5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

阿含宗NYの護摩法要

1 :名無しさん:2000/11/17(金) 11:22
および講演会、盛況のうちに無事終了いたしました。
直前に急遽ニューヨークタイムズ紙のインタビューがあり、
同紙に署名入りの紹介記事が掲載されました。
これは名誉なことであり、全米および世界の英語文化圏
に大きな影響を与えたことでしょう。

2 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 13:03
大盛況で立ち見まで出たそうだね。
大勢の人が入りきれなかったらしい。
NYタイムズ署名入りの紹介記事と言うのはすごいよね。

3 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 13:16
HP見たけど、更新されていないようですね。
更新希望!

4 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 13:20
オウムの親団体って知ったら、腰ぬかすだろうね。
所詮は、砂上の楼閣です。

5 :名無しさん:2000/11/17(金) 13:26
>オウムの親団体

こういうのは嘘で中傷だと言うことが証明されたわけだ。

6 :名無しさん:2000/11/17(金) 13:32
>4
>砂上の楼閣

砂ってなに?楼閣って何?具体的に説明希望。

7 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 14:23
今回は何人捕まるかな。

文芸春秋1992.5
特集 神々のたわむれ
阿含宗桐山密教秘部と恥部
その実体は密教的色彩を帯びた物品販売業だ
            廣野隆憲(高野山真言宗僧侶)

”米州長官に現金、阿含宗管長が日本招待時に長官が辞任”
 これは平成三年十二月二十日朝日新聞朝刊の見出しである。
同新聞記事と阿含宗内刊行の総合、整理、要約すると次のような内容になる。
「米バージニア州サザード公安長官が『日本電気』(NEC)の顧問の一柳博志氏が
関係する宗教団体『阿含宗』から、日本に無量で招待された際、多額の現金を受け取っていたことがわかり、
十八日夕(日本時間十九日朝)引責辞任した。
企業などからの贈物収受を規制する『利害抵触法』に違反する疑いがあるとみて、すでに操作を開始している。
 阿含宗が平成二年九月、米国で設立した慈善団体『日米アゴン友好財団』が平成三年四月末、
京都総本山の建立式開催を機にサザード長官が幹部を務める国際団体『国際警察庁協会』(IACP)の
役員五人を夫人とともに日本に招待、一行は三日間、新潟と京都に旅行した。
NEC顧問兼、阿含宗最高顧問でIACPの名誉会員でもある一柳博志氏も一行の旅行に同行。
その際、阿含宗の桐山管長が『日本アゴン友好財団』の設立に協力してもらったお礼として、
役員五人の夫人たちに最初の予定の『京人形』では好みの違いもあろうし、荷物にもなろうと判断し、
人形代金そうとうに現金三千ドル(約四十一万円)から
約一万二千ドル(約百六十万円)入った土産袋を渡した。
うち三人は現金をすぐ返したが、
三千ドルを受け取ったニューヨーク氏警ブラウン長官(ISCP会長)は
帰国後、小切手で返却したと主張している」
この事件ははしなくも日本に生まれた新興宗教が
国際的に進出を計っている実体を垣間見せたのである。



8 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 14:25
阿含宗お得意の「買収工作」でこれまで沢山の人達が
被害をこうむっています。
もう犯罪行為はやめてください。
日本の恥ですよ。


9 :政治献金は無いだろう:2000/11/17(金) 15:44
>8
ニューヨークタイムズの記事とあんたじゃ、信頼性が
くらべ物にならないんじゃないの?

10 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 16:38
>ニューヨークタイムズの記事

タイトルは「日本のカルト教団上陸!」ですね
オウムとの深い関係は有名ですから
悪いほうでニュース性があったのでしょう。
困ったものです。

11 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 16:53
阿含宗が育てたオウム真理教も
ニューヨークタイムズに署名記事がたくさん出ました。

今回は桐山の横に直弟子として麻原の写真が掲載されているんじゃないかな


12 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 17:07
日本の仏教界はもともと、大乗仏教が圧倒的に多い。
そうした既成仏教では飽きたらない人たちは、たしかに一定程度存在します。
そうしたニーズをつかもうとしている点では、阿含宗とオウムは非常に近いものがあります。

 実際、オウムの信者には、阿含宗の元信者が非常に多い。

 91年の総選挙で敗北したオウム真理教は、石垣島セミナーで多くの出家者を出して
教団勢力を盛り返すのですが、このときの出家者約500人のうち4割が元阿含宗の信者でした。
石垣島セミナーのときに出家した元オウム信者に話を聞いたことがあります。
彼も元阿含宗信者の一人でしたが、「下地ができていた」と言うのですね。
つまり、阿含宗で何年間も行を積み、教学を勉強してきたが、どうも飽きたらない。
解脱もしないし、超能力も身につかない。
そこで、阿含宗によく似ているんだけれど、阿含宗より修行がラディカルで、戒律がより厳しく、
より本物に近く見えるオウムに惹かれていった、というのです。
宗教をサービス・ビジネスにたとえると、後発のオウムは先行する阿含宗に対して、
同じマーケットの中で商品の差異化を行ってきたのだといえます。
 http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/aum6.html

13 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 17:12
>ニューヨークタイムズの記事とあんたじゃ、信頼性が
>くらべ物にならないんじゃないの

よく見たら記事広告だったりして(爆)
あるいは単なる広告掲載?
阿含宗っていつも詐欺と嘘ばかりだから誰も信用しないよね。


14 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 17:15
また「嘘の翻訳」だけで原文は出ないんだろうね
いつものパターンだけど、そのうち捕まるよ


15 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 17:49
>直前に急遽ニューヨークタイムズ紙のインタビューがあり、

ほらね、信者さんからして
ニューヨークタイムズという世俗の権威が
うれしくてしょうがない。
桐山さんは「あんたは偉い」と言われたい。
「桐山管長は俗物です」とわざわざ信者が
こんなところで宣伝している。

仏教寺院でミサが行われたら、
物珍しさから新聞が取材に来るのと同じです。
こういう奇抜な人寄せイベントは
桐山さんの昔からの得意技でした。
彼は興行師としての才能があります。
ダライ・ラマを人寄せパンダに使ったオーラの祭典は典型。
結局、オーラの祭典て、何だったのですか。
花火は派手だが、中身がなにもないところまで昔から同じです。


16 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 17:57
・教会に払ったお金
・教会への仲介者に払ったお金
・ニューヨークタイムズの仲介者に払ったお金
・招待客の費用
・渡航滞在、パーティー費用

素人が考えても、億の単位で金が動いたでしょう。
そんな金があるのなら、餓死しかかっている人たちに
援助してあげるほうが、よほど世界平和になる。
教会の中でたき火しても、
平和になるのは、桐山さんと信者さんの頭の中だけです。


17 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 18:04

小さな町の教会で焚き火したのが
まるでNY市の公式行事のごとく大騒ぎするところが、
例の伊勢神宮詐欺事件と同じパターンです。


18 :名無しさん:2000/11/17(金) 19:51
ニューヨークタイムズの記事は、非常に好意的なものでした。
記者の方は、深く桐山師の教えを理解しているようです。
この記事は、正しい仏教の教えが世界に広まるための礎となる
でしょう。

19 :政治献金は無いだろう :2000/11/17(金) 20:03
>10〜17 名無しさん@1周年って同じ人みたいだけど
めちゃくちゃなこと書いているね。NYタイムズなんて、国内
どこでも簡単に手に入るだろう。公的機関なら大体手に入る
んじゃないの?
どうも、阿含ウォッチャーみたいだけど、NYタイムズ読んで
無いみたいだね。プロなら資料手に入れておかないと怠慢だよ。

20 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 20:13
阿含宗は、広告代理店をブレーンに持っていると聞く。
オームや、法の華、ライフスペースなどは、普通の感覚の人なら、すぐ変な
団体だと気づくが、阿含宗の怖いところは、その欺瞞性に気づくまでに時間が
かかるということだ。


21 :政治献金は無いだろう:2000/11/17(金) 20:21
>ほらね、信者さんからして
>ニューヨークタイムズという世俗の権威が
>うれしくてしょうがない。

これは関係者が喜ぶのはしかたがないと思う。NYタイムズの署名記事
や記者の権威は大きいよ。この記事のコピペだけで世界を渡って行ける
だろう。

22 :政治献金は無いだろう:2000/11/17(金) 20:23
>20さん、記事を手に入れられましたら書きこみ
してくださいね。出来れば原文のほうが良いよね。そのほうが
公平だから。

23 ::2000/11/17(金) 21:19
みなさん、書きこみありがとうございました。
このスレッド終了します。また、原文が見つかりましたら
他のスレッドにてお願いします。

-------------------終了------------------

24 :名無しさん:2000/11/17(金) 21:19
age

25 :名無しさん@1周年:2000/11/17(金) 22:46
>21
>や記者の権威は大きいよ。この記事のコピペだけで世界を渡って行ける

よーちオバサンは法話は居眠りしているのに、
桐山さんの性格をよく理解していますね。
そう、桐山さんは権威がほしいのです。
ダライ・ラマ、バチカン、伊勢神宮など、権威がほしい。
その権威を利用して世界を渡っていきたいのです。

世間の権威に頼るということは、桐山さんはただの俗人だということです。
釈尊が一度でも権威におもねたことがあったかどうか、
本物の有余依涅槃の聖者とはどういうものか、
手元にあるダンマパダでも読んでごらんなさい。


26 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 02:12
俗人でもすごいことだと思うぞ、
権威がほしいだけというが、そんなこと言えるのは権威に
どっつぷり浸かっている伝統仏教だからいえるんで、
なんの後ろ盾もない新宗教が権威をほしがるのはあたりまえだ。
伝統密教の連中、NYで護摩を焚いて布教しようと努力
したことあるのか!
阿含の爪のあかでも煎じて飲め!


27 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 06:31
>ダライ・ラマ、バチカン、伊勢神宮など、権威がほしい。
>その権威を利用して世界を渡っていきたいのです。

詐欺の材料になるからね


28 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 06:33
>阿含の爪のあかでも煎じて飲め!

詐欺師や人殺しのような犯罪者になりたくないのでやめときます

29 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 06:36
>俗人でもすごいことだと思うぞ

例の阿含宗の贈賄事件もNYタイムズに載ったんじゃないの?
オウム真理教のときも麻原達の師匠として紹介されていたし・・・。
マジに「すごいこと」ですね。(爆)


30 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 06:38
「刑獄の因縁」 21.犯罪に現れた詐欺的性格
<転載>
桐山氏の犯罪歴をよく見ると、一つの共通項があるのがわかります。
詐欺、契約違反、手形詐欺、酒税法違反、私文書偽造
これらはすべて詐欺的行為です。

偽物を本物といい、人をだましてもさしたる罪悪感もなく詐欺的行為をなす
「詐欺的性格」
は桐山氏の性格を表すキーワードの一つです。
後々、桐山氏が作り上げた宗教でも脈々と生きている重要な性格です。
前科のみを強調すると、この重要な性格が見えなくなってしまいます。
前科は桐山氏のこの重要な性格が現れた一例にすぎません。

ここであえて「詐欺師的性格」と言わないのは、詐欺師は最初から人をだますこ
とを目的としているからです。
しかし、桐山氏の場合、他人をだましているという意識はありません。
自己弁護が強すぎて、自分がなしたことを省みることもないから、だましている
という意識がないのです。
「1999年七の月」の件のように、詭弁を弄して自分を正当化してしまいますから、
桐山氏は人をだましているつもりも、罪悪感もありません。
そこでここでは、詐欺的性格と呼ぶことにします。

ただし、本人が人をだまそうという意識があろうがなかろうが、結果的に人をだ
ましていますから、詐欺師と呼ばれて当然です。


31 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 09:43
age

32 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 09:50
>25〜30 同一人

33 :イソップ童話:2000/11/18(土) 10:01
久しぶりにちゃんとしたスレッドだったね。
阿含宗スレッド、最近、同一人物のマンネリ駄スレのみ。

34 :イソップ童話:2000/11/18(土) 10:03
スレッドちょっと整理したいただきたいけどね。まあ、
夜中とか早朝とか、人が寝てる時艱ばかりだから影響
無いかな。どうせ、誰も読んでないだろうしね。

35 :A子:2000/11/18(土) 10:21
>スレッドちょっと整理したいただきたいけどね。

んー。じゃあ、ちょいと荒らしてあげようか?

