5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲学に対する安易な態度

1 :悲しみ:2001/07/06(金) 18:52
1・安易な傾倒
虚栄心の固まりの人。自己顕示欲。
他者を見下したいだけ。賞讃が欲しいだけ。
哲学は「大学」で「研究」するもの。
哲学は学問。
2・安易なメタ批判
懐疑主義、その実傲慢なだけ。
知的不誠実。
無知から来る不安。
:::::::::::::::::::::
哲学を安易に語る人が多すぎるのではないでしょうか?
哲学は哲学者ファンクラブでもないし、また
ただ自分は頭がいいといいたい人の集まりでもないと
思います。
そして哲学は無意味と断ずることもまた傲慢です。

哲学は人間の悲しみが原点ではないですか?
もしくは驚きあやしむ心。

914 :考える名無しさん:01/09/06 02:10 ID:CD8YtffA
http://www5b.biglobe.ne.jp/~fff0711/777/index.html
>の神対系HPの掲示板に、「匿名」と名乗った人物が現れこのHP管理人を
>やり込めまくっている。「匿名」は新たに別のHPとかまで作って
>管理人を晒すキティぶり→http://coplestone.tripod.com/idiot/idiot.htm
>特に「掲示板のしばらく休むことについて」の巻きではもうドロドロ状態。
>どっちもどっちだが、恐ろしいねぇ〜。

この匿名さんって哲学に詳しいようなんだが、
この人ってどうよ?

915 :元算 ◆57HqPLcw :01/09/06 02:34 ID:HLa4r4HI
久しぶりです。

時々はコピペ荒らしを受けながらも
それでも尚、悲しみさんの態度は真剣だと思ったので
再び戻ってきました。

で、何となく・・・なんですが
哲学:悲しみから生まれる
で、その先に有る物は・・・何なんでしょう

私は比較的楽観主義者なので、悲しみさんのように
常に真剣な態度はとれないですが・・・

でも、生きているという喜びの上で、哲学って何だろうと
考える事ができます。
これも、悲しみなんだろうか・・・。
孔子に老子が言った(とされる)話で、「無」ってのがあったような

# 無駄な物は無い。
# 今ある物が無駄であるなんて事は無い。
# もし無駄とする物が不要だとすれば
# 例えば歩くとき、地面は自分の脚が触れる所以外は必要無いはず。

確か、こんな話だったような気がしますが・・・合ってたかな(汗)

でもこれは、全てにおいて通用すると思います。

勉強する姿勢を否定する事は出来ないと思う。
勉強の先に何があるか、意識している人は少ないかもしれないけれど

知識をひけらかす姿が無駄・無意味ではないと思う。
なぜなら、その「知識をひけらかす人」や「過去の偉人」をうち負かそうとする
その人以上の勉強をし、より素晴らしい思想を展開する人を産むから。

そして一層洗練された姿となってきたとき、それは一つの学問となる。
そんな気がするんですが・・・。

こうして見たとき、哲学が学問として認識されていると言うことは
「狂人の暇つぶし(独り言)」が、より洗練された為だと思います。

そういう風に考えても、やっぱり大学での哲学の教育って無意味でしょうか?

今まで反論して来た人達は、実はこういう事を言いたかったと捉えたらどうでしょう?
つまり、悲しみさんが、あまりに「悲しみ」に囚われすぎているので
そこから解放してあげたくて、反論的なレスしか返してないとすれば・・・

悲しみさんがコピペ荒らしですら笑って見過ごせる、そういう姿に
早くなって欲しいな・・・と

感想文調ですみません(汗)

