5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

読後、壁に投げつけた本【3】−throw a book-

1 :七氏:02/01/10 18:45
述べるがよろし。
まだ部屋の片隅に転がっている清涼院。
何度投げつけても気がすまない。

前スレ
読後、壁に投げつけた本【2】−throw a book-
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/992189507/

前々スレ
読後壁に投げつけた本
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/950/950016648.html

2 :名無しのオプ:02/01/10 19:20
>>1
お疲れ

実家に帰った時、兄が投げた弟切草が後頭部に命中した。

3 :名無しのオプ:02/01/11 00:59
>1
新スレありがとう。

自分もオトギリソウはつまらないと思った。
所詮はブックオフで買った100円さ・・・。

4 :名無しのオプ:02/01/11 01:01
>>1
新スレどもっす。

ちょっと昔だけど、「リサイクルビン」、
ミステリだと思って読んで投げ捨て・・・ようと思ったけど
わりと好きな設定だったから捨てずにとってあります。

5 :名無しのオプ:02/01/11 05:22
なんと「六とん」が文庫に!
買わなくちゃ!

6 :名無しのオプ:02/01/11 11:56
>>5 マジカ!!やっと読めるウレC!

7 :名無しのオプ:02/01/11 21:28
>>5
マジで?買わなきゃ。
文庫なら気兼ねなく投げ飛ばせるだろうし。

8 :名無しのオプ:02/01/12 02:58
他人にぶつけた時の衝撃も小さい(笑)。

9 :名無しのオプ:02/01/12 03:02
投げ捨てるために買われる文庫……哀れだ(藁

10 :名無しのオプ:02/01/12 03:56
西澤保彦の超能力シリーズ・・・。
あたし、駄目。

11 :名無しのオプ:02/01/12 04:01
だったら『依存』。
オナニー読ませんなよ、小説家なんだから。

12 :名無しのオプ:02/01/12 05:43
>9
批判するために読む奴みたいだね。

13 :名無しのオプ:02/01/12 18:01
>12
 えー! ダメなのー? でも読まなきゃ文句言えないじゃない。
宮部みゆきにむかついたから批判しようと思って全部読んだら好きになってしまった。
つまり、ちょっと人より性格が歪んでるだけのことよ。だから白い目で見ないで♪

14 :名無しのオプ:02/01/14 08:48
既出だけど「スリル」。
あの会社がなまじ好きなだけに騙されて買ってしまった…。
半分読んでくらくらして死にそうになって投げた。
短編部門を受賞した奴は結構面白かっただけに酷さが倍増。
でもこれからも騙されつづけるんだろうな…。

最近買ったのでは「エナメル〜」かな。

15 :名無しのオプ:02/01/14 20:48
森の『女王の百年密室』
単純にツマランから。

こいつ密室しかねーのか?

16 :名無しのオプ:02/01/14 20:59
>>15
森は「F」いがいは全部つまんと思うが

17 :名無しのオプ:02/01/15 00:45
つーか森は
今はもうない
が一番人気だと思ってた。

ある意味「臨機応答」もか。

18 :名無しのオプ:02/01/16 01:20
封印再度がましなんだと思ってた。
つーか、一発で漢字変換してくれちゃって、うちのATOKちょっといやだわ……。

19 :名無しのオプ:02/01/17 02:28
age

20 :名無しのオプ:02/01/17 12:48
殺戮・・

21 :名無しのオプ:02/01/17 17:35
ATOKのプログラマー、メフィスト賞オタクだったんだな(藁

22 :名無しのオプ:02/01/18 07:13
「百舌の叫ぶ夜」
リア厨の時、これが逢坂初体験。10数年を経た今でも俺の中では
逢坂はクソ作家。
「ディオダディ館の惨劇」
いろんな要素が中途半端に混じった駄作。


23 :名無しのオプ:02/01/18 23:28
天高く投げつけage

24 :名無しのオプ:02/01/18 23:45
2階のベランダから隣りの空き地に向かって「コズミック」をブン投げたら、20メートル近く飛んだ。
「ガロン・スロー」があんだから「コズミック・スロー」だって正式な競技にして欲しいな。十分重いし。


25 :名無しのオプ:02/01/18 23:49
コズミック読みて〜!
朝イチで図書館に走ろうと思いますが、それだけの労力をかける価値
はありますか?
ちなみに図書館までは片道20分くらいです。


26 :名無しのオプ:02/01/19 00:51
読むなら是非『コズミック』と『ジョーカー』の文庫版四冊を
流→清→涼→水 の順で読んでください。
そう読んだ私はネタとして流水大説を読み続けています・・・

27 :25:02/01/19 01:24
レス蟻が糖!
読んだら感想カキコするよ!

28 :コズミックが教えてくれたこと:02/01/19 01:26
古本屋でバイト中、
表紙カバーの無いコズミック(ノベルズ)をお客さんが売りに来た。
もちろん買い取れない。廃棄にまわそう.....と思ったが
家に持って帰って読んだ。

このスレの皆さんの気持ちがわかった。

29 :28:02/01/19 01:33
>27さん

表紙カバー無くてもよければあげるよ。
じゃ、投げます。受け取ってね。

30 :名無しのオプ:02/01/19 03:48
今日やっと念願の『六とん』の文庫買ってきたよ。
さて、投げる前に読まなくっちゃ。

31 :名無しのオプ:02/01/19 04:59
「六とん」の文庫、ウチの近所の書店では置いてない。
新刊なのに‥‥。いつもは、講談社文庫の入荷は早いのに‥‥。

内容がつまらないから書店が仕入れてないのか、
それともウチの近所には、俺と同じく怖いものみたさの
チャレンジャーが多いのか? 謎ですわ。

32 :名無しのオプ:02/01/19 05:18
コズミックよんでないけど、「このミス」最新版で山田
風太郎追悼企画に寄せた流水のコメントを読んで、この
ひとは文章を書くことを商売にすべきではないと思った。


33 :26:02/01/19 07:31
>>25
感想楽しみにしてます。
間違っても私には投げつけないでくださいね(w

34 :名無しのオプ:02/01/20 02:43
「残業」未読のままに、島田のアンソロジーに参加してた松尾の短編読んだ。
すっごい駄作を期待してたのに、中途半端。まあ、ガイキチには違いない。

35 :名無しのオプ:02/01/20 17:37
まあまあならそれなりに評価しておあげなさい。
面白くても「OOの作品だから」ってことでつまんなくしちゃう人はアンフェアです。

36 :名無しのオプ:02/01/20 22:13
六とんって講談社文庫ででたの?

37 :25:02/01/21 00:16
コズミック読んだ・・・・・・・・・
なんじゃこりゃああ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!
おうううういいききうおおおおおおがあああべべべ〜〜〜〜!!!!


38 :名無しのオプ:02/01/21 00:25
>>36
出ましたよ。
あとがきによれば、
「小学生以下の文章はもちろん、作品自体も大幅な改良を加えることにした。」
そうです。

私は……、けっこう好きかもι。
ノベルスは読んでいないので比較できないのですが、なんであそこまで感情的に
たたかれたのだろうと思いました。
たたくほどの内容でも(以下略)。
よっぽどひどかったんでしょうかね。
やっぱりノベルス版(改訂版も)読まなきゃなあ。

今回は投げられなくてちょっと残念……。


39 :名無し:02/01/21 01:39
ヲレも文庫版で初めて「6とん」読んだ。
ガッツ石松とかオナニー連盟は堤監督なんか好みそうなネタだな。

今回削除されたヒドイという短編も読んでみたくなった…。


40 :名無しのオプ:02/01/21 01:48
確かに怒り狂ってるのは予備知識なしに
読んだ人が多いよな、六とん。
前評判の悪さを知ってて読むヤツは、
最初からネタとして読んでることもあって
意外に楽しんでたりする(w

41 : :02/01/21 01:52
オイ、6とん(文庫)今読み終わったけど、コレ面白いじゃ
ないか!!小ネタ続出で、長編のクソをつかまされるより
読後感はずっとイイ。

浅草の LIBRO で5冊入荷(オレ1冊購入)でもう売り切れて
たよん。ノベルス版も図書館で借りて読もうっと。

42 :名無しのオプ:02/01/21 01:58
これが傑作なのかよ!!!
(ノ>Д<)ノ====================「神は銃弾」

43 :投げなかった本について語ってすまんが:02/01/21 02:54
R・L・フィッシュの「シュロック・ホームズ」好きの私としては、こういう的はずれ的な
推理物は好きだ。<六とん
フニャフニャなオチも、それぞれ密室物や時刻表物などのパロディなんだからそういう趣
旨で読めば、怒るようなことはないのではと思った。
それなりに推理は出してるし(それなりに)。
表題作にしろ、別にとんかつを出さなくても、というか島田の例のトリックを持ち出さな
くても、メインだけ書けば対比されることもなかったんじゃないかな。
まあそこが「六とん」の神髄なのかも。

早乙女と木下がダブって見える今日この頃……。

44 :26:02/01/21 03:48
>25
次は『ジョーカー』を(w

噂の「六とん」文庫探して本屋4軒まわったのに無かった・・・

45 :名無しのオプ:02/01/21 07:10
26は25に何か恨みでもあるのか?(w

46 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

47 :名無しのオプ:02/01/21 21:20
「怨霊記」
弟切草シリーズのがなんぼかましです。
無理矢理な展開 設定 ギャグかと思ったよ。
きれーなイラストが泣いてます。

48 :名無しのオプ:02/01/22 01:23
幸森軍太「そして誰もいなくなった」
あんなのよく出版できたな。

49 :みゃーるす:02/01/22 02:32
>>42
うーん、文体がたるかったね。確かに。
でも、日本語訳は随分の読みやすくなるように頑張ったみたい。
個人的には好きだったけどね。ただ、このミス1位と聞くと、
?な感じがしないでもない。万人向けではないと思うし


50 :nanasi:02/01/22 07:58
原寮「私が殺した少女」
なんだかなー。推理小説として読んだからこういう評価なんかも

51 :名無しのオプ:02/01/22 23:32
光文社の島田荘司が編集したとか言うアンソロに乗ってた短編、
松尾誌朗の「原始を裁く核酸」

ナンダコリャァアアアァアアァアアァアアァ!!!!!!!

