5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヴェリコフスキー理論について誰か意見をください。

1 :かせいじん:01/12/29 00:45
ヴェリコフスキー理論、というのを飛鳥昭雄の本で知ったのですが、それはいったいどう言う理論なのでしょうか?
飛鳥昭雄は悪いけどあんまり信用できないので、誰かよかったら教えてください。
あと、その理論がいったいどの程度信憑性を持つのか、認められているのか、
そこらへんも教えていただけるとありがたいです。

ちなみに…こう言うと馬鹿にされて返事をもらえないかもしれないんですが、
天文学についての知識はまったくないに等しく、最近手に入れた学研 MU BOOKS の
「火星の謎と巨大彗星メノラー」「太陽系第12番惑星ヤハウェ」「恐竜大絶滅の謎と木星ネメシス」
を読んで興味を持ったものでここに書かせていただきました。どうか真摯な回答をお待ちしています。

2 :飛鳥昭雄:01/12/29 00:46
うんこ。

3 :かせいじん:01/12/29 00:49
いや、飛鳥昭雄はどうでもよくって…
でもまあ、飛鳥昭雄の理論がいかに破綻してるか、とか指摘してくれたらそれはそれでもっと楽しいのですが、
ヴェリコフスキー理論について誰かどうか意見を。

4 :ヴェリコフスキー:01/12/29 00:51

ちんこ。

5 :かせいじん:01/12/29 00:58
別にヴェリコフスキーの理論を信じてるんじゃなくて
どんなものなのか、どこが正しいのかどこが正しくないのか、
なんでブームになったのか、とか教えてほしいんだけどな…
今はこういう人しかいないのかな。

6 :かせいじん:01/12/29 01:13
もしかして似たようなスレ、あったりしました?
それだったら恥ずかしい…

7 :かせいじん:01/12/29 01:15
やはりというか、全くといっていいほど盛り上がらないね。(w

8 :かせいじん:01/12/29 01:17
おや、>>7氏は私じゃないですね。
どうして盛り上がらないんだろう…>>7さん、よかったら何かひとつお話でも…

9 :かせいじん:01/12/29 01:20
>>8
年の瀬で皆忙しいのでは?
こんな時間だし。

10 :かせいじんnr.1:01/12/29 01:22
ドイツ式にわかりやすくHNを改訂(笑
そうかも。全体的にこんなものかもしれないですね。
この板は回転があまり速くなさそうだし、ゆっくり待ちます。
アインシュタインが認めかけたって本当かな? 飛鳥氏の言うことだし信用ならないけど
なかなか面白かったので良い意見をお待ちしています。では後日また来ます。

11 :名無しSUN:01/12/29 02:17
 科学と、オカルトや疑似科学を一緒にしないで欲しいな。
 その違いがわからないようなので、説明しても無駄だから、
誰も書かないのさ。

12 :名無しSUN:01/12/29 13:37
別にヴェリコフスキー理論を信じてるとかじゃないって、言ってもわからないのかな…
ま、その程度の人もいるのが2ちゃんねるでしょうけど。
>>11みたいな人にはぜひヴェリコフスキーを本気でこき下ろしてほしかったんだけどな。
たとえばこう言うことはありえない、とか「科学的」にね(w
ま、>>11のような頭脳しか持たないような人間にそれは難しいかな?

13 :かせいじんnr.1:01/12/29 13:40
>>12は私です。

14 :かせいじんnr.1:01/12/29 13:45
たとえば金星がつい4000年前にできて、楕円軌道から現在のほぼ真円の軌道に落ち着くなんて、
年末ジャンボ宝くじがあたるよりありえねーよ!
とか個人的には思うのですが、
そこらへんを天文板の知識派の人々に、科学的に検証してもらえたらなー、とか思ってるわけです。
それに、現在の天文学もある程度推測を元に話が進められているわけで、
もしかしたらヴェリコフスキーの理論でも一部正しいところがあったりするのではないかな、とか
微妙に期待してるんですが。
なんか金星の自転と公転が変なのは事実みたいですし、
金星についての意見も含めて誰か意見をどうぞよろしくお願いします。

15 :名無しSUN:01/12/29 13:45
批判する価値もないってこと

16 :かせいじんnr.1:01/12/29 13:56
なんだよそりゃあ!
まともにレスしろやゴルァ!

