5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ケネディ暗殺の真相

1 :白根英夫:2001/01/06(土) 20:02
第2部*MJ−12の設立経緯
MJ−12とは、1947年7月2日のニューメキシコ州ロズウェルでのUFO墜落と
エイリアンの遺体回収事件を契機として当時のトルーマン大統領(在任1945-1953)
がUFO現象を一般大衆から隠し通すことを目的に1947年9月24日付けの秘密行政
指令に基づき設置したMJ−12委員会の流れを汲み、次のアイゼンハワー大統領
(在任1953-1961)が1954年に確立した秘密政府のことである。

トルーマン大統領の指示により、1947年7月にCIAが設立され、1952年11月に
NSAが設立されている。
この11月には丁度トルーマン大統領から次期のアイゼンハワー大統領に宛てた
「MJ−12文書」が作成されていることからみて、NSAは設立当初からMJ−12
のための情報機関としての任務を有していたと考えられる。

トルーマン時代のMJ−12のメンバーには、ロスコー・ヒレンカーターCIA長官、
ジェームズ・フォレスタル国防長官などが名を連ねていた。

アイゼンハワー時代の「MJ−12」のメンバーは以下の通り。
アイゼンハワー大統領、ネルソン・ロックフェラー大統領特別顧問の下に次の12人が
いたらしい。
アレン・ウォルシュ・ダレスCIA長官
ジョン・フォスター・ダレス国務長官
チャールズ・E・ウィルソン国防長官
アーサー・W・ラザフォード将軍
エドガー・フーバーFBI長官
エドワード・テーラー原子物理学者
秘密結社ワイズマンの6名(このうち1人は、元大統領ジョージ・ブッシュであり、
工作資金作りを担当していたと判明している)


第3部*ケネディ大統領の歴史
ケネディ大統領に関する重要事項の年表は次のようなものである。
1961年01月20日の正午、大統領就任演説

1961年04月17日、CIAによるカストロ打倒計画に基づいて反カストロ派の米国
在住キューバ人部隊が、キューバのビッグス湾に上陸するも、ケネディ大統領は、
米軍の追加支援を拒否し、わずか72時間で鎮圧された。
ケネディは、CIA長官のA・W・ダレス副長官のカペルを罷免した。

1961年05月25日、ケネディは有人月面着陸のための「アポロ計画」への財源拠出を
議会に要請し、NASAを中心とした軍産複合体が予算10兆円を獲得して、原爆開発
のマンハッタン計画を上回る、この大計画を実行した。

「私は米国民が1960年代の終わりまでに人間を月面に到着させ、そして安全に地球に
帰還させるという目的の達成を推進する。これほど興奮を呼び起こす感動的計画も無
ければ、これほど重要な計画も無く、また達成がこれ以上困難で多くの財源を必要と
する計画も無いであろう」(J・F・ケネディ)

1961年06月03日、ソ連のフルシチョフ議長とウィーンで会談するも緊張緩和が成功せ
ずにベルリンに突如として壁が築かれる。

1962年10月22日、キューバに武器を運ぶ船舶の海上封鎖を決定すると共に、ソ連の
フルシチョフとのホットラインでの意見交換により、フルシチョフはキューバからの
ミサイル撤去を約束し、米ソの一触即発が回避される。




2 :名無しさん@1周年:2001/01/06(土) 20:05
第4部*ケネディ政権による国民への情報公開の流れ
マッカーサー元帥(トルーマン大統領に罷免され軍籍はなかったが陸軍に隠然たる
影響力を持つ元老格、上院軍事委員会では「日本の戦争は自衛戦争だった」と証言し
てもいる)
1962年、陸軍士官学校卒業生に対する講演
「われわれは宇宙のエネルギーを制御すること、さらに他の惑星からやってきた、
いまわしい種族との闘争について検討をしている。
従って地球上の諸国民は団結して、これに対処しなければならなくなるだろう」

カール・セーガン博士(カリフォルニア大学の天文学者)
1962年12月、アメリカ ロケット学会での講演
「地球は、他の宇宙からきた高度の文明を代表する知的生物の訪問を受けている。
知的生物たちは月の裏側に中継基地をつくり、これを利用して地球にやってきている
と考えられる。我々は、この問題に正面から立ち向かう覚悟をしなければならない」

