5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夜、口笛を吹くと何が来る?

1 :蒼溟:2001/03/27(火) 17:58
ご協力ください。
夜、口笛を吹くと「ヘビ」が来るといいますが、
うちの地方も「ヘビ」という方、そうでない方、情報を。
ちなみに何県か教えていただけると幸いです。ではでは

116 :Be名無しさん:01/10/07 15:03
>>115
文脈から考えて、坊さんでしょう。

こういうの見つけました。

「夜口笛を吹くと山から坊主が神輿担いでやってくるぞ」といわれて吃驚したことが在ります。
その人は東京都民でしたが、親が何処の出なのかは聞きませんでした。
http://www1.plala.or.jp/t-o-k-i/karakuri/idobata/suikadame.htm

117 :天之御名無主:01/10/08 03:08
蛇が出てくる。兵庫県北部。

118 :天之御名無主:01/10/10 23:17
ずれた話になるけどうちのばあちゃん(新潟の山奥出身)は
「口笛は不良の合図」と「よる口笛を吹くと蛇が来る」がまじっていてなんか面白い。

119 :天之御名無主:01/10/11 01:49
蛇。京都市内。
でもこの手の迷信の由来ってなんなの?

120 :天之御名無主:01/10/12 22:56
個人的には>>80の説明が一番納得できた。

昔は男と女が口笛で呼び合ってたってことでしょうか?
いつの時代?

121 :Be名無しさん:01/10/13 00:00
ここでは、「泥棒が来るから」ということになっているようです。
http://home7.highway.ne.jp/cider/mgap/kuchibue.html
http://www.google.com/search?q=cache:F38h4XsHIRY:www1.plala.or.jp/t-o-k-i/karakuri/idobata/suikadame.htm+%8D%87%90%7D+%8C%FB%93J+%8E%D6&hl=ja&lr=lang_ja

122 :天之御名無主:01/10/14 05:36
長野の長野市
夜、口笛を吹くとくるのは泥棒
夜、爪を切ると綾の死に目にあえなくなる
>回避する呪文?は「猫の爪鷹の爪」を3回
夜、身につける新しいものを降ろすのは縁起が悪い
夜、蜘蛛を見たら殺し、朝、蜘蛛を見たら放置

このへんかなあ?
でもこれって両親の生まれた場所に左右される
よね。
うちの場合は母親が長野市。

123 :122:01/10/14 05:39
×綾

〇親

綾って誰じゃい・・(笑

124 :うろぼろす:01/10/17 22:22
最近、ファイルをいじっていたら、こういう記事がありましたので、以下にあげます。
「琉球新報」(平成8年5月7日(火))より

「夜の口笛」山里純一(琉大教授・日本古代史、日琉文化史)

  口笛の俗信
 幼い頃、夜口笛を吹いて祖母に叱られた記憶がある。そのためか迷信と知りつつ
も、子供が夜中に口笛を吹いていると、いい心地がせず、ついつい注意したくなる。
 宮古・八重山では、夜口笛を吹くと「マジムン(化け物)が出る」と言うが、沖
縄本島では、「悪霊を呼び寄せる」(宜野座村)、「亡霊が集まる(伊是名村)」、
「ヤナムン(魔物)が来る」(糸満市)、「キジムナーが来る」(嘉手納町・読谷
村)、「寝た時枕上に化け物が立つ」(ヤンバル地方)といった説明がなされる。
すなわち何かしら得体のしれない恐い物を呼び込むと信じられているのである。
 夜の口笛については、『民俗学』という学会誌の昭和六年の「紙上問答」にも、
ある読者からの質問に応(こた)える形で全国各地から寄せられた事例が数回にわ
たって掲載されており、人々の関心の高さを示している。そこに著名な民俗学者の
南方熊楠(みなかたくまぐす)も、「蛇が来る」という和歌山県地方の例を挙げ、
それが「印度の蛇つかひが笛を吹て蛇を自在に制使するより出た事らしい」との情
報を寄せている(『民俗学』三ノ六)。こうした日本各地の口笛の俗信を採集した
赤松啓介氏は、それを次のように図示している(「夜笛考」〈『民謡・猥歌の民俗
学』〉所収、明石書房)。

