5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

阿含宗という宗教1(1-500)

1 :口下手番長1 :2000/09/15(金) 14:51

皆様へお願い
このスレッドは「阿含宗という宗教」の再現版です。
書き込みをなさらないよう、ご協力をお願いします。

「阿含宗という宗教」は書き込みが2000をこえたため、
現在読み込みができなくなっています。
これを分割して、再現しようという試みです。


2 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 14:59
1 名前: 口下手番長 投稿日: 1999/12/13(月) 17:50
皆さん阿含宗という宗教団体を知っていますか?
今では伝統宗教のようにふるまっていますが昔は自ら作ったインチキ
超能力で民心を惑わしあのオウム麻原を生んだとんでもない宗教団体
です。(オウム麻原と桐山靖雄を比べればそっくりであることに気が
付くでしょう)桐山靖雄の過去も疑わしい点があります。
偽ビール事件で実刑判決を受け、学歴詐称を行い(初めは早稲田の卒
業と偽り、それがばれると、日大の芸術学部と偽った)、実際は僧歴
もないのに、僧歴を偽るなどの悪行を行ったのです
現在も金銭の見返りに世界各国から勲章をもらうなどしてますし(池田
大作に模倣して??)インチキなノストラダムス本を書いてまた民心を
惑わし続けています。
皆さん、こんな宗教団体に騙されてはいけません!!
阿含宗の信者だった、もしくはそこの内部事情を知っている方ここへ書
き込みしていただけませんか?宜しくお願いします
また、私も阿含宗の資料が集まり次第ここへ書き込みいたしますので
どうか宜しくお願いします。


2 名前: しげ 投稿日: 1999/12/13(月) 18:51
読売新聞なんかに広告をよく出していたインチキ宗教だよね。


3 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/13(月) 19:13
元々小説家志望だったって話。だから、嘘、おおげさ、まぎらわしいことを書くのが
めちゃ上手いみたいよ。

はずかしながら、自分も騙された口です。
千座行すれば因縁が解けるって、当時は信じてたけど、今思い返せば
やってるこたライフスペースや法の華とかわらん。
うさんくさいことこの上ない。あの麻原も、千座行してたらしいですね。笑いました。


4 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/13(月) 19:15
以前出してたノストラダムス本には、

アンゴルモア=アーガマ=阿含宗、という伝言ゲームみたいなこじつけをしてましたね。

今回はどんなネタで勝負するんでしょう。


5 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/13(月) 23:05
age


6 名前: あぼ〜ん宗という宗教 投稿日: 1999/12/14(火) 00:16

何でも「あぼ〜ん」しちゃいます。


7 名前: あ、ごんぎつね 投稿日: 1999/12/15(水) 02:38
宣伝は派手だけど、やっていることは普通の新・宗教
と変わらない
俺は別に危険だとは思わん!
教祖は目立ちたがりだが、信者は真面目な人が多い。
ネタは面白いな、最近オカルトブームも去って
ネタ切れのようですな、HPが更新されず
最新情報、96年のまんま


8 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/15(水) 02:55
だいたい超能力とかなんとかで、
宗教やろうってのが、そもそも間違いなんだよ!
ところで、因縁って良く聞くけど、こんな曖昧な言葉
だけで、よく分からないまんま宗教なんかするなよ!
気軽に教団にはいってしまう奴よくわからん?
アゴンにかぎったことではないけど・・・。


9 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/15(水) 13:23
しっています?
ここ、信者の出入りはげしいんだよ。
本に書いて有るような、すごいこと教えてくれず
やっていること普通の宗教
ただ、お祭りだけ派手だね!
信者がオウムに流れたのは有名だけど、ほかに
真如宛や幸福の科学などにも多くの信者が流れているんだよ。
まあ、それだけ信者は自由ってことで、べつに目くじら
たてることはないんじゃないの。
好きな奴は適当に宗教しりゃいいんだよ!


3 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:02
10 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/15(水) 20:16
わたしも身近な人の死で弱りきってたときに、誘われて入会してしまいました。
ご宝塔?がまだ家にあって、どうしようか悩んでます。
あそこ(東京の総本部)にはもう行きたくないんですが・・・
9さんの言う通り、派手だけどフツウの宗教だと思います。
ナゼやる気をなくしたか、それは因縁解脱です。
誘ってくれたコが説明足りなかっただけかもしれないけど、
何回もやらなくちゃいけないとは聞いてなかった。(人によるらしいが)
一回ですむと思ってて。一回6万円ぐらいだったかな?うろ覚えですが。
そのころ自分の体調も最悪で会社辞めてたので、
経済的にムリだと思い、会費払込と本部道場通うのやめてしまいました。
ご先祖さまも許してくれるよね?と、少々心苦しいけどそう自分に言い聞かせて。
う〜でもふみたおしてる金は気になる、どうしよ。
2年以上経過してるけど、催促なんか何もありません。
ご宝塔の扱いどうしたらいいでしょか?


11 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/15(水) 20:27
まあ、被害金額は少ないから、その点、法の華とは違うけどね。
ただ、「因縁解脱」だの、あからさまな嘘を真実のように思いこませちゃう
とこはかなり危険。


12 名前: 10です 投稿日: 1999/12/15(水) 21:03
平成9年入会時の費用。
入会金   35@`000円
月会費    2@`000円くらい、載ってる書類不明
冥徳講  月 500×2で1@`000円 親の両家に対する供養?
解脱供養  100@`000円!!!だった。
↑勧誘した友人は6〜7回で終わったと、言っていた。
お焚き上げの、護摩木 100円〜100@`000円 これは一般の人もできる。
べつに高いのを勧められたりはしない。
書類がないけど、入会時にはもっと(十万くらい)払った記憶があります。
でも最低限の金額を選んだはずです。分割もOKです。
やろうとおもえば、沢山のメニューあります。
フツウの宗教だとは思うけど、ちょっとお金お金お金、です。
おどされたり無理やり勧められたりは決してありませんが。
毎月一回の道場での集会(お経を読んで、管長?のお話や救われた人の体験談を聞く)
の最後に、多額の寄付をしたひとの表彰?みたいなのがあって
(数十万から百万単位の人)そこにいやーなものを感じ、
親にもひどく反対されたのでやめました。
悪い事はしてないし、熱心に修行してる人を否定はしないけど・・・


13 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/15(水) 22:49
こぉゆぅ宗教やるぐらいなら、心理学勉強した方が、なんぼか益になります。

人生の悩みは、千座行や先祖供養やお梵き上げなんかで、解決しません。
宗教で悩みを解決しようとするのは、ただの現実逃避です。


14 名前: ななしさんです 投稿日: 1999/12/16(木) 01:07
杉山さんは宗教やる前に密造酒でつかまりました。


15 名前: >口下手番長さん 投稿日: 1999/12/16(木) 01:24
入所中に考えたという、念力で生木に火を点けるやり方。生木というのがミソで薬品を浸したものらしい。これに水をかけると反応して火が出る。護摩を焚く時に、お清めの水をふりかける。それからおもむろに念力を送っているようなパフォーマンスをする。
すると徐々に火が燃え上がってきて、それらしく見えるらしい。ところが薬品の具合が悪く、火が点かなかったことがあった。困った桐山氏は、懐からマッチを取り出すと、「こういうときは文明の利器を使うんだ」といって火を点けたそうな。
だったら始からそうすれば良いのに。そういえば日本奇術協会(だっけ?違ってたらゴメン。手品の協会のことだよ。)の会員だそうだ。どうりで、そんなこと考える訳だ。


16 名前: ちょっとウオッチャー 投稿日: 1999/12/16(木) 02:32
いくらなんでもそりゃガセネタだぜ!(日本奇術協会)
故、織田隆行とかいう坊さんと仲が悪くて、そこの
グループ(密門会だっけ?)の中傷のひとつだろう!
おれが聞いた話では薬品ではなくて、炉の中に
電気の仕掛けがしてあると言う話
薬品だと匂いがひどくてすぐばれる。まあ、実際念力を
見たという人は聞かないから、作り話というのが本当の
ところじゃないか。


17 名前: >奇術協会の方々 投稿日: 1999/12/16(木) 09:26
じゃあ、あれは?

護摩を焚いたら、その火が観音菩薩だかの仏様になった、とかいうのは。


4 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:03
18 名前: ウオッチャン 投稿日: 1999/12/16(木) 13:44
花火が仕掛けられているということだ。
でも実際は消防法の規制があって無理、
やったらすぐお縄だぜ。
火は形を変えて揺れ動く、なんとなくそのように見えた
というのが真相なのだろう。
批判本も、結構いいかげんな記述が多いだよな
ちゃんと取材すれば真相が見えてくるのに
けっこう、ふたを開けて見ればどうってこたあないもんだ。


19 名前: ついでに 投稿日: 1999/12/16(木) 13:57
透視についても、いいかげんな批判だな。
薬品で透かして見たとか書いてあったが、便箋や
原稿用紙に長々と書かれた信者の悩みごとを
一瞬で読み取るのは無理だろう、それこそ超能力だ。
ひそかに事前調査をすることと話術でそのように
演出した、というのが真相だと思う。
桐山氏は易者から宗教家になったようだからそのような
テクニックはおてのものだろう。


20 名前: 口下手番長 投稿日: 1999/12/16(木) 14:27
>10=12さん
どこかの信頼できるお坊さんに頼んで処分して貰ってはいかがですか?
しかし、阿含宗も創価学会同様にお金のかかる宗教ですねちなみに、罰
が当たるとかいって信者を脅すところも創価学会とおんなじですね。
貴方が阿含宗のやり方に疑問を感じてやめたのは正解です
金儲けに走る宗教団体にろくなものはありませんよ
>16さん
織田隆弘さんは桐山靖雄さんとは認識がなかったはず??
それに、織田隆弘さんは桐山阿含宗の実態を批判して、桐山さんに告訴
されたのですよ
>17さん
>護摩を焚いたら、その火が観音菩薩だかの仏様になった
そう見えるはずがありません。観音菩薩や仏様は我々の目には決して見
えないものですよ。もし、そう見えるとしたら、あれは魔の仕業ですよ。
それを写真にとって信者に売りつけた桐山さんは地獄行きですね


21 名前: ウオッチャン 投稿日: 1999/12/17(金) 02:22
織田隆弘氏が勝手に告訴されたって言ってるだけだね実際告訴はしていないはずだ。
アゴンを弁護するつもりはないが、罰があたるとか
言うような脅しは聞いたことないな。
まあ、教義に因縁なんとかあるけど、ありゃ脅しとは違う
火が仏に見えるって見る気になりゃなんだって見える
もんだ。
魔だのなんだのって、いう次元じゃないぞ。
金がかかるってどこも同じだろう
創価学会が金がかかるっていうことだが会費取らないぞ、まあ、寄付がすごいという話だが。
織田さん門下の人かな?異常に桐山を嫌うな。
幼稚な批判ははやらないぞ!


22 名前: 昼行燈 投稿日: 1999/12/17(金) 03:59
たしか、桐山氏は織田氏を告訴しています。(後に取り下げていますが)

念力の護摩の件ですが、空海(弘法大師)は伝説が多く、実際に口伝があるの
か無いかは不明ですが、弘法大師全集には「念力で護摩を焚いた」と云う
記述は見あたりません。
また、覚鑁(興教大師)が「念力の護摩を焚いた」と云う事実も見出せません。

桐山氏の著作「阿含密教いま(引用文は『オウム真理教と阿含宗』にもあります)」と、
増谷文雄氏の「原初経典・阿含経」(筑摩書房)を読み比べれば、面白い事が
分かるでしょう。

「阿含宗仏舎利宝珠尊解脱宝生行聖典」には笑わせて頂いています。
昭和三十四年七月十五日初版
昭和六十一年五月十日増補改訂新版台五刷
昭和六十二年一月二十日改訂版
小さく「他見ヲ許サズ」とあるので、お見せできないのが残念です。
ああっ、見せたい。

23 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/17(金) 14:07
なんで見せられないんだよ!
べつにいいじゃん。減るもんじゃないんだから、
笑わせてくれよ!
だいたい密教じたいが、インチキっぽいじゃないか。
あんなの迷信以外なにものでもない。
織田なんとかも桐山も同じ穴のむじななんだよ!
目くそ鼻くそを笑う(笑)


5 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:04
24 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/17(金) 14:20
なんで、2から12までの投稿けすんだよ!
まずいことでもあるのか?


25 名前: >24 投稿日: 1999/12/17(金) 14:37
初めての人ですか?
「レスを全部読む」をクリックすれば、全発言、閲覧できますよ…。

あごん宗への怒りはわかりますが、まぁ、そう興奮なさらずに。


26 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/17(金) 17:56
>16
奇術協会のの人とつてがあるのはホントだぞ。
薬品の臭いは香料とか護摩に使う火薬とかでごまかせるのでは?


27 名前: ウオッチャン 投稿日: 1999/12/18(土) 02:39
アゴンの幹部のかた?
いや、違うか、桐山氏にたしかめたの?
言うはずないか、反対派の織田氏グループの
言うことも、教法に関しては鋭い批判するけれど
桐山氏個人への批判は感情的すぎてあてにならない
どのような方とつてがあるのでしょうか。
火薬でゴマかせますかね?
火薬の匂いってけっこうにおうぞ。
いったいどのような薬品使ったのか?
それが、判明しなければなんともいえませんなあ。
告訴についても、されかかっただけで、けっきょく取り下げだろう。・・・されてないじゃん。
だいたい、密教と原始仏教を結びつけること自体
おかしいんだよ!
あごん宗の解脱宝生なんとかやらが、笑えるってあったけど、真言とやら訳の分からんくだらん密教だろう。
もはや、仏教ではないという人もいる密教 呪術信仰
かたや、現実主義的な釈迦の仏教
増谷博士の本を読まなくても、わかるだろう。
そんなことだから、アゴンにはいっちゃうんだよ。
へらへら笑える奴はしあわせだね。


28 名前: あごーん 投稿日: 1999/12/18(土) 03:02
あごーん


29 名前: 昼行燈 投稿日: 1999/12/18(土) 03:37
>ウオッチャン さん

この質問は昼行燈に対してでしょうか?
>告訴についても、されかかっただけで、けっきょく取り下げだろう。・・・されてないじゃん。
告訴されたいるのです。後に取り下げたのは、「・・・されてないじゃん」とは違います。
事実として「告訴された」と云うのと「されかかっただけ」では異なります。
結果は「・・・されてないじゃん」ですがね。まあ、ニュアンスの違いでしょうか?

>だいたい、密教と原始仏教を結びつけること自体
>おかしいんだよ!
そのおかしな事を平気で行うのが、「阿含宗」です。

>あごん宗の解脱宝生なんとかやらが、笑えるってあったけど、真言とやら訳の分からんくだらん密教だろう。
>もはや、仏教ではないという人もいる密教 呪術信仰
>かたや、現実主義的な釈迦の仏教
>増谷博士の本を読まなくても、わかるだろう。
その通りです。「阿含密教いま」で散々「釈迦の教えでは無い」と口を極めて罵っていた「大乗仏教」の
経典を平気で取り入れて、しゃーしゃーとしているから、笑えてしまうのです。
増谷文雄氏の「原初経典・阿含経」と「阿含密教いま」に記載されている文が、「てにをは」を変えて
いるだけで、桐山氏の説の如く書かれているから、「面白い事が分かるでしょう」と書いたつもりでしたが、
理解して貰えなかったようですね。世間では「剽窃」とも「パクリ」とも言います。

>そんなことだから、アゴンにはいっちゃうんだよ。
>へらへら笑える奴はしあわせだね。
私は阿含宗とは何の関係も在りませんし、入ってもいません。
南条文雄氏・増谷文雄氏・中村元氏を尊敬する、単なる仏典研究者です。

>桐山氏個人への批判は感情的すぎてあてにならない
私個人としては感情的で無い、学歴とか、伝法とかでは無い事実を
幾つか持っているのですが今回は沈黙です。30 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/18(土) 10:07
沈黙せずに書いてよ。
本では読めない、そんな情報を知りたいな!


6 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:05
31 名前: 口下手番長 投稿日: 1999/12/20(月) 13:38
>ウオッチャン
貴方は実は阿含宗のシンパ(または現役信者)
だろ!!
だから阿含宗に甘い記述になってるだな??
>昼行燈さん
22の件ですが、
>「他見ヲ許サズ」とありますが、それに背
いて皆に見せたらどんな罰が当たるというの
ですか??
こんなインチキ宗教に罰等当たる筈も無かろ
うに…………
むしろ、こんな仏教の教えに反するインチキ
宗教に入る、信じる、もしくは支持(支援)
する事に対して、仏様は罰を当てると思うの
ですが………
>29の件ですが、私も30さんと同様に
阿含宗に関する情報を知りたいそして皆に知
らせたいと思うのです。この宗教は創価学会
統一協会、オウムの陰に隠れてひっそりとし
ていますが、実は桐山氏の巧みな話術、筆術
に惑わされて泣き寝入りを余儀なくされている
方々が多数存在しています。脱会をしようと
しても、「因縁返し」(桐山氏創作の本来の
仏教に無いもの)による脅しにより、断念せ
ざるを得ない状況にあります。その被害を何
としても食い止めたいと思いこのスレッドを
立ち上げたのです。
私一人の力には限界があり、阿含宗の実態を
知るには殆どが参考文献に頼らざるを得ない
のですがしかし、ここの信者だった人や貴方
のように内部の事情を知る人がここのスレッ
ドに書き込んでくれることにより、阿含宗に
惑わされる人が目覚めて、脱会をし、阿含宗
の力を僅かながら削ぐ事が出来るのではないか
と思いますが、協力して貰えないのでしょう
か?どうか宜しくお願い致します。
最後に、阿含宗の存在を許すことが仏教、特に
真言宗のイメージにプラスとなるか、またはマ
イナスとなるかを皆さんはよく考えるべきだと
思います。


32 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/21(火) 15:19
真言宗?どうだっていいことじゃないか。
新興宗教も仏教も、もうなにも期待していないね。
オウムに対して仏教の側はどんな解決さくをしめしたのか?
有田さんが仏教側はなにもやっていないと怒るのも
むりはない。
見えてこないもの。


33 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/14(金) 23:30
阿含宗という「インチキ」宗教団体について。

阿含経には、人のものを盗むな!(戒律の一つ)と云うのがあります。
次の文は、人のもの(著作・知的所有権)を盗んで、平然としている宗教者の実態です。

  それはアーガマからはじまる
 むかし、といっても、わたくしたちの学生時代のことですが、「世界の四大聖人」とか、
「四大哲人」という言葉を、よく耳にしたものです。
 それは、ソクラテス、イエス・キリスト、ゴータマ・ブッダ、孔子の四人のかたがたです
が、おもしろいことには、この四人のかたがたは、そろって、ご自分ではなんにも書きのこし
てはおられないのです。ご承知の通り、たとえば、現在われわれがいうとことのソクラテス
の言行なるものは、プラトンやクセノフォンなど、その弟子たちが、ソクラテスの死後にお
いて書きつづったものです。イエス・キリストの場合もその通りで、やはりイエス・キリス
トがなくなったのち、その弟子たちが、それぞれの記憶に残るものをつづったのが、いまの
四つの『福音書』に編集されているのです。孔子もまた、同じくその弟子たちが語録をまと
め、それが『論語』となって、いま、わたしたちの机上に置かれるというわけです。
 仏陀の場合もまたそうで、その御生前にはなに一つ書きとめられたものはなかったので
す。やはり、いま述べた三人の聖者の場合と同じように、なくなられたのち−−それはなく
なって間もなくのことですが、その弟子たちが集まって、その師、仏陀が生涯において説
かれた教法、ならびに、時にのぞんでさだめられた生活上の規律、つまり教法と戒律とを編
集したのです。そして、そのときに編集された教法の集録を、仏教者たちは「アーガマ」(教
えの伝承)とよび、以後、仏陀の教団において大切に受け継がれてきたわけです。
  桐山靖雄著 阿含密教いま(平河出版社)より

次は、そのオリジナルを掲載します。


7 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:10
34 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/14(金) 23:34
 わたくしどもが学生時代のころ、わたくしどもはよく世界の四大聖人あるいは
四大哲人などということばを聞かされた。それはだれだれであるかというと、まず
西のほうからあげれば、ソクラテス、イエス・キリスト、ブッダ、そして孔子。
それらの人々を四大哲人とよぶことがひろくおこなわれておった。突然その
ようなことを申すのは他でもない。ソクラテスにしても、イエス・キリストに
しても、また孔子にしても、いずれも自分ではなにも書きのこしてはいないのである。
一々もうしあげるまでもないことであるが、たとえば、今日われわれがいうところの
ソクラテスの言行なるものは、プラトンやクセノフォンなど、その弟子たちがソクラ
テスの死後において綴ったものにほかならない。あるいはまた、イエス・キリスト
のそれは、やはりイエス・キリストがなくなったのち、その弟子たちがそれぞれに
その思い出を綴ったもが、いまの四つの『福音書』に編集されているのである。
さらにいえば、孔子のそれも、やはりその弟子たちがその語録をまとめたものが
『論語』となっているのである。
 そして、いまブッダの場合もまたそうであって、その生前にはなにものも纏めら
れたわけではなぁった。やはり、いまでいうところの三人の聖者の場合とおなじように、
その亡くなったのち−−それは亡くなってから間もなくのことであるが−−その弟子
たちが相あつまって、その師がその生涯において説かれた教法、ならびに、時に
およんでさだめた生活の規律、つまり教法と戒律とを編集したのである。それは、
いまわたしが事新しく申すことではなくて、昔からちゃんと経典にしるされている
ことである。そしてそのときに編集された教法の集録がほかでもないこの「阿含経」
である。  増谷文雄著 原初経典 阿含経(筑摩書房)より35 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/14(金) 23:58
次回は桐山家の系譜についての記述を検証します。

 「じつに悲惨過酷な実話である。」
とか
 「これはほんとうのことである」
と書かれた事柄が、「真っ赤な嘘」で有ることを明らかにしてみます。

出来れば、上記の二著作は是非お読み下さることをお願い致します。
さまざまな「パクリ(剽窃)」が明らかになるでしょう。36 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/15(土) 10:43
パクリったって、なにをいまさら、
彼のこの本、引用文と言い分けのやつでしょう。
べつに目新しい訳じゃ或る舞し。くだらない!


37 名前: つちふまず 投稿日: 2000/01/15(土) 11:09
おーおー!
あいかわらず叩かれ貶されておりますな、桐さん。


38 名前: 口下手番長 投稿日: 2000/01/15(土) 15:40
有難う御座います、昼行灯さん
私も出来る限り資料を集めたいと思いますので
今後とも宜しくお願い致します


39 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/15(土) 23:21
引用文は、ちゃんと「引用」と断って書いてあります。
引用と断ってあるなら問題にはしません。
引用と断って有る箇所は「一字一句」違いません。

引用では無く、他人の文を一部細工し、自説の如く発表することを
「剽窃」と言います。

この件で連絡を広報部に連絡を入れた折り、
「このことは内聞にお願いします」とお願いされましたが、
何故なのでしょう?「今後は、引用で有る旨明記します」と
言われたのは、それからすーっと後のことでした。


8 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:12
40 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/15(土) 23:53
更に云えば、桐山氏が「阿含宗」を立宗したとき、「阿含経」を読んでいなかったのは
明らかです。「阿含経」についての認識も満足では無かったことも、『阿含密教いま』
13頁から16頁までの文と、『原初経典 阿含経』67頁から70頁を読み比べれば明白です。

一部引用しておきます。
『原初経典 阿含経』より
「第三には相応部経典であって(中略)そこには七千七百六十二経があつめられておる」
次ぎに
『阿含密教いま』から
「第三には相応部経典で(中略)そこにはなんと七千七百六十二経がかぞえられます」
パーリ語相応部では二千八百七十五経。漢訳雑阿含では千三百六十二経と云うのが
妥当な数値です。大正新修大蔵経では通し番号がふられ、1362で終了しているのですが、
読んでいれば、当然、その番号が経の数を表していることを知っている筈です。

経典も読まないで、都合の良い処を盗んでいるのが「一目瞭然」の「立宗の書」なのです。

本当に次回は桐山家系譜の嘘を『人は輪廻転生するか』から明らかにします。


41 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/16(日) 09:31
今年も2月11日に星まつり決行だそうです。
桐山氏も、いい年なんだから火遊びを止めたらいいのに。


42 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/16(日) 09:48
だから、アゴンは火遊びが売りだって。
阿含経云々って言ったって、知らん!
楽しいならばそれでいい、
べつに一宗たててもいいじゃん。
新興宗教なんだから、伝統宗教の一つだというなら
問題だとおもうが。


43 名前: 偏平足 投稿日: 2000/01/17(月) 20:02
>つちふまずさん
新興宗教のくせに阿含経などという聖典をもってきて
えらそうなことを言うから叩かれるのです。
天声とか霊言とかいってれば・・・
そうですね、馬鹿にされますか、やっぱり(笑)。


44 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/17(月) 23:39
昔は、東京慈恵会と言ってました。
たしか念力という本が売れて騙されてしまいました
青山に瞑想センターがありまいたね。


45 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/18(火) 02:17
『人は輪廻転生するか』154頁〜160頁を引用

 わたしの母方の祖父は、武士であった。
 信州某藩の剣術指南番の家柄に生まれ、若い頃、三年間、江戸に留学して神田お玉ケ
池の千葉周作の門に入り、免許皆伝となった。かなりの腕であったようだ。
 鳥羽源一郎といい、のち、浪人して桐山家に入り、桐山姓となった。
 この祖父が、明治維新に際し、勤王佐幕の争いで、二人の家中を斬った。殿様の命
による上意討ちであった。
 祖父は二百五十石の上士で、佐幕派であった。 (中略)
 何回か出撃して、全部で十八人斬った。そのうち、じっさいに祖父が手をかけたの
は、二人だったという。 (自賛が続くので中略)
 しばらくして、藩論が急変して、勤王派が天下をとった。勤王派のクーデターが成
功したわけで、そうなると、殿様などというものは、いいかげんなもので、今度は、
祖父たちが佐幕派の上意討ちの対象となった。
(中略)
 この桐山家のその後の状況を見てみよう。

引用終わり

 嘘である。信州十一藩に、このような事実は無い。
1995年の夏休みの2ヶ月、信州を回り、歴史博物館や、各図書館、郷土史家を訪ねて
伺ったが、「そのような事実はありません」と一笑に付されてしまいました。
「そのような事実があれば、斬られた家中のご遺族も、何らかを伝えている筈でしょうが
聞いたことはありませんし、その記録も、各藩史にも残っていません」

との事でした。
  

9 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:13
46 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/18(火) 02:44

更に引用

 わたくしは、若い頃から運命学を学んで、自分に「刑獄の因縁」のあることを知っ
ていた。
(中略)
 わたくしの場合もそうであった。気がついたら、酒税法違反という罪名で起訴され
ていた。
 わたくしが、もっと素直に、そして冷静に行動していたら、罰金だけか、悪く
いっても、執行猶予はついていたであろう。

引用終わり

 桐山氏は『キリンビール』という、偽ブランドのビールを造っていたのです。
起訴されたのは、「酒税法違反」「私文書偽造」「詐欺罪」で実刑を受けています。
罪の重いのは残りの2つですが、それには一切触れていません。
確かに、「酒税法違反」だけなら『罰金か執行猶予』かも知れませんが、3つもでは
『冷静に行動して』していても、露見すれば実刑でしょう。
今ならば、「商標権の侵害」でしょうか。つまり、得意の「パクリ」です。
 その教訓も活かせず、相変わらす「パクリ」を続けているのは先祖の悪い遺伝子
なのでしょうか。
彼の得意とする「ソンディ博士の理論」のいうところの
「子孫の無意識の意識のなかに抑圧されている特定の祖先の欲求」
とは、このことでしょうかね。47 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/18(火) 02:58
信州某藩の件で問い合わせた(阿含宗・広報)ら、

「管長が霊視されたて、言われているのだから・・・」
との答えでしたが、有りもしないことを「霊覗」出来るのでしょうか?

>べつに一宗たててもいいじゃん。
>新興宗教なんだから、伝統宗教の一つだというなら
>問題だとおもうが。
一宗をたててもかまいませんよ。
他の宗派を「偽の経典に基づいて立てられた」等と言わなければ。
自分は「パクリ」で阿含宗を作りながら、他の宗派を非難する根性が情けないし、
嘘を垂れ流して「金儲け」に奔走する姿があさましいと申し上げているのです。

阿含経に基づく「戒律」には、出家修行者は「金銭に触れても、蓄えてもいけない」
と説かれていますよ。「嘘をついてはいけない」「与えられないモノを盗んではいけない」
と云うことも。


48 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/18(火) 22:01
だからなんだって?
新興宗教に正しさを求めたいというわけ。
霊視だのなんだのは御伽噺にすぎない
だいたい、今時まだ阿含宗なんか本気で相手している
奴がいたんで可笑しくって!
まあごくろうさまでした。


49 名前: つづき 投稿日: 2000/01/18(火) 22:23
阿含宗も、まだ日本にチベット仏教や上座部仏教が
あまり知られていない時はいかにもそれらをやっているような雰囲気を作っていたが、本物のチベット仏教や上座部仏教が本格的な瞑想修行を伝えている現在、
もう終わったようなものだ。
まあ火祭り見物のお祭り騒ぎぐらいしか価値はない
桐山さんももう年だしもうすぐ引退だろう。
上の48ちょっと、はしゃぎすぎました?
言葉がキツカッタかな、いや決して馬鹿にしている
訳ではありません、すいませんでした。


50 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/19(水) 01:17
>新興宗教に正しさを求めたいというわけ。
正しさなんて求めてはいません。
この阿含宗については、私は既に解決している問題ですから。
しかし、オウム事件の折り、TVで大活躍だった「室生忠」と云う人など、
提灯記事を本にして(現在は絶版)「阿含宗」をもちあげ、大勢の人を迷わせた
と云う事実は、見逃せません。


51 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/19(水) 02:03
いんや>48,49さん
阿含宗てこのスレッドみるまで新興宗教とは知らなかったよ。
こんな人間もいるのだよ。
ま、新興宗教=金目当ての詐欺集団 とも思わないけど。
あなたのように知っている人間ばかりじゃないこと知って欲しいな、ということなんだ。
煽りじゃないよ、お願いだよ。

昼行灯さんのされてることは、阿含宗のことだけじゃなく、宗教はいかにあるべきか、という命題を掲げているように見えるんだ。


10 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:14
52 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/19(水) 02:37
どうだろう?


53 名前: ちなみに 投稿日: 2000/01/19(水) 05:39
今日全国発売のサンデー毎日は
「スクープ!陸上自衛隊のカルト対策マニュアルをスッパ抜く!」
(ちなみに、「対象」は、オウム、顕正会、統一教会)
が、巻頭特集だが、その直前のカラー・ページに、1ページまるまる、
桐山靖雄を大写しにした、「星まつり」の広告を阿含宗が打っていたのには、
大笑いさせてもらった。
「対策」なのかなあ、ふふふ!


54 名前: 応援団 投稿日: 2000/01/20(木) 14:41
あげとこうかな、これも。


55 名前: ナランツェツェグ 投稿日: 2000/01/20(木) 18:30
平河出版社は、商業ベースには乗りにくい、良い本もだしてるとこ
ろなんだけどな・・・。


56 名前: 昼行燈 投稿日: 2000/01/21(金) 04:46
>平河出版社は、商業ベースには乗りにくい、良い本もだしてるとこ
>ろなんだけどな・・・。
確かに良い本も沢山あります。陀羅尼事典なんかは愛用しています。
でも、桐山氏の著作は「全て」噴飯モノと断言しても良いでしょう。

>48&49さん
阿含宗に関しては、私の中では終わっているのですが、情報を求める人が
いらっしゃったのでUPしただけです。

>51さん
フォローをありがとうございました。
そんなだいそれた事でも無いのですが、感謝します。
 
57 名前: かっこー 投稿日: 2000/01/26(水) 00:09
昔お付き合いしてた方が阿含宗に入っていました。ある時、その人に
30万貸して欲しいと言われ、私がその時出せる金額は20万が限度だった
ので、それでもいいということだったので20万貸しました。
借金の理由は、車の運転をしていて違反でつかまって、それの罰金を
払うため一時的に、ということでした。夏、冬の2回のボーナスで
10万ずつ分けて返すという約束でした。
1回目はすんなり返してくれたのですが、2回目はなかなかすんなり
返してくれなかったのでこちらから請求したら、
「もともと君のために使ったお金なのに、請求される筋合いはない」
といわれました。


58 名前: かっこー 投稿日: 2000/01/26(水) 00:13
(続きです)
どういうことかと確認したら、罰金というのは嘘で、私の知らない間に
身代わり修行というかたちで(正式な名称は知らないのですが)私の
名義の入会金を払っていたらしいのです。
その後、色々もめたのですが、一旦自分も正式に入信しました。
しかし、どうにもその経緯も納得できない上に、桐山氏の著書を
読んでも教義に賛同できない、行っていることは一般に聞く新興宗教と
何が違うのか分かりませんでした。
自分たちは歴史的には新興宗教の部類に入るが決してそれらと同じでは
ないと言いながらも、信者である彼はカードで借金を繰り返しながら
解脱供養という名義で多額の金額を納めていました。
自分の生活が出来なくなるほど宗教に金を使うという状況でも、
そうしているおかげで自分は幸せになっていると私に訴えていました。
1999年には本当に何かが起こるのだとも彼は言っていました。

結局彼とは別れました。私はすぐに脱会しました。
残った10万円は返してもらえませんでした。
どうにも納得できませんが、もう彼、彼らと関わりたくありません。
別れ際の彼の言葉は、
「自分は今までの修行してきたし、これから修行していくから、
徳が上がってきている。そうすると、修行していない人とは
徳が違ってくるから縁が変わってきてしまうから、別れるのは
仕方のないことなんだね」
嘘をついてお金を借りておいて、それを返さない人が
徳が高いとかそのような台詞を吐いて欲しくないものです。

ま、貸した私も馬鹿でした。一時的でも入信したのも馬鹿ですね。
今振り返ると。


11 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:15
59 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/26(水) 02:30
こういう馬鹿がいるから宗教は嫌なのだ!
こんな問題はアゴン宗だけではない!
なにが、徳が上がってきているだ。
社会倫理も守れない奴に徳だとか言う言葉を使って
もらいたくありませんね。

かっこーさんは悪くない、入信したと言っても馬鹿彼が
勝手にやったことでしょう、もともと信じていなかったの
だから入信した事にはなりませんよ。可哀相に
もう変な男に引っかからないように!


60 名前: ふぁるこ 投稿日: 2000/01/27(木) 01:17
僕は阿含宗の信者です。
かっこーさんの付き合って方は明らかに間違っていると思います。
桐山靖雄氏もこのような話を聞いたら悲しむ事でしょう。
阿含宗では決してそのような事を推奨している訳ではありません。


61 名前: 、 投稿日: 2000/01/27(木) 02:29
星祭り


62 名前: >58 投稿日: 2000/01/27(木) 02:50
うーん、まあ悪い人はどこの教団にもいるとおもうよ。
キリストのすぐそばにもユダなんていたし。

ところで桐山先生の前世ってなんなんですか?

63 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/27(木) 12:39
ふぁるこさん、こんちは!
星祭り案内してよ
2月11日京都でやるのは知っているけど、時間は?
何時から何時までどの時間帯に参拝したらいいの?


64 名前: ずっと前の信者 投稿日: 2000/01/27(木) 14:21
阿含宗か・・・懐かしい
学生時代、入信してた時期がありました。

今振り返って思うことは
まぁ金はかかるけどそれが「心の癒し」に繋がるんであれば
結果的にはいいんではないかとは思います。

あまりに金がかかるんで学生には辛くて結局辞めましたけどね。


65 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/28(金) 02:06
信者にならず、お参りだけやってます。
参拝けっこう自由なんだよね、ここ。
宗教団体は苦手!
星祭り、今年参拝します。


66 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/28(金) 20:49
入場料はいくらくらいでしょうか?


67 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/29(土) 03:26
参拝、見るだけならただだよ!
信者にならない理由のひとつ
お金使わずにすむから。


68 名前: ふぁるこ 投稿日: 2000/01/30(日) 00:36
>10

出来れば、阿含宗に持っていって、退会する旨を伝えた方が
良いと思います。今は、三田に移転しましたが...
別に無理に引き止められたりしないと思うので...
僕も昔、2年分ぐらい会費が払えなくて一回止めました。


>63
こんちは、僕も詳しくは知らないのですが、7:30〜って
会報には、載っています。


69 名前: VFR 投稿日: 2000/01/30(日) 12:59
ふぁるこさん、あなたは、明らかに、宗教的情熱の対象を間違えている。
もとより、仏教徒を名乗るなら、桐山なんて、詐欺師ではなく、ご自分で、
ダラニでも、唱えながら、山川で修行されたいかが?
長く書くと、また、論破しちゃうから、言わないけれど、原則として、
偶像崇拝にたる、じんぶつでもないし、兎に角、「法にしたがって、いきよ」
ということです。 ノウマク、サンマン、ダーマ     以上


12 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:16
70 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/01/31(月) 21:20
だれが、何を信仰しようと自由。
批判する側に立てば誰でも悪党!
「法に従う」より「自分に従う」べし。
自分自身の道が定まれば宗教なぞいらぬ!
                      以上。


71 名前: VFR 投稿日: 2000/01/31(月) 21:42
>70さん
それは、あなたの驕りです。まぁ、論議する気はありませんがね。


72 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/01(火) 18:20
>批判する側に立てば誰でも悪党!

