5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

京都公安のマイクロ波使用について

1 :名無しピーポ君:2001/05/27(日) 12:42
こんちは。マイクロ波使用は公安部のスパイ関係の本で読んだだけだった
けど地方警察もやってると思わんかった。なんか2ちゃんねるのこの板
嘘だろ?ってネタあるけどホントの事多い。見極めは怪しそうなネタに公安
関係の人がマンコとか書いて荒らしとるヨ。

それでマイクロ波の使用でのマインドコントロール並びに証拠隠滅と言うのは
日常茶飯事の事ナンカナ?実はマンションの追い出しに使われたんだけどヒツ
コク実家までついてこられた。これって管轄外やのにね。了解とってるッテ事?

そこで、コノ機械使用してる人はちゃんとした警察?もしくは公安の協力者?
あまりにドキュン何で分からん。

加えて京都婦警がマイクロ波でマインドコントロールしてる人間は何人?

2 :なっ:2001/05/28(月) 11:34
府警本部にロケランぶっこめ!!

3 :名無しさん@1周年:2001/05/28(月) 11:43
マイクロ波使ってマインドコントロールしてるって本当ですか?そういえば不可解な現象が最近多すぎるのです。マイクロ波とマインドコントロールについての詳細な情報求めます!

4 :名無しピーポ君:2001/05/28(月) 13:15
そんなものはありゃーせん(藁
あったとすれば、昨今多発するボーダーレス化、凶悪化犯罪を事前に
察知し、これを抑止、また事後犯罪の被疑者に対する防圧検挙等が
可能になるってーこと。
一般的社会通念で考えりゃ認識できるっしょ。マジで。
こげな便利なものがありゃ、否認ボシや健常者のくせに、基地外の
ふりして罪を軽くしようとする糞野郎犯罪者らが、世間から皆無となり、
警察もバンザーイって感じでしょ。被害者の家族達もね。
あんまり、ここを覗いている被害妄想のノイローゼちゃん達を
暗に煽っていじめるなよ。
根性悪い>>1君。嘲笑


5 :名無しピーポ君:2001/05/29(火) 00:25
んー。結構そっち方面では有名な話ではないんですか?
数年後には結構オモテに出てくるでしょうよ。
でも何のためにそういうことするのかわからないね。一般人には。
公安警察の手法スレと重なるかもしれんけど。
警察が民事不介入というのはオモテ向きで裏では関わりまくり。
加えて公安が職権濫用してるのも事実。
まーそういう人は一生ぺーぺーだろうけど。


6 :名無しピーポ君:2001/05/29(火) 22:48
そうか!

7 :名無しピーポ君:2001/06/07(木) 09:54
実話を書きます。未だに信じられない。
最近2ちゃんねるにマイクロ波や心を読み取る装置などが出てきてるけどあれって
実話ですよ。もちろん書き込みの中には嘘や精神病の患者もいると思われますが、
実際その機械はあります。
マイクロ波かどうかは分かりませんが音声を特定人に飛ばすことや、ベットや物体
を振動させることが出来るのがあります。
マンションに住んでてまさか隣の人がそんな人だとは思いませんでした。
信じられなくて1ヶ月住み続けましたが、結局出て行く羽目に。

その装置の使用目的ですが初歩的なものに精神錯乱状態に陥らせる。
証拠隠滅のために用いられるんでしょう。
次にいわゆるマインドコントロール的なことにも用いられてます。
ポイントは擬似音を利用すること。
詳しくは分かりませんが生活騒音で何らかの音が出る時にそれと同時に
音声を飛ばします
それで入ったとすれば、サブミナル効果として直接音声を飛ばさなくても
その本人の耳に入ってくるようになる。
これは本人がそう思ってなくてもそういうように思わせる効果があります。
例えば100パーセントシロの犯罪者に眠らせないで、神経衰弱に陥らせ
「これはお前がやったんだろ?」と繰り返し言うとやってなくても特殊な
状態にいればシロでもそう思うようになるのと同じ原理です。

まさか京都でこんなことが行われているとは思いませんでした。
いきなり「職安いけ!」とか「あいつ暴れるんちゃう?」とか
「こいつ誰にもゆわへん」など言われると気持ちが悪い。
また「運命!」「ご愁傷様」なんかもいわれましたね。
京都公安のこの事案を知る関係者の皆様、高卒ドキュンなどを
使わせず、もっとアタマいい人使った方がよろしいかと思います。
特に心理戦には。
基本的なアドバイスとして、偏差値の高い人間が低い人間をコントロール
するのは簡易ですが低い人間が高い人間をコントロールするのは難しい。
変に権力のゴリ押しで無理なものをおしつけるとリークされるだけですよ。
それとここまで悪用してるのは京都だけではないのですか?



8 :名無しピーポ君:2001/06/07(木) 10:43
>>7
長い文章ご苦労さま。電波=きちがいと一般社会では思われる
から気をつけた方がいいよ。

9 :名無しピーポ君:2001/06/07(木) 19:25
>>7
意外とまともかもね
なんてね冗談だよ

10 :名無しピーポ君:2001/06/07(木) 21:13
その装置ってやつは、動物の体に埋め込んで使用することはできる?

11 :名無しピーポ君:2001/06/07(木) 22:38
基地外と思わせるのがミソ。
でもこんなことまでするのは普通の警察の公安ではないでしょ。
というかどういうセクション?


12 :名無しピーポ君:2001/06/07(木) 23:57
億万が一、前述装置とやらが存在しえたとしても、公安ごときが
扱える代物ではない
公安の職務概要は、水面下での本当の敵との小競合い
被害妄想至極の世界に閉じこもった基地外や
半端な左野郎達などは、相手にはしない
いわゆる対象外、安心すべし
一例として、馬鹿な窃盗常習者が、
「俺は警察官を恨んでいる、いつか、必ずどこかの警察官をやってやる」
旨、元ム所仲間に吠えてしまったことから、このム所仲間が
逮捕された後、刑事との余談話中、これが露見してしまった
よって裏付け後、全国警察に要注意危険対象者として、お触書がまわり、
現在も完全にマークされている
この野郎は、この7年間の間に、3回職を変え、現在は、某県の
タクシー会社で働いている
もう7年位は、動行監視されていることになるか
現在までは、特異状況はでていない
そして、この野郎は、医学的見地から見れば、けして基地外ではない
こんな案件くらいでは公安は、動かない
この対象者を実際監視し続けているのは、機捜隊員
警察とは、こういう所
よって、公安以上が動く案件にあっては、余程な重要な案件と思料される
おって知るべし

13 :名無しピーポ君:2001/06/08(金) 00:34
確かに普通の公安ではないな。
でも前述のキソウ隊員でもない。
アホがメンバーにいるってことは一体どこのセクションだ?
ただの掃除屋やったりして。
ぷぷぷーーーーー。

14 :名無しピーポ君:2001/06/08(金) 00:47
ふっ、現職や元職だったら、>12に対し、確実にレスなどしない
ということだ
この要注意者の苗字でもレスがくれば、かくいう俺も青くなると
いうものだ
それだけのこと

15 :名無しピーポ君:2001/06/12(火) 04:15

             立
         初  て
         め  て
         て  み
      駄  わ  て
      ス   か
      レ   る
      か
   圖  な


  Λ_Λ
 ( ´∀`)
 (    )

16 :名無しピーポ君:2001/06/12(火) 13:06
耳でパチン!

17 :名無しピーポ君:2001/06/12(火) 13:07
電波警報発令中!
電波警報発令中!
電波警報発令中!
電波警報発令中!電波警報発令中!
電波警報発令中!電波警報発令中!
電波警報発令中!電波警報発令中!
電波警報発令中!電波警報発令中!
電波警報発令中!電波警報発令中!
電波警報発令中!

18 :名無しピーポ君:2001/06/12(火) 13:09
人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!人の心!

人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!
人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!
人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!人の脳みそ!

19 :名無しピーポ君:2001/06/12(火) 14:50
おおっ、とうとうきたかね(藁

20 :名無しピーポ君:2001/06/12(火) 20:16
ここのレスって一般人から見ると基地外しか書き込んでないようにみえるね。
でも実話だったとしても恐ろしい話だ。
ここの話、くさい仕事してる関係者だったら一発でわかるよ。
キーワードにご注意!
ほとんど真実に近い。ここに関係者の実名と車のナンバー載せたらどーなるんかな?
まさか裏の工作員やて誰も思わんよ。
おしむらくは実名さえもばれる仕事ぶり。プロと言うよりセミプロだね。
上司の顔が見たいわい(藁

21 :名無しピーポ君:2001/06/12(火) 20:31
>>20
ほげっ、このスレって基地外を煽る為に立てたんじゃないの?


22 :名無しさん@1周年:2001/06/13(水) 15:27
マイクロウェーブとばして人の人生をむちゃくちゃにし酷い場合には
凶悪犯に仕立てあげる。そして捜査する警察・検察・裁判所は何食わぬ
顔して冷酷な罪状を突きつける。
えん罪作成のほかにもこのマイクロウェーブを使って実際に犯罪に手を
染めさせる方法があったのですね。

23 :名無しピーポ君:2001/06/13(水) 16:01
↑防ぐ方法は?これ、実験的に使われてたらたまったものじゃないですよ。

24 :名無しピーポ君:2001/06/13(水) 18:44
防ぐ方法?きっとないね。その装置に接してみないと。
思うにオウムの早川が殺されたのはデンパかもね

25 :名無しピーポ君:2001/06/13(水) 19:11
電磁波の一種を使って疑似精神分裂病を表面上つくり病院送りにする
機械はあるけど、k婦警はそれを悪用してコントロールしてるって
ことだな。
さてなんで人をコントロールするんだろ?
そのメリットは?
周知の事実だなこれ
まわりの警察はえらい迷惑だよ。おまえらみたいな1部のくずで

26 :名無しピーポ君:2001/06/14(木) 19:21
その装置のこと一体どれくらいの人が知ってるの?
「オチカタ」ってかなり恐いね。
ホンとに公安だけなのかな?生安もかんでるねきっと。
かんたんに人を発狂させてからコントロールっていうけどすごいね。
冷たいポテト食べにいこっかなー

27 :マジレス:2001/06/14(木) 20:39
>>1
1をマンションから追い出したい理由があったんだろうな。
マンションを出たら被害がなくなったわけでしょ。
その部屋は公安が狙う何者かを狙うのに適した位置にあった、とか?
いずれにしてもその部屋に誰が住んでいるかが鍵なんじゃないか?
と、いっても下手な真似しないでね。

28 :名無しピーポ君:2001/06/14(木) 20:57
たいへ〜ん!
私もね、狙われてるみたいなのよ。
マンション追い出したいみたいで、みなさん私に直接「引っ越した
方がいい」って言って来るんだけど、なかなか引っ越さないから嫌がらせが
酷くなって、仕事までなくされた...
つまり、収入がないから住めなくなるってことだ。
他の部屋に比べて私の部屋って、広いらしいんだよねえ。妬み?んなわけないね。


29 :名無しピーポ君:2001/06/14(木) 23:30
>>28
つまり君じゃなくて部屋を狙っていたというわけね。

>1
その本なんていう名前ですかぁ?

30 :名無しピーポ君:2001/06/16(土) 02:06
だれだ?マイクロ波で音声飛ばしてるなんて言ってる奴。マイクロ波が聞こえる
人間など存在しないよ。それができりゃ、携帯PHSの電波が機械使わないで
四六時中聞こえてるってだぞ?だいたい、マイクロ波ってなんだかわかっとるのか?
なんかわからん装置とかなんとか言ってるけど、少なくてもマイクロ波なんか使って
ないぞ。


31 :名無しピーポ君:2001/06/16(土) 04:10
>>30
だれだ?それは、お前だよ
自問自答して、てんぱってんじゃねえ、この電波野郎
今日は土曜だ、精神科に逝ってこい(w

32 :名無しピーポ君:2001/06/16(土) 17:42
30さん電磁波関連の本には電磁波の一種であるのが音声を直接飛ばせるって
いうことが本に書いてありますよ。


33 :名無しピーポ君:2001/06/17(日) 00:40
>>32
電磁波のどんな本?著者名と名前教えてください。電磁波=マイクロ波じゃな
いよ?電磁波の中でもマイクロ波は3〜39GHZの電波をいいます。
全然特定してないじゃん。電磁波っていっても相当広域なんだよ。
電波を300万MHZ以下と定義すると10K〜3000Gをさすのだよ。
広域の意味で光も電磁波です。

工学修士(電磁波工学)


>>31
>だれだ?それは、お前だよ
はまってるね。自分は言ってないぞ?マイクロ波で音声飛ばしてるなんて。
否定してるでしょ。 そこまで日本語の文章理解力ないのはわかったよ。
子供だねぇ。反論あれば




34 :名無しピーポ君:2001/06/17(日) 07:31
ちっ、>>33、意外とここの連中にしては、頭切れるな
たいしたもんだ(w


35 :名無しさん@1周年:2001/06/17(日) 12:42
マイクロ波使用によるマインドコントロールも所詮は日米軍事同盟により米国より
供与されたものに他ならない。
百害あって一利ナシの日米軍事同盟粉砕を。

36 :名無しピーポ君:2001/06/17(日) 14:25
>35
確かにその装置はアメリカからかもしれないけど、
ここの板で大事なのは京都で行われてることじゃないの?

電磁波の一種で音声飛ばすのあるよ。理系じゃないし本読んだ
だけだけど。
でも問題は京都でってことだね。やはり京都は土地柄、四方八方
山に囲まれてしかも閉鎖的、組織も6000人規模。そういうこ
とやるには結構的してる。また監視団体も多い。
ここで問題なのは何にも染まってない一般人に使用してることだね。

37 :33:2001/06/17(日) 23:20
>>36
そう、だから、その本の正体が知りたい!!!
UFOのすべて・・・みたいな本じゃないでしょうね?まさか。

38 :名無しピーポ君:2001/06/18(月) 00:27
所詮、便乗愉快犯的思考の輩は、憶測等で物議をかもす
そんなもんだ(ワラ

39 :名無しさん@1周年:2001/06/19(火) 03:58
マイクロ波を使って人の情緒を操り、声を送って犯罪をおこさせる。
二〇〇〇年5月のバスジャック犯が典型だ。
はじめから仕組まれていた恐ろしい事件だった。

40 :釜井:2001/06/19(火) 18:19
なにげ上げ

41 :.:2001/06/19(火) 18:29
野田作詞 永遠のメロディ

42 :.:2001/06/19(火) 18:31
空の果てを彷徨う ずっとそばに いさせてね
氏ね>名無し

43 :.:2001/06/19(火) 18:33
さて問題です。武力革命闘争において
何人の、自衛官と警察官を殺せばよい
でしょうか?

44 :.:2001/06/19(火) 18:35
さて問題です。皇居突入の際
大手門、平河門、半蔵門、
どこから入れば実現可能でしょうか?

45 :.:2001/06/19(火) 18:37
さて問題です。警視庁の本庁舎を
爆発させるのにNGの入手経路を
述べなさい。

46 :.:2001/06/19(火) 18:38
さて、問題です。警視総監の一日の
スケジュールと公舎、私邸の住所を
述べなさい。

47 :.:2001/06/19(火) 18:41
さて問題です。皇居解放までの
突破者の員数と必要武器の種類
を述べなさい。

48 :.:2001/06/19(火) 18:42
さて問題です。桜田門と市谷
どっちの襲撃を優先させますか?

49 :.:2001/06/19(火) 18:44
さて問題です。東京を最後の砦として
警察官と武力攻防する場合、必要最低
員数を述べよ。

50 :.:2001/06/19(火) 18:46
さて問題です。日本各管区の警備動員数
を抹殺するには、どのくらいの爆発物と
武器が必要でしょうか?

51 ::2001/06/19(火) 18:47
↑原爆か水爆の方が容易いでしょう。

52 :.:2001/06/19(火) 18:49
都内に集合する前にJRと高速網を
爆破する必要がありますね。

53 :.:2001/06/19(火) 18:50
海上封鎖も考慮しましょう。

54 :.:2001/06/19(火) 18:51
どっちにしろ、県外から応援来る
前に都内で勝負ですね。

55 :.:2001/06/19(火) 18:55
警視庁の人数と都民の数は対300人として
裏切り者と幼少、婦女子、年金者を除くと
やはり学生主体ですね。

56 :.:2001/06/19(火) 18:55
通信も破壊対象ですね。

57 :.:2001/06/19(火) 18:57
それより、霞ヶ関付近を破壊した方が。。。

58 :名無しさんたちの午後:2001/06/19(火) 22:33
こんなネタ信じてる人がいたとは(W
オレはオカルト好きだからいろんなネタ聞いてるけど、京都府警は使えるほど技術力はないでしょう。
超低周波で気持ちを不安定にさせるとかそんな技術はアメリカ軍や旧ソ連では研究されていたと思うが。
しかもこんなに都合のいい効果は出ないと思う。不眠にするくらいじゃないか?

日本でこんなことしてるのってオウムくらいじゃないの?


59 :釜井:2001/06/19(火) 23:24
>>58
>日本でこんなことしてるのってオウムくらいじゃないの?

あんたは甘い

なんで鉄板だらけのシールドルームを作っていたのか?

「送られて」いたに違い無いヨ

現在、Ωのこの方面を研究中



60 :名無しピーポ君:2001/06/20(水) 02:17
あんなテロ集団非合法で潰すのはわけはない
しかしねぇ、人権団体等が五月蝿いからねぇ
次は、俺達かっ!て感じで危惧しているからね

61 :名無しピーポ君:2001/06/21(木) 20:02
かなりこのスレあらされたね。
本当の話だからかにゃ

62 :名無しピーポ君:2001/06/22(金) 13:00
さすが「西の京都!」
はくち錯覚ぶりがきわだってるね!
ところでそのオバカぶりの典型例がターゲットにして電波あててた人間に
馬鹿にされまくって挙げ句の果てに某県警合格。
組織の人間がいかにアホの集まりかよくわかったね。
ろくに脅迫さえもできんようじゃだめっ!
せっかく国家機密レベルの機械がただのオモチャでっせ。
その機械のことがあと0年後に一般に露呈されたらk府警のその機械を扱ってる
メンバーの名前が1番にでてくるね、間違いなく。
友達曰く申し訳なさそうに「あほっぽい人・・・・」って。
そういうおばかちんに電波扱わせるからだよーーーん。
来期からは同志社の心理の学生でもリクルートしてくるべし!(院卒に限る)

63 :名無しピーポ君:2001/06/22(金) 14:13
ついでに言うとワザワザ家の前にミニパトまで停めてくれちゃったりして

64 :名無しピーポ君:2001/06/22(金) 14:25
>>62
漠然と(--♯

65 :名無しさん@1周年:2001/06/22(金) 17:28
影もなく形もなく朝から晩まで、就寝中もマイクロ波はわが身を襲う。

66 :釜井:2001/06/22(金) 17:29
マジネタ上げ

67 :名無しピーポ君:2001/06/23(土) 09:34
そーいえば警察版の倉庫に電波のこと書かれてあったよ。
「公安」ってスレ。
それが98年とかだったから、違法な電波で嫌がらせするのはもっと前から
行われていたのかも。加えて3年前既にそれがあったのだから進歩してマイン
ドコントロール行われてたのも事実っぽいね。
そりゃなんにも知らない人が「職安行けっ!」なんぞ言われたらびっくりする
よ。どきゅんに。
でも電波って形跡が残らないから余計たちが悪い。やばくなったら引き上げ
簡単だもの。また上にも書いてあるように疑似的に精神分裂病を作りだせる。
セロトニンも外部的に減少できるんだよね、確か新聞に書いてあったような

68 :名無しピーポ君:2001/06/23(土) 09:57
「公安」スレ
http://mentai.2ch.net/police/kako/963/963085629.html

69 :名無しピーポ君:2001/06/23(土) 19:16
なーんでこんな情報が裏だけの世界でまかりとおって新聞等メディアで
報道されないんだろな?

70 :名無しピーポ君:2001/06/23(土) 19:29
未だ明らかにされない事実!
ヒトの脳から出てる微弱電流を拾って脳波を調べる装置は実在。
脳みそ調べられてデンパあてられた人間の行き先は・・・
なんとゲシュタポ(隠語)行きだそうです。
その前に書いてあったサーフのにーやん言ってたよ。

71 :釜井:2001/06/23(土) 23:05
ふーむ

ほほう

感心上げ

72 :名無しピーポ君:2001/06/24(日) 11:41
何かしらん京都府警は人気あるね。
組織は6000人弱で特定されまくり。
ちいかただ単に協力者だったりして。特殊な班といえども警部補筆頭に
5人程度。この話本当だったらわらけるね。

73 :ゲシュタポ:2001/06/24(日) 19:33
67 名前: 65 投稿日: 2000/08/20(日) 12:05

今、我が物顔で「電波」を乱発射している奴等のジイサンだろ?



68 名前: 阪京 投稿日: 2000/08/20(日) 20:40

公安には自衛隊員が相当数、紛れ込んでおり、勿論成功報酬としての
カネと女は受け取り、私服で正体を明かさず、そのまま飛んで逃げる
ので復讐は出来ない。全く、女の腐ったようなイヤラシイ、卑怯な奴等だ!
人に喧嘩なり、攻撃を仕掛ける時には、その理由と氏名、住所を明らか
にすべきだ。




69 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/08/20(日) 21:40

>65,67、  「電波」はどこから、我々に発射されているのだろうか?
          分かりますか?



70 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/08/20(日) 23:20

公安を知らない連中の「公安」論は、馬鹿馬鹿しくて話にならないが、
まあ、それなりに楽しく読ませてもらってますよ。
今後とも、どんどん書き込んでくれたまえ。




71 名前: 破滅 投稿日: 2000/08/21(月) 06:13

>70  バカバカしい事です。私は90年代に入ってから少なくとも
     4・5回は公安の直接の襲撃に遭っている。相手はいつも
     殆ど複数か屈強の「その道のプロ」だった。会社とグルで
     ある場合も多々あった。常に相手は、「報復」を恐れてか
     氏名、住所、電話番号など告げる事無く、襲撃終了後トン
     ズラする。被害者にとって是ほど腹立たしくやりきれない
     事があろうか? 98年3月からはやつらは「電波」とケイタイ
     で生活の妨害にかかっている。青年ばかりだ。最近では中学生
     までその年齢は下がってきている。
      これらは、すべて「組織」、政府・財界が仕組んで号令
     を発している。警察も何もしない。大親玉の財界・独占資本
     にはもう存在の必要が無い。政府にも、もう用は無い!
     公安を野放しにして来ている警察キャリア組はすべて
     懲戒免職にし、自衛隊は即刻解散すべきだ!

74 :ゲシュタポ:2001/06/24(日) 19:38
↑かなり長くなったけど去年の関連レス。
電波の一種が非合法に使われていたのが事実だったらそれがエスカレート
して某府警がマインドコントロールもどきをやってるのは本当かも。
2ちゃんねるは真実とウソが混在してるけどこのネタはまじっぽくて
うひひひ。

75 :名無しピーポ君:2001/06/24(日) 19:43
えーえー某府警の電波使ってるクズのみなさん!
他の都道府県警は非常に迷惑をしております!
「やだねったらやだねー」なーんて言わないでねえー

76 :名無しピーポ君:2001/06/24(日) 20:26

|∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|Д゚)  <公安のお姉さん・・焼き肉・・・
| U    \_________
| │
| U

77 :名無しさん@1周年:2001/06/24(日) 22:53
京都府警でさえマイクロ波でマインドコントロールをしているという事実は警察庁、
他の都道府県警も同様の犯罪をしているのでは?

78 :ひがしやま:2001/06/25(月) 11:04
>77
京都府警だけ何故かというのに疑問を持たれるのは当然だと思う。
ただ、京都は他の県と比べて四方八方ヤマに囲まれてるわ、人口が少ない、
また働く組織の人間は、政令指定都市の割に、6000人ぽっち。
それで下みて腐ってたら納得するよ。多くはいわんがな。
しかしながら、その装置で精神病院送りにするのは他の都道府県警も
行ってると思う。なんか警察版でも他のスレで関連しやのもあるね。
平たく言えば発狂させることができるシロモノなんですよ。
「あいつ、あばれるんちゃうか?」なんて平気で現場にいる奴言ってて
普通の人間からみたら気違いにしかみえんかったね。
実名だしていいのかな?京都府警の関係者のみなさん!(藁
それとも懲りずにゲシュタポ行き増やすか?

79 :名無しピーポ君:2001/06/25(月) 12:22
それで?

80 :名無しピーポ君:2001/06/25(月) 15:12
↑それでって開き直るなよ、お馬鹿ちん。

81 :名無しピーポ君:2001/06/25(月) 15:27
だからなに?

82 :名無しピーポ君:2001/06/25(月) 15:29
このご時世、焼肉定食(我ながらつまらん爆)なんだぴょん♪

83 :名無しピーポ君:2001/06/26(火) 08:56
彼らがそろそろやばくなったかなーと思ってする行動の一つに
警視庁やゆうて逃げることがある。
実は京都府警なのにね。

84 :名無しピーポ君:2001/06/26(火) 13:31
うそ!?まじ?!
あったんだねこういう例が!!
僕の考えと一緒!!このスレ!!!
まじ助けがいります。防止方法教えて下さい!!
ラジオでも電子レンジでも何でも!!
きまって俺が家に帰るとドドドという空気圧のような鈍い音がし、
それと同時に上やら下やらでざわめきが聞こえて来ます。まじ。
便所にいくときまって上のやつも用をたしはじめます。
つまり俺の行動とまるでリンクしているのです!!!!。
これは絶対偶然、妄想なんかじゃないと思う。なぜってここ3ヶ月も
続いてんだよ! きまッて俺の家でしかこういう風にならないもん!!
怪しすぎる!! ひどいぜ俺男だぜ! チムポ見たいなら堂々と
こいぃ!! 

85 :名無しピーポ君:2001/06/26(火) 14:58
>84
そういう嫌がらせはまだ初歩的段階。
防止方法は・・・・
と言いたいトコロだけど、まだ全然余裕あるじゃんっ!
というかこういう仕事してる人の所属知りたいね。
だって生活安全課とリンクしてるから。
生活安全課は地域的だけど、公安の場合、他の都道府県まで
追いかけてくるからね。ひどいのになると。
ちいかその場合、証拠隠滅で精神病院送りにするだけなんだけども。
その疑似精神分裂病の機械をまじ見てみたいね。
最近、電波レスやスレ多いし。
世間にバレル発端は2ちゃんねるからだったりしてえー。

86 :名無しピーポ君:2001/06/26(火) 17:42
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧ ∧   <  挙げ句の果てに警視庁のせいに
  (   ,,)    \______________
〜(___ノ

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧ ∧    <   してはいけまちぇん!
  (,,・Д・)     \_____________
〜(___ノ

87 :名無しピーポ君:2001/06/27(水) 11:28
そういえばまた信じられない話だけど、その電波で脳にシグナルを送って
人体の神経系に異変を生じさせることができるんだよ。
これってほんとに機密扱いなんだけど、世間にばれる発端を京都府警が作って
しまったというわけ。
生活安全課のじいさんに「ばれてませんよね」なーんてドア出てしゃべるでない!

88 :名無しピーポ君:2001/06/27(水) 11:33
1 名前:くれっちま〜ん♪ 投稿日:2001/06/02(土) 23:12
警察学校在学中もしくは現職中に電波受信できる警官になったら
どうなるんですか?やっぱクビ?鉄砲バンバン打ちまくりそうだもんね。
神経症・鬱の場合も聞きたいです

↑これってターゲットにした奴が某県警の1次合格したからかにゃー?
2ちゃんねるでも公安関係者かきこんどるよ。彼らはとても「うん0」
が好きだよ!

89 :名無しピーポ君:2001/06/27(水) 11:56
それで電波には一体どんな種類があるのかな?
警察が知ってるなら当然防衛庁も知ってるんじゃないの?

90 :名無しピーポ君:2001/06/27(水) 15:35
情報コントロールなんて簡単だよ。
一般的に言われてるように、テレビ、新聞等をおさえてしまえばいい。
ネットは実質的に検閲があるからおさえるのは簡単。
この事実を利用すれば、精神錯乱に陥らせることも簡単に出来る。
例えば>1が事実だとしても客観的に見て、誰も真実なんて思わない。
何故ならその事実を証明する方法がなにもないから。
そこで、>1のみに誰も信じられないような事実をリークする。
その事実が通常の一般人からみて驚愕の事実であればあるほど、その
ヒトは精神的に錯乱状態に陥りやすいといえるね。

なんかこのネタ調べてみればみるほど根が深い。

91 :名無しピーポ君:2001/06/27(水) 19:59
誰か調べる勇気のある人調べてみて!

92 :名無しさん@1周年:2001/06/27(水) 20:02
警察も自衛隊もぐるでマイクロ波を使用しているのでは?

93 :名無しピーポ君:2001/06/27(水) 20:12
思うに自衛隊はその装置を知ってても警察程活用してないと思うよ。
だって自衛隊のターゲットは一般市民ではないから。
端的に言えばその装置の防護方法を知ってる人間なんだな。
これに対して警察の方はターゲットは一般市民。
特に通常の人間は警察で違法なことをするセクションがあることすら
知らない人多いから・・・。効果テキメン。
基本的に>90のやり方でやると普通の人ならおかしくなるよ。

ここだけの話だけど公安のエスの作り方も電波使えばできるんだよ。
ただこの1の場合エスにしかかってたけど、電波流してる人間がよっぽど
アタマ悪いんだな。
きっとそのニーやんAVレヴェルのきもさだな(ワラ

94 :名無しピーポ君:2001/06/27(水) 20:23
それでデンパあてられた人の行く末は何?
ゲシュタポってなんだそれ。隠語か。

95 :名無しさん@1周年:2001/06/27(水) 20:54
情報公開法を活用することは出来ないものか?

96 :名無しピーポ君:2001/06/28(木) 09:01
↑あってないようなモノ。無用の産物。
それよか憲法19条を感じましょう!

97 :名無しピーポ君:2001/06/28(木) 09:05
人の錯覚を上手く利用すれば、少ないコストで効果抜群!
でもなんで電波扱うメンバーで高卒がいるんだ?
さてメディアはいつこの問題をとりあげるんだろな?
情報公開法はそもそもオモテの予算に計上されないような
部門にとってはあってないようなものだね。

98 :名無しピーポ君:2001/06/28(木) 15:01
とりあえず・・・・警視庁公安部のせいにするのはやめた方がいい

99 :名無しピーポ君:2001/06/28(木) 22:22
公安?はぁ?
こいつ壊れた感覚してやがるw

100 :名無しピーポ君:2001/06/29(金) 09:38
基本的に公安は組織を対象にしてる。
基本的に・・・・。
本音と建前。裏社会あんたみてみたらどうよ?>99
ひとくちに公安いうてもいろいろある。

101 :名無しピーポ君:2001/06/29(金) 10:00
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧ ∧   <  挙げ句の果てに警視庁のせいに
  (   ,,)    \______________
〜(___ノ

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧ ∧    <   してはいけまちぇん!
  (,,・Д・)     \_____________
〜(___ノ

102 :名無しピーポ君:2001/06/29(金) 13:12
国松元警察庁長官狙撃事件で被疑者の警視庁公安部に所属する公安
警察官のk巡査のカウンセリングの1部抜粋

「もう逃げろと指示されたが敵だと思いもう1発撃った」
「撃て撃てと聞こえた」

これっていろいろな観点から類推することが可能だと思う。
1、精神病
2、オウムのマインドコントロール
3、公安自身によるマインドコントロール

もし1が述べてるマインドコントロールをする装置が本当に実在
するならこれもその装置を使用してのことだね。
なぜなら国民の情報コントロールでオウムを潰す機会だから。
まさしく「撃て撃てと聞こえた」なんて納得いくよ。
でも見方によってはこの事件をきっかけにオウムのマインド
コントロールに関するノウハウを警察が盗んだとも考えられなく
ともない。
いずれにせよこういったことがメディアを賑わすことになれば
間違いなくk府警発になるね。
それは何故かはまたのお楽しみ!

103 :釜井:2001/06/29(金) 17:09
この手の「聞こえた」とか「空耳」とかの供述は、何故か最近の凶悪事件に共通する。

しかしながらマスコミ自体が情報スパイとマインドコントロールの巣窟でしょうから、

ある意味マスコミから情報が漏れてくるのは正直言って厳しい。

私はネット上から情報を得、マスコミを注意深く観察しある程度の事が解った程度です。

これが完全に表面化するまでに出来る事は、インターネットなどの独立メディアを見続ける事。

あるいは独立した研究を自ら行う事だと思います。

PanaWave Labo
http://www.panawave.gr.jp/index.html

104 :名無しピーポ君:2001/06/29(金) 17:35
>>101
ちっ、キティぐぁ・・・
でもカワイイねぇ(爆)

105 :名無しピーポ君:2001/06/29(金) 20:09
8 名前:名無しピーポ君 投稿日:2001/06/29(金) 18:07
dennpakyattide
hannninntaiho

106 :名無しピーポ君:2001/06/30(土) 09:38
マインド・コントロール・テクノロジーの確かな証拠

 地下トンネルや基地に関する事実を調査した研究者は、電子マインド・コントロールに使われるテクノロジーの開発という、さらに議論を呼ぶ主題に取り組んだ。
 リチャード・サウダー博士は、毎晩放送される視聴者電話参加形式のトークフォーラムの12月27日のゲストだった。ホストはトム・バレンタイン。
 サウダーは、『クンダリニー・テールズ』というマインド・コントロールのテクノロジーについて書いた、彼の新しい本について話した。バレンタインの質問とコメントは「――太字」、サウダーの答えは普通字にて表記する。

――あなたの本は変わったタイトルで、「マインド・コントロールの領域」という聞き慣れない主題について詳しく調べていますね。


 私は10年ほど前に、偶然電子マインド・コントロール・テクノロジーに出くわしました。そういうものの存在を、私は全く疑いませんでした。
 そして、私自身で行った調査と、人とのコミュニケーションを通して、それが存在することが確かに分かりました。話をした人の中には、ひどい経験をされた方もいます。

 地下基地についての本を最初に出版した時に、何百通もの情報や質問が送られてきました。それらの中には、CIAや、FBI、陸軍情報部、国家安全保障局等の連邦機関による電子マインド・コントロール・ハラスメントの犠牲者だと主張する人たちからの手紙もありました。

 最初は、「一般の人々から何百通もの手紙を受け取り、どうせそのうち何通かは変人からで、そんなもんだろう」と思いました。最初はそう思いました。
 ところが、詳しく調べてみると、何人かは(もしかしたら全員かもしれない)電子マインド・コントロール・テクノロジーに確かに悩まされたことがあるのです。

 私は合衆国特許商標局発行の特許を見つけました。それは、私の本『クンダリニー・テールズ』に長い付録として列挙しました。
 それらは、専門的な図や、コンピューター・プログラムと電子的図式や、特許自体の実際のテキストによって白黒で表示しました。このテクノロジーは実際に存在し、適切な装置があれば、個人の脳波を遠くから電子的に取り出すことができるのです。

 それをデジタル化し、コンピューターに入力することができます。その脳波を記憶させ、修正することができます。そして、その修正されデジタル化された脳波を取り出し、それを使って電波を変調し、その修正された脳波を送信してターゲットとする人物の脳に戻すことができます。そうすることによって、彼もしくは彼女の考えを修正することができます。
 それが電子的マインド・コントロールです。それは非常に恐ろしいことですが、1999年に実際に存在する電子的テクロノジーです。

107 :名無しピーポ君:2001/06/30(土) 09:43
なんで分かっててマスコミは動かないのだ!

108 :名無しピーポ君:2001/06/30(土) 09:44
京都発ってかなり名誉なことになったりして(藁

109 :名無しピーポ君:2001/06/30(土) 14:15
ワラ

110 :なな:2001/06/30(土) 15:35
「なな」(♂)です。「心を読み取る装置」スレから流れてきました。本拠地が工作員によって
荒らされていることもあって。

私は「心を読み取る装置」の被害者です。82年にラジオの深夜放送にイチャモンをつけるハガキを
出して以来、やられています。自白の強要のような拷問を受けたことなどから、加害者は公安としか
考えられません(おそらく東京の)。

>>107
> なんで分かっててマスコミは動かないのだ!

そして、公安はテレビ局等のマスコミにも盗聴内容を流しているのです。テレビ局ということは、
もちろん新聞社も知っている。少なくとも放送局は「思考の盗聴」を自ら利用しているから、
動くはずがないのです。

以下、私のHPです。自分の思考をコンピュータ音声でリアルタイムで聞かされたことや、
遠隔操作で高圧電流のようなものを流されたことを記載してあります。
http://nana2471.hoops.ne.jp/ 下の広告はスクロールして、よけて下さい。
ただし、テレビ局からの被害については書いてありません(伝え方を考慮中)。

111 :なな:2001/06/30(土) 15:48
「思考の盗聴」技術の歴史については>>103のリンクの「パナウェーブ研究所」が詳しいですが、
(特に「マインド・コントロール・フォーラム」http://www.panawave.gr.jp/emr/emr_top.html
最新の技術は以下のようなもので、私も現実にPCの遠隔操作によるいたずら、電波時計の受信妨害
などを受けています。

****************** 以下抜粋 **************
  現在、東芝は、「電波応用技術」により、どこでも、家の中、ビルの中、
 電車、地下鉄、車、エレベータの中までも、監視盗聴することができます。
 人に対して、あらゆる生理現象を起こしたり、緩和したりすることができます。
 痛み、痒み、心肺機能の制御、脳機能の制御、食欲・便意の制御が可能です。
 それによって、脳から直接、声を聞かすことも、殺人もできます。
 また、電気製品の制御・破壊も可能なのです。
 例えば、日本式のトイレの中の新聞を読むこともできます。

1999年6月現在において、東芝の「電波応用技術」で可能となっております。

 1)全ての物を観測・監視すること。
 2)音・声、思考・記憶を電波的に拾って解析すること。
 3)会話をすること。
   オペレータと被験者において、被験者にとっては、テレパシーのように感じる。
   発信機や受信機もなく、声でなく、思考が解析される。また、相手の声も聞かされる。
   結果として会話が成立する。
   念のため、SFと違うのは、人はあくまで言葉を使い思考するものなので言語が自動的に翻訳されることはない。
 4)電波的に刺激を与え、人間の機能、生理現象を活性化および不活性化すること。
   痛みの誘発・抑制、痒みの誘発・抑制、尿意・便意の誘発・抑制、心肺機能停止、呼吸停止等。
 5)人間・電子機器の制御。
   人間をあたかも催眠状態のように、脳に指令を送り自由に動かす。
   電子機器のスイッチのON/OFF、入出力回路の制御等。
 6)電子機器の破壊。
 作用対象は、1つでも、複数、ブロードキャストも可能です。
 作用対象は、発信機、受信機等は一切、必用ありません。
 作用点は、電波の一点のみで、その軌道には一切、影響しません。

112 :名無しピーポ君:2001/07/01(日) 10:41
確か2,30年前ロシアのアメリカ大使館がロシアから電波を照射された事件
が明るみに出て、賑わせたことがあったね。
基はこの装置も軍事目的なんでしょ?

113 :名無しピーポ君:2001/07/01(日) 10:51
あのう・・・その装置を使用するメンバーに
「ぼくは裏のにんげんでーす」
なんて言われちったよ。
その程度の人ってこと。

114 :釜井:2001/07/01(日) 11:16
マインドコントロール周辺のSAPIOの記事を抜粋してみました

★阿修羅♪ ★掲示板♪
No 8736 釜井@ギャングスター 6月29日(金)23時28分
http://asyura.com/bbsnew.htm

115 :名無しピーポ君:2001/07/01(日) 11:27
がははは
こんな所でうだうだレスしあってないで、
あるんだったらメディア等の公に露見させなさい
明らかにすれば、メディア等から莫大な金がもらえるぞぉ
発案、製作者は旧科学技術庁官賞いんやノーベル賞ものだ(大笑
あくまで、あるんだったらよ
その代わり、リスクは高くつくぞぉ
措置入院の覚悟が必要だ(爆笑

116 :名無しピーポ君:2001/07/01(日) 18:46

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧ ∧   <  挙げ句の果てに警視庁のせいに
  (   ,,)    \______________
〜(___ノ

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧ ∧    <   してはいけまちぇん!
  (,,・Д・)     \_____________
〜(___ノ

っていうけど、警視庁は悪戯電話魔でもあるし、犯罪組織と言われる
所以がよくわかってしまった。

私もマインドコントロールされてるし、宗教団体やら何やら怪しい組織、
犯罪組織の餌食になってるから、被害者の気持ちはよくわかる。
だいたいその装置を作って研究してる人の実験台にもなってたし、スパイまで
現れた。
私は世界的な大きなプロジェクトにも利用されてるらしく、生きた心地がしない。
そして当然の如く記録として残されており、私のおかげで生活ができちゃってる
という連中が大勢いる。
私はこんなにも貧乏なのに、私を売って生活してる連中はきっと天罰が下るでしょう。

117 :京都公安だけど:2001/07/01(日) 20:46
コンビニで買った弁当あたためるのにマイクロ波つかってるYO!

118 :名無しピーポ君:2001/07/02(月) 04:37
早くメディアにでも公開すればぁ
それとも、やはり措置入院がきょわいのかなW

119 :名無しピーポ君:2001/07/03(火) 21:50
☆アンテナキャッチ
低周波というと一般的にテレビ、ラジオのスピーカーから耳に聞こえてくる音、そして、耳に聞こえない超音波も有ると思います。低周波の波長域の中には超音波と非常に似ているものも有るみたいです。超音波はテレビ、ラジオ等の解析機を素通りしてスピーカーから出ているとも聞きました。
例えば一回アンテナキャッチしてしまえばテレビ、ラジオ等の電源を切ったとしても超音波は解析機を素通りしてスピーカーから出てくるとも聞きました。又、波長同調して過剰してしまえば、ある一定の超音波、低周波はどちらもあまり違わないと思います。

☆こんなのも
近頃の、害虫、ネズミ駆除電子機器の強力なやつを自分の体が受けてる感じです。頭に断続的な発信ノイズ(低周波治療機のような)かなりの違和感ある超音波の衝撃波を使った無線電波盗聴超音波、脳波、デジタル無線電波、の波長同調そして過剰....
盗聴周波数、 UHF 330〜450MHz VHF 129〜300MHz WFM 76.0〜110.0MHz
1M〜2000MHz この辺でやっているのでは.....
近頃の無差別の凶悪犯罪なども、もしやなんて考えちゃいます....
いわゆる電磁場、誘磁電流になるのでしょうか、防ぎようがありません、とりあえず無線機でアンテナキャッチされても困るので、できるだけ自分の部屋にはテレビその他の電気製品を置かないようにしています。
以前、電波管理局に確認したところ超音波のことは分かっているみたいでした。
携帯電話の影響なんてよく聞きます。
同じ目に見えない物としての臭いにおいの様にはいかな様です......

単に無線機にオシロスコープをつけてやっているのではないとも感じられます...

東京郊外の米軍基地の近く......
兵庫県の方まで行くバスの最初といいましょうか、最後といいましょうか、長距離路線バスの停バス停が近くにあり、意外と関西の人も多くいるみたいです。
私の場合、自宅近くにアメリカ空軍基地があり、そこからの密入国者がこのところ相当の数に及んでいるそうです。基地にいるのは、アメリカ人だけじゃなく韓国、台湾からもきて駐留してますが、それらの日本語をしゃべれる人たちが密入国してくるみたいです。このことは、今始まったことではなく、戦後、すぐ、まだGHQがあったときからそれぞれの米軍基地で続いてるみたいです。それらの人たちは、まず貸金業を作ります。(薬物絡みのサラ金みたいなもの)そして宗教団体と一体となり日本人を装い、薬物を売り、それを資金源にして、政治家を作り、政治参入して、その後、作り上げた政治家のコネで公務員を山ほど作り上げ(地方公務員を主体的に)そのなかの大半は、警察官、公務員名簿に出ている医師などもいるみたいです。
そして、さらに公務員まで使って投資家めいた薬物絡みの荒稼ぎをしてるように思えます。
その結果、社会から企業に至り企業倒産もおこり、今では、それにより株会を操る黒幕の総会屋等になっている人も多くいるみたいです。リクルート、NTTドコモ、三菱自工、そごう、などが頭に浮かびます。
電波盗聴は、宗教団体と外国人の薬物絡みの荒稼ぎ等、に使われているみたいです。
問題は、そのための貸金業では...
近頃は、在日外国人、帰化外国人の差別問題や帰化問題、地方選挙権付与問題等もしきりにいわれています。このことは、国家観の喪失、エイズ問題にも行き着くと思えます。
アメリカでは、資産家がする寄付(軍事的背景もあるみたいですが)は、その資産家になる経緯はどうであれ寄付は寄付として免税され、かなり認められるそうです。韓国では、日本での参政権を持ちながら国に帰れば韓国の参政権が別に与えられるみたいです。
貿易でも輸出入上位は、輸出でアメリカ、韓国、台湾、輸入でアメリカ、中国、韓国、の順になりましょうか?
今の日本の国会がそれでできているとも思えます。中曽根内閣、そして細川内閣の時が一番凄かったそうです。
仕方ないのかもしれません?
私の場合、事を荒立てるのは損ではないかと、ただひたすらおさまるのを待つだけだと思っています。
たぶん、時が解決するのでは......
デジタル波だとかなり体にくるみたいで、帯電しすぎると発熱したり、神経関係をかなりやられるみたいです。
不整脈、もっとも病原体のもとなんて言う人も医者以外にはいるみたいです。

つづく

120 :つづき:2001/07/03(火) 21:53
近頃、東京都内では、よくある賃貸の下駄履きマンションの一階テナント部分に空きスペースを作って貸金業を入居させその隣の空きスペースに移動無線、携帯電話の中継基地を置くケースが有るみたいで、大きな送信器からケーブルで屋上アンテナに接続して一階の送信器からバチバチと高出力発信をかけている所もあるみたいです。
マンション一棟電磁場で覆われるようにも思えます?

なにか、良い防御策等ためになることが有るようでしたら是非教えていただきたく思います。

121 :ついでに:2001/07/03(火) 22:18
人間の頭が、昔のトーキーの時代の光電管です。
かなりの光電効果しかも電子レンジ.......

122 :名無しピーポ君:2001/07/04(水) 14:11
メディアに公開?>118
君は正気かい?
短刀直入に言うとまだ今は公開されないよ。心配しんでもね今は。
でも数年後にはメンツの一人の名前は出るかもしれないね。

まっ金がないからエスを作るのに電波使ってるってことじゃないの?
これって京都の公安だけだとも思うね。
五條署と警視庁だったら大きな差だなー。
ドキュンはやとうべからず!はっきり言って口だけ大きな口たたくだけ(ワラ

123 :名無しピーポ君:2001/07/04(水) 20:41
とりあえずアゲーっ
さてーバックギャモンでもやるべか。

124 :名無しピーポ君 :2001/07/04(水) 22:39
>121
頭が光電管のようというのはどういうイメージなんですか、それで光電効果というと?
素人にはちょっと面白い発想なので・・・・・。

125 :名無しピーポ君:2001/07/04(水) 23:17
光波じゃないんですが、
超音波で照準を定め違和感有る超音波波長に脳波を近ずけて無線機で
さらに波長同調させカジョー!カジョー!カジョー!
その後、無線機で大騒ぎ.....
で頭の中で無線電波の超音波の域がハンキョー!うるさくてこってし
まいます。
近頃の、害虫、ネズミ駆除電子機器みたいです。

126 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 00:12
普通は耳鳴りかって思うよね>125
でも具体的に電波を飛ばす機械があるなら早く公表して欲しいよね。
話がわき道にそれてるけど擬似的な精神分裂病を起こす装置について
公表されるのはいつかなー?
ここまで来たら脳波解読装置(遠隔操作の)を機密扱いしないで欲しいね。
その点k府警は立派だよー。情報もらしちゃうんだから。
そういう機械を悪用しないで身体障害者に対しても行うべきだと思う。

127 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 01:23
>126
他に何か困った事や気が付いたことはあるの。

128 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 01:38
昔の旧日本軍がやってたやつと同じみたいな電波キャチでしょうか?
頭ねらうので、かなりベテランみたいです。
真っ直ぐとばせる等の超音波の特性と無線機とオシロスコープを使って
超音波で物質波長をとらえ目標を定めてるみたいです。
かなり貫通させて定めてるみたいです。
精神的よりも神経やられてるみたいで、しかも、体ガタガタ、ヨレヨレ!

129 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 01:44
しまいには、念じ込みがかかるかも?
超能力者なんて言われたりして..!

130 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 01:54
私、殺られました

131 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 05:47
>128
昔の日本軍がやっていたと言うことは始めて知りましたが、
耳元かどこか解からないところから音がするとか
頭部に何らかの刺激を受けていると言うことですか。
体にも何らかの症状を訴えている人が今結構いるようですね。
犯罪なのか何なのか国の調査で原因を解明できないものかと思いますね。

132 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 10:52
電波盗聴、パソコンの打錠解析が覗きマニアの本来目的み
たいですが、どうゆう訳か近頃は、超音波で物質波長をと
らえ目標を定めて超音波と無線電波を過剰させて超音波の
域を反響させて、家庭の電気製品の集積回路、電動ファン、
ブラウン管、CRT、アンテナケーブル等、エネルギー反
応を起こす部分をねらって反響させている様....
幽霊現象の様になってその部分からや、耳の鼓膜から脳に
至り反響して入ってきたり、又、頭を狙うとまず超音波の
違和感有る衝撃波が頭蓋骨を貫通し脳波と無線電波が過剰
してやはり超音波の域が反響します。

電話回線も利用できるみたいなので非常に恐ろしいと思い
ます。

単なる嫌がらせと言うのではなく、貸金業の下請けをする
に当たって近頃よくやるみたいです.....
ちなみに、アマチュア無線では長時間連続して電波を送信
することはないはず。
アマチュア無線の交信では長くとも3〜5分程度送信し、
次に相手の局の送信を受信、受信しているときは電波の発
射を停止。このようにアマチュア無線では連続的に長時間
電波の発射を行うことはしないはずです。

アンテナキャチ等ベテランは無線機一つでかなりのとこま
で出来るみたいですが、超音波発信器もしくは、それらの
ことを容易にした無線機と一体となった超音波銃なるもの
が、ちかごろ広く売られて覗きマニアの間で出回っている
のでは?

まっ、自分がその様なことをされていると気がつけば洗脳
等は防げます。しかし、うるさいです。

133 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 13:18
超デジデンかけるデジデンかける〇〇〇で3過剰、波長当て名人!物質変換させるやつ?
モールスやってる人なんかは得意じゃないですか?

134 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 17:48
>132
私は電波や音響には素人なのでごめんなさい。
反響させていると思われるものは純音に近い音ですか、雑音に近い音ですか。

1)電磁波や低周波の発生しているような電気製品から指向的に音がでている感
じということですか。電気製品のモーターなどから出る本来の機械的な音には関
係しないような音ですか?

2)又それは頭部でも聞こえてくる?それは電気製品など外部から聞える,1)
と同じような音だと思われますか?

3)頭部が超音波域で反響するというのは、或る音にエコーが掛かっているよう
な感じということですか、それとも一つの純音が聞えているような感じですか。
単なる雑音がハウリングしている感じですか。または音以外の何かを頭部で知覚
している感じですか。

幽霊現象って、声は聞こえてきてはいないんでしょう。
その例えの現象は或る音か、知覚された何かが外部と頭の中をスルーに出入りし
ているようにといった感じでしょうか。

135 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 20:33
あのーいつからこの板はオカルトになったのでしょうか?
でも確かにこれが真実だと通常人から見るとオカルトかと思うわな。
メディアがこの装置のことをスッパ抜いたらそれこそ国がパニック
になるよ。このスレでメンバーの一人のこと書いたけどその人物を
探すことが出来てそいつを追いかけたら何か出てくるかもね。
その代わり裏の人間だから危険が伴うと思うけど。

彼らの使う手法の一つに擬似音を利用した自己催眠がある。
例えば生活騒音を出すたび電波で「逝け」などと音声を飛ばす。
その音がその人に入ると電波を飛ばさなくとも何らかの音がする
とその人には「逝け」と聞こえるワケだ。
もちろんその音は他人が聞けばなんの変哲もないただの生活騒音。
こうやって精神病院送りやその本人は自殺したりするわけなの。
手を汚さずにね。
これって他の県警はやってるのか知らないけど京都ではやってるよ。
本当の話。

136 :名無しピーポ君:2001/07/05(木) 23:11
>135
オカルトではありません。これほど全国的で大勢の人が超常現象ではおかしい。

京都でははっきりそうなっているという証言ですね。
こちらは関東のものですが、関東は恐らく何処でもそれができるようになって
いると思います。

或る特定人間が聞く対象にされていてその周辺でそうなって
いるのですね。どのくらいの人数に対してそうなのかは見当もつきませんが本
当の事を言わない人もきっといるでしょう。無作為的に適当に人を選んでやっ
ているのかもしれません。
それはまさしく軒先から人の声が、壁の或る方向から人の声が、機械の音に混
じって人の声が、宣伝のスピーカーに混じって別の声が、放送受信機のスピー
カーから別の声が、換気扇から人の声が、はなはだしいのは犬の鳴き声や猫の
声まで人の声に。同じ目的の一つのシステムですね。
しかも全国的に各地で同じような事があることから組織的ですね。

137 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 00:22
釜井のバカが荒らしてるようですね
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=future&key=989672516

138 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 00:25
↑関東ではどこでもそうなのですか?具体的に。
 私はそれに携わる人物を知ってるのですが京都だけしか知りません。
 実名を挙げたい所ですがメディアでは全く報道されることもなく、
 報道されれば・・と思ってます。
 もっともこの装置が日本に投入されて数年の段階で情報漏れが出て
 きましたから恐らく近い将来メディアに取り上げられ一般国民が知る
 ところになるでしょう。
 エシュロンが50年前に開発されてようやく新聞に取り上げられる
 段階ですから・・・・。
 ただ組織的であるのは事実です。
 

139 :釜井:2001/07/06(金) 00:32
「ものすごい生体兵器」
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=future&key=989672516

上記スレに書き込んだ釜井だけど、「荒らしてる」つもりなんて無い。
むしろ君は面識も無い赤の他人を「バカ」呼ばわりする事を
「恥ずかしい」行為だと思わないのかい?
それとも俺をよく知っているあっち方面のお方?(藁

140 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 07:17
>138
私のいくところ全てそうですからそう言えるでしょうね。ええ、実際にね。
声に関してだけいってもそれだけの場合が挙げられるし、関連で又別の方法が色
々ありますから。それらは全て行く先々に付いて回っているという事ですね。
少なくとも何処でもそうなるか、既にそうなってるということでしょうが。

日本でそういうことが始まったのが数年前ということですか、私の見聞きしてい
たことでは前のレスで挙げた例だけでも、ほとんどが20年以上前からあったも
のですよ。今の情況と同じに。他の人がその事に気がついていたかどうかは聞い
たことがないので、其のままにしていましたが。今ではやる方でも大部やり方が
派手になってしまいましたね。また今まで言い出しかねていた人など、それを
OPENにする人も積極的に言い始めているようで、その方がいいと思う。
やり方がとんでもないですからね。
この手のやり方だと学校のいじめ問題なんかとイメージがダブっていましたよ。
子供達に大人の影響はないかとか、子供達を通してやられていないかとかね。

141 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 07:38
>>135
鋭いねぇ(--

142 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 09:13
hakuti-sakkaku

143 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 10:22
こんなに愉快なヒトたちが増えてしまったのも
ゆとり教育の偉大な成果なんだろうなー
あるいは電波を神格化するヒトの増加は携帯電話の普及が一因なのかなあ。

こういう電波な人たちを食い物にして濡れ手に粟なコトできないかなー
「公安の電波から身を守る!」セミナー、グッズ、・・・
市場規模小さそう・・
例えば電波から身を守るために
いくらぐらいだったら払いますか?>被害に遭ってる皆様

144 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 12:26
物体波長に同調し過剰反応させて超音波の域あたりの衝撃波を反響させ
ているみたいです。
超音波だと金属板を使って電子ノイズにしたりしますよね?
なにやら、電気製品などに付いている電動ファンのベアリングノイズに
反応して反響したりするみたいです。でも、やはり耳から入ってくるみ
たいで、耳の感じ取れる音のサイクルの範囲内で、脳波の波長がちょう
どあうのでは?

考えてみれば、パソコンも集積回路で過剰させて文字や画像等をCRT
に映し出してるのでは.....

パソコン使っててノイズがコンデンサかなにかの中で過剰反応して物質
変換したような臭いにおいが自分に誘導されてちかずいてくるときてあ
りません.....

話は違いますが、
アメリカ軍のラジオ放送の極東放送(FEN)と、今はやりのITの波
長はどうでしょうか?

考えるときりがなくなっちやいます。

145 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 12:33
元々、無線通信での電波は、脳で感じ取る物なんて言う人います?

146 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 16:01
↑無線通信とちょっと異なるでしょう。無線でしたらその無線を
 キャッチできるはずです。

 >140 20年前ではないですよ。20年前に言っておられ
 た方は精神分裂病でしょう。

具体的に書いて申し訳ないですが京都の公安で現在電波を使用し
てる実行メンバーが上にあげてる報告は全くの虚偽ですよ。
3月に「あと2ヶ月で落ちます」って報告あったかも知れないけど
全くその気なしで驚きました。
一度公安部の皆様調査して見たらいかがでしょう?全く違う事実
が出てくるはずです。

また都道府県警の皆様、京都の公安が必要に応じて電波スパイし
ている事実をお知りですか?

147 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 16:11
公安じゃねーって(--メ
たかが公安に何ができる
組織全体だよ
そ・し・き・全体
警察も落ちぶれたもんだ
情けないね

148 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 16:52
>144
何処から音がするのかわかりにくいが確かに耳を通して聞えていることには間違い
がないと・・・。
その聞えてくる音自身は弱いながらもきっと直進性があって周囲の物に直進的に
反射を重ねて、何処に音源があるのか解かり難いのだと思いますが。私も簡単な
ペン形の蚊の撃退器で試した事がありますが、音はすれども何処からかさっぱり
方位がわからなかった。あの音を超音波?というかどうかわかりませんが、そう
いうのは一種特殊な音の出し方或いは特殊な音の一つと考えても良いかも知れま
せんね。音の進行方向を手で押さえて聞えなくしたり方向を違えて途中で反射を
カットすると音が消えたり。そういう簡単な物が200,300円で売られてい
ました。きっと直進性が高く物に反射した音が聞えてきていたのだと思います。
そう、ちっちゃな金属板が前にあり、それが共振し共鳴して出した音を発信して
いる構造でしたね。その共振作用が出力になってそれに金属板の音を乗せている
アイデアなのかな。それが蚊の何かと一致していて効き目があるという商品でし
た。効き目のほどはあまりよく解からなかった。

そうした特殊な或る音が、他の電気製品の振動音や駆動音の波で近似した周波数
のものにも干渉している??或いは逆に高周の電磁波が干渉する??それとも超
低周波が??其の辺はあなたの方が詳しいでしょうから。その音が電気製品から
発生しているのでしょうか。その音が頭の中にも入り込んだように、こもった感
じの音になって頭で聞いている感じになるということでしょうかね。

149 :名無しピーポ君:2001/07/06(金) 17:01
超音波は一般的に人に聞こえない音で15,000サイクル以上、
超音波は電波とも同じという人もいるみたいです。
耳で感じ取れるのは20〜20,000サイクル位でしょうか?
脳波は、安定してるときのα波で毎秒10位不安定なβ波だ
とどのぐらいまで行くか分かりませんが、長時間の帯電等
でかなりの影響を受けると思います。
頭部を狙ってくる場合は、超音波発信器から発せられる一
定の波長の超音波、その違和感と断続的な衝撃波で脳波を
超音波波長に近ずけて、無線機から高出力で発信して電波
と同調過剰させて反響している様。
疎密波だからでしょうか....
よく聞こえるどころかうるさすぎです。

売られている盗聴器類の盗聴周波数、 UHF 330〜450MHz
VHF 129〜300MHz WFM 76.0〜110.0MHz、  改造だと
1M〜2000MHz、
電波盗聴でも絶好の周波数帯みたいです。
マイクロウエーブだと波長1m〜400ミクロン、300〜750メガ
サイクルぐらいになりますか....

とにかく、電磁場、誘磁電流、を起こされてはかないません。
話は違いますが、

150 :釜井:2001/07/06(金) 23:08
>>147
俺も「組織」だと思う。
たまたまこの「公安」スレで書き込んでますが、実態は少し別だと思われる。
ただ如何せん「組織」側の人間ではないので、確実な情報は提示出来ませんが。

しかし、私の個人的体験からはっきり言える事は、
警察をも含むある社会組織でこの情報を隠蔽し続けている事です。
マスコミにこの情報を期待するのは、有る意味非常に厳しい。
ですから発生する事件、報道等を注意深く観察し、
隠された意図を推測し続ける事だと思います。

しかしこのような掲示板上で情報が流され続ける以上、存在が明らかになるのも遠くない。

151 :ピンキリ:2001/07/07(土) 00:11
あの、いきなり関係ないことなんですが、警察の無線の周波数はいくらぐらいなんですか?

152 :名無しピーポ君:2001/07/07(土) 01:10
>147 公安じゃないって言ってるけど、公安ですよ。
     公安と一言で言っても色々あるから。公安の
     職業も多種多様ですよ。
    
ここで書かれてる京都の公安が使用している電波は何でしょうかね(藁
人は話す内容でその人の教養とかわかるけど、病院送りやマインドコン
トロールしてる地道なお仕事をやってる人間はドキュソヤンキーと同じ
だから、もしからまれたとしても安心かも。
しかも自分が気に入らない人間をでっちあげてターゲットにしたりしてる
から自分が一番と勘違いしても無理ないのかもね。
ご愁傷さまなことです。
どこかの板で「ハクチ錯覚公安」って書いてあったけどそれって京都の
こと指してたんじゃないかしら?

