5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

神道という、生き方。

1 :名無しさん@1周年:2000/10/25(水) 21:05
神道は宗教ではないと言います。教義のない神道についてどうお考えですか。
ただし、ここで言う神道とは、国家神道ではなく古代神道です。

2 :名無しさん@1周年:2000/10/25(水) 22:47
ワールドメイトだけが真の神道です!

3 :名無しさん@1周年:2000/10/25(水) 22:51
きつーいシャレ 義理天上日之出神みたい

4 :名無しさん@1周年:2000/10/25(水) 23:51
神道はけっきょく感性に流されるだけ。
日本人の感性がうまい具合に機能していれば
うまくいくけど、
ちょっと外れるとすぐ不安定になる。

神道には哲学がない。
だから生きていて解決出来ないような
無意味さ、やるせなさに直面したときに起こる
「なぜ?」という人々の問いに答えられない。

よって、神道はあらためて勉強する
必要はない。

5 :名無しさん@1周年:2000/10/26(木) 19:36
神道の哲学は「明き 清き 直き 正しき」の言葉に集約されます。
またあらゆる物心に真心を抱く思いやりの宗教です。
宗教でないという考え方は、それほどに日本人の精神に定着していることを
示すものといえましょう。
古代人の叡智と歴史を知る手がかりとしての神道の意義は大きいと考えられます。
宮城県の陸奥一宮塩竈神社に伝わる社伝にも明らかなように、
古代、新たな文化(製塩)をかの地に伝えた存在への畏敬の念と、
それを心から讃える寛容さと素直さが、有るべき人の道なのです。
神道の本殿に置かれた鏡は人の心を写す鏡であり、
己に向かって清新な祈りを捧げる神道の形式とは、
自らの尊厳をも確認する崇高な文化を背景としています。

6 :だみ:2000/10/27(金) 06:35
村の鎮守の神様、天神、八幡、稲荷、お宮、色々あるが、たまに行きます。
特に、祭りなどはいいネ 
勉強がしたいから、菅公によく参ります。

7 :だみ:2000/10/27(金) 23:37
夏越の払いとか、なにか過ぎ去った昔を感じる
いいネ  私は好きだ
威勢がよくて、神輿が好きだネ かつげたらと思う

8 :名無しさん@1周年:2000/10/28(土) 17:12
神道は日本人の人情だと思う。そのレベルの問題なら神道でもいいが、深い問題となると
常識的回答しか得られない。

9 :名無しさん@1周年:2000/10/28(土) 19:45
だからワールドメイトに入りなさいって。

10 :名無しさん@1周年:2000/10/28(土) 21:09

<<ワールドメイトに告ぐ!

このスレをこれ以上汚したら、報復する。
覚悟しろ!

11 :だみ:2000/10/28(土) 23:54
生まれる以前、また、死んだ後のことをいわないところがよい。

12 :だみ:2000/10/29(日) 08:29
願いがかなう・・・このへんが好きだ
幸せになりたい、お金持ちになりたい、良い人とめぐりあいたい・・・
どんどん叶えてほしい

13 :名無しさん@1周年:2000/10/29(日) 08:45
神様も時々チョンボをやらかすのがいい。

14 :名無しさん@1周年:2000/10/29(日) 21:21
神道はあらゆる存在を神と定義します。
米を粗末にすれば、米の神様の怒りに触れる。
水を汚すような行いをすれば、水の神様が罰を下す。
自分だけでなく、自分以外のものにこそ心を配る思いやり。
巡り巡ってその行いは己に返るという考え方を、強制することなく
自発的なものとして求める姿勢は、宗教らしくはないが極めて人間的だ。
こうした当たり前のことを形にする神道の意義は深い。

15 :名無しさん@1周年:2000/10/29(日) 21:27
ワールドメイトに入れば神人合一できる。

16 :だみ:2000/10/30(月) 07:14
ワールドメイト・・・大川××が始めたものですか。
          大川××は、宗教ごっこのおっちゃんか。
          あの帽子は何。キリストと仏をまぜたような
          悪の象徴だ  格好悪いネ
          あんな真似をしないで
          

17 :だみ:2000/10/30(月) 07:25
天神にも、色々あるらしいネ
このはなさくやひめという天神は菅公より、
まだ古いみたいだネ はっきりとはしりません
しかし、この名前も何か近寄りたくなる
天神とは、菅公だと思っていた
とおりゃんせの天神さんはどっちでしょうか
それとも また 別の天神か

18 :名無しさん@1周年:2000/10/30(月) 13:17
神道は日本人の単なる情緒反応経験の集積が血肉化したもの。
なんでもお祓いで解決しようとする。
お祓いで解決できないと、問題は最初からなかったことにしてしまう。



19 :名無しさん@1周年:2000/10/30(月) 14:14
WMの客引き西谷の甘言
結婚できる!出世できる!病気が治る!かっこよくなる!超能力が身につく!やせる!身長が伸びる!はげが治る!ご先祖が救われる!爆発的に運が良くなる!

でもさ、運のいいやつはWMの本なんかそもそも読まないんだよな。
何をやってもダメなやつが西谷本や深見本を読んで、今の自分がだめなのは悪霊のせいだなんて思い込んで入会しちゃうんだよ。
結局ダメなやつは深見の救霊受けようが、説教聞こうが、秘法受けようがダメなんだよね。
だから、騙されたときずいた元会員が、訴訟をおこしたり、インターネットで騒ぎ立てるのもある意味ではあたりまえ。
常識で考えれば、WMに入会下からといって、西谷のいうように突然幸運ラッシュが起きるなんてことがあるわけない。
騙されるやつが馬鹿なのは当然なんだけど、会員を幸せにする超能力なんて全くないくせに、金を奪うためにとんでもない嘘をつくWMははるかに罪が重い。
深見は、東京キリスト教会とつるんでカンボジア人を救済する前に、会員と元会員を救済して見せろ。



20 :ファーファ:2000/10/30(月) 14:26
>18
「神道は日本人の単なる情緒反応経験の集積が血肉化したもの。」
これはあってる。ギリシャ正教(キリスト教)もそうだ。ギリシャ神話もそうだ。まだまだあるぞ。
その後につく文章の是非はわからんが。

↑元々日本にうまれた宗教なので、日本人の感覚にあっていると言える。
3という数字が大きく絡んできていて、バランスを取っている考え方。
慈悲の神、アマテラス。存在感の薄い中位の神、ツクヨミ。破壊神、スサノオ。
あんまりしらんが、トリニティーっつーのも3のバランスらしいなぁ。
慈悲の神も良いことばかりをしているわけでなく、破壊神も悪いことばかりしているわけではない。
完全な善も悪もない。というこっちゃ。
そして、800万柱もいる神々は、大上段に構えず、はたらく者たちと
一緒になって働いているというフレンドリーな考え方で、仕事は天の与えた罰ではない。
そして、苦しい時は頼まれる。


21 :名無しさん@1周年:2000/10/30(月) 19:48
ワールドメイトに入れば天国に行けるのに・・・・

22 :名無しさん@1周年:2000/10/30(月) 20:08
八百万の神々
たくさんいて心強いね

23 :名無しさん@1周年:2000/10/30(月) 20:19
WMの深見氏によれば、現世での修行のために前世・あの世での記憶を
忘れて誕生するとか。
何故、わざわざ前世を出したり、あの世・神霊界でのランク(=霊層)を教え、
単一の価値観だけを強調し競争心を煽るようなことをするんだろう。
おまけにその競争は金額に密接に結びついている。..戒名じゃないだろうに。

24 :名無しさん@真榊:2000/10/30(月) 23:29
キリスト教など、多くの宗教は「無」から「有」が天地創造により生まれ、
以後、有の世界の中で日々の暮らしが実現していると説く。
神道は、そもそも「有」を定義せず、また「無」への回帰を容易とする。
つまり有無とは同時に存在しうるものだと考えている。
問題や紛争は無いことが前提であり、有ることを定義しないのである。
無いはずのものが有るとき、それを消滅させるために禊ぎ祓いを行う。
起こすべきでないものを起こした人の心を清めあげるのである。
一見、仏教の他力本願にみえながら、その実、神を奉るという清新な心持ちに
帰ることによって、己の力を十二分に発揮させるのである。

注>天神とは、「天満大自在天神」(菅公)
のことを指し、一般に「木乃花咲夜姫」(富士山の女神)を指しません。
後者は、南関東地方を中心に「浅間神社」に祭られています。
指しません。

25 :名無しさん@1周年:2000/10/31(火) 19:40
深見先生はセクハラなんかしてません!

26 :名無しさん@1周年:2000/10/31(火) 21:03
深見やワールドメイトはどっかにいってくれ。
もうかきこまんでくれ。

27 :だみ:2000/11/01(水) 01:34
24さん  ありがとう 分かりました。
     梅の花の菅公は好きです。  

28 :名無しさん@1周年:2000/11/01(水) 19:47
神様にあえるのはワールドメイトだけだ!

29 :名無しさん@1周年:2000/11/01(水) 20:11
宗教では、人は救われない!
神にも会えはしない!

30 :名無しさん@1周年:2000/11/01(水) 20:14
>27
私は、小さい頃から太宰府天満宮によく行きました。

31 :名無しさん@真榊:2000/11/02(木) 19:21
24.27様<
菅公は優秀であったが故に妬まれ疎まれ、時の実権者の讒言によって
太宰権師に事実上左遷されました。
天満宮に「撫で牛」が多くあるのは、菅公が丑年生まれであったためと
言われています。牛の頭を撫でるのは、菅公の遺徳を偲びその文才に
あやかるためです。
梅の花は菅公がこよなく愛した花であり、菅原家の家紋ともなっています。
菅原孝標女など、一族には文才に長けた人物が多くいます。

32 :名無しさん@1周年:2000/11/02(木) 20:22
誰でも偉くなると妬まれてしまうんだね。深見先生みたいに。

33 :名無しさん@1周年:2000/11/02(木) 21:53
ここに神主来てくださぁい。

34 :だみ:2000/11/03(金) 00:10
菅公の話などを聞くと、清清しいきもちになってよいネ。
誠実になろうとか、そういう気持ちがでてくるネ。
自分も偉い人になろうと思う。

35 :だみ:2000/11/03(金) 09:01
菅公、天神様は、とおりゃんせに歌いますが、子供の神様ですか。

36 :名無しさん@真榊:2000/11/03(金) 18:36
我が子の身の安泰と、賢く優れた人へと成長を願う親の気持ちが
天神の崇敬へと繋がっているのでしょう。
菅公は、没後であったものの現人としては異例の「正一位」を朝廷から贈られており、
立身出世の象徴として位置づけられていた背景もあります。
今なお、地方によっては表鬼門にあたる北東の方角に「梅の木」を植える風習があり、
これは菅公の加護により当家の子息が賢く育つという伝承によるものです。
優れた能力と共に、讒言に対する怒りと悲しみが雷神の形で転化した菅公への
畏怖の念が、「とおりゃんせ」には隠されているのかも知れません。

37 :だみ:2000/11/05(日) 07:53
私は長岡天満宮へよくいきます  長岡京市も天神さまの町です
天神様の鷽というのがあって、凶の年には鷽がやってきて、凶を吉にかえるという。
私はこの話が好きです。

38 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 18:26
お払いなんかしてもだめだ。ワールドメイトで救霊をけなさい。

39 :名無しさん@1周年:2000/11/05(日) 20:12
ここはワールドメイトの営業スレッドなのか。

40 :名無しさん@真榊:2000/11/05(日) 21:04
神道は、他宗に対し意見する立場をとりません。
その心は、あくまでも平穏で清冽な心の在り方こそが
人の道であり神の道であると考えているからです。
これを「神ながらの道」と呼びます。
剣道、茶道、書道など、心の統一は「道」と認識する日本人の生活観。
神道は、幸御魂(さきみたま:幸ある心の状態)を求めながら、
神道を攻撃する他宗を「存在し得ないもの」と見なします。
誤解なきよう申しあげますが、ワールドメイトは新興宗教ですので
私の申しあげる「神道」と混同なさいませんようご理解下さい。

41 :名無しさん@1周年:2000/11/06(月) 15:28
>40

>ワールドメイトは新興宗教ですので私の申しあげる
>「神道」と混同なさいませんようご理解下さい。

現役会員さんは何故かワールドメイト=神道と
思われて(思い込まされて)いるようですが、
退会(もしくは脱洗脳)すると、両者が全く関係ないこと
(当たり前のこと)に気付きます。

うざいでしょうが、混同しているのは会員さんだけです。
彼らが自分で考えられるようになるまで(脱洗脳するまで)
は無視してやってください。へたに否定すると意固地に
なったり、攻撃的になるようですからね。

ま、神道はおおらかだから、WMに利用されている面もあるのでしょう。

42 :名無しさん@1周年:2000/11/06(月) 16:25
他国が戦争を仕掛けてこようとする動きが在っても、
それを無いもの、と見なします。


43 :名無しさん@真榊:2000/11/06(月) 21:38
神道は、他国が戦争を仕掛けるという脅威が、本来あるべきではない、
破滅的・崩壊的な戦いというもの自体が元来あるべきではないと説きます。
この意味で、今現在そうした脅威があっても無視するという意味ではありません。
「祓い・清め」の概念を理解することにより、汚れた魂を救済するのです。
神道にとって「死」とは穢れであり、死に結びつく戦いは避けるべき存在です。
また、「言霊思想」にも現れるとおり、神道は清く正しい言葉を口にすることで
それらが実現に近づくと考えます。
現代的に言えば、プラス思考の生活が明るい暮らしを呼び寄せるという考え方です。
「景気が悪い」と異口同音に唱えるよりは、「景気がよくなりそうだ」という
心持ちを言葉で確認しあうことで、よりよい方向へ向かうことを誓うのです。
神道は人に強制することを認めません。救いを求める人がそれぞれに、
教義ではなく神道の思考方法を生活の中に見いだして下さい。

44 :名無しさん@1周年:2000/11/06(月) 21:56
ワールドメイトの人は皆人がいいから、入っても損はしませんよ。

45 :名無しさん@1周年:2000/11/06(月) 21:59
>44
それは、わかりません。

46 :だみ:2000/11/06(月) 23:38
くわしく、わかりませんが、神ながらの道、何か清い感じがします。
しかし、神社神道の神は親しみやすい。 願いをすればきいてくれるとか。
試験に合格するにはとか。今の問題を解決してくれるように感じます。
生活に密着しているように思います。 

47 :ドッサン:2000/11/07(火) 00:04
太古の神ながらの道とは
自然を敬い感謝し、自然から学ぶ道であり、
本来の人間の道であり、あらゆる道に通じる道である

宗教の様に救済を主張しない、
それに入信しているから素晴らしい等と主張しない、
エゴを救済し、エゴを増長させるような事は説かない
普通の道であったはずだ

当たってますか?

48 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 00:36
>47
当たっています。
日本人を狂わせたのは、仏教です。
仏教を滅ぼしましょう。

49 :名無しさん@真榊:2000/11/07(火) 01:01
>>47・ドッサン様
概ねご理解の通りです。
神道は、神道にあらずんば救いにあらずとは説かないのです。
自然崇拝を基調とする神道は、これ自体を特別に仕立てた教えとは
認識していません。教えを請う対象が自然自体だからです。
自分が罪など穢れから免れるためには、何より自重の精神を基軸とします。
「お天道様が見ているよ」とは、今時まず聞くことはありませんが、
神道の思想が如実に表れた言葉と言えるでしょう。
「天の道」に背く行いをすることは、「神ながらの道」に背くことであり、
あわせて「人の道」に背くことです。
誰に見られても恥じ入ることのない眞の道が、神道なのです。
誰かのために良い施しをしても、「お天道様」は見ています。
皆がお互いをいたわり合って生きることを、当たり前のこととして
認めていた時代が、はや過去のものになりつつあります。
神道の意義は、徳を積む道、「道徳」の基本原理として
見直されても良いのかも知れません。
ただし、あくまでも神道は強制されるものではありません。

50 :だみ:2000/11/07(火) 07:19
47 賛成
  普通の生活、日常生活していて、「助ける」とか「助かる」というのも、
 おかしいと思う。  もし、自分にいわれれば、そんな必要はありませんという。
 自分が困らなければならない状態というのも、普通に生活をしていればないように思う。
 何もないのに、「信じれば助かる」「助ける」とかいわれたら、余計なことを
 いわないでくれといいたくなる。 私は私なりに一生懸命いきているのだから、
 理由もない救済をいわれたくない。 病院もあれば、経済的なことも相談に
 のってくれるところもある。
   

51 :名無しさん@1周年:2000/11/07(火) 19:24
救われたければワールドメイトに入りなさい。

52 :>51:2000/11/07(火) 20:01
これこれ、ここは会員さんの来る所じゃないよ。
ワールドメイトは神道の神からユダヤの神に乗り換えたんでしょ?
ここの皆さんのお邪魔してはいけません。
フリーメーソンのスレに逝きなさい。




53 :名無しさん@真榊:2000/11/07(火) 21:41
神社神道の中には、本来の神道の原理を忘れかけたものも残念ではありますが存在します。
靖国神社以外の神社が包括法人に取り込まれながら、世俗的な言い方で言えば
独立採算の経済単位であることを考えると、こうした結果は極めて遺憾です。
ですから、神道を理解する上で必ずしも神社神道を念頭に置かないでください。
ご神域は概して神社境内を指す場合が殆どですが、
何も高い初穂料を払えば救われるということではありません。
あくまでも勘違いしてはいけないのは、神道の神は「救う」という考え方を
持ち合わせていないことです。
神道のご神意は「ご加護」の言葉で表されるように、人を丸抱えですくい上げる
のではなく、個々の努力を守り給うという一語に尽きます。
祈れば救われる、という考え方は神道の考え方ではありません。
そうした考え方は、「仏教の往生要集の要点と神道」が神仏混淆の盛んだった時期に
誤って理解されたものではないでしょうか。

54 :だみ:2000/11/07(火) 23:34
明治時代にできた教派神道というのでしょうか。神といっているみたいですが、
明治以前からある神道の神とは大分ちがうように思う。
教派神道は半分仏教のような感じがするが、仏教がいう本地垂迹の神というかそんなもの
を連想しますが、どうでしょうか。「助かる」とか「助ける」とかいうのは、
そんな神がいうのであって、仏教の、なんとか本願というのとおなじように思いますが、
どうでしょうか。

55 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 01:02
宗教っていうか、むしろ生き方だろ?
人の心だよ・・・神道。

56 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 01:03
宗教っていうか、むしろ生き方だろ?
人の心だよ・・・神道。

57 :ドッサン:2000/11/08(水) 01:25
神道の大まかな理念は分かっても古代の本物の神道は
現代においてはほとんど詳細は廃れ、忘れられ、残っていないと私は思いますよ

今の時代人間社会では何が本当に上で下なのか、左右なのか分かっていない
だから上っ面の指針として道徳やら宗教やらが出てきて
大道廃れて仁義あり、です

誠に残念ながら自然の道、人間の道,神の道は結構としていかにそれがあるか、
ぶっちゃけた話し何がそうなのかそれほどはっきりわかっていないのが
本音では無いでしょうか

58 :27:2000/11/08(水) 11:01
心だに誠の道にかないなば 祈らずとても神や護らむ
           
                   菅原道真公
太宰府天満宮でおみくじを引くとこの歌がでてくることがあります。


59 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 12:20
神道は宗教じゃないなら、人の生死に関わらないはずでは???
私は国学院出身者ですが、結構宗教チックに逝っちゃってましたよ。
教義がなく、あいまいに見せている神道にも
実はいろいろ裏側があるようで、それはまた今度暴露します。

60 :KONY:2000/11/08(水) 12:29
神道は日本人の「習慣」だと平泉寺白山神社の亡くなられた宮司さんは言っておられました。


61 :もぐもぐ名無しさん:2000/11/08(水) 14:28
>>59

医学は宗教じゃないから人の生死に関わらないのですか?

62 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 16:21
>>61
医者は死体を生き返らせようとしたりはしないだろう

63 :もぐもぐ名無しさん:2000/11/08(水) 17:24
>>62
出来ないからしようとしないだけで、そういう研究をしている科学者が
いるかもしれません。
 と、するとそういう研究をしている科学者は宗教家なのですか?

64 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 17:28
>>61&62

レトリックとしても無視できないなあ。
TVでERとか見たことないの?QQ車で心肺停止状態の
患者なんか日常茶飯事に救急病院に来てるよ。
そりゃ心肺停止して何時間もたっていたらあきらめるけど
病院到着時に少しでも体温があったら、心肺蘇生に一所懸命に
なるのが医者だよ(書いているうちに思いっきり
はずしているのに気付いたのでsage)。

65 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 18:10
age

66 :名無しさん@真榊:2000/11/08(水) 20:48
神道とは、元来そのルーツを西南日本に置いています。
ですから、常緑樹の繁茂する地域、平たく言えば榊の自生するような
温帯に定着し、そうした「常磐木」を不死不老の象徴として崇め奉りました。
変わらないものが無いからこそ、常に清く瑞々しい若木を神前に捧げ、
そうした不断の努力と労苦を厭わない生活こそが、たゆみない人の暮らしと
無言のうちに位置づけてきたのです。
後に寒冷地である関東以北にも伝播し、在地の石神・山岳信仰と混交しましたが
青木や松葉、熊笹を代用して祈りを捧げるという方法論は不変でした。
神道は宗教か否か、という議論は、多くの宗教が国内に認知されるに至り
初めて高まった、ごく浅い歴史の学問です。
つまり、宗教として認知されなかったのは対比する宗教が少なく、
あまりにも日本人の生活に結びついた生活綱領だったからではないでしょうか。
ただ、先の通り生死に関わってきたことは古代に遡るほど否定できませんし、
体系化されて初めて「人の道」として認知されたことも否めません。


67 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 21:21
認知されたのはワールドメイトが初めてです。

68 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 08:30
>67

もう一度、このスレを全部読み直してごらん。
如何に(現在の)ワールドメイトが神道から離れた存在か
よ〜〜くわかるはずだけどね。

ま、わかんないから会員をやってるんだろね。
そもそも体系化された教義すらないのに認知されたも
ないものだね。だいたい「誰」が認知したのかい?
教祖さんが自分(達)の正当性の裏付けとして
例に出す話はほとんど全部「捏造」だよ。

69 :>68:2000/11/09(木) 18:21
ヴァカ。「国際神道学会」ってちゃんとした団体が認知してるんだよ(ワラ

70 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 19:09
>>64
死体の線引きって微妙だよね
そこを追求するとやっぱり「脳死は死か」って言う問題に行き着くのかな?
でも、すでに腐りかけた死体を蘇生させようとするのはやめたほうがいいと思うなぁ
まぁ、どこの宗教とはいわないけど

71 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 19:11
>>69
名前を見る限り、「ちゃんとした」団体とは思えないな
WMを認知してる段階で逝ってよし!

72 :>71:2000/11/09(木) 19:26
国学院大学の教授も参加してるんだぞ!文句あるのかヴァカ!

73 :名無しさん@1周年:2000/11/09(木) 19:40
「国際神道学会」というのはワールドメイト深見教祖がパトロンの
お手盛り紐付き学会だったはずです。
資金はどっからきたのでしょうね〜〜。

74 :69と72の母親:2000/11/09(木) 19:59
皆さん、申し訳ありません。69と72の母親です。
せっかくの神道を語るスレにうちのバカ○メ○○が
お邪魔して、暴言を吐いて、皆様さぞかし不快な
思いをしたことでしょう。本当に申し訳ありません。

この前の日曜の夕方、引きこもりだったうちの子が
「友達にあってくる」と久しぶりに明るく家を
出たので、主人ともども喜んでいたのですが、
あれほど逝くなといっていたセミナーにいっていたようです。

とても夜遅く、いつも以上に暗い顔して帰ってきたので
心配していたら真夜中に「金返せ〜〜。水が甘くないのは
俺のご神業がなってないせいじゃない。教祖がドキュンな
だけだぞ。ヴァカ」って寝言を言ってました。

最近、ネットの世界で「反○イ○」とかいう友達が
いっぱいできたって喜んでいたので、パソコン覗いて見たら
こんなところで皆さんのお邪魔をしていたとは。
せめて、お友達のスレだけで遊ぶようにと強く言い聞かせて
おきますので、どうかお許しくださいませ。

75 :>74:2000/11/09(木) 22:12
何言ってやがんだ!国際神道学会は中西正幸・国学院大学教授も認めてるんだぞ!

76 :神道国際学会だよ:2000/11/09(木) 23:22
>75
おいおい、会長さんだろ。
http://www.shinto.org/index1.html
ま、WMの名前を伏せているのは残された最後の
良心かな。それにしても浙江大学客員教授の
肩書きが痛いね。

77 :だみ:2000/11/10(金) 05:24
八満宮へいけば、軍神を祭ると書いている。
とんな願いがつうじるか。


78 :名無しさん@1周年:2000/11/11(土) 01:00
お稲荷さんて、神道なんですか。なんか違うような気がするんだけど。

それから、うちの近くに氷川神社があるけど、ご神体の説明がなく、何をまつっているか判りません。
だけか知っている人がいるなら教えてください。


79 :無神論名無し:2000/11/11(土) 01:03
>氷川神社
名前からすれば、スサノオ神ではないかな?

80 :名無しさん@1周年:2000/11/11(土) 10:52
スサノヲ、クシナダヒメ、オオナムチ、あたりだろ

豊川稲荷はお寺だぜ

81 :R32:2000/11/11(土) 12:04
>氷川神社
名前からすれば、セーラーマーズじゃないのか?

82 :>76:2000/11/11(土) 19:00
会長は中西旭氏だから別人でしょう。

83 :>57:2000/11/13(月) 00:14
神道と老子ってなんか似ている気がしますが。
どうでしょう?

84 :ドッサン:2000/11/13(月) 04:34
>83
57番での解釈は
古代についての個人的な予想に過ぎません

個人的な意見としては
老子のような自然の道理が明らかな本等、
何でも自然の道理に明るく、それに適っていれば
神道を理解する為に使えるのではないでしょうか

85 :83>84:2000/11/13(月) 14:36
そうかもしれませんね。
少しづつ考えていきます。

86 :名無しさん@1周年:2000/11/14(火) 00:58
ワールドメイトに入会して考え直しなさい。

87 :だみ:2000/11/23(木) 04:26
ワールドメイト・・・仏が神の格好をしているものでしょうか

88 :名無しさん@1周年:2000/12/07(木) 22:34
ワールドメイトは、唯一の正当な神道を受け継いでいます。

89 :犬猫WMお断り:2000/12/07(木) 22:53
>88

誰がそう言ってるの?教祖だけじゃないの?
教祖が神様に直接聞いたって?誰がそう言ってるの?
教祖だけじゃないの?

お願いだから神道関係のスレにワールドメイトって
言葉書かないで。穢れる!!

90 :名無しさん@1周年:2000/12/08(金) 02:41
>>59
そろそろ1ヶ月になりますよ。そろそろ、暴露きぼ〜ん!!

91 :>89:2000/12/08(金) 18:42
穢れたら救霊を受けられることをお勧めします。

92 :sage:2000/12/09(土) 11:05
>91

そもそも神社で御祓い受けたら済むことでしょ?
それともWMって神社の御祓いではきかないくらい
いっぱい穢れた人の集団なの??

93 :92:2000/12/09(土) 11:06
しまった。サゲ間違えた(すまん)

94 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 02:06
神社のお祓いでは先祖霊は救われません。ぜひ救霊を受けてください。

95 :名無しさん@1周年:2000/12/10(日) 11:40
>94

都合の良いところだけ神社を利用し、その実、神社を馬鹿にしているのは
師匠譲りだね(笑)。神官は一般に不勉強って、教祖はよく
馬鹿にしていたものね。それでも寛容な日本の神様に乾杯!

96 :名無しさん@1周年:2000/12/11(月) 13:53
皆さん、救霊は詐欺です。
絶対に受けてはいけません。
何の効果もありません。
大金損するだけです。

97 :あげ:2000/12/14(木) 21:06
あげ

98 :名無しさん@1周年:2000/12/15(金) 20:42
age

99 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 19:08
救霊を受けて、先祖霊を救いましょう。

100 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 21:03
あのね、「先祖霊」とか「怨念霊」とか「地獄霊」とかいう概念は、神道にはないの。
ワールドメイトは、他のレスへ行きなさい。ここは「まじめな」神道について語り合う場です!

101 :だみ:2000/12/16(土) 21:19
百度とか千度とかを踏むと聞いたが、百回、千回ときちんとまわらなければ
ならないでしょうか。

102 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 22:09
救霊は素の大神様から降ろされた神法です。

103 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 22:14
救霊は、宗教詐欺師深見東州による巧みな詐欺のテクニックです。
絶対に領収書を発行しないので、後で騙されたと悟っても後の祭りです。
詐欺師深見には死角はありません。

104 :似而非=似て非なるもののこと:2000/12/16(土) 22:24

エセ神道教団WM。「神道系」「大本教系」を自称(僭称)。
正しく言うなら「 フ カ ミ 狂 」
深見の自分勝手な宗教解釈を、神社や大本の権威でただ 垂 れ 流 し て い る だけ。公害宗教。
権威に頼らず最初から「フカミ狂です」って、正直に言え!

恩着せがましく「深見先生が何時間もお祈りをされた結果、ようやく神様からのお許しが出ました!」といっては、秘法会を催し大金集めに奔走する。
軟体動物のように場当たり的にクネクネと教えを変えていく。ご都合主義の典型。
「神仕組を担っています。日本の危機です!会員の皆さんの祈りで人類救済!」
危機感煽って、ゆっくり思考する暇さえ与えず深夜の神事でマイコン三昧。

体系だった「教義」なんてないから、信者の意志はフカミや上層幹部の意のまま。
信者はまともに反論すら出来ない。ただ人、物、金を集めてるだけのアリ地獄詐欺集団。

「神道をベースにした」なんてWMに都合のよすぎるキャッチコピー。
「WMも伝統的な神社のあり方にならっていまーす!健全です!清々しいです!」

………そうかぁ?
どこの神社が前世とか先祖とか悪霊とか、「因縁話」で氏子を脅し続けて浄財集めてるよ?
どこの神社が手の込んだマイコンやって会員の一生を狂わせてるよ?

