5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

京都公安のマイクロ波使用について

1 :名無しピーポ君:2001/05/27(日) 12:42
こんちは。マイクロ波使用は公安部のスパイ関係の本で読んだだけだった
けど地方警察もやってると思わんかった。なんか2ちゃんねるのこの板
嘘だろ?ってネタあるけどホントの事多い。見極めは怪しそうなネタに公安
関係の人がマンコとか書いて荒らしとるヨ。

それでマイクロ波の使用でのマインドコントロール並びに証拠隠滅と言うのは
日常茶飯事の事ナンカナ?実はマンションの追い出しに使われたんだけどヒツ
コク実家までついてこられた。これって管轄外やのにね。了解とってるッテ事?

そこで、コノ機械使用してる人はちゃんとした警察?もしくは公安の協力者?
あまりにドキュン何で分からん。

加えて京都婦警がマイクロ波でマインドコントロールしてる人間は何人?

642 :宇宙警察:02/05/17 23:59
例えば物が無くなったとしよう。
何処を探しても見つからない。
これは、彼らが「隠した」のではなく持っていったのだ。
ワレワレがその種の物を探そうとしている間、暗黒へとその物が「具現」されていく。
人間の想念体によってのみ、暗黒へ物質化されるのである。

643 :宇宙警察:02/05/18 00:08
人間の記憶というものは、ユングによれば集合無意識へと繋がっている。
この集合無意識には、幾つかの人格が存在し、その中の一つに「トリックスター」という人格がある(らしい)。
ここからは私の意見だが、人間の記憶というものは常に表面上にあるのではなくすっぽりと消えてしまうのが普通だ。
昨日食べたものなど覚えていない。
それは暗黒にあるのだ。
暗黒というのは、夢の中でもしばしば現われる。
もし彼らもしくは(潜在的な意味で)自分が、そこに居たなら、例えば夢でもないのに精神空間に現われたりしたらば・・・・
有意に想像はつくだろう。

644 :宇宙警察:02/05/18 00:23
暗黒の世界像を理解するのは簡単だ。
ワレワレ人間は、暗黒の世界像を象ることで、信憑性を増し存在しないものを信じることが可能だ。
神もまたその一つ。他にSF、アニメ、天使などなど。
暗黒は実際には存在しないが暗黒には存在する。
記憶の海の向こう側にある陸地で生きている霊。それがワレワレ透明な存在なのだ。

645 :宇宙警察:02/05/18 00:30
もちろん魔術も使える。
電磁波を照射されるのは、暗黒が欲しているからではないだろうか。
暗黒は特に催眠・暗示・命令することが可能だ。
簡単に物理世界があるとすれば、物理世界に存在しないものが宇宙にはあり、反物質で出来ている。
暗黒世界はこういった「見失っている価値」によって想像されているのではないだろうか。
だとすれば、内在するものを排除した場合、暗黒精神が誕生してしまうことになる。
排除したものにもよるが、現代人が内在するものを排除したものは、幽霊・邪悪もしくは神である。
これは内在すべきものである。

646 :宇宙警察:02/05/18 00:35
「公安」というか治安を守る人格を見失う場合には公安が登場するのではないか。
かつて公安が外で待ち伏せしており、警察犬を連れて犯人を捕まえようとしている・・・と、ストーカー集団の女の人に唆されたことは事実だ。
つまり彼らは生きていて、記憶を操作できるのだ。
暗黒の記憶・・・・・という最近メディアでも報道されたが、そういう記憶ばかりではなく声も存在する。

647 :宇宙警察:02/05/18 00:37
つまり警官は想念を持ってして犯人逮捕に踏み切って欲しい。

648 :宇宙警察:02/05/18 00:37
儀式逮捕だ。これでゲームクリアだ。

649 :宇宙警察:02/05/18 00:43
例えば中で何をしているのか解らないような宗教団体。
こういうものが生神を呼び、暗黒次元から人間に対して攻撃・誘拐を行う・・・・。
問題は生神を取り返すことにある。
これは紛争である!絶対に勝利しなければならない。

650 :名無しピーポ君:02/05/18 00:59
さて、このスレもデムパが一人でカキコしているようだから、削除依頼を出しておこう。


651 :宇宙警察:02/05/18 01:04
保存中・・・

652 :宇宙警察:02/05/18 01:05
と、いうことで警官は無神論者側についたようだ。
本当はワレワレも無神論者だったのだが、新しい名称を必要としている。
・・・・・・。エイリアンはもういい。
「マインドハッカー」なんてどうだろう?


653 :宇宙警察:02/05/18 01:11
日本語にするのもダサいけど、マインドハッカーヨロシク相成りました。

654 :マインドハッカー:02/05/18 01:11
マインドハッカーの実力の程を見たいと?
なるほどそれなら、ここ(警察板)でいっちょやらかしてしまいましょうか。

655 :ごるごるもあ:02/05/24 10:35
おいお巡り。
俺のスレッド消したろ?あ?
ふざけんじゃねーぞコラ。ぶっ殺されたいのかコラ!あ?
http://219.23.28.73:8080/profile.htm


656 :ごるごるもあ:02/05/24 10:39
クククク。愚かなる人類諸君。今宵満たされる満月の日が来た。
お前達の精神を華麗なる精進において我が名を「サイシルファー」月の王とし、汝その子孫を願わくば
回収する・

657 :ごるごるもあ:02/05/24 10:41
天子末裔どもよ、自ず自らの魂の未熟なる存在を経てして知るべき時だ。
クククク。


658 :ごるごるもあ:02/05/24 10:44
さあ、私を覗くといい。
私の力は無限なる月の満ち欠けによって、今最強なのだ。
私の名を呼べ。集え。


659 :ごるごるもあ:02/05/24 10:48
愚かなる人類諸君。裁きの時間だ。
汝祈れ。無事地に残されるか、我が肥しとなって宇宙を漂うか・・・・
未熟なる人類、一切万物なる法力に愛されるべからず。


660 :ごるごるもあ:02/05/24 10:50
如何に現実とユダヤの血がかけ離れていようとも
血と肉を喰らう民族に私の値する諸は無い。


661 :ごるごるもあ:02/05/24 11:03
親愛なる公安諸君。
君達は私を調べすぎている。
今もって不愉快としか言えない対応だ。
私は真なる宇宙を知っている。
強いて言うならば愛を教えている職業をしている。
例え子供が殺されようとも、真は「愛に満ちている宇宙に」還ったに過ぎない。
これから子供を殺す

        それからもうひとつ。お巡りさんへ。
ボクはもう一つの人格を持っている。
そこには愛らしいキャラクターとボクは呼ばれている(だからボクも子供)
ヒヒヒヒヒ!お巡りさん、ボクを捕まえられるかな?