916 :二酉:01/09/06 04:57 ID:yR6wFAYg
言っちゃあ悪いと思いながらもたまーに我慢ができなくなる時が。
真剣ならば正しいのでしょうか。肯定されてしかるべきなのでしょうか。第一の疑問。
どこが馴れ合いなのでしょうか。第二の疑問
よく、悲しみさんは「もっと冷静になって、もっと真摯な態度で」って仰いますが、>>906-908
それってT:相手(私を含む)が冷静・真摯な態度ではない、って言ってるかもしくは
2:自分(悲しみさん)の現実に従えって言う方便で「冷静・真摯になれ」
(なればこの考えが理解できるはずだから)っていうのか、どっちなんでしょう。第三の疑問
私自身は1ではないと思ってるので、そうなると2な可能性が出てくるんですが
それを言ったら邪推の嵐で議論がとんでもないことになるので、ね。
邪推でないのなら、もっと共通の言葉を使って説明・対話した方がいいです。
そういう点では以前の私へのレスは依然「煙に巻かれた」状態。
ほなにレスがないものはまあ、コピペ荒らしさんのせいでログが流れた結果なので、諦めますが。
真剣なのは悪い事ではないと思うのですよ。
ただ、真剣な人っていうのはしばしば自分を疑うことを忘れがちです。
たとえば、>疑うのはそれはきっと悲しいからなんです。 (>>907
816さんがおっしゃってる、自分を疑わないのか?っていうのは、
こういう自分の考えをも疑うってことじゃないですか?
それに対して屁理屈だの難癖だの、ちと早朝からげんなりです。
ただのいちゃもんつけは議論の妨げになるので、
反撃はきちんとした反論でした方が良いですよ。
話はずれの長文で下。

917 :考える名無しさん:01/09/06 09:58 ID:Czhsmgyc
>907
私は現状に満足できないから疑いますが。

918 :考える名無しさん:01/09/09 01:15
1.真理を求めること=哲学
2.真理を求めること、その実質的行為は己の虚栄心について考えるということ
3.真理を知覚するためには、すべての定義・枠組み・存在さえも疑わなければならない
4.
*学問体系に取り込まれ思考停止に陥る者
  *学問体系で得られた結果のみを利用し 一般化してしまう者
  *このような者達を傍観者の視点から捉え、「不毛」「無意味」と断定してしまう者
  ――――― 以上の者の根源的問題は虚栄心にあるという事
           又、彼等がその問題を意識化していない事
5.(2)の理由により(4)の定義にに当てはまる者達は、
  己の虚栄心について考察していないという点で(1)の条件を満たしていないことから、
哲学をしていない(哲学をした気になっている)ものとする

君の言いたい事はこんな感じなのかな?
しかし、せっかく辿り着いた君の真理への道程も
「それも独断に基づいたひとつの枠組みに過ぎない」
といったら、君はどうする?

919 :考える名無しさん:01/09/09 01:16
>>918の続き(長いので分割)

>>328さんはこう書いた
>主体構造からは逃げられない。
>貴方の発言が貴方から離れて存在する事は無い。

それに対する君の答えが>>355
> >>328さんが私の意見を理解して、まとめてくれました。
>「主体構造からは逃げられない。」
>このことについて深い自覚と、こだわりを持って哲学をすることが
>必要なのではありませんか?

また、>>902さんはこう書いた
>「哲学」の他の学問とのおおきな違いは詰め込み式では理解できないってことかな。
>例えば、「数学」とか「物理」なら習う本人がどうあれとにかく公式が使えれば理解した事になる。
>しかし「哲学」は物事の解釈の仕方の学問なので、結果の部分だけを理解しても、
>途中経過がわからないければ思考の推移が解らなければ意味がない。
>これを指摘したいんですね?

これにたいする君のレスが>>905
>哲学は簡単にいうと「すべての枠を疑うもの」です。
>それは不定のループかもしれない。
>だから学問という枠があるなら、それも疑います。
>そして哲学をしてる主体すら疑わなければならないかもしれない。

他には >>882(=816)さんに対する君のレス >>912
>私は自分なりに哲学とは何かを考えました。
>それには疑う過程があります。結果だけみて、「その結果をすぐ疑え」
>なんて言うのは屁理屈です。
>結果じゃありません。過程です。私の疑いの過程のどこに
>疑いきれていない部分があるのかをあなたがきちんと指摘しなければ
>話は進みません。

