5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart8

1 :吾輩は名無しである:02/04/21 00:07
急がなければならない。あなたが足を踏み入れようとしている田口ランディウォッチの世界に、
残された時間は少ないかも知れないのだ。わずか一年ほど前、ここは珍獣ウォッチャ=の
フロンティアだった。初期のメルマガも、昔のちくまの日記も読み放題だった。今は……
かなり削除されている。インパクのサイトはネット上に残っていないし、ランディ本体の
作家生命も、危機と衰弱の時代を迎えつつある。
けれど、まだ間に合う。思ったほどすぐには、ランディはネットから消え去らないかもしれない。
そしてこのスレをより面白くする力は、あなたが持っているのだ。
新たなパクり元を発見すること、興味深いURLを紹介すること、ニフの過去ログを発掘すること、
www.archive.org から失われたテキストを引っ張ってくること。
それがインターネットの希望を生かすことでもある。
……まだ間に合う。ただし急がなければ。

[前スレ]
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart8
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/1016653706/l50
[元スレ]
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart6
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/1014913379/
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart5
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/1012719593/
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart4
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/book/1002040907/
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart3
http://mentai.2ch.net/book/kako/996/996562069.html
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart2
http://mentai.2ch.net/book/kako/993/993469828.html
なんやねん田口ランディって
http://mentai.2ch.net/book/kako/980/980096302.html

ログ倉庫
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/randay.shtml

関連スレ、著作、対談、インタビュー、写真は >>2-4


73 :吾輩は名無しである:02/04/23 22:20
意味不明なスレの展開

74 :吾輩は名無しである:02/04/23 22:58
じゃ、そろそろ、誰がランディを追い落とそうとしているかの犯人捜し遊びは
やめにします?
私怨で暗躍しそうな人のリストはけっこう出そろったようだし。(藁
妄想ドリーミングエッセイのなかで、私のことが好きだったんだーと、
セクハラされた男性とか、他にもいないことはないけど。

半分くらいマジで、表面的にはランディと仲良しだけど――って人が
たまに情報をリークしてくださっているのかもと思ったりもする春の宵。

75 :吾輩は名無しである:02/04/23 23:00
猿出てるよ、書籍板の沈んだスレ上げてる。

76 :吾輩は名無しである:02/04/23 23:30
>情報をリーク「してくださっている」のかも
あなたにとってそんなに重要なんですね、この活動が。

77 :吾輩は名無しである:02/04/23 23:31
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1019108679/l50

78 :吾輩は名無しである:02/04/23 23:32
>>76
あなたにとってそんなにも重要なんですね、一言書き捨てていくのが。

79 :吾輩は名無しである:02/04/24 00:16
ここにサルが寄りつかないように駆虫剤を撒きます。
-----------------------------------------------------------
ランディって白人とのハーフの美少女? そういう幻想はこれ見りゃ爆砕!
   (食事時には見ないほうがイイですけど。)
http://www.yomiuri.co.jp/bookstand/chosya/img/0603.jpg
http://www.fe-mail.co.jp/daily/image/ACF154.jpg
http://www.fe-mail.co.jp/daily/image/11_15_randy.jpg
http://www2.chuko.co.jp/whatsnew/img/RT.gif
http://www.bs-i.co.jp/news-ac/www/kougi/20011221/img/randy3.jpg

ナベツネ文学賞を盗ったときの最初で最後、生涯最高の時の写真
http://tuka.s3.xrea.com/cgi-bin/source/0089.jpg

あたしはダルマさ、転んだってタダじゃ起きないんだ。
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/mar/0302taguchi.jpg

80 :吾輩は名無しである:02/04/24 00:29
てゆうか、>>76はナニにつっかかっているの?

>>情報をリーク「してくださっている」のかも
>あなたにとってそんなに重要なんですね、この活動が。

そんな仰々しい敬語が使われているわけではなし。
大袈裟かつ不自然な(というか激しく間違っている)ランディの敬語とは違うし。
例:「友人がおっしゃった」

81 :吾輩は名無しである:02/04/24 02:36
>さしずめ、私の父はスペードのキングで、母はクラブのキングだ。
>兄と桃はジョーカーってとこだろう。

この日記はじめて読んだけど、なんで娘と兄がジョーカーなの?