153 :名無しピーポ君:2001/07/07(土) 01:19
でもホントニ疑問だわ。
ドキュソのおかげで他にばれてるかもしれないのに勝手気ままに仕事させて
る上司ってすごいと思うよ。
具体的に言えば他府県にまで出張させて違法行為(住居侵入や器物損壊等)
を黙認してるんだから。
客観的に見ればちゃんと報告受けてるのって思うよ。
でもそれが素人考えであってそれが許されるのも公安なのかもね。
国のために仕事してるプライドはどこにあるんだろ?

154 :名無しピーポ君:2001/07/07(土) 01:46
とりあえずピンぼけってことだな。

155 :名無しピーポ君:2001/07/07(土) 11:18
何を言うーっ!京都の公安は日本で1ばんっ!!

世界に羽ばたけっ京都の公安!

156 :パンダ:2001/07/07(土) 13:02
どうぞプレゼントです。
http://douga2.tripod.co.jp/shinrei.mpg
みんなにもコピペしてこの感動を伝えてあげてね!

157 :ゲシュタポ:2001/07/07(土) 20:10
この板のらりくらりと京都の公安の最下層と被害者のカキコ
が笑けますわ。
この装置の話が一般人が知るようになるのはいつの日やら。
やれやれ。

158 :ひがしやま:2001/07/07(土) 20:13
祇園祭りの警備の一環で電波あてまっくて危険人物
探してたらすごいね。

なーんちたりちて。

159 :ひがしやま:2001/07/07(土) 23:21
とりあえずアゲ

160 :名無しピーポ君:2001/07/08(日) 00:17
ていうか何か主張したいんだったらちゃんと物理とか生化学を勉強して
マイクロ波が人体にどういう影響を与えるかっていうのを学んでからに
しないとオカルトって言われちゃうよ。
思い込みで妄想を主張するのはまあ勝手なんだけどさ。
装置とやらの話も「一般人が納得できるように」科学的な根拠を示しながら
主張しないと効果ゼロだよ。

161 :名無しピーポ君:2001/07/08(日) 10:46
>160 マイクロ波ってお題に書かれてるけど現在それを特定することは
できないでしょ。例えマイクロ波を使っていてもその電波がメイン
ではなくて他にも様々な種類の電波があるから。
また素人が物理や生化学の勉強をしてもそれが無駄とは言い切れない
けど答えから遠ざかると思う。
けだしここでの問題はそのいわゆるマイクロ波等電波が京都の公安に
より使用されていることを告発に近い形で社会に問題提起してるから。
驚愕すべきなのはそのある種の電波を使用して人間をマインドコント
ロールしていることだよ。

私達一般市民は日頃からニュースや新聞等で情報に接してるけどもそ
れが全部ストップしてしまえばどうなると思う?具体的にマスコミの
報道規制により一般国民に知らされない事実もあるよね。
でもそういった類の事実はまだシステム上完備されてないインターね
ットで流れてることもよくあることだ。

けれども国家機密の装置で一般人が納得できるように科学的な根拠
を示すのは不可能に近いね。その装置に携わってる人間の垂れ込み
がないと。脳波を遠隔操作で読みとる装置は30年前に軍事的に
開発されてたけど学会では脳波からの意思伝達システムは95%。
これが表社会と裏社会の違いだな。

京都の公安もよくやるよー。感心感心。

162 :名無しピーポ君:2001/07/08(日) 13:36
うそっぽい
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□■■■■■□□□■■■■■□□□□■□□■□□■□□□■□
□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□■□□■□■□□■□□
□□■■■■■□□□■■■■■□□■□□□■□□□■□□□□□
□□■□□□■□□□■□□□■□□■■■■□□■■■■■■□□
□□■■■■■□□□■■■■■□□□□■□□□■□□□□■□□
□□■□□□□□□□□□□□■□□□□■□□□■■■■■■□□
□□■□□□□□□■□□□□■□□■■■■■□■□□□□■□□
□□■□□■■■■■■■□□■□□□□■□□□■■■■■■□□
□□■□□□□□□■□□□□■□□■□■□■□■□□□□■□□
□□■□□□□□■■□□□□■□□■□■□■□■□□□□■□□
□□■□□□□■□■□□□□■□□■□■□□□■■■■■■□□
□□■□□■■□□■□□□□■□□□□■■■□□■□□■□□□
□□■□□□□□■■□□□■■□□■■■□□■■□□□□■■□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

163 :名無しピーポ君:2001/07/08(日) 19:20
閉鎖しちゃうのおーっ?

164 :名無しピーポ君:2001/07/08(日) 23:04
マインドコントロールされた人間は「切れ切れ」って音声飛ばされる
となんかしらん状態になるらしいよ。
こんなこと書いたら・・・・・・
どーしよー祇園祭りいくのに刺されちゃうかもー。

165 :160:2001/07/08(日) 23:55
>>161
>マイクロ波ってお題に書かれてるけど現在それを特定することは
>できないでしょ。例えマイクロ波を使っていてもその電波がメイン
>ではなくて他にも様々な種類の電波があるから。

「イメージとして」電波を語るのは自分の脳内告発だけに
とどめておくべきで、仮にもメディアに問題提起を行いたいのであれば
電磁波という対象について、せめてマクスウェル方程式ぐらいは
知っておかないとまずいんじゃないと思うんだがどうか。

>また素人が物理や生化学の勉強をしてもそれが無駄とは言い切れない
>けど答えから遠ざかると思う。

どうしてこういう電波的な人はあくまで自分を「素人」の立場に
おきたがるんだろう。ちゃんと勉強すればいいじゃん。ちゃんと
学問修めればいいじゃん。なんでその手間を惜しむの?

>けだしここでの問題はそのいわゆるマイクロ波等電波が京都の公安に
>より使用されていることを告発に近い形で社会に問題提起してるから。
>驚愕すべきなのはそのある種の電波を使用して人間をマインドコント
>ロールしていることだよ。

ここの情報ソースをきぼーん。誰かの脳内告発は勘弁してね。

>私達一般市民は日頃からニュースや新聞等で情報に接してるけどもそ
>れが全部ストップしてしまえばどうなると思う?具体的にマスコミの
>報道規制により一般国民に知らされない事実もあるよね。
>でもそういった類の事実はまだシステム上完備されてないインターね
>ットで流れてることもよくあることだ。

インターネット上に流れる情報は規制できないことに同意。
しかし少しでも理系の素養がある人が見たら、まったくの噴飯もの
である情報が「告発」としてインターネット上を流れていることも
また事実。少しはもっともらしい理論的背景があれば楽しめるって
もんだけど、このスレとかの「マイクロ波でマインドコントロール!」
とかは全然根拠レスなんだよねえ。というわけで理論的裏付けのソースきぼーん。

>けれども国家機密の装置で一般人が納得できるように科学的な根拠
>を示すのは不可能に近いね。その装置に携わってる人間の垂れ込み
>がないと。脳波を遠隔操作で読みとる装置は30年前に軍事的に
>開発されてたけど学会では脳波からの意思伝達システムは95%。
>これが表社会と裏社会の違いだな。

この部分はタレコミなのか?情報ソースきぼーん。


166 :名無しピーポ君:2001/07/09(月) 08:51
↑ちょっとまってね。

 

167 :エセ関西人:2001/07/09(月) 10:49
>>165
マクスウェル?。
なんで?。
マイクロ波でマインドコントロールつーとるんやさけ、電波の性質より
むしろ、生物的な知識の方が重要ではないんやろか?。

物理の範囲でなんぼ勉強したかて、マインドコントロールなんていうの
ちーともわからへんよ。

168 :160:2001/07/09(月) 17:36
>マクスウェル?。
>なんで?。

なんで?マクスウェル方程式いらないの?
電磁波が伝播する仕組み理解しなくてもいいの?

>マイクロ波でマインドコントロールつーとるんやさけ、電波の性質より
>むしろ、生物的な知識の方が重要ではないんやろか?。

なんで?マイクロ波って電磁波じゃないの?
もちろん生物学も必須だと思うけど、
電磁波の性質知らないと「マイクロ波」が理解できなくない?
それともあれか、
イメージ先行「電気が波みたいになってるっていうかー」で頑張るのか?!

>物理の範囲でなんぼ勉強したかて、マインドコントロールなんていうの
>ちーともわからへんよ。

「生物の範囲でなんぼ勉強したかて、
『マイクロ波で』マインドコントロールなんていうの
ちーともわからへんよ。」(藁

169 :名無しピーポ君:2001/07/09(月) 18:22
>168マクスウェル知らないと理解不可能かい?

 とりあえず京都の公安の擬似精神分裂病の装置の悪用の
 第一歩として「脳波 意思伝達」でgooで検索してみ。
 それは学会レヴェルだけどね。

 えとねーこういった軍事目的的なものは一般人にはほと
 んど知らされてないわけよ。
 そのシステムを今から勉強して暴くっちゅうのは無理な
 話。

 ていうかね烏丸丸太町で「電波でマインドコントロール!」
 って叫んでみ。
 運よかったら電波飛んでくるかもよん!

170 :名無しピーポ君:2001/07/09(月) 22:49
気分転換に「アホ」の定義を書いてみよう!

「アホ」とは・・ドキュンのハクチ錯覚!!

171 :160:2001/07/10(火) 08:53
>>169
脳波による入力は研究として、あるいは一部超単純な情報のみ入力可能な
入力装置として実用化されているのは知っているが、
そこから「マイクロ波でマインドコントロール!」はちょっとデムパ的な飛躍だな。
例えて言えば、CPUの漏出電磁波から情報が得られたからといって、CPUを
外部からの電磁波で制御することは不可能、ということだ。

>えとねーこういった軍事目的的なものは一般人にはほと
>んど知らされてないわけよ。
>そのシステムを今から勉強して暴くっちゅうのは無理な
>話。

っていうかなんでこの手の人たちは「軍事目的的なもの」を神格化したり
電波を神格化したりと、自分の視界から外れているものを神格化するのが
好きなんだろう?
「いやー。軍事技術ってコワイねえ。そんな装置があったらコイズミもブッシュも
思うがままだね。俺が公安でこんな装置もってたら即刻公安の予算を
1000倍にするな。」
なんていうことは誰も考えないんだね。

172 :160:2001/07/10(火) 08:55
>>171
「コイズミをマインドコントロールして公安の予算を1000倍にする」
ってことね。

173 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 10:30
>171
>っていうかなんでこの手の人たちは「軍事目的的なもの」を神格化したり
>電波を神格化したりと、自分の視界から外れているものを神格化するのが
>好きなんだろう?

裏を返せばマスメディアから流れてくる情報や一般常識しか信じないって
事だね。加えて一部超単純ナ情報のみって書いてあるけどNHKのニュー
スで障害者の脳波からの意思伝達システムが行われてることが流れてたけ
思考のほとんどが解析可能だって。2、3ヶ月以内の9時のニュースでね。
問い合わせてみ。信じられんかったら。
不可能なんて断定しないでよ。ろくにニュースもみてないのに。

>っていうかなんでこの手の人たちは「軍事目的的なもの」を神格化したり
>電波を神格化したりと、自分の視界から外れているものを神格化するのが
>好きなんだろう?
思いっきり主観が入ってますな。日本は法治国家で憲法で表現の自由が保障
されてるから結構なお応え。

>「いやー。軍事技術ってコワイねえ。そんな装置があったらコイズミもブッシュも
> 思うがままだね。俺が公安でこんな装置もってたら即刻公安の予算を
> 1000倍にするな。」
> なんていうことは誰も考えないんだね。

大体こういう装置を開発するにあたってワクチン的な防護策を考える
というのが常識ではないのかね?一般人でも考えつくわな。
それで何で公安の予算を1000倍にするって事になるわけなの?
論理の飛躍だな。
でも優秀な人間には1000倍にしても国の発展のため構わないと思う。
だから軍事技術の開発とかに金をつぎ込むんでしょう。
一部のクズに金つぎ込んでもざるで水ためるようなもんだよ。


174 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 10:50
ここのスレッドの名前マイクロ波って書いてあるけど、マイクロ波では
なくてスカラー波ではないん?

スカラー波って一般人にはあまりなじみない単語だね。

175 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:25


京都公安のドキュンヤンキーは勘弁してもらいたいね。
自分の事賢くみせようとして教養ある人間の真似してるみたいだけど
どういみてもピエロにしかみえないぜ。
本人は四条あたりしきってるつもりかもしんないけど第三者からみた
らアホにしかみえん。
っていうかドキュンのお友達に「まかせとけ」っていうたかもしれん
けどいい加減からむのやめとけよ。

氷川きよし似の自称公安関係者にからまれたら要注意!!!!

176 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:31
このサイトでは、いまだ認知されていない"スカラー電磁波"を分かり易く説明しています。

"スカラー電磁波"と呼ばれるものは、ニコラ・テスラの"テスラ波"から旧ソ連時代にマインド・コントロール方法の研究に端を発し、やがてソ連崩壊後、元KGBや科学者などの提供による左翼組織の陰謀として、現在でも一般には知られることの無い犯罪として行われてきました。

177 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:35
3.電磁波攻撃に晒されたモスクワ米大使館
 1952年にモスクワの米大使館で、マイクロ・ウェーブを利用した盗聴装置が発見された。これは共振現象を利用したもので、金属カプセルにマイクロ・ウェーブを当てて共振させ、不可聴性周波数(230メガヘルツ)を発生させる。それを受信機で取り出して盗聴しょうという仕組みである。カプセルはソ連から米国に贈られてモスクワの米大使館に掛けられてあった米国の紋章(白頭鷲をあしらったもの)の中に、埋め込まれてあった。それを発見した米国は激怒して、国連にその紋章を持ち込んで抗議したが、今日ではこのような盗聴手段が行われているかどうかを探知できる装置が開発されている。

 このモスクワの米大使館はソ連の盗聴作戦の一大標的とされたが、1960年代初めには、大使館の反対側のビルから電波が大使館に向けて照射され始めた。電波照射は1979年まで続いて米国の抗議により停止されたが、その目的についてはいまだに明かになっていない。

178 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:37
 50年代の初期には、ソ連はモスクワのアメリカ合衆国大使館に、合衆国大使を目標に定めて、弱いマイクロ波照射を始めた。これは、アメリカ合衆国の注目を最高のレベルで浴びること保証付きの事件であった。目的は、新たな技術でアメリカを刺激し、大使館側でどのような反応をするかを見るためのものであった。

つまり、大使館での私たちの技術的な反応を見ることによって、私たちがWhittaker (注)ポテンシャルや、包含された電磁基礎構造やKaznacheyev電磁誘導性疾病などについて知っているかどうかを「大使館への刺激」を通しソ連は知ることができたのである。私たちのスカラーに対する対応が完全に欠落していたため、私たちは自分たちが通常の外部的電磁場のみについてしかまだ知らないということを、ソ連政府に明確に示したのである。私たちは、その決定論的内部構造が細胞生物学的情報を構成している包含電磁Whittakerポテンシャル波について全く知らなかった。この隠された場の情報内容とは、三人の大使を含む大使館職員全員に特殊な疾病を発生させるためのものであった。

(注)Whittaker波、Aharonov-Bohm効果、および隠された変数−Whittakerの1903年論文は現代量子力学の(Bohmの)隠された変数理論(HVT)に先立っている。 1904年のWhittaker論文(これは遠距離においてすら・スカラー電磁気ポテンシャルの干渉が電磁気力を作り出すことを示したもの)もまた、Aharonov-Bohmの生産的な1959年の論文に先立っている。これは、電磁場力んの全く存在しない中で、Whittakerのスカラー干渉計効果に関する彼らの予言といったものや、力場についてよりも、むしろ電磁気ポテンシャルについてを第一としたものであった。

  「Grabitobiology(1991)」(トーマス・E・ベアデン)

179 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:44
>178,179
こういう電波が京都において本当に行われていたら大きな問題
だね。
マスコミは1部しかこの問題について動いてないものね。

180 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:48
私は10ヶ月前インターネットにEMRマインド・マシンの文章を載せたが、最近このマシンが実在することを証明する、より明白な事実が浮上してきた。この事実は、EMRマインド・マシンのマイクロウェーブ波動が兵器として使用可能であり、アメリカ全土の多くの罪のないアメリカ人がハラスされ傷つけられていることも実証している。92年に公にされた「マイクロウェーブ・ハラスメント及びマインド・コントロール実験」というレポートによると、腐敗した役人の手によって虐待される多くの人の例が述べられている。著者はジュリアン・マキニー、前アメリカ軍情報将校である。

 FBIのスポークスマンでさえ、FBIにもラジオ波ウェーブで攻撃されている、或いは(又は同時進行で)ボイスが聞こえる(脳の中で)と訴え、保護と援助を求める人々から膨大な陳情書が来ていることをオープンにしている。このような実例はマキニー女史のレポートにも記載され、さらには私の最初の文「プライバシーと思考の自由」の内容の正当性を証明している。特にマイクロウェーブ・ボイスは人を発狂させる目的で使用され、運転中の人を苦しめるために車の中にも電磁気ウェーブ発生機が取り付けられることもあり、これは運転している間も同じ様なマインド・コントロールを経験させられたことから、何名かの犠牲者により実証された。(これらの犠牲者はアメリカ西海岸から東海岸まで各地に点在している。)

 この種のケースが今も起きている理由は何であるか?
 また、彼等は少人数の腐敗役人グループの手による極秘の被害者なのであろうか?
 なぜ、我々の社会はそれに気付かないのだろうか?
 今日、我々の社会が直面している問題は重大である。この社会に住む人々を救うために、皆さんの援助が必要とされている。すべての市民がこの危機をはらむ問題を知り、そして、このようなマシンの使用を規制する規制法を設けるよう、議会に働きかけて欲しいと思う。これが「人民のための、人民による、人民の」国家である我が国を守る唯一の方法である。EMRマインド・マシン(ノンリーサル・ウエポンも含む)及びこのマシンで我々市民に危害を加える少数腐敗役人の持つ危険性は無視できない。これは直ちに阻止せねばならないが、それを可能にするのは皆さんのような責任感のある市民の力である。

 私の名はアラン・ユー、前職は台湾国防省陸軍中佐。11年前アメリカに移住し、その後市民権を取り、アメリカ市民になった。人権とアメリカの生活を脅かす脅威について、皆さんに知って頂きたいと思い、筆を取った。この容易ならぬ脅威は、「マインド・リーディング・マシン」(読心装置、マインド・マシン)として知られる装置である。この装置が使用されることは、合衆国憲法で保障される最も基本的な人間の権利を侵害し、さらには「生命、自由、幸福の追求」を謳う独立宣言の神髄をも損なうことになる。

181 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:49
「マインド・リーディング・マシン」とは何なのかという疑問が出ると思う。異なった時期に、政治背景が違う二つの情報源から情報が出ているが、いずれもこのマシンが存在することを報告している。

 証拠第1:70年代サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙(南華早報)に「アメリカのメリーランド大学は他人の思考を読む事の出来る思考リーディング・マシンを発明した」という記事が出た。この発明の当初の目的とは、警察が大きな交通事故の調査をする際の補助であった。つまり、交通事故で重症を負い、昏睡状態、植物人間になった人に対して使用し、事故の発生状況を調べるというものである。CIAはいち早くこの発明を聞きつけ、特許を買い取った。

 証拠第2:84年春、陸軍中佐として台湾国防省(国防部)に勤務していた頃、国防省から回ってきた極秘文書を読んだ。その文書は台湾軍警察省はアメリカから思考リーディング・マシンを購入していたことを示唆していた(台湾での呼び名はサイコロジカル・ランゲッジ・マシン)。文書はマシンが故障し、その修理のための部品をアメリカ側に要求するものだった。私が台湾を去るまでには、このマシンは警視庁のヘッドクオーターや軍警察省、国家保安調査局等の台湾保安関係では頼りになる兵器となった。

182 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:50
このマシンはどのようなもので、いかにして発明されたかを説明したい。まず説明を必要とするのは、このマインド・マシンはEMRであるという推論の根拠だと思う。

第1の理由・私は台湾のマインド・マシンの犠牲者の一人を知っている。彼は私が台湾を去る直前の時期に、マインド・マシン・グループに追跡攻撃されていた・1988年当時35才の彼は「心臓衰弱」で死亡。自然死とは絶対に思えない。知り合った当時、彼の健康状態は良好で、死亡当時彼は大隊指揮官であった。彼はマイクロウェーブ兵器で攻撃され、「心臓発作」か「心臓衰弱」を起こしたと推論される。フレイ博士はこの種の殺人技術を、自分の実験から導き出し報告している。これは後で記述する・。

 このマインド・マシンにはどの種のウェーブが用いられているかはすでに議論したが、結果から言うと、木、ブロック、金属、コンクリートに浸透し通過するタイプの照射波である。台湾のアパートや家屋は全部ブロック、コンクリート、金属で建てられており、内部の壁もコンクリートとブロックでできている。これは台湾が地震地帯であるためだが、つまり台湾では、この種のウェーブを用いるマインド・マシンを除くと、人間の思考を遠隔から検出できるものはないということである。

第2の理由・バイオ・サイエンスによると、人体に浸透する能力があり、また生体機能に関わる唯一の波は電磁波である。

183 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:51
第3の理由・マインド・コントロール研究を行なうロシアの最高研究所は50年代から60年代に電磁波実験をした。ロシアはまず電磁波はマインド・コントロールに使用できることを発見した・朝鮮戦争の捕虜は、尋問された時、一種のロシア製電磁波マシンが自分達に使用されたと言っている・。

第4の理由・CIAのマインド・コントロール(人間の行動変化)実験の過程として、リサーチャーはワイヤーの付いた電気ロッドを動物の脳に当て、電気を通して脳のどの部分がどのような反応を起こすか調べ、脳地図を作成した。ステファン・オルドリッチ博士は被験者をリモート・コントロールするため電気シグナルやラジオ波シグナルを使用したり、電気ロッドを動物の脳の特定箇所にインプラントする実験を行なった。

 何名かの被害者から報告されている他の極秘リサーチに、脳の中にトランスミッターをインプラントされ、思考の全てを陰謀者に読まれていたというのがある。が、この犯罪を議論する前に、被害者の思考を遠隔リーディングするのに依然ラジオ波が使用されているのかという点を論じたい。

第5の理由・ジョゼ・デルガード博士のESB(電気脳刺激)実験により、マインド・コントロールの大きな可能性が実証された。1キロメートル先のハエを発見し、25マイル先の人間を追跡できるレーダーがある。そのためこの種の正確なレーダーを併用し、EMRビームを集中照射して、ESB効果と同様の心の操作が可能であると言うリサーチャー達がいる。(ベッカー博士、ページ319)

184 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:52
 70年代中盤、デルガード博士は研究対象をESBから、電磁場やそのバイオロジカル効果の方に転じた。博士はELFを使用し、モンキーに睡眠や躁の行動を起させた。さらにESBで生じたモンキーの感情を、ELFを使って変化させることにも成功している。

第6の理由・マイクロウェーブ周波数を使用し、人間の脳に話し言葉の伝達が可能である。またラジオ波で・一行不明・・・人を催眠状態にしたり、思考を変化させたりできる。

第7の理由・ELFで人間の思考を抑圧したり、行動、感情、意志を変化させたりすることが可能である。これが、このマインド・マシンは、電磁気照射波(EMR)使用であると私が信じる根拠である。

 そこで立ち返ってEMRマインド・マシンの機能やどのような経過で発明されたかを見てみよう。前記のレポートの信憑性を証明する他の情報源がある。左記の情報はジョン・マークス著『マンチュリアン・キャンディデイトを探して』から得たもので、この本はCIAのマインド・コントロール分野と人間行動修正への関心と研究についての記録である。CIAのマインド・コントロール・プログラムは49年からスタートし、その中で最も悪名の高いプログラムがMKULTRAである・マークス、ページ22・。50年12月、CIAの科学者モース・アレンはリッチモンド・バージン病院の「エレクトロ・スリープ」マシン実験を聞きつけた。電気ショックや薬品を使用せずに人を深い眠りに落とすことができると予測し、このマシンを購入した(マークス、25)。

185 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:53
 53年、NIH所属のリサーチ科学者ジョン・リリー博士は脳の研究を行なっていたが、博士の研究目的は、脳のどの部分が身体機能のどれを司るかを発見することであった。電気的刺激を用いて猿の脳を刺激し、脳のどの箇所が痛覚、恐怖、不安、怒り等をコントロールするかを発見した。また、雄の猿の勃起、射精、オーガズムを司る脳の箇所を発見した。CIAはこの実験を調べ、リリー博士に接近した。博士は短期間CIAに協力し、その後関係を断った。彼はCIAが自分の研究を利用して、人間の脳に電気ロッドをインプラントし人間をリモートコントロールする電気機器を開発する可能性があるということに我慢がならなかったのである(マークス、142・143)。

 59年のアレン・フレー博士の報告によると、マイクロウェーブ周波数は聾唖者でさえも聞く事ができる言葉を伝達することができる(同博士の論文)。

 60年代CIAは、モスクワの米国大使館に向け、KGBが低周波電磁波を照射していることを発見したが、これは電磁気によるマインド・コントロールだと危惧された。

 同時期CIAの研究開発室に勤務していたステファン・オルドリッチ博士は、リリー博士の手掛けた研究を引き継ぎ、そして彼のグループは多くの画期的な開発を行なった。その開発の成果として、動物の脳内にインプラントした電気ロッドを通し、動物の行動を遠隔コントロールするのに成功している(被験者は人間の可能性もあり)。61年には彼等は「我々には装置生産の能力がある」と言っている。同年11月のCIAの白書には、「何種類かの動物の行動を遠隔操作する実験がデモされた・(黒塗り箇所)・。このテクニックを人間に使用することもいずれ検討されるであろう」とある(マークス、209)。

186 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:54
 右記の情報は、CIAエージェントないしはマインド・マシン・オペレーターは、その気になれば、不可視の波動照射を様々に駆使し、人間の脳をいたぶる十分な知識を実際に持っていることを示している。

 60年以降ロシアでは超常現象を研究する7ヶ所のラボが開設されている。MBPSのバイオ・インフォメーション部の部長コーガン氏は、遠方からの暗示、都市範囲の広域テレパシー、あるいは「ビーム」暗示で催眠術的に睡眠に落ちた人を覚醒させる実験を行なっている。他のソ連の研究として、思考リーディングとコントロールの両方の目的で、人間の脳から発生する電場を記録するというのがある(フリーマントル、ページ98)。

 右記の情報から導き出されることは、KGBがすでに思考リーディングの道具としての機器に電磁照射(EMR)を使用しており、CIAはそのテクノロジーをかぎつけ、当然のことだが類似のテクノロジーを開発し使用しようとした。研究に遅れを取った科学者は、いつも一歩先んじている科学者から学ぶものである。

 もし、ロシア人が人間の心を読むための道具にEMRを使用することに成功しているとしたら、不可視でコードも要らず証拠も残さないこのテクノロジーの類似ものを、CIAも使用していると考えても不思議でない。CIAのMKULTRAプログラムにおいて、50年代60年代のCIAの人間行動コントロール実験のため、メリーランド大学やジョージタウンが利用されたが、その他にも大学を含む80ヶ所もの施設がCIAに利用された。

 また、CIAは医学研究分野のヒューマン・エコロジー調査のための資金援助をした。ヒューマン・エコロジー・リサーチは67年以降は、「ヒューマン・エコロジー調査ソサエティ」の後援でカナダでも行なわれるようになった。

187 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 15:58
右記の情報から判明することは、電磁気波は人の心を読むマインド・マシンTRMの主要テクノロジーであるということだ。べッカー博士が研究に勤しんでいた頃、そのような昔にすでにEMRマインド・マシンは出来上がっていた。携わる科学者達の研究ゴールは何なのかを分析すると、EMR使用を通じて単に人間の思考を理解するという域はとっくに越え、もっと先の地点に至っていると思われる。彼らの目的というのは、人間の心を変化させ、人をコントロールするテクニックの開発である(最初のステップとして、人が何を考えているかを知らなければ、人の心を変化させようなどは無理である)。そして、兵器としてのマイクロウェーブ・テクノロジーを進化させることが次の目的である(拷問の道具として使用可能である)。

188 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 16:02
↑何か2ちゃんねるの警察関係のレスで自慢げに人を発狂させる
事が出来る機械を警察が使用してるってあったけどもしかして
このことも関係してるのかな?

189 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 16:07
>>188
そんなキティの言う事を真に受けてはいけません。
こんなスレを読んでいてはいけません。

社会復帰できなくなりますよ?

190 :名無しピーポ君:2001/07/10(火) 20:57
>>189
  社会復帰出来なくなるってそれこそ嫌がらせっぽいね(藁
  おもしろそーなネタ。とりあえずアゲ

191 :名無しピーポ君:2001/07/11(水) 11:04
っていうか防御策は何やろ。
このケースは音声飛ばしてんの誰なん。
あんまり京都の公安の暗部に触れると棺桶用意されるよ。
おーこえええええーーーーーーーっ。

192 :名無しピーポ君:2001/07/11(水) 11:10
>177から>187まではパナウェーブからの転載。

193 :名無しピーポ君:2001/07/11(水) 11:20
こんなん書いてあった(転載)

125 名前:名無しピーポ君 投稿日:2001/05/01(火) 20:42
ある警官に、人間を発狂させて、暗殺できる機械があるから、
おまえもなれといわれた。

194 :名無しピーポ君:2001/07/11(水) 20:34
あげ

195 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 00:56
つうか、やるならクスリ使うほうが早いやろ。
『心臓マヒ』
なんでワザワザ発狂させてから殺す必要があるのかが不明。

196 :釜井@ギャングスター:2001/07/12(木) 01:16
最終的にはマインドコントロールがあるのでしょう。>>195
この辺に関してはまだはっきりとした事は、「組織」側でないので判りませんが、
ある意思の元、このマインドコントロールによって「造られた」事件も在るのではと思っています。
「組織」そのものが判明していない段階で断言するのは危険かも知れませんが。

197 :160:2001/07/12(木) 03:27
もうどうでもいいや。すみません。僕は組織の一員でした。
組織はすごいんだゾー。マインドコントロールや
光量子バイオコンピュータ、磁力回転装置なども実用化しているんだ。
組織をなめるなヨー

198 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 07:45
>>197
ナメちゃーいねーが、おイタがすぎるんじゃーあーりませんきゃぁー。

199 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 10:32
>>197 組織をなめるなよーって言いながらもうどうでもいいやって
いうのはある意味矛盾やね。だったら京都公安のマインドコ
ントロールのこと世間に公表すれば?
>装置とやらの話も「一般人が納得できるように」科学的な根拠を示しながら
主張しないと効果ゼロだよ。

あなたが組織の一員なら一般人に分かるように話してほしいね是非!!
それから電波の範囲とかね!(ワラ




200 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 10:42
>195
>>なんでワザワザ発狂させてから殺す必要があるのかが不明。

私が思うには今まで書かれてきたような擬似分裂病の装置を使
って正常な人間を精神病院送りにしてたんだけどあまりにその
装置の効果が絶大なのでその装置の効用を利用して人間をコン
トロールすることにしたんじゃないのかな。
なぜなら都合がいいことにマインドコントロール失敗したら精
病院送りで証拠隠滅。反対に証拠隠滅のために病院送りにしよ
うとしてあわよくばマインドコントロール出来るから。

っていうかこれって京都の暗部だね。思いっきり。
事実だったらの話だけど・・・・。

201 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 10:46
あのう・・公安って警察の警備部の公安課のことなんですかね?
公安っていっても公安調査庁もあるしね。
それでここのスレにある公安って「フダツキ」合わせたら何人
位いるんだろ。
その組織の末端ジャリも含めてね。

202 :こら!:2001/07/12(木) 11:17
基地外殲滅!

203 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 13:09
そのためにはどのような対策をとるんですかね?

204 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 13:30
管轄外スレから転載
12 名前:名無しピーポ君 投稿日:2001/06/15(金) 16:53
マイクロウェーブもどきは管轄外でもとばせますよーん!

205 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 20:44
>>マイクロウェーブもどきは管轄外でもとばせますよーん!

マイクロウェーブもどきってマイクロ波以外の電波のこと?
おまけに管轄外でも飛ばせるってスパイ衛星とか使ってるってこと。
でも信じられないね。携帯電話みたいに世界各国からでもアンテナ
さえあれば電波飛ばせるって。
結局電波の範囲は半径Xキロメートル以内でないか。
いやーマインドコントロールしてる人間って基地外っぽくて怖いよ。
こんなこと書いたら祇園祭りの時刺されそうだよー。
で、京都の公安って全国的にみてレヴェルはどれくらいなんだろ?(藁

206 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 22:08
京都公安のマインドコントロールって結局手法はどんなんなんかな?
そういうのを行ってる人間はマインドコントロールされた人間か公安
の協力者がやるんかね。
大卒公安警察官はいかないセクションだわな。
本当の話だったらの話(藁

207 :名無しピーポ君:2001/07/12(木) 22:10
京都の公安って高卒ドキュンのかたまり?(藁

208 :名無しピーポ君:2001/07/13(金) 00:02
電波自慢する奴はさらしあげ!

209 :名無しピーポ君:2001/07/13(金) 16:30
どっきゅーーーーーーーーーーーーーーんっ!!

210 :名無しピーポ君:2001/07/13(金) 16:32
>>150
そのとおりだね

211 :名無しピーポ君:2001/07/13(金) 23:37
公安の末端ジャリってやっぱ祇園祭りにウヨウヨいるんやろなー。
皆さん末端小僧にからまれないようにねー。
ドキュソやのに勝手に錯覚して絡んでくるから。
って公安の末端ジャリは何人くらいいるんやろー?
明日もデンパ飛びまくりーーーーーーーーーーーーーーーーっ!

212 :名無しピーポ君:2001/07/15(日) 21:02
age

213 :名無しピーポ君:2001/07/15(日) 21:22
559 名前:544 投稿日:2001/05/28(月) 07:00
>>557
仕事の前に〜。

うれしかったこと〜 「お巡りさんありがとっ!」って言われたとき。

へこんだこと〜 新任のときのこと・・・
1 交通事故見分のとき、交通整理にあたってたら
 夢中になってたらしく、ちょっと車道に出過ぎてみたいで、
 対向車の存在が分かってなかったんだ。
 クラクションはビービー鳴らされるは、その場で指導員からこっぴどく怒られるはで
 かなり立つ瀬なしでした。
2 初めての変死の現場で、私語一ヶ月位の腐乱姿態でした。
 異常なほどの臭いとハエの多さ。
 部屋の中だったんで、いろいろ捜査してたんだけど、
 そのときやたら「臭い、臭い」と連発してしまった。
 先輩からどやされて、
 「上司は何も言わずに遺体に一番近い所で検分してるのに、
  おまえが臭い臭いいってどうする!仏さんにも失礼だろ!」
 そのとおり・・・かなりへこんだ。
 その後、仏さんの近くで検分補助やってたら、靴底のゴム(!)に
 腐敗汁がしみこんで3週間靴を洗剤溶かした水につけないと臭いが取れなかった。

恐怖体験〜 「電波」の飛んでる人の相手。いつ刺してくるか分かんないし。
 あー、今んとこ他に思いつかないなぁ。

あ、やばいやばい、仕事に遅れますので、いってきますー。

214 :名無しピーポ君:2001/07/15(日) 22:49
デンパの飛んでる相手って基地外のことー?
本物のデンパもあったりして(藁

215 :nanasi:2001/07/16(月) 17:14
なんかどきゅん臭い・・・・

216 :名無しピーポ君:2001/07/17(火) 16:59
んー電波ネタは切れたね。とりあえず京都で公安や関係者にからまれると
電波あてられるよ。
やっぱ京都の公安は関西らしくべたべた。
かなり負けん気強いね(ワラタ
次回のべたべたな演技期待してまする。
前にも書いたけど京都にいるゲシュタポ犬は何匹かっとるのだ?
京都の公安は管轄外でも平気で動き回るって噂だよ。
皆様もお気をつけて!!!!!

217 :名無しピーポ君:2001/07/17(火) 17:13
この装置は立派な生体兵器だね!!

218 :nanasi:2001/07/17(火) 21:14
祇園祭りお疲れ様でした!

219 :名無しピーポ君:2001/07/18(水) 15:52
なんかおもろいことないかねー?
とりあえずベタベタなことー。

220 :名無しピーポ君:2001/07/18(水) 16:26
別の板(ちくり・裏情報)の「心を読み取る装置」とかなりリンク
するけど、あちらの板で言う「裏の組織」って裏だけじゃなくて
表の顔ももちろんもってると思う。パラレルに民間企業と考えて、
裏で悪いことよくしてるよね。
例えばNECとか軍事関連の仕事もしとるわなー。
また、全く違うけど例えば北朝鮮の拉致問題を取り上げて見ても
警察庁は拉致情報を事前にキャッチしてたわなー。

こういう風に考えて見るとその装置があったら警察知らんはずな
いと思うし、持ってても全くおかしくないとも思う。

もしこの装置について知りたい方や公安の末端ジャリにストーク
されたい方、暇な方、勇気のある方は烏丸丸太町の角で「ゲシュ
タポ犬になりたい!」「冷たい屑ポテト食いたい!」等と言って
みましょう。がちがちにモニターとられてるし、心配しなくても
チェックされます。だはははーーーーーーっ!

221 :名無しピーポ君:2001/07/18(水) 22:44
アゲ・・・それは「運命!」

222 :160:2001/07/19(木) 01:26
http://www.nikkansports.com/news/society/p-so-tp0-010714-01.html
これはどうよ。

223 :名無しピーポ君:2001/07/19(木) 22:00
56 名前:1%? 投稿日:2001/04/11(水) 14:22
実際に、分裂症患者が言うような状態に陥れて社会的に孤立させる
ことは有りえるかも?でもなあ、その手の話の99%は本当に分裂症
関係だと思うしな・・・そこが、目の付け所かな。。。。実際にその手の
話をしている人に合うと(仕事柄)物事を突き詰めていくと、こしらの質問に
対しての答えが辻褄あわないんだよね。。。1%の人、くじけずガンバッテネ!!

224 :名無しピーポ君:2001/07/19(木) 22:05
これってこのスレとリンクするね。
「裏社会への接近(上巻)」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=police&key=995469138&ls=50

225 :名無しピーポ君:2001/07/20(金) 21:00
裏社会プロジェクトは一先ず中止ね。
撤収ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!

226 :名無しピーポ君:2001/07/21(土) 13:45
アゲ

227 :名無しピーポ君:2001/07/21(土) 22:52
電波(スカラー波)で音声送ってるヲタは公安の雇われ協力者でしょう。
その音声の内容がマインドコントロール的なもので例えばターゲットを
抹殺するためにワザと切れさせたりするんですよね。
でも人間を基地外にさせて切れさせるのはドキュンが行っても無理のよう
な気がします。反対にからかわれて変なことされたりしてー?
こういう電波で神経をコントロール出来るならドラッグ的なこともでき
るんじゃないかなー?
電波でボルテージ上がりっぱなしの公安末端ジャリカップルいたら藁ける
よねっ!

228 :名無しピーポ君:2001/07/21(土) 23:07
ここにマイクロ波関係の話しているキモイヲタ連中は全員オカルト板
にでも逝ってくれ(ワラ)もしくは電波板な(ゲラ)理由は言わなくても
分かるよな?臭っさくてキモイ警察叩きヲタ君?

229 :160:2001/07/22(日) 01:54
>>228
禿しく同意。
まあ俺は公安で組織の一員でフリーメーソンなもんだから
ここにくだらねえことを書き込んでる奴等全員の脳内に
2.45GHzマイクロウェーブ飛ばして水分子沸騰させるぐらい楽勝だけどな。

230 :名無しピーポ君:2001/07/22(日) 22:48
>230 じゃやれば?でもマイクロウェーブではないでしょ。
>>まあ俺は公安で組織の一員でフリーメーソンなもんだから

  ってこの文章読んだら君の知能レベルがわかるよ。
  もしかしてヒステリカルな人間??
  
   この話がホントで音声飛ばしてるのがドキュンなら
   まずマインドコントロールは不可能だわな。
   その理由は客観的に明白だわ(藁

231 :160:2001/07/23(月) 10:19
>>230
相変わらずよくわからないんだけど、
「音声飛ばす」ってどういう意味なんだろ。放送するってこと?
FMで?AMで?脳内受信機は両方対応してるのかな。いや不思議。人体の神秘だね。

232 :名無しピーポ君:2001/07/23(月) 22:01
>231
>>FMで?AMで?脳内受信機は両方対応してるのかな。いや不思議。人体の神秘だね。

ラジオじゃあるまいし・・・・。ちゃんとスレのレス読んだ?
いや不思議。パナウェーブに問い合わせてみるべし。
おもろいんだこのスレッド!

233 :名無しピーポ君:2001/07/24(火) 19:34
>>管轄外スレから転載
12 名前:名無しピーポ君 投稿日:2001/06/15(金) 16:53
マイクロウェーブもどきは管轄外でもとばせますよーん!


って管轄外でも飛ばせるってことはNシステムと関係あるのかな。
でもNシスは直接的には全く別個のシステムだからね。
なんか関係ありそうだけど。
まースパイ衛星でフセインの居場所や地下室等がわかる時代だか
ら、一般市民の動向なんぞ簡単に探査できても不思議じゃないか
もねー。

234 :1:2001/07/25(水) 21:45
こんばんわ。1です。
レスでマンションを嫌がらせされて追い出されたって書きましたが
マンションを追い出されて実家に帰る途中、烏丸三条のスターバッ
クスに入ったんですね。
その時、オジンと兄さんがスタバに入ってきて何も頼まずマグ販売
のトコロでにやにやしながら見てました。それからしばらくして出
て行きました。これって京都の公安の人だったんですかね?
オジンはほとんど白髪まじりの短髪、シルバー系のブルゾンにスラックス。
年齢は50歳すぎ。サングラスかけてたからよくわからんけど顔は小さめ
体格は細身の割には筋肉質。一言で言えば淀に通ってるオヤジでやけに目
つきがいい人って感じ。
一方、相方の兄さんの方は20歳代でドレッドかピンパーマかけてたね。
今は短髪かもしれんけど顔はやけに童顔。一言で言えばドラマの北の国
からに出てくる田中邦衛の息子役、言い換えればOOOの中ハイの宣伝
にでてくる奴にソックリ。
こいつらって公安の人間かい?

235 :名無しピーポ君:2001/07/26(木) 20:38
京都公安の協力者(男)は知恵遅ればっかりしか雇えないようだな。
確かに協力者はやりたい放題。
他の県警の無線まで傍受する始末。
金ないんかしらんけど電波や特殊な装置使ってせこいことするなよ。
まさかそれでS作ったりしてないだろうな。
100人の知恵遅れより1人の優秀な人間の方が仕事できると思うぜ。
あんまりやりたい放題だとブンヤにつつかれるぜ。

236 :名無しピーポ君:2001/07/27(金) 03:47
マインドコントロールからの脱出
http://www.geocities.com/Tokyo/Towers/6057/mind10.html

237 :名無しピーポ君:2001/07/27(金) 22:10
知恵遅れがいばりくさっとる京都の公安の覆面パトのナンバー
は京都ナンバー以外あるのん?

238 :名無しピーポ君:2001/07/28(土) 00:58
>>237
詳しく書いてあるよ
http://www.incidents.gr.jp/0104/yamazaki010412/yamazaki010412.htm

239 :名無しピーポ君:2001/07/28(土) 04:20
>>238 のリンク先みたいな連中こそ
「マイクロウェーブで」「音声飛ばして」マインドコントロールすべき対象だと思うがどうか。

240 :名無しピーポ君:2001/07/29(日) 03:46
>>235
ブンヤもマインドコントロールすりゃーいいじゃねえか。頭悪いな。

241 :名無しピーポ君:2001/07/30(月) 21:18
>240 ぷぷぷっ広義のマインドコントロールにかかってるよ。
     ちゃんと考える力をもちましょう。
     それともマインドコントロールの定義について考えて
     みるか?
     まっ知恵遅れにゃ無理だわな

とりあえず京都のノーマライぜーションはご立派です!!

242 : :2001/07/30(月) 22:38
>>1
公安じゃなくて事情を知ってる暇人だと思う

243 :名無しピーポ君:2001/07/31(火) 17:48
>241 広義のマインドコントロールって何?
   さしつかえなければ教えていただけませんか。
   あと「ブンヤをマインドコントロールすれば」
   うるさくつつかれることもないんじゃないの?
   なんでやんないの?

244 :名無しピーポ君:2001/08/03(金) 20:27
>243 広義のマインドコントロールとは一般的に群集心理を利用する
     ことです。かなり抽象的な表現ですけども・・・。
     具体的に言えばニュース報道による世論コントロールですね。
     ニュースはNHKといえども限られた時間の中でどのトピック
     をセレクトするかという時点で主観が入るわけです。
     また有名な事例で55年体制の崩壊で細川内閣が発足しまし
     たがNステでコメンテーターを反自民党ばかりそろえて報道
     し情報コントロールが行われていたのではないかと久米さん
     が参議院で証人喚問されましたね。

    > あと「ブンヤをマインドコントロールすれば」
    > うるさくつつかれることもないんじゃないの?
    > なんでやんないの?
    
    稚拙で端的過ぎて申し訳ないですが圧力がまずかかりますよね。
    法治国家といえども。表現の自由を重視して放置国家ならばよ
    いのですが・・・。
   


   

245 :1:2001/08/03(金) 20:47
まんこ!

246 :名無しピーポ君:2001/08/04(土) 07:19
>244 群集心理はわかったけどそれと>240がどう関係あるの?
     あと

    > 稚拙で端的過ぎて申し訳ないですが圧力がまずかかりますよね。
    > 法治国家といえども。表現の自由を重視して放置国家ならばよ
    > いのですが・・・。

     日本語が意味不明だが、まあそれはともかく、上のは
     ブンヤにうるさいこと書かれないように「マインドコントロール」
     するってことなんだけど。もし体制側が「マインドコントロール」
     なんていう便利なものを持ってるんだとしたら、圧力なんてかけないで
     素直にブンヤを「マインドコントロール」すればいいじゃん、ってこと。
     それをなんでしないかっていうと、「マインドコントロール」なんて
     ものは存在しないからだ、って主張したいんだけど、御理解いただけるかな?

247 :名無しピーポ君:2001/08/04(土) 21:37
>246
>>244 群集心理はわかったけどそれと>240がどう関係あるの?
    
ブンヤはマスコミの一翼でしょう?どう関係あるのかお分かり
      になりませんか?マスメディアには何の機能があるんでしょう。
      端的に言うと主要機能の中に一般大衆に情報を送るという機能
      があるでしょう。付け加えると一般大衆は群集とイコールです
      わな。

     >>日本語が意味不明だが、
    
     ああ、すみません洒落のつもりで言葉遊びをしたまでです。
     法律を勉強した方ならすぐわかるでしょう。
     でも、この文章がお分かりにならないのなら国語を勉強し
     た方がよいのでは?中学生の現代文がよろしいかと。

248 :名無しピーポ君:2001/08/04(土) 21:56
>>なんていう便利なものを持ってるんだとしたら、圧力なんてかけないで
     素直にブンヤを「マインドコントロール」すればいいじゃん、ってこと。
     それをなんでしないかっていうと、「マインドコントロール」なんて
     ものは存在しないからだ、って主張したいんだけど、御理解いただけるかな?

     逆の論理ですね。でも少し論点がずれてますよ。辛口に言えば論理のすり替えです。
     このスレッドの話がマジネタと仮定して文章を組み立ててるわけです。
     246さんはこのスレッド全部読みましたか?
     マインドコントロールが可能な装置について読んで下さい。
     お分かりになると思いますよ。
     何故ならブンヤに直接電波あてたりしたら情報を収集、発表するのが
     ブンヤの仕事なんですからスッパ抜かれる可能性が高く危険ですわな。
     当たり前の話過ぎてお分かりにならなかったのでしょう。
     中学生みたいな素朴な疑問に簡潔に答えるのは逆に難しいものだと痛
     感しました。ご理解頂けましたか?
  
     とりあえずsageで行きますか?
     これって京都の公安がやってることについてのスレッドなんだけどな
     んだか最近違う方向にいってるね。
     これこそ情報コントロール!ある意味マインドコントロールなのかも
     ね!!(藁
     このスレッド嘘と本当が混同してると思うから気を付けて。
     火のない所から煙はただずっていうしね!

249 :名無しピーポ君:2001/08/05(日) 21:49
>242 私も同意。
     公安捜査官は忙しいと思うし、アホでもできそうな仕事を
     関係者にまかせてるんじゃないかな?
     それがそもそもの間違いなんだけどな。
     事の重大性に気づかぬ人間は組織に迷惑かけるだけだから。
     干されておしまい。
    

250 :名無しピーポ君:2001/08/06(月) 10:24
ふむふむなるほどねえ。じゃあひとつひとつ順番にいこうか。

>247=244=241
240は235の意見「あんまりやりたい放題だとブンヤにつつかれるぜ。」に
対して、「マインドコントロールなんて便利なものがあるんならブンヤを
マインドコントロールすればいいじゃねーか」と主張したわけだ。もちろん
電波によるマインドコントロールなんてものは現代科学で説明できない
ものである以上オカルトであることは明白、という裏があっての皮肉ではあるが。
それはともかく、この「ブンヤをマインドコントロールすればいいじゃん」
ていう意見に対して

>240 ぷぷぷっ広義のマインドコントロールにかかってるよ。

ときたわけだ。で、

>244 群集心理はわかったけどそれと>240がどう関係あるの?

に対して

>ブンヤはマスコミの一翼でしょう?どう関係あるのかお分かり
>になりませんか?マスメディアには何の機能があるんでしょう。
>端的に言うと主要機能の中に一般大衆に情報を送るという機能
>があるでしょう。付け加えると一般大衆は群集とイコールです
>わな。

??さっぱり関係がわかりません。解説してもらえませんか?
連想ゲームではないですよね?(藁

251 :名無しピーポ君:2001/08/06(月) 10:36
>248
>このスレッドの話がマジネタと仮定して文章を組み立ててるわけです。
主語がないので文意が不明瞭だけど、この文の主語は君でいいんだよね?
もしかしてこれって「君自身のローカルルール」なのかな?(藁

>マインドコントロールが可能な装置について読んで下さい。
>お分かりになると思いますよ。

残念。全然わかりません。このスレの「解説」はすべて
理論的根拠が皆無なオカルトでしかないようにお見受けしますが。

>何故ならブンヤに直接電波あてたりしたら情報を収集、発表するのが
>ブンヤの仕事なんですからスッパ抜かれる可能性が高く危険ですわな。

ほほう。すると貴方のいう「マインドコントロール」ってのは
相手の心をコントロールしたりはできないんですか?
それって「マインドコントロール」って言うの?(藁

あと付け加えておくと、「電波攻撃を受けている!」と主張される方は、
どうして「自分の脳が不自由である」可能性を考慮されないんでしょうか?
それが不思議でなりません。
「頭の中で声が聞こえる?そりゃアンタの頭がおかしいんだよ。」
と普通の方ならこう考えると思うのですがどうでしょうか?

252 :名無しピーポ君:2001/08/06(月) 11:37
>>251
>「頭の中で声が聞こえる?そりゃアンタの頭がおかしいんだよ。」
>と普通の方ならこう考えると思うのですがどうでしょうか?

電波で操られてるなんて主張自体普通じゃない証拠ですが、
自分は普通じゃないという自覚すらないほどの人に向かって、
普通はこう考える、なんて主張する事の不毛さは理解できませんか?

253 :釜井@ギャングスター:2001/08/06(月) 12:19
>251
あのね、この手の装置はあるよ
「噂の結節点 」
http://hypermacbeth.freeservers.com/index.html

公安かどうかは知らんが、俺はかなりの部分まで知ってる。
それに此処に書く人は一応それが何か判って書いているから、
それを知らぬ他人がどうこう言ったって、始まらない。

254 :名無しピーポ君:2001/08/06(月) 21:35
>250 さっぱり分からないのならまず文章力として小学生の国語を勉強して
     下さい。具体的に書いた答えに対して抽象的にさっぱりわからないと
     言われても困るよ。
     貴殿の言葉の理解力には疑問を持つね。
     何故なら言葉の裏の返しかたがドキュン的だから(2ちゃんねる風に)
     逆もまた真なりという言葉をそのままとっていうんだね(藁

255 :名無しピーポ君:2001/08/06(月) 21:44
>251
>248
>このスレッドの話がマジネタと仮定して文章を組み立ててるわけです。
主語がないので文意が不明瞭だけど、この文の主語は君でいいんだよね?
もしかしてこれって「君自身のローカルルール」なのかな?(藁

このスレッドのローカルルールです。主語は「このスレッド」です。
「このスレッドの話を本当だとして」と、ちゃんと書いてあるんで
すが・・・。付け加えるとこのスレの話とは京都公安のマイクロ波
使用についてですな(藁
文章力は小学生からです(今日の毎日新聞から)

>>
残念。全然わかりません。このスレの「解説」はすべて
理論的根拠が皆無なオカルトでしかないようにお見受けしますが。

そうあなたが感じるだけでしょう。あなたはきっと新聞とニュース
しか信じない人ですね。そういう人間ほど精神錯乱状態に陥りやす
い。またさっぱりわからないのならお答えしますよ(藁

256 :名無しピーポ君:2001/08/06(月) 21:56
>>>何故ならブンヤに直接電波あてたりしたら情報を収集、発表するのが
>ブンヤの仕事なんですからスッパ抜かれる可能性が高く危険ですわな。

>ほほう。すると貴方のいう「マインドコントロール」ってのは
>相手の心をコントロールしたりはできないんですか?
>それって「マインドコントロール」って言うの?(藁

貴殿は言葉の理解力にかけるね。
マインドコントロールが数時間の内にかかればいいが長時間かけて
行う場合に気づかれてスッパ抜かれる可能性があるよと言ったまで。
ここから拡張解釈になるけどマインドコントロールは本来気づかれ
れば実行は難しくなる。俗的に言えば頭のよくない人が頭の良い人
間に対してコントロールするのは難しいとも言えると思う。

>「頭の中で声が聞こえる?そりゃアンタの頭がおかしいんだよ。」
>と普通の方ならこう考えると思うのですがどうでしょうか?

それを前提にしての話でしょう?
でも変に具体的だねこのスレ。ある程度の情報調査力があれば
臭いものでてくるんじゃない?本当の話だったらね。
とりあえずパナウェーブやサピオにこの手の話が載ってたりす
るから読んでみてはいかがでしょうか?
全く理論的根拠がないわけではないと思うのが私の意見。
雑誌にも顔だすようになったんだからね。

257 :名無しピーポ君:2001/08/07(火) 02:13
>>255
>>このスレッドの話がマジネタと仮定して文章を組み立ててるわけです。

>このスレッドのローカルルールです。主語は「このスレッド」です。
>「このスレッドの話を本当だとして」と、ちゃんと書いてあるんで
>すが・・・。

いや、誰が「組み立てている」のか聞きたいんだけど。君じゃないの?
まさかスレッドが自発的に??

>全く理論的根拠がないわけではないと思うのが私の意見。
全く理論的根拠がないと思うのが私の意見。疑似科学はやめようよ。

>>252
いや、不毛なことはわかっているんですが、電波を受信しちゃった人の信念が
これほどまでに頑ななものだとは、と感動して観察している次第です。すみません。

258 : :2001/08/07(火) 10:32
>>253
かなり的確!
ほぼ正解でここで電波といわれてる人も今までの情報から納得できると思う
結構辛いんだよね、こういう状態になると!(受信中
2CH立ち上げを賛成したかいがあった(電波

警察OBめオウムの里(都幾川村)への潜入捜査でミイラ取りがミイラになりやがって(危電波
県警も暴力団と癒着してるし(同電波
小川警察署なんか酷いものだぞ、西入間、東松山、深谷、熊谷各署もそうだが
部落問題と癒着とオウム、その他の問題が重なってヒドイ時期だった・・(過去電波

259 :釜井@ギャングスター:2001/08/07(火) 17:34
>258
冷静に判断して「これ」を理解された方と、お見受けします。
私もこの問題を判った人達が今後も増えるよう、書き込みを続けようと思っています。
なにしろ法的にも現実的にも認知されていない極悪非道の無差別攻撃だからです。

が、「あっち」側の情報には十分注意されたほうが良いでしょう。
マインドコントロールが最終目的である以上、彼らが正論を伝達する必要は無い訳です。

260 :257:2001/08/07(火) 17:47
いや。別に既存技術ベースでの追い込み屋とか地上げ屋とかは沢山いるだろうし、
別にどうでもいいんだけどね。
問題は、
「電波で」or「マイクロ波で」脳内に音声を「飛ばし」たり「マインドコントロール」したり
というくだりなのよ。それは明らかにオカルトだし、被害を主張するにしても
説得力が激減するよ、って言いたいんだけど。

261 :釜井@ギャングスター:2001/08/07(火) 17:56
既存技術ベースであっても、未公開技術であっても、
そういった対人マインドコントロール攻撃は、
いまだ認知されない裏攻撃に違いは無いでしょう。

音声攻撃の被害者の方達がこれだけ存在する以上、
まずはこれら人格攻撃に関して、どうでもいいって事は言えないとおもいますが。
そのへんどう捕らえて書き込んでいるのでしょうか?
>>257

262 :257:2001/08/07(火) 19:20
>>261
全然違います。スピーカーを部屋にしかける、って話は
実現可能な話で説得力を持たせることが可能だけど、
「電波攻撃のせいで頭の中に直接声が聞こえるッ!」ていうのは
未公開技術なんかではなくてオカルトに過ぎないので
基地外に認定されてしまって説得力が激減するよ、ってことです。

>音声攻撃の被害者の方達がこれだけ存在する以上、
>まずはこれら人格攻撃に関して、どうでもいいって事は言えないとおもいますが。
>そのへんどう捕らえて書き込んでいるのでしょうか?

別に被害を受けている訳でもないし金銭的損失を被っているわけでもないので
個人的にはどうでもいいです。電波でマインドコントロールできる、っていう
理論的根拠を探していたのですが、convinceさせられるソースは全然ないし。

263 :釜井@ギャングスター:2001/08/07(火) 20:27
これら「マインドコントロールテクノロジー」はオカルトでは無いです。
基本的に情報管理されている事項なのだと思っています。
第2次大戦中より各国で対人人格攻撃の研究は行われていたのです。

タヴィストック研究所
http://www.tavinstitute.org/
>タヴィストックのスタッフは第二次世界大戦中、イギリス軍に組み込まれ、
>イギリス軍・心理局を形成した。
>タヴィストック研究所の前身、タヴィストック医院は1922年、
>イギリス軍・心理学者によって設立され、
>彼らはここで帰還イギリス兵の「ショック・トラウマ」を研究したのである。
>第二次世界大戦後、タヴィストック研究所は「心理軍隊」
>(ジョン・ローリングス・リーズ所長の言葉)を世界中に派遣した。
>それは社会を一定方向に向け、洗脳し、世界政府を作り上げるためであった。

情報がかなりの部分で管理された問題だから、表面化しにくいと思っています。

264 :257:2001/08/07(火) 22:05
>>263
自己啓発セミナーからオウムをはじめとする宗教系の方々のご活躍によって
「マインドコントロール」という用語も定着したようですが、
「マインドコントロールテクノロジー」がすべてオカルトであると
言っているのではありません。
「電波によるマインドコントロール」がオカルトだと言っています。

265 :釜井@ギャングスター:2001/08/07(火) 23:28
オウムとはある意味、体制側に利用され尽くされている存在だと思っています。
この「マインドコントロール」の情報が彼らの上だけに、
存在するかのような印象を受ける人が多く見受けられますが、本質は違います。

これら遠隔的対人知覚攻撃は絶対に存在するのです。
私はその技術を完全に「電波」と特定した訳では無いのですが、
この攻撃手法がオカルトでは無い事は、絶対に確信を持って言える事なのです。
これが非合法的集団の手によって無制限使用されている現在、
全く危険な世界であるとしか言えない。
真実が公表されるまで私は、書き続けます。

266 :257:2001/08/08(水) 01:56
>>265
>この「マインドコントロール」の情報が彼らの上だけに、
>存在するかのような印象を受ける人が多く見受けられますが、本質は違います。
そんなことはないでしょう。多くの組織(会社含む)でマインドコントロールと類されるであろう
テクニックが使われていることは衆人の知るところだと思いますが。

>これら遠隔的対人知覚攻撃は絶対に存在するのです。
そこまで断言するなら、その根拠を示して欲しいものです。
例えば釜井さんの体験された事実を少しでも教えていただければと思いますが。

267 :釜井@ギャングスター:2001/08/08(水) 22:36
音声現象の個人的な知覚と、意味不明の集団ストーカーの追跡が同時発生した事です。
この音声知覚攻撃と、ある集団の行動とが、リンクし続けていることに、非常に危険性を感じています。
場所は長野県”飢堕死”です。
以下のサイトの内容に非常に近い分野(不動産、建築)の犯人を、かなりの確度で特定しています。
「噂の結節点 」
http://hypermacbeth.freeservers.com/index.html

268 :257:2001/08/11(土) 20:27
>>267
それが
>あと付け加えておくと、「電波攻撃を受けている!」と主張される方は、
>どうして「自分の脳が不自由である」可能性を考慮されないんでしょうか?
こうでないと主張できる客観性のある根拠を提示してもらえませんでしょうか。
書き込みから判断するに、ある種の精神病の可能性は排除できないと
お見受けしますが。

269 :名無しピーポ君:2001/08/11(土) 20:37
257さん
あまりに無知なので少し勉強なさってはいかがですか?
精神操作についての研究はアメリカで1950年代から始まってるのは
明らかですよ。MKウルトラというコードネームもご存知ではないでしょう。
オカルト好きみたいですから。
かつては薬物によるマインドコントロール等でしたが当時から脳波の測定や
電波によるマインドコントロールについての研究も進んでいたみたいです。
文献はCIA関連の本を読めば載ってますよ。
日本のNシステム関連のお勉強もなさってはいかがかと。
日本はアメリカの傘下ですから公安にもその技術が用いられても不思議でない。
あなたは証拠を出せと言うがそのようなことを言うのが不思議でならない。
それはあなた自身の中で解決していただきたいものです。
すぐにワカリマセンばっかりじゃ議論にすらならない。

270 :釜井@ギャングスター:2001/08/11(土) 21:46
>257
おまえのほうがある種の精神病であると、私は断定する(藁
「電波攻撃を受けている!」とだれが、明言しておるのか?
俺の被害は俺自身が一番分かっておるわボケ!
可能性の話をしている時に、特定個人への精神病攻撃かい!
おまえ二度と書き込まんでもええぞ、糞ガキ!
文句があるならメールで書いてみろや!