920 :考える名無しさん:01/09/09 01:21
>>918 >>919 の続き
もっとあげようか?それとも止めようか?
1.主体構造から逃れられないということに賛同しつつも、
  君は「すべての枠組みを疑う事が哲学だ」という
2.「すべての枠組みを疑う事が哲学だ」と言いつつも >>918で挙げたような、
  これが哲学だ、という“枠組み”をつくっている
3.故意に(君の言う所の)不定のループになるような枠組みをつくり、
  君はその背反倫理に気づかない素振りをする
全く人を馬鹿にしているとしか言いようがない
君は、哲学を侮辱し、哲学を学んでいるものを侮辱し、哲学の片鱗にさえ触れず
日常を過ごすものを侮辱し、君自身をも侮辱した
こう書くとまた君は屁理屈で丸め込もうとするんだろうか
理由は知らんが、意図的に君がこういうことをしているのであれば、哲学自体に
関わることを一切やめておしまいなさい、不愉快です
君のこういった方法が恣意的なものでなければ
「己の混乱の渦の中に他人を引きずり込もうとするのはおやめなさい、
己が一人という“孤独”に耐え、真理を求めるべく思考していくことが哲学だ、
というのがあなたの主張ならば」
とだけ言っておくことにします

921 :考える名無しさん:01/09/27 19:19
>>885
の答えがわからないよー(;;

922 :考える名無しさん:01/09/29 14:32
あげ

923 :考える名無しさん:01/09/29 15:07
>>885
床屋は信念を曲げた でも正解になりうる。

床屋は本人の髪は切れない。だから、切らない。もしくは友達に切ってもらった。
も正解になりうる。

すなわち、この問題文は条件が不足しまくっている。
言葉のマジックでもなんでもない。

924 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 10:57
あ、このスレッド読めるようになったね。
今は新しいスレッドを立てました。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=philo&key=1000461968&ls=50
最近はあまり書き込んでいません。

925 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 11:02
>>918
私の意見をまとめてくれてありがとう。
すごいです。。
>しかし、せっかく辿り着いた君の真理への道程も
>「それも独断に基づいたひとつの枠組みに過ぎない」
>といったら、君はどうする?
私はそういう批判なら喜んで聞きたいと思っています。

926 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 11:13
>>920
哲学は自己批判精神。
そして自己破壊精神だと思います。
だから「悲しみ」と表現しました。
私の哲学を表現するために。
私はすべてを侮辱しました。
自分自身も。
こういう危険な行為が哲学だと私は思っています。

私の哲学に不愉快になる人がいるのは当然だと思います。
けれど、私はそれが「哲学」と主張します。
すべてを破壊しながら、「哲学」を建設するなんて矛盾した行為ですね。

でも真の哲学は常に矛盾ととなりあわせかもしれません。

「論理的」なものほど分かりやすいものはないけど、人間は「それ以上」
だと思います。

>2.「すべての枠組みを疑う事が哲学だ」と言いつつも >>918で挙げたような、
>  これが哲学だ、という“枠組み”をつくっている
枠組みはないと思います。
「枠組みはない」という「枠組み」は結局トートロジーで、無意味な
主張だと思います。
「枠組み」という観点以外のところから、私を相対化して欲しいです。
それには私の
「哲学者はただ他人の賞讃が欲しいだけ」
という主張を正面から受け止める必要があると思います。
これは非常に批判がしにくいから、従来の哲学の枠だけでは
「批判」なんてできないと思います。
なぜならそういう行為自体が虚栄心だと私は主張しているから。

927 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 11:22
>>920
私も常に自分自身を不信の目でみることはやめるつもりは
ありません。
それが哲学だと思います。

もちろん、
そういう
「すべてを不信の目でながめる自分」を不信の目でみる
ということも含めてです。

私が言えるのはここまでです。

哲学は絶対的に一人でするものだから、それ以上の責任は私には
負えません。

928 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 11:28
そうなると、なぜ
「このスレッドを立てたのか」
という問題が出てくると思うけど、

それはみんなの意見が聞きたかったからです。
私は話し合うことの意義を認めています。
でもそれは私の哲学から出てくるというより、
私の倫理観です。
とても矛盾してるけど。

だけど、今はもうあまりみんなに「主張したいこと」は
なくなりつつあります。
もっと難しい問題に気がついたから。

929 :gu_min:01/09/30 11:30
えーっと。
一言だけ。
まだやってたのか?

