5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2000年前、日本はアイヌの楽園だった。

1 :天之御名無主:2001/06/30(土) 03:22
徐々に大陸からモンゴロイドが移住してきて、その文化的優位性や生存能力の高さ、繁殖力の強さで原日本人を圧倒したのでしょうね

2 :天之御名無主:2001/06/30(土) 03:24
アイヌはよそ者を決して迫害しないからね

3 :天之御名無主:2001/06/30(土) 03:43
日本語の原型はアイヌ語だと言われてる

4 :天之御名無主:2001/06/30(土) 03:46
原朝鮮語と日本語関係のはどうなんだろう?

5 :天之御名無主:2001/06/30(土) 04:36
今や日本はOO人ピッキーの楽園だー

6 :天之御名無主:2001/06/30(土) 05:14
アイヌって言い方はちょっと問題だが。民族集団としてのアイヌの成立は中世と考えるのが一般的だから。

7 :日本@名無史さん:2001/06/30(土) 19:47
●馬場悠男(国立科学博物館人類研究部部長)

現代のアイヌはすでに和人と半々ぐらい混血しているとされ、
本来の”縄文の血”はかなり薄まってしまっている。

8 :天之御名無主:2001/07/01(日) 12:33
「アイヌ=縄文人」じゃないらしいよ、
前にNHKの番組で、北海道にいた縄文系の一派と、
中世にカラフト経由で渡ってきた古モンゴロイド系の
北方民族との混血だとやってた。

9 :天之御名無主:2001/07/01(日) 12:56
アイヌって
エスキモー(イヌイット)や
アメリカインディアン(ネイティブアメリカン)の
親戚なんだろ?

10 :天之御名無主 :2001/07/02(月) 22:40
日本列島にいたアイヌは漂着した大陸系の人たちを手厚くもてなし
文字と文化と技術を受け入れた
いつのまにか人種が入れ替わってしまったんだろうなあ

11 :天之御名無主:2001/07/02(月) 22:53
アメリカ大陸と同じような感じだねぇ。
インディアン迫害とはアメリカンどもは最悪だなと思ってたが
よくよく考えると日本人も似たようなものか。

12 :天之御名無主:2001/07/02(月) 22:58
>>11
全く同じような展開です。

13 :天之御名無主:2001/07/02(月) 23:53
>>よくよく考えると日本人も似たようなものか。
秀吉と昭和初期のほんの短時期だ!
それが負の遺産だね。

14 :天之御名無主:2001/07/03(火) 00:33
誰か原日本人=狩猟採集の餓鬼地獄から、農耕文化=楽園に変えた
のは弥生系渡来人だと主張するイキのいい奴はいないのかね。
いないだろうな、俺もそんなことは思わねえからな。

15 ::2001/07/03(火) 02:30
アイヌに関して面白い記述があります。
参考にしてみてください。
http://www.hoshinet.jp/hoshi/

16 :天之御名無主:2001/07/03(火) 03:12
>>13
勘違い?

17 :天之御名無主:2001/07/03(火) 12:43
アイヌ族と東日本人の分離は鎌倉以降だったんじゃないのか?

18 :天之御名無主 :2001/07/03(火) 15:45
鈴木宗男、アイヌ同化発言!
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi?bbs=news&key=994138842

19 :アイヌは侵略者:2001/07/03(火) 16:33
 司馬遼太郎の『オホーツク街道』には、アイヌ民族のことも書かれている。アイヌの文化は、最近の学説では、縄文文化の名残であるといわれるようになったという。北海道でアイヌの文化が確立したのは比較的新しい時代で、13世紀前後だという。しかしアイヌの服装や住居は厳寒の北海道には不向きで、北方系とはいいにくいと司馬遼太郎は書いている。
 司馬遼太郎の「街道をゆく 38」の『オホーツク街道』(朝日文芸文庫)を読むと、北海道にはアイヌ民族の他にギリヤークなどのオホーツク文化人がいたという話が考古学の研究成果とともに紹介されていて興味深い。
 司馬遼太郎は、網走で床屋を開業しながら「モヨロ貝塚」の発掘調査を行った米村喜男衛の生涯を詳しく紹介している。昭和16年、北大医学部の児玉作左衛門教授がモヨロ貝塚の人骨を調査した結果、この人骨は日本人ともアイヌ人とも全く異なる骨の形をしていると分かり、これを「モヨロ人」と命名して学会に発表したという。
 北海道の網走支庁から宗谷支庁にかけてのオホーツク沿岸には、北方少数民族の貝塚などの遺跡が数多く発見されている。この地域に住んでいた民族は、網走の「モヨロ人」などをはじめ1つの勢力をなして北海道においてアイヌ民族と棲み分けをしていた。このオホーツク沿岸の集団を司馬遼太郎は「オホーツク文化人」と呼んでいる。
 アイヌ民族については、南方系だという説があるのに対し、モヨロ人はれっきとした北方人だという。冬は竪穴を掘って、厚く草の屋根をかぶせ、流氷の海で海獣を狩猟して暮らしていた。

20 :アイヌは侵略者:2001/07/03(火) 16:34
 『オホーツク街道』では蝦夷の実体は分からないと書いてある。蝦夷はアイヌだという意見が単純明快だというが、そもアイヌの実体もなかなか難しい。『日本書紀』には、蝦夷(えみし)の他に粛慎(ミシハセ)という人々も登場するそうだ。司馬遼太郎は、ミシハセはオホーツク文化人と関係があるのではないかと推測しているが、『日本書紀』のミシハセに関する記述が簡単すぎて、断定はできないという。
 ちなみに縄文人は一般に小柄で、男は158cm、女は147cmという平均身長だそうである。
 「江別文化」というものも、この本で初めて知った。本州で9000年以上続いた縄文文化が米の渡来によって紀元前3世紀に終息した後も、北海道では縄文文化がなお続いていた。それを続縄文と呼ぶそうだが、「江別文化」は続縄文時代のものだという。江別市は札幌市の東隣にある。その江別で多くの遺跡が発見されたという。
 この「江別文化」は近代のアイヌ文化とは異なるという。アイヌ文化は13世紀の鎌倉時代から始まったそうで、比較的新しい。「江別文化」は古く、7世紀半ばの安倍比羅夫の頃のものだという。司馬遼太郎は、「江別文化」は昔のミシハセが作った文化だろうと書いている。

21 :純粋なアイヌ人など存在しない:2001/07/03(火) 16:34
●馬場悠男(国立科学博物館人類研究部部長)

現代のアイヌはすでに和人と半々ぐらい混血しているとされ、
本来の”縄文の血”はかなり薄まってしまっている。

22 :天之御名無主:2001/07/03(火) 18:09
>>21
同じように、純粋な日本人なども存在しませんが。
人種的純粋性に何か特別な意味でもあると思ってるのですか?

23 :天之御名無主:2001/07/03(火) 18:59
>>19-21
は何度も書き込まれている典型的な『書き逃げレス』だから無視しろよ。

・・・と思ったら、>>22>>19-21の自作自演のようだな。
おまえのような毒電波はお呼びじゃない。二度と来るな。

24 :天之御名無主 :2001/07/04(水) 03:19
日本列島の原住民はアイヌや南九州に住んでいる人たちに近いグループだけど
混血化が著しく進んでいる事は確か
でも、渡来人がだんだんと原日本人の間で頭角をあらわし、入れ替わる過程で言葉だけが残ったんだと思う。

25 :天之御名無主 :2001/07/04(水) 03:36
東京で言えば
日暮里はアイヌ語っぽいし
日比谷もそれらしい
あんまり詳しくないけど
東北へ行けば苫米地とか沼宮内とかまるっきりアイヌ語の地名もあるから
人種入れ替え説はあんがい正しいような気がする

26 :天之御名無主:2001/07/04(水) 07:09
アイヌ起源の地名って
たいてい悪い漢字で当て字されてるよな。。。

ちなみに宮澤賢治の童話「植物医師」は
ニサッタイ(漢字でない・・・)とゆーアイヌ起源?の苗字の
人物が主人公です。

27 :関連話題スレ:2001/07/04(水) 16:49
過去ログ倉庫 民族・神話板より
http://mentai.2ch.net/min/kako/

「実はアイヌ語?」≫
http://mentai.2ch.net/min/kako/947/947540612.html

28 :日本@名無史さん:2001/07/04(水) 20:12
アイヌはチョン

29 :天之御名無主:2001/07/04(水) 21:00
>>28
馬鹿かテメーは?一度死ぬことを薦めるよ

30 :天之御名無主:2001/07/04(水) 21:05
アイヌ語と日本語の関係はけっこう遠いんだけど、アイヌ語と朝鮮語は近縁なんだよ。
日本語と朝鮮語もやや近い。
南方語(台湾原住民、マレーインドネシア、ビルマ)と日本語も似ているのに、
南方語と朝鮮語はぜんぜん違う。つまり

「アイヌ語=朝鮮語=日本語=南方語」

とならべた場合に、隣どうしは似た言語だが、ひとつ飛ばすと全然別系統のようになってしまう。

31 :天之御名無主:2001/07/04(水) 21:29
>30
そんなこと、言ったモン勝ちか?だれの言ったことだ?
いい加減な事いうんじゃない。

32 :天之御名無主:2001/07/04(水) 22:04
>>30
> アイヌ語と朝鮮語は近縁なんだよ
ウソもいい加減にしないとな。知ったかぶりでも、しゃれに
なってないぞ!

33 :天之御名無主:2001/07/04(水) 23:43
29=32=チョン顔の自称アイヌ

34 :天之御名無主:2001/07/05(木) 02:30
カムイ=神
メノコ=女の子
これって交流の証じゃない?

35 :天之御名無主:2001/07/05(木) 10:25
>>33
信じられないほど、頭が悪いみたいだねぇ
その
>>29=32=チョン顔の自称アイヌ
ってどんな顔してんのさぁ?

36 :天之御名無主:2001/07/05(木) 16:34
煽っている途中で割り込みスマソ。

>>30
日本語、朝鮮語、南方語(台湾原住民、マレーインドネシア、ビルマ)の関係のソースがあったら教えてくれ。あ、アイヌ語関連のソースはなしで構わないので。

37 :まさ:2001/07/06(金) 03:02
>30
でたらめです。
大嘘!
朝鮮語と日本語は親戚語ですらない。
日本語に近い言語は世界で発見されていません。
「OO語の影響もあるかも」っていう程度で、
なにも分かっていない。
一ついえることは日本語と朝鮮語とアイヌ語は別物ということ。
またアイヌ人は北方系の人。

38 :天之御名無主:2001/07/06(金) 10:10
アイヌ語と日本語を比べた場合、地域的関係から単語レベルでの流入はもちろんある。
例えばアイヌ語のマキリ(山刀)やパスイ(儀式用のへら、「箸」から来た)などの単語は日本語から入ったと言われている。
しかし、言語的系統は大きく異なり、とても親戚とは呼べない。

ちなみに、アイヌ語から日本語に入った語彙として「昆布」「トナカイ」「シシャモ」などがあげられる。

39 :30:2001/07/06(金) 10:31
あらら。とてつもないドキュンの巣窟だネ(笑

たしかにフランス語とイタリア語が近縁だとか、モンゴル語とトルコ語が近縁だとか
という意味では、アイヌ語と朝鮮語と日本語の三者は“ほとんど”無関係といっていいだろう。
でも100%まったく無関係なのではない。隣接するがゆえの流入・影響関係以上に、
偶然以上の、有意な、類似・関係性が検証されてるんだよ。
だから確かに「親戚語」ですらないよ。親戚語って用語の定義にもよるがね。
要するに少し昔に分かれたかものすごい大昔に分かれたかってこと。
ちなみに日本語にものすごく近い言語は発見されてないが、
朝鮮語、アイヌ語、台湾原住民語、マレーインドネシア語、ビルマ語などは
それぞれ違った面で日本語と比較的共通する要素をもつ言語といってなんら問題ないんだよ。
まあせっかく教えても噛み付かれるのがオチかも知れんがな。勝手におやんなさいヨ

40 :大まかな「定説」:2001/07/06(金) 15:18
スンダランド(原フィリピン付近)にいた原モンゴロイドが北上し、日本列島(ほぼ地続き)に
達したのが縄文人。主として東日本の落葉広葉樹帯で「文明」を発達させた。
同じ頃、さらに中国大陸を北上、シベリアに達した一団がいた。そのさらに一部はベーリング海峡を
渡って、アメリカ大陸に達したと考えられる。
さて、シベリアで生活していたモンゴロイドは次第に寒気に適応、小進化して新モンゴロイドとなった。
それが紀元前に南下を開始、朝鮮半島経由北九州に上陸。やがて瀬戸内海を進んで近畿に達した。
これかせ弥生人、即ち倭人。
倭人はしだいに国家を形成すると共に、5、6世紀頃から東日本の縄文圏に本格的進出を開始。
早くから服属した関東を策源に東北をめざす。かくて対東日本侵略戦争中、服属して倭人文化を受け入れたのが
東日本人。一方最後まで服属を嫌い北へ北へと転戦した縄文人の子孫が、アイヌ人。
こんなところではないか。

41 :天之御名無主:2001/07/06(金) 20:41
>>40
倭人と琉球人はどうやって稲作を学んだんだYO?

42 :天之御名無主:2001/07/07(土) 01:52
アイヌ語と朝鮮語と日本語の三者の共通祖語として
「古極東アジア語族」または「環日本海語族」ってのが想定されてるよ

43 :天之御名無主:2001/07/07(土) 04:37
コメの栽培は一部の縄文人でもやってた。ただ、陸稲で、今のとは違う
古いジャポニカ種らしい。

たしか朝鮮半島でも縄文遺跡は発見されてるんだよね。こうなると
縄文文化イコール日本ではなくて、局部的だけど東アジアの普遍的な
文化形態だったんじゃないかという気がする。

縄文文化の終焉の後、北海道では続縄文文化というものが続く。それの
江別式だったか北大式だったか忘れたが、東北北部や、東北南部の一部で
土器が出土している。たぶん東北地方北部は気候の為なかなか入って
来れない少数の弥生人と、弥生化した縄文人、北海道から再定住した
続縄文人などがモザイク状に分布していたのではないか。

44 :よくわからん:2001/07/07(土) 04:51
誰か教えてくれない?

http://www.kumanolife.com/History/dna.html

このページの「日本人固有のタイプ」と「アイヌの人々に多いタイプ」
ってどう違うの?