36 :イソップ童話:2000/11/18(土) 12:47
>35

ほんとうに整理してね。みんな興味、無いんだから。
スレッド多すぎるよ。

37 :E子:2000/11/18(土) 14:43
A子! おうちに帰りましょ!

38 :E子:2000/11/18(土) 14:45
A子! もう何も心配しなくていいから。早くお家に帰えろ。
病院には連れていかないから。ほんと、早く帰ろ!

39 :E子:2000/11/18(土) 14:46
昨日お薬捨ててたでしょ?
お薬のみたく無い時は、相談してね。
だまって捨てちゃあ だ め!

40 :名無しさん:2000/11/18(土) 14:58
↑ あらし?

41 :モアリ:2000/11/18(土) 17:08
A氏、マンネリだね。

42 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 17:16
>26
>なんの後ろ盾もない新宗教が権威をほしがるのはあたりまえだ。

桐山さんが権威を欲しがっていると、信者が認めるのですね。
信者さんも現実を少し認識するようになりました。
しかし、どこがあたりまえなの?
釈迦仏教を標傍したら、権威を否定するのが当たり前。
権威をほしがるなら、釈迦仏教の看板を下ろすべきです。

教祖は俗物で権威をほしがり、
信者は開き直りで権威を誉める。
阿含宗の教学では権威をほしがるのは餓鬼クラスです。
教祖も信者も三悪道から出ていないことになる。


43 :プリティーバード:2000/11/19(日) 12:56
>42
正法の布教につながるからですよ。

44 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 15:13
>43
>正法の布教につながるからですよ。

釈尊が禁止した護摩を焚き、占いをすることが正法とは、
阿含宗にとって言葉は重宝なものだ。
桐山さんが護摩や占いという外道の行いに「正法」と名前をつければ、
信者たちは検証することもなく、
何事かわかったような顔をして書き込む。
外道の行いを正法といってはばからない厚かましさだけは、
教祖も信者も同じですな。


45 :名無しさん:2000/11/19(日) 18:31
>44
それは、もう議論の済んだことです。

46 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 18:40
非生産的なやっちゃ>45

47 :名無しさん:2000/11/19(日) 18:49
みなさん阿含宗ってごぞんじですか。日本では忘れらてしまっていた
仏陀(ゴータマ・ブッダ、釈尊)と仏陀の教え(阿含経)を日本に、
世界に広めるために奮闘している仏教教団です。
そのホームページを読んで、みんなで語り合いませんか?
http://www.agon.org/
http://www.agon.org/

宗祖は、仏陀の成仏法により涅槃を得たと公表されています。仏陀の
時代には何百人もの方々が涅槃を得てブッダとなられましたが、その
後、絶えて久しくブッダの出現はなかったと 思うのです。特に日本
では皆無ではなかったでしょうか。

ブッダがこの世に出現されることは「有り難い」ことだと思うのです。
そのご尊顔を拝し、お言葉を聞くだけでも何らかの功徳があるのでは
ないでしょうか。合掌。



48 :名無しさん:2000/11/19(日) 18:50
(1)スッタニパータ(ブッダの言葉)岩波文庫
師(仏陀)は次の詩を以って、喜びの意を表した。
火への供養は祭祀のうちでも最上のものである。サーヴィトリー(賛歌)は
ヴェーダの詩句のうちで最上のものである。王は人間のうちでは最上の者である。
大洋は、諸河川のうちで最上のものである。 月は、諸々の星のうちでは最上の
ものである。太陽は、輝くもののうちで 最上のものである。修行僧の集いは、
功徳を望んで供養を行う人々にとって最上のものである。
(2)聖ヨハネの預言
私は水によって悔い改めの洗礼(バプテスマ)をさずける。しかし、 私の後から
おいでになる方は、私よりも力のある方であり、私は その方のはきものを脱がせ
てあげる値打ちもない。 その方は聖霊と火とによって、あなたがたに洗礼をおさ
ずけになる。 「マタイ伝」3−11
(3)原始仏典 筑摩書房 中村元編 p208 長老の詩(テーラ・ガータ)
智慧ゆたかな者が家に生まれることがあれば、その雄者(出家修行者) は、実に、
七代の父母を浄める。わたしは「神々の中の神(ブッダ) が(このこと)を可能
にした」と思う。なぜならば、あなた(ブッダ) によって、真にその名にふさわ
しい聖者が生まれたからである。
(4) 仏弟子の告白(テーラ・ガータ)岩波文庫
341(以前には)私は種々の祭祀を行っていた。私は火の献供をも実行していた。
 ― 「これは清浄なことである」と考えながら。私は 盲目の 凡夫であった。
(342略 )
343 わたしの誤った見解は捨てられた。迷いの生存はすべて壊滅された。わたし
は、いま(真に)布施に値する火の祭りをおこなう。われは、修行完成者に敬礼する。
344 わたしは、迷妄をすべて捨て去った。生存に対する妄執を打ち破り、生まれ
を繰り返す迷いの生存は滅びてしまった。今や迷いの生存を 再び繰り返すことはない。



49 :名無しさん:2000/11/19(日) 18:51
火への供養は祭祀のうちでも最上のものである。

50 :ムーンリバー:2000/11/19(日) 19:53
ワーイダザナマーィル

51 :名無しさん:2000/11/19(日) 20:10
↑ スレッド間違い。どう言う意味?

52 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 21:04
みなさん阿含宗ってごぞんじですか。
そうです、あのオウム真理教の母体となった最悪の宗派です。
仏陀(ゴータマ・ブッダ、釈尊)と仏陀の教え(阿含経)をデタラメに曲解して
日本、そして世界に広めようとしているニセ仏教の教団です。
そのインチキに満ちたホームページをみながら、阿含宗が如何に酷い教団であるか
その実態を正しく暴きましょう。
http://www.agon.org/

この掲示板にはここ数ヶ月でいくつもの阿含宗関連のスレッドが立ちました。
その数々のスレッド上の議論を拝見させていただきましたが、
特定の1名乃至2名の狂信者達以外には阿含宗擁護に参加される方がないことを発見して、
たいへん嬉しく思っています。
また、その特定の狂信者達は、ある時は他の信者を装い、又ある時は他の人になりすますなど、
仏弟子としても,又人間としてもまるで誠実な方とは思えません。
またそのピントのずれた低レベルの批判は事実を歪曲したうえでの、ステレオタイプ化したものとなっております。
その事実歪曲の卑劣さは「教祖の経歴詐称、多数の犯罪歴、過去の詐欺的な活動,オウムとの深い関係等々」においても、
社会的に既知となった事実さえ大きく捻じ曲げ,まるで常習詐欺師の口上そのものです。
信者を騙して餞別までとって刑務所に行くような最低の教祖を信じて
反社会的な凶悪犯罪を犯した多数の元直弟子達も今,次々に死刑の判決を受けています。
第2のオウム真理教を生まない為にも、全ての発端となった阿含宗の正体を明かにすべきでしょう。
これ以上犠牲者を出さない為にも。
合掌。


53 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 22:01
石垣島でオウム真理教出家者になった人達の40%は阿含宗出身者でした。
事実を知る人達はみんな
  「オウムを生み出した阿含宗は同類のカルトだから怖い!」
って思っていますよ。

石垣島はまるで阿含宗主催の伝法会の様相を呈していました。
どちらをみても阿含宗の顔見知りばかりで皆驚いたそうです。
そして
そんなにもたくさんの阿含宗信徒が参加していた為に
オウム真理教は阿含宗から生まれたといわれたのでしょう。
犯罪が多発するカルト教団らしい話です

54 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 22:05
あくび。

55 :名無しさん@1周年:2000/11/19(日) 22:06
>45
>それは、もう議論の済んだことです。

はい、そのとおりです。
信者さんたちの意見はことごとく反論され、
一人とその変化身を除いて、全員が沈黙してしまいました。
信者さんは誰一人、なぜ釈迦仏教を標傍する阿含宗が
釈尊の禁止した護摩や占いをするのか説明できませんでした。

議論に負けると、いつも48、49のよーちオバサンのように、
ひたすら同じコピペを繰り返します。
これらの経典から阿含宗が釈迦仏教に反していると読めないのは、
阿含宗にいると国語能力が低下するからでしょうか。


56 :釈尊は護摩を禁止した:2000/11/20(月) 12:36

バラモンよ。木片を焼いたら浄らかさが得られると考えるな。
それは単に外側に関することであるからである。
外的なことによって清浄が得られると考える人は、
実はそれによって浄らかさを得ることができない、
と真理に熟達した人々は語る。
バラモンよ。わたしは〔外的に〕木片を焼くことをやめて、
内面的にのみ光輝を燃焼させる。
永遠の火をともし、常に心を静かに統一していて、
敬わるべき人として、わたくしは清浄行を実践する。
バラモンよ。そなたの慢心は重荷である。
怒りは煙であり、虚言は灰である。
舌は木杓であり、心臓は〔供犠のための〕光炎の場所である。
サンユッタ・ニカーヤ
「ブッダ悪魔との対話」中村元、岩波書店、p.147

阿含宗の信者よ。木片を焼いたら浄らかさが得られると考えるな。
それは単に外側に関することであるからである。
外的なことによって清浄が得られると考える桐山靖雄は、
実はそれによって浄らかさを得ることができない、
と真理に熟達した人々は語る。
阿含宗の信者よ。釈尊は〔外的に〕木片を焼くことをやめて、
内面的にのみ光輝を燃焼させる。
永遠の火をともし、常に心を静かに統一していて、
敬わるべき人として、釈尊は清浄行を実践する。
桐山靖雄よ。そなたの慢心は重荷である。
怒りは煙であり、虚言は灰である。
舌は木杓であり、心臓は〔供犠のための〕光炎の場所である。


57 :名無しさん:2000/11/20(月) 13:40
↑ 経典の中の文字を変えた場合は、とうぜんですが、それは
  何の意味も持たない文字の羅列になります。

58 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 14:11
木片を外面的に焼くことには何の意味もないよ。
大事なのは「念」でしょう。だから阿含宗では
「念力」「法力」て言うんだよね。
これはお護摩を焚く宗派には共通のことでしょうね。

59 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 14:11
火への供養は祭祀のうちでも最上のものである。



60 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 15:58
>火への供養は祭祀のうちでも最上のものである

あちこちのスレッドであれだけ阿含宗の嘘を論証したのに・・・・。
理論的に叩きのめされると直ぐに逃げたり、荒らしたりするくせに
ほとぼりが冷めると又嘘八百を並べるのはやめなさい。
阿含宗の職員は実に見苦しい。


61 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 17:59
>58
>木片を外面的に焼くことには何の意味もないよ。

桐山さんは毎月何度も木片を外面的に焼いて、
一番の売り物の星まつりも外面的に大量の木片を焼いているが、
あれは何の意味もないことなのですね。
NY護摩も外面的に木片を焼いただけだから、何の意味もなかった。
よーちオバサンと珍しく意見が一致しました。

我欲のお願い事がかなうように、
勲章がたくさんもらえるように「念」ずるのが阿含宗の護摩です。
「念力」「法力」などいかにも祈祷宗教、呪術宗教の阿含宗らしい。
念力、法力などと釈尊が一度でも言ったかどうか、
経典をよく読んでごらんなさい。

念力や法力がいっぱいあるという桐山さんが、
どうして脳梗塞になり、借金に苦しみ、奥さんに先立たれるの?
念力や法力のない普通の人と同じようにみえる。
阿含宗の教学では、徳が足りないのだから、
桐山さんに十万円也の特別大護摩木で徳を積むように、
よーちオバサンが勧進してあげたらどうですか。


62 ::2000/11/20(月) 18:27
馬鹿な人に付き合ってもしかたがないので、終了します。
(また、一人でやっててくださいね、いつまでも、、、)


..........終了...........

