5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

桜井亜美が、わからない。

1 :すたすた:2000/06/16(金) 14:07
親戚の高校生に奨められたんだけど、何故、どこが良いのか
丸ごとさーーっぱりわかりませんでした。

なんだか、子供相手に稼いでるって印象しか残らない。
って言うか、ハズカしくて最後まで読めなかった。
(ファンのヒト、ごめんなさい)

でも、世間では売れてますよね?本屋さんや幻冬社でもガンガン
プッシュしてるし。

彼女の作品が好きな人も、キライな人も、色々な御意見
聞かせていただければ嬉しいです。


2 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 17:04
最初は女子高生が書いてるって噂だったんだよね
でもおばさんだったから・・・

3 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 17:05
つまんないっす
ありゃ文学じゃないので他の板で立ててください

4 :すたすた:2000/06/16(金) 17:21
>2さん
ホントですか?なんかイタい感じはしてたけど、オバサンか…

>3さん
私もそう思ったのですが、敢えてここに来る人達の御意見が聞きたかったのです。
スミマセン。
納得できるものが、ありそうに思えたので…。
彼女の信者みたいな人の話は、ファンサイトで充分ですから。
ところで、何故文学じゃないとお考えなのでしょうか?

5 :う〜ん:2000/06/16(金) 17:46
オバサンがはりきってるとしか思えない内容。
なんだかカッコつけてはいるが、蓋あけてみれば
折原みととか、そっち系の人と同じなのでは。

6 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 19:45
桜井亜美さんは速水由紀子というペンネームも持ってます。
宮台真司氏の夫人です。

7 :すたすた:2000/06/16(金) 20:58
>5さん
なるほど。ありがとうございます。

>6さん
えええ〜っ!そ、そうだったのか…!
速水由紀子ってアエラとかに書いてるジャーナリストですよね?
宮台真司の本にコラム寄せてたけど、その時は
ケッコンしてなかったなあ。
ちょっとビックリ。

それにしても、彼女、文学的な才能があんまりナイってことなのか?

8 :>6,7:2000/06/16(金) 21:24
宮台氏はちょっと前に「事実婚」とか言ってたけど、入籍はしてるんですかね?

9 :すたすた:2000/06/16(金) 22:29
>8さん

う〜む、私には解りかねます。どなたか詳しい情報知ってるかた、
いらっしゃいませんかね。

速水由紀子=ジャーナリストとしての記事はともかく、桜井亜美としての
小説はどーしてあんなにつまらないのか?

若者にしかわからないってやつなのでしょうか?

10 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 22:56
そのとおり。
年寄りには感受不能の本です。

11 :名無しさん@1周年:2000/06/16(金) 23:43
でもさ〜、ああいう小説に心酔してる
若いやつらも恥ずかしいと思うぞ。俺も若いやつだけど。


12 :>6:2000/06/17(土) 00:44
ええ―――――!ホント!?
宮台真司って結婚してたの?
そういえばあいつも若者の代弁者ぶってるけどもう40過ぎてるんだよね。
そうか、それで桜井亜美の幻冬舎文庫の処女作の解説でえらく持ち上げてたのか。
なるほど。正体不明の女子高生作家を作り上げて売り込む戦略。
桜井亜美がもう中年のオバサンということは知っていたけど
まさか宮台の奥さんだったとは・・・・・。


13 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 08:37
桜井亜美はみんな表紙に騙されるんだよ

14 :名無しさん@1周年:2000/06/17(土) 08:56
桜井亜美は何度も手に取りつつ一度も読んだことがないです。なんかなんだか
食指が動かなくて。同時期に出現した女性作家では山本文緒をわたしはいいと
思っているのですが。

15 :すたすた:2000/06/17(土) 22:22
>10さん
でも、書いてる本人も年寄りらしいですよ…

>11さん
それは解る気がします。

>12さん
>正体不明の女子高生作家を作り上げて売り込む戦略。
そんな策略があったとは知らず。おそろしや〜。

>13さん
そう!私もまったく同じ意見です。蜷川実花さんの写真はホントいいんですよね…

>14さん
何となくパラパラ立ち読みして、その後買って読む気しないんですよね…
山本文緒、未経験です。今度読んでみますね。

結局、年寄りが若者の生態をリサーチして、適当に彼らの好みに合わせて作った
お手軽なライトノベル(?)ってことなんだろうか?
なんだかカルトの教祖が何も知らない信者をだまくらかす図式に似てますな…

16 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 01:09
sage

17 :名無しさん@1周年:2000/06/18(日) 01:22
隆子はっけん

18 :14:2000/06/18(日) 02:16
山本文緒も少女小説出身だけど、びっくりするぐらい上手いです。
『ブルーもしくはブルー』などを読んだ時は、名前を知らなかったので驚きまし
た。

19 :四海楼カスタム:2000/06/28(水) 18:57
題名と苗字から、桜井和寿(ミスチル)の嫁さんだと騙されて買っている人いますよ。
あの人が必死に女子学生に取材している姿を思い浮かべると、補導員にしかみえないんじゃ…。

20 :名無しさん@1周年:2000/06/29(木) 04:10
速水由紀子って桜井和寿のファンだったから
桜井亜美ってペンネームにして、「イノセントワールド」って
を題名に使ったみたいだね

でも、桜井がぎりぎりガールズの女と浮気しているのを知ったら
幻滅してファンを止めたそうだ

文章下手だけど、女子学生が書いているように見せかけるため?
ジャーナリストとしての文章力は、よく知らないんだけど

21 :名無しさん@1周年:2000/06/29(木) 15:41
「お縄になる」とか「背広」とかいまどきの若い子が使わない
言葉が時々、出てくる。
おばさん、丸だし。桜井亜美を演じきれてない。
よって失格。

22 :名無しさん@1周年:2000/06/29(木) 19:52
つまらなさはよく分かる。

23 :名無しさん@1周年:2000/06/29(木) 19:58
読みながらいちいちつっこみ入れたくなってしまう。
てか誰かガツンと言ってくれる人いないんかなー。評論家とかで。

24 :名無しさん@ガツン:2000/06/30(金) 07:17
桜井亜美「エヴリシング」

評論をするには最低限のルールがある。それは、その作品を最後まで
読み通すことだ。しかし、今回に限り、私はあえてその禁を破らせてもらった。
何故ならば、最後まで読ませるだけのレベルにはあまりにも程遠いからだ。
冒頭の一文でまず、強烈な一撃が読み手を襲う。
<霧雨が銀の絹糸となって、セピア色のビスチェからでた肩を愛撫する>
忘れていけないのは、これは現代を舞台とした、女子高生が主人公の一人称小説である。
果たして、霧雨に愛撫された経験を持つ女子高生がいるのだろうか?
二行目以降もこの調子で『文学的表現』がこれでもかとばかりに繰り出されてくる。
空は草原となり、風車は夏を惜しみ、心の中には防腐剤が詰め込まれる。
そして、そこに追い討ちをかけるように、おそらく『今っぽさ』を演出するためであろう、
『ハーブ・リッツのプライヴェート・フォト・ブック』や『渋谷のON AIR』
(EASTなのかWESTなのか知りたいところである)が更なる違和感を
読み手に突きつける。
要は、有明のコミケで売られている同人誌と似たようなものでしかない。
これ以上は何も言うまい。いや、あえて言おう、カスであると!

25 :名無しさん@1周年:2000/06/30(金) 09:43
みんなここにかくために、わざわざ嫌いな本よんでんの?
ひまだね。
そんなにいやなら
よまなきゃいいじゃん。
せめて文学板や映画板ぐらいは、好きなものについてかいてよ。
ここはバカ文学賞の選考会じゃなくて
趣味の世界んだからさー

26 :名無しさん@1周年:2000/06/30(金) 11:08
映画化されてるけど、映画に宮台真司が出てると聞いた。
作者は出て無いのかなあ。どんな人が書いてんのか見てみたい。

27 :名無しさん@1周年:2000/06/30(金) 20:30
映画化されてんの?
速見さん2ヶ月くらい前の「朝生」に出てた。
初めて見たけど…なんか、おもいっきり引いてしまった(笑)。


28 :24:2000/07/01(土) 00:04
>25
>みんなここにかくために、わざわざ嫌いな本よんでんの?

違うよ。試しに買ったら(数年前のこと)最悪だったんで書いただけ。

29 :ニセasd:2000/07/01(土) 00:54
あのおばさんが女子高生の雑誌とか買ってるの想像すると、
ある意味、おっさんがめばえを買っているような感じをうけて、一度見てみたい。

30 :名無しさん:2000/07/01(土) 02:46
最初庵野監督もだまされて読んでたけど
対談させられたときすっげえ引いてた。ずーっと速見だけ
話してたよ。

31 :名無しさん@1周年:2000/07/01(土) 18:50
桜井亜美本人は、ほんとに自分の作品をいいものだと思って
世に出してるんだろーか。それともクオリティー抜きで、売れる
ことを第一に書いてるんだろーか。本気で書いてたらすごい。

32 :名無しさん@1周年:2000/07/01(土) 19:40
おやじはウワシンとサピオよんでれば。
んなことだから、女の子と会話が
はずまないのよん。
ジッパーもオリーヴも、男が読んでも
つまんないっしょ。

感性ちがうんだから。わかんないものあ
ーだこーだいうのは、オヤジの遠ぼえっつーの




33 :>32:2000/07/01(土) 19:57
ファンですか??

34 :名無しさん@1周年:2000/07/01(土) 21:16
子ども相手の商売、いいんじゃない?別に。
桜井亜美のせいで文学のレベルが下がるとか
そこまで影響ない人だし。
高校生は好きでしょ、ああいうの。
本人も「してやったり」じゃないかな。

35 :17歳じょしこーせー:2000/07/01(土) 21:26
学校の図書館にあって、けっこう借りてる人いた。
でも面白いっていってる人そんなにいなかったと思う。
というか二冊目は借りない。表紙にだまされて一回読む
って感じです。アレに感動する人って勘違いな人だと思う。
>そんなことだから女の子と会話がはずまないのよん
って・・・・。あなたいくつですか?
思うに、高校生で読んでる人って一部のような気がする。
なんか違う世代の若者のことわかったフリしたい人が
支持してるのでは・・・。

36 :名無しさん@1周年:2000/07/01(土) 23:45
>「違う世代の若者」「17歳」
「じょしこーせー」「世代」「支持」

じょしこーせーはずぇったいこんな書き方せーへん
わかものなんていうわけないしー。死語だもん。
1人10役、ごくろうさん


うざいのでさげ



37 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 00:59
中高生の間では、エロい漫画を見つけてグループ内で盛り上がるような
ノリでクラス内に読者が増殖してそう。
似たような動向ではティーンズハートっていうのがあったような…。
「私も小説書いてみようかな」っていう勘違いな人種を発生させる粋な小説です。
でも、書くことで救われるなんて言ってのける人はまだ幸せですね。

38 :>36:2000/07/02(日) 04:07
35の文そんな不自然には感じないけど??

39 :>36:2000/07/02(日) 04:14
ファンならどの辺が良いのか具体的にあげてー。
それがこのスレの趣旨だしさ。(煽りじゃナイよ)
ファンの人がどんな点に感動するのか興味ある。

40 :>36:2000/07/02(日) 06:48
女子高生にもいろいろいる。その程度のことも分からないお前はドキュソ決定。
お前、ひょっとして宮台氏んじゃ?

41 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 17:32
>36
わたしの知り合いの桜井ファン
よくいえばロマンチスト。悪く言えばいっちゃってる。
被害者妄想が激しくて、いっつも「私って病んでる」とか言ってた。
自殺未遂騒動起こしたり、クラスでもかなり嫌がられてた。



42 :41:2000/07/02(日) 17:48
×被害者妄想
○被害妄想

43 :バチグロ:2000/07/02(日) 19:48
>41
そーいうのもいれば、私の知り合いのように、
アイドルの卵とか、風俗のひともいる。
いろいろでチュー。

男のひとは「じょしこうせい」とか、「いまどき
のギャル」とか、ほんと
はみんなちがうのに、なんでも「こーいうもん」
ってみようとするから、わかんなくなるんじゃない?



44 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 20:22
最初の3作くらい読んだ(汗

その中で「エーコ」がどうだったとか
っていうのがあった記憶…

それが権威付けか? って思ったときあり

昔、宮台氏が「朝日」の「文藝時評」で誉めてたよね

45 :>44:2000/07/02(日) 20:50
身内のこと誉めるのって不毛だよね・・・。
しかもあんな作品誉めちゃったら宮台にとっても
マイナスな気がするなあ・・・・。

46 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 21:25
uzai

so<sage

47 :名無しさん@1周年:2000/07/02(日) 21:36
>46
あなたの方がよっぽどううざいよー。
ていうかうざいんならこなければいいのでは?
厨房丸出しだね。

48 : :2000/07/03(月) 00:21
文学板に厨房くるの久々だな〜(そうでもない?)。
たまに来ると楽しいね。

>45

最近の宮台はかなり迷走気味。ギャグも寒いし。
おっと、宮台ネタは宮台板でしよう。

49 :名無しさん@1周年:2000/07/03(月) 00:30
>48
そういえば文学版ってあんまいないかもね。厨房。
そこはやはり桜井亜美の力!
宮台板ってあるの???

50 :48>49:2000/07/03(月) 01:11
社会学板の通称が宮台板。厨房の溜まり場といっても過言じゃない。
なかにはまともな人もいるけど。

51 :48>49:2000/07/03(月) 01:12
社会学板の通称が宮台板。宮台がらみのスレッドだらけで、信者、アンチともに
厨房だらけ。なかにはまともな人もいるけど。

52 :50・51:2000/07/03(月) 01:15
あ、二重カキコになってしまった。ごめん。

53 :>48:2000/07/03(月) 01:31
教えてくれてありがとー。いってみます。

54 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 11:32
>36
若い女性は様々な個性を有しており、十派一からげに
くくれる物ではないと下のバチグロさんとやらはおっしゃってますが。
あなたの周りにそういう言葉遣いをする人がいない、
もしくは友達にそういう文章を書く人がいないだけの
ことでしょう。

>43
このスレッドの桜井亜実ファンの煽りを見る限りでは、
似たような個性・もしくは似たような文章能力を有す
方が多いように思えます。現実ではそうならないように
努めてください。

桜井亜美の本は……2作、なんとか立ち読みした限りでは、
あまり本を読まない人が「すっごい面白い本を読んだ、
感動した〜〜」と人に言うための本って感じですね。


55 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 12:39
世の中に違和感をもたず、
自分をスムーズに受け入れられ
てしまう人には、何も感じられ
ないのかもしれませんね。

それと完全に大人の感性で
世界と同調できる人も。

疎外感とか亀裂を感じている
人たちが共感するのでは?
作者も自殺願望強かったみ
たいだし。


56 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 16:16
ぷぷっ。>55

57 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 16:48
会社の先輩に薦められて読んだけど、すげーつまんなかった。
子供だましっていうか・・・
大体悪役の親玉が「シャア」って呼ばれてる時点で萎えた。
いつの時代の人?
その先輩って、当時30歳ぐらい。
それまで表面的にしか付き合ってなかったから、
「イケてるおとなの女性」とか思って憧れてたんだけど、
こんなのガキ向けの小説読んで喜んでるなんて、と一気に幻滅した。

その後、彼女は鬱で会社を休みがちになり、自殺未遂して退職した。


58 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 18:18
あつくるしい

59 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 18:20
xxxx

60 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 18:33
朝晩おつとめごくろうさまです

61 :名無しさん@1周年:2000/07/04(火) 18:38
朝晩おつとめ
ごくろうさまです
アメリカからの書き込み、
ごくろうさまです
留学生活
ごくろうさまです
ライター生活
ごくろうさまです
自律神経失調症
ごくろうさまです
あなたはほんとに
すばらしい
批評家さまていらっ
しゃいます
明日の日本の
評論界を背負って
がんばってくださいませ。

62 :>61:2000/07/04(火) 21:56
桜井ファンが厨房だということを、よほど
わからせたいみたいです。

63 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 01:20
ファンの人には悪いけど、
いつかは卒業する類の作風ではあると思います。青臭いというか。
私は…数作読んだけど「読んだ」という事実だけが残りました。

64 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 01:33
尾崎豊の女作家版を演じているようなものかな?
この人はこのままの路線では続かないよ。
実年齢がもう40歳ぐらいだろ。
必ず破綻して路線変更を強いられるよ。

65 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 01:42
40であのポップな感じが出せるんですね。
みずみずしくはあります。

66 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 02:02
桜井亜美で癒される程度の疎外感や孤独なら、
毎日健康食品でも食べて運動しろ。その方が効くだろう。


67 :名無しさん@厨房逝って良し:2000/07/05(水) 07:13
>55

甘えんな。お前が感じてる程度の違和感は多かれ少なかれみんな感じつつ、
それでも毎日を乗り越えているんだよ。
疎外感?お前が他者にぶつかる勇気が無いだけだろうが。
何かのせいにして言い訳ばかりして、結局誰かに何とかしてもらおうと思ってるんだろ?
そんなに自分が可愛くて仕方が無いか?
生きているだけでありがたいことに気付け。

68 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 07:38
ていうか、桜井亜美を「わかる」必要なんてあるのか?

69 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 11:16
私は16歳の高校生です。
他人に甘えてなんかいません。
両親が離婚したのですが、父に
養育費を払う生活力がないので、
身体が余り上部じゃない母が働いています。
私も自分の専門学校へ行く費用ぐらい、
自分で稼ごうと、水商売のようなバイトを
はじめました。
でもそこで店長にレイプされてしまい、
凄く辛くなって店をやめました。

頼らなくても、毎日を乗り越えようと
思っても悲しい時はあります。そんな
時に読んで、少しだけ力をもらうことが、
そんなにいけないことなんですか?
私は自分ひとりで生きていこう思ってる
けど、そんな風にいわれると、すごく
淋しい気持になります。

70 :>69:2000/07/05(水) 12:40
>少しだけ力をもらうことが、
そんなにいけないことなんですか?

いけなかないけどさ、わざわざ危ないバイトしないで
地道にバイトすれば?悲劇のヒロイン気取っちゃダメよ。

71 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 14:21
>>69
まじネタなら2ちゃんにきてる場合ではないだろう

72 :>66:2000/07/05(水) 14:47

>桜井亜美で癒される程度の疎外感や孤独なら、
毎日健康食品でも食べて運動しろ。その方が効くだろう。

それその通り。最高。


73 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 15:10
太宰のノイローゼはラジオ体操でなおる

            BY 三島由紀夫

74 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 15:37
桜井亜美ってジュニア小説ですよね?

75 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 15:40
芥川龍之介のノイローゼはいろはガルタでなおる。

   
           BY 田川助蔵

76 :74:2000/07/05(水) 15:41
変な文章になっちゃった・・・正確には
「桜井亜美の小説って、ジュニア小説ですよね?」ですね。・・・どうでもいいが。

>69さん
高校生で水商売みたいなことしてたのは、やっぱり桜井亜美の影響もありますか?
私が唯一読んだ小説では、そうゆうのをカッコよさげに書いてあったけど。

77 :>73:2000/07/05(水) 17:19
うはははは。これも最高。

78 :喜朗:2000/07/05(水) 17:31
>73
石原慎太郎が最近文藝春秋で書いてたような...


79 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 18:18
桜井亜美は最初から「イメージ」で売ることを考えられた虚像の作家です。
「桜井亜美」という名前も「イノセントワールド」という処女作も、
表紙の女の子も、全て「商品」としてどの層にどんなアプローチで売るか、
考え抜かれた上で「文庫書き下ろし専門」作家として速水由紀子が登用された
に過ぎません。女子高生の取材をアエラとかでしていた速水が、それを
フィクションにするという、「売る」ために計算されたプロジェクトです。

実際売れてるし、それでいいのでは? だって一言も「この表紙は著者です」
なんて書いてないもん(笑)。商売上手ってことでしょう。幻冬舎が。

80 :EBTG:2000/07/05(水) 19:17
桜井亜美読者の人がいて、もし岡崎京子を読んだことがないのなら、
是非読んでほしいとおもう。

81 :69:2000/07/05(水) 19:38
>76さん 違います
   学費と家を出て自活する費用をためるには、
   普通のバイトでは無理なので。
   母親からの援助はいっさいあてにしていま
   せん
   妹もいるので、家事と学校とバイト(今は水商
   売じゃないけど)でいっぱいで、友達と遊ぶ時間
   もぜんぜんなくて、ほんのちょっとの自分の
   時間に読む本とネットだけがたった一つの楽し
   みなんです。
   同級生とかには家庭の事とか余り話したくないし、
   お金がたいへんだとか言って同情されるのもい  
   やだったし。
   そんな風に読んでいる本を否定されると、
   私まで否定されてるみたいな気がしてしまいま
   した。
   べつに悲劇のヒロインなんか気取ってません。
   ただ、前を向いてまっすぐ歩いていきたいし、
   自分の心を大切にしたいとおもっています。
  
   私のような気持で本を読んでいる人もきっとたく
   さんいると思います。そんな人たちとにって
   、好きな小説は宝物なんです。五百円の使い道だって、
   すごく考えなければならないから。
  
   これからバイトなので失礼します。


82 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 19:54
>79
売れるのはいい。文学だって商品だからな。
しかしこのスレの趣旨は、桜井亜美に文学的な価値があるのなら
どんなものか説明できる人間はいないか、ということなんじゃ?

ところで、ファンの厨房以外に誰かいないんすか?
桜井亜美はいい!って自信もって説明できるひと。


83 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 20:16
age!!

84 :74>69:2000/07/05(水) 20:33
そっすかー、レスありがとう。
小説の影響で高校生が水商売なんてヤバイよなあ〜と思ってたんですが、
誤解してたみたいで、失礼しました。m(_ _)mペコリ

ちなみに「悲劇のヒロイン気取ってる」といったのは私じゃないです、念のため。

85 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 20:39
2ch一くだらないスレッドだな


86 :>85:2000/07/05(水) 21:24
そう思うなら来るな。

87 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 22:01
 宮台は世直しモードからサブカルモードに転換したが、それは奥さんの
作品を売るためなのか?
 まあ、桜井をよんでる女性と話をあわせるだけのツールとして読んではいるが
ツール以上の何者でもないし、文学とは到底いえないね。便利ツールとして存在することは認める。

88 :名無しさん@1周年:2000/07/05(水) 22:51
>82

初の女性によるポップな自意識文学、
またはポップな感性文学

あと、エロの場面に萌え萌え

89 :>88:2000/07/05(水) 23:09
ああいうの、ポップっていうのかなあ?
ただ無理しててキツ〜イ!って印象しか残らないですよ。
特に小道具がイヤ。古臭すぎる。

それに、感性って言葉、うさん臭くないですか?
その言葉で説明されるものって、いまいちねえ。

90 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 02:06
作者はあんなもん世に出して恥ずかしくないのか〜?


91 :67>69・81:2000/07/06(木) 05:54
君は甘えてないつもりだろうし、悲劇のヒロインを気取ってるつもりもないんだろうけど、
無意識のうちに甘えた態度が出ているんだよ。
レイプされてどうこうなんていうパーソナルな事をわざわざ書き込んでるのは何故だと思う?
「私は甘えていない」ということを他人に理解して欲しいからだ。
けれど、その「理解して欲しい」という態度こそが甘えの態度なんだよ。
もし、本気で一人で生きて行きたいと思うなら、自分を理解してもらおうとなどは思うな。

あと、君には宝物かもしれないが、詐欺に遭ったと思っている人も
多々いる事も忘れるな。五百円が貴重なのはこっちだって同じ事だ。

92 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 07:55
小説は本来、パーソナルな読み方しかできない。
世間の評価は、福田和也のような人間にとって
だけ意味がある。
今、文学賞作品が全く売れないのも
読者がそれを分ってきたからでしょう。
絶対正しい文学的評価なんてない。
それを追求するなら、このスレッドだって
甘えだ。


93 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 08:05
大体、本屋が面白い本ばかりだと読むの大変じゃん。
こんなに本出てるのに。

ただ、無理矢理押しつけられて「絶対感動するよ!」と言われる
のだけは嫌です。総務部の池西さん、アンタのことですよ〜〜〜。
私が何をした?

94 :ついでに言わせてもらう。:2000/07/06(木) 08:17
ひとン家の本を借りて行くのは構わないが、「お返し」とか何とか尤もらしい
言い訳のぶら下がった非道く退屈な本を押しつけて帰るのだけは止めてくれ>Sさん
読むだけでいいなら読んでやらんこともないが、返すときのことを考えると
憂鬱で仕方ないんだよ。よーするに何と言って欲しいわけ? はっきり言って
怖いよ、アンタ。

95 :>92:2000/07/06(木) 08:21
文学的評価をするのが何故甘えになる?
”正しい”評価なんてもの、あるわけないぞ。
それこそ、パーソナルなものになるんじゃないのか?

96 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 10:29
>90
 宮台のある書によると桜井亜美=速見由紀子は「私がそもそも小説を書こうと
思ったのも彼に出会ったから。彼に読ませたいってのが一番大きかった。」
と載ってます。もともと読者のためというよりも宮台のために書いてるだけです。
宮台が楽しめればそれでいいんです。

97 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 11:02
巧みにマーケティングされた思春期の女向け小説って感じですかね。
コバルト文庫みたいなものでしょ。それを思春期の子どもがおしゃれだと
かんじる写真、装丁で売ると。


98 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 11:57
ああいう小説好きな人たちって、
”充たされず、違和感を抱えた自分”っていう自画像が
だ〜い好きなんだろうな。
本当にそういう状態から抜け出したかったら、自分と同じような状況に対して
嫌悪感を持つものなんじゃないのかなあ。

同病相哀れむ、傷のなめ合いって感じだよね。

99 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 12:29
汚れちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れちまった悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

汚れちまった悲しみは
たとえば狐の革衣
汚れちまった悲しみは
小雪のかかってちぢこまる

汚れちまった悲しみは
なにのぞむなくねがふなく
倦怠のうちに死を夢む

汚れちまった悲しみに
いたいたしくも怖気づき
汚れちまった悲しみに
なすところなく日は暮れる

100 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 12:33
>98 

   オマエモナー
   気にいらないなら
   普通、無視するのに
   悪口いいたいのは、
   気になるから?

