5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

連載「虹色ティーブレイク」

1 :希望の光:2000/06/19(月) 00:00
二作目です。

2 :名無しさん:2000/06/19(月) 00:15
お待ちしておりました。頑張って下さい。

3 :1.解散:2000/06/19(月) 00:15
――日本武道館・楽屋

「……いよいよだね」
「うん。でも今日で終わりなんだよね、ウチら」
「……寂しくなるなあ」

そう、あの頃の私たちは……

「ほらアンタら本番前やのに、なに自分でテンション下げてんの?」
「そうだよ、ファンの皆さんが待ってるんだから。これがラストなんだし
これまでで最高のステージにしなきゃね」

将来への不安などなく……

「そういえば明日香とあやっぺも見に来てるってスタッフの人が言ってたよ」
「マジで?どの辺り?」
「う〜ん、そこまでは聞いてないけど。あと紗耶香からも昨日メール来てた」
「私にも来てた、頑張ってねって」
「何だか気合い入っちゃうよ」

なぜだか自信たっぷりで……

「それでは皆さん、もうすぐ開演ですのでスタンバイお願いしまーす」
「ハイ、分かりましたー。よし、みんな気合入れていくよ!」
「それじゃ、いつものヤツいきますか!!」

どうにかなるさと思っていた……。

『がんばっていきまーっ、しょいっ!!』


4 :2.タイトル:2000/06/19(月) 00:17


           『虹色ティーブレイク』



5 :3.コーヒー:2000/06/19(月) 00:19
――喫茶室「HOPE」

「はい、コーヒーのおかわりね」
「あ、ありがとうマスター」
「最近、うちの店、しばらく来てなかったけどなんかあったの?」
「いやあ忙しいんですよ、ほら子供も幼稚園入ったばかりだし。
主婦は色々とやることが多くて」
「なるほどねえ。アイドル時代とどっちが忙しい?」
「う〜んそうだなー。忙しさでいうと同じ位かな……でも、
娘やってた頃の方が毎日が楽しかったですね、刺激があって」
「あの頃に戻りたいなあ、とか思ったり?」
「ちょこっとね」
「じゃあ、また芸能界に復帰する予定は無いの?」
「したいんだけど……」
「ご主人?」
「……うん、ダメだって。なかなか許してくれないんですよ。それに
子供もいるから……」
「なるほどぉ」
「……それにしてもマスター、このコーヒー苦すぎるよー」
「そう?」
「うん、かなり。分量間違えたんじゃないの?」
「でもね、コーヒーってのは苦さを楽しむもんさ。俺ぐらいになりゃわかる」
「私にはまだ分かんないよ……あ、ほらお客さん。向こうのテーブル」
「ああごめんごめん、行ってくるわ」
私はテーブルのシュガーポットから、スプーン三杯の砂糖をカップに入れた。

6 :3.コーヒー:2000/06/19(月) 00:21
家の近所にある小さな喫茶店。
子供を幼稚園に送って、一通り家事を済ませた後、
私はいつもこの店で夕方になるまでゆったりとくつろぐ。
主婦としての忙しい日常に追われる私にとって
この時間だけは、溜まった疲れを癒してくれる大切なひとときなのだ。
お客さんは少ないけれど、面倒見が良くて気のいいマスターに
こだわりのコーヒーが自慢の店で、私はこの店の醸し出す
暖かい雰囲気が大好きだった。

「あ、また載ってる」
コーヒーをすすりながら雑誌を読んでいると、ある記事に目が止まった。
「いいなあ圭織は……」
テレビや雑誌で活躍するメンバーたちを見る度に羨ましい気持ちで一杯になる。
結婚して早五年。私は、また芸能界に戻りたいという願望が日増しに強くなっていた。

「おい真里ちゃん、輝斗くん迎えに行かなくていいの?」」
「えっ?あっホントだ、忘れてた!もうこんな時間!」
「間に合うかい?」
「う〜ん走れば何とか」
「急いでるからお代は次に来た時でいいよ」
「ゴメン、悪いね。じゃあまた今度」
「おお。行ってらっしゃい」
私は急いで店から出ると脇目もふらず走り出した。

