5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

千葉県内の廃止されたバス路線について語ろう

1 :国道774号線:02/04/04 23:21
千葉県内の廃止されたバス路線の話で盛り上がろう!
千葉中央駅から出ていた長大系統(千葉〜八街や千葉〜佐倉等)乗った事ある人いる?

2 :国道774号線:02/04/04 23:28
1の立てたこのスレを廃止。

3 :国道774号線:02/04/04 23:37
>2 ウケた

4 :907:02/04/04 23:40
佐倉市役所を経由した千葉交通

5 :国道774号線:02/04/04 23:41
>>1
スレの廃止申請をして氏ね

6 :国道774号線:02/04/05 22:35
松戸〜白井も長かったな〜。

7 :国道774号線:02/04/06 20:27
>>1
あるよ。
いまから、20年近く前、親と佐倉の歴史民族博物館に行った帰りに。
歴博前から国鉄千葉駅まで。
降りるとき、ドライバーが「凄い所から乗ってきたなあ。」と、マジでびっくりしていた。
この路線は、途中経由駅の臼井・四街道でそれぞれほとんど乗客が入れ替わっていた。

8 :国道774号線:02/04/06 20:29
>>1
確かに、千葉中央駅〜京成佐倉駅の系統はなくなったが、四街道駅で分断して、それぞれの路線は、健在だよ〜ん。

9 :国道774号線:02/04/06 20:40
>>6
白井側の終点は「平塚」じゃなかったっけ?
今ここは「足無し集落」になっちゃったけど、「白井聖地霊園」があるので、お盆のときだけ、白井駅から送迎バスが走っているよ。

10 :国道774号線:02/04/06 23:24
東武バス
野12 野田市駅〜東宝珠花 廃止前1日2往復

11 :国道774号線:02/04/06 23:29
>>10
野田車庫自体が過去帳入りだけどね(w

12 :国道774号線:02/04/06 23:30
房総方面はどう?
確か日東バスに鴨川〜館山とか無かったっけ?

13 :国道774号線:02/04/06 23:42
>>12
確かにあったね、乗ったことないけど。
館山営業所と鴨川営業所の共管だったと思うよ。


14 :907:02/04/06 23:43
>>9
http://pioneer.bio.titech.ac.jp/~mimomi/t/kd/
のレインボーバスを見てみ。鎌ヶ谷線のとこ。
なお、このページでは平塚線の終点が白井と誤って記載されていて、
しかも、開業当時の平塚停留所が廃止直前の同停留所と異なること
が記載されていないな。

15 :国道774号線:02/04/07 00:10
津田沼駅〜スポーツセンター駅
津田沼駅〜柏井高校
津田沼駅〜四街道駅
津田沼駅〜さつきが丘団地 





16 :国道774号線:02/04/07 00:58
千葉県のバス会社
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/traf/992667795/

ここでいいだろうが。
重複。

17 :9:02/04/07 19:31
>>14
面白いページの紹介ありがとう。


18 :国道774号線:02/04/07 19:35
>>16
そちらはスレ終了に近いので、『 ∞千葉県のバス会社 U∞ 』
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/traf/1018001589/l50
に誘導するのが良いと思われ。

19 :国道774号線:02/04/07 19:40
>>15
その通り!
いずれも、津田沼駅から県道船橋旭線を辿って、千葉市内へ入っていく路線だが、いつの間にか全滅してしまった。
沿線の長作町では幕張駅へ、こてはし(漢字が変換できない)町では新検見川駅へ出るバス路線しか残っていない。
一大ショッピングエリアの津田沼へ出る流れもあったと思うのだが・・・。

20 :国道774号線:02/04/07 19:50
千葉駅〜茂原駅の急行バス乗ったことあるよ。
小湊鉄道だったかな、1時間に1本くらい出てた。

あとほとんど茨城だけど、銚子駅〜鹿島神宮〜鉾田〜水戸駅の急行バスも長かったな。
半日くらいかかって終点に着いたような・・・。

21 :国道774号線:02/04/07 19:52
北越谷駅〜野田市駅〜岩井〜下妻駅の急行バスもクソ長かったな。
岩井から先はずっと乗客俺1人だけ。
そのくせほとんど1時間に1本近くあったのが不思議。

22 :国道774号線:02/04/07 21:07
>>21
(茨城県だけど)今、岩井から下妻に抜けるバス路線て、ある?
あの鉄道がない不思議な「市」は、野田市駅、水海道駅へそれぞれ抜けるローカルバスのほかに、最近では東京駅八重洲口行きの高速バスを公共の足として持っているね。

23 :6401:02/04/07 21:24
>>1
千葉から南浜、蓮沼南の特急バスもよかったなぁ。
日野のおんぼろ路線車と貸切格下げ車と当たり外れが大きかった。


24 :国道774号線:02/04/07 21:44
>>23
その路線って、千葉東金道路などとは無関係だったの?
今、千葉から千葉東金経由で、東金・成東行き、片貝行き、白子行きなんてのが出ている。
蓮沼行きだって、復活しても不思議ではないと思うが。


25 :907:02/04/07 21:55
>>24
http://pioneer.bio.titech.ac.jp/~mimomi/t/kd/fig/k6lin1.png

26 :国道774号線:02/04/07 22:06
>>22
ないです。強いて言えば岩井西高まで。
おとなしく水海道に抜けるしかないと思われ。

27 :6401:02/04/08 06:04
>>24
もちろん全て一般道経由。
漏れはS58年に乗った。
当時は、成東行きも急行バスがあってこちらにも
貸切格下げが結構入ってた。

あと、成東から八街へ出て千葉へ向かうのもあったような気が?
八街から千葉まで乗ったとき(町方経由)始発だったのにすでに整理券が
何番かになっていた。漏れの推測では、成東からの便がそのまま千葉行きになったと思われる。

漏れは、ストの時にもらった片道乗車票だったから運賃は全然気にならなかったが。


28 :907:02/04/08 12:46
>>27
昭和62年2月26日に当時の成東営業所が抜本的なダイヤ改正を
行っているので、八街線(町方経由)、新八街線(吉倉経由)
が分割されたのはそのときと思われ。あくまで思われだ。
この分割について記述された公開文書はおそらくないだろう。

通し運行開始は昭和35年11月1日。千葉営業所成東車庫が成東営
業所になったときである。五十五年史にそう書いてある。ちなみ
に岩富線などもそのときに田町〜成東だったのよね(その時点で
はサクラ営業所でなく成東営業所田町車庫)。これはさっさと再
分割されたようだが。

29 :国道774号線:02/04/08 13:06
そうか、田町って成東の車庫だったんだ。
佐倉営業所になったのはいつ頃?

30 :907:02/04/08 21:17
>>29
昭和46年4月1日。
28の話も含めて、
http://pioneer.bio.titech.ac.jp/~mimomi/t/kd/
を参照されたし。佐倉営業所開設については、85年のあゆみ
に出ている。

31 :国道774号線:02/04/08 22:01
千葉駅〜大多喜の小湊バスを乗り通したことのある人って、いる?
この路線は後に、途中の八幡宿駅と上総牛久駅で分断され、いつの間にか、中間の八幡宿〜上総牛久間が廃止されてしまった。
長大路線だった頃は、「急行」もあったかと思う。
かつての大多喜町民は、この路線で千葉市内へ出ていたのだろうか?(もちろん、そういう人がいなくなったから、分断→一部廃止になったわけだが。)
通しの所要時間はどれくらいだったのだろうか?
ご存知の方、教えて下さい。



32 :国道774号線:02/04/08 22:25
>>31
昭和38年のデータによると135分とのこと。
モータリゼーションが進展していない当時においてすでに2時間以上・・・。

33 :国道774号線:02/04/08 22:32
>>31
早速のレス、ありがとうございます。
通しの利用客は、いたんでしょうかねえ?

