5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 わらべうた 

1 :とっとのめ:2001/03/08(木) 23:06
メジャー、地域限定、不思議なもの、怖いもの、おもしろいもの、
いろいろ語ってみましょうか。

2 :とっとのめ:2001/03/08(木) 23:08
「かいぐりかいぐり とっとの目」

「坊さん坊さんどこいくの  私は田んぼへ稲刈りに
 おまえがくると邪魔になる このカンカン坊主 カン坊主」

どちらも自分の家でしか聞いたことがないんですが、知ってる人います?

3 :かいぐり:2001/03/09(金) 11:41
「かいぐりかいぐり とっとの目」は、うちの母も言っていた。
しかも何故か猫を相手に。
猫の手を猫の目にあてながら言ってたんだけど
何の意味かな。

4 :天之御名無主:2001/03/09(金) 12:05
とっとはたぶん「とと」で魚の意味だよね。
かいぐりは「かいぐる」? でも意味不明だな。

かいぐ・る 【掻い繰る】
(動ラ五[四])〔「かいくる」とも〕(左右の手を交互に用いて)糸・綱などをたぐり寄せる。
「左手(ゆんで)に手綱―・つたり/桐一葉(逍遥)」


5 :天之御名無主:2001/03/09(金) 13:17
菊池地方限定?の「ずいずいずっころばし」だと思うのですが・・・・。

「一石千石せんだら虫の乙姫が、夕夜に追われて鳴く鳥の
 ひよひよ もんだらもんだら おひゃりこ ひゃりこ
 時によってコレを〜ひけ」

 どなたかご存じの方居られますか?


6 :天之御名無主:2001/03/09(金) 13:25
>2さま。
 ウチでは、最後が「この生臭坊主、バカ坊主」と言うバージョン
でした。
 湯船の中で、タオルに空気入れて「坊主」を作りながら歌い、最
後の「バカ坊主」でぎゅっと握りつぶすという・・考えてみればえ
れーバイオレンスなものでした(笑)
 庶民の、知識・裕福層僧侶への隠れた恨み辛みがなんかあったの
でしょうか?

7 :辻風ファイター:2001/03/09(金) 13:42
「ずいずいずっころばし」でへんな遊びしませんでした?ばあちゃんに教わったんだけど。
歌自体はメジャーなやつだと思うんだけど、手で壺作って人差し指入れてくんですよ。
なんか、後で聞いたらあれは茶屋遊びが元だそうで、あの壺に見立てた手に指を入れるのは
セックスの真似事だとか???(このへんちょっと生知識なんですが)
しかし歌はわりと憶えてても、意味まるでわからんですよね。
♪ずいずいずっころばしごまみそずい 茶壺におわれてどっぴんしゃ
 抜けたらどんどこしょ 俵のネズミが米食ってチュウ チュウ チュウ チュウ
 おとさんが呼んでもおかさんが呼んでもいきっこな〜し〜よ
 井戸の???でお茶碗割ったのだぁれ?
 ↑歌詞合ってます?  

8 :天之御名無主No.572:2001/03/09(金) 16:17
井戸のまわりで お茶碗欠いたの だぁれ

将軍に献上する茶壷道中が民家の近くを通過する際に
庶民が慌てふためくさまを歌ったものだと何かで読みました。

9 :天之御名無主:2001/03/09(金) 16:42
♪ずいずいずっころばし
の旋律って妙に心に染み渡ります。
特に、〜抜けたらどんどこしょ 俵のネズミが〜
のあたりの変調の仕方が絶妙に感じるのですが...
楽理を学んだ方だったらどう評価するのかな。

10 :天之御名無主:2001/03/09(金) 17:14
>7様。
 ウチのあたりじゃそれを遊びじゃなくて、例えば鬼ごっこの鬼決
めなんかに使ってました。
 一つずつ指を入れながら歌の最後に指が入ったヒトから一人ずつ
抜けて行き、最後に残ったヒトが、鬼。


11 :辻風ファイター:2001/03/09(金) 17:21
>10さん
あ〜、もともとはそういう存在だったのかもしれないですね。
家の中でしかやったことないので、ちょっとわかりませんが・・・
しかしこういう遊びもどんどん消えていってそうで、寂しいものです。

12 :天之御名無主:2001/03/09(金) 18:38
ずいずいずっころばしの歌にあわせて手で壺作って人差し指入れて遊んだのは覚えてるが
一体何を楽しむ遊びだったのか全然覚えていない。
なんだったかなー、俺も鬼ごっこの鬼決めだったか?

13 :名無しさん@120分待ち:2001/03/09(金) 22:18
6>そうそう!家でもタオルで「坊さん」を作っておよがせながら歌
いました!

14 :天之御名無主:2001/03/10(土) 05:46
>>2を見てずっと気になっていたんですが、>>6を見て思い出しました。
私の記憶では(東京だったと思う)「このカンカン坊主、糞坊主」でした。

15 :天之御名無主:2001/03/10(土) 12:30
ちょーち ちょーち わー わー わー
かいぐりかいぐり とっとのめ
おつむてんてん はらぽんぽん
 が私の父方。
 カミさんの母方は、最後が
おつむてんてん いないないばあ
 なんだよね。仕方ないので1歳の息子には、両方やっている。
 昔からある手遊び歌なのかなぁ

16 :天之御名無主:2001/03/10(土) 13:31
鬼役を一人決めて、その子を中心に円陣組んで、歌いながら巡る遊びを
子供のころやってました。

♪あーぶくたった、煮えたった、煮えたかどうだか食べてみよう
 むしゃ、むしゃ、むしゃ、まだ煮えない
♪あーぶくたった、煮え立った、煮えたかどうだか食べてみよう
 むしゃ、むしゃ、むしゃ、もう煮えた

「むしゃ、むしゃ、むしゃ」のところで、食べるまねとして、
中央の子の頭をわしゃわしゃっとするんです。
しかしこれ。今考えてみると、中央の鬼役の子を、人と見たてているか、
単に食べ物と見たたているかで違ってくるでしょうが、見ようによっては
人食いの歌ですね…。

歌い終わった後は、その鬼役の子を、戸棚に入れたという設定で、
みんなから離したところにつれていき、その鬼役が戸棚から出てきた
という設定で鬼ごっこが始まります。


17 :天之御名無主:2001/03/10(土) 13:55
>>16
あー、俺もやった。
うーん懐かしいなぁ。
テレビゲーム全盛の今の子供達は知らんのだろうなぁ。

18 :天之御名無主:2001/03/12(月) 10:21
>17様
 TVゲーム「わらべうた」・・字にしたら何故かミステリーかホラーの香り。
何故・・。

19 :名無しさん@公演中:2001/03/13(火) 13:39
ずいずいずっころばしは徳川幕府への茶運び行列から生まれたって聞いたことが。


20 :名無しさん@公演中:2001/03/14(水) 01:31
開いた開いた 何の花が開いた
蓮華の花が開いた
開いたと思ったら いつの間にかつぼんだ

21 :天之御名無主:2001/03/14(水) 01:53
>>20
それはうちにもありましたよ。でもコレ別に鬼を決めるわけでもなく
ただまわってただけ。一体何のために・・・?

22 :天之御名無主:2001/03/14(水) 04:34
でんでらりゅーばー
でてくるばってん
でんでられんけん
でーてこんけん
こんこられんけん
こられられんけん
こーんこん

23 :天之御名無主:2001/03/14(水) 20:54
>22様。
 ・・これ、九州弁ですね。

「出るコトが出来るなら        
 出てくるんだけど、   
 出るコトが出来ないから      
 出てこないから            
 来る(もしくは行く)コトが出来ないから
 来られないから
 来ない、来ない」

 九州(熊本県北部)方言に直訳するとこうです。

 要するに「私は行け(あるいは来れ)ないよ」という事実をこれでもか!こ
れでもか!・・と言い訳している歌になってしまいます(笑)
 九州の方の歌ですか?私も聞いた覚えがあります。


24 :ドラえもんかぞえうた:2001/03/16(金) 13:51
♪ひとつ人より大きなおなか
 ふたつ不思議なポケット付けて
 みっつ未来のロボットだい!
 なんでもコイコイまかしとけ
 そーんじょそこらの(はーヨイショ)
 そーんじょそこらの(アーどっこい)
 ネコじゃない!

25 :天之御名無主:2001/03/16(金) 16:01
>7さん
>茶壺におわれてどっぴんしゃ

他の方も言ってらっしゃるけど、将軍献上のお茶壺道中のことなので、
「茶壷に追われて、戸ピッシャン」という戸を閉めてしまう意味の歌詞だそうです。
それが歌うときに「どっぴんしゃん」とか「どんぴっしゃん」とかに
変わっちゃたんでしょうね。

26 :天之御名無主:2001/03/17(土) 07:50
>>15
うちでは

かいぐりかいぐりとっとの目
おつーむてんてん ひじとっと
底が抜けたらかえりましょ

でした!
確か、かいぐり〜では胸の前で両腕をかいぐるようにぐるぐるさせ、
とっとの目で目を触り、おつむてんてんで頭、
ひじとっとで両肘を2回ずつ触る。
底が抜けたらで茶壷茶壷みたいな動作をして、
かえりましょでじゃんけんして終わりだったと思う。
今度ママンに電話してもっと仔細聞いてみよ。

27 :なわとびソング:2001/03/17(土) 13:17
♪朝鮮の 山奥に
 かすかに聞こえる ブタの声

 いっぴきブタの子 にーひきブタの子(というたびにひとりづつ縄に入る)


28 :なわとびソング:2001/03/17(土) 23:13
ちなみに友達は「♪満州の・・・」と歌っていたそうです。たはぁ。

29 :わらべ歌・国際摩擦編(笑):2001/03/21(水) 13:59
縄跳び歌ではないのですが、
「にっぽんの 乃木さんが 凱旋す 雀 メジロ ロシア 野蛮国(おいおい)
黒鳩金の金の玉 負けて逃げるはかんかん帽 棒で突くのは犬殺し シベリア
鉄道長けれど 土民(・・・・)の敵はよく如何に(・・でまたニッポンの・・
に戻る)」
 今なら国際問題の、わらべうた(笑)

 ちなみにウチの方のなわとびソングは、
「ゆーびんやさん、はがきが十枚落ちました。拾ってあげましょ 1まい 2まーい
3まい 4まーい・・・10枚。ありがとお」
 ちまみに、10まで跳び続けられる人は強者。


30 :天之御名無主:2001/03/22(木) 00:33
ゆうびんやさん、なんとなく怖いね。

31 :天之御名無主:2001/03/22(木) 00:40
うちの縄跳びソング。
「大波、小波、
 それまーわせまーわせ、かき回せ、イギリス、フランス、三銃士、
 そら、しっかりまたげ」
1行目は縄を左右に揺らし、2行目から回す。ラストは跳ばず、片足を動かして縄をまたぐ。
どのくらいメジャーですか、これ。歌詞は全く意味不明(笑)。



32 ::2001/03/22(木) 03:49
郵便屋さんもやったけど、もう一つ、二人縄跳びの歌。
大阪さかさか、おさかでどん。やつやでどん。やつや任せの大通り。
お駕籠に乗るのはいくらかね。五十両。
もうちょっと下がらんか負からんかね。
お前のことなら負けてやる。ひーふ、みーよ……こーのとお。
(値切るのがいかにも大阪?^^;)


33 ::2001/03/22(木) 03:59
ところで
>>23
長年の謎が解けました!ありがとうございました。
でも、なぜそれが流行ったか、ご存じですか?(今ひとつの謎)

34 :エルム街の子供達:2001/03/29(木) 19:41
縄跳びの歌
1 2  フレディがやってくる
3 4  ドアに鍵を掛けろ
5 6  十字架を握れ
7 8  目を覚ましていろ
9 10 二度と眠るな
二度と眠るな 二度と眠るな 二度と眠るな・・・・・

35 :天之御名無主:2001/03/29(木) 23:55
憂慮スレあげ

36 :天之御名無主:2001/03/30(金) 00:22
♪一かけ二かけ三かけて四かけて五かけて橋をかけ
 橋の欄干手を腰に 遥か向こうを眺むれば
 17、8の姉様が お花を持って参ります
 姉さん姉さん何処行くの
 私は九州鹿児島の 西郷隆盛娘なり
 切腹なされた父母の お墓参りに参ります
 お墓の前で手を合わせ 南無阿見陀仏と唱うれば
 お墓の周りで幽霊が フワリフワリとじゃんけんぽん!

…という歌。私は神奈川在住です。東京出身の祖母が教えて
くれました。歌詞はちょっと間違ってるかも知れません。
この歌は歴史的にかなりデタラメなんですが(隆盛の妻は隆
盛死後も生きてるし)、いつ頃からあり、どれくらい広い地域
に分布しているじゃんけんの歌なんでしょうか?
バージョン違いも含め情報きぼ〜ん。


37 :わらべうた?:2001/04/22(日) 01:21
とおりゃんせ とおりゃんせ
ここはどこの細道じゃ 天神様の細道じゃ
ちっと通してくださいな ご用のない者通しゃせぬ
この子の七つのお祝いに お札を納めに参ります
行きは良い良い 帰りは怖い
怖いながらも とおりゃんせ とおりゃんせ

行き=逝き 帰り=甦り で、天神様=菅原道真 って聞いた。
結局どういう歌なんだ?

38 :天之御名無主:2001/04/22(日) 12:48
しゃん しゃん しゃんろっぷ
カステラ キャンディ しゃんろっぷ
しゃん しゃん しゃんろっぷ
だりあの しゃんろっぷ

って歌いながらゴム飛びしてました。
パンツとかのゴムひもをでっかい輪にして二人が足とかにかけて遊んでました。
今考えると意味不明の歌詞ですが、他に知ってる人いますかね?
類似した遊び。

39 :天之御名無主:2001/04/25(水) 14:15
>>38
似たような遊びなら昔やってた。
歌はそのまんまだったけど。

ぐー ぱー ぐー 踏んで
ぐー ぱー 回って 跳べ!

みたいな感じで。本当にそのまま。

40 :天之御名無主:2001/04/28(土) 21:21
正確では無い(うろ覚え)35年ほどまえに聞いた手まり歌

あんたがたどこさ、肥後さ、肥後どこさ、熊本さ、熊本どこさ、テンマ(天満?)さ、
テンマ山には狸がおってさ、それを猟師がテッポ(鉄砲)で撃ってさ、
煮てさ、焼いてさ、食ったさ・・・



41 :天之御名無主:2001/04/28(土) 21:54
「カゴメカゴメ」って、「籠の中の鳥」が赤ん坊のことで、「鶴と亀」が男と女のことで(
どっちが男で、どっちが女かは知らんが)、「すべった」は「つるべった」(子供を作る行為のこと?)
と言うことだと聞いた。要するに大人が寄り合いか何かで歌っていた歌を子供が
真似して歌うようになったとか・・・。俺の聞いたのはこれ。
でもこの歌には、色んな説があるらしい。

42 :天之御名無主:2001/04/28(土) 23:02
>>40
知ってる。ただし私が知ってるのは「食ったさ」じゃなくて「食っ
てさ」で、その後に「それを木の葉でちょいと隠し」で終わる。
でもこの歌は全国的に有名だという気がする。こんなローカルネタ
なのに…。明治維新の時に薩摩から流出したのかな?

43 :40:2001/04/30(月) 06:38
>42
こちら 最後のはうは、うろ覚えなので・・・
当時の音楽の教科書とか、みんなの歌とかその辺にあるそうな気がする・・・


44 :天之御名無主:2001/04/30(月) 06:42
>41
「カゴメ・カゴメ」は陰陽道がらみで解説されることがあります
  籠目・・・九字・・・ドーマン・セーマン


45 :天之御名無主:2001/04/30(月) 06:48
>41 (知ってたらごめん)

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=965303087




46 :鍵格好のおやじ。:2001/04/30(月) 08:19
 ホーッ。一・正つの解答への着眼として一目。ではお達者でねー。

47 :天之御名無主:2001/05/04(金) 10:55
「問屋の米を買いたい買いたい」




48 :天之御名無主:2001/05/04(金) 11:21
高校のとき、カゴメカゴメの歌は、間引きする子供を選んでる歌、
と、日本史の先生が言ってたような記憶が…
その説、どうなんだろ

49 :天之御名無主:2001/05/04(金) 15:04
>40様。
>テンマ(天満?)さ
 本場(?)肥後では「船場(せんば)さ」と歌ってました。ただ、船場という地
名は確かに熊本市内にあるのですが、そこには「船場山がない」のが、未だに大き
な謎とされています。
 案外40様の地方の天満宮説も考慮に入れた方が良いかも知れません。

 しかし、本場(くどいって)肥後北部では、まりつき歌はではどっちかとい
うと・・。

 大黒さんとえーべっ(恵比寿)さん
 しながら方へ渡って
 大風小風
 のぉ〜が、ほい!

 が主流でした。何故七福神のウチ大黒様と恵比寿様が「しながら方」=多分
中国(?)へ行くのか?何故そこで風に吹かれるのか?その後どうなったのか?
何だかさっぱり分からない歌です。

50 :天之御名無主:2001/05/05(土) 04:44
>>45
知らんかった。
行ってみたよ。ありがちゅ。

51 :天之御名無主:2001/05/05(土) 04:45
↑の41です。

52 :名無しさん:2001/05/05(土) 07:51
カゴメカゴメは、明智光秀=天海説の中で、説明されることがある。


53 :天之御名無主:2001/05/05(土) 15:37
>>52
昔、テレビで徳川埋蔵金伝説と絡めていた

54 :天之御名無主:2001/05/06(日) 23:16
>>52
そうなのですか。
私は小学校の頃、「篭娘(かごめ) 篭娘 篭の中の虜は〜」
って説を聞いた事があります。
よかったら、その天海の説というのをお聞かせいただけませんか?