ご意見どうぞよろしくお願いいたします。

17 :名無しSUN:01/12/29 13:57
>>14
カールセーガンの「コスモス」読め

18 :かせいじんnr.1:01/12/29 13:58
>>15
なんででしょう?
はじめに書いたとおり、私は天文学に関する知識がないわけで、
ヴェリコフスキー理論は信じてはいないものの、確固たる否定をすることもできないんです。
だから、その「理由」を、好奇心から知りたいと思っているだけなんですが…
そこからなんで「批判する価値もない」という話に飛ばなければならないのかわからないのですが…
もしよかったら、どこがどれだけ突拍子もない理論なのか教えてください。

19 :かせいじんorigin:01/12/29 13:59
>>16
なんで騙るのさ…HN変えました。
>>17
カール・セーガンもあまりまともに論じられるような人間ではないと思うのですが。

20 :かせいじんorigin:01/12/29 14:01
ちなみにCOSMOSは持ってます。

21 :かせいじんorigin:01/12/29 14:06
>>19
言いたかったのは、カール・セーガンの理論もヴェリコフスキーの理論も、
どっちが正しいとかそう言うのは私の頭脳では理解不能、ということです。
立場的には専門家であるカール・セーガン氏の方が正しい感じもしますが、
ヴェリコフスキー氏の理論が出来の良いSFどまりなのはなぜかな?
と未だに思ってしまうわけです。
どっちも同じ程度の説得力しかなかったってことです。

22 :名無しSUN:01/12/29 14:14
本気なのか?ネタでスレ立てたんじゃないのか?

23 :名無しSUN:01/12/29 14:46
ネタでしょ?
ヴェリコフスキーとセーガンを同列に語るなんざ。
ヴェリコフスキーは出来の良いどころか、単なるSFとしての価値もない。

24 :11:01/12/29 16:07
>どっちが正しいとかそう言うのは私の頭脳では理解不能、ということです。
だから、説明しても無駄だといっているのです。天文の知識ではなくて、
高校生レベルの物理学の知識でわかることです。それが理解できないの
だから、私としてはどうしようもないわけ。ここで、高校生のための
物理講座を開けとでも言われるんですか?

25 :名無しSUN:01/12/29 19:31
まずだ。天体の運行を語るなら、全ての基本はニュートン力学。
高校の理科で習う、ごくごく普通の「作用と反作用」。

まず、ヴェリは「金星は木星から生まれた」と言う。
一体どれほどの巨大な力が木星の引力から金星ほどの巨大な固まりを引き剥がしたかは知らんが、
相当大きな力である事は間違いない。
そして、ここで「作用・反作用の法則」。
このとき、金星に加えられたのと同じだけの力が、逆向きに、木星に働いているはずなのだ。
とすれば、木星だって無事には済まない。それまでの軌道よりもはるか遠方にはじき飛ばされるだろう。
もしもこの現象が本当に4000年前に起っていたとすれば、古文書には
「木星が突然通常の何倍もの明るさで輝いた事」
「そして、木星の運行が全く変わり、明るさも暗くなってしまった事」
この2つが記述されているはずだ。しかしヴェリ氏はこれについて何か触れているかね?

さて、一方金星。
金星が木星から生まれたとすると、その自転での金星の軌道は
「一番太陽から遠い場所は(その時点での)木星よりも遠く、一番太陽に近い場所では(現在の)金星よりも近い」
そんな細長い楕円軌道を描いたに違いない。これは、まあ、ニュートン力学的にいってそうなるのだよ。
このような軌道をもつ天体自体は、今でも珍しくない。彗星とか、小惑星とか、そういう小さな天体には多い。
で、これらの天体は、永遠にその「細長い楕円軌道」の上を回り続けている。
「なんの作用・反作用もない限り!」だな。
しかし、金星はそうではない。現在の位置で、円に近い楕円軌道を描いているね。
つまり、「木星から飛び出した時の細い楕円軌道」を描いていた金星を、無理矢理、
「現在の円に近い楕円軌道」に引きずり込んだやつがいるはずなのだ。
だが、これもヴェリ氏は何も言っていない。古文書にも何の記述もない。

それから、金星の自転に関しては、
http://www.astroarts.co.jp/news/2001/06/21nao450/index-j.shtml
こういう研究もあるようだよ。これはちょっと俺にも難しいな。

26 :かせいじんorigin:01/12/29 19:34
ヴェリコフスキー理論マンセー!