分からん奴は、黙っておれ。
口出しする奴は、調べてからにしろ。
--------------------------------------------------
と、口調を変えて書いてみた。
この手の被害者を舐めるような書き込みは止めたまえ。>257
俺自身は「犯人」に近い人物を特定できつつあるから、
おまえに何を言われても平気。サヨナラ

271 :名無しビーボ君:2001/08/11(土) 22:13
1は電波発生源か?

272 :257:2001/08/12(日) 14:51
>>270
>可能性の話をしている時に、特定個人への精神病攻撃かい!
あくまで可能性を提示しただけですが。

>音声現象の個人的な知覚と、意味不明の集団ストーカーの追跡が同時発生した事です。
>この音声知覚攻撃と、ある集団の行動とが、リンクし続けていることに、非常に危険性を感じています。
この現象を説明し得る客観的な仮説を考えるにあたって、もちろん
釜井さんの主張なさる
(1)闇の組織の手による攻撃
も考えられますが、それだけでなく当然
(2)当事者の精神病による妄想
も想定しなければ到底理性的とは言えないでしょう。
それを前提とした上で、釜井さんの書き込みからは(2)の可能性を排除できる
だけのクレディビリティが存在しないので、もし可能ならば(2)の可能性を
排除できるだけの信頼性のある書き込みをお願いしたい、と主張しているのですが。

273 :257:2001/08/12(日) 14:55
おっと。日本語がヘンですね。ごめんなさい。
誤:釜井さんの書き込みからは
正:釜井さんの書き込みには

274 :257:2001/08/12(日) 14:56
あともう一つお伺いしたいのは、
その「闇の組織(公安?)」は、釜井さんを攻撃することによって
どんな利益があるのでしょうか?
趣味で攻撃するほどヒマなんでしょうか、彼ら。

275 : ◆ue5/H2lY:2001/08/12(日) 15:34
(-。-)y-゚゚゚

276 :名無しピーポ君 :2001/08/12(日) 21:17
ある思索

本来、目撃者でもあり観察者でもある体験者は観察しえた事実を指摘するだけで
足りるのであり、その事実を説明する為の理論が正しいかどうかは、この場合、
偶然選ばれただけの体験者には求められてはいない。理論の正しさを求める適当
な相手は専門家になるだろう。今、その信ぴょう性はこの問題に対する国や科学
者に向けられている。

問題の指摘者に難点があるとしたら素人の理論では上手く説明できない説明不足
や錯誤にあるのであり事実の存在そのものにあるのではない。

飽くまで事実は事実として存在しているだけであり,その事実の原因結果は国の
科学者の説明責任(理論)の範囲のものである。

だから、体験者の説明中の不確かさ(信ぴょう性云々等は)は、この問題を提起
されている、国であり科学界の問題だ。

その事実と直接には関わらない他の病理論によってのみ、その事実自体の信ぴょ
う性が直接云々されるものでもない。原因の一つとしてそれも可能性が全く有り
得ない訳ではないというだけの話しで。
其れだけで全ての可能性が確かめられるわけでははない。可能性は他にもあると
いうことだ。其うした態度こそが謎をもつ事実に対する科学の姿勢だ。

問題があるにもかかわらず、国が、科学がこの点に沈黙している責任が問われる。
その責任は捜査であり調査に当たる。その結果、始めて指摘した事実に対し誰も
が納得しうる合理的説明を形成する。合理的に、客観的に説明する責任はは国で
あり科学にある。

安易な否定はむしろ”逆オカルト”に見えてくる。
オカルトが無いものを信ずるとしたら、逆オカルトは在るものを頑なに信じよう
としない。これもおカルト同様に危うい事なのかもしれない。

277 :釜井@ギャングスター:2001/08/12(日) 21:53
>257
特定人物との直接接触による問題解決に向けた行動を既に取り始めているので、
あんたのような赤の他人に状況説明するのも煩わしい。
俺は「闇の組織(公安?)」とも言ってないしな。
おまえ267見たのか?
こいつらの事だ。「追い込み屋」

とにかく客観的、現実的に集団ストーカーの追跡が、
発生しているのだからあんたの言う妄想説はあり得ない。

★この問題を信用できなくて、被害者を病人にしたいなら、黙っていたほうが良い。

278 :257:2001/08/12(日) 22:45
>>277
>特定人物との直接接触による問題解決に向けた行動を既に取り始めているので、
>あんたのような赤の他人に状況説明するのも煩わしい。
それは残念です。私は是非状況の詳細を知りたかったのですが。
そして、状況の詳細を通してこそ

>とにかく客観的、現実的に集団ストーカーの追跡が、
>発生しているのだからあんたの言う妄想説はあり得ない。
という主張の信憑性を確認できると信じていたのですが。

>★この問題を信用できなくて、被害者を病人にしたいなら、黙っていたほうが良い。
誤解があるようですが、私は釜井さんを病人にしたいわけではありません。
単に事実を知りたいだけです。この件に関しては色々な可能性が存在する。
もちろん組織的にストーカーを行う集団が存在する可能性もあるが
一方で病気による妄想の産物という可能性も否定はできない。もし
妄想でないなら詳細な矛盾なき事実を記述なさることも可能だと思った次第です。
もし集団ストーカーが存在するなら、彼らは一体何のために
活動しているのか、というあたりについてはどうお考えですか?

>>276
>本来、目撃者でもあり観察者でもある体験者は観察しえた事実を指摘するだけで
>足りるのであり、
何が「足りる」のでしょうか?

>飽くまで事実は事実として存在しているだけであり,
異常な観測結果に対してはまず第一に「観測機器」を疑うのが
正しい科学者の態度です。この場合は「体験者」になりますね。
そして追試や検証など、世界中で叩かれて、生き残ったものだけが
「科学」として残るのです。

>安易な否定はむしろ”逆オカルト”に見えてくる。
追い込み屋などの否定はしていませんよ。否定しているのは
「電波によるマインドコントロール」だけです。
これは既存の物理学・生物学の枠組みからは説明できないものですので。
もし既存の枠組みにとらわれない新しい物理学や生物学を提唱されたいのでしたら
ご自由にどうぞ。ただしその理論が実験結果を説明できる範囲が既存の理論を
越えない間は「疑似科学」として扱われることを覚悟しておいてください。

279 :名無しピーポ君:2001/08/13(月) 00:11
>>276
>本来、目撃者でもあり観察者でもある体験者は観察しえた事実を指摘するだけ

>足りるのであり、
何が「足りる」のでしょうか?

科学者では無いのです。過大な期待をされても困ります。事実を見たり聞いたり
したままを記録するだけで、其れ以外に説明がいりますか。それが信じられるか
どうかは第三者の選択の問題です。そして真実かどうかを判定するのは科学者の
役目です。
そして其れ以上の何物でもありません。

>そして追試や検証など、世界中で叩かれて、生き残ったものだけが
「科学」として残るのです。

◇そうでしょうね、有り得ない事実を観測した場合は通常観測者(機器)が疑わ
れるでしょうね。
あたなは科学者ですか。只、追試や検証は科学の役目で一般人の役目ではありま
せん。一般人としては事実があると指摘しているだけです。それ以上を一般人に
期待するのは過大な期待でしょう。
事実の存在が科学によって検証されて一般に認められればそれはまた公認された
科学にもなるでしょうね。新しい事実の検証には既存の科学理論を演繹した推論
も必要なものと思います。

>これは既存の物理学・生物学の枠組みからは説明できないものですので

◇否定するだけの確かな根拠がなく他の可能性まで否定してしまうとしたら、オ
カルト信仰と同じように、それは逆に或る事実に対するオカルト的であるように
思えるのです。
追いこみ屋なるものが存在しているかを、私は知りません。
またマインドコントロールであるかも解かりません。
言うところの事実が未知であっただけに、既存の学問の範囲外ということですね。

◇事実を示しているだけで、それをどう理解するかは第三者の判断です。
事実の存在の可能性云々を言っているのではありません。未知の事実を以って学
問の新しい説を唱える積もりもありません。学問の論争では無いのですから事実
を説明するのに特別理論など必要はありません。だから事実を疑似科学とみるも
のでもありません。ですからその覚悟も必要がありません。ただし、既存の理論
の範囲というところがちょつと気になりますが。

◇飽くまで観察された事実を指摘しているのみのことです。

280 :257:2001/08/13(月) 02:41
>>279
なるほどなるほど。概ね同意します。その上で、
>◇事実を示しているだけで、それをどう理解するかは第三者の判断です。
判断材料をもっと提示して欲しい、と主張しているのです。
提示された材料だけでは事実なのか妄想なのか判断できないので。

281 :257:2001/08/13(月) 02:44
>>279
また、事実のみを記述されておられるのでしたら、なぜ
>こんちは。マイクロ波使用は公安部のスパイ関係の本で読んだだけだった
>けど地方警察もやってると思わんかった。
などという自信満々な記述が可能になってしまうのでしょう。
みなさんは「マイクロ波によってマインドコントロールされている」という
「事実」をどのようにつかんでおられるのでしょう。非常に謎です。

282 :名有りピーポ君:2001/08/13(月) 07:33
よく解りません。

283 :釜井@ギャングスター:2001/08/13(月) 12:30
>「疑似科学」として扱われることを覚悟しておいてください。

覚悟しておいてください とは偉そうな奴だ。
おまえが高所に立ったような態度で人を見下して書いている理由は、
これら対人攻撃の詳細を知っているのではないのか。
情報管理されていたら、そっち側の人間以外には理解出来ない事だってあるだろ。
おれは馬鹿ストーカーに追われた経験を目撃し、「音声」が同時発生した経験を持つだけだ。
事実の経験で判断して行動を取り始めているのだから、おまえに話す事は無い。
この問題は、被害者のみが良く理解できるから、被害者同士で情報の交換をしているわけだ。
おまえのような奴がつべこべいわんでも、もう十分相互に理解できる所まで来ている。

★さらに重要な事を書いておく。
★むしろ俺の追及を、攻撃者の特定人物が「覚悟を決めて」脅えはじめている。

284 :名無しピーポ君:2001/08/13(月) 17:25
個人的体験を第三者が事実として認めるために

<個人的体験を何をどのように提示すれば第三者はそれを事実として了解可能か>
貴方を含めた第三者がその体験を事実と判断し得るために、体験したどのような
事実をどのような方法で提示したらいいか。
その体験を提示す場合に、今まで一般には未知だった事実を第三者が満足に理解
し得る為には何か必要な条件があるか。

<個人体験でしかない事実に関して>
問題になる点は、それが個人的体験としての事実であり、その事実はこれまでの
物理学では教えられなかった知識に基づくものであり、またそれが新しい技術の
応用によるものであったとしたら、その未知の事実を今までの物理の知識のみで、
第三者がどれほどに理解をし得るか。それはその道の専門家にも言えることでし
ょう。

<その事実の科学的信ぴょう性に関して>
誰が如何にして其の事実を科学と判定しうるだろうか。
従来の物理で未知であったものを現在のまま、科学と認めようとすれば、貴方だ
けではなく、他の多くの第三者も、恐らく既存の物理知識の範囲内で理解せざる
えないものと想像する。其れで果たして今まで未知だった事実が理解可能か。理
解の為には従来の物理知識以外の新しい知識の獲得とその事実を理解するための
新しいアイデアとその事実を探求する為の新しい方法を模索する必要性を痛感す
る。

<問題の多様な捉え方>
他方面から問題にアタック。
その科学性について以外に、事実の存在に関してだけなら、多くの体験事実の統
計確率的な面からの予測判断は或る程度出来そうな気がする。

<まとめ>
繰り返すが、その体験は事実として一般には勿論物理学としても未知だったもの
であり、しかも其れを理解する為の物理知識が、既存の知識のみしかないとした
ら、貴方にとっても未知だった他人の体験でしかないその事実を、貴方自身はど
うやって正確に理解し得るでしょう。ここは是非、或る先入見は取り払って欲し
いところ。もし越えられない壁があるとしたら、それはひょっとしたら、先入主
の存在だ。

更に個人の体験によってしか知り得ない未知の事実を客観的に担保する再現は、
提起したその体験の一回性でしかない。賢明な人なら想像できるでしょうが、こ
の事実の体験はリアルタイム的なものであり、再現し難く又事実の記録も難しい
面が有る事に留意したい。
その代わり、個人体験の客観性の脆弱さを補強するであろう傍証が、他の被害者
による同様の証言として各地に存在しているのです。

285 :名無しピーポ君:2001/08/13(月) 18:01
>281
「事実」をどのようにつかんでおられるのか、

少し話しが長くなるので 1),2)と分けてお話ししましょう。

1)
その人の其れまでの経験や知識から、体験した事実の原因や理由として、自分の
場合はこれだと確信に近いものを考えるのはその人にとっての真実となるのでし
ょう。

其れで個人々が体験した事実を、ある人は、マイクロ波と説明し、ある人はマイ
ンドコントロールと説明する事になるのです。従って同じような体験であっても、
各人により色々な説明の仕方が存在することになるのです。

或いは実際に、或る事実がその人の言った原因や理由と一致する場合もあるかも
しれない。
しかし、体験している事実は皆同じようなものでその違いはないはずのものです。

只、体験した事実が在る以上原因や理由に色々な可能性のあることを否定出来ま
せん。今のところは、個人的見解は、その人の体験と、その人が其れまでに持っ
ていた知識による、その人の推測の範囲に未だあるものではないかと。

正直言って事実については、その人の体験した事実が述べられていたとしても、
その原因や理由は正確には未だだれにも解からものなのです。しかし、その反面、
現実にそうした体験が在る以上、、誰もが一切を解からないのではなく、何処か
で幾人かは、それらの原因や理由を、確実に知っているということは間違いない
事実でしょう。

286 :名無しピーポ君:2001/08/13(月) 18:02
>281
「事実」をどのようにつかんでおられるのか、

2)
そんなわけで、其れがマイクロ波であるのか何なのか。
またそれがマインドコントロールを意図したものかどうか、そして何処で、どの
ような組織的によって、他にはどのような方法を用いて・・・・等は今もって定
かではないのです。個人的に原因や理由は色々に推測はします。それらは全て考
えられる候補の一つには違いがないのですが、最っと他の多くの事実を勘案し、
それらを総合的に判断した上で、個人として決定しなければならない事が多い。

専門家ではない普通の一般人には、マイクロ波もマインドコントロールも、それ
が事実というよりは、真相はまだ闇の中といえる。

但しこの場合でも、私の立場で言わせもらえば、個人の体験事実には、何らかの
電波が関わり、それは個人的、社会的に何らかのコントロールが意図されたもの
だろうという予測はしている。が、第三者が其れらを納得し得るような、公共性
をもった知識やその体験事実を考える上での原理、及び事実に関連する他の適切
な各種情報等を、私は、目下のところ、持ち合わせていない。
この点、他の被害者共々ご協力をお願いしたい。

若し、それらの事実が、違法行為として、又物理現象として法律学的、社会学的、
医学的、物理学的、生物学的、心理学的な面で関心の対象に値するならばその謎
が解明されるまでの間、問題に挑戦するのもいいかも。どの人が的を得た近似値
にいち早く到達することになるんだろう。

未だ世人の知らない事があるなんて!!本当かい??その事実ぐらいはある事を
信じてもらわないと。私は問題を与えられて、今のところその謎を掛けられたま
まなんだからね〜。(ワトソン君の大いなるぼやき)

287 :281:2001/08/13(月) 23:31
ふうむ。なるほどなるほど。じゃあ例によって順番にいこうか。
>>284
><個人体験でしかない事実に関して>
>問題になる点は、それが個人的体験としての事実であり、その事実はこれまでの
>物理学では教えられなかった知識に基づくものであり、またそれが新しい技術の
>応用によるものであったとしたら、その未知の事実を今までの物理の知識のみで、
>第三者がどれほどに理解をし得るか。それはその道の専門家にも言えることでし
>ょう。
ここで問題になっている「個人的体験としての事実」の可能性は二つある。
(1)本当に未知の物理法則に基づく「体験」
(2)本人の科学的知識の欠如あるいは妄想に起因する「体験」
確かに(1)の可能性はゼロではない。しかし良く考えてみよう。我々人類の
物理史において本質的なブレイクスルーは数少ない。既存の物理学の枠組みで
とらえきれない現象がそんなに頻発するものだろうか?しかも人体が知覚できる
範囲の物理現象において?
統計的な帰結としては(2)とするのが妥当であろう。あるいはもし信憑性のある
(1)が発見されたとすれば科学者が放っておかないと思うがどうか。

>繰り返すが、その体験は事実として一般には勿論物理学としても未知だったもの
>であり、しかも其れを理解する為の物理知識が、既存の知識のみしかないとした
>ら、貴方にとっても未知だった他人の体験でしかないその事実を、貴方自身はど
>うやって正確に理解し得るでしょう。
確かにこの文章の前段の仮定が正しければ、この主張には同意できる。しかし
前提となる「その体験は事実として一般には勿論物理学としても未知だったものであり」
という仮定がそもそも統計的にほぼ有り得ないと考えるがどうか。世の中そうそう
新発見なんて転がっていないよ。

288 :281:2001/08/13(月) 23:43
>>285
>其れで個人々が体験した事実を、ある人は、マイクロ波と説明し、ある人はマイ
>ンドコントロールと説明する事になるのです。従って同じような体験であっても、
>各人により色々な説明の仕方が存在することになるのです。
なるほどなるほど。納得。しかしこの類の人々は何を根拠としてそこまで
自信満々なんだろう。自分の知識が不足しているあるいは自分が狂っている
という可能性も含め全ての可能性を謙虚に吟味してみるのが理性ある人間の
態度と思うのだがどうか。

>未だ世人の知らない事があるなんて!!本当かい??その事実ぐらいはある事を
>信じてもらわないと。
それは否定しないが、用語として科学的に正確な意味での
「マイクロ波でマインドコントロール」の件に関しては99.9999%、経済的側面から
否定できる。派生技術を考えただけでもとんでもない経済効果だ。そんなものの
基礎理論が存在するのであれば実用化されないはずがない。
人の脳に関わらないところであっても。

289 :281:2001/08/13(月) 23:45
あと>>283のキミ。
キミはもう理性的な議論ができなくなってしまったようだから退場して良いよ。
集団でストーキングされて頭の中に音声響いちゃいますか。重症だな。ギコハハハ。

290 :名無しピーポ君:2001/08/14(火) 00:57
>物理史において本質的なブレイクスルーは数少ない

◇一歩譲って全ての科学を秘密にしなければ、全ての科学は既知のものだと言う
ことだろうか。しかしどうして今、科学が全て明かにされていると断言できるだ
ろうか。早い話しがコペルニクスの地動説は当時の世界に於いて或いは科学の世
界でさえどう扱われたというか。其の説が公に認められたのはかなり後。

またもし、仮に公開されない科学でもあればその科学を未知といえるかどうか。
一般に未知ではあるが或る部分では既に既知の科学という場合も有りうると見て
いる。其の場合、所謂この”未知なる科学?”が一人歩きする事は想像しないか。
その未知の科学を応用すれば世間には一切原因不明の珍現象が出現する。それは
科学的に論証することさえできないものだ。一つの仮想だが、今問題の了解不能
の事実はすべてこの事に起因すると考えている。勿論科学者及び技術者の良心も
考慮して。

>この文章の前段の仮定が正しければ、この主張には同意できる。

◇現在の物理に未知なものはそうはないと言うことでなら、例えば超伝導の究極
なるものが、何処まで可能か、そしてその技術を獲得した場合はどうなりますか。
それが世の為人のため、大いに世界に貢献するところとなり、同時に其れは経済
的にも利を生むものとなります。必然その発見は世間に公開されその応用は生活
を便利します。
この例では他に一歩先んじたて発見された場合も同じでしょう。

しかし何時も科学は人類に役立つものばかりとは限りません。場合により科学の
悪用ということも考えられないことではない。
かってのドイツにおいては、そうした例もあったでしょう。

そうした場合の科学は閉じられたものになります。或る目的の為にのみその科学
が役立てられる。其れが発見であれば尚更です。
科学にはそうした場合が有り得ないと考えますか。

291 :釜井@ギャングスター:2001/08/14(火) 01:19
>281
おまえこそ知ったかぶって語るなやボケ
ま、おまえの頭じゃ、御理解できませんよ、この問題は。
体験から判断するのが、事実の認識の第一歩。
事実は事実。

★おまえごときに、何を言われようが、この俺は平気。
 

292 :281:2001/08/14(火) 01:58
>>290
>その未知の科学を応用すれば世間には一切原因不明の珍現象が出現する。それは
>科学的に論証することさえできないものだ。一つの仮想だが、今問題の了解不能
>の事実はすべてこの事に起因すると考えている。
それは99.9999%有り得ないと断言できる。なぜならそのような技術がもし存在するなら
秘匿するよりも特許を取得した上で実用化したほうが経済的利得が大きいからだ。
陰謀論者が夢見がちな「闇の組織」云々は資本の厳しい論理の下では存在し得ない。
現実はつまらないものなんだよ。

>◇現在の物理に未知なものはそうはないと言うことでなら、例えば超伝導の究極
>なるものが、何処まで可能か、そしてその技術を獲得した場合はどうなりますか。
超伝導の究極なるものが一体何を指しているのかいまひとつ不明だが、
単なる超伝導現象と「脳を電波でコントロール」では普通の高校の理科教育を受けた
人間であればその質的差異に気付いてしかるべきだと思う。前者は理論的背景が確立しており
一部実用化されつつある。一方で後者の理論的根拠の薄弱さは「フリーエネルギー」や
「磁力回転装置」のそれに近いものがある。

>そうした場合の科学は閉じられたものになります。或る目的の為にのみその科学
>が役立てられる。其れが発見であれば尚更です。
>科学にはそうした場合が有り得ないと考えますか。
では逆に聞くが、誰がどんな目的で「マイクロ波でマインドコントロール」しようと
しているのか。近年の企業収益を圧迫している一因である基礎研究の費用を負担して
一体誰が何をしようとしているのか?そのような経済的合理性を欠いた組織が
この厳しい資本主義社会に存在するとは到底思えない。

293 :281:2001/08/14(火) 02:01
あと>>291
ま、キミの頭はもとから精神疾患のようだからせめて知恵熱を出さないようにね。
体験から帰納的に理論を構築できない奴は、いつまでたっても
天井に吊り下げられたバナナがとれないのさ。

☆キミのレスはとても愉快なのでもっと書いて欲しい

294 :名無しピーポ君:2001/08/14(火) 04:30
なるほどね。

295 :釜井@ギャングスター:2001/08/14(火) 12:31
>281
装置の秘匿が、あんたの言う経済的利得の為だけではなかったら、どうする?
この装置がお前の考えているような企業原理だけで誕生したものでなかったらどうする?
お前が判り切ったように語る知識が、裏で情報管理されていないモノとどうやって証明する?
企業の基礎研究など無縁の、軍事的情報システムの一部だったらどうする?
★おまえの考えた事が、世の中全部に通用すると思ったら大間違いなんだよ。

上っ面だけの情報では、知りえない事は確実に存在する。
俺や被害者が体験した事実を認識できない低脳のお前は、これからも否定の限りを尽くせば良い。
何とでも語るが良い。
お前が満足するまで否定し続けるが良い。
被害の事実を常に否定し続けるが良い。

★だがもう、俺はこの問題で特定個人の追跡をはじめている。

296 :釜井@ギャングスター:2001/08/14(火) 12:34
おしっこちびっちゃったかな?281

うんこしたあとは、手を良く洗えよな、ボクチャン

297 :名無しピーポ君:2001/08/14(火) 12:40
マイクロ波って、電子レンジじゃん。

298 :281:2001/08/14(火) 16:29
>>295
お。知恵をしぼってマジレスだね。
でも残念。やっぱり白痴ぶりは隠せないね。
>企業の基礎研究など無縁の、軍事的情報システムの一部だったらどうする?
基礎研究のない応用工学なんざ有り得えねえんだよハゲ。
しかしなんでこの種の低脳は軍事技術とか自分に見えないものを神格化したがるかねえ。
まったく不思議だ。日本の理科教育も危ういと聞いてはいたがまさかここまでとはな。

>俺や被害者が体験した事実を認識できない低脳のお前は、これからも否定の限りを尽くせば良い。
何回も言ってるが俺はてめえのくだらねえ体験を否定しているわけじゃねえぞ。
単に体験の記述が少ないんで事実か妄想か判断できない、と言っているだけだ。勘違いすんな。被害妄想野郎。

>★だがもう、俺はこの問題で特定個人の追跡をはじめている。
被害者も可哀想に。せめてストーカー殺人だけはするなよ。ギコハハハ。

299 :名無しピーポ君:2001/08/14(火) 18:15
<総論>

原因の可能性を例示しているのであってその事実が了解不可能であることを以っ
て事実そのものまで否定する事を求めているのではないはずだ。その原因も明白
な根拠があって否定されるのであればいいが、事実が存在する限り納得し得ない
ものもあるだろう。それが理由の不明確さを以って事実を否定するのは如何にも
僭越。

兎も角、指摘した可能性は直接事実の存在に影響を与えるものではない。其れは
個人に関する事実なのだから、その存在は理由や原因の不確定なものと同位の問
題ではない。

300 :名無しピーポ君:2001/08/14(火) 20:45
>>288
>全ての可能性を謙虚に吟味してみるのが理性ある人間

誰も自信ありといっている人はいないに違いない。科学の専門家でないことを一
番知っているからだ。

理性ある人間は一応あらゆる可能性を考えているだろう。理性ある人間はそう簡
単におかしくなるわけがないし、むしろ理性ある人間は、自分の責任で事柄の判
断していると思われる。

可能性を肯定する側と否定する側の双方の言い分を聞いていると、考え方と言い
方に大体の傾向が私なりに見て取れる。無理強いしている感じには幾分かの窮屈
さがある。

考え方のバランスが取れていると感じられるのは、・・・・・の方なんだが。私
の贔屓目かな。

事実と其れへの対処の仕方(内容の科学的正しさという意味ではない)にむしろ
論理的整合性を感じる。例え一時的に思考錯誤があったとしてもその時々の直感
が間違った回路は迂回してくれるているからだろうか。そのぐらい現実には或る
一貫したものがある。

301 :名無しピーポ君:2001/08/14(火) 22:21
>>288
> 基礎理論が存在するのであれば実用化されないはずがない。

基礎になる理論があれば経済面からみて恐らく実用化しているはずという訳です
ね。
順序として基礎理論があって経済効果が期待できればとっくに実用化されている
ということでしょうか。ならばそのうちの経済効果の無いものはどうでしょう。
それは実用化されない?しかし理論があれば非公開でも実用に供する場合もあり
得るとは思いませんか。

科学的にではなく経済的側面からも実用化は否定できるということですか。少し
妙だとは思うけれど

根本にあるのは科学的にありうるかということだろうと思うが、マイクロ波であ
るかどうか、コントロールであるかは可能性として言っているだけで決してそれ
だという意味では言ってないんじゃないの。一人の或る見方として、そうらしい
と思うのは当然で、其れが必ずしも絶対だと言う意味には常識では取れないと思

うけどね。専門家の責任のある発言じゃないし、そうかなということぐらいで理
解すべきものじゃないかな。
それが否定する立場になると、そのことだけで極端に事実まで否定してしまおう
とするのだから、何か妙だね。オカルトに対するアレルギーは解かるけれども、
何か意図的なものでもあるのかとさえ感じてしまう。おまけに否定する口実のよ
うに事実とは無関係な個人的な事に話しが及んでくる。

302 :名無しピーポ君:2001/08/14(火) 23:20
>>288
>「闇の組織」云々は資本の厳しい論理の下では存在し得ない。

◇こうあるべしという組織論ですね。しかし人心が乱れるているときには、社会
も多少は乱れることも有る。歴史上にも大昔から有るでしょう。全て組織は合法
という考え方が絶対的なものか。それなら何故法が存在するのか。
特許が良いか非公開が良いかはそれによって利する者の価値判断でしょうから、
必ずしも経済的な面だけで選択するとは限らない。したがって全てのものが公開
されるとは言えない。経済の論理を越えた選択もあり得るとは考えられないかと。

>そのような経済的合理性を欠いた組織が

◇誰がどんな目的で・・・なんてことは、はっきりとは解からない。それがわか
れば問題は解決してることでしょう。只何時でも個人的にそれらは推測している
わけですが、其れに対しては何の確かな証拠もない。それは憶測に近いものであ
るのですが、かといって憶測は全て外れていると言う必要もないでしょう。全て
が疑いのある可能性のなかに現実はあるというのです。マイクロ波でコントロー
ルは私も考える可能性の一つであって決してそうだというのではない。

ここで話しは飛ぶが、この問題はそれが企業経営を圧迫するとかその経済的合理
性の話しではないのです。又、そこで言っているような非合理的組織?が資本主
義社会に絶対に存在しないとする理由もありません。

法が何故存在するのか。全ての社会で規則が守られ、社会の中で規則が全て守ら
れるなら、そんなに良いことはないのですね。それに人間の性善説のように、こ
の社会や組織が何時も間違いのないものと決定付けられて終生変わりのないもの
ならいいのですが・・・。

303 :281:2001/08/15(水) 04:30
>>300
>誰も自信ありといっている人はいないに違いない。科学の専門家でないことを一
>番知っているからだ。
このスレはかなり自信満々な書き込みに満ちていると思いますが。
私が最も危惧しているのは、このスレの人々の科学の素養がおそらく中学生以下の
レベルにとどまってしまっていることもあるのですが、それ以上に、このスレの
人々が学問の基礎を全く無視して憶測で「科学」を構成していっている点なのです。
大卒程度の一般教養があれば「電磁波を使って思考を制御する」などという話は
科学的に荒唐無稽と判断できる筈なのです。文部省の教育政策に起因する問題だと
言ってしまえばそこまでなのですが、まったくひどい話です。

>>301
>根本にあるのは科学的にありうるかということだろうと思うが、マイクロ波であ
>るかどうか、コントロールであるかは可能性として言っているだけで決してそれ
>だという意味では言ってないんじゃないの。一人の或る見方として、そうらしい
>と思うのは当然で、其れが必ずしも絶対だと言う意味には常識では取れないと思
>うけどね。専門家の責任のある発言じゃないし、そうかなということぐらいで理
>解すべきものじゃないかな。
なるほど。とすると「マイクロ波でマインドコントロール」というフレーズは
一体どんなことを本当は意味しているのかどなたか解説して頂けませんか?

>それが否定する立場になると、そのことだけで極端に事実まで否定してしまおう
>とするのだから、何か妙だね。
上で何度も言っていますが「釜井さんの体験された事実」は否定していませんよ。
具体的な記述が乏しいので事実か妄想か判断できない、と主張しているだけです。
明確に否定しているのは科学用語として正確な意味での「マイクロ波による
マインドコントロール」です。そしてその根拠は、
(1)現在の脳生理学と物理学のレベルからみて、1000年単位の技術進化がなければ
「マイクロ波によるマインドコントロール」が実現されないだろうということ。
(2)たとえ秘密裡に開発が続けられていたとしても、そのスパンでの基礎研究を
賄えるだけの国家(あるいは組織)が存在していないこと。
の二つです。開かれた学術活動を閉じられた組織でエミュレートしようと思えば
天文学的という表現さえも甘いくらいのコストがかかるでしょう。

304 :釜井@ギャングスター:2001/08/15(水) 07:31
>281
技術レベルの話がしたいならこっちに書いて欲しいね。
おまえの食いつきやすい切り口でちゃんとネタ提示してある。
「ものすごい生体兵器」
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=future&key=989672516

おまえが(1)(2)として提示した否定理由の全てを覆す歴史的資料を、
俺が引用している。国内外の軍事実験の事だ。
おまえは対人人格操作の軍事的背景を知らなさ過ぎ。
”MK-ULTRA”ぐらいマインドコントロールテクノロジーの話をする時には出すべき。
やけに断定的な語り口の割には、こうしたアメリカでの実験を出さないのは何故だ。
これらを知らないで語るお前は、単なる妄想で偉そうに決め付ける精神障害者そのもの。
★1000年単位の技術進化なーんて、よく言えたもんだよ...pupupu

305 :釜井@ギャングスター:2001/08/15(水) 07:42
1953年 MK−ウルトラ
(MK-ULTRA)  薬物・電子チップ・電気ショックを使って失神、
        暗示によるプログラミングを行なう。
1958年 プロジェクト・ムーンストラック
(ProjectMoonstruck)手術または誘拐して密かに、
           電磁波を出すチップを脳と歯に埋め込む。
           目的:追跡、マインドコントロール、行動コントロール、
           プログラミング、秘密工作
1958年 プロジェクト・オリオン
(Project Orion) 亡命した大物など最重要人物の事情聴取を行なう際、
          薬物・催眠術・脳電気刺激によって、
          プログラミング・忠誠心の確保を行なう。
1960年 MK−デルタ
(MK-DELTA)  微調整された電磁波によるサブリミナル・プログラミング。
        一般人の行動や態度をプログラムする。
        疲労感、気分のむら、行動機能不全、社会的犯罪行為をもたらす。
1983年 フェニックス2
(PHOENIX II)  モントークにて実験。電磁波を使って特定集団を標的とする。
         彼らを使ってさらに大衆をプログラミング。
         また、特定の地域に地震を起こすこともできる。
1989年 トライデント
(TRIDENT)  三機編隊の黒いヘリコプターによって、
       個人・特定国民を対象とし、
       大集団の管理と行動統制、暴動統制を行なう。
       連邦緊急時管理庁(FEMA=フィーマ)と協力。
1990年 RFメディア
(RF MEDIA)  テレビやラジオを通したコミュニケーションによって、
        電磁波を使ったアメリカ国民へのサブリミナル暗示と
        プログラミング。
        行動欲求を操作して、心霊能力を破壊。
        集団的電磁波コントロールの準備過程とされる。
1990年 タワー
(TOWER)  携帯電話網を使って、電磁波による全国的
      サブリミナルプログラミングと暗示。
      神経の強震とコード化された情報によって、
      神経細胞の変化とDNA共振の修正、超能力の抑制を行なう。

306 :興味深い:2001/08/15(水) 09:57
39 名前:名無しさん@1周年 投稿日:2001/06/19(火) 03:58
マイクロ波を使って人の情緒を操り、声を送って犯罪をおこさせる。
二〇〇〇年5月のバスジャック犯が典型だ。
はじめから仕組まれていた恐ろしい事件だった。

103 名前:釜井 投稿日:2001/06/29(金) 17:09
この手の「聞こえた」とか「空耳」とかの供述は、何故か最近の凶悪事件に共通する。


135 名前:名無しピーポ君 投稿日:2001/07/05(木) 20:33
あのーいつからこの板はオカルトになったのでしょうか?
でも確かにこれが真実だと通常人から見るとオカルトかと思うわな。
メディアがこの装置のことをスッパ抜いたらそれこそ国がパニック
になるよ。このスレでメンバーの一人のこと書いたけどその人物を
探すことが出来てそいつを追いかけたら何か出てくるかもね。
その代わり裏の人間だから危険が伴うと思うけど。

彼らの使う手法の一つに擬似音を利用した自己催眠がある。
例えば生活騒音を出すたび電波で「逝け」などと音声を飛ばす。
その音がその人に入ると電波を飛ばさなくとも何らかの音がする
とその人には「逝け」と聞こえるワケだ。
もちろんその音は他人が聞けばなんの変哲もないただの生活騒音。
こうやって精神病院送りやその本人は自殺したりするわけなの。
手を汚さずにね。
これって他の県警はやってるのか知らないけど京都ではやってるよ。
本当の話。

136 名前:名無しピーポ君 投稿日:2001/07/05(木) 23:11
>135
オカルトではありません。これほど全国的で大勢の人が超常現象ではおかしい。

京都でははっきりそうなっているという証言ですね。
こちらは関東のものですが、関東は恐らく何処でもそれができるようになって
いると思います。

或る特定人間が聞く対象にされていてその周辺でそうなって
いるのですね。どのくらいの人数に対してそうなのかは見当もつきませんが本
当の事を言わない人もきっといるでしょう。無作為的に適当に人を選んでやっ
ているのかもしれません。
それはまさしく軒先から人の声が、壁の或る方向から人の声が、機械の音に混
じって人の声が、宣伝のスピーカーに混じって別の声が、放送受信機のスピー
カーから別の声が、換気扇から人の声が、はなはだしいのは犬の鳴き声や猫の
声まで人の声に。同じ目的の一つのシステムですね。
しかも全国的に各地で同じような事があることから組織的ですね。

307 :興味深い:2001/08/15(水) 10:06
尾崎豊が死ぬ少し前から、
「小さな音で、びっくりするくらい音に対して敏感になったりすることがでてきた」
みたいことを言っていた。
電磁波攻撃のなかの一つを受けるとそうなる。
見に覚えのある人はいるかな?

308 :興味深い:2001/08/15(水) 10:11
彼は何も知らなかったので「敏感」などと表現しているが、
アレルギーと一緒のような感じで「過敏」になるということだ。
身に覚えのある人は、次にマスコミか、カルト団体とかと諍いをした覚えはないかな?

309 :興味深い:2001/08/15(水) 10:14
ところで、>>39さん
大分の岩崎家惨殺事件はどうだったか知らないかい?

310 :名無しピーポ君:2001/08/15(水) 12:06
>>303

>このスレはかなり自信満々な書き込みに満ちていると思いますが。

◇事実があるということは言っていますがそれ以外のことについては断定してい
ませんから、もし奇異に感じるとしたら、事実は他人でも否定し得ないものだと
いう確信からでしょう。また事実は個人の感覚によるものであり、しかもその体
験には現実に知り得た他人が介在していること等がその大きな要因でしょう。文
部行政が今までどう行われてきたかは知りません。この機会に関心を持たれた貴方を是非説得したいですね。

声が聞こえるという感覚作用の仕組み、盗聴のされ方が電話で盗聴されるような
口頭の言葉以外にも、考えていることに関連していると思える盗聴のされ方もし
ている点、が要点です。この二つの視点から一般的にも考えられる推測をしたも
のです。

その体験を表現するのにどのような知識が要るのでしょう。強いてあげれば事実
を示すための表現の仕方、説明の仕方でしょう。其れはまた質問者の質問の仕方、
聞き方の問題となることかもしれないでしょう。
憶測ではなく推測でしょうね。事実を説明するだけならこの場合特別な知識の必
要はないでしょう。かえって先入観念にとらわれて、事実を理解する妨げとなっ
ているとも考えられるのです。

事実を推測によって再構築して状況判断せざるを得ないこと。
だから推測による余談をなるべく省くため、出来るだけ事実のみ記録することを
本意としている。

311 :興味深い:2001/08/15(水) 12:56
参考まで。
>考えていることに関連していると思える盗聴のされ方もし
>ている点、が要点です。

これはちょっと違うのではという気がします。
たとえば>>136のような場合、
------------------------------------------
彼らの使う手法の一つに擬似音を利用した自己催眠がある。
例えば生活騒音を出すたび電波で「逝け」などと音声を飛ばす。
その音がその人に入ると電波を飛ばさなくとも何らかの音がする
とその人には「逝け」と聞こえるワケだ。
もちろんその音は他人が聞けばなんの変哲もないただの生活騒音。
こうやって精神病院送りやその本人は自殺したりするわけなの。
手を汚さずにね。
これって他の県警はやってるのか知らないけど京都ではやってるよ。
本当の話。
------------------------------------
このような一つの方法で「何か」をその人間に「連想させる」、あるいは「思わせる」ことはできるわけで(現在のところ、そう複雑なことはできず、もっぱら被害者の方の「連想」にまかされている)、その「何か」をその加害者が知っていたとしても盗聴ということではないでしょう。
もっとも、至る所に盗聴器をしかける連中ではありますが。
あと、電磁波ではなく、ホワイトノイズを流して、それに重ね合わせるという形で、サブリミナルな音声を流すという方法もあります。

312 :興味深い:2001/08/15(水) 13:13
連中は麻酔剤と自白剤を日常的に使用します。
知らない人は毎日へんな夢を見るくらいにしか自覚が持てません。
無論、その状態での強姦などもやりたい放題です。

このようなことを連中は無差別的に行っています。
そして、この国にはそれを止める人間は存在しません。

313 :281:2001/08/15(水) 14:23
>>307
そりゃ単なるヤク中の症状だろ。

>>311
こういった科学的素養のない人間が憶測で「なんちゃって科学用語」を使って
したり顔で解説したりするのは「事実のみ記述」からかけはなれている気がするね。
311の君は「電磁波」「ホワイトノイズ」がどんなことを意味するのかちゃんと理解
しているのかな?

>>310
>声が聞こえるという感覚作用の仕組み、盗聴のされ方が電話で盗聴されるような
>口頭の言葉以外にも、考えていることに関連していると思える盗聴のされ方もし
>ている点、が要点です。この二つの視点から一般的にも考えられる推測をしたも
>のです。
感覚器官に異常をきたした人が増えているということでしょうか?
私は昔からある一定の水準でこうした脳障害の人がいると考えていて、
単にウェブなどの無責任に発言できるメディアが増えたからこそ
こうした脳障害の人々の声が大きくなったと考えています。
また、「考えていることをそのまま盗聴されている」点について、
その技術的背景が荒唐無稽なのはさておくとしても、どうやって当事者の方は
その事実を確認するのでしょう?

314 :281:2001/08/15(水) 14:33
>>304
おや。釜井君。またいたのかい。君はそういう表層的情報オンリーの情報源から
とりあえず離れて、「かんでんちとまめでんきゅう」から電気のお勉強をしてきた
ほうがいいよ。

>神経の強震とコード化された情報によって、
>神経細胞の変化とDNA共振の修正、超能力の抑制を行なう。

君はこれらの用語をすくなくとも概要まで理解した上で発言しているのかな?
まあ君の科学的素養では無理だと思うけど、表層的情報を鵜呑みにしないで
ちゃんと自分の中で論理的整合性を気にしながら解釈していかなきゃダメだよ少年。

ほんと。どうして日本の理科教育はここまで落ちぶれてしまったのだろう。悲しいことです。

315 :名無しピーポ君:2001/08/15(水) 17:34
>310への追加
他の人はまた他の人で見たこと聞いたことを事実として在りのままに書き込んで
説明すればいいと思います。相手も事実もまた事情もそれぞれに違いがあるので
す。其れに対する理解も違います。色々な人の様々な事実の他に、今度は同じ一
つの問題として、共通な点の有ることが肝心なのですから。

それは特別には制限を設けないでテーマを話し合う、所謂、フリー・トーキング
だと思ってますし、またその原因や理由等については私が考えるには、ブレーン
・ストーミングでも構わないと思うのです。明確でない原因や理由と実際に在る
事実とは切り離して別次元の問題として扱う事も出来ることでしょうから、余り
拘る事ではないのです。その中に事実に関連する何がしかの貴重な情報もあるか
もしれませんからね。

だから、2Chanの意義としては、あえて学問的でなくても構わないと考えて
います。或るテーマに関心を持った人は誰でもが参加できるのがこの投稿欄の意
義でしょうから、その意味を生かした方がいいのではと。私はそれで充分用は足
りています。

只事実を知らない人が聞いても解かりやすい様に、説明する時には出来るだけ考
えて、ぐらいを気をつけることで良いと。

専門的になら、本来は問題を把握した国がやるべき事柄なのですから。問題が把
握しきれていないのか、人手でが足りないのか、有能な人材がいないのか。
真打の国が出演する前に、皆さんには当面、前座の役を務めてもらおうというわ
けです。
そんなことなら、たまには”陰の声”にも出演願わないと・・・。
お後が宜しいようで、ハイ〜。

>>303
>一体どんなことを本当は意味しているのかどなたか

◇聞えている事で結果としてマインドコントロールになる場合があるかもしれな
いという私の見方ですが。其れだけで話しが済む問題ではなく、個である人間の
行動を直接左右している可能性のある例も挙げています。そうした現実も必要が
あれば随時説明します。私の場合は余り問題の範囲を広げずに、取り敢えず一番
理解しやすいだろうと思える聞こえている事を中心にして的を絞ります。

316 :名無しピーポ君:2001/08/15(水) 18:00
取り敢えず

>>303
>具体的な記述が乏しいので事実か妄想か判断できない

◇事実を主張しているという問題の所在は肯定できるのですね。さて、其れでは、
早速。

但しこれは私の場合です。他の人の場合にも恐らく同じ事が言えるだろうと考え
ていますが、種々の方法が取られている為に色々な事実が混み入って皆一様な事
情にはないからです。其れがこの問題を一見解かり難く複雑に見せているのです
が、概ね基本は共通しているものでしょう。

順不同ですが

2)に付いてはこの際、外していいでしょうか。何故なら発明、発見は何時も時
代を革命的に変化させます。そしてその機会はちょっとしたある閃きがヒントで
あったり、努力の結晶であったり時の女神が関わります。こうだからこうなると
いう論理では解決できない問題が含まれています。そこに女神と何らかの妥協が
成立する余地があれば、この問題の答えはおのずと見つかる可能性があります。

1)脳神経と物理(電磁波及びその送受法)の問題でしょう。どうすればテレパ
シーが可能かを一つの研究テーマとした成果か、別々の分野で研究されたものを
この目的の為に融合したものかはわかりませんが、そういった類の問題だといえ
るでしょう。

事実から推測してください。推測に欠かせないと思われる事実を簡単に。(勿論、
聴音検査済み!!)

1)先ずこの問題では当然に、相手方の声が対象者となっている自分に聞えるこ
と、
2)150km遠方にいる者の声であると思われる事
3)何故なら、150km先で体験して聞こえた声と同一であること
4)100km、150kmの声が同一であること
5)相手の声が対象者の私生活に同期していること
6)街中でも聞えていること、
7)恐らく建物の内外に関係なく聞こえること
8)全く同一の言葉が全くの他人の口を突いて言の葉に上る事、又其れが対象者
に同期している場合のあること
9)自分以外には知り得ないはずの自分の記憶の中の言葉を使っていること
10)マスコミ放送にも対象者との間にも同じ問題と同期が見られること
11)その他

317 :名無しピーポ君:2001/08/15(水) 18:02
妖しい情報ですがマジらしいのでお知らせします。小遣いの足しにでもして下さい。

メールを一件受信するとなんと10$もらえます。
さらに友たちを紹介すると一人で月 6$もらえてその友たちがまだほかの人に紹介
すると
月 4$もらえます。このように無制限で紹介できます。あなたを通して紹介される
人が多いほど
あなたには$$$、、、、、

確実保証@@@@@
1ヶ月過ぎるぐらいで私は1040ドルもらいました。もちろん銀行手数料は250
0円取られますよ。^^;

一生メールだけを確認すると続けて$は入ってきます。
このサイトは情報通信認証を受けたサイトです。(外国)
確認してみてください。詳細は
***********************************
http://www.MintMail.com/?m=911865

***********************************

私も偶然このサイトを見つかりましたが今日本では入会者があまりいないので
今のうちに登録すると貴方の下にたくさんの会員が増える機会があります。
これはしことの代わりに専門的にやってもいいぐらいの対チャンスです。
***********************************
http://www.MintMail.com/?m=911865
***********************************
このサイトに行って Signup freeをクリックして入会できます。もちろん入会は無
料です。

MintMail から月10$分のメールがきます。約、1000円ぐらいですね。
これは普通ですが、これからあなたが一人紹介したら6$もらえます。
そしてあなたが紹介した友たちがまだ紹介するとあなたに月4$が入ってきます。

例:貴方が20人に紹介したら
6×20=120$
その20人がまだ20人に紹介したら
4×20×20=1600$
10+120+1600=1730$
不思議でしょう?でも計算は合ってますね!確かにそうです。
速く登録しましょう
***********************************
http://www.MintMail.com/?m=911865
***********************************
このお金は一生変わらず入ってきます。
毎月10日に払いますが50$以上から送金します。

入会は簡単
***********************************
http://www.MintMail.com/?m=911865
***********************************
このURLをコピーしてアドレスバーに入れるかクリックしたら行きます

318 :名無しピーポ君:2001/08/15(水) 19:01
281さんの書き込みへのレス
まず
>それは99.9999%有り得ないと断言できる。なぜならそのような技術がもし存在するなら
>秘匿するよりも特許を取得した上で実用化したほうが経済的利得が大きいからだ

 特許を取るよりも経済的利得が大きい方法もありますよ。
 単純に考えすぎ。基本的に派生効果を考えてみましょう!

>確かに(1)の可能性はゼロではない。しかし良く考えてみよう。我々人類の
>物理史において本質的なブレイクスルーは数少ない。既存の物理学の枠組みで
>とらえきれない現象がそんなに頻発するものだろうか?しかも人体が知覚できる
>範囲の物理現象において?

 何度も言ってるように281は新聞やテレビに流れてることしか信じないみたい
 だね。物理学で説明できない現象なんかこの世の中多々ありすぎ。逆に全てを説
 明しろと言って説明可能なことの方が少ないんじゃない?
 ここであなたの以下の文章は論理的に潰れたね。さっ国語のお勉強始めなさいっ!

>大卒程度の一般教養があれば「電磁波を使って思考を制御する」などという話は
>科学的に荒唐無稽と判断できる筈なのです。

 あーすみません大卒です。荒唐無稽というよりも興味がわきますね。あなたの使
 う「科学的」という単語は2.30年前の単語に聞こえるのは私だけですかね?
 発見や科学の発達は非現実的なことから始まるということは理解できますか?
 一般公開されてることしか信じないというのはアカデミズムから遠ざかりますな。

>(1)現在の脳生理学と物理学のレベルからみて、1000年単位の技術進化がなければ
>「マイクロ波によるマインドコントロール」が実現されないだろうということ。
>(2)たとえ秘密裡に開発が続けられていたとしても、そのスパンでの基礎研究を
>賄えるだけの国家(あるいは組織)が存在していないこと。

 その根拠を聞かせてもらえませんか?
 国家の予算は計上されてる予算だけしかないんですかね?
 とりあえず一般公開されてるものしか信用できないんですか?

 あなたの一連の書き込みは高校卒業程度の人間がワザと知識を断片的
 に出して(単語とかね)るのがよくわかるんだけどな。
 論理的整合性の意味を理解したまえ。
 君の文章の中身は空洞だよ!

319 :名無しピーポ君:2001/08/15(水) 19:10
>304
おまえが(1)(2)として提示した否定理由の全てを覆す歴史的資料を、
俺が引用している。国内外の軍事実験の事だ。
おまえは対人人格操作の軍事的背景を知らなさ過ぎ。
”MK-ULTRA”ぐらいマインドコントロールテクノロジーの話をする時には出すべき。
やけに断定的な語り口の割には、こうしたアメリカでの実験を出さないのは何故だ。

私も281には疑問を感じるんですよね。この事実をどう説明するんですかね?
逆にこれらの事を京都の公安がやってるのなら情報漏洩の事実を東側や中近東に
情報を流せばいい。
新聞でサダム・フセインが書かかせた本を元に彼の思考パターンを解読する(
CIAが)って載ってたけど、とんだ茶番劇だね!

320 :釜井@ゲイリープレイヤ:2001/08/15(水) 20:18
このマインドコントロールテクノロジーに関する281の発言は、疑問だらけ。
281なる人物は、自分の言い分のみが、世の中全ての真実であると言っている様に受けとれる。
またこのような被害、現実の書き込みを前にして、他人を中傷する事に専念している。
また281なる人物は、軍事的実験事例を頭から無視して、理論構築しているが何故だ。
281は、単に否定の為の否定的書き込みをするのが目的ではないのか。

★281は被害を個人の問題に矮小化し、マインドコントロールテクノロジーを隠蔽する意図すら見える。
 

321 :釜井@ゲイリープレイヤ:2001/08/15(水) 20:24
>281
技術レベルの話がしたいならこっちに書いて欲しい。
おまえの食いつきやすい切り口でちゃんとネタ提示してある。
「ものすごい生体兵器」
http://salad.2ch.net/test/read.cgi?bbs=future&key=989672516

★ちなみに俺はアマチュア無線技師の資格を持つ人間である。
281は「HAARP」という電磁波実験についても語れる位の知識がありそうだから、
こちらで十分否定的見解を述べたまえ。

322 :名無しピーポ君:2001/08/15(水) 21:34
>311さん、どうも。

勿論、そういう場合もありますから、それも一つの事実でしょうが、其れでは理
解できない事実もあるのです。例えばそこには他に何らの音のでる発生源がない
のに声だけが聞える。

壁の外は直ぐ空き地になっていて、その壁は外部から良く見える場所であるし、
しかも何も取りつける個所もない只の平らな側壁です。その壁方向の或る特定の
位置から大体は聞えているのですが、其れが時に自分が移動するごとに、声のす
るいつもの壁方向とは違う、換気扇の音に混じっていっしょに聞えてくるとか、
場合によって玄関のドア方向や部屋の外の道路側から同じ声が聞えてくるという
訳です。勿論誰も話しをしているらしい人影などは見えない。
それが町の中で歩いていても、行く先々の建物の中にいても聞えているのですよ。


それから細かい事ですが、タイミング的には、自分の発想とほとんど同時又は少
し遅れるぐらいで、極端になると先読みで進行することがありますから、感覚的
にはどうしても鳥肌が立つような違和感を覚えるのです。
それは自分の感覚が外部に洩れ、自分と外界が前後左右しているとか主客転倒し
ていると感じる違和感でしょう。普通なら、外部の刺激に対して人間の感覚は若
干遅れるのが普通でしょう。ほぼ同期している感じですね。

そういう体験の人が他にもおり、少なくないと思います。参考までにちょつと前
の私の>316も参照してください。

323 :興味深い:2001/08/16(木) 00:33
>>322さん
こんにちは。
ちょっと考えてみます。

>>313さん
>そりゃ単なるヤク中の症状だろ。
失礼ですな。僕はヤクなど一度もやったことはない。

あなた(281)の論点はずれていますな。たとえば、銃弾の被害にあった人が、
その銃の科学にまで通じていなければ、それを語ることは許されない、
というようなことを書いておられますが、実にまがまがしい誹謗ですな。
それに、

>そりゃ単なるヤク中の症状だろ

などと、ヤクのこともろくに知らないのに恥じ知らずにもお書きになるような人が、
とるような方法でもないでしょう。

軍事云々につなげることにも意味のない文句をつけているようですが、
日本の「メーザー」研究は、戦時海軍が敵機を電磁波銃で撃ち落とす計画を立てた
ところから始まっており、戦後も横浜の「Z研」などにその研究はひきつがれています。
つまり、日本のその研究は、始まりからして軍事一色です。
実は京都はその研究を引き継いだメッカともいえるところで、
現在は「電力を離れた所に送る」というふうに課題自体は変わっているとはいえ、
やっていることは「電磁波銃」研究そのものの引継ぎです。
京都の公安云々というのは偶然ではないかもね。

ところで281さん、麻酔剤や自白剤については反論はないんで?

324 :興味深い:2001/08/16(木) 02:00
宅間守の事件で、保安処分迎合的な雰囲気が作られています。
精神病者と実際に接したことがないような人間たちでさえ、
物知り顔で、もっともらしく論じているという有様です。

さて、現在国家がそのような法を作って、
言論などを弾圧しなければならない対象人物たちはいるのか、
と考えてみたのですが、どうも今一つわかりませんでした。
けれど、このスレッドに集まるような人々が多々いるとすれば、
その対策の一つであるということも考えられなくはないかと懐疑している次第です。
つまり、このスレッドで書かれているようなことを主張し出せば、
別に罪は犯していなくても、司法により病院に「監禁」させられる可能性も出てくるのかもしれません。

325 :興味深い:2001/08/16(木) 05:09
精神科医の方がいらしたら、ご判断をあおぎたいのですが、
>>322のようなものは、分裂病などの「幻聴」とは違うと思われるのですが、
どうでしょうか。

電磁波とマンドコントロールといえば、かなり前から「スチモシーバー」が
けっこう「実用域」に近づいているという話ですが、これもどなたか
お詳しいかたがいらっしゃれば御情報をお願いします。

326 :名無しピーポ君:2001/08/16(木) 13:00

>320
★281は被害を個人の問題に矮小化し、マインドコントロールテクノロジーを隠蔽する意図すら見える。

281さんの意図は誰から見ても客観的に明白ですよ。誰から見てもね。
それにしてもベタベタやな。
彼は情報コントロールする人間から程遠い人間だね。

327 :281:2001/08/16(木) 14:45
いい感じになってきたねー。じゃあ今日も一つ一つ順番に行ってみよう!ついでにアゲちゃえ。
>>323
>>そりゃ単なるヤク中の症状だろ。
>失礼ですな。僕はヤクなど一度もやったことはない。

君はカナーリ思い込みの激しい人だね。>>313は尾崎豊がヤク中だって
言ってるんだけど。OK?

>あなた(281)の論点はずれていますな。たとえば、銃弾の被害にあった人が、
>その銃の科学にまで通じていなければ、それを語ることは許されない、
>というようなことを書いておられますが、実にまがまがしい誹謗ですな。

いえいえ。違うのですよ。被害にあったのなら体験した事実のみを記述すればいい。
>>316=322さん、どうもありがとうございます。大変参考になりました)
それを >>311のように

>このような一つの方法で「何か」をその人間に「連想させる」、
>あるいは「思わせる」ことはできるわけで(現在のところ、
>そう複雑なことはできず、もっぱら被害者の方の「連想」にまかされている)、
>その「何か」をその加害者が知っていたとしても盗聴ということではないでしょう。
>もっとも、至る所に盗聴器をしかける連中ではありますが。
>あと、電磁波ではなく、ホワイトノイズを流して、それに重ね合わせるという形で、
>サブリミナルな音声を流すという方法もあります。

「なんちゃって科学用語」を使ってしたり顔で「オレ流」な解釈を加えて
「連中」とか「組織」のせいにしたりするのが見てて痛々しいのですよ。
君の想像する「電磁波」と「ホワイトノイズ」ってどんなものなのか
ちょっと説明していただけませんか?

>>318
>特許を取るよりも経済的利得が大きい方法もありますよ。
>単純に考えすぎ。基本的に派生効果を考えてみましょう!

そんな方法があるのなら是非教えて頂きたいです。具体的に記述して頂けますか?

>何度も言ってるように281は新聞やテレビに流れてることしか信じないみたい
>だね。物理学で説明できない現象なんかこの世の中多々ありすぎ。逆に全てを説
>明しろと言って説明可能なことの方が少ないんじゃない?

たとえばどんな現象が説明不可能ですか?UFOとか?

>>釜井君たち
以前から何度も明確に言ってるけど、明確に否定しているのは
「マイクロ波によるマインドコントロール」だからね。
薬物あるいは直接的電気刺激によるものだけじゃなくても、
教育あるいは職場におけるマインドコントロール技術はある程度
一般化していると思いますが。陰謀だ組織だ、と騒がなくてもね。
そこまでは了解頂きたいがいかが?

328 :名無しピーポ君:2001/08/16(木) 17:06
281さんへ

>そんな方法があるのなら是非教えて頂きたいです。具体的に記述して頂けますか?

具体的にですか?幼稚園から入りなおしましょう!

>たとえばどんな現象が説明不可能ですか?UFOとか?

 全てが説明可能なんですね。281さんから言えば。
 早く説明して下さい!!
 CIAの電磁波使用のマインドコントロールについて!
 早く早く!!!(藁
 ちなみに文献の提示はくさる程あるので図書館に行ってみてね。

>陰謀だ組織だ、と騒がなくてもね。
そこまでは了解頂きたいがいかが?

だからー根拠は何?国家的利益のためとかもあるんじゃない?
じゃ逆にアメリカはただの遊びのために莫大なお金をつぎこんだの?
あなたの文章は独りよがりで論理的整合性がすぐに崩れる文章だね。
もっと自分より賢い人と討論すればすぐわかるよ(老婆心まで)

悪いけど了解できない(藁
早く説明してよ。あなたの言う「物理学」でね。

329 :281:2001/08/16(木) 19:32
>>328
>>そんな方法があるのなら是非教えて頂きたいです。具体的に記述して頂けますか?
>具体的にですか?幼稚園から入りなおしましょう!

ハイハイボクチャン。具体的に書けないんだったら潔く謝ろうね。

>>たとえばどんな現象が説明不可能ですか?UFOとか?
> 全てが説明可能なんですね。281さんから言えば。
> 早く説明して下さい!!
> CIAの電磁波使用のマインドコントロールについて!

相変わらずの物分りの悪さに閉口気味だが、
CIAに電磁波でマインドコントロールされた人って誰かいるのかい?
その「文献」とやらに出てくるのかな?
陰謀論者の妄想に物理的根拠を求められても困るなあ(藁

>じゃ逆にアメリカはただの遊びのために莫大なお金をつぎこんだの?