34 :30=33:02/04/08 22:39


35 :30=33=34:02/04/08 22:40
失礼、>>31ではなくて、>>32

36 :907:02/04/09 23:45
>>33
今のところ、千葉〜大多喜の通し乗りした人がいないようなので、
大多喜→八幡宿駅の通し乗りについて。
俺が乗ったのは、八幡宿駅までに短縮されてから1ヶ月くらいし
てからのこと。最終便だったと思う。そのときは、大多喜→鶴舞
中心地の客は10人未満。鶴舞中心地→牛久駅は多数。牛久駅で俺
をのぞく全員が降車。そのあとはほとんど客がいなかったような。
八幡宿駅近くまで運転手と雑談した記憶があるから、西側も乗っ
てなかったってことかな。ちょっと記憶が曖昧だが、絞り出して
書いてみた。


37 :33:02/04/10 17:56
>>36
なるほど。ありがとうございます。
牛久→海士有木は、小湊の鉄道線と完全平行だから、「牛久で列車に乗り換えるのが面倒くさい」という通し利用客(主に高齢者)がいなくなったとあれば、存在意義をなくしたということですね。

38 :国道774号線:02/04/10 21:00
JRバス関東に、千倉駅から海岸線回りで安房白浜に行く
路線が、昔あったよ。

39 :国道774号線:02/04/10 22:28
>>39
今、その路線は廃止になっちゃったの?
白浜は、珍しくJRバスが元気な土地というイメージを持っていたが・・・。

40 :国道774号線:02/04/10 23:13
>>38
白石海岸や千倉港を通るやつかな。
少なくとも平成5年版のバス路線案内図に載っているけど平成9年版には載ってないから
その間に廃止になったらしい。
つーかこの路線南房州本線って書いてあるんだけど、今あるのは白浜まで短縮されたものだったのか。
知らなかった。
無知でスマソ。

41 :国道774号線:02/04/11 10:43
>>40
いや、たぶん昔からある南千倉・安房平磯回りが本線と思う。
少なくても、海岸線回りは、JRになって新設された比較的
新しい路線で、数年で廃止されたと思う。


42 :907:02/04/12 01:40
>>37
いや、俺も時系列的によくわからないんだけど、少なくとも
JR化の前後で内房線の利便性が飛躍的に上がったでしょ。
だから、八幡宿乗り換えでも支障なくなったってのはあるか
もしんない。
ちなみに、昭和38年時点での大多喜〜千葉線の本数って5往
復なのよね。千葉乗り入れ廃止直前も約5往復。俺の記憶で
は昭和50年頃も約5往復。ってなわけで、この路線は昔から
ほとんど変わってなかったと推定されるけど、お客がどうだ
ったかっつうのは確かに興味ある話題だし、調べてみようか
な。市原市の資料などでそういうのが見つかるといいのだけど。

それから、昭和38年の資料(あ、これ、国土交通省の中の
図書館にあるから)によると、小湊の最長路線は、千葉〜
勝浦(2往復)だそうで。70kmもあるんでびっくり。

43 :国道774号線:02/04/12 02:09
907の正体は誰?
みもみ氏?薫友氏?千葉バス太郎氏?

44 :国道774号線:02/04/12 02:12
大多喜〜八幡宿間のバス路線は学生の利用が
ほとんどだったと思います。
米原・平蔵近辺→南総中へ
牛久近辺→大多喜高校へ
大多喜、郡本・国分寺台・馬立→市原、市原園芸、鶴舞商業高校へ
鶴舞商業高校〜牛久駅間は学生が多い頃は途中の
鶴舞病院、大蔵屋団地から乗るのが大変そうでした。

45 :国道774号線:02/04/12 02:14
千葉→勝浦ってことは
千葉-八幡宿 + 八幡宿-海士有木 + 牛久-大多喜 + 大多喜-勝浦

ってことか

46 :907:02/04/12 03:02
>>45
言い忘れたけど、長南経由ってなっていた。ごめん。
で、昔の千葉〜長南車庫は追分・針ヶ谷経由だそうなので、
それと同じ可能性がある。
70.2kmになるかな、それで。

47 :国道774号線:02/04/12 22:30
>>46
「追分・針ヶ谷」というのが、どこだかよくわからないが・・・。
ちなみに、その千葉〜勝浦の長大路線は、分割されて部分的に残っている個所はあるのだろうか?
現在、長南までは、千葉からバスが通じていないような気がする。

48 :国道774号線:02/04/12 23:00
>>43
一番最初に3,000点

49 :国道774号線:02/04/12 23:27
>>47
ttp://village.infoweb.ne.jp/~fwhv8478/kokutetsu-chiba-station.htm
を参照。
今の


50 :国道774号線:02/04/12 23:32
(途中で切れてしまった)
つまり、潤井戸→喜多→和楽の里→追分→針ヶ谷というルートではないか?

51 :国道774号線:02/04/13 00:57
>>50
平成元年版の案内図には末期の千葉〜大多喜線の記載がある。
ルートは以下の通り

京成千葉〜本千葉〜川鉄正門〜浜野〜草刈新道〜潤井戸新道〜喜多〜追分−(茂原方面行より分岐)−
長柄山−針ケ谷坂上−(大津倉〜茂原線に合流)−針ケ谷−立鳥−鴇谷−鴇谷大橋−(県道市原茂原線方向
に分岐)−金堀橋−滝不動−棚毛−又富−上千田入口−(牛久〜茂原線に合流)−千田〜(中略)〜長南車庫
−茗荷沢坂下−茗荷沢−(三川方面より分岐)−佐坪局前−横田橋−佐坪−熊谷−(茂原〜大多喜線に合流)
−市野々〜鍛冶町〜大多喜

勝浦へのルートは大多喜から松野経由だと思われる。

ただ、昭和55年版のバス案内図に出ている急行千葉〜大多喜線は浜野、喜多、追分、針ヶ谷、長南経由と
川鉄正門、市原小、牛久駅経由の2ルートあるので、千葉〜勝浦線がどこを経由したか断定するのは難しい
かも。

とここまで書いてきて市原市の基本計画基礎資料を見てびっくり。
昭和49年現在で勝浦パークランド〜松野〜牛久〜京成千葉駅線は1往復との記載を発見。
これかな。


52 :47:02/04/13 21:50
>>49-51
情報ありがとう。
最新の路線図を見ていてわかったが、「追分」も「針ヶ谷」も長柄町内なんだな。
でも、その同じ町内の2地点を結ぶバス路線は今はない。
追分は、茂原駅〜和楽の郷間のバス路線沿線に位置し、針ヶ谷は、茂原駅〜上総山田駅間のバス路線沿線だ。
つまり、長柄町北部と同町南部がそれぞれに別路線で茂原に通じ、町内を結ぶ路線はない。
この町では、役場までの足の確保として、送迎バスもしくは今はやりのコミュニティーバスでも、走らせているんだろうか?
ついでに言えば、長柄町と南隣の長南町を結ぶ路線も消えたわけだ。でも、おそらくはお互いの行き来は少なく、両町ともに人の流れは茂原市へ向くだろうから、これはさしたる問題でもないかも。

53 :51:02/04/14 01:13
>>52
長柄町では循環バスを運行しているよ。1日7往復で、すべてルートが微妙に異なる。
ちなみに休日運休。

時刻表(というか路線図)は長柄町の福祉センターで配布している。

あと茂原〜山田線は平成12年に廃止され、茂原〜大津倉間のみの運行となっているよ。


54 :51:02/04/14 01:13
>>53
循環だから往復じゃないや。スマソ。


55 :国道774号線:02/04/14 01:24
東洋バスで白井中学校〜大和田駅ってのもあったな。
1日1往復

56 :国道774号線:02/04/14 01:43
阪東バスの佐倉方面もこの範囲だな。
RJが5台ほどいたけど、最後の新車を買ってから、たいした時も経たずに
廃止になった。阪東の創業と関わる路線なのにね・・。

このRJ、転出先でも不遇でしたなあ・・。
東野に貰われたのはK-RJ172AA(6E架装の珍車)とP-RJ172BA(通常の日野ボディーながらライトが丸4灯)
だけど、K-RJの方は年式の古い中型ということで早くに消え、P-RJは鬼怒川〜矢板の撤退と共に消滅した。

十王にはP-RJ172CAが3台行ったけど、うち2台は阪東から大型が転入したことで
廃車になり、遠く九州の昭和自動車に3度目の再就職をした。

57 :禁断の名無しさん:02/04/14 01:59
誰も言わないが 上野駅〜東京ディズニーランド
京成は既にトイレ付スパクルを所有していたのに、いすゞCSA(CRA?)を使用。
でも京成にいすゞの貸切車って在ったか?

