5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古代中国大陸東部にヨーロッパ人の集団がいた

1 :世界@名無史さん:2001/07/25(水) 01:28
これが本当なら孫権の目が碧色だったというのもうなずけますね。

38 :世界@名無史さん:2001/08/12(日) 06:30
曹操の息子曹彰は黄髪児って呼ばれてたらしいけど
金髪だったんだろうか?

39 :世界@名無史さん:2001/08/12(日) 18:35
これ、昨日の神奈川新聞に載ってましたね
春秋の頃だとか

40 :世界@名無史さん:2001/08/17(金) 09:46
>>29
私はモンゴルで青みがかった目の人や、金色っぽい髪の少女を見ました。
しかし、よく観察すると、目の色も髪の色も北欧の白人とは違います。
モンゴル人の色はぼやけて、脱色した感じで北欧の白人ははっきり
色の着ついたような金髪です。モンゴル人の髪はいわゆる、ブロンド
ではありません。

41 :世界@名無史さん:2001/08/17(金) 11:07
地理・人類学板に「コーカソイドのミトコンドリアイヴ」と言う
関連のスレがあるから見てね。

42 :世界@名無史さん:2001/08/17(金) 19:05
>>40
それロシア人との混血では

43 :世界@名無史さん :2001/08/25(土) 05:14
かつてはモンゴロイド的な容貌でありながら金髪碧眼の人種と
いうものが存在したってことはないのかなー?
あったらちょっと面白いけど、モンゴル辺りにそういう人達がいるのは
別に白人の血が混ざったからではなく、混血化以前の形質が現れてる
ってだけで。

>>42
あっちの方は、目の色だけ青や緑で顔にはまったく白人的なもの
が感じられない人がたくさんいるんだよ。

44 :世界@名無史さん:01/08/27 00:46 ID:DgG9Iz86
>11
ソースを忘れてうろ覚えなのですが、去年か今年の毎日新聞で、
パルチアとの戦いで捕虜になったローマ軍団の一部隊が流れ流れて
漢の支配下に入り、まとめて漢の領内に定住、甘粛省内のその子孫
には欧州風の面影がある、、という中国発の報道が紹介されている

これじゃないですか。
http://www.cosmos.ne.jp/~aika/JCSAhome/joho.html
のをみた記憶があります。

45 :Be名無しさん:01/08/29 23:02 ID:nbxRQjl2
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=958374830

46 :世界@名無史さん:01/08/31 16:59 ID:0XWW8c/E
そういえば、斉の始祖、太公望呂尚は西方の羌系部族の出身だよね。
太公望が率いた集団にコーカソイドの遊牧系が多く混じっていたのかも。

47 :世界@名無史さん:01/09/01 15:34 ID:3j9l5Exo
逆にちょっと前、一世を風靡した「エッツイー」はどうよ。
5000年前のスイスの牧人?占い師?は紅毛碧眼?

48 :梵亜弥:01/09/11 16:37
>>46
呂尚は姜なので羌とは別なのでは。逸話からは漁民かなと。

49 :世界@名無史さん:01/09/11 18:30
バスク人=グルジア人=北方縄文人ですよ

50 :紋次郎:01/09/11 19:11
「景教(ネストリウ派のキリスト教)」の話は良く聞きますな。
中国にヨーロッパ人が来ていても不思議はないと思いますが。

51 :世界@名無史さん:01/09/11 20:01
皆、中国北西部とかいってるけど、このあたりが中国領になったのは、比較的
新しく、清が侵略してからのことです。ですから、昔白人がいても、中国人とは
あまり接点はなかったのでは。
それより、シベリアまで来ていたスキタイとブリヤート・モンゴルなんかが接点
があったのじゃないかなあ。
突厥なんかの首長も中国に肖像画が残っているけど、あきらかにモンゴル顔、
トルコ系と言われているけど、西へむかったのは混血して、今のトルコ人みたいに
濃い顔になったんだろうね。
キルギスが金髪・碧眼っていってるけど、私が見たかぎりでは、黒髪、茶目が
多かった。また、顔つきは、漢民族より日本人に似た人が多かったよ。

