5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

空の名前

1 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 11:12
さげ

2 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 11:12
あげ

3 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 14:03
「ねぇ〜、ちょっとここどこよぉ〜!!」
イライラしたような声で後藤が叫んだ。かなり疲れている様子で、木の棒を杖代わ
りにしてヨタヨタと歩いている。
「そんなの分かるワケないじゃん。後藤ー、大声出すと余計に体力消耗するよ?」
割と冷静な声で後藤をたしなめたのは矢口だ。そういう彼女も疲労はピークに達し
ているらしく、少し足を引きずる様にして歩いている。その矢口の横を無言のまま
歩いている女は中澤だ。年のせいか、もう口を開く元気も残っていない。
「ねぇ、ここさっきも通らなかった?なんか見覚えあるんだけど・・・」
そう言ったのは飯田だ。先程からきょろきょろと周りを見まわしている。
「えぇ?ホンマに?なんなんもぉ。ここはどこやねん・・・」
うんざりした様子で平家がぼやいた。軽く眉間に皺を寄せ最後尾をゆっくりと歩い
ている。
彼女達の周りにはうっそうとした木々がそびえ立っている。まだ昼間だというのに
薄暗く、どことなく不気味な雰囲気が漂う。
彼女達―中澤、平家、飯田、矢口、後藤が何故こんなところをうろうろしているの
か?・・・話は数時間前にさかのぼる。

4 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 15:04
「ねぇ、なんか天気ヤバくないすか?ここ、ホンマに大丈夫なんでしょうね?」
険しい顔をした中澤がスタッフに尋ねた。「ここ」と言うのは今いる海上の事だ。
何故こんなところにいるかと言えば、彼女達は今ハロプロの特別番組の収録の為、
とある沿岸地域でロケを行っているからだ。海外に行くにはスケジュール的に無理
があった為、今回のロケは国内だ。
「大丈夫だよ。このくらいの風なら問題はないよ」
そんなスタッフの言葉とは裏腹に、空模様はどんどん険しくなっていく。今、彼女
達が乗っているのは小型のクルーザーだ。強い波に襲われたらひとたまりもないだ
ろう。
天候を気にしながらも、ロケは順調に進む。メンバー達はカメラに向かってかわい
らしい営業スマイルを向けている。
その時だった。轟音と共に凄まじい衝撃が小型クルーザーを襲う。突然の突風だっ
た。船上にメンバー達の悲鳴が響き渡る。強い横風をもろにくらい船は横倒しにな
って倒れた。海上に投げ出されるメンバー達。もうどこに誰がいるのかさえ分から
ない。みんな自分が助かる事で精一杯だった。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)