも
ないし、特別無関心というわけでもありません。

子供の目からみれば親は尊大な人物であろうし、そうあって欲しい
と願うでしょうが、親もまた弱い生き物ですし、本当の夫婦間のことは
子供にはわかりません。
だからと言って、不倫を肯定するつもりはありません。
子供はそれで十分傷つきますし、後々の人格形成にも影を
落とすかも知れません。
しかしながら、1さんは十分親から恩恵を得て育ったことと
思います。ご飯を食べられ、暖かい部屋に眠り、服を着て
清潔にして、学校にも通ったことと思います。
そんなことは親として当然だと思われるかも知れませんが、
世界にはもっと不幸な子供たちが沢山います。

私は若い頃、インドへ旅をして自分の悩みの甘さに愕然とし、
恥ずかしくなり、日本に帰ってきた頃は私のそんな悩みは
消し飛んでいました。

この世界でも希な恵まれた国に生を受け、恩恵を得ているという
事実をどうか考えてみて下さい。


323 :誅亡:2001/02/27(火) 13:19
>>322
322さん、甘えるなということだな。

324 :俊文:2001/02/27(火) 21:45
>>320

130さん。
いつもレス、ありがとうございます。
あなたとの会話は、確実に俺のためになってます。

130さんの「親離れ」、参考にさせてもらいます。

>貴方はお母さんが好きだって、貴方のレスのあちこちから感じるよ。
>その気持ちを押し込めようとするから、余計に苦しいんじゃないかな・・・って。

>貴方がお母さんを好きだった事と、お母さんを許すこととは別物だと思うよ。
>今は許さなくてもいい。憎んでもいい。でも
>自分の気持ちを押し込めるのは、自分のためにカンベンしてあげて欲しいな。

その通りだと思います。
俺は、心の奥底ではお袋のことが好きです、たぶん。
でも、そう思う自分が嫌なんです。

俺は、お袋のことを「母親」として見てるけど、同時に「女」としても見てます。
身近で夫婦のことを見て来たので、親父の「男としての苦しみ」も男の俺には痛いほどよくわかります。

小さいころは親父にも可愛がられたので、親父への思慕の気持ちも持っていました。
その好きだった親父が目の前でボロボロになって行きました。

グデングデンに酔っ払って、男としての意地もプライドもなくした親父の姿を見るのは辛いもんがありました。
今の俺はもう小さい子供じゃないので、子供としてよりも親父の視点からお袋のことを見てしまっています。

男として、親父の視点からお袋を見たら、男の弱点をみごとに突いてくれた、かなり「嫌な女」です。
男性だったらわかるかもしれませんが、夫が外で勝負してる時、妻に浮気ばかりされたら堪りません。

特に「弱い(?)男」ならなおさらです。
簡単に心の芯がポキッといっちゃいます。
親父はポキッといっちゃいました。
たぶん、そのまま人生を終わるでしょう。

なにもなければ今ごろ、いい男、いい旦那になってたはずです。

そういう意味でも、お袋のことは好きになれません。
「自分の気持ちを押し込めるのをやめる」ということが
「母親のことを好きな自分を認める」ということならば、今の俺には無理かもしれません。

俺は男としても、お袋が許せません。
親父は、お袋に「負け」ました。
俺は男として、これからもお袋に妥協したくありません。

こう書いてみてきづいたんですが、俺のお袋嫌いは、「親父のことに対する復讐」ということも内包してるみたいです。

325 :俊文:2001/02/27(火) 23:02
>>322

レス、ありがとうございました。
読ませてもらいました。

正直、どうレスしていいか困っています。
うまく言葉で表現できません。

もうしわけありませんが、後日レスさせてください。

326 :130:2001/02/27(火) 23:51
俊文さんへ
貴方を傷つけたお母さんの不倫を肯定はしません。その上で・・・
(今の貴方にはまだ無理があると思うので、試しに読んでみて下さい。)

他の方も繰り返し、同じ事を書いておられます。
「夫婦の事はやはり当の夫婦にしか分からない。」と。
「夫婦の問題」にほぼ大人となった貴方が
まるで父親の代弁者となって巻き込まれているように感じます。
(無論貴方も被害者ですから、巻き込まれずにはいられませんが、
 親の代弁者になるのは違う気がするのです。)

過去レスにお父さんの暴力や、お母さんを構わなかった等々、色んな事を書かれていましたね。
お父さんにも違う生き方は無かったのか、違う道を選択しなかったのは何故か、等々、
貴方自身が友情や恋愛や結婚や色んな人間関係を体験しながらも、
巻き込まれず、客観的に時間をかけて頭で整理出来たらなと感じます。

そうすることで親を真似るのではない、
貴方なりの大人の男性・女性像、夫婦像を見つけだせる日が来ることを願っています。


327 :俊文:2001/02/28(水) 23:42
>>326

130さん。

俺には、親父にとても同情してる部分があります。
今は、親父が壊れたのもある意味必然だと思ってます。

親父はなんで別れなかったのかなと考えることがあります。
でも、親父の生い立ちを知る俺には、その理由がよくわかります。

親父は孤独が怖かったんです。

小さいころ両親を亡くして親戚をたらい回しにされた話は以前しましたが、
家族というもんを手放したくなかったんでしょう。
それに俺たち子供のことも心の底では嫌いではなかったみたいだし。

そういう事情も知ってるので、親父の立場からお袋を非難するということは今はやめられません。

でも、おかげでもうひとつ課題がわかりました。
ありがとうございます。

328 :俊文:2001/03/01(木) 00:12
>>322

322さん。

あなたには、昨日はレスしませんでした。
レスに困ったというのは率直に言ってしまえば、あなたのレスにいい思いを抱かなかったからです。
それで、ワンクッション置いたんですが、今日もこの気持ちは変わらないので、思ったことをレスします。

まず、俺は不幸自慢はしてません。
長い間胸にしまってたことを吐き出すことで、少しでも心の重荷が軽くなるので自分の体験を語ってます。
それに、他の方からレスしていただくことによって、俺自身も気づくことがあるし、正直こんなに収穫があるとは思いませんでした。

>この世界でも希な恵まれた国に生を受け、恩恵を得ているという
>事実をどうか考えてみて下さい。

恵まれない国に生を受けた人たちにも苦しみがあります。
恵まれた国に生きる俺たちにも苦しみがあります。

どちらが上で、どちらが下ということはないと思ってます。

俺は恵まれない国に行ったことがないので、こんなことしか言うません。
俺自身、実際に行ってみればどう感じるかはわかりませんが。
あなたと同じように感じるかもしれませんし、感じないかもしれません。

幸い、あなたはインドでご自分の苦しみを捨てることができました。
そういうあなたから見れば、俺の苦しみは甘いのかもしれません。

ただ、あなたが「インドの子供たちにくらべれば、おまえの苦しみなんて甘いよ」と言いたいだけなら、
俺の苦しみはまるまる無視されたも同然で、残念ながら今の俺には逆効果です。
もし、そうなら今後、俺へのレスはご遠慮ください。

もし俺のことを思ってレスしてくださったのなら、
よろしければ、ご自分の家庭でのことやインドでの体験など、支障のない範囲で話してくださいませんか。
詳しく話していただければ、なにか得るものがあるかもしれません。

329 :マロン:2001/03/01(木) 02:18
一気に読んでしまった。

私は今、ここで書けないくらい 危ないことしてきたけど、
うちの子を、俊文君のようにしなくて良かった、と思っています。

私の、祖父、父とも遊び人で、好きになった主人も、無類の女好き。
でも、だんだん主人の遊びに馴らされ、淫乱になっていく。
いまや立派な、男好き。
いつも主人に言っている事ですが、心はあなたのもの、体は私のものよ!
でも、パパは(主人)体だけでいい・・・・・・(笑)
主人とのマニアな遊びが、子供たちの目に触れないように
分からないように、細心の注意を払って、はや13年
色事は、灰になるまでといいますので、パパの好きなことを
おもいっきりさせてあげたいなと、思っています。
もちろん、私もちょっぴり楽しみますが!???

かく言う私にも、トラウマと言うものがありまして、
祖母に、嫁いびりされた母が、とても感情の起伏が激しく、
いまだに、実家に行くと知らず知らず母の顔色をうかがっている。
虐待とかそういうものでなく、厳しいしつけをされたので、
母の呪縛から、開放される時が来るかどうかが、問題です。
あるいは母からの、重圧の反動でこんなに変態になってしまったのか
とも思いましたが、主人いわく 地だよ だって。

こんな夫婦ですが、今までの道を外れたお遊びを反省しつつ、
親 兄弟 親戚 子供、その他大勢の方々に迷惑をかけないように
お誘いが無くなるまで、至したいと思います。

注:マニア=やってる事は獣以下です。

堅いレスで、やわらかい話 してしまった。・・・・ゴメンなさい

マロンちゃんでした。




330 :無名:2001/03/01(木) 02:44
がんばれ

331 :名無しさん@1周年:2001/03/01(木) 03:05
>>1
母親は清らかであってほしいだろうけど
所詮人間 いくらでも恋したい
家庭に締め付けられるのはごめん
出会っちゃったものは仕方ない
あきらめて 自分の人生歩んでほしい

332 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 03:31
この板に来る様になってから、不倫をする人ってほんとに
無責任で鬼畜だなと思うようになってしまった。
辛いよ、自分の親が鬼畜って思ってしまうのは。
子どもにとって親ってのは、全面的に信用できる唯一の大人なんだよ。
その信頼を裏切られて傷つくことを、単なる甘えって片付けられる?
親に裏切られた子どもはね、それでも何とか親の気持ちを理解しようとする。
もしかして親の不倫は自分の所為かもしれないってとこまで
背負い込むことになるんだよ。人を裏切っておいて高いびきかいていられる
想像力のない人間には考えられないかもしれないけど。

333 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 03:37
わたしの父も母も不倫していました
そりゃぁ 子供の時はそれなりにショックで
わたしなんか邪魔者でした
でも 大人になったら 夫婦が冷めてしまってたから
違う人のところにいってしまったんだ
でも それでもなんとか わたしを捨てずにどうにか
育ててくれたことに 感謝している


334 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 03:39
半角開けるのやめれ。キモイ。

335 :早季子:2001/03/01(木) 04:07
親の不倫くらいでガタガタ言うのも笑えるわよ。

336 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 04:09
>>334
人がマジレスしてるのに
もういいよ
逝け

337 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 04:10
つーか1って、ただ女にもてない理由を母親の不倫のせいにしている
だけなんじゃあないのか?