27 :名無しSUN:01/12/29 19:54
・・・天文板初登場。一番クソっぽいところにて。
なにさ、こんなレベル?ヴェリコフスキー理論なんか信じる人いるのね。
高校物理あたりからやり直してはどう?ここは見捨てて他のスレに逝こう。

28 :名無しSUN:01/12/29 21:22
つうか、>>1が言ってる3つの本って、タイトルからして電波ビンビンなんですが。

29 :かせいじんorigin:01/12/29 21:25
名著「1999とグランドクロスの脅威」はみなさん読まれましたか?

30 :名無しSUN:01/12/29 21:44
しかし、知識がないなら勉強しようって気にならないのかね、この手の人たちは……。
知識がないのに無理に理解しようとするから消化不良を起こすんだよ。

31 :名無しSUN:01/12/29 21:46
>>29
読んではいないけど、「グランドクロスの脅威」なんてものはない。

32 :物理素人:01/12/29 21:47
恐らく、1はリアル冬房と思われ。

33 :かせいじんorigin:01/12/29 22:07
>>31
「脅威はない」とはどういうことでしょうか?

34 :名無しSUN:01/12/29 22:14
>>1
目を覚ませ!(w

35 :31:01/12/29 22:24
>>33
「グランドクロスの脅威」ってのは「十字に並んだ惑星の潮汐力が地球に影響を及ぼし、災害が起こる」
って奴だろ?
実際には互いに潮汐力を打ち消しあって、地球への影響は普段より小さくなる。
グランドクロスとかを無視して、全惑星が地球に最接近した場合でも地球に対する重力は、
月の2%にもならない。
もしグランドクロスで地球に天変地異が起こるなら、月の影響で地球は生命が発生することも困難な星になっている。

36 :31 :01/12/29 22:30
>>33
でも、その本漏れも持ってるんだよね〜(w

37 :名無しSUN:01/12/29 22:36
つうか惑星直列とかグランドクロスで地球に天変地異が起こったり、ポールシフト(極移動)
したりするなら、月の引力で地球が砕け散ってるって。

38 :かせいじんorigin:01/12/29 22:39
グランドクロスと1999年との相乗効果はどう説明したらいいのでしょうか?

39 :31:01/12/29 22:39
>>36
誰よお前?(藁

40 :31 :01/12/29 22:40
>>36
誰よお前?(藁

41 :31:01/12/29 22:41
>>38
「相乗効果」って、グランドクロスに1999年が何の影響を及ぼすのよ?

42 :31:01/12/29 22:42
>>38
続編がでていたと思われ。
MU BOOKSからでていたかと。

43 :31:01/12/29 22:42
相乗効果ってそういうことよ?

44 :31:01/12/29 22:43
>>42
だから、誰よお前?

45 :31:01/12/29 22:43
>>41は?
俺はいったい何人いるんだYO!(ワラ

46 :31:01/12/29 22:44
俺って誰よ?(w

47 :31:01/12/29 22:44
少なくとも俺は「肯定派」ではない。

48 :かせいじんorigin:01/12/29 22:47
1999年はかのノストラダムスが予言していたようなことがありました。
グランドクロスについてはノストラダムスの予想外だったのでしょうか?

49 :31 :01/12/29 22:47
でも「否定派」でもない。

50 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/29 22:48
否定派だよ。

51 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/29 22:54
http://www.nao.ac.jp/nao_news/mails/000282

>たしかに、この時期の惑星の配置を見ると、無理に見れば,十
>字形に見えないこともありません。

だそうだ。
「見えないこともない」程度だよ。
要するに「グランドクロスだ」と騒いでいるのは単にこじつけているだけ。

52 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/29 22:57
で、他の31はどうした?(藁

53 :かせいじんorigin:01/12/29 22:58
最近では、アメリカテロの元凶がこのグランドクロスだといわれ
ひいては第3次世界大戦になるとの予言もあります。
本当にグランドクロスは関係ないのでしょうか?

