5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

論理なぜなにスレッド

1 :考える名無しさん:2001/08/05(日) 10:42
どうにもここのところ論理系のスレッドが濫立する傾向が
あるので、ここらで一つ、総合スレッドを立てて、濫立を
防止しましょう。

不完全性定理って何とか、完全性定理って何とか、論理の本は
なにがいいの?とか、単位がヤバいんだけど助けてとか、
そういうものはここでどーぞ。

姉妹スレッド:基礎論なぜなにスレッド(@数学板)
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi?bbs=math&key=970523340&ls=50

2 :考える名無しさん:2001/08/09(木) 15:29
age

3 :考える名無しさん:2001/08/17(金) 06:26
age

4 :考える名無しさん:2001/08/17(金) 06:51
実質条件法って何?

5 :考える名無しさん:2001/08/17(金) 16:07
小論理学と大論理学を講義してください。
サルにもわかるように、是非。

6 :初心者:2001/08/24(金) 02:52
最近買った本

野矢茂樹『論理学』
戸田山和久『論理学をつくる』
リチャード・ジェフリー『形式論理学』

7 ::01/09/25 16:15
JeffreyのFormal Logicっていい本だよね.原書もやさしいからそちらを読んでみては.ただしいまは第3版がでてて,戸田山先生の訳したやつは初版じゃないのかな.けっこう原書のほうは変更がある.

ただタブロー使ってるから,理解のしやすさはあるけど(とくに停止問題は感激するぐらいあざやか),あまり汎用性がよくない.やっぱり論理の力を身につけたければ自然演繹(NK)をはやく覚えたほうがいいんじゃないかな.

LKまでゆくともう証明論になっちゃうから,そこまでやる必要はないんでしょう.まあカット除去くらいは知識として覚えても損はしないと思うけど.

8 :考える名無しさん:01/09/25 16:19
>6
何かわかんない問題とかあったら書きこして.多少は協力できると思う.

ちなみに論理学の本を読むんだったら,ちゃんとexerciseやった方がいいですよ.

9 :万年党志郎:01/09/26 05:00
敷居が高くなさそうなスレなのでお聞きします。
1.「そんなことも知らなかったのか!」或いは「お前に理解できるわけなかろう」と
 叱咤されそうですが、 詳解付きのゲーデル論文(完全性、不完全性ともに)の
 良テキストがあればお教え下さい(和文か英文)。
2.H.M.Shefferの、所謂Sheffer記号について詳説したテキストがあればお教え
 下さい(これも和文か英文で)。

勿論自分でも探してみます(とりあえずage代わりに)。

10 :考える名無しさん:01/09/26 05:27
godel collected worksでてるよ
ペーパーバック版なら六千円くらいかな
これはドイツ語と英語両表記

11 :考える名無しさん:01/09/26 07:42
>>7
>JeffreyのFormal Logicっていい本だよね.

Boolos and JeffreyのComputability and Logicもいいぜ。
こっちは邦訳なし。もっとも、あの程度なら英語でも読める。

>ただタブロー使ってるから…あまり汎用性がよくない.

決定問題(完全性)をターゲットにするなら、
タブローでしょう。

だいたい一階論理くらいで、NKだとかいっても意味ない。

>LKまでゆくともう証明論になっちゃうから,
>そこまでやる必要はないんでしょう.
>まあカット除去くらいは知識として覚えても
>損はしないと思うけど.

どうかな。証明論とかカット除去なんて
いかにも数学という感じの小手先のテクでしょ。
そんなものに関心をもってしまう時点で、
哲学屋としては終わってるよね(笑)

12 ::01/09/26 15:14
>11
>決定問題をターゲットに・・・

だから汎用性がないと言ってるじゃん.

>だいたい一階論理くらいで・・・

だから「論理の力を身につけたければ・・・」という条件文になってるじゃん.特に論文読みこなすのにはNKはほぼ必修.

>証明論とかカット除去なんて・・・

でも損はないだろ^^.

13 :9:01/09/26 19:25
10さん
早速ありがとうございました!
丸善・日本橋の店頭にあるようなので、近日中に行ってみます。

*たしか分析タブロー使用のテキストを、丹治信治先生も出し
ていたような…*

14 :考える名無しさん:01/10/10 11:41
age

15 :6:01/10/26 15:45
age

16 :電波男Ψ(´д`)Ψ:01/10/26 17:16
クワインの方が理解しやすいと思われ。

17 :質問:01/10/26 17:25
LK、NKって何の略?