52 :世界@名無史さん:01/09/11 20:08
シルクロ−ドを経由してユダヤ人の集団が住み着いたという話を聞いたことがある。
詳細不明。

53 :デムパ:01/09/11 21:37
>>52
日本人は遠い昔に滅んだイスラエル人の末裔です。(今パレスチナにいるドキュソは別物)
失われた氏族のひとつです。

54 :世界@名無史さん:01/09/11 21:42
>>52 中国は開封に、かなり大きいユダヤ人社会があったらしい。
中国にやってきたマテオ・リッチもビックリしてイエズス会に報告したらしい。
彼らは顔は中国人、しゃべってたのも中国語だったが、ユダヤの習慣をかたくなに
守ってたらしい。
この開封のユダヤコミュニティーはなんと1910年代まであったらしい。
これは聴いた話やけど、開封の「石一族」と言ったらけっこう有名らしい。
他に広州にもユダヤ人コミュニティーがあったことが確認されている。

55 :52:01/09/11 21:46
更に、マテオリッチの報告書によると開封のユダヤ人の人口は2万人は
いたらしい。
でも彼らがいつから住み着いたかは記録に残ってない。

そう思うと、ユダヤ人の一部が海を渡って日本にたどりついた・・・ってのも
想像できるね。

56 :世界@名無史さん:01/09/11 21:47
↑ごめん、54だった、52さん、スマソ

57 :世界@名無史さん:01/09/13 18:45
age

58 :世界@名無史さん:01/09/14 01:49
>>54
>この開封のユダヤコミュニティーはなんと1910年代まであったらしい。

その後はどうなったわけ? 今はもうないの?

59 :代打名無し:01/09/14 04:26
ユダヤ人はともかくとして、大学の授業で習ったのだが、5世紀頃の
古墳で一つだけ骨の形状、副葬品などが倭人ではなく北方遊牧民
と思われるものがあるということだった。おそらく五胡十六国時代の
余波を受けたのではないか、と言ってたけど。

ちょっと詳細忘れたが、なんか本を持ってきて該当箇所を説明してたので確かな
ことかと思う。

60 :世界@名無史さん:01/09/26 08:52
あげ

61 :世界@名無史さん:01/09/27 15:05
君の隣もユダヤ人かもしれない!
ヒットラーよ再び降臨せよ!

62 :世界@名無史さん :01/09/27 16:20
>>54
辛亥革命のとき、満州族と間違われて中華民国軍に虐殺されたそうです(涙)

63 :世界@名無史さん:01/09/27 16:54
回族ももともと、西からきたイスラム教徒だったが、今は漢民族と
容姿はかわらない。どんな民族でも漢族の大海の中では、民族的特徴
も失われるのだね。

64 :アマノウヅメ:01/09/27 17:40
>>61
自分とこがユダヤ人の末裔だったんじゃないかという気がしませんか?
ユダヤ教を信じないものはユダヤ教徒では無いという議論はさておいても。

65 :世界@名無史さん:01/09/27 17:51
開封のユダヤ人はまだいるよ。
いま70人ていうところかな。
住み着いたのは宋代だろう。
明代には、人口が多くなったらしい。
清代の末期までシナゴーグがあったが、洪水で壊れてしまった。
信仰も薄れ、シナゴーグも再建されず、トーラーも海外へ持ち出されてしまった。
現在は漢族とほぼ同化してしまっている。
しかしイスラエル人が開封で再興活動をしたりして、
信仰を復活させている方向である。
参考書:程子良他主編『開封城市史』
(社会科学文献出版社、一九九三)

66 :世界@名無史さん:01/10/12 07:56
孫権の目が碧色

67 :梵阿弥:01/10/12 09:25
>>65
私が「ユダヤ歴史新聞」をみた処、7世紀には来てたみたいですよ。開封以外にも広がって
いたようです。で1800年頃に、司祭がいなくて教えが絶えてしまう、と欧米に援助を頼んで
手紙を出したようですがそのまま一旦絶えてしまった様です。開國後他所からユダヤ教徒が
やって来て住み着いていますが。唐代はマニ教とかキリスト教ネストリウス派とか色々居て
國際的でしたからね。