55 :天之御名無主:2001/05/07(月) 05:43
なわとび歌は各地でいろいろあって面白そうですね。
うちの地方は
♪おおなみこなみ 高い山越えて どんぐり山越えて あっぷっぷ
いちにぃさんし…(以降数字)

ゴムとび歌は結構有名なやつらしいですが
♪まーるちゃんたらぎっちょんちょんの…
ってやつ。歌詞ご存知の方いらっしゃいますか?
CMにも使われていたっけ。
(パイの実…ロッテのお菓子だっけ?郷ひろみが出てたような)

56 :天之御名無主:2001/05/07(月) 05:47
もいっちょなわとび歌。郵便屋さんソングの別バージョンかな。
♪郵便屋さんおはいんなさい はぁい ありがとう
後は数を数えていくだけでシンプル。

そういえば花いちもんめって遊びもあったなあ。
たんすながもち花いちもんめ
あの子が欲しい あの子じゃわからん
この子が欲しい この子じゃわからん 相談しよう そうしよう

57 :天之御名無主:2001/05/07(月) 05:50
もう一つ書いとこ。
じょじょ隠し、または靴隠し遊びの時に鬼を決める歌。

じょじょ(注:ゲタ・靴の場合もあり)かくし ちゅうねんぼ
柱の下のねずみが ぞうりをくわえてちゅっちゅくちゅ
ちゅっちゅくまんじゅうは誰が食た
だぁれも食わない わしが食た
表の看板三味線屋 裏からまわって三軒目

58 :天之御名無主:2001/05/07(月) 06:24
(先発決めるじゃんけんに)
勝って嬉しい花いちもんめ 負けてくやしい花いちもんめ
隣のおばさんちょっと来ておくれ 鬼がいるから行かれない
お布団かぶってちょいと来ておくれ お布団びりびり行かれない
お釜かぶってちょいと来ておくれ お釜底抜け行かれない

あの子がほしい あの子じゃわからん
この子がほしい この子じゃわからん
相談しましょ そうしましょ

うちの地域では、花いちもんめはこんな歌詞でした。東京の片田舎です。

59 :58:2001/05/07(月) 06:34
もう1つ書いていこうっと。
>>16さんの、あぶく鬼のうた

あぶくたった 煮えたった 煮えたかどうだか食べてみよう
むしゃむしゃむしゃ まだ煮えない
またまた煮えた 煮えたった 煮えたかどうだか食べてみよう
むしゃむしゃむしゃ もう 煮えた
戸棚にしまって ごとごとごとごと
御飯を食べて むしゃむしゃむしゃ
お風呂に入って ごしごしごし
お布団はいって  むにゃむにゃむにゃ…
トントントン 何の音?
(鬼の子のセリフ)風の音
トントントン 何の音?
(鬼の子のセリフ)森の音
トントントン 何の音?
(鬼の子のセリフ)おばけの音……
(と、ここで皆に囲まれていた鬼が皆を追い掛けはじめる。)

い、今考えてみると怖い歌詞かも。
戸棚にしまってゴトゴトゴト、って、煮えたはずの鬼が動いてるんですよね。
その後の3行は、人の子(被鬼)の夕時の行動。
そしてその晩、茹でられたはずの鬼の霊が家の扉を叩く……嗚呼、怖!

60 :天之御名無主:2001/05/07(月) 09:41
http://user.tninet.se/~prv247p/hatt/hatten.swf

やっぱコレでしょう

61 :天之御名無主:2001/05/07(月) 09:50
ウチの方は微妙に違うなぁ。

あわぶくたった煮え立った 煮えたかどうだか食べてみよう
むしゃむしゃむしゃ まだ煮えない
あわぶくたった煮え立った 煮えたかどうだか食べてみよう
もぐもぐもぐ もう煮えた
戸棚にしまって 鍵をかけて
(以下アドリブで就寝前の作業をやる。延々と続くことも…)
電気を消して お休みなさい
(鬼)トントントン
何の音?
(鬼)風の音
あーよかった。
(鬼)トントントン
何の音?
(以下お化け以外の音を鬼の気が済むまで立て(たことにす)る。
全部トントントンで始まってあーよかったで終わる)
(鬼)お化けの音…

あーよかったってのに何の意味があるんだろう…。
爆弾の音だろうが戦争の音だろうが必ずあーよかったって言うんだよね…。

>>59
ゴトゴトゴトってのは戸棚に入れてる音じゃないの?

62 :59:2001/05/07(月) 19:00
61さん
あ、私の地域と同じような歌詞ですね。
爆弾の音とか戦争の音、とは初めて聞きました。

>ゴトゴトゴトってのは戸棚に入れてる音じゃないの?
どうなんだろう…ただ、その「ゴトゴトゴト」の時には、
円の中の鬼がしゃがんだまま手を伸ばして、タッチされた子も鬼になる、って
いうルール?みたいのがあったから、単純に鬼が生きているんだって
思っておりました(^^;)

ちなみに、この遊びをやってたのは幼稚園の頃でした。
当時は、「これ、どういう歌なの?」と大人に聞いても
「大鍋で、お豆を茹でている歌だよ」、なんて言われたものです。(苦笑



63 :61:2001/05/08(火) 00:15
爆弾の音とか戦争の音ってのは鬼の子のシュミです。
(鬼)トントントン
何の音?
(鬼)爆弾の音
あーよかった

というふうに。本当にお化け以外なら何でも良かったんですね。

ゴトゴトゴト、というときのルールはありませんでした。
というか歌詞に入ってませんでしたから…。

でも戸棚にしまった鍋からお化けが出るってことは
少なくとも豆を煮てる歌じゃありませんよね。

64 :59:2001/05/09(水) 00:57
なるほど、鬼の子の趣味でしたか。
>少なくとも豆を煮てる歌じゃありませんよね。
ええ、ですから中学生になった頃に「鬼茹で」の話を聞き、
「今まで信じてた(豆)ものはなんだったんだ!(怒)」、と(笑)。

ところで、誰が作った歌かは知らないのですが、
「歌を忘れたかなりやは 緒紐で巻いてなんたらかんたら〜」って
歌をどなたか御存じないですか?
確か、カナリヤを縄で縛って海に捨てる、って歌だったと思うのですが。

65 :天之御名無主:2001/05/09(水) 01:32
「カナリア」作詞・西条八十
検索したらいろいろ出てきましたッス
歌を忘れたカナリアは
月夜の海にとりかごを浮かべたら歌を思い出す、とか
なんかそんな内容だったような…うろおぼえ〜

66 :天之御名無主:2001/05/10(木) 18:30
58さん、きっとめちゃくちゃ近所だったのですね。花いちもんめ、まんまです。
私は子供の頃、こんな縄跳び歌で遊んでました。

月火 水木 金土 日曜日
山風 そよ吹けば 桜の花が咲く(散る、だったかも)
いずこじま(漢字不明)
ぴいひょろ ぴいひょろ .....

ってかんじです。意味不明でずっときになってた歌詞なんですが、
どなたか聞いたことある方いらっしゃいます?

67 :天之御名無主:2001/05/13(日) 18:12
ゴムとびの歌がちょっと前に出ていたので。
うちのほうでは、ゴムだんと言ってました。
(ゴムとびはたんに遠くから走ってきて飛ぶだけで、歌はなく別種の遊びという感じでした)

「キャンロップ」
♪キャン キャン キャンロップ
 サクマのキャンロップ

「牛乳一本」
♪牛乳一本用意して ぐるぐるぐるぐる かきまぜて
 カップに入れて冷やします 森永ババロア

これってCMソングだったのかなあ。
あとは童謡「おうまのおやこ」「七夕」などの童謡に合わせたワザもありました


68 :天之御名無主:2001/05/13(日) 18:16
矛盾した歌詞のおかしな歌がありましたよね。
私が知ってるのは

どんより曇った日本晴れ
昨日生まれたばあさんが 95歳の孫連れて
谷から山へ落っこった
それをめくらのじいさんが
慌ててつんぼに電話した
悪の味方の正義の味方
黒い白馬の背に乗って
前へ前へとバックした

こんなのです。あなたのバージョンは?




69 :天之御名無主 :2001/05/13(日) 18:45
>>68
私が覚えてるヴァージョン(不適切表現含む)

昔昔のつい最近
その日は朝から夜だった
どんより曇った日本晴れ
生まれたばかりの婆さんが
95才の孫つれて
水なし沼に落っこちた
それを盲が発見し
唖がつんぼに電話した
一人の警官ゾロゾロと
白い黒馬にまたがって
曲がった道をまっすぐに
前へ前へとバックした

微妙な違いっぷりが面白いですね。

70 :69:2001/05/13(日) 22:21
95才の孫つれて→85,6の孫つれて
水なし沼に落っこちた→〜に飛び込んだ
…でした。
あと、「その日の信号赤青黄色」とかいうのを挿入して
た友達もいましたが、歌のコンセプトと違うように思え
るので私は採用しません!(エラソー)

71 :天之御名無主:2001/05/13(日) 22:34
このスレを拝見して思い出したものがあるので失礼します。
母や祖母に教えてもらった歌で

まず、両手の同じ指の先をあわせます。
(右手親指は左手親指にと、後の指も同じに)

そして同じ指どうし軽くぶつけながらこう歌うんです。

大家と大家がケンカして←親指
人刺しさんに怪我されて(とめられてだったかも)←ひとさし指
なかなか、なかなか止まらない←中指
薬屋さんがやってきて←薬指
お子供衆はおよろこび♪およろこび♪←小指

私は店子が大家を皮肉ったものかと思ってますが、
単に指の名前にあわせたものかも・・

母の実家はむかし岐阜で旗屋さんをしていたと聞いてます。

72 :天之御名無主:2001/05/14(月) 14:45
>>68-70
なんかマザーグースっぽくてイイね。

73 :天之御名無主:2001/05/16(水) 17:20
>>36
ちょっと違うの知ってます。
友達から聞いて振り付けもありました。

一かけ二かけ三かけて四かけて五かけて橋をかけ
橋の欄干腰降ろし遥か遠くを眺めれば
17、8の姉さんが片手に花持ち線香持ち
姉さん姉さん何処行くの
私は九州鹿児島へ
明治三年三月十日
切腹なされた父親のお墓参りに参ります
お墓の前で手を合わせ南無阿弥陀仏と言いました
もしも私が男なら三年三月卒業して
エベレストを制覇してエベレストがないならば
終わりの終わりです

と言ってジャンケンをします。
私は静岡在住です。




74 :天之御名無主 :2001/05/16(水) 21:54
>>73
妙に3にこだわった謎めいた歌ですね。最後の方なんか
詩的でもありシュールでもあり哲学的ですらありますなぁ。

75 :天之御名無主:2001/05/17(木) 02:07
>>29
>黒鳩金

「クロポトキン」です。日露戦争時のロシア軍の司令官で、
「退却将軍」とあだ名されていました。


>>55
>♪まーるちゃんたらぎっちょんちょんの…

元ネタは大正時代のヒット曲「東京節(パイノパイノパイ)」ですな。
ttp://www.fukuchan.ac/music/j-mt/painopai.html

76 :天之御名無主:2001/05/17(木) 22:35
>>73
ちょっと違ったのでかいてみました。

一かけ二かけ三をかけ四かけ五かけ六をかけ
右手に花持ち線香持ち
姉さん姉さん何処行くの
私は九州鹿児島の西郷隆盛娘です
明治三年三月三日
切腹なされた父親のお墓参りに参ります
お墓の前で手を合わせ南無阿弥陀仏いんじゃらほい

といってじゃんけんします。小学生の時に友達に教えてもらいました。
兵庫県です。

77 :天之御名無主:2001/05/18(金) 05:00
なんか、九州ネタ多いような気がする。
なんで?

78 :天之御名無主:2001/05/18(金) 15:27
>>41
「カゴメカゴメ」
籠の中の鳥→卵子
出会う→精子に
すべった→流産した
後ろの正面だあれ→流産した子供
と雑誌に載ってた。



79 :天之御名無主:2001/05/18(金) 16:19
>>68-70
お二人の歌詞と基本的には同じですね。69さんに近いか?
マイナーバージョンチェンジといったとこでしょうか。
ちなみに私は生まれも育ちも北海道です。

一つ気になるのが電話の存在ですよね。そんなに昔ではない。でも警官は馬に乗っているてとこと合わせると歌の生まれた時代は絞られるのかな?

昔々つい最近
その日は朝から夜だった
どんより曇った日本晴れ
生まれたばかりの婆さんが
85になる孫つれて
谷から山へ飛び降りて
水無し川へ身投げした
それを盲が発見し
唖が聾に電話した
一人の警官ぞろぞろと
黒い白馬にまたがって
前へ前へとバックした

80 :天之御名無主:2001/05/19(土) 06:39
>>75
東京節というのですか。初めて知りました。ありがとうございました。
ラメチャンだったのか…覚えてたメロディ・歌詞と違ったりして。
「まるちゃんたらぎっちょんちょんの ぱいのぱいのぱいの
〜〜(ここ覚えてない)〜〜
りんごとバナナと柿のフルーツ ○○の鐘が鳴りますきんこんかん」
…誰かの替え歌だったのかな?○○の鐘、も何の鐘だったか。天国か?(コワ

そういえば「どろじゅん」という遊びがありました。
泥棒と巡査のチームに分かれて大掛かりな鬼ごっこをする時に
組み分けをする時の歌です。かなりやば目な歌詞なのですが…

一匹二匹あいのこ とって逃げるはどろぼの子
それを追いかけるのは巡査の子

「巡査」はほとんど「じゆんさん」と発音しておりました。
子供だったので「巡査」という言葉そのものを知らなかったので違和感なし(笑
「あいのこ」はかなりやばいですね。

81 :天之御名無主:2001/05/19(土) 12:17
>>80
そのあそび、うちでは「けいどろ」といいました。警察と泥棒。
歌はついてませんでしたが。

82 :天之御名無主 :2001/05/20(日) 12:21
>>81
うちでは「どろけい」と呼んでました…神奈川県です。

83 :天之御名無主 :2001/05/20(日) 16:03
>>82
うちでも「どろけい」と呼んでました。
東京、埼玉。<小学校のころ引っ越したんです
小学校か中学のころ学校全体を使ってやった記憶があるなぁ。
参加者はうちのクラスだけでHR(学級会)の時間に。
早くつかまった人はむちゃくちゃ暇で暇で(苦笑)

84 :天之御名無主:2001/05/20(日) 16:27
大人になってから、真剣勝負のおにごっこやると、この上なく殺伐として良い。

85 :名無しさん:2001/05/20(日) 22:54
>>81-83
うち(福岡市近郊)は「どろけ」派と「けいどろ」派が混在。
学校によって差がありました。

「砂ずり」と「砂肝」みたいなものか。

86 :天之御名無主:2001/05/21(月) 09:37
「どろけい」と「けいどろ」。警察を頭におくか泥棒を頭に置くか、
というところに、倫理観の違いが現れているのかもしれませんな。

87 :天之御名無主:2001/05/21(月) 15:15
私のところ、大阪市内では「探偵」と呼んでいました。

探偵役の子達が、泥棒を追いかける鬼ごっこです。
捕まえられた鬼達は手を次々と手を繋いだ状態で一個所に集められ、
生き残った鬼が「切った」の掛け声とともに、繋ぎめを手で切ると
また自由になれるという遊びです。
缶蹴りと、鬼ごっこが混ざったような遊びでした。




88 :87:2001/05/21(月) 15:19
>>87
鬼=泥棒ですね。

泥棒と探偵を決める時は、いろは歌をもじったような物で決めていました。
円陣を組んで、リーダー?の子が1音に一人ずつ指差しながら
「いろはにほへと、ちり盗人、
るをわか よな探偵」
と、歌っていきます。

89 :奥さまは名無しさん:2001/05/22(火) 11:52
いっちにっとら〜い
らいとらいとせ〜
しんがらほけきょ〜
うめのはな〜

にいにとら〜い・・・・

さんにとら〜い・・・・

と続きます。

鬼とその他の子供は、初めに階段の上と下に分かれていて、
歌に合わせて、階段を上り下りします。
鬼と同じ段になってしまったら負け。

長崎市内では、よく遊んでいたのですが、
大分に引っ越したら、誰も遊んでいませんでした。
ちなみに30年近く前なので、歌詞に間違いがあるかもしれません。
(あまり物心ついていなかった)


90 :名無しのオプ:2001/05/25(金) 07:09
わらべうたではないんですけど、
「けいどろ」「どろけい」で思い出して…(ちなみに私は「どろけい」)。
すべりだいを使うおにごっこ(鬼は下にいて、昇れるのが何歩とか決まってる)
があってそれをみんなが「わに」と呼んでいました。
遊んだって人います?
あと鬼ごっごっていろんな種類ありましたよね。
「色鬼」ってありませんでした? 鬼がいった色をすばやく探してさわらないと、
その間につかまっちゃうってやつ。
話ずれちゃってすみません…。

91 :天之御名無主:2001/05/25(金) 10:16
公園に良くある大理石もどきのひろーい滑り台でやるヤツですか?
うちの子達は同じ遊びを「天国と地獄」と言ってました。

92 :天之御名無主 :2001/05/25(金) 11:58
>>90
それはうちでは「たかおに」と呼んでいました。とにかく鬼は
高い所(滑り台に限らず)には登れない。ただし逃げる方も同
じ場所にずっといてはいけなくて、鬼が5か10数える間に別
の高い場所に移動しなければいけない…という遊びだったよう
に記憶してます。「色鬼」もやりましたね。
あと、「ポコペン」という遊びを御存知ないでしょうか?鬼役
の人が後ろを向いてて、皆で「ポコペンポコペン、誰がつっつ
ついた、ポコペン♪」と歌いながら鬼の背中をつつく。最後に
つついた人の名前を鬼が言えればその人と鬼交代、言えなけれ
ば鬼続行。その後は、かくれんぼうか「だるまさんが転んだ」と
同じようにして遊ぶのですが、どちらかは忘れました…。


93 :プリンス・オブ・サマルトリア:2001/05/25(金) 20:01
「けいどろ」。やりましたねえ。
私はもう30歳になんなんとするオジサンなモンで、無性に懐かしいんですが、今日びのワラシもこの手の遊び、やるんでしょうかね。
人間でるからなあ、これ・・・。
わしらの学校(小学校時代ね。今を去る20年(!)前)、禁止になったんですわ、これ。
「どろぼう」ってのが差別的ってことで。なんか木で鼻をくくったような理由でやしょ?
真相は、「マト」にされるちょっとトロイ子がかわいそうだってことらしいですな。
私も結構足が遅くて、あっと言う間に捕まったんですが、助けにくる仲間の登場をワクワクしながら待ってたもんですがねえ。

94 :天之御名無主:2001/05/26(土) 01:34
>>93
当方二十歳の小娘ですが、リアル消防時代はやりましたよ、けいどろ。
私たちの学校では、先生も一緒になってやってたものです。
トンヌラさん(名前が長いので略)の学校では禁止されたんですか・・・
なんだかショック。


95 :93改め、トンヌラ:2001/05/28(月) 02:40
ま、禁止されたほうがおもしろいッてんで、かえって盛んになったんですが・・・。
20年前がやかましい時代だったのか、私らの地元が神経質だったのか、禁止された遊びってのは、結構あったような。
筆頭はコックリさん(キューピットさんってのもあったかな)あたりでしょうが。


96 :天之御名無主:2001/06/02(土) 01:05
1つひよこが豆食ってたいなこたいない♪
2つ船には船頭さんがたいなこたいない♪
3つ店屋におもちゃがたいなこたいない♪
4つ横浜異人さんがたいなこたいない♪
5つ医者さんがお薬持ってたいなこたいない♪
6つ昔は鎧着てたいなこたいない♪
7つ泣き虫ほっぺがたいなこたいない♪
8つ屋敷のお嬢さんがたいなこたいない♪
9つこじきがお椀持ってたいなこたいない♪
10で殿様お馬に乗ってたいなこたいない♪

たいなこたいない、の意味をご存知の方
いましたら教えてください。

僕は軍人大好きよ♪
今に大きくなったらば♪
鉄砲かついで剣下げて♪
お馬に乗ってはいどうどう♪

誰の歌ですかね?

