5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◆ ねこ(猫)についての神話 ◆◆

1 :天之御名無主:2001/08/13(月) 00:55
ネコに関する神話を探しています。

昔、どこどこの国ではネコが神とたたえられていたとか、
どこどこの宗教ではネコが神の使いだとか、etcetc

ちょっとしたことでもいいので、「ネコ」に関する神話じみた話を知ってる方、
教えてください。

2 :天之御名無主:2001/08/13(月) 01:40
ポーが猫大好きだったんだよね。
神話じゃないけど・・

3 :1:2001/08/13(月) 02:04
>>2
ポーって何ですか?

4 :天之御名無主:2001/08/13(月) 02:04
人が死んだとき、安置した死体を猫が飛び越えると、その死体が
動き出すというのは昔の日本ではよく言われていました。これも
神話じゃないが。

5 :天之御名無主:2001/08/13(月) 02:07
>>1
エドガー・アラン・ポー。代表作「黒猫」「アッシャー家の崩壊」

6 :徒然草:2001/08/13(月) 02:14
古代エジプトでは神聖なる動物として崇められた。
ヨーロッパの中世には(特に黒猫は)魔女の使いとして迫害された。

7 :ST:2001/08/13(月) 02:25
ケット・シーって猫の妖精で、猫の国に住んでるって言うのはどこの国の話だっけかな…。

8 :天之御名無主:2001/08/13(月) 02:41
宮崎辺りに、猫の神様の話があったな。
喉に魚の小骨を刺したとき、猫神様に魚をお供えすると、
御利益があるとか。

9 :天之御名無主:2001/08/13(月) 02:54
>>6
魔女は「大地の女神」として
信仰の対象だったのだから、宗教と言えますね。
黒猫が魔女の化身というのは、
特にドイツの伝説です。

迫害されたのは、キリスト教の信仰と
相反するものがあったからでしょうね。

10 :天之御名無主:2001/08/13(月) 03:44
バステト女神のマライア。
「このビチグソがぁ〜」
>>7
ケルトじゃないの?

11 :徒然草:2001/08/13(月) 13:17
中世の魔女狩り、それに付随する猫の受難の背景には、当時ヨーロッパ全土を襲った
ペスト(黒死病)に対して、教会が何の対策も打ち出すことも出来ず、またそれ以前
からの度重なる十字軍遠征による国力低下、民衆の疲弊感や不満感、恐怖感が一斉に
教会に向けられることを避ける為に、その矛先をそらす為のスケープゴートとして、
魔女や猫たちが悪者扱いされたのだと思います。自分たちの無力さを隠蔽する為にね。

12 :天之御名無主:2001/08/13(月) 15:10
ブラジルのジェルナ人の祖先神・シナアが猫の姿をしています。
父はジャガー神、母は人間だといわれてます。

13 :徒然草:2001/08/13(月) 15:53
http://www.softnomics.or.jp/mics/mrpro/mr10.htm

14 :天之御名無主:2001/08/13(月) 16:48
>>13
「干支のはじまり」に関する民話ですね。

15 :天之御名無主:2001/08/13(月) 18:18
中世に猫を捕獲しまくったら鼠が大量発生してペストが
よけい広まりそうなイメージがありやす。

16 :天之御名無主:2001/08/13(月) 18:52
ラヴクラフトが猫好きだったんだよね。
神話じゃないけど・・

17 :天之御名無主:2001/08/13(月) 21:50
北欧神話の愛と豊饒の女神フレイヤの戦車は猫が牽いています。
>>4
の方が言われてるような「死体を飛び越えると動き出す」というのは
スラヴかどっかの吸血鬼伝説でもありましたね。もっともこちらは猫に
かぎりませんが。(ねこなどの獣が墓の上を飛び越えたら、あるいはその
影が墓にさしたら死者は吸血鬼になる、と信じられていたそうです)

18 :徒然草:2001/08/14(火) 14:07
>15
ヨーロッパにペストを持ち込んだのは、十字軍の船に乗ったクマネズミ。人間
と身近に暮らしたものですから、その蚤を介してまたたくまに人間に感染して
しまったのです。そしてそのクマネズミを撃退したのは、人間に接近しないで
生きるドブネズミですから、蚤を介して人間に伝染する心配はありませんでし
た。ペストを下火にさせた陰の功労者と言われています。
当時の人々は、ペストに対しては全くの無知状態でした。予防法といっても、
神に許しを乞うとか悪魔祓いをするとかの認識で、一生懸命に猫を異端審問に
かけたのだと思います。(爆)