125 :天之御名無主:01/10/17 22:40
うちは猫が寄ってくるよ。
「みゃン」とかいって。
どうやら発情した雄猫の鳴き声とダブルらしい

126 :つづき:01/10/17 22:55
  「ウソ」は口笛の意
 ところで、口をつぼめて息を吹く、または声を出すことを「嘯(うそ)」と言い、
また『言塵集』三に「くち笛はうその事也」とあるように、「嘯(うそ)」は口笛
の意に用いられることが多く(『角川古語大辞典』)、また口笛を吹くことを「嘯
(うそぶ)く」とも言うことから、こうしたウソという語を手がかりに口笛の禁忌
を考察した研究がある。
 まず能田太郎氏は、口笛の方言はウソまたはオソであるが、口笛のウソは嘘言の
ウソと語源が同一で嘘言は古くはオソと言ったことから、口笛の場合もウソよりも
オソの方を古い形と見なす。そしてオソの原義は「神または精霊ないし霊魂に関す
る前代人の経験」に求められるとして、口笛は「神または精霊もしくは霊魂を呼ぶ
印」であり、口笛を忌む俗信はこのような口笛の呪術から起こったものと解する(
「口笛考」〈『郷土研究』六ノ三〉、昭和七年)。
 また吉村真司氏の場合は、狂言のウソ吹きの面がさまざまな動植物の精や神を表
現していること、また鳴き声が口笛のひびきに似ていることから名づけられた鷽(
うそ)という鳥が一名琴引鳥ともいい、琴を引くのは神を降ろして神意を聞くこと
にあるといった解釈を示して、口笛は神と人との意思伝達の方法であったとする。
そして、夜は神の活躍する時刻であるから不必要に神を刺激しない慎みが、近代ま
で残る禁忌となったと解する(「夜の口笛の神秘」〈『民間伝承』二八ノ五〉、昭
和三十九年)。
 両説は細部において異なっているが、口笛を神ないしは霊魂への伝達手段として
とらえ、それが神や霊魂を不必要に呼びさますということでは共通の認識に立って
いると言えよう。

127 :つづき:01/10/17 23:55
  沖縄の口笛禁忌
 沖縄の人々の口笛に関する禁忌について記した最も古い記録は、『李朝実録』成
宗十年(一四七七)六月乙未条に載っている朝鮮済州島民の漂流記である。それは、
暴風に遭って漂流し、与那国近海で救助された済州島の人々が、先島・沖縄本島を
島から島へ護送され本国に送還されるまでの間、島々で見聞きした様子を報告した
ものであるが、その中の与那国島の稲作について述べた部分に、七・八月の収穫前
に大声をたてたり、「口を蹙(せば)めて嘯(うそぶき)をなさず」すなわち口笛
を吹かないことが記されている。こうした物忌みは稲魂(穀霊)信仰に基づくもの
であろうが、口笛が稲魂(穀霊)を刺激するとの考えが沖縄にも存在したことを示
している。こうしたことから、夜口笛を吹くことを忌むのは神や霊魂を不必要に呼
びさますからであるとする解釈は沖縄においては受け入れやすい。
 ただ、夜の口笛を忌む風習は必ずしも日本だけのものとは限らない。例えば、ニ
ュージーランドの原住民は幽霊を「口笛を吹く人」と呼んで恐れたという。それ故
に最初のイギリス人の植民者はニュージーランドに住みついたとき、暗くなって口
笛を吹きながら歩きまわるだけで、原住民は恐怖のあまりに自ら土地を捨てて逃げ
ていったから、いとも簡単に好みの土地を自分のものにすることができたという(
ゲリー・ジェニングズ『黒いマジック、白いマジック』)。したがって、ウソの語
から口笛の禁忌の理由を思考するのはあくまでも日本的な発想であると言わざるを
えない。しかし、それから導き出された上記のような解釈は外国においても十分通
用しうるものであり、むしろこうした世界共通の考えが日本の俗信にも見られ、そ
れがウソという語からも説明できるということになろうか。
 いずれにしても、こうした解釈に立てば、夜口笛を吹くと「マジムンが出る」と
か、「ヤナムンが来る」といった沖縄の伝承は、「蛇が出る」とか「盗人が来る」
という本土の伝承に比べて、より本来の意味に近いと言えるのかもしれない。

128 :つづき:01/10/18 00:10
○赤松啓介の本にある図
                  ―入る
             ―泥棒―|    ―招く
            |     ―を―|
            |         ―呼ぶ
 ―夜、口笛を吹くと、―――蛇が出る
|           |―幽霊が出る
|           |―魔がさす
|           |―蚯蚓(みみず)が口をなめる
|           |―親を吹き殺す
|            ―忌む
 ―坑道で、口笛を吹くと――坑道が崩れる
            |
             ―山の神が怒る 

129 :Be名無しさん:01/10/18 01:08
子供の時、岩波少年文庫の「山にのまれたオーラ」という本で、
幽霊がでたときは、口笛を吹くと消えてくれるって教えてもらってから、
夜、一人でも怖くないと言う意味のせりふがあった。
(ちなみに作者はノルウェー人)

一時期真に受けて、夜に口笛を吹いていたら親に怒られた。
日本とは逆の意味になる国もあるということか。

130 ::01/10/22 13:06
お化けが出るときの効果音、ヒュー、どろどろどろ、
のヒューは口笛でひょうか?

