5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

谷をどう読むか

1 ::01/09/30 05:15
鎌倉あたりじゃ「谷」をyatsuと読む地名が多い。
千葉あたりでは、「谷津」とか「谷津○」など、これと音を合わせたような
地名が散見される。
はて、他の地域ではいかがなものでしょうか?
西日本でtani、東日本でyaと読む地名が多いと聞きました(真偽は知らぬ)。
谷をyatsuと読むことの由来や分布についてご存知の方、居られました
らよろしく。

2 :天之御名無主:01/09/30 05:22
「熊谷」は くまがい、くまがやとニ種類の呼び方があるね

3 :ひでよし:01/09/30 14:58
アイヌ語に由来すると聞いたことがあります

「谷」を「や」と読む地名は、東京では渋谷、千駄ヶ谷、世田谷など、
他にもありそうですね
(関西在住なので、あまり詳しくないので・・・・)

4 :天之御名無主:01/10/01 03:26
>>3
やっぱり東京は「や」の方が多いのかな。
ざっと思いついただけでも、四谷、碑文谷、山谷、市ヶ谷とか。

鴬谷は「だに(たに)」だね。

5 :天之御名無主:01/10/02 01:36
や 日比谷
  保谷
たに茗荷谷

6 :天之御名無主:01/10/02 22:11
「鴬谷」は官軍が名付けたと空想してみる。

7 :天之御名無主:01/10/03 07:00
1は今更の西:tani、東:yaなんてどうでもよくて、
yatsuを知りたいんじゃないのか?
東北・北海道には時々「谷地」があるな。

8 :天之御名無主:01/10/03 07:52
>>7
「やつ」から「や」になったとも考えられるし、「や」の分布を知ることも
無駄にはならんでしょう

9 :ひでよし:01/10/04 21:18
「角川日本地名大辞典」の巻末の小字一覧で調べてみると、
関東地方には「やつ」、「やづ」の付く地名が幅広く分布ししています
「谷津」という表記が多いようですが、「谷」という表記もされています

例えば、千葉県成田市和田には、居下谷津、十王谷津、堂元谷津、藤ヶ谷津、
遠谷津、東谷津、南谷津、浅間谷津、溝下谷津、という地名があります

確認できただけでも、東京都や茨城県にも同様の地名が見られました
調べていけば、もっとその分布は広がっていくでしょう

語源はアイヌ語で湿地を意味する「ヤチ」だと聞いたことがありますが、
確認はできませんでした
アイヌ語辞典などで確認された方がよろしいでしょう

10 :天之御名無主:02/01/26 18:52
あげる

11 :天之御名無主:02/01/26 19:05
なぜ「谷」がテーマで鎌倉が出ない?
扇谷(おおぎがやつ)に代表されるように「谷(やつ)」が鎌倉の代表的な
地形なのだが。

12 :ひでよし:02/01/26 19:52
懐かしいスレが上がってきましたね
誰かが書くかな?、と思って放置している間にスッカリと忘れていました

鶴岡八幡宮に従属する「長吏」が「ヤツノモノ」と呼ばれていた、というのを
読んだことがあるような記憶が・・・・

13 :万子:02/02/09 22:04
山にはさまれて低くなっている土地のことを、大昔、
「やつ」「やち」"yatsi"とかたぶん読んでいた。
この言葉に「谷」という字をあてた。


そのうち、「つ「ち」"tsi"のような音が小さくなり、発音されなくなり、
「谷」は「や」と呼ばれるようになった。


「谷津」とか「谷地」は本来「谷」だけであらわすべきものだが、
わからなくなってしまっていたので、そのような表記が作られた。
特定の地方で「谷津」とか「谷地」という地名表記が多いのならば、
「やつ」「やち」は方言と思われていたのかもしれない。