19 :天之御名無主:2001/08/15(水) 04:22
>古代エジプトでは神聖なる動物として崇められた。
その詳しい話が聞きたいです。

20 :天之御名無主:2001/08/17(金) 00:18
「バステト」
殺戮と恵みの神。エジプトはブバスティスで信仰された地方神。
その名は「軟膏壺の婦人」を意味する。
猫(または雌ライオン)の頭部、シストルムとアンクを持つ姿で表される。
バステトは、太陽神、またセクメトの子供である。
ヘロドトスはバステトの大祭について記述している。
儀式用の瓶にバステトの名を記すことが一般に行われたが、それは
古代エジプトの暦にあった5日間の閏日に関係が深かった為と思われる。

21 :天之御名無主:2001/08/17(金) 00:48
>>20
恵みと薬の神様だったらありがたそうなもんだが、
殺戮もセットなのか。おっかないの。

22 :天之御名無主:2001/08/17(金) 02:28
ブバスティス市の共同墓地にはネコのミイラがあったとか。

またバステト信仰のある街に関してヘロドトスは、
「火事が起こったとき、炎を消すよりもネコのことを考え、
ネコが自然死した家にすんでいる人々は眉毛をそる」
と、記しているとか。

23 :天之御名無主:2001/08/17(金) 03:12
昔のエジプトには猫を使う狩猟方法があった、と
世界不思議発見でやってた。
うちの猫を見てるとどうも信じられない。

24 :天之御名無主:2001/08/17(金) 13:12
ドイツでは黒猫が朝行く手を遮ったり,両足の間を走り抜けたりすると不幸のある予兆とされ,猫を殺そうものならば必ずや不幸になると信じられていました。反して猫に良い行いをすれば幸運が訪れるとされています。これは世界中で似たような伝承があるので興味深いですね。
亦,猫がまだ貴重だった中世では鼠等の害獣を捕獲する益獣として珍重され,財産目録にさえ記されたといいます。
特に毒等を撒く事の出来ない粉引きを生業にする人々にとってはとても大切にされたそうです。

25 :天之御名無主:2001/08/17(金) 19:43
>>17
日本にも黒猫が枕もとを歩くと使者が黄泉返るって怖い話あったよね、たしか。

26 :天之御名無主:2001/08/18(土) 12:09
インドでは猫は悪魔の乗り物とかで敬遠されているみたいだな。

27 :天之御名無主:2001/08/18(土) 14:16
三毛猫の雄(だったと思うけど)は、昔は船に乗せておいて、海が荒れたら海を鎮める為に投げ入れたって聞いたことがある。
雄の三毛猫は珍しいから、レア物を捧げるって意味だったのかな・・・

ちなみに、ネコとは「ネズミを取るコマ」が短くなったもの
ヘビを取るのは「ヘコ」、トリを取るのは「トコ」と言われていたそうです。

28 :天之御名無主 :2001/08/18(土) 14:26
 北欧神話の猫は、ノルウェジァン・フォレスト・キャット
でしたっけ。長毛・大柄の猫で、かなり高価みたいですね。
実物は見た事ないな。

 それにしても猫が「殺戮の神」というのは、はまりすぎと
言うか何と言うか(猫はもともと文字通りの「殺し屋」)。

29 :天之御名無主:2001/08/18(土) 14:49
グノーシス派の教義本「ピスティス・ソフィア」によると
全世界の外にある12ある処罰の広間の
2つめの支配者ハラハルは真実の顔としてネコの顔をもつとか。

30 :天之御名無主:2001/08/18(土) 20:40
野生動物板に「なぜ2ちゃんは猫を神格化する? 」
スレあり(笑)。

31 :天之御名無主:2001/08/19(日) 00:04
キリスト教と異教の伝承がとけあったとみられる風習が、エクス・アン・プロヴァンスに見られる。
特別に選ばれたオスネコが細長い布につつまれて、聖なる赤子のように扱われ、崇拝される。
太陽が子午線を通過すると、ネコは布を剥ぎ取られ、柳の籠に入れられて、祝歌の歌われるなか町の広場で生きたまま焼かれる。

32 :天之御名無主:2001/08/19(日) 00:39
五徳猫。

33 :天之御名無主:2001/08/19(日) 00:40
クロネコって縁起わるいの?見ると?