338 :早季子:2001/03/01(木) 04:22
きっとそうよ。1は卑怯な男だわ。

339 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 04:24
1が 出会った相手がたまたま人妻だった
でも 愛してる
そんな経験 一生ないんでしょうなぁ
けっこう 不倫も純情なんだがなー

340 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 04:28
339さん、そんなことはないと思うよ。
出会った相手がたまたま…なんて。
最初はどうでもよかったっていう証拠だよ。

341 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 04:30
簡単に手に入ったからだよ。

ほんでもって他の人と恋愛したら
純愛、一生ないってまた思えるから。
足ブミしないで次行こう!
鑑賞に酔ってるとチャンスをじゃんじゃん逃します。

342 :誅亡:2001/03/01(木) 16:56
俊文さんへ。
匿名掲示板では際限なく無責任な事が言える。
あおりは無視していきましょう。

343 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 17:02
そもそも世の中、男と女がいるかぎり必ず恋愛が存在するんですよ。
それが恋人がいる人だったりまたは結婚している人であってもです。
それは誰しも人類が誕生して以来そのような遺伝子を継承しているからしょうがないんです。

でも誰しも好き勝手してたらとんでもない世の中になるよね。
そこは人間って理性をもった動物だからです。
好きになってはいけない人を好きになる前に回避することができるんです。
恋愛を経験している人なら人を好きになる過程ってわかるよね。
最初は何気ない会話から始まって、みんなして遊びに行って、やがて二人きりで会うようになり、やがて好きになっていく。
恋愛に発展するにはこういう過程がちゃんとあるんです。
中には一目惚れってのもあるけどこれは恋愛経験の浅い人だからちょっと置いといて・・
だから好きになってはいけない人を「好きになっちゃったからしょうがない」っていうのは、言い訳にはならないんですよ。
一本筋が通っている女性ってのは、好きになってはいけない人とは、その好きになる過程を必ず回避してたりします。
たとえば結婚している人とは絶対二人きりでは会ったりしないとかね。

だからいけない恋愛して悩んでる人はこれからちゃんと一線を引く勇気を持ってください。
それができない限り同じような悩みは尽きませんよ。

344 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 17:03

> だから好きになってはいけない人を「好きになっちゃったからしょうがない」っていうのは、言い訳にはならないんですよ。

そうそう。そのとおり。

> 一本筋が通っている女性ってのは、好きになってはいけない人とは、その好きになる過程を必ず回避してたりします。
> たとえば結婚している人とは絶対二人きりでは会ったりしないとかね。

自分の気持ちにちゃんとフィルターをかけられれば、2人きり
で会っても全然平気ですけどね。
だって、普通の銀行員は毎日お金を触ってるけど、そのお金を
自分のものにしたいとは思ってない。
それは、札束が「お金」じゃなくて「大切な書類」に見える
からだと思うんですよね。でなきゃお金になんて触れない。

彼女がいる人や、奥さんがいる人は、所謂「男」に見えない。
そういうフィルターがかかれば、2人きりで会っていても
間違っても恋愛には発展しないと思うんです。

> だからいけない恋愛して悩んでる人はこれからちゃんと一線を引く勇気を持ってください。

一線の引き方が、とてもうまい男性を知っています。
私にはその線がはっきり見えたから、彼とはいいお友達に
なれたと思います。でも、「その線が見えない人もいるんだ」
と彼は嘆いてました。踏み越えて来る人もいるのだそうです。
一線を引く勇気、一線を見る能力。
どちらもいつもちゃんと持ちあわせていたいですね。

345 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 17:52
>339
もしかして1さんは、それでこんなに悩んでるのでは?
人妻との先の見えない恋愛に陥ってる……
母親を許せないという思いと、
目の前にいる人妻にのめりこみそうになっている自分……


346 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 18:43
>>345
そういう事ではないですよ。
1さんが気の毒なので、そういう話はちょっと・・・・sage

347 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/01(木) 22:41
>>329
スワッパー、マロンちゃん
やめてくれよカキコ、別に板あるんだから

348 :マロン:2001/03/01(木) 23:41
だってさ、みんなすごく肩に力はいちゃってるんだもん。
ツライっしょ。

349 :俊文:2001/03/02(金) 01:54
>>329
マロンさん。
第三者の俺が言うのもなんですが、これからも絶対にばれないように細心の注意をしてください。

>>348
俺の場合、深刻になっちゃってます。
ずっと隠してきたためか、かなり深いです。

>>331
家庭に締めつけられるのが嫌なら、はじめから家庭を作らなければいいと思います。
はじめから子供を作らない気なら、自分たちの責任で浮気でもなんでもして勝手に別れればいいんです。

でもはじめから子供をくつる気なら、やはり親としての責任がありますから、そんなことをするべきじゃありません。
そんな自覚もないなら結婚なんかすべきじゃないし、子供もつくるべきじゃないと思います。

浮気を楽しんでる人たちを見ると、家庭をつくるにあたってなんら自覚のない人が多いように思えてなりません。
一生子供を作らないんじゃなければ、結婚後の恋愛感情は押えるべきです。

話は変わりますが、俺のお袋はお袋のお袋、つまり俺のばあちゃんを心のお守りにして生きてます。
だからか知りませんが、芯が強いです。

一方、俺もお袋を心のお守りにしてた時期もありましたが、ある時期を境に
一転、お守りが悪魔に変わってしまいました。
心の支えどころか、俺の中のお袋は今じゃハンディキャップでしかありません。

なにか心が揺らいだ時、お袋はばあちゃんに電話して心の平安を取り戻してましたが、
端から見てて、とてもむかつきました。

清らかじゃなくても浮気と無縁の親などいくらでもいます。
俺だって、お袋が聖母じゃないことぐらいわかります。
俺たち子供にはおおむね優しかったんだから、せめて行動も人格も普通であって欲しかったです。

それでも親だから、敬意を持ってたと思います。

>>342
誅亡さん。
ありがとうございます。

350 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/02(金) 02:07
俊文さん
人それぞれだとは思いますが、人妻でありながら
別の人を好きになってしまった私は、今とても苦しいです。
自業自得といわれればそれまでですが……

夫との間に子どもはいません。
だからといって他の人を好きになっていいわけはありません。

その狭間にいる私は、このまま狂ってしまうのかもしれません。
俊文さんのお母様にも、きっとそういう時期があったのでは?
お祖母様が心の支えなんですね。
私にはそんな存在もないので、自分で自分を支えるのがやっとです。


351 :350:2001/03/02(金) 02:23
>>343
>一本筋が通っている女性ってのは、好きになってはいけない人とは、
 その好きになる過程を必ず回避してたりします。
>>344
 >自分の気持ちにちゃんとフィルターをかけられれば、2人きり
  で会っても全然平気ですけどね。
少なくとも以前の自分は一本筋の通った女性だったと思います。
一線を引くこともできていました。どんなにステキな男性と2人きりで
一緒にいても、(仕事帰りに飲むとか)恋愛感情は抱かなかったし、
もちろん不倫とか浮気という言葉自体無縁でしたし、
それに対する嫌悪感しかありませんでした。
「夫に浮気されたらいやだな」くらいの……。

でも、そんな筋とかフィルターとか超越したところで
出会ってしまったのが、今好きになった人です。
運命の人なんて夢見ちゃんなことは言いませんが……
(俊文さんすみません。横レスになってしまいました。)

352 :俊文:2001/03/02(金) 02:43
>>350
お袋は、前に話した近所の兄ちゃんにマジ惚れして、
狂ったようになって親父に別れ話を切り出したことがあります。

俺が小学校のころです。
後でその話を聞いて、そのころのゴタゴタが腑に落ちました。

お袋には、あなたのような葛藤はなかったと思います。
とにかく、性に関する倫理観など皆無です。

以下は余計なことですが・・・。
もしよかったら読んでください。

好きになったものを好きになるなと言うのは、(好きになった程度にもよりますが)無理なことだと思います。
もし、あなたが本気で旦那さん以外のひとを好きになり肉体関係があり、これからも別れられないと言うのならですが、しようがありません。
まずは旦那様にばれないようにすることだと思います。

その上で、その人との付き合いを続けてはどうですか。
そのうち、どちらかに心が決まると思います。

旦那様に心が決まれば、そのまま夫婦をつづければいいし、
相手の人に心が決まれば、旦那さんとは別れた方がいいでしょう。

その間、絶対に旦那様の子供も相手の子供も作らないこと。
旦那様には絶対にばれないこと。

これを前提に、上の行き方をお勧めします。

生意気なこと言って、すみません。
たわ言だと思って聞き流してください。

ただ本当のことを言っちゃえば、人が人を本気で好きになる。
これは責められないことなんですよ。

353 :350:2001/03/02(金) 02:56
俊文さん、レスありがとうございます。
読んでいて涙が出てきました。

生意気だなんて言わないでください。
たわごとだなんて思いません。

好きになった人とはまだ最後まで行ってはいません。
でも時間の問題だとは思います。
相手の方は本気かどうかは分かりませんので
(年下独身男性が人妻に求めるものって
 本当のところよく分かりません。
 やっぱり体目的ですよね。)
今ならまだブレーキをかけることはギリギリできます。

このまま宙ぶらりんのママだと、
人格が崩壊するのではないかと恐れています。
そうかといって、はいさよならと簡単に言えるほど
お気楽な性格でもありません。
(夫に対しても、好きになった人に対しても)

俊文さんの言葉を噛みしめながら
自分でももう少し考えたいと思います。


354 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/02(金) 04:14
親のことは忘れなさい。自分の事だけ考えて。

355 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/02(金) 04:37
>354
そんなの簡単に出来りゃ、誰もこんなに悩まないさ。
それだけ親の行為は子供に影響を与えるんだ!
バレなきゃいい、じゃなくってもっと自覚しろ!>不倫してるヤツ

356 :お袋好きだけど、嫌い:2001/03/02(金) 06:01
>>355
朝まで起きてて、ご苦労さん、うんで同意。
まあ、なんだかんだ言ったって、子供は、母親のマンコからでてくるん
だから、そこに自分の父親のじゃないチンポが入ってきてグチュグチュ
やられたら、故郷が荒らされたようなもんで、勘弁できねえよ。
まして、中田氏されたんじゃ、密航者が来たようなもんだ。
それで妊娠、まるで蛇頭に故郷を取られたようなもんだ、不倫母は激し
く逝け!  バカヤロ−−−

357 :130:2001/03/02(金) 23:15
俊文さんへ

>俺のお袋は俺のばあちゃんを心のお守りにして生きてます。

ここに書かれれた事だけではお母さんの事がよく分かりませんが・・・・
「心のお守り」を持っていても、行動は様々。
誰かを心の支え(お守り)にしながら、それに寄りかからずに行動できる人もいる。
そうじゃなく、
寂しい、辛い事がある度に他人に寄りかかり、他人に埋めて貰わずにいられない人もいる。
貴方のお母さんが後者ということはないのかな?
>なにか心が揺らいだ時、お袋はばあちゃんに電話して心の平安を取り戻してました
ここを読んで、「どうなんだろう?」と感じたので。お祖母さんに頼り、または男の人に頼り・・・・。
お父さんとのズレがあった時、それを自分で解決できず、男の人に埋めて貰わないといられなかった?

確かお祖父さんが浮気をされていたことも関係しているのかなあ・・・・

358 :130:2001/03/02(金) 23:29
お祖父さん、お母さんの血を引いていることで、心配していましたよね。
血縁ですから、気質は似る可能性はあるでしょう。
(お祖父さん、お母さん以外の気質を強く受け継いでいる可能性もあります。)
が、
貴方が苦しんでいる問題をきちんと整理して乗り越えられたら、
同じ行動をすることは無いと考えています。苦しんだ分、尚更貴方自身は不倫から遠ざかれるでしょう。
お父さん・お母さんのように、「今の混乱から逃げて、誤魔化して終わらない」で欲しい。
貴方と貴方の未来の家族のために。

貴方は頭では殆ど分かっているように感じます。
心が、感情がそれに沿うまでに、時間と経験なのかなと思っています。
焦らずに、思い詰めずにいきましょう。

359 :俊文:2001/03/04(日) 03:57
>>357

130さん。

お袋はかなり打たれ強い人で、凹んだところなどほとんど見たことがありません。
それでも今まで二度ほど、心が揺らいだところを見たことがありました。

高校の時、近所の兄ちゃんだった男をゆすった話はしましたが、その後
親父だけでまた、ゆすりに行くような話をお袋にしたみたいで、その時が1度目。

その時、お袋はばあさんに電話して「たしかに〇〇さんには世話になったよ?でも、云々」と
ばあさんに親父のことを俺の前で愚痴ってました(近所の兄ちゃんとのことだけはばあさんも知ってるんです)。

二度目は、パート先で嫌なことがあったんでしょう。
家に帰って来ていきなり、ばあさんに電話して俺たち子供の文句を言ってました。

そんな時、ばあさんはことごとくお袋の味方です。
本気かどうかはわかりませんが、「帰って来い」と言うそうです。

お袋があんなだと親(ばあさん)のしつけまでケチをつけたくなる気持ちもありました。
近所の兄ちゃんとのことは、以前ばあさんから「俊文も、もう大人だから言うけどね・・・」
と当時のことを聞かされましたが、全部とっくに知ってることだらけで
「そんなのとっくに知ってるよ。実際はもっとあるんだぞ」と言いたいぐらいでしたが、黙って聞いてやってました。

親父と別れた後は、年を取って心細いところもあるんでしょう。
その寂しさを埋めるために男と付き合ってる部分もあるのかもしれません。

じいさんの浮気は、お袋には関係ないと思います。
親子関係は良好でしたし、じいさんのこともお袋は慕ってました。

お袋は、両親には恵まれています。
ふたりとも慕っています。

俺は、お袋のそういうところにも反感を持っています。
俺と正反対ですから。

360 :俊文:2001/03/04(日) 04:09
>>358
お袋と同じような行動をすることはないと思います。
なにしろ心の深い関係に飢えてますから。

裏切れません。
裏切られるのも嫌です。

>貴方は頭では殆ど分かっているように感じます。
>心が、感情がそれに沿うまでに、時間と経験なのかなと思っています。
>焦らずに、思い詰めずにいきましょう。

それは言えてると思います。
頭ではわかってるのですが、割り切れないという感じです。

表には出しませんが、人間不信、女性不信、猜疑心が強く、深い人間関係を強く拒否してる部分が俺にはあります。
傷つきたくないんです。

そのあたりもクリアすべきことなんでしょうね。

361 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/04(日) 04:23
うわー
長文レスだらけ!!