131 :天之御名無主:01/10/22 20:41
うろぼろすさん
124〜128とても参考になりました
ソースまで丁寧に書いてくださってありがとうございます。
通りすがりなんですが、いきなり口笛に
興味がわいてしまいました!

132 :天之御名無主:01/10/24 15:51
多分うちだけだろうど、しかもばあちゃんが勝手に言ってただけだと思うけど、
うちでは、夜に口笛を吹いたら「巡査はん」がやってきます。
一応兵庫県南東部。

133 :天之御名無主:01/10/25 15:19
うちはニホンオオカミがやってきます。

134 :トーホグ:01/10/25 18:48
たましい

135 :ななーし:01/10/26 00:29
おいらのばーちゃんはふぃゆいゆっとかぴゅーとかって泥棒が口笛をふいて仲間をよぶからだと(笑)<泥棒を呼ぶ
相違や時代劇で泥棒がそうやって仲間をよんでいたと子供心に(笑)
水戸黄門のヤ七もたしか(笑)

136 :三碧木星:01/12/30 08:14
うろぼろすさん、勉強になりました!

実は私も、風水・道教の関連で、「嘯(しょう)」という召還呪術を
読み知っており、その関連で口笛を夜に吹くと魔物が来る、
と勉強しました。
しかし、うろぼろすさんの嘯(うそぶく)という読みは、今はじめて知りました。

言霊ですねぇ、嘘をつくとそこにつけこんで、悪霊が来るのか・・・・

ちなみに、道教の嘯は、もう発声方法も失われて久しいそうです。

>71さんの神道系の口笛というのは、伊勢神宮で行われる「息を吸う形の」
口笛を使う作法があるそうです。

137 :山野野襖:01/12/30 22:49
>136
ゲゲゲの鬼太郎で仲間を呼ぶのにうそぶいている場面がありましたが、西アフリカ
や北米にも同様の発想があるそうです。
荒俣宏先生によれば管楽器で霊を呼び、打楽器(金属製)で祓う地域が多いとか。
民族音楽学者によれば人が打たなくなっても鳴り響く打楽器に霊性が認められたそ
うです。
ちなみに当方備後の出身。蛇や幽霊が来ると聞きました。

138 :天之御名無主:02/01/02 01:16
秋田県 幼い頃、父は「悪魔が来る」と脅しました
その割風呂で口笛ふいてますが^^

朝の爪切りについて
朝=出かける前 の爪切りは 出爪=出詰め であって
出るもの(お金)が詰るので貧乏になる
と聞いた事が有ります ソースは忘れてしまいました

139 :138:02/01/02 01:26
出詰を切る で、お金の縁が切れるということらしいです
少し訂正

140 :天之御名無主:02/01/10 22:55
2chです。ぞぬが来ます。
幼い頃夜更ししているとよく祖母に脅かされたものでした。

141 :天之御名無主:02/01/13 18:53
夜の口笛は泥棒に金品奪われると聞きました

142 :ハタ:02/02/13 20:29
花の守り神は蛇だから不用意に千切ると蛇に怒られると聞きました。

143 :天之御名無主:02/03/12 13:17
和歌山北部も蛇だね。
泥棒に入られる、というのも聞いたことがあるけど。

あと、スレ違いだけど、近所に産まれる子供がみんな障害児っていう家があって、
「その昔白蛇様を殺したから祟られているんだ」って言われてたなぁ。

144 :るえ:02/03/12 18:08
私の故郷(岩手県内陸北部)でも口笛を夜吹くと蛇がくると言われました。
夜爪を切るのは怪我をしやすいのもそうですが「夜爪=夜詰め」となり
親などが危篤状態のときに夜付っきりで看病することになるから切るのは辞めろ
ということだそうです。
その当時は怖かったですが、今文章にするとあまり説得力がありませんね。

