5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シュメールは世界最古の文明か?!!

1 ::02/02/01 01:39
シュメールにも洪水伝説は他地域の多文明について書かれた粘土版がある。
ほんとうに、シュメール以前に文明はなかったのでしょうか?

2 :天之御名無主:02/02/01 01:51
あったとか、なかったとかの水掛け論はやめましょうよ。 文明は、あなたの心のなかにあります。

3 ::02/02/01 02:01
とてもうれしい。マターリとシュメ−ル話をやりましょう。
話題としては
1) シュメール語がウラルアルタイ語の祖先であり、ドラヴィダ語と関係があるというのはほんとうか。
2) 昔シュメールがあったところに住むイラク低地人は顔がアラブやペルシャと全然ちがうというのはほんとうか。
3) ギルガメシュやイシュタルはアガデ語型しか残っていないがシュメール後fではなんといったのか?
4) 日本神話の「うましあしかび」と同じ「葦の芽」から世界が生まれたという神話があるったというのは本当か?
などです。よろしく。

4 :天之御名無主:02/02/01 02:06
昔むかし、あるところに超しょぼい村があった。
その村には誇るべき特産物がなかった。
ある時村長は言った。
村長<`∀´>「この村には大昔からの伝説があるという事にする」
村長と村人達は必死に知恵を絞り、アトランティスという大陸が1万年前
沖合の海に沈み、自分たちはその子孫であり、伝説を語り継いでいると
いうことにしよう、ということになった。
村人は必死に国中をかけまわり、噂を広めた。
そして1人の考古学者にも伝わり、伝説は世界へと広まった。
村人が適当に作った伝説は本となって出版され、莫大な利益を受けた。
村人はウソだということは永久に黙っていようと誓った。

こんな感じでどうだろう。

5 :天之御名無主:02/02/01 02:12
縄文文明はあったのか?

6 :天之御名無主:02/02/01 02:56
>4
アトランティスと洪水伝説は別として考えた方がよくないかい?

しかし、アトランティスは別としてもハリーポッターもびっくりの
世界的大ヒット作になったんだな(笑)

紀元前5000年前と言えば南北アメリカ大陸には人がいたらしいから
世界中の洪水伝説の発祥元が一箇所だとすると、
その後に南米や北米の民族にも伝わってたってことだしな。

あくまでも発祥元が一箇所だとすると、この矛盾を説明するには、
(洪水の事実の有無に関係なく)
洪水伝説の発祥時期が1万年以上前にさかのぼるか・・・

もしくは、現在発見されている文明よりもさらに古い時代に南北アメリカと
交流できるレベルの文明が双方にあったか・・・

・・・他は思い浮かばない・・・・・
ってことでタッチ交代お願いします。


7 :いい加減にレス:02/02/01 03:05
世界史板へいけ。
1) シュメール語がウラルアルタイ語の祖先であり、ドラヴィダ語と関係があるというのはほんとうか。
まだわからない。
2) 昔シュメールがあったところに住むイラク低地人は顔がアラブやペルシャと全然ちがうというのはほんとうか。
知らない。
3) ギルガメシュやイシュタルはアガデ語型しか残っていないがシュメール後fではなんといったのか?
シュメール語でもギルガメシュはギルガメシュ、イシュタルはイナンナだ。
4) 日本神話の「うましあしかび」と同じ「葦の芽」から世界が生まれたという神話があるったというのは本当か?
ウソ。


8 :いい加減にレス:02/02/01 03:07
>あくまでも発祥元が一箇所だとすると、
この考え自体が間違いだ。それに加え、なぜ洪水伝承の運搬集団が「文明」を持っていなければならない?

9 :天之御名無主:02/02/01 03:27
「あの世」の概念が日本とあっちの人は似てるんかな。
死人を送る儀式、死人があの世へ旅立つ道筋、三途の川、生まれ変わりなど。
エジプトかどっかにもあったよね。まあ詳しくは知らんけど。

10 :天之御名無主:02/02/01 08:06
>8
>>あくまでも発祥元が一箇所だとすると、
>この考え自体が間違いだ。
それならそれでいいんだけど、
だとすると、

>それに加え、なぜ洪水伝承の運搬集団が「文明」を持っていなければならない?
に答える必要はなくなるわけだが・・・といいつつ一応答える。

確かに、洪水伝説を伝承すること自体には「文明」は必要ないよ。

4で言ったのは南北アメリカ大陸にも洪水伝説があるということは
人類の移動(シベリア経由)とともに伝承されたものでないとすると
大西洋を超えて伝承される必要があるなーと思ったわけだ。