362 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/04(日) 06:06
うち親父さんも、浮気してたんかなー
ほとんど朝帰りだったもんなー
今は、糖尿でおとなしくしてるが。

363 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/04(日) 09:19
俊文さん
まったく見当違いなレスかもしれませんが……
人間最初から浮気な人っているのでしょうか?
子どもの頃からそんな人はいないように思います。
あなたのお母様だって、最初から浮気癖があったのかな?
そんなことはないと思います。
あなたのお父様と出会って、愛し合って、その結果
あなたがこの世に生を受けたのですよね。
その時は、たぶんかけがえのないあなたの誕生のことを
ご両親でともに喜び、あなたのことを大切に大切に
育ててきたのではないでしょうか?
そのことだけはまちがいないと思うのです。

ただ、人間って、ちょっとしたきっかけで変わることがある。
それがお母様の場合、たまたま他の男性との恋愛だった。
「恋は盲目」っていうけど、出会った男性が魅力的すぎたのでしょう。
その辺からちょっとずつお母様の感覚とか倫理観とかが
ずれていって、最終的には「浮気癖」と呼ばれるような状態にまで
発展したのでは?

でも忘れないで。あなたのお父様との間の恋愛も
確かなものだったはずです。あなたの命はその証拠です。
原点が確かであれば、それでいいのでは?
世の中には、望まれずにこの世に生を受けた子どもたちも
たくさんいます。
でも、俊文さん。あなたは望まれていたはずです。

364 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/04(日) 10:29
望まれて生れようが生れまいが、親が家族をないがしろにし、
性欲のおもむくままの行動をとれば、子供は傷つくでしょう。
そして、不倫された側の親の苦しみや悲しみを目の当たりに成長期を
すごしてきたら...

ここで、辛かったことや嫌な思い出を吐き放題吐いてもいいと思う。
そういう場所ってなかなか見つけられないので貴重です。

夫婦のことは夫婦にしかわからない、とかもっと世の中に
不幸な人がいるとか、はっきりいってここでは関係ないのでは?
ここで書き込みをしている人だって、明けても暮れても親の不倫の
ことを考えて、うじうじ生きてる訳じゃないでしょう。
それとも、過去に辛かったことを「辛かった」と言うのも許され
ないのでしょうか?

例え親の気持ちが理解できたからといって、なんの気休めにも
なりません。不倫実行者の弁護がしたいなら、わざわざこのスレ
でやらなくてもいいと思います。


365 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/04(日) 13:44
>例え親の気持ちが理解できたからといって、なんの気休めにも
>なりません。
>不倫実行者の弁護がしたいなら、わざわざこのスレ
>でやらなくてもいいと思います。
そう批判的にならなくてもいいのでは?
不倫された、した、に関わらず、他のことにしろ、
どんな辛さ苦しさに浸るのも囚われるのは人間らしさかもね。
ただ吐き出したいだけならそれでもいいでしょ。
そうなれば、この板の他スレと同じく結論の出ない
不倫否定、肯定のやりとりの場所にしかすぎない。

1さんは、辛さ苦しさから脱出したいと見えるのではないでしょうか。
だからこそ、多くの人が意見、経験を書いてるのものと思う。

366 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/04(日) 14:03
俺は不倫肯定者だけど、この板における俊文氏のエチケットは立派だと思うぞ。
求めてもいない説教を拒絶されて気を悪くしてもしょうがない。

367 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/04(日) 15:25
>>366
私も1さんの態度は立派だと思う。
結局はカウンセラーでもない人間の説教を鵜呑みにしても
危ないだけだし、それを一人でうまく受け止めてくれてる訳だからね。

同じ境遇だった人が、信頼できる人を見つけて、幸せな家庭を
つくればいいよ、ってアドバイスしてくれるのは嬉しいし、
希望も持てる。でも、親の事情もわかれとか、許せば楽になる
とか、インドの貧しい人が何々ってレスは、正論なんだろうけど
ちょっと的外れなような気もする。


368 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/04(日) 15:59
>>366
>親の事情もわかれとか、許せば楽になる
>とか、インドの貧しい人が何々ってレスは、正論なんだろうけど
>ちょっと的外れなような気もする。

激しく同意!
上記の方法で立ち直った方も、実際にはいるのだと思うけれど
皆が皆同じじゃない。まして傷を癒せないで悩んでいる人を
「甘え」だの「大人のくせに」といった言葉で
なじるべきではないと思う。彼らは助言したつもりかもしれないが
逆に追い詰めることにも成り得る、という事に気付いて欲しい。

信頼していた人に裏切られて負ってしまった傷を
簡単に流せる人間になれというのは間違っていると思う。
「そんなことくらいで」とレスした人達は
何か大切なものを忘れてしまっているのではないか?
まぁ、良くも悪くも大人になった、というだけなのかもしれないが。


369 :俊文:2001/03/04(日) 20:08
>>363
親父とお袋との恋愛は、純粋なもんだったかどうかは俺にはわかりません。
親父の話を聞いた限りでは、結婚前のお袋は、聞きもしないのに自分の過去の恋愛経験を
しゃべって、「いかに自分がもてたか」を親父にわかってもらい、親父の気を引こうというところがあったようです。

この頃のことは親父からだけしか聞いてませんので、なんとも言えませんが、
なんだかんだ言って結婚したのですから、
>あなたのお父様と出会って、愛し合って、その結果
>あなたがこの世に生を受けたのですよね。
この前提でいいと思います。

それに363さんの言う通り、両親とも俺の誕生を喜んでくれてたみたいです。
当時の記憶はありませんが、なんとなくわかります。
もの心ついた頃から小学の中頃までは、優しくされた記憶しかありません。

お袋の浮気癖のことですが、どんなきっかけだったかはわかりません。
もしかしたら、親父がかまってやんなかったことと身勝手な暴力が原因だったのかもしれません。

結婚前の男性関係は、本人から聞いたこともないし、聞く気もないし、
親父の話だけですから、実際のところはわかりません。
といいますか、こだわってません。
また、お袋の浮気癖の原因もやはり夫婦のことですら、わかりません。

>でも忘れないで。あなたのお父様との間の恋愛も
>確かなものだったはずです。あなたの命はその証拠です。
>原点が確かであれば、それでいいのでは?
なんでいいのか、わかりません。
親は子供の誕生後の家庭のあり方にも、最低限の責任は負うべきです。

こんなことは、あまり言いたくないんですが、
あなたにいびつな家庭で一番身近な人たちに裏表の感情を持ちながら、
生活して来ざるを得なかった者の気持ちがわかりますか。

俺はずっと言いたいことを心の中に隠して生活して来ました。
俺のためじゃありません。
兄弟のためです。
親戚のためです。
祖父母のためです。

俺だけが楽になりたいのなら、することは簡単でした。
親戚、祖父母にすべてを公にして、巻き添えにしやればいいだけです。
みんなが、お袋の事実を知って苦しめばよかったんです。
その方が俺の精神衛生上も、心に裏表をつくらない、闇をつくらないという意味では、よかったと思います。

でも、それはしませんでした。
親戚に会っても、祖父母に会っても、「なんでこんなお袋かばってやんなきゃなんないんだろ」
と思いながら、普通の親子を演じてやってました。

そんな俺も、今じゃ親戚にとっちゃ「いとこの結婚式もろくに出ない、付き合いの悪いガキ」です。

わかってくださいとは言いませんが、
>でも忘れないで。あなたのお父様との間の恋愛も
>確かなものだったはずです。あなたの命はその証拠です。
>原点が確かであれば、それでいいのでは?
こんなこと簡単に言わないでください。

370 :俊文:2001/03/04(日) 20:24
>世の中には、望まれずにこの世に生を受けた子どもたちも
>たくさんいます。
>でも、俊文さん。あなたは望まれていたはずです。

第三者から見れば、そうかもしれません。
人の不幸に上下はないと思いますが、俺よりももっと悲惨な目に会ってる人は多いと思います。

ですが、あなたの上の言葉を読んでも、俺の苦しみは癒えません。
逆に別の苦しみを感じてます。

そんなこと言われたら、なにも言えなくなります。
「他にもっと不幸な人がいるんだから黙っていろ」ということになります。

そうなれば俺はここでのやり取りをやめて、また心の中の孤独な闇に戻るだけです。

あなたの言葉は、俺にとってはそういう意味です。

また来ます。

371 :130:2001/03/04(日) 21:47
俊文さんへ
人の幸・不幸は他人と比べるモノではないと私も思っています。
(第三者から見れば、上下が付いてしまいがちですが)

誰かと比べなければ自分の幸福を実感出来ないなら、
常に自分より不幸な人を捜さなければ安心できない。何と脆く、怖いことでしょう。
(講談○+α文庫の「覚醒のネットワーク」という本を読んでみると面白いですよ。)

富と名声を得、家族や健康に恵まれても、不幸だと嘆く人もいます。
その人が辛い・虚しいと悩めば、それがその人にとって避けがたい事実。
それを「甘え」だと闇雲に敵視することも、危険なことです。

貴方(を始め苦しんでいる人)のことを
「甘えるな」「下にはしたがあるから頑張れ」
そういうつもりでレスを書いているのではない方が殆どかと思いますが、
今の貴方には 受け取り難い辛い言葉 になっているのでしょう?

だから黙る必要も無いし、何処にも吐き出せないことを
せめてここで吐き出せたら・・・・そう思います。

貴方に「さっさと大人になれ」や「許せ」と言う気も説教する気もありません。
いつか楽になって、自然な感情を取り戻す日が来ることを
心から願うだけです。何故なら、「貴方が辛いと苦しんでいるから」です。



372 :誅亡:2001/03/04(日) 21:57
人の苦しみや悲しみは、体験した本人しか分からない。
似たような経験の有無に拘わらず。
分かったような気がするだけだ。
だが、想像したり、共感したりする事は出来る。
ここに書き込む人達はそうしようとする人達だろう、と思う。
願う。
大事なのは辛い体験をして、どの様に行動するかだ。
的外れなようでも、甘えるなというのも、事実だろう。
オレは長い間悲しみの沼にはまっていたような気がする。
家族がいつも笑顔で居られる家庭を築く事。
誰にも同じ悲しみを味あわせない事。
オレは独身で、今更、心情的に難しいが、そうしようと思う。
過去は過去だ。
幸せになろう。
1よ。

373 :363:2001/03/04(日) 22:06
俊文さん。
自分の書いたこと後悔しています。

>そんなこと言われたら、なにも言えなくなります。
 「他にもっと不幸な人がいるんだから黙っていろ」ということになります。
 そうなれば俺はここでのやり取りをやめて、また心の中の孤独な闇に戻るだけです。
 あなたの言葉は、俺にとってはそういう意味です。

決してそういうつもりで書いたのではありません。
それにお母様の生き方を肯定するつもりもありません。
お母様を否定(?)するあまり、ご自分の存在までも
危うくされているように感じて、
あなたが今生きていることはそのまま素晴らしいことなんだと
言いたかったのですが、うまく伝わらなかった。