54 :名無しSUN:01/12/29 23:02
相乗効果があると書いてあれば、それを盲目に信じる。
科学とオカルトの違いがわかっていない決定的な証拠であろう。

55 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/29 23:05
だから、テロにグランドクロスがどう関係するのか教えてくれ。
グランドクロスとされているのは1999年8月18日だろ。
それから2年以上経った2001年9月11日に何の関係がある?
グランドクロスは2年も続くのか? アホクサ

56 :名無しSUN:01/12/29 23:11
かせいじんoriginさん オカルト板か電波板に行きなさい。
天文板に来るなら初歩的な物理学くらいは勉強しましょう。
あとウソの書いてある本はたくさんあると知っておいた方がいいでしょう。

57 :かせいじんorigin:01/12/29 23:11
「1999とグランドクロスの脅威」は名著です。
ぜひ読んでみてください。

58 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/29 23:19
>>57
……通知表に「人の言うことを聞かない」と書かれたことはないか?

59 :かせいじんorigin:01/12/29 23:42
「小惑星プレモリと5次元天文学」も面白かったです。
ぜひ読んでみてください。
みなさんの感想も聞きたいです。

60 :名無しSUN:01/12/30 00:35
自分の思い取りにならないと、今度は荒らしか。
精神年齢が低すぎるぞ。いや、精神に異常があるのか?

61 :かせいじんorigin:01/12/30 00:46
>>59
オマエガナー

62 :名無しSUN:01/12/30 01:42
おいおい、ヴェリコフスキー理論の肯定派さんよ。
>>25になにか反論は無いのかい?
それとも君たちトンデモさんにはレベル高すぎたカナ?高校理科程度なんだけどなプ

63 :かせいじんorigin:01/12/30 02:01
>>62
おいおい、いつ「肯定派」なんて書いたよ。
小学国語程度が理解できないか(プ

64 :名無しSUN:01/12/30 06:11
あっそー。

でも君さ、
「もしかしたらヴェリコフスキーの理論でも一部正しいところがあったりするのではないかな、とか微妙に期待」とか
「ヴェリコフスキー氏の理論が出来の良いSF」とか、
心情的には肯定したがってるのが見えるんだよねー。それは認めるでしょ?
で、それはそれとして、>>25の説明、君はどう思うの?理解できる?

それから、グランドクロス(今どき……プ)についての>>35の説明はどうよ?
ああいう書き込みに何もレス返さないのは、はっきり言って失礼だよ。

65 :名無しSUN:01/12/30 07:01
>>63
おぃ、何だかてめーえらそうじゃないか。
クソらしくさっさと流されて消えちまえば?後々楽だぞ(藁

66 :名無しSUN:01/12/30 09:51
>>かせいじんoriginさん
http://www2d.biglobe.ne.jp/~hasegawa/hoshi/
ここ、個人がやってるホームページなんだけど、なかなか良いページなんです。
そこのメニューの上のところに、惑星と言うメニューがあって、そこを選ぶと、
日付を入れるようになってますから、19990811、0000と入れてみてください。
十字に見えないこともないが、きれいに並んでいるとはとても言えないことがよくわかるでしょう。
あと、「1999とグランドクロスの脅威」は迷著です。
ぜひ無視しちゃってください。

67 :ヴェリコフスキー:01/12/30 11:04
まあ、1よ。まずはニュートン力学の基本法則から勉強しろ。
運動している物体は、他から力が与えられないかぎり、
その速度と向きは変わることはないということだ。
熱力学第2法則までとはいわんからな。(W

それで考えたら、いきなり木星から金星が飛び出すとか、
その金星の力でいきなり地球の自転が止まってまた動くとかが
どんなに荒唐無稽か判るだろう。

本当に数千年前にそんな天変地変が地球に起きてたら、
今頃地球上に生き物はいねぇよ。

68 :名無しSUN:01/12/30 11:22
小惑星プレモリなんてないぞ。

69 :名無しSUN:01/12/30 11:39
厨房祭り ワーショイ。ワーショイ。

70 :名無しSUN:01/12/30 12:26
まあ>>1に簡単に言うと、
木星が金星に飛び出すだの、楕円軌道からすぐにほぼ真円軌道になるだの、
金星で地球の自転が止まって動くだの、そう言うもろもろの主張は、簡単に言うとな…
物理法則に反しまくりなんじゃ!!ボケ!!ゴルァ!!ハァハァ……ということです。OK?