がっかいなみですね


73 名前: ふぁるこ 投稿日: 2000/02/04(金) 23:04
>VFRさん
どう言う所が詐欺師なのでしょうか?


74 名前: 某信者その1 投稿日: 2000/02/05(土) 08:59
>ふぁるこさん、どうせ「○○の研究」とかいう批判本をネタにしているか
織田僧正んとこの信者さんでしょうから、放っておきゃいいいんだよ。念力とかは説明のしようがないし、どんなささいなこともいちいち揚げ足をとってこき下ろすし
いくら説明したって、どうせ悪党呼ばわりされるんだから、桐山管長のことはこととして、われわれ信者
にとって大事なことは、実践活動であり
実践をして社会にどう関わってくるか、それが阿含
の評価になっていくんじゃないのか?
桐山管長にただ頼るだけの信者ではなく、阿含の信者としての自覚のもと恥ずかしくないように信仰、修行
社会生活するようにすることが大事でしょうネ。
また、チベット仏教や上座部仏教がすでに日本に入ってきているから、阿含宗は終わったという意見がありましたけれど、アゴンにはアゴン独特の魅力があって信者やっている訳で、終わりではありません。
嘘だと思うなら、2月11日の星祭りを見学してみてくださいませ。


75 名前: こいつら↑ 投稿日: 2000/02/05(土) 09:29
最初からわかってうじゃん!阿含宗なんかで カキコしてる、ダメだね。
あっ俺もか。


76 名前: かっこー 投稿日: 2000/02/05(土) 13:33
………実践をして社会に貢献していくことで社会的評価を上げるということでしょうか?
阿含宗を信仰するかどうか云々は個人の自由です。否定する気もありません。
この国は宗教の自由を保障している国ですから。ただ、自分が巻き込まれなければ、の話です。

元彼氏は「修行をしていく時に、一番自分たちが形にできることはお布施をすることなんだよ」と
話していたことを思い出しました。前述したように、自分の生活を犠牲にしているような状況で、です。
ふぁるこさんがおっしゃるように、元彼氏のやり方が間違っている、推奨はしていないというものであっても、
彼は道場の中では「熱心な信者」と評されていたようです。数回一緒に道場に行きましたが、そこの偉い人?も
いつもそういうことを笑いながら話していました。
いずれは僧侶になるための学校(というのがあるのですか?よく分からないのですが)に入るつもりだと言ってました。
推薦はいつでもするよ、と話している状況でした。
「間違っている」と思われるやり方であっても、表面上はお布施をして実践しているという形を保っていることによって
結局は「熱心な信者」であり、周囲はそれを認めているようにしか見えませんでした。
阿含宗という宗教は、そんな人が本当に簡単に僧侶になれるのですか?
自分の彼女や親しい人から金を借りて、それを踏み倒してそれでもなお徳があがっているのだと言うような人が?

私自身、短絡的な考え方だとは思います。私が見ているのはごく一部の間違った例だったのかも知れません。
しかし私が関わった阿含宗というものはそんな世界でしかありませんでした。
そして、元彼氏を熱心な信者と褒め称える人がいたという事実がある以上、
私にはその彼が間違った例ではなく、阿含宗全般に言えることなのだと思えてきます。


13 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:18
77 名前: VFR 投稿日: 2000/02/05(土) 21:12
>73.74さんへ
あなたが、信じるならそれでイイじゃん(完全に、匙投げ状態)
まぁ、74さんであっても、本気で、密教を研究しているのか、
つまっり、龍樹からの空の理論を、桐山のおっさん以外の碩学の
古典を研究しましたか?と、問いたいですね。
 何も知らなくて、批判しているわけではありません。20年来の
信者の看護婦さんから、桐山のおっさんの本は読まされたが、なんで
法力の権化であろう因縁を本人以外が、10万円!!で、切れるの?
まして、仏教は、根本的に、偶像は否定しているのにですよ。
 オウムにも、言えることだけど、基本的な宗教教育をはずされた
この日本では、神道、仏教、イスラム、キリスト教のせめて、四大
宗教の基本教義ぐらいは、義務教育時に、教えておくべきだと思う。
 そうじゃなきゃ、みんな、自分勝手な付け焼き刃のインチキな教義
の似非宗教にかすめとられちゃうな・・・。まぁ、それも、カルマ
何でしょうけどね  爆笑!!! ほいじゃ〜ね。


78 名前: VFR 投稿日: 2000/02/05(土) 21:14
ごめん、普通四大といえば、ヒンズーが入ってきますが、ここは、
日本なんでね。(まさか、未だに、ヒンズーをバラモン教なんて
いわないだろうな・・・。)


79 名前: 某信者その1 投稿日: 2000/02/06(日) 00:18
>かっこーさん
率直にお話します、私自身生活を犠牲にして信仰しているつもりは、ありませんし、御布施することしかできないと言って、お金をだせばいいとは思いません。
私の周囲の人達はお金使う人そんなにいません
地方だからでしょうか?
そのかわり、神社などとの合同法要、その土地に関わる戦没者などの供養法要などさかんです。
いずれも、土地の人の協力が必要でして阿含宗だけ
ゴリ押しで行事など進めることはできません。
もちろん、ここに書き込む人達のように反対する人も
いるわけで、おのずと信者の人格、信仰に対する態度など問われることになります。そのような実践の事を
言っている訳で、お金などは関係ありません。
しかし中にはお金だして供養や祈願をたのむだけでいいと勘違いしている人がいることも事実でしょう否定は
しません、しかし本道とはちがいます。
すくなくとも、私は借金ふみ倒したりしません、第一信仰以前の問題ではないですか、その元彼、なにを考えているのか私にはわかりません。
元彼氏がどのような方だったか、またその周囲の方達が、どのような信仰の仕方をしていたかわかりませんが
そんな不道徳な人が僧侶にはなれません。
結構きびしいですよ僧侶への道は、
その元彼が迷惑をかけたことは阿含の仲間としては
非常に恥ずかしいことです。
私がどうこうしてもしょうがない事ですがあやまります。
どうももうしわけありませんでした。すみません。
>VFRさん
どうぞおおいに爆笑してくださいませ!
空の理論だけで悩みは全部解決、幸せな方なのでしょう。私は貴方のようなインテリではありませんので、
頭を使うより体を使う実践しかできませんものでして、
それに偶像は崇拝していませんよ。
インチキの偽宗教っていっても良いから星祭り来てよ!!!そんじゃね〜。


80 名前: VFR 投稿日: 2000/02/06(日) 10:11
>79さん
まぁ、遠慮しておきますよ。一応、あの護摩?法要の一回目から知って
ますしね。平河出版も知ってますよ。インテリなんて、初めて言われた、
ははは。
頭(理論)と、体(実践)は、行の両輪でしょ?どっちか一本なんて
可笑しいし、一応私も、瞑想者ですんで・・。ただの、批判者ではなく
一応、自分なりに通過してきたからこその、発言です。まぁ、ほかの碩学の
本を呼んだらどうですかの問いには、端から答える気はないようなので、
どうぞ、桐山のおっさんと、アゴンが言うところ星祭り?巨大なたき火?
のご奉仕に精を出してくださいな。でも、絶対に、私を勧誘して!!
皆さんと、お会いできて、お話出来る日が来ることを、非常に楽しみに
しております。  ほんじゃぁね〜 爆笑!


81 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/08(火) 14:28
通過してきた?
上の人も、もしかして元信者
アホらしい!
目くそ鼻くそじゃん、密教やる奴は変人が多い
気を付けましょう、みなさん!


14 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:19
82 名前: VFR 投稿日: 2000/02/08(火) 14:48
>81
違うよ、勧誘はされたが拒否してから、真言宗の坊さんから、いろいろ
と、高野山の資料を見せていただき、勉強したってことです。
誤解だけは、説いておきたいけど、密教には、確かに、変人は多いかも、
でも、是に書き込むあなたも、相当変じゃない?
仏教って、哲学だという人もいるけど、間違いなく、
単なる倫理や、論理を超える手段をもっているからこそ、
宗教として成立するんだと思うよ。


83 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/08(火) 14:58
変人観察がおもしろいからだよ!
アゴンの星祭り調べてみたら27回め
>法要の一回目から・・・なんだ、オッサンかよ!
しらけるぜ、もっと真面目に働け!


84 名前: VFR 投稿日: 2000/02/08(火) 23:05
>83
ちゃんと、働いているってば、厨房君、これにて退場!じゃぁ、しっかり
歳をとんなはれ。


85 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/09(水) 13:31
あげ


86 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/11(金) 15:16
いまテレビ神奈川で阿含星祭りやってる
ゲストが宍戸錠、三井ゆり。
仕事選べよなあ。。。

87 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/11(金) 15:28
上の続き
奈美悦子も出てる。
どうやら信者のようだ。

レポーターは松田純だった。


88 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/11(金) 15:44
また続き
CMも当然ながら阿含宗がらみ。
阿含宗、平河出版と光和食品。
光和食品は「密教食」なるものを売っていて、
オリゴ糖+核酸、アガリスク+イチョウ葉エキス配合だって。
どこが密教やねん。

89 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/11(金) 20:35
自分たちのところではそうやって密教食という名で健康食品を推奨し、
そのくせ他社の健康食品は説法の中で否定してるというのを
聞いたことがあります。いやはや。

90 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/11(金) 21:39
>オリゴ糖+核酸、アガリスク+イチョウ葉エキス配合だって。
人気の出てきたモノを何でもぶちこんでいるみたいだね。
初期の密教食の成分が知りたいね。
ただの麦焦がしだったりして。


91 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/12(土) 01:54
そもそも、密教食って何?何のためにあるものなのですか?
密教を信仰したりするためには必要不可欠なものなのですか?
で、それは信者の皆さんどれくらいの割合で購入して召し上がってるのでしょうか?
大体それが阿含宗の中ではどれくらいの価格で売買されてるのですか?
ちょっと気になります…。

92 名前: VFR 投稿日: 2000/02/12(土) 04:16
なんか、TMのアムリットみたいだな〜。
おいらも、たまたま、見ていたけど、桐山のおっさん、パワ〜落ちたな。
多分、2@`3年で、お得意の横変死だな・・・。荒井 注さんのほうが
はるかに、幸せそうな・・・・・・。m(__)m


15 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:20
93 名前: 密教食とは、桐山靖雄氏が密教の行の時に用いる
薬草(薬種)を元に考案した健康食品で、強い体力
と精神力をつくるために、また健康維持にも必要
な、ビタミン、ミネラル等が含まれています。

ふぁるこ 投稿日: 2000/02/12(土) 23:06
つづき・・・
一応、昔の密教食の内容が古い本に載ってたので、
玄米胚芽、小麦胚芽、・ほとむぎ、・黒ゴマ、
・黒大豆、クルミ、落花生、・ソバ、ヒジキ、
ワカメ、ニンニク、酵母、・山豆根、・枸杞末、
遠志、・甘草、椎茸末、・山薬、熊ザサ末、
・忍冬、・茯苓、・桂皮、竜骨、牡蠣、
・カヤの実、ハチミツ
・印が薬種として用いられているそうです。
(実際上の内容で販売されたかは未確認です。)
僕自身は、あまり口に合わなかったので、別のサ
プリメントで粒状になっている物を使用してます。
一応、会員だからといって、強制されたりは、し
ないので、念のため。


94 名前: つづき・・・
一応、昔の密教食の内容が古い本に載ってたので、
玄米胚芽、小麦胚芽、・ほとむぎ、・黒ゴマ、
・黒大豆、クルミ、落花生、・ソバ、ヒジキ、
ワカメ、ニンニク、酵母、・山豆根、・枸杞末、
遠志、・甘草、椎茸末、・山薬、熊ザサ末、
・忍冬、・茯苓、・桂皮、竜骨、牡蠣、
・カヤの実、ハチミツ
・印が薬種として用いられてい名無しさん 投稿日: 2000/02/14(月) 20:53
ピッピッピーヨコチャン。

95 名前: >89 投稿日: 2000/02/14(月) 21:05
そんなこたあ、ありません
他社の良い製品も取り扱っています。
なんてね、ほんとだよ。
でも、俺は健康食品には興味ない。

96 名前: ふぁるこ 投稿日: 2000/02/14(月) 22:36
つづき・・・
るそうです。
(実際上の内容で販売されたかは未確認です。)
僕自身は、あまり口に合わなかったので、別のサ
プリメントで粒状になっている物を使用してます。
一応、会員だからといって、強制されたりは、し
ないので、念のため。
あらし対策きびしいなぁ〜、やっと最後まで書けたか?

97 名前: パイン 投稿日: 2000/02/15(火) 00:49
>ふぁるこさん
結局@`ヒトの話は聞きたくないのね、どうぞ、そのまま、桐山詐欺しに
一生、騙されてくれ!ただし、ヒトの迷惑にはならんでくださいな。

98 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/16(水) 21:07
なんだ!VFRのおっさん
結局みてたんじゃんか!
べつにどうでもいいことだけど。
星祭り、真言宗や天台宗でもやってんだぞ知ってるか。


99 名前: VFR 投稿日: 2000/02/17(木) 14:07
>98
いやはや、見てましたよというより、TVつけたらやっていて、
宍戸のおっさんが、何でいるのかが不思議だった。
密教は、星も宇宙観の中に取り込んでいるから、真言でも、台密でも
やるでしょう!それに、空海の弟子を引っこ抜いたのは、天台だし。
でも、なんか、呑気な護摩?だったよな〜。あれで、いいなら、
何にも言うことはないよ。お幸せに>信者の方々

100 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/28(月) 17:49
最近、まったく昼行燈さんのコメントがないのが残念です。
昼行燈さんの調べた内容はたいへん興味深いものでした。
昼行燈さんに一つ検討していただきたいことがあります。
Hotmailなどで新しい公開用のメイルアドレスを取得して、
こちらからメールを送れるようにしてもらえませんか。


101 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/28(月) 17:52
最近、まったく昼行燈さんのコメントがないのが残念です。
昼行燈さんの調べた内容はたいへん興味深いものでした。
昼行燈さんに一つ検討していただきたいことがあります。
Hotmailなどで新しい公開用のメイルアドレスを取得して、
こちらからメールを送れるようにしてもらえませんか。


102 名前: > 投稿日: 2000/02/28(月) 23:22
今、日本棋院にかね出して囲碁界を乗っ取ろうとしてます。桐山はとんでもないヤツです。
かつてノストラダムスを利用し、オウムの源流を作ったことと言えます。


16 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:21
103 名前: パイン 投稿日: 2000/02/29(火) 02:26
口下手番長って、何処にいったんでしょうか?

104 名前: 我輩 投稿日: 2000/02/29(火) 13:52
 ↓この本が定番ですね。オススメです。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/cgi-bin/gwfind.cgi?W-NIPS=9950513936&USID=

 ↓こちらも有名な本。ただし絶版かも (T T)。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/cgi-bin/gwfind.cgi?W-NIPS=9860091528&USID=

 ↓は今やもう古典ですね。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/cgi-bin/gwfind.cgi?W-NIPS=9850243457&USID=105 名前: 元修行者 投稿日: 2000/02/29(火) 16:45
観音慈恵会時代より4年程在籍していました。結構、一生懸命修行していた方だと思います。

私が阿含宗から離れるきっかけになったのは、ローマ法皇に接見して勲章をもらった、などの事件があったことでした。
私は入信前に聖書を読んでいて、キリスト教の教義と阿含宗の教義に何の接点もないことをはっきりと知っていましたので、本当に怪しいと思いました。

阿含宗の信者の皆さんへ。桐山さん以外の本もしっかりと勉強しましょう。本物なら、どんなもので叩いても壊れないはずです。叩けば叩く程に真価が出てくる...そういうものじゃないでしょうかね。
最後に、私は桐山さんを恨む気は全くありません。それなりに勉強させてもらいましたから。少しでも教祖に恩がある限り、むやみに非難すべきでないと思います。それが宗教の基本的な心構えではないでしょうか。

106 名前: 武者修行者 投稿日: 2000/02/29(火) 17:03
しかし、まぁアレだ、
キミらは良くもまぁ宗教とかに引っ掛かるな?
趣味?


107 名前: 元修行者 投稿日: 2000/02/29(火) 17:16
病気だという認識を持たない者は薬を求めない。
汚れているという認識を持たない者は洗おうとしない。

武者修行者さんにはまだ時期が来てないということですよ、きっと。

108 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/29(火) 21:07
時期も糞もあるかね!
オカルトおたくが、ひかかってサギだ、いんちきだと
騒いでいるだけ。
宗教はそんな薄っぺらなもんじゃなかろうに。
すこしは自分の足元を見て人生考えろっての!

109 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/29(火) 21:23
まあ、アゴンにかぎらず、密教関係は、???だな。
迷信に近いものがあるな。
アゴン宗はただひたすらイベント娯楽宗教への道を
歩むのであった!

110 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/29(火) 22:58
>105 元修行者 さんへ

観音慈恵会から阿含宗になったのは1978年で、
バチカンは1985年です。
観音慈恵会時代から四年程在籍していて、
バチカンの件で辞めたというのは、
時間的におかしくありませんか。
もう少し詳しくご説明をお願いします。111 名前: イブ茶ん 投稿日: 2000/03/01(水) 03:48
あげ

112 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/01(水) 09:51
>110さんへ

ああ、そうでしたか。私が在籍していたのは1980年からの4年間でした。バチカンの話は少し交錯があるかもしれませんね。やめてからもしばらく桐山氏の著作は買いつづけていましたから。
私が入行したのは京都道場で、当時はまだ豊国神社の境内に間借りしていた頃です。確か、入り口には「慈眼寺」と書いてありました。
その頃はまだ「慈恵会会員」と身内を呼び合っていたように記憶しています。
確かに私の間違いかもしれませんね。

>108さんへ

そういう薄っぺらな信仰を持つ者達を、わざわざウオッチにいらして、御苦労様です(笑)。


17 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:22
113 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 10:42

>112 元修行者 さんへ

1978年以降もしばらくは「阿含宗観音慈恵会」を名乗っていたから
でしょう。
1980〜1984年というと、阿含宗が最も活気を帯びていた時期です。
自力の「修行者」が活動していた時期です。
すると、元修行者さんは大阪の吉田K氏はご存じですね。


114 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/01(水) 11:41
>113さんへ

>元修行者さんは大阪の吉田K氏はご存じですね。

ええ。良く存じています。はたから見ても気の毒な位、年がら年中、修行されてましたね。何度か、修行を御一緒させていただいたこともあります。
当時の会員の中では、修行の量だけから判断したら、吉田氏が次期管長だろう、なんて噂していました。
お元気なんでしょうか。

115 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 12:45
>114 元修行者 さんへ

吉田さんは確か1984年頃に辞めました。
辞めたとき、桐山氏が定例会で、
「おれは弟子に恵まれない」
と涙を流しました。
だが、弟子に恵まれないのではなく、
桐山氏は、単に、人の素質を見抜き、育てる
という普通の人が持っている能力が欠落しているだけです。116 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/01(水) 14:30
>115さんへ

余程のことがあったのでしょうね。
文字どおり、信仰のために命まで賭けている人でしたから。阿含宗でなくても、宗教者として立派な先達として尊敬していました。
持病を持たれていたようで、睡眠不足がたたってかなり悪化したことがあったのですけど、それでも「これは因縁の洗い出しだから」と一日も欠かさず修行されていました。

>「おれは弟子に恵まれない」
...恵まれなかったのは師匠の方ですよ。吉田氏は、結局、自分の宣伝要員として利用し尽くした挙げ句、使い捨てということです。こんな卑劣な男、宗教家と呼ぶ資格などない。


117 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 16:50

>116 元修行者 さんへ

吉田氏にはかなりの汚名が着せられました。
吉田氏のように、目立った活動をしていた人が辞めたり、
辞めさせられた場合、桐山氏は自分の行動を正当化するために、
相手に必ず侮辱、屈辱を与えます。
その内容はたいてい金か女、あるいは両方です。
「今までかばってやったが、しかたない。実はこれこれなのだ」
と、弁舌さわやかに話をしますから、
信者たちは桐山氏の言うことを鵜呑みにします。
性格のいい信者は、まるでそんな人はいなかったかのように無視し、
性格の悪い信者は、桐山氏の言葉を我が言葉のように繰り返します。
東京から「宿泊修行」に吉田氏の所に日参し、彼を崇めていた人から
話を聞き出そうとしても、古傷に触れられたように口を濁していました。
元修行者さんが知っている吉田氏に対する、次期管長といった
評価を考えれば、これは信じられないような変化でしょう。
信者にしてみれば、吉田氏を擁護するような発言をすれば、
桐山氏に反逆したことになるからです。
あれほど活躍し貢献した吉田氏ですが、退会した直後から、
まるで最初から存在しなかったかのように、
阿含宗からは消滅しました。


18 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:24
118 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/01(水) 17:19
>117さんへ

一度は師弟の関係であった恩から、教団に不利なことは一切伏せて言うまい、と思っておりましたが、考えを改めねばならないかもしれません。
私自身も三人の人を入信させていて、その方々のことを思い出すと心が痛みます。大したことを知っているわけではありませんが、私なりに真実を暴露して、カタを付けようと決心しました。
東京から「宿泊修行」では、私も当事者の一人でした。当時、横浜支部の支部長さんをされていた某氏とも一時懇意にしていました。本当に純粋な心を持つよい人でしたが、その後、音信不通になってしまいました。
その後の噂では、吉田流のスパルタ修行が地元では受け入れられず、支持を失ったということです。
元々、「宿泊修行」を指令したのは桐山氏自身ではなかったのか。結局は回りの人間が罪科をなすりつけられて消えていく。

今の信者さん達が坐っている畳は、霊眼で見たら、犠牲にされた先達の血の海で真っ赤ではないか。

119 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/01(水) 18:15
私が許せないのは、「私は前科者だが、改心して仏の道を進んでいる。こんな私でも付いてきてくれるのはありがたい。」と告白する師に共感を覚えて、がんばらねばと自らをむち打って
すべてを支えてきた弟子達を、単なるスキャンダルで追放して平気だという、その冷血性です(スキャンダルが本当のことだとしても)。
桐山氏が昔自殺しようとした時に、棚から観音経が落ちてきて、自殺を思いとどまった。その罪人さえも救ってくださるという
仏の慈悲に感銘を受けたからこそ、私は入信したのです。弟子達は、桐山氏の過去を承知の上で、それでも信頼し切って付いてきているのです。
それを「弁説さわやかに...バッサリ」ですか。あきれて物が言えない。

無限の仏の慈悲も、自分の都合のよい時だけなんだなあ。そんな自分勝手な仏舎利など、有り難くもなんともない。どうせ、また偽造したんだろうよ。

120 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 20:01
滋賀の支部か道場の幹部と他2、3人の信者が、京都での定例会か何か
に車で向かう途中、事故って死傷者が出たということがありましたね。
因縁解脱はどうなったという気がします。


121 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 21:03
おまえらがアホなだけ!
糞してねろ。

122 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 21:05

>119 元修行者 さんへ

桐山氏が熱心な信者に侮辱、屈辱でお返しするのは、
吉田氏に限ったことではありません。
私が記憶する中で、最もひどいと思うのは、1988年頃の
熊本道場、現在の南九州道場での600万円の横領事件でしょう。
KさんとNさんという中心の二人を含めて、
修行者が10人破門になりました。
職員による調べ方は一方的で、ある時、桐山氏直筆の破門状が
九州支部道場に張り出されたそうです。

無実を叫んでいたKさんとNさんには
失礼な仮定を許していただけるなら、
仮に、二人が横領したとしても、
熱心な修行者があと8人も仏の金を横領すると思いますか。
そんなことは常識で考えてもありえません。
しかし、桐山氏の透視能力によれば、10人とも
横領していたことになります。
伝法会(密教の行法の伝授)での信者からの質問に、桐山氏は
「証拠がある。裁判に訴えてでも取り返してやる」
と声高に断言していました。
裁判を起こしたとか、取り返したという話は聞いていません。

釈迦の智慧と慈悲を説いている桐山氏が、実際には、
人並みの智慧も慈悲のカケラもないのは、
もちろん彼なりの理由があるのです。123 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 21:11
ああ結局、オウムみたいにスパルタ方式で修行やろうとした馬鹿がいたんだ、こんな奴ばっかし、集まっていたんだね。純粋真っ直ぐクンは始末が悪いわ!


19 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:25
124 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 21:21

>120 名無しさんへ

一人が事故で亡くなり、さらにもう一人が後に自殺したと
聞いています。
精神的な面でのケアをしてあげれば、自殺などしないで済んだ
でしょう。
阿含宗は都合の悪い事には見向きもせず、「徳が足りない」
「因縁を出した」と信者のせいにして、フタをするだけで、
何の問題解決能力もないし、努力すらしません。
こういう事故を取り上げるまでもなく、「因縁を切る」
という桐山氏の教えが成り立たないのは、
桐山氏自身が脳梗塞になった事実を見れば、十分ではありませんか。125 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 21:29
そんでもって私たちは被害者です、ってか!
甘い、甘い、世の中なめていらあな。
仏の道に共感してだと、嘘をいいなさんな。
超能力を持って思うように生きたいという「力」を
信仰していたくせに。(それは君らがアマチャンだから)
桐山にくけりゃ仏舎利まで憎しか、(仏舎利には罪がないのに。)
結論、君らも同じだよ。いんねんげだつ?はどうなった。


126 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 21:40
なんだ、信者にも悪党ばっかり、そろっていたんだ!
教祖ひとりを悪者にはできないな。
やっぱり、そのなかの大悪党が麻原だったわけか、
そういや麻原も故郷は九州だったな。

127 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/01(水) 21:42
>125
経験者は語る、ちゅうやつかね?

128 名前: >(仏舎利には罪がないのに。) 投稿日: 2000/03/01(水) 23:55
>(仏舎利には罪がないのに。)

仏舎利って、歴史上実在したお釈迦様の遺骨でしょ?
ご遺骨が何でそうやたらめったら増えるの?

129 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/02(木) 11:32
仏舎利には「仏舎利」と「本物の仏舎利」があります。
前者は自称仏舎利で、後者は考古学的にたぶん本物だろうという
仏舎利です。
日泰寺(名古屋市千種区城山新町)の仏舎利は、
日本にある数少ない本物の仏舎利です。
これはペッペが1898年にインドのピプラハワから発掘したものです。
ピプラハワは、釈迦族の都・カピラヴァストゥの候補地の一つです。

阿含宗が持っている仏舎利のうち7粒は、
1986年にスリランカからもらった仏舎利です。
実際には三億五千万円で購入したと言われています。
この仏舎利も考古学的には本物だと言われています。

阿含宗で信者に分け与える仏舎利は、もちろん本物ではありません。
使われているのはムーンストーンです。
それに桐山氏が加持祈祷して、仏舎利として信者に授けています。
こういう内容は公開されています。

阿含宗には各県などに道場があります。
そこには真正仏舎利(本物の仏舎利という意味)が祭られています。
信者たちが500〜1500万円を寄付して、祭ってもらうのです。
前述のように、阿含宗には本物の仏舎利は7つしかありません。
台湾にも祭ったそうですから、国内には6つしかないことになります。
しかし、真正仏舎利を祭っている道場の数はこれをはるかに越えます。
道場で祭ってある仏舎利のほとんどは真正仏舎利であるはずがありません。
それでも、阿含宗信徒たちは、自分たちの道場は真正仏舎利を
祭っているのだと信じています。
信仰の力の偉大なところは、このように簡単な足し算、
引き算すらも無視してしまう点です。


130 名前: ふぁるこ 投稿日: 2000/03/02(木) 22:42
>128
偽物もいっぱいあるでしょうが、基本的に
分骨するからでしょう。

>97
書いている内容は目をとうしてますよん!


20 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:26
131 名前: パイン 投稿日: 2000/03/03(金) 02:04
じゃ、反論できないんですよね。
まぁ、期待もしてないけど、どうぞ、高い授業料を!

132 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/03(金) 12:00
阿含宗では、毎年夏に「伝法会」という研修を泊まり掛けでやります。その中に「密教占星術」の講義がかなりの時間含まれていて、
ビデオに移った桐山氏の顔を見ながら、口述される内容をひたすらノートに筆記するのです。皆、手が痛い痛い、と言いながらも必死になって
写すんです。全部筆記が終わるのに3年間位かかったと思います。つまり、3年間待たないと、その秘伝が使えないのです。

ある日、気学をプロに師事して勉強している親友に家に行って、よく似た内容の本があるな、と手に取ってみてびっくり
しました。何と、その本こそが桐山氏がビデオで棒読みしていた「秘伝」の正体だったのです。
友人に頼み込んで市価で譲ってもらいました。もう20年近く前のことですが、値段は確か8000円、
そんな秘伝書というほどの稀小価値があるものではない、と友人は解説してくれました。今も押し入れのどこかにその本は眠って
いるはずです。

その友人から、いろいろなことを教えてもらいました。天命殺は西川満さんの「天中殺」のパクリだ
(実際に引用された箇所も見せてもらった。この本も譲ってもらって愛読しました)、淵海子平を桐山氏は原書で修得したと言っているが、
実はある日本語訳本の誤訳をそのまま信じている(密教占星術Iで、彼が持っているという何とか格、というのは、原書で判断すると彼
の生まれ日には当てはまらないということでした。おまけに訳本の誤りの場所も解説してもらい、納得した)。

占術の専門家から見ると、桐山氏の知識はうさん臭いこと甚だしい、とのことでした。

133 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/03(金) 13:24
ふとした疑問。

市場に出回っている印刷物の内容を口述し、筆記させるっていうのは著作法違反にならないんだろうか。
「密教占星術講義」は伝法会の目玉のひとつなんだし、参加費だって何万円か払っているわけだから。
それよりも、今もああゆう無駄なことをさせているんだろうか、それが気掛かりです。

134 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/03(金) 15:19

>132 元修行者 さんへ

「密教占星術奥伝」
夏期伝法会の「密教占星術奥伝」の種本は、ご指摘のとおり、
「九星日盤鑑定要法 初伝」(斉藤擁道、東洋運命学研究会、1978年)です。
桐山氏は、他人の書いた本を、「密教占星術奥伝」とラベルを張り替えて、
信者から金をとって、講義というよりは、ただ丸ごと読んだのです。

桐山氏が伝法会で「密教占星術奥伝」の講義を始めたのは、
1978か1979年ですから、なんと釈迦の仏教を標傍する阿含宗を
立宗した後で、この詐欺的行為をやったことになります。

斉藤氏の本は、当時、神田あたりに出ていて、
占いの好きな人なら手に入れていました。
他人の本を丸ごと講義するという、簡単にばれるようなことを、
なぜ桐山氏はしたのでしょうか。

たぶん、桐山氏はこれが出版された本だとは知らなかった、
あるいは今でも知らないからです。
斉藤氏の本は手書き本です。
本をコピーして、表紙や奥付がなければ、
まるでだれかが筆記したノートのように見えます。
おそらく、K書店あたりの古本屋のオヤジが、
斉藤氏の本のコピーをとり、それを桐山氏に高値で売ったのでしょう。
桐山氏は、本のコピーとも知らず、手書きの秘伝だと信じ込んだのです。
桐山氏は本のコピーだと密教占星術で見抜けなかったのでしょうか。

「密教占星術奥伝」の件は、桐山氏の手の内がばれただけでなく、
彼の宗教者としての良心がどうであるかを明瞭に示した事例です。
これだけ明瞭な事実でありながら、これを知った時の
信者たちの反応は、たいへん興味深いものがありました。

「密教占星術奥伝」の講義は現在は行われていないと聞いています。
その前に、元修行者さんも知らないオチがつきました。


135 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/03(金) 15:21
>分骨するからでしょう。
奈良の大仏さんの遺骨ならまだしも、普通サイズの人の遺骨が、それこそ大量に宗派を超えたお寺にあるのは何故?
日本だけにきてたとしてもこんだけあるのはまずいと思うぞ。


21 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:27
136 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/03(金) 18:57

>132 元修行者 さんへ

「密教占星術奥伝」その2
 1989年、例祭法話(信者を対象とした桐山氏の話)で、
「今度の伝法会で、諸君が布教活動につかえるすばらしい
占星術を伝授する」
と桐山氏は発表しました。
すでに伝法会を終了している信者までが金を出して参加しました。

ところが、講義内容は密教占星術奥伝そのものだったのです。
桐山氏は前に自分が伝法会で講義したことをすっかり忘れていたのです。
桐山氏は求聞持聡明法を修行して、
カメラやテープレコーダーのような記憶力をもっていると自称していました。
前の講義から十年もたたないのに、金をとって教えたことを
求聞持聡明法の体得者はすっかりお忘れになっていたようです。
受講生から苦情が出ると、桐山氏は、いつものように、
ヒステリックに受講生をどなりつけ、黙らせました。

しかし、桐山氏はこの時、大きなミスをしました。137 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/03(金) 19:10
密教占星術による因縁透視そのものの存在が怪しいです。
入行して間も無い頃、桐山氏の高弟の一人に可愛がられて(結構、熱心に通っていたし、若かったからでしょう)、ふと
「密教占星術といった体系的なものは実在しない」と打ち明けられたことがあります。法話などでも
あれは淵海子平など、複数の占星術を取り入れて...という話だったと思います。天命殺にしても、途中で
あれは本命星が離宮と坎宮を巡る年のことだ、と伝法会で定義を覆したり、とにかく言っていることが
一貫していませんでした。京都道場で荷物係りの奉仕をやっている時に、屋根裏のような所にもぐりこんだら
(とにかく立錐の余地がなかったもので...)そこには「算命学体系」の空箱がころがっていました。
後で、著者の名前を覚えておいて、例の占い博士の友人に見せると、そんなプロの人が欲しがるようなもので
なくて、実践には役に立たないから買う気もしない(値段は驚く程高額でした)、と酷評していました。
それを聞いて、自称、占星術の奥義を極めたという桐山氏がなぜ物好きにもこんな本を買い漁ったのだろうか、と
不思議に思っておりました。

今思うと、目新しい本をにわか勉強して「自転車操業」してたんですね。因縁透視(コンピュータ占い)のパンフも、友人の手
にかかるとたちまちに化けの皮がはがれ、同じ金(1万円)出せば、ネタ本が手にはいると断言していました。

>134さんの「オチ」が知りたいですね。

138 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/03(金) 19:20

>132 元修行者 さんへ

「密教占星術奥伝」その3
桐山氏は密教占星術奥伝の講義録の一部をコピーして信者に配ったのです。
それは斉藤氏の本のコピーそのものでした。
桐山氏は、自分の講義が斉藤氏の本からの盗用であることの証拠を
自ら配ったのです。

桐山氏は、二つに分けてコピーして、別々の題名をつけて配りました。
その両者を組み合わせないと使えないように分けたのです。
自分は他から盗んできていながら、今度は、それが盗まれないようにと、
二つに分けて信者に配ったのです。

1989年に至るまで、桐山氏に対して、だれ一人、密教占星術奥伝が
斉藤氏の本の盗用であることを指摘しなかったのです。
もう10年以上たちましたから、桐山氏は
また密教占星術奥伝の講義をするかもしれません。

これだけ、桐山氏が手の内、頭の程度、根性をさらけ出しても、
ほとんどの信者は動揺もせず、ついていきます。
桐山氏よりも、信者を見ているほうがよほどおもしろいのです。139 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/03(金) 20:06
>138さんへ

アハハハハ....面白すぎて悔し涙が出てきました(ToT)。


22 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:29

140 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/03(金) 23:11
べつに驚く、ほどのことじゃないでしょ、今更。
密教占星術・・・オリジナルでないことぐらい常識でしょ
なぜなら、彼はもともと趣味で占術やっていたんだから
密教も、もともと坊さんでもなんでもなく、素人からの
かけだしでしょ。今でいえばオカルト研究家とか沢山
いるじゃない。そうゆう人が、たまたま世に出たの!
買いかぶりすぎ。
>ほとんどの信者は動揺もせず、・・・だからそうゆう
知識とかに信者は付いていっているわけじゃないの
運命学については信者のなかには余程くわしい人も
なかにはいるんだよ。(プロも)
伝法会は占星術に価値があるんじゃなくて四度加行に
価値があるの、ふつうの寺じゃなかなか在家には教えてくれません。(ちなみに占星術講義のとき焼き肉食いに行った人を知っています。)
しかし真面目な人達ですね、みなさん!
批判する側も信者側も、そんなに肩入れするかね
きっと理想の姿を見ていたんだね、それが崩れたんで
嘆き、怒っているんだね。でもね自灯明法灯明だよ。
俺が不真面目なのか、はは・・・いちおう信者なんだけどね。桐山管長に対してはおもろい師匠やぐらいで
仏さんのような完全さをもとめてはいないし
完全になってほしくないな、もっと引っかきまわして
おお暴れしてもらいたいもんだ。
あのふてぶてしい根性大好きさ!
いや皮肉でもなんでもなく尊敬してますよ誤解しないでね。141 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/03(金) 23:58
しかし、なんだね。桐山氏も大変だわ!
引用して講義すりゃ盗作といわれ。
独自の考えを述べりゃ、何も知らないアホとののしられ
けっきょく、なにをやっても批判される。
教祖なぞなるもんじゃないね。
桐山さん、ぐわんばれ!