130さんの一連のレスを拝見して、同感するところは多いです。
私の書き方が悪かったと思います。130さんのおっしゃる通り、

>だから黙る必要も無いし、何処にも吐き出せないことを
 せめてここで吐き出せたら・・・・そう思います。

ここは貴方だけでなく、同じように苦しんでいても
声を上げることのできない人々にとっても、大切な場所と思います。

374 :130:2001/03/04(日) 22:32
>俺はずっと言いたいことを心の中に隠して生活して来ました。

私も全く誰にも(親に対しても)話せませんでした。この世で私以外誰も知らないことでした。
普通の親子どころか「非常に仲の良い、理想的な家族」を演じました。
その頃も私は闇の中でした。何もかもが信じられず、何もかもを恐れていました。

今は誰にだって、聞かれればいくらでも話せますが、現実世界ではしません。
何故か?
話せば両親が傷つくからです。(ぶちまけて傷つけたい時期はやっと通り過ぎました。)
両親は私に何をしたか自覚は全くありません。逆に自分たちは良い親だと思ってるかも。(苦笑)
そんな風だから
私が言うことも、逆に親には理解出来ないのです。
子供から批判されたと私の話を理不尽に思い、怒るだけでしょうね。

親から距離も気持ちも離れることによって、そういうことが見えてきた気がします。


375 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/04(日) 22:46
こういうレスを付けると怒られるので、はっきり書けなかったのですが・・・・

 <「甘えるな」「下にはしたがあるから頑張れ」
 そういうつもりでレスを書いているのではない方が殆どかと思いますが、>
私がこう書いたのは
暗に
>>373 = >>363さんが俊文さんに優しい・暖かい気持ちでレスを書かれたのだなあと
感じたことを書きたかったからです。

あなたを非難しているような書き方になって、
本当にすみません。お許し下さい。 130

376 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/05(月) 00:02
>>130さん
 373です。どんな気持ちであれ、俊文さんの心に届かず
 俊文さんの気持ちをよけいに傷つけたのはまちがいないです。
 

377 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/05(月) 00:05
>>130さん
 貴方が一貫してsageで書いてらっしゃることも
 気付きながら、自分では実行していませんでした。
 反省。                373

378 :俊文:2001/03/05(月) 00:13
>>371

130さん。

>いつか楽になって、自然な感情を取り戻す日が来ることを 心から願うだけです。
ありがとうございます。

自然な感情。
本当に取り戻したいです。

信じられないかもしれませんが、感情的な反応がおかしくなってから
女性に恋愛感情を持ったこともありませんし、涙を流した経験もありません。
味気ない精神生活を送っています。

やはり人と気が合うとか、悲しければ涙を流す、面白ければ笑う。
そういうことができることは幸せだと思います。
今の俺は、そういう「ふり」しかしていません。

自分のことながら、いずれは喜怒哀楽を素直に感じることのできる日が来ることを願うのみです。

>>375

俺の方こそ363さんの意図を勘違いし、無用にかまえてしまいました。
俺の不徳のいたすところといいますか、幼いところです。

こちらの方こそ、気づかいをさせてしまいまして本当にすみません。

>>374

レスを読ませてもらって、単純に思ったんですけど、
今の130さんにとって、ご両親てどんな存在ですか。

もしよかったら、お教えください。

379 :俊文:2001/03/05(月) 00:35
>>373

363さん。

後悔しなくてよろしいですよ。
これからも気兼ねなくレスしていただければ、ありがたく思います。

俺の方こそ、363さんの意図が理解できず、無用にかまえてしまいました。
ここらへんが俺の幼いところで、反省すべき点だと思います。

「恵まれている」と言われれば、つい条件反射的に
「あなたになにがわかりますか」的な反応が出てしまいます。

もろいから、すぐに自分を守ろうとしちゃうんですよね。

>お母様を否定(?)するあまり、ご自分の存在までも
>危うくされているように感じて、
たしかに、心がもろくはなってます。
いつも自分で自分を支えてるような状態です。
ただ、自殺とかはしません。

>あなたが今生きていることはそのまま素晴らしいことなんだと
>言いたかったのですが、うまく伝わらなかった。
これは正直、心にフィルターがかかってますので、自覚できるのはまだ先かなと。
不幸感覚が強いんです。

363さんには、レスをいただいてありがたく思ってます。
もしよろしければですが、負担にならない範囲でこれからもレスしていただければ、ありがたく思います。

380 :俊文:2001/03/05(月) 00:45
>>372

誅亡さん。

>だが、想像したり、共感したりする事は出来る。
>ここに書き込む人達はそうしようとする人達だろう、と思う。

今までは、それがわかりませんでした。
これからは、注意しようと思います。

>オレは独身で、今更、心情的に難しいが、そうしようと思う。
>過去は過去だ。
>幸せになろう。
>1よ。

ありがとうございます。

俺もほんの少しですが、なんとなく変化のきざしを感じてます。
心の中に具体的な方向性として感じる時も、そう遠くないような感じがします。

381 :俊文:2001/03/05(月) 00:48
それから、130さん。

>講談○+α文庫の「覚醒のネットワーク」という本を読んでみると面白いですよ。
本屋でさがしてみます。

382 :130:2001/03/05(月) 12:21
俊文さんへ 取り急ぎ・・・

「覚醒のネットワーク」は文化人類学者の本ですから、やや抽象的で特殊です。
(宗教の話も出てきますが、私は無宗教なのでその関係は外して読みました。レッテルの話の為に持ち出しました。)

どちらかと言えば
PHP文庫「親離れできれば生きることは楽になる」の方が
貴方にはリアルに感じるかと思いましたので(迷いましたが)一応書いておきます。
著者は加藤締三(たいぞう)。同じ文庫で沢山出ています。(親子・男女の関係について)

この人自身、親との関係に苦しみ(自殺まで図り)現在、精神衛生に関わる専門家。
(どうやら著者自身、苦しんでいる最中に書いた物もあるので、強烈な感じがします。)

この人の本の中のところどころに、
貴方のご両親や貴方、貴方に関わった人の姿を見るかもしれません。
他にも王道なら河合隼雄(かわいはやお)、TVでもよく見かける斉藤学の著書もあります。
この辺りの本が並んでいる書棚には、不倫に関する本もあるかもしれません。
貴方にそのままあてはまる事ではなくとも、根っこの家族の部分で、何か感じるモノがあるかもしれません。

あくまでも参考までに・・・・ということで。読む読まないは貴方の自由です。

本当は貴方は専門家(医師やカウンセラー)と話した方が良いと思っています。
その上でここからいろんな経験を聞いたり、本を読んだりした方が安全で安心です。

貴方がここに絶望し、闇に閉じこもったままになることをとても恐れています。
ここに来なくなったら、貴方がどうなるかも分からないですから・・・

383 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/06(火) 21:12
結局医者にかかった方がいいのかなぁ。
そういう問題ではないと思うんだけど。
あげておきます。

384 :俊文:2001/03/06(火) 21:43
>>382

130さん。

加藤締三なら、俺も読んだこどがあります。
「親離れできれば生きることは楽になる」は、まだ読んでませんけど。

彼の本は、具体的な解決策まで言及してないものが多いような気がするのですが、読みごたえがありますね。
本屋で探してみます。

専門家のお話ですが、医者はどうも苦手で・・・。
カウンセリングは今まで受けたことはないのですが、カウンセラーもいまひとつ信用してません。
薬物療法で気持ちを紛らわせるならともかく、カウンセリングってそんなに実効性のあるものなのかなって思います。

それに、たぶん面と向かっては自分の内面のことは話せないですよ。
とにかく他人に弱みを見せるのが嫌なタイプですから。

ここに絶望するということはありません。
はじめから処方箋を求めてたわけじゃありませんから。

ただ、みなさんといろいろなやり取りを続けて、励まされたり凹んだりすることで、
そのうちヒントでも見つかればなあと、そんな気持ちでいます。

ですから130さんも他の方々も、これからも俺の話に付き合ってくれたら、ありがたいです。

385 :誅亡:2001/03/06(火) 23:23
俊文さんへ。
安心した。
そうして、誰かと関わって生きて行く。
へこんでも、立ち上がれれば、強くなって行く。
本を読むのは良い事だ、だが、何よりも人と関わって生きて行く事だ。
学んで、そして強くなって行く。
オレ達は幸せに生きる為に生まれて来たはずだから。
・・・・・・・・
済まない、とりとめもない。
・・・・もう一つ。
俊文さんには感謝している。
スレを立てて、正直に語ってくれた事に。
オレもあの時の自分の本当の気持ちを誰かに言えた事が無い。
家庭が崩壊した事実は誰にでも平気で言えた。
でも、本当の気持ちを言えた事が無かった。
誰にも。
だから、感謝してる。
ありがとう。

386 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/07(水) 01:27
えっと・・・・・・
なんだか、誅忘さんの385に感動しました・・・・・
意味もなく泣きそうになりました。
(私は別に親に不倫された者ではないのですが・・・
皆さんのトラウマ的な事で思い当たる事があったので
最初の頃からロムらせていただいてました)
たまに煽りや関係ない方向の話もありましたが、、、、、
1である 俊文さんのもがきながらも私にはとても素直と思えるお話や
その他の方々の真摯なレスに、私なぞはどうレスしていいかわからないくらいです。
だけど、私もこのスレに感謝している一人です。
何にも具体的な事書けないけど・・・・・ありがとう。

387 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/07(水) 05:42
age

388 :130:2001/03/08(木) 01:18
人から受けた傷を癒してくれるのは、やはり人の力。
人との関わりの中で癒されるものなのかなと。

何の悩みもない人はいない。笑ってる顔の裏で心は泣いてるかもしれない。
気持ちに元気のある時は、身近な人、行き会った人に
どうか無理のない温かさで接してあげて下さい。
何気ない一言、気軽にさしのべてくれる手が、とても嬉しいものなので。

389 :俊文:2001/03/08(木) 18:01
今まで心に硬い殻を作ってて、人と素直に接することができずに来ました。
心が固まってるのが、自分でもわかります。
それでも最近は事情があって、この殻を破る必要が出て来てます。
苦しいです。

性別を問わず、俺にはいい出会いというもんがなかったと思います。
それなりに人と関わって生きて来ましたが、
大なり小なりそれぞれの関係になんらかの問題を持ちながら付き合ってます。

いい人間関係ってあるもんなんでしょうか。
俺にはその実感がありません。

390 :363:2001/03/08(木) 19:24
俊文さん
レスありがとうございました。
もう書き込まないつもりでいたのですが
389が気になったので……

>それでも最近は事情があって、この殻を破る必要が出て来てます。
 苦しいです。

それは貴方にとって、チャンスなのですか?危機なのですか?
レスはなくてもいいです。ちょっと考えてみてください。
またまたお節介な書き込みで申し訳ありません。



391 :130:2001/03/08(木) 19:54
>性別を問わず、俺にはいい出会いというもんがなかった
殻を被り、弱みを見せまいと身構えていれば、暖かい光も届かないし
良い関係を築きたいと思う人も、貴方がはねつけたのでは、近寄って来れないものかも。

>今まで心に硬い殻を作ってて
信頼していた人の裏切りを受けて、守りに入るしか方法が無かったのでしょう?
どうしようもなく辛いことですよね、本当に。

>この殻を破る必要
これは具体的にどういうことなのでしょうね。

カウンセラーにすら面と向かって弱みを見せられない貴方が
ここで言えなかった事を話すことによって、どんなことがありましたか。
363さん、誅亡さん・・・沢山の人が貴方に真剣なレスをしてくれていますよ。
それは感じられますか?