ブン投げてやりたいが、他の作家の作品が結構好きだったりするので、
投げるに投げられない。
ココだけ切り取って投げるか……。

52 :名無しのオプ:02/01/24 01:04
蘇部健一氏の『長野・上越新幹線四時間三十分の壁』を買ってきました。
14-15ページで投げかけましたが踏みとどまると、その後は結構読めるようになりました。
もう一冊の『動かぬ証拠』(以上講談社ノベルス)を読んでからどうするか考えようと思います。

まだ清涼院流水氏の『コズミック』『ジョーカー』各2巻(以上講談社文庫)も買ってきたし。

53 :名無しのオプ:02/01/24 01:08
>まだ清涼院流水氏の『コズミック』『ジョーカー』各2巻(以上講談社文庫)もあるし。

だった……。

54 :34:02/01/24 04:32
>51 おおそれそれ。そう?投げそこねたんだが・・・。俺は、森のが駄目だった。


55 :名無しのオプ:02/01/24 05:57
「人形館の殺人」綾辻行人
最後のメール欄というオチにめちゃくちゃ腹が立った。
前後の迷路館と時計館は面白かったのに。

56 :名無しのオプ:02/01/24 10:26
文庫版の六とんって、評判いいのね……。
みんなノベルズの時、一斉に投げたのに。そんなに改良されたのか??
それとも、駄作の読み過ぎで麻痺してる??
読み比べた人、感想お願いします。

57 :名無しのオプ:02/01/24 11:15
「六とん」ってさ、稚拙な文章や寒いギャグはさておいても、
ラジオとかテレビから仕入れたネタ(<ガッツ石松>など)を
そのままパクって小説にしてしまうというその態度はどうよ?
という批判が多かったと思うのだが。文庫で初めて読んだ人は
そこらへんなんとも思わないのだろうか?

58 : :02/01/24 20:16
文庫の6tまだ見てないな。

新書のどれが落ちてどれが入ってるの?

59 :名無しのオプ:02/01/24 20:21
>57
前スレ読んでないからガイシュツだったらごめん、
自分も「六とん」作品自体のくだらなさは笑えなくもなかったけど、
作者が「結構面白いものが書けた」みたいな雰囲気なのが
耐えられなかった…覚えが。
「こんなものを読書史に残してしまった」と思うほどトラウマな本。

60 :名無しのオプ:02/01/24 23:55
ええと、投げるというよりも、床に叩きつけた後でめちゃくそに踏み
つけたい本。
森村誠一「醜い高峰」
後味悪すぎ。キャラクターがどいつもこいつもろくでなしの最低野郎
ども、唯一まともな奴がいたと思えば……ストーリーも救いがない。

まさしく逝ってよし。


61 :名無しのオプ:02/01/24 23:55
こんなのはどうですか???
http://www.media-0.com/www/otakara/nozoke.html
http://www.media-0.com/www/otakara/otakara.html

62 :名無しのオプ:02/01/25 01:10
それにしても、文庫版の「6とん」は異常な人気だね。
ウチの近くの本屋には、どこにもない。
「ジュンク」や「紀伊国屋」のネット販売にも在庫なし。
文庫の新刊が、数週間で姿を消すなんて、マイナーな
版元なら ともかく、講談社文庫クラスでは前代未聞でしょ。
それとも、以前の不評ぶりから印刷部数が少なかったのか?

63 :名無しさん:02/01/25 01:12
文庫版にはエロいのが収録されてるから。

64 :名無しのオプ:02/01/25 02:57
噂の『六枚のとんかつ』が一冊だけ残ってたので即買ってきた。
2つ読んだ辺りで投げたくなった。とりあえず最後までは読むけど。
流水は読めるけどコレは合わん・・・。

ちなみに、あとがきより、ノベルスと文庫版の相違点
●出来がひどいのでカット→『パンは知っていた』『解けないパズル』
●『チチカエル』『張り込み』→合体→『鏡の向こう側』
●ノベルス版で下品でカットされた『オナニー連盟』収録
●新作『保険調査員の長い一日』『五枚のとんかつ』

65 ::02/01/25 09:14
井上夢人「クリスマスの4人」読了

とほほ・・・なんだこりゃ・・・
ひどい・・・ひどすぎる・・・
壁に投げつけようとした腕に力が入らない・・・


66 : :02/01/25 16:39
>64
サンクス。しかしこの作者アホか。

67 :通りすがりの魚屋さん:02/01/26 00:02
>66
あなた最高。爆笑。

68 :名無しのオプ:02/01/26 00:12
>66
アホミスなんだからそれじゃむしろ誉め言葉だぞ。

69 :名無しのオプ:02/01/26 00:35
>66
うん、誉め言葉だ。

70 :名無しのオプ:02/01/28 15:06
>64
うわさのろくとん、買ってしまったよ
1つめ読んだだけで投げたくなった…買ったことを激しく公開

あと10回もあんな気持ちを味わうのか…欝志




71 :名無しのオプ:02/01/29 09:08
最初からネタのつもりで観た「死霊の盆踊り」は大変楽しめた。
しかし、まともな映画を期待して観た人が怒り狂うのは当然だと思うので、
言われてる程ひどくないじゃんなんてバカなことは、とても言えない。
同様に六とんも、金をどぶに捨てる覚悟で臨めばさほど腹も立たないだろう。
でもこれ一作で充分。文庫版が売れて、この先も作家を続けられたら鬱だ。


72 :名無しのオプ:02/01/29 22:14
六とん(文庫)読了。
おもろいぢゃん!
やっぱ、“糞だろう”という前提で読んだのがよかったのか、結構ワラタよ。
『オナニー連盟』の、あの2ちゃんのカキコのような主人公の
独白部分で声をだして笑ってもた。

なんか、文庫は大幅に改定してあるみたいなんで、ノベルス版も読みてー。
どれほど糞なんだろう。
古本屋いったら要チェケだな。

73 :名無しのオプ:02/01/30 01:56
>60
森村誠一「醜い高峰」、最高じゃないですか!!

なんか、ここに書いてある作品って、読みたくなりますな。


74 :名無しのオプ:02/01/30 02:02
>>73
そ〜なんだよな〜。
駄作、駄作言われると、どれだけ駄作か読んでみたくなる。

六とん面白かったぜ( ^ー゚)b

75 :名無しのオプ:02/01/30 04:22
なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

76 :名無しのオプ:02/01/30 10:55
>>75 そりゃ優作だ

77 :名無しのオプ:02/01/31 14:26
6とんマンセー!

78 : :02/01/31 14:29
く。。。作者がアホなのと内容がアホなのとは違うと強く
主張したいのココロ


79 :名無しのオプ:02/01/31 23:02
6とん、立ち読み(file.1のみ)

ガッツ石松、に不覚ながらワラタ。
・・・さすがに購入は悩むな・・・・・。

80 :名無しのオプ:02/02/01 00:05
「ハサミ男」
薦めてる人が多いから期待して読んだのに、
序盤でもう(メール欄)以外の真相がミエミエで、
それでも最後でひっくり返してくれるのかも…と
頑張ってつまらない文章を読み続け、
読み終えた瞬間に壁に投げつけた。
期待しすぎたのがいけなかったのか。

81 :名無しのオプ:02/02/01 01:39
>79
漏れは「6とん」ゲットしたぜ!
でも、途中でいったん止まると二度と再開できそうにないので
メチャひまな日に読むことにします‥‥(藁

82 :真名:02/02/01 04:54
清涼院は壁にぶつけてもぶつけてもぶつけ足りない。金返せばかやろー!
もう少し現実有りそうなこと書きやがれ。このへっぽこ!
しかも九十九十九?あいつ無意味に不思議ぶっててむかつく。
真相わかったならちゃんと読者にも解るように謎解きしろっつーの。
アンフェアなんてもんじゃない。
何が「流水小説」だ!「妄想小説」の間違いじゃない?
ミステリーではなくファンタジー(又は妄想)というジャンルに分類した方がいいぞ、本屋!

83 :名無しのオプ:02/02/01 08:12
清涼院ってほんとにひどそうだな。

84 :名無しのオプ:02/02/01 10:56
>>82                                       ・
『流水小説』でわありません、御大将の本は尊敬の念を込めて『流水大説』
と呼ばれています。


85 :名無しのオプ。:02/02/01 12:31
>>48
コーモリって、筒井康隆のファンクラブやってたコーモリと同一人物?
小説なんか書いてたのか。知らんかった。

86 :名無しのオプ:02/02/01 18:21
みんな無心で読んでくださいね。

87 :名無しのオプ:02/02/01 18:21
みんな無心で読んでくださいね。

88 :名無しのオプ:02/02/01 22:57
6dj

89 :名無しのオプ:02/02/02 14:23
>>80
私も「ハサミ男」はいまいちでした。
よくできているとは思いますが……(嫌いじゃないです)。
多分あの絶賛ぶりは、これまでのメフィスト賞に対する反動なんじゃないかと
思います。

でも、「壁に投げつける本」では全然ないですね。

90 :名無しのオプ:02/02/02 15:49
「朝倉恭介」。
このシリーズが好きで、文庫化されたから勇んで買って一気読みした。
シリーズ最終作が、シリーズ中いちばんつまんねーってのはアリかよ?
壁には投げなかったが、スリッパで踏んだ。

91 :名無しのオプ:02/02/04 04:03
清涼院流水(やっぱり一発変換のATOK)を投げられる人って凄い。
この数日空き時間を使って「コズミック」「ジョーカー」を読みました。
文章だってひどくはない。
溢れかえる自画自賛だって自意識過剰だって、しょうがないなあ、と思うこともできる。
──などと前向きに肯定してみてはその次のパラグラフで裏切られたり、怒ったり泣いたり笑(苦笑)ったり。
読み終わった直後は疲労して、投げるなんてできなかったよ。

ブックオフに綺麗なまま4冊まとめて売ってくれた人、ありがとう。
おかげで私の読書歴に新たなジャンルを刻むことができました。

「ヨタミステリ」というジャンルを。

92 :名無しのオプ:02/02/04 07:28
>85
マジ!?コネで一冊出してもらったのか?


93 :名無しのオプ:02/02/04 23:20
吉村達也の「金閣銀閣」
両方読むと驚愕の真実が浮き彫りに!!!


