5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■ マイ・ベスト5 ■■■

1 :   ┃】【┃   :2001/05/26(土) 10:36
「あなたが好きな作家と作品のベスト5を教えてください。」

※例えば他人があげたベスト5の中に自分の好きな作品が
3つくらい入っていて、残りが未読だったら、
それらの未読の作品は自分にとっても面白い可能性が高いという予測が立ちます。
他の人の面白かった作品を聞いて、自分の守備範囲を広げるのが目的です。
奮ってご参加ください。

379 :名無しのオプ:02/03/21 19:04
夢野久作「ドグラ・マグラ」
何度読んでも結論は曖昧なまま。この感覚が好き。

綾辻行人「十角館の殺人」
初めて呼んだミステリ。思い入れで。

森博嗣「笑わない数学者」
ラストが綺麗。物語が終わっても明かされない謎と、それが解けた時の衝撃。

クリスチアナ・ブランド「ジェミニー・クリケット事件」
短編では一押し。ラストの切れ味が凄い。

島田荘司「占星術殺人事件」
一度は読んでおくべきだと思う。ただ序盤は少々退屈。

あー、五冊に絞りきれない…
何の迷いもなく5冊選べる人っているの?

380 :名無しのオプ:02/03/21 19:12
>>379
日によって変わるんだよ

381 :名無しのオプ:02/03/25 22:49
ドグラマグラが面白いって言ってる人って、本当に心からそう思ってるの?

自分を騙してるんじゃないか?賢いと思われようとして。
「これは名作なんだ。面白いはずなんだ」と。。。

普通に考えて西澤保彦>夢野久作、だろ

382 :名無しのオプ:02/03/26 11:39
良スレ定期age

383 :名無しのオプ:02/03/26 11:47
俺の場合16歳の夏に読んだドグラマグラほどおもしろかった本はないです>>381


384 :名無しのオプ:02/03/26 12:30
警察小説好きなんでそればっか5冊。

『キングの身代金』マクベイン
(87分署シリーズ)
誘拐ネタのお手本になってる名作。

『笑う警官』シューバル&バールー
(マルティン・ベックシリーズ)
東欧らしい重苦しい雰囲気がたまらん。

『闇の淵』ヒル
(ダルジール&パスコーシリーズ)
賞とった『骨と沈黙』より1冊選ぶならこれ。

『首吊りの庭』ランキン
(リーバス警部シリーズ)
過去ネタと警官個人の事情のからませ方がうまい。

『クリスマスのフロスト』ウィングフィールド
(フロスト警部シリーズ)
後味の爽やかなラストがいい。

385 :名無しのオプ:02/03/26 13:17
>381
ドグラマグラを読んだからって賢いと思ってるわけではないと思うけど。
そう思ってるの?
私も読んだけど、あれは面白かった。

386 :名無しのオプ:02/03/26 13:29
「ドグラマグラが面白いって言ってる人は、賢いと思われようとして
自分を騙している」
という妙な発想は、単に
「自分が読んで面白くなかったのは、バカだからじゃないだろうか」
という不安?の裏返しだろう。
煽ってるつもりはないよ、好みなんて人それぞれなんだから。ただ、
ある作品を取り上げて「これを面白いって言ってる人は……」なんて
言うのは恥ずかしいことだってこと。

387 :名無しのオプ:02/03/26 14:13
>>386
そうだよな。
面白いつまらないは個人レベルで勝手に判断してりゃいいんだよ。

普通に考えて西澤保彦>夢野久作、だろ

↑こういう風に自分の好みを押し付けるやつって最悪だよな。

388 :名無しのオプ:02/03/26 17:21
&自分の推した作家が批判されることもある諸刃の剣。
(また吉野家使っちゃったよ・・)

389 :?1/4?3?μ?I`?I?v :02/03/26 18:18
初心者から初心者へ ブックオフで必ず見つかると思います

(順不同)
●真保裕一「取引」● 鈴木宗男に関心ある人必読?(以下略
●大沢在昌「新宿鮫〜氷舞」● シリーズ中マイベスト。ただ前4作も読まないと
             よくわからん。人気の「毒猿」なら前後の関連浅
             く、1冊で完結。
●宮部みゆき 「火車」●
●ジョナサン・ケラーマン「殺人劇場」●
             カッツェンバック(だっけ?講談社文庫からの)
             は紹介文だけでギブしましたが、これはなんとか。
           ※Dr.デラウェアシリーズなら「グラスキャニオン」
            が ”玉 ”。
●スチュワート・ウッズ 「警察署長」●
             クラシック。TV映画も秀作なので機会が在れば
             是非。
●コナン・ドイル 「緋色の研究」●
             クラシック。
ウィリアム・ベイヤー 「鏡の迷路」