「詐欺の方法をベースに宗教モドキやってまーす!」って、最初から正直に言え!

http://www.worldmate.or.jp



105 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 22:28
前から疑問だったんですが、『古事記』とか『日本書紀』とかその他の
神話をよんでいても、「神道」って死後のはなしが、あまりないですよね。
イザナミの話をよんでも、なんか腐るだけですよね。
黄泉の国では、みんな腐っているんですか?
それは嫌だなあ。

106 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 22:38
生前の行いと徳分と想念によって死後が決まります。
善業を行い徳を積み、明るい想念でいられるのなら神界へ、その逆なら地獄界です。

107 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 22:39
>106
躁鬱病のひとはどっちにいくの?

108 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 22:42
>106
それは、深見が性格が暗いやつをターゲットにしているということなんだよ。
そんなカルト宗教のイロハもわからないのか?

109 :>107:2000/12/16(土) 22:44
地獄界です。おそらくは動物霊が原因ではないかと思います。
すぐに救霊を受けて下さい。


110 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 22:47
109
あなたはすぐに
精神病院のカウンセリングを受けてください。
深見に頭をとられてしまっています。
ナチスに支配されたドイツ国民と同じですよ。

111 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 23:10
イザナミって、腐ってたよね。あれはどういうこと?
カミ様なのに。

112 :名無しさん@1周年:2000/12/16(土) 23:26
メイトのセミナーでは皆さん明るく楽しんでいらっしゃいますよ。
いつもくらい書き込みばかりしている方々の方が心配です。

113 :名無しさん@1周年:2000/12/17(日) 00:25
>112
全然楽しくねーよ
何で5000円も払って素人芸みなきゃいけないんだ。
もう行かないけど。

114 :名無しさん@1周年:2000/12/17(日) 18:55
深見先生の芸術にかける情熱は、本当に凄いと思います。

115 :名無しさん@1周年:2000/12/17(日) 21:29
>114
その情熱で会員を救済しろよ。ぼそっ

116 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 01:28
深見先生の訴訟にかける情熱はもっと凄いですよ

117 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 04:02
真面目に神道について聞いた私を、いまは恥じております。
WM・・・・憎いです。

118 :名無しさん@1周年:2000/12/18(月) 11:10
昔は神主になりたかった。
今は坊さんになりたい。

119 :名無しさん@1周年:2000/12/19(火) 22:10
深見先生、どうせよんでいるんでしょ?
なんか言うことないの?


120 :2ch@みんなの歌の時間です:2000/12/20(水) 00:58
古事記…そういや昔読んだきりだ(^_^;)
そういや、イザナギが黄泉から逃げ戻るときに桃だの櫛だのを投げて云々、
と言う下りは大陸系の呪術(道教?)の影響が云々とかきいたような覚えが。
神道の良いところは賞揚したいと思うけれど、神道だけが特別とは思わないし、
教義のない古代神道もまた成立の素地は様々に影響を受けただろうと思うのです。
ましてや仏教が神道をダメにしたなどとは思いたくないのですけれど(^^;)
そういや、この時期コカコーラの先兵と化している小太りの爺様は老祖の化身だそうですね。
WMの先生も我々も、日々の生き方に様々な影響を受けているようです。
(WMを連呼してしまい申し訳なし;; よってsage)

ところで、こちらで言われている「古代神道」というのはどういうものなのでしょうか?
1:「古事記・日本書紀」などにある神話体系のこと?
2:今の神道祭祀の原点になっているアニミズムみたいな物のこと?
3:「竹内文書」云々とかいうトンデモ系?
4:WMの著作物?(<これはここでは論外か)
参考文献・論考などあれば、ご教授願いたく思いますですm(__)m

121 :名無しさん@1周年:2000/12/20(水) 17:56
もう下げ運動しなくていいじゃん。


122 :名無しさん@1周年:2000/12/20(水) 21:17
ワールドメイトの神仕組は、唯一のものです。

123 :悪徳太子@はるひさ:2000/12/20(水) 22:32
ワールドメイトの詐欺仕組みは、基本に忠実な典型的なありふれたものです。

124 :名無しさん@1周年:2000/12/20(水) 22:58
神社でお祈りするとなにかいいいことは起こるのでしょうか

125 :名無しさん@1周年:2000/12/20(水) 23:00
神様は、献金したひとをえこひいきしたりするのですか?

126 :名無しさん@1周年:2000/12/21(木) 00:02
神道国際学会がまともな団体だったら、なんで脱税「容疑」とか、セクハラ「騒動」のあった副会長さんを解任しないの?
国会議員とかの世界では、事実かどうかは重要でなく、「疑惑」「騒動」で「世間を騒がせた」からといって辞任しているんだぞ。

127 :名無しさん@1周年:2000/12/21(木) 00:23
そりゃ、WMがやってる団体だからでしょう。それが大っぴらになるとまずいからサイゾーを訴えたんでしょう。

128 :名無しさん@1周年:2000/12/22(金) 21:23
今からでも、遅くはない。せめて、サイゾーとの裁判の結果が出たら、「副会長」をやめさせてくれ!
そうでなければ、神道国際学会の会員ではあるが、ワールドメイトの会員ではない者がうかばれない!

129 :名無しさん@1周年:2000/12/23(土) 23:46
裁判の結果を待つ迄もなく、神社本庁に突っ込まれたらお終いだろう。

130 :名無しさん@1周年:2000/12/24(日) 19:11
>129
早く「突っ込」んでほしい。副会長解任要求!!

131 :上村ただし:2000/12/24(日) 20:56
疑惑だけで解任するのはおかしい気がする。
創価学会みたいに情報握ってる池田のような奴の天下になる

132 :名無しさん@1周年:2000/12/24(日) 22:01
どこでもワールドメイトスレにすんな。
関係者は、他逝け、他!

133 :名無しさん@1周年:2000/12/25(月) 13:16
>132
「神道」国際学会のことですから、あしからず。

134 :名無しさん@1周年:2000/12/26(火) 09:31
吉田神道が流派としては最古の神道でしょうか?

神社としては出雲大社が最古でしょうね。

平田神道は異端なんですか。分かりやすくていいんじゃないかと思うのですが。



135 :おちゃら:2000/12/26(火) 11:06
出雲大社は比較的新しいという説もあります。
石上や三輪の方が古いかも 美保じんじゃもふるそうですね
関東では安房神社が古いのではないでしょうか。
作ったのがフトダマさんの息子だし(アメノトミノミコト)
埼玉県の鷲の宮神社もタケヒラトリの命の子が作ったと自分はにらんでいる(おまえの話なんて聞きたくねえよって(笑)

神道流派だって神社だってどの時点からそれらの分類にするかで変わってくるし,どれが古いなんて絶対に分からないのではないでしょうか。


136 :名無しさん@1周年:2000/12/26(火) 18:23
半田神道は正道ですか?

137 :名無しさん@1周年:2000/12/26(火) 21:55
もちろん邪道です

138 :名無しさん@1周年:2000/12/27(水) 22:16
私は香取神宮が好きです

139 :名無しさん@1周年:2000/12/27(水) 22:50
私は皇大神社が好きです。大仁の。

140 :名無しさん@1周年:2000/12/27(水) 23:35
>138俺も好きです下総人だから
>139
俺の神社の観念は深見の著書に教えてもらったんだが
自分のうちの近くの神社に行くように
なってから悪霊のとりつかれてしまった
もちろん,ワルードメイトの救霊もうけたが聞かなかった
ただ,神社のせいとはっきり断言できるものでもない


141 :名無しさん@1周年:2000/12/27(水) 23:50
http://dfgu.wethost.com/.

142 :名無しさん@1周年:2000/12/28(木) 00:02
ここで言う神道とは、国家神道ではなく古代神道です。

ワールドメイト、シッ、シッ、あっち逝け。
ダボうぜ。

143 :名無しさん@1周年:2000/12/28(木) 00:08
神仕組を受け継いでいるのは、ワールドメイトだけなのです。

144 :名無しさん@1周年:2000/12/28(木) 00:12
ワールドメイトスレで発言して来い。
14も自スレがあるのに、まだ足らんのか!

145 :名無しさん@1周年:2000/12/28(木) 00:23
凶党霊団には、入れませんから。

146 :名無しさん@1周年:2000/12/28(木) 21:08
>>139
大仁の皇大神社ってチャチだねえ。こういうと、ワールドメイトの人は「神は、建物には降りません」って言うし、金かけた神社がありがたいというわけではもちろんないけど、逆に質素だからいいというものでもない。
要は、神気というかそんなものかな。まあ、ワールドメイトの人たちには、「ありがたい」本山なんだろうけど、部外者に言わせれば、物置小屋のような社殿に水たまりのような池。そこに、やせた鯉だかか数匹泳いでいる。あたりには森もなく、吹きさらしの竹藪。
ま、好き嫌いの問題だからねえ。

イベントで儲けた金、一体どうなっているんだい?

147 :>146:2000/12/29(金) 19:37
あなたには御神気が感じられないのですね。残念です。できれば救霊をうけていただきたいです。

148 :名無しさん@1周年:2000/12/29(金) 19:54
>147
あなた、伊勢に行かなくていいの?

149 :名無しさん@1周年:2000/12/29(金) 20:43
>147
>あなたには御神気が感じられないのですね
 ワールドメイトの神様の「御神気」を感じることはできない。部外者ですから。
>救霊をうけていただきたいです。
 変な「霊」をつけられると困るので遠慮しときます。



150 :名無しさん@1周年:2000/12/29(金) 22:33
深見先生からは御神気は感じられません

151 :だみ:2000/12/31(日) 22:17
よいお年を  来年もよろしく


152 :名無しさん@1周年:2001/01/03(水) 19:36
おめでとうございます。本年もよろしく!

153 :名無しさん@1周年:2001/01/03(水) 21:13
救霊だって。
お玉串が欲しいだけだろ

154 :名無しさん@1周年:2001/01/05(金) 17:56
神道国際学会の副会長は、今年も替わらないのか?

155 :だみ:2001/01/06(土) 22:54
皆様、おめでとう
   ございます。 今年もよろしく。
近所の天神さまへいってきたよ。 
菅公へ観光をかねてかんこうしたよ ごめん 駄洒落
しかし、菅公は偉いね  あんな人になりたいね
なろうか 頑張って
菅公に願かけしてきたよ あやかりたいって
効果的な願かけの仕方、どうすればよい?


 

156 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 19:40
神道国際学会って何?

157 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 19:44
>156
副会長の処遇をどうするかで、まともな団体か、ワールドメイトのダミー団体か、問われている団体。

158 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 19:53
それは、神社神道も認めてるとこですか?

そこにはどんな人達がメンバーになってますか?

159 :創価学会員:2001/01/07(日) 20:33
神道はよくないと思います。
また、戦争を引き起こします。
それよりも法華経を信じるべきです。

160 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 20:52
159よ、死んでくれ。

161 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 21:03
神道国際学会にどうしてWMの深見さんが関係してるのか・・・。
 

162 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 21:25
>161
神道国際学会の副会長がWMの深見さんなんです。
なぜか知らないけれど。

163 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 21:28
深見先生は偉大なんですよ。
それなのに・・・本当にあんたたちはカスね。

164 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 21:59
>163
人間なんてみんな同じなんだよ、馬鹿。
童貞で、性欲を世界救済に振り向けているはずの深見も何人もの女を毒牙にかけていたしな。


165 :163:2001/01/07(日) 22:04
あなたはそれを自分の目で確かめたのですか?
どうしてそのように確信を持って言えるのでしょうか?

166 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 22:06
>脱税、強姦、宗教詐欺。
犯罪者の神だね。

167 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 22:17
WMは自スレでやれよ。
Uzeんだよ。

168 :WM自スレへ帰れ!:2001/01/07(日) 22:36


169 :WM自スレへ帰れ!:2001/01/07(日) 22:38


170 :WM自スレへ帰れ!:2001/01/07(日) 22:41


171 :WM自スレへ帰れ!:2001/01/07(日) 22:42


172 :WM自スレへ帰れ!:2001/01/07(日) 22:43


173 :WM自スレへ帰れ!:2001/01/07(日) 22:48


174 :WM自スレへ帰れ!:2001/01/07(日) 22:49


175 :WM自スレへ帰れ!:2001/01/07(日) 22:50


176 :WM自スレへ帰れ!:2001/01/07(日) 22:50


177 :おまえさあ:2001/01/07(日) 22:52
なんで、そゆことするの。ダーメ!

178 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 22:56
1を読め!
フカミの悪業をあげつらうスレか。

179 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 22:59

深見の垂れ流しはやめろ!!!


180 :名無しさん@1周年:2001/01/07(日) 23:31
神社神道と古神道の違い・・・がよくわかりませんが、WMも古神道なんですか?
 で、その神道国際学会というところは正当な学会ですか???

181 :WMアレルギー:2001/01/07(日) 23:41
>180
WMに振るな!
WMのことはWMスレで聞け!


182 :名無しさん@1周年:2001/01/08(月) 00:11
ヒノマル・キミガヨは日本の象徴ではなく国家神道の象徴。
学校は次第にカルト教団化している。
公明が創価学会なら自民は神道政治連盟
今の政権は神仏融合。最悪の状態。

183 :名無しさん@1周年:2001/01/08(月) 01:12
私もWM会員ですけど、どうしてもその中の知識しかないから、
WM抜きにしては神道を語れないんですね。
神道国際学会ではWMの事には一切触れずに神道を幅広く語って
いますよ。
1の人が会員みたいだからこんなスレになってしまったようだけ
ど、WM会員は専用スレでカキコするようにしましょうね。

184 :名無しさん@1周年:2001/01/08(月) 17:58
WMは古神道と自称している限り、ここでも話題になるさ。

185 :名無しさん@1周年:2001/01/11(木) 21:52
WMは神道を金儲けの道具にしている
まもなく天罰が降るだろう



186 :名無しさん@1周年:2001/01/12(金) 18:11
皇大神社だけが神様のいる神社です

187 :名無しさん@1周年:2001/01/12(金) 18:33
それはWMの神社の事ですか?
そうだとしたら、あやし〜。


188 :反サイゾー@はるひさ:2001/01/13(土) 22:01
皇大神社には神様がいる、みんなうそです

189 :名無しさん@1周年:2001/01/19(金) 20:00
神仕組をになっているのはワールドメイトです。

190 :名無しさん@1周年:2001/01/19(金) 20:18
死神、疫病神、貧乏神・・・
WMが養っています。

191 :名無しさん@1周年:2001/01/24(水) 20:37
会員は皆不幸になってます

192 :名無しさん@1周年:2001/01/24(水) 20:40
ワールドメイトは素晴らしい!

193 :【^▽^】ジョーカー:2001/01/24(水) 21:00
教派神道ではなくとも、我ら日本人は皆神道。

194 :名無しさん@1周年:2001/01/25(木) 17:47
神道の思想を学ぶ上で、参考となる文献を探しています。
これ!!っていうのを教えてください。
ただし、WM関係はパス。

195 :名無しさん@1周年:2001/01/25(木) 19:22
WMはいいよ
本物だよ

196 :名無しさん@1周年:2001/01/25(木) 19:44
>>195
1人で本物だと思っているのは良いが、人に勧めないでください。

197 :名無しさん@1周年:2001/01/25(木) 20:10
>196

大丈夫.運がいい人は守護神や守護霊が守ってくれるよ.
それに,運悪く勧められても普通は胡散臭いと感じて引くよ.

198 :名無しさん@1周年:2001/01/25(木) 20:28
守護霊転換秘法を受けるべきです。

199 :名無しさん@1周年:2001/01/25(木) 20:34
>>197
どうでも良いからsage
運が良いと守ってくれるのではく、守ってくれるから運が良い。

200 :名無しさん@1周年:2001/01/25(木) 20:34
>>197
運が良いと守ってくれるのではく、守ってくれるから運が良い。

201 :199=200:2001/01/25(木) 20:35
みすった・・・スマソ

202 :名無しさん@1周年:2001/01/25(木) 21:33
>198
それを受けると、悪質な教団霊に取り付かれて破滅します

203 :【^▽^】ジョーカー:2001/01/25(木) 21:51
黒住教が良いな。

204 :はるひさ@二枚舌:2001/01/27(土) 22:17
秘法なんて効きません

205 :名無しさん@1周年:2001/01/28(日) 17:51
It is not the way of God

206 :名無しさん@1周年:2001/01/28(日) 19:04
救霊を受けてから秘法を受けて下さい。効果が違いますよ。

207 :名無しさん@1周年:2001/02/03(土) 21:31
age

208 :名無しさん@1周年:2001/02/03(土) 21:34
私の行っている支部ではないのですが、ある支部に右翼から電話がかかってきたそうです。「ワールドメイトがこのように皇室を侮辱しているという手紙がきましたが、どうなっているんでしょうか。深見先生もこんなに立派なことをやってらっしゃるのに、どうしてこのような手紙を書くヤツがいるんでしょうか?みなさんも気をつけてくださいね」非常に丁寧で親切だったそうです。
なんだか知らないけど、こういう手紙を送ったりする破壊活動をやっている人間がいるらしいですね。バカですね。この手紙は送り主の名前がなかったそうですが、あったらその人は危ないですね。
これだけ木っ端マスコミにいろいろ書かれても、右翼の大御所から左翼の重鎮まで(いちいち名前を挙げる必要もないでしょう。みんな、深見先生の活動をよ〜く理解した上で、セミナーやシンポジウムにいらっしゃり、関連団体の顧問や理事についているではないですか!)、それどころかマスコミ関係者までおおいに応援してくださっているではないですか!(深見先生の芸術公演は全部、毎日や産経などの大新聞社の後援や協賛ですよね。)問題のある人物で問題のある教祖だったら、いくら金をつんだからってこんなことありえますか?
 ともかく、執拗にWM攻撃をしていますが、あなたたちは何者でしょう?知識も足りないようですが、何を目的にWMを攻撃しているのでしょうか?なんかおかしいですよ。

209 :名無しさん@1周年:2001/02/03(土) 21:49
右翼に顧問をやってもらってるってのが、問題じゃないのかね。

210 :だみ:2001/02/04(日) 15:42
ワールドの神はなにか臭いネ。 仏が自分のことを神といっているのだ。
仏教思想を母体とした神である。 教派神道とおなじだネ。
そんな団体、やめる方がいいヨ。


211 :名無しさん@1周年:2001/02/04(日) 16:12
神道についての知識はほとんどないですが・・・
僕は神道については、外来の宗教に比べて拒否感が全くない。
お祭りや初詣、家たてたときの地鎮祭などなどいつも身近で
接しているからでしょうか?もちろん神社にいったときも一生
懸命願い事をします。なんだか神道は包容力があるようです。
やっぱり、日本人にはなにかと馬が合うようですね。
そんな神道が、悪事に利用されているのを聞くと日本人として
少し悲しい気がします。



212 :名無しさん@1周年:2001/02/04(日) 18:50
ですから、真の神道であるワールドメイトへどうぞ。

213 :名無しさん@1周年:2001/02/04(日) 18:55
真の神道は俺様だけだ。

214 :マリア:2001/02/04(日) 20:05
残念だけど、素の神は出雲には来ていなかったわ。
あなたたちの神はあたし達とは全く系統が違うからね。
仙人の一種で、神ではないから。
それにあの教祖からはもうその仙人は離脱されているの。

あたしたち日本神霊界の者が認めないのは仕方がないのよ。
認められるために、いろいろされているのは知っているけれど、
やればやるだけ神々は頑なになるだけよ。
深見東州氏は、厄介者扱いされてます。
特に天照大神は「今のままじゃ、私がこの国の神の一人でいる内は
認めない。伊勢の地にあの人たちを呼ぶのは
一人でもあの団体を良くしてくれる人が現れるのを待つため」
と言っているわ。
お稲荷さんは「私を邪神とな!いずれ分かるだろうが嫌らしい」だし、
他の神々も不満を一杯持ってるけど、参拝しに来たときは
「元の鞘に戻るように」って感じで願われるのよ。
でも、これを見てたらうまい仕組みになってるみたいだから、
ちょっと感じることのできる人には勘違いしやすいだろうね。
って思った。

大国主命は「まあまあ、そう言わずに良くなるのを待ちましょう」
ってな感じでどの神様も今のところは治まってるけど・・・。
まぁ、今年もいろんな変化が起こるから、
あなたたちもそろそろ目を覚ましていてほしいのよ。

俗に言う救霊とかいうのは、本来お金は必要ありません。
それができる方は、それをすることによって徳を積めるのよ。
だから、多額のお金を取るっていうのは?なのよ。

まぁ、特別に小額のお金を頂くことを良しとされている場合も
あるけれど、それは天界で認められている神霊のものではないのよ。
自称「神」であったとしてもね。
だから、神道とワールドメイトを一緒にされると、正直困るのよね。

215 :だみ:2001/02/06(火) 04:55
ワールドメイトは 「いかすみ」を食べてはいけないの?


216 :名無しさん@1周年:2001/02/06(火) 21:35
ワールドメイトこそが、真の神道です。

217 :伊都能売之大神:2001/02/06(火) 22:03
誰か私の事を語っておくれ。

218 :信じるのは神道:2001/02/06(火) 22:07
まじめに宗教を語る人はいませんか?
WMでも何でもかまいませんが、結局、教団擁護と教団批判の無限連鎖。
いいかげん外野はうんざりですよ。

219 :大直霊・神直霊:2001/02/06(火) 22:13
私達もうんざりです。

220 :名無しさん@1周年:2001/02/06(火) 22:25
というより、WMのことを持ち出す人達がここでは外野です
WM擁護派もWM攻撃派もここから出て行ってください

ほとんどの人はあなたたちの議論に興味はありませんから
WMは本物かもしれないし、偽者かもしれない
どっちでもいいです、そんなこと
興味ありません

221 :名無しさん@1周年:2001/02/06(火) 22:27
212とか216とか
ワールドメイトの売り込みばかりです。
それに相手をするからいけないのです。

222 :名無しさん@1周年:2001/02/06(火) 22:29
「2ちゃんねる」は
完全匿名の書き込みが可能なところです。
私個人的には、参加者で、責任のある投稿をしている人は皆無と見なしております。
ですから、「2ちゃんねる」の投稿内容には、信頼性を置いてはおりませんし、あの様な掲示板に平気で参加出来る人達の気が知れません。


223 :名無しさん@1周年:2001/02/06(火) 22:32
>222
ワールドメイトの売り込みばかりです。

224 :名無しさん@1周年:2001/02/06(火) 22:32
>222
あらし止めろよ

225 :ゲームセンターあらし:2001/02/06(火) 22:41
炎のコマ!!

226 :名無しさん@1周年:2001/02/06(火) 22:42
このスレにワールドメイトの書き込みがあっても
アンチでもシンパでも、どっちも無視しよう!

227 :名無しさん@1周年:2001/02/06(火) 22:51
朝鮮半島での神道の普及って可能だろうか?
マジレス求む!

228 :名無しさん@1周年:2001/02/07(水) 18:04
オウムは北朝鮮と組んで日本を侵略しようとしました。
それを阻止したのはワールドメイト会員の祈りです。

229 :名無しさん@1周年:2001/02/07(水) 21:43
>228
無視、無視

230 :名無しさん@1周年:2001/02/08(木) 00:20
まともな議論が一個もないじゃんか

231 :名無しさん@1周年:2001/02/08(木) 00:23
ワールドメイトの人は、また、ヤフーのスレ荒らしましたよ!

232 :名無しさん@1周年:2001/02/10(土) 01:08
>>227どうも、あなた方はこのように、なにかの一部分をもってきては、不思議ないちゃもんをつけるのが好きですね。こんな、歪曲した解釈がよくできるな、と思うのですが。だから、何か変だ、といっているわけです。なにかゆがんでる、と。
 社会生活、うまくいっていますか?友達は多いですか?失礼ながら、本当に心配になってきました。

233 :名無しさん@1周年:2001/02/10(土) 01:39
スレ荒らすのは、最近はワールドメイト側ばかりじゃないですか。

234 :名無しさん@1周年:2001/02/11(日) 21:10
荒らしはやめて、救霊を受けて下さい。

235 :名無しさん@1周年:2001/02/11(日) 23:10
>234
特に、232の人に言ってあげてください。

236 :名無しさん@1周年:2001/02/19(月) 01:13
なんでWMは神道のスレにいるの?新興宗教でしょ?
神道の観察したいのに本当に邪魔。

237 :マリア:2001/02/19(月) 14:05
本当にWM関係者には不快感を感じるわ!
話しがややこしくなるから、神道系スレからは出ていって欲しいわ。

238 :元会員:2001/02/19(月) 14:18
マリア様ごめんなさい。
会員になりかわってお詫びします。
ちなみに、
私は、このスレッドに書き込みしたことないです。

239 :マリア:2001/02/19(月) 14:29
神道関係とWMを分離して欲しいのよ。
どっちにも書けるスレも必要だけど、とても困るわ。

240 :名無しさん@1周年:2001/02/19(月) 21:39
神道の団体(他の宗教や思想・政治団体も含む)に所属していない方の話を聞きたいです。
日本では精々それ位がまあマシかな?と思うので。
でも、自分ではそういうの(信仰という形)はやりたくないです。
決まった言葉は気持ちが悪い(偏っている)と感じるので。
どうしてそう感じてしまうのか、ここに来る様になってから気になっています。
自分でも色々考えているのですが、他の方の話や経験も伺いたいのです。

241 :名無しさん@1周年:2001/02/19(月) 22:02
ワールドメイトは神道なのに、どうして書き込んではいけないのですか?

242 :名無しさん@1周年:2001/02/19(月) 22:30
>>241
このスレをアタマから読んでごらん。
WMは、1さんの意図から外れて教団の勝手な宣伝しかしないから
嫌がられるのも当然だと思うよ。
元会員だけど、捨て置けない気分なのでレスします。

243 :悩める子羊:2001/02/19(月) 22:51
>241さん

教団内部では神道と言ってるだけで、対外的には神道と認知されて
いないかも。

244 :名無しさん@1周年:2001/02/19(月) 22:57
本物と贋物の見分け方
その宗教が本物か偽物か・・
(1)教祖、指導者が質素な慎ましい祈りの生活をしているかどうか
(2)自分が生き神さまだとか、仏の生まれ変わりとか言わないかどうか
(3)宗教の名を借りて金銭を集めることを強要しないかどうか
(4)宗教団体の名で、選挙と政治を動かすような指令を出さないかどうか
この四つが正しく守られていれば、それはおそらくまともな宗教だろう

どんなものか?



245 :マリア:2001/02/20(火) 01:13
>>244少し意見を書かせていただくわね。ゴメンなさい。
このスレとは関係ないかもしれないけれど許してね。
(1)そうね。あたしも同意。

(2)天から遣わされた神の場合は人と混じって生活されるらしいの。
でも、これ以上の人の分裂を避けるために、絶対人に軽々しく明かないわ。
黙って色々されるから、気がついてもの心の中で「協力します」と言えば、
適当に「あなた、気がついたのですか?」と後日、人のいないところで
言われる程度らしいわよ。本物は埋もれているものなのよ。きっと。

(3)確かに昔の派手目な生活が懐かしい時もあるわ。
でも、良く考えてみるとそういう生活って、神様に向かえなくなるから無理。

(4)その内、政治を教団の思うままにしようという考えは、かつてのローマを
見ても分かるように、腐敗と独裁を生むだけ。神の意志と反するのよ。
ただ、おかしな方向に行くときは、良い方向へ再び向くように祈ること。
指導者に建設的な意見をする。
虐げられている人の支えになること程度が望ましいわね。

246 :名無しさん@1周年:2001/02/21(水) 01:21
国際神道学会も認めているちゃんとした団体なのに、どうしていけないのですか?

247 :名無しさん:2001/02/21(水) 01:24
国際神道学会って、深見が金出して作ったインチキ組織でしょ。

248 :>247:2001/02/21(水) 20:01
そんなことは絶対にありませんよ!
国学院大学教授の中西正幸先生のような方も認めていらっしゃるんですから。

249 :名無しさん@1周年:2001/02/21(水) 20:13
>248
majideuzai

250 :名無しさん@神道に興味あり:2001/02/21(水) 20:55
もう一つの「日本神道」ってスレ、どこいったのかな?
やっぱ、撃沈?

251 :マリア:2001/02/22(木) 00:35
WMと神道はかなり違うのよ。
素の神というのは神道で認められているのかしら?
出雲には来ていなかったけれど?

252 :光@うただ?:2001/02/22(木) 19:44
あ〜あ〜やんなちゃうね!!♪♪
あ〜あ〜驚きました!!♪♪
WMの全国の開運神社案内に
熊野三山の神様には那智の神社には行者の霊が多くても御祭神はいるが!!
速玉の方はいなくて!!ほとんど熊野本宮に帰ってるって書いてありましたが
どうでしょうか〜皆さん
って宗教家が言う言葉じゃないよ”営業(神業)妨害じゃないの!!
もし御祭神がいなくても黙っていろよ「本で発表するなっつ〜の!!」

253 :マリア:2001/02/22(木) 21:05
>>252あら、それはないと思うわ。
深見氏を認めたくない神様はおいでだろうけど・・・。

254 :光@うただ?:2001/02/22(木) 21:18
WMのお玉串のあげ方
一円を袋に入れてあげるのは最低で
有り金の中で帰りの電車賃だけ引いて全部あげるのが
よいそうだ!!「ちょっと痛い」ぐらいが真がこもるそうだ
みんなやってる!!ちなみに俺はやらん!!

255 :KONY:2001/02/22(木) 21:23
>>253
弥彦の神様に深見氏の事を訪ねたら、あっという間に消えてしまってね(笑)。
代わりに、烏天狗?の面と能の装束を着た方が出てこられましたよ。
深見氏には能というキーワードがどうしても付くみたいですね。
でも現在、直接は、産土神や型仕組みの神と関係ないみたい。

>>252
熊野の本宮は確かに強いですし、仕えている眷属神の方々も多い。
御祭神はいますよ。パワーの強弱はありますが。


256 :名無しさん@1周年:2001/02/23(金) 05:03
KONYさん、ばかですね

257 :名無しさん@1周年:2001/02/23(金) 22:33
KONYさん、救霊を受けて下さい。

258 :WMってアホ?:2001/02/23(金) 23:31
雑音発している馬鹿どもへ
>>1
をよく読め。
>古代神道です。
って言ってんだろ。

新興宗教の宣伝は他でやりやがれ。どぁほ。

259 :C.K:2001/02/24(土) 00:46
どなたか神の光が見える方はいらっしゃいませんか?


