5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

浅田彰スレッド

1 ::2000/01/21(金) 18:40
哲学で扱うべきかどうかちょっと迷いますが、
空いてるのでこっちに移しておきます。

920 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 00:00
それにしても、彼はいつも自分の身丈ほどの紙袋を持ってる気がするんだけど>すれちがいざまみると

921 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 00:54
浅田氏くらいになると
どうやって本を読んでいるんでしょう?

すごく速いそうですね

922 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 01:00

春樹より龍を評価してるんですよね。

923 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 02:14
ひえー、さぶい!!!

「ボ、ボクは浅田さんの身近にいるんだゾー」

逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!


924 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 17:42
???


925 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 21:02
誰か真性浅田ヲタが嫉妬に狂ってますね

926 :名無しさん@1周年:2000/07/27(木) 21:32
『20世紀の臨界点』のまえがきに、「普通の書き下ろしは貧相な
“ファミリー・レストラン”の定食のようだが、これは少なくと
も豪華レストランのごみのようなものだ」ってあったけど、これ
ってもしかして東とかへのあてつけなのかな?

927 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 04:50
>926
ちょっと論点がずれるけど、『20世紀の臨界』のまえがき、
すばらしかた。この文章だけでも、浅田は、書けば書けてしまうような
つまらない凡百の論文をしのいでいると思った。出版なんてしょせんは
poubellicationです。
ただ気になったのは最後の三行。
「世紀末の臨界点から振り返ってみた二〇世紀文化の全体像が
おぼろげながら浮かび上がってくるだろう」あるいは「読者が、
二一世紀の新たなヴィジョンを描いて行くことを期待して…」という箇所。

問題なのは全体像とかヴィジョンとかではなくて、今、ここで、
なにが問題なのか、われわれがどうすればいいかということではないかと思うのだが…
で、彼の対談にはそのためのアイデアもたくさんあってとても参考になった。
浅田に感謝!

ところで、東の姿勢は浅田と違って、70年代以降のわれわれには読めなくなった
ポストモダン状況になんとか意味をあたえたい。読みたいということではないか?
この気持ちもわかるけど(意味を与えるとすっきりするのよね。)、
どうもわれわれを説得するにはいたっていないような気がする。それに
これって、どうも支配し統括する言説のようにも思えるんですが?

浅田の「ヴィジョン」vs東の「意味付与」ってことで、なにか議論できませんか?、

928 :927:2000/07/28(金) 04:55
浅田の著書のタイトル、『20世紀文化の臨界』です。失礼しました。

929 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 09:48
そういや構造と力も「ヴィジョン」だよね。

930 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 09:58
「ヴィジョン」って一般的で曖昧な用語ではあるけど、
このところの凡庸議論じゃないけど、そういう「現場で揉まれる」みたいな
ことを怖れない態度の表れって感じする。
「意味付与」って、そのへんのファミレス的現象を象牙の塔に一旦持ち込んで、
そこで価値付与しようとする態度って気はする。
たしかに東クンのほうが度胸が無いっちゅーか幼いね。
郵便的なのは「ヴィジョン」の方だって気もするね。
「郵便的」のフィールドで、「勇気」を問う必要ある気がする。
アンガージュマンってより、もっと主体的な何かっつーか。

931 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 11:41
>927
そだね。東氏の言説は明らかに統括しようとする言説。権力志向。
(彼が東大出身だということも考える必要があるかも)
いろいろな知識を、纏めて一つのディスクールにしようとするタイプ。
一方浅田さんはそんなことには興味がなくて、頭に浮かんだ
アイデアを連続放射のようにして放出するタイプ。
浅田さんは「書く」ことが必ずしも物事の真実を深く追究する
ことにつながらず、真実を歪めてしまうことを知っているから、
後者の立場を取っているのさ。

932 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 13:01
>931
なんすか、
トゥリーとリゾ-ムすか?
そろそろ、そーゆー図式から
僕らがおさらばできる手立てってないんすかね。
日本だけでもう20年以上同じこと言ってきてるじゃん。
ポスト・ポストみたいな思潮って
どっかの国にそろそろ出てきてないの?