ただひたすら走っていた。それはまるで、何かに流されるかのように……。

「私の毎日って、このままなのかな……」

7 :希望の光:2000/06/19(月) 01:16
一日一話を目標にゆっくり書きたいと思います。
二作目については、「道化師カーニバル」連載中の頃から構想を練っており
いわゆるマジファンの方のみを喜ばせるような作品にはしたくないと考えていました。
しかし現在のモー板は半ファンサイト化してしまった為
前作のような話だと敬遠されてしまうのではないかと気に掛かり
リアル系に挑戦してみることにしました。
でも、ただのリアル系小説だけで終わらせたくは無いので
「2chモー板ならではの特色」を数多く散りばめていきます。

8 :警告:2000/06/19(月) 01:27
このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

9 :名無しさん@1周年:2000/06/19(月) 01:29
このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ

このあとは小説板でやれ



10 :名無し読者:2000/06/19(月) 05:04
>7
新連載おめでとうございます。
名作集スレッドの方であげさせていただきます。

11 :警告:2000/06/19(月) 12:23
この小説は楽しみだから、毎日読む。

12 :4.インタビュー:2000/06/20(火) 00:38
――ホテル「ホテル シエスタ東京」

「ではモデルの仕事を始められたきっかけは?」
「もう六年程前の話なんですけど、現在の事務所の社長がこっちで開かれる
ショーの準備の為に来日してたんですね。それでホテルの部屋でテレビを
見てたらその番組に私が出演してて。何かビビッときたみたいです(笑)。
そしてその後スカウトのお誘いがあったんです」
「その時はどうでした?」
「驚きましたね。モデルのスカウトにもビックリでしたけど、
海外を拠点とする事務所だと聞いてさらに驚きました。海外生活への
不安もありましたし」
「でも今や世界を股にかけるトップモデルですからね。でもモデルに
転向することに迷いはなかったんですか?」
「いえ、かなり迷いました」
「じゃあモーニング娘の元メンバーの皆さんに相談されたりとかは?」
「ええ、あまり覚えてないんですけど確か裕ちゃんに相談した時に――」
その時、マネージャーが話を遮った。
「あのぉ記者の方、そのような過去の話は止めて頂けませんか」
いつもこうだ。私は別に気にしてないのに……。

13 :4.インタビュー:2000/06/20(火) 00:39
「あっ、NGなんですか?分かりました。それじゃ質問を変えましょう。
ではその見事なプロポーションを維持する秘訣などありましたら
教えて頂きたいのですが?」
「……」
「どうかなさいました?」
「……あっ、すみません。そうですねえ、やはり十分な睡眠を
取ることですかね。それに食生活にも気を使います。野菜中心で
あまり甘いものは取らないように。あとスケジュールに余裕がある時は
できるだけジムに通うように心掛けています」
「大変ですね」
「いえ、そんなことないですよ。一流のモデルとしてやっていく上では
当然のことですから」

一流のモデルとして当然、か……。


14 :4.インタビュー:2000/06/20(火) 00:40
「あの、お時間となりましたのでそろそろ」
「あともう少しだけダメですか?まだお伺いしたい質問がいくつか――」
「いえこちらにもスケジュールがありますので」
「……判りました。ではインタビューの掲載誌は後日、
事務所にお送り致しますので。本日はどうも有難うございました」
「こちらこそどうも有難うございました」
「また宜しくお願いします」
部屋を出ていく雑誌記者。部屋には私とマネージャーだけになった。