「谷」の読み方の一考察

よろずこ
と読みます。


14 :天之御名無主:02/02/09 22:06
横浜、川崎、町田では「やと」です。

15 :平凡社・世界大百科によると:02/02/22 10:06
谷戸(YATO)
谷間,湿地のこと。とくに武蔵と相模で多く使われている語。
同様の語として鎌倉や下総での〈やつ(谷,谷津)〉,東北地
方や北海道でひじょうに多く使われている〈やち(谷地)〉があ
る。いずれもアイヌ語起源とされる。《常陸国風土記》には,
谷戸を支配している蛇身の〈夜刀(やと)神〉が現れて,開発
を妨害した話が収められている。古代以来,このような水湿
の地は水田適地とされ,好個の開発対象となった。谷戸は
湧水を用水とすることができ,小規模な開墾が可能であった
から,とくに中世には,谷戸のような谷の開田が盛んに行わ
れ,中世の代表的な耕地景観をつくりだした。そのような谷
間の田を関東地方では〈谷戸田〉〈谷地田(やちだ)〉,近畿地
方では〈棚田〉〈山田〉,中国地方では〈迫田(さこだ)〉などと呼
んでいる。 


・・・・アイヌ語起源かぁ

16 :TTCHANG:02/02/22 10:17
ちなみに「夜刀神(YATOGAMI)」をひくと

《常陸国風土記》行方(なめかた)郡の段に記された蛇神。
〈ヤト〉〈ヤツ〉は谷あいの低湿地のこと。
伝承によると継体天皇の時代に箭括麻多智(やはずのまたち
)という豪族が〈西の谷の葦原〉の開墾を始めたが,夜刀神の群
に妨害された。激怒した麻多智は鎧(よろい)を着て仗(ほこ)を取
り神々を打ち払い,杭を立てて境界を設定し,みずから祝(はふり)
(祀祭者)となって夜刀神をまつった。またその後同じ谷に池堤を
築こうとした壬生連麻呂(みぶのむらじまろ)は夜刀神を恐れる人々に
,この神を打ち殺せと言って叱咤したという。自然を克服し開拓事業
を推進した古代豪族にとって,森や川などのいたるところに潜む神々
との闘いは切実なものであった。彼らは自然やその神々を畏怖する
がゆえに,同時にこれを崇めもした。麻多智は征服しようとした夜刀神
のたたりを恐れ,開墾した土地の境に標(しめ)の杭を立てて夜刀神の
支配する神聖な区域とし,祭壇を設け和解して共存しようとしたのである。
神々の征服者は同時に崇拝者でもあった。

ヤマタノオロチを思わせる蛇身の神「夜刀神」は「谷神」ということか。

ageちゃう。

17 :万子:02/02/23 04:28
谷神不死。是謂玄牝。玄牝之門。是謂天地根。綿綿若存。用之不勤。

18 :天之御名無主:02/02/23 08:41
エドもアイヌ語で「岬、突出した土地」とか読んだなあ。
「エドっ子」とは「突出した人」のひとか?

19 :ヤツノモノ:02/02/23 20:27
>12
谷の者で、ヤツノモノまたはヤノモノと言うやつですね。
それで、ヤノモノからエタ頭弾左衛門の苗字は矢野なんだなんて言う説
を読んだ事あります。本当かな?

20 :TTCHANG:02/02/23 22:48
>12、>19
長吏をヤツノモノと呼んだのはなぜでしょうか?
谷間に住んでいたから?
それともなにか象徴的な意味があったのですか?


21 :天之御名無主:02/02/24 08:12
>20
谷と言われる地域に住んでいたからと聞いた事があるよ。
谷の者、坂の者、島の者、山の者、みんな境界域に追いやられていた者
たちだとか。

>13
「よろずこ」の意味は?