260 :C.K:2001/02/24(土) 01:09
ここは、ただ現実味のないことを言いあってるHPですか?
私は真剣なのですけど、・・・せめてマリアさん、お答えいただけませんか?



261 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 01:16
>260
なら、マリアさんのスレッドに行けば?
KONYと激論中だけど…

262 :天照皇大神2世:2001/02/24(土) 05:47
お前ら全員電波系でおじゃる。
ホホホのホ!!
それでは天に蛙でおじゃる!

263 :名無しさん@1周年 :2001/02/24(土) 05:54
なんか普通の神道の人はいないの?
神社関連の人とか。神道のファンとか。
質問がある時はここに書けばいいの?

264 :マリア:2001/02/24(土) 14:24
>>260 261の方も言われているように、
そういうお話しはあたしがいつもいるところが良いと思われるわ。

ここは古代から続く神道について、普通に語るためのところ。
あたしはただ、WMの方(?)が邪魔されているので来てるだけ。
どうぞ、いらっしゃって!

265 :かとりこ:2001/02/24(土) 16:25
今日は一日オフだから、話題のサルベレージ活動でもするか。

古代神道のよさは西洋的ロゴス(=教義)が無いところにあるとも思えるけどね。どうよ。

266 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 18:00
>かとりこ
教義がないのに、人を拘束する習俗律がある。
個人は、納得して従えない。
そこから、神道は、「個人」というものを認めることが出来ない宗教
のような気がするが…
それが、この国の最大宗教ってことになるのかな。

267 :かとりこ:2001/02/24(土) 18:17
>266
いわゆる慣習法みたいなもんか。
人を拘束するってのは具体的にどんな感じか?
おれ、耶蘇だから実は神道はよくしらねいよ。

268 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 19:59
>かとりこ
まず、過去ログを読んでください。
神道についての、この板では貴重になってしまった有意義な議論があります。

>人を拘束するってのは具体的にどんな感じか?
この議論のあたりで、おそらく1さん(多分、もういない)は、
国家神道と、古代神道を分別しているものと思われます。

269 :かとりこ:2001/02/24(土) 20:26
>268
おう。読んだよ。有り難う。
このスレWMの話になってたから無視してたが。いいネタがあるな。

思うに、国家神道は近代の産物だから、西洋理論に基づいて出来たもので、古代神道のはヨーロッパでいうとこのケルトのようなもんかね。読んでると道教とも親和性があるね。中国では政治的場面では儒教があったりするみたいに分けられてるが、日本の場合はちょっと面白いね。国家神道が出来るまで、本当の意味での支配的な存在でもなかったしね。

1は「宗教じゃないのか?否か?」と質問してるけど、自分はこういうのが宗教だと思うね。

270 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 20:43
>>250
「日本神道」ってスレは、撃沈です。下記URLから探してください。
「2ちゃんねる 過去ログ倉庫」http://www.2ch.net/kakolog.html
貴重な書き込みだと思われるものを、いくつかコピぺしておきます。


271 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 20:44
1 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/11/24(金) 14:14
 日本最強にして最大信者数と経済力を誇る国教。
 教会(神社)の数は国内最大規模。正月三箇日の
 集金能力はダントツでいまさら布教の必要さえ無いほど。
 独特な清々しい教義は日本人の心を捉えて離さない。
 ついでに巫女にはブスがいないのも特徴(藁
 というわけで、日本人にとっては神道以外の宗教は
 すべて好奇の対象以上にはならないから、他の宗教の
 皆様はもう日本で無駄な努力はしないでくださいね。

9 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/11/25(土) 15:06
 国教は神社神道です。
 国民はいい加減、眼をつぶっていないで
 目を覚まして自覚しなさい。
 まったく。
 自分教とかいってるやつらは
 はっきり言って
 日本教(神社神道)の教徒のようなもんです。
 何度言ったらわかるんだ。。
 人間は相対評価ではなく、絶対評価。
 これほとんどの世界の常識。唯一神があるから。
 唯一神の概念がない日本人は所詮
 日和見で他人様のご機嫌取りの
 お太鼓持ちでしかないんですよ。



272 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 20:45
12 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/12/01(金) 15:26
 宗教には
 1 教祖
 2 教義
 3 教典
 の3つが必要だときいたことがありますが神社神道には
 ありませんね。

13 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/12/01(金) 16:51
 高校政経マン
 あの〜、地鎮祭事件や玉串事件で、確か神社も宗教と
 扱われていますけど。
 初詣に行くだけでも神社神道信じていることになるんじゃ
 ないでしょうか。

25 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/12/10(日) 08:43
 教義のない神道は宗教といえるのだろうか?
 むしろ日本の精神文化といったほうがいいのでは。

27 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/12/10(日) 12:59
 神社で真面目に祈願したら結構きくと思うけどな。


273 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 20:47
31 名前: 孤独な正神取継者 投稿日: 2000/12/16(土) 19:38
 神は,どこにも居られます.
 神社でなくても,自分のまわりに,いくらでも居られます.
 『はし 拝んでも良いのざぞ』岡本天明 日月神示より
 『自然・森羅万象の悉くに、神は宿っています.』
 それぞれのところ,ものに、働きに応じた神が居られます.
 もちろん、清浄で、すがしい所には,必ず正しい神様が,
 常に居られます.
 が、そうでないところでも,正しい心で,強く思えば,
 神界と自ずとつながるので,神様は聞いてくれています.
 どこででも,真心で祈ったことで,その人に必要なことだったら,
 聴いてかなえてくださいます.
 WMの団体参拝だけとか、神社だけというのは,間違っています.

まず、ここまでが、
「日本人と日本神道」とでも題すべき、流れになっています。

274 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 20:55
>>269 かとりこ
結構いいネタあったでしょ。
ケルトか…、良い例を出しますね。
ラフカデイオ・ハーンの話を思い出します。

>1は「宗教じゃないのか?否か?」と質問してるけど、自分はこういうのが宗教だと思うね。
同感です。
宗教でないとされるのは、>>272の要件を満たさないからと、
よく説明されます。

すいませんが、レスを御願いします。もう少し、コピペをしたいもので…




275 :かとりこ:2001/02/24(土) 21:11
>274
ありがと。勉強になるね。過去ログは行ってみたがどれ見ていいかわかんないから帰ってきた。まあ神道君達の為に新たに話題してようぜ。

272の条件っての自体が既に前提に西洋的ロゴスの概念があるとおもうがね。
273の説明する精神からは272のような発想は出て来ない。それが日本の伝統的な精神とも言えるだろうよ。本来混沌としたものをあるがままに受け入れるのが古代神道的なら、類や種に分けようとするのは西洋的とも思えるんだがどうだろうか?


276 :名無しさん@1周年:2001/02/24(土) 21:18
ここからは、「神道と仏教」とでも題すべき、流れ

33 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/12/16(土) 20:27
 ワールドメイトではね、2言目には「地獄霊」だの「怨念霊」だの言うが、
 そもそも神道には、仏教で言うようなおどろおどろしい「地獄」の概念はないんじゃないの?

34 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/12/16(土) 20:56
 黄泉の国 は 地獄 でないよ。

37 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/12/16(土) 22:12
 >ワールドメイトではね、豆木を焚いたり、護摩木を焚いたりしているが、
 >これも「神道」にはないことだよね!
 WMを擁護するわけではないが、一応あるよ。

40 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/12/17(日) 09:30
 伏見稲荷講とか富士講とか伊勢講とかの形でやれば
 いいのにね。WMって。伏見稲荷だったら各地の講が
 小さい社建ててるよね。一般の人もつい参拝して、
 賽銭入れたりしたりね。
 WMは自前の社でやる分には文句ないけどね。

42 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/12/17(日) 18:41
 >37
 護摩木や豆木はむしろ仏教(密教)のものじゃないかな。
 ワールドメイトの豆「木」は紙製だけど。

277 :名無しさん@1周年 :2001/02/24(土) 21:19
43 名前: >42 投稿日: 2000/12/17(日) 18:57
 護摩はやっている神社もあるってことで。確かに密教のものだとは思いますが。
 WMのはとうぜんインチキでしょうが。

74 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/01/08(月) 11:31
 仏教が来てから日本はおかしくなった。
 神道だけでいいの! 決まり。

76 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/01/08(月) 14:27
 みんな神道の事余り知らないんだね
 別にいいけど

80 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2001/01/12(金) 18:28

 仏教まで、日本の宗教じゃないって言うの。
 現実知らなすぎる。
 神道信者ってそのレベル。

82 名前: >80 81 投稿日: 2001/01/13(土) 18:40
 蕃神として、外来の神をも受け入れるのが神道の良さなのではないでしょうか。


278 : 名無しさん@1周年 :2001/02/24(土) 21:34
>>275 かとりこ
まず、レス有難う。助かりました。これでコピぺは終わりです。
いかにWMに介入されていたかということです…トホホ

>>272の条件っての自体が既に前提に西洋的ロゴスの概念があるとおもうがね。
鋭いですね。
同じことを司馬遼太郎が、『この国のかたち』の中で、書いていたような記憶が
あります。つまり、西洋宗教を見て、宗教を分析する為の論理(失礼ですが、異
端を宗教と認めなかったキリスト教を擁護するための手法)が、日本の神道にも
当てはめられたということでしょう。
分かっている人は、そのような要件アプローチの無意味さを、重々承知している
のでしょうが、いまだに一般的で、根強い要件アプローチです。


279 :かとりこ:2001/02/24(土) 22:13
>278
司馬遼太郎と同じか。嬉しいね。そこまで頭良くねぇけどよ。でもな、まず前提条件を疑うという事をするのが面白いからね。ひねくれもんなんだおれは。

古代神道の持つ弱さが逆にそこ(教義がないとかかたちがないとか)にあるのが残念だね。人間ていうのは判りやすいものに流れるからね。言葉(ロゴス)ではっきり言われる方が心地いいんだよ。しかし、おれはキリスト教ではあるが西洋人と明らかに違う思考でキリスト教を捉えてると思うときがある。それが身についた古代神道的な要素によるもんじゃないかと思う時があるね。

280 :名無しさん@1周年 :2001/02/24(土) 22:54
>279 かとりこ
そこいら辺りの議論が、
>>4-5,>>8,>>14,>>18,>>20ぐらいになるのでしょうね。

先ほど、老荘思想についても話題にされていましたが、エーリッヒ・フロム
という人が、仏教、老荘思想も含めて、東洋宗教の究極の目的は、「正しい
行為」にあると。対して、キリスト教などは、「正しい思考」にあると。
東洋宗教では、神の体感は「神との一体感として、感覚上の強烈な体験」と
なるのに対し、 西洋宗教は、「思考上の体験」として神と遭遇すると。
かとりこさんも、日本人的な「正しい行為」の心地良さから、西洋的な「正し
い思考」をしようとして、西洋人と違うキリスト教の捉え方をしているという
ことはありませんか? 


281 :かとりこ:2001/02/24(土) 23:12
ん?280さんは色々詳しいね。勉強になる。
そういや、西洋が形而上なのに対し、東洋は形而下的とも言える。ここでいう形而下は肯定的な「感覚」の意味でね。ただキリスト教にも神秘思想があるからね。「神との一体感、強烈な体験」はある。ただそこで違うとするなら、まったくの一致はない。100%ではなく99,9999%。そういう立場になら近づける。

俺が違うなと思うのは、例えば「あるがままに」というなものを持ってることかな。かくあるべしという概念がないんだよ。キリスト教には律法というのが旧約の時代にあるけどね、そういうのは変と思ってるよ。イエスもそう思ってるんじゃないかと思うんだが、多くのキリスト教徒は律法主義的に物事を判断する。その思考はやはり律法=言語に縛られてる構造から来るんじゃないかと思うんだ。
うーん。こういうのが「正しい思考」と「正しい行為」ということかな?御免。その辺り解説求む。

282 :名無しさん@1周年 :2001/02/25(日) 00:11
>281 かとりこ

>西洋が形而上なのに対し、東洋は形而下的とも言える。
フロムはこの差を、アリストテレス論理学と、ヘラクレイトス逆説論理学を対比させて
います。ヘラクレイトス逆説論理学とは、簡単に言えば、仏教の「即非即是」の直覚と
いったところです。海外で禅宗がブームであるように、結局は、洋の東西というのは、
傾向の違いぐらいで、厳格な違いというのは無いと思われます。興味があれば、『愛す
るということ』(エーリッヒ・フロム著 ¥1262)を御覧下さい。

>例えば「あるがままに」というなものを持ってることかな。
キリスト教では、人は原罪を負うとする「性悪説」が基本ですよね。
神道の思想では、人は「けがれのない魂」として「性善説」が基本となります。
そして、「常若の思想」などが出てきます。
「あるがままに」が当然と思うのは、日本人的な「性善説」の感覚に依っているように
思われます。そして、「律法」により自分を縛るのを当然と思うのは、西洋的な
「性悪説」の感覚に基づくようになるのではないでしょうか?


283 :かとりこ:2001/02/25(日) 06:24
フロムね。難しそうだな。そう。キリスト教は神学をアリストテレスに頼ってきた。アリ馬鹿。

>キリスト教では、人は原罪を負うとする「性悪説」が基本ですよね。

そういうことになってるな。でもおれイタリア人とか見てるとそうも思えない。
イタ公も性悪説的に人を見たら泥棒と思えっていう意識は持ってるけど、同時に「人間というのはこういう存在なんだから、いいじゃねえか」という開き直りも持ってる。人文主義が生まれた国だけあるなと感心する時があるね。もっともそんな風にいいかげんだから北の国にプロテストされちまったんだろうよ。

あと、イエスはほんとは性善説だったと思うね。律法からの解放はその立場からしか出て来ないからね。

で、神道に話を戻すよ。
神道の神というか、ご神体って「無」なんだよな。鏡とか置いてあるみたいだけど、それって「無」だろ?面白いと思ったね。偶像崇拝と言われてるけど、ないんだよ。偶像が。いたるとこに居る神々だからかな。

284 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 17:37
>283 かとりこ
フロムは、専門用語をほとんど使わず、話を進めるので、興味があれば、誰にでも読め
る代物です。機会があれば、是非にということで。

>イタリア人の話
それでも、やはり「性悪説」の匂いがします。すいません。
>あと、イエスはほんとは性善説だったと思うね。
キリスト教の方は、旧約と新約の違いに、皆戸惑っているようです。これが、
かとりこさんなりの解釈なのでしょうね。結構、衝撃的な発言のように思えます。

>で、神道に話を戻すよ。
>神道の神というか、ご神体って「無」なんだよな。
私の、宗教の話は、どうしても『この国のかたち』からの説明になってしまいます。
「…。その空間が清浄にされ、よく斎かれていれば、すでに神がおわすということであ
る。神名を問うなど、余計なことであった。」「畏れを覚えればすぐ、そのまわりを清
め、みだりに足を踏み入れてけがさぬようにした。それが神道だった。」(文庫版5巻)
畏怖する対象なら、なんでも神としてしまう。これが、アニミズムとされる「古神道」
の基本なのだと思われます。

285 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 17:38
>283 かとりこ

>偶像崇拝と言われてるけど、ないんだよ。偶像が。
>>272に「神社で真面目に祈願したら結構きくと思うけどな」とあります。この「真面目
な祈願」をご存知でしょうか?
神社や、神棚の箱の前での祈願も、お守りを握り締めての祈願でも、同じです。目を閉
じ、全身全霊で、震えて硬直するぐらいにまで体中に力を込めます。これは、目を閉じ
たまま、神社のご神体があるとされるところ、神棚の箱の中、お守りの中に、白い光り
を見ようと集中しているのです。その白い光が、神道の神であり、「龍」なのです。
神社をもう一度、よく御覧になって下さい。参拝の前に手を洗うところ、神社の屋根瓦、
至るところに、「龍」が形取られているはずです。
神道の偶像崇拝と聞いて、まず「龍」が思い浮かびました。神道の「龍」が、宗教とし
ての偶像崇拝になるかどうかは、正確な知識が無いため、断言はできません。

286 :マリア:2001/02/25(日) 19:28
良い展開になってきて嬉しいわ。普通の神道らしくていいわね。

287 :名無しさん@1周年:2001/02/25(日) 20:59
神社に参拝する前には、救霊を受けましょう。

288 :考える名無しさん:2001/02/25(日) 21:27
>>285
龍ってなんか中国臭くない?
神道を仙道の亜流に過ぎないという人もいるけど、何か違和感がある。
仙道では葱やニンニクや生姜や人参をいっぱい食うでしょ。

神社の本殿に偶像はないらしい(鏡などは神が降りてくるための目印で
あって神の偶像ではないよね)。神が龍だとすると、神道は神の偶像を
作っているということになって、安っぽくなっちゃうよね。
お稲荷さんなんかは別として、神道の本流は偶像を崇拝しないんじゃないかな。

289 :名無しさん@1周年 :2001/02/26(月) 00:35
>>288 考える名無し

>龍ってなんか中国臭くない?
この点に深く突っ込むのは、止めておきます。
確かに、中国や朝鮮の大陸でも、「龍」を神として祭ります。
神道では、天皇を神としますよね。
詳しくは、「天皇制は宗教なのでしょうか?」スレの14、政治思想板の天皇関連
スレ、をご参照下さい。
ただ、ここでは、>>66の「神道とは、元来そのルーツを西南日本に置いています」
を引用しておきます。

>お稲荷さんなんかは別として、神道の本流は偶像を崇拝しないんじゃないかな。
私見から申しますと、神道の本流の神社で、「龍」を祭っていないところは、あっ
てもそれが名物になるぐらい、稀であるいうことです。他の神を祭っていても、
「龍」は必ずと言ってもいいほど、一緒に祭られています。
>>284のアニミズムとしての「古神道」、>>285の「龍」が大切に祭られる神道との
間に隔たりがあるのが、神道を見る上のカギだと思っています。


290 :かとりこ:2001/02/26(月) 01:59
沢山課題が出てきて悩むな。
>284
うむ。イタリア人は性悪説・性善説というのが抜けてると思う時がある。人間礼讃つうか。もともとの土着はローマ神話だけど、これって善とか悪とかどういう風に捉えてたんだろうか?この辺りをギリシャ哲学で補ってたのなら、まるで中国の道教と儒教みたいだ。

「かたち」というのは文化そのものだからね。宗教(思想)が生み出す結果。
汎神論というので、そういえば聖フランチェスコの発想がそう捉えられる場合があるようだ。彼は自然への賛歌「被造物への賛歌(太陽の歌)」というのを書いてるが、これはそれでもやっぱりキリスト教的な発想なんだよね。自然のすべてを我々の兄弟とうたうんだが、怖れ敬う対象と捉えない。怖れ敬うのはあくまで神のみ。古代神道は怖れ敬う存在が複数存在するんだね。
スピノザという人はどんなこと言ってるのか誰か教えてくれ。

291 :かとりこ:2001/02/26(月) 02:21
>285
おれも288のように考えてたけど違うのかな?
龍を祭る宗教というのは多くて、メソポタミアとか、黄河文明とか、河川流域に発達した文明にあるね。ケルトにも世界をささえる蛇の存在があったと思ったが。
伏義(義の字が出ない)とか女禍(禍の字が出ない)も身体は蛇=龍だね。

西南日本というと九州辺りから生じたってこと?
ヤマタノオロチはスサノオに成敗されちゃうんだよね。古代神道も攻防戦をしてたと言うことなのか?


292 :名無しさん@1周年:2001/02/26(月) 02:44
「龍」の古い字は「鰐」という字に似ていた様な気がします。
認識としては雨を呼ぶ精霊みたいな感じです。
治水能力は支配者の威力のバロメーターでもあったので、
創世神話との親和性が高いのではないかと思われます。
龍の形態に関しては「三締九似説」(←字は違うかも)
つまり「3つの部分と9つの特徴」を以って現在に伝わる
造型イメージになったみたいです。
まあ、後世明・清に至るまで伝奇モノなどに表れる、
瀦婆龍(ちょばりゅう・角のない龍)は揚子江鰐の事らしいので、
民族的に本来の「鰐」的な印象は伝えられているのかもしれません。
地域がちがうので、本来の「龍」が直接神道に関係あるかはわかりません。
仏教伝来との兼ね合いもあるので、日本の竜や竜神は「三締九似説」以降の
イメージが濃い様な気はしますが。

293 :名無しさん@1周年:2001/02/26(月) 03:01
>>292
横レス、失礼します。
ルーツはどうあれ、「龍」はほとんどの神社で祭られています。
貴方は、現代の神道において、「龍」が、偶像崇拝されているとお考え
ですか?

294 :292:2001/02/26(月) 03:13
つまり、日本においても、世界の各民俗の様に宇宙蛇の様な観念を
文字として説明する場合、「龍」という漢字を充てましたが、
中国での鰐より蛇(真虫・マムシ)に近いイメージの転換を
経ているのではないかという事です。
鰐と伏義・女禍(蛇)は別の観念だったものが、
時代の発展によっていつしか習合されたのではないかと思います。
一般に鰐の化身する話は(一部南方を除いて)あまり聞きませんが、
蛇が姿を変えるというのは、ヒンドゥ神話のシヴァ神の化身の「乳海攪拌」
や所謂「人と蛇の不死の争い」(人に与えられる不死の薬を蛇が横取りしたので、
蛇は脱皮して再生するという話)にも見られ、なにがしかの神秘性を
附加されるうちに、龍(という精霊)の観念と結びついたのではないかと思います。

295 :かとりこ:2001/02/26(月) 03:36
そういや銅鐸というのは水と関わりがあるという説があるようだね。
水源とみなされる場に埋められているとか。ほんとうかな?だとすると水と龍・蛇の関わりは深いし、龍をご神体にしていた時代があったと想像できるな。

鏡はアマテラスの象徴で「天」の概念の象徴でもあるらしいが、銅鐸はアマテラスの古墳時代には消える。この交代は殷と周の関係みたいだ。

296 :名無しさん@コピペした人:2001/02/26(月) 04:01
>>284のアニミズムとしての「古神道」、>>285の「龍」が大切に祭られる神道と
>の間に隔たりがあるのが、神道を見る上のカギだと思っています(>>289)。
私は、やはり、神道を見るとき、この隔たりが気になります。「古神道」の方は、
司馬氏の表現で述べたように非常にシンプルです。「龍」が入ることにより、階級
的意識の確定を、そこに見ることができます。
日本において、稲作文化の伝来により、貯蓄が可能となり、階級構造が出来あがっ
ていったのは周知の通りです。稲作の水田には、どうしても水の支配という点で、
水に対する畏敬が生まれます。そこに雨水、河川湖沼の神である「龍」が入ったと
思うのです。「龍」は、日本の稲作文化に根差した統治的存在だと考えます。
確かに、292さんも、司馬氏が指摘している通り、日本の神道の神(私は「龍」と考
えます)は、女性的です。鰐というよりも蛇的で、この点に、日本の「龍」の民族
的独自性を見ることができます。

297 :名無しさん@296:2001/02/26(月) 04:02
>292さん
お答え有難う御座いました。

>かとりこさん
キリスト教の話、「国家神道」を語るときに絶対に必要になると思います。そのと
きまで留保させてください。
古代神道は、国造りの攻防戦の中で、姿を変えながら、支配的な地位を締めていっ
たと、私は考えています。その極みが、「国家神道」です。

298 :292:2001/02/26(月) 05:24
>>293
>「龍」が、偶像崇拝されているとお考えですか?
宗教は詳しくないので、個人的な印象ですが、
日本における龍は
1.太古からのイメージである、自然現象をなぞらえた蛇(蛇神)と、
2.仏教(仏教説話?)の人間とは別の世界に住む「龍族」を、
3.中国から伝来した「龍」(鰐と蛇のイメージが習合したもの)に
  当て嵌めたものではないでしょうか?(宇宙蛇含)
だから、神として奉られたり、龍の姿をとったり、異世界(天や竜宮)などに
いると、特に様々な感じで語られるのではないかと思います。
成り立ちが複雑なので、神道寄りの「自然現象をなぞらえた蛇=神」と
断定は出来ませんが、他の要素がその説を補強する様には思えます。
また、日本では【蛇≒龍】が鮫・鱶・海蛇(時には狐やオコジョ・
南方ではエイ・北方ではシャチ)などとイメージの混交を来している場合もあり、
「龍」即、「神仏習合型の崇拝対象」とは言い切れない部分を民族意識的に
残しているのではないかとも思います。
崇拝といっても「御神体的」なのか「御先(みさき)的」なのかで
違いはあるでしょうし、「どの辺の説を採った龍」を
「どの程度の抽象化と具体化」を以って「偶像崇拝に当るか否か」と
決するかは、非常に難しい問題だと思います。
とにかく
「龍は定義しにくいので、何か便宜的な形質を以って、
そうだと認識されているらしい。その便宜的な形質を描写した物や
言説(偶像)などを崇拝対象にした宗教があるらしい(神道など)」
そう限定すれば偶像崇拝かも知れませんね。(大体何が龍なかは不明なので)

299 :かとりこ:2001/02/26(月) 13:45
このスレはいいな。
龍の偶像崇拝か。なるほど293のいう通り「偶像崇拝」とはなんだろうか?という疑問が起きるね。

「龍」はあらぶる自然への畏怖すべき力の「象徴」なんだと思う。
人間というのは目に見えない存在をとりあえずかたちあるものにしてみようとするからね、抽象的なものを怪物的なものに置換えたり、人格的なものに置き換えたり、言葉として明解にしようとしたりするよな。

キリスト教からの立場で考えるけど(仏教的な思想や神道的な思想からだと別な意見があると思う)対象となる存在と、自分との間の関係から生じるものだと思う。神は無限であるのに、その力を限界ある存在にしてしまうような思考とかね。現世御利益的な自分達に都合の良い神に矮小化すること。こういうのが偶像崇拝だと思ってるよ。

仏教説話の龍というとナーガラジャとか?遡ると、バラモン教、ヒンドゥの影響から来ると思うんだが。仏教の場合もブッダの本来の教えにはあまりそういう要素が入ってないとおもうんだが、民衆に伝播していく時点で土着のそういう要素を取り込んでいったようだ。カトリックが土着の信仰を聖人としてとりこんでいったみたいにね。

やはり、広く龍や蛇(みずち)鰐が分布しているところを見ると、まず自然への畏怖への精神が古代の人間に芽生え、それが宗教として形成されていったと思えるね。

300 :名無しさん@1周年:2001/02/26(月) 19:51
>マリアさん
神社で祭られている「龍」とは、どのようなものですか。
また、マリアさんは、「龍」について、どのような感想をお持ちですか?
是非、お聞きしたいのですが…


301 :考える名無しさん:2001/02/26(月) 20:53
>>289
>>龍ってなんか中国臭くない?
>この点に深く突っ込むのは、止めておきます。
>確かに、中国や朝鮮の大陸でも、「龍」を神として祭ります。
>神道では、天皇を神としますよね。
>詳しくは、「天皇制は宗教なのでしょうか?」スレの14、政治思想板の天皇関連
>スレ、をご参照下さい。

どうしてまた政治思想板が出てくるの?
今の神道で天皇が神とされているとは知らなかった。
生きているうちから神なのか。皇祖神というのは聞くが。
そもそも神道の統一的な教義というのがあるのかな。

生きた神道については、マリアさんに聞くのがいちばんですね。

302 :考える名無しさん:2001/02/26(月) 20:56
それとクンダリニとの関係は?
仙道ではクンダリニがあがることを昇竜という
イメージで表現するらしいけど。

303 :マリア:2001/02/26(月) 21:48
>>300龍神はあたし達の方では、水の守り神として
お祭りしている向きが多いわ。干ばつの時に雨を降らせて下さるの。
あたしの神社なら、雌の龍神様である龍女善神様をお祭りしているわ。
ただ、これも当局の都合で、単に今では「龍神様」と変えられたけど。
この神様も色々な信仰が混じったものだと思われるわ。
あたしの神社には、かつて付属の尼寺があったから。
その影響があったのかも知れないわね。

どちらかというと、天皇家来朝後の神道は、いろいろな古神道の伝承の中で、
天皇家に都合のいいもの、後から来た渡来人の慣習も織り交ぜたものなのね。
多くの古神道に属する天皇家より古い神社の伝統は、
都合の悪いものは、日本書紀や風土記の辺りで、
ほとんどが抹消されているはず。

それから、天皇至上主義はほとんどの神社が認めていると思うわ。
幕末から明治初期にかけて、混乱を最小限に抑えるために
生まれたものなので、天皇家より古い歴史を持つ我々は、
これを本音では認められないの。証拠は、隠滅されてしまったけど・・・。

他の古神道の流れを引く神社の伝承はよく知らないのだけど、
あたし達の本来の神道とは、
この世の全てに神が宿っている事。
天に最高の三柱の神がいること。
それに仕えているのが、巫女である。
ぐらいしか、本当は教義らしいものがないのよ。

304 :マリア:2001/02/26(月) 21:54
あくまで、いろんな地方の神話の寄せ集めと考えていただきたいの。
統一したものといわれると、非常に難しいわね・・・。
キリスト教のような宗教ではないから・・・。

それから祭神というのは、ほとんど徳のあった人が祀られてる
っていうパターンが多いのよ。

305 :ニ休さん(293):2001/02/27(火) 04:49
「名無しさん@1周年」では、私見が分散しますので、HNを「ニ休さん」とします。
「ニ休さん」=300,297,296,293,266−286までの「名無しさん@1周年」 です。
確かに、このスレは勉強になりますね。

>>298 292さん
どうやら、神道の「龍」は、宗教的な偶像崇拝には当らないようです。
私個人、偶像崇拝とは思っていませんでした。
しかし、神道は、偶像崇拝とかいわれてる(>>283)となると、思い当たっ
たのが、「龍」なのです。
貴重なご意見ありがとうございました。

>>303-304 マリアさん
お知恵を貸していただき、ありがとうございました。
すごく参考になります。また、困ったら、よろしく御願いします。


306 :ニ休さん:2001/02/27(火) 04:50
>>299 かとりこさん
>「龍」はあらぶる自然への畏怖すべき力の「象徴」なんだと思う。
「龍」を神さんとみるとき(自説)には、あらぶる自然への畏怖すべき力の「象徴」
というよりも、普段は「人間」の生活の中で「遊んでいる」けれども、穢せば雷の
ように怖い、畏怖すべき存在と理解されます。
>人間というのは目に見えない存在をとりあえずかたちあるものにしてみようとする
神道の神、「龍」は、見える人には、「目に見える」存在です。例えば、神主には
「目に見える」。そして、神道を信じる人々も見ようとするのです(>>285)。
その関係は、「遊んでいる」神さんと、神さんを「穢さないように、正しく生きてい
る」人間という関係になります。
>対象となる存在と、自分との間の関係
神道の「龍」と自分との関係というのは、あまり意味がありません。神道の神さん、
「龍」と「人間」との関係が基軸となります。自分とは、「人間」の一員であり、
それを今の時代に支える存在です(>>266-267)


307 :ニ休さん:2001/02/27(火) 04:50
>>301 考える名無しさん
>>詳しくは、「天皇制は宗教なのでしょうか?」スレの14、政治思想板の天皇関連
>どうしてまた政治思想板が出てくるの?
>今の神道で天皇が神とされているとは知らなかった。
「天皇制は宗教なのでしょうか?」のURLを、コピペしておきます。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=981690883&ls=50
是非一度、目を通してください。
政治思想板では、この手の内容の、もっとエゲつない描写が溢れています。

308 :ニ休さんの訂正 m(_ _)m:2001/02/27(火) 05:04
>>306の訂正
申し訳ありません。校正ミスです。

>人間というのは目に見えない存在をとりあえずかたちあるものにしてみようとする
神道の神、「龍」は、見える人には、「目に見える」存在です。例えば、神主には
「目に見える」。そして、神道を信じる人々も見ようとするのです(>>285)。

>対象となる存在と、自分との間の関係
神道の「龍」と自分との関係というのは、あまり意味がありません。神道の神さん、
「龍」と「人間」との関係が基軸となります。自分とは、「人間」の一員であり、
それを今の時代に支える存在です(>>266-267)
その関係は、「遊んでいる」神さんと、神さんを「穢さないように、正しく生きてい
る」人間という関係になります。


309 :マリア:2001/02/27(火) 18:44
>>305二休さん、あたしのような者でもお役に立てて幸いです。
まともな説明になっているかどうかは分からないけれど、
うちの流れではそうなっています。

そうそう、善女龍神だったわ。うちの龍神様のお名前は。訂正します。

龍に関しては、どこだったかは龍脈という気の流れに対して
そう呼んだりしている関係もあるかも知れないわね。
その様子を「龍」と呼んだのかもしれないわね。

310 :WM排除:2001/02/27(火) 22:12
横レス失礼!
みなさん、「宗教板@意見箱」見ました?どうやらWMのスレ乱立状態に
やっと解決策が見出せそうです。ここにも、WMアンチやらシンパが乱入
してきてえらい迷惑をかけられましたが今度こそ、連中を板から排除しま
しょう。ここにWMが来ても完全無視!無視!