「はぁ疲れたぁー。これで今日の取材は終わりだっけ?」
「ええ。しかし六時から食事会を兼ねたテレビ局との打ち合わせが」
「エーまだあるのぉ、もうヤダぁー」
「まだ二日目ですよ。滞在予定の十日間は雑誌の取材やテレビ出演で
仕事詰めなんですから。もう弱音吐いてどうするんですかぁ?」
「だってさあ、これじゃせっかく日本に帰ってきた意味ないじゃん。
会いたい人だって一杯いるのに」
「僕だって社長に、このスケジュールは過酷すぎる、って
掛け合ってみたんですけど力及ばずで。所詮仕える身ですから……」
「……あーあ、モデルになんてならなきゃ良かったなあ」
「そんなこと言わないで下さいよぉ」
「だってぇ、人前ではずっと演じてなきゃいけないんだよ。さっきの
インタビューだって、別にプロポーションなんて全然気にしてないし、
一流のモデルとして当然です、なんて言っちゃってさ。それに
モーニング娘だったこと今更隠さなくてもいいんじゃないの?
知ってる人だって多いんだし」
「確かにそうですけど、トップモデルとしてのイメージを維持する為です。
僕も隠す必要は無いと思いますけど、世間の持つイメージを考慮すれば
なるべく伏せておいた方が良い、との社長の判断ですから……仕方ないです」
「……そっか。分かったよ。もういい……」
「……」

15 :4.インタビュー:2000/06/20(火) 00:43

「……ねえ、田神君」
「何でしょう?」
「……モデルの私って、どうなのかなあ?」
「……素敵ですよ。飯田さんはいつも素敵です。飯田さんは今の
若い女の子の憧れの的じゃないですか。みんなが応援してくれてます」
「そう。ならいいんだけど……」
「……あのぉ」
「何?」
「すみません。僕にはどうすることも出来なくて……」
「いいよ気にしなくて……あっ、ほらそろそろ時間だよ。もう出なきゃ」
「あ、そうですね。遅れると印象が悪いので急ぎましょう」
「……ハァ」
大きく溜息をついて部屋を出た。

――移動中・車内

「……ハァ」
「どうかしました?」
「……ううん、何でもないよ。静かで退屈なだけ」
「……あ、あの、ラジオでもつけましょうか?」
「……別に。どうでもいいよ」

私は窓の外を眺めていた。全てが灰色だ。街も空も人も、私の心も。
近頃、私は自分というものが分からなくなる。見失いそうで怖い。

「本当の私って、どこに置いてきたんだろう……」


16 :名無し読者:2000/06/20(火) 05:20
名作集スレッドの方であげさせていただきます。

17 :名無しさん@1周年:2000/06/22(木) 10:08
続き待ってます。

18 :5.リクエスト:2000/06/25(日) 04:56
――ラジオ局「SUNSUN放送」・ラジオブース内

「――ということで登別市の佐藤さんからのリクエスト、
モーニング娘で『ハッピーサマーウェディング』を
お送りしました、って懐かしいねえ」
「ホンマめっちゃ懐かしいわぁ」
「もうどのぐらい?解散してから」
「え〜と、何年?八年?いや九年だ」
「結構経つんや。でも九年言うたら、色々ありましたねお互い」
「ありましたね」
「まあ、バツも付きーの」
「ハハハ(笑)もうエエからそれは」
「どうなん?ぶっちゃけた話、再婚する気とかは?」
「これまたストレートやなあ。いやもう私は一生独りで生きていきます!」
「ほほ〜(笑)ええの?断言して。ホンマに思てる?」
「ああマジよ、私は。まあある意味独りの方が楽な部分ってあるやん」
「確かにね」
「うん。ほら結婚したら自分一人の時間とか持てなくなるし、
何て言うんかな、相手の生活リズムに合わせんでもええからさ。
せやからどっちかって言うと一人の方がええよ、気楽で」
「それはもうすぐ嫁ぐ人に向かって言う台詞かい?」
「ごめ〜ん、そうやった(笑)」
「しっかりしてや姉さん」
「ハ〜イ、頑張ります(笑)」
「じゃ、次のお葉書いきましょう。えーと、ペンネーム……あれ?
書いてないですね。あ、これ名前も書いてない。それじゃあ、
名無しさんと言うことにしときましょうか。えー、みっちーに
質問です、僕はみっちーの大ファンで――」