※番外 コリン・ウィルソン 「連続殺人犯の心理」 

390 :389:02/03/26 18:22
殺人劇場/新潮文庫
警察署長/ハヤカワ文庫
鏡の迷路/扶桑ミステリ
連続殺人犯の心理/河出文庫

391 :381:02/03/26 19:06
>↑こういう風に自分の好みを押し付けるやつって最悪だよな。

いや、俺別に西澤のファンじゃないし。。。
ただ読みやすい小説ほど軽視され、わけわからん小説を尊ぶ人達って
名前でワインとか飲んでる人達と、なんか違うのかなあ、と思っただけ。

まあ一言で言うと。。。裸の王様なのではないかと思っただけよ。

392 :名無しのオプ:02/03/26 19:16
普通に考えて西澤保彦>夢野久作、だろ


393 :名無しのオプ:02/03/26 21:28
読みやすかろうが、読みにくかろうが、
賞を取ってようが、取ってなかろうが、
読んだ時に、その人が面白いと思ったら、それが面白い本だと思う。

高校生の時にドグラ・マグラ読んだ時、わけわかんなかったけど、
最近読み返したら、面白かった。

394 :名無しのオプ:02/03/26 21:57
>391
別に西澤保彦が面白いのならそれでいいじゃないか。
よくドグマグとか虚無とかと比較する人いるけど、
自分が面白かったらいいんじゃないの?

しつこいな・・・(完)

395 :独者:02/03/27 00:32
>>381
不愉快なものの言い方をするやつだな。
自分と価値観が違うからって、裸の王様呼ばわりかいな。

誰だって、世間の評判や他人の意見に、自分の好みが
左右されることが、完全にないなんて言い切れない。
それは君だってそうだろう。
そういう人間誰しもが心に持っている「もしかして、
自分の意見は借り物なのかな?」という不安、
心の弱い部分をつくような言いぶりが、いやらしいよ。
自分だけは世間の情報から隔絶して、完全にオリジナルな
価値観を持っているようなフリをして、何様だよ、と思う。


396 :名無しのオプ:02/03/27 05:13
皆の衆ベスト5を書きなされ。

397 :名無しのオプ:02/03/27 14:06
絡新婦の理/京極夏彦

斜め屋敷の犯罪/島田荘司

どちらかが彼女を殺した/東野圭吾

七回死んだ男/西澤保彦

マリオネットの罠/赤川次郎

398 :名無しのオプ:02/03/27 18:12
夏と花火と私の死体 乙一
すべてがFになる 森博嗣
ド(以下自粛)
バナナフィッシュにうってつけの日 サリンジャー
孤島の鬼 江戸川乱歩

399 :名無しのオプ:02/03/27 18:49
ド(以下自粛) =ドッペルゲンガー宮?

400 :名無しのオプ:02/03/27 22:01
いや、今議論されてた本なのであえて自粛
ドグ(以下自粛)

401 :名無しのオプ:02/03/27 22:22
ドグってハニー?

402 :密室雀:02/03/27 23:56
ドグ入りチョコレート事件だな、きっと。
君、ちょっと訛ってるぞ(w

403 :名無しのオプ:02/03/28 00:45
ドグ猫ホームズの推理

404 :名無しのオプ:02/03/28 01:43
ドクとミケをかけた403は、凄いと思いますよ!

405 :名無しのオプ:02/03/31 06:38
「バイバイ・エンジェル」笠井潔
矢吹駆シリーズ第1弾 探偵小説と哲学を見事に融合。

「神曲法廷」山田正紀
神の声を聞く探偵。後期クイーン的問題を一蹴するこの発想。

「ミステリオペラ」山田正紀
「この世には探偵小説でしか語れない真実
というものがあるのも、また事実であるんだぜ」
この文に痺れないやつはいない。

「絡新婦の理」京極夏彦
一人の人間がここまで緻密な構造を構築できるという驚愕。

「塗り仏の宴・始末」京極夏彦
京極堂シリーズメンバー総出演。説明不要。

406 :名無しのオプ:02/03/31 10:58
森博嗣『すべてがFになる』
宮部みゆき『火車』
東野圭吾『白夜行』
高村薫『マークスの山』
大沢在昌『風化水脈』

407 :名無しのオプ:02/03/31 23:15
マークスの山よかったねえ

408 :名無しのオプ:02/04/05 20:34
「ドグラ・マグラ」夢野久作
「匣の中の失楽」竹本健治
「殺人鬼」綾辻行人
「姑獲鳥の夏」京極夏彦
「すべてがFになる」森 博嗣