夜明け前の闇は一番濃い。
今の苦しみは夜明け前の一番濃い闇かもしれませんよ。
無理をせず、貴方の自然な形での夜明けを迎えたいですね。

392 :誅亡:2001/03/08(木) 21:16
俊文さんへ。

17歳の頃、いつも周囲には笑顔で接してた。
明るいヤツだと思われていた。
でも、腹の中には怨念がいっぱいだった。
いつか傭兵になって戦場で死んでやると思って、体を鍛えていた。
そのために武道も習った。
長生きする気はなかった。
暗いヤツだった。

仮面が脱げない。
そんなだから、いつか人間関係に逃げグセがついてしまった。
相手を傷つける前に、自分が傷つく前に逃げてしまう。
暗く淀んだ自分を見せる事が出来ない。

でも、そんなオレでも、助けたり、励ましてくれる良いやつは居た。
なんだかんだと、つきあってくれるヤツが。
ああ、やっぱり、捨てたもんじゃねえなって思えるようになって来た。

俊文さんは、この場をつくってくれた。
言えない事を言ってくれた。
だからオレもけして他人に言えない事が言えた。
今、こうしてやり取りしている。
オレはこれも良い人間関係だと思ってる。

393 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/08(木) 21:41
俊文さんへ

ずっとROMしていた人間がいきなり口を出してごめんなさい。
カウンセラーにかかったことのある人間として一言お話を。

長く通院すると嫌と言うほど分かりますが、
所詮、薬物治療はその場の症状を回避するものであって
薬だけで治療できるわけではありません。
ここで皆さんとお話しているようなカウンセリングと
2本柱で改善に向かいます。

身体症状(不安・不眠など)がある場合は薬でそれを改善してからでないと
精神的な面での治療が大変だからです。

でも今ここで皆さんと話していること自体もいいことだともいますが
ネットを落ちたあと、やりきれなさが戻るようであれば
カウンセラーの助けを借りるのも手だと思います。

長い間かけて心の中に抱えてきたことですから、一朝一夕でどうこうなる
問題ではないかと思いますが、前向きなお気持ちになられている今は
もしかしたら脱出の機会かもしれません。

余計な話をはさんでしまってすみませんでした。

394 :363:2001/03/08(木) 23:47
俊文さん
 今自分の書き込みを見て、また言葉足らずなようで
 誤解を招くかもしれませんので、付け足します。

 >>それでも最近は事情があって、この殻を破る必要が出て来てます。
 苦しいです。

 >それは貴方にとって、チャンスなのですか?危機なのですか?
  レスはなくてもいいです。ちょっと考えてみてください。                

貴方の苦しみがチャンスなのか危機なのかによって
このあとの貴方の行動が変わると思うのです。
チャンスならば、苦しみを耐えて、あるいは乗り越えていくこと。
危機ならば、苦しみから逃れる、避けること。

130さんのおっしゃるように
 >夜明け前の闇は一番濃い。
 今の苦しみは夜明け前の一番濃い闇かもしれませんよ。
 無理をせず、貴方の自然な形での夜明けを迎えたいですね
という苦しみであったらと……


395 :俊文:2001/03/09(金) 00:16
みなさん、レスありがとうございます。
時間の余裕がないので、とりあえず少しだけレスさせてください。

>それでも最近は事情があって、この殻を破る必要が出て来てます。
ご心配かけて、すみません。
大したことではないんです。

実は最近転職したんですが、ある程度距離を置いて付き合ってれば済んだ今までの職種と
違って、今度の職種は会社の内外を問わず、密接な人間関係が要求されるもんなんです。

その人の人間性がかなり大事になる少し特殊な職種です。
殻を破る必要があります。

その職種が好きで収入が減っても就きたいと決心して入った職種なので、
殻を破るという課題は、チャンスなのかもしれません。

ですが、今まで自分が作って来た殻の硬さに立ち往生してるといった状態です。
これを破ると、自分がどんどん崩れて行くような気がして。

396 :華子:2001/03/09(金) 00:44
浮気癖って一言にするのはどうかな。
不倫にも色んな形がある。
御母さんこそ、何か深く悩んだりストレスを感じているのかも。
御母さん、浮気の弁解しなかったでしょ。認めたよね。
「私の自由」って言うことは十字架を背負うんだと、認めている。
現場から逃げていない。御母さんが痛々しい。
母親は子供に軽蔑されることが一番辛いのよ。
特に息子には。
御母さんはそれを真っ向から受けている。
きっと、現実から逃避したい理由があるのよ。
誰かを愛して盲目になっていたら、家族の元からとっくにいない。
貴方はどう思いますか?

397 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 00:52
>>396
そーいう親の都合を子供に押し付ける考え方はどうかな?
親は子供よりも先に生まれてきてる、いわば人生の先輩でしょう?
そりゃ親だって人間ですからね、悩むことは多々あるでしょう。
だけれども多感な時期の子供にそれを理解しろ、とは言えないのが普通じゃない?
そして、その多感な時期に傷付けられ、その傷を引きずってしまっていても、
誰もそれに対して文句は言えないでしょう。

あなたのレスは「浮気をしていてもあなたのことを愛していることに変わりはないのだから」
と言うことと同じです。

398 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:01
世の中聖人君子ばかりかよ
葛藤があると思うが、親子なら分かり合えるさ。
どんな親でも分かり合えたとき、自分の存在が見えてくるのさ。
多かれ少なかれ、思春期には誰でも親を軽蔑するのさ。

399 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:03
不倫をしないで普通に親をやってることが聖人君子なの?

400 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:07
借金、虐待、チャイルドアビューズ、甘いわな・・・


401 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:14
そういうのが全部無くて普通に親やってると聖人君子なの?

402 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:17
学者は教師になれない。


403 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:18
なろうという努力は必要だよね?なりたければ、だけど。

404 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:24
私の名義使って千万単位の借金して蒸発した母親を
許せなきゃ大人になれないなら、一生思春期が終わらなくてもいい。
裁判所で被告で立たされて宣言するときの屈辱を25のときに味わって以来
私には親が居ないと思ってる。

でも親と他人は別だと思ってる。
他人の方が全然やさしい。
親という幻想が醒めなければ、私も人間不信の道に落ちてたかも。

今自分を振り返ると華子さんが言ってるようなマインドコントロールに
随分騙されてたことが良く分かる。
親だって人間だ。完璧でも聖人でもない。



405 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:26
理想の親でないことに幻滅して、
まるで自分も汚されたと思い込まないほうがいい。


406 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:31
今は結構開き直ってるというか・・・まあ、ああはなりたくないとか
あんな親に!とか憎んだり思いつづけること自体が、幻想に取り付かれてることだと
思ってるから、忘れて暮らしてる。
借金の返済もすんだし、あとは自分を良くやったと誉めて自分の人生謳歌しようと
思ってます。

>>405
ありがとう。嬉しいレスでした。

407 :華子:2001/03/09(金) 01:42
貴方は逞しい青年です。
頑張って!
影があるから光の暖かさを歓べるもの。
みんな同じようなものです。

408 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:46
すみません(^^;)私は女です。
でなきゃ、私の振りして女の母親が金を借りることは出来なかった。

409 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 01:52
名言
>影があるから光の暖かさを歓べる

404さんのためにある言葉かも
「自分で自分をほめてあげたい!」
それでいいと思う。

410 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 04:40
>華子
あなたはきっと全レスを読んでいないのだろうね。
あなたのレスは大変不愉快極まりない上に
以前似たような議論があり、決着もこのスレでは着いているんだよ。
速やかにこのスレから出て行ってくださいな。
優良なスレを汚す行為は慎んでくださいね。


411 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 05:49
>>410
馬鹿かおまえ、不愉快極まりないのはオメーだ。
命令すんな!意見は自由なんだよ。
オメーの脳みそが汚れてんだよ。

412 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 07:27
>>411

良く寝ていますか??
あなたに必要なのは、カルシウムと睡眠だと思います。
キレちゃあダメダメですよっ

413 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 08:23
なんで ここのスレッドこんなに長生きしてるの?

414 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 11:58
あーあ、ここも>>411みたいな珍万が煽るようになったか。
珍万>>411も華子同様、全レス見もしないで
カキコしてるのだろうな。
まともなカキコもできない珍万は珍万万歳スレにお帰り。

415 :130:2001/03/09(金) 19:38
俊文さんへ
>>395に取り急ぎレス。

自分の希望の職種、殻を破る必要性の出現。 色んな意味で巡ってきたチャンスですね。

私なら・・・
最初から完璧を目指さないことにしますね。
貴方が職場にどんな人がいるのか不安なように
迎える方も「そんな人なんだろう?」と思っているのでは。お互い様です。
最初から周りの人と上手くやろうと思わなくていいんですよ。
人間関係はインスタントじゃない。だからいいんですよ。

人間関係も仕事も失敗(気がつかないモノも含めて)が必ずあるでしょう。
そこで終わったら失敗ですが、それを活かせればもはやそれは失敗ではありません。
スマートに人とつきあってる様に見える人も、実のところは分かりません。
みんなトライ&エラーの繰り返しで、色んな事を得ているんだと思いますよ。

今回のチャンスの中には小さなチャンスが毎日含まれてると思えたらいいな。
もし一つ駄目でも、まだまだチャンスがいっぱいあるんだと。all or nothing じゃないんだと。
「このチャンス」なんてヘンにプレッシャーを感じなければいいな。

私も私よりずっと経験豊かな先輩でも、凹んでは立ち直りの毎日です。はい。


416 :130:2001/03/09(金) 22:38
俊文さんへ
遅くなってすみません。>>378の答えです。
>今の130さんにとって、ご両親てどんな存在ですか。

最も古くから知っていて、私が一番影響を受けた、私とは別の人生を送る大人の一人です。
物理的にも、心理的にも「別の道を歩む人間」だという感覚はハッキリしました。
両親にはお互い最もどろどろした部分・我が儘もぶつけてしまえる、しかし、
本音は結局伝えられない、聞けないのかもしれませんね。

両親の相談に乗ったり、手助けをしますが、あくまでも自分に出来る無理のない範囲内。
一知人+生活背景を最も知っている立場として自然に対処しています。
一人っ子ですから、下手な親孝行意識に捕らわれず、却って私には幸いでした。
(私がこの様に変わってから、両親も変わりました。)

親の影響について、貴方の無感情については話がありますが、後日にします。
(無感情。喜怒哀楽のうちの一つだけを使うことや、封をすることが出来ないからでは?と。)

417 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/09(金) 23:05
>1
母親グーでおもいっきりぶん殴って、
髪の毛掴んで引きずりまわせ。
俺はそうしたぜ。スッキリするぞ。
親子の縁なんか糞くらえ!って怒鳴りつけて家出たよ。
それ以来生きてるのか死んでるのかさえ知らん。



418 ::誅亡:2001/03/09(金) 23:49
俊文さんへ。
オレは昔、プログラマだった。
去年、久しぶりに開発の仕事に復帰した。
渋谷の小さなソフトハウスだった。
一度逃げたけど、やっぱりプログラマって職がすきだ。
技術的なブランクは埋まらないものじゃない。
ただ、小さなソフトハウスの濃密な人間関係はオレには厳しいものだった。
オレはそこから逃げた。
その体験が俊文さんの現在と似ているかどうかは分からない。
でも、その苦しさは想像が出来る。
嫌なほど。
だから。
だから負けないでくれ。
勝手な事ばかり言ってすまん。


419 :香月ルイルイ:2001/03/10(土) 16:26
>1

私よりは、恵まれてる。がまんしなさい。

420 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/10(土) 17:11
結局マザコンなんだよ
親と自分は別の人格でしょ
私だって親には恵まれなかったけど自力で良い人とたくさん知り合って
楽しくやってるよ
1がいくつなのか知らないけど、自分の人生上手くいかないからって
全部親のせいにしてるのってバカみたい


421 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/10(土) 21:48
マザコンにもなれないなんて可哀想ね。
そんなに貴方のお母様酷くていらっしゃったの?
親のせいにも出来ないのね。
ちっちゃな私が泣いているのにママはお側にいてくれなかったのね。

かわいちょうね。よちよち。>>420

422 :420:2001/03/10(土) 22:17
>>421
マザコンに「なれない」のは可哀想って思う人もいるんですねー。初めて知った価値観です。
自分の人生は自分が選んだものなので、誰かのせいにしようと思ったことはないです。
親の人生は親のものだから、別に親がどんな人だからといって泣いたこともないです。冷めてる?
世の中には親以外に素敵な人がたくさんいるのに、悩んでばかりいるのってもったいないよ。
親にだっていろいろヘンになった理由はあると思うんだけど。
>親のせいにも出来ないのね
ここでは親を罵倒するのがお約束なの?