34 :天之御名無主:2001/08/19(日) 00:48
「かっぽれ」について、誰か教えて。

35 :天之御名無主:2001/08/19(日) 01:09
昔は売春宿の事を「キャットハウス」と呼んでいました。
女癖の悪い男は「トムキャット」と呼ばれていたそうです。

36 ::2001/08/19(日) 05:00
みなさん、いろいろと情報ありがとうございます。

>>30
みてきました。
でも、ここのスレッドとは、関係ない気がしました。

>>33
そんなことないですよ。
キリスト教が、「ネコが神(もしくは神の使い)」というのが、
キリスト教の教えに反するとして、
魔力(?)を最も持つとされていた黒猫を迫害した。
・・・・という話を聞いたことがあります。

>>35
遊女をネコと呼ぶことも、昔あったそうですよね。

ネコに関して、善くない話は、多少は聞いた事ありますし、
つらいので聞きたくないというのが本心です。、
できれば、良い意味でのネコに関する神話の情報がほしいです。

37 :天之御名無主:2001/08/19(日) 12:29
>>21
>恵みと薬の神様だったらありがたそうなもんだが、
>殺戮もセットなのか。おっかないの。

特に自然神って良い部分と悪い部分の両面を
もっているものが多いですよ。
自然を司るありがたいものである崇拝と同時に、
彼らの怒りに触れたら天災が起こされると、畏れたわけです。

>>36
>キリスト教が、「ネコが神(もしくは神の使い)」というのが、
>キリスト教の教えに反するとして、
>魔力(?)を最も持つとされていた黒猫を迫害した。

それは猫が魔女の化身と考えられたからでしょうかね。
>>9に書いてあるように。

>良い意味でのネコに関する神話の情報がほしいです。

エジプトで猫が恵みの神とされていたのは、
良い意味じゃないかな。悪い面もあったというのは、
上で書いたとおり。神の両面性ってやつ。

キリスト教が入ってくると、魔女と一緒に
悪いものというレッテルが貼られる気がするなぁ。

38 :天之御名無主:2001/08/19(日) 13:55
化け猫とか猫又は?

検索してみたらこういうのもあった
http://www.google.com/search?q=cache:cAcCkmA3I4A:ww1.tiki.ne.jp/~mizoguchi/novel/pastoral/bakeneko.html+%89%BB%82%AF%94L&hl=ja

39 :天之御名無主:2001/08/19(日) 21:24
>>28

動物捕まえてくるのはいいんだけど、それを人に見せにくるのはやめてほしいなあ。

40 :天之御名無主:2001/08/19(日) 23:04
ヨーロッパの船乗りには、黒猫は船にのせるものじゃないって迷信があったそうな。
タイタニック号は黒猫のせてたというハナシ聞いたことがある。
でも他にもエジプトのミイラとか色々いわくつきのものが乗ってたというのも
聞くから、あとからのこじ付けかもナ。<タイタニック

41 :天之御名無主:2001/08/20(月) 02:53
>>39
何言ってるんだ!それは猫が君のことを好きだという証じゃないか!

42 :天之御名無主:2001/08/20(月) 23:13
>>27
いろんな説があるようですね。

ずっと寝ているから「寝子」→「ねこ」ときいたことあります

43 :天之御名無主:2001/08/21(火) 20:19
>>27
コマってなんですか?

44 ::2001/08/22(水) 17:06
>>42
「寝るを好む」というのもあります。

45 :天之御名無主:2001/08/23(木) 13:58
「猫が獲物を見せに来る」のはすなわち飼い主である>>39さんの
狩猟能力が猫から見ると大変に頼りないものであるために
「いっちょアンタに獲物の獲り方教えてやるか、ほら見ろこうすれば
餌に不自由することはないからな、おっと礼なんかいらねえぜ!」
といった気分で指導してくれているのです。

だからお義理で誉めてあげたり、嫌がって大騒ぎしたりすると
猫の側も過剰に手ほどきをしてくれる羽目に陥るので
猫が何か獲ってきても「お前の世話になんかならねえよ」という
顔をし続けるのが一番有効です。

46 :天之御名無主:2001/08/24(金) 14:02
ひとむかし前のスコットランドの一部では、オスネコが食物の上をとびこえたら、その食物を食べた女性はネコを身ごもると信じられていたそうです。

