5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大阪の児童殺傷事件@宗教板

1 :名無したん:2001/06/08(金) 18:02
大阪教育大附属小学校で起きた惨劇ですが、宗教的な視
点から、この事件をどう捉え、捕まった犯人をどのよう
に処すれば良いのか。皆様のお考えを聞かせて下さい。

2 :名なしさん:2001/06/08(金) 19:00
それ以前に、まずみなで亡くなった方のため、
また怪我をされた方の回復、同じ学校や近隣の子あるいはその家族の
不安をやわらげてくださるよう、さらには加害者の救いのため、
それぞれの神や仏に祈るべきかと思われ。

議論はそのあとでもできる。


3 :名無しさん@一周年:2001/06/08(金) 19:03
精神病患者の起こした事件に宗教的な背景はないわな。

□■□■□■□■□終了□■□■□■□■□■□

ネタにすること自体が、遺族に失礼だよ!>1

4 :名無したん:2001/06/08(金) 19:33
>2
その通りだ。みんなで祈ろう。

>3
これが、世をなめたガキの仕業なら、こんなに悩まんよ。

捕まったのは気違いで、気の毒な人なのだから、カトリック
教徒としては、裁くな、彼を赦せと言うべきなんだろうが。

しかし、怒りが抑えられん訳だよ。何で独りで自殺しなかっ
たのかとも思うし、彼は償いとして殺されるべきだと思う。

こういう矛盾した感情を、どうすればよいのか聞きたい訳だ
よ。ネタで立てた訳じゃないぞ。

5 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 19:45
宗教は人間の感情を満足させる物じゃないぞ。

6 :物知り:2001/06/08(金) 20:42
 子供を殺傷した犯人は無罪でしょう。起訴もされない可能性も大きい。警察は既に釈放したそうです。
 自殺願望の心神耗弱状態となると、犯人に責任能力がありません。
 数年間、精神病院に入院させられ、その後退院してくるでしょう。
 精神病患者の社会的処遇は、非常に難しい問題です。
 精神病患者を措置入院させる制度を作ることは可能です。でも、その線引きは難しい。
 悪徳精神科医は、裁判所の介在無く健康人を捕まえてきて一方的に病人宣言し、牢に投獄した上で多額の健康保険料を国から正当に詐取できるというとんでもない社会にもなりかねない。
 ああ。難しい。難しい。



7 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 20:58
NHKのニュースで、犯人の名前と写真を公開しました。

しかし、子供たちの命は戻りません。

ご遺族の気持ちを思うと・・ただ虚しいだけです。

ひと言だけ・・・

亡くなられた子供たちの魂(意識体)は、光の存在に迎えられてそれぞれの世界に
無事に還っていかれたことを祈りましょう。


8 :pon:2001/06/08(金) 21:02
>>4
カトリックが自殺とか言うな。

9 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 21:06
みなさん、こんなにも悲しくてひどすぎる事件があった日です。

今夜くらい、他者への批判や自己の葛藤をちょっと横に置いて、子供たちの冥福を祈りませんか?

ここは「心と宗教」板ですもの。



10 :名無しさん@一周年:2001/06/08(金) 21:24
何、犯人は子供?

11 :名無しさん:2001/06/08(金) 21:30
精神病患者が起こした犯罪はその病気の故に無罪になるという論理が間違
っています。ほとんどの精神病患者は善悪の判断は健全に残っているもの
です。精神病を犯罪の言い逃れの口実にされるのは、精神病患者に対する
偏見を助長するだけです。

ドラッグをやって判断力低下の結果殺人したのを無罪にするのは、通学の
児童をなぎ倒して死傷させた酔っぱらい運転のトラックの運転手を無罪に
するようなものです。


12 :名無したん:2001/06/08(金) 21:32
>>5
満足とはいかないまでも、人を納得させられないような宗教
に、存在意義は無いと思う。

被害は回復されない、犯人は恐らく野放し、奇蹟も起きない。
この状況で、宗教者は、被害者に何と語り掛ければ良いのか?
一般的なキリスト教なら、神の裁きに委ねろと説くのだろうけ
れど、それで誰もが納得できる訳じゃない。
仏教なら、カルマ論を説くんだろうが、遺族に張り倒される。
どうすれば良いんだ?

13 :名無したん:2001/06/08(金) 21:34
>>9
>今夜くらい、他者への批判や自己の葛藤をちょっと横
>に置いて、子供たちの冥福を祈りませんか?

ごめん。9さんの書き込みを拝見する前に、書き込んで
しまった。
そのようにします。

14 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 21:35
感情に都合のいい宗教は危険だと思う

15 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 21:37
「自分は絶対人なんて殺さない」と思ってるから
他人事みたいに言えるんだろう。

16 :nanasi:2001/06/08(金) 21:45
キリストは、泣くものと一緒に泣いた・・・

17 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 21:46
マーフィスレの真性キティが
今朝、8:40に消えた。
あいつ、犯人かも。

18 :743:2001/06/08(金) 21:47
 ここ数年、人間の精神がどんどん壊れてゆくことを感じる。
 永遠の生命などない、死んだら終わり、という解り方が刹那な
生き方を引き出していると思う。


19 :名無しさん@酔っ払い:2001/06/08(金) 21:48
>12
言葉を羅列することが宗教だとしたら、そんなものは蹴り倒してやる。
なにも語らず、一緒に涙できないもんかね。
能書きはいらないんだよ。

20 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 22:01
>>19
そうそう。
>>12は「何かを語りかけねばならない」ということにこだわってるね。

21 :743:2001/06/08(金) 22:08
 先日、ユニセフから、寄付依頼の手紙が来た。
 それによると、アフリカでは清潔な水が手に入らないため、1日1万人の
子供たちが死んでいる、だから井戸を掘る資金を寄付してほしい、との事だ。
 今日、日本で8人の子供たちが殺された事件を聞いて、自分にとって
日本の事件の方がリアリティが高かった。多分、大半の日本人にとっても
同様ではないだろうか。
 人間の業の深さを感じる。


22 :名無しさん@1周年:2001/06/08(金) 22:33
7人もの子供たちと一人の教師の、尊い命が奪われました。

亡くなられた方たちの驚き、無念、痛み、悲しみはもちろんですが、

その方たちをとりまく残された遺族のつらさは、私たちの想像をこえるでしょう。

お願いです。

どうぞ他スレのみなさんも、今夜一晩だけでも、その方たちのために心をくだいて祈りましょう。

優しさと温かさを示しましょう。痛みを少しだけでも分かち合っていただけませんか・・。

ここは「心と宗教」板ですもの・・。

どうか、どうか、お願いします。



23 :ストレイ・ウルフ:2001/06/08(金) 23:35
神様でも女神様でも仏様でも聖霊でもだれでもいい、亡くなられた方々に魂の大いなる安息を。そして生ける我らに彼を罰する権利を。

24 :名無しさん@1周年 :2001/06/08(金) 23:45
  亡くなった方々が、愛と、安らぎに包まれて、
 永眠できますよう、お祈りします。

25 :光明:2001/06/08(金) 23:50
被害者の方々のご冥福と、ご遺族の方々の一日も早い心の回復を
お祈り申し上げます。

そして二度とこのような事件が起きないように、祈りたいと思います。

26 :ポチ:2001/06/08(金) 23:53
被害者の方々、おそらく凶悪な崇り霊がついているものと思われます。
大至急救霊をうけてください

27 :名無しさん:2001/06/09(土) 00:01
二度あることは三度ある
起こって欲しくないと思うのは誰しもだが
日本の社会をこれほどまでに混乱させたのは誰か

28 :釜井@能力社:2001/06/09(土) 00:10
第三者の介在した意思操作

表面化していない電子装置

擬似体験を求める地下支配者

これ以外何の答えが在ろうか?いや無い!

29 :ストレイ・ウルフ:2001/06/09(土) 00:12
ネメシスよ、彼に罰を。残された人々に安息への道を。

Goddess bless them...

30 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 00:16
某宇宙系宗教?団体のリーダーが「本当の意味で不意の事故というのは
ない。理不尽かもしれないがなんらかの因果応報がある」と3月頃言ってましたが
この事件ではそんなこと言われたのでは亡くなった小学生達が本当に可愛そうです


31 :人の世は・・・:2001/06/09(土) 05:21
なんと言うべきか、これから日本の社会はどうなってしまうのか?
この病理を宗教は救ってきただろうか?
世界はますますイビツにゆがんできている
宗教は人間に何をあたえた?