930 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 11:37
>>915
元算の哲学が分かりました。
元算さんの哲学が「無駄な物はない」だとすると、
私の哲学は「すべては無駄かもしれない」なのかもしれません。

だけど、私の「すべては無駄かもしれない」はまだ疑っている途中で
結論は出していません。「無駄」とも「無駄でない」とも。
ただそういう疑いの姿勢が、「大学での哲学」には決定的に欠けていると
感じます。だから私はそういうものは、結果としては「無駄」とは言えないかも
しれないけど、現段階の過程で「無駄」と主張します。

「無駄なものはない」という思想は今の私にはとても理解できません。

931 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 11:44
>>916
自分自身も疑っています。
私のここまでの話は、特に「自己とか他者」という枠組みで
話していません。
そこまで到達する以前の話です。

932 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 11:59
1.の主張を端的に言うと、
「西洋の“偉い”人の前で萎縮してるだけの人たち」
「西洋の“偉い”人を崇拝してるだけの人たち」

哲学とは何か忘れてしまった人たちです。
そういう人たちは
「自分の頭で一人で考えることが真の哲学」
ということを忘れてしまっています。
もしくは意図的に放棄しています。

それは「臆病」と日本のよくない教育のせいだと思う。
そして、自分の頭で考えることを放棄してるうちは、自己をみつめる
という哲学の核心的な部分から逃れることができるし、他人の頭で
考えているので、どんどん「発展」していく気がするのもうなづけます。
そして
野放しにされたままの肥大した自己の虚栄心にしたがって、借り物の剣で他者を斬りつける
という恐ろしい人間が量産されています。
こういう状況に賛成なんてできません。

自己をみつめることが哲学だと思うし、そうすれば、
「真理の前には人は平等」ということも分かるはずです。
そうすれば安易に「馬鹿」なんて言葉は絶対に出てこないはず。

自己批判を放棄した結果が、肥大した虚栄心です。

933 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 12:06
哲学が
「ある西洋人の〜の意見についての〜の解釈の〜性」
なんてものだけであるとしている、今の日本は
哲学からは程遠いものだし、
現実に日本からはほとんど何の哲学もうまれていません。
それはこういう馬鹿げた状況のせいです。
この恐ろしい状況は哲学を志したことのある人なら気付いてる
はず。
それなのに、
2ちゃんねるですら、この問題が話されないなんて、
この問題の根深さを感じました。
それは本当に哲学を志す人は「日本の哲学」には興味を持たなく、
「言論オタク」が哲学科に集まるせいだと感じます(みんなの悪口じゃありません)。

悪循環です。

それから「穏健」という言葉で
自分の「臆病さ」「自分さえよければどうでもいいという個人主義」
を合理化してる人のせいでもあると思います。
ここはこのスレッドでマジレスしてくれた人にたいする私の意見です。

934 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 12:09
本当に哲学を始める=自己をみつめる場合、
ほとんど最初の一歩が
「自分の虚栄心」だと思うけど、
その「虚栄心」がここまで肥大してるのは、

哲学が一切されていないのに、哲学科という恐ろしい
場所のせいだと思います。

935 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 12:13
こういう醜悪な状況を直感的に感じ取った
人が
2.安易なメタ批判、「哲学なんて無意味」
になります。

これが今の日本の状況だと思います。

最後に私の主張をまとめました。

936 :考える名無しさん:01/09/30 12:15
どうでも、いいけど悲しみさんはHNとは裏腹に
パワフルな人だなあ、切々と自分の自論を説いて
いろんな人間にレス返して、
何か、人に伝えたい、理解してもらいたい、何かがあるんだろうな。
ある意味情熱的ですな。

937 :考える名無しさん:01/09/30 12:46
悲しみよ、あんたのいってる事、それを伝える手法、悪用できるよ。
それはどうするの?
結局駄目じゃないか。
あとさ、「虚栄心」これも駄目。駄目も駄目まったく駄目。
見込み無し。
あんたのいってる事には「原罪」の観念が含まれてる。
つまり人間にはどうしようもできない虚栄心があって日々
それを克服しながら思考するそれが哲学。

