5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シェア・インターナショナル について

1 :みろく:2001/03/14(水) 14:16
マイトレーヤ運動のシェア・インターナショナル
http://www.sharejapan.org/index.html

ここって、ラエリアン・ムーブメントなみに、怪しい臭いが
するんで、前から気になってんだけど、内部事情知らない?
講演会聞きにいったり、「伝導瞑想」とやらをやった人、いる?
資金源って、どこなの?

543 :不思議の国のトム:2001/05/24(木) 13:50
トンデモ本に関して:
2つの無責任が、あると思います。
A)オカルトや秘教に関する書籍に対して内容を読まずに経験則や主観的判断のみで
否定し去る事。
B)    "       同上に対して、内容を100%鵜呑みにし、内容の正否に対して
なんらかの理性による判断や考察吟味を停止する事。
一般に神智学や仏教を真剣に学んでいる人は、最初の前提でA)もB)もキツク戒めらると思われます。
一般論として、私たちに望まれる姿勢は
X)理性や経験による判断、または相似の法則により正しいものとして受け入れられる
範囲についてのみ受け入れる事
Y) Xについての理解に関する不一致点について一致を求めるのでは無くまずお互いの違いを
認識してまず受容し、しかる後に自分が正しいと思った思考の道筋と相手の思考の道筋の
相違とものの見方の原点をまず明らかにする事
これはどこでもそうだと思います。

544 :名無しさん:2001/05/24(木) 14:09
>>543
一見もっともらしく聞こえるけどね、
日本で出版されるトンデモ本だけでいったい年間どれくらいの数にのぼると思ってんの?
そんなもんにいちいちつきあってらんないでしょ。

このスレッドが叩かれるのはね、
毎日100万アクセスもある公共の掲示板で、そんなトンデモ本を流布する危険性について危惧する善意の人たちがいるから。
実際、本として出版するよりもこっちの方が被害の拡大は深刻だからね。

545 :名無しさん@1周年:2001/05/24(木) 14:27
>>544さんに同意。
 
つけ加えるなら、とんでも本は、いくら読んでもかまわないと思う。
ただ、まともな本と見分けがつかなくなったら、おしまいだ。
そのためには、常に、対応できる学術書を探して読むこと。
                 
探す方法は簡単です。本屋へ行って、宗教・精神世界・ハウツー本などの
コーナーから離れ、生物・科学・物理・心理学などのコーナーへ行ってみる
ことです。「ブルーバックス」などは、簡単で範囲が広いので分かりやすいです。
「新潮選書」なども良いです。          

546 :う〜ん:2001/05/24(木) 15:00
>アダムスキーについて:
>類似性だけで、それがコピーであると決め付けるのは危険です。
>世界の発明発見だって、同時に違う国の違う研究者から類似の研究発表が
>されることはままあります。


シンクロニシティですか?
アダムスキーの場合は、そんな高尚な?レベルの話とちがうと思うんだけど。
彼はコンタクティ話をするずっと前に神智学系のサークルにいたんですよ。
スペースブラザーの話はそこからのパクリ。
別に頑強な否定派でなく、真摯なUFO研究者(ジャック・ヴァレーなど)は、そういう見解を持っていますよ。
なんか難しく考えすぎじゃないかな?(藁
一方で、分かりやすいユートピア話には全然疑問を持たないのだね?
オレにはそっちの方が不思議だ。

547 :不思議の国のトム:2001/05/24(木) 15:12
>>544 (感想)
私はトンデモ本全てを読めともシェアの本を読めとも一言も言っていないですね。
ですが読まずに"トンデモ"と決め付けるのもどうかと逆に危惧いたします。
そしてシェアの本はトンデモではないと思いますし、100%鵜呑みにすることも
求められていない訳ですよね。
私は自己選択によりトンデモ本には手を出しませんし、興味も抱きません。
自分にとって有益かどうか普通の大人なら誰でも判断し自己選択できます。
私ですが、読まない本に関しては批評しません。もしも批評するとすればその個所
を具体的に指摘しますが、それも自分の意見として理由をコメントし決め付けはしません。
ですから、もしもご自分の行為が善意からなら批評するステップも例え掲示板であっても
納得性のある誠実な行動として現れるはずだと推測します。
もしそうでなければ、ご自身の動機を誤解しているという可能性もあり自己観察により
問うてみるのも大切だと今のご意見で感じました。

