5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

議論「死刑制度に反対ですか賛成ですか?」

1 :どっきゅそ:01/12/05 00:40
みなさんどう考えます?
法的見地、人道的見地などから意見お聞かせください。

2 :考える名無しさん:01/12/05 00:56
現代人間社会を運営していくという見地からすれば、無いよりも有る方がマシかと。
個人的には、無い方が嬉しいけど。

3 :考える名無しさん:01/12/05 00:58
死刑と無期懲役の意味するところはなんなのだろう。

4 :どっきゅそ:01/12/05 00:59
カキコありがとうございます。
個人的には、無いほうが嬉しいけど、というのが
よく分からないんですけど。

5 :二酉:01/12/05 01:22
個人的に『ユートピア』のように死刑の代りに死ぬまで強制労働させたいでし。
一日2円じゃなく(今はもっと多い?)、普通くらいの報酬を出すので
それでしっかり賠償その他をさせるが吉にゅ。
ついでに無期懲役と死刑の間に終身刑も欲しいでし。
でも単なる飼い殺しは税金の無駄なので扱いは↑と同様推奨。

6 :考える名無しさん:01/12/05 01:40
以前ニュースで受刑者に課す仕事が無いとかなんとかいってたのう。

7 :2:01/12/05 02:31
>>4
「個人的には無い方が嬉しい」理由は主に2つあります。
1つは、人が死刑になったというニュースを聞いたときに私個人に湧き上がる感情が嫌いだから。
もう1つは、死刑制度が無かった場合、「死刑制度があったなら死刑になっているはずの人間が私に害を及ぼす可能性」のデメリットより、「私が死刑にならない」メリットの方が大きいと感じるからです。
いずれもごく個人的な話で、論理性に乏しいのでsageレス。

8 :考える名無しさん:01/12/05 04:33
我いまだ生を知らず、いずくんぞ死刑の是非を知らんや。

9 :くまったくまったくまったな〜:01/12/05 09:58
哲学とは関係ないけど
犯罪者は抹殺 その血族は収容所に隔離という方法が効率的&経済的と思われ
まあ誤審が無いと仮定しなければ全く役にたたないんだけど…

10 :考える名無しさん:01/12/05 10:35
死刑にするのなら実験用人間として使った方がいいと思う。
死刑にするってことで人間の尊厳を奪ってるんだから
それならもっと役に立つ方法でやっつけた方が社会のため。
どうせ社会を納得させるためだけに処刑するんだから。
個人的には死刑反対だけど、どうせやるなら徹底的にやって欲しい。

11 :弁証法的理性批判放棄:01/12/05 11:07
みんな懲役刑だと税金掛かるから死刑は一応あって結構です。
つーかなんで死刑は別にいいのに公開処刑だといやなんだろ。
超低俗な答えでした。

12 :あの亀が、ねえ。:01/12/05 11:09
法相に死刑執行停止申し入れ 廃止議連の亀井会長
http://www.asahi.com/politics/update/1205/003.html
超党派の国会議員74人でつくる「死刑廃止議員連盟」会長の亀井静香代議士が4日、
法務省で森山真弓法相に面会し、死刑を執行しないよう強く申し入れた。
森山法相は「大変難しいことだが、慎重に考える」と応じた。

 亀井氏らは、韓国や台湾に死刑廃止の動きがあることを引きながら
「死刑廃止が世界の潮流。当面、執行しないでほしい」と要望した。
議連メンバーのうち、上田勇・元法務政務次官(公明)ら7議員が同席した。

 死刑廃止議連は、日本で一時中断されていた死刑執行が
3年4カ月ぶりに再開された翌年の94年に発足。
死刑の執行は昨年11月末以来、1年以上ないが、
国会閉会中や最終日に行われることが多い。
いまの臨時国会が7日に閉会することから、
「執行が近いのでは」と危機感を募らせ、この日申し入れた。(09:26)

13 :ぴかぁ〜:01/12/05 11:22
死刑制度か...
これはなかなむずかしいよね...
倫理の問題だから...
みんなでよく話し合って決めればいい...

14 :考える名無しさん:01/12/05 13:43
>>12というより>>死刑廃止議員連盟

ざけんなコラ。
死刑廃止したいんだったら、すべきことは、法相に死刑執行しないよう申し入れることじゃなくて、法改正に尽力することだろーが!
国会議員ともあろーもんが、法相に、「法破ってください」とかお願いしててどーすんだタコ!
どーせこんな道理も全部わかってるくせに、世論を味方につけるためにこんなことやってる死刑廃止議連と、世論を敵に回すのが怖くて「慎重に考える」としか言えない法相!
もーーーーーーーホントやだ!!!

なーんて、吼えちゃいました。

15 :生活教徒:01/12/05 13:52
無い方が嬉しい。
人間は罪を犯しても変われる可能性があるから。
でもなきゃないで困るんだろうなあ。
やっぱ島流しが良いね。

16 :ぴかぁ〜:01/12/05 13:55
自己申請方式にすれば...
島流しか...死刑か...
これってよくねぇ〜?

17 :考える名無しさん:01/12/05 14:08
それって、大多数が島流しを選んじゃうから、あんま意味ないんでは…。
つーか、ぴかぁ〜さん今日なんか荒れてない?

18 :ぴかぁ〜:01/12/05 14:31
>>17
そうかなぁ...
おいらは死刑を選ぶなぁ〜

>つーか、ぴかぁ〜さん今日なんか荒れてない?
朝、カルシュウム飲んできたんだけどなぁ〜...

19 :考える名無しさん:01/12/05 15:20
死刑を表向き
「ひどい拷問でなぶり殺す」としておく。
もしくは、政府が先導して「噂」として流す。こっちの方が無難。
でも、実態はいままでの死刑と同じ。

刑罰の目的は抑止力だから。

20 :考える名無しさん:01/12/05 15:21
どうせ死刑になる人間だから、実態が明かされる事は無い。

21 :考える名無しさん:01/12/05 15:32
死刑!あれはマジ勘弁してほしい! 
立ち直れません!

22 :じゅぶないる:01/12/05 16:39
とてもエグいアイデアなんだけど、
将来、脳医学とバーチャルリアリティが発達したらさ、
極刑の受刑者の頭蓋骨を切開して脳ミソに電極を取り付けて、
受刑者の記憶をもとに、事件の内容を再現させるのね。
そして自分がどんな罪を犯したのかを再認識させた後で、
今度は被害者側の状況を仮想体験下ですべての感覚器官
を実感させるの。受刑者の脳ミソに電流を流してね。
薬剤による死刑執行方法とどちらが人道的かは、ギモン
の残るところだけど、頭蓋骨を切開して脳ミソに電極を取り付けて、
云々のところは猟奇的で生理的嫌悪感がこみあげてきちゃうから、
将来、脳医学とバーチャルリアリティの技術が発展して、無切開で
可能な技術でクリアできたら、特許とれるかなぁ?
SF映画のネタとしても使えるかもねー。

23 :考える名無しさん:01/12/05 18:24
死んで罪を償うより一生かかって強制労働なりなんなりで賠償していく方が良いと思う。
罪を金に換算するのはおかしいけどそれが一番ベターなんじゃないかな。

24 :考える名無しさん:01/12/05 21:57
懲役200年とかって言い渡されるくらいなら、死刑の方がいい。
前者のほうが、より絶望的だから。(「ショーシャンクの空に」から)

25 :考える名無しさん:01/12/05 22:02
死ぬほうがマシってあるからね

26 :Iridium:01/12/05 23:16
刑務所を公開して、入場者から入場料を取る。
犯罪とは何かを知るために小・中学生は義務的に
見学しなくてはならない。

27 :考える名無しさん:01/12/05 23:28
ふむふむ。
それいいですね。ただ小学生にはきついかも・・・。
社会科見学は楽しい想い出にもならないといけませんから。

28 :考える名無しさん:01/12/09 09:30
死刑は基本的にはないほうがいい。(冤罪の防止とかの理由で)
しかしそれでも死刑に値する犯罪はあると思うので
死刑制度はなるべく使わない形で存続させた方がいいと思う。

29 :ブロードキャスト:01/12/09 09:46
廃止すべきでしょう。
抑止力がないんだから余計不必要でしょう。
人殺しはだめで、どうして死刑はいいのか?
被害者の気持ちを考えれば妥当だ、とか言う受けれど、
そういう形で気持ちすっきりさせるもんじゃないだろう。
禁固200年でも1世紀でも入れて更正させるべきだろう。
人といううものは変われるのだから。

30 :考える名無しさん:01/12/09 11:57
死刑は意味がないでしょう。私個人死刑があろうとも、
やらざるを得ぬときはやると考えられますから、抑止力は絶望的に無い。
抑止力を信じている人々は死刑と便益と客観的な比較分析して理解していない結果だし。
その結果、死刑が存続していることが生み出した物は本○と言う鬼畜キティ
とそれを信奉している少年犯罪板やマスコミ板の住人であるキティ本○信者の横行であるだけである(w

31 :ミラクル☆ポンチ:01/12/09 18:05
ショーシャンクの空には面白かったなあ。

永山則夫は死刑されるべきだったのだろうか。
私的には生きていて欲しかった。彼が生きてたら倫理学界に旋風を巻き起こしていたかもしれないしね。
そんなことないかな。

刑罰がただの応報と考えるなら、刑を緩めた場合、
被害者の苦痛が今までより軽く見られるようになったってことになるんじゃないかな。

死刑を求刑する被害者の身になってみないと、どうね・・・。

32 :考える名無しさん:01/12/09 18:12
懲役100年とか200年とかで、もうどうやっても絶対出て来れないって事になったら、
さっさと殺した方が効率的だと思う。
どーせ極悪犯には獄中で仕事させられないし、飯とか独房とかの割り当て考えたら、さっさと殺した方が良し。

つーかそもそ一部の犯罪を法で裁く事自体ナンセンスだと思う。
殺意の対象が父親だったりした場合、大抵罪は重くなるけど、冷静に考えれば親殺しはニ度しか発生しないべや。
二人しか親がいないんだから、それ以上殺す相手いなくなるんだし。
その時点で殺したい奴を全員殺し終わった犯罪者は無害。
だけど現行の法律では、そういう奴を何十年も刑務所に入れとく。
んな明らかに冤罪でない場合で、死ぬまで出てこられないなら、さっさと殺せや。

なんで俺様が汗水たらして稼いだ金の一部を、犯罪者に使ってやらないかんのだ。

33 :考える名無しさん:01/12/10 16:21
>なんで俺様が汗水たらして稼いだ金の一部を、犯罪者に使ってやらないかんのだ。
お前が使うよりは有意義の使われていると思うけどな(w
試験問題とかはあそこで刷られてるんだから。(懲役の場合はな。)
しかし被害者を重視しすぎると>>30の言ってるように被害者はドキュソに走るから問題なんだよ。
被害者の行動も法律で規制できないかなとか思うのだが。

34 :考える名無しさん:01/12/10 16:52
死刑でいいよ。被害者遺族の気持ちを考えたら(考えても分からないけど
やられた方法と同じ事して殺してやりたいくらいだね。
殺人犯した奴に人権なんてねいですよ。
そいつが死んだら、少しは許せるような気もする(死んで詫びろ

35 :考える名無しさん:01/12/10 17:11
というわけでキティガイ34をまずは処分しましょう。
このような人間こそが社会に不必要なんだと思うのだが。

36 :考える名無しさん:01/12/10 17:20
>>35
あなたはやられた側の気持ちを考えた事がありますか?

37 :考える名無しさん:01/12/10 17:29
殺人者がいくら善人になろうと罪は消えない。
殺人はどうやっても償いようがない。

38 :35じゃないけど:01/12/10 17:30
>36
そういう貴方は、やられた側は何故やられたか客観的に理解できますか?
加害者の気持ちも同じように理解できますか?
被害者、被害者って加害者側の感情も考えたことありますか?

39 :考える名無しさん:01/12/10 17:34
被害者の遺族ががいくら加害者を死刑にしようと被害者は返ってこない。
被害者の被害を受けた失敗は当然追求すべきなのに追及しようとしない。
あるのは被害者の遺族とそれに同調することで隠れ蓑にするサド達の下卑た
満足感を死刑はそのものに提供するだけ。

40 :考える名無しさん:01/12/10 17:35
>>38
加害者の感情?被害者より加害者の事を考えなきゃいけないんでしょうか
何故やられたかなんて事件によって違うのでなんとも言えませんね。

41 :38:01/12/10 17:43
>>38
すこしは客観的に考えることは貴方はできるように見えますが。
根本的に貴方は間違っているのは考える、配慮すると言うことに関して、
被害者を加害者に優先させるいうのが客観性を欠いて間違ってますね。
その点では双方ともに平等でどちらも優先すべきではありません。
被害者のこと考えることができるのなら何故加害者を同じ程度に考慮する
ことができないのでしょうか?

42 :考える名無しさん:01/12/10 17:52
超ベタな事言うけど、自分の親や兄弟が何の理由もなく殺されても
言えるわけ?「被害者も加害者も平等」だとか
アホ?自己陶酔の甘ったれた理論でしかないよ。平等だとか配慮だとか

43 :38:01/12/10 18:03
>自分の親や兄弟が何の理由もなく殺されても
>言えるわけ?
言えるとか言う問題でなく。言うべきということです。
つまりそのように努力することが重要な点なのです。
つまり貴方の反論は反論になってませんし、論点をずらしています。

真の甘ったれた理論は節度をなくした被害者側の鬼畜な感情を擁護するものです。
そもそも鬼畜というものを放任するというのは無政府と全く同じで机上の空論です。

44 :考える名無しさん:01/12/10 18:12
>>43
あんたの考えはまぁ分かった。底の浅い理論だな。脳内理論。犯罪について考えたことないでしょ?
論点をずらしてるって、「殺された人間」と「殺した人間」って事が全てなんじゃないの?
言えるとか言う問題じゃないってなに?
で、あなたは身内が殺されても「言える」の?言うべきだと思ってられる、と思う?

45 :考える名無しさん:01/12/10 18:15
厨房って、「論点をずらす」って言葉好きだよな

46 :38:01/12/10 18:37
>>44
>「殺された人間」と「殺した人間」って事が全てなんじゃないの?
だからですよ。このような法、政治といった分野の問題は、
言える言えないという問題でなくどうあるべきかと言う問題なのですよ。
つまり身内を殺されてもそう節度を守る努力するべきであるというのが
肝要なのです。貴方の机上の空論は本当に軽い深く客観的に考えた帰結で無いと言うのがよく理解しました。

47 :考える名無しさん:01/12/10 18:41
>>46
キミは犯罪について少しでも調べたことがあるかい?
どういう殺され方をしたとかさ。知ってる?

48 :38:01/12/10 18:51
>>47
>キミは犯罪について少しでも調べたことがあるかい?
>どういう殺され方をしたとかさ。知ってる?
あるよ。どういう殺しかたされたかは時と場合より、
要するに事件によってそれぞれ違うけど。
どの事件のことを具体的に指してるの?
それを示していないとなると、貴方は全然様々な事件の考察を客観的に
見ていない証拠になりますね。

49 :考える名無しさん:01/12/10 18:56
>>48
たとえば女子高生コンクリ詰め殺人事件とかさ、栃木のリンチ殺人事件とか、チカチーロでもエドワードゲインでも何でもいいけど。
ああいうのも死刑は無しって主張するのかな?

50 :さなばびっち:01/12/10 18:57
全人類がすべて 犯罪を犯さなければ 死刑制度や刑罰は全く不用。
これは 理想論

不完全な存在である 現在の人類は その一部の人間は、必ず 重大な犯罪を犯す。

死刑制度が 重大犯罪を ほんの少しでも抑止する効果があるなら
それを 認めるべきである

51 :38:01/12/10 19:05
>>49

そうですね。廃止すべきですね。
無論、大量虐殺など通常犯罪で無い場合、
事態の早急性もありその場合は死刑は容認せざるを得ませんが。
その場合も死刑を執行する場合本人の自尊心を尊重して
自殺刑(切腹、薬酒飲酒など)を認めるべきですね。
だたし本人がそれをも拒否した場合通例どおり刑を執行すべきだと思いますが。

52 :考える名無しさん:01/12/10 19:11
このスレを読んで、死刑を支持するのをやめました。

53 :考える名無しさん:01/12/10 19:14
>>51
もうどうでも良くなってきた。なに言っても人の意見聞き入れる気ないでしょ?
まぁ法が決める事だし。
あとね、無理して漢字使いすぎ。

54 :考える名無しさん:01/12/10 19:21
>53
オマエモナー

55 :さなばびっち:01/12/10 19:25
冤罪によって 無実の人間が 死刑執行されてしまう弊害は
この 議論では 無いものと 仮定しましょう

56 :考える名無しさん:01/12/11 03:56
これからの日本は、間違いなく今よりも殺伐としたものとなって
犯罪率は急増するであろうから
抑止力としての死刑は必要だと思う。

57 :考える名無しさん:01/12/11 07:32
>>56
>抑止力としての死刑は必要だと思う。

ん?>>29さんが言うには死刑の抑止力はほとんど無いみたいだけど?

>>50
>死刑制度が 重大犯罪を ほんの少しでも抑止する効果があるなら それを 認めるべきである

ほんの少しでも?何故?

58 :考える名無しさん:01/12/11 08:53
法を守ってこその人権ですよ
法を守らない人は人権からも守られません

59 : :01/12/11 09:58
>>58
人権から守られるために法を守るという理屈になり、おかしい。

60 :考える名無しさん:01/12/11 10:49
>>59
おかしくねべさ〜♪
「人権から守られるタメに法を守ってる」と思っとるよ
ほっといても人は人を殺すんだー、今の日本で社会的に生きていけない奴は「人間」に成り得ないんだべ〜

61 :   :01/12/11 12:28
基本的には、死刑制度は存続してほしいですね。
でも、死刑制度と冤罪との葛藤は避けられないものがある。
もし、死刑制度をはいするなら現状は無い終身刑にしないとね。
今の、無期懲役は真面目に勤めていれば15年程度で仮釈放されるから
死刑制度を廃止するなら仮釈放の認められない終身刑が必要だね。
コレの問題点は、経費だね終身刑にかかる費用は、数千万ではすまないでしょうね。
数億はかかるでしょう。
これらの費用をかけるだけの価値があるかどうか・・・
ちなみに、死刑制度による犯罪への抑止力はほとんど無いでしょうね。
死刑になるような、犯罪をする人はそんな事を関係ないと思いますよ。
死刑制度の唯一の問題は、冤罪での取り返しのつかない死刑です。
それ以外の、人権的、人道的問題はなんらない!

62 : :01/12/11 12:42
>冤罪によって 無実の人間が 死刑執行されてしまう弊害は
>この 議論では 無いものと 仮定しましょう
死刑制度での一番の問題点はそこだと思うよ?
それを、議論しないと死刑制度の議論にならないと思うんだけどね。

63 :考える名無しさん:01/12/11 12:48
>>57
じゃあこう言い換えようか?
まあ人権屋に何を言っても無駄だとは思うが。

これからの日本は、間違いなく今よりも殺伐としたものとなって
犯罪率は急増するであろうから
刑務所の経費節減策としての死刑は必要だと思う。

64 :建前として:01/12/11 13:04
人権は,「国家からの自由」であって,法律をしても侵し得ない権利であるとされる
なぜなら,それは人が生まれながらにしてもつ前国家的な自然権だからである

65 :38:01/12/11 16:40
>>63
死刑存続サド屋に何を言っても無駄でしょうが。
>>53のように論破されたからと言って
議論はおろか人の意見を聞こうとしない人たちでしょうから。

死刑を存続していけば、人が死刑されることによる快感を味わうものが非常に
増え、それこそ死刑によらず一線を超えて人を殺める人々も増えることでしょう。
本当に犯罪を減少をさせるには、国民一人一人が犯罪に巻き込まれないように
気をつけることが一番早道です。
犯罪が急増するとか煽る人々こそ実際に犯罪を増やそうとする結果になるのです。

刑務所に対する費用を懲役する人々の給料も上げる目的も当然必要と考えられますし、
その総費用を公共投資として経済政策の一環としてやるべきだと思います。
それを否定するのは既に経済学では敗れ去った反ケインズの学者だけでしょう。

66 :考える名無しさん:01/12/11 17:05
>>65
論破とか思ってんだこの人・・・

67 :考える名無しさん:01/12/11 17:09
↑負け犬が騒いでいるな、論破されたことを図星に指摘されて...

68 :考える名無しさん:01/12/11 17:09
>本当に犯罪を減少をさせるには、国民一人一人が犯罪に巻き込まれないように
>気をつけることが一番早道です。

その具体策は?

69 : :01/12/11 17:12
>死刑を存続していけば、人が死刑されることによる快感を味わうものが非常に
>増え、それこそ死刑によらず一線を超えて人を殺める人々も増えることでしょう。
死刑される事による快感?
なんですかそれは?公開死刑でも、する気なの?
これは、こじつけといか思えないね。
>本当に犯罪を減少をさせるには、国民一人一人が犯罪に巻き込まれないように
>気をつけることが一番早道です。
なるほど、犯罪に巻きこまれてもそれは個人の責任というわけですか・・・
おちおち、生活もできないね。
危険な所には、近寄らないなどの予防策はできるがそれには限界があるでしょう?
>犯罪が急増するとか煽る人々こそ実際に犯罪を増やそうとする結果になるのです。
それもあるかもね。
でも、犯罪は急増するわけないと何も考えない人々は犯罪を増やす結果にはならないのかい?

70 :考える名無しさん:01/12/11 17:12
はいはい、、論破とか言っちゃってカコイイね、、

71 :考える名無しさん:01/12/11 17:24
なんか論破って言葉に過剰反応示す人いるんですけど、、、
「言い負ける」って言わせたいの?