423 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/10(土) 22:27
>>420の「全部親のせいにしてるのってバカみたい」って言い過ぎじゃない?
自分がこうだから人にもこうしたら?は良いアドバイスだろうけど、
それを選ぶか選ばないかは人の自由。
そうしないでいる(もしくはしたくても出来ない)人を馬鹿にする発言は
読んでるだけでも気分悪い。

424 :420:2001/03/10(土) 22:40
>>423
バカにしてんじゃなくて、もどかしいだけなんだけどね。
言い方が気に障ったならゴメン
でも同意するだけが優しさじゃないと思う
自分の人生や可能性を自分で潰してるのは事実だし

425 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/10(土) 22:50
2ちゃんで「言い過ぎ」もなにモナー(藁

426 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/11(日) 01:44
420よりも、421の言い方の方がちょっとおかしいと思うな・・・・・・

不真面目でおちゃらけすぎ。
420は、それなりにふざけてはないもん。
まっ、2chだからいいけどなのかもだけどさ。

427 :誅亡:2001/03/11(日) 04:33
香月ルイルイさんへ。

オレにはあなたがどれほど辛い経験をしてきたのか判らない。
まして、1さんへのレスだし、差出がましいようだが言う。
ただ単に自分よりましだから我慢しろと言うのは、
あまりに無責任な発言だと思います。
程度の差こそあれ、辛さ、悲しさ、怒りは誰にでもある。
辛いから、悲しいからと言って、無限に甘えて良い物ではない。
しかし、ただ我慢しろと言うのは人間の生理を無視した対応だと思う。
あなたは自分の悲しみや苦しみと正面から向き合った事が有りますか?

420さんへ。
あなたの、自分の人生に対する捕らえ方、考え方は立派な物だと思います。
自分の人生は自分で選び、生きて行く。
自分で選んだ人生だから、結果はどうあれ他人のせいにせずに生きてゆける。
ただオレは、あなたが言うように、1さんが全てを親のせいにしているとは
思いません。
深く傷つき、苦しみに囚われているとは思います。
かく言うオレも同じ様な苦しみに囚われています。
オレは他人にとても恵まれたし、生きていられる事に感謝できた。
その意味では不幸だったとは思いません。
でも、その経験から、「同意」ではなく、「共感」してしまう。

あなたは正しい。
だが、現実に苦しみに囚われている者に、いきなりそのように言っても捉え切れない
ではないですか。
出来たら、あなたにはもっと語ってもらいたいと思います。

428 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/11(日) 11:39
>>423
結論:じゃあ1は自分で不幸を選んでるんだから放っとけってことで

429 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/11(日) 11:48
煽りじゃないんだけど
囚われるのが好きな人種っているよ、確かに。M体質なのかな?
そういう友達何人かいたけど、いくら言ってもダメだった。
カウンセラーの知り合いに相談したら、本人が生き方変えようって思わない限り
他人が何言ってもムダだって。
不幸な自分に安心しているのと不倫して「障害のある恋」に酔ってるのって
同じレベルにしか見えない。
結局自分で選んでそこにいるんだよね。誰かのせいにする方がラクだもんね。
一生そのまま浸っていればいいと思うよ。
死ぬ前までに気付ければいいね。心からお祈りします。

430 :誅亡:2001/03/11(日) 12:55
428さんヘ
1さんはただ手放しに嘆いて、悲しみに酔っているだけだろうか?
自ら抱えた障害を克服しようとしてはいるではないか。
それに対して、ただ放っとけと言うのは余りに薄情ではないか。


431 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/11(日) 19:41
傷舐めてスレなの?

432 :誅亡:2001/03/11(日) 22:06
そうではないと思う。


433 :俊文:2001/03/11(日) 22:21
みなさん、レスありがとうございます。
みなさんにレスすることができなくて申しわけありません。

俺は今、新しい職場で新しい人間関係を作るため努力しています。
今までの職場は長かったので、とても居心地がよかったんですけど、
他に希望の職種がありましたので、転職しました。

たぶん、一生この業界で生きて行くのかもしれません。

正直言って、新しい職場で新たに人間関係を作るのって大変です。
これは、みなさん同じでしょうね。

俺はこの機会にひとつ課題を発見しました。
それは「心を開くこと」です。

これは俺にとってはとても難しいことで、この業界で生きて行く気がなければ、
転職を考えてしまうのですが、自分に向いてると思うし好きになれそうな仕事なので、
絶対に踏ん張りたいと思います。

>>392

>俊文さんは、この場をつくってくれた。
>言えない事を言ってくれた。
>だからオレもけして他人に言えない事が言えた。
>今、こうしてやり取りしている。
>オレはこれも良い人間関係だと思ってる。
俺も同じです。
ここでだけ、自分の言えないことを言うことができます。
このスレは、今の俺の生活の中でもとても大事な位置づけになってます。

だからレスできない日もありますが、ほとんど毎日ロムしてます。

434 :俊文:2001/03/11(日) 22:35
>>393
>身体症状(不安・不眠など)がある場合は薬でそれを改善してからでないと
>精神的な面での治療が大変だからです。
これが身体症状なのかはわかりませんが、確かに胸の奥の方に鋭い不安感のようなものを
痛みとして感じています。
もしかしたらこの症状を薬物療法かなにかで和らげながら、カウンセリングをしたらよいのかも知れませんね。
今はカウンセリングを受けてみようかなとも思ってます。

このままじゃ一生このままのような気もします。

>>415
>>416
130さん。
レス、ありがとうございます。

>凹んでは立ち直りの毎日です。はい。
そんなもんなんですよね(笑)
それが当たり前と思えば、そんなに苦にはならないですよね。

それとご両親に関するレス、参考にさせていただきます。
俺も自分にとって親とは何か、考えてみます。
考えがまとまったら、それをいずれ書き込ませていただきまます。

435 :俊文:2001/03/11(日) 22:55
>>396
華子さん。

お袋ははじめ、浮気してたことを決して認めませんでした。
でも、そのうちいろんな事実がボロボロ出て来て公然の秘密にならざるを得なかった。

俺はお袋にあえて浮気してたかどうか問いただしたことはありません。
問い合わすまでもなかったんです。

でも、あまりにも平気な顔をしてたので「反省しているか」ははっきり聞いたことがあります。
大泣きに泣かれました。

お袋は浮気の事実から逃げてはなかったと思うけど、それならどんな悩みがあったか知らないけど、
その悩みからこそ逃げて欲しくなかったです。

お袋には、駆け落ちの経験も中絶の経験もあります。
親父なんか、中絶に立ち会って相手との間にできたまだ数ヶ月の胎児を見せられたそうです。
よくお袋を殺さなかったと思います。

それだけで感謝です。

親父は以前こんなことを言ってました。
「浮気なんか子供に恥ずかしくて俺にはできない」と。
これが本当かどうかはわかりませんが、こんな態度が子供は嬉しいのです。

平然としてるお袋には、ぺナルティが必要です。
それが子供の軽蔑です。

俺たちはなんで親子をやってるのか、わかりません。
割り切っちゃえば楽なんですけど、なかなか割り切れません。

436 :130:2001/03/11(日) 23:02
「心を開くこと」「人間関係を作ること」
きっと誰にとっても難しくて、何度も失敗しながら少しずつ得ていくモノなんじゃないかな?
心配しなくても大丈夫。いきなり上手くやらなきゃなんて事はないのですから・・・。
少しずつ、少しずつ。失敗を恐れず、小さな手応えを素直に喜んで、積み重ねて。

既にここで俊文さんは心を開きつつあるのでは。
だから誅亡さん始め、色んな人がこんなに一生懸命応えてくれてるじゃありませんか。
勿論、現実の世界では事情が違ってきますけれどね。

俊文さん。ここに来て色々な話をした感触はどうですか。
何の感情も湧きませんか。ここでの繋がりも全くのクソでカスみたいに感じますか。

>429さんの言うように
>結局自分で選んでそこにいる。→ 一生そのまま浸っている
これはキツイ様に聞こえますが、事実だなと思います。
心を開いて殻を破る辛さを選ぶか。
殻に閉じこもって無感情で、誰も愛さない、誰にも愛されない辛さを選ぶか。
どっちも辛いけど、どちらに未来や実りがあると思えるか、ですよね。
幾つになっても誰にも心を開けず、殻を破らないままの人は沢山いますよ。

437 :130:2001/03/11(日) 23:18
俊文さんへ
転職や引っ越しなどを切っ掛けに不調を憶える人もいます。
もしご自身で受けてみようと思われるなら、カウンセラーの協力がある方が心強いです。

カウンセラーの人と対面する事を恐れて居られますが、ここで話すのとあまり変わりませんよ。
相談に来た人を恥ずかしい、弱い等という目で決して見たりしませんよ。
職場や家庭で吐き出せない思いを受け止めてくれる、現実世界の見知らぬ他人ながら
最も頼りになる人かと思います。専門家ですから、余計に。
相性もありますから、貴方にが「話しやすいな、合うな」と言う人を色々あたって決めていいのですよ。

カウンセリング専門だと料金の高いこともあります。
精神科は敷居が高いなら、心療内科でカウンセリングも行っている所などは
費用の面でも受診しやすいかと思います。(身体の状態も診て貰えますし) 参考までに・・・。

438 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/11(日) 23:19
ふう、安心したぜ。
このままくたばってたまるかってんだ。

439 :香月ルイルイ:2001/03/11(日) 23:52
いや、はっきり言う。
男だから、ウジウジするのはみっともない。
穴みたいな人男として何の魅力も感じない。
同情もしない。


440 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/12(月) 00:17
>>439
同情されたくてここで心情を書いてる訳じゃないだろう。
書くことで自分の心の中が整理されていくことだってあるんだし。
実際、1さんは最初の頃の書き込みと比べて変わってきてると思う。
そうやって変わっていこうという気持ちが一番大切なんじゃないの?

それから「男だから」というのは可笑しい。
傷付いた心に男も女も関係ないよ。
あなたの理想を1さんに押し付けてもしょうがない。

441 :華子:2001/03/12(月) 00:39
御返事ありがとう。よくわかりますよ。
私の母も沢山の浮気をしていました。
最初に母が浮気をしていること<父と違う人と寝ている>に
直面したのは
小学校1年生の時、夜中に目を覚ますと
母と若い男が抱き合って布団の中にいました。
私が寝ている真横で・・・
私が目を覚ましたことに気がついた母は
「指圧してもらっているの」などと
咄嗟に見え透いた嘘をいい、「早く寝なさい」と言われて、
寝るように努めた記憶があります。
母はなに不自由のない生活をしていて浮気をした。
ホスト、飲み屋で知り合った歌手の卵、役者の卵、マッサージ師、
近所のせんべい屋の若旦那、
行き付けのナイトクラブのソムリエなどと複数と付き合っていました。
私は母に堂々と紹介され、
浮気相手に遊園地や映画館、デパートの屋上へ行って、
遊んで貰ったこともあります。
それは思春期になるころまで続き、徐々に母への憎しみに変わりました。
母が汚らわしく、与えられた人生を憤り、自分の存在を汚らわしく思い、
母が死んでくれないかと毎晩毎晩、神様に願いました。
私との時間より、なぜ男といるほうがいいのか。
どうして私と一緒にいてくれないのか。
幼い子供にわかりようもありません。
出かけて行くときの母の顔、綺麗に化粧して紅潮した顔つき。楽しそう。
「早く寝るのよ」と、言い残して躊躇もせずに夕方になると出かけて行く。
<ママ!どこへいくの?>
<おいていかないでー!>
パタンと、ドアーがしまる音。私の胸に重く響いていました。
私が夜通し泣いていたことなんて考えもしない。
朝になると御酒臭い息をしながらベッドに入ってくる。
また、午後まで起きない。」
浮気さえしなければ優しくて素敵な母でした。
何時のことかはっきりと覚えていませんが
産婦人科で二時間ぐらい待たされたことがあります。
おそらく、中絶していたのでしょう。
父は出張がちでした。
父は厳格な人。学問に長けていました。
考えのはっきりとした柔軟性に欠けるところがありました。
父と母は年の差が18歳。
父にしてみれば母は子供だったのしょうか。
浮気を知ってからは、もう全く母を相手にしていませんでした。
母は死ぬまで父を愛し、尊敬し、好きで好きでどうしようもなかった。
なのに何故、父以外の男と不倫していたのか。
私は今も考え続けています。
母が死んだ後、書いたものを読みました。
何度も何度も繰り返し「淋しい」という言葉が長年の間、
綴られていました。
何が淋しいのか書いてはいません。
日々の出来事などは簡単に書いてありました。
日記では不倫を始めたのは私が5歳の頃のようでした。
それからは坂を転げ落ちて行く様に乱交三昧。
不倫の費用に何百万も使い果たしていたらしい。
父の給料は全部不倫費用。
母は薬物で自殺しました。
あんなにも死んで欲しいと祈ったのに、
矛盾しています。
「戻ってきてー」と、叫びました。
冷たくなった母に覆い被さり自分の愚かさを悔やみました。
私が死ねば良かった。
そんな思いでした。
父は淡々と母を見つめているだけ。
<なにか言葉はないの。お父さん>
大恋愛して結婚したのに、どこから歯車が違ったのでしょうか。
始めからボタンを掛け違えていたのでしょうか。
母が単に男好きなら、どうして自殺するのか。
父はいつでも他人事のようでした。
「わからん」という。
離婚もせず、母が他界して1年後父も逝きました。
最近になって夫婦、或いは男と女の間には理屈ではどうにもならない
悲哀が何か漠然とあるのだと思えてきました。
母は明らかに不倫を父に見せ付けていた。
そんな母を今はいとおしく感じるのです。


