5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

精神世界って、どういう意味?

1 :名無しさん@1周年 :2000/08/26(土) 12:24
「精神世界」とは、どういう意味でしょうか。
わたしは何となく、宗教っぽいのかなぁ、というイメージがあります。
自己啓発にも関係するのですか?
こうして、質問文書いていても、知識のなさがバレバレですね。

たまに会う友人が、そういう話を少しするんですが、
たぶん、わたしが嫌がるだろうと思って、あまり多くを語らないんです。
そういうときって、「ねぇ、教えてよ」と言えば言うほど、
さりげなく、話そらしちゃうんですよね。

なんなんだぁ、精神世界って・・???

2 :名無しさん@1周年 :2000/09/24(日) 22:57
辞書でも引いてみたら?

3 :ジェスター :2000/09/25(月) 09:59
まあ、簡単にいえばこころの世界だと思うけど、自信はない。

4 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 10:39
友人が、「口ごもる」「あまり多くは語りたがらない」「精神世界」とは、
いわゆる「魑魅魍魎の世界」といっても過言でないでしょう。

全ては「ウラの世界」に属するものです。
簡単なところでは、素人受けのする、
<瞑想・超能力・占い・ヨーガ・UFO・気功 etc.......

だんだんアリ地獄のようにはまれば、
<ウラ科学・超常現象・予言・心霊・オカルト・黒魔術 etc.......

実践してみたくなったら最後の段階です。
<宗教カルト・自己啓発カルトなどに入会する。
そういう道のりを辿って行くでしょう。

友人が語りたがらない理由が、なんとなくわかっていただけましたか?
「政治思想・宗教・野球」の話はするな、と言いますが、
現代では「精神世界とウラ科学の話はするな」といっても過言ではありません。


5 :食いだおれさん :2000/09/25(月) 17:23
妄想の世界のことです

6 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 21:38
現実を見ることが出来ない人達のゆがんだ世界


7 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 22:25
「精神的な世界」と「精神世界」は、天と地の違いがある。


8 :名無しさん@1周年 :2000/09/25(月) 23:57
私は、精神世界に興味があって、片っ端から本を読みました。
その頃、ブームだったようです。2000年直前になると、
本屋から精神世界系の本がパタっと極端に少なくなってしまいました。
好況のときに、ああいうものは流行るのかねえ?

9 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 06:22
こんなもんさ
http://mentai.2ch.net/psy/index2.html#2

10 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 06:40
なんだよこれ?↑

精神世界の大元はヤンキーがインドから見様見真似で取り入れたヨガ、瞑想、
その他ドラッグなどが始まりで、その後商売として形を整えたのがニューエイジ
であり、その後頻発する各種セミナーがあるが、どれも所詮はビジネス。
暗い戦争を背景に心の豊かさを求めた人達をダマくらかすテクニックなんだよ。
それを日本に入れた人達が今の精神世界を作っている。 あぶないあぶない。
いっとくけど、精神世界に救いはないよ。 そこにあるのは新興宗教並みの懐柔
システムと隷属のみ。
自己啓発セミナーなんかに行く暇があるならもっと外に出て日光をあびりゃいい、
自分を見つけたいなら両親や祖父母ともっと真剣に話をすればいいんだよ。
自分の親やそのまた親が自分と同じ世代の頃に何を考え、何を目指していたのか?
どうゆう時代背景だったのかも含めてジックリ話合いなさいな。 訳のわからん
場所に高い金出していくよりよっぽど有意義だし、家族との(一族との)一体感を
感じることが出来るよ。  うまくすれば将来の進むべき道だって見えるかもよ。


11 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 08:51
いまどきの「精神世界」といったら、
単純に「見えない世界」を総称してるだけのような気がしますが。
ニューエイジは、かつては宗教領域領域にあったようなことがらのエッセンスを大量水増しして
広く浅く大量消費させることで、ビジネスを成立させてしまった。
さすがアメリカ発だな、と思う。日本じゃVOICEの功罪はでかい。

この手の本が本屋から姿を消したのは、オウム事件も大きく絡んでたと思う。
あとノストラダムスの予言で稼いでいたひとたちが、ネタを喪失したこともあるかな。
最近はマヤの予言だなんだって、終末がじわじわ先延ばしされてるみたいだけど。



12 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 11:59
>11
マヤの予言の終末って何年なんですか?

>日本じゃVOICEの功罪はでかい。
VOICEって?教えて下さい。

13 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 13:06
VOICE=日本で精神世界の本を普及させた功績を持つ出版会社。
      本だけではなくグッズの販売やセミナーの開催などを行っていたが
      どれを高価であることと玉石混合のセミナー内容で評判を落とす。

でかい本屋へ行って心関係のブースを探してごらん、いっぱいあるぜ
VOICE本。
以前ここの主催するセミナーに参加した(主催者側として)人に聞いたら
吉本興業並みのひどい搾取をするらしい。  特に社長の喜多見氏のことを
ぼろぼろに言ってたなぁ、、、まぁ所詮ビジネスよね。

14 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 13:12
マヤ暦の終りって2012年だっけ? 2032年だっけ?

