5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

出雲文化について考える

1 :天之御名無主:2001/07/03(火) 23:47
出雲は歴史が古いし、
出雲大社もあるし、
妙に顔の濃い仏様も多い

出雲文化の謎にせまってください

2 :天之御名無主:2001/07/04(水) 16:30
あれーみなさん興味無い?
この前のNHKスペシャルの大神殿はあったか、はおもしろかった。
出雲には一種独特な文化が息づいていたと思う。

3 :天之御名無主:2001/07/04(水) 17:28
関連
■出雲神話■
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=993006016

4 :天之御名無主:2001/07/04(水) 23:20
>>3
ありがとう

5 :天之御名無主:2001/07/07(土) 01:33
まあかなり大和政権と拮抗した勢力があったということは
確かだろう。

6 :天之御名無主:2001/07/11(水) 23:51
最近会う出雲人って素朴でおっとりしてるって感じがするんですけど。
そんな人達が大和政権と激しく争ったとは思えないんですけど。

7 :考える名無しさん:2001/07/12(木) 02:28
混血も進んでるんじゃない?
出雲というより日本海側の人の気質があるような気が。
ちょっと控えめな感じ。
天気悪い日多いから。

8 :鍵格好のおやじ。:2001/07/12(木) 03:00
 「日本イシ開」開催も誓いかなァ・・・

9 :トム:2001/07/12(木) 21:11
放置プレイと出雲神話の関係を教えてください。

10 :天之御名無主:2001/07/12(木) 23:42
弥生人に対抗した、一つのしっかりした
縄文文化の流れを汲む民族だった、てことなの?
だとすれば顔が濃いっていうのもなんとなく。

11 :天之御名無主:2001/07/13(金) 14:39
あのへんの人のしゃべり方が東北弁に似てるってのは
どういうことなんだろ。

12 :天之御名無主:2001/07/13(金) 15:56
>>11
古代の日本海文化圏の共通性では。

13 :反省汁:2001/07/13(金) 16:47
常に謝ってばっかりいる低姿勢な文化です。
「いづも しまねえ」

14 :天之御名無主:2001/07/13(金) 21:15
>>9
トムさんはお船の学校?

15 :天之御名無主:2001/07/13(金) 23:17
私は出雲人です

16 :天之御名無主:2001/07/14(土) 00:09
大和朝廷側が出雲人に対して,おとなしくなるように
教育をしたということは考えられないのでしょうか.

17 :でまかせだよ:2001/07/14(土) 05:42
出雲は、古代日本の中心勢力で、これを
あとから日本に上陸した勢力(のちの大和朝廷)が制圧した。
滅ぼされた側の勢力(つまりいまや死者の群れ)の怨霊・たたりを恐れて
大和朝廷が建立したのが出雲大社である。
たたりへの恐れは猛烈なものであったらしく、
当時の出雲大社のスケールは現存するものよりはるかに大きいものだった。

18 :天之御名無主:2001/07/14(土) 06:53
その恐れは出雲民族が
呪術にたけた集団だったことからくる?

19 :天之御名無主:2001/07/14(土) 16:10
出雲大社はいつごろ建てられたのかしら?

20 :投稿日:2001/07/14(土) 18:35
>>19
年代測定はこれからみたいね。こないだ見つかったのは。

21 :投稿日:2001/07/14(土) 18:55
>>13
基本的に他人と事を荒立てないと言うのが文化みたいだね。

22 :天之御名無主:2001/07/14(土) 21:12
>>21
僕は出雲人ですが、いま他の地方にいます.
どうも、みなさん攻撃的に感じます

23 :天之御名無主:2001/07/15(日) 00:33
何か出雲についてのおもしろい本でてませんか?
(トンデモ本は除く)
真剣に研究している人とか。

もし出雲大社の最初期のものの年代がわかったら、
おもしろいね。
謎の多い大和朝廷の初期についてわかってくること多いんじゃない?
ちなみにこないだのやつの年代測定って、鎌倉ぐらいじゃなかった?
だとしたら既に立て直されたものだね。
平安時代に既に最も高い建築物で登場しているんだから。

24 :投稿日:2001/07/15(日) 01:51
>>23
なんか何度も建て直してるみたいですね。そのたびに高さはまばらだったみたいですけど。とりあえず史料に出てくるのは970年頃の口遊という物が一番古いみたいです。

25 :天之御名無主:2001/07/15(日) 04:34
日本史板になっちゃうかもしれないけど、出雲は
長らく大和政権と共立していたんだと思うよ。
殲滅戦みたいなものはなかったんじゃないかなあ。

26 :投稿日:2001/07/15(日) 04:37
>>25
まともに戦ったとは考えにくいよね。神社建てるぐらいだし何らかの妥協をしたんだろうね。
国譲りの神話がそれを象徴してるんじゃないかと思う。

27 :天之御名無主:2001/07/15(日) 15:11
岡田山2号古墳ってどう?