72 :38:01/12/11 17:26
>その具体策は?
犯罪は多種多様、時と場合よると理解することが具体策である。

>なんですかそれは?公開死刑でも、する気なの?
そのほうがこじつけですね。死刑にされるという情報自体
彼らサドのものたちは意味があるのです。
その証拠に死刑を支持しているのです。
>危険な所には、近寄らないなどの予防策はできるがそれには限界があるでしょう?
その辺は、客観的に物事を考えられる人のようですね。
限界があるからこそ法が在るのです。何も処罰そのものを否定しているのでなく
行き過ぎた処罰、死刑を否定しているのです。

>でも、犯罪は急増するわけないと何も考えない人々は犯罪を増やす結果にはならないのかい?
だからこそ、何よりも予防策を常に意識して実行するのが肝要なのです。

73 :考える名無しさん:01/12/11 17:36
>犯罪は多種多様、時と場合よると理解することが具体策である。
それ具体策になってないじゃん・・・
普通に道歩いてて通り魔に意味もなく刺される。予防なんて出来ない。
たまたまそこに居たから殺された人達に失礼だとは思わないのか・・

74 :38:01/12/11 17:43
>たまたまそこに居たから殺された人達に失礼だとは思わないのか・・
だから多種多様だと言ってるのだ。
その場合被害者に責任が無いかもしれないが、
それでも死刑は必要ないな。

75 : :01/12/11 17:52
>死刑にされるという情報自体彼らサドのものたちは意味があるのです。
そんな死刑情報が何百件あったとしても、一殺人事件の情報の方が
間違い無く影響があると思いますよ。
それに、そんなこと言っていたら、メディア、出版活動は何もできなくなるよ。
>その証拠に死刑を支持しているのです。
その証拠というのはいただけないですね。これが、まさにこじつけだと思います。
>その辺は、客観的に物事を考えられる人のようですね
ありがとうございます。
>何も処罰そのものを否定しているのでなく
>行き過ぎた処罰、死刑を否定しているのです。
加害者の人権を擁護して、被害者無視の行き過ぎない処罰の方が
今は問題だと思いますけどね。
死刑も、一つの処罰でしかないよ。それ以上でも、それ以下でもないです。
>だからこそ、何よりも予防策を常に意識して実行するのが肝要なのです。
確かに予防策を常に意識して実行するのは必要だね。
でも、それが死刑廃止論を容認する事にはならないでしょ。

76 :子連れ狼:01/12/11 17:52
かたき討ち制度をフッカツしませう。      元子役、元議員 西川和孝受刑者  ちゃ〜ん  アワレ

77 : :01/12/11 17:54
>それでも死刑は必要ないな。
その理由は?
前に、説明してあるならその番号を教えて下さい。
読みますから・・・

78 :考える名無しさん:01/12/11 17:55
死刑制度は論理ではない、心情である。

79 :38:01/12/11 18:02
>そんな死刑情報が何百件あったとしても、一殺人事件の情報の方が
>間違い無く影響があると思いますよ。
そのような人たちは人が死ぬということに変わりは無いですから、
それらは彼らにとって等価になります。
>それに、そんなこと言っていたら、メディア、出版活動は何もできなくなるよ。
ある程度制限するべきかもしれませんね。マスコミは現在はやりたい放題ですし。
ネット上なんてしかるべき法がないのですから。
無論、言論の自由も重要でうまく折衷を考えなければなりませんね。

>加害者の人権を擁護して、被害者無視の行き過ぎない処罰の方が
>今は問題だと思いますけどね。
いや今の加害者を無視した被害者のサド感情を利用したり擁護したり
する風潮の方がより問題ですね。
加害者側はまだまだ人権はほとんど守られていないのに比べ、
被害者のマスコミを利用したやりたい放題も規制が必要ですね。
加害者と被害者の平等の人権を達成させ尊重するのが肝要なのです。

>死刑も、一つの処罰でしかないよ。それ以上でも、それ以下でもないです。
死刑は意味がありません。何度も証明したようにサド感情を満たすだけです。

>でも、それが死刑廃止論を容認する事にはならないでしょ。
しかし、死刑を要望する被害者の遺族等は被害者の責任を棚に上げる
傾向が見られるのは周知の事実なのですべてではないが、根拠の一つである。

80 :38:01/12/11 18:04
>その理由は?
>前に、説明してあるならその番号を教えて下さい。
>読みますから・・・
私のレスすべてがそうです。読解力が無いのなら>>79を読むことをお勧めします。

81 : :01/12/11 18:28
>それらは彼らにとって等価になります。
「○○年○○所にて、○時○分死刑執行」という情報がですか?
等価と言う事はないですよ。
間違いなく、毎日起きている殺人事件の方が、情報、想像できるなどの点
で影響は大きいですよ。
>いや今の加害者を無視した被害者のサド感情を利用したり擁護したり
>する風潮の方がより問題ですね。
酒飲み運転、迷惑運転による事故が今ごろやっと罰則強化でもわかるように
いまだに、加害者の権利の方が間違いなく弱いですよ。
被害者の遺影を、裁判の時に持ち入れるのでさえ拒否されるような厳重では・・・
>被害者のマスコミを利用したやりたい放題も規制が必要ですね。
確かに、でもそれはマスコミ業界の問題でコレとは関係ないですね。
>加害者と被害者の平等の人権を達成させ尊重するのが肝要なのです。
平等?
何を持って平等とするのでしょうか?
犯罪を犯し罪を受ける人と、被害を受けた人を・・・
尊重をするのは、確かに大切ですけど人権を奪ったは
刑務所という、行動の自由を奪うと言う人権を奪われるのは当たり前ですね?
どこまで、加害者の人権を守れば気がすむのでしょうか?





>ある程度制限するべきかもしれませんね。マスコミは現在はやりたい放題ですし。
>ネット上なんてしかるべき法がないのですから。
>無論、言論の自由も重要でうまく折衷を考えなければなりませんね。
これは、死刑制度には関係ないので別に書きますね。
確かに、制限が必要ですね。
特に、小学校児童殺傷事件の時は酷かったですね。
今さっき同じクラスの友達が殺された子供に
「どうだった?」「どんな人が刺してきたの?」
「何か言ってた。」「刺された、友達はどうなってた?」
と被害者の子供を、大勢で囲い質問ぜめしてました。
それと、殺人事件を詳細に、おどろおどろしく再現したり・・・
確かに、制限は必要だけど言論の自由とのかねあいが問題ですね。
できれば、TV業界自信による規制がいいです。
まあ、いまもやってるけどイマイチな感じですね。

82 :  :01/12/11 18:34
>いまだに、加害者の権利の方が間違いなく弱いですよ。
被害者の権利ですね。失礼・・・

>特に、小学校児童殺傷事件の時は酷かったですね。
池田小学校児童殺傷事件の事です。

83 :考える名無しさん:01/12/11 20:03
聞きたいんですが死刑賛成論者は同害報復に賛成ですか?(目には目を、ってやつ)

うーん死刑制度には何か建設的な物があるんでしょうか?
もし被害者家族の心情に・・・ていう以外の理由があるなら教えてください。

84 :考える名無しさん:01/12/11 20:11
>>83
個人的には同害報復は好かんが、人類の総意がそこから脱却していない以上、
現状維持でも仕方あるまい。そういう意味では賛成。
死刑制度の存続に賛成なのも同じ理由。

85 :考える名無しさん:01/12/11 20:22
あまり哲学的でない視点からひとこと。

これから治安が悪くなっていくであろう中で、刑務所の維持費はどうするの?
今のうちはあまり気にならないかもしれないけど
これからの2、30年間の発展途上国の人口の増大や
中国・印度の経済発展にともなう食生活の向上・農地の減少によって
世界全体が慢性的な食糧危機に陥ることは確実。
食糧自給率2割台の日本も、輸入することができなくなり
(他にも要因はあろうが、特に)食糧をめぐる犯罪・暴動が急増することは必定。
こうした中で、次々入ってくる凶悪犯を、ぬくぬく囲っておけとでもいうの?
自給自足しようにも、あまっている土地な何処にもないのですぞ。

86 :考える名無しさん:01/12/11 20:23
友達が珍走団に殺された。
殺される痛みも知らずに加害者の権利など言っている奴には本当に頭に来る

87 :考える名無しさん:01/12/11 20:25
刑というものを、「おとしまえ」と考えるか、
社会秩序を保つための手段と考えるかという問題のような気がする。

88 :考える名無しさん:01/12/11 21:15
仇討ち制度の導入ってどうよ?

89 :38:01/12/11 21:21
>「○○年○○所にて、○時○分死刑執行」という情報がですか?
>等価と言う事はないですよ。
どちらにせよ。人が死ぬことに変わりが無いのです。
想像も非常に形式に乗っ取り容易ですし。
死刑のほうがむしろ自分を優位に立たせるので好ましく思うかもしれません。
等価と言うことはやはり妥当ということは疑い在りません。

>いまだに、加害者の権利の方が間違いなく弱いですよ。
>被害者の遺影を、裁判の時に持ち入れるのでさえ拒否されるような厳重では・・・
(82の訂正もふくめて)やはり加害者の方が弱いでしょう。
実名報道の規制もないに等しいし。スウェーデンのように大人であれ原則実名報道禁止
を徹底させるべきですし。遺影を必要ないのに法廷に持ち込むと言う精神に嫌悪を感じますね。
(私個人被害にあって殺された場合。写真を法廷なんぞに持っていってほしくない。
そんなことよりそっと丁重に祀っていてほしい。)

>刑務所という、行動の自由を奪うと言う人権を奪われるのは当たり前ですね?
その程度に済ませる物でしょう。節度というものが重要なのですよ。
だからどちらも優先してはならないのです。
とくに刑罰に被害者側の感情をいれるなんて言語道断です。
法を冒涜しています。治安維持のために刑罰は教化刑であるべきなのに
被害者の感情をいれるという私情を法に持ち込むことが許されていいのでしょうか?
どこまで被害者の人権を守ればよいのでしょうか?

>それと、殺人事件を詳細に、おどろおどろしく再現したり・・・
そういう意味で言ったのではなく、被害者の私物と化したり、
死刑擁護者のソド感情を満足させるため加害者を節度を越え
貶めたりすることをさしたのです。
確かに小学校児童殺傷事件の時にも問題ですが、
それは事件を詳細に分析するものとしてマスコミに関してはある程度必要だと考えられます。
つまり被害者に対してそのような過剰な人権擁護は問題がありますね。

90 :考える名無しさん:01/12/11 22:10
>>89
で、私があんたを殺しても私の人権守ってくれるんだろうな・・・

91 :81   :01/12/11 23:13
>どちらにせよ。人が死ぬことに変わりが無いのです。
何の罪もない人が殺されるのと、罰としての死刑が一緒だとは思いません。
殺人より死刑の方が、死への快感をえると言うのは飛躍し過ぎですね。
>死刑のほうがむしろ自分を優位に立たせるので好ましく思うかもしれません。
死刑のほうが、一殺人より情報として有害だと?
自分の方が優位に立たせるのは殺人事件の情報だって同じですよ。
>やはり加害者の方が弱いでしょう。
>実名報道の規制もないに等しいし。
それがわからない?
実名報道とかは、メディアの問題でしょう?
法的には、どう考えても被害者の方が何の権利もなく弱い立場ですよ。
>遺影を必要ないのに法廷に持ち込むと言う精神に嫌悪を感じますね。
>(私個人被害にあって殺された場合。写真を法廷なんぞに持っていってほしくない。
そんなことよりそっと丁重に祀っていてほしい。)
それは、「38さんの場合」はしてほしくないと言う事ですよね?
38さんが、嫌悪を感じろうが感じないか関係ないですよ。
精神的、宗教的な事もあるので必要ないか、必要かは被害者の家族が決めるものですよ?
遺影を、持っていく権利があってそれをするかしないかは個人の自由です。
38さんかその家族が、裁判の時に持っていかなければいい話です。
私が言いたいのは、遺影という物でさえもって来れない被害者の権利のなさを言ってるのですよ。
>とくに刑罰に被害者側の感情をいれるなんて言語道断です。
>被害者の感情をいれるという私情を法に持ち込むことが許されていいのでしょうか?
被害者側の感情を入れるな?
それが、被害者無視の被害者の権利の全くない裁判という弊害を産んでるですよ。
>法を冒涜しています。治安維持のために刑罰は教化刑であるべきなのに
冒涜しているのは、キチンとした罰をあたえない事でしょう。
>どこまで被害者の人権を守ればよいのでしょうか?
あまりにも、守られてないでしょう。現状は・・・・

>死刑擁護者のソド感情を満足させるため加害者を節度を越え
>貶めたりすることをさしたのです。
>それは事件を詳細に分析するものとしてマスコミに関してはある程度必要だと考えられます。
>つまり被害者に対してそのような過剰な人権擁護は問題がありますね。
なんでココで死刑擁護者がでてくるのか理解に苦しみます。
確かに、メディアによる加害者報道には問題ありますよ。
加害者の、必要以上の放送、親族などの家に、レポーターが行って聞いたりするのは疑問
だけど、それは加害者だけでなく被害者も同様の事ですよ。
小学校児童殺傷事件がそれの代表です。
それと猟奇事件などは、100%事実そのまま詳細に伝えるのは問題でしょう。
だけどこれらは、メディアの倫理問題でしょう。
それを死刑制度と無理にくっつけるのはどうかな?

92 :考える名無しさん:01/12/12 00:46
田代まさしを死刑に処するってことでよろしいでしょうか?みなさん

93 :わかりません:01/12/12 00:52
死刑制度云々というより罪人が死ぬことの意義というのは、償いによる調和の
回復にあると思います。切腹も、潔く罪を認め腹を切ることによって罪を償う
というお詫び的意味合いが強いし、火あぶりの刑の場合も、炎による悪の浄化
による調和の回復という意味合いもあると思います。目には目を歯に歯をとい
うのも、目が損なわれた際には、目を損なわせた者の目を壊すことによって調
和を回復するという意味合いがあったといいます。
思うのですが、ここには死と生の形而上学が厳然としてあって、死と生のせめぎ
あいのなかで生まれる調和が保たれている世界観があると思うのですね。しかし、
生の意義が希薄な今日において死の意義も希薄になっているのですから、死刑制
度はその存在意義を失っているのではないかと思います。結論としては、あって
もなくてもおんなじではないか、ということです。
但し、個人的心情としては死刑囚は社会はもとより自らの力によっても更生する
ことが出来なかったかわいそうな人なので、最後の手段として天に返すことによ
り神の手によって更生を図るという儀式的世界観の下で刑が執行されることを望
みます。あくまでも、不要な人間を廃棄するというような世界観や復讐のためと
いうような世界観でないことを望みます。

94 :考える名無しさん:01/12/12 00:54
調和ではなく復讐だろw
もっと勉強しましょうね

95 :わかりません:01/12/12 01:00
とりあえず私が死刑囚だったら、弁護士はいいから、神父を呼んでくれ
って看守に頼みます。そしてキリスト教徒になって聖書を読み終わった
ころにキリストと同じように貼り付けの刑にしてもらうよう執行官に駄々
をこねることにします。復活を信じながら…。

96 :考える名無しさん:01/12/12 01:01

 シバキあげてから殺すって発想がないのは偽善だよな
 死刑に値しなくても一度シバかなければならん奴はゴロゴロ存在する。
 俺は死刑うんぬんよりも、
 なぜ犯罪者の横っ面を一発も張れないのか?ってことに疑問を感じるね。

 手足を出すのが駄目で、息の根を止めるのは良しとする
 中途半端な倫理にはついていけましぇ〜ん。
 

97 :わかりません:01/12/12 01:04
>94
ハンムラビ法典では復讐は許されません。目を損なわれたことに対して
歯を持って償うよう要求することは不当な要求として却下されます。
もっと勉強しましょう。

98 :考える名無しさん:01/12/12 02:27
>どちらにせよ。人が死ぬことに変わりが無いのです。
スゲーナ こういうのをガチガチの唯物論者っていうのかねぇ

99 :考える名無しさん:01/12/12 03:29
我等いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らんや、
故に殺し(人に限らず)の是非も知らず、死刑の是非も知りえず。

しょせん分かりえないことを論じているのだから、まあそうムキにならないで…。

100 : :01/12/12 11:13
この問題って、どうして政治的イデオロギーとの相関関係があるんでしょう?

101 :考える名無しさん:01/12/12 11:16
死刑制度と銃規制は矛盾する気がしてきた。

102 :考える名無しさん:01/12/12 11:18
>スゲーナ こういうのをガチガチの唯物論者っていうのかねぇ

別にスゴくもないけど

103 :子連れ狼:01/12/12 14:37
やっぱり、 かたき討ち・アダ討ち制度のフッカツでしょう!

元子役・元議員の西川和孝受刑者の人をあやめちまった過去への自問自答ヨリ・・・     ちゃ〜ん

104 :ウパニシャッド:01/12/12 15:06
死刑制度に反対してた奴が
親族が殺されたら犯人の死刑を要求したのにワロタ

105 :いか〜:01/12/12 15:33
 >親族が殺されたら犯人の死刑を要求した

そういう「私刑」を抑止するためにも「死刑」はあるんで裏腹だな。

[死刑肯定・私刑反対]  / [死刑反対・私刑肯定]

106 :38:01/12/12 16:48
>何の罪もない人が殺されるのと、罰としての死刑が一緒だとは思いません。
>殺人より死刑の方が、死への快感をえると言うのは飛躍し過ぎですね。
いえ、無理に等価でないとするほうが論理の飛躍としかいえません。
客観性をもってすれば死ぬことにかわりはありません。
サド感情からするとそうです。
違うと言うのは、サドたちの言い訳に他ならないでしょう。
死刑を不必要に罰として美化しようとしているのですから。
>遺影を、持っていく権利があってそれをするかしないかは個人の自由です。
個人の自由も肝要と思いますが、それを放任すると嫌悪感を感じせざるを得ません。
それもある程度、節度というものが必要でしょう。それに遺影を法廷に持ち込むという
私情を持ち込むとは明らかに行き過ぎです。

>それが、被害者無視の被害者の権利の全くない裁判という弊害を産んでるですよ。
あなたのような法を冒涜するような人がいるから裁判がまともに運営されない弊害を生んでいるのですよ。
被害者にとっては加害者の刑罰に関する干渉でなく他の形の保証が行われるべきでしょう。
加害者を刑罰と言う形であれ貶めるというのは非常に加害者を無視していますね。

>あまりにも、守られてないでしょう。現状は・・・・
少なくとも、社会やマスコミは被害者を甘やかせるという現状があります。
そう申されるのなら具体的にどのように守られていないでしょう。
特に具体的な事例を持っておっしゃられば分かりやすく幸いです。


>だけど、それは加害者だけでなく被害者も同様の事ですよ。
そこまで考えておられるのならば、もっと加害者にも配慮が必要ですね。
無論、報道にも双方ともに配慮が必要だと考えられます。


>それと猟奇事件などは、100%事実そのまま詳細に伝えるのは問題でしょう。
ですから節度が肝要と申しました。その辺異論は在りませんよ。
あなたもネット上も含めて法的な規制は必要と考えているのですね?

>それを死刑制度と無理にくっつけるのはどうかな?
死刑擁護者の現状を鑑みれば、加害者を必要以上に貶める傾向が
ネット上での発言から見ても把握できるので、一つの考察として必要と考えたのです。

107 :考える名無しさん:01/12/12 17:08
これって理性で決着すべきもんだいではないような気がしてきた。
実は宗教的なレベルでしか納得のいく議論って出来ないんじゃないの?

108 :考える名無しさん:01/12/12 17:20
38よ・・・>>90の質問に答えてやれ・・

109 :38:01/12/12 17:39
>108
根本的なことをいうが死人に何ができるというのですか?
荒らし同然の質問じゃありませんか?

110 :考える名無しさん :01/12/12 19:14
自分のゆいたいことだけ言って他人の質問には荒らしで応戦のほうが荒らしだと思うぞ!

111 :シナ:01/12/12 19:27
こそこそ死刑を執行するから抑止力がなくなるのです。
タリバンみたいに、公共の場で執行すれば良い。

112 ::01/12/12 23:17
すでに誰かが言っていたことですが、死刑制度をなくすにはそれに代わる終身刑や
懲役加算刑(懲役何百年などの)などを設ける必要があると思います。または、医
学貢献刑として生きながら内蔵や血液を提供させたり、人体実験に使用するなどの
被害者や一般人(趣味や理屈で死刑反対を唱えない人)の心情にも配慮してもらい
たいですね。よく、親族が殺されたけれど死刑には反対、等のことを聞きますが、
よく調べると仲のよくない兄弟か、不人情な人非人が聖人づらをして「親族が殺さ
れたのはつらいが、加害者と何度も面会して・・」等の文章を書いてためにしてい
る場合が多いようです。だまされないようにしないと、その面では現実路線を賢明
に維持している中国にも真下にされてしまいますよ。

113 ::01/12/12 23:19
訂正:真下→馬鹿

114 :考える名無しさん:01/12/12 23:50
>>109=38
遺言書いとくとか、生きてるうちにできることもあるじゃん。

115 :考える名無しさん:01/12/13 00:38
>>58
>法を守ってこその人権ですよ
>法を守らない人は人権からも守られません
これは、ひどい勘違いです。
人権というのは、むしろ法律の制定や執行に対して、対抗するための口実のようなものです。
法を守っている=国家権力の、法律に基づく強制に反発していないなら、
人権が問題になる余地は、少ないです。法律の枠内で、状況が解決できているからです※1。

法を守らないことに、「守らない」側が、正当な理由・価値があると考える場合に、
制度的に主張する機会を与えるために役に立つのが、人権(規定)です。
法を守らない人に人権(規定に基づく主張)を認めないなら、それは、
「法に従わないなら、どんな言い分も聞かない」といっているのと同じです。
(要するに、警察の言うことは、内容に関わり無く聞けといっているのと同じ)

あくまで、国会がヘンな法律を作ったり、行政がヘンな法の執行をしたりしたときに、
守られるべき価値がこのように定められているだろ、といって対抗する、というのが基本と
考えられています。
制度化されてきちんと人権規定に定められた価値が守られている状態にあるなら、
それは法律・通常の社会的な関係の枠内の問題です。
人権をとやかく言わなくてもいいわけです(かといって、忘れてよいわけではないですが)。

人権は、論理的には、普通の人にも大いに関係ある概念ですけど、どちらかといえば、
殺人したと嫌疑をかけられただけで、「死刑」とか言われないようにするのに役立つ概念です。
法の執行により、ある個人にとっての価値が侵害されようとしている場面だからです。

ところで、なんで殺人した事例を考える場合、どの時点でも殺人したのが明らかであるという
前提で語るのでしょうか。何を考えているのですか?
あと、殺人された側が、生前殺人した側を害していた可能性もありえますが、
(実際こういう事例は多いです)こうした可能性を検討しないで、一律で殺人した側が悪い→
死刑、でいいかのように言うことは許されません。ろくに事例を見ていないのでは?