それはさ、哲学じゃないよ。悟れっていってるんだよ。
だから誰も納得しない。いいかいここが大事だ何が哲学かが問題じゃない
それをなぜ納得しないのが問題。
いっとくがこれからどんなに言を尽くしても駄目、
今から「生活のすべて」を捨て寺に行きなさいっていってあんたいくか?
あぁ、それはしなきゃらならない事だからっていうので逃げるのなしな。
それからそれは逃げるって事でないっていうのもなしな。
世の中どうしても伝えなくちゃいけない事があっても
そうやって手段が駄目だと伝わらない、これ真理ね。
で、あんたはやり方が駄目だから伝わらない。
0点だよ。

938 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 12:53
>>937
とても参考になります。
私も最近そう感じます。
「伝わらない」
ということの方が、虚栄心を考えることより、
もっと大きな問題かもしれないって。>>928
「もっと難しいこと」と書いたのはこの意味です。

「伝えること」って大切なんですね。

939 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 13:03
私の真理が理解できない人間は
死ねばいいとなったら、
これは「ファシズム」だから。
だから話をすることが大切なのかもしれない。

940 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 13:23
本を残してない偉人がたくさんいたと思う。

本を残してる偉人(カント、ヘーゲル、ニーチェ…)
こういう人たちは要するに良くて2流。
それを崇めている人たちは3流以下。

今の歴史教育がおかしいと思う。

941 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/09/30 13:26
自分の目で見て、自分の頭で考えたい。

942 :考える名無しさん:01/09/30 13:36
ださいょ

943 :gu_min:01/09/30 13:53
俺も混ぜて!

944 :考える名無しさん:01/09/30 14:24

1・安易な傾倒
虚栄心の固まりの人。自己顕示欲。
他者を見下したいだけ。賞讃が欲しいだけ。
知的不誠実。 無知から来る不安。
があたる。やっぱ哲学やるべきじゃないんですね。
でも哲学やってるのではなくて、哲学書読んでるだけですけど。
どっちにしても腐れ厨房ですねぇ。

945 :考える名無しさん:01/09/30 14:28
>>940
本を残してる残してないじゃないと思うのですが、
崇めてるだけで自分では何も考えない人は三流以下に同意です。

946 :考える名無しさん:01/09/30 15:59
ジサクジエンもお手のもの、ですか

947 :悲しみ ◆7P44pfbg :01/10/01 01:04
死を経験した人間なんていない。
だから死は存在しないのかな?
でも恐いよね。
哲学は死にたいする恐怖も根底にある気がします。

948 :考える名無しさん:01/10/01 14:18
もの凄く、自己の感情が立脚点になってるような・・・
しかも、それが強調されてる感じですね。
それを、飾るように理論がちりばめられてる。
あなた自身が感性の強い方なのかもしれませんが・・
しかし、誤解しないで下さい、私は貴女の言う事も正しいと思います。
哲学は披露したり、自己顕示欲に使うべきではない!とか

本当の意味での、思考哲学する者の「生きる」というものの根底からの
思想というには、あまりにもお粗末だと言いたいのでしょう。
私も思います。しかしそこまで生命や、精神の存在危機に直面した経験のない人間に
それが、理解しうるでしょうか?そしてそれを語れるでしょうか?
もし語ったとしても、それは想像したり、どこからか持ち出した言葉をオウム(鳥の)の様に
繰り返すだけ、血も、命もかよっていません。
もしかしたら、あなたは体験した事の無い人間達に、それを語れと要求してるのかも
しれません。あるいは、語りたくない者にそれを語ってくれと言ってるのかも・・・

あなたは、とても感性的だ。思考一辺倒で凝り固まってしまった人間には
あなたの、その豊な感受性を含んでる言葉は理解しにくいものなのかもしれません。
もしかしたら、したくないのかもしれない(笑

949 :生活教徒:01/10/01 15:10
人間は感情の生き物なんだから、感情に任せて喋ってよし!

950 :考える名無しさん:01/10/01 15:16
人間は感情をおさえられる生き物なんだから、抑えてもよし!