63 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 23:06
>62
>馬鹿な人に付き合ってもしかたがないので、終了します。

あれれ、また意見が一致しました。
NYまで行って、外面的に木片を焼いて、
世界平和だなんて、ほんとに桐山さんて馬鹿な人ですよね。
よーちオバサンからさえも、桐山さんは馬鹿な人に見える。
よーちオバサン、目だけはいいんだ。


64 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 12:26
>57
>↑ 経典の中の文字を変えた場合は、とうぜんですが、それは
>何の意味も持たない文字の羅列になります。

48のように、釈尊の意図とはまるっきり逆の解釈をしている
よーちオバサンがこんなことを言うのは、
泥棒が「泥棒はいけません」と説教するようなものですね。
阿含経を勝手解釈で自己正当化に使った桐山さんの弟子だけのことはある。

釈尊が自分のために説いているのだという目で読むのは
経典を読む上でよく使われる手法で、桐山さんも奨励しています。

56の経典は二千五百年前の釈尊が直接
桐山さんと阿含宗徒に語りかけている内容です。
阿含宗が釈迦仏教だと信じている信者であればあるほど、
これを読んでショックを受けないはずはない。
受けないのは、国語能力が低いか洗脳されているからです。


65 :Name_Not_Found:2000/11/21(火) 12:48
なんだ。こんな板もあったんだな。
おまえらみんなすげー偉そう。何様?

66 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 13:12
初めて来た顔を装っているのは
常連もいいところ、厚顔無恥のよー痴オバです。

67 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 17:45
「犯罪歴について」
<転載>
「偽ビール事件」は昭和28年8/17の毎日、朝日新聞の夕刊に載っています。
桐山氏(本名/堤真寿雄)32才の時です。
昭和35年、桐山氏39才の時、習志野刑務所に約1年間、服役しました。
控訴したために刑(酒税法違反・私文書偽造の罪)が確定するまで、時間がかかりました。
「求聞持聡明法秘伝」(平河出版)の中で桐山氏は27才の時に酒税法違反で1年間、
刑獄の人となったと書いていますが、ウソをついた理由は、若気のあやまちと言いたいことと、
昭和29年、33才の時に横浜で観音慈恵会をはじめていたからです。
刑務所に入るとき、信者にはご霊示により修業に出るとウソをついていました。
(当時の機関紙「慈恵」より)
いまだにおんなじ様な手口のサギををやってると、思いませんか?
また、彼は17〜20代初めまで結核で自殺を考えるほど苦しんだ、と言ったり、
書いたりしていますが、「霊障を解く」には18、9才の学生の頃、山登りが好きで
ロッククライミングをやっていた。
夏休みには軽井沢に行って勉強していたと書いてあります。
彼のデタラメと見えっ張りな性格がモロに出ていて笑えます。


68 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 17:46
<転載>
ニセビールの前年、昭和27年8/26 詐欺、契約違反で西新井署に、
同年12/2手形詐欺で千葉県松戸署に逮捕されていますが具体的な内容は不明です。
上記の情報は元信者 広野隆憲さんの著書「阿含密教の研究・桐山密教の内実」
東方出版1992年初版にのっています。
(桐山氏の経歴がかなり詳しく書いてあるコッテリした告発本です。)

昭和60年5/4 朝日新聞に「6700万円所得隠し」
当時、阿含宗全体の経理を担当していた関西総本部が国税局に摘発されています。
ちなみに責任者の和田尚子事務長は桐山氏の愛人といわれている人で、
現在は関西総本部のトップになっています。
阿含宗の関連企業の代表、役員はすべて桐山氏の身内です。

69 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 17:46
<転載>
昭和62年1/20神奈川新聞、朝日新聞に「密教食は違反食品」
無許可の漢方薬品を混合した「密教食」を600〜635円で仕入れ3000〜4500円で
信者に7億円売りさばく。光和食品社長(当時)桐山靖雄ら7人が神奈川県警と横浜港南署に
薬事法違反で書類送検される。

平成3年12/20 朝日新聞(朝刊)に「米州長官に現金」
勲章好きの桐山氏がアメリカの警察署長協会に寄付をしてメダルかなんかを貰ったお礼に
役員夫妻5名を日本に招待し土産として現金各々40万〜160万を贈ったものです。
一行のリーダー、バージニア州サザード公安長官はお金は返したのに辞表を出したそうです。可哀相に・・・


70 :元阿含宗広報室長の告発 :2000/11/21(火) 17:52
元阿含宗広報室長の告発
宝石1996.6  元幹部スクープ告発 より転載
オウムと幸福の科学を生んだ桐山阿含宗の危険度
ハデな宣伝、マスコミ対策、教義のツマミ食い、集金と暴力性今こそ全貌を明かそう


地下鉄サリン事件が起きて、オウム一色だった一年が過ぎた。
だが、いまもオウム裁判が続き、いままたTBSが坂本取材したビデオテープを、
事前にオウム側に見せていた事実が発覚、マスコミや世論の批判を浴びるなど、オウム事件は意外な展開を見せている。
 だが、TBSがマスコミの集中砲火を浴びるのを見ながら、私はここにほとんど語られていない部分があることに、
もどかしい思いを抱き続けてきた。
 かって、第三次宗教ブーム到来が声高に叫ばれ、新宗教.新新宗教という造語とともに、
常に時代の脚光を浴びていたのが、阿含宗であったといっても、そう間違っていないと想う。
その阿含宗の教勢が頂点に達しようという時代を阿含宗の機関誌「月刊アーガマ」の編集長として、
また広報室長として、教団周辺のさまざまな動きを、その内側から見てきた者には、
オウム心理今日の犯罪もTBS事件もなんら驚くべき事ではない。
むしろ、起きて当然という思いが強い。
 後で述べるように「宝石」は私の広報室長時代に
「阿含宗..桐山館長危険な賭(一九八六年五月号)衝撃的なルポが載った。
忘れることの出来ない雑誌だ。
その「宝石」で、私自身のこと、そして阿含宗のことを語るのは、不思議な思いがするとともに、
私自身の責任を果たす舞台としては、もっともふさわしい気持ちもある。
私が七年間勤めた阿含宗との関わりを断ったのは、八九年の春、正確に言えば八八年の秋に、
それまで兼務していた広報室長および国際部長を辞職、その後嘱託として残ったのだが、
それも辞めて、八九年六月に株式会社インターカルチャー研究所」をつくって
調査研究出版プロデュース等、フリーで活動を始めた。
 退職するに当たっては、のし袋いりの退職金をもらっての円満退社であり、取り立てて桐山阿含宗に
特別な恨みつらみがあるわけではない。
 私が広報室長の仕事に携わったのは八〇年代は、バブルがムクムクと頭をもたげはじめ、阿含宗に限らず、
宗教の内実が失われていた。そんな時代にあった。
宗教団体が教勢を拡大して信者からお布施を集め、会費をもらうという本来のあり方を投げ捨て、
手っ取り早くお金になる土地の売買に奔走。
合法的な”脱税”のために、宗教法人の売買さえも行われていた。
 地下が年に一割、二割あがろうということは、何十億の土地をいくつかもっていれば、
年に何十億という規模で資産が増加するということだ。



71 :元阿含宗広報室長の告発:2000/11/21(火) 17:52
元阿含宗広報室長の告発
そういう状況のなかで、宗教団体に出入りする人たちの質、人種が変わりはじめるのは当然だろう。
銀行、ゼネコンにまざって、地上げ屋、暴力団並びにそれに類するバブルな紳士たちが入り込んできて、
結局、宗教的な問題以外のところで、教団が動いていくというメカニズムができあがっていた。
 そんな教団の変質を見ていて、私は「これは変だ」という思いを膨らませていった。
というのも、奥の金が荒っぽく動けば、人間の一人二人殺されてしまうことは十分にありうることだ。
しかも阿含宗では何百億単位の金が役員会を開くでもなく、管長の一言で決まってしまう。
管長を利用しようという人間や、だまそうという人間などいろんな世界の人間が集まってきても不思議ではない。
 そして、阿含宗にあれだけややこしい人たちが関わっていたとしか私には考えられないのである。
それが土地の問題をめぐってであり、いまから思えば覚醒剤、銃器、殺人といった全てが含まれているわけだ。
 つまり、これまで日本では暴力団という組織だけでしか行われなかったことが、宗教法人のなかではじめたとき、
オウム事件の素地が出来上がったのだ。だから、オウム真理教で起きた事件は自然な成り行きであったと言える。
 私が阿含宗を辞めた八九年は、実は坂本弁護士がオウムと関わっている時期でもある。
彼は七月に対オウム弁護士に着任して交渉を開始し、八月には「サンデー毎日」をオウム真理教の連載をスタートさせた。
 実際に、八九年の段階では、地下鉄サリン事件まではちょっと考えられなかったとはいえ、
オウム事件は完全に予測できたというのが、私の偽らざる実感であり、だからこそ坂本弁護士失踪事件報道に接して、
すぐに「これはオウムの犯行だな」との確信を抱いたのである。
オウムの危険性をことあるごとに叫んできた者の一人として、私はオウムを野放しにしあそこまで凶悪犯罪集団に
仕立てあげたのは、マスコミをはじめみんながそれを見過ごしてきたけっかだと、ハッキリ指摘しておきたい。
オウム事件は狂信集団が勝手に暴れたのではなく、それを許した私たちの時代の責任なのである。
そこの部分の反省がないいと、今後も同じような過ちがくりかえされるようになるのだと思う。




72 :元阿含宗広報室長の告発:2000/11/21(火) 17:53
元阿含宗広報室長の告発
宗教団体の金と恫喝に屈したマスコミ
 私の広報室長時代、もっとも当たった企画は、じつは大手代理店がが持ってきた管長主催ゴルフコンペであった。
このとき、大手代理店の営業力の賜物か、日本を代表する出版社、新聞社等、活字媒体のすべて、
そしてラジオテレビのキー局の人間が全部やって来た。
もちろん、ゴルフコンペに来るのは、テレビ局でも雑誌社でも広告担当者それでもこうした企画を通して、
やがて新聞社、出版社、週刊誌全部に「桐山は案外悪い奴ではない」というムードが浸透し、「星祭り」広告や
パブリシティなどがスンナリと載るという地均しができていった。
 それだけゴルフコンペの力は医大だったということなのだが、それはバブルの時代にふさわしい派手なコンペで、
いわゆる豪華な賞品あもちろんのこと、のし袋のなかに1万円札が何枚委も入るというかたちでの、「賞金」がバラまかれた。
 そこから自然に桐山管長を盛り上げるような雰囲気が形成され、結局取材記事のパブリシティ化が始まっていった。
そうしたマスコミの変化は、見ていてあまり気持ちのいいものではなかった。
 その意味では、私が広報担当者としてパブリシティを展開し、マスコミの取材を受けるなかで実際に見てきたことは、
マスコミがいかに宗教団体に屈してきたかという、その歴史



73 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 18:08
>65
>おまえらみんなすげー偉そう。何様?

