5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★☆ SF悪口専用スレッド ☆★☆

1 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/19(水) 20:27
あなたが過去に遭遇した嫌いな
SF(作品・著者・BNFなんでもありあり)への
悪口を言いあいましょう。

とりあえず,私から。
===========================
馬鹿野郎!チェリイ。あんなくそつまらん3部作作るな!

2 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/19(水) 20:30
馬鹿野郎!1。こんなくそつまらんスレッド立てるな!
…夏休みに入ると、厨房が増えて困る。


3 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/19(水) 20:43
悪口と言えば,最近のホーガンがくそつまらん。
なんだよ,ミクロパークは。
絶対2部作(ガニメデまでしかみとめん!)+断絶への航海まで
だよな。

なんで出すんだ創元って俺みたいなやつが買うからだろうけど

4 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/19(水) 21:06
ありゃ,すみません>2


5 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 08:38
バーチャル・ガールがくそつまらん。
あんな屑SFをもちあげるSFマガジンももう終わったな。

6 :名無しさん@1周年:2000/07/20(木) 08:40
>5
バーチャル・ガールなんて、いつの作品だよ……

7 :くるくる少女:2000/07/20(木) 11:08
・・・書きなおし

あの〜何故に悪口に限定するんでしょうか?
こんなスレッド立ててるとまた愛と平和さんあたりが
罵倒し始めると思うんですが・・・

どうせ立てるなら雑談スレッドでも立ててそのなかで
不満やそれに対する反論でもすればよいと思いますが・・・

8 :真理と悔悟:2000/07/20(木) 13:35
>7
いいんじゃないでしょうか?こういうのがあっても。
ここならではという気もしますし

9 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/20(木) 17:06
>6
「ヴァーチャルガール」エイミー・トムスン
6年前にでた本です。まあ、ロボット物は、
アシモフという偉大な先駆者がいるんで、
この作品で評価できるのは、視点が女性だということ
でしょうか。ま、10代女性におすすめです。
早川SFは、一部の偏向マニアをターゲットにしている
ので買うなら、金を捨てるつもりが必要です。

10 :名無しさん:2000/07/20(木) 17:14
ヴァーチャルガールは水玉をはじめとする
ドール者が強力に萌えpushしてたからね〜

おれも好きだけど(ぼそ)

11 :名無しさん@そうだ選挙にいこうっていつまでこれなんだ?:2000/07/20(木) 23:21
俺ヴァーチャルガール嫌い。

どうでもいいが、「僕のマリー」ってこれのパクリ?
僕のマギー。

12 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 01:41
ヴァーチャルガールは表紙が最高で、
内容は中を読まずに想像する。
これが正しい読み方。

日本人が作者だったら、ワラって終わった?

13 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 01:58
バーチャルガールって、浮浪者万歳小説だっけ?


14 :隣の猫:2000/07/21(金) 02:51
うー。
早川のやり方に悪口言っていいですか(+_+)/
あと、読みにくい翻訳が最近増えてきてちょっと悲しい。
古本屋直行とかで具体例あげれなくて申し訳ないけど。
でも、ホント、最近早川買わなくなった。他社の方が多いかも。



15 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 03:26
今さらで一八才でこんなこと言うのも気が引けますが・・・。

平井さん・・・戻ってけさい!(笑)
星さんが泣いてるよ。小松さんが虚無回廊書けないよ!
光瀬龍も泣いてるよ!広瀬正が泣いてるよ!
幻魔もどこに居座れば良いんだよ!?


16 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 20:47
荒巻義雄戻って来い。
田中光二戻って来い。
田中芳樹いい加減にしろ。


17 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 22:11
早川さん、そろそろ鏡明のSFマガジン掲載短編をまとめて、
文庫でも出してあげてください。けっこうたまってるでしょ。

18 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/21(金) 23:42
おい!「らせん」「ループ」を読んでSFはつまんねえ!って
言ってるやつがいるぞ!!
どうしてくれるよ・・・。あんたはホラーで頑張ってるから
いいけど、こっちはいっぱいいっぱいなんだぞ(泣)
たのむから下手にSFに手を出さないでくれ・・・

19 :名無しよん:2000/07/21(金) 23:50
「リング」だけ、作者の力量を越えた傑作だったのでしょうね…

20 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 00:00
このスレッドは、ミステリ版の「読後壁に投げつけた本」のノリでいいんでしょうか。
とりあえず、チャールズ・プラットの「フリーゾーン大混戦」。

SFの主要テーマをほとんど網羅というのを売りにしてるけど、
同時期にハイペリオンが刊行されているというところが泣かせる。
あと、この本読んで大爆笑したヤツてほんとにいるのか。
はっきりいって、清涼院流水よりヒドイ。

表紙と巻末に水玉蛍之丞のまんががついてるからファンは買え。
そして壁に投げつけろ。


21 :>20:2000/07/22(土) 03:49
フリーゾーンはアホアホ作品として観賞すべきなのでは。
「一方その頃アトランティスでは」なんて、どう考えてもアホネタだし。

22 :名無しさん@1周年:2000/07/22(土) 04:09
表紙の水玉マンガで「クソッタレに○○な新作」って書いてある。
○○に好きな言葉を入れよう。

23 :At.N.:2000/07/22(土) 14:45
「フリーゾーン大混戦」、
大爆笑はしないが「しょうがねぇなぁ」って感じではあった。
大上段に振りかぶった「ハイペリオン」と比べても仕方ないでしょ。
というか、そこまで「ハイペリオン」を評価するか ? って気もするし。


24 :仮想戦記ファン:2000/07/22(土) 21:49
>16

 返す。ついでに草薙の馬鹿も返す。頼むから、あの三馬鹿
トリオを引き取ってくれ。ゴミは自分の町内で捨ててくれ、
お願いだ。

25 :名無しさん@1周年:2000/07/23(日) 06:29
「百億の昼と千億の夜」
あんましおもしろくなかったなぁ・・・。せいきの傑作
って話だったのに・・・。

26 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/24(月) 20:56
つまらないと言えば,プロイスの本もつまらなかった。

27 :いぬ:2000/07/24(月) 21:24
ディックの「流れよ我が涙と警官は言った」
これ読んで自分にディックは向かないな、と思った。
.....本当にがっくり君................みんななぜ誉める?????

28 :本屋の店員:2000/07/24(月) 22:42
sfさんへ
頼むから売り物にツバつけてぺーじめくんないように

29 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/25(火) 03:41
クラッシャージョウの作者は、当時中学生?
ひどいよ。アレ

30 :名無しさん@1周年:2000/07/25(火) 04:14
>27
ディックに向いてなかったのだね。
俺は面白く読んだが…

31 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/25(火) 12:52
緑の石

32 :知能トカゲ:2000/07/25(火) 17:49
アンタレス突破ってやつです。
これはあまりにも腹が立って本を壁になげつけた覚えがある。


33 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/25(火) 17:53
>32
どのへんが腹がたったのか、教えてください。

34 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/25(火) 20:14
斉藤英一郎の怪盗戦士TTとかいうヤツはすごくムカツいた。
美樹本のイラストに騙された。チキショー!!

35 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 01:34
ヴァーチャル・ガールに一票。
SF読んでて初めてつまんないと思った。
とにかく異常にナマヌルイ話。
つまらなさを体験するためにもお勧め。
ほんと寒いです。

36 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 02:00
女の子もので、つまらんのなら、
アリアドニの遁走曲が
相当だるかったぞ。

37 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 02:30
あんまりヒドイというと、逆に読みたくなってくるから不思議。

38 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 03:35
好奇心は猫を殺す。

39 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 03:55
さあ、みんな、ひどさ加減を具体的に説明しよう!
37が、手を出すかもしれんぞ!

40 :名無しさん@1周年:2000/07/26(水) 06:54
すまん。
俺、ヴァーチャル・ガールけっこー面白く読んだ…
評判のいいティプトリーがあまり読めないので
基本的にぬるいのかもな。

41 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 13:28
すまん。
俺、ヴァーチャル・ガールは読み終わった後、ゴミ箱に叩きこんだ。
ロボットなのに妙に生臭くて気持ち悪かった。



42 :へー:2000/07/26(水) 21:57
誰も書かないから気にくわない評論家をあげる。
三村美衣だ!!!

SFマガジンのYA欄では黙殺し,
京都SFフェスティバルでは衆人環視で
秋山瑞人の「EGコンバット」をこきおろしたくせに,
大森望あたりが誉め出すと秋山の新作「猫の地球儀@A」を
べた褒めするんだぜ。

あまりのあざとさ,見苦しさに呆れたね。
SF業界人はこんなやつばっかしだから腹が立つ。

43 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 21:58
誰も書かないから気にくわない評論家をあげる。
三村美衣だ!!!

SFマガジンのYA欄では黙殺し,
京都SFフェスティバルでは衆人環視で
秋山瑞人の「EGコンバット」をこきおろしたくせに,
大森望あたりが誉め出すと秋山の新作「猫の地球儀@A」を
べた褒めするんだぜ。

あまりのあざとさ,見苦しさに呆れたね。
SF業界人はこんなやつばっかしだから腹が立つ。

44 :三村美衣:2000/07/26(水) 22:50
>43
私は作者ではなく、作品そのものを評しています。
こき下ろすと言いますが、その理由はきちんと述べているはず。
どこがあざといのでしょう?


45 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 22:51
まあ、ここは2ch。
よって、ただのやっかみだから気にすることはありませんよ。
あまり本人が出るのも感心しませんが。


46 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 22:53
俺も秋山ファンだから、腹立つのもわかるけどね。
別にイイじゃん。三流評論家になに言われようと、
自分が好きで読むだけなんだからさ。



47 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/26(水) 23:09
44〜46って同じ人?(藁 反応速すぎ。
22:50 22:51 22:53

48 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 02:29
ヴァーチャル・ガール読んでないんですけど、
マルチとどう違うの?

49 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 03:06
マルチたんの方が萌え萌えです。

50 :>43:2000/07/27(木) 04:13
へ〜、そうなんだ。チェックして見よう。

51 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 06:06
ミレニアム・ヘッドラインが強烈につまらんかったような・・・・。
話の内容はすっかり忘れた。
盛り上がるところはなく、たんたんと話が進み、謎も解明されなかったような。


52 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 10:16
マルチとマギーでは、マルチのほうがきっちりSFしてます。

53 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/27(木) 13:20
>私は作者ではなく、作品そのものを評しています。
>こき下ろすと言いますが、その理由はきちんと述べているはず。

三村美衣さんよ,
京ふぇすじゃお前,こき下ろした理由言ってないぞ。
あんなもんがいいのかー,とパネルで絶叫してただけじゃん。
何時言ったのか教えてくれないかな?

「EGコンバット」をこき下ろして,
「猫の地球儀」を褒める理由を言ってよ。
ついでに,それまでのマガジンYAレビューで「EGコンバット」を
まったくとりあげなかった,理由を聞きたいな。レビュアーのくせに
本当に真面目にSFを読んでいるのか?

大森望にこび売ってるようにしか見えなかったんだけどね。
答えてくれる?本物ならな。

54 ::2000/07/27(木) 22:03


55 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 00:49
なんか秋山ファンってこわいな。カルト的で。
悪いけど、秋山作品をプロパーSFと同じ俎上で評論したらたちまち
ボロボロだよ。作品としては感動的だけど、共感できたり泣けること
がSFとしての評価に直結するわけじゃない。
「だったらSFなんてくそくらえだ」なんて吠えないでおくれな。
いろんな価値観があるんだから。

俺評価では、EGコンバットはSFとしては見るところなし。あの
ひどい原作をよくぞあそこまで小説にしたというところ。
猫の地球儀はいいSFだと思うが、絶賛するほどではない。秋山氏
はいい作家だから応援したいと思っている。

ちなみに私は三村じゃないので。
三村がここに書き込むことはあり得ない。大森に三村が媚びるなんて
こともあり得ない。大森が三村のYA評を聞いてそれを読むことはあるが、
二人とも誰かに媚びたりなんかしないし、自分の判断で評論している。
ここにSF業界の人はいないの? なんでこういうリアリティのない
デマが流れるかな。


56 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 01:05
で、自分は業界に近いといいたいわけか(ワラ

57 :At.N.:2000/07/28(金) 01:19
SF 業界の人は見てても出てこないでしょ。
出てきたところでここに巣食ってる人を納得させられるかどうかは
謎でしょうし。

まぁ中にはあえて出てくる人だっているかもですが。

58 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 01:43
見るからに下手な自作自演なので、誰も本人だとは
信じるわけないだろう、これ。バカ丸出し。やるなら
もうちょっとうまくやりゃいいのに。

59 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 05:15
マギーもマルチも"使っちゃダメ"だよ。

60 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 05:25
>55
誰でもいいけど、一人称くらい統一してくれ。
それとも「俺評価」ってどっかで名詞化してるの?
その後「私」だし。

とりあえず、読みづらい。


61 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 17:04
>55

媚びはしてないだろうけど、交友関係から作品の評価が
類推できてしまうような、ムラ社会的な狭さや付和雷同の
傾向は見て取れるな。

で、君のEG評だけど、「プロパーSFと同じ俎上で」とか
「SFとしては」とかいう言葉が出てきて、20年前くらいに
SF雑誌でよくみられた、適当にでっちあげたSFの基準との
距離だけで作品の値打ちを決めてしまう類の小説評を思い出したよ。
「SFがわかっていない」とかね。イズムとかでよく見たな。

かつてSFが子供の玩具と言われていたころにファン共同体が
ルサンチマン混じりに形成した、独善的なものさしをいまだに
振り回すのは見ていて恥ずかしいぞ。
小説読む素養がないのを宣伝してるようなもんだからな。

あえてSFという概念をものさしとして作品評をするのなら、
自分にとってのSFというのを具体化しつつ語ってくれよ。
そしてそれが小説の良し悪しとどう関係するのか示してくれ。
「いろんな価値観があるんだからな」などとヘタレな逃げを
うたないで。

君が三村じゃなきゃ出来るだろ。

62 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 18:01
めんどくさい。
なんで名無しさん相手に駄作を語るのにそこまでしなくてはならんのだ(藁。

63 :53:2000/07/28(金) 18:02
>55へ

悪いが,そこまで秋山ファンじゃないんだな,僕は。
秋山完の方が好きな口なんでね

>悪いけど、秋山作品をプロパーSFと同じ俎上で評論したらたちまち
>ボロボロだよ。作品としては感動的だけど、共感できたり泣けること
>がSFとしての評価に直結するわけじゃない。 (中略)
>俺評価では、EGコンバットはSFとしては見るところなし。あの
>ひどい原作をよくぞあそこまで小説にしたというところ。
>猫の地球儀はいいSFだと思うが、絶賛するほどではない。秋山氏
>はいい作家だから応援したいと思っている。

君のSFの内容が分からないよ,ちっとも。
僕的には「EGコンバット」−キャラ萌え=「猫の地球儀」
としかみえないな。おもしろさ,あの極限まで狭い断絶した
孤立した空間の異常性,どうみてもEGコンバットの方が,
面白さ,SF度としても高いと素直に思うんだがな。

取り上げもしない,おまけに貶す「EGコンバット」
急に誉める「猫の地球儀」

この内的論理を三村美衣に問いかけてるだけ。



64 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 18:04
まあどっちも鼻毛だね

65 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 21:56
>この内的論理を三村美衣に問いかけてるだけ。
匿名掲示板で呼びかけるなんてタルイ方法止めて、
メールしては如何かな。

66 :53:2000/07/28(金) 22:31
>65
>匿名掲示板で呼びかけるなんてタルイ方法止めて、
>メールしては如何かな。

あたま悪いなあ,あなた。
ここは「悪口」スレッドじゃないのかな(笑
返事なんか欲しいとも思わないよ。説明できるとも思えないしね。
ここの三村美衣が本物じゃなければな。

>62

いや,55はきっかり書く必要あるね。
55は少なくとも「SF業界人」「業界周辺にいる人」だろ。
大体,普通の読者は「プロパーSF」なんて業界用語言わないよ(笑
交友関係の自慢もせんしね(笑

>大森に三村が媚びるなんてこともあり得ない。
>ここにSF業界の人はいないの? なんでこういうリアリティのない
>デマが流れるかな

あたりまえだろ,55の馬鹿。媚びてるようにしかみえない,と
挑発(悪口)してるんだよ。してたらそれこそ「大問題」だろうが。

つーわけでね,55のSF論は興味あるね。業界人なら
三村とかばい合いなわけで,55にはなおさら聞きたいよ(笑

つーか,55のような原理主義者がSFを衰退させてるとしか
思えないんでね。


67 :名無し君・・・・:2000/07/28(金) 22:46
自分、『猫の地球儀』ダメだったです。
文章が合わないみたい。
どの評もベタ誉めだったから、一巻二巻買ってきたのに・・・・。


68 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/28(金) 23:47
 良いじゃん。SFMの書評なんて誰も信用してないし、売上
への影響なんて皆無に近いんだから。というか、取り上げら
れるような作品は書くなというのが、ライトノベル文庫の編
集方針では?

69 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 00:26
なんか、「業界人ワナビー」君が一生懸命長文書きこんでますな(笑。
観察のため、あげ。

70 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 00:50
このスレッド、最初のころは書きこみがなく寂しかったけど、
だんだんと盛り上がってきましたね。

オレは野田元帥とかいうデブジジイがむかつく。
ヤツの文と顔と体型がきらい。

あと大森望。
しかし、ヤツの文は、あんぽんたんのオレにもわかりやすいので、
翻訳だけやってれば許す。



71 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 01:14
M子似文はヤメレ

72 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 13:28
自分の書き込みの真意を後から説明するのは厨房の証。
厨房66君の観察のため、あげ。

73 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 21:06
おれは堺三保に文句言いたい。
何がキャラ萌え撲滅じゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
おまえの作ったアニメで一番まともなのは「ナデシコ」やんけ〜〜
ルリルリで売ったお前が偉そうなこというな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
悔しかったら「キャラ萌えじゃない」「面白い」SFアニメを
作って見ろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ああ疲れた。

74 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 21:17
いかん

×おまえの作ったアニメで
○おまえの関わったアニメで

ということで


75 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/29(土) 22:24
アウトロースター、アキハバラ電脳組、女神候補生。
確かにどれもこれもクズ揃いだな。

76 :教育板の住人:2000/07/30(日) 03:37
SF者のみなさん。よかったら
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=edu&key=962745591&ls=50
↑ココに何か書いてください。



77 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 05:59
安田均。
どうにかしてくれ・・・!
でも、知名度といったらSF業界でもトップなんだろうな。
小学生でも知ってるし。

78 :名無しさん@1周年:2000/07/30(日) 07:00
やいSFマガジン!
よくもオレ様の作品を落としやがったな!
鼻歌まじりに書き飛ばして推敲すらしなかったオレも悪いには
悪いが…

79 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 19:44
そうだ,今月のSFマガジンは何なんだ,ありゃ。
「海外SFファンのためのヤング・アダルト・SF特集」って。
馬鹿ちゃうか,塩沢編集部。

論者が本を紹介するのだが,このラインナップがすごい!!!!
「猫の地球儀」「アフサン」「逆転世界」「火星のタイムスリップ」
もはや,何が「海外SFファンのための」で
何が「ヤング・アダルト・SF」なのか,さっぱり分からない。

いや,そもそも「ヤング・アダルト・SF」って何。
もはやプロパーSFも終わりだな・・・


80 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 20:16
>>79
確かにあの特集はイカれてたな。
素直に「おもしろい本」でいいだろう。
『サンプル・キティ』のどこらへんがヤングアダルトなんだ?

81 :>:2000/07/30(日) 21:14
bk1の塩澤コラム、どこがおもしろいのかまったくわかりません。

82 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 21:22
>79
 早川の商売的には「ヤングアダルトSFファンのための海外SF
特集」がやりたいのでしょうが、YA系の読者はSFMなんて読ん
でませんからねぇ。

 ライトノベルってNiftyのSFフォーラムで出来た一種の差
別用語なので、古いYA系作家は嫌います。語源が多分、「軽文学
」である事も考えれば、SFMでは使えない言葉でしょう。

83 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/30(日) 21:55
>82
>ライトノベルってNiftyのSFフォーラムで出来た一種の差別用語

ホントですか? 知らなかった。もう少しくわしく事情を教えてください。
いつ頃の話ですか。ニフに過去ログ残っているのかな。

84 :At.N.:2000/07/30(日) 22:43
差別用語というか、
管理上「君たちはこっちの会議室よ」というためのレッテルでしょうね。
ここでいうところの隔離板を維持するための方策。
成立の事情は知りませんが、オフィシャルな説明は下記 link に。

http://www.nifty.ne.jp/forum/fsf/guide/guide_2.htm#fc

85 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 02:54
おい、創元!ディックの再版が止まってるぞ! はよださんかい!!
オークションとかでやたら高い値が付いてるのをみるとそう思わずにいられない・・・

86 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 02:58
知らなかった。ニフのひとが考え出した呼称なんですね…<ライトノベル

87 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 03:21
>84
ライトノベル板の隔離板としてSF板が作られた、2ちゃんと正に逆ですな。

88 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 03:31
隔離とか差別用語とかネガティブな印象が強くて嫌な表現だな。

ニフの会議室はタイトル文字数に制限がある。
「ヤング・アダルト系SFファンタジー」等とやっちゃうと、
もうそれで目一杯近いわけ。さりとてジュブナイルってのも、
なんか違うって人が多かろう? ヤング・アダルトもだが。
要するに、既存の語ではくくりづらいという感覚もあったわけだ。
そこでひねり出されたのが「ライトノベル」。
必要に迫られて当時の管理者(今のマネの前任)が作った造語。

89 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 07:18
>おい、創元!ディックの再版が止まってるぞ!

ほんとだよ。「バルカンのハンマー」ずーっと近日刊行予定のまんま。
まさか「マイノリティレポート」のロードショーまで引き延ばすつもり
じゃないだろうな。

90 :At.N.:2000/07/31(月) 07:45
>>88
既存の区分け内で特定の話題が突出したときに
その話題専用の場所を作って対応するのは
掲示板とか会議室の運営では当たり前の対応ですね。
そういう状況を 2ch で示す言葉の一つとしてわかりやすいので
「隔離板」という言葉を使いました。

もっとも。
嫌な表現だというのは、
それはそれであそこのフォーラムの状況なり対応なりに対する
一つの評価として受け止められたほうがよろしいかと。
でなければ「差別用語」なんて表現が出てくるはずもない。

91 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 08:48
創元はとっととベイリーの新刊を出せ。
あとヴァーリィのDemonも出せ。
何年待たせるんだよコラ。

92 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 10:45
創元はダーコーヴァシリーズの新刊を出せ。
ワイルドカードシリーズの新刊を出せ。
もう待ちくたびれたよう…。

93 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 11:01
>92
同志発見!

ハヤカワはアンバーの新シリーズを出せ!
重力が衰える時の4巻目も出せ!

ハヤカワ&創元
翻訳権所有で、絶版・品切れはやめろ。
原書は入手しにくいし、読書ペースが落ちてしまう(笑

94 :グリンピース:2000/07/31(月) 11:06
早川はキャプテン・ケネディシリーズの新刊を出せ。
創元はホームワールドの続編を早く出してくれ。

95 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 11:38
だから早川は夢の文学館をいいかげんに完結させろよ!
国書刊行会かおまえは!

96 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 11:39
みんなあ!もおあきらめて原書よんじまおうぜ!!
大量購入して船便なら、日本語版より安いぞ!!たまに


97 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 11:45
そうだそうだ!日本の出版社なんてもういいよ。

98 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 12:09
そうなんだよ,93さん,同士よ!!!!
エッフィンジャーの4巻目をまってもう8年。
そうなんだよ,91さん,同士よ!!!!
ベイリーの新刊をまってもう6年。

おれも30の足音が聞こえてきた・・・

99 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 12:24
ところでムアコック『白銀の聖域』のあとがきに
これが売れたらグローリアーナとかの未訳ものを出してゆくとか
書いてあったけど、あれからもう何年経つのかなあ。
創元さん、僕はまだ信じて待っていますよ。

それと中村融さんがゼラズニイ『影のジャック』を創元から出し直すつもりだ、
というのもどこかに書いてありましたね。
創元さん、僕はまだ信じて待っていますよ。

でももうそろそろくたびれてきたのでここらではっきりさせてください。


100 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 12:36
角川は「冥界の門」の続き出せー


101 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 12:44
ドクターフーの新刊まだかなあ。(佐藤道明の挿絵がいいんだわ)

102 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/07/31(月) 12:47
悪口・罵倒じゃなくなってきてるので,ここらで一発
創元!!!!きさまの「近刊予定」に何の意味があるんじゃこらあ!
出さないなら書くなあ!!!