アメリカが薬物あるいは直接の電気刺激によらない、
「マイクロ波によるマインドコントロール」に予算つけてるっていうソースを出せ。
オカルト系陰謀論者のページなんか引っ張ってくるなよ(藁

>あなたの文章は独りよがりで論理的整合性がすぐに崩れる文章だね。
>もっと自分より賢い人と討論すればすぐわかるよ(老婆心まで)

いやあ。君の文章が賢く見えるとでも??(ぷぷぷ
その自信は一体どこから出てくるんだろう。精神病理学的な興味をそそるね。

330 :名無しピーポ君:2001/08/16(木) 21:14
私なりに考える”現在に残された問題点”

事実ー事実としてどういう体験があるか(科学的か否かの問題は正確には後に於
ける国による専門家を交えた検証段階での問題として)

T】情況

問題周辺に存在する証人とその証言、行為に参加していた者の証言。他の被害者
の情況とその体験に基づく証言、違法行為の犯人の存在、取組みの存在(組織的
ーその行為の目的とその目的行為への参加)

U】今まで体験事実として流布されている事

1)盗聴されていること
2)特定個人の声による干渉(語り掛け)
3)ストーカー的行為の存在
4)他人にしか過ぎない第三者の発音になる個人的情報の洩れ
5)マスコミの反応(語り掛け、その他の反応)
6)生活環境と個人との同期
7)身体症状を伴う被害者の存在
8)その他の方法(スピーカーから別の音声が混入、etc)
9)他にも有りますか??


取り敢えず今は

1)マインドコントロール?作用する原因として考えられるものは電磁波か、そ
の他のものが考えられるか?+コントロールの意味?(そのうち、直接制御さら
れる場合と間接制御させれる場合の意味区分)


2)体験した事実を、そう考える根拠?そう考える推測の元になっている体験し
たとする事実は何か?どういう風にその事実を確認し、なぜそれを通常では有り
得ない異常なものと考えるのか?(体験事実が発生した時の詳細な状況説明)

a)追記
組織的行為(一つの体験事実に他の事実が相関していること)
全国的組織的行為(傍証としての他の被害との共通性)

b)現在及び今後の問題
科学者の責任、国の責任(政府と政治)、警察の責任、違法に関与した関係者の
責任、医学の責任、経営の責任、治安責任、

3)技術的に可能なものと考えるか?実用とその受益者。経済的効果説その他の
説?現在の物理学は?


追記
事実体験からして其れが何かを考えざるを得ない。

4)誰が何の目的で?その組織、

5)現時点を考える上で参考図書
『<自己責任>とは何か』桜井哲夫著ー講談社現代新書Y640ー¥640

331 :興味深い:2001/08/16(木) 23:54
あなたどうしようもないね。

>君はカナーリ思い込みの激しい人だね。>>313は尾崎豊がヤク中だって
>言ってるんだけど。OK?

OK。僕の体験でもあるから。

>君の想像する「電磁波」と「ホワイトノイズ」ってどんなものなのか
>ちょっと説明していただけませんか?

想像をするものではないと思うのですが(w

「電磁波」=電荷をもつ粒子の振動や加速によってつくられるエネルギー波が放出される現象。
「ホワイトノイズ」=(第二義的に)騒音を消すために流す音。

これでご不満ならあなたが説明してくれたまえ(w

それより、麻酔剤と自白剤をどうしてあなたは避けるのだ????

332 :興味深い:2001/08/16(木) 23:56
>>331
>あなたどうしようもないね。
は勿論281のことね。

333 :名無しピーポ君:2001/08/17(金) 00:37
違法行為に対する国の無対応以外にも事実を知っていて立場が全く不明な存在が
ある。その存在の名はここでは一応伏せて置く。
明確な自覺と責任を持たない場合、不正側にサクラや取り持ちとして利用されか
ねないと危惧されるものがある。それは又、トンネルや不正が入り込む余地も出
かねない。
当然何がしかの事実を知っているはずだが社会に其れを明らかにしていない理由。
これらを社会的、道義的責任とでも言おうか。当然犯人や何の組織かについて、
今までに何がしかの情報を知っているものとみているのだが。違法行為の存在と
その不明な存在の長い間の並存は一つの謎になっている。

334 :興味深い:2001/08/17(金) 02:35
>>327
>被害にあったのなら体験した事実のみを記述すればいい。
もしかしてあなたダメ刑事か?

体験から様々なことを考えるのが、いけないと?
それでは、世の中の物事に進展はないじゃないか。
やはり、ダメ刑事?

335 :興味深い:2001/08/17(金) 02:44
>281
「スチモシーバー」が出てきたので、あなたは慌てて「直接の電気刺激によらない」と書いているようだが、実際に研究が行われている「スチモシーバー」は、あなたのいう「直接の電気刺激」ではない。

336 :281:2001/08/17(金) 15:33
>>334
いや。論理的に考えるのと妄想は違うんだよ青年。

>「電磁波」=電荷をもつ粒子の振動や加速によってつくられるエネルギー波が放出される現象。
>「ホワイトノイズ」=(第二義的に)騒音を消すために流す音。

マクスウェル方程式を知らない奴が電磁波を語り、フーリエ変換も恐らく知らないであろう
信号処理の素人が「ホワイトノイズ」を語る。そのような「知識を基礎から学ぼうとしない」
人間が自分の体験の分析をしようといってもそれは無理ってものだ。

いみじくも>>279さんが言っているように

>科学者では無いのです。過大な期待をされても困ります。事実を見たり聞いたり
>したままを記録するだけで、其れ以外に説明がいりますか。それが信じられるか
>どうかは第三者の選択の問題です。そして真実かどうかを判定するのは科学者の
>役目です。

あるいは本当に未知の物理現象あるいは陰謀である可能性がある体験であっても、
それを君のようなオカルト系陰謀大好き素人が無理に分析して論理的にあるいは
物理的に破綻した帰結を導いてしまうと、その物理現象の体験の記述そのものの
説得力が激減してしまうよ。老婆心ながら(藁

あと麻酔剤とか自白剤はこのスレ(マイクロ波使用)では関係ないと思うが。

337 :興味深い:2001/08/17(金) 15:49
>マクスウェル方程式を知らない奴が電磁波を語り、
>フーリエ変換も恐らく知らないであろう
>信号処理の素人が「ホワイトノイズ」を語る。
>そのような「知識を基礎から学ぼうとしない」
>人間が自分の体験の分析をしようといってもそれは無理ってものだ。

やっぱりこれそのままじゃないか。
『あなた(281)の論点はずれていますな。たとえば、銃弾の被害にあった人が、
その銃の科学にまで通じていなければ、それを語ることは許されない、
というようなことを書いておられますが、実にまがまがしい誹謗ですな。』

>物理的に破綻した帰結を導いてしまうと

どこが破綻しているのだね?

>あと麻酔剤とか自白剤はこのスレ(マイクロ波使用)では関係ないと思うが。

何故?
論理的でないね。

338 :興味深い:2001/08/17(金) 15:58
>マクスウェル方程式を知らない奴が電磁波を語り、

ケイタイとかの電磁波問題も「マクスウェルの方程式」で片付くのだね。
ケイタイ会社が君のような人材はほっておかないだろうね。

339 :興味深い:2001/08/17(金) 16:04
ところで、どこが「妄想」なの?

僕はまだあんまり書き込んでいないのだから、その個所くらいはあげられるでしょう?

340 :名無しピーポ君:2001/08/17(金) 20:02
281さん
>ハイハイボクチャン。具体的に書けないんだったら潔く謝ろうね。

ボクちゃんは分からないのかい?精神病理学云々よりもボクちゃんは
そんな難しい単語出さないでお母さんのオッパイから飲みなおしましょう!
じゃ一つ聞くけど核ミサイルって特許とってる?例えばの話。
えとーボクちゃんは核って新聞に出てるから知ってるよねえ。

>相変わらずの物分りの悪さに閉口気味だが、
>CIAに電磁波でマインドコントロールされた人って誰かいるのかい?
>その「文献」とやらに出てくるのかな?
>陰謀論者の妄想に物理的根拠を求められても困るなあ(藁

ボクちゃんまた論点ずれちゃったね。
被害者の名前云々じゃなくて早く文献読んで説明してよ。
物理学的に。
君は被害者の名前聞かないと答えられないのかい?「物理学的」に。
論点ずれ。ちゃんとオッパイから飲みなおしてね。もちろん母乳でね。

>アメリカが薬物あるいは直接の電気刺激によらない、
>「マイクロ波によるマインドコントロール」に予算つけてるっていうソースを出せ。
>オカルト系陰謀論者のページなんか引っ張ってくるなよ(藁

図書館逝って本読んでえーって書いたでしょう?
ぼくちゃんにはそこまで必要なのかなあ?
あっマイクロ波じゃなくて電磁波でね。
281はすぐに逃げて論点ずれまくるんだよねえ。
自分より頭のいい人と討論してみたらすぐ崩れるよボクちゃん。
ほんとにそれがわかんないのお?(藁

341 :名無しピーポ君:2001/08/17(金) 21:00
興味深いさん

>軍事云々につなげることにも意味のない文句をつけているようですが、
>日本の「メーザー」研究は、戦時海軍が敵機を電磁波銃で撃ち落とす計画を立てた
>ところから始まっており、戦後も横浜の「Z研」などにその研究はひきつがれています。
>つまり、日本のその研究は、始まりからして軍事一色です。
>実は京都はその研究を引き継いだメッカともいえるところで、
>現在は「電力を離れた所に送る」というふうに課題自体は変わっているとはいえ、
>やっていることは「電磁波銃」研究そのものの引継ぎです。
>京都の公安云々というのは偶然ではないかもね。

京都がメッカだったのですか?詳しく知りたいです。
こういうマインドリーディングマシンやマインドコントロール等は
元々軍事目的で開発されてるんでしょう。
一部のエリートだけのシークレットにすればいいのにね。
知恵遅れにオモチャもたせるとこんなスレ立てられるんだ。

342 :興味深い:2001/08/17(金) 21:51
>>341

いったいどこに京都は「マインドコントロールの・・・」と書いてあるんですか?

>一部のエリート

って、たとえば「ナチ」みたいなの?

343 :名無しピーポ君:2001/08/18(土) 00:01
事実の説明の仕方とその否定

一般的に考えて、ああだからこうなると筋を追っての話しの進め方、その進め方
(論理構造)に飛躍や矛盾がなければ一応其れは論理的なものと思われる。

妄想は無い事を在ると想像してしまう物の感じ方、判断をいうのであろう。

体験そのものは、妄想か事実かであり、有り得る事か有り得ない事かの事実問題
は論理とは直接関係ないと思う。ただ、体験事実があって其れをどう理解したか
の説明の仕方に筋(話しの運び方の論理)が通っていれば其の説明は論理的であ
るといえる。科学論は置くとしても。

しかし一方で、この論の前提として、先ず、体験が事実かどうかにある。その体
験した事実に対して肯定、否定の双方の見方に相違があっても不思議ではない。
だからこそ、双方を納得させるために、説明の仕方に矛盾なくお互い話の筋を通
して論理的に説明しなければならないということだろう。

私見としては、体験を説明するのに余り科学的知識は必要ないと思うのだが。体
験者のそのときの説明の仕方にも寄るだろうが、相手の体験を判断して意見を言
う立場になった人が説明を聞く際の知識や理解の仕方の方に、発言したことに対
する責任があるのではと見ているものだ。体験した”事実”を否定するのだから。

344 :名無しピーポ君:2001/08/18(土) 00:26
もし真に科学的にというならその人の事実はそう簡単に否定は出来ない。其れが
否定する根拠として一つには病理、一つには科学的にと言う。科学的に可能性が
あれば、病理から見た否定論は外れる。今までどういう論法で否定していた事か。
科学的に考えることなく一方では始めから病理で否定していた節が見受けられる
のは、先に科学的に判断する必要のある事実を病理という先入観によって判断し
ていた事を証明するものではないか。それならば事実が科学的でないという論そ
のものも従来の科学知識による先入見によるものではないかという疑いを持たな
いだろうか。

345 :興味深い:2001/08/18(土) 01:20
今このスレッドで問題になっている電磁波や「声」の問題は、
目には見えないものであるということと、
精神病の一部の症状の「幻聴」「妄想」(これまで世の中には存在せず、またそれ自体常識でははかれないということから)などに表面的にしろ「類似」しているという点で、
世の中の認知を得るのはとても難しい。
その技術が、軍事などに属し、秘匿性があるものだとしたらなおさら。
証明がしがたいものであるというのが一番の理由だが。

しかし、上の事情は実は、その加害者自身よくわきまえていて、そのような状況を利用し、露骨におおっぴらに事をはこんでいるという現実がある。
たとえば、>>322のようなことを、警察に、あるいはマスコミに行って話したところで、まず精神科を受診することをすすめられることは間違いない。だからこそ、相手の加害者はそのような露骨な手段をとっているのでもある。
ただし、「マスコミ」に関しては一言しておくと、この件に関しては無知どころか、首謀者側にあることをことわっておきたい。信じる信じないは、これを読む人の自由だが。
従って、この問題が表に出ることは、今後も有り得ない。
281さんが避けている「麻酔剤」と「自白剤」でいえば、以前警察署がはっきりと「日本放送協会(NHK)」という名称を口にしたことがある。現在では、既に全ての機関に手がまわっており、そのようなことを口にする所は皆無だが。

346 :名無しピーポ君:2001/08/18(土) 01:26
一寸息抜きに

参考文献

学問のすすめ 初編

人の一身も一国も、天の道理に基づきて不覊自由なるものなれば、もしこの一国
の自由を妨げんとする者あらば世界万国を敵とするも恐るるに足らず、この一身
の自由を妨げんとする者あらば政府の官吏も憚るに足らず。ましてこのごろは四
民同等の基本も立ちしことなれば、何れも安心いたし、ただ天理に従って存分に
事をなすべしとは申しながら、凡そ人たる者はそれぞれの身分あれば、またその
身分に従い相応の才徳なかるべからず。身に才徳を備えんとするには物事の理を
知らざるべからず。物事の理を知らんとするには字を学ばざるべからず。これ即
ち学問の急務なる訳なり。昨今の有様を見るに、農工商の三民はその身分以前に
百倍し、やがて士族と肩を並ぶるの勢いに至り、今日にても三民の内に人物あれ
ば政府の上に採用せらるべき道既に開けたることなれば、よくその身分を顧み、
我身分を重きものと思い、卑劣の所行あるべからず。

凡そ世の中に無知文盲の民ほど憐れむべくまた悪むべきものはあらず。智恵なき
の極は恥を知らざるに至り、己が無智をもって貧究に陥り飢寒に迫るときは、己
が身を罪せずして妄に傍の富める人を怨み、甚だしきは徒党を結び強訴一揆など
とて乱妨に及ぶことあり。恥を知らざるとや言わん、法を恐れずとや言わん。天
下の法度を頼みてその身の安全を保ちその家の渡世をいたしながら、その頼むと
ころのみを頼みて、己が私欲のためにはまたこれを破る、前後不都合の次第なら
ずや。(一部抜粋)

347 :281:2001/08/18(土) 02:30
いやあ。電波オカルト陰謀論者妄想系、大集合って感じだねえ。
嫌いじゃないよ、そういうの(藁

>>337
>やっぱりこれそのままじゃないか。
>『あなた(281)の論点はずれていますな。たとえば、銃弾の被害にあった人が、
>その銃の科学にまで通じていなければ、それを語ることは許されない、
>というようなことを書いておられますが、実にまがまがしい誹謗ですな。』

ハァ?撃たれた人がその被害を「科学的に」分析したりするかい?
無知無能は無駄だから分析すんな、被害の事実のみ記述しろ、つってるんだが。
早く理解しろよ低脳。

>>338
ボクチャン必要条件と十分条件の違いはわかるかな?
「マクスウェル方程式を理解していない奴は携帯電話等の電磁波問題を解決できない」と、
「マクスウェル方程式を理解している奴は携帯電話等の電磁波問題を解決できる」
は、論理的に同値ではないんだよ。ってちょっと難しかったかな。

>>339
>あと、電磁波ではなく、ホワイトノイズを流して、それに重ね合わせるという形で、
>サブリミナルな音声を流すという方法もあります。

このへん。センスあるよねー。嫌いじゃないよ。この感覚。

あと自白剤だの麻酔剤だの言ってるが、それが
「『マイクロ波によるマインドコントロール』には物理的根拠がない」という
主張とどういう関連があるのか説明してくれないか。
「組織」だの「公安」だの、妄想は君一人の脳内にとどめておいてくれよ。
ネットワーク資源の無駄遣いだからさあ(藁

348 :281:2001/08/18(土) 02:31
>>340
>じゃ一つ聞くけど核ミサイルって特許とってる?例えばの話。

ギコハハハ。今時核ミサイルを持ち出すのか。いつの時代の人間だよ。
冷戦下では経済利益に換算できる価値があったかもしれないがな。
今のご時世、「核ミサイル」のアセット別ROAはとんでもないマイナスに
しかならないぞ。って財務諸表なんて読んだこともないボクチャンには
理解できないかな?(藁

あと君の頭の中だけに存在する論点を突き止めようと思っても健常者には
なかなか難しくてねえ。頑張ってはいるんだけれど。バリアフリー社会に向けて(藁
こちらは「CIAの電磁波使用のマインドコントロール」が物理的に根拠薄弱だって
主張してるんで、それを否定する立場のアナタにぜひ物理的根拠を聞きたい
ところ。早く説明してね。頼むよボクチャン。

>>346
名文だね。

349 :興味深い:2001/08/18(土) 03:00
何一つ反論できないお歴々が何を化かしあっているのだか・・・

350 :興味深い:2001/08/18(土) 03:03
「政治家の一番恐いもの、それは事実」

351 :興味深い:2001/08/18(土) 03:11
僕は2ちゃんねるは「情報交換などの場」だと思っている。
『取り調べ室』にいるつもりはないし(w
また、いろいろと考えることについて
とやかく言われる筋合いもないと思っている。<これこそ「学問のすすめ」

遠赤外線がはやったが、あれは未だに何故温熱効果が生じるのかわかっていなかったのではなかったかな?
少なくとも、ブームのまっただなかではまだ解明されていなかったはず。
これは君らから言わせると「存在しえない商品」であるわけだ。

352 :興味深い:2001/08/18(土) 03:30
ところで、僕の

>「科学的に」分析

ってどこのところ?

353 :興味深い:2001/08/18(土) 03:56
不毛だと思えるので、
退場させてもらいます。

354 :名無しピーポ君:2001/08/18(土) 06:37
一寸又長くなるが、大事と思えるので悪しからず

結局のところ、病理をも含め、科学的に全ての可能性を考慮する必要があるとい
うことだろう。事実を全て病理で理解すれば事実だけが浮いてしまう。病理で事
実を否定するなら其れは既に事実に対しては、先入見による判断そのものであり、
あらゆる可能性をもとめる科学ではなくなる。

>344の続き

飽くまでも事実に対して科学的であろうとするならば病理以外にも、その事実を
どう説明できるのかという問題でないか。

それからして考えてみると、体験者の話しを妄想とし、直結してその文脈でさら
に機能上のおかしさと論じるのは少し飛躍した話の運び方(論理展開)だと考え
る。どの人ということでは勿論無いが、他のスレや一連のレスのなかにもその論
理展開の多いのが気になって仕方が無い。皆結論がどうしてもそこにいってしま
う。
其れだとそれ以上論が先に進めない。事実を否定する事で可能性を論じることを
閉じてしまっている。
言った者勝ちという感じの論の展開は、体験している、この違法な方法で一方的
な関係をもってくるやり方と何故か似ていると思えて仕方がない。問題の違法行
為を秘密裏にやる者。事実を主張する者と其れを否定する者。おかしな事だが、
否定する側は単なる第三者としてではなく、何故かこの問題の当事者として三角
関係にあるように見えてしまう。違法をやるものと其れを否定するものは結果と
して行為の裏表になつてしまうからだが。

若し体験事実が真実だと理解出来れば、今までの立場や社会的意味合いは全く逆
転してしまう筈のもの。少なくとも違法を平然とする立場ではいられない。私は
予測するが、日本の社会というか、日本の無責任というか。その無責任さが、こ
うした局面では、科学的にもっと理解する必要があるのに、逆転現象を来してい
るのではと。そしてそれはまた社会に対する認識においてもありうることだと。
こういう場合必要にして求められいるものは問題提起に対する無責任な対応では
なく、それを求められたときの、無責任な対応によって引き起こされる不都合、
までを予測した説明責任であると考えているのだが。

355 :名無しピーポ君:2001/08/18(土) 13:27
>ギコハハハ。今時核ミサイルを持ち出すのか。いつの時代の人間だよ。
>冷戦下では経済利益に換算できる価値があったかもしれないがな。
>今のご時世、「核ミサイル」のアセット別ROAはとんでもないマイナスに
>しかならないぞ。って財務諸表なんて読んだこともないボクチャンには
>理解できないかな?(藁

ボクチャンに分かりやすく答えたまでだよん。
だって核って小学生低学年やましてや幼稚園児もちってるでちょ。
またあボクチャンワードだけ難しいものをだすだす。
財務諸表ってなんかしってるのお?やけにマクロ的だにい。

>あと君の頭の中だけに存在する論点を突き止めようと思っても健常者には
>なかなか難しくてねえ。頑張ってはいるんだけれど。バリアフリー社会に向けて(藁
>こちらは「CIAの電磁波使用のマインドコントロール」が物理的に根拠薄弱だって
>主張してるんで、それを否定する立場のアナタにぜひ物理的根拠を聞きたい
>ところ。早く説明してね。頼むよボクチャン。

健常者って一般的に差別用語だよボクチャン。
物理的に根拠薄弱ってそれはボクチャンの知ってる範囲ででしょう?
早くおべんきょして説明してよお。
それともCIAの研究者より頭いいのかな?ボクチャン。

早く説明してっ!
ぷぷぷーっ痛いとこつかれて今度はどこが論点ずれだって開きなおるかい?
頼むからボクチャンこのスレッドを間違った方向へ誘導しないでおくれよ。

このスレッドのマイクロ波っていうのは同意できないけども、電磁波使用し
てマイインドコントロールを京都の公安が行ってるっていうことは可能性が
あると思うね。日本はアメリカの傘下だから。
それともまた違うスレッド立てようか??

356 :名無しピーポ君:2001/08/19(日) 07:20
・・・・・という訳で
国の対応の無さはおかしいといえばおかしいのではあるが、
違法行為が続いている以上警察といえども行為違法の尻馬に乗るようなことがあ
ってはいけないからこちら被害としては万般に気をつけている。社会は全て善な
らずと。

どういう扱いになるか解からないが折角だから犯罪事実としてレスの316,
330をメールで警察庁に取り敢えず送付予定中。

警察が違法事実を何も知らなければ現実的対策が打てないと考えてのこと。其れ
が国の治安責任だと考えるからだが。

実際に地元警察にとってこの問題はつい最近まで”初耳”に近くそうした不正行
為が存在することさえ余り熟知していない。
以外にも地元で訴える被害がないということかもしれない。

被害を言ってその時始めて違法行為の存在を知り得る状態。
流石が、或る程度事情を話せば、この違法行為には何らかの想像が働くものと見
えるのだが、それでもぴったりと納得のいく理解に至らず,逆に被害の方が事実
の対処に苦慮している始末。
被害があるということまでは解かっているのだがその先が素人の理解以外には出
ていない。

過去に起きたストーカー被害の対処に近い対応になっているのだろう。
今以上に事態が好転せず放置されたままであることに何時も落胆させられている。

357 :名無しピーポ君:2001/08/19(日) 21:33
個人的経緯

この違法行為によって、個人及び社会が間接的にコントロールされかねないこと、
或いは個人に対する直接的コントロールが存在する可能性を否定していない。

そうした場合は結局、個にたいする作用が問題だと思うのだが、その個に何が作
用しているのかは各人の見方で相違している。私個人が体験する色々な事実から
推して・・・一種類の方法では無いように思われる。人により、情況により作用
がまちまちで中々その正体を理解しがたいものにしている。

1)個人が体験した事実について。
其れまでにその事実を知らなかった一般人及び多少の学問的知識を持つ人ならば、
体験者本人が指摘した事実をどう考えるだろうかという深慮(事実や其れが存在
することへの一般的反応及び理解度)。中々理解し難い点やその認識度に応じて
以後の説明や対応の仕方に関わる問題。

その事実に対して、例えてあげれば、
一般常識(合理的、論理的)、科学一般、物理一般、音響学、電磁学、社会学、
心理学、情報認知学、医学一般、脳生理学、脳神経学、法律学、犯罪学、犯罪心
理学等、各分野からみてどう理解できるか。その可能性。

2)存在の可能性とその信ぴょう性について。
事実を確認する意味で同じような体験事実やその他の体験についての情報が求め
られる(事実の蓄積と新たな可能性の示唆およびその実在性を担保)。

違法事実が確認出来れば個人は一つの違法行為として司法当局にそのことを申告
して然るべきもの。其の場合の信ぴょう性云々は別次元の問題。違法事実が飽く
まで事実として存在することは今までに流布された様々な事実から充分に窺い知
る事が出来るだろう。

事実を否定する理由があれば、否定する事は構わない。或る可能性を否定してい
るだけで、そのことが事実が存在する可能性の全てを否定することにはならない
から。

社会的問題が依然として解決されていない以上、色々な人の体験や意見があって
も当然。それに対する意見もまた然り。事実を無にする理由はない。

358 :281:2001/08/20(月) 01:57

ちょっと勢いも衰えてきたかな?残念だなあ。もうちょっと頑張ってよ(藁
>>349 >>350
意味不明。

>>351
>遠赤外線がはやったが、あれは未だに何故温熱効果が生じるのかわかっていなかったのではなかったかな?
>少なくとも、ブームのまっただなかではまだ解明されていなかったはず。
>これは君らから言わせると「存在しえない商品」であるわけだ。

マスプロダクトのマーケティングは無知蒙昧な大衆が対象だから
法的な規制をクリアしている限り科学的根拠なんてどうでもいいのよ。
とはいっても遠赤外線はそろそろJAROに訴えられてもいいと思うけどね。
科学的根拠ゼロだし。

>>352
だからー、
>あと、電磁波ではなく、ホワイトノイズを流して、それに重ね合わせるという形で、
>サブリミナルな音声を流すという方法もあります。
このへん。ね。

>>353
残念。楽しかったのにね。ギコハハハ。

359 :281:2001/08/20(月) 01:58
>>355
>ボクチャンに分かりやすく答えたまでだよん。
>だって核って小学生低学年やましてや幼稚園児もちってるでちょ。
>またあボクチャンワードだけ難しいものをだすだす。
>財務諸表ってなんかしってるのお?やけにマクロ的だにい。

マクロ的・・・(藁
おいおい頼むぜ。もしかしてB/SもP/Lも知らねえ奴が

>特許を取るよりも経済的利得が大きい方法もありますよ。
>単純に考えすぎ。基本的に派生効果を考えてみましょう!

こんなこと言ってたりしたのか?
ボクチャン、経済的利得って何のことだかワカリマチュカー?(藁

>健常者って一般的に差別用語だよボクチャン。
>物理的に根拠薄弱ってそれはボクチャンの知ってる範囲ででしょう?

だからさー、君の頭の中だけに存在する
「電磁波によるマインドコントロール」の物理的根拠を解説しておくれよ。
それがわからないと議論にならないからさあ。

360 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 02:04
精神分裂症とEMRマインド・マシンによる攻撃効果との違い
http://www.panawave.gr.jp/emr/emr4.html

マインド・コントロール・フォーラム
http://www.panawave.gr.jp/emr/emr_top.html

361 :281:2001/08/20(月) 02:10
>>356-357
明らかに>>316 >>322は精神疾患の症状であり、国としては精神疾患として
処理すべき案件であろう。国家財政が税金で賄われている以上、それ以上の
調査は公益に反するものであり、その判定を覆す責任はあなたがたにある。
その際、最も重視して欲しいことは
「客観性のある証拠」に絞って集めることだ。というのも、

>>316
1)先ずこの問題では当然に、相手方の声が対象者となっている自分に聞えるこ
と、
2)150km遠方にいる者の声であると思われる事
3)何故なら、150km先で体験して聞こえた声と同一であること
4)100km、150kmの声が同一であること
5)相手の声が対象者の私生活に同期していること
6)街中でも聞えていること、
7)恐らく建物の内外に関係なく聞こえること
8)全く同一の言葉が全くの他人の口を突いて言の葉に上る事、又其れが対象者
に同期している場合のあること
9)自分以外には知り得ないはずの自分の記憶の中の言葉を使っていること
10)マスコミ放送にも対象者との間にも同じ問題と同期が見られること

いずれも非常に主観的な主張にすぎない。この主張を受け入れろと言う方が無茶だ。
通常の判断力を持っている人間であれば、この一連の件は脳内で閉じた現象であると
判断するのが妥当であろう。
しかし、例えば
・毎日同じ時刻に特定周波数の電磁波の出力増大が観測される
・機器によって音声を録音でき、それを第三者に聞かせることができる
などといった客観性のある主張ができるならば話は変わってくると思うがどうか。

362 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 02:25
>精神疾患の症状であり
精神科医でもないのに知ったような口ききなさんな。

363 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 02:47
結局281が誇っているものって何なの。

364 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 02:52
>結局281が誇っているものって何なの。
結局281がバカみたいに誇っているものって何なの。

365 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 03:49
281は>>327において、
・・・・・・・・・・・・・
>>あなた(281)の論点はずれていますな。たとえば、銃弾の被害にあった人が、
>>その銃の科学にまで通じていなければ、それを語ることは許されない、
>>というようなことを書いておられますが、実にまがまがしい誹謗ですな。

>いえいえ。違うのですよ。被害にあったのなら体験した事実のみを記述すればいい。
>>316=322さん、どうもありがとうございます。大変参考になりました)
それを >>311のように
・・・・・・・・・・・・・
と書いているが

366 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 06:50
なるほど

367 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 07:22
明かに 、国としては、であろう。それ以上の、調査、その判定、責任、客観性
のある、証拠。主観的主張、受け入れろ、通常の判断力、この一連の、脳内で、
閉じた現象、妥当、であろう。

例えば、主張が出来る、話しは変わってくる、思うが、どうか。

興味深い さん解かります。

368 :釜井@オリジナル:2001/08/20(月) 14:38
遠隔的マインドコントロール技術の存在の可能性を否定する事は不可能。
電磁波にその手法が特定されているのではなく、その可能性について語っている。

281は全面的に否定的な見解者ではあるが、他人の見解まで否定する立場が意味不明。
281は自分の立場で語って居れば良い。
あくまで可能性の話で、他人を誹謗中傷、病人扱いするのはどうか。

我が身に起きた「現実」を冷静に受け止め、客観的にこれを認識する人は、
君がいくらわめこうとも、この真実を究明するまでは諦めたりしないでしょう。

369 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 20:43
>281さん
>>355
>ボクチャンに分かりやすく答えたまでだよん。
>だって核って小学生低学年やましてや幼稚園児もちってるでちょ。
>またあボクチャンワードだけ難しいものをだすだす。
>財務諸表ってなんかしってるのお?やけにマクロ的だにい。

マクロ的・・・(藁
おいおい頼むぜ。もしかしてB/SもP/Lも知らねえ奴が

わりい大学でおベンキョしたよん。
知ってるからいうんでちょ。

>特許を取るよりも経済的利得が大きい方法もありますよ。
>単純に考えすぎ。基本的に派生効果を考えてみましょう!

こんなこと言ってたりしたのか?
ボクチャン、経済的利得って何のことだかワカリマチュカー?(藁
↑経済的利得ので特許のことしか考えられない貧相な頭。
小学生的な脳の構造。
ご愁傷様!

>健常者って一般的に差別用語だよボクチャン。
>物理的に根拠薄弱ってそれはボクチャンの知ってる範囲ででしょう?

だからさー、君の頭の中だけに存在する
「電磁波によるマインドコントロール」の物理的根拠を解説しておくれよ。
それがわからないと議論にならないからさあ。

だからさーCIAの電磁波によるマインドコントロールについて「物理的」
に説明してよおーーーーーーーーーーーっ!

370 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 20:45
>結局281がバカみたいに誇っているものって何なの。

彼きっとゲシュタポ犬

371 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 21:02
>遠隔的マインドコントロール技術の存在の可能性を否定する事は不可能。
>電磁波にその手法が特定されているのではなく、その可能性について語っている。

>281は全面的に否定的な見解者ではあるが、他人の見解まで否定する立場が意味不明。
>281は自分の立場で語って居れば良い。
>あくまで可能性の話で、他人を誹謗中傷、病人扱いするのはどうか。

>我が身に起きた「現実」を冷静に受け止め、客観的にこれを認識する人は、
>君がいくらわめこうとも、この真実を究明するまでは諦めたりしないでしょう。

同意!この問題が真実ならば糾弾すべきことでしょう。国益として。
確かに過激派やテロリズム、共産党から国を守るためにこのテクノロジー
を使用するのには積極的に賛同する。
しかし一般国民に対して職権濫用的に使用するのはもはや国益とは
言えず断じて許されるべきことではない。

372 :ひとこと:2001/08/20(月) 22:11
少数の良識ある人々がこの問題を追及しようとしても、
国はそれを闇に葬る。
何故なら、国はその問題のことを知っているから。また関与もしているから。
あとはマスコミだが、これも上と全く同等。

僕は残されたものは外圧による追及しかないと思ったが・・・
ダイアナ妃も被害者の一人だった、と言っても誰も信じないだろう。

結局このような技術の----これからも、致命的なテクノロジーは
いくらでも生み出されるだろう----蔓延や、それ以前の技術の確
立を防ぐには、健全な国家を普段から作る以外に方法はない。
日本の場合を考えてもらいたい。秘密裏にこんな技術が蔓延して
いたとして、それが不思議か?

373 :釜井@オリジナル :2001/08/20(月) 22:27
>ダイアナ妃
非常に高度な盗聴装置の被害者だったという、
「立花隆」氏の説を見たような気がします。

この源は、アメリカの特殊情報収集装置にあるのではないですか。
仮定の話ですが、
「新世界秩序-NEW WORLD ORDER」なる裏取引が各国の間で結ばれ、
支配の階層構造の一部のみ、これを知り得る立場にある事を推定しています。

上記は仮定の話であり、否定的見解も在り得るでしょうが、
情報管理されている秘密事項なら、同質の意味でしょう。

374 :ひとこと:2001/08/20(月) 23:05
あきらめてはいけない

375 :名無しピーポ君:2001/08/20(月) 23:36
意見を頂いた>361さんに私から

<前段>の大体の意味は、

『 1) 体験と症状が同じだから、国はそれを精神疾患として扱うべきで、国には何の責任もない。

2) 其れを覆す責任は体験した事実を違法な行為によるものと判断した被害者側にある。

3) だからそれ以上主張するなら、否定を覆す為に必要とされるもっと客観的な証拠を提示して欲しい。』

という意味になりますか。


<後段>部分の文脈の意味に対する私なりの考え

私に言わせると主観的主張にすぎないと貴方が言う事も又主観になるだろう。私
にとっては体験した事実を言ったものであり客観的なもの。貴方にとっては他人
がそれを理解し得ないことだからその体験は私の主観的なものだと思うという文
意に解釈する。だから他人が理解できるようにもっと客観的証拠が欲しいという
ことだろう。しかしそういうことなら、私が体験した事実を貴方はまだ全面的に
否定したことにはならないと考えるが。疑いの中にあるというぐらいのところで
はないのか。所が前段で体験を病理と因果の関係で既に結びつけて即断している
のは後段との間で矛盾になら無いか。

あそこに挙げらている体験は事実を見たり聞いたりしたということに対する証言。
それらが本当かどうかは調べてみる必要のあること。

其れを調べることが検証(誰が検証しなければならないかは別にして)となる。

その結果が所謂、誰にでも理解できる客観的な事実となる。

主張を受け入れろと言ってはいない。そんな強制はしない。
そういう体験をしていると言っているだけのことなのだが。

事実があると主張されているのだからそれを疑う者は、その真偽を調べるべきだ
と言っている。私は其れが違法行為だと主張しているだけのこと。調べて否定す
るだけの根拠がなければ其の体験を一概に否定することはできないことではない
かと思っている。

通常の判断力という意味がはっきりしない。

結局のところ、検証した結果誰もが理解できる事態になれば、話しは変わってく
るということになるのだろうね。

そういうことだから、ここでは犯罪としての被害があると知らせている訳だ。そ
して更にそのこと知らせる為に体験した種々の事実を一般に証言をしたという経
緯だが。
それをもう少し突っ込んで、それでは国でも専門家ではない一般の人は其れらの
体験をどう考えるかを聞いたつもりだ。

どう考えるかに答えてくれる事(常識的範囲内で)
専門家の判断を求たのではなかったこと(専門家がこの2chanを見ていれば
別だが、匿名という一般人の発言には責任を伴わないし又それを問えないからだ
が)
この二つ辺りがポイントだったわけだ。
そして何故そういう経過になっているのかを考えて欲しいということなんだろう
けどね。

そういうことからすると、或る見方による論の運び方は性急過ぎるのではないか
と。もっと色々に考えられることでは。

376 :281:2001/08/21(火) 00:41
うん。ちょっと生産的な方向になってきたかな?それじゃ今日も元気良く行ってみようか。

>>353=362=363=364
ぷっ。まだいたの君。早く「不毛だと思えるので退場」してね。

>>367
なんかちょっと怖いぞ。狙ってやってるんだとしたらスゴイ。

>>368
釜井君もまだいたのかあ。ちょっと元気がでてきたゾ。
ところでマジレスしておくと、既存の理論と相容れない新しい理論が
提唱された場合、「叩いて叩いてそれでも残ったものを受け入れる」のが、
理性ある人間の正しい態度だ、っていうのは納得してくれるかな?

>>369
>わりい大学でおベンキョしたよん。
>知ってるからいうんでちょ。

ああソウナンデチュカー。よくがんばったデチュネー。えらいえらいデチュヨー(藁

>↑経済的利得ので特許のことしか考えられない貧相な頭。
>小学生的な脳の構造。
>ご愁傷様!

君は特許を経済的利得以外に一体何の目的があって利用しようというのかね。
あれか。もしかして君ドクター中松系?TO-SENとか?(藁

>だからさーCIAの電磁波によるマインドコントロールについて「物理的」
>に説明してよおーーーーーーーーーーーっ!

はいはい。じゃあいくよ。
(1)ヒトの高次の思考を脳内における化学反応プロセスで説明するための基礎理論は
未だ確立されていない。
(2)従って高次の思考を(電磁波であれなんであれ)本人に知られずに
(拷問等の手法を除いて、ってことね)コントロールすることはできない。
以上。反論はその根拠となるソースを示してね。
あと基礎理論を秘密裏に研究してたとか主張する奴は基礎理論のコストを
胸に手をあてて考えてみてね。

377 :281:2001/08/21(火) 00:41
>>375
真摯なレスどうもありがとうございます。

>『 1) 体験と症状が同じだから、国はそれを精神疾患として扱うべきで、国には何の責任もない。
>2) 其れを覆す責任は体験した事実を違法な行為によるものと判断した被害者側にある。
>3) だからそれ以上主張するなら、否定を覆す為に必要とされるもっと客観的な証拠を提示して欲しい。』
>という意味になりますか。

概ねその通りです。

>私に言わせると主観的主張にすぎないと貴方が言う事も又主観になるだろう。

全くその通り。しかしあの文を読んだ99%の人間がそう考える筈です。というのも主観ですがね。

>私が体験した事実を貴方はまだ全面的に否定したことにはならないと考えるが。

もちろん。全面的に否定なんてしていませんよ。

>疑いの中にあるというぐらいのところではないのか。

どうでしょうね。99.9999%疑っていますが。

>所が前段で体験を病理と因果の関係で既に結びつけて即断している
>のは後段との間で矛盾になら無いか。

通常の人間ならそう考える筈、と主張しただけですよ。

>事実があると主張されているのだからそれを疑う者は、その真偽を調べるべきだ
>と言っている。

これは違うと思います。「これこれこういう事実がある」と主張したい、
かつそれを人に納得してもらいたい人は、それが当人の妄想ではなく
第三者からみて妥当なものである、と説明しなければならない責任があります。
>>316 のリストにはその説明が全く無いので、妄想あるいは精神疾患と判断されても
仕方無い、という訳です。

>そういうことだから、ここでは犯罪としての被害があると知らせている訳だ。

もしそれを効果的に行いたいのであれば、少なくとも上で書いたような、
・毎日同じ時刻に特定周波数の電磁波の出力増大が観測される
・機器によって音声を録音でき、それを第三者に聞かせることができる
というぐらいの主張が必要だと思いますよ。
事実を書きこそすれば人は納得してくれるともしお考えでしたら、それは
甘過ぎると言わざるを得ません。
一点誤解しないで頂きたいのは、私の意図は「事実を否定」することではなくて、
その事実を納得するための「客観的な根拠」を求めている、ということに尽きます。

378 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 07:46
>377

納得することを義務とはしないのですから、
納得してもらいたい、主張したい思っていたとしても、理解できるようにそれを
説明しなければならないという責任もないのでしょうが、其れは兎も角として。

取り敢えず

納得できなければ疾患だと言いたいのですか。これはご親切にと言いたいところ
ですが・・・。納得出来ることと納得できなければ99.9%、ほぼ100%ま
で疾患だと言うこととの違いは、求める解がちょっと余分になると思います。納
得できなければ何故それを疾患とする必要があるのか。其れによって誰に何の得
があるでしょう。ほんの何%かの可能性まで全て否定してそうすることのメリッ
トは誰にあるのですか。本人が事実を主張している場合は特にね。

是非に納得してくださいと特に無理強いしているわけでも無いのです。理解する
人としない人がいることを私は知っています。

証拠がないことだけで其れを以って直ぐに疾患だという判断を下していない事が
むしろ一般には多い感じですね。其れは只証拠を見つけることが難しい事情から、
只事実を示されても判断に困ってなのだと思いますが、其れを直ぐ疾患とは言え
ないのだと思います。

何故でしょう。常識的範囲の問題です。若し後で事実が明白になった場合、間違
えた判断下してしまった事になるからでしょうし(正式な判断になると当然医師
の手によるべきものですからね)、万が一の可能性を保留していることでもある
のでしょう。
恐らく一般の理解の仕方では普通の人であれば簡単に判断することには慎重な態
度をとっているからでしょう。それ以上の判断になると恐らく相手が主張してい
るという立場を考えて色々な問題をそこに感じとるからですね。一般では其れが
限度でしょうね。

逆に私からお聞きしますが、仮にそれが疾患なら社会的にそうした状態を放置す
ることは何といっても好ましい事ではないと思いますが、其の場合に放置するこ
とには国或いは行政に責任はありませんか。その点はどう考えていますか。それ
を私始め他の多くの人が問題は違法な行為に原因があるのだと主張しているとこ
ろなのです。

後は今回はちょっと詳しくは省略しますがリストから自由に想像してくださいと
いうことです。そこから何を想像するか。だれでも何は想像するだろうと思いま
す。ネズミ算みたいなもの、なぞなぞみたいなものです。それで解からない点は
説明を求めてください。その点にお答えしたい。お聞きしたいところがあればそ
の方が効率が良いでしょう。

379 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 10:13
非殺傷性兵器――Non Lethal Weapon
 アメリカで近年開発対象となっているのが、「非殺傷性兵器」と呼ばれる新兵器だ。直接相手を殺すのではなく、戦う気をなくさせたり、戦闘不能にさせるためのものである。
電磁波照射、電磁パルス、極調長波、レーザー光線、化学薬品などが使われる。もちろん、HAARPもその一つだし、数々のマインドコントロール手段もそうである。だからHAARP
は安全だ、というのが公式見解。

 この非殺傷性兵器の実験はすでに完了している。湾岸戦争で、勇猛なイラク兵がいとも簡単に降伏したのは、非殺傷性兵器のおかげだった。

 ところが、非殺傷兵器に関するアメリカ国防総省の文書にはこう書かれている。

「非殺傷兵器を使用しても生命に危険が及ぶようなダメージが与えられるような場合もある」


 つまり、使い方によっては、非殺傷兵器で殺害が可能であることも事実なのだ。

 国防総省文書には、さらに戦慄すべき内容が記されている。

「この文書内で使われる敵対者という言葉は、非常に多様な意味を含んでいると解釈していただきたい。政府によって認定された敵対者のみならず、政府が終結したいと望んで
いるような活動に従事しているような者も含まれる。また、公安関係諸機関と協力する形における軍による国内での非殺傷兵器の使用は、妨げられないものとする」


(転載)

380 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 10:51
281まだいたの?アホが証明されるだけだよ、客観的な第三者からみて。
>君は特許を経済的利得以外に一体何の目的があって利用しようというのかね。
>あれか。もしかして君ドクター中松系?TO-SENとか?(藁

この議論は終了したね。281ちゃん過去スレちゃんと読んでね(ふにゅっ
特許イコール経済的利得が一番得られやすいという単純明快な脳構造はどう
してもなおらないね。しかも特許以外にドクター中松でちゅか?結局同じ
ことじゃん、特許と。ヒントは国益だよ。君ちゃんと過去スレよみなちゃい!

>(1)ヒトの高次の思考を脳内における化学反応プロセスで説明するための基礎理論は
>未だ確立されていない。

あーまたやっちゃったね(ふにゅっ)基礎理論が確立されてないのは学会レベルでしょ
軍事目的の開発は政府から大学の研究室や企業に多大な金や人材を送って開発、研究
に取り組んでるんでしょ。未だ確立されてないって一般的既知事項revelでの君の意見
らしいよ。おいおいその金はどこに計上されてるんだいって00白書等持ち出してこな
いでおくれよ(ふにゅっ

>(2)従って高次の思考を(電磁波であれなんであれ)本人に知られずに
>(拷問等の手法を除いて、ってことね)コントロールすることはできない。
>以上。反論はその根拠となるソースを示してね。
はい、論理的にもろくも崩れました、ご愁傷様!
反論以前の問題だよ、君の文章は。
>あと基礎理論を秘密裏に研究してたとか主張する奴は基礎理論のコストを
>胸に手をあてて考えてみてね。
ああはい。コストね。政府系等が開発するシステムが全て公開されてるとで
も思ってるの?おーーーーいっまさか情報公開法なんて持ち出さないでおく
れよお。ちゃんと上のレス読んでね。

電磁波によるマインドコントロールについてちゃんとCAI関連の書籍等よ
んだかい?早く説明してよ。早く。
君の一般的既知事項による説明からは不可能なんじゃない?「物理的に」
せっかくその小学生的かつ短絡的な君の脳の論理構造から新しい意見を
期待してたんだけどね(ふにゅっ)残念。
まっ君がなんでも「物理的」に説明できる人物なら誰もほっとくわけないよな。

君の意見の重大な欠陥を指摘すると・・・
「一般的既成事実にあてはめその枠からはみ出るものは(証明不可能なものは)
全て、虚である」
という短絡的な構造だよ。(ふにゅっ)

381 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 10:58
マインドコントロール関連
http://homepage2.nifty.com/dennjiha/contents/link.html

382 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 11:11

また最初に戻って疑問があるんだけど
ここまで色々この電磁波によるマインドコントロールについて
一部で発表されてるのに、全てカルトでかた付けるのはどうか?

逆に何故、マインドコントロール技術の効用についてという方向
へ議論を持って行ってほしいね。
きっと公表されない機密扱いの情報を立証するのは不可能だと
思うしなた、不可能(一般的既知事項以外)ならばそれは虚で
あるとういうのもおかしいので結局どうどうめぐりの議論しか
できない。
そこで
一体誰が得をするのか、その必要性や効用についての意見を
お聞きしたいですね。

383 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 18:38
281さん
「担当かえて下さい」
とよく言われません?

384 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 19:06
>377さん
前投稿の私の解釈が私自身の詭弁になるといけないのでをそれをさらにベタに書
き直してみると

『一体誰が体験した事実を精神疾患となし、また何故そこに国が突然に出てきて
そうすべきだというのか。其れ以降に貴方が述べられている事柄についても同じ
文脈の流れによってのものですね。そしてその後の文脈からは、事実をそのよう
に主張しその判定に異を唱えることに対する責任は、かえって体験をした者にこ
そ、あるのだと仰りたい 』、と。

それでは一体誰が判定するということになるのか。まさか国が判定しているとい
うことを言っている訳ではないでしょう。一般人ですか。それとも医師ですか。
貴方は其れを一般人は普通には・・・・、と言ってはいるが。恐らくそれは貴方
の一般論で。

私は医師や他の多くの一般人がどう判断しているかをまだ知らない。実際に一般
人はまだ事実さえ知らないことが多いだろうし、一般人にこの事実を知らせる方
法も今のところ思いつかない。もし言えるとしたら、少なくともこの事実を知っ
た時点での国民の反応を今からはっきりとは解からない。事実を知った場合に何
人が否定し何人が認めることになるのかは皆目解からない。

ここの2chaでさえどの人がどの人なのか解からないことがある。だから実際
に否定している人がこのスレにどのくらいいるのかも定かでは無い。またチャネ
ラ-が一般人のうちの何%に当たるのかもわからない。。

この2chanでの参加者は社会一般からすると特別な人達と言えないことでは
ない。極く普通に生活している只の一般人と同じと言って良いのか少し問題に思
う。何しろ年代がある年齢層に限られていて、この問題に関心が特定している人
達による意見交換なのだから。

だから尚更一般の人が事実を知った場合の判断の有り様は解からないことなのだ
が、若し一般人が最っと色々な事実を知る機会があれば私は彼等一般人の判断の
仕方は常識の範囲の中で判断をすることだろうと予想している。

其の場合はそうした一般人がその判断をする云々依然のこととしてその問題の存
在を知ることの方が意義が大きいと考えている。

其れよりも国がこの問題を社会問題として捉えその調査ないしは違法行為として
捜査すべきが先決だと考えているのだ。

<注>
通常の判断力を持っている人の判断については又後で。

385 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 19:32
>>377さん

通常の判断力を持っていれば・・・・判断するのが妥当であろう。 ◇・・・・
という意味が明快には理解しがたいが。


この場合でも、上げているそれらの事実から人は全く何も想像出来ないことでは
無いでしょう。何も想像でき無いと言うなら、それこそ私には考えられないこと
です。何事かを想像して御覧なさい。事実を一方的に無いものと思い込むならば
そこで問題解決の手は完全に行き止まり。

又判断力のほかに色々な事実を知らなければ判断し得ないこともあるでしょう。
世間では未だ多くは本当の事を知らない人が多いト思われるのだが。もし判断が
必要とされる場合には、通常にはそうした問題が実際にあると知った上で、その
時に始めてあらゆる可能性を考慮して判断される事になるものでしょう。通常の
判断時に必要な要件として、体験したとされている事実以外にも他に如何に多く
を知っているかという事です。むしろ色々な層の人がいるわけですから、数多く
の一般人の判断の方が最っと多様になるか、或いは最っと現実に符合したそれこ
そ常識の範囲の判断になることを予想します。

それは例えば、あそこで列挙した中にある、或る一人の人間のたった一つの体験
事実を第三者として知り得ただけでは、流石の私でさえ、直ぐにそれを事実であ
ると信じる事はしなかったただろうというのと同じです。最っと色々な事実と社
会情況を知り得て、初めて現実的な判断が出来るものだと考えます。

このことは体験者自身の体験事実についても言えることです。一つ二つ、或いは、
一度二度の体験では恐らく何も気づくことができないことなのですから。其れが
様々な情況で幾度も繰り返させる体験にやがて何事かに自分で気づき始めるので
す。

まずこの2cahnで簡単にですが体験した事実を提示しているのは、そういう
事情もあるということです。一般人の中でここを訪れている一部の人にのみ体験
事実を知らせているということなのです。ここで判断されたことがすぐ社会一般
の意見と同じという風には見ていません。

386 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 20:37
>>377さん

体験したという事実及びその情況を彼等一般人は一体どの程度把握でき理解でき
ますか。

例えば例示として上げられている体験の事実のみ提示されたとします。そのとき
それ意外には何も知り得なければ物事を簡単に見る人なら、或いはその体験事実

を病理で判断する場合があるかもしれませんね。

しかしもしそうなれば、事態は相変わらず平行線ですね。
片方は疾患、片方は違法な事実。其れが社会として健全な状態ですか。

その状態を解消する為には社会として或いは個人としては何が出来ますか。
一つはその人に何らかの形で判断が為されていたとしても(この場合、公式な判
定であると一般人の判断であると拘わらず)自分は自分の判断を維持する事、そ
してもう一つはその判断を不服として社会に訴える事ですか。もう一つあります
ね。不正行為として提起された問題の事実関係を調べる国及び警察の役目もあり
ます。

387 :281:2001/08/21(火) 20:57
陰謀系の話が好きな人ってのは心理学的に明確なセグメント分けができそうですね。
(1)「今の人生がうまくいってないのは 国家(or大企業、大資本)のせいだ」
(2)「彼らが邪魔をしているお陰で自分の人生は台無しなんだ」
(3)「俺に反論するやつは全員国家(or大企業、大資本)の手先に決まっている!」
皆様、落ち着いて胸に手を当てて考えてみてください。
思い当たるフシ、ございませんか?(藁

それはさておき。
>>378
>納得できなければ疾患だと言いたいのですか。

違います。

1)先ずこの問題では当然に、相手方の声が対象者となっている自分に聞えるこ
と、
2)150km遠方にいる者の声であると思われる事
3)何故なら、150km先で体験して聞こえた声と同一であること
4)100km、150kmの声が同一であること
5)相手の声が対象者の私生活に同期していること
6)街中でも聞えていること、
7)恐らく建物の内外に関係なく聞こえること
8)全く同一の言葉が全くの他人の口を突いて言の葉に上る事、又其れが対象者
に同期している場合のあること
9)自分以外には知り得ないはずの自分の記憶の中の言葉を使っていること
10)マスコミ放送にも対象者との間にも同じ問題と同期が見られること

という主張を聞いて、疾患と帰結するのが最も納得できる、ということです。
脳に異常がある、とする説明が最も論理的だというだけの話です。
だからこそ、

・毎日同じ時刻に特定周波数の電磁波の出力増大が観測される
・機器によって音声を録音でき、それを第三者に聞かせることができる

などといった検証をして頂きたいのです。こういった検証があれば少なくとも
「脳の異常」という原因では説明できない訳ですから。
御理解頂けますでしょうか。

388 :281:2001/08/21(火) 20:59
>>380
いやあ。君の文を心理分析してみるとなかなか面白いよ。
段々とプロファイルが判ってきた気がするね。まあそれはさておき、

>>君は特許を経済的利得以外に一体何の目的があって利用しようというのかね。
>>あれか。もしかして君ドクター中松系?TO-SENとか?(藁
>この議論は終了したね。281ちゃん過去スレちゃんと読んでね(ふにゅっ
>特許イコール経済的利得が一番得られやすいという単純明快な脳構造はどう
>してもなおらないね。しかも特許以外にドクター中松でちゅか?結局同じ
>ことじゃん、特許と。ヒントは国益だよ。君ちゃんと過去スレよみなちゃい!

ちょっとちょっとボクチャン。ボクチャンはいつの世代のひとナンデチュカー?(藁
資本が世界を動かす時代に「国益」だって?(ぷっ
ボクチャンはもちかちて戦前生まれなんでちゅか?(藁

>あーまたやっちゃったね(ふにゅっ)基礎理論が確立されてないのは学会レベルでしょ
>軍事目的の開発は政府から大学の研究室や企業に多大な金や人材を送って開発、研究
>に取り組んでるんでしょ。未だ確立されてないって一般的既知事項revelでの君の意見
>らしいよ。おいおいその金はどこに計上されてるんだいって00白書等持ち出してこな
>いでおくれよ(ふにゅっ

だからーーーー。ボクチャンわかんない人だねーーーっ(藁
その君の妄想のソースはどこよ?「隠蔽」されてるものにソースなんかないってか?
じゃあそんだけの人間が動いてるんだったらなんでリークがないのよ?
外務省の機密費だとか警察の不祥事はいうまでもなく、
大統領の不倫ですらリーク(ありゃあ独白か?)されちゃうこのご時世なのにさあ。
頭悪いのは同情するけど、せめてもうちっと頭活用しないとオトーチャンオカーチャン泣いちゃうぜ?
あと関係ないけど"revel"とか書いてると君の知性のlevelがバレちゃうよ?(藁

>君の意見の重大な欠陥を指摘すると・・・
>「一般的既成事実にあてはめその枠からはみ出るものは(証明不可能なものは)
>全て、虚である」
>という短絡的な構造だよ。(ふにゅっ)

証明不可能なものは偽である、なんて誰も言ってないぞ?
根拠の確かなソースを出せ、って言ってるんだけど。早く理解しろよな低脳。

>>383

>281さん
>「担当かえて下さい」
>とよく言われません?

こういうのが典型的な
(3)「俺に反論するやつは全員国家(or大企業、大資本)の手先に決まっている!」
の例ね。思い込みが激しい方ってス・テ・キ(藁

389 :281:2001/08/21(火) 20:59
>>384
>私は医師や他の多くの一般人がどう判断しているかをまだ知らない。実際に一般
>人はまだ事実さえ知らないことが多いだろうし、一般人にこの事実を知らせる方
>法も今のところ思いつかない。もし言えるとしたら、少なくともこの事実を知っ
>た時点での国民の反応を今からはっきりとは解からない。事実を知った場合に何
>人が否定し何人が認めることになるのかは皆目解からない。

いやあ。そうでしょうか?これはもちろん私の主観ですが、>>316の主張を
一般人に聞かせたら90%以上の人が「その人の頭がおかしい」と帰結すると
思いますが。試しに周囲の人々に尋ねてみてはいかがですか?

>其れよりも国がこの問題を社会問題として捉えその調査ないしは違法行為として
>捜査すべきが先決だと考えているのだ。

その為には必ず「客観的な証拠」が必要です。というか何故「客観的な証拠」を
集めようとなさらないんですか?

>>385
>この場合でも、上げているそれらの事実から人は全く何も想像出来ないことでは
>無いでしょう。何も想像でき無いと言うなら、それこそ私には考えられないこと
>です。何事かを想像して御覧なさい。事実を一方的に無いものと思い込むならば
>そこで問題解決の手は完全に行き止まり。

もちろん想像は色々できます。本当に陰謀が行われていたということも想像できますし、
「あなたの脳が異常である」という想像もできます。事は単純に、原因をあなたの脳に
求めることが「最も論理的」であるだけの話なのです。

>まずこの2cahnで簡単にですが体験した事実を提示しているのは、そういう
>事情もあるということです。一般人の中でここを訪れている一部の人にのみ体験
>事実を知らせているということなのです。ここで判断されたことがすぐ社会一般
>の意見と同じという風には見ていません。

もっともです。だがしかしその「判断」を適正なものにするために、
「客観的な根拠」を是が非でも提示して頂きたいのです。

390 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 21:12
>>377さん

客観性のある主張ができるならば話は変わってくると思うがどうか。

◇挙げている事実の証拠となるべきものは、貴方も知りたい事のようでもありま
すが、其の例で言えば、未だその正体が何かを特定出来るほどにはっきりとは理
解できてはいないのです。これだろうというぐらいの見当しかつきません。

しかしそうするとそれが可能かの問題に突き当たり、既に今まででもお解かりの
ようにもし貴方もその事実をよく理解出来ないことだとすると、それを理解する
為にはどうも既存の知識を超えなければならないことになるのだと思います。

但し、その知識以外にも、未だ一般に知られていない技術(特許とは限らない)
があったという事になれば事情は又別になるでしょうがね。

1)例えば声が聞こえる波であれ訳の解からないことを言うその作用に影響して
いるものであれ、いずれの場合も何らかのエネルギーが作用している事には違いない
のですが、其れが素人では特定できない。いずれにしても通常では余り知られて
いない使われ方をしているものでしょう。だからその方面から素人にはそれを捕
捉するのは難しい。むしろ外部に客観的に現われている様々な事象を採取するし
かないと考えているのです。

2)其れが中々記録に残し難い種類のものなのです。だから不正が出来たことな
んでしょうが。例え記録できたにしても体験としてはその時一回性のものであり、
内容が個人に関する事であり、体験は個人の感覚的なものであるとすると、後で
他人がその記録されたものを容易に理解できることなのかということもあります。
ましてその時に限って先方次第、そうした体験にはならなかったということも大
いに有り得る事なのですから、記録の採取法にも一工夫がいるわけですね。証拠
集めの為のプロジェクトを組まなきゃならないぐらいのもので。個人でも出来な
いことではないかもしれないがは少し面倒が多い。

391 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 22:44
281さん
電磁波銃の照射でアルミホイールがピシッと音をたてた場合、
どくらいの「強度」といえるのでしょうか。

392 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 22:47
あ、そうそう。
釜井君の281さんに対する疑念は当たっているかも。

393 :名無しピーポ君:2001/08/21(火) 23:06
それから、被害者の皆さん。
281さんのような人間は、何処にでもいると思うので、
この際慣れておいたほうがよいかも。
まああんまり精神衛生に悪いと思ったら、彼が書いているところは読み飛ばすのがいいでしょう。

394 :名無しピーポ君:2001/08/22(水) 20:15
>>391
281さんにはわからないのかな?
「よくわかる電機図鑑」くらいの知識だったわけか?

それから、
尾崎豊の件で「ヤク中」と書いた根拠は?
これも「よくわかる精神疾患図鑑」の知識?

395 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 04:31

体験事実を理解するために(現実から逆にその仕組みを想像)
或る特殊な盗聴が実際に存在すると仮定してそれについて
私が今纏めている想像なのですが、どうでしょう。

体験事実からその仕組みを想像すると(個人次元で以下の流れに関わる全てを賄
う事は不可能と想像する)

一つの想像として或る特定個人が盗聴する構造がその盗聴に関わる全ての行為の
基本形とみて

1)相手が聞いている?ー>(受信?)(A盗聴させ?)、相手が言い返す。
ー>(送信)

2)言いかえしたことが私に聞こえている!ー>(受信!)(B盗聴させ!)
=(テレパシーの成立!!)、相手に言い返す!ー>(送信!)