エルカーだのエヌヨットだのとドイツ語っぽい読みをするみたいだから
ドイツ語だと思うけど、はっきりとそのへん説明してる本を生憎もってなく。

LK は Logik と Klassik が関係ありそうだけど。。

18 :17:01/10/26 17:56
ひょっとして Gentzen 自身、言及してないのかな?

19 :考える名無しさん:01/10/26 22:57
アゲンヌ

20 :考える名無しさん:01/10/26 23:52
LKとNKって一階と二階じゃないか?

21 :考える名無しさん:01/10/26 23:53
野矢はやめとけ

22 :考える名無しさん:01/10/27 00:28
>>20
NK=自然演繹
LK=sequent計算
でしょ?でも高階述語論理への拡張はまだはよくわかってないので欝。。

23 :22:01/10/27 00:34
ちなみに私の教科書=小野寛晰(ひろあきら)「情報科学における論理」日本評論社

24 : :01/10/27 13:05
age

25 :考える名無しさん:01/10/27 22:39
論理啓蒙age

26 :考える名無しさん:01/10/28 14:22
age

27 :アゲ:01/10/28 20:32


28 :粘り強くアゲ:01/10/29 01:36


29 :考える名無しさん:01/10/29 01:43
なにやっとんじゃ?

30 :考える名無しさん:01/11/02 10:17
       ∧_∧
      ( ´Д`)
     /    \
  __| |   | |__
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||

31 :考える名無しさん:01/11/02 11:59
人気ないなあ、論理。

32 :考える名無しさん:01/11/02 14:51
♪Lonely〜 Loneliness〜 Lonely〜 

33 :考える名無しさん:01/11/02 15:18
戸田山のあの分厚いやつはダメ。

34 :考える名無しさん:01/11/02 15:55
1.論理和(or) F=A+B Aか、それともB

2.論理積(and) F=A*B Aであり、なおかつB
       _ _        
3.排他的論理和(eor,xor) F=A*B+A*B
 Aであり、なおかつBではないもの、と、Bであり、なおかつAではないもの
        ___
4.否定論理和(nor) F=A+B
 Aか、それともB、ではないもの
      ___
5.否定論理積(nand) F=A*B
  Aであり、なおかつBであるところでないもの
    _
6.否定 F=A
 Aではないもの

35 :考える名無しさん:01/11/02 15:58
1.論理和(or) F=A+B Aか、それともB

2.論理積(and) F=A*B Aであり、なおかつB
               _ _       
3.排他的論理和(eor,xor) F=A*B+A*B
 Aであり、なおかつBではないもの、と、Bであり、なおかつAではないもの
            ___
4.否定論理和(nor) F=A+B
 Aか、それともB、ではないもの
            ___
5.否定論理積(nand) F=A*B
  Aであり、なおかつBであるところでないもの
    _
6.否定 F=A
 Aではないもの

ずれた

36 :考える名無しさん:01/11/02 16:27
>>22の小野先生の本は良い本だよ。

37 :考える名無しさん:01/11/03 00:28
>>35
どういう趣旨かわからないけど、
日常的(自然)な推論にとっては「含意(imp)」と「同値」が重要と思われ。

38 :考える名無しさん:01/11/03 00:33
>>36
小野先生の顔写真を見たが、ずいぶん「いい顔」っていうか
ようするにふつうの堅気の人、あるいは育ちのいい人みたいね。
もっと神経質なかんじを想像してた。(へんなとこでミーハー)

39 :考える名無しさん:01/11/03 01:07
三浦俊彦の「論理学入門」は?
あまり悪いうわさはきかないから、このへんできいておきたいかも。

40 :考える名無しさん:01/11/03 16:55
あげ

41 :考える名無しさん:01/11/09 07:11
age

42 :考える名無しさん:01/11/17 00:36
論理学者から、みると
ドイツ観念論って、
ハァ?って感じだろうな。

43 ::01/11/17 00:41
>>42
てなこと言ってるオマエは
みんなから、ハァ?って感じだろうな。

44 :考える名無しさん :01/11/17 00:51
>>43
論理学の発展に、
カント〜ニーチェ間の哲学が
寄与したとは、とても思えんが。

45 :考える名無しさん:01/11/17 01:03
スペンサー=ブラウンの代数を
変形するとカントの観念論やハイデガー
の存在論が導出できると大澤真幸がいってたYO!