58 :国道774号線:02/04/14 02:09
>>55
幕張駅〜大和田駅ってのもあったらしい。2往復。




59 :国道774号線:02/04/14 22:39
村上車庫〜幕張営業所っていうのもあった。
一日数本しかなかったが・・・。

60 :907:02/04/14 23:00
>>58
っていうか、幕張駅〜大和田駅ってのは東洋バスの創業の頃の
路線の一つでもあるので、その頃はもうちょっと多かったかも。
上の2往復って高津入口経由?
北総線小室駅ができた頃ってグランド前経由があったようだが。
いずれにしても、時期があるとよいのでわないかと。

>>59の村上車庫〜幕張営業所ってのは全然知らなかったなあ。
幕張も実籾もあんまり行かないから見逃したらしい。

61 :国道774号線:02/04/14 23:37
小室駅が出来る前は小池が終点だったらしい。(勝田台〜小室線の話)

62 :国道774号線:02/04/14 23:45
昭和30年代まで存在していたという、東京駅〜越谷〜野田市の
急行バスについて、ご存知の方いらっしゃったら、ご教示くだされ。

63 :51:02/04/15 01:01
>>62
この路線に関する資料はあまり見つけていない。
ルートは国道4号から現在の茨急のルートに乗り入れるもので東京〜草加間については東京〜神田〜上野広小路
〜三ノ輪橋〜千住大橋〜足立区役所〜草加らしい。

百年史によると昭和28年9月15日に野田市〜南千住間で急行バスの運行を開始し、昭和30年10月1日に
南千住からを東京駅八重洲口まで延長された。その後昭和42年3月20日に東京〜下妻、東京〜境などの
急行バスとともに廃止とあるが、足立区の資料だと昭和45年7月まで存在を確認できる。
ただし昭和44年の都内全系統を記した別の資料には存在しないため、百年史の記載を信用してよさそう。

また、昭和38年当時は川間ゴルフ場まで運行しており、1往復だったそうな。当時は岩井、境町からも東京
まで急行バスが出ていたから、その区間便的な扱いだったのかもしれない。

足立区内の停留所は保木間、八千代町(末期は梅田一丁目)、千住四丁目、千住二丁目、京成駅前、
その他の停車地については不明。


とりあえずこんなところ。


64 :国道774号線:02/04/15 01:25
上34上野駅〜市川駅は?
暇な時によく乗ってたけど、乗り通すのは漏れ一人…。

65 :国道774号線:02/04/16 10:23
>>55
ちょっと遅レスだが、白井中学校〜勝田台駅じゃなかった? 東洋バスが1日1往復。
(大和田駅行きがあったのなら、スミマセン。知らなかったもので。)
勝田台駅から八千代市北縁の農村部を辿り、途中の「武西十字路」まで数往復。その先、白井市内に入って、谷田から京成バス(今は、ちばレインボーバス)の路線と完全併走し、「白井中学校」までは1往復のみ。
白井市内でも、ニュータウンと無縁の農村部で、勝田台まで繋がる意味が全くないように思え、予想通り、全て「武西十字路」止まりに。
その残った部分も超過疎路線だったらしく、今ではさらに短縮して「神野十字路」行きが、僅かに1往復。
廃止・短縮された時期はわかりません。
でも、乗ってみたかった路線なので残念。
白井市内の谷田地区のちばレインボーバスも廃止の危機あり。会社は廃止したがっており、小型バス使用で空気輸送に近いので、白井市内のコミュニティーバスに置き換えられるかも。

66 :国道774号線:02/04/16 10:32
東洋バスといえば、勝田台〜印旛中学校という路線もあった。
印旛中学校は、北総・公団線の「印旛日本医大駅」のすぐ近く。
鉄道の延長開業の前に、力尽きたのか、廃止。廃止直前は、1日1往復だったような、気がする。
もし、頑張って残しておけば、新駅へのアクセス、「日本医科大北総病院」への足、さらに、ニュータウン住民の足として発展が期待されたのに、残念。
今その路線は、印旛村の入口にあたる「岩戸」止まりとなり、1日7往復。


67 :国道774号線:02/04/16 10:40
>>51
なんと、上総山田駅へ乗り入れる小湊バスは、廃止になったのか。
小湊鉄道沿線のバス路線は、牛久周辺といい、だいぶお寒い状況になってきたな。
思うに小湊鉄道は、上総牛久、養老渓谷、上総中野の各駅以外は、自社の鉄道とバスの連携をほとんど考えてないように見えるが、なぜだろう。

68 :国道774号線:02/04/16 20:22
>>67
光風台もあるでよ。

69 :907:02/04/16 23:27
>>66
今は原則としてどこにどういう風に路線を新設してもかまわなく
なっている(規制緩和)んで、がんばって残すというってのは
やや意味が無くなっている。印旛村の人口が増えて、バス路線
を引いてやっていけるとなれば、グリーンでも東洋でも千葉交
通でもどこでもかまわない。
まあ、それは今受託で運行している地元の事業者でもそうなん
だけど…。

70 :907:02/04/17 00:00
>>65
正直言ってわからないことだらけだが、知っていることを。
白井中学校線の開通当初の区間は大和田駅〜白井(のどこか)。
昔の資料を見ると「白井」って書いてあるから今の公民館が
終点だった時期があったのかも。
開通年月日は不明。今のところ俺の方で存在が確認できてい
る一番古い資料(広報やちよ、と印西町資料集)では昭和49
年である。
また、広報やちよによれば、昭和44年11月下旬〜昭和45年10
月下旬まで神尾橋が架け替えのために通行止めだったそうで。
あと、京成が武西から撤退したのはどうやら昭和48年らしい。
その年に京成が武西に至っていた最後の路線である開拓事務
所〜武西線が存在意義を失った(開拓事務所解散)というこ
としか根拠らしいものがないのだが…。
そんなわけで、おそらく、
昭和48年頃→大和田〜白井:2往復、大和田〜船尾(小学校):3往復
昭和54年→船尾便を武西(十字路?)に延長
平成2年→勝田台駅発着に短縮
平成8年→白井便を平土1往復のみとする。(あやしい)
って感じだと思う。

71 :65:02/04/17 18:05
>>70
なるほど。ありがとうございます。
あと、勘違いしていたが、「武西」は、八千代市内ではなく、印西市内ですね。
あの純農村に京成バスが入っていたというのは、面白い。
ところで、「開拓事務所」とは、どこにあって、どういうものだったんでしょうか?(国家機関の出先? 県の機関?)
あのエリアは、昭和40年代まで「開拓」していた未開の地だった、というわけかな?

72 :国道774号線:02/04/17 22:11
今日、日東交通のなのはな号に乗ったYO!
運転士さんの制帽の白いカバーがいい味だしててカコイイ!!
エアロバスの天井やモケットが海の中をイメージしたものでビクーリ!!!
ところで富山町の〇〇隊道という狭くて長いトンネル、バス同士や
バスと大型トラックでスレ違いできるの?
花や苺、夏のシーズンや土日なんてどうしてるんだろ?

73 :国道774号線:02/04/17 22:16
↑千葉県内のバス会社パート2に書き込むつもりがこっちに
なってしいました。逝ってきます。

74 :国道774号線:02/04/17 23:06
海浜幕張駅〜幕張駅入口〜東京歯科大正門って去年なくなったんですか?