82 :吾輩は名無しである:02/04/24 05:18
>>81
こんどは一昔前の芸人からのパクリかも……。(苦笑

「オレが昔、夕焼けだったころ、妹は小焼けで、父さんは胸焼けだった。
わかるかなぁ……。わっかんねぇだろうなぁ。シャバドゥビ♪」
(松鶴屋千歳)

83 :吾輩は名無しである:02/04/24 21:47
>>81
なんでだろ……お兄さんの亡くなり方を思うと、不吉……。
ランディはお兄さんに激しく嫉妬していたよね、
お父さんもお母さんもまずお兄さん第一だっただろうから。
(長男だったんだし)。
で、今、ランディのお父さんも旦那も、一番大切に思っているのは、
たぶん娘さん。そういう存在は、ランディにとってジョーカーとか?

84 :吾輩は名無しである:02/04/24 22:06
なんかそんな感じするね>>83
娘が頭に縫うほどの怪我をしても
「子どもは怪獣」なんて平気でいっちゃうランディだから
そう思っていても不思議じゃないね。

85 :吾輩は名無しである:02/04/24 23:25
しかし、どうしてキングなんでしょう。
トランプやるときは、手札にキングがあるより、エースがあるほうが
うれしいと思うのですが。
ヒゲの生えたおっさんに執着したい何かでもあるのでしょうか。(w

86 :吾輩は名無しである:02/04/25 02:26
公共利益にかかわる議論に資するため、先日の日経新聞の記事を全文引用して
紹介いたします。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本経済新聞 2002年4月22日(月);文化面(36面)

ネット上の著作権問題
作家らに意識変革迫る

   匿名多数
   引用どう表記

[写真キャプション:ネットから誕生した本は急速に広がっている(東京・渋谷)]

 インターネットに発表された著作物の権利をめぐって、出版界が揺れている。ネット上の
文章を小説に転載してトラブルになるケースが表面化、匿名投稿文に著作権を認める初の
司法判断も出た。仮想現実から現実へあふれ出した活字に、編集者、作家とも意識の変革
を迫られている。

  ◇   ◇

「著作物の権利に対して無知だったことを認めざるをえない」――。今月一日、幻冬舎の
ホームページに人気作家、田口ランディによる異例の謝罪文が載った。小説「アンテナ」に、
知人のホームページに掲載された日記を無断引用したことを認める、小説は改稿する、など
の内容だった。
 ネットの渇示板に掲載された匿名の投稿文に、創作性があれば著作権を認めるという判決は
十五日、東京地裁で下った。無断で引用した光文社の文庫版「世界極上ホテル術」は出版・
販売の差し止めを命じられた。相手が匿名であっても、引用の許諾先調査や確認義務を出版社
に課した。
「ネット上の著作権の保護について出版界もネット利用者も読者も認識を改めなければなら
ない」と講談社の宮田昭宏・文芸局長は語る。

 著作権問題を複雑にしているのは、匿名で、不特定多数の人間が執筆に参加できるという
ネット特有の性質だ。昨年末に出版され、ベストセラーになった絵本「世界がもし100人の
村だったら」は典型例だ。オリジナルは一九九〇年にカナダの環境学者が書いた新聞記事と
される。それがネットに転載され、感銘を受けた人々の電子メールにのって世界中を巡るうち
に新たな言葉が加わり、現在の形になった。
 すべての著作権者を特定するのは不可能に近い。版元のマガジンハウスは慎重に議論を重ね、
カナダの学者の遺産を管理する財団に相応の著作権料を支払って出版にこぎつけた。だが
「一〇〇%問題を解決したとは言い難い」と、編集者の刈谷政則も認めている。
 ネットに書き込まれた情報を資料として活用している作家も多い。新潮社の宮辺尚・出版
総務室長は「編集著レベルで調べる努力は必要だが、最後は書き手のモラルに頼るしかない」
と話す。
 作家自身、そのルールを厳しく受け止め始めている。「取材にインターネットは欠かせない」
と言う藤原伊織は、最新作「蚊トンボ白髭(シラヒゲ)の冒険」で、巻末の参考文献リストに
初めて「インターネットサイト」の一喜を入れた。「参考文献リストにサイトのアドレスを
明記することも、今後、必要になれば考える」と藤原は言う。
 三島賞候補に挙がっている阿部和重の「ニッポニアニッポン」は、主人公が読む実在のサイト
の名称を、すべて小説本文中に記載するという方法で問題をクリアしている。阿部は作家の立場
から「著作権保護は太事だが、創作手法としての引用の可能性が封じられるのは困る」と指摘する。
 ネットと出版のあるべき関係を求め、作家、編集著とも、しばらくは手探りが続きそうだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