綾辻センセで「殺人鬼」選ぶ人、いないですねえ。
ゲエゲエいいながらも、
これほど衝撃受けた作品はなかったんですけど・・・。

409 :56:02/04/09 18:10
age

410 :A.M.:02/04/09 19:22
このスレッドにはとうに書き込んでいたと思ってたら、まだでした。
いろいろあって絞りきれませんので、短編のベスト5ということで。

『赤い密室』鮎川哲也……密室のトリックには脱帽
『偶然の審判』A・バークリー……間然とするところのない佳編
『九マイルは遠すぎる』H・ケメルマン……安楽椅子探偵の極致
『心理試験』江戸川乱歩……乱歩初期短編の中の傑作
『空飛ぶ馬』北村薫……心あたたまるクリスマス・ストーリー
                   (タイトル五十音順)

ううむ、五つに絞るのは至難です。時間がたてばまた変るだろうし。

411 :名無しのオプ:02/04/09 19:29
ほのぼのしみじみベスト5

「スイートホーム殺人事件」クレイグ・ライス
「戻り川心中(花葬シリーズ)」連城三紀彦
「空飛ぶ馬」北村薫
「おしどり探偵」アガサ・クリスティ
「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ(他スマイリー三部作)」ル・カレ

何か忘れてそうな気もする……。

412 :名無しのオプ:02/04/14 22:24
「時計館の殺人」 綾辻行人  
  新本格系の中では一番好き
「長いお別れ」 チャンドラー
  ハードボイルド系の中では一番好き 
「トワイライト・ミュージアム」 岡崎二郎
  コミック系の中では一番好き
「そして誰もいなくなった」 クリスティ
  海外ミステリの中では一番好き
「大鏡」 作者未詳
  歴史系の中では一番好き

413 :名無しのオプ:02/04/15 02:06
「凶手」 アンドリュー・ヴァクス
「雪の狼」 グレン・ミード
「追いつめる」 生島次郎
「毒猿」 大沢在昌
「初秋」 ロバート・B・パーカー



414 :名無しのオプ:02/04/15 10:37
まず、洋物

『さむけ』R・マクドナルド
 筆致・ストーリーテリング・全体を覆うムード・・・読むたびに溜息
『寒い国から帰ってきたスパイ』J・ルカレ
 何度読み返しても、(自主規制)目眩がするよ
 スマイリー3部作の重厚さには及ばないものの、「好き」ならこれ
『内なる殺人者』J・トンプソン
 とぼけてて軽妙なのが本質かと(表面はわりとダークだよ)
『エジプト十字架の謎(秘密)』
 こたつに蜜柑。冬休みの至福がよみがえる
『スティンガー』R・マキャモン
 B級だろうが、ページターナーってこれだよね(ミステリじゃなかった)

HB〜本格〜アクション系とそれぞれの古典から(マキャモン?)。
いっぱいあるはずだけど、徹夜明けの今の気分てことで。
ジャンルごとのベスト5なら・・ってスレの主旨とズレちゃうね。

415 :名無しのオプ:02/04/15 12:16
『白夜行』東野圭吾・・・東野の中で1番イイ!!サイコー。
『点と線』松本清張・・・すごいトリック。
『バトルロワイアル』高見高春・・・ミステリーじゃないけど。やっぱオモロイ。
『リング』鈴木光司・・・これも傑作でしょ。

4つしか思いつかなかった。
名作と呼ばれる『生きる屍の死』も読んだけど。
いまいちシックリこなかったよ。

416 :名無しのオプ:02/04/16 02:01
「呪いの塔」横溝正史・・・他スレでも書いたけど横溝作品で1番好き。
「黄色い部屋の謎」ルルー・・・なんで出ないのー?
「ひまつぶしの殺人」赤川次郎・・・コメディ色強いですが。
「占星術殺人事件」島田荘司・・・驚きました。
「白髪鬼」江戸川乱歩・・・乱歩はなんでも好き。

417 :見習い:02/04/16 02:42
「天河伝説殺人事件」内田康夫・・・浅見シリーズはよく読んだ。『天河』はトリック云々よりも雰囲気が秀逸。
「十角館の殺人」綾辻行人・・・とにかくあの『1行』のインパクトは叫び声をあげた。「殺人鬼」シリーズは好きだが綾辻の他の作品はあんまり。
「鬼畜」松本清張・・・『肉鍋を食う女』も捨て難い。
「眼には眼を」ジェフリー・アーチャー・・・『試行錯誤』も捨て難い。
「エナメルの靴」佐野洋・・・とにかくこの大作家の最高傑作。

次点
「芋虫」江戸川乱歩
「蒼穹の昴」浅田次郎
「来訪者」阿刀田高

418 :LOVE:02/04/18 02:19
あげ

419 :419:02/04/20 03:09
「スカイジャック」トニー・ケンリック
「スペードの女王」横溝正史
「サラブレッドの亡霊」井谷昌喜
「六番目の小夜子」恩田陸
「らんぼう」大沢在昌