75 :74:02/04/18 22:22
海浜幕張と幕張駅入口にて確認。
やっぱないや。

でも幕張駅入口に立ってるもと東洋バスのポールには
しっかりと「千葉シーサイドバス」の文字が。



76 :国道774号線:02/04/18 22:30
>>75
「東洋バス幕張営業所」の分社化ですな。
確か、海浜幕張駅→幕張駅入口の片道1本だけ、走っていなかったかな?
(逆方向だったかも)

77 :国道774号線:02/04/18 23:07
>>76
おっしゃるとおり海浜幕張駅→幕張駅入口の片道1本だけで、
幕張駅入口の場合降車ポールとしての役目が残っております。

78 :75:02/04/19 00:51
>>77
レスありがとう。
あの「幕張駅入口」バス停は、駅から徒歩10分はかかりそうで、スーパーの隣にひっそりと存在していて、すごく中途半端だ。
あのスーパーが客が多く、周辺に路上駐車が多くて、歩行者も多いことから、なおさら、あの廃墟のようなバス停が奇妙に見える。
幕張駅周辺は古くからの住宅地で、人口も多いのだから、路線の引きようによっては、メッセまでの客を取り込めるだろうに、残念だ。
なお、「東京歯科大」までの路線(千葉海浜交通)の存在意義は昔から疑問だった。
新検見川駅や検見川駅からのバスで充分だ。
おそらく、千葉海浜交通が、メッセができる以前に幕張地区の路線確保(縄張り確保)のために、乗客もほとんどない路線を引いたのだろう。
しかしながら、幕張地区は道が狭くて、大型バスが思うように走れず、さらにメッセ地区のおいしいところは親会社の京成に持っていかれて、当てを外したというところか。

79 :国道774号線:02/04/19 00:54
↑ウソ。
76でした。
75さん、失礼しました。

80 :sage:02/04/19 01:53
千葉中央バスの大宮団地線って団地ができる前はどこまで走ってたんですかね?
スレ違いか・・・

81 :907:02/04/19 01:55
>>78
78の表現だと、まるで京葉線ができた時点で幕張駅入口バ
ス停ができたかのごとく印象を受けるな。
しかし、
海浜バスってのは、もともと幕張駅入口〜高洲団地として
始まって、京葉線開業前は幕張駅入口〜真砂循環として運
行してたでしょ。
ということで、京葉線開通後に幕張駅入口〜歯科大線を残
すことで路線廃止の手続きをしなくてすむ。
平成14年1月まで行われていた需給調整規制っつうのは、
路線新設のみならず、廃止にも関係あってさ。つまり、
廃止するにも国土交通省の認可があってかなり面倒くさか
った(同省からのダメ出しの可能性が高かった)。
ましてや、幕張高校などに路線を新設するのであれば、
14号線に1本だけ走らせておけば廃止認可手続きをしな
くていいという会社側の判断だったと思われるけど。
そんなわけで、海浜幕張駅〜東京歯科大線ってのは
乗客云々ではなくて、国土交通省の規制によりやむなく
存在していたって感じではないかな。
この規制は、今年の2月から原則廃止となったけど、
同線については明らかに意味が無かったから、10月の
時点で先行して廃止(正確には休止かも)できたんだと
思われる。
などと書いているが、まだ俺自身が同線の存廃を確認し
てないもので。ゆえに、実はまだ存続してたってことだっ
たらごめんね。
なお、需給調整規制緩和後は、実質的に自治体と会社が
協議して赤字路線の存廃を決めることになってて、その
内容っつうのはここを見て。
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/b_koukei/bus_3/gen-an.html


82 :907:02/04/19 02:06
>>80
スレ違いだが…
基本的に、
http://pioneer.bio.titech.ac.jp/~mimomi/t/kd/
に書いてあることを要約すると、
東金線(坂月橋経由)
…京成の東金線(現フラワーの千葉線)の支線として、東洋交通(現・千葉中央バス)が運行。
坊谷津線(千城局・坊谷津経由)
…京成の坊谷津線(千葉駅〜千城局〜坊谷津)を東洋交通に移管し、大宮団地まで延長。現在は経路を変更し坊谷津非経由。
川戸線(川戸・坊谷津経由)
…開通時期を含めて全く不明。

83 : :02/04/20 16:46
>>78.81
今は総武線各駅と京葉線各駅を結んでいるが、
昭和50年代半ばまでは総武線各駅の海側にターミナルがなく、
また、検見川陸橋も稲毛陸橋もなかったため、
14号旧道経由で幕張駅入口ターミナルに全路線が集結していた。
だから、あんなに広く、設備も整っていたのだ。

駅から遠いのは、駅前再開発計画が頓挫したから。
14号の旧道の検見川陸橋の近くに海浜交通のバス停の跡が残ってるよ。

幕張〜歯科大線は、免許維持路線というよりも、
車庫が高浜にしかないため、離れ小島路線のための回送路線。

84 :国道774号線:02/04/21 21:39
日東交通の環駅〜笛割線が謎。
てゆーか笛割ってどこ?

ご存知の方情報キボンヌ。

85 :国道774号線:02/04/22 00:49
>>83
>離れ小島路線のための回送路線
それを免許維持路線と言うのでは?

86 :国道774号線:02/04/22 06:58
>>85
だからもう廃止されたってば。
幕張駅入口発着便は平日のみとなってるよ。

87 :国道774号線:02/04/22 20:16
>>81 >>83
どうも、>>78 です。
真砂団地在住の友人によれば、おっしゃる通り、「幕張駅入口」は千葉海浜交通の創業時のターミナルだったそうですね。
そんな歴史があろうとは知りませんでした。
それにしても、かつての「高洲」の住民は、幕張駅から10分近く「入口」バス停まで歩かされ、その上、かなり所要時間がかかったであろうバスに乗らされたのかと思うと、驚きです。

88 :国道774号線:02/04/23 23:34
>>84
どこで、そんな地名が出てたんだ?
それって、廃止された路線?
そういえば、日東交通は、もともと鉄道もなかった場所でも「○○駅」というバス停名だったりして不思議。

89 :国道774号線:02/04/23 23:36
>>88
バスの○○駅は、神奈中なんかにもあるよ。
国鉄との連絡きっぷが買えた時代の名残。


90 :国道774号線:02/04/27 23:15
>>88
30年以上に廃止された路線だったりする。


91 :国道774号線:02/04/28 11:59
千葉中央の大宮団地行きの「仁戸名坂下」経由のバスが懐かしい。
あの近辺では最後までツーマン運転だった記憶がある。
あと、仁戸名坂下あたりのすごく狭い道を大型バスが通ってたのも萌え。

92 :国道774号線:02/04/30 20:29
age

93 :国道774号線:02/05/01 20:52
金束駅=空き地

94 :国道774号線:02/05/03 01:51
>>80 >>82

昭和30年、おそらく京成と同時期に東洋交通も坊谷津線(千葉駅〜星久喜台〜坊谷津)というのを開通している。
で、昭和30年代末に大宮団地で入居が始まるとこれを団地内に延長した、というのが大宮団地系統の起源。
ちなみに91に書いてあるように仁戸名坂下経由だった。

そののち、当時、川戸中学校まで通わされていた団地の中学生のために、
現在の川戸線とほぼ同じルートの「川戸経由」ってのが、通学時間帯に限って走るようになる。

昭和50年前後に、星久喜台経由をワンマン化するにあたって、
仁戸名坂下の狭隘路を避けるこのルートを転用し、支線として開通。
従来の仁戸名坂下経由は、整理員乗務での運行をつづけていたが、昭和60年ごろに廃止された。

…というのが大まかな流れ。(一部推測含む)

95 :国道774号線:02/05/03 03:16
でも、なんで仁戸名坂下経由のバスだけ車掌が乗務してたんですかね?
せまい道となんか関係があったのかな?

あと、坊谷津にいったことがあるんですが、どこで折り返してたんですかね?
今のバス停の前の空き地みたいなとこかな?
今は車の廃車体でいっぱいだけど・・・

96 :94:02/05/03 11:56
>>95

やっぱり、仁戸名坂下〜坂上間の道路が狭かったからでしょう。
あの辺には、バス路線であることを知らせる注意書きが今も残ってるよ。

坊谷津の折返所は、わかんないなあ。
廃車体が置いてある空き地は怪しいけどね。

97 :国道774号線:02/05/03 23:15
すみません。
東洋バスの新山車庫に行ったら、
構内のハズレに千葉駅のポールが捨ててあったんですが、
これに関する路線の話をご存知の方、いらっしゃいませんか?

98 :国道774号線:02/05/03 23:21
>>97 ん。ああ。新山ちはる。

99 :907:02/05/03 23:29
>>94
仁戸名坂下経由便って、京成の川戸停留所のところに「川戸」
があったのかしら?