15 :12 :2000/09/26(火) 21:58
>13・14
ありがとうございます。

喜多見さんて、どこかで聞いた名前・・・・
テレビによく出ていませんでしたか?

それにしても、マヤ暦の終末とか、インディアンの終末物語とかもあった
ように思うし、ノストラダムスの1999年7の月、キリスト教の終末とか
いろいろあるけど、エドガーケイシーの日本沈没なんか、とっくの昔に
過ぎてしまったし、結局、たいしたこともなく過ぎて、また100年おきに
今世紀末!なんて騒がれるんでしょうね。
1900年になる前も騒がれたって聞きましたよ。

16 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 22:34
かくして、ライフスペースが誕生し、グル高橋が世に出たのであった。

17 :名無しさん@1周年 :2000/09/26(火) 23:34
>16
そ、そう・・・なんですか。
喜多見さんと、なんか関係あるの?

18 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 06:50
ライフスペースの高橋なにやらは、精神世界にはまったのが遅いほうだよな、
もっと早くにグルを名乗る輩は沢山いたし、今もいる。
喜多見氏は高橋よりももっと早く染まった人でしょう、まだ日本にニューエイジ
という言葉が流行り始める頃に指導者になっちゃった人。
高橋は国内で散々いろんな奴がグルを言い始めたのを観てからお金の匂いに誘われて
グルになった奴。  チンカスですよ。

19 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 06:53
精神世界と新興宗教ってほとんど同じ様なものなんでしょうか。

20 ::2000/09/27(水) 09:31
>19
>精神世界と新興宗教ってほとんど同じ様なものなんでしょうか。

精神世界の金儲けになりそうな部分を、
教祖予備軍が吟味して、教義、経典をでっちあげて
組織として立ちあげたものが、新興宗教かな???

精神世界自体は、教祖様がいなくても
充分、独学で楽しめるものだと思いますよ。

21 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 09:42
>18
チンカスの高橋も麻原と同様、
ムショでも教祖風をうそぶいて頑張っていますね。
一生、自分を騙しきれる人間がいることって、不可解ですよ。

22 :エミリオ :2000/09/27(水) 12:51
>金銭に絡んだ教祖
 そこまで来たら、もう救いようがないよ。
 まぁ、僕に言わせれば迷惑千万と言った処かな?
>精神世界
 まぁ、これだけ現実世界・・・。それが不安定で汚れきったら逃げたい気持ちも分かるよ。
 だからといって、誰か1人がメサイアコンプレックス気取りで頑張っても
歪みは大きくなるだけ・・・いっそのこと、混沌に戻してみるのも良いんじゃないかな?
 

23 :ジェスター :2000/09/27(水) 13:00
もう混沌になってます。

24 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 13:10
これから出てくるのは
「実は年代の計算が違っていて、実はXXXX年は来年だった!」
とかってのじゃないか?
少年マガジンの「と」マンガで似たようなのがあったっけ

あのマンガ、サリン事件を予言するという大まぐれ当たりをしたのに、
怖じ気付いた編集部がお蔵入りさせちゃったんだよね、腰抜け

25 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 21:10
精神世界は「金とドラッグとカルト」の世界だったのね?

26 :GBA :2000/09/27(水) 22:40
精神世界、懐かしいですね〜。
私の本棚に今も残っている本の一部。
みなさんの本棚にも、同じような本があるのかな?

タオ自然学・生命潮流・クォンタムヒーリング・ホロン革命

エントロピーの法則・シンクロニシティー・マリファナナウ

パラダイムブック・神智学・意識の変容・黒魔術

曼荼羅・地球生命圏(ガイア仮説)・チャクラ・ブラックホール

宇宙から来た遺跡・・・・・・・・etc..etc...

27 :名無しさん@1周年 :2000/09/27(水) 22:45
ソフィーの世界なんていうのも精神世界と似てる?


28 :GBA :2000/09/28(木) 02:03
>27
「ソフィーの世界」は、中学受験で引用されていました。
わりにポピュラーな哲学の本ですよね。オモテっぽいですが(笑)

29 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 03:02
「と」本も、あくまでもそれと認識して読む分には、いい娯楽なのでは?
だって、息詰まる現実社会になんとか風穴開けたろうっていう意志だけは感じられるもん。
現実はやっぱり「終わりなき日常」であるにしてもさ・・・。
根拠レスだったり、論理の詰めは大甘なんだけど、
その意志とか、想像力みたいなもんまでは否定したくないなぁ。


30 :名無しさん@1周年 :2000/09/28(木) 05:00
http://www.geocities.co.jp/HeartLand/9901/profile.htm

↑参考にして下さい


31 ::2000/09/28(木) 05:49
>30
なるほど、精神世界の中には、精神病も分類される・・・と?
そういえば、そのような本も山と読みましたね。あと心理学ですね。
神話や妖術、仙術も射程内ですね。