アンゴルモアの大王、恐怖の大王、
メシア、有余依涅槃の聖者、一切万霊守護金剛、
北京大学名誉教授、ダッチトリートクラブ会員、
その他にも、偽阿闍梨、自称大僧正、自称早大卒など
たくさんのご立派な肩書きをお持ちですから、すげー偉そうですねえ。
どこの何様なのか、桐山さんに例祭で質問してみてください。


74 :名無し:2000/11/21(火) 19:52
うわ・・・煽りかたも最悪だな。
マジ絶句。
ここつまんねぇ・・・鬱だ詩脳。

ここの板のぞいたのが間違いだった

75 :名無し:2000/11/21(火) 19:53
あぁっ、あまりのつまらなさに
さげるのも忘れちまった。最悪。

逝ってくるわ

76 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 22:25
>74
>ここつまんねぇ・・・鬱だ詩脳。

気持ちわかります。
聖者だと信じていた桐山さんが、
ただの詐欺師、ホラ吹きジーサンだとわかったら、
こんなのにだまされた自分はなんて馬鹿なんだろうと、
そりゃ、絶句して、鬱にもなるでしょう。
最悪ですよ。


77 :>>76:2000/11/21(火) 23:37
そうじゃなくて
お前みたいな奴の事を「つまんねぇ」って言ってるんじゃないの?

78 :名無しさん@1周年:2000/11/21(火) 23:58
>77
低俗カキコを得意とし、上げ荒らしをして顰蹙を買っているのは、毎度おなじみ
「つまんねぇ阿含宗会員の代表・よー痴オバ」です。

何度反論されても学習能力も読解力なく、毎回同じ様な駄スレを上げ、
議論に勝てないとなると、空白攻撃、ポルノ攻撃、IP抜き、
品性下劣な落書き、反阿含を装い他教団スレへ嫌がらせコピペ、
いいかげん2chから立ち去ったらいかがでしょうか。

>お前みたいな奴の事を「つまんねぇ」って言ってるんじゃないの?

「オマエコソナー」

79 :Name_Not_Found:2000/11/22(水) 09:00
>>66
あれ、なんかよーちおば?って奴のせいになってる。
てゆーかよーちおばって誰?
そうか、ここってそのよーちおばってのと
そいつが嫌いな奴の2人でやりあってるだけなのか。
なんだよ。

何やってもそいつのせいになるんならなんか楽だな。
流していい?このスレ。

80 :名無しさん@1周年:2000/11/22(水) 12:20
>79
>てゆーかよーちおばって誰?

阿含宗がよーちオバサンの書き込みを止めようとしないのだから、
オバサンが阿含宗の公式代表のようです。
オバサン、おめでとう。
選ばれるだけあって、オバサンは桐山さんの性格を代表しています。
78に付け加えるなら、

*ばれないと思うと何でもする。
*その場しのぎの嘘や作り話をする。
*自分はとても頭がいいと思っている。
*思いこみだけで自信たっぷりに間違ったことを書き込む。
*自分のミスやまちがいは口をぬぐう。
*自分の悪事を相手がやったと言い抜ける。
*都合が悪いと知っていても知らぬふりをする。
*誰が書き込んでいるか透視できると思っている。
*自分は選ばれた光の国の住人だという選民思想を持っている。
*信者以外は暗闇にうごめくムシケラ同然。
*人種差別の意識を持っている。