68 :世界@名無史さん:01/10/12 13:33
今中国では、イスラム教に改宗した漢族も『回族』に入れるべきか否か討論中。
そんなのいね〜よ!って俺も思ってたけど、広州にはそこそこいたりする。
上海にも何人かいた。見かけは回族とほとんど変わらないけど。

69 :梵阿弥:01/10/12 14:35
すいません、>67は「ユダヤ歴史地図」でした。

70 :世界@名無史さん:01/10/12 15:43
『ユダヤ歴史地図』の詳しい情報キボン。明日本屋に行く予定なので。

71 :梵阿弥:01/10/12 15:50
>>70
そんなに珍しい本でもないと思いますが。ただ持っている訳ではないので出版社とか正式な
書名(多分会ってると思うけど)など教えて差し上げられません。また良く似たのが2種類
あります。どちらにも載ってたと思うけど一応中を見てからお買いになると宜しいかと。

72 :世界@名無史さん:01/10/12 15:59
「オマンコ」は果たして本当に存在するのか?
女性の又の間にあるらしいんだが、もちろん俺は実物を見たことがない。
いや、それだけならまだ存在を信じることもできるんだが、さっき気がついたんだ。
「オマンコは存在しない」んだと。
 その根拠を幾つか述べよう。
1.女は絶対に「オマンコ」を見せたがらない。それも不自然なほど隠す。
  あの嫌がり方は尋常ではない。女子小学生ですら見せるのを嫌がるではないか。
2.AVを見ていても「オマンコ」の部分には必ずモザイクが
  かかっており、われわれは「オマンコ」を目にする事が出来ない。
  これこそが「オマンコ」が存在しない何よりの証拠ではないだろうか。
3.日常生活で「オマンコ」という言葉をひとたび発すると、
  法律で禁じられた行為であるかのような嫌悪の視線を受ける。
  しかも公共放送でも「オマンコ」は放送禁止用語となっている。
  これも明らかにおかしい。
   俺は確信した。「オマンコ」は絶対に存在しない。
 ・・これでもあなたは「オマンコ」を信じますか?

73 :世界@名無史さん:01/10/30 23:06
>>72さん ストリップ劇場へお行きやれ!!! 意外と明るい雰囲気で
楽しいですよ!!! ただ美人は少ないけど・・・

さて、ヨーロッパのイラン学者の間では、匈奴の支配部族は
イラン系の言語を話していたという説が近年有力になって
きたらしい。形質人類学的な研究ではないが。

74 :【^▽^】足軽浪士ジョーカー@長屋:01/10/30 23:12
>68
第一、回族(回民)の大半は言語も人種も漢族と
変らないでしょう?そりゃ先祖にはアラブ・ペルシャ・
ウイグルもいたけれど、その妻となった漢人女性や
イスラムに改宗した漢人男性も多かったのだから。

75 :世界史ななーし:01/10/30 23:29
そりゃヨーロッパと中国は地続きでんがな。
思ったより、東西交流ははるか昔から盛んなのよ。

76 :世界@名無史さん:01/11/12 02:45
>>73
>さて、ヨーロッパのイラン学者の間では、匈奴の支配部族はイラン系の
>言語を話していたという説が近年有力になってきたらしい。

とりあえず典拠を示してくれ。興味深いから。

77 :世界@名無史さん:01/11/12 03:00
ソグド人商人の住居跡は漢の長安からも見つかっており、
古代中国にコーカソイド系の民族が活動していた、というのは別に驚くほどのものではない。

78 :梵阿弥:01/11/15 15:35
>>71
また間違えた。「ユダヤ人の歴史地図」明石書店6500円 でした。

79 :世界@名無史さん:01/11/15 23:07
ヨーロッパ人っていうとあれだけどインド=ヨーロッパ語族だったらそんなにびっくりしなくない?