45 :天之御名無主:2001/07/07(土) 09:58
言語系統(言語学)の話と遺伝子(形質人類学)の話と遺跡や文化(考古学)の話は
それぞれ別々に進行しないとぐちゃぐちゃになってわけわからなくなるよ。

46 :天之御名無主:2001/07/07(土) 10:25
>>6
>アイヌって言い方はちょっと問題だが。民族集団としてのアイヌの成立は中世と考えるのが一般的だから。

そのとおり。スレのタイトルがすげーバカっぽいよ。2000年前にはアイヌなんてまだ無いもんな。

47 :すごいまともなスレ:2001/07/07(土) 11:03
いいよねこう言うのあって。
なんかの本で「アイヌ型日本人」と「近畿形日本人」
って書いてあった。梅原猛だったっけ。
でもアイヌって「人」「人間」って意味ですよね。
「人間型日本人」と「キンキータイプジャパニーズ」
じゃあ、関西の連中が「変態人でなし」みたいでヤだな。

48 :天之御名無主:2001/07/07(土) 23:34
「近畿形日本人」の文化、人種構成は2000年前から絶えず変化し、
古代と鎌倉期では別物になっている。
そのたえず変化している「近畿形日本人」と境界を接していたアイヌ人が
2000年間文化的に常にまったく静止していたというのはどう考えても無理がある。

49 :天之御名無主:2001/07/09(月) 01:12
人種として、今のアイヌと2,000年前の日本列島の住民は極めて近い
語族と遺伝子学の人種は全くの同義ではないと思う。
文化の面からこの問題を論じている人が多いような気がするが?

50 :天之御名無主:2001/07/13(金) 00:15
>>46
民族集団としてのアイヌが中世以降ならそれ以前の北海道の住民はなんと説明するつもりなの?

51 :天之御名無主:2001/07/13(金) 00:23
>>43
おかぼはジャポニカ種ではありません。

52 :天之御名無主:2001/07/13(金) 01:34
>>50
擦文文化人とオホーツク文化人でしょ。

53 :天之御名無主:2001/07/13(金) 06:02
いえいえ
マスコミ文化人と
エセ左翼文化人です

54 :192:2001/07/13(金) 10:15
>>50>>52
原アイヌ〔プロトアイヌ〕かもね。
その辺はこれから整理されてく部分では?

55 :反省汁:2001/07/13(金) 15:18
交易等があると、単語の相互流入は極めて速やかに進行するのですが、文法的な構造はそう簡単には影響されないのです。
日本語は、その単語については相当部分が中国起源ですが、文法は似ても似つかないです。
だから共通する単語の数だけだったら、原型論の根拠にならない。交流が深かった証拠にはなりますが。

56 :反省汁:2001/07/13(金) 15:19
コロポックルの話とか書いたら、また虐められるのかしら。ニュース速報板へ帰ろうかな..

57 :日本人:2001/07/14(土) 00:36
 私は北海道ですが、最近のアイヌはいばってすごい。自分たちは日本名、名乗ってるくせに都合にいいときだけアイヌ民族になる。まるで、在日○鮮人みたい。生活
保護もらって、日本人の稼いだ金で生活してるやつ多いくせに、、、とにかく、ムカツク。

58 :天之御名無主:2001/07/14(土) 00:56
なんだい、その理屈。
生活保護もらう人は、へつらわなくちゃいけない、みたいな理屈だな。
度量の狭い奴め。

59 :ストネコ@蝦夷人:2001/07/14(土) 01:27
>>57
そんなにムカツクなら、直接該当者に言えよ。
まあ、そんな度胸は無いだろうけどさ。

60 :桃太郎:2001/07/14(土) 01:42
>>57

あんたの知っているのがアイヌのすべてか?
アイヌが日本名名乗っちゃいけないのか?勝手なこと言う人だねえ。今までさんざん北海道でえばってたのが、あんたみたいなシャモだろう。
ばっかじゃないの。

61 :FUO:2001/07/14(土) 01:55
 生活保護もらってるのが悪いわけじゃない。
 考え方、変えたほうがいいね。

62 :天之御名無主:2001/07/14(土) 14:06
>>57
小学生からやり直さないと社会の害毒だな君は

63 :277:2001/07/14(土) 14:22
民俗学、神話学にしても実在する事実を元に論議すべきであって、あるかないかわからない超古代文明を議論するのは学問的に間違っています。議論の元となる証拠が実在しない以上なんともいえません。

64 :天之御名無主:2001/07/14(土) 16:21
>>63
アイヌに超古代文明はないと思われますが

65 :FUO:2001/07/14(土) 16:35
アイヌに超古代文明の、話があるなら、教えてください。
 興味深いな。

66 :天之御名無主:2001/07/14(土) 16:59
超古代は原始生活を送っていたのでは
それに超古代にいたのがアイヌかどうかも分かっていないし

67 :天之御名無主:2001/07/14(土) 17:09
>>63は誤爆ではないのでせうか・・・?

68 :天之御名無主:2001/07/14(土) 18:28
>>63
は誤爆ということで議論を進めましょう。
人類学的には今の日本人は混血だが朝鮮人に極めて近いということでいいですね

69 :その日ぐらしのフリーター:2001/07/14(土) 18:29
>>57
アイヌ人ってだけで生活保護貰えるの ?
それは、なんだかな〜
もし本当だったら、漏れみたいな超貧乏人から
むしり取った税金で悠々くらしているということか、、
かなりムカツクな。

70 :天之御名無主:2001/07/14(土) 20:26
>>69
>アイヌ人ってだけで生活保護貰えるの ?
んなわきゃあない。
アイヌの中には、生活保護が認められるほど、脆弱な生活基盤しか
持たない人ってのはいるかもしれんけど。
一部の事例を全体の属性と無闇に判断してると、電波を受信しやすい
体質になっちゃうぞ。

71 : :2001/07/14(土) 21:22
>57も>60もいいすぎだ。
 >57、アイヌ人はみんなそうじゃないよ。いい人もいっぱいいる。
 >60、シャモは言いすぎだ。誤解を招くぞ。

72 :天之御名無主:2001/07/14(土) 23:45
シャモってやっぱ和人をバカにした言い方なのか?

73 :FUO:2001/07/15(日) 00:52
>>60
 おれは、シャモって言葉、初めて聞きました。
 それって、やっぱ、和人に対する差別用語なの?

74 :日本人:2001/07/15(日) 00:59
>>59
 てめえ、生活保護のアイヌだろ。PCいじってるひまあったら、仕事しろ!

75 :天之御名無主:2001/07/15(日) 01:24
このスレには、外国人差別にはすぐ切れるくせに、
日本人ならどんなに醜く言っても良いとおもっている、
ダブルスタンダード野郎が多いな。
日本人は侵略者だとでも言いたいのか。
それは、てめえらから見た主観だろ。
仲間内で言うのならともかく、
それを日本人に押し付けてくるのなら、
日本人もこちらからの視点で
アイヌ征伐と言っても良いことになるな。
少なくとも俺は言うぞ。

76 :天之御名無主:2001/07/15(日) 02:30
夏休みが始まったみたいだね。

77 :天之御名無主:2001/07/15(日) 02:46
>>75
それは歴史認識であって、日本人の過去の支配者を指しているので
日本人全体を批判しているわけではない。
過去の支配層の誤りの事だから気にしないようにね

78 :天之御名無主:2001/07/15(日) 03:17
>>72
アイヌ語で
アイヌ人=アイヌォモシリ
日本人=シャモ(シサムォ)
渤海人=サンタグル
蔑称ではありません。

79 :天之御名無主:2001/07/15(日) 12:13
>>75
基本的に差別を過剰に意識しても、軽視してもどこかに軋轢は生まれるからね

80 :横レス魔:2001/07/15(日) 15:23
>>77
 「過去の支配者」とやらが自分の直接の先祖だったらどうするのだ。
 だいたい、人間を簡単に「支配者」「被支配者」なんて、単純で幼稚なくくりで区別できると思ってるのか。

81 :日本人:2001/07/15(日) 17:19
北海道発・・
 アイヌ文化法に基づいて、道が行ったアイヌ民族共有財産の、返還処分について、アイヌはそれを拒否。道が「返還対象者に該当しない」として、もらいそこなった
アイヌが裁判所で発言。アイヌのS.Tは「北海道全部をアイヌに返せ!」って言ったそうだ。

82 :日本人:2001/07/15(日) 17:48
>60,>61,>62
全部アイヌ。

83 :牛タン:2001/07/15(日) 17:53
北海道に住んでいるシャモの祖先って、食えなくなって移住したか、
流された罪人だと聞いたけど本当。アイヌに助けられて生き延びた
と聞いたけど。そして今や北海道にはびこっているようだね。

84 :天之御名無主:2001/07/15(日) 18:10
>>83
仙台の方でしょうか?
よろしければ、対立を煽るのは止めていただけませんか?

85 :天之御名無主:2001/07/15(日) 18:14
>>80
太平洋戦争問題もそうだけれど
先祖の過ちを水に流せというのは被害者側が言う事であって
われわれは批判を真摯に受け止めなければならないんじゃないかな

86 :日本人:2001/07/15(日) 18:52
>>83
 アイヌになんか、助けられてないぞ!
 おまえらこそ、今、日本人に成りすましていい生活してんじゃねーか。
 ロシア領にいる、カムチャッツカとかの、アイヌ見ろ!
 

87 :天之御名無主:2001/07/15(日) 19:06
>>86
過去の大量殺戮や搾取のことを知らないのか

88 :日本人:2001/07/15(日) 19:26
>>87
チョンと同じ言い方・・・・・・・・・

89 :天之御名無主:2001/07/15(日) 19:43
>>88
だから事実と向き合わないと日本は国際的に発展できないよ

90 :天之御名無主:2001/07/15(日) 19:55
>>88
生活保護がうらやましいなら、自分も申請しろよ。
その日暮らしのフリーターなんか止めて、きちんと就職してくれると
もっといいが。

91 :ウタリ:2001/07/15(日) 20:09
ここも腐ってる…

92 :横レス魔:2001/07/15(日) 21:59
 広く社会全体のことを議論する際に出てくる意見と、個人の生活感情の話は、多くの場合、対立するね。

 自分自身でその対立の矛盾と痛みを引き受ける覚悟があって、事実、引き受けている人の意見は傾聴に値するとは認めます。

 が、殆どの場合「大東亜戦争で被害を与えたので謝罪と保障を」と主張するその人が、例えばアジア女性基金に千円の募金をすることもなく、どこぞの他人がその責任を負うと思っているだけで。

 その無責任な意識の自己弁護にしばしば便利に使われるのが、「日本人であっても支配者だけが悪くて被支配者は悪くない」という論理だから、それは全く信用できない発想ですな。

 アイヌ人が迫害されて追いやられたということは、直接には、本土で食い詰めた田舎の次男・三男坊が開拓民となって移住し、追いやったということでしょうに。そんなもんが支配者ですか。

93 :天之御名無主:2001/07/16(月) 01:36
関係ない話すんなよ。
なんの話しててもすぐ差別問題にもってく迷惑なバカがいるからなあ。
ウゼエよ。

94 :46=52:2001/07/16(月) 01:41
>>54
>原アイヌ

なんだよ「原アイヌ」って。
なんでも「原〜〜」つけりゃいってもんじゃないだろ。
そういう安直なもんじゃねえんだよ。

95 :天之御名無主:2001/07/16(月) 02:27
なんか、「正義と悪」、「権力者と虐げられる弱者」みたいな二択論でがんじがらめになっている人がいるような、、、
今の共産党みたい、、

そういえば、このスレのタイトルも政治的だな〜

96 :天之御名無主:2001/07/16(月) 02:43
ギスギスしていますな。

97 :天之御名無主:2001/07/16(月) 05:25
つまりは、正直な世界 ■▲▼
1 名前: 井の頭線 ★ 投稿日: 2001/03/17(土) 04:48
学歴?職種?部落?そんなもので人差別しては駄目だよ。
というのは、建前だってみんな知っている。でも現実は違う。
そう、そんなことは森総理の不信任案を否決する公明党や保守党の
行為と同じ、、、真実は常に違う。
そういった真実を素直に表現する2chは正直者の集まりだった。
そして、まじめにそんな話題を議論できた。いわゆる向う側の人間が
きちんと理屈を言う姿はカッコ良くもあった。でも、いつからだろう、、
正直者が減ったのは、、、、
正直な世界、、、それこそが2ch、、、その正直なところがUGだと
誤解された2chは、、、今どこ?
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=lobby&key=984772125

98 :天之御名無主:2001/07/16(月) 06:44
>>92
アイヌへの迫害は江戸時代以前にほぼ終了しています。
当事者は、主に悪徳商人
明治以降やってきた開拓民はこれもある意味被害者
アイヌとの対立はなかったと歴史では習います。

99 :天之御名無主:2001/07/16(月) 06:52
スクナヒコナ=アイヌ民族で、出雲王朝の支配者たちがアイヌと
共存していたというのは、あまりに電波の毒が強い説なので、
みなさん信じないで下さいね(w

100 :横レス魔:2001/07/16(月) 12:19
>>98
しかし山野を農地として開拓し、土地に所有権を設定してしまうことが、土地について所有権の概念を持たない狩猟民族文化に対して、致命的な結果をもたらすのは知られたことですよ。

101 :横レス魔:2001/07/16(月) 12:30
>>100
 言わんとするのは、アイヌ文化の衰退は、差別意識じゃなくて同和思想の方による部分が多いのではないかと。
 普通に考えれば、北海道の厳しい自然条件で、古来の狩猟採集文化を守ってるより、農耕牧畜の方が生活が楽に決まっておりましょう。近代であれば、工業化された都市文化の方が楽に決まってる。
 それを敢えて維持しようとしたら、近代社会の側から、いわば「文化税」的に持ち出しが必要なのは当然。
 ならばアイヌ文化の維持は、単にアイヌの子孫を自称する人々だけの問題じゃなく、全体の文化的厚みを守るための事業であってしかるべき。

 では、なぜそのアイヌ文化維持の協同事業者であるはずの日本社会に対して「迫害者の子孫である故の当然の権利」みたいな主張での要求があまりに多く見えるのは、何故だろうかと。

102 :天之御名無主:2001/07/16(月) 15:49
ねぇねぇ、アイヌ語ってどういう言語なの?