ジョン・A・マクダビット准将
1963年1月9日、イリノイ州デカータで開催されたミリキン大学校友年次大会での講演
「我々は、将来に備えて地球外の知的生物と人類との関係の問題を解決しなければな
らないだろう。我々は、いつの日か宇宙空間で人類よりも賢い種族と接触するであろう
ことを疑ってはならない。また近い将来、人類は宇宙に存在する数多くの生命の諸
形態の一つにすぎず、我々よりも遥かに進歩した別の世界があることことに気づき、
それを事実として受け止めねばならない」

これらの声明は、個々人が勝手にやった発言などではなくケネディ政権の許可の下に
おこなった計画的な事前キャンペーンであった。

1963年08月28日、リンカーン奴隷解放100周年を記念した黒人解放20万人デモを支援。


第5部*元海軍情報部員の証言
元海軍情報部員で太平洋艦隊司令長官の下で勤務していたミルトン・ウィリアム・
クーパーが閲覧した極秘文書を1989年02月10日に「供述証明書」として各方面に配布
したが、いわゆるクーパーの証言によると

「ケネディは、エイリアンの存在や研究費の財源となったCIA等による麻薬売買
について、これ以上、国民に秘密にしておくのは危険だと思い反対していた。
そのためMJ−12に対して、全ての情報を公開するよう強く主張しすぎた。
また資金源になった麻薬売買についても、その実態を明らかにし訴追するとも言って
いたようです」という。




3 :名無しさん@1周年:2001/01/06(土) 20:07
第6部*緊急暗殺指令
時の大統領から訴追されるということは秘密政府MJ−12にとって脅迫にも似た
インバクトがあったろう。
ここにケネディ暗殺の緊急指令が発せられ、指令を受けたアレン・ダレスはFBI
長官フーバーと連絡を取りあって暗殺計画を立案した。
ダレスの腹心のCIA副長官カペルは、弟のダラス市長アール・カペルに命じて、
CIAのカストロ暗殺チームが仕事をやり易くするためにダラス市内のパレード
ルートをメインストリートからエルム街に変更させた。
そしてCIA諜報員のリーハーベイ・オズワルドを狙撃犯に仕立て上げたのだった。
オズワルドは狙撃すらしていない。
直接狙撃犯はケネディ大統領の右前方の大木の下にいた警官と鉄道員であった。

1963年11月22日 12時30分、ケネディ大統領はテキサス州ダラスで暗殺された。

その後、犯人に仕立てられたオズワルド、ルビーのほか、恋人のマリリン・モンロー
やマリー・マイヤーなど証言者、真相を知る者、目撃者、警官、医者、軍人、新聞
記者、マフィアなど数百人が暗殺、事故死など不審な死に方をする。


第7部*ケネディ暗殺後の動向
副大統領から昇格した新大統領ジョンソン(在任1963-1969)が
「ケネディ暗殺に関する全資料の公開は国家の安全を侵害するおそれのため、
2039年9月まで非公開とする」行政命令を下し泥沼のベトナム戦争に突入していった。
この2039年9月までに第3次世界大戦、現代文化全体の崩壊と新文化の発生、人類の意識
進化、エイリアンとの共存体制などのユダヤ・フリーメーソン・イルミナティの全
シナリオは完結することになっている。

「アポロ計画」に関しては幾多の失敗と宇宙飛行士3人の焼死等の事故を経て、
1968年12月21日、船長フランク・ボーマン、J・ラベル、W・アンダースンの3名
がアポロ8号に搭乗し、ケネディ宇宙センターから飛び立ち月の周回軌道に乗った。
着陸こそしなかったものの月の裏側を肉眼で目撃した最初の人類となった。
船長の第一声は「サンタクロース(UFO)は実在した」であった。

1969年07月20日、アポロ11号が月面に着陸し、船長のアームストロングが月面に
人類の第1歩を印した。

その後、アポロ12-17号が有人月面探査を行い、アポロ18号とソ連のソユーズ19号
とのドッキングでアポロ計画は終了した。

アポロ15号のジム・アーウィンは、1989年07月12日に放映された
テレビ朝日の番組で「サンタクロースとはUFOのこと」と肯定している。




4 :名無しさん@1周年:2001/01/06(土) 20:09
序章*UFO現象の実態
第2次世界大戦後のアメリカでのUFO目撃事件と墜落事件の年表を作成してみた。
墜落事件は、J.F.ギリー博士の調査記録を採用している。

1947.6.21  モーリー島事件
(ワシントン州タコマ市の港内監視官ハロルド・A・ダールとその息子がモーリー
島付近を巡視艇で巡視中に6機のUFOを目撃した。
そのうちの1機がモーリー島の砂浜に金属片を落としたのを確認し、その破片を回収
し、上司のフレッド・L・クリスマンに報告した事件)