32 :緋色の女:2001/06/09(土) 05:25
ほんとに・・・
罪なくして不当に命を奪われた人たちを思うと
神も仏もあるものか! と憤る
それでも・・・祈るしかできないね


33 :名無したん:2001/06/09(土) 05:55
>>19-20
ユダヤ・キリスト教は、言葉と思考の宗教だから、何かを語り続け
る義務があると思う。"なにも語らず、一緒に涙"するのも大事だろ
うが、それだけじゃいけないと思われ。
触法精神病者問題なんてのは、ある意味、ヴァチカンの専門分野な
訳だし、カトリックは問題解決のために、発言すべきだと思う。も
ちろん、プロテスタントや仏教なんかもな。

34 :黙祷・・:2001/06/09(土) 07:04
今回亡くなった子供達の一生ってなんだったの?
人生まだまだこれからじゃないの?
俺には分かんない・・
今まで信じてきた教えも
なんだったんだろうって思った。

35 :.:2001/06/09(土) 07:09
犯罪を犯した精神異常者は、法務省の管轄下に国立臓器供給センターを設けて、
そこで、移植のための臓器提供者にしたらどうでしょうか?
特定の薬が処方された精神異常者は全員、処方した医者に、各都道府県の
公安委員会に報告の義務を課し、公安員会の中に、精神異常者隔離検討委員会
を設けて、その許可がなければ、終生隔離することとしたらどうでしょうか?
また、医療を受けている精神異常者が、隔離を解かれ、自由に一般社会に出て、
犯罪を犯した場合、精神科医に、責任を負わせる法律を作れば、気違いプシコの
医者どもも、さすがに、隔離を解けとは言わないであろう。

36 :アム・ハーアーレツ:2001/06/09(土) 07:29
>>34 「復活の希望」を本当に必要としているのは、確かに
彼らのような人たちですね。もう一度いのちを貰って、人生
の続きをエンジョイするチャンスを得るのでなければ世の中
は不公平ですから。

37 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 09:48
>>21 >>32
確かに戦争や紛争の犠牲になってる子供は
もっととんでもない殺され方をしてるのに
日本でこういう事件が起こると大騒ぎで皆
「神も仏もるのものか」のように語り合うのは何故なんだろう。

自分には平和な日本に起きるドキュソな事件。

38 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 10:07
訂正
>>37
あ、が抜けてる「神も仏もあるものか」

39 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 13:32
うちの親族でも「カンペキだ!」という子は早死にして
オレみたいなヴォケなすが生き残っているという不条理。
やっぱり不出来な人間はその不条理に苦しまなきゃ天国
に逝けないのかな?
神さまは良い子から先に連れていくんだろうか?
銃撃で殺されたパレスチナ人親子の顔を思い出しちまっ
たよ。

40 :名無しさん@酔っ払い:2001/06/09(土) 17:42
>名無したん
いいことがあったら「あー!ハレルヤ!」そんなことはいくらでも言える。
けれども今回はどうだ。
テレビのバカ評論家より実際被害にあった子供・親の言うことのほうが身につまされないか?
語るのはどうぞご自由に。
けれどもそんなことは被害者の「親」にとってはなんの意味もないと思うのだが。
「天に召された」なんて言われても納得できるわけないだろ。
犯人にしても、ナントカ精神病者なんて関係ないんだよ。
もし、なにかをやって精神病云々でかたずけるとしたら、あんたがたもその仲間
たと俺は感ずる。


41 :名無しさん@1周年 :2001/06/09(土) 22:33
俺は犯人の男も気の毒な奴だと思うが。
もちろんこれは加害者の人権云々なんていう難しい話ではないよ。
「何もかもいやになった。何回も自殺しようとしたが死にきれない。
しんどい。捕まえて死刑にしてほしかった。」ーこういう人間に
生きる希望を与えられるような宗教なんてあるのかな?



42 :^!^:2001/06/09(土) 22:50
>41 >犯人の男も気の毒な奴だと思う
新しい視点の提案、ありがとう、本当にその通りだ。
>>16>>19が指摘した、傍らに座って一緒に泣いてくれる人、
それは遺族よりも加害者が今、切実に必要としているのかもし
れない。

43 ::2001/06/09(土) 22:53
目には目を。歯には歯を。

44 :やりきれない:2001/06/09(土) 22:55
 この人の場合は、むしろ何らかの宗教に、はまっていた方がよかったかもしれないと思う。
すごく、すごく弱い人間なんだと思う。こういう人にこそ宗教はある。何かにはまっていたら
こんな惨事はなかったと思う。もちろん怪しげな宗教団体、カルト教団は国が監視すべきだが

45 :霧酢と:2001/06/09(土) 23:02
非常に悲しい事件だと思います。心から被害者の方のためにお祈りしたいと
思います。

46 :反イスラム:2001/06/09(土) 23:10
>>44
奴の場合はカルトでも良いから宗教を信じた方が幸せだったと思います。


47 :霧酢と:2001/06/09(土) 23:10
福音とはこのような人(加害者)のためにあることを改めて考えさせれられています。
若く尊い命が失われたことで、私もクリスチャンとして福音の必要性を
再確認しました。以前なにかのニュースで取り上げられていたと思いますが、
牧師さんが実際に刑務所に赴き、囚人たちのために説教をするというのが
特集で取り上げられていました。今度も加害者の社会復帰、更正のために
必要なことで、なぜならば二度と同じような犯罪を犯さないことが
大切であり、その加害者が自分の犯した罪に十分直面する必要があると思います。




48 ::2001/06/10(日) 05:59
>>34
私たちすべてにとってもこの一生って何なのか?それは問題だと思います。
こういう事件にたいして自分がむきあうのは難しいけれども、もしそこから
何か学ぶとすれば何故、犯人はその様な行動を起こすまでに、追いつめられ
たのかということかもしれません。誰も人殺しとして生まれてくるわけでは
ないと思われるからです。根本に人がひとにたいして無関心でいられること
にあるようなきがします。人に対する恐れから来る偏見に、私たちはみたさ
れているのではないでしょうか。危険とみなすものにふたを被せ隔離し、あ
たかも存在しないかのようにしてまうというふうに。死刑にしても、根治に
はならないと思います。彼を狂気に追い込んだのは、盲目なわすれっぽさの
なかで笑っている私たちの無関心ではないでしょうか。世界でもまた確かに
多くの人が死んでいます。勿論殺された方、或いは家族の方などの悲しみは
はかりしれません。そして犯人も加害者であると同時に、人間としての尊厳
を抹殺された被害者であるかもしれません。
私と呼ぶものが、いかに危うく、脆いかは、薬1つで人格などというものを
コントロールできなくなるのをみればわかるきがします。
http://www.interq.or.jp/punk/gtd/BUNRETU2.htm
この事件を考えるのに参考になると思います。
なくなった方は尊いいのちについて、生者に無言のメッセージを語りつづけ
ているのではないでしょうか。

49 :名無し:2001/06/10(日) 10:05
まず、犠牲になった子供達、先生のご冥福を心よりお祈り致します。
そして、ご遺族の方に心からお悔やみを申し上げます。
なぜこんな残虐な犯罪者が出てきたのか、この件だけにとどまらず、最近なぜ
殺伐とした事件が多くなってきたのか、1人1人が真剣に考え、思考や行動
を変えていかなければ、同じような事件はまだ起きるような気がする。
直接手を下したのは、確かに1人の犯人だが、その犯人を生み出したのは社会
や環境、それを構成しているのは我々個人だ。我々(私も、あなたも)1人1人
の心の歪みがああいう犯罪者を作り出している。無関心もあるかも知れない。
なぜ無関心なの?そして、それだけが原因では無いのでは?人間が誰でも
持っている残虐さ?それだけでもない。物質、金中心の価値観を暴走させたから?
なぜ?なぜ?なぜ?・・・なぜだと思います?そして、どうすればいいのか?
今から(かなり遅いが)でも真剣に考えて行動しないと、とんでもない社会
になってしまいそうだ!こういう犯人にこそ宗教を!という意見もあるが
それでは何の解決にもならない。臭いものにフタをするだけ!問題は我々個人
の心の中にある。宗教はある意味でそれを誤魔化すことにしかならない。
自分の心にナイフを突き立てる気持ちで自分で考え、行動を改めるべきだと
思う。関係無い人などいない!

