5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

吹雪の山荘ものの傑作

1 :名無しさん@1周年:2000/11/25(土) 08:27
教えてよ

2 :愛・蔵太:2000/11/25(土) 08:47
『幽霊殺人』(アルカージイ+ボリス・ストルガツキイ)。

3 :天然八歩:2000/11/25(土) 13:21
『十二月の鍵』(ロジャー・ゼラズニィ)(笑)

4 :名無しのオプ:2000/11/25(土) 14:53
『星降り山荘の殺人』(倉知淳)

5 :くさつね:2000/11/25(土) 14:56
『かまいたちの夜』(プレステ)

6 :名無しのオプ:2000/11/25(土) 16:51
自分も『星降り山荘の殺人』(倉知淳)に一票



7 :名無しのオプ:2000/11/25(土) 17:51
ねずみとり/クリスティ

8 :名無しのオブ:2000/11/25(土) 18:41
殺しの双曲線

9 :名無しさん@1周年:2000/11/25(土) 19:08
>殺しの双曲線
よかったね!西村京太郎の最高傑作だった


10 :名無しさんのオプ:2000/11/25(土) 23:48
クイーン「シャム双生児の謎」
吹雪ではないが。

11 :名無しさん@田舎おっぱい。:2000/11/26(日) 00:04
クリスティ『シタフォードの謎』も
そんなシチュエーションじゃなかったっけ?

12 :名無しのオプ:2000/11/26(日) 01:40
崖の館

13 :>5:2000/11/26(日) 01:50
ゲームをいれるなっての。


14 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 02:05
>>13
小説版もでてます


15 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 21:06
age

16 :名無しのオプ:2000/11/26(日) 23:05
ある閉ざされた雪の山荘で(東野圭吾)

17 :名無しのオプ:2000/11/26(日) 23:58
>>16に一票。
でも、”吹雪の・・”ではない。

18 :世界@名無史さん:2000/11/27(月) 06:44
↑↑おれも一票。
   あとは、高橋克彦の『パンドラ・ケース』かな。
   動機に涙。

19 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 08:33
「孤島パズル」
「双頭の悪魔」もいいけどね


20 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 10:26
『時計館の殺人』

21 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 10:27
『迷路館の殺人』

22 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 16:08
20,21って吹雪の山荘じゃないやん

23 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 16:37
>22
「吹雪の山荘」の定義知ってる?


24 :21:2000/11/27(月) 17:27
だって時計館は鎌倉でしょ、雪降ってないやん。

25 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 17:34
ハァ?

26 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 17:39
雪降ってるとか降ってないとか関係ないんよ。何らかの
事情で外部と隔絶された状況が舞台となる作品を、ミス
テリでは「吹雪の山荘」物っていうの。これ常識。

27 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 18:44
ある閉ざされた雪の山荘で
面白かった〜

28 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 18:47
「孤島パズル」と「双頭の悪魔」にそれぞれ1票。

29 :24:2000/11/27(月) 19:32
<26
それは、CLOSED CIRCLE物じゃなかったっけ。

30 :24:2000/11/27(月) 19:34
<26
それはCLOSED CIRCLE物って言うじゃないの、あなたのほうこそ厨房だよ。

31 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 19:50
「霧越邸殺人事件」も一応雪絡んでなかったっけ。
あとタイトルもべたな「雪密室」とか。
ただ、雪密室は雪降っただけだから、これ入れると
かなり多くの作品が入るかもしれない。

32 :ねつてつ:2000/11/27(月) 19:54
ええと…
基本的に、CLOSED CIRCLE物=嵐(もしくは吹雪)の山荘物
と考えてよいのですよ。
ただ、「山荘物」っていういうだけあって、あるていどゴシックスリラーっぽい
枠組を考えるのが一般的ではありますが^^;;
登場人物も多数であることが望ましいので、クリスティーであれば「そして誰も
いなくなった」を推したいところ。
ただ、この作品は特に「孤島物」といったジャンルで考える人も多いようですが、
やはし変形の山荘物と考えてよいでしょう。
この辺の定義はかなりいいかげんではあるので、固く考えなくてもよいのでは?^^

33 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 19:55
霧越邸の雰囲気はたまらないですね。

34 :24:2000/11/27(月) 19:56
<32さん
御意

35 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 20:14
記号が逆

36 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 22:15
24=30
他人を厨房扱いして自分の無知を晒すとは恥ずかしい奴だな。
安易に「厨房」なんて書くからそういうことになるんだ。

37 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 23:16
「夏と冬の奏鳴曲」も雪降ってるよ。
孤島ものだし。

38 :名無しのオプ:2000/11/27(月) 23:23
「奇想、天を動かす」
山荘じゃなくて列車だけど(ワラ

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 23:51
アリサ・クレイグ『今宵は浮かれて』なんてどうでしょう。

40 :天然八歩:2000/11/28(火) 00:25
「吹雪の山荘もの」は警察(=科学的捜査)の介入を避けることにより、
名探偵が純粋推理のみによって犯人を指摘できるようにするのがその本
来の意図だから、「そして誰もいなくなった」みたいな孤島ものとは分
けて考えるべきでしょうね。(「そして誰も〜」は名探偵が登場せず、
したがって推理もない)
だから吹雪の止む前に名探偵が犯人を指摘するのがその正しい姿です。
もちろん「吹雪」である必要はなく嵐でも土砂崩れでもいいです(笑)

41 :名無しのオプ:2000/11/28(火) 08:12
age

42 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/28(火) 09:07
>「そして誰もいなくなった」みたいな孤島ものとは分けて考えるべきでしょうね。
んー、よく分からない。
『そして誰も〜』は名探偵が推理しないから駄目っていうこと?
まああれは特殊な例だと思うけど……。
CLOSED CIRLEならば孤島ものOKなんですよね?
「吹雪が止む=迎えの船が来る」ってことで。

でもそうすると『夏冬』や近藤文恵の『凍える島』は、『そして誰も〜』型に
なってしまうような。
二階堂の『奇跡島の不思議』はCLOSED CIECLEで良い?