933 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 13:24
>932
無理じゃないすか?
これからは方向転換の時代ですよ。
ひそかに東氏に期待してたけど、彼は「哲学研究者」だからねぇ

934 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 13:36
ま、でも、東クンて、
アカデミズムそれ自体の存亡を背負ってる側面もあるよね。
世の中ワイドショー化しすぎてるから。
宮崎哲弥クンや宮台さんじゃちょっと…

935 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 15:47
つうか東氏ってアカデミズム(古典的な意味での)の
タコツボ状態をなんとか解放してもっと
横(ポピュリズムとか)と連帯しようと
してたんじゃなかったっけ。
浅田氏=編集(ヴィジョン)ってのはわかるけど、今や
そういうことはできない不透明な時代(PMの徹底化)であって、
そこを見抜いたうえでの東氏の採る戦略は重要だと
思うけど・・・。

936 :>935:2000/07/28(金) 16:47
そうなんだけど…トライブどうし、仲間だけで閉じたタコツボどうしを
なんとかつなげたいんだといったようなことを東氏は確かにいっていた。
しかし、どのようにしてつなげるかっていう実践となると、
彼の場合、残念ながら、自分自身の「営業活動」に終始した、
オタク仲間との連繋をいまだにでていないような気がするのだが…

一方、浅田氏は「オール・アバウト・マザー」の映画評でおもしろいことを
言っている。登場人物たち(未婚の母、修道女、女優、オカマなど)は、かのデッド・
レターを、届かない手紙を届けようとしていると。「モダニズムがコミュニケーションの
不可能性を前提としているとすれば、<何ものも届かない手紙のままではいない」
アルモドバルの世界はまさしくポストモダンであり、そこではイマージュというイマージュは、
モダンなずれと空虚な意識から解放され、いっぱいに色彩を吸い込んで
生き生きと輝くのである。」と。
これって、東氏の著書にたいする強烈な批判になりえていると思う。
浅田氏がこの映画にみたコミュニケーションのヴィジョン(?)って、
東氏のいわばコンスタティヴな発言としてのタコツボ解放論より、
ずっと有効というか、実践的、プラグマティックではないか?

この映画まだ見てないひとはぜひ見てほしい。


937 :236:2000/07/28(金) 16:53
映画の正確なタイトルは「オール・アバウト・マイ・マザー」です。

938 :磯野かつお:2000/07/28(金) 18:01
浅田彰はホモらしい。名無しさん@一周年記念は浅田彰のちんぽを毎日、京都大学経済学部社会思想研究部でしゃぶるのが日課。死ね。

939 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 18:09
 現在がタコツボ状態だと気づけることが、
すでにタコツボ状態が崩壊しかかっている
証拠なのだなぁ。

940 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 18:22
>モダニズムがコミュニケーションの不可能性を前提として
>いるとすれば、≪何ものも届かない手紙のままではいない≫
>アルモドバルの世界はまさしくポストモダンであり、そこ
>ではイマージュというイマージュは、モダンなずれと空虚な
>意識から解放され、いっぱいに色彩を吸い込んで生き生きと
>輝くのである。

これってすごく重要な批評だなあ

ところで、磯野かつお とかいうバカが荒らしまわっているみたいなんだけど?

941 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 18:48
俺わっかんねえなあ。 アカデミズムの閉塞状況を何とかしたい
ってのは分かるが、アカデミズムとオタク文化って本来相入れない
ものじゃねえの? たった一人の研究者がポピュリズムと結びつ
いたからって、何も変わらんのじゃないのかなあ? 東がオタク
の人とつきあっているのは、外から見ると単に自分の趣味嗜好を
楽しませたいからのような気がしてくるんだけどね...

942 :名無しさん@1周年:2000/07/28(金) 19:48
違うと思います。東氏にとってデリダとアニメは等価でしょ
アカデミズムとオタクというカテゴライズへの異和の表明

943 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 00:02
ペドロ・アルドモバルはゲイです。カミングアウト済み。
ゲイの連帯は女子から見るとすごーく面倒!