  
   

101 :藤原竜也:2000/07/06(木) 12:42
めでたく100レス達成
鋭い分析もなく
つまらないでし
発展性ないので、ここでおしまい


<<<<<<<<<終了>>>>>>>>>>

102 :>100:2000/07/06(木) 13:09
アナタも”充たされず、違和感を抱えた自分”大好き派?

103 :>101:2000/07/06(木) 13:15
してよ。鋭い分析。

聞きたいな〜。

104 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 13:17
表紙の女の子は写真家のニナガワミカの妹、ニナガワマミだよ。


105 :98:2000/07/06(木) 13:51
>100
気に入らないなんて書いて無いし、悪口のつもりも無いけど?
単純に思ったこと書いただけ。

まあ、そういう人種の心の弱さにつけこんで
稼ぎ捲ってる作者には、良心がイタくないかと聞きたいけどさ。

106 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 14:30
こういうおんなって別れ話もちだすと手首切るか、ストーカー化するかどっちか。

107 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 14:48
おそらく宮台チェンチェイはそのうち飽きて棄てるでしょう。そのときに速見は
どうすんでしょうね。

108 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 14:55
桜井亜美のファンは気に入らない事があると
自殺未遂のマネゴトをして周囲を威嚇する人が多い。
あまりいじめないようにしましょう。

109 :名無しさん@一周年:2000/07/06(木) 15:20
題材は面白いけど何か中身はつまらんの。
カバー見るとすっげえおも白そうなのに、
そこが又新たな悲劇なのかいな
55とかって仕込みじゃないの

110 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 17:16
>自殺未遂のマネゴトをして周囲を威嚇する人が多い。
 このスレができて約3週間。このスレ読んで自殺した人は
すでにいるでしょうな。
    
    謹んでご冥福をお祈りいたします     合掌

111 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 17:47
だっれっかっ!!
いないのか〜桜井亜美ファンの人!
彼女の作品好きな人たちの分析&評論聞いてみたいよ〜。

ただし「感性がちがう」って話しはやめてくれ。

112 :通りすがり:2000/07/06(木) 18:43
岡崎京子以降の少女マンガの自意識やセックス
観と重なり合うものがある。
このひと、本当は文学より活字のマンガをやりたかったのでは?
今の女の子にはそっちの方がずっとリアルでしょう。

113 :名無しさん@1周年:2000/07/06(木) 21:29
>112
ナルホド・・・。確かに岡崎京子と近い雰囲気あるかも・・・。
でも完成度の高さからすると、似て非なるもののような気もします。


114 :>112、113:2000/07/06(木) 22:37
桜井亜美自身が自分のファンサイトで岡崎京子を絶賛していた、と思う。
しかし、似て非なるものというよりも、一緒にされたら岡崎京子が
かわいそう。岡崎さんの復活待ってます。

115 :>113、114:2000/07/06(木) 22:44
112は岡崎「以降のマンガ」といってるんじゃ?
岡崎に、とはかいてないぞ。

116 :114:2000/07/06(木) 23:01
あ、ほんとだね。すみません。

117 :113:2000/07/06(木) 23:29
失礼しました。でも桜井亜美がファンというのは
なんだか興味深い。

118 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 02:13
むか〜し、コバルトとかで、
性体験小説集みたいなのがありましたよね。
女子高生向けポルノ小説ってことでどう?
ただし、読んでるのはまだ未体験の小中学生の気がする。

119 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 05:33
桜井亜美は自意識系厨房以外にとってはクズだが、だまされた人は多い、ってとこかな?

結論。マーケティングは重要だ、そして厨房逝って良し。


120 :>119:2000/07/07(金) 08:39
オマエモナー

121 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 11:17

119は社会学板で宮台叩きを執拗にやっている厨房の
某氏と同一人物と思われる。
同じようなこと書いてたし。文学板まで出張ですか?

122 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/07(金) 11:17
小林秀雄に遭遇する文学厨房萌え〜

桜井亜美氏んじゃになるAC厨房萎え〜(;´Д`)

123 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 14:10
しかし、全体的に彼女の評判はよろしくないようです。
このままでは一方的なイメージで固まってしまいそう。
どなたかファンの方、反論ないのでしょうか?
このスレの目的は両面からの意見を聞くものだったはずですよね。
宮台ファンの援護射撃でもいいから聞きたいですね。

124 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 15:38
>118
なるほど。それ言えてますね。

125 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 16:59
強いて言うなら、桜井本でも中高生の漢字のお勉強には使える。
テストで役には立たないが。

126 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 17:28
僕としては、みなさんが小説に何をもとめて読むのか逆に聞きたい
ですね。
難しい本を読んでいるというステイタスですか?
それとも主人公への共感ですか?
いまいち、みなさんの本読みの基準がよくわかりません。

僕は去年、失恋して落ち込んだときに読み、主人公に凄く共感
したので、それ以来、繰り返しよんでいます。
みなさんもここに来る常連ということは、余り外でのコミュニケーン
が得意ではないんだと思いますが。違っていたらすみません。
自分が可哀想なのではなく、自分を外に向かって開く勇気を持ちたいから読んで
いるんです。

一度、そういう偏見なしに、「14」とか「ラブアッシュ」とか読んで
みてください。見方が変わると思いますよ。

ここには桜井ファンは余り来ないと思います。みなさんの餌食にされるのは見えてますから。

蛍のスレッドとか見ても、徹底的なイジメの構造ですよね。
中学じゃあるまいし、弱さを隠さない人たちを追い詰めて叩くことが
それ程楽しいんでしょうか?
そういう人たちに、人間の弱さや愚かさ、高貴さを描くことで人を救う
小説を語る
資格があるとは思えません。




127 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 17:32


終了!!

128 :>126:2000/07/07(金) 18:12
餌食なんかにするつもりなんかないよ。少なくとも私は。
私は桜井ファンじゃないから彼女の作品かっこ悪いとしか思えないけど、
私の友達とかで好きな人はいる。
その子たちにどこがどう良いのか聞いても
「わかる人にしかわかんないよ」みたいに言われちゃう。

それこそコミュニケーションべたっていうか、閉鎖的じゃない?
もっとわかるように説明してくれたら、私だって別の視点から
彼女の作品に触れて、好きになることができたかもしれないのに。

自分の好きなものを批判されてるからってイジメっていうの、ヘンじゃないかなあ?
そういうふうに見ている人達もいるってだけのことじゃん。
その事実を知ったなら、堂々と桜井作品の良さをここで展開していけばいいんじゃないの?

ここのスレの趣旨は、一方的に桜井亜美をたたくのが目的じゃないでしょ。
好きなひとも、嫌いな人も、いろんな意見をだしてって書いてあるじゃん。
ファンのひとも引っ込んでないでいろいろ書けばいいんだよ。
ここはイジメの場所でもケンカの場所でも無いんだからさー。

129 :>126:2000/07/07(金) 18:15
 桜井ファンの知性の低さを、体を張って教えてくれた
貴方に、感謝の言葉を贈ります。
「ありがとう」


130 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 18:52
>128

「サーフスプラッシュ」の竹内結子の解説読むと、分りやすいかも。
いろいろな事情で子供のころ傷ついた経験のある主人公が、そこから
抜け出して誰かと心を本当に通じあわせるまでの過程がモチーフ。

coccoの歌とおなじように、そういう過去の体験のある人には
癒しや励ましになるんだとおもいます。



131 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 21:09
>126
 126のような人はここよりも人生相談板や躁鬱板を見たほうがいいぞ。
あっちなら、似たような悩みの住人がたくさんいるしオススメだぞ。
 

132 :128:2000/07/07(金) 22:10
>130
レスありがとね。coccoの歌は私も好きだよ。
桜井亜美作品とはまったく別物という感じがするけど。

133 :珍念:2000/07/07(金) 22:32
>126

私も131さんと同じで、食べ物板の「思い出に残る食事」
スレッドがおすすめ。126さんのような人の求める文学
に関する話題を、文学板で探すのは難しいと思います。

134 :名無しさん@1周年:2000/07/07(金) 23:20
自意識が強くてしんどい人たちがカタルシスを得るための本。
文学的価値は特になし。表現は稚拙だし、登場人物も構成もワンパターン。
でも、ファンの人にはそれがいいんだろうけど。

もちろん私は全部読みましたよ。

135 :119:2000/07/07(金) 23:52
>121

すぐに同一人物と決め付けるのはやめたほうがいいね。
自分の頭の悪さを露呈するだけだから。宮台氏んじゃウザイって思ってる奴なんて
山ほどいるんだし。ちなみに、かなり以前に「分析!宮台信者」のスレッドの
99、113、130、138、159、169に書き込んだりはしてる。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sociology&key=955197811

>130
COCCOと桜井亜美では表現のレベルがあまりに違う。
宮台の言葉を借りて言えば、COCCOの「表出」は「表現」足り得てるが、
桜井亜美の「表出」はとても「表現」足り得ていない。
ていうか、桜井亜美は「表出」でもなんでもなくて、狙いすました戦略なんだろうけど。

136 :119:2000/07/08(土) 00:00
ついでに。桜井亜美厨房どもにこの言葉を贈る。
「ほんの小さな傷付け合いにに神経を尖らせ、それを気重に感じた挙げ句、
人と人の交わりを表層的な装いのレベルに留めてしまうことが、
社交のニューモデルであろうはずはない。それは正しく
『自閉術』と称されるべきである」(宮崎哲弥「身捨つるほどの祖国はありや」)

137 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 00:32
なんかね、桜井亜美氏の読者さんはみんな同じ物が好きみたいなんですよね。
椎名林檎・グレイプバイン・cocco等…。
なんかね、みんなと同じ物が好きっていうのに違和感を感じないのかな。
そういうふうに“同じ人種”みたいに徒党を組んでいるのに
疎外感とか違和感とかを吐露されても
かえって彼らに近寄りがたさを感じてしまいます。
なんかあるでしょ、“本人”は好きだけどファンは嫌いっていうの。
ファンを見つめていると気持ちが萎えてくることがあるんですよ。

138 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 04:47
ファンのほうに分類される読み方をしている。面白い、とさえ感じている。
でも、ここに来てるファンの仲間には思われたくない、と思う。桜井亜美。

>なんかね、桜井亜美氏の読者さんはみんな同じ物が好きみたいなんですよね。
>椎名林檎・グレイプバイン・cocco等…。
あたしはみんなとはなんかが違う、、、、っていう
女の子の選ぶものだと思う。桜井亜美含めて。

そういう「あたし」はみんなのように楽しく生きていられない。
生きているのが辛くて、周囲の人間と調和することができない。
苦しみやトラウマを抱えていて、心に傷を負っている。
それは「あたし」がみんなと違うから。
自分が許せなくって拒食と過食を繰り返して、、、、

まるで自意識過剰の見本。
だけど私自身が、自意識過剰だから、桜井亜美の世界に入り込むと幸せに浸れる。
しかし翌朝の仕事までにその過剰な自意識は捨てとかなきゃ。
桜井亜美のファンだ、この世界が理解できないのは感性が、
とかいいだすひとは、たぶん周囲ともそうやって理解し合わないでやってくんだろうなあ…

139 :>138:2000/07/08(土) 05:21
あなたは自覚があるから大丈夫です。
夏目漱石の「行人」を読むことをオススメします。

140 :>139:2000/07/08(土) 14:14
漱石の「行人」、いいなー、辛くて。
似たようなテーマでも『アルジャーノンに花束を』は
安い感じがしたけど。

141 :名無しさん@1周年:2000/07/08(土) 14:33
>138
なんかここで初めて桜井ファンからのまともな分析聞いた気がする・・・

>この世界が理解できないのは感性が、
とかいいだすひとは、たぶん周囲ともそうやって理解し合わないでやってくんだろうなあ

そうですね。
周囲との違和感なんて誰だって多かれ少なかれ持ってるんだから、
その弱さを盾にしないでって言いたいと思う。


142 :四海楼カスタム:2000/07/08(土) 20:07
>141さん
同感です…。
>周囲との違和感なんて誰だって多かれ少なかれ持ってるんだから、
その弱さを盾にしないでって言いたいと思う。

ここまで狙って書ける桜井の作戦はすごいな…。
って、意図してたのかどうかわからんけど。



143 :>142:2000/07/09(日) 00:34
>狙って書ける桜井の作戦
?何を狙ったどんな作戦なんすか?

144 :四海楼カスタム:2000/07/09(日) 04:54


12 名前: >6 投稿日: 2000/06/17(土) 00:44

ええ―――――!ホント!?
宮台真司って結婚してたの?
そういえばあいつも若者の代弁者ぶってるけどもう40過ぎてるんだよね。
そうか、それで桜井亜美の幻冬舎文庫の処女作の解説でえらく持ち上げてたのか。
なるほど。正体不明の女子高生作家を作り上げて売り込む戦略。
桜井亜美がもう中年のオバサンということは知っていたけど
まさか宮台の奥さんだったとは・・・・・。
79 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/05(水) 18:18

桜井亜美は最初から「イメージ」で売ることを考えられた虚像の作家です。
「桜井亜美」という名前も「イノセントワールド」という処女作も、
表紙の女の子も、全て「商品」としてどの層にどんなアプローチで売るか、
考え抜かれた上で「文庫書き下ろし専門」作家として速水由紀子が登用された
に過ぎません。女子高生の取材をアエラとかでしていた速水が、それを
フィクションにするという、「売る」ために計算されたプロジェクトです。

実際売れてるし、それでいいのでは? だって一言も「この表紙は著者です」
なんて書いてないもん(笑)。商売上手ってことでしょう。幻冬舎が。

てな感じ。俺も桜井について深く考えたくない。




145 :名無しさん@1周年:2000/07/09(日) 10:29
業界のコバンザメが寄せ集めた勝手な
情報を
あんまり間に受けな
い方がいいですよ。
OOのクソムックに
かいてるようなライターたちは
みんな作家を引き摺り下ろして自分が目立ちたくて仕方ない
んだから。
ここだってその手の情報源は、どうせ大O隆Oとか
その弟子とかでしょ。
個人的な嫉妬とかでものをいう奴らが
業界的な世渡りしながらウワを捏造していく姿勢が、
一番へどがでます。
2ちゃんねるもちゃんとものを考えてる人たちも多いけど、
この手合いが入ってくると、ただの誹謗中傷だらけに
なってしまう。
文学板はやっぱり38、139、140、141のような
ものをちゃんと考えて分析しているレスを希望します。

146 :145:2000/07/09(日) 10:30
うえ、38ではなくて、138の間違いでした。

147 :>145:2000/07/09(日) 12:22
儂もまったくそう思う。
じゃなきゃつまらん。

148 :名無しさん@一周年:2000/07/09(日) 12:36
じゃあ椎名林檎と桜井亜美の違いって何でしょ?
そこら辺が桜井亜美に違和感あるんだけど

149 :四海楼カスタム:2000/07/09(日) 12:40
>145
宝…?

150 :ニコニコ坊や:2000/07/09(日) 13:44
>145

島・・・?

151 :>148:2000/07/09(日) 13:55
質問の趣旨がイマイチ良く分りませんが、両者の共通点といえば、
自意識過剰系ということぐらいで、手法は全く違うのでは?
林檎と桜井に違いがある(あたりまえですが)ことが違和感?それとも
同じ自意識過剰系にカテコ゛ライズされがちなことに違和感?

152 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 00:19
>151
本人というよりファンが自意識過剰だと思った。

153 :>145:2000/07/10(月) 03:55
>ここだってその手の情報源は、どうせ大O隆Oとか その弟子とかでしょ。

そういう批判めいた事書くんだったら根拠書け。お前、狂五郎スレで自作自演説
叫んでた厨房と似てるね、思考回路。

>ものをちゃんと考えて分析しているレスを希望します。

何様?だったら、少しは自己分析しな?お前、おそらく宮台信者だろうけど、
もしそうだったら、宮台の著作からどんなことを学んでるのか言って欲しいもんだな。

154 :名無しさん@1周年:2000/07/10(月) 04:17
何かまたもや趣旨からずれてってますね。
ここは小説を分析する場だと思うけど。


155 :>154:2000/07/10(月) 05:56
分析なんてされてんじゃん、とっくに。レス全部読め。

156 :おしゃかゆみこ:2000/07/10(月) 08:27
>153

 お下劣ね。
 あなた、自分が出張ホストだって自分でバラしてどーすんの?
 客がイケなくなっちゃうじゃない。
 ホストにはホストの心意気ってもんがあるのよ。
 分ったら素直にはーいして、おうちにかえりましょうね。

157 :ふー。:2000/07/12(水) 15:23
全部読み終わった。
ネットで知り合った女性が桜井亜美すごくいいよーと言ってたんだけど、
まさしく彼女はcoccoのファンで、椎名林檎ファンで、しかもリスカ女です。
もしかして彼女の知り合いが書いたのかと思ってしまいました。
似たような人、ホントに多いんですね。
全然特別じゃないじゃん!>桜井亜美ファン

158 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 15:28
>自意識過剰系
確かに。
全然知らない奴に自分の家の経済状態がどうだの
風俗で働いたら店長にレイプされたの切々と書きこむなんて
自意識過剰以外の何者でもないね。
君が他人に無関心なのと同じくらい、他人も君のことなんか
どーでもいいと思ってるんだよ。高校生ならそれぐらい理解しろよ。

159 :>自意識過剰系は:2000/07/12(水) 18:29
そんな自分に強い嫌悪感をもっていて、いつもから回りする自分の心に
何だかなーとうんざりしながら生きてます。
でもそういう自分への執着も人一倍強かったりして・・・
自意識過剰と自己嫌悪の間を振り子のようにふれながら生きるピープル。
まあ、今はそういうタイプの女の子が思いのほか多いんでしょうね。
男でもそういう人、結構いるような気がするけど、どうなんでしょう。

160 :>159:2000/07/12(水) 20:58
客観的に自分を見て冷静に分析できる人はいいんじゃないすかね。
自分にウンザリ状態はつらいと思うけど、桜井ファンじゃなくたって
そういう人は大勢いて、それなりに対処しながら生きて生活していくわけだし。

>男でもそういう人、結構いるような気がする
いるよ〜!現に私に桜井作品を薦めてくれたのはオトコでした。
彼女のファンサイト開いてる男性もいたしね。

161 :名無しさん@1周年:2000/07/12(水) 22:14
>159
私の男友達にも桜井亜美のファンいますよ。
それがまさしく『自意識過剰と自己嫌悪の間を振り子のようにふれながら生きる』
タイプで、『そういう自分への執着も人一倍強い』人なんだよね。
いいやつだけど。

162 :名無しさん:2000/07/13(木) 01:06
どうでもいいけど「イノセントワールド」のラストは
「限りなく透明に近い…」のぱくりといっていいのかオマージュといって
いいのか……。
ホントに中学生が村上龍と野島真司のドラマ見て発作的に書いたのかと思ったよ

163 :葉月りおな:2000/07/13(木) 08:38
女の子で自意識過剰だと、看護婦コスプレとかリスカ
とかの方向へいくけど、男の場合はどうなるんでしょう。
やっぱり椎名林檎・COCCO、桜井亜美にはまって、
自殺願望・だけど自分大好きになるんですかね。

164 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 21:48
結構最近まで、桜井亜美ってホントに女子高生だと思ってました(^^;)
あの内容、いいトシした大人が書いてるとは思えなかったんだもん。
「私ってクールでしょ、悟ってるでしょ」みたいな・・・
イキがってる中学生みたいなイメージを受けました。


165 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 22:06
この前、電車の中で、桜井亜美って、ほんとは浜崎あゆみのペンネーム
なんだよねかいってる女子高生たちがいました。「あゆは子供の頃、親が離婚
して父親の顔もしらないし、なんか歌詞とかにてんじゃん」とかなんとか。
違うだろって思ったけど、なんか絶望的な暗い感じが少し似てるかも。

166 :名無しさん@1周年:2000/07/14(金) 22:10
私にとっては眠る前に必ず読む精神安定剤として機能している。

167 :148:2000/07/15(土) 01:01
>151
椎名林檎も自意識過剰系であるけど何か人間的にどうのこうの言うのとは
別に商品としては金払っても良いなて感じまで仕上げてるけど、桜井亜美
っていつもだまされた感じで、買って全く損した感じがします。
まあ気合の差というか、なんか手抜き過ぎって感じです。
風俗で言えばテコキぼったくり風俗みたいな感じ。
林檎もなんかだんだん肩に力はいりすぎてるような感じですが、マットプレイは
一応こなすみたいな律儀なところを感じます。
人間的には同じカテゴライズに入るのだと思うけど、
その辺が違和感感じるところです。

168 :>167:2000/07/15(土) 08:10
っていうことは、Coccoはマットプレイも前戯もトーク
も誠実にこなすというワケでしょうか?
実際、桜井の小説には風俗とかAVとかのシーンがたくさん出てくるけど、
私的にはそういうとこが結構、好きだったりする。
いつも抑圧してる死にたい、モノになりたいという願望を、ありあり
自覚させてくれるという意味では、癒されます。


169 :> 葉月りおな :2000/07/15(土) 18:27
私の知ってる亜美好きおとこは自殺願望はないようだが
自分大好き過ぎて勝手にしてろって思うこともある。

170 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 19:55
 なんかずいぶんもりあがってますね。

 音楽評論なら桜井の夫の宮台の『まぼろしの郊外』の文庫版がおすすめ。
朝日新聞社から560円(税抜き)で売ってる。その本の290ページから
いろいろ書いてある。
 宮台的には宇多田やミーシャのような「天然系」は楽に生きているのでOK
らしい。一番良好な状態。
 逆にヤバイのは椎名林檎・19・ゆずなどのような「自意識系」。
彼らは生きるのがキツイと思い込んでるナルシスト。Coocoや浜崎あゆみ
も自意識系かな。
 自意識系が天然系に移るプロセスが「修行系」。ドラゴンアッシュが修行系
にあたる。憶測だが、宮台は桜井に「修行系」の小説を書かせたいんじゃないの
かな?

171 :名無しさん@1周年:2000/07/15(土) 19:55
 なんかずいぶんもりあがってますね。

 音楽評論なら桜井の夫の宮台の『まぼろしの郊外』の文庫版がおすすめ。
朝日新聞社から560円(税抜き)で売ってる。その本の290ページから
いろいろ書いてある。
 宮台的には宇多田やミーシャのような「天然系」は楽に生きているのでOK
らしい。一番良好な状態。
 逆にヤバイのは椎名林檎・19・ゆずなどのような「自意識系」。
彼らは生きるのがキツイと思い込んでるナルシスト。Coccoや浜崎あゆみ
も自意識系かな。
 自意識系が天然系に移るプロセスが「修行系」。ドラゴンアッシュが修行系
にあたる。憶測だが、宮台は桜井に「修行系」の小説を書かせたいんじゃないの
かな?

172 :>165:2000/07/15(土) 23:06
ダマされてる女子高生って他愛ないな。

173 :名無しさん:2000/07/16(日) 00:47
世間知らず作家の典型的見本つーか、お手本。
読むヤツは高校生かそれ以下じゃない?

174 :名無しさん:2000/07/16(日) 00:48
あぁ、柳美里にもちょっと似てるんかな。

175 :名無しさん@1周年:2000/07/16(日) 07:01
なんか桜井亜美の公式サイトがあるらしい。

http://webmagazine.gentosha.co.jp/ami/EternalWind.html



176 :>170:2000/07/16(日) 08:43
修業系の作家って誰なんでしょうか?
あべ某とかがそうなんですかね。
春樹にしても町田にしても、純系の作家はすべからくみんな自意識系だと思うんですが。

あ、もちろん直木賞系・エンタメ系は自意識から離れて作品を構築しないと話にならないけど。
だから日本で純文系といわれるものは、私小説の延長で自意識系になるんじゃないかな。
勿論自分の自意識じゃない場合もあり、だけど。

177 :167:2000/07/16(日) 12:07
>168、170
いやえっちだとか言う話じゃなくてですね。ラーメン屋でラーメン食べようと
したら目の前でカップラーメンポンと出されちゃったような様な感覚。それが嫌。
そこら辺が逆にいいんだと思えればいいんだろうけど。やっぱなあ。
自意識系とか宮台とかで言うなら
確かにラーメンはラーメンだけどカップラと豚骨は違うでしょ。
自意識とかで単純化したモデル創るのは社会学としてまっとうだと思うんだけど
それを演繹として(ものをはかる際の物差しとして)見ずに現実のフレームワーク
のようにしてしまうのはいかがなものかと。
と言うかこの場合、宮台の分析は物差しが足りないような気がするな。
補助線と言うべきか敢えて言うなら「職人度」。
それとカテゴライズするとその中に全ておさまっちまう
と思ってる臭いのも気になる。
むしろ「自意識」5「修行」3「天然」2とかそういうカテゴライズ
横断的な使い方するのが適当なんじゃないかと思うけど

178 :名無しさん@1周年:2000/07/16(日) 13:05
>176
 修行系なんているのかね(笑)文学に答えを求めないほうがいいってことか?
>177
 桜井はどうなるんだろね。「自意識」8、「修行」1、「天然」1か?
 龍のコインロッカーベイビーズは「自意識」4「修行」4「天然」2かな?