142 名前: カール 投稿日: 2000/03/04(土) 03:35
元阿含宗信者でもっとも有名な人といえば、
麻原彰晃ではないでしょうか。

143 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/04(土) 07:49
たまたま読んでアホ臭くなった。
桐山氏にたいしてか?いいや書き込んでいる
君らにたいしてだよ。おめでたい人達だ。
大体、本当に秘伝というものがあれば、ホイホイと銭
もらって教えてしまう奴なぞいる訳ないだろ。
厳選した高弟に密かにつたえるべきもだ。(だから秘伝)
屋根裏を掃除していたら種本が・・・どう考えてもぺーぺーの一般信者に身近を掃除させる訳ないだろうが、
本当に桐山氏の本だったの(笑)。
桐山氏がコンピューターのプログラムなんかできるの?
いくらワンマンの教祖だからといって何から何まで
全部、彼がやる訳ないだろうが、下の者に、おまえやれ
ということで命令したまんま放っていたんだろう。
ワンマンの奴がやりそうなことだな。

144 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/04(土) 23:52

>137 元修行者 さんへ

「天命殺」その1
桐山氏は、密教占星術では、運気の悪い時期として、
小天命殺
中天命殺
大天命殺(死期)
があると述べています。
名前からしてわかるように、天命殺は、天中殺を模倣したものです。
名前の模倣や、他人の占いを名前だけ張り替えて、自分のオリジナル
であるかのように公表するのは占いの世界では珍しいことではありません。
占い師に、占いへの道徳、倫理、品性を求めるのは無理でしょう。
しかし、桐山氏は宗教家であり、聖者を自称しているのですから、
占い師と同等ではありません。
桐山氏は、超人的能力の一つとして高い道徳性をあげていました。
占い師がやっているからといって、桐山氏が同じことをやって、
許されることにはなりません。



23 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:29
145 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/04(土) 23:54

>137 元修行者 さんへ

「天命殺」その2
中天命殺は天中殺そのものです。
阿含宗では、信者の中天命殺がいつであるかを出して下付しています。
天中殺を出すのに、今ならパソコンで簡単にできます。
智慧を説く阿含宗では手作業で出しているらしく、
計算まちがいと思われる中天命殺をもらった人がいました。
まちがっていることを指摘すると、その信者は
「これは仏様から下付されたものだから」とありがたく信じていました。
天中殺(中天命殺)など何の意味もないことは言うまでもありません。
時間の天中殺まで計算すると、人生の半分は天中殺です。146 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/04(土) 23:56

>137 元修行者 さんへ

「天命殺」その3
小天命殺は九星を用いています。
元修行者さんが伝法会で聞いた天命殺はこの小天命殺のことです。
9年のうち2年が運気の悪い時期です。
生まれた年とは関係なく、全員が四歳、五歳で最初の小天命殺に
入り、以下、九年ごとに巡ってきます。
生まれた年などまったく関係なしに年齢だけで決まります。
同じ年の人が全員いっせいに運気が悪くなるという点だけでも、
小天命殺などいかに無意味かがわかります。

小天命殺、中天命殺は占いとしても意味がありません。
しかし、これを桐山氏側から見ると、大きな意味があります。147 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/04(土) 23:57

>137 元修行者 さんへ

「天命殺」その4
小天命殺と中天命殺を合わせると、12年に最大で4年は運気の悪い
時期になります。
これだけ長いと信者を脅かすのにはたいへん効果的です。
4年もあれば、何かおこりますから、「天命殺が当たった」と天命殺を、
またそれを説く桐山氏をさらに信じるようになります。
信者は天命殺を避けるために、お守りやお札を購入します。
信者は「阿含宗を信じていれば天命殺も大事には至らない」
と教えられますから、いよいよ離れることができなくなります。
「信仰しているのにトラブルがおきた」という信者からの訴えにも、
「天命殺だから」とか「信仰しているからその程度で済んだ」
と言い訳に用いることもできます。
このように、天命殺は信者へのアメとムチとして、
桐山氏にとっては大きな意義があります。148 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/06(月) 10:46

147で、「12年に最大で4年は」と書きましたが、
これは「最大で6年」です。
修正します。

149 名前: 点迷察 投稿日: 2000/03/07(火) 02:56
へえ〜そうですか。
私は天命殺など、それほど気にしすぎるな!と
教えられました。行と心構えをしっかりしていれば
避けることができると、ただ人によってはそうは言っても
気にしすぎる人がいるため、御札をだしていると
天命殺よりも因縁つまり人個人の持つ欠陥、(性格、体質、考え方など)を改めていくほうが大事なことだと
厳しい人などに指導されると、天命殺の御札など受ける
よりも、善行をほどこせ、修行せよと言われましたわ。
アメとムチだって(笑)。
運の悪いやつは何時でも天命殺なの!
運のいいやつは天命殺でも、くしゃみするのが関の山!
「信仰しているのにトラブルがおきた」、今の信者に
こういう愚痴をいう奴いるかなあ〜
本当に信仰している人ならば、自分自身を省みて
懺悔するべきことがあれば懺悔し、どうするべきか
考えると思うのだが?・・こんなこと言っても信仰なき
ものにはわからんか!
お好きなように。


24 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:30
150 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/07(火) 06:46
気にしすぎるなといいながら気になるようなことを言ってるんじゃん。桐山氏もその信者も。
私は信者でもなんでもないのですが、信者である友人に
「今は君は天命殺だから何をやってもダメだ」と言われ、
お札を買うこと、入信することを強くしつこく勧められました。
実際にそういう信者がいて、そういうことを吹聴して回ってるのも事実でしょ。

信仰なきものには分からないとかそういう言葉で終わらせるのって、
結局きちんとした理論を通した上で信仰について語れないということでしょうか?

ご自身が正しく信仰しるおつもりでも、そういう信者がいてそういう信仰をしているという現状
或いは人の不安を煽るように他者から見て感じられる教義が含まれているという現状、
それについて、自分は違う、正しい信者だと返していたって意味はないでしょ…。

(やだねぇ、こんなことでむきになってる自分も(嘲笑))

151 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/07(火) 08:58
>141さんへ

占術を趣味でやる分にはよいでしょうが、引用であるという断わりもなく、おまけにそれで金儲けしたら、立派な詐欺だと思いますが。
もし、信者さん達に「この講義は参加料よりもうんと安価で、本で購入することもできます」とただし書きがあったら、一体何人の人が参加するだろうか。
私にはそれが詐欺以外の何物にも写らない。

>143さんへ

結局はそういうことでしょうね。信じた自分達が悪かった。でも、だから信者はそのまま苦しんでいろ、とは言えませんね。ましてや、かつて自分が入行に導いた人だっている。
自分の両手は血まみれで、洗っても洗っても落ちないような気がする。

>144さん

所詮は、占いに対する無知に素人がつけ込まれたということでしょうね。適中率で言えば、四柱推命の「傷官空亡」や「天剋地冲」の方が断然高いでしょう。
星祭りでは、本命星として生まれ年ごとにお札を買ってもらって修法するのですが(実際には北斗七星の名前、破軍星などに読み替えるが、結局は干支と同じです)、
もし桐山氏が運命学の達人ならば、生まれ年ごとで人の運命が把握できないことは百も承知のはずです。そこに、ビジネス用の巧妙な使い分けがあると
思います。密教占星術には、人はどんな因縁を持つか、と題して、因縁ひとつひとつに二十八宿のサンスクリット名を付けて
いますが、あれは桐山氏のでっちあげということは明白です。

宗教家として、自分の魂を預けるに足りる人間かどうか、という観点から冷静に眺めてみると、どうも否定的にしか見えません。

152 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/07(火) 12:18

>139さんへ

気持ちはよくわかります。
まだ続編があります。
そのうち、涙も出なくなって、笑うだけになります。153 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/07(火) 13:04

>151 元修行者さんへ

「コンピューターによる因縁透視」その1
阿含宗では1983年頃からコンピューターを用いて、
人生全般の占いを「因縁透視」と題してやっていました。
桐山氏が業者に依頼してソフトを作らせました。
料金は最初は一万円くらいで、あとで値下げしました。
後に、ソフトがいかれたらしく、1990年頃、中止になりました。

「因縁透視」の中身は紫微斗数です。
元修行者さんの知り合いが指摘したように、種本は羅洪先の
「紫微斗数鑑法全書」で、和訳も売られています。
コンピューターの因縁透視の説明と、この本に書いてある説明を
比較しましたが、ほぼ丸写しです。154 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/07(火) 13:14

>151 元修行者さんへ

「コンピューターによる因縁透視」その2
両者には一カ所だけ違いがありました。
因縁透視には「霊障あり」(霊的な祟りがあるという意味)が出てきます。
それも、因縁透視が始まった頃は記入されなかったのに、
後になると、「霊障あり」が増えてきます。

因縁透視とはいいながら、中身は「○○の因縁」といった具体的な
脅迫文字がないため、インパクトが弱いのです。
そこで、「霊障あり」を乱発したのでしょう。
「霊障あり」を解決するためとして、一般の人たちには入信(入行)を勧め、
信者には1体10万円の解脱供養を勧めることができます。


25 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:31
155 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/07(火) 14:18
私は貧乏学生だったので、解脱供養はできませんでしたが、まわりの人はほとんど受けていました。
不思議なんですが、解脱供養を受ける人の人相がはっきり変わるんですね。何か柔和な感じになって...。
今思うに、桐山氏の霊能力に関しては確かにあったと言えるのではないでしょうか。
まわりの噂が本人の潜在意識に作用して...などの推測も可能でしょうが、あれは客観的に見ても、誰の
目にも明らかな「奇蹟」だったと思います。私自身、伝法会で習った法を二度修して二度とも奇跡的に願望が
達成されましたし、それなりに不思議体験もしました。

私は桐山氏の占星術には懐疑的ですが、彼の法力までがすべてでたらめだとは
思っていません。ただ、今となっては私は超能力よりも「魂の救済」を目指しているということで、阿含宗には
もう用は無い、ということだと思います。

しかし、魂の導き手としては、いくら法力がある教祖でも人間性に問題がありすぎるということではないでしょうか。

156 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/07(火) 21:33

>151 元修行者さんへ

「コンピューターによる因縁透視」その3
紫微斗数は生まれた時間の干支を元にして星を出します。
紫微斗数そのものである因縁透視も生まれた時間が必要です。
日本人で自分が生まれた時間を正確に知っている人は少数です。
因縁透視を申し込んだかなりの数の人は生まれた時間がわかりません。
これでは因縁透視を出すことができません。
では、桐山氏はどうやって、この難問を解決したのでしょうか。

生まれた時間を全部12時にして計算したのです。
紫微斗数は生まれた時間が違えば、出てくる星は違います。
このようなデタラメな解決法は普通の人では思いつきません。
桐山氏は天才です。


157 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/08(水) 09:48
>156さんへ

えっ?そんなことしてたんですか?
生まれ時間が判らなくても、算命学を使えばかなり正確な判断は可能だと思うんですけどね。西川満先生はその方法でたくさんの人を導かれたのだし。
紫微斗数で生まれ時間を変えると、ほとんど別人の命盤になってしまいますね。
始めから「1/12の確率」しかないものを使うよりも、他に手だてはいくらでもあるはずです。それが占師の良心でしょう。
これで一万円也とは正気の沙汰とは思えません。ほんに「御立派な」詐欺師ですね。このことが表ざたになったら、今度は
誰の首を切るつもりなんだろう。恐ろしい人間だ。

158 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/08(水) 13:08

>155元修行者さんへ

解脱供養も全体の流れをみるといろいろおもしろいものがあります。
その前に、せっかく出たので、因縁について書きます。

「因縁診断」その1
観音慈恵会時代、「お伺い書」で因縁を桐山氏に見てもらうことができました。
元修行者さんの時期には、桐山氏はすでにお伺い書を中止していたと思います。
1988年頃から現在まで、「因縁解脱修行宝鑑」で信者は因縁を教えてもらえます。
タダではもらえません。
一人以上導き(入信させること)がノルマです。
ノルマを達成したら、次に因縁診断士と面接して診断してもらいます。
因縁診断士が報告書を職員に出すと、職員は因縁解脱修行宝鑑の原稿を
ワープロで書き、最後に桐山氏がまちがっていないか確認します。
さて、その中身です。159 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/08(水) 15:38

>155元修行者さんへ

「因縁診断」その2
因縁解脱修行宝鑑に書かれている因縁は、桐山氏が因縁を霊視して
いるのではなく、信者本人からの聞き取りを元にしたものにすぎません。
因縁診断士は信者とその家系の人たちの人生や病気、
死亡形態を聞いて、そこからその人の因縁を推測します。
たとえば、家系にガンの人が多いと、「ガンの因縁あり」と書きます。
信者は自分で情報を与えているのだから、気がついていいようなものですが、
桐山氏が最後に因縁を霊視していると信じているのです。

因縁解脱修行宝鑑に書いてあるの課行(ノルマ)に赤丸がつくことがありました。
これは桐山氏がつけたものです。
つまり、目を通してはいたのでしょう。
しかし、桐山氏のしたことは赤丸を付ける程度です。
因縁診断士や職員が決めた因縁を桐山氏が修正しているはずはありません。
それは次の事例を見ればわかります。


26 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:32
160 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/08(水) 23:05

>157元修行者さんへ

「因縁診断」その3
桐山氏本人による因縁霊視は1984年頃、一時復活したことがあります。
元修行者さんも覚えているかもしれません。
「三人の導き」です。
三人の信者を獲得すれば、因縁を桐山氏が霊視してくれるというものです。
こうして桐山氏の直筆の因縁霊視をもらった信者がいます。
その人たちが今度は、因縁診断を受けて、再度因縁を見てもらいました。
そして桐山氏直筆の因縁と、因縁解脱修行宝鑑の因縁とを比較しました。

一人目のケースです。
この信者の場合、桐山氏直筆の因縁霊視のコピーを因縁診断士に提出した
にもかかわらず、因縁解脱修行宝鑑に書かれた因縁はまったく違っていました。
宗務局(阿含宗の事務局)に苦情を言うと、苦情を言った因縁を書き加えた
ものを後でくれたそうです。
冗談のようなほんとうの話です。
桐山氏が霊視しているのなら、数年差で因縁がこれほど違うことはありえません。
因縁霊視以前の問題として、このくらい雑でいい加減なのです。


161 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/08(水) 23:14

>157元修行者さんへ

「因縁診断」その4
二人目のケースです。
因縁診断士に面接した時、桐山氏直筆の因縁霊視に書かれた因縁とは
まったく違う因縁が出やすいように話をしました。
その結果、因縁霊視の因縁とはまったく違う、そして話した内容に
そった因縁がそのまま書いてある因縁解脱修行宝鑑をもらったそうです。
本当に桐山氏が因縁霊視をして因縁診断士の書いた因縁を修正して
いるのなら、こんなことがおきるはずはありません。

このことを桐山氏に訴えれば、次のような答が来るでしょう。
「ウソを書いていることは霊感でわかっていた。師を試そうとする
不遜な態度を見抜いて、本人の申告どおりの因縁を書いてあげた」
この詭弁的言い訳に多くの信者は拍手して安心するでしょう。
本当に見抜けるならそのように書いて、桐山氏が自分の超人的能力の
一つとする「物事の明快な認識力」を示すべきです。


162 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/09(木) 20:31

>157元修行者さんへ

「因縁診断」その5
修行者座右宝鑑での因縁は次のように出しているのです。
因縁診断士が、信者から聞き出した個人や家系に関することを元に、
阿含宗でいう因縁にあてはめ、報告書を提出する。
職員は、その報告書を元に、因縁を書き込み、ワープロで打ちだし、
桐山氏に提出する。
桐山氏は目を通し、時には課行などに赤丸をつけるが、修正はしない。
そのまま信者に授与する。

修行者座右宝鑑の因縁は、信者の自己申告を元に、因縁診断士と
職員が適当に推測して書いているにすぎません。
こんな程度なら、自分で家系を調べれば十分です。
信者たちは、桐山氏が霊視してくれたものと信じて、ありがたく拝受します。
桐山氏にとって、信者の因縁などどうでもよく、赤丸をつけたように、
導き(信者獲得)など教団拡大に興味があるだけです。163 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/09(木) 20:43

>157元修行者さんへ

「因縁診断」その6
修行者座右宝鑑には性格の長所と欠点が書かれます。
信者たちは、桐山氏が霊視して指摘してくれたものと信じています。
これは、誕生日の十二支から出てくる性格を元にして因縁診断士や職員が
書いているのです。
元ネタは桐山氏の著書「密教占星術T」にも書いてある淘宮術です。
生まれた年、月などの十二支占いから出る長所、欠点を適当に混ぜて書きます。
市販の暦の後ろなどに書いてある程度の性格判断です。
当然ながら、こんなものは当たりません。

悲惨なのは欠点です。
全てを透視する聖者から指摘された内容ですから、絶対的なものとして信じます。
欠点を露骨に並べられると、たいていの人はかなりショックを受けます。
それが性格の欠点として思いあたらないと、はずれたのではなく、
自分の潜在意識にあるのだと信じます。
女性に奥手な男性に「色情のまちがいをしやすい」と書いてあったため、
女性と同席することすら避けるようになった人がいます。

この程度の代物を修行者座右宝鑑と称して授けているのです。
桐山氏は信者をなめきっています。


27 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:33
164 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/09(木) 21:02

>157元修行者さんへ

「因縁診断」その7
因縁は適当に言っても当たります。
ガンは死亡原因のトップで、約30%です。
「ガンの因縁」と言うと、三人に一人くらい当たります。
「ガンの因縁」「脳障害の因縁」「循環器系障害の因縁」の三つを
書いておけば、ガン、脳卒中(15%)、心臓病(15%)などが
これに相当しますから、三人に二人は当たります。
三人に二人が当たれば、信者ばかりか、数字に弱い桐山氏も
自分の霊視能力のすばらしさを信じるでしょう。
しかし、これは霊視という予言ではなく、誰がやっても当たる、
単なる確率の問題です。

桐山氏は修行者座右宝鑑で、因縁を霊視しているのではなく、
信者に「因縁を付けている」だけです。

どうして手の内が簡単にばれてしまう因縁診断などするのでしょうか。
それには桐山氏にとっての背景と理由があります。165 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/12(日) 23:13

>157 元修行者さんへ

「因縁霊視」その1
因縁診断を最後に桐山氏が目を通すくらいなら、最初から、
桐山氏が自分で因縁を霊視すればいいようなものです。
なぜ、自分で因縁霊視をしないのでしょうか。

神田にある原書房は占い関係の有名な古本屋です。
そこで、十年くらい前でしょうか、信者が桐山氏を見かけました。
和服を着ているだけでも目立つのに、大きなマスクまでしていたそうです。
隠したいのか、目立ちたいのかよくわかりません。
桐山氏はこのように、占い関係の本を熱心に目を通しているのです。
運命を透視する超能力があるのなら、占いの本などいらないはずです。166 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/13(月) 13:54
>165

なるほど。私が知る限り、桐山氏が著作などで引用した占い関係の本というのは、私の友人や私自身が「原書房」で
見つけて気軽に買って帰る程度のものばかりですね。私が旧京都道場の
「屋根裏部屋」で目撃した「算命学大系」の空箱の謎も解けます。桐山氏の
占い知識って、もともと素人並みだったんだ...。

「算命学大系」、国会図書館で本物を見てきました。私の見る限り、そんな
ものすごい秘伝なんてものはひとつも見い出せませんでした。中身を知っていたら、
私ですら買わないでしょう。

167 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/13(月) 14:16

>166 元修行者さんへ

「因縁霊視」その2
137にある、元修行者さんが京都道場で本の箱を見たように、
桐山氏は熱心に占いの本を読んでいます。
この本は天中殺を有名にした和泉宗章氏の師匠にあたる高尾政義氏の
「原典算命学大系」でしょう。
58万円くらいだったでしょうか。

一般信者にすぎなかった元修行者さんがこれらの本の箱を見つけても
おかしくはありません、
阿含宗がゴチャゴチャしているということ他に、桐山氏は頭隠して
尻隠さずのところがあります。
「どうせ、こいつらにはおれ様の手の内などわかりはしない」
と人を侮ったところがあるからです。


28 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:34
168 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/13(月) 14:52
>167さんへ

>この本は天中殺を有名にした和泉宗章氏の師匠にあたる高尾政義氏の
「原典算命学大系」でしょう。

その通りです。

>一般信者にすぎなかった元修行者さんがこれらの本の箱を見つけても
おかしくはありません、

これには裏エピソードがあって、この「屋根裏部屋」は普段は使用していない所で、
例祭の時だけ緊急的に修行者が使っている「スペース」です。ほとんど
息もできない位に天井が低くて、とても人が入れるような所ではあり
ません。実際に私がそこに入ったのは1回のみでした。多分、職員の許可も
もらわずに勝手に開けていたのだと思います。普段は「密かに」荷物
置き場として修行者仲間が使っていました。

例祭の日は立錐の余地もなく、自分の坐る場所がなくて困っていた矢先に、
管長お出ましの太鼓が鳴ったので、あわてて荷物室に潜り込んだのだと思います。

169 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/13(月) 15:40

>168 元修行者さんへ

「因縁霊視」その3
桐山氏は因縁を透視する能力をもっているはずなのに、
熱心に占いの勉強をしています。
占いを使う言い訳として、
「いつもインスピレーションが働くとは限らないから、占いで補助するのだ」
と述べたことがあります。
言い訳どおりに占いを補助に、桐山氏が因縁霊視をすればいいではありませんか。
また、これはデタラメな因縁診断をしていることへの言い訳にはなりません。

「三人導きの課行」(160参照)での桐山氏による因縁霊視も、
全国で百人くらいが渡されただけで、自然消滅しました。
三人導きの課行は信者の数を増やす絶好の方法なのに、どうして、
桐山氏は辞めてしまったのでしょうか。170 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/13(月) 15:58

>168 元修行者さんへ

「因縁霊視」その4
因縁の一覧表を作り、桐山氏が信者一人一人の因縁を霊視して、印をつけ、
職員がそれを清書すれば簡単で確実ではありませんか。
桐山氏はこのやり方に次のように答えています。
「手で書いているうちにインスピレーションが浮かんでくるのだ」
桐山氏は「おしゃべりの因縁がある」と本人が言っているように、
時々、本音をもらします。
インスピレーションとは言い訳で、何か手で書いて、因縁を割り出して
いるのだ、と解釈できます。

このように、因縁診断などという子供だましの手法を用いていること、
熱心に占いの本を買い集めて勉強していること、インスピレーションの
言い訳をみれば、桐山氏のいう因縁霊視の中身の推測がつきます。
桐山氏は霊能力をもたなかった観音慈恵会創設当時、占星術から因縁を
出していたと述べています。
今でも、占星術を用いて因縁を出して、それを桐山氏は因縁霊視と
称しているのでしょう。
桐山氏は今でも占星術から因縁を出していると考えれば、彼の言動は
以下のように、よく説明がつきます。


171 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/13(月) 23:19
>168 元修行者さんへ

「因縁霊視」その5
手作業で占星術の盤(ホロスコープ)を組み、そこから星、つまり因縁を
出すのにはけっこうな手間がかかります。
誰かにさせればいいが、桐山氏は因縁霊視の中身を絶対に公開したくありません。
桐山氏の最後の砦、伝家の宝刀だからです。
他人に教えないためには、自分でやるしかありません。
桐山氏は、三人導きの課行で因縁霊視を百人ほどやってみたが、手作業が
たいへんなので"中途挫折の因縁"を出してしまったのです。
これが三人導きの課行が自然消滅した理由です。

桐山氏が因縁を「霊視している」と称しているのは、占星術から出している
ことがばれないための工作であると同時に、他人にまねされないためです。
占星術だといえば、まねされるかもしれません。
しかし、霊視と言ってしまえば、誰もまねできません。

桐山氏の因縁霊視は占星術だけではありません。
桐山氏は占星術で因縁を出したり、信者からの自己申告による因縁診断を
適当に使い分けしています。
それは次の事例でよくわかります。


29 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:35
172 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/14(火) 21:43

>168 元修行者さんへ

「因縁霊視」その6
1987年頃、「ご指導願い」という制度がありました。
信者が桐山氏に文書で悩みを相談し、指導を受ける制度です。
重い病気を抱えたある信者がご指導願いを出すと、「横変死の因縁あり」
と下りてきました。
横変死の因縁とは、事故死、自殺、他殺などで死亡するという運命です。

この信者はその数年前に、三人導きの課行(160参照)を達成して、
桐山氏直筆の因縁霊視をもらっていました。
ところが、この因縁霊視には横変死の因縁はありませんでした。
この信者は三人の導きなど、言われたとおりの修行をしていたのに、
その数年の間に横変死の因縁を作ったことになります。


173 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/16(木) 09:28
これは、これまでの話と流れが異なるのですが...

ヨガの研究家である藤本憲幸氏が著書の中で、日本の密教界の主要
人について紹介したものがあり、阿含宗を立てる前の桐山氏にも
会っているのですね。ところが、その時のセリフが気になるのです。
藤本氏を賞賛して「君のような若者が4人いれば、私は天下を取れる
」と言ったとされます。どうもしっくり行かないんですね。最初
から、桐山氏の目的は「天下取り」だったように見えますから。

174 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/16(木) 11:22

>173 元修行者さんへ

あの本では藤本氏はどの宗教家も批判しないという態度でしたね。
「君のような若者が4人いれば・・・」という桐山氏の言葉に、藤本氏は
自分が誉められたと思って、この話を紹介したようでした。
「君が一人いれば・・・」というのならわかるが、「4人いれば」ということは、
「君一人の能力では4分の1だ」と言われたようなものです。

桐山氏は超能力で藤本氏の能力を見抜いたわけではありません。
桐山氏は人の能力を見抜く能力も、人材を育成する能力も常人よりも劣ります。
吉田氏(115)初め、たくさんの事例があります。
その内、お話しするとして、その前に、因縁霊視の続きを書きます。


175 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/16(木) 11:51

>173 元修行者さんへ

「因縁霊視」その7
160や161の事例と違い、168の信者の場合、二度とも桐山氏本人が
因縁霊視をしたはずなのに、違う因縁が出てきました。
その理由はこうです。
三人導きの因縁霊視の時は、桐山氏は占星術から因縁を出したのでしょう。
ご指導願いの時は、占星術から出すのが面倒だから、信者の病気の重さから、
適当に横変死の因縁と付けたのでしょう。
つまり、ご指導願いでは桐山氏は信者の自己申告による因縁診断をしたのです。

この件を桐山氏に質問したら、次のような答を言うでしょう。
「因縁とはカルマの種類を指している。私はカルマそのものを霊視している。
そのカルマをどのように分類し、名付けるかは、見方によって微妙に違って
くることがある。因縁を別々に分けて言わず、横変死の因縁として
まとめてしまうこともある」
信者の多くはこれで十分に納得します。
誰も見えない桐山氏の腹の中の話ですから、なんとでもご都合を言えます。
しかし、このようなもっともらしい言い訳よりも、占星術と因縁診断を
適当に使い分けたとみなせば、簡単に説明がつきます。
信じている桐山氏のご都合で、横変死の因縁を付けられた信者こそ大迷惑です。


176 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/16(木) 11:59

>173 元修行者さんへ

175で「168の信者」と書きましたが、これは「172の信者」です。
修正します。177 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/16(木) 21:37
あごん、ってよくしらないけど、因縁みてなんの意味
が、あるわけ?
占いと変わらないみたい。宗教なの?
悩みや、人生などについて考えるのが宗教
予言や運勢など当たった、外れたと騒ぐのが占い
ここより、占いのところへいった方がいいよな、あごんは!


30 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:36
178 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/16(木) 22:03

>173 元修行者さんへ

「因縁霊視」その8
占星術と因縁診断が、桐山氏の言う因縁霊視の実態です。
だれか、桐山氏に占星術のソフトが数千円で売られており、
手作業でなくても、簡単に出せることを教えてあげてはどうですか。
きっと、急にインスピレーションが沸くようになって、桐山氏による
因縁霊視を再開してくれるかもしれません。
桐山氏は既存の占星術から出した星に因縁という名前を付けるか、
信者からの自己申告を因縁霊視と称しているにすぎません。

また、172の信者のケースからわかるように、占星術から出す因縁と、
因縁診断から出てくる因縁との間には何の脈絡もありません。
信者にわからないことをいいことに、桐山氏のご都合で使い分けているだけです。

なぜ桐山氏が自分で因縁霊視をしないで、因縁診断をさせているのか、
という疑問への答は次のようになります。


179 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/17(金) 00:08
124さんへ

>「因縁を切る」 という桐山氏の教えが成り立たないのは、 桐山氏自身が脳梗塞になった事実を見れば、十分ではありませんか。

通りすがりの者ですがアゴンのことはちょっと知ってる。
脳梗塞って本当??
気になるゾ。インネンゲダツを説く教祖サマがこーゆー病気にかかるんなら世話ないよーな・・

180 名前: 元修行者 投稿日: 2000/03/17(金) 09:37
>177さんへ

阿含宗では、お釈迦様直伝の成仏法というものがあって、それを
修すればカルマ=因縁が消えて、横死したり病気になったりしなく
て済む、と教えているのです。

ですから、179さんの指摘される通り、教祖サマは遠の昔に脳障害の
の因縁は解脱されたはずで、畏れ多くも脳梗塞など患われるなど
口にするのさえ、ボートクの極みなのでございます。

まあ、霊能者が競馬で全財産スッた、というのと同レベルのお話
でしょう。

181 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/17(金) 11:25

>180 元修行者さんへ

「因縁霊視」その9
長年の経験から、桐山氏は人を因縁で脅迫するのが一番効果的で
あることを知っています。
「ガンの因縁」「横変死の因縁」があると言われて、心穏やかな人はいません。
そのためにも信者に因縁を付けたいと、三人導きの課行で因縁霊視をしました。
しかし、手作業で占星術から出すのは桐山氏の負担が大きくてやってられません。
かといって、因縁を出すための占星術をコンピューターに入れるには、
中身を誰かに教えなければなりません。

最後に、桐山氏は簡単な方法をみつけました。
それは因縁を信者に自己申告させることです。
信者が申告した因縁に桐山氏は因縁霊視という「桐山ブランド」を貼るだけです。
桐山氏は何の労力もなく、因縁や性格の欠点などで信者を脅迫できます。
導き(入信)、解脱供養(十万円の霊供養)といったノルマを課して、一挙両得です。
因縁診断を物まねされても、一番大事な占星術の因縁霊視は公開しませんから、
桐山氏の手元に残ります。
こうして因縁診断士が登場し、因縁解脱修行者宝鑑が完成しました。
このような子供だましの方法で作った因縁解脱修行者宝鑑をありがたがっている
信者を見て、桐山氏は、自分は釈迦の智恵を体得した天才だといよいよ
確信したことでしょう。


182 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/17(金) 13:42
>179さんへ

脳梗塞の件は、桐山氏の説く因縁が何かを知る上で重要な事例です。
次からそれについてお話します。


183 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/17(金) 14:01
藤本憲幸!またすごい人が話題に出てきたな!
ある意味じゃ桐山以上にとんでもない奴だよ

184 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/17(金) 21:06
おかしいんじゃないの?
年とりゃ、誰でもすこしぐらい病気になるじゃん!
因縁とやらを切れば病気にならないのかい?
考え方がおかしいぞ、
それをあなた達信じていたの、変・異状に変!
なんかここの人達
やっぱ変だわ!(考えてみりゃ麻原の仲間だもんな)


31 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:37
185 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/17(金) 21:20
ははは・・・(笑)
んじゃ、極端な話、因縁解脱すれば死なずにすむんだ
すごいぜ! 入信しょうかなっと!

186 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/18(土) 07:42
なつかしい思いで過去ログを読ませていただきました。
桐山氏がとんでもない人格の持ち主だということはいまさら言うまでもありませんが、
私は皆さんがまだ話題にしていない部分を書いてゆきたいと思います。
まず始めに、桐山氏はクンダリーニヨーガを知らなかったという所から。

187 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/18(土) 11:09
知らなくてよかったじゃない!
馬鹿だなあ。
あんなものオウムになるだけだろう。
アゴンは今のまま仏舎利信仰を続けていればいいの。
そういう意味で桐山氏の選択は正しい。
ふつうの教団でいいの期待しない事
皆、超能力とかのオカルトに引かれたひとたちだろう?
宗教はそんなもんとちゃうと思うよ。

188 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/18(土) 11:17
しかしバカバカしいな。
結局、何も知らなかったというわけだ。
桐山氏は
でも丸っつきり知らない訳でもないだろう
教団たてたんだから。
>186の方
クンダリーニヨーガ知っているの?
教えてくんない、いややめましょう。
麻原2世の可能性あるからな
あっごめんなさいポアしないでね。

189 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/18(土) 11:18
しかしバカバカしいな。
結局、何も知らなかったというわけだ。
桐山氏は
でも丸っつきり知らない訳でもないだろう
教団たてたんだから。
>186の方
クンダリーニヨーガ知っているの?
教えてくんない、いややめましょう。
麻原2世の可能性あるからな
あっごめんなさいポアしないでね。

190 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/18(土) 17:00
私は桐山さんが昭和49年3月時点でクンダリーニヨーガの技法を
全く知らなかったということをはっきりと知っています。
その時彼は訪米しましたが、それ以前にはクンダリーニヨーガを
見たこともなかったのです。
自分が修行していないものをさもマスターしたかのように宣伝し、
それによって信者を集め、実際に指導しないから、麻原のような
イカサマ師につけいる隙を与えたのです。
もしも桐山が宣伝どおり本当にマスターしていれば、そして指導していれば、
阿含宗からオウムへ流れる人は少なかった筈です。

191 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/18(土) 17:10
桐山のネタ本は殆どがK書店で集めさせたものです。(今は廃業しましたが)
当時彼はスポーツカーに乗っていましたが、毎月、K書店に来ていました。
店主は、運命額、占術、手品関係の本を桐山の為に集めていました。
私も何度かそこで桐山を見かけましたが、店主の話で一つだけ面白かったことがありました。
「宗教の先生が手品の本を探していたんだ。水をまいて火を出す方法を知りたいんだと。
なんでそんなんがいるんだろうね。」
店主が売った本には、「紙に赤い色で字を書く。そこに水をつけると火が出る。」
などという手品の方法が書かれていました。

192 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/18(土) 17:20
林郁夫は1977年から1989年まで延べ12年間桐山に師事し、
桐山が道場での婚姻の導師までつとめました。
千座行を4回もやったのに、そして桐山に非常に近い存在であったのに、
殺人を犯し、刑に服することとなりました。
桐山の指導していた因縁解脱とは一体何だったのでしょうか?

193 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/18(土) 17:23
>191
>店主は、運命額、占術
運命額は運命学の変換間違いでした。

194 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/19(日) 04:39
>水をまいて火を出す方法を知りたいんだと

たしかあの手品は北野氏からのパクリだったと思うけど
朱色の梵字を書いた奉書ってやつだろ
最悪!

195 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/19(日) 04:41
>192
桐山だって前科もあれば、刑務所暮らしもしてるよ
悪因縁のマーケットみたいなもんだ


32 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:38
196 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/19(日) 04:45
クンダリーニヨガを日本人でマスターした奴なんかおらんだろ
桐山、麻原…みんなインチキだと思うぜ
口だけヨギって奴じゃないの、みんな

197 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/19(日) 22:54
>179さんへ

「脳梗塞」その1

阿含宗では、毎月1日に朔日護摩という行事があります。
桐山氏が護摩を焚き、話(法話)をし、通信衛星で全国の道場に配信されます。
1996年12月1日、桐山氏は護摩を焚いた後、
「口にできものができた」
と説明して、合い言葉だけを言い、話もせずに引っ込んでしまいました。
桐山氏の発音は不明瞭でした。

1996年12月の例祭(月一度の集まり)でもほとんど話をしませんでした。
かつては3時間以上も話をしていた桐山氏としては驚くべき変化です。

1997年1月1日の初護摩(正月の護摩)では、最後まで
「あけましておめでとう」の一言がありませんでした。
1996年のモンゴルでの護摩の件を書いた文章を脈絡なく読み上げただけでした。
頭の中で文章を構築することがうまくできないらしく、
ニコニコしているだけで、間合いが持てないまま、退場しました。
その後の朔日護摩(毎月一日の行事)の話では原稿を読みました。198 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/20(月) 12:28
>197
だからここ数年出版が殆どなかったんですね。
求聞持脳なら、原稿がなくとも目がカメラなのにネ。


199 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/20(月) 16:05
>191
>私も何度かそこで桐山を見かけましたが、店主の話で一つだけ面白かったことがありました。

これはいつ頃の話ですか。

200 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/20(月) 20:19
>179さんへ

「脳梗塞」その2

桐山氏は、1996年12月1日には、口の中にデキモノができたといい、
次には入れ歯で舌を噛んだと言いました。
理由がこのように二転三転しました。
インプラント(人口歯根)で舌を噛んだとも言いました。
例祭(月一度の集まり)では、そのインプラントを舌の上に出して見せました。
だが、インプラントは骨に埋め込みますから、舌の上に出せるはずがありません。
あれはただの入れ歯です。
オシャレなはずの桐山氏が、この年寄りじみたパフォーマンスを見せたのは、
大したことはないのだと信者を説得したかったからでしょう。

桐山氏はラ行の発音が不明瞭だが、話はできました。
前述の初護摩での様子を見てもわかるように、
まとまった文章が頭から出てこないという状態です。
これは口のデキモノや舌を噛んだというのでは説明がつきません。
口の中ではなく、文章を作る脳の機能に障害がおきたのです。
一番考えられるのは脳梗塞です。


201 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/20(月) 20:56
>179さんへ

「脳梗塞」その3

北海道の信者の一人が、「猊下(桐山氏)のご病気・・・」と例祭で言うと、
桐山氏はカンカンになって怒り、「おれは病気ではない」と言い返しました。
それでいて、1999年に出た本では、「身体の不調」で入院し、
回復までに二、三ヶ月かかったと書いています。
桐山氏は脳梗塞になったことを認めたくなかったのでしょう。
桐山夫人は、この時期、激ヤセをしています。

脳梗塞の後、護摩を焚いている最中に桐山氏の動きが止まった事がありました。
信者は桐山氏が火界定(火の瞑想)にでも入ったと思っていたでしょう。
内陣(護摩を焚いている所)はパニックになっていたのです。
以後、法務部(専属の僧侶)と護摩を焚く手伝いの信者には、
桐山氏がフリーズした場合、どうするべきかの指示が出ていました。
20年以上も焚いて、身体で覚えているはずの護摩すらこの有様でした。

それでも、信者の多数は舌を噛んだと信じていました。


33 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:39
202 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/20(月) 21:47
>179さんへ

「脳梗塞」その4

桐山氏の脳梗塞は前に兆候がありました。
1996年3月の約一ヶ月間、桐山氏は突然行事出席をすべてキャンセルしました。
桐山氏は
「風邪で咳き込んでいても、護摩を焚いている時にはピタッと止まる」
と豪語し、例祭(月一度の集まり)を欠かしたことがないのが自慢でした。
その桐山氏が一ヶ月近くも行事をキャンセルするなど、ただ事ではありません。
脳梗塞の症状があったのでしょう。
当時の禿○局長は「例祭を自分たちだけでやってみるように言われた」
などと、取って付けたような言い訳を並べました。
古い信者は桐山氏の性格を知っていますから、言い訳に疑いもっていました。
桐山氏は病気を軽くみたのか、この後6月にはモンゴルで護摩を焚いています。

2000年1月にはまたしても例祭を休みました。
1月初めから体調を崩していたと述べています。
3月、12月、1月といずれも老人が病気をしやすい寒い時期です。


203 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 05:29
>202
今年の2,3月の例会はあったのでしょうか?
それと、即身成仏していても「脳障害の因縁」は切れなかったんですね。


204 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 05:40
>199
今から30年位前の話です。
私もずっと通っていましたが、当時は透派の張先生はじめいろんな方が来られていました。
明治時代の復刻版から香港や台湾などの書籍まで、幅広く探してくれましたので、
みんな喜んでいました。一般には無名でしたが、業界?では知る人ぞ知る本屋さんでした。
運命学から仙道、密教、神道まで広い分野の貴重な文献を揃えていましたね。
引退されたのがとても残念でしたが、今御健在かどうかはわかりません。


205 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 11:25
そんで結局のところ
桐山氏も病気ということで、
阿ごん宗はどうなると思いますか
みなさん?