145 :天之御名無主:02/03/12 21:49
ガイシュツだったらごめんなさい。
何かの本で、実は人買いが来るから口笛は禁止だと読んだ覚えがあります。
ヘビは人買いの隠語か何かだとその本では言っていました。
夜爪は、世詰めすなわち自分が短命で親より先に死んでしまい、故に親の最期を看取れないとあるあるで言っていましたが…。

146 :天之御名無主:02/03/12 23:24
荒らし

147 :北海道の田舎:02/03/12 23:28
「夜、笛を吹くと神様が怒る」

148 :天之御名無主:02/03/13 02:17
夜口笛を吹くと隣近所のおっさんが『うるさい』と飛んでくる。

149 :天之御名無主:02/03/13 04:33
ちょっと板違いかもしれんが
海外におけるポルターガイスト現象の証言の中にはよく
「怪しい口笛」が聞こえるという発言が有りますな。

150 :天之御名無主:02/03/21 02:55
福岡県人です。ただし母は熊本人。祖母は四国人。
夜に口笛を吹くと天狗か蛇が来るらしい。


151 :天之御名無主:02/03/21 14:33
ヘビ、これ最強!!
とか、言ってみる。

152 :顔も名前も出さずに毎月100万円:02/03/21 19:40
Future-Web(フューチャーウェブ)登場
なんと10,000円単位の収入    

●10,000円単位の高収入
 1件につき最大10、000円の高額収入。月収100万円以上も可能。
●画期的なビジネス!
 インターネットを利用したこれまでにない斬新で画期的なビジネスです。
●誰でも出来ます!
 インターネットが出来る環境の方なら誰でも参加可能です。
●専門的な知識は一切不要!
 ビジネスに必要なツールはすべて当社で用意いたします。また、サポ
 ートも万全です。
●詳細は今すぐHPをご覧ください。
  http://www.future-web.tv/7823/

153 :天之御名無主:02/03/21 20:52
口笛には人の耳にさえ聞こえない高調波が含まれ、それを聞き分ける異界の魔物を呼び招くのではないか。

154 :天之御名無主:02/03/22 22:59
岩手県南部ですが、たしか貧乏神が来ると言われたおぼえがあります。

155 :天之御名無主:02/03/23 00:04
鮫?

156 :くちぶえ:02/03/30 03:21
しかし、、、、月のきれいな夜に微薫を帯びてあるきながら口笛吹くと気持良いことは気持ち良いんだよな(笑)
蛇くらい来てもいいか、って思う(笑)


157 :へびー使い:02/03/30 03:33
蛇には耳があり聞こえるんですよ(本当)。
蛇使いが笛を吹くのは芸だけじゃないんですって。
だから静かな夜に口笛を吹くと蛇が反応しやすいらしいです。
蛇好きの人は挑戦!

158 :天之御名無主:02/03/30 16:00
>>154
山形県中部ですが、うちも『貧乏神が来る』でした。

ついでに、
天井をほうきで掃くと蛇が出てくると言われました(謎)。

159 :天之御名無主:02/03/30 16:09
夜中に口笛吹くと殺人鬼がマサカリかついでやってきます。

160 :天之御名無主:02/03/31 22:19
福井県嶺北地方。
へび。

161 :天之御名無主:02/04/01 16:57
ばあちゃんに「狼が来る」と言われたことがあったような・・・

162 :天之御名無主:02/04/01 20:27
>>66
親は3代以上東京です。
ちなみに、靴下を履いて寝ると親の死に目にあえないと教えられました。

遅レス御免。
俺は両親ともに大阪だが、靴下履いて寝ると親が早死にすると
言われました。今でも履きません。霊柩車が通ったとき親指隠すのと
同様、何気なく守ってる。

ちなみに口笛に限らず、「音」を鳴らすことは
なにかしら異世界との交信を意味するようですね。


163 :天之御名無主:02/04/02 03:15
泥棒
泥棒は夜口笛でお互いを呼び合いますだから吹いてはいけないそうだ
うちのあたりじゃ蛇ってゆうのもあるけど

164 :天之御名無主:02/04/27 23:12
やまわろだかやましろ

青森の山奥の村ですが曾婆さんから言われました。
曾婆さん曰く妖怪らしいです


165 :天之御名無主:02/04/29 16:47
夜、口笛を吹くと
   私:蛇が出る(大分)
   嫁:泥棒が来る(宮崎)

娘が2歳なのだが、何と言って教えよう。
「夜、口笛を吹くと蛇に跨った泥棒が来るよ」か?

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)