944 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 00:17
>モダニズムがコミュニケーションの不可能性を前提として
>いるとすれば、≪何ものも届かない手紙のままではいない≫
>アルモドバルの世界はまさしくポストモダンであり、そこ
>ではイマージュというイマージュは、モダンなずれと空虚な
>意識から解放され、いっぱいに色彩を吸い込んで生き生きと
>輝くのである。

ま、これがすらっとでてくるところが、浅田氏の売りですよ。
それはわかるし、魅力的でもある。
だけど、最悪に素朴にいってしまうと、≪何ものも届かない手紙のままではいない≫
けど、思うようにはなかなか行かないものだろうし、
そのうまくいかなさっを「いっぱいに色彩を吸い込んで生き生きと輝くのである。」といいきるべきでああっても
なかなかそうはできない、という気もする。何かだまされている気がする。美しく耳に響く言葉。

といってしまえるかというと、そうでもない。第一、ペドロアルドモバルはその政治的立場上
苦悩と苦痛のなかにいて闘争してるわけで、その彼が浅田氏にこういわせる作品を作ったわけだから。
ただ、みながアルドモバルにはなれないだろうといわれれば、そうかもしれないなとは思うけど、
んなこと、誰でも知ってるしね。選択すべき立場の問題としていえば、魅力的なのは切なくもゴージャスなといわれる


945 :>943:2000/07/29(土) 00:45
アノー、この映画にみられるコミュニケーションのネットワークって、
はずれ者の女たち+女に性転換したもと男(?)のネットワークなんだけど。
<母性的>というか女性的な連繋の仕方だったような・・・
いわゆる<男>はあんな風にふるまえないのでは?

946 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 01:14
とりあえず「デリダとエヴァの接続アンド転送」には拍手!

947 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 19:00
1000まであと残りわずか!

浅田スレッド再度 OPENです。

948 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 01:46
1000まで言ったら赤飯炊いて新スレを建てよう。



949 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 11:22
1000お祝いしましょうね。
ところで、ゲイ・リべレーションと、フェミニズムって矛盾する。
レスビアン・フェミニズム以外とはね。
フェミは運動としてはモダニズムで、が、
自己同一性を問う果てに性差=肉体の構造の差、っていう、
ある種実存的な、存在論的な問いにぶつかる。
ゲイの人の描く女性性って、「調子良すぎるよ。女ってそんな甘くない」って、
そう思うことが多いよ。
浅田さんにもムカツクこと多い。
雇用機会均等法以降、劣勢を「文化的」プライドで埋めてる、
オシャレ系馬鹿女子編集者がいなくなって、彼のサブカル仕事が減った。
『オールアバウト…』は、ゲイネットで賞あげまくったって感じがした。
だって結局、あの映画のすべてを動かしたモティベーションのコアは、
ギリシャ彫刻みたいな、金髪美少年の、主人公の息子の死だった。
結局男性賛美じゃんか、って、思ったね。

950 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 11:37
オレ、20半ばだけど、もう、この年齢で前衛アート云々読んでるのって、
けっこう、はずかしいものがあります。浅田だけじゃなくて、東のCSも。

951 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 11:56
>950
じゃあ何読んでるの?

952 :>950:2000/07/30(日) 12:39
>ところで、ゲイ・リべレーションと、フェミニズムって矛盾する。
>ゲイの人の描く女性性って、「調子良すぎるよ。女ってそんな甘くない」って、
そう思うことが多いよ。

だからさ、浅田も言うように、これはよくできたメロドラマではあるんです。
現実の女はもっといじわるだし、善人(?)ばかりじゃないよね。
ただし、この映画では、『イヴの全て』や『欲望という名の電車』の引用によって、
近代の女たちのありようだって脱構築されている点に注目したいんだけど。
結局、いろいろ難点はあっても、ひとりひとりがそこからなにを学ぶかっていうこと
じゃないかなあ。女も男も。

まあ、「せつなくもゴージャスな」夢ではありますが…

それから、ここに出てくる女たちって、一応が職業を持ってますよね。
専業主婦なんていうのはでてこないし、近代主義フェミニズムがめざしたものが
一応達成されせ後のお話かも…