46 :考える名無しさん:01/11/17 12:08
ニーチェは超人思想だけじゃございませんのよ。

47 :考える名無しさん:01/11/20 04:41
結局誰が論理的なのよ?

48 :考える名無しさん:01/11/20 08:33
>>16
クワインって、どの本のこと?
"mathematical logic"?あれは、スマリヤンも誉めてたね。

49 :age:01/12/09 22:52
□□□■■■■■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□■■■□□□□□
□□■□□□□□□■□□□■□□□□□■□□□□□□■□□□■□□□□
□□□□□□□□■■□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□
□□□■■■■■■■□□□■□□□□□■□□□□■□□□□□□□■□□
□□■□□□□□■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■■■■□□
□□■□□□□□■■□□□□□□■□□□□□□□■□□□□□□□□□□
□□■□□□□□■■□□□□■■■■■■■□□□□■□□□□□□□□□
□□■□□□□□■■□□□■□□□□□□□■□□□□■□□□□■□□□
□□□■■■■■□■■□□■□□□□□□□■□□□□□■■■■□□□□
□□□□□□□□□□∩□□□■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□

50 :考える名無しさん:01/12/10 02:50
a certain 'proof' of the existence of Santa Claus:

Let S be the sentence 'If S is true, Santa exists'
Assume
     (1) S is true.
Then by the logic of identity,
     (2) 'If S is true, Santa exists' is true.
From (2) we obtain
     (3) If S is true, Santa exists.
And (1) and (3), we infer
     (4) Santa exists.
Having deduced (4) from the assumption (1), we may assert outright
     (5) If S is true, Santa exists.
From (5) we obtain
     (6) 'If S is true, Santa exists' is true.
And by the logic of identity again we have
     (7) S is true.
From (5) and (7) we conclude
     (8) Santa exists.

51 :考える名無しさん:01/12/10 02:57
Sentence S is selfreferential,isn't it ?

52 ::01/12/18 12:55
50はComputability and Logicの第16章にでてくる証明でしょ^^.
まあ レブの定理をわかりやすく解説するためにブーロスが考えたんでしょ.

レブの定理:もしB(x)が理論Tでの証明可能述語ならば,Tの任意の閉包式(文)Aに対して,次が成立する.すなわち,
もし‘B([A])→A’がTで証明可能ならば,‘A’もTで証明可能である.([A]はAのゲーデル数に対応したTでの対象式)

Aのところに「サンタが存在する」が入りそうだけど,証明見るとちょっとはっきりしないな.う〜ん^^.
真理述語つかってるからちょっとわかりづらいのかな.しかしこういう例をつくるあたりがブーロスの頭のよいところだよな.

53 ::01/12/18 12:57
ちょっと関係ないんだけど,ageってどういうnet用語なの?
慣れてないもんで,だれか教えてくれませんか.

54 ::01/12/18 14:02
>51
原文みればわかるけど,この場合自己言及であることは問題はないのよ.実際の証明は対角化定理使ってるし.50が脈絡もなしにこの証明もってきたからわけわかんなくなってるんだよね.
ちなみに50の証明でも(1)の前提が消えてるわけじゃないから,レブの定理との類似性はわかるでしょ.この定理も条件文になってるからね.

55 :考える名無しさん:01/12/18 14:38
>>53
>2ちゃんねるは、最新の書き込み順にスレッドが整列されるシステムになっています。
>つまり、誰も書きこまないスレッドは、順番に下がっていきます。
>一見してなくなったように見えるスレッドも過去ログに埋もれているかもしれません。
>書き込みをして、トップまで持ってくるのも一興。。
>メール欄に「sage」をいれて発言して、下がったまま内緒話をするのもまた一興。。

sageの反意でage。mail欄に入れても入れなくても関係無く上がるが、
強調する意味で使う。
貴方久々にマトモな人だね。
厨房多いからウンザリするだろうけど、
哲学板の質向上になるから諦めないで利用してね。

56 ::01/12/18 14:41
>55
どうも ありがとう

57 :考える名無しさん:01/12/18 14:45
>>53
参加したいが実力が伴わない厨房が、苦し紛れにスレに参加するとき使う言葉。
ageと書くことによって自分の中での参加意識を向上させる。
スレッドを見やすい位置に上げる意図で使われることが多いが、
デフォルトでスレッドは上がるので特に意味はない。