ということで、マリアさま!二休さん!その他の皆様、失礼しました!
どうぞ、実りある議論をお勧めください!

311 :名無しさん@1周年:2001/02/27(火) 22:48
WM抜きにして神は語れないだろ。

312 :マリア:2001/02/28(水) 18:38
抜きの方がいいわよ。
国家神道以前の神道のスレッドだもの。

313 :名無しさん@1周年:2001/02/28(水) 19:24
>国家神道以前の神道のスレッドだもの。
僕もそっちの方に興味があります。
新興宗教の話題を入れないで下さい。>311

314 :名無しさん@1周年:2001/02/28(水) 19:58
ワールドメイトの神仕組は、国家神道で侵された大元のものを受け継いでいるのです。

315 :マリア:2001/02/28(水) 21:40
>>314やはり違うものと認識せざるを得ないわね。
あたし達の認識では、あそこも新宗教の一種だから。
太古の神道について、1の方は書いてほしいようだし、
それなら、WMは古神道ではないもの。
どう主張しようが、あたし達とは違って新しい流派よ。

316 :マリア:2001/02/28(水) 23:46
神道は教義がないので宗教とは言えません。
正しい宗教というものはちゃんとした理論があるものです。
それがあるのはカトリックと東方教会だけ。
でも東方教会は1つにまとまってないのでちょっと。
やっぱりカトリックよね!教会でお待ちしていますわ。

317 :名無しさん@1周年:2001/03/01(木) 01:12
WMを除外するな!

318 :マリア:2001/03/01(木) 01:23
>>316ここでカトリックの宣伝するのは、ちょっと場違いよ。
おやめなさい。

319 :かとりこ:2001/03/01(木) 12:32
>ニ休さん
惧れというのは、畏れ敬うって事のつもりで言ったんだ。だから説明してくれた事で合ってるね。
昔の人間はほんとうにそうしたものと上手く付き合ってきたと思うよ。自然にね。

目に見えないのは通常の人間にとってとか物理的に説明しきれない事。
おれは宗教は違うけど自然のなかに存在する不可思議な事はあるとおもってる。俺の宗教では聖霊の存在があるけど似たようなもんだと理解してる。多分捉える時の方法論が違うだけで根は一緒なんじゃないかと。

ところで、純粋な質問。神道での善悪という概念はどのようになってるんだ?
例えば中国では儒教が補ってるが。その辺り社会で生きるものに対する倫理観はどのように形成されているんだろうか?

>マリア(316・巫女マリアと違う人)
そういう話は違うだろうよ。話を遡って読んで欲しい。其の命題(教義の有無)自体がまず違うという話からここまで来たんだよ。申しわけないが宣伝は遠慮してくれよ。
>WM
なるほど神道の分派なのか。ここでの流れと関わるはなしならして欲しいが、古代神道との違いとか。

320 :マリア:2001/03/01(木) 14:30
>>319あたしはカトリックにもいたから、よく分かるわよ。
そう、本質は同じなの。
霊感がなくてオカマでなかったら、司祭を目指していたかも。
高校卒業するまでは侍者をしていたから、
神父様や信者さんたちから、よく勧められていたわ。
通ってた教会から、この50年ほど神父が出てないから。

でも、あたしには霊感があるし、あたしの知ってる神は、
ユダヤ=キリスト教の神ではないと知っていたから、
離れることになったのよ。

善悪については、あたし達の方では非常にあいまい。
ただ、聖地を汚すような行為は禁じられるわ。
あたし達の流れは、あくまで自然に委ねているし、
いつの時代でも、悪の心で人に接すると、
自分が辛くなるのも分かっているもの。だから、特に言及しないの。
時代と共に善悪の判断が変わるということも知っているから、
本当に、そこはシャーマニズムよ。
現在の神道は、いろんな宗教の価値観が混ざっているからね・・・。

でも、あたし達巫女が承っている事は、
「神に仕えること、すなわち人に仕えること。
人に仕えること、すなわち神に仕えること」よ。
それを忘れると、巫女や神主として務められなくなるわ。

WMは、うーん、ここでの流れに関わる話はないけれど、
新興神道として扱うならあたし達の流れとの比較とか、
非常に面白いものになるわ。

まともに、お話しできるかが疑問だけど・・・。

321 :かとりこ:2001/03/01(木) 14:49
>(巫女)マリア
ややこしいハンドルの人が居るよな。(巫女)マリアさん、大変だね。
答、有り難う。

神道の場合、言霊の概念はあるみたいだけど、言葉によるはっきりとした倫理理論はないんだね。そこが良いのかもな。色んな事ってのはうつろうからな。

神についての姿勢はカトリックの場合でも同じだね。司祭は徹底してる。カトリックの場合傲慢をもっとも罪深いとするからね。
昔イエズス会の宣教師が日本にやって来た時にもっともキリスト教徒的な民族だと感心したのは、やっぱり神道のそういう部分なんだろう。理想とするものは本来一緒なんだよな。で、日本人が理想にみえたというのは良い事だ。神道はこの良さに誇りもって欲しいし、日本人ももっと気付くべきことだろうね。

WMのことについては、話合ってるな。結論が出る事を祈ってるが、比較宗教論をきちんと話せる人が居ると面白いのだがね。

322 :マリア:2001/03/01(木) 16:54
>>321カトリックは本当に立ち直りつつあると感じるわ。
今は揺れている時期だけど、きっと克服できると信じているわ。
イエズスの教えは、信仰に入らなくても人の心に響くものよ。

さっき、村の人の親戚がカトリックの信者の方と結婚するらしくて、
不安に思ったらしくて、聞きに来られたから、
教義と日本の信仰に対する考え方を簡単に説明して
差し上げたら「安心しました」と言って帰っていったわ。

それに、あたしの流れも至上神は三柱の神と知っているし、
巫女に何かを降す時は、黄金の鳩と呼ばれるものが降りて来るけど、
これはカトリックでいう聖霊だとも、
あたし自身は、はっきりと分かっているわ。
ミサで聖変化の時に見るものと同じだったから。
現在の流れに従う神社には、理解できないかも知れないけどね・・・。

あたし達は古代の流れをある程度守っているから、
明治以降の天皇至上主義の国家神道の流れとは、また違うのよ。
どちらかというと沖縄の方に似ているわね。

323 :ニ休さん:2001/03/02(金) 01:41
>>309 マリアさん

>龍に関しては、どこだったかは龍脈という気の流れに対して
>そう呼んだりしている関係もあるかも知れないわね。
>その様子を「龍」と呼んだのかもしれないわね。
「龍脈」というのですか?初めて知りました。ありがとう御座います。
私が言っている「龍」、神は、多分これのことです。
『まんが日本むかし話』のオープニングで、「龍の子太郎」が乗る龍が、
宙をうねりますよね。白い光が、あの龍と全く同じ動きをします。それ
が、気の流れということになるのでしょうね。神さんが「遊んでいる」
(>>306)とは、このことです。
同じ動きをするものとして、例えば、白蛇や、祈願のときの神主さんの
手を振る様子が思い浮かびます。
そして、龍を「穢さないように生きる」人間という関係です。神が遊
んでる場面では、頭を下げ、沈黙する。年初に行なわれる、プロ野球チー
ムが祈願を行なっている光景です。

324 :ニ休さん:2001/03/02(金) 01:42
>>319 かとりこさん

>だから説明してくれた事で合ってるね。
かとりこさんは、カトリックの方ですよね?かとりこさんと話を進めていると、
キリスト教的な絶対神の存在を信じている人とは思えないところがあります。
不思議です。実は、「隠れ神道信仰者」じゃないのですか?(笑)
キリスト教的神の父性、日本の神道の神の母性的なところに、話を持っていこう
としたのですが、やめておきます。

>神道での善悪という概念はどのようになってるんだ?
神道的な善悪判断は、「人間」が基準となります。「人間」として正しく生きる道。
「人間」として間違った生きる道。善悪というよりも、正邪ですね。
そして、神道でいう「人間」とは、人間神、「氏(家)」のことです。
神道では、人が神になります。マリアさんが、>>304「祭神というのは、ほとんど徳
のあった人が祀られてる」と教えてくれました。そして、庶民では、「氏(家)」を
築いた祖先が、祖先神として祭られます。
つまり、神道の善悪(正邪)の判断は、「氏(家)」を繁栄させることが正しく、
「氏(家)」を潰すようなことが間違っているのです。前者なら、神の「ご加護」が
あるかもしれませんし、後者なら「鬼」が寄ってきます。
最後に、>>40「神ながらの道」を確認しておいて下さい。



325 :心と宗教板の住人の皆様へ「お知らせ」:2001/03/02(金) 10:19
(お話中、申し訳ありませんが・・・)
        
心と宗教の板では、ローカルルール制定に向けての話し合いが
行われています。制定されると、心と宗教の板全体に反映されます。
住人の皆様には制定に向けて、是非、下記のスレッドで話し合いに
参加されることをお勧めします。活発なご意見お待ちしております。

<宗教板のローカルルールを制定しよう>
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=983486653&ls=100


326 :WM排除:2001/03/02(金) 18:44
WMのネタがないと議論がスムーズだね。
もう2度とここにWMネタ書いてほしくないよ。

327 :名無しさん@1周年:2001/03/04(日) 06:19
>>324
「鬼」とは死霊の事ですか?それとも自然霊の一種ですか?

328 :マリア:2001/03/04(日) 15:56
>>327いろんなものがいるわね。鬼と言っても。

329 :ニ休さん:2001/03/04(日) 18:31
天皇の由来について、比較的まとも?な議論のあるスレがありましたので、
紹介しておきます。
「天皇はどうして日本にいるの?」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=971792107
善悪の話のとき、
「人間」としての正しい生き方に関しては、「神ながらの道」(>>40
を対比させました。
「人間」として誤ったこと(「鬼」が近寄る道)に対しては、
>「天の道」に背く行いをすることは、「神ながらの道」に背くことであり、
>あわせて「人の道」に背くことです(>>49)と対比できそうです。
を対比させることができそうです。
その判断は、マリアさんが「非常にあいまい」と教えてくれました。
「鬼」の話の前に、正しいことと、悪いこととの間には、あいまいな「境界」
があります。「境界」には、特別な意味がありますので、これについては、
「境界」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=980331763
を紹介しておきます。

330 :ニ休さん:2001/03/04(日) 20:46
結局のところ、「境界」というのは、
夜と昼、彼岸と此岸、男と女、山と居住地、「橋」のあっちとこっち、など
異質なものが混ざるところです。他には、内と外を分ける「門」(敷居)。
妖怪じみたものは、そのような「境界」に現れます。「鬼」も、そのような「境界」
に現れます。正邪の混ざる(接触する)ところです。

社会空間的な認識で、自分達のいるところでの行為や考え方の正しさを守るために、
自分達とは違う未知のものに対する脅威を、緩和するために、妖怪や「鬼」が想定
されてきたのでしょう。

ここで、あまり内容のないスレですが、次の2つのスレを紹介しておきます。
「鬼の正体」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=980216891&ls=50
「鬼の名前」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=975812895&ls=50

そして、神道の考え方(マリアさんのいう古神道ではありません。申し訳ない)で
>>327さんの質問に答えるなら、
「鬼」とは、「人間」として正しい人々によって、間違ったもの、穢れきったもの、
「生ける死人」とみなされてきた者のことです。
「人間」としての血が穢れていると、情緒的に嫌悪されるようです。
彼らの姿を見ると「鬼」と呼び、血縁的、地縁的、経済的共同体(此岸)から排
除してきました。その様子は、「鬼ごっこ」にみることができます。

331 :ひみつ:2001/03/05(月) 00:58
龍と神様の話をしていたけど、
神様の体って、もともと龍体じゃなかったっけ・・・

332 :マリア:2001/03/05(月) 17:40
>>331蛇というのもあるわ。土地に関係しているから。

333 :倉庫番:2001/03/05(月) 17:41
作業中。。。

334 :倉庫番:2001/03/05(月) 17:42
作業中。。。。

335 :名無しさん@1周年:2001/03/06(火) 00:29
ワールドメイトの会員以外は神道を語る資格はない

336 :ピエール:2001/03/06(火) 00:34
ワールドの何処が神道なんだ? まぁヤオロズの神だから、
創価のように、特定の人物に個人崇拝するよりましだけどな。
もしかしーて、深見を崇拝しているなんて馬鹿はいないよね。
七福神のコスプレをやったようなひとを…。
いや、一応念のため。

337 :ひみつ:2001/03/06(火) 01:21
>>332
蛇はあくまでも、神使じゃなかった?
たしかに、三輪の大物主なんかは蛇体で現れたけれど・・・
まあ、龍神も神使なんだけど・・・

338 :マリア:2001/03/06(火) 01:49
あたしの方の伝承では、あまり言わないわね。
尼寺が付属にあったせいもあるのかもしれないけど。

地上の神より、天におられる神を祭っていたから。
黄金の鳩や先祖の巫女も祭っているけど、
あまり龍とか蛇だとか言う概念はなかったようね。
あくまでお使い程度にしか認識していないわ。

339 :マリア:2001/03/06(火) 01:59
あら、ご神体と勘違いしてたわ。ひみつさんの言うとおりね。

でも、うちの地方は本当に変わってて、黄金の鳩を神霊
あるいは神の使いと見ているのよ。
白蛇は、善いものとされるけど他ほど熱心に崇められないわね。
龍は、善女龍神という女神として祭られているけど・・・。

340 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 01:43
>>339
鳩がお使いというのは八幡宮位しか知りませんが、八幡宮はみんな鳩なのですか?
鎌倉の鶴ヶ岡八幡宮には白い鳩がたくさん飼われているみたいです。
普通の鳩(もっとたくさんいる)とは別みたいな感じで。
「訓練しているので白い鳩にはエサをあげないで」と注意書きもあります。

341 :ひみつ:2001/03/09(金) 01:47
「神道といのは広場や」  王仁


342 :マリア:2001/03/09(金) 02:31
確かにあそこもそうね。

343 :名無しさん@1周年:2001/03/09(金) 02:44
日本の財政は危機的状態と宮沢喜一財務相が言っていました。
こらから社会保証の水準は下げられ、増税されることでしょう。
今まで、非課税でヌクヌクと生活してきた宗教法人から税金を
徴収すべきではないでしょうか?

344 :名無しさん@1周年:2001/03/14(水) 00:15
議論の継続求む!

345 :かとりこ:2001/03/14(水) 00:19
>>343
鶴岡八幡宮の鳩について?
宗教法人から税金搾り取る事について?

346 :マリア:2001/03/14(水) 00:48
あたしのところみたいな貧乏神社に税金かけられたら
もう続けていけないわ。インターネットもできなくなるわね。
まぁ、そうなっても神域をお守りするのがあたしの務めだから。
また、元のように看護助手でもヘルパーでもやるつもり。

347 :かとりこ:2001/03/14(水) 00:58
知ってる修道院の修道士たちもな。
ボロボロになった服着てる。
でも浮浪者にご飯分けてたりする。

348 :数学者:2001/03/14(水) 01:04
宗教の本来の目的は、
各々の人間が、各々の正しい生き方を、
自分の中に知恵によって。気づくことができる
そのための知識、儀式といえます。

もしあなたが、神社にいって、心の安らぎを得、本来の自分にもどることができるのなら
宗教といえます。心の問題であって、理論ではありません

てk


349 :マリア:2001/03/14(水) 01:32
あたしが通ってた教会の神父様も、
普段着てるものや靴はボロボロだった。
外出着はきれいなものを持ってたけど、いつも一緒だった。

うちの氏子さん達は、こっちから言わなくても
どっか壊れてきたりしたら大工さんの氏子さんが
勝手に直してくれて、なおかつお金を受け取ってくれない。
その他の人も、何かと気がついたらいろいろしてくれるわね。
おせっかいなくらいに。
それで何とか、今のところやっていけてるって感じよ。

お祈りやお祓いするだけで、こんな暮らしさせてもらえるだなんて
もったいないような気もするから、本当は働きたいのだけどね・・・。
確かに両立となると難しいのだけど・・・。

350 :343 :2001/03/15(木) 03:52
>>345
何で神社って使いの動物が付き物なのかな?と思って。
元々は何か意味があるんだろうなぁとは思うけど、よく知らないから。

351 :ニ休さん:2001/03/15(木) 09:17
「龍」についての話で錯綜させてしまいましたので、
「龍」について詳しいHPを転載しておきます。

Legends of Dragons and Universe 宇宙と竜
http://www.city.yokohama.jp/yhspot/ysc/izumo/dragon.html
の中から
「日本の龍」
http://www.city.yokohama.jp/yhspot/ysc/izumo/dragon.html#12

愛知学院大学のHPの[目次]から、
http://www.aichi-gakuin.ac.jp/%7Ekamiyama/00.htm
【龍】
http://www.aichi-gakuin.ac.jp/%7Ekamiyama/ri.htm#ryu
【龍宮】
http://www.aichi-gakuin.ac.jp/%7Ekamiyama/ri.htm#ryugu
因みに【鬼】は、
http://www.aichi-gakuin.ac.jp/%7Ekamiyama/o.htm#oni
と出ています。


352 :ニ休さん:2001/03/15(木) 09:29
神道はアニミズムであるという議論に対して、
興味深いスレが、「民俗・神話学」板にありましたので、
これも紹介しておきます。

日本の神々の正体!!
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=982281251&ls=50

353 :名無しさん@1周年:2001/03/19(月) 01:21
↑面白いスレですね。
しかし、あっちの板はあまり人がいないのでしょうか?
稼動スレも少なそうでした。
これからちょくちょくのぞいてみようかと思います。

354 :名無しさん@1周年:2001/03/24(土) 02:02
神社のお使い動物について教えて下さい。
いつから採用になったのですか?
どういう風に決まったのですか?

355 :名無しさん@1周年:2001/03/24(土) 02:54
ワールドメイトで深見先生に日本神界の真実を聞いてから神をかたってください

356 :名無しさん@1周年 :2001/03/24(土) 03:21
↑ここは神道のスレだからどっか行って。

357 :名無しさん@1周年:2001/03/24(土) 03:59
↑テューボゥ

358 :実習生さん:2001/03/24(土) 15:18
神道国際学会は、やはりワールドメイトのダミー団体だったようです。
サイゾー裁判より。

359 :マリア:2001/03/24(土) 16:36
あら、やっぱりそうなんだ・・・。

360 :>358 359:2001/03/25(日) 00:04
何出鱈目をいってるんですか。国際神道学会は、国学院大学教授の中西正幸先生御墨付きの団体なんですよ!

361 :名無しさん@1周年:2001/03/25(日) 00:09
>神道国際学会は、やはりワールドメイトのダミー団体だったようです。
ダメダメですねWM。
ここで扱う神道とは関係ありませんね。

362 :マリア:2001/03/25(日) 00:41
>>355どうやら神の捉え方に違いがありすぎるような
感じをあたしは受けるのよね・・・。
神を大事にする=人を大事にする=法外なお金は取らない。
救霊に関しても、何かすごく疑問を感じる。
能力のない人も、お金出したら救霊師となるってんのは?よね。
霊が見えないのに救霊師なんて、おかしく思う。

カトリックだって、そういう力のある
エクソシストの神父が別にいるのにさ・・・。

363 :ニ休さん:2001/03/25(日) 00:44
せっかく立て直したのに…

>>360
國學院大學教授の中西正幸氏は、国際神道学会の何にお墨付きをつけたの?
「内容」で神道を語ってください。
教授なんて、間違いだらけアイディアの中に、一つ二つの真実を見つければ
勝ちの業種だよ!



364 :マリア:2001/03/25(日) 21:34
>>363深見さんにはとにかく神道の基本に戻って欲しい。
神道の基本は、自然のシステムと共存して生きて行く事が
正しいとする道なのよ。
それを理解していないと霊能力とか超能力はあってもダメなの。
あの方にはそれを理解して欲しい!

365 :名無しさん@1周年:2001/03/26(月) 09:16
深見先生の神道は絶対なのです。
あなたこそ深見先生から神道の基本を学んでください。

366 :マリア:2001/03/26(月) 10:47
>>365あなたのひと言で、深見東州氏が我々と違うということを
また証明してしまう皮肉なものになってしまったわ。
「深見先生の神道は絶対なのです」
我々が絶対と見なすのは、自然という神のシステム。
彼はそのシステムに沿っていない。だから違和感を感じる。

367 :マリア:2001/03/26(月) 12:25
ただし、もう一度我々に神道とは何か?
と考えさせてくれた事には、あの方には感謝してるわ。

368 :名無しさん@1周年:2001/03/27(火) 18:58
「神道とは何か?」が解るのは深見先生以外にはいらっしゃいません。

369 :名無し:2001/03/27(火) 20:04
神道は形だけで中は空っぽ。日本人の最悪な性質そのまんまだな。(藁
とりあえず賽銭なんかで神社を儲けさせてやることはない。


370 :深見はとんでもないヤローだ:2001/03/27(火) 20:11
こらこら、ワールドメイト
おたきあげ代返せ!!

371 :ひみつ:2001/03/27(火) 21:53
日本古来の「神道」というのは、
おおらかで優しくすべてを包み込むようなものであって、
○○先生しかわからない、といったような、
そんなセコイものじゃないですよ。

372 :ああ:2001/03/27(火) 21:59
神道はたしかにからっぽに見える
本物の神道はそこらの教団などじゃ
そう教えてないのかな?

373 :ひみつ:2001/03/27(火) 22:12
からっぽか・・・
例えば海にいる魚が、ことさら海水を意識しないように、
また我々が、空気の存在を意識しないように、
神道というものは、日本人を包み込んでいるのでしょう。

374 :マリア:2001/03/27(火) 22:28
人によっては、空っぽに見えるのかもね。
あたし達の世界は、単純すぎるし、
何と言っても、元々はシャーマニズムだからね・・・。
それに、今は天皇家の御用宗教になり果ててしまったし。

他の宗教とは、全く違う世界観だからね。
天国とか地獄とかいうのもないし。
古代の巫女のような人も少なくなってきたしね。
インパクトがないのは仕方がないのかもね。
拝む対象も、色々あるし。

>>371そうね。あたし達の世界観は何でも包んでしまうから、
ある人によってのみ分かるという世界ではないし、
単純なようで複雑。複雑なようで単純な世界だものね。
心を空にして周りを見渡すと、見えやすい世界だとは思うけど。

375 :ら・むー:2001/03/28(水) 00:04
個にして全。全にして個
単純にして複雑。複雑にして単純。
全てを投げ捨て、全てを汲み取り、全てを信じる。
全ては唯一にして、唯一つこそが全。
それはあなたで、神そのもの。
あなたはそこから出、そこへと帰る
切り離されてはいない、いつもあなたと繋がっている。
神は遍満し、同時に万物にも宿る。
人は神を潜ませ、同時に神の中に居ながらに神を求める。
人は神とともにあり、神は人とともにある。
己を見ず、人も見ず、己に語らず、人に語らず
己を問わず、人を問わず、己を聞かず、人を聞かず
己に答ず、人に答ず、己に触れず、人に触れず
己を愛さず、人を愛さず、己を信じず、人を信じず
故にあなたに神は隠されたままになる。
浮かべては殺し、殺しては消す
清明で鋭く、緩やかで固く、遠く近く、深淵に明かりを灯すもの。
神であり、あなたである。

376 :名無しさん@1周年:2001/03/28(水) 01:27
WMだけが神道です

377 :名無しさん:2001/03/28(水) 01:30
はずれ、WMは珍道です

378 :名無しさん@1周年:2001/03/28(水) 06:38
神の中に…か、なんか嬉しいな。
ウキウキしてくる。

379 :マリア:2001/03/28(水) 15:35
元々の神道は、色んなものがあるって考え方だから、
全てを否定はしない。でも、一つのものだけに囚われると、
もうそれは神道ではなくなってきてしまう。
WMが神道でないと思う理由は、そういうところ。
そこから、得られるものがないとは言えない。
そこからでも得られるものもあるとは思う。

ただ、もうあたし達や古代からの流れのものでは
なくなっしまっているのは確かだから、神道の分派ではあっても
もはや神道本流の流れとは全く別のものね。
信じてる人の中では本流であっても、もはや本流ではないわ。
本流というなら、あたし達の世界を認識出来ているはずだから。

キリスト教などを見ればカルト的な新興団体が
「自分の教派が本流」と言うけども、本流でないということは同じ。

380 :名無しさん@1周年:2001/03/29(木) 04:55
>はずれ、WMは珍道です

ワラタ

381 :名無しさん@1周年:2001/03/29(木) 06:59
WMは死につつある・・・。

382 :名無しさん@1周年:2001/03/29(木) 23:36
>>381

神々と戯れて生きていきたいね。
そんな感覚が古神道にはあるのかな?


383 :名無しさん@1周年:2001/03/29(木) 23:45
神道は人と自然に根付いた生きる為の方法です。
今その影響が個人的なものになってきているとしても
その基本は自然にあります、自然に耳を傾け
自身に語り足るを知れば欲は消える筈です。
WMもここに帰るべきですね。

384 :名無しさん@1周年:2001/03/30(金) 00:22
>>383
帰れるのでしょうか?
もう手遅れのような気がします。

385 :名無しさん@1周年:2001/03/30(金) 18:18
なんでWM談義になるの?
(T_T)

386 :マリア:2001/03/30(金) 21:52
>>384帰ろうとすれば帰れるわよ。
いつか誰かが気付いてくれると思うわ。
案外、それが深見氏や植松氏だったら、あたしは個人的に嬉しいけど。
ただ、引くに引けない状況よね・・・。今の状態なら。

387 :名無しさん@1周年:2001/04/03(火) 22:20
>>383
自然に根差せない個人なんて、価値がないよな。
WMに限らず、皆が帰るべきところなのかもしれないね。

388 :名無しさん@1周年:2001/04/03(火) 22:27
深見東州NO1!

389 :マリア:2001/04/03(火) 22:58
彼は自分でNO1と言っているのかしら?
それだったら、あたし達の流れとは違うから、
分派として扱わないと困るわね。

390 :名無しさん@1周年:2001/04/04(水) 20:45
だから、そのNO1とかいうのが、「神道という、生き方」に反しているんじゃないの?

391 :マリア:2001/04/04(水) 23:42
そうよ。NO1なんていう概念は本来の神道にはないのよ。

392 :名無しさん@1周年:2001/04/05(木) 19:04
なんか、思いつきのレベルで勝手な理屈垂れ流してる奴ばかりだね。
ほんとの神道がどんなものだか、どうしてきみたちにわかるのかね?

393 :名無しさん@1周年:2001/04/05(木) 19:34
>>392
「ほんとの神道」についてのご意見をお聞かせ下さい?
是非、ご教授のほどをお願いいたします。


394 :392:2001/04/05(木) 19:47
>>393
あんたらがここで書き垂れてる「ほんとの神道」なるものが、
どうして本当の神道だといえるのか?
と俺の方が聞いてんだよ。

395 :名無しさん@1周年:2001/04/05(木) 20:07
>>394
それぞれが、そう思っているから。
としか言いようがありません。
それで、貴方のいう「ほんとの神道」とは、いかなるものなのでしょうか?