953 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 15:15
「フェミは運動としてはモダニズムで、が、
自己同一性を問う果てに性差=肉体の構造の差、っていう、
ある種実存的な、存在論的な問いにぶつか」 っちゃうのは
かなり旧式のフェミニズム理解では?
もちろん実践レベルでは近代主義的に解決されるべき課題が山積しているのですが。

954 :>949:2000/07/30(日) 15:56
>あの映画のすべてを動かしたモティベーションのコアは、
>ギリシャ彫刻みたいな、金髪美少年の、主人公の息子の死だった。
>結局男性賛美じゃんか、って、思ったね。

そうかなあ。「男性賛美」にはみえないんだけど。
あのストーリーでは、これが息子でなくて娘であってもすんなり受取れる話だし。
母親からあんなに愛された息子って、もし事故に遭わなければ、
きっとゲイの作家になったかも…女嫌いというよりはマッチョな男嫌いの。
あのネットワークって、近代の<男>と<女>の、<女>と<女>の関係性とは
別の関係性ではない?

955 :949ですが…:2000/07/30(日) 17:28
「娘」だと成り立たないと思うよ。
母親と対立したりしてそうじゃない。
「女同士は皆レズみたいに融和する」は幻想だよ。

近代的課題が山積してる方を再チェックすることが、
フェミ的な「もう一度モダン」なわけで、これが最新だと思うよ。

日本はフェミが成立しにくいってレクチャーやったよ、私。芸大で。
あ、正体バレた?

956 :>955=949:2000/07/30(日) 18:08

ヤナババア!!!
近代主義フェミニストってフィクションの味わい方を知らないな。
よゆうないね〜。


957 :>955:2000/07/30(日) 19:20
先生、ウザイ

958 :>955:2000/07/30(日) 19:31
先生には映画版かジェンダー版での“レクチャー”をお願いします。

959 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 19:34
事故にあうのは夫や親や美少女の娘ではなくて、
金髪の美少年である「息子」でなければならない、とか。

960 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 19:50
近代的課題を再チェックする事に異論はないし、近代主義的に
解決されるべき問題がある以上、その理念を過小評価するつもりもない。
んだが、その運動が、「自己同一性を問う果てに性差=肉体の構造の差、っていう、
ある種実存的な、存在論的な問いにぶつかる。」のであれば同じ事の繰り返し。
モダニズムが仕掛けた疑似問題になんでわざわざまた先人達が陥ったように
はまり込まなきゃなんないのかが、解らないんだな。
こんな問いにいちいちぶつかってたら結局は心理的性差、身体的性差の神秘化
ーその超越不可能性ーに帰結しちゃうような気がする。
ゲイの描く「女の連体」がフィクションなら「実存的、存在論的性差」もまた
フィクションでしょ。で浅田氏は前者が後者を脱構築する可能性を評価している
だけだと思うんだけどな。

961 :名無しさん@1周年:2000/07/31(月) 00:37
ジェンダーによる社会生活上の男女関係不具合問題を
近代主義的に解決って???それは近代家族主義の主張ですか?
結局、 パパとママとボクとワタシの それぞれが家事労働(役割)を平和に分担し合う(演じあう)
古きよき家庭を築こうよってことなのですか???

ぜひぜひ、先生には再度ここに舞い戻ってもらってレクチュアしてほしーですけど。
ここって、けっこう問題ある男児多そうだしさ。刺激になるよ、キット。

962 :先生でーす。:2000/07/31(月) 02:22
レクチャーはゲストで行っただけでどこの教壇にも立ってませんが、
ま、960さんが言うようにこの構造から抜け出られないから、
東浩紀クン的視座が成り立つんでしょう。
「ボノボに関する人間の視点」の物語の如く、「性って何?」を常に主題にし、
ボノボのごとくそこらじゅうで同性異性問わず青カンしまくってて、
っていう状況でも作らない限り。
あ、でも、透明性っていうのも近代のコアよね。
全部の家の壁を透明にするのもアリでしょうかね。それ抜け出し方の1!
とにかく、「近代的=平等=均一」っていうのを覚えてー!! わかったー?
期末テストに出すよー!