あとエッフィンジャーの短編集がでるっていう8年前ぐらいの噂,
どうなったんでしょうか・・・

103 :>100:2000/07/31(月) 13:01
アメリカ旅行で、古本屋でハードカバー全巻見つけて買ってきました。
横にペーパーバックもあったけどHC安かったんで。
やっぱアメリカ版は角川のあのイラストじゃなかった。
さてこれから読もう・・・・

104 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 14:53
喜多哲司?も無茶苦茶腹立つなあ。
マガジンブックレビューで佐藤大輔『地球連邦の興亡C』を
取り上げなかったし・・・。

もはや終わってるよ,氏ね>マガジン


105 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 18:18
どっちかというと取り上げたものをどう扱ってるかのほうが問題だ。

荒巻義雄の艦隊シリーズが出るたびにとりあげては
「今回も小説の体をなしていない」
と書いてるのは誰だったかな。正論だけどさ、そんなことみんな知ってる
んだから毎度書くのはページの無駄だよね。内容のないレビューをする位
なら紹介するに値する本を探せというの。

106 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 18:53
素子ちゃん

107 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 19:55
>100
渋谷のタワーレコードに未訳分全部あったよ(シリーズ全7冊)
冥界の門もそうだけど。ダークソードの続編「LEGACY OF DARKSWORD」も出してほしいよ。
富士見じゃ無理だろうけどさ・・・

108 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 22:59
喜多哲士氏の書評

 井上淳の「日本南北戦争」シリーズと、山田正紀の「影の艦隊」
ってSF的に見てなにか評価すべき部分があるんでしょうか。架空
戦記ファンの間では酷評しか聞かないのですが。

>104

 HPの感想では取り上げてます。あのセリフ回しが「銀英伝」っ
てのはSF批評家らしい感想だと思います。知っててとぼけている
のか、未だに判断が付かないのですが。

 少なくとも、富士見の編集部は「鏖殺の凶鳥」の紹介では理解し
ているようですした。もっとも、アレで分かんなきゃバカですけど


109 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/01(火) 23:01
ダークソードかあ、なつかしいー。
昔はよく読んだよなー、富士見ドラゴンブック。
あのころは良かった。いまは……

冥界の門はなあ、古本屋に売っぱらってしまったんだよー。
悔やまれる(泣)。
同じく売り払ったダークソードは今日古本屋で買い戻した。
いま探しているのはアイスウインドサーガ。
一巻と二巻を手に入れた。続きはどこにあるー!

110 :>103@`107:2000/08/02(水) 01:47
英語読めないっす(;。;
4年前くらいに、輸入ソフト屋で冥界の門のアドベンチャーゲーム
買ったけど、英語わからないんで出来なかったし(^^
あのイラストの人は、昔、ゲーメストに飢狼伝説の漫画連載してたね。

111 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/02(水) 21:13
むかついたといえば,ソウヤー『フレームシフト』の書評。
なんでSFゲットーの住人はSFミステリーって評価しまくるのか,
ちっともワカランで腹が立った!!<プンプン

あの,ラストのどうしようもない,キング牧師のパクリのような,
それでいて未来を謳歌する部分こそ,ソウヤーの良さじゃないの?
近代をもっとも痛切に見続ける部分にこそ,アメリカSFの本質があり,
ソウヤーの面白さがあると思うのだが。

谷甲州の書評以外,それに触れた人がいなかったのがムカツク。
バカ野郎!


112 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 00:20
SF大会の参加費が高すぎる…というのは別スレたててやるべきことだろうか。
でもそこまでするようなモンでもなさそうだし。
開催時間が重複していて見られない企画が多いのに、2日間という設定は変えないまま、
企画数を増やすことばかり考えてる主催者側に疑問…。
それでも参加費一万円前後ならば、まだ行く気になるんだけどなー。

113 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 09:07
ビジョルドの続きを早く出してーー>創元。
違うか。

「ニューロマンサー」何が面白いのかわからなかったよー
スターリングは好きなんだけど

114 :>113:2000/08/03(木) 12:25
私もビジョルドの本、早く出してほしいです。
マイルズ・ヴォルコシガンのシリーズが早く読みたい。
著書の執筆ペースが速いだけに、翻訳の遅さがなおのこと悲しい〜っ。
なんか最新刊が出てから音沙汰ない気がするんですが。
もう出す気がないんでしょーか。>創元


115 :>114:2000/08/03(木) 12:44
あきらめて原書で読もうかと思って、どうせなら最初から・・・
「Young Miles」の2ページめで止まってます。お粗末。

ヴォルコシガンのスレ立てます?

116 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 13:05
>>113
>「ニューロマンサー」
あれは半分以上かっこよさで読ませる話だから・・・
あと、冒頭の千葉シティで当時の日本読者のエゴを充足させてくれたのが
大きかったんじゃないですかねぇ。

117 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 15:13
ハヤカワよ、銀河の荒鷲シリーズのあの少女漫画風ラクガキイラストを何とかしてくれ。
内容との落差が凄過ぎる・・・。

118 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 17:14
でも読者層拡大には貢献したんじゃない?>シーフォートのイラスト
よう知らんけど。

119 :>115:2000/08/03(木) 17:59
ああっ、お仲間です。
私は「Mirror Dance」ですが、ほんの1〜2ページで挫折。
ヴォルコシガン(or ビジョルド)のスレッド、あったらいいなと思ってました。
(でも自分でスレッド立てる度胸はなかった……。)


120 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 19:56
>118
それより「銀河の荒鷲」の方が恥ずかしい。
ガンプラのパチモンかと思ったぞ。

121 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/03(木) 20:27
>>115>>119
がんばれー
洋書読むコツは、どうしても読みたいものを買うこと
訳が出てるやつは厳禁
ちょっとくらいわかんないとこは豪快にすっ飛ばす!!
がんばれー

122 :名無しさん@1周年:2000/08/03(木) 23:38
わたしもミラー・ダンス、2ページ目‥‥
お互いがんばりましょう。
で、今年中に2冊出るって噂は?

123 :ざりがに:2000/08/04(金) 00:34
ニューロマンサーは、三回読み三回挫折しました。
・・・・ちっとも話が頭に入ってこん・・・・。

124 :>123:2000/08/04(金) 02:32
俺も初めての時は読んでる間は全く話が頭に入ってこなかった。
でもなぜか途中で読むのをやめられなかった。めちゃめちゃに惹きつけられていた。
二三日してから、急に何が書いてあったか分かるようになった。
中学生のとき読んだ桜玉吉のマンガのおもしろさがようやくわかった。
誰かこの話のほうご存じのかたいませんかね?
発明家のラルフパパ一家の隣にサイバーな一家が引っ越してくる話。


125 :>120:2000/08/04(金) 08:21
 ソレを気にしていては、「炎の英雄」シリーズだとか、「コ
ーンウォールの若獅子」とかは読めない。内容が内容だけにお
約束。

126 :>124:2000/08/04(金) 17:53
>発明家のラルフパパ一家の隣にサイバーな一家が引っ越してくる話。

「渡る世間にメガトンパンチ」ですな。
「しあわせのかたち」単行本の4巻か5巻に載ってます。

127 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/04(金) 17:54
「夏への扉」ってすげえつまらなかったんだが・・・
なんでみんなあんなに受けがいいんだろう


128 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/04(金) 19:13
だって、貶すと馬鹿にされるんだもん。

129 :夏への扉:2000/08/04(金) 22:48
読んだ時期がわるかったのでは?
中学生のとき読んで、すなおに感動したおぼえあるよ。

130 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/04(金) 23:53
やっぱ、本にしろ映画にしろ「読むべき時期」ってのがあるよね。
アルジャーノンなんかは何時読んでもいいけど、夏への扉や冷たい方程式、
宇宙人フライデー、火星年代記なんかは若い頃によんだ方がいい。
映画になるけど、ETなんかは小〜中学くらいまでは見たら人生変わる位
の即品だが、高校生位からはただのタルい映画になっちゃうしね。

131 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/06(日) 01:08
ダイヤモンド・エイジはいつ出るんじゃ〜!

132 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/07(月) 20:34
「読むべき時期」がもし本当にあるなら,
それを「オールタイムベストであげてしまう」SFファンの感性は
非難されるべきではないのか?

133 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/07(月) 20:53
「読むべき時期」ってのは詭弁だと思うよ。
あくまで私見だけど、むかし読んでおもしろかったものは
今読んでも面白い。最近いろいろ再読してみて確認できた。

ま、俺は青背の初読が『ヒーザーン』だからアテにならん物言いかもしれんが。

134 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/07(月) 21:10
「読むべき時期」はものによってはある、というのが自分の感想。
でも「夏への扉」は厨房の頃はじめて読んで、おやじになった今よんでも
読後感はそんなにかわらない気がする。

あと読んでいる時の心理状態によってもかなり違う。

135 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 00:41
アシモフの銀河帝国ものとかはは中学の頃感動したが、30過ぎてから
の再読はさすがに読むに耐えんと思った。
「夏への扉」とかは今でもまま読めるとは思うが、「愛すべき佳作」
が正当な評価だと個人的には思う。


136 :135:2000/08/08(火) 00:42
まま>まあまあ

137 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 13:00
とりあえず巽を射殺すると

138 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 14:35
巽さんを射殺するな〜
殺すべきはスノッブ連中だ!!!
永瀬唯と笠井潔は保存。他は射殺!!!!!

139 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 15:47

かくしてSFファンはレッドネックの集団となっていくわけだ。


140 :名無しさん:2000/08/08(火) 17:30
政権は銃口から生まれるのさ

141 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/08(火) 18:19
つーか,まじでスノッブ連中は嫌だ!!!
なぜ蓮実ほどの芸がないくせに,まともに作品批評をしようとしない!

永瀬も巽も笠井もあつく作品に正面から向きあってるじゃない。
彼らぐらいしか向かい合おうとしないから,いつまでたっても
まともなSF批評が出てこないのでは?

巽や笠井なんか,文学じゃ馬鹿にされてるし(笙野なんかに)・・・




142 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 13:22
とりあえず,イースターワイン復刊希望>各社
まじで読みたい。

143 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 20:24
「読むべき時期が存在する」のは「夏への扉」だけじゃない
気がする。ブラッドベリなんかとくにそんな感じだし。今でも
「華氏451度」は大好きだけど。

まあ,「SFは10代まで」という言葉もあるように,しょう
がないんだけど,そんならそんな作品をオールタイムベストに
あげて,

「みんなこれが名作SFですよ!!読みましょう!!!!!」
なんて絶対納得いかないよ。詐欺じゃない,これじゃ

144 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/09(水) 21:25
オールタイムベストは単なる多数決。
無難によみやすい佳作がトップにくるのは仕方ない。

145 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/10(木) 06:22
想い出は美化されるものよ。

146 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/10(木) 18:34
たしかに…

147 :>135:2000/08/13(日) 19:34
そうか?>アシモフの銀河帝国もの
第1巻の政治的かけひきなんかはガキにはわからんと思うけどね。

148 :名無しさん@1周年:2000/08/14(月) 03:07
>147
そうか?そもそも背伸びしたガキしか、まともに読まんと思うが

149 :名無しさん@1周年:2000/08/14(月) 04:59
明らかにブスなのに誰もそれについて言及しない体質が嫌いだ。

150 :>148:2000/08/14(月) 09:02
御自身の経験ですか?
それとも背伸びしたガキ観察家ですか?

いや、147も面白いんだけど。
あれが政治なら「ダグラム」なんかは政治屋の
必見バイブルアニメ。

ファウンデーションは好きだけどあれを政治とはね。

151 :名無しさん@1周年:2000/08/15(火) 17:23
ブラッド・ベリとバラードとル・グィンとコードウェイナー・スミス
とティプトリー・ジュニアとギブスンとスターリングが、
SF冬の時代をつくった。

あとサンリオSFも、読むにたえない駄作を乱発し、
SFのイメージを地に落とした。


152 :ぷぷ:2000/08/15(火) 17:43
ブラッド・ベリ……

153 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/15(火) 19:48
>ブラッド・ベリ……
ぼくもぷぷぷ。
煽れそうな名前をもってきたつもりが、最初の一歩で馬脚現したってか。
まぁ妥当なラインナップだな。ドラマをもった作者という意味で。
日本のSF評論家や読者は、作品そのものより作者の逸話で評価する
ところもあるからな。

154 :At.N.:2000/08/15(火) 19:49
なんで 151 にブラッドベリが入ってるのかはけっこう謎。
その他はそれなりに言えるかなぁとも思うが。

いや、おれの知らない「ブラッド・ベリ」という作家の話だったらともかく。

155 :At.N.:2000/08/15(火) 19:56
あ。かぶってる。
なるほどドラマですか。ちょっと納得。
そうすると、もう少し本が出てればハーラン・エリスンとか入ったのかな。


156 :同時代サンリオSF読者:2000/08/15(火) 20:06
>>151
一般人はサンリオSFのほとんどを見向きもしてなかったよ。
ディックなどの一部はよく買われたが。
それに評判は駄作というより悪訳だろ。それもSFファンの中だけの
評判で、のせられた連中が買わなかった結果、文庫がつぶれてSFの
間口が狭まったともいえる。
そのくせ絶版が決まるとみんな殺到したんだからな。悪どいと思ったもんだ。

157 :なんか格好いいなぁ(笑):2000/08/15(火) 20:12
「ブラッド・ベリ」。血まみれの葡萄。
いまだ国内では知られていないポスト・サイバーパンク(プププ)の旗手なのだ!

代表作は『ヤはヤク中のヤ』『一月は洟垂れの国』『仮性年代記』ほか多数

158 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/15(火) 20:25
がーん。そういう作家がいたのですね。
...あ。そういえば思い出した。
『とうに茶番を過ぎて』『仮死451人』『キリ番じゃろマシーン』
あたりがこのひとでしたっけ ?

159 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/15(火) 22:34
『ぼくの地下鉄へおいで』は怖くて良かったなあ

じつは鉄ヲタなんだよね。ブラッド・ベリ氏って。

160 :絶望した旧SFファン:2000/08/16(水) 00:38
いい加減にしなよ。
些末な間違いにネチネチとこだわり続けるあんたらのいやらしさ
こそ冬の時代の真の原因じゃないの。SFファンて世間から
どんなに気持悪く思われてるか知ってる?
ニューウェイブだのサイバーパンクだのといった糞潮流の為に一般読者
をSFから離れさせたのは異存はないけどね・・・

161 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/16(水) 00:50
話をずらしてすまんが、どうだろうね。
サイバーパンクは一般読者の方がよくなじんだんじゃないか?
むしろ昔からのSFファンのほうが、保守的で、ついていこうと
しなかったと思う。けっこう、昔読んだものだけがよりどころの
固定観念に囚われて頭の固いところがあると思うよ。
悪いとは言わんが、いつまでも時代の先端のつもりはやめたほうがいい。

162 :160:2000/08/16(水) 01:24
時代の先端のつもりなんかこれっぽっちもないよ。
SFなんて昔も今も最低の屑ジャンルだし、そのファンなんて
蛸壺大好き、そのくせエリート意識に浸る救いようのない
気狂いばっかりだよ。スランの昔から。
サイバーパンクなんて一般の奴なんか本当のところ誰も読まなかったし
流行の一つとしてあっという間に消費されて終わり。
今どき誰もギブスンやらスターリングなんかに何も期待してない。


163 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/16(水) 03:04
おれもサイバーパンクに関しちゃ161さんと同意見だけどね。
SFなんて読みもしないやつが、なぜか「ニューロマンサー」だけは
みんなもってた。離反したのは一般読者よりコアなSFファンのほうだろう。

164 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/16(水) 12:39
日本のサイバーパンク受容でなにがしか有意義なのはコミックと映像、
ゲームの分野への影響で、要するにファッション。

SFとか文学というジャンルにおいては、バブルの時期に馬鹿評論家たち
が内容のない言葉で大はしゃぎで持ち上げたせいで、SFの身内も一般の
読者も退いてしまった。
やっぱり巽は射殺しろ。熱く語ってるなんてとんでもないよ。

小川隆あたりがいうように、ポップ文学とクラシックなSFの
クロスオーバーとして読むとフツーに面白いのにさ。

165 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/16(水) 13:08
そういえばニーヴン&パーネル&だれだかの「天使墜落」を読んだ時、
SFファンだけが知的エリートだという主張があからさまだったんで
おいおい大丈夫かよあんたら、と思ったよ。同好の士の連帯感の域を
はるかに超えて、独善を隠そうともしないのはちょっとね。

あれが星雲賞をとった時には、日本のSFファンダムのあっけらかん
とした頭の悪さ、恥の感覚のなさに絶望した。

160は「スランの昔から」とナイスな表現を使ってるけど、ここまで
馬鹿になったのはここ数年だよね。何のせいだと思う?

166 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/16(水) 14:23
でもなぁ。
星雲賞って、とった直後は関係者うかれるけど、1年たったら
みんな忘れてるからなぁ。
海外の賞は作品解説などで言及されるけど(ネタないしな)、
星雲賞がわざわざ言及される場面ってそうそうあるか?
本の帯にこれがあれば、SF界の中だけの権威に弱いSFファンに
ちょっと売れやすくなるってくらいじゃねぇの。
俺は見た時ふぅんと思うくらいだな。

167 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/16(水) 17:03
星雲賞に権威なんてないでしょう?
そういえば、初期の日本SF大賞は新聞報道されてましたね(いまでも?)。
「吉里吉里人」のときとか。個人的には、SFは権威、権威主義とは無関係の
ものであってほしい。今でも。

168 :おいおい:2000/08/16(水) 17:45
少なくとも日本SFの内部ではすごい権威主義だぜ。
第1世代SF作家やBNFは神のごとくあがめたてまつられ、
SF大会のたびにファンダム同士の抗争はあり、
後から入ってきたファンは必要以上に先輩の顔色をうかがい。
他人事として眺める分にはおもしろいがね。

169 :おいおい^2:2000/08/16(水) 18:57
>そういえばニーヴン&パーネル&だれだかの「天使墜落」を読んだ時、
>SFファンだけが知的エリートだという主張があからさまだったんで

アレはソレがお笑いな話なんじゃないのか?

170 :名無しさん:2000/08/16(水) 19:25
日本のサイバーパンクは基本的にマンガ・アニメの運動だった、
という認識を前提にしてほしいな。
大友革命とでもいうべき大きな現象があったのは否定できない。

171 :名無しさん@該当者無し:2000/08/16(水) 22:08
そういえば角川から出ていた「ディスクワールド騒動記」の続きって
もう出ないんでしょうかね、テリー・プラチェットの。
そろそろ10年たつんですよね。


172 :名無しさん:2000/08/17(木) 00:59
同人活動してない一般SFファンの方が大多数を占めるわけだけど、
彼らは星雲賞に権威を感じてないでしょ? ヒューゴー、ネビュラと
聞くと「どれどれ」と少しは気になるけど、星雲賞と聞いても読みたいと
思わないもんね。まったくもって帆立貝。

173 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/17(木) 02:49
>171
別の出版社から出てるよ>ディスクワールド
文庫じゃなくて単行本だけど・・・

冥界の門の続きも別のところから出ないものかな・・・

174 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/17(木) 02:59
星雲賞の肩書きが効くのはその内情がわかっていない相手じゃないの?
書店でSF棚を一応チェックする程度に興味がある人とか。
ここ数年SF大会とか行ってるからノミネート作品名も目にするけど、
そこからしてダメだしな
>172
「どれどれ」と思ってしまったら負けのような・・・

175 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/17(木) 06:46
>そこからしてダメだしな
ウム。星雲賞って要するにSFファンダムにどれくらいアピールしたかってので
受賞候補がしぼられるわけだしな。
そこにほのみえる価値観が合わないというか、陳腐というか。
かといって改革要求するほどこっちには思い入れも帰属意識もないのよね。
ああ日本人〜

176 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/17(木) 07:21
つーか、星雲賞なんて、プロレスでいえばIWA認定王座みたいな
モノで、ローカルタイトルでしかないじゃん。SFファンダムと
いったって、たかたが日本国内の何人いるんだかっていうお話でさ。
その人たちが、SFを復興して、新刊出せば売れる、新人出れば
食っていける、という具合にしてくれるんなら話は別だけどさ。
ンわけないし。

177 :名無しさん:2000/08/19(土) 01:08
>175@`176
同感ですな。言いたいこと先に言われてしまったな。
星雲賞って、なんか、むなしいものに思えてきたな。
今まで受賞作なんて殆ど覚えてないしな。
なんか内輪受けっぽい感じもするな。

178 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/19(土) 22:53
今年の星雲賞授賞式は、別会場でやられていたから
閑散としていたよ・・・

にしても、神林がまた取るんだぜ?日本長編。
おれとしては、絶対『ペリペティアの福音』か
内輪受けでも『クリスタルサイレンス』にして
欲しかったよ。またかいって感じ。

映像部門は毎年「ガメラ」が取ったあげく、
今年は「カウボーイビバップ」だよ。
とうとう、一回も「エヴァ」はノミネートされず
(武田議長が辞退したんだろうけど)、
今年は「天使になるもん」「セラフィム・コール」
がノミネートされなかった。

何考えてるんだ、って思う。

179 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 01:03
べつになにも考えてません

180 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 01:10
漫画では鶴田謙二が取ったってホント?<星雲賞

181 :カリカ:2000/08/20(日) 01:19
>180
うむ。鶴田が取ってました。(↓下記参照)

http://www10.so-net.ne.jp:80/SF-Online/news-body.html#174

長編部門はとても勘弁グッドラック。

182 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/20(日) 02:20
>何考えてるんだ

推薦者と投票多数派が知らなかったということでは?
ロートル化してるからな。
アニメは評判になったものでないと見ないんじゃないか。

183 :178:2000/08/20(日) 19:02
いや、うちはファングループ連合会議に加入してるんでね。
星雲賞については、毎年事務局からノミネート作品をあげて
くるように言われて、送ってるんだよ。

しかし今年は送ってこなかったし、
何年か前あげて送っても、ちっともノミネートに反映されない
んだよなあ。

どうなってるんだが

184 :182:2000/08/20(日) 21:55
ありゃそうですか。じゃあノミネート集計で取捨選択やってるってこと?
作品があまり散らばるならそうする意味もあるんだろうけど。
実感として次のどっちですか>183
他も推薦して人気のはずなのに反映されない OR 知られてないからしかたないか

185 :178:2000/08/20(日) 22:11
うーん、「知られているんだけど他に推薦がなかった」
ってのが実感なんですけどね。
今年は送ってこなかったので、「天使になるもん」他は
いれられなかったし。

ちなみに「エヴァ」「ガンダムW」が97年星雲賞に
ノミネートされてないところを見ると前者かなあ。

今年はもし送ってきたら、コミック部門では田村由美
「BASARA」(小学館)にしようと、決めてるのですが。
はてさて、こんな感覚をもってるから反映されないのか・・・

186 :SFについてはは浅学だけど:2000/08/21(月) 15:55
単に年代が近いせいで、ロートル連中の感覚が何となく
見えるんですが、おそらくはエヴァもガンダムWも
「こんなものはSFではない!!!」
と思われていると推測します。
論理的には説明できませんが、その世代の人々の
触覚に忌避される何かがあるみたいです。

187 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/21(月) 16:23
>>186
うーむ、ガンダムWに関しては未見ですが、少なくともエヴァを真っ向から
忌避するような感覚があったとは思えないのですが…
星雲賞は、コアな(?)ファンが現時点でのSFをどのように捉えているか
を判断するための指標にはなるかな〜と思ったりしてます。
まあ、あとはこの衰退したジャンルを支えてくれている数少ない作家さんへの
ねぎらいって感じですか?
問題は、ノミネート作品や、投票の結果(回答率、得票数)が(少なくとも
私の知る限りは)公にされていないということなんじゃないかと。
全ての投票結果が段階をおってわかるヒューゴーとはこのへんが違う。
もっとも、投票数が明らかになってしまったら、さらに権威のない物になる
可能性もありますが。
ちなみに今年のノミネートにはどんな作品が並んでいたの?


188 :>187:2000/08/21(月) 18:34
エヴァは嫌われてたよ。はっきり。とりあえず、『なかったもの』扱いして話題にもださないという暗黙の了解ができていた。少なくとも古手のSF大会常連とゲストの間では。
ガンダムWは……無視されてたんだろうね。存在自体を忘れられてたんじゃないの。ガンダムといっても富野じゃないしさ。



189 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/21(月) 22:39
だから、古手の常連とかゲストは嫌なんだよな。
きちんとノミネートぐらいしろよ、っていうんだ。

190 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/21(月) 22:44
 あんなオチもつかない轟沈アニメを?

191 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/21(月) 22:51
↑馬鹿か190は。
 ノミネートしてから言え、ってるんだ。
 お前の意見はどうでもいいんだよ。ノミネートされ、議論の
 対象になることがいいことなんだよ。




192 :>191:2000/08/21(月) 22:57
だからさ、ノミネートする価値もないってことなのよ。
ゴ○ラ対デスト○イヤがノミネートされないのと同じ理由。

193 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/21(月) 23:07
選考の過程でじじいに骨抜きにされ
投票の段階で無関心にさらされる、という
二重苦なのですな>星雲show

嬉しがるのじりんには悪いが、ちょっとな……

194 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/21(月) 23:08
だから、お前の価値観で勝手に決めるなって。
べつにお前の判断なんか聴きたくないんだよ、作品についての。
結末は、投票で決まるんだから問題なかろうが。
お祭りだぞ?お祭りの素材にならないから怒ってるんだよ。

195 :>194:2000/08/22(火) 03:54
星雲賞て、別にノミネートされてない作品にも投票できるんだよね。
過去にも非ノミネートから獲った作品あったはず。
だからノミネートされてない=議論の対象になってないとはいえない。


196 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/22(火) 10:45
だが「非ノミネート作品でも投票できるし受賞できる」ルールって
だれもが知ってるシステムじゃないのでは

おれはそんなの知らなかったぞ

197 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/22(火) 10:48
それくらい関心なかったってことでしょうからしゃーないすね。>知らなかった
知っててもどれくらいの人がノミネートからはみだせるか疑問だ。
と思ってる。

198 :>196:2000/08/22(火) 11:45
投票用紙に思いっきり「その他(     )」の項目あるでしょ。
そりゃ見えてない方が悪いよ。
ていうか、あんた投票したことあるの?

199 :194:2000/08/22(火) 11:46
>195

知ってるよ、そんなこと。
でもね、ノミネートされなきゃ、普通考えつかないだろ。
星雲賞のノミネート作品みるたびごとに、あきれて俺投票しないのよ。
だってそうだろ?はなから結果が分かってるのに誰が投票するかい。
そして、「あまりSFを読んでいない」という人が投票しない。

結果、星雲賞投票は全然票があつまらない。
        ↓
3桁いくかいかないか、という時代が続く
        ↓
せっかくのファンのお祭りがお祭りにならない


おれ5回SF大会行ってるけど、星雲賞投票したことは1回しかないよ。
年に一度のお祭りにきてる僕としては、改善して欲しいわけ。
わかった?