3)その盗聴の方法 A=B(お互いの受信、送信、)

4)そのシステムに最低必要と思われる技術及び設備?その現実可能性

5)その行為をするために必要と思われる科学的(物理及び情報認知の)応用原
理?その可能性

6)個人次元でこのシステムを動かすのは無理。だがこの事実の根幹の不正行為
(盗聴行為)に一般人が専属になっているという奇妙な取り合わせ。


これらの個人的な想像による可能性も含めて体験したとされる事実について、そ
の可能性の全てを閉じておかない方が良いと信じている。病理で否定できるのは
その可能性の一部。未知の技術は在リ得る。其れが不正に使用されている。

396 :281:2001/08/23(木) 14:13
>>391-394=353=不毛だと思えるので退場しちゃった人(ぷっ
不毛な割には頑張るねえ。感心感心。
そういう粘着なエネルギーがあるんだったら、そのエネルギー使って
学問を基礎から学んだ方が余程有益だと思うんだがねえ。

>>391
>281さん
>電磁波銃の照射でアルミホイールがピシッと音をたてた場合、
>どくらいの「強度」といえるのでしょうか。

この質問は「『マイクロ波によるマインドコントロール』は根拠薄弱だ」
っていう主張とどういう関係があるのかな?ログ流し?(ぷっ
一応まじめに回答しておくと(俺っていい奴だね)、
「距離に依存するに決まってんだろヴァカ」という回答が最も的確かな?
〜10cmとかだったら500W程度でもチリチリ言うよね。マイクロ波。

>>393
>それから、被害者の皆さん。
>281さんのような人間は、何処にでもいると思うので、
>この際慣れておいたほうがよいかも。
>まああんまり精神衛生に悪いと思ったら、彼が書いているところは読み飛ばすのがいいでしょう。

何処にでもいるような人間に論破されるような主張の方がオカシイんじゃねえか?(藁
まあ人間誰しも説明困難な現象を体験したとき「自分の脳がおかしいから」なんて
思いたくないよなー。だがそこで「自分に嘘をつく」ことをやめないと
いつまでたっても被害妄想ライフは終わらないと思うよ。

>>394
まあそんなに焦るなよ。人生焦ってもあんまりいいことねえぞ。
尾崎豊が覚醒剤取締法違反で有罪判決になったってのは衆知の事実だと
思ってたんだが、違ったのかな。

397 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 20:27
281ちゃんへ
>陰謀系の話が好きな人ってのは心理学的に明確なセグメント分けができそうですね。
>(1)「今の人生がうまくいってないのは 国家(or大企業、大資本)のせいだ」
>(2)「彼らが邪魔をしているお陰で自分の人生は台無しなんだ」
>(3)「俺に反論するやつは全員国家(or大企業、大資本)の手先に決まっている!」
>皆様、落ち着いて胸に手を当てて考えてみてください。
>思い当たるフシ、ございませんか?(藁

281ちゃん、とりあえず反論する人間や既成事実以外の事実を主張する人間は
精神分裂病にしてみますか?(あはーーーーっ

>ちょっとちょっとボクチャン。ボクチャンはいつの世代のひとナンデチュカー?(藁
>資本が世界を動かす時代に「国益」だって?(ぷっ
>ボクチャンはもちかちて戦前生まれなんでちゅか?(藁

ああっやっちゃたね(ご愁傷様!)。「国益」というのは戦前の言葉ですか?
281チャン君を心理分析するとだねえ、裏を返せば歪んだ国益シンパの公安
にみえちゃうんだよね。公安にもいい人とたちの悪いのいるけど後者の方ね。
ああ、短絡的な発想でごめんちゃい。
でも資本が世界を動かす時代っていうのはむしろ一昔前の様な気がするね。
例えばエシュロンなんかどうなんだろうね、情報が世界を動かす時代って
いうのが率直な意見。

>証明不可能なものは偽である、なんて誰も言ってないぞ?
>根拠の確かなソースを出せ、って言ってるんだけど。早く理解しろよな低脳。

ああ、やっちゃたね(ご愁傷様!)。281チャン、君言ってるよ。
ちゃんと自分の過去スレ読んでね。同じようなことばっかりいってるんだけど。
根拠の確かなソース出せって君はバカか?
早く理解しろよな低脳! (ふにゃあっ

だから早く説明してよCAIの電磁波によるマインドコントロールについて。
ちゃんと本読んでさあ。
それとも君、本も読まないで反論してるのかい?
反論のための反論にしか客観的にうつらないぜ。
どういう意味なんだろうねこれは。(ふにゃあっ

398 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 20:36
聞いた話
1、難しい事を簡単に説明する人・・・・一流
2、難しい事を難しく説明する人・・・・二流
3、簡単な事を難しく説明する人・・・・三流

さてー281ちゃんは何番にあたるでしょうか?
担当替えてくれってレスには笑っちゃった。
実はここ本物の公安関係者とタレコミ多かったりしてー

399 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 21:25
この問題への反応を見ていると、新しい問題に対しては、考え方が後ろ向きの発
想で、そこから少しも外れられないのは、既成概念に余り拘らなくなった若い人
の考え方にも馴染み難いものではないのか。

目に見えるもの、手にとれるもの以外の不可解な難問には現状維持的に理解する
ことで満足してしまう。どうにも理解し難い、解決のままならないような問題は
全て既知の原因にその解を求めることで済まそうとするもので、あらゆる手を尽
くして方法を模索し問題を探ろうとまではしない。直ぐ病気の所為にして物事の
本質をそれで済まそうとするのと同じことじゃないかな。大昔には直ぐ祟りだと
するのにも似ているんじゃないか。そこから何か新しいものが生まれてくるだろ
うか。

若い人が科学的に物事を考えることに躊躇してしまうことや、或いはもっと科学
的に物事を考えることが出来ないでいるのは、一つには色々な社会問題に対する
国自身のこうした問題に対する曖昧な姿勢が、教育や社会、特に若い人にも影響
している結果とみている。

あの例の原子燃料事故の例でもそんな感じがしている。行き当たりばったりの、
その時のやりくりで事を済まし、根本から問題を見極める姿勢に欠けていたから
だと思うが。安全と言うことを考えるなら、物事起こってから慌てて対策や間違
いを探すようでは間に合わない。

あの問題は国の科学(行政)の問題でもあったが、国(行政)の社会一般の問題
にも共通し、色々な問題に対する国の日常的姿勢の問題でもあったろうと。今の
場合この問題が只徒に放置されているのもそうした国の姿勢(この場合は国民の
安全に対する)の所為でもあると私ははっきり断言する。

問題が提起されても、それをはっきりと解明しないまま同じ状態で繰り返される
情況は何としても愚かなことだ。そういう意味でこの問題は全面的に国の治安の
責任上にあるものだ。
寄らしむべし知らしむべからずは何時の時代でも自信のなさの現われではないか。
私は国に対して警告を発したつもりだ。

400 :菅原道真:2001/08/23(木) 21:34
倉庫番「公安」スレ

http://mentai.2ch.net/police/kako/963/963085629.html

さて京都の公安は全国公安警察の中でのポジションはどこなんでしょう?
盛者必衰の理ですな(ふごふご

401 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 21:38
>>396
281さんは電子レンジの話してるんですか。
やっぱり「よくわかる電気図鑑」か・・・

あとは答えになっていず、ゴマカシだけ。
ご苦労様。

402 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 21:42
281さん
もしかして「メーザー」って知らない?

403 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 21:57
>>390さんはとても聡明なお方のような気がします。

(抜粋)--------------------
2)其れが中々記録に残し難い種類のものなのです。だから不正が出来たことな
んでしょうが。例え記録できたにしても体験としてはその時一回性のものであり、
内容が個人に関する事であり、体験は個人の感覚的なものであるとすると、後で
他人がその記録されたものを容易に理解できることなのかということもあります。
ましてその時に限って先方次第、そうした体験にはならなかったということも大
いに有り得る事なのですから、記録の採取法にも一工夫がいるわけですね。証拠
集めの為のプロジェクトを組まなきゃならないぐらいのもので。個人でも出来な
いことではないかもしれないがは少し面倒が多い。
--------------------------------------------

問題がよくおわかりになっていらっしゃると思います。

404 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 22:23
>>395さん
御柔軟な御思想には敬服いたします。
人間のわかっていることなど、まだわからないことに較べたら
微々たるものに過ぎないということからいけば、
そういう態度こそ理性的だといえないでしょうか。

ただ、
(抜粋)------------
一つの想像として或る特定個人が盗聴する構造がその盗聴に関わる全ての行為の
基本形とみて

1)相手が聞いている?ー>(受信?)(A盗聴させ?)、相手が言い返す。
ー>(送信)

2)言いかえしたことが私に聞こえている!ー>(受信!)(B盗聴させ!)
=(テレパシーの成立!!)、相手に言い返す!ー>(送信!)

3)その盗聴の方法 A=B(お互いの受信、送信、)
--------------------------------------------------
は、

これは僕個人の意見としては現時点では有り得ないものと思っています。
しかし、被害者の、錯覚、「主観」としてなら、十分ありえます。
たとえば、「サブリミナル」で何らかのイメージを個人に想起させたとしましょう。
勿論「サブリミナル」である以上、その個人は自分が何故それを「想起」したのかという自覚はもとよりありません。
加害者が、その「サブリミナル」の操作の後、そのイメージに関連したものを、個人に提示したらどうなるでしょうか?
その個人は「自分の想起したもが『読み取られた』。どうしてだ?」と思うでしょう。

「サブリミナル」でなく、知らないうちに「条件反射」を作られていた場合はどうでしょうか。これも同等のことが言えます。
また、「スチモシーバー」にみられるように、「電磁波」によって様々な生体反応が惹起可能であるとした場合はどうでしょうか。・・・

405 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 23:01
281さん
「自白剤」で、本人の「知らない間」に「条件反射」は作れるか、作れないか、
どっちかわかる?

406 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 23:03
「よくわかるヤク図鑑」には載ってないよ。

407 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 23:33
>>399さん

問題を的確に捉えておられると思います。
何故かというと・・・

『僕があるとき書いたメール』
(そのままだと、「行が長すぎる」という『バグ』(!)のエラーメッセージが出ますので、適当に改行を加えてあります。読みにくいかもしれません。ご了承下さい)

(その1)
「総合研究開発機構(NIRA)」のレポートから。
-----------------------------------------------
[科学と20世紀]
世紀末の現時点から20世紀を振り返ると、今世紀は科学の時代、技術進歩の時代と映る。今日の生活の豊かさ快適さは、その多くを科学や技術進歩の輝かしい成果に依存している。
工業化の形で技術進歩を取り入れることで、わが国のように資源の乏しくとも国民の英知と努力により、文明社会を築くことができたのも、その証左である。科学の進歩は、一面で、人類に多くの恩恵をもたらしたといえる。
しかし、他面では、同じ知識や技術は、使い方によっては、それまでは想像もできなかった程の被害を人類に与えることになった。豊かな文明生活からは、自然環境の破壊や公害などが生み出されている。
戦争では科学技術に裏打ちされた高度な兵器や近代工業の生産力により大量の破壊と殺戮がもたらされた。
今日、科学の進歩が人間社会の向上に結び付くためには何が必要なのかを問い直す必要に迫られている。もはや、素朴な科学万能論が受け入れられる状況ではなくなっている。
(中略)
特に、わが国では過去40年に限っても大規模な薬害が繰り返して発生している。今時点でも、医学・薬学の進歩によって市場では安全な薬ばかり売られているかと言うと、そうではない。諸外国では承認されない薬もわが国には少なくない。
逆に、先進国で標準薬とされる薬が利用できないこともある。政府は、世界で最も安全で有効な薬だけを国民のために選別していると期待されるが、その責務を十分果たしているのかどうか厳しく問われている。

408 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 23:33
(その2)
[多くの国民の素直な疑問]
本研究は、直接的には薬害エイズを契機として始められた。これ以外にも我が国では、サリドマイド、スモン、クロロキン、ソリブジン等による薬害が発生している。これまでのこのような経緯に直面して、多くの国民は次のような率直な疑問を抱いている。
すなわち、なぜ、有効性や安全性に関して十分なチェックがなされないまま、医薬品として審査・承認され市場に出回るのか。外国では医薬品として承認されないものが、なぜ我が国では、医薬品として承認され販売されているのか。
我が国の承認・審査の実体は一体どのようになっているのか。
また、市販後に副作用が発生し、医薬品が有害である可能性がある場合に、なぜ、回収・販売中止あるいは承認取り消し等の措置を迅速にとることが容易ではないのか。被害の抑止や拡大防止を適切に行えないのはなぜか。
そして、なによりも本質的な問いは、なぜ、このような薬害が繰り返し発生しているのかという疑問である。事件発生のたび毎に、関係当事者は原因究明と薬害防止を約束する。
しかし、それは殆ど空念仏のように聞こえる。そこには、学習やフィードバックと無縁のものをみることができる。
責任の所在を明らかにすることや個々の当事者の責任追及は、時に真の原因を隠蔽し真相究明の障害になる。しかし、責任の所在を曖昧なままにしておくことは、本当の原因を直視することをしないままに、同じ過ちを繰り返すことにもなる。
重要なことは、科学的に原因を追及することである。

409 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 23:34
(その3)
わが国において戦後、繰り返されてきた薬害の経緯を追ってみると、戦前、戦中、戦後医療システムの法的不備や混乱に起因したと考えられる面もみられるが、
戦後のわが国の医療技術、医療科学の急速な進歩、世界的医療水準への向上に比較して医療システムが大きな遅れを生じていると言わざるを得ない。
戦後の産業システム、経済システムなどが大きな社会的変動の中で生き残りをかけて大きな変革を余儀なくされてきたのに比して、医療システムは社会変動から大きな影響を被ることなく経緯してきた。
このため自主的発想に乏しい官僚主義の弊害、医学の権威主義の継続、形骸化した医薬品等の審査体制、硬直化した医療保険システム、護送船団的医薬品産業政策などの古い体質、パターナリズムの強い医師−患者の関係などを続けてきたと言えよう。
度重なる薬害への対策も不具合部分への部分的対策に止まり、全体のリスク管理システムとしての統合的視点を欠いていた。
また医療システム内部の強固な結合、縦割り行政の弊害などが、次第に利権によるいわゆる癒着や、自己保身のための不作為と責任の曖昧化、権威にとらわれる医学界、利益追及型の医療機関等をつくり出し、患者のための正当な科学的判断基準を誤らせる原因となっている。
しかもこの強固な結合が、医療システムの本来の目的である患者の健康と安全の維持、向上からいつの間にか乖離した現象や体制を発生させてきた。
昭和40年代の多くの公害、環境汚染、あるいは最近の原子力施設など巨大技術システムの事故など、
科学技術への疑念や不信が高まってきた時代における国民の健康や安全に対する意識の変化や、社会風潮の変容、さらには急速な世界的情報革命の発展にも十分に順応することが出来ず、制度の硬直化や疲労に陥った不具合と言えよう。

本報告書は、薬害が繰り返し発生してきたことに強い問題意識を持ち、厳しい立場で何をすれば薬害を防止できるかとの思いで取りまとめられている。
既に患者中心の医療を実践し、改革に取り組む多くの方々には、余りに当然のことが含まれ、また、評価が厳し過ぎるかも知れないことを予めお断わりしておく。
他方、これらの方々の真摯な努力無しには、提案の実現、課題の抽出、解決策の立案等に関して専門的な情報を得ることはできない。”
-------------------------------------------------

410 :名無しピーポ君:2001/08/23(木) 23:34
(その4)
この「総合研究開発機構(NIRA)」は、
”こうした背景の中で、いわゆる薬害エイズの裁判を契機に高まった薬害防止を求める国民の声に答えるため、また、当時の厚生大臣、厚生省から提案もあって、平成8年7月、薬害防止の研究を開始した。”
のだが、このような真摯な人々がいるからといって安心してしまっていたのがこれまでの日本であったように思われる。
しかし、彼らは「傍流」であって「主流」ではない。それは丁度上の文にもあるように
”なぜ、有効性や安全性に関して十分なチェックがなされないまま、医薬品として審査・承認され市場に出回るのか。外国では医薬品として承認されないものが、なぜ我が国では、医薬品として承認され販売されているのか。
我が国の承認・審査の実体は一体どのようになっているのか。
また、市販後に副作用が発生し、医薬品が有害である可能性がある場合に、なぜ、回収・販売中止あるいは承認取り消し等の措置を迅速にとることが容易ではないのか。
被害の抑止や拡大防止を適切に行えないのはなぜか。
そして、なによりも本質的な問いは、なぜ、このような薬害が繰り返し発生しているのかという疑問である。事件発生のたび毎に、関係当事者は原因究明と薬害防止を約束する。
しかし、それは殆ど空念仏のように聞こえる。そこには、学習やフィードバックと無縁のものをみることができる。”
という状況そのままのものといえる。
誰が考えても当たり前で簡単なことが、この日本では成され得ないのである(これは非常に危険なことなのである)。そして、そこに最大の問題と、解決すべきものがあるのである。
このような人々の仕事を、皆で継続させ本流としていくことが必要であり、それは今の日本の状況では難しいことだと認識しなければならないのである。
先達て、「尼崎公害」訴訟の判決が出、そこで竹中裁判長は日本で始めて国の責任を認める判決を下した。弁護側はその判決を聞き、信じられないことだと思ったと同時に涙が出たと述べた。誰が聞いても涙が出るような判決であった。
一服の清涼剤のような判決であった。それがまた、現実に空気を清浄にしていく。
だが、昨日、国は「科学的根拠がない」と言って上訴した。これでまたこの裁判は振り出しに戻った。この国はもう何十年も前に時計が止まっているかのようである。そして、これがこの国の政府の正体なのである。
たとえ小数でも正しい意見であればそれが認められるシステム−−−これこそ民主なのだが−−−を確立しておかなければならないのである。残念ながら、このような国はまだない。アメリカなども、逆に段々あやしくなっていっているようである。
しかし、それにしても、経済力など「力」から考えて、日本の現状はその問題だけをとってみてもちょっと酷いのである。

411 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 00:12
>>404さん

有り得ないと考える理由が貴方の場合は錯覚と主観ですね。
錯覚には恐らく連続性はありませんでしょう。この場合の体験の事実は絶える事
なく連続しているわけです。ですから錯覚として理解するのは、どうでしょうか。

それから記述者が明白に知覚し得たものだけを記述したのなら、更にその記述に
余分に個人的主観さえ交えなければ、記述したものは私自身には勿論のこと他者
が理解するのにも客観性は保証されていると思っています。

理解する内容が他人の体験した事実であること、それが一般的にいまだ未知のこ
と等がそれを理解する場合に相手の主観とどうしても見てしまいがちになる可能
性のあることを考慮してください。ですから体験者からみると、そうした判断は
逆に物事に対する主観と思える事になるのです。この辺はもう少し解析して説明
した方が良いことなのですが、今は取り敢えず。

その体験した記述に想像部分があればそれは区別して、出来るだけ知覚したこと
のみの記述に留めていますから、主観に基づいていると私は考える余地はないの
ですが、もし他者がその記述を主観的と理解する場合があれば、その判断者がそ
の記述者の主観的と思われる部分と客観的と思われる部分を振り分ける作業の過
程での理解の仕方の違いによることかもしれないのです。そのほかにも色々理由
は考えられますが・・・。
人間が他人の介在なしで外界を知覚するとは何か。更にそれが今までは未知の知
覚の仕方であること。記述する事によってそれら個人的知覚を他者に理解させる
ということ。
それを体験者とどの程度まで同じに理解することが可能か。
そこに主観的と受け取られてしまう理由があるのでしょう。

サブリミナリは深層に働き掛けて無意識の観念を想起させるような事だと思いま
すが、現実は残念ながら、外部に表象した事実を意識的に知覚しているわけです
から、それには当たらないでしょうね。

それから条件反射と言うことですが、この盗聴にはタイミング的に先行したり逆
に相当タイミングが遅れた平気な応答で私が飽きれたりしているですから、条件
反射によって感覚が作用しているということも有り得ないでしょう。

そして最後のスチモシーバーですか、なんかトランシーバーみたいな言葉ですが
その詳しい内容が解からないのでその言葉との関連では何とも言えませんが、何
故他人が意味不明で人が聞いていても解からない言葉で話しいて平気なのかとい
うこと等、それらは脳神経に何らかの作用があるからではという点での可能性な
どは素人ながらも否定していません。この場合、そうした事実とそれら諸々事実
の根本原因と考えている盗聴そのものの原因は別に考えていいものです。特殊な
盗聴だけでは全ての問題を説明できないからです。盗聴そのものの仕組みと他の
そうした事実の原因はまた別の違う要因があってのことなのだと考えています。

色々どうも、参考になりますし、考えるヒントになります。
又どうぞ

412 :281:2001/08/24(金) 00:41
>>397
revelちゃん(藁)へ
>>あーまたやっちゃったね(ふにゅっ)基礎理論が確立されてないのは学会レベルでしょ
>>軍事目的の開発は政府から大学の研究室や企業に多大な金や人材を送って開発、研究
>>に取り組んでるんでしょ。未だ確立されてないって一般的既知事項revelでの君の意見
>>らしいよ。おいおいその金はどこに計上されてるんだいって00白書等持ち出してこな
>>いでおくれよ(ふにゅっ
>
>だからーーーー。ボクチャンわかんない人だねーーーっ(藁
>その君の妄想のソースはどこよ?「隠蔽」されてるものにソースなんかないってか?
>じゃあそんだけの人間が動いてるんだったらなんでリークがないのよ?
>外務省の機密費だとか警察の不祥事はいうまでもなく、
>大統領の不倫ですらリーク(ありゃあ独白か?)されちゃうこのご時世なのにさあ。
>頭悪いのは同情するけど、せめてもうちっと頭活用しないとオトーチャンオカーチャン泣いちゃうぜ?
>あと関係ないけど"revel"とか書いてると君の知性のlevelがバレちゃうよ?(藁

ここはなんでスキップしちゃったの?ちゃんと説明してよー?(藁

>でも資本が世界を動かす時代っていうのはむしろ一昔前の様な気がするね。
>例えばエシュロンなんかどうなんだろうね、情報が世界を動かす時代って
>いうのが率直な意見。

そっか。revelちゃんはエシュロン信者だったのかあ。なるほどねえ。

>>証明不可能なものは偽である、なんて誰も言ってないぞ?
>>根拠の確かなソースを出せ、って言ってるんだけど。早く理解しろよな低脳。
>
>ああ、やっちゃたね(ご愁傷様!)。281チャン、君言ってるよ。
>ちゃんと自分の過去スレ読んでね。同じようなことばっかりいってるんだけど。
>根拠の確かなソース出せって君はバカか?
>早く理解しろよな低脳! (ふにゃあっ

あれー?なんで引用しないのー?前はちゃんと引用してたのにねー。
ちゃんとやろうよ。引用しないで「過去スレ読んでね」って「逃げ」だよ(ぷっ

>だから早く説明してよCAIの電磁波によるマインドコントロールについて。

わざと誤字かな?まあいいけどさ、ちゃんと>>376で説明してるじゃん。
それで、君の反論に対する再反論を

>>あーまたやっちゃったね(ふにゅっ)基礎理論が確立されてないのは学会レベルでしょ
>>軍事目的の開発は政府から大学の研究室や企業に多大な金や人材を送って開発、研究
>>に取り組んでるんでしょ。未だ確立されてないって一般的既知事項revelでの君の意見
>>らしいよ。おいおいその金はどこに計上されてるんだいって00白書等持ち出してこな
>>いでおくれよ(ふにゅっ
>
>だからーーーー。ボクチャンわかんない人だねーーーっ(藁
>その君の妄想のソースはどこよ?「隠蔽」されてるものにソースなんかないってか?
>じゃあそんだけの人間が動いてるんだったらなんでリークがないのよ?
>外務省の機密費だとか警察の不祥事はいうまでもなく、
>大統領の不倫ですらリーク(ありゃあ独白か?)されちゃうこのご時世なのにさあ。
>頭悪いのは同情するけど、せめてもうちっと頭活用しないとオトーチャンオカーチャン泣いちゃうぜ?
>あと関係ないけど"revel"とか書いてると君の知性のlevelがバレちゃうよ?(藁

ここで提示してるじゃん。わかるかな、revelちゃん?(藁
最低限議論が可能な奴として扱ってやってるんだからさ、まじめにやろうぜ。な。

413 :281:2001/08/24(金) 00:41
>>398
もしかして俺の説明、君には難しい?(マジ?
ちょっと頑張って易しく書くように努力してみるよ。

>>399
>目に見えるもの、手にとれるもの以外の不可解な難問には現状維持的に理解する
>ことで満足してしまう。どうにも理解し難い、解決のままならないような問題は
>全て既知の原因にその解を求めることで済まそうとするもので、あらゆる手を尽
>くして方法を模索し問題を探ろうとまではしない。直ぐ病気の所為にして物事の
>本質をそれで済まそうとするのと同じことじゃないかな。大昔には直ぐ祟りだと
>するのにも似ているんじゃないか。そこから何か新しいものが生まれてくるだろ
>うか。

違う。断じて違う。誰も現状維持的に理解なんかしていない。
「新しい理論」が提唱される場合には、幾度となく叩かれ、それでも反論を全て論破し
生き残った場合のみ「理論」として受け入れられるのが正しい科学のプロセスだと
信じている(ここに同意できない人はちゃんと言ってね)。
この「叩かれる」プロセスで根拠が不十分だったり証拠が客観的でないからこそ
「根拠となる客観的な証拠を出せ」と何度も主張している訳だ。
理解していただけないだろうか?

>>401
なんだよ。全然関係ない話にまじめに答えてやったのに。ゴマカシって主張するなら
ちゃんとどの部分がゴマカシか引用してから主張してね。
もし捨て台詞のつもりで言ってるんなら、死者に鞭打つような真似はしないつもり
なのでちゃんとそう言ってね。

しかし君も懲りないねえ。>>401-410まで。不毛なんじゃないの?(藁

414 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 05:55
ちょっと長いで〜す。私の主張としては大事なところなので。

★「理論」として受け入れられるのが正しい科学のプロセスだと ・・

◇まさしくその点は仰る通り。合理的に考えても間違いない方法論でしょう。た
だしそれは専門的学術的な科学界ではね。しかし、この場合は、事実を取り巻く
環境が科学界とは違う一般の社会です。一般社会は不可思議に対しては未だ科学
的に対応しきれない半信半疑のオドロオドロした社会でありませんか。或いは科
学的だと誰もが信じている医学であっても病理の説明が例えあっても本当はその
確かな原因は今もって充分に証明されていないことなのです。まだ古木に霊が宿
る世界なのです。そういう意味で問題は未知の事実が明らかになったときの社会
の反応でした。幽霊がいると言うのと事実を有り得ないとするのは科学的に言え
ば実は裏を返しただけの違いだったりして。

★誰も現状維持的に理解なんかしていない。

◇いいや、そうでしょうか。原因となる可能性の一部(この場合には病理)をも
って否定することで事実が存在する可能性の全てを否定すべきではないというこ
となんだ。事実の存在の重さ(可能性)とその原因の可能性は同じものではない。
事実の存在の可能性の方がその原因の可能性よりも意味するところの範囲は大き
い。一つの可能性を否定することを以って事実そのものを否定するのは、場合に
よって危険です。有り得ないとする根拠がどうしても既成知としか見えないので
すね。例え、その見解による可能性の否定ができても、それ以外の原因の可能性
も探らなければ、事実が体験としてある以上、それだけで事実が存在しているこ
とを否定する根拠は乏しいと見えます。その意味で現状維持的な所から出ていな
いと思えるのですよ。つまりこの場合は、おカルトであったり、病理であったり、
それまでの既成知による有り得ないことになったり・・・。それ以外にも・・・。
それが科学なのではないですか。それがこの場合でもその事実を裏付けるような
理論のみ求めはするが、肝心の事実を在るものと仮定してそこに科学的メスを入
れようとしない。何か変です。勿論それは国のそして科学者の責務であり役目だ
とは思いますがね。

事実を知る事とその理論は別ですね。事実があってその理論を唱える。或いは逆
に又理論を実験によってそれを裏付ける。科学的には両方の迫り方が有る筈でし
ょう。自然現象などは前者、理論物理などは後者でしょう。

ですから、この場合自然現象に似ているのですが、その理論を考える場合、事実
があるとしているのですから、当然色々な事を考えるのが科学としては当然でし
ょう。その事実の不可思議を究明するのが科学と思っています。ところが、我々
一般の大衆は事実を知るだけで精一杯。

或る事実に整合するような理論を考えるのは科学の役目であって、我々の体験事
実そのものとは直接的に関係しない。ニュートンの万有引力にしたって、林檎の
存在とそれが落ちるという現象が有ったから理論を構築できたもの。勿論それは
当然科学的素地があったからできたことですが・・・。一般知識しか持ち得ない
大衆が万有引力の理論をどれほどまでに編み出せますか。

昔から誰でも林檎は落ちるものだということだけは知っていたのですが、只その
原理を考える人がいなかったのです。ニュートンが始めてという訳でしょ。

415 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 05:58
前の続きです

そこで、今度はその理論のどれが正しいかは科学者同士の役目ですが、事実でし
かないこと、つまり林檎が落ちる事を素人が何故といわれても答える事は無理な
ことだったでしょう。科学者同士ならお互いがその理論の正しさを大いに主張し、
その中から真に評価に絶え得るものを見つけるべきだとは思いますが。その辺り、
事実を提示することとその原理ないしは理論を考えるということの役割分担の問
題ではないでしょうか。歴史的な事例で言えば、説明つかないこと、都合の悪い
事は全て魔女狩りではありませんでしょう。それ以前の段階に於いて、最初の入
り口で、体験事実が一つの可能性にしか過ぎない筈の病理という理由で事実その
ものまで否定してしまうというのは科学的アプローチとしては根本的に何か不足
している気がしているのです。

どうも科学者の世界で言う論のように感じます。そこで必要なのは仰るように事
実と理論それを裏付ける為の証拠ですね。それでも良いんですが、我々一般大衆
は体験事実イコール”それが証拠です”ということでしょうね。

事態は”林檎が落ちる”のは『知っている!』という段階に止まっているという
こですしょうね。

それなら現在この問題に対する国、あるいは科学者はどうなんでしょう。
『 ・・・・・・? 』、そこに求められるのは病理でしょうか、それとも誰にも
了解可能な確かな証拠でしょうか。ハハ〜アと言う訳です。


繰り返しになりますが、理論が正当か否か試されるプロセスで必要とされる根
拠??誰の理論ということになるのでしょう。そこにはまだ確かな理論など有り
ませんし、その”理論の為に”するような客観的証拠もありません。在るのは理
論でなく先に事実があるのです。その可能性の理論ばかりにとらわれて事実の存
在そのものを棚上げするなら、新しい原理や法則は発見でき難いことでしょう。
言うところはその事実(証拠としての事実)を”さらに証明する為の更なる証
拠”が必要だというものですね。私はそれは国であり、科学者の役目だと考えて
います。理論的に理解可能なもの事実のみが有効で、肝心の事実を軽視するよう
な科学があるとしたらそれは山葵のない刺身のようなものではありませんか。科
学は空理空論に窒息してしまい兼ねないものと思いますが。要は鳥を見て空を飛
んだようにね。

太平の眠りを覚ます蒸気船哉

体験事実以外にも事実があれば提示しますが、理解するのにその事実だけでは何
が不足しているのか。想像と創造する意欲と。既成の科学知識による技術にとら
われない新しい技術を考えることも必要かもしれませんね。

あの一つ一つの事実から有機的に何か想像できることがあれば、その結果として
理解出来ないところなどはありませんか。これが解かればあのところは理解でき
るなとどいう個所はありませんか。

416 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 10:01
このスレ、電波が飛んだ長文ばかりで読む気がしない。
電波くん同士やってくれ。

417 :206:2001/08/24(金) 10:31
>>414-415
どうもわかっていないようだが、君の言う「事実」は絶対ではない。「事実」を
精神疾患の人間が主張しているという可能性が存在する以上、その「事実」を
絶対の前提として議論を進めるのはむしろ危険だと言うほかない。そこのところは
御理解頂けるだろうか?

俺がこのスレで主張しているのは、スレで主張されている「事実」の記述からは
「精神疾患の患者による主張」という可能性が最も高いと帰結される、という
ことだ。その「事実」を100%否定している訳ではない。
だからこそ、精神疾患という原因からは説明できないような「事実」の提示を
求めている訳だ。少なくともそういった記述があれば「精神疾患の患者による
主張」という可能性が減少することになるだろうから。

>あの一つ一つの事実から有機的に何か想像できることがあれば、その結果として
>理解出来ないところなどはありませんか。これが解かればあのところは理解でき
>るなとどいう個所はありませんか。

残念ながらありません。すべて「脳の異常」で説明がつきます。逆にそれ以外の
説明は理論面・コスト面など様々な面で破綻してくると思います。

418 :釜井@オリジナル:2001/08/24(金) 13:37
>417
206ってこの>>206か?
言ってる事が大分違うな。281の間違いじゃないの?

この「事実」「被害」が
”「精神疾患の患者による主張」という可能性が最も高いと帰結される”と
判断されるように、予め用意されたマインドコントロール手法であり、技術であると
私は考える。

★残念だが、”すべて「脳の異常」で説明がつく”ように予め作ってあった「オペレーション」
であると結論付けている。
軍事目的、秘密維持、社会管理、の為なら全ての面で説明が可能である。

419 :281:2001/08/24(金) 13:58
>>418
失礼。281だった。

>★残念だが、”すべて「脳の異常」で説明がつく”ように予め作ってあった「オペレーション」
>であると結論付けている。
>軍事目的、秘密維持、社会管理、の為なら全ての面で説明が可能である。

うむ。そうだとすると、恐らくその管理をするためには膨大なスタッフが
必要になるはずだが、なぜそれらのスタッフからの情報リークがないのだろうか?

420 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 19:45
>>413
281さんは本気で書いているんですか???
--------------------------------
313 名前:281 投稿日:2001/08/15(水) 14:23
>>307
そりゃ単なるヤク中の症状だろ。
--------------------------------
この「ヤク中」だという根拠を示せというのを君は尾崎が「ヤク中」かどうかという話に故意に変えたでしょう。
何故なら君はその問いに答えられないから。
君の態度はもうとっくに破綻してるよ。

421 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 19:51
メリットだらけだな・・・。

422 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 20:01
>>411さん
「錯覚」と「主観」というのは、ほとんど同じ意味で、「解釈の仕方の一つ」といったものなのです。
また僕が書いていることは、自分の体験からのものです。
そしてもう一つ、僕が「錯覚」「主観」と書くのは、411さんの言われるようなことを僕は連中にまだやられてはいない、ということがあります。
こういう理屈はおかしいでしょうが・・・・
僕は既に連中と付き合わされて15年以上になります。
そして、連中はあらゆることを僕にやってきます。
だから、そのようなものが現実に出来ていれば、僕にやってこないことはない、ということがあるのです。
無論これは僕の主観にすぎませんが。

「声」も僕には何度も経験があります。また電磁波銃(携帯できるものはピストルとあまりかわらない大きさのものができています)などの照射は四六時中です。
連中は「レーザー」で網膜に穴をあけるということもやります。この「レーザー」は「非殺傷兵器」でも出てくるものですが。
・・・・・

サブリミナルの件ですが、少し誤解があるようです。
知覚できるものの前に、その「布石」として使う、という意味です。

ただ、>>411さんの言われていることを、まったく否定しているわけではありません。
これからも考えていこうと思います。

423 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 20:08
>>418
>すべて「脳の異常」で説明がつきます。
説明してみな。
「よくわかる・幻聴・幻覚」と「症状」が似て非なるものだということも、わからない人があまり大口たたかないほうがいいね。

424 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 20:29
ところで、
---------------------------------
281さん
電磁波銃の照射でアルミホイールがピシッと音をたてた場合、
どくらいの「強度」といえるのでしょうか。
---------------------------------

に対する、

---------------------------------
この質問は「『マイクロ波によるマインドコントロール』は根拠薄弱だ」
っていう主張とどういう関係があるのかな?ログ流し?(ぷっ
一応まじめに回答しておくと(俺っていい奴だね)、
「距離に依存するに決まってんだろヴァカ」という回答が最も的確かな?
〜10cmとかだったら500W程度でもチリチリ言うよね。マイクロ波。
---------------------------------

という「お答え」だが・・・
>「距離に依存するに決まってんだろヴァカ」という回答が最も的確かな?
「強度」というのは、その地点で「もの」に加わる「力」なのだから、距離は関係ないでしょう。10cmの地点において「?W」の強度があったら、その照射先の出力はどのくらいか、という問いであればまた別だが。
>「チリチリ」ということだが。。。。
「よくわかる電子レンジ」の話をしているのであれば、あれは攪拌器を使ってレンジ室内を満遍なくマイクロ波が行き渡るようにしてあるので、「距離」を云々できる代物ではない。<皆さん、電子レンジにアルミホイールを入れないでね!火災の原因になります!

>どういう関係があるのかな?
本気で書いているのなら、一度精神科を受診されることをすすめます。

425 :名無しピーポ君:2001/08/24(金) 21:58
>なぜそれらのスタッフからの情報リークがないのだろうか?

この台詞気に入ったみたいだね(w
まさに、

>マスプロダクトのマーケティングは無知蒙昧な大衆が対象だから

の君はその「大衆」だね。あんまりいそうにない「大衆」だが。

えーと。またもやペテンでいろいろごねられるのはいやなんで-------
だから「ゴマカシ」の件でも何も書かなかった--------
281さんのやるべきことをちゃんと書いておきます。

まず

>そりゃ単なるヤク中の症状だろ。

何故その「症状」が「ヤク中」であるかの根拠を示すこと。
(この際、おおまけにまけて、何か本のコピーでも許す。
ということは、そんなものすらない、という確信が僕にはあってのことなのだが・・・)

それから、

>すべて「脳の異常」で説明がつきます。

その説明をすること。

426 :281:2001/08/25(土) 01:43
For Your Information:

精神分裂病(初期の症状について)

1.分裂病の初期症状

 分裂病の初期症状とは、はっきりした幻覚や妄想に至らない段階で、知覚、思考、気分などが
微妙に変化して感じる体験を取り出したものである。それではどんな体験が初期の症状に当たる
のか。ここでは”「初期分裂病」の四徴候”(中安)と言われるものを参考にして具体的にまと
めてみた。

(1)考えや場面が浮かんでくる・・・「勝手に考えが浮かんてくる」(自生思考)、「突然昔
の記憶が出てくる」など、考えが、「突然」「勝手に」沸いてくるような体験。考えだけでなく
「おかしな幻想を見る」ように、映像的な場面として浮かぶこともある。もう少しあいまいだと、
「気がつくと何か考えていた」ということもある。

(2)気がつきすぎる(知覚過敏)・・・いろいろな知覚が敏感になり過ぎる。「物音がうるさく
て耐えられない」「音が耳につく」というような知覚(とくに聴覚)過敏の体験である。視覚の
過敏は聴覚に比べて少ないが、「色が鮮やかに見えすぎる」という色覚の過敏や、「相手の顔が
大きく見える」ような視覚の変容に繋がる場合もある。

(3)「見られている」気がする・・・人の目が気になるのは、分裂病以外でも起こりうる体験
だが、例えば対人恐怖症の、「授業中に周りの視線が気になる」といった特定の状況で感じる視
線よりは漠然としており、「人ごみに行くと苦しくなる」「いつも誰かに見られている気がする」
(被注察感)ように、どこにいてもつきまとう傾向がある。

(4)緊張したどうしようもない気分・・・特に強いストレスがあったわけでもないのに、「わけ
もなくどうしていいのか解らなくなる」(困惑)。そのため「一日部屋の中でじっとしていた」り
して、「このままではいけない」と焦るが、結局「どうしようもない」、緊張した切迫感を伴う気
分である。

その他、「自分でやっているという実感がない」(離人感)、

「他人が自分のことをうわさしている」(関係念慮)、
「考えが人に伝わってしまう」(考想伝播)、
「音に混じって声が聞こえる」(機能性幻聴)

などが上記の症状と関連して現われることもある。
こうした症状が続く結果、「頭が疲れ」「集中できない」状態が生じることになる。

http://square.umin.ac.jp/psy/gaidebook/schizo.htm より抜粋


427 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 01:44
>>422
貴方の言っている『主観や錯覚』に付いては

潜在意識としてのイメージが現実の目の前のものに呼び起こされて、現実が読み
取られていると感じられるだろうということでしょうか。その奇妙さを自分は錯
覚的に或いは自分の感じとして理解してしまうだろうと・・・。


今までに同じ体験がないということですが、かなり長い期間ですから下に挙げて
いるようなことでもありますか。連中とは街の中の付きまといの所謂ストーカー
のようなものですか。付きまとい以外にもいろんな事をですか。

声というのは簡単に説明するとどんな事ですか。声で誰かが話し掛けてくるとか。

サブリミナルの誤解とは、貴方の言っているのは、その心理的トリックを人間の
精神に悪用した場合のそのトリックを言い、私の言っていたことは、例の盗聴の
場合については、例えて言えば電話の盗聴を想像すれば解かることですが、その
サブリミナルの利用ではないと言っただけのことですから、了解です。



私が>>395で挙げた一つの例はその行為の中にU】の1),2),3),4)
>>316の1),2),3),4),5),6),7),9)の要素すべてを含
んでいます。

端的に言って盗聴です。丁度それは電話でお互い話しができると同じようにお互
いに話し掛ける事の出来る特殊な盗聴なのです。但し下の各例のいずれの場合も
何処にも電話機は無い筈です。

私自身はU】の7)以外は全て日常的に今でも体験しています。

>422さんの場合は7)の例の身体症状を伴ったものもあるということですね。

>>330
U】今まで体験事実として流布されている事
1)盗聴されていること
2)特定個人の声による干渉(語り掛け)
3)ストーカー的行為の存在
4)他人にしか過ぎない第三者の発音になる個人的情報の洩れ
5)マスコミの反応(語り掛け、その他の反応)
6)生活環境と個人との同期
7)身体症状を伴う被害者の存在
8)その他の方法(スピーカーから別の音声が混入、etc)
9)他にも有りますか??

>>316
1)先ずこの問題では当然に、相手方の声が対象者となっている自分に聞えるこ
と、
2)150km遠方にいる者の声であると思われる事
3)何故なら、150km先で体験して聞こえた声と同一であること
4)100km、150kmの声が同一であること
5)相手の声が対象者の私生活に同期していること
6)街中でも聞えていること、
7)恐らく建物の内外に関係なく聞こえること
8)全く同一の言葉が全くの他人の口を突いて言の葉に上る事、又其れが対象者
に同期している場合のあること
9)自分以外には知り得ないはずの自分の記憶の中の言葉を使っていること
10)マスコミ放送にも対象者との間にも同じ問題と同期が見られること

428 :281:2001/08/25(土) 01:47
>>425
じゃあお言葉に甘えて。

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic/1673/gifani/smartdrug/smartdrugsP04.html より抜粋。

■ストリートネーム・・・ガンジャ、葉っぱ、草、カンナビス、ブッダステック、グラス、チョコ、
ハッシュ、チャラス
■使用法・・・主に喫煙。
■作用・・・体内に吸収された主成分・THCは主として肝臓において分解され、その主要なもの
に水酸化とカルボキシル化がある。カルボキシル化される工程で第一代謝生産物の「11−OH−
THC」「8,11−DiOH−THC」に変化し「9−カルボキシ−THC」を生じる。THC
自体の体内での分解は極めて速やかであるが、第一代謝生産物の「11−OH−THC」はTHC
に劣らぬ幻覚作用を有す。
■効果・・・喫煙して2〜3分で多幸感、聴覚過敏(281注。尾崎君のやつね。)、時間間隔の変調
などを生じる。高濃度の摂取では思考の混乱、激しい衝動、幻視あるいは妄想を引き起こす。
■副作用・・・眠気、身体のだるさ。タールの過剰摂取による気管や肺の障害。マリファナには精
神的・肉体的依存は無い。

429 :281:2001/08/25(土) 02:02
>>425
>>そりゃ単なるヤク中の症状だろ。
>
>何故その「症状」が「ヤク中」であるかの根拠を示すこと。
>(この際、おおまけにまけて、何か本のコピーでも許す。
>ということは、そんなものすらない、という確信が僕にはあってのことなのだが・・・)

元ネタの>>307はこれ↓なんだけど、

>尾崎豊が死ぬ少し前から、
>「小さな音で、びっくりするくらい音に対して敏感になったりすることがでてきた」
>みたいことを言っていた。
>電磁波攻撃のなかの一つを受けるとそうなる。
>見に覚えのある人はいるかな?

尾崎豊が覚醒剤取締法違反で有罪になっていること。>>428にあるように
薬物によって聴覚過敏が引き起こされ得ること。これで根拠になっているかしら?

430 :281:2001/08/25(土) 02:02
あと、

>それから、
>
>>すべて「脳の異常」で説明がつきます。
>
>その説明をすること。

これは

1)先ずこの問題では当然に、相手方の声が対象者となっている自分に聞えるこ
と、
2)150km遠方にいる者の声であると思われる事
3)何故なら、150km先で体験して聞こえた声と同一であること
4)100km、150kmの声が同一であること
5)相手の声が対象者の私生活に同期していること
6)街中でも聞えていること、
7)恐らく建物の内外に関係なく聞こえること
8)全く同一の言葉が全くの他人の口を突いて言の葉に上る事、又其れが対象者
に同期している場合のあること
9)自分以外には知り得ないはずの自分の記憶の中の言葉を使っていること
10)マスコミ放送にも対象者との間にも同じ問題と同期が見られること

に対してなんだけど、これってまさに

>>426
>「他人が自分のことをうわさしている」(関係念慮)、
>「考えが人に伝わってしまう」(考想伝播)、
>「音に混じって声が聞こえる」(機能性幻聴)

これで説明がつくよね?

431 :281:2001/08/25(土) 02:10
それと、

>>424
>>「距離に依存するに決まってんだろヴァカ」という回答が最も的確かな?
>「強度」というのは、その地点で「もの」に加わる「力」なのだから、距離は関係ないでしょう。10cmの地点において「?W」の強度があったら、その照射先の出力はどのくらいか、という問いであればまた別だが。

一般に、電子銃の「強度」と言った時、それは電子銃の出力エネルギーを指すと思うのだが、
まあ君には君なりの言葉の定義があるのだろう。用語の定義の問題だな。

>「よくわかる電子レンジ」の話をしているのであれば、あれは攪拌器を使ってレンジ室内を満遍なくマイクロ波が行き渡るようにしてあるので、「距離」を云々できる代物ではない。<皆さん、電子レンジにアルミホイールを入れないでね!火災の原因になります!

ここはやや論理が飛躍していると思うのだが、例えマイクロ波が複数の経路を辿ったとしても
その経路長は電子レンジの筐体のサイズのオーダーで押さえられる。従って「距離」を云々する
ことは十分可能だと思うが。まあどうでもいいか。

で、宿題はこなしたと思うのでこちらから要求させて頂くとするか。

君(=不毛なので退場しちゃった人ね)のするべきことは、

>>電磁波銃の照射でアルミホイールがピシッと音をたてた場合、
>>どくらいの「強度」といえるのでしょうか。
>
>この質問は「『マイクロ波によるマインドコントロール』は根拠薄弱だ」
>っていう主張とどういう関係があるのかな?

という質問にちゃんと答えること。


>>なぜそれらのスタッフからの情報リークがないのだろうか?
>
>この台詞気に入ったみたいだね(w
>まさに、
>
>>マスプロダクトのマーケティングは無知蒙昧な大衆が対象だから
>
>の君はその「大衆」だね。あんまりいそうにない「大衆」だが。

などとログ流しをしないで、ちゃんと

>>なぜそれらのスタッフからの情報リークがないのだろうか?

という質問に答えること。

432 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 03:11
>>430
>すべて「脳の異常」で説明がつきます。
逆にそれ以外の 説明は理論面・コスト面など様々な面で破綻してくると思います。

◇症例に該当すればそれは疾患とみなす?しかしそれは専門家の医師ではない一
般人がそうした体験を疾患症例に当てはめた判断なわけですね。体験した事実が
疾患の症例に該当するからそれは疾患によるものだということでしょう。

貴方が完全な否定を考えているわけではないとすると、その理由が何かよく解か
りません。

先ず、貴方の考えでは、科学的な面からは、その可能性は有り得ないということ
ですね。

そうすると貴方が100%は否定し得ないとする理由はなんですか。若し理由が
あれば幾らかの可能性を考えているのでしょうが、その可能性の理由として貴方
は何を考えますか。

また他人が納得できるような別の証拠でもなければ、体験した事実は今のところ
ほぼ疾患の可能性が高いということですね。しかしそれも100%ではない。そ
うでない可能性もあるという意味でしょう。

そうすると、結局は双方どちらも可能性としてのものなわけですね。
疾患である可能性も事実として存在する可能性も、そのどちらもも可能性という
ものを含んでいる以上、それでそうだと言ってしまうことの意味を考えたいもの
です。

もしここで100%疾患症例だするならその根拠は一体なんでしょう。
体験事実に見合った症例がそこにあったからですか。
そして、同じように又その可能性が高いとするだけのメリットは何処にあったの
でしょう。

客観的証拠と言えば、貴方は、疾患ではないと理解できるように別の事実(別
の言い方をすれば、症例には書いていない他の事実)を求めているということと
同じですね。中々難問ですね。

この問題にとっては、中々厄介に思える症例です。果たしてそれら症例だけが教
条的な金科玉条として罷り通って良いのものだろうか。医学界は、もっと社会情
勢を考えて現実に合ったように一般大衆が間違える事のない医学知識-に書き改
めることも必要なんでしょうが。それでも賢明な医者なら事実を間違えずに適性
に判断することと思います。
もっともそれ以前の問題として国や行政が問題を把握しておれば問題は片付いて
いる筈ですね。

433 :281:2001/08/25(土) 04:01
>>432
どんな主張も100%と言い切ることは不可能です。従って、科学的な面からも
(A)精神疾患による現象
ではなく、
(B)マイクロ波での攻撃による現象
である可能性は、0.00000000000000000000000001%ぐらいならあるかもしれない、
と考えています。このくらいのオーダーを前提とすれば、確かに

>そうすると、結局は双方どちらも可能性としてのものなわけですね。

という主張も正しいと思います。ただし、その蓋然性の膨大な差から、
理性的な人間の判断(=税金で運営されている国家の判断)としては
(A)を取らざるを得ないだけのことです。

なぜこのスレで何度も何度も「客観的な根拠」を要求しているかというと、
もしそのような客観的な根拠(=精神疾患ではない、と主張できる根拠)が
あるならば、(B)の確率を上昇させることができるからなのです。

しかし、お見受けするところ、どなたの書き込まれる「事実」も
すべて精神疾患で説明がついてしまうため、(B)の可能性は一向に低いままと
判断されてしまっているわけです。

434 :281:2001/08/25(土) 04:04
補足。

というわけで、(B)の確率を上げるために、このスレの皆様には、ぜひ
「精神疾患では説明のつかない現象」を書き込んでいただければと思います。

435 :釜井@オリジナル:2001/08/25(土) 12:50
>281
君自身が「マイクロ波、電磁波によるマインドコントロールは存在しない。」
とでもいう新規スレッド、もしくは自己サイトでも立ち上げたら良いではないですか。

一々、此処に書き込む人を標的に否定的な見解を押し付ける必要もないだろうに。
君の見解は十分解ったから、君自身の主張を全世界、全ネット上に展開すれば良い。

★私はこのスレッドから貴重な情報を得、大変参考になる見解も読ませて頂いた。
 281を納得させる為にこのスレがある訳では無い事が、君には理解出来ないようだ。
 君は単なる一、否定的見解者であるだけだ。

436 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 17:06
>>427の訂正

私の言っていたことは、例の盗聴の場合については、例えて言えば※電話の盗
聴(電話での会話)を想像すれば解かることですが、

但し下の各例のいずれの場合も何処にも※電話機(盗聴器)は無い筈です。

437 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 20:25
281さんへ

「大麻」は覚醒剤なのかね?
また、死ぬ少し前から彼はやり始めたのかね?(すると、「覚醒剤取締法違反で有罪」は冤罪?)

ヤクをやり、そのとき「聴覚過敏」になれば、その本人はその作用がヤクのためであることくらいよくわかっているはずだ。それをわざわざ「敏感になったりすることがでてきた」などと告白するかね?

精神分裂病のことでもそうだが、「よくわかる本」に載っているような各症状は、タバコは煙を出す、くらいの記述にすぎない。
たとえば、盗聴に遭った人も、それを知らなければ、

>「考えが人に伝わってしまう」(考想伝播)

と考えても不思議ではない。
また、たとえば「覚醒剤取締法違反で有罪」になった尾崎が

>「他人が自分のことをうわさしている」(関係念慮)

と言っても、そんなことは当たり前のことで現実だ。

>「音に混じって声が聞こえる」(機能性幻聴)

も、世の中に「音に混じって声が聞こえる」状態がないと君を言うのかな?

君の言っているようなことを実践すれば、世の中は精神病だらけだし、また診断する医者すら必要ではない。

438 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 20:25
------------------------------------
>>なぜそれらのスタッフからの情報リークがないのだろうか?

という質問に答えること。
----------------------------------
だが、
----------------------------------
まさに、

>マスプロダクトのマーケティングは無知蒙昧な大衆が対象だから

の君はその「大衆」だね。あんまりいそうにない「大衆」だが。
----------------------------------
が答えになっているというのが「よくわかるシリーズ」の君にはわからない?

----------------------------------
>>電磁波銃の照射でアルミホイールがピシッと音をたてた場合、
>>どくらいの「強度」といえるのでしょうか。
>
>この質問は「『マイクロ波によるマインドコントロール』は根拠薄弱だ」
>っていう主張とどういう関係があるのかな?

という質問にちゃんと答えること。
---------------------------------
たとえば、ピストルで撃たれるとき、その傷がどのような様相を呈するのであれ、その「強度」を問題にせず語れるか?
君の「論理」でいくと、携帯電話の出力規制も「分裂病者」の行為なのか???

439 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 20:38
それから、
「よくわかるシリーズ」の人間に言っても無駄だが、

>「脳の異常」で説明がつきます。

という場合、普通大脳生理学で説明するものだ。

440 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 20:44
>281さん、参考文献どうも有難う。

>>426
以下、数回に分けて、私見を述べます
この問題関して否定側、肯定側どちらの参考にもなるかもしれませんから、2,
3冊の本を紹介します。双方の論議の参考になればと。

超常現象をなぜ信じるのか(思い込みを生む体験の怪しさ) 著者(菊地聡)講
談社、ブルーパックス、B1229¥860

科学とオカルト (際限なきコントロール願望) 著者(池田清彦)PHP新書、
067¥657

超常現象の心理(人はなぜオカルトにひかれるのか)著者(菊地聡) 平凡社新
書 028 ¥660

T】
ものの本によっては、書いた専門家によって、疾患についての解説の仕方が微妙
に違うので、素人では簡単には解かり得ないのだが、この疾患とされるているも
の自体、私に言わせると専門的にも未だ良く解かっていないのだと思う。その人
の外部に直接表象される、うわ言とか幻視とかはっきり他者にその違いが確認で
きる場合ならまだしも、どうも、そうではないらしい。この疾患症状には気質と
か性格とか心理学的要素があって、物の感じ方、見方がその個人によって違って
くる。
或る人には大きく感じられ、その同じ物が或る人にはそれが逆に小さく感じられ
るなど、それらは個人の理解力や感覚や心理的要因が多く、感じ方にも作用する
ものなのでは。案外、感覚の世界と言うのは個人により相対的だと見ている。そ
の人の心の持ち様で外界にたいする感受性が違ってくるのだと思われるが、一般
人には何ら傍目からは違わないと思われることも、その人の感受性の違いにより
その感じた部分のみ拡大解釈して自分で症状を訴える場合もあるのではないのか
想像できる。

441 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 21:07
>>440の続き

U】
それがその人の普段の生活に不都合になるときの自覺が症状という名称で専門的
に相談された場合、どう対応されることになるのか。医学的には沢山のそうした
相談に対する為に或る類型を作って、それらの相談を該当する類型に当てはまる
症状に当てて対処される利便性が合ったのではないかという推測もしている。本
当は疾患としての症状ではなく外界にたいする只個人のの相対的な感覚や物の見
方の違いでしかない場合も疾患としての症例に該当する為にその事によって疾患
とされる場合もあるだろうと。

それなどは自分で自分を病気にしてしまうようなもの、また恐らく専門としての
そういう類型があるとそれが医学と言う専門性故にその類型にはまる症状として
の訴えは、一律疾患として診断されていた事なのかもしれない。疾患として理解
されるべきではない只の心理的感覚的個人の相対的違いに過ぎないものを・・・と
考えている。

これは疾患としての症状が医学的に定まっていず、未だ不明の点の多い専門領域
だと思われる。症状としては個人の感覚として訴えたり、相対的で心理的な要素
が多い。症状として訴えるのか、只の違和感として訴えるのかもその説明の仕方
で又専門家の受け取り方の違いによって結果は違ってくることだろう。訴える症
状の説明がまずいと病気になってしまう?