ただし、この世界は、無菌室で育ったお子様には無理ですね。
都会の喧燥と、無常と、混沌を、冷徹に渡り歩けるような、
あるいは、楽しめるほどの強靭な精神の持ち主でなければ、
この「魑魅魍魎の精神世界」に足を奪われ、底無しの地獄に
落ちて行くやもしれません。


32 :エミリオ :2000/09/28(木) 10:17
>ジェスターさん
 まだまだ甘いって・・・それは金持ちの秩序によってでっち上げられた
偽りの混沌です。
 本当の混沌は、そんなままごとびいたものじゃないと思うなぁ。
>31さん
 あるお坊さんが言ってたよ。
 「精神の鍛錬なしに力なぞ得るから使い方を間違える」って・・
 それを文部省と大蔵省、全ての国会議員に教えて揚げたいなぁ。
 それが解ってくれたら、少年犯罪も不景気の大夫と減ると思うよ。
 この世界を汚くしたのは、高度成長期のおやじの合い言葉「努力と根性」
なのだから・・・解ってないんだよ。なぜ努力するのか、その動機は何なのか。
 筋の通らない努力によってその付けが若い人に廻されてる。
 若いたって何のノウハウも対して憶えたわけじゃないさ。
 だから、圧迫するストレスに押しつぶされて・・あとは、みなさん御存知。

33 ::2000/09/28(木) 11:34
>32
>解ってないんだよ。なぜ努力するのか、その動機は何なのか。

子孫の繁栄のため。DNAの為すべき方向へ。
押し潰された者を、自然淘汰したと言う。
繁栄している者が、次世代への生き残り組み。

34 :名無しさん@1周年 :2000/09/29(金) 16:56
宗教はまるんだったら、こっちの方が楽しいよ。
自分で瞑想したり、オーラを見る練習したり、
透視能力ためしたり。
家でも家族でやっていたよ。
テレビで、子供がおでこに紙をあてて
透視する番組なんかあったよね。
今は全然なくなったけどね。
した

35 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 09:10
横道ですが、オーラについて質問です。
よくいう「オーラの色」。あれは自分が相手に対して抱く感情やイメージに左右されたりはしないんでしょうか?
誰にでも同じ色が見えてるとは思いづらいんですけどね。


36 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 15:48
オーラは、その人固有のもので、生体のエネルギーを表すものと言われ、
そんなに遠くまで飛んだり、拡がったりしない、自分の周りにあるバリアのようなものですから、
その範囲に近づいて、相手のオーラと重なりあうとき以外は、影響はないと思われます。
相手の感情とかイメージという心の問題ではなく、生体のエネルギーですから、
生体に危害や危機を及ぼされることを感知したときのみ、影響があると考えられます。
また、生体にエネルギーにプラスになる生体が近付いたときは、
それを取り入れようとするので、オーラが強く輝くと言われています。
気功の気のようなものではなく、もっと生物学的なものと考えれば分かり易いと思います。



37 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 17:17

アダムスキーって知ってますか?
円盤型UFOの教祖???

38 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 18:24

気功の先生が病気持ちで、入退院を繰り返して
苦しんでいます。そういうのってありですか?

39 :エミリオ :2000/09/30(土) 18:34
>33
それもありですね?(^^)
>38
うーん、ありと思うけど、どうしてそうなるのかは僕のは解らないな。
 何の病気か解りませんから。
 精神病と仮定するならば、気功と精神医学は完全に同一ってわけじゃないと思う。
 そこのズレから生じたんじゃないのかな?
 まぁ、頭悪い僕はここまでで精一杯ですから。(^^;

40 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 18:51
>39
気功の先生の病気は、大腸炎と、腸閉塞です。
僕も、気功を習い出してから、アトピーと水虫にかかってしまいました。
水虫は、どうやら、気功教室の更衣室のスリッパから移ったようです。

41 :名無しさん@1周年 :2000/10/01(日) 10:02
>40
気功師に聞きましたけど、気功をしていると、
体の中の悪いものが、外に出てきて、一時的に表面に派手に現われる
そうですよ。
でも、その気功の先生は、体の中が悪いんだから、怪しいものですね。

42 :名無しさん@1周年 :2000/10/01(日) 10:27
食事とか生活習慣にかなり気をつけている人でも癌を患ったりするし、
逆に瞑想生活に入ってエイズ菌が体から消失したという人までいる。
体と精神の関係にはまだまだ未知の部分が多い。
その未知、無知につけこむのが精神世界であり新興宗教なんすね。
でも、精神の状態によって奇跡を作る人はかなり霊性が進んでいる人。
普通に暮らしている人は、ちゃんと病院へ行きましょう。

43 :名無しさん@1周年 :2000/10/01(日) 11:05
>42
そいえば、宗教の教祖は体が丈夫な人が多いですね。
あれは、霊性が高いと言うのかな?
悔しいですね、アサハラとか、タカハシとか見てると。
教祖で、病気してる人いないのかな?