28 :天之御名無主:2001/07/15(日) 16:37
もし大和政権と共立していたとしたら、いつくらいまでかしら?
もしそれが本当ならおもしろーい
今までの常識が覆されるね。

29 :天之御名無主:2001/07/16(月) 01:06
日のいづるところの天子と
沈むところの天子は
大和朝廷と出雲

30 :天之御名無主:2001/07/16(月) 02:20
>>28
少なくとも3世紀初頭まではそんな感じだったんじゃないかと
思いますけど。日本書紀読んでなんとなくそう思うだけですが。

31 :投稿日:2001/07/16(月) 03:10
出雲大社の宮司は天皇家の血筋らしい。

32 :天之御名無主:2001/07/16(月) 07:53
>>31
名前は?

33 :反省汁:2001/07/16(月) 18:59
>>32
 千家家。
 神社の縁起に寄れば、天皇家の血筋というより、天照大神から神武天皇に至るまでの神話段階で分離した家系となっておりますよ。

34 :天之御名無主:2001/07/16(月) 21:59
つーか漏れは。

タケミカズチとヤチホコの話しに出てくる社はでかい墓=古墳
だと思ってた。

まづ、ヤチホコが捕らえられる戦わず降伏。

それに連なる地方豪族の一つであるタケミナカタが反抗。

敗走し諏訪にて決着。

ヤチホコ処刑前の最後の願いとして、
できれば自分の威光を後世に残したいので墓は立派なのを頼む。

分かったからさっさと逝け。

出雲ここに果てる。

35 :天之御名無主:2001/07/17(火) 20:56
神社はやっぱり弥生人の文化なんだよね?

36 :『皇后陛下のお四国遍路』製作委員会:2001/07/19(木) 01:18
 ・・・・・・・・

37 :天之御名無主:2001/07/25(水) 03:21
>>12
う〜ん、でも北陸はずうずう弁じゃないよね?

38 :哲人:2001/07/26(木) 04:10
 あら、こげなスレが立っとるかね。まげなことで。
 出雲地方の人は穏かな気性だちゅうて言っちょうますけど、それは単に
日本海に面した地方に共通のことだと思いますがね。

>>12
 私にとって更に興味深いのは、北陸地方の言葉は発音が不明瞭で
南に行くにしたがって明瞭になっていく、という典型から外れ、出雲地方は
あまりにも発音が不明瞭、という点。
どなたかそこら辺詳しい方いらっしゃいませんか?

39 :天之御名無主:2001/08/02(木) 20:34
言語の区分でもちょっと特異だね

40 :qyrtuyiutio:2001/08/02(木) 20:40
http://www.himawari.sakura.ne.jp/%7Eloveseat/index.html
  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 ( ・∀・)  ( ・∀・)   ( ・∀・)
⊂ ⊂  )  ( U  つ  ⊂__へ つ
 < < <    ) ) )     (_)|
 (_(_)  (__)_)    彡(__)
http://www.himawari.sakura.ne.jp/%7Eloveseat/index.html

41 :天之御名無主:2001/08/03(金) 04:43
韓国語とはどうなの?

42 :天之御名無主:2001/08/05(日) 04:50
出雲は投馬国。伊都国・出雲(投馬国)・吉備の連合によって二世紀後半、
大和の三輪に統一政権が誕生した。ヤマト国といい、倭国の首都であった。
女王の都する所。

43 :投稿日:2001/08/05(日) 05:35
>>41
当時の韓国語の資料は韓国人の前時代のものは総て否定する
性格上、資料が殆ど無いらしいね。

44 : :2001/08/05(日) 08:14
そうなんですか。

45 :天之御名無主:2001/08/06(月) 10:04
age

46 :天之御名無主:2001/08/07(火) 03:01
出雲の方ってどうなの?自分達の歴史をどうとらえてるの?
過去我々は西日本を制覇したのだッ、みたいに威張ってる人
っているの?