87 :吾輩は名無しである:02/04/25 08:39
>>86
「田口ランディによる異例の謝罪文」……確かに、異例の謝罪文ですね、あれ。

それにしても、書籍になってからの盗用である『モザイク』でのパクりに触れてないので、
この記事だと、本を出したりとかそういうのとは縁がない人の日記からパクったように
読まれてしまいそうだし、村瀬の件と並んでいるせいで、匿名で書かれた日記だったと
誤解される恐れもなくはないのが少々残念。

88 :ご挨拶:02/04/25 11:38

  書籍板に新スレが立ちましたので、ご案内いたします。
   ↓
  ★産廃物&盗作屋・田口ランディ監視スレ Part 25★
  http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1019697063/l50


●ランディ文庫のNo.138〜230は
  http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1019697063/4-96
●それ以前の●乱D文庫1〜137番は
 http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1017441006/4-198
 
笑えます! ■■【盗作猿】ランディの日記を先取り予想だ!【パクルなよ】■■
    http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1019094905/l50

89 :吾輩は名無しである:02/04/25 15:50
>87
取り上げられないよりは取り上げられたほうがいいのかも
しれないけど、あまりにもずさんだよね日経記事。

90 :吾輩は名無しである:02/04/26 23:59
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000097.html
>「バリはオープンソースの島なんです」コンピュータのOSを開発しているとい
>うSさんは、ときどきコンピュータ用語でバリの文化を説明してくれる。

>「アイデアは宇宙からの授かり物。だからみんなで共有する。もちろん、その
>アイデアにどうオリジナリティを発揮するかは個々の問題だけど、方法論は島
>全体で共有されます」「ふうん。なんだか、インターネット的だね」

このSさんというのがランディに負けず劣らず頭がユルいわけでないとしたら、
オープンソースの概念をランディに理解させるのに失敗したのでしょうか。
それともオープンソースうんぬんと言って、ランディに嫌味を言ったつもりが
まるで通じなかった(無理もない)とか……。

その名の通りソースをオープンにするのですが、ソフトウェアのソースの公開を
「文章」に対応させるとすれば、まあ元ネタの明示というあたりが多分近いところで、
ランディのやったような、参考文献としての記載もナシでパクりというのは、
ダメもいいとこ、オープンソースの逆の路線になるはずです。

コンパイル前のソースコードが生で見れるどころか、パクり元の『Fuckin' Blue
Firm』の書名すらも、ランディは明示していないのですから。
編集者の実名垂れ流しのちくまの日記にも、幻冬舎のサイトにある謝罪風エッセイ
の中にも、です。
これは、岡崎京子氏の『チワワちゃん』その他のパクり元についても同様です。

他人の成果をパクって自分の成果のように発表することは、オープンソースの
世界でも許されないというのはいったんおいておいて、ランディのやったことは
ソース(=ネタ元)の隠蔽であり、知識の共有とは逆の方向を行くものです。
ランディフィルターを通してコンパイル(=翻訳)される前の情報に、読者が
アクセスするのを妨げているからです。それも、船戸氏からのパクり、
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/randay-a.shtml#honnohanasi
に見られるように、何も耳新しい概念を持ち出すまでもなく、普通に著作権法
または常識とか慣習を守っていれば当然やらなくてはいけない、引用元の明示
さえもサボっていますから、オープンソース以前の問題でしょう。