本来はE-mail欄のsageに対する用語。

58 ::01/12/18 21:00
54の「ちなみに50の証明でも…」以下は削除.50の証明の(5)のところでちゃんと(1)の仮定は消えてるね^^.
だからちゃんとサンタは存在するの証明になってる.さっきはちゃんとみなかったから54で変なことを言ってしまった.はずかし〜w

59 ::01/12/18 21:06
あれからComputability and Logicの16章ちょっと読んでみたけどけっこう面白い.
証明可能述語も50の証明が書いてある前のページに定義があってけっこう強い条件になってる.
例えば,B(x)が証明可能述語であるのは,AがTで証明可能であるときにB([A])がTで証明可能でなきゃいけないとかね.

60 ::01/12/18 22:47
2階の自然演繹で何かまとまった本があるんであれば,だれか教えてくれない?
あんまり聞いたことないな.

61 ::02/01/04 10:40
論理は寂しいな〜

62 :考える名無しさん:02/01/04 10:58
稲君、
>>59はレーブの可導性条件だね。>>60のもあわせて、数学板の基礎論スレに
行ったほうが楽しいと思うよ。
http://cheese.2ch.net/test/read.cgi/math/970523340/l50

63 :62:02/01/04 11:02
寂しそうだったのでつい声をかけちゃいましたが(w

64 :62:02/01/04 11:06
ていうか基礎論スレもレーブの名前も既出でしたね。ごめん。

65 ::02/01/04 11:57
>62
thx

66 :62:02/01/04 15:04
>>60
そういえば今手元にないんでわからないんだけど、
Jeffreyって2階の論理で不完全性を証明してたよね?
あれは自然演繹はまったく触れてなかったっけ?
完全に木だけ?

67 ::02/01/09 14:06
JeffreyのFormal Logicに自然演繹なんかなかったと思うけど.

68 :考える名無しさん:02/01/09 17:13
一元論とか二元論て何ですか?

69 :考える名無しさん:02/01/10 02:44
>>68
全然論理と関係ないぞ、それ。

70 ::02/01/10 09:40
あげとく

71 :考える名無しさん:02/01/10 09:42
論理の中級者向けのテキストを教える。

72 :考える名無しさん:02/01/10 13:44
>>71
教える前に、「中級者」って具体的にはどういうレベル?
「俺は既にこれをやった」というのがあれば教えてくれると
具体的な名前が挙げやすくなるかも。

73 :考える名無しさん:02/01/10 15:19
初級:具体的な問題なら、正しいか誤りか判定できる。(一般人)
中級:一般的な問題について、正しいなら証明できる。(専門家)
上級:一般的な問題について、論理的に証明不能な問題である場合、
   証明不能だと論理的に証明することはできない。(天才)

74 :考える名無しさん:02/01/11 06:56
>>73
書き方がまずいので書き直しましょう。
「上級者とは・・・という人のこと」という書き方に直してみれば、
どこがまずい書き方だったかわかるかもしれません。

75 :考える名無しさん:02/01/11 10:28
>>74
まあ、そういう訓練も論理学と通じるものがあるかもね。

76 :考える名無しさん:02/01/12 10:57
>>71
野矢茂樹氏の教科書を読み終えたという方には、
次に形式論理学の入門書に進まれることをおすすめします。

77 :考える名無しさん:02/01/12 11:15
>>74

君が直せばいいじゃん。

上級:一般的な問題について、論理的に証明不能な問題である場合、
   証明不能だと論理的に証明することはできないことが証明できる。(天才)

これでいいだろ。

78 :考える名無しさん:02/01/12 11:24
>まあ、そういう訓練も論理学と通じるものがあるかもね。

プログラミングとは関係するかもしれんね。
()の数が合わないとかね(笑)

79 :75:02/01/12 11:33
>>78
真剣な話、初心者はきっちりシンタクス通りの式を意図通りに
書けるようになるところからはじめないといけないからね。
そこをいーかげんにしてると、後でつまづくことが多いよ。

80 :考える名無しさん:02/01/12 11:54
>>79
でもシンタクス通りの式を書いただけで意図通りだと思っちゃう
自称クロウトはもうすでにプログラマーとしても人間としても
終ってるよな(笑)

81 ::02/01/15 09:44
73の人って初級者だろうな.何を言いたいのかわからん.

82 :考える名無しさん:02/01/15 09:51
>>81
やめとこうよそういうこと言うの。
また>>80みたいな煽りがついてつまんないよ。

83 ::02/01/15 10:45
そうだね,すまそ(w.