206 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 11:41
桐山氏の本がでないのは
病気よりも、ネタ切れのせいだと思うぞ?

207 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 15:23
>190
>私は桐山さんが昭和49年3月時点でクンダリーニヨーガの技法を
>全く知らなかったということをはっきりと知っています。

具体的にどのような証拠ですか。
もっとも、どんな証拠を示しても、桐山さんのことだから、
「自分が編み出した技法が、後に、クンダリーニの技法であることがわかった」
なんて言い抜けるでしょうけど。


208 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 18:41
クンダリーニヨーガといえばなんと言っても火の呼吸が基本中の基本であり、
これは桐山さんも認めています。
昭和49年3月に米国訪問の際、彼は始めて火の呼吸を見たのです。
その時の通訳の方に私はその状況を直接聞きました。
「あれは何をやっているのですか?」「どんな効果があるんですか?」
「どうやるんですか?」ETC
その後の著書では相当前からやっていた事になっていますが…。
まあ、いつもの事といえばいつもの事ですが。

209 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 20:43
>191
>「宗教の先生が手品の本を探していたんだ。水をまいて火を出す方法を知りたいんだと。
>なんでそんなんがいるんだろうね。」

これを店主から191さんは直接聞いたのですね?
とすれば、これは貴重な証言です。
桐山さんが手品の本を集めていたという噂はずいぶんあります。
しかし、店主から直接聞いたという話は始めてです。
30年前は昭和45年頃ですから、ちょうど念力護摩を焚いた頃です。

210 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 20:45
>203
>今年の2,3月の例会はあったのでしょうか?

2月は桐山氏は出席し、病気について話をしました。
3月は25〜26日、京都です。


34 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:41
211 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/21(火) 20:57
>179さんへ

「脳梗塞」その5

信者で、老人病棟に長年勤めている看護婦は次のように話しました。
「管長(桐山氏)は脳梗塞だ。多発性脳梗塞ではあるまいか。
自分が勤めている病院の老人にはありふれた症状だ。
管長が脳梗塞なのは調べてみるまでもない。
信者が管長の、舌を噛んだという言い訳を鵜呑みにしているのが信じられない」

当時まもなく77歳になる老人が脳梗塞になるのは驚くことではありません。
年をとれば、だれでも病気くらいします。
桐山氏もまた普通の老人と同じだということです。

1997年1月末の例祭(月一度の集まり)で40分、2月は90分の話をしました。
数ヶ月でこれだけ回復するには、リハビリに桐山氏は努力したのでしょう。
同じ年代、同じ病気の老人には模範であり、励みです。
桐山氏が普通の老人であるなら、そのとおりです。

だが、自分は普通の人間ではない、超人的能力の持ち主だと売り込み、
長年宣伝してきたのは桐山氏本人です。


212 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 21:08
>209
当時私は店主から直接聞きました。
同じ本を買ったのですが何度目かの引越しで無くなってしまいました。
今考えたらとても残念です。

213 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/21(火) 23:02
>208
>昭和49年3月に米国訪問の際、彼は始めて火の呼吸を見たのです。

そう言われてから、桐山さんの本をめくってみると、火の呼吸法が出てくるのは、
手元にある本では「密教入門」(1976年)くらいからですね。
「密教 超能力の秘密」(1972年)「念力」(1973年)あたりに出ているような
錯覚をしていました。
クンダリニーを覚醒してから火の呼吸をするのは、大学を卒業してから、
高校の勉強をするようなものです。
桐山さんはこういうのが多い。


214 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 03:32
伝法会ではずっとサトワンシンという方がクンダリーニヨーガを教えていました。
この方はヨギバジアンという先生のお弟子さんでしたが、桐山氏に乞われて指導に
来ていたのです。
過去に桐山氏は一度しかクンダリーニヨーガを指導していません。
米国から帰国した5ヶ月後に開かれた第一回伝法会がその晴れの舞台でした。
参加した方に聞いた話ですが、その時散々恥を掻いて2度と自分で教えようと
しなかったとの事です。
一度もやったことが無いのですから出来なくて当然ですが。
その様な経緯があって、サトワンシン氏は第二回伝法会(昭和50年夏)から
クンダリーニヨーガの講師として参加する事になったのです。
この話は現在日本で一人しかいないヨギバジアン先生のお弟子さんにも
以前に確認しました。


215 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 03:52
>208
>「あれは何をやっているのですか?」「どんな効果があるんですか?」
>「どうやるんですか?」ETC

これらは桐山氏が通訳の方を通して質問した内容の一部ですが、
その時桐山氏は火の呼吸を練習しても全然出来なかったそうです。
それがいつのまにかクンダリーニヨーガのグルになってしまうところが
桐山流のなせる技ですが、そんないい加減なグルにお金を払って秘伝の伝授
期待する信者はとても気の毒だと思います。
でも全く出来ないのに、よく第一回伝法会で教えようとしたものです。

216 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 04:08
「メシア出現予言集」(平河出版)
この本は聖ヨハネ、聖マラキ、ノストラダムス、ヨギバジアンの4人の聖者が
桐山氏を救世主として認めているかのような主張をしています。
その中でも特に『極めて重要な位置を占める』予言として所謂ヨギバジアン予言が
あるわけですが、そこに述べられている内容の殆どは桐山氏の創作であり、
真実ではありません。(確認済みです)
つまり密教では高野山の名を騙って権威付けをし、クンダリーニヨーガでは
世界でも第一人者であるヨギバジアン氏の名前を利用したわけです。


35 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:42
217 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 04:19
ヨギバジアン予言は当時の観音慈恵会の機関紙始め、桐山氏の様々な著作にも
利用されましたが、ヨギバジアン氏本人は後日その書かれた内容を知ったときに
笑いながら、「やはりね」と言ったそうです。
あきれてものも言えないという感じだったそうですが、最初に会ったときから
「彼は宗教家ではない。ビジネスマンだ。」と周囲の人達に言っていたとの事なので
別に驚いたわけではないようです。
桐山氏の本性を一度で見抜くあたりがヨギバジアン氏の優れた眼力でした。

218 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 11:01
外国でもインチキだと思われていたわけですな

219 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 11:03
>「彼は宗教家ではない。ビジネスマンだ。」

納得だね!


220 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 12:07
>217
>「彼は宗教家ではない。ビジネスマンだ。」と周囲の人達に言っていたとの事なので
>別に驚いたわけではないようです。

すごい証言です。
これは通訳の人が言っていたのですか。
ヨギ・バジアン氏がこのように言っているのを聞いたのはどなたですか?
217さんは、その方から聞いたのですか?

念力の護摩もそうですが、この時代の証言は極めて少ないのです。
それでも念力の護摩は「阿含宗の研究」(廣野隆憲著)がありますが、
バジアン予言についての証言は初めてでしょう。

バジアン氏のについての「メシア出現」(いろかわちひろ著)は
「桐山靖雄・阿含密教のすべて」(伊達相平著)からの引用ですし、
この二人の著者は直接見たわけではありません。

これらの情報は「現代密教」「慈眼」に掲載されたものがすべてです。
書いたのは、高橋成道氏や、桐山氏の秘書の北崎氏です。
簡単に言ってしまえば、桐山氏とバジアン氏との対面では、
◎互いにクンダリニーの覚醒者であることを確認した。
◎バジアン氏は、桐山氏が世界的な聖者になると予言した。
というものです。
二人が聞いたというこの内容をバジアン氏が否定したことになります。

もっとも、
「非常につらいことではあるが、あなたは長命しなければならない」
というバジアン氏の予言は、脳梗塞と借金を抱え、信者減少に悩む桐山氏の
今日を言い当てているといえば、言えないことはありません。

221 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 13:02
>217
>伝法会ではずっとサトワンシンという方がクンダリーニヨーガを教えていました。

ヨギ・バジアン氏が弟子を派遣していたとなると、少なくとも、当初は
桐山氏を評価していたことになります。
ところが、サトワンシン氏は確かこの一度だけで、その後の伝法会で
教えなかったのではありませんか。
辞めてしまう何か理由があったと思うのですか、経緯を知りませんか。

最初の頃の伝法会は学者や宗教家などが講義していました。
第4〜5回(1977〜8年)頃には、桐山氏だけが講義する現在の形になっています。
「宝石」などに載った桐山氏への批判記事が影響したのでしょうか。

第4回頃は、桐山氏はハタ・ヨーガを教えていました。
お得意の倒立をしてみせました。
ハタ・ヨーガを修得している人の倒立は、素人と違い、形が美しいものです。
でも、桐山氏の倒立は我流とすぐわかるような姿でした。
第5回からはハタ・ヨーガの講義はなくなりました。

桐山氏がこの後作った日本メディテーションセンターで出した
瞑想ポスターがありました。
このポスターは女性が瞑想のポーズをとっているものです。
サトワンシン氏の奥さんであるといわれています。
桐山氏はこの奥さんが着ていた服装を採用しました。
「タイスの瞑想」に合わせて踊る「ムドラー舞踏」の服装です。
桐山氏はほぼ20年ぶりに、最近、これを復活させました。
ムドラー舞踏は健康を保ち、超能力を得る秘伝なのだそうです。
「桐山王様の前で舞を踊る踊り子のようだ」
と男性信者からは評判です。


36 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:43
222 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 18:37
>これは通訳の人が言っていたのですか。

側近の方から聞きました。
後日サトワンシン氏も同じ事をおっしゃっていたと聞きました。
シン氏曰く「困ったものだと。」

>二人が聞いたというこの内容をバジアン氏が否定したことになります。

桐山さんのクンダリーニが覚醒しているとか、世界的な聖者であるという話ではなく、
バジアン氏は、社交辞令的に是非これからも頑張って下さい程度の発言をしただけだそうです。
あの時は、ミーティング・オン・ザ・ウェイという集まり(お祭り?)がサンフランシスコで
開かれていました。桐山さんはある方に連れられてその催事の参加メンバーの一人として
出席しました。バジアン氏は出席した先生方全部に歓迎の意をこめて同じ様なメッセージを伝えたとの事です。
遠路サンフランシスコまで来た事にたいする礼儀だと思ったのでしょう。
バジアン対談はその後にありましたが、それはバジアン氏のお弟子さんのアシュラムを桐山氏が
訪問したことで実現しました。でも実際には単なる表敬訪問のようなものでした。
ただ、桐山氏にしてみれば、はじめてクンダリーニヨーガが見られるという事で喜んでいたそうです。
この話は後日脚色され、ちょうど例のバチカン訪問・法王謁見の誇大広告と同じく宣伝に利用されました。


223 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 18:49
>ヨギ・バジアン氏が弟子を派遣していたとなると、少なくとも、当初は
>桐山氏を評価していたことになります。

バジアン氏は桐山氏の為に弟子を派遣したのではなく、既に日本にいた10数人の
弟子達の為に、サトワンシン氏を派遣しました。
桐山氏の為であったなら、伝法会だけでなく、毎月のようにセミナーを
開いていた筈です。
バジアン氏が後日何度か来日しても桐山氏とは一度も日本で会っていません。
これはバジアン氏の直弟子の方に確認済みです。

>ところが、サトワンシン氏は確かこの一度だけで、その後の伝法会で
>教えなかったのではありませんか。
>辞めてしまう何か理由があったと思うのですか、経緯を知りませんか。

二回は講師として参加しています。
一度目は恒例のマラソンにも参加し、確か二位だった筈です。
やめてしまった理由は、桐山氏から要請を受けなかった為です。
桐山氏の弟子が本物のクンダリーニヨーガを求めて、バジアン氏の方へ
移るのを恐れた為だと思われます。当時シン氏にはかなりのファンがいましたし、
バジアン氏の来日も続きましたので。


224 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 18:58
>このポスターは女性が瞑想のポーズをとっているものです。
>サトワンシン氏の奥さんであるといわれています。

その通りです。
座って膝に手を置き、目を開けてにこにこ微笑んでいる写真です。
しかし、この写真をめぐってサトワンシン氏は急遽平河町へ行きました。
かなり立腹していたそうですが、その理由は「騙された」というだけで
周囲にも言わなかったそうです。
実際には、写真の使用目的が約束と違っていたようです。
これ以降、両者の交流は断絶しました。

225 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 19:05
>ヨギ・バジアン氏が弟子を派遣していたとなると、少なくとも、当初は
>桐山氏を評価していたことになります。

ほとんど評価していなかったと思います。
バジアン氏が来日した時には桐山氏の弟子達が氏に相談したそうです。
千座行をやめたら因縁返しが心配だけれど大丈夫ですか、と。
それに対する答えは「心配無い」というものだったそうです。


37 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:45
226 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 21:41
>217
>バジアン氏は、社交辞令的に是非これからも頑張って下さい程度の発言をしただけだそうです。

バジアン予言は、一般的な社交辞令を、桐山氏が誉め言葉と受け取って、
拡大解釈して、さらに周囲がそれにオヒレを付けただけということですね。
これは桐山氏の性格としては十分にありえます。
自分でもお世辞に弱いことを認めています。
自分の性格をよく分析しています。

バジアン氏との対面で変な点は二つあります。
一つは、バジアン氏が息も絶え絶えに、桐山氏のクンダリニーのエネルギーを
補給してもらっているような場面です。
桐山氏のほうが圧倒的にエネルギーが強い、という場面です。
もう一つは、バジアン氏は
「私の使命は終わりに近づいている」
と奇妙なことを言ったことになっていることです。それも二度で出てきます。

バジアン氏はエネルギーが不足した抜け殻で、桐山氏に世界救済の使命を
バトンタッチしたという描き方です。
バジアン氏を、桐山氏のクンダリニー覚醒の保証人にしておきながら、次には、
自分のすごさをアピールするために、バジアン氏の頭を踏み台にしています。
桐山氏はこれが得意技です。

バジアン予言が作り話であるのは、バジアン氏が日本に来ても、桐山氏とは
会おうともしなかったという事実だけで十分です。

227 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/22(水) 21:50
>179さんへ

「脳梗塞」その6

桐山氏は、5つの超人的な能力を持つと宣言していました。
その一つに「強靱な体力と卓越した精神力」をあげています。
短時間睡眠でバリバリ仕事をこなし、病気一つしない体力を持っている
というのです。
だが、77歳で脳梗塞になり、80歳の現在も病気を患っているという現実は、
彼の身体が普通の人と同じであることを証明しています。

2000年2月11日の京都の星まつり(年一度の大護摩)では、桐山氏は
総本殿から会場までゴルフで使うようなカートに乗って往復しました。
昔、桐山氏は、他の教団の大護摩で、イスに腰掛けている老人の山伏を
罵倒して、「山登りもできなくなったら、おれは引退する」と言いました。
その桐山氏が、国道1号から護摩の会場までの山伏が行進する山登りを
やめて、会場入口の少し手前から加わるようになって、しばらくたちます。
今年は総本殿と護摩の会場の間すら、自分の足では歩かなくなっています。

桐山氏の売り物であった超能力の一つが否定されました。
ただ、これは問題としてはむしろ小さいほうです。
教祖の脳梗塞は、阿含宗にとって別な重大な意味があります。


228 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/23(木) 06:56
>バジアン氏が息も絶え絶えに、桐山氏のクンダリニーのエネルギーを
>補給してもらっているような場面です。
>桐山氏のほうが圧倒的にエネルギーが強い、という場面です。

バジアン氏は当時誰かが調子が悪いといいますと、エネルギー旺盛だったため
所謂シャクティパッドをどこでも気軽にやってくれたそうです。
私の知人などは空港へ見送りに行った時も、通路で立ったまま受けたといっていました。
あの時は桐山氏がエネルギーをもらったのだと思います。
バジアン氏はその後まもなく来日しましたが、元気玉が歩いているようなほど
精力的に各地を旅行され、深夜まで個人指導も沢山なさいました。
桐山氏は本来なら氏を本部か月例会へ招いて、交友関係をアピールし、スピーチの一つも
依頼したことでしょう。それをしないで北崎氏にお土産を届けさせただけで
すませたところに全ての答えがあると思います。
バジアン氏は英語がとても達者でしたので、米国での一連の「予言」が
嘘だとばれることを恐れたのだと思います。

>もう一つは、バジアン氏は
>「私の使命は終わりに近づいている」
>と奇妙なことを言ったことになっていることです。それも二度で出てきます。

バジアン氏は現在でも高齢にかかわらず定期的に合宿セミナーを開いており大変元気です。
弟子の数では桐山氏の信者数の楽に10倍以上はいます。
現在に至るまで、毎年、年に何度も海外へ指導に出掛けているのに
自分の使命が終わっているなどと言わないでしょう。
この部分も桐山氏の創作だとしか考えられません。


38 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:46
229 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/23(木) 11:17
だから。クンダリヨーガなんかどうでもいいから、
教団はどうなると思っているんじゃい?
ヨーガに興味ある奴は今時、アゴンにゃいかないよ。
いつ頃の話?
古いなおじさん達(笑)。

230 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/23(木) 11:37
>229

今後の阿含宗がどうなるかを知るためには、過去においてどうだったかを
検証する必要があるのです。
過去を無視して、現在も未来もありません。
桐山氏が過去になしたことは、現在もなしています。
桐山氏の過去と現在を結べば、自ずとのその延長に未来が見えてきます。
古いおじさんにしばらくおつきあいください。

231 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/23(木) 20:45
>228
>バジアン氏は英語がとても達者でしたので、米国での一連の「予言」が
>嘘だとばれることを恐れたのだと思います。

バジアン氏が来れば、信者からはバジアン予言をもっと詳細に教えて
くれるように本人に質問が出たでしょう。
それでは嘘が全部ばれてしまう。
バジアン氏を招待しなかったように、1974年当時は桐山氏もばれることを恐れて、
用心していたのでしょう。
桐山氏にとってサトワン・シン氏が去ってくれたのも好都合です。

ところが、1988年「桐山靖雄・阿含密教のすべて」、1990年「メシア出現」と、
15年もたつと、話を蒸し返しています。
新しい信者の多くは知らないのだから、口をぬぐっていればいいのに、わざわざ
古い傷を自分から出しています。

桐山氏は、時間がたったから大丈夫だろう、と思ったのではありません。
桐山氏の求聞持脳の特性で、時間がたつと自分に都合の悪い事は忘れてしまう。
自分の失点を忘れて、得点だけ拡大して覚えているのです。
バジアン予言やバジアン氏の対面の創作内容を最も信じているのは桐山氏本人
でしょう。

232 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/23(木) 20:46
>228
>弟子の数では桐山氏の信者数の楽に10倍以上はいます。

阿含宗発表の公式信者数から出した数字でしたら、違います。
阿含宗の信者の実数から言うなら「100倍以上」といえば、ほぼ正確です。
いずれ数字の根拠をお話します。

233 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/23(木) 22:29
>179さんへ

「脳梗塞」その7

桐山氏によれば、彼が持っていた因縁は、
刑獄の因縁、ガンの因縁、強い中途挫折の因縁
となっています。

脳梗塞は彼の因縁の分類からいえば、脳障害の因縁になります。
桐山氏は、自分は脳障害の因縁があると述べたことも書いたこともありません。
また、どのような因縁を持とうが、彼は「因縁切りの大将」で、
因縁解脱を宣言していたのだから、すべての因縁が切れていたはずです。
すべての因縁が切れていたら、脳梗塞になるはずがありません。

現実には脳梗塞という老人には珍しくもない病気を患っています。
自分は因縁を透視する力がある、自分は因縁を切る力をもっている、
自分はすべての因縁を切った、と主張したのは、桐山氏自身です。
この現実を見るなら、次のような結論が出てきます。
●桐山氏は因縁を透視する力はない。
●桐山氏は因縁を切る力はない。
●桐山氏は因縁が切れていなかった。


234 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/24(金) 07:23
古い信者の人に聞きましたけど、
ある時から桐山の出張に奥さんが同行するようになったんです。
そのきっかけは女性問題でした。
個人指導と称してとあるホテルで待ち合わせた桐山は
なんと予約したホテルの部屋で面接指導をやったそうです。
もちろんマンツーマンですがそいつが奥さんにバレバレとなり
こっぴどく罵られその後はひとりでの泊まりの出張は
すべて禁止となったそうです。
桐山には、色情の因縁もあったというお話でした。
以上

235 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/24(金) 07:28
234の話は教団内でも知られてしまいましたが
女性信者の中には管長先生に抱かれたいとか
そんなアホが少なからずいたんです。
当時麻原も在籍していたらしいので
教祖=やり放題
ということで独立したのかもね。


39 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:47
236 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/24(金) 14:26
>179さんへ

「脳梗塞」その8

桐山氏は、自分は完全に因縁を切ったと宣言しています。
48〜49歳でガンになって死ぬ予定だったが、洗い出しが出て、
因縁が切れたという話を、因縁切りの実例として何度も出しています。
「洗い出し」とは、因縁が切れる時、ガンとそっくりな症状が最後に出るが、
以後、ガンにはならないというものです。
48〜49歳でガンで死ぬと予言していたのは桐山氏だけで、誰かが根拠を
確認したことではありません。
ガンの洗い出しと見る前に、心理学に精通しているという桐山氏なら、
まず自己暗示を疑ってみるべきでした。

京都に総本殿を作ったことが強い中途挫折の因縁が切れた証拠だと言いました。
自社ビルを建てたのが証拠だと言われても、宗教的な説得力がありません。
桐山氏が始めておきながら、中途挫折した例はたくさんあります。(一例169)

1990年、アメリカの警察署長の組織にお金を寄付して、勲章を
もらった理由として、
「刑獄の因縁が完全に切れたことを仏様が証明したのだ。
これで自分は完全に因縁が切れた」と述べました。
因縁を透視できる人が、仏に勲章で証明してもらわないとわからないの
でしょうか。
これは勲章をもらうための言い訳にしか聞こえません。

勲章をもらう前の1987年、桐山氏が作り、光和食品(阿含宗の系列)が
売っている密教食が薬事法違反で、各新聞に大々的に報道されました。
桐山氏は最高責任者として横浜港南警察の事情聴取を受けています。
横浜簡易裁判所から罰金二十万円の略式命令を言い渡されました。
これは刑獄の因縁が完全に切れる前の洗い出しだったのでしょうか。


237 名前: 補陀洛 投稿日: 2000/03/24(金) 18:52
230さん&ヌマエビさん>

なかなか面白い話ですね。

脳梗塞(と思われたもの)も実は脳障害の因縁の洗い出し
だった なんて言われたりして・・・(^^;。

話が逸れるが
たしか桐山氏って「1999年カルマと霊障からの脱出」とか
言う本で1999年に大変なことが起こるとか言ってたような
気がするんだけど、あの顛末ってどうなってんだろ?
信者への影響ってなかったのかな?


238 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/24(金) 20:54
>237 補陀洛さん

お見事な顛末がありました。
「一九九九年カルマと霊障からの脱出」は1981年に出た本ですから、
20年にも及ぶ壮大なロマンです。
一言では語り尽くせません。
あまりのすごさに感涙にむせびます。
「脳梗塞」の件が終わりしだい書きますから、楽しみにお待ちください。


239 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/24(金) 20:58
>179さんへ

「脳梗塞」その9

桐山氏は運命的な因縁よりも、心の因縁(煩悩)が切れたかすら疑問です。
桐山氏はどうしてあれほどヒステリックなのでしょうか。
自分の落ち度や誤解であっても、すぐに周囲の者をどなりつけます。(一例136)
信者には反省を説きながら、桐山氏は「瞬間湯沸かし器だ」「ちょっと気が短い」
などと自己弁護するだけです。
桐山氏のヒステリーは性格の欠点ではなく、人格の欠陥です。

桐山氏は毎年のようにたくさんの勲章や名誉を、大金を払ってもらっています。
名誉欲など解脱したはずの聖者が、どうしてあれほどの名誉をほしがるのですか。

このように、桐山氏の説く因縁論は、因縁切りの模範としている本人の
どこをとっても、成り立っていません。

では、信者の因縁切りはどうでしょうか。


240 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/24(金) 21:21
せんざ行しなさい。


40 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:48
241 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/25(土) 06:19
「一九九九年カルマと霊障からの脱出」には近未来、
日本に核爆弾が撃ち込まれる、撃ち込んだ国もこれ
また徹底した核攻撃を受けるというホラ話がありま
したね。「1999年地球壊滅」なる与太小説では
関西電力株浜原子力発電所をモデルにしたと思わ
れる原発がテロリストの攻撃で破壊されるという、
これまたトンデモストーリーがありました。
おまけに夢オチ、自教団の宣伝と、まあ臆面もなく
あんなものを出版できたものですな。
桐山氏は鉄面皮、心臓が剛毛でボウボウ。242 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/25(土) 13:53
>179さんへ

「脳梗塞」その10

因縁切りを教団の表看板にしている割には、信者の例は少数です。
阿含宗の系列会社である光和食品の舟○氏は、信者の前で桐山氏から
「95%因縁が切れた」と太鼓判を押されました。
因縁が切れた割には、根性が悪く、威張りたがり屋、傲慢不遜が直らない
のは、残りの5%か、それとも根性を治すサプリメントがないからでしょうか。
舟○氏は、95%切れる前の1987年、密教食の摘発で、桐山氏と同様に、
横浜簡易裁判所から罰金の略式命令を受けています。(236参照)

長年阿含宗に貢献して、理事職にいる信者は、三人導きの課行(160参照)で
もらった因縁霊視(165〜参照) に「因縁は全て切れた」と書いてあったそうです。
その後も、この信者は持病の胃腸を患い、奥さんを亡くし、苦しんでいました。

この他にも何人か桐山氏に因縁が切れたと言われた人たちがいます。
これらの人たちは、因縁が切れたと言われた事の他に、一つの共通点があります。
それは桐山氏に長年貢献し、絶対服従の人たちだということです。
桐山氏の言動にどれほど矛盾があろうが、不当に自分のメンツをつぶされようが、
信者がどれほど苦しもうが、桐山氏には決して逆らわず、礼賛を繰り返します。
桐山氏のお気に入りになると因縁は切れるようです。

信者の因縁切りの例は少ないが、切れなかった例はたくさんあります。


243 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/25(土) 20:41
>179さんへ

「脳梗塞」その11

1994年暮から1995年初頭、信者たちの間にショックが走りました。
関東別院(東京にある本部)でトップの座に君臨した先達(指導的信者)の
松○氏(60代?)、その子分だった某県の世話役の坂○氏(40代)、
阿含宗に莫大な寄進をしていた三○氏(七十数歳?)、
某道場の光和食品(阿含宗の系列)の職員(30代)が亡くなったのです。
この四人は全員がガンで亡くなりました。

松○氏は六百人の信者グループ(ファミリー)のチーフであり、
職員など彼女の鼻息で吹き飛ぶほどの権力をもっていました。
坂○氏は、松○氏の指導の元、信者たちに借金をさせるほどの
強引な数字の成果を上げて、阿含宗側から高い評価を受けていました。
桐山氏は梵行(阿含宗への貢献)で徳を積むことが最高であると説きました。
二人とも、桐山氏の言う梵行の最先端にいた信者です。

関東別院の仏が安置されている内陣の荘厳(法具や装飾)のすべては
三○氏が寄付したものだとさえいわれています。
桐山氏は、阿含宗の仏に供養して、徳を積むと因縁が切れると言います。
三○氏ほどの金の供養をしても、ガンの因縁は切れないようです。
桐山氏は、人の寿命を延ばせると法力を自慢していました。
三○氏ほどの金の供養をしても、平均寿命まですら延命できないようです。
三○氏の何千分の一も供養していない一般信者はどうなるのでしょうか。

桐山氏は常々、栄養学を説き、光和食品の高額なサプリメント
(栄養補助食品)を買うように信者に勧めています。
阿含宗の公報ともいえる「阿含宗報」は、8〜10ページのうち光和食品と
栄養学の宣伝で2〜3ページを占めています。
その宣伝の模範になる光和の職員が、若くしてガンで亡くなりました。
阿含宗も光和食品のサプリメントもガンに対しては何の効果もないことを
証明したようなものです。


41 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:49
244 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/25(土) 21:08
>179さんへ

「脳梗塞」その12

ガンが死亡率のトップですから、この人たちがガンで死ぬことは
不思議なことではありません。
しかし、桐山氏の因縁切りの理屈からいくと話は別です。
4人は阿含宗の中で、それぞれに模範的な立場の信者たちだった点です。

4人は、自分の命をもって桐山氏の言う因縁切りが空理空論であることを
証明したのです。

これに対して、熱心な信者たちは次のような言い訳を考えます。
「解脱供養(10万円の霊供養)を出していなかった。我(ガ)で修行していた。
言われたことをやっていなかった。徳積みが足りなかった。
お金を出すだけでは足りなく、心構えがまちがっていると因縁は切れない。
カルマが強すぎて、因縁切りが間に合わなかった」

死人に口なしで、死んだ人に責任をすべて押しつけます。
桐山氏がなぜ先達(指導的信者)である彼らを指導しなかったのか、
桐山氏の因縁論がおかしくはないか、という桐山氏への疑問には結びつきません。
そして、桐山氏が最も得意とするように、都合の悪いことは信者も忘れます。


245 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 07:43
>「解脱供養(10万円の霊供養)を出していなかった。我(ガ)で修行していた。
言われたことをやっていなかった。徳積みが足りなかった。
お金を出すだけでは足りなく、心構えがまちがっていると因縁は切れない。
カルマが強すぎて、因縁切りが間に合わなかった」

ならば何処まで頑張れば悪因縁が切れるのでしょう。

>そして、桐山氏が最も得意とするように、都合の悪いことは信者も忘れます。

忘れたい、のだと思います。尽くしてきた自分自身が惨めになるから。
そして自らの過去の判断を正当化する為にも。

246 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 07:45
>桐山氏は常々、栄養学を説き、光和食品の高額なサプリメント
>(栄養補助食品)を買うように信者に勧めています。

20年以上前から密教食を代表する健康?食品で稼いできた実績がありますから、
教団としても大事な収入源なんですね。

247 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 07:46
桐山の後継者は誰だといわれているんですか。

248 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 12:55
>247
>桐山の後継者は誰だといわれているんですか。

前は副管長をしていた桐山氏の三女であると言われていました。
阿含宗には山伏の位階というのがあります。
90年代半頃、位階の一覧表から彼女の名前が消えました。
阿含宗の外国関係の仕事ではまだ顔を出しているようです。

組織は和○事務長ががっちり握っています。
桐山氏が亡くなったら、だれか親族を管長に立てるでしょう。
象徴的な管長なら、孫を含めて候補はいます。
桐山氏の死後、阿含宗は桐山ブッダを拝む御利益宗教になります。
だから、二代目は凡庸な人のほうが都合がいいのです。


249 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 17:50
>二代目は凡庸な人のほうが都合がいいのです。

法力の無い親族が教祖となって信者がそのままいつづけるでしょうか?

250 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 19:40
>90年代半頃、位階の一覧表から彼女の名前が消えました。

どなたか消えた事情を御存知でしたら教えてください。

251 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 20:21
死にました

252 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 20:31
松○さん、そそうしでかし失脚。
ショックというてんでは。・・・いややめとこう。
あんがい知らんようですな。ワハハ・。

253 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 21:57
>死にました

死因によっては因縁解脱との関連を言われそうですが。
その点どうなんでしょうか?

254 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 21:58
秘書室長の北崎氏は随分長いですね。
余程信仰心が厚いのでしょうか?


42 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:51
255 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 22:43
>252
>松○さん、そそうしでかし失脚。

浄霊班のオミタマ紛失の話ですか?

256 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/27(月) 23:09
>254
>秘書室長の北崎氏は随分長いですね。
>余程信仰心が厚いのでしょうか?

卒業してすぐに観音慈恵会に就職して、あの年でどこに再就職します?
いくら東大出ても、本人は何もできないし、どこでも雇わない。
桐山さんに足蹴にされても、しがみついていれば、困らない。
ベンツの中古はもらえるし、信者からは秘書として尊敬されます。
この人、とっても強烈に陰険だから、阿含宗の水が合うはずです。
信仰心の問題ではなく、生活の問題です。


257 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/28(火) 01:27
>256

北崎氏は東大だったのですか・・・
まあ、あそこにいればとりあえずいい生活が出来ますね

258 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/28(火) 05:22
桐山氏・・・実は3億円の犯人です!
この資金で教団たてたのです。
私だけが知っている。
すごいだろ!

259 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/28(火) 12:04
>179さんへ

「脳梗塞」その13

桐山氏本人も信者にも、因縁切りによる運命転換がなされた例は見あたりません。
桐山氏は因縁を透視(因縁霊視)できると宣言していました。
その中身は占星術か因縁の推測(因縁診断)です(165〜参照)。
だから、桐山氏が自分の脳障害の因縁(脳梗塞)を透視できなくても当然です。
桐山氏の脳梗塞は、因縁霊視がこの程度の稚拙なものであることの証明にも
なっています。

どんな因縁があるか透視するのは、誰でしょうか?
因縁を切れたかどうか透視するのは、誰でしょうか?
すべて桐山氏だけです。
だれも客観的に評価も、比較もできないのです。
桐山氏は、自分で試験問題を作り、自分で答案を書き、自分で点数を付け、
その点数だけを公表しているにすぎません。
桐山氏のいう因縁(試験問題)がほんとうにあるのか、その因縁とはどのような
ものか(答案)、因縁がどの程度切れたのか(点数)、誰一人わからないのです。
桐山氏の作り出した阿含宗は、因縁に限らず、すべてにおいて、
外部からは客観的な評価のできない、一種のブラックボックスです。


260 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/28(火) 19:17
本当ですね
よく続いているものだと感心します。
ところで例のクンダリーニヨーガの件ですが、
桐山が全くのヨガの素人ならば、求聞持法、念力の護摩、
法力その他彼の売り物が全部力の裏づけの無いものとなり、
阿含宗の魅力が根底から消え去ります。

261 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/28(火) 21:12
>260

桐山さんは「激しい思いこみ」という最大の武器をもっています。
バジアン予言のように、事実は無視して、自分に都合よい世界を作ります。
さらに都合がいいことだけ何倍にも拡大する5つの超能力をもっています。
一方で都合の悪いことはきれいに忘れる求聞持脳を持っています。
そこに信者が賛同し、礼賛すると、妄想は真実に変身します。
現実を指摘する信者はどなりつけて黙らせるか、追い出します。
このように、常人が決してやらないことをやってのける桐山さんはやはり
クンダリニーの覚醒者かもしれません。

262 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 05:28
例の教祖はボケて、
老人ホームにて今「アルプス1万尺」を
歌い続けています。
ああ今は昔!