47 :天之御名無主:2001/08/07(火) 03:20
そうだと思っています

48 :投稿日:2001/08/07(火) 03:47
>>46
単なる田舎としか思ってないよ。つーかそんな奴いたら怖い。
そもそも地元の人間もほとんど歴史の事知らないしね。
過去我々は西日本を制覇した何て言ったら白い目で見られるよ。
基本的に出雲の人間は謙虚さと協調性がうりなんですよね。
みんな、また−りしてるよ。最近天の御柱も発見されたし、
興味があれば来てみてください。

49 :46:2001/08/15(水) 19:45
>>48
ありがとう。

50 :天之御名無主:2001/08/15(水) 23:53
すごくやさしいぶんかだよ

51 :天之御名無主:01/09/05 04:12 ID:aB4rZ3xI
なにかの支配を受けてそういう気質にされたという可能性は?

52 :投稿日:01/09/05 12:09 ID:Iwh9.UNo
つーか、元々稲作文化だしね。この手の気質になるんじゃないかな。
何かの支配というのは当時の情勢でどうなんだろうね。
出雲は当時の最大勢力だったはずだし。
天皇家との対立も結局記紀神話のように平和的な物だったと思う。
天皇家側が実権握った後も出雲系の人間が政治の中枢に
居たみたいだし、どうも連合政権ぽい気がする。
これは当時の半島の勢力下の元、国内で大きな争いをする
余裕なんて無かったはずだし、妥協したんだと思う。
日本の神社の半分以上が出雲系の神様らしいし、神在月とか
残ってるし,とても虐げられてたとも考えにくいしね、どうなんだろ。
正直、自分で言ってて自信ないけど。

53 :天之御名無主:01/09/15 18:24
なぜ日本の中心にならなかったの?

54 :出雲は新羅系:01/09/15 21:25
出雲スサノオ伝説
当時 朝鮮半島では部族・民族間の戦い繰広げられ、難を逃れた多くの人たちが渡来人として日本にやってきた。
スサノオノミコトもその一人で新羅系の人たちと共に日本に逃れ、出雲に来て、すでにやってきて、
農耕の民と争っていた先住のたたらの民を討ち、国を治め出雲の王となった。その後、大和朝廷に国を譲った。
スサノオノミコトが鉄を目指して朝鮮半島 当時の新羅から日本にやって来たともいわれている。

出雲人の祖先は一体どこから来たのであろうか?
出雲は新羅から船を迎日湾に浮かべると海流によってたどり着くことの出来る場所である。
当時から大勢の移民が出雲に流れ着いたか、意図 的に渡来していたと考えられる。

出雲では砂鉄が取れ、縄文時代の中期頃からすで に素朴な鉄生産が行われていたという記述もある。
倭から弁・辰韓に鉄を取りに 行った人々の情報の中に出雲の鉄のことが含まれていたとしてもあな
がち妄想で はなかろう。

55 :天之御名無主:01/09/15 21:31
出雲は縄文から弥生にかけて地理的な利点を持っていた。出雲は日本海に面しており、
大陸からの文化を吸収する玄関口として北九州とならんで重要な拠点であった。
特に朝鮮東部から船で日本海に漕ぎ出でると、海流のおかげで漂流した場合でも出雲方面に
流れ着くといわれている。玄界灘の潮の流れの激しさを考えると、距離は遠いが出雲の方が
朝鮮から容易に渡ってこれたともいえるのである。

朝鮮東南部にはかって朝鮮を統一した新羅の都、慶州がある。この場所は地形的に見て
最も航海技術が発展しそうな場所である。朝鮮と日本の間は対馬海流が走っている。
そして朝鮮半島西部は黄海がぶつかる場所である。それに比べてこの東南部は海流の
真空地帯のような場所ができ航海技術が発展するのにもってこいの場所なのである。
そしてきわめつけに良質の迎日湾が存在する。遣唐使の時代、日本の航海技術及び
造船技術は遅れており、よく航海に堪えない船なので帰路は新羅の船を頼ったそうである。
それほど新羅の航海技術及び造船技術は進んでいたということである。

そして出雲である。
新羅、すなわち現在の慶州から流れている兄山江は迎日湾に繋がっている。
その迎日湾から船を漕ぎ出すと海流に流されて出雲方面に流れ着く。

56 :天之御名無主:01/09/15 21:33
出雲が縄文系とかいう話は、
まったくのトンデモ

57 :天之御名無主:01/09/15 22:41
>>56
それを含めて話し合うスレッドです。

58 :投稿日:01/09/15 23:55
>53
朝鮮との結びつきの低下や東征していくうちに
拠点性を失ったんだろうね。

59 :天之御名無主:01/09/16 00:02
遺跡は異常にあるな

60 :天之御名無主:02/01/20 04:40
出雲が4世紀頃から力を持っていたっていうのはどうも幻想みたいよ。




61 :天之御名無主:02/01/20 06:35
なぜ?