442 :華子:2001/03/12(月) 00:39
御返事ありがとう。よくわかりますよ。
私の母も沢山の浮気をしていました。
最初に母が浮気をしていること<父と違う人と寝ている>に
直面したのは
小学校1年生の時、夜中に目を覚ますと
母と若い男が抱き合って布団の中にいました。
私が寝ている真横で・・・
私が目を覚ましたことに気がついた母は
「指圧してもらっているの」などと
咄嗟に見え透いた嘘をいい、「早く寝なさい」と言われて、
寝るように努めた記憶があります。
母はなに不自由のない生活をしていて浮気をした。
ホスト、飲み屋で知り合った歌手の卵、役者の卵、マッサージ師、
近所のせんべい屋の若旦那、
行き付けのナイトクラブのソムリエなどと複数と付き合っていました。
私は母に堂々と紹介され、
浮気相手に遊園地や映画館、デパートの屋上へ行って、
遊んで貰ったこともあります。
それは思春期になるころまで続き、徐々に母への憎しみに変わりました。
母が汚らわしく、与えられた人生を憤り、自分の存在を汚らわしく思い、
母が死んでくれないかと毎晩毎晩、神様に願いました。
私との時間より、なぜ男といるほうがいいのか。
どうして私と一緒にいてくれないのか。
幼い子供にわかりようもありません。
出かけて行くときの母の顔、綺麗に化粧して紅潮した顔つき。楽しそう。
「早く寝るのよ」と、言い残して躊躇もせずに夕方になると出かけて行く。
<ママ!どこへいくの?>
<おいていかないでー!>
パタンと、ドアーがしまる音。私の胸に重く響いていました。
私が夜通し泣いていたことなんて考えもしない。
朝になると御酒臭い息をしながらベッドに入ってくる。
また、午後まで起きない。」
浮気さえしなければ優しくて素敵な母でした。
何時のことかはっきりと覚えていませんが
産婦人科で二時間ぐらい待たされたことがあります。
おそらく、中絶していたのでしょう。
父は出張がちでした。
父は厳格な人。学問に長けていました。
考えのはっきりとした柔軟性に欠けるところがありました。
父と母は年の差が18歳。
父にしてみれば母は子供だったのしょうか。
浮気を知ってからは、もう全く母を相手にしていませんでした。
母は死ぬまで父を愛し、尊敬し、好きで好きでどうしようもなかった。
なのに何故、父以外の男と不倫していたのか。
私は今も考え続けています。
母が死んだ後、書いたものを読みました。
何度も何度も繰り返し「淋しい」という言葉が長年の間、
綴られていました。
何が淋しいのか書いてはいません。
日々の出来事などは簡単に書いてありました。
日記では不倫を始めたのは私が5歳の頃のようでした。
それからは坂を転げ落ちて行く様に乱交三昧。
不倫の費用に何百万も使い果たしていたらしい。
父の給料は全部不倫費用。
母は薬物で自殺しました。
あんなにも死んで欲しいと祈ったのに、
矛盾しています。
「戻ってきてー」と、叫びました。
冷たくなった母に覆い被さり自分の愚かさを悔やみました。
私が死ねば良かった。
そんな思いでした。
父は淡々と母を見つめているだけ。
<なにか言葉はないの。お父さん>
大恋愛して結婚したのに、どこから歯車が違ったのでしょうか。
始めからボタンを掛け違えていたのでしょうか。
母が単に男好きなら、どうして自殺するのか。
父はいつでも他人事のようでした。
「わからん」という。
離婚もせず、母が他界して1年後父も逝きました。
最近になって夫婦、或いは男と女の間には理屈ではどうにもならない
悲哀が何か漠然とあるのだと思えてきました。
母は明らかに不倫を父に見せ付けていた。
そんな母を今はいとおしく感じるのです。


443 :誅亡:2001/03/12(月) 01:28
440さんへ。
全く同意です。>>440
誰が同情など欲しいのか。

オレも1さんは変わってきてると思います。

444 :俊文:2001/03/12(月) 03:03
>>419

香月ルイルイさん。
ちょっとだけですけど、レスさせてください。

実は、俺にはお袋の浮気の他に家族に関する問題があとふたつあります。

ひとつは親父からの精神的虐待。
もうひとつは言えません。

これらふたつは全て過去のもんです。
でも、トラウマとしてはっきり俺の心に残ってます。

でも、ここは「不倫・浮気」板なので、あえて他の話題は避けてます。

俺は、いわゆる普通の育ち方をしてません。
それゆえに常に他人と付き合う時、大きな違和感を感じてます。

以前、ある友人に指摘されたことがありました。
「世の中に対する復讐心が強い」と。

その通りだと思います。
俺は他人に常に敵意を抱いてます。
自信のなさから来る敵意です。

これを解決するには、過去を清算する必要があります。
今は、過去の事実を受け入れてます。
その上でどうしようかな、と言った状態です。

不幸自慢はしてません。
こんな言い方は語弊がありますが、確かに俺よりも凄い家庭環境の人もいるのでしょう。

445 :俊文:2001/03/12(月) 03:07
それからレスしてくださった方々、ありがとうございます。
後日、レスさせていただきます。

446 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/12(月) 06:05
>「浮気なんか子供に恥ずかしくて俺にはできない」と。
>これが本当かどうかはわかりませんが、こんな態度が子供は嬉しいのです。

子供の気持ちをズバリ表わした言葉だと思う。
子供もいる実行者は、このことについてちょっと考えて欲しい。

447 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/12(月) 11:41
age

448 :香月ルイルイ:2001/03/12(月) 17:28
>444

かわいそうな人

449 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/12(月) 17:56
くれぐれも香月なる人に乗せられないよう、迂闊に反応しないように。
煽らないよう、荒らさないよう、そっとしておきたいものです。
よって sage

450 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/12(月) 18:07
累累警報!
あっちこっちのスレに出現中です。
皆さんご注意を!


451 :香月ルイルイ:2001/03/14(水) 23:31
みんな、かわいそうな人に同情してあげて!!

452 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/15(木) 01:01
>>451
人をすっごく嫌な気分にさせて一体何がしたいのかがわかんない。
こういう人を基地外と言うんだね。クズ!

453 :香月ルイルイ:2001/03/15(木) 01:43
ここは偽善者の集まりです。
とっとと気づけよ。カス。

454 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/15(木) 01:55
>ルイルイ

どういう部分が偽善者だと思うのか、
この板にいる全員に理解出来るように説明してみろよ。

455 :力丸:2001/03/15(木) 10:07
香月ルイルイ、あちこちカキコしてんじゃねぇよ。
しかも、どこいっても相手にされてねし。
よそでやれや、このクソ偽善者が。

456 :香月ルイルイ:2001/03/15(木) 16:44
>454
「僕は不幸ですみなさん、同情してください。」
「僕は不幸な生い立ちなので、人に憎しみを抱いても、仕方がない。」
「僕はかわいそうな人間なので、犯罪を犯しても良い事」

というような部分。


457 :誅亡:2001/03/15(木) 16:48
誰が何時そんな事をいったのか・・・・
449さんの言った事が正しいだろう。
>>449
>くれぐれも香月なる人に乗せられないよう、迂闊に反応しないように。
>煽らないよう、荒らさないよう、そっとしておきたいものです。
よってsage

458 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/15(木) 20:29
>俊文さん
以前何度かキツいカキコをした者です。
でも、>>444を読んで考えが変わりました。
私は全くあなたのことを知らないし、
あなたの受けた傷の深さも知りようがないけれど、
心から、幸せになってもらいたいと思います。

以前「心を開くことが大事」というようなこと、どなたかが書いてましたよね?
心を開いて、復讐心?から開放されれば幸せになれるよ、きっと。
香月ルイルイさんも、そう思ってるからイライラしてるんでは。

ちなみに私は18の時に親なんてあっさり切りました(精神的にね)。
思う存分軽蔑して、会わなきゃいいんです。
父は2年前に亡くなりましたが、母は1年前から別の男の人と暮らしています。
(それも、我々の家で。<あ、別にそんなには嫌じゃないですけど。他人事って感じ)
父といた時よりずっと幸せそうです。それはそれでいいんじゃないかと思います。
そして私は「母みたいになりたくない!父みたいな人とは絶対結婚しない!」と
小さい時から思い続け、今は楽しく幸せです。
(まあ、それなりに悩みはありますが。)
親の人生は他人の人生と割り切れる日が来ることを祈ってます。
あなたが不幸にならなければいけない理由は何もありません。

459 :俊文:2001/03/15(木) 21:53
お久しぶりです。
お蔭さまでいろんなことがありながらも、少しずつ職場に馴染みつつあります。

やはり好きな職種だと疲れ方が違いますね。
以前よりはストレスを感じなくなりました。

>>436
>>437
130さん。

アドバイス、ありがとうございます。

確かに、普段言えないことをここで書き込むことで、心を開きつつあるのかもしれません。
なぜなら、俺にとってこのスレが大事だということが俺自身よくわかるからです。

ここの人たちとのやり取りは、俺の人間観にいい影響を与えてくれてると思います。
最近俺の人間観を変えた出来事がありました。

少し前ですが、新大久保の駅で線路に落ちた人を助けようとした人たちがいましたよね。
あれには感動しました。
そして、こんな言い方は敖慢かも知れませんが、「人間て捨てたもんじゃないな」と思いました。

ここでのやり取りも、そのひとつです。
俺のこんなおぞましい家族の過去に付き合ってくれてる人たちがいます。

130さん。
あなたもそのひとりです。

それと、カウンセリングのことですが、仕事に慣れたら心療内科に行こうと思います。
妙な胸痛があるし、心療内科が一番いいと思います。

長い目で、相性の合う医者を探してみます。

460 :俊文:2001/03/15(木) 22:10
>>441
華子さん。

話しにくいことだったと思いますが、
詳しくお話ししていただき、ありがとうございました。

あなたのレスを読んで、少しだけお袋の立場で考えることができました。
お袋もいずれは死にます。

その死に顔を見たら、もしかしたら後悔するかも知れない。
はじめて、そう思いました。

お袋が浮気ばかりするにあたっては、俺の知らないなんらかの事情があったのかも知れないし、なかったのかも知れません。
ただお袋が死んた時、お袋の人生ってなんだったのか、女として見た時にはたして幸せだったと言えるのかどうか、
考えてしまいます。

でも、やはり意地を捨てることはできません。

461 :俊文:2001/03/15(木) 22:16
香月ルイルイさん。

なにを書かれても怒りは感じません。
面白半分で書き込んでるわけじゃないことはわかります。

462 :俊文:2001/03/15(木) 22:38
>>458

レス、ありがとうございます。

俺のお袋も今、ある男と付き合ってます。
その男は妻帯者で子供もいます。
相手の家族がお袋との関係を知ってるかどうか、わかりません。
今のお袋は年齢的なこともあり、その寂しさを紛らわすためにその男を支えにしてるみたいです。