22 :天之御名無主:02/02/24 08:32
境界域に追いやられていた者という意味では、「河原者」もそうですよね

23 :TTCHANG:02/02/25 09:16
静岡県伊豆半島,賀茂郡河津町に谷津(やつ)温泉があるよ。
源泉は河津川支流の谷津川(やつがわ)のほとりにわき,
泉質は単純泉,弱食塩泉で,41〜100℃。

とりあえず、伊豆には「谷津」が分布してますよ。

「谷津」分布の西端はどこいらへんかなぁ?






24 :万子:02/02/25 21:45
>>21
鬼に喰われた女の名前です。
今昔物語だったかな?霊異記だったかな?
なかなかのエピソードが語られています。

25 :TTCHANG:02/02/28 01:17
『日本霊異記』中−33 
 富家の美しい娘万子に、一人の男が多くの品を送り求婚する。
二人は閨に入るが、その夜、閨の内で「痛や」という声が三度あ
がる。万子の父母は、「まだ性交に慣れぬから痛むのだろう」と
誤解し、助けに行かずに寝てしまう。翌朝、閨の戸を開けると、
万子の身体は頭と一本の指だけを残し、すべて食われていた。

っていうやつですか?>>24

26 :天之御名無主:02/03/04 23:04
>>25
指が1本残されたのは何故なんでしょう。
民俗学的に意味があったりするのですか?

27 :天之御名無主:02/03/05 20:06
沖縄ですが、「たん」と読みます。
北谷(ちゃたん)、読谷(よみたん)、谷茶前(たんちゃめー) などなど。

「たに」→「たん」の変化でしょう。

他にも読み方はあるかもしれません。


28 :天之御名無主:02/03/05 20:52
>20 >21

長吏が谷戸に住んでいたのはたしかなようですが
谷戸・谷津=被差別民の居住した谷と考えるのは早計か。

横浜市および近隣市町村には谷戸がひじょうに多くあります。
平野自体皆無に等しい丘陵地帯なので
フツーの農民も谷戸に住んでいました。
谷戸は大風や大雨から住居が守られるし。

幕末に非人を集住させた谷戸が「乞食谷戸」と呼ばれ、
長吏部落に○○谷戸があることからか、谷戸=部落みたいに思う人がいるようですが。
平地の少ない相模において 谷は辺境と言えないと思います。




29 :万子:02/03/05 21:30
>>25
正解

30 :万子:02/03/05 21:38
>>26
民俗学的にはどうかわかりませんが、猟奇事件ですね。
喰われたというより持ち去られたと解釈してます。
首を切ってそれ以外を持ち去った。
指一本というのは鬼の回収し忘れか、事故。

31 :万子:02/03/05 21:44
たしかこんな話も載ってました。


都を娘二人連れが歩いてました。
ある路地で男がおいでおいでをしてました。
娘のうち一人がその路地に入っていきました。

だいぶたったのに戻ってきません。路地に入っていくと、
鬼に喰われた死体が有りました。

32 :万子:02/03/05 21:52
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |   次は谷   |
 |_________|
.    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ


33 :TTCHANG:02/03/07 05:24
>28
地形としての「谷戸」≠呼称としての「谷戸」ということ?

「部落」には賤や聖の属性が付加され,地名などの呼称にも
特別な配慮がされた,と推測してみる.

ほとんど思いつき発言なのだけど,
部落方言というか,彼ら固有の言葉は無かったのでしょうか?
常民に比してアイヌ語の音を色濃く残している,というような.
谷津・谷戸という音がアイヌ語由来であるということが,気になる
のですが…





34 :ひでよし:02/03/12 11:10
安室知氏の『水田をめぐる民俗学的研究 日本稲作の展開と構造』(慶友社、
1998)には「低平な丘陵部に切れ込んだ小規模な浅い谷の地形を指」して、
ヤト(谷戸)・ヤツ(谷津)・ヤチ(谷地)と呼ぶとあります

また、「日常生活を送る上での基本的なまとまり」を「ヤト」と呼ぶ地域もあり、
横浜市鶴見区獅子ヶ谷にはシモヤト(下谷)・ハラヤト(原谷)・ハイガクボ(灰ヶ
久保)という三つの「ヤト」があるそうですが、この「ヤト」は地名上では小字に
相当するのではないでしょうか