263 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 06:30
麻原は自著で房中術つまりセックスでクンダリーニを覚醒させたといっています。
桐山はたぶん妄想だけ、つまり覚醒したと思い込んでいるだけだと思います。
ホントは二人とも単なる思い込みなのでしょうね。
麻原にしても本物だったら神秘体験の為に弟子に麻薬を投与していないでしょう。
その点、桐山は何も指導しないという『おあずけ』という究極の秘儀?で対抗しています。

バジアン氏の日本での唯一の直弟子の方がHPで書かれていますが、
オウムや桐山の体験は単なる生理的な現象に過ぎないとのことです。



43 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:52
んか本来の悟りへの神秘体験ではないそうですよ。

264 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/29(水) 10:17
>179さんへ

「脳梗塞」その14

桐山氏の説いた阿含宗の特徴は、
・因縁切り
・霊障解脱
・超能力開発
の三本の柱からできています。
脳梗塞は、因縁切りがウソであることを桐山氏が身をもって証明した重大な
事件です。
教祖すらも切れない因縁なのに、信者が切れるはずがありません。
教祖自らが、自分が唱えた宗教の三本柱の一つを倒したのです。
教祖自らが、因縁切りが成り立っていないことを実証したのです。

因縁霊視の中身、桐山氏と信者の因縁切りの結果は、
桐山氏の説いた因縁論が根拠のない空中楼閣であることを示しています。


265 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/29(水) 11:19
>179さんへ

「脳梗塞」その15

桐山氏の脳の老化現象は脳梗塞の少し前にもみられました。
1996年6月に出版した「脳と心の革命瞑想」でパール瞑想を売り物にしました。
7月にはノルマを達成した信者に一万円でパール瞑想を講義しました。
午前中は前にやった講義のビデオを流しただけでした。
午後になって桐山氏の講義が始まっても、一向にパール瞑想が出てきません。
講義が終わる頃、職員が桐山氏に耳打ちしました。
それから終了までの約10分ほど、桐山氏はパール瞑想の講義をしました。

桐山氏は、自分がパール瞑想をエサに信者を集めたことすら忘れていたのです。
信者にノルマをかけ、金をとり、一日を費やさせ、「君らにこんな難しいことを
教えてもねえ」ともったいをつけ、本に書いてある事を10分程講義しました。

講義に出席するためのノルマは護摩木10万円分を買うことでした。
これを買うと、もれなくチャクラペンダントがもらえます。
講義でチャクラペンダントを使うから必要だという話でした。
しかし、講義ではまったく使わなかったし、一言の説明も出てきませんでした。
その後も、桐山氏がチャクラペンダントの使い方を講義したことはありません。
護摩木の本数を増やすための毎度の手段です。

講義に出ると瞑想用の真珠をもらえるというのが前宣伝でした。
クズ真珠なら大した値段ではありません。
しかし、桐山氏は準備することすら忘れていたのでしょう。
講義では、桐山氏は観想(空想)で真珠を受け取るように信者に言いました。
桐山氏の投げる目に見えない霊的な真珠を信者は両手で受け取りました。
存在しない真珠を桐山氏が投げ、信者が手を出して受け取るという茶番じみた
光景は、桐山氏の頭の中をそのまま表していました。

桐山氏はサービス精神のない人ではありません。
その桐山氏は信者の気持ちやいらだちすら読むことすらできなくなっていました。


266 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 11:42
>チャクラペンダント

これは人口の石みたいのを眉間のあたりにつける例のやつですか?
だとしますとひとつ面白い話があります

267 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 13:56
>266

昔のニホン・メディテーション・センターで出した人工サファイアを
つけた瞑想ペンダントと似ています。
石は人工ルビーだそうです。
おもしろい話とは、瞑想ペンダントの事ですか。


268 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 18:05
サトワンシン氏の奥さんのポスターの件ですが、あの時奥さんは桐山に言われて
そのペンダントを頭につけさせられました。
だからポスターもつけたままで撮影されています。
それがムーかなんかの雑誌に出て、ペンダントの販売に利用されようとしたので
サトワンシン氏はスグに抗議しました。
バジアン氏のクンダリーニヨーガの技法としてペンダントが必要だなどと悪用されそうに
なったからです。当初の撮影目的は全く商売性の無い説明だったそうです。
たしかセンターのオープニング・プレミアムでポスターをプレゼントするような企画
だったと思います。


44 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:54
269 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 18:12
つづき・・・
桐山はバジアン氏の弟子(日本人)が翻訳したマニュアルをその方から
借りました。そしてその方が何回催促しても「なくした」「置いた場所を忘れた」
とのいい訳で返却を拒否したのです。
コピーすればよいものを何故なくしたと言い張ったのかわかりませんが、
後日伝法会での最初で最後のクンダリーニヨーガ指導の内容がそのマニュアル
から抜粋されたセットでしたので、後でバレて揉めたそうです。
過去にいろいろあってのペンダント事件でしたのでさすがのシン氏もキレたのでしょう。
それ以来、完璧に没交渉となったそうです。

270 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 18:20
つづき・・・
桐山は例の人口石を金星とチャクラのバイブレーションを共鳴させる為に
使うような説明を例会や著書でもしていました。
ヨーガの技法を知らなかったのでそんなオモチャを出してきたのでしょう。
パクッたマニュアルは指導者用だったそうなので、基礎的技法の記述がなく、
それだけではとても理解できなかったため苦し紛れの瞑想ペンダントとなりました。
ただ、奥さんがペンダント販売用のポスターモデルというのでは、
ペンダントを利用した瞑想がバジアン流だと誤解を受けますので、
急遽シン氏は東京へ抗議に出向いたそうです。

271 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 20:47
そして桐山氏はカフェ・オレを「これはホワイトコーヒー
っいうんんだ!」と言ってはばかりませんでした。

272 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 21:12
桐山氏、クンダラネエヨーガのヨタ・バタヤンのマニアル
をぱくり、あたまがパタパタ、耳から煙り
インドカレーうまあ〜い
で結構キレたそうです。
例の人工肛門からカレー。

273 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/29(水) 22:16
>268
>だからポスターもつけたままで撮影されています。

たしかついていましたね。
桐山さんは、自分の都合で他人を使うことばかりで、相手の立場とか、
個人の権利なんて考えはさらさらありません。
サトワンシン氏に対しては、「おれが奥さんをモデルにしてやった。
感謝されてしかるべきだ」と桐山さんは思っていますよ。

>269
>コピーすればよいものを何故なくしたと言い張ったのかわかりませんが、

桐山さんは本人も認める程とてもズボラな人です。
渡された翻訳は、桐山さんにしてみれば、もらったのと同じです。
桐山さんの頭の中ではそのように都合良く切り替わってしまうのです。
もらった物を返そうなんてことは頭の隅にもなかったはずです。
だから、この時にはほんとうにどこに置いたか忘れていたのでしょう。
返せと言われたとき、桐山さんはムッとした顔をしたはずです。

274 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/30(木) 10:40
>179さんへ

「脳梗塞」その16

桐山氏の脳梗塞は、老化という自然現象の一貫として起こったことです。
その兆候は、ずいぶん前から見られました。
1990年代から桐山氏の本には独自性がなく、焼き直しばかりになりました。
真偽はともかく、それまでの桐山氏の本にはそこそこの独自性がありました。
脳梗塞を患った前後に出た本は、前の本からの引用がしだいに多くなります。
この時期、全4章のうち2章が前の本からの章ごと転用とか、
400頁のうち、新しく書いたのは最初の30頁だけ、などという本があります。
みっともない本は出さなければいいのですが、本人は気がつきません。
本人は前に進んでいるつもりでも、同じ所を回っているのが老化の特徴です。

桐山氏は突然脳梗塞になったのではなく、その前からはっきりと老化現象が
彼の本や行動に現れていたのです。
脳梗塞は、老化という坂にあった石につまずいたようなものです。
脳梗塞を克服しても、老化という自然の坂には逆らえません。
桐山氏は、普通の人と同じように、老化の坂を落ちつつあるのです。
坂を落ちれば落ちるほど、桐山氏の説いた阿含宗の3本の柱(264)が成り立って
いないことを、自ら証明してくれるでしょう。

桐山氏が脳梗塞になったのは老化だけが原因ではありません。


45 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:55
275 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/30(木) 11:02
>179さんへ

「なぜ脳梗塞になったか」その1

桐山氏が脳梗塞になっても不思議ではありません。
77歳の老人であった点、そして、彼の生活ぶりです。
たいへんな夜型の人間です。
明け方まで起きていることも珍しくないと本人が書いています。

もう一つは食事です。
桐山氏は美食家で、ホテル・オークラは彼の食堂です。
店での料理は塩分や油分が多く、血管に悪い影響を与えます。
クンダリニーを覚醒して、身体を自由にコントロールできるという割には、
桐山氏は腹に脂肪がついています。
そのことを暗に指摘されると、「少し太っているほうが体力が維持できる」
と自己弁護していました。

桐山氏が関東別院(東京の本部)で、ビールを飲んで、フラフラになって
いるのをある職員がたまたま目撃しました。
この職員は驚いて、このことを周囲に話したために、クビになりました。
自然のサイクルを無視した生活と、美食と、酒を飲むような不節制をしていれば、
脳や身体が壊れるのは当たり前です。


276 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/30(木) 22:15
もっともですね

277 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/31(金) 10:34
>179さんへ

「なぜ脳梗塞になったか」その2

食事については、桐山氏は気の毒な面があるかもしれません。
30代半ばで家を出てしまい、以後、家庭の味がありません。

関東別院(東京の本部)に、家庭料理の上手な信者がいました。
桐山氏は自分の料理人になってくれるように依頼しました。
この信者は自分の家庭があるので、断りました。
桐山氏の依頼を断ったことが引き金となり、この信者は様々な意地悪にあい、
阿含宗をやめました。

この信者の子供は法務部(専属の僧侶)で僧侶をしています。
桐山氏の行く先々で、この僧侶は桐山氏の目に触れないように、排除されます。


278 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/03/31(金) 10:59
>179さんへ

「なぜ脳梗塞になったか」その3

美食と同時に、桐山氏の食事の偏りを指摘する声もあります。
桐山氏は昔、玄米菜食主義を主張していました。
「変身の原理」「密教占星術T」では肉食の弊害を説いています。
当時の信者の、肉食をし、酒を飲んでいたという目撃談もありますから、
本当に桐山氏が玄米菜食を守っていたかどうかはわかりません。

1986年頃、突然、彼は方向転換し、肉食の必要性を認めます。
同時に、サプリメント(栄養補助食品)を重視します。
方向転換したとき、すでに桐山氏は66歳です。
若い頃からの長年の偏食が身体に重大な影響を与えていたのでしょう。


279 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/31(金) 16:58
桐山氏は70

280 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/31(金) 17:11
何度かこの掲示板にのった情報ですが、正確な資料です、
「偽ビール事件」は昭和28年8/17の毎日、朝日新聞の夕刊に載っています。桐山氏(本名/堤真寿雄)32才の時です。昭和35年、桐山氏39才の時、習志野刑務所に約1年間、服役しました。
控訴したために刑(酒税法違反・私文書偽造の罪)が確定するまで、時間がかかりました。
「求聞持聡明法秘伝」(平河出版)の中で桐山氏は27才の時に酒税法違反で1年間、刑獄の人となったと書いていますが、ウソをついた理由は、若気のあやまちと言いたいことと、昭和29年、33才の時に横浜で観音慈恵会をはじめていたからです。刑務所に入るとき、信者にはご霊示により修業に出るとウソをついていました。(当時の機関紙「慈恵」より)
いまだにおんなじ様な手口のサギををやってると、思いませんか?
また、彼は17〜20代初めまで結核で自殺を考えるほど苦しんだ、と言ったり、書いたりしていますが、「霊障を解く」には18、9才の学生の頃、山登りが好きでロッククライミングをやっていた。夏休みには軽井沢に行って勉強していたと書いてあります。彼のデタラメと見えっ張りな性格がモロに出ていて笑えます。
他の資料もそのうちに、投稿します。

281 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/31(金) 18:17
桐山さんの逮捕歴に関する詳しい資料はありませんか。


46 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:56
282 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/31(金) 21:56
●ニセビールの前年、昭和27年8/26 詐欺、契約違反で西新井署に、
同年12/2手形詐欺で千葉県松戸署に逮捕されていますが具体的な内容は不明です。
上記の情報は元信者 広野隆憲さんの著書「阿含密教の研究・桐山密教の内実」
東方出版1992年初版にのっています。
(桐山氏の経歴がかなり詳しく書いてあるコッテリした告発本です。)

最近の事件は知りませんが、他に
●昭和60年5/4 朝日新聞に「6700万円所得隠し」
当時、阿含宗全体の経理を担当していた関西総本部が国税局に摘発されています。
ちなみに責任者の和田尚子事務長は桐山氏の愛人といわれている人で、
現在は関西総本部のトップになっています。
阿含宗の関連企業の代表、役員はすべて桐山氏の身内です。

●昭和62年1/20神奈川新聞、朝日新聞に「密教食は違反食品」
無許可の漢方薬品を混合した「密教食」を600〜635円で仕入れ3000〜4500円で
信者に7億円売りさばく。光和食品社長(当時)桐山靖雄ら7人が神奈川県警と横浜港南署に
薬事法違反で書類送検される。

●平成3年12/20 朝日新聞(朝刊)に「米州長官に現金」
勲章好きの桐山氏がアメリカの警察署長協会に寄付をしてメダルかなんかを貰ったお礼に
役員夫妻5名を日本に招待し土産として現金各々40万〜160万を贈ったものです。
一行のリーダー、バージニア州サザード公安長官はお金は返したのに辞表を出したそうです。可哀相に・・・
他にも、日本人の大物でとばっちりを食った人がいます。
この事件はアメリカからの告発で、バージニア州検察局が捜査中とのことでしたが、
どうなったか知りません。知っている人がいたら教えてください。
桐山氏は例祭でニュースを配信した共同通信を '訴えてやる!'と怒っていました。
(ダチョウのネタは桐山氏からパクったんですね。)
とりあえず、こんなところですが、桐山氏と阿含宗の体質がわかると思います。

283 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/31(金) 23:20
和田女史が愛人だって?
和田氏観た事あんのか、あんた
愛人になるような玉か、あいつは
ヤクザとはりあうような女だぜ!
桐山氏でも手にあまるわ!
馬鹿いってんじゃねえ!

284 名前: >277 投稿日: 2000/03/31(金) 23:30
>この信者の子供は・・僧侶をしています。
なんで、親がひどい目にあっているのに
僧侶してんだ!
おかしいじゃないか!
やめるぞふつう。


285 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/31(金) 23:45
ジジイのくせにアゴンの教祖という激務を
こなせば病気ぐらいになるべや。
むしろ、まだ現役で引退せずに
いまだ、これだけの関心をよび批判されるというのは
すごい人だと思うね!
良くわかったよ、AGONNの体質
桐山氏より後継者が心配だ。
いまだ、桐山氏あってのAGONN宗なんだもんな!
桐山氏いなけりゃ、あんたがたもアゴンなんか
はなにもかけんだろう。
ただもんじゃないぜ!桐山。

286 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/01(土) 07:14
麻原、高橋、福永あたりと体質的?には余り違わんでしょう。
たしかに「ただもんじゃないぜ!」ということですな。


287 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/01(土) 07:19
宗教=宗教産業=集金産業=組織昇進や功徳という有形無形の利益を与えるマルチシステム

原価50円の板切れを10万円で売る霊感商法
どっかの壷の方がずっと利益率が低いね

宗教とはもともと詐欺的な要素が強いんだよ

288 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/01(土) 07:21
宗教家と詐欺師はまさに紙一重 否 同じかもね!!!

289 名前: >288 投稿日: 2000/04/01(土) 10:04
新興宗教の宗教家が主に批判されるけど、
伝統宗教の坊さんも、なかなか凄いぞ!
かえって伝統あるだけに始末が悪い。
ひでえもんだ!


47 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:57
290 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/01(土) 20:47
>282
>阿含宗の関連企業の代表、役員はすべて桐山氏の身内です

詳しい資料をありがとうございます。
関連企業といえば、
・阿含宗出版社
・平河出版
・光和食品
・三田エージンシー(前は平河エージンシー?)
・日本宗教放送(とか言う会社)
などがあります。他にも、福祉法人として、
・同仁病院
・何とかいう老人ホーム
実際にこれらの組織に、桐山さんの身内の誰が役員になっているのかご存じですか。


291 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/01(土) 20:48
>283
>ヤクザとはりあうような女だぜ!

ヤクザとはりあったのですか?
ぜひ、そのあたり経緯を聞かせてください。

292 名前: 年表 投稿日: 2000/04/01(土) 22:04
1921年、大正10年
1月5日横浜市神奈川区に弟二
人、妹一人の四人兄弟の長男として
生まれる。本籍は長野県南佐久郡前
山村628番地・本名は堤真寿雄、<桐
山>は母方の姓であるという
4月20日本日誕生として出生届

1923年、大正12年(2歳)
このころ横浜から東京の下町、本所
(江東区)に転居。数年後、千葉県流
山に移転。

1928年、昭和3年(7歳)
4月千葉県流山町(現流山市)小学
校入学。
【現世成仏】には「父は小学校入学前、
陸軍糧秣廠の御用商人」とあるが、
例祭法話では、「軍装品の商売をして
いた」とも聞く。
近所の人の話では「桐山氏の小学校
時代の父は焼酎工場の労働者、廃品
回収、焼芋屋等職を転々とし、桐山
氏自身も納豆売りをしていた」とい
う。

廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より

293 名前: 年表 投稿日: 2000/04/01(土) 22:07
1934年、昭和9年(13歳)
4月高等小学校入学。
【現世成仏】におおよそ「家計が苦しい
為、県立中学の受験を断念し、東京
へ出て神田三崎町の大成中学校に入
学した」と記しているが、県立より
学費のかかる私立に入学したことは
謎である。また、同書には住居につ
いて一切触れていない。13@`4歳の
少年が初めは単身で下宿、通学した
ことになるが、実際に出来るだろう
か、疑問が残る。

1936年、昭和11年(15歳)
3月高等小学校卒業〔桐山大僧正猊下略年譜〕。
この年、普及社(出版社)に入社【現
世成仏】。
廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より

294 名前: 年表 投稿日: 2000/04/01(土) 22:10
1938年、昭和13年(17歳)
後年書いた〔履歴書(1)〕には同年「3
月・東京府立第四中学校卒業」とあ
るが、【現世成仏】には「府立四中の夜間
部への入学は断念した」と書く。ま
た「4月・早稲田大学第一学院入学」
とも記しているが、「この学校名では
存在しない」と「密教宝庫を開く」にあり、
〔桐山靖雄大僧正猊下略年譜
〕では「真赤な嘘」と記載してあ
る。

1939〜1940年、昭和14年〜15年(18歳〜19歳)
喀血後、東京の順天堂大学病院で「重
症である、絶対安静」を申し渡され
てから、半年白宅療養をした後、千
葉県・上総湊の鳩山病院へ入院【現
世成仏】。
廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より


48 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 15:59
295 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/01(土) 22:26
1940〜1941年、昭和15年〜16年(19歳〜20歳)
千葉県・上総湊の鳩山病院に入院中?【現世成仏】を取意要約すると「入
院3月後に病院から2キロ先の海岸を歩いていたら嶋山院長に会った。
院長がびっくりするほど回復した」。そして、綴密なスケジューノレをつく
って忍耐づよくやったのが「その後の生き方に大きな影響を与えている」
と書いているにもかかわらず、【変身原理】(要約)には、「昭和16年。大東亜
戦争が勃発した年である。この年、私は徴兵検査をうけた。丙種であっ
た。その当時、肺結核の第二期であった。その上、結核性の痔療を病み、
結核性のカリエスになりかかっていた。戦争中、病気はさらに悪化して、
末期の症状をていしていた。かろうじて、生きて終戦をむかえた」と相
反する記述をしている。これに関して〔月刊宝石〕には「彼を知る人で、そ
の重症結核の事実を知る人はいない」と述べられてある。

1941年、昭和16年(20歳)
このころは前記、上総湊の鳩山病院に入院中のはずだが、〔履歴書(1)〕に
は「早大国文科入学」と記入している。また【現世成仏】に今度は「日本大
学芸術科学園文学部創作科入学」と記す。〔ママ!生んで欲しかった!!〕を要約すると「芸術学部(芸術科学園)は昭和21年に火災、
昭和42年の日大闘争で書類が一部離散、そこに着目した桐山師はさすが
だが、大学側では本確的調査の結果、桐山靖雄および堤真寿雄なる人物の
入学した事実はないという結論に達している」。この日大入学が真実なら
ば、〔履歴書(1)〕に「早大入学」と書く必要はない。また「体力章検定を
受けて上級合格」と【現世成仏】にあるが、この年、徴兵検査を受けて丙種
合格の重症の肺結核患者としては考えられない。

廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より

296 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/01(土) 22:29
1945年、昭和20年(24歳)
このころ、後に結婚する女性(渡辺たち)と交際していた【現世成仏】。

1946年、昭和21年(25歳)
歯科医師・渡辺たちと結婚、長女堤真智子出生。肺結核療養中の出来事
になる〔【現世成仏】、桐山靖雄大僧正猊下略年譜〕。
戦後の国民総闇屋時代。桐山氏は「製粉・精米機の販売を始め、戦争中の
父の借金を一年少々で返した」【現世成仏】。

1947年、昭和22年(26歳)
2月3日渡辺たち(24歳)との婚姻届提出〔桐山大僧正猊下略年譜〕。
【現世成仏】によれば、水産加工物の販売に手を出して大失敗をした。いま
でいえば億単位の借財を負った為、総てのものを債権者に譲り渡し、返
済に当て裸同然になったと述べているが、巨億の負債に見合う担保財産
があったのだろうか。また、重症の結核病後の患者に東京と三陸を股に
かけての闇屋が勤まるのか理解に苦しむ。25@`6歳のことであるという。

1950年、昭和25年(29歳)
7月5日二女孝子誕生〔桐山大僧正猊下略年譜〕。

1950〜1951年、昭和25〜26年ごろ(29歳〜30歳)
金岡秀友氏との対談では信仰で病が治り、大成功し、借金も返済し、金
が余ったという〔桐山大僧正猊下略年譜〕。
9月15日ごろ、流山の自宅で私文書を偽造〔判決文〕。

廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より


49 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:00
297 名前: 年表 投稿日: 2000/04/01(土) 22:32
1952年、昭和27年(31歳)
8月16日詐欺容疑、契約違反の疑いで逮捕され、警視庁西新井署に
取調べられる〔桐山大僧正猊下略年譜〕。12月2日手形詐欺容疑で逮捕
/桐山靖雄大僧正猊下略年譜〕。

1953年、昭和28年(32歳)
7月3日三女寿美子誕生〔桐山大僧正猊下略年譜〕。
8月16日酒税法違反、私文書偽造容疑で警視庁防犯課に逮捕、取調
べられる。この事件は「ニセビーノレー味捕まる」の見出しで昭和28年8
月17日の毎日新聞夕刊に大きく報道された〔月刊宝石〕。
これを【現世成仏】には「刑獄の因縁であった」と書いている。

1954年、昭和29年(33歳)
3月15日酒税法違反、私文書偽造に対する第一審判決下る。「懲役一一
年六月及罰金5万円」〔判決文〕。5月24日入所〔桐山大僧正猊下略年譜〕。
8月〜9月横法・生麦の裏長屋を一軒借りて観音慈恵会を発足した
【現世成仏】。
10月7日東示高裁で酒税法違反と私文書偽造により有罪判決を受け
る〔宗教を現代に問う〕。

1955年、昭和30年(34歳)
1月7日塩田氏の中華料理店の二階で「観音慈恵会」発足【現世成仏】。
10月5日姫路市本覚寺に於いて北野恵宝氏から得度を受けた〔履歴
書(2)〕。

廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より


298 名前: 年表1956-1959 投稿日: 2000/04/01(土) 22:35
1956年、昭和31年(35歳)
1月3日京都・養源院で同院の信徒代表、後に観音慈恵会、阿台宗
の理事になった故吉岡与三郎氏、後に関西本部長になった故中島啓二氏
など有志二、三名で京都道場が誕生〔【現世成仏】、大白身〕。

1957年、昭和32年(36歳)
1月1日『幸福への原理』出版(印刷人・三木康敬)。
このころ、道場を大田区調布千鳥町から東京都港区芝田村町鈴木方に移
転〔元信者の証言〕。

1958年、昭和33年(37歳)
年末から年始にかけて港区芝田村町から渋谷区神南町へ道場移転〔元信
者証言〕。【現世成仏】に記述した「田村町には三、四年いた」は桐山氏の記
憶違いか

1959年、昭和34年(38歳)
3月8日『準砥観世音と観音慈恵会』発行。奥付には、発行日の他
「発行所観音慈恵会、東京道場・港区芝田村町五ノ十九、京都本山・東
山区三十三問堂前養源院」、大阪道場は「東成区大今里南之町三ノ五○」
と記してある〔準胝観世界と観音慈恵会〕。22日千座行説明会行われる。この
時点では未完成の為、簡易法典を使用。和讃はまだない〔元信者Cさん
の日記及び証言〕。
4月名古屋の布教開始。支部支所を同市中区南辰巳町の共中印刷(株)
に置く〔月刊アーガマ「東海本部の歴史」(東海本部長・奥村敏雄氏記述)
及び慈眼奥付〕。7月1日『慈恵』号外発行。
小冊子『準砥観世音と観音慈恵会』(和讃付)の広告掲載あり。
15日『準砥尊下座行法典』初めて刊行される。編集者・桐山靖雄。発
行所・観音慈恵会〕。
11月1日『和讃』初版発行〔元町含宗信者複数の証言、準胝尊千座行和讃、法友〕。
廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より


50 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:01
299 名前: 年表1960-1964 投稿日: 2000/04/01(土) 22:40
1960年、昭和35年(39歳)
2月真言宗金剛院派得度加行と〔履歴書(1)〕に書く。
5月28日〔判決文〕に関して上告中のところ、実刑判決が下り、千葉
県習志野刑務所へ極秘に入所。前日の27日付で機関紙『慈恵』第8号(昭
和35年6月13日発行)に「行に立つの記」を掲載〔桐山靖雄大僧正猊下
略年譜、密教宝庫を開く、元信者の証言〕。

1961年、昭和36年(40歳)
5月18日仮出所。保護観察中。
同年11月27日刑期終了〔桐山靖雄大僧正猊下略年譜、密教宝庫を開く、
資18、元信者の証言〕。
この年、四度加行、学識灌頂、講義講式を受けた〔履歴書(1)〕。
《求聞持法》を修行したのは【密教入門】によると、
このころを中心として前後のことになる。

1962年、昭和37年(41歳)
1月名古屋支部例祭会場変更。ABC会館から共生印刷東田寮に移り、
以後6年余り定着〔月刊アーガマ、慈眼〕。6月24日千座行第一期牛の行満
証書授与式(東京・渋谷)〔元信者Cさん日記および証言〕。

1963年、昭和38年(42歳)
10月京都道場移転〔桐山靖雄大僧正猊下略年譜4〕。養源院
に近い天台宗方広寺境内に道場を移す〔桐山靖雄大僧正猊下略年譜5〕。

1964年、昭和39年(43歳)
4月〜7月この問に観音慈恵会創、立以来の塚田康人氏の送別会あり。
離脱の真相及びその後の消息不明〔元信者Cさん証言、桐山靖雄大
僧正猊下略年譜6〕。6月14日関西本部道場(方広寺境内)落慶法要〔大白身、
桐山靖雄大僧正猊下略年譜6〕。
10月5日教団内刊行物・機関誌『大白身』創刊号・第一号発行〔大白身〕。

300 名前: 年表1965-1967 投稿日: 2000/04/01(土) 22:45
1965年、昭和40年(44歳)
初春青年部結成の予告〔大白身〕。1月25日『大白身』新春号(第
2号)発行〔大白身〕。4月1日道場移転。渋谷区神南
町21から世田谷区祖師谷2-602-16へ。
18日世田谷道場で遷座祭行われる〔桐山靖雄大僧正猊下略年譜8〕。
5月10日伝法灌頂を受けたと/履歴書(2)〕に記す。
10月18日19日北陸動橋巡教。北陸本部事実上の開設
〔桐山靖雄大僧正猊下略年譜、桐山靖雄大僧正猊下略年譜〕。

1966年、昭和41年(45歳)
5月15日小冊子『大白身法・千座行教典』発行。

1967年、昭和42年(46歳)
1月7日関西本部道場増築竣工式行われる〔桐山靖雄大僧正猊下略年譜、
密教宝庫を開く〕。
29日例祭(東京)この口、護身法(照真秘流)初めて伝授される〔密教宝庫を開く2〕。
3月15日『大白身』第3号、二年ニカ月振りに発行〔桐山靖雄大僧正猊
下略年譜〕。
4月高野山・密厳院で大橋覚阿教学部長(当時)に会う。北野氏仲介か
〔密教宝庫を開く9、桐山靖雄大僧正猊下略年譜24〕。
6月17日比叡山団参を行う。関西本部主催。伝教大師千百五十年大
遠忌奉讃。総勢375名〔慈眼〕。
10月11日〜13日姫路本覚寺で「北野恵宝氏より般若理趣経の大奥
秘伝等を受法」〔慈眼〕。

(廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より)


51 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:03
301 名前: 年表1968-1969 投稿日: 2000/04/01(土) 22:52
1968年、昭和43年(47歳)
1月13日桐山氏と北野氏、高野山で大橋覚阿師他と会い、4月の高
野山団参の打ち合せをする〔慈眼〕。
3月関西本部道場に専修学院の実習、信者の各種講習の教室を増築/慈眼
4月6日7日、高野山団参〔慈眼〕。
6月名古屋支部の道場建設用地を購入〔大白身〕。
このころ、関西本部に大高酵素を使用した酵素風呂(イオンバス)が完
成し、営業が行われる〔大白身〕。
11月27日北陸支部の落成式が行われる。土地1000平方米、建坪260平
方米〔大白身〕。

1969年、昭和44年(48歳)
3月10日『大白身』第4号発行/大白身〕。
4月1日東京本部道場移転入仏式を行う。世田谷区祖師谷から、都
心の千代田区平河町2-15に道場移る〔大白身〕。
8月北陸道場、宗教法人・大日山金剛華寺観音慈恵会とする。京都道
場はこの後に宗教法人となる〔阿含宗 世界平和への道〕。

(廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より)


302 名前: 年表1970-1971年 投稿日: 2000/04/01(土) 22:55
1970年、昭和45年(49歳)
1月3日〜5日関西本部京都道場で初めての<念力の護摩〉を焚く〔大白身〕。
7日北陸本部道場で初めての<念力の護摩〉を焚く。初代北陸本部長
○氏は、トリックを見破る。
4月15日『大白身』第5号を法力護摩特集(護摩号)として発行。
18日静岡県富士山麓、、天母台のアギロギ教苑所有地に於いて、世界平
和、国土安泰、信者の息災増益、因縁解脱の柴燈護摩・世界平和祈願護
摩供・第1回を焚く。添え護摩本数・10万本〔阿含宗 世界平和への道〕。
8月1日夏期伝法会開催〔秘流奥義初伝印可〕。
この月、東京都文京区音羽の護国寺に於ける、小田慈身大僧正の金剛頂
経講伝受講。講義途中で未入壇の疑いにより帰された
〔桐山靖雄大僧正猊下略年譜@`3、履歴2)〕。
この年、法力護摩講結成する。規約を設け桐山氏が総裁となる〔聖火、
慈恵会・法力護摩〕。これより水子供養の為に<愛の托発運動〉が始まる
/ママ!生んで欲しかった!!〕。

1971年、昭和46年(50歳)
1月10日北陸本部道場で初護摩が焚かれる。
6月〜7月北陸本部道場での大祭燈護摩始まる。ここでの護摩は昭和
49年まで〔阿含宗 世界平和への道〕。
9月19日名古屋道場落慶式行われる(第一次建築・五年後に第二次
建築)。於・同市緑区大高町北横峰。約300坪弱。建設費2千7百万円/資
12、慈眼、大白身、大白身1〕。
この後、桐山氏の最大の協力者、事実上の名古屋支部初代支部長Z氏、
夢破れて失意の内に去る〔元信者数名の証言〕。
10月25日『変身の原理』出版。桐山氏2番目の著書。
出版直前の全信者数・約3千名〔慈恵会会報〕。
12月株式会社平河出版社設立・千代田区隼町3-2・資本金100万円・
代表取締役堤たち(桐山氏夫人)・取締役堤寿美子(三女)他・専務
取締役森重樹(長女の夫)/大白身3、噂の真相〕。


52 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:08
303 名前: 年表1972-1973 投稿日: 2000/04/01(土) 23:08
1972年、昭和47年(51歳)
3月5日初代関西本部長・中島啓二氏脱退。3月を過ぎて間もなく、
初代北陸本部長・O氏も脱退。7月5日『密教一超能力の秘密』刊行(平河出版社)。
8月6日7日大峰山密教トレーニング行われる〔大白身5〕。
31日『中外日報』は"現代に復活する密教"と題して、桐山氏と高野山
大学教授宮坂宥勝氏との対談を掲載。司会は同社記者・土口哲光氏〔中外日報〕。
9月3日〜6日種智院大学教授・山崎泰廣師は中外日報の
"桐山靖雄『密教』の原型は拙論に''の中で「桐山氏の『密教』は私の論文
を骨子にして書いたもの」と述べる/大白身〕。23日これに対して桐山氏は
、同じ『中外日報』に同月30日まで6回に亘って盗用を否定、「ヒマラヤ
に道場を建立して大聖者をお迎えするのが夢だ」、と小事にこだわっては
いられないと『わが夢ははるか大雪山のかなたに』を寄稿〔大白身〕。
11月関西本部事務長・武藤由造氏中島氏を追って脱退。
この年、密教食を売出す〔大白身〕。

1973年、昭和48年(52歳)
4月16日桐山グループ・光和食品且ミ長堤たち・資本金三千万
円・東京平河町に設立。後に青山に移り、現在、東京都千代田区隼町3
-2〔大白身〕。
25日『念力一超能力を身につける九つの方法』刊行(徳聞書店)。
28日東京道場(千代田区平河町)で改築落成式の前夜祭に<念力の護摩〉
を公開。失敗。翌29日も失敗した。
5月6日7日第2回高野山団参を行う。高野山への団参はこれが最
後となった。
7月20日『密教占星術1一運命とはなにか』出版(平河出版社)。

(廣野隆憲「阿含宗の研究 桐山密教の研究」より)

304 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/02(日) 14:00
>179さんへ

「なぜ脳梗塞になったか」その4

サプリメント(栄養補助食品)の過剰摂取の指摘もあります。
桐山氏は、自分の身体を実験台にして大量摂取していることを自慢していました。
阿含宗カルフォルニア道場の職員に、アメリカのサプリメントを直接
送らせていました。
桐山氏は科学コンプレックスがあります。
研究者の成果を鵜呑みにして、最新の栄養学の知識を自慢します。
桐山氏は良いと言われるサプリメントを大量に摂取していました。
過剰な摂取分の分解には肝臓などに大きな負担をかけます。
桐山氏のような老人の肝臓などは弱っていますから、なおさらです。
過剰な栄養素の摂取が身体にどんな影響があるかは、科学的にもまだ
十分にはわかっていません。
しかし、桐山氏の結果を見れば、逆効果であった可能性が高いでしょう。


305 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/02(日) 14:25
>179さんへ

「なぜ脳梗塞になったか」その5

桐山氏の栄養学の目的は二つあります。
・自分の食生活の言い訳
・光和食品(阿含宗系列)がもうけるため

煩悩をすべて断ち切ったはずの桐山氏は食欲という本能が押さえられません。
その言い訳に、桐山氏は
「おれは人の三倍食べて、五倍働く」
桐山氏の栄養学は、おいしい物を好きなだけ食べて、サプリメントで健康を
保つというものです。
自分の食欲はおもむくままにして、サプリメントでごまかすのです。
桐山氏は、
「錠剤を飲めば栄養がとれて、後は何を食べてもいいような時代が来る」
と、あたかも未来予測であるかのように言いました。
これも、自分はサプリメントを取っているから、何を食べてもいいのだという、
食欲と美食への言い訳にすぎません。

幸い、桐山氏の栄養学をそのまま実行するのは普通の信者には無理です。
自分の身体を壊すほど飲む前に、光和食品で財布を壊すからです。


306 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/02(日) 18:06
むかし密教食のボロ儲けで光和食品を事業の柱の一つにしてきたけど
言ってみればバチが当たったみたいなもの。
最近の本なんか自分ちのサプリメントの宣伝ばかり。
嗚呼、情けなや!

307 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/02(日) 18:08
年表ご苦労様です
桐山の手口がよくわかります

308 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/02(日) 21:06
>この月、東京都文京区音羽の護国寺に於ける、小田慈身大僧正の金剛頂
>経講伝受講。講義途中で未入壇の疑いにより帰された

つまり偽物ということでしょ。
ニセ坊主がなぜ大僧正なのでしょうか?


53 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:10
309 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/02(日) 21:41
「小田慈身大僧正」→「小田慈舟大僧正」
です。
OCRが安物なので、読みとりまちがいがあります。
ご容赦ください。

310 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/02(日) 21:52
桐山は詐欺師ではない。
詐欺師はひとを故意に騙している自覚のあるもの。
桐山は自分の嘘が5分もしないうちにホントだと思いこんでしまう為、
本人にしてみれば全てがいたって本気なのだ。
ここが問題だね。

311 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/02(日) 23:09
この分析は正しい。


312 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/03(月) 04:41
もしも奴が一流の詐欺師ならもっとバレない嘘をつくよ。
物忘れと思いこみが超・超一流なの!
求聞持脳ってそういうものなの?