44 :名無しさん@1周年 :2000/10/01(日) 11:06


45 :ジェスター :2000/10/02(月) 10:32
>アダムスキーって知ってますか?
>円盤型UFOの教祖???
宇宙哲学を説いた人ですね。
と学会にかなり馬鹿にされてましたね。

46 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 10:43
>45
あれは、科学ではなく宗教だという話ですね。


47 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 11:05

精神世界から、いろいろなカルト集団が派生していきましたね。
罪作りな母体ですが、精神世界に精通すれば、カルトなんかに
はまる必要もなかったのにね。
教祖は、教義のネタバレするから、こちらは見て見ぬフリですね。

48 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 12:02
幽体離脱をして、自分の姿を見てみたいです。
そんな経験ある人いませんか?

金縛り経験者は周りにたくさんいるのですが、
そちらはまだなったことがありません。

49 :群馬No1 :2000/10/02(月) 13:02
>48
姿見鏡で自分の姿を見るのではいけんの?
なぜ幽体離脱にこだわる? たんなる好奇心?
トータルな霊性進化のプロセスを持たないでこうゆう事を
言ってると、それこそ危ない連中に取り込まれちゃうぞう!

金縛りは、かなり体が疲れているのに心(脳)が緊張状態にあって
寝にくいという状態の時に起き易いらしいぞ。 これはちゃんとした
脳神経を研究しる学者の話だから、試してみたら?

50 :ジェスター :2000/10/02(月) 13:02
>48
私の知り合いに肉体から自由に抜け出れる人を知ってます。
バシャールやキリストに会ったことがあると言っていました。
本当かどうかは分かりませんが。

51 :名無しさん@1周年 :2000/10/02(月) 13:10
>姿見鏡で自分の姿を見るのではいけんの?
>なぜ幽体離脱にこだわる? たんなる好奇心?

ハァ、好奇心です。浮き上がるっていうのは、
夢でも嬉しいもんです。

>バシャールやキリストに会ったことがあると言っていました。

そこまではちょっと。空中散歩程度で充分です。

52 :ちょぼ"マスター" :2000/10/02(月) 16:52
「 精神世界って、どういう意味? 」

現状ではとても広い意味になります。

簡単に説明すると 心に関することの すべてのジャンルといえます。

宗教、超能力、ニューエイジ、幽霊、覚醒、チャネリング(神託)
気功、武道(合気道の達人レベル)、リーディング(霊視)、瞑想
未知エネルギー研究、宇宙人、自然崇拝 など

補記:あえて説明するなら、スポーツくらい広い表現方法です。

大分類 スポーツ        <=> 精神世界
中分類 球技、自転車競技、水泳 <=> 宗教、リーディング、自然崇拝
小分類 野球、バレー、卓球   <=> 仏教、キリスト教、新興宗教
具体例をあげて

スポーツ

書店に行くと、宗教も超能力、

53 :ちょぼ"マスター" :2000/10/02(月) 16:57
上記 文書間違ってます。 再掲します。  m(_ _)m ぺこり


54 :ちょぼ"マスター" :2000/10/02(月) 17:03
「 精神世界って、どういう意味? 」

現状ではとても広い意味になります。

簡単に説明すると 心に関することの すべてのジャンルといえます。

宗教、超能力、ニューエイジ、幽霊、覚醒、チャネリング(神託)
気功、武道(合気道の達人レベル)、リーディング(霊視)、瞑想
未知エネルギー研究、臨死体験、宇宙人、自然崇拝 など

補記:あえて説明するなら、スポーツくらい広い表現方法です。

大分類 スポーツ         <=> 精神世界
↓               ↓
中分類 (球技)、自転車競技、水泳 <=> (宗教)、リーディング、自然崇拝
↓               ↓
小分類 野球、バレー、卓球    <=> 仏教、キリスト教、新興宗教


55 :ちょぼ"マスター" :2000/10/02(月) 17:08
初書き込みで、↓ ずれました。  m(_ _)m ぺこり


56 :ちょぼ"マスター" :2000/10/02(月) 17:23
精神世界というと、宗教も含まれますのでジャンルとしては1つ上の階層になります。

精神世界は、どちらかというと他社依存の宗教より、自立して自分の力で立って
精神的な境地や真実を見つけていこうとする傾向がつよいようです。

最終的な到達点は、1つの宗教にとらわれないという人が多いようです。

57 :ちょぼ"マスター" :2000/10/02(月) 17:24
趣味で、それらを集めたリンク集をやっているので

遊びに来てもらえたら、ありがたいです。

精神世界リンクですが、カルトと宗教は紹介していません。

http://www.tokyobbs.or.jp/teddyangel/


58 :ヴィラ :2000/10/03(火) 05:06

>最終的な到達点は、1つの宗教にとらわれないという人が多いようです。

でもさぁ、焦点がぼけちゃって中途半端になってる人が多くない?
なんか見てるとそう感じる。
自分は瞑想十数年やってますって言う人を結構見るけど、どこが人格的に
向上してるのか? 全く解らん人もよく見るよ。
自立してるというよりは自我がより強くなって返って逆効果になってる人
多いねぇ、、