※1
 本当は私人間でも人権規定を根拠に主張がされえますが、一般的には、
 民法の「不法行為」に基づく主張を、間接的に根拠付ける形で援用するべきと考えられてます。
 ∵人権規定を、私人間を規律する法的根拠として用いてよい理由・・・
  国家権力類似の社会的な強制力をもつ団体によって、人権規定が定めるような価値が
  侵害される事例が増えてきているところ、国家(司法権と、それに基づく行政作用)が、
  そこに介入して解決を図る事も、一つの方法として認められるから

 かといって、人権規定のような価値定立の仕方を、そのまま一般人の間で認めるなら、
 単なる利益主張されあう傾向が強まり、結果主張を有利に展開する社会的条件に恵まれた
 人間(たち)が勝つだけなので、そうした人権概念の濫用を防ぐためには、直接的な適用を
 認めるべきではない、と考えられます。

116 :115:01/12/13 00:40
現在の話の展開からそれますが、かなり勘違いが激しい方が多いようなので、
ちょっと書かせてもらいました。

117 :115:01/12/13 00:47
ちなみに、私は死刑制度は、将来的には廃止されるべきだと思っていますが、
廃止されるにあたっての、同意を取り付けられる条件を探った上で、
それが現実的にかなえられそうな状況になったところで廃止にするというのが
適切だろうと思っています。今は廃止しないほうがよいと思います。

結局のところ、人権の意義がろくにわかっていない人たちに、
死刑廃止論をいくら唱えたところで詮無いことです。

118 :考える名無しさん:01/12/13 01:06
斜め読みしかしてないけど、>>32に同意。

別に死刑に特別な意味があるなんて思ってないよ。
犯罪者殺しても被害者は戻ってこないし。
んな家族殺した奴が捕まって、一生刑務所の中で暮らす事になるのも死刑になるのも変わらんべ。
心情的な違いがあるだけで。
ただ、凶悪犯罪者の場合、刑務所の中での作業とかさせられない場合あるのね。
もう完全に独房に入れて、飯だけ与えてずーっと拘束しておくとか。
そーいう奴はさっさと殺せばいーじゃん。

んな、犯罪者でしかも非生産的なのは殺したほうがイイと思うけど。
金かかるだけだし。

119 :118:01/12/13 01:11
>>112
そうそう、死刑にしてその後臓器とか使えばいいんだよね〜。
もったいないよ。ただ殺すだけなんて。

120 :考える名無しさん:01/12/13 08:31
中国の手口ですね

121 :名無し:01/12/13 10:28
死刑を擁護する人って、弁証法的に物事を述べる能力に
欠ける人が多いね。

122 :考える名無しさん:01/12/13 10:32
自分の家族や親しい人が殺されてみないと解らんか?死刑廃止論者の皆さんは。
それとも自分さえよければ、かな?(超絶核藁

123 :考える名無しさん:01/12/13 10:42
>>122
>自分の家族や親しい人が殺されてみないと解らんか?

それを未体験な私には、自分がそれを解っているか否かすら解りません。
おそらく解っていないのでしょう。
そして解るすべは、基本的にはありません。
悲しいことです。

124 :考える名無しさん:01/12/13 11:37
イマイチ分からんのですが、
廃止論者の方々は、死刑のどこに
問題があるとおっしゃっているのです?

125 :考える名無しさん:01/12/13 11:58
>>124
俺は廃止論者じゃないけど、多分取り返しのつかないって所と、非人道的だとかいう理由なんじゃないか?
犯罪者だって人間だから殺すべきじゃないとか、もし誤認逮捕で冤罪での死刑だったらとり返しつかないとか、そういう理由だと思う。
つーか俺はそういう理由以外思いつかない。

んで凶悪犯生かしておいても、そいつが死ぬまで税金によって飯食わせるだけだし、殺した方が金かからない。
現行犯逮捕とかで冤罪の可能性無いなら死刑でOK。
つーわけで死刑廃止する理由が無くなると思うのだが。

家族が殺された時、残された遺族がどーとか言ってるのも、死刑は非人道的だとか言ってるのも、俺から見ればどっちもどっち。
合理的に見て生かしておいてただ飯食わせるより殺した方がいいから、殺せばいい。
んで死体は当然有効活用。これ最強。

126 :考える名無しさん:01/12/13 12:33
>現行犯逮捕とかで冤罪の可能性無いなら死刑でOK。
現行犯でも、冤罪が起きるから問題なんだよね。
あっ!俺は、死刑大賛成派だよ!

127 :考える名無しさん:01/12/13 12:37
池田小の犯人は死刑でいいと思うけどね。
病気だろうが病気じゃなくてもどっちでも死刑でしょう!
あんだけ殺したんだから「社会復帰の為に・・・」とか言うなよ!

128 :考える名無しさん:01/12/13 12:50
病気ならなおさら死刑。
んな人バンバン殺しちまうような精神病の奴生かして置けるかボケェ。
そんな奴の治療費を税金で賄うなら、とっとと殺した方が良。

129 :考える名無しさん:01/12/13 16:03
>>115
長文ご苦労様・・・よっぽど頭に来たんだね。
私が法を守ってこその人権と言ったのは自分の感情からですよ。法的な事を言ったんではなく。
色々理屈をこねる前に、何故悪いことをした奴を怒ることが出来ないのですか?
>ところで、なんで殺人した事例を考える場合、どの時点でも殺人したのが明らかであるという
>前提で語るのでしょうか。何を考えているのですか?
死刑執行は程度によると考えてますよ。正当防衛からの殺人などは死刑には問われないと思ってます。
ただ余りにもひどい犯罪、特に少年法で守られている凶悪な犯罪などは、法律を見直すべきではないでしょうか?

130 :38:01/12/13 16:31
>死刑制度をなくすにはそれに代わる終身刑や
>懲役加算刑(懲役何百年などの)などを設ける必要があると思います。
結局、受ける側では死刑となんら変わらずほぼ等価とみなしてしまう以上、
死刑に対するサド感情を満足させるための隠れ蓑に過ぎなくことはいうまでもない。


>医学貢献刑として生きながら内蔵や血液を提供させたり、人体実験に使用するなどの
>被害者や一般人(趣味や理屈で死刑反対を唱えない人)の心情にも配慮してもらい
>たいですね。
肝臓なのどは生きたままでも提供できるが、その他の死に付随して行われる物は、
刑罰にしてはならない。前者であっても本人の同意なく行われては決してならない。
無論自分から同意、要望したならば、その分社会に貢献していることになり
刑も軽減されるべきであってしかるべきである。
結局、死刑擁護者は論理的に支持しているのではなく、単なるサド感情を
達成したいという私情を捨てもっと死刑廃止者のように客観的に論理的に
論証するような態度を見習って配慮してほしいいですね。

>よく、親族が殺されたけれど死刑には反対、等のことを聞きますが、
>よく調べると仲のよくない兄弟か、不人情な人非人が聖人づらをして「親族が殺さ
>れたのはつらいが、加害者と何度も面会して・・」等の文章を書いてためにしてい
>る場合が多いようです。
結局、親族にまでそのように見放される被害者は自分からでた錆であることになり
責任は被害者自身ということになる。そのことに関して否定するものが、
被害者、被害者の遺族らのサド感情を肯定するという下卑た私情をはさむというのは、
本末転倒である。このような死刑擁護者の似非仁者ぶりを見るのは非常に滑稽である。

あと中国には労改という死刑を拒否するシステムが存在している。

このように129のように論破されたことを非常に業を煮やして
>私が法を守ってこその人権と言ったのは自分の感情からですよ。法的な事を言ったんではなく。
といって逃げる始末。そもそも被害者は何故被害を受ける羽目になったか、
加害者の人権とかを考慮することができないのだろうか?
被害者には甘やかせるのに。

このように死刑擁護者にはまともに論理を展開できないひとが多いことが伺えます。

131 :考える名無しさん:01/12/13 16:54
>私が法を守ってこその人権と言ったのは自分の感情からですよ。法的な事を言ったんではなく。
>といって逃げる始末。
逃げてるじゃなくて、本当に自分の感情からですよ?
何故そんな言葉を斜めにしか受け取れないんですか・・。文章を普通に読んでくださいね・・
>そもそも被害者は何故被害を受ける羽目になったか、
>加害者の人権とかを考慮することができないのだろうか?
何故被害を受ける羽目になったのかを説明してください。
加害者の人権と言うのも説明して下さいね。

132 :考える名無しさん:01/12/13 16:57
38はしきりにサド感情というのを唱えているがコイツもサドだな・・
揚げ足取りでただ論破したいだけのサディストにしか見えん・・。

133 :考える名無しさん:01/12/13 16:59
やっぱり死刑問題は感情が絡みやすいから揉めちゃうんですね…。

134 :考える名無しさん:01/12/13 17:05
↑このように死刑廃止論者にはまともに論理を展開できないひとが多いことが伺えます。

135 :考える名無しさん:01/12/13 17:06
あ、↑は130の下に書くつもりだったやつね

136 :38:01/12/13 17:06
>逃げてるじゃなくて、本当に自分の感情からですよ?
>故そんな言葉を斜めにしか受け取れないんですか・・。文章を普通に読んでくださいね・
極力私情は論理の場で慎んでほしいですね。
無論致し方ない場合もありますが、節度を守ってそのことを
念頭に置いておくのが肝要かと存じます。

>何故被害を受ける羽目になったのかを説明してください。
>加害者の人権と言うのも説明して下さいね。
何度も言うように、事件は多種多様、時と場合によります。
そんなことを指摘しているのでなく。そいうことを考える姿勢を持たないのか?
という指摘です。もっと読解力を持って欲しいですね。

>揚げ足取りでただ論破したいだけのサディストにしか見えん・・。
サド感情は持ってないと自分で意識していますよ。
単に論理を展開しているだけです。
万が一深層心理にサド感情を少しあったところで
死刑を口実にサド感情を満足しようとする鬼畜度にくらべれば遥かにましです。

137 :考える名無しさん:01/12/13 17:10
つうか38って何やってんだ?いつもいるなコイツ・・

138 :考える名無しさん:01/12/13 17:14
>134よ、実際のことを言われてくやしかったかい?(藁

139 :考える名無しさん:01/12/13 17:24
>>136
んな事いって自分だけは冷静なつもりか・・
どっちも感情論にすぎない。自分は極めて理論的な事を書いてるつもりか?

140 :考える名無しさん:01/12/13 17:26
お願いだから、人格批判はもうやめようよ。

141 :38:01/12/13 17:32
>どっちも感情論にすぎない。自分は極めて理論的な事を書いてるつもりか?
論理的に具体的に反論して欲しいですね。

142 :考える名無しさん:01/12/13 17:32
人格批判は建設的ではないね。

143 :38:01/12/13 17:36
>「なら」論理的に具体的に反論して欲しいですね。
の「なら」を付け忘れました。

144 :考える名無しさん:01/12/13 17:36
廃止、あるいは継続して何か困ることでもあるの?

145 :考える名無しさん:01/12/13 17:38
>論理的に具体的に反論して欲しいですね。
一番理論的じゃない奴に言われてもね〜

146 :考える名無しさん:01/12/13 17:42
んな死刑が佐渡の郷土名物かどうかなんてどうでもいいんだよ。
純粋に、犯罪者に金が行くのが嫌なんだよ。

>>144
廃止したら終身刑だので牢屋がイパーイ&死ぬまで飯食わせなきゃで税金イパーイ消費。
もっとどんどん殺せば、今みたいに刑務所が一杯になることも、労働も出来ない精神障害の犯罪者なんかにタダ飯を食わせることも無くなる。

147 :38:01/12/13 17:43
>一番理論的じゃない奴に言われてもね〜
145は自分の論理の無さを理解して無いようですね。
だから145は論理と言うものをしらないのですね。

148 :38:01/12/13 17:47
>廃止したら終身刑だので牢屋がイパーイ&死ぬまで飯食わせなきゃで税金イパーイ消費。
>>65でも述べたが公共投資の一環として行うべきである。
意外と146の者ほど資源浪費を行っているかもしれない。

149 :考える名無しさん:01/12/13 17:49
>>38
常に冤罪の可能性は付き纏う。
そして終身刑や懲役加算刑も否定するなら、刑罰自体を否定すべき。
たとえ懲役1年だろうと、貴重な1年が失われる事には変わり無い。
その1年は決してとり返しがつかない物である。

つまり38の論法でいくと、犯罪者を裁くのは常にサド的な欲求が付き纏うから、犯罪者は裁くべきで無く無罪放免を基本とするべきである。
って事でいいの?

150 :考える名無しさん:01/12/13 17:49
>>146
精神障害の犯罪者は労働に従事できないかもしれないけど、
健常な終身刑者は強制労働によって社会に還元できるんじゃないかなぁ?

151 :考える名無しさん:01/12/13 17:51
死刑を廃止していけば、人が死刑されないことによる利益を味わうものが非常に
増え、それこそ刑を気にせず一線を超えて人を殺める人々も増えることでしょう。
生きてるのに面倒くさくなったら、適当にムカツク奴2、3人殺せば、あとは暫くムショで飯食えます。

152 :考える名無しさん:01/12/13 17:52
>>150
一部の犯罪者は、工場での労働に参加させると協調性を乱す為、強制労働に参加していません。
もちろんその間の日当は払われませんが、食事と寝る場所は常に与えられ続けます。

153 :考える名無しさん:01/12/13 17:54
サドだのなんだの抜きに、日本の重犯罪者の再犯率考えたら怖くて怖くて、んな10年ちょっとで出てこられたりしたらたまらないんだけど。

154 :考える名無しさん:01/12/13 17:57
>>138
鸚鵡返しに乗るヴァカハケーン

155 :38:01/12/13 18:01
>そして終身刑や懲役加算刑も否定するなら、刑罰自体を否定すべき。
>たとえ懲役1年だろうと、貴重な1年が失われる事には変わり無い。
極論で反論ですか?行き詰まると。
しかし冤罪の可能性を死刑廃止の論拠の一つですがそれがすべてでは在りません。
しかし、有期刑ならばその補償も容易ですが死刑となると補償が当の本人が
死んでいるためよういではありません。

>犯罪者を裁くのは常にサド的な欲求が付き纏うから、犯罪者は裁くべきで無く無罪放免を基本とするべきである。
私の論理の根底には何も極論はありません。ただ節度というものが流れています。
刑罰を施行する以上サド感情が入ってしまいますが、
死刑という人が死んでしまうという行き過ぎた場合を否定しているのです。
無論、刑罰の認定過程では、私情は極力排除すべきことは当然です。
事実認定のときに被害者、加害者双方の心理描写も考察する必要があり
(両者の責任のレベルを計るため)
そこに私情が必要以上に入ってしまうことを念頭に置き注意する必要があります。
よって私は当初より節度というものを判断基準の重要なものであると主張してきています。
まずそれを理解していただきたいと思います。

156 :考える名無しさん:01/12/13 18:02
>>154
やっぱり事実だった。馬鹿キチガイ発見!

157 :考える名無しさん:01/12/13 18:04
>>156
真性キティはっけそ

158 :無限ループ?:01/12/13 18:05
>>157
真性真性キティはっけそ

159 :考える名無しさん:01/12/13 18:06
>>158
こういうやつが犯罪をおかすんだね(藁

160 :考える名無しさん:01/12/13 18:06
>>155
あなたの言う「節度」とは非常に曖昧でアナログですね。
法という万人に対し平等で明確な物に関して扱うのですから、定義付けだけでもきちんと行って頂けないでしょうか。
あなたの論法は「俺が死刑は酷いと思うから廃止」と言っているのとまるで変わりませんよ。
結局あなた個人の「節度」から見て死刑が酷いからという理由だけなのですから。

161 :考える名無しさん:01/12/13 18:12
一観客より
賛成派も反対派も、全くもって哲学とは関係ない議論してるね・・・
両方とも、邪魔だから他の板でやってくれ迷惑だから・・・
君達が、知識をひけらかしゴッコをして自己満足しているのは
結構だが他の人が迷惑です。
やるなら、経済、法律、人権など関係なく哲学的に語れよ。
君たちのやってることは、モロにトピズレだよおわかり?

162 :考える名無しさん:01/12/13 18:14
では私の節度から見て意見を述べさせて頂きます。
一部の犯罪での再犯率が95%を超えているのだから、その状況だけでも公開してそういう状況で犯罪を犯した場合は死刑・終身刑等にすると取り決めるべきだと思います。
95%以上の可能性で再び犯罪を犯すであろう人間を世に放すのは、人ごみの中に猛獣を放すような物です。
一般人が常に不安に怯える状況は、まさに人権侵害ではないのでしょうか。

163 :考える名無しさん:01/12/13 18:15
>>160漏れとしては哲学的見地からの発言を期待しているのだが、
38みたいな馬鹿とそれに構う馬鹿が多いから変な方向に流れてるな

164 :163:01/12/13 18:16
>>161の間違い。

165 :38:01/12/13 18:18
>あなたの言う「節度」とは非常に曖昧でアナログですね
それのことを付け加えようとしたところなんですが、
とりあえず「中庸」という書物を読んでください。
抽象的なものですが人類の永遠の問題ですのでここどきめるのは無謀かと存じます。
>あなたの論法は「俺が死刑は酷いと思うから廃止」と言っているのとまるで変わりませんよ。
逆にあなたの論法は死刑は酷くないと。
別に感情論を言っているのでないのですが、「死」という万民が通常嫌悪する現象を
否定するのなら今すぐあなたは死ぬことができるのですね?
結局、あなた個人の論法だけで通じるのですよそれは。
死刑したところで最初に言ったように
犯罪を無くす目的で必要なのは各々の防衛意識が
重要だと言うことは当然のことです。いくら刑罰を重くしても
防衛意識が各人に欠如していれば意味がありません。
そもそも節度の精神からして必要か否かがありますが、
死刑はそんなに必要なのでしょうか?

166 :考える名無しさん:01/12/13 18:19
>>165
再犯問題について触れてないようですけど。

167 :考える名無しさん:01/12/13 18:20
>>159=163
>こういうやつが犯罪をおかすんだね(藁
それお前のことだよ(藁
自分が一番馬鹿だとは気づいていないくせに(藁

168 :考える名無しさん:01/12/13 18:22
そろそろ「死」について語ろうか?( ´_ゝ`)

169 :考える名無しさん:01/12/13 18:22
死は万民が嫌悪する物→だから死刑は駄目
じゃあなんで終身刑も駄目なんだよ?

極力死を避けるなら、終身刑がベストだろうが。
死刑は駄目→終身刑も駄目→犯罪者出てきてイパーイ人殺す
こっちの方が沢山人死ぬじゃねぇか。

170 :考える名無しさん:01/12/13 18:24
>>167
あほがw妄想してんじゃねぇぞwやっぱおまえ犯罪犯すなw

171 :38:01/12/13 18:24
>再犯問題について触れてないようですけど。
私がレスしたときには、そのレスが無かったのですよ。

>では私の節度から見て意見を述べさせて頂きます。
>一部の犯罪での再犯率が95%を超えているのだから、その状況だけでも公開してそういう状況で犯罪を犯した場合は死刑・終身刑等にすると取り決めるべきだと思います。
死刑を廃止しようがしまいが、再犯率は大して変わりません。
それは、結局各人の防衛意識によるほうが犯罪発生率を
減少させる根本的な方法です。
>一般人が常に不安に怯える状況は、まさに人権侵害ではないのでしょうか。
犯罪を犯した者を更生させて有効に使おうとしない姿勢の方が
まさに人権侵害です。

172 :考える名無しさん:01/12/13 18:26
38でも理解できるように解説。

重犯罪者の再犯率は非常に高い。
それ故、一生重犯罪者を隔離しておかないとまた誰かが殺されたりしちゃう。
だから終身刑とか死刑とかが必要。

んで、終身刑だとお金が沢山かかる。だから面倒だし殺しちまえ。
結論:死刑必要

って流れだよ。理解できた?

173 :考える名無しさん:01/12/13 18:27
死は万民が嫌悪する物・・のどこが論理的なんだろう?

174 :38:01/12/13 18:27
>じゃあなんで終身刑も駄目なんだよ?
>>130を読んでください。
>こっちの方が沢山人死ぬじゃねぇか。
その前に、防衛意識の啓蒙やその手段の改善等を考えないのですか?
根本的に犯罪を減少させるためにはそれが必要ですよ。

175 :38:01/12/13 18:30
172のような論破されているのに気づいていないものに対しての解説。

>重犯罪者の再犯率は非常に高い。
>それ故、一生重犯罪者を隔離しておかないとまた誰かが殺されたりしちゃう。
>だから終身刑とか死刑とかが必要。
>>171を読んでください。
>んで、終身刑だとお金が沢山かかる。だから面倒だし殺しちまえ。
>結論:死刑必要

>>148を読んでください。
結論:死刑不要

176 :38:01/12/13 18:31
>死は万民が嫌悪する物・・のどこが論理的なんだろう?
それはあなたに論理力がないからです。

177 :考える名無しさん:01/12/13 18:32
>>171
馬鹿か?
>死刑を廃止しようがしまいが、再犯率は大して変わりません。
再犯の可能性のある犯罪者を死刑にすれば、再犯は絶対に起きないだろうが。
釈放された人間の再犯率は変わらないかもしれないが、再犯の数は圧倒的に減るだろ。

>犯罪を犯した者を更生させて有効に使おうとしない姿勢の方がまさに人権侵害です。
>>162が「一部の犯罪での再犯率が95%を超えている」って言ってるだろ。
更正する5%はきちんと更正させるべきかもしれないよ。
だけど残りの95%は一生隔離しておくべきだろ。
そいつら仮に死刑にするとしても、犯罪者本人だけを殺せばいいんだよな。
ようするに一人殺せば(死刑)いいわけだ。
それ死刑とか終身刑にしないで釈放したら、確実に一人以上の人間が殺されるじゃねぇか。

加害者と被害者と関係無い人を完全に同列に扱うとしても、より死ぬ人数が少なくて済むようにするべきだろ。

178 :考える名無しさん:01/12/13 18:38
>>175
論破されているのはあなたです。
再犯を犯す人間を殺せば再犯が起きないのは自明でしょう?
確かに再犯「率」は変わりませんね。確率ですから。
ですが総犯罪数は確実に減りますね。
再犯者に再犯させた場合と、再犯させる機会を与えない場合。どっちが犯罪の数が多くなるかは明らかでしょう。

あなたはしきりに「結局各人の防衛意識」と述べていますが、個人の防衛意識だけでは防ぎきれないから警察などがあるのではないのですか?
あなたの言ってることは「結局各人の防衛意識の強化が一番効果があるのだから、それ以外は不用」と言っているような物ですよ。

179 :考える名無しさん:01/12/13 18:39
>>176
あなたは想像力が足りませんね。

180 :178:01/12/13 18:42
私がこう言うとあなたはまた「私は節度に沿って発言しているだけで、極論を言うつもりは無い」と言うのでしょうね。
明らかに犯罪の数を減らせる死刑・終身刑等を「個人の防衛意識によるほうが犯罪発生率が下がる」という理由で否定している以上、あなたの言っていることは「警察などの抑止力より、個人の防衛意識によるほうが犯罪発生率が下がる」というのと同列の意見だと思いますが。
明らかに効果がある物を、個人の防衛意識による方がさらに効果があるとして否定しているのですから。

181 :考える名無しさん:01/12/13 18:45
いよいよ38もここまでか!?
それともここから脅威の巻き返しを見せるのか!?

以下次号に続く!

