5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ミステリーの定義って?

1 :名無しのオプ:01/11/21 23:17
初心者なので、ミステリーというジャンル
の定義がわかりません。いままで、ミステ
リーイコール推理小説だとばかり思ってい
ましたが、違うんですよね?ミステリー文
庫っていっても推理小説ばかりじゃないし
皆さんのミステリーの定義ってなんですか?

2 :名無しのオプ:01/11/21 23:36
定義なんて、ない!

3 :名無しのオプ:01/11/22 00:13
俺が法律。

4 :名無しのオプ:01/11/22 00:37
これはいかが?
「ミステリーに何を求めますか?」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/979905337/l50

5 ::01/11/22 01:54
ミステリーに何を求めますか、を読みました。
話にのぼるのは、みんな推理小説ですよね?
この間、ジャックケッチャムのロードキルって
本を読んだんだけど、これって推理小説でもな
いし、謎が物語の核をなしてるわけでもない。
でも、ミステリー文庫なんですよね。
 トマスHクックの死の記憶もミステリーじゃ
ないと思うんだけど、本の帯にはミステリーっ
て書いてあった気がするし。何をミステリーと
区切るのか、僕にはミステリーです。

6 :名無しのオプ:01/11/22 01:59
謎でしょ、謎。

7 :出版社が定義だ!:01/11/22 02:11
出版社が売り上げにのばすために
謎やギミックが少しでも含まれるものに付けるラベル。
SF小説→ミステリー
歴史小説→ミステリー
企業小説→ミステリー
エロ小説→ミステリー

8 :読者が定義だろ:01/11/22 02:22
出版社が定義さん、それってありなんすか?
ミステリーと銘打てば、とりあえず買うだろ
ってことっすか?でも、それってほんとのミ
ステリーファンが買ったら、その出版社の本
次から買わなくなるんじゃ?
 そうか、そうやって活字離れが進んでるの
か、新たな発見かもしれぬ。

9 :作者が定義だろ:01/11/22 09:50
作者がミステリだと言えばステリなんだろ。作者がサイファイと
言えばサイファイなのだろうし。
読者が定義というのも一理だとは思うが、やはり商品なのだから
ある程度分類は必要だろう。

10 :ねつてつ:01/11/22 11:04
実は昔、K社の社員らしい人とチャットで出会う機会があって、その人から「K社
から新本格として出版したもの以外は新本格として認めない」みたいなことを言わ
れ、なんじゃそりゃー^^;
ミステリの中には、商標登録的なミステリも、あるようです。

11 :名無しのオプ:01/11/22 12:19
自分で決めろ。
それでいいだろ。

12 :名無しのオプ:01/11/22 12:46
大森望
ミステリの定義は「売れるエンターテイメント」でSFの定義は「売れないエンタ
ーテイメント」

13 :名無しのオプ:01/11/22 12:49
江戸川乱歩
探偵小説とは、主として犯罪に関する難解な秘密が、論理的に、徐々に解かれていく経路の面白さを主眼とする文学である

14 :名無しのオプ:01/11/22 12:54
正直、官能バイオレンスミステリーの意味がわからない(w

15 :名無しのオプ:01/11/22 12:54
佐藤春夫
探偵小説なるものは、やはり豊富なロマンティシズムという樹の一枝で、
猟奇耽異(キュリオシティ・ハンティング)の果実で、多面な詩という
宝石の一断面の怪しい光芒で、それは人間に共通な悪に対する妙な賛美、
怖いもの見たさの奇異な心理の上に根ざして、一面また明快を愛すると
いう健全な精神にも相結びついて成立っている

16 :名無しのオプ:01/11/22 14:14
だれか島田荘司の定義キボーン!
googleだとなかなか見つからない。

17 :ねつてつ:01/11/22 15:34
>14
勝目梓が書くようなやつ、でいいのでは?^^

18 :名無しのオプ:01/11/22 17:03
>16
うろ覚えでしかも長いけど。

小説には二つの系譜がある。日記から派生したリアリズムの小説と、神話から派生したいわゆるファンタジーの系譜。
簡単に言うと前者の末裔が推理小説、後者の末裔がミステリ。
もうちょっと説明すると、19世紀にヨーロッパではファンタジー(後者の系譜)が横行していて、その中から突出したのがあのエドガー・アラン・ポー。
ファンタジーのように見せかけて実は現実的な論理で事件解決が出来るという小説を誕生させたわけ。
それに影響を受けて、前者の系譜でも「それに似せたような」小説が書かれた。これが推理小説。
つまり、序盤における「幻想怪奇」と、結末の解決における「論理性」、一見矛盾したようなこの二つの要素を融合させたものが「本格ミステリー」、だったと思う。
だから「ミステリ」の定義なら、これから「論理性」という条件を除外すればよいかと思われる。

間違ったこと書いてたら訂正キボーン。

19 :名無しのオプ:01/11/22 17:11
笠井潔の定義(要旨)
ミステリーは自己矛盾的な形式であり、常に危機にあることをその本質とするジャンルである。
ミステリーは幻想と現実を「謎−分析」の均衡、そして自己言及性とメタ・フィクション性の二重性において統一する。
ミステリーは、トリックとしての謎を合理的に解明することにより本来の謎をより際立たせるということ、そして徹底的に閉じることにより徹底的に脱するということの二重の自己矛盾を負っており、その意味でアンチ・ミステリーである。

20 :名無しのオプ:01/11/22 21:37
密室で人が死んだ。その後、次々と死者が。
探偵が謎を解いていったら、犯人は宇宙から
やってきた新種のウィルスだった。
 アメリカ科学部隊に出動要請。以後、物語
は映画アウトブレイクのような展開へ。
 こんなのでもミステリーでオッケーすか?

21 :密室博士 :01/11/22 21:50
そりゃ流水大説だろ。>>20

22 :密室博士 :01/11/22 21:52
まあ大森望が推薦するのはミステリではないと思って間違いない。

23 :名無しのオプ:01/11/22 22:51
夢野久作
近代の文学は総て探偵小説である

24 :名無しのオプ:01/11/22 23:23
必ずしも定義というわけではないがいろんな作家の言葉があって面白い
http://members.tripod.co.jp/tanteisakka/kan1.html

25 :名無しのオプ:01/12/20 13:06
ねつてつ 死ね

26 :ねつてつ 死ね死ね死ねねつてつ 死ね死ね死ね:02/01/09 12:51
いずれにせよ、
望ましくない方向へ転落している

そりゃね、誰も ねつてつ擁護しないよな。

27 :名無しのオプ:02/01/12 01:09
あげてみるか

28 :名無しのオプ:02/01/12 01:14
不毛上等でミステリーの境界線でも引いてみるか
とりあえず、京極や森とかはミステリーと言うよりライトノベルだと思っているんだが
霧舎巧はミステリーだと……あ、煽りじゃないよ

29 :名無しのオプ:02/01/12 01:15
>>19の笠井の定義の出典はどの著作か、教えてください。

30 :名無しのオプ:02/01/12 06:41
EQに掲載された「アンチ・ミステリー宣言」など。
ただし俺の解釈なので誤解している可能性もあり。

31 :名無しのオプ:02/01/29 15:49
なんとなくageてみる

32 :名無しのオプ:02/03/07 00:31
あげてみる

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)