84 ::02/01/15 11:49
>80
79は書ければそれで十分と言ってる訳じゃないだろ.80みたいな言い方は
揚げ足取りだ.ちなみに床屋のパラドックスの床屋の定義って
Px≡df ∀y(Lxy ←→ ¬Lyy)
でしょ.で
∀x[Px ←→ ∀y(Lxy ←→ ¬Lyy)]と∃xPxから矛盾が導かれるから,そんな
床屋は存在しないとなるんだけど.この左の式の一番左の全称量化を示すためにも,
「ある村にたった一人の床屋がいて,それは・・・」のこの唯一性は必要なんだよな.
∃x[Px ←→ ∀y(Lxy ←→ ¬Lyy)]って書いたらダメだよね.

85 ::02/01/15 11:53
↑いやね,79の言うことは正しいということが言いたかっただけ・・・.
お粗末さま.あと今気づいたけど,84ってPxの定義になってないな.非定義項に
定義項に出てるのとスコープが同じつもりのxが現れてるから.

86 :79:02/01/15 12:03
>>85
ありがとね。

> 84ってPxの定義になってないな.
いやいや、xを自由変項としてもつ式P(x)を∀y(Lxy ←→ ¬Lyy)の省略
として定義する、だからそれでいいと思うよ。

87 ::02/01/15 12:07
ああ そうだ^^.ごめん 勘違いしてた,いいんだな^^
えらく初歩的でお間抜けなことを言ってしまった.
こういうのってスレあげてから気づくと恥ずかしいな^^.

88 :79:02/01/15 12:11
>>87
口からひょっと勘違いが出ることくらい、どんな偉い論理学者でも
たいていはやってることだよ、気にしない気にしない。

89 :アォ〜リィ:02/01/15 12:51
ウォーリーとはちゃうで(w

>79は書ければそれで十分と言ってる訳じゃないだろ.
>80みたいな言い方は揚げ足取りだ.

稲みたいなナイーブ君は、プラスとクワスの話なんか知らんのだろうな(w

90 :アォ〜リィ:02/01/15 12:54
>プラスとクワスの話なんか知らんのだろうな(w

まあ、あの話だけ聞いてると確かに揚げ足とりみたいだが、
例えば「鳥は飛ぶ」とかいっといて、後から
「でも、ペンギンとかダチョウとかは例外」
とかいうのも、結局同じだぜ。

91 ::02/01/15 13:36
うん? 90の下4行の意味がわからん.
プラスとクワスって『ヴィトゲンシュタインのパラドックス』のやつか?
う〜ん,もしそれを知らないと思われたのなら,おれもなめられたものだ.

92 :考える名無しさん:02/01/15 15:17
>>91

知っていて揚げ足とりというんじゃボケが進行してるな。

93 ::02/01/15 15:25
>92
なるほど,なんとなくアォ〜リィの言いたいことはわかってきた^^.
う〜ん,哲学をするときとお勉強をするときはわけて考えた方がいいんじゃないかと思うんだけど.

94 ::02/01/15 15:27
ってゆうか,79のスレに‘規則に従う’の話を持ってくるのは,哲学でがんばりすぎ.

95 :アォ〜リィ:02/01/15 15:28
わかってくれたかね(笑)

うーん、でもその「お勉強」っていうのは「良い子」チックじゃないか?(呆)
こっちは生まれてからこのかた「良い子」だったことがないので、
勉強なんて、御免蒙っていう感じ。

96 :考える名無しさん:02/01/15 15:30
>>95
だから日本語も論理学もできないのね。納得。

97 :アォ〜リィ:02/01/15 15:33
いや、元来が計算機屋のオレは、病がこうじて
「なんで計算機って動くわけ?」と悩んでるわけだ。

そりゃまあ物理法則によってとかいろいろいわれてるが
世界は物理法則に「従っている」わけじゃないだろう。
また物理法則の記述の読みようというのも、表現のしよう
がないわけで。

哲学の話、ってのは、そんな七面倒くさいアッチの世界の
ことだとはオレは思わないわけよ。実は非常に身近なことで
「ええっ!あんたここにいたのか?」というようなもんで。

こんなオレって変?(今のところ独身、彼女ナシ)

98 ::02/01/15 17:25
ヒュームが言ったように「自分は机を離れたら相対主義者ではない」という意味の
ことを伝えたかっただけだけどな.
しかし論理学の本を読むときに哲学の議論は持ち込まないけどな.
哲学は論文でやる.