……ならなかった。ていうか、なんか話が不自然に思えるのだが。
気のせいだろうか。


94 :名無しのオプ:02/02/04 23:50
試しに銀閣から読んだよ。銀閣の事件なんてただのつけたし、というかこじつけ。
作者の言葉があれほど自信満々でなければ気にもとめなかったが……。

朝比奈シリーズは意地になって全部読んだ。すごいぞ>オレ
あのシリーズ全部まとめてヤッテモータ本だ。
ある意味、偉大だ。

95 :名無しのオプ:02/02/05 00:53
朝比奈シリーズ、私も読んだ。
どう見ても投げ遺りにつけたとしか思えないタイトルもあるよね(w
吉村達也の書くキャラクターって全然魅力を感じない。
影が薄いというかなんというか。

96 :名無しのオプ:02/02/05 01:08
意余って力足りず。
吉村達也にはこの言葉を捧げる。

97 :名無しのオプ:02/02/05 01:25
「テロリストのパラソル」って本。
期待して読んだけど、だめだった。

98 :名無しのオプ:02/02/05 14:18
エンジェルハート
呆条もろともあの世の果てまで逝っちまえ

99 :名無しのオプ:02/02/05 18:26
定石ではあるが、清涼院とひとまず一票いれるのが、
紳士のエチケットなのかな。ふふふ。やあ諸君。

100 :名無しのオプ:02/02/05 18:30
清涼院が100GET

101 :名無しのオプ:02/02/05 23:57
ガイシュツだが有栖川の最近の作品。
双頭の悪魔は今読んでも名作だと思うけど学生編の続き読んだらがっかりしそう。
しかし、今度の作品がつまらなかったらファンやめると思いつつやめられない(笑)

森は投げつけたくなるほどでもないが、あんなに売れるのが不思議。
それほど売れなかったらこんなに罵倒されることもないと思われ。
あと本人が痛いよね、森は。批判されて取り乱すのはカコワルイヨ(w


102 :名無しのオプ:02/02/06 00:17
そう。有栖川は、もしかしたら今度こそは! って思わせるんだよ。
なんだかんだでついていっている(笑)。

森の人気はもーどーにもわからん。
「逆トリック」っていったいなによ。言い訳? 開き直り?
北村にはわかったらしいが……。
あとタイトルの語呂合わせが妙に自信満々なのが痛い。
あ! あと自分のシリーズの犀川と萌絵がハンドラーのホーギーとメリリーだ
みたいなこと書いてたよ。むちゃくちゃハラダタシイYO!

103 :真名:02/02/06 04:32
84>
「流水大説」って呼ばれてるのは知ってたさ。確か自称だった気がします。
しかし尊敬かどうかは別にして、長いから「大説」なんじゃないかと思うね。もしくは登場者が共通してるか大掛かりな物語だから、とかじゃないかな?
でもね、密室もの書いておきながらそれの謎解きをしないなんてアンフェア以外の何者でもないと思う。ただ思い付いた密室を書き連ねただけじゃないか?
よって私の中では駄作。
「ジョーカー」「コズミック」についてでした(笑)。

ガッツリ投げたい方はブックターン等で探してみてね。私の時は百円でした(笑)。
でも「秘密屋」赤・黒はまあまあ面白かったですよ。
すいませんね、いまだに清涼院の話してて・・・

104 :名無しのオプ:02/02/06 10:51
有栖川有栖の「マジックミラー」。
凝ったPN考えるより先にもっとストーリーを練り込め!!
ってマジで思ったよ。

105 :名無しのオプ:02/02/06 12:25
有栖川有栖の書いた作品全て。
この作家は毎回のごとく期待を裏切る。

106 :名無しのオプ:02/02/06 14:07
だがそれがいい。

107 :名無しのオプ:02/02/06 14:58
ごめん、ちょっとテストさせてね age

108 :名無しのオプ:02/02/06 17:38
>103
赤と黒は焼肉のたれじゃねーか!
赤と白だYO!

109 :名無しのオプ:02/02/06 17:42
赤と黒って、今じゃスタンダールじゃなくて焼肉のたれなのか
(´・ω・`)ショボーン

110 :名無しのオプ:02/02/06 17:44
>>108
スタンダールとは言わないのか(註・俺も読んだことはない)。

111 :名無しのオプ:02/02/06 18:46
売れてない作家ふぁんの売れてる作家への批判みっともないYO!

112 :名無しのオプ:02/02/06 21:55
浦賀和宏に一票
超オナニ作品 特に一作目なり

113 :名無しのオプ:02/02/06 22:22
岩井志麻子「邪悪な花鳥風月」


114 :名無しのオプ:02/02/06 23:03
定番ですが清涼…

115 :名無しのオプ:02/02/06 23:34
焼き肉のたれにワラタ。

>>111
売れてない作家って誰? 
売れてる作家って誰?


116 :84:02/02/07 12:59
>>103
いや、あんた、なんでマジレスしてんだ?
チョットびびった。

117 :名無し:02/02/07 14:58
マジレスに対して「びびった」ねぇ・・・


118 :七紙:02/02/07 15:44
「ハサミ男」
これ読むぐらいなら「六とん」読んだほうがまし。

119 :名無しのオプ:02/02/07 17:54
>>117 アキレタならわかる >>103はピュアなんだろう

120 :名無しのオプ:02/02/07 17:58
>>118  勇者あるいはマニヤ 

121 :名無しのオプ:02/02/07 18:07
>>120 六とんを冒涜するなヽ(`Д´)ノ

122 :名無しのオプ:02/02/07 19:49
ごめんね。

123 :名無しのオプ:02/02/07 20:26
>>118も六とんを冒涜してる(´・ω・`)ショボーン

124 :名無しのオプ:02/02/08 20:37
6豚


125 :名無しのオプ:02/02/08 22:36
有栖川アリスの本。題名忘れた。
とてもおもしろくなかった。以来偏見を持ってる。

126 :名無しのオプ:02/02/08 23:53
申し訳あるません有栖川の月光がおもろなかった。

127 :名無しのオプ:02/02/09 00:25
>>126
ああ、俺もそうだわ。
なんつーか地味なんだよね。
もうどんな話だったのかも覚えてないや(w

128 :名無しのオプ:02/02/09 03:57
>>126
ああ、俺もそうだわ。
なんつーか地味なんだよね。
もうどんな話だったのかも覚えてないや(w
よく考えたら読んでもいねえや

129 :名無しのオプ:02/02/09 11:59
花村萬月

浅田次郎をバカにしたまではよかったが、このオッサンの小説も
『人間が描けていない』んだよなー。人間が(w

130 :名無しのオプ:02/02/09 12:22
「人間を描いて欲しいヤツは、純文学スレへ行きなさい」と
定番の突っ込みを入れてみたりする

131 :名無しのオプ:02/02/09 12:35
宮部みゆき「魔術はささやく」 コラコラコラ.....
宮部みゆき「龍は眠る」 ヲイヲイヲイ......

火車や理由みたいな「当たり」も多いから余り文句を言う気はないが...

132 :名無しのオプ:02/02/09 13:45
sage

133 :名無しのオプ:02/02/09 15:57
飛鳥部勝則『ヴェロニカの鍵』。

ストーリー全体でいわんとすることは分かるような気がしたが、
ミステリという先入観を抱いて読んだだけに失望が大きかった。
篠田秀幸『蝶たちの迷宮』っぽいというか。

134 :名無しのオプ:02/02/10 03:27
>>126
ああ、俺もそうだわ。
なんつーか地味なんだよね。
もうどんな話だったのかも覚えてないや(w
よく考えたら読んでもいねえや
ところで有栖川って知らん。

135 :名無しのオプ:02/02/10 10:25
高村薫

粘着の上に801臭い

136 :名無しのオプ:02/02/10 11:16
>129
同意。
花村の暴力描写は、所詮不良少年の露悪癖という感じ。

137 :名無しのオプ:02/02/10 22:26
どんな暴力描写ならいいんだ??
浅田次郎のプリズンホテルの最初の奴は面白くなかった。
からこの人の小説はもう読まないと思ふ。

138 :名無しのオプ:02/02/12 22:30
つぎは何を投げようか

139 :名無しのオプ:02/02/13 08:28
近所の本屋で
清涼院の文庫が2冊売れてたよ

続きが売れるのだろうか

140 :ライトウイング浜村:02/02/13 19:27
「屍鬼」(文庫)
いくら全5巻とはいえ100ページ読んでも何も事件が起きない。



141 :名無しのオプ:02/02/13 20:35
浦賀の最新作『学園祭の悪魔』。
タイトルへぼいし、表紙もへぼかったのですが、
内容もへちょい。
投げかけて、他人のだということを思いだし、痙攣する二の腕の筋肉を、
必死で押さえた。
1,2作目の時は『天才!』とか思ったんだけどなァ。
3作目もまだ大丈夫だったんだけど……。
幻冬舎行きしたメフィスト作家って、その後一気に墜落している気が……。

142 :名無しのオプ:02/02/13 23:03
未明の家
コバルトから出せば?
やたら古典をだしてくるけど、全然意味ないし。
桜井京介と蒼は狙ってるのバレバレでうっとうしいし。
「これがミステリーなら・・」って科白が多いのもウザイ。

143 :名無しのオプ:02/02/13 23:25
141さんと同じく浦賀の『学園祭の悪魔』。
ちっちゃくまとまってきてる。もっと破天荒なの書いてくれ。

144 :名無しのオプ:02/02/13 23:47
>>142
それ以前に文章へたすぎじゃないか? 自信満々みたいだけど。
自分でセルフパロディ出しておきながら、商業誌での「同人についてどう
思うか」の問いに、偉そうな返答をしていたのもチョイトと思うよ。

「灰色の砦」は読めた。なぜなら蒼があまり出てこないから!(笑)

145 :新宿平目:02/02/13 23:56
メフィスト系が多いっすね。それ以外はどうよ。
個人的には、早川の日本人作家が生理的に駄目です。

146 :名無しのオプ:02/02/14 00:21
誰か、これまでの集計を・・・

147 :  :02/02/14 00:48
ってか、なんで女流作家ってきもい小説ばかり書くのかな。
みんな、ってわけじゃないが、そういうの多すぎ。

148 :名無しのオプ:02/02/14 01:39
>>147
せっかくの叩きスレだから例を挙げれ。

149 :名無しのオプ:02/02/14 02:36
藤木凛「ハーメルンに啼く笛」(だっけ?)
時代背景や道具立てが自分のツボをかするだけに怒り倍増。
もしかしたらこの先面白くなるのかも…?とつい「ヨモツヒラサカ」まで
読んでしまい、更に鬱。

飛鳥部勝則「殉教カテリナ車輪」
致命的なことに、この人の描く絵が苦手。
それでも絵画絡みのミステリーだってんで頑張って読んだのだが…

>>144
>「灰色の砦」は読めた。なぜなら蒼があまり出てこないから!(笑)
激同!(苦笑)

150 :名無しのオプ:02/02/14 03:33
俺も尊敬出来る女性作家は1人もいないな。
「彼我のバランス」「視野の狭さ」がキーワードのようにも思うが、
残念ながら上手く言い纏めることは出来ない。

それから、「きもい」という言葉を使う147のセンスはどうだろう?
言語感覚がちょっとねぇ・・・、と思うのは俺だけか?