313 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/03(月) 11:24
>179さんへ

「なぜ脳梗塞になったか」その6

桐山氏の短時間睡眠も脳に悪影響があったと考えられます。
桐山氏は超人的能力の一つとして短時間睡眠をあげていました。
桐山氏は他人を踏み台にして自分のすごさをアピールするのが好きです。
桐山氏は「八時間も寝る奴はバカだ」と述べたことがあります。
桐山氏は「一日八時間睡眠には科学的根拠がない」と話しています。
根拠はあります。
一日八時間の睡眠をとっている人が最も長生きするという調査があります。
長年の短時間睡眠による脳や身体への影響が蓄積され、脳梗塞や体調不良を
引き起こした可能性があります。

以上のように、桐山氏の脳梗塞は、因縁、霊障、超能力をもってこなくても
説明がつきます。
桐山氏は病気になっても何の不思議もない生活を長年続けているのです。
桐山氏がこれまで病気をあまりしなかったのは、若い頃、結核を患ったことを
除けば、元々身体が丈夫だったからでしょう。


314 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/03(月) 11:33
>237 補陀洛さん

長らく、お待たせしました。
次から、20年に渡る壮大な物語「一九九九年七の月」の始まりです。


315 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/03(月) 17:01
>ヤクザとはりあう女だぜ!

古い信者の間では有名な話です。廣野隆憲さんの本にも載っています。
出世が早く、権力を持つようになったのは桐山氏が弱みをにぎられているからだ
とのウワサでした。
私は関西ではなかったので会ったことはありません。(10年ほど前に辞めましたが)
京都の火祭りでも表面に出てくることはありませんでした。
阿含宗の中心人物の一人であることは確かです。
やくざとのはりあいを含めて現在の様子を教えてください。


54 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:11
316 名前: 補陀洛 投稿日: 2000/04/03(月) 18:15
>314さん
いよいよですか。o(^-^)oワクワク

桐山氏は私が10年前に引っ越してから目にすることが
ほとんど無くなったんのだが、1年ほど前にたまたま宗報(?)か
なんかで写真を見たときひどく老けて見えたのでびっくりした
記憶がある。その間に脳梗塞を患っていたんですね。
(もちろん年月による老いも有ると思いますが)

あんまり書く間が無いので走り書きですが
ちょっと思うのは、あそこでやってることって、
神秘色(超能力、因縁、予言、霊障 等)を除いて
やってることを精神のトレーニング(=瞑想や観想)と
肉体のトレーニング(ヨガ、呼吸法、栄養学)と思えば
個々にはいい能力開発(自己啓発)手段と思うのだが・・・
惜しいなあって感じ〜。

例えば、サプリメントも叩かれてるけど、
あれに限っては栄養学的に中身がはっきりしているんだから、
適量摂取すれば、悪いもんでは無いような気もするだが・・・
(微量栄養素がいろいろ入っているんでしょ?)

宗教的な意味を考えずに、単に自然素材のビタミン剤と割り切って使うならば、
一人暮しとかで栄養が片寄りがちな社会人とかにはそれなりに効果がありそうな
気もするけどいかがなものでしょ?

値段について相場と比べて高いか低いかは良く知らないが、
よく薬や健康食品の宣伝にある「一日わずかコーヒー一杯分のお値段!」
ぐらいの範囲に収まってないのかな?

あと何かの座右の本には自己実現の方法(実現したいことを書き出して
毎日読むとか)が載っていた気がするのだが、手法そのものはビジネス書
の棚にある本(マーフィーの成功法則とか)にも載っているし、
観想というのも一種のイメージトレーニングみたいな感じですしね〜。

なんか脈絡無くなったが時間が無いのでこのへんで。


317 名前: 織田無用 投稿日: 2000/04/04(火) 02:56
桐山氏って、要は商売人なんだよ。
あれこれ言っても、という感じだな!
いくら貶そうとも彼は確信犯だから
涼しい顔して、また商売はじめるよ。
それはそれで面白ければ俺はいいと思っているが
最近、つまらないんだよね。

318 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/04(火) 03:00
>最近、つまらないんだよね。

そうなんですよ

319 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/04(火) 03:06
ネタぎれだね。

320 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/04(火) 10:08
>237 補陀洛さん

「一九九九年七の月」1 インドから始まった

桐山氏が世紀末破壊を本格的に書いたのは、1981年の「一九九九年カルマ
と霊障からの脱出」です。
この本を要約するなら、次のようになります。

1980年、桐山氏はインドの祇園精舎の「ミラクルの池」で、釈迦から
「白銀のバイブレーション」によるメッセージを受けた。
それによれば、世紀末に霊障(霊的祟り)による地球的破壊がおきる。
このことはノストラダムスの予言とも一致する。
世紀末の破壊のとき、人類を救うためにアンゴルモアの大王がよみがえる。
アンゴルモアの大王とは、霊障を除去する釈迦、あるいは釈迦の成仏法である。
地球壊滅のとき、桐山氏は再び祇園精舎に来て、釈迦を日本に移す。
桐山氏はアンゴルモアの大王をよみがえらせ、地球壊滅から人類を救済する。

桐山氏は、釈迦からテレパシーでの世紀末の地球壊滅を教えられ、人類救済の
使命を負わされたという話です。


55 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:13
321 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/04(火) 10:30

「一九九九年七の月」2 ミラクルの池

この本の中の見せ場は、釈迦からの「白銀のバイブレーション」です。
桐山氏はこれを祇園精舎にある「ミラクルの池」から受けたとあります。
桐山氏によれば、ミラクルの池とは、昔、釈迦が空中を浮遊し、池の上に降り
立ったとき、身体の半々が火と水になって奇跡を示した場所です。

1981年初護摩(正月の護摩)で詠んだ4つの和歌うち2つにミラクルの池が
出てくるように、ミラクルの池は重要なキーワードでした。
2500年前に奇跡を行った釈迦が、そのミラクルの池に桐山氏宛てに残した、
人類救済のための白銀のバイブレーションという組み合わせは、信者たちに
深い感動を与えました。
指導者である桐山氏が釈迦から直接、人類救済者に任命されたのです。
この後、阿含宗は爆発的な布教活動を開始します。(114参照)
布教の起爆剤こそがミラクルの池と白銀のバイブレーションの話です。

桐山氏は、祇園精舎の中にミラクルの池があると紹介しています。
祇園精舎を案内したのは、祇園精舎の入り口に建つスリランカ寺の初代管長です。
桐山氏の指さす場所を初代管長が「ミラクルの池です」と言ったと書いています。
スリランカ寺の初代管長は1984年に亡くなりました。
幸い、その前に、ミラクルの池を確認に行った信者たちがいます。


322 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/04(火) 20:02
>幸い、その前に、ミラクルの池を確認に行った信者たちがいます。

つづきが知りたいなあ

323 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/04(火) 20:21
>316
>例えば、サプリメントも叩かれてるけど、

サプリメントを叩いているのではなく、桐山さんを叩いているのでは。
桐山さんも栄養学の講義だけでやめておけばいいのに。
必ず、光和の商売が出でくる。
宗教のコロモを着せているところが、桐山さんらしい。
阿含宗光和の宗教天ぷら

光和は高い。
昔、摘発されたとき、4500円の密教食の原価が700円だとわかってしまった。
桐山薬局薬くそうバエ

同じ成分のサプリメントなら、市販や個人輸入が安い。
桐山さんは光和だけって言うけど、アメリカにいくらでもあるって。
求聞持40も、元はアメリカのサプリメントじゃないか。

光和も赤字だ、がんばれ、桐山さん!
サプリメントじゃもうからないから、20万円の浄水器を売ってます。
信者あほうれば金を出す

324 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/05(水) 04:56
そのうち健康食品や浄水機のマルチも始めるんじゃない?

325 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/05(水) 06:03
>光和も赤字だ、がんばれ、桐山さん!
>4500円の密教食の原価が700円

そんなに暴利なのに赤字なんですか?

326 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/05(水) 06:07
そのうち「護摩木一万本集めてきたらいくら」って報奨金が出るかもね。
或いは信者ひとり勧誘につき二万円とかね。
マルチ商法に該当するかなあ?

327 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/05(水) 11:19

「一九九九年七の月」3 ミラクルの池とは何のことか?

桐山氏の数年後、信者がミラクルの池の確認に祇園精舎を訪れています。
スリランカ寺初代管長にミラクルの池の案内を頼みました。
するとスリランカ寺初代管長は、
「ミラクルの池とは何のことか?
祇園精舎の中にミラクルの池などというものはない」
と答えました。
桐山氏にミラクルの池を教えたはずのスリランカ寺の初代管長が、ミラクルの池
など知らないと答えたのです。

スリランカ寺初代管長は「ミラクルの池」を繰り返す信者を気の毒に思い、
オーラジャルに案内してくれました。
オーラジャルとは、釈迦が奇跡を示したという伝説のある遺跡です。
祇園精舎から南東方向に2qほどいったところにあるストゥーパ(仏塔)です。
もちろんオーラジャルにもミラクルの池などありません。


328 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/05(水) 16:43
ミラクルの池は、現実の世界ではなく、霊的な世界に存在する。
凡人には見えないのだ。(爆)


56 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:14
329 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/05(水) 19:20
以前、光和食品の小さいチラシに載っていた内容です。(現物をさがしてみます。)
信者からの質問「解脱供養をしたのに癌になってしまいましたがどうしてでしょう?」
に対しての桐山さんのコメント「解脱供養によって癌死の因縁の70%は消えるが
残りの30%は体質の問題なので、サプリメントによって体質改善をする必要がある」
とありました。
そりゃねえだろう!これならどんな抗議が来ても言い訳ができるじゃないかと思いました。

現役信者の人へ、最近「冥徳供養体験談」(阿含宗の会報のひとつ、冥徳講ニュースに
のっている、解脱供養を受けた人の御利益があったという体験談)
の投稿者に匿名が多くなったと思いませんか?
以前は、都市名 氏名が明記してありました。もともとデッチあげだとは思っていましたが
信者数の減少にともなって、そんな人は実在しないということがバレてきたんではないでしょうか。
桐山さんのボケにみんな気がついてきたように阿含宗の末期的症状のひとつでは。

※解脱供養=霊障を生じさせる不成仏霊を成仏させる修法。不成仏霊1体につき10万円、
 最低、10体は誰にでもついているということになっています。
 もちろん、一般向けの桐山さんの本には書いてありませんので、入信するまでわかりません。
 以前は(7年ぐらい前)、「あなたには5代前の○○の因縁の霊が2体憑いている」といった内容の紙が
 御霊示と書いてある封筒に入って、一方的に送られてきましたが、さすがに抗議が殺到したらしく、
 今は希望者のみに知らせるということになっています。(最新の状況はどなたかお願いします。)
 強制ではありませんが阿含宗のメイン商品ですから、申し込まざるをえない状況になります。


330 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/05(水) 20:32
>325
>そんなに暴利なのに赤字なんですか?

信者相手の殿様商売です。
一般の人なんて買いません。
信者は減少の一途です。
不景気で信者の財布のヒモもかたい。
「教祖様大々運気で信者減り」

阿含宗と同じで、信者を大事な客だと思っていない。
昔、平河町の近くに光和の店がありました。
そこでは時々、密教食の値引きをしていました。
ところが、道場の売店では値引きしませんでした。
信者は足下を見られている。
「バカ信者高くても買うぞもっと絞り取れ」

331 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/05(水) 20:35
一般の店が、密教食を仕入れて、値引きして売ると、
光和が圧力をかけてやめさせました。
スパイまがいのことまでしていました。
「サプリメントとって根性もっと悪くなり」

一般店は、バカらしいから売るのをやめます。
密教食は値崩れしないが、一般にも広がらない。
「密教食売ってテメイの首を絞め」

密教食を信者が自分の店で安く売ると、呼び出して
「安く売るのは管長猊下への不徳だ」
と脅迫したそうです。
「光和の得は食って積めるお徳よ」

師匠に似て、こいつらとにかく陰険。
光和の商売は桐山さんの頭の中そのままです。
「脅迫は阿含密教大秘伝と心得たり」

332 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/06(木) 05:52
「脅迫は阿含密教大秘伝と心得たり」
これは本当だと思います。
水子供養に始まり、解脱供養など
脅しで金を稼ぐ手法はお手のもんです。

333 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/06(木) 10:50

「一九九九年七の月」 4.桐山氏のミラクルの池

近年、信者の一人が祇園精舎を訪れました。
現在のスリランカ寺管長に聞いても「ミラクルの池などない」という返事でした。
ミラクルの池など祇園精舎にも、他のどこにも最初から存在しないのです。
経典にはもちろんのこと、伝説にすらミラクルの池などありません。
スリランカ寺の管長が桐山氏に「ミラクルの池」などと言ったはずがありません。そんなものが祇園精舎にあると告げたはずはありません。

「桐山氏のミラクルの池」は現在も祇園精舎に存在します。
通路に面した一辺が10mもない窪地で、雨期には池になる場所です。
この窪地は釈迦が奇跡を行ったなどという伝説のある場所ではありません。
釈迦が何かをなしたところには必ずストゥーパ(仏塔)などの遺跡が残ります。
「桐山氏のミラクルの池」のように、窪地として放置されることはありえません。


57 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:15
334 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/06(木) 19:14
どうしてすぐわかる嘘を平気でつくのでしょうか?
だから詐欺師だとか言われるんですね。
単なる窪地をミラクルの池とはよく言ったものです。
ホントに情けない教祖様ですね。

335 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/06(木) 20:17
本人は嘘ついたつもりないんだよね。
あの人、きっと今でもミラクルの池を信じてますよ。
本人が一番信じているんだから、信者がひっかかるのは当然。

「釈迦から来た白銀が重要で、場所が何であるかなんて関係ない」
なんて言い訳をぬけぬけと言うだろうなあ。
ミラクルの池でさんざん会員をあおったくせに。

336 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/07(金) 10:55

「一九九九年七の月」 5.存在しないミラクルの池

桐山氏が白銀のバイブレーションが来たという窪地を指して「あそこは何か」
と質問したから、スリランカ寺初代管長は「池だ」とでも答えたのでしょう。
雨期には水が貯まるから池だと答えただけです。
その前後に、スリランカ寺初代管長は釈迦がなした奇跡の話をしたのでしょう。
桐山氏はこれをゴチャ混ぜにしてミラクルの池を創作したのです。

「一九九九年カルマと霊障からの脱出」では、ミラクルの池と白銀のバイブレー
ションは重要な柱でした。
だが、ミラクルの池は根拠のない単なる物語だったのです。
バジアン予言(216〜参照)のように、自分に都合のいいように作り上げたのです。

桐山氏はこれをインスピレーションだとか、仏陀の智慧だと主張します。
現実と一致すれば、インスピレーションや智慧と言ってもいいでしょう。
当たらないインスピレーションや智慧を妄想といいます。
そして、桐山氏の場合、妄想がとにかく多い。
信者をあおりたてたミラクルの池は桐山氏の妄想にすぎなかったのです。

では、白銀のバイブレーションはどうでしょうか。


337 名前: 憂国の士 投稿日: 2000/04/07(金) 13:03
桐山そうウンコはただの山師。
ギロチンに送れば良い。
それより、創価学会を総力戦で討伐・殲滅せねば、
国が滅びる!

338 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/07(金) 16:00
桐山の最大の罪はオウム真理教の設立・増殖の切っ掛けを作ったことだ。
麻原始めオウムの幹部の相当数は阿含宗の元信者である。
インチキ本で嘘八百の超能力願望をあおり、信じて入信してきた連中が、
桐山の詐欺性に気付き、あきれはてて、独立した麻原の元に走った。
これがオウムが短期間に巨大化した原動力であろう。
つまり桐山が集客し、第一次集金を果した後、つぎに麻原が挫折者を
引き受けて、第2次集金を人殺しを交えて行なっていた。
両者ともに刑獄の因縁深き魂の罪人といえよう。
彼ら二人は地獄で再会するに違いない。真っ先に舌を抜かれるだろう。

339 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/07(金) 21:20
舌が多すぎて、抜ききれなかったりして。

340 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/07(金) 22:24
千舌観音

341 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/08(土) 02:14
ここに書き込むあなたがたも抜かれるだろうよ(笑)。
「こうわ」、まで話題になるとは、正体ばればれ。

342 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/08(土) 19:18
あげ

343 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/08(土) 20:56

「一九九九年七の月」 6.白銀のバイブレーション

白銀のバイブレーションは桐山氏だけが感じました。
当然の事ながら、すぐそばにいた数十人の人たちは何も感じませんでした。
白銀のバイブレーションが本物かどうかは、19年後の結果をみれば十分です。
ミラクルの池と同様に、なんの根拠もない桐山氏の妄想話です。

桐山氏は、白銀のバイブレーションを受けたとき、高層ビルのある空が真っ赤に
燃える未来の光景を見て、また、すさまじい戦慄と恐怖を感じたといいます。
世紀末の地球壊滅のビジョンを見たというのです。
だが、桐山氏の予言とも、白銀のバイブレーションのお告げとも違い、1999年に
地球が壊滅することも、その兆候もありませんでした。

では、彼が見たこと、感じたことは何だったのでしょうか。
桐山氏はまったくの作り事、嘘を書いたのでしょうか。


344 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/09(日) 06:18
世界の破滅は多くの宗教で集金のネタとされてきました。
阿含宗もそのパターンをマネしただけです。


58 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:16
345 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/09(日) 20:48

「一九九九年七の月」 7.白銀のバイブレーションと疲労

1980年の桐山氏一行のインド旅行は、約二週間でした。
インド旅行は、団体旅行でもきついものです。
慣れない食べ物でたいていの人は下痢します。
インドの仏跡はほとんどが田舎にあります。
この旅行では、朝早く出発し、夜遅く到着しました。
睡眠不足と連日の長時間のバス旅行は身体に負担がかかりました。
この旅行に参加した信者によれば、疲労困憊で、病人が続出したと言います。
移動に時間がかかるし、1980年当時、ホテルの設備も十分ではありませんでした。
強行軍であったため、予定が消化できず、桐山氏は、釈迦が亡くなった
クシーナガル行きを諦めています。

祇園精舎は一行が最後に訪れた仏跡でした。
ツアーが始まって8日目です。
桐山氏は自分が超人的な体力を持っていると言います。
しかし、このインド旅行では、桐山氏はミネラル・ウォーターをスーツケース
一つ分も持参したといいます。
また、「脳梗塞」(197〜)を見てもわかるように、桐山氏が特別な身体を持って
いる訳ではありません。

当時、59歳だった桐山氏もまた疲労の極に達した状態で祇園精舎を訪れています。
これは妄想や幻覚を見るのには十分な条件です。


346 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/09(日) 21:16

「一九九九年七の月」 8.白銀のバイブレーションと思い込み

さらに、桐山氏の性格を考えるべきでしょう。
自分に対する高い評価と思いこみです。
桐山氏はインドに出発する時、次のように思ったと書いています。
「仏跡はいったい、わたくしになにをあたえようとするのか」
つまり、桐山氏は出発するときから、
「自分ほどのすごい人物が仏跡に来たのだから、何かがおこるはずだ。
凡人どものただの巡礼とは訳が違う。何かが起きなければならない」
という激しい思いこみがあったのです。

祇園精舎は公園のようになっていて、物売りや物乞が入れません。
物乞にしつこく追いかけられ、喧騒から整備された公園に入ると、ホッとします。

激しい疲労と、激しい思いこみ、喧騒から突如解放さたれたのが引き金になり、
白銀のバイブレーションを引き起こしたのでしょう。
高層ビル火災を描いた映画「タワーリング・インフェルノ」は1974年公開です。
燃え上がる空や高層ビルなどは、映画などで見ていれば、ある種のフラッシュバ
ックが起きてもおかしくありません。
桐山氏の見たものが思いこみの激しい人の幻覚にすぎなかったことは、その19
年後をみれば十分です。

疲労と激しい思いこみの他に、もう一つの重要な要因も考えられます。


347 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/09(日) 21:29
>強行軍であったため、予定が消化できず、桐山氏は、釈迦が亡くなった
クシーナガル行きを諦めています。

予知能力の達人がなぜ不可能な予定を決めていたのでしょうか?
つまり桐山も凡人ということですね。

348 名前: 補陀洛 投稿日: 2000/04/10(月) 11:55
上げるついでに書きこみます。

今阿含宗のホームページ見てきたけど1996年ぐらいまでの
記事しか載ってませんね。更新していないのかイベントが
無いのか???

>341

>ここに書き込むあなたがたも抜かれるだろうよ(笑)。
>「こうわ」、まで話題になるとは、正体ばればれ。

てゆーかもともと、「阿含宗の信者だった、もしくはそこの
内部事情を知っている方ここへ書き込みしていただけませんか?」
ってことで始まっているんだから、元信者や関係者が批判記事を
書きこんでいても不思議でもなんでもないでしょ?
(さすがに現役で投稿している人はあまりいないだろうな)

>ヌマエビさん

結局、白銀のバイブレーションって立ち眩み&耳鳴りってことですか?
う〜む、今後の展開、引き続き楽しみにしています。

脳梗塞の件(1999年の件もそうですが)、信者への影響はなかったのですか?
引用ばかりの本とか、肝心のことをしゃべらず、もらえるものももらえない講義
とかやってたんじゃ不安や苛立ちを覚えても不思議ではないけど、
そういうのに対して信者はどう言っている(思っている)かはご存知ないですか?
会員数とか減ってきているのかな?


59 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:17
349 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/10(月) 12:07
本物を見たことのない人へ

東京品川区、田町の関東別院には毎月1日の宝生護摩と
毎月第4土・日の例祭は一般の見学者も結構、来てました(見学者席あり)。
勧誘される危険はありませんので、自分の目で実態の一部分を見てみませんか。

今はどこにも売ってない、桐山さんのトンデモ本(自分自身をモデルにした主人公が
地球の危機を救うという小説。買わなかったことをモノスゴク後悔してます。)等。
彼の著書や会報、豊富なパンフレット、VTRも手に入ります。

但し、私は数年前から行ってませんが、状況は変わってないはずです。
信者はもちろん普通の人たちです。期待しても、異常なことも起こりません。
特に1日※がおすすめです。
(※朝7時から1時間ぐらい、出勤前の人が多いので途中でも帰れますし、
 終わりまでいる人もさっさと帰っちゃいます。目玉は桐山さんの10分間法話。おにぎり付)

急げ!生きている、詐欺師 桐山さんを見られるチャンスは、残りわずか!

350 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/10(月) 18:59
>今はどこにも売ってない、桐山さんのトンデモ本(自分自身をモデルにした主人公が
>地球の危機を救うという小説。買わなかったことをモノスゴク後悔してます。)等。
「一九九九年 地球壊滅」ですな。原発、放射線の影響についてデタラメが
多いという三文小説です。資源の無駄遣いです。

351 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/10(月) 21:34

「一九九九年七の月」 9.白銀のバイブレーションと脳障害

桐山氏は一時的な意識障害を起こした可能性があります。
今日、桐山氏が脳梗塞を患っていることをみれば、ありえない話ではありません。
旅の疲労やストレスから脳の一部に障害が生じ、白銀のバイブレーションと
なったり、損傷の信号が、桐山氏の記憶に刺激を与え、燃える空の映像や、
激しい恐怖感を引き起こした、という可能性です。

老人などは睡眠不足や過労から、卒中発作の意識障害をおこすことがあります。
これらは幻想、幻覚、幻聴を伴うことがあります。
本の中では、
「声が突然すうっと遠のいた」
「がぁんと、頭から頬にかけてなぐられたような衝撃」
とあります。
意識障害の始まりとしてはありえる症状です。

19年後の結果から見ると、桐山氏の頭の外ではなく、頭の中でおこったことです。
桐山氏は59歳で、疲労の極にあれば、脳障害がおきてもおかしくありません。

次の事実も脳に障害がおきたことをうかがわせます。


352 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/10(月) 21:48
>348
>脳梗塞の件(1999年の件もそうですが)、信者への影響はなかったのですか?

「桐山氏への批判はタブー」
という禁止回路が熱心な信者ほど強固に組み込まれています。
本人はたいてい自覚がありません。
「桐山氏は絶対に正しい」
という前提から物事を考えるように自ら訓練します。
「脳梗塞」などを読んでも、「年寄りだから病気くらいする」「悪意の解釈だ」、
また、桐山氏の口まねをして、
「ひとの悪口を言うのが男子一生の仕事か。他にすることはないのか」
と問題の焦点をずらすことで、桐山氏に疑問を持つことを回避します。

>会員数とか減ってきているのかな?

もちろん減っています。
穴のあいたバケツに水を汲んでいるのです。
桐山氏の数字は独特で、とても興味深い。
信者の数、護摩木の数はどのように変わっているか、
星まつりの来場者の数はほんとうか、
十三救いの輪運動の13とはどこから来たか、
など、興味が尽きません。
いずれお話します。

353 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/10(月) 23:43
私のマンションの一階に阿含宗が入っています。
確かにオウムのマークとよく似た紋が掲げられています。
日曜日はお香の煙でフロア中が煙たかったのです
しかも何度も火災感知器が鳴る始末で
今じゃ、警報が鳴っても誰も避難しようとしない
マンションと化してしまった。
これじゃ、本当に火災になっても誰も避難しなくなり
皆●焦げになるでしょう。
今は、日曜日の朝、通りの掃除ボランティアを
会員がやっています。しかしねぇー・・・・


60 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:18
354 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/11(火) 11:10
掃除するのは、桐山さんの唱える「社会運動」の一つです。
掃除して、「阿含宗偉い!」って認めてほしいんですよ。
マンションの住人は霊的に汚れている!(^_^;)
会員でない人は霊的に臭いと思われている。
でも、臭いのは阿含宗だってことに、気が付かないだろうなあ。

火焚いて阿含宗がこの世の中を霊的に浄化しているのだと信じている。
土地浄霊は、金がかかる。
その金は会員から吸い上げるから、なんのことない、会員からの金集め。

桐山さんの社会運動って、その金使って勲章をいっぱいもらうこと。


355 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/11(火) 11:58
>皆●焦げになるでしょう。

死んだら、阿含宗が解脱供養を出してくれる。
でも、一人につき十万円かかる。
金のない奴はどうするって?
そいつは霊障の仏になって、子孫に祟る。
それが恐かったら、阿含宗で解脱供養を出せ、というように、
死んでも、阿含宗から絶対に逃げ出せないようになってる。


356 名前: 抹香クジラ 投稿日: 2000/04/11(火) 14:44
丸写し ならぬ Kanning 極秘伝

妙薬の正体見たりハナクソ丸

ハナクソも本気で飲めば効いてくる

うそつきの度が過ぎて預言者だと

それつかまえて天才はねえだろう

天才だとてめえでいう馬鹿野郎

その前にまずてめえがゲダツしろ

インネンをつけて儲ける河内山

オマケ付きにコロリと弱い馬鹿信者

御利益を金で買えると思うなよ

梵行という名の嫌がらせ

らりるれろ梗塞された求聞持脳

357 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/11(火) 21:12

「一九九九年七の月」 10.白銀のバイブレーションは脳障害

桐山氏は、祇園精舎の後、ラクナウのホテルで自動書記があったと書いています。
自動書記とは手が勝手に動いて、文字などを書くものです。
自動書記は、桐山氏の大量の著作の中でも、これ一件のみです。
普段から自動書記が得意技ではなく、この時だけです。
この時の自動書記は桐山氏にとっても特殊な状態であったことを意味します。
脳梗塞などで身体の一部が機能障害をおこすことはよくあります。
脳障害が手の震えとなって現れ、それを桐山氏は霊動、自動書記と解釈したの
でしょう。

自動書記の原文は、脈絡がなかったことを桐山氏も認めています。
桐山氏が公開した自動書記文は、原文を元に桐山氏が書き直したものです。
原文は脈絡がないどころか、文字にすらなっていなかったのでしょう。
震える手に鉛筆をにぎらせても、何も意味がありません。
原文は公開しないのではなく、できないのです。
脳障害による手の震えが、桐山氏の豊かな空想力と激しい思いこみによって
自動書記になり、創作されたのが、公開された自動書記文です。

幸い、白銀のバイブレーションも自動書記も一過性のものとして終わりました。
脳卒中などの専門の医者に、桐山氏のこの本を読んでもらい、意見を聞いてみた
いものです。

信者たちは19年間、単なる意識障害からおきた白昼夢につきあわされたのです。
結果を見る限り、それはほとんど事実でしょう。


61 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:19
358 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/12(水) 20:56

「一九九九年七の月」 11.事故

阿含宗のインド仏跡ツアーは班に分かれていました。
桐山氏の班では、バスが横転して、中に乗っていたインド人が両足切断という重
傷を負いました。
日本人はバスを降りていたので、被害はありませんでした。
別な班では、バスがバウンドして、多数の信者が打撲傷を負いました。
一人は骨にヒビが入り、移動に支障が出ました。

旅先で事故がおきても、ましてやインドでは何があってもおかしくありません。
しかし、予知能力を持ち、仏に守られているはずの桐山氏の周囲で、因縁解脱の
修行をしている信者を含めて次々と事故がおきるのでは、ご都合の悪い話です。
奇跡の白銀のバイブレーションの背後で、平凡に信者が病気をし、ケガ人まで
出たのではサマになりません。
信者は帰国後もこの件は話したがりませんでした。
この時参加した信者は、職員を含めて、やめてしまった人が大半です。
桐山氏と白銀のバイブレーションにとってはそのほうが都合がいいでしょう。


359 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/13(木) 06:02
えっ!そんなことがあったのですか…。
脳障害もさる事ながら、事故隠しが目的で
白銀の法螺話が生まれたような気もします。360 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/13(木) 21:11

「一九九九年七の月」 12.ブッダになる

白銀のバイブレーションの話は、桐山氏の常として、時間とともに針小棒大に
膨らみ続けました。
桐山氏は本で、自分が「聖者」であることを高らかに宣言しました。
釈迦を「聖師」と呼び、自分が釈迦の「成仏力」を受け取れる器を持った唯一
の弟子であることを誇らかに宣言しました。

桐山氏は、祇園精舎の数日後、デリーのホテルで信者たちを前に、
「自分は死ぬまでにブッダになる。完全なブッダとなって死ぬ」
と宣言しました。
帰国後の各地での講演会でも、ブッダになって死ぬ、と繰り返しました。

ミラクルの池と白銀のバイブレーションは桐山氏をブッダ宣言に導きました。
意識障害からおきた白昼夢で、桐山氏は聖者になり、釈迦の真の弟子になり、
完全解脱することになりました。

桐山氏は今日に至るまで自分がブッダになったとは言っていません。
90年代初め、桐山氏に、オベッカ信者の一人が例祭(月一度の集まり)で
「猊下(桐山氏)をブッダと呼ばせてください」と言いました。
桐山氏はこれを認めませんでした。
桐山氏にも羞恥心が残っていたようです。


361 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/14(金) 08:30
だったら未だ解脱していないと自分から証言したことになりますね。

>桐山氏にも羞恥心が残っていたようです。

自分が言った事を忘れていたのではないでしょうか。脳障害で。

362 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/14(金) 22:01
べつにどうだっていいことじゃん!
田舎の教祖のことなんて
ムキになって書き込む
あんたも脳障害(爆)
・(桐山氏って、そんなに有名な人なの?長々批判するほどに)・

363 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/14(金) 23:37
362を書いた人へ。
ここは阿含宗のスレッドなの。だから教祖の話が出て当たり前。つまんない宗教にひっかからないように啓蒙してくれてるわけでしょ。そんなこともわかなんないんだね。読解力もなきゃ知性もないわけだ。アンタの方がよっぽど脳障害!(爆)
興味なきゃ来るなヨ!

364 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/14(金) 23:46
僕はオウムの発端を作った阿含宗の過去にとても関心を持っています。
なにせ麻原のグルだった人物です。
過去に退会した人数はなまじの宗教団体の信者数を超えていることでしょう。
それにたくさんの書籍で撒き散らした害毒もかなりのものです。
また阿含宗の歩みとオウムのはかなり共通点があります。
そして桐山は例の林医師の結婚の仲人でもあるのです。

365 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/15(土) 19:33
犯罪に手を染めたグル達
その根源が阿含宗ということか


62 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:20
366 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/15(土) 20:40

「一九九九年七の月」 13.メシアへの道

桐山氏は1988年「一九九九年地球壊滅」という小説を出しました。
地球壊滅の時、アメリカにメシアが現れ、日本のスゴイ宗教家が力を貸す話です。
スゴイ宗教家は明らかに桐山氏で、我田引水の自慢話です。
この本を表題どおりに小説や桐山氏の未来予測と見たら何の価値もありません。
しかし、当時の桐山氏の頭の中を示すものとしては一級資料です。
桐山氏の地球壊滅の妄想と自己評価の高さを自ら明らかにした貴重な資料です。

オウム真理教の麻原被告はいろいろな面で桐山氏を模倣したと報道されています。
しかし、一つ重要な指摘がされていません。
地下鉄サリン事件が「一九九九年地球壊滅」をヒントにした可能性です。
この本はカルト集団が原発を攻撃し、ハルマゲドンを人為的に引き起こす話です。
警察の捜査で、オウム真理教は原発の調査をしていたことがわかっています。
麻原被告は勉強熱心ですから、桐山氏の著作から重大なヒントを得たのでしょう。

この本では、メシアと桐山氏とが別々の人物として描かれています。
桐山氏は、自分で自分をメシアだと呼ぶことにまだ恥じらいがあったのです。
この本は、自分をメシアと呼んでくれ、という桐山氏からのサインでした。
信者たちは、聖者様ともあろうお方が、そこまで子供っぽい欲望を持っている
とは思いませんから、誰も気が付きませんでした。
数年後、信者の一人が気付き、桐山氏はメシアに出世するチャンスが訪れます。


367 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/15(土) 21:56
麻原は桐山のやり方をそのまま追いかけるように
ダライラマ、チベット仏教・・・と追従した。
数々のテロ行為もその本からの啓示だと思ったのかもしれない。
なにせ自分のグルだった人物なのだから。

368 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/15(土) 22:43
<転載だけど、以下麻原の談話。こいつにここまで言われたらお終いだね!>

そして、念のために言っておくならば、
阿含宗を見限ってオウム真理教に改宗した人は多いのである。
しかもそれは、彼が言うような「頭の良くない人が、2,3人」なんてものではない。
長年阿含宗の幹部を務めあげてきた方々を含め、その数はどんどん増えているのだ。
そして、オウム真理教の修行で順調にステージを上げ、クンダリニー・ヨーガの成就によって、
大師となった人でさえ8人もいるのである。
ペンを置くにあたって、私は、阿含宗管長・桐山靖雄氏が早く自己のなしている悪業を反省し、
人々を惑わすのをやめることを願いたい。
また、仮にも一宗を率いる教祖なのであるから、根も葉もないことを言って
オウム真理教を誹謗・中傷するまえに、
もっと仏教や密教の教義を勉強していただきたいと思う。

そして、私は阿含宗の信徒の方々に心から訴えたい。
真の宗教とは何なのか、真にあなた方を幸福にする教えとは何なのかを
もう一度よく考えてほしい、ということを。
真理ではないものに帰依し、修行に励んでも、あなた方が本当に
心の底から望んでいる幸せは得られない。
そればかりか、知らず知らずのうちに悪業を積み重ねてしまうことにもなるのだ。

<以上、桐山VS麻原 の旧師弟対決のひとこま。チャンチャン!!>

369 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/15(土) 22:46
同じ穴のムジナ?


63 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:21
370 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/15(土) 22:49
<公平に転載しなくちゃね>

阿含宗の信者は、そういうもの(オウム真理教のチラシ)をいくら渡されてもね、
迷っていく人なんていうのはほとんどないですよ。
2,3人くらい、あんまり頭の良くない人が行ったようですけどね。
で、何をやっているかっていうと、教祖の血を飲まされているんですよ。
このくらいのコップに一杯五万円だそうです。
うちの特別祈願護摩札と同じですね・・・・(意味不明)・・・・・。
私は五百万円もらったって自分の血を人に飲ませようなんて思いませんよ。
気味が悪い、そんな。人の血も飲みたくないし、自分の血も飲ませたくない。
ところが、その血を飲むとね、その教祖の持っている神通力が得られるっていうんで、
一杯五万で飲ませるっちゅうんですよ。
しかし、それを私は見破っているの。彼の本当の血じゃないのよ。
輸血用のね、血漿(?)の血を買ってきて、そのアンプルを切って、それを飲ませている。
だから、それ、私聞いたんだ。
それを目の前で、血管切って、血を採ってね、飲ませるのかって。
そうじゃなくて、奥から持ってくる。冷蔵庫かどっかから持ってくるんでしょ。
輸血用の血漿液ですよ、そんなものは。
輸血用の血液を飲ませて、五万円で買わせて、飲まされて。
駄目なんだ、私はね、
求聞持法やっているから、からくりがすぐわかっちゃう。

<いい勝負みたいね。このふたり>

371 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/15(土) 22:54
370はいうまでもなく桐山談話ですよ。

『うちの特別祈願護摩札と同じですね・・・・(意味不明)・・・・・』
この麻原の注釈には笑ったね。
桐山も値段で勝負してどうするの?
ちなみに370は阿含宗が貸し出していた講話ビデオからだそうです。

372 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/15(土) 23:30
>数年後、信者の一人が気付き、桐山氏はメシアに出世するチャンスが訪れます。

はやくおしえて!


373 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/16(日) 01:26
>このくらいのコップに一杯五万円だそうです。
>うちの特別祈願護摩札と同じですね

落書きつき板切れ?の原価150円だってね、それ
霊感商法とはこのことだな
血と板切れ、両者相打ちにつき引き分け、ってとこね

374 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/16(日) 03:38
つまり〜麻原と桐山は同類なんだよ。
犯罪の程度に多少差があるだけの話ね。

375 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/16(日) 03:49
桐山=メシア=飯屋
この程度ね
本当は

376 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/16(日) 04:04
>同じ穴のムジナ?