103 :天之御名無主:2001/07/16(月) 15:56
>>102
ずうずう弁をひどくしたやつ
はっきりいいて、最悪のなまり

104 :天之御名無主:2001/07/16(月) 16:19
>>103
わざと間違ったことを言ってるだろ?
くだらん煽りするんじゃねーよ。

105 :FUO:2001/07/16(月) 18:11
 日本人もアイヌ人も、ののしりあってますね・・・ 

106 :FUO:2001/07/16(月) 18:14
 おれは日本人だけど、このページ見てると、荒れてるなって・・・

107 :天之御名無主:2001/07/16(月) 21:47
>>85
>先祖の過ちを水に流せというのは被害者側が言う事であって
>われわれは批判を真摯に受け止めなければならないんじゃないかな

戦いに勝つことが悪いのか?
自分がより良い生活をするために、また子孫繁栄のために、また自己防衛のために
生活圏をより広げていこうとするのは十分当たり前の話。
侵略、迫害、同化政策は歴史的、人類学的に人間の本質。
(俺自身、肯定したくはないんだが・・・しかし)
今現在、現実に俺達も食うか食われるかの戦いの真っ只中。
勝てば官軍負ければ賊軍。これ世の慣わし。

負ければ次には勝つように努力せれ。
(やられたらやり返せって言うことじゃないよ)
相手をこきおろして満足するようじゃー話にならんね。
要するに負け犬のなんとやらだ。

ただ、勝者側の子孫が自分の能力と全く関係ないのに、
さも自分自身が優越であるかのように錯覚して、
過去の敗者側子孫をねちねちといたぶる行為は全く頂けない。
ブタ以下だ(ブタさんごめんね)。

アイヌには自治権(自治区)を求めてるやつがどれぐらいの割合でいるんだ?
本音が聴きたい。
(そんな非現実的なこと・・・バカ言うなってのが俺の本音だけどね)

108 :天之御名無主:2001/07/16(月) 22:49
アイヌ人の推定人口は2万人と言われています。
それも半数以上が混血
15世紀の60万人とも20万人とも言われているアイヌの社会からは遠い現実
このレスしている連中のなかにアイヌの方が混じっているとは到底考えられません。

109 :天之御名無主:2001/07/17(火) 00:15
>>102
マジレスしていいか?

代表的な単語
大きい=パンケ
小さい=ペンケ
川=ナイ、ペットゥ
砂浜=オタ
健康な=イワンゲ、アンノ
進む=パイエ
曲がる=シカリ
このように日本語とはかなり異なります。

110 :天之御名無主:2001/07/17(火) 00:31
ハ行が無くてパ行が多いけど、それって、古代日本語の「現代日本語ハ行」→「古代ではパ行」とかとは、関連ないのかな?

111 :102:2001/07/17(火) 00:55
>>109
レス有り難うございます。
>このように日本語とはかなり異なります。
ということは日本語とは別系統ですか?
北方系?(ギリヤークとか?)の言語なのでしょうか?

112 :天之御名無主:2001/07/17(火) 01:27
とゆーか日本語も含めた極東の言語では
ヨーロッパみたいな言語系統論がなりたたんのだ。

113 :天之御名無主:2001/07/17(火) 02:12
私は北海道ですが、最近のアイヌはいばってすごい。自分たちは日本名、名乗ってるくせに都合にいいときだけアイヌ民族になる。まるで、在日○鮮人みたい。生活
保護もらって、日本人の稼いだ金で生活してるやつ多いくせに、、、とにかく、ムカツク。


今の北海道に住んでる和人は本州の落ちこぼれだと思うよ
食えなくなって北海道に移住した貧乏士族(一部) あとはほとんんど百姓の次男三男や部落民
本州の人間から見たら二流、三流の日本人という意識ですよ
そんな奴らがもともと住んでた人たちを差別するというのはもってのほか
まあいい家柄の人がプライド持つのは当然だが北海道民ごときが偉そうにするなよ
自分たちは日本名なのっててというけどお前らの方が本州の人間から見たらクズだよ

114 :113:2001/07/17(火) 02:23
日本人というネームの人に対してのレスね

本州人から見ると在日朝鮮人に似てるのはむしろ入植した日本人の方ですよ
在日は本国の人から日本に住んでるのは本国であまり出が良くないと思われてる
だから本国のコリアンは在日を差別する
在日は本国では差別されてた人や食えなくなった人が多く日本にきてたかが二代目か三代目
のくせに元々住んでた日本人より威張っている
それに近い目線で北海道民は見られてるよ
たかが二代か三代住んだ位で我が物顔で北海道で振舞ってる入植者は本州人から見たら軽蔑ものですよ
京都あたりに住んでみろ北海道出身というだけでどれだけ馬鹿にされるか

115 :天之御名無主:2001/07/17(火) 03:30
アイヌ語って復活するの?

116 :天之御名無主:2001/07/17(火) 07:36
>>115
残念ながら衰退する運命にある。
ただし、津軽海峡がもっと狭かったら16世紀には絶滅していただろうから
イタリア半島の先住民のように今ごろ跡形もなくなっていただろう

117 :天之御名無主:2001/07/17(火) 07:36
>>113-114
貧乏士族・百姓の次男三男・部落民を二流、三流の日本人とはまたムチャを。
「いい家柄の人がプライド」とか、人間の値打ちは門地・出自ではなく、
人格・識見・能力によるってのは、いまどき共通の理解事項だと思うんだけど?
40万石改め4万石の士族の方じゃないんだから・・・

118 :天之御名無主:2001/07/17(火) 07:46
>>113
サンプル少なすぎです。
歴史を勉強して認識改めてください。

119 :天之御名無主:2001/07/17(火) 08:59
「保護もらって、日本人の稼いだ金で生活してるやつ多いくせに、、、とにかく、ムカツク。 」
ハア?北海道自体かなりムカツクんですけど
どれだけの税金が北海道に渡ってると思ってるの?
都会の人間が納めた税金で北海道のクソ田舎の道路に回されてると思ったらかなりムカツクぜ
この前テレビ見てたら北海道の片田舎に殆ど通行車がない赤字の高速道路が結構あるらしいじゃん
にもかかわらずまだ無駄な儲かる見込みの無い道路を建設してるんだとよ


アイヌは明治になるまでそこで中央に迷惑かけずに自分たちだけで生活してたわけだから批判するのは
間違いだよ 元々本人たちだけの自給自足で生活してたわけだからさ

120 :天之御名無主:2001/07/17(火) 09:04
>>119
それで儲けているのは、一部の土建屋・腐敗官僚・政治屋で、
一般の人に責を帰すのは酷でしょ。
頼むから煽らんで下さい。ハンドル「日本人」が間違っているのは、
あなたが指摘しなくても、みんなわかっていますよ。
ところで、>>113-114と文体がそっくりなのは気のせい?

121 :ウタリ:2001/07/17(火) 09:55
>>119
俺もその話は良く聞いたな

給料の3/1持ってかれて、挙句の果てには糞田舎の土建業者の肥やしに
なっている。ふざけた話は更にあるよ
北海道に渡っている税金の一部はウタリ基金と称すもんに使われている。
ウタリ基金たるもの基本的には、アイヌの復興事業たるものに使われるよう
政府が宛がったもの。だが、現実は全く異なる。
道内糞田舎の行政たるもんが、「うち等の街には、アイヌがおるで(実際には平気で2-3人
以下だったりする)、そのアイヌ地区の道路を広げたい」などと申し出て、
全くアイヌ復興事業とは無縁な使い方がされている。
尚、許しがたいクズは道民の為の税金をアイヌが使いまくっているといった、
デマゴギーを平然と垂れる。

事実上、アイヌの為のウタリ基金たるもの、実際にはアイヌには全くといっていいほど
使われておらず、その自称日系道民の行政に悪用されている。
正にそれは、この国の悪循環であり、正すべきものではなかろか?

122 :ウタリ:2001/07/17(火) 10:11
訂正:
給料の1/3持ってかれて、挙句の果てには糞田舎の土建業者の肥やしに
なっている。

123 :天之御名無主:2001/07/17(火) 15:02
http://ton.2ch.net/rights/index2.html#10

124 :天之御名無主:2001/07/17(火) 16:55
けっきょくアイヌ文化保護の分だと思って国民が支払った税金は、北海道内部のいがみ合いを煽る結果に終わるだけで、アイヌ文化保護の役にはちーとも立たないのか。
確かに悪循環だ。財政赤字も酷いことだし、そんな無駄金は止めるべきだな。

125 :FUO:2001/07/17(火) 19:46
 ここも、結局はののしりあいか・・・?
 お互い、恥を知れ!!!
 

126 :FUO:2001/07/17(火) 22:43
最初のレスのように、コロボックルとか、オホーツク文化圏とかの話をしようぜ。悪口、中傷、誹謗するやつは書き込まんでくれ!

127 :天之御名無主:2001/07/17(火) 22:46
北海道開発にかかった莫大な金は半分は資本家の肥やしになっている。
政商という奴ね
北海道を日本領にして投資としての費用対効果はどうなのだろう?
ましてや北方領土なぞ

128 :天之御名無主:2001/07/17(火) 22:52
>>126
気持ちは分かる。じつーに分かる。けど、そのアプローチじゃうまくいかんのよ。
罵り合いをさせたいやつにはさ。じゃあどうすればいいのかと言われると、俺も
困るんだけどさ。
臨床強化士を呼びに行こうかな?

129 :天之御名無主:2001/07/17(火) 23:17
>>126
多分、性質の悪いアイヌがいて、それを知ってる北海道人が吼えまくってる
ついでに情報の少ない都会人が税金返せとわめき散らしている。
どちらも正しい知識がないために生まれる偏見が原因となる軋轢

130 :ウタリ:2001/07/17(火) 23:27
>>129
性質の悪いアイヌって、私のことでしょうか?

>>126のいってる通り、本来の本文に戻すべきかと思います。

131 :FUO:2001/07/17(火) 23:54
>>129
 おそらく、あなたの言ってることが、もっとも近いんじゃないでしょうか。
 アイヌ人、北海道人、(おそらくは)本州人、のなかでも一部の偏見をもった人たちが荒らしてるんだと思います。
 

132 :ウタリ:2001/07/18(水) 00:20
文章は口頭ではないので、的確に述べるべきかと思う。

そもそも、胸糞の悪くなる書き込みなんぞ無ければ俺は
書き込みなんぞしない。ムカツイた興奮状態にあるが為、
一方的な見解が伺えるかも知れんが、事実は事実として
述べたまでなので悪しからず。

133 :ストネコ@蝦夷人:2001/07/18(水) 00:52
コロポックルで思い出すのは、ファンタジー小説に出て来る
ホビットやドワーフ族。
岩穴に住んでいるという点ではドワーフもそうですね。
なにか関連(民族的という意味ではなく)があるのでしょうか?
「んなもん想像上の話じゃん」ってなレスはナシよ。

134 :天之御名無主:2001/07/18(水) 01:06
小人症の人たちの隠れ里?

エルフはイスラムの投影という話があるが‥

135 :天之御名無主:2001/07/18(水) 02:20
>>132
俺は132の書き込みに不快感はないよ
ただ、『えせ』でないことを祈る
もし君が正真正銘の和人系なら『アイヌに思い入れのある者』というスタンスを明確にして欲しい。
俺も北海道で歴史を習えば習うほどアイヌへの思い入れは強くなる。
そういう感覚が普通なんじゃないかな

136 :ウタリ:2001/07/18(水) 09:38
>>135
どちらかの似非じゃないので、心配いらない。
ただの道東のアイヌだよ。ここでは、ウタリ=俺

さて、ちょっと以前にここには本物のアイヌが来る訳がないと
いった発言を目にした事があるが、それはどうだろうか?
俺自身もPCはデスクとノートを持っているし、アイヌに対する
侵害的な発言が成されているサイトに関しては、何故かソースが
流れてくる。しかし、見たら後の祭り、ブチ切れてしまう。
分かるだろうか?勝手な憶測っていうより、単なる先入観で
アイヌを語りたがる馬鹿者が多すぎるということに、個人的に
驚きを感じたよ。しかも、自称XXXの差別の素製造工場の宣伝まで
あるし...

137 :FUO:2001/07/18(水) 21:15
>>132
 気持ちはよくわかる。でも、それこそが、いわゆる「煽り」の狙いなんじゃないかな?
 いかにも、人がムカツクようなことを書き込んで、対立を煽る。
 で、そのページが荒れてきたら、他からも「煽り」、「荒らし」の常連が入ってきて、ますますおかしくなる。
 「煽り」は、徹底的に無視すべきじゃないかな・・・。 

138 :128:2001/07/18(水) 21:54
>>137
藁)

139 :横レス人:2001/07/18(水) 22:36
>>137
藁)

>>138
藁)

140 :留萌高校:2001/07/18(水) 23:25
いくら2chでも偏見は許せない。
人種問題を語るときは事前知識を図書館でも行ってつけてきて欲しい

141 :殺し屋:2001/07/19(木) 01:28
みんな仲良くしようぜー。
実際会ったら友達になっちゃうだろ?