で、単純に冒険者が少数たどり着く程度なら、原住民達の祖先の伝説
として語り継がれるような事にはならないだろうし、
大西洋を超えてそこそこ密着な交流がある必要があるなーと思ったわけだ。
そうなると双方にそれが可能なレベルの文明が存在する必要があるなー
となるわけだ。

つまり、伝承に文明が必要という視点でなく、伝承を土着レベルにまで
普及させるにはそれなりに交流が密着する必要があるので、
その交流には文明が必要という視点での話。


11 :天之御名無主:02/02/01 12:29
とりあえず、>>1はウバイド文明とかを知らないと見た。

あと、洪水伝説をもとに文明の発祥を同一とする輩は、
太陽の神格化が見られる民族は、みんなムー大陸の文明
の末裔だって主張している人たちと一緒に逝っちゃって
ください。

12 :天之御名無主:02/02/01 13:01
>>10
とりあえず、文明の定義を教えれ。
>>11
この意見、同意だけど、どこか別スレで見たような・・・

13 :天之御名無主:02/02/01 13:09
アメリカ大陸の洪水伝説は、モンゴロイドが1万年前にベーリング海を
渡った以前から語られていたとしたら?
はるかシュメールより以前から語り継がれたものが
人類の移動とともに1万年以上も語られてきたものだとしたら?

14 :天之御名無主:02/02/01 13:46
洪水伝説ってのはね、「洪水が起きたという伝承」そのものは重要ではないのですよ
洪水によって「古い世界が滅び、新しい世界が創造された」ということが重要なのですよ
これは宗教の基本観念ですよ
それがたまたま各地で洪水として具象化されたに過ぎないのですよ

15 :天之御名無主:02/02/01 14:47
>>14
日本にはそういった洪水伝説はないけど、ひょっとしたら天の瓊矛の話は
洪水前の世界が欠落した洪水後の世界の創造なのかな

16 :天之御名無主:02/02/01 15:13
洪水が起きるような河の近くに文明があったからちゃうの?

17 :天之御名無主:02/02/01 16:17
http://www5c.biglobe.ne.jp/~onokoro/frame-sinwa.htm
日本神話のそれぞれのモチーフを見てみてもこれだけ世界中の神話と似ているのに
なぜ洪水伝説だけ取り上げられるのか疑問に思う

18 :日本@名無史さん:02/02/01 21:18
せめて、文字を持つ以前のモノを文明と呼ぶかどうか決めてから論議してくれ。

19 :天之御名無主:02/02/01 22:02
あの、似ているともともと同じもんだには、
かなり距離があると思うんだけど。

普通は、AとBには深い関係があることが
わかった、そのためAに伝わるこの話は
Bが起源だと考えられるって展開で進む
と思うんだけど。

AとBに伝わる話は似ているから、ちょっと
考えづらいが、深い関係があったってのは、
さすがに飛躍しすぎでは?

20 :天之御名無主:02/02/01 22:13
しみじみと>>1の文章を読んだが、2行目はともかく、
1行目は何が言いたいのか、わからない(謎

あと、このような展開になったことについても、>>1
感想を聞いてみたい(藁

21 : :02/02/01 22:28
似たような風土、地理的背景があったら、神話も似て当然なのでは。
また、人間という主の普遍的なイメージに基づく「振る舞いのパターン」としての
神話という位置付けとか。

22 :1:02/02/01 22:33
>20
1行目の意味は
>シュメールにも洪水伝説は他地域の多文明について書かれた粘土版がある。
粘土版の内容が単に物語りなのか?事実を記録したものか?
って意味です。
事実だとしたら未発見の他文明の存在を示してることになるでしょう?