200 :194:2000/08/22(火) 11:49
>198

きみみたいに奇特な人ばかりじゃないんだって。
「その他(   )」をみて投票意欲がわく人は。
まあ、最近は票数も増えてきているけど、それでも
全参加者の1/4いってなかったよな

201 :192:2000/08/22(火) 12:48
>>194
ああ、なんだ、俺に向かっていってたのか、コレ。

> だから、お前の価値観で勝手に決めるなって。

「エヴァやガンダムWをノミネート作品に入れるべき」ってのがそもそもキミ個人の価値観だろ。
じっさいにノミネートされなかったって事は、俺以外にも「ノミネートする価値なし」と判断した人間がいたわけよ。

それから、そういう文句はここに書き込むよりも連合会議事務局に直接言った方が早いよ。投票用紙もってるんなら、住所はわかるだろ。
まあ、あそこも態度を変える気はないだろうけどな。

202 :194:2000/08/22(火) 13:10
>192−201

≫「エヴァやガンダムWをノミネート作品に入れるべき」ってのがそもそもキミ個人の価値観だろ。

つまらない、相対化して逃げるなって。
作品をいれろ、じゃなくて「星雲賞はお祭りなんだからノミネート広げろ」
だろ。第一、なんでガンダムWなんかがでてくるんだ。

≫それから、そういう文句はここに書き込むよりも連合会議事務局に
≫直接言った方が早いよ。投票用紙もってるんなら、住所はわかるだろ。
≫まあ、あそこも態度を変える気はないだろうけどな。

ほんと、いつも自分に都合が悪くなると、直接言え!ってやつがでてくるんだよな。
まあ「お祭りとしての星雲賞のあるべき姿となにか?」という議論じゃ
お前に勝ち目はないから仕方はないが。

星雲賞の票数が、「お前の意見が間違ってること」を物語っているよ。

203 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/22(火) 13:11
なんかノミネートされないと票が集まらないって思ってるひとがいるみたいだね。
だからノミネートしない奴が悪いと。
俺は目当ての作品がノミネートになければ「その他」にすぐ書いちゃうな。
それで他の奴と一致すればおなぐさみだ。
たいていのやつは「その他」を使って主張する根性がないみたいだが。

204 :194:2000/08/22(火) 13:22

>俺は目当ての作品がノミネートになければ「その他」にすぐ書いちゃうな。

俺も書いたときあるけど、それ以上に投票意欲を失うんだよ。
おれとしては大々的なお祭りって感じが欲しいから、まずいといってるだけ。
作品を「外形基準」(その年度かどうか)でがんがん乗せて欲しいんだよな。
一ファンとしては。

できないなら、ノミネート自体止めて欲しい




205 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/22(火) 13:59
余談。
参加人数300名弱だった沖縄での日本SF大会RYUCONでは、
確か40票前後で星雲賞が取れた。
まあ、その時の作品自体は妥当なものだったんだけどね。

206 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/22(火) 14:35
「なんでも投票できる」システムがあればそれで事足れり、という役人根性がイカンのだろ

事前の広報も宣伝もたりない。盛り上げるという意志自体がない。
そいで文句を言うと「「その他(   )」があるんだから十分だろ!」。
それは逆ギレというんでは。

そもそもなんでも投票できるならなんでノミネートシステムを採ってるのかが謎。ダメの集まりだな……

207 :178>201:2000/08/22(火) 17:50
え?私に喧嘩売ってるたの?201さん。

>「エヴァやガンダムWをノミネート作品に入れるべき」って
>のがそもそもキミ個人の価値観だろ。

何言ってるのかよく分かりませんけど。
私の文章、どこにそんなこと書いてあるのでしょうか?
しかし、ハマナコンでは「動物のお医者さん」がノミネート
されてましたよ。たしか2位だったはずですが(ヘルプ!)。
「動物のお医者さん」に比べれば、「ガンダムW」「エヴァ」
はどうみてもSFだと思いますが。

>じっさいにノミネートされなかったって事は、俺以外にも
>「ノミネートする価値なし」と判断した人間がいたわけよ。

主催者が「価値無し」と判断するならば、われわれ一般参加者
が星雲賞投票する意味はないと思いますが。それとも、単なる
権威付けに使ってるだけなのですか?

「動物のお医者さん」は「価値あり」とあなたは判断するのですね?
どこが?



208 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/22(火) 22:21
嫌いといえば、ディックが中途半端なままで終わってるので
再度出す!!!!!
何冊か読んだけど面白くないよ、あれ。
どこがいいのか。

209 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/22(火) 23:42
>207

 大丈夫だ、SFMのSF関連図書目録には「剣豪将軍義輝」
が載ってた事もある。「本格時代小説」というサブジャンル
がSFに有ったとはしらなかったが、アレがSFだというのな
ら、「動物のお医者さん」も立派にSFだと思う。

 宮本昌孝ってファンダム出身だったっけ。

210 :名無しさん@1周年:2000/08/22(火) 23:59
宮本昌孝はたしかデビューがSFMだったような。

211 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 01:19
ディックの話は、
「しょぼい世界でしょぼい人々が
個人的な問題を解決するために小活躍する。」
というような話なので立派な人生を歩んでいる人には
理解できないと思った。
僕はかなりのダメ人間なのでイケマス。

212 :名無しさん@1周年:2000/08/23(水) 08:33
ディックは、にたような話を書くワンパターン作家
二三冊読んだら、後は読まなくていいと思う。

213 :ヘンケン:2000/08/23(水) 09:10
自称正当SFファン(死語)は、今も昔も頭の痛い存在。
代表例:○○○至上主義者

※○○○=その当時の嫌いな奴が薦めるめる作家


214 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/23(水) 09:13
>210

 ま、SFファンの言う「SFマインド」の正体なんて、実は
その程度のモノだったりする訳で。星敬氏は、なんでもSF派
らしいけど、「剣豪将軍義輝」がSFだという感性と、178氏


>にしても、神林がまた取るんだぜ?日本長編。

 という話は根の所では通じるものが有ると思う。結局、「内
輪」なんだよ。ソレが評価の基準。外じゃ全然通じないけど、
貰ってうれしい人が居るんだから、良いんじゃない。

215 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/08/24(木) 16:06
おれも相当の駄目人間なはずだが、いけない・・・
なぜだ!!!
ところで神林とディックって似てるっていわれるし、
ディック好きの人に勧めたこともあるけれど、最近、
ウソのように思えるんだけど。
どなたか意見聞きたい

216 :>211:2000/08/24(木) 21:18
>しょぼい世界でしょぼい人々が
>個人的な問題を解決するために小活躍する

いままで聞いた中でもっとも完璧なディック論だと思いまふ。
でもディック好き。

217 :へろ:2000/08/25(金) 02:57
SF大会、なんか自分の力で共通の趣味持った仲間を探す根性無い
人とか、凝り固まった自分の考え方しか無い人が多すぎ。もちろん
全部じゃないけど、多い。あと、人の話聞かない人。
旦那が奥さん表彰する「星雲賞」なんて、日本SFでの大きな賞と
して見ないで欲しい。内輪で表彰しあって喜んでるみたい。


218 :名無しさん@1周年 :2000/08/25(金) 04:36
SFオタクって、つくづく性質が特撮オタクと同じ。
つうか、趣味が被ってるのか??

219 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/25(金) 20:34
>218

いまごろ気づくなよ。
つーかSF=特撮=アニメ=ファンタジー=ゲームは基本だよ
ディープさは他の連中とは格段に違う奴のあつまり。
そりゃあ、みんな30代だし(若い奴はSFを読まない)あたりまえ

220 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/26(土) 03:58
「趣味かぶってる」って、あんま、決め付けないでよ。
わたしは【昔の特撮好き/アニメ嫌い/ファンタジー興味ナシ/ゲーム嫌い】のSF読みだよ。

221 :1 :2000/08/26(土) 08:09
20代で、特撮は見ない時々SFを読む人間です

SF大会参加してない人はSF読んでないみたいな
言い方が嫌です。普通にSFも読む人はいっぱいいるはずです。

SFファンは自虐的すぎるんじゃないですか?

222 :221 :2000/08/26(土) 08:12
すいません。1を騙るみたいになってしまいました。
221は1じゃないです

223 :>207@`214 :2000/08/26(土) 13:47
あのリストは参考にならないって
好意的に言えば「SFファンが興味ありそうな作品」をリストしたもの
もっともその基準はファンダムで話題になった作品か、かつてファンダム
でSFと認定した作家の新作、というもの。
宮本昌孝はハヤカワ時代のことは無かったことにしたいのにね

>221
SF大会に参加しているからといってSF読んでるとも限らなかった
りします。あくまでも自分の周辺での話題ですが、単におたくな
ネタが好きなだけで、SFは読んでない独身社会人も結構参加して
いますしね。

224 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/26(土) 15:35
某地方コンベンションでは、食い物目当てのただのオタクが結構参加してるぞ。

225 :178 :2000/08/27(日) 14:25
>223

なるほど・・・
しっかし、やっぱり疑問が沸きあがってくるのが
「動物のお医者さん」が良くて「エヴァ」が駄目な理由。
とほほほほほ

226 :名無しさん@1周年 :2000/08/27(日) 19:28
星雲賞とかヒューゴー賞になんか幻想を抱いてたんだね、、、
SF大会には行ったことないけど、長編賞「日本沈没」短編賞「日本以外〜」
ってあたりで気がつきそうなもんぢゃない。

227 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/27(日) 20:02
そんな昔の受賞記録覚えてる奴いないよ。>226
と考えると過去をすぐ忘れる日本人には向いた賞だな、星雲賞。
「宇宙戦艦ヤマト」を選んでその後ほっかむりしてたり
後から見ると選出者のセンスの内輪受けぶりがわかるからな。

228 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/27(日) 20:04
内輪受け+瞬間湯沸し的熱狂
だ。>227

229 :名無しさん@1周年 :2000/08/27(日) 22:24
映画「シックス・センス」のブルースウィリスは
トップシーンで死んでしまい、それ以降の彼は幽霊です。


230 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/27(日) 23:53
トラベルミステリーみたいなトラベルSFって誰か
書かないかなーー。

231 :名無しさん@1周年 :2000/08/28(月) 00:44
以前、あかほりさとるが、そんな感じのを書いてました。
タイトル失念。


232 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/28(月) 21:02
あげあげあげあげあげあげあげあげあげあげあげあげあげあげあげあげあげあげ

233 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/28(月) 21:07
梅原克文ってどう評価されてるの?内輪で>227,228
読んでみて「売れるものをかけ!!」って言ってるだけしか
聞こえないんだけど。
いいこと言ってるよな、とは思うけどさ

234 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/28(月) 23:07
>211さん
 >映画「シックス・センス」のブルースウィリスは
 >トップシーンで死んでしまい、それ以降の彼は幽霊です。
え!それってティム・ロビンス主演の「ジェイコブスラダ−」
のような話なんですか?

235 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 00:51
 ネタばれすなー。

236 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 01:35
>>233
売れるものを書け!まわりはいいんだけど、
団扇の人気作家の悪口まで言うからダメなのよ。

237 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 01:46
>>233
主張自体は耳を傾けるべきところもそれなりにあるのに
私怨を引きずってうだうだ言ってるようにしか
見えないのがマイナスポイントでは。

238 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 14:16
カードつまんねえ。
『死者の代弁者』以降は撲滅して欲しい!!
なんだゼノサイドワーシングネンダイキ
ながいだけ!
撲滅撲滅!


239 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 16:05
>>237
私怨ってずっとそうなのかなぁ。
これ誰か口の悪い有名人が言い出したんだっけ、えーと細田氏?
多少は本当だろうけど、みんなも「私怨」のフレーズを拡大再生産して
言葉にひきづられてるように見える。
おもしろいからいいけどさ。

240 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 16:27
ていうかどう見ても面白そうなものかいてない作家なんてどうでもいい

241 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 18:38
>240

ソリトンってつまんないよね

242 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/29(火) 19:17
菅拾えの小説って修辞おおすぎで読みづらい

243 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 15:17
オルティコスの方は読んでないのでよく知らないけど、
雨の檻は良かった気がするな

244 :名無しさん@1周年 :2000/08/30(水) 15:29
モズ中野ウザイ

245 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/30(水) 16:35
↑解説希望

246 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/31(木) 01:03

多分某MLだと思う
つーか、うざきゃやめろよ、>244

247 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/08/31(木) 03:03
宮本昌孝(だっけ?)のタリオンシリーズ。続きは?つーか、終わってる?
それすらも知らん。
「夏への扉」「ニューロマンサー」クソ本だったぞ。読後即刻GO TO ゴミバコ。

248 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/01(金) 21:35
つーかハインラインで面白いのは宇宙の戦士だけ

249 :>248 :2000/09/02(土) 00:00
月は無慈悲な夜の女王と、岩崎書店版の翻案バリバリのラモックスは
面白いぞ。

250 :名無しさん@1周年 :2000/09/02(土) 00:41
この野郎、クソ筒井め!
天才だ天才だと周りが誉めるから読んだがただのキチガイじゃねぇか。
あれを中学生が読んだら騙されるわ! っていうか俺が騙されたわ!
あ〜汚染される〜
(と言いつつ全部読んでたりして)

251 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/02(土) 02:10
筒井康隆を面白がる奴氏ね!

252 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/02(土) 02:11
ニューロマンサー最後まで読めない奴氏ね。

253 :名無しさん@1周年 :2000/09/02(土) 02:28
シックス・センス、ブルースウィリスはトップシーンで撃たれて
死んでしまい、後は幽霊。
ふざけんな!

254 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/02(土) 03:15
>>253
その書き込みが面白いと信じているお前が死ね。

255 :名無しさん@1周年 :2000/09/02(土) 03:25
SFはどれも常識が無いドキュソな内容

いらん

256 :名無しさん@1周年 :2000/09/02(土) 04:20
常識ですって。奥様聞きました?

257 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/02(土) 04:27
252は読めなかったに1票

258 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/02(土) 16:50
川上稔(電撃)死ね!!
かっこいいと思ってるあたりがむかつく

259 :名無しさん@1周年 :2000/09/02(土) 18:18
253
何が不満だ?

260 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/02(土) 22:04
ニューロマンサーは格好悪いよね、今読むと。
所詮サイバーパンクは、ファッションだよ

261 :>260 :2000/09/03(日) 00:07
20年前のはやりを
したり顔で批判する君おめ

262 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/03(日) 00:27
なんだか、いちいち、
オマエモナー
を長ったらしくしたレスが付くのがウザイね。

263 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/03(日) 22:48
>261

つーか「はやり」を勧めているのが今の
SFファンじゃないの?
つーわけで悪いのはSF古参ファン。
氏になさい

264 :>263 :2000/09/03(日) 23:09
オマエモナ

265 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/04(月) 17:38
SFってまわりくどい設定ばかりで、読み物としてレベル低い。
映画のように、ビジュアル化が必須。


266 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/04(月) 18:03
ビジュアル化されたものはSFだらけな気がするぞ>265


267 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/05(火) 01:25
>265
なんか、2chらしい、単純なあおりだなぁ。
もっとSFファンにぐさりときて、頭に血がのぼるネタをやっておくれ。


268 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/05(火) 02:23
「宇宙戦艦ヤマト」は当時のSFファンに最高の作品として賞賛され、
国内でもっとも権威ある星雲賞を獲得した。


269 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/05(火) 02:58
>268
星雲賞はファンダムの身内同士で決めてるローカルタイトルだという
スレがあったばかりなのに。あんな赤裸々な内部告発がアップされた
スレの後で、なぜ、こんなタイミングのずれた書き込みするのかなぁ。
もっと頭使って!


270 :>268 :2000/09/05(火) 03:00
うぐうううう、それは本当に痛いところを突いてくるな。

271 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/05(火) 03:16
>268
オマエは本当にイタいヤツだ。……なぁ、270?


272 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/06(水) 00:56
受賞者によっては暗黒の方が権威ありそうな錯覚に囚われたりするのですが>星雲賞

273 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/06(水) 02:02
日本で最初に評判を博したクトゥルー神話作品は、朝日ソノラマ文庫から
出版されていた「クトゥルーオペラ」シリーズである。

なお同文庫からは「宇宙戦艦ムサシ」という作品も刊行されていた。

274 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/06(水) 10:36
なつかしいなー。昔のソノラマ。加納一朗とか好きだったな。
荒馬是馬とか。SFじゃないか? まあ、なんだか懐かしい気分に
させてくれて、ありがとう!>273
なんだか、ほのぼのしたよ。「なつかしスレッド」として、このまま
続けるか。

275 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 14:29
「宇宙戦艦ヤマト」の小説版もソノラマだったなぁ。
あのオチは、当時小学生だった私にはショックだった。



276 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 17:40
ゼネプロの「中国戦艦・・・」ネタがワカランかったな
ガキの自分だったし。
どなたかご教示希望!

277 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 22:12
ああ、さらやまは幼稚園児の時、見に行って泣いたな。
古代の兄ちゃんが死んじゃったって
20年近く思い出を封印してたけどさ


278 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/07(木) 02:01
どんなオチなの? テレビ版とちがうの? 知りたい…>275

279 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/07(木) 10:09
>278

同感

280 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/07(木) 11:03
275じゃないけど。僕もショックだった。
スターシャは初期設定どおりのコンピュータ。ガミラスはスターシャが
作った幻影かなんかが実体化したもの。
スターシャが与えたのは、放射能の中でも生き延びられるように地球人を
改造する方法。
最後にヤマトは沖田艦長以下最後のガミラス艦隊に特攻して、古代と森だけが
脱出艇で地球へ帰っていく。
救いがあるのかないのかわからない話だったな。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/07(木) 15:20
ガミラス艦隊に特攻じゃなくて、ガミラスのモトになってるスターシャ
(イスカンダル星内に張り巡らされたコンピュータネットワーク)を
破壊するために、イスカンダル星に特攻する。
古代と森はキャプテンハーロック(実は古代守)が使っていた宇宙船
ファントム号で地球に帰還する。

原案 豊田有恒、作 石津嵐
最初は「地球滅亡編」と「地球復活編」の2分冊の単行本で出た。
後に文庫に収録されたときは1冊にまとめて出た。
一冊に

282 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/07(木) 22:47
それってヤマトじゃないじゃん

283 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/07(木) 23:48
ちなみに島はガミラスに改造人間にされて真田を暗殺したあと、
古代にメーザー銃で炭にされます。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/08(金) 00:22
んで島が破壊活動をしかけていた結果、たくさんのヤマトの乗員が
イスカンダルにつく前に死んじゃうんだよね。
島、悲惨だったなー。
ばれると真田を殺した凶器を明かすんだけど、腕の皮膚をベリベリと
ひきはがすと鋼鉄の腕が・・・というもので生々しかった。

285 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/08(金) 00:37
>282
つーか、アニメのヤマトより、断然面白そうじゃん! 読みたくなってきたっ!

286 :大盛名無しさん :2000/09/08(金) 01:01
……無茶苦茶読みたくなってきた。

287 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/08(金) 05:15
石津嵐 ってば現在の霧島なっちなちと関係ありだっけ?

288 :ヒロくん :2000/09/08(金) 05:17
春口に知り合った まさよって女。
マグロならまだしも とにかくヘタ。ドヘタ。

289 :名無しさん@1周年 :2000/09/08(金) 18:07
必死にイスカンダルについたのに、
いきなり「放射能で汚染された星を元に戻すことはできません」と
言われちゃうんだよね。「コスモクリーナーはありません」とも。

ひどいよ、スターシャ。

290 :名無しさん@1周年 :2000/09/08(金) 18:20
霧島は若桜木名義で、ヤマトのアニメに忠実なノベライズを
やったんじゃなかったっけ。ソノラマじゃなくコバルトだったかも。

291 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/08(金) 18:39
 たしかコバルトだったかと。近所の古本屋で立ち読み(藁)した覚えがあります。
 でも、ストーリーはまだしも、けっこうポンチ絵なアレンジがあったです。
 艦載戦闘機隊がブラックタイガーと「ホワイトジャガー」だったりするし。


292 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/08(金) 22:01
>285

いや、面白そうだったのでつい・・・
そんなのヤマトじゃ・・・(ボカッッ、バキッ、ドス)

293 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/09(土) 21:52
20年前のソノラマは、まともな人の読むもんじゃなかったな。
今じゃ、まともな人もまともじゃない人(おたく)も読まない、
文庫になってしまった。
だれが読んでるんだ、あの文庫。
常連以外、読みそうにないじゃないか。

294 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/10(日) 01:27
ライトノベルを誰が読んでいるのかはいつも謎だな。
ソノラマじゃないけどブギーポップなんて平積みで凄い量。誰が買ってるんだ?

295 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 09:06
>293

 ハヤカワJAよりはマシだと思うけど(^^;。まともな人も、
おたくも、厨房も読まない文庫。そもそも、SFのレーベルじ
ゃ無くなってるし。

 ソノラマは行き場のい無くなった国産SFファン。ブギーは
中高生でしょう。吉川英治の昔から小説の量的な消費層の中心
は中学生(昔の)だから、商売としては妥当な戦略だと思う。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/10(日) 11:16
どっちかって言えば早川や創元の文庫SFのほうが
「誰が買ってるんだ」だと思うけど(いたたたたた)

297 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/10(日) 22:04
いや、可愛そうな人が読んでいそうじゃないか(笑)>296

298 :江トホ :2000/09/10(日) 23:52
こら!「順列都市」!仮想世界の入れ子構造が全然生きてないじゃないか!
それに反宗教の押しつけやめろ!クライマックスで演説すな!

299 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/12(火) 15:12
ソウヤーも演説するよね>298

300 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/12(火) 21:20
イーガンにストーリーを求める方が可笑しいのでは?

301 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/12(火) 21:49
300<そうだそうだっ。それにしては話が長いケドな。

302 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/13(水) 21:26
しかも単調だからなおさら問題だが・・・

303 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/13(水) 23:25
SF板、つまんなすぎるわ…。

304 :At.N. :2000/09/13(水) 23:35
しかしここの現状は
2ch での SF ファン気質の正しい反映の一形態という気はする。

305 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/14(木) 03:33
平和でいいじゃん。
軍事板ですら煽り食らってンのに。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/14(木) 03:49
確かに平和な板の存在は貴重だと思うが、
この板に関して言えば、ひょっとして
沈む船からねずみが逃げだしていってるだけなんでは……。
ねずみがいないから平和でいいねえ、とか喜んでいて大丈夫なのか?


307 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/14(木) 04:24
今時SFファンなんてやってる以上沈没は構わないよ。
でも、もっと途連れが欲しいね。


308 :なぜこんなにもSF板がつまらないのか? :2000/09/14(木) 06:25
SFが終わっているウンヌンより、SFファンという人種が
終わってるのか。人間的に面白味に欠ける、という。
それとも、やはり題材自体が終わっているジャンルだから、
面白がることに、そもそも無理があるのか。
反応がにぶい気がするしな。活発とはとうてい言えない。
あまりにも閑散としていて人がいないのが原因なのか。
つまるところ、過疎化した老人社会が反映された板、という
認識をもった。

309 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/14(木) 15:06
単に、若者が読まないだけだと思うけどな、SFを
だからSF板がはやらないし、人がこないんだよ。

ディック、S・Wブームの時代ならカキコ多いと思うけどね。
つーわけで虚無回廊万歳(ドッカーン)!!

310 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/14(木) 20:56
SF板の悪口大会になってきたな
それもまた良し!!

311 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/16(土) 02:32
作品と関係なくSF論を展開したがる連中と、
作品と関係なくSFヲタクを叩きたがる連中と、
作品と関係なくゲーム話を盛り上げる連中とで
ほぼ構成されるARMS&スプリガンスレッド、いい加減ムカつく。
ゲームネタ自体は悪くないと思うが、やりたきゃ別スレッド立ててほしい。

で、あのスレッドにはムカつくんだが、
あんな駄スレにいつまでも頭押さえられている
最近のSF板のブザマぶりにはもっとムカつく。
ARMS、スプリガンに対して、
「あんなのSF板でまともに語る価値ナシだよ、厨房クン(藁」
とか思うのは別に結構なんだが、
じゃ、あのスレッドの上に這い上がれもしないどころか
放置プレイされてる他の作品スレッドは語る価値なし以下ってことかい。
「SFの90%はクズである」
「残りの10%は?」
「SFとは呼べないものである」
とか、そーゆーオチついてんのか?>スタージョンの法則

てゆーか、SF作品・作家がタイトルのスレッドがあまりに弱すぎ。
SFがSFファン以外の心を遠ざけている理由の考察はよく見るが、
実はまずSFファン自体がSF読んでないんじゃないか?
少なくとも、SF板のSFファンが情熱を持って語れるのは、
SF作品についてではなく、
SFじゃない作品の罵倒とSF関係者のゴシップだけのようだ。
SFファン全体がこうなのか、SF板のSFファンがエセなのか、どっちだ?


