5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

1973年頃の話。

1 :多摩っこ:01/10/22 14:10
オレが小学校3〜4年生だったころ、夕方多摩川の河原で遊んでいたら、
南の空に大きな流れ星(もろ箒星って感じ)のようなものが現れ、西に沈む
まで、恐らく20〜30分は見えていたと思う。
ずっと気になっていたので、ある日図書館で過去の新聞を全部調べたが、
よくわからなかった。あれは一体なんだったんだろう?
誰か情報をキボンヌ!

2 :名無しSUN:01/10/22 14:21
ピンクレディーのUFOがはやっていた頃の話ですよね!
気象台の公式見解は金星との事です。
実際は尾をたなびかせてたんで違うことは明白...
今思えば一番近いのは、衛星の大気圏突入ですね........
でも速度が遅いし...

結局私の心の中では、成層圏を飛ぶ偵察機で落ち着いていますよ

3 :名無しSUN:01/10/22 14:30
U-2?SR-71?スカイラブ?

4 :1@名無しSUN :01/10/22 14:36
>>2さん、雑誌とか新聞とか専門誌とか、当時の状況を伝えているもの
はありますでしょうか?
日時や写真とかそんなんあると、もう少し当時の状況が思い出せるのですが。

5 :名無しSUN:01/10/22 14:50
西に向かう飛行機の飛行機雲が夕日に輝くと結構あれっ?と
なりますが、それとは違いますか? ※参考↓
ttp://www1.rightnet.ne.jp/~comet/air.htm

南の空ですよね。なんだろう?

6 :名無しSUN:01/10/22 15:00
http://www2u.biglobe.ne.jp/%7Ehole/

7 :1@名無しSUN :01/10/22 15:51
>>5さん
この辺(東京の多摩)は、羽田発の西へ向かう飛行ルートの下にあり、
飛行機には見慣れています。(その後航空オタになった)

飛行機と決定的に違うのは、沈む夕日が大きく見えるように、その飛行物体も
西に沈む(消えるころ)大きく見えたのが大変印象的だったことです。
当時は消防でしたので、どーんと原爆みたいにキノコ雲が見えると思ってビビって
ました。

8 :名無しSUN:01/10/22 16:39
>>7
聞けば聞くほど、飛行機としか思えないなあ。
沈む夕日が大きくなる見えるように、それも大きく見えたって
ことは、それが夕日と同じ自然現象にすぎないってことでしょ?

9 :2:01/10/22 16:47
切り抜きとかないですが記事読んだ記憶あります。
当時から天文部だったので金星ではないと思ったものです。
イメージ的には、>>5さんの通りですが、とにかく遅い...
日が沈むと同じように、発行物体も沈んでいく感じです。

いやまてよ!
ジェット気流に押されてうまく日周運動と同じように見えるスピードになるってことあるのかな?

10 :ゲッ太ー:01/10/22 17:04
10ゲット

11 :1@名無しSUN :01/10/22 18:54
>>8さん
自然現象で言うとどんなのが考えられるのですか?オイラは無学なもんで
思いつかないのです。ただあんなのは昔も今も(尾のある彗星以外)見た
こと無いです。

>>2さん
おそらく同じものを目撃したのでしょうね。実は様々な人に事あるごとに聞
いてみたのですが、誰も知りませんでした。正確にはいつ頃だったのでしょうか?
目撃した際、転校前の友達と一緒でしたので、1972〜73年頃だったと思います。

12 :8:01/10/22 19:20
>>11
別に飛行機と断定したいわけではないのだが。。。

 上空の気象条件によって、飛行機雲が長くたなびかず、短い
彗星のような尾を引くことがあるのは日常良く目撃されるし、決してめずらしくはない。
特に夕方だと、夕日を受けてまばゆく(時に楕円形に)輝き、UFO
と間違われて、夜のニュースで紹介されたりすることもたびたび。

 また、夕日が地平線に近づくと、大きく見える(気がする)のは、自然現象
というよりは単に心理的な効果だと聞いたことがある。太陽が天空に寂しく
ぽっかり浮かんでいるときよりも、近くに地平線や山があったときの方が、大きさの
比較が容易になるためか、大きくなったように感じるらしい。

 空気の屈折などのレンズ効果によるもの、という考えも昔は
眼にしたことがあるけど、最近はあまりみないね。

13 :名無しSUN:01/10/22 19:25
「黄道光」ではないでしょうか?
夜明けあるいは日没直後に黄道(太陽の通り道)に沿って光の柱が見えることがあるそうです。
秋の夜明け頃に見えることがあるそうですが、夕暮れに見えることもあるとか・・・

なにぶんレアな現象なので小生も見たことがありません。参考までに・・・

14 :1@名無しSUN :01/10/22 20:01
>>8さん、>>13さん レスありがとう。

お手数ですが、「コレじゃねーの?」って言うHPありませんかね。オイラも随分
探しましたが、どれも印象と違いました。
よくハレー彗星とかヘールボップ?彗星とか天文書によく出てますよね。星空を
背景に。まさしく、あんなんが夕方の空に現れた感じです。

オイラの勘違いかも知れませんが、北欧か北米で地球に衝突する寸前の隕石
が、尾を引きながら飛んでいく映像を見た記憶があるのですが、それが猛烈に
遅くなった感じです。(うまく書けずスマソ)
最初は見かけ1cmくらいの尾を引いていたのですが、奥多摩の山に隠れる
ころには3倍くらいに延びてた記憶があります。

どこか天文ファンの皆さんのHPにこうした不可思議(未解明)な天文現象の年表
みたいのは無いでしょうか?
オイラの、ある意味トラウマです。でもUFOではないと思います。いろいろなUFOの
映像をみましたが、似たようなのはありませんし、飛行機雲にも似たのがありま
せんでした。

しつこいですが、ご教示ください!