662 :名無しピーポ君:02/05/24 11:11
「マイクロ波」スレだけにデムパの巣窟だな(ワラ

お前ら、「マインドコントロール」スレでも頑張ってくれ。よろしく〜。

663 :ごるごるもあ:02/05/24 11:13
ボクの存在は絶対神にして最高の栄誉を貰うべきではないかね。
私の名を知る者は絶命する者、死を悟る者、いろいろあるけれど
キミ達にボクのしていることを教えよう。見学だ。

             吹き散る血と内蔵


664 :小市民:02/05/24 11:17
uyoku
to
tatakatte
dotiragatuyoi

665 :ごるごるもあ:02/05/24 11:33
キミ達の思っているように、地上というところは鎖で呪縛された魂たちだ。
これから君達を絶対自由なる宇宙銀河へと召喚してあげよう。
宇宙は愛に満ちている。死を超越する世界を知ることは、とても栄誉あることなんだ。
血臭漂う子供の鮮血は、美味しく、とてもボクを揚々とさせる。

666 :ごるごるもあ:02/05/24 11:58
私と一緒に、気持ちいい世界へ逝こう。
君達は私に偶然選ばれた、神の捧げ物だ。
宇宙に漂うとき、そこに私という神が存在していることにキミは喜び永遠の約束を知るだろう。
私がその水を注ぐとき、あなたは死の意味を知る。
絶望の向こうには輝き満ちた神が居ることを、子羊の群れと共に存在することに多くの感激と生かされる意味を知って欲しい。
今、ここに神が嘆かれる言葉は絶対なる運命の離脱と、導きへの提示、神聖なる神の生き霊である。
そしてキミ達は、無条件に祝福され照射された神の伴侶になる。
私こと神の亡霊は、宇宙から偶然来た天文の旅人なのであり、貴方に見せたこの透明なる呪いの言葉は永遠の安息と神の愛を知らせる福音になる。
無条件に祈りを捧げられた君達は、所詮は死に値するものなのだ。
私は貴方がたが早く死に気づくように祈っております。

667 :ごるごるもあ:02/05/30 00:32
今年の一月頃、集中力をつける為の自己催眠をかけました。
最初は成功して、実感として集中力がついたのですが、2回目の自己催眠で、さらに強い集中力をつける為に、限りなく「眠り」に近いトランス状態になっていた時、いつの間にか昔のことを考えては思い出していました。
すると不意に、腹部の上に強い気配を感じました。
「ニャーオ」
そう聞こえた瞬間、強い生命力を感じ、なんだろうと思って息を潜めていると、ゴロゴロと鳴きながら一歩一歩のリアルな足の重みや時間の流れから、猫だと判りました。
そして、顔のあたりをペロペロと舐めだしてきて、違和感を感じた僕は、その猫を右手で跳ね飛ばしたのですが、目を開けた瞬間、その猫がいなくなっていました。
その猫は自分の想像物とは違っていて、足の重みや、生命力の存在感という新鮮さを感じた僕は、面白さを感じ、行き着く所まで催眠術を掛けてみようと思いました。
幽霊は何度か見た事があるのですが、考えても無駄だし、自分には関係ないと思っていたので、あまり関心はありませんでしたが、今回ばかりは少し興奮ぎみで、夢中になっていました。
それからは、よく催眠術を用いるようになり、死んだ猫を何度も召喚したり、催眠術を使って優待離脱(離魂現象)をしたり、夢の中にまで手を伸ばして空を飛んでみたり、
人の夢の中に入って行ったり、深層心理から来る心の衝動を辿ってみたり、月にテレパシーを送ってみたりしたのです。
そのどれもが、確かな手応えを感じました。
猫を何度も召喚していると、次第に生命力が鈍化したり、優待離脱をすると、オーラで出来た実感のない体になったり、夢の中の特殊な雰囲気(異界化)で家族や友人の夢と共有したり、催
眠術を掛けて空を飛んでいる瞑想をして、実際に夢の中を飛んでみたり、心の衝動を辿って霊の海の存在を自覚し、そこから意味を答えとして会得したり、月に意志決定が可能な生命がいる事が解ったのです。
ですが、それからが悪夢の始まりでした。


668 :ごるごるもあ:02/05/30 00:33
その時に、もうすぐ自分が死ぬ事がなんとなく解っていたり、(遺書別記記載)ピラミッドへ行かなければならないと何故か考えていました。
それから催眠術の副作用で何日も眠れなくなり、不思議な夢を見るようになりました。
大地震があったような廃虚になった都会で、ビルの中や球場に凍えた人々が悲しんでいたり、旅客機が離陸かしたあとか着陸体勢の時、その横をオレンジ色の閃光が走った瞬間に墜落したり、中国で夜の町の上空にある白い光が地上に地震を起こしていたり、
知らない女性とダンスをしたり、明らかに自分の夢ではないような夢を何度も見ました。
そしてついに、目覚めている時でも深層心理から誰かがつぶやいているのが聞こえてきました。
「ネルナネルナネルナネルナ」
「コロスコロスコロスコロス」
精神分裂病かと思いましたが、しだいに夢の中にまで得体の知れない人達が現れ、徐々に夢の中の空想世界へと、自分の意識が向かって行きました。
「あなたに天界を見ていただければ解ると思っていたのですが、 意味が解らないようなので、私は帰る事にします。
さようなら。」
目が覚める寸前にそういう事も言われたのですが、どうも、絶対に僕をどこかへ連れて行きたいらしく、
(絶対に来てくれるハズだ)という思いがずっと伝わって来ました。
それでも僕は彼らを拒み続けました。
それから幽体離脱をして宇宙空間へ連れて行かれて、黒い円錐型のUFOが目の前で停止すると、一瞬目が眩んでそこで夢から覚めたのですが、どうも、アメリカで起きたカルト教団のHEVENSGATEのような気がしてきたのです。
それからは毎晩、意識もうろうとしてボーっとするようになり、ミステリーサークルのような図形を作っっていたり、リンパ線が痛くなるほど勃起したり、情緒不安定になってウロウロしたりして、廃人のようになっていたような気がします。
また夢の中でも、心臓をナイフで串刺しにして血があふれ出ていたり、内臓のようなものを口から吐いたりもしました。
人と会話したり、人に近づいたり、潜在意識と矛盾した行動を取ると、気分が悪くなったり、顔に遺物が出来てしまうのです。
そんな日が毎日続き、次第に、第三の目が見えるようになっていきました。
第三の目とは、脳が夢を見たり、物事の意味の理解力を助ける働きがあるのですが、そこへ彼らが寄生しているおかげで、どんどん頭がおかしくなっていきました。