312 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/16(土) 03:58
いくら書き込みしても反応がないものだから、自然と落ちていくし
それがわかってくるとまともな書き込みをする意欲が減退する。
だから、308の意見もでてくる。
書き込みがあったら、反応してあげる。これを地道に行うなら
状況は変わるかもしれない。

ゴシップは一部の人間があげまくっているのだろうが、ノンSFを
罵倒しているのではなく、SFかどうかを問題にしてるのでは。


313 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/16(土) 04:05
「人がこない」というより、人が離れていってる気がする。
連休中なのに、この書き込みの少ないことと言ったら!
ゴーストタウンを連想させるSF板。というより、
「こちらニッポン…」の序盤みたいだ。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/16(土) 05:43
なんか中身についてちょっとつっこんだ書き込みをすると
無視されるんだよね。
なんちゅうか、外的には攻撃的だが、
サークル内部での議論はあんまりしたがらないような印象がある。


315 :314 :2000/09/16(土) 05:44
外的→外敵です。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/16(土) 09:19
あんまり関係ないけど、アメリカ学園映画でのSFファンの描かれ方って
惨いよね。フットボールチームのキャプテンを頂点として最下層人種
って感じ。
「パラサイト」なんてSFファンのいじめられっ子が宇宙人に寄生された
フットボールチームやっつけてヒーローになる話だしな。

317 :311>312 :2000/09/16(土) 09:38
>ノンSFを罵倒しているのではなく、SFかどうかを問題にしてるのでは。
なんか、はたから見たらどっちだって大して変わらないような
気もしなくもないが……。
確かに語弊がありそうなので言い換えると、
SFじゃない作品の罵倒、じゃなく
SF的要素を持ってはいるが自分たちは「SFじゃない」と思う作品の
否定と言ったらいいだろうか。
要するに、自分たちで「SF作品」と「SFじゃない作品」を
分けるのがお好きなようだが、熱っぽく語られるのは主に後者に思える。
ファンじゃなくて、アンチってことか。
SFファンじゃなくて、アンチ「SFじゃない」。

そんで、SF作品の中身について語りたがらないのは、
SF板のみの傾向なのか、SFファン全体の傾向なのかどっち?


318 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/16(土) 10:21
恐怖のまっただ中に居る人間はホラーを読まないだろう。
同様に確固たる「日常」が無い時、SFはあんまり魅力が無いのかもね。
だから若者はSFを読まないのかも。

そーいう俺も昔ほど読んでない。

319 :At.N. :2000/09/16(土) 10:58
>>313
各 ISP の DNS で 2ch.net の IP address が引けない症状が
多発してるらしい(というかおれも食らった)んで
連休なのに人がこないってのはここだけの問題ではないようだ。

...まぁそれだけの話でも当然ないが。
アクセスランキングを見てみたら、ここよりはにぎわってそうな板でも
SF 板よりアクセス数自体は低いとこがけっこうあってびっくり。

320 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/18(月) 22:34
最近、SF読んでないのでねえ・・・
読まなきゃならないのだが、文字資料読む商売だと、
休憩に文字を読むのは避けたいんだよ、これが>311

321 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/18(月) 23:57
オレも最近忙しくてSF読んでないなぁ・・・
なにやってるかっていえば2ch・・・鬱だ

322 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/19(火) 16:31
やっぱり何にSF衰退の原因があるかといえば、
SFのつまらなさも一因だが、大学SF研の体たらくも大きいだろう。
何やってんだ、今頃の大学生は。
みんなゲーム研化してるし・・・

ファンジン大賞とってる連中で大学の奴らなんか見たこと無いぞ。

323 :>322 :2000/09/19(火) 19:23
何年か前のお茶大が最後だっけか?

324 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/19(火) 22:19
お茶大は反則。
退会がないんだぞ、あそこは。
いまだに阿部さん現役じゃないか。
大森や今村や巽や中村や渡辺が現役なら
ファンジン大賞とれるんじゃないか?
大学SF研。

325 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/19(火) 22:35
そういえば、田中香織がお茶大SF研の阿部さんに
勧誘されてたな。

326 :名無しさん :2000/09/20(水) 21:36
大学SF研で今も活躍してる所って、
京大か東洋大かだよね。
東大の駒場キャンパスいったら部員勧誘していて
なかなかコユイ看板たててて笑ったんだけど、
あいつら「うん」「すん」とか作ってるのだろうか?

327 :名無しさん :2000/09/20(水) 21:38
あと慶応大って何してるんだろう。
かなり最近まで巽が寄稿してた記憶があるけれど・・・
「ホライズン」だったっけ?

328 :名無しさん :2000/09/21(木) 21:33
そういえば「ピニョール」つまんなかった。
「太陽の簒奪者」も気宇壮大で予想外だったけど、つまんなかったし。
ロケットガール以外は、糞だよな、あれ。
絶対キャラ萌えだよ、野尻は

329 :名無しさん :2000/09/21(木) 21:36
ピニェルじゃない?それ>328

330 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/22(金) 15:08
うう、悪口スレッドなのにこの平和さ。
SF板っていいなあ・・・。

331 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/22(金) 15:42
さびれてると言えるかもしれない。

332 :名無しさん :2000/09/22(金) 18:14
つまらないからだろうね。
業界関係者がみんな死んでしまえば、少しは面白いと思うけどな。
大森望以外は、はっきりいってウザイだけ。
必要なし。

333 :>332 :2000/09/22(金) 20:28
大森望こそウザイ関係者の最右翼だと思うが

334 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/22(金) 20:44
堺三保(ぼそ

335 :クーベルタン男爵さん :2000/09/22(金) 20:49
オリンピック板すげーぞ!
さっき15分で1000レス超えたスレッドがあった。
今100スレ中80以上が篠原スレだ。

2ちゃん史上最速だったかも。


336 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/22(金) 21:48
三村美衣(ぼそ

337 :名無しさん :2000/09/22(金) 21:54
小谷真理

338 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/22(金) 21:59
ゆるせん!あのニュージーランドの主審!!!
内股すかしをしらんとは!!
フランス人を殺せ!
ヴェルヌを焚書してドウイエを叩ききれ!!

339 :名無しさん :2000/09/24(日) 18:04
話はかわるけど、最近のSFアニメってすごくつまんないんですけど。
面白いのってあるんですか?
サクラ大戦もゾイドもひどいし・・・なんで成長ものに・・・
衛星は観てませんが、何か良いアニメあるのでしょうか?

340 :名無しさんだよもん :2000/09/24(日) 18:06
>339
Hand maid メイがいいぞ。

341 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/24(日) 19:10
>340
最初の4話位しか見てないが・・・。
マーケッティングの成果かかなりあざとい作品になってるぞ。
SFコメディと言えばそうかもしれん。
天地無用が好きでメイド萌えの人にはたまらんと思うが。


342 :名無しさんだよもん :2000/09/24(日) 20:00
あざとさ炸裂っつーかこれ以上無いってくらい媚びた作品なんだけど、
なぜかあんまり嫌みが無いのが良いのよ。ハァハァ…。

343 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/25(月) 00:41
期待してないんで、ワラって許せるってとこでしょ>メイハァハァ…




344 :名無しさんだよもん :2000/09/25(月) 00:56
「サイバー」と名が付くものはロクでも無いって法則が、また実証されたな…>メイ

345 :くるくる少女 :2000/09/25(月) 01:03
>339さん
ファンタジー物としてならSTRANGE DAWNが
お薦めなんですけどね〜
オーディアンも悪くは無かったと思いますよ。

>343
期待してないんで 萌えて許せるという感じです(笑
レナちゃん萌え〜(死


346 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/25(月) 13:17
ここに書くのもなんなんですけども・・・
SF板に雑談とかスレたてるまでもない質問とかのスレってありますか?
よく見たつもりだけどみつからないので。

347 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/25(月) 14:14
無いんでない?

348 :名無しさん :2000/09/25(月) 14:51
348さんではないんですが、雑談スレってあったら嬉しい。
ちょっと聞きたいことがあるときに便利そう。

349 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/25(月) 15:26
たてちゃいますか?

350 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/25(月) 16:37
たててよし

351 :346 :2000/09/26(火) 12:59
たててみたんですけど・・・
誰か来てくれるんでしょうか。うう・・・


352 :339 :2000/09/26(火) 18:03
ありがとうございました。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/27(水) 13:17
悪口のネタもつきたようだが・・・
最近腹が立ったことをいうと、やっぱりパヴァーヌ。
再刊されたのはいいんだけど、高野文緒があれだけ
SFマガジンの70年代特集でべた褒めする理由がワカラン。

いや、良くできてるとは思うんだけどな。
高野って馬鹿か?いや単にオトメなだけなんかもしれんが

354 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/27(水) 22:04
マガジンってつい最近60年代特集やってたな。
次は80年代特集なんだろうが・・・
多分90年代特集はやらないに一票!

355 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/27(水) 22:12
>>353
そんなに『パヴァーヌ』が嫌い?
地味なイギリスSFを愛する私にはとても良いものと思えたよ。

あーもっと地味なSF訳せよ。ジョン・クロウリーとかクリストファー・プリーストとか
ジーン・ウルフとか。
訳されないからしかたなしに買った原書が溜まる一方だよ。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/28(木) 07:39
>>355

いや、そこまで絶賛するほど面白いとは思わなかっただけで
良くできてるとは思うんですな。

むしろ高野の誉めっぷりに呆れたといったところですね。
いや、販促なんだろうけど・・・
プリースト・・・たしかに訳されない・・・(笑)

357 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/29(金) 02:25
プリースト売れてないのかな。
「逆転世界」はよかったけど、他のは読んでないや。
「ドリームマシン」とか他の面白いのかな。


358 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/29(金) 11:03
「ドリームマシン」は面白いよ。ストーリーテリングが絶妙。
でもサンリオから出てた他の作品(タイトル忘れた)はクソつまらなかった

359 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/29(金) 16:46
プリーストといえば、むかしNW-SFとかSFマガジンに載った
短編が好きだなあ。『観察者』とか、『拒絶』とか。
短編集出してくれんものか。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/29(金) 19:23
伝授者・・・つまらんぞあれは

361 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/09/30(土) 21:39
そういえば、マガジンの上遠野新刊クロスレビューが傑作だった(笑)
三村美衣の「勘違いレビュー」
鏡明の「SFごりごりレビュー」
川口浩太朗の「あっちの世界レビュー」

もうベクトルがめちゃくちゃ。
3人のレビューたしてあの作品を想像できる奴はいないだろ(爆笑)
とくに鏡明のレビューは最高傑作だった。
氏んでくれ、おっさん(笑)


362 :>361 :2000/09/30(土) 21:57
そら面白そうだ。
久々に立ち読みしてみるか。

363 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/01(日) 22:06
たしかにな、361(笑)

マトリックス、パーサーカー、順列都市、レムの4作品を足した味わい
で面白いと思える奴はそうはいないな(笑)
鏡明気が狂ってるとしかオモエンな

364 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/02(月) 10:55
来月のクロスレヴューはカードの新刊なのかな。
いやだなあ

365 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/02(月) 20:15
今月のマガジン、後ろの方でSF作家が早川SFのマイ・ベスト
を5作品あげていたけど・・・いつから秋山瑞人がSF作家に
入れられるようになったのやら(藁

絶対、今年1月、大森望が読んで絶賛したからに違いない(藁

それはともかく野田大元帥のラインナップは
実に微笑ましい・・・大元帥ともあろうお方が(藁

366 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/02(月) 23:01
SF業界人にヤング・アダルトの書評って無理だろうって
思った。鏡明・三村美衣のレビュー
オーソドックスすぎて気味が悪い感じ

367 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/03(火) 20:48
なにゆえ茅田砂湖がSFファンに騒がれない?
「スカーレット・ウィザード」読んだけど、すっごく面白かったゾ

368 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/03(火) 20:59
秋山がSF作家でないというのは相当に納得がいかないが。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/03(火) 21:53
でも、「猫の地球儀@」が出て、大森が絶賛するまで、
だれも話題にしてなかったよ、秋山を。

「EGコンバット」ファンとしては腹が立ったな、あれには
最近の傾向はとてもいいことだとは思う

370 :>369 :2000/10/04(水) 00:24
じゃあ大森には感謝すべきなのだね

371 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/04(水) 02:54
>>361
読んでみた。鏡明は逝って良しだけど、三村美衣は許してあげても良いと思った。
というかこんなレビューじゃなきゃわかんねぇマガジン読者がガンなのでわ?
ちなみに361に依頼が来たらどのように書くの?アプキボンヌ

372 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/04(水) 02:56
>>361
読んでみた。鏡明は逝って良しだけど、三村美衣は許してあげても良いと思った。
というかこんなレビューじゃなきゃわかんねぇマガジン読者がガンなのでわ?
ちなみに361に依頼が来たらどのように書くの?アプキボンヌ

373 :ジジイ :2000/10/04(水) 05:52
正直な話、ヤングアダルトと呼んでる時点でアウトでしょう。
ガキにはガキの好きなようにさせてやれと私は思うんですがねえ。

374 :名無し三等兵 :2000/10/04(水) 08:57
>373

 商売としてはそういう訳にも行かないんでしょ。SFファン
は翻訳が出てれば満足だし、ライトノベルファンは現状に満足
してるからライトノベルファンをやっている。作家は読ませる
実力の有る人間はどんな場所でもSFを書くし、実力の無い作
家が消えていくのは何時の時代でも当たり前の事。

 困ってるのは「あの連中」だけ。

375 :参参四 :2000/10/04(水) 16:42
今月のSFマガジンで一番面白いのはSF作家のマイベストの
その作家の「最新作」の欄だと思う。
つーか仕事しろよ、森岡。

376 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/04(水) 18:19
違うな>375

一番面白いのは断じてそこではない。
日下三藏のコーナーだ!!

おれ、今日泊亜蘭が数十カ国語に通じた言語学者
だったなんて知らんかった。驚愕したね(爆笑)

頭の悪い爺さんとばかり思ってたよ。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/04(水) 18:22
そういえば今日泊亜蘭っていつの写真見ても爺さんだな

378 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/04(水) 22:02
>>372

たしかに。あれじゃ書評じゃなく内容紹介だ!といいたいのは
山々だが、本人も書きたくて書いた訳じゃなく、ほかに書くことも
ないので、あんな書評になるのだろうな。

結局YA書評のフォーマットが完成していない、
それ以前に三村あたりがYAの第一人者を自任し、騒いでいながら、
なんらYAを実情に即して定義できていない所にあるんじゃないか?

方法論もそれじゃ出てこないよ。
第一SFの書評なんて、どっかの文学理論のパクリでしかない。
いいかげん知的怠慢を止めて欲しいとは思うけど・・・


379 :ドクター・アダー :2000/10/05(木) 01:30
>376
 その頭の悪いじいさんと言う評価は、今日泊亜蘭のどの作品を読んでの
評価なのか、聞かせていただきたいね。

>377
 そら戦前から書いてる人だからな。


380 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/05(木) 03:09
ひょっとするとあの講談調の語り口って、わざとなのか??
20世紀最後の驚異だよ。


381 :ドクター・アダ− :2000/10/05(木) 03:33
>380
 脅威はおまえだ。
 講談調の語り方の意味をよく考えろ。
 お前は二十世紀に置いて逝く。


382 :てゆーか :2000/10/05(木) 12:52
たんに今日泊をよく知らん人なのであろう
(よく知ってる人がいるのか?)

383 :参参四 :2000/10/05(木) 16:25
今日泊亜蘭って、第一世代の中じゃ一番「読める」作品を
書く人だとと思うけどな。>376

まあ本が残ってないけどな。

384 :名無し三等兵 :2000/10/05(木) 18:42
今日泊氏は、今生きている内では日本SF界で最もえらい人です。
柴野先生が頭が上がらないのは、この人と柴野先生の奥さんだけですから。

385 :376 :2000/10/05(木) 18:52
>379

昔、SFマガジンで連載されていた「緑の・・・」だけど
わたしは脳共の頭の悪さに死ぬほど笑ったんだけどな(笑)
講談調の語り方は今にしてみれば戦略的なんだろうけどね。

だからこそ日下三蔵には感謝してるよ。
むしろ今日泊亜蘭を戦前から位置づけてほしいなって思う。
いつから「SFにされてしまう」「SFになる」のか。
その内在的契機は、日本SFを考える上で面白いと思うけど

そういう意味でも面白い記事だったと思ったんだけどな>383他


386 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/05(木) 18:53
SF界の森繁ですな(笑

387 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/05(木) 19:11
小松左京とどっちがつまらないのか?
は判定が微妙かも

388 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/05(木) 21:31
YA書評ねえ。
無理だろ。

本来SF書評でさえ、独自の理論を構築しなきゃいけないのに、
やってることといえば、文学理論をつかってるだけだしな。
それも一番文学に近い、ディックでやるだけだったし。

389 :>ドクター・アダ− :2000/10/06(金) 01:28
あんた心酔者?今日泊亜蘭に今さらどう、何を期待しろと?
>講談調の語り方の意味をよく考えろ。
どういう深遠な意味があるかさっぱりわからないんで
詳しく教えてくれよ。俺には読みにくいうんざりする文章という
感想しかないんだが。あれのせいでSF蛸壺の人数が増えてくれ
たのかな?
俺には作家の権威やら蛸壺の住人の評価なんてどうでもいいよ。
読みやすい文体と面白い内容があればね。それ以外はたとえなん
だろうとクズSFだ。

390 :>ドクター・アダ− :2000/10/06(金) 01:37
あんた心酔者?今日泊亜蘭に今さらどう、何を期待しろと?
>講談調の語り方の意味をよく考えろ。
どういう深遠な意味があるかさっぱりわからないんで
詳しく教えてくれよ。俺には読みにくいうんざりする文章という
感想しかないんだが。あれのせいでSF蛸壺の人数が増えてくれ
たのかな?
俺には作家の権威やら蛸壺の住人の評価なんてどうでもいいよ。
読みやすい文体と面白い内容があればね。それ以外はたとえなん
だろうとクズSFだ。

391 :>ドクター・アダ− :2000/10/06(金) 01:55
>講談調の語り方の意味をよく考えろ。

どういう深遠な意味があるのか詳しく教えてくれないか。俺には
単に読みにくくてうんざりする文章だったという印象しかないんだ
けどね。「蛸壺」の方では絶賛でもされてるの?

392 :>ドクター・アダー :2000/10/06(金) 02:04
>講談調の語り方の意味をよく考えろ。

どういう深遠な意味があるのか詳しく教えてくれないか。俺には
単に読みにくくてうんざりする文章だったという印象しかないんだ
けどね。「蛸壺」の方では絶賛でもされてるの?

393 :名無しさんだよもん :2000/10/06(金) 02:31
同じ様な事を4回書くのは、新手の荒らしか?
あと、なによ、小説の文体の持つ効果を解説してくれだぁ?
匿名掲示板とは言え、よくまぁそんな恥かしい事が言えるなぁ(藁。
そもそも本の良さ/悪さは人から説明を聞いても納得できないぞ。
その説明の良し悪しに関わらずな。

394 :名無し-17 :2000/10/06(金) 02:38
今日泊亜蘭て珍しい名前ですが、なんかのもじりですか。

395 :名無し-17 :2000/10/06(金) 02:43
多重書き込みはハネられるようです。この板。

396 :392 :2000/10/06(金) 02:52
屑サーバーのせいでね。あんたドクター・アダーじゃないのね、
余計なお世話だ。ひっこんでろ。
「脅威はおまえだ。」 だの、「お前は二十世紀に置いて逝く。」
だの偉そうにほざいてる奴にどのような高尚な理論とやらがあるのか
聞くのは当然だろうが。 ドクター・アダーとやら早く出てきて
講談調の語り方の意味を教えてくれよ。
393、「どこがよくまぁそんな恥かしい事が言えるなぁ」って
言ってるおまえの方がクズスレじゃないのか?結局好いわけがましくて
なんの意味もない。

397 :392 :2000/10/06(金) 02:57
上のはドクター・アダーと393氏へね。
395さんにではないので。誤解なきよう。

398 :参参四 :2000/10/06(金) 14:23
いまさら今日泊亜蘭で論争(?)が起きるとは。
展開が楽しみになってきたので傍観させてもらう。

ところで関係無いけど『SF JAPAN2』ってもう出たの?
どこにも見かけないんだけど。

399 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/06(金) 14:34
出てるぞ>SF Japan 2
色がなんか、書店ではかえって目立たない表紙なんだよな。
画師が同じで、1の真っ黒に対して赤っぽい表紙なんだけど。

400 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/06(金) 18:50
骨董品の価値しかないけど、愛する人には面白い。
400ゲット!

401 :>396 :2000/10/07(土) 03:29
ちみ、その支離滅裂な文章、電波板的才能があるよ。
つーか是非電波板へ逝ってくれたまい。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/08(日) 01:21
401おまえ誰?ホント幼稚ね。電波板に行くのはちみの方じゃないかな?
内容ない煽りしかできないのかな? 

403 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/08(日) 02:03
2chで「お前誰?」という言葉位はずかちい言葉はないな(藁。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/08(日) 02:39
なんていうかさぁ
わかったようなこというのはいいけどさぁ
ちゃんと考えると根拠がはっきりしない発言するひといるよね・・

405 :ドクター・アダー :2000/10/08(日) 03:37
 あ、ごめん。呼ばれてたんだ。
 ちょっと厨房を使役する黒髪の肉食美人にメロメロだったもんで。
 って、どれに答えリゃいいんだ、まったく。

 >>389
 俺は心酔者というほどのファンじゃない。それにお前に期待しろと強いた覚えもねえ。
 あの文体の「深遠な意味」なんぞ俺が知るわけねえ。俺には読みやすくて分かりやすい
文章という感想しかねえんだが。「SF蛸壺」なんてのは始めて目にする単語だ。
それは「マンガ喫茶」みたいなもんか?
 手前の勝手に話を進めるな。お前の脳内に俺の知らない俺がいるのか?
それとも放っとかれて寂しかったのか?
 もし後者だったら、気がつかなくて悪かったな。
 作家の権威や他人の評価なんざどうでもいいなんてことは常識だと思ってたんだが、
違うのか?俺はそんなもん持ち出した覚えは無いんだが。

 >>396
 そこは笑うところなんだが、分かりにくかったか?俺にはちょっとユーモアの
センスが欠けてるみたいなんだ。今度から(笑)ってつけてやるよ。
 どこをどう讀んだら俺が「高尚な理論」とやらを持っているように理解できるのか?
お前、やっぱり脳になんか飼ってるだろ(笑)。小説讀むのにいちいち「高尚な理論」
なんぞ用意するかよ。
 それと、「教えて君」は恥ずかしいぞ(笑)

 >>393
 すいませんね、俺の刺激したナニが御迷惑かけちゃって。
 これまでSF板は大人が多いと思ってましたが、隠れてナニは生息してるんですな。


406 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/08(日) 05:14
あんただって自分で勝手に、これはなんだと断定して、それにケチ
つけられると逝けだのなんだのほざくナニ野郎じゃないか。
あんた自分の主観と同じ様に他の奴も感じてると思ってんじゃない
だろうね。普通の読者はあの講談調で辟易して大半が本を
放り出したよ。それがわからないようだから、蛸壺にはまって
外が見えなくなってんじゃないのって言ってるんだよ。
いやはや電波だの妄想呼ばわりされるとはね。どっちが普通の
読者の感覚なのかもわからないのか。

407 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/08(日) 05:25
>他人の評価なんざどうでもいいなんてことは常識だと思ってたんだが、

本当にそう思ってんなら、人に

>脅威はおまえだ。
>お前は二十世紀に置いて逝く。

だのほざいてんじゃないよ。このボケ。感情丸出しだろうが。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/09(月) 14:03
今日泊亜蘭の最大の問題は、とても死にそうにないことにあるのでは(笑)
星も死に光瀬も死んだのに、まだ生きてるよ。


409 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/09(月) 17:28
>あの文体の「深遠な意味」なんぞ俺が知るわけねえ。俺には読みやすくて分かりやすい
>文章という感想しかねえんだが。

今日泊の評価ってそんなものなの?
とすると、いまのヤングアダルトと今日泊の評価できるポイントが同じ?
ヤングアダルト=今日泊ですか?ドクターアダーさん?