以上のような特徴は桐山さんとそっくりです。


81 :削除希望:2000/11/22(水) 20:28
sage


82 :削除希望:2000/11/22(水) 20:28
sage

83 :sage:2000/11/22(水) 20:29
sage

84 :sage:2000/11/22(水) 20:29
sage

85 :sage:2000/11/22(水) 20:30
sage

86 :sage:2000/11/22(水) 20:31
sage

87 :sage:2000/11/22(水) 20:31
sage

88 :sage:2000/11/22(水) 20:35
sage

89 :sage:2000/11/22(水) 20:41


90 :sage:2000/11/22(水) 20:41


91 :sage:2000/11/22(水) 20:42


92 :sage:2000/11/22(水) 20:42


93 :sage:2000/11/22(水) 20:42


94 :sage:2000/11/22(水) 20:42


95 :sage:2000/11/22(水) 20:42


96 :sage:2000/11/22(水) 20:43


97 :sage:2000/11/22(水) 20:43


98 :sage:2000/11/22(水) 20:43


99 :sage:2000/11/22(水) 20:43


100 :sage:2000/11/22(水) 20:43


101 :sage:2000/11/22(水) 20:43


102 :sage:2000/11/22(水) 20:44


103 :sage:2000/11/22(水) 20:44


104 :sage:2000/11/22(水) 20:44


105 :sage:2000/11/22(水) 20:44


106 :sage:2000/11/22(水) 20:44


107 :sage:2000/11/22(水) 20:44


108 :sage:2000/11/22(水) 20:44


109 :sage:2000/11/22(水) 20:45


110 :sage:2000/11/22(水) 20:45


111 :sage:2000/11/22(水) 20:45


112 :sage:2000/11/22(水) 20:45


113 :sage:2000/11/22(水) 20:45


114 :sage:2000/11/22(水) 20:46


115 :sage:2000/11/22(水) 20:46


116 :sage:2000/11/22(水) 20:46


117 :sage:2000/11/22(水) 20:46


118 :sage:2000/11/22(水) 20:46


119 :sage:2000/11/22(水) 20:46


120 :sage:2000/11/22(水) 20:46


121 :sage:2000/11/22(水) 20:46


122 :sage:2000/11/22(水) 20:47


123 :sage:2000/11/22(水) 20:47


124 :sage:2000/11/22(水) 20:47


125 :sage:2000/11/22(水) 20:47


126 :sage:2000/11/22(水) 20:47


127 :sage:2000/11/22(水) 20:47


128 :sage:2000/11/22(水) 20:48


129 :sage:2000/11/22(水) 20:48


130 :sage:2000/11/22(水) 20:48


131 :sage:2000/11/22(水) 20:48


132 :sage:2000/11/22(水) 20:48


133 :sage:2000/11/22(水) 20:48


134 :sage:2000/11/22(水) 20:48


135 :sage:2000/11/22(水) 20:49


136 :sage:2000/11/22(水) 20:49


137 :sage:2000/11/22(水) 20:49


138 :sage:2000/11/22(水) 20:49


139 :sage:2000/11/22(水) 20:49


140 :sage:2000/11/22(水) 20:49


141 :sage:2000/11/22(水) 20:49


142 :sage:2000/11/22(水) 20:49


143 :sage:2000/11/22(水) 20:50


144 :sage:2000/11/22(水) 20:50


145 :sage:2000/11/22(水) 20:50


146 :sage:2000/11/22(水) 20:50


147 :sage:2000/11/22(水) 20:50


148 :sage:2000/11/22(水) 20:50


149 :sage:2000/11/22(水) 20:50


150 :sage:2000/11/22(水) 20:50


151 :sage:2000/11/22(水) 20:50


152 :sage:2000/11/22(水) 20:50


153 :sage:2000/11/22(水) 20:51


154 :sage:2000/11/22(水) 20:51


155 :sage:2000/11/22(水) 20:51


156 :sage:2000/11/22(水) 20:51


157 :sage:2000/11/22(水) 20:51


158 :sage:2000/11/22(水) 20:51


159 :sage:2000/11/22(水) 20:51


160 :sage:2000/11/22(水) 22:17


161 :sage:2000/11/22(水) 22:17


162 :sage:2000/11/22(水) 22:17


163 :sage:2000/11/22(水) 22:18


164 :sage:2000/11/22(水) 22:18


165 :sage:2000/11/22(水) 22:18


166 :sage:2000/11/22(水) 22:18


167 :sage:2000/11/22(水) 22:18


168 :sage:2000/11/22(水) 22:18


169 :sage:2000/11/22(水) 22:18


170 :sage:2000/11/22(水) 22:18


171 :sage:2000/11/22(水) 22:18


172 :sage:2000/11/22(水) 22:19


173 :sage:2000/11/22(水) 22:19


174 :sage:2000/11/22(水) 22:19


175 :sage:2000/11/22(水) 22:19


176 :sage:2000/11/22(水) 22:19


177 :sage:2000/11/22(水) 22:19


178 :sage:2000/11/22(水) 22:19


179 :sage:2000/11/22(水) 22:19


180 :sage:2000/11/22(水) 22:20


181 :sage:2000/11/22(水) 22:20


182 :sage:2000/11/22(水) 22:20


183 :sage:2000/11/22(水) 22:20


184 :sage:2000/11/22(水) 22:20


185 :sage:2000/11/22(水) 22:44


186 :sage:2000/11/22(水) 22:44


187 :sage:2000/11/22(水) 22:44


188 :sage:2000/11/22(水) 22:45


189 :sage:2000/11/22(水) 22:45


190 :sage:2000/11/22(水) 22:45


191 :sage:2000/11/22(水) 22:45


192 :sage:2000/11/22(水) 22:45


193 :sage:2000/11/22(水) 22:45


194 :sage:2000/11/22(水) 22:45


195 :sage:2000/11/22(水) 22:45


196 :sage:2000/11/22(水) 22:45


197 :sage:2000/11/22(水) 22:46


198 :sage:2000/11/22(水) 22:46


199 :sage:2000/11/22(水) 22:46


200 :sage:2000/11/22(水) 22:46


201 :sage:2000/11/22(水) 22:46


202 :sage:2000/11/22(水) 22:46


203 :sage:2000/11/22(水) 22:47


204 :sage:2000/11/22(水) 22:47


205 :sage:2000/11/22(水) 22:47


206 :sage:2000/11/22(水) 22:47


207 :sage:2000/11/22(水) 22:47


208 :sage:2000/11/22(水) 22:47


209 :sage:2000/11/22(水) 22:47


210 :sage:2000/11/22(水) 22:48


211 :sage:2000/11/22(水) 22:48


212 :sage:2000/11/22(水) 22:48


213 :sage:2000/11/22(水) 22:48



214 :sage:2000/11/22(水) 22:48


215 :sage:2000/11/22(水) 22:48


216 :sage:2000/11/22(水) 22:48



217 :sage:2000/11/22(水) 22:49


218 :sage:2000/11/22(水) 22:49





219 :sage:2000/11/22(水) 22:49





220 :sage:2000/11/22(水) 22:49



221 :sage:2000/11/22(水) 22:49



222 :sage:2000/11/22(水) 22:49


223 :sage:2000/11/22(水) 22:49



224 :sage:2000/11/22(水) 22:50



225 :sage:2000/11/22(水) 22:50


226 :sage:2000/11/22(水) 22:50


227 :sage:2000/11/22(水) 22:50



228 :sage:2000/11/22(水) 22:50


229 :sage:2000/11/22(水) 22:50



230 :sage:2000/11/22(水) 22:50


231 :sage:2000/11/22(水) 22:50



232 :sage:2000/11/22(水) 22:51


233 :sage:2000/11/22(水) 22:51



234 :sage:2000/11/22(水) 22:51


235 :sage:2000/11/22(水) 22:51



236 :sage:2000/11/22(水) 22:51


237 :sage:2000/11/22(水) 22:51



238 :sage:2000/11/22(水) 22:51


239 :sage:2000/11/22(水) 22:52



240 :sage:2000/11/22(水) 22:52


241 :sage:2000/11/22(水) 22:52



242 :sage:2000/11/22(水) 22:52


243 :sage:2000/11/22(水) 22:52



244 :sage:2000/11/22(水) 22:52


245 :sage:2000/11/22(水) 22:53



246 :sage:2000/11/22(水) 22:53


247 :sage:2000/11/22(水) 22:53



248 :sage:2000/11/22(水) 22:53


249 :sage:2000/11/22(水) 22:53



250 :sage:2000/11/22(水) 22:53


251 :sage:2000/11/22(水) 22:53



252 :sage:2000/11/22(水) 22:53


253 :sage:2000/11/22(水) 22:54



254 :sage:2000/11/22(水) 22:54


255 :sage:2000/11/22(水) 22:54



256 :sage:2000/11/22(水) 22:54


257 :sage:2000/11/22(水) 22:54



258 :sage:2000/11/22(水) 22:54


259 :sage:2000/11/22(水) 22:54



260 :sage:2000/11/22(水) 22:54


261 :sage:2000/11/22(水) 22:55



262 :sage:2000/11/22(水) 22:55


263 :sage:2000/11/22(水) 22:55



264 :sage:2000/11/22(水) 22:55


265 :sage:2000/11/22(水) 22:55


266 :sage:2000/11/22(水) 22:55



267 :sage:2000/11/22(水) 22:56



268 :sage:2000/11/22(水) 22:56


269 :sage:2000/11/22(水) 22:56



270 :sage:2000/11/22(水) 22:56


271 :sage:2000/11/22(水) 22:56



272 :sage:2000/11/22(水) 22:57


273 :sage:2000/11/22(水) 22:57




274 :sage:2000/11/22(水) 22:57


275 :sage:2000/11/22(水) 22:57



276 :sage:2000/11/22(水) 22:57


277 :sage:2000/11/22(水) 22:57



278 :sage:2000/11/22(水) 22:57


279 :sage:2000/11/22(水) 22:57


280 :sage:2000/11/22(水) 22:57


281 :sage:2000/11/22(水) 22:57


282 :sage:2000/11/22(水) 22:58


283 :sage:2000/11/22(水) 22:58


284 :sage:2000/11/22(水) 22:58


285 :sage:2000/11/22(水) 22:58


286 :sage:2000/11/22(水) 22:58


287 :sage:2000/11/22(水) 22:58


288 :sage:2000/11/22(水) 22:58


289 :sage:2000/11/22(水) 22:58


290 :sage:2000/11/22(水) 22:59


291 :sage:2000/11/22(水) 23:00


292 :sage:2000/11/22(水) 23:00


293 :sage:2000/11/22(水) 23:01



294 :sage:2000/11/22(水) 23:01


295 :sage:2000/11/22(水) 23:01




296 :sage:2000/11/22(水) 23:01


297 :sage:2000/11/22(水) 23:01




298 :sage:2000/11/22(水) 23:01


299 :sage:2000/11/22(水) 23:01


300 :sage:2000/11/22(水) 23:02


301 :sage:2000/11/22(水) 23:02


302 :sage:2000/11/22(水) 23:02


303 :sage:2000/11/22(水) 23:02


304 :sage:2000/11/22(水) 23:02


305 :sage:2000/11/22(水) 23:02


306 :sage:2000/11/22(水) 23:02


307 :sage:2000/11/22(水) 23:02


308 :sage:2000/11/22(水) 23:03


309 :sage:2000/11/22(水) 23:03


310 :sage:2000/11/22(水) 23:03


311 :sage:2000/11/22(水) 23:03


312 :sage:2000/11/22(水) 23:03


313 :sage:2000/11/22(水) 23:03


314 :sage:2000/11/22(水) 23:04


315 :sage:2000/11/22(水) 23:04


316 :sage:2000/11/22(水) 23:04


317 :sage:2000/11/22(水) 23:04


318 :sage:2000/11/22(水) 23:04


319 :sage:2000/11/22(水) 23:04


320 :sage:2000/11/22(水) 23:04


321 :sage:2000/11/22(水) 23:04


322 :sage:2000/11/22(水) 23:04


323 :sage:2000/11/22(水) 23:05


324 :sage:2000/11/22(水) 23:05


325 :sage:2000/11/22(水) 23:05


326 :sage:2000/11/22(水) 23:05


327 :sage:2000/11/22(水) 23:05


328 :sage:2000/11/22(水) 23:05


329 :sage:2000/11/22(水) 23:05


330 :sage:2000/11/22(水) 23:05


331 :sage:2000/11/22(水) 23:05


332 :sage:2000/11/22(水) 23:05


333 :sage:2000/11/22(水) 23:06


334 :sage:2000/11/22(水) 23:06


335 :sage:2000/11/22(水) 23:06


336 :sage:2000/11/22(水) 23:06


337 :sage:2000/11/22(水) 23:06


338 :sage:2000/11/22(水) 23:06


339 :sage:2000/11/22(水) 23:06


340 :sage:2000/11/22(水) 23:06


341 :sage:2000/11/22(水) 23:06


342 :sage:2000/11/22(水) 23:06


343 :sage:2000/11/22(水) 23:07


344 :sage:2000/11/22(水) 23:07


345 :sage:2000/11/22(水) 23:07


346 :sage:2000/11/22(水) 23:07


347 :sage:2000/11/22(水) 23:07


348 :sage:2000/11/22(水) 23:07


349 :sage:2000/11/22(水) 23:07


350 :sage:2000/11/22(水) 23:07


351 :sage:2000/11/22(水) 23:08


352 :sage:2000/11/22(水) 23:08


353 :sage:2000/11/22(水) 23:08


354 :sage:2000/11/22(水) 23:08


355 :sage:2000/11/22(水) 23:08


356 :sage:2000/11/22(水) 23:08


357 :sage:2000/11/22(水) 23:08


358 :sage:2000/11/22(水) 23:08


359 :sage:2000/11/22(水) 23:08


360 :sage:2000/11/22(水) 23:08


361 :sage:2000/11/22(水) 23:09


362 :sage:2000/11/22(水) 23:09


363 :sage:2000/11/22(水) 23:09


364 :sage:2000/11/22(水) 23:09


365 :sage:2000/11/22(水) 23:09


366 :sage:2000/11/22(水) 23:09


367 :sage:2000/11/22(水) 23:09


368 :sage:2000/11/22(水) 23:09


369 :sage:2000/11/22(水) 23:09


370 :sage:2000/11/22(水) 23:09


371 :sage:2000/11/22(水) 23:09


372 :sage:2000/11/22(水) 23:10


373 :sage:2000/11/22(水) 23:10


374 :sage:2000/11/22(水) 23:10


375 :sage:2000/11/22(水) 23:10


376 :名無しさん@1周年:2000/11/22(水) 23:10


377 :sage:2000/11/22(水) 23:11


378 :sage:2000/11/22(水) 23:11


379 :sage:2000/11/22(水) 23:11


380 :sage:2000/11/22(水) 23:11


381 :sage:2000/11/22(水) 23:11


382 :sage:2000/11/22(水) 23:11


383 :sage:2000/11/22(水) 23:11


384 :sage:2000/11/22(水) 23:12


385 :sage:2000/11/22(水) 23:12


386 :sage:2000/11/22(水) 23:12


387 :sage:2000/11/22(水) 23:12


388 :sage:2000/11/22(水) 23:12


389 :sage:2000/11/22(水) 23:12


390 :sage:2000/11/22(水) 23:12


391 :sage:2000/11/22(水) 23:12


392 :sage:2000/11/22(水) 23:12


393 :sage:2000/11/22(水) 23:12


394 :sage:2000/11/22(水) 23:12


395 :sage:2000/11/22(水) 23:12


396 :sage:2000/11/22(水) 23:13


397 :sage:2000/11/22(水) 23:13


398 :sage:2000/11/22(水) 23:13


399 :sage:2000/11/22(水) 23:13


400 :sage:2000/11/22(水) 23:13


401 :sage:2000/11/22(水) 23:13


402 :sage:2000/11/22(水) 23:13


403 :sage:2000/11/22(水) 23:13


404 :sage:2000/11/22(水) 23:13


405 :sage:2000/11/22(水) 23:13


406 :sage:2000/11/22(水) 23:13


407 :sage:2000/11/22(水) 23:13


408 :sage:2000/11/22(水) 23:13


409 :sage:2000/11/22(水) 23:14


410 :sage:2000/11/22(水) 23:14


411 :sage:2000/11/22(水) 23:14


412 :sage:2000/11/22(水) 23:14


413 :sage:2000/11/22(水) 23:14


414 :sage:2000/11/22(水) 23:14


415 :sage:2000/11/22(水) 23:14


416 :sage:2000/11/22(水) 23:14


417 :sage:2000/11/22(水) 23:14


418 :sage:2000/11/22(水) 23:14


419 :sage:2000/11/22(水) 23:15


420 :sage:2000/11/22(水) 23:15


421 :sage:2000/11/22(水) 23:15


422 :sage:2000/11/22(水) 23:15


423 :sage:2000/11/22(水) 23:15


424 :sage:2000/11/22(水) 23:15


425 :sage:2000/11/22(水) 23:15


426 :sage:2000/11/22(水) 23:15


427 :sage:2000/11/22(水) 23:15


428 :sage:2000/11/22(水) 23:15


429 :sage:2000/11/22(水) 23:15


430 :sage:2000/11/22(水) 23:16


431 :sage:2000/11/22(水) 23:16


432 :sage:2000/11/22(水) 23:16


433 :sage:2000/11/22(水) 23:16


434 :sage:2000/11/22(水) 23:16


435 :sage:2000/11/22(水) 23:16


436 :sage:2000/11/22(水) 23:16


437 :sage:2000/11/22(水) 23:16


438 :sage:2000/11/22(水) 23:16


439 :sage:2000/11/22(水) 23:16


440 :sage:2000/11/22(水) 23:16


441 :sage:2000/11/22(水) 23:16


442 :sage:2000/11/22(水) 23:17


443 :sage:2000/11/22(水) 23:17


444 :sage:2000/11/22(水) 23:17


445 :sage:2000/11/22(水) 23:17


446 :sage:2000/11/22(水) 23:17


447 :sage:2000/11/22(水) 23:17


448 :sage:2000/11/22(水) 23:17


449 :sage:2000/11/22(水) 23:17


450 :sage:2000/11/22(水) 23:17


451 :sage:2000/11/22(水) 23:17


452 :sage:2000/11/22(水) 23:18


453 :sage:2000/11/22(水) 23:18


454 :sage:2000/11/22(水) 23:18


455 :sage:2000/11/22(水) 23:18


456 :sage:2000/11/22(水) 23:18


457 :sage:2000/11/22(水) 23:18


458 :sage:2000/11/22(水) 23:18


459 :sage:2000/11/22(水) 23:18


460 :sage:2000/11/22(水) 23:18


461 :sage:2000/11/22(水) 23:18


462 :sage:2000/11/22(水) 23:18


463 :sage:2000/11/22(水) 23:18


464 :sage:2000/11/22(水) 23:19


465 :sage:2000/11/22(水) 23:19


466 :sage:2000/11/22(水) 23:19


467 :sage:2000/11/22(水) 23:19


468 :sage:2000/11/22(水) 23:19


469 :sage:2000/11/22(水) 23:19


470 :sage:2000/11/22(水) 23:19


471 :sage:2000/11/22(水) 23:19


472 :sage:2000/11/22(水) 23:19


473 :sage:2000/11/22(水) 23:19


474 :sage:2000/11/22(水) 23:19


475 :sage:2000/11/22(水) 23:19


476 :sage:2000/11/22(水) 23:19


477 :sage:2000/11/22(水) 23:20


478 :sage:2000/11/22(水) 23:20


479 :sage:2000/11/22(水) 23:20


480 :sage:2000/11/22(水) 23:20


481 :sage:2000/11/22(水) 23:20


482 :sage:2000/11/22(水) 23:20


483 :sage:2000/11/22(水) 23:20


484 :sage:2000/11/22(水) 23:20


485 :sage:2000/11/22(水) 23:20


486 :sage:2000/11/22(水) 23:20


487 :sage:2000/11/22(水) 23:20


488 :sage:2000/11/22(水) 23:21


489 :sage:2000/11/22(水) 23:21


490 :sage:2000/11/22(水) 23:22


491 :sage:2000/11/22(水) 23:23


492 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 01:58
必殺!sage攻撃?
なーにやってんだか…

493 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 02:47
毎度おなじみ空白攻撃。
よー痴の馬鹿さ加減がわかるな。
こんなことばかり繰り返すヤツが因縁解脱行に取り組んでるっていうんだから笑わせるぜ。
こういう信者のいる阿含宗の修行なんぞ、無意味かつ、まるで効果ないってこと証明してるようなもんだね。

494 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 06:40
また阿含宗お得意の荒らしが始まった。
よほどこれまでの犯罪に対して
後ろめたさがあるんだね

今後は阿含宗お得意の「詐欺師とか殺人者」とかを輩出しないように、
そして教祖も刑務所へ出たり入ったりしないように
法律を遵守してください


495 :よー痴お馬鹿さんの正体:2000/11/23(木) 06:47
以下のカキコから突如空白攻撃になるんだから
よー痴お馬鹿さんの多重人格投稿はすぐばれるんだよ
脳障害求聞持法って怖いね

それにしても阿含宗職員は夜遅くまで「荒らし」ご苦労さん
残業はつくの?

