5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

土屋隆夫を語るスレ

1 :名無しのオプ:2001/05/17(木) 06:21
無いようなので立てました

183 :名無しのオプ:2001/07/20(金) 00:59
DAT落ち防止age

184 :名無しのオプ:2001/07/20(金) 05:23
今更、「天狗の面」読んだけど、
第二の殺人、(mail欄)したという事実は検死で
分かると思うんですが。
横溝よりも、夢野の「いなか、の、じけん」を思い出した。

185 :名無しのオプ:2001/08/16(木) 19:18
DAT落ち防止age

186 :名無しのオプ:2001/08/16(木) 21:55
創元、刊行ペース上げてくれ!

187 :名無しのオプ:2001/08/21(火) 11:53
あげ

188 :名無しのオプ:01/09/26 22:15
このあいだ、土屋隆夫を初めて読みました。『不安な産声』。
あまり面白いと思わなかった。
もう一冊ぐらい読んでみた方がいい?

189 :名無しのオプ:01/10/29 18:30
>188
遅レスだがそれはおそらく土屋の最低作だぞ。
最高作は個人的には「危険な童話」。

190 :名無しのオプ:01/10/29 19:08
よく書店で見かけるのに、マジで?
推協受賞作かと思った。

191 :名無しのオプ:01/10/29 20:16
授賞作は「影の告発」だよ。
第16回 昭和38年(1963年)
  

192 :名無しのオプ:01/10/29 20:25
題名サンキュー!
これはお礼だよハニー(゚ε゚)

193 :名無しのオプ:01/10/29 20:46
>192
いらん!

194 :名無しのオプ:01/11/30 17:15
age

195 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

196 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

197 :名無しのオプ:01/12/22 01:17
age

198 :文学的後期:01/12/22 22:13
>188
私も最近『不安な産声』読みました。
多分そうだろうな、という結末でした。
それ自体はよくあることなので別に良いのです。
ただ、ご本人の『推理小説作法』の中で、
かなり自画自賛的に「独創」したと振り返っておられました。
また、画期的な手法(BY 郷原宏)だとか、
当時の文春の傑ミスで年間第一位になるだとか、
そういう評価がよくわかりません。
確かに文章は上手い、というか
読んでて推敲したくなるような箇所は少ないけれど、
あの手法のどこにそんな凄みがあるのか理解できんです。

 

199 :名無しのオプ:01/12/22 22:29
>>198
単なる文学コンプレックスの現れ(による過大評価)と思われ

200 :名無しのオプ:01/12/24 22:30
「不安な産声」は殺人の動機が理解を絶するが、
小説としては面白かったし、上手いと思ったよ。
「妻に捧げる犯罪」の方が酷くないか?

201 :名無しのオプ:01/12/25 19:09
「危険な童話」の凶器の隠し方には激萎え
「影の告発」のアリバイトリックは今見ると幼稚
「不安な産声」は犯人が可哀想

202 :名無しのオプ:02/01/04 10:58
どなたか『影の告発』について教えてください。
現場で発見された名刺が(メール欄1)だったのなら、
なぜ(メール欄2)を準備する必要があったのか
どうもよくわかりません。
どっか読みこぼしてる?
それともこれは「とるに足らない」ことなのでしょうか・・・
話自体は面白かったので余計気になります。助けて。

203 :ねつてつ 死ね死ね死ね死ね:02/01/11 12:35
ねつてつ 失業中ですんで

204 :名無しのオプ:02/01/18 17:07
さるべーじ

205 :名無しのオプ:02/02/04 10:19
保全age

206 :名無しのオプ:02/02/16 18:16
これから読むのでageます

207 :A.M.:02/02/22 11:22
ずいぶん昔に『林檎裁判』という短編を読んで面白かった記憶が
あるのですが、この作品は土屋隆夫でしたっけ? 題名もかなり
うろ憶えなので違っているかもしれませんが・・・・