179 :名無しさん@1周年:2000/07/16(日) 17:17
修行系って何。笑えるんですけど。
宗教入ってるってこと?

180 :>179:2000/07/16(日) 18:01
多分ここで言ってる修行系っていうのは、元はいけてない暗いにーちゃんだった
俺が今はこんなにタフで人気者になって、みんなにメッセージしてるぜっていう
感じなんだと思う。フルヤとかジブラみたいに。それを作家にあてはめると、
フルヤみたいな奴って・・・誰?


181 :名無しさん@1周年:2000/07/16(日) 21:59
>180
 下の人は修行系?

  http://usagi.tadaima.com/2chbbs/index.html


182 :>181:2000/07/16(日) 22:39
確かにいえてるかも!!
久々に爆笑した。
ネット界のフルヤくん発見。
うーむ、そういう視点もあったか・・・・

183 :名無しさん@1周年:2000/07/16(日) 23:18
桜井は個人として自意識3修行3天然0・5マーケティング2・5
作品は自意識9.2修行0・5職人度0・3
ドストエフスキーは自意識10修行3天然8職人度9
熱いぞドストエフスキー。
職人度は桜井の30倍だ。
桜井は修行のため「地下室の手記」
読書100回、写書50回、投獄70日間。
熱さがない。熱さが。自意識ならばそこまでやれ。
そんなちんけなカップラみたいので自意識とか名のるな。

184 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 00:53
結局本を読んでない、世界観の狭い奴がハマル作品。
まぁ一部の子供には受けるのでしょう。

185 :ナスターシャ:2000/07/17(月) 00:53
職人度ならウンベルト・エーコの方がたかいぞ。

186 :えみ:2000/07/17(月) 01:04
こどもです。本は結構読んでます。太宰とか。でも大好きです。

187 :名無しさん@1周年:2000/07/17(月) 07:43
太宰好きなこどもはハマっちゃうでしょうなあ。
子供でも三島好きならハマらなそう。

188 :>170:2000/07/17(月) 08:02
>音楽評論なら桜井の夫の宮台の『まぼろしの郊外』の文庫版がおすすめ。

アイタタタタ・・・・。宮台のポップミュージック分析はかなりドキュンなのに。
『サブカルチャー神話解体』の時の切れはどこへやらのヘタレ分析。
だいたい、音楽みたいな非言語的要素が多分に存在するものを歌詞中心で捉えようとするのが
大間違い。宮台板じゃないから多くは書かないが、宮台の言ってることは穴だらけ。
疑って読もう。
桜井亜美は編集者サイド

189 :188:2000/07/17(月) 08:06
切れた分の続き。

桜井亜美は編集者サイドの仕掛けじゃないのか?やっぱり。
雑誌板には業界人が多いから聞いてみようかな?

190 :>189:2000/07/17(月) 14:42
聞いて聞いて!でも、仕掛けじゃなかったら怖いモノがあるね。


191 :>189:2000/07/17(月) 17:11
モーニング娘みたいにたくさんいて、裏でプロデューサーが操って
るとか?
それはそれでおもしろいにゃん。

192 :ミヤコ蝶々:2000/07/18(火) 00:03
こういうのもあっていいけど。
私も一通り読んでるけど。
けど文学ではないね。

桜井亜美の作品に決定的にかけているのは、羞恥と物語が物語自身を批判する目。
これらが欠けているからただの自意識過剰な子供向け小説になっている。
優れた物語には、物語が物語そのものを批判し、客体化する力がある。
それから、自意識にはまりこんでただの愚痴になることを羞じる傾向がある。
さらに言うと、表現が下手なのも問題。
比喩表現を多用するけれども、それが活きていない。無駄が多い文になっている。
削った方がずっと良くなると思う。そもそも、新鮮さと訴求力の強い比喩を作ることはとても難しいことなんです。
どうしても比喩を多用したいのであれば、せめて文のリズムぐらい整えるべき。
谷崎潤一郎の饒舌体のように、まだるっこしさを感じさせないレベルにすべきでしょう。



193 :>192:2000/07/18(火) 01:06
なんか芥川賞選考委員会のおじいさんたちの講評のようですな。
んじゃあ、谷崎とか三島とかの華麗な世界にに浸っていればよいのでは?

194 :名無しさん@1周年:2000/07/18(火) 01:23
読者にとっては、はしかみたいなものだから、
そっとしといてあげたらいいじゃん。
と、思うようになってきました。

195 :名無しさん@1周年:2000/07/18(火) 08:40
たしかに宮台の音楽評論はイタイ。

歌詞なんて耳に心地よく響けば、内容なんてどうでもいいものだと思うんですが。
大事なのは音で、歌詞は添え物でしょうが。

196 :壱成:2000/07/18(火) 10:09
>195
そうか?
俺は歌詞があほみたいだったら、どんなにメロディがよくても、
ちょっとねって感じだけど。
洋楽でも曲がすんげえよくて、歌詞カードの訳を見てげっていうのもあるし

197 :名無しさん@1周年:2000/07/18(火) 12:01
 ________
|終わりなき日常を生きろ!
  ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ________
  Λ_Λ       |やだ!
 ( ´∀`)        ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 ( 宮台 )     ∧ ∧
 | | |     (゚Д ゚ ) ̄ ̄ ̄`〜
 (__)_)      U U ̄ ̄U U



198 :ミヤコ蝶々:2000/07/18(火) 12:28
〉193
そうなんだけどね。
読者としては、もっと頑張れ!といいたいわけです。
本人も見てるだろうから。

199 :名無しさん:2000/07/18(火) 14:57
>192

御意。このままだとティーンズ文庫の職人作家以下です。

200 ::2000/07/18(火) 15:52
>198
>本人も見てるだろうから。

桜井亜美が、ここを見てるって意味ですか?
まあ、見てたら面白いと思うけど。

201 :188>196:2000/07/18(火) 23:23
>洋楽でも曲がすんげえよくて、歌詞カードの訳を見てげっていうのもあるし

そういや、メアリー・J・ブライジとかって歌詞すっげー陳腐だなぁ。
それはさておき、音楽の聴き方なんて千差万別で、人によっては歌詞カードを
全く見ずに、間違って歌詞を覚えてたりする人もいる。(俺)
だいたい、テクノなんて歌詞ないのがほとんどだし。
で、宮台は音楽を歌詞によってカテゴライズして、そのリスナーはどんなだ、みたいなことを
言ってるんだけど、ちょっと無理があるんだよ。信じるのは自由だけど。
その点、「サブカルチャー神話解体」は説得力があった。

202 :>192:2000/07/19(水) 20:08
まったくその通りだね。

それにしても夫婦そろって子供の時イジメられっこだったのかなあ?
って感じしないでもない。

203 :名無しさん@1周年:2000/07/20(木) 00:11
>195
大槻ケンヂの曲の歌詞は添え物にしては豪華だな。

204 :ライトノベル板の住人としては:2000/07/20(木) 16:38
ティーンズ文庫や少女小説などと比べられてますが、別物です。
現在のその手の小説は趣味で読むようなのが主流であって、読んでいて癒されるとかを目指したものは小説としてよほどうまくない限り評価されません。桜井の実力では残れません。

205 :>204:2000/07/21(金) 07:36
エンタメ系が好きな人が言うと説得力あるね。

206 :>204,205:2000/07/21(金) 10:02
言えてる。

207 :204:2000/07/21(金) 10:04
一冊をじっくりというより、大量の本を消費してゆくジャンルだし。
おもしろいかおもしろくないかが一番大切ですし、売れない=ダメな本扱いされます。理解できない読者が悪いのではなく、それにあわせてかけない作者がダメということになってしまってます。
自意識過剰なキャラクターはうざいの一言で終わりますし、あとがきで電波入ったことをちょっとでも書くとたたかれます。ただ、お約束をつなぎ合わせただけで本がかけちゃうというのは他ジャンルに比べて甘いかな。

208 :>204:2000/07/22(土) 20:10
じゃあ、売れてる桜井の本はいい本ってことですか?

209 :18さい:2000/07/23(日) 19:10
ティーンズ小説もライト小説も,読者のほしいものははっきりしてる。
そのツボにうまくはまるものだけがうける。
桜井亜美の小説は、そうじゃなくて、心理的な需要を新たに喚起してる
ところが、どのカテゴリーにも属さない理由では?

210 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 19:53
>心理的な需要を新たに喚起してる

古すぎる感受性が、逆に受ける、ってワケか。
温故知新だね。コギャルが着てるムカシファッションみたいなもんだ。
くっだらない。

211 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 00:48
何でもコンビニ感覚。
自己憐憫の手助けになるものも簡単に買える。
とにかく『14』だけは認める訳にはいかない。
幻冬社がホントに胡散臭くてしょうがない。

212 :まりえ:2000/07/24(月) 01:32
みなさん、やはりブンガクというとまだカテゴライズや文壇的な格付け
にこだわる面があるんですね。アメリカのポップ文学とか、日本でもマンガやゲームや写真なんかは、もうそういうのを
脱して、自由に色々な感性に開かれてるのに。
私は書店でバイトしてたときに感じたんですが、
その古い体質が、日本のブンガク市場を死に体に追い込んで、
もはや街の本屋から小説がなくなるって言うとこまで追い込んだんだとおもう。
Jブンガクとかがそんなにいいとは思わないけど、いつまでもえんえんと
福田センセイ的な作家の値打ちに頼ってる場合じゃないと思います。
そんなことしてたら、マジにブンガク総沈没で未来がなくなりますよ。



213 :(ナツ):2000/07/24(月) 01:58
僕はあの殺伐とした文体が受け付けないんですが、『14』ではそれが
逆に魅力になっていて良いと思った。

214 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 02:35
>212
あれれブンガクってさ既に沈没してたんじゃなかったかなぁ
まいったネ。まだ沈没してなかったんだ
亜美ちゃんはブンガクを支えてたのかぁ
ボクはてっきり辻が支えてると思ってたな

215 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 02:59
>212、213、214

宮台信者専用掲示板あたりでほざいててください。
マジ吐き気。ゲロゲロ。

216 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 07:15
そろそろこのスレ総括して終わりにしようぜ。

<総括>
桜井亜美は、巧みなマーケティング戦略(思わせぶりな表紙、帯など)で
知名度は高く、実際に買った人も少なからずいる。しかし、その質は
とても低く、読めたものではないというのが大方の評価だ。

が、一部には熱狂的なファンもいる。彼らの多くは、
自意識過剰で自己評価が低く、それでいてその原因を
自分ではなく周囲に求めるタイプである。

#まだ続けたい人は宮台板でやってね。

−−−−−−−−−−−−−−−終了−−−−−−−−−−−−−−−

217 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 09:29
かってに適当な総括すんな、あほう。216=1じゃないだろ。
小林しんじゃがブンガク版にくんな。本なんてゴーマニズムしかよんでないくせに。


218 :名無しさん@1周年:2000/07/24(月) 11:38
仕切りはうざいが、うまく総括されてんじゃないの。
巧みなマーケティング戦略に乗せられて、一冊買ってはみたものの
「なんじゃこりゃー」と放り出してしまった自分としては、まったく同感。

で、何故に216=小林信者?>217
「純粋まっすぐ君」とかいう変な言葉も別段見当たらないんだが。
もしかして、桜井亜美が嫌いな人=小林信者ということになってるのか?

219 :>216:2000/07/24(月) 12:04
うざい
ミニ福ちゃん うざい
>215 まともに語ろうとすると「宮台信者」っつーきめつけるのもうざい



220 :204:2000/07/24(月) 15:21
>じゃあ、売れてる桜井の本はいい本ってことですか?

そういう意味ではライトノベル的にはいい本です。(きっぱり)
ライトノベルという枠で売れるかは別です。


221 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/25(火) 02:16
高校生なら「はしか」ですむけど、大学生で日本文学科
の友達に「桜井亜美っていいよお」といわれた時は
おぞけが走った。
そして、途方もなく哀しくなった。
コバルト文庫とかの作品のほうが中・高校生むけという意味
で、比べても優れていると思う。

桜井亜美の作品はなんか不健全、性描写うんぬんじゃなくて根元が
腐ってるという感じがする。

222 :名無しさん@1周年:2000/07/25(火) 05:52
結局の所さ「読むだけ時間の無駄」という認識でいいんだよね?>ALL
俺、http://homepage1.nifty.com/ibiza/を見ただけで失笑したし。

223 :216:2000/07/25(火) 06:26
はぁ?小林信者ですか、俺。よしりん大嫌いなんだけどなぁ(w
つーか、宮台のことも基本的にはけっこういいと思ってるんだけどね。
宮台の言葉を消化できずに鵜呑みにするしか能のない馬鹿信者どもは
マジで氏んでくれ。

勝手にしきって不愉快にさせたのは悪かった。けど、このスレすでに
堂々巡りになってるぜ。続けてもしょうがないと思うよ。



224 :>223=216:2000/07/25(火) 07:55
なんでそんなにこのスレ終わらせたがってんの?
関係者?
書きたい人が自由に書き込めばいいんだからさあ、
余計な音頭とらなくたっていーんじゃないの?

225 :>223:2000/07/25(火) 11:28
堂堂巡り=同感
もうみんな一通りかいただろ。同じことの繰り返しまらん総括はもういい。
これまでになかった目からウロコの意見や分析だけかいてよ。

226 :>222:2000/07/25(火) 16:03
そのサイトの、読書感想文掲示板を見たら、

>30代で結婚歴なしの独身社会人♀ですが、

ってのが書きこんでてビックリ。
30代で桜井亜美読んでるって、、、随分精神年齢が低いなあ。
だから結婚できないんじゃないの?(暴言)
そーいえば、同じ会社に30代の桜井亜美ファンがいるが、彼女も独身なんだよなー

227 :名無しさん@1周年:2000/07/25(火) 16:29
224に同感
スレ気に食わないんだったら無視すりゃいいだけでしょ。
書きたい人がいなくなれば自然に下がっていくんだし。


228 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 08:55
>もしかして、桜井亜美が嫌いな人=小林信者ということになってるのか?
うげー、やめてくれー!
桜井は嫌いだが小林はもっと嫌いだ!

229 :>228:2000/07/26(水) 10:29
なにしろ2ちゃんねるのスレッドの三分の一ぐらい,自分で作ってる
小林・大OOしんじゃの某ライターKが、一人であっちこっち同じようなこと
触れ回ってるからな。イメージ的にそう思われてもしかたない。



230 :>229:2000/07/26(水) 22:30
>小林・大OOしんじゃの某ライターK

???小林よ死りん関係で暴れまくってる狂信者は、同一人物?
あの狂信者たち(実数は少ないのかもしれないが)まじでウザイよ。
知的弱者を洗脳して何しようってんだ>小林。
桜井亜美も嫌いだけど、桜井亜美とゴー宣と
どっちか読まなきゃ殺すと言われたら桜井亜美を選ぶ。


231 :230:2000/07/26(水) 22:34
念のため228と230は別人です、どうでもいいけど。
さっき、漫画板で小林信者の狂いっぷりを見てきたばっかりなので、
桜井信者の厨房ぶりなんてかわいいもんだという気がしてきた。


232 :名無しさん@1周年:2000/07/29(土) 22:42
このスレッド本人に見てたら面白い。
と言うか、見て欲しいね。

233 :ななしちゃん@1万円:2000/07/30(日) 05:00
●日曜ドラマ劇場桜井板編●
小林:桜井さん!こーまんかましてよかですか???
桜井:きゃー!!!小林だー!!!
宮台:なんだ貴様!妻に手を出すな!
小林:なんだハゲ!悔しかったら前髪を上げてみろ!
宮台:ハゲといわれるくらいで傷つくような脆弱な自尊心
   の持ち主なんだな、お前は!
小林:うぅぅ〜
宮台:つまりあんたがマヌケ面の白豚ってことなんだよ。
小林:何をー!わしは世界一美しいナルシストだ!文句あっか!
宮台:そんな考え方だからおまえは忘却されるんだ!
小林:忘却なんかされてない!戦争論は60万部売れたじゃないか。
   悔しかったらそのくらい売ってみろ!
宮台:論説集5万部はマンガ50万部に匹敵します。
小林:負け惜しみをいうな!サヨクは消えろ!
宮台:サヨクではない。リベラリストだ。思想史を知らないお前はすぐに
   サヨクって言うんだよなぁ。これだから頭が悪い。
小林:うぅーわしの負けかも・・・。カナモリ!そろそろ帰るぞ。スタッフが
   職場で待ってるからな。ちくしょー!!!

  (小林は秘書を連れて帰った)
桜井:あなた!ステキ。
宮台:いつも僕の精神的支えになっている君に感謝してるよ。
         〜〜〜fin〜〜〜
原作:桜井
主演:宮台、小林
  ★このドラマはフィクションです。実在の人物とは一切関係ありません。

234 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 07:39
おバカさん、速水由紀子。
宮台との関係は、意地でも隠し通したほうが
自分のためになったのにね。
一時期、自分からバラしたくて
一生懸命になってたからねー。


235 :>233:2000/07/30(日) 23:03
ちょっとウケた(笑)

236 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 00:24
http://webmagazine.gentosha.co.jp/interview/interview.html



やっぱり底が浅いな・・・。
エラそうな口をきいているところが哀れを誘うよ・・・。

237 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 00:45
やはり桜井さんのメッセージが常にビビットなのは、彼女自身が
いつも自身の内面とまっすぐ向き合い、童子に時代の先頭にたって
風を感じようとしているからなんだと感じました。

ビビッ「ド」だばか。
 

238 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 00:48
>やはり桜井さんのメッセージが常にビビットなのは、彼女自身が
>いつも自身の内面とまっすぐ向き合い、童子に時代の先頭にたって
>風を感じようとしているからなんだと感じました。

ビビッ「ド」だ馬鹿。しかも「童子に」ってなんだ。
まず、言葉に向き合え>インタビューした馬鹿
 

239 :名無しさん@1周年:2000/08/04(金) 01:32
>236
のインタビューをあのオバサンが書いていると思うと目を逸らしたくなるなー。

>やはり桜井さんのメッセージが常にビビットなのは、彼女自身が
>いつも自身の内面とまっすぐ向き合い、童子に時代の先頭にたって
>風を感じようとしているからなんだと感じました。

「同時に」と間違えてるのか…「童子に」。

240 :桜井亜美のインタビュー痛すぎ:2000/08/04(金) 17:21
一人称の「あたし」は、小説の中だけかと思ってた。
しかも、「そうだ、あたしじゃん」って・・・
勘弁してよ、おばさん。あー頭痛い。
桜井ファンの人って、あのインタビューも許容範囲内なのか?


241 :なんで:2000/08/04(金) 20:13
このスレッド、沈んでなくなったと思うと,誰かが必ず引っ張りあげんの?
誰が釣り上げてるのか不思議。俺的には新作けっこうおもしろかったけど。


242 :>241:2000/08/04(金) 23:02
>誰が釣り上げてるのか不思議
 きっとどこかの某助教授がageてるのでしょう。

243 :THC:2000/08/05(土) 01:19
皆さんの分析鋭いですね。読んでて恥ずかしくなりました。
これからは人に桜井亜美の本を勧めるのは辞めようと思います。
太宰好き、自意識過剰、リスカ、自己憐憫、全部当てはまります。
しかも僕は男(高3)です。・・・最低ですね。

244 :>243:2000/08/05(土) 01:53
作品自体には自己憐憫なんかみじんもない。
ただ自分に重ねて事故憐憫する読者がいるだけ。
小説なんか自分が面白きゃーいいんだろ。何で恥ずかしいのかさっぱり
わからん。世間体のいい小説ほめときゃまちがないってことになるぞ

245 :>244:2000/08/05(土) 03:32
243はこのスレ読んで自分自身を自覚したって事だろ。
桜井亜美読んで事故憐憫続けていても何も広がらないもんな。
「世間体の〜」みたいな言葉が出てくるのがいかにも桜井信者らしくて
アイタタタ。

246 :名無しさん:2000/08/07(月) 15:30
>245
>じゃ、どーすれば広がるのですか?

桜井さんの作品は、ある種の「病んでる人」にはグッとくるよ。
まぁ、心理学の本読むのと似てるけど、若い人とか読まないじゃん。
自分の不可解な行動や心的傾向がこういう理由だったかって
気づかせてくれるもん。

247 :名無しさん@1周年:2000/08/07(月) 17:12
>246 心理学の本を読むのに似てる

私もそう思います。
読んだ後、自分の心の奥にあったわけの分からない欲望とか衝動
が、テーブルの上に置かれてて「これだよ」っていわれてるみたい。
だから、無意識に自分をプロテクトしていた部分が、メス入れられて
風通されて、気持ちよくなるんですよね。
こういうのって、桜井さんの本読まないと一生気づかない感覚。



248 :名無しさん@1周年:2000/08/07(月) 17:45
自意識過剰、ということに気づかされるんですね。
似たもの同士で共振してる、と。

高校生ならわかるけど、イイ大人は勘弁して欲しい。

悪いけど、そうでない人には薄気味悪いだけです。



249 :名無しさん@1周年:2000/08/07(月) 18:57
2ちゃんねるも似た者同士、共振している。だから共振できない人は
2ちゃんに来ない。本の読者も同じなのはあたりまえ。

250 :245>246:2000/08/08(火) 05:39
まず、自分がいかに甘ったれてるかを自覚し、次に、今まで人から与えてもらったことに
感謝する。そうすれば、人は自分一人じゃ生きていけないことに気付く。
自分は病んでるだのなんだ言う前に、まず、人に何をもたらすことが出来るか、
それを考えてみるんだよ。たぶん、お前さんは知らず知らずのうちにたくさんのひとに
迷惑をかけていると思うよ。他人に迷惑をかけない人間なんていないし。

251 :名無しさん@1周年:2000/08/09(水) 00:08
つーか、普通の人は桜井亜美の名前すら知らん。
小説読む人って、本当に少ないからね。今。

小林よしのりは知名度高いけど(ゴー宣の他におぼっちゃまくんもあるからね)
宮台真司はかなり知名度が低い。

分かりやすい例を出すと、W大の出版サークルに入部を希望した新入生のうち、
10人に5人が宮台の名を聞いたこともないと言い、3人が聞いたことはあるが
どういう人か知らないと答えた、という感じでしょうか。
2000年4月の話です。

252 :名無しさん:2000/08/10(木) 04:51
>247
>読んだ後、自分の心の奥にあったわけの分からない欲望とか衝動
>が、テーブルの上に置かれてて「これだよ」っていわれてるみたい。

その「これ」はあなたに都合のいい「これ」なんでしょう。
あなたがほしかった言葉をいってくれる、という…
桜井亜美の主人公たちは自分が自意識過剰であることには気づかないし、
あなたの心が「自意識過剰で自己憐憫に満ちています」とはいわない。
自分を桜井亜美の主人公たちに重ね合わせてしまうことは、
危険とまではいいませんが、都合のいい言葉にしか耳を傾けないのと
同じです。
もちろん小説は楽しむためのものだから、自分の聞きたい言葉を聞けばいいんだけど。
でも都合のいい言葉だけを好んで、それ以外の言葉を聞かなくなってしまうのは、
やっぱりとても危険なことだと思います。

253 :ヒロヒト(不安神経症):2000/08/10(木) 21:25
新刊が発売されました。「vermilion」だそうです。

254 :基次郎:2000/08/11(金) 00:38
いくらなんでもペースが早すぎませんか。

255 :名無しさん@1周年:2000/08/11(金) 00:45
>252 でも太宰を読んで入水心中したり、三島を読んで割腹自決する奴はいない。
みんな、小説は「もしかしたらありうるかもしれないifの世界」として、浸るもの
だってことぐらい、分ってるんじゃない?

256 :名無しさん@1周年:2000/08/11(金) 00:48
ワンパターンだからでしょ<ペースが速い

257 :名無しさん@1周年:2000/08/11(金) 20:26
つまりは幻冬舎の椎名桜子ってことね。
つまりは幻冬舎の椎名桜子ってことね。
つまりは幻冬舎の椎名桜子ってことね。
つまりは幻冬舎の椎名桜子ってことね。
つまりは幻冬舎の椎名桜子ってことね。
つまりは幻冬舎の椎名桜子ってことね。
つまりは幻冬舎の椎名桜子ってことね。
つまりは幻冬舎の椎名桜子ってことね。



258 :名無しさん@1周年:2000/08/11(金) 20:45
売れてると聞くと
買うやつがいるらしい。
桜井の本は、ブックオフで
買いましょう!

259 :名無しさん@1周年:2000/08/11(金) 23:57
佐藤亜紀と間違って買うなよ。

260 :名無しさん@1周年:2000/08/11(金) 23:59
新作の表紙モデルの女の子、萌え萌え〜
一色さえと宮沢リエのいちばんかわいい頃を足して、
ジョディ・フォスターちょっとふりかけたみたいな感じ。
中学生とは思えないエロス。あれ、だれ?