北海道には紀元前のアイヌ?の遺跡があるよね。
そこらへんいろいろ教えてくれー。

142 :天之御名無主:2001/07/19(木) 02:05
>>141
紀元前の遺跡がアイヌのさらに先住民のものかはっきりしない

特に『モエレ貝塚』は怪しい

143 :天之御名無主:2001/07/19(木) 04:19
>2000年前、日本はアイヌの楽園だった。

このスレタイトルでどうして差別ネタになるのかな。
よほど歪んでる奴が出入りしてるんだなあ。

144 :天之御名無主:2001/07/19(木) 09:06
>>136
>単なる先入観で
>アイヌを語りたがる馬鹿者が多すぎるということに、個人的に
>驚きを感じたよ。しかも、自称XXXの差別の素製造工場の宣伝まで
>あるし...

確かにそう思うよ。ウタリさんの気持ちは大変素直で嫌悪感は感じないよ。
でも137の言うことが的を得てるんじゃないかな。
「事象XXXの差別の素製造工場も・・・」というのは言い得て妙だね。
強引に差別、対立構造を強調するやつがいるしたまらんね。
やっぱり融和がだいじだよね。

ただアイヌについてなにも判らん人が多いのは事実だし、
判らんからちょっと聞いてみようかって人もいるだろうし、
アイヌの立間からそれなりにレスいれてくれると有りがたい。
答えたくなければ無視すればいい。

145 ::2001/07/19(木) 09:11
アイヌの立間→立場

146 :天之御名無主:2001/07/20(金) 03:22
>>144
あおりは無視してまじめに話し合おう

147 :天之御名無主:2001/07/20(金) 11:35
>>146
まじめに話すってなにを?
煽りは君じゃないの

148 :殺し屋:2001/07/20(金) 15:04
>142

『モエレ貝塚』ですかー。グーグルで検索しても出てこないや。
だれかソース持ってる人教えてくれー。

あとさ、北海道の先史時代の文字とかってあるじゃん。
あそこらへんのペトログラフの共通性に詳しい人だれか説明してクレクレ

149 :天之御名無主:2001/07/21(土) 07:30
>>147
この機会に図書館に行ってみませんか?

150 :天之御名無主:2001/07/21(土) 20:13
>>148
http://www.kitami-it.ac.jp/library/OHDB01.HTM

151 :天之御名無主:2001/07/22(日) 09:06
北海道のアイヌの歴史を見てると
2000年前も日本の原住民はよそ者に優しかったんだろうなあ

152 :天之御名無主:2001/07/22(日) 10:17
アイヌは困っている人に手を差し伸べるのが常識
日本人もそういうところはあると思うがアイヌはとくにそう

153 :天之御名無主:2001/07/22(日) 10:38
>>151
縄文人はとても平和だったよ。

戦闘は弥生人がもちこんだ。
でも、もっと強いのが現れて壬申の乱かな。

154 :天之御名無主:2001/07/22(日) 11:18
>縄文人はとても平和だったよ。
どうもそうは思えない。
ウチの近所の縄文系の親父は、昼真っから酒飲んで、
暴れて絡んでとても迷惑。なんとかしてほしい。
あの見るからに縄文親父。

155 :天之御名無主:2001/07/22(日) 12:36
>>154
あほか?お前

156 :天之御名無主:2001/07/22(日) 17:52
>>153
ネタじゃなかったら、説明してほしいのたが、
なぜ、弥生人がくるまで縄文人は戦闘をしらなかった?

闘争本能が無いとは生物的欠陥?
あと、>>148先史時代に文字があったと言っているが、ムーの読み過ぎ?
これも、ネタじゃなかったら説明求む。

この板はネタ板なの?
ネタにしてはマジっぼい。
マジだとしたら、この板のレベルはみじめなほど低レベル。

民族板というか、ムー板に改名したらぁ?
それか、ネタ・ファンタジー板。

157 :天之御名無主:2001/07/22(日) 18:23
煽るなよ。
人間が戦うのは、本能のみによるとでも?こりゃまた。
自分自身を省みよ。本能的行動しかしていないわけじゃないだろべ。

フォローすると、戦闘と言っても組織的戦闘のことだろう。
堀、柵などの防御設備を備えた集落が発生するのは、弥生期に入ってから。
やじりが食い込んだ死体なども同様。縄文期に組織的戦闘が行われなかった
と言うわけじゃないが、あったと言う積極的証拠は無い。
ペトログラフは知らん。

158 :天之御名無主:2001/07/22(日) 19:35
>>154
完璧にギャグだと思うけど
縄文人が酒好きというのは聞いた事があるような
嗜好品に弱いのも未開人の特徴らしいし

159 :天之御名無主:2001/07/23(月) 00:54
>>157
組織的戦闘がなけりゃ平和?

160 :157:2001/07/23(月) 01:09
>>159
「平和」を定義しなきゃならんかのかいな?
「戦争と平和」と言うとき、あなたはどういう意味で使うの?

161 :天之御名無主:2001/07/23(月) 01:13
アイヌ文化復活しねーかなあ。

162 :天之御名無主:2001/07/23(月) 01:50
江戸時代はどのくらいの人口だったの?
日本の人口は3000万だったらしいけど

163 :天之御名無主:2001/07/23(月) 11:14
アイヌ渡来以前の住民が原日本人だよ。

164 :天之御名無主:2001/07/23(月) 12:30
>>163
阿呆かおめえは?一体、何処の話だ?
調べてから書き込め、目障りだ

165 :天之御名無主:2001/07/23(月) 21:53
神奈川県大和市の石碑は客観的にみてどうなんでしょうか?
以前はここにもアイヌがいたってやつ。
旧日本軍に発掘されたやつは没収されて、
行方不明になったって聞いた事がある。

166 :シサム:2001/07/24(火) 06:04
アイヌの人たちは実はポリネシア系という話もありますね。
島国の人たちが舟を漕ぎまくって北海道まで来た、という。本当だったら
凄いパワーだ。
最近アボリジニの人達との交流もあったりして(祖先が同じかも、という
理由で)確かに容姿の系列は似ているかも。

あと、北海道に住む日本人の祖先は罪人、ってのはちょっと違います。
だとしたら今のオーストラリア人の祖先も皆罪人になりますね。
流刑地だったのは本当で、北海道を切り開いたのも屯田兵と流刑された方々
ですが、流刑された方々は殆ど過酷な労働で亡くなっていますよね?
今の北海道に住む人の祖先は殆どが開拓後、新天地を求めてやってきた
商人や、侍になるのが嫌で逃げて来た当時のヒッピーみたいな人達の
末裔だと思われます。

167 :天之御名無主:2001/07/24(火) 07:14
縄文人って、最近のDNA研究だと
古モンゴロイドってことで落ちついたんじゃなかったっけ?

つまり、中央アジア→シベリア→寒地適応前にさらに東へ…

というやつ。

168 :天之御名無主:2001/07/24(火) 10:23
>>167
http://www.geocities.com/rikeinohito/950886252.html
ここを参照したまえ

169 :天之御名無主:2001/07/24(火) 22:17
はじめて来ました。書き込みの内容は面白いけれど玉石混交という感じ。
この先、ここのスレがまだのびていくなら、
・「アイヌ」の定義=中世以降に成立した狩猟採集民族(文字は持たない)
をベースにした所からいきましょう。だから「アイヌ語」という言語も、
その成立は厳密には中古以降とすべきか(?)。

170 :天之御名無主:2001/07/25(水) 02:28
おいおいアイヌは数千年前から日本列島に定住しているぞ
中世ならすでに日本人に追いまくられている頃じゃねえか

171 :169:2001/07/25(水) 09:16
>>170
ここは文化人類学系の板では? そもそも >6の人も書いて
いますが、先史時代〜上代に日本列島に住んでいた人達(の一部)
のことを「アイヌ」と表現したり、その人たちが話していた言語を
「アイヌ語」と呼ぶこと自体が問題だと思う、という話。

172 :天之御名無主:2001/07/25(水) 10:18
人種的にはほぼ 縄文人=アイヌ人だけど・・・
文化的には   縄文文化→地域的収束→アイヌ文化

古代の弥生人と今の西日本人はほぼイコールだけど、
文化的に今の形に収束したのは、室町期であるので、
それと、同じことでは?

173 :こんな感じ?:2001/07/25(水) 23:18
縄文文化→続縄文文化→擦文文化─┐
                ├→アイヌ文化
        オホーツク文化─┘

174 :天之御名無主:2001/07/25(水) 23:30
縄文人=アイヌ人=沖縄県人=典型的な南九州人=高砂族=部落身分に貶められた狩猟民族
ちょっと乱暴だがあながちはずれではないと思う。

175 :天之御名無主:2001/07/26(木) 00:58
高砂族とアイヌを比較するのか?
語彙とか人類学的計測値とか調べて言ってるのか?
笑えもしない。

176 :天之御名無主:2001/07/26(木) 01:18
タガログと高砂の方が近いか?

177 :天之御名無主:2001/07/26(木) 01:31
うん、今の現代人から見ると、縄文人は一緒くたに見えちゃうけど、
北緯20度の高砂族と北緯45度のアイヌ人をイコールで結ぶのはさすがに乱暴すぎるぞ(藁
農耕民族はもちろんそうだけど、狩猟民族といえど、南北間の移動は東西間に比べて、かなり酷。
とても、緯度25度にわたって、均質な人種、文化を保ってはいられないでしょ。

白人から見ればアメリカ先住民は皆一緒に見えるぐらいの感覚なので、
あくまでも極論にとどめていた方が良いと思う。

178 :天之御名無主 :2001/07/26(木) 07:20
アイヌから高砂族が原住民で
新モンゴロイドが移住者と言う考え方で行けば
近縁と言ういいかたは正しいのでは
インディアンとインディオだって近縁と言われているのだし

179 :天之御名無主:2001/07/26(木) 09:04
アイヌには(あの極寒の地で、生産力の低さでは不可能だったろうが)蝦夷地
を部族連合でも良いから統一し、東北に大軍で大侵攻して欲しかった、
蒙古来襲(元寇)の時にね。しかも、神風(台風?)が吹かず、
西日本は蒙古(元)との激戦、東日本はアイヌ(蝦夷)との激戦の末に
それぞれ撃退していれば、日本人はもっと早くに強固なナショナリズムを
形成したことであろう。国難は愛国心を育むのだ。

180 :天之御名無主:2001/07/26(木) 09:08
13世紀、アイヌ民族は黒龍江を遡って元に戦争を仕掛けるほど強かった。
元とは五分五分で和睦したそうだ。
九州だけでなく!東北地方!にも「モッコ」の伝承が存在する。
おそらく元アイヌ戦争の記憶によるものではなかろうか?
安東氏がアイヌ民族を指揮して元と戦ったという仮説もある(海保嶺夫)。
NHKドラマは、その事に触れるであろうか?

181 :天之御名無主:2001/07/26(木) 09:15
>>180
俺は秋田市育ちですけど、子供の頃
いたずらをすると、親からモッコが来ると脅されました。
モッコ=蒙古という説ですね。

182 :天之御名無主:2001/07/26(木) 09:44
高砂人と沖縄人はこんなにちがうのだぞ!!

http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/image/dna_map.jpg

183 :電波ネタ:2001/07/26(木) 10:28
アイヌとポリネシア人は太平洋に沈むムー大陸の末裔である。
(電波ネタが正解に当たる確率ってどれくらいだろう。)

184 :天之御名無主:2001/07/27(金) 00:38
あまりにもネタ過ぎる

185 :天之御名無主:2001/07/28(土) 02:51
話は戻るけど
2000年前は日本列島には縄文人がいて弥生人は縄文人に大陸系の人たちが交雑して出来上がった民族集団なんだろな
繁殖力は大陸系>原住民(今のアイヌに近縁の人々)だから
集団の中でも原住民の血を引く率は下がってくる
そうしてるうちにボートでどんどん大陸(半島)から流れ着いてくる
原住民は文化的に高度な大陸系の人を尊重する
よりいっそう原住民の血の比率は下がる
言葉は残り、人種は入れ替わる

186 :天之御名無主:2001/07/30(月) 00:13
交通路が遮断されていないために朝鮮半島とかインドシナはもっと早くに原住民が滅びたのかもしれない。

187 :天之御名無主:2001/07/30(月) 02:00
条件の悪いところに原住民が追いやられていく訳が分かる

188 :天之御名無主:2001/07/30(月) 19:04
>>182
なかなか面白い分布図ですね。
この図からすると、日本は完璧に北方系ということになりますね。
台湾と沖縄が血統的にはっきり分断されている。

180度発想の転換を行って、日本から大陸北方へ民族移動がなされた
と考えることは出来ませんか?
だいたい生物は海から発生したんだから、海岸べたの繁殖しやすいところから
内陸へ移動したと考えるのがごく自然でしょう。
日本は地殻変動の激しい地域だから、古代の痕跡は全て海の底。
いまの所証拠は無いが、100%否定できるもんでもないでしょう。
きっと日本周辺の大陸棚にその痕跡が残っているはずだ。
日本語だけが独自の体系をなしていると所以はその辺にありませんか?