91 :吾輩は名無しである:02/04/27 00:28
>>90
>コンパイル前のソースコードが生で見れるどころか、パクり元の『Fuckin' Blue
Firm』の書名すらも、ランディは明示していないのですから。

これひどいよね……。
藤森さんのサイトのURLすら記載してないし……。
らんでー、最低と思ったよ……。

92 :吾輩は名無しである:02/04/27 00:33
でまあ、
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000097.html
>「ふうん。なんだか、インターネット的だね」

「インターネット的」と言い放つのも、イイ度胸といいますか。
たとえば無料で使用できる素材(画像、プログラムその他)をネット上で公開
しているサイトは数多く、そういうのは「インターネット的」だと思いますが、
ご自由にお使いくださいと言っても、使用許諾条件というのは作成者が決める
わけで、リンクバックが条件とか、非商用のみOKとか色々です。
特に再配布については、CDなどに入れて第三者に配付するのも自由と方針の
ところは、ごく少数だと思います。その素材を、自分の作った素材だと主張
するのも自由だなどと言っているところはもっと少ない――というか、見たことが
ありません。あたかも自分に著作権があるように主張してサイトに載せるのだけは
勘弁ね、という意味の注意書きは、しばしば目にしますが。

で、ランディのやったことは、フリーだとも何ともうたっていない素材を集めて、
CDに焼いて売るのに相当すると思われます。それも実費だけを料金としていただく、
なんて可愛いものではないですから、warezで荒稼ぎと似たようなものかと。
すべて自分が作り出したものであるかのように売ったという点ではwarez以下、
とも言えるでしょう。


93 :吾輩は名無しである:02/04/27 04:13
盗作云々もさることながら、ランディの日本語は悪いの一言に尽きる。
この人、本を読んでないな。読んでるかもしれないけど、それを自分
の知識として身に着けてない。もう、いろんな人が書いているから、
いちいち指摘しない。
何の理由付けもなしに<やはり〜なのだ(ろう)>といったレトリッ
クを使うのは、言語表現が未熟な証拠。考えて書いているとは思えな
い。
ランディの著作を誰かが盗作したら、<やっぱり>訴えるんだろうか?

94 :吾輩は名無しである:02/04/27 08:54
>>90-92 つまりこういうことかと……。

秋葉原の有名電機店街(=ちゃんとした書店)を歩いていたお上りさん
(=選択眼がゆるい読者)に、怪しげな異人さんがよってきて
「ねーねー、おにーさん、アタシ、すばらしいソフトあるよ。
買ってのコトよ。オープンソースの有名ソフトのフォトショップとか
マック○×とかWindows×Pとかβトロンとか全部入ってたったの
1万円よ!」と誘ってくるので、ためしに買ってみた。
なんだあの異人オバサン、オープンソースって言葉の意味を全然
わかってないじゃないか、市販ソフトはオープンソースじゃないぞ、
と不審に思ったものの、このCDには市販されている高額ソフトが
かたっぱしから入れてあった。かくしてお上りさんは、狂喜して
この海賊ソフトを使いだしたが、ほどなくパソコンは完全に
死んでしまった。どのソフトもバグやウイルスだらけで、めちゃ
くちゃに改変されていたから。
……どのソフトも劣化コピーだったのだ。

95 :吾輩は名無しである:02/04/27 14:04
>>94
笑った。
もっとも売り文句は「有名ソフト」が「全部入って」というよりも、
「天才プログラマーがスクラッチから書き起こした前代未聞のソフト」あたりかな。、
CDには幻冬社製ともちゃんと書いてあって。

96 :吾輩は名無しである:02/04/27 15:36
>>93
>ランディの著作を誰かが盗作したら、<やっぱり>訴えるんだろうか?