15 :名無しSUN:01/10/22 20:46
ぼくは実際に落ちた人工衛星の破片を見たことがありますが、見えてから1分も
経たず落ちましたので隕石ではないでしょう。
夜中に人工衛星のロケット噴射を目撃したことがありますが、それに近い?
でもそれは10分ぐらいで拡散してしまったなぁ。

16 :名無しSUN:01/10/22 20:47
http://www.nt.sakura.ne.jp/~rose/

17 :1@名無しSUN :01/10/22 22:56
>>15さん
以前、映像でいくつも見ましたが、全然違うのです。

まずは夢か幻か、現実の出来事だったのかそれが知りたい。
なにせ子供の頃のことだからね。

>>2さんによるとどうも不思議な現象があったことは事実らしい。
更なる情報をきぼーん。

この25年以上、気になってるのれす。

18 :東大博士 ◆Ph.D.FLs :01/10/23 03:04
>>13
黄道光は天の川の半分程度の輝度しかありませんから、
非常に夜空のすばらしい地方で天気が良いときに見える程度、です。

昨年10月(?)北海道で同様の光景が話題になってTVで取り上げられましたね。
カナダ航空の飛行機が高高度を飛んでいて、飛行機とその短い飛行機雲には
夕日があたっていて、非常に目立ったための騒動でした。
それと同じケースだと思いますが・・・。高度が高いために上空の視界を
横切るのに20分程度かかることもあると思います。

19 :ナナ:01/10/23 03:06
「雲」ですな
私も消防の頃に、夕焼けに輝く、写真のハレー彗星の様な雲を見て、
「太陽と反対に尾が出てるし間違いない」とワクワクしました。

20 :名無しSUN:01/10/23 10:18
'73ではなく'76の今の季節くらいにTBSのテレポート6で「ナゾの発
光物体」という金星が正体のやつのニュースやってた記憶があります。

21 :1@名無しSUN:01/10/23 14:55
>>18さん、>>19さん
やっぱり雲だったのでしょうか?あるいは飛行機雲?
オイラはかなり航空オタだった(過去形)のですが、似たようなのすら見たこと
ないです。(こだわりすぎですかね?)

>>20さん
あぁ、確かに今ぐらいの季節だったような気がします。
ただ・・・あれが金星とは思えませんね。
でも当時なにか不思議なことがあったのでしょうね。
こんなことってよくある話なのですか?

22 :名無しSUN:01/10/23 17:21
1973年頃なら、松任谷由実の歌で有名なジャコビニ彗星では、と思ったり
したのですが、どうかな?私自身は小学6年生だったが残念ながら見ていない。
再接近時の1972年10月9日は生憎の曇りで大勢の天文ファンが肩透かしをくった
とか・・・
ユーミンの歌詞「月をすべる雲と柿の木ゆれてただけ 72年10月9日
あなたの電話が少ないことに慣れてく」

23 :名無しSUN:01/10/23 18:09
?タケヤ・セキ彗星?

24 :名無しSUN:01/10/23 18:13
http://www.ops.dti.ne.jp/~oresama/
うひーー

25 :1@名無しSUN :01/10/23 22:53
>>22さん
あはは、懐かしいですね。オイラは高校時代よく聞いてました。

前にも書きましたが、こういう現象の年表のようなものってあるんで
しょうか?あるいはどっかに問い合わせると教えてくれるとか。

「もー、いい加減にしる!」と言われそうですが、ココで引っ込んだら
もう皆さんに情報を求める機会(場所)が無いと思うのです。

オイラが知りたいのは、
1.目撃した正確な日時。
2.>>2さんや>>20さんのように、自分以外の目撃者がいたのかどうか。
3.目撃したもの正体
です。

更なる猛烈な情報きぼーーーーーーーーーーーーーん!

26 :1@名無しSUN :01/10/23 23:05
忘れてました。
>>18さん、それって同じ大きさかそれ以上に見えつつ、遠くの山の向こうに
姿を消すように見えるのですか?

最初見つけたときは真南に(月も南中でした)角度は60〜70度ぐらいだった
でしょうか、それは突然現れたように見え、沈むころは西北西の方角でした。
確か多摩川に架かる橋の上でも自転車を止めて指差す人々がいました。
ホント、いつ思い出しても不思議だなぁ。

27 :名無しSUN:01/10/24 08:44
東大博士さんじゃないんだけど。
↓「黄道光」の参考画像
ttp://village.infoweb.ne.jp/~noriyuki/phot40.htm
これは写真なので,眼視だともっと淡いです。存在を知らないと薄明と見分けつか
ないような代物です。夕方に見えるとすれば,東の空には星がいくつも見えてる時
間帯じゃないとだめですね。

1さんの歯がゆさは解るし,元航空オタのプライドもお持ちだろうからアレなんですが,
聞けば聞くほど雲(笑)。私もあるいは珍しい現象の可能性を期待はしてるんですが。

28 :名無しSUN:02/02/02 01:19
29年前のはなしか。


11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)