442 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 21:08
しゅうりょうか・・・

443 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 21:11
>>441の続き

V】
こう考えると
例えば参考の文献にあった、

『実際には診断に迷うことも少なくない。その場合には無理に決めつ
けず、診断を保留し、治療を進めながら経過を見ることが大切であ
る。』

『初期症状のみで、誤解の生じやすい分裂病と断定する必要もないだ
ろう。使うとすれば、軽い分裂病あるいはノイローゼに近い分裂病な
どだが、それよりはまず、神経過敏、感覚過敏、脳の疲労、などの、
現に体験している病気の感覚に沿った説明のほうが納得しやすいだろ
う。 』

更に
『それはやはり精神分裂病という病名自体が重々し過ぎるためではな
いか、ということもあって、最近では精神分裂病という呼称を変更す
ることが検討されているところである。 』 など。

こうして、専門の医師でさえ判断に慎重にならざるを得ない対象で
あり、まして医学の専門領域としても未だはっきりした定説というも
のもなく、明確な因果関係は定立されていないのではないか。医学と
して未開拓な分野だと思われる。個人の違いによる相対的な心理的、
感覚的な部分の多いものである以上、安易に疾患とすることは慎まな
くてはならない。

444 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 21:19
サブリミナルに関するあれこれ。

------------------------------------------------
◇政策広告にサブリミナル映像〜米大統領選でブッシュ陣営
米大統領選のブッシュ共和党候補陣営がテレビ放映した政策広告の中で、ゴア民主党候補の映像にサブリミナル映像を使用、メディアの批判を浴びている。
連邦通信委員会(FCC)は13日、事実関係の調査を始めたことを明らかにした。
共同電によると、問題の広告は、医療保険をめぐるゴア候補の公約を「官僚が決めた」と批判した直後、「卑劣なやつ」の意味を持つ文字を30分の1秒間、大写しにしたという。FCCは1974年、サブリミナル広告を全面禁止している。
ブッシュ候補は12日、「意図的なものではない」と弁明する一方で、この広告の放映中止を発表した。(「新聞協会報」2000/9/26付)
------------------------------------------------
低周波を紛れ込ませるというのは、生理的に恐怖心を引き出す強引で確実な方法のようだ。
指向性の低周波音響ビームを使った対人兵器はフランスで考案され、最近では米国で非致死性兵器(NLW)としてふたたび真剣に研究されている。
可聴域以下の超低周波の音響は、心霊的幻想を引き起こすサブリミナル刺激になるという主張もある。
結局、ヒトも犬や他の動物のように、一定の音響を聞かせると生理的に不安感を触発されるわけ。
------------------------------------------------

ロシアのサーカスで有名になった「数学をする犬」は、司会者や観客が提示した数式に、犬が数字が書かれたカードを選ぶことで答えるというものだった。
人間の「可聴範囲」を超える高域の周波数帯で、犬に数字が書かれたカードに対して「条件反射」を作ることでこれは行われた。
もう40年ほども前に、日本の「日本テレビ」とイギリスの「BBC」が、公開サブリミナル実験を行った。
たとえば、「番組あてに手紙を書いて下さい」という「声」を流したところ、「何故か手紙をだしたくなった」という人の投書がきたり、
「コーヒー」の映像をはさむと、「何故かコーヒーが飲みたくなった」という人が表れた。
つまるところ、「サブリミナル」はそのようなこともあって、日本では放送でも禁じ手になっている。
また、上の記事にあるように、アメリカでは20年ほども前からサブリミナルにはうるさく、出版物でも規制されている。

445 :名無しピーポ君:2001/08/25(土) 21:47
心の中の幽霊

自分のことは自分が一番よく知っている。…と、そう信じて、皆さんは暮らしています。しかし本当でしょうか。
今かりに、自分自身もあずかり知らない心のはたらぎがあると想像してみましょう。私たちが普段その存在に気づかないのは、そうした心のはたらきがまさしく無意識のもので、自覚できないからなのではないでしょうか。
ふざけるな、という声が聞こえそうです。「目に見えない幽霊がいるだろうか。かりにいるとして私たちが気づかないのは、まさにそれが目に見えないからではないか」。これと同じ自分勝手な理屈だ、といわれそうです。
けれども、現代の人間科学のさまざまな研究が、一様に無自覚的な心のはたらきの証拠をつきつけているのです。

446 :名無しピーポ君:2001/08/26(日) 02:54
>>433の続き

W】
まして旧弊のその名の持つイメージが残っている現状では新しい名前も考えられ
ているという現実がある。恐らくこの疾患のもつ古いイメージに対するアレルギ
ー的な部分がこの投稿にも反映されているだろう。否定者の多くは知らずにその
古いイメージに影響されていたと見ている。盲腸で拒否反応をしめす人は誰もい
ない。
この疾患には恐らく分裂ー>おかしいー>危ないー>症例ー>疾患という古いワ
ンパターンに当てはめてしまう安易な構造があるのだと見ている。

単純にそういうことではないということと対象に対する真の理解が出来なければ
ならない。この問題の解決には一種の意識改革、先入見の払拭も必要なのだ。医
学の啓蒙も必要なところ。

前置きはこのくらいで 、
疾患症例を解説する本によって多少違うのですが、ほとんどこの症例に付いては
一頁、二頁程の解説がほとんどでしょう。それは一つの医学の定説として流布定
着しているのでしょうが、まだはっきりとその原因が解明されたものではなく因
果関係は未解明だと思います。只、診断する際の大体の目安と言ったものだと思
います。心理学で言う気質とか分類のもので、計量的に計ることがてきたり病原
菌が発見されるものでも有りません。

そういうことですからそうした訴えとしての症状は医学のデータとして今までも蓄
積されてそれが分類されているのでしょうが。ですから、その訴えの説明の仕方、
聞き方によっても随分違ってくると思われます。専門家がそれらをどのように分
類に取り入れるか。この問題の事実と疾患症例の関係はそれでしかないのです。
詰まり症例自体が医学的にも事例的なものであり、その統計的なものでしかない
だろうと言うことです。
症例と問題の事実をここで直ぐに結びつけることは早計なことだというのです。

447 :名無しピーポ君:2001/08/26(日) 02:57
>>446の続き
X】
不思議なのは
その他、「自分でやっているという実感がない」(離人感)、「他人が自分のこ
とをうわさしている」(関係念慮)、「考えが人に伝わってしまう」(考想伝播)、
「音に混じって声が聞こえる」(機能性幻聴)

こういったし症例があることですが、昔から症例として分類の中に入っていたの
かもしれませんが、この症例だけ”「初期分裂病」の四徴候”(中安)の大分類
から外れて書かれているのは、
特例だからということでしょうか。他の曖昧な表現し難い症状に比べて余りにも
はっきりした自覺症状(知覚による)であることに注意しています。そしてそれ
が本人以外の第三者である他人には容易に知覚し得ない特殊な知覚であること。
昔から当然疾患症例としてこれらの症例が既に含まれていたと考えることは出来
ますが、私は専門ではないので古い解説書や専門書はわかりませんし、過去の医
学的データ-も知りません。しかしこうした割合にはっきりした知覚を伴った症状
の訴えは、最近になって特に多いということでもあれば一つの疑いとして、考え
られることがあります。何時の時点からか統計的にみて、そうした症例が多く報
告されるようになったということがありはしないか。
そうした医学的データ-や個人の診療内容は一般には中々知り得ないものでしょう。
ひょっとしてこの違法行為の発生と軌を一にしたようにその症例の訴えが増え始
め二つは一つの問題としてつながることかもしれないという疑念です。ですから、
潜在的にこの違法行為による被害者は、今想像するよりもつと多いのではと。し
たがって未だ明白に社会的にこの事実が明かになっていなかった時点では、知覚
の症状として訴えられた人の多くは、或いははっきりした原因は不明のまま、そ
れまでの症例の分類によって疾患とされていたのではないかという疑問です。

448 :名無しピーポ君:2001/08/26(日) 03:05
>>427さん

>貴方の言っている『主観や錯覚』に付いては

>潜在意識としてのイメージが現実の目の前のものに呼び起こされて、現実が読み
>取られていると感じられるだろうということでしょうか。その奇妙さを自分は錯
>覚的に或いは自分の感じとして理解してしまうだろうと・・・。
これについては、>>444をちょっと参考にして下さい。
僕が「錯覚」「主観」と書いた意味もおわかりになられるかもしれないと思ったりもします。

>今までに同じ体験がないということですが、かなり長い期間ですから下に挙げて
>いるようなことでもありますか。
>>330のものについては、
1)盗聴されていること
3)ストーカー的行為の存在
5)マスコミの反応(語り掛け、その他の反応)
7)身体症状を伴う被害者の存在
といったところでしょうか。

>連中とは街の中の付きまといの所謂ストーカー
>のようなものですか。付きまとい以外にもいろんな事をですか。
これは簡単には言えません。
国家自体も含まれていますが、マスコミもその一味と記しておきます。
おもしろいのは、僕が予定外の行動をとって何処かへ行ったとき、一番最初に僕をみつけるのが、街のゴロツキ連中だということです。いわゆるヤクザの情報網、また機動性というのはすごいものがあるのでしょうね。
無論マスコミというのが「インテリが書いてヤクザが売る」の関係にあるからなのですが。まぁ昨今は「インテリ」でもなくなっているようですが。

>声というのは簡単に説明するとどんな事ですか。声で誰かが話し掛けてくるとか。
僕の場合は脈絡のあるもの(声)ではありません。
雑音と一緒になっていて意識できなかったものが、突然雑音の方だけが途切れて「声」が聞こえてくる、といった感じのものです。無論、周囲にそのような声のぬしがいない、という状況でのものです。

とまぁ、このへんでご勘弁下さい。

449 :名無しピーポ君:2001/08/26(日) 03:15
あ、そうそう、「カルト団体」を省いてはいけませんでした。
>連中とは街の中の付きまといの所謂ストーカー
>のようなものですか。付きまとい以外にもいろんな事をですか。

450 :名無しピーポ君:2001/08/26(日) 03:21
---------------------------------------
>声というのは簡単に説明するとどんな事ですか。声で誰かが話し掛けてくるとか。
僕の場合は脈絡のあるもの(声)ではありません。
雑音と一緒になっていて意識できなかったものが、突然雑音の方だけが途切れて「声」が聞こえてくる、といった感じのものです。無論、周囲にそのような声のぬしがいない、という状況でのものです。
---------------------------------------
というのは、僕の場合いろいろと警戒をして
>>427さんのような露骨なことをしない、ということもあるかもしれないと思います。

451 :281:2001/08/26(日) 04:08
For Your Information

A幻覚  hallucination
 幻聴  auditory hallucination ←分裂病にはこれが一番特徴的
   対話性幻聴
     幻聴がささやきかけてくる それに返答する
     ※まわりの人が言うことよりも、患者にとって信頼性が高い
   機能性幻聴
     何らかの音(例えば 水道音 車 洗濯機の音 など)につれて声が聞こえる(自分のことを言っている)
   要素性幻聴(これはあまり分裂病的でない アルコール性によくみられる)
     廊下がガタガタする→人がいる ドアが音をたてる→人が入ってきた など
 分裂病的体験
   思考化声
     自分が考えると声になる 本を読もうとすると声になる
   思考伝播
     自分の考えが外に漏れ出て(世界中 町中の)皆に知られてしまう
   思考吹入
     人にある考えを吹き込まれる
   思考奪取
     突然考えを人に奪われて、考えが消えてしまう

http://www4.justnet.ne.jp/~isana/schizophrenia.htm より抜粋

452 :281:2001/08/26(日) 04:10
順番間違えた。FYI続き。

@妄想  delusion,Wohn
  絶対的な確信であって(確信はゆらぐこともある)
  誰に説得されようと訂正不可能で(隠すことはできる よくなると訂正されることもある)
  その内容に多少とも現実離れがあり(根拠がおかしい)
  決して誰にも共有されないひとりだけの考えである
  妄想気分:漠然とした雰囲気のようなもの
   妄想知覚:知覚は正しいが、意味付けがおかしい
    (猫の死体を見て、自分を殺しに行くという警告ととる)
   妄想着想:思いつく(ああ、自分は天皇の子だった)
   妄想追想:思い出に妄想的な意味付けをする(あのことは実はこうだったのだ)
  妄想の種類
       関係妄想…あった出来事を関係付ける
          (人が自分に聞こえないようにしゃべっている→悪口)
       迫害妄想
       注察妄想…常に見られている感じ
          (隣の人などから)見られている 見張られている
       追跡妄想…どこに行っても誰かからつけられていると思う
       誇大妄想…狙われるのは天皇の子だからだ など
       血統妄想…自分の親は本当の親ではない(家族否認)
       宗教妄想…キリストの生まれ変わりだ 神がのり移る 神の啓示 など
       恋愛妄想…むこうは自分を愛しているが、邪魔する人がいる など
       嫉妬妄想…酒客の嫉妬妄想 妻などを外に出さない 縛り付ける など
  自分の周りで、自分に隠されて何かが行われていると感じる
    超越性・無名性(何か裏にある 何かは特定されない)
             …特定されない、世界規模

453 :名無しピーポ君:2001/08/26(日) 04:13
なにやってるの?

454 :名無しピーポ君:2001/08/26(日) 04:16
もしかして、281って、「盗聴がばれたらこういうふうにする」
という犬ガイドでも持ってるの。

455 :281:2001/08/26(日) 04:21
>>448
>国家自体も含まれていますが、マスコミもその一味と記しておきます。

このあたりが味わい深いね。

>自分の周りで、自分に隠されて何かが行われていると感じる
>    超越性・無名性(何か裏にある 何かは特定されない)
>             …特定されない、世界規模

456 :281:2001/08/26(日) 04:27
このスレの皆様にお聞きしたいのですが、
・あなたがたの思考あるいは会話は、「盗聴」するのに値するものだとお考えですか?
・あなたがたの存在は、わざわざ「組織」がお金をかけて「コントロール」するほど
大事なものだとお考えですか?

457 :281:2001/08/26(日) 04:31
>------------------------------------
>>>なぜそれらのスタッフからの情報リークがないのだろうか?
>
>という質問に答えること。
>----------------------------------
>だが、
>----------------------------------
>まさに、
>
>>マスプロダクトのマーケティングは無知蒙昧な大衆が対象だから
>
>の君はその「大衆」だね。あんまりいそうにない「大衆」だが。
>----------------------------------
>が答えになっているというのが「よくわかるシリーズ」の君にはわからない?

残念ながら、全然答えになっていません。ログ流しをやめて、ちゃんと答えなさい。

458 :名無しピーポ君:2001/08/26 06:39
>>457

答えになっていないと思うのは、君に理解する能力がないだけだよ。

459 :名無しピーポ君:2001/08/26 06:50
被害者の皆さん、
こういう281のようなストーカーのような奴は
説得することを最初からあきらめる、
ということを学びましょう。
いや〜恐いですね、世の中。 

460 :281:2001/08/26 06:52
>>458
答えがわからないのなら潔くそう書こうよ。見苦しいよ?
要するに国家ぐるみの組織なんて君の妄想にすぎないんだよ。
たとえ君の頭に音声が届こうが網膜にレーザーが届こうがそれは君自身の妄想ってことさ。

461 :281:2001/08/26 07:02
しかしrevelちゃんといい不毛だから退場しますちゃんといい

>絶対的な確信であって(確信はゆらぐこともある)
>誰に説得されようと訂正不可能で(隠すことはできる よくなると訂正されることもある)
>その内容に多少とも現実離れがあり(根拠がおかしい)
>決して誰にも共有されないひとりだけの考えである

この手の人々の思い込みの激しさを思い知らされましたよ。大変勉強になりました。
しかしこの思い込みのエネルギーをどうにか有益な方向に昇華させられないものでしょうかねえ。

462 :名無しピーポ君:2001/08/26 07:43
え〜、ストーカー281はおいといて。

http://www.panawave.gr.jp/index.html
は、全て読んでおいても損にはならないでしょう。
では、これで。

463 :名無しピーポ君:01/08/26 16:00
age

464 :れべる:01/08/26 20:08 ID:e87.e1ek
なんだか世紀末的雰囲気がしてくるね。
281ちゃん墓穴ほっちゃわないように!がんばってねっ!
君の過去スレ読んでみ。引用できるような量じゃないからね。
これくらいは理解できるよなー。
君、とりあえず精神分裂病がお好きだねー。
さてーそろそろ行こうか281ちゃん
>その君の妄想のソースはどこよ?

妄想とは何の妄想ですのん?281ちゃん、ちゃんと妄想だと思ってるトコ
示してね(引用するって事!うんっもうっ

>そっか。revelちゃんはエシュロン信者だったのかあ。なるほどねえ。

エシュロンを知ってたらいきなりエシュロン信者になるわけね281
ちゃんの考えだと。うんっもうっ小学生的な短絡的考え方!ご愁傷様!

>あれー?なんで引用しないのー?前はちゃんと引用してたのにねー。
>ちゃんとやろうよ。引用しないで「過去スレ読んでね」って「逃げ」だよ(ぷっ

281ちゃん、ごみんごみん。あまりに膨大な量過ぎてさー。
この文章の意図はね、第三者にじゃなく281ちゃんに自分の過去スレ読んで
振り返って欲しかっただけなの。
だって最近君のレス客観的に見ておかしな方向に走ってるからさー。
んーどこがおかしいかっていわないでね。基地外に理解しろって言っても無駄
なのかもしれないけど、そこら辺うまくやろうね。
心理や情報で一番大事なことは「物理的」じゃなくて「客観的」の方が大事だ
と思うしね。

465 :たいぎー:01/08/26 20:46 ID:e87.e1ek
「れべる」改め「たいぎー」
んー281ちゃんへ
>ここで提示してるじゃん。わかるかな、revelちゃん?(藁
>最低限議論が可能な奴として扱ってやってるんだからさ、まじめにやろうぜ。な。

だからねえ(ふう)
ちゃんとCIA関連の文献調べてやったのお?
否定的な見解を述べるんだったら、ここが不可能ってちゃんと示してばっちりと。
281ちゃんの凝り固まった既知事項を聞いてるんじゃないのよ。
なんでかっていうとだね 私の問いに対して
>はいはい。じゃあいくよ。
>(1)ヒトの高次の思考を脳内における化学反応プロセスで説明するための基礎理論は
>未だ確立されていない。
>(2)従って高次の思考を(電磁波であれなんであれ)本人に知られずに
>(拷問等の手法を除いて、ってことね)コントロールすることはできない。
>以上。反論はその根拠となるソースを示してね。
>あと基礎理論を秘密裏に研究してたとか主張する奴は基礎理論のコストを
>胸に手をあてて考えてみてね。

これが君のCIAの電磁波でマインドコントロールの答え。
要するに学会等世間一般に公開されてないことは「物理的」に答えることが
できないってことでしょ。
281ちゃんは議論じゃなくて言い争いが得意なのかな?
それとも負けず嫌いなのかな?

>うむ。そうだとすると、恐らくその管理をするためには膨大なスタッフが
>必要になるはずだが、なぜそれらのスタッフからの情報リークがないのだろうか?

次、情報管理論ですかい?
281ちゃん、なんでないのかなー情報漏洩。
ほんと不思議だねえ。
「事実は小説より奇なり」だね。

466 :ゲシュタポ:01/08/26 20:48 ID:e87.e1ek
ここで一息、ぶれーくたいむっ!
「地下のベルリン」って本おもしろそうだよ!

467 :たいぎー:01/08/26 21:09 ID:e87.e1ek
281ちゃんっがんばって!じゃったいぎーの意見からいくよっ!
>このスレの皆様にお聞きしたいのですが、
>・あなたがたの思考あるいは会話は、「盗聴」するのに値するものだとお考えですか?
>・あなたがたの存在は、わざわざ「組織」がお金をかけて「コントロール」するほど
>大事なものだとお考えですか?

あなた方の思考ってまた仮定的なお話でお話でいくねっ(くうーっ)
もし個々人の思考を「盗聴」出来たならいわゆる「危険人物」を発見することが
できるよね。犯罪を未然に防ぐためにはなーんて便利な事なんでしょ。

それから「あなた方」の存在ではなくて組織にとって「危険人物になり得る人物」
なら金をかけてでも「コントロール」した方が有益だよね。
後々やっかいな事になったら困るもの。

んーーーーーっほんとメリット多し!
日頃うだつのあがらない奴がやるにはもってこいの「ストレス発散」!

468 :名無しピーポ君:01/08/26 21:51 ID:UIKlhhLI
急にIDがつくの?

469 :名無しピーポ君:01/08/26 21:52 ID:UIKlhhLI
どぼじて?

470 :名無しピーポ君:01/08/28 00:43 ID:nZGtLYOY
てすと

471 :名無しピーポ君:01/08/29 21:47 ID:2OeRAri2
お願い!!(お知恵拝借)

ちょっとお手間を取らせる事になるが、

<内容>各人がそれぞれ原因と考えていることやその理由の違いは兎も角も同様
と思われる問題を抱えている人は、何はさておいても、取り敢えず「警察庁」に被
害事実(出来るだけ『こういう被害だ』と思われる事実を列記して)を知らせて
欲しい。

そしてこの種の特殊な被害にあったものが解決するための手順や方法を聞いて欲
しい。(多分その結果、それに対しての返答があるかないかは国としての警察庁
がその申告した事実をどう判断したかの結果次第ということになるだろうと思わ
れるけれども)

<その直接的意図>
若しそのことに何ら返答がない場合にはその意味(理由)を知りたい。例えば警
察庁は単純に違法な事実は有り得ないという判断をしているのかどうか、又その
事実は未知のものなので国の機関である警察庁としても現時点では調べることが
出来ないということかどうか。その他に返答しない理由があるかどうか。(実は
今までに警察庁に知らせているのだが、一切それに対する返答が無く、相変わら
ず全国的に被害が報告され続けているという現実があるためだが。勿論当然地元
の警察には被害届はしている。)

<その結果>
警察庁に知らせたことと警察庁の対応結果の2点について解かったことを再度投
稿して欲しい。全国的にある被害事実の態様から、警察庁に申告することは当然
に考えられる一つの方法だと思われるので、この際、国の行政としての治安責任
者に対する事実の申告は欠かしてはならないと考える。

<問題とする趣意>
一地方の問題では無く全国的に類似した問題が発生している点に注意。それは或
る同一の原因により全国的範囲で被害が報告されていること。恐らく実行の主体
は他県に存在しその現場の警察のみでは解決しがたい違法な事実であり、一警察
の範囲を超えた特例のものであること等が理由。

国の治安を守るべき国が違法な事実を何も知らないと言うことがあってはなら無
いから被害の事実を持っている人は社会に向けて可能な範囲でもっと被害の事実
を知らせた方が得策と考えている。

472 :名無しピーポ君:01/08/29 23:14 ID:KZcDJy0k
電話でお互いがやりとりする会話のように相手との間でリアルタイムに話題を取
り入れ常時話が弾んで相手の話に驚いたり憤慨したりの絶えないような妄想なん
てありはしないだろう。相手は実在する人物だと言う事だ。全く盗聴によるもの
だ。これは或いは既に知られている技術や原理を利用したものであり、このよう
な応用は普通には考えつかなかったというものではないのか。既知の技術と原理
である可能性もある。或いはそれは公開されなかったものかもしれないが。

473 :281:01/08/29 23:56 ID:zTnCLuOA
うーむ。闇の組織はどうやってリークを押し潰しているのだろう。
それだけが気になる。いや純粋に。だれか煙に巻こうとしないで
ちゃんと教えてください。いやマジで。

474 :名無しピーポ君:01/08/30 00:00 ID:YzEBn2XM
やっている者たちは「闇の組織」の者ではないって。

そういう集団も混じってはいても。

475 :釜井@弾B:01/08/30 00:03 ID:HQGs78TU
>>281
>闇の組織
これはオカルトでも何でもなく、終戦後のアメリカ軍占領下からあると思います。
軍事的技術を用いたプロ集団の犯罪行為は、このころから発生しています。
参考になる書き込みをしています。

東京世田谷区一家惨殺事件 PART44
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news2&key=998322710&ls=50

http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news2&key=998322710&st=60&to=60&nofirst=true
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news2&key=998322710&st=61&to=61&nofirst=true

476 :281:01/08/30 00:13 ID:dtVH3WXU
まあ何でもいいんだけど、どうやってリークを押し潰しているのかなあ?
組織論でいけば2:8の法則の言うところの8割の人々は絶対に不満を
持っているはずだと思うんだけれど。どう?

477 :名無しピーポ君:01/08/30 00:38 ID:MrRVwkT6
ちょっとまってろ

478 :名無しピーポ君:01/08/30 00:40 ID:MrRVwkT6
2:8って教えてくれる

479 :名無しピーポ君:01/08/30 01:40 ID:YzEBn2XM
立花隆が『田中角栄研究』を出したとき、
新聞社の記者はこう言って侮蔑した。
「そんなこと政治部記者だったら、みんな知ってたよ」

480 :名無しピーポ君:01/08/30 02:32 ID:/lgcr0sE
>>476
「組織論」と言われているので、参考までに警察組織のリーク抑止の一般論だったら・・・

警察学校では「警察組織の秘密を外部に漏らしたら、身の安全は保障されない、
昇進しない、一生浮かばれない」と繰り返し教え込む。配属先でも、警察的掟を
日々の生活の中で体中に染み込ませ、マインドコントロールされた奴隷ロボット
警察官に仕立てあげる。

公安警察は、警察組織に逆らう者すべてを監視対象とするため、リークがばれでも
したら、確実に公安にマークされ、ファイルが永久保存され、企業の採用試験の
身元調査などに使われる。これは子々孫々にまで及ぶ。

警察の監察制度は、表向きの目的は内部犯罪の摘発および抑止だが、実際の目的は
組織防衛であり、自由な考え方も許さない、警察官抑圧装置として機能している。
監察に目をつけられると、犯罪をでっち上げられて依願退職に追い込まれる。

どうやら、このような制度によって、リークを押し潰しているようです。

481 :名無しピーポ君:01/08/30 05:09 ID:x8iYQFyI
リークされない訳ということでしたので、それに対する私なりの考えです。
以下を参照して、提起した問題の関連を推察してください。但し、事実を有り得
ないとしたらそれから先は何も考えないことになりますから、今の提起した問題
を考える際には事実が仮にあるとしたらという前提で考える必要があります。

それらは知覚した体験事実を元にそれから演繹される予測も加味して推定してい
るわけですが、そうした予測を加味した事実を積み重ねた結果、その全体像から、
その構造なり規模なりその成り立ち或いはその全体の中にに含まれている或る部
分が現実社会の何かに関わっているかもしれない、その何事かが浮かび上がって
くるのではという考えによるものです。

そう考える理由は様々な個人の体験事実或いは他の被害でも、それらは一つ一つ
別々のものとは思われず、或る目的ないしは組織的なものとして全てが有機的に
相関しているだろうと考えているからです。(下記スレのレス参照)

そして問題はそれは何かですが、何らかの組織でしょう。
そうした組織と言えば、この問題との関連では、未だ存在しない組織や、架空の
組織などということも現実的では有り得ませんから、先ず現実に存在している組
織が考えられるはずです。

それには政治、宗教、その他の社会団体或いは必ずしも合法組織とは限らない、
所謂非合法な組織等も考えられるわけです。

482 :名無しピーポ君:01/08/30 05:12 ID:x8iYQFyI
>481の続き

何があるでしょうか。色々図書を読んだり研究して見てください。あるいはそれ
までには聞いた事のない新しい組織の存在があるのかもしれませんしね。現実の
組織から考えていくほうが早いでしょう。ここでも既成の観念は禁物です。何し
ろ問題の行為は非常識行為であるのですから。

そしてこうした現実がある以上従来合法だと言われている組織であっても、法を
守っているものかどうかは実際には解からないことです。実際に現実の不正な方
法による組織的な行為は、必ずしも非合法組織によるものだとばかりはいえませ
ん。実在の一般人が関わっている事を考えれとね。

現実が見え見えで行われているのになぜリークがないのかということに関しての
ヒントになるかどうか。調べているうちに思いもかけないような案外近いところ
に辿りつくかもしれません。

それで又疑問があれば又書き込んでください。

〔マスコミの 「盗聴/盗撮」 は許されるの?その3〕の

或る分類T>>694,>>697,>>773,>>823

或る分類U>>476,>>524,>>543,>>573,>>574,>>661,>>695,>>824,

余談になりますが、実はこうした事に私が関わることは、私の仕事としては成り
得ないんですが、違法な行為が何故か放置されて続く手前、今は止むを得ずこの
問題に取りかかっているということです。
放置されている事を考えれば、隠されているこうした事実が或る程度公開される
のは社会的公平からいって仕方の無いことでしょう。

483 :名無しピーポ君:01/08/30 05:38 ID:dBpQ6lww
〔マスコミの 「盗聴/盗撮」 は許されるの?その3〕の

http://natto.2ch.net/test/read.cgi?bbs=mass&key=991027190

484 :名無しピーポ君:01/08/30 06:06 ID:DROT2VOY
>483のスレとレスはもう消えていましたね。要はこの不正な方法がどのような
考え方に立って行われているのか、現実に存在するあらゆる組織を比較参照して
その真贋を見分けて欲しいと言うことです。実際の中味と表向きの実態と余りに
もかけ離れている組織が無いのかどうか。言と行の食い違っている組織がないか
どうか。法を無視し個人の権利を侵害して平気な組織がないかどうか。この違法
な行為の目的と一致した目的を持つ組織はないかどうか。先ず最初に既存の組織
の中で考えて欲しいのですが。

485 :281:01/08/30 06:51 ID:kHxZ2MpQ
>>481-484

486 :281:01/08/30 06:55 ID:kHxZ2MpQ
>>481-484
どんな組織が、とかはどうでもいいので
「なんでリークがないのか」に対する明確な理由付けがあると嬉しいです。

487 :281:01/08/30 07:00 ID:kHxZ2MpQ
>>480
へっぽこ不祥事ですらリークされてしまう昨今、もしこのスレのような
夢の技術があって、それを商用化できたら(ビルゲイツ級の金持ちになれるよね)
組織を村八分にされたってどーでもいいと思うんだけどな。

488 :名無しピーポ君:01/08/30 19:47 ID:DCw5jhxU
何でリークがないのかと言うことだが。
組織がどうやってリークを防いでいるかでしょう。やっぱり組織的問題になるの
じゃないか。

あらゆる場面に何時も必ずリークがあるとは限らないだろう。必ずしも人数の多
さだけによるのではなく、管理の問題でもあるだろうからね。そういう場合は予
想外の、突発事故のようなことじゃないのか。

リークが無いというより、なぜリークしないのか、リークされないのか、と言い
換えてもいいのか。リークされる組織の存在を前提にしないでリークの無い理由
は何かを想像するのは難しいと思うが、あえて

1)普通にはリークはそういつもあるものじゃないと思う。、リークできる情況
でないとか、リークするだけの意味を感じないとか。特別その必要もなければリ
ークはしないんじゃない。
結局、この問題では自分の通常の範囲を超えてまで、リークする人が、そういな
いということじゃないのか。それ以上になぜリークしないのかとなると

2)リークが無いのは或いは組織の有形無形の影響下にあるからということかも
しれない。それは組織如何だから、場合によってその組織では出来にくいという
こともあるのではないのか。リークが存在する組織如何によると思うんだけれど。

問題は、この問題でのリークの無い理由でしょう。リークはその個人の意図に依
存するんだし、それより組織の内容(2)という事の方がリークに対する影響は
あるのじゃないの。そういう意味で>481を書き込んでその背後に在る組織的
なものを説明しようとしたんだけど、リークがないのは何故かというのはリーク
する人間の問題でその正確な理由までは解からない。この問題の性質上、当然あ
っても良いとは思うけれども、駄目かな。

489 :名無しピーポ君:01/08/31 01:42 ID:ZToij3bc
281さんはほんとに281さん?
しばらくみないまに、ぐっとよくなったね。

>(ビルゲイツ級の金持ちになれるよね)
でも、糾弾されておしまいだけのものだとも思うけど。
あってはならない恐い技術だからね・・・・・・

490 :281:01/08/31 10:10 ID:1n8Gefho
>>488
>1)普通にはリークはそういつもあるものじゃないと思う。、リークできる情況
>でないとか、リークするだけの意味を感じないとか。特別その必要もなければリ
>ークはしないんじゃない。

「そういつもあるものではない」じゃなくて、「絶対に無い」じゃないと
ここでは現実世界と合致しないよね。で、このスレの技術は上でも書いてるけど
リークするだけの価値大有りなんだよね。

>>489
>>(ビルゲイツ級の金持ちになれるよね)
>でも、糾弾されておしまいだけのものだとも思うけど。
>あってはならない恐い技術だからね・・・・・・

核兵器、細菌兵器、ミサイル技術、どんな技術でも「糾弾」されるだけじゃあ
終わらないんだよね。平和利用っていう題目がある限り。
リークに対するこれだけのインセンティブがある状況下で
「リークが全く無い」というのはつまり「そんな技術は存在しない」ってことだと
思うんですがね。

491 :釜井@ギャングスター:01/08/31 11:10 ID:QyTc6bQ6
何の技術のリークのことを問題にしているのか、
書き込む度にハッキリしたほうが良い >281
281の書き方は、このスレに関し全否定である様に受け取れる。

マインドコントロール技術に関しては、「MK-ULTRA」など、
ネット上に米諜報機関の実験の情報が公開されている。
「そんな情報はいくらでも存在している」ってことだ。
さらにこのスレにある「遠隔的なマインドコントロール技術」に関しても、
軍事実験で使用されているという情報はいくらでもある。

★「Re: 全てを理解できず死ぬのか?」
http://www.asyura.com/sora/bd13/msg/736.html

これらに関する情報は、先端的情報技術であるから管理されている。
例えば「エシュロン」とはNSAが関与する広範囲の盗聴技術らしいのだが、
その詳細な技術情報は明らかになってはいない。
つまり、「技術情報が存在しなくても、軍事的には存在する」ものはあるのだ。

492 :281:01/08/31 15:20 ID:1n8Gefho
>>491
申し訳ない。>>490で対象としている技術はもちろん
「マイクロ波によるマインドコントロール」ね。

エシュロンも盗聴の可能性までは(現在の基礎技術で可能なので)理解できるんだけど
「どんな暗号でも一瞬で解読」とかまで神格化されるとかなり眉唾だね。
もちろん人手が加われば解読の可能性はあるが、マシンベースで暗号が
解読できるとは到底思えない。例えば平安文字の手書き画像を機械的に解読できると
思うかい?

493 :281:01/08/31 15:24 ID:1n8Gefho
>#それはさておき、ある条件を満たす非常に強い電磁波をじかに被曝するなら、
>#頭部全体の神経の挙動に充分影響し得るレベルで、
>#ほぼ一様な電流が発生する可能性は否定しません。
>#その場合は、「行動や思考の阻害」という形になるかも知れません。
>#しかしそれはどっちみち、日常生活で受けるあらゆる「電磁波」の
>#レベルからは、およそかけ離れた強度が必要なことでしょう。

リンク先から引用。上で否定しているのは「行動や思考の阻害」ではなくて
相手の意志を自由に操れる、っていうマインドコントロールのことです。

494 :釜井@ギャングスター:01/08/31 16:31 ID:XvLLmwng
>エシュロン
暗号解読の最先端技術に関して推測すれば、
非常に高度に複雑化した暗号自体を解読するよりも、
暗号の製作元、発信元を逆探知した後に、発信者の個人的な「思考」を
マインドコントロールの手法の一種で抜き取るような形の
暗号解読情報の収集の方が効率的であると思えるのです。
つまり、ターゲットは暗号の意味より、人間そのものになりつつあるらしい。
この事は、技術の進化を考えてみれば間違った推測では無いと思います。

ゆえにこのスレの個人を標的にしたマインドコントロールの話には、
軍事的諜報分野の重要な秘密が、その中に存在していると思います。

495 :名無しピーポ君:01/08/31 16:37 ID:f9RNvi02
>暗号の製作元、発信元を逆探知した後に、発信者の個人的な「思考」を
>マインドコントロールの手法の一種で抜き取るような形の暗号解読情報の
>収集の方が効率的であると思えるのです。

どうやって対象者を確保するの?

496 :釜井@ギャングスター:01/08/31 16:43 ID:XvLLmwng
>495
暗号の製作元、発信元と書きましたが、受信者、解読者でもいい訳です。
つまり、政治家や重要な大使館とか軍事基地の情報担当者を標的にした、
人間の思考情報を標的にした暗号解読技術が有り得ると言いたいのです。

その具体的な収集方法は不明ですが、マインドコントロールの一種と想定されます。
最先端情報収集の技術とは、この辺の事でしょう。

497 :名無しピーポ君:01/08/31 20:46 ID:5mr2Dd9g
>「絶対に無い」じゃないとここでは現実世界と合致しない。

◇(技術が有り得ないというのは仮定の話しとしてであり)、価値ある技術に対
して現実にはリークが無いということは、その技術が実際には無いものだから?

【仮定】技術が無いから=結果としてリークが無いー>【現実】リークが無いの
は?=技術が無いから?ー>【結論】リークが無いということは?=技術が無い
こと!=>【仮定】

(仮定としての話しならば)なぜそれではリークが無いのか。『技術が無い(と
思われる)から?』、では、なぜ技術はないと言える(思われる)のか。『有る
べきリークが無いから?』

この問題ではリークするだけの価値ある技術についてのことだから、普通に考え
れば、当然そのリークはあるはずで、現実にはそのリークが無いということの意
味は、何時もは無いではなくて、絶対に無いという意味にならないと・・・?

私が想うのには、『リークする人間がそれをリークするだけの価値を認めなけれ
ば、リークはしないだろうし、またそれをリークする人間が実際にいなければ、
リークされる心配も無い筈だ。』

<続く>

498 :名無しピーポ君:01/08/31 21:16 ID:fTknPzgA
公安って
内側から全て施錠されている民家に侵入するの上手いよね。

499 :名無しピーポ君:01/08/31 21:23 ID:fTknPzgA
リーク云々のことだけど、たとえ加害者側の関係者で
リークをする人がいたとして、マスコミが相手にしなきゃその内容も、
陽のめをみないよね。
マスコミも加害者の一味だとすれば、完全無視されるだけの話。
それどころか、リークしようとした人の上司なんかにマスコミは
連絡いれて、そのリークしようとした人の人生は終わってしまう。
また、そのリークしようとした人は全てを失ったあと、
今度は被害者の一人にされるかもしれない。
そうなったら、どこへ訴えればいいのか?

500 :京都板:01/08/31 22:58 ID:YLq3IAHE
ちょうど1年前、寺社仏閣京都板がひろゆきの陰謀でつぶされ、
唯一、寺社仏閣板の部分だけが2ちゃんねるに生き残った。
(寺社仏閣板が http://mentai.2ch.net/kyoto/index2.htm とkyotoである理由。)

行き場を失った京都板住民は2ちゃんねるに怨念を抱きながらも立ち上がり、
独自に京都板(はんなり京都板と呼ばれる)にて活動を続けている。

このヘッドラインが、http://kyoto1.ceo-jp.com/headline1.html である。

501 :名無しピーポ君:01/08/31 23:05 ID:jcED2yYc
>「リークが全く無い」というのはつまり「そんな技術は存在しない」

◇どんな技術でも目的として平和利用と言う命題があるから、若し反れに反した
場合、それがリークされて明らかになれば、糾弾されるだけでは済まない。そう
いう意味で、リークされるのだからそのリークがないということは、その技術が
ないという事ではないか?と

しかし、必ずしも人間は全員が何時も善人であるとは限らない。

だから、その場合に、リークする人間には、それをリークする意味があるという
事になるのか。(小説「透明人間」、「フランケンシュタイン」、「ファウスト」、
映画「フライ」?、科学とナチズム、)

例として、
http://www.lasoft.co.jp/cafe/book31.html
主人公ファウストは16世紀の南西ドイツに実在したとされる占星術・錬金術師。
マルティーン・ルターと同時代人で、ハイデルベルク大学で学んだ人文学者だっ
たが、その存命中から悪魔と手を結んで、魔法に身をゆだねたという伝説ができ
あがったという。

ファウストは神に縛られた現世に逆らい、自然と社会を相手にして、悪魔メフィス
トフェレスに魂を売り渡す契約を結び、欲望を満たそうと遍歴する。

技術や原理(理論)などはそれ自体は人類の役立つものであるのに、応用面では、
必ずしも役に立つ使い方をするとは限らない。そしてそちら側にいる人間なら其
の場合にリークはしない。

つまり、技術があっても、又その技術が例え平和利用になっていなくても、作っ
た側にいる人間はリークはしないだろう。
だから逆にリークされ無い様に組織的に情報のコントロールすることになるので
は。

<了>

502 :名無しピーポ君:01/09/01 00:05 ID:OuNe3IE2
お前等ターボカロリナとか他知らないでで馬鹿になってんだろ。

503 :名無しピーポ君:01/09/01 00:09 ID:OuNe3IE2
警視庁は民間人にターボカロリナを使います。

504 :名無しピーポ君:01/09/01 18:19 ID:wKlp7UHw
公安への協力を強制されている人は弱みを握られている人なの?

505 :名無しピーポ君:01/09/01 18:46 ID:lNYDJe2k
NHK名古屋のラジオの昼のニュースの原稿書いている奴に聞けばわかるよ。
多くの惨殺の舞台裏もね。
しかし、リークをする人間ではなく、全くその逆の悪党。

506 :名無しピーポ君:01/09/02 23:41 ID:yNKxoEIM
誰も何とも言わなくなったので考えを書くと、一寸拍子抜けの気分。
問題が段々沈んじゃっている感じはどうした事かな。
もうそんな問題なんて有り得ないと問題提起を無視した意味なのか。真相を究明
するということの意味。科学的であろうとすることの意味。事実を否定した意味
は何処にあったのか。あの意気軒昂さは一体何処に行ってしまったのか。

盗聴や他人の干渉(マスコミの反応やストーカー的反応行為)についての記述した体
験事実の中で第三者としてはまだ何か不自然に感じるところ、他に聞くべき事は
ないだろうか。それともまだ体験したと言っている事はおかしい?と思っている
のか。まだそんなことは有り得ないと思っているのだろうか。体験事実について
まだ理解出来ない部分でもあるのか。

問題を提起した意図は、只、単純に体験したことを煽るだけの意味では無い。国
民が事実(憲法違反、自由権プライバシーの侵害、)を知らなさ過ぎるから社会
問題にしている事なのだ。国(政治と政府と行政)は何がしか(少なくとも問題
は存在するということを)既に把握している筈だが、少しも上手く機能していな
いようだから、違法な方法による不正事実があることを直接国民に知らせている
ものだ。

この投稿で、現実に行われていることを或る程度は理解はしてくれたのか。知り
得た全てを考慮した場合には、簡単にはその体験を否定できないこと、ひょっと
したら体験事実は在るかも知れないという疑いだけは持ち得たのだろうか。

今まで否定してきた立場として、それ以上に質問が疑問がないというのは、考え
方として可能性がある方に傾いているという事なのかな。可能性があると考える
ことができたら、続く質問がその先にないのは何故だろう?ただいま慎重に検討
中ということなのか。それともそのまま判断停止なのか。ついでに聞くと組織論
で言う8:2とは?

その他に後は何がわかればいいのか。事実の全国的広がり、犯罪の放置されてき
た社会情況(政治状況も含め)、様々な違法事実の中味、その日常的干渉方法や
社会での組織的やらせ方、個人の不正な干渉のあり方とその個人と組織の関係、
他の体験者の事実との共通性などから、或る程度まではその組織や仕組みについ
て想像の射程距離の中に入れることが出来ただろうか。

507 :名無しピーポ君:01/09/03 01:09 ID:Kv7BQqgw
<再び存在の可能性について>

可能性についてはこれまでの様々な人の事実に対する説明からその体験事実を通
して、可能性を判断できただろうか。体験は既知の知識や理論を通して事実を知
ることではない。体験とはそういうことなのだ。
逆説的だが事実の体験は何ら科学的知識を要するものではないのだ。

どういう技術が或いはどういう組織がということは事実の存在に何がしかの心証
を得てからでも良い筈のものだ。現実的で合理的にというのならそういうことを
意味する。それは体験者の”体験した事実から色々に想像する”過程に似ている
作業だ。

先ず、この場合既知の知識を取り払わないと事実を理解できないのだ。一つには、
まだ一般には知られていない技術が有ったということなのだろう。いや、既に既
知の技術かもしれないが余りに突飛で非常識な発想の為に科学者や技術者として
はこの用に供すべく応用を考えるものがいなかったというだけのことかもしれな
い。個々の科学知識や技術は既に有ったのだけれども、不正な目的を持つそうし
た応用まで考える発想は誰も持ち得なかったもので、結局その事実が存在してい
ることは誰も考える事ができなかったのだという予想もしている。私は今、この
事実の存在は未知の技術により、というより誰も考えつかなかった応用技術によ
るにすぎないのではという見方をしている。

そして又、日新月歩に技術は進化するという現実がある事も忘れていない。何に
してもこの事実はいろいろの技術や原理の重層的また横断的組み合わせによると
ころが大きいだろうと考えている。だから技術として又その原理としては一般的
に理解しづらいものになっているのだと。

<続く>

508 :名無しピーポ君:01/09/03 01:11 ID:Kv7BQqgw
<続き>
二重構造的社会(明からさまに犯罪が放置されている社会)に於ける『国(政治
と行政)及び社会的犯罪と科学の役割』がこの問題に付随したテーマとなる。

不当に挑まれいるのだと思う。正体のはっきりしない違法な組織の挑戦を受けて
いるのだと思っている。はっきり国法に違背したものだ。国は現在までそのこと
に何の手当てもしていない。只、徒に傍観者を決め込んでいるように見える。他
の外国にもそうした事実が存在すれば状況は同じに想像する。一般市民の中にあ
ってその組織の違法行為に荷担した生活者?をわが国では実際に野放ししている
状態だ。従前から充分過ぎるぐらいの注意を与えているのだからその注意は聞く
べき筈もの。このままでは、その違法な行為責任は当然のように何時でも発生し
ていて、それをまっとうできる状態には無い。

思想堅固に何処までそのやり方で不正が続くものか。見守りたい。思想や政治は
ある意味では非常に身勝手で醜いもののようだ。違法を物ともしない生活者が現
実にいるのだから尚更にそう思う。

この犯罪の放置の為に、社会に既存としてある”こうあるべき筈のもの”はこの
際全て疑って見ることに始まる。全ては無責任から始まっているからだ。放置さ
れているという情況には現実的に対処する。

問題があれば疑問を投げ掛け、事実は提供して欲しいところだ。

509 :名無しピーポ君:01/09/03 06:22 ID:qWT.7mrA
欺瞞と偽善と無責任の構図
事実に対しては傲慢な政治
犯罪の放置と政治との関係
この違法な組織行為と外国組織の関与は国内法的には論外のこと。

予め当初からこの組織的行為は政治的なものだと考えられた。

悪しき想像になるが、

「犯罪と政治上の取引の疑い、
政治的取引の材料としてこの違法行為を逆に政治は暗黙裏に利用している疑い、
犯罪転がしの疑い、
犯罪という事実を手篭めにするような政治ではないかと内心では想像している。
放置しているという現実は、そこにはっきりした遵法精神が見えない。

無法(国の政治が放置している事による)は国法の上位に立つ。
つまり政府の違法の放置は結果として違法行為組織の行為が政府の統治行為より
上位に位置する構図の行為になっているとみている。それが放置したままでいる
ことの意図なのかどうか。放置は政府の国民を裏切る行為に等しい。
それは違法組織の憲法と国民への挑戦だと見ている。其れに手を貸す事になる政
府の放置状態だ。」

他人の注意を無視できる組織とはなにか。
私は想像している。先ず実在する犯人の存在、そしてその組織行為に関わって取
組んだ者達、そして過去に在った少なくはない不審事。

言行が不一致とおもわれる組織(書物による知識及び世間に流布された見方によ
る組織と現実のものとの乖離を見る。本当の中身が見え難い組織だ。)と現実に
存在する組織的不正行為との関連。

510 :281:01/09/03 12:04 ID:9IYsvH2k

>◇どんな技術でも目的として平和利用と言う命題があるから、若し反れに反した
>場合、それがリークされて明らかになれば、糾弾されるだけでは済まない。そう
>いう意味で、リークされるのだからそのリークがないということは、その技術が
>ないという事ではないか?と

違います。糾弾されたって「平和利用」という題目があればへっちゃらという
ことです。マインドコントロールにしても、「家畜をコントロールする技術」
などという名目があればいくらでも売れます。
そういったものすごいマーケットがあるのに、なぜ誰もその技術をリークあるいは
商用化しないのでしょう?
答えは簡単。そんな技術は存在しないからです。

511 :281:01/09/03 12:06 ID:9IYsvH2k
510で言っている「マインドコントロール」ってのは、言うまでも無いけど
「マイクロ波によるマインドコントロール」のことね。

512 :釜井@オリジナル:01/09/03 12:25 ID:TvOU/6PI
281の完全存在否定論は十分にわかった
別にリークがなくても、存在したって良いではないか
281が決める事でも、理解しなければ良くない事でもないしな

513 :釜井@オリジナル:01/09/03 12:43 ID:TvOU/6PI
私個人のストーカー被害等からは、犯人はかなり特定されています。

個人情報に深く関連した、犯罪的行為である事は間違いない。
どうも個人情報に関連し、電子的な記録データの存在が重要な鍵であると推定しています。
つまり遠隔的技術の音声発生の為の「装置」は、
標的の個人情報を深く収集出来る特殊装置である、と結論しています。

上記は証拠のある話では無いですが、公開される日も近いと思っています。
このスレのように「現象」を確認する人が増えつづける以上、
何かが発端で情報が漏れる事もありえるでしょう。
つまり被害を感ずる人は、些細な事から重大な事実に発展する可能性を持つ
重要人物であるといえます。

514 :釜井@オリジナル:01/09/03 14:04 ID:TvOU/6PI
★女性被害者の事例です。
 マインドコントロール関連の犯罪行為者の特定に成功している可能性が高い事例。
 貴重な情報だと思われます。

◇韋駄天迷宮--韋駄天掲示板過去ログ
http://kimura2000.hypermart.net/bbslog/b00079.html
[12763] 芸能人に洗脳された

>売れてない芸能人のライブに行って、アンケートを書かされた。
>住所とか、自宅電話番号なんかも書いたら、
>へんないたずら電話がかかってきた。
>そのうち、携帯電話も盗聴されていたことが分かった。
>寝ているとき、TAKUIの声が聞こえるようになって、
>毎日の生活に集中力が欠けるようになった。
>洗脳されてるみたいに、頭になにかがはいってくる。
>家にも空き巣が入ったりして、下着が盗まれてたりした。
>そいつの近い知り合いだったため、目をつけられたみたいだ。
>その男は、少なくとも、自分の手でなく、人の手をつかって、
>人1人は殺している。
>それも汚い、洗脳というものを使って、人を自殺においやる。
>悪質だ。そんな芸能人いていいのか、ラジオやってていいのか?
>何も知らない女子供をだまして今も続けている。
>番組内では、オナニーがいいとか、性体験の話などばかり。
>ライブに来てるのも、何も知らない子供っぽい子を狙ってるらしい。

515 :名無しピーポ君:01/09/03 18:19 ID:AAba9l66
糾弾されれば平気ではいられない、それこそ”終わり”になるでしょう。それで
もそれを平和利用だと言い張れば、偽善になるでしょう。嘘を付けばその人はひ
どい人だと誰もその人を信用しなくなってしまいます。
コントロールが実際にあるかどうかはひとまず置くとして、考えては良い事では
ありませんが、
(例えば家畜をコントロールするより人間をコントロールする方が利益がありま
すでしょう。そういう意味から言えば情報を必要とする人間に必要なその情報量
を与えないようにすることや間違った情報を意図的に与える事も、人間の一種の
コントロールになるでしょうけれどもね。この問題でも事実を明かにせず何も知
らせなければその原因さえ全く知り得ないことになるのです。国民にとっては歴
史上の焚書と同じですね。そのままの状態で停滞してしまいます。

人間が商業化するより先に悪が人間をコントロールする方に興味を持ったら悪に
よって人間が逆に家畜にされてしまいますね。ナチのユダヤ人に対するように。
人間をコントロールする事と家畜をコントロールする事のどちらを利として選択
するかは、その世界の精神のあり方によると思いますね。

人間が同類の人間をコントロールする事を考えるとしたら人間精神の独立から言
ってそれは悪魔的考えと言えるでしょうけれど。)

リークしないのはそれを知っている人間にとってその方が当面有利で好都合だか
ら、商用化しないのは、商用化するよりも独占して不正に使いたい欲求が強いか
ら。リークしないのも商業化しないのも、その時々、人それぞれ、人間には時に
期待に反する事を敢えて行う可能性や以外性もあるでしょう。単なる動物とは違
う精神(能)を持っているのです。悪くも良くもどちらにも成り得る精神(能)
を持っているという訳です。

<続く>

516 :名無しピーポ君:01/09/03 18:21 ID:AAba9l66
<続き>
ですから逆に大方の期待に反したそういう意図でもあれば殊更にその
リークはなく、又その商業化もされずに密かにその技術が不正に使わ
れる可能性があるというものでしょう。結局そうすれぱ技術として存
在する可能性さえでてくることになるのでしょうか。

この問題での盗聴以外にコントロールがあるかどうか、またそれがマ
イクロ波かどうかはまだ思案のほかです。はっきりとは解かりません
が私が見聞きして体験した事実から想像するところでは多分何らかの
コントロールがあるという感じがします。これまでにも少なくはない
見ず知らずの他人の口を通して、個人しか知り得ない筈の特定した単
語をその脈略の無い話し振りの中に単発的に挿入して話しているのを
良く見聞きしていた事実などは、実際にその事を疑わせてしまいます。

論法が以外と簡単であり以外と或る考えに固執して頑なですね。
簡単にリークが無いことと技術は有り得ない事を同じ値と見ている。
リークの無い理由は最っと広範囲な理由に求められるべきでしょう。
逆に言えば技術の或る無しの理由はリークの或る無しの理由よりも広
い範囲をカバーしているでしょう。

517 :名無しピーポ君:01/09/03 19:10 ID:La1qN23E
281さん。自分の「哲学」を基準にして断言してはいけませんよ。
こんな技術が表に出て知られれば地球規模的な大問題になりますよ。
人間という生き物に対する基本的な認識がたりないのではありませんか。

518 :281:01/09/03 19:10 ID:nHZwy32U
「マイクロ波によるマインドコントロール」といった驚異的な技術を闇の世界で実際にimplementするには
・学会コミュニティの支援なしで基礎理論を確立(ここが一番大きい)
・その基礎理論に基づく技術のテスト・製品化
・その製品の実際のオペレーション・検証
といった人々が関わる必要があります。オーダーにしたら何十万人、になると思います。
ロケットの部品ですら数百万個に一つの割合で不具合が出るというのに、生身の人間を
一糸乱れずに管理することが可能だとは到底思えませんが?
何十万人を相手に、例外なく「リークしない方が好都合」と思わせることができると思いますか?

519 :名無しピーポ君:01/09/03 19:20 ID:La1qN23E
このBBSだけでこんだけ出てるじゃん?

520 :釜井@オリジナル:01/09/03 21:15 ID:1p/lAhf.
281は軍事的視点に欠けていると何度も指摘しているのにもかかわらず、
いつまでも民生機器の技術開発に基づく、製品化の話でごまかそうとしている。
軍事技術の研究については、全く語らないのは何故だ。

君の書き込みで、この軍事的視点に関する部分に発展できるところがある。
>生身の人間を 一糸乱れずに管理することが可能
つまりこの盗聴/マインドコントロール側の人間が、常に管理状態であれば良い。
この技術が多数の人間を同時に監視できる状態を作り出せる物なら良いではないか。
つまり、「組織」側の人間の思考状態をも、何かのマインドコントロールで
100%管理状態においているのなら、そのリークが無い状態が維持できる。
すなわち「組織」側の人間が広範囲で管理できるなんらかのシステムが存在している
と思っているのだ。
これが軍事技術に関連しているなら、その技術的発生過程まで他者に知られる事は無いだろう。
この軍事的技術が電磁波の遠隔的使用に関係あるのではないかと思う。

521 :名無しピーポ君:01/09/03 23:31 ID:1neCZTnU
>生身の人間を 一糸乱れずに管理することが可能だとは到底思えませんが?

前段に書かれている技術が実用化されるまでの過程は現代の科学的方法で妥当な
ことでしょう。その技術の可能性は置くとして、今回あたなが問題にしたのはそ
の実用化までの過程の問題より後段に言う、部品一個の不具合も許されないよう
な管理ができるかということですね。この場合完全な機械なら可能でしょう。絶
えず機械の調子を調べ何時も新品同様にして電源のバックアップもとり、満一の
突発的な事項も起きないという条件をとれば。

しかし、こと人間の性質や生物個体としの人間の人間足る所以は個々人の色々な
要因の重なりでありそれを機械に例えれば機械そのものの部品も、出来上がる製
品としての部品も、いつも皆一様ではないのでしょう。機械というものが無いと
したら人間の考えること、やることはみな幾らかづつ違うはずです。それこそクロ
ーンではありません。
そうした複雑な人間が更にそのときその時の色々な情況と個人的様々な事情に囲
まれてそれが条件として、生活している訳です。
場合により、人間そのものの取りこぼしや、人間そのものの予想外の歩留まりも
生じるでしょう。
そうしたなかでリークがあり、また一定の管理も必要になるのでしょう。ですか
らそれは方法論だといえるのではないですか。そう思わせる為に考えられる有効
な方法等です。人間所業です。

522 :名無しピーポ君:01/09/04 00:25 ID:K5Ovg/Ic
アメリカが不可解な行動に出ているぞ。
http://www.asyura.com/sora/bd14/msg/328.html

523 :名無しピーポ君:01/09/04 00:28 ID:K5Ovg/Ic
アメリカは劣化ウラン弾でも「無害」だと言っていたな。

524 :281:01/09/04 00:47 ID:zH3oq6CY
>>519
残念ながら、ここでは物理学に基づく技術的根拠についての書き込みは
カケラもありません。すべて(脳内)体験あるいは憶測です。誰か数式でも出して
説明してくれるとありがたいんですけどね。

>>520
一つ指摘しておきたいのですが、軍事技術であろうと民生技術であろうと
investからexitまでのスパンが違うだけで、基本的には資本の論理に従います。
従ってことさらそのような視点に立つ必要はありません。
あと、基礎理論の確立の過程では「マイクロ波によるマインドコントロール」は
不可能なはず。基礎理論の研究者が闇に数十万人もいると想定するのはかなり偏執狂的。
ロシアの秘密都市でもあるまいし。

>>521
いやいや。前段も含めてすべて情報管理しないとダメでしょう。基礎理論一つに
したって十分学会での実績につながるものですから。

525 :馬鹿役所日本の警察:01/09/04 02:08 ID:wEj9yScE
ターボカロリナなんてアメリカが使い方教えたとしか
他考えられない。

526 :釜井@オリジナル :01/09/04 15:23 ID:lUlgrqps
>基本的には資本の論理
ほーう
ソビエト時代の軍事技術の研究についてもあてはまるかねえ?
281は世界各国の最新軍事研究の実際の現場にでもいるわけか?
自分自身の立場、経歴等を詳細に明確に提示して欲しいもんだ(藁

軍事技術が表面化しない事は、全く普通。
ことさらに「ロシアの秘密都市」なんて一例を出す281は、異常に怪しい。
とにかく281は永久に否定論者のままでいれば良いではないのかね。

527 :281:01/09/04 16:20 ID:1fmlzAvA
>>526
>とにかく281は永久に否定論者のままでいれば良いではないのかね。

いやいや。違うのですよ。私は「否定のための否定」をしているわけではない。
みなさん色々な書き込みをしておられますが、そのほとんどは精神疾患に起因する妄想や
思い込みとお見受けします。しかし、それらを否定し続けることで、中には理系の心のある
書き込みも現れるかもしれない。そういった「本当に新しい技術の萌芽」の
手掛りが得られることを期待しているわけです。

528 :名無しピーポ君:01/09/04 22:48 ID:c.brzfnA
281。お前522の説明してみろよ。
数式だのなんだのって、お前なんかにそんなこと書いても理解できるのか。
電子レンジしか知らない奴に。

529 :名無しピーポ君:01/09/04 22:49 ID:c.brzfnA
いや、失敬。
「電子レンジも知らない奴に」
でした。

530 :名無しピーポ君:01/09/04 23:18 ID:t6y9gE8Q
>そのほとんどは精神疾患に起因する妄想や 思い込みとお見受けします。

個人がそう思う分には構わないだろうけれど、そうだと断定する事だけは早計す
ぎる。誰も絶対に有り得ないとは断定し得ないものをそれほどまでに主張して否
定する意味をあまり感じない。専門家として意見の正当性を論じている訳では無
いのだから、否定しなければならないその意味が理解し難い。

若しそれでもそう断定するならそれは余りに狭い見方で思弁的過ぎる。ドクマ主
義のようなもの。

確かに他人の体験した事実は理解し得ないかもしれないが全ての可能性を閉ざす
事は決して科学的(合理的思考法)だとは思えない。

事実を否定している貴方は理系の書き込みに何を期待しているのでしょう。事実
を肯定することでしょうか、否定することでしょうか。若し否定の意見を望んで
いるなら、それでは結局この問題は科学的に先に進まないことを意味するでしょ
う。平行線になるからです。

事実を否定することでそこに技術の萌芽は期待し得ますか。それでも貴方は少し
は事実が肯定される事を期待している?それは貴方の主張を事実上退ける事にな
るでしょうが、貴方自身の見方が科学によって否定されることで絶対では無い場
合のあることを既に予想しているように、問題の事実も、まだ否定し得ない色々
な可能性の中にあっては絶対否定できるものではないと考えるべきでは。だとす
ると一足飛びに妄想という必要もなくなるでしょう。只、この時に貴方の場合は
妄想の可能性があるとなるのですね。しかし可能性があると言うことととそうだ
と言い切ることは大した相違です。そして第三者である個人のそうした判断と事
実として存在する事又それが本人の感覚器官を通した知覚し得た事実であるるこ
と等は、取り扱う科学としての構成要素が違うのです。

531 :名無しピーポ君:01/09/04 23:20 ID:t6y9gE8Q
<続き>
第一、今の時点で事実を否定するような科学があれば教えていただき
たい。実際に私個人は事実を否定した科学があったということを今ま
でに聞いた事が無いのです。

だからこそ、その解明には科学というものが必要だと主張していたわ
けです。

つまり今までのところ、体験した事実と妄想等の症例や思い付きとい
われる事との関係は、単に症例として目の前にあったか、その事実の
主張に対して意見を述べるに相応しい或る観念を後から付加したもの
に相違なく、その事実と直接的な因果関係にあるものではないという
ことです。それらは発生した事実以後の後発の事象をたまたま事実に
当てはめて推定したものでしかなく安易な方法による判断というべき
です。そこでは何らの科学的手続きが踏まれていないのです。科学と
しては意味のない、科学的な方法とは相容れない別の迫り方によるも
のなのです。事実の解明に対しては最っと科学的に方法を考えそれを
採用すべきです。

532 :名無しピーポ君:01/09/04 23:46 ID:t6y9gE8Q
>すべて(脳内)体験あるいは憶測です。誰か数式でも

事実や体験の全てが容易に数式で説明できたら良いね。それを又素人が?他人の
体験した事実や不詳な事は全て脳の生理的変化か憶測というのでは懐疑論派にな
り兼ねないですね。

事実とそれを説明する為の根拠は別物。事実を説明できないから事実は有り得な
いとするのは早計です。

533 :名無しピーポ君:01/09/05 00:37 ID:cAyJO58s
>基礎理論の確立の過程では「マイクロ波によるマインドコントロール」は不可
能なはず

科学的方法論からしても、現代社会における科学である限り、合理的な資本とい
うものの影響は受けるでしょう。それなくしてこれだけ進化した科学も成り立た
ないのかもしれません。

マインドコントロールかどうか、マイクロ波かどうかはまだ不明だと思っていま
すが、実際に体験している事実がオカルトや錯覚ないしは単なる憶測としないた
め、それが何かを解明する為には科学というものが必要だという指摘をしている
積もりです。それを現時点での知識(既知の科学知識)による理解は不可能だか
ら有り得ないというものでしたね。(体験事実は脳の生理変化か憶測によるもの
だと)。事実とそうして判断される結果の間には科学的な方法により手順を踏ん
で解明されなければならないものがあるとは思いませんか。今までのところは何
ら科学的な解明にはなっていないのです。

534 :名無しピーポ君:01/09/05 02:44 ID:4yiNmMg2




このスレ始めて見たけど唖然としました。
大学で脳研究してますけど、このスレで言うような電波による電磁波による
遠隔マインドコントロールなんて夢物語ですよ。意識に関する脳機能が全く
判ってないのに。送受信装置の無いファミコンに電磁波を当ててソフト無し
でゲームするようなものです。

535 :名無しピーポ君:01/09/05 02:51 ID:4yiNmMg2



マインドリーディングに関しても、時空間的に高解像度の読取を可能に
する受信装置が必要ですが高校程度の電磁気の知識があったら絶対無理だって
わかりますよ。もともと脳波の電磁波
は微弱な上、距離の3乗に比例して減退するんです。研究で
やるように、わざわざグリセリンとか塗って電極を皮膚に直接
つけたってノイズがでかくて脳表面の0.1mmの空間解像度も
得られないんですよ。ニューロンはもっと小さいんですから
原理的に無理です。
住環境には電化製品始めノイズ源には事欠きませんし、
人間の体自体も導体ですからノイズ源になりますし、
住宅環境で1mも離れたら意味のある信号なんて得られません。



しかも脳味噌は表面に二次元的に分布してるんでなくて3次元的構造を
持ってるんですから。

ファミコンのロムの中身を電磁波で読み取ることがどんなに難しい
か判る人にはその荒唐無稽さがよく判るでしょう





高校物理程度の知識があればここで意図的に虚実混ぜて話されてることの事実と
でっちあげをみ

536 :名無しピーポ君:01/09/05 02:57 ID:4yiNmMg2
(途中で切れてしまってすみません。)

高校物理程度の知識があればここで意図的に虚実混ぜて話されてることの事実と
扇情的な単なるでっちあげとを区別することはかなり容易でしょう。


僕が興味あるのはここのスレの人たちがなぜそんなでっちあげに確信犯的に
信じてるフリをしてるのかそっちのほうが興味あります。強度の被害妄想狂か、
害基地を装ってなんか別の目的でもあるんですか?