43 :天然八歩 :2000/11/28(火) 10:57
>>42さん
すみません説明がヘタなもんで…
要するに吹雪の山荘(=CLOSED CIECLE)はもともと純粋パズラーを成立
せしめるための道具だて(科学捜査の非介入、容疑者の限定)なので、
パズラーではない「そして誰も〜」を吹雪の山荘ものというのは無理が
あると思ったのです。
パズラーならば別に舞台が孤島であっても吹雪の山荘と言っていいと思
いますが、外界と完全に隔絶されていることが必要条件なので、例えば
綾辻行人の某作品(笑)なんかは違うと思います。

44 :42:2000/11/28(火) 13:33
解説ありがとうです。
しかしそうすると、「パズラー」という条件の方が縛りが強いような……。

どこまでを「パズラー」と定義するかなんですが、『そして誰も〜』
は、読者にパズラーと思わせて読み進ませて、登場人物にも推理とか
させておいて、実は……とひっくり返す話なので、パズラーの亜流の
ようなものだと思うのです。
そうしないと『夏冬』や『凍える島』の立場がよく分からなく
なっちゃいそうなんで。

て、定義の話ばかりしても仕方ないので「吹雪の山荘もの」ですが……。
私がミステリー読み出すきっかけになった作品の一つ。
栗本薫『鬼面の研究』。
ミステリー初心者だった私は、舞台の作り方とかトリックとか、すごく
良く出来てるなーと感心したものです。
今読んでも割と好きなんですが、ただ、あの首トリックってパクリだ
とかいう話を聞いてがっくり。


45 :名無しのオプ:2000/11/28(火) 18:40
age

46 :ねつてつ:2000/11/28(火) 18:54
なんか物議をかもし出したみたいなんで、再登場。

さて、「そして誰もいなくなった」、確かにCLOSED CIECLEと考え
るには、本来の意図からすれば、ちょっと不適かも。番外、つーか
変形パターンですね。

ただ、言及そのものは、しといていいのでは?とも思う。
後のCLOSED CIECLE物には、結構これを意識してるような話、多いしね^^

で、正統派で一つ。
都筑道夫「最長不倒距離」
冒頭からCLOSED CIECLEの話が出てきてるもんね^^
すぐに出なかったのが不思議。

変形で一つ。
パット・マガー「探偵を捜せ」
犯人の側からすると、悪夢のようなCLOSED CIECLEですな^^

47 :42:2000/11/28(火) 20:11
あの……最初に私が打ち間違っちゃったのですけど……CIECLEじゃなくてCIRCLEに直しといてください、皆さん……

48 :名無しのオプ:2000/11/28(火) 20:12
私見では、事件の舞台そのものが「密室」状態に置かれている作品は
とりあえず「吹雪(嵐)の山荘もの」として括っていいように思いま
す。たしかに本格(パズラー)ものの用語、という印象は強いですけ
どね。…いやー、マトモなスレッドだなー。

49 :名無しのオプ:2000/11/28(火) 20:14
>>47
みんなコピペしてたのね・・・(笑)

50 :名無しのオプ:2000/11/29(水) 07:51
age

51 :名無しのオプ:2000/11/29(水) 16:03
age


52 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 23:51
今はもうない

53 :名無しのオプ:2000/11/30(木) 15:04
age

54 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 00:16
鉄鼠の檻

55 :名無しのオプ:2000/12/01(金) 00:39
月光ゲーム

56 :名無しのオプ:2000/12/01(金) 12:09
a

57 :名無しのオプ:2000/12/01(金) 12:30
q

58 :名無しのオプ:2000/12/01(金) 18:02
\

59 :名無しのオプ:2000/12/01(金) 22:00
:

60 :名無しのオプ:2000/12/02(土) 09:03
l

61 :名無しのオプ:2000/12/02(土) 10:39
p

62 :名無しのオプ:2000/12/03(日) 09:50
金田一少年

63 :名無しのオプ:2000/12/21(木) 01:32
ぴったりの季節だねage

64 :名無しのオプ:2000/12/26(火) 06:25
だれかが重複スレをたてないように上げ

65 :名無しのオプ:2000/12/30(土) 12:20
もう遅かったage

66 :名無しのオプ:2000/12/30(土) 18:37
絶海の孤島ものとして『なつこ孤島に囚われ』

67 :frew:2000/12/30(土) 20:21
「シャイニング」は入る?

68 :クローズ:2001/01/05(金) 22:05
すんません。
重複させてしまったのは私です。
でも、非常に参考になりました。
と、言うわけで「鬼面の研究」探しに行こっと

69 :名無しのオプ:2001/01/07(日) 04:46
ということは、「オリエント急行殺人事件」も入れていいの?

70 :ナナ:2001/01/08(月) 00:37
ゼロの罠・・作者の名前忘れましたが


71 :クローズ:2001/01/08(月) 00:49
「ゼロのわな」?
はじめて聞いた。どんなですか?(字あまり)


72 :名無しのオプ:2001/01/08(月) 03:15
ポーラ・ゴズリングの「ゼロの罠」のことですか?
たしか、早川ポケミスに入ってたような。


73 :名無しのオプ:2001/01/08(月) 03:23
ポーラ・ゴズリングの作品だよ。
絶版にはなっていないから探しましょう(ハヤカワ文庫)。

74 :クローズ:2001/01/08(月) 04:12
>72様、73様
どうもありがとうございます。
内容的にはおもしろいのでしょうか?

75 :72:2001/01/08(月) 04:39
おもしろいですよ。つーか、私にはおもしろかった。
同じ作者の「逃げるアヒル」もよいです。
ちょっとロマンチック・サスペンスって感じなんですけどね、この作者。
はらはらドキドキさせてくれます。

76 :名無しのオプ:2001/01/08(月) 04:42
よく覚えてないけど、ゴズリングというと
これと「逃げるアヒル」「ウィッチフォード連続殺人」がでるから、
読んで損はない。「モンキー・パズル」もあるけど。

ただ、ゴズリングに本格は期待するな。

77 :クローズ:2001/01/08(月) 16:08
なるほど、おもしろそうですね。ありがとう。
またいくつか、愛読書が増えそうです。
・・・ところで、チョット怖い「金雀枝荘の殺人」もあげておきます。

78 :名無しのオプ:2001/01/14(日) 02:00
age

79 :もぐもぐ名無しさん:2001/01/19(金) 05:10
全国的に大雪です。
どこかの山荘で殺人が起きているのでしょうか?