71 :かせいじんorigin:01/12/30 12:45
小惑星プレモリは存在しますよ。

72 :名無しSUN:01/12/30 12:48
>>71
番号は何番?名前が付けられているなら、登録済みなはずだけど?
検索しても見つからなかったよ?

73 :かせいじんorigin:01/12/30 12:51
>>72
未だ発見されていない特異な小惑星の存在のことです。
番号が付いた小惑星がすべてではありません。

74 :名無しSUN:01/12/30 12:58
>>73
未だ発見されていない小惑星は、直径1km以上のものでも20万個以上あるぞ。
番号がついてるのは、実際の小惑星の極一部だ。未だ発見されていない小惑星じゃあ、
全く特定できないぞ。第一、未だ発見されていなくたって、特異でもなんでもないぞ。
どのぐらいの大きさまで含めるかによって違うし。直径100m程度なら、発見されているのは
ほとんどないぞ。発見されていない小惑星に、名前をつけて呼ぶのはどうかと思うぞ。
で、その本の中では、小惑星プレモリとやらはどのように紹介されている?
大きさ、軌道要素などは書いてあるか?

75 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/30 12:59
>>73
未だ発見されていない小惑星がどうだっての?
発見してもいないのに「特異」だとわかるの?
その小惑星が地球に与える影響は、未だ発見されていない特異な小惑星ギコハニャーンによって
打ち消されることはないと言い切れるのか?

76 :かせいじんorigin:01/12/30 13:02
小惑星ギコハニャーンというのは存在するのですか?

77 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/30 13:11
「未だ発見されていない」と書いたはずだが。
存在する確率はプレモリと同程度だ。
もしプレモリが存在すると言い張るならば、ギコハニャーンの存在を否定することは出来ない。

78 :かせいじんorigin:01/12/30 13:11
小惑星プレモリはその存在が噂されているのです。
地球衝突の危機は今のところ無いようです。

79 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/30 13:14
その噂の出所は?
存在が噂されている程度なら、ツチノコや口裂け女やジャージーデビルなどいくらでもあるぞ。

80 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/30 13:16
>地球衝突の危機は今のところ無いようです。

と言うのなら、存在は噂程度でしかないのに軌道は確認されているわけだな?

81 :かせいじんorigin:01/12/30 13:19
NASAの特異天体研究機関で追跡しているそうです。
名前はもちろん暫定名です。

82 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/30 13:30
>>81
だから、発見してもいないものをどうやって追跡するのよ?

83 :かせいじんorigin:01/12/30 13:33
詳しい追跡・解析方法は専門家でないですし難しくてわかりません。(あなたにもわからないように)
NASAの機関で専門家が絶えず監視しているとのことです。

84 :名無しSUN:01/12/30 13:37
小惑星モナーはその存在が噂されているのです。
地球衝突の危機は今のところ無いようです。

85 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/30 13:46
俺が聞いてるのは追跡方法じゃなくて、
発見してもいないものを追跡できるのか?
ってことなんだけどね。


どうでもいいけど、ネタが尽きたんならやめろよな。
もっと遊べるネタもってこいよ。

86 :かせいじんorigin:01/12/30 13:52
どうでもいいといいながら、マジレスサンキューです。
通常の発見機関で発見されていないだけで、件のNANAの機関ではその存在をつかんでいるのです。

87 :名無しSUN:01/12/30 13:56
>>31◆9lv/EoE2
君、面白すぎるよ(藁

88 :名無しSUN:01/12/30 14:09
暇人ばっか

89 :74:01/12/30 14:38
追跡しているなら、発見してるんでしょ?
別に追跡方法はアマチュアがやるのとそんなに変わらないはずだし、NASAが
追跡していると言うなら、よっぽど暗いとか言う場合かな?23等以下とか。
何日か追跡できているなら、仮符号がついてるはずだが?
ついでに言うと、小惑星○○の存在が噂されているとかいうけど、
発見されるまでは名前はついてないし、だれかが小惑星発見してその小惑星に○○と
名前をつければ存在することになるよ。