50 :カルト君:2001/06/10(日) 13:31
宅間守はモルモン教の信徒でした。


51 :その他の参加者:2001/06/10(日) 13:44
>>46
 でも彼の場合、たとえ信じることが出来たとしても、
お布施を出すことはできないだろうなぁ。

52 :名無しさん@@@:2001/06/10(日) 14:22
>>49

それを行える宗教を探すこと。
そんなこと国が出来るわけない。


53 :>:2001/06/10(日) 14:25
MTはbでおそらく白眼視されつつ優遇されるという特殊な環境で育ってきたはず。
関西の残虐な犯罪の大半はbがらみ。
奈良で女の子ひき殺したOと同じで地元の現状をしらない人間の分析はやはり的外れ。とくにマスコミはこんな話を徹底的に無視するし。
bに生まれることもbに殺されることもまあそれなりの因縁(とこの板でいうと厨房ががたがたといってくるが)あってのことだが、MTは地獄に落ちて来世以降当分、犬か賤しい生まれ方をしてまともでない死に方をすることは間違いない。


54 :楊家85式:2001/06/10(日) 19:06
2・3の方の発言以外は、本当に素晴らしい書き込みでした。
私も、この事件に対して、「被害者が自分の家族であれば」
とか「ひよっとすれば、私も加害者になる可能性は無かったか」
と考えると、本当にやりきれないものがあります。
>>42 のような意見を堂々と表明されるあなたの信仰は素晴ら
しいし、>>39 の方は、本当に人の悲しみや痛さがわかる素晴
らしい方ですね。 

55 :みず:2001/06/10(日) 19:29
>>49
私たち一人一人が社会を構成しているならば、自分自身の思考や行動を見守る
ことは、決して世界にたいして無関心であるということを意味しないと思いま
す。
なぜ多くのわたしたちは無関心か?一人一人が自問すべきことだと思いますが
私たちが、真に自分の思考や行動にむかいあうには、多くの場合その人自身の
苦しみや悲しみにたたされないかぎり考えようとはしないと思います。そして
真剣にむかいあうには、あまりに物質中心の価値観にひたされ、容易に娯楽や
快楽に逃げ込めるようになっています。私たちが自分の思考や行動に責任があ
るときずくことができれば(道徳観や倫理観、価値観としてではなく、)世界
にある飢餓や貧困などの大量殺人がなくなることもできるとおもいます。
こういう事を言うと「あなたはその為の具体的な行為をしていますか。あなた
は理想主義ですね」とかいう冷笑的なひともいます。しかし、こじんが社会を
世界を構成しているならば、自身の思考や行動にきずいているこは、世と自身
のために重要な影響をもっているとおもいます。たしかに理想や希望は、絶望
があるときにでてくものだとはおもいます。私たちは十分に病んでいると思い
ます。しかしお互いの存在を尊重しあえる世界をつくることができるのは人間
自身でもあるとおもいます。自分自身の思考や行為、動機に関心をもつことは
世界に関心をもつこととおなじであるとおもいます。
宗教や科学や何やらが人になにをなしたかではなく、人が自身が何をしている
かにきずくことが真実ではないかと思います。それらもまた人が築いたもので
あると思われるからです。そして冷笑的なひともまたそのひとの人生のなかで
いろいろなことにきずいて行くのだとおもいます。人のあゆみにはそれぞれ速
度もちがうとおもいますが、いつきづこうといいとはおもいます。
誤解を招くような言い方になるかもしれませんが、この事件によっておおくの
人が考えることを喚起されるならば、すぐに忘れ去られるよりも、亡くなった
方のその生と死を無駄にしないことになるとおもいます。




56 :名無し:2001/06/10(日) 21:54
>52
国にできるはずがない? “国”って政府のこと?官僚?教育機関?・・・
そんなもんあてになるわけないでしょう。私(49)はそんなこと期待して
いない。宗教も同じ。自分で自分の心を律するのよ。最初はうまくいかなく
ても。まずは、良心・直感に忠実になること。なろうとすること。自分への
嘘を捨てること、捨てようとすることが大切だと思う。これは続ければできる
ようになる。私はやろうとしている。少し進歩もしたと思う。まだ、周りに
あまり影響を及ぼせてないけど。人に自分を変えてもらうことを期待するので
はなく、人を変えようとするのでもなく、自分で自分を変えていくしかない
と思う。1人1人が!

57 :名無しさん@1周年:2001/06/10(日) 22:02
良心があればいいけどね

直感が人を殺せと命じたらどうすんだろね

58 :みず:2001/06/10(日) 22:45
>>57
直感って何か、ぼくはまだよくわかりませんが、もし57さん自身の直感とい
うものが人を殺せと命じたら、あなた自身はどうするのでしょうか?


59 :名無しさん@1周年:2001/06/11(月) 00:28
age

60 :名無しさん@1周年:2001/06/11(月) 00:37
この手の通り魔殺人者に共通するのは例外なく
・女、子供、年寄り
をターゲットにしてる、ということだ。オレの知る限り青荘年の男が
ヤラレタという例を聞いたことが無い。

今回の詫間の例も無差別では無い。被害者を選んでいる時点で判断能力
あり、だ。

61 :今年2年生:2001/06/11(月) 01:13
こういった事件を見聞きする度、どうしてもその後の裁判の経過がある程度
想像出来てしまうのが悲し過ぎる。
人間が作る“法”ってモノの限界をこれでもかと見せつけられてしまう。

とにかく>>2さんの言う如く、
>それ以前に、まずみなで亡くなった方のため、
>また怪我をされた方の回復、同じ学校や近隣の子あるいはその家族の
>不安をやわらげてくださるよう、さらには加害者の救いのため、
>それぞれの神や仏に祈るべきかと思われ。

同意です。本当に同意です。
これに、事件の模倣、再発の無きよう祈らせていただきます。
こんな不条理に負けない、流されないお互いでありたいです。

62 : :2001/06/11(月) 05:54
皆さんの中に犯人の死刑を望む気持ちがあるなら、あなたは既に
殺人を犯している。いくら被害者に同情しようとも、このような
不条理な事件と自分の心とが無関係だと信じようとする限り、
なくなりはしないだろう。自分の内面と社会を切り離して社会さえ
よくなればこのようなことは起こりえないと考えるかぎり、このよう
な事件は続くだろう。このことは本当に真剣に考えなければならない
ことだ。


63 :名無しピーポ君:2001/06/11(月) 08:19
学会員の個人的トラブル者を、精神正常者でも措置入院をさせる創価学会の組織力。

創価学会による措置入院の悪用
http://www.est.hi-ho.ne.jp/yamada-c/
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yamada-c/c001.jpg

64 :名無し:2001/06/11(月) 08:23
>57
>58
 本当に瞬間的な自己防衛・正当防衛の時意外、直感が人を殺せと言うわけがない。
そんな人はすでに良心がかなり曇っているか、無くなっている。


65 :みず:2001/06/11(月) 19:56
>64
僕もそう思います。そして聞きたいのですが、みなさんがあたりまえのように
つかっている直感や良心とは何ですか?それは生得のものですか?いろいろな
境涯で身につけたものですか?もし生得のものならば、どのようなプロセスで
曇ったり、無くなったりするのでしょう?自分自身でも考えますが。

66 ::2001/06/11(月) 20:33
>>65
それが宗教だろうがアホ

67 :名無しさん@1周年:2001/06/11(月) 20:35
このスレッドではまだ語られてないようだけど、報道された犯人の供実で
個人的に一番ショックだったのは
「エリートやインテリの子供を殺せば確実に死刑になると思った」
彼が「命の尊さ」を平等と考えていなかったことが恐ろしかった。

68 :名無しさん@1周年:2001/06/11(月) 20:58
カルトでもなんでもいいから
宅間を未然に救えなかったのかな

69 :名も無き者:2001/06/11(月) 21:00
>>67
いや、それはエリートが判決に影響力を行使すると奴が考えたと
いうだけのことだろうて。

70 :みず:2001/06/11(月) 22:05
>>66
すいません。それ、というのが何処をさすのかもうすこしアホにもわかるよう
説明してください。

71 :釜井@能力社:2001/06/11(月) 23:20
>>61
>こういった事件を見聞きする度、どうしてもその後の裁判の経過がある程度
>想像出来てしまうのが悲し過ぎる。

まさに行く先がもう見えてます

どこからか声がしたとか言うでしょう

しかし真実を知る能力者ならその答えはもう解っている

真実は此処には無いーこれがあんたらに送る俺の答えダ


72 ::2001/06/11(月) 23:40
>>70
「善悪の基準」
「世界観」
「生活スタイル」
を決定づけるのが宗教
どれをとっても先天的ではない。実例は沢山ある。

宗教学で言う宗教は、日本人には思想、西洋人には思想および倫理と
言った方がピンと来るようだ。なぜなら日本人にとって宗教とは
自分達多数の日本人の持つ思想以外の思想を指し、
西洋で宗教とは主にキリスト教、広くとっても啓典の民の宗教を
意味し、西洋人にとって実践的なものは思想ではなく倫理である
とする傾向がある。