208 :名無しのオプ:02/03/12 22:32
あげ

209 :名無しのオプ:02/03/23 09:39
重複age

210 :名無しのオプ:02/03/23 13:08
授賞式で言ってた「800枚の長篇」は出版されるのか?
この年になって執筆ペースが上がるとは……

211 :名無しのオプ:02/03/23 17:12
>ずいぶん昔に『林檎裁判』という短編を読んで面白かった記憶が
>あるのですが、この作品は土屋隆夫でしたっけ?
土屋作品だよ。タイトル表記は「りんご裁判」ね。角川文庫だと『泥の文学碑』に収録。
いま手に入る本だと、出版芸術社のハードカバー『私は今日消えて行く』に入ってる。

>授賞式で言ってた「800枚の長篇」は出版されるのか?
創元のHPには表紙の画像までアップされてるけど…。




212 :名無しのオプ:02/03/23 23:54
>>211
ホントだー。
『聖悪女』。せいあくじょ、と読むんだね。
しょうわるおんな、かと思った。
オッパイが3つある女が主人公……ウーム。
3月29日発売。楽しみ楽しみ。

213 :名無しのオプ:02/03/25 16:47
>オッパイが3つある女が主人公……ウーム。
おいおい、そういう表紙絵だってだけだろ!

214 :名無しのオプ:02/03/25 18:41
いや、内容もそうらしい<オパーイ3つ
土屋がちゃんと現代風俗を活写できるかどうかが肝だな。
ミレイの囚人もいっぱいいっぱいだったし。

215 :名無しのオプ:02/03/25 18:55
>いや、内容もそうらしい<オパーイ3つ
マジですか! なんとなく期待age〜

216 :名無しのオプ:02/03/31 19:55
ところで、光文社文庫買った人います?

217 :名無しのオプ:02/03/31 20:05
新装版ってだけだからねえ光文社、特典も何も無いから、創元で買った
ほうがいいかも。ってか、光文社と創元のいざこざはどうにかならんか。


218 :名無しのオプ:02/03/31 21:12
>新装版ってだけだからねえ光文社、特典も何も無いから、
長篇の後ろに短篇やエッセイが入ってるぞ。

219 :名無しのオプ:02/03/31 21:52
う〜ん、どっちがいいのかなぁ。
創元の方が高いというのはあるけど・・・。
両方買うのもなぁ。

220 :名無しのオプ:02/03/31 21:53
光文社のほうがカバーは丈夫だ(あんま関係ないけど)

221 :名無しのオプ:02/03/31 22:02
>>218
ああ!そうでしたか!ろくすっぽ確認しなかったから、
無知をさらけ出してしまった、アフォでした、ゴメンナサイ。
逝って来ます・…

222 :名無しのオプ:02/04/08 13:31
保全age

223 :名無しのオプ:02/04/08 14:30
ところで新作読んだ人!

224 :名無しのオプ:02/04/08 16:44
読んだYO

225 :名無しのオプ:02/04/08 17:01
>>224
ほんとうに乳が三つあるのか?

226 :名無しのオプ:02/04/08 17:39
>>225
「副乳」といって、女性にたまに出るものらしいです。
その副乳をもった女性が巻き込まれる犯罪が主題となってます。
ちなみに主人公の腿の付け根に小さくオパーイが一個あるのです。
表紙にもありますね。

227 : :02/04/08 18:28
こういうのはいかがですか?
http://www.dreamwater.net/z99/0000011.html

228 :名無しのオプ:02/04/23 20:09
あげとくか

229 :名無しのオプ:02/04/23 20:57
光文社文庫と創元推理文庫、今から買うならどっち?

230 :食いだおれさん:02/04/24 18:40
聖悪女どうだった?
この人の新作読むのはかなり勇気いるんだけど・・・

231 :名無しのオプ:02/04/26 06:24
密室学入門っていう短編を読んだ。「完璧な密室」が出てくるということだったので
期待したんだけどイマイチ。でもオチがついてるトコは良かった。
この人の短編で「驚ける」ヤツってあるのかな。
あればちょっと読んでみたいんだけど…。

232 :食いだおれさん:02/04/26 19:12
>>231
短編は『天国問答』(だったかな?)がよい。
「驚ける」ヤツは・・・・・・『加えて、消した』はどうかな?



60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)