47 :天之御名無主:2001/08/24(金) 14:38
ブバスティスって、
東雅夫 著の「クトゥルー神話辞典」で知りました。

関係無いですが、
ウチも性格の違う「2匹」の猫を飼って居ます。

48 :天之御名無主:2001/08/24(金) 17:19
南米のケチュア・インディアンの呪医は”コッア”という名のネコの霊から力を引き出します。
”コッア”の眼は燐光を発し、その耳からも瞳からも霞が奔出するといわれています。

49 :天之御名無主:01/08/26 19:47 ID:URg2Xkh6
あげ

50 :& ◆ORHKitOw :01/08/27 11:50 ID:RoePUSr6
DDSネコマタはとこの神話なの?

51 :天之御名無主:01/09/05 23:35 ID:5LuBXRfg
 

52 :天之御名無主:01/09/06 01:49 ID:eplnK6hc
>>50
え?日本じゃないの?

尻尾が二つに分かれた化け猫のことを
猫又というのかと思ってたんですが。

53 :ひでよし:01/09/07 13:11
>>52
百年生きた猫が変化した妖怪・・・・ですよね?

なぜ女神転生に出てくるネコマタは女性なんだろう?
メス猫のほうが長生きのか?

54 :天之御名無主:01/09/07 15:00
>>53
イメージでしょ。
でも、猫=女性 ってのはメガテンのみの話じゃなくって、実際ほとんどの猫マタが女性に化けてるでしょ。
江戸の怪談なんてみんなそうじゃん。

55 :age:01/09/07 16:40
>>27
>三毛猫の雄(だったと思うけど)
三毛猫はメス。メスの性染色体はXX、オスはXY。
そして、毛の色の情報は性染色体にあり、ここではYは劣性、Xは優性となる。
(性別決定はYが優性で、Xが劣性だけどね。)
そのため、オスはX染色体をひとつもっているため、
その染色体に記されている毛の色(たとえば黒)が、その猫の色となる。
メスはX染色体が2つあるため、その一方が黒、一方が茶色であれば、
不完全優性遺伝により、そのメス猫は黒と茶色の両方の毛の色が現れる。

56 :ひでよし:01/09/07 19:37
>>55
生物学的にはそうだけど、雄の三毛猫が生まれることが稀にあるらしいです
(昔ズームイン朝で取材に行ってるのを見たことがあります)

突然変異の生物を神聖な者として信仰するのは、白蛇などの例にあります

57 :天之御名無主:01/09/07 22:16
猫又の起源について誰か知らない?

58 :ひでよし:01/09/08 21:48
>>57
手元の古語辞典によれば、徒然草の89段に用例がありますので、
起源はそれ以前のようです
この中では都で噂になっている妖怪となっていますので、その頃から
かなり有名な妖怪だったみたいです

59 :天之御名無主:01/09/09 00:57
>58
レスサンクス

化け猫ってのは猫又が時代が下って変化したものなのかな

60 :天之御名無主:01/09/13 20:24
揚げ

61 :天之御名無主 :01/09/14 17:40
2ちゃんねるにおいては、「モナ」とか、「ギコ」、とか「フサフサ」とかいますね。

62 :天之御名無主:01/09/14 19:23
松谷みよ子「現代民話考10 狼・山犬 猫」がおもしろいよ。

63 :天之御名無主:01/09/14 23:48
♪  .∧,,∧ ♪
   ,ミ,,゚∀゚ミ.  ♪    フサればマターリ・・・
   ミ,,つ[|lllll]).
 〜 ミ,, ,,,..ミ
    ∪ ∪

64 :天之御名無主:01/09/15 01:44
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< 猫です
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

65 :天之御名無主:01/09/15 04:36
茂名ーも猫なの?

66 :天之御名無主:01/09/16 07:38
神話じゃないが備前に伝わる方言「赤猫這わすぞゴルアァー」
某漫画ですっかり有名になったが、赤猫を這わせるとは?
という方も居られるようなので岡山賢人から説明させてもらいます。