90 :名無しSUN:01/12/30 14:46
こんなところにもいるんだね、メール欄で他人をバカにして優越感に浸りたい厨房が。
氏んでいいよ。>仮性人

91 :名無しSUN:01/12/30 15:20
31◆9lv/EoE2=>>90

92 :名無しSUN:01/12/30 15:24
よーし、暇だからかせいじんorigin のメール欄晒しちゃうぞ−
>>71 ネタは楽しいかい?(プ
>>76 ネタにIDまで晒しちゃって面白いね(プ
>>78 このネタは楽しいかい?(プ
>>81 この年の瀬にあんたも暇だね(w
>>83 ネタにマジレスしてて面白いかい?(プ
>>86 ずいぶん時間使っちゃったね(プ
とか言ってんの。もう見てらんない。
まあ暇だからマジレスしてやってもいいけどね。
後でこのスレ見て混乱する人がいたら困るし。

93 :名無しSUN:01/12/30 15:29
>>92>>31◆9lv/EoE2
ひまだね。
悔しかったんだね。

94 :92:01/12/30 15:42
いや、自分は◆9lv/EoE2じゃないけど。
70、74、89ではあるが。
暇人と言われれば全くその通りで…(ぉ

95 :名無しSUN:01/12/30 15:48
本物のかせいじんさんはどうしたのかな?

96 :31 ◆9lv/EoE2 :01/12/30 15:50
確かに暇だし、>>78まで気づかなかったのは悔しいけどね。
ただ>>90>>92は俺ではないよ。
ガキにはどうでもいいことだろうけどな。

97 :名無しSUN:02/01/02 23:47
安芸

98 :名無しSUN:02/01/03 03:01
ていうか、トリップをIDと勘違いしてる>>1もどうかと。

99 :かせいじんorigin:02/01/03 14:40
ありゃ。なんか馬鹿なことを訊いてしまったから放置したスレが盛況のようですな。
馬鹿な私でも>>25を読んだら大体わかりました。
でも宇宙って面白いね。クウェーサーってなんなのかな。

100 :かせいじんorigin:02/01/03 14:47
あと「反作用の法則」って、
物体の速度が早くなれば早くなるほど時間の進み方が遅くなって質量が増していくって法則のことでしたよね?
ホント宇宙って面白いですね。

101 :名無しSUN:02/01/03 15:18
>>100
いや、それ、相対性理論だし。
反作用の法則は、力を与えたものは必ず自分も力を受けるという法則。

102 :かせいじんorigin:02/01/03 15:43
1978年、金星探査機「パイオニア・ヴィーナス2号」が、地球から見て、太陽の裏側に入った時、全く見知らぬ天体に遭遇し、データーを地球に送って来た。
謎の天体の大きさ及び起動は、地球とほぼ同じであり、更に驚いたことに、地球の楕円形の2つの焦点のうち、一つを共有して点対称の軌道を持っていた。
NASAは緊急会議を開き、この惑星の存在をトップシークレットとして、そのコードネームを「ヤハウェ」とした。
 ヤハウェは4500年前、木星の大赤斑から誕生したといわれる。即ちヴェリコフスキー論である。
木星から突如誕生したヤハウェは、木星と火星の間にあった惑星、「フェイトン」にぶつかって、フェイトンを粉々にした。
故に火星と木星の間にある小惑星(アステロイド)帯はフェイトンが粉々になった破片だといわれる。
 更にヤハウェは地球に大接近し、そして今度は地球にぶつかる寸前に衛星である時に影響をあたえた。
月の核はヤハウェの影響によって月の地表を解き破って水となって放たれた。月から飛び出た水は、今度は地球の引力によって地球に引き寄せられ、結果大洪水を起こしたという。
そしてヤハウェは地球と対となる位置に留まり、反地球クラリオンとして今に至るまで存在したわけである。
 ヤハウェは19世紀の半ばに「水星よりさらに内側を公転するゼロ番目の惑星『ヴァルカン』」として間違えられ、
一瞬太陽の影として確認されて以来、その後全然確認それてなかったので、「ヴァルカン」の存在は否定されていった。
しかし「ヴァルカン」は実は地球と対を成す惑星として、NASAに確認されていたのであった。

103 :名無しSUN:02/01/03 15:55
>>102
猛烈な電波発生中!