73 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 08:12
>>68
それが、社会がしなくてはならない、一番重要なことだったと思う。
スレ違いになるけど、精神病患者を孤独にさせないで、社会の中で
無理しない程度に適応させていくこと。そういう施設なり行政システムが
あれば、この事件は起こらなかったかもしれない。

74 :みず:2001/06/12(火) 08:25
>72
ありがとうございます。でもまだよくわかりません。それ、というのが65の
かきこみのどの部分に対してのこたえなのか、すいませんがもういちどおねが
いします。

問題なのは世の中には名さんのようにアホじゃない人ばかりではないという事
だと思います。そして、むしろアホじゃない人のほうがすくないかもしれませ
ん。ひとがアホ(とみなす人)にであったら、その人を排除したり隔離しよう
とする性向を考えるべきとおもいます。
思うに、精神障害とされる人は、無思考なのではなく、むしろ他の人々よりも
思考、妄想、幻想(言い換えれば言葉からくるイメージ)で渦巻いているので
はないでしょうか。この事件の犯人の口からエリートやインテリという言葉が
でたとすれば興味深いことだと思います。そして、もし誰かが人にアホという
無思慮な言葉をあびせることで、その人を不信におとしいれたり、なんらかの
行動にかりたてる遠因にもなりうると思うのです。ひとのくちからはっする、
なにげない言葉でも十分に影響すると思うのです。
僕は、もうすこし忍耐を持って観察すべきとおもいます。即時的な結果ばかり
を急ぐとかえって破壊的になるとおもいます。
時間がないのでつづきはまたかきたいとおもいます。


75 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 12:22
朝のニュースでは宅間はずいぶん前から「どうやったら罪を問われなくて
済むか」を研究してたらしい。奴のオヤジの弁だと精神安定剤の服用も、
それを具体化するための方法だったと。

もう言葉も無いな。

76 :名無阿弥陀仏:2001/06/12(火) 13:02
で、挙句の果てに、死に切れないから死刑にしてくれか???
で、その為に確実に死刑になる方法があれか???
そういう発想に結びつく原因、プロセス解明がこのような事件再発防止
の鍵かも。犯人だけでなく、犯人を取り巻いていた環境も含めて
プロファイリンングが必要だな。私は素人なので誰か専門家いないかな?

77 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 13:11
>>76

あの犯人は死刑にしないほうが良いかも…


78 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 17:17
>>73
それが理想だが
現実には不可能だよ

精神病ってだけでゴミクズ扱いする奴らがいるからね

だから宗教の出番なのさ

79 :名無阿弥陀仏:2001/06/12(火) 17:26
>>77
死刑にしても犠牲者はもどらんし、遺族の気持ちがそれで本当に救われるとも思えない。
死刑にせず、こんな犯人が出てきた原因(の内一部でも)を徹底的に追求するべき
かな。又、一生、遺族の方、社会への償いを刑務所の中でなく、実社会でさせる方が
いいかも。そういう意味で賛成。

80 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 17:43
麻原焼香と並べて上野動物園に檻を作り衰弱死するまで晒しモノ
にするのが良かろうか?と。

81 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 17:54
>>80
見たくねーって・・・

つーか、パンダが可哀想。

82 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 22:33
3氏の
>ネタにすること自体が、遺族に失礼だよ!
に同意。てオレもカキコしてるけど・・

人類史上、類の無い殺人鬼畜やね>詫間
宗教、哲学レベルで論ずるレベルは超越してる

犯罪心理学的には興味の尽きない例だが<不謹慎発言

#お叱りのカキコは甘受します

83 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 22:52
>>82
ヒトラーやブラドー公よりはマシだろ・・・

84 :名無しさん@1周年:2001/06/12(火) 23:20
マクベイ死刑囚の公開死刑、どうよ?
池田にあてはめられないかなぁ…


85 :名無しさん@1周年:2001/06/13(水) 00:12
亡くなられた方達のご冥福をお祈りいたします。

このような人間を出さないようにするにはどうすればよいのか?

人を変える前にまず自分自身が変わらなければいけない。
誰も無関係で居るわけには、いかない。
私をふくめたすべての人に責任がある。
であるとすれば今自分の出来る事は何か?

86 ::2001/06/13(水) 00:15
>>74
>みなさんがあたりまえのように
>つかっている直感や良心とは何ですか?それは生得のものですか?
おのおのの「あたりまえ」を決定付ける思想体系を(宗教学で)宗教と呼ぶ。
先にも書いたがこれはほとんどが生得的でない。殺人禁忌もだ。

何も倫理的規制を強化することのみが秩序維持の方法ではない。
仏教的無頓着を広めるという方法もある。
どのような政治的思想流布も近代的な思想信仰の自由に反する事は
頭にとどめておくべきだろう。
フランスのように秩序維持を優先するか、アメリカのように
思想の自由を優先するかの選択もいずれはせねばなるまい。

あなたが学問的な議論をするつもりならば字面にそれ以上の
含意を求める必要は無い。(科学的な)議論においては
人身非難に何の意味も無い。

87 :名無しさん:2001/06/14(木) 00:02
>>86 誰も無関係で居るわけには、いかない。

関係を持っていても、そこに人間関係を感じることが出来ないやつが、
池田のようなことをするのではないかと、ふと思い…



88 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 00:46
>87
池田って誰ですか?
もしかして大きな団体と関係ある人ですか?
その人がどんな事をしたんですか?

89 :みず:2001/06/14(木) 01:50
>86
説明ありがとうございます。僕が質問し、さらに問いたかった事は、おのおの
が違ったあたりまえや前提条件、ものさしをもっていたら、おのおのにとって
違う直感であったり、違う良心であると思うのです。
ですから、直感や良心という曖昧なものを最初に置いて考えるべきではないと
おもうのです。そいう意味で56の方とは意見はちがいますが、しかし自分の
事として真剣に考えているというふうにみえます。
そもそも非難自体に意味がないとおもいます。なぜなら非難は一方通行だと思
うのです。しかし議論なら少なからず意味はあるとおもいます。そして議論は
立場や背景から自由でなくては、意味のないことだと思います。学問的議論と
か科学的議論とかいう分割をすべきではないと思うのです。もし学問的と言っ
たら、学者にしか、宗教的と言ったら宗教者同士の間でしか議論出来ないので
はないでしょうか?人は既成の思想や宗教のもっている型を選択するしかない
のですか?それとも、別の思想、あたらしい思想に属さない、思想を超越した
ものを知ることはできないのですか?
>>71
真実を知ることができるのはかぎられた人だけなのですか?
もし、力や権威的なものを受け入れるならば、いつも下位とみなされる人は、
無意味で無力なのですか?私たちは、ただ上(とみなすもの)から降りてくる
種種諸々の良心、教義などを無条件に教化されるだけなのですか?
一人一人が考えるべきだとおもいます。本当に、誰一人例外はいないと思うの
です。

このスレッドを見て、何かをかきこみたい人もいるとおもいます。叩かれたり
するのを恐れて発言出来ない人もいるかもしれません。その中には興味深いも
のもあるかもしれません。そういう可能性に蓋をしないようにしたいものです。



90 :ニュース:2001/06/14(木) 07:08
>犯行動機も「恨みのある元妻らに迷惑をかけるため、ひどいことをしたかった」と具体的に話しており、府警は刑事責任能力がある可能性が高まったとしている。また、宅間容疑者はこれまで「犯行直前に10回分の精神安定剤を飲んだ」としていたが、その後、「飲まなかった」と供述を変えていることも分かった。
>さらに、宅間容疑者は「このまま自殺すれば、元妻や父親らが喜ぶだけ。大きな事件を起こせば、そんな人物と結婚していた女、そんな男の父親と思わせることができる。そのためにもエリート校の子供を殺す必要があった」と供述している。

薬も飲んでないし、重い精神病でもないとのこと。
そうなってくると、ますますどうしようもない人間ってことになるね。
ここはやっぱり、医者より宗教の出番ではないですか?

91 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 07:38
>>90
少なくとも、8回、死刑にしてほしい。

92 :名無しさん@お腹いっぱい♪:2001/06/14(木) 07:47
死刑賛成!宅間は3日くらい餌抜いた ワニ池に突き落とす刑がいい!