182 :考える名無しさん:01/12/13 18:45
防衛意識と攻撃意識は表裏一体と思われ・・・

183 :38:01/12/13 18:56
>再犯の可能性のある犯罪者を死刑にすれば、再犯は絶対に起きないだろうが。
他のもの影響はありませんね。
>釈放された人間の再犯率は変わらないかもしれないが、再犯の数は圧倒的に減るだろ。
論理が乱れていますね。率が下がらなければ意味がありません。

>それ死刑とか終身刑にしないで釈放したら、確実に一人以上の人間が殺されるじゃねぇか。
一人でも少なくしようとするのなら防衛意識が根本的に重要。
死刑を必要とする論理にはなりません。
>論破されているのはあなたです。
いえ、あなたです。根拠は↑より。
>個人の防衛意識だけでは防ぎきれないから警察などがあるのではないのですか?
そうです。限界があるのでだから法もあり刑罰もあるのです。
しかし死刑と言う極端な刑罰を容認する根拠にはなりません。

>あなたは想像力が足りませんね。
それもあなたです。それも著しくあなたは足りませんね。

>あなたの言っていることは「警察などの抑止力より、個人の防衛意識によるほうが犯罪発生率が下がる」というのと同列の意見だと思いますが。
明らかに死刑が効果あるという論理がありませんね。
サド感情を高ぶらせ余計殺人が増える可能性もあります。



184 :考える名無しさん:01/12/13 19:02
>論理が乱れていますね。率が下がらなければ意味がありません。
論理がわかっていませんね。
再犯率は全く重要ではありません。
重要なのは自分が犯罪に遭う確率です。
そして、犯罪の総数が減ればそれは確実に減ります。

あなたは、犯罪の総数を減らす事よりも、再犯率を減らす事の方が重要だと考えているのですね。

>一人でも少なくしようとするのなら防衛意識が根本的に重要。
>死刑を必要とする論理にはなりません。
死刑が必要とは言っていません。
終身刑でも同じ結果だといっています。
違うのは一生税金で養うかどうかだけで。

>明らかに死刑が効果あるという論理がありませんね。
何度も言いますが、再犯を犯す物が、その機会を無くせば確実に犯罪総数は減ります。
単純な足し算と引き算で考えてもわかると思いますが。

185 :184:01/12/13 19:06
全く理解されていないようなので、解説をしておきます。

再犯率=釈放された人間がどの程度の確率で再び犯罪を犯すか

仮に現在100人の人が逮捕されているとしましょう。
再犯率が90%なら、その内90人が再び犯罪を犯す事になります。
そして死刑も終身刑も無いならば、その100人は確実に出てきて、その内の90人は再犯を犯す、すなわち90件の犯罪が起きることになります。
(これはあくまで例で、単純化した図式です)
ですが終身刑や死刑があることにより、釈放される人数を調整する事が出来ます。
10人しか釈放しなければ、再犯での犯罪件数は9件となります。
明らかにトータルの犯罪件数が下がりますよね?

186 :184:01/12/13 19:11
しかし、それにしても38さんの読解力には驚かされますね。
これだけ上の方でも説明されているのに、>>183を見る限り一切理解していないようですしね。

187 :38:01/12/13 19:12
>論理がわかっていませんね。
>再犯率は全く重要ではありません。
どうしてもそっちにもって行きたいようですね。
再犯率が下がらなければ、被害遭う確率も大して変わりませんし、
死刑を容認する根拠にもなりません。
論理の全然分かってないようですね。

再犯率を減らすことが犯罪にあうことを減らすのに重要だと分かってないようですね。
犯罪発生自体を考えなければなりません。
>違うのは一生税金で養うかどうかだけで。
死ぬことに変わりはありません。
終身刑は単なる隠れ蓑に過ぎません。

>再犯を犯す物が、その機会を無くせば確実に犯罪総数は減ります。
何度も言いますが、根本的に間違ってないようですね。
犯罪を犯した人だけが今後犯罪を犯すわけではないのです。
だから再犯のことを考えて死刑を論じても意味が無いのです。
もっと客観的に物事を考えてください。

188 :考える名無しさん:01/12/13 19:12
>>38
もっと頑張れよ。
そんなんじゃ菊地に追いつけないぞ♪

>38以外ALL
もうそろそろ飽きたでしょ。
放置しましょ。

189 :38:01/12/13 19:14
>明らかにトータルの犯罪件数が下がりますよね?
減りません。再犯のみに気を取られているからです。
これだけ上の方でも説明されているのに、>>185を見る限り一切理解していないようですしね。
論理力以前に人並みの知能を持っているか184に対して疑わしいです。

190 :考える名無しさん:01/12/13 19:17
>>184=188
分かりやすいね。こんな馬鹿だと面白いよ。(w

191 :考える名無しさん:01/12/13 19:18
>>190
まだいたのかよwバカはこれだから・・(プ

192 :考える名無しさん:01/12/13 19:19
>>187
>再犯率が下がらなければ、被害遭う確率も大して変わりませんし、死刑を容認する根拠にもなりません。
95%の確率で犯罪を犯す人間を放置することはもはや罪だと思いますが。

>犯罪を犯した人だけが今後犯罪を犯すわけではないのです。
前科者が犯罪を犯す可能性と、前科の無い者が犯罪を犯す可能性は、80%以上離れていますが。
一般人の誰が犯罪を犯すかどうかは、現時点ではわかりません。
ですが、前科者は圧倒的に犯罪を犯す可能性が高いことがわかっています。
>だから再犯のことを考えて死刑を論じても意味が無いのです。
よって、再犯のこと以外を考えて刑罰を語る事自体意味が無いのです。

193 :考える名無しさん:01/12/13 19:19
>>191
まだわかんねーのかよ。みんなにバカにされてるの(藁

194 :考える名無しさん:01/12/13 19:21
>>193
みっともないよ(プ

195 :考える名無しさん:01/12/13 19:25
>>189
初犯の重罪犯の数よりも、圧倒的に再犯での重罪犯の方が多い事はご存知ですか?

計算が出来ないようなので、変わりに例を提示しましょう。

初犯者数をA、釈放者数をB、再犯者数をbとします。
b/Bが再犯率です。
A+bが総犯罪数です。
仮にAに100、Bにも100、bに90を代入して計算してみましょう。
再犯率は90%、総犯罪数は190になりますね。
ここで死刑や終身刑により、釈放者数を十分の一にします。
再犯率が変わらないとしてもAが100、Bは10、bは9になります。
当然総犯罪数は109になります。

あきらかに犯罪の数が減っていますね。

196 :38:01/12/13 19:25
>95%の確率で犯罪を犯す人間を放置することはもはや罪だと思いますが。
それだけの理由で死刑を容認して、人を無駄に死なせるほうがよっぽど罪です。
あなたのように犯罪を犯した人のみに気をとらわれているようじゃ、
いくら死刑を施行したところで意味ありませんね。

>一般人の誰が犯罪を犯すかどうかは、現時点ではわかりません。
>ですが、前科者は圧倒的に犯罪を犯す可能性が高いことがわかっています
はいこれで、あなたは逃げることになりましたね。
前科者を罪種も区別せずに一律に評価するとは。
前科者のみに考えず。治安を包括的に考えて法を整備する必要があります。

>よって、再犯のこと以外を考えて刑罰を語る事自体意味が無いのです。
結局、再犯ということからも死刑ということが支持することができない以上
例えそうであっても死刑を容認できません。
それよりも、刑務所での再犯を防ぐ更生プログラムを考えていく方が
建設的だと一応あなたのために諭しておきますね。

197 :考える名無しさん:01/12/13 19:28
>>196
既に何十年も更正について考えられていますが、未だに再犯率は高いままです。

198 :38:01/12/13 19:29
>あきらかに犯罪の数が減っていますね。

計算を弄ってもモデルに欠陥があれば意味がありませんね。
初犯者数を使っても結局再犯のことに気をとられ、
犯罪を起した人のみしか考えない。
そのように死刑擁護者は客観的にものを考えられるひとがいないのですね。

199 :考える名無しさん:01/12/13 19:30
もちろん理想は犯罪者全員が更正して、二度と犯罪を犯すことが無いようになって出所する事です。
ですが現状でそれが出来ていない以上、再犯を防ぐ術が必要になるのです。

200 :38:01/12/13 19:31
>既に何十年も更正について考えられていますが、未だに再犯率は高いままです。
だから受刑者の研究をするのも重要ですが、
肝心の各人の防衛意識が希薄であれば焼け石に水と考えられますが。
確かに更生について考えるのは意味ありますよ。

201 :考える名無しさん:01/12/13 19:32
>>198
結果犯罪数が減るのは事実です。
死刑制度が廃止された国でも、依然終身刑や懲役加算刑が残っている理由を考えてみてください。

202 :38:01/12/13 19:32
>ですが現状でそれが出来ていない以上、再犯を防ぐ術が必要になるのです。
ですから、根本的には各人の防衛意識が必要だと主張しているのです。

203 :考える名無しさん:01/12/13 19:33
>>200
各人の防衛意識の強化、犯罪者の徹底的更正。
犯罪を無くす上でこれは既に前提です。

さらにそれ以上犯罪を無くす方法として、再犯の減少、つまり死刑や終身刑について語っているのですが。

204 :考える名無しさん:01/12/13 19:36
そしてあなたは「各人の防衛意識が重要だから、死刑や終身刑は要らない」と仰いました。
つまり各人の防衛意識さえしっかりしていれば、再犯抑止や初犯抑止力としての刑罰が必要無いと言ったわけです。

205 :38:01/12/13 19:38
>結果犯罪数が減るのは事実です。
結局、何も反論できませんか。
一つ教訓として指摘いたします。
いかに数学的技法を使用してもモデルに欠陥があれば意味がありません。
(数学的技法ももちろん重要ですよ)
いま、経済学理論の場でいかにモデルの改善に力を注いでいるかみてください。

>死刑制度が廃止された国でも、依然終身刑や懲役加算刑が残っている理由を考えてみてください
死刑擁護者に配慮しただけでしょう。つまり妥協案という意味が強いと考えられます。
死刑と基本的に同じですから。
(米では130年とでても何ヶ月で出てくる場合があるそうです。
贖罪金みたいなものがあるとか聞いた話があります。あやふやですみません)

206 :考える名無しさん:01/12/13 19:39
あなたは何かにつけて「各人の防衛意識」と言いますが、それだけで全ての犯罪が防げると思っているのですか?
それだけで全ての犯罪が防げなければ、更なる手を考えなければならないでしょう。

そして、それこそが警察であり刑法であり、終身刑であり死刑であるわけです。

207 :考える名無しさん:01/12/13 19:42
防衛意識とやらがある人は犯罪犯さないでしょう。

208 :考える名無しさん:01/12/13 19:43
犯罪を防がなければならないのは何故だ?
社会を守るためではないのか?
その守るべき社会とは、各人が犯罪に怯えて、
びくびくしていことを義務づけられなければならない社会なのか?
自己防衛の必要性を否定はしないが、
その意味するところをちゃんと理解しているのかな?

209 :38:01/12/13 19:43
>さらにそれ以上犯罪を無くす方法として、再犯の減少、つまり死刑や終身刑について語っているのですが
しかし、あなたのような人は、その前提を省みず死刑を無理に擁護する。
議論の過程から再犯や犯罪抑止に関して死刑を容認することが
必要でないことを主張しました。


>つまり各人の防衛意識さえしっかりしていれば、再犯抑止や初犯抑止力としての刑罰が必要無いと言ったわけです。
極論で反論しようとしますか。大分あなたは行き詰まっているようですね。
あくまでも理想はその通りです。しかし限界が現状ではあるために、
法、刑罰があるとは主張しました。しかし刑罰に極端な死刑という
人の命を奪う刑は必要かという問題です。
必要の無いことを主張しました。

210 :考える名無しさん:01/12/13 19:44
>>205
モデルとして欠陥があると仰るのであれば、まずその欠陥部分を指摘してください。
欠陥部分を指摘できずに欠陥だと仰るのは、論理的とは言えないのではないでしょうか。
まぁ別にあの図式で社会学を論じようとは思っていませんので。
重要なのは以下の点です。
再犯を犯す事が出来る人間が減れば、単純に再犯事態も減る。
この事です。
再犯を犯す事が出来る人間が一人もいなければ、再犯は一つも起こらないと言う事すら、説明されなければ理解できないのでしょうか。

211 :38:01/12/13 19:45
>その守るべき社会とは、各人が犯罪に怯えて、
>びくびくしていことを義務づけられなければならない社会なのか?
そこまで謙虚なら、非常に犯罪も少なくなるでしょうが。
実際それをある程度軽減するために政府、法があるのでしょう。
しかし、現状では何でもお上まかせのモラルハザードが起き
防衛意識が希薄になっているのが問題だと思うのですが。

212 :考える名無しさん:01/12/13 19:46
>>209
もう一度改めて言います。
再犯を犯す事の出来る人間がいなければ、再犯は発生しません。
つまり死刑や終身刑や懲役加算刑が存在する事で、確実に再犯が減るわけです。

213 :考える名無しさん:01/12/13 19:47
そして>>212の理由により、死刑や終身刑や懲役加算刑が犯罪総数を減らす上で役に立つわけです。

これ以上反論なさるのであれば、論理的に明確な理由を元にお願いします。

214 :38:01/12/13 19:48
>モデルとして欠陥があると仰るのであれば、まずその欠陥部分を指摘してください。
>>198を読みなさい。読んでから反論すること。

>再犯を犯す事が出来る人間が一人もいなければ、再犯は一つも起こらないと言う事すら、説明されなければ理解できないのでしょうか。
これも同じ。何度もそれが意味の無いことと論理的に指摘しているのに
分からないのでしょうか。

215 :38:01/12/13 19:49
>これ以上反論なさるのであれば、論理的に明確な理由を元にお願いします。
要するに、論理的に指摘され論破され何も反論できないと言うことですね。
再犯に気を取られているからそうなるのです。

216 :考える名無しさん:01/12/13 19:53
いい加減ネタに付き合うのも疲れた。

217 :考える名無しさん:01/12/13 19:55
今の世の中、人を殺してムショに入り、出所してまた人を殺すケースってあるの?
いるとしたら防げないのだろうか?費用の問題?

218 :考える名無しさん:01/12/13 19:55
>>216
やっぱり貴様は負け犬は負け犬だな。

219 :考える名無しさん:01/12/13 19:55
私が間違ってました。
死刑などという非人道的な行為が許されるわけがありませんね。
例え犯罪者が釈放後再び誰かを殺す可能性があったとしても、それはあくまで可能性ですから、いくら一般人が人を殺す可能性の1000倍以上だといっても、それで死刑などにしていいわけがありませんね。

220 :38:01/12/13 19:58
>例え犯罪者が釈放後再び誰かを殺す可能性があったとしても、
>それはあくまで可能性ですから、いくら一般人が人を殺す可能性の1000倍以上だといっても、それで死刑などにしていいわけがありませんね。
1000倍だったら人類は滅亡しているよ。
一般人の殺人確率って世界的見れば少なくないんだから。
下手な煽りは逆効果だったようだね。

221 :考える名無しさん:01/12/13 19:59
>>218
負け犬に負け犬とは言われたくないがな( ´_ゝ`)

222 :考える名無しさん:01/12/13 19:59
>>217
出所後一月経たずに再犯を犯すというケースが非常に多いですが、それはあくまで可能性です。
38さんのおかげで私もようやく目が醒めました。
再犯発生率はあくまでただの可能性なのです。
いくら猛獣を人ごみに放したら人が殺される可能性が高いからといって、人は猛獣ではありません。
たとえ猛獣よりも人を殺す可能性が高かろうが、人は人です。
ようやく何故死刑がいけないかわかりました。
加害者の可能性を完全に絶ってしまうのですから、いけないことに決まっています。

ですが38さん、私はまだ終身刑や懲役加算刑が何故だめなのかがわかりません。
ご教授いただけないでしょうか?

223 :考える名無しさん:01/12/13 20:00
>>221=216
あれあれ、強がっちゃって(w
ママのところへお帰り!

224 :38:01/12/13 20:02
>ですが38さん、私はまだ終身刑や懲役加算刑が何故だめなのかがわかりません。
>ご教授いただけないでしょうか?
それはあなたの頭が悪いのです。
議論は尽くされています。
では又今度来ます。落ちます。

225 :考える名無しさん:01/12/13 20:03
>>220
生まれて始めて犯罪になるような形で人を殺す人の数は、すでに犯罪になる形で人を殺している人の数の数百から数千分の一と言われています。

226 :考える名無しさん:01/12/13 20:04
>>223
お前マザコンなの?(www

227 :考える名無しさん:01/12/13 20:06
>>224
待ってください。本当にわからないのです。
頭が悪いのかもしれませんが、終身刑や懲役加算刑は死刑と違い
更正の余地があると見られた場合は出所できますよね?
通常の懲役刑と違い、一定期間辛抱すれば確実に出て来れるという物ではありませんが、
心構え次第では出所する事も可能ですよね?
何故それがだめなのでしょう?
これが駄目なら懲役刑も駄目だと思うのですが。

228 :考える名無しさん:01/12/13 20:07
というか、せめてオチをつけて頂いてからじゃないと落ちれません(藁

229 :考える名無しさん:01/12/13 20:20
>>178
じゃあ、終身刑にしよう。

230 :名前いれてちょ。。。:01/12/13 20:27
http://news.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1008228568/

231 :考える名無しさん:01/12/13 20:29
それに、死刑にすることは、他の量刑とは異なり、
ほんとにほんとに当事者の生命が終わるということ
だから、別格的措置であり、慎重になるべき。

そもそも、AがBを殺したからといって、権力がA
を殺していいというのは、やや行き過ぎ。

232 :81:01/12/13 20:45
>客観性をもってすれば死ぬことにかわりはありません。
客観性を持てば死ぬ事にかわりない?
本当に客観性を思っていれば、死刑と殺人が同等の死だとは思いませんよ。
>サド感情からするとそうです。
>違うと言うのは、サドたちの言い訳に他ならないでしょう。
38さんは、何か質問に答える時には『サド感情』を使いますね。
曖昧で、何にでも使える便利な言葉ですが、『サド』と言う言葉には
なんら説明に意味を持ちませんよ?
>死刑を不必要に罰として美化しようとしているのですから。
それじゃあ、死刑廃止を必要以上に美化しているのも問題ですね。
>それもある程度、節度というものが必要でしょう。
>それに遺影を法廷に持ち込むという私情を持ち込むとは明らかに行き過ぎです。
>あなたのような法を冒涜するような人がいるから裁判がまともに運営されない弊害を生んでいるのですよ。
遺影を、持って行く事が節度に反する?
たかが、写真一枚を持ちこめないのはおかしいですよ。
なぜ、そのような小さな事が節度に反するが理解に苦しみますね。
被害者は、裁判に挑む時も全くの私情でいろですか・・・
裁判、法を冒涜してるのはあなたでしょう。
>少なくとも、社会やマスコミは被害者を甘やかせるという現状があります。
被害者を甘やかせる?
加害者の必要以上の情報公開、加害者家族の無理なインタヴューなどはあるけど
被害者を甘やかせるという意見は、初めて聞きましたね・・・
そんな現状はないですよ?どんな現状ですか?
それは、あなたの得意な『サドたち』のせいですか?
あなたが『人権屋』だからですか?
>そう申されるのなら具体的にどのように守られていないでしょう。
>特に具体的な事例を持っておっしゃられば分かりやすく幸いです。
私は、加害者の権利がどのように弱いかの事例の方が知りたいですね?
メディア報道以外で法的に加害者の権利が守られていないというのはないでしょう。
少なくとも、被害者よりはね・・・
>そこまで考えておられるのならば、もっと加害者にも配慮が必要ですね。
もっと?
そうですね、加害者にも配慮が必要ですね。
それ以上に、被害者の配慮が必要ですけど・・・

233 :考える名無しさん:01/12/13 20:46
このスレ、「厨房の冬休み」にタイトル変更。

234 :考える名無しさん:01/12/13 20:49
そのまえに中房のクリスマスを。

235 :考える名無しさん:01/12/13 21:01
38の様なヒューマニズムという理想に酔いしれた思考停止者と、
それに永遠とレスをし続ける者・・
本当にご苦労様

236 :考える名無しさん :01/12/13 21:13
一観客より
まだやってるのかい?
賛成派も反対派も、全くもって哲学とは関係ない議論してるね・・・
両方とも、邪魔だから他の板でやってくれ迷惑だから・・・
君達が、知識をひけらかしゴッコをして自己満足しているのは
結構だが他の人が迷惑です。
やるなら、経済、法律、人権など関係なく哲学的に語れよ。
君たちのやってることは、モロにトピズレだよおわかり?

237 : :01/12/13 21:20
これって、結局は精神論

238 :考える名無しさん:01/12/13 21:22
トピズレだって

239 :115:01/12/13 22:52
>>129
>>115
>長文ご苦労様・・・よっぽど頭に来たんだね。
別にこのスレでの反応はありがちですから、頭になど来ませんよ。
あと、こういう言い方は、正義を気取る態度には似つかわしくないですね(笑
人を愚弄する程度で悦に入れるような安易さを、少しは恥じたらどうですか?

ところで、あなたは普段一体何を読んでこの議論をしているのですか?
良かったら、一度でいいから判例百選を見てみてください。読まなくてもいいですから。
あれは判例の要約です。

>私が法を守ってこその人権と言ったのは自分の感情からですよ。法的な事を言ったんではなく。
そんなことは分かってます。法的なことを感情で語るからおかしいといっているのです。
そんな言い分で私が書いた内容が崩れるのなら、一般的に支持される意見に
はむかう人間は認めないといってるのと同じではないですか?

あなたの考えは、それ自体のあり方としては、悪いことではありませんが、
おかれた状況によっては、そうした妥当な心境の「反映」を、
不当に(気に入らないのではありません)思う人間もいるのです。
実際に自分がその状況におかれなければ、夢にも思わないのでしょうが・・・。

>色々理屈をこねる前に、何故悪いことをした奴を怒ることが出来ないのですか?
まず、裁判される前に悪いことをしたと決まっているわけではありません。
あと、殺人事件にも、情状酌量の余地がある事例が多いといいましたよね。
テレビでやっているような殺人事件は、実際には全体の多くをしめているわけでは
ないんですよ。だから、殺人という類型で、悪いことをしたということはできません。
また、意図的に殺人をよく行うような人間は、殺して殺人罪の適用を受けて、
刑務所から出てこれなくなるのはまずいから、実際には傷害致死と認定されやすいような
口実を作ります。殺人罪で抑止力がどうとか言っているのは、はなから見当はずれも
いいところなんですよ。

>>ところで、なんで殺人した事例を考える場合、どの時点でも殺人したのが明らかであるという
>>前提で語るのでしょうか。何を考えているのですか?
>死刑執行は程度によると考えてますよ。正当防衛からの殺人などは死刑には問われないと思ってます。
>ただ余りにもひどい犯罪、特に少年法で守られている凶悪な犯罪などは、法律を見直すべきではないでしょうか?
ぜんぜん言っている意味がわかってないようですね。
裁判をする前、証拠調べをしている最中に、なんで殺人をしたとわかってるという前提が
とれるんですか?と聞いたのですが?

240 :115:01/12/13 23:01
あと、
>死刑執行は程度によると考えてますよ。正当防衛からの殺人などは死刑には問われないと思ってます。
正当防衛からの殺人なんてものはありません。
殺人が(法的に)正当化される(=刑法の正当化は、処罰されないという以上の意味はありません)
のです。つまり、正当化に失敗すれば、普通に殺人罪の適用を受けるのです。
正当防衛したような事例がはなから分かっているわけではないんですよ。

241 :115:01/12/13 23:04
人罪で抑止力がどうとか言っているのは→死刑存置で の間違いです。
失礼しました。

ちなみに、傷害致死の法定刑は、2年以上の有期懲役です。死刑の適用は
現行法上ありえません。

242 :115:01/12/13 23:06
↑の、人罪というのは、殺人罪です。たびたびすみません。

243 :考える名無しさん:01/12/14 00:10
本当に長文が好きなんだなアンタ・・・

244 :考える名無しさん:01/12/14 08:58
38さんへ

今回はお姫様で恩赦がなくて残念でしたね。
気を落とさないで、塀の中のおつとめ、頑張ってください。

245 :考える名無しさん:01/12/14 09:31
死刑に反対の「タカ派人間」っているのか?