展開に付いてはちょっとそれてしまってますね。私の意図とは。。。

洪水伝説は「シュメールの洪水伝説」としてで、「世界中の洪水伝説」
を混ぜてしまうと方向が。。。。

「世界最古」と言われているシュメールに
「洪水伝説」や「他文明?のこと」が口伝でなく
「粘土版」に書かれていたことに注目してますので。。。


23 : :02/02/01 22:35
ドキュンで申し訳ござらんが、世界中に洪水以外の破滅伝説って
あるのでござるか?
どなたか、教えて頂ければありがたいでござる。

24 :天之御名無主:02/02/01 22:38
うぅ・・
拙者の質問は1殿の意図とは方向が違うようでござるな(T_T)
申し訳ない、23の質問は忘れて下され。

25 :天之御名無主:02/02/01 22:42
言語障害者の1がいらっしゃいます

26 :1:02/02/01 22:50
>25
どのへんが?
今後のためにもご教授頂けるとありがたいですね。

27 :たぶんこの辺じゃないかな:02/02/01 23:09
>シュメールにも洪水伝説は他地域の多文明について書かれた粘土版がある。
>ほんとうに、シュメール以前に文明はなかったのでしょうか?


28 :天之御名無主:02/02/01 23:40
洪水伝説は他地域の...が
洪水伝説や他地域の...の間違いなんでしょう。
おそらくHとYの打ち間違いでは?

29 :天之御名無主:02/02/02 01:12
素人の質問厨で申しわけないんだが、
神話とか伝説って、どこまで似てれば同じものとみなせるの?
1:物語構造が変わらなければ
2:登場人物の役割が変わらなければ
3:固有名詞が変わらなければ

もしくはこういうのをしったかぶることのできるいいHPない?


30 :天之御名無主:02/02/02 02:13
>>22
>「洪水伝説」や「他文明?のこと」が口伝でなく
>「粘土版」に書かれていたことに注目してますので。。。
「他文明」について詳細希望
>>23
忘れないぞ。北欧神話は全てが炎に包まれて世界が崩壊し、人類の時代がやってくる。
アステカ神話は大地の柱がぶったおれたことにより新しい世界を作り直すことになる。
ヨハネの黙示録でも洪水は起きていないがむちゃくちゃな災害が起きる。
>>29
同じものとみなせる神話はないんじゃないかなー。
ギリシア神話とローマ神話のように酷似しているところでも神話学では明確に区別されてるし。

31 :29:02/02/02 05:46
>同じものとみなせる神話はないんじゃないかなー。
>ギリシア神話とローマ神話のように酷似しているところでも神話学では明確に区別されてるし。
ごめん、言い方が足りなかった。
上のレスで、影響を受けたのか、偶然似たのか?って
論旨が展開されてたから、じゃあどっちが正しいのか知りたかったんだよ。

その上で、>>30の話を突きつめると、
ギリシア神話とローマ神話は起源は同じじゃない。
偶然似てるだけだから気にするなってことでいいのかな?

神話や伝説の比較から文化の伝播を調べることは無理、と。
それならOK。
納得した。




32 :チャーニィ ◆ishChar2 :02/02/02 09:28
( ^e^)<オアネスって何者?、ラヴラヴ

33 :天之御名無主:02/02/02 12:09
>>31
>ギリシア神話とローマ神話は起源は同じじゃない。
>偶然似てるだけだから気にするなってことでいいのかな?

ローマ神話の多くはギリシャ神話が元ネタ。だから似てて当然。
ただ、ローマ人の宗教とギリシャ人の宗教は、もともと別物だ
から起源は異なると考えるってのが正しい。ローマ人の宗教観
を説明するためギリシャ神話を借りたと考えれば良い。

>神話や伝説の比較から文化の伝播を調べることは無理

隣接した地域などを比較することで文化の伝播や影響を
調べることは可能(例:中国と日本の文化的関係など)

また、点同士を線でつないで遠く離れた地域への伝播を
主張することも可能(例:仏教文化の伝播など)

ただ、自然現象など普遍的要素を含むものは、かなりの
論拠がないと実証することは難しいと思う。

34 :天之御名無主:02/02/02 15:33
ギルガメシュはシュメル語だとビルガメスでしょ。

35 :いじりーおかだ:02/02/02 17:26
ギルガメッシュはエロ番組だった・・・キニスルナ

36 :29:02/02/02 18:33
>>33
>隣接した地域などを比較することで文化の伝播や影響を
>調べることは可能(例:中国と日本の文化的関係など)
あれ?そういうことなの?
地面を掘りおこすかなんかして
交流の物的証拠を見つけないと、文化の伝播ってのは
「あるかもねー」「そうかもねー」
ってまでしか言えないと理解したんだけど。
まあ、それはそれで判定基準が明確だなと。
ギリシャローマの場合はそういうのが一杯出土してるんだよね?

