5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

遊び女における民俗学的位置考察

1 :ななし:02/03/18 23:24
売春婦の歴史は古い。
 とはいえ当初は金銭で春を売ったりはせず、宗教的な行為として行われていた。
 古代、神に仕える巫女は、神がかりができて神の代言者であると信じられていた。
 その一方、男たちは巫女とセックスすることによって神と交流できると考えられていたため、巫女は決して不浄なものではなく、むしろ神聖な存在と思われていたのである。
 その結果生まれた子供はみんなで共有して大切に育てられた。
 例えば桃太郎やかぐや姫などの昔話の主人公というものは、年老いた両親が神様に願をかけて生まれた子供であったり、拾われてきた子供であったりする。
 昔は、跡継ぎがいないということは、老体になって働けなくなれば、土地を取り上げられることを意味していた。
 だから跡取りがいないというのは、今以上に切羽詰まった悩みなのだ。そこで、解決策として、神社の神主の子種を頂いたり、巫女さんに子供を生んでもらったりする。
 巫女さんといえば、いわゆる売春婦の先駆け。
 どこの誰ともわからぬ子供を生むこともあったが、その子供は神の子とされ、こういった老夫婦の手に渡されたのである。


ってほんと!???

2 :山野野衾:02/03/18 23:30
>1
日本じゃありませんが、サルゴン一世などそういった出生話の持ち主でした
ね。巫女の母が父無し子の自分を産んで川に流したが、遊牧民の族長に拾わ
れて成長し、王となったという話で。
上記の話を「飾らない記録」と解釈なさる方もおられますが、父=神であり、
川で死ななかった者=英雄と見ると途端に胡散臭くなりますね。

3 :天之御名無主:02/03/19 00:52
それで巫女さんと娼婦さんを結びつけるのは強引と思う。
片や宗教的な物、片や金銭的な物・・・。そりゃ巫女さんだって、生活資本を
依存してたから、報酬と言えば報酬だろうけど・・・。うーん。

4 :天之御名無主:02/03/19 00:54
巫女が零落していって娼婦になったってのはそこそこ定説
じゃないのですか?網野さんなんかが言ってません?

5 :天之御名無主:02/03/19 01:35
おいおい遊び女における民俗学の位置かよ。
無理にそれっぽい題名にしなくていいよ。
意味不明だ。

6 :天之御名無主:02/03/19 01:48
イシュタルの神殿とか

7 :スレタイトルは:02/03/21 15:33
「遊び女に関する民俗学的考察」もしくは「民俗学における遊び女の考察」
ぐらいが妥当だったじゃない?

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)