151 :名無しのオプ:02/02/14 07:55
街中で「きもい」を使う女を見るたび心の中で突っ込んでます。


152 :名無しのオプ:02/02/14 09:45
飛鳥部「ヴェロニカの鍵」でも自作絵を披露しているが、
どうもピンとこないんだなー。絵のことはよくわからんが。
内容もいまいちだし。

153 :またメフィストでゴメン:02/02/14 11:33
乾くるみ「塔の断章」
ラスト10ページでトンデモトリックや伏線の妙などがあることを期待してたんだが
トリックといえば序章の(メール欄)ぐらいで特異な構成も大した意味を持ってなかった。

Jの神話と匣の中を面白く読んだだけに裏切られた気持ちが大きい。
密室本は買うけど。


154 :名無しのオプ:02/02/14 13:26
>>153
匣の中はおもしろかったねぇ

155 :名無しのオプ:02/02/14 16:09
投げつけられる本って、圧倒的にメフィストおよび新本格の作品が多いね。
そろそろ、スレのタイトルも、そう変えないとダメかな?
それとも、それ以外の伏兵が登場することがあるだろうか?

冒険小説系なんかは、投げつけたくなるほど不出来な作品には、あまり
出会わないね。ハードボイルドやノワール系も、打率は高いような。

156 :名無しのオプ:02/02/14 16:22
浦賀和宏「学園祭の悪魔」
一作目の輝きは微塵も見えない。
早熟なだけに腐るのも早かったってわけね。





157 :名無しのオプ:02/02/14 16:26
>>155
メフィストも新本格も講談社だからしかたない
ほりだすのがクズばかり
まれにいいのをほりだしても結局クズにする

158 :名無しのオプ:02/02/14 18:20
徳間や幻冬舎や祥伝よりゃマシじゃない?

159 :名無しのオプ:02/02/14 18:25
どんぐりの背くらべ

160 :名無しのオプ:02/02/14 21:50
メフィストなんて清涼院が出た段階でおかしいと思わなくちゃ
いけなかったんだ。
でも未だに振り回されてるよ。

161 :名無しのオプ:02/02/14 23:23
浦賀ってそんなにひどくなってたんだ。今度図書館で借りてみよ。

162 :名無しのオプ:02/02/15 00:44
メフィスト側でも分かってて、確信犯的にやってるんだろうけど。
「六とん」の文庫版が、発売直後から品薄になり、急いで大増刷したり
してるのを見ると、世の中商業主義が勝つんだって分かって鬱になる・・・。

163 :名無しのオプ:02/02/15 02:24
メフィストが読まれてる数が多いから批判も多いのさ。
誰か不死身ミステリで批判できるかね?

164 :名無しのオプ:02/02/15 08:35
>>162
初版をわざと少なくしてただけだろ

165 :名無しのオプ:02/02/15 10:02
六dのノベルスが読みてーなあ。文庫マアマアだったんで。

166 :名無しのオプ:02/02/15 10:45
本格にはハズレ多いと思うが>>157の言ってるのは的ハズレだと思う。

167 :名無しのオプ:02/02/15 10:51
本格はハズレばかりと思うが>>166の言ってるのは的ハズレだと思う。

168 :名無しのオプ:02/02/15 15:10
すべてつまらなく思えるのはその人の頭のせいだと思う。

169 : :02/02/15 15:48
六dのノベルスを図書館から借りて読んだ。

「図書館で借りた本だと、答が先にわかってしまってがっかり
するパズル」って何のこと?

170 :名無しのオプ:02/02/15 21:03
>169
私も図書館で借りました。同じくそこがわからなかった。
追求する気もなかったけれども。

171 :名無しのオプ:02/02/15 22:12
>>140全5巻かよっ!

172 :名無しのオプ:02/02/16 00:05
漏れは、新潮社の「YONDAパンダ」に応募してるので嬉しかったのだが、何か?

173 :名無しのオプ:02/02/16 00:24
>169-170
俺はチチカエルのパズルの事だと思ってるんだけど。

174 :169:02/02/16 16:55
>>173

どういう風にして?

封印ページが巻頭にあって読後開封するってことなら、図書館で借りた
時点で開封済みになってて目に飛び込むだろうけど。あと、ラベルの
分類番号でばれるってのも考えたが、これは図書館によってマチマチ
だし。(ただの「買いなさい」って脅しか?)

http://www3.ocn.ne.jp/~kbunsha/column/mys_1.htm

175 :名無しのオプ:02/02/16 19:34
>>174
「チチカエル」中に”ピクロス”風のパズルが載ってる。
図書館で借りたヤツはそのパズルを解くから、次以降に借りた人は
その答えを知って読み進めることになる・・・
ってことじゃないのかなぁ?
・・・図書館で借りた本に落書き・・・普通しねえっつーの。

176 :169:02/02/16 21:38
>>175

なるほど!!了解。

図書館の本て、娯楽作品より社会問題を扱った本(老人福祉・環境保護など)
に線引きやマーキングが多いんだよな。自分は後に読むやつを啓発してるんだ
って思いあがった意識があるせいだろう。

177 :名無しのオプ:02/02/16 23:06
レポート用にキーワード摘出してるだけじゃない?

178 :169:02/02/17 06:03
>>177

それもあるかも知れんが、シャーペンじゃなくちびた鉛筆使ってたり
筆跡からしてどうも年輩者だと思う。図書館司書がまとめた本にも
そんなことが書いてあったよ。

179 :名無しのオプ:02/02/17 11:51
>169
あるね…「ここを読め、これが大事なんだ」と命令されてるようなの。

180 :名無しのオプ:02/02/17 22:38
スティーブン・ハンター「狩りのとき」

空爆だのエンロン疑惑だのハリウッド映画の星条旗だのカナダペアの逆転
金メダルだのあったせいか、かなりむかむかしました。
そういや、「極大射程」で大量に殺されていたのも南アメリカ某国の軍隊
つう設定だったし。今度もベトナム人とロシア人かよ。こんなクソ野郎は
家族を狙われても仕方ないんじゃねえか。敵側に感情移入しながら、読み
ました。ま、アメリカの作家に文句つけても仕方ないんすけど。
「銃擁護派のアメリカ人作家は大っ嫌いだ!」
今ごろこんなことを確認する自分と、金払った自分に腹がたったが、まあ、
勉強代だったと思うことにするか。

181 :名無しのオプ:02/02/18 02:39
一度、ロシアや中国の作家が書いた冒険・スパイ小説を読んでみたい。
価値観が全く変わって、新鮮かも。でも、さすがに北朝鮮の作家は・・・
ってか、北朝鮮に作家とかいるのか?

182 :名無しのオプ:02/02/20 06:55
第一回富士見ヤングミステリ大賞受賞作。。。

183 :名無しのオプ:02/02/21 14:28
読後、壁がぶつけられた飲料水。

184 :名無しのオプ:02/02/21 14:32
>>180
ダーティホワイトボーイズは好きだった。

185 :名無しのオプ:02/02/22 05:58
>181韓国に本格推理小説家いるし、潜在的にはいるかも

186 :名無しのオプ:02/02/22 12:25
age

187 :名無しのオプ:02/02/24 11:22
今まで読んだ中で一番つまらなかったという訳ではないし、この作者好きだけれど、
本当に壁に叩きつけたくなった作品は

西澤保彦 「殺意の集う夜」

こんなバカ話を延々読まされていたのかと思ったら悲しくなった。

188 :名無しのオプ:02/02/24 12:39
遅ればせながら、「6とん」文庫版読みました。
どう評価していいものやら・・・(笑)
蘇部さんは、映画と落語と風俗が好きみたいですね。
ひょっとすると、ミステリ界の谷岡ヤスジになれる人かも?
とりあえず、次回作(密室長編!)も読んでみよっと!

189 :名無しのオプ:02/02/24 13:16
>>188
あと2冊講談社ノベルスから出てるので読んでみたら?

190 :名無しのオプ:02/02/24 13:40
服部 真澄 「龍の契り」

日本にもようやく一流の国際謀略小説がでたとか
かつてないスケールとか喧伝され、祥伝社文庫→新潮文庫になるぐらいだから
世間的にはすごい作品なんだろうけど・・・
特に主人公のライバル外交官が実は○○○○(メール欄)とか、
毛主席紀念館での?末は最低。
露骨にアフォな分、黒豹のほうがマシ

191 :名無しのオプ :02/02/24 16:27
有栖川有栖 「スウェーデン館の殺人」

「うっしゃこっからどんでん返し!」と思ってたらそのまま終了。
ワシの貴重な金返せ。

192 :名無しのオプ:02/02/24 20:39
自分にとっての名作に出会うまでには多くの駄作に出会うのもまた宿命なり・・

193 :名無しのオプ:02/02/25 23:30
>>192 至言ですな

194 :名無しのオプ:02/02/26 12:41
好きな本だけど、しおりがはさまってなくてむかついて投げた。


195 :名無しのオプ:02/02/26 13:05
>>194
帰省時に新幹線の中でジックリ読もうと思って
ゴッツイ海外法廷モノを持っていったつもりが
いざ開いたら流水だったときは床に投げつけました。

196 :名無しのオプ:02/02/26 19:28
パロサイ逝ってよし。

197 :名無しのオプ:02/02/26 19:37
いや、パロサイは貴重だよ。
人間はここまで堕ちるのか、
ここまできた人間をまだ見捨てられないものなのか、と
非常に考えさせられる迷作。

198 :名無しのオプ:02/02/26 19:39
↑ワラタヨ
いや、マジでだれかあのお方の御目目を覚ませてアゲテ!!

199 :名無しのオプ:02/02/26 21:06
「クビキリサイクル」西尾維新だったっけ?
すべての登場人物に嫌悪感を抱いたのはこの本がはじめて。
推薦するのがあの人だから自分には合わないかなとは思っていたが、やはりそうだった。

200 :名無しのオプ:02/02/27 00:22
あの推薦文は秀逸だよ。

201 :名無しのオプ:02/02/28 14:46
>>200
西尾氏、一押し、逝ってよし!

202 :名無しのオプ:02/03/01 01:19
>>201
こっちの方が(・∀・)イイ!!

203 :名無しのオプ:02/03/01 17:18
歌野晶午「ROMMY」全然面白くなかった。
確かに「意外な真相」「意外な動機」はあるんだが、それ以前の問題。
登場人物に全然魅力がない(主人公含めて)。お前らがどうなろうと興味なし、って感じだ。
余りにもつまらない人間ばっかり出てくるので実話かと思ったよ(苦藁
自分で設定できるんだからもうちょっと魅力有るキャラにしてくれよ・・・

「死体を買う男」「ブードゥーチャイルド」が面白かったから期待して読んだんだけどね。

204 :名無しのオプ:02/03/01 17:29
ROMMY なんで、あれうけるとあれになるかな
というか、ほとんど差別助長じゃないか?