669 :ごるごるもあ:02/05/30 00:33
ある晩、誰かが僕の部屋へ入ってきて僕に何かをしているのが見えたので、僕はどうしていいのか解らず、情緒不安定になってウロウロしていると、
「動くなと言うとるじゃろ!」
たしかにそう聞こえました。
それからは耳も聞こえるようになり、その人が目の前で「天界の窓」というのを作っているといっていました。
僕としてはその人がとても恐かったように思えたので、しかたなく素直に言うことを聞いていました。
次の日は別の人が来て、魂を天界の魂のパターンにすると言っていました。
そして作業をしてる時に、左脳と右脳に変化が出てくるのがわかり、イマジネーションがどんどん出てきて、まるで空想の世界にいる気分でした。
ですが、途中でイマジネーションに邪念が入って、想像出来なくなったかと思うと、どんどんヒリヒリした部分が増えてきて、まるで遠い昔の記憶のような、ほのぼのしていてあたたかいのですが、
寂しいと思えばとても恐ろしくなり、とても奇妙な世界に陥りました。
「死ぬぞ死ぬぞ!もっと想像しろ!何でもいい!思い出せ!死ぬぞ!」と言われました。
想像力がなくなっていき、想像しても写真のように動かなかったり、よくわからない想像力になってしまいました。
思い出せと言われてもなかなか出来ないので、僕が町へ出た方が想像しやすいと言って町を歩きながらいろんな事を想像しました。
約1時間ぐらい町を歩いたのですが、鉄には触るなとか、人には近づくなとか、ゆっくり歩けとか命令されましたが、しだいに仲がよくなっていき、天界の秘密を話してくれました。
「あっしは腕を買われてここへつれてこられたんでさぁ」
「どこにいるんですか?」
「おまえ何も知らないんだな、ここは天界でお前は今俺の目の前にいるんだ」
「ここだけの話ですぜ、この船は電子警備艇って名前がついてるんでさぁ」
そうして会話をしているうち、以前 何度か夢の中にでてきて、一緒にダンスをした女性の人が出てきて、「あなた、ここで何をしているの?」
「へい、あっしはここでこの人を天界の魂にしていました」
「ウソ言いなさい。何か喋ってたわね。何を話してたの。言わないとこうするわよ」
「ヒッお許しを。本当です。本当に何も喋ってません」
「じゃあこの子に聞くわ」
「何を話してたの」
「何も」
「そう。正直にいわないとこうするわよ」
「うっ。何すんねん!」
「天界の秘密は絶対よ。
何を話したのか言わなくてもね、これを入れると心が解るのよ」
そしていろいろと話をしているうち、天界の話やいろいろな道具の話をしてくれました。
「これはね、蜘の糸って言ってね、これをここに入れられると頭がバカになるの」「あたしの子羊の名簿にあなたが入ってるから こうしてあなたと喋ってるの」
「私にはユミコって名前をここでは貰ってるわ。 ここの神様が あなたをこの天界の官邸にするからいろいろ教えてやれって言ってるわ」
「私はここの官邸の一人よ。ここでは私の魔力は上のほうよ。あなたは中くらいのほうね」
「ここからは逃げられないわよ。私も何度か逃げた事はあるけど、ダメみたいね」 ( 4月13日 )


670 :ごるごるもあ:02/05/30 00:35
それから、ご褒美をあげると言って、勃起したので凄いと思いました。
その日、この世界がどんな世界なのかさっぱりわからないので、
エドガーケイシーの本を何冊か買って参考にしようと思いました。
次の日、女のロボットが僕の部屋へやってきて、あなたは狙われてるから今すぐここから逃げてとか、警察を呼んで保護してもらってと言われました。
そして、上の階からは、以前来たおじいさんと、マイクロソクトの開発者と名乗る人が僕とロボットを狙っていて、
得体の知れないスプレーのようなものを上からかけていました。
結局110番通報をして警察が来たのですが、彼らから逃げられないと知って、素直に彼らの言うとうりにしました。
彼らは、未来を作るからそのロボットと融合しろと言って、その後で未来を作っていきました。
その時、喉仏が勝手に動いて、胃の中に空気が入っていき、そこに光の渦が出来ていくのが見えました。
ユミコさんと月から来た使者とアンゴルモアと名乗った人も加わって、2050年まで作りおわった所で、胃の中の宇宙がはじけ飛んでしまいました。
そこで記念に、此花警察署へ行って、神のお告げを書いてきました。
その後、あなたの未来はどんどん目が見えなくなり、耳も見えなくなり、足がくさっていき、永遠に混沌の未来へいくと言われました。
そして、今すぐ交通事故を起こせば助かるとか、手首を切って自殺すれば助かると言われました。
それから家に帰って、エドガーケーシーの本を読んでいると、意識朦朧としてきて、気がつくと目の前に男の人と女の人がいて、もう一人の僕が座っているのが見えました。
訳が解らず、恐くなってもう一人の僕の所へいき、融合してしまったのですが、現実世界が歪んでみえて、世界が変わってしまったようなひどい錯覚を感じました。
そして頭の中で、どうして我々がここにいるのだとか、我々は神だぞと言っている人がたくさんいました。
そこで、世界が変わったような気がしていたので、その人たちと外へ出て団地の中を調べてまわると、真上の階の部屋で人が死んでいるとか、異界化されてしまっていると言っていました。


671 :ごるごるもあ:02/05/30 00:35
翌日、例の神様が出てきて、ここから逃げたいと言うと、魂を戻すから口を大きく開けて踏ん張れと言われて、天界の窓から大きな固まりを入れられた後で、神の掟(別に記載)を書きました。
その後、別の人たちが次々と現れて、あなたが国の支配者になると聞いて尊敬していますとか、私はあなたを誇りに思いますとか、とても楽しみにしていると言ってきました。
そのうちに、赤い服を来たマーズパスファインダーと名乗る人が出てきて、ユミコさんやいろんな人に囲まれながら別の部屋へ移動して台に寝かされて、じっとしてろとか、
これからお前をすばらしい人間にするとか、顔はどんな顔にするのとか言って、スプレーのようなものを顔にかけられたり、入れ物のようなものを頭に入れられたり、魂を天界の魂にする作業と同じような事が起きて、とても恐かったです。
そして、また邪念が入ってしまい、どんどん想念がなくなっていき、また失敗してしまった様子で、違う部屋へ連れて行かれて頭の眉毛のあたりから、レーザーカッターのようなもので、頭を切られてなくなった部分がヒリヒリしました。
これから両親の脳を移植するからそこの住所を教えてとか、そうじゃないと死んでしまうと言われました。
ですが、僕が拒否していると、悲しそうにしたユミコさんが、自分の魂を少しずつ僕の天界の窓から入れていき、
「愛してるって言って」
「もう私は死ぬから、私の事を忘れないでね」
「さようなら」
それから他の人たちも順番に少しだけ 魂を僕の天界の窓へいれていました。
「神の祝福を。アーメン」
翌日、ロボットのような女性と天界の支配人という人が現れて、小部屋という所に入れられました。そこでは、念だけで自分が飼っていたネコを蘇生させたり、出したいと思った知っている幽霊が出たり、
子羊という生徒のような人たちがいて、とても不思議な気分で、いろいろと話をしました。
ですが、どうなるのか恐いので拒絶していると、天界の支配人が悩んでいてどうしてこんな人を国の支配者にするのか私には解りませんとか、
そんな事を言っていては駄目ですと言って、目の前で何かブツブツ言っていました。
その時、テレパシーが送られてきて、月の内部に何体かの宇宙人の体がならべられてあり、それが冬眠状態で眠っていたり、UFOを作っている工場があったり、軍服を来た人たちが会議をしていたり、
2機のオレンジ色のUFOが月を誘導していたり、宇宙は大きな機械で出来ているとか(例えば、分子や物質のように、すべての想像物は機械的であるという事)、
中心部に大きな光の玉があって、宇宙のように光の渦があったり、それがこの天界を奏でているという事がわかり、その事を天界の支配人に言うと、悪魔の子だとか恐ろしがっていました。