396 :マリア:2001/04/05(木) 21:05
まず、古代以降の伝統的な流れでは、
自然の法則に沿って生きること。自然との共存ね。
この世の全てのものに神々が宿っているので、
人間が得られているものは神々からのいただき物。
それを頂いて人は生きていると考えるが神道。
また、その間には古代においては神の声を聞く事ができる巫女を置き、
現代では神に伺いを立てられる力を持つ神官や巫女を置く。
天皇もこの一種。これは、世襲制の場合が多いわね。

天皇家来朝以来の新しい流れでは、天皇は神であり、
日本は天皇家の先祖神の造った国であるというものが加わる。
また、明治以降では、日本は唯一の神国だという概念も加わり、
国民は天皇の臣民とされる。

うちの神社はこの流れに不利な伝承を持つから、
一度取り潰されたけど・・・。

WMの神道は、基本的にこの流れを受け継いでいるように
見えがちだけど、色んな要素に彼等なりの解釈があって
ちょっと我々と違うのよ。
そして、最後に神と人の間に絶対的位置に置かれているのは
深見東州や植松愛子のみと考える。
ある金額を払えば、深見氏から位を与えられ、
救霊などができるようになると教える。
また、彼らの教義でなければ人は救われないとも解く。
我々は自然の流れに沿って生きていれば、良しだから、
救い等の概念は本来はあまりない。
あたしには彼らが、神でないものに踊らされていると見える
という事もあるけれど・・・。

それは伝統的な神道の流れからは外れているから、
あたしを含め、ここのWMの人以外は分派や教派神道と見なす。

397 :マリア:2001/04/05(木) 21:17
神道には、それぞれのやり方があるから、
色んなやり方や考え方があってもいいわけだけど、
彼らの場合は「自分たちのやり方のみが良い」というところが
本来の流れやあたしやここに来ている人たちの考え方と
異なっている。

だから、本流とは認められないって訳よ。
しかし、彼らがいずれそれを認めて
我々の流れの中に融合していく道をたどるなら、
後世の人たちは彼らを分派とは呼ばなくなるでしょうね。
あたしはその日が来るのを待つわ。

398 :394=392:2001/04/05(木) 21:47
395氏の答えは理解も共感も納得できる。

が、マリア氏のいいぶんは、どうも噛み合ってない感じだね。
おれはワールドメイトなんかじゃないよ。
ワールドメイトが、ほんとの神道じゃなく一教派にすぎないというのは
そりゃそうでしょう。当たり前ながら。
俺がいってるのは、マリア氏が396や397で「ほんとの神道」だと主張してるものも、
マリア流の一教派神道にすぎないだろう、ということ。

399 :名無しさん@1周年:2001/04/05(木) 21:57
>>398
>>398 394=392さん
マリアさんの神道解釈を、貴方は一教派神道的だと理解なさるのですね。
確かに、そのように見る事もできないでもありません。
天皇至上主義を、懐疑的にみていらっしゃるのですから。
できましたら、貴方の言う「ほんとの神道」というのを
簡単で良いですから、教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

400 :マリア:2001/04/05(木) 22:17
>>398あなたが彼らとは違うって事は分かってた。
あたし流というより、古代から続くうちの神社の考え方。
それを教派神道と呼ぶのなら、全ての神社は教派神道なの。
そういう意味で言っているなら、それはあたしも認める。

あなたの神道のとらえも、どうぞ。

401 :マリア:2001/04/05(木) 22:36
というか、確かにあたしはうちのやり方しか知らないからね。

402 :名無しさん@1周年:2001/04/05(木) 22:39
マリアの神社は、誰でも氏子になれるの?


403 :マリア:2001/04/05(木) 22:52
そこらへんは不明なのよ。
集落の人血筋の人以外はうちの神社の氏子に入ってこないわ。

404 :名無しさん@1周年:2001/04/05(木) 22:58
小さな神社なの?

405 :名無し:2001/04/05(木) 23:07
そんなわけのわかんない神社は特殊だろ。
しかも「古代から続く」と称する教義を唱えてるってだけで
じゅうぶんウサンくさい教派神道やんけ。

406 :マリア:2001/04/05(木) 23:10
そうよ。土地の鎮守社の格よ。正しい名称は忘れた。

407 :マリア:2001/04/05(木) 23:22
>>405表向きは、そういう伝承はないってことになってる。
お寺の付属の神社として建てられたってなってるわ。
資料は明治と昭和に当局の方針でみんな没収されたしね。
ただ、集落の長老たちは知ってるわ。

古代から続いているのは、どこも同じよ。
うちも神社本庁に所属している事には変わりはないもの。
それぞれの伝承を胡散臭いって言ったら、
全部の神社が胡散臭くなるわ。

408 :名無し:2001/04/05(木) 23:27
そうじゃないよ、マリアさん。
信憑性は別として伝承はそりゃいろいろあるでしょ。
でもそういうのは神社の由来縁起のたぐいであって、
あなたがこのスレで書き垂れてきた神道の教義じゃないでしょうが。

409 :マリア:2001/04/05(木) 23:35
あたしの霊感うんぬんの話しかしら?

それから、あたしは伯父や祖母からそう習っているから
どこがどう違うのかも、教えていただければ幸いだけど・・・。


410 :マリア:2001/04/05(木) 23:49
ひょっとして、神話の世界を信じてないってことかしら?
うちのは、神話成立以前の古いものだからね・・・。

神話の世界観を受け入れたのは、
明治に神社再建の条件として必須になったから受け入れてはいる。
それに、地域の子供たちに教える時も神話の世界を教えているわ。
あたしが先にあげた通りのものも、伯父や祖母から教わったし、
神道のベースになってるとは思うのだけどね。

411 :nanasi :2001/04/06(金) 00:00
困った子だね、おマリちゃん。
「教派」ってことは、神道にはいろいろあるってことだろ。そこまではきみとぼくは一致してるね。
問題は、きみが自分の神道を「ほんとの神道」として差別化、特権化してること。
客観的に自分をみることができれば議論がメタにせりあがるはずだけど、
どうして「ウチは特別」って話にもどっちゃうのかな。目を覚ませよ。
「神話成立以前の古いもの」なんて認識構造が前近代からの伝承のわけないじゃん。

412 :マリア:2001/04/06(金) 00:09
そういう意味ね。理解したわ。

うちだけでなく、みんなそれぞれの文化に根ざしたもの
があるから、うちの例をあげてそれを紹介した
つもりでいたのだけど。

そう思われたのなら、あたしの不徳の致すところだわ。

413 :マリア:2001/04/06(金) 01:20
それから、お返事がないようだから、書くけれど、
神道のベースとなっているのは、>>396-397という事には
同意はあるかしら?

414 :名無しさん@1周年:2001/04/06(金) 01:23
>>396
ワールドメイトって、そもそも神道なの?
神道に、「血の池地獄」や「先祖のたたり霊」なんかでてこないでしょう!

415 :名無しさん@1周年:2001/04/06(金) 01:25
強いて言えば、神道の頭に仏教の胴体を着け、儒教の手足を持って、大本のしっぽをつけたキメラだな。

416 :名無し@1周年:2001/04/06(金) 02:14
>>414,>>415
どんなにしっちゃかめっちゃかでも本人達が神道を名のる以上、
マリアだろうがワールドメイトだろうが、
最低限でも「習合系の現代神道の一種」くらいは認めざるをえないだろうなあ。
「自称神道」を認めないとなると「誰に判定する権威があるのか」で紛糾するから。

417 :マリア:2001/04/06(金) 03:17
>>416もし、うちの分類を別にするなら、
古神道と呼ぶかアミニズムかシャーマニズムとしてほしいわ。
習合系でも、現代神道でもないわ。
あたしが元カトリックだから、そういう分類にしているのなら、
ちょっとお門違いよ。

418 :名無し:2001/04/06(金) 04:32
やれやれ。
まだぜんぜんわかってないようだね。
古神道はアニミズムともシャーマニズムともイコールじゃないよ。
おマリがこのスレや他のスレで語ってきたことは、明らかにとても現代風な神道だね。
習合系というのはワールドメイトを念頭において言ったので別だけど、
マリちゃんのあれこれの御託を「古神道」というのは到底ムリ。

419 :名無し:2001/04/06(金) 04:35
>あたしが元カトリックだから、そういう分類にしているのなら、 ちょっとお門違いよ。

おまえは厨房か?? 子供は寝る時間だぞ。

420 :名無しさん@1周年:2001/04/06(金) 06:41
わーた。わーた。マリアさん叩きは、もういい。
それで、貴方の思う「神道」とはいかなるものなのでしょうか?
他人の話を否定するばかりでなく、少しは自説をぶってくださいよ。




421 :名無しさん@1周年:2001/04/06(金) 10:24
まりあさんワールドメイトで神道の基本を学んでください

422 :名無し:2001/04/06(金) 11:58
>まりあさんワールドメイトで神道の基本を学んでください

↑下痢なのに浣腸するようなもんだね。

423 :マリア:2001/04/06(金) 16:13
>>420まぁ、後は名無しさんに任せましょう。
あたしの普通の神道への認識が間違っているなら、ちょうどいい機会。
いろいろ語ってもらいましょう。


424 :ひみつ:2001/04/06(金) 19:16
言葉の意味の揚げ足のとりあいはいやですね。

古神道といっても何もかも昔のままではないし、
現代的な教派神道といっても、古い古伝が伝えられているでしょう。

現代に生きる者の古神道とは、
古い道を、新しい靴をはいて歩んでいく事だと思います。
古い道だからとて、裸足やワラジで歩く必要はないでしょう。

425 :深見:2001/04/06(金) 19:39
君らは自然に耳を傾けることすら忘れたのか!
情けない!情けなくて涙がこぼれる。

426 :ERROR:名前いれてちょ:2001/04/06(金) 20:35
ちょっと失礼しますね。
自分は古神道最近勉強していて皆さんがあれこれWM批判するんで支部とやらにいき,救霊師とか言う肩書きの人と話をしたのですが,神道のことあまりに知らなさ過ぎます。
秘術だかなんだか勉強しているのか知らないけど有名な神の名前すら満足に知らないじゃないですか。
神話についても知らなさすぎです。古事記や日本書紀くらい読んだことあるのでしょうか。古伝とかはまあいいとして。(神道を語る人間なら抑えておくのが当然だとおもうが)
不思議な術を身につけるとかいう前にやることあるんじゃないですか?
神話を知らなくてどうして神を語ることできるの。総論を知らずに各論を語ってどうするんでしょうか。
神社の名前などはまあある程度知っていたし,あちこちに行ったことあるようだけど,その神社の神がどのような神で歴史的にどのような役割を持っているとか知らずに
神道家だなんて言わないで欲しい。

もしかして教祖の深見さんも神話知らないんじゃないでしょうね。会員にどういった教育をしているんでしょうか。プンプン
レベルが低すぎて話しにならなかった。(▼д▼)



427 :マリア:2001/04/06(金) 21:22
>>426あたしもあれこれ書いてしまったけど、
あたしのところの伝統にこだわりすぎた
浅はかさもあったと思うから、良ければ是非ここで
知っているだけの事でいいから語ってくれないかしら?

他のところのこともあたしは知ってみたいわ。

428 :名無しさん@1周年:2001/04/06(金) 22:02
>>426 ひみつさん
まず伺いたいのは、ひみつさんの神道に関する知識は、霊的体験に根差した
ものですか?
もう1つ、鎮守の杜教育を受けられましたか?
教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。



429 :マリア:2001/04/06(金) 22:05
というのは、あたしもうすぐしたら貯金が尽きるの。
それで、ヘルパーをやろうと思ったんだけど、
あたしも仕事をやめて1?年だから、信用なくってさ。
時々友達がしんどい時とか、元の職場へ手伝いに行くから
動ける事は動けるんだけどね。

そしたら、集落のお年寄りが介護保険の影響で介護サービスが
滞ってるから、やるならうちの集落を回ってくれって
長老たちに言われて、早ければ来月中には回り始めるの。
結構、ケアプランの兼ね合いとかがあるもんで、
今来ているヘルパーや訪問看護婦たちとの連携も必要だし、
ここに出てこれなくなってくると思うのね。

出来たら、神道の事で他の流れの事を知っている方には
是非とも出てきていただいて教えていただきたいわ。

430 :名無しさん@1周年:2001/04/06(金) 23:43
ま、自分で「神道」だと言ったら、「神道」ということになるんでしょうねえ。

431 :ひみつ:2001/04/07(土) 02:57
>>428
お答えします。
まず、霊的体験に根ざしたものかということですが、
そして、そこからの知識というものも無きにしもあらずです。
若干の霊的体験はあります。
しかし、例えば帰神のようなものも、
顕の神懸りよりも、幽の神懸りを重視しています。
また、鎮守の杜教育を受けたかということですが、
教育というようなものは受けておりませんが、
神道を尊ぶ者として、産土神の重要性は知っているつもりです。



432 :山幸彦(前田):2001/04/07(土) 03:30
小生、1988年、会社に、S学会のペテン仕手戦のガセネタとして、
売り飛ばされて現在にいたっているんですが、
最近漸く解りました。
日本の政治・経済は、カルト教で動いているんですね。
最近、「弘法大師の法華経」を読んで、意味が解りました。

11/24 18:45
メーソン宮沢喜一氏の関係者と名乗る方から、小生の携帯電話に連絡は入り、
 「あなたは、盗聴されてるので、気をつけてください!
  この世界は、宗教で動いてますから! 私の周りでは、3人死にました!
  あなたの周りは、大丈夫ですか?」
と、言われたんですが... 小生の父親も、メーソンに殺されたとも思えるんです。
宮沢さんの関係者の方は、そう思っていたようです。世界の政治・経済は、世界最大の宗教団体、会員数1,200万人のフリーメーソンが
牛耳っており、その下に、世界の宗教団体が、繋がっています。

メーソンは、日蓮曼荼羅のさかまさの位置関係に目をつけて、

1.悪魔--2.人間--3.神仏の眷属(従者)--4.神仏

と、逆転支配をしているようです。従って、日蓮系だけでなく、一般の日本人は、
神仏より、自分の方が偉い!と錯覚を起こすよう仕組まれ、
政界財界人は、善と悪の識別が、狂っているようです。
ですから、池田氏を崇拝する方、人間の我欲を満たしてくれる人や金持ち・権力ある人、
異性にモテル人が、りっぱな人に見えているようです。

本来は、

 1.神仏--2.神仏の眷属(従者)--3.人間--4.悪魔

の配列で、人間は、神仏に対して、慎み、敬う心を持つべきのようです。
そうすると、善人が悪人に見えたり、悪人が善人に見えたりする錯覚もなくなれば、
また、競争社会の矛盾した生活から開放されるようです。

433 :名無しさん@1周年:2001/04/07(土) 03:36
>>432
あんた、あっちこっちコピペして回って、どたま変。
    
1200万人で世界最大ってどういうこっちゃ。
カトリックが10億人、その他のキリスト教ひっくるめて8億人。
キリスト教全部で18億。
フリーメーソン世界最大ってなんだそれ。説明しろ。


434 :名無しさん@1周年:2001/04/07(土) 06:45
>>431 ひみつさん
ご回答、有難う御座いました。
霊的経験に根差した方の、知識に豊富な神道の話を求めていました。
今後、このスレでのひみつさんの発言に期待しています。


435 :マリア:2001/04/08(日) 12:18
残念ながら、あたしは今日までになってしまったわ。
しばらくお年寄りの家を回るほうが忙しいので、これにて。
でも、あたしの代わりの子が多分出てくるはずだけど、
その子はカトリックで神道の世界は知らないから、
その子が来たら、色々教えてやって頂けないかしら?

436 :名無しさん@1周年:2001/04/08(日) 12:35
>>435 マリアさん
ご苦労様でした。
お仕事、ぼちぼちと頑張ってください。
たまには、顔を出してくださいね。
お世話になりました。

437 :マリア:2001/04/08(日) 14:33
いえいえ、役立たずだったかも知れないわ。
神道の考え方がもっと世の中に広まれば、
世界平和にも貢献できるとあたしは思います。
少し落ち着けば、また出てくるわ。

438 :名無しさん@1周年:2001/04/08(日) 16:03
ホモはうざい。もう失せてよし。

439 :>438:2001/04/08(日) 16:24
てめえが失せろ!クソ名無し!!
こんな丁寧に質問に答えてくれる人なんていねえぞ!!



440 :名無しさん@1周年:2001/04/08(日) 16:29
ところで、こんなホームページを見つけました。

神国神社敬神会ホームページ
http://www.mikuni.or.jp/keishinkai/seen3.html

是非、皆様のご意見をお伺いしたいので、よろしくお願いします。
私は結構真面目な印象を受けました。

441 :名無しさん@1周年:2001/04/08(日) 16:32
神社とお寺の顕彰会ホームページ
http://www.kenshoukai.net/yamanashi/

ちなみにここもおすすめ。

442 :マリア:2001/04/08(日) 18:01
>>438あたしがオカマなのも気に食わないだけなんじゃないの?
ここのスレとそれとは関係はないでしょ。

443 :ひみつ:2001/04/08(日) 22:35
>>434
こちらこそ、よろしくお願いします。
老婆心ながら、一つだけ言います。
霊的体験というものはたしかに大切なものですが、
それだけにとらわれないようにするようにしたいものです。
そうしたものを、冷静に判断する事、審神(さにわ、といいます)が大事です。
それをしないで、低級な神や動物霊的なものに、
ふりまわされている人の多さに驚いてしまいます。
怪しげなご利益宗教や霊能者には、出来るだけ近づかないようにしてください。



444 : :2001/04/08(日) 23:14
紛らわしいから名前は変えてよ>時期マリア

445 :434:2001/04/09(月) 00:21
>>443 ひみつさん
ご心配、お掛けしまして申し訳御座いません。
確かに、冷静に判断する事を怠り、霊的体験のみに依存する人には、
まさに「ふりまわされている人」が多く、特にこの板では驚きます。
私が、実生活で関わったことのある宗教関係の人は、
誰もがご存知の大きな神社の方(詳細はご容赦下さい)ですので、
特にその心配はないと思います。

さて、私にも、霊的体験がなきにしもあらずです。その立場で申しますと、
神道の本には、それこそ御利益宗教や霊能者?の手によるものが多く、
「これが冷静な判断をするのに相応しい」という本に出会うことが、
大変難しいように思います。
そして、公の場における神道の話は、
1.霊的体験でのみ、神道を語る人
2.活字の知識のみで、神道を語る人
3.霊的体験を持ちつつ、活字の知識を多く持ち、神道を語る人
4.公的な場(ここも含む)では、神道の話を絶対にしない人
ぐらいに分かれるのが実感です。
霊的体験のある者が、情報に撹乱され、「分かりやすい」方に流れるのも
仕方がないような気がします。
このスレが、そんな流れの歯止めになって欲しいものです。

ひみつさんの博識によるご活躍は、他スレにて拝察させていただいています。
そこで、お願いがあります。ひみつさんにとって、「これが冷静な判断を
するのに相応しい」という本がありましたら、是非、教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。



446 :名無しさん@1周年:2001/04/09(月) 00:23
>>444
http://yokohama.cool.ne.jp/sepadenial/


447 :マリア@和霊:2001/04/09(月) 02:05
初めまして!マリアさんの代わりを頼まれたの者です。しかし神道の知識は全くありません。よければさわり程度でも教えてください。

自己紹介ですが、先祖の巫女をやってた人が現れる程度なので大した霊感はないです。
「私たち古代の巫女を復活させてほしい」と望まれているので、彼女が言うとおり伊勢や出雲や沖縄へ行ってきました。
行った先々で不思議な体験をしました。

一族に伝わる伝承を元に神道系の宗教を開かれた方もいますので、既にその必要はないとも思っていたりもするので?が飛び回ってます。
「あなたは私たちの血を受け継ぐもの。あなたには私たちを解放する力があります。私たちを助けてほしい」といわれます。
確かに聖なる土地といわれた場所は戦時中に軍の意向で閉じられて今は新興住宅地になったりしているし、入り口に我々を監視する目的や神を封じるための神宮が建っています。
その向い側にはその先祖の伝承を伝えてきた神宮(現在は宗教を開いた人の所有になってます)があるので、少し神社に詳しい人たちはみんな「この土地はおかしすぎる」と言います。

448 :マリア@和霊:2001/04/09(月) 02:06
それに、飲み屋なんかでたまたま知り合った霊能師と呼ばれる人たちや元の職場の見える人たちからは
「あんたについてる先祖は普通の人やないな。代々の巫女さんやわ。あんたも奇妙な運命の子やな」などと言われて「その人は大丈夫やから言う事聞いといても大丈夫やけど、あんたの心がけ次第やで」
と言われていますが、少し内心では疑ったりもしています。後で騙された・・・なんてことになったらしゃれにならないので。その先祖さんは5歳ぐらいから度々現れているのですが・・・。
父からは「そんなことを人に言うたら国体に傷をつけることになる」ずっと口止めされていたのですが、最近いろいろ言われるもので・・・。

何か関係のない話をしてしまいましたね。すみません。よければ神道の事や生き方なんかも教えてください。
私と母はカトリックなので神道の事はよく知らないのです。氏神様はご先祖様らしいので行きます。心地いいので一時間ぐらい過ごしてみたりもします。
行くといつも心地よい風が吹いて気持ちがいいです。

こういうことはマリアさんに相談すればいい内容かもしれませんが、彼女のレスを見ていると時々嫌になることがあったので、他の方々に伺ってみようと思いました。
ひみつさん、私はこのまま先祖と会話していてもいいのでしょうか?勝手ながら済みませんです・・・。
スレ違いな内容を書いて、皆さん申し訳ありません。
今後こういう内容は控えるのでお許しくださいm(__)mあっ、でも神道の事は教えて下さいね。

449 :名無しさん@1周年:2001/04/09(月) 09:03
>>440-441
その手の話題は、
天皇制は宗教なのでしょうか?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=982333046&ls=50
こっちのスレの方が相応しいですよ。


450 :名無しさん@1周年:2001/04/09(月) 10:46
霊能者イコールうそつき

霊能者イコール精神異常者

霊能者イコール詐欺師



451 :マリア@和霊:2001/04/09(月) 15:58
>>450そういう方も多いですのであまり関わりたくないとも思って
いますが、あまりにも過去の事や先の事などを当てられてしまうと
こういう世界もあるんだと納得します・・・。

452 :名無し女:2001/04/09(月) 18:01
なんだかなあ。
霊能者の場合もあるんだろうけどさあ。

>あまりにも過去の事や先の事などを当てられてしまうと

っていう反応自体がドキュンじゃない?
占い師の世界じゃ、ちょっとした話術で
それぐらいの錯覚を与えるのって基本中の基本なんだけどね。

453 :名無しさん@1周年:2001/04/09(月) 20:29
結局、本物は深見先生だけだった、ってことですよ。

454 :452:2001/04/09(月) 21:17

馬鹿かおまえ? 脳みそ腐ってねえ?

455 :ひみつ:2001/04/09(月) 22:52
434さん、でよろしいですかね?
どうもです。

そうですね。書物を選ぶと言う事はとても難しい事です。
極論でいうと、神道にも流派というか流れがあって、
神社神道、教派神道、新宗教系、吉田神道、伯家神道などさまざまです。
そのどれかに、偏らないようにしないといけません。
まずは、概要をつかめる本。しかも低価格で総合的なもの。
たとえば、学研の宗教シリーズ(いわゆる赤本)で、
「神道の本」「古神道の本」の二冊をおすすめします。
一冊、千円くらいで、どこの本屋にもあるので、まずはこれから。

ただ、審神の知識を考えるなら、今の諸派の基本は本田霊学が、
一番参考になると思いますが、全てを鵜呑みにはしないでください。
「古神道の本」などに、神道本の特集がありますので、
そちらを参考にしてはいかがでしょう?

個人的には、古神道の立役者である、
友清歓真の初期の著作が、バランスがよいと思います。

456 :ひみつ:2001/04/09(月) 23:00
マリア@和霊さんですね。どうもです。
とにかく、真剣にお答えさせていただきます。

まず、先祖に有能な巫女がいたとしても、
その方がどのような素性のかたであったかを調べることが先決です。
まず、巫女と言っても様々ですから。
あまり系統のよろしくない神に仕えていたとしたら危険です。
神道的には、人霊と神霊をきちんと分けることが大切でしょう。


457 :ひみつ:2001/04/09(月) 23:07
そして、カトリックの信者ということですが、
たとえ産土神氏神といえど立ち入ることは厳禁でしょう。
それがキリスト教というものです。
おそらく、先祖の巫女の方が現れるというのは、
そのカトリック信仰との関係が深いでしょう。
つまり、日本人の本性として、先祖崇拝の念が強く、
先祖供養の概念の無いキリスト教に対して、心より帰依できず、
神社などで、心地よい風(これを感じれるのは霊能の基本です)を
受けていることは神道的には神様のご守護を頂いているということ。



458 :名無しさん@1周年:2001/04/10(火) 00:50
HIMITUはただのばか

459 :ひみつ:2001/04/10(火) 15:05
神道とは、ばかになる道ですよ。
黒住宗忠は、人相見に見てもらった時に、
「失礼ながら、ばかの人相に見えます。」
と、言われ、
「私は、日頃ばかになる修行をしておりましたが、
 ようやくその成果がでたようです。ありがたいことです。」
また、よく言われることに
「生まれ赤子の気持ちで・・・」
と、あまり賢しらにならないように心がけております。
ばかに成りきれる様になりたいものです。

460 :ひみつ:2001/04/10(火) 16:02
もうひとつ、
神道は、「右のものは右に、左のものは左に」
当たり前のことを、当たり前にすればいいだけです。
とくに、現界に生きている間は、現界の仕事を一番にすること。
スプーンを曲げたりするような不可思議な現象を、
正神界は嫌います。
そういったことや、霊の言葉などに惑わされないようにするのが、
審神の基本です。

461 :とおりがかり:2001/04/10(火) 16:19
>>459
 よきかなよきかな。

 秘訣は、「心」の「鏡と似た特性」への理解だと思います。
 「人を育てる」奥義にも属しますでしょうか(・・
 さて、全部の光が最後に一点に集まるかどうか..


462 :名無しさん@1周年:2001/04/10(火) 18:16
なんかアホみたい。これでいいのか?

463 :マリア@和霊:2001/04/10(火) 19:07
>>456ひみつさん。お答えをありがとうございます。
読みにくい書き方をしてしまいましたのでお答えをいただけて幸いです。

先祖のことを少し勇気を出して書いてみようと思います。
伝承では代々の巫女たちは、13から16歳くらいで即位されていたらしいです。
神を畏れ私利私欲のない方々だった伝えられています。

外からは女王として扱われていたらしいですが
尊敬はされても俗世的な権力はほとんどなかったそうです。
日の神に仕えていて、植物や動物たちの意志を理解したり、
占いめいた事が出来たようで、それを民に伝えていたり、
民の願いを神に伝えたりするだけの人たちのようでした。
私の家の家紋は丸に橘の紋なのですが、
その人の徳を示している紋であるので、先祖の道に従って歩んでほしい
という願いが込められていると聞いています。

464 :マリア@和霊:2001/04/10(火) 19:15
国譲りやその他のことについては、宗教を開かれた方とかなり
伝承が違っているために、どちらが正しいかは分かりません。
うちの伝承では天皇家は私の先祖の霊的に力により敗戦し、
先祖は神武天皇を日の神が降りられる土地に連れて行き、
大王への道を諭したといわれています。

それを神武天皇が受け入れると、日の神の使いである黄金の鳩が
神武天皇に降り、その輝きは周囲の山々からも見えたといいます。
神武帝は彼女の養子となって、倭の大王となり
それが以後の天皇に続いたとされています。
それについては、死んだ祖母が痴呆症にかかってから
何度も繰り返し聞かされた話しです。
ただし、これが正しいかどうかは私には分かりません・・・。

それから実は、巫女の先祖は現在は私たちの土地では
祭られていません。
その事実は、私たちの先祖を天皇家や神道の主流が
認めるはずもないですし、
証拠は全て処分されてしまっているので問えませんし・・・。
それを問う事は先祖の意向ではないようですし。

氏神様では男の先祖さんのみが祭られています。

私は色んなところへ行って先祖の徳の大きさを知りました。
様々な神様たちに色んなことを教えてもらいました。
私には、それだけで充分です。
それを知ってくれることが、
彼女にとっての開放だったと、今書いていて感じました。
金色に輝いて微笑んでおられるのでそう感じます。

彼女の徳のみを後世の者たちに伝えていこうと思っています。

465 :マリア@和霊:2001/04/10(火) 19:36
>>457カトリックの教えは一見はそのようになっていますが、
司教団の方針は先祖に対する畏敬については大切だとして
認めています。
日本の多くの信徒は神社やお寺にも参詣し、お墓参りもします。
仏壇の中に十字架と位牌と仏様がおられるのは一般的に
なりつつあります。父と母もこのような道を辿るでしょう。
それを他の教はから「偶像崇拝に手をかしている」との
批判を受けていますが、改善されつつあります。

それから、イエズスの教えと先祖の巫女たちの考え方は
矛盾しませんので、私自身は特に違和感を感じません。
「異端」という信徒たちもいるかと思いますが、
私はそれを言う事自体イエスの教えとは異なっていると
感じるので受け入れません。
自己の正当化と信仰は別の問題だと思います。
多くの一般信徒もこのように内心は思っているようです。

母も「所詮、求めるところは同じだから誰が何と言おうが
お供えは全て行う」といいます。
父もイエスを含む全ての神様に感謝して朝夕の祈りを欠かしません。

466 :マリア@和霊:2001/04/10(火) 20:09
>>460私にはそういう超能力的な現象はありません。
ただ、天気予報や人のことが分かったりする事が
稀にある程度です。
霊現象といったものも感じますが、大抵は
職場の老人ホームでなくなったお年寄りのものです。
「お世話になったね。今までありがとう」
「いえいえ、私もお世話になりました。ありがとう」
といったような感じのものです。
先祖に化けているような狐や狸のようなのもありますね。
悪いことをしようと近寄ってくる霊もいますね。
どんなに誤魔化しても言っている事や
変な気や臭い等を感じるのですぐ分かりますね。

いつも色々なご先祖やイエズスや守護聖人が身近に
いることを日々感じて生きております。
日の神とイエスは同じように感じております。
どちらもよく似た暖かい気を感じます。

467 :マリア@和霊:2001/04/10(火) 20:17
ただ、悪いものの手口も巧妙化していっているので
かなり難しく思うことも最近感じつつあります・・・。

ひみつさんのお話はとても参考になります。

468 :ひみつ:2001/04/10(火) 22:52
マリア@和霊さんへ

少し、軽く考えていた事をお詫びします。
キリスト教については、
私自身はミッションスクールに行っていたので、少しの知識ですが、
あなたのおっしゃる事は、とても素晴らしく思います。
私のよくいう、キリスト教も神道と捉える立場としては言う事ありません。
ただ、これは正統(とされる)教義というよりは、
グノーシス的なキリスト教のイメージに近いですね。


469 :ひみつ:2001/04/10(火) 22:59
そして、先祖の巫女たちのことですが、
あなたのスタンスが一番よろしいと思います。
もし、できるならば、守護聖人たちと同じように、
「○○家の巫女達の御魂」とでも、
名付けて守護を願えばよいと思います。
それと、亡くなった方々の感謝の言葉なども、
聞き流すといえば言葉は悪いですが、ほどほどで耳を閉ざさないと、
浮遊した霊達がよって来る危険性があります。

470 :ひみつ:2001/04/10(火) 23:03
霊能を持っていると称する方々に良く見られるのですが、
祓いができていないことが多いです。
他人や場所などの穢れを祓っても、
自分自身を祓って清めることを忘れてしまい、
自身の精神や肉体に変調をきたしてしまうことです。
そのような霊能者は、えてして目つきが悪いです。

471 :マリア@和霊:2001/04/10(火) 23:59
ひみつさん、引き続きお返事ありがとうございます。

>>468グノーシスですか・・・。
よく分かりませんが、現在のカトリックは
先祖や文化に対する畏敬の念として認めております。
プロテスタント系では、パウロの理論に注目しますが
カトリックでは軟化している部分があります。
他の宗教との交流が他教派より進んでいるせいかも知れません。
ローマは批判的に見ている向きもあるようですが・・・。

ご先祖たちはどうやら、巫女としての心得を私に教えたいようです。
正しく神を見せようとされているようです。
私は子孫を残せませんが、兄弟姉妹がいますので
いずれかの子供が元の流れを復活させるのかも知れませんね。

472 :マリア@和霊:2001/04/11(水) 00:35
>>478グノーシスはよく知りません。
先祖を肯定する事は、グノーシス的ということなんでしょうか?
イエスの言葉には裁きの要素は余りありませんので、
人が人を裁くことについても私はしたくないと思っています。
私は現在正統派のパウロの教義だけでは
限界があるとも考えています。

>>469守護してくださってくれている事にはいつも感謝しています。
それに、神武帝当時の巫女は神として祭られている方ですので、
家でもその神様を祭っています。

浮遊した霊についての注意は、良く先祖からも受けます。
必要以上は関わりません。
神戸のサカキバラ事件の時の被害者の子が寝ている時に
来ましたけど「そういうことは、捜査陣のところへ行きなさい」
と言いましたけど、なかなか離れてくれずに困った事が
ありました。その次の日に新聞に載ってて、ビックリしました。

>>470そのようですね。私も気をつけていきたいと思います。
私もそのような方を見たことがありました。
「あの人に関わったら駄目」と言われた事があります。
でも、見つかってしまって大変でした。
そういう方は権威的な物言いや、お金の要求をされますね。

473 :マリア@和霊:2001/04/11(水) 00:44
消えてしまったので内容が重複してしまったようです。
ひとつにしなければならない内容を別に書いてしまったようです。
ゴメンなさい。

474 :名無しさん@1周年:2001/04/11(水) 00:53
あれ?カト専門じゃないの?
別人格ですか?