100 :国道774号線:02/05/03 23:30
>>98
川崎千春

101 :94:02/05/04 00:24
>>907

ないです。
昭和40年ごろの住宅地図だと、仁戸名坂上〜仁戸名坂下〜坊谷津坂下〜坊谷津坂上、となってます。
坊谷津坂下ってのは、いまの川戸(千葉中央)のやや坊谷津よりにあったみたい。

昭和46年ごろの地図だと、坊谷津坂下が無くなっていまの場所に川戸ができてるけど、
京成の川戸のところには最後まで停留所は無かったはずです。

102 :国道774号線:02/05/04 00:27
>>97

東洋バスが千葉駅に乗り入れるのは、八千代松蔭高校のスクールバスだけだと思うけど、
それとは関係ないかな?

103 :国道774号線:02/05/04 00:29
>>102
路線とか全くわからないんですが、
柏にもポールはないですね

104 :国道774号線:02/05/04 01:02
>>103
柏の場合二松のスクールと同じく大津ヶ丘行の後ろの乗り場だと思ったけど・・・。

105 :国道774号線:02/05/04 01:05
東武バス潰れろ

106 :国道774号線:02/05/04 01:29
国鉄バスの東金駅〜日向駅に乗ったことがあるが。

107 :国道774号線:02/05/04 16:44
千葉中央の下総療養所行きは、旧・国鉄千葉駅時代、
大和橋から県立千葉高校の下を通る細い道を抜けて葛城町に出ていたらしい。

108 :国道774号線:02/05/04 18:26
>>36
千葉-大多喜のったことあるよ。っても小さい頃だから記憶がdでるが。
大多喜営業所?の便所、大がそのまま地面に直行だったような(w

>>56
阪東バスの木下駅-京成佐倉ってのもあったなー




109 :国道774号線:02/05/08 00:16
千葉交通って廃止された区間の停留所を放置するケースが多いような。
たとえば296号とか。

110 :907:02/05/08 02:59
>>101
千葉中央バスについてだいぶわかったでやんす、さんくす。
ところで、千葉中央バスの千葉中線が千葉中以北に行ってた話とか、
平山線のかつての終点(熊野神社〜高根十字路〜川井町…その先が不明)
とかをご存じの方いらっしゃる?


111 :国道774号線:02/05/08 21:26
>>9
一ヶ月も前のレスだけど....
白井聖地霊園へのバスは白井からじゃないYo!
五香駅〜六実駅〜白井聖地霊園、京成バス松戸(営)だったかな。
でも片道¥600も取るYo!
ちなみに、平塚の折り返し場は畑に戻っていて知らなければ跡地
判断は難しいと思われ....
>>55
武西十字路の折り返し場も道路の付け替えでなくなってしまった。
神野十字路行きは開設当初は村落内の狭い道を走って萌えぇだったけど、
今は新道経由になっているし、しかももともと神野十字路から先に
走っていたけど(開業時は聖徳大学まで。ただしスクール扱いだった
らしい。)
現在は勝田台〜神野十字路〜神野入り口〜聖徳大学〜神野入り口〜岩戸
と走っている模様。夕方の上り便は保品発。ゆえに神野入り口には
降車専用というバス停が一本立っている。ちなみにこれは八千代市から
はばたきセンターへの通勤の足を確保するために要請されたため運行
しているとのこと。ついでにこの路線の運転士は東洋バスでもこの
路線専属に年棒制で別に雇っているとか....これは白井中学校線廃止
の日に運転士から聞いた話。
>>66
印旛日本医大へは佐倉や木下から無料バスがあるし、NT以外の地域
はほとんど利用者が無いと思われ...
グリーンバスの臼井〜印旛日本医大線もほとんどは通学の厨房ばかり。


112 :国道774号線:02/05/08 22:06
>>111
臼井〜印旛日本医大は、大成交通。(地元のタクシー会社)
一時間ヘッドにしたのが効を奏して、なかなかの利用率だと思ったが。
グリーンバスは酒々井〜印旛日本医大。

113 :907:02/05/08 22:14
111氏も勢いは非常にえーが、少なくとも現在は
佐倉〜印旛や木下〜印旛が無料じゃねーだろう。


114 :907:02/05/08 22:25
あぷ。小林だ。

115 :国道774号線:02/05/09 00:33
>>20
今は茂原から喜田・ちはら台駅行きになってるね

116 :国道774号線:02/05/09 07:01
>>111
印旛村公式サイトに時刻表あり

117 :116:02/05/09 23:26
>>110
千葉市企画調整局が1972年に発行した『市勢調査資料 部内用』という資料には以下の路線が掲載されてます。

本郷十字路〜大木戸新田〜土気駅   3.75km  4回
土気駅〜本郷台〜土気駅  12.4km  6回
本郷台〜平川〜誉田駅  6.6km  2.5回
平川〜誉田駅 3.6km 3回
野呂〜誉田駅 6.25km 2回
高田〜誉田駅 3.5km 3回

また、日地出版が1980年に出版した『千葉市全図』は以下のようになっています。

・平山線は現状と同じ
・高田〜泉公園〜泉公園入口がつながっている。
・千葉中から本郷台までつながっている。
・本郷十字路は所在不明。

高田〜泉公園〜泉公園入口市勢調査資料の野呂〜誉田駅線に、対応すると思われますが、
野呂の所在は不明です。また土気駅〜本郷台〜土気駅というのも謎ですが、本郷台から平川
に抜けるより、泉公園入口から高田に抜けるというのもありかと思われます。

118 :116:02/05/09 23:41
また、件の地図の乗り場案内に

千葉駅千葉相互銀行前乗り場
みつわ台車庫行 都賀の台第一行 都賀駅行(千葉内陸)

京成千葉駅9番
千代田車庫行(京成)

とありました。

個人的には千葉駅3番乗り場から出ている
坂月行(京成 試験運行 7〜8時)というのが気になります。
ちなみに成東行は6番乗り場から出ています。 

119 :116:02/05/09 23:59
追加

京成千葉駅1番乗り場と2番乗り場から八街経由の成東行が出ています。
この地図の初版が1977年なので、千葉〜八街〜成東線は意外と最近まで存続していたのでは?

120 :907:02/05/10 00:46
>>117
電子地図で簡易計測した限りでは、
千葉中央バス野呂停留所イコール現在のフラワーの泉公園入口
でいいみたい。個人的には非常にうれしい情報。
土気〜本郷台〜土気については、一種の往復循環線じゃないかな?
土気〜千葉中が5.2km(現在の公式の値)で、千葉中〜本郷台が
約0.7kmなので、単なる往復だとちょっと合わないんだけど、
本郷台付近の道路をよく見るとデルタ状になっているところがあ
って、それで折返せば12.4kmなのかもしれない。他の経路だと
12.4kmになりそうもないようだけど、間違ったらごめんね。
それから、本郷十字路はここ。
http://map.yahoo.co.jp/pl?la=0&sc=4&nl=35.31.21.856&el=140.14.45.126&CE.x=246&CE.y=255
土気駅〜大木戸新田〜(廃)越智入口〜(廃)大木戸八幡〜(廃)大木戸〜(廃)本郷十字路
である。1988年リリースの人文社の地図ならば、字越智本郷という地名とともに出ている。

>>118
京成の千代田車庫は八木原小学校停留所付近の西側にあったそうで。

>>119
それは昭和62年2月26日の成東営業所の全面的ダイヤ改正で
無くなったと思われ。
ちなみに、昭和60年の社内路線図では直通があったのと、
昭和63年には既に無かったことを確認した俺の実体験がある。

以上、あやしさぷんぷんだが推定したことを。

121 :94:02/05/10 01:23
>>116
あ、同じ資料持ってる人がいる…。
野呂停留所は、住宅地図によれば白井小学校の前あたりにあったみたいよ。

122 :907:02/05/10 02:10
今、1980年頃の千葉県バス路線案内図(県バス協会)を見たけど、
これでは、高田のところが下新田入口止まり、千葉中のところが
千葉中止まりになってるね。
ちなみに、同図では本郷十字路のところに線が引かれていない。
なお、同図の信頼性はあまり高くないから、念のため。

千葉中線がそれぞれに短縮したのは昭和40年代後半〜50年代前
半ってところか?
その頃なら、住宅地図で調べられそうかな。ちなみに、千葉中〜
本郷台が無くなったと同時に千葉中停留所が移設されてるはずだ
から。

あとは坊谷津線の東山科入口〜佐和〜宮田間の停留所か。これが
住宅地図でわからなかった。東山科入口〜佐和間には家がほとん
どなかったらしく地図にもなってないようで。

123 :94:02/05/10 02:31
本郷十字路行きは、80年にはもう無くなってるんじゃないかなあ。
あそこは、ワンマンカーが入っていけるような道じゃないし、
大椎台とか角栄団地から歩けないこともないから、存続させる理由があんまりないですよね。

坊谷津線のほうだけど、「東山科入口」ってのは、東金線開通以後の名称っぽいです。
その前は、「大宮団地入口」、さらに昭和40年以前は「団地前」だったようなので…。


124 :国道774号線:02/05/10 03:44
>122

坊谷津線(千城局経由?)って坊谷津の先まで行ってたんですね。
勉強になります。
東山科入口ー佐和ってどの道を通っていたんですかね?
今のサンクスがある十字路を平山方面に曲がって行ったのでしょうか?