104 :かせいじん ◆ce7URf0I :02/01/03 18:22
>>100は私じゃないです〜〜。
トリップ使いますわ。混乱させてすみません

105 :かせいじん ◆ce7URf0I :02/01/03 18:22
当然102も。

106 :おちんちん:02/01/03 18:30
>>104
薄焼き玉子の中にライスが入っているものが「オムライス」であるなら、
薄焼き玉子の中にあんこが入っているものは「オムあんこ」。
オムアンコ
オムアンコ
オムアンコ

107 :名無しSUN:02/01/03 22:04
>>106
博士です。

オムアンコを早口で連呼してみてください。

108 :名無しSUN:02/01/03 22:43
>>1
ヴェリコフスキーについて知りたければ、飛鳥昭雄なんかでなく、
「トンデモ本の世界」を読みなさい。洋泉社版では、P78「衝突する
宇宙」という項。

109 :名無しSUN:02/01/03 22:55
>>107
この問いかけに、われらが坂本龍一がラジヲで引っかかってたYO!
20年近く前の話だが...

110 :名無しSUN:02/01/04 00:19
>>100
相対性理論か?まず普通の作用反作用を勉強しなされ。

111 :名無しSUN:02/01/04 01:11
>>110
他のスレを読んだうえで書いてるかね?

112 :名無しSUN:02/01/04 02:41
>>111
×スレ
○レス

113 :名無しSUN:02/01/04 13:29
>>111
○スレ
×レス
○スし
×ヌレ
△ヌし
◇レヌ

114 :名無しSUN:02/01/04 17:46
>>111
×ようじょ
○ょぅι゙ょ

115 :名無しSUN:02/01/05 01:51
>>111
×ティムポ
○チィιポ

116 :みっしょんつうまーす:02/01/05 01:54
にゃんとろ星人が実在するとも思えんが (藁
ヴェリコフスキーの作り話を与太話扱いするのはどーかと思う
なんかこのレスみてると天童節を馬鹿にした牧師の様な言い方が気にかかる
俺は好きだけどねこの話はダイナミックでエキサイティングだ
正しくは無いとしても最新の観測結果を聞く時に頭の片隅に置いておいても
損は無い話では無かろうか?

117 :名無しSUN:02/01/05 02:19
ダイナミックとは思いますよ、そりゃ(w
でも「最新の観測結果」どころか高校の理科レベルで簡単に否定できちゃうレベルの「理論」を、エキサイティングとはとても感じられないな。
与太話扱いも無理ないでしょ。

古代の神話のように、たとえ科学的におかしいところがあっても、
なにかこう深みがある、人間の心の深層を捕らえている、というようなものがあれば、
私は馬鹿にはしませんよ。
でもヴェリコフスキー理論からそんなものは、私は感じ取れないなあ。
↑これはあくまで私の主観ね。他人が「いや深いんだ!」と言うなら、それまで否定はしませんよ。

118 :名無しSUN:02/01/05 07:54
>>116

損は無い?
少ない脳細胞の無駄遣いだな。

119 :かせいじんorigin:02/01/05 16:34
今我々にできることは、小惑星プレモリを徹底的に監視することなのです。

120 :名無しSUN:02/01/05 16:44
一つだけ意味があるとすれば、「どんな荒唐無稽な話でも信じる馬鹿はいる」という実例としては使えるわなぁ。

121 :かせいじんorigin:02/01/05 17:18
『来年の春ごろ 0等級にもなる大きな彗星が発見されたとか
(現在18等級)。夕方の西空に頭部があり右上に長い尾が
引くという。あのヘールポップ彗星にも匹敵する巨大彗星だそうです。
長期にわたり楽しめる彗星の出現でしばらく話題が続きそうですね』

とのことです。出所はAMLです。

これはメノラー彗星のことでしょうか?