59 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 12:46
>自分は瞑想十数年やってますって言う人を結構見るけど、どこが人格的に
>向上してるのか? 全く解らん人もよく見るよ。

読書が趣味ですって言う人もそんなところあります。
人格の向上とあんまり関係ないみたい。



60 :ちょぼ"マスター" :2000/10/04(水) 16:16
> 焦点がぼけちゃって中途半端になってる人が多くない?
> なんか見てるとそう感じる。

おっしゃるとうりです。

スポーツする人にも、金メダリストもいますし、ママさんバレーの方、
趣味のマラソンまで、ピンからキリまでいらっしゃいます。
精神世界も実際にピンからキリというわけです。




61 :ちょぼ"マスター" :2000/10/04(水) 16:27
上記に補記です。

実際にきちんと生活できないような人が、宗教や精神世界に救いを求める
という例がありえるでしょう。

精神世界の本来は、きちんと生活した上で、心も修めていくというのが
基本なのです。


62 :分裂君 :2000/10/04(水) 19:40
精神分裂病って神秘ですか?

63 :分裂君 :2000/10/04(水) 19:41
離人症は神秘ですか?

64 :ちょぼ"マスター" :2000/10/04(水) 23:01
僕にはわかりません。 (^^)




65 :名無しさん@1周年 :2000/10/04(水) 23:05
>62・63

精神病は神秘というようなオカルト的なものではないでしょう。

あれは、脳に機能的な障害がある場合と、
ホルモンや分泌機関の障害、遺伝子の障害(遺伝)
そして狂牛病などのウィルス・細菌・菌によるものなどで、
詳細は解明されていないものの、
因子は解明・研究されているものと思われます。

自閉症は、脳の機能障害であることが近年解明されました。
うつ病や離人症も、解明されつつあります(脳内物質に関する因子)
因子+環境=発病、とされます。


66 :ちょぼ"マスター" :2000/10/05(木) 01:36
分裂君 のHPみました。

「我らここにあり」は 見事ですね。

ごめんなさい、私は分裂病に関しては詳しくないのでなんともいえないのですが
「我らここにあり」は、直感ですか? 降りてきたメッセージですか?

分裂病に分類されている症状が、チャネリングに近いものなんか、
わたしはわかりません。

チャネリングなら、もうつながないと選ぶと、繋がらなくなると思います。
その経験がしたければ、ずっとやっていてもいいのですが...
選択は本人次第ですから。

わたしは、チャネリングは選択していません。
必要なものは、顕在意識上でも、全てあたえられるからです。

ただ、分裂さんの生き方は尊重します。

精神病の中で全員とはいえませんが、無意識からのメッセージをくみとれる人が
いる場合に、病人に分類されてしまう現状があるというのを危惧しています。

67 :ちょぼ"マスター" :2000/10/05(木) 01:41
無意識からのメッセージをくみとれる人  について

詳しくは、NHKスペシャル 人体 脳と心 を 参考にしてください。


68 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 04:49

>66 ちょぼ”マスター”さん
分裂君のHPのこと、精神病に関する会話は、
分裂君のスレッドで会話して下さい。
精神世界具現化計画―極秘―というスレッドです。
分裂病と、チャネリングは、全く質がちがいます。




69 :精神世界4 :2000/10/05(木) 05:11
>分裂病に分類されている症状が、チャネリングに近いものなんか、
>わたしはわかりません。

分裂病は、妄想で、チャネリングは覚醒です。
全く似てもって非なるものです。

分裂病に一種、憧憬を持つ方がいますが、
あの病気は、そんなに美しいものではありません。
殺伐・荒涼とした心の壊れた状態です。
心豊かに意識を高める精神世界とは、質が違います。

分裂病患者は、人間から想像力を取り去った状態で、
想像力の代りに、妄想の支配する病気です。
実際に、患者に接すれば、
彼らには現実と妄想しかなく、想像力が機能しないことが
おわかりになる筈です。


70 :ちょぼ"マスター" :2000/10/05(木) 12:39
了解しました。 

71 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 15:20
精神病と言うものは存在しないというのが精神世界でのコンセンサスじゃなかったっけ?

いわゆる精神病患者は全く違う次元をみているだけという話を読んだことがあるが、
もしそれが高次の真実なら上の意見はちょっとちゃうんやない?