なにげに中央ネタが熱いですね!


125 :124:02/05/10 03:46
連続投稿スマソ
あと、千葉駅ー広小路ー千葉駅って系統が15年くらい前の
車内の地図に出てたんですけど、いつごろ無くなったんですかね?
そのころにはそんな路線はなかったように思えるのですが?

126 :94:02/05/10 06:35
>>124
千城局経由じゃなくて、昭和30年代の東洋交通・坊谷津線の話ね。詳しくは94参照。
サンクスのところじゃなく、薬局の角から大宮中の北側を通る道路を通ってたらしい。
あんまり知られてないけど、仁戸名坂上から宮田ヘ抜けるこの道路って、旧・東金街道なんだよね。

あと、125のは正善院線でしょ。
15年前なら、千葉駅→広小路→正善院→作草部→広小路→千葉駅 っていう循環だったはず。

127 :国道774号線:02/05/10 16:10
>>126
ここ1〜2年ぐらいの間かな。JR千葉駅北口広場ができて、正善院線が復活したように思うが、(運行は、京成ではなく、千葉内陸とちばシティーの共同)昔の経路とは異なるのだろうか?

128 :国道774号線:02/05/10 21:40
>>112
ごめん漏れの書き間違いだぁ。
>>113
印旛村内は300円均一、小林〜佐倉を通しで乗ると600円。
グリーンバスの酒々井〜印旛日本医大駅も300円均一。ここで
京成酒々井駅〜学園台入り口を普通の路線と間違えて医大行きに
乗ると倍近い運賃を払うはめに....

129 :国道774号線:02/05/10 21:42
>>128に追加
木下と佐倉から印旛日本医大の病院送迎バスは無料だよ!

130 :116:02/05/10 21:53
>>127
正善院線はルートと路線名の変更のみで、廃止されたわけではありません。
また、シティと内陸の共同という事実もないのであります。
これだけは明確にしておきたい、そう思っております。

131 :907:02/05/10 22:22
>>129
木下は俺も勘違いだった(笑)。ごめんなさい。
http://www.hokuso.nms.ac.jp/syokai/bus/kinosita.html
まだ無料で残っていたのね。廃止されたと思ってた。
それにしても「きのした」駅かよ!
なお、佐倉はこうだ。
http://www.hokuso.nms.ac.jp/syokai/bus/sakura.html
すなわち、1勝1敗ってか(藁)

>>125
少なくとも15年前の時点では今と同じく広小路「停留所」は
無停車なので、読む人は気をつけましょ。
ちなみに大昔の正善院線は陸橋から南をさらに大学病院や市場町
あたりまで行ってた(要町発便をのぞく?)ので、これは広小路
経由となっていた。などとわかったようなことを言ってみたりして。

132 :94:02/05/10 23:10
昭和54年の「千葉市内路線バス網図」ってのが出てきたんだけど、
これの路線一覧にも、誉田駅〜下新田入口の記載があります。この時点で、まだ八幡前(現・誉田東小)経由。
さらに、誉田〜茂原線を除く全ての誉田・土気両駅発着系統の線名が、「誉田山線」になってます。
一応あげておくと、

・誉田駅〜金剛地五反目〜土気駅
・誉田駅〜金剛地五反目
・誉田駅〜潤井戸〜土気駅
・誉田駅〜潤井戸
・誉田駅〜千葉中〜土気駅〜大椎台団地
・誉田駅〜千葉中
・誉田駅〜下新田入口
・土気駅〜金剛地火の見
・土気駅〜下大和田
・土気駅〜本郷十字路

てな感じ。123の前半は撤回します。ごめんなさい。
この路線図は見た感じ誤植が少ないんで、信頼できるんじゃないかと思います。

あ、126は広小路「交差点」ってことにして(笑)

133 :国道774号線:02/05/10 23:28
>>132
すごい物持ってるね。

134 :94:02/05/11 01:38
それと東金線だけど、開通時は今の北大宮台線と似たルートだったみたい。
理由は以下の通り。

・そんな話を聞いたから
・S44年以降の住宅地図に、自動車試験場(現・太田町)、太田町(太田橋北詰)、
 大宮坂下(現・北大宮台西付近)の記載があるが、坂月橋、団地北口はない。
・S45の空中写真に、現・大宮町停留所付近を走るバスが写っている。
・S45の空中写真によると、坂月橋〜大宮台七丁目間の道路は一部未舗装で、車も走ってない(っぽい)。

あとは、京成坊谷津線が加曽利から南下して下長に至るルートだったことを示す
S35時点の路線図(手書きなんだけど)があって、これもちょっと気になってる。

135 :907:02/05/11 03:47
>>
京成坊谷津線の話。
まず、
http://pioneer.bio.titech.ac.jp/~mimomi/t/kd/ref/r03/r03_s38.html
の215〜216番により加曽利経由の証拠は残っておる。後述するが、このとき
はどちらも加曽利経由と思われ。(ならば青柳停留所がないことになるが…。)

で、そっちはさておき要町(今の東千葉駅前)側のルート。
215番の方は大和橋経由とあるから、病院下、水源橋経由といえる。
矢作から辺田(都町五差路)に抜けたのだろう。なお、要町あたり
は院内町→院内郵便局→要町→陸橋(停留所があったか不明)→
祐光町→院内町という循環折返しみたい。これはこの線に限らない。
216番の方は往路復路の粁程の違いと、祐光町経由とわざわざ書いて
あることから、往路は要町→陸橋(停留所があった不明)→祐光町→
学校前(院内小正門付近)→道場南町(国道51号と道場〜道場坂下
間で交差したところの直近南側)→東本町→亀井町→病院下→
ってな感じらしい。復路は学校前→祐光町→(ヘアピン折返し)→
院内郵便局→要町、だと思う。ちなみに、地図による実測粁程は
一致した。


136 :907:02/05/11 03:56
誤:学校前(院内小正門付近)
正:学校前(院内小南側)

137 :94:02/05/11 09:09
なるほど、学校前〜病院下間は坊谷津線の停留所でしたか。
あとは、青柳経由になった時期だけど、
県立中央図書館で見た昭和47年ごろの資料(名前失念・誤記は多かった)では、
加曽利〜下長間に線が引かれてました。移管後も加曽利経由だったってことなのかな。

それと、要町周辺について、S35年の中心部系統図から読み取れることをいくつか…。

・陸橋停留所は京成のみ設置。要町から東進する路線は全て停車。
・院内郵便局、祐光町停留所の記載は無い。
・要町発着便は、京成の3系統と小湊の全7系統が循環折り返し。東洋交通は往復とも院内町を直進。
・国鉄千葉駅発着便は、3社とも院内町からの駅前通りを往復。
 ただし、小湊の3系統13便が栄町付近(おそらく銀座通りの1本東側)を通って千銀前へ直行。

ところで、要町ってのは、手狭な駅前停留所を補う第2ターミナルだったと見ていいのだろうか?