205 :名無しのオプ:02/03/01 17:32
パロディサイト事件死ね

206 :名無しのオプ:02/03/01 18:06
>>199
軛リサイクルかと思った(w

207 : :02/03/01 22:48
>>201
それ、良いな。
しかし2ちゃんねらだとバレる危険性が高く、U山にはお勧めできない。

208 :名無しのオプ:02/03/02 12:40
『殺意の集う夜』西澤なんとか(忘れた)
投げつけるほどではなかったけどそんなオチでいいのか?とか思った記憶がある。

あと、女の登場人物がやたらとムカついた。



209 :名無しのオプ:02/03/02 20:02
>203
私も実話だと思った(w
ブードゥとかは好きだけれど、ROMMYはつまらかったなあ。

210 :名無しのオプ:02/03/02 23:09
フェイ・ケラーマン「水の戒律」。
正体不明の人物に何度も襲われかける女性と主人公の刑事とのラブロマンスに
終始しており、いわゆる謎解きなど一つも行われない。
犯人が捕まるのは結局(メール欄1)。主人公は正体の分かった犯人に
恨まれる心当たりがないのだが、それもそのはず、犯人は実は(メール欄2)
だったのだ!という素晴らしい落ちがつく。
マカウディ最優秀処女長編受賞作って一体・・・。
それともこれはミステリではなかったのか?創元推理文庫であるがゆえに、
俺が勝手に勘違いしていただけだったのか。。。?


211 :名無しのオプ:02/03/03 00:50
>203-209あれはノンフィクション形式、てところにも意味があるわけで・・・

212 :名無しのオプ:02/03/03 03:46
>>140 板違い なんでここでその名が出るのか

213 :名無しのオプ:02/03/03 05:26
既出かもしれんが麻耶雄嵩の「夏と冬の奏鳴曲」。
読後思いっきり壁に叩きつけて、次の日拾ってもう一度読んでまた叩きつけた。

214 : :02/03/03 10:09
まるで粘着アンチのような行動はやめておけ。

215 :名無しのオプ:02/03/03 22:33
清涼院流水のコズミック
解説者の激しく信者的で、全く解説になってない駄文を平気で
のせる神経を疑う。
コミケ云々、ほにゃらら受け、総責め・・・マジ引いた

216 :名無しのオプ:02/03/03 22:57
>>213
>次の日拾ってもう一度読んで

(・∀・)ヨムナヨ!

ワラタ

217 :名無しのオプ:02/03/04 01:09
>>215
解説ってO森?
私は彼のこれまでの解説の中で一番納得したけど
(だいたい彼の推薦する本にロクな物はないというのが通念だとオモテタよ)。
>>213
なぜ次の日拾ってもう一度読むのだ(笑)。
そんな君に乾杯。

218 : :02/03/04 20:30
「どすこい(仮)」
投げた方、読ませてくれ。

219 :名無しのオプ:02/03/04 20:37
>210
フェイ・ケラーマンはストーリーよりもユダヤ教に関する薀蓄を
楽しんで読むのが吉、と俺は思ってる。

220 :名無しのオプ:02/03/04 23:24
>>231
この際もう一度読んでみたら?
新しい世界が開けるかも。

221 :名無しのオプ:02/03/05 08:49
>>213
http://www3.justnet.ne.jp/~masa-saito/private6.html
ここを読んで、それでも納得がいかなかったら幾らでも壁に叩き付けてくれ。

222 : :02/03/09 01:03
好きじゃないのによく知ってるね(見当外れだけど)。

六dの文庫買ってないけどひそかに棚から落としておきました。
あれに賞をやったのがメフィストの最大の汚点ですな。
他の作家まで色目で見られそうで嫌だわ。

223 :名無しのオプ:02/03/09 03:42
>>222
もう見られていると思いますが。

224 :名無しのオプ:02/03/09 04:09
>222清涼院の時点で救いようがないと思うが

225 :203:02/03/11 15:55
>>211
ノンフィクション形式であることにも意味があるのは判ってるよ。
ただ、そうだからといってわざわざ魅力ない人物を出さないといけないって事じゃないでしょう。
あの形式だから実話かと思ったわけでは無いのですわ。

226 :名無しのオプ:02/03/12 16:04
ゴミ箱にすてるよりBOOK・OFF逝け。


227 :名無しのオプ:02/03/13 10:28
いや、逝くな!
次の被害者が出る・・・

228 :名無しのオプ:02/03/14 12:39
「世界の終わり、あるいは始まり」歌野昌午
かなりひどい。説明くさくて読んでられない。
「早くも2002年ナンバー1の呼び声!」
という新聞広告みて買ったんだけど、
今のとこ、2002年ワーストナンバー1デス。
煽りじゃなくて、本音。クソムカツク。

229 :名無しのオプ:02/03/14 15:36
森博嗣の「墜ちていく僕たち」34ページまで読んだんですけど
投げつけていいですか?

230 :名無しのオプ:02/03/14 16:10
黒武洋「メロス・レヴェル」
サイテー。

でも図書館で借りたから投げなかった。

231 :名無しのオプ:02/03/14 17:13
良識のおる子です。
そうですね、借りたものなので、端に「面白くない」と書くぐらいに
しましょうか。

232 :名無しのオプ:02/03/16 01:50


233 :231:02/03/16 06:16
何がわからないの?(優しく)

234 :名無しのオプ:02/03/18 02:06
検討の結果ageとくべきかと。

235 :名無しのオプ:02/03/18 02:52
有栖川有栖「幽霊刑事」
全てがダメ…特に密室トリックはミステリ史上最低の出来
有栖川は終った

236 :213:02/03/18 03:16
>>221を読んでもう一回読んでみたんだけど…。
投げるのは止めたけど、何か腹立つなぁコレ。

237 :名無しのオプ:02/03/18 10:47
既出&ミステリじゃないかもしれないけど・・・
我孫子武丸の「ディプロノドンティア・マクロプラス」はひどすぎた・・・。

238 :名無しのオプ:02/03/20 22:15
そんな本はありません。

239 :名無しのオプ:02/03/20 22:44
清尿院の「全日本じゃんけんトーナメント」
最初にこれ読んだおかげで他の分厚いヤツ読まなくて済んだ
そう思わないとやってられない

240 :名無しのオプ:02/03/21 23:42
弟切草以下三部作。
強引な設定にツッコミどころ満載、もうぐだぐだ。

ゼンブ、シンカンダッダヨ!ヽ(`Д´)ノ ウワァァァンン

241 :名無しのオプ:02/03/22 23:58
>>240
何で3冊も新刊で買っちゃったの・・・。
漏れは新しい作家を読む時は出来るだけ借りることにしてる。
で、自分に合うようだったら買う。
しかし弟切草は色んな意味でスゴイよね。

242 :B37 ◆lPJpzlnU :02/03/23 01:17
弟切草も彼岸花も新刊で読んでしまった・・・彼岸花は女どもの会話が凄かった事しか記憶にない。

弟切草はゲームを先にやってたんだが全然怖くもなんともねーゲームだわ。

243 :名無しのオプ:02/03/23 02:22
>弟切草
ゲームしかやったことないけど、ひっどいシナリオだった。
盛り上がりもへったくれもないし、選択肢のギャグは死ぬほど寒いし。
当然、小説はデフォで回避だった。

244 :名無しのオプ:02/03/24 15:48
>>228
途中までは面白かったんだが。
これってミステリっていうかコメディですよね。


245 :名無しのオプ:02/03/28 05:24
「修羅の終わり」貫井徳郎(講談社文庫)

たったいま、読み終わったんだけど。
いや、作品自体はいいんだ。悪くはなかった。

ただ、解説で笠井潔がさ、(メール欄1)の作品を総ざらいしてんのよ。
特に(メール欄2)なんて有名だけど未読で、けっこー楽しみにしてた
のに。。

笠井潔を壁に投げつけてーよ( ´Д⊂ヽ

246 :aaa:02/03/30 12:51



本年度のめふぃすとぜんぶ

247 :名無しのオプ:02/03/31 14:08
「メロス・レヴェル」読みました!
メロス・ステージが始まるまではなかなかおもしろかったんですが
なんなんでしょうこれ?
序盤=そこそこおもしろそう、中盤=ちょっと嫌な予感、結末=投げつけ決定
という展開はまさに「QUIZ」です。
絶対に読んではいけません。確実に後悔しますよ。

248 :名無しのオプ:02/03/31 15:24
秋田禎信の「閉鎖システム」
どこがミステリーじゃああ!!
つまんねええ!!

249 :名無しのオプ:02/03/31 16:06
>245
(メール欄)のネタバレありますって先に書いてなかったの?
ちょっと不親切だな・・・

250 :名無しのオプ:02/03/31 16:06
島田荘二の「斜め屋敷〜」 ひどくないっすか?
びびりました。

251 :名無しのオプ:02/03/31 16:23
笠井潔って法月綸太郎の「再び赤い悪夢」の解説でも同じことしてたよ。
法月の過去の作品未読の方は・・・って注ついてたけど・・
ついてたけど・・・クイーンの「九尾の猫」「十日間の不思議」はもろにネタばれしてた記憶がある。

252 :名無しのオプ:02/03/31 16:40
笠井潔は新本格系の読者なら当然古典作品もおさえている(べき)というスタンスだと思うので仕方ないよ

253 :251:02/03/31 16:43
>>252
そうなんだろうけど・・・ちょっとがっかりしました。全然読んだことなかったから・・

254 :名無しのオプ:02/04/01 00:04
別のスレでも、我孫子氏の某作品の解説で「笠井にヤラレタ」人がいました。
意図していなくても内容をばらしちゃうことって、あるからねえ。
でもお金もらっているんだし、そのくらい気をつけてほしいけど。

255 :名無しのオプ:02/04/01 05:56
人形館の殺人と黒猫館の殺人って酷くねえか?
騙せればなんでもありかよ。

256 :名無しのオプ:02/04/03 01:20
人形はそういう嗜好だからともかく、黒猫はそんなに酷くないよ

257 :名無しのオプ:02/04/03 01:26
6とん
1話目のガッツ石松で挫折。

258 :名無しのオプ:02/04/03 01:52
京極夏彦『百鬼夜行 陰』
紙クズ 読めない

259 :名無しのオプ:02/04/03 02:01
煤i・∀・)ナニ!!カミクズトナ!!





260 :258:02/04/03 02:06
京極堂は好き。
『鉄鼠』面白いし、イエモンも好き。

でも『陰』は、変な同人女が京極ぱくったみたいじゃない?