475 :名無しさん@1周年:2001/04/11(水) 00:56
れれ?職場が老人ホーム?
やっぱり別人格?

476 :マリア@和霊:2001/04/11(水) 12:09
>>474ええ、私はカトリックの洗礼も堅信も受けています。
幼児洗礼の信者ですが、先祖のことも知りたいと思っています。

>>475昨日は夜勤明けでした・・・。かなり疲れています。
介護保険の影響でかなり仕事が厳しいので、
今月中には退職して病院の看護助手になる予定です。
去年より体を壊して辞めた職員が多いです。
精神的におかしくなった人もいるので、そうなる前に辞めます。

477 : :2001/04/11(水) 21:58
ちょっと看護されるのは嫌かも・・・。
身内にも気をつけさせたいので、都道府県名だけでも教えてくれませんか。

478 :マリア@和霊:2001/04/11(水) 22:39
私に看護されるのが嫌だという事ですよね(笑)
私のいてるところは関西圏です。関西以外なら大丈夫だと思います。

何より助手は看護計画等に関わりませんし、心配は要りません。
身体のケアのみを日々するだけになりますから。
今まではケアプランから行事から色んな事をしてきましたし、
去年から実質の休みが月1−2回になりまして早朝から深夜まで
働き詰で疲れ果ててしまっただけです。

辞表を出してから気持ちがすっきりしていますので、ご心配なく。
有給は無理言って15日貰いましたが、それでも20日捨てる事になりました。

479 :ひみつ:2001/04/11(水) 23:15
キリスト教と神道について。
平田篤胤あたりは、聖書を読んで己が国学(復古神道)の、
参考にしたことは知られているところですが、
大きな違いは、神観の違いでしょう。
一言で言うと、神道は神とは人間の祖であるということ。
だから、神道は神を拝む道ではなく、神になる道であり、
キリスト教では、人は神の似姿であり、神が創ったものである。
ゆえに、神と人の距離は縮まらない。


480 :名無しさん@1周年:2001/04/11(水) 23:57
ひみつさん、深見先生から基本を学んでください

481 :マリア@和霊:2001/04/11(水) 23:59
ひみつさん。毎度毎度ありがとうございます。
以前ムーという雑誌を偶然見つけまして、
聖書の元になる神話があったと書いてありました。
宇宙人が奴隷を作る目的で人類を作ったとか書いてありましたので
そういうところから人と神の距離を縮めないように
されているのではないか?などと思った時期もありました。
関係ない話しで済みません。

話題を戻しますです^_^;
私のところには日の神という女の神様がいまして、
その方は太陽神で色んなものを生み出す神様だと聞いています。
先祖神たちとは別にそういう方がおられると聞きましたので
ですから私は父なる神と同じようなものと解釈していました。
ありがとうございます。

マリアさんは私のところと似たような伝承をお持ちの
ようですから、きっと同じように捉えておいでなのでしょうね。

482 :マリア@和霊:2001/04/12(木) 01:21
追加ですが、日の神様は時に自然の源というイメージに例えられています。
人が自然を欲のために破壊したり自然より人が上位に立ってるとか
勘違いをすることを嫌われるようです。

483 :マリア@和霊:2001/04/12(木) 01:29
本当に書いてて思うのですが、あまり神道と関係ありませんね。
皆さん、すみませんm(__)m

484 : :2001/04/12(木) 01:47
お返事ありがとうございます。
実は私も関西なんですが、南の方ではありませんよね?
まさか知り合いなんて事は、ないよね(笑)
自分もカトリックだから驚きました。それでは。

485 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 01:56
やっぱり、神人合一こそが、神道なんですよ!

486 :これは?:2001/04/12(木) 02:20
http://www.e-cals.co.jp/kamisama/

487 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 03:49
>>485
基本にして最終だな。
おおよその面でヒンドゥー教、インド哲学と同じだ。

488 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 06:45
>487
救霊を受けてください

489 :マリア@和霊:2001/04/12(木) 09:36
>>484南部というと和歌山か奈良県南部とかですよね?
ご心配なく。

490 :マリア@和霊:2001/04/12(木) 10:11
>>485カトリックでいうところの聖人と同じような感じですね。
聖人で終わるか神になるかという違いはありますが。
父の田舎のほうでも、徳の高い人(人格者)は祭られますが
日の神様(太陽)にはなれないという違いがあります。
巫女は最も神に近いとされていましたが、
あくまで代理人ですから・・・。

ですから、私は父なる神と同じだと思っていたのです。

491 :434:2001/04/12(木) 12:36
>>455 ひみつさん

ご紹介頂いた本、とても参考になります。
是非、読ませていただきたいと思います。
本を読みましたら、また分からないことが多々出てくると思います。
色々お伺いさせていただきたいことも出てくることになると思いますので、
そのときは、お相手していただけたら幸いです。

しかし、現在はとても忙しくて、手が回らないというのが実情です。
当分はこのスレにもレスすることができません。
是非、ひみつさんにはこのスレで活躍し続けていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

マリアさんや、ひみつさんや、マリア@和霊さん、その他の名無しさんの
おかげで、このスレが立ち直ったことを心から喜んでいます。


492 :マリア@和霊:2001/04/12(木) 13:43
>>434さん。私は迷惑なのかもしれないと思いつつ、
やはり良く知りたいので出させて頂いております。
そう言って頂けるとありがたく思います。
お仕事を頑張ってください。私もその本を買ってみる事にします。

493 :>491:2001/04/12(木) 18:39
あの二冊は、出鱈目ばっかりですよ。どうせ読むのなら、『神社で奇跡の開運』『神界からの神通力』『神霊界』あたりをお勧めします。

494 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 19:07
>493

そんな、ハサミとノリで書いた上に、自分の都合のいいように改竄
した本、百害あって一利なしだよ。変なものを人様に勧めないように。

そんなガラクタ本、ブックオフ行けば百円で好きなだけ買えるぜ。

495 :マリア@和霊:2001/04/12(木) 19:18
>>493その本というのは、深見さんという方の書かれたものではないですか?
そのような感じが致しましたので。もし違っていれば申し訳ありません。

私はキリスト教の本という本を持っていますが、
足らない部分もあると思いますが入門書としては
おおむねの正確さを感じます。

496 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 19:18
買えるのね〜ん

497 :494:2001/04/12(木) 19:56
>495

深見氏の上の本によれば、最上の天国には、富も名誉も両方手に
した人間が行くのだそうですよ。キリストの「神とマンモンに兼ね
仕えることはできない」というのと矛盾しますよ。

『神界からの神通力』は、深見氏のデビュー作だけど、ほとんどが
大本教学からのコピペで、さすがに良心が咎めたのか、その売上の
すべてを大本に寄付した、と本人が証言している。

すべて正しいか、すべて間違いなら問題ないんだけど、ところどころ
に「毒」が隠されているからタチが悪い。近道のようで、実はものす
ごいまわり道になる。

498 :マリア@和霊:2001/04/12(木) 21:28
>>497 494さん。ご忠告ありがとうございます。
私は深見さんという方から良い気を感じる事は出来ません。
信者の方にはとても申し訳ありませんが・・・。

イエスと同じく、私の先祖たちも同じ考えでした。
私の先祖の巫女たちは富はありませんでした。
ただ、日の神と通じることが聞けたのみなので
食べ物は人の善意で頂くのみらしく、それ以上のものはありません。
ただ、重要な祭儀用の装束は中国から織物を贈られたので
持っていたらしいと不確かですが聞いています。

確かに先祖たちも自らの富を求めませんでしたので、
お陰で衰退を余儀なくされてしまいました。
生き残るためにある程度の富も必要だったかもしれませんが、
逆にそれは宗教者として歩むべき姿として尊敬しています。

人々から慕われ、神として祭られた先祖を
私は子孫として誇りに思っております。

499 :マリア@和霊:2001/04/12(木) 21:41
>>498しかし、それが遠回りの道であったとしても
深見さんから得られることもあり、また遠回りすることが
神から与えられた(私はキリスト教徒ですのでこのような
表現しか出来ませんが)運命であるのならば
それもまた良いことであると思います。

深見さんは一種の能力者なのではあろうとは思います。
後は何時でも良いから、自らの行いを冷静に判断できれば
良い方向へ動くとも思います。
これは批判でなく、私の先祖やイエスがもしおられたら
そう諭されると思いますので書いてみました。

信者の方々、お気を悪くされたのならお許しください。
しかし、神の道とは易しくもあり険しいもの。
頑張ってください。

500 :ひみつ:2001/04/12(木) 23:08
434さん、どうもです。
あの二つの本は中立の立場で書いてあるところが良いと思います。
まあ「ムー」の別冊のようなので少しオカルトっぽいですが、いい本です。
少しずつでも、ゆっくり学んでください。
私でわかる事なら、なんでもお答えしますから。
私も学ばせていただきます。

501 :ひみつ:2001/04/12(木) 23:14
>>480
お言葉はありがたいですが、深見さんの本は好きになれません。
過去に、深見さんの著作を十冊ほど読ましていただきましたが、
良いところは、大本や世界救世教や道院や神道学者の剽窃であり、
悪いところは、先祖の因縁などでお布施を取ろうとする新宗教の踏襲です。
残念ながら、あれは神道とはいえません。深見教でしょうね。



502 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 23:16
>ひみつさん

救霊を受けてください

そうすれば目からうろこがおちますよ

503 :ひみつ:2001/04/12(木) 23:23
マリア@和霊さんへ

そうですか、日の神ですか。
私には、その神のことは良くわかりかねますが、
神道的に判断すると、太陽神界系統の神様であろうと思います。
基本的に、○○大神と名乗る神が現れても、
ほとんど全部、その神の系統の眷属神か、最悪は偽神です。
和霊さんのお話を聞く限り、おそらく日の神の眷属神でしょう。
しかし、これはその話を貶めるものではなく、
むしろ、正神の系統だと判断するための一部です。


504 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 23:26
そもそも神道は不要なもの、必要な方がおかしいもの。
いつか形としたものが不要になる世界になる。

505 :ひみつ:2001/04/12(木) 23:28
>>502
救霊ですか?
私の知り合いに元救霊師の方がいまして、
大体のマニュアルはお聞きしましたが、驚きました。
あれでは、救霊?などできませんよ。
宮地神仙道や太古神法とまではいかなくても、
ある程度の古伝の神法道術の初歩(例えば、神伝九字など)で、
あの救霊?の何倍の威力を発揮するでしょう。

506 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 23:35
ワールドメイトの救霊以外はすべてインチキ、イカサマですよ。
気をつけてください

507 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 23:37
WMはその救霊の法を300万円で(結果的に見れば)売っているのですけど。
買った方は何百人のオーダーのようです...(溜息)

508 :ひみつ:2001/04/12(木) 23:39
>>506
そのわりには、道院の呪文をパクッたりしているのは、
なぜなんでしょうね?
道院の人が怒っていたけど・・・
でも、深見さんが道院にけっこう寄付してるから、
表立って文句言わないみたいだけど・・・

509 :名無しさん@1周年:2001/04/12(木) 23:43
道院がぱくったんだよ

510 :ひみつ:2001/04/12(木) 23:48
深見さんが生まれる前から、道院はありますけど・・・
どうやって、パクるんだろう?


511 :ひみつ:2001/04/13(金) 00:03
少し、深見さんのことを言ってしまいましたが、
300万円払って、マニュアルを教えてもらって、
人を救った気になって、幸せならそれでもいいと思います。
でも、それが本当に相手の事を考えてやっていると、
徐々に、その相手の邪気などを背負ってしまい、
救霊している本人が、身体的、精神的に不調になることが心配です。
まずは、自分の禊祓いをできる様に教えてあげるのが、
深見さんの仕事だと思うんですけど・・・



512 :WMは他スレ侵入をやめろ!:2001/04/13(金) 00:09
ここもWMスレじゃないか。

513 :マリア@和霊:2001/04/13(金) 00:18
>>503お答えありがとうございます。
そうなのですか。太陽神界というところがあるのですね。
すみません。いつも聞きたいだけ聞いて・・・。

その神様は現在は天照大神と習合されています。
天照日大神というお名前も聞いたような気もしますが、分かりません。
現在の天照大神と先祖の巫女も習合されているとは聞いていたのですが・・・。

私の感じるところから神様自体には悪いものではないようです。
先祖の力が健在の頃に台風の通り道まで作るように言われていて、
お陰で私の父の田舎では昔から食べ物に困ることもあまりなかったようです。
それに鳩の峯に財宝があるという噂から、年貢も徴収されなかったとも聞きます。
昭和に全て軍だったか宮内庁だったかに御物は没収されたと聞きます。
20年以上前にも別の聖所が本家伯父が博打に手を出して無くなりました。
そこからも何かが出たようで、一時大騒ぎになりました。
それらも全て宮内庁?が来て持っていかれてしまいましたが・・・。
昔は砂金もたくさん取れたので、砂金取りの方も多かったといわれています。
このことはみんな秘密になっていたのですが、ついでですのでバラします。

現在も、台風直撃と新聞に出ても大概の場合進路が変わって行ってます。
直撃してもいつもほとんど害がありません。
神様の業なのかなぁ?と思ってみたりもします。本当に不思議ですね。

それから、今思い出しましたが私の先祖は邪馬台国の女王卑弥呼だったのでは?
という噂も出たこともありました。
確かに、日の神に仕える巫女なので日巫女には違いないのですけど・・・。
私の先祖の国は登美という地名だったと思いますので、違うとは思いますが・・・。

514 :マリア@和霊:2001/04/13(金) 00:23
訂正:取りに来たのは国立博物館だったようにも思います。

515 :マリア@和霊:2001/04/13(金) 00:25
とにかく、本は買ってみたいと思います。
月末までは休めますので。


516 :名無しさん@1周年:2001/04/13(金) 00:50
>>488
ヒンドゥーは神を得るんです。
ちょっと深いけど察してもらえますか?

517 :名無しさん@1周年:2001/04/13(金) 01:01
>マリア@和霊さん
神人合一をちょっと履き違えておられますよ。


518 :マリア@和霊:2001/04/13(金) 01:46
>>517よく分からない概念なのでそのように理解してしまいました。
良ければ教えてください。

519 :マリア:2001/04/13(金) 02:16
和霊さん、喋り過ぎ。
まぁ、あたしのほうには害ないからいいけど、
あんたはこの先困るかもしれないわよ。
当局筋だけでなく、地元の神道系宗教も氏神様を祭る神社も
親戚たちも敵に回すと思うわ。
もう少しは早くくればよかったわ・・・。
まぁ、これも神意でしょう。苦労があるかも知れないけど
負けずに頑張ってちょうだい。

ひみつさん、色々教えてあげてくれてありがとう。
あたしの口調じゃ信じてもらえないと思ったから
良かったわ。

520 :ひみつ:2001/04/13(金) 04:49
和霊さんへ
太陽神界とか用語にはとらわれないでください。
古神道のある流派で珍重される「異境備忘録」に、くわしく書いてはあります。
が、肝心なことは記されてありません。
要は、神の世界にもある程度、住み分けがあるということです。
そして、○○大神と名乗られる神が、正しい神であればあるほど、
人間には直接コンタクトをとられないのです。
やはり、霊格(次元?)が違いすぎて、例えば、100Vの電気器具に、
1000000Vの電流を流すようなものです。
ですから、眷属神などが、名代でこられるということです。

521 :名無しさん@1周年:2001/04/13(金) 07:41
>>519
マリアさん、ほんもの?

522 :マリア:2001/04/13(金) 12:33
>>520ひみつさん。
ある程度役割に応じて神様ごとの世界があるということですよね?
それはよく理解していますし先祖からも伺っております。
それから、祭神という普通の神社で祭られているような先祖神のように
人間に関わる神々(眷属神の事かな?)と
その他にも人に関わらない種類の神々がおられるとお聞きしました。
カトリックでも、人間の直接関わる天使とそうでない天使がいます。
それはよく理解できます。

523 :マリア@和霊:2001/04/13(金) 12:53
何か名前のところの@和霊が消えてる。何故だろう?
友達の掲示板でマリアっていう名前使った事があるせいかな?
今日はクッキー無効にしたから・・・もう一回テストしてみます・・・。


524 :名無しさん@1周年:2001/04/13(金) 13:36
ひみつさん

なんでそんなことがわかるのですか

525 :名無しさん@1周年:2001/04/13(金) 19:48
あんたら深見と一緒だよ。


526 :偽ひみつ(ち・血・恥):2001/04/13(金) 19:51
>>524
それはひみつのアッコちゃんだなもしでしし・・・ぐへへ

527 :マリア@和霊:2001/04/13(金) 21:00
>>520確かに日の神は本体が降りられるという事はありません。
黄金の鳩というお使いか御霊かを鳩の峰という土地に
降ろされます。(現在はもう新興住宅地なのでその土地に現れる
事もなくなりましたが・・・)
この黄金の鳩が日の神の眷属なのかもしれませんね。

それから、うちの先祖は古代文明の末裔らしいです。
本国が民の心がすさんだために、神が警告を発せられて
それに従った人たちが脱出して、たどり着いた先がこの土地です。
先祖の姉たちの一団は沖縄にたどり着いたようです。
私のいる土地は内陸部ですが、先祖たちがたどり着いた頃は
海があったようで、たどり着いた土地の地名にその名残が
残っているとのことです。

528 :ひみつ:2001/04/14(土) 05:07
>>524
別の人々が、別の時代に、別の場所で、お互いの事を知らずに、
得た知識が同じであった場合、
それはある程度普遍的なものと考えられるでしょう?
それを比較研究した結果とだけ言っておきます。


529 :ひみつ:2001/04/14(土) 05:11
>>525
私と深見さんとの違いの大きな特徴は、
お金を取らないことと、
誰も知らない知識を知っていると吹聴しないことです。
私の知識は、ある程度その方面に詳しい人なら、
耳にした事があるようなことですから。

530 :マリア@和霊:2001/04/14(土) 11:55
>>529先祖は、そういうことをする時がきた場合、
自分はその行為をする事によって徳を積ませて頂くのであるのだから、
お金や名誉等の社会的地位なんて
もらおうということは許されない。と言われています。
しかし、色んな事情で最低限の生活できる金銭を貰う事も良しとされている
神様もいると聞いています。
多額の金銭を要求をする神様は、怪しい者が多いと聞きましたが?

531 :名無しさん@1周年:2001/04/14(土) 23:07
ひみつさん、あなたコニーですね

532 :マリア@和霊:2001/04/14(土) 23:37
>>529ひみつさん。
そこまでにしておいた方が良いかと・・・。
そんな気がします。

533 :古い?:2001/04/15(日) 01:08
すべて電波さ!全部そーうさ♪
ここは電波の集まり〜♪
電波受信するっとね♪身も痺れる〜♪

534 :マリア@和霊:2001/04/15(日) 01:24
懐かしい歌の替え歌ですね?

535 :お!:2001/04/15(日) 01:36
そのとおり!ありがと〜愛してるよ〜!

536 :マリア@和霊:2001/04/15(日) 01:39
私の弟よく聞いてました。
私は女性ボーカルばかり歌ってましたけど・・・。
一部で浪速のホイットニーと言われたこともありましたけど・・・。

537 :ほぅ:2001/04/15(日) 01:46
浪速…僕と近所かも知れないっすね(笑
ホイットニーと呼ばれるとは、かなり歌唱力がおありですね。
僕はお酒で高い声が出にくくなりました。
昔はB'sとかも普通に歌えたのに今はかなり無理があります(苦笑
美声な人は大変に羨ましいっす。

538 :マリア@和霊:2001/04/15(日) 01:55
歌唱力ないけど、高音が出るんです・・・。
あっ、そうなん!うちは仕事で大阪やねんけど。
やっ、うれしいわ。

そうそう、うちの昔の彼氏が稲葉さんに似てたわ。
交通事故で死んでもうたけど。
本物マリアさんとそういうところはよう似てるかも・・・。

539 :おー!:2001/04/15(日) 02:08
なんやいきなり大阪弁でてるやんけ(笑
NETで殆どめーへんさかい新鮮やわ。
昔の彼氏さん格好良いんやんか〜ええなぁ。
ま、男には興味あらへんけど。大阪にはいつまでおんの?
ようけたのしんでってや。

540 :ジーン:2001/04/15(日) 02:12
神様は、マリア@和霊さんがカトリックでもよいとおっしゃって
おられるのですか?

KONNYさんのスレを読んでおもいました。
私、電波受信希望なのに。


541 :ジーン:2001/04/15(日) 02:15
あらら、お話中失礼しました。

542 :マリア@和霊:2001/04/15(日) 02:35
>>539おおきに〜(^.^)
大阪にはこれからも仕事に行くよ。うち、周辺県民やもん。

>>540-541別にいいみたいです。
イエス様も神様だし、あの方の言ってることはOKなんだそうです。
ただ、キリスト教の教義は他の神を認めないからおかしい
って言っておられました。でもその内解決の道のりに歩む事に
なるだろうということらしいです。

543 :ジーン:2001/04/15(日) 03:34
父はひとりじめしたかったんでしょね。
古代から多神教が普通ですもんね。

544 :名無しさん@1周年:2001/04/15(日) 04:35
>>543
真面目に話したいのか?
茶目っ気言ってるのか?

545 :マリア@和霊:2001/04/15(日) 20:05
>>543ジーンさん。自分だけを拝めと言うのは、
シュメールの神話に出てくるおかしな神が
父を隠したのかもしれません。
そんな宇宙人が父だったら嫌ですね・・・。

何か横道にそれてしまいましたね(-_-;)お許しください。
そうや、今日復活祭の帰りに書店寄るの忘れてた!
神道の本を買おうと思ってたのに・・・。

546 :マリア@和霊:2001/04/15(日) 22:59
>>540そうだ!電波受信も結構大変ですよ(^_^;)
だって悪いものを受信してしまう事もあると思いますし。
そうなった時に判断できる力が自分にないと
どんどん飲み込まれていってしまうじゃないですか。

ここに来たのは大丈夫なのかそうでないのか判断したいから
来たということもあります。
ひみつさんには本当に感謝してます(^.^)

仕事と両立しなきゃいけないし・・・電波受信も大変なんですよ(^_^;)
私自身、本当のこと言うとあまり受信とかしたくないですもん。
今は仕事してないから仕方なしに受信してますけど・・・。

ひみつさん。私の名前が一部欠落してから来られてませんけど、
ひょっとして私が本物マリアさんだと思われてしまったのかなぁ?
そうだとしたら悲しいです(-_-)
明日学研の本を見に行ってきますが分からないことがあったら
また教えて下さいね。何も知らないから本当に不安なんです(T_T)
解釈を一つ間違えたら悪いものに惑わされると思いますし・・・。
よろしければまたご指導をよろしくお願いいたします!

547 :名無しさん@1周年:2001/04/15(日) 23:05
イエスは両方を重んじることはできない。と言ってます。
ま、屁理屈とオリジナル神で不都合もOKでしょうけど。

548 :名無しさん@1周年:2001/04/15(日) 23:08
>>546
そんな調子のイイ不都合起こらないって。

549 :マリア@和霊:2001/04/15(日) 23:44
>>547それは私は神と神でないもののことだと感じます。
キリスト教の弱点は偶像ではない神と偶像神とを
一緒にして否定しまうから人同士の争いが起こると感じます。

おっと!何かスレの内容と不一致だから
これ以上はここではお話はやめておきます。
これ以上の話はスレを作るなり場所を移して頂きたいです。
ただし、平行線の議論で終わる事も目に見えていますので
お互いに無益だとも感じます。

あなたが屁理屈とオリジナル神だと思われるなら
私は別にそれでもいいです。関係ありませんでしょう?

550 :ジーン:2001/04/16(月) 00:25
マリア@和魂さん ありがとう。
日本の神様は大きくていいですね!
あなたに対する御先祖さまの期待のおおきさも
感じてしまいました。
両方がんばって。

551 :T.O:2001/04/16(月) 00:27
はじめまして、
皆さんかなり、宗教について詳しいようなので、少し質問をしたいことがありま
したのでこの掲示板に書きこみました。私自身かなり、我流でキリスト教や
神道を解釈してきましたので、私の解釈が、もし間違っていると思われたり
疑問に思われたりした時には、ぜひ、助言ください。

解釈その1
龍とは、いわゆる大きな気のことで、第2次世界大戦のように世界中が怒り
に満ちている時に発せられる 気そのものが、赤龍。
バブルの時のように、札束が飛び交っている時の 雰囲気そのものが、金龍。
嫉みや謗りなどが、渦巻いている時の 気そのものが、黒龍。
などと、我流に解釈しております。

解釈その2
八百万の神々と、キリスト教に出てくる精霊や、天使とは同じようのもので、
神の1面を現している。(これは密教の薬師如来や不動明王が、大日如来の一面
を現しているのと同じようなこと)
聖書に「私の名前をむやみに呼んではいけない」「他の神を拝んではいけない」
というのは、つまり神は一つでもあり、無数の天使 無数の神々の一面でもあり
人間にとっては、理解しがたく、 個人個人が自分の心の中で考えている小さな
神にとらわれてはいけないということを言っている。

解釈その3
イエスが言った「人を裁くな、自分が裁かれないためである」
       「今満腹している人たちは災いだ。飢えるようになるからである」
        「まいた種の稲は刈り取らなければならない」
これらの言葉は、輪廻転生を表している。(神道では輪廻についての解釈は知りま
せん。)

解釈その4
神懸かりとは、無心に正しいこと仕事など、に熱中している状態、すばらしい
ひらめきが頭の中に浮かんだ瞬間をいうのであり、限られた少数の人たちのみに
神懸かりするというのは間違いである。

かなり、文章が長くなってしまいました。長々と失礼しました。
これら全て、私の我流の解釈なので中にはとんでもない解釈もあるかもしれま
せんが、一部でもよいので私の解釈に助言および感想があればありがたいです。
もし、この書き込みが場違いな物であるとすれば大変申し訳ございませんでした。

       

552 :ジーンあそうそう:2001/04/16(月) 00:28
>>544 真面目です。

553 :名無しさん@1周年:2001/04/16(月) 07:29
伊勢神宮はユダヤ人が造ったというのは本当ですか?