62 :天之御名無主:02/01/20 21:21
a

63 :天之御名無主:02/01/21 00:49
神道の調査をしてみたいけどね

64 :天之御名無主:02/01/28 12:03
みなさん古い本だが、吉田大洋『謎の出雲帝国』を読みましたか?
古代出雲は古代ペルシャから東南アジヤ経由で黒潮にのり朝鮮半島
経由で列島に入った民族となっています。だが記紀が一生懸命隠した
ウガヤだろうと思います。神武より古い二千年位続いたウガヤフキア
エズ命の王朝では。だから中国地方にタタラや廃仏毀釈の時代にも
皆が残した黄幡神社が沢山あります。もちろん出雲系古墳では瑪瑙や
勾玉がでますが、大和族や新羅・吉備族の古墳ではそれがでないとか。
高句麗系古墳もあり、新羅系も日槍だけでなく大国主の命を祭るようで
、後の出雲は高句麗・新羅も合流した時代があるとみています。その
区別はサンカ諸族にみることができるかと、調べています。
この本は出雲神族の富氏の伝承があることが注目されます。出雲神族の
家紋は本来矛の交叉した物で平安時代に矛の代りに大根に無理やり替え
られたと伝え、兵庫県にはこの神紋の神社があります。大切な事は出雲
族は常に反体制側にあった事です。出雲大社の元国造(こくぞう)千家
は新羅系としています。読まれた方はぜひ批判を聞かせて下さい。

65 :天之御名無主:02/01/28 13:17
こんど出雲に行こうと思うんですが、出雲大社以外何もないそうで。
あと八重垣神社?
他に、行った方がいいところってありますか?

66 :天之御名無主:02/01/28 23:35
風土記の丘

67 :天之御名無主:02/01/28 23:36
熊野退社とかもす神社

68 :天之御名無主:02/01/30 14:05
 出雲ってなんか中国、朝鮮あたりと古代には国交がありそうな
とこに思えます。(流れ着くには)大昔の出島?

69 :親切な人:02/01/30 15:17

ヤフーオークションにおいて、幻の人気商品を
発見致しました!!!

詳しくは、下記のホームページを観て下さい↓
http://www.guruguru.net/auction/selleritem.php3?list=10&userid=17721

70 :天之御名無主:02/01/31 01:52
安彦の漫画、ナムジの話を信じていいですか?

71 :天之御名無主:02/02/04 03:49
52さんとかの続きだけど。基本的にこのへんのまったり文化論に同意。

結局、泣く子も黙る出雲、っていって、結局ホンモン(本物)であるからこそ
誰も咎めず、逆らわず、掘り起こさず、たてつかず、神聖そのままにして
おきましょう、っていう暗黙の空気があった。出雲に対しては、やっぱし
あくまで一目おいたものの見方や考え方が根強く、またそれをあまり表に皆が
出さない、出す必要はないとポーズしているのが、出雲文化をとりまく空気だと
言う方が多い。えらいとかえらくないとかの問題でなくてさ、
何かに手をあわす人がそこに生活といっしょに今もたくさんいる、ってことだな。
漠然としてて申し訳ないけど。

72 :  :02/02/04 07:24
出雲ってのはユダヤの以下省略・・・

73 :天之御名無主:02/02/04 23:39
荒神谷遺跡の銅剣358本が
全てを物語っている。

74 :天之御名無主:02/02/05 04:06
>73
 そうだよねー。
 結構この銅剣が出てきた話って、色んな人を黙らせる効果が
 あるね。

75 :天之御名無主:02/02/05 18:14
出雲は新羅の影響を受けてたと思う。

76 :天之御名無主:02/02/06 13:24
出雲出身ですが、石見と一緒の県になってたり、鳥取と間違えられたりするのが悲しい。
砂丘の話とかすんじゃねーよ。同じ悲哀を味わっている同郷人いない?