 

410 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/09(月) 20:34
目に一丁字もない低能に読まれるのが不幸だよ、今日泊師匠。
薄らバカに媚びても読まれなくちゃいけない必要はないんだ

411 :ドクター・アダー :2000/10/10(火) 01:17
 うあ、俺の刺激したナニって本物だったんだ(爆笑)
 つか、こいつらネタ?いまどき厨房だってこんなレス返さないよ。

 俺は明日の晩飯のひじきの煮物にちくわを入れるか油揚げを入れるかで
頭が一杯なので今日はさくっと返しとく。

>>406
 「本を放り出した大半の普通の読者」が君の脳内以外のどこにいるか言ってみそ。
 もちろん俺は「普通の読者の感覚」なんぞ持ち合わせちゃいねえ。
俺は俺の感覚で本を讀んでる。手前は違うのか?いちいち「普通の読者の感覚」なんてのを
気にしてるのか?
 「普通の読者」を盾に手前の勝手な思い込みを正当化してんじゃねえ。
 逝ってよし。

 たしかに俺はアレだ。でなけりゃこんないかれたハンドルつけねーよ。

>>407
 380の発言に対して、多少なりとも今日泊氏の著作に感銘を受けた人間として、
感情的になるなと言う方が無理だろ。っつーか、明らかに喧嘩売ってるんちゃう?
 売られた喧嘩買うて悪いんか、この高学歴。一流企業で安穏と暮らしてるんちゃうぞ。
(できる限り感情的になって罵詈雑言を並べようとして、失敗。)

>>409
 お前に讀みやすい文章と俺の讀みやすい文章を一緒にするな。
 それ以前に、引用するなら俺がレスをつけた親発言の該当箇所も
一緒につけろ。
 手前にプロパガンダの才能は無い。
 お前も逝ってよし。



412 :なげーよ :2000/10/10(火) 01:22
2行目から読んでな(以下略

413 :ドクター・アダー :2000/10/10(火) 01:40
 うん。その通りだね。
 実際にはなんら省略されてないぞ。
 っつーか、キャップつけてないのね、ドクターったら。


414 :409 :2000/10/10(火) 07:59
駄目だこりゃ、ドクター・アダーは
低脳だわ。

>お前に讀みやすい文章と俺の讀みやすい文章を一緒にするな。

今日泊の価値を聞いてるのに、たんなる個人的感想かね。
アホアホやん


 

415 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/10(火) 09:37
かまって君は放置プレーだ

こいつ今日泊やSFの話をしたいんじゃなくて
「今日泊やSFの話ができるオレ」を誉めてほしいだけなんだもの。かわいそう。

416 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/10(火) 09:48
もう、自称ドクター・アダーの自己顕示欲はいいよ。
うざくってかなわん。
専用スレ作って一人でわめいてろ。

417 :名無しは電気羊の夢を見るか? :2000/10/10(火) 16:14
>416
平穏なSF板にこんなのが出るなんて珍しいよな。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王様とお呼び :2000/10/11(水) 10:18
タイムズスクエアの中の紀伊国屋3Fレジ近くにSFMのバックナンバーが揃えてあるんだけど、
そこにたむろう人種のうさんくさいことよ・・・自分も含めて(自嘲)。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/11(水) 20:44
業界人ついでに疑問なんだけど、
高橋良平先生ってなに?あれ。
いや、「ニュータイプ」の連載の話なんすけどね。

アニメおたくをSF色に洗脳する使命を果たさねばならないくせに、
高橋先生は映画の話ばっかり・・・
山岸・大森両先生のあの恥ずかしいコラムを見習って欲しい

420 :参参四 :2000/10/11(水) 20:59
>>419
あのひとはもうあれでいいんですよ。あれしかないとも言えるが。
それにアニメおたくをSF色に染めるなんて無理難題を『ニュータイプ』に
求めるのは酷というものでは。

421 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/12(木) 18:14
「わるものオーバードライブ」読んで
内容を理解し、爆笑してしまうアニメファン
は、さすがに怖いものがありますな>420

422 :>ドクター・アザー :2000/10/12(木) 18:16
で、今日泊はどこがよいのでしょうか

423 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/12(木) 18:57
ドクター・アダーは目に涙をいっぱいためて
ひじきの煮物とちくわと油揚げをみつめたまま
返事をしない
ただのしかばねのようだ

叩かれたとたん逃げ出すムシケラなど相手せぬがよい>422

424 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/12(木) 21:53
『イスカーチェリ』って今活動してるの?

425 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/12(木) 22:05
「夏への扉」がオールタイムベストで1位になるのが理解できません。
みんな、ほんとに面白いと思ってるの?


426 ::2000/10/12(木) 22:11
既出
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sf&key=964118110

427 :名無しさんだよもん :2000/10/12(木) 22:18
>423
とわゆーものの、彼奴に突っかかってた奴も相当な厨房っぷりだったがのぉ。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/13(金) 01:35
>>427
ドクター・アザーも一人一旗主義を掲げてはいるが
「愛と平和」の方がよっぽど煽りが上手かったよな〜
絡んだ奴も理屈臭くて非常にSFオタしてなかなか
見応えの有る論戦だったが今回は全然不発だったな(ワラ

参照スレ

http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sf&key=961845760


429 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/13(金) 07:56
>425

俺は好きだけど・・・ベストじゃない。

430 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/13(金) 21:26
森博嗣って漫画書いてたって本当なの?
SFおたくって聞いたけど。
新本格とはむかつくなー

431 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/13(金) 22:10
あじゃぱ。

そういえば、神林の悪口聞かないなあ。
みんな、あれ本当に面白いと思う?
俺的にはもう何も面白さを感じないんだけど。
高尚だから、って非難差し控えてない?

432 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/13(金) 22:17
高尚というより、「SFM新人コンテストからデビュー」というのが
一種の後光になってるのではないかと。
小難しい話書いても、あそこの出ならしかたないかぁ〜ってかんじで。

433 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/13(金) 23:23
初心者の疑問。
>昔、SFマガジンで連載されていた「緑の・・・」だけど
と385が言ってる、この「緑の・・・」という
何やら10数年前の新井素子作品のよーなタイトルの連載は、
ハードカバー、もしくは文庫に収められてますでしょーか。
ちょっと読んでみたいかな、と思ったんですが。


434 :参参四 :2000/10/14(土) 10:46
>>433
正式なタイトルは『我が月は緑』ね。385の書きかただと本当に新井素子作品みたいだな。
ハヤカワからハードカバー版と文庫JA版が上下巻で出てます。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/14(土) 18:53
いや、神林問題は結構深刻なのでは?>>432

だって神林が本当にSFとここの人たちは思ってる?
彼がSFならば、奥泉光だって十分SFだと思う。

神林長平は、日本が生んだ最高の「SF作家」であることは間違いない。
才能の点では、小松なんか比較にならない。
でも、かれの核は、絶対SFではないよ。
神林をSFとして認知したファンは、絶対ほかのSFなんて物足りない
に決まってると思う。その人たちは、やがてSFから抜け出していく。
それがいわゆるSFの衰退問題につながってる気がするんだけど。

ごめん、乱筆乱文で。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/14(土) 19:16
俺は神林を最高に面白いSFだと思うけど、別のSFも好きだよ。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/14(土) 19:21
俺は神林は最高に面白いと思うけど、他のSFもたくさん好きなのがあるよ。
神林とSF衰退は何もつながってないと思うよ。

438 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/14(土) 19:58
>最高の「SF作家」であることは“間違いない。”
>かれの核は、“絶対”SFではないよ。
>“絶対ほかのSFなんて物足りない”
>に“決まってる”と“思う。”
>その人たちは、やがてSFから抜け出していく。
>それがいわゆるSFの衰退問題につながってる“気がするんだけど。”

乱筆というか主観的すぎ断定的すぎ感情的すぎ
冷静に論の根拠を示して書けよ

439 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/14(土) 21:02
てゆーか、こういう根拠レスのバカ共をのさばらせたのが衰退の原因では?

440 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/14(土) 21:59
ごめん、えっと神林が悪いんじゃなくて、
神林をSFと認知するシステムが問題なんだ、って言いたかったんだけど
つまりSFって何か?というとき神林と奥泉の境界が分かりにくいよね
「名付けがたきもの」といえば何か言った気になるかもしれないけど、
何もいってないでしょ。

神林的な味付けを求める人にとってSFなんてレーベルはむしろ邪魔
なのでは?とすら思うんですよ。存在自体が重荷というか・・・

やっぱりまとまんないな・・・

441 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/14(土) 22:29
イラストに惹かれた「あな魂」からSFを読み始めた人間だから客観的な判
断は出来んけど、神林ってSFの中心にあるって言われているんだっけ?
星雲賞とか取ってるのは知ってるけど、書評家からは大して評価されてな
い印象があるんだが


442 :くるくる少女 :2000/10/15(日) 01:41
>440さん
私はジャンル論争くらいお互いの立場を認識させる
物はないと思っていると同時にジャンル論争くらい
不毛なものはないと思うんですよ。

それよりも私には「SFなんてレーベルはむしろ邪魔」という
文章が逆に貴方自身がSFという物に呪縛されていると感じられ
ますが・・・
なんか「Kanonは単なるエロゲじゃない」って叫んでいた
鍵っ子と「Kanonは抜けないからクソ」って
叫んでいた抜き至上主義者を思い浮かべてしまいますよ。
別にレーベルなんか面白さの前では意味がないものだと
私はおもいますが?

443 :440 :2000/10/15(日) 18:53
>くるくる少女さん

そうですね。むー。
レーベルは、たしかに面白さの前では意味がないとは思うんですが、
伝わりにくさがあるとは思います。その結果、衰退じゃなんじゃ言われ、
一方で分類されていない、面白い作品が目に入りにくくなってるのでは?
と思いました。
でも、SFに呪縛されているからだ、といわれればそのとおりです・・・

444 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/15(日) 21:35
神林とディックは好きだけど、ほかはあんまり好きじゃない。
大原まりこぐらいかな。

445 :名無しさん :2000/10/16(月) 12:30
誰か『SFの殿堂 遙かなる地平@A』って読んだ?
ホールドマンなんかが書いてて、とてもつまらなそう
にしかみえないので読んでいないのですけど。
エンダーがあったから買ったんだけどね・・・

446 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/16(月) 17:03
『SFの殿堂 遙かなる地平(1)(2)』『伝説は永遠に(1)』買いました。
まだ『地平(1)』しか読んでないけど、そこそこ良かった。

ただ、原則として収録作品の長編を読んでないと楽しめないのがペケ。
『エンダー』『終わりなき戦い』のは楽しめた。

ホールドマンの『終わりなき戦い』はお気に入りなのだが、
『終わりなき平和』は、壁にぶつけました(w

447 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/16(月) 17:43
>>445-446
↓よろしかったら、こちらもご利用くださいませ。
遥かな地平・伝説は永久に
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sf&key=970215472


448 :445 :2000/10/17(火) 20:28
分かりました。よんでみまーす

449 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/17(火) 21:30
高千穂遙って糞。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/18(水) 01:17
今更うんこ呼ばわりしても悪口にもなりゃしねぇ。

451 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/18(水) 21:49
NHK「クローズアップ現代」で放送された
マイクル・クライトンのインタビューって観た観た??

もう、反動的くそジジイな感じバリバリ。
インターネット・バイオテクノロジー・・・・・・は滅ぼすことを
力説されておられた。

206センチの道学先生であられましたな

452 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/18(水) 21:52
あ、変更訂正。
×インターネット・バイオテクノロジー・・・・・・は滅ぼすことを
 力説されておられた。
○インターネット・バイオテクノロジー・・・・・・は人類を滅ぼすことを
 力説されておられた。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/18(水) 23:42
マイケル・クライトンでけー

454 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/19(木) 03:57
>>452
バイオテクノロジーはともかく、インターネットはなんで、人類を
滅ぼすの?

455 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/19(木) 04:04
みんなヒッキーになるとか(藁

456 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/19(木) 20:56
現実を見失うそうです。
アホかと思いました。
子供は接続時間を制限すべきなんだって

457 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/19(木) 21:46
マイクル・クライトンっていうだけで
「氏んでこい」って感じなのに、こんな吉な感じだったなんて・・・


458 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/19(木) 22:16
クラークも似たようなもんだと思うがね

459 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/20(金) 22:33
京都SFフェスティバルって、
今年ソウヤーを呼ぶらしいんだが合宿には来ないのかな。
まあ、例年のように、げんなりする程の濃い人たちが本会でも
質問して若者は桟敷にでも追いやられるんだろうなあ。
どうしよう、今年の京フェス

460 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/21(土) 17:43
昨年は山岸がソウヤーの報告してたけど、
今年は誰が同席するの?

461 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/21(土) 19:24
のだ博士だそうです

462 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/21(土) 21:36
山岸って大森望より老けて見えるよね。
あれで40越えてないというのにはびっくりした。
おれ昔、50近いと思ってたよ>>460

463 :名無しさん@1周年 :2000/10/22(日) 05:36
神林、だいっきらい。
思弁小説をSFといつわっている。
SFというブランド名を利用しているだけ。

464 :名無しさん@1周年 :2000/10/22(日) 05:46
柴田よしき

465 :名無しさん@1周年 :2000/10/22(日) 05:49
ああ、ネットでお話しながら、一晩で40〜70Pも書いちゃうオバサン

466 :名無しさん@1周年 :2000/10/22(日) 05:54
キリ番の人を小説に登場させてくれるそうだよ

467 :名無しは無慈悲な夜の女王 :2000/10/22(日) 18:09
逆だろう>463
SFがそんなに偉大か?
ディックやバラードや神林があるからSFが偉そうに見えてたんじゃ
ないのか。むしろ神林達のブランドを利用してる気がするゾ

468 :>462 :2000/10/22(日) 22:19
SF関係者の年齢って本当に分かんないよね。
日下三蔵が30代前半って知ったとき、腰抜かしそうになった。
どうみても40だろう。
それ以上に分かんないのは大野万紀だけど・・・

469 :日本@名無史さん :2000/10/23(月) 12:24
今年は大学祭と重なるのかな

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/23(月) 20:55
カードの最新刊が『エンダーズ・シャドウ』というのはダサすぎるだろう。
誰だ!こんな馬鹿な題名を考えた奴は!!。
もっといいのを付けろ!


471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/24(火) 12:54
SFファンは年齢不詳が多いけど
とくに若く見えるのが多いね。
ようするにガキというんだが。
するとそう見られたくない奴は、髭をはやすので年齢不詳になる。
そして、童顔は老いるのがはやいので、一層年齢不詳になる。

どのみち年齢不詳はかわらん


472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/24(火) 13:41
>467

> SFがそんなに偉大か?
> ディックやバラードや神林があるからSFが偉そうに見えてたんじゃ
> ないのか。むしろ神林達のブランドを利用してる気がするゾ

彼らは所詮ジャンル内のブランドにすぎないじゃん。
SF外の文脈で言及されることなんてほとんどないし。

つーか、SFが偉そうに見えないと困る人たちがディックやバラードや神林を
戦略的に持ち上げてた/るんだよ。現代文学の名誉白人に過ぎないと割り切る
べきじゃないの。



473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/24(火) 17:55
>彼らは所詮ジャンル内のブランドにすぎないじゃん。
>SF外の文脈で言及されることなんてほとんどないし。

神林はともかく、ディック・バラードはそうでもないように思えるけど。
英米では、強力なハイカルチャーのもとサブ・カルチャーが成立したため、
広範なサブカル複合体の中でSFというジャンルが認知された。
しかし、ハイカルチャーが常に西欧文化の脅威に晒されひ弱でしかなかったため
日本ではそこまで複合体としては成立せず、単体のオタク集団として成立する
余地を残したとみているんだが。

その点、英米におけるディック・バラードの位置付けと
日本の神林では、訳が違うとおもうんだが?




474 :>471:2000/10/24(火) 20:14
そういうお前も年齢不詳だろ

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/24(火) 22:18
『エンダーの影』じゃあ『重力の影』みたいで格好が悪いじゃん
>>474

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/25(水) 19:50
つーか、SFが偉そうに見えないと困る人たちがディックやバラードや神林を
戦略的に持ち上げてた/るんだよ。現代文学の名誉白人に過ぎないと割り切る
べきじゃないの

////////////////////////////////////////////////////////////////

激しく同意。所詮SFはそんなもの

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/25(水) 19:52
とは言え、小松左京をSFだと面と向かって言われると
腹が立つ気分はいかんともしがたいものがある

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/25(水) 22:04
>とは言え、小松左京をSFだと面と向かって言われると
>腹が立つ気分はいかんともしがたいものがある

 だから、ライトノベルって言葉を作ったんじゃないの。
という事で、今後、国産SFはSFから分離って事でいん
じゃない。「ライトジーンの遺産」もソノラマ文庫に収録
された事だし。


479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/25(水) 22:06
山形浩生むかつかない?

480 :名無しさん@一周忌:2000/10/26(木) 16:57
> だから、ライトノベルって言葉を作ったんじゃないの。
>という事で、今後、国産SFはSFから分離って事でいん
>じゃない。「ライトジーンの遺産」もソノラマ文庫に収録
>された事だし。

昔のSFが、古くさいということだけで、ライトノベル化され
てしまう危険性がない?。それはSFとは何かが時代によって
変容したというのとは違う、便宜主義的な感じがするんだけど。




481 :名無しさん@一周忌:2000/10/26(木) 17:03
>山形浩生むかつかない?

ラファティ論のことだろうけど、あれはど糞やな。
良くあんな恥ずかしい民主主義論が書けるとは思ったけど、
誰も気付かないようだからほっといてあげたら?
SF評論家が、得意げに人文・社会科学の知識を
振りかざすことは良くあることよ。


482 :名無しさん:2000/10/26(木) 18:43
>つーか、SFが偉そうに見えないと困る人たちがディックやバラードや神林を
>戦略的に持ち上げてた/るんだよ。現代文学の名誉白人に過ぎないと割り切る
>べきじゃないの。

なんだかんだいって、「センスオブワンダー」としか言えないあたり
ジャンルとしての未熟さを感じさせるよね

483 :ヴァンデモン:2000/10/26(木) 19:17
ジョージルーカス!!スターウォーズ終わらすな!!

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/26(木) 20:39
興業失敗したのか?あれ。
絶対失敗するとは思ってたが・・・つまんなさそうだし・・・。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/26(木) 21:37
山形浩生をSF評論家といいきった人間をはじめて見たよ

486 :名無しさん:2000/10/26(木) 22:28
いいきっているようには見えんけど
常識の部類だし

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/26(木) 23:20
山形浩生って誰?

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/26(木) 23:25
山形浩生って誰?

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/26(木) 23:29
SFは若いジャンルだと聞くと、なんだかホッとしてしまう。


490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/27(金) 03:43
サイバーパンクっていうのも読んでみようと思って
リサ・メイスン「アラクネ」を古本屋で買ってみた。
とりあえず意味の通る訳にしてほしいと思った。
わけわかんねえよ無理して読んだけど!

場違いな発言ごめん。

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/27(金) 04:28
>487
野村総研にいる東大卒の翻訳家(らしい)。
実際にあった人によると、人を見下すことにかけては超一流らしい。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/27(金) 07:57
>>487
山形浩生のページ
http://www.post1.com/home/hiyori13/jindex.html
社会学板「山形浩生どうよ」スレッド
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sociology&key=960546451&ls=50
本人も登場。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/27(金) 18:57
森太郎によく似ているので、非常に迷惑な人

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/27(金) 21:10
SFにかぎらず翻訳してるだけで
本業はコンサル兄ちゃんじゃん

SF評論家なのが常識の部類なのかね?

495 :>494:2000/10/27(金) 22:15
すまんが、君の表現を借りれば
本業がSF評論家じゃないのは「常識の部類」といったんだけど。
評論家一般の話をしているようにしか見えないのだが。


496 :名無しさん:2000/10/27(金) 22:26
>493

どちらも毛が薄いですね(笑

497 :名無しさん:2000/10/27(金) 22:27
ウィリアム・バロウズ万歳!

498 :名無しさん:2000/10/27(金) 22:27
クルーグマン教授万歳!

499 :名無しさん:2000/10/27(金) 22:28
新教養主義宣言万歳!

500 :名無しさん:2000/10/27(金) 22:29
500ゲット!(ごめんなさい)

501 :>491:2000/10/29(日) 20:15
アラクネはクソで有名だったはず。
やはりサイバーパンクはエッフィンジャーだよ

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/29(日) 22:45
で、新教養主義宣言読んだ人いない?
あまり評論聞かないけど。

山形の知人の経済学者が批評してたけど、
アマルティア・センぐらい気付よ、山形
とおもった


503 :At.N.:2000/10/29(日) 23:11
「新教養主義宣言」、気軽に読み飛ばす分には面白いんじゃなかろうか。
というか、ぎゃあぎゃあ批判したり逆にあがめたりするのは
どちらも恥ずかしくなる類の本。
...ということは作者の術中にはまってるのか、あるいはそもそもどうでもいい本なのかどちらかだな。


504 :At.N.:2000/10/29(日) 23:12
ついでに書くとアラクネはそれなりに楽しんだ覚えがある。
まぁ人には勧めない。

505 :名無しさん@お腹いっぱい:2000/10/30(月) 20:17
>503
どうでもいい本な気がする(藁

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/30(月) 21:25
SFマガジンのサイバーパンク特集どうよ。
ネタがつきたのかミスボラしくて泣けてきた。
4本と小川隆なら止めておくべきだった

507 :>:2000/10/31(火) 11:03
>

508 :>:2000/10/31(火) 11:04
みんな同時代的に知ってるし、語り尽くしたんだから
つまんない特集で当然。
エヴァンゲリオンやさらやま特集と同じ。

509 :>506,508:2000/10/31(火) 17:39
しかし、本当に力入れているようには見えない特集だな。
気合い入りまくった60年代、70年代特集とは大違い。
今月は何の特集なの?と一瞬わからず背表紙で確認した。

80年代でこれなら、90年代特集なんてやれんだろう。


510 :名無しを嗣ぐもの:2000/10/31(火) 19:12
電脳砂漠糞

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/10/31(火) 22:29
編集者、評論家自身がいまだにサイバーパンクを
消化しきれていない面もあるだろ。


512 :名無しさん:2000/11/01(水) 20:53
>>506
80年代特集だろ。カード・ウィリスがいるし。
しかし小川隆の評論はつまんなかった。結局80年代って何?といいたくなっ
たな。新しい視点で整理できず羅列するくらいなら、特集する意味ないと思う。
大森望が執筆者紹介にのってなかったことがひどく新鮮だった。
インターセクション終わってたんだね


513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/01(水) 21:42
最近SFファンになったので、さんざん
「サイバーパンクって結局何だったのですか」
と聞いて回ったんだけど、誰も答えてくれない
のはどうしてかな

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/01(水) 21:50
>>512
次号からインターセクション再開です。

515 :512:2000/11/01(水) 23:15
再開ですか・・・嬉しいやら嬉しくないやら(苦笑



516 :吾輩は名無しである:2000/11/01(水) 23:51
>513
サイバーパンクっていうのは、人間とコンピューター
とを電線でつないで、超人になる話です。

517 :nanasisann 2000:2000/11/02(木) 13:11
そうそう。
電線の中を泳いで世界各地に旅行する話ですね

518 :サイバーパンク:2000/11/02(木) 13:14
正しくは「サイババ・パンク」
あのもじゃもじゃ頭のことを言います。

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/02(木) 14:40
アニメージュ連載「すかっとサイバー」のコミック版タイトルです。

520 :名無しさん:2000/11/02(木) 19:45
ごめん、ネタを中断しちゃって。

電線の中を、電子化された人格が疾走するってのは、
まぎれもなくSFだよね。今から思えば。
それなのに、嫌う人が多いのはなぜなんだろう。

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/02(木) 20:03
そう思うとクローネンバーグの「スキャナーズ」って
すごいな。あの電話線からコンピューターに入るシーン。
あれ82、3年くらいの映画じゃなかったか?
SF業界よりはやいぞ。

522 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/02(木) 20:49
超人ロックにも、随分前から「電子使い」が登場していますね。

523 :名無しさん:2000/11/02(木) 20:53
電子化といえば、ホーガンの『内なる宇宙』(爆
でも、絶対サイバーパンクじゃねえ!
断じて認めない!
あんなクズ作品は認めないからなあ(笑

524 :真理と悔悟:2000/11/02(木) 21:06
ハヤカワァ!SFマガジンでジーンウルフ絶賛してるひまがあったら
『新しい太陽の書』再販してその他の作品も邦訳しろ、ゴルァ!

525 :名無しさん:2000/11/02(木) 21:11
おれは、≪第二銀河系シリーズ≫の3巻と
エッフィンジャーの短編集を出して欲しい

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/02(木) 21:20
角川春樹〜!!!!!!!!!!
おまえの会社は、お前が収監されても大丈夫なんだろうなあ
セミナーでの、「日本SFは新時代を迎える!!」だのはラリって
言った台詞じゃねえだろうなあ〜〜


527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/02(木) 21:51
>>526
それは幻覚です。

528 :526:2000/11/02(木) 22:01
そうだったのか。
鬱だ。氏のう。

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/02(木) 22:49
サイバーパンク・・・本当に何がなにやらわからんかった

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/03(金) 11:17
>526
刑務所の中から指令を出すから、大丈夫。

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/04(土) 15:47
>529
情報処理技術者試験一種の資格をとってないとわからないような
言葉を翻訳で使うからです。翻訳者は、それをかっこいいと
思っていたみたいだけど。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/04(土) 19:59
...小説の表現としていい悪いはともかくとして、
資格云々ってレベルで正確な用語の使い方をしてたとは思わないけど。

あと一種(こんどから名前が変わるそうだが)自体そんな凄い資格ってわけではないです。
このへんの話はプログラマ板とか情報システム板あたりを掘れば出てくるかと。

533 :名無しは電気羊の夢を見るか?:2000/11/04(土) 22:24
渡辺浩弐著の短編集「2000年のゲーム・キッズ」
どれもこれもネット上でタダで読めるシロート短編のレベル。
珠玉の低レベル短編集だ。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/05(日) 00:07
ああ、どなたかギブスンがニューロマンサーで結局何言いたかったのか
わかりやすく解説してくださらんか?
なんか、いまだにドンバチした意味がわからんのです。

535 :チバの名無し:2000/11/05(日) 05:51
>534
センチメンタリズム。
冬の海岸で僕一人〜ってやつ。
ドンパチしたのは売上げ対策。

536 :名無しさん:2000/11/06(月) 21:23
つまるところ、ダサイSFファンはかっこいいSFを求めていた、
ということだよ>529

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/07(火) 09:43
京フェスの話を過去でしてたけど、実際あのイベントなに?
セミナーはわかる。非常に濃い人たちが集まってるし。
でも京フェスはちっともわからん。
なんで、得体の知れない連中が大きい顔をしているんだ?あそこ。
マジ誰か説明して。

538 :名無しさん:2000/11/07(火) 22:24
京大同窓会だから当然

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/08(水) 00:03
ださコンってださいSFファンの集まりなんですか>536

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/08(水) 08:34
全然違うわ!!

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/08(水) 12:05
ださくないSFファンというのはちょっと解らない(笑)
人が集まらないSF大会というのは笑えないかも。

542 :名無しさん@一周忌:2000/11/08(水) 16:12
リュウコン(1994年)の時、ダイナコンより参加人数が
少なくて、SF大会より大規模な地方コンベンションです!!
と騒いで楽しんでいたことがあったことを思い出しました(*^_^*)

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/08(水) 17:18
「ブレードランナー3」読んでるんだけど、なんか
うだらうだら悩むシーンばかりでつまらない、
もう読むのやめようかな・・・

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/08(水) 17:58
>>542
ああ、あったあった。リュウコンって確か200人ちょっとしか集まらなかった
んだよね。個人的にはベストの大会だったんだけど。


545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/08(水) 23:00
沖縄ツーリスト死ね!!!!!!