ちょっと掲示板を離れます。では、また

548 :名無しさん@1周年:2001/05/24(木) 16:27
アダムスキー全巻、昔、持ってたけど、>>546さんの言うとおり、
そんな高尚なものじゃなかったよ。金星人や何々星人が出てきて、
アダムスキーとしゃべったり、アダムスキーをUFOに乗せて宇宙を散歩
したりするわけ。宇宙人の服装やら生活、何を食べてるか、なんていろいろ
あったけど、だいたい品行方正で、紳士的で、地球人より進んでるんだけど、
あれなら、侵略物読んでる方がまし。メカニックなとこも全然ないし、
あとから、アダムスキー教の教祖だと聞いて、なるほど、その通りと思った。
     
宗教書、教条書、道徳書、そんなとこかな。エドガーケイシー的なところもあったよ。
哲学書なんて、とんでもない。そんな深遠なとこは全然なかった。

549 :名無しさん:2001/05/24(木) 16:35
宗教書も良いと思う、ただまともな宗教書読めよ
情報収集能力がないトンデモな人は
それさえもなかなか見分けがつかないんだろうけど。

550 :不思議の国のトム:2001/05/24(木) 18:11
>>546 いい感じのレスですよ
>彼はコンタクティ話をするずっと前に神智学系のサークルにいたんですよ。
>スペースブラザーの話はそこからのパクリ。
うーん、どうでしょうか。UFOトピの話題としては面白いですが、何故彼が
ペテン師だのなんだの言われながらそれを訴えつづけたのか、僕にはまだ
理解できないです。というのは彼が嘘をつくつもりなら神智学か、ヨガ等なんなり
とセミナーでも開いてがばっと気楽に儲けた方がよっぽど良いでしょうに。
まあ、自分に置き換えたら理解しやすいですが、世界大師なりUFOを聴衆
の目前で普通はしゃべる気になりませんね。でも、そちらの意見も理解
いたします。
>一方で、分かりやすいユートピア話には全然疑問を持たないのだね?
>オレにはそっちの方が不思議だ。
そんなの(ユートピア話)だよ・・・、そこに現代のニヒリズムを感じます(^^)
、この批判には2つの課題が含まれます。
A)まず、ユートピアなんて未だ未だ先ですよ。それにユートピアの建設がもし
あるとしたら主役は世界大師やシェアじゃなく我々全てだという事。
何故なら車からCO2を出し、生活廃水を出し、原子力の電気を使ってせっせと
環境をドンドン汚染しているのは我々全員だからです。
ですから文明の負の遺産からまずデフィートしなければならないんです。
今、土木や環境周辺メーカなどが土壌汚染改良システムの開発に取り組んでいま
すが経済的にペイするかどうか難しい面があります。そういったものが本格的に
動き出せるような世論や環境の整備が必要でしょう。


551 :不思議の国のトム:2001/05/24(木) 18:26
続き >>550
B)それからシェアをある程度支持しているに過ぎない私が、
<ユートピア話には全然疑問を持たない>
とどうしてそのように相手を見るのか、自分に一度問い掛けてください。
「自分の見方は正しい、シェアのような夢話を信じる人間は騙されているんだ」
「あるいは、理性を放棄した非現実主義的思考の持ち主なんだ」
「あるいは、世の中のことが解らない単純オバカサン」
まあ、こんなところでしょうか。例えばカルトを信じてあれは正しいのよ、
だから貴方は間違い!って絶叫する信者と構造パターンが双対の反応なのでは
ないでしょうか。現実はそうでないのに、自己に最適化された蓋然性の中で
ひたすら相手の立場を上記のように「思い込みたい」無意識の動機傾向がないで
しょうか。
まあ、さっきからこれほど言っているのに上記のような人間としてしか人を見ないほど、
貴方はもっと素晴らしい方なのですからシェアよりいい提案をなさって欲しいもの
です。(ああ、僕はあなたの能力を惜しみます)
シェアの主張通り地球資源を産業を継続可能に持っていくとしたら、一体どうなるか。
いくらでも疑問はもちます。6年で乗り換えていた車を12年持たすとか紙を全て
電子ペーパー化するとか、もっと簡素な生活を考えるとか・・・きりないですね。
まずやれるところはいろいろ考えていかないといけないでしょうね。
では、また


552 :名無しさん@1周年:2001/05/24(木) 19:54
>>551←自分の気に入った意見しか受けつけない、カルトパターン人間ね。
    議論・討論できないタイプ。だからやなんだ。こういうとこにはまる奴。
    舞都麗夜さんのような人の方がめずらしい。