77 :天之御名無主:02/02/06 19:46
俺は大庭だよ

78 :天之御名無主:02/02/08 21:18
鳥取の左と説明します

79 :天之御名無主:02/02/13 02:56
出雲神話は7〜8世紀に歴史とは別に作られた、
出雲教とでも言うべき寓話である、という話を
聞いたんですがどうなんでしょうか。
私は出雲帝国万歳派なんですが・・

80 :天之御名無主:02/02/13 21:26
79>>
 出雲教というのはあります。教会もあるそうです。
知人の若い女性が交通事故で死亡しましたので「葬儀?」
に行きました。「祭壇?」があって彼女の「神名?」に
「XXXXの命」とありました。墓は仏式だそうです。
広島県の話です。この地帯の古墳には出雲を象徴する瑪瑙
(めのう)が良く出るそうです。

81 :天之御名無主:02/02/14 01:19
>>76
仲間・・・

82 :天之御名無主:02/02/15 00:17
34>>
80>>
吉田大洋『謎の出雲帝国』によると出雲系は古墳など
作らなかった。考古学者はこれを知らないといっています。

83 :天之御名無主:02/02/15 00:26
でも古墳がいっぱいある

84 :天之御名無主:02/02/15 20:13
たしか出雲式の古墳(四隅突出型方形墳墓や方形台状墳墓)があったと
思うのですが、、

85 :天之御名無主:02/02/16 02:00
風土記の丘近辺は古墳だらけだよ

86 :宇都御魂 ◆m2MmHxX2 :02/02/17 01:09
>80
 千家系の「出雲大社教」が主流派で、北島系の「出雲教」が非主流派。
それから、神道の葬儀は「神葬式」と言います。

87 :天之御名無主:02/02/21 23:53
84>>四隅突出型方形墳墓
 は高句麗人のものだそうです。考古学で古墳の専門家に問合わ
せているのですが、中々答えてくれません。何かに遠慮してるの
でしょうか。いつになったら本当の事をいうのでしょうか?
 出雲系には、かつて敵だった高句麗や新羅系が、唐や百済に対抗
して反体制になった後の時代に合流したのではないでしょうか?


88 :天之御名無主:02/02/21 23:56
86>
ありがとう。親戚は反主流北島系の出雲教なんですか。
 やはり、非人筋なんですね。

89 :宇都御魂 ◆m2MmHxX2 :02/02/22 04:53
>88
 2行目は意味不明。それから、「非主流派」だ。

90 :天之御名無主:02/03/01 03:42
奥出雲は製鉄の技術があるよね。もののけ姫の舞台もあの辺だし。


91 :天之御名無主:02/03/02 22:48
そうなのか!
知らなかった。。
もののけ姫の舞台に住んでいたなんて

92 :天之御名無主:02/03/03 00:04
ジブリのスタッフは吉田村で取材したそうな。
八俣大蛇のしっぽから刀が出てきたというのも、そのことと無関係ではないかもね。


93 :天之御名無主:02/03/03 00:26
八俣大蛇と、ヒッタイトのイルルヤンカシュの
関連性については興味深いね。
関連があるとすれば、どういう経緯で伝わったのかとか。

94 :天之御名無主:02/03/03 00:49
ヒッタイトと言えば製鉄。
出雲にも製鉄の伝統がある。
・・・・やめとこ。 トンデモ説になりそう。

95 :天之御名無主:02/03/03 01:40
>>94
それがよろしい

96 :天之御名無主:02/03/03 21:43
マグネタイトあげ

97 :天之御名無主:02/03/04 04:24
ヤマタノオロチ伝説=治水伝承と、
大学の一般教養科目で聞いたんだけどどう思う?

教授が言うには、
オロチ=河
クシナダ=稲田
そう考えると確かに、
オロチを倒して クシナダを救った
(治水して)(田を水害から守った)
という話のようにも思えるんだけど・・・。

98 :天之御名無主:02/03/04 14:31
>97
観光バスのガイドさんもそういっていた気がする。

99 :天之御名無主:02/03/05 03:16
製鉄は斐伊川上流域でも盛んに行なわれていて、砂鉄をとるために山を崩したりした
と聞いたことがある。そのため川が濁るほど大量の土砂が流れたらしいけど、それが
川の氾濫にも結びついたのかも??


100 :桜☆ :02/03/15 14:25
三刀屋町ってあるよね。
昔から、刀造ってたのかな。国道通ってトンネル抜けるまで、
なんか霊験あらたかだ。

101 :天之御名無主:02/03/16 02:29
霊験?