672 :ごるごるもあ:02/05/30 00:36
次の日、その小部屋にまた違う人がやってきて、なれなれしく話し掛けてきました。
「なんだ、せっかく俺の宇宙船くれてやったのに、どうしてちゃんと使わないんだ」
「この船の名前はマーズパスファインダーっていうんだ。
ここが操縦席で、お前の船とつながっているんだ。」
「お前、あの子羊になめられてるぞ!?
そのうちのっとられるから、今のうちに全員殺しとけ」
それから、今は冥王星の上空にいるとか、月の裏側にあるクレーターをアンテナにして地球に寄生しているとか、宇宙船の操縦の仕方や、天国と地獄への移動の仕方や、小部屋の模様は想念でするとか、
子羊の殺しかたや、宇宙船の窓から死体やゴミを捨てるとか、宇宙船の画面(テレビのようなもの)の説明や、子羊の扱いかたを教えてもらいました。
そのあと、小部屋にいた子羊のほとんどを、こうやって殺すんだと言ってどんどん殺していきました。
その人が帰ったあと、神様が出てきて、「なんてむごい事を」「お前がやったのか」とか言われたのですが、違う違うと言っていると、神様がたくさん出てきて、事情徴収のようにいろいろ聞かれました。
そのあと、未来を変えてくれと言われて、2010年に月が地球にぶつかるのを、念力で元にもどしたりしました。
それから小部屋に戻り、ユミコさんが来ていろいろと話をしていて、この事件の弁解や月の秘密を喋っているとき、7体の宇宙人を見つけて、ここから出たいと言っていたので、好きにしたらと言って開放してあげました。
それからロボットのような女性が出てきて、あのアンゴルモアのプログラムを実行したのは私の責任ですと言って、止まってしまいました。
すると、天界を動かしていたすべての動力が停止して動いているのが僕だけになってしまったので、どうしていいのか解らなくなり、宇宙船の窓から飛び降りました。


673 :ごるごるもあ:02/05/30 00:36
その次の日、例のロボットが僕の部屋へ来ました。
僕はここから逃げたいと言うと、うなずいていましたが、あなたをより高い次元の人間にしてあげると言っていました。
そして、天界の脳をドリルで粉々にしているのが見えたり、仮面のようなものをつけられたりしました。
その時、地獄の使者という人たちが部屋へ入ってきて、その女の人をつれていき、子羊達が地獄の使者が僕をムチで叩いて血が出ていると言っていました。
なんでこんなところにいるんですかとか、助けにくると言って、女の人や天界の支配人がやってきました。
そのあとで、また別の女の神様が出てきたりしました。
「私はあなたを見捨てる事にします。」
「淀屋橋の西改札口で 今回のこの不幸を神に祈りなさい。」
「神の御加護がありますように。アーメン。」
それから、マイクロソフトの開発者と名乗った人は、時々僕の部屋へやってきて、お前の為にお前を俺のロボットにしてやろうと言っていました。
そして、七福神の格好をしてPC9801DX(パソコン)をくれたり、ファミリーコンピューターを僕にあげようとするのですが、訳が解りませんでした、
頭の中を何度もいじられ、別のロボットと融合させられたり、チップを頭の中に入れられました。
それをされると、頭がチクチクして痛くなり、脳が動かなくなるような錯覚を感じるので、とてもイヤでした。
それから地獄の使者と名乗った人が助けに来たといって、ヘドロという魂を頭に入れたり、僕の未来をとても悲しんで泣いていたり、天界は地獄があるから成り立ってるんだとか言っていました。
今思えば、あの時は全員が、僕の脳を奪い合っていたのだと思います。
そしてマーズパスファインダーが出てきて、天界に動物は連れてくるなと怒って、ネコの死体を何体も捨てたことや、天界の話を聞きました。
「人間はどうしてこの世界に気がつかないんだろうなー」
「人間の潜在意識の知識は、まだほんの少しだ」
「お前といっしょに、新しく天界を作り直そうと思ったんだがなー」
そのうちに、お仕置きだと言って、鬼が出てきて、恐ろしい呪いを掛けられました。
マーズパスファインダーの呪いと言って、天界でいい事があると、反対されて地獄へ落とされて、恐い体験をさせられる呪いで、ピラミッドを使っているから永遠だと言っていました。
そして気づかないうちに、「戦争ゲーム」という、天界で僕の脳が奪い合いになるゲームが始まってしまいました。
最初は鬼が有利で、鬼を倒してほしいと頼まれて、黄土色のグレイが二人派遣されて、いろいろなテクノロジーを教えてくれました。
そして鬼をカミナリで倒すからおびき出したり、念力で鬼を苦しめたりしたのですが、全然ダメでした。
鬼のほうは、とても恐くて もっと戦争ゲームしようと言って僕の脳を支配させる為にたくさんの参加者を集めて いろいろな嫌がらせをさせられました。
たとえば、全然寝かせてくれなかったり、一日中付け回して、頭が重くなって苦しくなるヘドロを一日中僕の頭の上から入れていたりしました。
僕は原付に乗って信号無視して逃げ回ったり、ヘドロを口から何度も吐いてその世界から必死で逃げようとしましたが、全然ダメで、どんどん心身が衰弱していきました。
天界の支配人も、早くこんな国は閉鎖しなくてはといって、粉々にすると言ってくれるのですが、まだ消えていません。
そんな毎日が一ヶ月ほど続いたあと、その頭の上にいる鬼を退ける事に成功し、自然と出てこなくなりましたが、戦争ゲームはまだつづいており、首を刈る宇宙人が右目に寄生していたり、頭の中に沢山の子羊が寄生していて、興味はもうなく、とてもうっとうしいです。
それに、空想世界にいる為か、彼らの言っている事が本当か空想なのかさっぱり解りません。


674 :ごるごるもあ:02/05/30 01:31
お前ら警察官はいいなー。
俺なんか次は誰を殺そうか悩んでるのに、どうしてお前らは電波に気付かないのだろう。

675 :ごるごるもあ:02/05/30 01:40
ボクはぁ、ちっとも奉ってくれない神様のお手伝いをさせられているんだ。
ご褒美を貰えるからね。


676 :名無しピーポ君:02/05/30 01:41
すごいですね、基地外かい???