「赤猫」:飼い猫に油を浴びせ火をつけたもの。
嫌いな人間の家の飼い猫に火をつけて放り込む行為を「赤猫はわす」という

火をつけられた猫は苦しいのでそこら中走り回る。
日本の民家は基本的に木と紙でできているので
自分が飼ってる猫⇒自走式火炎瓶と化すわけですな。

佐賀県人についで全国二番目に陰険な岡山ならではの嫌がらせ
こわいっす

67 :天之御名無主:01/09/16 19:58
>66
そんなことするような人間は死滅するべきだとおもいます。

68 :天之御名無主:01/09/16 20:26
>>66
アカ猫って炎の比喩でなくってそんな即物的なものだったの!?
ネタと言ってください。

69 :はさん・さばぁふ:01/09/17 01:50
>>66
昭和一桁生まれの両親や親戚(大正生まれ)から聞いた話

実際にそんなばかげた事する輩はまずいないだろうが
農村部に伝わる伝説としては結構貴重な話だとおもう。

70 :ひひひ:01/09/17 01:52
http://www.himawari.sakura.ne.jp/%7Eloveseat/Adu/index0.html

71 :天之御名無主:01/09/17 04:03
ねこーねこー

72 :天之御名無主 :01/09/18 22:46
ゲゲゲの鬼太郎に登場した『猫むすめ』には、言われはあるのでしょうか?

73 :天之御名無主:01/09/18 23:09
今『猫むすめ』といったら萌えヲタ要素の一つなのに。

74 :天之御名無主:01/09/20 01:20
猫娘は、化け猫でしたよね?

75 :通りすがり:01/09/20 03:20
1、香港には「猫枕」があるぞー。「香港世界」山口文憲 ちくま文庫(?)
パジャマ娘の話もある。

2、東マレーシア(カリマンタン島・ボルネオ)に「クチン市」がある。
クチン=猫(マレー語) 町中、ネコ一色だとか。

76 :ぷちにゃんこ萌え:01/09/21 11:09
タイの王宮って、王宮用の品種がいたり、美ネコの規程を設けたり、
すごくネコに関してご執心な様ですが、やっぱりそれって、宗教上にも
何かあるんでしょうかねぇ?

77 :かわいいねこちゃん:01/09/23 01:56
  ,,,,,,,,,,,,,,,∧,,∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜′,,,,,,,,,,ミ,,゚Д゚彡<  なんつったりして!ゴルァ!
 UU"""" U U    \_________

78 :とあるネコ好き:01/09/28 19:11
オスの三毛猫に関してですが、相同組換えにより
X染色体上にあった茶色の毛をコードする遺伝子が
Y染色体上に転座すると、オスの三毛猫が産まれますのニャ。

79 :とあるネコ好き:01/09/28 19:15
あと。枕草子の第四七段の『猫』ってトコで
「猫はうえのかぎり黒くて、はらいと白き」とあります。
お腹だけ白い黒猫が、清少納言のお好みだったらしい。

80 :とあるネコ好き:01/09/28 19:15
あと。枕草子の第四七段の『猫』ってトコで
「猫はうえのかぎり黒くて、はらいと白き」とあります。
お腹だけ白い黒猫が、清少納言のお好みだったらしい。

81 :ひでよし:01/09/28 19:28
黒猫を不吉な存在として忌む一方で、招き猫のように
福を呼ぶ存在ともされていますね

招き猫の起源はインドだという話を聞いたことがありますが、
ご存知の方はおられませんか

82 :天之御名無主:01/09/28 22:33
招き猫の起源
www.m-bellhouse.com/yurai.htm

83 :天之猫名無主:01/09/29 20:04
これはアゲとこう!
   ∧ ∧∩
   (#゚Д゚)ノ
   (|  |
  〜|  |
    ∪∪ 

84 :ひでよし:01/10/03 14:49
>>82
情報ありがとうございます
これ以外にも説はあるようですが、猫が顔を洗う仕種が、手招きをしているように
見えることから、福を招くといわれるようになったみたいですね

こちらも参考までに・・・・
http://www.maruyama.gr.jp/FootAndToy/old/nekomaneki2.htm
http://member.nifty.ne.jp/asaya_sato/gotokuji/maneki/maneki1.html

85 :1:01/10/03 14:50
http://www5.justnet.ne.jp/~ttp/

86 :もなぎこ:01/10/03 22:07
           イタイヨ     ナカナイデ・・・
            ∧_∧ ∧_∧
            。(∩∀∩(・∀・*)
(○)        。 /   ##ノ⊂⊂  )O
ヽ|〃   o      ((⌒) (⌒)(  )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