***************

>79
>てゆーかよーちおばって誰?

阿含宗がよーちオバサンの書き込みを止めようとしないのだから、
オバサンが阿含宗の公式代表のようです。
オバサン、おめでとう。
選ばれるだけあって、オバサンは桐山さんの性格を代表しています。
78に付け加えるなら、

*ばれないと思うと何でもする。
*その場しのぎの嘘や作り話をする。
*自分はとても頭がいいと思っている。
*思いこみだけで自信たっぷりに間違ったことを書き込む。
*自分のミスやまちがいは口をぬぐう。
*自分の悪事を相手がやったと言い抜ける。
*都合が悪いと知っていても知らぬふりをする。
*誰が書き込んでいるか透視できると思っている。
*自分は選ばれた光の国の住人だという選民思想を持っている。
*信者以外は暗闇にうごめくムシケラ同然。
*人種差別の意識を持っている。

以上のような特徴は桐山さんとそっくりです。



496 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 07:15

阿含宗事務局の「よー痴おバさん」荒らしは止めてください。
いくら桐山の指示でも、事の善悪くらい自分で判断しないと
「オウム真理教」のように殺人者集団の仲間入りする事になりますよ
それでなくとも阿含宗は犯罪者をたくさん産んでいるのですから


497 :age:2000/11/23(木) 12:52
age

498 :age:2000/11/23(木) 12:52
age

499 :age:2000/11/23(木) 12:52
age


age

500 :age:2000/11/23(木) 12:53
age


age

age


age

age


age



501 :age:2000/11/23(木) 12:54
age


age

age


age

age


ageage


age

age


age

age


age

502 :age:2000/11/23(木) 12:55
ageageageageageageageage
ageageage

503 :age:2000/11/23(木) 12:56
..

504 :age:2000/11/23(木) 12:58
age


age

age


age

age


age

505 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 12:58
age


age

age


age

age


age


.

506 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 12:59
age


age

age


age

age


age

507 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 12:59
age


age

age


age

age


age


.

508 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 13:00
age


age

age


age

age


age

509 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 13:51
493 名前:名無しさん@1周年投稿日:2000/11/23(木) 02:47
毎度おなじみ空白攻撃。
よー痴の馬鹿さ加減がわかるな。
こんなことばかり繰り返すヤツが因縁解脱行に取り組んでるっていうんだから笑わせるぜ。
こういう信者のいる阿含宗の修行なんぞ、無意味かつ、まるで効果ないってこと証明してるようなもんだね。

494 名前:名無しさん@1周年投稿日:2000/11/23(木) 06:40
また阿含宗お得意の荒らしが始まった。
よほどこれまでの犯罪に対して
後ろめたさがあるんだね
今後は阿含宗お得意の「詐欺師とか殺人者」とかを輩出しないように、
そして教祖も刑務所へ出たり入ったりしないように
法律を遵守してください

496 名前:名無しさん@1周年投稿日:2000/11/23(木) 07:15
阿含宗事務局の「よー痴おバさん」荒らしは止めてください。
いくら桐山の指示でも、事の善悪くらい自分で判断しないと
「オウム真理教」のように殺人者集団の仲間入りする事になりますよ
それでなくとも阿含宗は犯罪者をたくさん産んでいるのですから


510 :元阿含宗大幹部の告発:2000/11/23(木) 13:56
元阿含宗広報室長の告発
宝石1996.6  元幹部スクープ告発 より転載
オウムと幸福の科学を生んだ桐山阿含宗の危険度
ハデな宣伝、マスコミ対策、教義のツマミ食い、集金と暴力性今こそ全貌を明かそう


地下鉄サリン事件が起きて、オウム一色だった一年が過ぎた。
だが、いまもオウム裁判が続き、いままたTBSが坂本取材したビデオテープを、
事前にオウム側に見せていた事実が発覚、マスコミや世論の批判を浴びるなど、オウム事件は意外な展開を見せている。
 だが、TBSがマスコミの集中砲火を浴びるのを見ながら、私はここにほとんど語られていない部分があることに、
もどかしい思いを抱き続けてきた。
 かって、第三次宗教ブーム到来が声高に叫ばれ、新宗教.新新宗教という造語とともに、
常に時代の脚光を浴びていたのが、阿含宗であったといっても、そう間違っていないと想う。
その阿含宗の教勢が頂点に達しようという時代を阿含宗の機関誌「月刊アーガマ」の編集長として、
また広報室長として、教団周辺のさまざまな動きを、その内側から見てきた者には、
オウム心理今日の犯罪もTBS事件もなんら驚くべき事ではない。
むしろ、起きて当然という思いが強い。
 後で述べるように「宝石」は私の広報室長時代に
「阿含宗..桐山館長危険な賭(一九八六年五月号)衝撃的なルポが載った。
忘れることの出来ない雑誌だ。
その「宝石」で、私自身のこと、そして阿含宗のことを語るのは、不思議な思いがするとともに、
私自身の責任を果たす舞台としては、もっともふさわしい気持ちもある。
私が七年間勤めた阿含宗との関わりを断ったのは、八九年の春、正確に言えば八八年の秋に、
それまで兼務していた広報室長および国際部長を辞職、その後嘱託として残ったのだが、
それも辞めて、八九年六月に株式会社インターカルチャー研究所」をつくって
調査研究出版プロデュース等、フリーで活動を始めた。
 退職するに当たっては、のし袋いりの退職金をもらっての円満退社であり、取り立てて桐山阿含宗に
特別な恨みつらみがあるわけではない。
 私が広報室長の仕事に携わったのは八〇年代は、バブルがムクムクと頭をもたげはじめ、阿含宗に限らず、
宗教の内実が失われていた。そんな時代にあった。
宗教団体が教勢を拡大して信者からお布施を集め、会費をもらうという本来のあり方を投げ捨て、
手っ取り早くお金になる土地の売買に奔走。
合法的な”脱税”のために、宗教法人の売買さえも行われていた。
 地下が年に一割、二割あがろうということは、何十億の土地をいくつかもっていれば、
年に何十億という規模で資産が増加するということだ。


511 :元阿含宗大幹部の告発:2000/11/23(木) 13:57

元阿含宗広報室長の告発
そういう状況のなかで、宗教団体に出入りする人たちの質、人種が変わりはじめるのは当然だろう。
銀行、ゼネコンにまざって、地上げ屋、暴力団並びにそれに類するバブルな紳士たちが入り込んできて、
結局、宗教的な問題以外のところで、教団が動いていくというメカニズムができあがっていた。
 そんな教団の変質を見ていて、私は「これは変だ」という思いを膨らませていった。
というのも、奥の金が荒っぽく動けば、人間の一人二人殺されてしまうことは十分にありうることだ。
しかも阿含宗では何百億単位の金が役員会を開くでもなく、管長の一言で決まってしまう。
管長を利用しようという人間や、だまそうという人間などいろんな世界の人間が集まってきても不思議ではない。
 そして、阿含宗にあれだけややこしい人たちが関わっていたとしか私には考えられないのである。
それが土地の問題をめぐってであり、いまから思えば覚醒剤、銃器、殺人といった全てが含まれているわけだ。
 つまり、これまで日本では暴力団という組織だけでしか行われなかったことが、宗教法人のなかではじめたとき、
オウム事件の素地が出来上がったのだ。だから、オウム真理教で起きた事件は自然な成り行きであったと言える。
 私が阿含宗を辞めた八九年は、実は坂本弁護士がオウムと関わっている時期でもある。
彼は七月に対オウム弁護士に着任して交渉を開始し、八月には「サンデー毎日」をオウム真理教の連載をスタートさせた。
 実際に、八九年の段階では、地下鉄サリン事件まではちょっと考えられなかったとはいえ、
オウム事件は完全に予測できたというのが、私の偽らざる実感であり、だからこそ坂本弁護士失踪事件報道に接して、
すぐに「これはオウムの犯行だな」との確信を抱いたのである。
オウムの危険性をことあるごとに叫んできた者の一人として、私はオウムを野放しにしあそこまで凶悪犯罪集団に
仕立てあげたのは、マスコミをはじめみんながそれを見過ごしてきたけっかだと、ハッキリ指摘しておきたい。
オウム事件は狂信集団が勝手に暴れたのではなく、それを許した私たちの時代の責任なのである。
そこの部分の反省がないいと、今後も同じような過ちがくりかえされるようになるのだと思う。


宗教団体の金と恫喝に屈したマスコミ
 私の広報室長時代、もっとも当たった企画は、じつは大手代理店がが持ってきた管長主催ゴルフコンペであった。
このとき、大手代理店の営業力の賜物か、日本を代表する出版社、新聞社等、活字媒体のすべて、
そしてラジオテレビのキー局の人間が全部やって来た。
もちろん、ゴルフコンペに来るのは、テレビ局でも雑誌社でも広告担当者それでもこうした企画を通して、
やがて新聞社、出版社、週刊誌全部に「桐山は案外悪い奴ではない」というムードが浸透し、「星祭り」広告や
パブリシティなどがスンナリと載るという地均しができていった。
 それだけゴルフコンペの力は医大だったということなのだが、それはバブルの時代にふさわしい派手なコンペで、
いわゆる豪華な賞品あもちろんのこと、のし袋のなかに1万円札が何枚委も入るというかたちでの、「賞金」がバラまかれた。
 そこから自然に桐山管長を盛り上げるような雰囲気が形成され、結局取材記事のパブリシティ化が始まっていった。
そうしたマスコミの変化は、見ていてあまり気持ちのいいものではなかった。
 その意味では、私が広報担当者としてパブリシティを展開し、マスコミの取材を受けるなかで実際に見てきたことは、
マスコミがいかに宗教団体に屈してきたかという、その歴史

512 :阿含宗とオウム真理教の深い関係:2000/11/23(木) 14:00
日本の仏教界はもともと、大乗仏教が圧倒的に多い。
そうした既成仏教では飽きたらない人たちは、たしかに一定程度存在します。
そうしたニーズをつかもうとしている点では、阿含宗とオウムは非常に近いものがあります。

 実際、オウムの信者には、阿含宗の元信者が非常に多い。

 91年の総選挙で敗北したオウム真理教は、石垣島セミナーで多くの出家者を出して
教団勢力を盛り返すのですが、このときの出家者約500人のうち4割が元阿含宗の信者でした。
石垣島セミナーのときに出家した元オウム信者に話を聞いたことがあります。
彼も元阿含宗信者の一人でしたが、「下地ができていた」と言うのですね。
つまり、阿含宗で何年間も行を積み、教学を勉強してきたが、どうも飽きたらない。
解脱もしないし、超能力も身につかない。
そこで、阿含宗によく似ているんだけれど、阿含宗より修行がラディカルで、戒律がより厳しく、
より本物に近く見えるオウムに惹かれていった、というのです。
宗教をサービス・ビジネスにたとえると、後発のオウムは先行する阿含宗に対して、
同じマーケットの中で商品の差異化を行ってきたのだといえます。
 http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/aum6.html