261 :名無しさん@1周年:2000/08/12(土) 00:09
椎名桜子は新作準備中作家としてうりだされたんだから、ちがうんじゃ
ない?本二冊ぐらいしか書いてないでしょ?本人かどうかはしらんけど。
なんかここの「批評」って、エレカシやCOCCOをけなして喜ぶ
Jポップ批評のライターたちみたいだね。
その手の方々なんですか?
同じ椎名ならむしろ林檎に近いと思う。

262 :>261:2000/08/12(土) 02:19
いえ、戦略的プロモーションということで倉木麻衣や矢井田瞳です。

263 :名無しさん@1周年:2000/08/13(日) 05:39
だいぶ前の話まで戻って申し訳ないけど、
僕も桜井亜美の表紙にだまされて一冊買ってしまいました。
ここに来るまで桜井亜美が宮台氏の奥さん(?)であることはもちろん
そんな年食ってるとは思いませんでした。
それで、このトピ(板)にはほかの板に比べて理性的に書き込みがなされているし
かなり的を得ている、と思える評も多いのですが、
そんな人たちですら全肯定とまではいかないまでも宮台氏の言葉や
思想を引用しているのはなんかわけがあるのでしょうか?
あまり宮台氏の事は知らないけど、以前何かの対談で「共生」
とかいうテーマで対談していたのを見て、
そのあまりに頭でこねくり回した稚拙な人生観に頼って生きている様は
まるでママに送り迎えしてもっらって塾に通うプライドだけが高い
ガリ勉小学生のようでした。
評論に関しても、その文を読む限り、とくに論理展開がうまい訳でも
洞察力に優れているわけでもなさそうに思えました。
なぜ一定の評価を受けているのかすごく疑問です。
ほんとはすごい人なんですか?




264 :名無しさん@1周年:2000/08/13(日) 14:31
何で小説読むのに、作家のだんなとか、おくさんがどんな人が関係あるのよ?
ここは噂の真相か?じゃあ、自分の読んだ作家の夫婦関係、全部調べてるのか?
その手の話はもううんざり。

265 :名無しさん@1周年:2000/08/13(日) 14:34


同じことの繰り返しだから、これにてスレッド終了

266 :名無しさん@1周年:2000/08/13(日) 18:53
>264
そういうことも含めて作家なんだよ。
まっさらな状態で作品だけで読まれてる作家が
何人いるんだ?

267 :オランダ人:2000/08/13(日) 19:26
へえー。極極極極極日本的な感性ですな。わいはそういう小説の読み方
したことおまへんなー。やっぱり日本の読者は、今に至っても私小説
の系譜から抜け出せないっつーことで、進歩なさすぎやで。

268 :名無しさん@1周年:2000/08/13(日) 22:14
>267
日本的な感性……分かってて言っているのだろうか?
私小説の系譜……分かってて言っているのだろうか?


269 :名無しさん@1周年:2000/08/13(日) 23:26
分かったフリしたい年頃なんだね。

270 :名無しさん@1周年:2000/08/13(日) 23:48
分かったフリオイグナシオの夜は満月、ワオーーーンンと太陽吠えーるーずそっくすといえば宮台。

271 :ヒロヒト(不安神経症):2000/08/14(月) 21:18
>267 私小説はダメですか?

272 :263と同感:2000/08/16(水) 22:14
>なぜ一定の評価を受けているのかすごく疑問です。
ほんとはすごい人なんですか?

・・・と思いたくなるような売れ方だよね。

>267 日本的な感性とは?そしてあなたは自身は具体的にどのような
進歩的な小説の読み方をしているのですか?

273 :オランダ人:2000/08/16(水) 22:55
映画や音楽と同じで、出された小説が全てなんや。
カズオ・イシグロの「日の名残り」がブッカー賞とった理由を考えてみいや。
彼は英国人でも貴族でもないで。

このスレッドのテーマに関して言えば、一見、少女を主人公にした恋愛小説の形をとっているが、実はかなり
思弁的なテーマが内包されている。哲学とか精神医学とか・・
それを読取れるかどうかが評価を分けるのかもしれへんなー。



274 :名無しさん@1周年:2000/08/17(木) 01:00
反京?

275 :名無しさん@1周年:2000/08/17(木) 01:38
>>212
ドストエフスキーは文壇や格付けじゃねえ!!(激怒)
くだらねえからくだらねえって言ってんの

276 :転載君:2000/08/17(木) 07:57
最近本屋さんや幻冬社でガンガンプッシュされてる桜井亜美さん。自称AC系の女の子にとってはカリスマ作家らしいです。「女子高生のふりをしているけど、実は40過ぎだと知ってショックを受ける人が多数続出」「表紙がいいから買ってみたけれど、恥ずかしくて最後まで読めなかった」などというエピソードが各種掲示板で載せられています。プッシュされるわりには小物な作家。ティーンズ小説専門の同人誌作家のようなものです。
 彼女の問題点は
1.下手な比喩を酔ったように使いまくる。表現が下手。
2.ストーリーも登場人物もワンパターン
3.世界観が異様に狭い
などがあげられます。
まず、1について。
「彼の行為であたしの快感のうねりが真紅の鋭角線や、鮮やかなイエローの気流や、黒の深い谷間への奔流となって変化していくのを、ペニスと脳細胞と心を通じて感じているのだ。身体が繋がることで、心を繋げようとしている。二つのまったく音階の異なるコードが絡まりあって、やがて一つの奇跡的に美しいメロディーを奏でるように。(中略)身体が銀色の何億という断片になって飛び散ったとき、心の奥底から暖かな感動が沸き上がってくる」
・・・・・・小説J○NE?
まあ、あれだね。憧れだけで経験のない女の子には、いいのかもね。
しかし、このシーンだけでなんと3ページを費やしているとは・・・。
しかし、快感が「真紅の鋭角線や、鮮やかなイエローの気流や、黒の深い谷間への奔流となって変化していく」女子高生がどこにいるんだ?
しかも、この男の後のセリフがすごい。
「彼は低い声でヒーリングの教祖のように奇妙なことを言った。(中略)「僕の意識には赤と青の光を出す二つの部分があるけど、両方とも君と強烈にシンクロした」」
…そうだったのか!教祖なら仕方がない。それにしてもシンクロとは、もしかしてエヴァファン?
とにかく、比喩使用の判断基準が、まったく同人誌のエロ小説的。こういうシーンがこういう風に描かれることを「文学的」だとか「斬新だ」とか言う人は、同人誌を読みましょう。斬新がいっぱいよ!
表現上でもうひとつ問題なのが、表現そのものの稚拙さとリズムを無視ゆえのくどさ。
いくら表現が多くても、それが上手ければ快感です。しかし、下手なら苦痛です。
「あんたにしかわかんねーよ、この独り善がりめ!」ってな表現は、うざい。さらに、言葉のリズムを無視しているからますますうざい。谷崎潤一郎先生も文章読本で「朗読して読みやすい文章はいい文章だ」とおっしゃってるじゃないですか。それぐらいのこと、表現者にとっては常識だと思うんですがねぇ。
ともかく、こういった妙な比喩表現を削れば、本の厚みは間違いなく半分になるでしょう。
そして2と3。
これについては、本人に自覚はあっても反省はないようですね。
>それはよく言われるんだけど、じゃああなたは何も欠落していないの? と聞きたくなるよね。まず何かが欠落して>いる人が出てくるのが特徴といっても、それは全然特徴じゃないじゃん。人間なら誰だってどこかしら欠落してたり、>過剰だったりする。完璧な人なんてどこを探したっていないでしょう。それに別に不幸な人たちの話を書いてるつもり>もない。みんなある部分不幸だし、それが普通だと思うから。
欠落だけが問題であり、それを恋愛(というよりセックス)で解決するっていうのが特徴なんですよ。欠落しているものも解決方法も人によって千差万別なのに、すべてがセックスで解決させられてしまうっていう安易さと荒っぽさが問題なんだってば。「欠落を乗り越える」っていうテーマはそのままで良いにしても、もう少し解決方法にバリエーションをつけたらどうなんだい。隔月刊行とか言ってるけど、そんなことするなら福田和也に相手にされるものを一本でも書いてみやがれ!ってんだ。(別に福田和也が偉いんじゃなくて、文学として認められてみろ!ということ)。読む前からパターンがわかっているものを、粗製濫造しないでくれないかな?
 世界観の狭さは善悪を問うべきではないことだけれど、あえて言うことにします。いつも自分の不幸と欠落に目を向けて、いつもそれを擬似的な愛(実際はただの共依存)で解決しようとするのは、余りにも狭い世界観です。そういった愛を至高のもののように、すべての解決のように語るなんて、ガキの書く同人誌以下。
女子高生が書いていると思われていたのは、その程度の内容でしかなかったからなんですよ。
くやしかったら、年齢に見合った、成熟したものを書いて見せてくださいな、亜美さん。




277 :名無しさん@1周年:2000/08/17(木) 08:19
>276

引用された部分(「彼の行為で〜沸き上がってくる」)を見る限り、
さすがに、これならすさまじい早さで本が出せるわいと思った(笑)。

しかし、佐藤とかいうオバサンがどうこうより
幻冬舎がクズ出版社ってことだね。


278 :名無しさん@1周年:2000/08/17(木) 11:37
へえ、佐藤亜紀ってそういう小説かくんだ。某ライターKくん、ながながごくろうさん

279 :>276:2000/08/17(木) 11:42
ぶぶっ・・・・
各種掲示板って、ここだけじゃん。お前ひとりがキャンペーンはってるくせに
捏造するなよな。嫉妬ってこわいのー。小説家になりたかったライターさん?

280 :ひまだねくん:2000/08/17(木) 11:50
このすれっどあ

きた



















すれっ
と゜




だづ






281 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/17(木) 16:07
宮台が褒めてるってだけだろ
宮台は小説音痴だから

282 :名無しさん@1周年:2000/08/17(木) 19:04
宮台って、サブカル系で「表現者」になりたかったというわりに、
なんか感覚ずれてません?

283 :名無しさん@1周年:2000/08/17(木) 21:44
おねがい!

だれか助けて!!

苦しいよ!!

死にそう!!

もいやや〜!!

…だってさ(ワラ
http://www.gentosha.co.jp/bbs/amisbbs.html

284 :名無しさん@1周年:2000/08/17(木) 22:05
痛い人がぎょーさんおる掲示板だな

285 :ヒロヒト(不安神経症):2000/08/19(土) 03:56
vermilionの結末ってどうなの?


286 :>285:2000/08/19(土) 12:42
恋人に自分を殺してと頼まれて・・ネタばれになるけどかなりショッキングな終り方です

287 :名無しさん@1周年 :2000/08/29(火) 01:56
桜井亜美のファンと「センチメントの季節」(マンガ)のファンって、結構かぶってますか?
ヒロインがカッタル系のサセコなとこがソックリなんですが。

288 :>287 :2000/08/29(火) 02:16
あ〜。ちょっとわかるかも・・・。
両方とも「とりあえず雰囲気だけ」って感じで
中身ないと思う。

289 :名無しさん@1周年 :2000/09/01(金) 14:35
>287

あの雰囲気が『ありがとう』(水前寺じゃないよ)とかの
漫画家(名前忘れた)にクリソツなまんが?
スピリッツの編集者の趣味って気色悪い。


290 :>289 :2000/09/01(金) 18:19
>『ありがとう』(水前寺じゃないよ)
うくくく。笑った。

291 :名無しさん@1周年 :2000/09/02(土) 07:16
>>289
『ありがとう』は山本直樹。野火ノビタなんかと一緒にするなんて・・・。
漫画板だったら怒りのレスが殺到するぞ。

292 :名無しさん@1周年 :2000/09/02(土) 13:07
>291
山本直樹を馬鹿にしているわけではないっしょ。


293 :名無しさん@1周年 :2000/09/02(土) 17:26
あーでも、桜井亜美よりは「センチメントの季節」
の方がたまに面白いのあるな。
今スピリッツでやってるの結構おもしろい。
夏子とかいうたぶん幽霊なのが出てきて
インポ短歌大学生とうんたらっていう。

294 :あ  :2000/09/18(月) 05:49
てすと

295 :吾輩は名無しである :2000/09/18(月) 12:20
何故かあがってる・・・
本人か?

296 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/19(火) 02:00
全部同じパターン、というよりむしろ全部同じ本じゃない?
このひとのって。

自意識過剰なおこちゃまにはちょうどいいのかもしれないけど。

はっきりいってこういうの文学って言われると文学好きとしちゃいい迷惑。
ライトノベルでしょ。

297 :吾輩は名無しである :2000/09/20(水) 21:03
タイトル
あさってからドイツへ行くのに、

お名前
桜井亜美

今日は夜中までライブ聞いてた。実は、次の作品の解説を書いてくれる松崎ナオちゃんのライブ。狭いライブハウスだから、あの不思議な心に響く声がすぐ隣りから聞こえてきて、すっごくよかった。このナオちゃんとシークレットライブについては、日記でも書くつもりだけど、なんと林檎ちゃんも突然参加で、迫力の歌をたっぷり聞かせてくれました。

>リベラリスト リベラルの語源って「放蕩」っていう意味なんだって。あたしの大好きな詩人、オクタビオ・パスが「二重の星」に書いてたよ。
>優紀 ヴィヴィアンいいねー。ジル・スチュワートも・・やっぱりどっかパンクな服がすき。
>真琴 プランキー浅井の声、セクシー。
>swallowtail40年に一度って、一生に二度ぐらいしかないね。チャンスはしっかりつかまえて。
>YUKO 「あの子を探して」ってどういう映画
?気になる。
>彩子 カナダっていえば
美しい自然とおいしいメイプルシロップ。食べた?
>SA 他人に頼るのはキライだけど、そっと寄り添うのはすき。
>てつや 「あの子を探して」の予告ってそんなによかった?
>nami アービングの原作だね。読んだことあったような・・
>暢 「星溜まり」、私も小さい頃からいつも、自分の中に感じてたよ。



298 :吾輩は名無しである :2000/09/21(木) 22:01
「ライトノベル」にはもっとまともなエンターテイメントがあるよ(苦笑)

一緒にするのは失礼だ(藁

299 :ナナん :2000/09/22(金) 13:51
桜井亜美ファンのウザイところ。

少年犯罪の加害者に共感しているという。
(そんな状況になったやつが何人いるんだ)
根性の無さを指摘すると「あなたはわかってくれない」といって閉じこもる。
(そして桜井亜美の小説を読む)
感性と個性が大切だという。
(女子高生の中で多数派でいるのはどなたですか)
しょうもない感傷にひたりすぎる。
(これも若い自意識の為ですか?)

300 :転載 :2000/09/23(土) 14:46
No : 1234 Date : 2000/09/23 Time : 0:40:17

タイトル
亜美の日記を読んで・・・。

お名前
Tetsuya.

とても久しぶりに此処に書き込みします。てつやです。
亜美の日記を読んだら、又シンクロしてたんで詩を書き込みします。

想像力の海に潜って 夢見たい 感じたい 素敵な世界を
グランブルーの先に何があるのか 見てみたい
それが心から愛する人に対しての オレの答えだとしたら
今すぐに息をするのをやめて
確かめたい 自由を 自然を
神様 少しだけ答えてくれないか
真実は何処で誰で 此処にいて 今こうして生きている
それだけなのかい

ヤンキーでイカした不良のスリーピースR&Rバンドが
唄ってたヨ 叫んでた

「どれだけ自然に誰かを愛しても
 どれだけ純粋に誰かを愛しても
 永遠にぼくたちは独りきりだとゆうことを」

OK BABY ? ARE YOU HAPPY ? LET'S GO CRAZY !!


P.S.亜美、次回作も楽しみにしてるヨ。

301 :転載 :2000/09/23(土) 14:47

No : 1241 Date : 2000/09/23 Time : 9:23:42

タイトル
厭なこと。

お名前
鈴埜

また、人が信じれることが出来て、
とっても嬉しかっただけ。
でも、また、気付いた。
そして、また、失って。
何回同じこと繰り返して、
3回以上も『もう、泣きたくない』って泣き顔で呟いた。

小さい頃、お母さんを信じていました。
「想い出だから、綺麗なんだ」なんて言われたことも有るけど、「そうかもしれないね」と笑い返したけれど。
『信じていた』 ううん。今でも信じているんだと思う。
昨日、また言い争いして、
「あんたなんか、産むハズじゃなかった。」
そんなこと言われた。
イラナイ子って言われて泣けるほど、強くないよ。


いっぱいいっぱい悪いことした。
みんなあたしを嫌いになってく。

どうすれば、人に好かれるのかな

ごめんなさい。愚痴です。ごめんなさい。ごめんなさい。
弱くて弱くてどうしようもないんです。

302 :転載 :2000/09/23(土) 14:47
No : 1242 Date : 2000/09/23 Time : 13:35:49

タイトル
音楽ジャンキー。

お名前
AKI

あたしもかなり音楽ジャンキーです。
音楽が無い世界なんて考えられない位に・・・。
椎名林檎さんや矢井田瞳さんが最近のお気に入りなんだけど・・・
蛍っていう女の子、知っていますか?
自作の吐き捨てた様な詩を繊細な声で儚く歌う14歳位の女の子。
彼女の歌は聞く価値あると思う。
もし宜しければ、聞いてみて下さいな。



303 :吾輩は名無しである :2000/09/23(土) 17:33
すっかり桜井亜美教の痛さをさらすスレになったか

304 :吾輩は名無しである :2000/09/23(土) 17:43
片っ端から逝けてるなあ<転載
蛍まで出てきたですか。

305 :吾輩は名無しである :2000/09/24(日) 17:01
>>276
の転載って元記事が実際にあるんでしょうか?

306 :吾輩は名無しである :2000/09/24(日) 21:10
桜井亜美さんのファンです。
でも↑こういうのばかり読んでいると、ここのみなさんが言ってることも
わかるような気がする・・・。(^^;
確かに桜井亜美を読んで、本来の自分以上の自意識を持ってるいる人も
いると思う。
私は自分の心理学書のようで、好きなんですが。



307 :中尉 :2000/09/25(月) 00:06
桜井亜美て元AV女優のですか。

308 :吾輩は名無しである :2000/09/25(月) 03:25
307>え、違うと思うんですけど・・・。たぶん・・・。

309 :吾輩は名無しである :2000/09/25(月) 07:58
「バカじゃないもん、若さだもん」

っていうのは、桃太郎のコギャルビデオでカンベンね。
シャレになってないと、しょうがないのよ。

310 :ナナん :2000/09/25(月) 11:43
これはまだマシだな。
http://www5.mediagalaxy.co.jp/bungeika/essays/sakurai.html

こういう軽いタッチのもんばっか買いてれば
お手軽読者がさらに増えるだろうし。

311 :吾輩は名無しである :2000/09/25(月) 12:21
>>310のリンク先読んでみたけど…

彼女ってオカルト系だったのですネ。ハァ〜

312 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 19:23
コギャルをおだてるのにピッタリ。
どんどん売れろー。
自意識の膨れた女を増殖させよう。
理屈っぽく語る女を増やそう。
うれりゃ、勝ちです。

313 :あ、そうか :2000/09/26(火) 01:03
桜井は

「若くないもん、バカなんだもん」

314 :右巻き :2000/09/26(火) 18:23
ガールズ読んだ。

めっちゃ良いやん。
久し振りに、純度の高い純文学小説を読んだって気がしたよ。
オトナ、つまりオトナの作った、この矛盾だらけで汚れた社会に
対する敵意って所、すごく共感できた。

作者の年齢なんて関係ないだろうが。

315 :はじめっち :2000/09/26(火) 18:27
桜井亜美が、わからない。
そんな自分がだいすきだ。



316 :吾輩は名無しである :2000/09/26(火) 18:31
314>ガールズ→ガール

317 :右巻き :2000/09/26(火) 18:47
>316
そ、そっか・・スマン!

318 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/26(火) 22:37
>314

桜井亜美読んで「純文学」?
聞いてて恥ずかしい。
幼稚なメタファー、稚拙な構造、安直な「共感」。

どれだけ露骨な性描写があろうと、暴力を描こうと、ただの「目新しいモノに飛びついた」感しかない。
桜井亜美の小説はオヤジ向け。
オヤジ達が若者を「理解」し「共感」するための道具にすぎない。

あんなモノ読んで「文学」だとかいうヤツはただのアホ。
別におばさんが書いてるから「オヤジ」ってんじゃなくて
作品自体が「オヤジ」なの。


319 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/26(火) 22:39
>ガールズ読んだ。
>めっちゃ良いやん。
>久し振りに、純度の高い純文学小説を読んだって気がしたよ。
>オトナ、つまりオトナの作った、この矛盾だらけで汚れた社会に
>対する敵意って所、すごく共感できた。
>作者の年齢なんて関係ないだろうが。

ぷ。


320 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 01:52
桜井亜美が、わからない。
AV女優みたいなペンネームでやってける神経がわからない。



321 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 02:19
宮台の嫁とは知らなかった。

322 :右巻き :2000/09/27(水) 03:32
>318
はぁ?
お前がオヤジだから判らないだけだろが。

「オヤジ」には、あの小説を判ったふりをすることができても
素晴らしさを理解することはできない。
あの小説のテーマは「オヤジ」すなわち「オトナ」達の否定なんだから。

俺は、あの小説を読んで庄司薫に通ずるものがあると感じたけどな。

お前の言葉こそ、手垢のついた借り物やん。
あの小説のどこが”幼稚なメタファー、稚拙な構造、安直な「共感」”
なんだか教えて欲しいな。
お前の言葉でな。まぁ出来ないだろうが。


323 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 03:40
318じゃないけど、桜井亜美にためらいなく共感できる人は、
自分がガキだってことにも気づかない状況なんだと思うよ。
ガキであることのイタさを自覚してしまったら、
絶対素直には読めないし認められなくなる。

個人的には文体からしてもうダメダメ。

324 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 03:45
ごめん補足。
318言う所の「オヤジ」が示した「若者」という型がキモチよくはまってしまった
ガキ=桜井亜美読者
のような気がする。

325 :右巻き :2000/09/27(水) 04:02
>323

俺は社会に出て働いているし、あそこに書いてある事が
童話じみたモノだって理解してる。

ただあの小説は、
 俺の源流というか奥底には、
 あそこに描かれている鋭角な怒り、
 あるいは鈍角な頑なさってのがあって、
 それらが今でも死んでなくて
 しっかり目を開けてる
ことを強く思い起こさせる。

ただ、ある意味で323の言うことは的を得ている。
俺はずっと、あの恥知らずで感覚の鈍化した「オトナ」には
なりたくないと思ってきた。
そして今でも強く思っている。

ガキで結構!
俺には、その言葉は褒め言葉だ。

文体は、好みの問題だから仕方ないね。

326 :318 :2000/09/27(水) 06:21
>右巻き

桜井の用いる比喩はほとんどが語感だけで選んだような
何ら必然性のないモノばかり。
「守護天使」だとか「ストリートの女王様」だとか、読んでてはずかしい。
比喩に酔うために比喩を使ってる。
それが悪いわけではないが、単純に技術が足りてない。
稚拙なレベルでの「比喩のための比喩」は問題外。

また桜井の用いる構造も
「欠落を持った私」「真実を分かち合う相手」。
それが「精子ドナー」だの「援助交際」だの「トラウマ」だの
もっともらしい不幸、安易な「ストりー付け」によって演出される。
辻センセイの「小さい頃親に捨てられ孤児院で虐待を受けました」というのと
同じレベルでの「悲劇」の演出。

そして最後に
「私たちはオトナを拒絶する」。
そして「欠落した私」に共感していく読者達。

俺はオトナを拒絶することがバカらしい、なんて言わないよ。
だが、くだらないナルシシズムを良いように擽られて
「共感」しちゃう人達が気持ち悪い。

桜井亜美は何も「描写」しない。
ただ「物語」を語るだけ。
「親に捨てられました」「売春しました」「モノになりたいです」
それを口に出すことは容易いが、それを「表現」してみせるのは難しいよ。
そして桜井はその必要性にすら気付いていない。
わかりやすい「物語」に頼ってしかモノをかけないから
「オヤジ」なんだよ。

327 :318 :2000/09/27(水) 06:22
>323

代弁ありがと。だいたい同意見です。

328 :右巻き :2000/09/27(水) 10:13
>318
う〜ん、比喩のための比喩ね。
確かに、最近そういう作家が多いけど
こいつの場合は、とくに気にならなかったけどな。
っていうか、そんなの枝葉末節やん。
でも心理描写は、優れていると思ったけどな。

>また桜井の用いる構造も
>「欠落を持った私」「真実を分かち合う相手」。
俺ら、ハズカシイ言い方をすれば、
青春を生きるものにとって不変で永遠のテーマやん。
お前はリアルで、こういうこと感じないか?
もし考えないなら、すでにお前が「オトナ」すなわち「オヤジ」に
なってる証拠。

>それが「精子ドナー」だの「援助交際」だの「トラウマ」だの
>もっともらしい不幸、安易な「ストりー付け」によって演出される。

安易って?
精子ドナーも援助交際も、現代社会に現に起こっている問題やん。
別に使い古されてもないだろ。
あと辻センセイって誰?
辻邦生じゃないよな。

>だが、くだらないナルシシズムを良いように擽られて
>「共感」しちゃう人達が気持ち悪い。
何がくだらないか、は個人の感性だから問題にしないけど
私小説っていうものは、そもそもそういうものだろ。

>「親に捨てられました」「売春しました」「モノになりたいです」
>それを口に出すことは容易いが、それを「表現」してみせるのは難しいよ。
小説には、どれだけのジャンルがあると思ってるんだ?
物語作家、おおいに良いやん。
俺は、彼女の小説は現代の童話として捉えているけどな。
それに「語る」ことも、表現方法の一つだろ。

というよりも、何も描かれていないと感じるのは、
読む側のの想像力、感性の問題だと思うけど。

>わかりやすい「物語」に頼ってしかモノをかけないから
>「オヤジ」なんだよ。
すまん。マジでまったく意味がわからん。
わかりやすい「物語」に頼って書いた小説で
すぐれたものは沢山あると思うが。
複雑じゃないといけないのか?