122 :名無しSUN:02/01/05 18:23
トリップないんだから偽物だわな

123 :名無しSUN:02/01/05 19:33
>>122
×偽物
○偽者

124 :うんこ:02/01/06 02:18
>>121
そのとおりです。
メノラー彗星を監視することはアマチュア天文家の使命であります。

125 :みっしょんつうまーす:02/01/06 03:55
ヴェリコフスキー理論が受け入れられない理由は概ね
月にしろ金星にしろ手前勝手によたよたどっからとも無く飛んできて
太陽系内を引っ掻き回した挙句安定軌道で鎮座ましますなんて納得できるか
ヴオケ!!てなとこだと思う。
しかし太陽系がそうなる事を宇宙全体の構造(銀河系やそれらを含む空間全体)
のエントロピー増大のために必要だとするならあながち無いとはいえないと思う。
(ここで言うエントロピーとは熱力学の問題ではなくいまだ解明されていない
重力のエントロピー@宇宙創生の謎ね)

126 :みっしょんつうまーす:02/01/06 04:06
例えば化学反応炉の中では特定の分子同士が結合したり触媒によって
反応が加速したりするけどこれだって一分子の動向に限って観測すれば
そんなご都合主義があるかい!!ってなるだろう。

いまだ知られぬ何かの法則に基づいて金星なり何なりの固体構造の質量体
が特定の軌道に乗ったのかもしれない。
もちろんトンデモ理論でサイエンスフィクションだがファンタジーでは
ないと思うよ(^^;)

127 :名無しSUN:02/01/06 04:06
>>125 大宇宙(神)の意思ってか?
そうなると科学というより信仰の領域っすね。
ベリコフスキーって読んだこともないけど、聖書の秘密を読み解いて知りました、とかそっち系かな。
惑星ヤハウェとかネーミングがそれっぽいけど。ま、どうでも良いので sage

128 :みっしょんつうまーす:02/01/06 04:33
大宇宙の意思ってとオカルト板になるけどね。
もっとも曼荼羅絵の構造が最近の理論に基ずく宇宙の構造に近似してるってのは
あるからねぇ。誰だったかなあどっかの科学者が言ってたよ
『宗教家と我々(科学者)は同じ物を別の方法で見ようとしているのかもしれない』
だったかなコイツの意味は我々ってなんだろう?という哲学上の大命題に対し
科学者と宗教家が別々のアプローチをかけてるって意味だったと思うけど
ホントに宇宙の構造がおんなじならオモシロいだろうね(;^_^A

129 :名無しSUN:02/01/06 04:42
うーむ宇宙の意思ねえ。
宇宙が生まれた理由あたりになると、そういう話も考えられるかも。
ところでエントロピーというものがありながら、
なんで宇宙の物質は集まって星とか造れたのかな。

130 :みっしょんつうまーす:02/01/06 04:54
>ところでエントロピーというものがありながら、
 なんで宇宙の物質は集まって星とか造れたのかな。
アンタはすごい!
そこがホーキングとペンローズがアタマ抱えて悩んでるとこで
重力ってのは引力はあっても訴力がないってことなんだそうな
この辺は早川書房刊の時空の本質(林一訳)ってのに書いてある  らしい

らしいってのはこの本が難解で読みきれなくて困ってるもんで
ホーキンスとペンローズの対談・・・ってんで買ってみたんだけど
達人同士の立会なんぞ凡人には切先はおろか太刀筋すら見えんってのが良くわかるわ

ああもお朝だ棺おけに戻らなくちゃ
ところで1はどーした

131 :名無しSUN:02/01/06 06:25
>125
トンデモの矛盾をトンデモで糊塗するのかね……?収拾つかなくなるよ。
>126
同じ事化学板に書き込んで、ケチョンケチョンにされて来なさい。

132 :反電波:02/01/06 18:48
>>119
仮符号は何?今何座にいる?何等級だ?
>>121
ニートのことか?でも2年違うな…
それと言っとくけど、メノラー彗星と言われるには、メノラーさんが発見しなきゃ
だめだぞ。

133 :名無しSUN:02/01/07 22:32
とりあえず、こんなの見つけました。
ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis/7978/shoutotu.html

134 :かせいじんorigin:02/01/10 22:43
>>132
もちろんメノラーさんの発見ですよ。

135 :名無しSUN:02/03/03 01:36
シノラーじゃだめ?

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)