513 :阿含宗@犯罪集団:2000/11/23(木) 14:02
「犯罪歴について」
<転載>
 「偽ビール事件」は昭和28年8/17の毎日、朝日新聞の夕刊に載っています。
桐山氏(本名/堤真寿雄)32才の時です。
 昭和35年、桐山氏39才の時、習志野刑務所に約1年間、服役しました。
控訴したために刑(酒税法違反・私文書偽造の罪)が確定するまで、時間がかかりました。
「求聞持聡明法秘伝」(平河出版)の中で桐山氏は27才の時に酒税法違反で1年間、
刑獄の人となったと書いていますが、ウソをついた理由は、若気のあやまちと言いたいことと、
昭和29年、33才の時に横浜で観音慈恵会をはじめていたからです。
刑務所に入るとき、信者にはご霊示により修業に出るとウソをついていました。
(当時の機関紙「慈恵」より)
いまだにおんなじ様な手口のサギををやってると、思いませんか?
また、彼は17〜20代初めまで結核で自殺を考えるほど苦しんだ、と言ったり、
書いたりしていますが、「霊障を解く」には18、9才の学生の頃、山登りが好きで
ロッククライミングをやっていた。
夏休みには軽井沢に行って勉強していたと書いてあります。
彼のデタラメと見えっ張りな性格がモロに出ていて笑えます。

 ニセビールの前年、昭和27年8/26 詐欺、契約違反で西新井署に、
同年12/2手形詐欺で千葉県松戸署に逮捕されていますが具体的な内容は不明です。
上記の情報は元信者 広野隆憲さんの著書「阿含密教の研究・桐山密教の内実」
東方出版1992年初版にのっています。
(桐山氏の経歴がかなり詳しく書いてあるコッテリした告発本です。)

 昭和60年5/4 朝日新聞に「6700万円所得隠し」
当時、阿含宗全体の経理を担当していた関西総本部が国税局に摘発されています。
ちなみに責任者の和田尚子事務長は桐山氏の愛人といわれている人で、
現在は関西総本部のトップになっています。
阿含宗の関連企業の代表、役員はすべて桐山氏の身内です。

 昭和62年1/20神奈川新聞、朝日新聞に「密教食は違反食品」
無許可の漢方薬品を混合した「密教食」を600〜635円で仕入れ3000〜4500円で
信者に7億円売りさばく。光和食品社長(当時)桐山靖雄ら7人が神奈川県警と横浜港南署に
薬事法違反で書類送検される。

 平成3年12/20 朝日新聞(朝刊)に「米州長官に現金」
勲章好きの桐山氏がアメリカの警察署長協会に寄付をしてメダルかなんかを貰ったお礼に
役員夫妻5名を日本に招待し土産として現金各々40万〜160万を贈ったものです。
一行のリーダー、バージニア州サザード公安長官はお金は返したのに辞表を出したそうです。可哀相に・・・


514 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 14:42
阿含宗出身者が信仰を持ちながらなぜ平気で殺人を犯せるのか
色々考えてみましたが、原因はやはり桐山氏にありました。
つまりたくさんの逮捕歴や刑務所にいたことですら
自分が悪いのではなく、先祖の霊障だと責任を転嫁しています。
つまり殺人を犯しても「自分は悪くない」と言い逃れるパターンを
阿含宗では公式化しているようです。
それゆえ、そんな恐ろしい教団に何年もいて洗脳された沢山の信徒たちが
のちに無差別殺人や拉致監禁殺人などの凶悪犯罪を平気で
行なうようになってしまったのではないでしょうか。
つかまっても「自分は悪くない。先祖の霊を裁いてくれ」と
桐山流で自らを正当化するのでしょう。
本当におそろしい教義だと思います


515 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 16:36

阿含宗関連のスレは怖い
血の臭いがプンプンする


516 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 19:07
>血の臭いがプンプンする

金と893の臭いも凄くするぞ

517 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 19:40

阿含宗では殺人などの犯罪は何てことないらしい。
桐山も刑務所帰りだし、阿含宗出身者の凶悪犯罪率は世界最高だしな。

518 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 20:48
age


age

age


age

age


age



519 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 20:49
age


age

age


age

age


age

age


age

age


age

age


age



520 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 20:50
age


age

age


age

age


age



521 :名無しさん:2000/11/23(木) 20:57


。。。。。。。妨害が入りましたので、信スレッド、A’を作りました。
したがってコノスレッドは終了いたします。。。。。。。。。。。。。。

522 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 22:03
阿含宗事務局の「よー痴おバさん」荒らしは止めてください。
いくら桐山の指示でも、事の善悪くらい自分で判断しないと
「オウム真理教」のように殺人者集団の仲間入りする事になりますよ
それでなくとも阿含宗は犯罪者をたくさん産んでいるのですから

523 :元阿含宗広報室長の告発 :2000/11/23(木) 22:06
元阿含宗広報室長の告発
宝石1996.6  元幹部スクープ告発 より転載
オウムと幸福の科学を生んだ桐山阿含宗の危険度
ハデな宣伝、マスコミ対策、教義のツマミ食い、集金と暴力性今こそ全貌を明かそう


地下鉄サリン事件が起きて、オウム一色だった一年が過ぎた。
だが、いまもオウム裁判が続き、いままたTBSが坂本取材したビデオテープを、
事前にオウム側に見せていた事実が発覚、マスコミや世論の批判を浴びるなど、オウム事件は意外な展開を見せている。
 だが、TBSがマスコミの集中砲火を浴びるのを見ながら、私はここにほとんど語られていない部分があることに、
もどかしい思いを抱き続けてきた。
 かって、第三次宗教ブーム到来が声高に叫ばれ、新宗教.新新宗教という造語とともに、
常に時代の脚光を浴びていたのが、阿含宗であったといっても、そう間違っていないと想う。
その阿含宗の教勢が頂点に達しようという時代を阿含宗の機関誌「月刊アーガマ」の編集長として、
また広報室長として、教団周辺のさまざまな動きを、その内側から見てきた者には、
オウム心理今日の犯罪もTBS事件もなんら驚くべき事ではない。
むしろ、起きて当然という思いが強い。
 後で述べるように「宝石」は私の広報室長時代に
「阿含宗..桐山館長危険な賭(一九八六年五月号)衝撃的なルポが載った。
忘れることの出来ない雑誌だ。
その「宝石」で、私自身のこと、そして阿含宗のことを語るのは、不思議な思いがするとともに、
私自身の責任を果たす舞台としては、もっともふさわしい気持ちもある。
私が七年間勤めた阿含宗との関わりを断ったのは、八九年の春、正確に言えば八八年の秋に、
それまで兼務していた広報室長および国際部長を辞職、その後嘱託として残ったのだが、
それも辞めて、八九年六月に株式会社インターカルチャー研究所」をつくって
調査研究出版プロデュース等、フリーで活動を始めた。
 退職するに当たっては、のし袋いりの退職金をもらっての円満退社であり、取り立てて桐山阿含宗に
特別な恨みつらみがあるわけではない。
 私が広報室長の仕事に携わったのは八〇年代は、バブルがムクムクと頭をもたげはじめ、阿含宗に限らず、
宗教の内実が失われていた。そんな時代にあった。
宗教団体が教勢を拡大して信者からお布施を集め、会費をもらうという本来のあり方を投げ捨て、
手っ取り早くお金になる土地の売買に奔走。
合法的な”脱税”のために、宗教法人の売買さえも行われていた。
 地価が年に一割、二割あがろうということは、何十億の土地をいくつかもっていれば、
年に何十億という規模で資産が増加するということだ。


524 :元阿含宗広報室長の告発:2000/11/23(木) 22:07
元阿含宗広報室長の告発
そういう状況のなかで、宗教団体に出入りする人たちの質、人種が変わりはじめるのは当然だろう。
銀行、ゼネコンにまざって、地上げ屋、暴力団並びにそれに類するバブルな紳士たちが入り込んできて、
結局、宗教的な問題以外のところで、教団が動いていくというメカニズムができあがっていた。
 そんな教団の変質を見ていて、私は「これは変だ」という思いを膨らませていった。
というのも、奥の金が荒っぽく動けば、人間の一人二人殺されてしまうことは十分にありうることだ。
しかも阿含宗では何百億単位の金が役員会を開くでもなく、管長の一言で決まってしまう。
管長を利用しようという人間や、だまそうという人間などいろんな世界の人間が集まってきても不思議ではない。
 そして、阿含宗にあれだけややこしい人たちが関わっていたとしか私には考えられないのである。
それが土地の問題をめぐってであり、いまから思えば覚醒剤、銃器、殺人といった全てが含まれているわけだ。
 つまり、これまで日本では暴力団という組織だけでしか行われなかったことが、宗教法人のなかではじめたとき、
オウム事件の素地が出来上がったのだ。だから、オウム真理教で起きた事件は自然な成り行きであったと言える。
 私が阿含宗を辞めた八九年は、実は坂本弁護士がオウムと関わっている時期でもある。
彼は七月に対オウム弁護士に着任して交渉を開始し、八月には「サンデー毎日」をオウム真理教の連載をスタートさせた。
 実際に、八九年の段階では、地下鉄サリン事件まではちょっと考えられなかったとはいえ、
オウム事件は完全に予測できたというのが、私の偽らざる実感であり、だからこそ坂本弁護士失踪事件報道に接して、
すぐに「これはオウムの犯行だな」との確信を抱いたのである。
オウムの危険性をことあるごとに叫んできた者の一人として、私はオウムを野放しにしあそこまで凶悪犯罪集団に
仕立てあげたのは、マスコミをはじめみんながそれを見過ごしてきたけっかだと、ハッキリ指摘しておきたい。
オウム事件は狂信集団が勝手に暴れたのではなく、それを許した私たちの時代の責任なのである。
そこの部分の反省がないいと、今後も同じような過ちがくりかえされるようになるのだと思う。


宗教団体の金と恫喝に屈したマスコミ
 私の広報室長時代、もっとも当たった企画は、じつは大手代理店がが持ってきた管長主催ゴルフコンペであった。
このとき、大手代理店の営業力の賜物か、日本を代表する出版社、新聞社等、活字媒体のすべて、
そしてラジオテレビのキー局の人間が全部やって来た。
もちろん、ゴルフコンペに来るのは、テレビ局でも雑誌社でも広告担当者それでもこうした企画を通して、
やがて新聞社、出版社、週刊誌全部に「桐山は案外悪い奴ではない」というムードが浸透し、「星祭り」広告や
パブリシティなどがスンナリと載るという地均しができていった。
 それだけゴルフコンペの力は医大だったということなのだが、それはバブルの時代にふさわしい派手なコンペで、
いわゆる豪華な賞品あもちろんのこと、のし袋のなかに1万円札が何枚委も入るというかたちでの、「賞金」がバラまかれた。
 そこから自然に桐山管長を盛り上げるような雰囲気が形成され、結局取材記事のパブリシティ化が始まっていった。
そうしたマスコミの変化は、見ていてあまり気持ちのいいものではなかった。
 その意味では、私が広報担当者としてパブリシティを展開し、マスコミの取材を受けるなかで実際に見てきたことは、
マスコミがいかに宗教団体に屈してきたかという、その歴史


525 :阿含宗とオウム真理教の深い関係:2000/11/23(木) 22:09
阿含宗とオウム真理教の深い関係

日本の仏教界はもともと、大乗仏教が圧倒的に多い。
そうした既成仏教では飽きたらない人たちは、たしかに一定程度存在します。
そうしたニーズをつかもうとしている点では、阿含宗とオウムは非常に近いものがあります。

 実際、オウムの信者には、阿含宗の元信者が非常に多い。

 91年の総選挙で敗北したオウム真理教は、石垣島セミナーで多くの出家者を出して
教団勢力を盛り返すのですが、このときの出家者約500人のうち4割が元阿含宗の信者でした。
石垣島セミナーのときに出家した元オウム信者に話を聞いたことがあります。
彼も元阿含宗信者の一人でしたが、「下地ができていた」と言うのですね。
つまり、阿含宗で何年間も行を積み、教学を勉強してきたが、どうも飽きたらない。
解脱もしないし、超能力も身につかない。
そこで、阿含宗によく似ているんだけれど、阿含宗より修行がラディカルで、戒律がより厳しく、
より本物に近く見えるオウムに惹かれていった、というのです。
宗教をサービス・ビジネスにたとえると、後発のオウムは先行する阿含宗に対して、
同じマーケットの中で商品の差異化を行ってきたのだといえます。
 http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/aum6.html