97 :名無しSUN:2001/06/02(土) 18:14

一かけ二かけ三かけて四かけて五かけて橋をかけ
橋の欄干に腰をかけ遥か向こうを眺めれば
17、8の姉さんが花と線香手に持って
これこれ姉さん何処行くの
わたしゃ九州鹿児島へ 西郷隆盛娘なり
 切腹なされた父母の お墓参りに参ります
 お墓の前で手を合わせ 南無阿見陀仏と唱うれば


あとは忘れましたが、じゃんけんはありませんでした。富山です。
わらべ歌集のカセットで聞きました。今も実家にあると思う。
なつかしいな。間違えて小さい頃、デッキの録音ボタン押して、
小さい頃の声が入ったのもあった気が・・・。




98 :名無しSUN:2001/06/02(土) 18:16
一かけ二かけ・・ものってるみたい。
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/30/4/3023710.html

99 :97.98:2001/06/02(土) 18:32
いちかけにかけ・・・
検索したらでてきました。
歌詞も色々あるみたいですね。音付きなのでヴォリュームONで。
さすがエベレストはなかったよ〔藁〕(^^ゞ

http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/ichikakenikakete.html

100 :99:2001/06/02(土) 18:35
なんか面白いですね。
ついでに100ふんでおきます(^○^)

101 :あるケミストさん:2001/06/04(月) 21:41
「けいどろ」「どろけい」両方ありました。
「悪漢探偵」と言っていた奴もいたけど

102 :考える名無しさん:2001/06/06(水) 04:12
わらべうたとはちがうんですが・・・
2グループに分かれて、両端から走っていって、真中で
であったら「どん、しっけんけん!」ってじゃんけんして、
負けたほうが降りて、次の人にバトンタッチしていくっていう
遊び、したことあります?
うまく表現できないんですが。
このときだけじゃんけんを「しっけんけん」って
言ってたのが気になってます。
京都北部です。

103 :名無し@長崎:2001/06/10(日) 04:31
>>89
私も長崎出身なのですが、それやってました。団地の階段を使って。
鬼と同じ段になる人があらわれるまで、
に、さん、よん、ご、ろく、とリトライするので、「りっとらい」だと歳をとってから思ったり。
私の友人は、「渡来」ではといっていましたが。うーん。誰か正解を知らないでしょうかね。

104 :89:2001/06/10(日) 15:17
>>103
retryですか?まさか英語が出てくるとは・・・・
light light せ〜 だとか?
わけがわからないですね。
長崎の人以外知らないというのも不思議です。

105 :名無しのオプ:2001/06/10(日) 21:22
階段でじゃんけんして「グリコ」「チヨコレイト」「パイナツプル」と昇っていくのは
いつからあるのでしょうね。それから今でも遊びますか?
あとなわとび2本使う「いろはにこんぺいと」とか。
あの言葉はいったい誰が考えたんだろう……。

106 :名無し@長崎:2001/06/11(月) 00:26
>>104
友人(長崎出身)は、

一里渡来 来渡来渡せ(ここ命令形)
新(国)から ほっけきょう(鶯。法華経とかかっている) 梅の花

と解釈してたみたいで、仏教伝来の歌では、とか。憶測ばっかりいっても
ほんとしかたないですよね。もうしわけないです。sageときます。

107 :89:2001/06/11(月) 22:48
>>106
仏教伝来ですか?
とても由緒のある歌のようで、なんだか嬉しいです。
誰か研究してくれていないでしょうか?
本当の意味や由来も知りたいのですが、いろんな解釈があるなら、
それも知りたい気がします。


108 :日本@名無しさん:2001/06/14(木) 21:49
>>22」の「でんでらりゅーばー」ですが、
「でんでら龍がー」が正しいらしいですね。
それが何かは知りませんが。


109 :天之御名無主:2001/06/15(金) 00:14
>>29
こんな感じだったと思います。
日本の、乃木さんが、凱旋す、雀、目白、ロシヤ、野蛮国、クロパトキン、金の玉、負ーけて逃げるはチャンチャンボー、ボーで打つのは犬殺し、シベリア鉄道長ければ、バルチック艦隊全滅す、雀、目白、…と延々と続く

110 :天之御名無主:2001/06/23(土) 22:25
ずいずいずっころばしで

ずいずい ずっころばし ごまみそ ずい
ちゃつぼに おわれて トッピンシャン
ぬけたら ドンドコショ
たわらの ねずみが 米くって チュー
チュー チュー チュー
おとさんが 呼んでも おかさんが 呼んでも
いきっこなしよ
井戸のまわりで お茶碗かいたの だあれ

>ぬけたら ドンドコショ
>チュー チュー チュー
>おとさんが 呼んでも おかさんが 呼んでも
>いきっこなしよ

この辺がSEXを現わしてる?みたいな説を聞いたのですが・・・。

111 :天之御名無主:2001/06/23(土) 22:58
>>110
確かに遊ぶときの手はね・・・

112 :天之御名無主:2001/06/23(土) 22:59
>>220
>朝鮮人って複数の民族より構成されてるでしょ
>日本人も同様複数の民族より構成されてる

うえの主張はムリがあります。

正確には「朝鮮民族は複数の民族『から形成された』」
「同じように日本民族も複数の民族『から形成された』」
です。

現状の日本民族と朝鮮民族を比較する限り、
言語が異なり、親族制度(慣習)が異なり、宗教民俗もかなり異なる。

現状の比較としては、日本民族と朝鮮民族は充分別民族です。
現状の比較と民族形成過程の比較は混同されるべきではない。

参照>「民族って、な〜に?」≫
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=980250373

113 :>112はスレ違い:2001/06/23(土) 23:00
間違えました。
すみません。

114 :天之御名無主:2001/06/24(日) 21:19
http://mentai.2ch.net/uwasa/kako/952/952743451.html
こんなスレ見つけた。

115 :天之御名無主:2001/06/24(日) 23:48
ちょっと前のスレで「たかおに」って出ましたけど、
鬼じゃない子を高いところから降りて移動させるために
呪文みたいのがあったんです。
「一人飛んだら、みんな○○○(思い出せない・・)」
鬼はそのあと、10数えます。その間に、一度地面に降りて
別のところに移動しなきゃならないの。
うち、千葉なんですけどこういうの他の地域にはありますか?

116 :埼玉です:2001/06/27(水) 02:02
ああ、なんかそんなルールがあったような…。
でも呪文があったかどうか思い出せない…。

117 :天之御名無主:2001/06/27(水) 03:19
>>115
千葉県北東部だけど、呪文はなかった。
その代わりに10秒ルールがあったから。

118 :(゚д゚)ウマー :2001/06/30(土) 09:56
古レスだが

とおりゃんせ とおりゃんせ
ここはどこの細道じゃ 天神様の細道じゃ
ちっと通してくださいな ご用のない者通しゃせぬ
この子の七つのお祝いに お札を納めに参ります
行きは良い良い 帰りは怖い
怖いながらも とおりゃんせ とおりゃんせ

とおりゃんせは死者(母か父)が生者(子供)に向けた歌と思いマス。
お札を納める=子に会うと解釈されますな。
行きは子に会う為なので、天神様の前を通っても怖くないが、
また天神様の前を通って死者の国に帰るのはなんとも怖い、と。
でないとナニが怖いのやら。盆の歌なのかな?

119 :Encyclopedist:2001/07/02(月) 23:57
「今年のぼたんはよいぼたん〜♪
て、知ってます?皆で輪になって手振りをつけて歌うんです。
「お耳をからげてすっとんとん
「も一つおまけにすっとんとん
とつづいて、そこへ鬼が
「いーれーて
と来る。みんなが断ると鬼は
「○○あげるから
と言って仲間に入ろうとするけど、断り続ける。しまいに鬼が
「じゃあ、家の前通ったら棒で叩くよ
と言うとようやく入れてあげて、今度は一緒に「今年のぼたんは…と遊び始める。
やがて鬼が
「(晩ご飯だから)もう帰る
と言って抜け、みんなが
「晩ご飯はなあに、へびとかえるどっち、生きてるの死んでるの?
と質問。鬼はそれに答えて輪を抜けて歩いていく。帰っていく鬼に向かって今度は皆が
「誰かさんの後ろにヘビがいる
と囃し立てる。鬼は何度か振りかえって
「わたし?
と聞くが、皆はううん、と首を横に振る。鬼が歩き出すとまた囃し立て、何度目かに「わたし?と聞かれたとき、「そう!と答えてダッと走り出す。そこから鬼ごっこ。
不思議な遊びでした。

120 :みみ:2001/07/03(火) 00:30
うしろのしょうめんだあーーれ♪っていうのは、戦争の時の歌だそうです。後ろにいたのはアメリカ兵で、その子は殺されたとか言うのを聞きました。

121 ::2001/07/03(火) 02:44
かごめかごめに隠された本当の意味が書いてございます。
「星からのメッセージ」一巻・二巻
ちなみにサイトもございます。
「星からのメッセージ」
http://www.hoshinet.jp/hoshi/

122 :天之御名無主:2001/07/06(金) 17:15
119さんとほぼ同じですが。

*「すっとんとん」ではなく「すっぽんぽん」でした。
*「○○あげるから」は、
鬼:「山へ連れて行ってあげるから」
皆:「山坊主(ダイダラボッチとかか?)が出るから嫌。」
...このあと海、川で同様のやり取りをします。
*鬼の殺し文句(?)は、
鬼:「じゃあ、家の前を通ったら鉄砲で撃ってやるから」
*御飯についてはお昼御飯で、
皆:「お昼の御飯なあに」
鬼:「へびとかえる」
皆:「生きてるの?死んでるの?」
鬼:「生きてるの。じゃあね」

...というかんじ。ここに書いたこと意外は119さんと全く同じです。
当方東京郊外出身。ずっと忘れてましたが、この板来て思い出しました。

123 :鹿児島県民:2001/07/09(月) 15:50
このスレの中に度々登場している「いちかけにかけ」ですが
西郷さんのお膝元である当地では以下のように歌われています。

一掛け 二掛けて 三掛けて 四掛けて 五掛けて 橋を架け
橋の欄干 腰おろし はるかに向こうを 眺むれば
十七八なる 姉さんが 花と線香を 手に持って
姉さんどこ行く 尋ねたら 私は九州 鹿児島の
西郷隆盛 娘です 明治十年 戦役に
切腹なされた 父上の お墓詣りに 参ります
お墓の前で 手を合わせ 南無阿弥陀仏でジャンケンポン

この歌詞は20年ほど前に地元の研究家の方々がまとめた
本に記載されているものですが、私(23歳)が幼い頃
親戚のおばさんから子守唄代わりに聞いたのは少し違って

お墓の前で 手を合わせ 南無阿弥陀仏と唱えます
もしも私が男なら 師範(士官かも知れない)学校卒業し
梅にウグイス止まらせて ホーホーホケキョと鳴かせます

以上のような歌詞で、ジャンケンはありませんでした。


>>89 の曲ですが、うちのあたりでは

いっちりっとらん にっかげっこし
ちんがらほっけきょの たかちおや
ちょんがめ(この部分は掛け声みたいで音程がない)

124 :天之御名無主:2001/07/14(土) 07:34
勝手にリンクしたらまずそうなので名前だけ。
「子供の情景」というサイトがあって
関西を中心に日本全国の子供の遊びがいろいろ書いてありました。
懐かしいやら面白いやらで思わず読み耽ってしまいました。
googleあたりで検索したら出てくると思います。参考までに〜
情報も募集してらっしゃる様子なので、そのサイトに載ってない遊びを
ご存知の方はメールを出してみては?

125 :天之御名無主:2001/07/27(金) 18:14
なわとびうたでこういうのがありました。
東京都北部です。
ほかにやったことのある方いますか?

青山のえんどまめはなまぐさい
おとのさま
おひめさま
どんすけどん
いーちはっさん
にーはっさん
さーんはいって
いちぬけろ
にぬけろ
さんぬけろ

126 :天之御名無主:2001/07/28(土) 14:23
>>68-70 , >>79さんのは逆語反復の言葉遊びですよね。
私が何かで読んで知ったのは似たような言葉遊びの同語反復のバージョンでした。
いにしえの昔の 武士の侍が
馬から落ちて落馬して(忘れました。とりあえず死亡)
仏の前のぶつぜんで (やはり同語反復で弔っておしまい)
…というのがありました。

>>102
それ、小学校の体育の平行台でやりました。
「しっけんけん」ではなくて、ただの「じゃんけんぽん」でしたが
遊び方は同じでした。平行台の両側に別れて、一人ずつ走っていって
出会った所でじゃんけんして、負けた方は台から降りて、次の人が
続いて走って行って…という勝ち抜き戦の陣取りみたいな感じでした。

127 :天之御名無主:2001/07/30(月) 10:40
>>119 >>122
うちも「すっとんとん」でした。
でもそれ以外は122さんとほぼ同じ。
山、海、川で「××が出るから嫌」も同じですね。
海は海坊主だったけど、山、川はなんだったかな…。
神奈川出身です。
花いちもんめ、けいどろ、天国と地獄、色鬼・高鬼、ぽこぺん、
かごめかごめもよくやったなぁ。

あと、石けりも流行りました。
カカシみたいな絵を地面に描いてそこへ石を投げ、
歌を歌いながら片足で飛ぶのですが
どんな歌だったかさっぱり覚えてないです。

128 :天之御名無主:2001/07/30(月) 10:47
そういえば「じゃんけんぽん」の代わりに
「ジッケッタ!」って言う子がいたのを思い出した。
方言?

129 :nanasi:2001/07/30(月) 15:47
私は青森出身なのですが

♪泣げば山がらモッコくるど〜♪
(泣けば山から蒙古?くるぞ!)

と泣き虫の私はよく母に歌ってもらいました。
父には戦時中の歌だと教えられました。
でも私はもっと古い歌のような気がしてなりません。

どなたかご存知ないですか?

130 :天之御名無主:2001/07/30(月) 18:00
わらべうたとは違うんだけど

♪じゃんけんぽいぽい どっちひくの(両手で各々じゃんけんの形を作る)
こっちひくの(どちらかの手をひっこめて残った方で勝負)

ていうじゃんけんの仕方があった。
でもこの間、違う地方の友人に聞いたら初耳だと言うので
もしかしたら関東独自のものだったのだろうか。
>あいこの時は「あいこでぽいぽい〜」でもう一度やる。

131 :nanasi:2001/07/30(月) 18:14
青森の私の地方では

♪じゃんけんぽいぽい どっちとおる
 こっちとおる

だったよ

132 :天之御名無主:2001/07/31(火) 02:48
>>128
チッケッタ は聞いたことある。

133 :天之御名無主:2001/07/31(火) 07:07
ドリフ世代(今年30)なので
じゃんけんは「最初はグー、じゃんけんぽん」が当たり前だった。
この間小学生が同じようにやってたので驚いたよ。
いや〜、残るもんなんだなあ。
でも今の子供達はなんで「最初はグー」なのか知らないのだろう。

134 :天之御名無主:2001/07/31(火) 15:18
「最初はグー、またまたグー、いっかりや長介、あたまがパー、
 正義は勝つ、じゃんけんぽん!」でした。
正義は勝つのところは何故かグーで、
以降長々と続くバージョンもありましたが、…忘れた。

135 :天之御名無主:2001/07/31(火) 18:29
>>130
関西だけど、やってましたよ。

136 :天之御名無主:2001/07/31(火) 21:15
>>92
私もやりましたよ「ポコペン」
神奈川県西部の市です。
で、同じ市内なのにもといた小学校ではやって無くて、引っ越した先の小学校では
メジャーな遊びでした。

あと、矛盾歌?のバージョンは

その日は朝から夜だった。
雨が降ってる日本晴れ
1才2才の婆さんが
85、6の孫つれて
底なし沼を歩いてた
それをめくらが発見し
つんぼの家へ電話した
1人の警官ぞろぞろと
黒い白馬にまたがって
前へ前へとバックした

でした。

137 :天之御名無主:2001/07/31(火) 21:59
>>134
うちでは
「最初はグー、中身はチョキ、いかりや長介頭がパー、じゃんけんぽん」
でした。

138 :天之御名無主:2001/08/01(水) 02:31
>>134
微妙な違いなんだけど、うちでは「正義は勝つ!」で
勝負してました。最後のジャンケンポン、が無いわけです。

139 :天之御名無主:2001/08/01(水) 10:44
高鬼もやったけど、校庭みたいな高いところがない場所では
土に円をいくつか書いて(基本ルールがこれで結構いろんな形かいてたけど)
鬼はその円の外側でしか子を捕まえられない。
もちろん円の中には入れない。
ただし鬼が十数えたら子は別の円に移らなければならない、って遊びやってた。
「円鬼」だったかな?

同様のルールで「影鬼」って言うのもあった。
鬼はある一定の場所には入れないで出てきたとこを捕まえるって言う基本があったような。
あと子は十数えられたらその場所から離れなきゃ行けないって言うのも基本かな。

でもわらべ歌と関係ないね、sageときます。

>>59さん
私のところの歌詞と同じですね。
しかし鬼、鬼と当時は言っていたけど、良く歌詞を思い出してみると鬼なんて一言も言ってない。
ただ食われた人がお化けになって人を襲うだけ。怖い・・・

140 :>>92:2001/08/03(金) 02:40
>>92
>>136
ポコペン懐かしい!香川県の中讃地区では同じ遊びがありました。
フレーズもいっしょ。香川のローカルな遊びだと思っていたんですが、
東京、神奈川でも同じ遊びがあったんですね。少し感動。

141 :神奈川県東部です。:2001/08/03(金) 15:29
お煎餅、お煎餅、焼けたかな♪
お煎餅、お煎餅、焼けたかな♪
“お煎餅”を“おせんべ”って発音してました。
大勢じゃなくて、二三人で手の甲を並べ、
一音毎に次の手に移って“な”に当たったらひっくり返し、
これを延々繰り返してたような…一体何が楽しかったんでしょう?