99 :79:02/01/15 21:12
あらあら、ふーん、>>80はそういう意図だったのか。
プラス・クワスの話と「人間として終わってる」どうこうのつながりが全く
わからないけど、本人がそう言ってるんだから今さらいいかな・・・。

>>98
それは極めて正しい態度だと思うよ。
後で論理的振舞いをとりだす意図があって文を書いているのなら、どんな
規則を用いるかは当然前提されてなきゃいけない。それを、どのゲームの
中で書いているのかを無視して、>>80が意図しているというような議論を
持ち出すのは、ウィトゲンシュタインらの洞察と逆行している。
ウィトゲンシュタインもヒュームのその立場は踏襲してて、数学の現場に
いる人に対して哲学の議論をふっかけているわけでは決してない。そんな
ことしたら言語ゲーム自体が破綻するよ。
そういう哲学的議論をいつどういう立場から使うべきと彼が考えていたか
をおさえないで持ち出すのはひどい濫用で、彼も厳に謹んでいたと思う。

スレと殆ど関係ないし、sageるよ。続きをやるならウィトゲンシュタイン
スレでね。稲君もアォ〜リィ君も、そのスレにいるんでしょ?

100 :考える名無しさん:02/01/16 08:23
>>98
>「自分は机を離れたら相対主義者ではない」

相対主義者のつもりはないよ。
ただ言語について考える場合「語り得ぬもの」の
存在を改めて実感せざるを得ないと思ってるだけ。

>論理学の本を読むときに哲学の議論は持ち込まないけどな.
>哲学は論文でやる.

そういうプロ意識が邪魔になることはないのかな?
別に議論せんでもいいが、哲学のタネが一つもないと
切って捨てることは出来ないだろう。そうできる人は
哲学者としては終わっていると思うぞ。

>>99

いっとくけど、実際にゲームが成立すること自体に文句をつけた覚えは無いぞ
そう読んだのなら、はっきりと間違っている。そうではなくて、ゲームは
言語によって語り尽くされたと思うなら、それは鈍いだろうといっているのだ。

だいたい、最初の>>74のおもしろ半分な突っ込みを
弁護するのに哲学持ち出すことは誰も慎まないのか?
それはまったく身勝手な態度だね。

・・・ということでこの議論終わり(笑)

#おまけですが、100ゲット

101 ::02/01/16 14:22
>100
もしこれまでの話は全部抜きにして,rule followingの話をするというのならぜんぜん構わないよ.
相対主義の話は,相対主義者であることが問題じゃなくて,たとえば懐疑論者が道を歩いているときに,
この道は本当は存在しないかもしれないと本気で思ったりはしないでしょ.だからいったん書斎を離れてしまう
普段の生活の中には哲学は持ち込まない,というようなことが言いたかっただけだけどね.

102 :考える名無しさん:02/01/16 14:23
101
いや思うぞ。

103 ::02/01/16 14:38
いや,101は自分が思っていることを正確に自分で理解していないと思うよ.

104 :100:02/01/16 15:26
>>101
>たとえば懐疑論者が道を歩いているときに,
>この道は本当は存在しないかもしれないと
>本気で思ったりはしないでしょ.

でも道を歩いているときに、
存在を意識しているわけでもないだろ(笑)

ところで
>もしこれまでの話は全部抜きにして,
>rule followingの話をするというのならぜんぜん構わないよ.

君がいうrule followingの話でmeaningのことはどのくらい
考えられてるんだ?僕は単にプラス、クワスの話をなぞりたい
わけではないんだ。(あの例はなんかウナギをつかもうとして
スルリと抜けられたような感じがするんだ。)

105 ::02/01/16 15:42
>104
プラスとクワスのどこがしっくりこないのかわからないことには
こっちも何とも言えないな〜.この例は一見へんな感じがしないわけでもないけど
でもちょっと考えれば何もおかしなところはないんじゃない.

106 :考える名無しさん:02/01/16 16:26
>>105

はぁ?プラスとクワスの話が「しっくりこない」なんていってないぞ。
あの話では意味の問題は語り尽くされてないといってるんだ。
つまり、問題提起としては不充分だといってるんだ。

107 ::02/01/16 17:26
意味の問題を語り尽くす!!
rule followingの議論って確かに意味の問題ではあるけど,あれは有限回の操作では
規則の意味は固定できない,というまさにその一点が問題になってるだけだから,語り尽くすと
大風呂敷を広げる必要はないんじゃない.