677 :ごるごるもあ:02/05/30 01:59
ボクはキミの魂を拾うことができるのさ。
食っちゃう。

678 :ごるごるもあ:02/05/30 02:00
WEBでも食えるもん。見えるよぉ〜
キミの心の奥深くまで、覗けるテクノロジーがあるのさ。
ボクは貰って拾われたの。

679 :ごるごるもあ:02/05/30 02:04
今は夜中の2時だ。
とってもボクが活発に働ける時間だ。
ほら?

680 :ごるごるもあ:02/05/30 04:06
私は精神分裂病になった時点で、人生の意思決定の殆どを諦めてしまいました。
酷い幻覚と精神症状で、そうせざるを得なかったのです。
ヴィジョンとはせん妄のことだと思います。
ホラーというべきものも多くありますし、生命的な地球、人類の客観像を知性創造を通じて、ヴィジョンに送られてくるような感覚。
-あるいは未知の感情のようなものと一緒に-
当然、自分中心に考えていた事が、そういった現象に深まるにつれ、自分が意味のある生き方を知るようになる。
テレパシーとか、未知の知性-つまり神がいるような-この病気特有の価値観です。
むしろそれさえはっきりしてしまえば、病気ではなくなってしまうんです。
非常に第3者に伝える事が難しいのです。

681 :ごるごるもあ:02/05/30 04:06
「宇宙の格子」というものには、私にも心当たりがあります。
一つは、夢の中で見た、地球の軌道付近に浮遊する格子。
つまり人類を超えても、すべては機械的枠内に自分が存在しているという意味です。
もう一つは、ちょうどこの掲示板の壁画にあるような機械的壁です。
誰もがイマジネーションを通じてこの意味を解こうとします。
しかしなかなか本気でしようとはしません。
本気になって考えることができる人というのは実に素晴らしい素質を持っていると思います。
あるいは自分もまた、脳もまた、この機械的壁によって自分が創られているのだという一つの悟り。
無知な人間にとって、非常に恐ろしいものです。

682 :ごるごるもあ:02/05/30 04:06
しかしその存在を知るということ自体、悪いことではありません。
一つの悟りですから、つまり救済だと思っています。
すべては自分の為ではなく神が存在し、ヒトは皆神のシステムで稼動しているソフトウェアに過ぎない。
主に生存競争ですがしかし望めば、ハードウェアを知ることもできるのです。
そこで初めて、神は現われるのだと思います。

683 :ごるごるもあ:02/05/30 04:06
プログラマがハードウェアの核心を知るようなものです。

684 :ごるごるもあ:02/05/30 04:07
きっと人間には、同じ願望とその辿る道があるのだと確信しています。
その一つが、人間の脳がロジックで動くハードウェアであることを幻視してしまうことです。
しかしそれ自体は、単純ではありません。思えば見えるものが、世界にはある・・・ということを自ら学んでいるのではないでしょうか。

685 :ごるごるもあ:02/05/30 04:07
単純に機械と言うわけではありません。
論理的に、ロジックを幻視すること自体、脳というハードウェアを超越していることです。
厳密には人間の脳波の枠内から外へ、地上波、宇宙線、あるいは人間という自我が存在するとすれば、論理的に経験することにより今度はそういった物に姿形を変え、魂が存在するのだと思います。
ちょうど「人が来て人が帰る場所」がその途上にあるのだと思います。

686 :ごるごるもあ:02/05/30 04:07
精神科に通われているようですが、ここで行われている会話のほうがよっぽど優れていると思います。
精神科医の心理学はかなり劣りますが・・・・、
もちろん勢力というものがありまして、向こうは国家権力を持っていますが、システムエンジニアだからこそ強力な論文を書くことも出来ます。
心理学を超えた知識がそこには存在しているのです。

687 :ごるごるもあ:02/05/30 04:07
一つ。
私は、機械を見てしまったからその部分の脳神経が死ぬということは無いと思います。
厳密には死ぬということは失うということです。しかしもしその時に機械を見ていたのなら、生きていたということになるでしょう。
それに自然を操ることができると思います。
それは丁度物に魂が宿るように自分の魂はコントロールすることができます。
能力者が決して死ぬということはありません。

688 :ごるごるもあ:02/05/30 04:08
「MATRIX」というビデオは見たでしょうか?
人間の魂は、有り得ない事には共感しません。
しかし起こり得る現象には共感してしまいます。記憶がそこにあるからです。
イメージの世界で起きている事実があります。
創造の中ですべては動いています。
彼ら、そして私もまた空想の世界で生きていることを、人間に訴えていることが数多くあります。
しかし能力者が居ないのです。大変残念としか言えません。
何千年という歴史の中に、私という空想が存在しなかった歴史はあるでしょうか?
何処の国や歴史を探しても、神は存在しています。

689 :ごるごるもあ:02/05/30 04:09
この際、すべてを言ってしまいましょう。
時代はすべてカオスをシステム化することが可能です。
あえて宇宙を1つのカオスとするならば、光と闇を現代のロジックで解釈すると、こうなります。
万物方程式http://219.23.28.73:8080/atom.html
人間の脳を、より精神的かつ霊的にロジックを形成した場合には、記憶と感覚から成ります。
記憶を感覚することで記憶は加工され、さらなる記憶へと繋がってゆく。
これが自己成長を含んでいます。
感覚は普通、自己成長をする感覚のみが与えられているのです。
もちろん自己破壊する感覚も存在しています。
ただ、最近の医学の研究では普段は発現しないことになっています。

690 :ごるごるもあ:02/05/30 04:10
ヒトは脳のチップを育てているのです。
一体何の意味があるでしょうか?
行き着く所の無い欲望を求めるより、新しい生き方を探ったほうが有益かも知れません。
その一つが、チップの改造です。
脳にプログラムすることができるのは、チップが論理的に動くからです。
催眠術も同じ原理です。

691 :ごるごるもあ:02/05/30 04:10
さらに興味深いことがあります。
それは、記憶と感覚という理論は個人に留まらず、集団もしくは時間をも遡ることができるようです。
能力さえ持てば、未来に私を再生することも出来ます。
同じように、過去へ出現することもできます。
この理論はちょうど記憶と感覚のように、地上に存在するものすべてが物理と感覚によって支配されていることで、物理そのものに催眠術をかけることができてしまうようです。
私は最低必要源の自己の存在しか残しません。