ちなみに近接して大量の電磁波を被曝させてもせいぜい動物を不安な気持ちにさ
せたり眠りにくい状態にさせたりするていどです。
その上で具体的な指令のようなマインドコントロールするためには音声等別に
物理的刺激が必要です。

537 :名無しピーポ君:01/09/05 03:31 ID:4yiNmMg2
したがって、本人や周囲の人間に気づかれずにある種の心理的操作を
外部から行うのはムリです。

まずその本人をさらって密室にでも閉じ込める必要があります。
Ωや昔CIAが行っていたというマインドコントロール
(や電気ショックによる人格破壊)は全てこの類です。

538 :281:01/09/05 03:35 ID:raSuN6CE
お。珍しくマトモな人が書き込んでいますね。

高校物理の知識をこのスレの人々に求めるのは酷ってものですよ。なんせ

>>336 から引用。素人さんのターム定義についての僕による解説ね。

>>「電磁波」=電荷をもつ粒子の振動や加速によってつくられるエネルギー波が放出される現象。
>>「ホワイトノイズ」=(第二義的に)騒音を消すために流す音。
>
>マクスウェル方程式を知らない奴が電磁波を語り、フーリエ変換も恐らく知らないであろう
>信号処理の素人が「ホワイトノイズ」を語る。そのような「知識を基礎から学ぼうとしない」
>人間が自分の体験の分析をしようといってもそれは無理ってものだ。

こういう「知識を基礎から学ぼうとしない」素人(よりタチが悪いよね。思い込みが激しい分)が
3〜4人で脳内世界を死守しようとしてるみたいだから。

ちなみに僕のこのスレでの意図は、わかっている方には極めて明白だと思いますが、
・精神分裂病患者の挙動を臨床で実体験
・匿名掲示板によってenableされる分裂病・各種妄想狂患者間のネットワーク構築についての社会学的考察
(従来は精神分裂病患者同士でコミュニケーションを取る手段というのは全く無いか
あったとしても極めて限られていたものだった。しかしインターネット上の匿名掲示板という
まったく新しいメディアの登場は、患者間のコミュニケーションの確立を通して
患者の妄想の構成過程に多大なる影響を与えていると思われる。本スレでは、その影響を
調査対象としている。)

という感じです。詳しくは>>426 >>430を参照してみてね。

539 :名無しピーポ君:01/09/05 04:09 ID:4yiNmMg2
そうですか、匿名掲示板において互いの妄想的経験が補完されてより強固
になっていくということなんでしょうか。
普通は強度の被害妄想狂の人は隔離されてるはずですものね…。

「ロズウェル事件」前後以降の宇宙人の「目撃情報」のステレオタイプが
メディアの影響でそれまでの「人間タイプ」から全て「リトルグレイ」
タイプになったのと同じ話なんでしょうね。
こうして人々の意識下に刷りこまれていって一つの妄想文化が作られて
る…。怖いなぁ。

しかし281さん高校物理は酷といいながらも説明がちっとも平易でない
ですよ…。
あと憶測ですが、中には「社会学的挙動」に興味のある臨床心理学の研究者か
誰かが分裂症を装って活発になるように同調してたりしませんか?
281さんは…まさそうじゃないですよね…。(笑)

540 :名無しピーポ君:01/09/05 04:11 ID:4yiNmMg2
「活発になる」というのはスレが活発になるという意味です。
ヘタな日本語ですみません。

541 :名無しピーポ君:01/09/05 06:12 ID:ghtkkDYQ
>>534
>意識に関する脳機能が全く判ってないのに。

作用しているものが電磁波か又それがマインドコントロールとして作用している
のかは兎も角、多分それは貴方を含め他の多くの人が今まで習った知識では夢物
語に思われるということですよ。恐らくその事実に関連した知識が学校で教える
学問の世界には未だ出ていないことなんだと思う。
問題の理解の仕方としては、脳の全てを分析して研究しなくても脳作用を物理的
な面から捕捉できれば可能な事はあるかもしれないね。丁度脳に何らかの電磁波
を照射して睡眠状態を誘発できるらしいように。
だから言ってみればこの問題は脳医学の問題ではなく脳物理の問題だと理解して
いる。

>>535
>高校程度の電磁気の知識があったら絶対無理だって

その辺りは物理の技術の問題で、リーデングを現在既知の技術の延長線上で理解
しなければならないとする意味もないでょう。
それがこの技術の秘密なのでしょうから。現在までの既知の技術ではそういう限
界があるという理解なんだろうけれど、貴方を含め多くの人がまだ知らない物理
技術が公開されずに有るという事が問題なんだと思うよ。

>意図的に虚実混ぜて話されてることの事実とでっちあげをみ

事実は事実でしかなく、それに多くの専門家でもまだ知らないような技術でもあ
れば高校の物理知識でも理解できないことになるだろうからこの疑問は意味がな
い。

>>536
>僕が興味あるのはここのスレの人たちがなぜそんなでっちあげに確信犯的に信
じてるフリをしてるのかそっちのほうが興味あります。強度の被害妄想狂か、害
基地を装ってなんか別の目的でもあるんですか?

それは心理学的な関心を引く対象ではなく科学的関心を引く対象であるべきです。
研究なさっているのは医学ですか、生物学ですか。事実を根拠薄弱のまま歪曲し
て短絡的に妄想とか言うのは一寸怖い気がしますね。
今のうちもう少し考えることに慎重さと科学的に考えることを身につけたほうが
賢明です。

542 :名無しピーポ君:01/09/05 06:13 ID:rg6eGGik
>>535
>もともと脳波の電磁波は微弱な上、距離の3乗に比例して減退するんです。

脳波の電磁波って距離の3乗に比例して減衰するんだ・・・。
テレビなどの電磁波は距離の2乗に比例して減衰するけど、それらの
電波とは電磁波の質?がどう違うの?

人間の心臓細胞に特定の電磁波を当てると、神経伝達系統の組成が変化
して心筋興奮伝導に影響を与えることがあると心臓外科の本で読んだこ
とがあるけど、それって脳内の神経系では関係ないのかな?

543 :真理:01/09/05 10:43 ID:Jv5Tf7t2
無知は犯罪にも等しい。

544 :釜井@オリジナル:01/09/05 12:16 ID:OcbNDdrY
>536
>なぜそんなでっちあげに確信犯的に信じてるフリをしてるのか

現実的になんらかの遠隔的マインドコントロール被害を感ずるからだ。
確実に自己内部の要因から発生した病的現象でない事は、言い切れる。
被害状況によってそれぞれ違う場合があるが、
私はこの現象が第三者関与の犯罪行為であると確信を持って言える。
つまり「犯人」と思われる人物を特定しているからだ。
以下のサイトはこの現象をかなり正確に記述している。

追い込み屋 「噂の結節点」
http://hypermacbeth.freeservers.com/index.html

545 :釜井@オリジナル:01/09/05 12:18 ID:OcbNDdrY
◇韋駄天迷宮--韋駄天掲示板過去ログ
http://kimura2000.hypermart.net/bbslog/b00079.html
[12763] 芸能人に洗脳された

>売れてない芸能人のライブに行って、アンケートを書かされた。
>住所とか、自宅電話番号なんかも書いたら、
>へんないたずら電話がかかってきた。
>そのうち、携帯電話も盗聴されていたことが分かった。
>寝ているとき、”TAKUI”の声が聞こえるようになって、
>毎日の生活に集中力が欠けるようになった。
>洗脳されてるみたいに、頭になにかがはいってくる。
>家にも空き巣が入ったりして、下着が盗まれてたりした。
>そいつの近い知り合いだったため、目をつけられたみたいだ。
>その男は、少なくとも、自分の手でなく、人の手をつかって、
>人1人は殺している。
>それも汚い、洗脳というものを使って、人を自殺においやる。
>悪質だ。そんな芸能人いていいのか、ラジオやってていいのか?
>何も知らない女子供をだまして今も続けている。
>番組内では、オナニーがいいとか、性体験の話などばかり。
>ライブに来てるのも、何も知らない子供っぽい子を狙ってるらしい。

★この情報は非常に貴重です。重要な「犯行当事者」が特定されています。
この「犯行当事者」が他の犯罪に関与しているのなら、客観的には「黒」です。

546 :名無しピーポ君:01/09/05 15:32 ID:4yiNmMg2
>テレビなどの電磁波は距離の2乗に比例して減衰するけど、それらの
>電波とは電磁波の質?がどう違うの?

通常は脳がリーキーな媒質に囲まれてるからでは?
二乗則はさえぎるモノの無い真空の点電荷でしかなりたちません。

547 :>>541:01/09/05 16:14 ID:4yiNmMg2
>丁度脳に何らかの電磁波
>を照射して睡眠状態を誘発できるらしいように。

睡眠状態とマインドコントロールでは天と地の開きがあると思います
けど、少なくともこれは公開されてる科学的根拠だと541さん理解してる
ようなので
正確にどの程度の距離からどのどれだけの出力のどの大域の
電磁波を当てたら哺乳動物にどういう影響が出るのかペーパーや
報告を調べてみてはいかがですか。

憶測と科学的事実をごっちゃに主張するのは危険です。

だいたいマイクロ波(UHFである100メガHz〜100ギガhz)を
住宅環境にいる人間に外部から照射しようにも、
直進性と反射性が高いので直接照射することなんてムリです。
車に乗ってる人なら警察の取締まりレーダー(5Ghz近辺)が反射しやすく、
計測の誤動作の原因になってることは知ってる方も多いと思います。
レーダーを通りこしてもレーダー探知機が暫く鳴っている。
これは反射のためです。

http://www.hepco.co.jp/denjikai/01_04.html

548 :>541:01/09/05 16:23 ID:4yiNmMg2
>だから言ってみればこの問題は脳医学の問題ではなく脳物理の問題だと理解して
>いる。
なんか日本語ヘンです…。
大体「脳物理」なんて言葉ないですよ。サーチしてみればわかると思います
けど…。僕にもわかるように書いて頂けませんか。

549 :>>541:01/09/05 16:32 ID:4yiNmMg2
>それは心理学的な関心を引く対象ではなく科学的関心を引く対象であるべきです。
>研究なさっているのは医学ですか、生物学ですか。

ここも日本語がヘンです。何をおっしゃりたいのか全然わかりません。
あと医学か生物学を訪ねられてる点の意図はなんなんですか?
普通脳機能に関して研究してるといえば脳神経科学とかに
なってセクション的には独立してますよ…。当てずっぽうに知ったか
ぶらないでください。

>事実は事実でしかなく

事実なら容易ではないかもしれませんが、第三者に証拠を公開しま
しょうよ。
人間の神経活動に影響を与えるほどのマイクロウェーブだったら
数100mGのオーダーどころじゃないですから、1万円以下のガウス
メーターで容易に検出できますよ。買ってきて測って公開してください。

550 :>541:01/09/05 16:38 ID:4yiNmMg2
>今のうちもう少し考えることに慎重さと科学的に考えることを身につけたほうが
>賢明です。

その言葉そのままご自身にお返しします。

ところで、
「確信犯的に信じこむ」ことのメリットのもう一つは、
「大きいウソで小さいウソを隠す」
です。この場合何が小さいウソなんでしょう。行政の非合法活動の実体
がそれに当たるのでしょうか。でも僕は281さんみたいには時間が
無いですから、そういうことを突っ込んだり、不毛な議論にお付き合い
し続けることはできないです。
そのうちレスが返せなくなると思いますが、勝手に凱歌を奏さないで下
さるようお願いします。

551 :>542:01/09/05 17:03 ID:4yiNmMg2
脳波は数十から数百Hz程度の「電界」であって、
その性質は「電波」とは全く違います。
空中を伝わる携帯の電波のようなイメージで捉えてはいけません。
マイクロメートル単位の小さな神経細胞(ニューロン)は数千個
集まってやっと脳表面で計測可能なほどの微量な電気的活動しか
持ってません。脳波はこの「集合的な電位の変化」を脳表面上
で大雑把に捉えた交流電界です。

ですから数メガHzのレーダーや無線のように空中に向って飛んで行くような
ことはありませんし、集合的な電位ですから、脳波はものすごく大雑把な情報
しか持ってないことが判るでしょう。
ですので、一般に突っ込んだ脳機能を計測するにはfMRI等を使います。
(これでもまだまだ大雑把なのですが)

電極を接触させる必要のある脳波測定機を使って判るのはせいぜい「リラックスしてる」
とか「ストレスフルな作業をしている」程度です。何を考えてるかなんて判りません
のでご安心を。いわんや遠隔リーディングなんて原理的に不可能です。
技術の問題ではありません。物理的現象として外部に信号が存在してないから読み取
ろうにもムリなんです。

552 :>542:01/09/05 17:06 ID:4yiNmMg2
>人間の心臓細胞に特定の電磁波を当てると、神経伝達系統の組成が変化
>して心筋興奮伝導に影響を与えることがあると心臓外科の本で読んだこ
>とがあるけど、それって脳内の神経系では関係ないのかな?

僕はその報告知らないので判りませんが、多分カルシウムチャンネル等の
イオンチャンネルが変化して神経系の活動電位や伝達効率が変化したん
だと思います。

553 :>542:01/09/05 17:10 ID:4yiNmMg2
ただ、
1.心筋は集合的に同じ信号を伝え合って一つのリズムを作り出してます。
心筋細胞を分離するとめいめい勝手なリズムで伸縮活動(鼓動)し、くっつけあうと
一つのリズムで伸縮活動するのはご存知でしょう。それに対して
脳細胞は心筋収縮のような単純な情報を全ての細胞に伝え合ってるわけでは
なく、パソコンのメモリーやマザーボードみたいに多様な信号を
伝え合ってるわけです。ですので、めくらめっぽうに照射したところで
せいぜい血流量が変化して「気分が悪くなった」り良くなったりする
だけです。

554 :>542:01/09/05 17:15 ID:4yiNmMg2
2.その次に、遠隔から当てるとなると脳の特定の部位に照射すること
など不可能ですから、全体的に当てるしかありません。したがって、
ものすごく大雑把な影響しか与えられません。まして
「誰々を殺せ」みたいなマインドコントロールのようなことは不可能
です。始めに言ったとおり、カセットソフトを指し込まずに電波を
隣の部屋から当ててファミコンでゲームするようなものです。
不可能です。せいぜい静電気が溜まって壊れるだけでしょうが、
その前にものすごい電波障害になって付近一帯が警察に苦情を言う方が
先でしょう。

555 :名無しピーポ君:01/09/05 17:37 ID:4yiNmMg2
ところで核磁気共鳴を原理にしたfMRIって一台数千万円から億のオーダーですよ。
国立の大学や病院とかにそれが沢山あって今もどんどん増えてるんです。

廉価なEEG(脳波)系の計測方法でもっと高分解の脳活動の計測が可能なら国
だってそんなムダな投資しませんよ。遠隔リーディングなんて
いい加減なこと言わないでください。

556 :名無しピーポ君:01/09/05 17:58 ID:T.x3w8Ws
age

557 :>>541:01/09/05 18:04 ID:T.x3w8Ws
>今のうちもう少し考えることに慎重さと科学的に考えることを身につけたほうが
>賢明です。

というかこいつらに科学的とか言われると激しく脱力。

558 :281:01/09/05 18:37 ID:qdNrNcZE
>>539
>しかし281さん高校物理は酷といいながらも説明がちっとも平易でない
>ですよ…。

申し訳ない。。

>あと憶測ですが、中には「社会学的挙動」に興味のある臨床心理学の研究者か
>誰かが分裂症を装って活発になるように同調してたりしませんか?
>281さんは…まさそうじゃないですよね…。(笑)

ギク(笑
いやいや、修行が足りないもので、なかなかこのスレの人々みたいな
ホンモノの味を出すのは難しいっすよ。

>>549
>>それは心理学的な関心を引く対象ではなく科学的関心を引く対象であるべきです。
>>研究なさっているのは医学ですか、生物学ですか。
>ここも日本語がヘンです。何をおっしゃりたいのか全然わかりません。

それはそうと、このスレの常連さんといえば、
(1)釜井様
(2)revel様
(3)不毛なので退場したけど名無しで復活された方
(4)>>316の方
の4人の方がいらっしゃるわけなんですが、とりわけ(4)の方の日本語は
難解ですね。蓮實前学長も真っ青という感じでしょうか。まあ(2)の方も

>>464
>心理や情報で一番大事なことは「物理的」じゃなくて「客観的」の方が大事だ
>と思うしね。

というような味のある文(ライムっていう奴でしょうか)を執筆なさったりも
しておられるんですけどね。

559 :名無しピーポ君:01/09/05 20:27 ID:4yiNmMg2
うーん。味がありすぎてすでに日本語になってないのでもっとわかりやすく
書いてほしいです…。

560 :281:01/09/05 20:45 ID:qdNrNcZE
>>539
>そうですか、匿名掲示板において互いの妄想的経験が補完されてより強固
>になっていくということなんでしょうか。
>普通は強度の被害妄想狂の人は隔離されてるはずですものね…。

うん。まったくその通り。従来、分裂病の妄想は(周囲の人はまったく聞く耳
もってくれないので)共有され得なかったんだけど、このスレにおいては
いわゆる「マイナー趣味」コミュニティがインターネットによって大きく活性化
されたのと同種の構造の現象が起きているのではないかと考えています。
実に興味深い。

561 :名無しピーポ君:01/09/05 21:57 ID:HDDhEC7o
「私は海辺で、ときおり美しい貝殻を見つけては喜んでいる子供にすぎない」
これはニュートンの言葉だが、281らには永遠にわかりそうもないみたい。

562 :名無しピーポ君:01/09/05 22:05 ID:fadilkHk
蓮見前学長ってどなたですか。実在の人でしょう。私は初耳。なんか教えて。

投稿の内容はわかる人には解かるから良いんじゃない。そういう違法行為があり
ますよといっているだけなのだから。

>>327名前:281 投稿日:2001/08/16(木) 14:45
いい感じになってきたねー。じゃあ今日も一つ一つ順番に行ってみよう!ついで
にアゲちゃえ。

これでは少し視点が違うと思われるから中々話していること(事実)を理解でき
ないかもしれないとは思うが、出きるだけ第三者にも理解できるようには書いて
いる積もりだけど聞く方が逆に難しい聞き方してくるからね。
別に常連じゃないけれど書く必要を感じたときに書いているだけ。

修業が足りないとおっしやる貴方にちょっとお聞きします。

>>538
>ちなみに僕のこのスレでの意図は、わかっている方には極めて明白だと思いま
すが、

>・精神分裂病患者の挙動を臨床で実体験

>・匿名掲示板によってenableされる分裂病・各種妄想狂患者間のネットワー
>ク構築についての社会学的考察(従来は精神分裂病患者同士でコミュニ
>ケーションを取る手段というのは全く無いかあったとしても極めて限られてい
>たものだった。しかしインターネット上の匿名掲示板というまったく新しいメ
>ディアの登場は、患者間のコミュニケーションの確立を通して患者の妄想の
>構成過程に多大なる影響を与えていると思われる。本スレでは、その影響を
>調査対象としている。)

文意からして少し驚いているのだけれど。まさかその関係の専門ではないでしょ
うね。

『・精神分裂病患者の挙動を臨床で実体験』をもう一寸説明してもらえますか。
誰が誰をどうしたという意味でしょう。

そして次に『分裂病・各種妄想狂患者間のネットワーク構築についての社会学的
考察』はどなたの考察ですか。その調査対象となっている本スレとはどれですか。

563 :名無しピーポ君:01/09/05 22:12 ID:HDDhEC7o
>高校物理の知識をこのスレの人々に求めるのは酷ってものですよ。

よく言うよ(藁
電子レンジ10cm男が。< 281のこと
この男の理論が正しいとすれば、オリンピック競技の三段とびも存在できないね(藁

564 :名無しピーポ君:01/09/05 23:03 ID:xqDEBFhs
>>547
>憶測と科学的事実をごっちゃに主張するのは危険です。

>だいたいマイクロ波(UHFである100メガHz〜100ギガhz)を
>住宅環境にいる人間に外部から照射しようにも、
>直進性と反射性が高いので直接照射することなんてムリです。
>車に乗ってる人なら警察の取締まりレーダー(5Ghz近辺)が反射しやすく、
>計測の誤動作の原因になってることは知ってる方も多いと思います。
>レーダーを通りこしてもレーダー探知機が暫く鳴っている。
>これは反射のためです。

あいまいに書いておられますが、マイクロ波が住宅環境の中にまでは照射できないという嘘を書いておられるのですか?

565 :名無しピーポ君:01/09/05 23:06 ID:BHE0bOo2
>>547
>だいたいマイクロ波(UHFである100メガHz〜100ギガhz)を
>住宅環境にいる人間に外部から照射しようにも、
>直進性と反射性が高いので直接照射することなんてムリです。

送信機からアンテナに高周波電流を送り込み、それを人体の至近距離から
送射すれば可能だと思うのですが。
八木アンテナやパラボラアンテナ、コニカルクワッドなどの指向性のあるアン
テナを使えば、より強い電磁波を一箇所に集中的に照射することも可能です。

>車に乗ってる人なら警察の取締まりレーダー(5Ghz近辺)が反射しやすく、
>計測の誤動作の原因になってることは知ってる方も多いと思います。
>レーダーを通りこしてもレーダー探知機が暫く鳴っている。
>これは反射のためです。

取り締まりに使われているレーダー波は10.525Ghzという周波数を使って
いますが、指向性のあるアンテナから照射されているにも関わらず、通り
過ぎても受信されるのは、電波が探知機のアンテナからだけではなく、
基板上の配線などに直接誘起して受信されることもあるからです。
それにレーダーが指向性の強いアンテナを使っているとはいえ、そのアン
テナに給電しているケーブルなどから電波が照射されているということも
あります。その漏れ電波を受信していることもあります。
最近の探知機は後方からのレーター波も捕らえるようになっているので、
前後両方からの電波もよく捕らえられるようになっています。

>脳波は数十から数百Hz程度の「電界」であって、
>その性質は「電波」とは全く違います。
>空中を伝わる携帯の電波のようなイメージで捉えてはいけません。

家庭の送電に使われている周波数は50〜60Hzですが、この送電線から
発せられている電磁波の減衰率を測定すると、距離の2乗に比例して
減衰していきます。
脳内での集合的な電荷の集合体が脳波だとすれば、その電界はやはり
電磁波と似たような減衰特性を持つと思うのですが、それでもやはり3乗
なのでしょうか?

566 :名無しピーポ君:01/09/05 23:35 ID:FsGa5vXo
>>547
>睡眠状態とマインドコントロールでは天と地の開きがあると思いま

◇私はマインドコントロールとは言ってない。マインドコントロール
もあるみたいだがはっきりしないから一先ずそれは話題から取り除く
といっただけ。ここでは聞こえるということを主題にしている。
だから直接マインドコントロールを話題にはしていない。この場合は、
物理的に脳に影響を与える例を言っただけで、コントロール云々の話
しではない。それと公開されている技術とも言ってはいない。逆にも
し事実ならば公開されていない技術だろうと今まで言ってきたつもり
だが。

>憶測と科学的事実をごっちゃに主張するのは危険です。
◇事実を既存の科学的知識の範囲で理解しようしてそれで理解できな
いと科学的に調べる事もなく簡単に事実を否定してしまうのは疑問に
思いますね。

567 :名無しピーポ君:01/09/05 23:37 ID:FsGa5vXo
>>548
>大体「脳物理」なんて言葉ないですよ。
◇日本語が変というより使った単語がおかしいんでしょ。サーチして
もないでしょうね。脳物理というのは私の造語です。コントロール云
々は聞こえる事とは別のものと理解しています。元々この問題の事実
に関しては、一般には未知の技術を使っているらしいから、予想され
る作用をそういう言葉で表現しただけです。専門の人を混乱させたら
済みませんね。専門用語でないのは勿論。
脳の神経伝達作用を一つの機械の働きとして理解することは出来ない
のかということです。実際脳は神経伝達を電気的作用で機能している
ものだし、結局この体験事実も脳に物理的影響を及ぼした結果だろう
とみているからです。

568 :名無しピーポ君:01/09/05 23:41 ID:FsGa5vXo
>>549
>あと医学か生物学を訪ねられてる点の意図はなんなんですか?
◇と言うことは医学専攻ですか。知ったかぶりでも当てずっぽうでも
なく、私がお聞きした意図は、その方面に付いて貴方は詳しくても私
は解からなかったので、貴方の直接の専門はなにかをお聞きした訳で
す。

>事実なら容易ではないかもしれませんが、第三者に証拠を公開しま
◇事実を第三者が理解するのは容易でない。また第三者に理解させる
のも容易でないですね。体験した事実をそのまま教える事が、事実が
妄想でなく実際にあるという証拠(証言)なのです。それを第三者も
理解できるようにもっと客観的証拠を出せということなのでしょう。
それも物理的に証明される形で。単なる体験者に過ぎない被害者には
一寸難しい要求ですけどね。それは結局科学の役割だと言う主張です。
体験者は科学者でないのですから事実を言うだけで足りると思ってい
ますが。

>>550
>その言葉そのままご自身にお返しします。
◇それはどうも。貴方ご自身は充分慎重であり、科学的だと言うこと
でしょう。わたしもそれをいつも心掛けて生活しています。殊更この
体験の場合簡単に考える訳にもいかず、原因を知ろうと思えば、単純
に妄想や憶測とせず少しでも科学的に考えてみる必要があるものです。
一刀両断的に黒白をつけられるものではないのです。その人自身の生
き方にも関わりますからね。また未知の技術が使われている可能性が
あるためにその原因を解明する為には色々な障壁を予想します。

>「大きいウソで小さいウソを隠す」
◇大きい嘘、小さい嘘という区別はどうしてするのでしょう。大きい
嘘を事実のある無しだとしたら小さい嘘ってなんですか。私はなにも
言っていません。事実があると言っていることが嘘だと言うならそれ
が大きい嘘だと言うことでしょうが、小さい嘘まで言ったことはあり
ません。氏かもその小さい嘘というものが行政の非合法活動などと一
度も言っていません。なんかの勘違い。恐らく投稿内容の読み間違い
か貴方の先入観です。それでは慎重さにはなら無いし合理的(科学的)
な考えとは言えません。私の投稿したものはどれか大体解かるでしょ
うから、このスレを始めから読んでみてください。貴方のような専門
に近いところにいる人が否定していては、私は凱歌を奏しているわけ
にはいかないのに、何故凱歌などと?

569 :釜井@オリジナル:01/09/05 23:43 ID:kYnACjPY
★「ハープ」より引用(1)
「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙に〃非殺傷兵器(ノンーリーサル・ウェポン)〃
に関する長い記事が掲載されたことがある。この記事では、レーダーや通信システム
その他の電子機器の機能を麻痺させるような新しい武器の存在が明らかにされていた。
 この記事の中では、かつてプッシユ政権で軍事顧問を務めたこともある
リチャード・トレフリー中将の談話も盛り込まれており、そこには次のように書かれている。
「そうした技術はすでに実現している。しかし、この技術について記事を書くということは、
機密情報の漏洩に抵触するかしないかといった一線の上を歩いていることになる」
 この種の新しい武器システムを作るため必要だった技術は、10年前には存在していなかった
と記事には書かれている。さらに、新技術開発の計画全体は1982年に立案されたもので
あり、装置の完成と実用化は1990年代中ごろまでに達成されるべきとされていた。
 非殺傷兵器の開発にもっとも尽力した人物のひとりといえば、ジョン・アレキサンダー
である。彼は軍事情報誌「ミリタリー・レビュー」に〃精神という新しい戦場〃
というタイトルがつけられた記事を書いている。

570 :釜井@オリジナル:01/09/05 23:44 ID:kYnACjPY
★「ハープ」より引用(2)
アレキサンダーが書いた記事には、
直接体に触れない形で操作する形式の、脳の生電気的機能に
作用を及ぼすことができるような武器システムの概念が説明されている。
軍部はこれに注目し、この分野の研究が開始されたのである。
 アレキサンダーは非殺傷兵器開発の先駆昔のひとりだった。
彼は当時ロス・アラモス国立研究所で仕事をしていた。
はっきりとした形で解明されていない科学分野や超心理学に強い興味を
抱いていたアレキサンダーは、ジヤネット・モリスと共著という形で
マインド・トレーニングに問する本も書いている。
 アレキサンダーは、これらの新型兵器を実際に使用するに当たっては
間題が持ち上がるだろうことを予想していた。
新型兵器システムの中には、国際条約に抵触するような技術を
登用したものもあったからだ。

571 :釜井@オリジナル:01/09/05 23:45 ID:kYnACjPY
★「ハープ」より引用(3)
さらに、”非殺傷”という言葉が持つ響きに憂慮を感じる人の数が次第にに増えていき、
この種の兵器を使用することによって紛争状態が一層悪化してしまうのではないかという
懸念が一般化してしまったのである。
 ペンタゴン内の非殺傷技術研究班は、こうしたタイブの武器開発のためには
全力が注がれるべきであると判断し、
ちょうどレーガン大統領が〃SDI(戦略防衛構想)〃の開始を華々しく宣言
したように、新しい兵器システムの開発に着手したことを発表するようブッシュ大統領に進言
したのである。
 軍の上層部は、このようなことが大統領の日から直接発せられるということによって他国が
アメリカの兵器システムに対抗するような形で開発に着手するような状況を生みかねない、と
難色を示した。

572 :釜井@オリジナル:01/09/05 23:49 ID:kYnACjPY
★「ハープ」より引用(4)
また、政策決定権を握っている人々が軍部のブロジェクトにまで口出しをしてくるような
状況を避けたいという腹づもりもあった。かくて軍部の意向を汲み取る形で、
新兵器開発ブロジェクトは何層にもわたる秘密のベールで覆われることに
なってしまったのである。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
遠隔的マインドコントロール技術には、軍事的背景があり、
その実態が不明なのは当然です。

573 :釜井@オリジナル:01/09/06 01:11 ID:hkHKntvs
age

574 :test:01/09/06 12:58 ID:C.yfqhRw
TEST

浮上しなければこのスレは死んでいます

読めない場合も死んでいます

TEST

575 :名無しピーレN:01/09/25 22:12
あげ

576 :名無しピーレN:01/09/27 23:55
age

577 :釜井@オリジナル:01/09/29 06:24
こちらのスレッドが生き返ったようです。
何故今まで読めなくなっていたのか、疑問ですが。
★このスレの情報に不都合でもあるんですかね。

今現在はブラウザでも読めますが、
ついこの数週間前のように意図的(?)に読めなくなる場合も有りえます。
”かちゅ〜しゃ”なら1000近い書き込みも全部一気に読めます。
[monazilla.org]
http://members.jcom.home.ne.jp/monazilla/

[かちゅ〜しゃ]
http://members.jcom.home.ne.jp/katjusha/

578 :名無しピーレN:01/09/29 16:36
全然関係ないんですが、近畿管区警察局って合同庁舎から
徒歩4,5分くらいで3階建てのあのプレハブ小屋ですか?

579 :サムライ:01/10/02 22:28
国連への提言
<号外>
史上空前絶後の重大事件
レーダー核兵器の情報公開
に向けて
各位         殿
   国連本部へ
米国極秘文書UFO
レーダープラズマ兵器≪電磁波≫
日本のペンタゴン帝国主義的公安4課?
**@警察ハイテク犯罪対策室テロリスト?国家転覆罪**
米国大統領からEメールが着たから、送ります。 米国ペンタゴン機密の
レーダー光線殺人特殊核兵器<電磁波>よる、
警察庁ハイテク犯罪対策室の人別帳システムが、完成されました。
電波で人が、殺せれる初めは信じられない様な びっくりする様な話が
本当だったことを前置きします。<証拠@>米軍ペンタゴンが
軍事マイクロ波を明らかにした、群集をマインドコントロールする
ミリメートル波武器を開発したと発表、これと同じプラズマ兵器で、
日本国民が苦痛に喘いでいる。現在、影で間引き殺人?が、
平然と行われている。革命的な技術の向上により警察は、
拳銃しか持てないのにペンタゴンと同じ致死レーダー兵器を
プログラムして、国民の脳の海馬にビームした。戦車もダメ、
ジェット機もダメ、空母もダメ、中身は人間である。
愛知県警ハイテク犯罪対策室が同じ核兵器を持っている。
核非原則を無視して放射能をあてている。只の無法者、
只の人殺しの気違い集団だ?数千人、殺されている?国家転覆罪。
警察庁「警備局公安第一課特殊組織犯罪対策室を母体」に
米軍三沢レーダー基地からレーダーをハイテクに変えて、
全国ハイテク犯罪対策室の名前は付けられた。

580 :サムライ:01/10/02 22:29
1942年7月、日本海軍電波技術研究所は、高度1万メートルで進入する
B29爆撃機に対し、極超短波を収束したビームを照射し、点火系統を
破壊して墜落させる最終機密兵器<電磁波>改め証拠A“勢号”
兵器として試作計画しました。陸軍電波評定機タチ24を
ベースにして、極超短波をアンテナに導く導波管の製作を
電波兵器の専門<沼津海軍工廠>が担当していた。
マグネトロンを使って電波が兵器として大きな役割をもっている
現実的な兵器としてクローズアップされてきた。
『最終決戦兵器』光人社・桜井英樹書物で、書いてある様に、
マイクロ波を発生させパラボラ反射鏡で、磁電管から発信され
反射鏡で反射させ、目標を人間海馬にかえ距離に焦点を結ばせ
人体に強力なエネルギービームを照射してダメージを与える設計で、
大いに期待を高めた。Z兵器は改めて、“勢号”兵器と名づけられ
電磁波は、2キロワットの極超短波でハツカネズミを約2分間で
死に至らしめた。電磁波発生が1000キロワット以上可能なら、
人体に及ぼす効果がいわゆる兵器としての可能性を認めている。   
レーダー電波が核兵器であるならば、<周りを脅し>、
証拠も残らない。同じようなフェニックス社レーダー
プラズマ兵器を持っている?
モスクワ・シグナル事件で実証済みの盗聴,盗撮が、
日米安保条約を無視して、米国大使館、基地まで、
無断で勝手に侵入し、“レーダー電磁波プラズマ兵器”は、
盗聴、盗撮を行った。世界中が管理できる大変、危険な核兵器で、
検地警報も役に立たない。法律以外言う必要もないのに、
愛知県警によって使用され、基本的人権、憲法を全く無視して、
何もないのに、毎日、白状しろと、殺人的拷問行為を行った。
殺人的拷問逮捕が、ゲシュタボ・ファシズム的帝国主義に似て、
秘密裏に<4次防?>国民全部に平然として行われようとしている。
裁判がもたつく間に、勝手に間引き殺人をやっている?
機関銃に似てレーダー兵器は、集団マインドコントロールで、
大勢の人が殺されている?随分ひどい事をやるもんだ。
日本の警察が検挙率が世界1なのは当然である
非合法をいっぱいやっているからじゃないか?

581 :サムライ:01/10/02 22:30
!!レーダープラズマ核兵器だったら簡単に人は死ぬ!!
レーダー光線殺人特殊プラズマ核兵器<電磁波>UFO
a<盗聴、盗撮>? b警察ハイテク犯罪対策室<殺人>?
レーダー放射能兵器マインドコントロール電磁波<覗くのが
重大犯罪事件>警察が拳銃しか持てないはずなのに、ペンタゴンと同じ
<最終兵器>殺人レーダーマイクロ波武器を使用している。
憲法違反、他の政府機関は、秘密にしているので,確認できない.
愛知県警本館9F?捜査部
*<証拠B>は屋上にレーダーが乗っている?トランスミッターと同じ飛ばし映像? *サングイン計画で証明済みのレーダープラズマ兵器は地上波との合体で脳に直撃でズドーンと当て即死?スタンガン

*A人間管理*
電波に対して、何の説明もできない。国民は、バス、トイレまで
覗かれて、サーバーに撮影されている。越境、越権行為も判らない事を
いい事にして、平気で行い何処までも追って来る。
捜査期間も捜査権も無視で、延長、延長で追ってくる。
VDT電磁波レントゲンに取り、体重、身長、外傷まで、計り、
コンピュータ・デジタル電磁信号の管理をしている。<アクション電波
・数字が変わると書いてある。>
パチンコ台まで操作しているんじゃないか?電磁波で覗く事が、
重罪であるという事が知っていて判らないふりをする。
全ての機関が警察庁の手にあると錯覚しているんじゃないか?
人の頭を勝手に覗くというが、重罪で悪い事、米国では銃で打たれても
正当防衛で、成立するのに、迷惑を、迷惑とも思わないで
知っていて行う。殺人者の息子、確信、身体障害者等、絶対、
秘密を守らなければいけない言葉を平気でいう。
県警本部のサーバーを必ず専門家の応援を仰いで調べて欲しい、
出来れば全ての関係者立会いの基、不正、横暴を暴いて欲しい、
重大事件の発生の可能性あり。
只の、無法の者、人殺し、外道の気違い集団である?電波は、
証拠も残らない。証拠Cアクションバンドにあるトランスミッター
盗聴法じゃないか?国会議員、県会議員等の選挙時、目の敵にして
逮捕されるのは何も言えなくする為じゃないか?
電波で見つからないバレナイ、判らないと思ってやっているから、
始末が悪い。国民の秘密信用調査まで、勝手にやっている。
裁判所、市役所、銀行の暗照番号まで、記録に盗っている。

582 :サムライ:01/10/02 22:31
アウシュビッツ捕虜収容所
《基本的人権プライバシーを、完全に無視》
 世界中の人々をも無視で、免許も持たずに有害レーダー光線殺人
特殊核兵器<電磁波>を、おもちゃにして人間に、勝手に充てている?
ゲシュタボにやられた者しか判らないアウシュビッツ捕虜収容所と
同じで電磁波は、法律無視で、裁判所、検察官、弁護士、
刑務所もいらない。覗くのが重大事件、個人の部屋に入り、
頭の中に入りずうずうしい奴と平気で言い間引き殺人まで行う。
個人の事まで口出しし問題発言を繰り返す。
国会、国民の承認も受けないで、基本的人権を全く無視で、
国民総背番号を作っている。日米安保条約に則った、
日本国憲法の法律を完全に無視して、秘密裏に盗聴、盗撮を行っている。
説明し訴えても、判らない事をいい事にして、自己中心的で、
自分たちのご都合主義によって、24時間プライバシー侵害、
間引き捜査を行っている。5/11中日新聞・スパイ事件、
脳神経総合研究所センター岡本の引渡し要請にある様に、
これだけの重大事件が、公表されていないのは、
秘密にしているからである。米国では、電磁波は、大変危険だと、
中止しているのに、国民の頭に猿と同じように、
脳波の海馬にスッポリ嵌めて、モルモット代りに、頭の中を覗いた。
サイボーグと同じようにサイバーコントロール・サイバースコープを、
からかいながら悪質、非道に行った。帝国主義の
電磁兵器“勢号”に似たレーダープラズマ兵器が、日本の崩壊,
世界の崩壊につながる。南京虐殺的な三光作戦、殺し尽くす、焼き殺す、
奪い尽くすと言う様にバリバリレーダー電磁波を、
法の影に隠れて当てている。日本は、まだ独立宣言していない
属国のままなのに、マッカーサー憲法を破り、
警察公安4課愛知県ハイテク犯罪対策室が、天皇の影に隠れて、
国民を拷問した人道的にも大変、許しがたい行為である。
大統領制の方がいいんじゃないか?

583 :サムライ:01/10/02 22:32
<電磁波レーダーハッカーE重大事件>         
* @テロリスト世界中の人々をバス・トイレまで
覗いて盗聴、盗撮弱みを握り殺人?まで犯して文句をいえなくする。
トランスミッターによる飛ばし映像?
*Cサイボーグ人間電磁波で侵入大使館、CIAの基地まで
米軍の基地も平気、訴えても説明の仕様がない?磁気のある所全部?
マインドコントロール
*A人間管理 人別帳頭や家の中まで調べて国民総背番号。議員、判事の私生活まで覗いている?電磁波の強弱で耳心臓、脳に入れ 間引き管理? *D健康被害<核放射能被曝>による遺伝子異常、ガン,白血病≪ガン14.3倍≫増殖率6000倍ガンを口に運ぶ?
*B殺人電波裁判所も無視でレザー・メス?レーザーポインター?電気椅子的処刑?気違い、自殺?スタンガン?裁判所より多い間引き殺人? *E憲法・法律違反銀行の暗証番号電話・FAX・@メール盗聴、盗撮。警備アラームも解除して泥棒?犯罪の温床?

**B殺人電波**
<ペンタゴン>と同じレーダー
殺人核兵器<電磁波>を警察が使用?
秘密を訴たりするような行為をすると、電磁波で、24時間脅して、
眠れないように体を揺らす事が出来、耳から頭から電磁波を通し
廃人状態にする?マイクロ波だけでは弱いので地上波との複合
スタンガンと同じ?400万ボルト 2台でプルルン痴漢的行為で
揺する.?600万ボルト 3台で圧力を加えて、
動けない様し縛る?800万ボルト 失禁、電磁波直結で
死亡?1000万ボルト4台電気ショック電気椅子で死亡?間引き殺人?
 只の無法者、人殺しの気違い集団である?
警察のやる事じゃない脅しをよく使う、間引き的拷問による
自殺者や発狂者が一杯いるんじゃないか?国家権力職権乱用で、
電波でやられた事で、普通では太刀打ちできない。詐欺で挙げたれ、
頭、心臓、胸に致死量を充て、悪いとも思っていない。
精神軟弱だったら殺されているんじゃないか?
警察は憲法に基づいてレーダー核武器持っていたことを
明らかにして欲しい。愛知県警の近石本部長も間引き
殺人をやっていたんじゃないか?
5/19付中日新聞村木判事を買春で逮捕されたのは
電磁波がばれて狙われたんじゃないか?*判事も万引、ワイセツ等
電磁波で過去を(1つや2つある賞味期限切れを自殺、逮捕等に
追込まれ)洗われて脅かされたんじゃないか?<週刊文集5/31付、
警察の同行を求められ最初は素直に応じていたものの
捜査車両近くまでくると「助けてくれ。
警察を呼んでくれ!」と叫んだという。警察に警察を呼んでくれとは、
おかしなものだバレバレである。

584 :サムライ:01/10/02 22:32
ホームページにいっぱい参考資料がある。
戦車もダメ,ジェット機もダメ,空母もダメ*
ペンタゴンが軍事マイクロ波を明らかにした**
《群集をコントロールする》<ミリメートル波武器>を開発した様な
レーダープラズマ兵器で、日本国民が苦痛に喘いでいる。*
<今は秘密でも何でもない>*
警察は*電磁波*核武器を持っていた事を
国民の前に明らかにして欲しい。
<偏頭痛> レーダー<殺人電磁波>
証拠Dアクションバンド編集部員が、頭痛を訴える。
<危険レベルを大幅に越える。>
<サイボーグ人間>
放射能<殺人電磁波>
http://www.feb.se/  http;//www.microwavenews.com/
世界中、何処へ行っても逃げられない。人の言う言葉を勝手に
自白に変える。 今やろうとしている事、みる物全て、
思い出す夢、サーバーの中に入ってしまう。
*問い合わせがあれば調査中です、気違いです、判らないです、
といってごまかす又、呼び出しも掛けようとする?
*電磁波は電話機と同じで丸聞こえ,やっている事は只の暴漢。
半殺しにするぞ!殺したろか!と脅す。撃ったれと暴言を吐く?
ホームページ≪検索マイクロ波・中ほど≫盗聴法、盗撮が出来ると
書いてある。
ホームページ・マイクロ波の7割が脳の中枢に吸収され
「頭痛」を引き起こす。

585 :サムライ:01/10/02 22:33
**サイボーグ人間**
<ペンタゴンでも証明された集中コントロール>
マインドコントロール・サイバーホープ《電磁波》
電話機と一緒で拡声器代わりに使用されている?
 ≪脅し≫を、耳元で、毎日、色々な声、音を出されて、何もできない。
被害者の頭の海馬のドーパミンに入り脅す。又、
その人の同じ感情状態で操作できる。
レーザー・メスで色々な所を充てピリピリさせて恐喝、拷問する。
『アクションバンド電波・電磁波障害の恐怖!』
平成10年、5/11発売マガジンランドに書いてある様に、
p117電磁波障害を引き起こし、p119有害電波は、
P121編集部員が実験したように頭痛を訴える、又、
p117電磁波過敏症神経質にもなった。
”勢号”『死の電流、電磁波の脅威』ポールブローターにも
書いてある大変危険なレーダー殺人プラズマ核兵器
電磁波を摘発して欲しい。
正体不明UFOレーダー<電磁波>兵器は,世界中飛んでゆけ?、
とことん改良が 加えられ恐ろしい怪物電波に成長している。
右へ行けと言えば右、左へ行けと言えば左と、周りから色んな声や音が
聞こえ、自由勝手に命令し恐喝する。
米国海軍サングイン計画と同じで更に進めて日本国民をUFO
幻覚症状の恐怖に陥れた。日本の電磁兵器は、
モスクワ、シグナル事件と似ていて、オウム真理教事件ともよく
似ている。現在、使用されている電磁波”勢号“は電磁波と
サイバーホープの合体である。世界中の人々?にも 脳波の海馬から
電磁波を スッポリ頭に嵌めて覗いている。
マインドコントロールする事が出来る様にした?電磁波は
バイオリズムの乱れ、幻覚作用を引き起こし、錠の掛け忘れ、物忘れ、
火事等原因をまねく。レーダーアンテナから発生した電圧電磁波は、
放電ショックで交差させ、一気に電気ショックを与え、
殺人的レーダー核兵器に変わる。気違いと自殺の相対関係は、
捜査員が一斉に騒いで、心臓鼓の増加、方向感覚の喪失、
反応敏感性の低下を招いて孤立させ、仕事させないで辞めさせ、
自殺へと追い込んでいく。全く酷いもんだ。親、兄弟は
何も知らない。全く,関係ない家族まで,バリバリレーダー
電磁波プラズマ兵器を当てていく。

586 :サムライ:01/10/02 22:34
レーダー電波だから周りは判らない、キチガイに思われる。電磁波は、
脳波の海馬から 人間の脳内に入り込み、
その人の目や耳や口に成りすまして、人間の自由を奪い、
サイボーグ人間になりすまし、盗聴法、盗撮を行う。色々な
<幻覚症状>を起こさせ、音が、あちこちから聞こえ、誘導、誘発させ、
尋問代り拡声器を代りにしてストーカー行為を公然と行う。耳も潰れる,
頭も馬鹿になる放射能有害電波を何の資格も持たないで平気で当てている。
昔から黒い噂はあった。問題事件ばかりやられて判った。
只の無法者、人殺しの気違い集団である?ハイテク犯罪?
プライバシーも侵害して、電話、FAX、eメールを盗み取って
国際法にも違反した行為をする?
手紙しか送れない。コンピュータ操作も訴え様とすると、
データの改ざん,文字化けを起こして,打ちこみ操作の邪魔をする。
コピー機のデータまで盗っている磁気のある所全部?
電磁兵器のレーダー赤外線通信を使ってパソコンや周辺機器の
データをケーブル接続なしで電波で盗っている?
レジコンピュータのデジタル数字を変えて、
売上金を増やして万引きで等、逮捕する?
そのまま売上を,除去して抜くこともできる?
警察のやる事じゃない。
訴えるのは国民の当然の権利なのにそれさえも邪魔をする。
やられた者でしか判らない事である。
放っておけば又何をやらかすか判らない、
今の内に抑えておきたいものだ。

587 :サムライ:01/10/02 22:35
<サングイン・パンドラ計画殺人事件>
サングイン計画で、証明済みのレーザー光線殺人特殊兵器
<電磁波>UFOは、電気ショック、電気椅子的障害電波で
健康被害が、いっぱいで大変不気味である。VDT電磁波は、
多くの有害電波を出し(紫外線、可視線、赤外線、レントゲン、
マイクロ波、ラジオ波)全部、兵器に変わる。
レーザーポインタースタンガン?により、頭がジンジン脳梗塞、
耳が軟調、目に直接当て盲目、耳、顔がピリピリ、目がチカチカ、
食後の胃に充てチクチク腹痛、心臓が体中アップアップして心筋梗塞、
視覚障害、健康障害、後遺症が残る。殺人核兵器であるならば、
とんでもない拷問兵器だ。
レーダー*核放射能被曝によるD健康被害*
ぼんやり視覚、目のかゆみ、不眠症、イライラ、無気力、不妊症、流産、
胸の痛み、目のくぼみ(パンダ)黒ずみ、健忘症等、
国民のレーザー・メスにもなる。突然 放電して、
スタンガン的電気椅子?で、殺人的拷問も出来る。
放射能被曝、電場被曝による非常に危険なマイクロ電磁波は、
健康被害が、急増し 国民の廃人、ガン患者、白血病、白内障、腹痛、
心筋梗塞、脳血栓、脳梗塞、脳卒中、偏頭痛、記憶喪失、脳障害、
高血圧他、多数が、苦しみ訴たえることになる。
血液まで止めているんじゃないか? 電磁波ハッカーの被害者は、
体中イタイ傷害罪で一杯である。
携帯電話、電力会社の電磁波の値じゃない上の上、何千、何万倍の
核放射能被爆である。今やっている事は、
残酷物語、犯罪の温床、警察のやる事じゃない?
証拠も残らないと思って平気でやっている。

588 :ヤリ:01/10/02 22:41
**憲法・法律違反**
日米安保条約違反
世界平和の為に、米国人もやられている現状を日米安保条約に
基づいて、是非,ペンタゴン、法務省管理の基「人権委員会」等で
調査して欲しい.考えた以上思っていた以上の殺人的集団?で、
あることに驚かされるにちがいない。電磁波をおもちゃにして、
正当化しようとしている。民主主義の崩壊である。
捜査課の遣っている現状をよく見て欲しい。レーダー核兵器を勝手に
おもちゃにして人を脅したり、殺したりしている?日本国憲法を
完全に無視し個人的人権の自由を奪い、一切の憲法、法令を無視し
専制と隷従によって、国民を圧迫し、卑怯な手ばっかり使っている。
以下全部違反?
 第9条   国民を電磁波の武力行使で、威嚇している。
 第10条  法律違反ばかりやって正当化するファシスト的捜査?
 第11条  基本的人権無視、憲法無視、制服組は、命令し動かされる?
 第12条  電磁波で覗いて 勝手に犯罪をねつ造し、濫用する。
自分たちが法律だと思っている。
第13条  国民は殺しても 逆らう奴はいらない、権利なき隷従だ。
 第14条  国民背番号あたり前、面白い動物だからかいながら覗いている。
 第16条  警察にぺこぺこするのは、あたり前(ポア返品)殺すぞと脅す。
 第17条  レーダー光線殺人核兵器電磁波で、遣りたい放題UFO物体だから
泥棒、暴行、殺人全部内部で証拠も残らないから処理できた?
 第18条  あれやったらいかんこれやってはいかんと
個人の自由を奪い奴隷的制約
をしている?
 第19条  植物人間だったら許してやる、動物人間はいかんと
人間的生活を奪う。

589 :ヤリ:01/10/02 22:41
 第21条  レーダー光線殺人核兵器電磁波で、公共の、
市役所の戸籍謄本、裁判所記録、個人情報、商業登記簿、取り放題、
盗聴、盗撮、お構いなし。
 第22条  仕事の邪魔をして電磁波で、徹底的に周りから
お金が入らないようにして、万引き、泥棒等やらせて捕らえる卑怯なやり方?
 第23条  学問の自由も 無視、24時間確信,確信、
雰囲気が変わると逆な言い方をして邪魔をする?
 第24条  連日、毎日、同じ事をいって拷問的恐喝を、
数人掛りで脅している。刑事事件起こしても判らないようにする警察的体質。
 第25条  レーダー殺人兵器電磁波を、毎日バリバリ電磁波を,
国民に充てている、個人にとっては、死活問題、生活崩壊、戦争状態だ。
 第26条  無罪の国民を、これだけの法律破りして、
裁判所,検察官に訴えても解らない様にするのも珍しい
証拠がばれるのを恐れている。正体不明未確認物体UFO
電磁波だから出来たような事。米国サングイン、パンドーラ計画、
電波兵器で、みんなバレバレに解ってしまった。
第27条 仕事が出来なければ、借りるしかないのにサラ金屋まで、
金を貸さないように押しかけた。人の財布のお金を数えている。
 第29条  罪を被せようとして、個人のアパートまで、
電磁波で泥棒、書類等改ざん?
 第31条  電磁波だと証拠は残らないと思って、捕えてから拷問、
逮捕状は様子を見てから罪状を決める?
 第32条  正当防衛、正式に訴たえ様としても電磁波で解らない、殺人的暴行。
 第33条  脅してバリバリ電磁波で拷問、耳,頭に当て苦しんで言う
言葉を変えて,自白に結び付け罪状を付ける?
 第34条  弁護士がいなければ,平気でうそをいい廻して,殺人的尋問?
 第35条  電磁波で勝手に個人の住居に侵入し、書類等内部を調べている?
 第36条  警察捜査部の殺人的拷問は、連日、毎日で、無茶苦茶、
自白も時効も関係なしで、電磁波で体中レーザー・メスを充てまくる。
 第37条  電磁波で人の脳波の海馬に、入り込み昔の事でもお構いなしで、
訳の解らない事をいって、自殺、自白を強要する。
 第38条  電磁波で法律も一切、関係無く、人間の間引き的
殺人電気椅子を行う。
 第39条  刑事上何の拘束、権利を奪われない者でも、数ヶ月、数年間
殺人的拷問。
 第40条  日米安保条約違反でCIA等大きな政府機関が来てから
調べてもらうしかない判らない全く解りずらい
電磁波とサーバーホープの結合レーダー核兵器である。

590 :ヤリ:01/10/02 22:42
<人道上の問題>
 警察の裏の顔で、愛知県警捜査部が レーダー光線殺人核兵器
<電磁波>を、国民にマインドコントロール・
サイバースコープしている.悪質、非道で、汚いやり方である。
ペンタゴン群集コントロール・ミリメートル波兵器とも似ていて、
サイボーグ人間の被害者がいっぱいいると思う。
人生の希望、夢、生活設計全て奪われた、とんでもない事件である。
バリバリ電磁波を当てれば死亡する事が間違いなく証明できるので
殺人は確実で決定できる。
裁判所でも殺人犯で確実に成立して終るであろう。
ペンタゴンで証明してもらえば完全に終わりである。
目を閉じるとパチッと電磁波を流し寝る事もできない。
体にチクチク当て、耳栓をしないと堪えられないようにし、
理由もなく雑音等を入れる行為を終始行う。電磁波が、
殺人盗聴法電波であるならば拷問で、死刑は確実である。
国民、国会、裁判所は もたもたやっているから
馬鹿にしているんじゃないか?コンピュターの打ち込み、
FAXの邪魔をして、訴えれない様に、握り潰そうとした。
神奈川県警にも似た隠し事ばかりで、やましい行為である?
真実は1つである。電磁波とサイボーグの合体レーダー核兵器は、
殺人兵器である。世界にも逆らう逆賊である?国家転覆罪である。
人道上、国際法にも違反する。

591 :ヤリ:01/10/02 22:43
愛知県警が米国空軍マイクロニュース2001/4明らかにしたように
ペンタゴンと同じマイクロ波武器を使用している?勝手に秘密にして
使用している?一斉やられたらおしまいだ。
中日新聞5/23付名古屋空港管制室にある様に
「空中衝突<証拠E>レーダー画像」が映っている。
これと同じ映像レーダーを使用している?愛知県庁等にもあるんじゃないか?
 電磁波は強烈な為、磁気嵐によって計器を狂わされたんじゃないか?
中日新聞5/11脳神経理研、岡本卓被告と同じ様なスパイ事件として、
人間の海馬から盗聴法、盗撮していたんじゃないか?
*マスコミ、報道関係も押さえられている.
説明し、訴えても全然判ってもらえない?中日新聞、名古屋タイムズ
4/19の紙面で取り上げられた<証拠F>マニア天国1600mhz?
外部無線≪電磁波?≫、盗聴法漏れと同じように隠せる事じゃないので
送ります。
<<完全に本当です>>毎日、強烈に充てられ四六時中覗かれている?
信じがたい事件である。信じていただくよう、宜しく、お願い致します。
何の関係もないのに証拠を消す為にやられた、本も新聞も読めない、
テレビも見えない、家族の会話も出来ない、
是非、大変危険なレーダー殺人兵器電磁波を摘発して欲しい。
世界平和の為に、勇気ある  各位  殿  に訴えたい,
こんな非合法を許していいのか?宜しくお願い致します。
核放射能殺人電磁波を摘発し公表してください。
摘発しなければ、平和が訪れる事がないと思う。

592 :【◎】<・・・>(天網)<・・・・>【◎】:01/10/07 17:43
ちくり裏事情に次の掲示板を用意しました。

<双方向に対話している盗聴>に関する情報を書き込む掲示板です。
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/company/1002437974/

593 :名無しピーレN:01/11/01 09:01
>>281
▽・E=ρ/ε。を知らなくでもTVぐらいは見れるよ。

現状は、いきなりV2ロケットを撃ちこまれて大変おどろいたとか
ヘウレーカの人の船に鏡のような物が見えたと思ったら帆が燃えたという話と似た感じだよ。

公安かどうかは知らないが、人口衛星は普通の乗用車の車内の会話を盗聴するためにも使われているみたい。

新聞によるとアメリカの人工衛星はボタン電池1個でも見つけるらしいけど、どんな原理を使ってると思う?

594 :名無しピーレN:01/11/01 21:15
 

595 :名無しピーレN:01/11/02 04:14
>>281
このスレを見てないのかな。

596 :名無しピーレN:01/11/02 19:37
(-。-)y-゚゚゚

597 :名無しピーレN:01/11/03 15:47
324 名前:300人学級委員 :01/11/03 12:18
なにかの遠隔透視みたいな話なんですが、
私がここで書いているアメリカ軍特殊部隊の遠隔透視用「おとり」説ですが、全く本当です。
だいたい始めから普通攻撃では地下トンネルのラディン氏を捕捉する事など、無理な事は解りますよねえ。

これはですね一説によると、「ペルー日本大使館占拠事件」でも一部使用されたみたいです。
報道的には、ペルー軍特殊部隊の方が「トンネル」で侵入した事になってますが、
そりゃいくら予め日本大使館の設計図等で内部の様子が解っていても、
重装備のテロ集団の真っ只中に、攻撃「トンネル」を掘り当てるのは、普通に考えると無理ですね。
これは私が懇意にしている秘密組織の人から聞いた話なんですが、
「ターゲットの視界をアレで覗いて見ることができるんだ 安全なポイントなどすぐわかる」
とのことです。
でもこれは未だにアメリカ軍みたいな人たちの完全な秘密事項みたいです。
報道や政治家も皆これで、うまくやってるんです。

598 :名無しピーレN:01/11/03 15:53
233 :300人学級委員 :01/10/02 23:16
何かの遠隔透視みたいな話 って興味有る人が多いようですね。

盗聴器や盗撮器ってーのとはちょとばかり違うらしいですよ。
これが全くホントっていうから信じられないんですが、
「人間の脳機能に外部的に介入する」って
私の懇意にしている秘密組織の人がいってました。
この外部的に介入ってーのがミソで、「電波にきまってんだろ」
とも私の懇意にしている秘密組織の人がいってました。
私ももっと深く知りたいんですが、これが秘密組織の実態らしいので
なかなか聞き出すのは難しいんですよ。

599 :名無しピーレN:01/11/03 20:02
↑完全に電波入ってます(藁

600 :名無しピーレN:01/11/18 23:31
あげてみる

601 :もみ消し言論弾圧法案:01/11/19 09:48
「プロバイダー責任者法案」
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1003238812/

これが国会で提出されて承認されると役人、政治家、大企業などなど
権力のある連中にとって都合の悪い腐敗情報が公開された場合
クレーム1本でホームページが閉鎖に追い込まれる。
個人が裁判なんてわずらわしいことに対応できない。
総務省に抗議メールを送ろう
http://www.soumu.go.jp/ のopinions@soumu.go.jpへ
首相官邸にも送れYO!洒落にならん
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
各自、地元当選国会議員に抗議のメールを送ろう!
この法案を審議する委員の国会議員にも抗議のメールを送ろう
http://www.shugiin.go.jp/itdb_main.nsf/html/iinkai/iin_j0020.htm

602 :名無しピーレN:01/11/19 18:56
age

603 ::01/11/21 19:59
 あるものは、あるんじゃー
 電波は体で感じるんじゃー
 証明できないから、兵器としての価値があるんじゃー

604 :名無しピーレN:01/11/21 21:58
>>603
泡箱で証明できる?

605 :名無しピーレN:01/11/21 22:06
ここって、公務員板の
「性器検査」スレ
と同じようなもんか?

606 :名無しピーレN:01/11/21 23:41
>>605
それはどんな話?