329 :右巻き :2000/09/27(水) 10:17
<すまん、省略されて読みにくいと思うんで再録>

>「親に捨てられました」「売春しました」「モノになりたいです」
>それを口に出すことは容易いが、それを「表現」してみせるのは難しいよ。
小説には、どれだけのジャンルがあると思ってるんだ?
物語作家、おおいに良いやん。
俺は、彼女の小説は現代の童話として捉えているけどな。
それに「語る」ことも、表現方法の一つだろ。

というよりも、何も描かれていないと感じるのは、
読む側のの想像力、感性の問題だと思うけど。

>わかりやすい「物語」に頼ってしかモノをかけないから
>「オヤジ」なんだよ。
すまん。マジでまったく意味がわからん。
わかりやすい「物語」に頼って書いた小説で
すぐれたものは沢山あると思うが。
複雑じゃないといけないのか?

330 :にっく :2000/09/27(水) 11:07
318じゃないけどでしゃばってみる。

>右巻き
>>「欠落を持った私」「真実を分かち合う相手」。
>俺ら、ハズカシイ言い方をすれば、
>青春を生きるものにとって不変で永遠のテーマやん。
>お前はリアルで、こういうこと感じないか?
嫌というほどわかってるから恥ずかしいんだって。
たいていの人間はそんなところに甘えてられないことを知ってるんだから。
それに「欠落を持った私」というのがいかにテメェ勝手でナルシスティックな
態度かってこともわかってるはずだし。
そんなに逃避していたいの?

>安易って?
通俗的イメージに頼ってるから安易なんだよ。そんでもって、通俗的イメージに
最も縛られてるに違いないのが「オヤジ」。わかりやすい「物語」ってのも、
通俗的なイメージ、価値観に寄り添ってるってこと。

ところで、本当に不思議なんだけど、何故桜井信者は自分の「感性」とやらに
そんなに自信を持っているのだろうか?そのご自慢の「感性」が実は通俗的概念に
寄り添った「情緒」に過ぎないことに何故気付かないのだろうか?

331 :にっく :2000/09/27(水) 11:13
感性について、もうちょっとだけ。
感性が優れているのならば、文中の比喩表現なんかを実感として
捉えてるんだろうけど、たとえば、
<あたしは脳細胞の一番深い部分で直感した。>
こんな文で実感できるのでしょうか?不思議でなりません。
「比喩なんか枝葉末節」これこそ感性欠落の証しのような気がしてならない。

332 :右巻き :2000/09/27(水) 13:19
>にっく
><あたしは脳細胞の一番深い部分で直感した。>
>こんな文で実感できるのでしょうか?不思議でなりません。
できませんか?俺はできるけど?

確かに、こうやって一つの文章を抜粋すると
稚拙な表現に感じるな。

ただ,俺は上でも言ってるように、
通して読んでいるときは「気にならなかった」。
こいつの作品の魅力はそんな所じゃない。
枝葉末節っていうのは、そういうこと。

>嫌というほどわかってるから恥ずかしいんだって。
>たいていの人間はそんなところに甘えてられないことを知ってるんだから。
甘えていられないってのは、誰でも判ってる。
だから、童話だって言ってるだろ。
童話ってのは、筋書きは荒唐無稽のようでも
人間や人間社会の本質的な部分を表わしてるやん。

>わかりやすい「物語」ってのも、
>通俗的なイメージ、価値観に寄り添ってるってこと。
通俗的なイメージ、価値観に立地しない小説なんて
成り立たないと思うけど。
そこから、いかに自分なりの視点を示せるか、だろ。

作家志望というヤツらが書く小説の多くが、
読むに堪えない自己満足に終わってるのは
自分だけの価値観をいきなり押し付けてくるからじゃないのか。

あと、とりあえず「信者」っての止めようや。
他の所なら、いざ知らず、この板でそんなこと言うなんて
ちょっとガッカリ。

333 :右巻き :2000/09/27(水) 13:41
<すまん、またもや省略されて読みにくいと思うんで再録>

あと、とりあえず「信者」っての止めようや。
他の所なら、いざ知らず、この板でそんなこと言うなんて
ちょっとガッカリ。


334 :>右巻き :2000/09/27(水) 15:08
>りあえず「信者」っての止めようや。
あなたが信者じゃないんだったら、別にいいんじゃないの。ほっとけば。
実際信者っぽい人達はいっぱいいるんだから。

335 :?l???????? :2000/09/27(水) 15:52
桜井亜美、読んだことないんだけどさ。
読んだ人にあたえる影響ってすごいみたいだね。このスレみててもわかる。
でさ、読んだ人は実際どういう行動をとるの?
1・この腐りきった日本を打倒して、桜井思想にもとづくユートピアを
 作り上げる。
2・ひたすら逃避。結局くさりきった日本の中で躍らされ続ける。
 でも本人たちはそれに気づかない。

 なんか、この2つの選択肢以外ないような気がする。ファンの方もファンでない方も、
答えておくレ。
 1番を採るのなら、桜井亜美もその教え子達も本物だ。桜井はマルクスに
並び称されるだろう。か、か、革命だ。

336 :右巻き :2000/09/27(水) 16:12
>334
>実際信者っぽい人達はいっぱいいるんだから。
ホントに?
それはちょっとコワイかも。

>335
当然1です。
現存するすべての権威を、断固粉砕するつもりであります!


337 :右巻き :2000/09/27(水) 16:13
って、革命は今度にして・・

う〜ん、俺は影響を受けたというか、
対等の立場で共感できるっていうスタンスだからな。

ただ、静かに革命は進むんだろな。
っていうか、すでに始まってるんじゃない?
別に、桜井が原因でなく。

社会が桜井を欲した。
社会が桜井を生んだと言ってもいいだろな。

338 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 17:02
>>335
信者ならぜ〜ったい2だね。自覚して、大人にならない限り。
しかし1の構想って団塊世代の大学紛争と同じだね。
その世代ってさあ、権力打開したような気でいるけど
変わりに自分らが別の権力に成り変わって、その上にあぐらかいてんだよなー。
革命起こした人間が必ずしもユートピアをつくれるとは限らないもんね。

>右巻き
君さ、宮台の「終わり無き日常を生きろ」読んでみたら?
それと桜井ファンのサイト見てみれ。信者は存在する事が解る。

339 :右巻き :2000/09/27(水) 17:33
>338
宮台は、吐き気がするほど嫌いなので読んでないけど
本屋ででも立ち読みしてみるよ。

ファンサイトは、いくつか見てきたけど
以外に落ち着いたものが多かった。
もっと「ひぇ〜気色わり〜」ってのを期待してたんだけどね。

 お薦めサイト
   ↓
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/5147/newpage5.htm

340 :335 :2000/09/27(水) 18:18
>338
おれは18だけどね。それに段階の世代は結局失敗したじゃん。「反権威という権威」にすらなってないよ。
何にせよ自己批判のない人間は醜い。

右巻きさんへ。
どうせ自意識過剰系ならドストエフスキー読もう。ぐうの音も出んよ。きっと。もうちょいソフトなのから
入りたければ村上ドラゴンもいいかも。

341 :右巻き :2000/09/27(水) 18:34
>335

団塊の世代は、我々の敵です。
断固、粉砕しよう!

ドストエフスキーの代表的なものは大体読んでる。
俺的には、トーマス・マンの方が断然、好きだな。

村上氏とは残念ながら、大昔に決別しました。
俺は昔から、猛烈、相当、庄司薫なんだよ。

あ、勘違いされたらやだから、339のお薦めサイトは冗談な。
本気にしたら嫌だよ(2chじゃ断っておかないと、俺のサイトにされかねん)

342 :右巻き :2000/09/27(水) 18:46
>335
>おれは18だけどね。それに段階の世代は結局失敗したじゃん。「反権威という権威」にすらなってないよ。

そうそう。
当時、運動してた人は必ずといっていい程
「俺達は負けた。・・・しかし無駄ではなかった」って言うよな。

>権力打開したような気でいるけど
そんなこと言う奴がいたら、それこそどうしようもない馬鹿だ。

343 :338だけど :2000/09/27(水) 21:37
>>335=>>340
なんだか誤解されたみたいだなー。
私もあなたと同じ意見だよ。
つまり>>338では団塊世代の轍を踏んじゃいかん、といいたかったワケ。
紛らわしくてゴメン。

344 :338だけど追加 :2000/09/27(水) 21:55
>右巻き
ちなみに言っとくけど、私は宮台ファンじゃないからね。
ただ、宮台は桜井のダンナだけあって(?)
学校とか社会制度とか、大人になっていくための過程を歪める装置を
破壊することが目的だと公言しておる。
それってもしかしてあなたの考えてる様な事と近いんじゃないの?
食わず嫌いは自分を狭めるから、損スよ。

345 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 22:34
しかし、桜井にはまった奴で
どれくらいの期間はまり続けるんだろう。
一過性なら、まわりがとやかく言うほどの
もんでもないでしょ?

346 :右巻き :2000/09/27(水) 22:53
>338

確かに宮台の書籍を読んだ事はないけど
喋ってることを聞いたり、コラムなんか読んだ限りでは
近いように見えて、俺の対局にある奴だと感じてるんだけどね・・
でも折角、奨めてくれてるんだから読んでみるよ。

しかし、345とかアンチ桜井の人って、
一段上から見下ろしてるつもりなのが笑える。
なんかカワイイ(w

347 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 23:33
桜井ファンって
上とか下とかって感覚が
好きそうだね、息詰まらないのかなあ?

見下ろしてるんでも、見下ろしてるつもりでもなくって
ただ遠目に見てるだけ。



348 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 23:35
桜井ファンって
上とか下とかって感覚が
好きそうだね、息詰まらないのかなあ?

見下ろしてるんでも、見下ろしてるつもりでもなくって
ただ遠目に見てるだけ。


349 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 23:38
桜井ファンって
上とか下とかって感覚が
好きそうだね、息詰まらないのかなあ?

見下ろしてるんでも、見下ろしてるつもりでもなくって
ただ遠目に見てるだけ。



350 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 23:42
多重カキコになってもうた。
こういうかっこわるさも認められる
大人になってね>桜井ファンの方々

351 :右巻き :2000/09/27(水) 23:44
>347〜349
やりすぎ(w

これ読んだら判るだろ。
 ↓
345 名前: 吾輩は名無しである 投稿日: 2000/09/27(水) 22:34

しかし、桜井にはまった奴で
どれくらいの期間はまり続けるんだろう。
一過性なら、まわりがとやかく言うほどの
もんでもないでしょ?




352 :右巻き :2000/09/27(水) 23:51
>350
???
多重カキコしたからって誰も馬鹿にしないって。

>ただこういうかっこわるさも認められる
>大人になってね>桜井ファンの方々

ただ、こういう言い訳するところが、果てしなくカッコ悪い。

あきらかに「オトナになってね」って
上から見てるつもりやん(w


353 :吾輩は名無しである :2000/09/27(水) 23:53
大筋ではにっくさん>>330-331にほぼ同意なんだけど、右巻きさんが見てる、
桜井の核となる「社会、「オトナ」に対する苛立ち」については確かに頷ける点もある。
でもそれだったら、それこそ「コインロッカー・ベイビーズ」なんかでその破壊衝動に
ついては語られてて、その点に関してはあっちの方が遥かに小説としては上。

つまり、桜井の小説はその核の部分を抽出して提示する点にこだわってるからこそ
わかりやすく、「ガキ」(括弧つき。決して罵倒する意味ではないよ)にとっては、
信者を生み出すような神話たりえるのかも。
右巻きさんがそういう点を見て言っているのであれば、外からガタガタ言う問題じゃないかもね…。
核の部分にある「アンチ大人」に魅力を感じるのなら、小説の技巧うんぬんは
さして問題にならない。

↑そういう意味で「童話」ってことですかね?

つーか重いなココ。私も多重になりかけた(笑)

354 :右巻き :2000/09/27(水) 23:54
>350
???
多重カキコしたからって誰も馬鹿にしないって。

>ただこういうかっこわるさも認められる
>大人になってね>桜井ファンの方々

ただ、こういう言い訳するところが、果てしなくカッコ悪い。
一言、謝っとけばいいんとちゃうのん?

「オトナになってね」ってあきらかに
上から見てるつもりやん(w

355 :右巻き :2000/09/27(水) 23:56
って、すまん。
俺もやってもうた>all


356 :右巻き :2000/09/28(木) 00:25
>353
・・う〜ん。
「コインロッカー〜」は、確かに、鮮度の高い物語、
エネルギッシュな文章だなと感じたし、優れた小説だと思う。
でも、正直言って驚きはあったけど、全然、心に響かなかった。
「へぇ、凄いな」ってだけで。

例えば、俺は庄司薫の小説がメチャクチャ好きなんだけど
彼の小説の主人公「カオル君」は、
別に暴れたりしないし、何か行動するわけでもない。
ただ「いかに生きるべきか。優しくあるべきか」ってのを
模索するんだけど、これもオトナと社会への反抗なんだ(と思う)。

こういう言葉って、書いてても恥ずかしいけど、
やっぱりこういう事を(小さい声でだけど)
言える自分であることが重要だと思うんだよ。

恥ずかしいから言わない→言ってる奴を恥ずかしく思う
               ↓
            言葉、想い自体を馬鹿らしいと思う
               ↓
            オトナのできあがり

357 :右巻き :2000/09/28(木) 00:26
>353
・・う〜ん。
「コインロッカー〜」は、確かに、鮮度の高い物語、
エネルギッシュな文章だなと感じたし、優れた小説だと思う。
でも、正直言って驚きはあったけど、全然、心に響かなかった。
「へぇ、凄いな」ってだけで。

例えば、俺は庄司薫の小説がメチャクチャ好きなんだけど
彼の小説の主人公「カオル君」は、
別に暴れたりしないし、何か行動するわけでもない。
ただ「いかに生きるべきか。優しくあるべきか」ってのを
模索するんだけど、これもオトナと社会への反抗なんだ(と思う)。

こういう言葉って、書いてても恥ずかしいけど、
やっぱりこういう事を(小さい声でだけど)
言える自分であることが重要だと思うんだよ。

恥ずかしいから言わない→言ってる奴を恥ずかしく思う
               ↓
            言葉、想い自体を馬鹿らしいと思う
               ↓
            オトナのできあがり

358 :右巻き :2000/09/28(木) 00:28
ここはオトナが多そうだけどね。

で、桜井だけど、庄司薫とまったく正反対のことを
言ってるように見えて、その実、同じことを言ってるように感じる。
なんだかんだ言ったって、桜井も人間が好きなんだよ。
だから、却って、汚いオトナが許せない。

で、そこに共感を持ったんだけど・・・

って、また多重になってる・・
すまん>all

っていうか、仕事しよ。
誰か、テープ起こし手伝って!

359 :350 :2000/09/28(木) 01:09
…実は今ごろ出てきた323だったり…(むなしい自己主張。私もガキですなあ)

>恥ずかしいから言わない→言ってる奴を恥ずかしく思う
なんか、ここが鍵になってるような気がする。
「恥ずかしい」と思ってるやつは「恥ずかしいけど、自分もそういう気持ちはあるよ…恥ずかしいけどね」
という部分があるわけで。
 だから、桜井亜美みたいにストレートに出されると反発するさね。
 つまりそういう「恥ずかしい反発」を、文学とか技巧とかのオブラートにくるんで
「恥ずかしくなく」示してくれればいい、っていう部分も(私は)ある。

 ただ、桜井亜美はそこまで考えてないんじゃない? とも思うけど。

 庄司薫は読んだことないけど、あなたの話を聞いていたら興味が湧いてきたよ>右巻きさん
 とりあえず仕事頑張ってやー。



360 :323=353=359 :2000/09/28(木) 01:11
ごめん間違えた。
本物の350さん、ごめんなさい。

361 :335 :2000/09/28(木) 02:32
>右巻き
 ああ、ドストエフスキーもドラゴンも読んでたんだ。それは悪い。
桜井亜美はあんたにとってこの2人より上なわけ?すごいな。そりゃ。
じゃあ古本屋で桜井を探してみるか。

しょーじは「ライ麦」スレで叩かれてんな。加勢にいってやったら?盛り上がるぜ。くくく。
トーマス・万は、「ドイツぶんがく」スレで彼の政治姿勢についての議論が結構いいかんじだ(宣伝)

362 :右巻き :2000/09/28(木) 03:30
ううっ 疲れた。

>359
サンクス!しかし眠い。

なるほど。
それなら分かる。あまりにも露骨だってことかな。
庄司薫の文体は、これまたクセがあって
かなり、とっつき難いと思うよ。
「赤頭巾ちゃん・・」が代表作って事になってるけど
先に「さよなら怪傑黒頭巾」「僕の大好きな青髯」を読んだ方がいいかも

>335
上とは言ってないぞ。でも、村上よりは俺的には共感できた。

情報サンクス、明日にでも見に行くよ。

363 :吾輩は名無しである :2000/09/28(木) 03:34
この板、もうあなたたちだけです

364 :にっく :2000/09/28(木) 06:08
>>332
>><あたしは脳細胞の一番深い部分で直感した。>
>>こんな文で実感できるのでしょうか?不思議でなりません。
>できませんか?俺はできるけど?
ってことは「脳細胞の一番深い部分」を実感できるってわけだ。
そりゃすごいな。

>通して読んでいるときは「気にならなかった」。
比喩ってのは、本来、読み手に対して感覚的イメージを喚起させるために
使われるものだと思うけど、それが気にならないってことは感性が
欠落してるんじゃないの?と感じてならない。
あなたは自分の感性を疑ったことはないの?

桜井の思想(?)については泥仕合が嫌なので一つだけ。
「オトナ/コドモ」って何だろう? 通俗的イメージに寄り添わないってのは、
そういう安直な二項対立を疑うことだったりもする。
「被害者」の立場って楽でいいだろうね。

365 :吾輩は名無しである :2000/09/28(木) 09:28
ついつい
桜井亜美が汚い大人だったら
どうすんねんって
思ってしまうが、
そんなことは余計なお世話なので
これはひとりごと。

366 :右巻き :2000/09/28(木) 09:59
>にっく

君、ひょっとして、国語の成績悪かった?
全部、上に書いてあるやん。
ちゃんと読めよ。
「オトナ/コドモ」とか言う前に、さ。
そんな単純な頭だから、大事な部分が見えないんだよ。
とりあえず俺は「コドモ」なんて言葉、一回も使ったことないと思うけど?
大体「コドモ」って、「オトナ」に保護される存在を表わす言葉だろ。

日本語ってのは、一つの文節、ひとつの単語だけで
なりたってるんじゃなくて
すべてのつながりの中で、意味を持つものだろ。
別に、日本語だけじゃないか。

>通して読んでいるときは「気にならなかった」。
>こいつの作品の魅力はそんな所じゃない。
>枝葉末節っていうのは、そういうこと。
「」の意味、ちょっとは考えた?
君にとって、比喩だけが物事を表わす表現方法なのか?

大体、<あたしは脳細胞の一番深い部分で直感した。> って比喩なのか?
単なる事実だろ。あまりにも、そのまんますぎてツマランってのはあるけど。
たとえば
<心の一番深い部分に、激しい痛みを感じた>ってのも比喩じゃない、
ってのも判ってるのかな。

最近ウチに持ち込んでくる人達にメチャクチャ多いんだけど
枝葉末節にこだわりすぎた小説、
通俗的なイメージに立地しない、
独自の価値観だけをいきなり押し付けてくる小説を書く奴が多すぎる。

「そんな事より、お前は何が言いたいんだ」って何時も思ってしまう。
君も小説書いてるかどうかは知らないけど、
こういう事に気をつけないと、ホント読むに堪えない自己満足だけに終わっちゃうよ。


367 :右巻き :2000/09/28(木) 10:48
<省略されて、読みにくいと思うんで、サゲながら再録>

最近ウチに持ち込んでくる人達にメチャクチャ多いんだけど
枝葉末節にこだわりすぎた小説、
通俗的なイメージに立地しない、
独自の価値観だけをいきなり押し付けてくる小説を書く奴が多すぎる。

「そんな事より、お前は何が言いたいんだ」って何時も思ってしまう。
君も小説書いてるかどうかは知らないけど、
こういう事に気をつけないと、ホント読むに堪えない自己満足だけに終わっちゃうよ。

>335
忘れてたけど「ドイツ文学」スレの最初の方に、
俺も名無しでいくつか書き込んでたよ。
面白い話してるね。俺は歴史的な話は詳しくないんでロムしかできんけど。

368 :吾輩は名無しである :2000/09/28(木) 13:35
私、声優とか好きなんだけど
桜井さんのこと好きな人の気持ちなんとなくわかる。

369 :ナナん :2000/09/28(木) 14:11
>右巻き様
 他方面で、和みをありがとうございます。(笑)

 右巻きさんは、自分が大人であることもわかってるし
 桜井亜美の本が若いが故の自己憐憫に浸りきってる事もわかってると思います。
 大人だから「あぁ、若いときはこう思ったよオレも…」っていうスタンスで
 共感してるように感じられます。(違ったらごめんなさい)

 私が嫌なのは、中学生・高校生が「あたしたちの痛みの代弁」とか言って
 「あたしの個性だからこれでいいんだ」と安直に納得してしまうことです。

 桜井亜美の小説には、家庭内問題や奇形などを持つ主人公が登場し、
 それゆえ他者とは違う感性や他者との疎外感を感じ、それに共感する仲間(または恋人)を見つけ
 2人の世界で生きていこうとする姿を描いたものが多い(というか殆どがそれ)です。
 共感している中学生・高校生の中に、そういう不幸を持った人がどれだけいるのでしょうか?
 不幸が有ったとしても、大概はただの友人・恋人との諍いや、親との意見の食い違いといった
 日常生活ではよくあるレベルの、他者との違いを感じる程度のものです。
 私は「その程度の事は、どこにでもあるし悩むほどではない」と思っているし、
 大体の大人もそう考えているでしょう。
 しかし、そういう若いが故の悩みを持った人が桜井亜美の小説を読むと
 自分のただの悩みを不幸と認識し、自己憐憫に浸ったり他者とのコミュニケーションを否定する、
 「逃げモード」に入ってしまいます。実際、信者と言われる熱狂的ファンは
 桜井亜美ファン同士で傷を舐めあい、「ファンじゃない人にはこの痛みはわからない」というスタンスで
 ファン同士の中にのみコミュニケーションを求めています。

 私のような、中途半端に年を取った者は「信者」のそういう姿勢を
 甘えだと感じ、その元となっている桜井亜美(及び宮台)を
 「いい年こいて、感傷にひたってるなんてくだらない」と思っており
 こんな本が新しい純文学などと言って売られているなんて異常としか思えません。

 物語の主題はもうすでに書き尽くされており、しかも既出のものに劣る物語に
 女子高生御用達ブランドの名前を頻出させ「新鮮な感性」とする桜井亜美の本も、
 それを崇め奉る宮台も何故良いという人がいるのかわからないのです。

370 :吾輩は名無しである :2000/09/28(木) 14:20
>右巻きさんは、自分が大人であることもわかってるし
>桜井亜美の本が若いが故の自己憐憫に浸りきってる事もわかってると思います。
>大人だから「あぁ、若いときはこう思ったよオレも…」っていうスタンスで
>共感してるように感じられます。(違ったらごめんなさい)

これじゃあ、右巻きさんが、
ファンにとってうっとおしい存在にならんか?

なんか、
「君たちをこんなにしたのは僕の責任」
とか言ってコギャルに謝ってた
ライターズデンだかのデブライターを思い出す。

371 :吾輩は名無しである :2000/09/28(木) 16:01
>368
訳わからんぞ。

372 :右巻き :2000/09/28(木) 16:40
>ナナん
こちらこそ他方面で、ご迷惑を・・・って、げっ、なんで君ここにいるのん?(w
ちょっとハズカシイやんか!

えっと・・・
>桜井亜美の本が若いが故の自己憐憫に浸りきってる事
>共感している中学生・高校生の中に、そういう不幸を持った人がどれだけいるのでしょうか?

たしかに、そうなんだけど
それって、若さゆえの自分も含めた社会への厳しさ、潔癖さの発露だとも思う。
で、確かにあの頃の悩みって、今から思えば小さい事かもしれないけど
当時は、それこそ「世界の終わりだ!」てな感じで大問題だったやん。
で、俺としては「うん、うん」って見れるし、
悩むことが悪いことだとは思わない。

こういう社会への苛立ちみたいなものは、ナナんさんも感じたことがあるんじゃないかな。
こういう時期や悩むことは、人間として成長するための栄養剤みたいなもんで、
俺は絶対必要だと思うわけ。

そして、その想いを昇華させる時に
「結局、社会ってのはこういうものさ。
カシコクならくっちゃ損だよな。カッコ悪いし」となる人と
「今の社会ってのは、確かにそういう仕組みのようだ。
だから何やねん。俺は一人でも負けへんぞ!」となる人がいる。


373 :どうでもいいが :2000/09/28(木) 16:41
>にっくと右巻き
いつまでもお互いのあら捜ししてんじゃねーよ
スレッドの趣旨外れたところで無駄な発言するな

374 :右巻き(続き) :2000/09/28(木) 16:41

で、俺は前者を「オトナ」になった負け犬だと思うんだよ。
年齢に関係なくね。

俺は当然、後者で、敵である「オトナ」と戦ってるんだけど(日常生活や、自分の中でね)
アイツらは、力もあるし(経験っていうのも一つの力だよな)、数が多い!

個人個人ならともかく、集団としてのヤツラの力は強大で、
俺らが、勝利を収めるためには、とてもじゃないけど戦力不足。

そこへ、桜井みたいなのが、ああいうテーマで小説書いただろ。
しかも、多くの中高生が共感してるらしい。

桜井は、確かに、上で誰かが言ってたように、
ことさら叫び過ぎたのかもしれないけど、
今、共感してる中高生の一部でも、俺らの戦線に参加してくれたら!
これは嬉しいよ!