そう考えると、アイヌは追いやられたのでなく北方へ開拓を続けた民のなごりでしょうか。
その内、南方のすぐれた文化と共に、混血された血統が逆輸入されて、
現在の日本民族(?)とアイヌのすみわけが成されたんではないかと思われ・・・。

189 :天之御名無主:2001/07/30(月) 21:50
結局
縄文人とアイヌも若干相違する民族という事でしょうか?
現代の日本人よりアイヌに近い民族が列島中に暮らしていた。と

190 :天之御名無主:2001/07/30(月) 21:58
>>188
>だいたい生物は海から発生したんだから、海岸べたの繁殖しやすいところから
>内陸へ移動したと考えるのがごく自然でしょう。
両生類→爬虫類→哺乳類と日本列島上で進化して、日本人になったとでも?
人類発祥の地はアフリカと言うことで大方合意されてるから、日本には何しろ
よそからヒトがやってこないと始まらないのよ。

191 :静内:2001/07/30(月) 23:21
俺は札幌に生まれ中学生の時に日高管内の静内町に転校しました
そこで初めてアイヌの存在を意識するようになりました
札幌では普段の生活で意識する機会は無いですね
静内に転校せず、ずぅーと札幌に住んでたら多分アイヌのことは考えなかったと思います
静内にはかなりいましたよ 純潔種の方もいましたし
僕はアイヌではありませんが弥生系でなく縄文系に分類される顔立ちなので僕をアイヌだと思う人もいました(藁
他の地域にいたらそんなことはないと思いますが静内はアイヌがかなり多い地域ですので濃い系だとアイヌと結びつける人もいますよ
薄い顔の人が大阪あたりに住んだらコリアンと結び付けられるのと同じかも

札幌に住んでる人はあまりアイヌのことは意識しないと思いますが
地域によっては常に意識するようにならざるを得ないところもありますね
僕も静内に住むまで考えたこともなかったが住んでから常に意識するようになったな

192 :天之御名無主:2001/07/30(月) 23:40
中世時代に北海道がアルプス以北のヨーロッパのように、家畜と畑作を中心とした混合農業になる可能性はなかったのかな?
もしくは、満州族の様に、半農半牧とか。

そうなれば、アイヌは南の日本人にとって、大いなる北方の脅威になり、
中世以降、アイヌと日本の死闘の歴史が繰り広げられていたかもしれない。
東日本の歴史がもっとおもしろいものになってい可能性が期待できる。

193 :188:2001/07/31(火) 05:43
>>190
>人類発祥の地はアフリカと言うことで大方合意されてるから

考古学ってのは研究が進めば進むほど定説がくつがえされていくものです。
人類発祥の地が一箇所である必然性は全くありません。

194 :天之御名無主:2001/07/31(火) 07:51
なんだ、電波さんか。

195 :天之御名無主:2001/07/31(火) 18:33
たいていの場合、電波さんの方が常識人よりおもしろい発見をしたりする。

196 :天之御名無主:2001/07/31(火) 20:53
正しい発見をする電波さんの背後には、ハズレの電波さんが無数にいる。
ハズレでも、ユニークな視点を提示してくれればまだ良いが、大抵は陳腐極まりない、
受け売り電波が大半なのがフニャフニャ。

197 :天之御名無主:2001/07/31(火) 22:38
>196
素人が自由に意見交換できるのが2ちゃんねる
結構面白く読ませてもらってます。

198 :天之御名無主:2001/07/31(火) 23:10
「素人が自由に意見交換」はいいけど、電波を伝染させるのは勘弁って感じなのよ。
俺には止めようがないけどね。ま、つっこみは覚悟してちょってことで。

199 :天之御名無主:2001/08/01(水) 22:45
>>198
君みたいに知識がある人の意見もかなり重要

200 :天之御名無主:2001/08/02(木) 14:00
「両生類→爬虫類→哺乳類」ってのはともかく、
海岸線から内陸へってルートは私も賛成。

 ようするにアフリカで生まれた人類が、アジア・ユーラシア大陸へ拡散するとき、
内陸を移動するスピードと海岸線を移動するスピードのどちらが早いかってこと
なんだけど、私は海岸線を移動するスピードの方が圧倒的に早いんじゃないかって
思うんですよね。

 ンで、まず海岸線に一気に広がった後、川をさかのぼる形で内陸へ浸透して行った
んじゃないかって気がするんだが、どんなもんじゃろ。

201 :天之御名無主:2001/08/02(木) 14:26
>>200
面白いな。海岸線を移動する方が速いかもってのは。
内陸は原始林・湿原では、移動そのものが困難だったとか。逆に
乾燥地では水際の方が食料の調達が容易と(こっちの要因の方が
大きい?)
ただ、まだ舟を持たない人類が、河口近くで渡河をするのは、
かな〜り苦しいな。日本の狭い川でも大変だけど、大陸のでっかい
河を渡るのは無理っぽい。
人類の拡散をいつ頃に想定するかで、大分話が違ってくるけど。

202 :天之御名無主:2001/08/02(木) 20:19
>まだ舟を持たない人類が

新人類っていうは俺達と同じ人間なんだろ?
水に浮かぶ大木を見ればすぐに舟ぐらい思いつくんじゃないかい?

203 :天之御名無主:2001/08/03(金) 00:18
バカなので教えて下さい
世界中に熊が生息していますよね
グリーンランドには北極熊、アラスカにはアラスカ羆、北海道にはエゾ羆
日本には月の輪熊、インドシナにはマレー熊、スペインにはヨーロッパ羆
これらって一箇所が起源なんですか?
いくつかの郡相が別々に犬から進化したってだれかから聞いたんだけど
人間だって、アフリカ起源説のほかに数箇所を起源に持つって話もあるんじゃないですか?

204 :天之御名無主:2001/08/03(金) 01:43
>>202
少なくともオーストロネシア人の代になるまで船は無かった

205 :天之御名無主:2001/08/03(金) 02:00
電波はこっち逝け
それと>>203、クマの話はどうせムーか、良くてもNewtonがせいぜいのガセ。
そうでないと言うなら、クマ科動物が全て別の起源を持つという遺伝子学上の証拠か、
現在の化石証拠を全否定できる化石を出すべし。

http://ton.2ch.net/test/read.cgi?bbs=geo&key=994443201

206 :天之御名無主 :2001/08/03(金) 02:07
なこるる

207 :天之御名無主:2001/08/03(金) 09:22
>>203
あなたの挙げた熊は全部、別の種ですよ。別種ということは、交配が
不可能あるいは、繁殖能力のない、一代雑種までしか生まれないと
いうことです。
複数の起源種から、似たような形態に進化する例は多数ありますが、
別々の種が合流して一つの種になると言うことはありえませんよ。

208 :天之御名無主:2001/08/03(金) 11:35
>201
そんじゃー、河口付近を渡らないと考えたらどう?
海岸線を移動して川にたどり着いたら、無理せずに川を渡れるところまで
ズンドコズンドコ川を溯って行ってから川を渡って、
今度は川を下って行って、また同じことを繰り替えすってのは。
えらい遠回りになるけど、それでも内陸を移動するより早いかも。

209 ::2001/08/03(金) 13:56
カムイ=アイヌの神様で交流の証というより。
和人がはいってきて、じつは、君たちのカムイっていうのは、
わが首長のことなんだよっていって、アイヌを服従させて
いったんだろ。だから、小泉もある神社に参拝するのさ。
隼人として(藁

210 ::2001/08/03(金) 17:02
実際。海岸線沿いに日本列島を制圧しました。

211 :天之御名無主:2001/08/04(土) 04:28
>>207
犬でもそれは言えると思うのですが、
そこまで行くと減数分裂の染色体数ですから
RNAらせんの構造に関係しますよね
進化の過程で相互に交雑不可になることもあるはずだと思いますが
電波でごめんなさい

212 :207:2001/08/04(土) 08:34
>>207
意味がよくわからないです・・・
犬の場合は「品種」で、「種」とは違うんですが。
あと、「交雑不可」は「交雑可」の間違いでしょうか?
もともと非常に近縁の種であれば、そのようなことがありうるかもしれません。
ただ、確率は絶望的に低いと思いますが。

213 :スネーカー教徒:2001/08/04(土) 15:08
ヨーロッパヒグマ、アラスカヒグマ?(コディアククマのこと?)とエゾヒグマは
亜種だと思います。最近ではクマ科はイヌ科から分かれたのでは
無い事がわかっています。とりあえずイタチ科、アライグマ科に近縁だそうです。
アイヌの話題を振るとヒグマとアイヌの関係って深いんですよね。アイヌは羆を
カムイ、キムンカムイ、などと呼ぶし。本州でも熊野信仰がありますね。

214 :天之御名無主:2001/08/04(土) 16:40
>>213
すると、熊の起源はどこになるんですか?

215 :縄文人25才:2001/08/04(土) 18:36
バイカル湖から、サケを追いながらアムール川を下ってきたら
いつのまにか、樺太に来ていました。
すぐでしたよ。

216 :天之御名無主:2001/08/04(土) 18:53
千島・樺太・北海道を合わせ、極東共和国建国

日本人、ロシア人、アイヌ人三族共和の王道楽土。

道民も樺太ロシア人もアイヌ人も
いつまでも自国のはじっこ民として生きることをやめ、
自らの、亜寒帯共和国を築くのだ!

217 :天之御名無主:2001/08/04(土) 19:54
アイヌみたいな容貌の民族は昔は大陸にもたくさんいたんじゃないの?

218 :天之御名無主:2001/08/04(土) 23:13
>>215
そのヒグマを負いながらアイヌも樺太、北海道へとやって来たのか?
日本本土にはヒグマがいないが、アイヌは本土にも来たのかな?
沖縄人はアイヌに近いというが・・・。

219 :天之御名無主:2001/08/05(日) 03:10
集落間抗争で死人が絶えない楽園でした。

220 :sage:2001/08/05(日) 06:24
数万年前、日本は大陸とつながっていたし、北海道から沖縄まで陸続きだった。
そして氷河期だったからヒグマも当然本土にいただろう。そしてアイヌも。
温暖になるとヒグマもアイヌも本土から消えた。どうして?俺がバカだから?

221 ::2001/08/05(日) 06:28
名前にsageて打っちゃた。

222 :スネーカー教徒:2001/08/05(日) 06:28
>>214
漸新世と中新世にヨーロッパにいたアンピキオン類が起源だと思います。
鮮新世にアンピキオン亜科からわかれたのが現在のクマ類。
とりあえず単一起源なんじゃないですか。

223 : :2001/08/05(日) 08:14
あげ

224 :世界@名無史さん:2001/08/05(日) 12:27

   彡川川川三三三ミ〜
   川|川/  \|〜 プゥ〜ン    ________________
  ‖|‖ ◎---◎|〜       /
  川川‖    3  ヽ〜     < ボクはバカ、ブサヨク、ヒキコモリの三重苦!助けて〜
  川川   ∴)д(∴)〜       \________________
  川川      〜 /〜
  川川‖ ブタ 〜 /‖
 川川川川___/‖
   /       \__
  /|  |   サ   __
  | |  |    ヨ
  / |  |_ 童貞
 | \__⊃ 租 珍

    彡川川川三三三ミ〜
    川|川/  \|〜 プゥ〜ン
   ‖|‖ ◎---◎|〜        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  川川‖    3  ヽ〜        ボクがヒッキ―なのも
  川川   ∴)д(∴)〜        権力と天皇が悪いんだ
  川川      〜 /〜 カタカタカタ  \________
  川川‖    〜 /‖  _____
  川川川川___/‖  |   | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
   /  \__童       |  |    |__|
  | \      |貞    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |  ヒキコモリ

225 :天之御名無主:2001/08/05(日) 15:17
>>224
ヒッキーは権力には弱いんじゃないの

226 :天之御名無主:2001/08/05(日) 16:31
76i

227 :天之御名無主:2001/08/06(月) 10:06
age

228 :天之御名無主:2001/08/06(月) 23:02
300年前の北海道と2000年前の日本列島
同じような事が繰り返され
ついにアイヌは滅び去る悲劇の民族

大学で自主映画でも作ろうかな

229 :天之御名無主:2001/08/07(火) 01:45
>>228
すごく馬鹿っぽいからやめた方がいいと思われメ

230 :天之御名無主:2001/08/07(火) 15:24
平成十三年の乱

 北海道ウタリ協会は六日、札幌市内で開いた理事会で、アイヌ民族に関する
平沼赳夫経済産業相や鈴木宗男衆院議員の発言に対する対応が不適切だとして
解任された笹村二朗理事長の後任に、秋田春蔵副理事長(同協会静内支部長)
を選出した。秋田新理事長は、平沼経産相と鈴木議員にあらためて抗議する考
えを表明した。
 解任されたのは笹村理事長のほか、飯田昭市、阿部一司の両副理事長、道か
ら派遣されている江戸市郎常務理事(事務局長)。四氏とも理事の互選で決め
る理事長などの役職を解任されたが、理事解任には総会で三分の二以上の賛成
が必要なため、理事や事務局長の資格は残る。

 理事会はこの後、新たな副理事長に秋辺得平、椎久忠市、上武やす子の各理
事を互選し、常務理事は当面空席とした。

231 :天之御名無主:2001/08/07(火) 15:27
静内が釧路と手を組んで帯広を引きずり降ろした???
それとも、釧路と札幌が帯広を引きずり降ろし、静内を祭り上げた???
白老は???

232 :名無し:2001/08/07(火) 15:42
カメレスで悪いけど>1の「ご意見」だとアイヌさんたちは
モンゴロイドでは無い、と言うことになるが・・。
果たして「アイヌさん」は「モンゴロイド」では無いのか・・?
教えてくれる・・。

233 :天之御名無主:2001/08/07(火) 17:43
一般論は古モンドロイドとなっているが、
果たしてどうなのだろうか?
純粋に近いアイヌは、全くと言って良いほど
モンゴロイドの特徴などないぞ。
どちらかと言うと、中近東っぽかったり、
またはサーミ(ラップ人)っぽかたりと...

一概には言えないな

234 :名無しのエホバ:2001/08/07(火) 21:31
中近東はないだろう!
やっぱモンゴロイドだと思うよ。

235 :ななし:2001/08/07(火) 21:41
>>232,233
古モンゴロイド ≒ コーカソイド

中間型だから、モンゴロイドまたはコーカソイドと決め付けるのはあまり意味が無いと思う。

236 :天之御名無主:2001/08/08(水) 00:02
確かに古モンゴロイドと古コーカソイドの特徴は類似してる
別個に新化を遂げて現在のコーカソイドとモンゴロイドは大きく相違してる

237 :天之御名無主:2001/08/08(水) 00:09
古代中国の山東省にも白人的容姿をした人種が住んでいたことがわかっている。どうやら新モンゴロイドが来る前、一般に思われているよりかなり最近まで、東アジア全域に古モンゴロイド人種が広がっていた模様。北海道はアジアのなかでもドキュソ辺境地域だったので、古モンゴロイドが現代まで生き残ったということだな。

238 :在日日本人:2001/08/08(水) 07:53
アイヌから見れば我々が在日弥生人てことか!