72 :名無しさん@1周年 :2000/10/05(木) 16:05
>71
>精神病と言うものは存在しないというのが精神世界でのコンセンサス

外部の第三者から見ると、精神病の患者の言っていることは
魅力的に感じることもあると思いますが、
実際に患者さんと接してみると、本人にとっては非常な苦しみです。

精神世界で、現実を無視して、概念の世界で語るとすれば、
そのようにもなるかもしれませんが、患者さんがどのように治癒するのか
といえば、薬の使用や家族や周囲が地についた生活援助をされていく
過程で、やっと緩慢に快方に向かう人も「中にはいる」という程度です。

うつ病なども同じですが、本人が非常な苦痛を感じているという事実を
さておいて、趣味的に精神病を捉えるのは、私としては、自分に許せる
ところではありません。
患者と家族に実際接するまでは、私もそのように捉えていたことは
否めませんが・・・

73 :精神世界4 :2000/10/05(木) 16:14
↑>72すみません。私です。

74 :71 :2000/10/05(木) 21:08
御意。
いんちきセラピーに捕まってる連中もこれに一歩手前だよね、、
あぶないあぶない。

75 :名無しさん@1周年 :2000/10/06(金) 10:31
人間の「精神力」とか「精神」はすごい強力だと思うんですけど、
宗教に走る人は、自分の精神力が弱いから宗教に入ってしまうんですかね。
自分の精神力が強ければ、宗教もセラピーもいらないよ。

オリンピックの選手でも宗教にはまることってあるんですかね。
あるとしたら、やっぱり勝てない時じゃないですか?

76 :ちょぼ"マスター" :2000/10/06(金) 12:51

>宗教に走る人は、自分の精神力が弱いから宗教に入ってしまうんですかね。

 入る人というのは、そういう人も多いですね。

 宗教の組織の問題がわかっても、入りつつけている人もいます。
 なぜなら、信者さんがおおい宗教団体に入っていると、お客が増えるからです。

 たとえば、床屋さんをやっているとしますよね?
 近辺の普通の客+同じ宗教のすこし離れている客 という図式があるので繁盛
 するわけです。

 ここまでくると、欲のために宗教入っているレベルになっちゃうんですけど。

> 自分の精神力が強ければ、宗教もセラピーもいらないよ。

 救いをもとめている人にとっては、おっしゃる通りです。

>オリンピックの選手でも宗教にはまることってあるんですかね。
>あるとしたら、やっぱり勝てない時じゃないですか?

  たしか、オリンピックのメダルを取った選手が所属してるのが天理大学です。
  高校野球もそうですけど、宗教系の高校ありますけど、勝つ=正しいとは
  異なりますから。 なんともいえないのですけどね。

> 人間の「精神力」とか「精神」はすごい強力だと思うんですけど、

  おっしゃるとうりですね、アメリカのある団体は、スカイラブという
  宇宙実験衛星が地球に落ちてくるのを阻止するために「みんなで祈る」
  キャンペーンをやったんですけど、結局落ちたので、及ばなかった
  らしいです。
  そのネタをつかって、ガンダムの逆襲のシャアが書かれてます。(笑)
 逆襲のシャアでは、成功しました。(^-^)

笑い話はおいておいて、人間の想念は確かに凄いですよ。

77 :ちょぼ"マスター" :2000/10/06(金) 15:35
>チャネリングは覚醒です。

そこらへん、詳しくないので、具体的にお教えいただけると助かります。


78 :精神世界4 :2000/10/06(金) 15:59
>77
精神世界での覚醒に限って言えば、
自分のコントロールによって、
意識をクリアにして(無の境地)
潜在意識の中の有効な意識を
意識化することであると思います。
ただし、これは定義ではなく
私の考えなので悪しからず。


79 :ヴィラ :2000/10/06(金) 19:46
チャネリングが覚醒だが最終地点ではない。
チャネリングはあくまでも霊性進化の途中経過で起こる一現象にすぎない。
日本には古来、古神道の頃から魂を清め、霊を自分の体に降ろす
鎮魂帰神法などの奥義がありますが、始めっから高次の霊が懸かる
ことはほとんどアリマセン。
人間が生まれてから直ぐに1人では歩けないのと同様に霊能が開けて
直ぐに懸かるのはだいたいが低次の霊。 これはどんな高名な霊能者
でも変らない事実です。 そして低次の霊に限って大言壮語して自分を
大きく見せたがる傾向があります。  イエスだとかミカエルだとか、
日蓮だとか、高名な霊を語っていい加減な事をペラペラ喋り倒すのです。
予言めいたことを言い出すのも低級霊の特徴ですね。
現在巷にあふれるにわかチャネラーはほとんどこの範疇に入るでしょう、
未だにバシャールを降ろしていると言い張るのもいて、ほんとに玉石混合
状態ですね。  この状態で満足してしまうとその人の霊性進化はそこで
ストップです。 それを低級霊と見破ってさらなる修行をつんでいくと、
段々と霊格が高い霊が懸かるようになっていくのです。  鎮魂帰神法など
では必ず第三者がそばに居て審神(さにわ、と読む)を行い、低級霊を見破り
施術者が低級霊に囚われていくのを防ぎます。
ほんとに霊格の高い高級霊だと施術者の周りになんともいえない安心感や
一体感が広がり、あまり霊能がない人でもそれと解ると言います。

