5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

モー娘官能小説

1 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 23:47
どっかにないですか?
無いなら誰か作って。

2 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 23:49
あれ?あるやろ。

3 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 23:49
なんぼでもあるがな。

4 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 23:55
さやかさんのいない生活逝け

5 :名無しさん@1周年:2000/06/20(火) 00:00
どこある?りんくー。

6 :名無しさん@1周年:2000/06/20(火) 00:17
 

7 :名無しさん@1周年:2000/06/20(火) 00:50
吉澤は2年前のことを思い出していた、思い出は封印してしまおうと、いやするべき記憶なのだと心に言い聞かせていた筈なのに、そのことを思うと疼きを覚える。

初めてだったそして未だにその経験が全てなのだ、その日はいつも通り放課後はバレーの練習、人一倍強い負けん気の強い自分を恨みに思うほど先輩部員を敵に回してしまった、まだ幼い吉澤の打ちひしがれた心の隙間にむっちゃマッチしたというのだろうか。

「よしざわ!」いつもと違いひとりぼっちの下校途中の背中から声をかけてきたのは、体育教師後藤真樹夫だった。

「あっ ごっちん」ひとみは自分の瞳孔が開いていくのがわかるような気がした、25歳の後藤は長身でしかも頭はマッチョではない女生徒から憧れられる先生だった。

8 :hih:2000/06/20(火) 07:08
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=960991431&ls=20

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)