553 :名無しさん@1周年:2001/05/24(木) 20:17
>>552うんうん。
舞都麗夜さんはユーモアがあるよな。

554 :不思議の国のトム:2001/05/24(木) 20:32
>>552 ありゃありゃ、がく!
まだ、繰り返しか・・・同じような説明は言いたくないしなぁ
しかしいやといいつつ、来る人もいるしレスしなければいいのだろうか


555 :名無しさん@1周年:2001/05/24(木) 21:06
>>554
シェアさんてさ、他より内容が良くいえばソフト、悪く言えば薄いから、議論しやすいんだよね。
「偉い人ほど、難解な事柄を平易に説明できる」っていうでしょう。
内容が平易なのに、わざわざ、難解な言葉使って、鎧で身を固めて議論されると疲れるよ。
   
それと、シェアさんて、他より生臭いところもなくて、気楽に叩きに来やすいんじゃない。

556 :名無しさん@1周年:2001/05/24(木) 21:12
トムさん、それに自分が関心ない意見を無視してない?
軽くレスすると活発化してもっと議論してる気分になれるんだけど。
よけいなお世話で、ごめん。

557 :不思議の国のトム:2001/05/24(木) 21:12
決め付けも結構、個人攻撃もまあええじゃないですか。だけど
<クレーム著を読まれて批判する方はいないの?>
って舞都さんが、言ってましたが、正直議論も何もクレーム著の
ここがおかしいって話もないしどうでしょうねぇ
→もう刺激すんなとのメール来ましたんでちょっと様子みてます。
もそっと建設的ななごやかな感じで行きましょう。


558 :不思議の国のトム:2001/05/24(木) 21:23
>>556 あ、そうか・・・すみません、気がつきませんでした。
私って掲示板に慣れてないんですよ。それで、僕が気に入った意見だけ
レス付けたと思われているし、事実そうなってるんですね。
そうするとレスしなかった人は怪訝に思うん訳で・・・(あたふた)
どうも、ありがとう、過去のレスもよく読んで勉強しますよ。
>>555さん>>553以前の方大変失礼しました。防御方?は今私一人担っていましたね。
いや、すこし反省だわ。555さんもっとどついてね。
実はね、僕は勿論シェアの人間ではない。ただ、ちょっと惹かれるものがあるんです。
ただ、それが何故なのかまあ神智学の立場で理解したかった。ただ、どつきに来る人の
ことは良く考えていなかったのは確かです。
普段の調子じゃ駄目な訳で、ソコらへんの認識ギャップの大きさを再認識する
必要があるみたいですね。


559 :不思議の国のトム:2001/05/24(木) 21:33
ということで、今晩は失礼します。>>552さんもごめんなさいね
明日、もし機会があれば出て来ます。僕は碇君みたいに嫌われても
一向に平気なんですが、できればもちょっとシェアの本の内容とか
直接的なことで議論しましょう。そうすれば、舞都さんも加わるし
意見は一致しなくても、自分の意見のポジションをお互い確認できる。
では、そういうことで

560 :名無しさん@1周年:2001/05/24(木) 21:46
555>>558
いろいろエラそーにすみませんでした。
そういう感じで、神智学、どうですか。すっと入ってきますよ。
どつくやつには、遠慮なくどつき返して下さい(笑)

561 :546です:2001/05/25(金) 00:45
>「自分の見方は正しい、シェアのような夢話を信じる人間は騙されているんだ」
>「あるいは、理性を放棄した非現実主義的思考の持ち主なんだ」
>「あるいは、世の中のことが解らない単純オバカサン」

う〜ん、まあ自分の心の中に、そういうイジワル悪魔ちゃんがいることは
認めるね(藁)
ただ、自分は精神世界関係に少し関わっていたこともあって、決して他人事
として自分を優位に立たせることで自己満足できるほど、単純な気持ちでもないですね。
ある意味、人生に意味を求めている人たちが陥りやすい罠も多いから、心配もしていますよ。
ユートピア構想は共産主義にしても、ニューエイジのコミューンにしても
今までのところ、もう1つの監獄社会を作り出してしまった結果に終わっています。
自分の場合、船井幸雄に心酔している会社でアルバイトしていたとき、「波動が低い」といわれた
のでバイトを辞めた経験があるもんでね(藁)、理念と現実のギャップが多いから、
ニヒリストになっているかもしれません。
まあ、船井幸雄に関しては、最初から「安直だなあ〜」と思っていたけど。
ラマナ・マハリシ、クリシュナムルティなどには、敬意を払いますよ。
トランスパーソナルの潮流にも興味はあるし。
結局、人間が生きていくためには物語というものがある程度必要なのだろうけど、
現代は、その危険性にも敏感でないとね。足元をすくわれちゃう。
組織や資本主義、国家の問題に関しては、勉強不足でしっかりした見解は
まだ持てないですねえ。もう、これは必要悪なのかなあ〜〜