93 :@:2001/06/14(木) 09:13
そうそう、この事件は、病気や障害の問題じゃぜんぜんないってことが、明らかになってきたね。
要するに、社会や親や元妻に対するルサンチマン、学歴コンプレックスという、
なんとも幼稚で、単純な動機なんだな。
これ、やっぱり、90さんが言うように、宗教(教育)の問題だね。
自分という者とどう折り合って生きていけるか、を問う
生き方・宗教の根本問題だよ。

94 :山口三矢:2001/06/14(木) 12:40
どうせエリートを殺るんなら東大出のカルト教祖を狙えばカッコ良かった
のにな。

それをいたいけな6〜7才の子どもたちに手をかけるとは。卑劣さにおい
ては言葉も無い。

95 :まったく:2001/06/14(木) 15:51
まったくどうなってんだ、37にもなって!
そういえば、新潟の少女監禁事件の犯人も同じくらいの年齢だったな。
大人になりきれない人間が増えている。

96 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 18:03
>>91 「目には目を」の精神ってこういう時はむなしいよね。
8人殺されたとしても一人の犯人は多くても1回しか死刑にできない。

97 :名無し:2001/06/14(木) 18:21
でも死刑にしたら犯人に改心の機会を与えることが出来なく
なってしまうよ。社会に復帰させることで、彼は自分の行い
の償うべき所を償うことが出来るし、社会はその機会を与え
るべきだと思う。社会に戻ることは一番彼にとって苦しいこと
だろう、彼はこの社会から自分自身を消去りたくて事件を起こ
したのだから。死刑は一番安逸な罪の償わせ方だと思う。我々が
彼が社会に復帰できるようサポートしてあげることが、彼にとって
必要であろうし、一番の罪滅ぼしの近道になるでしょう。

98 :死刑にすればいいというものではないが、:2001/06/14(木) 18:41
>>97
>この社会から自分自身を消去りたくて

あなたが善意の人なのはわかる。だが犯人の言葉を額面通りうけ
とるのはどうかと思う。もちろん彼が語っている言葉のなかにしか
彼の心の叫びを聞きとることはできないのだが、彼がやっている
ことのメッセージはむしろ「自分を受けいれない社会は破壊される
べきだ」ということじゃないのか? そもそも「薬を飲んだ」という
最初の自白も(罪をまぬかれるための?)狂言だったようだし、その
意味でも報道されている彼の言動にふりまわされないほうが、かえって
問題をよく理解できるんじゃないかと思う。

本当に死にたいと思っている人間は自死するんだよ。

もちろん、彼は特別な存在じゃなくて、彼の弱さも醜さもある意味
人間性のもつひとつの側面なので、その点たんなる否定で片付けて
はいけないと思うけど。

99 :97です:2001/06/14(木) 19:22
>彼がやっていることのメッセージはむしろ「自分を受けいれない
>社会は破壊されるべきだ」ということじゃないのか? -以下の文章

そうでしょうね。私より良く分かってらっしゃるかただと思います。
報道というものは事実だけを述べ、その視点から問題を捉えようと
していますから注意深くならなくてはいけませんね。
私個人が感じたことを述べると、彼は社会に一個人として参加した
けれど、うまく適応出来なかった。ならば自分をその社会から抹殺
して欲しいと思った。そうすれば自分の存在は社会の疎外者として
社会的にも認知される。それで自殺ではなく、あのような行動を選択
したのでは?とも思いました。この辺は私にはうまく説明しかねますが。
ただこの意見は97さんの言われた様に犯人の証言をもとにしてますから
注意力の足りないところがあると思います。も少し情報が伝わってくるのを
待つことにします。

100 :どうなんだろう?:2001/06/14(木) 19:24
精神異常って宗教的にはどう解釈されるんだろう?
やっぱり悪霊とが憑依したって話になるのかなー

101 :おそらく:2001/06/14(木) 20:04
>>100の問いに対する答えになるかどうかは分からないけど。

コヘレト(伝道)の書 7:7 賢者さえも虐げられれば 狂 う 。

感受性が豊かなのに、物事を深く考える人なのに、そして多分
頭もいいのに。蔑ろにされ、軽く扱われ、受け入れられなかっ
た、そんな人生。
よくよく考えた末の彼自身にとっては「合理的」な行動、それも
一般人からは「狂ってる」としか受け止めてもらえなかった。


102 :自然:2001/06/14(木) 20:54
俺はクリスチャンではないけれど、あの子達は本当に天使だったと思うな。
人を傷つける事がこんなにも哀しい事なんだって教えてくれた。
「言葉によっても、武器によっても、傷つけあう事を止めて、みんなが愛しあって平和な地球をつくって下さい」って言うメッセージを伝えに来てくれた天使達だったんだよ。
犯人の責任の一端は俺にもあると思ってるよ。

103 :自然:2001/06/14(木) 21:52
>>「命の尊さ」を平等と考えていなかったことが恐ろしかった。
人間は無数の生き物を殺して生活しているのです。
恥ずかしいから命は平等なんて言わないで下さい。
でもこれはあなたのせいばかりではありません。浅薄な教育のおかげです。
人の頭で考えるのではなく、自分の魂で考えるように訓練しましよう。
ちょっとキツイ事言ってゴメンネ。


104 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 22:28
>>102
俺は仏教徒だけど同意。

それだけでもあの子たちの人生に価値はあるはず

105 : :2001/06/14(木) 22:46
「初田幹生 は、コンクリ-トの台から、失神状態の悠を何度も頭から落としては引きずり上げ、こんにゃくみたいにグニャグニャで泡をふいてる悠を担ぎ上げ、バックドロップというプロレス技で、頭から3回も地面に叩き付けたというんです」(和代さん弁)
悠くんは全身を痙攣させながら失禁し、ゴ-、ゴ-、といびきさえかいていたというから、すでに脳に障害を起こしていたことは明らかだ。意識を失ってなお目からは涙が流れていたという。
にもかかわらず初田幹生少年は
「こいつは障害者だからすぐ狸寝入りをするんだ。小便まで垂れやがって」
と平然と言い放ち、見張り役の少年たちに水をかけるように命じたという。これがリンチの一部始終で、しかも少年達は、意識を失った悠くを放置したまま立ち去ろうとした。
「見張り役の1人が’このままじゃ死んでしまう’と救急車を呼ぼうとすると初田幹生と鈴木洋次は’そんなことしたらパクられるだろうが!’と怒鳴りつけ、悠の身体を物陰に投げ込んでパチンコに行ったそうです」(和代さん弁)

滋賀県大津市在住
初田幹生
鈴木洋次
竹内邦夫
佐藤邦彦

106 :キティ発見:2001/06/15(金) 01:13
オメデタイ奴らが多いね、このスレ。

107 :物申す。:2001/06/15(金) 01:41
102の意見について
宗教的に子供たちの死になにかしらの意味付けをしようとすればそうなるでしょう。
でも、実際は意味もわからず惨殺されてしんでいったんです。
それ以外になにもありません。あまり被害者を美化するのは良いことではないとおもいます。
犯人について
101に書いてあることはまさに人間の真であると思います。
自分が周りに拒否されていまったら誰だって犯人のようになってしまう可能性があると思うのです。
自分がそういう状況になったことがないのに奴はおかしい奴だとか、狂った奴だ、の一言で済ませようとするのはあきらかに間違いでしょう。
別に犯人を擁護するつもりはありませんがただおかしい奴だった、やばい奴だった、死刑にすべきだ、ではなんの解決にもならないし発展もしないと思うのです。

108 :nanasi:2001/06/15(金) 05:01
1 名前:ei 投稿日:2001/06/14(木) 16:03
子供に対して、毎日「死ね」といっていた(近所のひと談話)
父親の暴力に、宅間と 宅間の兄 が毎日さらされていた
父親との関係に耐え切れず、兄は自殺
兄の自殺の原因が父親にもあることを指摘されるのを恐れた父親は
宅間に葬式のことはおろか、兄の死亡のことも隠した
いまでも、父親は、自分の息子を笑顔で「デス・バイ・ハンギング(絞首刑)」とかいって
ギャクのようなものを飛ばす始末。
親の責任とかいうより、こんな父親と同居していたら
狂ってしまうのは当然。
しかも、まだ6月なのに、いつもTシャツ(ランニングのときもあり)でテレビにでる
あの父親は何者だ?
父親もやばいよ


109 :おそらく:2001/06/15(金) 12:45
>>108 なるほど、と唸らされました。
私は決して因果応報論者では有りませんが、すべての結果にはそれを引き起こした
原因が有るものだ、と感じます。
包丁を振り回した行為に目を奪われることは本当に危険。
今までの彼の人生全体を教訓としなければならないですね。