該当箇所が、実はランディが他の人からパクった箇所だったりしたら、
抱腹絶倒の騒動になって楽しそうです。
(訴える前は、自分が他所からパクっていたことなんか忘れていたりしてね)。

盗作というよりパロディや風刺のためにランディの書いたものを引用する人は、
けっこう出てくるかもしれません。
あなたのしていることは著作権侵害の名誉毀損です――などというメールが、
本人から何通も届きそうですが。

97 :吾輩は名無しである:02/04/27 23:36
ランディは自分がインターネット上に書いたものはどんどんパクって
かまわない、とどこかに宣言していたような気が……。
そうなると、筑摩書房の「引用不許可」ソフトとの間で齟齬を
きたすような気がするのですが……。

98 :吾輩は名無しである:02/04/28 11:07
http://www.so-net.ne.jp/stress/kayama/backnumber/028.html
>田口 それはもう、ものすごく繰り返し、毎週書いています。自分の文章を通して
>   「私はこうしてるんだよ」っていうことを書いているので、読んだ人が自分な
>   りにアレンジしてくれればいいなと思います。私は自分の書いているものに、
>   著作権も、コピーしちゃいけないとか、そういうことを主張していないので、
>   ネットに書き流したものに関しては、営利目的でない限りどんどん消費して、
>   アレンジして、自分なりに使っていただきたい。素材として。そのために書き
>   流しているので。

>   だから、あえてここで言葉で言うほどのものは何もないです。毎日、自分はど
>   うやって生きてきたか、何を考えているか、を垂れ流しているような状況なの
>   で、欲しい人は、勝手に汲んで行けばいい。持ってけドロボーの世界なんです
>   けど。

どんどんパクってかまわないけど、「営利目的でない限り」と但し書きつきです。
フリー素材を配付しているところでも、商用サイトでの使用は禁止(または有料)とか、
それが自分のサイトなら商用サイトでもいいけど、ホームページ作成業者がお客さんの
サイトを作成するのに使うのは禁止(または有料)という方針のところを見かけますが、
それと同じようなものでしょう。
つまり、他人が手間ヒマかけて作ったものを使って、自分はしっかり別の人からお金を
貰って儲けるのはダメよ、ということと思います。
……しかし、これはまさに、ランディのやったことなのですが。『アンテナ』『モザイク』
ともに、営利目的の商品ですから。

99 :吾輩は名無しである:02/04/28 16:49
>>98
しかも、片山氏や藤森氏の作品はフリーではなく商品だったしねぇ。
有料の本から盗作したんだから、田口ランディはまさに犯罪者です。
藤森氏の日記は有料どころか映画化も決まっている商品なんだから、
とんでもないものを盗んだことになりますよ田口。

100 :吾輩は名無しである:02/04/29 12:15
しかし、オープンソース=ソースをオープンに、というのは、
つくづくランディとは水と油の概念ですわ。
最近の一般書籍板の話題を見ると、パクり元を隠すだけでなく、
自分とオカルト、ニューエイジ系とのつながりも姑息に隠しています。

http://web.archive.org/web/20000129014648/http://journal.jp.msn.com/worldreport.asp?id=990702randy&vf=1
では、「サイコドラマという、心理療法」「ある心理療法研究会で、サイコドラマの
ディレクター訓練を受けて」とか、フツーの心理学をお勉強していたフリをして、
ではランディがつなぶち氏と共同プロデュースしていた「飛ぶ教室」は?というと、
http://www.t3.rim.or.jp/~yoji-t/HW/HWryakureki.html
http://www.t3.rim.or.jp/~yoji-t/BUCHAN-Back31-40.html
「サイコドラマ」「箱庭療法」の他に、「チャネリング・トリート」
「ヴィパッサナ瞑想」「オーラソーマ」など、よくわからないけど、楽し気な
単語がいっぱい。

「トランスパーソナル学会のシンポジウムに参加」と自慢げに書いてあったので、
捜してみたらこれですか、というパターンもあったし。
http://www.transpersonal.co.jp/JTA/JTA.html
メルマガにはURLが明記されていなかったので、よほどの物好き (w でないと、
サイトにたどりついて、これってオカルト?と驚くハメにはならないでしょうけど。