80 :名無しのオプ:2001/01/22(月) 11:41
「六色金神殺人事件」ひとつの町が、まるごと雪の山荘状態になって…

81 :名無しのオプ:2001/01/23(火) 18:37
やっぱ「殺しの双曲線」だなぁ。双子トリックがなんとも。


82 :名無しのオプ:2001/01/24(水) 11:14
実際に閉じ込められては無いのですが、東野圭吾の「ある閉ざされた雪の山荘で」
はナカナカ無い感じの設定ですね。まだ読み途中なんでラスト如何なのかは
解からんですが。

83 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 02:15
>46『最長不倒距離』は、あのスロープを樹をまたいで行くスキーの跡、というあまりに自明な<謎>?がさびしかったです。
「都築さん、なにやってるの」という感じ。物部太郎シリーズは第一作の『朱漆の壁に血がしたたる』(でしたっけ?)の方が数段勝っていた、というのが私の私的印象です。
ついでに、嵐の山荘候補、『シタフォードの秘密』はどうですか?あの時代の作として考えれば評価に値する、と思うのですが。
(「今書かれたのならもっともっと低い点」(クィーン)ですが)

84 :ねつてつ:2001/01/26(金) 02:27
>83
あのスキー跡の謎は、話の中では小道具というか、掴みなのでねえ…
そんなに鬼にされても^^;
で、「都筑」です。「都築」じゃありません。
それから、物部シリーズの第一作は「七十五羽の烏」です。
ついでに、「私の私的印象」というのは、ちょっとねえ…


85 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 06:31
>>84
くだらんとこにこだわるなバカ。

86 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 08:25
>>85
バカはお前だ。

87 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 08:26
>>85>>86
あ、バカは俺か。

88 :ほるすた院流水:2001/01/26(金) 10:54
オレもバカだが、
「『最長不倒距離』より『朱漆の壁に血がしたたる』の方が数段勝っていた」
のは真実だな。
ついでに言えばあのスキーのエピソードは何のためにあるのかようわからん。
邪魔っけ。
つかみや小道具ならちゃんと本筋と有機的な関連を持ってほしいぞ。


89 :ねつてつ:2001/01/26(金) 17:53
「最長不倒距離」つーか、物部シリーズの話。
都筑氏が自身の本格ミステリに対する姿勢を方法論という形で示した論説「黄色い
部屋はいかに改装されたか」とその実践としての物部シリーズですが、このシリー
ズ3作を通して読んだ人は、一作ごとに作風が変わっていることに、もちろん気づ
いているでしょう。
一作目の「七十五羽の烏」は、まさにモダンパズラー。各章ごとにつけられた作者
からのメッセージは、本線と直接関係ない章を「飛ばして読んでもかまわない」と
言い切っています。小説内での蘊蓄など、瑣末な部分はなるべく本線としての「謎
と論理」からは独立させるように書かれていますし、非常に無駄の少ない、純粋な
パズラーの形。実際、シリーズ中で僕が一番好きなのも、この作品です。
2作目の「最長不倒距離」は、本線と直接関係ない部分でも遊びを盛り込んだ話で、
いわゆる「よく売れているタイプのライトなミステリ」に、モダンパズラーの硬質
なロジックを持ち込むとどういう形になるかという一例。大体、冒頭の抜粋シーン
からもテレビの2時間ドラマっぽい形であることは、わかるでしょう。シュプール
の謎を提出したそのやり方は、昔の大道芸人の口上をルーツとしてテレビに受け継
がれた、見世物における人寄せの手法なのですね。ただし、本線から外れた部分で
もロジックに重きをおいたこの作品、ちょっとクドいという印象を抱く人もいるの
では? まあ、そう考えればシュプールの謎や、風呂場の声みたいに、ごくあっさ
りとした解決で流すことは、そう悪いこととは思えないのですがね^^
そういえばこの話、角川文庫版の解説が赤川次郎だったなあ…
3作目の「漆の壁に血がしたたる」は、一般から公募した謎を小説内で解くという
形で始まった話なのですが、意識としては横溝タイプの「日本における王道的本格」
にモダンパズラーを持ち込んだ形と考えていいでしょう。その分、ロジックそのも
のは薄めに設定され、必然にウェイトをおいているようです。都筑氏、この作品で
犯人が使うある方法が気にいったようで、後の作品でもアレンジしながら使ってい
ますよ。
ここまで書いてきて、物部シリーズの3作はどれも本格の未来の方向性を模索した
作品なのだなーと、改めて思う次第。30年くらい前に、すでにこうした試みが存
在していたというのは、感慨深いものがありますねえ。現在の日本ミステリは、こ
のシリーズの位置からどれだけ進んでいるのでしょうか…
尚、定着こそしませんでしたが、当時、「新本格」とされていたのですよ、都筑道
夫大先生は^^


90 :ほるすた院流水 :2001/01/26(金) 18:13
「七十五羽の烏」はそれほどの傑作とは思えん。
犯人限定の決め手とされた、柱の名刺のロジックは強引すぎる。
それから犯人を当てられまいとするあまり、作者がミスディレクション
を弄しすぎている。終わり近くで早苗がほとんど必然性無く死んでし
まう所とか。
「七十五羽の烏」で味わうべきはロジック以外の部分だな。カードの城
なんかのペダントリとか、各章の始めに4行詩を入れる趣向とか、田舎
の旧家の雰囲気描写とか…
そういったものがミステリとしての骨格の貧弱さをカバーしているんで、
一見傑作に見えるんだろう。


91 :名無しのオプ:2001/01/26(金) 21:18
私の私的印象では都築さんはちょっとねえ

92 :いちご姫:2001/01/27(土) 00:41
>84
 今日訂正を入れようときたら既に指摘してくださっていてありがとうございます。
>90
 私も、ほるすた院流水さんの『七十五羽のカラス』評には概ね賛成です。
ただ、最初に読んだ時の角川文庫版の装丁は印象的だったです。

93 :アイロン女:2001/01/31(水) 22:44
ありきたりな議論だけど
これだけ携帯電話が普及した現代を舞台に
「吹雪の山荘もの」を設定するためには
作者はどんなテクニックを使用すればいいのでしょう?