87 :ひでよし:01/10/07 06:58
江戸時代の後半、関東北部の養蚕家の間で、猫が養蚕の守護神として
信仰されていたそうです
これは、蚕を食べる鼠を捕まえてくれるからだといわれていて、蚕室に
猫の描かれた絵や札、張子の招き猫などを置いていたといいます

現在でも関東北部では、張子の招き猫がだるま(これも養蚕の守護神)と
並んで、縁起物として縁日などで売られているそうです
招き猫とだるまを組み合わしたデザインのものもあるそうです

88 :天之御名無主:01/10/15 22:49
随分前に、テレビで「もう、三毛猫のオスは世界にこの子だけ」って
出てきてたけど、あれからオスの三毛猫は増えたのだろうか・・・

89 :天之御名無主:01/10/15 23:02
昔「ねこたま」にいました。もう死んだかな。

90 :天之御名無主:01/10/16 10:47
>>88
三毛猫にオスは遺伝学的に発生しないんじゃなかったかな?
毛色を決定する遺伝子と性決定因子が同じところに乗っているとかなんとか。
オスで三毛というのは遺伝的にありえない組み合わせだとか。
で、いわゆるオスの三毛ってのは奇形で、いわゆる半陰陽みたいなものらしい。

91 :天之御名無主:01/10/16 17:24
本の紹介
http://www.populus.est.co.jp/asp/booksearch/detail.asp?m_code=10653&s_key=142793&scode=3978

92 :天之御名無主:01/10/17 01:14
イスラームの開祖ムハンマドはかなりの愛猫家だったようで
こんなエピソードがあります。
ある日、ムハンマドが外出するため上着を着ようとしたところ、
袖の上に猫が寝ていました。猫を起こすのをかわいそうだと思った彼は
袖を切り取って片袖の上着を着て出かけたそうです。
そんな話があるせいか、猫はイスラーム圏では大事にされているそうです。

93 :天之御名無主:01/10/17 01:36
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact8/

94 :天之御名無主:01/10/17 02:32
>88
「ねこたま」の三毛猫(♂)はまだ生きてた筈……。
名前なんだっけ?

95 :天之御名無主:01/10/17 08:55
>94
「福ちゃん」だよ。

96 :ひでよし:01/10/17 09:08
猫に関する昔話で、こういうのがあります

http://www2u.biglobe.ne.jp/~kimiharu/nekodake.html

>>38 の、化け猫になるための修行をする山は、熊本では根子岳だと
伝えられているそうです

97 :名前なんかねーよ:01/10/17 17:08
>>87
スコットランドの酒蔵には「ウイスキーキャット」と
呼ばれる半野生の猫たちが住着いています。
洋の東西を問わず、鼠害から生活を守ってくれる守り神なんですね

98 :天之御名無主:01/10/18 16:45
>>88-90
私も希少だっていうのは知っていたけど、昔、何気なく
近所の猫を沢山飼ってるおばさんちに行ったら三毛猫を見つけて、
ひっくりがえして見てみたら、タマタマがついてたよ。
びっくりして、「珍しいんだって!!」っておばさんに言ったけど、
笑ってとりあってもらえなかった。
そんなものじゃない?
自然界には結構数いるのかも。

99 :俺は:01/10/18 17:29
小学生の頃、オスの三毛猫を捕まえたことがあった。
しかも、右目は青色、左目は金色!!

親戚がどうしても欲しいというのであげたけど、その後、贅沢な一生を
おくったそうだ。非常に可愛がられて、死んだら墓まで造ってもらって
いた。

写真の一枚でも残しておけば良かったとちょっと悔やんでいる。

100 :天之御名無主:01/10/18 18:38
>>99
三毛のオスでしかもオッド・アイ!!
それは希少だ・・・。
売れば高額ついたかも?

101 :天之御名無主:01/11/04 14:03
神話じゃないけど、猫を処分したあとに松の木につるすってのは
うちの地方だけ?ちなみに四国。
今現在はやってないと思うけど、子どもの頃年寄に聞いてから
松の木に引っかかってる袋を見ると思い出して怖い。

102 :菊子:01/11/04 21:19
はじめてこちらに書かせていただきます。

エジプトに、ネコの女神がいましたよ。
確か「バステト」という名の音楽の神だった気が・・・

103 :天之御名無主:01/11/04 22:29
バステトは>>20で出ていますね。

104 :天之御名無主:01/11/05 02:23
なんか、目の色が片っぽづつ違う(ブルーとグリーンだったっけ?)
はどこかの国で珍重されてたような気がしますが関係ありますか?