サイトに行ってみて、あーびっくりということになるのは、ランディの文章には、
精神世界っぽいことをあれこれやっています――と全面に押し出されていないせいと
思います。むしろ、そう思われないように巧妙にぼかした記述にしているフシが。

トンデモ本でも、巻末に参考文献を列挙したはいいが、その文献がどれもこれも
トンデモ本としてすでに有名→すんなりトンデモ本認定ということがあるから、
ランディ先生、それを避けたかったのでしょうか。


101 :吾輩は名無しである:02/04/29 13:58
URLを書いていないどころか、サイト持ちだということすら匂わせていないのが
大黒屋=元「パーフェクトハーモニー研鑽会2代目理事長」関連。
http://www.etp3980.com/tobira.htm
アシリ・レラさんのように、ネタ元として大事にしているだけかと思っていたのに、
1999年当時はまだ、大黒屋−山岸−村上龍&坂本龍一のラインも健在だったろうし、
利用価値ありとして(かつ、紫式部が背後に憑いているとおだてられて嬉しくて)
つきあっていたんでしょうな。
そんな団体と関係がありそうなことは一切書かず、市井の一霊能力者のように
書いているのは、一種の叙述トリック?

http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000011.html
>大黒屋誠二郎さんは、私のコラムにはよく登場するけれども神道の神様とお話
>ができるという不思議な方である。〈略〉
>そして、偶然にも二−ル氏に会う前々日に、私は関西に出張し、大黒屋さんか
>らの進言で、三輪山の大神神社、長谷観音、住吉神社と、神様巡りをしている
>のである。「取材がうまくいくように頼んでおいたらいいだろう」との事であっ
>た。

http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000006.html
> 浅草寺におられているのは「観音様」である。大黒屋誠二郎さんに言わせる
>と、関西なら奈良長谷寺の観音様、関東では浅草浅草寺の観音様が、それぞれ
>に強力な力を発揮して地域を守って下さっているのだそうである。

>そして、この二大観音様の力は並大抵ではなく、関東に住んでいるのなら、
>そりゃあ浅草の観音様に挨拶して縁をつないでおいた方がええで、と言われた
>ものだから、さっそくご挨拶に行ってみた。

http://www.hotwired.co.jp/opendiary/randy/19990826.html
>その元木君が「ランディ姉さん、大黒屋さんからの伝言です。三輪の神様に僕らが
>行ったら挨拶に降りてくるように伝えておいたから、祈祷所に入ったら右側に座れ
>ということです。右側に山から蛇が降りて来るそうです」

http://www.hotwired.co.jp/opendiary/randy/19990830.html
>毎度、登場するのでもうおなじみだと思うけど、大黒屋さんは不思議な能力をもっ
>ていて神様と会話するというお方だ。

http://www.hotwired.co.jp/opendiary/randy/19991031.html
>私の師匠の大黒屋さんが言うには「霊力は言語力」なのだそうである。お願い事と
>いうのは、なるべく叶いやすく願わなければいけないそうだ。例えば「子供のおね
>しょが治りますように」という願い方は、願いが叶うまでに時間がかかりすぎてダ
>メなのだそうである。そういう場合は「子供がおしっこをもらす前に起きるように
>してください」とお願いするんだそうである。

http://www.hotwired.co.jp/opendiary/randy/20000315.html
> 久しぶりに大黒屋誠二郎さんからメ−ル。「元気は人からもらいます、宝は他か
>ら来るものです」と書いてある。なるほどなあ……。まさにその通りかも。

102 :ほかの板の者ですが:02/04/29 17:05
宗教関係者っす。

ランディ女史はなんかこう、シャーマンぽい?言動が目立つんですけど
本物のシャーマンはもっとまじめで地味ですYO。
たしかに何かが憑いている感じはしますが、どちらかというと動物霊
という感じがしますね。