110 :某宗教団体:2001/06/15(金) 16:30
創価学会員2世(折戸毅、おりとたけし)のレイプ、ストーカー隠しの為に
創価学会幹部、創価学会、公明党江上県会議員、和歌山県庁、厚生労働省官僚、和歌山県警の結託でがんばりました。

精神保健福祉法
(診察及び保護の申請)
第23条 精神障害者又はその疑いのある者を知った者は、誰でも、その者について指定医の診察及び必要な保護を都道府県知事に申請することができる。

2 前項の申請をするには、左の事項を記載した申請書をもよりの保健所長を経て都道府県知事に提出しなければならない。
  一 申請者の住所、氏名及び生年月日
  二 本人の現在場所、居住地、氏名、性別及び生年月日
  三 症状の概要
  四 現に本人の保護の任に当っている者があるときはその者の住所及び氏名

(警察官の通報)
第24条 警察官は、職務を執行するに当たり、異常な挙動その他周囲の事情から判断して、精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認められる者を発見したときは、直ちに、その旨を、もよりの保健所長を経て都道府県知事に通報しなければならない。

http://www.eurus.dti.ne.jp/~yamada-c/c001.jpg
この申請書で、警察官の職務怠慢か申請者が基地害か、和歌山県庁に答えられる?
厚生捏造省官僚の染谷意(そめやこころ)は「この件は公明党江上県会議員が関与しているの。行政不服裁判で・・・」の回答ですが。

HP http://www.est.hi-ho.ne.jp/yamada-c/


111 :名無し:2001/06/15(金) 16:41
>110
あなた誰?

112 :名無しさん@1周年:2001/06/15(金) 17:40
>>108
はホンマか?

113 :名無しさん@1周年:2001/06/15(金) 20:22
6月でTシャツは別に普通だろ

114 :名無しさん@もうすぐ2周年:2001/06/17(日) 16:18
110 は激しくスレ違いのような気がする。
誰か、今回の話題と関連付けて語れる人いますか?


115 :会員:2001/06/17(日) 16:24
死刑ですね

116 :名無しさん:2001/06/17(日) 16:37
何にもしなくっても殺される被害者の方が悪いてしか聞こえない
宗教は怖い

117 :名無しさん@1周年:2001/06/17(日) 17:40
原因があるから結果があるのです

118 :やりきれない:2001/06/17(日) 21:44
 彼は3人目の妻に異常なほど惚れていて、元妻を困らすため(恐らく、精神障害
ということで措置入院後に無罪放免なると計算して、元妻の前に立ち、脅そうと思
っていたのでしょう)、あの事件を起こしたと思います。たったそれだけのことで
多くの命が、犠牲になり、多くの人が心に深刻な傷を負っているのです。因果応報
と言われても、誰が納得するでしょうか? 原因を遡れば、無限後退となっていき
ます。原因はあの父親でしょう。いまだに、親としての謝罪がありません。自分の
いいたい事を言い放っているだけです。あの親にして・・です。

119 :おそらく:2001/06/17(日) 21:47
>>116-117 このスレでは主に犯人が凶悪な行動に走ってしまっ
た背景について語り合っています。
今回の被害者に関してはなにか「殺されなければならないよう
な悪いこと」をしていたという報道はありません。偶然性の要
素が濃いでしょう。もっとはっきり言えば「自分の落ち度では
ないのに“不当に”殺された」と考えるべきです。

「殺される被害者の方が悪い」(>>116談)のような考えを悲し
んでいる人たちの前で語るなら、自分自身の恥となるでしょう。


120 :名無しさん@1周年:2001/06/18(月) 02:33
J・マーフィスレのコピペだ。
これ、書いたマーフィ信者、逝ってくれ。弁明の余地なし。

>殺されてしまった原因の一端は殺された子供達にもあると思う。
>事件の現場には、機転を利かして殺される危険から逃れた子供もいたと思います。



121 :名無しさん@1周年:2001/06/18(月) 05:31
マーフィ理論=破綻してる

122 :名無しさん@1周年:2001/06/18(月) 06:51
神奈川県横浜市金沢区六浦町199-1 ニューウェルテ○ス金沢八景F棟 212号室

残虐人間排除運動
この文章を他のスレにコピーすべし。

123 :名無しさん@1周年:2001/06/18(月) 08:06
>>122
この文章じゃなく、住所じゃないの。

124 :名無しさん:2001/06/18(月) 22:42
アメリカの爆弾で18人の人間が死んでいるのに死刑になる加害者を救おうとする
宗教の信者が怖いなと思います。
>>119
それは自分が悪い死刑になるのは自業自得です。
自分の甘えで人に迷惑かけていいわけ?

125 :名無しさん:2001/06/18(月) 22:49
↑何にもしないで傷つけられた被害者のこと考えると心が痛いです。


126 :みず:2001/06/19(火) 00:25
>>124
結論、判断を急がないほうがいいと思います。私たちは、彼に対する、刑罰を
考えるよりも、重要なことを見落としてしまいます。もしあなたが、自業自得
という言葉をもちだせば、因果応報を認める事になるかもしれません。
彼はまったく、特別な人ではないと思うのです。もし何年かに一人、予期せぬ
ときに犯罪者として生まれてくるひとがいるのならば、まったく、人々は無力
であるし、今回の事件も何の意味にもならず、悲惨な結果を、見てから死刑に
して、また結果を見て死刑にする、の繰り返しになってしまいます。
ちょっと失礼して、またかきます。

127 :みず:2001/06/19(火) 07:04
126のつづき
結果のみを見るならば、何も変わらないのではないでしょうか?はたして彼を
死刑にして、再びおなじような事件をなくすことができるのでしょうか?彼は
精神的には、もうすでに殺されていたんではないでしょうか。
新聞に掲載された20年前に本人が書いたとされるノートを一通り読みました。
人間は競争や貪欲を盲目のうちに甘受し、自らを苦しめているのではないかと
思いました。
もしきめられた基準からすこしでもはずれようものならば、罪悪感をなかば、
強制的に持ってしまうようです。彼のそのノートは反省文とかかれているので
す。罪悪感を持つことが、罪悪にもなりうるとおもうのです。
この様な、比較や競争に満ちた社会をつくりだしているのはすべての私たちだ
とおもいます。意識的にしろ、無意識的にしろ。多くは、無視や無関心によっ
て、その風潮をよしとしてしまっているのではないでしょうか。
一人一人自分の事として考える問題かと思われます。

128 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 08:13
最新の医学では、生まれつき犯罪者になる可能性大の人物を
特定できる遺伝子がわかっているとか。
研究は、大戦後から粛々と続けられていたそうだが、
それを公表すると、世界中がすごいパニックになるから、
今のところ、公表はないだろうと言われています。



129 :措置入院の悪用:2001/06/19(火) 13:07
大阪泉南ペットボトル製造工場【レイプマン】

社員に、創価学会2世のレイプマンがいます。
母親は、和歌山チキンセンター。

レイプマンの折戸毅(おりとたけし自筆)
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yamada-c/c001.jpg
創価学会の闇の組織で警察に圧力かけるが、レイプ・ストーカーの犯歴は免れた。
民事解決ではパトカー出動しなかったので、公明党が圧力。
警察もそこまでは面倒見切れなかった。
公明党江上県会議員と厚生労働省官僚の染谷意(染谷意)と和歌山県庁が結託。
【措置入院】を悪用。
http://www.est.hi-ho.ne.jp/yamada-c/


130 :名無しさん:2001/06/19(火) 16:15
>>126>>127
だからって何にも罪のない人間傷つけていいわけ?
私は加害者には同情しない

131 :名無しさん:2001/06/19(火) 16:16
37の大の大人がなさけないと思う

132 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 16:37
被害者は被害者
加害者も被害者

133 :会員:2001/06/19(火) 16:57
宅間被告は死刑ですわよ

134 ::2001/06/19(火) 17:52
あることが起きる前にその予兆となる小さなできごとがあります。
逆に言うと、小さなできごとの集まりが大きなできごとになるということです。
工場では危険予知活動というのがありますが、事故となる小さな芽をなくす
事が重要だとおもわれます。今回”宅間”という個人にその大きな事故が
発生したわけですが、人類全体としてとらえると、何億分の一かで当人に
なりえるわけです。人ごとだとおもわず、日常生活で、”人のせいにする”
という個々人の小さな芽を摘んでいってください。

135 ::2001/06/19(火) 18:49
感情的なものから死刑にしてほしいという表現はわかりますが、
被告人は死刑だというのは我々一般社会の人間が簡単に口に
するべきではないとおもいます。
裁判官はその責任において死刑を宣告できるのです。
また死刑にするにしてもそれを執行する人間がいるのです。
それらの人は、自分の責任において死刑にするのであって
その責任がない人間が無責任な発言をすることはできないとおもうし
なんの解決にもなりません。むしろそのような悪感情が世間に
広がるのが次の事件を生むパワーになるとおもいます。

136 :会員:2001/06/19(火) 18:55
え?
私のどこが悪感情なのですか?
皆さん、どう思います?