1947.6.24  ケネス・アーノルド事件
(飛行機事故現場を探索していた時に9機のUFOと 遭遇した事件)
1947.7.2  墜落事件 ニューメキシコ州ロズウェルとマグダレナ遺体6と4体
1947.10   墜落事件 アリゾナ州パラダイスバレー      遺体2体
1947.不明  墜落事件 モンタナ州グレートフォールズ     遺体3体
1948.1   マンテル空軍大尉事件(円盤を追跡し、原因不明の墜落死)
1948.2.13 墜落事件  ニューメキシコ州アズテック      遺体14体
1948.7.7  墜落事件 テキサス州ラレド           遺体1体
1949.1.30 墜落事件  ニューメキシコ州ロズウェル      乗員1生存

UFOの墜落原因について、ドキュメンタリー映画監督のリンダ・ハウ女史は
空軍特別調査部のリチャード・ドウティ大佐から示された大統領宛ての公式文書を
閲覧し、「レーダーの電磁波がUFOの誘導システムを狂わせるために墜落する」
と記載してあることを確認している。



5 :名無しさん@1周年:2001/01/06(土) 20:10
第4部*ケネディ政権による国民への情報公開の流れ
マッカーサー元帥(トルーマン大統領に罷免され軍籍はなかったが陸軍に隠然たる
影響力を持つ元老格、上院軍事委員会では「日本の戦争は自衛戦争だった」と証言し
てもいる)
1962年、陸軍士官学校卒業生に対する講演
「われわれは宇宙のエネルギーを制御すること、さらに他の惑星からやってきた、
いまわしい種族との闘争について検討をしている。
従って地球上の諸国民は団結して、これに対処しなければならなくなるだろう」

カール・セーガン博士(カリフォルニア大学の天文学者)
1962年12月、アメリカ ロケット学会での講演
「地球は、他の宇宙からきた高度の文明を代表する知的生物の訪問を受けている。
知的生物たちは月の裏側に中継基地をつくり、これを利用して地球にやってきている
と考えられる。我々は、この問題に正面から立ち向かう覚悟をしなければならない」

ジョン・A・マクダビット准将
1963年1月9日、イリノイ州デカータで開催されたミリキン大学校友年次大会での講演
「我々は、将来に備えて地球外の知的生物と人類との関係の問題を解決しなければな
らないだろう。我々は、いつの日か宇宙空間で人類よりも賢い種族と接触するであろう
ことを疑ってはならない。また近い将来、人類は宇宙に存在する数多くの生命の諸
形態の一つにすぎず、我々よりも遥かに進歩した別の世界があることことに気づき、
それを事実として受け止めねばならない」

これらの声明は、個々人が勝手にやった発言などではなくケネディ政権の許可の下に
おこなった計画的な事前キャンペーンであった。

1963年08月28日、リンカーン奴隷解放100周年を記念した黒人解放20万人デモを支援。


第5部*元海軍情報部員の証言
元海軍情報部員で太平洋艦隊司令長官の下で勤務していたミルトン・ウィリアム・
クーパーが閲覧した極秘文書を1989年02月10日に「供述証明書」として各方面に配布
したが、いわゆるクーパーの証言によると

「ケネディは、エイリアンの存在や研究費の財源となったCIA等による麻薬売買
について、これ以上、国民に秘密にしておくのは危険だと思い反対していた。
そのためMJ−12に対して、全ての情報を公開するよう強く主張しすぎた。
また資金源になった麻薬売買についても、その実態を明らかにし訴追するとも言って
いたようです」という。




6 :名無しさん@1周年:2001/01/06(土) 22:10
今時MJ−12の話するやついるとは。

7 :名無しさん@1周年:2001/01/06(土) 22:45
しかもいまどきこんな古いデマにひっかかってるのって日本人だけなんだから
まあ電波系カルト宗教の平和神軍の白根だからしょうがないか

8 :マジレスさん:2001/01/06(土) 22:48
いや案外真実かもしれんぞこれは

9 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 11:05
以前、ダラスの暗殺現場にある壁に

I shot JFK

って書いてありました。

きっと真犯人が落書きしたと思います

10 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 11:06
はいはい

11 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 11:13
>1
宗教板とケネディと何か関係ある?

12 :ケネディ:2001/01/07(日) 18:19
オレのことはもう忘れてくれ

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)