246 :考える名無しさん:01/12/14 09:49
>今回はお姫様で恩赦がなくて残念でしたね。
男子だったら、恩赦があったみたいな言い方をする馬鹿は死んでくれよ・・・

247 :考える名無しさん:01/12/14 10:24
亀井静香はタカ?ハト?

248 :考える名無しさん:01/12/14 12:11
亀井はバカ派

249 :わたしは初登場ですよ。:01/12/14 19:19
115さんへ

>また、意図的に殺人をよく行うような人間は、殺して殺人罪の適用を受けて、
>刑務所から出てこれなくなるのはまずいから、実際には傷害致死と認定されやすいような
>口実を作ります。殺人罪で抑止力がどうとか言っているのは、はなから見当はずれも
>いいところなんですよ。

なにをいい加減なことを言ってるのです?
口実を作ったからといっていつも傷害致死で逃れられるとは
限らないでしょうに。それなら殺人罪でつかまる人はいなくなってしまう。
実際に殺人で服役して出所後すぐまた殺人を犯した人もいるでしょう。
また、再審で無罪になって出所後すぐまた殺人を犯した人もいる。
これ、どう説明つけるんです?
で、さすがに殺人二回だと現行ではほとんど死刑になってしまうのですが、
あなたが言いたいのは、死刑を無くしてもう一回シャバに出して、
また殺人でもなんでもやってくれ、ということ?

250 :38:01/12/14 20:00
通常の懲役刑と違い、一定期間辛抱すれば確実に出て来れるという物ではありませんが、
>心構え次第では出所する事も可能ですよね?
>何故それがだめなのでしょう?
>これが駄目なら懲役刑も駄目だと思うのですが。
無論、無期刑として更生が認められれば、出所できる
と法にはっきりと明文化されていれば支持します。
しかし、いかなる理由も出所が認められないというのなら死刑とほぼ同じです。
>83
>本当に客観性を思っていれば、死刑と殺人が同等の死だとは思いませんよ。
本当に客観的に鑑みれば、ただ死刑を実質先延ばしにしているだけなのです。
よって死刑と大して変わりありません。
>曖昧で、何にでも使える便利な言葉ですが、『サド』と言う言葉には
>なんら説明に意味を持ちませんよ?
ならサド感情は存在しないと?それならその根拠を示して欲しいですね。
存在している以上、サド感情を語ることは不毛では在りません。

>たかが、写真一枚を持ちこめないのはおかしいですよ。
>なぜ、そのような小さな事が節度に反するが理解に苦しみますね。
その「小さな事」が大きな事を生むのですよ。
実際遺影のガラスで被告に怪我をさせたと事例があります。
その様子では余計信頼を無くさせますね。

>被害者は、裁判に挑む時も全くの私情でいろですか・・・
>裁判、法を冒涜してるのはあなたでしょう。
法によって運営される裁判は客観的事実を追及する場、
双方の心理描写を分析し責任を比較を明らかにするため必要ですが、
あくまでも私情は極力排除しなければなりません。
法に私情をはさみこむと言う冒涜をあなたのような人がいるから生んでしまうのです。

>被害者を甘やかせるという意見は、初めて聞きましたね・・・
>そんな現状はないですよ?どんな現状ですか?
ある有名な山口の事件の遺族などは事実上サド感情剥き出しでかつ
刑罰に必要以上の私情をはさみ込もうとして法を冒涜しているのを
マスコミ、社会は擁護していますね。
簡単に見つかりますよ。少年犯罪板とか見ればまた容易に見れるでしょう。
それを無視するのはあなたが『似非人権屋』だからですか?

>メディア報道以外で法的に加害者の権利が守られていないというのはないでしょう。
>少なくとも、被害者よりはね・・・
まず、取り調べの時他の先進国並に弁護士の立会いを認めるべきでしょうね。
その他、警察における拘留期限ももう少し短縮すべきだろうし。
無論、メディア報道だけ見ても充分加害者は人権守られてないですが。

>それ以上に、被害者の配慮が必要ですけど・・・
いいえ同レベルに配慮すべきです。
それを崩し被害者に過剰に配慮すればは被害者側にメディア等で
好き勝手いうことによって法に容易に私情をはさむ余地ができることになりますね。

251 :考える名無しさん:01/12/14 22:11
ネタだろ

252 :考える名無しさん:01/12/15 04:38
>>38 みたいなのを人権屋って言うんだろーな。
犯罪者の人権なんか制限されるに決まってるだろーが。
懲役だってそーだろーが。被害者と同じだけの人権を
認めるなら懲役刑にだって出来ないだろーが。

253 :考える名無しさん:01/12/15 05:05
>>252
そういうと、「そこは節度の問題です」とか馬鹿な解答が返ってくる(藁
むしろネタであることを願うよ。

死刑も駄目。終身刑も駄目。懲役加算刑も駄目。ってことは無期懲役も駄目ってことじゃねぇか。
無期懲役なんて懲役何年なのか決められていないから、懲役加算刑よりタチ悪いしな。
懲役加算刑だろうが終身刑だろうが、冤罪だとわかれば出て来れるし、本当に更正したと判断されれば出て来れる。
逆に言えば出て来れない奴は更正の余地無しと法的に判断されたって事だ。

254 :ばか:01/12/15 05:13
無期懲役の方がタチ悪い? たいてい14年だろが
更正? ど、こ、の刑務所が更正なんてことをまじめにやってんだよ!

255 :考える名無しさん:01/12/15 05:53
>>254
つまり更正なんて物が行われていない以上、重犯罪者を釈放してはいけないってこった。
捕まえてきたライオンを、飼育もせずに街中で放したらとんでもない事になるしな。
38はそのとんでもない事も、自らの防衛意識で切り抜けろって言ってるようだが。
んな防衛意識持つだけで犯罪が起こらなくなるなら、法律も警察もいらねぇよ。

256 :考える名無しさん:01/12/15 05:54
38の本名は菊田だそうです

257 :38:01/12/15 17:22
252というものが被害者過剰擁護サド感情保持似非人権屋と呼ぶのでしょう。
加害者は刑罰を課されるべき存在であって、その過程で人権を侵害されるべきでありません。
また被害者側も被害を受けたからと言って特権身分になるべきでもありません。
「節度」という概念を尊重できない社会的活動をすることが出来ない
動物同然のものが253なんでしょうね。
その存在がネタのようで在って欲しいものです。
人間に253のようなものがいるとは思いたくない物ですね。

258 :考える名無しさん:01/12/15 17:43
>>257
何キティガイ相手してんだよ(藁

259 :◆N63UFMy. :01/12/15 21:17
キティガイ=キティ+ガイ

想像してみた。たしかにキティガイだ。

260 :考える名無しさん:01/12/16 03:42
>>38
なにいつまでも馬鹿なこと抜かしてるんだよ、おまえは。
誰が刑罰を課される過程での話をしたよ。とぼけるなよ。
刑罰自体が人権を制限してるっていうことを言ってるんだよ。
それも認めないのか、おまえは。
似非人権屋ってのがお気に入りみたいだけど、おれは被害者の
人権なんてことひとことも言ってないし、お前みたいな真性人権屋
よりはよっぽどマシなんだって。

261 :考える名無しさん:01/12/16 03:47
>>38
更正した、って誰がどうやって判断できるんだよ?
判断できないから、再犯で殺人犯すやつがいるんだろーが。

262 :考える名無しさん:01/12/16 03:54
>260 261
>>251参照。しかしニコリともしないでよくもここまで…。

263 :考える名無しさん:01/12/16 14:11
横槍失礼。
死刑に抑止力が無いというのが死刑廃止の論拠の一つとなっていますが
重罰主義についてはどうお考えでしょうか?
極端に言うと窃盗すら死刑の可能性があるとしたら。
衝動的な犯罪や覚悟完了な犯罪はともかくとして計画犯罪の場合はリスクが高い故に
思いとどまるといった事も考えられると思うのですが。

264 :38:01/12/16 15:20
>誰が刑罰を課される過程での話をしたよ。とぼけるなよ。
>刑罰自体が人権を制限してるっていうことを言ってるんだよ
何を馬鹿なことを言っているのですか?刑罰自体が人権侵害になるとしても
それは致し方ないことでしょう。治安維持のために致し方の無いことです。
つまり節度のことを言っているのです。刑罰自体が人権侵害だからといって
刑罰以上の人権侵害を加害者側に行うのは節度を越えていると言っているのです。
もっと深く考えて欲しいものですね。馬鹿みたいに浅く考えるのはよくありません。

>おれは被害者の人権なんてことひとことも言ってないし、お前みたいな真性人権屋
>よりはよっぽどマシなんだって。
あなたが言わなくとも他の死形擁護者の人々か言っていますし、
あなた自身そういっても心の内面はどうかわからないですがね。

>更正した、って誰がどうやって判断できるんだよ?
だから現在でも試行錯誤しているのでしょう。
その前に犯罪を根本的に減少させる各人の防護意識の啓発等を考えないのですか、
でないと説得力を持ちませんよ。


>重罰主義についてはどうお考えでしょうか?
>極端に言うと窃盗すら死刑の可能性があるとしたら。
>衝動的な犯罪や覚悟完了な犯罪はともかくとして計画犯罪の場合はリスクが高い故に
>思いとどまるといった事も考えられると思うのですが。
いえ、だからこそ殺人が増えることも考えられます。
実際合理的に考えれば、強盗でも死刑と言うことになれば、
その被害者を口封じに殺してしまうことが考えられます。
殺してしまったところで、死刑になるのは同じなのですから。
その被害者を救う目的でも刑罰に格差を設けるべきですね。
無論その前提に加害者側の物を奪わなければならない状況
且つ被害者の防衛意識の欠如がありますが。
その前提は現在の社会、世相を鑑みれば珍しくもありません。

以上のことをネタだと考えるもの(262など)がいますが、その考え自体がネタでなく
本当に考えておれば、(262などを)正真正銘の救いようの無い馬鹿と断定するしかありませんね。

265 :考える名無しさん:01/12/16 17:11
38って某サイトに載ってた文章にそっくり・・・(^^;

266 :263:01/12/16 17:44
>実際合理的に考えれば、強盗でも死刑と言うことになれば、
>その被害者を口封じに殺してしまうことが考えられます。

それでは死刑の内容に格差をつけるというのはどうでしょうか?
薬物投与のようなものから市中引き回し+打ち首のようなものまで死刑にも色々あります。

あとどうも刑罰に対する考え方の根本が違うようにも思えます。
38さんは犯罪者の更正に重点を置いているようですがそれ以外の要素
(社会的排除・抑止力)の観点から見た死刑制度というのはどう評価しておられますでしょうか?

267 :考える名無しさん:01/12/16 17:52
>>38
おまえはほんとにとことん馬鹿だな。
刑罰が人権侵害になるのは致し方ないのであれば
死刑制度が人権侵害だのと寝言ぬかすなって言ってるんだよ。
誰が刑罰以上の人権侵害を与えろと言ったよ?

>だから現在でも試行錯誤しているのでしょう。

だからおまえは寝ぼけてるって言うんだよ。
何年試行錯誤したら、犯罪者が更正したと正確に判断出来る
ようになるんだよ?え?そんなことが出来ると思ってるお前の
ドタマかち割って中見てみたいよ。

268 :考える名無しさん:01/12/16 17:55
端から見てても、38の言ってる事が筋がとおってなくて論理が破綻してるのが理解できるので、この辺で終わりにしてください。
ネタに付き合うなら、sage進行でとお願いしたい所ですが、38は常にageで書きこむと思いますので、皆さんレスしないで下さい。

269 :考える名無しさん:01/12/16 17:59
38さんの言ってる事が正しいです。38さんは間違ってません。
38さんの言う節度に沿って世界中の人が行動するべきです。
もう十分分かりましたから、38さん、レスしないでください。

270 :38:01/12/16 18:04
>それでは死刑の内容に格差をつけるというのはどうでしょうか?
>薬物投与のようなものから市中引き回し+打ち首のようなものまで死刑にも色々あります。
死ぬことに変わりは無いのですから、合理的に考えれば
ほとんどそれらは等価に考えられるでしょう。
但し、自殺刑(切腹など)なら自己主張を形に表すことも出来ますし、
自尊心の感情からも若干それら他人による直接的な執行)よりも
マシになるというくらいしか意味にないと考えられますが。

>38さんは犯罪者の更正に重点を置いているようですがそれ以外の要素
それが最重要な要素でしょう、法の精神からして、
社会的な排除という観点からは過剰な加害者への人権侵害
に当たる要素が強く刑罰を受ける期間(禁固や懲役など収容刑)
は致し方なくそれを行わなければなりませんが、刑を受けた後
いかに社会に復帰させ、それを拒む物を法によって規制し摘発していくべきと
考えられます。
抑止力のほうは刑罰によるよりも各人の防衛意識の啓発の方が
より効果的かつ根本的な解決策であるので刑罰によって
考えられるべきでないと考えられます。
実際刑罰によって抑止できるのなら犯罪はなくなっております。

271 :38:01/12/16 18:10
>死刑制度が人権侵害だのと寝言ぬかすなって言ってるんだよ。
>誰が刑罰以上の人権侵害を与えろと言ったよ?
何も理解できてないようですね。理解力が無い証拠でしょうね。
私は必要以上に人権侵害する死刑を否定しているのですよ。
つまり人権侵害は致し方ないレベルの物なのか否かの問題なのです。

>何年試行錯誤したら、犯罪者が更正したと正確に判断出来る
>ようになるんだよ?え?そんなことが出来ると思ってるお前の
>ドタマかち割って中見てみたいよ。
そうやって試行錯誤を諦めたら永遠に出来ませんよ。
何時出来るか分かる物なら試行錯誤に苦労しませんよ。


中には自分が論理が破綻しているのに論理に筋が通っている相手
に指摘している時点でまたもや論理が破綻している268のようなやつがいるようですね。

272 :考える名無しさん:01/12/16 18:45
世の中に居て迷惑なのは話がかみ合わないこういう馬鹿。
死刑はそういう奴に執行して欲しいよ、まったく。

273 :考える名無しさん:01/12/16 19:00
>>271
>人権侵害は致し方ないレベルの物なのか否かの問題
出所してもまた犯罪犯すような奴は、終身刑or死刑も致し方無いとおもまーす
また犯罪犯すような奴を出所させる方が、一般人の人権侵害でーす

274 :38:01/12/16 19:06
>出所してもまた犯罪犯すような奴は、終身刑or死刑も致し方無いとおもまーす
のように、単なる自分のサド感情満足のための隠れ蓑するための口実は
まったく根拠がありません。
人を死なせると言う極端な人権侵害は
法の中で許容できるものではありません。
>また犯罪犯すような奴を出所させる方が、一般人の人権侵害でーす
このように加害者への極端な人権侵害も許容できません。
自分の自己防衛の意識の欠如を棚に上げている時点で
一般人への人権侵害には全くなりません。
自分の論理の無さを話しがかみ合わないと言って
逃げる人こそ犯罪に等しいですね。

275 :考える名無しさん:01/12/16 19:10
犯罪者に街中うろつかれたら、身を守る術を持たない人は外に出られなくなりますね♪

276 :考える名無しさん:01/12/16 19:12
禁固刑や懲役刑は廃止するべき。
冤罪かもしれないし、既に更正しているかもしれない人間を拘束するなどナンセンス。
節度の面から見ても、二度と取り返しのつかない時間を奪うのは許される行為ではない。
重大な人権侵害。

277 :38:01/12/16 19:13
>犯罪者に街中うろつかれたら、身を守る術を持たない人は外に出られなくなりますね♪
そうですね。自身の無い人は外に出るべきでないのは当然です。
どうしても出たいのなら防衛意識を念頭においていかに
犯罪に巻き込まれないか尽力を尽くすべきことは言うまでもありません。

278 :考える名無しさん:01/12/16 19:15
そもそも犯罪者を刑務所に入れるという行為自体が、サド感情を満足させるためのものに他ならない。
犯人だと思われていた人物が実はそうではなかった場合、どうやってその時間を取り戻すのか。
否、取り戻すなどと言う事は不可能である。
犯罪者を隔離しておかねばならないなどというのは、サド感情と自らの自己防衛意識の欠如を棚に上げた、加害者の人権を極度に侵害する意見に他ならない。

279 :38:01/12/16 19:17
>禁固刑や懲役刑は廃止するべき。
>冤罪かもしれないし、既に更正しているかもしれない人間を拘束するなどナンセンス。
死刑よりは遥かに人権侵害の程度が違います。
節度というものを理解しておれば簡単に考えられます。
冤罪の補償も当の本人が死んでいない以上容易。
人権派を装って極端な論理で攻撃したつもりが何も論理が無いことを
軽く見破られている時点で276のような死刑擁護者の
悪あがきは見苦しいですね。

280 :考える名無しさん:01/12/16 19:17
>>277
21の女なのですが、男の人に襲われたりした場合
絶対に逃げ切れる自信なんてないので、外出は控えるべきですか?
一生自宅で鍵をかけて引き篭もっているべきでしょうか?
買い物とかにも行けないので、生活していけません……。
どうすればいいでしょうか?

281 :考える名無しさん:01/12/16 19:17
38の方が理論が破綻しているのは気のせいか・・・

>犯罪者に街中うろつかれたら、身を守る術を持たない人は外に出られなくなりますね♪
そうですね。自身の無い人は外に出るべきでないのは当然です。
どうしても出たいのなら防衛意識を念頭においていかに
犯罪に巻き込まれないか尽力を尽くすべきことは言うまでもありません。

このレスでいよいよ38の理論がめちゃくちゃになってきたな・・・
というか、このレスはあんまりだろう・・・

282 :38:01/12/16 19:22
278も同様に>>279のことが言える。

>絶対に逃げ切れる自信なんてないので、外出は控えるべきですか?
せめて、危ないと知っているところへ近づかないということは
出来るでしょう。十分危険なところを考えた上で、
また自分を被害者として狙われないように気をつけたところで
被害を受けたならば責任は非常に小さくなりますね。
また、それともあなたはいつも今まで被害を受けてもいいから外へ出ているのですか?

283 :276=278:01/12/16 19:23
>>279
まったく節度という物を理解していないな。
生きているから保証が容易?
その理由だったら終身刑も容認されてしまう。
時間はどうやっても元には戻らない。
死刑や終身刑は元より、懲役刑などといったものも廃止するべき。
加害者が自由に買い物をしたり町で遊んだりする権利はどうなる?
君は死刑は駄目だと言って命を尊ぶ聖人を演じつつ、懲役刑になる人を見てサド感情を満足させているのではないか?
真に節度と人権を重んじるなら、二度と取り返しのつかない時間を奪うなどという行為が許されるはずが無い。

犯罪とは個々それぞれ違いがある。
それを一緒くたに再犯の可能性だので論じるから話がややこしくなる。
二度と再犯しないかもしれない人を拘束するなど、極度の人権侵害以外の何者でもない。
結局被害者の家族などへの言訳としての意味と、一部のサド達を納得させるためにやっているにすぎない。

284 :38:01/12/16 19:24
>このレスでいよいよ38の理論がめちゃくちゃになってきたな・・・
>というか、このレスはあんまりだろう・
非常に論理がすっきりしているのに論理が無いと言う時点で
281の論理が破綻していますね。

285 :280:01/12/16 19:30
>>282
今でも夜とか人通りの少ない所などは避けています。
ですが、もし昼間白昼堂々襲われたりしたら、逃げ切れないと思います。
もし凶悪犯罪の前科がある人が、平気で街中をうろつくようになったら、
昼でも怖くて外に出られません。
ちょっと前にも池袋で昼間から惨殺事件が起きましたが、あの時も怖くなって
しばらく外に出られませんでした。

286 :38:01/12/16 19:40
>その理由だったら終身刑も容認されてしまう。
いやただ、死を先延ばしにしているだけと客観的に考えれば
わかること。無論、更生が認められれば出所できる
というのであれば、その限りではないが。
>時間はどうやっても元には戻らない。
通常、時間を無駄に過ごしてしまことは社会生活している上で
よくあること(交通事情など)。無論何年も拘束されることに
なればその補償も高くつくが、出来ないことも無い。
実際拘束されなければ得られた賃金などで。
人が死ぬとなるとそうはいかない。実際帰ってこないのだから。
賃金の査定だけですむ話しでないし。当の本人も
懲役刑で済むことなら殺されはしないのだから、それだけでも大いに
違う物となる、あなたは客観的に考えていない証拠ですね。
また全然節度を理解していない、本当に節度を理解しているのなら
裁判の過程で冤罪がでるのは致し方の無いこと、
その致し方の無いというものをわきまえてこそ節度を理解していると言う物であろう。
>懲役刑になる人を見てサド感情を満足させているのではないか?
いや、刑罰に私情をはさむべきでないと主張している時点で
それは無いことがいえます。それでも疑うのなら勝手に妄想してても構いませんが。
>真に節度と人権を重んじるなら、二度と取り返しのつかない時間を奪うなどという行為が許されるはずが無い。
真に節度と人権を尊重しているのなら刑罰と人権侵害の程度を客観的に比較考察して
致し方の無い物があればそう理解して決断すること。それすら出来なく
節度もわきまえないあなたにはそれが出来る力量は無いようですね。

>犯罪とは個々それぞれ違いがある。
だから犯罪も収集雑多であると言ってるでしょう。
>二度と再犯しないかもしれない人を拘束するなど、極度の人権侵害以外の何者でもない。
極度の人権侵害にはならない死んではいないのだし、補償も容易。
私情を裁判、刑罰の過程で入っていはいないことが自明である以上
サド感情の入る余地はあまりない。
それを理解できる力量もあなたに無いようですね。

287 :考える名無しさん:01/12/16 19:43
無知な38へ

懲役加算刑、終身刑などでも、恩赦などで釈放されたケースや、冤罪が発覚して釈放されたケースは多々あります。

288 :38:01/12/16 19:44
>ですが、もし昼間白昼堂々襲われたりしたら、逃げ切れないと思います。
>もし凶悪犯罪の前科がある人が、平気で街中をうろつくようになったら、
>昼でも怖くて外に出られません。
よく防衛意識を考えておれば責任は小さくなりますし、
確率も非常に小さくなります。
また凶悪犯罪を犯した人であっても必ずしも犯罪を犯すとは限りません。
友達を作って極力複数人でいることもあります。
又言いいますが、あなたはいつも今まで被害を受けてもいいから外へ出ているのですか?
みんなそういうことを考えながら外へ出る勇気を持っているのです。
ほんとうに無いのならカウンセラーなど気軽に相談してもどうですか?