94 :名無しのオプ:2001/01/31(水) 23:11
>>93
携帯電話妨害装置の普及を待つ、
ってネタをどこかで読んだ気がする。
確かにコンサートホールや映画館にはいずれ標準装備されそう。

95 :アンチケータイ:2001/02/01(木) 00:48
>>93 カンタンだよ。
登場人物全員がポリシーで携帯電話をもたない人物に設定すればいい。
あと、登場人物が全員がケータイなど絶対に操作できないようなお年寄りもしくはガキンチョであるとか。


これじゃあバカミスじゃねーかー!俺逝きます。失礼しました。



96 :名無しのオプ:2001/02/01(木) 02:18
>>93
全員PHSで相当田舎に引きこめば、純粋に電波届きません。
これを利用してみれば?

他には、ペースメーカー付けた重病人がグループの中にいるとか。

97 :名無しのオプ:2001/02/01(木) 02:40
みんな溺れて、無人島に流れ着く。
携帯は濡れて壊れたとさ。


98 :名無しのオプ:2001/02/01(木) 03:00
ケータイ電話のないパラレルワールドを舞台にする。

99 :名無しのオプ:2001/02/03(土) 21:47
携帯電話のこと。圧倒的な猛吹雪で基地局がダウンしたら
いいんじゃない?
と、北海道の吹雪のニュースを見て思う。


100 :名無しのオプ:2001/02/03(土) 21:48
というより、今でも携帯使えない地域はヤマのようにあるの。
でもって、そこにも集落が、それも謎めいた宗教がらみのね。

101 :奥さまは名無しさん:2001/02/04(日) 11:06
age

102 :ねつてつ:2001/02/04(日) 18:26
別に携帯使えたからって、吹雪の山荘の設定に、それほど差し支えがある
とは思えないなあ…
要するに、登場人物の限定して、外部犯の可能性を潰すパターンだしね。

103 :クローズ:2001/02/04(日) 23:29
>102
そうですね〜
霧舎さんの「ドッペルゲンガー宮」では携帯使いまくってたし・・・
・・・私がこの作品を面白くなかったと思った原因の一つですが・・・・・

104 :名無しのオプ:2001/02/04(日) 23:39
>>102
警察と連絡とれちゃまずいでしょ。

「現場保存第一ですから一部屋に固まって誰も動かないように!」
・・こうして吹雪がやむまで事件は再発せず、
その後の警察の調査により毛髪発見。犯人逮捕。
とかね。

105 :ねつてつ:2001/02/05(月) 12:09
>104

とは言え、閉じ込められた中の一人が警察関係者みたいな話もあるしなあ…
登場人物同士の人間関係や、性格のエキセントリックさでカバーできる範囲。

106 :ねつてつ:2001/02/05(月) 15:34
吹雪の山荘物、いわゆるクローズド・サークル(以下、CCと略)と呼
ばれているおなじみのパターンは、本質的にどういう物なのだろう?ちょっ
と疑問に思ったので、考察。

CCは、その発生から2パターンに分けることができます。一つが吹雪、
火災、土砂崩れといった予期せぬ自然災害によってCCが形成される物。
アクシデント型CCですね。
もう一つが、シェルター、実験施設、タイマーロックなどの、あらかじ
めCCになることが関係者全員かその一部にわかっているという物。シ
ステムによる人為型CCです。
孤島物などは、グループで孤島に旅行に行く話なら人為、船が漂流して
孤島に流れつく話はアクシデントと考えられます。CC物において作者
の狙いは、閉鎖状況におけるサスペンスと、警察の鑑識に頼らない推理
といったところでしょうか。実は容疑者の限定というのは、大して意味
がないのかも。というのも、翻訳物で登場人物欄があるのと、効果とし
ては一緒だからです。推理の前提で「犯人はこの中にいる!」なんての
は、普通のミステリでもやってるしね。

次に問題になるのは、犯人の計画。あらかじめ犯人が犯行を計画してい
た場合、アクシデント型なら、その計画は警察の介入を計算にいれてい
た物と考えるべきでしょう。人為型でも、最後には警察による検証が行
われることは犯人にとって自明のはずです。
もしも事件が突発的な犯行で、犯人に計画がなかった場合でも、やはり
警察の介入は、無視できません。いつか外部と連絡がとれる時がくるは
ずなのですから。
つまり、CCという設定においても、警察は必ず介入するのですね。早
いか遅いかの違いだけです。確かに、早い段階で警察が介入すれば現場
封鎖や関係者の分断と監視、科学捜査等、犯人にとっては不都合な状況
にはなるのですが、最初から犯人の目的がたった一人の殺害だったりし
た場合、CCである必要は、それほどありはしないのです。むしろCC
でない方が、容疑者の限定を妨げてくれるので好都合。
そう、CCで外部への連絡を絶たなければならない場合というのは、実
は限られているのです。特に犯人が電話線を切ったりするような場合、
それは警察の介入をできるだけ遅らせるためで、一種の時間稼ぎなんで
すね。

以下、ネタバレではなく、普通に考え得るパターンとして。

1.捕まることを予測しており、逃げる時間を稼ぐため。
2.死体の死亡時刻を曖昧にする、死体そのものを処分する、証拠品を
  隠滅するといった、偽装工作のための時間稼ぎ。
3.他にも殺したい相手がいて、邪魔されたくない。
4.罪を被せたい相手がおり、自分が探偵役になって糾弾するか自殺と
  みせて殺す計画がある。
5.複数の人間が犯人か、CC内の人間を犯人側に取り込む計画があっ
  て、口裏を合わせる時間が必要。
6.犯人の正体に気づく人間がいる恐れがあり、その人物に連絡を取ら
  せると不都合。
7.実はCCではなく、外部に連絡をとられるとそれがバレてしまう。