420 :名無しのオプ:02/04/20 23:17
「空飛ぶ馬」北村薫
 この短編集の構成に唸らされた。配置が絶妙。
 夜の蝉、秋の花ときて、その次は・・・。
 この三部作(?)は必読。
「黄色い部屋の謎」・・誰だっけ(藁
 おちに、なんじゃそりゃ!と叫びたくなった。
 けれど、その発想力に脱帽。
「掌の中の小鳥」加納朋子
 ななつのこ、魔法飛行どれも良し。
 北村さんと作品傾向がかぶってるかな。
「バイバイエンジェル」笠井潔
 矢吹駆シリーズはお勧め。
 いま、オイディプス症候群を読んでいる。おもしろい。
「魍魎の匣」京極夏彦
 うーん、変態だねこの人は。
 うぶめの方がらしいかもしれないけど、私はこっちが好き。

421 :名無しのオプ:02/04/21 01:24
「占星術殺人事件」島田荘司
  私はコレで国産ミステリを読み始めました。
「絡新婦の理」京極夏彦
  京極堂では一番面白い。冒頭とラストの構成が良い。
「絃の聖域」栗本薫
  うまい!!! でもホモはやめてくれ。
「ナイルに死す」クリスティ
  メロドラマが好きなんです。
「Yの悲劇」クィーン
  衝撃度No.1。

次点
「バイバイ・エンジェル」笠井潔
  「哲学者の密室」も良いです。
「マーチ博士の四人の息子」オベール
  「森の死神」も良いです。



422 :名無しのオプ:02/04/21 02:09
『薔薇の名前』ウンベルト・エーコ
中世ヨーロッパたまらん。蘊蓄萌え。

『サマー・アポカリプス』笠井潔
矢吹シリーズで一番完成度が高いと思う。駆萌え。

『ミステリーズ』山口雅也
アイデアの奇抜さがいい。何度読んでも面白い。

『ホワイト・ジャズ』ジェイムズ・エルロイ
ダークで(・∀・)イイ!

『そして夜は甦る』原ォ
痺れる。


入れようか迷ったのはフロスト、カドフェル、ドッグ・イート・ドッグ、占星術、姑獲鳥。
5冊って迷う。

423 :名無しのオプ :02/04/21 02:59
綾辻行人『十角館の殺人』:本格との出会い
鮎川哲也『りら荘事件』:全部文句なしだけど一冊選ぶならこれ。
麻耶雄嵩『夏と冬の奏鳴曲』:この衝撃はある意味十角館を越えた。
京極夏彦『絡新婦の理』:美しい収束の仕方です。
天藤真『大誘拐』:これほどわくわくしたミステリはない。

ベストを選ぶのは難しい。やっぱり何らかの影響を受けた作品になるね。

424 :名無しのオプ:02/04/21 03:28
『キッドピストルズの妄想』山口雅也
マザーグースミステリの最高峰 山口作品はどれもすばらしい

『夏と冬の奏鳴曲』麻耶雄嵩
これが解けた人はいるんでしょうか

『フーコーの振り子』ウンベルト エーコ
薔薇十字とかテンプル騎士団とかあまり意味ないことに詳しくなれます

『鳥類学者のファンタジア』奥泉光
フォギータン(;´Д`)ハァハァ 

『毒入りチョコレート事件』アントニイ バークリー
多重解決ミステリの傑作

次点は京極の姑獲鳥の夏

425 :名無しのオプ:02/04/25 23:28
良スレなのでage

426 :sioyabyouinn:02/04/26 00:24
アガサクリスティ・・・終わりな夜に生まれつし:自分が読んだなかで
は初めて犯人が・・・だった小説

アガサクリスティ・・・ねじれた家:心地のよい後味の悪さ

綾辻行人・・・殺人方程式:メインの殺人犯の設定や物理的なトリック
は好きじゃないのにこの小説を選んだ理由は余韻の残るエピローグが
自分好みだったので

我孫子武丸・・・殺戮にいたる病:いやー二人の関係にだまされた

スティーブンキング・・・デッドゾーン:一流SFミステリー小説


427 :名無しのオプ:02/04/28 03:45
「占星術」島田
 初めて読んだ国内ミステリがこれ。幸せだったなー。

「十角館」綾辻
 二番目に読んだ国内ミステリがこれ。幸せだったなー。

「ミステリーズ」山口雅也
 作品のひねくれ方が好きだ。

「夜の蝉」
 文章が好きなので、時々読み返す。

「名探偵の掟」東野圭吾
 読んでいて少し悲しくなるところがいい。
 時々読み返す。

428 :名無しのオプ:02/04/29 13:03
全部読みたいあげ

106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)