239 :天之御名無主:2001/08/08(水) 09:44
西日本にはほとんど縄文人は住んでいなかったと記憶していますが。

240 : :2001/08/08(水) 10:35
暴力団のボスの3割は朝鮮人。
アイヌの日本を弥生人が乗っ取ったように、在日によって日本が乗っ取られようとしている。
私の知り合いは、在日の人とトラブル起こして、数日後、家に
「民族差別を許すな!!」
と叫ぶ街宣車がきました。
恐ろしや、恐ろしや、、

241 :天之御名無主:2001/08/08(水) 11:37
 北海道ウタリ協会理事長を解任された笹村二朗理事は七日夜、東京都内のホテルで北海道新聞のインタビューに応じ「解任は不本意。間違ったことは何もしていない」と話す一方「今後も理事にとどまり、運営に携わっていく」と述べた。
 副理事長を務める財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構の予算陳情で上京した笹村前理事長は、平沼赳夫経済産業相や鈴木宗男衆院議員の発言への対応が不適切だったとされる点について「解任されなければ、今回、陳情とともに両議員に釈明を求める予定だった」と説明。また、解任の背景として「アイヌ民族施設の整備をめぐり、帯広や静内などが誘致しており、理事たちの間で競争意識が高まっていることや、倫理面で厳しくした私の運営に不満があったのではないか」との考えを示した。

242 :天之御名無主:2001/08/09(木) 03:55
>>237
トルコ系の可能性も否定できないのでは?

243 :天之御名無主:2001/08/09(木) 07:00
>238
山東省の民族のことね

244 :aGEvS:2001/08/09(木) 20:18
http://www.himawari.sakura.ne.jp/%7Eloveseat/index.html

245 :徒然草:2001/08/09(木) 20:59
>240
下記の説によれば、古代日本は既に朝鮮民族に乗っ取られていた?
http://inoues.net/yamataikoku/mystery/kibaminzoku.html

246 :天之御名無主:2001/08/09(木) 22:49
しかし、どうみてもコリアンの顔は
日本人と比較して四角くて目が細い。

247 :天之御名無主:2001/08/10(金) 00:41
>>244
携帯用のコンテンツで2ちゃんねるそっくりにつくってある

248 :名無しのエホバ:2001/08/10(金) 22:00
はっきり言って「天皇家」は大陸の人だろ・・?
だから神話の時代から日本は朝鮮の血筋だと思うよ。
これには疑問はないはずだよ・・。

249 :徒然草:2001/08/10(金) 22:35
古代史の研究というのは、天皇の神格という領域に抵触する以上、
極めて微妙に難しいのではないでしょうか?
ましてや、旧日本軍が植民地として支配し蔑んできた人たちと共通
の血が流れているとなれば尚更です。
しかし考え様によっては、この説は特に北朝鮮の日本人拉致問題に
対する外交カードとしては大いに有効な気も致します。

250 :天之御名無主:2001/08/10(金) 23:20
>>248
これが事実なら日本の朝鮮植民地化を正当化できる。
あわよくば将来、日韓連合国家が誕生するかもしれない。
今は経済的に日本が損する要素が多いが・・・

251 :天之御名無主 :2001/08/11(土) 13:16
天皇家は95%以上朝鮮人の血だろ
物部、蘇我、波多、巨勢、みんな渡来人じゃねえか

252 :天之御名無主:2001/08/11(土) 14:11
物部はちがうでしょ

253 :天之御名無主 :2001/08/12(日) 13:11
平安貴族に原住民系なんていないでしょ
みんな渡来人系

254 :天之御名無主:2001/08/13(月) 10:55
蘇我も違うね。

255 :天之御名無主:2001/08/13(月) 11:15
>>248
>はっきり言って「天皇家」は大陸の人だろ・・?

以前はそう言われる事が多かったし、私も多分そうなんだろうな〜と
思っていたのだが、最近の流れは全く正反対に向かいつつあるみたいね。

256 :天之御名無主:2001/08/13(月) 18:50
天皇家の先祖が朝鮮半島からきた頃に
朝鮮半島に住んでいた人間を朝鮮人とは同一視できないだろう。

257 :天之御名無主:2001/08/13(月) 19:38
>>255
>天皇家の先祖が朝鮮半島からきた
こんなことはなかったことが、はっきりしてきたわけね。

258 :天之御名無主:2001/08/13(月) 22:00
すくなくとも騎馬民族王朝説は否定された

259 :天之御名無主:2001/08/14(火) 00:42

まだこの謎は解明されてないね。

260 :天之御名無主:2001/08/14(火) 02:21
天皇のことは別スレで

アイヌ大虐殺があったというのは本当か?

261 :天之御名無主:2001/08/14(火) 10:22
北海道の過疎化で悩む地域をアイヌ自治区として独立。
全国から縄文愛好家(自称縄文人の末裔=自分の顔が唯一の根拠)が
頼まれもせず勝手に集まってくるので過疎化解消。
村のマスコットとしてナコルルとアシタカが選ばれる。

262 :天之御名無主:2001/08/14(火) 10:23
アイヌとの関連は微妙だけど、
弥生時代を代表する集落である吉野ヶ里遺跡(発見されたころ邪馬台国じゃないかと
騒ぎになったヤツ)が、実は縄文系の集落だったというのを少し前にNHKでやって
た、5000年前の青森にあった三内丸山遺跡とそっくりだって。
今までは九州北部にあった弥生時代の遺跡は、朝鮮半島と近いこともあって半島から
の渡来人たちの物だと言われてたけど、実は正反対で日本の東北地方から日本海を
南下してきた縄文人たちの集落だったんだね。

263 :名無し:2001/08/15(水) 22:51
と言うと、縄文人は否、それ以前の日本人は何処からと言う疑問が・・?
チョット無理がありそうだが・・。

264 :天之御名無主:2001/08/17(金) 07:51
>>262 は吉野ヶ里遺跡の成り立ちに対する意見であって、
日本人のルーツについて語った物ではないな。

ちなみに縄文人のルーツは、約2万年前に沖縄経由で渡ってきた港川人ってのを
なんかで読んだ。

265 :名無し:2001/08/18(土) 13:55
上から下から忙しいな・・。

266 :天之御名無主:2001/08/19(日) 02:14
>>241
笹村氏がススキノ宗雄の同化完了宣言にまったく何も言えない
ふがいなさを見て「こんなやつにアイヌの運命を任せられない」と
いう声がウタリ協会の加入の有無を問わず沸き起こったからさ。
こいつが理事長になってウタリ協会もすっかり腐りきったと思ったが
まだ見こみは合ったようだね

267 :天之御名無主:2001/08/19(日) 02:23
>>260
大がつくかどうか知らんが少なくとも1789年のクナシリ・メナシ
蜂起で指導者たち47人は徳川幕府に降伏した後全員銃殺されています。

1500年代のコシャマインと1600年代のシャクシャインは
和議のはずの席で刃にかけられました。

アイヌはこの史実を忘れずに毎年供養しています。

268 :天之御名無主:2001/08/19(日) 03:01
>>266
どうだか。
俺はアイヌ、という人間はいるが、我等アイヌは、という行動のできるアイヌは
まずいないから。内紛でしょ。民族教育が足りないのよ。

269 :天之御名無主:2001/08/19(日) 09:24
>>267
参考資料
http://210.155.134.217/phpdmm/m/mdp038/mdp038jp-5.jpg
http://210.155.134.217/phpdmm/m/mdp024/mdp024jp-2.jpg
http://210.155.134.217/phpdmm/m/mdp022/mdp022jp-4.jpg
http://210.155.134.217/phpdmm/m/mdp019/mdp019jp-3.jpg
http://210.155.134.217/phpdmm/m/mdc018/mdc018jp-4.jpg
http://210.155.134.217/phpdmm/m/mdp001/mdp001jp-2.jpg
http://210.155.134.217/phpdmm/m/mdc009/mdc009jp-5.jpg

270 :天之御名無主:2001/08/19(日) 09:28
>>267
「銃殺」と「射殺」の違い分かってる?

271 :名無し:2001/08/19(日) 23:29
>>269
変な書き込み止めてくれ!
取りあえず「NHK特番日本人見た?」って言うスレ立てています。
アイヌさんも覗いて見てください.

272 :天之御名無主:2001/08/20(月) 00:02
>>260
亀レススマソ
象徴的な事件(それも多くの場所で行われた)
和人よりアイヌの酋長に和議の申し出をする
コタンのはずれに男子全員を集めて和議の祝いの酒を用意する
もちろん毒矢は家に置いてくる事が条件
それにより、戦争状態は終結した事を和人に示す
コタンではそれに反対する者もいるが酋長の権限で全員を和議の席に同席
酒に酔ったアイヌは一斉射撃で全滅
コタンに残った女は売られる
和議の席で毒を盛る事も多かった。
アイヌは約束を守る民なので
隣村であった事件を和人に起こさない様に申し出るが、和人の約束を100%信じて
コタンが全滅する地域が多かった。

273 :天之御名無主:2001/08/20(月) 02:11
●鈴木隆雄(都立老人総合研究所疫学部門長)
・ 縄文人の平均寿命は14〜15歳。正確には零歳の時点での平均寿命(余命)が男子では14歳、女子では14.6歳にすぎなかった。
ただし15歳まで生き延びられた者は、だいたい34〜35歳まで生き延びる可能性が高かったと見て良い。
●小山修三(国立民族学博物館教授)
・ 北海道をいれれば、約30万が縄文時代最盛期の人口と考えられる。30万人の人口は、晩期には75,800人にまで落ち込んでいる。
そして時代は弥生へと移行するのだが、驚くべきことに、10万人以下だった人口が、弥生時代になると60万人近くに増加する。

274 :天之御名無主:2001/08/20(月) 02:11
●鈴木隆雄(都立老人総合研究所疫学部門長)

「伝染病に対して無防備だった縄文人達は、中国大陸で起こっていたヒトの大移動や戦乱や疫病流行のなかで揉まれ、免疫力をつけていた弥生人達の持ち込んだ結核などの病気に、ひとたまりも無く感染し、急激に死に絶えていった可能性が大きい。」
「縄文晩期の人口の激変を見ると、これはどう見ても渡来系弥生人と先住系縄文人との間に入れ換えに等しい急激な変化があったとしか思えない。考古学的にも大量の殺害を示す証拠はない。
おそらく何らかの感染症が入ってきた可能性が高い。私は古病理学の立場から、その直接の原因を結核をはじめとする新顔の感染症だと想定している。」

275 :縄文系の男性は環境ホルモンに弱い? 精子数が少ない :2001/08/20(月) 02:12
 日本人は在来系の縄文タイプと、渡来系の弥生タイプに分かれるといわれるが、縄文系の男性は精子の数が少なく、
無精子症になる確率も高いことが、厚生省の研究班の調査でわかった。日本人男性の精子数を調べたところ、
縄文系とみられるタイプのY染色体をもつ男性がほかのタイプの人に比べて精子数がかなり少なかった。
研究を担当した中堀豊・徳島大医学部教授は「男性の精子形成能力が遺伝的に異なっているか、男性の
グループ間で内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)などへの反応性が違う可能性がある」と指摘している。

 環境ホルモンが人の精子数に影響するかどうかは、まだ実証されていないが、今回の結果から、縄文系の男性は環境ホルモンに弱く、子孫を残す能力が弥生系のタイプの男性より劣っている可能性が出てきた。

http://www4.tkcity.net/~hk0304/topic9history.html

276 :◇人口膨張シミュレーション:2001/08/20(月) 02:13

 この人口が1,000年ほど後の古墳時代には、540万人にもなったと推定されている。約70倍の膨張である。
稲作が伝わって食糧事情が改善されたのは確かだが、人口年増加率0.4%は世界各地で人口学者が推計して
いる農耕初期の増加率の何倍も高い。この間に大陸から渡来した人々がいた。渡来人の存在を計算に入れて、
埴原和郎・東大名誉教授が試みた人口膨張シミュレーションは学界にショックを与えた。純粋の人口増加は
年0.2%とすると、1,000年間に渡来人口が150万人必要になり、7世紀初頭の人口構成は縄文系56万人に対
して渡来系480万人だという。基礎にした数字に誤差を見込むとしても、渡来系の相当な優位は動くまい。

277 :天之御名無主:2001/08/20(月) 09:58
>>273-276
これが結論でしょう

278 :天之御名無主 :2001/08/20(月) 10:57
アイヌって、人とか言う意味だそうだから。
縄文人が、自分のことアイヌと言ってってもそれはアイヌ民族じゃない。
ということになっておかしなことになるね。

279 :天之御名無主:2001/08/20(月) 12:16
結局、農耕民と接触するのが早いか遅いかだけで、
アイヌのような狩猟・漁労の生活スタイルは廃れていく運命なんでし
ょうね。
それは今世界で狩猟のみで生活している人間がほとんど
いなくなったことでも証明されていると思います。

狩猟→農耕 が普遍的でその逆はあまり例がないのでは?

280 :天之御名無主:2001/08/20(月) 16:25
古墳期以降の人口爆発は稲作による食料備蓄の向上に加え、行政管理の
発達による規則的な労働という観念の定着、そして気候の温暖化。

281 :天之御名無主:2001/08/22(水) 17:15
あげんん

282 :天之御名無主:2001/08/23(木) 18:27
ade

283 :天之御名無主:2001/08/23(木) 22:25
小山先生お元気かな。
あの人が日本庭園でしゃがみこんでると
ホンマ縄文人です。

284 :天之御名無主:2001/08/24(金) 09:02
hage

285 :天之御名無主:2001/08/24(金) 09:18
>>273-276
考古学を無視した説に説得力なんかないって。

286 :天之御名無主:2001/08/24(金) 18:26
DNAの比較といっても、
人間は移動しつづけているので、
あまり意味が無いでしょう?