137 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 19:03
良感情ではないだろう、少なくとも


138 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 19:05
死刑とは法律によってのみ成立するもの。
それを感情で語ること自体がそもそも無意味。

死刑制度は感情の満足ためにあるのではない。

139 :アム・ハーアーレツ:2001/06/19(火) 21:28
宗教的に言えば、特定の人の死を熱望することは殺人行為を実行するのと
同じくらいわるいことだとおもいます。たとえ、相手が悪い人であっても
です。

140 :会員:2001/06/19(火) 21:43
その言葉、被害者の人に言えますか?
ありとあらゆる犯罪被害者の人に言えるのですね?

別に犯罪者が死んだほうがいい、と思ったっていいじゃないですか
実行しなければ
被害者の人が犯罪者に対して復讐したとしても、誰が責められるのですか?

141 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 21:44
あんた何の会員なのさ

142 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 21:44
140の死をどこかで誰かが熱望してるかもね

143 :会員:2001/06/19(火) 21:45
被害者の方々の心情からかけ離れた論説などは、
結局、「あなた達に何がわかるのですか」と言われて終わりでは
ないでしょうか?

144 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 21:45
>被害者の人が犯罪者に対して復讐したとしても、誰が責められるのですか?

そうならないために宗教が必要なんじゃねえのか?

145 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 21:47
>>143
じゃあ、あんただったらなんて言うんだ?

146 :会員:2001/06/19(火) 21:50
復讐抑止力の一助に宗教がなったとしても、
宗教が全ての犯罪被害者の心の救いに、なっているんですか?

147 :会員:2001/06/19(火) 21:52
>>145
もう、こんな犯罪被害者の心情からかけはなれた議論はやめましょう,
と言います

148 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 22:21
>>147
それなら被害者にはなんて言うんだよ

149 :会員:2001/06/19(火) 23:06
>>148
私には何も言えません
言葉が無い

150 :会員:2001/06/19(火) 23:10
犯罪被害者の方々に慰めの言葉をかけてあげられるのは、
同じ苦しみを経験した人じゃないと、言えない、と思いますよ

151 :会員:2001/06/19(火) 23:33
148さんも、犯罪被害者の方々に対しては、
何も言えないでしょ?

152 :みず:2001/06/20(水) 00:40
もうすこし冷静に話をすすめましょう。>>150で言っていることはたしかにそう
かもしれないので、誰も慰めとかの言葉を言う資格はないかもしれません。
ですから、ここでは、多くの方々はそこから話し合いをはじめてはいないと思
います。ですが、再びおこるかもしれないおなじような事件を作り出さない為
あるいは、犯人と呼ばれるような人をつくらない為に、人と人とが話し合う事
は大切かもしれません。もし同じ苦しみを経験した人でなければ無力であるな
らば、もうこの議論に意味はないかもしれませんが、逆に多くの人は、この同
じ苦しみというものを味わうことは出来ないのです。


153 ::2001/06/20(水) 05:52
会員さんの被害者をいたわる気持ちはよくわかります。
たぶん優しい方なのでしょう。
しかし近親のものならばなにかできるかもしれませんが、
我々はこのスレでなにもできません。

我々がこのスレで議論できることは、如何にしてこのような
悲惨な事件を今後起こさないようにするか?ということだと
おもうのです。
被害者の親族にしても二度とこのような事件は起こって
ほしくないはずです
そこで論点が二つに分かれているのです。
会員さんには二つ目の論点をご理解いただき
なにか提案があればおねがいします。

154 ::2001/06/20(水) 06:01
ではなぜ事件が起こったか?ということを考えるとき
加害者の環境や内面を考えるのがまず行うべき事だと
おもうのです。我々社会人はこのような加害者を出さない
ように考えることが第一です。
罰を設定する事で小さな犯罪は抑止できるかもしれませんが
今回のような事件はそれでは防げないのです。
事の本質を語ることが重要だとおもわれます。

155 :ぱふ:2001/06/20(水) 13:22
>人ごとだとおもわず、日常生活で、”人のせいにする”
>という個々人の小さな芽を摘んでいってください。

いいこというね。
ついでに「霊のせいにする」「先祖のせいにする」「親のせいにする」
「因縁のせいにする」「あたらしく移った家の自縛霊のせい」ってのもやめたほうがいい。
起った事にたいして自分に納得できるような理由付けをしているにすぎない。
それが本当かどうかなんてことは別として。


156 :ぱふ:2001/06/20(水) 13:23
>つづき
加害者ってさ、怖いことにそいつの頭のなかでその行為はちゃんと辻褄があってんだよね。
自分らからみたら「それ、ぜんぜん辻褄あってないじゃん。どしてそういう
行動になるかなあ?」っていうことでも加害者には理由がある。
回路が壊れてるとしかいいようがないけど
それってさ、宗教やってる、やってないっていうので議論してるとこでも
でてるよね。
非信者「そんな見えもしない霊のしわざだってどうしていえるのさ」
信者「いや、教祖に近い霊力を持つ人がそういったからそうなの。わたしの今の
この現象は霊のせいなの。あなたは仏や神を信じないの?それはぜったい在るもの
なのに」
非信者「じゃ、どうして理由も無く殺される小学生がいるの?」

・・・・・・・っていうよくある議論。

157 :ぱふ:2001/06/20(水) 13:23
>つづき
非信者にとっては辻褄があわないことも信者には辻褄があってる。
どうしたらこういう宅間のような人間を生み出さないようにするか、、
ってのは事の大小にかかわらず、そいつの「思考のつじつま」を
どうこうするってことだ。それってマインドコントロールを解くのと似てる。
これは今の社会や人間が宅間のような人間の思考をつくりだした、とするなら
こいつの思考の辻褄を修正する、ってことになる。
宗教だって「道徳」やなんかを基本におくのはそれをメインに思考の辻褄を
つくることだからね。

158 :ぱふ:2001/06/20(水) 13:25
>つづきただ、生物的に完全に回路が壊れた「キチガイ」ってのもほんとに
何百万人に1人の割合でいるそうだ。
そういうやつは何度でも犯罪を犯すと聞いた。
でもそれが「精神的に虚弱で責任能力がない」と法律に保護されてしまったら?
宗教団体はそいつを隔離できるのか?
被害者は被害者だ。これは現実。
だけど加害者も被害者だと綺麗なことをいうのはどうかとおもう。
加害者は今、現実的に、あの事件が起こったときから加害者だよ。
それを忘れて「加害者も被害者」だなんて簡単にいうものじゃない。
目に見えないものばかり追いすぎ。
まず目に見えるものを踏まえてからだろ、社会のせいだと言うのは。



159 :名無しさん:2001/06/20(水) 14:15
>>155の意見には賛成。

>>156以下の意見には異論有り。人間ってのはそこまで自分自身に
嘘がつけるものじゃない、と私は思っている。

本人の中でも辻褄あってないんじゃないのかね。だから証言に一貫
性がない。そのことを指摘されると、なんとかごまかそうと別の言
い訳を考える。言い訳を考えるってことは、自分の言っていること
に一貫性が無く、辻褄があっていないと自覚している証拠だ。もし、
辻褄があっていると本気で考えているのなら、矛盾を指摘されてもそ
れが矛盾であるとは気がつかないはずだ。

160 :名無しさん:2001/06/20(水) 14:23
なんで誰かを慰めるのに資格が必要なんだよ。


161 :名無しさん:2001/06/20(水) 15:14
なんで誰かを慰めるのに国家資格が必要なんだよ。
犯罪被害者資格でも作れ!!

162 :名無しさん:2001/06/20(水) 15:21
自分の愛する者を殺された人同士でしか、慰める事が出来ないのならば、
そういう人を慰めたい俺の気持ちはどうなるの?
慰めてもいいだろ?

あ、でも、そういう人達の気持ちを本当に理解出来ないから、
いくら慰めても、無視されるか、心から受けとめてもらえるかは
わかんないよね、超愚問〜

163 :名無し@いってらっしゃい:2001/06/20(水) 17:02
>ぱふさん
ところで、渡海 難って知ってたら…彼をどう思う?