だから、シュメールの粘土版みたいな交流の証拠が
その他の地域で見つからない以上、
その地域との交流はない。
よって、書いてあることはほぼ妄想。
そう言われたくなきゃ掘れやグルァ!
ってことじゃないの?

イメージ的には
神話学者「ん、ここ出そうだな。いけ!パピィ!」
考古学者「アオーン!」
神話学者「見つからない?じゃあ違うのか。じゃあ次はここだ!」
考古学者「アオーン!」
んな感じかなーと。




37 :ののちゃん:02/02/02 18:33
古代中国の商(殷)民族はシュメール人も末裔ではないかと思っています。
主たる理由は以下です。
@他の中国民族に先駆け文字・車輪を使用していた。
A厳格な宗教民族で、人間のいけにえを行っていた。
B名のとおり、商業を起こした。

38 :天之御名無主:02/02/02 18:58
@他の中国民族に先駆け文字・車輪を使用していた。
A厳格な宗教民族で、人間のいけにえを行っていた。
B名のとおり、商業を起こした。
が、どうして
>商(殷)民族はシュメール人も末裔ではないかと思っています。
と結びつくのかがわからん

39 :天之御名無主:02/02/02 18:59
>ギリシャローマの場合はそういうのが一杯出土してるんだよね?
それ以前に彼らの書き残したものからして明白。

ちゅうか、考古学者は神話学者のいうこと聞いて彫ってるわけじゃなくて
自分らで考えて彫ってます。神話学者には電波も多いしね(キャンベルとか)。

40 :天之御名無主:02/02/02 19:34
>>36さんへ。
当然、物的証拠が無い場合は、推論(仮説)にしかなりません。
(例:原アーリア人の北方起源説など)
その点が説明不足でした。スンマセン・・・。
ただ、>>37程度の論拠では推論にすらなりません。

>神話学者「ん、ここ出そうだな。いけ!パピィ!」
>考古学者「アオーン!」

これでは考古学者がかわいそすぎる(笑

だいたい人類学とか民俗学、あと宗教学なんかは、フィールドワーク
と考古学で成り立ってるようなもんですし、>>39さんのように、神学者
(特に創造論者)には、逝っちゃってる人が多いです。

41 :29:02/02/02 19:39
>>39
>それ以前に彼らの書き残したものからして明白。
良くわからないなあ。
例えばさ、2地域の交流を示す、
書き残された、もしくは伝承されている資料は沢山あるんだけど、
物的な証拠がまったく出ない場合でも、
交流があったと言えるの?
そういう例が実際にあるかどうかはわからないんだけどさ。
もしも言えるとするなら、どの程度の資料だったら言えるの?


本格的に勉強した方がいいのかもしれないけど。
素人にもわかる神話学みたいな、
なにかいいHPか本があったら紹介してください。




42 :29:02/02/02 19:45
>>40
すいません、今更新したら説明があったみたいで。

ただ、神話や地名を比較して似てる似てないってのは、
よくわからないんですよね。



43 :29:02/02/02 19:55
さらにすいません、>>42のは
最初は信じてたけど、段々良くわからなくなってきてるっていう意味です。

日本書紀の本とかでオーストロネシア語族の神話を比較すると…
とか書いてあるので、そういう本読むとなんだか同じ要素があったら
同じだって言えるのかと思っていたんです。

でも、世界史板でも民俗板でもそうなんですが、
似てる、いや違う、っていう話ばっかりで、
どこからどこまで似てれば起源が同じだって(推測でも)言えるのかと。








44 :天之御名無主:02/02/02 20:51
このスレ、電波臭い

45 :天之御名無主:02/02/02 21:33
>>41
>例えばさ、2地域の交流を示す、
>書き残された、もしくは伝承されている資料は沢山あるんだけど、
>物的な証拠がまったく出ない場合でも、
>交流があったと言えるの?