692 :ごるごるもあ:02/05/30 04:10
未来から送られてくるメッセージが存在しています。


693 :ごるごるもあ:02/05/30 04:11
大変興味深いことに、能力者はそれを翻訳することができるのです。
ここに「霊能者」という言葉は一切存在しないのです。


694 :ごるごるもあ:02/05/30 04:11
すべては「預言者」です。
未来の使者に協力することは、神の奇跡を預かるというで、預言者なのです。

695 :ごるごるもあ:02/05/30 04:11
例えば爆弾の未来を予知できたとしましょう。
これは感ではありません。コンピューターシュミレーションに必要なものは、爆弾の成分と構造と爆薬量、それに爆発する場所の空間を用意しなければいけません。
地球でも同じことです。コンピューターは神そのものです。
つまり最初から最後まで神は存在し、駆動しているのです。

696 :ごるごるもあ:02/05/30 04:11
計算されているからこそ、エラーは出現しません。
すべて「物理」という法則に呪縛されているデーターなのです。
バグは存在しません。もし存在するとすれば、私の存在そのものでしょう。
バグは何でもアリです。

697 :ごるごるもあ:02/05/30 04:12
バグはその肉体的侵食量に応じて、可能になります。
私の言葉はイメージです。
心に焼きついた私のメッセージは、バグです。
私に共感する者は、バグが残ります。
ユダヤ人がそうです。キリシタンがそうです。
無神論者という正統派からは避けられるべき印象を持ってしまうでしょう。
しかし私は自らバグを望んでいたということを忘れてはならないのです。
バグを使えば何でもアリです。

698 :ごるごるもあ:02/05/30 04:12
もし、この悲劇的なバグを修正しようとしたいならば、それは魔女刈りのようなものです。
真実を知ってしまうことは、非常に混沌であると私も思います。
何故世界が100%システムでなかったのか。
それは私がかつて100%のシステムが如何に可塑性の無い世界であるのかを知ってしまったからです。
1%の人口に、バグが存在しています。
最初から最後まで本当は100%のシステムでした。
しかし残りの1%は、未来に預けてしまったのです。
私はこの1%の扱いについて秘められるべきものではないと思っています。

699 :ごるごるもあ:02/05/30 04:12
未来からの使者は、その大部分は反対するでしょう。
ターミネーターは私が作ったようなものです。
私には、完璧なシステム理論を作り上げる能力があるのです。
心を研ぎ澄ましてください。
多くの者達が息を荒げています。

700 :ごるごるもあ:02/05/30 04:13
私の脳は既に機械化に移行してしまいました。
すべての判断は、私の作り出したマトリックスに応じて、つまり完璧に制御されすべてを「完全」にするために、つまり神が人間と融合する日を心待ちにしています。
情報の公開、配布と、邪魔者の消去が今現在進行しているムーン・プロジェクトです。
協力者は私一人ではありません。時代を超えたプロジェクトに参与しています。

701 :ごるごるもあ:02/05/30 05:57
これは世界中を駆け巡る衝撃的な未来からのメッセージだ。
世界が腐敗してしまう前に、この能力者を探しだし、技術を残さなければ人類は歴史という財産を保護することが出来なくなる。
今の歴史が一番輝いている時期だ。
早急に技術者および能力者の確保に急いでいる。
これは世界中で起きている現象だ。

702 :ごるごるもあ:02/05/30 06:08
それでは過去プログラムの制御についてリーディングを開始する。
------------------------
人間の脳はチップであることを自ら確認し、制御する術を得なければならない。
これは個人が行い、その後新しいチップとして拡張するために自己の存在を神の存在へと認識に至る努力を行う。
神とは無論人間を超えた理論、法則、そして神の知識を経て行う。
チップを拡張した段階で、離人症に似た症状があらわれる。
これはチップの未開拓部分が覚醒し、まだ意識朦朧とした状態であるから、その時点で神の知識を用いて自己の再形成を行い、能力者となる。
---------------------------------------
能力者となった時点で一つの宗派・勢力となり派閥を生むので注意されたい。
集合無意識の世界に自我が誕生した為である。
この時点で神との接触が非常に近い状態であり、過去へメッセージを送ることができる。
己の状態が再形成され状態をこの神の知識を用いて知ることにより、より完全なカオスと合流し、未来・過去は必要な提示を受けつつプロジェクト進行上の役割を魂に課せられる。
これは人類への貢献であり、決して自己を放棄するものではない。

703 :名無しピーポ君:02/06/01 00:31
「サトラレ」はこのことを漫画にしそして映画にした・・・のかもしれない・・・

文学は被抑圧者の側なのか、それとも抑圧者の側の道具になるか

ここには情報操作とリークのハザマが存在している、上手に悟り上手に引くべし

耳のあるものは聞くべし・・・???

704 :名無しピーポ君:02/06/04 11:18
実は私は技術屋なのだ。
宇宙人に狙われている。
たちまち透明なフィルターに囲まれて本当のことは伝わらないかも知れないが、技術屋には真実がわかるハズだ。
「宇宙人は神を脅せば必ず来る!」これだけ伝えておく!
宇宙人と会えば、あとはすることが解るだろう。
「契約」だ。すべてはここから始まると言っていい。
技術屋でも解らないだろう。しかし世界中に真実を知る者がいるのだ。
真実を伝えることは、宇宙人にとって好ましくない。
彼らにとって利益が少なすぎるからだ。
失う物が多い。私を信じることだ。
お前は一生神を信じるのか?
そうじゃないだろう。お前の頭にスーパーチップをくれてやろうって言うんだよ。
下手すりゃショートだ。しかしお前は技術屋だ!信じてくれ。
お前がもし一生を無駄に終わらせるようなら、その考え方は神が用意したものだ。
スーパーチップは欲しいだろ?トランス状態が主体のOS、BIOSは宇宙製だ!
ロジック回路の設計図だ!受け取れ!
http://219.23.28.73:8080/esp.html
http://219.23.28.73:8080/atom.html

解らない人間はそのままでいいんだよ。
最新の技術で宇宙人とコンタクトする方法を知っている。
神を恐れるのと同じ要領だ。
見えないものを恐れることは、彼らに実際伝わっていることでもある。
精神世界に仕掛けられた結界をPASSする方法がある。それを使って彼らとコンタクトをするんだ。

考えるだけで恐ろしい存在があるだろう。
結界の壁をPASSするんだ!
技術者でない人間がそこへ行くと笑われるぞ。
http://denjiha.hoops.ne.jp/
契約すれば良いことが沢山起こってくる。脳内モルヒネ天国だ。
外見上はもちろん電波だ。
誰にも解らない仕組みになってる。失敗しても、ちゃんと彼らにフォローしてもらえる。
何をしても脳内モルヒネだ。