>>68-70>>79>>136
私の知ってる矛盾歌のバージョンは、

その日は朝から夜だった
どんより曇った日本晴れ
生まれたばかりの婆さんが
85、6の孫つれて
てくてくてくてく走っていった
遠くのかけらにつまづいて
海から崖に落っこちた
見てない人が目撃し
急いでゆっくり電話した
一人の警官ぞろぞろと
前へ前へとバックした

です。本当に皆微妙に違いますね。

142 :大分県南部ですが:2001/08/03(金) 17:15
花いちもんめの前にやっていたチーム分けの方法。
まず代表二人でむかいあい、両手をつないで手を高くあげます。
(この時片方が梅、片方が桜と二人の間で決め他の子には黙っておく)
他の子たちがその下をくぐっていくのですが、その時
「梅と桜とあわせて見れば 梅はついつい怒られた
桜はよいよい誉められた そーらいったん収まった」と歌い、
最後の「た」でアーチの2人が手を下ろして一人捕まえます。
(「にこにこぷん」のさよならマーチの様に…って古いか)
で、捕まえた子に「梅と桜どっち?」とこっそり聞き、
答えた方のチームにその捕まった子が入る…これをくり返し。
ひどい時には最初から2対6なんて状態で
花いちもんめに突入してましたねー。
他の地域でこれやっていた方いらっしゃいますか?

143 :@横浜市:2001/08/04(土) 01:55
あぶく立った煮え立った、は、今幼稚園児のうちの子もこないだ歌ってたよ
まだこんな歌生きてるんだ、とびっくり
けいどろも、たかおに、いろおにもまだまだ現役だよ

>>125
私はむかし、埼玉南部にいたんだけど
その歌知ってる・・・でもちょっと違う
大なわとびで中の3人が順番に出たり入ったりする遊びでしょう?<うまく表現できん

たしか

青森のえんど豆は青臭い
おひめさま
にげだした
おとのさま
おいかけた

だったように思う
書いてて思い出してきたので・・・

数えるところも違ってたと思うけど思い出せない

144 :天之御名無主:2001/08/05(日) 07:05
あげる

145 :天之御名無主:2001/08/08(水) 04:20
>>141
お煎餅の遊びやってた記憶があります。
神奈川南部育ち。
でも延々繰り返しでなく、何かあったような気がするのですが…
思い出せない…。

146 :天之御名無主:2001/08/08(水) 21:27
>>141,>>145
当方、神奈川県西部育ち
「お煎餅やけたかな」は、鬼決めのときにやってました。
まずみんなで両手を伏せて出す。
で、「おせんべやけたかな」と唱えて「な」のところで止まった手を返す。
これをえんえん繰り返し、両方ひっくり返った者から抜けていく。
最後に残った者が鬼になる。というものでした。

147 :天之御名無主:2001/08/21(火) 00:43
突然ですが皆さん、物を決めるときに必ず「どれにしようかな〜」ってやつやりましたよね?
あれどんな感じでやってました?うちではこんな感じです。
「どれにしようかな 天の神様の言う通り あべべのべ 鉄砲撃ってバンバンバン もひとつおまけにバンバンバン」
・・・まだ続きがあったような気がするのですがちょっと思い出せません。
うちではこんなのだったよー、などの意見があったら是非聞かせてください。

148 :147:2001/08/21(火) 00:58
あとこういうやつもありましたよね。
「でーぶ でーぶ 百貫でーぶー 車に轢かれてぺっちゃんこー ぺっちゃんこーは煎餅 煎餅は甘い
 甘いは砂糖 砂糖は白い 白いは兎 兎は跳ねる 跳ねるは蛙 蛙は緑 緑は葉っぱ
 葉っぱは揺れる 揺れるは幽霊 幽霊は消える 消えるは電気 電気は光る 光は親父のハゲ頭」
別バージョンあったら是非教えて下さい。

149 :天之御名無主:2001/08/21(火) 03:50
「どち、どち、どちらにしようかな、天の神様の言う通り、ぺこぺこ
あぶらむし、そらぬけよ。」

20年前の私の実家の名古屋市中村区ではこんな感じでしたが。

150 :天之御名無主:2001/08/24(金) 06:36
>>147さん
あーありましたね、そういうの。
うちは「あべべのべ」ではなくて「あのねのね」でした。
百貫デブの方は葉っぱから幽霊までにもう少しあったような記憶があります。
なんだったかなー??

151 :天之御名無主:2001/08/24(金) 20:24
うちには「あべべのべ」「あのねのね」に加えて
「おすすのす」ってのがありましたよ。
でも、「鉄砲バンバン」とかはなかったです。

152 :みん:2001/08/25(土) 18:14
>>134
私が住んでいる町では
最初はグー、またまたグー、いかりや長介あたまはパー、正義は勝つとは限らない、
じゃんけんポリポリ、カトちゃんペッ
という感じでした。

153 :天之御名無主:01/08/28 14:19 ID:9ZEkSfF.
>>148
なつかしいぃっ
私、道東(北海道の東側)出身ですが、
略〜 跳ねるは蛙 蛙は緑 緑は蛇 蛇は長い
長いは廊下 廊下はすべる すべるはおやじのはげ頭
でしたよ。ちょっと148さんより短くなってますね・・・

154 :天之御名無主:01/08/28 18:12 ID:67dMRZ3E
けいどろ・どろけい。
私はどろじゅん(巡査)でした。

155 :_:01/08/28 18:32 ID:5HK1sI36
ttp://www.freeml.com/ml_info.php?ml=xanights

156 :天之御名無主:01/08/29 12:43 ID:yacgTn62
>最初はグー
〜正義は勝つ の後、正義は勝つを延々続けて長さんに「いつまでやってんだ!」
ってメガホンで突っ込まれるんですよね。(記憶では)

>どれにしようかな
新潟ですが、鬼などを決める時皆で手のひらを広げて輪になって「どれにしようかな
天の神様のゆうとおり すちゃらかぽんすっぽんぽん 鉄砲撃ってばんばんばん」
って ん の人から抜けて、残った人が鬼になってました。

157 :みん:01/08/29 21:04 ID:D/G6zKsQ
156>
私も新潟ですが、
どれにしようかな、神様の言う通り、お茶漬けこぼした、すっけろけのすっけろけ
でした。最後に指を指された人が鬼でした。

158 :156:01/08/29 23:35 ID:LosIz9XA
そう言えば、隣の地区の子たちは 鉄砲撃ってばんばんばん の後に
なのなのな を付ける子や、ねのねのね を付ける子もいました。
150、151さん達みたいに土地柄で少し変化するんでしょうか?

159 :天之御名無主:01/09/03 05:58 ID:DyRsdVX.
私の知ってる矛盾歌バージョンですが。

その日は朝から夜だった
ざあざあ降りの晴れの日に
生まれたばかりの婆さんが
80歳の孫つれて
前へ前へとバックした
それを見ていた女のおじさん
腰を抜かして立ってたら
豆腐の欠片で怪我をした

だったような。当方東海地方の片田舎。

160 :@神奈川県中部:01/09/03 18:46 ID:/QeWDTf.
>>147さん
うちの方では「どれにしようかな、神様のいう通り、なのなのな
まだ分かりません、もうわかりました、天の神様のいう通り、なのなのな」
でした。

161 :天之御名無主:01/09/03 21:45 ID:niQQUwt6
>129さん
それって「おどまぼんぎりぼーんぎり ぼんからさーきゃ
おーらんどー」
とか言う歌でしたっけ?
うちの母(西津軽出身だったかな?)歌ってましたが、
「泣けば山からオニッコくーるぞー」でした。
意味は今まで気にしたことがなかったですけど。

162 :天之御名無主:01/09/04 00:23 ID:XYd5PJ.c
>161
「おどまぼんぎりぼんぎり」 は五木の子守歌ですが
>129の「泣げば山がらモッコくるど〜」この歌詞はなかったと思います。
「モッコ」というのは、確か九州地方で「お化け」とか「恐いもの」「強いもの」を
指す言葉だったと思いますが、東北の方でも言われているのでしょうか。
そして「モッコ」の語源が「蒙古」だという話も聞いたことがあるのですが
それは本当なのでしょうか。(蒙古襲来から言われるようになったという…)

163 :天之御名無主:01/09/04 00:31 ID:vLI6Gk12
>162
「モッコ」は蒙古のことらしいです。『続・日本史から見た日本』渡部昇一著
などに載っていると浜島書店の高校日本史資料集に載っています。
引用を読むと、東北の山の中にまで恐ろしいモノとして「モッコ」が
伝わっていたらしいです。また西日本のある地域では(特定して欲しいけど・・)
怖いモノを「ムクリコクリ」(=「蒙古・高句麗」)と言うらしいです。

164 :天之御名無主:01/09/04 01:08 ID:kSB6bBZk
な、なつかしい〜〜 いろんなのがあったなあー。

>147のは(前半同じ)「〜〜葉っぱは揺れる 揺れるは地震 地震は怖い 怖いはオバケ
オバケは消える 消えるは電気 電気は光る 光るは親父のハゲ頭」
でした。東京のはずれです。

165 :天之御名無主:01/09/04 13:02 ID:86p/gkMY
161です。
気になったんで母に電話して聞いてみたところ、
「ねんねんころりよ」」でした。
「泣けばやまからモッコくるど〜」が正しかったです。
この「モッコ」はみなさんおっしゃるっ通り「蒙古」で、
実際に昔蒙古が攻めてきて日本人が大量に殺されたので、
泣けば怖い蒙古が殺しに来るぞーと言うことだったんですね。
やはり蒙古が攻めてきたのは、九州だったそうです。
青森では他にも「蒙古」にまつわる歌があるって言ってました。

166 :162:01/09/04 14:31 ID:V/8jXQz6
>163、>165
本当に「モッコ」は蒙古だったんですね。九州だったらそうかなと思いますが
東北でも言われているというのは以外というか、驚きました。
それにしても「ムクリコクリ」(=「蒙古・高句麗」)とはまた…。

ところで、すでにどこかで既出かもしれませんが、沖縄の子守歌で
「ミミチリボージ(耳切り坊主)」という歌がありますよね。
結構有名だと思うんですが、この歌、確か何か史実があったような話を
読んだ気がするんですが、内容を全然覚えていないのです。
どなたかご存じの方、いらっしゃいますか?以下、うろ覚えですが、歌詞です。

ヘイヨーヘイヨー泣くなよ
うふむらぅどぅんの角なかい ミミチリボージの立っちょんど
(大村?御殿の角の所に、耳切り坊主が立っているよ)
いくたいいくたい立っちょがひ
(何人立っているの?)
みっちょいゆったい 立っちょんど
(3人、4人立っているよ)
ぬーとぬーとを持っちょがひ
(何と何を持っているの?)
『失念』持っちょんど
(小刀と鎌を持っているよ)
泣ちゅるわらびや耳ぐすぐす
(泣いている子供の耳を切り落とすよ)
ヘイヨーヘイヨー泣かんど

耳切り坊主が3人も4人も…??いったいどういう史実なんでしょう。

167 :156:01/09/05 21:55 ID:1CHs92Dw
162さんの歌は、耳無し法一みたいな歌詞ですね。
こ、恐い。。。

168 :天之御名無主:01/09/06 17:08 ID:3gnTF44c
>>148
あーありましたねー。なつかしい!
私は静岡ですが
略・・・ 跳ねるは蛙 蛙は緑 緑は胡瓜 胡瓜は長い
長いは蛇 蛇は怖い 怖いは幽霊・・・
って続きましたねー。

>>64
カナリアの歌って覚えてますよ。
歌を忘れたカナリアは 赤いお紐でくるくると 戒められて砂の上
とかなんとか。
テレビで見たかなぁ。何かで歌ってたなー・・・。

169 :山口県民:01/09/06 17:39 ID:wQAPLYpU
このあたりではじゃんけんは
1.じゃんけんもってすっちゃんほい
2.あいこアメリカヨーロッパ
3.じいじいじいまの禿頭
でした。さらにあいこが続いたときはまた1に戻ってたと思います。

170 :天之御名無主:01/09/07 00:12
新潟ですが、音楽の教科書には
〜じゃんけんジャガイモ北海道♪
  アイコでアメリカヨーロッパ♪〜
ってありました。 (20年前の小学生ですけど)

171 :天之御名無主:01/09/07 12:26
>>64-65>>168
歌を忘れたかなりやは 裏のお山に捨てましょうか?
いえいえ、それはなりません。
歌を忘れたかなりやは 背戸の小藪に埋めましょうか?
いえいえ、それはなりません。
歌を忘れたかなりやは 柳の鞭で打ちましょうか?
いえいえ、それはかわいそう。
象牙の船に 銀の櫂 月夜のうみに浮かべれば
忘れた歌を思い出す。

西条八十の詩では縛ってはいないようですが…
もしかして別のバージョンがあるのでしょうか?

172 :天之御名無主:01/09/14 23:24
♪嘘だヨーグルトうがら死んじまえびフラインドの山奥鉄砲うったらっきょがころがり○○○・・・天下一品さざんさざん♪
って言うの知ってる方いますか?ちなみに○○○・・・のところは不明ですが何かが入ります。

173 :耳ぐすぐす:01/09/14 23:39
>166 耳ちりぼーじ背景になる史実があったの?知らんかったさ〜。
ひょっとして北谷長老と関係あり?

174 :天之御名無主:01/09/15 11:16
サンマさんの昔の(スニーカー?)CMで、
♪インドの山奥でんぽう打ったらっきょが転がりきんだひょうしにねんの春だ
 予習を忘れ天下一品サザンサザン♪
っていうのがありました。 (サザンはメーカー名かも?)
サンマさんがCGで小学生になってスニーカーでてくてく歩いてるCM。
>172さん のはそれが元になったのではないですか?

175 :天之御名無主:01/09/15 23:14
>134
そのCMは見たことないんですが、(あ、私は172さんではないです)
それの元歌は、レインボーマンの主題歌の替え歌ですか?
♪インドの山奥でんでん虫見つけて中身がないから…
までしか記憶にないですが。

176 :天之御名無主:01/09/19 02:31
ゴムとびで、

いっとこにとこでお花つみ
さんとこしとこでかすみをつんで
ごーところくとこななとこはちとこ
きゅうとこじゅういーっとく

ってのがあった。
他でやったって人見ないので、うちの近所の創作なのかな?

177 :天之御名無主:01/09/19 02:53
>119
どうやらこれって「劇を演じる遊び」のようですね。
配役が「遊んでる子供たち」と「鬼」。

松谷みよ子(東京都練馬区在住)の童話「モモちゃんとアカネちゃん」にも
同じ遊びが登場しますが、これは「鬼」の子が本当に異形のもの(蛇?)に
変身してしまうというオソロシイ話でありました。

178 :天之御名無主:01/09/19 03:09
二人でジャンケンするときの歌

「お寺の和尚さんが かぼちゃの種をまきました
芽が出てふくらんで 花が咲いてジャンケンポン」

「じゃんけんほかほか北海道
あいこでアメリカヨーロッパ」

「おちゃらかおちゃらかおちゃらかほい
おちゃらか勝ったよ(負けたよ)おちゃらかほい」

179 :天之御名無主:01/09/19 11:10
うちの祖祖母(横浜生まれ)は、小さいときに外国人に向かって

「異人マメ食ってパーピヨパーピヨ」

って歌ってたらしい。

180 :神奈川県 山北:01/09/19 12:06
インドの山奥-でんでんでんろく豆ウマイま-めだかの学校は川のな-
かぁさんがよなべをして手袋編んでくれ-タイガーマス-クッククックx2
青いト-リンリンリリン、リンリリリンリン〜リリリリリン、ヘイッ!
→インドの〜に戻る

181 :中部地方のとある町:01/09/19 19:36
インドの山奥でんでんむしカタツム林檎は真っ赤っか〜ちゃん怒りんぼ〜くは泣いちゃっ
狸のたっしょん便所の戸が開か内職しちゃダメヨーグルとんがら氏んじまエビフライ→最初に戻る

182 :天之御名無主:01/09/19 21:37
>29
国際摩擦わらべうた、祖父が歌っていたのはエンドレスではなく
終わりがありました。祖父バージョンは
♪日本の、乃木さんが、凱旋す、すずめ、メジロ、ロシヤ、野蛮国、
クロパトキン、金の玉、負けて逃げるはチャンチャン坊、棒で打つのは犬殺し、
シベリヤ鉄道破裂して、帝国万歳大勝利、李鴻章の鼻ぺちゃ(ひどい…)、
チャンチャン坊主の首切って、寺の坊さん鐘撞いた、たぬき、
きつね、ねこ、こんにゃく、くわい、いのしし、しまい(=終い)

というものでした。幼心になんてひどい歌だと思ったけれど、
同時に凄いインパクトがあったので未だに忘れられません。
しかしよくもここまで悪口雑言かつ下品な歌を作ったもんだ。

183 :172:01/09/19 23:38
♪インドの山奥〜
について話出した者です。いろいろな形に変化して広まっているんですね!
感動です。私は1980年生まれでこれは友人の4つ程年上のお兄さんが歌っていた・・・というかすかな記憶をたどりました。

184 :天之御名無主:01/09/19 23:58
母の歌ってたお手玉の数え歌

一裂談判破裂して
日露戦争始まった
さっさと逃げるはロシアの兵
死んでも尽くすは日本の兵
五万の兵を引き連れて
六人残して皆殺し
七月八日の戦いは
ハルビンまでも攻め寄せて
クロパトキンの首をとり
東郷大将万々歳
正義の旗も万々歳

「六」が苦しい…。
「ロシアの兵を皆殺し」でもよさそうな気がするが、ちょっとくどいからかな。

185 :天之御名無主:01/09/19 23:59
>183
80年生まれかー。じゃあ元歌は知らないのかな?
なんでこの歌は、こんなにバリエーション生んだんでしょうね。
やっぱり子供には「だいばだった」が何だか解らなかったからかな…