特に多いパターンは、2、3、6でしょうか。対して、偶然に連絡が断
たれる場合は、作者の都合。主に閉鎖状況のサスペンスを高める演出で
しょう。

さて、そうなると別に外部との連絡が取れたとしても、犯人にとって不
都合ないパターンもありそう。いくつか思いつきました。

しかし、こういう風に考えると、CC物を読んだり書いたりする時に考
えるヒントが出てきそうですねー
普通に考えると、アクシデント型で連続殺人の場合、犯人は最初の被害
者だけを殺す予定で、それ以降の殺人はアクシデントと考えれば、早め
にネタが割れそうだ。だって、警察の介入を計画に入れてる以上、確実
に殺せるのって、最初の被害者だけだろうしね。まあ、それを逆手に取
るパターンもありそうだけど^^

結論:クローズドサークルは携帯電話の使用ごときで揺らぐ物ではない

107 :名無しのオプ:2001/02/05(月) 17:52
a

108 :名無しのオプ:2001/02/05(月) 18:50
安楽椅子探偵ならぬ電話口探偵なんてのも面白いかな…
そういう作品、既にあるような気もするけど

109 :ねつてつ:2001/02/05(月) 20:27
黒崎緑〜

110 :名無しさん:2001/02/27(火) 23:23
age

111 :名無しのオプ:2001/02/28(水) 00:13
きのう新宿でめちゃくちゃうんこしたくなって、
近くのデパートに入って店員に「トイレどこですか?」
と訊いた……つもりが、「うんこどこですか?」と訊いてしまい、
大恥をかいてしまったのはここだけのひみつだ。




112 :名無しのオプ:2001/02/28(水) 00:15
ディックの『死の迷路』とかはここに挙げちゃダメかしらん。

113 :104:2001/02/28(水) 01:27
うーん・・確かに基本的には
>クローズドサークルは携帯電話の使用ごときで揺らぐ物ではない
とは思うけど・・

ねつてつさんも言及されてるように
>犯人が電話線を切ったりするような場合
がある以上、やっぱりまずい気がするなぁ・・・

警察の指示を仰げないとしても、脱出策が出ることもあるだろうし。
橋が落ちた、とか。

114 :104:2001/02/28(水) 01:47
概ねCCに関する理論はねつてつさんに同意します。

作者側は
・容疑者の”自然な”限定
・科学捜査(警察の捜査)の”自然な”排除
が狙える。
作中の犯人は
・殺害対象が逃げられない
・警察介入を一定期間阻止できる
・その他、計画遂行に不利な人物や要素の排除
くらいが合理的理由だろうか。
ただ、実際には
・最終的に警察介入を阻止できない
・容疑者を自ら限定してしまう
というデメリットがあり、現実的ではない。

115 :104:2001/02/28(水) 01:57
その上で「携帯電話の使用」について考えますと

上にも挙げましたが
・科学捜査(警察の捜査)の”自然な”排除
・警察介入を一定期間阻止できる
という点においてCCの意義が薄れますし、
(そもそも警察関係者がその場にいて、
事件が続けざまに起きるなんておかしいんですよね)
・その他、計画遂行に不利な人物や要素の排除
という点でもまずいわけです。
(友達に電話で聞いたら知り得ない動機が・・ってことも)

無論、携帯電話の普及した現代において
携帯電話一つで壊れるような犯罪計画なんて穴だらけなんですが。

116 :日本@名無史さん:2001/02/28(水) 13:38
>104、115
>・科学捜査(警察の捜査)の”自然な”排除
>・警察介入を一定期間阻止できる

携帯が使えるからって、実際に現場検証などができなければ、
上記は特に問題がないのでは?


117 :>>116:2001/03/01(木) 00:28
>>104
>「現場保存第一ですから一部屋に固まって誰も動かないように!」
>・・こうして吹雪がやむまで事件は再発せず、
>その後の警察の調査により毛髪発見。犯人逮捕。


118 :名無しさん:2001/03/07(水) 00:51
今まで挙がったもの以外にも、面白い作品あったら教えてください

119 :名無しのオプ:2001/03/07(水) 01:24
西澤保彦の作品でも上げておこう。
吹雪きの山荘こそないが、
「夢幻巡礼」、「殺意の集う夜」は一応嵐の山荘。
(両方ともおれは面白いと思ってるよ)
ほかにも、「人格転移の殺人」がクローズドサークル。
この人の場合、まともな警察捜査が入る方が少ないかもね。

120 :電脳山荘殺人事件:2001/03/07(水) 01:52


121 :氏名トルツメ:2001/03/07(水) 02:54
>>119
まともな警察捜査じゃ解けないだろうが<西澤

122 :名無しのオプ:2001/03/07(水) 06:28
いや、探偵役がのっぴきならない事情で
自己解決を迫られるものもある。
まともな警察捜査で解決させない、が正解。

123 :名無しさん:2001/03/13(火) 00:09
age

124 :名無しのオプ:2001/03/13(火) 00:34
CCモノで思いだしたけど、森博嗣が前に、
「電話線が切られたなら、繋ぎ直せば良いのに」って言ってた。

125 :名無し:2001/03/13(火) 05:18
>124
ホントその通り。
つか、森博嗣らしい。

前にもあったが、「霧越邸」は面白いね。
ただ、綾辻作品の中ではあとの方に読んだんで、
オチがちょっと予想できて残念だった。

126 :日本@名無史さん:2001/03/13(火) 16:07
>117
それって116氏に答えているつもりなのかな?

127 :名無しのオプ:2001/03/17(土) 05:25
設定でいえば、小池真理子の「死に向かうアダージョ」も冬の山荘だった
ような気がする。結構面白かった。

128 :名無しさん:2001/04/03(火) 02:41
age

129 :名無しさん:2001/04/27(金) 15:08
あげ

130 :名無しのオプ:2001/04/27(金) 15:27
近藤史恵「演じられた白い夜」も一応雪のために閉じ込められてました。
ぬるい話だったが・・

131 :名無しのオプ:2001/04/28(土) 01:43
age

132 :名無しのオプ:2001/04/30(月) 17:04
笠井編の「八ヶ岳雪密室の謎」読了。
どこまで本気にしたら良いやら・・・

133 :さすらい:2001/04/30(月) 19:06
いくつか吹雪の山荘ものを読んだ後で、
東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」を読みましょう。
なんちゅうか、発明です。

134 :名無しさん:2001/05/13(日) 00:11
age


135 :名無しのオプ:2001/05/14(月) 00:42
皆さんに聞きたいんですが、CCもので
外部犯が犯人だったっていう作品があるのでしょうか?
ある意味すごい作品なのではないかなと・・
ネタバレになる恐れがあるので、あるかないかだけで結構です。