19 :5.リクエスト:2000/06/25(日) 04:59
「――番組の方もそろそろお時間となってしまいましたが、
何か告知とかある?」
「えーと、今週かな?平家みちよニューシングル「流れゆく者たち」が
発売されますんでリスナーの皆さんぜひ宜しくお願いします。私からは
以上ですね。姉さんは?」
「私はですねー、これといって何もないですけども。あっ、来月辺りに
新曲が出る予定ですので、いずれこの番組内でお知らせしますんで。
それではお相手は、中澤裕子と」
「平家みちよでした。バイバイ〜」
「はい、さようなら〜」

――ラジオ局「SUNSUN放送」・スタジオ内

「二人ともお疲れ〜。どう?これから晩飯でも」
「ごめんなさい、私は人と会う約束があるんで」
「あ、そっか。平家はそうだよね。旦那さんでしょ?」
「旦那さんだなんて鬼丸さん、まだ結婚してないですよ」
「でも近い将来はそうなるわけだし。そっか、
ならしょうがねえな」
「じゃ私はこれで。どうもお疲れ様でしたー!」

みっちゃん、いかにも『私は幸せ一杯です』って顔しながら帰って行ったなぁ。


20 :5.リクエスト:2000/06/25(日) 05:00
「中澤は?どう?」
「ええ私なら空いてますよ、何せフリーですから。どこ行きます?」
「おい、他に連れてってくれる男の一人や二人、誰かいないのかよ?」
「鬼丸さんこそ、こないだ私が紹介した子とは上手くいってるんですか?」
「いや、それが……」
「またですか?こっちかてねえ、『女の子紹介してよ』って会う度に
言うから、捜してきてあげてんのに一度も発展した事ないんやから」
「俺みたいなオッサンは、若い子にはなかなか相手にされないんだよ。
俺も若い頃はさ、ラジオのディレクターやってるって言うだけで
女の子も興味持ってきて、軽〜く引っかかったりしてたんだけどなあ」
「この調子やったら鬼丸さん、いつになっても結婚できませんよ」
「いいんだよ俺の事は。それより独り身の女の方が寂しいもんが
あるだろう。売れ残っちゃったみたいで」
「ひどいなあ。いいんですよ。もう結婚に未練はないし、また失敗
すんのも恰好悪いじゃないですか。今は独身貴族を謳歌してますよ」
「ふ〜ん。本当に結婚する気ないの?」
「しつこいなあ。ほら早よ行きましょうよ」

あの頃は、結婚=幸せだと信じていた。それは今でも変わってない。
でも実際手に入れてみたら、外側からずっと眺めていたものとは違ってて。
そこに私の求めていたものは無かった。いや、きっとあったのだろうけど
私には見付けることが出来なかった。
『私は独りで生きていく……』なんて強がってはみたものの、来月に結婚を控え
幸せそうにきらきら輝いてるみっちゃんに、ちょっと嫉妬したりなんかして。
いつのまにか羨望の眼差しで見つめていた私がいて……。
結婚だけが幸せじゃないって分かってはいるけど、でもまだ……。

「何処にあるんかなあ、私には見付けられるんやろうか……」


21 :希望の光:2000/06/25(日) 05:03
更新が遅くて申し訳ありません。一日一話は無理みたいです。

それから名無し読者さんにお願いがあるのですが
この小説の更新情報をしばらく名作集スレッドには載せないで下さい。
もちろん他の読者の方もこのスレッドのアドレスは他のスレッドには
書かないで下さい。
そしてfire7さんにもお願いです。Meicosでの更新もこの小説だけは
しばらくストップさせておいて下さい。取り敢えずこのスレッドを
隔離された状態にしたいのです。どうか御協力お願い致します。
でも、もしここが消えてしまった場合は新たに立ち上げますので。