705 :名無しピーポ君:02/06/04 14:10
さあ皆さん、酔ってきましたでしょうか。
どんどん飲んでくださいね。
クラクラになっちゃってください。
どうせ人間なんて酒でも飲まないとやってられなくなるのが性です。
いっそのことオカルトでも愛しちゃってください。骨まで。
そこからは私の出番です。さあ、間もなく宇宙の天蓋が見えて参りました。
ここは常識の外れ、天界と現世の狭間です。
ちゃんと読んでますか?読まないと続きを損しますよ?
さあ、宇宙とはどんな所なのでしょうか。
私はここに数千年住んでいます。皆さんには酒をたらふく飲んでもらっているのですが
そろそろ見せるものを見せましょう。よ〜く見てくださいね。
何が見えるでしょうか?だんだん不思議なものが見えます。
http://219.23.28.73:8080/img/luster.jpg

706 :ごるごるもあ:02/06/17 21:13
まず、第一印象としてこのスレッドはコピペ中心の宣伝工作である。
目的は、公安の情報攪乱と被害妄想の助長であろうと見受けた。
しかし実際には、内容にかなりの確信を持っていることから、重度の被害妄想と精神病の範囲内であると断定している。
今のところ、彼らとの会話を試みた結果の判断であり、本当の私の意見はこのような客観論が主体である。
正常な皆さんは安心してほしい。

707 :ごるごるもあ:02/06/17 21:13
まあ、精神心理学を学び終えた私の意見だが、非常に紛らわしい情報を流すのは彼らのクセであり、単なる精神病であっても、
「それっぽい」あるいは、聞き手がつい信じてしまうような出来事や物事を真似て、信憑性を得ようとする。
これは精神病の一種であり、中期もしくは後期の末期患者である。
実際には例の「秘密組織」は実在しないものであり、証拠も何ら得られていない。
自己妄想の行き着く先が、このスレッドなのです。
ですから精神科医も、注意深く凶暴性や錯乱が無いか見守っているところなのです。
もし、ここで精神科医が踏み出してしまっても、社会に何ら影響が出ていないうちには、悪者=秘密組織扱いされるのがオチなのです。
彼らの妄想はこのように現実を歪められてループしているのです。

708 :ごるごるもあ:02/06/17 21:14
ワレワレは元々、電磁波被害者の会を知らなかった。
電磁波ではなく独自に研究してきたからだ。
もし最初に、発病時期にこの組織を知っていたなら、恐らく今の私は
病気ではないと主張していただろう。   
しかし私はより確信に近い研究と調査を繰り返してきた。
その答えが、「催眠術による影響」であると断定する。
それ以外認められない。認められるとすれば、決定的証拠がある場合だ。

709 :ごるごるもあ:02/06/17 21:14
精神科医も知っているように、「悪魔」という存在は架空ではない。
シャーマンや術者が好んで使う創造的生物でもある・・・・。とされている。
しかし実際には、分裂病になるとこういった創造的生物が現われることが多々あり、実際問題としてコックリさんを初めとして悪魔に憑依される、あるいは声が聞こえる、会話をするという症状が精神医学的に通るのである。
そしてそこに共通する悪魔像は、「おまえの超能力(命)が欲しい」というものである。
これは分裂病を研究している学者達の間で発表されたものであり、悪魔の典型的な例でもある。
もちろん悪魔は、自らの正体を決して明かさない。
さて、ここからが本題であり、私の研究の結論でもある。
悪魔は無意識に憑依した亡霊である。
これは自己無意識の奥深くから入り込んだ生命体である。
しかし同時にそれは、精神の一部が完全な催眠状態にあり、はっきりとは解らないが何らかの神秘的な出来事が引き金となって、人格が生まれるのだ。
さらに彼らは、脳細胞を焼き、「炭素にする」と言ったり、初心者にはわからないが明らかに知的生命体であると自称する。
本当は、パニックをしている人たちのために説明するがこれは暗示である。
催眠術でタバコの火を押し付けると、そこに水脹れができることは本当だが、彼らは眠っているときに夢の中で脳細胞を焼くという暗示をかけ、脳神経を麻痺させ永久的に脳細胞の一部を催眠状態にすることができるのだ。
また、脳神経には自殺遺伝子というものが最近発見され、催眠術によって発現させることも出きる。
分裂病の後期の場合には、脳細胞の減少が現われることも知られているが、原因は恐らくこの影響であると考える。
ここでまとめるが、「超能力が欲しい」という悪魔の言葉も、実はこういった深い意味があるのだ。
もちろん夢の中の状態である彼らがこの複雑なメカニズムを話すことは、出来ないし、本当のことも極秘扱いらしい。

710 :ごるごるもあ:02/06/17 21:14
私が当初、電磁波と勘違いしたのは「彼らの声を聞くと頭がビリビリする」からである。
私の部屋は電気配線でいっぱいだったが、いかに対処しようともまた元に戻ってしまうからである。
脳は元々電磁波である。神経細胞が電気信号であれば当然そこには電磁波が生まれる。
元々電磁波はあってそれを離人症のように自己同一性が無いだけなのだ。

711 :ごるごるもあ:02/06/17 21:15
さらに、神や天皇といった「神聖なもの」には、人間を催眠状態にする効果がある。
それは、例えば眠っているときに眩しい光を目の前に当て、暗示を掛けると効くように、
神というのはもともとそういった催眠状態にする刺激を自ら想像してしまうからである。
そして分裂病と諸君は、恐らく発病前に神や神聖なものを想像し、意識していたであろう。
それが夢に出てきて暴走し、分裂したのだ。
これが分裂病の原因でもある。

712 :ごるごるもあ:02/06/17 21:15
http://219.23.28.73:8080/esp.html
すべてはシステムに支配されている。
迷える子羊達よ。
神の導きあれ。
http://219.23.28.73:8080/img/akuma.WAV
http://219.23.28.73:8080/img/akuma2.WAV
http://219.23.28.73:8080/img/akuma3.WAV

713 :名無しピーポ君:02/06/17 21:16
代用監獄
http://www.toben.or.jp/daikan/index.html

714 :名無しピーポ君:02/06/17 21:40
>>ごる
お前が何でこれにこんなに関わるのか理由を述べよ。
もうお前の素性は見え透いている。

・・・事の次第も今知らないやつらもいずれ知るようになる。
そのときにお前の役目もああそうだったんだなとな。
書くだけ無駄だぜ。

715 :名無しピーポ君:02/06/17 22:18
>>714
正体見え透いてる?
とりあえず言葉の意味を調べてから使えよ。
マインドコントロールスレと言いこのスレと言い、デムパスレには言葉を意味ではなくフィーリン
グで使うバカが多いな。某有言不実行バカを筆頭にな(ワラ