>血と板切れ、両者相打ちにつき引き分け、ってとこね

双方、舌先三寸の大イタチ。377 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/16(日) 18:54
しかしよく続いているもんだ
あんなインチキが

378 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/16(日) 20:00
桐山氏一代で終わりだね。
後は衰退するのみ。

379 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/16(日) 21:19
すでにかなりヤバイんじゃない?
ボケ老人の弟子にはなりたくないもんね!

380 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/17(月) 08:17
ボケもだけど、彼は脳障害だろ


64 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:22
381 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/18(火) 20:06

「一九九九年七の月」 14.そしてメシアになった

1990年に出た「メシア出現」はいろかわちひろ氏が編集したことになっています。
いろかわ氏は阿含宗の長年の信者で、先達(指導的信者)です。
実際は、いろかわ氏が数十枚程の原稿を書き、このままでは本にならないので、
桐山氏の指示に従って、出版社が作り上げたのです。
桐山氏は、自分を人類救済のメシアだと言ってほしくてウズウズしていました。
ちょうど、いろかわ氏がそれをやってくれたのです。
桐山氏はメシアだと言われたのではなく、自分で言ったのです。
この本は簡単に言えば、桐山氏のメシア(救世主)宣言です。

桐山氏は「メシア出現」でメシアだと言われてよほどうれしかったのでしょう。
この後、メシア和讃を最初にやったいろかわ氏を重用します。
阿含宗神戸道場を「メシアの館」と名前を変えてみたりと、大はしゃぎをします。
「自分がメシアであるかどうかわからないが・・・」
と桐山氏は信者を前に何回かうれしそうに話したことがあります。

桐山氏がメシアと呼んでほしかったこと、いろかわ氏がそれで桐山氏の寵愛を受
けたことに先達たちが気づくと、なりふりかまわずのメシア連呼が始まります。
そして二匹目のドジョウを狙ったのが360の「ブッダと呼ばせてください」です。
先達たちは、裸の王様のお召し物のすばらしさを競ってほめちぎったのです。

メシア宣言が1990年です。
その前後から桐山氏の本には独自性が薄れます。(274参照)
桐山氏はこの頃から勲章や肩書きなどの大量の名誉をもらうようになります。
一連の出来事がほぼ同時期に起きているのは偶然ではありません。
桐山氏の脳が老化し、名誉欲がむき出しになり、自分はただものではない、特別
な人間なのだという思いこみが「メシア妄想」にまで発展したのです。
妄想はさらに発展を続けました。


382 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/19(水) 01:09
おそらくノストラダムスが原因でしょう。
世界の破滅を本気で信じていて、救えるのは阿含宗だという妄想が、
メシア宣言のベースとなっているように思います。
はじめは単なる思いつき程度だったのが、例によって話しているうちに
自分で自分を洗脳してしまうという彼特有の特技?で
すっかり思いこんでしまったのだと思います。
しかしなんとも情けないメシアですねえ。

383 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/19(水) 01:12
そういえば仏舎利を人工衛星に乗せて
地球を守護させるとかの話があったように思いますが
どうなったのでしょうか

384 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/20(木) 20:37

「一九九九年七の月」 15.さらにアンゴルモアの大王に

桐山氏は1996年6月、モンゴルで護摩を焚いたとき、
「アンゴルモアの大王とは自分である」
と宣言して、信者から大喝采を受けました。

アンゴルモアの大王は自分だと臭わせる話はこれよりも前からしています。
1981年に出た「一九九九年カルマと霊障からの脱出」の話はまさにそうです。
桐山氏によれば、世紀末の地球壊滅を救えるのは釈迦の成仏法です。
桐山氏の言う釈迦の成仏法を体得しているのは桐山氏だけです。
釈迦の成仏法を意味するアンゴルモアの大王とは、桐山氏の他にはいません。
最初から、桐山氏は自分がアンゴルモアの大王だ、メシアだと言っているのです。

桐山氏はモンゴルで護摩を焚いて、雨を降らせ、山火事を消したと宣言しました。
桐山氏によれば、モンゴルの山火事は「恐怖の大王」の仕業です。
桐山氏はアンゴルモアの大王として、恐怖の大王と戦って、勝ったというのです。
桐山氏はまた自分は「無能勝明王」であるとも宣言しました。
無能勝明王とは、釈迦の成道を邪魔した悪魔を退散させたという密教の仏です。
これらのストーリー展開を見ると、桐山氏は隠れアニメファンかもしれません。

阪神大震災を予言できず、桐山氏は世紀末破壊予言に自信がなくなっていました。
しかし、モンゴルで恐怖の大王に勝利した桐山氏は、再び自分の妄想に自信を深
め、アンゴルモアの大王の宣言をしたのです。

桐山氏はアンゴルモアの大王に即位し、いよいよ1999年を迎えました。


65 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:23
385 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/22(土) 12:29

「一九九九年七の月」 16.地球を救う桐山メシア

1999年、釈迦の代理人であり、アンゴルモアの大王たる桐山氏が、恐怖の大王に
蹂躙された世界中の人々から、地球を救うメシアとして大歓呼で迎えられる準備
ができました。
桐山氏は、釈迦から与えられた1999年の地球救済の使命を果たすことで、その
偉大な功徳によって、ブッダとなり、栄光のうちに入滅するのです。
桐山氏の名前は、地球を救ったメシア、予言されたアンゴルモアの大王、完全解
脱したブッダとして、永久に歴史に残るのです。

桐山氏の頭の中では、世界中からのメシアコールが鳴り響いていました。
1999年の晴れの舞台に出る瞬間、桐山氏は長年望んでいた「自分はやはりただも
のではない」という自尊心の深い満足を得るはずでした。
その時こそが、長年、桐山氏を前科者、エセ宗教家、エセ霊能者、嘘つき、ほら
吹き、誇大妄想狂、ペテン師、いかさま師、詐欺師呼ばわりしてきた連中を見返
せる重大な瞬間なのです。
桐山氏は、たくさんの勲章をつけたアンゴルモア大王の服装をして、モンゴルで
の成功に酔いながら、舞台の袖で自分の出番の瞬間を待っていました。

だが、ついに桐山氏に出番の声がかかることはありませんでした。
「地球壊滅」などという劇は最初から存在しなかったからです。
万雷の拍手をする観客もいませんでした。
現実は、阿含宗という借金だらけの田舎芝居小屋に、華々しい主役を演じて拍手
をあびる自分を空想している桐山氏と、妄想を信じた信者が残っているだけで、
客席は最初から最後まで空でした。

では、桐山氏が描いた世紀末地球壊滅の晴れの一人芝居を見てみましょう。


386 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/23(日) 06:48
続きが楽しみです。

ところで
桐山は自分が、釈迦の代理人であり、アンゴルモアの大王であると
本気で信じていたのでしょうか?

387 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/23(日) 08:28
だから確信犯だって
みんな言っているよ!
こんなくだらないことながながと・・・ねぇ〜。

388 名前: みかりん 投稿日: 2000/04/23(日) 23:17
やっばーー。
だんながこれの信者なの。高い「解脱供養」料払わされてんの。
そうだったのかあ。。やっぱ本物じゃないんだあ。
困ったなあ。どなたか脱会させる方法、伝授して欲しいです。。。
無駄金払うの、もうやだ。

389 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/24(月) 00:16
388さんへ
このスレッド読ませてあげれば?
ヌマエビさんあたりの話はまだまだ続きそうだから、脱会させるためのヒントがこれからもいっぱい出てきそうですよ。


390 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/25(火) 21:14

「一九九九年七の月」 16.3度目の原爆

インドから帰国後、桐山氏の世紀末破壊の脅迫的妄想はもっと具体的になります。
1982年の「輪廻する葦」の中で、「原爆は三度落ちる」と題して、次のように書
いています。

「原爆はこの国にもう一度落ちる。それがわたくしには見えるのだ。」

いつ落ちるとは書いていないから、この予言がはずれたとは言えません。
しかし、その前後から、1999年に原爆が落ちるという意味でしょう。
1984年の「間脳思考」では、次のように書いています。

「読者よ、いまや、人類は二つの道を選択するギリギリの時点にさしかかった。
核ミサイルによる地獄の業火か、シャカの仏法によるきよらかな霊光(オーラ)
か、二つに一つである。」

この2冊の本では、1999年には核ミサイルが日本に飛んできて、日本に3度目の
原爆が落ちるのだ、と述べています。

1984年、日本武道館で、ダライ・ラマといっしょに護摩を焚きました。
桐山氏は全国から集まった約一万人の聴衆に前述の内容を熱く語りかけました。
後で、この場面を見ると桐山氏本人も感動すると言っていたほどです。
桐山氏の自信に満ちた感動的な言葉で、三度目の原爆が落ちる、自分には見える
のだ、言われれば、多くの信者が信じたとしても、おかしくありません。

だが、桐山氏の目にはっきり見えたはずの原爆はこの後、様変わりします。


391 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/26(水) 00:37
ダライラマも前科者の詐欺師に利用されてかわいそうですね。
後日、詐欺師の直弟子だった無差別殺人犯にもさんざん利用されましたが。
これもダライラマのカルマのなせるところでしょうか?


66 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:28
391 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/26(水) 00:37
ダライラマも前科者の詐欺師に利用されてかわいそうですね。
後日、詐欺師の直弟子だった無差別殺人犯にもさんざん利用されましたが。
これもダライラマのカルマのなせるところでしょうか?



67 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:30
392 名前: おしゃれ菩薩 投稿日: 2000/04/26(水) 04:03
中国でのアーガマに関する演説がアンゴルモアの復活だと読んだ。

393 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/26(水) 18:24
>1984年、日本武道館で、ダライ・ラマといっしょに護摩を焚きました。

ダライラマももう少し桐山のことを調べてから判断してほしかったですね。
軽率だったと思います。

394 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/26(水) 20:40
チベット関係の日本での窓口はペマ・ギャルポさんです。
彼はチベット文化研究所の所長で、岐阜女子大教授です。
チベット文化研究所の機関誌には平河出版が広告を出しています。
平河出版は阿含宗系列の出版社です。

長年、桐山さんが資金的な援助をしているから、つながりが深いのです。
ダライ・ラマは直接、平河町にあった阿含宗道場を訪問したことがあります。
仏舎利を阿含宗にプレゼントしています。
ダライ・ラマのノーベル賞授賞式に桐山さんを招待しました。
1983年以降、桐山さんにチベット仏教の法号などを何回か授与しています。
1996年のモンゴルでの護摩もペマ・ギャルポ氏が動いています。
これらは、当然、桐山さんがお金を出しているからです。

1999年のインドでの護摩にはダライ・ラマは出席せず、メッセージだけでした。
ペマ・ギャルポさんも大学教授なのだから、自分の身の安全をはかり、
金だけもらって、阿含宗ともっと距離を置く方が得策でしょう。


395 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/26(水) 21:30
だから、あなたたちも金出してナンカもらえよ!
桐山氏以上の何とか法号とやらを
だいたい法号とかなんとかで、入信する奴など
くだらん連中なんだから
好きにさせとっけ!
金がほしい奴には身の安全とかいわずアゴンと心中
させてやれよ!
金大事なんだから、あんたが心配してどうすんだ。
馬鹿連中のやることを
ああ、くだらない!!

396 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/26(水) 21:40
いや、友人が信者だけどべつに
いいヤツだよ!
勧誘もしないし。
お守りもらっちゃたよ、タダで。

397 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/27(木) 00:50
私なら、得体の知れない教団のお守りなんてもらったら気味悪いけどなあ。ただでお守りをくれたんなら、もうじき入会のお誘いを受けまっせ。ご用心してくれなはれやー。

398 名前: 大仏祭 投稿日: 2000/04/27(木) 03:30
だいぶむかしですが、京都の花山で開催された、京都大仏祭に参加したことがありました。
まだ、本殿が建設される前でしたが、あの花山の環境はいいですね。
本当に楽しい一時を過ごさせてもらいました。なつかしいです。もうすぐですねえ。ともかく、
あそこの雰囲気はいいですね。都会の喧噪を離れて、散歩がてらに訪れてみても、楽しいでしょう。
新興宗教など、利用すればいいだけの話だと思います。信じるのは、よくありませんが、利用するだけ
ならいいでしょう。阿含宗のいいところはの一つは、平河出版社というものを持っていることだと思って
います。あそこからは、価値のある精神世界の著書がたくさん、出版されていますね。あれは評価に
価すると思います。まあ、桐山氏の本などは、さらっと眺めるだけでいいのですが、他の本のなかには、
じっくり読む価値のあるものがありますね。

399 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/27(木) 04:46
>398
たしかにそうですが、
オウムの人達が麻原の著作以外でもっとも影響を受けたのが
平河出版の「虹の階梯」だったそうです。
麻原自身がその本から「ポア」という言葉を知ったそうですので
オウム事件を引き起こした原因の一つとなってしまった事実もあります。
残念なことですが。

400 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/27(木) 04:48
>これらは、当然、桐山さんがお金を出しているからです。

その金は信者が騙されて払った金なのです。


68 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:31
401 名前: >397 投稿日: 2000/04/27(木) 05:02
勧誘されりゃ断ればいいこと!
人の友達関係にどうこう他人が言う事なかろう。
しつこくて困るとかの相談ならいえるが。

しかし、桐山氏、桐山氏っていたって
たいして目あたらしい情報ないよ!
昔から同じような事のくりかえじゃねえの。
知っている連中にしちゃ何をいまさら・・・のかんだね。
ようするに本に書かれていることを指導してくれない
というのが最大の欠点なんだよ!
金つかって法号もらおうが、大法螺ふこうがそんなこと
どうでもいいことで、そんなことより信者に対しての
修行指導が無いということが悪い!
もしそれらがキチンとなされるならば俺は桐山氏を
評価するね。
たとえ前科ものであろうとも。

402 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/27(木) 12:14
>勧誘されりゃ断ればいいこと!

それはあなたが強い人だから。
普通の人はそうはいきません。
そんな理屈が成り立つならオウムの事件なんて起きない。

>どうでもいいことで、そんなことより信者に対しての
>修行指導が無いということが悪い!

これ、そのとおり。
でも、指導する桐山氏など最初から存在しない。
指導がないのは、中身もないからだし、その中身のなさをごまか
すためにも法号をもらっているのだ、という話をしているのでしょ。
ここに書き込まれた内容のすべてをあなたが知っているなんてこ
とないのだから、そんなに決めつけないで、他人の視点や考えも
受け入れてみてはどうですか。
でないと、頭から信じ切っている会員と同じになってしまう。


403 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/27(木) 21:04

「一九九九年七の月」 17.原爆から原発崩壊へ

1988年の「地球壊滅」は、原発をテロリストが攻撃して、大惨事になると
いう小説です。
1984年までは原爆で、1988年に原発崩壊と様変わりした原因はなんでしょうか。

もちろん、1986年におきたチェルノブイリ原発事故です。

冷戦時代には、ソ連が攻めてくる、核ミサイルが飛んでくるのではないか、
という恐怖感が日本の中にありました。
だから、1986年以前は、桐山氏は核ミサイルを持ち出しただけです。

当時、桐山氏は、北海道の信者に、個人的な恨みでもあるのかと思う程、
因縁が悪い、レベルが低いなどと、吐き捨てるように脅迫していました。
信者たちは、桐山氏の霊眼には北海道の破滅的な未来が見えているから、
救うために、叱咤していると信じていました。
その頃、北海道にソ連が攻めて来る、核攻撃があるという話がありました。
単に、桐山氏もまたこういう噂を信じて、利用していただけです。

原爆や核ミサイルが「それがわたくしには見えるのだ」とまで書いているのに、
1986年からは事情が変わったから、さっさと原発崩壊に乗り換えたのです。

桐山氏のいう未来予知とは何かを示す典型的な例です。
素人でもやれる予測に桐山氏の思いこみを加えると、予知能力になります。
そして、桐山氏はこの思いこみを仏陀の智恵だと信じています。
もっとも、見方によっては、次の事は智恵かもしれません。404 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/27(木) 21:38
桐山氏に対しては色々批判することできるが
なんで、ダライ・ラマに対して批判しないんだ?
金で法号売るってのはチベット仏教も悪いだろう。
えらそうなこと言ってインドへ帰っていったけど
なにがノーベル平和賞だ!
金に弱いくせに、金かね金じゃねえか。
中国に対しても金もらえば黙るんじゃないのか。

405 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/27(木) 21:44
みんな!真如苑にいこうぜ!

406 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/28(金) 01:23
アンタ真如苑の会員?
こんなトコに勧誘に来たって無駄だヨ。
早く真如苑のスレッドに帰んな。

407 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/28(金) 04:18
真如苑はキチンとした真言密教の系譜です。
阿含のようなどこの馬の骨がやっているのかワカラナイ
宗教とは違います。


69 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:33
408 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/28(金) 05:23
真如苑の教祖ってハレンチ事件起こしてなかった?

409 名前: >407 投稿日: 2000/04/28(金) 11:29
「目くそ鼻くそ」、ですよ。
大体、言霊の使い方でその人の霊層なんてばれてしまう。

410 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/04/29(土) 20:50

「一九九九年七の月」 18.はずれた時の逃げ道

予測ですから、桐山氏にも地球壊滅を当てる自信はありませんでした。
予言がはずれた場合に備えて、逃げ道はかなり早い時期から準備してありました。
最初の本「一九九九年カルマと霊障からの脱出」でさえ、地球壊滅が1999年
だとは一言も書いていません。
「現世成仏」(1983年)では、「一九九九年カルマと霊障からの脱出」を解説して、

「その大災害が一九九九年に起きるかどうかはわからないが、わたくしの生涯の
うちに起こるということはたしかである。」

と、1999年と限定するのを避け、逃げ道を用意しています。
桐山氏の言葉どおり彼が120歳まで生きるのなら、当時残り60年近くあります。
60年もあれば、何か大災害がおきるか、あるいは予言も忘れさられるだろうし、
起きなくても、死んだ後なら、桐山氏は何を言われても痛くありません。

「一九九九年カルマと霊障からの脱出」では、題名からして「一九九九年」を
使い、ノストラダムスの「一九九九年七の月」の予言を出しています。
それでいて、「一九九九年に起きるかどうかはわからない」とは、桐山氏らしい
逃げ方です。

桐山氏は責任感が希薄で、言い抜けがお得意だから、いいでしょう。
バカを見たのは、桐山氏の言葉を文字どおり信じたまじめな信者たちです。
「地獄の業火かきよらかなオーラか」を文字通り信じて布教していました。
桐山氏は自分の逃げ道だけは最初からしっかりと確保していたのです。
御大将は、雑兵を残して、いつでも真っ先に逃げる準備をしていました。
これが桐山氏の言う21世紀の仏陀の智慧かもしれません。


411 名前: 大仏祭 投稿日: 2000/04/30(日) 01:37
>バカを見たのは、桐山氏の言葉を文字どおり信じたまじめな信者たちです。
> 「地獄の業火かきよらかなオーラか」を文字通り信じて布教していました。
>桐山氏は自分の逃げ道だけは最初からしっかりと確保していたのです。
>御大将は、雑兵を残して、いつでも真っ先に逃げる準備をしていました。
>これが桐山氏の言う21世紀の仏陀の智慧かもしれません。

やはり、予言を信じるのはよくありませんね。
そもそも、そういう予言を信じると、日常生活に無理がくる。
これが一番いけない部分だと思います。自分の生活リズムが崩される。
それは絶対避けないなければならないところ。
ともかく、予言は信じないこと。人間が予言など出来るわけがないし、また、
未来は、常に、不確定だ。これは近年注目を浴びつつある、バタフライ効果
でも証明できます。信者は賢くあらねばならない。まあ、信者になること自体、
今の世界では、誉められることではないと思う。信じることで、自分の世界が
狭くなりますよね。阿含宗で言えば、桐山管長の本以外は、なるべく読むなとか、
オウムで言えば、オウムの本以外は、読むなとか。ともかく、情報から規制されて、
狭くなる。これではダメだと思う。


70 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:34
412 名前: 昔、いました。 投稿日: 2000/04/30(日) 11:14
阿含でいえば、予言だけを信じて
あるいは予言を恐れて信仰していた人どのくらいいたか
どうかですね。
桐山氏の説く所、これ宗教、オカルトのデパートでしてまず、密教、超能力、阿含経、ノストラダムス予言、
守護霊、運命学、あとなんかありましたっけ?
とにかく多くて、それに引かれて入信したりするわけだけれど
阿含経に興味はあっても予言には興味がないという人
もいるわけで、どうなんでしょうか?
今、信者で残っているひとは桐山氏が好きで残っているのじゃないでしょうか。
わたしが居たころ、はそれこそ色んな人が入信してました。仙道に凝っている人、中国拳法をやっている人
運命学、オカルトマニア、みんな卒業して、それぞれ
自分の道を歩んでいるみたいです。
わたしは桐山氏に対して悪い印象はありません。
むしろ、釈迦の仏教に目をむけさせてくれた恩人と
さえ思っています。
教団の方針が今どうなっているのか知りませんが
わたしの居たころはけっこう自由で、他教団に出入り
したりしても、べつにとがめらられたりもせず、
「どこそこの○○氏は会長先生(桐山氏のこと)より
すごいぜ!」なんて話しを信者どうしなどで話したり
してました。もちろん職員の前ではできませんけど。
結局のところ、信者ひとりひとりの自覚の問題だと
おもいます。
ああ、そのころの桐山氏はノストラダムスの予言、
馬鹿にしていた様子でしたよ。
時代の雰囲気を見て布教に利用したのかな?
真面目で真っ直ぐに信仰する人はそりゃ怒りますね。
でも、興味半分でやっていた、わたし達のような者
はそれはそれで楽しかったですよ。

413 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/30(日) 14:00
>むしろ、釈迦の仏教に目をむけさせてくれた恩人と
>さえ思っています。
>でも、興味半分でやっていた、わたし達のような者
>はそれはそれで楽しかったですよ。

で、どうしてやめたんですか。

414 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/05/01(月) 20:33

「一九九九年七の月」 19.信者への脅迫と自分の逃げ道

1999年が近づくと、桐山氏は逃げ道を確保しながら、さらに脅迫を強めます。
1995年に出版した「一九九九年七の月が来る」では、

「横変死の因縁を持つ人は、十人中四人」
「無事である人は、10%しかいないのである」
「つまり、一九九五年から「危」に入って・・・・2000年に「滅」を迎える」

横変死の因縁とは、事故死、自殺、他殺などで死亡することを意味します。
ここでは、世紀末の地球壊滅で大量死があることを言っています。
これほどの脅迫をしながら、同じ本で、

「20001(原文のまま)年に、回復、安定に向かう」
「・・・2002年から、地球は回復・安定していくからである」

と書いています。
人口の4割が死ぬほどの大災害がおこりながら、その数年後には、回復し安定す
るというのです。
第二次世界大戦すら、日本人の死者は人口の1割に達しませんでした。
それが4割も死に、後の5割が傷ついたら、回復、安定などありえません。

このような矛盾した予言を出したのは、片や信者を脅迫しながらも、片や自分の
逃げ道を確保するためです。
1999年に何も起こらなければ、「自分は前から回復し安定すると予言していた」
と言い抜けるつもりでいたのでしょう。
実際、後で桐山氏はそれをやりました。


71 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:35
415 名前: >413 投稿日: 2000/05/02(火) 03:21
興味がなくなったからです。
でも、宗教入門?には最適でした。すくなくとも私に
とっては、私だけではなくそうゆう人たくさんいると
思いますよ。
もともと桐山氏は伝統仏教の正統な宗教家ではない
ということは知っていましたし、それだから奇抜な思想
を自由に展開できるということも、・面白かったです。
けれど、もっと純粋なもの深いものを求めると
ものたりないということで、教団にいる必要も
感じなくなりました。
ところで、
これは阿含に限ったことではないですが、どうして
人生をかけてまで宗教にのめりこむ人がいるのか
理解できません!
優れた教祖であれ、所詮人間、人間の言う事に絶対
ということはありません。
ということは信仰する信者ひとりひとりの自覚という
ものが大切なんじゃないでしょうか
予言にしても、一つの警告として自分自身で咀嚼
することが必要でしょうね。
予言ももうすこしうまく利用できればよかったのに
と感じています。(この世の中の乱れようはなんだ!)
少しはマシな世の中になると思ったのに・・・。

416 名前: かっこー 投稿日: 2000/05/02(火) 10:01
………すごいですね、まだこのスレッド続いてたんですね。
一気に読ませていただきましたが…なんだかほんとにろくでもないです。


417 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/02(火) 12:44
桐山は宗教マーケッティングの達人です。
彼のやり口を見て麻原たちも勉強しました。
船井程度のアホな内容をそれらしく化粧できる才能の持ち主ですね。

418 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/02(火) 12:56
>415
>人生をかけてまで宗教にのめりこむ人がいるのか
>理解できません!。

地球を破滅から救うなんてこと思わなくても、
まじめに信仰を持ちたい、
利他心を持ちたい、
自分を変えたい、
精神的な指導者がほしい、
というような人が、桐山さんの口上に乗って、
うまく利用されてしまうのは仕方ありません。
求道者のポーズをとり、確信と熱意で話して、本にも書いている
桐山さんがここまで嘘つきだとは普通思いませんよ。
桐山さんは自分を嘘つきだとは思っていないから、
なおさら信者は見抜けない。
普通の人にそこまでの見識眼を求めるのは無理です。

419 名前: 大仏祭 投稿日: 2000/05/03(水) 04:33
>宗教入門?には最適でした。すくなくとも私に
>とっては、私だけではなくそうゆう人たくさんいると
>思いますよ。

そうなんです、まさにその通りですね。
本当に、桐山さんの著書にめぐり合って良かったと思います。
原始仏教の素晴らしさ、チベット密教の神秘さ、そういうものを認識させてくれましたからね。
私は、いくら感謝してもし過ぎることはありません。
仏教、宗教への入門ですね。阿含宗は。
問題は、そこから、いかに早く、「卒業」出来るかだと思います。
そう言う意味で、こういう掲示板で、桐山密教のインチキさを暴くのも、非常に価値のあることだと
思います。どんどん、暴いていってほしいですね。

それはそうと、いよいよ、大仏祭も間近に迫ってきましたね。
あの風光明媚な、花山の総本殿で開催される大仏祭は、一度参加しましたが、本当に楽しかったです。
散歩がてらに訪れてみてもいいと思います。周りの環境が素晴らしいですね。健康にもいい。

420 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/03(水) 08:30
>問題は、そこから、いかに早く、「卒業」出来るかだと思います。

全く同感です。
異議なし。

421 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/03(水) 08:31
>419
程度としては保育園あたりの「卒業」ですね。


72 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:36
422 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/03(水) 13:40
>仏教、宗教への入門ですね。阿含宗は。

意見には賛成です。
しかし、これは結果論ではありませんか。
自分にとっても入門だったと言いたいけど、
自嘲的に言うなら、これは自己弁護です。
率直に認めるなら、阿含宗にいたのは時間の無駄でした。
桐山さんに感謝なんてないですね。
時間と金の無駄でした。
阿含経や仏教の初歩やチベット仏教を学ぶのに、
何も阿含宗に入る必要性などありません。
つまり、阿含宗は保育園ですらない。
ただの、砂場の宗教ゴッコです。
そこで桐山さんは「おれが王様だ」と言っているにすぎない。

423 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/03(水) 16:18
保育園にもピンからきりまであるよ
でも
たしかに砂場の宗教ゴッコというほうがあってるけどね
ただ
問題はその砂場から
凶悪な人殺し宗団が生まれ育ったことなんだよ
それに対して
桐は何らかの責任を感じるべきだろうな
マジで

424 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/05/03(水) 19:34

「一九九九年七の月」 20.横変死4割

桐山氏の言う横変死が4割という数字はどこから持ってきたのでしょう。
桐山氏は数字に弱く、彼の数字はあてなりません。
この時期、桐山氏は因縁霊視(165〜参照)はしていません。
数字は因縁診断(158〜参照)から持ってくる以外にはありません。
因縁診断は信者からの聞き取りによる自己申告であり、根拠がありません。
では、因縁診断でどうして4割もの横変死が出たのでしょう。

信者を脅迫するために、横変死の因縁は最も効果的です。
その結果、横変死の因縁が因縁診断では自然に増えるのです。
先祖や親戚筋まで探せば、たいてい一人くらい事故死、自殺、他殺はいます。
一人でもいれば、その信者には横変死の因縁を付けます。

4割に横変死の因縁があるのではなく、4割に横変死の因縁を付けたのです。
桐山氏は、自分で横変死が増えるように指示して、その結果をもってきて、
今度は、脅迫の材料に使ったのです。
自分で作った恐怖に自分で恐がってみせたのです。
桐山氏は自分で数字を増やしてしまったことにすら気が付いていないでしょう。
4割という数字を案外本人は信じています。
桐山氏の求聞持脳での直感や数字はせいぜいこの程度です。


425 名前: みかりん 投稿日: 2000/05/03(水) 21:34
多分このスレ読めってだんなに言っても、見向きもしないだろーな。
大阪の「柏原霊園」てのも買ったしな。
私ら死んだらわざわざ大阪くんだりまで行くんだと。
確か一昨年問題の「1999年」を目前にして変な(「先達」だっけ?)
職員の男が関東別院からやってきて、北朝鮮の不穏な動きを持ち出して
散々恐怖心をあおって帰っていった。活断層が原因で起こる大地震の
ことも言ってたね。ぜーんぶハズレ。
ちなみにだんなの小さな書斎には、ここで話題になってる本が全巻
揃ってます。


73 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:37
426 名前: 大仏祭 投稿日: 2000/05/04(木) 02:18
京都大仏音頭

1.花のお山に、朝日がおどる
光みすがた ありがたや
法のみやこの 大仏さまは
広い宇宙を 胸に抱く  ソレ
大仏音頭で 仲良くまるく
みんな輪になる 総おどり 総おどり
ソレ咲け やれ咲け パッと咲け
京都大仏音頭  花の山 花の山

2.なやみ苦しみ この世のなげき
澄んで明るい 月の影
手に手合わせて 仏舎利供養
恵みあまねき 御功徳 ソレ
大仏音頭で 仲良くまるく
みんな輪になる 総おどり 総おどり
ソレ咲け やれ咲け パッと咲け
京都大仏音頭  花の山 花の山

3.照る日曇る日 世界を招く
京のみやこは 人の波
大慈大悲の 大仏さまに
祈るよろこび いつめでも ソレ
大仏音頭で 仲良くまるく
みんな輪になる 総おどり 総おどり
ソレ咲け やれ咲け パッと咲け
京都大仏音頭  花の山 花の山
--------------
いやー、楽しいですねえ。
大体、宗教というのは、こういう軽快で快活をモットーとしなければダメですね。
横変死の因縁だなんて、暗すぎますよ。本当にクラーイ人生になっちゃいますよ。
阿含宗で評価できるものの一つに、この大仏祭があります(笑)。
これは本当に楽しいですよね。愉快な漫才や、軽快な歌手の歌や、大仏音頭で、
日頃のストレスを吹き飛ばすのもいいかも知れませんよ。どうですか、みなさん。

427 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/04(木) 23:46
あんな身内の盆踊りやって、何か楽しいですかねえ。
桐山さんはあれで一般の人たちを集めたかった。
星まつりでさえ激減しているのに、来るはずがない。
ああいう企画自体、桐山さんの頭の古さ、時代を示している。
彼にとっては盆踊りが楽しかったのでしょう。

428 名前: 大仏祭 投稿日: 2000/05/05(金) 03:50
>星まつりでさえ激減しているのに、来るはずがない。

激減しているのですか。
私は最近はずっとご無沙汰しているので、状況がよくわかりませんが、
この書き込みから想像すると、だいぶ廃れてきているようですね。
桐山さん一代で、阿含宗は終わるのでしょうね。
まあ、それはそれで、慶賀すべきことでしょう。
ご苦労さまでした。

429 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/05(金) 16:06
>425
>職員の男が関東別院からやってきて、北朝鮮の不穏な動きを持ち出して
>散々恐怖心をあおって帰っていった。

みかりんさんも会員ですか。
もし会員でないなら、みかりんさんを入行させようとしたんでは。
職員が直々にお出ましになるなんて、旦那はんは相当な大物でっせ。

夫婦で片方が阿含宗でなかったり、冷めたりして、
離婚になったケース2件知ってます。
気をつけなはれや。
阿含宗じゃ、夫婦縁障害の因縁強くして後家の因縁あり、
といって、みかりんさんが悪者になりますよ。

>大阪の「柏原霊園」てのも買ったしな。

ローンは大丈夫?
原価二百〜五百万円と安い買い物ではないですよ。
維持費とか、生前戒名とか、もれなく請求書がついてくる。
信者の中にはローンが払えず、四苦八苦している人もいます。
墓を返すと言っても、金は一銭も戻さない。
阿含宗系列だから、当然「やらず、ぶったくり」です。

>ちなみにだんなの小さな書斎には、ここで話題になってる本が全巻
>揃ってます。

本を売りに行ったら、古本屋のオヤジが、
「ああ、その人の本は売れないからダメだ」
と一言で断られた。
捨てるしかないので、「タダでいいから」と言っても、
引き取りを拒否されました。


74 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:38
430 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/05/05(金) 20:51

「一九九九年七の月」 21.テロリストから大地震へ

桐山氏は、阪神大震災の数ヶ月後に「一九九九年七の月が来る」を出しました。
この本では活断層の一覧表を示し、大地震で原発が崩壊すると方向転換します。

ソ連を恐れていた時代の本では核ミサイルでした。
原発事故がおきると、テロリストによる原発崩壊でした。
阪神大震災がおきると、大地震による原発崩壊になりました。
北朝鮮がミサイルの実験をすると、核ミサイルをまた出しました。
結局、桐山氏の心にある不安や恐怖感を予言と言っているにすぎません。

阪神大震災は桐山氏にとっても相当なショックだったのでしょう。
桐山氏は地震の前日1月16日に京都の総本殿で冥徳祭の護摩を焚いていながら、
まったく地震を予知できなかったからです。
一〜二週間前からゴキブリやネズミすら騒いでいたのに、「事物の明快な認識と予
知」を一番目の超能力としてあげ、大地震は信者に事前に伝えると豪語していた
桐山氏が、すぐ近くでお得意の護摩を前日に焚いてさえ予知できなかったのです。

後に、桐山氏は、「仏像」という仏からのシグナル(ご霊示)があったと話しました。
仏像は九州から紀伊半島を横切る活断層「仏像線」に関係しているというのです。
この仏像線にそった活断層近辺で、近い将来大地震がおきるという意味です。

活断層の一覧表を見た時、桐山氏は仏像線という変わった名前に目がいったので
しょう。
仏像線のことはすっかり忘れた後、道場の仏像を見たとき、何か思い出せない感
覚にとらわれ、それを仏からのご霊示と称したのです。
普通の人なら自分の記憶を疑うところを、桐山氏はご霊示にしてしまいました。
もちろん、この思い込みと思い付きの大予言は今でも実現されていません。

431 名前: みかりん 投稿日: 2000/05/05(金) 23:02
>429どの。
コメントありがと。ま、私も案の定会員にされてます。恋人時代にも
関東別院で月一回行われる例祭へ一緒に参加してました。強要された
わけじゃないけど、好きな人が信じているものがどんななのか興味が
あったし。そうそう、「後家」とか「夫婦縁障害」とかは私も
言われた。離婚まで行っちゃったとこもあるんだあ。
お墓はキャッシュで払ったよ。おかげで大散財。「走り大黒天」の
お金を集める熊手も効果なーし。子供も育てなきゃなんないのに
いい加減にしろー!
あ、職員て言えばすんごいムカつく奴がいた!態度はいつも高飛車で、
ここらへんが田舎なのを馬鹿にした感じで「こんなとこ来たって意味が
無い」とでも言わんばかりだった。こんな奴雇ってるなんて、やっぱ
怪しい宗教なんだな。

432 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/06(土) 12:14
誰かこの本読んだ人いる? 同和行政の腐敗を告発している寺園とかいうジャーナリストの本らしいが、桐山って同和とも癒着してるんだろうか…

http://www.kamogawa.co.jp/mokuroku2/rupo.html#rupo10

433 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/06(土) 17:14
>431
>あ、職員て言えばすんごいムカつく奴がいた!

これ、草○職員様か、高○職員様かな。
あそこにいると、みーんなタカビーになる。
職員になった頃は、良い奴だと思っていたら、
朱に交わればで、何年かたつと、みんな赤くなる。
一番上がタカビー親分だからですよ。
おれくらい偉いものはない、
おまらえに梵行させてやっているんだ、
ありがたいと思え、
てなもんで、下っ端までそのままマネする。
別院の安○課長様様なんか、ただの陰険タカビー。

>「走り大黒天」のお金を集める熊手も効果なーし。

借金で苦しんでいる人が修法した大黒天。
ほとんどブラック・ユーモアだね。
子供いるなら、なおさら、お金は気を付けたほうがいいですよ。
地方は会員数も少ないから、個人の金銭負担が大きくなります。
ご主人にもう少し覚めてもらうしかない・・・。

434 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/07(日) 13:44
ガンで死んだ弘法大師の伝えた加持祈祷
下痢が続いて死んだ釈迦の成仏法
脳梗塞でボケまくりの桐山大先生

阿含宗で高額な病気平癒祈願を申し込む信者達に幸あれ。


435 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/07(日) 13:46
結局だれも因縁解脱してねえじゃん。
アホらし!