22 :名無し読者:2000/06/25(日) 05:40
>21
畏まりました。
ですが、何故なのでしょうか。

23 :名無しさん@1周年:2000/07/03(月) 00:38
テスト

24 :希望の光:2000/07/03(月) 00:53
色々と理由はあるんですよね。
一つは、最近、他の小説スレッドを見ていたら、作者と読者のファンサイト張りの
仲睦まじいやり取りに引いてしまって……。私はああいう風になるのが嫌なんです。
この小説は一見ファンサイト系小説の様に見せていながら、2ch小説ではあまり
出てこなかった男性を絡ませている事や2chモー板の固定ハンを文中に
散りばめている事の意図は、最近やたらと多いファンサイト系小説への
小さな反発でもあります。いや別にファンサイト系小説を責めている訳では無くて
「自分は違うぞ」という意味です。勿論、ただ単純に固定ハンを文中に
散りばめたら面白そうだなと思ったからでもあるんですけど。

もう一つは、もしかすると未完のままで終わる可能性があるからです。
この小説の尺は「道化師カーニバル」の三倍はあるので、執筆する気力が
持つかどうか……。それなら最初から無かった事にしてもらった方が
良いので。

ですから、しばらくは水面下で進行したいと思います。

25 :名無し読者:2000/07/03(月) 01:57
そうでしたか。
私も所謂「マジファン臭い」雰囲気には少々抵抗を感じておりました。
勿論、2chですから「何でも有り」では有るのですが、、、

今回はかなりの長篇になりそうですが、
御無理為さらない様お取り組みください。

26 :希望の光:2000/07/07(金) 02:36
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=962820743&st=459

基本的に私は自分の立てたスレッド以外には書き込まない主義なので
ここで書くことにしますが、私は健太さんではありません。

27 :名無し読者:2000/07/07(金) 06:22
勿論、分かっております。
ちなみにこちらの475も私では有りません。
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=962820743&st=475&to=475

28 :名無しさん@1周年:2000/07/19(水) 03:50
執筆する気力が無くなってしまったのでしょうか?


29 :名無し読者:2000/07/20(木) 00:38
>>28
どうでしょうか。

30 :希望の光:2000/07/20(木) 01:29
申し訳無いですが連載中止にします。

執筆する気力が湧かなくなったという事もありますし、
いくらファンサイト系小説に対するアンチを謳っていても
ストーリーが普通だと意味を成さないと思いましたので。
時間を掛け詳細に渡りプロットを書いたのですが
捨てようと思います。別に全く悔いは無いです。
内容が板の雰囲気にそぐわないようならば、
私は何の躊躇いも無く捨て去る事が出来ますから。
私は飽く迄、自分の為よりモー板の為にありたい。
と言っても、もうこのスレは本土から離れた無人島ですから
どちらにしろあまり意味無いですけど。

それに、やはりこの手の小説はファンじゃないと書けませんね。
私は、この板に居る理由がモーニング娘に興味があるというより
モーニング娘板に興味があるから、という人なので。

と言う訳で、どうも有難う御座いました。

31 :希望の光:2000/07/20(木) 01:58
もうここを見ている人も殆ど居ないでしょう。
これでやっと、やりたかったことができます。

32 :名無し読者:2000/07/20(木) 06:13
>>30-31
そうですか、大変残念です。
「やりたかったこと」とは何でしょうか。

33 :希望の光:2000/07/25(火) 00:09
大した事じゃないです。ただの連載です。
でも小説ではなく、モー板に関するコラムみたいなのを。

34 :名無し読者:2000/07/25(火) 00:42
>>33
そうですか。
それはなんでしょうか。

35 :希望の光:2000/07/25(火) 01:27
色々なスレッドや固定ハンについて思った事を書いていこうかなと。

36 :名無し読者:2000/07/26(水) 06:00
>>35
それはいかがなものでしょうか。

37 :希望の光:2000/07/26(水) 11:34
やはりやめた方が良さそうですか?