102 :天之御名無主:02/04/08 02:54
おや、こんな所に郷愁の香りが……

日本語と高句麗語は似てるらしいね。
古墳まであるとなると、ずいぶんと深い交流があったやに思います。
国引きの相手は高句麗か?w

出雲風土記は、2度書かれたらしいね。
前に書いたのが、古事記に反映されたとか。
真偽はともかく、出雲神話でもスサノヲは異質の神だねぇ。
実際余所から来た神なんだけど。
性行からして、鬼神=高句麗の神なのかな。
アマテラスは脇役っぽい。
アマテラスが天皇家の祖先と聞いたとき、
「あれ、なんであのヒス女が」と思った。

大社系と神宮系は雰囲気違いますね。
伊勢神宮や明治神宮行っても、ただ大きいと思うだけで、
神秘性は感じないです。
まあ、幼い頃から出雲大社で遊んで馴染んでいたせいもあるでしょう。

出雲人が穏やかなのは、斐伊川の氾濫が頻繁に起きるので、
人同士で争ってる場合じゃないが故かも。
実際、都会になじめず戻る人は多い模様。

以上、元出雲人の徒然なのでsage

103 :天之御名無主:02/04/10 07:18
やっぱ斐川?

104 :天之御名無主:02/04/13 04:36
八雲だろう

105 :天之御名無主:02/04/20 11:14
今でも氾濫するの?

106 :天之御名無主:02/04/22 03:35
今はさすがにしないよ。
どちらかというと枯れてる印象の方が強いけど。
すぐ隣にゴルフ場なんかもあるくらいだし。


107 :天之御名無主:02/04/22 21:54
『もののけ姫』の舞台とは、言われたくないな。
実は重大な監督の勘違いがあるから。
たたら場には、女は入れないのよ。近づいてもだめ。

製鉄の神は、金屋子神という女神だから。
大昔に空飛ぶ船でやってきて人々にたたらの技術を教えたという。
すばらしく硬い鉄ができたそうだが、人々がしだいに武器を作り、
争いに用いるようになったのを憂い悲しんだ女神は、突然死んでしまう。
女神を失った人々はどうしていいかわからず、祈った。
下されたお告げは、
「たたら場に、死体を立てかけよ!」というものだった。
そして、女は近づいてはならず、出産に関する話をすることも口にしてはならない。
と言い伝えられる。禁を破れば、いい鉄はできないという。
それ以後、たたらをするものは常に「死」を見つめなければならなくなったという訳。

子供のころ聞いた話だから、詳しいことは不明だけど、
まるで女神が身をもって人間に武器を作る意味を伝えているいい話だと思った。

もっと詳しい話知っている方、いたら情報求む。


108 : :02/04/22 22:19
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/download/1019446859/
助けてあげて下さい。
論文があぼーんされそうです。

109 :天之御名無主:02/04/22 22:29
現代の製鉄はコークスを使用するが
出雲の製鉄は炭を使った。
中国地方の山の木々が炭の材料として伐採され、山は洪水を起こし、
多くの川が天井川になった。
まさしく鉄の歴史は血の歴史であった。
鉄の正字は鉄の中に王を持つ。王権は鉄と共にあったのだ。


110 :天之御名無主:02/04/23 09:32
>>106
そこに遺跡が!

111 :天之御名無主:02/04/29 11:11
金屋子神については
     タタラ
石塚尊俊「鑪と鍛治」(岩崎美術社)にこの信仰の禁忌や呪術も紹介されてる。

どうしても鉄が沸かないときは作業場の四隅の四本柱に死体をたてかけておく
・・・金屋子神は死のけがれを忌まず、むしろ死人が好きだという性質が
あったから、、、

実になんというか猟奇的光景ですな。


112 :天之御名無主:02/04/29 17:18
>>86  出雲大社の宮司を継承する「出雲国造家」は南北朝期に後継問題で
千家家と北島家に分裂。以後、月番制で交互に祭祀を行ったが、明治以降
千家家が独占するようなった。ちなみに両家とも男爵だからその意味では同格。
 なお、北島家は出雲大社に隣接する「北島国造館」で今も別個に祭祀を行って
おり、出雲大社と同様、自由に拝観することができる。


113 :宇都御魂 ◆ZK38QLd. :02/04/29 18:03
>112
 現在では千家家が出雲大社での祭祀を独占しているから、
千家系の出雲大社教を「主流派」と言ったのですが、何か?

114 :天之御名無主:02/04/29 18:39
単なる補足でしょ。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)