チャネリングに興味を持たれる方達へ、
瞑想を続けて生活態度を改めていくとある日突然霊聴が聞こえたり霊視が
出来るようになったりすることがありますが、これはあくまでも進化の
途中に起こる一現象であることを肝に銘じ、それに囚われないようにしましょう。
例えれば、登山に途中に突然晴れ間が現れ絶景の景色が見えたとしても、
そこで足を止めてしまえば頂上には到達出来ません。
「私は弘法大師である!  私は大天使ミカエルです、、私は高名な仙人である」
私にも何度も聞こえてきたことがあります。 今振り返るとあそこで私はチャネラー
であると思い上がっていたとしたら、、、ゾっとします。

霊視霊聴には要注意! 落とし穴であることが大半ですよ。



80 :ヴィラ :2000/10/06(金) 19:53
省略された部分↓

霊視霊聴には要注意!  落とし穴であることが大半ですよ。

81 :精神世界4 :2000/10/06(金) 22:06
>79
チャネリングといえば、宇宙集合無意識との交感、
アカシックレコードの読み取りなどをイメージして
いました。

79さんのご意見である、憑依霊との交流は、心霊に関することで、
シャーマニズムの分野ではないか、と思うのでありますが。
シャーマンの降霊についても最近は、チャネリングと言うのですか?

82 :ヴィラ :2000/10/07(土) 05:13
全て広義の意味でチャネリングですね。
西洋では特に通じている相手を吟味することに日本ほど厳しくなく、
簡単に相手の言うことを信じる人が多いです。
相手が神だろうが悪魔だろうが、あまり頓着しないみたいですね、
それより与えられる情報の有用性を吟味することに重きをおいている
感じがします。  実際に自分にとって有効な情報を与えるものなら、
神だろうが憑依霊だろうと構わないというハワイのチャネラーもいます。
でもこれはとても危険だと私は思うのですけどね、、長い目で見ると
決していい方向へは行かないように思うのですが、、、

83 :精神世界4 :2000/10/07(土) 07:56
なるほど。日本人は、潔癖性がありますから、
西洋人のように、何でもありという訳には
いかないですね。
西洋人の特質を踏まえると、精神病との境界も
あいまいになっていきますね。

84 :ちょぼ"マスター" :2000/10/08(日) 17:07
ヴィラさん、おみごとです。

>ほんとに霊格の高い高級霊だと施術者の周りになんともいえない安心感や
>一体感が広がり、あまり霊能がない人でもそれと解ると言います。

精神世界辞書の審神(さにわ)の項の追加の参考にさせていただきます。

http://www.tokyobbs.or.jp/teddyangel/


85 :ちょぼ"マスター" :2000/10/08(日) 17:12
分裂君 について

チャネル自体をこれからの人生において自分で続けていくことを
選択するのであれば、洗心してください。(心をおだやかに、きれいにして行くこと)

心が乱れていれば、乱れた意識と繋がります。
心が安定していれば、調和の取れた意識と繋がります。

乱れている状態で来るメッセージは、「人として許されない」メッセージを含めて
降りてきますので、振り回される事のないようにしてください。

チャネラーは、繋がる意識に依存し、自分を無くしてしまい自滅する場合があります。

だから、「つなげている状態」と「つなげないでいるという状態」を、コントロール
できるようになることと、心を安定させてください。


86 :ちょぼ"マスター" :2000/10/08(日) 17:23
分裂君 について (2)

それから、きちんとしたチャネリングのメッセージがどういうものかというのを勉強した
ほうがいいと思います。

一般書店で買えるレベルなら「神との対話」(サンマーク出版)をおすすめします。
あと日本で活動しているチャネラーも多数いるのですが、ホームページなら日木流奈君
(脳障害のある9才児ですが)とても見事なものを降ろしています。

くれぐれも洗心した状態で、つなげて下さい。  http://www2.odn.ne.jp/luna/


87 :ちょぼ"マスター" :2000/10/08(日) 17:39
分裂君 について (3)

チャネリング自体のメッセージは、自分であって自分でない。

最後は、自分のままで自立するように。



88 :ヴィラ :2000/10/09(月) 00:30
:ちょぼ"マスター" さん ありがとう。
  「神との友情」も面白いですよね。

89 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 13:34
10/8の特命リサーチ見ましたか?

人間の脳の、側頭葉を電気刺激すると、幻覚・幻視・幻聴などが起こる
という実験をやっていました。ヘルメットに電極をつけて、側頭葉を刺激する
わけですが、幻視・幻聴には現実そのものであるようなリアルな感覚が
伴うそうです。
オウムのヘッドギアとは、このことではないのでしょうか?