138 :コギャルとH:02/05/11 09:22
http://pucchi.net/kado/
PC 版
http://pucchi.net/1/kado2/
i-mode版 
コギャルとHな出会い他、、激リンク集もあり
逆アポ、中学生、高校生の掲示板多数
男性、女性共書き込み無料全国都道府県
別検索可能なサイトです(可愛いコギャルた
ちも待ってます。)
!”#$%&’()=〜|〜=)(’&%$$
QWERTYUIOP‘{}*+LKJHGFDSAS

http://pucchi.net/0/gazou/
PC版

激。。。画像に夢中


http://pucchi.net/kado/
PC 版
http://pucchi.net/1/kado2/
i-mode版 

援助交際学園が企画コギャルとH出来る
サイトです美少女が書き込みしてます
全国都道府県検索可能です
リンク集も多数有りコギャルの事は
(わりきり出会い)全部解決します。
###$%&’’’’’’



139 :国道774号線:02/05/11 14:03
千葉中央バスで一時期、千葉東角栄団地−土気駅−土気中学校という路線があったらしい?


140 :116:02/05/11 18:57
稲毛の図書館に行ってきました。

千葉市が1972年に発行した都市現況図によると

誉田〜高田〜野呂(=泉公園入口)
本郷台は前述のとおり、
平山線はやはり熊野神社折り返し。
本郷十字路の記載あり。
大森町と大森町入口の間が切れている。

となっていました。

また、人文社発行の「首都圏広域市街地図集」の昭和56年版が稲毛図書館に所蔵されていました。

大量の誤字に加え大宮団地にバスの乗り入れがないという胡散臭さ満点の地図ですが、
昭和40年代後半の路線を知る上では貴重な資料です。
これによるとくまの神社から川合町まで確かに延びているのですが、その先は不明です。

ちなみにこの地図によると東洋の保品と岩戸の間に路線がないのですが、そんなはずは・・・。


141 :94:02/05/11 22:43
あ、137の資料は、116氏と同じ都市現況図です。
平山線は、S54年の路線網図では、熊野神社、水砂行きになってます。

>>139
角栄団地の分譲はS55年から、同地の中学生が通ってる越智中学の開校はS59年なので、
その間に存在していた可能性はあります。大宮団地の川戸経由の例もあるので…。

>>907
1980年のバス協会の案内図に角栄団地線って載ってます?

142 :A907:02/05/11 23:04
名前変えました。Aを付けるだけなんて安直か。
>>114
1980年のバス協会の案内図には出ている。
ちなみに、1981年に昭文社が発行した「業種別千葉市
べんり地図(船橋市西図書館にあり)」には出ていない
が、これは改訂が間に合わなかったと思われ。
常識的に考えて分譲年である1980年が開通年でいいと思う。


143 :116:02/05/11 23:46
平山線が熊野神社以北まで延びていた時期って言うのは少なくとも
昭和40年代中盤以前といえそうですね。

ところでA907氏は木更津市図書館にはいかれました?
俺が行ったときは休館日だったもんで。

144 :94:02/05/12 00:31
>>142
了解しました。
となると、角栄団地線を越智本郷住民の代替交通手段にあて、
本郷十字路行きを同年廃止、の線は無いでもないな。

145 :国道774号線:02/05/12 18:57
廃止される前に千葉−大網の快速に乗っておくか・・

146 :国道774号線:02/05/12 19:28
>>131
佐倉は無料バスはなくなっていたのね、ごめん逝ってくる

147 :A907:02/05/13 00:52
>>143
木更津図書館どころか木更津市も最近行ってないって。
もはや千葉県民じゃないからしばらくの間勘弁して。

木更津と言えば、昔、別荘下から木更津駅まで乗ったことある。
蔵波台団地非経由のやつだけど。それが袖ヶ浦市、木更津市で
唯一乗った俺のバス路線。

148 :94:02/05/13 02:27
中央関連の小ネタ。
・中央の白旗停留所は、S20年代後半の開通時からしばらくは「今井町」といい、線名も今井町線だった。
・昭和30年代に、千葉駅〜生浜荘(小湊の都職員運動場付近)を結ぶが生浜荘線が存在。
・平山終点は、平山十字路のところにあった時期もある。

以上でネタ切れ。あとは、こんなのみつけた。2番目の記事。
http://www.chibanippo.co.jp/news-box/2000/6-9/chiiki.html

149 :B 8:02/05/16 05:59
松戸〜藤ヶ谷ゴルフ場

150 :A907:02/05/16 19:02
>>149
お、それだっ!

151 :国道774号線:02/05/16 20:36
幕張本郷から免許センターの中まで入って行く路線あったよね?

152 :国道774号線:02/05/20 00:07
畔戸線&高須線の廃止はいつごろなんでしょう。
昭和50年代後半?

153 :国道774号線:02/05/21 00:15
畔戸(くろと)線は5年ほど前まで一日1本で残ってたよ。

154 :国道774号線:02/05/21 03:58
>>151 今は無い。

155 :A907:02/05/24 17:30
東洋バスの農業会館〜城橋〜内宿〜米本以東(その先が不明、下高野か?)
に関する情報を求むる。

156 :国道774号線:02/05/28 00:00
上総中野〜安房小湊線age
経路が分からんが、平沢入口経由でいいんだろうか。

157 :国道774号線:02/05/28 23:56
>>156
その通り。
小湊鉄道ってのが、そもそも小湊まで線路を引くつもりだったので、いわば鉄道の先行路線だったわけだ。
ただし、小湊へ抜けるなんていう人の流れは皆無に近く、確か、昭和40年代で廃止になったと思う。
その名残が、今の「平沢循環線」。

158 :153:02/05/31 23:48
>>152
四街道〜臼井間の畔田(くろた)経由と混同してた。スマン。
畔戸・高須線は昭和60年ごろの地図にはまだのってた。

159 :国道774号線:02/06/01 00:16
>>158
サンクス。ってことは昭和60年代か。

上総中野〜安房小湊線は西原経由でいいのかな。
この路線は千葉市図書館所蔵の古い時刻表に載ってたりする。

160 :A907:02/06/01 19:52
佐倉市畔田は「あぜだ」と読むのだけど…。
「くろ」って読むのがかなり珍しいかと。
そういえば、バス車内放送では「あぜた」だったような…。

161 :国道774号線:02/06/04 18:08
京成・循環線(千葉市)の経路について情報求む。
特に末期。国鉄・京成両千葉駅を通ってたんだろうか?

162 :国道774号線:02/06/05 22:48
京成佐倉駅〜墨入口

163 :国道774号線:02/06/06 23:25
>>161
それは、市役所〜本千葉〜京成千葉〜国鉄千葉〜千葉公園〜西千葉と走っていた
路線のことでしょうか?

164 :A907:02/06/07 22:02
>>163
それは市内線って呼ばれてたやつで、循環線廃止後にできたもの
と思われ。京葉線開通により別ルートになったから、末期ではな
いだろうと。

>>161
末期以外は判明しているのか?俺が文献などで把握できたのは、
開通当時(昭和9年)だけなんだが…。

165 :A907:02/06/07 23:44
おそらく、161氏は以下のことを全部知っているだろうが、
一応俺がわかっていることを列挙するぞ。

昭和9年(千葉市街自動車)
初代国鉄駅〜栄町〜初代京成駅〜新町〜向寒川(登戸交番?)〜
新宿町〜寒川大橋〜長洲(今の本千葉駅)〜県庁〜要町〜初代国鉄駅

以上のルートは約6kmである。

全国バス路線便覧によると、昭和38年当時の循環線は、
 右回り:中央卸売市場(今のポートアリーナ)→要町→中央卸売市場、が8.1km
 左回り:中央卸売市場→陸橋→中央卸売市場、が8.15km
 出入左回り:新町車庫→県庁前→新町車庫、が10.3km
 出入右回り:新町車庫→登戸交番→陸橋→新町車庫、が10.65km
である。

従って、中央卸売市場〜県庁前〜要町・陸橋〜登戸交番〜中央卸売市場
となる。
以下は推定。以下のように線をひくと、8.1kmになる。停留所名は今のやつ。
ポートアリーナ〜寒川大橋〜県庁前〜千葉中央駅〜中央二丁目〜千葉銀行〜
院内町〜作草部〜西千葉駅〜汐見ヶ丘(廃止)〜登戸交番(廃止)〜新宿町(廃止)〜
ポートアリーナ