もし桜井が商業目的で、ああいうテーマを選んでても構わん。
ハッキリ言って、桜井のことはよく知らん。宮台は敵。吐き気がする。
信者も嫌い。馴れ合ってる場合か!悩め!そして武器をとれ!


375 :そうそう :2000/09/28(木) 16:45
ちゃんとスレッド趣旨にあった発言してよね
みんなそう言うのが読みたいんだからさ
気悪くしたらスマソ

376 :右巻き :2000/09/28(木) 16:52
>373
スマン。いや、面白いもんで。遊びすぎ?

あ、あと374の
>(日常生活や、自分の中でね)
は、(日常生活や、自分の中のオトナとね)でした。
謹んで訂正とお詫びを申し上げます。


377 :右巻き :2000/09/28(木) 16:53
>375
全然、気にしてないよ。


378 :吾輩は名無しである :2000/09/28(木) 16:53
> 桜井のことはよく知らん

なら語るな。

379 :吾輩は名無しである :2000/09/28(木) 16:58
> 桜井のことはよく知らん

もっと語れ。

380 :吾輩は名無しである :2000/09/28(木) 17:33
>もし桜井が商業目的で、ああいうテーマを選んでても構わん。

そうそう。ずる賢いオトナとも手を結ばねば。

381 :あの… :2000/09/28(木) 17:52
不躾ですが、右巻きさんってお幾つですか?
17〜18くらいの学生さんかと思ってたんですが

382 :右巻き :2000/09/28(木) 18:10
ふぅ疲れた。
みんなもお疲れ!
>378
うん、そうする。
>379
ゴメン、もうそろそろ飽きてきた。

>380
革命が成功した暁には、特別名誉功労賞を授与し、
翌日には逮捕、スパイとして粛正します。

>381
働いてるぞ。イヤっちゅうぐらい。過労死したら君のせいな。
君は何歳なん?

383 :ナナん :2000/09/28(木) 23:00
わーい。右巻きさんこんにちわ。

 >で、確かにあの頃の悩みって、今から思えば小さい事かもしれないけど
 >当時は、それこそ「世界の終わりだ!」てな感じで大問題だったやん。
 >で、俺としては「うん、うん」って見れるし、
 >悩むことが悪いことだとは思わない。
  確かに大問題でしたが、それを表面に出して「あたし不幸なんだからー!!」と叫ぶ桜井亜美信者の姿勢は
  どうかと思います。悩んでいるというか、悩む「フリ」のように見える時もあるし。
  悩んで、行きついた先が「わかってくれなくていい、わかってくれる人だけで生きていこう」なんて
  まともに悩んでた者としては、「アホかおまえは!!!」って言いたくなるんですよ。
  言わないけどね(笑) 信者さんたちリストカットとか好きそうだし。
  だいたいなんでリストカットをリスカって略すんだろう?そんなに日常的に使う言葉なのか?

 >「結局、社会ってのはこういうものさ。
 >カシコクならくっちゃ損だよな。カッコ悪いし」となる人と
 >「今の社会ってのは、確かにそういう仕組みのようだ。
 >だから何やねん。俺は一人でも負けへんぞ!」となる人がいる。
  うーーん。桜井亜美の本を読むと、
  「いいもん、1人だもん。若いんだから、わかんなくってもしょうがないでしょ?
   社会のしくみなんて、壊れちゃえばいいのに…」というメッセージを感じるのですが…
  少なくとも、「負けないぞ!!!」とか「戦うぜ!!」という強い意思よりも
  逃げの姿勢というか、諦め感を感じます。

  私個人としては、自分の中で苦悩していてもそれを表に出さない気遣いのできる人が
  大人だと思ってるし、そういう人間になりたい。それと、私自身すごく自意識が強くて
  それを恥だと思っていて、日頃自意識など無いように振舞おうと努力しています。
  そういうわけで、桜井亜美を許容できません。いい年こいて何やってんだ?って感じです。

  って、これもしょうもない自意識ですね。

384 :右巻き :2000/09/29(金) 00:40
>ナナん
おっす〜!
なんか、めっちゃ元気そうだね。
あっちの板で、ちょっと言われてるようだから心配してた。
俺は当分、書けないし。

・・・で!
>確かに大問題でしたが、それを表面に出して
>「あたし不幸なんだからー!!」と叫ぶ桜井亜美信者の姿勢は
>悩んでいるというか、悩む「フリ」のように見える時もあるし。
>悩んで、行きついた先が「わかってくれなくていい、
>わかってくれる人だけで生きていこう」なんて
 
確かに、悩むことに酔ってる、というのはあるかも。
でも、俺もそんな時あったしなぁ。そういう時もあるよ、って感じかな。
しかし!馴れ合いはいかん!ヌクヌクとしてちゃ成長せんぞ!

>リストカットはリスカ
レスカはレモンスカッシュで
クリソは何だっけ♪(w、

>「いいもん、1人だもん。若いんだから、わかんなくってもしょうがないでしょ?
>社会のしくみなんて、壊れちゃえばいいのに…」というメッセージを感じるのですが

大体、俺もそういうふうに感じた。
ただ、う〜ん、「若いんだから、しょうがないでしょ」ってのは
俺は感じなかったな。

「私だけで生きてく。誰にも頼るもんか」っていう凍った感情は感じたかな。
で、俺はここがスタートだと感じるんだよな。
ここから、どう変わってくかが勝負って感じで。。

>私個人としては、自分の中で苦悩していてもそれを表に出さない気遣いのできる人が
>大人だと思ってるし、そういう人間になりたい。
まったく同感!
俺もそういう奴になりたい!それが優しさだよな。

俺は、後輩とかに相談されたときに
エラソウにいつも「美しくあれ」ってことを言ってるんだけど、
君の言ってること、君の美意識に沿って生きるってことだよな。
なんか嬉しい!

>私自身すごく自意識が強くて
>それを恥だと思っていて、日頃自意識など無いように振舞おうと努力しています。

自意識強いの良いやん!

みんな、自我とか自意識とか、悪いものと思い過ぎだと思う。
多分、自意識過剰って言葉から来るものだと思うけど。

確かに、自意識過剰はカッコ悪い。
でも、自意識は必要だと思うよ。
「俺はこういう奴になるんだ」「私はこうありたい」っていうね。
そうじゃないと、輝けないって!

って、こうやって改めて書くと
俺って、いつもこんな恥ずかしいことしゃべってるのか。


385 :ナナん :2000/09/29(金) 01:21
ちわっす。元気ですよ私は。若いし…(笑)

あっちの板では、今レスすべき相手がいないというか…(苦笑)
煽りになってる時もあるけど、基本的に全てマジレスです。
だって、他の人格作るの難しいもん。めっちゃ素です。

>確かに、悩むことに酔ってる、というのはあるかも。
>でも、俺もそんな時あったしなぁ。そういう時もあるよ、って感じかな。
 ここが、他の亜美信者とは違うところでしょうね。1歩下がって見ているというか…
 亜美信者の多くは「リアルなあたし達の気持ち」として亜美小説をとらえているし
 実際、桜井亜美もそういう「リアル感」を狙っているんでしょう(商品戦略なんかも含めて)。

 あ、「リアル感」に関連して。登場人物の服とか髪の描写が意味も無く細かすぎだと思います。
 フランス書院文庫とかのポルノも、結構そういう描写細かいですよね。
 そこが「女子高生向けポルノ」と呼ばれる所以ではないでしょうかねぇ…

>みんな、自我とか自意識とか、悪いものと思い過ぎだと思う。
>多分、自意識過剰って言葉から来るものだと思うけど。

 自意識が恥ずかしいっていうのは…うーん、なんていうか「こうありたい」っていうより
 「私って、なんてすごいんだ!!凡庸な他の人とは違うね!!」っていう意識を
 自意識だと思ってるのです。もちろん自分の自意識も、桜井亜美信者のもそうですよ。

 本当に自分がすごいならそれでいいんですけど、ただの私がそんな事を思っていると
 他人に知られたくないわけです。だから、自意識は隠すべき物だと思っているのです。

右巻きさん、おもしろいっす。また遊んでください。
他板でもよろしくお願いします。
ってゆっか、何で書けないんすか?<他板

386 :右巻き :2000/09/29(金) 09:59
わ、レスしてくれてた。
遅くなってゴメン。

ハハ、君おもしろいって人に言わるやろ?

>あ、「リアル感」に関連して。登場人物の服とか髪の描写が意味も無く細かすぎだと思います。
それは思った。ポルノもそうなのか。
やっぱり、女の子の姿を想像しやすいようにかな。

っていうか、フランス書院を読んだ事があるとはツワモノやね。
俺は、本屋であのコーナーに偶然近づいちゃっただけでも
「アワワワ」ってなっちゃうよ。

>自意識
なるほど。そういう捉え方もあるな。
それも、自己に対する意識形態の一つだよな。
ようするに、桜井とか桜井の信者は、何でもことさら
大声で叫び過ぎってことみたいだね。

そういや庄司薫にも「質に関係ない、刺激の絶対値競争には参加したくない」っていう
フレーズがあったな。

>右巻きさん、おもしろいっす。また遊んでください。
そう思うなら、今度、大阪に来やがれ!

>ってゆっか、何で書けないんすか?<他板
俺、ここもそうだけど、
参加しだしたら、何て言うかこう、悪ノリしちゃって
出しゃばっちゃうというか、皆に迷惑を掛けがちなんだよな。

あそこでも、そうだったやろ。
で、とくにアソコは、ちょっと俺が書き込むの筋ちがいだし。
でも、ほとぼりが冷めたら、また遊びに行くよ。
それまで、ほかの板でよろしく。

387 :吾輩は名無しである :2000/09/29(金) 11:12
アソコってドコ?

388 :ナナん :2000/09/29(金) 12:44
ちわーす。ご苦労様です。

>君おもしろいって人に言わるやろ?
 うーん、AB型らしい性格ねとは言われてるので、それかなぁ?

>っていうか、フランス書院を読んだ事があるとはツワモノやね。
 おっさんに混じって、立ち読みしてます。
 あと、よく昔の彼氏に借りてました。
 ていうか、選ぶ際にあたしが一緒にいてあれがいいとか言ってました。

>自意識
 大声で叫びすぎっていうか、やっぱり過剰なんでしょうねぇ。

>そう思うなら、今度、大阪に来やがれ!
 えーっと、近鉄特急で2時間弱か…日帰り可能やな。

>参加しだしたら、何て言うかこう、悪ノリしちゃって
>出しゃばっちゃうというか、皆に迷惑を掛けがちなんだよな。
 いや…そんなに迷惑でもないと思うんですが。
 少なくとも、内容のある書きこみばっかなので。

>あそこでも、そうだったやろ。
>で、とくにアソコは、ちょっと俺が書き込むの筋ちがいだし。
 筋違いでもいいです。面白いから。
 右巻きさんの書きこみ好きって言ってる人多いから、いいんじゃないですか?

あー、もう全然違う内容になってる…
次はもうちょっとマシな内容でにします。スマソ。

389 :右巻き :2000/09/29(金) 16:10
>ナナん
君、タダ者じゃないな。
さすがAB・・・
ちなみに俺は、ガサツなO。

>フランス
今度、お薦めを教えろ!
っていうか貸してください。
お願いします。
このとおり!
あ"あ"あ"・・・楽しみだ。実は俺、読んだ事ないんだよ。

>近鉄特急で2時間

君は東京じゃないんだね。
名古屋かな?
っていうか、俺が日帰りさせると思ってるん?(w

>筋違いでもいいです。面白いから。
>右巻きさんの書きこみ好きって言ってる人多いから、いいんじゃないですか?

ありがと!メッチャ嬉しい!
でも・・・なんか、2chでこんなん言われるのって
ひょっとして初めてだから、ちょっと戸惑った(W

390 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 19:23
彼女の小説って、やたら大げさなトピックを持ってくる点で、テレビドラマのつくりと同じ。
たしかに「あれってすごいよねー」といえる裏ワイドショーネタがてんこもり。
もしも、女の子を癒すつもりで書いているなら、ちょっと違うんじゃない?
彼女の周りにいる女の子は、賢いというか、弁が立つ子ばかりのような気がする。
宮台に限らず、世界が狭いよな。
それにさあ、世界を受容しないとか言ってるわけでしょ?
その世界を成り立たせているのは、あんたらの嫌いな大人じゃん。
大人が汚れてくれているから、社会が成り立っているわけで。
あの小説読んで感動している子なんて、寄生植物みたいな薄気味悪さを覚える。
甘ったれ。

391 :吾輩は名無しである :2000/09/29(金) 22:37
おっ!新鋭登場!

392 :ナナん :2000/09/29(金) 22:59
>390
 あたしも亜美信者は甘ったれだと思います。

 少年犯罪をどう思う?みたいなテーマ掲示板だったけど、
 「共感できる!!」っていう人の中に亜美ファン集団がいて、
 その人達と議論になった事があったのね。で、

 亜:その少年らには、家庭にも、学校にもひどいいじめや人間てきな扱いなど全然受けず、
   「幸せ」という感覚がない。本当の自分でいることがつらいから、自分を隠すか、
   キャラクターを作ってでしか他人とふれあえない。(原文ママ)
 ナ:幸せという感覚がないんじゃなくて、幸せに慣れすぎてて鈍くなっているのでは?
   一部の人を除いて、あなたが不幸だと思ってるのは誰でもぶつかる壁のようなものだと思う。
   その程度で我慢できないなんて甘いよ。
 亜:それって、一昔前の考え方ですね。あきれた。
 ナ:感傷に浸る余裕があるなら、もうちょっと進歩的な物の考え方したらどうですか?
   持ってる物に感謝しないで、無い物ねだりもいいとこですね。
 亜:その我慢するっていう考え方のどこが進歩的なんですか??
   そんなの堂々巡りから抜け出せないと思う。
 ナ:堂々巡りから抜け出た結果が犯罪ですか…
   自分のいい所と悪い所、置かれた状況を受けとめていったほうが良いと思います。
 亜:あなたと何を喋っても無駄だと思うので辞めます。
   一生理屈で考えてれば??これからは感性(と、個)の時代だよ。

 という事で、彼らの「我慢できない!!」は個性の表出みたいです。
 感性で人殺されたらたまんないと思うんですが。

 亜美信者は肉親とか恋人殺されても、感性の表出なら許せるんでしょうね。
 この1件で、亜美信者が大嫌いになりました。私もガキです。(笑)

393 :ナナん :2000/09/29(金) 23:39
>右巻きさん
 フランス書院と、あと別冊宝島も持っていきますね。
 ナース服もありますけど、必要ですか?
 あ、日帰りできないと困ります。
 なんせ、パラサイトシングルですから…(笑)

 ところで、O型の人ってガサツなんすか?

394 :>ナナんさん :2000/09/30(土) 01:30
かきこみ、面白く見てるけど、
類推でステレオタイプ化しない方がいいよ。
その掲示板、別に少年犯罪のテーマ掲示板じゃないし、
書き込んでる人も背景とか全く分らない無記名方式だったと思う。
自分が否定したい感情を優先させて、寄せ集めた材料を恣意的に
ある枠に入れてしまうと、自分で詰まんない世界観作っちゃうん
じゃない?


395 :七市 :2000/09/30(土) 01:41
亜美さんは47歳だってほんとですか?

396 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 01:49
107さいらしいです。山奥にこもってジャンキーしてるらしいです。

397 :七市 :2000/09/30(土) 02:05
あのー、別に年齢なんて、どーでもいいんだけど
亜美さんが昭和28年生まれだという話を、わりと信頼できる人から
聞いたので、この話で周知の事実なのかな? と思っただけなんですが。

398 :七市 :2000/09/30(土) 02:06
あのー、別に年齢なんて、どーでもいいんだけど
亜美さんが昭和28年生まれだという話を、わりと信頼できる人から
聞いたので、この話は周知の事実なのかな? と思っただけなんです。

399 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 02:19
ていうか、速見由紀子が書いてるってのは周知の事実です。
宮台と事実婚してることも。
宮台の著書には、「桜井亜美」とのプライベートの話がけっこう
出てきて笑える。


400 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 02:34
周知のじじつ→羞恥のネタ の間違い


401 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 02:42
きり番げっと。
もう飽きた
とゆーわけで、ここはただ今をもってAV女優桜木亜美、桜井亜美のスレに変更いたしました。


402 :七市 :2000/09/30(土) 03:27
桜井=速見?
おいおい、ネタにしてもつまらん。

403 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 03:36
おいおい、マジで知らないの?(w

404 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/30(土) 03:52
しかしこないだ出た宮台の本に寄せてた文章は、かなり寒かった。<桜井

405 :ナナん :2000/09/30(土) 14:23
>394さん
 はい。すいません。訂正します。
 少年犯罪のテーマ掲示板→
  無記名方式の掲示板で、少年犯罪に関するスレッド
  (桜井亜美ファンサイトを含む為、桜井亜美ファンも多いと推測される)
 説明不足でした。ごめんなさい。

406 :右巻き :2000/09/30(土) 15:09
>ナナん

その掲示板教えて!
俺が説教するから。
そいつらは、スタート台に立ってる。
でも、そこから降りようとしてる感じがするな。

>これからは感性(と、個)の時代だよ

感性はメチャクチャ大事なもの。
俺らの生き方の指針=美意識の根本というか、ルール作りに欠かせないモノだ。
でも、理性がなければ感性もない。それが分かってないやつが多すぎ。

ところで、ホントに桜井=速見なのか?>all
ウワサじゃなくて?ソース、キヴォンだ。

>ナース服
大阪来るときは、持ってないとあぼ〜んされます。
俺も、学生の時の白衣持ってくから交代で・・・!!
どっかでも名無しで書いたけど、
O型はガサツで器具などを壊すのが特技。というか使命。

407 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 15:47
ナナんと右巻きのじゃれあい、キモイね。
桜井亜美よりキモイかも。
汚い大人でよかった、ボク。

408 :右巻き :2000/09/30(土) 16:22
>407
後でお前とも遊んでやるから、大人しく待っててね。
っていうか、そう言うならお前の考えを書くか、sageろや。

409 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 16:55
自分にはどこまでも甘いオトナもコドモもガキの国、日本。
ふっ、マークス寿子とかいう婆が喜びそうだ。

410 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 17:03
桜井の本はオトナになれなかった中年女の言い訳。
桜井信者に限らず、信者は何かの言い訳が欲しいだけ。
ずるい大人ってのも、単に今の社会を言い訳にしているだけ。
自分で新しいシステムを作れる奴だけが、美しい。
口先だけの革命家は
自分自身に言い訳こいてるだけ。
革命家は他を扇動してこそ認められるのだ。
さて、NHKであすかでも見よう。
たへいさんをどうやってギャフンと言わせるかな。

411 :右巻き :2000/09/30(土) 17:34
>409
そのとおり!
人間、自分に甘えたら終わり。
立ち止まったら終わり。

甘えるんなら俺に甘えろ!
歩き続けろ!
俺はこの前、名古屋市内を5時間歩き続けたぞ。

>410
そのとおり!
言い訳したら終わり。
現状を認識し、より美しい人間になれ。

>ずるい大人ってのも、単に今の社会を言い訳にしているだけ。
すまん、意味がわからん
>自分で新しいシステムを作れる奴だけが、美しい。
システムってのが何をさしているのか分からんが
俺なら、そこに「美意識」って言葉を置きたいな。

俺は今から出掛けるので、また明日の夜な。

412 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 18:04
右巻きっていい人かも
だんだんそう思えてきた(笑)

413 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 20:31
♪ロックンロールという言葉死んでしまえ〜 革命という言葉とともに〜


414 :吾輩は名無しである :2000/09/30(土) 20:33
>412
ていうか、小林よしのりみたい(w

415 :ナナん :2000/09/30(土) 23:50
>409さん
 あたしが「自分に甘く、他人に厳しく」の見本ですな。
 それにしてもあの婆さん、毎度々々似たような本ばかり出してますね。

>410さん
 >ずるい大人ってのも、単に今の社会を言い訳にしているだけ。
  なるほど。大人がずるい(社会が悪い)→あたしたちが自由でいられない
  ってのは、単に自分で動こうとしていないのが悪いんだよ、って事ですね。
 >革命家は他を扇動してこそ認められるのだ。
  別方向で扇動してるとは思いますが(笑)

>右巻きさん
 そこは個人的に荒れて欲しくないので、2chには書きません。悪しからず。

416 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 00:38
>415
>>ずるい大人ってのも、単に今の社会を言い訳にしているだけ。
>なるほど。大人がずるい(社会が悪い)→あたしたちが自由でいられない
>ってのは、単に自分で動こうとしていないのが悪いんだよ、って事ですね。

すまん、まったく正反対。
「ずるい大人ってのも」ではなく「『ずるい大人』と呼ばれる連中も」と書くべきだった。
世の中には、「ずるい大人たち」がいる。
→彼らも、「社会がこんなだから仕方ない」と
 自分たちのずるさを、今の社会を言い訳にして正当化してるってこと。


417 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/01(日) 00:49
>414
だから右に巻いているのか!?

418 :ナナん :2000/10/01(日) 00:55
>416さん
 すんません、早合点してました。

本日、漫画読んでて亜美信者に捧げる台詞を発見しました。
「何が大人達は夢見ることを忘れた人種だっ
 おまえらみたいなクソガキ育てるのに必死でそんなもんみてるヒマあるかっ」

419 :名無しさん@1周年 :2000/10/01(日) 01:49
>418
あはははははは、パピィだ。若葉はじめくん流血。

ところで桜井亜美っておばさんだったの?
私ゃてっきり中年オヤジが書いてるんだと思ってた。


420 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 12:05
速見と宮台の妄想の産物。


421 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 13:11
桜井亜美のレスがドストエフスキー上回っているのがお笑いだね。
だいたいこんなもん、文学じゃねえよ。
社会学板でやれ。

422 :右巻き :2000/10/01(日) 13:16
>414
>ていうか、小林よしのりみたい(w

小林って、い・う・な〜!
俺もそれっぽいって思ったけど〜、ゆ・う・な〜!
確かに俺は共産嫌いけど、ウヨとはち〜が〜う〜!

423 :右巻き :2000/10/01(日) 13:32
>421
>ドストエフスキー

だって、誰も掘り下げて書いてないんだもん。
〜がいい、〜が面白いってのだけじゃ・・・

あそこは肯定派ばっかりだから、
今度、俺が「ここがダメ」っての書こか?

君のいうとおり、ここはもう終わってる。俺も語り尽くした。
っていうか、そういうならサゲで書こうよ。

424 :右巻き :2000/10/01(日) 13:34
>ナナんさん
そうだね。
了解!

425 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 15:13
立ち読みしただけですが、いろいろ疑問だらけでした。
どうしてこんな話を書くんだろうって。
でもいちばん疑問だったのは社会学者の宮台教授が後書きを書いていたこと。
彼なら率先して蔑む類のものなのにどうしてほめそやすんだろうって。
この掲示板を全部よんで、作者の素性や事実婚とかを聞いて(ほんとかどうか
わからないですけど)さらに疑問だらけでした。
アエラもどちらかというと宮台真司みたいな傾向がある雑誌ですし。
お金のためにそこまで演じることができるなならそれはそれですごいです。
自分たちの研究対象とのつながりや信頼関係(本音を暴いて研究するための)
を築くための策なのかな、とか、社会を変えるため、
あるいは社会に傷跡をつけるための発破なのかな、とか考えました。
もしそうだとしたら、「少女革命ウテナ」というアニメにでてきた、
かつて王子様だったころの力を取り戻すために
今の社会では満たされたい思いや願望を持った若者たちをそそのかして
糧にしようと企むキャラクターになんか似てるなーなんて思いました。
いきなりアニメの話になって引いちゃったらすみません。

426 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 16:28
読者のことは知らんが、
桜井亜美自体は
そんなす〜んばらしい感性をお持ちのわりに
よくこんな汚れた社会で自ら命を断つこともなく
ヌクヌクと生きてこられたな(爆)。

え? 社会への憎しみが私を生かしたって?
デビュー前は、何してたんだろねえ。ヌルいんだよね、存在自体が。

427 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 16:39
>>422
なんだ、自覚してたんだ。なら、いいや。確信犯に言うことはないし。
でも、君の書き込み読んでると、宮台の言う右も左も同じってのがよくわかる。
宮台は毛嫌いせずにとりあえず読んでみるべきだと思うぞ。
「自由な新世紀、不自由なあなた」あたりを読んで、気に食わなきゃ
それでやめればいい。

428 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 17:05
結構、歳をくってきて
ヤバイと思い、
コドモに擦り寄ろうとする
ほとんどオトナの右巻き、ってキャラかな?

429 :右巻き :2000/10/01(日) 17:05
>427
俺は左右どちらでもないぞ。
親父(バリバリの赤)には「お前は保守反動だ」とよく言われたけど。
宮台はマジで嫌いなんだけど、一回、暇ができたら読んでみる。

でも君、凄いな。君って確かアンチ宮台だったよな。
それでも、ちゃんと色々読んでるんだね。
頭が下がった(マジ)

>426
人間はパンのみに生きるにあらずだけど
パンだけでも生きていけるんだよね。悲しいけど。
・・・て誰の言葉だったっけ?

>425
君みたいに、疑問をいろいろ持ってる人って素晴らしいと思う。
やっぱり、すぐに決めつけたり、
人の意見を鵜呑みするんじゃなくて、
疑問を持って自分で答えを見つけないとな。
君にも頭が下がった(マジ)。

「少女革命・・」は見たことないけど
音楽は天井桟敷の人らしいね。どうだった?

430 :右巻き :2000/10/01(日) 17:12
>428

(^。^)yー"""そうかもねp
       君みたいな人も好きだよ!