963 :名無しさん@1周年:2000/07/31(月) 02:24
日本ではフェミが成立しにくいって・・・

そりゃはじめはどんなことも
どこであれ短期的に見れば成立しにくいだろ?だから運動するんだろ?
近代の超克型フェミが開始されたのって、百年前+-50でしょう?
なにがいいたかったのかなあ???

964 :吽硬:2000/07/31(月) 03:56
さっさと出家せよと言うことですな。

965 :先生ごっこしてる人間:2000/07/31(月) 09:01
高群逸枝とかが『近代の超克』の時期に戦争賛美とは行かないまでも
推進派に回ってしまったということを中心にお話しましたよ。
ハイデガーのナチシンパではないですけどね、
天然ポストモダンな環境では、モダニズム的フェミニズムは成立しない、
そういうことですね。
ま、ナチも近代の実験のうちでその失敗なわけなんですけど…

966 :馬鹿:2000/07/31(月) 13:18
急激に難しくなった(涙)

967 :先生でーす。:2000/07/31(月) 15:50
当時30くらいだったかな。
男女雇用機会均等法第一期生の、いま35っす。
水野真紀と藤原紀香と飯島直子と山口智子に似てるって言われたことありますが、
乳は上げ底でーす。
タンクトップ着て歩いてると風俗とかコンパニオンとかのキャッチに会います。
脳味噌の中身と外見のギャップで、ずいぶん人生大変でしたーァ。


968 :先生:2000/08/01(火) 00:22
続かんなー。下らんレスしてすまん。話題変えようよ。

969 :吽狐:2000/08/01(火) 00:41
>日本ではフェミが成立しにくいって・・・
亜米利加は銃社会ゆえに、意識が高まったのじゃ。
もっとも男が手をあげたら引き金がひけるという訳でもないゆえ、
フェミなど幻想にすぎぬの。
行使されぬ暴力による抑圧が社会の秩序をなすのは今も昔も変わらぬ。

970 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 02:11
もっとも男が手をあげたら引き金がひけるという訳でもないゆえ、
フェミなど幻想にすぎぬの。
行使されぬ暴力による抑圧が社会の秩序をなすのは今も昔も変わらぬ。

もちっと、新聞やニュース記事を読もうよ?
DVドメスティックバイオレンスもそうだけど、無茶苦茶暴力が蔓延してるよ。
あっちじゃ、女と見れば殴るとか、粗野な奴が多いんだよ。日本では、せいぜい陰湿で、2ちゃんで
軽く悪口でいたぶるくらいなんだよな。たちがわるい。
あっちじゃ露骨に暴力ふるうよ。バーでも喫茶店でもホモと見れば殴るやつ、たくさんいるよ。
こっちの方が怖いけど、対処も簡単だな。わかりやすいんだよな、暴力がさ。たかが口だけだろなんて言い訳きかないもんな

971 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 02:13
ああ、日本でもDVなんかでも明らかなように
二人のあいだでは殴ってんのよね。日本刀で全治6ヶ月の重傷負わせるとかさ。
でも、それでもまだ目には見えにくいんだろな。

972 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 03:42
>970

で?
日本人ばなれしたご自慢のセンスを活かして
アメリカでうまくやれば?

973 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 05:54
やだよーだ

974 :一般的な意見:2000/08/01(火) 07:09
話がくだらん。

975 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 09:13
ゲイVSフェミって、DVとかの話じゃないだろ。

976 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/02(水) 15:29
続かないから話題変えようってば。

977 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 15:53
浅田彰って坂本龍一と寝ることができたの?