261 :名無しのオプ:02/04/03 02:09
>>260
わかる気がする(笑)<「同人」ってとこが。

まあ、同人が勝手に作った外伝、ってとこか

262 :名無しのオプ:02/04/03 02:16
(・∀・;)ソ、ソンナ…ボクモヨンデミル。








263 :261:02/04/03 02:24
あ、でも嫌いじゃないですよ、おいらは。

264 :258:02/04/03 02:42
>261
ご指摘ありがとう
まさにその「勝手に作った外伝」みたいなのが読めない理由。

京極スレでの評判は悪くないので、期待して読んだのに
やられた。

265 :名無しのオプ:02/04/03 06:49
もし殺しの動機が「卒業写真が生意気だったから」というミステリーがあったら
確実に壁に投げつけるところなのだが・・・

266 :名無しのオプ:02/04/03 07:31
まだ死んでない

267 :名無しのオプ:02/04/04 22:08
法月綸太郎「密閉教室」

なんだあの文章は。なんだあのキャラは。痛いにもほどがあるだろ。

268 :名無しのオプ:02/04/04 22:14
「全てがFになる」森ヒロシ(漢字忘れた)
キャラ萌えファンが多く付いていると聞いていて敬遠していたが、
そういう偏見もいけないと思って読んでみた。
…どのキャラに萌えられるのか分からない…
キャラも話もひどい。
文章(地の文)は整った感じで良かったが。

269 :名無しのオプ:02/04/04 23:59
>>257
もったいない。 2話以降が面白いのに・・

270 :名無しのオプ:02/04/07 20:47
宮部みゆき 火車

俺は社会のお勉強のためにミステリ読んでんじゃねえんだよゴルア!!


271 :名無しのオプ:02/04/07 21:22
「火車」は名作です。

272 :名無しのオプ:02/04/07 21:35
>>271
ここは壁に投げつけスレじゃ(゚Д゚)ゴルァ―!!!どう思おうと人の勝手やろ!
擁護は萎えるんで止めて下さい。おながいします。
せめて>>269みたいにここは面白いのに…とか書きやがって下たい。

273 :271:02/04/07 21:48
>272ワラタ
まあ、好き好きはあろうと思うが、少なくとも「社会のお勉強」と言われるほど
木に竹を接ぐような筋ではなかったと思われ。

むしろ、クレジットに関する情報が物語にうまく練りこまれてるとオモタ。
ヒロインの冷静なキャラクターは魅力的だし、
すべての伏線が収斂するラストにはぐっときた。

これでどうでっか?


274 :271:02/04/07 22:03
どっちかといえば「理由」の方がクソ。
あと、超能力ものと子供が出てくるやつも×。

275 :名無しのオプ:02/04/07 22:15
>>267
トリックと動機、クスリの隠し場所なども絶句もんだったぞ。
今まで読んだ中で最凶。

>>270
最重要人物を描かずに描くあの超絶技巧に俺は感動したが。

276 :名無しのオプ:02/04/07 22:27
275ですが、>>274に禿同。
「火車」を最初に読んだので「龍は眠る」「魔術はささやく」「レベル7」などはつまらなく感じた。
「理由」もおもしろくない。

本筋とずれてすんません。

277 :名無しのオプ:02/04/07 23:28
カーニバル
解放感で・・


278 :名無しのオプ:02/04/08 06:29
クロスファイア
上巻途中でキレマシタ。

279 :名無しのオブ:02/04/09 05:22
「四月は霧の00密室」
清涼IN流水より買って後悔した。


280 :名無しのオプ:02/04/09 05:24
キリシャとリュウスイは買うな!
その金を困ってる人に寄付しろ!
あいつらの印税になっても世の中は何にも変わらないぞ!

281 :名無しのオプ:02/04/09 05:50
279=280=同一人物=バカ

282 :279:02/04/09 09:12
>>281
へ?ねんでそーなる?
違うよ。残念ながら。

あ、でもバカは正解かも。
次は「痾」に行こうかと思ってる自分が鬱だぁ

283 :279:02/04/09 09:13
ねんで=なんで
だめだもう……

284 :名無しのオプ:02/04/09 11:06
おちけつ

285 :名無しのオプ:02/04/13 21:29
ラブラブ密室おもんないの?

286 :名無しのオブ:02/04/14 21:49
>>285
まさしく投げつけるね。買って読んでその足でブクオフ

287 :名無しのオプ:02/04/14 22:27
買って読んでその足でブクオフと
ブクオフで買って読んで即壁に投げつけると
どっちが最強?

288 :名無しのオプ:02/04/14 22:27
>274
胴囲。
超能力を持ち出されたらミステリーでも何でもないじゃん。
でも個人的には「火車」は良かった。

…しかし6dってこの板でなんで評判いいの?
いったいあれ読んでどこで笑えばいいのか。
誰か教えてくれ。



289 :名無しのオプ:02/04/14 22:32
別に超能力出てきても、「その世界ではそういうのがあるという前提の話」
なら別にいいと思うけど。じゃないと、西澤保彦とかミステリ風プロットの
SFとか成り立たないし。

駄目なのは、「現実と全く同じ法則で動いている世界」として書いておいて
いきなりオチで「密室から出た方法は実はテレポートだった!」とかいうのだろう。

それだと「魔術はささやく」はかなりヤバいけど。

290 :名無しのオプ:02/04/14 22:36
魔術はささやくは冒険小説でミステリではないと思う。

291 :名無しのオプ:02/04/15 00:52
有栖川の「ロシア紅茶の謎」
3つ短編読んだ所で頭がおかしくなりそうになった。
わるいがこんなものを小説と認める事はできない。
関西出身のくせに標準語と混じった気持ちの悪いありえない関西弁。
図書館で熱心に本を読んでいる乞食を美しいもののように語る信じがたい嘘言。
それがどうかしたのかと言わずにおれないトリックと呼ぶのも恥ずかしいネタ。
気味の悪い著者近影。
俺は物故作家から若手の作家までわりと幅広く読める体質だが、
こいつだけは絶対に無理。マジ勘弁ってやつ。

292 :名無しのオプ :02/04/16 00:43
殊能の『黒い仏』
俺はダメ、反則だ

293 :名無しのオプ:02/04/16 02:15
>>292
蜘蛛を切ったら、次の日、蜘蛛が化けてる人間が包帯を巻いているなんて、
「犬夜叉」以前の漫画でも使い古されたネタだよな。
俺は呆れてものも言えなかったよ。

294 :名無しのオプ:02/04/16 02:20
>>293
なんか微妙にずれてる

295 :293:02/04/16 02:39
>>294
人に意味がわかるように文章かけや、ボケ。
密室だの坊主が実はこうだっただの、
あんなバレバレの手垢の付いたもんは語る価値もねえから書いてねえんだよ。
いっとくが俺はSFそのもの、SF的展開は好きだぞ。
死ね! 

296 :294:02/04/16 02:47
おれは292じゃないぞ
293みたいな細かいことじゃ壁に投げるほどつまらんとはおもわんのじゃないか?
でなんで死ななきゃいけないの?

297 :名無しのオプ:02/04/16 10:19
>>294
ここは殺人好きの集まりだから……

298 :名無しのオプ:02/04/16 10:38
ここって個人的な嗜好も受け入れてくれる嘆きの壁?

宮部の『理由』はなんじゃコラ
またガキが出てるよ。もうお腹一杯だっつってんの
ガキのわんこそばかよおめーはよ

いやゴメン。絶対的ではなく相対的壁本です。
大人はダメダメで子供は正直、みたいに書かれると
『子供が書けてない!』と即投げしたくなります。

299 :名無しのオプ:02/04/16 16:25
「壁本」って言い方がいいなw

300 :密室雀:02/04/16 16:29
確かに宮部作品では、妙に利発で、さめた視線で大人を批判する少年がよく登場する。ちょっとウザイよね。
もしかして、みゆきたんショタコンなのかも。

301 :名無しのオプ:02/04/16 19:37
もししなくても、みゆきタンはショタコンなんじゃ?

302 :名無しのオプ:02/04/17 07:54
自分にとっての「満足の一冊」選べない愚かものども。
推理力、洞察力あるなら「最高の一冊」手に入れられるはず。

浅見光彦、最高。

303 :名無しのオプ:02/04/17 10:01
>>199
遅レスだが、「クビキリサイクル」は悪くないと思うけどなー。
推薦してる流水より数段マシ(比べるのもアレか)。
「天才」を何人も書き分けるのは並大抵のことじゃないと思うし。

本当の駄作は「彼は残業だったので」みたいなのでしょ。
メフィスト作品とは別の意味で、「正当な駄作」。
序盤の儀式と事件がまったく関係ないなんて、そんなバカな。

304 :名無しのオプ:02/04/17 11:09
「黒い仏」
・・・・なんだいありゃあ?
図書館の本だから投げつけはしなかったけど、激萎え。。。

305 :名無しのオプ:02/04/17 18:39
ちょっと自分をいじめてみたくて、メフィスト賞作品を読破する会を独りで設立
(F、ハサミ男、QED、清涼院、六とんは過去に完読済)。
「フリッカー式」を途中まで読んで、早くも暗礁に乗り上げています。
壁がぼこぼこになりそうだ……。



306 :名無しのオプ:02/04/17 21:49
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |   
       ____.____    |   
     |        |        |   |    清涼院の
     |        | ∧_∧ |   |    コズミックを
     |        |( ´∀`)つ ミ |    窓から
     |        |/ ⊃  ノ |   | ミ  投げ捨てろ
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |   □

ジョーカーは娯楽小説としてはまだ楽しめた。。。

307 :名無しのオプ:02/04/18 00:23
友人「何か人がバカスカ死ぬ奴ない?(ホントにこう言った)」
漏れ「バカスカって・・どん位よ?」
友人「やっぱ多けりゃ多いほどいいでしょ。百人とか(w
  ンでブ厚い奴ね。厚けりゃ厚いほどいいでしょ。1000頁とか(w」

  コ、コイツ・・・

308 :名無しのオプ:02/04/18 01:06
>307
ためらうことはない、存分に読ませてやれ!

309 :名無しのオプ:02/04/18 01:30
>>307
清涼院に理解者現る!──のか?
ぜひ感想も聞きだしてくだされ!

310 :名無しのオプ:02/04/18 09:04
>307
ご友人がもし、読後すっくりと立ちあがり壁に目をやったら・・・
止めますか? 止めませんか?

311 :名無しのオプ:02/04/18 20:54
>>292
「黒い仏」は厳しいね。純ミステリとは云い難いからダメな人もいるだろう。
殊能タンらしくて折れは好きだが。

312 :名無しのオプ:02/04/18 21:34
ここで清涼院を持ち出すのは板違いのような気が・・・・・

オカ板の話題でしょ?

313 :名無しのオプ:02/04/18 22:43
「コズミック」が出たとき、買って読んで、一人で怒るのが癪だから
何人もに薦めて読ませちゃったなー。……皆怒ってたなー……。

314 :名無しのオプ:02/04/19 01:12
西澤保彦の『なつこ』シリーズ。
他の作品が好きなだけにこれはちょっと…。


315 :名無しのオプ:02/04/19 02:57
>>303
「彼は残業だったので」すでに懐かしい(w
これ書いた人って他にも本出してるのかな。

316 :名無しのオプ:02/04/19 03:08
深夜プラス1ってどこがおもしろいんですか?