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/08(水) 23:16

すっかりネタだねぇ。
でもSF大会スレッドでドロドロだらけの裏を知ってしまった今は
かわいく見えてきてしまった。
こういうネタを煽ってる半分くらいは後ろめたい大会関係者だったりして。

547 :名無しさん@一周忌:2000/11/09(木) 22:43
菱田の着服ねえ。
おれコクラノミコンが初参加だったからショックだったよ。
着服されていたと思うとやりきれないな

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/09(木) 23:15
>539

 俺もそうだと思っていた、っていうか、
実際そうなんでしょ?

549 :名無しさん:2000/11/10(金) 22:14
エンダーズ・シャドウの久美沙織の解説が最悪。
なんだよ、カードは女が描けないって。
SFで女がかけた話は、女流作家をのぞけばあるのかよ、ボケがあ。


550 :シルヴァーバーグ:2000/11/10(金) 22:31
ティプトリー・ジュニア

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/10(金) 22:41
男で女がかけるSFがあるんですね!!

と一応ボケてみる

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/13(月) 12:33
京フェスの合宿企画は、去年より人が少なかったが面白かった。
ヤング・アダルトの部屋は、某氏がこなくて平穏無事だった。
なぜ来ない!!!つまらなすぎ

553 :名無しさん:2000/11/13(月) 22:25
2001年の第40回SF大会は武田さんが実行委員長でやるんだよね。
合宿型の方が、都市型SF大会よりずっと一体感があっていいってことを
やねこんに参加して痛感したんだけど、どのようになってるんでしょうか?


554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/14(火) 01:41
SFが好きだがミステリーも好きだ。マンガもアニメも好きだから、
ちょこっと話題が出たからといって、いちいち
「○○板逝け!」なんて意地悪を言うつもりはない。

でも!

レンズマンの話が出るたんびにアニメの話をするな〜〜〜!
あんなんレンズマンじゃないや〜〜い(号泣)

555 :名無しさん@1周年:2000/11/14(火) 02:26
光瀬龍原作のアンドロメダストーリーズって、
パンドラ症候群の中の”組まれた手”って
話とまるっきる設定が同じだ。

このころから盗作のことを”インスパイア”とか呼んでたんかな?

556 :名無しより愛をこめて:2000/11/14(火) 04:20
SFはミステリと違ってインスパイアに寛容だからOK。
特に設定関係はね。過去や未来に行く乗り物なぞ幾つあることか…。

557 :名無しさん@一周忌:2000/11/14(火) 17:11
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン
SF新世紀 レンズマン

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/14(火) 17:23
でも、テレビシリーズは楽しいよ。>レンズマン

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/14(火) 22:00
でも、屑>アニメ版レンズマン

560 :名無しさん@一周忌:2000/11/14(火) 22:10
おれ、本の方は読んでないんだけど、そんなにいいの?>レンズマン
なんか散々、ジェイムスン教授は面白いと吹き込まれ
騙されたことを思い出してしまうのですが

561 :消防:2000/11/14(火) 22:12
キムがちっともレンズマンに変身しないのでつまらないです。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 02:29
アニメとしてはそこそこかもしれんが、
レンズマンとしては最悪だ

563 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 02:59
>560
実際、それほど面白くないです。

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 03:06
TEST

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 03:28
>562
通りすがりのレンズマンからレンズを貰った時点でアリシアの
面目丸つぶれであり、冒頭から間違ってる。屑。

……などと口調がキツくなるのは、今CSで放映している
「ゴッドマーズ」のせいだ(藁

566 :名無しさん@1周年:2000/11/15(水) 07:33
日本のSFは終わっている。
面白い新人が出てこない。
出てくるのは文学かぶれとか、下らない時代小説とか。
日本のSFの春はまだ来ない。


567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 10:02
>560
レンズマンは、空前絶後の傑作、読んで損はなし。

568 :Be名無しさん:2000/11/15(水) 10:31
>566
日本に限らず活字のSFはもう終わってますな。
SFでまだ期待できるとすれば、日本のアニメ、マンガと
アメリカの映画くらいでしょうな。
もちろんそれは、これまでの活字SF文化が
あったればこその開花でしょうが。

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 10:37
というより文学そのものが世界的にもう終わってましたな。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 10:46
というわけでSFが、終わってる文学に向かいだした時点で
滅びへの道を歩んでいたのでしょう。
で、娯楽たる映画、アニメ、マンガ、
ライトノベルは生き残ると。



571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 10:49
とは言うものの、ライトノベルは生き残るかな?
活字という古典的な媒体はいつまで生き残るのでしょうか?
未来永劫生き残るのでしょうか?

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 11:04
>というわけでSFが、終わってる文学に向かいだした時点で
>滅びへの道を歩んでいたのでしょう

違うな。
SFは、ネタ切れしたから文学に色目を使い出した。
活字SFの役目は終わった。
活字SFが生み出したネタは色んな媒体に受け継がれた。
マンガ、映画、CG、ゲーム、etc

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 11:14
活字SFは死ぬ。
SF的なものはあらゆるメディアに拡散した。
もはやそれをSF的と指摘することすらない。
いずれSFという言葉自体、死語になる。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 11:22
>活字SFは死ぬ。

訂正します。すでに死んでいます。

>いずれSFという言葉自体、死語になる。

あまり一般に認知されることなく死語になるわけです。

人々はSFという言葉を知らぬまま
SF的娯楽を享受しています。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 20:08
SFは活字だからこそ想像力が広がるのだと思うが。

まあ、理科離れ活字離れ君達には言っても詮無いか・・・・
老人の繰り言じゃ。聞き流しておくれゴホゴホ

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 21:48
聞き流してくれ、といいつつ、書きこむ奴って痛いよな。

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 22:13
SF新世紀レンズマンは、オープニングは格好いいぞ!!!

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 22:24
活字媒体は無くならんだろう。
文字がなくならん限り。

579 :名無しさんだよもん:2000/11/15(水) 22:30
CGボスコーン萎え

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/15(水) 23:43
活字媒体は死にません。
本には魂が宿っています。
ディスプレイに浮かんだ字は只の字でしかない。

581 :日本@名無史さん:2000/11/15(水) 23:52
SFを理解してなかったのが日本SFの悲劇では?
本場は、SFを書くこと読むこと=政治なんだよな

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/16(木) 00:54
SF新世紀レンズマンのEDをカラオケで歌いたい。「パラダイス」だっけ

583 :554:2000/11/16(木) 01:08
えぐっ、えぐっ、だってだって〜
おかーさんが、しらないひとからものもらっちゃだめだって…

…しまった。アニメのキム君は
お母さんがいなかったんだ…(って見てんぢゃねえかよ<自分)

584 :554:2000/11/16(木) 01:13
えっ、えぐっ、えぐっ
だってだって…おかーさんに…
しらないひとからものもらっちやだめだって、おそわったのに…

…あ、しまった。
アニメのキム君はお母さんがいない人だった…
(なんだかんだ言って見てんぢゃねぇかよ<自分)

585 :554:2000/11/16(木) 01:14
わー二重になっちったよ
スマヌ

586 :554:2000/11/16(木) 01:22
うわ〜サイテー
二重になっちった
スミマセヌ

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/16(木) 09:49
レンズマンとゴーバリアンとガルビオンとガリアン
のOPをCDもしくはCDシングル化して欲しい。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/16(木) 09:54
アメリカで子供に大人気だったんだってね>アニメのレンズマン
むこうのオリジナル・アメコミ版みたよ。

589 :名無しさん@1周年:2000/11/16(木) 11:11
>>587
全部CDになっているけど?

590 :587:2000/11/16(木) 14:18
えっ、本当?
手に入るの?

マジマジマジ?すみませんがどこに注文したらいいんでしょう。
ガリアンは確か7年ぐらい前にみた記憶があるのですが、買わなかっ
たらそれっきりになっちゃって・・・

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/16(木) 14:57
どこに注文って、レコード屋で取り寄せに決まってるじゃん。

592 :日本@名無史さん:2000/11/16(木) 17:49
ゴーバリアン、レンズマン、ガルビオンって注文しようにも、
タイトルが分からないのではないでしょうか?


593 :589:2000/11/16(木) 18:18
ここ数年、昔のアニソンをまとめたアルバムがでてますので
そのなかに収録されています。

ちょっと手元には無いので、どれに入っているかが不明・・・・
アニソン板で聞いてみてください・・・・

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/16(木) 18:41
バップの「アニメ・ホットウェーブ」の4にガリアンは入ってる。
でも、もう売ってないかな…

サントラやシングルCDがなさそうだったら、オムニバスもので探す
のが良いよ。webで検索しても結構みつかると思う。

595 :587:2000/11/16(木) 22:34
皆様ありがとうございます。
ここ数年のでしたか・・・最近仕事であまり見てなかった気がします
ありがとうございます>593

ええええ!「ホットウェーブ 4」にですか!
しまった2までしか買ってません(泣)

なにやら自業自得な感じがしてきました(泣)

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/16(木) 22:38
レンズマンってどういうオープニングなの?
何か格好いいって言う人がいるみたいですが


597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/16(木) 23:37
>596

コスモ星丸

598 :レンズマン;オープニング:2000/11/17(金) 22:05
♪レンズマンの唄♪

(間奏)レンズマン レンズマン レンズマン レンズマン

だれかがレンズを もらってる
どこかで誰かが 叫んでる
急げ レンズマン レンジスパークだ〜♪
頭にきらめく レンジメカ〜♪

599 :ああ:2000/11/17(金) 22:09
生卵をあっためるとなるやつね>レンジスパーク

600 :名無しさん:2000/11/17(金) 23:01
ガリアンって、つまんない作品じゃなかったか?
4部作だと「ボトムズ」でしょ?
結構誉める奴がいるんだけどなんじゃらほい

601 :名無しさん:2000/11/17(金) 23:23
>598
それは胸に エコ と書いて有るロボットの話では…

602 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 23:26
日本のSFは、本当に終わったのだろうか?
アホで役立たずなSF界の長老を追放したら、復活しないだろうか?
アメリカの市場を求めて、逆上陸はできないのか?


603 :>602:2000/11/18(土) 00:25
英語になってなけりゃお呼びじゃないでしょ。
おまけに今まで英訳された活字日本SFは、光瀬龍も菅浩江も「読者の
感覚に合わない」ってことで多少なりともストーリー改変されてる。
本気でやる作家は勉強しなおしじゃないですかね。
日本の感覚をそのまま持ち込んで見てもらえるのは映像作品くらいじゃ
ないのかねぇ。

604 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 06:46
603は、外国のSFが、翻訳しただけで日本で通用する事実を説明していない。
日本のSF小説市場のかなりの部分が外国製SFに食われている今、
外国的な感覚で書いた日本のSFが出てもおかしくない。
と言っても、そんなSFは見たこともないが。
国際的に通じるのがSFアニメぐらいなら、ちょっと寂しいと感じました。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/18(土) 13:14
>翻訳しただけで日本で通用する事実を説明していない

そこにこそ日本SFの問題点があると思う。

最近のアメリカSFが、社会問題を折り込んでるのは何故か?
アメリカSFは、文化における政治闘争に他ならないんだよ。
ソウヤーがリベラルで、ハインラインが保守で、カードがエスニシティ
であることぐらいアメリカ人は一目でわかる。
日本の読者が理解しているのか?彼らが戦っていることを?

そんな中で日本SFがどう受け入れられるんだ?

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/18(土) 13:22
>602
 今更「追放」しなくても、長老クラスの作家は
作品を書いていないか、書く気はあってもSFだというだけで
発表の場がない。

 むしろ責任はハヤカワとか創元とかの専門出版社が
きちんとした作品紹介や新人発掘をやってこなかったせいだろう。

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/18(土) 13:42
人材はアニメやゲームに流れているのでは?
だからこそ、アニメやゲームが世界に通用しているのではないのか?
EvaでもlainでもMononokeでも。
個人的には別にメディアは何でも良いと思うけどなぁ。活字のほうが時間
とられなくて楽ではある。
日本文化がアメリカを侵食しているのはそれなりに見ていて面白いけど。
Oh!PokeMon!!

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/18(土) 15:50
ガリアンは糞だな。たしかに。
SFファンタジーのダメっぷりがおもろい

609 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 16:08
>606
早川や創元よりも、現在活躍しているSF作家さんの
人気が無い事が問題じゃありませんか。
>607
そうだとしたら、悲しいことです。


610 :名無しさん@一周忌:2000/11/18(土) 17:12
エスエフに思想性がないからでは?

611 :名無しさん:2000/11/18(土) 21:17
京フェス恒例のヤング・アダルトの部屋に行ったら、
「最近の中高生は、本当に本を読まず、SFも読まれない」
というお馬鹿な結論になりかかって呆れたぞ。

本を読む読まないの問題じゃないだろう。
自分たちが本を読む、選ばれた優良種とでも思ってるのか?
と思ったね。
スランが喜ばれるわけだ、と毒づいてしまった

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/18(土) 21:36
>611
違う、「本を読まない劣等種」がいるだけだ。

613 :アウトサイダー:2000/11/18(土) 21:39
グリムウッドの「リプレイ」のなかで主人公が1960年代よりもブレードランナーの世界の方が現代に近いと言うようなことを書いていたように思う。
結局、想像に現実が追いついてしまったということがあるとは思うが、それでSFが終わるわけではないだろう。

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/18(土) 22:07
>違う、「本を読まない劣等種」がいるだけだ。

 本は読んでると思うぞ。小説を読まないだけで。娯楽
としての読書ってのは衰退すると思う。

615 :ギレン福島:2000/11/18(土) 22:36
ヤング・アダルトは我ら選ばれた優良種たるSFファンに管理運
営されてはじめて永久に生き延びることができる!
これ以上戦い続けては出版業界そのものの危機である。
ミステリーの無能なる者どもに思い知らせてやらねばならん。
今こそヤング・アダルトは明日の未来に向かって立たねばならん時であると。
ジーク・左京!!



616 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/19(日) 00:24
>615 5行目頭
あえて言おう

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/19(日) 21:30
YAってライトノベルのことだろう?
で、ジャンルとしてはSF・ファンタジー・ホラーと色々あるけど、
昔はみんなSFの属領だったジャンル。

つまりYAは「SFの日本的受容形態」ではないのか?
>>602-604>>606-607>>613-614のお歴々。
むしろSFは拡大の一途を辿ってるんじゃないのか?
俺達が認めないだけで

618 :名無しは電気羊の夢を見るか?:2000/11/19(日) 21:56
>617
 言えるねえ。でも、現状がなんか間違ってる気がするのは俺がオジンだからか?

619 :名無しさん@一周忌:2000/11/19(日) 22:48
ハードボイルド・冒険小説・新本格がミステリーに共存してるのに
ヤングアダルトがSFで共存できないのは何故だ?

620 :アウトサイダー:2000/11/19(日) 23:18
「SFの拡大」については私もそう思う。私もSFの本質とは何かということについて考えてきたしそれなりのことを過去にニフティに書いたこともある。
私も趣味の範囲が狭いので断言はできないけれど、拡大したゆえに全体像が見えなくなってきてSFの勢いが無くなったように錯覚しているのかも知れない。

621 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 07:22
SFの拡大と言うより、他分野からの侵略に曝されて敗北したと言おう。
それだけSFの存在自体に勢いが無かった訳。
あとは、若手が伸びていない。それが一番の問題かな?
あるいは、伸びる人材がいないのか?(どこも言い訳は一緒。)
それでSF界は尻つぼみ状態に陥っている。

622 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/20(月) 09:01
のびてる若手に気づいてないだけだろ

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/20(月) 21:47
>621
>SFの拡大と言うより、他分野からの侵略に曝されて敗北したと言おう。

 商売としておいしい所は全部持ってかれてる。しかも、持ってかれた
部分をSFファンが「アレはSFじゃない」というのでソレが追認され
てしまった。例えば、「パーンの竜騎士」のシリーズの幾つかはジュブ
ナイルとして書かれている訳だが、ジュブナイルSFとヤングアダルト
とライトノベルの違いを具体的に説明できる人間がいるだろうか。

 アレは現在の日本で書かれてたらSFじゃない(^^;。

 平井和正が昔と同じ味の作品を書いたとしても、ソレは「超伝奇バイ
オレンス」。「SFバカ本」路線も清水義範がSF作家と見なされてき
たかというとそんな事も無いので望み薄。完全に包囲されてる。

 ソレゾレ、SF界の応援が無くても商売に支障が無いから、S
Fに忠誠心のあるファンダム系作家をリクルートしてきて「SF
」と銘打って書かせるしか手が無いだろう「SF界の応援が無く
ても商売に支障が無い」ってのがミソだ。SFは外でも隔離板っ
て事かも知れない。


624 :名無しさん@一周忌:2000/11/20(月) 22:16
大森望式に、「あれもSFこれもSF」で節操なく盛り上げるのが
一番だろう。世間の認知戦略としては正しいのだから。
小野主上、両秋山、茅田などいくらでも勢いのあるSF系作家はいるだろう。
全部ひっくるめてSFでいいのよ。

梅原克文に喧嘩をうって「お前の作品はSFで十分だ!!」といってやろう。
奴が迷惑がろうが知ったことか

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/20(月) 22:48
とりあえず、SF格好良い!のイメージ回復が欲しい。


626 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 23:07
>624
SFファンだけど、全員知らない。

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/20(月) 23:26
両秋山=ソノラマ『ぺリペティアの福音』の秋山完、
    電撃文庫『EGコンバット』『猫の地球儀』の秋山瑞人
 茅田=中公ファンタジアノベルズ『デルフィニア戦記』
小野はあたしゃ知らん(スマソ)

両秋山はオススメなり。
茅田はヤヲイ人気で成り立ってるような気がするからうぅ〜ん…



628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/20(月) 23:35
両秋山=ソノラマ『ぺリペティアの福音』の秋山完、
    電撃文庫『EGコンバット』『猫の地球儀』の秋山瑞人
 茅田=中公ファンタジアノベルズ『デルフィニア戦記』
小野はあたしゃ知らん(スマソ)

両秋山はオススメなり。
茅田はヤヲイ人気で成り立ってるような気がするからうぅ〜ん…




629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/20(月) 23:36
スマソ、二重書き込み。

630 :名無しさん@一周忌:2000/11/21(火) 19:51
小野主上とは小野不由美先生のつもりで書いたんですが
(不由美と打つのが面倒だったのである)
誤解させてスマソ

茅田せんせは、むしろフェミニズム的に読み込むと面白い。
読んでいると、本当に「女に押し倒される男」の話ばかりである(笑)
やおいとはちと違う。

631 :At.N.:2000/11/21(火) 20:00
女に押し倒される男といっても男が弱いわけじゃなくて、
むしろ「男の中の男」みたいなキャラを出しといてさらにその上をいく女が出てくるとこが面白い、という感想を聞いて
「スカーレット・ウィザード」に手を出してみました。
なるほどなぁという感じ。

# 悪口スレッドなのに悪口じゃないな。すまん。

632 :名無しさん@一周忌:2000/11/21(火) 22:03
うんうん。「男の中の男」以上にすごさが「女」にある。
で、『王女グリンダ』→『デルフィニア戦記』(全18巻19冊)
   (旧作)   →『スカーレット・ウィザード』(3巻配本中)

という流れがある。
『王女グリンダ』はストーリーも平凡、語り口も設定もこなれてない
ので、今一なんだけど、茅田とジェンダーを考える上で外せない気が
する。設定がデルフィニアに流れ、主題がもろに「スカーレット」の
方にいった感じがするので・・・。

デルフィニアは、むしろシエラ萌えでした(藁



633 :名無しさん:2000/11/21(火) 22:18
 ソレゾレ、SF界の応援が無くても商売に支障が無いから、S
Fに忠誠心のあるファンダム系作家をリクルートしてきて「SF
」と銘打って書かせるしか手が無いだろう「SF界の応援が無く
ても商売に支障が無い」ってのがミソだ。SFは外でも隔離板っ
て事かも知れない。
++++++++++++++++++++++++++++++

売れてる作家にSFだと宣言させる必要があるんじゃない?
瀬名秀明とかの作品を大々的に取りあげてSFとしてみんな
に読ませないと。


634 :名無しさん:2000/11/21(火) 22:23
とりあえず、SF格好良い!のイメージ回復が欲しい。
++++++++++++++++++++++++++++++++
言いたくはないが、格好悪いよね、コンベンション参加者(わら




635 :623:2000/11/21(火) 23:37
>売れてる作家にSFだと宣言させる必要があるんじゃない?

 ソレが無理に近い。624が挙げている茅田砂胡が典型例
なのだけれど、SFの批評家が注目するのは「売れてから
」なんだ。茅田砂胡がSFファンの視界に入るように成っ
たのは、本の雑誌誌上で鏡明が絶賛してからの事だと思う
が、商売的にはそれ以前から当たってた。

 SFの批評家が誉めようが、貶そうが、SFファンが存
在自体を知らなかろうが、商売にまったく支障が無い。そ
んな作家が、SFの復興に協力しなければならない理由っ
て無いでしょう。

 売れない頃に商売に協力してくれたなら、恩義も有るで
しょうが、実際には反対の事が多いですしね。

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/22(水) 02:28
つーかだな、SFという言葉がアニメや漫画と同じく
子供向けというイメージなんだよ。一般には。
科学好きな子供の読み物、あるいはライトノベルの一部門だとね。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/22(水) 11:20
>558
ニコール・キッドマンが悪女役ででてる映画で
キッドマンにでていかれた夫が暗闇のなかでひとり
テレビを見ているんだけど、見ていたのが、アニメのレンズマン
だった。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/22(水) 11:47
うーん、「センス・オブ・ワンダー」でファンタジーとホラー
を再びSFの属領にできないものか・・・

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/22(水) 15:57
ではライトノベルをSFに包摂してしまおうよ。
みんなライトのベルを読もう!

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/22(水) 19:34
まあ、SFのサブジャンルとして、
アニメ・ゲーム・コミックがあると考えた方がいいな。
いやお宅業界に取り込まれたと見るべきなのかな

641 :名無しさん:2000/11/22(水) 22:06
つーか、「センス・オブ・ワンダー」がSFの本質だ!
というあたりがSFがガキの証拠なんだよ>637

世界に「ワンダー」を感じられないのは、不感症なだけ

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/22(水) 22:35
つうかセンスオブワンダーってなんですか?
あいまいすぎて何それって感じなんすけど(藁


643 :名無しさん:2000/11/22(水) 23:23
SFって、オタッキー?

644 :名無しは無慈悲な変身番長:2000/11/23(木) 00:16
ざけんなよ、
アニメだろがゲームだろが「SF風」ってやつは
実は「SF」じゃねーんだよ。
末端だけ見て母屋乗っ取った気になってんじゃねえゾ!

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/23(木) 01:00
>>644
「SF映画」もその仲間に入れてね。

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/23(木) 01:01
じゃあSFってなんだよ?センスオブワンダーだ!とかぬかすなよ(藁

647 :名無しさん@火浦功の新刊待ち:2000/11/23(木) 01:08
確かに、ゲーム・アニメでSFって言われてるものの多くは、サイエンスフィクションではないですな。
風ですからな。舞台が近未来ってだけで。そこを突いてこないもの多いし。

648 :名無しさん@火浦功の新刊待ち:2000/11/23(木) 01:13
確かに、ゲーム・アニメでSFって言われてるものの多くは、サイエンスフィクションではないですな。
世間一般で言われるSFの「S」ってなんざんしょね、一体。



649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/23(木) 13:21
だれか646に答えてage

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/23(木) 14:23
●あなたがSFだと思うものがSFです
●ただし他人の同意を得られるとはかぎりません

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/23(木) 14:51
そーすると上の論議は超おばかチャンなのですか?
そこらへんはどうお考えでしょう?

652 :名無しさん:2000/11/23(木) 17:13
世界に「ワンダー」を感じられない、SF原理主義者は逝け!!

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/23(木) 17:46
ライトノベル板では、作家志望者達が、狙っている賞の傾向と対策を愚痴り合ってるのに対し、
SF板では、古本マニア達が、秘蔵のコレクションを開陳し合っている。
この辺りにも両者の層の厚さと勢いの差をひしひしと…。

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/23(木) 17:52
SF作家志望のひとってみてるなかにいるの?
いるんだったらがんばれよ。

655 :名無しさん@一周忌:2000/11/23(木) 19:27
茅田とか、秋山とか、小野とか面白い作家はいくらでもいるんだし
SFだと思って読めば良いと思うけどね。

大体、海外SFって面白い作品、最近少ないでしょ。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/23(木) 21:55
>世界に「ワンダー」を感じられない、SF原理主義者は逝け!!

 でも、キャラクター小説というか、人間の内面を描いてる小説
を読んで「センスオブワンダー」があったりするとホラーだとい
う気もする。「単なるアイデア小説」と言われてしまえばソレま
でだけど、ソレ有ってこそのSFじゃないの。


657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/23(木) 22:15
じゃあディック・神林はSFとは言えないのでは・・・

658 :名無しさん:2000/11/23(木) 23:07
今の時代にSF作家の地位が低いのは、先達の人々の努力と切磋琢磨が中途半端だから。
そのつけを今のSF作家は背負っている。しかもそれが当たり前だと思いこんでいる。
そんな人間がでかい面をする分野に価値があるのか?


659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/24(金) 00:29
Technology Fiction っつーのはどうだ

660 :梅原かつふみ:2000/11/24(金) 15:50
字数が11字もある!
だからバラードにつけこまれ、スペキュレイティブ・フィクションが
入り込んだのです!!!