136 :名無しのオプ:2001/05/14(月) 01:27
>外部犯
やっぱりあれ(Mail欄)でしょう。

137 :名無しさん:2001/05/16(水) 11:46
age

138 :名無しのオプ:2001/05/16(水) 12:24
>136
初読以来十数年・・・
懐かしくてもう一度読んだら
・・・まただまされた!・・・とほほな俺

139 :ixi:2001/05/16(水) 14:11
>>106
ねつてつ殿。
1-7以外の理由のCC物はありませり。
非常に面白くないんだけど、吉村達也「トリック狂殺人事件」
感心した。

140 :ねつてつ:2001/05/17(木) 16:19
>ixiさん
情報どうも。今度図書館で見つけたら、借りてみましょう^^

で、最近読んだ作品で、ちょっと面白い形の物を紹介。

『最後から2番目の真実』(氷川透)
実際に読まれた方は「CCではないんじゃ?」と思う
かも知れないのですが、これをCCの変形と考えると、
なかなか面白いアイデアではないかと思うのです。
CCと携帯電話等の情報伝達手段を結合させる方法と
して、CCを(メール欄)によって完成させるという
アイデアは非常に示唆にとんでいます。CC物の新し
いパターンとして、お楽しみ下さい。
ただし、原型となるパターンとして、西澤保彦の某作
品が近い位置にあること、作品自体に疑問点が多いこ
となど、不満もちょっとあるのですがね^^

141 :名無しのオプ:2001/05/17(木) 17:13
ほんとにつまらない作品だが
積木鏡介「誰かの見た悪夢」も一応閉ざされている。
雪は降ってなかった気がするのでsage

142 :名無しのオプ:2001/05/17(木) 19:46
>>141
だから雪は関係ないって。下がってないし。

143 :名無しのオプ:2001/05/18(金) 01:06
氷川透だと「密室は眠れないパズル」もCCものかも。

144 :ねつてつ:2001/05/20(日) 16:45
ああ…
『トリック狂〜』、読みました…
まあ、考え方としては、斎藤肇の作品とか
思わせて、ふむふむって感じでしたね。

だが、オモロないわ、これ^^;
作者によるあとがきでは映像化を狙ってい
たそうだが、土ワイ向き。
あまりオススメできません^^;;


145 :ixi:2001/05/21(月) 00:49
>>144
吉村達也は基本的に面白くないから。
けど、アイデアは時々いいのを出すのです。

146 :名無しのオプ:2001/05/26(土) 21:27
名探偵の掟(爆)

147 :名無しのオプ:2001/05/27(日) 12:12
名探偵つながりで「名探偵に乾杯」。
偉大なる前座の犯罪。

148 :名無しのオプ:2001/06/13(水) 11:36
久々にあげ

149 :名無しのオプ:2001/06/13(水) 12:23
死の命題 門前典之

150 :トライパス:2001/06/13(水) 12:41
 「魔の淵」。「死体はスキーをしない」。これ山荘じゃなくてホテルだったかも。

151 :ねつてつ:2001/06/13(水) 16:15
パトリシア・モイーズなんて、久しぶりに聞いた^^
懐かしあげ。

152 :黒猫缶:2001/06/13(水) 16:44
『トリック狂〜』はアイデアは良いと思いましたよ。
トリックとしてはパターンに分類されてしまうモノではあるけど。

映像化(映画化だった気がするけど)ってのはラストシーンの
ヘリコプターですね。「こんな話が映画化するわけないだろ!」
と突っ込んでしまいましたが(藁

153 :名無しのオプ:2001/06/21(木) 06:42
サルベージage

154 :名無しのオプ:2001/06/28(木) 15:50
上遠野浩平の『紫骸城事件』も、いちおうCCだろ。
異世界ファンタジーだから、警察捜査は無しだけど。

155 :名無しのオプ:2001/07/17(火) 12:21
何か面白い本無いの?

156 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

157 :名無しのオプ:2001/07/18(水) 05:11
ガイシュツだけど倉知淳「星降り山荘の殺人」

158 :らいつびる:2001/07/18(水) 22:44
もしかして、誰も書いてない?

「そして扉が閉ざされた」岡嶋二人

これに一番驚いたけどなぁ。
あ、でも厳密に言うと、
全体を通してクローズドではないか・・・。

159 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

160 :名無しのオプ:2001/07/24(火) 11:40
紹介されていた「ある閉ざされた雪の山荘で」読みました。
これって一種のパロディ?

161 :名無しのオプ:2001/07/24(火) 11:44
「ある閉ざされた〜」
好きな人多いね。私はすっごいつまらなくって、すぐ売っちゃった。

162 :名無しのオプ:2001/07/25(水) 01:23
雪山の山荘に閉じ込められる、という不自然なシチュエーションに
説明をつけたところは大したものだと思ったな。

163 :凡人:2001/07/25(水) 02:17
まぁ色々読んだが金田一の山荘ものは多いよ。
文庫の電脳山荘は結構面白かった。

>トリック凶
結構面白かった。俺は楽しめるものは駄作でも楽しめてしまうほうだから。吉村作品は
外れが少ないイメージがある。俺だけかもな。

>ある閉ざされた
東野作品はほとんど読んだけどこれが最高につまらない。東野作品は外れが少ないので
残念。

>星振り
やられた。(w つかむしろやられたほうが幸せかも

>そして扉が
岡嶋いいっすね。珊瑚礁とチョコレートと扉が好きかな。99%とクラインはまぁまぁ。
井上夢人がまだ未読なのでこれから読みます。

ここ参考に未読の読むかな。感謝age

164 : :2001/07/25(水) 02:33
俺が思うに今年の最高CCは小野不由美『黒祀の島』 だな

165 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

166 :名無しのオプ:2001/08/03(金) 00:56
age

167 :名無しのオプ:2001/08/06(月) 12:50
age

168 :名無しのオプ:2001/08/06(月) 13:58
未完成もなかなかだよ

169 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

170 :名無しのオプ:2001/08/07(火) 14:45
age

171 :名無しのオプ:2001/08/11(土) 12:52
age

172 :名無しのオプ:2001/08/21(火) 00:02
age

173 :名無しのオプ:2001/08/25(土) 17:37
あげ

174 :名無しのオプ:01/08/29 10:26 ID:9Xoo.UE6
他にも面白い作品ありますか?