186 :天之御名無主:01/09/20 01:49
(キラキラ星のメロディで)

ABCの海岸で
カニにチンチンはさまれた
いていて離せ
離すもんかソーセージ
赤チン塗ってもなおらない
青チン塗ったらなおるかな

187 :天之御名無主:01/09/20 02:04
>186
うちには
>いていて離せ
>離すもんかソーセージ
の部分がなかったです。
で、最後が
青チンぬったら毛が生えた でした。

188 :天之御名無主:01/09/20 04:42
>179
ありがとう。それだ。その歌を探していた。

189 :天之御名無主:01/09/20 15:10
@じゃんけんであいこの時、なんと言いますか?
 知っているのを挙げておきます。
あいこでしょ
あいらっし
A二組に分かれたい時・・・(以下同文)
ぐーとぱーでわかれましょ
ぐっぱーじゃす
ぐっぱーし
ぐっぱーしょ(い)
東京・北多摩地区のものです。

190 :天之御名無主:01/09/20 17:19
デンデラルーは出てくるばってん
デンデラレンゲン出ーてこんけん
こんこられんけん
こられられんけん
こーん、こん

長崎の歌、わけ分からん。

191 :天之御名無主:01/09/21 04:04
>189
同じく北多摩の者です。
二組に分かれるときは「ぐーぱーしょい」か「ぐとぱとしょい」でした。

わらべうたとは関係ないような気もするが。

192 :天之御名無主:01/09/21 15:53
ちょっと確かにわらべうたからははずれてますが、
じゃんけんといえば「多いがパー」というのをご存じの方、いらっしゃいますか?
大人数で、ひとり鬼を決めたりする時に、非常に効率のよいもので
「多いがパーよ」で、まず全員がパーを出し、その後
「少ないがチー(グー)」といって、グーがチョキを出す。
その時、グーかチョキ、少ない方を出した人が勝ちなので抜ける。
それを残り二人か三人になるまでやって、最後にじゃんけんして、負けた人が鬼です。
横浜のみなとみらいがあるあたり(当時そんなものはなかったですが)で
育ったんですが、同じ横浜でも、高校でちょっとひっこんだ所に行ったら、もう
誰も知らなかったので、ものすごく局地的なものだったのだろうかとも思うのですが。
大人数で、なかなか決まらないじゃんけんを見るたびに、「多いが」やれば
はやいのにー、とちょっとじれます。

193 :うらおもて:01/09/21 18:27
新潟で富山県に近い場所です。
鬼キメのときは う〜ら〜お〜も〜て! って手をひらひらさせて
表か裏かでグループ分けしました。
鬼を決めるときも、一人だけ表(裏)の人がいればその子。
または多いほうが抜けて、どんどん少なくなるって感じ。
決まらなかったら、次ぎからは てっての手! で何度も続ける。
皆さんはどうやってました?

194 :天之御名無主:01/09/21 19:27
多人数での鬼決めのとき
二人か三人ずつの組になってトーナメント式でジャンケンするのを
「ドン」といってました。

「人多いからドンにしよう」

195 :長崎市南部:01/09/22 04:38
>>142
私のところも同じ形式ではないちもんめに入っていました。
少し歌詞が違います。

梅と桜と合わせてみれば
梅が多いか桜が多いか
うんとこどっこいしょ

なんか短いですね。
(私たちの地区に持ち込んだ人自体が
ちゃんと覚えていなかった可能性がありそう)

なつかしかったです。

196 :天之御名無主:01/09/22 05:00
海老が死んで家が富士になる唄

エービーシーデーイーエフジー

197 :天之御名無主:01/09/25 02:21
知人にここを教えられ懐かしみながら拝見していた者です。失礼します。

わらべうたとは少し違うのですが、
ジャンケンで、アメリカジャンケンというものを存じませんでしょうか?
「アメリカじゃんけんぽんっ」の掛け声ではじめ、
あいこになったときは、最初に出したときの手に対する掛け声を掛けて次の手をだします。

グー>グーカン(恐らく軍艦)
チョキ>チービス(だったかな?何のことなんでしょう…)
パー>ハワイ(そのまんま)

中身は普通のジャンケンなんですけどね(^^

>130さん
私が小さいころは、

じゃんけんぴっぴ どっちだすの〜? こっちだすの〜

という掛け声でした。
あいこのときは あいこでぴっぴ でした。


あと、チョキって人差し指と中指ですが、
親指と人差し指をつかって 田舎チョキ とかいいませんでした?

長くてすみません(^^;;

198 :天之御名無主:01/09/25 05:10
>197
「アメリカじゃんけん」という言い方はしてませんでしたが
パー=ハワイ
グー=軍艦
チー=沈没
で、えんえんと互いに出し合って「ハワイが軍艦、軍艦が沈没…」と
やっていた記憶があります。
ちょっと文で説明しにくいルールのじゃんけんですが
普通のじゃんけんでは勝ちになる方が、上記の口上を述べる権利を持ち、
口上を言わない方が、あいこを出すと負け、というものでした。
今考えると、やばい感じですね。ハワイ、軍艦、沈没…

199 :天之御名無主:01/09/25 12:16
軍艦じゃんけんですね。
グンカン または アメリカじゃんけん って呼んでました。
最初にフツウにじゃんけんして、
              A子   B子
「じゃんけんぽん」     パー   グー  (そのままの手で)  
A「ハワイハワイ、軍艦!」 グー   チョキ
B「チビスチビス、ハワイ」 チョキ  パー
A「チビスチビス、軍艦!」 グー   グー  A子の勝ち!

こんな感じ。 一時期あっち向いてほい並に流行ってました。      

200 :天之御名無主:01/09/28 23:58
富山県 八尾です。
〜ちょち ちょち あわわ かいぐりかいぐり とっとのめ
と母が歌ってました。
 ちょち ちょち あわわ 、って何???
(既出でゴメンナサイ)

201 :天之御名無主:01/09/29 00:42
>>197
10年ほど前の埼玉県東部(埼葛地域)
チョキ=朝鮮、でした。
無知で無垢な子供文化、、、

最近は同じルールでグリン・チョリン・パリンになってるらしい(弟談)

202 :虫封じ:01/10/03 17:56
足の生えたる虫 封じこめます
あらびうんけんそわか あらびうんけんそわか あらびうんけんそわか

全国共通呪文ですか?

203 :天之御名無主:01/10/03 23:10
♪いっぽかっぽで〜らんじょーの乙姫はぁ、この世で生まれて
泣く声はぁ〜、ぴよぴよもんがらもんがら、おしゃれこしゃーれーこ♪
九州地方の歌だと思います。お手玉をしながら歌います。

204 :天之御名無主:01/10/03 23:19
>201
以前朝日新聞の投書欄に「うちの子がジャンケンをして『朝鮮』
と言った。私は叱りつけたが子供は重大さを知らず・・・」
などというのがあった。こんなことを投書する親も朝日新聞も
ドキュソだ。

205 :天之御名無主:01/10/05 01:25
うちも(千葉県)「朝鮮」だった

>201
ぐりんちょりんぱりん
って「グリンピース」ですね。
懐かしい…。

206 :天之御名無主:01/10/07 13:54
>>153
私も北海道で札幌の者ですが全く同じですよ。
ちなみによく言っていたのは10年くらい前。

北海道はそういう独特のわらべうたがないですね。
開拓されたばかりだからなんだろうなあ、ちょっと寂しい。
(本当はあったんだろうにな)
移民してきた人が多いせいか?
ある意味バラエティに富んでる気がします。

207 :今も転勤族:01/10/08 20:59
>197
うちは「戦争」と言っていました(時期的にやばいか)
ぐー =「軍艦」
ちょき=「朝鮮」
ぱー =「ハワイ」
ルールは同じです
>193
父が転勤族だった為場所によってさまざまでした
「グッとチッで合った人」 使うのは「ぐー」と「ちょき」
一回で決まらない時「合った人」と繰り返し発声
「グッパじゃん」 使うのは「ぐー」と「ぱー」     
一回で決まらない時 忘れた
「うら〜おも〜て」 使うのは「手の甲と手のひら」
一回で決まらない時「おも〜て」と繰り返し発声
初めてその地で行なう時は、自分一人だけちょきなどだして中断させてしまう苦い思い出あり(あー懐かしい)

208 :子守唄:01/10/09 00:07
 ねんねこしゃっしゃれま〜せ〜
 寝た子の〜 かわいや〜
 起きてなく子も ねんころこん

 猫がいっぱい出てくる絵本で知った歌 ちょっと違うかも。

209 :BLESS:01/10/09 01:28
>軍艦じゃんけん
懐かしいですね。私の所は「ちょき」を「沈没」といってました。
多分真珠湾がらみの語呂宛てではないかと。
>グリンピース
こっちもやった事があります。
確か二人とも出した物が同じになると
「どん!」と叫ばなければいけなかったんですよね?
どっちも結構やった憶えが。
でもグリンピースの方が新しい遊びだったなあ。私の中で。

>>202
何となく密教のお経の一部に思えてしまうのは気のせいでしょうか(笑)。

210 :天之御名無主:01/10/09 16:07
あー。懐かしいのがいっぱいありますねー

ところで、わたしは脚がしびれたときに
♪しびれ しびれ きょうのぼれ 橋がなきゃ ぴょんととべ

って唄いながら脚を床にトントンしてました。知ってる方います?
ちなみに、新潟出身の祖母がいつも唄ってくれてました。

211 :天之御名無主:01/10/09 22:41
ぼいから ぼいから ぼいから かっか
 ちゃいやん ちゃいやん ちゃいやんやん

知ってる人いる? なんなのかワカンナイ。

212 :天之御名無主:01/10/09 23:47
軍艦じゃんけんって、確か数人でジャンケンポンをしながら唄に合わせて出していくが、
相手が同じのや、面倒臭くなりわざとハワイの後に沈没を出すと、誰かががどぼーんと
言い遊びが終わる。昔子供の頃、うちの近所ではこんなかんじだったなぁ。

ぐんかん、ぐんかん、ちぃ〜んぼつ〜、
ちんぼつ、ちんぼつ、はぁ〜わぁ〜い〜、
は〜わい〜、はぁ〜わい、はぁ〜わぁ〜い〜、
は〜わい〜、はぁ〜わい、ぐ〜んかん、
ぐんかん、ぐんかん、ぐ〜んかん、
ぐんかん、ぐんかん、ちぃ〜んぼつ〜、
ちんぼつ、ちんぼつ、はぁ〜わぁ〜い〜、
は〜わい〜、はぁ〜わい、はぁ〜わぁ〜い〜、
は〜わい〜、はぁ〜わい、ちぃ〜んぼつ〜、
どぼーん!占領。

213 :天之御名無主:01/10/10 00:15
ずいぶん亀ですが縄跳び歌、青山の〜 はうち(都内20年前)は
こうでした

青山のエンドマメは青臭い
お姫様 お花をもって逃げ出した
お殿様 刀をもって追いかけた
いーちはっさん
にーはっさん・・・

214 :天之御名無主:01/10/10 01:24
鬼決めのとき、まず「竹つんぽ」というのをやってました。
人さし指につかまって、つかんでいる子もまた人さし指を出し…
で、つないだ手を一番下の子が「たけつんぽ、ふしぬけぽん」といって
指さししてゆき、当たった子から抜けてゆきます。最終的に残った子が鬼。

こちら東北なのですが…幼稚園の先生から教えてもらったので、先生が
学んだ場所に左右されてるかも。
「あぶくたった」とか、「お寺のおしょさんがカボチャのたねを…」
とかも知ってます。

215 :天乃御名無主:01/10/10 08:27
>>211
東大一直線デミタヨ!

216 :天之御名無主:01/10/10 10:58
>215 ありがとね。 これは呪文? 九州のわらべ歌?

217 :天之御名無主:01/10/10 15:06
「軍艦じゃんけん」って、ウチも「戦争」だったかな?呼び名。
よく覚えていない…。
しかし、いずれにしても中身は、

グー = 軍艦
チョキ =沈没
パー = 破裂   でした。

218 :天之御名無主:01/10/12 00:34
あいすくりーむー あいすくりーむー
 どこからどこから たべよっかなー
はーやっくしないと とけちゃうよー
 でも どーこかっら たべよっかなー

幼稚園で歌ってた。

219 :天之御名無主:01/10/12 03:07
「ちゃちゃつぼちゃつぼ
ちゃつぼにゃフタがない
底とってフタにした」

片手をグー(茶壺)にして、歌に合わせて
もう片手を底にしたりフタにしたりするだけの遊び。

220 :天之御名無主:01/10/12 22:45
2チームで野球とかする時に先行後攻を決める時
両チームが順番に一人ずつ出て
 先行 後攻 みなごっろし♪
と歌って、順番にじゃんけんしていきました。
負けたら次の人に代わる。
で、最後に残ったチームが好きに先行後攻を決める。

「みなごろしで決めよう」 ってフツウに言ってた。

221 :天之御名無主:01/10/17 08:53
わらべうたとはちょっと違うが、昭和56年頃、うちの小学校
(札幌市郊外)では、こんな数の数え方流行っていた。
「いち、にい、さんまる、しいたけ、でっこん、ばっこん、ちるちる、
まるまる、かすたん、ぶう」
発生源知ってる人いますか?

222 :天之御名無主:01/10/17 22:51
>221
昭和52年ごろの東京でも同じものがありました。
「いち、にい、さんまの、しいたけ、でっこん、ぼっこん
ちゅーちゅー、まるまる、がすたん、ぷう」
でした。微妙にちがうんですね。
元はわかりませんが・・・

223 :天之御名無主:01/10/19 13:37
遠く離れた地域にいきなりポツポツと同じ歌が存在したりするのは
やっぱり転校生による伝播だろーか?

224 :天之御名無主:01/10/19 20:10
いーとーまきまき いーとーまきまき
ひいーて ひいーて とんとんとん  (x2)
できたできた こーびとさんのおうち (お靴?)
キレイに手をあーらって キレイに手をあーらって
こびとさんのお家に行きましょう

あーなーほりほり あーなーほりほり
ふんでふんで とんとんとん  (x2)

どなたかこの続きを知りませんか?

225 :天之御名無主:01/10/19 20:34
>224
でーきた出来た、こーびとさんの落とし穴
以下忘却
小学校の運動会で、下級生がその歌に合わせて踊ってました。

226 :天之御名無主:01/10/20 00:45
>225さん ありがとうゴザイマス
だが、未だになぞは深まるばかり。。。。
落とし穴って、、、以外に残酷じゃん?
あと、なんで手を洗うんだろう。

227 :天之御名無主:01/10/20 22:28
キレイに粉をこーねーて キレイにパンをやーいーて♪
  ってあったような。。。。

228 :がお:01/10/22 23:49
種まきまき種まきまき ふんでふんでとんとんとん
できたできたこびとさんの 麦畑
急いで粉をひいて 急いで粉をこねて
急いでパンをやいて 急いでかごを編んで
こびとさんのおうちに行きましょう

あなほりほりあなほりほり ふんでふんでとんとんとん
できたできた こびとさんのおとしあな
きれいにわらをかけて・・・・・
こびとさんのおうちに 行きましょう

ー転調ー
赤いろうそくゆれて 赤いろうそくもえて
赤いろうそく消えて
こびとさんのおうちは夢の国

でした。たしか。

229 :224:01/10/23 20:46
教えてくれた皆さま ありがとうゴザイマす。
 ドリフでシムケンとかとちゃがこの曲で踊ってのよね。なつかしー。

230 :221:01/10/25 20:19
>244
この歌って「糸巻き巻き、糸巻き巻き」っていってたんですか!
自分には「冷凍巻き巻き、冷凍巻き巻き」に聞こえていて、何のこと
やらさっぱり解らなくて・・・・藁藁藁
で、私の書いた数の数え方が、それ以前東京でも歌われていたとは
驚きでした。他に知ってる方、いらっしゃいますか?

231 :猫踏んじゃった:01/11/09 01:11
猫踏んじゃった 猫踏んじゃった
猫踏んづけちゃったら 引っかいた
猫引っかいた 猫引っかいた
猫踏んづけちゃったら 引っかいた
わるいー 猫めー 爪をー 切れー♪

232 :天之御名無主:01/11/19 05:52
>231が途中で切れていて気になるので続き

屋根をー 降りてー ヒゲをーそーれー
猫ニャーゴ ニャーゴ 鳴いている
ねこなーで ごーえ 甘えてる
猫ごめんなさい 猫ごめんなさい
猫踏んづけちゃって ごめんなさい
猫よっといで 猫よっといで
猫かつぶしやるから降りといで

…これって、明確な作詞作曲者っているのかな?

233 :天之御名無主:01/11/23 17:04
初めて知った>232

234 :猫電波@かつぶし頂戴:01/11/23 17:17
>>232
いたはず。
検索してみると…、あれ?いないみたいですね。
一応これだけみつけた
http://www2u.biglobe.ne.jp/~avancema/essay0104.htm#nekofunjatta

235 :天之御名無主:01/11/23 22:36
わらべうたではないのですが、
今の天皇が生まれた時に作られた歌で、
「鳴った 鳴った 喇叭」というのがあったそうです。
また、篠沢秀夫がテレビで言っていたのですが
「皇子さまが生まれた」という歌があったそうです。
この二つの歌(あるいは同じ歌かもしれませんが)について
どなたか御存じありませんか。

236 :天之御名無主:01/11/24 11:36
>>189
@あいこでしょ Aぐーうーとーっぱっ
ちなみに私は京都(市外)ですが、京都市内の子はグッパでホイって言ってた。

じゃんけんほいほいってやりましたか?
♪じゃんけんホイホイ どっちかくすー あこっちかくすー
 あんた馬鹿ね 大馬鹿ね 自殺して しんじまえ(この辺は人によって違うかも
 ビームシュワッチ

っていうやつ。最後の「ビームシュワッチ」が「グリーンピース」だったって
いうひとがいて面白いなって思ったんですが、皆さんの地域どうでした?