また、側頭葉が敏感な人は、地球の磁場や、地層の断層のズレから発せられる
電磁波にも反応して、幻覚・幻視・幻聴などを経験するそうです。
(断層のズレから起こる発光は、地震の前兆として、一般の人も見ることが
出来ますが、あの現象も、電磁波によって起こるものだそうです)

シャーマンも、側頭葉の敏感な人だったのではないか、と言われているそうです。


90 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 13:39
なお、幻覚の数々は、その人のこれまでの記憶がどうあるかで
それぞれに違うようです。

つまり、幻覚・幻視・幻聴の内容は、その人の記憶中枢の中にある
情報から選ばれたもので、神がかりや、霊ではない、ということです。


91 :なっとく :2000/10/09(月) 22:38
幻聴、幻覚は精神病の用語でしょ、

ここで語られてる霊視、霊聴とは違いますよ。

まぁ、見えるものしか信じれない連中には区別をつけたくないでしょうがね。

92 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 22:54
>91
どこが違うのか、教えて下さい。
私も特命リサーチを見ましたが、
実際、電磁場の強いところ(断層の上)にストーンサークルなどの
霊場(聖地)が作られていて、そこでシャーマンが祈祷をしたという
解説がされていました。

93 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 22:56
>91
どこが違うのか、教えて下さい。
私も特命リサーチを見ましたが、
実際、電磁場の強いところ(断層の上)にストーンサークルなどの
霊場(聖地)が作られていて、そこでシャーマンが祈祷をしたという
解説がされていました。

94 :名無しさん@1周年 :2000/10/09(月) 23:02
>92・93
すみません、エラーが出て、2重投稿になってしまいました。

95 :名無的発言者 :2000/10/09(月) 23:14
>何処が違うか教えろ

それでその次は証明して見せろ! ですか、、
そんでもって、実際に経験しなければ解らない、体験してみなさいという
永遠の水掛け論の始まりですね、、それ系の話ならオカルト板のほうが
充実してそうですよ。 そっちでやれば?
俺もあの番組見たけど、磁場の強さが全てだとは思わないけどね、
第一にまだ未知のエネルギーを解明されてないというだけで無視して
ない?  はなっからそんなもの存在しないという思い込みで作られ
てるよねあの番組は。

96 :名無しさん@1周年 :2000/10/10(火) 01:20
>95
>はなっからそんなもの存在しないという思い込みで作られ
>てるよねあの番組は。

はなっから、霊的存在があると思い込んでる連中もいるんだ。
調査しようという意気込みがあるだけでも、ましだろう。


97 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 02:06

精神世界って、けっきょく、人間の想像の産物にすぎないんだろうね。
仮想世界ってわけ?
はっきりいって、オレなんか、何も不思議な体験したことないよ。
幽霊も火の玉も見たことがないし、そういう人がほとんどで、
見てない人ほど興味もってるよね。
ホラーなんかもそうだろ、要は、平和すぎて刺激がほしいだけなんだろう
と思うな。

98 :95 :2000/10/11(水) 05:38
そう思ってる人は書き込まんでいいのよ、
誰にでも理解できるわけじゃないし、見たくない人には一生かかっても
見れない世界だしね。 なぜなら個人の意思が全てを決定しているという
のが奥義なんだからね、みたいと真剣に願う人じゃないと感知できるようには
成らないんだよね。 だから信じない人には全くの空想の世界だし、
実際に見える人を理解出来ないでしょう。 この溝はでかいよ。
よくTVタックルが面白がってやってるけど全く意味ないね。
心から信じて求めてる人にしか見えてこない。 そんなとても微妙で
センシティブな世界なんだよね。 瞑想してみればわかるけど、
ちょっとでも雑念がはいると感じなくなったりしちゃうし、難しい
んだぜ。 こんな話しても信じてない人には全く何のことだか解らん
だろう。 一生交じり合うことは無いね、残念だかね。
だから真贋論争には興味がない、無意味だから。
解る人、興味がある人で話を進めていかないと、深い話は出来ないと
思うんだよね。

99 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 05:46
>>98
つまり、アニヲタはアニヲタとしか話題を共有できないのと同じことだな
外部から見たら単なるキティにしか見えないわけだ

100 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 05:49
>98
そう極論づけても埒があかんのでは?
それじゃあ宗教は何のために有るのか解らないじゃないですか?
傲慢だと思うよ。

101 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 07:25
仮想の世界でも、脳の機能のなせるわざでも、
自分の心の中とか原始記憶とか探ってみたいって
思う気持はあるよ。

よく、「自分の中に神が存在する」っていいませんか?

102 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 11:10

「第三の眼」ってなに?
仏像のみけんのイボも「第三の眼」?

103 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 20:51
脳の中にある松果体が、第3の眼だって聞いたことがある。
トカゲやヘビが発達してるらしい。

104 :名無しさん@1周年 :2000/10/11(水) 21:14
ムカシトカゲとかな。古いオハナシ。

105 :名無しさん :2000/10/12(木) 01:43
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=min&key=960993108

シャーマニズムについて。
民族板や人類学板の方が学問的にしっかりしていておもしろいかも(^^;

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)