317 :名無しのオプ:02/04/19 03:14
確かに森博嗣の犀川・萌絵のキャラはキモチ悪いな。なんか少女漫画ふうな。
可愛いくて賢い金持ち娘と、それに慕われる若き大学教授。
で、犀川は女に興味はないが、まあついて来たいなら来なさいってな…

ホント、作者の願望を表したようなキャラ設定だ。

318 :名無しのオプ:02/04/19 06:09
氷川透の「真っ暗な夜明け」
ミステリとしてどうこう以前に、大して魅力的でもない主人公
(作者と同姓同名)を他の登場人物が誉めまくっているのがキ
モかった。
自我自賛小説を商業ベースで出すな、ヴォケーーーー!!!!
( #ノ`Д´)ノ====================□

319 :名無しのオプ:02/04/19 08:03
北村薫が全くダメ。
PTAのおばはんが、人生についてとか、
したり顔でアドバイスしてる感じで。
3作しか読んでないけど、もうお腹いっぱい。
落語家の短編集とカタカナタイトルの2作。

320 :名無しのオプ:02/04/19 11:24
>>318
私は逆にミステリーとしてちょっとどうかと思う。
特に「最後から二番目の真実」なんて、動機もトリックも
無茶苦茶。ムリがあるなんて次元じゃない。犯人の動機が
本末転倒もはなはだしい。

321 :名無しのオプ:02/04/19 11:48
「シンデレラの罠」って、そんなに名作?
確かにさ、私は犯人で被害者で探偵で、ほんで証人でもあるとかいう惹句は傑作だと思う。
でも、内容は何かモヤモヤした感じでずっと進行してって、盛り上ってこないんだよね。
それに登場人物の言動に意味がピンと来ないようなとこがあちこちあるし。
フランスの小説ってそういう伝統があるのかな。それとも翻訳が悪い?

322 :名無しのオプ:02/04/19 12:41
待て。語る前に投げろ。
その投球フォームの美しさによってダメぶりを示せ。
テイクバックの大きさで人は君の怒りを知り
フォロースルーの角度で人は君に感動する。
そして語れ。青春の汗は決して無駄じゃない。
人は必ず君の勇気に拍手を送る。強く生きろと。

323 :名無しのオプ:02/04/19 23:56
>>317
というより、そんな感じだったんじゃない?
犀川は一応女には興味ないことはないと思うが…
     ↑色々な誤解を招く表現ですな・・

324 :名無しのオプ:02/04/20 00:16
>>321
伝統、かな(w
フランスの作家はワンアイデアだけで勢いで書き上げてしまい、
結果ストーリーテリングもプロットもいまいちで雑な印象を受ける、
ということが多い気がします。
私は情感や雰囲気が好きなので好んで読みますが、「シンデレラの罠」は・・・
確かにそれほどの傑作でもないと思う。

>>322
コピペ?それとも亜久悠の文体模写?

325 :317:02/04/20 17:24
>>323
というより、そんな感じだったんじゃない?

失礼、意味がよくわからないんですが…
同意ですか、反論ですか、orどっちってわけでもナイノ?

326 :名無しのオプ:02/04/20 17:26
ほとんどのミステリ

327 :名無しのオプ:02/04/21 00:20
>>321
ちょっとネタバレっぽい気もしますな。
古典はネタバレされやすいけど、読んでない人も多いので気をつけたほうが良いと思われ。
「アクロイド」とか「モルグ街」もよくばらされてるよね。

328 :321:02/04/21 00:25
え?
だって、私は被害者で犯人でナンタラカタラいうのは、本の中を読む前の外側のコピーですよ。
ネタバレというのには当たらないでしょ。

329 :名無しのオプ:02/04/23 20:38
「6とん」で充分情けなさを味わった漏れですけど
「コズミック」ってそんなにつらいんでしょうか?
…ブクオフ逝ってみるか。


330 :名無しのオプ:02/04/23 20:43
>>329
ちょっと立ち読みして読めそうだったら買ってみ。
いきなり買うと後悔するぞ。

331 :名無しのオプ:02/04/23 21:14
霧越邸。

力抜けて壁にも届かなんだ。
糞。

332 :322:02/04/23 22:23
>324
>コピペ?それとも亜久悠の文体模写?

    オ、オリジナル…

333 :名無しのオプ:02/04/23 22:43
面白い

334 :名無しのオプ:02/04/23 23:37
>331
霧越邸は綾辻作品一の出来と言われているのに・・・

335 :名無しのオプ:02/04/23 23:42
投げつけるというか...なんといいますか...

「探偵の冬 あるいはシャーロックホームズの絶望」

に...あきれ、いや謎にはまりました。何がしたかったんだろって。(笑)
私だけか?

金田一の奴、どーなんでしょ。読んでも大丈夫すかねぇ。


336 :パーカー信者:02/04/24 00:13
>335
自分は335さんの逆。

金田一の方読んで、うーん、だから?という気分に。
なので冬の方は読んでない…

337 :名無しのオプ:02/04/24 00:33
>>336

 了解。となると...同じ事ですね。どっちから読んでも。(苦笑)
 
 これで読まずにすんだ本が一冊...。でもどんなんか確かめたくなってる
自分に。(藁 


338 :パーカー信者:02/04/24 01:09
>337 お互い冬と夏を交換しよっかー(笑

339 :名無しのオプ:02/04/24 01:22
>>331
激しく同意! 霧越邸はつまらない。

館シリーズも殺人鬼も面白いと思ったが、
これは全精力を込めて壁に投げつけたくなった。

340 :名無しのオプ:02/04/24 01:25
霧越邸は幻想小説に最も近いからなー

341 :名無しのオプ:02/04/24 15:25
ボーイズビー的幻想小説

342 :名無しのオプ:02/04/24 17:43
小森健太郎「ネヌウエンラーの密室」
腰帯の推薦文にだまされて読んだんだが・・・ 少しも驚けない筋書きはともかく
としてなにより腹が立ったのがもはや逃げられないと悟ったヒロインの突然の
「いいことしましょ」 おい! そして陰惨な出来事をへて脱出をした主人公のラスト
のせりふ「(再読もしたくないから忘れた)に乾杯だ!」 おまえなあ!
 どちらもそれまでの流れやキャラからは出てこないそぐわなさ. 極限状況での狂気とか
状況に抵抗して洒落のめしてるという訳でもない(少なくてもそう読み取れる文章ではない)
 2時間ドラマやライトノベルでも少しまともな台詞運びをするぞ!スレタイどうり
俺が初めてにして唯一のホントに壁に投げつけた一冊

343 :名無しのオプ:02/04/24 17:47
綾辻の暗闇の囁き。

でも俺がこういう話に慣れすぎているだけかもしれない。

344 :名無しのオプ:02/04/24 17:58
「トリック狂の殺人」
吉村、金返せゴルァ!

345 :名無しのオプ:02/04/24 23:16
>>340
そうかなぁ、人形館よりはよっぽどよかったと思うけど

346 :名無しのオプ:02/04/24 23:34
>↑
「霧越邸は幻想小説に最も近いからNa!」は
 別に霧越を否定してる訳でもないと思うが。

347 :345:02/04/24 23:50
わりい、>>339だった。スマソ

348 :340:02/04/24 23:51
>345-346そう。幻想的な終わり方だし、
全てが論理的に終わる事を期待して辛かったんでは無いかと

349 :名無しのオプ:02/04/25 00:08
>>338
 ほんまにねーでも感想また一緒のよーな。(笑)
 読む前に硬直しそう。

 しかし、推薦文書かれた方..うーむ。凡人にはわかりにくい世界なのかも..

350 :名無しのオプ:02/04/25 00:23
誰か一覧表にしてぽ。

351 :331:02/04/25 02:09
>348
それ!
有栖川はともかく綾辻がやっちゃいかんだろう、と。
あ、人形も投げたよ。霧越よりは許せるけど。
人形は一応、フェアだからな。
霧越は(メール欄)で死。



352 :348:02/04/25 03:52
>351ううむ、綾辻は幻想小説に傾いた作品がほとんどだけどね。
殺人方程式が唯一の例外と言ってよいくらい。
古株からすれば有栖川の方が論理的な作風だ。少なくともそのころはね。


353 :名無しのオブ:02/04/26 01:46
「夏と冬の共鳴曲」と「痾」。

もういいよ、、、投げたら跳ね返ってきたよ、、、

354 :名無しのオブ:02/04/26 01:47
↑しまった「共鳴曲」じゃなくて「奏鳴曲」


355 :名無しのオプ:02/04/26 01:59
このスレ見て「黒い仏」読んだ
ほんとにつまらなかった。

356 :名無しのオプ:02/04/26 02:30
>>355
う〜ん、評判悪いよなぁ。
俺には大ホームランだったけどなぁ。

357 :名無しのオプ:02/04/26 02:32
五條瑛の「プラチナ ビーズ」を読んだ。
最初の2〜3ページは興味が沸いたが、その後は終わるまで糞だった!
時間をかえせ〜!

358 :名無しのオプ:02/04/26 23:38
俺は殊能タンのファンだからokだが、あれを真っ白な状態から
読んだらやっぱ投げてたかも<黒い仏

359 :名無しのオプ:02/04/27 00:31
『夜ごとの闇の奥底で』小池真理子
『黒い家』貴志祐介
どっちも冗長すぎ。もっと短くまとめてたら面白かったと思う。

でも貴志祐介の『天使の囀』と『青の炎』は気になる。
黒い家をつまらないと思った人間が読んでも、面白いでしょうか?

360 :名無しのオプ:02/04/29 00:55
「殺人鬼U」の第1章で殺人鬼が幼女の頭を踏み潰した所で投げつけた
そこから読んでない


361 :名無しのオプ:02/04/29 01:32
リプレイだよ、リプレイ。
ケンなんたら言う作家の。
一体あの本の何が面白いというのだろーか?