以前帰省した時、お袋が家族とその男で食事しようというので
(その時はすでに親父とは離婚してました)、付き合ってやったことがありました。
なんだか面倒臭くなって、次の日帰って以来お袋とは連絡を取ってません。

お袋も妻帯者と付き合ってるという意味では浮気ですが、自分のことじゃないので関心ありません。
ただ、親父と離婚するまでの、家族のおぞましい過去からはいまだに精神的に脱却できずにいます。

これを解決するには、一番いいのは許すことだと思いますが、俗物に聖人君子になれというのは無理な話です。
とうてい許すことはできないので、割り切ろうとしてますが、割り切れず悶々としています。

ですが、なんとかしたいです。
嫌な過去を忘れたいです。

463 :香月ルイルイ:2001/03/17(土) 01:29
>458
そうそう。

464 :458:2001/03/17(土) 19:13
>>462=俊文さん
何も聖人君子にならなくてもいいと思いますよ。赦さなくてもいいと思う。
でも、誰かを罰することなんてできないと思うんです。
周りがどんなにつらく当たったとしても、本人が全然堪えてなければ罰にはならないし。
赦さずに割り切ることはできませんか?
同じような家庭を作らず、お母さんとは違うタイプの相手を見つけることが
できれば、きっと割り切れると思うんですが・・・。
私は逆にそういう人を見つけたくて見つけたくて探しつづけて
かなり近い人をみつけて結婚しました。
幸せになりたい!と思う気持ちが一番大切なのではないかと思います。
(「不幸な人は自分でなりたくてなってる」の逆ですね)
もちろん、時間も必要だと思います。ゆっくり考えてくださいね。

465 :華子:2001/03/20(火) 02:59
元気そうですね。
良かった。
貴方は健全な人。大丈夫。
きっとこれからも色々を克服できる人。
自分の身は自分で立てられる人。
他のどんなスレより、真っ直ぐでしっかりとしています。
屈折したり、立ち止まったり、倒れこんだり、もがいたら、また先が見えてきます。
貴方だけのオリジナルの生きがいを探して作って、前進してください。
親からは生命を与えてくれただけで充分と思って、これからは一人で自由に
或いは新しいパートナーと楽しい時間を分かち合って下さい。
心から応援しています。
だいじょうぶです。
絶対に!

466 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/20(火) 13:05
がんばれあげ

467 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/20(火) 18:29
がんばろーねage

468 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/20(火) 18:56
全部読ませていただきました>俊文サン

俺でもわかるぞ。あんたすっげーピュアなんだよ。
葛藤に悩むのは苦しいかもしれないが、それでもいいんだよ。今はね。
どうせ親は死ぬ。いつか先に死ぬ。大事なのはあなただ!

いまはなんと言っていいかわからないが、あなたが「幸せになりたい」
と願っているなら必ずそうなれるときが来るよ。俺は祈るぞ。
がっちり生き抜こうよ!

469 :130:2001/03/20(火) 20:29
俊文さんへ

貴方が5,6歳の頃、今の貴方くらいの年齢の人を
悩みや迷いの無い「立派な大人」に見ていませんでしたか。
ところが
実際に自分が大人になってみると。
「悩みも迷いも多いまだまだ発展途上の人間に過ぎない」って分かるでしょう。
親子もそれと似たり寄ったりかもしれないなあと、年をとってみて思うんです。

私もずっと「親なら親らしくして!」と怒りを持っていました。親には「正しくあって欲しかった」んですね。
親や大人に対して「夢」や「期待」を持っていた。なんて純真だったんでしょう!

別に大人になって「汚れた」って事じゃないですよ。
許すなんて事じゃなく、単純に
「なあんだ。大人になってもまだまだなのか」「親もその一人」って分かった。
自分も大人になったら「期待や要求が出来ない相手もいる」
「自分がその人を追い越す部分もある」ってことが分かるようになったってこと。

だからって「自分も(成長を)さぼろう」となると、嫌悪してきた大人と一緒。
俊文さんはその嫌悪した大人を越える「境目」にいるんですかね。


470 :  :2001/03/20(火) 20:40
>>1
そうだよな、すまなかったよ。
人の奥さんと長いことつきあってて
そのガキの目の前でいちゃついた俺は最低

471 :130:2001/03/20(火) 21:41
まだ俊文さんには時期尚早でしょうが話だけ・・・・

親を恨むことを休めるようになってから「些細な得した事」探しをしてみました。

・その機会はあったのに、結局詐欺や嘘に引っかかった事がない。
・問題解決の為にと安直に何かに縋らなかった。(宗教も含めて)
・一人の時間を上手に使う方法が身に付いた。
・家事全般が早くから生活の一部として自然に身に付いて、面倒を感じないので今は楽。etc・・・・

「親をも信用するな」と親から叩き込まれたお陰で、危ない目に遭わずに生き残った。
100%損だけか!?と捉えることも客観的にやってみたのです。

コップに残った半分の水の例え話。
ともすれば「もう半分しか」と考える生まれつきの超悲観的な癖を持ちながら
「いや、未だ半分。最後の一滴でも残ってたらラッキー」と逆に考えてみたり。
そうやってみようと思ったのも・・・・
欠点だらけの私でも、閉じこもらずに求めれば
他人でもきちんと意見を交換できる人、気持ちを分かち合える人、
損得無しに思い遣りを示してくれる人に出会えることが分かったから。

砂漠で得た水の様に、真っ暗に凍えた部屋に射す暖かい太陽の光の様に
独りぼっちで誰にも受け入れられないと思っていた私には、
その人達との出会いの有り難みがことさら身に染みます。嬉しいです。
(ここで出逢えた人に感謝するのは、宗教じゃなく、そう言うことに過ぎません。)

「不幸自慢」と思われているようですが、
2ちゃんでも喜んでる、頭のお目出度いヤツとお考え下さるのが適当かと。
過去は「我が身(家庭)の恥」では無く、生き残った以上、私なりの大事な宝にしていきたいです。
                        

472 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/21(水) 23:25
>「親をも信用するな」と親から叩き込まれたお陰で、危ない目に遭わずに生き残った。
あ、それあります。良い意味で人を信用しない部分。
疑って疑って人と付き合うけど、信じられると思えた人のことはすごく信じてる。
信じられる人もいるもんです、絶対!
横レスゴメソ

473 :誅亡:2001/03/24(土) 08:52
より強く生きる時、このスレは役割りを終える。
強く、幸せを目指して生きてくれ。
負けるな。
さらば。

474 :俊文:2001/03/26(月) 02:50
あげておきます。
後日レスさせていただきます。

475 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/26(月) 14:26
age

476 :名無しさんといつまでも一緒:2001/03/30(金) 02:23
このスレに勇気付けられた一人なのでアゲ。

477 :名無しさんといつまでも一緒:2001/04/02(月) 07:48
あげ

478 :名無しさんといつまでも一緒:2001/04/04(水) 02:15
俊文さん、忙しいのかな?元気で仕事してるかな?

今日「ヤ」のつく格好した若いもんが目の前を通りました。
一緒にいた厨房が、挨拶するので、「何で知ってるの?」と聞いたら、
「だって○○君だよ!」「一コ上の先輩だよ。」って。
え???だって……パンチに、あの目つき。だぶだぶの服。
まさに「つかいっぱ」の「ヤ」さん。
私は彼の、幼い頃を知っている。そして彼の母親が当時あちこちに色目を使って
ダンナと子どもたちをほったらかしだったのを知っている。
寂しがりやの彼は、いつもビデオ屋とかあちこち徘徊してたのも知ってる。
上の兄ちゃんはがっこ行ってなかったな。いっぱいSOS出してたんだろうね。
家族の危機だよって!!その後私も引っ越しちゃったから、知らなかったんだけど。
でもって、これかい?まだ16なのに、早いぞ〜人生捨てるのは。



479 :俊文:2001/04/05(木) 18:43
お久しぶりです。
長い間、留守にしていました。

その間、スレを上げてくださった方々、ありがとうございます。
私も転職して1ヶ月以上経ち、職場にも仕事にも馴れて来つつあります。

>>464
458さん。

最近、親父とある事があって、「このままではいけない」と思いました。
お袋のことばかり書いて来ましたが、一方で親父も苦しんで来たんですね。
その事実を見て見ぬふりをしてた自分に気づいたんです。

うまく言えませんが、私が彼らよりも「大人」になるべきなんだと。
思えば、お袋から与えられたものもありました。
それがなかったならば、今の自分はないのは確かです。

すこしずつ心境が変化しつつあるのかも知れません。
しばらくは両親からしてもらったことについて考えようと思っています。

それからパートナーのことですが、私も心底理解し合える人と巡り会えれば癒されるんだろうなと思っています。
うわべではなく、お互いをまるごと理解し合える人とです。

こればかりは相手のあることですから、自分の意志だけじゃなんともなりませんね。
気長に行こうと思います。

480 :俊文:2001/04/05(木) 18:59
>>465
華子さん、心強い励まし、ありがとうございます。
生きてれば、やはりいろんなことがありますね。

その、いろんなことがある日々の生活の中で、光を求める気持ちって大事だと思います。
私は今まで闇ばかり見つづけていましたが、今はそんな状態に少し飽きつつあります。

お蔭さまで、いろんな意味で少しずつ心境が変化しつつある自分を感じます。
今は自分に静かな時間を与えています。
それが今の自分には必要なことのようです。

481 :俊文:2001/04/05(木) 19:13
>>468
現実の生活でですが、他の人にもたまに「純だ」と言われたことがあります。
自分じゃそうは思っていないのですが(笑)

本音を言えば、できれば両親が死ぬ前に和解したいです。
私の方が親父より大人になれば(今はそうなりつつあります)、親父とはそれができそうです。
ただ、お互い男同士なので、どう無理なくしようか考えています。

お袋とは、今は最悪の時期なのでどうなるかわかりません。
ただ、今までしてもらったことが多いのは確かなので、それについて考えています。

これも両親が離婚したからできることなんだと思います。
未だ離婚しないで、ドロドロした家庭だったら、たぶんできなかっただろうなと思っています。

励ましの言葉、ありがたく思います。

482 :俊文:2001/04/05(木) 19:18
他にレスしてくださった方々、ありがとうございます。

130さん、誅忘さん、470さん、478さん。
今日は時間の都合で、落ちなければなりませんので、後日レスさせていただきたいと思います。

失礼します。



483 :130:2001/04/05(木) 19:35
俊文さんへ

お久しぶりです。
職場・仕事にも慣れたご様子、本当に嬉しいです。

レスなんぞ、急がなくてもいいんですよ。
「便りのないのは、良い便り」と受け取っていますから。

急いては事をし損じることもありますからね?
お互い、”はやる気持ち”と折り合えたらいいですねぇ。

484 :名無しさんといつまでも一緒:2001/04/15(日) 20:02
そろそろあげとこう

485 :mari :2001/04/18(水) 12:27
ほとんど一気に読みました。ありがとう。
夫の浮気に苦しんでいます。それなのに、幼馴染と偶然メルともになり、会う機会が合って悩んでいたところでした。
会えば、お互い、大人の関係になりそうだったから。今まで自分が、夫の不倫で苦しみ、嫌悪していた事と 同じ事をしそうになり、
苦しんでました。子供がいます。結局、会いに行かなかった。それを後悔してました。
自分の感情に素直になればよかったかと・・・。
でも、やはり理性的に、感情を抑えてよかったのだと、ここに来て思いました。

俊文さん、あなたの板は、私の息子を 救ったと思います。まだ、小学生の息子
親として、大人としての責任を、夫のふりんから 目をそらせたいという現実逃避
で、忘れそうになっていました。

ありがとう。女としての恋がしたいときは、まず、今、夫の不倫問題を解決して、私が独身になった時
すればいい事でした。彼の事が 大切ならなおさら 夫と婚姻関係にある今、会うべきではないのですね。

頭に血が上っていたようです。目が覚めました。ありがとう。


266 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>8658]O>>7988>>6093>>2002<>>9853>>4076>>9398->>1851>>5084ff>>7976>>5228
\WT★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)