108 :考える名無しさん:02/01/17 08:03
>>107
>有限回の操作では規則の意味は固定できない

なるほど。
では、実際にプラスの定義を聞いて理解するのは
単に錯覚なのか、それとも実際に言外の意味が
伝わっているのか。貴方はどう考えるね。

109 :考える名無しさん:02/01/17 15:03
>108
だから規則に意味があって,それをわれわれが理解するないし捉えることによって
その規則に従っている,というのではない.言い換えれば
「私がその規則の意味を理解して従っているから,私は共同体の中でうまくやれる」
という条件法なのではない.むしろその対偶をとって,
「もし私は共同体の中でうまくやれないならば,私がその規則の意味を理解して従っているとは共同体の中では見なされない」
のだ.ヴィトが示したことは,後者の条件法が正しいのであって,その対偶(前者)をとることはできない,ということである.
これがクリプキのヴィトゲンシュタイン解釈でしょ.一応は108に対する応答にもなっていると思うけど.




110 :考える名無しさん:02/01/17 15:42
心理版逝ったほうがいいかもしれませんが、
日常的な話題、論争中の話題に関するものだと、
人はその問題を論理学の規則が適用されるとはみなさないそうですが、
何ででしょう?

111 :考える名無しさん:02/02/08 16:11
http://www.1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

112 :考える名無しさん:02/02/16 04:17
age

113 :考える名無しさん:02/03/08 02:01
論理学
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/philo/990030242/
がdat落ちしたようなのでこちらをageておきますね。

このスレでは論理学そのものの話題をしましょう。
論理を哲学したい人は以下のスレへ。

論理とは何か
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/philo/1005758847/l50
★非論理的な人を論理的に説得できるか? Part2
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/philo/1013574945/l50

ヘーゲル論理学は以下のスレへ。

ヘーゲル『大論理学』について
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/philo/1012818192/l50

114 :考える名無しさん:02/03/08 02:04
「論理学」スレの過去ログから。


229 名前: 考える名無しさん 投稿日: 01/12/10 18:21

論理学の基本的教科書とは何ですか?
様相論理とか線形論理を一通り学びたいのですが。
英語のものでいいものを教えてください。


230 名前: ↑ 投稿日: 01/12/10 18:39

A.S. Troelstra, Lectures Linear Logic, CSLI Lecture Notes 29 (1991)

 線形論理の入門書で、線形論理のゼロからを勉強できる本です。線形論理導入のモチベーシ
ョンから始まって、様々なヴァリエーションの線形論理とそれらの性質、代数的、圏論的モデル、
proofnetと、基本的な部分はかなり幅広くおさえてあり、そしてとても解りやすいです。しかも周辺
のトピックも広く紹介されているので、その辺を調べながら読めば、線形論理に限らず、証明論
の勉強になるのではないか、と思います。ただし、大きな問題は、GirardによるLinear Logicのオ
リジナル論文(その他、その後のLinear Logic関係のあらゆる論文)と記法が紛らわしい、というこ
と。嫌でも混同しやすいLinear Logicの記号なのに、同じ記号を別の意味で読み替えたりしなけ
ればならず、かなり厄介ですので、それは覚悟の上でどうぞ。


231 名前: ↑訂正 投稿日: 01/12/10 18:43

A.S. Troelstra, Lectures on Linear Logic, CSLI Lecture Notes 29 (1991)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0937073784/


235 名前: 考える名無しさん 投稿日: 01/12/12 17:18

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0415126002/

をかいなさい。


242 名前: 考える名無しさん 投稿日: 02/01/06 15:37

>>229
いまどきならTroelstraとかHughes-Cresswell(古臭いっ)よりこっちがいい。
非古典論理を統一的に学べます.
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/041521534X/

日本語なら小野寛晰先生の本がおすすめ。


244 名前: 考える名無しさん 投稿日: 02/01/10 02:32

>>242
おいおい、Hughes-Cresswell の第二版は 1996年に出たばかりだぞ。
なんかがらりとかわって別の本みたいになってると思ったけど、違うっけ?

今どきで、お手軽で様相論理絡みの非古典論理というなら、俺は、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/052179434X/

これをすすめたい。安いし、哲学の話もそれなりに多く書いてあるから、
この板の人向きと思うが。

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)