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/24(金) 16:22
なんかさあ、センス・オブ・ワンダーとかワンダーを感じるとかいってるやつらがいるけど、
それってなんなんだよ?日本語で言ってみろよ、
不思議な感覚、か?驚異の感覚、か?なんかごろがいいから使ってるだけとしか思えねえよ。


           全然説得力ないね


SFを語る上でセンスオブワンダーが、なんて台詞は認めたくもねえや。
そんなだせえ句を念仏みてえに唱えてんじゃねえよ。




662 :とりさん:2000/11/24(金) 16:45
>>661
レイチェル=カーソンの『せんすおぶわんだ〜』を読むべしべし。
さすればその心を理解できるかも?


663 :日本@名無史さん:2000/11/24(金) 16:45
神林が入らないからもめるンと違う?

664 :通りすがり:2000/11/24(金) 17:05
>>662
もそっと情報求む
いや661じゃないんだけど、前から俺も気になってたのよ

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/24(金) 17:07
>>662
その本はSFで言われるセンスオブワンダーの語源にかかわる本なのですか?

666 :662のとりさん:2000/11/24(金) 17:26
作者はアメリカの農薬問題に対し『沈黙の春』で啓蒙活動を行い活躍した女性海洋学者です。
その人が甥との自然体験を通して、一見ささやかにしか見えない驚きを大切にしようというエッセイです。
自分がこの作品に感銘を受けたリアル工房なんでSFファンの方々の『せんすおぶわんだ〜が云々』という発言に違和感を持たず接することが出来ますhttp://member.nifty.ne.jp/Ogo/S-Wonder/
ここが一番分かりやすい紹介かな?
映画化はいらんけど(笑)

センス(省略)の語源ではないと思いますが。

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/24(金) 17:47
僕は日常や仕事のなかでもセンスオブワンダーを感じるな。
本の中でも感じたい、てのは僕にとってはとても自然なのだな。

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/24(金) 17:48
「センスオブワンダー」を振り回すSFファンにはたしかに馬鹿が多い。
自分でものを考えることができないだけのくせに、
ジャーゴンを使えることがエリートの証明だと思っている節がある。

ラテン文学を読んでつい「哄笑」という言葉を使う奴とか、
ミステリを語るときについ「知的」という言葉を使う奴も同じ。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/24(金) 18:52
>>668
きついなぁ。
まぁたいていのSFファンは、それ(かっこいいお題目のおうむ返し)が
あやふやな自己の確認とSF共同体にすがりつくための手段なんだから、
大目に見てあげて。

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/24(金) 19:09
>>668
自分で物を考えることができない奴がセンスオブワンダーを振り回すのはいやだな。
確かに。
でもここでいうワンダーこそ文明の原動力だ、と思える人がいれば良い。
というか、俺はSFとはそういう物だと思っている。
SFにはワンダーが書かれているが、それをセンスするのは読者。

671 :661:2000/11/24(金) 19:57
世界に広がるすべてに対して真摯に感動する、そして感じる心というわけか?
しかしそれはSFに対する話じゃないんじゃないのか?
あまりにも包括的に過ぎる。センス・オブ・ワンダーがあるものがSFだなんて発言は
横暴かつ大それているな、この感じだと。

そもそも、なんでセンス・オブ・ワンダー=SF的な発言をする馬鹿が存在しているんだ?


672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/24(金) 20:00
小説をジャンル化しておかないと気が済まない人ってのはどういうひとなの?
おれは好きで読んでるだけで、ディックやバラードがSFじゃないっていわれても
ぜんぜん腹も立たんけど。
なんで定義戦争とかジャンル戦争とかおきるんだろ。

673 :661:2000/11/24(金) 20:05
>ディックやバラードがSFじゃないっていわれても

それ以前の、SF作品と呼ばれていたもんにずっぽり接していたやつらにとっては
同じ範疇のものとはとらえられなかったんだろ?
つまり正確には「俺たちがSFとして捉えていた作品群とは異なるものだ」
っつうところじゃねえのかと俺は思う。

そんでその過程で議論は空回りと重箱のすみつつきになり、しまいにゃ
俺の嫌いなセンス・オブ・ワンダー・ボーイが現れる


674 :とりさん:2000/11/24(金) 20:58
センス・オブ・ワンダーがどうのって小洒落た感想を言う方々に対しては『はぁ、そうですか…』という言葉が先に出てしまいます。
もちろん自分がそんな感情を抱くのがSF小説であったから、ここにいるわけですが、人に感想を伝える時に使える言葉ではありませんよね?
早川とか創元のSF小説を読むようになった切っ掛けが吉岡平の『無責任艦長』であったヘヴォンな私としては良い作品であれば何でも構わないのです。

ジャンル闘争だのといった議論はやっぱり自尊心が意味もなく強いから起こるんじゃないの?
だから自分が読んでいるものを特別視するために明確な線を引いちゃう。
ライトノベルやミステリーといったジャンルでも同じような問題はあるんだし。
作品について楽しく会話するためにはどうでもいいことなのに。宇津駄羽。

でも、大学受験に合格してSF研に入り『その作品はSFじゃねぇ』とか『せんすおぶわんだ〜を感じ取れない』やら『読書しない人間はクズ』としょうもない議論で白熱して殴り合ってみたいナリ(笑)

>>673
嫌い嫌いと感情的に言い続ける人も『SFにはセンス〜以下省略〜』と言ってる人間と大差ないように思えます。
それは他人の抱いている感想なんだから仕方ないんじゃないの?

ああ、疲れた。『虚船』でも読んで蒸汽からくり大仏VS空飛ぶ円盤を楽しむなり。

675 :くるくる少女:2000/11/24(金) 22:48
別にセンスオブワンダーと主張されようが
サイファだろうがスペキュレイティブ・フィクションだろうが
センスオフだろうが構わないと思うんですけど?

私にとってブギーポップも鋼鉄都市も伊豆の踊り子も
鬼平犯科帳も面白いという点においては全て等価ですから


676 :名無しさん@1周年:2000/11/24(金) 23:07
SF的センスが無くても書けるのが日本のSFのいいとこらしい。

677 :とりさん:2000/11/24(金) 23:20
>くるくる少女さん
あんたにゃ負けました。
そのラインナップには勝てねぇよ。


678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/25(土) 00:22
「できすぎ」は面白かったですか?>くるくる

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/25(土) 02:21
とにかくばかげた議論だな。
SFっつーのはラベルにすぎんのだよ。
それぞれがSFだと思った物がSFだ。
俺には俺なりの定義がある。それで終わりだろ。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/25(土) 02:24
>>679
ようやく分かったの?
そうだよ。あんたは正しいよ。
それがちゃんと分かっててなんで此処に首突っ込む?


681 :名無しさん@1周年:2000/11/25(土) 07:27
なるほど。そうなのか。

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/25(土) 13:04
で、ジャンルがどうとかセンフオブワンダーがどうとかいう話は終わりました?
昔からあちこちで繰り返されてる話ですもんね。もういいですよね。

私は最近SFに舞い戻ってきたところなので、こういう(>>1)趣旨のスレッドで
「ひっかかっちゃまずい、面白くないSF」をリサーチ出来るのはありがたいです。
そういった情報、期待してます。

683 :名無しさん@1周年:2000/11/25(土) 13:06
SFは新たな時代を切り開く道標である。
最近はそれがわからないSF作家が多い。


684 :名無しさん@一周忌:2000/11/25(土) 13:59
でも、SFていったい何なのよ、というものが残る。
というか、自分が好きなものを概念化しておきたい、と考えない方がおかしい。
「面白さ」を解析するべきだし、きちんと説明できる必要はあるでしょう。
センス・オブ・ワンダーで科学的装いがあるもの?じゃダメなのか?

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/25(土) 15:34
>>680
議論を終わらすためにわざわざ書き込んだんだよ。
そうでなきゃこんなつまらないこと書くかって。
一人変な仕切屋がいたからな。

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/25(土) 17:13
>>684
だからさ、そういう話がしたいんだったらさ、
そういうスレを他にたててよー。
もう、話いったん終わってるじゃん。蒸し返さないでくんない?

687 :俺が正すぜ:2000/11/25(土) 23:55
昔は、新しいSFを読むのが楽しみだった。
たくさん本を読みたかった。
今は、本が氾濫しすぎて、選ぶのが大変だ。
しかも外れが多すぎる。

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/26(日) 18:35
http://yogananda.hoops.ne.jp/

689 :期待してるぜ>687:2000/11/26(日) 20:32
誰もが作家になりたい時代になってしまったけど、タフな想像力を
発揮できる奴は少ないんだよな。

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/26(日) 21:35
>685
仕切り屋発見!!

691 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 23:11
689さんの言うとおり
だけど、SFやってる人って、作品を発表する機会が少ない様な気もするけど。
思いつくとこは、SFマガジンとなんちゃらぐらいかな。


692 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 06:55
SF作品の裾野を広げるためには、出版社が若手の作品を出さなければならない。見てるとどこの出版社も、「守り」の姿勢が見えている。
一部の小さな出版社は別として、攻めの姿勢の出版社は少ない。これはSF分野に限らないが。

話は変わるが、日本の電気会社が世界市場を席巻できたのは、世界市場を目指して拡大生産に突っ走った先人のおかげです。今はその遺産を食べて生きている。守りの姿勢になったら、駄目になるのも早い。


693 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 14:22
かつて、広げようとして、浸透と拡散と変質と解体をやった結果、今があるんだが…。

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 18:02
実際問題、「SF」として出したが最後、
SFファンしか買わないんだもの。どこも出版社いやがるわな。

695 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 18:48
なんでなんで、どうしてSFはSFファンにしか売れないの?

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 19:08
でも、「普通」の作家の書いた「SF」は大概は酷いもん
ですしね・・・

697 :694:2000/11/27(月) 19:27
知るかい、そんなことまで。
実際伸びねえんだもの。SFファンしか買わないとしか思えねーじゃねーの。

698 :694:2000/11/27(月) 19:30
一昨年コンビニに並べたオムニバスだって、
「侵略ホラー」と銘うたねえと、コンビニでさえ動かねえんだからよ。

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 19:42
いっそ、SFという名前を無くした方が良いとか思ってしまう・・・・
宇津駄

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 20:06
だから、ライトノベル、に戒名しようって。

701 :名無しさん:2000/11/27(月) 20:24
みんなで「SFマスター」が降臨するのを待つしかないね。

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 20:56
要するにSFファンが、今までの新刊購入額を来月から2倍に
増やし継続させれば、SFブームと勘違いしてSFをうってくれる
のでは?

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 21:01
SFファンの財政と根気が続けばいいけどな。
飽きっぽいからな。
その時点でブーム終焉。

704 :694:2000/11/27(月) 22:22
>ライトノベル、に戒名しようって

ライトノベルもなあ・・・、SFファン群の上に伏せた丼鉢を
ちょっとだけ隣の読者群に伏せなおしたのと変わんないからなー。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 22:37
作家志望スレが2つ3つたって賑わってるようでないと、絶望的でしょうな。
でもSF研の創作すらイタイとか言ってるから…。

706 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 23:05
となると、全てのヒットした作品をSF作品をするコバンザメ商法に頼るしかないか。
だけど、SFマニアにしか読まれない作品は、SFから除外した方がいいな。


707 :名無しさん@一周忌:2000/11/27(月) 23:06
>だから、ライトノベル、に戒名しようって。

戒名ということは、SFを殺して死後の諡にしようと
言うことでしょうか?(笑)



708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/27(月) 23:10
>>707
てゆーか、現時点で死んでるみたいなもん。
実際、SFの固定読者なんて、AMIGAのユーザみたいなもんじゃん。

709 :くるくる少女:2000/11/27(月) 23:30
>>708さん
同感ですね。
オマケに新たな血を入れて蘇えろうとすると
SF原理主義者が「あれはSFじゃない」と
白木の杭を手にして襲いかかりますし(笑

まあ 私は私自身が面白いと感じたものは
SFと分類されようがされまいが全然関係無いと
おもってますけど。

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 09:05
「待っているんだよ」
「何を?」
「SFマスターを」
--------------------------------------------
何でもいいから凍てついた心をとかし、魂を揺さぶる
究極の○○を読みたいだけなんだよな。

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 09:22
>要するにSFファンが、今までの新刊購入額を来月から2倍に
>増やし継続させれば、

 同じ本を二冊買えってか(^^;。小説って商品は、「一人で普
通は2冊買わない」からね。今のSFファンの数ではヒットな
んか出るはずがない。というか、殆ど商売にならない。で、他
の層にも読ませようとすると709の言うような事になって、次か
ら「アレはSFじゃない」って事になる。

 はっきり言って、実際に作品を書いている作家より、批評家
の数の方が多いんじゃないの? 今のSF業界。そういうのを
、外から見たらどう見えるかは考えた方が良いと思うよ。


712 :日本@名無史さん:2000/11/28(火) 12:51
確かに2冊同じ本を買えば、ブームだよな(わら
おれは買ってなかったSF本を買え、と言ってるのかとおもった
批評家ってここで匿名で書きこんでいる俺達のことのような(わら

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 13:07
SFMを買えというのはさすがにもう無理な気もするが、
せめて異形コレクションは買うことにしたい。

714 :>713:2000/11/28(火) 16:49
SFじゃなくてホラーじゃん。
いや、中身がSF寄りなのは知ってるよ。「看板が」という意味

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 17:25
訳書だったら、2、3人に別訳させるとか。普段SFとかやらない
系の訳者にもやらせるとかさ。

スタージョンとかトム・リーミイだったら3冊でも4冊でも買うな。

716 :名無しより愛をこめて:2000/11/28(火) 17:49
>>713
だから、看板に「SF」ってつけちゃうと売れないんだってば。
実情として。

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 17:55
だからSFとついた作品を「読書用」「保存用」の
2冊買いたまえ>716

718 :>715:2000/11/28(火) 18:48
> 普段SFとかやらない系の訳者にもやらせるとかさ。

その結果がサンリオSF文庫。
小説としてという以前に日本語として変な文章で読めぬ。
やはりSF訳すにはSF知識が必要よのう。


719 :713:2000/11/28(火) 19:17
俺が1冊2冊買う買わないの話じゃないの!
取次ぎは薄笑いを浮かべるわ、書店はスペース確保してくれないわ、
平積みしたって動いてくれないわ、ってことだよ!

市場が冷え込んじゃってんだよ。

720 :713じゃねーや716だ:2000/11/28(火) 19:21
市場が冷え込んでるっつーか、
企画の段階で営業が「えー、SFぅ?(ワラ」なんだよ!
ここ見たり書いたりしてんのは読者だけじゃねーんだ。
トンチンカンなレスでイライラを増やさせるな!

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 19:23
>>718
それは稿料が安すぎて、とか編集のチェックがあまいとかの問題じゃないか?

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 19:28
>>712
いや、社内的には何の下地も無いところから、
担当者は社内で孤軍奮闘してたの。
編集のチェックが甘いと言ったら、
SFに無理解な会社の中でがんばってあれだけのものを
出してくれた担当者があまりに気の毒だ。

723 :712じゃなくて721だスマソ:2000/11/28(火) 19:29
>>721
いや、社内的には何の下地も無いところから、
担当者は社内で孤軍奮闘してたの。
編集のチェックが甘いと言ったら、
SFに無理解な会社の中でがんばってあれだけのものを
出してくれた担当者があまりに気の毒だ。

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 22:49
いや、君の憤りは理解できるんだが、かといって我らにできることは
少しでも買うことぐらいしか思いつかないのだが・・・
どうすればいいんだ?俺達は

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 23:05
作家と編集者以外は、何も言うな、書くな。

726 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 23:08
アホくさ。
これじゃ、日本のSFが駄目になるさ。

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/28(火) 23:51
>>725
は作家でも編集者でもない、ただの煽りだろ。だれのおかげで飯食えてるかくらいは
わかってるはず。
それよりもっとあたらしい切り口ないの?プリントオンデマンドとかさ。
ネット小説とかヴォイジャーみたいのはあんまり好きではないんだけど。

728 :名無しさん:2000/11/29(水) 00:39
昔読んだ奴でも、ハルキ文庫で読み直そう(買い直そう)

しかし、最近の文庫は高いね。

729 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 07:22
確かに高い。
古本屋じゃ安く買えるのに。

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/29(水) 08:12
このスレで、30年前と全く同じ議論が繰り返されているのだが、
場が、印刷物からネットワークに変わっていること自体に、
SFマインドを感じてしまう。
ああ、もうオヤジだな、俺は…

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/29(水) 08:45
>それよりもっとあたらしい切り口ないの?プリントオンデマンドとかさ。
>ネット小説とかヴォイジャーみたいのはあんまり好きではないんだけど。

>しかし、最近の文庫は高いね。

 SFファンが増える見込みもなく、他の層に読ませる為の工夫を
認めないとなれば、少ない部数で商売になる方法を取るしかないで
しょう。値段を上げるか、間を飛ばして効率化するか。

 でも、ジリ貧だよな。同人誌レベルに戻るという方向だし。



732 :名無しさん@一周忌:2000/11/29(水) 14:45
とにかく、SFとついたものを新刊で買うしかないでしょ。
スカーレットウィザードの4巻出たよん

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/29(水) 16:49
編集者ではないですが、雑誌関係の仕事をしていて知ったんですが
いまのプリント・オン・デマンドの技術だと300部以上すると
通常印刷のほうが安く済むそうです。
つまり300人以上の購買者を集めれば単に絶版になっているものは
理屈ではリスクなしに再版できるはず。まあ直販になるからそれでも
コストは高くなりますが。

あとは、http://www.cuusoo.com/みたいなやりかたでユーザを集めれば
新訳の出版も方法論としてはありますね。

734 :名無しさん:2000/11/29(水) 21:55
SFを読むことは素晴らしい!
SFは格好いい!
SFやってて良かった!
と思わせないとダメだよ。
ライトノベルをSFの属領として、
「こんなに面白い本は実はSFなんだ」と地道に伝えようよ

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/29(水) 22:56
ブックオフって評判悪いね、あそこ
確かに安いんだけどね

736 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 23:05
SFの素晴らしさを伝えるにはどうしたらいいか。
良い本だけを紹介する事。
駄目な作品は追放する事。


737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/30(木) 11:33
ジュリアン・メイとかモフィットを追放すればいいのか?
スコーリア戦記の作者はどうしようか?

738 :名無しさん@一周忌:2000/11/30(木) 14:47
古本屋はたしかに安いんだけど、
あそこにおいてるラインナップは
何故か「すでに持ってるものばかり」なんだよね(笑)
欲しかった物が手に入ることがないのは何故かな

739 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/30(木) 14:54
モフィットもう絶版じゃん

740 :名無しのオプ:2000/11/30(木) 14:57

スカーレットウィザード4巻、もう読まんでええ、と心底思った。

そういえばスコーリア戦記シリーズ、あれもどうにかしてくれ。
心底つまらん。

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/30(木) 15:01

同感だけど、作者の経歴(物理学者でバレリーナ)が威光になって
まだしばらくは生き延びるんじゃないかなぁ。
なんかさ、そういうところでまいってる人もいるみたいじゃん。

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/30(木) 15:49
『スコーリア戦記』私も合わなかった。
1巻の序盤は期待して読み進んだけど、
後半でガックリ...

「今度こそ」と思ったが、2巻目でも「やっぱりこうなったか」で
3巻目は読んでない。

航法とか能力者によるネットとか、美味しいだけに残念だった。

743 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2000/11/30(木) 16:13
>スコーリア  出始めの頃星界やシーフォートと比べて誉めてる文章結構見かけたけど
いくらなんでも向こうに失礼じゃないかと思った。

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/30(木) 17:29
でも星界も一巻だけじゃないか!!!!!!

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/30(木) 20:11
ごめん。スコーリア3番目にどっぷりだ、俺・・・・
2番目はいまいちだったが。

モフィットにもはまったんだが・・・・
前半嫌いで後半どはまりなんですけど

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/30(木) 20:44
アンおばさんのフリーダムシリーズ。
まるでン十年前のアニメ並の、小さな宇宙のお話。



747 :>745:2000/11/30(木) 22:17
それって世界に入り込むのに枚数がかかるということかも?
はまるまで読みつづけるなんて辛抱強いですね。

僕の若い時はつまらなくても最後や続刊まできっちり読んだもの
だったが、最近は見切ってすぐ止めてしまうようになった。年か。

748 :名無しさん@1周年:2000/11/30(木) 23:13
駄作を名作と言いつくろってはいけない。
駄作だとばれたら、余計人が引いていく。
駄作を宣伝しすぎてはいけない。
駄作は読者の数を減らして潰していく。
駄作ばかり出す作家に権力を与えてはいけない。
それが一番の失敗の原因。
当たり前の事ができない出版社は潰れるに決まっている。
それは駄作のせいばかりじゃない。


749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/11/30(木) 23:24
>>748
其ノ結果空想科学至上主義者ノ跳梁跋扈ヲ招クデ在ロウ
純文学ト呼バレル小説ハドノヨウナ運命ヲ辿ッタカヲ
知ラナイノハ悲シイコトデアル

駄作ノ定義ハ人其々デ在ルコトヲ心ニ刻ンデ逝ケ


750 :名無しさん@一周忌:2000/12/01(金) 13:46
いや、だれも言わないようなので言うんだけど。
上遠野ってそんなに面白いのか?SFインターセクションにまで
呼ばれるご身分になられたようだが。

たしかに青春小説・映画小説のみたいなのは認めるが、
最初の2作だけであとは、ワンパターンだろう。
世界に謎が存在しても解かれない、ことがそんなに凄い
ことなのか?

誉める人はアホじゃないか?

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/01(金) 14:16
わたしも上遠野おもしろいと思わないけど
言ったら、SFがわかってないといじめられるので
言わないでいました。

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/01(金) 14:24
アホとは思わないが、神林で騒いだ十数年前のことを思い出して
鬱になるよ。

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/01(金) 20:31
上遠野浩平は、一発目が評価されてあとワンパターンってのは確かにあるかもな。

ただ、自分がつまらないと思うからって
面白いという奴をひとくくりにしてアホ呼ばわりするような奴が
SFをわかってますみたいな面をして偉そうな態度をさらしてるから
このジャンルはどんどんダメになるんだろう。

754 :日本@名無史さん:2000/12/01(金) 21:43
そうか?がんがんアホ呼ばわりして
SF的ヒエラルキーを解体させるのが、このスレッド
の趣旨だと思うが



755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/01(金) 22:17
たしかにワンパターンなんだよね

756 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 23:11
最近の新人が駄目なんて聞くけど、新人が駄目なんじゃなくて、
その新人を選んでる奴が駄目なんじゃないの?


757 :名無しさん@1周年:2000/12/01(金) 23:21
失礼、ここはSF板だった。
ここに書いても意味が伝わらない。


758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 08:58
>>754
なるほど。
建て前としては理解できるけど、実際の効用に関してははなはだ疑問。
たとえばSFイズムがSF的ヒエラルキーを解体したか?
腐れSFゴロを増やしただけじゃないのか?

ま、後のことは気にせず悪口を言い放つ趣旨のスレッドはあってもいいと思うが。

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 09:40
>750
>上遠野ってそんなに面白いのか?SFインターセクションにまで
>呼ばれるご身分になられたようだが。

>754
>そうか?がんがんアホ呼ばわりして
>SF的ヒエラルキーを解体させるのが、このスレッド
>の趣旨だと思うが

 「呼ばれるご身分」って辺りがヒエラルキーなんだよね、
実際は。件のインタビューに拠れば、上遠野は「SFのムラ
には入らない」そうな。

 「ティーンズ文庫系が中軸を占めると日本SFは絶滅だ」
か(^^;。でも、自分を含むライトノベル系の作品がSFであ
る事は否定してない。嫌味だねぇ。

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 10:59
ヒエラルキー解体とかいうお題目の元に、実際にはヒエラルキーを強化する類の罵声ばかり飛んでるってことか。
そういう矛盾を意識してやってる悪人(笑)だったらまだましだけど、
本当にお題目を信じてやってる馬鹿がいたりしたら哀しいな。
そこまで馬鹿ばかりじゃないだろうと思いたい程度には、
ジャンルに対する幻想が自分の中にあるみたいなんで。

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 16:00
青臭さ炸裂の756&757をさくっと無視する辺りが、この板住人の意地の悪さだよな(w。

762 :名無しさん@一周忌:2000/12/02(土) 17:23
>>759

さすが、わかってらっしゃる。
ただ「ごみぶん」というのは、嫌みのつもりなんだが(笑)
意識の再生産構造はそういうもんではあるね。
解体とやらができるかどうかは知らないが、悪口ぐらい言わせてくれ


763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 19:55
悪口を言うなとは誰も言ってないんじゃないかな。
ただでさえ匿名のいいっぱなしなんだから、ちょっとでも隙を見せれば悪口を言った奴に食いつく奴が出るのも当然だと思うが。


764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 20:00
>>761
自己完結してるからほっといてるだけでは。
他の板みたいにいじって楽しむような趣味の人がいないんでしょう。

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/02(土) 22:03
何が面白いのか、自分を理解するためには、
なぜつまらないのか、悪口を言う必要があると思う。
悪口を叩かれるのもまた一つの試練

766 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 23:09
>761 名無しは無慈悲な夜の女王一族
あんたもね。
意地悪というより、間抜けなんだろう。

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/03(日) 03:47
>766
そんなに悔しかった?