イギリス人が書いた本なので、少し皮肉な見方が強い所があるけど、

ピーター・ワシントン
『神秘主義への扉〜現代オカルティズムはどこから来たか』中央公論新社1999

は神智学に興味がある人にもお薦めです。


562 :不思議の国のトム:2001/05/25(金) 07:57
>>560 皆さんおはようございます。(←余りに素直すぎか(笑))
こちらこそ、まあよろしくお願いします。
神智学周辺かシェアでお願いできたら嬉しいですね。

563 :不思議の国のトム:2001/05/25(金) 08:37
>>561
こちらこそ、少し皆さんにエラソウに言い過ぎていました。
>ある意味、人生に意味を求めている人たちが陥りやすい罠も多いから、心配もしていますよ。
(--)(__)うーむ、やっぱりその辺が、問題の出発点なんでしょうね。
結局パロットの人たちも自己肯定というか、自分が安心出来る存在の価値を求めた
結果あの罠に引っかかってしまいましたしね。
当時の僕の気持ちも、なんでそんな信仰続けるんだ、そんなのウソでしょう!
ってそういう感覚がありましたよ。ああゆうもうそれとはっきり解る集団は別として
ごく普通の真面目な集団までもブキミがられる土壌が出来きてやりにくのなんのぉ(笑)。
そこでシェアの動機と手段の妥当性に光を当てて解明する必要がありそうですね。
>ラマナ・マハリシ、クリシュナムルティなどには、敬意を払いますよ。
ありがとうございます、P.ワシントン読んでみます。
あ、それからニヒルって私のことなんですよ。自分のグラマーなんでそれを
通して他人を見ちゃうみたいです。自己観察してわかりました。


564 :名無しさん@1周年:2001/05/27(日) 12:03
再開、再開。



565 :マリアの戦士:2001/05/27(日) 20:13
--------------------------------------------------------
反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
--------------------------------------------------------
  イエズス様からの警告 1981年から1987年
      シスター・グァダルーペに(抜粋)

 神殿が汚され、ミサの犠牲が捧げられなくなった時、その時
こそ「獣」の時代となるのである。その獣の時代は三年半続く。
そのとき獣には、聖徒達と戦って勝つことが許され、すべての
部族と民と言葉と国とを司る権力が与えられる。地上に住む罪
人で、「屠られた小羊」の「生命の書」に、世の始めからその
名を記されなかった人々は皆、その獣を礼拝するであろう。こ
のとき獣は、人々に印をつけることを開始する。そして、印を
つけられることから救われる者達は、額に十字架の印を持った、
私の子供達なのである。獣を礼拝する者は皆、「神の怒りの杯」
に盛られ、神が注いだ「怒りのぶどう酒」を飲み、諸天使・諸
聖人の前で火と硫黄とに苦しめられる。そして私の前で、彼ら
の苦悩の煙は世々立ちのぼる。獣とその像を礼拝し、その名の
印を受けた者は、夜も昼も休みを知らない。

(注)世界中の人が一人残らず「十字架の印」か「獣の印」か
を選ぶ時が数年先に来ます。666の獣の印のマイクロチップ
を埋め込んだ者はすべて、反キリストのロード・マイトレーヤ
と反キリストの反教皇の「2匹の獣」とともに地獄に行きます。



566 :名無しさん@1周年:2001/05/27(日) 20:27

>>565、なんかこの人、バカのひとつ覚えみたいな、コピペ戦士?

567 :舞都麗夜:2001/05/28(月) 00:52
Re.マリアの戦士さんへ

寂しそうだから少しだけ相手します。
リトル・ペブルの他に「反キリストはマイトレーヤだ!」
などと述べているメッセージ? は、あります??
上記がそうですか?
是非とも発表して欲しい!!