2地域の交流を示す資料ってのがどういうものか
によります。また、物的証拠とは、遺跡や遺物とは
限りません。文献や伝承などの資料を除外すれば
平将門の存在ですら推測の域をでないってことに
なってしまいます。
また、当然のことですが、それら物的証拠が信頼に
足るかどうかの論考も必要です。

>神話や地名を比較して似てる似てないってのは

固有名詞が似ているとか、他の言語で解読できるっ
てだけでは無理でしょう。かつて、万葉集が朝鮮語
で読めるって本がヒットした時、金田一博士が英語
読みも可能なことを示して、その手の解読法の無意
味さを明らかにしたのは有名です。

なお、複数の神話が同一起源であるかどうかは、内
容が似ているかどうかより、話の構造が同一なのか
どうか分析する方法がよく使われているようです。

しかし、構造分析は難しくて諸刃の剣。素人にはおす
すめできない(w


46 :29:02/02/03 00:14
>>45
>文献や伝承などの資料を除外すれば
>平将門の存在ですら推測の域をでないってことに
>なってしまいます。
>また、当然のことですが、それら物的証拠が信頼に
>足るかどうかの論考も必要です。
これは…漏れみたいな素人には難しいです(w
さすがに山海経ぐらい荒唐無稽ならわかりますけど。


>金田一博士が英語読みも可能なことを示して、
>その手の解読法の無意味さを明らかにしたのは有名です。
なるほど。
面白いですね。
こじつけようとすれば幾らでもこじつけられるってことですか。

>しかし、構造分析は難しくて諸刃の剣。素人にはおす
>すめできない(w
うーん、やり方は漏れみたいな素人にも理解できるんだけど、
だからこそ嘘紛らわしいってことですかね。
文字通り文学的な手法というか。
起源を探る推測の一手法としてそういうのはあるけれども、
決定打ではない、と。
別の手法と併用しないと無理ってことですかね?

でも良本が無いってことは、
下手するとプロにも難しかったりして、とか言ってみるテスト。



47 :天之御名無主:02/02/03 00:33
歴史は実験室で再現できないしね。。。

48 :1:02/02/03 03:17
うーん、みなさん洪水伝説って言葉に過剰に反応したような気がします・・

えーっと、再度、私の意図を書きます。
現在シュメールは世界最古の文明とされています。
そのシュメールの書き残した粘土板に洪水によりかつての文明が滅んだ
ことや、他地域の文明のことが書かれているらしい。

ここで粘土板に注目したのは、当時の背景からして
識字率が低かった(一部の高級職業?)であろう状況において、
創作物語を粘土板に書き残す必然性はあったのか?
そもそも、識字率が低いのに今の小説のような事実に基づかない
物語を創作する習慣(文化?)があったのか?

これらついての私見はNOと思えるのです。
過去のできごとを元に作られたのではないのか?・・と。

つまり、世界中にある洪水伝説との関連性を求めたのではないので、
できれば、切り離して考えて頂けるとありがたいです。


49 :天之御名無主:02/02/03 03:47
>そのシュメールの書き残した粘土板に洪水によりかつての文明が滅んだ
>ことや、他地域の文明のことが書かれているらしい。


50 :天之御名無主:02/02/03 04:21
>>1
つまりウトナピシュテム以前の時代のことね?

51 :1:02/02/03 05:54
>50
まあ、そうなりますね。

52 :天之御名無主:02/02/03 13:26
>>48
>識字率が低かった(一部の高級職業?)であろう状況において、
>創作物語を粘土板に書き残す必然性はあったのか?
その言い方からすると、創作物語というものは近現代の先進国でしか記録されないということになってしまう。

>そもそも、識字率が低いのに今の小説のような事実に基づかない
>物語を創作する習慣(文化?)があったのか?
古代人にとって神話はすなわち事実。

53 :天之御名無主:02/02/05 21:41
?

54 :天之御名無主:02/02/17 04:23
シュメール人ですがなにか?

55 :おお!:02/02/17 05:05
>54
では、質問
1.いつ頃からメソポタミアの地に文明を築いたのですか?
2.本当に世界最古の文明なのですか?
3.大洪水は本当に起こったのですか?
4.起こったとしたら、どこで起こったのですか?
5.シュメール人は他の地域から移住してきたとの説もありますが、
  実際のところどうなんですか?
  (故郷で復旧不可能な程の大洪水
    → 生き残りが移動
    → メソポタミアにたどり着きシュメール文明を築く)

以上、よろしくお願いします。

56 :シュメール人:02/02/17 05:14
むかしのことは覚えていませんがなにか?

57 :シュメール人:02/02/17 05:14
ていうか、関西人ですがなにか?