237 :天之御名無主:01/11/24 13:02
「ビームシュワッチ」は3種類あって、
ウルトラセブンのおでこから出るビームと、
ウルトラマンのスぺシウム光線と、
あと、もう一つ、なんだっけ、、、、。

238 :天之御名無主:01/11/24 13:39
じゃんけんネタ
「最初はグー、またまたグー、いかりや長介頭はパー正義は勝つ、じゃんけんぽん」
「ぽーんじゃんけんぽーん グーカングーカン朝鮮 朝鮮朝鮮ハワイ」
「グリンピース パリンパリンチョリン チョリンチョリンパリン」
「じゃんけんぽっぽ どっちひくの どっちだすの あいこでほっほ どっちひくの どっちだすの あんた馬鹿ね ビームシュワッチ」

あとは
「裏か表てってのぽっぽこけこっこ」ってのでした、うらおもて。

現18歳で生まれも育ちも佐賀県です。
だから昭和62〜って所かな…
未だに多分やってると思う。

239 :軍艦マーチで替え歌:01/11/28 22:47
♪ 戦艦ヤマトが沈む時〜 高木のブーが飛び込んで〜
  いかりにキンタマはっさまれて〜
  取ろうとしてたら 毛が抜けた〜 ♪
  

240 :ラットキラー:01/11/29 02:48
ずいずいずっこんばっこんごまみそズイッ!!
ドッピュンちゃん!!
ヌけたらドンドコショ!!
チューチュー
イキッこなしよ

241 :天之御名無主:01/11/29 18:38
>>180,181
インドの山奥〜しりとり替え歌ですが、みなさんループになっているようですが、
うちらは収束する型でした。

インドの山奥でんでんでんろく豆ウマイまめだかの学校は川のな
か〜らす何故なくのカラスは山にンニキニキニキニンンキニキニキにしんがサンゾウさん
ゾウさんお鼻がながいのね〜ムーミンこっちむてるてる坊主テル坊主、明日天気に
しておくれインボーマン。(レインボーマンの歌詞最終につながり完結する)

こうしてみるとTVの影響が強い替え歌だ。

242 :天之御名無主:01/12/05 13:36
TVCMでやってたと思うのですが、
イチジク、ニンジン、サンショウにシイタケ、ゴボウ、ムカゴ・・・って言う数え歌
どなたかご存知ありませんか?
七以降が分からない〜。
で、どこの地方の歌なんでしょう?

243 :w:01/12/05 13:45
>>237
>「ビームシュワッチ」は3種類あって、
>ウルトラセブンのおでこから出るビームと、
>ウルトラマンのスぺシウム光線と、
>あと、もう一つ、なんだっけ、、、、。
エメリウム光線とスペシウム光線とゾフィーのM87光線ね。

244 :天之御名無主:01/12/05 17:38
インドの山奥でんでん虫かたつむリカちゃんプレゼントマトは何故赤いンドの山奥
でんでんでんろく豆うまいまめだかの学校は川のなからす何故鳴くのカラスは山にんにく
食べたら屁が出るゾウさんゾウさんお鼻が長いのねこふんじゃったぬきのきんたま風に揺られてぶらぶら
それを見ていた誰かさん、がぶりと○○ぽこに噛みついた、ぎゃー

というのがうちの地元では流行ってたぞ。>>241

245 :天之御名無主:01/12/06 01:21
>243 ありがとね。今の子は知ってるかなぁ。
>242 その歌、子供の頃CMで聞いたことあるよ

246 :天之御名無主:01/12/06 02:12
>242
9と10は「くわい」に「冬瓜(とうがん)」だったはず。
7と8は私も失念…。「棗(なつめ)」「山芋」…だったかなあ。
そしてどこの地方の歌かは知らないです。

247 :天之御名無主:01/12/06 08:29
>>246
いち、に、サンバルカンのしっぽ、ゴリラの息子、菜っぱ、葉っぱ、腐れた豆腐って数え歌があったな(w
じゃなくて、「無花果、人参、山椒に椎茸、牛蒡、零余子、棗、山芋、慈姑に冬瓜」でいいと思います。
そっちも使ってた。

248 :桂三枝:01/12/06 09:26
いち にぃ さん し ごくろうさん ろく しち はっきり くっきり ○芝さん

249 :w:01/12/06 09:28
>>245
ごめん
×=エメリウム
○=ナトリウム
エメリウム光線はエースだった。

250 :天之御名無主:01/12/06 12:33
>>249
ナトリウムって。
エメリウム=セブン
メタリウム=エース
じゃないの?

251 :天之御名無主:01/12/06 21:07
>>242
うちの地方(東京多摩東部)では、
「イチジク、ニンジン、サンショにシイタケ、ゴボウにロウソク、七草、白菜、キュウリにトンガラシ」
でした。
ロウソクだけちょっと変。

252 :天之御名無主:01/12/07 01:21
>>247
腐れたって、247さんは九州地方ですか?
私の友人(鹿児島出身)が腐れたって頻発するんですよ。

253 :天之御名無主:01/12/07 01:49
くっされ いいます

254 :天之御名無主:01/12/07 13:54
>>219
「ちゃちゃつぼ ちゃつぼ
ちゃつぼにゃ 底がない
ふたをとって 底にした」

で、エンドレス(w

>>247
いち にぃ さんまのしっぽ
ゴリラの息子 菜っぱ 葉っぱ
腐った豆腐

だった

255 :天之御名無主:01/12/07 14:20

            __,,,,_
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐   '''ー {!
          |   |   ‐ー  くー |       _________
           ヤヽリ ´゚  ,r(、_>、 ゚'}   /
         ヽ_」     ト‐=‐ァ' !  < 死なすよ?君ら
          ゝ i、   ` `二´' 丿    \
              r|、` '' ー--‐f´          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\

256 :天之御名無主:01/12/07 14:33
いち、にい、さんまのしいたけ、てっこんぱっこんちゅうちゅうたこかいな。
…数え歌にすらなっていない、謎めいたモノ(笑)。
主にいわゆる「逆時そば」というか、人が物を数えるのをジャマする目的で
歌われていました。ちなみに東京都でした。

257 :天之御名無主:01/12/16 15:23
「ビビディバビディブウ」の節で

やめてよして触らないでアカがつくから
あんたなんか嫌いよ 顔も見たくない
フン

ってのがあった。
よく考えるとイジメだなこりゃ。

258 :四方海人:01/12/16 16:20
>29
この尻取り歌は聞いた事が有ります。憶えているのは下のようです。
文句から明治末期か大正の匂いがしますね。東京の下町です。

国旗日の丸ヒイラヒラ。ラッパで進む兵隊さん。参謀本部は麹町。町
で名高い東京市。教師と生徒は仲が良い。宵から眠る怠け者。獣飼っ
てる動物園。園芸大好き花が咲く。桜の名所は吉野山。山で名高い法
隆寺。仁丹買って母さんと、戸口の所でたっていた。タタ。*高シャッポ。
ぽんやり。陸軍の。乃木さんが。凱旋す。雀。メジロ。ロシヤ。・・
(国際問題になるのは嫌だから)クロパトキン。金玉。馬糞。掃除婦。
褌。締めた。*に戻る。

259 :天之御名無主:01/12/16 23:45
同じ地域でも家だけだったみたいだけど、毎年2月15日に天神講というのをやっていた。
菅原道真の掛け軸と梅の花かざって、小正月みたいな夕食だった。
そのとき歌わされた歌が
♪天神講手習い講 な〜む天神大天神
 人に優れて読み書きするように
 梅もそろそろさくらもかれる ♪

なんで桜が枯れるといってるのに、梅もそろそろなんだ。
順番が逆だろーとつっこみたいと思っていた。

260 :名無しさん:01/12/17 04:08
>242
イチジク、ニンジン、サンショにシイタケ、ゴボウ
むかご(じねんじょのこどもだよね?)ナツメグ、桑の実、冬瓜
に聞こえてたよ、あのCM。ごめん8だけが思い出せない・・・

261 :天之御名無主:01/12/17 04:24
「無花果人参」もいろいろあるんですね。
イチジク、ニンジン、サンマにスイカ、・・・・なんでスイカなんだ?

262 :天之御名無主:01/12/17 08:28
>260
なつめ に やまいも
ですよ。
ナツメグってあんた

263 : :01/12/17 08:42
http://www.arcadia-ent.co.jp/arigatou/title.html

264 :天之御名無主:01/12/17 22:43
↑なんで募金のサイトが貼られてるんだ、、、?

265 :天之御名無主:01/12/18 16:49
いちかけ にかけ さんかけて
一条戻りの橋のうえ

※こーとろ ことろ 子供がとれなきゃなんとしょう
 せいめいさまの首とろう

いばらぎ かつらぎ あくらおう
くれは つちぐも おんまさかど


てな歌が江戸時代末期流行ったそうですが。

266 :名無しさん:01/12/21 05:43
260より>262
耳が腐ってるってこったな(笑)
ありがとう謎がとけたよ。「ナツメグ」に聞こえてたけど「?」って
思ってたからさあ。感謝。

267 :天之御名無主:01/12/25 01:56
ちょ〜き〜だしたらブン殴りっ!
というかなり意味のわからんじゃんけんの掛け声がありましたよ。
ちなみに1981年で世田谷区の小学校です。

268 :天之御名無主:01/12/25 09:49
>>257
やめてよして触らないで
子供できちゃう〜
あんたなんて嫌いよ
顔も見たくない。ふん

だった!!
子供って・・・(笑)

269 :天之御名無主:01/12/25 10:48
>>257
それ俺の兄貴が考えた歌なんだ。ほんとだよ

270 :天之御名無主:01/12/25 12:26
>>252
遅レスすみません。
佐賀です。

腐れたって九州人が言うのかなぁ。
西日本全土だと思ってた。

271 :天之御名無主:01/12/25 16:51
>>269
ワラタ

272 :天之御名無主:01/12/27 02:01
>>269
そりゃ何年ごろの話ですか?

273 :天之御名無主:01/12/27 23:11
誰か「花いちもんめ」の歌おしえてください
子供の頃よく歌い、遊んでたんだけど
すっかり忘れてしまいました

274 :天之御名無主:01/12/28 04:24
>>273
(最初にジャンケンして、勝った方から)
「勝ってうれしい花いちもんめ
負けてくやしい花いちもんめ
となりのおばさん、ちょっと来ておくれ
鬼がいるから行かれない
おふとんかぶってちょっと来ておくれ
おふとんびりびり行かれない
お釜かぶってちょっと来ておくれ
お釜底抜け行かれない
あの子がほしい
あの子じゃわからん
この子がほしい
この子じゃわからん
相談しよう
そうしよう

○○ちゃんがほしい
××ちゃんがほしい
ジャンケンポン」


東京に住んでました。「おふとん」と「お釜」は順序が逆だったかもしれません。
考えてみると変な歌です。

275 :天之御名無主:01/12/28 04:36
>247
まだ、どっちの勝ち負けもない一戦目(?)は。最初の所を
「ふるさとまとめて花いちもんめ」と歌いませんでしたか?
…いまひとつ、意味のわからないフレーズですが…。
あと、私も東京でしたが「おふとん」の所は
「おふとんないから行かれない」だったような。おふとんないって…。

276 :247:01/12/28 09:25
>>275
ふるさとたずねてじゃなかったっけ?

277 :269:01/12/28 11:54
俺の記憶が確かなら15年くらい前だったと思う
そのビビデバビデブーの歌をテレビだか映画館だかで見た
兄貴が友達といっしょに考え出して学校で歌ったのが
最初らしい。その後校内で爆発的に流行って
俺の兄貴がよく自慢してた

278 :天之御名無主:01/12/28 15:09
>277
コレ書くと歳がバレるが、それ30年くらいまえからあった替え歌だよ。

279 :257:01/12/28 15:27
>>277
うむ、私は昭和53年ごろに歌ってた。

280 :天之御名無主:01/12/28 15:30
「花いちもんめ」って、「花一匁」ってことなのかな?

281 :269:01/12/28 16:38
お、俺はずっと騙されていたのか!?

282 :269:01/12/28 16:40
正月実家に帰ったら兄貴を小一時間ばかり問いつめてくるので
ゆるしてくだされ

283 :私も富山:01/12/29 01:12
ゴムとび遊びの一種で「岸恵子」ってのがありました。
♪き〜しきしきし岸恵子 ホワイト アメリカ ヨーロッパ
ぱっぱぱーのおてんば娘 ニンニン肉屋の大泥棒♪
原曲は♪おはぎがお嫁にゆくときは・・・♪(タイトル忘れた)
女優の岸恵子の名前が出てくるということは昭和になってから
作詞されたってことでしょうね。でも、なぜうちの地域だけで
延々と歌い継がれたのか謎です?

284 :私も富山:01/12/29 01:20
>>257
うちの方では、
♪見つめないで 触らないで いやらしいわね
あなたはエッチね WH(ダブルエッチ)ね♪ でした。

285 :天之御名無主:01/12/29 02:07
遅レスですが
いちじく にんじん さんしょ(山椒)に しいたけ
ごぼうに むかご ななくさ やまいも くわいで とうなす ほい!
でした。チャレンジの付録だったので地名はわかりません

286 :天之御名無主:01/12/29 02:49
>>283
東京ですが、やはりゴム飛び遊びで

「きんし輝く日本の あいこでアメリカ ヨーロッパ
ばんばん婆ちゃんの新学期 ニは肉屋の大泥棒
教会の鐘が鳴る」

ってのがありました。
節は「おたまじゃくしはカエルの子〜」と同じ。
父の言うには、
「金鵄輝く日本の 栄えある光身に受けて
今こそ祝え このあした 紀元は二千六百年
ああ一億の胸は鳴る」
ってのがモト歌らしいです。

「アメリカ ヨーロッパ」とか「肉屋の大泥棒」とかの
脈絡なさげな共通点はどこから来たんでしょ??

287 :天之御名無主:01/12/29 03:20
こんなん見つけた。

ttp://www.educa.nagoya-u.ac.jp/otani/gomudan/index.html

288 :天之御名無主:01/12/29 19:05
ていうか今まで兄を微塵も疑わずに信じてた269はある意味すげぇ。

289 :天之御名無主:01/12/29 22:00
こまっちゃ〜う〜なぁ〜♪
便所に紙が無い♪
ど〜しよぉ〜♪
お手手で拭こうかしら〜♪
ママに言ったら何にも言わずに笑っているだけ〜♪

290 :天之御名無主:01/12/29 23:56
みっちゃん道々うんこたれてー
紙が無いから手でふいてー
もったいないから舐めちゃった。
、、、ってもう既出?

これもいじめだな、今考えると。

291 :天之御名無主:01/12/30 00:16
これみてると
「カゴメカゴメは呪術の歌」とかいって謎解きしてるのがバカバカしく思えるようになったよ。
これらもきっと、その時代時代でのたんなるノリや調子のよさだけで作っただけなんだろうな・・・・と。

292 :猿飛:01/12/30 01:31
「かごめ」は根来忍法「かごめの術」
口を割らせる為に集団でぐるぐる回って催眠をかけた尋問の一種。
もちろん、本物はあんな調子ではない。
後に形を変えて、遊戯になった。

293 :天之御名無主:01/12/30 02:25
>>292
反射的に、「民明書房刊」と頭に浮かんでしまった…。

294 :天之御名無主:01/12/30 04:36
>>293
(w

所でこのスレ、わらべうた羅列スレになってて考察もなんもなくなってるなー…

295 :天之御名無主:01/12/30 11:23
ていうか最早わらべうたじゃねぇだろ、って突っ込みは可?

296 :天之御名無主:01/12/30 18:53
>>295
「わらべ」うただからある意味あってるんでは。
伝統童歌だけである必要はないし。
と意味のないツッコミをしてみるテスト。

297 :天之御名無主:01/12/30 21:34
http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%A4%EF%A4%E9%A4%D9%A4%A6%A4%BF&sw=2
う〜む。

298 :天之御名無主:02/01/02 02:32
♪abcの海岸で〜の最後はうち(東北日本海側)では
黒ちん塗ったら毛が生えた です

299 :天之御名無主:02/01/02 04:34
>274
 私もはないちもんめには
 「ふるさとまとめて東京へ送ろう・○○(失念)まとめて田舎へ送ろう」
 というフレーズが入った記憶があります。

 ずいずいずっころばしの後半部分は口減らしともとれる気がする。
 >おっ父さんが呼んでもおっ母さんが呼んでもいきっこなしよ 
 >井戸の周りでお茶碗かいたのだぁれ
  殺されてしまうから、お父さんやお母さんが呼んでも行ってはだめだよ。
  井戸の近くでお茶碗をかく(欠く→壊してしまう)のは、
  必要のなくなった茶碗だから(使う人がいない→死んでしまった)。
 
  やはりこじつけかね(苦笑)。  

300 :山野野襖:02/01/02 11:04
向こうの山に猿が三匹おったげな 一番上は物知らず 一番下も物知らず
いっちなかのこん猿が よう物知って どんじょう川に飛び込んで
どんじょう一匹捕まえて 手でとるもかわいし 足で採るもかわいし
(途中忘却)
それを三切れに切って 和尚さんに一切れ 小僧さんに一切れ 私に一切れ
備後出身のものですが、どなたか類似したものをご存知ありませんか。

301 :天之御名無主:02/01/02 11:21
>>300
はじめて知った

302 :天之御名無主:02/01/02 11:26
あんたがった何処さ ひごさ
ひご何処さ 熊本さ
熊本何処さ せんば(てんば?)さ
せんば(てんば?)山にはタヌキがおってさ
それを猟師が鉄砲で撃ってさ
煮てさ 焼いてさ 食ってさ
それを木の葉でちょいとかーくーす  よく歌ったなぁ

303 :天之御名無主:02/01/02 15:54
>299
歌の内容はよくわからんけど、ずいずいずっころばしで
最後に指された子はゲームから外されるんだよね。
そのへん、口減らしとか生贄っぽいような気がしなくもない。

304 :299:02/01/03 00:49
>303
レスありがとう。
初めてここの板に書き込んだから、的外れなことかいているかもと心配だったんだ。
私の経験だと、既出にもある両手をだしてやる方法だった。
片手ずつ抜いていって最後に残った人が負け。
最近の子供ってこういう遊びってするのかな。
こういう言い方すると、年取った気がしてならないよ(苦笑)。

305 :天之御名無主:02/01/03 03:00
>>208
ねんねこさっしゃりませ 寝た子の可愛さ
起きて泣く子のねんころろ 面憎さ
ねんころろ
ねんころろ

中国地方の子守唄だったと思います。
猫ではないと……^^;

306 :山野野襖:02/01/03 11:06
>305
聞いた、聞いた。ついでにこんなのも聞いた。
とことこ山の兎の子 何故に耳が長いの それは母がつわりに
びわの葉を好んで 食べてそれで長いの とことこ山の兎の子
ただの紹介になってますが。

307 :天之御名無主:02/01/03 14:34
>>302
懐かしい

308 :天之御名無主:02/01/04 14:08
やなせたかし って童話作家の絵本で見たんだよ(笑)
ほんとだったらー!(汗) >305

309 :天之御名無主:02/01/04 15:24
>308
馬場のぼるの「11ぴきのねこ」ではないか?
やなせたかしはアンパンマンの人だけど…。

310 :天之御名無主:02/01/04 18:18
>>309
アンパンマンのひとって言うなよ。
やさしいらいおんだとか色々あるだろ。

でもじゅういっぴきのねこだろう。猫がたくさん出てくる絵本でそういうのが出てきそうなのつーたら。

311 :308:02/01/05 03:45
あははーーーー! そうだ全然勘違い。(誤爆)
そのひとです!  失礼しましたです >309、310
皆さん記憶力よいのね。じゅういっぴきの猫今度探そうっと。

312 :天之御名無主:02/01/11 12:20
このスレ好きage

313 :ずいずいずっころばし:02/01/12 14:02
「ある農家でずいきのゴマミソあえを作っていたところ、
表を将軍様に献上する"茶壷道中が"通りかかりました。
驚いた家の人たちが急いで奥へ隠れます。
静まりかえった家の納屋の方では、ネズミが米俵を食べる音。
井戸端ではあわてた拍子にお茶わんを欠く音。
息を殺している中でのいろいろな音。
やがて茶壷道中は去って行く。」

ほかにも色々な説があるようですがこれが、一番近いんじゃないかと思います。

314 :天之御名無主:02/01/12 22:16
ずいきって何?