38 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 22:43
やめないほうが良さそうです。

39 :名無し読者:2000/07/27(木) 00:23
始められる時はお名前を換えられた方が方が良いと思います、が、、、

40 :希望の光:2000/07/27(木) 01:37
>>39
やはりやめておきます。勿論連載する際は固定ハンも捨てるつもりでいました。
一応、私が書こうとしていたものは、これまでいくつもあった
愚痴や現状批判ばかりに終始した議論スレのようなものでは無く
客観的にモー板を眺めた感じで書いていく予定でした。

41 :名無し読者:2000/07/27(木) 06:14
>>40
そうですか。
こちらで密かに展開する、と言う事もできるとは思いますが。

42 :希望の光:2000/07/27(木) 11:35
>>41
そのつもりでした。元々このスレを隔離した本来の理由はその為です。
私はでしゃばるような事はしたくないので、ここでひっそりとやろうと。
当初は小説の連載終了後に始める予定だったんですけどね。

43 :名無し読者:2000/07/27(木) 23:43
>>42
そうですか、、、
私も出しゃばりが過ぎた様です。

44 :希望の光:2000/07/28(金) 23:21
いえ、そんな事無いですよ。気になさらないで下さい。

45 :名無し読者:2000/07/29(土) 01:54
>>44
そうですか、、、
ともあれ、失礼いたしました。

46 :希望の光:2000/08/09(水) 04:47
もう誰も見ていないかも知れませんが。

どう思いますか?現在のモー板について。

47 :名無し読者:2000/08/09(水) 06:35
>>46
かなり、悲惨な状況になっていると思います。
他の小説も全て移動されてしまいました。
じきに戻すのでしょうが、、、

48 :希望の光:2000/08/23(水) 23:47
お久し振りです。すみませんが、もう一つだけ質問させて下さい。
今、モー板に求められている人物とはどんな人だと思いますか?

49 :名無し読者:2000/08/24(木) 00:32
>>48
周りの雑音など気にせずに、
ひたすらネタや小説などを書き続ける方では無いでしょうか。
こちらのスレッドの皆様のように。

妄野物語(あるいは新頬袋)
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=morning&key=965804135&ls=50

50 :希望の光:2000/08/24(木) 01:21
成る程。確かに職人に徹する方は素晴らしいですね。
「妄野物語(あるいは新頬袋)」スレッドの場合ですと
余計な感想や作者のコメント等が少なく、スレッドの殆どを
純粋なネタのみで占めている為、スレッド自体の完成度が高いように思えます。
しかしその状態を維持し続けるにはsageで書き込まなくてはならないのが
苦慮する点でもありますね。

51 :希望の光:2000/08/24(木) 01:45
ただ私は、板全体に影響を及ぼす程のカリスマ性を持った固定ハンが
必要とされているのかなという気もします。かつての手レトさんのように。

52 :希望の光:2000/08/24(木) 01:59
で、話は変わって私事なんですが。
一応、モー板は毎日ちらっと覗いていたのですがROMってばかりでした。
何かをしようと思い立つも何をしたら良いものか分からなくて。
ネタを書くにも職人引退から半年以上のブランクがある為、自信が持てず……。
小説を書くにも何時の間にやら皆さん妙に本格的になっちゃってるし……。
怖くて動けませんでした。でもROMってばかりも退屈です。

ですから、そろそろ私も動き出そうかと思ってます。


53 :名無し読者:2000/08/24(木) 06:26
>>50-52
そうですか。希望の光様が動かれるのですか。

余計な事かも知れませんが、、、
もし、キャラクターを創って参加される時は、
頑強な意志を持ってお進め下さい。
雑音に惑わされず正体を明かさず、私すら騙される程の、、、

それでは、お頑張り下さい。

54 :希望の光:2000/08/25(金) 03:03
御親切なアドバイスを有難う御座います。とても助かります。
今の所は一先ず小説の連載を始めたいと思ってます。
「道化師カーニバル」のようなバイオレンス系の話を。

本当は道化師終了時から二作目もバイオレンスを書こうと決めてました。
が、板の雰囲気が変容し、ファンサイト系小説しか受け入れられないのでは
ないかと思い予定の内容を変更。ちょっと無理して「虹色ティーブレイク」の
連載を始めた次第です。案の定、すぐに執筆意欲が減退しちゃいました。

今後は自分の書きたいものを書こうと思います。
まだ設定を練っている最中なので連載開始は9月初旬になるかと。
その際はまた宜しく御願いします。

55 :名無し読者 :2000/08/25(金) 05:40
>>54
畏まりました。

私も所謂「いちごま系」の作品には辟易しておりましたので、、、
次の作品をお待ちしております。

56 :名無しさん@1周年 :2000/09/04(月) 14:54
希望の光氏もlog0076氏もなんだって気になるような事言うんだろうね
完全に暴露できるんならともかく肝心の部分は内緒なんでしょう?
はっきり言えないならお首にも出さないのが礼儀ってもんじゃないの?