175 :名無しのオプ:01/09/08 00:59
age

176 :名無しのオプ:01/09/11 14:53
小池真理子の、夜ごとの闇の奥底で はすごい
面白かった。

177 :176:01/09/11 15:01
あと、折原 一 の、望湖荘の殺人。
これは、嵐の山荘に閉じ込められます。

178 :名無しのオプ:01/09/18 00:42
afe

179 :名無しのオプ:01/09/18 03:07
「シャム双子の謎」E・クイーン

山火事で閉じ込められるのって、これくらい?

180 :名無しのオプ:01/09/25 12:15
「星降り山荘の殺人」は、確信犯的アンフェアな作品ではないか。

181 :名無しのオプ:01/09/25 12:17
山火事ではないけど、
サバンナが燃えてるのは、アップフィールドの作品。
題名は忘れた。

182 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

183 :名無しのオプ :01/09/26 01:53
最近でたもので面白いと思うCC物を教えて下さい。

184 :名無しのオプ:01/10/03 02:28
あげ

185 :名無しのオプ:01/10/14 18:21
吉村達也 「トリック狂殺人事件」
CCは好きで結構読んでいるが、この作品は最悪、ワースト1
途中までは面白く読めたが、謎解きで一気に興醒め、
なにしろトリックがヘタレすぎる。
ページをめくる度に怒りと虚しさが押し寄せてきた。
さらに、あとがきで、
「この発想は新しいのではないでしょうか」
のコメントに怒り爆発!
吉村よ二度とCCは書くなっ!!

186 :名無しのオプ:01/10/19 03:46
東野圭吾『名探偵の掟』の「密室の理由」なんかはどう?
一応、吹雪で山荘。
関係ないが、この『名探偵の掟』は笑えて楽しめるけど、『〜呪縛』の方は
クソだったな。

187 :名無しのオプ:01/10/27 16:19
age

188 :名無しのオプ:01/10/27 16:30
がいしゅつだが、西村京太郎「殺しの双曲線」。

189 :名無しのオプ:01/10/27 20:54
>>185
激しく同意
読み終えたら速攻ゴミ箱へ
まあブックオクで\100で買ったのだからいいけどさ

190 :名無しのオプ:01/11/01 02:22
age

191 :名無しのオプ:01/11/06 20:56
容疑者全員が警察の介入を避けたいと思う場合、CC物に当てはまるのでしょうか?
例えば、犯罪者組織のようなものがありその中で1人他殺体で発見された場合、
容疑者全員は警察に連絡を取れるのだが、
全員過去に何らかの警察のお世話になりたくは無い理由が出来ている訳だから
敢えて警察への連絡を取らないわけですが。

192 :名無しのオプ:01/11/11 16:25
ねつてつさんが定義したCCのパターンの7番目がよくわからないのですが・・・
代表的な作品か何かありますか?

193 :ねつてつ:01/11/11 17:04
>192

>106で挙げたパターンは、ネタバレとしてではなく、人為的にCCを形成する理由
として、可能性がありそうな物を数え上げていったものです。
ですから、もちろんあれ以外のパターンがあっても不思議じゃないし、実際、ある
わけです^^
尚、7番目のパターンに「近い物」としてはメール欄とかそうじゃないかな?
Y.A氏の作品です。

194 :名無しのオプ:01/11/23 23:37
>>185
「トリック狂〜」はワースト3に入る駄作!
例の物理トリックのハチャメチャぶりもさることながら、
吹雪の山荘もので、シリーズの探偵出すってのが激しく萎え。
浅見光彦が「そしてだれもいなくなった」に登場するのを想像すればいい。

195 :名無しのオプ:01/12/02 01:37
age

196 :名無しのオプ:01/12/07 15:58
>194
吹雪の山荘ものしかないシリーズ探偵もありますが?
有栖川有栖の江神シリーズとか。

197 :名無しのオプ:01/12/07 17:58
「星降り山荘の殺人」レベルの作品、最近ので何かある?

198 :ヴァン:01/12/07 18:01
閉ざされた雪の山荘で・・・

199 :ヴァン:01/12/07 18:04
>>197
この作品はおもしろくなかった・・・。

>>196
ありますよー。
じょうまえさん。といえばわかるかな・・・。
ラグナロクやマリオネット等

200 :名無しのオプ:01/12/07 18:05
「星降り」は、作者に探偵の定義について問いただしたい。

201 :名無しのオプ:01/12/07 18:20
>>198
それは読みました。
犯人が限定されてて、ロジック重視、今年出たやつであるかな?

>>199
ラグナロクって霧舎のやつ?つまらなかったけど。
マリオネットは知りません。

202 :ヴァン:01/12/07 18:24
>>201
そうです。巧のやつです。
つまらなかったですか・・・。

アリスの46番目の密室とか?

203 :名無しのオプ:01/12/07 18:31
>>202
46番目の密室か...つまらなかったな。

「星降り」と「殺しの双曲線」「閉ざされた雪の山荘で」がベスト3だな。
クイーンから入った、ロジック重視のファンとしては、
読むべき作品が限られてる今の世は生き難い...