362 :名無しのオプ:02/04/29 01:53
昔の海外ものって、けっこう投げ付けたくなるの多いと思ふ。
部屋の状況の説明とか、やたらダラダラ書いてて自分で図を書いてみなかったりするとわからないのが多かったりする。
カーの「夜歩く」とか「火刑法廷」とかね。前者は図もついてるのだがわかりにくい。ま、火刑法廷はおもしろかったからいいけど。

当時の小説作法と翻訳作法が今と違ってるんだろうから、しかたないか。

363 :名無しのオプ:02/04/29 01:56
>>362
カーは古典の中でもとりわけ読みにくい。


364 :名無しのオプ:02/04/29 03:03
>362
私も海外モノはダメなほうですね。訳の上手い下手も
あるだろうけど、状況説明がわかりにくいものが多い
気がします。
実際、読後どころか、途中で挫折したもののほとんどが
海外もの(特に古典)。
クリスチアナ・ブランドの「招かれざる客たちのビュッフェ」
なんて、あまりの文章のヘタクソさに頭に来て、自分で文庫に
添削入れながら読んでました(w
それでも途中で投げ出しましたけど。

365 :名無しのオプ:02/04/29 05:52
「暗闇のなかで子供」
焼き捨てた

366 :名無しのオプ:02/04/29 06:44
「黒い仏」
鼻糞つけて破り捨てた

367 :名無しのオプ:02/04/29 06:46
「R.P.G.」
犬にやった たべなかった

368 :名無しのオプ:02/04/29 06:48
「海泡」樋口ナントカ
ダッシュで外に出て一生懸命遠くに投げ捨てた

369 :名無しのオプ:02/04/29 06:49
「学生街の殺人」東野圭吾
オナラをふりかけて 足蹴りにして
ふみつけて 焼却炉へ

370 :名無しのオプ:02/04/29 06:51
「脳男」はげおやじ
井戸に捨てた 貞子が食べた

371 :名無しのオプ:02/04/29 06:54
「麦の海に沈む果実」恩田のオバサン
回し蹴りにしたら 内容がかるいので 何処までも飛んでいった 正義は勝つ

372 :名無しのオプ:02/04/29 06:56
「象と耳鳴り」恩田
想像を絶する残虐非道なやりかたで捨てた

373 :名無しのオプ:02/04/29 06:57
森博嗣を壁に投げつけた

374 :名無しのオプ:02/04/29 06:59
「風転」花村満月
口汚くののしって 罵詈雑言をあびせて かめはめ波でとどめをさした

375 :名無しのオプ:02/04/29 07:03
「雪月夜」馳星周
サブマシンガンで蜂の巣にした

376 :名無しのオプ:02/04/29 07:08
「超・殺人事件」東野
火葬した 良く燃えた

377 :名無しのオプ:02/04/29 07:19
「恐怖」筒井
バラバラにして朝のゴミと一緒にだした(OUT風)


378 :名無しのオプ:02/04/29 07:28
「十角館の殺人」あやつじ
密室に閉じ込めた しばらくして入ると本が消えた

379 :名無しのオプ:02/04/29 07:29
「十角館の殺人」あやつじ
密室に閉じ込めた しばらくして入ると本が消えてた すっきりした

380 :名無しのオプ:02/04/29 07:38
「模倣犯」宮ヴぇ
投げようと思ったけど重かったので粗大ゴミにだした。

381 :名無しのオプ:02/04/29 07:47
「緋色の時代」船戸のオヤジ
上巻と下巻に武器を与えてお互いに戦わせた。ものすごい地獄絵図を演じて相打ちして両方死んだ

382 :                      :02/04/29 10:15
朝からご苦労さん

383 :名無しのオプ:02/04/29 10:38
378と379・・・

384 :名無しのオプ:02/04/29 13:52
読んだ本の面白味を探す能力(自分の好みとは別の次元で)に欠ける人ほど、
たくさんの本を壁に投げつけてるんだろうね、きっと。

385 :名無しのオプ:02/04/29 14:33
>>384
クソ本はクソ本だろ

386 :名無しのオプ:02/04/29 14:40
気が短い人がいるスレはここですか?

387 :名無しのオプ:02/04/29 14:43
投げつける理由を言ってくれなきゃねえ

388 :名無しのオプ:02/04/29 17:32
>365〜381
同一人物でしょうが、一言でも寸評を
載せましょう。
理由を言わないから、384のようなヘンに
前向きな人の突っ込みが入るんです(w

389 :名無しのオプ:02/04/29 21:16
>>388
確かに。
あと、作家で一括りにするのもどうかと。
その作家の作品全部読んで、全て投げつけたのなら納得しますが。
というかすでに全部読んでる時点である意味ファンか。


390 :名無しのオプ:02/04/29 22:48
>>389
俺は2、3冊読んでから作家の好き嫌いを判断するようにしているが、
駄目だと思った作家の本を読むのは結構気合いがいる。

391 :名無しのオプ:02/04/30 01:18
>373
想像してチョトワロタ。
ファンなんだけどね…

>390
つうか、駄目だと思ったのに読む人は何故なのか聞いてみたいよ。
私は浅田次郎の「プリズンホテル」シリーズの1冊目で駄目だと思って
それから浅田次郎は読まない。

392 :名無しのオプ:02/04/30 01:41
ギリシャ棺の謎を二冊買わざるを得なくなった俺に本を投げつけたい。
鼠たちの戦争(下)を二冊買わねばならなかった俺に本を投げつける。
大甲子園(4)を二冊買った俺に本を投げつけませう。

393 :365〜381:02/04/30 01:41
寸評。(投げつけた理由)
「暗闇のなかで子供」
処女作の雰囲気のただの繰り返しだから。前作がよかっただけに残念。

「黒い仏」
あのような結末がミステリの可能性をひろげるとは思えないから。ただの与太話。

「R.P.G.」
著者の意図がバレバレで、退屈だから

「海泡」
あんなの青春じゃないから

「学生街の殺人」
第一の殺人がおきて、しばらくして第二の殺人がおきるという初期の東野のワンパターン

「脳男」
あの男のキャラがそれほど奇抜とは思えない。だれでも思いつく

「麦の海に沈む果実」
こうなるんだろうなぁと思った通りに進んでいったから オチがみえたから

「象と耳鳴り」
本格推理小説とはおもえない稚拙ぶりだから

森博嗣
書けば書くほど作品のレベルが落ちていて向上心がないから

「風転」
後半のディスカッションが冗漫で退屈だから

「雪月夜」
あの文体はボルテージが上がってから使うべきで、最初から使っては意味がない

「超・殺人事件」
小学生のような文章だから いくらミステリでもあれはいかん

「恐怖」
ワン・アイデアだけで長編にしているから

「十角館の殺人」
当時はすごかったのかも知らんが、今読むとつまらん 

「模倣犯」
第三部で著者が悪ノリしてるから

「緋色の時代」
……・・・・・・・・・・・小説になってない




394 :名無しのオプ:02/04/30 02:13
>>393
なんか微妙にスレ違いのような気がする。

395 :389:02/04/30 02:41
>>390,>>391
まあ、このスレは「壁に投げつけた本」であって「壁に投げつけたい作家」ではないからね。
俺も駄目な(嫌いな)作家はいるけど、その人の作品全て読んだわけではないし。
「壁に投げつけたい作家」を書くにしても、本と同じくそれなりの寸評が必要かなと思って。

396 :名無しのオプ:02/04/30 02:46
>>393
はいはい。ごくろーさん

397 :名無しのオプ:02/04/30 03:08
これが黄金厨ってヤツ? >393
このスレの趣旨と微妙にズレてるのがわかってないと思われる

398 :名無しのオプ:02/04/30 03:11
393は書けと言われたから書いたのさ ローラ ローラ

399 :名無しのオプ:02/04/30 03:11
>>393
お前の文章の方が稚拙だよ 評論家きどりか?

400 :名無しのオプ:02/04/30 03:17
本を壁に投げつけたら隣に迷惑です
古本屋に売れば金になります

401 :名無しのオプ:02/04/30 03:37
壁も迷惑。コズミックはとても痛いです。やめて


402 :名無しのオプ:02/04/30 03:49
なんか隣がやかましいと思ったら本をなげつけてたんだな

403 :名無しのオプ:02/04/30 04:01
右隣も左隣も上も下もやかましい。
世の中くだらないミステリがあふれてるんだね

404 :名無しのオプ:02/04/30 04:01
>>403
ぼろアパートだろ 君の家は

405 :名無しのオプ:02/04/30 05:31
以前住んでいたところは、新しくてかえって造りが悪かったせいもあったのか、
上の住民(女の子、二人住まい)の足音が信じられないくらいひどくてね……。
はっきりと殺意を感じたことがあるよ。
足音が殺人の理由のミステリがあっても、許しちゃうかもしれん。

ああ、ここは壁投げのスレだったね。すまない。

406 :名無しのオプ:02/04/30 13:38
東野圭吾の「放課後」。
登場人物の高校生がみんなステレオタイプだしメール欄だし。
これだけしか東野は読んでないけど他の作品は面白いのかな。


407 :名無しのオプ:02/04/30 14:06
ミステリを壁に投げつける騒音が動機となるミステリ。
あるいは密室トリックが「上から清涼院の本が降ってきた」であるミステリ。

誰か書け、思いっきりブン投げるから(藁

408 :名無しのオプ:02/04/30 16:05
>>393
寸評を書いてくれるのはいいけど、あれでは「つまらん」と
言っているのと同じですよ。
唯一、「黒い仏」の寸評には同意しますが(w


409 :名無しのオプ:02/04/30 16:13
>408
??
ここって何のスレ?

410 :名無しのオプ:02/04/30 16:21
>>409
なんでもいいじゃん

411 :名無しのオプ:02/04/30 16:36
>>409
だから、壁に投げつけたくなるくらいハラ立った
ミステリーは何かっつーことと、なんでその作品は
(その人にとって)そんなに駄作だったのか、という
点を明記するスレだよ。いちいちそんな書き込みすんなよ。

412 :名無しのオプ:02/04/30 16:43
>>411
だから、>>408がおかしいんじゃん。

413 :名無しのオプ:02/04/30 16:53
>>412
あー、分かりました。これ以上続くと
荒らしみたいになってしまうので、
止めましょう。申し訳なかったです。
ここのスレ、個人的に好きなんだよ。

414 :406:02/05/01 02:56
自分で書きこんだんだけど「放課後」って何?
「同級生」だよ!どっからそんなタイトル出てきたんだろう。
なに勘違いしてんだよ!(`皿´)=●)`ъ')・:'.,.←俺
逝ってくるわ…


415 :名無しのオプ:02/05/01 03:13
恩田陸の作品全般

416 :名無しのオプ:02/05/01 03:15
>>414
「放課後」もあるよ

417 :名無しのオプ:02/05/01 03:15
>>415
深く納得

418 :406:02/05/01 03:29
>>416
あれ、あったっけ?放課後は読んだかどうか定かいわ。もう自分の記憶力に自信がなくなった…

>>415
恩田陸はメフィストで「ネバーランド」と何かもういっこ読んだけど
文章がヲタくさいと思った。ついでに読んだだけだから壁本と言うほど印象にないな。
じゃ、こんどこそ逝ってくる。

419 :名無しのオプ:02/05/01 22:43
高里椎奈の「銀の檻を溶かして」
読中に投げつけましたが?

420 :名無しのオプ:02/05/02 03:57
あ〜、肩こるあぁ〜

421 :名無しのオプ:02/05/04 02:34
>>414
お兄ちゃんの持ってたときメモシリーズの「同級生」を読後投げつけました。

78 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)