768 :名無しさん@1周年:2000/12/03(日) 07:17
別に
あんた暇だね

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/03(日) 11:34
そもそも 2ch なんて暇つぶし以外のなにものでもない。

770 :名無しさん@一周忌:2000/12/03(日) 16:37
スカーレット・ウィザード4巻読んだ>>740
もはや作者の手をはなれて、勝手に主人公が遊んでいる感じですな。
あれが、茅田というものなのかも知れないわ

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/03(日) 18:44
>>770
>あれが、茅田というものなのかも知れないわ
その通り。
あの方は昔からずっとソレです。
多分、これからもソレは変わらないと思いますね。
それを面白いと感じる奴が茅田萌えになる。
それを面白くないと感じる奴が見捨てる。
それだけのことでしょう。

772 :名無しさん@1周年:2000/12/04(月) 06:36
SFの話題はどうして分散するんだろう。


773 :名無しさん@一周忌:2000/12/04(月) 12:14
ミステリーはもっとひどいでしょう>772
それを考えると、SFの話題は分散していなかった事実の方が
問題なのでは?

そしてそれゆえにヒエラルキーみたいなものができているのでは?
知らないけどさ

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/04(月) 19:30
しかし、上遠野の「虚空に夜を」って面白かったの????

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/04(月) 20:55
>>774
まあまあ
でも、ブギーポップを読んだときのような驚きは無かったかな…。
あれは(こういうと失礼かもしれないが)あんなへぼそうな文庫から
結構読ませる作品が出ていた驚きってものうまみとしてあったからなあ。

しかし、スレをたどっていくと、結局センスオブワンダーではSFはくく
れないみたいなんすね?やっぱり大多数の人間から見たSFっぽいものが
SFなんですね、なんか勉強になったっす。


776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/04(月) 21:48
有名どころを貶さないといけない?
ウィンダムとか、ヴァーリーとか貶せっていうの?

777 :名無しさん@1周年:2000/12/04(月) 23:12
光瀬龍の百億のなんちゃらをけなすとか。
そういえば、シバ神とか、なんとかが出てくる物語もあった。
タイトル忘れたけど。

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/05(火) 12:24
光瀬っすかあああ。
もはや古すぎて、誉める奴は無視する領域に突入しているよね。
おれ先輩に「ひかるせと読む」、と教えられて信じちゃったよ。


779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/05(火) 17:06
茅田はどうしても男女差を転倒させる面白さで読んじゃうよね。


780 :名無しさん@1周年:2000/12/05(火) 23:13
だが、最近はお子さま向けのSFしかないから、
やはり光瀬を話題に出さないと。

781 :名無しさん@一周忌:2000/12/06(水) 16:47
そして、みんなで光瀬のつまらなさを語ると(笑)
おれ持ってるけどよんだことないなあ

小松左京は「SFは文学と違って手軽に文明批判ができる」みたいなことを
言ってたような気がするが、文明批判をSFなんかで安直にやってるから、
今反動が来ていると思うんだけど

782 :名無しさん@1周年:2000/12/06(水) 18:28
光瀬は、「たそがれに還る」と「派遣軍、還る」が
サスペンスフルでおもしろい。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/06(水) 21:06
>778

それはネタだな。絶対ウソだ

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/06(水) 22:02
>>775
なにがむかつくかといったら、
冒頭で「天の光はすべて星」の一節を引きやがったことな。
上遠野め、生意気な(プンぷん

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/07(木) 18:53
今月のSFマガジンは2000年度受賞作の翻訳がのってるけど、
結局90年代って何だったんだ?

786 :名無し・コンセントレーション:2000/12/07(木) 19:44
河出文庫の『20世紀SF』、どうよ。今のとこ収録作品セレクトはいい感じだが。
ん〜、でもあと5年くらいしたら揃がヤフオクで高値取引されてそうだな。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/07(木) 20:11
そういえばもうそろそろ2巻が出るな。

1巻ではハーネス「現実創造」が面白かった。
ブラウン「星ねずみ」では「うっチュー!」などというナイスな訳のせいで、
爆チュー問題の姿が頭から離れなくなったよ。

788 :名無し・コンセントレーション:2000/12/07(木) 20:33
>>787
もう出てるよ、2巻『初めの終わり』。意味深なタイトルだ…。

789 :名無しさん@一周忌:2000/12/07(木) 21:14
>>786

セレクト作品は見た感じ、ツボはしっかり押さえてあるんだけど、
SFファン以外読みそうか?といわれたら疑問あるラインナップ。
まあ、こゆいSFファン以外、買いそうにもないけど(笑)

全集とみたてさせ、ファンに収集させる戦略なんだろう。
良い滑り出しだとおもったなり。



790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/07(木) 23:37
河出自体潰れそうな会社なんですけど。
お似合いかも

791 :名無しさん@1周年:2000/12/08(金) 07:41
まあそう言わずに。
だけど、最近は昔の売れ筋に頼る企画が増えた。
どうしてだかしらんが。
復刻版とか、古典的名作とか。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/08(金) 08:59
以前の訳に慣れ親しんでいるんで、なんか違和感がある。

793 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 06:01
昔の売れ筋は、なんだかんだいってそれなりにおもしろい。
今の作品は、おもしろいかどうか見極めるのが大変だ。

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/09(土) 21:50
>>775
「ぼくらは虚空に夜を視る」読了。
あまりの糞っぷりに、許せん!!
なんじゃああああ。あの格好悪い調子と戦闘シーン。
ラストの肌触り最悪。あんなおちかああ。


795 :名無しさん@一周忌:2000/12/10(日) 22:10
たしかに、スペースオペラとどう違うのかと思った
絶対SFはなめられてるとおもう、上遠野に>794

796 :煽りですよ:2000/12/11(月) 10:31
>>794-795
また出たよ、「SF」が高尚だと思ってるキチガイが。

まだいるよ、デュアル文庫が「SF」文庫だと思っている勘違いクンが。

797 :名無しさん@一周忌:2000/12/11(月) 19:44
でもインターセクションで偉そうなこといってたでしょ>796
それなりの出来を期待するのは当然。
それにその言い方だと、上遠野の作品を高尚じゃない、といって
いるのと同義だぞ。大丈夫か。

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/11(月) 22:48
単なる青春小説でしょ、目くじらたてんなって

799 :名無しは無慈悲な夜の・・・:2000/12/12(火) 00:46
            @` -@`―' ̄ヽ.__/`'ー-、
            _/ ̄7´      `.レ'´    '、_
          @` -‐'/::::::/ /  /  /ミヽ.i /ヽ.:::::、  ヽ
         /:::::::::i :::: i  |  |、、、_'y'ル@`j/_@`i::::::ヽ 、ヽ
       ./::::::::::::::|::::::: |  l:|  N:::::::::::::::::::::::::ト|::::::|: :l::|
       /::::::::::::::::|:::::::: i: |::| |:::::::::::::::::::::::::::::|i|:: || ::トj
      ノ:::::::::::::::::|::::::::::i |`、|__'、|___:::::::::::::::::::::::::|| ||  |
        l::::::::::::::::::::|:::::::::A|;´-――-'y'  iィ==@`-|ノ/レjノ
      |::::::::::::::::::::::'、∧|:::::_@` -r。t‐、::::  @`......._ `|ノ
     ノ:::::::::::::/::::::::ノ::::::::::::`'┴‐'‐:::::::. i、i゚_j_@``〈
      |::::::::::::/""l:〈:::::::::::::      :::::::: ` 、 ' |
      |:::::::/l 7`i::|::::::::        :::::.' _/  /     超ツマンネー
     /::::/::::::i. `'lトl::::::::      @`_@` -━@`   /|
    /: ::/:::::::::::>--.、::::::...       ` ━'  / |
   /〃/::::::::::λ:◆:ト`' ::::::..      "" ./◆  `'i
 . |:::|::::::l|::::::::::|:i:::::::|@` -‐i''i 、      _/:::::|:: |  |
   レi::::::|il:::::l::::i‐‐'´   | |     | ̄i:::::::::|: | トノ
    `iル|i|:::i:::::i  .......::::| |      .|::::::|::::l:ノ|Aルiノ
      `´`r'┴ー--、::::::| |     トiルiノi/77
     ノ ̄ ̄`'ー‐-'-、;| |      ト   //



800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/12(火) 09:13
だれか、光瀬の猫柳ヨウレの感想をお願い

801 :名無しさん@一周忌:2000/12/13(水) 22:17
青春小説ねえ。
その割りには、あの脆く崩れそうな世界が、
SFをイメージしたためか、全然できてねえと思うけど。
「SFに何が書けないか」を重視すべき、と言った割には、
本人が一番理解できていないと思う。


802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/13(水) 22:28
負け犬共が吠えてる吠えてる(w

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/14(木) 17:40
秋山の新刊って年内に発売されないんだね。
とっくに出来てたという話じゃなかったのか

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/14(木) 21:05
ゼラズニイはコアなファンが多くて、悪口言う人が少ないが、そんなに大した
作家じゃないと思う。中の上くらい。

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/14(木) 22:01
気に入らない人はそもそも読まないか、読んでも印象薄くて直ぐ忘れるからなぁ。
俺も覚えてない(w

806 :名無しさん@1周年:2000/12/14(木) 23:31
日本SF沈没 小松原左京

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/15(金) 13:28
「時を駆ける少女」というのを読みました。
なんかロマンチックでいいなぁと思いました。
SFって野蛮でメカっぽくて危ないと感じてたけど
考えをすこし改めました。


808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/15(金) 18:33
>>807
…ネタ?

809 :名無しは電気羊の夢を見るか?:2000/12/15(金) 18:38
>800
 このあいだ古本屋で買って読んだよ。
 一人称の「わたい」ってのがなかなかカワイイ。
 面白かったよ、わりと。

810 :名無しさん@一周忌:2000/12/15(金) 19:56
ゼラズニイって「我が名はコンラッド」ぐらいしか読んでないけど
忘れたなあ。あんまりいい印象がない。同感。

悪口言われにくいけど、面白くない作家って他に誰がいるかな。
ファーマーとかは違うだろうし(藁)


811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/16(土) 02:01
>>810
ポール・アンダーソン。
悪口言うほどダメじゃないんだけど、面白くはない。


812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/16(土) 07:21
>>810
セイバーヘーゲンは文章ダメダメだと思う。
なんか底がみえちゃってね。



813 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 07:25
>812
訳者の問題かも?

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/16(土) 08:24
>800 >809
俺も好きだけど、いろんな宇宙人が仲間に加わって
もっとおもしろくできるのになってもどかしかった。

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/16(土) 08:34
>810
ゼラズニイは「我が名はコンラッド」が一番つまんないんだよ。
少なくとも僕はね。「光の王」「ロードマークス」やアンバーシリーズ、
「12月の鍵」や「フロストとベータ」などの中編を読んでほしい。

816 :名無しは電気羊の夢を見るか?:2000/12/16(土) 09:55
>810
 アンバーは面白いぞ。

817 :名無しさん@1周年:2000/12/17(日) 07:12
日本人作家で、俺を満足させる作品を書く人はいつでるのだろう。

818 :名無しさん:2000/12/17(日) 15:02
ライトノベルを買った端から読んでみれば?

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/17(日) 15:06
かなり古いが新井素子の
「ひとめあなたに」だけはゆるせん。
精神的にグロで吐きそうになったぞ。

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/17(日) 15:23
>>810
ホーガンあたりはどう?「星を継ぐもの」シリーズはイマイチ。
「造物主」シリーズは好きだけど。


821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/17(日) 15:33
作家じゃないけど、
SF=ハードSF=こんな事もわからんでSF読むな
と思ってる自称真のSF読みの人たちキライ。
作家も限定されてくるが・・・

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/17(日) 18:05
>>821
激しく同意

823 :名無しさん@一周忌:2000/12/17(日) 21:44
>814、815

がーん!
俺が読んだものは、ゼラズニイで一番つまらないものだったのか(泣
アンバー・シリーズ買ったまま、どっかへ行ってるよ。
探して読んでみます。

>820

俺、ホーガンファン(笑)


824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/17(日) 22:23
アンバーはファンタジーなのでホーガンファンは他の作品から読むべし。
「光の王」とか。
俺ゼラズニイ好きだけど、確かに後期の作品はイマイチだと思う。

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/17(日) 23:59
>>821
同感。
「これが理解出来ないのか?」って
只、本人の好き嫌いだろ?

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 00:29
>>821
あと、リアルタイマーね。
後入りを見下してる。

827 :名無しマン:2000/12/18(月) 00:52
ゼラズニィでは「砂の中の扉」が好きです。どうでしょう?

828 :>:2000/12/18(月) 02:07
 別に作品で嫌いなのはないけれど(ま、数読んでないからかもしれんが)
SF読んでるヤツって、なんでイタい人が多いの?
 

829 :スター・ジオン:2000/12/18(月) 03:09
SFを読んでるやつの9割はイタいやつである。
だが、すべての人の9割はイタいやつなのだ。

830 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 07:15
SFを読んでるやつにイタイ奴が多いんじゃなくて、
最近はイタイ奴が増加しているんじゃないの。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 13:21
昔から痛かったって>SFファン。

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 16:17
コードウェイナー・スミスとティプトリー・ジュニア
は、純文学くずれ、SFじゃない。

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 16:17
>>831
昔っていつごろのことを言ってんの?

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 16:26
大昔の作品だけど
栗本薫の『エイリアン殺人事件』
SFとミステリーの最悪の結合

835 :名無し・コンセントレーション:2000/12/18(月) 21:23
ヤフオクでSF買ってくれるひと(たぶん初心者)はいいひとが多い気がする。
売ってるやつ(たぶん古株)はなんかアレなひとが多い気がする。

俺の主観だが。

836 :831じゃないぞ:2000/12/18(月) 22:07
>833

 15年位前から内向きに成っていた印象は有る。

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 22:15
質問、イタイのは
SFだけ読む人のこと?
SFも読む人のこと?
どっちか解らん

838 :世界@名無史さん:2000/12/18(月) 23:04
>829

わらった(爆)

839 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 23:09
文学読者にもイタイ人はいる。
政治家にもイタイ人はいる。
お笑いにもイタイ人はいる。


840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/18(月) 23:48
>831
分析したわけじゃないが、70年代までは違うような印象がある。
海の向こうではすでにダメになってたらしいけど。


841 :名無しさん@どすこい:2000/12/18(月) 23:53
関取にはイタイがいた。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 02:07
一番イタイのは、このスレの住人だな(藁


843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 02:36
オマエモナー                  一度、使ってみたかったのじゃ(w

844 :名無しさん@一周忌:2000/12/19(火) 13:08
>>826

というかSFファンって必ず、「○○は基本!」と言わないか?
おれも確かに昔はよく言ったけど、ミステリーファンが、
「『点と線』は基本!」なんて言わないだろう。
その辺がSFファンの嫌らしさだと思う

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 13:14
>844

「これ、基本だから、押さえといてくださいね」

つい間「エラリー・クイーンの冒険」の帯についていた有名作家のコメントなんだけど。

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 13:21
>>845
作家とファンは違うって言いだすんじゃないか?(藁

847 :名無しさん@一周忌:2000/12/19(火) 13:28
そんなこと言ったら、恥かくだけじゃないか(笑)
うーん、なるほど。スターメイカーぐらい読まないと、
と強迫観念に駆られてSFを読まされることは、
ミステリーでも同じなのか・・・な?

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 14:03
>>「これ、基本だから、押さえといてくださいね」

教壇以外の場所でこのフレーズ使ってるやつ見ると、
気取りが丸見えで寒気がするな。
いや、広告コピーなんかだと、さらに
「ポーズよ、ポーズ」ってぇ
「コピーライター」気取りまで透けてくるし。

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 14:48
これ基本といわずに、これ面白いといえばいいんだよ。

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 15:42
なるほど!>849

851 :test:2000/12/19(火) 17:38
オラフ・ステープルトンは面白いよ!

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 18:45
カルペンティエールは面白いよ!

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 18:48
原哲夫+高橋克彦『阿弖流為II世』は面白いので捨て置いてくださいね

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/19(火) 22:09
「やはり、これが……基本だ……だぼっ……」

855 :名無しさん@1周年:2000/12/20(水) 07:13
私は一番これが好き! つまらない作品を勧める時のキーワード ストーリーランド以来の伝統

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/20(水) 07:53
SFオンラインの海法とかいう奴、ファミ通文庫でくだらね〜小説書いておいて、よくも偉そうにレビューなんか書けるな

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/20(水) 12:43
あのアメコミ翻訳家の事?
ホームページあるから、掲示板とかメールで苦情を書いてみたら?
http://www.amecomi.com/
読む方も読む方だけどね。うぷぷ。

858 :世界@名無史さん:2000/12/20(水) 21:37
堺ミホだって似たようなもんだ。
所詮ネオランガ・電脳組野郎のくせに・・・ぶつぶつ

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/20(水) 23:14
「SF読み出したら他はアホらしくて読めん。」
って言った奴。他のジャンルどれだけ読んで
その台詞言ってるんだ?

860 :名無しさん@1周年:2000/12/20(水) 23:16
そんなにつまらないなら、名前を出すのもやめよう。


861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/20(水) 23:31
10年前にSFを読むのはやめたのに、懐かしくなってこの板をのぞいたら
大半の話題についていける。
この10年SF作家はなにをやってたんだ?

862 :836:2000/12/20(水) 23:32
>860

 だから、SFファンは内向きなんだよ(^^;。後ろ向きでも
左向きでも右向きでも、勿論、前向きでもなく。

>859

 ははは(虚ろ)。


863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/20(水) 23:47
じゃあグローランサーとか、アキハバラとか、ヤングインディとか呼ぶことにしようぜ。

864 :名無しは無慈悲な夜の・・・:2000/12/20(水) 23:49
>861
ほげーっとしてた

865 :名無しさん@1周年:2000/12/21(木) 07:39
>861
ここのSFファンって、古い奴ばっかなの???
なんか怖くなってきた。

866 :名無しさん@一周忌:2000/12/21(木) 11:00
いや、おれもここ6年SFを読むのは止めてるから、
861と似たようなもの・・・か。
いや、内からわき出てくる意欲がなくてね(笑)

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/21(木) 18:10
>859

この世に存在するSFを全部読まないといけないのだから当然

868 :名無しさん商売:2000/12/21(木) 19:55
あああ、俺は時代小説読みだしたらSFは……(以下自粛)

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/21(木) 21:42
 SFMの2月号で友成純一が「宇宙の戦士のクモ=ベトコン」説
を書いていた。他でも聞いた事があるんだけど、コレってSF者の
間では定説なんですか?

 始まってない戦争について何か書くのは、無理だと思うんですけ
ど。ベンチェ蜂起って1960年の事件ですよ。


870 :名無しさん@1周年:2000/12/21(木) 23:17
最近のSFって魅力無いのかな?

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/21(木) 23:48
>>870
SFと銘打って売らないから、余程の傑作で世間で評判になるまで、
SFファンの、本人の思いとは裏腹に実は低いアンテナに、引っかからないのです。

872 :そうだ本でもよもう:2000/12/22(金) 00:16
>>871
最近、野尻抱介をまだ知らない奴がいて
こいつ何者って思ってしまった。


873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/22(金) 00:32
>871

 だから、内向きで身内の書いた奴にしか反応しないんだって
ば(^^;。何でかしらないけど、年功序列で新人作家は評価され
ない傾向もあるし。

>余程の傑作で世間で評判になるまで、

 で、アレはSFじゃない→そうコレはSFじゃない、バイバ
イ。というパターンで衰退したのだよ、国産SFは。「身内」
以外の人にとっては、SF作家という肩書きは無い方が良いく
らいのモノだからね。


874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/22(金) 01:00
>>869
ブエノスアイレス=パールハーバー
クモ=日本軍
クレンダツゥ=硫黄島
機動歩兵=海兵隊
だと私は思ってたんだけど。SFM読んでこよう・・・

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/22(金) 01:04
>>869
多分「終わりなき戦い」と間違えたのでしょう。

876 :名無しさん@1周年:2000/12/22(金) 06:51
身内以外の人に取ってSF作家とは、恥ずべき物なのか。
それに年功序列なんて言ってたら、ろくな作家が出てこなさそう。


877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/22(金) 14:12
ベトナムは違うだろう・・・

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/22(金) 21:56
>874

 「宇宙の戦士=ベトナム戦争プロパガンダ」説は可能性が
まったく無いわけでもない(ハインラインが作家ではなく政
治家として有能で有った場合(^^;)ですが、ベトコンとの戦
闘ってのはチョット。私も人種的なアナロジーとして取らな
いと、最後の主人公が実はアジア人というオチに繋がらない
と思うんですけど。

 この説、他でもよく聞くんですけどどうしてなんでしょう
。SFファンって時々、一斉に同じ事を言い出しませんか?

879 :名無しさん@1周年:2000/12/22(金) 23:12
影響しやすいんだね。

880 :世界@名無史さん:2000/12/24(日) 13:10
友成純一かあ、ドクソとして覚えておくよ

881 :名無しさん@一周忌:2000/12/24(日) 17:00
つーか、情報ソースが同じなのでは(笑)>879
近親婚の繰り返しで、遺伝子が悪化したのが今のSF
業界、っていう比喩が頭に浮かんできてすごく嫌

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/24(日) 22:46
まだ、SFマガジンの新刊を手に入れていないよ・・・
とほほ

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/25(月) 16:49
2月号は、SFのキーとなる作者達の紹介が並んでいた。
芥川賞の平野まで入ってて、笑えて良かったぞ

884 :>883:2000/12/25(月) 16:58
SFマガジンは遠い遠い町の本屋まで出かけないと立ち読みできない私。
キーパーソン全員とは言いいません、突っ込みどころ笑いどころだけでいい、
もそっと教えて教えて。
(平野と聞いて好奇心に火がついた。何故また平野!?)

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/27(水) 00:33
あげておく

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/27(水) 01:03
冬目景とかも入ってたなー。<キーパーソン<なぜだ?!(笑
で、ベテランSF作家は全然入ってなかった。ひどい。

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/27(水) 01:24
>で、ベテランSF作家は全然入ってなかった。ひどい。

 「デビューが1990年以降」のベテランSF作家
ってナニ? 第三世代の谷甲州や神林長平だってもう
すぐ50歳。本当に21世紀のキイパースンに成れる
と思う?




888 :>887:2000/12/27(水) 01:38
ああ、そうだったですか。実はホンのチラッと立ち読みしただけ
だったので。そうとは知りませんでした。

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/27(水) 01:44
>>886
ちゃんと読めてない馬鹿


890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/27(水) 16:15
でも、キーパーソンとは言えないのじゃないか?

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/27(水) 16:59
梅原はまた激怒するだろうな。それが狙い?

892 :名無しさん@一周忌:2000/12/28(木) 12:45
秋山瑞人ファンとしては、担当者の柏崎が秋山の書く女性キャラを好き、
といっているあたりが面白かった。

秋山のもう一つの主題が「抑圧とは?」であることを
理解できている感じがして。うーん、傲慢な書き方をしてしまった(笑)

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/28(木) 17:00
キーパーソンがあれだけいながら「売れないジャンル」と言われて
いるのって,何だか寂しい・・・

894 :名無しさん@1周年:2000/12/28(木) 17:37
なんか寂しいね。
来年は、売れる若手が出るのに期待しましょう。


895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/29(金) 08:52
>来年は、売れる若手が出るのに期待しましょう。

 売れる、売れないの問題だったら、あの中の何人かは絶対
に売れてるけどね。本人と出版社と読者(の多く)がSFじ
ゃないと思ってるだけでしょう。積極的にSF作家と言って
るのは野尻だけかも。

 こっちが勝手にレッテルを貼ってるだけ。SFMの一人相
撲だね。

896 :名無しさん@1周年:2000/12/29(金) 17:17
売れるレベルが違います。
リングとか、宮部みゆきとかとは、
そこが問題。

897 :名無し・コンセントレーション:2000/12/29(金) 17:38
まああの特集には色々ツッコミどころがあるけれども、
駕籠真太郎を取り上げたから許す。
願わくばもっとフラミンゴ系の作家を入れて欲しかったが。
海明寺裕とかしろみかずひさとか。

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/29(金) 20:22
駕籠真太郎?マジ?
むかでめりべは取り上げられないかな。

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/29(金) 20:49
>売れるレベルが違います。
>リングとか、宮部みゆきとかとは、
>そこが問題。

 だから入ってるよ(^^;、鈴木光司。鈴木光司がSF作家
かどうかは別として、「あの中の何人」なのは確か。

 この企画。だから無駄なんだって、こんな事をしても、
鈴木光司や瀬名秀明や篠田節子がSF作家になる訳じゃな
いんだから、「売れないジャンル」なのは変わらない。

900 :名無し・コンセントレーション:2000/12/29(金) 22:32
>>898
蜈蚣Melibeは取り上げられてなかった。あの作家も面白いよな。
作者本人のコスプレ写真を単行本に載せるのはどうかと思うが。

(故)フラミンゴは色々な意味で濃い「SF」が集まった雑誌だったのになあ。
『家畜人ヤプー』好きにはたまらない雑誌だったよ(追悼)。


901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/30(土) 06:10
今更何をしたってSFが売れるジャンルになるわけないじゃん。

902 :名無しさん@1周年:2000/12/30(土) 07:54
そうかな?
現在、売れない作家が多いと言うだけで、
SFその物が売れないとは限らないと思うけど。

903 :日本@名無史さん:2000/12/30(土) 15:05
とりあえず、角川春樹の新SFに期待しよう!

904 :>895:2000/12/30(土) 22:00
>こっちが勝手にレッテルを貼ってるだけ。SFMの一人相
>撲だね。

その通りだよね。
ぼくらSFファンが、勝ってあげて何万部が上乗せされた
としても、ベストセラー作家だから売れたんであって、
SFだから売れた訳じゃないものな。

どうしたら、SFだから売れる、の時代に戻るのかね。




905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2000/12/31(日) 21:32
新スレッドを立てました。
あとはこちらでお話ししましょう

★☆★SF悪口専用スレッド Mark U★☆★
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=sf&key=978265787&ls=100




201 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)