105 :ヤイコ:01/11/05 04:52
>104
タイ王室の門外不出の猫です。何ヶ月か前のフラウに掲載されていました。
ブルーとイエローのオッドアイです。シャムも門外不出らしいですが、記事によると、こっちの猫の方がトップシークレットだったみたいです。
実際シャムはタイ王国の王様の親愛の気持ちとして外国人にも送られて流出したみたいですから・・
それと、三毛猫の雄の件ですが 何割かの確立で生まれるそうだけど、生殖能力が無いっていうのは聞いたことがあります。
ちなみに、雄の三毛猫をイメージキャラクターにつかっているのは、東京・二子玉川のネコタマキャッツピアでしたような〜
三毛の名前はタマだったように記憶していますが・・もちろん現在も生きていると思うのですが・・

106 :天之御名無主:01/11/05 09:59
ふくちゃんだよ

107 :もいっちょ:01/11/07 16:35
アカねこって何のマンガで有名になったの?

108 :天之御名無主:01/11/08 05:52
猫皮を使った三味線は高級品で、廉価品は犬皮を使っていたそうな

109 :天之御名無主:01/11/19 15:31
http://www.geocities.co.jp/Milano-Killer/4677/dora.swf

こんなものを発見。

110 :通りすがりの猫好き:01/11/19 18:00
話題は変わりますが
招き猫の起源説話は どんな物でしたっけ?
私が知っているのは

1.江戸の初め頃、井伊掃部守直孝が
豪徳寺の門前を通ったところ、
住職の飼い猫である白猫が手招きをしていた。
これは妙だと猫につられて寺に入ると、突然激しい雷雨がはじまった。
猫のために難を逃れたことが縁で、寺は井伊家の菩提寺となり富み栄えた。
…豪徳寺(東京世田谷区・在)説

2.浅草・今戸に住む老婆が、生活苦から飼い猫をやむなく手放したところ、
その夜の夢に猫が現れ、「自分の姿をかたどった人形を作って売れ」とお告げをした。
果たして猫の人形は売れに売れ、今戸の名物となったという
…今戸焼説

このくらいです。
他の地方でおもしろい招き猫の話がありましたら
どうか教えて下さい。

111 : :01/11/21 12:50
>>107
ナニワ金融道

112 :天之御名無主:01/11/21 15:51
エジプトに行ったとき博物館で猫のミイラをみた。
大切にされてたんだなぁと納得。

113 :高野聖 ◆wJT1n.IY :01/11/21 19:38
>>110
↓これなどは如何です?
http://www.fukuneko-planning.com/contents/contents_01.html
個人的には遊女薄雲のお話なぞが気に入ってます(人形浄瑠璃にも同様の話のレパートリーがありんす)

114 ::02/01/12 16:01
    ∧ ∧
   () ()     ニャー
   (´д`)  l
   (u u) l
  (_   _)

115 :天之御名無主:02/01/13 16:35
ネコの話題のスレッドをお願いします。
http://www.altec.ne.jp/ajch/

116 :天之御名無主:02/01/13 19:09
ドイツのワインに黒猫の絵が描かれているのあるじゃないですか。
あれって、黒猫には不思議な力があって、幸運を招くという民間伝承がケルトのあたりにあったからだそうですね。

ところが、キリスト教はそういう民間伝承を異端として迫害したため、黒猫は悪魔の使い、という話ができたそうで・・・。

117 :天之御名無主:02/04/09 00:58
age

118 :天之御名無主:02/04/09 22:36
チェシャ猫はどう?

119 :天之御名無主:02/04/09 23:58
アフリカの民話なら知ってる。
うろ覚えだけどこんな感じ。

猫が人間の男を見た。男はライオンを倒していた。「強い奴についてゆけば間違いないだろう。」
そう思った。男についていった。家に入っていった男が家から逃げ出してきた。
女が箒を振り回しながら男を叱り付けていた。猫は女が一番強い事を知った。
だから猫は女になつくことにした。

120 :天之御名無主:02/04/10 02:15
猫は醤油で煮て食うと美味いらしい。
泡がたくさん出るらしいが・・・
そんな話を猫を何十匹も食った人(大正一桁)から聞いた。

121 :天之御名無主:02/04/27 22:22
猫は10年生きると妖怪になるって聞いたことある
長く生きる猫が珍しかったからかな?

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)