57 :希望の光 :2000/09/06(水) 05:59
>>56
……。

58 :希望の光 :2000/09/06(水) 06:16
以前、モーニング娘についてのある事情を少し書いた事がありましたが
核心には触れず曖昧にして書いた事にいたく反省しています。

当初はスレッドが地下に潜っていたので詳細に書く事も可能でしたが
スレッドが浮上してしまって書けなくなってしまったのです。
それに唯の噂程度の物なら良いのですが、情報筋を含め信用性が高く
全貌を公表した時の反響を考慮するとどうしても躊躇ってしまった次第です。
だからと言って口を噤むのも心苦しい気がして限りの範囲で書いたつもりでした。

ですが読まれた方は、私がただ出し惜しみをしているように感じたみたいで
歯痒い思いをされたようです。中途半端な情報だと余計に気になりますよね。
多少なりともお役に立てればと思ったのですがそこまで気が回りませんでした。
本当に申し訳無く思います。どうも済みませんでした。肝に銘じておきます。

59 :希望の光 :2000/09/07(木) 00:40
それから私はlog0076さんや「いちごま会」と呼ばれる方達とは
何の関係もありません。
思わぬ所で私の名前が挙がっていたので少々困惑しています。

60 :名無し読者 :2000/09/07(木) 01:08
>>58
そうですか。
ここで公開されてはどうでしょうか。
、、、余計なことでした。
>>59
心得ております。

61 :希望の光 :2000/09/30(土) 00:35
>>60
公開はやめておきます。すみません。

62 :希望の光 :2000/09/30(土) 00:39
お返事が遅れて申し訳ありません。
ニ、三週間ぶりにPCの電源を入れました。
今月、不幸な事が立て続けに起こりました。
ネットに繋ぐどころでは有りませんでした。
それから暫く経ちましたが、未だに心は晴れないままです。
小説連載までもう少し時間を下さい。
ごめんなさい。鬱です……。

63 :名無し読者 :2000/09/30(土) 02:51
>>61-62
そうですか、、、。
畏まりました。

64 :希望の光 :2000/10/01(日) 00:58
現在の心境からするとバイオレンス系小説は無理かもしれません。

65 :名無し読者 :2000/10/02(月) 01:23
>>64
そうですか、、、
コントなどはどうでしょうか。

66 :希望の光 :2000/10/03(火) 01:25
コントはやめておきます。

67 :名無し読者 :2000/10/03(火) 06:36
>>66
そうですか。
失礼いたしました。

68 :名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 21:10
このスレ自体がコントみたいだ

69 :名無しさん@1周年:2000/10/27(金) 18:44
age

70 :名無しさん@1周年:2000/10/29(日) 19:08
あげ

71 :希望の光:2000/11/05(日) 01:53
ここ一ヶ月ROMに専念していました。
できれば他のスレッドにリンクを張って貰いたくはありませんでしたが
仕方が無いですね。色々と参考になる意見を拝読させて戴きました。
でも私自身はそんなに深く考えて書いた意見では無いので気にしないで下さい。

72 :希望の光:2000/11/05(日) 01:58
近いうち二作目の連載を予定しています。
その際は宜しくお願い致します。

73 :しんえもんさん:2000/11/05(日) 01:59
気にしなーい気にしなーい

74 :名無し読者:2000/11/06(月) 02:01
>>72
畏まりました。
お待ちしております。

75 :名無しさん@1周年:2000/11/12(日) 17:07
aa

76 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 00:00
aaa

77 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 11:31
1

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)