神社仏閣にお参りするのはよいことだと思います。
赤ちゃんのような気持ちになって、その場所のすがすがしい雰囲気を
よく味わっていただきたいですね。動物霊もおとなしくなりますよ。

・・・ただ、その体験を吹聴して印税を稼ごうと血眼になると
また変なものに憑かれてしまうのですけれども。
すがすがしい静寂な雰囲気を、そのままご自宅にお持ち帰りいただけますよう
ランディ女史のためにお祈り申し上げます。

103 :吾輩は名無しである:02/04/29 17:22
>神社仏閣にお参りするのはよいことだと思います。

本当に、神社仏閣へのお参りを勧めているだけの人との交流だったら、
暖かい目で見れたのですけどねぇ……。
「神様と会話する」「三輪の神様に僕らが行ったら挨拶に降りてくるように
伝えておいた」あたりで、ン?と思わないでもないですが、このくらいなら、
怪し気宗教グッズを販売している人でなかったら、まあ許せたかな、と。

サイトだって、古式ゆかしい神道ベースのようなサイトだったら、
さほど違和感を感じなくてすんだかもしれないけど、疑似科学バリバリの
ハッタりでいく路線のようですね。

104 :吾輩は名無しである:02/04/29 23:46
もうあちこちに書かれてるけど、ランディの音引き「−」は気になるなー。
どういうかな漢使ってるんだろ? 「め−る」で変換したら「眼−留」と
かってなるでしょ、普通は。「二−ル氏」の「ニ」も漢数字の「二(2)」
だし…。これって続く「三輪山」にひっかけてるのかな?(なわけないか)
メルマガを見ると「フォーラム」と正しい音引きを使った文もあれば、
「レ−ダ−」となってる文もある。かな漢の辞書を覗いてみたい。


105 :吾輩は名無しである:02/04/30 00:07
音引き(ー)だけど、不思議なんだよなー。例えばこれ↓
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000043.html
「」の会話の中だけ「ニューギニア」とか「ふーん」などと
「ー」が使われてる。なのにそれ以外のところでは
「ヴァ−チャル」「ニュ−カレドニアのブ−ニャレストラン」
ってな具合。メルマガ拾い読みすると、全然統制が取れてい
ないのが判る。
正しい「ー」を使えるゴーストがいるとか…。

106 :吾輩は名無しである:02/04/30 01:01
ゴーストというか、部分的にリライトしてもらっているとか? (w
あるいは、正しく書かれているところは、どっかからのコピペとか。

107 :吾輩は名無しである:02/04/30 01:12
そそそ、それだー!>コピペ
コピペを、そのまんま、杜撰に放置してるに違いない。

108 :吾輩は名無しである:02/04/30 01:15
>>106
リライトだったら、「−」→「ー」で一括置換するから、全文直ってると思う。
反対に、「−」とすべきところまで「ー」になってるとか(e.g.10ー3)…。
コピペかもしれないね−(←意図的な間違い)。
ともかく「−」を「−」にして気付かないって、まったく素人じゃん。
パソ通黎明期からやってきたって言ってる人が、これかよー。しかも作家?!
じょーだんだろ、って感じです。

109 :吾輩は名無しである:02/04/30 01:20
108です。間違えました。
ともかく「−」を「−」にして
    ↓
ともかく「ー」を「−」にして
です。

110 :吾輩は名無しである:02/04/30 22:01
独創的な入力間違いも不思議だし。(w
「コミュ二ヶ−ト」なんて、どこをどうやって……。

111 :吾輩は名無しである:02/04/30 22:27
村瀬千文って何?作家?

112 :もうご存知ですかね?:02/05/01 03:17
サイバッチにて
ttp://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B
どうやら例の日木流奈君とも関係があったようですね…

http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1020183605/l50
ニュー速+関連スレ

113 :吾輩は名無しである:02/05/01 03:20
>●一部ですでに「祭り」になりかかっていた、
>NHKスペシャル『奇跡の詩人』の一件ですが、
>こちらの方も、田口モンダイがらみでいささかあやしげな部分も
>ありそうなので、近いうちに少し触れておきたいと思ってます。

うーん

114 :吾輩は名無しである:02/05/01 03:59
パソで一発変換で出るカタカナは「ー」で
自分で変換したのは「−」になってるんじゃない?