58 :天之御名無主:02/02/17 06:57
大河下流域の文明はみんな洪水との戦いの中で発展してきたのれす。
洪水は危険な災害れすが同時に土壌を肥えさせてくれるので、農耕文明が国土管理の便宜上
洪水を記録してるのは当然の事れす。要するに>16の言う通りれす。

59 :Sandy:02/02/17 09:40
♪私と一緒にお小遣い貰いませんか♪
私はここで毎月、大好きな温泉代を稼いでいます。

http://goo.gaiax.com/home/annarisapapa

ここでお待ちしてま〜す。
Sandy

60 :天之御名無主:02/02/17 10:40
え?世界最古は韓国文明でしょ?
世界の常識ニダ

61 :おお!:02/02/17 15:38
>16,58
毎年〜数年毎におきる程度の洪水を神話と結びつけて
伝承・記録するほうがナンセンスなんですけど。

逆に当時かかれた年代表にも書かれてないとおかしくない?


62 :天之御名無主:02/02/17 17:05
アホな質問ですまんが、なにをもって文明と定義するんだ?
新石器や旧石器、縄文や初期農耕時代も含むなら、シュメールは世界最古の
文明ではない。だが、文字や教育、法律や暦法といったものが出来てからが
人類の文明の始まりというのなら、今の所はシュメールが世界最古の文明だと言って
も差し支えないだろう。  

63 :シュメール人:02/02/17 19:29
進学塾まであったんだってね

64 :天之御名無主:02/02/17 19:52
>>61
>14,16

65 :天之御名無主:02/02/17 23:34
メソポタミアは文字を発明したのが最も早かったから、「とりあえず確認されている限りでは最古」と言われてるだけだろ?

66 :62:02/02/17 23:44
>>65
だから「今の所は」って書いてあるだろ?
その前に、文明の定義を教えてくれ。
でないと話が進まん。

67 :天之御名無主:02/02/18 00:02
文字がなくてもマヤアステカインカは文明ですよね(絵文字は文字とはちょっと違うと思う)。
いわゆる四大文明は、今の歴史教科書には「四大灌漑文明」と書かれているようですが。
ってこれは世界史板逝きですね。s

68 :天之御名無主:02/02/18 00:12
文明の定義は世界史板でも昔さんざんもめたんだよな…
世界史板過去ログ
http://mentai.2ch.net/whis/kako/990/990897897.html
四大文明って?

69 :シュメール人:02/02/18 00:18
最古
サイコ
サイコー

70 :第5空間2:02/02/18 01:11
誰か、スフィンクス内部のこと開設使徒イテ〜〜

71 :天之御名無主:02/02/18 20:37
「2001宇宙の旅」では、骨を戦う道具(武器)として用いたのが
文明のはじまりって感じで描いていたが(笑

個人的には「火の使用」が文明のはじまりのような気がする。
道具を使う動物や言語らしきものでコミュニケ―ションをはかる
動物がいることを考えると。

72 :天之御名無主:02/02/18 22:17
文明の定義について議論していても、
スレの要旨とずれていくだけだと思うので、
このスレだけの、ローカルルールとしての文明の定義を設定すれば良いのでは?

というか、スレ立てた時点で、>1がそれをやっておくべきだったんだよね。
いきなりシュメールは世界最古の文明か?と言われてもねえ。

73 :天之御名無主:02/02/19 05:06
文明の定義は

1.文字を有し、何かを記録する
2.定期的な見込みのある食料生産を行う
3.建物を作って定住する

って所が妥当なんじゃない。

>61
文字が発明される以前に起きた河川の氾濫が、口伝で伝えられていくうちに
伝言ゲーム効果で尾ひれがついて神話になったんでは?
メソポタミアでは増水した河の水を運河網に分散させて洪水を回避してたらしいが、
治水技術が未熟な頃は、都市が丸ごと濁流に押し流されて消滅、とかは時々あったんじゃないかと思う。

74 :天之御名無主:02/02/19 12:23
シュメール文明なんてほとんどの人間は知らない
エジプト文明の方が有名

75 :天之御名無主:02/02/19 13:18
>>74
有名なのかどうか気にするんであれば、
民俗学そのものがマイナーな分野だ。

でも、知られてないから重要じゃない
ってわけではない。わかる?

76 :61:02/02/20 22:55
>73
>文字が発明される以前に起きた河川の氾濫が、口伝で伝えられていくうちに
>...略
>治水技術が未熟な頃は、都市が丸ごと濁流に押し流されて消滅、とかは時々あったんじゃないかと思う。
時々あったであろう大洪水を口伝で伝承する必要性を感じないんですけど。
しかも、神々と結びつけて。

>メソポタミアでは増水した河の水を運河網に分散させて洪水を回避してたらしいが、
これからも分かるように、過去の洪水の経験から水路設備を整える必要がある程、
頻繁に洪水が起こってたのでしょう?