287 :天之御名無主:2001/08/24(金) 18:28
日本とブリヤート人、のDNA比較しても、
現在のブリヤート人が、
今の場所に住みつづけていないならば、あまり意味無いでしょう?

288 :名無し:2001/08/24(金) 22:42
狩猟をしていた我らが祖先・・ってか!
あっ!我らが祖先は農耕の方か・・。

289 :天之御名無主:01/08/27 01:00 ID:77TrMWpw
>>278
アイヌはアイヌ語で『人』
だって、アイヌ人以外の人間はアイヌ社会には長らくいなかったんだから
アイヌ人はアイヌ人、民族を指す

290 :天之御名無主:01/09/01 15:48 ID:irT7d7t.
2000年前はすでに渡来系に押されてただろ

291 :天之御名無主:01/09/02 04:40 ID:0.TmZOEY
2000年前には渡来人なんてほとんど来てねーよ。

292 :天之御名無主:01/09/03 23:19 ID:QlSjfBw6
アイヌは黄色人種ではなく白人種に属するという説がある。

293 :天之御名無主:01/09/03 23:34 ID:oBE/RHdk
>292
かなり昔の学説では?

294 :天之御名無主:01/09/04 02:21 ID:KN2zMess
>>293
ごくごく一部のヨーロッパの学者が主張
今では完全に否定されている
アボリジニーも同じくそういう学説があった

295 :天之御名無主 :01/09/27 02:22
>>290-291
どっちが正しいんだ?

296 :1:01/09/27 03:31
その画像ならココ
http://www.f2.dion.ne.jp/~impact14/

297 :天之御名無主:01/09/27 03:53
渡来人=チョン半島系のことでしょ

298 :なんし:01/09/29 02:42
>>297

チョンだって雑種民族だろう。

299 :天之御名無主 :02/01/07 02:31
>>297-298
朝鮮半島も人の往来が激しく
2,000年前とはすっかり人種が入れ替わっているという説もある

300 :天之御名無主:02/01/08 02:06
>>292
アイヌはコーカソイドとモンゴロイドの分化が進む前の古モンゴロイドというのが定説

301 :天之御名無主:02/01/08 02:17
DNA解析が進んだ現代では、人種同士の遺伝子差異よりも、人種内部の人間同士の遺伝子差異の方が大きいことがわかっている。
つまり白人と黒人の集団同士の差よりも、隣に住んでいる日本人同士の差の方が大きいというわけだ。

302 :天之御名無主:02/01/08 03:16
>>301
何を指して遺伝子差異と言ってるのですか?
まさか配列の事を言ってるの?

303 :天之御名無主:02/01/08 14:31
日本人は黒人だYO!

304 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

305 :天之御名無主:02/01/09 08:33
アイヌの人たち。
http://www.nbz.or.jp/rekibun/siryo/ehagaki/9210.jpg

306 :天之御名無主:02/01/09 09:29
スマソ、混乱してきた。
寒冷地適応せずにシベリアからやって来た一団に、南回りの縄文系がまじり、
さらに鎌倉時代以降独自の文化を育てたのがアイヌ民族?
それ以前から弥生系の文化、遺伝子をとれいれて「和人」化したのが東日本人?
南回りの西日本型縄文人に、大量のネオモンゴロイドと、一部南方系の渡来者がまじったのが
近畿瀬戸内人?
諸説聞いてるとわからなくなって来た。埴原二重構造モデルはどう修正されるんだろう。

307 :天之御名無主:02/01/09 11:32
ポリネシアから来た人はいないの?
コンティキ号漂流記では南米インカ帝国に行っちゃったけど。
「コンティキ号漂流記」は小学生のころ
読んで結構面白かったよ!

308 :天之御名無主:02/01/09 22:36
>>306
俺もわからなくなってきた
とにかく、日本は混血民族だということだけど、南方系、北方系、半島系、南洋系
それぞれ侵入に大きなタイムラグがあることだけは確かだ
そう考えると、外界との血の交流が少なかったアイヌが2,000年前の日本人に比較的近いという事もうなづける

309 :天之御名無主:02/01/10 00:33
アイヌ以前はどうなってんだよ!

310 :天之御名無主:02/01/10 10:53
誰か国際日本文化センターにいる人、最新の埴原理論教えて!
NHK見てまた混乱してる。

311 :天之御名無主:02/01/10 12:18
アイヌとドラヴィダの関係は?

312 :天之御名無主:02/01/11 03:44
>>311
あんまり関係なさそうだ
しかしドラヴィダ=インダス文明の担い手と考えても
ドラヴィダ=アイヌ、ピグミー、アボリジニーの世代とは言えない

313 :313:02/01/11 06:44
最新の埴原説がどんなものかは知らないけど>>273-276の説には少し疑問を感じる。

1)埴原が当時の平均的な人口増加率を求めるのに用いた地域はいずれも麦作地帯のもの。

314 :313:02/01/11 06:46
2)小山は人口推計(コンピュータシミュレーション)の基準となる土師器時代の
人口の推定の基礎として澤田吾一(1927年)による奈良時代人口の
推計値(600万〜700万人)を採用しているが、この数値は過大だという指摘の存在。
(鎌田元一(京都大学)による鹿の子C遺跡の発掘調査結果からの推計)

315 :313:02/01/11 06:47
古墳時代の人口を540万人とした小山の推計はかなり過大だろう。
鎌田の推計(8世紀前半の人口で440万〜450万)を元に俺が
おおざっぱに計算したところでは、6世紀初頭の人口は280万人程。
埴原が推計した弥生から古墳時代にかけての渡来人数267万人が
ちょうど打ち消される程度の人口になってしまう。

つまるところ>>273-276の結論は誤った前提の上に立っている可能性があるとおもわれ。

316 :天之御名無主:02/01/11 09:10
なるほど。
弥生(渡来)系がそんなに多かったら、
なぜ東日本にこれほど縄文系がいるのか、わかんなかった。
東日本ってよっぽど多産なのかとも思ってた。
前提がちょいまちがってたのかもね。
いずれにせよ縄文系(と言ってもいろいろあるみたいね)が東日本に集中していたところに
大陸朝鮮から渡来系がやってきて西日本定住。
しだいに東に進出し、ある程度の同化を果たしたってのが、大まかなところかな。

317 :天之御名無主:02/01/12 02:34
>>316
東日本の縄文系って奈良時代に相当薄まってると思うんだけど

318 :313:02/01/12 03:52
現代の日本人の特徴は統計的にかなり分散しているらしいです。
ですから「薄まる」と言う感覚よりも、未だに「縄文系」と「弥生系」
がモザイク状に入り乱れているというイメージの方が正しいのではないか
という気がします。
つまり「弥生系に置き換わった」というよりは、「入り乱れて共生」して
日本人という枠の中にいるのだと思います。
西日本と東日本の違いはその混合比の程度の問題でしょう。

319 :天之御名無主:02/01/12 04:49
モザイク状入り乱れか、なるほど。
確かに西日本でも、なんか縄文系らしき人々が集まってる
村ってあるもんなあ。気のせいかな、って思ってた。
つまり、千数百年にわたり、縄文系はなんとなく縄文系どうし
弥生系は弥生系えらんで結婚してたのかな。
弥生系のいわゆる朝廷が、関東を完全掌握して千年、
東北でもどうかんがえても五百年。
なんで東西でこんなに体質、血液、容姿、文化、風習、嗜好
の違いがくっきりと残ってるのか、不思議に思ってた。

320 :天之御名無主:02/01/12 17:48
>>319
弥生系=大陸系
縄文系=原住民(この板では現代のアイヌに近いとされている)
と考えれば
九州の中だけで激しく入り乱れてないか?
長崎、福岡、佐賀=弥生系
大分、宮崎=中間
熊本、鹿児島、沖縄=縄文系

321 :天之御名無主:02/01/13 16:00
埴原は主観に頼りすぎた嫌いがあるんとか。

322 :天之御名無主:02/01/18 03:21
>>321
偉大な文化人類学者であることだけは確か

323 :天之御名無主:02/01/18 04:16
>>322
偉大だとはおもうけど小山の推計をそのまま信じたのはイタい。
小山の推計はコンピュータシミュレーションなんだから初期値
しだいで変わっちゃうじゃん。


324 :天之御名無主:02/01/19 03:34
>>323
それってちょっと単純に分析しすぎないか

325 :天之御名無主:02/01/19 09:39
埴原の理論は破綻してる
これからはもう脚光をあびる事はないでしょうね


326 :天之御名無主:02/01/19 15:14
いや、さまざまな修正を経て、埴原二重構造モデルは精緻化
定説化しつつあるらしい。
小山集計も技法の進歩によって修正されていることだし。
確かに千年百万渡来は少し大げさ。これほど西日本と東日本で
体格等の差が出ることを説明できない。(うけうりスマソ)
まあ、弥生と縄文が完全混血でも完全移行でもなく、
中部日本の相当幅広い「境界」をはさんで、ある程度混血しつつ
いまだに「民族的特徴」を持っているってのは
無難なセンでしょ。

327 :天之御名無主:02/01/23 02:24
ちょっと興味深い本を自宅で発見した。
昭和20年代の日本人の体格は年ほど大きい
身長の比較では 東京>大阪>千葉>福岡>宮城>秋田>鹿児島
現在なら    秋田>宮城>東京>千葉>大阪>福岡>鹿児島

随分な違いである
地域による人種分布が急激に変化したとは考えにくいが・・・

328 :天之御名無主:02/01/23 07:35
>>327
そのころは栄養の問題と思われ

329 :天之御名無主:02/01/23 10:03
俺の親友は
肌の色が白人並みに白くて外見は超コーケイジアン(ロシア系)
なんだけど親はどちらも日本人。
で聞いてみたらおじさんの家計が東北出身なんだって。
彼みたいな人は何処から来たのか説明できませんか?

330 :天之御名無主:02/01/24 17:41
相撲取りに東北出身が多いのは
その為です。

331 :天之御名無主:02/01/25 17:24
>彼みたいな人は何処から来たのか説明できませんか?

その疑問は自分に問い掛けたほうがいいぞ。









332 :天之御名無主:02/01/25 17:29
>>305みて思ったんだが口の刺青と民族衣装を着物に換えたら和人
とさほどかわらん。

333 :天之御名無主:02/01/26 11:34
>>327-328
へ〜、昭和になっても食糧事情に地域格差って存在したんだ

334 :天之御名無主:02/01/26 12:49
>>333あたりまえだろ。農村部と都会でまた東北と関西ではだいぶ違うよ。


335 :天之御名無主:02/01/26 23:07
>>332
>>305のアイヌは明らかに混血してる
しかも北海道アイヌより樺太系の顔をしてる
本当の北海道アイヌは明らかに日本人とは違う顔してるよ


336 :天之御名無主:02/01/27 07:11
小山先生自身にとっては、縄文人が南方か北方かは、たいして興味ないみたい。

このスレのタイトル「2000年前云々」ですが、
「アイヌ」ってアイヌ語で「人」なんでしょ?
アイヌ語と縄文語がどこまで関係しているかよく判らんが、
アイヌの人々が北周り縄文人の直系子孫で、かつアイヌ語がさほど縄文語
から隔たっていないとするなら、縄文人が自分たちを「アイヌ」と呼んだ
可能性あんのかな。カイノ→カイ説みたいに。
ならこのスレのタイトルは正しいか。

337 :天之御名無主:02/01/27 07:24
>>336
ここでは『アイヌ』=民族であって
『アイヌ』=人類という表現は異民族を知らないまま出来上がった言葉だから
『アイヌ』=そのまま人類とはならないのでは


338 :336:02/01/27 17:47
アイヌ ソーリー

339 :天之御名無主:02/01/28 02:47
>>332

これならどうだ

http://www.tanken.com/ainugazo.html

約11年前の長万部のアイヌ人です

340 :天之御名無主:02/01/28 02:54
本物のアイヌ人はこんな風貌です
明らかに異民族です。
なんとか彼らに自治権を与えたいものです。

http://www.tokyocinema.net/ainu.htm

341 :天之御名無主:02/01/29 02:05
彫りが深いね
やはり純粋のアイヌは日本人とはかなり外見が異なるようだね

342 :天之御名無主:02/01/29 20:49
もともと日本人(縄文系先住民)はこう言う彫りの深い顔しとったのよ。
山東省から南朝鮮経由で、西日本に弥生系が来たばっかりに。

343 :天之御名無主:02/01/30 02:17
>>342=1
そのままでんがな

344 :天之御名無主:02/01/30 02:29
来るのはいいけど来すぎだっての
今もそうだ
新宿とか新チョン異様に増加中

345 :天之御名無主:02/02/01 01:33
>>344
みんな90%以上は朝鮮系の血だろ

346 :わしらもそう:02/02/01 02:05
そうそう、わしらもそう。じゃが今は日本人じゃ。それが何か?