431 :427 :2000/10/01(日) 17:20
>>429
だって、読まないでアンチってのは変だよ、ホントは。ていうか
正確には、評価もするが納得行かないところもあるって感じです。
ちなみに、宮台は本気で(言っちゃ悪いが右巻きの数十倍も)
革命を目指している。そこに孤独を感じる。

432 :右巻き :2000/10/01(日) 17:39
>427
>だって、読まないでアンチってのは変だよ、ホントは。
そうだね。
でも、頭染めてみたり、若い奴をしたり顔で分析してるのが
タマラナク嫌で・・・
でも、今度マジで読んでみる。

>宮台は本気で(言っちゃ悪いが右巻きの数十倍も)
>革命を目指している。
俺は正直、自分で手いっぱいだからな。
数十倍どころか数千倍でも可。

>そこに孤独を感じる。
そういえば、最近はいつも下向いてしゃべってるな・・・

孤独ってのは、ホントの意味での革命を目指す奴、
そしてそれを理解する奴がおらん、ってこと?

433 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 17:48
彼女の本は、しんじゃを増やす害悪の方が多いようだ。
どんな層を狙いにしているか分からんけど、そのこたちに「言い訳」ばかり与えて、
自分を見つめなおすきっかけは与えていないよ。
あとさ、前のレスにもあったけど、犯罪とか野島しんじのドラマみたいなつくりはやめなよ。
そんな衝撃、与えてばかりいて、どうするの?
だんなのいうところの「脱社会」の勧めみたいだよ。

434 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 18:16
>あとさ、前のレスにもあったけど、犯罪とか野島しんじのドラマみたいなつくりはやめなよ。
>そんな衝撃、与えてばかりいて、どうするの?
>だんなのいうところの「脱社会」の勧めみたいだよ。
誰に言ってるの?まさか桜井亜美本人?すげー。
聞いてくれるといいね(らぶ

435 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 18:21
>434
さみしいひとなんですね・・・。

436 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 18:24
しんけんにならなくていーじゃん。
御伽噺をもっともらしく書いている商行為なんだから。
信じる方がバカ。
そんだけよーん。

437 :427 :2000/10/01(日) 18:29
>>432
>孤独ってのは、ホントの意味での革命を目指す奴、
>そしてそれを理解する奴がおらん、ってこと?

たぶん、宮台の中では革命後の理想像(それが正しいかどうかはともかく)
が出来上がってるんだよね。それを宮台は少しでも理解してもらおうとして、
自分のパブリックイメージにまで踏み込んで(例えば、彼が「社会学者」
の肩書きを使うのは、それがある一定の層には通用することを知ってるから)
手を変え品を変え行動してるんだけど、やっぱ、空回りしてるんだな。

盗聴法反対のために彼は国会ロビー活動をして、その辺について
田中康夫なんかは「遠いところへ行ってしまった」とやんわり批判
してたけど、それも宮台の焦燥からの行動と思うと仕方ないのかな、
と思うし、そういうところに孤独を感じてならない。

438 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 18:33
あれれ、宮台論になっているぞ。

439 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 18:42
速水って人は、信奉者も含めて、ヒステリックな人なんだね。
434見て思ったんけど。
とりこまれちゃあかんよ。
速水は、アンタが困っても助けてくんないからね。
どんなアイドルでも作家でもそうだけどさ。

440 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 18:57
>439
同感。
信奉者は「あの人は、私のことを言ってくれている」なんていうんだよな。
しらねえやつのことをしんぱいできるやつなんていねえのに。

441 :右巻き :2000/10/01(日) 19:19
>437
そうなんだ。
全然、知らなかった。というよりは勉強不足。
教えてくれてサンクス!
ホンマに読んでみる。

>438
スレのタイトル通りじゃなくても
そこから派生するもので話ができれば、良いのとちがう?

俺はどうやら、宮台のことを何も知らなかったようだから
話できないけど・・
俺もアイツの本を読んでみるけど
皆の彼に対する評価も聞きたいな。

>439
で、本当に桜井は速見なの?
どこに載ったの?
別にだから、どうってんじゃないけど気になる。

442 :427 :2000/10/01(日) 20:00
>>441
>で、本当に桜井は速見なの?
俺も100%の証拠は知らんが、99%確実。例えば、宮台の著書「自由な〜」で、
宮台は桜井(速見ではなく)とのプライベートエピソードを書いている。
また、宮台と速見との(少なくとも仕事上の)付き合いは結構古い。

ま、状況証拠は山ほどあるのですわ。

443 :吾輩は名無しである :2000/10/01(日) 22:25
何故それが証拠になる(藁)

444 :吾輩は名無しである :2000/10/02(月) 00:30
まあ、ここに書き込んでる連中は
俺も含めて、
アンチも信奉者も桜井の思惑にはまってるってことだな。
もちろん右巻きも太巻きもみんなね。

445 :右巻き :2000/10/02(月) 00:48
>444
うん、そうそう!
君が正しい。
今度からsageようね。

>427
情報サンクス。
状況証拠はあるけど、物的証拠はないんだね。
う〜ん、微妙だなぁ。

取り敢えず、その本読んで見るよ。

446 :山羊座 :2000/10/02(月) 01:13
私は桜井と会ったことがありますので、
はっきり申し上げますが、
桜井は宮台のかみさんとは別人で、
もっと年長の女性です。


447 :吾輩は名無しである :2000/10/02(月) 14:48
どうでもいいや、とにかく婆ってことで。


448 :吾輩は名無しである :2000/10/03(火) 10:06
baba

449 :名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 19:18
ゼニドブ。

450 :吾輩は名無しである :2000/10/04(水) 21:10
わからなくていいよ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■終了■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

451 :ナナん :2000/10/05(木) 00:11
お久しぶりです。
宮台話になってたので自粛してました。
宮台の事は著作も読んだことないのに(インタヴュー・解説の類は読んだけど)大嫌いです。

428さんの言うことは、あたしが宮台に対して持っている印象そのものですね。

>結構、歳をくってきて
>ヤバイと思い、
>コドモに擦り寄ろうとする
>ほとんどオトナの右巻き、ってキャラかな?

宮台は、社会的地位もあるしもう「大人」でしょう。
なのに、桜井亜美(とその信者)という年だけ食った「子供」に擦り寄って
若く、理解ある大人のフリをして「子供」に対する言い訳を与えているようにしか見えません。

452 :名無しさん :2000/10/05(木) 20:16
だったらそれでいいよ。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■終了■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



453 :吾輩は名無しである :2000/10/07(土) 05:02
桜井肯定派の思考は硬直している。
「右巻き」を見てもわかるとおり、桜井の作品を否定する人間を
「社会・オトナになることを受容したオヤジ的人間」と決めつけ、勝手に熱くなっている。
別に違和を抱いたり、汚いオトナに反感を持つのが悪いわけじゃない。
「汚い人間への嫌悪」を自己憐憫や自己逃避の理由に仕立て上げるんじゃない!
っていってるの。

桜井の作品は幼稚。ただのバカ。


454 :名無しさん :2000/10/07(土) 16:23
はいはい「桜井亜美がわからない」
これが答えだ:厨房のブンガクゴッコだからわからなくていいよ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■終了■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

455 :吾輩は名無しである :2000/10/09(月) 16:56
蜷川実花、桜井作品の表紙の写真撮ってあげるのやめればいいのに。
彼女の写真の品も落ちる。
ぜったい、あの写真で「コレクション」してる部分も多いはず。
最初3冊は、たしかに新鮮に感じた。
でも今年は何だ。年間6冊出すとか言ってるらしいが、
じっさい出た作品はどれも最悪。質は落ちる一方。
幻冬舎とグルになって「売る」ことに精を出すのはいいが、
もっと綿密なプロットを用意しないと、ファンも離れるぞ。

456 :那納市 :2000/10/09(月) 18:39
>>446
>私は桜井と会ったことがありますので、
>はっきり申し上げますが

へえええ? 随分と小馬鹿になされる。
そうして無知なマスの情報を操縦なさろうとするのは、どういった目論見と見解で?
関係者による情報操作ですかい? 「はっきり」「会ったことがある」で信憑性増そうとしてんですか?
その行為自体、失笑の的。内部によるものならなおのこと。

判断は各々勝手にどうぞ>同一人物か否か
同一人物であることと作品の評価は別物なので、言及はしません。
こういった操縦行為に吐き気を覚えたので、記したまで。

ただひとつヒント、ファンが見極める方法。
別冊宝島のJ文学批評ムックに桜井氏の似顔絵があります。
板住人でそんなに気になるのなら、朝生等に御出演なさる(時々ありますよ)速水氏とその容貌を比較検討するがよい。
似顔絵案外よく描けてますよ。ちょっとある局所を誇張ぎみですが。

457 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 19:22
文藝に載ってた写真の人(桜井氏)の容姿と朝生で見
た人(速見氏)の姿がよく似ていて、ほとんど同一人
物のように見えましたが、世の中には似た人が他に3
人いると言うのでもしかして…(嘘
ちなみにいつもあんなお洋服きてるのかな〜。
テレビに出たり雑誌に写真が載るときだけわざと着て
るのかな〜。
よく似合ってるよね。(嘘


458 :>446 :2000/10/09(月) 21:54
宮台が、ロフトで「うちの嫁は桜井亜美で、夫婦ともに2chでは
叩かれている。」と明言していました。

出版社の人らしいが、情報操作はやめようね。

459 :吾輩は名無しである :2000/10/10(火) 10:07
ファンで、桜井亜美に会ったことある人、結構いると思うよ。
去年の、蜷川実花と桜井亜美のセッションの写真展で、
桜井亜美もしょっちゅう来てたもん。
よく顔出すなあ・・・・と正直思った。
だって、ファンのイメージの「亜美さん」を、わざわざ崩すようなもんなのに。
私は29だが、最低でも、私より年下だと思っていたのに、あれだもん。
正直、実物の「亜美さん」にショック受けてる人も多かったと思う。
とくに10代の子なんかは、笑顔がひきつってた。

460 :吾輩は名無しである :2000/10/11(水) 20:13
age

461 :>459 :2000/10/14(土) 14:39
オーディションって雑誌に表紙モデルの最終選考まで
残った子のコメントが載っていたけど「あみさんが
イメージ通りの人でうれしかったです」と発言していた
奴がいた。
あきらかに媚びているだろ。
そんな発言をする奴もする奴だが、それを載せるほうも
載せるほうだ。

462 :名無しさん@1周年 :2000/10/14(土) 19:22
かのじょのほんにすがっているいたいやつらなんてほっておけ。

463 :>459 :2000/10/16(月) 03:30
あのー、それでやっぱり桜井=速水なんですか?

464 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/18(水) 02:44
公式サイト見てると本当に一瞬だが、
桜井亜美は10代のか細い女の子(表紙の女の子のような雰囲気のね)なんじゃないか
と思ってしまう。っていうか、そうであってくれ、と願ってしまう。
40代のおばさんがあの口調で、あの本で、って想像したくない…。

465 :吾輩は名無しである :2000/10/18(水) 02:54
fd

466 :吾輩は〜以下略 :2000/10/20(金) 22:23
新刊読んだ人居ますか?

感想→いつもどおりでした。
   ただ歌手どうのこうのがダサツっと思いました。

解説は松崎ナオ・・・

467 :459 :2000/10/21(土) 03:03
桜井=速水だよ
でも、速水が「わたしが桜井亜美です」って名乗ったとき
ファンや一部マスコミが
「ほんとは女子高生の亜美が別にいて、速水はカムフラージュじゃないか」って
疑ったんだよ。願望だよなあ。気持ちわかるけど。
証拠って言われると、もうそんなのないけど、
覆面女子高生作家みたいなデビューしたあと、しばらくして速水が名乗ったよ

468 :425 :2000/10/22(日) 00:01
>今の社会では満たされたい思いや願望
でなくて「満たされない」でした。

>429
とても好きな作品でした。
ヘルマン・ヘッセの作品からの引用もあるそうです。


469 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/10/22(日) 11:04
今まで結構スキだったので(プチ信者?)
新作も読んだ。うーん・・・いまいち。
なんか主人公の女の子は途中から浜崎あゆみちゃんを
彷彿とさせて・・・何ていうんでしょ??
現実と虚構の世界をうまくシンクロさせてるって
いうんでしょうか?
最近、ハッピーエンドが多いのも気にいらん。
自分勝手でもがいていて人に迷惑かけてても
「幸せが待っている」みたいな幻想をますます
増長させるのではないかい?
せっかく良いものを持ってるのに、桜井さん。
かなしいなぁ。

470 :吾輩は名無しである :2000/10/22(日) 15:00
>>469
>自分勝手でもがいていて人に迷惑かけてても
「幸せが待っている」みたいな幻想をますます
増長させるのではないかい?

鋭い!やっぱお手軽宗教なんだね。

471 :吾輩は名無しである :2000/10/22(日) 15:32
新刊、ハッピーエンドとはいえないのでは?
「まっ、これからどーなるわかんないけどね」、みたいな
終り方じゃん。少なくとも「幸せが待ってる」って感じじゃない。

472 :AAA :2000/10/22(日) 21:03
亜美は、あたしを肯定してくれている・・・。

473 :吾輩は名無しである:2000/10/23(月) 22:25
シンクロって、亜美信者が好きな言葉ベスト10ですか?

474 :吾輩は名無しである:2000/10/24(火) 08:50
ユニクロよりはGAP好きでそれがかっこいいことだと思っていそうでヤな感じ。

475 :吾輩は名無しである:2000/10/24(火) 12:42
>>474 面白いこと言ってるね。

今週のアエラに載ってる
速水由起子の『岡崎京子』の記事はムカツイたぞー!
本人取材も無しで、自分の思った事だけペラペラ書かれてもつまらん!
新聞広告見て、岡崎京子がインタビュー受けられるまでに
回復したのかと思って喜んじゃったじゃんか!
おいっ、見てるか速水!ジャーナリストと肩書きつけるなら、
もっと掘り下げた取材しろ!評論家気取りはやめてくれ!

476 :死者の奢り:2000/10/24(火) 12:45
私がもしきてぃちゃんだったら(だっけ?)の詩のタイトルのセンスの悪さ。
あんなのクズ。表紙のが良いのはカメラマンが元ほんまたかしさんの
弟子でもあった女のこの腕によるものです。



477 :吾輩は〜以下略:2000/10/24(火) 20:02
age

478 :吾輩は名無しである:2000/10/25(水) 00:18
@AERA
「作品=作者ではないが、両者の自意識は必ずどこかで連動する。」
作品の自意識? ああ、速水の思い入れのことね。
どこまでも自意識過剰なババァ!

479 :吾輩は名無しである:2000/10/25(水) 01:05
>表紙のが良いのはカメラマンが元ほんまたかしさんの
>弟子でもあった女のこの腕によるものです。
それってFrench kiss?
だったら、蜷川実花は元ホンマタカシの弟子はないのでは?

・・・横レスすみません。

ほんと、写真はいいよね。

480 :吾輩は名無しである:2000/10/25(水) 04:03
速水さんの文章はもーーーーーーーあんまりにもウザいです。
自意識自意識言うな。
小説なんかカユすぎて読めんわ。


481 :吾輩は名無しである:2000/10/29(日) 21:03
あげ

482 :吾輩は名無しである:2000/10/30(月) 15:32
亜美ちゃんくらいの年齢のご婦人で、年下と「大不倫」してる人、最近多いよね。
ネットで書いてる日記も、亜美ちゃんなみの「クソポエム」。
この年代に特徴的です。ぶわっはっはっは。

483 :吾輩は名無しである:2000/10/30(月) 19:05
あのさ、下がると必ず上げる人って本人?

484 :吾輩は名無しである:2000/11/01(水) 00:15
ババアもとい速水も2ちゃん見てるんでしょ?
アミちゃ〜〜〜ん見てまちゅか〜〜〜〜
アハハハハハハ

40過ぎて亜美はねえだろ。氏ね

485 :今週のAERAの記事:2000/11/01(水) 00:35
街頭で2〜30人にアンケートしたところで、その結果がどれほど世相を反映しているというのか。
なんかこの人の論説って常に、始めに結論ありきで進行していくんだよな。

ま、アエラを女性雑誌に路線変更させた功績は大(DIE?)かも知れないけど。


486 :>390 (閑話休題):2000/11/01(水) 00:41
寄生植物の悪口を言うなぁ!
俺は好きだぞ!ナンバンギセルとかヤドリギとか!
世界一大きい花ラフレシアだって、寄生植物なんだ!
エセAC如きと一緒にするなぁ!


487 :我が輩も名無しである:2000/11/08(水) 05:18
↑それは愛かもしれないけど、はっきり言って迷惑なんだよね、あの「aera」の岡崎記事は。
この「岡崎掲示板」の混乱を見よ!
http://www.megnow.com/~nagano/lightboard/1280/board.html
責任取れよな、速見=桜井!


488 :吾輩は名無しである:2000/11/08(水) 16:29
40過ぎても「亜美」タンは、ダンナへの当てつけでしか本が書けないんだね。
「もうあなたは幻想の女しか抱けない」
「家族卒業」
ぜんぶ、宮台サギ真司へのメッセージじゃないのぉ?
んでもって、今回はダンナと共同で同人誌作ってんだもんねぇ。

「あなたの子どもは産めないの、だからこの本をあなたとの子どもだと思うワ」
とかなんとか、ボケたこと言ってそう(ワラ
亜美タン、逝ってよしですよ。

489 :吾輩は名無しである:2000/11/09(木) 00:37
ダンナ依存症。ダンナの気を向かせるためなら破天荒な3Pも
辞さない女。
いい加減自立したらどう?速水サマ。
女の末路がアナタみたいなのじゃ、悲しくなってきますよ。ワタシ。

490 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/09(木) 17:43
何かの雑誌で「援助交際」を題材にした映画の批評をしてたよ。
村上龍の「ラブアンドポップ」とかぼろくそにけなしていた(原作を)。
自分の小説が原作になっている映画だけはほめていた。
どの原作者も援助交際したことないっていうのがばればれ・・と言って
馬鹿にしていたけど。

491 :吾輩は名無しである:2000/11/09(木) 20:32
現在40歳の亜美タンが、もしも「実は私、援助交際したことあるんです」と言ったら…
あんた、そりゃぁすごいですね。

492 :吾輩は名無しである:2000/11/09(木) 20:55
ドラゴンそんなに好きじゃないけど
こんなバカにけなされたのか…同情するよ

493 :吾輩は名無しである:2000/11/10(金) 02:40
亜美タンは、40をはるかに過ぎてます。

494 :吾輩は名無しである:2000/11/11(土) 02:06
竹内結子がプロフィールから『イノセントワールド』を消してる。

495 :吾輩は名無しである:2000/11/11(土) 02:47
↑恥ずかしいからだろうね。

496 :吾輩は名無しである:2000/11/11(土) 02:55
桜井亜美って本当のところは幾つなの?
26,7歳だと思ってたんだけど。

497 :吾輩は名無しである:2000/11/11(土) 03:05
>桜井亜美=速水由紀子
43か44(おそらく44)の、ヒステリッカーばばあですよ

498 :吾輩は名無しである:2000/11/11(土) 06:07
デビュー作を古本で呼んだときに、
村上龍「限りなく〜」の稚拙なパクリだ、と思った。
特にあとがきが嘘くさかった。
「ひでぇな」と思った。
ここ読んで「なるほど、おばさんか」と納得。

499 :えつこ:2000/11/11(土) 11:52
このスレで文学板住人のイメージがわかんなくなった。
なんか、みんなコワすぎ。煽りの少ない大人の板だと思って、安心しておしゃべりしてた
のに、オフとか行ったら悪口三昧って感じですか?

500 :"削除人"A:2000/11/11(土) 12:06
そろそろここもやばいです。
1人OO役のみなさん、退却準備
してください。

501 :吾輩は名無しである:2000/11/11(土) 12:17
幻冬舎的には
桜井と龍のどちらをとるのだろう。

502 :名無しさん@1周年:2000/11/11(土) 14:57
ここが削除の対象になる?
なんで?

「どのような形の削除依頼であれ公開させていただきます」
削除依頼板の、どこに削除依頼が?
それとも、亜美タンから直接依頼があれば、コッソリと削除すると?


503 :吾輩は名無しである:2000/11/11(土) 15:34
>>499
「自分の好きな作家が貶される=煽り」というふうに
受け止めてるんだね。はやく大人になろうね♪

504 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/12(日) 03:30
>491
援助交際をしたことのある友人と一緒に鑑賞したって
書いてあるけど。

505 :吾輩は名無しである:2000/11/12(日) 21:01
そんなにばばあばばあ言うな!!!

506 :ナナん:2000/11/13(月) 01:48
ダ・ヴィンチ12月号の記事はもう最悪でした。

「〜大人たちって全然わかってないよね」「ママたちがめちゃヘン」

…40過ぎたマトモな女の口調じゃない。
率直に言って気持ち悪かった。 ママたちって…(苦笑)

507 :吾輩は名無しである:2000/11/13(月) 04:36
でも売れっ子なんだろ。
ここで叫んでもあの夫婦の笑いは止まらないよ。
さっさと拳銃手に入れるか、同じ土俵でぎたぎたにするか、二つに一つ。
さあ行動しよう

508 :吾輩は名無しである:2000/11/13(月) 05:58
ここで悪口いうのが一番健全だと思う。

509 :吾輩は名無しである:2000/11/13(月) 14:05
「亜美タンがめちゃヘン」ですよ。

510 :@です。:2000/11/17(金) 11:52
でもああいう文体はおばさんだから
書けるのです。
テレクラでも60くらいのおばさんのほうが
ほんとの20代よりうまいもん、
声音とか・・・・・
参っちゃう。
でもあの小皺は亜美としてサングラスかけてても
隠せなかったね・・・とほほ〜

511 :吾輩は名無しである:2000/11/18(土) 01:27
すばらしい真実なのであげ。

512 :考える名無しさん:2000/11/18(土) 10:23
最近宮台の「援交から革命へ」を読んだから、桜井の小説も
読んでみよ〜っと。
なんだかんだ言ってレスの量半端じゃないもんな(笑)
こいつらが馬鹿かもしんないし(笑)

513 :吾輩は名無しである:2000/11/18(土) 10:54
アンタも読めばわかるよ
最後まで読めたら褒めてつかわす

514 :吾輩は名無しである:2000/11/20(月) 04:22
桜井亜美(速水由紀子)の生年月日、誰か知りませんか・・?


515 :吾輩は名無しである:2000/11/20(月) 04:35
昭和31年です。
月日まではわかりません。

516 :考える名無しさん:2000/11/20(月) 07:47
宮台真司に憑依して桜井亜美の正当性を探りたいと思います。
表出と表現の表出部分に触れるなんらかの表現があるか?
これが私の研究テーマです。
あとで報告します。

517 :吾輩は名無しである:2000/11/20(月) 22:41
>506
ダ・ヴィンチ私も読みました!!
かなり気持ち悪かった。
なんだっけ「殺人犯すぐらいなら、そのパワーを
イケてる男の子になるための努力に向けようよ」だっけ?
同じインタビュー受けてて顔出してないのこの人だけだし。
姫野カオルコのは良かったな。個人的にだけど。

518 :吾輩は名無しである:2000/11/20(月) 23:45
今日TVタックルに速水出てたよ。
重信房子みたいなヴァヴァーだったなー。

ダマされてる亜美信者がまじで可哀想に思えて来た。

519 :名無しのごんべい:2000/11/21(火) 04:16
俺もTVタックル観た。
あんな女のどこがいいのじゃ?>宮台

520 :吾輩は名無しである:2000/11/21(火) 13:44
桜井亜美ってほんと、気持ち悪い。
40過ぎてあれはないよね。見苦しい。
あーゆーもの書くことで、若い子の救いになっているとか思ってんのかな?
思ってそうでいやだなー。
なんでもセックスで解決できると思ってそうなのも気持ち悪い。

なんか、いっぱい本出してるけど、いいのは表紙だけだし。
本なんかかくのやめて、田島陽子みたいになればいいのにね〜。

521 :ななし:2000/11/21(火) 16:04
このスレって文学版じゃなくて最低版じゃん?ワンパターンの悪口しか書くことないなら、いっそ下げろよ.見苦しいのはお前ら。五百回同じこと書いてるお前ら、いいかげん飽きねーのか?
それとも新人賞落ちてヒマこいてる奴ら?スレ一回読めば分るんだから、二度と同じことは書くな。悪スレの見本。


522 :ななし:2000/11/21(火) 16:07
文学版ではない。文学板。

523 :ちなみに:2000/11/21(火) 19:16
ここの掲示板は速水さん御本人も見ておられるそうですよ。

本人もここに書込んでいる可能性大ですね。
かなりお怒りの御様子だそうですから。

524 :ちなみに:2000/11/21(火) 19:22
悪口板はここだけではありません。
桜井さんへの評価がそれほどまでに低いということの
現れではないでしょうか。書込んでいるのは一人だけじゃ
ないのですから。
よく読めばわかりますが、ワンパターンの悪口だけではありませんよ。
それにしても「新人賞落ちてヒマこいてる奴ら」という発想が
なんとも文学板らしいですね。僻み根性だけでこのスレができ
あがっているとお思いなんでしょうか。

525 :吾輩は名無しである:2000/11/21(火) 21:09
>521
 何をそんなに怒ってるんでしょうか???