978 :社会学板より:2000/08/02(水) 19:02
吉本隆明 投稿日: 2000/08/01(火) 01:59

理論経済学の論文などひとつもないだろう。文献などいくら読んでも読んだ事をひけらかしても、そんなのに幻惑されるのはずぶの素人だけだ。
そんなら浅田彰は学問じゃなくて批評をやっているのか。冗談じゃねえ。「構造と力」なんて批評でも学問でもない、ただのつづれ織りだよ。つまりこれなんだといわれて当惑するほか言いようがないんだ。


979 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 19:21
さっきの映画とフェミニズムの話、
面白そうだったんで、話に加わりたかったんだけど
その映画観てなかったし、フェミの話は論点がわかんなかった。
馬鹿でごめん。

980 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/02(水) 19:52
西武に1億円出せば不景気は治るって吉本隆明が言ってたのって、
いつだったっけ? もうボケてるってば。

981 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 20:06
>978
「社会学」ってイヤな学問だな。なんか目新しい言葉使ってそれ
らしい議論してれば、現代社会って解明できるもんなのか?
みんな自分が頭がよいとカンチガイしてるし、頭の良さを競って
いる風なのも気に障る。
よっぽど“テクスト”を主要な問題にしている哲学の方がまだ
マシって感じなんだけど...
あと哲学板に来る人の方がネクラそうなので好感持てます。
(ゴメン)

982 :>978:2000/08/02(水) 20:46
散々その手の「輸入業者」批判はこのスレッドでもあったし
それなりに結論も出てんじゃない

983 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 21:02
http://www.cogen.co.jp/gazette/cross/cross005.html
この人、怒ってるよー。

984 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 21:13
>983
>しかし最近の仕事を見る限り、東氏は哲学的仕事を放棄し、
>「卑小なボクちゃん」に徹底してこだわっているように思われる。

うーん 厳しいね!

985 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 21:14
社会学やってる人って、細かい分析をいろいろやってるみたいだけど、
結局、その分析の後「善悪」の判断をやっちゃうことが多い気がする。
仕事として社会学を必要としてないのに社会学が好きなひとって、
ヒマ人かバカか(勉強が好きなバカか)どっちかじゃない?
「テクストの快楽」というものを意識してないで本読んでるヤツって、
文系・理系問わず、バカというか、無知だと思う。
仕事の一部として、いろいろ読んで勉強している人たち(学者たち)
には、ホント、「ご苦労さん」とか「お仕事大変ですね」とか
言うしかないわけだけど。

986 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 21:28
>983
あー、このページ面白いね
ブックマークしてみた
本上まもるって、だれなの


987 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/02(水) 21:50
こういうメルマガの広告に使われるブランド力はあるってわけよ。
東クンにしろ浅田さんにしろ。

988 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 21:58
「広告」ってわけじゃないんじゃない?
ブランド効果はあるとおもうけど

社会学の擁護したいけど、あんまり良い印象が無い・・

989 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 22:07
まあこのスレッドだって、そのブランド力で持ってるんだからさ...

誰だよ! いまさらこのスレ、アゲてきた奴!
「自己言及ーーー!」って言われちゃうぞ。

990 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 22:08
>978
「理論経済学の論文を書けばオッケイ」っていう前提が寒い

991 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 22:10
>989
>誰だよ! いまさらこのスレ、アゲてきた奴

っていうか、ずっと前から上がりっぱなしだろ。
一人で上げてると思ってんのか。夢から覚めろ。

992 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 22:12
ああ、とうとう990番台か...
往年の“キャットキラー”のように1000番ゲットを目指す
やつとかいんのか?

993 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/02(水) 23:00
ヒヒヒヒヒ

994 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 23:28
そろそろ、東に感情移入できた奴が「存在論的郵便的」を片手にレジに向かいだしたかな?

東の戦略だよな、これ。この「幼児性」とか言われてるかきものって。
これよんで、なんかお堅いイメージあった若き哲学学者あずまって、なんかおれやあたしに近いっていうか、親近感あるシー
ちょっと彼の本、のぞいてミヨーかなーなんて感じ?してきちゃった?群のための
準備体操でしょうね!なかなか、うまくいくといいけれど。東大作戦。失敗したかもしんないけど
なかなかアイロニカルかつ野心的でいいと思うんだな。人をなめきってるところもあるし。

もしかして皆さん、本上まもる氏のように、彼の雑誌記事をマジに受け取ってげんなりしてるわけ?
ああそっか、げんなりしてるふりしておもしろがってんのか、さすがだね!