526 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 22:27
休刊雑誌「宝島30」の写しじゃねか
さんざん読んだよオウム騒動のとき
あと、八幡書店の社長の批判も載っていたな。

527 :名無しさん@1周年:2000/11/23(木) 22:28
それにしても
阿含宗の職員たちは
「最低」「詐欺」「ゴミ」「癌」とかのタイトルがつくスレを
必ずチェックして、凄く敏感に反応している。
「自覚」しているのは良いのだが「荒らし」は困るな
たとえ桐山の命令でも・・・・・。

528 :名無しさん@1周年:2000/11/24(金) 07:52
>525
>91年の総選挙で敗北したオウム真理教は、石垣島セミナーで多くの出家者を出して
>教団勢力を盛り返すのですが、このときの出家者約500人のうち4割が元阿含宗の信者でした

阿含宗がオウム真理教を支えていたのは有名ですね


529 :名無しさん@1周年:2000/11/25(土) 16:27
オウム真理教の麻原被告が阿含宗に3年もいて
よー痴おばさんと同じ勤行をしていたのは有名ですが
桐山の直弟子達は犯罪の匂いがするような変なのが多いですね

林郁夫受刑者は桐山と同じく刑務所に入りましたが
阿含宗に12年もいた有名な方でした
桐山が特例で結婚の導師をしたんでしたね


530 :名無しさん@1周年:2000/11/25(土) 22:54


阿含宗出身者にはなぜ殺人犯が多いのでしょうか?

531 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 17:17

       Http://WWW.阿含宗犯罪教団オウム.com

このサイトでは多くの阿含宗出身者によって無残にも殺された方々の慰霊をしています
阿含宗の詐欺に対する苦情メール、殺人などの凶悪宗教犯罪に抗議するためのメールは 下記へ

    刑務所帰りの前科者@阿含宗犯罪教団オウム.com

次のサイトは危険ですのでごらんにならないでください

たくさんの殺人者を輩出した教団
1.http://www.aleph.to/
2.http://www.agon.org/


532 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 18:30
http://yogananda.hoops.ne.jp/

533 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 23:16

    
       阿含宗の怖さがよくわかったよ



534 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 23:48
サイテーの批判者ばかりが多いのが良くわかりました。
阿含のみなさん頑張ってください。

535 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 02:41
>534
>サイテーの批判者ばかりが多いのが良くわかりました。
> 阿含のみなさん頑張ってください。

また「よー痴オバさん」の自作自演ですね。
誰も応援してくれないから自分でカキコか。
脳障害系の多重人格症が悪化してるようですなあ。(ワラ!


536 :健康度チェック:2000/11/27(月) 02:47

*日本脱カルト研究会*

「集団健康度チェック」の項目をお勧めします。
所属する宗教団体の健康度を知りたい方は、約100項目にも及ぶアンケート方式で、
あなたの集団の健康度チェックが出来ます。(下記『JDCC』URLへどうぞ)

http://www.cnet-sc.ne.jp/jdcc/


537 :名無しさん@1周年:2000/11/27(月) 15:11
>サイテーの批判者ばかりが多いのが良くわかりました。
>阿含のみなさん頑張ってください

もう宗教犯罪の共犯は止めたら
そのうち捕まるよ


538 :名無しさん@1周年:2000/11/28(火) 06:35
 
     阿含宗を布教することは
     詐欺の共犯になる!

539 :名無しさん@1周年:2000/11/29(水) 12:24
>538

本当ですね

540 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 05:40
>阿含宗を布教することは
>詐欺の共犯になる

信者の人たちはこれ以上布教活動をしないほうがいい
阿含宗の犯罪に係わると魂が汚れます
釈迦の真実の教えからかけ離れるだけです


541 :名無しさん@1周年:2000/12/02(土) 14:53

今回は何人逮捕されたのかな?
阿含宗では恒例みたいだから


542 :名無しさん@1周年:2000/12/04(月) 10:48

agoooooooooooooooooooooooooooooooooon is kuso!

543 :名無しさん@1周年:2000/12/09(土) 19:48
伊勢神宮の件で世間を騙し上手く金を稼いで味をしめたキリヤマさん
今度はNYでインチキの焚き火ですか。
国連本部の法螺話も最近暴露されましたが
いつも詐欺が上手くゆくとは限りませんよ。


544 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 07:31

       彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡
      彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡
     彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡
    彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡  彡彡彡
   彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡   - -    ]
  彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡    - ---   [
  彡彡彡彡彡彡彡彡彡     彡彡巛   )
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡    彡  _   )
 彡彡彡彡彡彡/ ̄ ̄彡彡    ∠=≡  (
 彡彡彡彡彡彡| |   彡彡           \
 彡彡彡彡彡彡||   彡彡             \
 彡彡彡彡彡彡\ ̄彡彡         (    )
 彡彡彡彡彡彡彡 ̄彡彡       _ノ ⌒─
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡     _ノ《《《巛巛巛》
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡      |巛巛     )     オッハー!
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡       巛/ ̄ ̄ ̄)  阿含宗桐山先生の後を追って犯罪者になりました
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡     《巛 ̄ ̄ ̄(         AUUUUUUUUM 何人ポアしたっけなあ・・・
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡       》》》》》》》》》  先月は幽体離脱して桐山先生と一緒にNYへ行ってきました。
 彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡》》》》》》》》》》    さすがに吾が師は素晴らしい。 皆さんもオウム真理教の故郷、阿含宗へ
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡》》》》》》》》》》》》》》》   是非入信してくださいね 待ってるよ
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡》》》》》》》》》》》》》》》》》
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡》》》》》》》》》》》》》》》》》



545 :名無しさん@1周年:2000/12/11(月) 16:56
>544

麻原は自分の師=桐山の悪い所を真似た。
まあ桐山には良い所は全然ないけどね



546 :名無しさん@1周年:2000/12/15(金) 05:24
>まあ桐山には良い所は全然ないけどね

反面教師として学ぶ所はあるね

547 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 14:35
阿含宗の出身者には
本当に犯罪者が多いですね
変な悪霊でも憑けられるからでしょうか。
お金を払って悪霊をもらったんではかないませんね。
最悪です。

548 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 17:11
オウム真理教は阿含宗から生まれましたが
刑獄の因縁まで引き継いでしまった為
みんな桐山みたいに刑務所に行きそうです。

549 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 22:01
>547

阿含宗ではお金で守護霊を買うそうですが、
真相は悪霊をつけてもらう訳だったんですか。
僕ならタダでも要りませんが。


550 :名無しさん@1周年:2001/01/03(水) 13:24
agooooooooooooooooooooooon kowaiyo! yakuza dakara

551 :名無しさん@1周年:2001/01/04(木) 09:21
>549

お金払って悪霊をつけてもらうとは・・・・。
阿含宗らしいと言えば阿含宗らしいが。


552 :「桐山・阿含宗疑惑の土地、教典、人脈」 :2001/01/08(月) 04:13
実は、桐山・阿含宗の将来に微妙な翳りを落としているのが、ヤクザとの腐れ縁。
星まつりの来賓用の駐車場には、毎年ベンツ、ロールスロイス、BMWなどの高級車がズラリと並んでいる。
ナンバーをメモし、陸運局で調べると、そのほとんどがヤクザの車。
特に、地元のA会の各組の車が多い。A会系B組や、その弟格のC連合は総本山工事の口入れ人足集め、
ガードマンなどの手配を行なってきたほか、星まつり会場の"ガードを担当。
他組織からの妨害を防いできたのである。
その代償に、"みかじめ料"などを受け取っていると、地元山科警察でも見ている。
「そうでないと、あの大がかりな祭りに出店一店もないなんてことあらへんやろ?」
と、警察ものんきなものだ。
もっとも、ヤクザとの関係といえば、二年前まで阿含宗ニューヨーク支部は、元D連合の
幹部の情婦であった銀座のクラブ・ママ所有のコンド・ミニアムにあったぐらいで、
そう驚くべきことではないのかもしれない。
もともとの阿含宗とヤクザとの付き合いについては、山科の土地を初めて買ったときだといわれている。
いまの北花山の土地は、桐山氏によると、
「土地を探して歩いていたら、-突然古い大日如来が現われた。そこで、これは私にここを
サヘト・マヘト(聖地)とせよと仏が命じているのだと直観、この地を選んだ」ということだが、
これは桐山氏一流の作り話。
この土地は、もともと京都・慈尊院という真言宗のお寺が、大霊園にする予定で
名古屋のハワイ観光や、東京のシントク電気などに資本を仰いたのだが、
工事に着手できずに、詐欺容疑で逮捕されてしまった。
その間、建設を担当していた大林組によって競売に付されていた。
それを桐山が落札したのである。
「地元のヤクザが落札させまいと防いだらしいのですが、桐山は落札してしまった。
しかし、その後も彼らと伸良く付き合っていましたから、なんらかの手打ちがあったんでは
ないでしょうか。星まつりでは彼らは来賓扱いです。
京都でヤクザ連中を押えたのは京都の黒幕といわれる山段芳春という人物です。
京都信用金庫の影の理事長といわれています」
当時を知る関西の元幹部は解説する。
だが、慈尊院側では競売は無効として、京都地裁に特別抗告の訴えを起こし、
裁判で争われることになったのだが、なぜかその後、慈尊院側で訴えを取り下げてしまった。
その陰に、ヤクザの存在が見え隠れするのが桐山阿含宗のもう一つの特徴でもある。
「桐山・阿含宗疑惑の土地、教典、人脈」
早川和廣、宝石、1991年5月


553 :「桐山・阿含宗疑惑の893関係」:2001/01/08(月) 04:17
>もっとも、ヤクザとの関係といえば、二年前まで阿含宗ニューヨーク支部は、元D連合の
>幹部の情婦であった銀座のクラブ・ママ所有のコンド・ミニアムにあったぐらいで、
>そう驚くべきことではないのかもしれない。

NYの焚き火は893関係の資金稼ぎだったんでしょうか?
星祭などのこれまでの焚き火の経緯からみますと間違いなさそうですね。
護摩木の売上が893への上納金に使われるのでは信者はやり切れませんね。
よー痴おばさん 精々がんばって闇社会に貢献してくださいね。
そして桐山と地獄で再会してください。(痴恥)


554 :名無しさん@1周年:2001/01/08(月) 07:47
>阿含スレ整理してくれ

「阿含宗を語る6」
「阿含宗は最低だ!!!日本の、あっ癌だあ!!!」

ほかに桐山スレ1個くらいで、やってくれよ。

555 :名無しさん@1周年:2001/01/08(月) 09:01
さすが、阿含宗、まだまだ人気があります〜(笑)。
こんどはヤクザの話し〜

556 :名無しさん@1周年:2001/01/08(月) 11:24
>555

893、阿含宗の場合これが本命の話題でしょ
刑務所から始まった阿含宗は刑務所に帰るんだよ

557 :名無しさん@1周年:2001/01/09(火) 05:59
age

558 :名無しさん@1周年:2001/01/09(火) 12:10

   
       阿含宗の怖さがよくわかったよ



559 :名無しさん@1周年:2001/01/10(水) 21:45
>558

今ごろわかったのかよ
おそいねえ。
来月の星祭に行ってごらん。
893祭って言われるほど来賓席に
メチャ怖そうな人たちが並んでるから。
阿含宗は隠れ企業舎堤なのかねえ
詳しい人レス求む


82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)