164 :みず:2001/06/20(水) 23:43
.>>128
人間をそういう方向から見るのは新しいかもしれませんが少々乱暴かもしれま
せん。なぜなら、人殺しを犯罪としたら、戦争やナチスなどの殺戮などに関わ
った人はすべて遺伝子がおかしかったのか?という問いがうまれます。どう考
えても、そうは思えないのです。国家的或いは集団的な狂気というのはどの様
に説明されるのでしょう。戦争のなかでは多くの人は、正しい行為をしている
と思っていたかもしれません。狂気のなかで私が狂気のなかに在ると認識する
のは容易なことではないとおもいます。わたしたちもまた、静かな狂気の中に
いるかもしれないと思います。ですから、今所有していると思っている立場や
位置というものから疑ってみるというのは必要かとおもいます。もしこのよう
な遺伝子レベルの話を、人間自身が受け入れるなら、途方もない結果や誤解、
新しい階級社会にもなるかもしれません。それもやはり人間自身が選択する事
だと思いますが。あのハンセン病にたいしてのような誤解や理解できないもの
の排除というものを考えてみなくてはならないかもしれません。一人一人が、
考えること、ありのままを見ることを放棄しない事はたいせつだとおもいます。
考える事を放棄して、力や権威、専門家に依存する事は、自分自身をおいこむ
ことになるかもしれないと思います。

165 :みず:2001/06/21(木) 00:22
>>160
資格という表現は適切ではなかったとおもいます。何とも表現しずらいことだ
と思いました。しかし読んでいただけばわかるとおもいますが、資格はないか
もしれません、と書きました。正直なところよくわからないのです。
もし>>150の方が言われていることが正しいのならば、自分には慰めるという
事はできないし、また150の方自身もできないと言いたかったのです。
今の僕は、意味は少し違うと思いますが、同じ方が149で書いている事に近
いように思います。
>慰めてもいいだろ?
これはだれに求めているのですか?僕にはわかりませんが、あなた自身がその
必要を感じているならば、慰めの言葉をかけてもいいのではないですか。
しかし、よくご自分で考える事をした方がよろしいと、
心からおもいます。他の人に自分の事を委ねるべきではないと思います。

166 :名無しさん:2001/06/23(土) 14:40
いじめっこよりいじめられっ子が悪いて言っているようなもんだ

167 :みず:2001/06/29(金) 02:12
いじめっこは一貫していじめっこなのでしょうか?いじめられっこは、いじめ
っこには決してならないのでしょうか?
そもそもいじめっ子やいじめられっ子という立場のようなものが、なぜ、また
はどのようにしてできあがるのでしょう。また>>124で言われている甘えとは
何でしょうか?すこし考えてみました。
人はもともと甘えというものを所有して生まれてはこないと思います。その、
甘えというのは現行の競争的な社会が持っている、気がついたときには刷り込
まれている、努力しなければならないという、強迫観念、罪悪感という観念か
ら派生した二次的な、影のさらに影のような観念ではないでしょうか?
いじめる人、いじめられる人という立場が出来るにはどんな背景が必要でしょ
うか?甘えが生じるにはどんな背景が必要でしょうか?それはやはり競争や比
較が必然的に生み出す階級的な立場ではないでしょうか。上または下のような。
では、いったい誰がこのような苦しい社会を作っているのでしょうか?
それは人間=私たちに他ならないとおもいます。このような競争のなかでは
憎しみや怨恨、怒りが絶え間なく繰り返されるとおもいます。憎しみは憎しみ
をうみ、恨みは新たに恨みを生み出して堂々巡りを繰り返してしまうと思いま
す。ある人のありのままをだれも受け入れなかったかもしれません。
だれも彼を愛そうと、理解しようとしなかったかもしれません。
甘えるな、もっと努力しろと鞭をうつか、あなたは駄目な人だと諦められるか。
人がありのままを見るのを、阻むのは、権威の自動的な受け入れ、頑なさなど
あるとおもいます。盲信、狂信は宗教だけの専売特許ではなく、他の多くの面
に見られるとおもいます。自らが作り上げた憎しみのなかで自らを傷つけて行
くのか、憎しみの輪を断ち切って協力と幸せの中で生きるかは、人自身、私自
身が選ぶ事だとおもいます。

168 :みず:2001/06/29(金) 02:22
この事件でなくなった方のご両親の追悼文の一部を引用させていた
だきます。
>どうして君たちが犠牲になったのでしょう?お父さんやお母さん
 たちは君たちを助けてあげることが出来ませんでした。
>これからお父さんやお母さんは二度とこのような恐ろしい事が
 起きないように考えて行きます。
 どうか、みんなでほかのお友達を守ってあげてください。

169 :名無しさん@1周年:2001/06/29(金) 10:51
宗教者の方達はもし自分の大切な人が殺されたらその犯人を恨む?
>>157
同意
加害者は加害者

170 :名無しさん@1周年:2001/06/29(金) 10:52
あげ

171 :名無しさん@1周年:2001/06/29(金) 17:11
恨むかどうかが何の基準になると言うのだろう・・・

恨まれようが恨まれなかろうが罪は罪。加害者は加害者。

172 :名無しさん@1周年:2001/06/29(金) 21:00
宗教者は自分の家族が殺されたらどーしますか

173 :名無しさん@1周年:2001/07/01(日) 02:26
age

174 :名無しさん@1周年:2001/07/01(日) 14:22
宗教者は心が冷たい

175 :名無しさん@1周年:2001/07/01(日) 14:22
あげ

176 :名無しさん@1周年:2001/07/01(日) 14:59
新しい校舎作ろうとしていることについてどう思う?

要するに、亡くなった児童が化けて出たら怖いってことでしょ。
この間まで友達だったのにもう化け物扱いか?

177 :名無しさん@1周年:2001/07/01(日) 19:36
>>176

違うだろ。

事件現場見たら事件のことがフラッシュバックするからだろ。
想像を絶するトラウマだからな。

178 :名無しさん@1周年:2001/07/01(日) 19:37
>>172
あんたはどうするのがいいと思ってるんだ?

そもそもこの板にまともな宗教家はいないと思うが。

179 :みず:2001/07/01(日) 23:30
>>172
その問いをご自分にも向けてみて下さい。
そしてこの問いの前提からは、自分が殺す、または殺したらどうなのか?
ということも問うことができると思います。
もしも、ある人を、生まれながらの殺人者だったんだ、でかたずけてしまえば
殺された人も、殺されるべくして生まれてきたと言えることにもなりかねませ
ん。
善悪だけを(固定された立場)、早々に決めて、自分を納得させることは出来
ても、同じようなことを作り出さないようにすることにはならないとおもいま
す。問題に蓋をせずに、自分の中にも同じようなものが隠されてはいないか?
と考えることは、自己の欺瞞にも気づくことにつながるかもしれないと思いま
す。僕は容疑者の行為自体には、勿論同情のようなものは、持ちませんが。
この行為以前については、考えるべきことは多くあると思います。
もしもこの事に、真剣に向かい合うのならば、考えることを投げ出さない事は
重要だと思います。それが私たちが出来る事の一つであると思います。

180 :名無しさん@1周年:2001/07/02(月) 15:37
>>178
この板にはまともな宗教者はいない同意

181 :名無しさん@1周年:2001/07/02(月) 15:42
この板にはまともな者はいない同意

182 :名無しさん@1周年:2001/07/02(月) 19:24
>>179
人間は毎日牛や豚なんかを殺してたべてるよね。
これについてはどう思うの?

183 :名無しさん:2001/07/02(月) 20:19
「宅間守容疑者は学会員」の中傷ビラと部屋にあった旧ご本尊
http://www.nihonjournal.com/jituwa/jituwa_3.htm

184 :みず:2001/07/03(火) 21:01
>>182
僕自身は実際に肉や魚を食べています。
これに関してどう思うかは、この事件などに関連させて、少し書けると思いま
す。追々書けることは、書きたいと思います。
ところで182さんは、どうしているのか、またはどう思うのかを、差し支え
なければ、書いていただきたいと思うのですが。また、この問いの意図がある
ならば、それも教えていただきたいですが。

185 :みず:2001/07/14(土) 23:56
もうこれらの事柄に対して、多くの方々は関心がなくなったのでしょうか?
こういう事件を教訓にそれぞれの生活の中で、人間というもの、或いは自己
というものを理解して行ければ、良いとおもうのですが。
事件そのものが風化し埋没して行くのは、仕方のない事かもしれませんが、
人間存在そのものへの認識は、苦しみも悲しみも、喜びのなかでもつづいて
行くものだと思います。

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)