また無視(虫)しないで下さいよ。(笑)
せっかく登場するんだから、
読者への呼び掛けだけでは空しいぞー・・・

568 :不思議の国のトム:2001/05/28(月) 09:01
>> 567 舞都麗夜さん、出てこられて良かった(^^)。
僕自身も、いろいろ意見を頂いて非常に考えさせられました。
皆さんのご意見に感謝します。
幾つかの過去のやり取りの中に重要なHINTが幾つかあります。

569 :舞都麗夜:2001/05/28(月) 15:50
不思議の国のトムさん、そして皆さんおはようです。
ROMはしています。

アダムスキーについては、
私も詳しくはない。
UFO・宇宙人関連の研究家からも相手にされていない(されなくなった)ようだ
ということは知っています。
私は、何度かは“体験はあった”のだろう程度に考えています。
そんな感じのコンタクティーは結構多い。
“体験はあった”、しかしその後どんどん胡散臭くなっていく・・・。
クレーム氏はアダムスキーについて詳しく述べていません。
アダムスキーは確かに“体験はあった”だろうことを自分の体験と照らして判断されているということ。
その体験の多くが濃密物質レベルではなかった筈だ、という指摘をされている。
(これが懐疑・否定派の指摘に繋がっているのではないか?)
そして、自分もグループに参加していた時期もあったことを正直に云っている。それだけ。

570 :舞都麗夜:2001/05/28(月) 15:50
>>561さんのように
「ラマナ・マハリシ、クリシュナムルティなどには、敬意を払いますよ。」
とか、神智学は関心あります。学んでいます。
という方はもちろん沢山いる。
しかしマイトレーヤとなると、
その実在が(一般的にいって)確認されていないわけです。
よってその声を伝える活動のシェアも、信頼されない。
これは当然のことです。
このことに関しては、クレーム氏はことの初めから、
内容において自分自身で考え判断すべきであることを明言しています。
明日にでもマイトレーヤが、全ての誰にでもそれとして判るかたちで出現されれば、
この疑いは解消するわけ。しかし、そうじゃない。
本当に降臨しているのか、空想でないのかどうか、
本物のキリストたり得る存在なのかどうかを、情報から自分で判断して欲しいと主張している。
信じる必要もない、とも云っているわけです。
内容を自分自信で考え判断すること。これこそに意味がある。これが重用!!

571 :舞都麗夜:2001/05/28(月) 15:51
しかし、批判を述べる人、懐疑的な方の殆どは、
上記までの書き込みの言葉でいうと「原点にあたらず」に
という状況なのが実体だということです。
もちろん原点にあたらずに批判するのも、その当人の自由です。
私はそのことも肯定します。
そういう方は、それだけ狭い環境で自己判断してしまうリスクを自ら負っているということ。
原点にあたった結果としてその上で懐疑心が増した方は、それこそそれで全く結構なのです。
より自分にとって納得いく結果が得られたこととなる。

不思議の国のトムさんへ
批判的内容を拝読することは、確かに楽しいことではありませんが、
批判も含め、様々な反応を知ることができること自体が参考になることなのです。

私は明日、翻訳者・石川道子女史による講演会開催のための打ち合わせに出向きます。

572 :不思議の国のトム:2001/05/28(月) 17:18
>>569-571 今日は、舞都麗夜さん
>批判的内容を拝読することは、確かに楽しいことではありませんが、
>批判も含め、様々な反応を知ることができること自体が参考になることなのです。
その通りです。
実はこのトピに参加した時、自分の本当の動機がまだ理解できてませんでした。
批判者の中には、善意の忠告としてカキコされている方も居られそれはそれで
尊重しなければなりませんし、忠告自体は勇気の要る事だと思います。
私も今は、自分で納得行く答えを得ることがトピ参加で少しでも見えればと思います。
それは、自分自身の思い込み、錯覚を自覚することにより正しく行うことが可能で
あると感じます。書き込む時の言葉、論理、ソコに込める感情、相手への嫌悪、反発、憐憫..、
それら全てが、ある種の錯覚が入り込む可能性は否定できず、むしろ自他
の錯覚を浮かび上がらせるチャンスと捉えております。(^^)

<19日の講演会の補足Tなのですが>
講演会への入場は確かに無料でした。
また、入会案内のようなものはなく、強いて言えば公開伝導瞑想(参加自由)の日程の
案内が書いてあるパンフぐらいでしょう。近くの人に確認して解ったことはこの講演会が
伝導瞑想Gr.の有志によるボランティアによって支えられており、自由参加の運営であり
会員とか会長とか支部長みたいな組織も無いと言うことです。
会則や個人を拘束する教義もなく、例えばクレーム氏の著作の理解においても各人の信じる
範囲で受け入れられており、見解の一致を求められる事もないようです。
感覚的には伝えるという作業に特化したWORKグループという感じがあります。
また、ある種の宗教集会のようなどろどろしたものもなく、実にさっぱりしてます。
神秘さやはったり感もないし、そういうものを売り込む感じでもないようです。
では、また

573 :教えてちょ:2001/05/29(火) 13:11
マイトレーヤとカトリックとは 敵対してないんですか?
邪教カルトのリトル・屁ぶるだけが 敵対視してるんですか?