これでも8.1km
ポートアリーナ〜寒川大橋〜県庁前〜中央四丁目〜中央二丁目〜千葉銀行〜
院内町〜作草部〜西千葉駅〜農業会館〜登戸交番(廃止)〜新宿町(廃止)〜
ポートアリーナ

これらのルートだとすると、163で話が出ているものに酷似していることに
なる(笑)。違っていたら笑ってくれ。

なお、五十五年史は、新宿町〜新宿町:10.3kmとなっている。この10.3km
ってのがよくわからない。先の千葉銀行経由を民衆駅ターミナルにすると、
1km増えるが、まだ足りない。163の市内線と併せてもうちょっとで解明でき
そうなんだが。

166 :161:02/06/08 11:11
手もとの資料でもっとも有用なのは、昭和35年の各地点における運行回数図なんだけど、
これから124便の束が以下のように動いてるのが読み取れる。

要町・陸橋〜作草部〜西千葉駅〜汐見が丘or農業会館〜登戸交番〜新宿町〜寒川大橋〜大和橋〜要町・陸橋

つまり、この時点では京成駅非経由だったってことですね。
加えて、新宿町から白幡神社方向へショートカットしてたかもしれない。

これが旧・中央市場経由となり、京成駅・国鉄民衆駅に立ち寄るとなると、
163にでている市内線とよく似ているので、もしかすると…、と思ったわけです。

ちなみに循環線は昭和46年時点で存続していて、このときの区間延長は9.47km。
以後10年ほどの間に廃止されて、昭和54年時点では市内線になってます。


167 :A907:02/06/09 00:54
>>167
165について、昭和44年の地図を見ると、その頃の県庁前って現在
なくなった県庁・県警前だね。今の県庁前は昭和44年時点では
「県庁中央署」となっている。従って、昭和38年時点では吾妻町の
方には行ってない。つまり、165の俺の推定は間違いだった。
それから、地図の測定にも誤差が大きかったので、改めてやり
直した。

前・中央市場〜寒川大橋〜県庁〜市場町〜大和橋〜広小路〜要町〜
陸橋〜作草部〜西千葉駅〜農業会館〜登戸一丁目〜前・中央市場
の距離は8.3〜8.4kmになった。誤差率5%くらいあって、あと、道
路の変更とかもあるから、妥当なとこかも。以上昭和38年の推定。

京成五十五年史の10.3kmはよくわからないのでシカト。

昭和46年のルートは、起点は不明だけど、
新宿町〜寒川大橋〜県庁中央署(今の県庁前)〜(本千葉ビル)〜
前京成千葉駅〜中央二丁目〜民衆駅〜要町〜作草部〜西千葉駅〜
農業会館〜登戸一丁目〜新宿町
で、9.2〜9.3km。御氏の言う9.47に近い値になったよ。
今の市役所コミュニティが始発ならばますます近くなる。
これで話の論理が通るようだが、真相はいかに?

168 :国道14号:02/06/09 21:53
「市川駅〜船橋ヘルスセンター」
今じゃ考えられない路線。
担当営業所と運行頻度の情報キボン!

169 :国道774号線:02/06/09 22:58
>>167
測定thanksです。
国鉄駅移転後に路線再編、の線でよさそうですね。

170 :A907:02/06/10 00:48
>>168

市川船橋線(市川駅〜ヘルスセンター)の担当営業所は花輪と八幡だね。
花輪が主、八幡が副なり。根拠は五十五年史。従って、昭和41年の話。

運行頻度っていうか本数は、
「市政30周年記念市勢要覧別冊 昭和42年版『船橋市統計書』」
によると、昭和37年は18000往復/年、昭和38〜41年は15000往復/年
とのこと。
しかし、市川市統計資料では、
 S35:116往復 S36:不明 S37:120往復 S38:106往復
 S39:54往復 S40〜S41:50往復 S42〜S44:54往復
 S45:記録がない
だそうである。
ちなみに、全国バス路線便覧(S38)では船橋担当60往復、市川担当
60往復となっている。S37のデータなのかな?
船橋市のデータがあやしいってことでいいと思う。

推定を交えた結論は、
・昭和38年度までは100往復を越えていた。
・昭和39年度以降50往復程度に減便。
・昭和45年頃に廃止。(ちなみに、この頃に市川、船橋営業所
 は抜本的なダイヤ改正があり)
なお、開通日は不明。船橋〜ヘルスセンター線が昭和30年に開
通なのだけど、それと同時か、船橋市内線が京成に移管された
昭和33年のどっちかであろう。まだ必要なことある?

171 :国道774号線:02/06/13 20:42
長者町駅〜大多喜駅線age

172 :国道774号線:02/06/14 18:56
土気駅南口―土気高校

173 :国道14号:02/06/14 22:20
>>170
レスサンクスです。もう充分です。
ガキの頃乗ったんだがダイヤなんか全然覚えていなくて。
それにしても随分本数あったんだなぁ。
この路線が廃止になって鬼越〜中山の空白区間が発生したんだよね。

174 :国道774号線:02/06/19 02:31
新京成の廃止路線は話題になりにくいのかなぁ

175 :国道774号線:02/06/19 05:50
五香駅〜常盤平駅
五香駅〜(金ヶ作)〜八柱駅
五香駅〜(大町)〜八柱駅
とか?

176 :国道774号線:02/06/19 12:20
船橋・津田沼口なら船橋駅〜五香、船橋駅〜高根小学校、東船橋駅〜自衛隊前
もだな

177 :国道774号線:02/06/19 22:38
死バス5系統

178 :国道774号線:02/06/19 23:51
津田沼駅〜鎌ヶ谷大仏駅
津田沼駅〜古和釜十字路


179 :ネタニマジレス:02/06/20 00:05
千葉県に系統番号を持つ市営バスは存在しませんが何か?










もう少し考えろよ、能無しが!

180 :国道774号線:02/06/20 00:35
>>179
177より数段アホ。行数無駄に使うなっての。

181 :国道774号線:02/06/20 01:02
>>179
マジでスマソ。浅はかでした。回線切って(以下略)

182 :国道774号線:02/06/23 03:01
船橋駅〜花輪車庫
京成バス

183 :国道774号線:02/06/24 15:10
市川市高谷まで走る京成バス高谷線も存在していたらしい。
どんなルートかはわからないけど。

184 :A907:02/06/24 22:09
>>183
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.40.30.473&el=139.57.35.289&width=500&height=500&la=0&sc=3

185 :国道774号線:02/06/25 21:23
>>183
今の二俣団地あたりだったけ??

186 :↓よく見ろA907:02/06/25 22:36
>>185
http://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.40.30.473&el=139.57.35.289&width=500&height=500&la=0&sc=3


187 :二俣団地は↓:02/06/25 22:39
http://map.yahoo.co.jp/pl?la=0&sc=2&nl=35.41.30.814&el=139.57.39.108&CE.x=247&CE.y=264

188 :国道774号線:02/06/26 17:02
要するに高谷線は高谷新町まで運転していたわけか。

189 :国道774号線:02/06/30 02:24



190 :国道774号線:02/07/02 23:16
上妙典、下妙典

191 :国道774号線:02/07/04 23:25
京成八幡駅西側の踏切

192 :国道774号線:02/07/05 17:40
>>183
埋立地〜三菱石油

193 :国道774号線:02/07/05 20:15
下総中山駅⇔柏井経由東武鎌ヶ谷駅

194 :国道774号線:02/07/08 02:08



195 :国道774号線:02/07/08 11:56
自衛隊経由三山車庫

196 :国道774号線:02/07/10 20:11
東武が「花畑車庫⇔松戸駅」って路線持ってたって聞いたことがあるんだけど
詳細わかる人いる?

197 :A907:02/07/10 23:08
>>196
わかるというか、既に調査が終わっていることというか、
たとえばこれ。
http://www.eris.ais.ne.jp/~kunyu/toubu/htoukatu1.htm


198 :国道774号線:02/07/11 02:02



199 :国道774号線:02/07/11 21:14
>>197
サンクス。結構昔に無くなっちゃったんだね。

200 :国道774号線:02/07/13 02:23
ひそかに200ゲットage

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)