>523
 そうなの?しかし、そんなに怒ると言うことは、痛いところを突かれているのかな?
>524
 同感

桜井亜美の小説って、どれも強い表現欲求を感じない。
お約束パターンに当てはめるだけの二流やおい同人誌みたい。

しかし、ああいう年の取り方だけはしたくないな〜。

526 :吾輩は名無しである:2000/11/22(水) 08:51
神経症少女の心の支え的ないわれをしてますが、そんな私でも桜井亜美には厄介にはなりません。
まるでリアリティを感じないから。
適当なイコンやクリシェを多用しているだけと思う。
実体険ではないようだし、再現力/想像力にも乏しいのだろう(または空回りしているとか)。


527 :元女子高生:2000/11/22(水) 14:30
「ペニス」「ヴァギナ」なんて言葉、ふつう
女子高生は使いません。
変な言い回しだなあと思って読んでました。
ま、どうでもいいことだけど。不自然なとこが多いですよね。

世間に汚れているって設定だといっても、この小説って本当の汚れを
書いていないと思う。作者によって虚飾された世界で自己憐憫に
うちひしがれる「可哀相な私」って、526さんも言ってるけど
リアリティなさすぎ。どこの国のお姫様?って感じです。

ここって本人も読んでるんですか?だったら聞いてほしいんだけど、
ジャーナリストっていう肩書きを持っているんだったら、自分の
つくりあげた世界で勝手に売春とか援助交際なんかを美化した話を
書くのはやめてほしい。

528 :吾輩は名無しである:2000/11/22(水) 14:58
いいじゃん、ばばあだって。
それより、昭和31年生まれというところが大切。
バブルのいちばん美味しいところを味わった世代ですね
男も女も。
結局、金だの富だのに対する欲望が
今の「なりすまし」の形に結実したってことでしょう。
……というか、
ここまで当たるとは、思ってなかったんではないの?
ハヤミもミヤダイも。
企画書レベルでは「ヤングのハートをゆさぶる」って感じで
けっこう、一部のディープな読者はつかんだわけだし。

ただ、この板でも勘違いしてる人がいるみたいだけど
桜井って、全然注目されてないと思うんだけど。
特に30代以降には(若者にすりよりたがりの馬鹿は除く)。
たとえば、10代の馬鹿ものどもに支持されてるとして
その世代で桜井嫌い〜って人は可哀相だと思う。
耐えて耐えて、そのパワーをどっか別のものに向けてください
(って、これじゃハヤミと一緒か)

529 :吾輩は名無しである:2000/11/22(水) 17:11
桜井亜美大好きっこがほんとにいることにびっくり。
525の二流やおい同人誌ってのはうまいね。
座布団一枚。

530 :吾輩は名無しである:2000/11/25(土) 19:14
http://webmagazine.gentosha.co.jp/ami/EternalWind.html

こんな大人げないおばさんもいるのね。
絶対にこんな女にはなりたくない!!

531 :吾輩は名無しである:2000/11/27(月) 23:32
うーん、小説と本人のイメージが違うとこんなに叩かれるのか(笑)
私は速水由紀子のしゃべり方を聞くと、やっぱりこの人が
桜井亜美なんだな〜と思うよ。抑揚がないのでクールに見えるけど、
なんていうか、声の質がウェットなんだよね。
田嶋先生と比べてみるとよく分る。あの人は抑揚が激しいから
感情的に聞こえるけど、声質はドライだよね・・

532 :吾輩は名無しである:2000/11/28(火) 02:06
>531
小説と本人のイメージが違うから叩かれているのではありません。
桜井の小説がウザイのと同様に速水がまったくもってウザイことに
叩かれている理由があるのです。
以上

533 :>532:2000/11/28(火) 04:10
激しく同意します。

桜井は柳美里を毛嫌いしていますが、全く同系色のウザさが
ありますな。書くものに投影されてるしょーもない
自意識過剰ぶり(小説・ルポ問わず)は柳と同レベルだと思う。

534 :>533:2000/11/28(火) 09:22
柳が嫌いってどこで言ってたの?ナンカの雑誌?おせーておせーて。

535 :>534:2000/11/28(火) 17:57
そんなこと雑誌とかで口外するわけないじゃん(笑)
本人が直接言ってた。

536 :吾輩は名無しである:2000/11/29(水) 01:46
大爆笑あげ!
>>533あんたの言うとおりやね。

537 :吾輩は名無しである:2000/11/29(水) 02:12
亜美タンのほうが柳より苦労が少ない分、似非臭さも大爆発。

538 :通りすがり:2000/11/29(水) 02:47
このスレッドは消えないですね。
なんだかんだ言いながら、結局彼女は愛されているということような気がする…愛も憎しみも等価だという意味において…陳腐なせりふだな(赤面)


539 :吾輩は名無しである:2000/11/29(水) 03:16
宮台の嫁、ってことで水増し憎悪が爆裂しているだけだと思う。

540 :ナナん:2000/11/29(水) 21:40
>>539
 それ知らないうちから大嫌いでした。

541 :吾輩は名無しである:2000/11/29(水) 22:30
アナタハキットトラウマガー、アルノデスネ。
カワイソー。ジブンニカンケイナイヒト、キラウパワーツカウノハ、
フケイザイデース。ワタシノクニデハ、ミンナソンナムダシマセン。
ガッコウツクルコト、ユメデスカラ。
ワタシ「ここがヘンだよ2ちゃんねる」レギュラーのマゾホンデス。

0qd

542 :吾輩は名無しである:2000/11/29(水) 22:37
>>539
知らなくても針が振り切れるくらいバカにしてたので
知ったところであんまり変わらん

543 :吾輩は名無しである:2000/11/30(木) 01:16
っていうか、何で宮台真司のヨメだと憎悪が爆裂するの?
そんなに宮台真司は他の人にとって憎悪の対象なの?わからない。
別に宮台真司のことはよく知らないけど、だとしてもわたしは
桜井亜美ってすきじゃないです。(むしろ生理的に嫌い)
だからここに書き込んでるわけだけどさ。
いいじゃん、嫌いな作家のことを語れるスペースがあってもさ。

544 :吾輩は名無しである:2000/11/30(木) 01:43
↑そう言われて亜美タンはますます落ち込むことでしょう。

まぁ、悩んで悩んででっかくなぁれ(クス

545 :吾輩は名無しである:2000/12/16(土) 06:07
うそ臭さがあからさまに漂ってくる小説。
まだ浜崎のCD聴いてたほうが真実味がある・・・ってage-


546 :吾輩は名無しである:2000/12/16(土) 16:40
まわりに桜井好きがあふれている状況を想像する。
自分がそんな状況にいないことを喜ぶ。
世の中には、まわりに桜井好きがあふれている状況の中で
生きている人もいるのだろうか?
同情を禁じえない。まんこ

547 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 22:37
新刊出てたね

548 :名無しさん@1周年:2000/12/24(日) 12:39
桜井亜美、浜崎あゆみ、スガシカオの世界って同じだと思うのアタシだけ?

549 :吾輩は名無しである:2000/12/25(月) 13:17
そうだね

550 :名無しさん@1周年:2000/12/25(月) 23:22
肥大しすぎた自己愛と矛盾する弱い自我の露呈。

551 :名無しのオプ:2001/01/06(土) 06:55
疎くてごめん、
桜井=速水の事実のソースを教えてほしいんですけど。
サイトや本に載ってるの?

>548
そこにスガを入れないで〜!<スガファン

552 :名無しさん:2001/01/06(土) 09:34
周知の事実。いまさら、何いってんの。そんなクダラナイことで
このクソスレをあげるな。
>>551

553 :吾輩は名無しである:2001/01/06(土) 22:28
やすっぽすぎんだよなー。

554 :吾輩は名無しである:2001/01/06(土) 22:40
>>552
そこまでクダラナイと思うなら如何にクダラナイのか明記して
削除願いを申請してはどうだ?
いくらなんでも感じ悪いと思うのだが。

555 :吾輩は名無しである:2001/01/07(日) 00:55
過去ログを読まず
 板の空気も読まず
  そういう人が増えたこのごろ

556 :名無しのオプ:2001/01/07(日) 02:32
あげちゃだめだったんですね、ごめんなさい。
過去ログはちゃんと読みましたけど…?


557 :吾輩は名無しである:2001/02/20(火) 03:22
おもろいのであげ

558 :吾輩は名無しである:2001/02/21(水) 02:42
こいつの本は視界にいれるのもいや。

559 :吾輩は名無しである:2001/02/22(木) 01:20
この前、アエラの現代の肖像に宮台が取り上げられてた。
あのページのライターは相当に硬派なのを取りそろえてて良い
感じなのだが、宮台の記事だけは「何かきしょくわりいなあ」という
感想。ベタベタしてウエットなのだよ、対象への迫り方が。
いったいなんだ、この記事…と思って筆者を見たら、
「速水由希子」の名前が!
自分の嫁さんに書かせるか、ふつう?
しかしアエラ編集部もよく受けたな、こんなの。


560 :個人的な見解だけど:2001/03/22(木) 18:03
 村上龍が援助交際を描いたときに、
 私は「中年のおやじに何がわかるよ」と思った。
 速見由紀子がでてきたときに、
 「私は髪も脱色するしカラーコンタクトも入れる」と言ってたので、

 「コギャルと似たライフスタイルを過ごしてるなら、
       たぶんリアリティがあるんじゃないの。
             等身大の自分を描けばいいわけだし」

 と思ったものだった。
 後に宮台真司の女ときいたときには、
 やっぱりそうかと納得したものだった。
 だが、しかし!!
 実体はあのビジュアルだった。
 あぶらぎったオヤジに描けないからといって、
 じゃあ若作りが趣味のばばあライターに描ける根拠など、
 どこにもないのである。

 作品のリアリティーを作者のキャラに依存してるから、
 そのキャラがでっちあげと判明したときに作品のリアリティーが消失する。
 年寄りの勘違いルポルタージュと大差なくなるのよ。
 作品と作者は全くの別物というのなら、
 初手から脱色発言もしなきゃいいだけのことだ。

 おいしいところだけつまもうとするヤツを、
 許すことなどできはしない。
 速見由紀子というペンネームを捨て、
 「宮台真司の女」に変えたらいいのではないか。
 誰だってそう見てるのだから、
 何の問題もあるまい。

 でも本当に熱心な読者には関係ないことですよ。

561 :吾輩は名無しである:2001/03/22(木) 20:05
まぁ、共感した部分はあったよ。ガール出た当時、高校生で、周りのみんなと、
「なんか、話はぶっとんでるけど、リアルだね」って話してた。そのまわりの子たちは、
別にリスカとかするような子ではないし、べつに不幸は過去も背負ってなかった。
けど、衝撃的だったなぁ、やっぱ。同じ部分があるなと思った。
でも、もうそういうのは乗り越えて、もう終わり。卒業した。
もう、桜井亜美は、読まないよ。

562 :吾輩は名無しである:2001/03/28(水) 09:47
3年位前、四国新聞で「わたしが桜井亜美です」って
でっかい写真つきで速水さんのコメントが乗ってたよ。

563 :目のつけ所が名無しさん:2001/03/29(木) 18:51
「14」ってのを読んでみて、すげー、と思った。
いやようこんなもんが、流通ルートに乗るなあとね

564 :吾輩は名無しである:2001/04/17(火) 20:11
桜井亜美の小説って10代の子が1度は
書いたり考えたりするような内容の話じゃない?
そして何年後かにそれを読み返してすっごく恥ずかしくなるの。

そういうのって10代のころは自分に酔ってて楽しいかもしれないけど
後になると恥以外の何物でもない。



565 :羽山:2001/04/19(木) 03:10
新しい感性として注目された「イノセントワールド」は確かにあの時代に
おいて出現であったし人々を代弁する才能であったのは疑いようのない事
実だ。 それは明らかに文学と言えただろう。
しかしそれは驚くほど早く廃れ、桜井亜美は新しい方法を発見できなかっ
たのだ。この点で彼女は「堕落」したと言える。


566 :吾輩は名無しである:2001/04/19(木) 06:43
イノセントワールドは良かったと思う。
でも彼女の作品は3冊以上読んだらあきる。
シチュエーション変えてるだけで言ってる事は一緒みたいな感じ。
もうちょっと手腕とかないのかねえ。それが才能ないって事なのかね。
堕落っていうか、時間が止まってるんじゃない?

567 :吾輩は名無しである:2001/04/19(木) 07:28
この人の作品はどんな点が評価されているのですか?
観たところ普通の女の子にしか見えませんが。

568 :吾輩は名無しである:2001/04/19(木) 22:36
ジャーナリストと言う職業柄若い奴と接触する機会も多く
リアルなネタは豊富に知っていた40のACおばさんがイザとばかり
に書いた空想私小説だが本人に小説家としての資質という
最も根本的なものが欠けていたのとルックスに魅力がなかったのが
まがいもの騒動のはじまり。
パッケージや戦略等周囲のスタッフは本物揃いだったのも
詐欺感を助長した。
せめて美人であればなぁ〜、年増でも(藁

569 :吾輩は名無しである:2001/04/19(木) 22:45
>>568
でも軽度AC患者のHow to物としてのニーズはあるみたいよ。
ACで行こう!って感じの。
ま、底の浅さはさまざまな経験値を積むほどに丸見えんなってきて
結局イヤけさすらしいけど。

570 :あた。:2001/04/20(金) 14:32
自分は桜井亜美小説結構好きだけど
主人公の設定はいつもいただけないな。
私はかわいそうだから何したって許されるの的な設定が多くない?
それさえなければもっと楽しく読めるんだけどなぁ。。自分は。

571 :吾輩は名無しである:2001/04/20(金) 22:04
>>570
そこが変わると全然別物になってしまうのでは?(笑)


572 :吾輩は名無しである:2001/04/20(金) 22:09
更年期障害の自己治療としての小説執筆。

573 : :2001/05/11(金) 01:32


574 :吾輩は名無しである:2001/05/11(金) 09:28
>>572
ああ、その手があったか。わたしも書こう。

575 : :2001/05/13(日) 17:41
一番の駄作はどれよ?
おれは「virgin exercise」を押す

576 :ほっほー:2001/05/14(月) 04:01
ここか・・・

577 : :2001/05/20(日) 01:39
>575
fourteen
しょっぱなで読むのやめた

578 :名無しさんの主張:2001/05/21(月) 00:43
最後に一言
桜井亜美って・・・オバサンだったのか・・・・(身を切る痛さ)
しかも宮台の妻・・・うわあああああああああああああああああ!!!

579 :ss:2001/05/23(水) 13:54
・・・好きやねぇ。
読書なんて最初っから非生産的な活動、オナニーなんだっつの。読書(小説)で社会が動くか?
フィクションなんて最初から本人の精神にしか影響しないんだから、他人がとやかく言うんじゃねー。

他人のオナニーにけちつけて「自分のオナニーがスバラシイ!(爆)」
あはは。


先に言っとくけど、検索で「桜井亜美」でひっかけてこのサイトに来ただけだ。
桜井亜美ファン、浜崎あゆみ、椎名林檎愛聴してるよ。

ちなみに19(♂)だ。

>過去ログも読まず板の空気も読まず
確かに迷惑だよな。ヨソモンがいきなりやってきてもう終わった話を蒸し返す、お怒りになるのは無理もない。
でもこの発言は好き勝手発言できるように見えて板の排他的な空気が言説を支配してるという点で、穴を掘って「王様の耳は・・・」

いっそ桜井亜美の小説を精神SFかなんかに捉えたらどうよ?すっげー謎のレトリックやら何やら。
信者ができるのもわかるんじゃない?
そしたらばばあにわかるかよ・・・、高校生らしくない・・・、等の不満は消えるんでない?

「堕落」と「卒業」についてだけど、
作家が同じ系統の本を書きつづけるのを「堕落」とみなすのは、ちょっとね。
別にいつまでも同じような層を対象にしてんならいいじゃん。
まあそんな「層」が消滅して読者がいなくなる可能性もあるけど。

大体そういう「成長しない」作品と作家に飽きて「卒業」したんならそれでいいだろうが。
ああ、まだあんな本を読んでいる人がいるのか、かわいいもんだ、くらい思ってやればいいものを。
自分が卒業した途端「恥」か。「クダラナイ」か。
それを恥ずかしげもなく読んでる青二才がいるんだよ。
ほっとけ。他人のオナにけちつけんなや。

まあなんかレス書いてくれや。
二度とこんなサイト来ないから。
ここで好き勝手オナってろや。
こういうのってただの「掲示板」批判として削除されんのかね?まあいいけど。


580 :吾輩は名無しである:2001/05/23(水) 16:33
氏ね

581 :吾輩は名無しである:2001/05/23(水) 18:31
>>579
 もう居ないのかな?
 一つだけ聞きたいんですが、もし仮に桜井亜美さんが
此処で云われているように宮台氏の奥様であっても貴方
は今までと同じように桜井亜美という作家でオナニーが
出来るのでしょうか?
 それとも、購買層を意図して作られた仮の作家だった
ならば読まないでしょうか?
教えて下さい。

582 :ss:2001/05/24(木) 12:54
殺人犯の気分ですね。
もう来ないといい現場に戻って来る。

例えが悪かった。
宮台の妻かどうか(ある意味セックスのこと)と本を読めるかってのは別問題です。
本を読んで自己投影、陶酔することをオナニーと題しただけで、それと実際の作家のセックスの問題は別。
関係ないです。だから実際のところ、ここの掲示板(とその内容)を否定しているわけじゃない。

それと、購買層への戦略うんぬんについても言えるんだけど、
そう言った作家の裏を気にするということは、小説を読むことがその作家との(作品との、ではなくて)コミュニケーションだと捉えるからだと思う。
見た場合はそうでもないと思う。別に幻滅もしないけど。
う〜ん、それについてはなんとも言えないですけどね。人それぞれ。


まあ作品だけを見たとして、桜井亜美の作品が発展性、成長性のないことは確かです。ある意味では、(社会の言うとおりに)成長しなければならないという押し付けへの反発ととることもできますけど。やっぱり、結構不毛だと思う。
でも、別に不毛だからってそんなに責めなくても、いいんじゃないかと、前回のに加えて言いたいわけです。

583 :吾輩は名無しである:2001/05/29(火) 03:47
イノセント・ワールド、立ち読みしましたけど。。。。まあ、とりあえずの面白さはありましたね。
へえ、そうですか。実在したんですか、彼女。
てっきり宮台氏の自作自演かと思ってました。

584 :名無し厨房さん@1周年:2001/05/29(火) 04:00
このスレは衝撃的だ。
宮台が桜井亜美と事実婚は
知ってたが
亜美が速水由紀子とは.....

家族問題とか30代の男と女の問題とか
そんなのやってて2年ぐらい前までは支持してたけど
最近ズレを感じるようになってたあの速水が宮台わいフアミーゴ
だったとは。。。。
驚き桃の木山椒の木だ。
朝4時まで2ちゃんした甲斐があった。

585 :名無し厨房さん@1周年:2001/06/06(水) 00:26
     あげるよ

586 :吾輩は名無しである:2001/06/06(水) 00:42
桜井亜美が、というより 平中悠一 狗飼恭子(ぎゃはは)原田宗典など
の作家を擁する(あ、あと田口某もか)「幻冬舎」という出版社が
よくわからない。タレント本とかも出してがめつく商売してるし。
まあ実際はどういう路線をネラっているのかだいたい見当はつくけど。
こういう売り方で、はたして日本の文芸は良くなるんだろうか?
「幻冬舎」はドキュンな出版社ですか?


587 :吾輩は名無しである:2001/06/06(水) 00:44
>1
形を変えた宣伝だろ? 一般書籍板かクズ箱逝ってよし!!!

588 :吾輩は名無しである:2001/06/06(水) 04:48
>>586
他のはともかく原田宗典を同じ
括りにいれんなよ。


589 :愛と死の名無しさん:2001/06/09(土) 06:24
とにかくこのババア気持ち悪いんだよ!
以前仕事でコイツの対談の写真撮ったんだけど、「私はこの角度がいい」
とか「今の写真はやめて」とかうるせえうるせえ。
激悪趣味のクソババアが何言うか!
場の空気読めや!(複数の対談でこのババアだけが文句を言っていた)

あといっつもすげー汚いデイパック持ってるんだけど、それが浮浪者を上回る
汚れっぷりで、服と全然合ってない。
スーツ、パンプス、デイパックって、どういうセンスなんだよ!
ああいう奴が矢継ぎ早に「現代の女子高生と言うのは…」なんて語りまくると
心底萎える。
ライターも呆れてたし、最悪極まりない女。
スーパードキュソは早々に死んで欲しい。

590 :吾輩は名無しである:2001/06/09(土) 09:57
すでに死んどるとも言える。気にせんで良い。ムシムシ

591 :吾輩は名無しである:2001/06/09(土) 17:07
自意識過剰な桜井信者の女子高生は椎名林檎やcooco聴くのは今すぐやめて
マーラーの交響曲を全曲エンドレスで聴きなさい

592 :吾輩は名無しである:2001/06/09(土) 18:14
どうでもいいが、文学ヲタは自信過剰だな。特に桜井亜美とかは読みやすいし、
文学知らんやつが読んでるから、気に食わないんだろう。彼らにとって、文学
を汚された気分なんだろうな。孤独を癒せない文学君達は聖地を汚すやつを攻撃
することが生甲斐だからしょうがないか。かわいいやつらだ文学君達。


593 :吾輩は名無しである:2001/06/09(土) 18:32
マーラーを薦めるところが厨房。

594 :吾輩は名無しである:2001/06/12(火) 03:13
自意識過剰な桜井信者の女子高生は椎名林檎やcooco聴くのは今すぐやめて
ショスタコーヴィチの弦楽四重奏を全曲エンドレスで聴きなさい




595 :吾輩は名無しである:2001/06/12(火) 04:28
そうかな、文学愛好者は人間を愛しているのだよ。
桜井や谷口や平野などを読んでいていい気になり、本物を知らない。
そういう幼稚な人間がきらいでもあり、心配なんだ

596 :吾輩は名無しである:2001/06/12(火) 06:15
昔は桜井亜美ってまあまあ若者と思ってました
「イノセントワールド」のあとがきにクラブでミカ(蜷川実花)と
知り合ったとか書いてたからてっきり25〜30歳?と思ってた

あのババーだと知った時はショックやったね


597 :吾輩は名無しである:2001/06/14(木) 01:45
ショック ショック

598 :吾輩は名無しである:2001/06/16(土) 00:06
うわ。。。すごいショック。噂では聞いてたけど、
ホントにおばさんだったんか。本全部揃えちゃったよ、鬱だ・・・
でも、虚構の人だと思いながら買いつづけてしまう気がするYO...

599 :非決定性名無しさん:2001/06/18(月) 01:44
エンコウだか売りだかわかんないけど、そういう時に
Xガールは選ばないでしょ。しかもワンピ。
いちいちブランド名だしすぎ。

600 :吾輩は名無しである:2001/06/18(月) 01:51
俺の友達にこの人のこと好きな奴いるけど、
正体を知ってるのかが謎なんだよね。

601 :吾輩は名無しである:2001/06/18(月) 05:21
センスないやつに限ってブランド名出しすぎるのよ。
康夫ちゃんみたいに、男が書くと、よく取材したねーと言われて
多少ズレてても大目にみられるが、
オバサンが若い子を書くときに少しでもはずすと、
もうひたすら恥ずかしいのねん。

602 :吾輩は名無しである:2001/06/18(月) 05:23
そうだよ。
どうしても続けたければ、「あみーご」って名乗りなよ。

603 :吾輩は名無しである:2001/06/18(月) 08:28
従妹も正体知ってすげーショックだったみたいだ。
だって、下手すりゃ自分の母親より年寄りのババアが若ぶって書いてるんだよ?
イメージ商法って言うか、殆ど詐欺まがい。
まあ、あの出版社は何でもアリだからね。
長い目で見たら、自分で自分の首をしめてると思うけどね。

604 :吾輩は名無しである:2001/06/18(月) 08:44
で、オバサンの実年齢は?

605 :吾輩は名無しである:2001/06/18(月) 08:45
日本女子大出身だよね>速水由紀子

606 : :2001/06/18(月) 18:30
>>601
「渋谷のスターバック」なる記述を発見。大失笑。

607 :吾輩は名無しである:2001/06/18(月) 18:35
そうか。ジョシコー生は“売り”のときはXガールの
ワンピなど着ないのか。

608 :吾輩は名無しである:2001/06/18(月) 18:46
で、オバサンの実年齢は?

609 :吾輩は名無しである:2001/06/22(金) 02:00
サブカル馬鹿

610 :吾輩は名無しである:2001/06/25(月) 01:20
g

611 :あげ:2001/06/26(火) 03:25
あげ

612 :吾輩は名無しである:2001/06/26(火) 05:26
>608
43だったかな?

613 :吾輩は名無しである:2001/06/26(火) 05:35
ありがとう。43ね。
「始終散々」と。

614 :吾輩は名無しである:2001/06/28(木) 02:33
a-a

615 :匿名希望さん:2001/06/28(木) 16:54
この人はピンとこない いつもやるシーンばっか。

616 :吾輩は名無しである:2001/06/28(木) 23:10
批評に社会学者程度の切れしかない。
文章がお粗末

617 :吾輩は名無しである:2001/07/04(水) 00:14
解説 中森明夫

ロリコンアイドル評論家に解説かかせるような小説
投稿写真のほうが100倍まし

618 :吾輩は名無しである:2001/07/04(水) 00:36
話題の桜井亜貴ってパクリですか?

619 :吾輩は名無しである:2001/07/05(木) 22:07
>599
Xガールはオシャレ系でしょ?
それとなんかの作品ではヴィヴィアン好きの
女が出てきたけど
当時のヴィヴィアン好きなロリータ女は
エンコーしてないとも思った。
っつーか、そんな女に金払って寝る
オヤジとかはいないと思う。

620 :てるみ:2001/07/06(金) 23:00
プロの作家は商売で書いているのです。
私はてるみ。裏ネットアイドルになった女。

183 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>9861^>>4562>>8411>>8239>>2072y>>9984h>>9843>>9754
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)