347 :天之御名無主:02/02/01 02:37
俺は顔が濃くていやなのに・・・おまえら贅沢だな

348 :天之御名無主:02/02/01 03:20
どうみても・・
http://www.mnh.si.edu/arctic/html/trip.html

349 :天之御名無主:02/02/01 11:11
俺も顔が濃いからやだ。
俺の場合、アイヌというより西郷隆盛だけど。

350 :天之御名無主:02/02/01 11:20
夏目漱石「坊ちゃん」って興味深いよね。
東北出身者と坊ちゃんこと夏目漱石が
関西チョン人いじめられて仕返しするはなし。

351 :天之御名無主:02/02/01 11:24
異民族

チョン人と倭人の関係


異人種異民族

倭人とアイヌの関係

352 :NHK見てると:02/02/01 11:41
弥生人って山東半島から朝鮮半島南端経由で北九州⇒瀬戸内⇒近畿みたいね。
ははあ、だから「自ら呉の太伯の末裔云々」
伝承ってけっこう真実を伝えてんのかね。

353 :天之御名無主:02/02/01 13:11
朝鮮系の顔は何故いやがられるのでせう。

354 :天之御名無主:02/02/01 15:00
生理的に受け付けないんじゃない?遺伝子がそうさせるとかw

355 :天之御名無主:02/02/01 18:21
>>353
韓国や北朝鮮が嫌な国だからな〜。

356 :天之御名無主:02/02/01 20:48
>>352
半島経由してない流れも示してたと思うけど?
直接九州北部って奴
違ったかな・・・

357 :天之御名無主:02/02/01 22:53
「典型的な縄文人」存在しない
日本人の起源に挑む
総合研究大学院大教授 宝来 聰さん

 日本人はどこから来たのか、縄文人・弥生人とは何か、アイヌ・沖縄の人々
と本土日本人はどう異なっているのか。これらの疑問に遺伝子の「多型」から
回答を出したのが、宝来聰・総合研究大学院大学教授だ。30年近い歳月を費
やした日本人の起源研究について聞いた。

 ――弥生人は中国・朝鮮からの渡来人の影響が大きいことが知られてきまし
た。なぞのままである縄文人やアイヌ民族について、最近の成果を教えてくだ
さい。

 「縄文人の起源には南方説と北方説の二説があった。そこで東南アジアの人
たちや、サハリンの人たち(ニブフ)、シベリアに住む人たち(ブリアート)
のDNAを分析して、日本人やアイヌ、琉球人と比較した。結果はかなり複雑
で、一言では説明できないんだ」
 「これらの人たち約三百人をDNAのタイプで二十一の群に分けると、ある
群には東南アジア人とアイヌとニブフが含まれ、別の群は、ブリアートと東南
アジア人だけで構成されている。アイヌは確かに北方系のニブフと緊密な関係
がある」
 「その一方で、東南アジア人の群に含まれるアイヌもいた。分かることは、
現在はかけ離れたところに住んでいる東南アジアとシベリアの人たちも共通の
祖先を持ち、遺伝子の交流があった。そして縄文人もアイヌも実はさまざまな
要素が入り交じっているということだ」

 ――縄文時代はあっても、縄文人というのはないのですか。

 「典型的な縄文人というのは、ない」

 ――弥生顔、縄文顔といった顔のイメージはみんな持っていますね。

 「いろんな本で似顔がかかれているんだけど、ちょっと困ったと思っている
んだ。キミは朝鮮系の顔をしているよ。一重まぶたで面長だ。東南アジア系の
顔というのは目がクリッとしていて丸顔、と」
 「でも、いろいろなタイプのいる現代日本人を、例えば小泉首相の顔で代表
させてしまったらちょっとおかしいでしょ。それと同じで、縄文時代にも弥生
時代にもいろんなタイプの人がいた」
 「以前の研究で、現代日本人は韓国人と遺伝的に非常に近いことが分かった
。アイヌや沖縄の人よりも近い。文化や言語でみると日本人は均一であるよう
な印象があるが、実は非常に多様性に富んでいる。日本人だけでなく、中国人
も多様だし、韓国人も多様。ユーゴスラビアでもアフリカでも、隣り合う民族
の間で殺し合いをしているが、遺伝子からみたらほとんど区別できないですよ


358 :天之御名無主:02/02/02 04:14
>>357
今猛烈にブッシュマンの顔が多様化している

359 :天之御名無主:02/02/02 06:58
典型的な弥生人もないんだろな。
縄文系も南北両系があって、南にも複数いて、
弥生人も何派にかわかれていて、その後渡来人もきてる。
で、まあだいたい「縄文」「弥生」にわかれるってなところか。
えげれす人もケルトいるはゲルマンおるは、ラテン入ってる奴もいるしな。

>358
ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュマン?

360 :天之御名無主:02/02/02 10:46
縄文は雑種だったと

361 :天之御名無主:02/02/03 15:51
雑種の中にも傾向があってその人種区分は縄文人
今のアイヌに近縁という事が言われている

362 :天之御名無主:02/02/04 06:32
弥生人だって、江南地方にスンダランドからのぼってきて、そのまま海わたった
連中いるだろうな。

363 :  :02/02/04 07:21
あのさ、インドネシアあたりのコーカソイド顔のひとたちって、
いつごろあのへんまできたの?
日本まで来た可能性は?

364 :天之御名無主:02/02/06 21:31
>>363
マレー系だろ
つまりモンゴリアン

365 :天之御名無主:02/02/07 06:43
なんだ、モンゴロイドが人類としては一番進化した形態なんか?
一番多いのは確かにモンゴロイドだけど。

366 :天之御名無主:02/02/10 04:13
>>363
やはりマレー系
もしくはパプア系?

367 : :02/02/10 07:58
http://www.st.rim.or.jp/~yujifuru/night/back/0100.htm
「日本人の祖先に白人」− なん
 でも東大医科学研究所のグループが,親から子にしか感染しないというJC
 ウィルスというものの遺伝子に着目して調査したところ,東北地方の人間に,
 ヨーロッパの白人にしか見られない型の遺伝子が多く見つかったというお話
 です.JCウィルスの遺伝子型は世界中で12系統あるそうですが,このう
 ち日本人に見られるのは4系統.北日本では朝鮮半島タイプ,西日本では朝
 鮮から中国北部・中部に見られるタイプ,沖縄や鹿児島には東南アジアタイ
 プ,そしてなんと東北地方の日本海側では,欧州に多く,しかしアジアでは
 ほとんどみられないタイプのものが,1割から2割もの人の間で見つかった
 ということなのです.このタイプはヨーロッパやトルコの人間,つまり人類
 学的に言えばコーカソイドに特有のタイプであるので,研究グループは,こ
 ういった集団が東北地方に移住して混血した可能性が高いと考えているよう
 です.
  

368 :天之御名無主:02/02/10 08:35
>>367
JCウイルス(ポリオーマウイルス)ならここに分布地図が出てるよ。
http://www.geocities.com/y14515/nihonjin/data/virusmap.gif


369 :天之御名無主:02/02/10 21:51
>>368
消えちゃってるよ

370 :天之御名無主:02/02/10 21:53
こっち向き
http://ton.2ch.net/geo/

371 :天之御名無主:02/02/11 14:28
日本は弥生人を中心とするチョンの国

372 :天之御名無主 :02/02/12 17:19
このなかに外人に日本人に見えないって言われた
経験のある奴はいないか?あんた何処から来たのって言われた経験ない?

373 :天之御名無主:02/02/13 12:30
流れと全然関係なくてごめんなさい。教えて欲しいのですが、
日本人はアイヌの人のことを別名で呼んだことなどは無いのでしょうか。
例えば、アメリカ大陸を発見した白人達が
ネイティブインディアンのディネー族を関係の無いナバホと言い換えたように。
例えが悪いですが思いつかなかったので、すみません。
民族の名前などについて調べています。

374 :373:02/02/13 12:32
訂正 ×ネイティブインディアン−>ネイティブアメリカン

375 :クマムシ:02/02/13 15:24
J・バチェラーの論文で狗とかあいのこはアイヌから来ているというのを
読んだんだけどどうなんだろ。
あとアイヌ語での地名解釈でこんなのとかが
http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm15_ktb06.html
まず正しいアイヌ語を知るべしとか言ってるけど間違ってると思うんだよね。
時代を遡れば当然文法も違ってくるだろうし、縄文人のなかでも
部族で分かれていたはずだし、違う言語を話していたかもしれないわけで。



376 :小泉八雲:02/02/13 18:25
この国の住人は妖精の子孫だ。しかし、この国の製品が欧米を超える頃には、
この国の妖精達は姿を消し、日本人に良く似た西洋人ばかりになる。

377 :p:02/03/23 17:11
アイヌはアイヌ語で人という意味なのでアイヌ人では人人ということになります。

378 :天之御名無主:02/03/23 19:19
一部の部族が「クィ」などと自称していて、漢字化して蝦夷
自称はガイシュツだけどエンチウかなあ。

379 :天之御名無主:02/04/13 03:30
age

380 :小泉一純:02/04/13 15:16
この国の住人は行政の家畜だ。しかし、この国の赤字が南米を超える頃には、
この国の行政組織は姿を消し、日本人によく似た未開人ばかりになる。

381 :征夷大将軍:02/04/13 17:13
>>日本人はアイヌの人のことを別名で呼んだことなどは無いのでしょうか。

質問のニュアンスとは違うかな?
毛人もうじん、蝦夷えぞ、蝦夷えみし、土人どじんとかいくらでもあるような。


382 :征夷大将軍:02/04/13 17:16
「シャクシャインの乱」とかその辺の本を読めば載ってるんじゃない?


383 :天之御名無主:02/04/13 17:21
>>375
そのページ見たが、どの辺が間違ってると思うの?


384 :天之御名無主:02/04/27 02:03
古い文献は常に事実を歪曲している事を念頭において読まないとなかなか史実が見えにくい

385 :親父:02/04/28 08:18
俺の親父は北海道だが、アイヌの血を引く事になるのか?
親父いわく「濃い」らしい。
でもたどれば北海道人はほぼ行き着くんじゃ・・。
仮にそうでも極薄だろうし。
そんなわけないと思うんだが。


386 :部外者ですが失礼:02/04/28 14:20
初めまして、私タイ系日本人(2世)です。
日本で生活していて思ったのですが、日本人は沿海州から東南アジアまで
様々な民族が混血して出来た人種なのではないでしょうか?
私に良く似たタイ顔の日本人もちらほら見かけますので、何となくそんな印象を
持ちました。

関係ない話で失礼しました。

387 :天之御名無主:02/04/28 16:15
つぅか「民族」の定義を「血」に求めても答えは出ないと思う。
その前に「民族」って何?というのが漏れの疑問。
でも、現実に「民族」の名の下にコミュニティーを作ったり、
闘ったりする人もいるからなあ。
この問題は難しいよ。

388 :天之御名無主:02/04/28 17:32
>385
あなたのご先祖が、和人が侵略する以前から北海道にいたのなら
アイヌの血を引く、…つうかアイヌでしょ。
でも北海道人の大半は開拓者の子孫なのでアイヌではありません。





389 :天之御名無主:02/04/28 18:12
>>385
和人の血を引くアイヌはよくいるがアイヌの血を引く和人はまず、居ない

390 :天之御名無主:02/04/28 22:06
開拓の時、諸事情により和人が自分の子供を捨てることがあったそうな。
それをアイヌの人が拾って育てた例は多くあると聞く。
その子は当然、自分がアイヌだと思って育っている。
こういう境遇の人で、今、アイヌ文化の伝承者になっている人も少なくない。
血を問題にしてもダメなのだーよ




391 :天之御名無主:02/04/28 22:31
385はアイヌの血を引いているのか?
だったら「アイヌ系日本人」でいいんぢゃないの

392 :385:02/04/29 07:53
まあ、親父がそう言ってただけなので。
親父は養子で一家離散しちゃってた人なので
自分のルーツを一生懸命調べたようだ。(引き取られてからは苫小牧)
親が離婚して10年会ってないので確認はできん。


393 :天之御名無主:02/04/29 13:01
日本人のルーツは朝鮮人ですが、何か?

394 :天之御名無主:02/04/29 13:04
>387
文化や宗教による区分が民族ではないかと

395 :387:02/04/29 14:26
んー非常に定義的だな>>394
確かに「民族」って概念自体が、そもそも定義的なのだけどね。
文化や宗教も基本的に混ざっているのが普通だし、
そもそも「区分」する必要があるのは民族学者か人類学者だからね。
「アイヌ民族」に話を戻すと「人・民族」というおかしな訳語になるのは、
その「区分」のせいじゃないだろか。

まあ、今では自ら「〜民族」を名乗ることによって
ナショナリズムの代わりに
エスニシティーという拠り所を手に入れる傾向もあるからなあ。



396 :天之御名無主:02/04/30 07:12
ただ、アイヌ人は形態的に日本人の標準的な集団とは大きく異なるよ
その違いは青森と鹿児島の違いより顕著だから、明らかに別民族と定義されてしかるべきだと思う。

397 :395:02/05/01 13:21
確かに違うね>>396
実際、自分たちと「違う」とか「似てる」ってのが
区別の根元にあるんだろうし、それは認める。

ただ、誰それがこういう顔だからアイヌ系だという個人的な特徴と
そういう集団全体的な特徴を同じレベルで扱うと
無茶苦茶な結論がでかねない。
ということが言いたかった。

398 :天之御名無主:02/05/01 22:35
>>389
考えてみればおかしな区別ですよね。
「和人の血をひくアイヌ人」
「アイヌ人の血をひく和人」
は同じ存在ですもの。和人として生き
ているが、先祖にアイヌ人がいる、と
いう例は(本人の自覚にかかわらず)
たくさんいますよね。そういう存在を
和人側が「和人ではない」といって仲
間に認めないとしたら、それは和人の
エスニシティの問題(純血主義)なの
でしょうね。


399 :天之御名無主:02/05/02 02:24
民俗学ってのは,人種のことも守備範囲ですか?

400 :天之御名無主:02/05/03 14:51
守備範囲というか、文化だのなんだのを考えていくと、
どうしても突き当たってしまう問題でしょ>>399

401 :親切な人:02/05/03 15:05

ヤフーオークションで、凄い人気商品、発見!!!

「高性能ビデオスタビライザー」↓
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/NEO_UURONNTYA

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

402 :通りすがり:02/05/10 05:55
>>372

何度かあります。私の父とその兄弟もあるそうです。
中南米の人から声を掛けられた事がたくさん。
一度ドイツ人から声を掛けられました。
その中でも印象に残っているのは自分の腕を僕に見せて
僕の腕を指差し「こんな毛深くて東洋人?」ってな事を言ってきた人がいました。
毛深さって彼らにとって判断材料なのかなぁ。

403 :天之御名無主:02/05/12 20:35
顔自体は超黒人なやつとか白人なやつとかいろいろいるじゃん。

でも体というか骨格、けつの位置とか歩き方とか首の角度等はやっぱり
東洋人は東洋人で例外はないと思うよ。

106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)