554 :名無しさん@1周年:2001/04/16(月) 19:50
伊勢にいらっしゃった神様は今は皇大神社にいらっしゃいます。

555 :マリア@和霊:2001/04/16(月) 20:14
>>551私は神道については全くの素人ですが、感想を言います。
龍についてはレイラインとかそのようなものを聞いたことがあります。
良い気のあふれている場所について言っているものだと思います。
神社・仏閣・教会のあるような場所は良い場所が多いですね。
そこから立ち上ってくる気を龍と読んでいると感じています。
だから神様の化身を龍と呼ぶのかもしれませんね。

2については、これは非常に難しいのですが、私の浅い経験上
そうでもあり、またそうでもないと感じたりもします。
聖人と先祖神の働きに良く似たものは感じますけど・・・。
天使についても良く似ているのですが、少しランクが上。
○○大神級というのですか、そっちに感じたりします。
それらの神々も源は皆同じ所から出ているとは感じていますけど・・・。
聖霊については人に対する神の働き的なものを感じますね。

3については、うーん難しいです・・・。
神道も亡くなった祖母が言うにはそういう概念はあまりないとのことでした。

4についてはほぼ同意できます。それぞれの仕事などの人生の中で色々
考えたり得たりする事も含めてよいのでは?と思います。

何かあまり良い答えにはなっていないかも知れません。
感想として書かせていただきました^_^;

556 :T.O:2001/04/16(月) 22:34
マリア@和霊さん、感想ありがとうございまいした。
今まで、宗教の事など他人と話した事が話した事がなかったので、
非常にうれしいです。

>>553 伊勢神宮はユダヤ人が造ったか?

これについては、日ユ同祖論を信じる人にとっては、日本人と、ユダヤ人は、
同祖であるので、伊勢神宮を造った人は、日本人でもありユダヤ人でもある、に
ということになります。
ちなみに日ユ同祖論とは、第二次世界大戦の前後から研究者たちから囁かれた
言葉です。
ユダヤ人は12部族いましたが、宗教観の違いから10部族は、イラエル大国、
2部族は、ユダ大国、と2つの国家に別れました。
イスラエル大国の方が、先に滅ぼされるのですが、その行方を知る資料が全く
ありませんでした。そこで、イスラエル大国の風俗習慣などを、研究した
ユダヤ人が(2部族のユダヤ人)、失われた10部族のユダヤ人を、探そう
といういうことになり、現在でも、10カ国ほどが、その候補に挙がっています。

ちなみに、日ユ同祖論を、主張する人たちの理由の、1つとしてエルサレムの
神殿の、構造が、かなり伊勢神宮の構造に似ている事も、理由の1つとして、
挙げています。

557 :マリア@和霊:2001/04/16(月) 23:01
>>556いえいえ、あんな程度のものでよかったのでしょうか?
また神道について本を読んで学んでみたいと思いますです^_^;

イスラエルの方は他の神を一緒に祭ったりする風習もあったようで
旧約聖書でも排斥されていますね。
多分、他の民族と混ざっていってしまったと思われます。
ただ、その一部が日本にきていてもおかしくはないと思います。

天皇家のことは私の家の伝承にはあまり触れられていません。
どこから来たかとかは知りません。
ただ、よそから来たのは確実のようです。
馬などを連れてきたようだと死んだ祖母から聞いておりますが・・・。
それ以上はあまり良く知りません。

558 :558:2001/04/16(月) 23:11
多神教は親の郷で主流。
敬神崇祖は当然で仏教寺院は栄えなかった。
天皇家は本来は華南の長江文明の末裔が
朝鮮半島経由で北九州に来たと思われる。
ムー大陸から南西諸島経由で南九州に来たとも。

559 :547:2001/04/16(月) 23:25
>>549
違うよ、人は等しく両方に仕えることはできないって言ってるんです
イエスもそう言ってるでしょ、神道とキリスト教どちらにも等しく
仕えることはできないと俺は言ってるんですよ。
やっぱイエスの言葉は結構軽視されてるみたいですね。
あまり感情的になっては真意が読み取れないよ、精進精進。

560 :マリア@和霊:2001/04/16(月) 23:25
ムー大陸ではないとは感じますが・・・。
私の先祖や沖縄の祖神は沈んでしまった楽園の国から
流れてたどり着きました。
その国とムー大陸が何となく似ているような感じもします。

しかし、天皇家は別の方面から来たように思うのです。
証拠というものはありませんが、何となく・・・。

561 :名無しさん1周年:2001/04/16(月) 23:38
遺伝子情報では一部デタラメ本で囁かれた
ユダヤ人と日本人との関係はまったくありませんでした。

天皇家は中国の血が入ってますね、確か歴史にあったはず。
ウロ覚えだけど。

562 :561:2001/04/16(月) 23:39
そう、華南だ!華南が高天原に違いない。
祭政一致と稲作文明を日韓両国に齎した。
北方の騎馬民族は出雲王国を建国し
邪馬台国と合併して大和朝廷になった。
三輪王朝は秦の徐福さんが建国した。

563 :名無しさん1周年:2001/04/16(月) 23:48
沖縄人は少しインド人に近いらしい
アイヌ人は南米(だったかな)人に近いらしい。←これは自信ない
遺伝子と骨格に共通点らしきものが見受けられると
専門で調べている人類学者が言ってた。
あ〜ちゃんと覚えておくべきだった!

564 :マリア@和霊:2001/04/16(月) 23:52
>>559 547さん。それは現世的な価値観であると思いますので
残念ながら私には認められません。
人間が勝手に分けているものだと思っています。
私はどこにでもイエスはおられると確信しています。
それに、先祖神への崇敬と三位一体の神への崇拝は矛盾しないと
考えております。
聖人を崇敬するように先祖も崇敬したいと思っているだけです。

その上の神様については、イエスと同じような
暖かい気を感じていますので、
同じ神ではないかと考えております。姿は黄金鳩です。
聖霊を聖変化の際に教会で何度か拝見しましたが、同じお姿です。

外から見れば不一致であるとは思いますが、
私の中では一致しております。

565 :561:2001/04/16(月) 23:55
三輪王は長脛彦の義弟邇芸速日だった。
其の娘が初代神武天皇の皇后になるのだが。
邇芸速日は大歳という別名も持ってた。
漢籍にも長けてた。長脛彦も褒めていた。
神武天皇の御東遷は婿入りだった。

566 :マリア@和霊:2001/04/17(火) 00:13
キリスト教の考え方として、ユダヤ教が母体ですから
外見が違えば中身を見ずに異教と断定してしまいがちです。
それはイエスの神意ではないとも感じます。
善きサマリア人のたとえにもそれが現れていると感じます。

「愛しなさい」「許しなさい」という事を一番にイエスは説いています。
全ての宗教の根源はまさしくこれなのではないでしょうか?
その部分に私は特に注目しているのです。
私の先祖も10代の若さで「神意であり道である」と
そのように実践して多くの民の支持を得ていました。
多くの侵略者たちに対しても許して逆に飲み込みました。
そのために衰退を余儀なくされましたが彼女は神として
祭られています。私は先祖たちもイエスを見ていたと思います。
彼女が天照大神に習合され祭られているのは子孫の私の誇りです。
各聖人のように崇敬していきたいと思います。

567 :ひみつ:2001/04/17(火) 03:27
マリア@和霊さんへ

最近、別の話で盛りあがってたんで、遠慮してただけです。
指導なんてとんでもないです。
しかし、私でわかることならば、なんでも聞いてください。



568 :ひみつ:2001/04/17(火) 03:36
T.Oさんへ
はじめまして、ひみつといいます。すこし私見を述べます。
1について、風水では気の流れを龍脈といいますが、そんな感じですね。
しかし、それが全てではありません。一部は正しくそうです。
2について、またもや一部はそうです。
しかし、人も含め、世界全てが、八百万の神です。
これは、密教で言うと密厳国土、善も悪も何もかも、大日如来ということです。
3について、これはどちらかと言うと、仏教でいう因果応報であり、
神道で言う産霊紋理(むすびかため)でしょう。


569 :ひみつ:2001/04/17(火) 03:39
4について、
それはあくまでも、幽の神懸りという奴です。
神懸り(帰神法)には、大きく分けると、
顕の神懸り(いわゆる神懸り、帰神法)と、
幽の神懸り(インスピレーションのようなもので、
本人も気づかない事が多い)の二種類があります。
これは、誰でもあることと思います。


570 :>>566:2001/04/17(火) 05:25
律法で何が一番大切ですか?云々の問いに
イエースが頷いたことと違うね。
イエースの第一声は「神の御国が近づいた…」の云々です。
人が勝手に解釈するのはイケナイのではなかった?
あ、ホモは天使的だから特別なのかな? これは違うマリアかな?

571 :マリア@和霊:2001/04/17(火) 08:00
>>570その神の御国をキリスト教徒はつくれましたか?
繰り返しますが、どの律法より優先して
イエスが説かれた事で重要なのは人を愛し、許すことです。
その通りにイエスは行動されました。
キリスト教が今まで何をしてきたか、お忘れですか?
「異端者」や「異教徒」の虐殺をも神に向かう道と正統としてきました。
イエスの福音とは全く異なります。
自らを高いといい、自らを正当化したいための自我です。
ホモは天使だとはどのような意味なのでしょうか?
私はそのような説は知りませんが・・・。
確かにヘテロに比べて自由気ままな人生を送ることは出来ます。
そういう意味なのでしょうか?

最初にも言いましたようにここは神道のスレですので、
他へ移るか新規スレを建ててください。
それとも、キリスト教のみが正しいから他より高いのは当然で
他の宗教はサタンが宿り潰して当然、
ここでは何を言っても構わないとお考えですか?
そのような考えはいつか異端とされる時が来るでしょう。
以後はこのスレではお相手を出来ません。

572 :マリア@和霊:2001/04/17(火) 08:11
それから、この世においては良く分からないと思いますので、
あの世でお会いしてから続きをお話した方が良いかとも思います。

573 :マリア@和霊:2001/04/17(火) 08:16
ひみつさん、てっきり嫌われたのかと思ってました。
良かったです。
先祖はあまり多くを語りません。
「あとは自ら調べてみなさい」といわれるのみです。

574 :名無しさん:2001/04/17(火) 11:37
>和霊=マリア
何故キレてるの?
見苦しいしウザいから、どこかよそへ逝っていただけないかしら。
あなたのせいで、この有意義なスレが胡散臭くなってしまうのよ。

575 :T.O:2001/04/17(火) 19:17
ひみつさんへ、
ご感想どうもありがとうございました。
大変勉強になりました。
2については、私も全く同感です。
ただ4の(むすびかため)については、聞いた事はあるのですが、
あまりよく知らないので、大体のことでいいので教えてください。

576 :T.O:2001/04/17(火) 19:34
>>561 現在の遺伝子情報によると、中国人は、約5割が中国人によく
見られる配列の、遺伝子を持っており、韓国人の約7割が、韓国人によく見られる
配列の遺伝子を持っており、日本人のうち、日本人特有の遺伝子を持っている
割合は、2割以下で、日本人は、多民族であることが、わかったようです。
ユダヤ人と日本人の遺伝子の関係は、私も知りませんでした。

577 :T.O:2001/04/17(火) 21:33
>>570 私自身の経験ですが、私が宗教に興味を持ったとき、
なるべく1つの宗教に、偏らないように、仏教、キリスト教、
儒教、明治以降の神道、また歴史的背景などを参考としながら
勉強していこうと、決めていました。
私自身カトリック系の学校を卒業したので、
まず、キリスト教の聖書から、読んでいきました。
ところが、どんなに理解しようとしても、旧約聖書などは、
3分の1も解からないし、新約聖書にいたっては、どんなに
イエスを理解しようとしても、イエス奇跡など信じられないし
イエスの高慢な態度に、腹を立ててしまうという始末でしたので、
とりあえず、キリスト教はあきらめて、仏教、儒教、神道などを
少しずつ勉強していきました。
すると、今までのキリスト教の解釈や、考え方が、じょじょに、
変わってきたのです、さらに私の場合は、エドガーケイシーなど
の本を10冊以上は、読んで行ったので、初めのキリスト教の、
解釈とは、全くの別物になっていきました。
またカトリックにしても、プロテスタントにしても、その歴史
的な背景や、現在のヨーロッパの状況を考えていくと、教会
を、見る目が、変わってきます。
かなり回り道をしてしまいまいしたが、
ようは、私の言いたかった事は、カルトは別として、普通の人は、
個々の体験により、宗教に対する考え方や、解釈が、変わってくる
という事です。
ですから、他人の宗教に、対する考え方に、対しては、「こんな考え
方もあるんだ。」という具合に、とどめておいた方が、いいかも
しれませんよ。
また >>人が勝手に解釈するのは、いけない。
     については、私自身、最近、聖書を読んでいないので、
     はっきり覚えていないのですが、そのことばは、イエス
     自身の、言葉なのですか、それとも教会の言葉なので
     しょうか?ぜひ教えてください。

  かなりテーマと違った、レスになってしまいました。すみません。
     

578 :マリア@和霊:2001/04/17(火) 22:32
>>577私のせいで巻き込んですみません(-_-;)
お詫びします。

579 :ひみつ:2001/04/18(水) 01:10
T.Oさんへ
産霊紋理、ムスビカタメとは、神道の奥秘の部分ともいえます。
大事なのは、ムスビです。文字通り、結ぶと言う事です。
天地初発の時、高天原に鳴りませる神、高御ムスビ神、神御ムスビ神、
全てを生み出す源であり、またくくりつける菊理姫という神。
因縁と同じようですが、少し違います。

580 :名無しさん@1周年:2001/04/18(水) 23:26
TOさん、秘密さん、マリアさん
救霊を受けてください

581 :とおりがかり:2001/04/19(木) 00:02
ひみつさん
マリア@和霊さん
マリアさん

しっかし、御三方の名前がまぶしすぎます(汗

ごめんなさい

582 :T.O:2001/04/19(木) 00:04
ひみつさんへ
なるほど、ムスビといっても、いろいろな種類と役割
が、あるのですね。
神道は、自分が思っていたよりも、かなり奥が深そうです。
それにしても、ひみつさんは、神道に対する知識は、
すばらしいですね。
これからも、いろいろとアドバイスしてもらう事があるか
もしれませんが、これからもよろしくお願いします。


583 :とおりがかり:2001/04/19(木) 02:29
>>571
 なんといったらよいか..
 怒られたら、「お父さんごめんなさい」の心を思い出してください。
 それが呼吸を整えると思います。

「怒ってくれる方を大切にしましょう。」

584 :T.O:2001/04/19(木) 13:27
昨日だいたい、全部のレスを読んみました。
ひみつさん、マリアさん、マリア@和霊さん、と私の
神道に対する、基本的な考え方は、あまりかわらないのですが、
私自身、霊体験のような体験が、ほとんどないことが、皆さんと
決定的に違います。
ですから、神道に対する理解度の深さが、私とはかなり差があるようです。
今まで、人にはっきりとわかる神の姿のような、ものはなるべく
信用しない事にしていたのですが、よく考えるとほとんどの宗教が、
神意や、霊体験のようなものから、出来ていますね。
マリア@和霊さんは、天使のようなものを、見る時は、どのような
感覚の時なのでしょうか。



585 :T.O:2001/04/19(木) 13:59
ひみつさんへ、
以前、日本人が遺伝子的には、多民族であるという
レスしたのですが、
ユダヤ人も元来セム系の人種だったようですが、
今では、黒人までもユダヤ人という多民族ですよね。
ですから、ユダヤ人、日本人、を定義すると、それぞれの
宗教や文化を背負った集合体と、定義できると思います。
ところでこの集合体を、造った神の働きは、ムスビカタメ
以外にも何らかの神の働きがあると思うのですが、
どのような神のどのような働きだったのでしょうか?
少しユダヤにこだわりすぎてしまいましたが、
私自身は、ユダヤの外に出でていくプラスの文化と
日本の、受け入れる文化とは、対照的であるように
思えるのです。神道的には、ここにもなんらかの
神の働きがあるのでしょうか?


586 :マリア@和霊:2001/04/19(木) 14:52
>>583とおりがかりさん。彼の宗教的な背景に対しては
それは大変難しいですね。
それを受け入れることは先祖への断罪を意味します。
私は受け入れることは出来ません。
イエスの言葉と行い、先祖の言葉と行い、他の伝統的な宗教が
説いている本質は何か?を考えたとき
他を「偶像」と呼ぶことも軽んじる事も出来ません。

今は、彼は彼なりに、私は私なりに、イエスの道を歩む事です。
いつか分かり合える日が(あの世でかも知れませんが)来るでしょう。

587 :マリア@和霊:2001/04/19(木) 15:56
>>584あとで考えてみれば…的なものが多いです。本当にふとした拍子です。
先祖達には5歳の頃に会いました。
神間があるところの部屋の戸を開けた時が最初でした。
まばゆい光だったので目を覆いましたが
たくさんの女の人や男の人がいました。みんな変な格好をしています。
あとで歴史の教科書を見ていて、あの「変な格好」の男の人と
古代の偉い人たちが良く似ていたので、あれが昔の着物か…と思いました。
一番豪華な着物の偉い感じの女の人に「ここに座りなさい」と言われたので
言われるまま誰も座っていない上座へ上がったのが最初です。

祖母にそのことを言うと「誰にも言わないように」と
顔を真っ青にさせていました。
その後祖母は私を連れて仏壇へ行って蝋燭に火をつけると
火がボーっという音を立ててすごい勢いで燃えました。
祖母はしばらく拝んでから
「先祖さんが来はったんやな。ありがとうございます」
と言ってお経を唱えたり、私を再び神間へ連れて行って拝みました。

天使だろうと思われる人にも何度か会いました。
一番鮮明なのは、3歳の頃に台風で川が氾濫してその後に法事があって
夜暗くなってから祖母と二人で自転車で帰っていたのですが、
電柱がみんな倒れていて真っ暗だったので道が見えません。
橋も一つ流されていたくらいすごかったです。

道が舗装されていなかったので途中でえぐられていて
落ちてしまったのです。うまい具合に怪我はありませんでしたけど…。
そこへちょうど男の人が通りかかりました。
助けてもらったのですが、何も言わずにニコニコ笑っている人でした。
3メートル以上離れているところなのに自転車と私を一人で上げてくれました。
御礼を言うと消えてしまって、祖母と二人でビックリして帰りました。

588 :T.O:2001/04/19(木) 19:23
>>587
5歳から、そのような体験があるということは、先天的な
もので、天からなんらかの役割を与えられたと解釈してよろしい
のですね。(また、食事の事など聞いてみたいいこともありますので
よろしくお願いします)

話はかわりますが、私は5年程前に、一人旅で高千穂の峰
に行きました。
高千穂の峰と言えば、天孫降臨で有名ですね。
そこで知ったのですが、高千穂の峰の頂上と連なって、約1キロ
の所に韓国岳という山がありました。
「韓国岳」と書いて「みくにだけ」と読むそうです。
看板には、「ここから晴れた日には韓国が見えるからということで
韓国岳と名前を付けた」 とあったんですが、高千穂の峰
は宮崎県の内陸部に位置しているので、絶対に韓国など
見る事が出来ません。ですので私は天孫降臨した人たちが、
この地に来た時に、自分が、どこの方角から来たのか知らせる
ために、韓国岳と書いて、みくにだけ と読むように、
その子孫が、名付けたのではないか?などと、想像した記憶
があるのですが、マリア@和霊さんの祖先の方々は、
国津神系の、方だったんでしょうか?

  なおこのレスを見た方々は、テーマとずれているように
  思われている方もいるかもしれませんが、
  私の考えでは、神道を考えていくと、他の宗教や、ルーツ
  などを、考えざるをえない  と考えておりますので、
  そのてんは、ご容赦ください。
 




589 :マリア@和霊:2001/04/19(木) 23:40
>>588 T.Oさん。私に役割があるなら、兄弟の子供や一族の者たちに
本家に伝承されなかった先祖の徳を伝えていく事なのでしょう。
そして元の流れを密かに兄弟の子どれかが復活させて行く事を
先祖は望んでいるのでしょう。
「さあね…」と言って笑っておられますけども…。

私はカトリック教徒ですのでキリスト教を重んじて行きますが
先祖の徳を伝える事とは別問題ですので、ありがたく受け取ります。

私の先祖は楽園の国の巫女らしいですが、
国津神と受け取ってもよろしいです。
神武帝が来られて以来の歴史ではそうなっていますし…。

私の事や私の先祖や先祖と天照皇大神として祭られている
巫女の関係は私がマリアさんから譲り受けたスレで伺います。
「ああマリアさま」というスレです。
ここで話すとややこしくなると思います。
良ければどうぞいらっしゃってください。

590 :ひみつ:2001/04/20(金) 11:48
T.Oさんへ
古神道の考えでは、文化は日本に始まりそして世界に伝わり、その後、
日本に帰ってきたという考えがあります。(国粋主義ではないです)
その考え方では、主に、大国主系統の神や、スクナヒコナ系統の神、
スサノオ系統の神が、働きになったといわれています。
メソポタミアとは、スクナヒコナと訛伝であると言われています。
また、キリストを指導した神はスサノオの息子神のイタケル神といわれています。

591 :ひみつ:2001/04/20(金) 12:09
これは参考程度に思って欲しいのですが、日月神示というものに、
「渋柿に甘柿を接木する」という一節があります。
これが、ユダヤも含め、
ご質問にいくらか参考になると思います。


592 :ひみつ:2001/04/20(金) 12:24
それと、霊的体験がないとおっしゃっていましたが、
ないことはないと思います。
それと、そんなものはあまり関係ないと思います。
神に対していれば、望まずともその過程で自然と現れますが、
大事な事はそれにとらわれない事です。
まずは、心を清く保つ事、
浄心を持って、霊を以って、霊に対すことです。

593 :とおりがかり:2001/04/20(金) 13:31
>>589
>私の先祖は楽園の国の巫女らしいですが、

ここだけの秘密ですよ
本当に誰にもしゃべらないでくださいね..
実はね..世界の人間全員がそうらしいんですよ
でね、これ..知ってしまうとねぇ..こわいんですわぁ

なんかね..「おまえだけは違う!」とかね..
怒鳴る人いるんですよ..どうしてなんすかねぇ..

だけどね、よくよく聞いてみると..
「今、あそこに俺の親父がいてさ..
そうしゃべれってきつくいわれてんだよ」
なんだってぇ..
なぁんだ..うちもそうなんだよ..

まぁ、なんだな..人の信頼関係もこんな
所から生まれる事も多いんだな..

594 :マリア@和霊:2001/04/20(金) 16:08
>>590ひみつさん。私は日本地図を見ていて
世界地図の縮図に見えるのです。
そういうことと何か関連があるのでしょうか?

>>593とおりがかりさん。
>実はね..世界の人間全員がそうらしいんですよ
それはそうだろうと私も思います。
みんな神の子だという概念はキリスト教にもあります。

595 :T.O:2001/04/20(金) 16:16
>>592
「もとめよ、さらばあたえられん」
の精神でいいのですね。
実は私自身、ここ数年宗教にはあまり興味
がありませんでしたし、生活もひどい物でした。
このスレ見て、また、まともな生活に戻していこう
という気分になってきました。


596 :T.O:2001/04/20(金) 16:50
>>592
前にほとんど霊体験のような物がないとれすしましたが、
実は、私自身、子供の頃よく正夢のような物を見ていましたし、
日月神示、を読んで食生活を変えていきましたら、
偶然とは、思えない事が連続しておきましたし、霊体験
のような物を体験した事があります。
当時は、とても怖くてパニックになりましたが、
キリストの言葉や日月神示の引用から、これは、悪霊の
仕業だと判断しました。
ですから、私は、神霊などを全く否定している訳ではありません。
私自身は、聖書を読んだ時と比べて日月神示を読んだ時は、
自分の我が出てくるように思えましたので、数年前に、日月神示
は、捨ててしまいました。
しかし、その内容は、だいたい頭の中に入っておりましたので、
生活していくなかで、「ああ、あの言葉は、こんな事を言って
いたんだ!」こ言うことが、しばしばありました。
まだ、解からない内容は、たくさんありますけれども、
私としては、今でも日月神示は、かなり評価しております。

>>594
私も、子供の頃よく地球儀を見て、四国をオーストラリア
に当てはめたりして、楽しんだ記憶があります。

なお私がレスしますと、このスレと違う方向にいって
しまいそうな気がしますので、これからは、なるべく
間を置いてレスします。

597 :とおりがかり:2001/04/20(金) 17:01
>>594
>それはそうだろうと私も思います。

 しゅの力って強いんですよぉ(^^;;
「人は悩みながら人生を送ると自然と強く育っていきます。」
 (逆にいうと..ストレスを避ける人生を送ると育ちが細いようです。)

で、「言挙げせぬ」は何故最強なのか..
「自分を怒る人に、その筋(理由)を教えてもらい、
 (あるいは理由を自分で考えながら)
 それを自らの戒めとしていく。
 それをずっとずっと人生において続け続ける所から
 きているのではないでしょうか。」

 将来?593の本質を肌で理解できた時..
 未来の世界が見えてくると思いますので
 今後ともよしなに

598 :ひみつ:2001/04/20(金) 18:42
和霊さんへ
日本は世界の雛型であるとは古神道ではよく言われることです。
曰く本州はユーラシア大陸であり、九州はアフリカ大陸であるなど、
確かに、富士山の位置にエベレストがあったりします。
そういう意味で、
日本が霊的に特殊な位置にある証拠にはなるといえるでしょう。


599 :名無しさん@1周年:2001/04/20(金) 23:27
横レス失礼。
そんな話を聞いたことがあります。
伊能忠敬が日本地図を作ったとき、
日本の形があまりにも「龍」に似ていたので、
当時の人々は、やはりこの国は「龍」によって守られていたのだと信じたそうです。
あいまいな記憶でスマソ。。。


600 :あぼーん:2001/04/20(金) 23:48
>>497
>深見氏の上の本によれば、最上の天国には、富も名誉も両方手に
>した人間が行くのだそうですよ

ロスチャイルド、ロックフェラー、彼らの住まう天国か、あぼーん!

601 :マリア@和霊:2001/04/21(土) 00:46
>>597とおりがかりさん。仕方がありません。
なぜあのような行動をとったのか話す事にします。
「怒ってくれる方を大事にしましょう」は
確かに一般的に正論ですが、それを言う以前に正統とされる教義に
私が沿わなくてはなりません。
違うものは共に歩く事ができないのがキリスト教です。
違うものは違う道を歩かなくてはなりません。
その内またどこかで出会うかもしれないな…という希望をもちながら。
「色んなのがあっていいんちゃうの?」というのはキリスト教の世界では
認められませんので…。

「自分を怒る人に、その筋(理由)を教えてもらい、
(あるいは理由を自分で考えながら)それを自らの戒めとしていく。
それをずっとずっと人生において続け続ける所から
きているのではないでしょうか。」
確かに正論ですが、キリスト教の世界は異端者がそれをすれば
「サタンの誘惑」として一般に相手は解釈することがとても多いのです。
聞き入れるようにする事は相手の心を余計に頑なにします。
私が相手を退ける事で「あなたは異端」という烙印を私につけた方が
相手の方も気が済むのです。
良く分からない解説でしょうが、こういうことなのです。
あなたの言われている事は、イエスも先祖も説いていますので
分かっていますが、状態に合わせて
時にはこのような手段をとらねばなりません。

>>598ひみつさん。そうですか。古神道ではそういうのですか…。
ありがとうございます。

602 :T.O:2001/04/21(土) 00:54
ひみつさんへ
私は、以前からひみつさんの 文体や名前からして日月神示
にかなり詳しい人だなと、直感していたのですが、
やはり、神道を考えていくと、江戸末期以降の神道を考えざるを
えなくなるのでしょうか?
また、わたしは、2万円ぐらいの「ひふみ神示」を買ったのですが
他にいい本が、あれば教えていただけないでしょうか?

603 :ひみつ:2001/04/21(土) 02:49
T.Oさんへ
残念ながら日月神示などは一通り目を通したくらいで、
あまりくわしくはないです。
そして、あの一節なども覚えていたのではなく、ふと急に思い出したのです。

神道を考えると、たしかに江戸末期の神道なども、
視野に入れたほうがいいでしょう。
私が、とくに気になるのは、平田篤胤です。
戦後は評判の良くない平田篤胤ですが、その著述、才能など、現代にいたるまで、
様々な影響を与えています。


604 :ひみつ:2001/04/21(土) 02:56
続きですが、
日月神示に限らず、神示の類は審神(さにわ=神を見分けること)が大事です。
例えば、日月などには、岡本天明氏の考えなどが色濃く出ていると思います。
それが、私がいつも言う、幽の神懸りを大事にしなければと言うことに、
繋がると思います。

605 :オタク:2001/04/21(土) 02:57
>江戸末期の神道

ひみつさん
7世紀ぐらいで教えてくださいな。
もっと、さかのぼってもいいかも?

606 :もこ:2001/04/21(土) 03:01
ベータ星からやってきた
なんとかという「高橋しんちゃんの論」と絡めて「神道」を考察ください。

607 :ひみつ:2001/04/21(土) 03:14
>>605
何を教えたらいいのでしょうか?
いちおう、そういう仏教や儒教伝来以前の神道を、
古神道とか、古道とかいうんですけど・・・
具体的にお願いします。

608 :オタク2:2001/04/21(土) 03:18
「道教」とのからみでお願いします。


609 :ひみつ:2001/04/21(土) 03:43
古神道では、道教はスクナヒコナの神がつくったと言われています。
東海青真小童君=スクナヒコナと言われています。
それとは別に、
祝詞に東漢氏が天皇に剣を捧げるというのがありましたが、
それなどは、まさに道教の祭文です。

610 :マコちゃん!!:2001/04/21(土) 06:29
進藤晶子の生き方といっても
ん〜〜そうだなぁ〜〜〜
ま、女子アナとして頑張ってきた7年間ということだろうね。
それで今回、TBSを辞めて休業するってことだろうね。

611 :マリア@和霊:2001/04/21(土) 16:49
祖母から聞いた話なのですが、良く似た話を知りませんか?
祖母もこの話をし始めた頃は中程度の痴呆でしたので
どこまで本当なのかどうか、妄想なのかは分かりませんが…。

楽園の国の王は霊的な力が優れた男でもなく女でもない神
(ひょっとしたら両性具有のこと?)でしたが、
最後の王の選出に悪い道に進んでいた他の王たちの言いなりになるように
霊的な力のない人を選んだようですが、即位と共にその人の目が開かれて
能力を得てしまったので、その人を王位につけた王たちは
悪事を言い当てられてインドに追放されてしまったのです。
しかし、彼らの野望は尽きなくて極秘に恐ろしい神を作って、
全ての古代の文明を戦乱の渦の中に誘ってしまったらしいと聞きます。

楽園の国の王や各古代文明の王たちは狂った国民を抑える事が
出来ずに破壊を司る神の力を使って滅びの呪文を唱えて
全てを消してしまったともいいます。
その時に逃れたのが私の先祖たちや沖縄の祖神などらしいです。

このときの民の多数は超能力まがいの力を持っていたのですが、
この多数の民が狂ってしまったので
神官や巫女たちの言う事を聞いて一緒に避難したのは軽蔑されて過ごしていた
少数派の超能力のレベルが低い人や超能力を持たない民だったそうです。

奈良県に海か湖があった頃に先祖がたどり着いていますので、
その頃の出来事だったらしいと思うのですが…。

612 :マコちゃん!!:2001/04/22(日) 01:43
わかった!!
「ランク王国」か!?
晶子の生き方を象徴する代表になるものと言えば
やっぱりこれしかないもんな!!