574 :舞都麗夜:2001/05/29(火) 14:36
>>573 教えてちょさんへ
バチカンからの公式発表でマイトレーヤに関して言及したという話しは知りませんね。私は。
リトル・屁ぶる(笑)だけということでもないと思います。
その他の一部の小グループと個人でしょう。

おーい!
マリアの戦士さんよ。
いい質問がきてるじゃん。
ここは出てきてくんないとダメじゃんねー。
判るように説明してくれー!!
楽しみにしてるよー。

575 :不思議の国のトム:2001/05/30(水) 13:13
亀有署のマリアさんじゃなかった。(笑)戦士さん,私も一度説明が
聞きたいです。

576 :アンドロー梅田:2001/05/30(水) 15:55
まったく地球人ってやつはくだらねえことでもめてやがるな。

577 :ペガ指す聖人:2001/05/30(水) 17:10
>576
そうだよ、「ヤキトン」食って焼酎飲もう!!

578 :宇宙人は無視、無視:2001/06/05(火) 12:27
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   ?                          ┃
┃   ●  タイプ25の厨房が発生しました  ┌─────┐┃
┃                       │ 再起動 │┃
┃                       └─────┘┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


579 :名なしちゃん:2001/06/09(土) 13:24
レスが止まっちゃったね。

580 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 00:35
age

581 :デムパ:2001/06/14(木) 12:31
地球人であることは宇宙人であることの十分条件です。

582 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 19:53
既出だったらスマソ。
この超常現象のカラクリって何ですか?なんで、シェア・インターナショナルが宣伝してるんでしょう?

http://village.infoweb.ne.jp/~fwhh0598/html/milk.htm

583 :2c巡礼 >550トムへ:2001/06/15(金) 14:12
アダムスキのトンデモ創造論

1、トリトン人時代。地球が住める段階になって初めて渡来した人々はギリシャ神話にトリトン族として伝えられている。彼らはひとつの周期を終えてのち、独自の宇宙船にて地球を飛び立ちたれども、居残り組みは屈居生活に入り退化。
2、太陽系内外の多数の惑星より「厄介者ども」、聖書に記録されたる「堕落天使」が地球に島流しにされてきた。このとき地球はまさしく「エデンの園」だった。彼らはやがて「知恵の木の実」を食して分裂を起こし、我欲が蔓延、おのれの血筋をもって民に君臨、互いを敵とするようになり、国家が生じた。太陽系の堕落天使は、木星、水星、火星の「三惑星」の追放者たち。
3、レムリアとアトランチス時代――原子力の誤用によって破滅。
4、BC8000年頃――地球の情勢を修正せんと「多数の金星人」を含むこの太陽系の「各惑星」の人間が地球に定住、地球人支配のために戦うも、金星人を含め戦争反対派は殺された(円盤とアダムスキ)。地球に対する宇宙人からの救済計画はなお継続(同乗記)。
5、BC3000年頃――木星人、水星人、火星人の末裔が過ちを修正し始める(円盤とアダムスキ)。

これをブラバッキーのと較べてみ。そっくりだから。アダムスキ宇宙人はセオソフィストだったのだ。


584 :かっぱ:2001/06/15(金) 18:09
age

585 :やっぱ:2001/06/20(水) 23:32
あげ

586 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 04:04
シェアさん、みんなどこに行ってしまったの〜
マイトレーヤのスレが立ってますよ〜

587 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 04:07
リンクしとくね
              
マイトレーヤの使命
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=993403982

588 :祝!シリウス行き決定!:2001/06/25(月) 04:17
>>586
>>587
もう、みなさんシリウスに行っちゃいましたよ。
早くあなたもイニシエートになってシリウス行きの名簿
に名前を書き込みなさい。

589 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 09:14
>>588
“は〜い!” _〆(。。)メモメモ

590 :名無しさん@1周年:2001/07/01(日) 02:15
age

591 :名無しさん@1周年:2001/07/06(金) 16:03
a

592 :名無しさん@1周年:2001/07/20(金) 01:52
a

350 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)