289 :考える名無しさん:01/12/16 19:47
つまり38は、突然人込みの中で知りもしない人に後ろから刺されても文句ないってことですか?

290 :38:01/12/16 19:47
>懲役加算刑、終身刑などでも、恩赦などで釈放されたケースや、冤罪が発覚して釈放されたケースは多々あります。
無知な287へ、
諸外国で法にそのようにはっきり明文化
されていますか?はっきり明文化されていればそれでいいと私は言ってるのですよ。
また冤罪が発覚したら釈放するのは当然です。
287は反論にもなってませんね。

291 :38:01/12/16 19:49
>つまり38は、突然人込みの中で知りもしない人に後ろから刺されても文句ないってことですか?
よく考えた上でと言ってるでしょう。>>282をよく読んでください。

292 :考える名無しさん:01/12/16 19:51
名スレ発見!
うちの息子が何をトチ狂ったか哲学科なんぞに行きたがり、困っていたところなので助かりました。
さっそく本人に読ませることにします。

293 :276=278:01/12/16 19:58
>>286
恩赦が与えられて、終身刑がただの懲役刑になったりする場合もあるが。
それだと終身刑も許される事になってしまうな。

節度を理解していない君に説明しても理解できないかもしれないが、人によっては取り返しのつかない時期といったものもある。
その時期を逃してしまった為に自殺しかねないほどの人もいるのだ。
それを全て一緒にして生きているから補償ができるなどとぬかすとは、まさに個々人毎の価値観の多様性というものを理解していない証拠だ。
懲役刑になったというだけでも獄中で自殺する人間もいる。
そういう人には懲役刑は最早死刑宣告と同じだ。
また前科者という肩書きのせいで、出所後の生活で途方にくれる人もいる。
もはやその人の人生その物を完全に狂わせてしまっているではないか。

君がサドでないとするなら、君は節度という物を理解していないだけだ。
節度という物は、君が勝手に「死刑は駄目。懲役刑は大丈夫」などと決められる物ではない。
前途したとおり、人によっては懲役刑で人生が完全に狂ってしまう場合がある。
そういった人のことをどうやって補償するというのだ?
そのような人のことも考えた場合、懲役刑というのは極度の人権侵害であり、節度の面から見ても決して許される物ではない。

サドは懲役刑でもその欲求を満たす事が出きる。
加害者が懲役刑により受けるであろう苦しみを想像することは容易である。
それを被害者の家族や、無関係なサド達が想像し、望み、サド感情を満たしている事は自明であろう。

294 :考える名無しさん:01/12/16 20:00
>291
じゃぁ38は、よく考えたら誰があぶない人で誰があぶなくない人かなんかわからないから、他人に近づかないようにしているって事ですか?
ひきこもりですか?
家族がひきこもりのあなたを邪険に思い偽装自殺させようとしているなどとは想像できませんか?

295 :考える名無しさん:01/12/16 20:00
死刑制度、賛成です。

296 :276=278:01/12/16 20:12
安易に何も考えず死刑制度賛成だの、懲役刑は問題無いだの言う奴らが信じられないな。
お前らは本当に、加害者の事を考えたことがあるのか?
加害者も人だ。人権は守られて当然だ。
「家族が被害者になる事を想像して」などの意見はあったが、家族が加害者になることを想定した意見が一つでもあったか?
自らが加害者となった場合や、親しい人が加害者となった場合の事を考えてみろ。

297 :38:01/12/16 20:15
>恩赦が与えられて、終身刑がただの懲役刑になったりする場合もあるが。
>それだと終身刑も許される事になってしまうな。
前より言ってるでしょう。はっきり法に記されておれば支持すると。
>節度を理解していない君に説明しても理解できないかもしれないが、
人には補償という方法が存在する。
>その時期を逃してしまった為に自殺しかねないほどの人もいるのだ。
極めて少ないし、自殺した判断は本人の責任に依存する。
節度を考えれば、そのような極端な嘆き方をしないし、客観的にみても
そうである。生ある自分すら認めないのであれば、
遅かれ早かれ冤罪で懲役刑を受けなくとも自殺したであろう。
客観的にものを考えるとはこうである。
それを理解できないで補償できないと言うのは
まさに個々人毎の価値観の多様性というから一般化したものを理解していない証拠だ。

>懲役刑になったというだけでも獄中で自殺する人間もいる。
これもその判断は自分に帰結する。判断しないで出所すれば
死刑とは遥かに遠い扱いであることはすぐに理解できる。
そのように弱い人間なら遅かれ早かれ刑罰を受けなくとも自殺したであろう。
>また前科者という肩書きのせいで、出所後の生活で途方にくれる人もいる。
その問題は、社会復帰させるための法の整備不足である。
そのように冤罪を生む裁判や社会復帰の法整備を考慮に入れずに客観的に
ものごとを考えたとは言えない。
節度を理解してるからこそ「死刑は駄目。懲役刑は大丈夫」であると
客観的に容易に考えられる。
懲役刑によって人生が完全に狂ってしまうのであれば法の整備不足の
問題だし、経済観念がすすんだ現在では法によって金銭によって
補償することが容易になる。無論受け取る側も節度が要求されることは言うまでも無い。
そのような人のことも考えた場合、懲役刑というのは
十分良好な刑罰であり、節度の面から見ても容易に理解できる。
>サドは懲役刑でもその欲求を満たす事が出きる。
服役時の扱いが人権侵害に考慮して法整備され運営されておれば
著しくサド感情が低下するのは容易に分かる。
死刑と言う極端な人権侵害をまぬかれないことからくる
サド感情が問題である。
死刑を隠れ蓑にしてサド感情を満足している293は
何もそれに答えられていない。

298 :考える名無しさん:01/12/16 20:16
私も死刑賛成だ。

299 :38:01/12/16 20:16
>じゃぁ38は、よく考えたら誰があぶない人で誰があぶなくない人かなんかわからないから、他人に近づかないようにしているって事ですか?
極力しています。では危ないと分かって近づくのですか?
>ひきこもりですか?
いいえ、以上。

300 :読んだけど:01/12/16 20:25
>>38は頭おかしいよ。
みんなもう相手にしないでこのスレは沈めましょう。

301 :276=278:01/12/16 20:28
>>297
君は自分が客観的に物事を見れていると勘違いしているだけだ。
既に述べたが、時間の価値は人それぞれだ。
人によっては、それは決して金銭で補える物ではない。
一般的にも言われている様に、青春時代は二度と返らない。
そしてその日々は決して金で買えるものでもない。
それを金銭的な面で補償したつもりになるのは、ただのエゴである。
重大な人権の侵害から目を瞑る誤魔化しに過ぎない。
真の客観性とは、多数決で物事を見るのではなく、例え少数だとしてもそれらの存在を無視せず、且つ多数派の事も考慮して考える事である。
君が言っていることは客観的に言っているのではなく、君の感覚と違う人間を無視して君の節度を作り上げている事に他ならない。
真に節度を考えるなら、例え少数派であろうと、特異な例であろうと、時間を奪われる事が死と同程度の罰になり得ると考え、またそれに嘆く人のことも考えるべきである。
君はこれらの人の事を無視しているに過ぎない。
人生の中のある10年間が失われる事で、生きている事その事自体の意味を失ってしまう場合もある。
これは最早死刑と同等だ。
法でどうにかできる問題ではない。20代の肉体は20代の時にしか、30代の肉体は30代の時にしか持ち得ないのと同等で、その「時」は永遠に戻ってこないのだから。

また、法で対処できるレベルの事も、一部のサドのせいで困難であるのは自明である。
前科者という肩書きがデメリットでもなくメリットでもなくなるべきなのだが、サド達は懲役刑になる人を見てサド感情を満足させる事ができるよう、常に前科者や服役者にデメリットが与えられるよう偏見のまなざしで見るよう努めている。
そういったサドが居なくならない限り、前科者は常に肩身の狭い思いをして生きていかねばならないだろう。

302 :考える名無しさん:01/12/16 20:31
>299
仕事とか買い物とかはどうしてるんですか?
買い物先の店員が突然襲いかかってくるかもしれないし、取引先の人が
突然ストレスなどで発狂して襲いかかってくるかもしれないですよね。
道を歩いていても、物陰に隠れていた異常者に急に襲われるかもしれませんし。
実際、最近無関係の人を殺す異常犯罪も多発していますし、どうやって生活しているのでしょうか?

303 :考える名無しさん:01/12/16 20:35
>>300
頭おかしい奴と長々と対話できる事なんて滅多に無いぞ。貴重だ。
ネタだとしてもここまでの長文を、
言ってる事が途中で変わったり支離滅裂になったりしているとはいえ
書き続けているのは天晴れだ。

304 :考える名無しさん:01/12/16 20:37
先日、以前人殺しをして刑務所に入ってた人が、刑期前に保釈され、その保釈中に
また、人を殺した。二度目の人は恋人だつた。殺されたその恋人は、相手が人殺し
で保釈中など知るよしもない。
最近こんなケースが多々ある。
あなたの知人も人殺しかも、くわばら、くわばら・・。

305 :考える名無しさん:01/12/16 20:39
死刑賛成。
人口がおおいんだから、人殺しをするような人は社会に出すべきではない。

306 :考える名無しさん:01/12/16 20:50
38は自分が言ってる事の分裂にも気付かずに永遠とレス出来るんだから凄いよな・・・
ある意味才能だよこれ・・

307 :考える名無しさん:01/12/16 21:06
38は引き籠もり大学生ですか?
どこかで読んだ文章を自分のものの様に使っていいザマですね。
自分のレスがどこが間違っていて、どこが破綻してるのか、一度考えてみて下さい。
自分の卑屈な精神が露わになってますよ。

308 :263:01/12/17 00:02
>>38さんは犯罪者の更正に重点を置いているようですがそれ以外の要素
>それが最重要な要素でしょう、法の精神からして

更正が最重要であるという根拠の文献はありますでしょうか?よろしければ提示願います。

>抑止力のほうは刑罰によるよりも各人の防衛意識の啓発の方が
>より効果的かつ根本的な解決策であるので刑罰によって
>考えられるべきでないと考えられます。
>実際刑罰によって抑止できるのなら犯罪はなくなっております。

抑止力があった上で現在の犯罪率であるという考えに対してはどうでしょうか?
また、昨今の少年犯罪の多発の原因の一つに「少年法によって守られているから」
という話を聞きますがこれに『大してはどうお考えでしょうか?

>そうですね。自身の無い人は外に出るべきでないのは当然です。

つまり子供は一人で外に出すなということでしょうか?
常に親が身の安全を守るために監視しなくてはならないという風に解釈できるのですが。

309 :38:01/12/17 17:03
>301
あなたはは自分が客観的に物事を見れていると勘違いしているだけで
まともに議論できない人間であることを自分で理解できてないようですね。

>人によっては、それは決して金銭で補える物ではない。
>一般的にも言われている様に、青春時代は二度と返らない。
だからこそ、金銭で解決せねばならない。
なにが出来ないで何が出来るかも考えず無い物ねだりを
している人間は節度もわきまえず、客観的に物事を理解できてない証拠です。
それこそ、そのような人間に過剰に擁護することこそ節度を
失っているといえるでしょう。
>重大な人権の侵害から目を瞑る誤魔化しに過ぎない。
経済概念が進んでいる今金銭以外による補償のみしか受け付けない
人間では限りなく少数である。
でなければ金銭そのものを否定し金銭を使わないはずであるから。
その時点でそちらの論理が論理的に間違っていると言える。
真の客観性とは、多数決で物事を見ることで一先ず一般化して基準をつくり
少数のものを少数と把握し、多数と少数の区別をすることである。
そして真の節度とはそれらを比較してやむを得ない部分はやむを得ずというように
理解して受け止めることをいうのである。
それを理解できていない時点で客観的に物事を考えず、
あなたの好きな極論によってあなたの論理に筋が通っていないことがいえることになるのです。
>人生の中のある10年間が失われる事で、生きている事その事自体の意味を失ってしまう場合もある。
>これは最早死刑と同等だ。
それは極少数でなければ収容施設に死人が沢山出てくることになる。
あなたは十年の刑期を宣告したら自殺するのですね。
その程度の人間ならもうすぐ自殺してしまうでしょうが。
法による補償は容易に出来ることは自明かつ
服役中の人権侵害をよく制する法整備によってサド感情を
押さえ込むことも自明。
そのように死に対する極端なサド感情をでない
もともと僅かなサド感情など容易に方によって制御されるものになる。
でなければ世の中サド感情だらけになり犯罪だらけになることになることからも自明。


このように死刑擁護者の301のような馬鹿が擁護者で無いように装って煽り
をしたところでもとより301のような出鱈目且つ分裂した論理では
なにも煽りの意味すら効力を失ってしまう。301を見ていると、まさに滑稽である。

310 :38:01/12/17 17:03
>仕事とか買い物とかはどうしてるんですか?
>買い物先の店員が突然襲いかかってくるかもしれないし、取引先の人が
>突然ストレスなどで発狂して襲いかかってくるかもしれないですよね。
客観的に確率を考えてその上で外を出る便益を比較した上で
行くことにある。
「危ないと分かって近づくのですか?」
と言う問いに意図的に無視して反論している時点で
あなたは論破されていることが証明されました。
あなたは今後何を言っても説得力に欠けますね。

>263
>更正が最重要であるという根拠の文献はありますでしょうか?よろしければ提示願います。
更生が最重要でなければ何のために刑罰をするのですか?
私レスすべてにその根拠がありますよ。
それでも分からないのなら、あなたは他に何が最重要だと考えるのですか?
他に何も無いというのなら、何もあなたはそのように問い掛ける筈はないでしょうから。


>抑止力があった上で現在の犯罪率であるという考えに対してはどうでしょうか?
>また、昨今の少年犯罪の多発の原因の一つに「少年法によって守られているから」
しかし少年犯罪の発生率は戦後どのようになっているのか
ソースはあるのですか?どうも少年犯罪の多発性と叫ばれますが、
従来と大して変わってないと思うのですが。
あくまでも私の主観ですのでソースがない以上客観的に判断は出来ません。
急激に増えているというのであれば
少年法に守られているからというよりも景気の悪さから来る不安定
少年を教育することの徹底不足からでしょう。
少年法は少年を必ずしも守っているとは思えません。
なぜなら重大な犯罪以外で
弁護士をつけることが義務とされていない以上、
大人よりも劣悪な状況に置かれているとも考えられます。
匿名性といいますが、少年を管理する資格のある人間による
口コミ等によってあまり達成されてないのですから。
つまり法的に実際に運営できるようなっていなのですから。
つまり子供は一人で外に出すなということでしょうか?
>常に親が身の安全を守るために監視しなくてはならないという風に
>解釈できるのですが。
そうですね。トラブルに巻き込まれたくなければそうするのが当然でしょう。
何も考えないでパチンコへ行ったりして目を離して
誘拐されたり事故に巻き込まれりしている様子をどう考えるのでしょう?

無論、各人の力に限界があるのですから
そのために法、政府があってそのためのインフラ整備をするのですよ。
つまりそいう無理なことまで要求しているのでなく
可能な限りで防衛意識を念頭において考えると言っているのです。

311 :>38:01/12/17 17:57
38はさぁ、本気で自分が正しいと思ってるわけ?
各人の力に限界があるから、法律で何とかしようって話してて、その上で凶悪犯が街中うろつくのは危険だから終身刑や死刑もやむをえないって話してるわけだべ?
それあんたは、「各人の自己防衛意識の方が効果的だから死刑なんていらない」って上の方で述べてるんだよ?
死刑があることによる抑止力よりも、各人がきっちり防衛意識を持ったほうが犯罪の抑止に繋がるから死刑はいらないって論法は、
AよりもBの方が効果があるから、Aは要らないって言ってるのと同じだべ。
んでこう言うとあんたは節度の問題で、死刑や終身刑はやりすぎとか言うんだろうけど、それは誰から見た節度なのよ?
万人が納得する物じゃないんだろ? 統計取ったの?
無期懲役って言葉に騙されてる人が世の中には結構いるけど、死刑を廃止して何十人も人を殺した奴が十数年で出て来れるって知ったら、終身刑とかの採用を望む人が出てくるとは思わないわけ?
本気で日本の半数以上の人間は、そんな凶悪犯を十数年程度で出所させる事に賛成すると思ってるのかね。

それとさ、あんたの言ってることの一部の方がまさに極論だよ。
子供が一人で外に出られないような世の中になったら、共働きの親とかどうするんだよ。
安心して子供が外で遊べ無いような社会は、例え犯罪を犯した人がなんのデメリットも無く生活できたとしてもイイとは思わない。
あんたはそれでいいと思ってるらしいけど、あんたの言う客観的に見て、多数決が全てだってんなら切り捨てられる意見はあんたの方だよ。

自分のレスを読み返して、完全に支離滅裂な事言ってるって自覚してよ。
まぁその時の感情で極論言っちゃうこともあるんだろうけど、もしあんたの本当の考えと違った事言っちゃってるんなら、あんたの本当の考えの核となるようなことを明確に提示して。

312 :考える名無しさん:01/12/17 19:01
死刑賛成。

313 :考える名無しさん:01/12/17 19:04
外国人は、その外国人の法律で裁くべし。

314 :考える名無しさん:01/12/17 19:03
更生できるかどうか以前に
コストを考えると明かに死刑したほうがいいよな。
死刑反対の奴がお金出し合って面倒見てやれや。

315 :38:01/12/17 19:08
>各人の力に限界があるから、法律で何とかしようって話してて、
>その上で凶悪犯が街中うろつくのは危険だから終身刑や死刑もやむをえないって話してるわけだべ?
本気でそう考えているのならあなたは正真正銘の馬鹿です。
終身刑や死刑というものは死刑擁護者達のサド感情を満足させるだけで
何も必要ないもの。死という極端な人権侵害とう形で刑を行わずとも
更生したら出所できる無期刑で充分と言っているんです。
それも今までの議論で理解できないのならあなたは正真正銘の馬鹿でしょう。
>それあんたは、「各人の自己防衛意識の方が効果的だから死刑なんていらない」って上の方で述べてるんだよ?
客観的に鑑みれば、当然の帰結です。それを今までの議論で理解できないのならあなたは正真正銘の馬鹿でしょう。

>死刑があることによる抑止力よりも、各人がきっちり防衛意識を持ったほうが犯罪の抑止に繋がるから死刑はいらないって論法は、
>AよりもBの方が効果があるから、Aは要らないって言ってるのと同じだべ。
これも当然です。死刑があることによる抑止力よりも、各人がきっちり防衛意識を持ったほうが犯罪の抑止に繋がるから死刑はいらないって論法は、
AよりもBの方が効果があるから、Aは要らないって言ってるのと同じだべ。
死刑は効果がほとんど無い且つ死刑擁護者のサド感情を満たすだけで
死刑そのものを考えただけでも意味の無い物です。
それを今までの議論で理解できないのならあなたは正真正銘の馬鹿でしょう。
>万人が納得する物じゃないんだろ? 統計取ったの?
万人が納得しないならサド感情にとらわれた人間が大半である。
その時点で客観的に節度の概念は正しいと言える。
万が一大半であっても民主主義の欠点があるそれはサド感情というような人権侵害を考える
者達を認めてしまい、衆愚状態に簡単に陥ってしまい、まさにそれはその衆愚状態と言えるであろう。

>終身刑とかの採用を望む人が出てくるとは思わないわけ?
それは死刑を廃止された場合の死刑擁護者のサド感情を満たすための
口実に過ぎない。どっちにしろ死ぬことに変わりがないのだから。

>本気で日本の半数以上の人間は、そんな凶悪犯を十数年程度で出所させる事に賛成すると思ってるのかね。
万が一そうであれば、衆愚状態そのものである。

>子供が一人で外に出られないような世の中になったら、共働きの親とかどうするんだよ。
>安心して子供が外で遊べ無いような社会は、例え犯罪を犯した人がなんのデメリットも無く生活できたとしてもイイとは思わない。
そうあるために各人の防衛意識の徹底が必要そうすれば、
犯罪発生率が低くなり、容易に外で遊べる世の中になるのが容易に客観的に考えられる。
人間の力に限界があるからこそ、法、政府がありそれによるインフラ整備が必要で
頼らなければならないということが理解できてこそ。
節度が理解できるというのである。
これであなたの主張が支離滅裂どころかただ言葉を羅列しただけにすぎないことが
あなたは理解できなければなりません。

316 :考える名無しさん:01/12/17 19:12
要するに、厳しくせよということですね。
日本は甘過ぎますよね。昔はあまりわるいことをする人がいなかったからでしょうな。
いまでは、外国の強盗団の荒らし回っている国ですよね。
日本では、地方で、毎日のように外国人の強盗団が毎日荒らし回っていることが
地方新聞で報じられている。
首都圏班と地方班に分かれて、競い合ってるようだ。

317 :考える名無しさん :01/12/17 19:20
OFW

318 :考える名無しさん:01/12/17 19:22
>317 なんですかー。

319 :263:01/12/17 19:28
>更生が最重要でなければ何のために刑罰をするのですか?
>私レスすべてにその根拠がありますよ。
>それでも分からないのなら、あなたは他に何が最重要だと考えるのですか?
>他に何も無いというのなら、何もあなたはそのように問い掛ける筈はないでしょうから。

私は抑止力こそが最重要であると考えます。それは38さんのおっしゃる「自己防衛」には限界があるからです。
38さんは自己防衛とはどういう事と考えますでしょうか?大きく分けて
「可能性の高い所には行かないという自己防衛」と
「事件に巻き込まれた時に身を守る自己防衛」があると思いますが。
その上で両者を検討すると前者は確かに有効でしょうが電車内や駅前などでも凶悪犯罪は起こりえるため確実とはいえません。
後者はアメリカを見れば自分を守るはずの銃によって逆に凶悪犯罪を誘発してしまう可能性もあるといえます。
自己防衛を徹底すれば犯罪の発生を防ぐ事が出来るという38さんに対して反論してみましたがいかがでしょうか?
私はその上で警察機構・刑罰が必要であると考えるので、その役割は犯罪者の社会的排除・存在そのものによる抑止力が重要ではないかと考えます。
元々の治安機構の役割とはそういうものなのではないでしょうか?