80 :世界@名無史さん:01/11/15 23:15
まあ、いたと言っても、白人(欧米系)ではなく、今でいうイラン人
やパシュツゥン人がいたってことじゃないの。
それに碧眼の中国人がいたといっても、日本や中国ではブルーも
グリーンも青というから、緑目は日本人にもいるし。

81 :76:01/11/16 19:43
>>73はいないのか? 逃亡か?

82 : :01/11/19 19:30
age

83 :1:01/11/23 02:27
HP削除したのでコピペ置いておきます
---
黄河の河口に欧州人がいた
2500年前 DNA分析で判明

 DNAレベルで弥生人の骨などの分析を続けてきた東大大学院理学研究科の植田信太郎助教授らが、黄河の河口に近い
山東省ツーポー市で実施した調査で、同地域に二千五百年前、欧州人ともいえる集団が住んでいたことが分かった。当
時、予想外に大規模な人類集団の移動があったことを示しており、日本人やアジア人の起源を知るための手掛かりにも
なりそうだ。
 ツーポー市は、春秋から戦国時代にかけて戦国七雄の一つ「斉」の国の都があった場所。斉は秦の始皇帝に滅ぼされた。
 調査は、中国山東省考古学研究所の協力を得て同市で発掘された約二千五百年前の春秋時代の遺跡の人骨三十四体、同
じく約二千年前の漢時代の遺跡の人骨十三体、さらに現在住んでいる漢民族の人たちから血液を採取してDNAを分析し、
比較した。
 分析は、細胞の中にある小器官「ミトコンドリア」の環状DNAのうちDループと呼ばれる配列を調べた。この部分は六つ
の領域に分かれており、これまで世界各地の人類集団のデータが調べられているため、さまざまな比較ができる利点がある。
 配列の違いから系統樹を作った結果、二千五百年前の春秋時代の人たちと、現代漢民族のグループはきれいに分かれ、
二千年前の漢時代の人たちはその中間に位置した。
 さらに六つの領域に分かれている部分の出現頻度を詳しく調べると、これらの三集団で大きな差が見られ、特に、二千
五百年前の春秋時代から二千年前の漢時代の間に、遺伝的に大きな変化があったことが分かった。この変化は同じ人類集
団に五百年という期間で生じた突然変異では説明できないほど大きなもので、人類集団の入れ替わり(移動)があったこ
とを示していた。
 では、二千五百年前に住んでいた人たちはどんな人だったのか。植田助教授らは配列のデータから集団間の遺伝的距離
を求め、現代の各地の人類集団を含めた系統樹をつくった。
 すると、この人たちは、現代中国人からははるか遠く、現代ヨーロッパ人やトルコ集団に近い集団と判明。大きな動乱
の時代だった当時、ユーラシア大陸にまたがる大規模な集団の移動が生じていたらしいことが明らかになったという。
 植田助教授は「ヨーロッパ人に近い集団が、今から約二千五百年前に太平洋に近い中国の東部にいたことが分かった。
常識を覆す発見だった」と話している。
(中国新聞 平成13(2001)年7月15日朝刊29面より)

84 :世界@名無史さん:01/12/26 07:50
まじ?

85 :世界@名無史さん:02/01/13 12:35
>>80
日本人で緑目って出来るんですか?

86 :世界@名無史さん:02/01/13 15:17
私は何人も知ってるよ。絵の具のような緑ではなく、白人ではヘーゼル・ブラウン
という。色の白い人にいるよ。

87 :世界@名無史さん:02/01/13 20:56
うちのバーちゃん綺麗な茶色だよ(顔はたれパンダ)
母方のじーちゃんは、子供の頃ロシア人だと思ってた
ネイティブな新潟弁は通訳がいるよ
容姿も白人で通じたし
何がいいたいかというと、モンゴロイドでも、ヨーロッパっぽい人もいるし、その逆も然りだよ

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)