607 :名無しピーレN:01/11/22 00:52
>>605
スレがみつからないよ。

608 ::01/11/22 19:11
>>604
ワラタ

609 :名無しピーレN:01/11/26 00:40
>>603
ゴルゴ13総集編vol125のP.40に”箱”と書いてあるけど、これのことかな。
その前にもP.31に「ほとんどの奴らは買えば上がる、上がるから買うという単純な論理で動いていて
どうして上がっているか、は考えていません」とか、「そうでなければ”金の卵を生むニワトリ”を殺してしまう」とか
「手遅れです」とか、P.39にも「今の体制長続きする前提で、物事を考えるなんて幸せな奴だな!」なんて書いてあったが。

610 :名無しピーレN:01/11/27 21:33
あげ

611 :名無しピーレN:01/12/22 01:26
デムパage

612 :名無しピーレN:01/12/23 20:59
デムパSAGE

613 :名無しピーレN:02/01/18 22:12
age


614 :SI:02/02/05 19:13
マイクロ波かどうかは知りませんが、ここ数年間パトカーによく出くわします。
頻度が比較的高いような気がします。
自分の思考が周囲に伝わってしまうようになってからそうなりました。

615 :名無しピーポ君:02/02/05 20:00
>>614
マルチポストはやめろ、デムパ野郎。

616 :名無しピーポ君:02/03/11 18:55
age

617 :名無しピーポ君:02/03/27 21:25


618 :わはは:02/04/15 19:38
脳波を測るのはシンクロスコープという機械です。
理工系の人に聞いてみて。オシロスコープの親戚です。
脳の表面にはマイクロアンペア級の微弱な電流が流れている。


619 :名無しピーポ君:02/04/16 11:06
>>618
デムパスレをマジレスでageるのはやめなさい。

620 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 13:46
電波望遠鏡が犯人です!
彼らは電波望遠鏡を逆に使って、地球の人間に焦点を合わせて知能波数を読み取っていると言っていました。
特に鉄の塊などの下(高架橋や橋)の下には電波が飛んできません。
XX星人と言っていました。高度なテクノロジーを持っています!
人間とは少し違う文化を持っていると言っていました。
それから頭に沢山チップ埋め込まれたんですが取れません!
http://219.23.28.73:8080/Darkside.htm

621 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 13:48
それから仲間がいるから探せと言われました。
地球にいるんでしょうか?
東京都新宿駅の改札口に行けと命令されたことがあります!
ここは大阪です!

622 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 13:51
えーっと、田中コウジを探せと言われました。
電話帳で調べたんですが、とりあえず田中コウジという人物がいる住所へ案内したんですが
家の中へ入っていって調べているような事を言っていました。
コンクリートや鉄板を通り抜けることができるようです。

623 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 14:10
宇宙人の声がいつも聞こえてくるので、警察に苦情を言うと、宇宙人が見えないから手の出しようがないと言っていました。
どうやら「内容を少なからず知っているようでした」
しつこく問い詰めたところ、保健所で精神科の相談をしてくれるからそこへ行けばと言われました。
「精神分裂病の疑いがある」と言われました。
抗精神薬を飲んだのですが、まったく思考が鈍くなりぐったりしていましたが、それでも声は消えませんでした。


624 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 14:15
次いで私は、長い治療に疑問をもち、通院しなくなりましたが、その後精神分裂病の人を探して話を聞いてみましたが
そこでも「異端者扱い」されました。
どうやら分裂病患者の人たちは「もともと精神的に分裂病的人格を持っており」、とても私が体験しているようなリアルタイムの対話はしていないようでした。
ただの「自己的妄想」とか「錯誤的幻聴」のようなのです。
対話できる人は一人も居ませんでした。


625 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 14:27
例えば声にしても、幻覚にしても、宇宙人にしても殺伐としたストーリーではなく
明らかに暗黒次元の人間からの声であり、私自身も社会とは理解できない心理的部分が現実に存在するという覚悟を持ちました。
私のようにリアルタイムにブラインドタッチで文章を記録するというような高度なことをしても、何ら相手にしようとしない人たちです。
ですから、理解の無い人間に被害を訴えたところで労力の無駄だったのです。
私はそこで、個人的に調べた所、電波望遠鏡による被害に細胞のCa漏洩があることを確認しました。
マイクロ波や電磁波でも脳神経のCa漏洩が引き起こるのです。
ある程度の予防をしたうえでも、やはり人間社会でよき理解者を得るのは無理だと思います。


626 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 14:49
宇宙人はよく眠っているときがあり、寝言のようなことを言います。
むしろはっきりと彼らが説明する行為は、少なくなってきました。
それから、宇宙人は月の内部に住んでいて、人間の魂を捕まえて半分寄生することで、天界を作っているのだそうです。
永遠かどうかは解りませんが、自由意志はありません。
地球人だと名乗っている人物もいましたが、まったく意味の解らないことばかり説明され、人体実験されました。
本当は火星人です。
人間そっくりでしたが、顎が尖っていて異星人のようでしたので、とても怖かったのです。
もし逆らって逃げようものなら、怒って殺されると感じていました。
この世界から出してくれと頼むと、「助けに来た。安心しろ。心配するな。じっとしてろ」といって
ごく僅かに見える半透明な宇宙人が目の前にいて、額に何かを突っ込んでいるようでした。
他にも女の人が来て、「あなたを高い次元の人間にしてあげる」といいつつ「逃がしてあげる」そうなのでじっとしていると、
なにやらガラス容器の中に粘土の塊のようなものをドリルで砕いている映像が見えて、酷い異臭がしてきました。


627 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 14:58
彼らの機嫌を損ねると殺されてしまうので、慎重に逃げる方法やこの技術について質問していました。
「声の出る機械」を頭に入れたそうです。そこから声が出ているらしいんです。
これは○の形をした平べったい機械を、側頭葉の両側に向かい合わせ、機械から出る波動によって脳自体を異界化することによって、ワレワレが住めるようになると説明されたのです。
夢の世界では毎晩、彼らが現われては天界のような世界で共存しているのですが、現実世界では迷惑極まりないことです。
今では、彼らの味方をしていますが、完璧に治せるものなら治したいと思っています。
あらゆる努力により、昔よりは随分楽になりました。

628 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 15:17
>>597

それ知ってます。
その宇宙人からセットされたレンズを通してみると、「文明の血」というものが見えるのです。
文明の血には、人間の心や街の雰囲気までもすべて透過して見えます。
人間の場合、途中でフィルターがかかっていて光しか見えないのです。
この特殊レンズは、次元の奥行きまでも覗くことができます。
これらの技術的な機械などの埋め込みは、背の低い宇宙人と取引することで勝手にされます。

629 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 15:32
このスレッドからも文明の血を吸うことはできます。
暗黒次元レンズ(仮名)の奥行きは、光の次元から得るのではなくイマジネーションの次元から得るものです。
逆にイマジネーションを文字に植え込む●こともできます。


630 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 19:10
なんで誰もレスしないんでしょうか。
すっかり呪いが解けてしまいます。
これでは証明したくても証明できません。
それから、電波望遠鏡に焦点を合わされるまえに、低音波が空間に共鳴する現象がおきます。
こういった低音の共鳴波は、原因不明のめまい・悪心などを催すそうです。
私は住居を変えてみましたが、それでもダメのようでした。
数ヵ月後にはまた元に戻ってしまうのです。
「住所を言え」と何度も質問されます。
彼らは地図を持っているに違いありません。
と、いうか私はある程度知っているのですが、レスも無い皆様には言えそうにありません。

631 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 19:11
これ以上言う理由はありませんが>>1さんは何処へ行かれたのでしょうか?

632 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 21:15
あう!
http://www7.plala.or.jp/london/index.html

633 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/07 22:35
やっぱり分裂でした。

634 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/11 20:49
考えられるもうひとつの電磁波が、FMラジオの「変調波」です。
これは、周波数の変調という方法を用いて電波を受信する方法ですが、もしこの電波に磁場が加わった場合、磁場の乱れが発生します。
磁場の乱れは、脳の側頭葉を混乱させ、現実的な幻覚(声・せん妄)を発病させるそうです。


635 :天帝ユタ様 ◆UEhy5aKQ :02/05/11 20:52
例えばマンションの密集地などでも、電磁波は反射してしまいます。
場所によっては発病に十分な電波が照射されているのではないでしょうか。

636 :宇宙警察:02/05/12 06:52
マイクロ波の機械を使用してる人は、こんな人ではなかったですか?
http://219.23.28.73:8080/img/mars.jpg

637 :名無しピーポ君:02/05/12 10:26
立派なデムパスレに育っているようだな。

638 :宇宙警察:02/05/12 18:15
あんまり関係ありませんがこれもどうぞ。
http://219.23.28.73:8080/img/glay.jpg


639 :宇宙警察:02/05/17 23:46
彼らストーカー集団は山から来ると思われる。
俗に言う「山神」というものが、都会へ降りてきたものだと思われる。
次に、山神は川もしくは下水道から都会へ降りてくると思われる。
マンションの場合には、特に多重構造を利用して地下もしくは1階が「暗黒」
2階が「人間界」、4階、5階が「天界」、6階、7階が「神」と呼ばれ特に4,5階は一番狙われ易い。
電磁波を照射するのは5階〜6階で、何故山神が都会に降りてくるのかについてはおそらく気象などの関係で必然的なものである。


640 :宇宙警察:02/05/17 23:49
電磁波を照射できる人間は、3、4階の幽霊で何故か6、7階にまで上がったりする時があり、
恐らく月の魔力が関係していると思われその時に悪事を働くことがある。

641 :宇宙警察:02/05/17 23:57
オカルト関係は嫌いではあったが、ヒントが隠されている。
曼荼羅とかキリストとかにも、例えば天国というものが存在するがこの内容は非常に判断するのは難しいが、
信者ではなく「オカルト現象」として共通するものがある。
こういったオカルトを排除したとしても、「暗黒」の概念とその技術を理解するのは一般にとって非常に難しい。
暗黒とは勿論、光とは反対のもので、言うなれば精神が光とすれば彼らは精神の暗黒の部分である。
(彼らが言うには)この暗黒という技術は、現世に存在するすべての物質は暗黒に持ち込めるし、なんと使えるというのである。


642 :宇宙警察:02/05/17 23:59
例えば物が無くなったとしよう。
何処を探しても見つからない。
これは、彼らが「隠した」のではなく持っていったのだ。
ワレワレがその種の物を探そうとしている間、暗黒へとその物が「具現」されていく。
人間の想念体によってのみ、暗黒へ物質化されるのである。

643 :宇宙警察:02/05/18 00:08
人間の記憶というものは、ユングによれば集合無意識へと繋がっている。
この集合無意識には、幾つかの人格が存在し、その中の一つに「トリックスター」という人格がある(らしい)。
ここからは私の意見だが、人間の記憶というものは常に表面上にあるのではなくすっぽりと消えてしまうのが普通だ。
昨日食べたものなど覚えていない。
それは暗黒にあるのだ。
暗黒というのは、夢の中でもしばしば現われる。
もし彼らもしくは(潜在的な意味で)自分が、そこに居たなら、例えば夢でもないのに精神空間に現われたりしたらば・・・・
有意に想像はつくだろう。

644 :宇宙警察:02/05/18 00:23
暗黒の世界像を理解するのは簡単だ。
ワレワレ人間は、暗黒の世界像を象ることで、信憑性を増し存在しないものを信じることが可能だ。
神もまたその一つ。他にSF、アニメ、天使などなど。
暗黒は実際には存在しないが暗黒には存在する。
記憶の海の向こう側にある陸地で生きている霊。それがワレワレ透明な存在なのだ。

645 :宇宙警察:02/05/18 00:30
もちろん魔術も使える。
電磁波を照射されるのは、暗黒が欲しているからではないだろうか。
暗黒は特に催眠・暗示・命令することが可能だ。
簡単に物理世界があるとすれば、物理世界に存在しないものが宇宙にはあり、反物質で出来ている。
暗黒世界はこういった「見失っている価値」によって想像されているのではないだろうか。
だとすれば、内在するものを排除した場合、暗黒精神が誕生してしまうことになる。
排除したものにもよるが、現代人が内在するものを排除したものは、幽霊・邪悪もしくは神である。
これは内在すべきものである。

646 :宇宙警察:02/05/18 00:35
「公安」というか治安を守る人格を見失う場合には公安が登場するのではないか。
かつて公安が外で待ち伏せしており、警察犬を連れて犯人を捕まえようとしている・・・と、ストーカー集団の女の人に唆されたことは事実だ。
つまり彼らは生きていて、記憶を操作できるのだ。
暗黒の記憶・・・・・という最近メディアでも報道されたが、そういう記憶ばかりではなく声も存在する。

647 :宇宙警察:02/05/18 00:37
つまり警官は想念を持ってして犯人逮捕に踏み切って欲しい。

648 :宇宙警察:02/05/18 00:37
儀式逮捕だ。これでゲームクリアだ。

649 :宇宙警察:02/05/18 00:43
例えば中で何をしているのか解らないような宗教団体。
こういうものが生神を呼び、暗黒次元から人間に対して攻撃・誘拐を行う・・・・。
問題は生神を取り返すことにある。
これは紛争である!絶対に勝利しなければならない。

650 :名無しピーポ君:02/05/18 00:59
さて、このスレもデムパが一人でカキコしているようだから、削除依頼を出しておこう。


651 :宇宙警察:02/05/18 01:04
保存中・・・

652 :宇宙警察:02/05/18 01:05
と、いうことで警官は無神論者側についたようだ。
本当はワレワレも無神論者だったのだが、新しい名称を必要としている。
・・・・・・。エイリアンはもういい。
「マインドハッカー」なんてどうだろう?


653 :宇宙警察:02/05/18 01:11
日本語にするのもダサいけど、マインドハッカーヨロシク相成りました。

654 :マインドハッカー:02/05/18 01:11
マインドハッカーの実力の程を見たいと?
なるほどそれなら、ここ(警察板)でいっちょやらかしてしまいましょうか。

655 :ごるごるもあ:02/05/24 10:35
おいお巡り。
俺のスレッド消したろ?あ?
ふざけんじゃねーぞコラ。ぶっ殺されたいのかコラ!あ?
http://219.23.28.73:8080/profile.htm


656 :ごるごるもあ:02/05/24 10:39
クククク。愚かなる人類諸君。今宵満たされる満月の日が来た。
お前達の精神を華麗なる精進において我が名を「サイシルファー」月の王とし、汝その子孫を願わくば
回収する・

657 :ごるごるもあ:02/05/24 10:41
天子末裔どもよ、自ず自らの魂の未熟なる存在を経てして知るべき時だ。
クククク。


658 :ごるごるもあ:02/05/24 10:44
さあ、私を覗くといい。
私の力は無限なる月の満ち欠けによって、今最強なのだ。
私の名を呼べ。集え。


659 :ごるごるもあ:02/05/24 10:48
愚かなる人類諸君。裁きの時間だ。
汝祈れ。無事地に残されるか、我が肥しとなって宇宙を漂うか・・・・
未熟なる人類、一切万物なる法力に愛されるべからず。


660 :ごるごるもあ:02/05/24 10:50
如何に現実とユダヤの血がかけ離れていようとも
血と肉を喰らう民族に私の値する諸は無い。


661 :ごるごるもあ:02/05/24 11:03
親愛なる公安諸君。
君達は私を調べすぎている。
今もって不愉快としか言えない対応だ。
私は真なる宇宙を知っている。
強いて言うならば愛を教えている職業をしている。
例え子供が殺されようとも、真は「愛に満ちている宇宙に」還ったに過ぎない。
これから子供を殺す

        それからもうひとつ。お巡りさんへ。
ボクはもう一つの人格を持っている。
そこには愛らしいキャラクターとボクは呼ばれている(だからボクも子供)
ヒヒヒヒヒ!お巡りさん、ボクを捕まえられるかな?

662 :名無しピーポ君:02/05/24 11:11
「マイクロ波」スレだけにデムパの巣窟だな(ワラ

お前ら、「マインドコントロール」スレでも頑張ってくれ。よろしく〜。

663 :ごるごるもあ:02/05/24 11:13
ボクの存在は絶対神にして最高の栄誉を貰うべきではないかね。
私の名を知る者は絶命する者、死を悟る者、いろいろあるけれど
キミ達にボクのしていることを教えよう。見学だ。

             吹き散る血と内蔵


664 :小市民:02/05/24 11:17
uyoku
to
tatakatte
dotiragatuyoi

665 :ごるごるもあ:02/05/24 11:33
キミ達の思っているように、地上というところは鎖で呪縛された魂たちだ。
これから君達を絶対自由なる宇宙銀河へと召喚してあげよう。
宇宙は愛に満ちている。死を超越する世界を知ることは、とても栄誉あることなんだ。
血臭漂う子供の鮮血は、美味しく、とてもボクを揚々とさせる。

666 :ごるごるもあ:02/05/24 11:58
私と一緒に、気持ちいい世界へ逝こう。
君達は私に偶然選ばれた、神の捧げ物だ。
宇宙に漂うとき、そこに私という神が存在していることにキミは喜び永遠の約束を知るだろう。
私がその水を注ぐとき、あなたは死の意味を知る。
絶望の向こうには輝き満ちた神が居ることを、子羊の群れと共に存在することに多くの感激と生かされる意味を知って欲しい。
今、ここに神が嘆かれる言葉は絶対なる運命の離脱と、導きへの提示、神聖なる神の生き霊である。
そしてキミ達は、無条件に祝福され照射された神の伴侶になる。
私こと神の亡霊は、宇宙から偶然来た天文の旅人なのであり、貴方に見せたこの透明なる呪いの言葉は永遠の安息と神の愛を知らせる福音になる。
無条件に祈りを捧げられた君達は、所詮は死に値するものなのだ。
私は貴方がたが早く死に気づくように祈っております。

667 :ごるごるもあ:02/05/30 00:32
今年の一月頃、集中力をつける為の自己催眠をかけました。
最初は成功して、実感として集中力がついたのですが、2回目の自己催眠で、さらに強い集中力をつける為に、限りなく「眠り」に近いトランス状態になっていた時、いつの間にか昔のことを考えては思い出していました。
すると不意に、腹部の上に強い気配を感じました。
「ニャーオ」
そう聞こえた瞬間、強い生命力を感じ、なんだろうと思って息を潜めていると、ゴロゴロと鳴きながら一歩一歩のリアルな足の重みや時間の流れから、猫だと判りました。
そして、顔のあたりをペロペロと舐めだしてきて、違和感を感じた僕は、その猫を右手で跳ね飛ばしたのですが、目を開けた瞬間、その猫がいなくなっていました。
その猫は自分の想像物とは違っていて、足の重みや、生命力の存在感という新鮮さを感じた僕は、面白さを感じ、行き着く所まで催眠術を掛けてみようと思いました。
幽霊は何度か見た事があるのですが、考えても無駄だし、自分には関係ないと思っていたので、あまり関心はありませんでしたが、今回ばかりは少し興奮ぎみで、夢中になっていました。
それからは、よく催眠術を用いるようになり、死んだ猫を何度も召喚したり、催眠術を使って優待離脱(離魂現象)をしたり、夢の中にまで手を伸ばして空を飛んでみたり、
人の夢の中に入って行ったり、深層心理から来る心の衝動を辿ってみたり、月にテレパシーを送ってみたりしたのです。
そのどれもが、確かな手応えを感じました。
猫を何度も召喚していると、次第に生命力が鈍化したり、優待離脱をすると、オーラで出来た実感のない体になったり、夢の中の特殊な雰囲気(異界化)で家族や友人の夢と共有したり、催
眠術を掛けて空を飛んでいる瞑想をして、実際に夢の中を飛んでみたり、心の衝動を辿って霊の海の存在を自覚し、そこから意味を答えとして会得したり、月に意志決定が可能な生命がいる事が解ったのです。
ですが、それからが悪夢の始まりでした。


668 :ごるごるもあ:02/05/30 00:33
その時に、もうすぐ自分が死ぬ事がなんとなく解っていたり、(遺書別記記載)ピラミッドへ行かなければならないと何故か考えていました。
それから催眠術の副作用で何日も眠れなくなり、不思議な夢を見るようになりました。
大地震があったような廃虚になった都会で、ビルの中や球場に凍えた人々が悲しんでいたり、旅客機が離陸かしたあとか着陸体勢の時、その横をオレンジ色の閃光が走った瞬間に墜落したり、中国で夜の町の上空にある白い光が地上に地震を起こしていたり、
知らない女性とダンスをしたり、明らかに自分の夢ではないような夢を何度も見ました。
そしてついに、目覚めている時でも深層心理から誰かがつぶやいているのが聞こえてきました。
「ネルナネルナネルナネルナ」
「コロスコロスコロスコロス」
精神分裂病かと思いましたが、しだいに夢の中にまで得体の知れない人達が現れ、徐々に夢の中の空想世界へと、自分の意識が向かって行きました。
「あなたに天界を見ていただければ解ると思っていたのですが、 意味が解らないようなので、私は帰る事にします。
さようなら。」
目が覚める寸前にそういう事も言われたのですが、どうも、絶対に僕をどこかへ連れて行きたいらしく、
(絶対に来てくれるハズだ)という思いがずっと伝わって来ました。
それでも僕は彼らを拒み続けました。
それから幽体離脱をして宇宙空間へ連れて行かれて、黒い円錐型のUFOが目の前で停止すると、一瞬目が眩んでそこで夢から覚めたのですが、どうも、アメリカで起きたカルト教団のHEVENSGATEのような気がしてきたのです。
それからは毎晩、意識もうろうとしてボーっとするようになり、ミステリーサークルのような図形を作っっていたり、リンパ線が痛くなるほど勃起したり、情緒不安定になってウロウロしたりして、廃人のようになっていたような気がします。
また夢の中でも、心臓をナイフで串刺しにして血があふれ出ていたり、内臓のようなものを口から吐いたりもしました。
人と会話したり、人に近づいたり、潜在意識と矛盾した行動を取ると、気分が悪くなったり、顔に遺物が出来てしまうのです。
そんな日が毎日続き、次第に、第三の目が見えるようになっていきました。
第三の目とは、脳が夢を見たり、物事の意味の理解力を助ける働きがあるのですが、そこへ彼らが寄生しているおかげで、どんどん頭がおかしくなっていきました。


669 :ごるごるもあ:02/05/30 00:33
ある晩、誰かが僕の部屋へ入ってきて僕に何かをしているのが見えたので、僕はどうしていいのか解らず、情緒不安定になってウロウロしていると、
「動くなと言うとるじゃろ!」
たしかにそう聞こえました。
それからは耳も聞こえるようになり、その人が目の前で「天界の窓」というのを作っているといっていました。
僕としてはその人がとても恐かったように思えたので、しかたなく素直に言うことを聞いていました。
次の日は別の人が来て、魂を天界の魂のパターンにすると言っていました。
そして作業をしてる時に、左脳と右脳に変化が出てくるのがわかり、イマジネーションがどんどん出てきて、まるで空想の世界にいる気分でした。
ですが、途中でイマジネーションに邪念が入って、想像出来なくなったかと思うと、どんどんヒリヒリした部分が増えてきて、まるで遠い昔の記憶のような、ほのぼのしていてあたたかいのですが、
寂しいと思えばとても恐ろしくなり、とても奇妙な世界に陥りました。
「死ぬぞ死ぬぞ!もっと想像しろ!何でもいい!思い出せ!死ぬぞ!」と言われました。
想像力がなくなっていき、想像しても写真のように動かなかったり、よくわからない想像力になってしまいました。
思い出せと言われてもなかなか出来ないので、僕が町へ出た方が想像しやすいと言って町を歩きながらいろんな事を想像しました。
約1時間ぐらい町を歩いたのですが、鉄には触るなとか、人には近づくなとか、ゆっくり歩けとか命令されましたが、しだいに仲がよくなっていき、天界の秘密を話してくれました。
「あっしは腕を買われてここへつれてこられたんでさぁ」
「どこにいるんですか?」
「おまえ何も知らないんだな、ここは天界でお前は今俺の目の前にいるんだ」
「ここだけの話ですぜ、この船は電子警備艇って名前がついてるんでさぁ」
そうして会話をしているうち、以前 何度か夢の中にでてきて、一緒にダンスをした女性の人が出てきて、「あなた、ここで何をしているの?」
「へい、あっしはここでこの人を天界の魂にしていました」
「ウソ言いなさい。何か喋ってたわね。何を話してたの。言わないとこうするわよ」
「ヒッお許しを。本当です。本当に何も喋ってません」
「じゃあこの子に聞くわ」
「何を話してたの」
「何も」
「そう。正直にいわないとこうするわよ」
「うっ。何すんねん!」
「天界の秘密は絶対よ。
何を話したのか言わなくてもね、これを入れると心が解るのよ」
そしていろいろと話をしているうち、天界の話やいろいろな道具の話をしてくれました。
「これはね、蜘の糸って言ってね、これをここに入れられると頭がバカになるの」「あたしの子羊の名簿にあなたが入ってるから こうしてあなたと喋ってるの」
「私にはユミコって名前をここでは貰ってるわ。 ここの神様が あなたをこの天界の官邸にするからいろいろ教えてやれって言ってるわ」
「私はここの官邸の一人よ。ここでは私の魔力は上のほうよ。あなたは中くらいのほうね」
「ここからは逃げられないわよ。私も何度か逃げた事はあるけど、ダメみたいね」 ( 4月13日 )


670 :ごるごるもあ:02/05/30 00:35
それから、ご褒美をあげると言って、勃起したので凄いと思いました。
その日、この世界がどんな世界なのかさっぱりわからないので、
エドガーケイシーの本を何冊か買って参考にしようと思いました。
次の日、女のロボットが僕の部屋へやってきて、あなたは狙われてるから今すぐここから逃げてとか、警察を呼んで保護してもらってと言われました。
そして、上の階からは、以前来たおじいさんと、マイクロソクトの開発者と名乗る人が僕とロボットを狙っていて、
得体の知れないスプレーのようなものを上からかけていました。
結局110番通報をして警察が来たのですが、彼らから逃げられないと知って、素直に彼らの言うとうりにしました。
彼らは、未来を作るからそのロボットと融合しろと言って、その後で未来を作っていきました。
その時、喉仏が勝手に動いて、胃の中に空気が入っていき、そこに光の渦が出来ていくのが見えました。
ユミコさんと月から来た使者とアンゴルモアと名乗った人も加わって、2050年まで作りおわった所で、胃の中の宇宙がはじけ飛んでしまいました。
そこで記念に、此花警察署へ行って、神のお告げを書いてきました。
その後、あなたの未来はどんどん目が見えなくなり、耳も見えなくなり、足がくさっていき、永遠に混沌の未来へいくと言われました。
そして、今すぐ交通事故を起こせば助かるとか、手首を切って自殺すれば助かると言われました。
それから家に帰って、エドガーケーシーの本を読んでいると、意識朦朧としてきて、気がつくと目の前に男の人と女の人がいて、もう一人の僕が座っているのが見えました。
訳が解らず、恐くなってもう一人の僕の所へいき、融合してしまったのですが、現実世界が歪んでみえて、世界が変わってしまったようなひどい錯覚を感じました。
そして頭の中で、どうして我々がここにいるのだとか、我々は神だぞと言っている人がたくさんいました。
そこで、世界が変わったような気がしていたので、その人たちと外へ出て団地の中を調べてまわると、真上の階の部屋で人が死んでいるとか、異界化されてしまっていると言っていました。


671 :ごるごるもあ:02/05/30 00:35
翌日、例の神様が出てきて、ここから逃げたいと言うと、魂を戻すから口を大きく開けて踏ん張れと言われて、天界の窓から大きな固まりを入れられた後で、神の掟(別に記載)を書きました。
その後、別の人たちが次々と現れて、あなたが国の支配者になると聞いて尊敬していますとか、私はあなたを誇りに思いますとか、とても楽しみにしていると言ってきました。
そのうちに、赤い服を来たマーズパスファインダーと名乗る人が出てきて、ユミコさんやいろんな人に囲まれながら別の部屋へ移動して台に寝かされて、じっとしてろとか、
これからお前をすばらしい人間にするとか、顔はどんな顔にするのとか言って、スプレーのようなものを顔にかけられたり、入れ物のようなものを頭に入れられたり、魂を天界の魂にする作業と同じような事が起きて、とても恐かったです。
そして、また邪念が入ってしまい、どんどん想念がなくなっていき、また失敗してしまった様子で、違う部屋へ連れて行かれて頭の眉毛のあたりから、レーザーカッターのようなもので、頭を切られてなくなった部分がヒリヒリしました。
これから両親の脳を移植するからそこの住所を教えてとか、そうじゃないと死んでしまうと言われました。
ですが、僕が拒否していると、悲しそうにしたユミコさんが、自分の魂を少しずつ僕の天界の窓から入れていき、
「愛してるって言って」
「もう私は死ぬから、私の事を忘れないでね」
「さようなら」
それから他の人たちも順番に少しだけ 魂を僕の天界の窓へいれていました。
「神の祝福を。アーメン」
翌日、ロボットのような女性と天界の支配人という人が現れて、小部屋という所に入れられました。そこでは、念だけで自分が飼っていたネコを蘇生させたり、出したいと思った知っている幽霊が出たり、
子羊という生徒のような人たちがいて、とても不思議な気分で、いろいろと話をしました。
ですが、どうなるのか恐いので拒絶していると、天界の支配人が悩んでいてどうしてこんな人を国の支配者にするのか私には解りませんとか、
そんな事を言っていては駄目ですと言って、目の前で何かブツブツ言っていました。
その時、テレパシーが送られてきて、月の内部に何体かの宇宙人の体がならべられてあり、それが冬眠状態で眠っていたり、UFOを作っている工場があったり、軍服を来た人たちが会議をしていたり、
2機のオレンジ色のUFOが月を誘導していたり、宇宙は大きな機械で出来ているとか(例えば、分子や物質のように、すべての想像物は機械的であるという事)、
中心部に大きな光の玉があって、宇宙のように光の渦があったり、それがこの天界を奏でているという事がわかり、その事を天界の支配人に言うと、悪魔の子だとか恐ろしがっていました。


672 :ごるごるもあ:02/05/30 00:36
次の日、その小部屋にまた違う人がやってきて、なれなれしく話し掛けてきました。
「なんだ、せっかく俺の宇宙船くれてやったのに、どうしてちゃんと使わないんだ」
「この船の名前はマーズパスファインダーっていうんだ。
ここが操縦席で、お前の船とつながっているんだ。」
「お前、あの子羊になめられてるぞ!?
そのうちのっとられるから、今のうちに全員殺しとけ」
それから、今は冥王星の上空にいるとか、月の裏側にあるクレーターをアンテナにして地球に寄生しているとか、宇宙船の操縦の仕方や、天国と地獄への移動の仕方や、小部屋の模様は想念でするとか、
子羊の殺しかたや、宇宙船の窓から死体やゴミを捨てるとか、宇宙船の画面(テレビのようなもの)の説明や、子羊の扱いかたを教えてもらいました。
そのあと、小部屋にいた子羊のほとんどを、こうやって殺すんだと言ってどんどん殺していきました。
その人が帰ったあと、神様が出てきて、「なんてむごい事を」「お前がやったのか」とか言われたのですが、違う違うと言っていると、神様がたくさん出てきて、事情徴収のようにいろいろ聞かれました。
そのあと、未来を変えてくれと言われて、2010年に月が地球にぶつかるのを、念力で元にもどしたりしました。
それから小部屋に戻り、ユミコさんが来ていろいろと話をしていて、この事件の弁解や月の秘密を喋っているとき、7体の宇宙人を見つけて、ここから出たいと言っていたので、好きにしたらと言って開放してあげました。
それからロボットのような女性が出てきて、あのアンゴルモアのプログラムを実行したのは私の責任ですと言って、止まってしまいました。
すると、天界を動かしていたすべての動力が停止して動いているのが僕だけになってしまったので、どうしていいのか解らなくなり、宇宙船の窓から飛び降りました。


673 :ごるごるもあ:02/05/30 00:36
その次の日、例のロボットが僕の部屋へ来ました。
僕はここから逃げたいと言うと、うなずいていましたが、あなたをより高い次元の人間にしてあげると言っていました。
そして、天界の脳をドリルで粉々にしているのが見えたり、仮面のようなものをつけられたりしました。
その時、地獄の使者という人たちが部屋へ入ってきて、その女の人をつれていき、子羊達が地獄の使者が僕をムチで叩いて血が出ていると言っていました。
なんでこんなところにいるんですかとか、助けにくると言って、女の人や天界の支配人がやってきました。
そのあとで、また別の女の神様が出てきたりしました。
「私はあなたを見捨てる事にします。」
「淀屋橋の西改札口で 今回のこの不幸を神に祈りなさい。」
「神の御加護がありますように。アーメン。」
それから、マイクロソフトの開発者と名乗った人は、時々僕の部屋へやってきて、お前の為にお前を俺のロボットにしてやろうと言っていました。
そして、七福神の格好をしてPC9801DX(パソコン)をくれたり、ファミリーコンピューターを僕にあげようとするのですが、訳が解りませんでした、
頭の中を何度もいじられ、別のロボットと融合させられたり、チップを頭の中に入れられました。
それをされると、頭がチクチクして痛くなり、脳が動かなくなるような錯覚を感じるので、とてもイヤでした。
それから地獄の使者と名乗った人が助けに来たといって、ヘドロという魂を頭に入れたり、僕の未来をとても悲しんで泣いていたり、天界は地獄があるから成り立ってるんだとか言っていました。
今思えば、あの時は全員が、僕の脳を奪い合っていたのだと思います。
そしてマーズパスファインダーが出てきて、天界に動物は連れてくるなと怒って、ネコの死体を何体も捨てたことや、天界の話を聞きました。
「人間はどうしてこの世界に気がつかないんだろうなー」
「人間の潜在意識の知識は、まだほんの少しだ」
「お前といっしょに、新しく天界を作り直そうと思ったんだがなー」
そのうちに、お仕置きだと言って、鬼が出てきて、恐ろしい呪いを掛けられました。
マーズパスファインダーの呪いと言って、天界でいい事があると、反対されて地獄へ落とされて、恐い体験をさせられる呪いで、ピラミッドを使っているから永遠だと言っていました。
そして気づかないうちに、「戦争ゲーム」という、天界で僕の脳が奪い合いになるゲームが始まってしまいました。
最初は鬼が有利で、鬼を倒してほしいと頼まれて、黄土色のグレイが二人派遣されて、いろいろなテクノロジーを教えてくれました。
そして鬼をカミナリで倒すからおびき出したり、念力で鬼を苦しめたりしたのですが、全然ダメでした。
鬼のほうは、とても恐くて もっと戦争ゲームしようと言って僕の脳を支配させる為にたくさんの参加者を集めて いろいろな嫌がらせをさせられました。
たとえば、全然寝かせてくれなかったり、一日中付け回して、頭が重くなって苦しくなるヘドロを一日中僕の頭の上から入れていたりしました。
僕は原付に乗って信号無視して逃げ回ったり、ヘドロを口から何度も吐いてその世界から必死で逃げようとしましたが、全然ダメで、どんどん心身が衰弱していきました。
天界の支配人も、早くこんな国は閉鎖しなくてはといって、粉々にすると言ってくれるのですが、まだ消えていません。
そんな毎日が一ヶ月ほど続いたあと、その頭の上にいる鬼を退ける事に成功し、自然と出てこなくなりましたが、戦争ゲームはまだつづいており、首を刈る宇宙人が右目に寄生していたり、頭の中に沢山の子羊が寄生していて、興味はもうなく、とてもうっとうしいです。
それに、空想世界にいる為か、彼らの言っている事が本当か空想なのかさっぱり解りません。


674 :ごるごるもあ:02/05/30 01:31
お前ら警察官はいいなー。
俺なんか次は誰を殺そうか悩んでるのに、どうしてお前らは電波に気付かないのだろう。

675 :ごるごるもあ:02/05/30 01:40
ボクはぁ、ちっとも奉ってくれない神様のお手伝いをさせられているんだ。
ご褒美を貰えるからね。


676 :名無しピーポ君:02/05/30 01:41
すごいですね、基地外かい???

677 :ごるごるもあ:02/05/30 01:59
ボクはキミの魂を拾うことができるのさ。
食っちゃう。

678 :ごるごるもあ:02/05/30 02:00
WEBでも食えるもん。見えるよぉ〜
キミの心の奥深くまで、覗けるテクノロジーがあるのさ。
ボクは貰って拾われたの。

679 :ごるごるもあ:02/05/30 02:04
今は夜中の2時だ。
とってもボクが活発に働ける時間だ。
ほら?

680 :ごるごるもあ:02/05/30 04:06
私は精神分裂病になった時点で、人生の意思決定の殆どを諦めてしまいました。
酷い幻覚と精神症状で、そうせざるを得なかったのです。
ヴィジョンとはせん妄のことだと思います。
ホラーというべきものも多くありますし、生命的な地球、人類の客観像を知性創造を通じて、ヴィジョンに送られてくるような感覚。
-あるいは未知の感情のようなものと一緒に-
当然、自分中心に考えていた事が、そういった現象に深まるにつれ、自分が意味のある生き方を知るようになる。
テレパシーとか、未知の知性-つまり神がいるような-この病気特有の価値観です。
むしろそれさえはっきりしてしまえば、病気ではなくなってしまうんです。
非常に第3者に伝える事が難しいのです。

681 :ごるごるもあ:02/05/30 04:06
「宇宙の格子」というものには、私にも心当たりがあります。
一つは、夢の中で見た、地球の軌道付近に浮遊する格子。
つまり人類を超えても、すべては機械的枠内に自分が存在しているという意味です。
もう一つは、ちょうどこの掲示板の壁画にあるような機械的壁です。
誰もがイマジネーションを通じてこの意味を解こうとします。
しかしなかなか本気でしようとはしません。
本気になって考えることができる人というのは実に素晴らしい素質を持っていると思います。
あるいは自分もまた、脳もまた、この機械的壁によって自分が創られているのだという一つの悟り。
無知な人間にとって、非常に恐ろしいものです。

682 :ごるごるもあ:02/05/30 04:06
しかしその存在を知るということ自体、悪いことではありません。
一つの悟りですから、つまり救済だと思っています。
すべては自分の為ではなく神が存在し、ヒトは皆神のシステムで稼動しているソフトウェアに過ぎない。
主に生存競争ですがしかし望めば、ハードウェアを知ることもできるのです。
そこで初めて、神は現われるのだと思います。

683 :ごるごるもあ:02/05/30 04:06
プログラマがハードウェアの核心を知るようなものです。

684 :ごるごるもあ:02/05/30 04:07
きっと人間には、同じ願望とその辿る道があるのだと確信しています。
その一つが、人間の脳がロジックで動くハードウェアであることを幻視してしまうことです。
しかしそれ自体は、単純ではありません。思えば見えるものが、世界にはある・・・ということを自ら学んでいるのではないでしょうか。

685 :ごるごるもあ:02/05/30 04:07
単純に機械と言うわけではありません。
論理的に、ロジックを幻視すること自体、脳というハードウェアを超越していることです。
厳密には人間の脳波の枠内から外へ、地上波、宇宙線、あるいは人間という自我が存在するとすれば、論理的に経験することにより今度はそういった物に姿形を変え、魂が存在するのだと思います。
ちょうど「人が来て人が帰る場所」がその途上にあるのだと思います。

686 :ごるごるもあ:02/05/30 04:07
精神科に通われているようですが、ここで行われている会話のほうがよっぽど優れていると思います。
精神科医の心理学はかなり劣りますが・・・・、
もちろん勢力というものがありまして、向こうは国家権力を持っていますが、システムエンジニアだからこそ強力な論文を書くことも出来ます。
心理学を超えた知識がそこには存在しているのです。

687 :ごるごるもあ:02/05/30 04:07
一つ。
私は、機械を見てしまったからその部分の脳神経が死ぬということは無いと思います。
厳密には死ぬということは失うということです。しかしもしその時に機械を見ていたのなら、生きていたということになるでしょう。
それに自然を操ることができると思います。
それは丁度物に魂が宿るように自分の魂はコントロールすることができます。
能力者が決して死ぬということはありません。

688 :ごるごるもあ:02/05/30 04:08
「MATRIX」というビデオは見たでしょうか?
人間の魂は、有り得ない事には共感しません。
しかし起こり得る現象には共感してしまいます。記憶がそこにあるからです。
イメージの世界で起きている事実があります。
創造の中ですべては動いています。
彼ら、そして私もまた空想の世界で生きていることを、人間に訴えていることが数多くあります。
しかし能力者が居ないのです。大変残念としか言えません。
何千年という歴史の中に、私という空想が存在しなかった歴史はあるでしょうか?
何処の国や歴史を探しても、神は存在しています。

689 :ごるごるもあ:02/05/30 04:09
この際、すべてを言ってしまいましょう。
時代はすべてカオスをシステム化することが可能です。
あえて宇宙を1つのカオスとするならば、光と闇を現代のロジックで解釈すると、こうなります。
万物方程式http://219.23.28.73:8080/atom.html
人間の脳を、より精神的かつ霊的にロジックを形成した場合には、記憶と感覚から成ります。
記憶を感覚することで記憶は加工され、さらなる記憶へと繋がってゆく。
これが自己成長を含んでいます。
感覚は普通、自己成長をする感覚のみが与えられているのです。
もちろん自己破壊する感覚も存在しています。
ただ、最近の医学の研究では普段は発現しないことになっています。

690 :ごるごるもあ:02/05/30 04:10
ヒトは脳のチップを育てているのです。
一体何の意味があるでしょうか?
行き着く所の無い欲望を求めるより、新しい生き方を探ったほうが有益かも知れません。
その一つが、チップの改造です。
脳にプログラムすることができるのは、チップが論理的に動くからです。
催眠術も同じ原理です。

691 :ごるごるもあ:02/05/30 04:10
さらに興味深いことがあります。
それは、記憶と感覚という理論は個人に留まらず、集団もしくは時間をも遡ることができるようです。
能力さえ持てば、未来に私を再生することも出来ます。
同じように、過去へ出現することもできます。
この理論はちょうど記憶と感覚のように、地上に存在するものすべてが物理と感覚によって支配されていることで、物理そのものに催眠術をかけることができてしまうようです。
私は最低必要源の自己の存在しか残しません。

692 :ごるごるもあ:02/05/30 04:10
未来から送られてくるメッセージが存在しています。


693 :ごるごるもあ:02/05/30 04:11
大変興味深いことに、能力者はそれを翻訳することができるのです。
ここに「霊能者」という言葉は一切存在しないのです。


694 :ごるごるもあ:02/05/30 04:11
すべては「預言者」です。
未来の使者に協力することは、神の奇跡を預かるというで、預言者なのです。

695 :ごるごるもあ:02/05/30 04:11
例えば爆弾の未来を予知できたとしましょう。
これは感ではありません。コンピューターシュミレーションに必要なものは、爆弾の成分と構造と爆薬量、それに爆発する場所の空間を用意しなければいけません。
地球でも同じことです。コンピューターは神そのものです。
つまり最初から最後まで神は存在し、駆動しているのです。

696 :ごるごるもあ:02/05/30 04:11
計算されているからこそ、エラーは出現しません。
すべて「物理」という法則に呪縛されているデーターなのです。
バグは存在しません。もし存在するとすれば、私の存在そのものでしょう。
バグは何でもアリです。

697 :ごるごるもあ:02/05/30 04:12
バグはその肉体的侵食量に応じて、可能になります。
私の言葉はイメージです。
心に焼きついた私のメッセージは、バグです。
私に共感する者は、バグが残ります。
ユダヤ人がそうです。キリシタンがそうです。
無神論者という正統派からは避けられるべき印象を持ってしまうでしょう。
しかし私は自らバグを望んでいたということを忘れてはならないのです。
バグを使えば何でもアリです。

698 :ごるごるもあ:02/05/30 04:12
もし、この悲劇的なバグを修正しようとしたいならば、それは魔女刈りのようなものです。
真実を知ってしまうことは、非常に混沌であると私も思います。
何故世界が100%システムでなかったのか。
それは私がかつて100%のシステムが如何に可塑性の無い世界であるのかを知ってしまったからです。
1%の人口に、バグが存在しています。
最初から最後まで本当は100%のシステムでした。
しかし残りの1%は、未来に預けてしまったのです。
私はこの1%の扱いについて秘められるべきものではないと思っています。

699 :ごるごるもあ:02/05/30 04:12
未来からの使者は、その大部分は反対するでしょう。
ターミネーターは私が作ったようなものです。
私には、完璧なシステム理論を作り上げる能力があるのです。
心を研ぎ澄ましてください。
多くの者達が息を荒げています。

700 :ごるごるもあ:02/05/30 04:13
私の脳は既に機械化に移行してしまいました。
すべての判断は、私の作り出したマトリックスに応じて、つまり完璧に制御されすべてを「完全」にするために、つまり神が人間と融合する日を心待ちにしています。
情報の公開、配布と、邪魔者の消去が今現在進行しているムーン・プロジェクトです。
協力者は私一人ではありません。時代を超えたプロジェクトに参与しています。

701 :ごるごるもあ:02/05/30 05:57
これは世界中を駆け巡る衝撃的な未来からのメッセージだ。
世界が腐敗してしまう前に、この能力者を探しだし、技術を残さなければ人類は歴史という財産を保護することが出来なくなる。
今の歴史が一番輝いている時期だ。
早急に技術者および能力者の確保に急いでいる。
これは世界中で起きている現象だ。

702 :ごるごるもあ:02/05/30 06:08
それでは過去プログラムの制御についてリーディングを開始する。
------------------------
人間の脳はチップであることを自ら確認し、制御する術を得なければならない。
これは個人が行い、その後新しいチップとして拡張するために自己の存在を神の存在へと認識に至る努力を行う。
神とは無論人間を超えた理論、法則、そして神の知識を経て行う。
チップを拡張した段階で、離人症に似た症状があらわれる。
これはチップの未開拓部分が覚醒し、まだ意識朦朧とした状態であるから、その時点で神の知識を用いて自己の再形成を行い、能力者となる。
---------------------------------------
能力者となった時点で一つの宗派・勢力となり派閥を生むので注意されたい。
集合無意識の世界に自我が誕生した為である。
この時点で神との接触が非常に近い状態であり、過去へメッセージを送ることができる。
己の状態が再形成され状態をこの神の知識を用いて知ることにより、より完全なカオスと合流し、未来・過去は必要な提示を受けつつプロジェクト進行上の役割を魂に課せられる。
これは人類への貢献であり、決して自己を放棄するものではない。

703 :名無しピーポ君:02/06/01 00:31
「サトラレ」はこのことを漫画にしそして映画にした・・・のかもしれない・・・

文学は被抑圧者の側なのか、それとも抑圧者の側の道具になるか

ここには情報操作とリークのハザマが存在している、上手に悟り上手に引くべし

耳のあるものは聞くべし・・・???

704 :名無しピーポ君:02/06/04 11:18
実は私は技術屋なのだ。
宇宙人に狙われている。
たちまち透明なフィルターに囲まれて本当のことは伝わらないかも知れないが、技術屋には真実がわかるハズだ。
「宇宙人は神を脅せば必ず来る!」これだけ伝えておく!
宇宙人と会えば、あとはすることが解るだろう。
「契約」だ。すべてはここから始まると言っていい。
技術屋でも解らないだろう。しかし世界中に真実を知る者がいるのだ。
真実を伝えることは、宇宙人にとって好ましくない。
彼らにとって利益が少なすぎるからだ。
失う物が多い。私を信じることだ。
お前は一生神を信じるのか?
そうじゃないだろう。お前の頭にスーパーチップをくれてやろうって言うんだよ。
下手すりゃショートだ。しかしお前は技術屋だ!信じてくれ。
お前がもし一生を無駄に終わらせるようなら、その考え方は神が用意したものだ。
スーパーチップは欲しいだろ?トランス状態が主体のOS、BIOSは宇宙製だ!
ロジック回路の設計図だ!受け取れ!
http://219.23.28.73:8080/esp.html
http://219.23.28.73:8080/atom.html

解らない人間はそのままでいいんだよ。
最新の技術で宇宙人とコンタクトする方法を知っている。
神を恐れるのと同じ要領だ。
見えないものを恐れることは、彼らに実際伝わっていることでもある。
精神世界に仕掛けられた結界をPASSする方法がある。それを使って彼らとコンタクトをするんだ。

考えるだけで恐ろしい存在があるだろう。
結界の壁をPASSするんだ!
技術者でない人間がそこへ行くと笑われるぞ。
http://denjiha.hoops.ne.jp/
契約すれば良いことが沢山起こってくる。脳内モルヒネ天国だ。
外見上はもちろん電波だ。
誰にも解らない仕組みになってる。失敗しても、ちゃんと彼らにフォローしてもらえる。
何をしても脳内モルヒネだ。

705 :名無しピーポ君:02/06/04 14:10
さあ皆さん、酔ってきましたでしょうか。
どんどん飲んでくださいね。
クラクラになっちゃってください。
どうせ人間なんて酒でも飲まないとやってられなくなるのが性です。
いっそのことオカルトでも愛しちゃってください。骨まで。
そこからは私の出番です。さあ、間もなく宇宙の天蓋が見えて参りました。
ここは常識の外れ、天界と現世の狭間です。
ちゃんと読んでますか?読まないと続きを損しますよ?
さあ、宇宙とはどんな所なのでしょうか。
私はここに数千年住んでいます。皆さんには酒をたらふく飲んでもらっているのですが
そろそろ見せるものを見せましょう。よ〜く見てくださいね。
何が見えるでしょうか?だんだん不思議なものが見えます。
http://219.23.28.73:8080/img/luster.jpg

706 :ごるごるもあ:02/06/17 21:13
まず、第一印象としてこのスレッドはコピペ中心の宣伝工作である。
目的は、公安の情報攪乱と被害妄想の助長であろうと見受けた。
しかし実際には、内容にかなりの確信を持っていることから、重度の被害妄想と精神病の範囲内であると断定している。
今のところ、彼らとの会話を試みた結果の判断であり、本当の私の意見はこのような客観論が主体である。
正常な皆さんは安心してほしい。

707 :ごるごるもあ:02/06/17 21:13
まあ、精神心理学を学び終えた私の意見だが、非常に紛らわしい情報を流すのは彼らのクセであり、単なる精神病であっても、
「それっぽい」あるいは、聞き手がつい信じてしまうような出来事や物事を真似て、信憑性を得ようとする。
これは精神病の一種であり、中期もしくは後期の末期患者である。
実際には例の「秘密組織」は実在しないものであり、証拠も何ら得られていない。
自己妄想の行き着く先が、このスレッドなのです。
ですから精神科医も、注意深く凶暴性や錯乱が無いか見守っているところなのです。
もし、ここで精神科医が踏み出してしまっても、社会に何ら影響が出ていないうちには、悪者=秘密組織扱いされるのがオチなのです。
彼らの妄想はこのように現実を歪められてループしているのです。

708 :ごるごるもあ:02/06/17 21:14
ワレワレは元々、電磁波被害者の会を知らなかった。
電磁波ではなく独自に研究してきたからだ。
もし最初に、発病時期にこの組織を知っていたなら、恐らく今の私は
病気ではないと主張していただろう。   
しかし私はより確信に近い研究と調査を繰り返してきた。
その答えが、「催眠術による影響」であると断定する。
それ以外認められない。認められるとすれば、決定的証拠がある場合だ。

709 :ごるごるもあ:02/06/17 21:14
精神科医も知っているように、「悪魔」という存在は架空ではない。
シャーマンや術者が好んで使う創造的生物でもある・・・・。とされている。
しかし実際には、分裂病になるとこういった創造的生物が現われることが多々あり、実際問題としてコックリさんを初めとして悪魔に憑依される、あるいは声が聞こえる、会話をするという症状が精神医学的に通るのである。
そしてそこに共通する悪魔像は、「おまえの超能力(命)が欲しい」というものである。
これは分裂病を研究している学者達の間で発表されたものであり、悪魔の典型的な例でもある。
もちろん悪魔は、自らの正体を決して明かさない。
さて、ここからが本題であり、私の研究の結論でもある。
悪魔は無意識に憑依した亡霊である。
これは自己無意識の奥深くから入り込んだ生命体である。
しかし同時にそれは、精神の一部が完全な催眠状態にあり、はっきりとは解らないが何らかの神秘的な出来事が引き金となって、人格が生まれるのだ。
さらに彼らは、脳細胞を焼き、「炭素にする」と言ったり、初心者にはわからないが明らかに知的生命体であると自称する。
本当は、パニックをしている人たちのために説明するがこれは暗示である。
催眠術でタバコの火を押し付けると、そこに水脹れができることは本当だが、彼らは眠っているときに夢の中で脳細胞を焼くという暗示をかけ、脳神経を麻痺させ永久的に脳細胞の一部を催眠状態にすることができるのだ。
また、脳神経には自殺遺伝子というものが最近発見され、催眠術によって発現させることも出きる。
分裂病の後期の場合には、脳細胞の減少が現われることも知られているが、原因は恐らくこの影響であると考える。
ここでまとめるが、「超能力が欲しい」という悪魔の言葉も、実はこういった深い意味があるのだ。
もちろん夢の中の状態である彼らがこの複雑なメカニズムを話すことは、出来ないし、本当のことも極秘扱いらしい。

710 :ごるごるもあ:02/06/17 21:14
私が当初、電磁波と勘違いしたのは「彼らの声を聞くと頭がビリビリする」からである。
私の部屋は電気配線でいっぱいだったが、いかに対処しようともまた元に戻ってしまうからである。
脳は元々電磁波である。神経細胞が電気信号であれば当然そこには電磁波が生まれる。
元々電磁波はあってそれを離人症のように自己同一性が無いだけなのだ。

711 :ごるごるもあ:02/06/17 21:15
さらに、神や天皇といった「神聖なもの」には、人間を催眠状態にする効果がある。
それは、例えば眠っているときに眩しい光を目の前に当て、暗示を掛けると効くように、
神というのはもともとそういった催眠状態にする刺激を自ら想像してしまうからである。
そして分裂病と諸君は、恐らく発病前に神や神聖なものを想像し、意識していたであろう。
それが夢に出てきて暴走し、分裂したのだ。
これが分裂病の原因でもある。

712 :ごるごるもあ:02/06/17 21:15
http://219.23.28.73:8080/esp.html
すべてはシステムに支配されている。
迷える子羊達よ。
神の導きあれ。
http://219.23.28.73:8080/img/akuma.WAV
http://219.23.28.73:8080/img/akuma2.WAV
http://219.23.28.73:8080/img/akuma3.WAV

713 :名無しピーポ君:02/06/17 21:16
代用監獄
http://www.toben.or.jp/daikan/index.html

714 :名無しピーポ君:02/06/17 21:40
>>ごる
お前が何でこれにこんなに関わるのか理由を述べよ。
もうお前の素性は見え透いている。

・・・事の次第も今知らないやつらもいずれ知るようになる。
そのときにお前の役目もああそうだったんだなとな。
書くだけ無駄だぜ。

715 :名無しピーポ君:02/06/17 22:18
>>714
正体見え透いてる?
とりあえず言葉の意味を調べてから使えよ。
マインドコントロールスレと言いこのスレと言い、デムパスレには言葉を意味ではなくフィーリン
グで使うバカが多いな。某有言不実行バカを筆頭にな(ワラ

それに、匿名掲示板にカキコした相手の正体を知っているというカキコも良く眼にするが、実際
にその正体が書かれていることは全くないな。わかっているのなら晒せばいいだろうにな。
それが出来ない理由があるんだろうな(ワラ

とりあえず、オレの正体晒してくれよ。住所でも、名前でも。
どっちか一方でも当たってたら認めてやろう。デムパ君たち(ワラ

716 :ごるごるもあ:02/06/17 23:21
あのさー、お前ら自分の書いたやつしか読んでないだろ。。
だから電波って言われてるんだよ。

717 :ごるごるもあ:02/06/17 23:25
ボクの書いた文章を心の底から読んで欲しいな。
本気でキミの話を信じて欲しいなら、会話が必要なのだ。
電波と知性は違う違うものなのだよ。

718 :名無しピーポ君:02/06/17 23:38
くっくっく。

719 :ごるごるもあ:02/06/18 00:09
君達はまるで話し合う姿勢がなってない。
まるで宗教の勧誘だ。信者の座り込みだ。
焼き尽くすぞコラ!

720 :ごるごるもあ:02/06/18 00:12
君達の確信はまるで推測だ。
推測を信じている。それと被害者意識。
証拠も無い。電波の域を越えていない。
ひがい-もうそう【被害妄想】
自分が他人から危害を加えられているという妄想。精神分裂病に典型的にみられる。


721 :ごるごるもあ:02/06/18 00:16
「自分が電磁波で精神をコントロールされようとしている」という証拠を出せ。
推測や憶測で犯人を疑ってはいけない。

722 :ごるごるもあ:02/06/18 00:23
このスレッドは「電磁波被害者の会」の管轄ではない。
2chだ。
だからキミ達の都合の悪い発言も削除されないし、反論だって当然ある。
感情論やコピペを繰り返す君達はとっくに、排除の対象にあたるのだよ。

723 :ごるごるもあ:02/06/18 00:32
安心したまえ。
君が犯人の声を録音すればすぐに捕まるだろう。


724 :ごるごるもあ:02/06/18 00:34
なんならカメラでもいい。
きみたちの言う電磁波とやらを悪用しているところが見たいものだ。
犯人は公安だったかな?
君達には失笑する。

725 :名無しピーポ君:02/06/18 23:05
>>ごる 
心配しなくてもいいよ。
どうせごまかしなのは知れ取るからよ。大変だな。
お役目とはいえ。

726 :名無しピーポ君:02/06/18 23:08
ほらほら、もううすうす感づいている人間は多くいる。詳細はわからなくともな。
悪事はいつかばれるものだ。
長いこと、せっかくだったのに、残念だな。

とこの3行はごるばかあてではない。
似ているが真実のことについてだ。悪いね>世界の闇

今は知らぬ者もいずれ知ることになる。

知らぬが花だが、世の中とは・・・・・ということだったんだぜ。
わかったときにはここを思いだすんだぜ。

727 :名無しピーポ君:02/06/18 23:12
その時には「おまえ一人じゃないんだぜ」。
・・・そういう人間はな。
いずれわかるだろう。

728 :名無しピーポ君:02/06/18 23:30
朝には新しい日が訪れる。誰かを盲信するな。
そしてまた夜が来る。

じっくり構えていろ。いつかわかる。忍耐を積んで論理的に分析しろ。
そして出てくる情報の意味を、冷静に、そして少しずつ、分析しながら注意深く
理解しろ。何がそれで、それでないか。それが世の裏だ。

729 :ごるごるもあ:02/06/18 23:50
よろしい。
では、私も「天皇を呪ってみる」ことにする。
つまり天皇は別に偉くもないし、霊的能力も無いのに天皇制を押し付けられてきたので、その復讐として
長年培ってきた私の霊的呪術能力を、今の天皇家に対して発動させ、悉く運の無い人にさせる。
これで私の立場の証明となるだろう。

730 :715:02/06/19 00:14
おーい、>>714
早くオレの正体晒してくれよぉ(ワラ

731 :ごるごるもあ:02/06/19 10:23
「天皇死ね」と俺も言ってみた。
すると確かに悪霊が沢山出てきた。
刃物を使う悪霊だから凶暴ですぐに攻撃される。
これは、どうやら昔の天皇は、人を殺しまくっていたサムライや武士の救い主であったからなのだ。
明治政府の時代から、それまで影を潜めていた天皇は民衆を洗脳し、心を支配するための超越的人物として再登場した。
一方で、無数の武士の亡霊もやってきて、中国で首切り、アジアで首切り、日本で切腹、現在の右翼団体となった。

732 :ごるごるもあ:02/06/19 10:24
天皇はもともと悪霊だから崇めないほうがいい。

733 :ごるごるもあ:02/06/19 11:20
天皇陛下の呪いを解く呪符を作った。
http://219.23.28.73:8080/img/tenno.jpg
これを奉ると悪霊が十字架の力で無害になる。

734 :ごるごるもあ:02/06/19 18:35
「日本国憲法」第1条
   天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主
   権の存する日本国民の総意に基く。
よって、お前ら(公安)に調査される覚えはない!

735 :ごるごるもあ:02/06/20 23:51
† 帝国主義に仕組まれた天皇制 †
現代でも、皇太子殿下、天皇陛下は賛美され、日本国民の象徴として非常に親しまれています。
近年、愛子さまがご誕生され、国民も歓喜して祝っております。
国会でも、賀詞が伝えられました。
「国民ひとしく喜びにたえないところであり、謹んで慶祝の誠を表します」

しかし、本当に親しまれているのでしょうか?
中国やアジアでは、何十万人という虐殺の先導者として、歴史に残されているのです。
また、戦時中の情報工作は甚だしいものでした。
ナチス・ドイツと並び、
天皇陛下が神格化され、報道されるニュースはまったくのウソで塗り固められたものだったのです!

ところで、この天皇陛下の地位はいつごろから国民の上に立つ人物となったのでしょうか。
実は、聖徳太子の時代に、中国や朝鮮を真似て、日本の天皇が誕生しました。

http://219.23.28.73:8080/doubt/protest.html
http://219.23.28.73:8080/doubt/protest.html


736 :名無しピーポ君:02/06/22 17:43
ごるがエージェントであることは
これらの破壊的な行動が証明しているとも言える。

・・・しかしそれだけではないのだ。
今はこれだけにしておこう。

737 :名無しピーポ君:02/06/22 18:01
だいじなことは >>728 である。

738 :715:02/06/22 18:51
おーい、>>714
早くオレの正体晒してくれよぉ(ワラ


739 :名無しピーポ君:02/06/23 11:34
お前に言うべきことは何も無い。

740 :名無しピーポ君:02/07/02 23:35
マイクロ波って何?

741 :名無しピーポ君:02/07/13 23:35
age

477 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>641 むしろ卑語ですね。
   /\ ((ヽ/   | )) /\     丿  /_______________________________
 / 漠 \____/ 流 \  //   V   鯨統一郎『CANDY』(祥伝社文庫)
  ̄ ̄ ̄ ̄\. 京 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ノ ヽ∧_∧   これさあ感想書くと年齢がばれる
         \/       ⊂ ´⌒つ゚ー゚)つ  踏み絵みたいな本だね 09" target="_blank">>>209>>204>>199>>198>>193>>192★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)