315 :天之御名無主:02/01/12 22:41
>>314
君は辞書を引くということを知らんのかね。
http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_print.cgi?MT=%A4%BA%A4%A4%A4%AD&ID=a4b9/10571300.txt&sw=2
性具のことだよ(ワラ

316 :天之御名無主:02/01/13 13:58
>>314
保存食

317 :天之御名無主:02/01/14 11:09
「ずいき」とは、里芋の茎を乾した物。
味噌汁の具に最高です。

318 :314:02/01/14 13:24
そうなんだ、みなさんありがとー!

319 :  :02/01/15 06:33
あったまでかでーか さえてぴかぴーか
それがどーした 僕ドラえもん
21世紀の猫型ロボットォ
どーんなもんだい 僕ドラえもん

320 :天之御名無主:02/01/16 12:34
ずいきage

321 :天之御名無主:02/01/16 12:41
随喜

322 :天之御名無主:02/01/17 19:52
>309
十一匹のねこって、井上ひさしだと思ってた・・・。

ちなみに井上ひさしの書いた魚の子守唄↓(猫たちが大きな魚を捕まえるために歌った)

♪ねんねこさっしゃりませ おとなしく
 ねんねこさっしゃりませ しないと抓るわよ
 
 やぶ蚊が刺すから あんよを出さないで
 蝿が止まるから  おでこを出さないで
 
 風邪をひくから  おへそを出さないで
 笑われますから  鼻からちょうちん出さないで

 お布団汚れてしまうから  布団の外に寝て
 いびきがとっても煩いから 息を吸わないで

 寝相を良くしてねんねこせ
 ねんねこさっしゃりませ おとなしく

これで合ってるはず・・・多分・・・長くてスマソ。


323 :天之御名無主:02/01/18 03:07
>322
舞台版は井上氏のシナリオですね。すごいラストだったが…。

324 :322:02/01/18 08:50
>323
やっぱり、絵本とは違うのですか・・・
そういえば、馬場とか言う名前だった気もする・・・で、最後ハッピーエンドで>絵本

>ちなみに井上ひさしの書いた
日本語変・・・井上ひさしが書いた、ですね。


325 :天之御名無主:02/01/18 21:28
>>324
いや別に日本語変じゃないし。
特に九州は「何々が」を「何々の」と言うから違和感なかった。

「○○さんの××しよらす(○○さんが××していらっしゃる)」とか。

326 :天之御名無主:02/01/22 17:11
あんたー ちょっとー 見かけによらない にっぽんいちの
くるくるぱー はっきりいって ゴリラの むすこの ななだいめ

あんたちょっとのところで一本、二本と指を立てて、みかけに のところで三本
よらないで四本 にっぽんで二本 いちので一本 というふうに指を立てて遊ぶ
なにが楽しかったのかよくわかんないけど。。。

327 :天之御名無主:02/01/23 02:42
そういえば、「汽笛一声新橋を」みたいな節で

一二の三の四の二の五
三一四の二の四の二の五

とか、指を立てていく遊びがあったような…。

328 :天之御名無主:02/01/24 01:24
あああ! 知ってる! 指の運動だと思ってた。
母が歌ってた。>327
母は富山出身。

329 :天之御名無主:02/01/25 12:14
ずいずいずっころばしはとおりゃんせと共通していて、
歌は暗号になっているのです。
奥が深いので調べてもらえればよく分かるとおもいます。


330 :天之御名無主:02/01/25 17:58
>>325
主格の「の」ということで。

331 :天之御名無主:02/01/25 21:26
カゴメカゴメは?
>329

332 :天之御名無主:02/01/26 21:27
とおりゃんせって、そんなに深い意味あるの?
わりと普通の会話のように見えるが。

333 :天之御名無主:02/01/27 12:12
とおりゃんせの二番三番分かる方っていらっしゃいます??
一番は有名だけども・・。

334 :天之御名無主:02/02/10 02:48
ttp://www05.u-page.so-net.ne.jp/gc4/roti-rot/u_legends/u_led/rumor/rumor_16.html

こんなんあった

335 :天之御名無主:02/02/10 05:19
>とおりゃんせ
ジャンルはミステリに入るであろう講談社ノベル
「QED 式の密室」(漫画じゃないよ)で、探偵役の男が講釈垂れてたなあ
ただこの本、袋とじがしてあって立ち読みできないんだよねえ。

336 :天之御名無主:02/02/10 11:50
先日、東急田園都市線に乗っていたら3人の子供がなごやかに
過去レス200あたりで話題になっていた
「軍艦ハワイ、軍艦朝鮮・・・」のジャンケンをしているのです。
しかしふと車両の中の会話を聞いていると、
「イルボネ」「アイゴ」「ハムニダ」などの朝鮮語の会話が
聞こえてくる。3人の韓国人婦人がいたのです。
韓国人の隣であくまでもにこやかに軍艦ジャンケンを延々と続ける
子供・・・
嗚呼!

337 :333:02/02/15 02:11
検索したらあったや。>二番
どうしよう?知りたい方がいらっしゃるなら、貼り付けますが
相当ヤバイようです。
やめとくかね・・・・・・・。

338 :天之御名無主:02/02/15 16:23
>337
よろよろ

339 :天之御名無主:02/02/16 01:15
かっわいい かっわいい 魚屋さん
ままごっと あっそびの 魚屋さん
こんちは おっさかな いかがです
まーいっど あっりがと ございます
にっこにこ げんきで まったあっした♪

340 :天之御名無主:02/02/16 01:27
おおはらしょうすけさん 
なんでしんしょうつーぶした?
朝寝 朝酒 朝湯がだい好きで
そーれでしんしょうつーぶした
はーもっともだーもっともだ♪

341 :天之御名無主:02/02/16 02:30
   とおりゃんせ とおりゃんせ 
   ここは何処の細道じゃ?
   天神様の細道じゃ
   ちょっと通してくだしゃんせ
   ご用の無い者通しゃせぬ
   この子の七つのお祝いに お札を納めに参ります
   行きはよいよい帰りは怖い 
   怖いながらもとおりゃんせ とおりゃんせ

   かえりゃんせ かえりゃんせ
   お宮のご用が済んだなら この道通ってかえりゃんせ
   お宮のご用は済んだけど かわたれ時にはお化けが出ます
   帰りのおみやげ何買うた?
   お寿司にお団子柏餅
   お寿司をくれねば通らせぬ
   おっとさんのおみやげあげられぬ
   お団子くれねば通らせぬ
   おっかさんのおみやげあげられぬ
   とった子返せば通らせる

   返しましょう 返しましょう

諸星大二郎のマンガでは二番の歌詞は以上のようなものだが
出典が不明。諸星大二郎の創作かどうかも不明。
以下のサイトを参考にしてちょ!
http://homepage2.nifty.com/osiete/s683.htm



342 :天之御名無主:02/02/16 08:08
ここのスレに音が入れられないのが非常に残念に思います。
「うた」で聞きたいな。
いろんなそれぞれの響きがあるに違いないのに。

343 :天之御名無主:02/02/16 12:21
>341
これはやっぱり諸星氏の創作でしょう…。
ストーリーの上では、「とおりゃんせ」の歌がタブーとされている某地方で
その代わりのように歌われているという設定。

344 :山野野衾:02/02/16 12:26
うちの古里のわらべ歌(カゴメカゴメ型の遊びで歌われた)
坊さん、坊さん何処行くの 向こうの山までお使いに
私も一緒に連れてって   お前がおったら邪魔になる
このキンカン坊主の糞坊主 背なのはだぁれ
(似た様な別の遊びで外れた場合)
次にあてなんだら 包丁持って刺し殺す

345 :天之御名無主:02/02/16 12:30
・・・物騒な歌ばっかりだ・・
・・・なんでだ??

346 :天之御名無主:02/02/16 13:14
なーべなーべそーこぬけ
そーこがぬけたらかえりましょ

347 :333:02/02/19 00:43
>>341
ううん、それじゃなくってね・・・↓

とおりゃんせ 通りゃんせ ここは何処の細道じゃ
ここは冥府の細道じゃ ちぃっと通して下しゃんせ
贄のない者通させぬ この子の七つの弔いに 供養を頼みに参ります
逝きはよいよい 還りは怖い
怖いながらも とおりゃんせ 通りゃんせ

これ貼り付けようとしたら、いきなりIE6が強制終了された・・・。
おっかないのでsage・・・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


348 :333:02/02/19 00:45
ちなみに、一番と繋げて歌っちゃいけないらしいです・・・。

349 :天之御名無主:02/02/23 13:38
高校の保健で習った。
 鉄道唱歌の替え歌で「法定伝染病のうた」っていうのがあるんだけど、

赤痢にコレラにに腸チフス♪ の後知ってる人いない?

350 :天之御名無皿:02/02/23 22:29
探せばあるもんだね

http://lion.zero.ad.jp/eririn/to_ryanse1.mid
http://www.fuji.ne.jp/~yasuonod/tkdhsongs/touryanse.html
信号機
http://www2.ocn.ne.jp/~midishow/midi/signal02.mid

351 :転校で:02/02/25 00:28
千葉→栃木→茨城を巡った小学生時代。
方言とか遊びにはカルチャーショック受けまくりでした。
たとえば栃木でのだるまさんが転んだは
「東京の真ん中でだるまさんが転んだ!」という掛け声でした。
千葉では「だるまさんが転んだ×3」だったのに。
ちなみに千葉ではじゃんけんを「ちっけった」あるいは普通に
「じゃんけんぽん」といいながらかなり軽快に行うのに対し
栃木ではかなりローテンポに「じゃ〜んけんぽん」とやるので
最初はリズムが合わなくて苦労しました。

そういえば茨城に居た頃教わったわらべ歌遊びでは
(アルプス一万尺とか、みかんの花みたいの。)

 3月3日のお餅つき
 ぺったんこ、ぺったんこ
 ぺったん、ぺったん、ぺったんこ 
 ひっこねて、ひっこねて
 ひっこね、ひっこね、ひっこねて
 ぺ、ぺ、ぺったんこ
 ぺったん、ぺったん、ぺったんこ

というのがありました。
かなり難度が高い遊びでしたが知ってる方います?


352 :天之御名無主:02/02/25 01:36
わらべうたとはちょっと違うけど…

やだヨーグルとんがら死んじまエビフラインドの山奥でんでん虫かたつむリキんだ拍子
二年の春だ予習も忘れ天下一品さざんさざん

わけわかんないけど、一気につなげて読みます。メロディ?がかなりリズミカルな感じなの・・・
何か頼まれごとされて「え〜やだ〜!」って時に「やだよーぐると……」という具合につかっていたよーな。
多分静岡。。
だれか知らない?




353 :天之御名無主:02/02/25 13:37
ここのスレ、最初から読んでみましたがまだ
挙がっていないので書き込みます。

ゴム跳びする時の歌なんですが、
1:向かい合わせに立った二人の人間が2本になる状態にゴムを持つ
   (輪ゴムのように円になるよう結んだゴムを
    お互い足首に通す)
2:この歌を歌いながら跳ぶ。

 いっせんど〜 はりせんど〜
 ○○○○○○○○ いっせんど〜 はりせんど

 なお、跳び方はゴムに向かって後ろ向き、
 片足ずつ足踏みをするような形。上手な子は足首にゴムを引っかけて
 クロスするような感じにしたりもする。
  (ああ上手く説明できない)

3:上手くいくとだんだんゴムの位置が高くなっていく。
  肩ぐらいの高さになると、人差し指とか人差し指+中指とかで
  ゴムをぐーっと低くして跳ぶ。

ゴム跳びそのものは普通なんでしょうが、とりあえずこの
中で唄う歌の意味が知りたいです。
一銭堂、なのでしょうか?

ガイシュツの「どろけい」「けいどろ」は「どろじゅん」、
アメリカジャンケンは「軍艦」(ぐー)「沈没」(ちょき)「破裂」(ぱー)
そして「下駄隠し」という遊びをする京都に住んでいます。
下駄隠しは京都のわらべうただそうですね。知らなかった。

あと、「ぼんさんがへをこいだ においだらくさかった」が関西だけだと
知った時も驚いたけど・・・(まあ関西弁ですよね)



354 :天之御名無主:02/03/01 00:09
ヤダようちえんこたれんげのはなくそまるめてソーセージぃちゃん
たべちゃったんぼのよめさんへをこいてくさくてくさくてにげちゃった

息継ぎ無しでいっきに歌い(?)ます。
あまりにもアホらしいので今まで書かなかったけど、
なんとなく352さんのと似てるかなーと思ったので。。。。

355 :天之御名無主:02/03/01 16:35
ところで、わらべうたを集めた本って無いですか?
教科書に載ってるようなのだけじゃなくマイナーなのも載ってるような。
謎解き本じゃなくて。

356 :天之御名無主:02/03/02 01:35
わらべ歌ではないかもしれませんが、いのこ祭りと言うのをごぞんじですか?
村の男の子たちの祭りのようなもので、夜、子供たちが集まり、一人、太夫になって、白塗りで着物、はかまをはいてごへい
(すみません。漢字がわからない)を振り、何人かが鬼になって家の中に入り子供たちを
恐がらせ、他の子達はロープを張った石うすで歌に合わせ庭に穴を掘ります。そのときの歌

いのこ、いのこ
いのこもちついて
祝わん者は、おーのーうめ、じゃうめ(鬼を生め、蛇生め?)
角の生えた子生め   どーさどっさ
大黒様という人は、いーちの俵ふんばって
二でにっこりわろて(笑って)
三で酒を造って
四つ、世の中良いように
五つ、いつものごとくに
六つ、無理のないように
七つ、何事ないように
八つ、屋敷を広めて
九つ、ここに蔵立てて
十、でとうとう治めた
繁盛せー、繁盛せー
大繁盛ー

今は子供の数も減って、なくなった風習です。

長文スマソ





357 :天之御名無主:02/03/05 01:20
『たこさんたこさん電信柱に引っ掛かって〜♪』
という歌を歌いながらゴム飛びをした覚えがあるんだけど、その続きが思い出せない…

『たこ』は凧だか蛸だか不明。普通に考えれば凧なんだろうけど、
お父さんやらお母さんやらが出て来た覚えがあるから蛸なのかも(汗
それでも変だけど。
ちなみに静岡県中部。

358 :357:02/03/05 18:08
思い出した。

たこさんたこさん おおだこさん
電信柱にひっかかって
父さん母さんとってくれ
はしごがないからとれないよ
えーんえーんえんえんえん

359 :山野野衾:02/03/05 22:10
>356
うちの田舎にも似た様なものがありますが、今ではほとんど最初の文句だけ
で済ませている様です。こちらは備後ですが、そちらはどこのイノコですか。

360 :天之御名無主:02/03/06 00:58
>359
山口県の周防の片田舎です。
いのこは瀬戸内地方の風習なのでしょうか?
微妙に地方によって歌とかやり方とかが違うみたいですが・・・
いのこが終わって、おばさんたちが作ってくれたぜんざいを食べるのがおいしくて嬉しかったー

361 :天之御名無主:02/03/06 03:29
>>352
微妙に違うけど、

やだヨーグルとんがら死んじまエビフラインドの山奥
電報打ったラッキョウが転がリキんだ拍子
二年の春だ予習も忘れ天下一品さざんさざん♪

の歌詞でなんかのCMソングに使われてましたよ。
学習用品かなにか。後半から推測するとさざんか学習帳?
CMで使われてたのは「インドの山奥〜」からだったかも。

362 :山野野衾:02/03/06 08:23
>360
ご返答有難う御座います。イノコは近畿西部以西にしか分布して居ない様で
すね。広島市周辺にはイノコ神楽があります。

363 :天之御名無主:02/03/07 15:16
あの、イノコって何スか?

364 :山野野衾:02/03/07 16:21
>363
亥の子。上記にある様な歌を歌いながら、子供達が「亥の子石」という石に
繋がれた縄を持って家々を回り、門前の大地に石を打ちつけて豊作・繁盛を
祝う年中行事。(石の代りに藁を使用したものもあったが、こちらは早く廃
れた。)多産の猪にあやかろうと、秋に行われる。
亥の子の神は畑の神であり、冬は屋内に居て春にまた出て来られるという。
勿論歌には数種類が存在し、地域ごとに若干異なっている。

365 :山野野衾:02/03/07 21:55
手毬歌アゲ
一かけ 二かけ 三かけて 四かけ 五かけ 橋をかけ 橋の欄干手を置いて
遥か向こうを眺むれば 十七、八の姉さんが 片手に花持ち 線香持ち
もしもし姉さん何処へ行く・・・(以下忘却部分多し)
この後死んだ親について語り、その墓参りに行くと娘が言う。それを良い事
じゃと歌っておしまい。

366 :天之御名無主:02/03/07 21:57
>>364
なんか、土着の信仰っていいなぁ。
ほのぼの。

367 :山野野衾:02/03/07 22:13
>366
やってもらった御礼に小銭を渡すのですが、転勤族には不評な事もあります。
他所から来てルールを主張するのはどうかと思いますが。

368 :356:02/03/07 23:09
私の田舎の亥の子は、提灯を持って行列し、秋田のなまはげのような鬼の格好をして、家の中に入って来て
家人を恐がらせたり、太夫さんの格好をしたりと、結構本格的だったように思いますが、
山野野衾さんの所はどんな様子でしたか?

