5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

呪術師・道化・遍歴楽師・乞食・遊女・狂人

1 :天之御名無主:2001/08/22(水) 02:35
などをテーマにかたりましょ

2 :っっ:2001/08/22(水) 11:59
たしか「ほかい」「ほいと」という乞食を意味する言葉は「寿(ほ)ぐ人」から来ているのですよね。
お祝いの言葉(のちに芸能)と引き換えに食べ物をもらい生活する。いわゆるのちの門付芸人ですか。

3 :天之御名無主:2001/08/22(水) 23:39
「境界」のスレとこのスレを照らし合わせるといいかもしれない。
これらの人々の生活の場は境界でしょ?

4 :天之御名無主:2001/08/23(木) 16:15
呪術師といえば、なんか、この間、TVだか雑誌
だかに陰陽師の末裔とかいう人が出ていたけど、
ほんまに今でも陰陽道とか陰陽師の伝統って
とぎれずに伝わっているんでしょうか?
なんか、どうも、インチキくさくって。その人が。

5 :天之御名無主:2001/08/24(金) 23:21
今更だけど誰か陰陽師ついて手っ取り早く説明して!

6 :天之御名無主:2001/08/24(金) 23:34
>>5
賛否両論あると思うけど、学研ブックスエソテリカシリーズの
『陰陽道の本』はわりあい初心者にもわかりやすいと思うから
読んでみては?簡単に説明されるよりはイイと思うけど。
併せて『道教の本』も読むとなおさらよくわかる。『古神道の本』
はさすがにちょっとうさんくさい・・・・

7 :天之御名無主:2001/08/25(土) 00:46
>>6
学賢の赤い本、6冊持っていますが、
この3つ持ってますね。
・・・痛い。

8 :天之御名無主:2001/08/25(土) 01:06
比較文化論的に展開できないかなー

9 :天之御名無主:2001/08/25(土) 15:59
>7
すんません、私、そのシリーズ
黄色いの(第2期シリーズ)も持ってます(藁
そう言えば、『儒教の本』って出たのかな?

10 :天之御名無主:2001/08/25(土) 19:59
>>9
もう「儒教の本」の次の「お経の本」まで出てます。そういえばまた表紙が
赤色に戻っていますね〜。

11 :天之御名無主:2001/08/25(土) 20:21
>10
ありがとう、今度探してみます。

12 :日本@名無史さん:01/09/19 00:57
ふーむ……
遊女が含まれるのは何ゆえ?

13 :天之御名無主:01/09/19 01:07
遊女の起源として巫女さんなんかが挙げられてるからじゃないですか。
網野さんかなんかの本で読みましたけども。

14 :天之御名無主:01/09/29 04:39
>>13
「日本中世の民衆像」ですかね>網野氏著作。
職人歌合の解説とか出てくる。
スレタイトルに挙がってる職種全部出てますしね。
後「異形の王権」とか?
「ほかひ」についての割合に
詳細な話が出てきてたと思いますが…うろ覚えですスマソ。

15 :天之御名無主:01/10/19 01:57
赤坂憲雄の「異人論序説」要チェキ。

16 :天之御名無主:01/10/19 16:01
>4
陰陽道は今でもある。
私の友人は継承者で、某地方支部の1番えらい人です。
まだ22才(♀)なのに。
そこの一族は代々力の強い家系だとか。

17 :天之御名無主:01/10/19 23:28
うん、いんちきくさい

18 :天之御名無主:01/10/28 03:44
>>16
もっと具体的に情報ください。
だいたい職業として成立するの?

19 :ヤイコ:01/10/29 02:33
遊女って女性の最古の職業だって何かの本に書いてあったような〜
映画にもなった阿部清明の子孫は神戸にいるらしいのですが・・・・
友人が仕事で取材依頼したら断られたらしい・・・なんか陰陽道は陽の部分は西洋でいうことの白魔術的な部分があるらしいのですが、陰の部分は黒魔術的部分で(呪い等)この家系は陰の部分が強いらしくて
誰でも知っているような話から一線を越えると皆口をつぐんでしまい取材拒否になるらしいです。
友人も仕事をしていて怖くなって他の人にヘッジしたらしいです。

20 :ヤイコ:01/10/29 02:35
ごめんなさい!取材にならないらしいが本当です。
初歩的な入力ミス!

21 :獅子の子は仔獅子:01/10/29 03:34
「道化」ってよく聞く言葉だけど、日本における道化って具体的にどんな職業の人々
を指すんでしょうか?西洋のそれなら簡単に想像つくんですが、、、、。

22 :天之御名無主:01/10/29 03:37
たとえば侏儒。薩摩の民話で「日当山侏儒どん」というのがある。
とんちのこびとさん、です。大名に侍っていて、小舞を舞ったり
おもしろおかしい話をして相手していたらしい。

23 :天之御名無主:01/10/31 01:06
でも、日本の道化を論じるのは難しい気がする。
中国ならもんくなしに宦官ですね。

24 :天之御名無主:01/10/31 01:26
イメージでもの言うなよ

25 :天之御名無主 :01/10/31 02:25
晴明公の血を受け継ぐ方っておられるんですか?
途絶えたと伺った事があるんですが・・・

26 :ヤイコ:01/10/31 03:09
>>25
なんかあまり本人が言いたがらないらしいから一般的に知られてないらしいのですが、友人の話では仕事でちゃんと調べて行ったのに拒絶された!ってのたうっていたので・・本当かと・・
結構報酬も良かったのに仕事にならなかったって愚痴ってましたから

27 :必殺仕事人:01/10/31 06:41
会社員から狂人にジョブチェンジしたのが
あの有名な タ○マ まも○

28 :天之御名無主:01/10/31 08:44
>12
遊女といえば、八百比丘尼は別名白比丘尼といわれるように、白拍子との関係が無視できないでしょう。
若狭の空印寺に伝わる木像をはじめとして、比丘尼の像はそのほとんどが花帽子をかぶり、手に椿を持っています。
これはまさに白拍子(巫女と遊女、芸能者を兼ねた漂泊民)の姿です。

ちなみに椿は南方原産の植物なのに青森や秋田などにも自生していますが、柳田国男はこれらが八百比丘尼を名乗る巫女集団によって植えられたものと推定しています。

29 :天之御名無主:02/04/09 00:50
>>2
「ほいと」は「陪堂」では

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)