951 :生活教徒:01/10/01 15:16
でも、ニーチェやカントやヘーゲルは二流か?
じゃあ一流って誰さ。

952 :考える名無しさん:01/10/01 16:31
やっぱ死に直面しなきゃ駄目です

953 :考える名無しさん:01/10/01 19:33
悲しみに向けてレスしようとすると、カウンセリングになっちまう。。。
せめてコロコロ変る主張に論理的支柱がありゃいいんだが。
やっぱ人生相談板で周囲を見下げてる方がお似合いだな。。。

954 :考える名無しさん:01/10/04 09:34
悲しみよあんた甘い。甘い。悲しみが哲学の元だとか。
あんたそうやってずっと哲学の名の元に逃げてるんだ。
もっと真剣に考えてみろよ。

955 :考える名無しさん:01/10/04 10:34
>1 そうです。
哲学=「我々は何処からきたか? 我々は何処へ逝くのか?
    我々とは何か?」
ムロンその根源は、「私」は折角生まれてきたのに、何故
必ず死ななければならないのか? という悲痛な疑問です。
その疑問ゆえに、
「私」はいまここに在るようだが、ホントウに在るのか?
「私」は生まれてきたようだが、何時どのようにか?
「私」は死ぬのだが、死ぬとはどういうことか?
「私」とはいったい何なのか?  ・・・等々を
トコトン問わずにはおれない。それが哲学です。

956 :j:01/10/06 23:39
 ソフィストは真実を語らないといいます。ソフィとはソフィーマルソーではありません。
 ソフィというものがあり、その信奉者がソフィストです。
 ソフィに対立するものにロゴスというものがあるようですが、どういう意味なのか不明です。
 哲学議論では、こういう言葉の意味を理解していないとどうにもならないのですが、これがまた困難です。
 抽象的な概念を文字だけから理解するというのはうまくいきません。
 文章の前後から想像するしかないのです。
 難しい言葉を使用して議論をするのは、いかにも賢いように見えますが、それは一種の逃げであり、ごまかしです。
 スラム街独特の一般的でないスラングを多用して、暗号のように意味を悟られまいとすることと同じです。
 本当に議論をしたいのであれば、誰もが知っている一般的な言葉を使ってもできるものであり、あえて難しい言葉や、外国語を使用するのは、はじめから議論する気がないことを示しています。
 難しい言葉を使えば立派だということはないのです。
 このことが役人にはわからないようです。
 むしろわかっていて、故意にそういうことをして責任逃れをするのでしょう。

957 :考える名無しさん:01/10/06 23:45
そろそろ1000!
おっとゴルゴにやられちまいそうだぜ。

958 :考える名無しさん:01/10/06 23:47
はよ下がらんかのー。

959 :考える名無しさん :01/10/11 21:29
959!

960 :愚民撲滅:01/10/20 04:01
哲学おまんこ

961 :考える名無しさん:01/10/20 15:37
>>956
落語の『寿限無』を知ってるか?
日常用語で全てを長ったらしく説明しろってか?
一々、概念を日常用語で指定するのか?
あんたの貧困なボキャブラリーに合わせろってか?

おまえの様な奴は数学と哲学を切り離して考えているのだろうな。
論理学も日常用語で語れと言うのかな?

そも、小難しい用語を使う事を偉そうと感じてしまう事自体ドキュソ。

962 :神のDNA:01/10/20 23:00
926  
>哲学者はただ他人の賞讃が欲しいだけ」
という主張を正面から受け止める必要があると思います。

これは、あなたは全ての哲学者と友達なのかね?(笑)

940・941
>本を残してる偉人(カント、ヘーゲル、ニーチェ…)
こういう人たちは要するに良くて2流。

君は中途半端なんだよ。

本を残す残さないなんて、それがどうして価値基準になりえるわけ?

重要なのは、内容なんだよ。

本当にすごい物の”すごさ”を知れ。

君の理解のレベルでそれらの人間を語るな。

君の述べる概要は、間違っているとは言ってない。

ただ君は、関係ないことまで含めて批判的態度をとっている。

頭の整理が甘いから、似たように見えることが混同してしまっている。

それこそが安易だよ。

部分によっては、いい事を言っている。

でも君は中途半端がゆえ、

致命的な勘違いをしているため、やぱり思想が破滅している。



963 :考える名無しさん:01/10/21 00:38
学問は全て好奇心と必要性からうまれたのでゅは

407 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)