私は他人の人権より自分の人権、極端に言えば生命・財産を守ることを最優先します。
となれば自分に危険が迫る可能性を限りなく低くするのは当然です。
犯罪者が更正されてどのこうのというのははっきり言って関係ないのです。

320 :考える名無しさん:01/12/17 19:34
死刑賛成でーす。

321 :263:01/12/17 19:36
あと…どうも38さんは性善説なのでしょうね。私は性悪説なのですが。
基本的な人間に対する評価が違えば出てくる結論が異なり分かり合えないのはしょうがないのでしょうね。

322 :38:01/12/17 19:43
>私は抑止力こそが最重要であると考えます。それは38さんのおっしゃる「自己防衛」には限界があるからです。
抑止力はやはり今まで言ってきたように
各人の防衛意識が重要です。刑罰に過信して刑罰の根拠とするのは
それが抑止力の根本的な解決策にあまりならない以上、
最重要とはいえません。しかし刑罰がなければ
法で罪状がはっきり明文化されても罪の意識が人々に
あまり沸いてきません。そのため刑罰にその要素も大事ですが
比較すると更生がやはり最重要とされます。

>38さんは自己防衛とはどういう事と考えますでしょうか?大きく分けて
>「可能性の高い所には行かないという自己防衛」と
>「事件に巻き込まれた時に身を守る自己防衛」があると思いますが。
双方重要と考えられます。それを踏まえた上で
前者の方がより重要と主張されるのは私も支持します。
理由もあなたの主張とほぼ同じ。
ただ人間の限界を考慮するから、致し方なく法、政府が存在するのでしょう。
私の主張としては根本的な解決策として自己防衛、
それを補完するものとして法、政府と考えているのです。
>私はその上で警察機構・刑罰が必要であると考えるので、
>その役割は犯罪者の社会的排除・存在そのものによる抑止力が重要ではないかと考えます。
>元々の治安機構の役割とはそういうものなのではないでしょうか?
あくまでもその職務は補完であることを念頭に置かねばなりません。
でなければそれに人々が頼り切ってしまい、自己防衛を
軽視するというモラルハザードが発生してしまうのです。
そのことに留意しなければなりません。
その点で警察機構、刑罰は必要と考えていますよ。


>私は他人の人権より自分の人権、極端に言えば生命・財産を守ることを最優先します。
>となれば自分に危険が迫る可能性を限りなく低くするのは当然です。
>犯罪者が更正されてどのこうのというのははっきり言って関係ないのです。
しかし、失礼な指摘になるかもしれませんが、
いざあなたは自分の人権侵害が起きたとき考えを改めてしまう可能性がありますね。
私的な感情で利己的になってしまうのおは当然ですが、
法によって運営していく我々のシステム内にいている以上、
法の場であからさまに利己的な私情をはさむのは
節度を失しています。
ですから私情によって更生が必要ないからといって
法的に必要なしとされることは断じてなりません。

323 :考える名無しさん:01/12/17 19:43
絶対絶対殺しちゃだめぇ〜〜

324 :263:01/12/17 19:46
>従来と大して変わってないと思うのですが。

戦後一貫してサカキバラ事件やネオ麦茶は常にいたと言うことでしょうか?
確かにそれに関しては「潜在的」にはいたと思います。しかしそれを実行に移す際に「未成年はどれだけ巨悪犯罪を犯しても死刑にならない」
という「知識」があったか無かったかの違いがあったのではないかと思います。

>急激に増えているというのであれば
>少年法に守られているからというよりも景気の悪さから来る不安定
>少年を教育することの徹底不足からでしょう。

ではどのように教育をするのでしょうか?
罪と罰・因果応報の概念以外の手段があるというのでしたらご教授願います。

325 :考える名無しさん:01/12/17 19:48
>323
死刑制度を実施する人に対してどんな罰をお考えですか?

326 :38:01/12/17 19:51
>あと…どうも38さんは性善説なのでしょうね。私は性悪説なのですが。
>基本的な人間に対する評価が違えば出てくる結論が異なり分かり合えないのはしょうがないのでしょうね。
どちらいかと言えばそうですが、本当は「どちらとは決まらない」
としか言えません。本来人間は「善」なのか「悪」なのか
確かめようも無いし、人それぞれ極端に違うのは稀でしょうが、
多少の違いが存在しますので。

327 :考える名無しさん:01/12/17 19:52
>>325
そういうサド的感情を持ってるひとは〜人間じゃありませぇ〜ん

328 :考える名無しさん:01/12/17 19:54
>327
はいはい。じゃあ犯罪者=人間じゃないってことね。
わかりました。

329 :263:01/12/17 19:56
>刑罰に過信して刑罰の根拠とするのはそれが抑止力の根本的な解決策にあまりならない以上、
>最重要とはいえません。

死刑を含めた刑罰制度に抑止力がないという根拠は何でしょうか?前レスにあるというのでしたらレス番号をお願いします。

>でなければそれに人々が頼り切ってしまい、自己防衛を軽視するというモラルハザードが発生してしまうのです。

自己防衛を公的機関が肩代わりしてくれた方が安心した生活が送れると思うのですが。
常に危機感を感じて生活するのって疲れませんか?

>ですから私情によって更生が必要ないからといって法的に必要なしとされることは断じてなりません。

確かにそうでした。個人としては利己的でいいのでしょうがそれはここでの話ではないですね。

330 :38:01/12/17 20:05
>戦後一貫してサカキバラ事件やネオ麦茶は常にいたと言うことでしょうか?
>確かにそれに関しては「潜在的」にはいたと思います。しかしそれを実行に移す際に「未成年はどれだけ巨悪犯罪を犯しても死刑にならない」
>という「知識」があったか無かったかの違いがあったのではないかと思います。
そんな極端な稀なケースは少ないと言ったのですが、
少年法によって死刑がまぬかれると言っても罪に問われるのは事実、
というよりも社会の不安定な状況かつ各人の平和ボケからくる
防衛意識の低下の可能性も少なからずあります。
それら複合した結果ではないかと考えます。
ではどのように教育をするのでしょうか?
>罪と罰・因果応報の概念以外の手段があるというのでしたらご教授願います。
罪を犯さなくてもよいという概念を説明するのも重要でしょう。
例えば、簡単にアルバイトできてお金が手に入るとか啓発することによって
それによって窃盗、強盗など被害者側の防衛意識にもよりますが
そんなリスクと比較して犯罪を犯すことがいかにつまらない物か、
犯罪抑制という手段よりも自発的に非犯罪行為に向かわせる
という「北風」よりも「太陽」のような啓発が効果を持つでしょう。
それと罪と罰・因果応報の概念とを合わせれば効果を期待できる物になるでしょう。
でなければ、人間は犯罪を誰もが頻繁に行動まで実施してしまうことになっていたでしょう。
ここでも被害者側の防衛意識が重要になりますね。

331 :263:01/12/17 20:08
あと、少年犯罪についてですがソースをちょっと。
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2000/images/z3.gif
これを見ると近年急増している事が分かります。
私見としての原因としてネオ麦茶などの事件をマスコミが大々的に報道した結果それに触発されたという事もあるでしょうが
これによって少年法の内容(未成年はどれだけ巨悪犯罪を犯しても死刑にならない)に対する認知度が上がった為という事も考えられます。
逆説的に刑罰による抑止力はあるという結論になりますが。

332 :38:01/12/17 20:17
>死刑を含めた刑罰制度に抑止力がないという根拠は何でしょうか?前レスにあるというのでしたらレス番号をお願いします。
そこまで極端な発言をしましたか?死刑に関してはほとんど期待できない
というか他の刑罰と同等な抑止力と言っています。
主張そのものを勝手に考えないでください。>>65>>171を読んで、
それから「どちらが重要か」という考えをよく考えてください。
根本的な解決は防衛意識であることは明白なのですよ。

>自己防衛を公的機関が肩代わりしてくれた方が安心した生活が送れると思うのですが。
>常に危機感を感じて生活するのって疲れませんか?
そのように「お上まかせ」だからモラルハザードが起き、
犯罪がなかなか減少しないのです。
安心して生活が出来ないの結局自分の防衛意識の軽視から、
犯罪を減少させていないことによるものになるのです。
あくまでも法や政府は補完であることを念頭に置かねばなりません。
各人の限界も同様、法、政府も限界があるのですから。

333 :38:01/12/17 20:25
>これを見ると近年急増している事が分かります。
>私見としての原因としてネオ麦茶などの事件をマスコミが大々的に報道した結果それに触発されたという事もあるでしょうが
そのソースは検挙率であって、犯罪発生率ではないですね。
ただ少年犯罪に捜査に重点が置かれた帰結かもしれません。
また、マスコミの影響は多大で模倣するという影響がでます、
その要因が大きい可能性がありますね。
>これによって少年法の内容
>(未成年はどれだけ巨悪犯罪を犯しても死刑にならない)
>に対する認知度が上がった為という事も考えられます。
しかし、死刑があったところで容易に犯罪を犯せる状況なら
意味が全くありませんし。「どうしても致し方ない」と
本人の主観で犯罪を犯してしまうのであれば、
さらに意味ありませんね。
それ以前に刑罰に抑止力は懲役刑でも内在する以上
死刑という刑罰を用いる必要ないのではないでしょうか。
それよりも根本的に犯罪を減少させる防衛意識の啓発に
力を注いで専念する方が建設的で効果がありますが。

334 :263:01/12/17 20:32
>>65>>171読みました。
>死刑を存続していけば、人が死刑されることによる快感を味わうものが非常に
>増え、それこそ死刑によらず一線を超えて人を殺める人々も増えることでしょう。

主語が分かりにくいのですがつまり
「死刑を執行する事が快感となり執行させたいがために死刑の適用範囲を拡大させようとするだろう。」
という主旨でよろしいでしょうか?

>あくまでも法や政府は補完であることを念頭に置かねばなりません。
話が横道にそれてしまいますが自己防衛を考えると銃刀法はそれを阻害してはいませんでしょうか?

335 :考える名無しさん:01/12/17 20:32
死刑の是非を論じて意いるのだから、
十分な抑止力があるかどうかというのは妥当な論点だが、
その代わり(死刑による抑止の代わり)に何を充てるべきかという点は、
この際、保留したほうが良いのではないか。

336 :38:01/12/17 20:41
>「死刑を執行する事が快感となり執行させたいがために死刑の適用範囲を拡大させようとするだろう。」
>という主旨でよろしいでしょうか?
そういう現状も確かにありますが、死刑そのものにサド感情が入ってきてしまうと
指摘しているのです。
>話が横道にそれてしまいますが自己防衛を考えると銃刀法はそれを阻害してはいませんでしょうか?
だから法や政府による補完が必要だと指摘しているのですよ。
どうもあなたは極端に捕らえがちですね。

>335
>十分な抑止力があるかどうかというのは妥当な論点だが、
>その代わり(死刑による抑止の代わり)に何を充てるべきかという点は、
>この際、保留したほうが良いのではないか。
そいう論点に固執してしまったら、部分的な議論では現実離れしたり
実際刑罰を解が得る以上犯罪を考えることに直結することになるから、
不完全な議論になってしまい役に立たないものになってしまいますよ。
議論の範囲が広がるのは議題からして致し方ないと考えますよ。

337 : :01/12/17 20:42
>>335
代替案の無い反対は反対のための反対で意味は無いんじゃない?

338 :考える名無しさん:01/12/17 20:55
>>336
固執するのではなく、固執しないようにするという話だが。

>>337
それ自身がかかえる問題に見合うだけの抑止力が得られないというのは、
死刑の存在意義を疑うに足る十分な根拠では無いのか?
代替案が必要であるという前提は、その時点で既に、
死刑の有効性を認めていることになるのではないか?

ある程度、有効であることが明白な案を否定するためには、
それに相当する代替案が必要なのは当然だが、
有効性自体を論じているときに、代替案を要求するのはおかしいだろう。
有効性が 0 の案に対する代案などというものは出しようがないし、無意味だ。

339 :263:01/12/17 20:55
>死刑そのものにサド感情が入ってきてしまうと指摘しているのです。

その「サド感情」とは誰が持つものなのでしょうか?政府?被害者?無関係な国民?

>どうもあなたは極端に捕らえがちですね。

自分でもそう思っています。

340 :115:01/12/17 21:14
115 です。しばらくこないうちにスレが伸びてますね。
私にレスを下さった方がいるみたいですが(>>249)、内容が支離滅裂なので
特にレスしません(書いてみましたが、また長いのなんのと言われるだけなのでやめます)。

>>331
性善説・性悪説にふれているが、ともに間違い。行動された結果に対する評価が善悪なのであって、
性質それ自体が善であったり悪であったりするのではないです。

>あと、少年犯罪についてですがソースをちょっと。
http://www.moj.go.jp/HOUSO/2000/images/z3.gif
>これを見ると近年急増している事が分かります。
急増しているという風に見るとき重要なのは、それが全体のうちでどれくらいの数を占めているか、
また、どの地方で多いのかという問題も考えないとまずいです。統計の見方が単純すぎると思います。

また、上の統計は、「強盗と窃盗のみです」。これだけで「少年犯罪」の増加を論ずる根拠としては
不十分なのは、形式的に明らかです。

さらに、このスレで引きあいに出されているテーマは、死刑廃止論です。
この統計で顕著な増加がみられる強盗の法定刑は「5年以上の有期懲役」です。
完全に論点がずれています。

>私見としての原因としてネオ麦茶などの事件をマスコミが大々的に報道した結果それに触発されたという事も
>あるでしょうが、
増加に転じているのは平成8年(1996年)です。ネオ麦茶が出てきたのは平成12年(2000年)です。
(平成12年は、あなたが引用した統計には数字が出てないです)
あまりにいい加減な考察ではありませんか?

>これによって少年法の内容(未成年はどれだけ巨悪犯罪を犯しても死刑にならない)に
>対する認知度が上がった為という事も考えられます。
>逆説的に刑罰による抑止力はあるという結論になりますが。
まず統計的な根拠は上の指摘のとおり、ありません。
むしろ、逆に263さんの「統計的な」考察は、恣意的であることが示されました。
死刑云々についても、巨悪犯罪の実数を、少年による凶悪犯罪の増加一般の実数と混同して、
論じられているようです。

いずれにせよ、このスレでの議論は、事案・統計などの考察がいい加減すぎます(38さんも含めて)。

341 :115:01/12/17 21:15
強盗と窃盗のみです←訂正します。窃盗→殺人です。失礼しました。

342 :263:01/12/17 21:20
>性善説・性悪説にふれているが、ともに間違い。行動された結果に対する評価が善悪なのであって、
>性質それ自体が善であったり悪であったりするのではないです。

そうでしょうか?更正させるということの重要性は性善説によるものではないかとも思うのですが。

それ以外に対してはおっしゃるとおりです。いいかげんな事を言ってすみませんでした。

343 :115:01/12/17 21:21
死刑云々についても、巨悪犯罪の実数を、少年による凶悪犯罪の増加一般の実数と混同して、
論じられているようです。

死刑云々についても、
少年が犯した殺人事件のうち、特に悪質なもので、死刑が適用されそうな事例
としての「凶悪犯罪」の実数と、
少年による強盗罪・殺人罪をあわせた類型?としての「凶悪犯罪」の実数とを
混同して論じられているようです。

どうもすみません。

344 :考える名無しさん:01/12/17 23:13
死刑賛成です。とくに外国人の犯罪者、即つるし首にしてくださーい。
自国でやれば、銃殺とのこと。日本は甘いからやりやすいとかいってましたー。

345 :考える名無しさん:01/12/17 23:44
日本国民総員、格闘技を学ぶべきである!
銃刀法が存在する以上、個人が自己を直接的な暴力から守るにはそれしかない!
女子供は、信頼するに足る男を常にボディーガードとするか、外に出るな!
知らない人が尋ねてきても、鍵を空けるな!
鍵を空けて、玄関に居たのがセールスマンのフリをした強盗だった場合、自己防衛意識が欠如していた君の責任である!

346 :考える名無しさん:01/12/17 23:51
すいませーん。それより鎖国にしてくださーい。

347 :考える名無しさん:01/12/17 23:54
日本国民総員、ベレッタを所持するべきである!
銃刀法が存在するなどと関係無い!
腕力の無い物が直接的な暴力から身を守るには、それが一番だ!
知ってる人が尋ねてきても、懐に手を入れたら撃て!
例え知人でも殺人鬼でないとは言いきれない!
手を入れた懐に拳銃が入っていないとは言いきれない!
そのデザートイーグルで脳天を撃ちぬかれた場合、自己防衛意識が欠如していた君の責任である!

348 :考える名無しさん:01/12/18 00:05
今のご時世誰が異常者かなんてわからないから、確実に安全だとわかるまでは近づかないようにしましょう。
少しでも危険性のある場所には近づいてはいけません。

ってことでしょ?
そんな社会が節度と客観性という観点から見て良い世界なのか。
勉強になったわ。
人並みに想像力のある俺は、そんな社会じゃ暮らしていけないな。
あなたの隣に居る人は、何十人も惨殺した殺人鬼ですが、
今は刑期を終えて更正したので大丈夫ですって言われても、怖くて近づけないよ。

349 :考える名無しさん:01/12/18 04:19
廃止の方向に向かっているのは確かだーね。

350 : :01/12/18 04:22
>>349
韓国ブームが起きてると思ってるでしょ

351 :考える名無しさん:01/12/18 06:00
自己防衛意識を十二分に高めたなら、刑期を終えたとはいえ元犯罪者を
暖かく受け入れるなんてありえないよな。
「更生したから大丈夫」などという言葉を鵜呑みにするのは、自己防衛
意識を著しく欠いているってことになるし、とにかく近付いちゃだめ。
ましてや、それらと結婚したり、仕事に就かせるなどもっての外。
そうならないためにも、マスコミは犯罪者の名前やら住所をガンガン流
して欲しいね。

352 : :01/12/18 06:08
>351
それならいっそ死刑にしたほうがマシだよ…
少なくとも俺はそんな状況で生きたくない

353 :考える名無しさん:01/12/18 10:53
38に死刑を!

354 :考える名無しさん:01/12/18 11:25
38に教育刑を!(もちろん国語教育)

355 :考える名無しさん:01/12/18 12:24
>>354
ワロタ!禿同

356 :あんま関係ないけど:01/12/18 12:43
自分を善人だと思っている人間ほど怖いものはない。
自分が善人だと思っていた人間が狂人だったりする。
壁一枚隔てた隣人は本当に人間なのかと疑ってみる。
犯罪者というレッテルだけを信じるようでは如何ともしがたいので。

357 :38:01/12/18 16:36
>固執するのではなく、固執しないようにするという話だが。
であれば、抑止力以外の要素も考慮にいれた広い議論が必要ですね。
そう指摘したのですが。


>その「サド感情」とは誰が持つものなのでしょうか?政府?被害者?無関係な国民?
すべて可能性がありますね。特にその傾向が強いのが被害者でしょう。
事件に直接関わっているのですから。

>そうでしょうか?更正させるということの重要性は性善説によるものではないかとも思うのですが。
いいえどちらでもないとする立場でも、人間本来は「悪」ではないということになり
それでも説明できますし、「悪」であっても内面は「悪」のままであっても
行為に「悪」がでなければ現実面においていいことになり
どちらでも説明できないことではないのです。

>「更生したから大丈夫」などという言葉を鵜呑みにするのは、自己防衛
>意識を著しく欠いているってことになるし、とにかく近付いちゃだめ。
そのように更生している人間を抑圧し差別し、恨みを持たれて
被害を受けるという人間がいれば、まさに自己防衛からみて
本末転倒である。自己防衛からすれば恨みをもたれないように
相手に配慮して礼を尽くすべきである。
でなければ、自己防衛に関して正しい判断を出せない愚者であるが、
通常の思考能力があればその程度のことくらいは客観的に理解できる物である。

また354=355のような社会的生活をまともに出来ない物は、
やはり犯罪と認識して更生するため一定期間収容せねばならない。

358 :考える名無しさん:01/12/18 16:40
また38のような、まともに国語が出来ない物は、
やはり犯罪と認識して更生するため一定期間収容せねばならない。

359 :考える名無しさん:01/12/18 16:41
まだやってたのか・・・。いい加減に止めた方が(・∀・)イイ!と思われ。
ただでさえ、死刑制度の是非なんて、高名な法曹団体や学者がさんざん議論しても未だ決着のつかない問題なのに、>>38ごときの頭脳で何が出来るのかと問いたい。問いつめたい。小1時間・・・(以下略)

360 :考える名無しさん:01/12/18 16:47
>>344-348のような書きこみについてはどう思うよ。
案外あの辺が結構真理に近いところを言ってると思うのだが。

361 :考える名無しさん:01/12/18 17:19
>360
賛成。死刑賛成。外国人は指紋を取って、入国させるべし。善良な者だけに限定。

362 :考える名無しさん:01/12/18 17:22
また354=355=358のような社会的生活をまともに出来ない物は、
やはり犯罪と認識して更生するため一定期間収容せねばならない。

363 :考える名無しさん:01/12/18 17:29
>>362
おもれェー禿げ同。>>360ようなキティも同罪だな。

364 :考える名無しさん:01/12/18 18:25
哲学版に出没する「論理の破綻」狂信者!!
「孟子と荀子」スレの1!!
逝ってよーし!

365 :考える名無しさん:01/12/18 18:30
↑まずお前が逝けよ(w

366 :考える名無しさん:01/12/18 18:38
「孟子と荀子スレの1」=「死刑制度議論の38(=自作自演の362&365)」。
まとめて逝ってよーし!
てゆうか、早く逝け。お願い。

367 :考える名無しさん:01/12/18 18:51
おっと、38=362=365だけじゃなくて、363も同一人物だな。

自分のカキコに「おもれェー禿げ同。」って、寂しいヤツ……

368 :考える名無しさん:01/12/18 18:55
死刑賛成。

369 :考える名無しさん:01/12/18 19:00
死刑賛成。共産反対。左翼反対。左翼弁護士反対。死刑賛成。

370 :考える名無しさん:01/12/18 19:08
死刑賛成。右翼反対。街宣右翼の死刑賛成。

371 :考える名無しさん:01/12/18 19:13
死刑どうでもよい、共産どうでもよい、左翼どうでもよい、左翼弁護士どうでもよい

372 :考える名無しさん:01/12/18 19:21
死刑賛成。右翼賛成。左翼テロ反対。ビンダビン抹殺。共産自爆。

373 :考える名無しさん:01/12/18 20:05
366-372=358-360=364=自作自演かつ妄想癖ドキュソは死ね!

374 :あ、  ↑:01/12/18 20:07
なんか38が自作自演してる。(藁

375 :あ、  ↑ :01/12/18 20:10
なんか366-372=358-360=364=自作自演かつ妄想癖ドキュソが自作自演してる。(藁

376 :考える名無しさん:01/12/18 20:11
なんか面白いやつが荒らしてるね。(ワラ

377 :考える名無しさん:01/12/18 20:11
>>357=38
>そのように更生している人間を抑圧し差別し、
おいおい、だから更正してるってなんでわかるんだよ。
うっかり近付いて被害に遭ったら誰が責任取ってくれるんだ?お前か?

>恨みを持たれて被害を受けるという人間がいれば、まさに自己防衛からみて
一切接触しないようにすれば恨みを持たれることもなかろう。
触らぬ神に祟り無しってやつネ!(はぁと

378 :376:01/12/18 20:14
こんなこと言ってたら>>374のような白痴がさらに喚き散らすな。
放置プレイしておいた方が懸命だな。

379 :考える名無しさん:01/12/18 20:22
そうだね。

放置プレイしといたら、>>378>>38の自作自演がバレなくて済むからね。
放置プレイしとくのに「懸命」なのも当然だね。

380 :考える名無しさん:01/12/18 20:32
>>373
>>375

なんか、自分に反対する人間はぜんぶ自作自演と思ってるフシが。

381 :考える名無しさん:01/12/18 21:07
>>378-379-380 頼むからこれ以上、自作自演はやめてくれ・・・。

382 :考える名無しさん:01/12/18 21:46
なあんだ、ついに狂ったか。
結構楽しみにしてたのに>38氏の発言

383 :考える名無しさん:01/12/18 22:21
>38は知能指数の低い、痴愚と言うことでよろしいですか?