一回変換キー押してから、カタカナで出なかったら
一文字ずつ変換しているのだと思う。
そういうの直すのはクリエイティブな仕事じゃないからしないの?

115 :吾輩は名無しである:02/05/01 23:28
>一回変換キー押してから、カタカナで出なかったら
>一文字ずつ変換しているのだと思う。

これは、そうだ!と思う。それで「二」の謎は解けるとして、
「−」は……そんな変換候補の上位に来るものかどうか?

116 :吾輩は名無しである:02/05/01 23:36
>>115
一度「−」をやっちゃったら、
ランディよりずっとずっと賢いパソコンは、覚えてしまうのだ。
次から最初に「−」を差し出すのだ。エライのだ。

だからパソコンで誤字をやっちゃうと
すうーーーーーーーっと間違ってることもあるのだ。

一括変換に失敗したらカーソルで選択を変えたあとF7(だっけ?)
とか、そういうこと知らないんでないの?ランディ?

>「−」は……そんな変換候補の上位に来るものかどうか?
「ー」だけ変換したら、2番目じゃない?

117 :吾輩は名無しである:02/05/03 00:17
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B
サイバッチ連発!

ポエムとは言え、科学に強いことを証明してくれるランディさん。(藁

>天空の啓示
>月は太陽を隠せない
>自ら輝くものを
>誰も闇に落とせない

皆既日食は……? まあ、その時はまた、別のポエムをひねり出せば
いいだけかもしれないけど。

118 :吾輩は名無しである:02/05/03 15:34
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B
このポエム、激しく気持ち悪い。
お兄さんが亡くなってから、2〜3年しか経っていなかったのに、
アタシはいかにして兄を抹殺したかを、自慢たらしく電波ポエムで
告白している、ホラーの悪役。

>「嘘の恋人」           田口ランディ

>  お兄ちゃんがあんまりかわいそうで
>  あたしは恋人になってあげた
>  お兄ちゃんはすごくうれしそうで
>  恋人はあたしだって
>  気がつかない
《略》
>  お兄ちゃんがだんだん小さくなる
>  疑惑疑惑疑惑疑惑疑惑疑惑疑惑疑惑
>  疑惑疑惑疑惑疑惑疑惑疑惑疑惑疑惑
>  お兄ちゃん
>  あたしの手の上でぐったりしてる
>  小さくなったお兄ちゃん
>  指先で持ち上げると
>  歯の欠けた口で笑う
>   
> ボクヲスキニナッテ
>   
> 「誰があんたなんか」
>   
>  最後の嘘がつけなかったあたしを
>  死をもって彼は許す

>  ボクヲスキニナッテ

119 :吾輩は名無しである :02/05/03 16:00
「根を持つことと翼を持つこと」っていういいまわしは
見田宗介先生のパクリですね。

120 :吾輩は名無しである:02/05/03 16:03
ほとんど白状してるね、今回のインデプスが引っ張ってきたニフの過去ログ見ると。>>119

121 :吾輩は名無しである:02/05/03 18:12
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4840103704/ref%3Dbr%5Fac%5F467256%5Ftop5%5F1%5F3/250-6209240-2001810
Amazonの『オカルト』レビューは、とっても好意的な内容なんだが、
「本書は、詩のような、エッセイのような、短編小説のような不思議な雰囲気の
文章35篇を集めた散文集。」と、やはり詩としては認識しなかった模様。
実際は、ニフの現代詩フォーラムに投稿した、ランディとしては思いっきり
「詩」の「つもり」の文章だったのに。可哀想ね♪


122 :吾輩は名無しである:02/05/03 21:14
http://jove.prohosting.com/~oliinkai/randay-a.shtml#nenimotsu
根を持つ〜の題名パクりは、ランディの恩師はヤマギシの人でしたー
というのとセットで扱えば面白そうなのだが、どこかでやってくれないかな。

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)