613 :>611:2001/04/22(日) 23:31
超能力のことなら、西谷泰人先生著『 あっ!という間に超能力がつく!』を
お読み下さい。

614 :マコちゃん!!:2001/04/23(月) 04:00
進藤晶子の生き方は
まさに、これからが注目されるね。
もうテレビの世界から身を引くのか
それともフリーで復帰するのか?
地元の関西でという話もあるしね。

615 :T.O:2001/04/23(月) 21:39
>>611
私は、そのような話は知りませんが、
ここ10年くらいで、古代の歴史認識が、かなり変わってき
ているように思います。
日本の遺跡などを調べてみると、縄文時代に大陸と貿易していた事
が最近解かりました。
また、古代では、ないですが最近話題の、新しい教科書を作る会
の教科書など、今の時期は、ある意味隠れていた歴史が、暴露
されてくるという時期なのではないでしょうか。(ただ、
この教科書の評価については、私は、避けておきます)
また、沖縄の海の近くで見つかった遺跡らしき物もあと10年
ぐらいでかなり解明されるのではないでしょうか。
ですから、和霊さんの祖母さんが言ったような事も
近い未来に解明されるかもしれませんね。

616 :T.O:2001/04/23(月) 22:10
>>611
また、あまり参考にならないかもしれませんが、
以前、 インドで、岩がガラス状になっている場所があり
古代に戦争によってこのようになったのではないか。
と言うような事を、友達が話していたことがありました。
(ですからあまり、あてになりません)

また、エドガーケイシーは、アトランティスについて
医療技術が進んでおり、現代とは、ちがったエネルギー
を使っていて、超能力のような物を使っていたような
事を言っています。
(ちなみにピラミッドもアトランティス時代に作られたもの
で、医療などに使われていたなどと言っています。
1年程前にピラミッド建設に携わっていたと思われる人
の頭蓋骨に、高度な外科手術が行われていたことが、わかり
このことは、新聞にも取り上げられていました。)

ムーの事についてはあまり言及しておりませんが、太陽神
を、信仰し宗教的な国家のような事を言っていました。
(エドガーケイシーの言っていることは、あまり当てには、
ならないかもしれませんが、私の知っていることは、
このぐらいです)
言霊(呪文)については、ひみつさんが、詳しいのでは、ないでしょうか。


617 :ひみつ:2001/04/24(火) 00:21
ムー大陸というのは、諸説があって、私はあまり知りません。
沖縄=琉球について、一言だけ。
浦島太郎がたどり着いたのは、龍宮=琉球ではないか?
乙姫は音秘め、乙姫の衣装などは琉球の衣装に似ている・・・
そこでもらった宝物=華厳経or古神道の秘儀
とか言っている人がいます。

618 :マリア@和霊:2001/04/24(火) 01:26
T.Oさん。ひみつさん。ご意見ありがとうございます。
とても参考になります。

教科書の問題については、右翼が言う事も旧占領民の言う事も
どちらもある程度は本当として扱った方がいいです。
どちらにも大げさな部分があるのでは?とは思いますが。

虐めを受けた者は虐められた事を忘れませんが、
虐めをした側は虐めた事を忘れます。
また、虐めを受けた側は虐めた人が虐めを行う前に
良いことをしてもらっても忘れがちですが、
虐めをした側は虐めた人に良い事をした事もあれば
それだけを覚えてはいます。そんなものです。
私は日本の教科書には全てを書くべきと思います。
「新しい〜会」は悪い部分を誤魔化している部分があるのが
残念だったと思います。両方書いてほしかった。
これは、うちの職場お年寄りの痴呆が軽度だった頃に
聞いた話をまとめて考えた私なりの結論です。

ただし、従軍慰安婦に関しては口をそろえて言うのが
「慰安所は現地人経営が主だから分からない」
「軍と慰安所の関わりは上級階級でないと分からない」

スレ違い、またまた失礼しました・・・。

619 :ひみつ:2001/04/24(火) 19:58
従軍慰安婦について、一言だけ。
いつの時代も、どんな場所でも、従軍慰安婦(とは呼ばなくても)は、
いました。というより、させられていたのでしょう。
日本だけの悪習ではないはずです。
進駐軍に対しての日本人の行動を考えれば、
他国の人々が(いやでも)したことは、ごく自然の流れです。
(事の善悪は問わずですが)
歴史は勝者がつくるものなのは、古今東西を問いません。
もし、日本が勝っていたらとかではなく、
何十年かしたらもっとちがう評価になっていることは山ほどあるでしょう。

しかし、悲しい不幸は、人として嫌なものです。
従軍慰安婦問題などは、当事者も今の私たちも、悲しい話です。

620 :T.O:2001/04/24(火) 20:47
正直>>615で「新しい〜会」の教科書の事を記述するかどうか
迷いました。
この事に関しては、他のスレでめちゃくちゃになっているのを、見た事
があるからです。

ただ、他のスレで見た意見と比べると、和霊さんの意見は、非常に客観
的で、的を得ているように思えます。

(また、この件に関しては、私は今後、いっさいレスしません。)




621 :T.O:2001/04/24(火) 21:09
ひみつさんへ、
以前、他のスレで、いきなり割り込みレスして
すみませんでした。
私は疑問に思った事は、いてもたってもいられない
性格なのです。
それから、大本教のことに関しては、私は、まだ
霊界物語も読んだ事もありませんし、あれだけの
レスで、大本教の評価をする事は、絶対にありま
せんよ。
正直いって、皆、細かい事にとらわれすぎている
ように見えたので、からかいも含めて、冷たい水
でも、ちょっと流し込んでやろうかな、って思っ
たんです。部外者がいきなり、あんな事をするのは
本当に失礼なことってことは解かってたんですけど。(笑)
私も人間的にかなり未熟なものですから、この事は
できれば水に流してくださいね。
心配かけてすみませんでした。


622 :マリア@和霊:2001/04/24(火) 22:17
>>619その通りだと思います。
ゲイの世界では日常茶飯事です。
ノーマルの方でさえも色んな理由で、
そういう仕事に携わっている人は多いです。

芸能界にもそういう部分があると聞きます。
ずっとにお付き合いさせて頂いていた方が
世間に名前が出ている人ではないですが、
ある日すごく酔ってポロッと言ってました。
「絶対したい仕事の時お偉い方と寝る時もあるよ。
事務所の社長とも昔寝たよ。当時、自分に運も才能もなかったから
芽は出なかったけど」って。
それを聞いた時、私は否定できませんでした。

>>620いえいえ。ただ、私は両方の話しを聞いてまとめただけです。
お爺さん達も「戦友たちが狂っていく様子が時々夢に出る」
と言っていましたので、事実だと感じたのです。

私自身も性的虐待を受けたことがあります。
小学4年くらいから高校生まで、同級生・先輩・後輩の
男の人たちから受けた時期がありました。
とても辛かったですけど、お陰でそのような事を
軽く考える事は出来ません。
ただし、彼等には彼らなりのいろいろな問題を
抱えているせいで狂っていただけということも
分かっていましたので別に恨んでません。
その多数は、その年頃ですから家庭に問題がある方が多かった。

普通に結婚生活を送っていると風の便りで聞くと
ホッとしたりもします。
でも、その中には自殺した方もいますので悲しいです。

623 :>622:2001/04/25(水) 01:04
いじめの原因は悪因縁です。すぐに救霊を受けて下さい。

624 :ひみつ:2001/04/25(水) 06:33
T.Oさんへ
はい、わかっています。
確かに、細かいことばかりを言って、自分こそ大本をわかっているつもりで、
私が王仁三郎を自称しているとまで言う人がいるくらい(笑)の場所ですが、
そんな人たちも含めて、存在できる場所でもあります。
いつも言っていますが、全てを受け入れる気持ちを持つことが、
神道(大本を含め)の大事なポイントです。


625 :TO:2001/04/26(木) 20:04
ひみつさんへ、
今、大本のスレ見てきました。
大本の人たちってすごい人たちがそろっていますね。
感心しました。
笑い座ですか。確かに!
今回の事で出口王仁座三朗さんのことに、かなり
興味がわいてきました。

和霊さんへ、
他のレスでかなりしめったレスしてしまいました。
ちょっと後悔しています。

(また、スレ違っちゃいました)

626 :すぐに:2001/04/26(木) 20:34
『いじめられなくなる本 』新田亮介先生著 たちばな出版刊を読んで下さい!

627 :TO:2001/04/26(木) 21:59
>>626さん
あなた、なかなかおもしろい人ですね!。(笑)
最近、好感もててきました。

628 :マリア@和霊:2001/04/27(金) 00:19
>>625いいえ、いいですよ。
あのスレはすっかり人気なくしてしまったから、
ご自由に使えばいいと思いますよ。

629 :TO:2001/04/27(金) 01:38
>>628
最近、理解者がたくさんいるってことに、
気づいたんです。
マリア和霊さんには、本当に感謝しています。
なんとなく神道って何か、解かってきたような気がします。

630 :名無しさん@1周年:2001/04/27(金) 18:58
もっと深く解るように、深見先生の著書をお読みください。

631 :TO:2001/04/27(金) 21:24
マリア和霊さんの祖母さんの話は、初めは、アヴェスタ関連
だと思っていましたが、沖縄にもかなりかわった歴史や神道
のような物があったんですね。
日本本土の神道と沖縄の神道見たいなもの、とは、どのように
違うのでしょうか。
知っている人がいたら教えてください。

632 :マリア@お釜:2001/04/27(金) 21:24
中身はみんな一緒じゃん(ぼそっ)>630

633 :ひみつ:2001/04/29(日) 07:04
三千世界の烏を殺し、主と朝寝がしてみたい。

634 :ハァ?(゚Д゚)y−〜〜:2001/04/29(日) 07:28
おくれてスンマソ、民俗寄ってきたもので。
黒住教についてちょっと知りたいと思ったので。



635 :TO:2001/04/29(日) 09:21
>>1番さん

申し訳ございませんでした。
>>625>>621は完全にマナー違反でした。

心から反省しております。

636 :TO:2001/04/29(日) 11:42
ひみつさん、634番さん、いま他のレス
見てきました。

>>635
は、全くの偶然です。


しばらく、これらのテーマから、離れておきます。


637 :マリア@和霊:2001/04/29(日) 13:53
>>629私は何も…。質問しかしていません。
>>631祖母の話しもどこまで本当だか分かりませんよ。
多分マリアさんの神社にも同じような事が伝わっているかも
知れませんけど、昔の事はどれが本当かは分かりません。

>>All神道には信仰の原点がまだ残されているように感じますね。
キリスト教は教義論争に明け暮れる内に、イエスの説いた原点が
だんだん見えなくなってきたように感じます。
みんなが盲目になってきてしまった部分があると感じます。
信仰の原点をみんなが取り戻せれば良いな…と感じます。

638 :とおりがかり:2001/04/29(日) 14:24
>>633
 からすをも操って世界を飛びまわる鬼太郎
 で、私なら主と一緒に朝寝坊を楽しみたい。



639 :マコちゃん!!:2001/04/29(日) 17:03
蔑ろかい!?

640 ::2001/04/29(日) 18:13
>>632なんだそりゃ〜

641 :連休にはぜひ、:2001/04/30(月) 22:15
伊豆大仁の皇大神社を参拝しましょう!

642 ::2001/05/02(水) 04:28
神道という生き方。素晴らしいスレですね。
最近は失われてきましたが、
日本人的生き方=神道
と私は解釈しています。
普段の生活の中にこそ、この神道という生き方がある。
無心に働くこと、その働き方そのものを目的に働く。
その気持ちよさがいま、忘れられています。
何か他に求める必要はない。
日本人として生まれ、日本人として生活することの
素晴らしさを、いまこそ求められているのだと思います。
日本人として「神道としての生き方」
を実践しようではありませんか。

643 :>642:2001/05/02(水) 22:22
その通りですね。ですから、そのためにも救霊を受けて下さい。

644 :マリア@和霊:2001/05/02(水) 22:59
上の人悪いもの憑いてなさそうだから大丈夫だと思うけどな…。

645 :お知らせ:2001/05/03(木) 00:01
横レス失礼します。

>このスレでご活躍のみなさん

この度、新しく神道に関する質問、仏教に関する質問について、
内容を専門化した質問箱を用意しました。
質問がなされているのをお見かけになったりしたとき、博識のみなさまに
答えていただたりしたなら、幸いです。
どうかご記憶の片隅にでも留めておいていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

☆ 神道・仏教 @ 質問箱 ☆
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=988650860&ls=50

この質問箱から、神道の世界に興味をもっていただける方が出てくれることを
願っています。

646 :はるひさ:2001/05/03(木) 12:24
救霊を受けてください。
料金もすごく安くなっていますよ。
これも日本経済デフレーションの悪しき雛型かな

647 :>644:2001/05/03(木) 21:17
いいえ、先祖代々まで遡れば、沢山の業があるんですよ。ですから、救霊を受
けて、御先祖様を救って下さい。

648 :ひみつ:2001/05/03(木) 21:35
救霊師さんになって、三百万円ぼったくられた人を、
誰が救うのですかね・・・

649 :名無しさん@1周年:2001/05/03(木) 21:44
>>634,635,636

http://green.nttec.com/study/355/shukyo.html

650 :名無しさん@1周年:2001/05/03(木) 21:46
http://green.nttec.com/study/bbs/read.cgi?BBS=355&KEY=988806177&START=1&END=1

651 :>648:2001/05/04(金) 21:34
救霊で人を、また霊を救うことで徳を積み、霊層をあげるのです。

652 :マリア@和霊:2001/05/04(金) 22:18
300万もかかるん!すげ〜な。
深見さん、儲けまくりやね。

知り合いのオカマの霊能師の方なら無料ですけど…。
「ご奉仕させていただいてなんぼのもんやないの。
うちらはそれで徳を積ませて頂いているんやから。
お金取る人はそういうのを職業でやってる人やわ。
でも、正しい神さんの世界は
ギリギリの生活費以外は稼いだらあかん規則のはずよ。
荒稼ぎさせてるのは偽者か人霊の類と違うかしら?」
とか言うてはったけど…。

その人を見たら鴨川かなんかの
水に関係する女の神さんがいてはりました。
「お久しぶり」といわれたけど、私には?でした。
その姉さんは
「その内あんたにも何か良く分かる時が来るわ。アハハ」
と言って酔っ払って店で寝てしまわはりました。

653 :はるひさ:2001/05/04(金) 23:24
救霊を受けてください
みすずがやばいんです

654 :名無しさん@1周年:2001/05/04(金) 23:42
>653
放っておいたほうが世の中のためです。

655 :ひみつ:2001/05/04(金) 23:57
>652
最近、キャラ変わってきましたね。


656 :マリア@和霊:2001/05/05(土) 12:37
ちょっと2chにも慣れてきました…。

657 :名無しさん@無宗教:2001/05/05(土) 12:49
神さまは、お金を使いませんし、それを求めることもしません。

658 :マリア@和霊:2001/05/05(土) 23:01
>>657何となくうちもそれ分かる気がする。

659 :ひみつ:2001/05/06(日) 00:11
カエサルのものは、カエサルへ

660 :マリア@和霊:2001/05/06(日) 00:21
神のものは神へ

661 :ジン:2001/05/06(日) 01:03
生活費ぶんぐらいはうけとってももよろしいのでは?
というか当然のことです。生きて行かなくちゃ。

662 :名無しさん@1周年:2001/05/06(日) 05:36
古神道の神職は、どうだったんだろう。
がっぽりか、つつましくか…

古神道の神職の、生活はどのようなものだったのでしょうか?
少し気になりますです。。




663 :マリア@和霊:2001/05/06(日) 10:40
私の先祖は巫女さんやから、古神道の神職さんに入れて
どうなんか不明やけど、贅沢という概念を知らなかったみたい。
自分の田畑と神様へのお供え物を作る場所があったらしいけど、
でも、神事の加減で結局は「ついでにしとくわ」と言われて
近所か一族の人かに手伝ってもらってた事が多かったみたい。

それから、どこからどう回ってきたのか不明やけど、
中国からは毎年着物を貰ってたみたい。
ただ、それは祭礼用で普段は他の人と同じ着物を着ていたらしい…。

664 :ひみつ:2001/05/06(日) 23:10
>>662
古神道というのがどの時代をさすかで変わりますが、
古代なら、「まつりごと=政=祭りごと」つまり、政治をつかさどる事の、
一番大事なことは、祭りごとをすることだったので、国家予算でしょう。
実際、マッカーサーの神道指令までは、公務員でしたから。

665 :名無しさん@1周年:2001/05/07(月) 23:34
>>657 名無しさん@無宗教さん

神は金を求めなくても、神を維持するのには多大な金を要したかも。


>>663 マリア@和霊さん

贅沢という概念がないのが、古神道の素朴な世界なのかもしれませんね。
そういえば、今でも神式の結婚での結納は、昆布など質素な品物が多いですよね。


>>664 ひみつさん

「古神道」がいつの時代のことを意味するのか?
いつも問題になってしまいますよね。
やはり、仏教伝来前の、神道とするのが無難なようですね。
そうだった、
祭りごと = 政治
でしたよね。
祭りごとと言っても、いつもいつもやってたのではないような気がします。
普段は何もしてなかったようなイメージがありますが、いかがなものでしょうか?


666 :マリア@和霊:2001/05/08(火) 20:52
>>665>神を維持するのに…
そういうところもあったのでしょうね。
私のところも最後の聖地狐畑は本家の伯父の博打で手放す事になりました。
>贅沢という概念がないのが、古神道の…
他の事は知りませんが、少なくともうちの方では先祖が民の状態を見て
賄えるものだけお供えしていたようです。
神様は自然の法則を無視したような事はされないとの
考え方だったらしいです。

祭りごとについて先祖の考え方を書いてみます。
少し私の私情も入っているかも知れませんが、聞き流してください。
先祖は政を行うにあたって、様々な人の意見や様子を伺う事は
もちろん直接鳩の峯で神様に伺いを立てたり、それ程でもない事は
占いをしたり、星を見たり、動植物に聞いてみたり、色々していたようです。
全ての分野の物事を知ることができるので、調整役だったみたいです。
今の天皇さんが祭事の事しかされないのは、私の家に伝わる
この言い伝えを鵜呑みにすると、良い事かも知れません。

その代わり、他の事はあまり出来なかったから、厳しく年貢を取り立てる
ような事が出来なかったようです。
それがかえって衰退を招いた要因になった可能性もありますが
「皆が幸せに暮らせれば良し」と考えていたらしいです。
(と言うより、我々の国は天皇家以降、いっさいの権力を保持しない事と、
鳩の峯の御物の探索をさせる代わりに、代々の権力者から
年貢を納める義務が免除されていたという噂も聞きます…。
その代わり、山間地でしたので納める物もあまり無く、自給自足が精一杯)

今の政治家の一部は「神」という言葉を多用しますが、
自分への正当性に使われているような気がする時があります。
我々国民が神の目を持って彼らを気付かせて
良い道をこの日本が歩くようにせねばならないのかも?
全ての人が神道でいう神、あるいは神の子孫なら。と思う今日この頃です。

彼らを権力の亡者にしている責任が我々国民もあると感じます。

667 :塩釜神社:2001/05/09(水) 01:36
宗教としての神道の限界 = 「棚からぼた餅」的な努力に基づかない幸せを願う宗教

ひたすら努力と変革と反省を要求する西方一神教に圧倒されっぱなしなのは確かですね。
じゃあ、神道に存在価値がないかというと、そんなことはないですけどね。
ただ、「神社」を見て「なつかしい」って思うようじゃ宗教としては危機的状態ですよねぇ。

668 :ひみつ:2001/05/09(水) 04:47
>>665
祭りごとは、現在までかかさず行われています。

以前は、公式な組織として、政治をつかさどる太政官と、
祭りごとをつかさどる神祇官があり、
また天皇は、毎日、神拝をしておられ、
それを伝える神祇伯、白川神道が伝えられています。
現在でも、皇居内で行われていると聞いています。

669 :名無しさん@1周年:2001/05/10(木) 22:40
深見先生も日々世界の平和を祈念していられます。

670 :はるひさ:2001/05/10(木) 23:10
>669
俺の頭の中は、金と女と名誉だけだよ


671 :名無しさん@1周年:2001/05/15(火) 18:17
「本当に神様の鎮座している神社教えて」
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=974299807&st=529&to=540
で、ワールドメイトの救霊詐欺の話があったのですが、
少し疑問があります。
この詐欺にあったという会員Aさんのレスを本当の話だとしますね。

現世利益を求めるのは、基本的に、古神道的ではない。

このように、このスレを読んで思っていたのですが、
この会員Aさんのような場合、古神道的にはどうしたら良いのでしょうか?
今の時代に、「古神道という生き方」を考えるとき、
すごく大切なことだと思います。

672 :名無しさん@1周年:2001/05/15(火) 18:45
亀レス、スマソ。。。
レスありがとう。

>>666 マリア@和霊さん

天皇制に反対の人も、賛成の人も、今日ぐらいは、
雅子さんのご懐妊をお祝いしたいですね。。
知ってる女性1人の、ご懐妊なのですから。。

>>688 ひみつさん

考えてみれば、今でも、天皇家の人ほど忙しい人もいないような気が…
浅薄でした。。
雅子さん、ご懐妊中ぐらいは、ゆっくりしていただきたいものです。。。


673 :マリア@和霊:2001/05/15(火) 19:29
>>672確かに。久々のいいニュースでした。
男の子でも女の子でも言いから、元気でよいお子さんやったら
よろしいですね。

このお子さんが女のお子さんで、なおかつ正しいお方なら、
ひょっとしたら楽園の国の御物を使えるお力を
お持ちかも知れません。
ちょっと電波的かもしれませんけど、それを期待します。

674 : :2001/05/20(日) 22:17
あげ

675 :名無しさん@1周年:2001/06/02(土) 21:58
雅子様の為にも、救霊を受けて下さい。

676 :名無しさん@1周年:2001/06/02(土) 23:54
http://green.jbbs.net/study/bbs/read.cgi?BBS=355&KEY=985482093&START=1&END=1

677 :名無しさん@1周年:2001/06/04(月) 17:40
>675
前回おポチ様が祈ったら、流産したからなあ

678 :>677:2001/06/05(火) 06:56
それは、会員の祈りが足りなかったからでしょ?

679 :名無しさん@1周年:2001/06/05(火) 08:51
>>677
ポチ様は、邪霊しか降ろせないからなあ。

680 :侍魂:2001/06/05(火) 18:16
俺が世界を変えてやるよ、覚えとけ悪いやつは許さんからな。


681 :ひみつ :2001/06/05(火) 23:00
祈らずとも天が助けるでしょうが、それでも祈りたく思います。
皇太孫が御無事にお生まれになられますように。

682 :名無しさん@1周年:2001/06/06(水) 20:07
皆さん、雅子様の為に人形を書いて下さい。

683 :名無しさん@1周年:2001/06/06(水) 20:24
人形は書きたい人が書けばよし。
天皇家の皇祖神と雅子妃の先祖神に祈れば良し、という人もある。

684 :会員A:2001/06/07(木) 22:41
>682
正確に言うと,神様、おポチ様,みすずのため
会員は金と貞操をささげてささげてささげ尽くすだけ
でもいつかきっといいことがあると楽しみに待っていたりもする

685 :>682:2001/06/08(金) 23:25
前から気になってるんだけどあなたなにもの?

686 :名無しさん@1周年:2001/06/09(土) 06:31
m

687 :ぜんし:2001/06/11(月) 06:57
>684

記録!

688 :山幸彦:2001/06/14(木) 00:18
初心者の低レベルな質問で、申し訳ないんですが、
神道の修行って、どんな物が、あるのですか?
恥ずかしながら、小生、最近まで、修験道って、神道と思っていました。
役の小角様って、仏教系の行者だったんですね。

689 :名無しさん@1周年:2001/06/14(木) 01:15
>>688

☆ 神道・仏教 @ 質問箱 ☆
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=988650860

690 :ひみつ:2001/06/15(金) 03:58
山幸彦さんへ

修験道は、神道(古神道)、仏教、密教、陰陽道、道教、神仙道などが、
交じり合って、一つになったもので、仏教系とされたのは後世の都合です。
役の行者にしても、その当時の残された文献を見ても、
仙人を目指す山岳修行者といえるものばかりで、
孔雀王呪経などは、道教にほぼ同じ内容の経典があることから、
かなり、神仙道の行者としての顔が見えてきます。

691 :山幸彦:2001/06/15(金) 17:19
>>690
ひみつ様、
有難う御座います。
なるほど!神仙道に近いという事は、修験道の祖でもあり、日本の仙人の祖!と考えればよいのですね。
確かに、弘法大師の経歴の中に、空白の時があり、役の小角(神変大菩薩)様に、鉱物などの錬金術を学んだ!
とされる説があるそうですが、やはり、仙人術を学んだのでしょうか。

692 :ひみつ:2001/06/16(土) 00:48
山幸彦さんへ

空海は、三教指帰という書物で、儒教・神仙道・仏教を比較して、
神仙道をかなり高く評価しています。


693 :名無しさん@1周年:2001/06/16(土) 00:53
特攻。


694 :ぽち:2001/06/17(日) 23:09
空海は水銀を飲んだらしいね

695 :>694:2001/06/19(火) 18:53
「ぽち」っていうのはやめてください。

696 :>694 :2001/06/19(火) 18:56
だから幻覚を見ていたのでは・・・

697 :名無しさん@1周年:2001/06/21(木) 15:39
AGE

698 :名無しさん@1周年 :2001/06/24(日) 18:09
行者は死後天国に往くことが出来ないので、やめましょう。

699 :仙薬:2001/06/24(日) 22:11
>>694 仙薬には水銀とか砒素とか常人には猛毒にしかならない物が多いですよね。
唐の李朝の歴代の皇室にも仙薬中毒での崩御・薨去が少なくないようです。

700 :名無しさん@1周年:2001/06/25(月) 22:24
危ないモノはやめて、旭薬局に相談しましょう。

701 :>688:2001/06/30(土) 20:02
「神を行ずる」のが神道です。「神人合一」そのものです。
深見東州先生の著作を是非、お読み下さい。

702 :名無しさん:2001/06/30(土) 21:24
>>701
>「神を行ずる」のが神道です。「神人合一」そのものです。
>深見東州先生の著作を是非、お読み下さい。
美食家海原雄山のモデル?の北大路魯山人はこう言いました。
ある時、能を見ていて弟子が説明しました。が魯山人は怒りました。
『そんなことは本を読んで調べれば誰でもすぐわかる!!
本当に大事なのはそんな外形的な知識ではなく、おまえが素直にどう
魂で感じたかを言え!!』
と言うようなことを言いました。
深見先生の本を読め読めと言われても・・・・
あなたがその本を読んで心からどう感じたかを書いてもらいたい
そうでなきゃ他の意地悪なアンチに馬鹿にされちゃいますよ!
『諺で師匠に杖につくな』と知りませんか!
あなたは本を読んでくださいと深見先生を杖にしています。
あなたがどう心から感じたか書いてもらいたいです。
ごめんなさい、701番さん
あなたに今必要な事を言わせてもらいました。
ごめんなさい、僕がこんな事を言う資格はありませんが・・・
神道を語りたいなら自然から物事を見出す感性を磨く事だと思います。
神人合一よりも芭蕉や西行さんや古事記、日本書紀、万葉集、百人一首
古代の人の信仰心を学ぶことの方が大事な気がする
これは僕の勝手な妄想です、ごめんなさい口が悪くて

703 :名無しさん@1周年:2001/07/01(日) 06:19
フカミが神道・・・考えたくもない。

704 :フカミ狂信者の妄言:2001/07/02(月) 07:16
【今日の神業?】→WM主催のものとは無関係ですので、念のため
かけまくもかしこき、祓戸四柱の大神たち
あまかけりくにかけりたまいて すがすがしく
これが神籠(ひもろぎ)に降りましませ〜

ほおお〜てやったら、後で
「モトツミクラ(元津御蔵だったか?)に帰りましませ〜」ってしないといけないし・・・

本物の神事じゃないので・・・割愛させて頂きました。
それに相応するほど祈ってないし・・・

705 :名無しさん@1周年:2001/07/02(月) 17:48
フカミ信者は神道スレに出てくるな。
WMスレでおとなしくしてろよ。

706 :名無しさん@1周年:2001/07/03(火) 04:21
神道スレは、全てフカミに汚され。。。

707 :名無しさん@1周年:2001/07/08(日) 22:39
深見先生の説かれる道こそが、真の神道です。

708 :名無しさん@1周年 :2001/07/09(月) 04:21
深見先生の説かれる道こそが、真の銭道です。

709 :奈々氏:2001/07/09(月) 05:07
>708
座布団1枚!

半田(深見のことだ)は昔、俺が行ってた頃、
まだ、あの西荻窪の徳田愛子(橘のことだ)の家に、家族で居候していた頃は、
よかったんよなあ。
あの頃は
「私たちはお金はいりません。青空の下でいい」
なんて泣かせること言ってたっけな。
俺は毎回ただでやってもらっていたよ。

無論、申し訳ないので、「2枚」は置いてったがな。
夜九時にお邪魔してさ、朝の6時まで付き合ってくれた。
感動したよ。あの頃は。

しかし、徳田愛子の大事にしてた指輪を預かって、
その日のうちに質入して飲み食いに使った馬鹿女がいた。
半田は顔真っ青にして指輪を取り返しにきたよ。
あの事件には笑ったなあ。

あの頃はよかったんだがな、今じゃこのありさまだ。
どうなっちゃったんかね。
銭道の力は恐ろしいね。

710 :k:2001/07/10(火) 20:55
age

231 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)