35 :天之御名無主:02/03/21 07:42
アイヌ語って本当だろうか?
列島語というのは無かったのかな?
同じ事か。

36 :天之御名無主:02/03/21 15:31
>>34
要するに、谷戸=部落というわけではないということですね

37 :天之御名無主:02/03/22 10:46
「○×谷戸って大概Bだろ?」
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/rights/1016332106/

こんなスレを立てる人が人権問題板にいます
なんとかしてやって下さい

38 :天之御名無主:02/03/22 21:54
それならば川崎、横浜北部は部落だらけですな。

39 :天之御名無主:02/03/24 22:57
「板谷」という名字、岡山ではほとんど「いただに」と読むんですが
別の地域では「いたや」と読むと聞いたことがあります。
それって本当なんでしょうか?

40 :天之御名無主:02/04/01 13:50
長野県の北アルプスの麓では「TAN」というよね

41 :天之御名無主:02/04/07 23:01
本当にアイヌ語にこういう言葉があるんでしょうか。
jata,jati,jatu,jato

こんなページがありました。
http://www.tsuchiya.com/zenkoku/sinbun/0004.html
http://tsuchiya.com/data/tani-ya.gif
http://www.aboc.co.jp/pub/cd/j14.html
西   東
たに  や、さわ

とくっきり分かれている。
方言の分布より西日本が狭く、南信や東濃、三河は東日本の範疇に入る。
飛んで遠江辺りが西日本的というのも面白い。沖縄が調べらていないのが痛い。
この対立が成立したのは恐らく非常に古い時代だと思われ。

42 :天之御名無主:02/04/07 23:34
アイヌ語で川はペツ、小川はナイ、滝はソー、沼はトー、湿地はサル
崖はピラ。・・・

ヤチ、ヤトに比類したアイヌ語は知らない。

43 :天之御名無主:02/04/08 07:52
http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/aynu/sekaitizutimei.htm
ここからのコピペです

>「たとえば、柳田国男によれば、東日本に分布する堂満や当間(当麻)という地名もアイヌ語起源(トマム、トマン「沼、沼地」)であるという。」

>アイヌ語に「トマムtomam」(湿地、泥炭地、沼地)という単語はあるが、「トマン」というアイヌ語は存在しない。
>当然のことながら「東日本に分布する堂満や当間(当麻)という地名」が全てアイヌ語「tomam」に由来するとはかぎらない。個々に堂満・当間・当麻を全て調べたわけではないだろう。
>いくら柳田国男の説とはいえ、無批判に引用しないこと。

44 :天之御名無主:02/04/08 15:04
>沖縄でも「TAN」ですよね。
(ex. 読谷=よみたん)


45 :天之御名無主:02/04/08 23:26
私の故郷である北海道江別市には「登満別」(トマンベツ)という
地名が有ります。
「湿地の川」の意味です。

46 :天之御名無主:02/04/09 00:45
中禅寺湖は華厳の滝から始まって、鬼怒川に注ぐ大谷川(だいやがわ)。
単純な漢字だけにちょっと難読。ふつー「おおや」とか「おおたに」だろが。
試しにひいたら広辞苑に載ってたよ。

47 :天之御名無主:02/04/09 23:09
「ヶ谷」のつく地名は愛知県にこそ似合ってるdagaya。

48 :天之御名無主:02/04/10 10:11
↑山田君、47さんに座布団一枚あげなさい

49 :天之御名無主:02/04/10 22:07
オリックスの選手で柔道の不細工女と
付き合ってる奴がいるな。そういえば。

そーでなくて?

50 :天之御名無主:02/04/11 07:44
最近きれいになったと評判だぞ、野球板で

51 :天之御名無主:02/04/11 23:07


14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)