77 :61:02/02/20 22:57
頻繁に起こるなら口伝や記録(特殊職業を使って)する必要なんかないでしょう?

78 :天之御名無主:02/02/21 00:14
>>76-77
>>64

79 :73:02/02/21 01:17
>76>77
確かにそうかも。では俺も少し肯定的に考えてみようか。
インダス文明のモヘンジョダロもシュメールと同様に季節的な洪水に見舞われてたが、
滅んだ決定的要因となったのはただ一回の大洪水だったそうな。
河口と都市の間の土地が地殻変動(火山活動か何か)で隆起してしまい、本来海に注ぎ込むはずの川の水がどこへも逃げ場がなくなり、
川の水が逆流、街も畑も水浸しになって放棄された、らしい。
メソポタミアでもこれと似たようなアクシデントが起こったんではなかろうか?
いつも通りの万全の洪水対策を講じていたにも関わらず、いきなりそう言う事態になったら
その分ショックは大きいだろうと思う。
昔の人から見たらそれこそ神の怒りに見えるかも知れない。

80 :高橋春野菜:02/02/23 08:54
しゅめーるっ、すてき


81 :高橋野草:02/02/23 09:13
はじめの人へ。
イシュタルは、シュメール語ではイナンナです。
でも、イシュタルとイナンナはもともと別な女神でした。
メソポタミアでは良くあることですが、似た性格のため、
同一視されるようになったんです。
特に、イシュタル=イナンナはメソポタミアの神の中でも、
同定、いわゆるシンクレティズムの良く行われた神でした。
彼女と同定された神には、例えば、アッカドの女神アヌニートゥ、
「バビロンの女主」、そして、ニネヴェのイシュタル、
アルベラのイシュタルなんかが居ます。
ニネヴェのイシュタル、アルベラのイシュタルは、
もともとイシュタルだったわけではなく、似たような女神で、
「ああ、これもイシュタルか」という具合に
イシュタルと考えられるようになった女神です。
新バビロニアの写本から知られる
いわゆるイシュタルのシンクレティック賛歌では、
他の多くの女神がイシュタルと同定されています。
新バビロニア時代のキシュ(正確にはフルサグカラマ)では、
ニンリル=イシュタルが祭られています。
でも、イシュタルはいわゆる「母神」マザーゴッデス、
例えば、ニンフルサグ、ニンマハ、
ベーレトイリーなどとは一線を画していたようです。
しばしば誤解されることもありますが、
彼女は,断じて「母神」ではありませんでした。
彼女には,数多くの愛人(神?)がいましたが、
子供はいません。

82 :天之御名無主:02/02/24 00:40
インド、ベンガル湾に紀元前7500年ころのものとおもわれる都市が見つかった。
実にシュメールの4000年も古い。
まだ調査中で詳細はわからないが、もし本当なら世界古代史を塗り替える大発見である。

83 :天之御名無主:02/02/24 00:45
>>82
なにそれ?
詳しくおせーて。

84 :シュメール人:02/02/24 02:00
教えてくれ!!

85 :天之御名無主:02/03/31 17:42
スメラミミコト>スメルです。本当。

86 :黒猫:02/04/02 18:45
>82 エジプトでもシュメールより古い文字盤がみつかっとるね。

87 :黒猫:02/04/02 18:47
洪水伝説も世界各地に残されているし、また、大きな洪水が有ったというような証拠も残されてはいる。

88 :天之御名無主:02/04/05 15:41
シュメール人は地球にやってきた宇宙人だというのは本当ですか?

89 :天之御名無主:02/04/06 09:14
>>88
違います。

地球にやって来た宇宙人は、シュメール人にアヌンナキと呼ばれる存在です。

シュメール人は、シュメール人
ギリシア人は、ギリシア人
ローマ人は、ローマ人
アメリカ人は、アメリカ人と呼びますが、
アヌンナキ人は、”神々”と呼ばれます。



90 :天之御名無主:02/04/06 16:36
>アヌンナキ人は
アヌンナキ人はアヌンナキ人でしょ。人なんですから(笑

91 :天之御名無主:02/04/06 22:59
>>812
>ギリシャ神話のキプロス
写し間違いですか?
>鍛治神は世界共通して一つ目の神である。
鍛治の神が隻眼なのは少数派だろ。

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)