75 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:39
436 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/07(日) 14:45
>435

釈迦を同列に扱ったら、気の毒かもしれませんよ。
カルマが全部切れて、「この世」で幸せになる、
不幸が何もなくなるなんて、御利益の因縁解脱を説いたのは、
桐山さんなどの新興宗教系の教祖さんたちです。
こういう因縁解脱を釈迦は一言も説いていません。
だから、釈迦が下痢で亡くなっても、矛盾はしません。
阿含宗の言う因縁解脱からするとこれは矛盾だし、
桐山さんは質問にも答えられなかった。
これ一つをとっても、阿含宗は釈迦の仏教とは別物です。

437 名前: みかりん 投稿日: 2000/05/07(日) 15:12
そう、つい先日も同じ市内の信者がガンで亡くなったね。
家族でやってて、わりとお金がある家だったから一生懸命
祈願してたみたい。。。でもガンを消すことはできなかった。
だんなは「本人の修行が足りなくて、因縁に引きずられたから・・」
とかなんとか、わけわかんないこと言って。
お金だけでも返してやんなって感じ。あーあ。
脳梗塞のこと、実はここ来るまで初耳でした。あとでだんなに
聞いてみよっと。10年も信じてたものを(結婚するまでほぼ毎年
「星まつり」に行ってたんだとよー)そう簡単に捨てらんない
だろうけど、これ以上無駄な出費は困るからやってみるぜい。

438 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/05/07(日) 20:52

「一九九九年七の月」 22.十三救いの輪運動

90年代中頃、桐山氏は、信者数増加のための露骨な脅迫策を打ち出します。
1996年8月から始まった「十三救いの輪運動」です。
信者1人が13人の新しい信者を獲得する(導く)という運動です。
桐山氏は、
「13人導けば、1999年の地球壊滅の時、命を保証する」
と断言しました。
逆に言えば、13人入信させなければ命は保証しないというものです。
これは「救いの輪」ではなく、「脅迫の輪」です。
桐山氏は、「一九九九年七の月が来る」の中で、横変死40%を出して、

「あなたは、この10%の中に入るか、40%の中に入るか、どちらだと思っているであろうか。
また、あなたの最愛の人は、どうであろうか?」

と「最愛の人」までひっぱり出して、人質にしました。
信者が減り、経済的にも苦しくなり、桐山氏お得意の一発逆転を狙ったのです。
世紀末破滅を脅迫の材料に使えるのは後数年しかありませんでした。
信者を増やしたいという桐山氏の切なる思いが文章から垂れ流しになっています。


439 名前: 元修行者 投稿日: 2000/05/08(月) 09:50
私も因縁解脱一本でがんばっていたのですが、やっぱりその
心の奥には「自分だけ助かればいい」という利己主義が
あったと思います。自分が横変死の40%にはいらないように
修行したり信者を集めたりというのは、やっぱりおかしいです。

今は、神心ないし仏心とは、「自分の命を惜しんで義をない
がしろにする者は命を失い、自分の命を差し出して義を行う
者は永遠の命を得る」ということだと確信しています。

440 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/08(月) 12:49
>437
>だんなは「本人の修行が足りなくて、因縁に引きずられたから・・」

標準的会員の反応ですね。
うまくいかない事はすべて会員の修行不足、梵行不足、
徳不足、心構えのまちがい、と教えこまれています。
十万円の解脱供養で成仏したことになるのでしょう。
お釈迦さんは先祖供養だの、不成仏霊を成仏させろだの、
んなこと、言ってないんだけどねえ。

ご主人にいろいろと話してみるといいと思います。
人によって、ショックを受ける内容は違います。
ネタはいっぱいここに転がっています。
ただ、たいていの熱心な修行者は、
「管長の否定」=「自分への否定」
という誤解をしますから、ご注意あれ。

441 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/08(月) 21:23
>439
>心の奥には「自分だけ助かればいい」という利己主義が
>あったと思います。

普通の人はそうです。
問題は、指導者の桐山さんがそれを増長させる点です。
利己主義を薄めるべき指導者が、逆に増やしてしまう。
これは桐山さんの性格や目的がそうだからです。


76 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:40
442 名前: いろいろな議論もよいですが、 投稿日: 2000/05/08(月) 22:15
みんなさんが知らずに拝んでいるものをお教えしましょう。
それは天地を創られた主なる神様です。
その御子キリスト様へ帰依しましょう。
終末に主の審判があります。その時までに
阿含宗から悔い改めてキリスト様へ帰依していた方がよい
と思います。

443 名前: 俺 投稿日: 2000/05/09(火) 00:33
モナー教に帰依したほうが良いぞ。

444 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/05/09(火) 20:55

「一九九九年七の月」 23.十三救いの輪運動の中身

十三救いの輪運動とは、13人を新たに信者として獲得することです。
これまで何人獲得していようが、まったく関係ありません。
桐山氏の言うように、人を助ける徳で自分も助かるというのなら、これまで入信
させた信者の数も数えるべきでしょう。
長年、桐山氏の言う行をやって因縁が切れているはずの人はどうなのでしょうか。

桐山氏の信者へのノルマはこのように前の事は完璧にリセットされます。
常に新しい数字を要求します。
目的が、信者の因縁を切ったり、助けることではなく、信者の数だからです。

13人を獲得できる信者は珍しいでしょう。
当然、そこではごまかしがおこります。
家族を無断で入信させたり、人数をそろえて、ノルマを達成すると、後は辞めよ
うがなんだろうが、知らぬふりです。
立場を利用して、他人の入信者をとってしまう先達(指導的信者)もいます。
こういうえげつないことを有名先達が堂々とやるのです。
こんなことは昔からありました。

中身がなかろうが、他人から盗もうが、桐山氏は気にしません。
桐山氏は目先の入信者の数にしか興味がないのです。
職員も先達もそれを承知しているから、信者に拍車をかけます。
桐山氏のご機嫌を損ねず、自分の命が助かりたいためです。
その結果、実態を伴わない空虚な数字だけが、毎月踊りました。


445 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/10(水) 19:02
福永の次は桐山に決定!!!
これで何回目のxxxだったっけ。

446 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/10(水) 19:19
ZENKA 4 PAN だね。

447 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/10(水) 21:08
>432
>誰かこの本読んだ人いる?

阿含宗批判は10頁ほどです。
1989年の記事ですから、まだ批判しがいもあった時期です。
星まつり、因縁、前科、脱税、密教食、広報室長の辞任。
この記事独自の新しい内容はありません。


448 名前: みかりん 投稿日: 2000/05/10(水) 21:58
>440
>「管長の否定」=「自分への否定」という誤解をしますから、ご注意
あれ。
うん、そのことは充分に承知してるつもりです。信教に限らず、
何事にも決してゆるぐことが無いと信じていたものが
間違いだったなんて、こんな辛いことは無いですよね。
まず、何からやっていこう。。。?


77 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:42
449 名前: >439 投稿日: 2000/05/11(木) 04:58
救われない人ですね…。

いいですか、核心をついてあげましょう。
自分が救われたい=悪
人を救いたい=善
ではないでしょう?
そもそも仏教って
そこに救われるべき「自分」とか
救うべき「他者」が実在するのか?
ということを問いかけてませんでしたっけ?
あなたは単に、向いてる方向を逆にしただけ。
相変わらず同じ船に乗っています。

>今は、神心ないし仏心とは、「自分の命を惜しんで義をない
がしろにする者は命を失い、自分の命を差し出して義を行う
者は永遠の命を得る」ということだと確信しています。

ここはなかなか力の入った暴露話がでてきておもしろいんですが、
単に桐山密教がインチキである、とか、
教祖がでたらめでこんな悪事を働いてる、とか
教義は借り物だ、とかだけの批判じゃ、
「これは偽物だけどどこかに本物があるに違いない」
っていうことになりませんか?
で、そういう人がオウムなんかに流れたんでしょう?
あるいは439さんみたいに、あさっての方向向いた確信持ったり(笑)。

ここはもっとはっきり
「桐山の言ってたことが、もし仮に100%全部本当だったとしても、
つまり因縁解脱もできるし、超能力も身に付くし、
桐山自身がスパーマン」
ということであったとしても(あくまでも仮に、ですよ)、
そもそも修行して因縁解脱する事自体に何の意味があんの?
とか、超能力が身に付いたとして、それがなんなの?
という、もっと根本的な部分を、
徹底的かつ完膚無きまでに否定して差し上げなくては。450 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/11(木) 12:21
>449

仰せの義、いちいちごもっとも。
でも、人によって学んでいるものが違う。
小学生の勉強を大学生が笑ってはいけないのです。
439さんを、向きを変えただけ、とおっしゃる。
だが、それは439さんにとっては進歩かもしれない。
誰が大学生で、誰が小学生かなんて、誰もわからない。
もっとも、桐山さんは砂場の保育園児のようですが。

結論がすべてではなく、課程や階梯が大事ではありませんか。
子供だましのような阿含宗を今でも信仰している人も、
一つの階梯を進んでいる。
もしかして、このスレッドを見て、更に進むかもしれない。
その進歩は449さんから見たら、つまらないわずかなものでも、
その人たちにとっては大きな一歩かもしれない。
危険なのは「これが絶対正しい」と止まってしまうことです。

>そもそも修行して因縁解脱する事自体に何の意味があんの?

根本的な問いかけをするべきだという意見ももっともです。
今まで書かれて来た桐山分析はそれはそれで価値があります。
つまらない信仰だから捨てる、ではなく、どこがつまらないか、
自分は何を信仰したのかを、丁寧に分析するのは意義があります。
並行して、449さんが、もっと根本的問いかけをすれば、
このスレッドはとても充実します。
449さんも連載してください。

451 名前: 伝統仏教しっかりせい! 投稿日: 2000/05/11(木) 20:25
べつにアゴン信仰したいひとは、
すれば良いと思うけど
他人がどうこう言ってもしょうがねえじゃん!
桐山氏のお笑い悪口を楽しみたいなら
このまま続けりゃいいや、俺は飽きたけど。
根本的な問いかけしたって
宗教やる奴はやるんだから、どうだっていい
だいたい伝統宗教がだらしがないからだろう
アゴンがでかい顔するのは
いくら桐山氏の悪口いってもラチがあかねえや!
ハッキリいって今の伝統仏教、魅力ないね。
どんな工夫して布教なり活動なりしてんだろ?
爺さん、婆さんたちのお気楽クラブじゃねえか
結局のところ。


78 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:43
452 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/05/11(木) 21:35

「一九九九年七の月」 24.十三救いの輪運動とは宗教ねずみ講

13運動を達成した信者は助かるとして、では、その13人はどうなるのか。
13人はそれぞれが新しく13人を入信させないと助かりません。
脅迫と欲で増殖させる「宗教ねずみ講」を桐山氏は作ったのです。

桐山氏のノルマの掛け方は、信者のエゴをむき出しにさせるやり方です。
元々それほど欲がなかった信者までが、だんだん欲の皮がつっぱってきます。
恐怖と欲望に駆られて、入信者獲得に奔走する信者を見ていると、何のための信
仰、何のための宗教かと、気色悪くなります。

入信させた信者数に対し、グランド・ミッショナリーなどの称号を与えました。
オウム真理教の「正大師」などの称号を、かつて桐山氏はあざ笑いました。
自分が小馬鹿にした内容をまねたのです。
桐山氏は、軽蔑した相手のまねをしたとさえ思っていません。

北朝鮮のミサイル実験を、桐山氏はすぐに恐怖の大王だと断言しました。
後は野となれ山となれで、信者たちを使い古しの手段で脅かし、低レベルな欲を
あおり、ブリキの勲章をぶら下げ、信者数を延ばそうとしたのです。

核ミサイルの、原発崩壊の、大地震の、4割横変死の1999年が近づきました。


453 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/12(金) 14:13
1995年3月サリン事件。
1995年5月麻原逮捕。
1995年6月「オウム真理今日と阿含宗」桐山著 出版
1995年9月坂本一家遺体発見
1996年4月麻原初公判
1996年8月「十三救いの輪運動」
オウムとの深い関係が取り沙汰され、信者激減にあった阿含宗は
銀行への返済を滞らせないために「十三救いの輪運動」という
宗教ねずみ講を始めた。これが真相だろう。


454 名前: 阿呆宗の尻山 投稿日: 2000/05/12(金) 22:24
ここも長いね、
ながながと結論でてんのに
くだらねー桐山氏批判、
ここまでのばすと元信者の愚痴、泣き言としか
思えませんね。
(もっともエビ氏が元信かどうかは知らんが)
一言いわせて!
泣きを見るのはてめーらが馬鹿だからだよ!

信者激減してんなら、そのうち消滅するでしょ
異常な憎悪で批判する必要もねえや!

455 名前: エビカワ 投稿日: 2000/05/12(金) 23:53
ヌマエビ君やめたまえ、
いくら君が13救いの和運動が出来なくて
グランド・ミショナリーの称号をもらえなかったからといって
悪口を言いつづけるのは、君が泣きながら桐山氏に
生卵をぶつけたのは信者の間では有名な話だ。
君は「おぼえていやがれ!」と捨てぜりふを
残してでていったね、そのしうちが2ちゃんでの
ボウロ話なのか!
おかげでAGONN宗は今信者激減だ
君の復讐は成功したわけだ、
しかし桐山大僧正は面の皮が厚いから、ちっともこたえていないぞ、かえって仕事がへり囲碁ばかりしているぞ
囲碁が命なのだろう。
君も見習って囲碁ならいたまえ

君のライバルにして信者仲間だったエビカワより。


79 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:44
456 名前: >450 投稿日: 2000/05/13(土) 05:50
>根本的な問いかけをするべきだという意見ももっともです。
今まで書かれて来た桐山分析はそれはそれで価値があります。
つまらない信仰だから捨てる、ではなく、どこがつまらないか、
自分は何を信仰したのかを、丁寧に分析するのは意義があります。
並行して、449さんが、もっと根本的問いかけをすれば、
このスレッドはとても充実します。
449さんも連載してください。

わかりました。連載になるかどうかはともかく、
ちょっと引っかき回します(笑)。

まず、因縁解脱からいきましょうか。

因縁解脱したい、って思っている人たち、
キミタチハショウキカネ?
たぶん、因縁を解脱したいっていう人は、
因縁には「良い因縁」と「悪い因縁」があると思っているんでしょうね。
でもちょっと待ってください。
そもそもなにが「悪い」因縁で、なにが「良い」因縁なんですか?
良いとか悪いとかっていうのは「人間万事塞翁が馬」で
そう簡単に決められないことじゃないんですか?
実際、成功者の伝記とかを読むと、逆境とか、一時的な不運、不幸
というのもが、いかに人を鍛え上げるものなのか、ということが
よくわかると思います。

「いや、俺は楽したいんだ。あらゆる不幸から逃れたいんだ」
って言う人は、はっきり言って
「因縁解脱したインネン」という最高に不幸な因縁をもって
生まれてきています(笑)。
モナー教に改心すればそういう因縁は解脱できるでしょう(爆)。

いや、あまりにもばかばかしいんでジョークに走ってしまいました。

そういえばどこかで桐山が、
とある仏典を引用していて、その仏典には
「聖者の因縁は黒くも白くも無い(悪い因縁も、良い因縁も両方無い)」
という趣旨のことが書かれていたのですが、
「これは間違ってる。良い因縁はどんどんふやして悪い因縁は絶つべきだ」
という主張を述べていました(昔、ちょこっと読んだだけなんで、
どんな本だったか忘れた。でも、思わず目が点(メ_メ)
になったのでよく覚えてる)。

457 名前: 456の続き 投稿日: 2000/05/13(土) 06:45
「聖者の因縁は黒くも白くも無い(悪い因縁も、良い因縁も両方無い)」
という言葉は、実は仏教がうんぬん言う以前に、
理解しておくべきもっとも重要で根本的な哲学的命題を含んでいます。
これについてよく考えれば、実際のところ「良い」「悪い」
という相対性を越えるところに「解脱」の本当の意味があると
気がつくでしょう。
桐山の言ってるような意味では、因縁解脱が仮にできたとしたって
それでは絶対に幸せになれませんね。

すなわち、自分の思い通り=幸せ、じゃないってことです
(でも、アゴンに限らずそう思っている人があまりにも多いですけどね)。

よく観察するなら、不幸の原因はむしろその「自分の思い」
の方にあると気がつくはずなんですが。
458 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/13(土) 06:59
サリン実行犯は麻原の弟子。
麻原は桐山の弟子。
ならばサリン実行犯は桐山の孫弟子か?

459 名前: 心ある信者の方へ 投稿日: 2000/05/13(土) 07:19
阿含宗には失望した信者のかたがた
仏舎利を拝んでもしょうがないのです。
あれは骨にしかすぎません。
ブッタはすでにこの地上に生まれ変わって
おられるのです。
・・・大川隆法こそその人なのです。
信者の方も桐山氏もこぞって帰依するべきです。
地獄の邪霊にまどわされてはいけません。
                   以上!

460 名前: >458 投稿日: 2000/05/13(土) 07:24
そうでしょう、やっぱ。
で、カルトは一家、信者はみな兄弟(笑)。

461 名前: >459 投稿日: 2000/05/13(土) 07:38
>ブッタはすでにこの地上に生まれ変わって
おられるのです。
・・・大川隆法こそその人なのです。

もちろんジョークで言ってるんだよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ。
もう生まれ変わらないから、解脱した人って意味で
仏陀と呼ばれるんだよ。


80 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:45
462 名前: >461 投稿日: 2000/05/13(土) 08:01
でも、新興宗教ってどこも同じようなもんだと思うぞ
ジョークではなく真面目に言っているから宗教なんだ
ここでは学問的常識なぞ通用しません。
狂気に近いものがある、てなわけで
459の人、信者なら案外本気で言っているのかも?

463 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/13(土) 08:13
でもよ、病気なおる奴もいるから
宗教として続いているんだろう?
いくら口がうまくてもそれだけじゃなあ
阿含も20年ぐらいの歴史あるんじゃないか
ごまかしだけじゃ絶対つづかんぜよ!
どんな秘密があるんだろう
ここのボウロ話読んだけど
こんな宗教だったら3年もたないぞどう考えても
オウムや法の華見ればよくわかる。
まだ謎はのこる。

464 名前: >463 投稿日: 2000/05/13(土) 10:23
裏話や暴露話が必ずしも真実や
すべてを語っているとは言えないということさ
人は自分にとってつごうのいいことしか言えんのさ
そういうこと!

465 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/13(土) 14:12
>455
>悪口を言いつづけるのは、君が泣きながら桐山氏に
>生卵をぶつけたのは信者の間では有名な話だ。

へえー、そんなことあったんですか。
桐山さんに生卵か、そりゃ、おもしろい。
ぜひ、もっと詳しく話してください。
1980年代の中頃、桐山さんが殴られたのは聞いています。
定例会に出ようとしたところを、いきなり殴られた。
顔にバンソウコを貼って定例会に出てきた。
桐山さんは○○学会の手先だと言ったそうです。
超能力があるなら、生卵も予知すればいいのにねえ。


466 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/13(土) 14:34
>455
>おかげでAGONN宗は今信者激減だ
>君の復讐は成功したわけだ、

これって、責任転嫁ではありませんか。
信者が激減したのは、桐山さん本人のやり方の問題で、
誰かの攻撃によるものではないですよ。
十三運動は1996年で、このスレッドは去年から始まった。
でも、信者は十年前から減っていた。
例祭や星まつりでの数が減っていったのを覚えています。

>君のライバルにして信者仲間だったエビカワより。

何かおもしろい話がありそうですね。
どういうライバル仲間だったのか、ぜひ話してください。
エビカワさんはクランド・ミッショナリーなんですか。


467 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/13(土) 15:59
>裏話や暴露話が必ずしも真実やすべてを語っているとは言えないということさ

全くその通り。
ここに出てくる裏話や暴露話よりももっとひどい話が沢山ありそう。
まだまだ全てじゃないらしい。

468 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/13(土) 20:23
>阿含も20年ぐらいの歴史あるんじゃないか
>ごまかしだけじゃ絶対つづかんぜよ!

桐山は「商人」として一流です。
それだけです。


81 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:46
469 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/05/13(土) 20:30

「一九九九年七の月」 25.インド護摩

1999年が近づき、信者を脅迫し続けることはできても、核ミサイルも大地震もな
く、桐山氏の地球壊滅はおきそうにもありませんでした。
桐山氏は、お得意の壮大な言い訳をひねり出す必要に迫られました。

1981年の本の趣旨からいうなら、インドに行かないわけにはいきません。
それも、自分から行ってはサマになりません。
メシアは世界中から求められて、求められて、求められて出現するのです。
相手から請われて、自然に行かざるを得なかったという演出が必要です。

1999年、インドから招聘(しょうへい)され、デリーで護摩を焚きました。
阿含宗の招聘とは、お金をばらまいて、招待されたように見せかけることです。
身から出た錆とはいえ、インドの暑い3月は、体調の悪い桐山氏には負担だった
でしょう。
お金を使ってインドの著名人とのツー・ショットを撮り、準備ができました。

1999年、ついに出た最終章の言い訳本が「一九九九年七の月よ、さらば」です。
はたして、桐山氏の地球は壊滅したのでしょうか。
桐山氏の言い訳は、それはもう大方の予想をはるかに上回る天才的な出来でした。


470 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/13(土) 20:55
福永が詐欺で逮捕なら
殆ど全ての宗教家達は同罪だろうな。

471 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/13(土) 20:57
>桐山氏の言い訳は、それはもう大方の予想をはるかに上回る天才的な出来でした。

お願い早く教えて。

472 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/13(土) 23:48
宗教それ自体が人類にとって災いなのです。
神仏の名の元に歴史上どれほど沢山の人々が殺されたことでしょう。
殺人の「規模」だけ見ればオウムなど大したことはありません。
オウムだけが特別なのではなく、殆どの世界的大宗教はすべからく虐殺の歴史を
持っています。
日蓮ですら、法華経の敵を殺すことは最高の功徳だと述べているではありませんか。
いずれにせよ、阿含宗はオウムを育てた責任を否定できないと思います。


473 名前: 449再登場 投稿日: 2000/05/14(日) 04:54
超能力批判!!

やっぱこれでしょ。
これをやっておかないと、徹底的にもう完膚無きまでに、
これでもか、これでもかっていうくらいに否定しておかないと
この板読んでる人のなかには
「アゴンは入り口だった。その後クンダリーニとかチベット仏教
とかをまじめに勉強するきっかけになった」
なんて寝言言ってる奴らもいるみたいだから危険きわまりない。
ってことで超能力!批判します。

まず当たり前だけど、超能力ってのものが、あるいはシッディ
なんていうものが本当にあるのかってことだな。
これに関しては普通の常識人は信じてないだろうから
議論するのも恥ずかしいんだけど、カルトな人って
超能力も含めていわゆる超常現象が好きで、人により、
あれは信じるけどこれは信じない、みたいに微妙に信じる
内容が変わりながら、結局信じてる。
だからここでは、個々の現象の細部にわたって、これはインチキ
あれもインチキっていうふうには批判しない。
一度にまとめてぐうの音も出ないくらい一発で全部否定して差し上げます。

そのためにはまず、私がインドに行ったときの話しを
しないとだめでしょうね。

以下次号
474 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/14(日) 20:56
473さん
名前を決めてください。
そのほうが連載は読みやすい。
後から読む人のためにも。

475 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/14(日) 22:47
超能力批判!!

超能力の定義にもよるが・・。
少なくとも
空中に静止できる人間はいない。
いたら公開でやってくれ。
膝を使って跳ねるだけなんて
空中浮揚っていわんだろ。


82 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:47
476 名前: kiritanpon 投稿日: 2000/05/14(日) 22:52
ヌマエビさんへ
貴方の書き込みはとても貴重だと思う。
他に転載して多くの人の目に触れさせてよいだろうか?
ぜひOKといって欲しい。

477 名前: みかりん 投稿日: 2000/05/14(日) 23:03
人間てさ、嫌なことや辛いことが沢山重なってまいってる時
上手い話もちかけられると胡散臭くても簡単に信じちゃうものらしい。
だんなが入信したきっかけは、確か「守護霊を持て」っつう本を
読んでからだったと思う。私と出会う、ずっと前の話。仕事のこと、
家族のこと、友人関係のことで悩んで煮詰まってた。それまでは
哲学書の類とか、そんな難しい本読んだりして解決への道を模索
していた。そんでもっていきなり「守護霊」。。。結局は
現実逃避だったように思える。傷つくことも覚悟で問題に立ち向かう
強さがあれば、宗教に走る事も無かったのかな。結婚してわかったけど、
彼は面倒なことには見向きもしないタイプ。しっかりしてよ。
478 名前: ヌマヘビ 投稿日: 2000/05/14(日) 23:17
>476

だめです。
神聖なる仏陀の法に帰依する人達が迷います。


479 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/15(月) 00:07
>476

だめです。
神聖なる真正仏舎利に帰依する人達が迷います。

480 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/15(月) 01:22
おもわず吹き出しただろ!>478、479
ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

あんまりちゃかすなよ。
よってageだ。

481 名前: クサレ坊主!! 投稿日: 2000/05/15(月) 03:19
阿含宗・・・桐山は上品そうな顔して意外とやり手じじい
だったんですね。  まぁ宗教の教祖なんてもんは人を騙す
のが商売みたいなもんだから汚い面してるよりは多少でも上品な
顔立ちの方が入信する人もいいだろう・・・
このクサレ坊主、箱根の千石原にどでかい別荘持ってるんだけど
そこがまた金掛かってる建物なんだよね〜近くには長島茂雄とかの
別荘もある。
だから、夏とか暑い季節はそういう避暑地にいって信者の皆さんから
集めた金でクールな高原リゾートを満喫しているんでしょう。絶対に。
  

482 名前: >みかりん 投稿日: 2000/05/15(月) 05:09
>。。。結局は
現実逃避だったように思える。傷つくことも覚悟で問題に立ち向かう
強さがあれば、宗教に走る事も無かったのかな。結婚してわかったけど、
>彼は面倒なことには見向きもしないタイプ。しっかりしてよ

私が因縁透視したところ、彼には「因縁解脱したインネン」
の因縁があります。私が新たに開発した万座行をやりましょう(笑)。

483 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/15(月) 12:44
みかりんさん
>傷つくことも覚悟で問題に立ち向かう
>強さがあれば、宗教に走る事も無かったのかな。

みんな弱いトコあるんよ。
弱みをうまく突かなあ、教祖様にはなれんて。
旦那はんが哲学書まで読んどるなら、
阿含宗が釈迦仏教とどう関係するか聞いてあげたら。
お釈迦さんは先祖供養や悪い因縁なんて説いてないし、
護摩も占いも禁止した。

484 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/05/15(月) 21:01

「一九九九年七の月」 26.言い訳本の主旨

1999年7月には地球壊滅がおきそうもないことから、桐山氏は言い訳を取り繕
う必要に迫られました。
「一九九九年七の月よ、さらば」の言い訳の要点は次のようになっています。

・ノストラダムスの予言の「1999年7の月」とは、中国に仏教が伝来してから
1999年目にあたる西暦1997年のことである。
・1997年12月、桐山氏は中山大学(中国)で講演をした。桐山氏が中山大学に講
演の原稿を送ったのが1997年7月である。これは、ノストラダムスの「1999
年7の月」の予言と月まで一致する。
・原稿を送ったことがアンゴルモアの大王(釈迦)の「よみがえり」である。
・1998年11月、北京大学での桐山氏の仏教講演はアンゴルモアの大王(釈迦)の
「復活の儀式」である。
・1999年、インドで焚いた護摩は仏陀の「復活祭」、アンゴルモア大王の「生誕
祭」である。
・アンゴルモアの大王(釈迦)を復活させたのは桐山氏であるから、桐山氏が「
恐怖の大王」である。
・すなわち、桐山氏の人生はノストラダムスによって予言されていた。


83 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:48
485 名前: みかりん 投稿日: 2000/05/15(月) 23:48
>482
>私が新たに開発した「万座行」をやりましょう
タダだったらいーよ。お金取るんなら、やんない。
>483
弱いトコがあるのは認めますよ、もちろん。それを食い物に
する奴が世の中には沢山いて、ひっかかる側にも原因
があるってこともね。
10年も修行とやらを続けてて、でも全然人間ができてないもん。
他の宗教やってる人らにも多いけど。
気に入んなきゃ暴力振るわれる事も結構あるし。それを
同じ「ファミリー」のメンバーや県支部の先達にチクったんだ。
案の上、だれもまともな答えを出してくんなかったね。
管長に直訴しようと思ったこともあるよ、マジで。「こんな奴
信者にしといていいんでっか?」とか言って。
もう既に何10万、いや全部あわせりゃ100万単位だろう、大金
掛けてる。何体も解脱供養してんのに、ガンの因縁を気にして、
ちょこっと口内炎ができたら舌癌かも、胃の調子が悪けりゃ
胃癌なのかな?・・・とホントに嘲笑もん。


486 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/16(火) 02:36
>糞坊主さん
やり手なもんですか!
もう、借金かかえて信者激減
もうすぐ夜逃げすることでしょう。
>みかりんさん
そりゃ重傷だ!嘲笑ですめばいいけど、心の病かも
病院いった方が良いと思うよ!

487 名前: エビカワ 投稿日: 2000/05/16(火) 03:07
ヌマエビくん
こんどはノストラダムスなのか
君は五島氏を尊敬していると言っていたではないか
五島氏は人類に対して警告をあたえた、それを
宗教の面から説いたのが桐山氏だと
五島氏がいなかったら入信はしなかったと、
人類滅亡が起きなかったからといって
やけくそになり、桐山僧正ををけなすのはやめたまえ
君はアダムやノアのような人生が夢だったね自分だけは生き残りじんるいの祖になると
でもみんなは滅亡が起きなくてよかったと思っているぞ
夢が破れたからといって他人のせいにするのは
よくないことだぞ。


488 名前: ラージャ 投稿日: 2000/05/16(火) 06:29
473です。名前を決めてみました。

ところで469で
>桐山氏の言い訳は、それはもう大方の予想をはるかに上回る天才的な出来でした。

とあったんで、私も楽しみにしていましたが、
484を読んで危うく大爆笑するところでした。全然天才的じゃないじゃない…(笑)。

ま、いいや。で、473の続きです。

超能力批判

超能力とかシッディ(神的能力?)とか、いわゆる超常現象も含めて
この手のことを信じてる人の大多数は、
「日本にはそういう人はいないかもしれないが、
ヒマラヤの奥地とかに行けば、今でもそういう超能力を持った
ヨギ(ヨガの修行者)やサドゥー(修行僧)がいるはずだ」
とか、
「日本の伝統宗教には実践が無いじゃないか。理屈と観念論だけでは救いがない」
とか、
「超能力は修行や瞑想の結果として発現するもので、どのようにその力を使うか、というのとは別問題だ」
とか、まあ、いろいろそんな風に考えているんでしょうね。

確かに超能力といえども、
そういうものが実際にあるとか無いとか議論する以前に、
冷静に頭を冷やして考えてみるなら、
それをどう定義付けようと、あるいはそういうものが仮に
実際に存在する、と仮定してみたところで、
結局はようするに「能力」の一形態にすぎないわけで、
そんなものが存在したって、しなくたって自分的にはどうでも良いような気がするんですが、
なぜか超能力信望者というのは、超能力者=聖者とでも思っているようで、
そういう能力が何か宗教上、すこぶる重要なものであるかのように
錯覚しているんですよねえ…。


84 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:49
489 名前: ラージャ 投稿日: 2000/05/16(火) 06:31
488の続き

で、こういうところで話をする以上、頭ごなしに超能力なんて無い、
って言ってみたところで、なかなかそういうことを信じている人には
聞き入れてもらえないだろうし、「気」みたいに非常にデリケートな部分
(別にそういうものが実際にある、とか、それが重要という意味ではありませんが)
もあるので、一応、まだ科学的に解明されていないだけで、
そういう現象はもしかしたらあるかもしれない、
という例のオカルト信者の常套句を使うことを
今回だけは特別に許しましょう、ていうか
その方が逆に論破しやすいテーマなので(笑)。
もちろん、読み進めていけばいかに超能力がインチキか、
仮に実際にそういう能力を持ったとしても無意味か、
っていうことがわかるように書くつもりですが。
念のために断っておきますが私はもちろん無宗教者です。
あ、それから草加学会とかの念仏唱えてどったらこったらとか
ご本尊さまがどうのこうのとかいうのも、
当然ながらこのテーマに絡んでくると思いますよ。

で、以下次号(笑)。

490 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/16(火) 12:29
>485
> 管長に直訴しようと思ったこともあるよ、マジで。

これやると要注意人物でにらまれます。
管長は、信者の問題がほしいのではなく、
「猊下のおかげでうまくいった」
というオカゲ話、猊下和讃がほしいだけ。
だから、問題に対しては世間並の知能すらありません。
下手すれば、傷を広げられる。

>案の上、だれもまともな答えを出してくんなかったね。

因縁だ、霊障だ、天命殺だ、徳が足りない、
お導きしなさい、解脱供養や冥徳供養が足りない
てのが阿含宗のまともな答なんです。
この答の共通点は阿含宗にとって御利益になること。
常識的なこと言う人は排除されます。
そうでない職員や先達が生き残ります。

ご主人は因縁が恐いから、それを切ってくれる
阿含宗なくしては自分の人生が存在しないのです。
因縁、霊障、地球壊滅と、恐怖心を植え付けられ
自分がそれに依存していることにすら気がつかない会員は多い。
暴力もあるとなると、阿含宗を批判するときには、
相当気をつけたほうがいいですね。
恐怖と暴力は裏表です。

491 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/16(火) 12:55
>488
>読んで危うく大爆笑するところでした。全然天才的じゃないじゃない…(笑)。

大爆笑させそうになるところが、天才的なんだよ。
なにせ、桐山さん本人はマジで書いてるんだから。
凡人があんなムチャクチャなこと書けるか。

492 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/16(火) 17:19
ところで
皆さんに質問です。

1.桐山から求聞持聡明法の正式な伝授を受けて成就した人はいますか?
2.阿含宗の修行でクンダリーニが覚醒した会員はいますか?

これに該当する人がひとりもいなければ
阿含宗を詐欺で立件できるでしょう。
493 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/16(火) 19:09
>1.桐山から求聞持聡明法の正式な伝授を受けて成就した人はいますか?

仏陀(メシア)の法と名前を変えてから10年ぐらいになると思いますが
今でもやってるんですか?実際に修業をしていた人、最近の状況を知っている人がいたら
ぜひ、教えてください。

494 名前: ヌマエビ 投稿日: 2000/05/16(火) 20:42
>476 kiritanponさん
>他に転載して多くの人の目に触れさせてよいだろうか

許可を求めていただいてありがとうこざいます。
基本的にはかまいません。
転載先などをメールで教えてください。
なお、このメール・アドレスは一週間で閉鎖します。


85 :名無しさん@1周年 :2000/09/15(金) 16:52
495 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/16(火) 22:42
>487

二人だけの会話しないで、生卵の話してよ。
生卵は腐ってた?
管長猊下の顔面に命中した?

>でもみんなは滅亡が起きなくてよかったと思っているぞ

だから、「みんな」は笑われる。

496 名前: みかりん 投稿日: 2000/05/16(火) 22:52
>490
いつもレスしてくれる、同じ人だよね。あと、関西弁の人も
どーも。参考になります。
>これやると要注意人物でにらまれます。
ありゃ、やんなくて良かった。でももしかしたら、このほうが
かえっていいかも。例えば嫌がらせや中傷を受けた事実
があった方が告発の材料になる。。。かな?
やっぱ危険か。ここらへんは県支部や別院から遥か遠くの
田舎町なんで、あまり殺伐とした実態が伝わってこない。
オウムみたいにひどいことされるのかな。
>ご主人は因縁が恐いから、それを切ってくれる阿含宗なくしては
自分の人生が存在しないのです。
おっしゃるとおり・・・です。殆ど依存症と言えます。

497 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/17(水) 05:19
>492
少なくとも僕は1も2も該当者を
一人も知らない

498 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/17(水) 13:00
>496
>例えば嫌がらせや中傷を受けた事実
>があった方が告発の材料になる。。。かな?

だまされた、金をとられたという程度では、
教団を詐欺罪で訴えることはできません。
霊障や地球壊滅で脅迫しても、阿含宗程度では、
拘束や強要ではないから、法律には触れません。
因縁解脱や超能力開発も同様です。
宗務局は百も承知で、やりたい放題です。

このスレッドの122で熊本道場の件が出ていました。
横領の濡れ衣を着せられて破門になったら、
素人目には名誉毀損で裁判に持ち込めそうです。
しかし、訴えることすらできなかったはずです。

自分の身は自分で守るしかありません。
会員は仏に守られていると信じているけど、現実は
まったく逆で、法律にすら守られていないのです。

499 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/05/17(水) 17:28
age

500 名前: 桜庭 投稿日: 2000/05/17(水) 17:46
>498
法の華が宗教詐欺の判例を作ってもだめですか?


86 :口下手番長1 :2000/09/15(金) 16:54

皆様へお願い
以上が「阿含宗という宗教」の1-500までの再現です。
書き込みをなさらないよう、ご協力をお願いします。


87 :口下手番長1 :2000/09/30(土) 15:44

このスレッドは以下に続きます。

阿含宗という宗教1(501-1000)
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=psy&key=969690567


284 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>4830>>7731)>>8605>>2297>>6462>>3844->>2111>>4185
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)