995 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 23:42
>994
深読みかつ買いかぶりすぎ。
そういう風に解釈して、救いたい気持ちは良く分かる。

996 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 23:44
>986
本上さんは浅田の愛人のひとりじゃないの?

997 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 23:46
「好意的意見を言うやつは愛人」という図式には飽きた。

998 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 23:48
>994
けんかに負けたあと、
「本気なわけ無いだろ。しゃれだよシャレ」
って言ってるのと同レベル。

999 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 23:54
1000 !

1000 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 23:55
それでも東は参照項のひとつという位置を占めつづけるだろう。。。

1001 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 23:55
1000ゲットオオオオォーーー

1002 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 23:57
>1001
いやーおめでとう、1001ゲット

1003 :1001:2000/08/02(水) 23:58
最悪。誰かここでお約束のコピペやってくれ。

1004 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 00:10
みんなそんなに1000ゲットしたかったの?

1005 :こぴぺ:2000/08/03(木) 00:12
http://ugc.ug.to/busz.jpg
ちがうか・・

1006 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 00:12
>997
じゃあ、本上さん偉い!すばらしい!
東くん、駄目、駄目。

1007 :こぴぺ:2000/08/03(木) 00:13
http://ugc.ug.to/busz.jpg
ちがうか・・

1008 :よっしゃ!!:2000/08/03(木) 00:21
――――キャットキラーは笑えた!
カウントを1000まで数えてたのってオレだけ?
(よっしゃー990突破!よーし次は995突破しろーって)
でも結局は1000は名無しさん@一周年が獲得したんだよね。全然、騒ぐほどじゃないし。
キャットキラーは笑えた。まじで
ニュースで知って、手を叩いてわらったなぁ。
おまえらが1000番ゲットに苦労してる間、家でみかん食ってた
アホだなーこいつらって思いながら
わざわざ神戸まで行って記念撮影しようかと思ったよ。
でもキャットキラーのおかげで何かしらの利益を得た人だっている訳だし
結果的には良かったんじゃないかな。
たしか998や997が1000ゲットしようと四苦八苦してたけどさ、
せこいんだよ!1000は俺のものなんだよ。むかつく。
ところでキャットキラーは1000取り損ねたあと、トイレどうしてたの?
もしかして野グソ?汚ねぇなぁー。
どちらにしろ1000をゲットした夜は壮観だった!
気持ちの良い夕刻でした

1009 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 00:21
http://journal.msn.co.jp/worldreport.asp?id=000531gazette&vf=1
ここでも本上さん、取り上げられてますね。

1010 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 00:24
>1006
>じゃあ、本上さん偉い!すばらしい!
>東くん、駄目、駄目。

そういうのを反動と呼ぶ。

1011 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 00:26
1008、意味不明。
子供は寝ろ。

1012 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 00:29
えっ?MSN?マイクロソフトってこと?

1013 :よっしゃ!!:2000/08/03(木) 00:36
>1011
…コピペにマジに反応するなよ...
これだから世間知らずは...(以下略)

1014 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 00:44
MSNジャーナルって、色んな人に書かせるみたい

1015 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 01:16
あー、さて、皆さん、皆さんのお蔭でこのスレッドもようやく
1000を越えることができました。
サーヴァーにあまり負担をかけてもよくないので、
そろそろ新しいスレッドに移る準備をしませんか?

新しいスレッドのタイトルは「浅田彰スレッド・vol.2」
でよろしいですか?

では早速準備をはじめます。

1016 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 01:56
なお新スレッドはこちらです ↓

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=philo&key=965233327



1017 :浅田明(本物):2000/08/03(木) 23:24
ふふふ。1017ゲット!

1018 :今村:2000/08/09(水) 17:49
君は党を支持しないのか?
党と国際経済に関する認識を共有しながらも、支持は出来ないというのか?
ウンもーツメタイわねえ。
ついでに私の「サルトルの構造主義的解釈」を無視するな。いいな。

1019 :考える名無しさん:2000/10/24(火) 16:29
a

222 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)