小さい頃、子供心に鬼がとても恐くて隠れていた事を思い出します。
自分は女性ですが、男子の数が減って女子も参加するようになったので
小学校の高学年から参加するようになりました。

今思い出しても、とても幻想的で、子供たちの楽しみの行事でもありました。

369 :山野野衾:02/03/07 23:16
>368
そうだったのですか、こちら(三原市)ではただ祝い歌を歌って行くばかり
でした。そちらの具体的な場所を教えて戴けないでしょうか。行ってみたく
なりました。

370 :天之御名無主:02/03/08 00:20
私が見たのは(広島市在住)>364で書かれているとおりのものでした。
あの石には何の意味があるんだろうと思っていたんですが…。
いのししですか。

371 :天之御名無主:02/03/08 02:34
>361
多分 さんまさんがCMしてたスニーカー(サザンっていうメーカー)
の歌だと思う。 

372 :天之御名無主:02/03/08 12:27
>>365
その歌、TVで観たことあるや。「世にも奇妙な〜」かな?
それでは手毬じゃなくて、ハンカチにおはじきとか包んで、手の甲と平で交互にはね上げてました。


373 :山野野衾:02/03/08 13:37
>372
そうでしたか。一応昭和五年に纏められた資料にも類歌が出て来ますので、
別にテレビのオリジナルという訳ではありません。しかし慣れ親しんだ歌を
怪談の小道具にされると良い気持ちがしませんね。

374 :天之御名無主:02/03/08 17:24
いや、ワシが知っとるのはその後に
「わたしゃ西郷隆盛娘です」と続くものだったが。

375 :天之御名無主:02/03/08 18:12
誰かのエッセイで読んだような気がするのは

1かけ2かけ3かけて
遥か向こうを眺むれば
17、8の姐さんが 竹の子かかえて泣いている
姐さん姐さんなぜ泣くの
あの山奥のその奥に 孟宗、破竹は生えたれど
真竹が生えぬと泣いている

「真竹が生えぬ」ってのは、「金太、負けが多い」みたいなものらしい。(笑)
確か2番もあって、「7、80の婆さんが 儲けがないと泣いている」みたいなやつ。

376 :山野野衾:02/03/08 18:19
>374
本に載ってたのものではそうなっていました。
「奥備後の民俗 山田次三遺稿集」という本でしたが、あれを脚本家が読ん
でいたのでしょうか。私の方はさっぱり思い出せません。

377 :天之御名無主:02/03/08 21:28
一掛け二掛け三掛けて
仕掛けて殺して日が暮れて
橋の欄干腰おろし
遥か向こうを眺むれば
この世はつらいことばかり
片手に線香 華を持ち
おっさんおっさんどこ行くの
私は必殺仕事人
中村主水と申します
「それで今日は、どこのどいつを
殺ってくれとおっしゃるんで」

378 :356:02/03/09 00:31
))369さん

))356=))360=))368です。

具体的な場所はちょっと言えません。水と空気と緑の綺麗な愛すべき田舎、山口県の東部の山間部です。
田舎だからこそ、盛り上がっていたのかもしれませんね。
地域によっても少しずつ違うみたいですね。
どちらにしても、今は子供の数が減って、なくなっているのではないかと思うのですが・・・
ところで、亥の子の話題はこのスレとは少しずれているでしょうか?

379 :356:02/03/09 00:37
すみません。↑

>369さん

>356=>360=>368です。

380 :天之御名無主:02/03/09 22:39
こんなん見つけました。

 一掛け二掛け三掛けて
 四掛けて五掛けて橋を架け
 橋の欄干手を腰に
 はるか彼方を眺むれば
 十七八の姉さんが
 花と線香を手に持って
 もしもし姉さんどこ行くの
 私は九州鹿児島の
 西郷隆盛娘です
 明治十年十月十日
 切腹なされた父上の
 お墓詣りに参ります
 お墓の前で手を合わせ
 南無阿弥陀仏と拜みます
 お墓の前には魂が
 ふうわりふわりとジャンケンポン

381 :天之御名無主:02/03/09 22:50
いっぱいあった。
http://google.yahoo.co.jp/bin/query?p=%c0%be%b6%bf%ce%b4%c0%b9%cc%bc%a4%c7%a4%b9&hc=0&hs=0

382 :山野野衾:02/03/09 22:55
>378
理由は分かりませんが、残念です。こうなったら山口の知人にも頼んであり
そうな地域を徹底的に・・・駄目ですね(藁。
>380
微妙に異なっていて面白いですね。しかし最後の部分でイメージがガラッと
変る歌ですね。



383 :天之御名無主:02/03/20 21:27
http://www13.big.or.jp/~msk/tisen/70/70085.html

こんなのを見つけた。
意外な事実が!

384 :ちな:02/03/23 16:52
>353さん
私は滋賀県出身ですが、滋賀では

いっせんど〜 はっせんど〜
くりやませっけん
いっせんど〜 はっせんど〜

でした。子供の頃の口移しに覚えた歌なので、
どこまで正しいかはわかりませんが…。

それともうひとつ、同じようなゴム跳びで、

きし輝く日本の ハイヤが通る東海道
中には立派な王様が ちゃかちゃん帽子かぶってる

節は…独特のものでした。


385 :天之御名無主:02/03/24 08:47
じゃんけんネタですが、「グリン」「チョリン」「パリン」の唄。
「グリンピース」の所を「どんせっせ」と言ってました。
「ドンセッセ」と言いながら、お互いの右手のひらをぱちんと叩いて、
グーチョキパーを出していました。
これは徳島の片田舎だけだったんでしょうか??。

386 :天之御名無主:02/03/24 10:07
いっせっせ〜の、よいよいよい
お寺の和尚さんが
カボチャの種を蒔きました
芽が出て膨らんで
花が咲いて
実がなって
クルッと回ってジャンケンポン!

わらべ歌というか手遊び歌ですが。

387 :天之御名無主:02/03/24 15:54
ガイシュツだったら御免。

小さい頃、「あーぶくたった、煮えたった。煮えたかどうだか食べてみよう
ムシャムシャムシャ、まだ煮えない」といいながら、何人かで手をつないで、
目をつぶって座っている一人の周りを時計回りにぐるぐる廻る遊びがあった
んだけど、知ってる人居ます?。
ムシャムシャ・・のところでまんなかの子のの髪の毛を皆でぐしゃぐしゃと
やるんです。
冒頭のうたをなんどかくりかえしたあと、「ムシャムシャムシャ・・もう煮えた」
といって、鬼の役の子をみんなで牢屋居れて、鍵をかける、そしてお布団敷いて
寝ましょう、と言ってみんなが寝た振りをする。
しばらくすると、牢屋に入った役の子が「トントン」とドアを叩く声を出す。
以下は、そこからのやりとり。

牢の中の子「トントン」
他の子全員 「何の音?」
牢の中の子「夜風で庭石が倒れた音」
他の子全員「ああ、よかった」

牢の中の子が、何度かアドリブで上の掛け合いをつづけたあと。

牢の中の子「トントン」
他の子全員「何の音?」
牢の中の子「おばけの音!!!!!」

と、叫んで、逃げ惑うほかの子の中の一人を捕まえる。
すると今度はその捕まった子を真ん中に、
「あーぶく立った、煮え立った」とやる。

ローカルな遊びだと思っていましたが、神奈川県と静岡県で
それぞれ知っている人がいました。

よく考えると、人間をあぶくのたつお湯で煮込んで、しかも
牢屋に入れると言うわけの分からん設定。さらに、そいつが
お化けの音!!と叫んで追っかけてくるんだからどういう意図の
遊びなのか判断不能です。なんとなく暗い背景を感じざるを得ない
のですが、もしご存知のかたがいたら見解を教えてください。
小さい頃は無邪気に遊んでいたものですが・・・・・。

だらだらと長い文ですみません。


388 :387:02/03/24 19:34
>>16でガイシュツでしたね。スンマセン。

でも、由来とか知っている人が居たら教えてください。

389 :天之御名無主:02/04/06 08:41
「下駄かくし」あるいは「草履隠し」の歌を知っていますか。
全国的にさまざまなバリエーションがあるそうですが、私の育った岐阜県多治見市の歌詞をご紹介します。
うろ覚えで間違いもたくさんあると思いますが概ねこんなもんです。
意味はほとんど不明です。 確か、鬼を決めるときに一人づつ指差しながら歌ったものと記憶しています。

じょんじょりかくし じょりかくし 

子供のぞうりが 一の木、二の木、三の木桜の下にスズメが一羽

なんとこいて鳴きゃがる あぶらひきどうひき(?)

さむらい男の ひやふやほい


390 :天之御名無主:02/04/06 10:28
>>96
すごい今さらなレスだけど、自分も同じこと今調べてるので・・・。
自分はその歌をCDで初めて聞いたんだけど、

一つひよこが豆を食ってたいのこたいのこ
二つ船では船頭さんがたいのこたいのこ
三つ店屋で番頭さんがたいのこたいのこ、
四つ横浜外人さんがたいのこたいのこ、
五つ痛いときはお薬もらってたいのこたいのこ、
六つ昔はちょんまげ結ってたいのこたいのこ、
七つ泣き虫はちにさされてたいのこたいのこ、
八つ山寺和尚さんがたいのこたいのこここのつ!
九つ乞食がお椀もってたいのこたいのこ、
十で殿様お馬にのってたいのこたいのこ、
これでおーしまい!

でした。ただ、普通のわらべうたのCDではなく、
編曲されたものなので、「これでおしまい」や
「八つ」の時だけ最後に「たいのこたいのこここのつ」と
次の数字を歌うのは編曲のついで?という気もします。
いろいろ検索して調べましたが、
「たいのこたいのこ」の部分はすごいバリエーションがあって、
自分が調べただけでも、
「たいのこたいのこ」「たいらくねんねん」「てえろくてんねん」
「だいろくだいろく」「たいなくないない」「たいよくでんでん」
「たいなかたいなか」などなどありました。いずれも意味不明。
まるっきりこの部分がないバージョンもありました。
遊び方も手真似歌だったり数え歌だったり・・・。
ちなみに「五つ」はたいがい他では「医者」
「八つ」は「山ではこんこんさんが」でした。
このCDは「東京に残る童歌を集めた」とあるので、
上記の歌詞は一応東京のものだと思うのですが。

391 :天之御名無主:02/04/06 17:15
>257
今更だけど、私の地元では更に間奏と2番がありました。

〜1年も2年もお風呂に入っていないから〜
 やめてよして喋らないで息が臭いわ
 あんたなんか嫌いよ息もしないで
 ふん!

とことん人でなしの唄だ…


392 :天之御名無主:02/04/08 06:11
age


393 :軍艦じゃんけん:02/04/08 07:14
個々の単語は同じなのに自分が知ってる組み合わせがでてない…。
私がやっていたのは
「軍艦」「朝鮮」「破裂」でグーンーカン!ではじめるものでした。
平行してグリンピース「グリン」「チョリン」「パリン」もやっていました。

親が転勤族なんですが、軍艦もやっていたのは岡山の時だけで、
千葉や東京にいた頃はグリンピース一本槍ですね。

あと、岡山では「だるまさんが転んだ」が「インド人の黒ンぼ」でした。 
これを他の地域の子に話すとウケてたなあ。

394 :天之御名無主:02/04/10 11:04
うちでは「軍艦」は「軍艦」「沈没」「破裂」だったなぁ。
「朝鮮」ってここで初めてきいた。
グリンピースは同じだったけど。
それにしてもこれって勝敗がどうやって決まったのか覚えてない。
えんえんとやってたような・・・。


395 :山野野衾:02/04/10 11:11
>391
それと同じ節で全部著名人の名前を使うものがありましたね。
沢田健二、赤川次郎、あんたなんか菊地桃子、顔も美川健一。

396 :天之御名無主:02/04/12 15:49
上の方で上がってた「インドの山奥」物、自分が歌ってたのはこんなでした(神戸)

インドの山奥デンデンカタツムリンゴは真っ赤っかーちゃんおこりんぼーくは
泣いちゃったんたん手を叩こうもり目がひかルビーきれいだナスビおいしい南北東西ンドの山奥・・・(以下ループ)

>361 >371からするとCMの歌を元に勝手に改造したのかな?
元ネタは「レインボーマン」の歌にある「インドの山奥で修行して〜」って歌詞。

397 :天之御名無主:02/04/14 22:36
自分は横浜です。
軍艦ジャンケン(?)ですが、自分の家では
「軍艦・沈没・ハワイ」
でした。祖父が海軍出身だったのが関係あるのかも。
破裂は初めて聞きました。
(とはいっても回りでやってるヒト居なかったですが。
母と遊んでた記憶があります。)

398 :天之御名無主:02/04/16 22:18
「けいどろ、どろじゅん」は「じゅんどろ」でした。

2チームに分かれる時は「グッパで組んでも文句なし!」
一発で決まらない場合は「文句なし!」「し!」と続けていました。

先行後行を決める時は「先行後行皆抜きじゃんけんほい」。

「アメリカ・軍艦じゃんけん」は「ニッシンチャン」で、
パー = ハー、ハラ
グー = グー、グンカン
チョキ= チー、チッツー
最初を「ニッシンチャーン」で始めていました。
大阪で「いんじゃん」という言い方も聞いた事があります。

>353・384
京都(市外)に住んでましたがゴムとびの歌は三段階ありました。

ごんべさんの赤ちゃんが風邪ひいた(×3回) 
そこで慌てて湿布した ハクション!
      ↓
グーパーグーチーグーパー〜(歌らしい節はなし)
      ↓
ちょんちょんさんしィ いっせんどう にィせんどう 
すぎやまぜっけん(くりやま?) ぜっけんどう さんせんどう

(ハンデのようなものとして「ちょんちょんさんし」を
「ノータイミ」という場合もあり)

意味はやっぱりサッパリです(w

足の開き方がパー、グー、一本とあり、跳び方にも種類と段階が
たくさんありました。とくに『ちょんちょん〜』は
「一重」「二重」「山掛け」を基本として「持ち上げ」「青リンゴ」
「赤リンゴ」「地球」「リボン(ゴムのかけ方がバツ状)」…マダアッタカナ? 
を複合しながらレベルが高くなっていく、という感じでした。

399 :天之御名無主:02/04/16 23:43
>>134さん
僕の学校では
「最初はグー・またまたグー・いかりや長介頭はパー。正義は勝つとは限らない。
ジャンケンぽりぽりカトちゃんペッ!皆でキャインとジャンケンポン!!」
というのがありました。なんで「キャイン」が出てくるのかが未だに謎です。


400 :天之御名無主:02/04/16 23:49
>>387
私神奈川者ですが、それおぼろげに覚えてます。

401 :天之御名無主:02/04/17 00:07
>>29
「にっぽんの 乃木さんが 凱旋す スズメ メジロ ロシア 野蛮国
クロパトキン 金玉 マッカーサー 大元帥…」あと忘れた。オヤジにきいた。
http://www.seibunsha.net/essay/essay26.html

なんか原曲ぜんぜん違いますね。

あと
「かわいそうだよズボンのおなら 右と左に泣き分かれ あ、ブッブブー ブッブブー」
とは、逝ってしまったババによくきいたよ。ああ、なつかしいなあ。


402 :案山子さん:02/04/18 10:07
通りゃんせ、こわ
あんたがたどこさ、さむ
ずっころばし、ごまみそずいの「ずい」って何?

アルプス一万弱、最強に早くできる人と友達になりたい


403 :天之御名無主:02/04/23 22:58
387>
自分、愛媛っすけど
やってました!その遊び。なつかし〜

404 :山野野衾:02/04/24 17:52
>387
広島にもありました。同じく懐かしい。

405 :天之御名無主:02/04/25 00:52
>147
かなり昔の話題で申し訳ないのですが、「どれにしようかな天の神様の言うとおり・・・」
の歌私の所では

どちらにしようかなウラの神様の言うとおり 
ちょちょいのちょいの柿の種
もひとつおまけに柿の種

でした。
この「ウラ」の意味が全く分からず、ずっと引っかかってました。
海が近いから「浦」で「海の神様」かなーとか。

あともうひとつ・・・私、住んでる所が三重県伊勢市なんです。別スレ(板自体違ったかも)で伊勢神宮の何かの建物の裏(入ってはいけないらしい)に入ろうとした
人が警備員5人にすぐさま捕まって尋問を受けたとありました。もしかしてその建物の「裏」には何か大切なものが祀られていてそこのウラの事なのではないか…とかも考えてみました。

すごく気になって眠れません(和良
こういう話に詳しい方いませんかー?

406 :天之御名無主:02/04/25 00:59
>>396
CMの話書いたものですが、CMの前からこの歌ありましたよ。
このCMがテレビで流れる頃には
この手の歌で遊ぶような年ではなかったですから。

407 :天之御名無主:02/05/04 22:27
>>96 >>390
たいのこたいのこ、懐かしーい!
27年前に通っていた子供向け英語教室の教材カセットに
「日本の歌」というジャンルで収録されていました。
歌詞は>>390とまったく同じです。
自分も「たいのこってなんじゃい?」と不思議でしたが
歌詞の内容からして、おじぎみたいに体を前に傾ける動作を
指す言葉なのかなーと想像しております。

そういえばあのカセット、意味不明な歌が多かったなぁ。
既出の「坊さん 坊さん どこいくの〜」も入ってましたし
こんな歌もありました。

 むこうやまの なきどりは
 ちゅーちゅーどりか めんどりか
 げんざぶろうの みやげ
 なんの かんの もらった
 きんざし かんざし もらって
 びょうぶのかげ おいたらば
 ちゅーちゅーねずみが ひいてった
 どっから どこまで ひいてった
 かまくらかいどうの まんなかで
 あしがいっぽん てがいっぽん
 いちのき にのき さんのきさくら
 こよまつやなぎ
 やなぎのしたの ぼうさんは
 はちに あたま さされて
 いたいともいわず かいともいわず
 ただなくばかり

「足が一本、手が一本」も気になるけど
なぜ坊さんは大人のくせに泣いてばかりなのか
不思議でしかたなかった。

134 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)