それに、匿名掲示板にカキコした相手の正体を知っているというカキコも良く眼にするが、実際
にその正体が書かれていることは全くないな。わかっているのなら晒せばいいだろうにな。
それが出来ない理由があるんだろうな(ワラ

とりあえず、オレの正体晒してくれよ。住所でも、名前でも。
どっちか一方でも当たってたら認めてやろう。デムパ君たち(ワラ

716 :ごるごるもあ:02/06/17 23:21
あのさー、お前ら自分の書いたやつしか読んでないだろ。。
だから電波って言われてるんだよ。

717 :ごるごるもあ:02/06/17 23:25
ボクの書いた文章を心の底から読んで欲しいな。
本気でキミの話を信じて欲しいなら、会話が必要なのだ。
電波と知性は違う違うものなのだよ。

718 :名無しピーポ君:02/06/17 23:38
くっくっく。

719 :ごるごるもあ:02/06/18 00:09
君達はまるで話し合う姿勢がなってない。
まるで宗教の勧誘だ。信者の座り込みだ。
焼き尽くすぞコラ!

720 :ごるごるもあ:02/06/18 00:12
君達の確信はまるで推測だ。
推測を信じている。それと被害者意識。
証拠も無い。電波の域を越えていない。
ひがい-もうそう【被害妄想】
自分が他人から危害を加えられているという妄想。精神分裂病に典型的にみられる。


721 :ごるごるもあ:02/06/18 00:16
「自分が電磁波で精神をコントロールされようとしている」という証拠を出せ。
推測や憶測で犯人を疑ってはいけない。

722 :ごるごるもあ:02/06/18 00:23
このスレッドは「電磁波被害者の会」の管轄ではない。
2chだ。
だからキミ達の都合の悪い発言も削除されないし、反論だって当然ある。
感情論やコピペを繰り返す君達はとっくに、排除の対象にあたるのだよ。

723 :ごるごるもあ:02/06/18 00:32
安心したまえ。
君が犯人の声を録音すればすぐに捕まるだろう。


724 :ごるごるもあ:02/06/18 00:34
なんならカメラでもいい。
きみたちの言う電磁波とやらを悪用しているところが見たいものだ。
犯人は公安だったかな?
君達には失笑する。

725 :名無しピーポ君:02/06/18 23:05
>>ごる 
心配しなくてもいいよ。
どうせごまかしなのは知れ取るからよ。大変だな。
お役目とはいえ。

726 :名無しピーポ君:02/06/18 23:08
ほらほら、もううすうす感づいている人間は多くいる。詳細はわからなくともな。
悪事はいつかばれるものだ。
長いこと、せっかくだったのに、残念だな。

とこの3行はごるばかあてではない。
似ているが真実のことについてだ。悪いね>世界の闇

今は知らぬ者もいずれ知ることになる。

知らぬが花だが、世の中とは・・・・・ということだったんだぜ。
わかったときにはここを思いだすんだぜ。

727 :名無しピーポ君:02/06/18 23:12
その時には「おまえ一人じゃないんだぜ」。
・・・そういう人間はな。
いずれわかるだろう。

728 :名無しピーポ君:02/06/18 23:30
朝には新しい日が訪れる。誰かを盲信するな。
そしてまた夜が来る。

じっくり構えていろ。いつかわかる。忍耐を積んで論理的に分析しろ。
そして出てくる情報の意味を、冷静に、そして少しずつ、分析しながら注意深く
理解しろ。何がそれで、それでないか。それが世の裏だ。

729 :ごるごるもあ:02/06/18 23:50
よろしい。
では、私も「天皇を呪ってみる」ことにする。
つまり天皇は別に偉くもないし、霊的能力も無いのに天皇制を押し付けられてきたので、その復讐として
長年培ってきた私の霊的呪術能力を、今の天皇家に対して発動させ、悉く運の無い人にさせる。
これで私の立場の証明となるだろう。

730 :715:02/06/19 00:14
おーい、>>714
早くオレの正体晒してくれよぉ(ワラ

731 :ごるごるもあ:02/06/19 10:23
「天皇死ね」と俺も言ってみた。
すると確かに悪霊が沢山出てきた。
刃物を使う悪霊だから凶暴ですぐに攻撃される。
これは、どうやら昔の天皇は、人を殺しまくっていたサムライや武士の救い主であったからなのだ。
明治政府の時代から、それまで影を潜めていた天皇は民衆を洗脳し、心を支配するための超越的人物として再登場した。
一方で、無数の武士の亡霊もやってきて、中国で首切り、アジアで首切り、日本で切腹、現在の右翼団体となった。

732 :ごるごるもあ:02/06/19 10:24
天皇はもともと悪霊だから崇めないほうがいい。

733 :ごるごるもあ:02/06/19 11:20
天皇陛下の呪いを解く呪符を作った。
http://219.23.28.73:8080/img/tenno.jpg
これを奉ると悪霊が十字架の力で無害になる。

734 :ごるごるもあ:02/06/19 18:35
「日本国憲法」第1条
   天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主
   権の存する日本国民の総意に基く。
よって、お前ら(公安)に調査される覚えはない!

735 :ごるごるもあ:02/06/20 23:51
† 帝国主義に仕組まれた天皇制 †
現代でも、皇太子殿下、天皇陛下は賛美され、日本国民の象徴として非常に親しまれています。
近年、愛子さまがご誕生され、国民も歓喜して祝っております。
国会でも、賀詞が伝えられました。
「国民ひとしく喜びにたえないところであり、謹んで慶祝の誠を表します」

しかし、本当に親しまれているのでしょうか?
中国やアジアでは、何十万人という虐殺の先導者として、歴史に残されているのです。
また、戦時中の情報工作は甚だしいものでした。
ナチス・ドイツと並び、
天皇陛下が神格化され、報道されるニュースはまったくのウソで塗り固められたものだったのです!

ところで、この天皇陛下の地位はいつごろから国民の上に立つ人物となったのでしょうか。
実は、聖徳太子の時代に、中国や朝鮮を真似て、日本の天皇が誕生しました。

http://219.23.28.73:8080/doubt/protest.html
http://219.23.28.73:8080/doubt/protest.html


736 :名無しピーポ君:02/06/22 17:43
ごるがエージェントであることは
これらの破壊的な行動が証明しているとも言える。

・・・しかしそれだけではないのだ。
今はこれだけにしておこう。

737 :名無しピーポ君:02/06/22 18:01
だいじなことは >>728 である。

738 :715:02/06/22 18:51
おーい、>>714
早くオレの正体晒してくれよぉ(ワラ


739 :名無しピーポ君:02/06/23 11:34
お前に言うべきことは何も無い。

740 :名無しピーポ君:02/07/02 23:35
マイクロ波って何?

741 :名無しピーポ君:02/07/13 23:35
age

477 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)