204 :名無しのオプ:01/12/07 18:45
「殺しの双曲線」

205 :名無しのオプ:01/12/17 08:51
かまいたちの夜

206 :名無しのオプ:01/12/17 10:26
202 :ヴァン :01/12/07 18:24
>>201
そうです。巧のやつです。
つまらなかったですか・・・。

こちらにどうぞ。擁護派は皆無なので
ぜひとも盛り上げてください。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/981536136/l50

207 :ねつてつ 消えろ!!死ね!キチガイ:01/12/26 12:25
死ね死ね死ね ねつてつ 死ね死ね死ね

208 :名無しのオプ:01/12/27 21:33
リュイス ・シャイナーの 輪廻 謎解きではありませんが異様な読後感にとらわれた記憶があります。
初心者で題名にカギカッコをつけられませんでした。

209 :名無しのオプ:02/01/10 18:19
ねつてつ 失業中ですんで

210 :名無しのオプ:02/01/12 03:40
ベストは殺しの双曲線かな。
何回繰り返し読んだか分からん。
西村京太郎もこの手の作品書いてたんだね…

211 :名無しのオプ:02/01/12 10:25
>>210
そうね。あれはいいね。
西村に偏見持っている人には、ぜひ読んで欲しい傑作

212 :名無しのオプ:02/01/12 15:23
>>210-211
殺しの双曲線は何度も読み返した。いいよな。

213 :名無しのオプ:02/01/12 15:29
http://www.sex-jp.net/dh/01/

214 :194:02/01/13 03:43
>>196
江神は本格ミステリのキャラでしょ。
私が言ってるのは、いわゆる通俗物の主人公。
浅見のほか十津川警部でも可。

215 :名無しのオプ:02/01/27 23:54
金田一少年の「電脳山荘」はかなり良かった。

216 :名無しのオプ:02/02/03 17:19
age

217 :名無しのオプ:02/02/03 18:08
漫画ですが
かわぐちかいじ+福山・・(カイジつながり?)の『告白』(アッパーズコミック)

吹雪の中遭難した男二人。
死を覚悟した男は,かつて主人公の恋人を殺したと告白する。
その後山小屋を発見し遭難から免れることができたが,
告白した男が殺人を知ってしまった主人公を亡き者にしようと襲いかかってくる・・・。

山小屋での一夜をつづったミステリー漫画です。



218 :名無しのオプ:02/02/03 19:01
>>>215
あんなもの良いって思ってるのか?

219 :名無しのオプ:02/02/03 19:17
>218
215ではないが読んでから言ってくれ

220 :名無しのオプ:02/02/03 23:04
>>218
金田一少年の「電脳山荘」は初期の漫画とちがい、ほとんどオリジナルだよ(藁

221 :名無しのオプ:02/02/03 23:17
>210,211,212
殺しの双曲線ってそんなに良いか?
クリスティのパクリじゃないかと思うのだが?
西村本人も何かのアンケートでクリスティを尊敬するあまり思わずパクってしまった作品が代表作といわれはずかしいというようなことを言っていたが、
これって殺しの双曲線のことじゃないか?

222 :名無しのオプ:02/02/04 20:24
>>210=>>211=>>212

223 :名無しのオプ:02/02/04 23:36
>>222
するどい!(w

224 :名無しのオプ:02/02/09 22:59
携帯を使用しても、直接は問題ないでしょう。

225 :名無しのオプ:02/03/04 02:54
age

226 :奥様は名無し:02/03/06 00:07
山荘って電波の届かない地域にありそうですよね。

227 :名無しのオプ:02/03/06 15:39
>>222
おれ210だけど、違いますYO!

228 :名無しのオプ:02/03/06 17:51
俺、関係ないけど「殺しの双曲線」は名作だと思うよ。

229 :名無しのオプ:02/03/06 19:24
雪山ものの最高傑作はかまいたちの夜と言わざるやおえないな。
あの、臨場感といい雰囲気といい、
見事にハマッタ推理ゲームだ。
最後の殺されるシーンには震えたよ。

230 :212:02/03/06 19:30
>>222
私も違うぞ。

231 :名無しのオプ:02/03/06 20:27
>>229
トリックは萎えるが、バッドエンドルートの展開はすごいな
嵐の山荘の被害者の恐怖体験が出来る

232 :名無しのオプ:02/03/06 20:51
ストック真理には真犯人も勝てないだろう。

233 :名無しのオプ:02/03/10 14:06
金田一少年は大トリックのオンパレードだ。
だってパクってるから(プ

234 :名無しのオプ:02/03/12 23:23
仮面山荘殺人事件はお手軽で面白い

235 :名無しのオプ:02/03/14 11:23
「そして誰もいなくなった」

236 :名無しのオプ:02/03/24 18:03
そして誰もいなくなる

237 :名無しのオプ:02/03/29 11:40
本当に誰もいなくなった

238 :名無しのオプ:02/03/29 12:48
――吹雪の山荘ものの傑作第一部 完――

引き続き第二部が始まるかもしれません。始まった場合はお楽しみ下さい。

239 :123:02/03/29 13:52
寝るなあああ!
こんなとこで寝たら死ぬぞおおお!

240 :名無しのオプ:02/04/04 22:04
器の本格age

241 :名無しのオプ:02/04/08 16:36
かまいたちの夜
なんだかんだでこれ
雰囲気は最高

242 :名無しのオプ:02/04/08 16:49
新刊、笠井潔「オイディプス症候群」はCC。

243 :名無しのオプ:02/04/10 11:07
読者よ欺かるることなかれ

244 :名無しのオプ:02/04/21 00:08
age

245 :名無しのオプ:02/04/21 16:42
孤島ものも吹雪の山荘ものも基本的にCLOSED CIECLEの
なかの一ジャンルである・・・というか代表的存在である。
(一部例外もあり)ってことなんでしょうか?

246 :245:02/04/21 16:44
あんまりミステリ読んだことないから分からないけど、
「孤島」の場合でも、外の世界との連絡手段を立たれた
いわるゆる「吹雪の山荘」状態であることが多いような
気がするのですが・・・


247 :名無しのオプ:02/04/23 10:58
クローズド・サークル物=孤島物=吹雪の山荘物

248 :名無しのオプ:02/04/23 19:21
>>247に同意。
Closed Circleに対して「吹雪の山荘モノ」「孤島モノ」とかいう訳語が当てられてる、と考えても差し支えない。

というだけでもアレなので。綾辻行人「十角館の殺人」を推す。
厳密にはCCではないという話もあるが気にしない方向で。

249 :名無しのオプ:02/04/23 20:09
>>248
十角館は何回読み返しても伏線がうまく張られてるよね。

250 :名無しのオプ:02/04/24 00:24
「殺しの双曲線」読もうと思って買ってあった。
今日見つけたこのスレで>>81見て「ネタバレすんなゴルァ!金返せ!!」とか思った。
さっき実際に読み始めた。・・・・・正直、すまんかった。
関係ないのでsage。

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>8911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118911891189118
>>89118911891189@顏/test/read.cgi/mystery/975108459/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)