384 :考える名無しさん:01/12/18 22:27
スレの内容とレスの内容が大いに違ってきたので
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜終了〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

385 :考える名無しさん:01/12/18 22:35
死刑制度賛成。

386 :考える名無しさん:01/12/18 23:17
>>384 お、まだやってるな。自作自演を・・・。

387 :38:01/12/19 16:01
死形擁護派が論破されたからといって荒らしているが、
まさに滑稽だな。
>378
荒れるだけ意味ないですから、ほっときましょう。


ということで
>おいおい、だから更正してるってなんでわかるんだよ。
>うっかり近付いて被害に遭ったら誰が責任取ってくれるんだ?お前か?
それは更生してると判断した者の責任になるのは当然である。
しかし、現在考えうる基準でそれにそった判断であれば、その過失は無い。

>一切接触しないようにすれば恨みを持たれることもなかろう。
>触らぬ神に祟り無しってやつネ!(はぁと
あなたはまともな知能を持ってないようだから、
隔離して教育すべきでしょうね。
一切接触しないという行為自体が抑圧し差別することになる
恨みを発生させ犯罪を生むことになる。
そのように本当にさわらぬ神に祟り無しと言うのは、
抑圧し差別せず恨みを持たれないようにするために礼をもって接して
犯罪を無くすことをいう、抑圧し差別するということで神に触ってしまう以上
犯罪に巻き込まれるのは自明である。
まともな知能で客観的に物事を考えるとこのような事が容易に理解できる。
以上のように更生した人間を犯罪に誘導すると言う377こそが
犯罪を発生させた責任を取らなければならないことは自明である。

388 :考える名無しさん:01/12/19 16:14
お、38がまたレスしてる・・・
これだけの人間にバカ扱いされてもまだ自分がバカだっていう自覚芽生えないのかな・・

389 :考える名無しさん:01/12/19 16:21
>>388
無駄だと思われ。
大した頭脳も持ち合わせてないくせに、長々と駄文を連ねて、人の揚げ足を取る事しか能のない>>1に、何を言っても空しいだけだと思われ。
そもそも人並みの羞恥心があれば、「論破」なんて言葉、恥ずかしくて使えないと思われ。

390 :考える名無しさん:01/12/19 16:43
>38殿
スレごとにバラケてる御自説の大哲学をここらでまとめて開陳してくんない?

391 :考える名無しさん:01/12/19 17:13
>38さんに真剣に10の質問です。はぐらかさずにYESかNOで答えてください。

1、あなたの書きこみは全て本気で言ってる内容ですか?
2、(1の答えがNOだった場合)こんなに延々と長文でネタを続けて疲れませんか?
3、>>38の時から、38という名前での書きこみは全て同一人物ですか?
4、社会人ですか?(フリーター、無職、学生はNOでお願いします)
5、(4がYESの場合)かなり時間が自由に使える方のようですが、会社員ですか?
6、男性ですか?
7、30歳以上ですか?
8、(7がNOの場合)20歳以下ですか?
9、お住まいは東京都内ですか?
10、今度遊びに行ってもいいですか?

392 :考える名無しさん:01/12/19 17:19
>>391
死形擁護派が論破されたからといって主旨と関係のない話をしてくるのはまさに滑稽だな。
荒し行為同然の質問に答える義務はない。

と打ってくるに一票。

393 :38:01/12/19 17:21
>>391
1書きこむ時は常に本気なのでYES
2ネタですが食いつきが良くて楽しいですのでNO
3私のほかに約10人ほどのエージェントが活動しています
4社戒人ですのでNO
5ネタレスエージェントだが肩書きは会社員という事になっているのでなのでYES
6ニューハーフなのでNO
7時々戸籍上30歳以上になるのでYES
8時々戸籍上(以下略)YES
9時々戸籍上(以下略)YES
10一般人との接触は厳しく制限されているのでNO

394 :38:01/12/19 17:50
上の↑のレスは偽者だが、(というか391=393だが)
自分から素性を明かさぬものに説明する義務はないな。
(あなたは明かしたところで説明する気は全く無いが)
死刑擁護者はこれだけの明確に指摘されて正真正銘の馬鹿だと指摘
されてもまだ自分が馬鹿だっていう自覚芽生えないようだが、
それが死刑擁護者の馬鹿たる所以だな。
死刑擁護者はあと簡単に見破られる自作自演をあきずに、
見破られていると自覚せずにまだやり続けるところも死刑擁護者の
正真正銘の馬鹿たる所以だろう。

395 :考える名無しさん:01/12/19 18:00
38は幼い頃の家庭環境に問題ありそうだな・・(典型的っていうか)
あと対人能力が極めて低そう

396 :考える名無しさん:01/12/19 18:01

句読点がなってない。
てにおはも、ややおかしい。
どこまでもこじつけ。

397 :396:01/12/19 18:02
かぶった・・・・。>>395すまん。

398 :考える名無しさん:01/12/19 18:05
死刑擁護者を4回も使って言う程のことか。
悪は外因的なもので更正可能だと思わなければ、夜も寝れないタイプ?

399 :38:01/12/19 18:06
↑ここまで自分の立場を理解せず自作自演を続けるとは、
死刑擁護者は引き篭もりで社会のこと全然知らないのだな。

400 :考える名無しさん:01/12/19 18:08
図星か。

401 :38:01/12/19 18:18
節度を持って考えれば理解できる事だから、説明する必要は無い。
理解できないのは君達が節度を理解していないからだ。

節度=私の脳内で作られた絶対的法則

402 :考える名無しさん:01/12/19 19:41
>>387=38
>それは更生してると判断した者の責任になるのは当然である。
更生していないと判断して近付かないんだからいいだろう。
なんか間違ってる?ン?

>しかし、現在考えうる基準でそれにそった判断であれば、その過失は無い。
その過失って誰の過失だよ。国家か?被害者か?それともお前か?

>一切接触しないという行為自体が抑圧し差別することになる
>恨みを発生させ犯罪を生むことになる。
アフォかお前は。誰も接触しなきゃ誰も犯罪に遭わないんだよ。
君子危うきに近寄らず、だ(はぁと

403 :考える名無しさん:01/12/19 19:56
最近は新聞みたりニュース聞いたりしてよく思うんだが、
刑罰があますぎんだよ!
オウムとかなんで判決が出るの遅いんだ?
人殺したらそいつをさっさと死刑にすりゃいいじゃないかYO!
あぁ、ハンムラビ法典はいまの法律の何倍も優れているんじゃないか?

404 :考える名無しさん:01/12/19 21:08
死刑賛成。

405 : :01/12/19 22:52
鞭打ちってどうよ。

406 :考える名無しさん:01/12/19 22:57
鞭打ち一万回!
人権に、配慮して気絶したらその日はやめて
次の日から、0からやり直し・・・・

407 :考える名無しさん:01/12/19 23:01
勿体ないから人体実験のモルモットにしたら

408 :考える名無しさん:01/12/20 08:53
さて、それではこの辺で幕をひきましょうか。
38の言っていることの矛盾を指摘させてもらいましょう。

38は「死刑は節度的にも客観的にも許される物ではない」という理由で死刑を否定しました。
また38は「客観的とは多数決で多数側の立場に立って考える事」とも定義しました。
節度に関しては未だ明確な定義が為されていないようなので、ひとまず置いておきます。

客観的という事から矛盾を指摘しましょう。
現在の日本は民主主義で、多数決により物事が決まります。
つまり死刑制度も多数決で決定されていると言う事です。
そして現時点で死刑制度が残っている以上、多数の人間が死刑制度に反対ではないという事になります。
38は客観的と言う言葉を、多数の人間の観点に立って考えることだと定義しました。
つまり、38の定義した「客観的」に見た場合、多数決で死刑制度が否定されていない以上、死刑制度は「客観的」に正しい事になります。
これがまず38の「客観的」にみた矛盾。

次にその「客観的」にみた38の節度の矛盾に関して指摘しましょう。
前途した通り、「客観的」に見て死刑制度は正しい事になります。
すると38の言っている「節度」は「客観的」に見て正しくない事になってしまいます。
「節度」が過半数以上の人間に同意を得ていない物である以上(それは死刑制度が存続している事で立証済み)38の言う「節度」とは「客観的」にみて間違っている事になります。
つまり38の言う「節度」とは38だけに通じる物であり、決して客観的、普遍的に通用する節度ではないと言う事です。
そしてそんな「節度」は当然、物事を論じる時の根拠にはなりません。
故に、「節度」から見て死刑制度は間違っていると言う事自体が間違っている事になります。
その「節度」自体が間違った物なのですから。

以上、あくまで38が定義した土壌の上で38を否定しました。
38さん、「論破」とはこういう事を言うのですよ。
論理の破綻した部分を指摘するのが「論破」です。
ひたすらに自分の定義を押しつけて、相手の言うことに耳をかさないのは「論破」ではありません。
ただの我侭です。
相手がどういう意味で言葉を使っているのか把握して、その上で相手の理論を否定しましょう。

409 :考える名無しさん:01/12/20 08:56
>>408

つまり38は、「客観的」という言葉を借りて主観論を押しつけているに過ぎない、という事ですね。納得納得。

410 :考える名無しさん:01/12/20 09:25
「節度」……私の価値判断
「客観」……私の主観
「自作自演」……私に従わない連中
「荒らし」……私の自作自演を指摘する者ども
「論破」……聞く耳もたない
「読解力」……私の言いたいことを理解する能力
「死刑」……サド的感情の産物

411 :考える名無しさん:01/12/20 09:32
>>410 完璧だな・・まいったよ。

412 :考える名無しさん:01/12/20 09:35
死刑賛成がサドなら、死刑反対はマゾだな。
馬鹿馬鹿しいこと言ってるって思ってるんだろ?
だがな>>38よ。お前の言ってる事はこれと同じ事なんだよ。

413 :考える名無しさん:01/12/20 09:51
38が>>408にどういう回答するのか楽しみだなぁ。

414 :考える名無しさん:01/12/20 10:03
>>413

  人権無視サド屋に何を言っても無駄でしょうが。
  >>〓のように論破されたからと言って
  議論はおろか人の意見を聞こうとしない人たちでしょうから。

と打ってくるに1票。

415 :考える名無しさん:01/12/20 10:16
>>413
「私の理論を認めない人が、客観云々を語るのは馬鹿馬鹿しさの極み。あなたのような人が、更正した犯罪者を再び犯罪へと誘発するのです。」
と打ってくるに、私は一票。

416 :考える名無しさん:01/12/20 10:21
んじゃ、

  ただ通常の読解力があれば、理解できるのですがね。
  やはりそれはあなたの人並みの知能を持ち合わせていない証拠でしょう。

とか、

  本当にまともな日本語の読解力を持ち合わせてあなたはないのですね。

とかの方向に賭けておいたほうがいいかな。

あ、大穴で、

  あなたの自作自演バレバレですね。

って方向で対話拒否してくるかも。

417 :考える名無しさん:01/12/20 10:38
>>413
いやいや、おそらくとんでもない所から切り込んで来るぞ。

「民主主義だの多数決だのとあなたは言いますが、死刑制度の是非に関する投票用紙を、私は一度ももらったことがありませんね。」
これで決まり。
で、その後に、
「面白れ〜!禿同!」と自作自演。これ最強。

418 :暇人:01/12/20 11:14

んじゃ、投票〆切は15時くらい(いつも38が出現する時間帯)ってコトで。

419 :考える名無しさん:01/12/20 11:18
>>418 ワラタ

420 :418:01/12/20 11:19
ほら、ちょうど、6時間目が終わって家に帰り着いたくらいの時刻だし。

421 :考える名無しさん:01/12/20 11:21
>>420 ますますワラタ。6時間目って・・・(・∀・)イイ!

422 :418:01/12/20 11:22
たぶん今頃、給食の時間を楽しみにしていると思われ。

423 :考える名無しさん:01/12/20 11:23
>>422 好物は冷凍ミカンですか?

424 :418:01/12/20 11:25
それは本人に聞いてみないと。

425 :考える名無しさん:01/12/20 11:26
>>424 訊いてみましょうか?ものすごい勢いで。

426 :418:01/12/20 11:27
どんな勢い?

427 :考える名無しさん:01/12/20 14:52
そろそろだゾ

428 :考える名無しさん:01/12/20 14:56
>>427
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/philo/1008813123
こっちで論破されたから、今日はもう来ないと思われ(藁

429 :427:01/12/20 14:58
ワラタ。アウアウ(涙

430 :418:01/12/20 15:00
>>428

そっちで論破されてたのは、こっちの>>38ではないと思われ。
日本語が整いすぎている。(藁

431 :考える名無しさん:01/12/20 15:03
「論破」か・・・。ホント(・∀・)イイ!言葉だよね。

432 :考える名無しさん:01/12/20 15:16
死刑賛成。

433 :考える名無しさん:01/12/20 15:19
本年度哲学板流行語大賞選考中に、突如彗星のように現われた言葉、「論破」

434 :考える名無しさん:01/12/20 15:39

本来の目的を忘れ去り、38バッシングの場と化してしまった本スレッドに
突如、彗星のごとく現れた>>432!!

この流れの中、敢えて「死刑賛成。」と唱えることで、この誤った空気を
本来このスレッドが目指していた方向へと強引に持っていこうする>>432!!

この救世主はいったい何者なのか!

              (以下次号)

435 :考える名無しさん:01/12/20 16:23
適当に死刑賛成云々って書いておけば38はやってくるよ。
他のレス全て無視して(負け犬が滑稽極まり無いとか言って)
死刑制度について語ってくれるよ。

436 :考える名無しさん:01/12/20 16:26
他のスレのほうに帰ってきたみたいですよ。

437 :38:01/12/20 16:28
>更生していないと判断して近付かないんだからいいだろう。
>なんか間違ってる?ン?
その行為が、恨みを持たれる温床になる。
本当に犯罪に近づかないという概念は、
自ら恨みをもたれるような犯罪を作り上げず根本的に犯罪から離れることを言うのである。
それを理解できないあなたは知能が著しく劣っている証拠である。

>その過失って誰の過失だよ。国家か?被害者か?それともお前か?
あなたは日本語が理解できていないらしい、更生を判断する職務の者である。

>アフォかお前は。誰も接触しなきゃ誰も犯罪に遭わないんだよ。
>君子危うきに近寄らず、だ(はぁと
そのように、恨みを持たれた場合、向こうから近づいてくることになる。
その結果恨みを持たれてない人までも犯罪に合う可能性も出てくる。
この責任は、恨みを起させ犯罪を発生させたあなたに帰属する。
その程度のことも理解できないあなたが知能が著しく劣っていることは自明となる。
そもそも恨みを持たれなければ、逃げずに平穏に暮らせるものを、
自ら首をしめるよう且つ逃げると言う無駄な労力を選択すると言う
ことを考えている点であなたは客観的に物事を考えられない真性馬鹿であるという証拠になる。

438 :考える名無しさん:01/12/20 16:35
38、そんなレスはいいから早く>>408とか>>410とかに反論してよ!
期待して待ってたんだからさ!

439 :考える名無しさん:01/12/20 16:36
>>38はマジでこんな事言ってるのか?
犯罪を起こした奴より、犯罪を起こさせた(恨みを起こさせた)側に非があるだって?
こいつ、今まで、何を勉強してたんだ?お前どこの国の人間だ?

・・・・今更ながら、>>38はアホだ。恥ずかしすぎる・・・。

440 :考える名無しさん:01/12/20 16:39
>>437
犯罪者が自分の会社に就職したいと言ってきた場合、就職させるのと断るのと、どっちが安全ですか?
就職させたら、毎日会わなければいけなくなるので、怒らせないよう気を使って仕事しなければいけないと思いますし、怒らせるようなことしなくても突然暴れ出す犯罪者とかいるみたいですし。
それに例え私は全く犯罪者の人を怒らせなかったとしても、どこか全く別の所でその人を怒らせるようなことをした人がいて、犯罪者がまた犯罪を犯したら、私の会社にまで被害が及ぶのですが……。

断って二度とその人と会わない方が安全だと思うのですが。

441 :考える名無しさん:01/12/20 16:41
僕が38さんの家とか調べて殺しに行ったら、38さんが恨まれるような事をしたのが悪いって事ですか?
僕の言った意見を否定されただけで、僕はその人に殺意を抱くのですが。

442 :410:01/12/20 16:41
>>38さんへ

あなたが使っている「読解力」「客観」「論破」「節度」「自作自演」「荒らし」などのコトバの意味が、
私たち日本人がふだん使っているコトバの意味と異なるのではないか、ということが
いま我々の間で問題となっています。

たぶんあなたの辞書には、>>410というふうに載っているの思うのですが、そう考えて
間違いありませんか?

その通りなら、沈黙を以て答えて下さい。

443 :38:01/12/20 16:42
まず、ここで408の主張の矛盾はおろか、
ただの真性馬鹿であることを証明しよう。

>客観的という事から矛盾を指摘しましょう。
>現在の日本は民主主義で、多数決により物事が決まります。
>つまり死刑制度も多数決で決定されていると言う事です。
本当に客観的ということを408は全く理解していないことが伺える。
真に客観的に判断するとは衆愚状態でない状態で民主主義が運営された場合、
それが客観的に判断するということに適合している。
それを理解していない点で408は主張が矛盾が
内包している以前に、ただの真性馬鹿であるということが証明されることになる。
このように、現在のサド感情に満たされた民衆による衆愚状態
において民主主義が運営さている結果判断されている
死刑は当然否定されることになることは自明。
逆に408の勝手な定義では衆愚状態による愚かな結果となり、
間違った論理となり408の定義は間違っていることになる。
そして節度とは客観的にみて必要か否かを判断しその基準のことを指すのである。
節度とは度合い、基準を指すものである。
仮に408の定義を採用したところで、衆愚状態による結果は
正しい結果ではないところから408の勝手な定義を採用したところで死刑は否定されることになる。
不必要にサド感情のみで死刑を擁護することは節度を書いていることは自明。
既にあなたのような真性馬鹿が唱える死刑擁護者の主張は論破されているのです。
あなたのように勝手に定義を捏造したところで論破されてしまうのは、
当然のことなのです。まず自分の知能をよく熟慮した上で、
主観を廃し、相手がどういう意味で言葉を使っているのか把握して、その上で相手の理論を否定しましょう。
こちらの定義を否定するのならその根拠を述べなければなりません。

444 :考える名無しさん:01/12/20 16:42
>38
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/philo/1007311654/748-
ここの748を論破してやれ。
人殺しが善だとか言ってるぞ。

445 :考える名無しさん:01/12/20 16:43
冤罪があるから死刑はだめだよ。

446 :考える名無しさん:01/12/20 16:45
>>443
つまり38さんの言っている「客観的判断」とは「38さんの考える正常な民衆が多数いる場合の民主主義の結果導き出された、多数決による判断」って事ですか?
それはつまり、「俺の考え通りに考える奴らが過半数以上居る時の多数決は正しい」って事ですね?

447 :考える名無しさん:01/12/20 16:47
>443の日本語おかしいですよ。
あと、>>408は全てあなたがこのスレで定義した事に乗っ取って話をしているだけで、自らは何も定義していませんよ。

448 :考える名無しさん:01/12/20 16:50
>>38よ、おまえは幼稚園からやり直せ。
お前の論理は「衆愚状態」だから「死刑は是」じゃないだろ!?
「死刑は是」だから「衆愚状態」なんだろ!
お前の思想に合致しない奴は「衆愚」って言ってるような物じゃねーか!
お前だけの主観論じゃないか!「死刑は是=サド=愚か」これがお前の全てだろ!
これだけの主観論を並べといてよくもまあ、客観的などと言えたもんだ。笑わせるなよ。

449 :考える名無しさん:01/12/20 16:53
もういいよ。>>38のいう「客観」ってのは、「俺様の主観がすなわち客観だ」ってことで。

言いたいことはわかったから、とりあえず、

  殺人事件においては、殺された被害者が全面的に悪い。
  殺した犯人には全く責任はない。

  もし私が殺されたら、
  それは私が恨みを持たれるような事をしたせいであり、
  根本的に犯罪から離れることができなかったせいである。

と、自筆で書いて、署名捺印して、公証人役場に預けといてよ。

んで、預けた旨を、あんたの住所氏名をつけて、このスレッドに書いといて。

450 :考える名無しさん:01/12/20 16:59
もう「逝ってヨシ」なんて言葉、>>38にはもったいないな。
もう死ねよ、ゴミ虫が。

451 :考える名無しさん:01/12/20 17:03
>>38さんへ
あなたは給食は残さず食べますか?
れーとーみかんはすきですか?(藁

452 :考える名無しさん:01/12/20 17:03
じゃぁさらに>>443を踏まえて否定してみようか。

38はこのスレで
「客観的とは民主主義のこの社会では多数側のことを指す」
と定義した。
が、>>443でその定義が覆り
「客観的とは、愚直でない民衆が多数決を行った場合の多数側の立場の事を指す」
と定義が少し変化した。
この変化後の定義について語ってみたいと思う。

38が客観的という言葉に関して始めて言及したのは、
「ある人にとっては懲役10年が死刑にも相当する。時間の価値は人それぞれ。金銭で補償できる物ではない」
という書き込みに対しての、
「懲役10年が死刑に相当するなら、もっと沢山の人間が獄中で自殺しているはず。それが無いという事は、懲役刑が死刑以上の苦痛だと考える人間が少ない証拠。そして人数が少ないという事は客観的に見て排除できるという事である」
という意図の書き込みであった。
(私からすれば、自殺が少ない事が懲役刑を死刑以上に苦痛に感じる人が少ない事の根拠にならないと思うが)

つまりこれは、懲役刑を死刑以上の苦痛だと考えない民衆は愚直ではないという事になる。
そして38は懲役刑を死刑以上の苦痛だと考える人は少ない、と言っている。
つまり民衆の大半は愚直ではないという事になる。
が、その一方で38は
「死刑制度を存続している民衆は愚直なのだから、その多数決は無効。死刑制度は廃止されるべき」
という意図の発言もしている。

民衆が愚直故に死刑制度を支持する。愚直な民衆に行われた多数決は客観的ではない。故に死刑は客観的に見て正しい事にはならない。
という論法だ。
だがこれを認めた場合、
民衆が愚直故に懲役刑を死刑以上の苦痛だと考えない。愚直な民衆に行われた多数決は客観的ではない。故に死刑よりも懲役刑の方が酷くない刑だという事は客観的に見て正しい事にはならない。
という論法も成り立ってしまう。
そして民衆が愚直なのは既に38自身がそう言っている。

ここにまた一つ38の矛盾が立証できたと思うが、如何か。

453 :代弁者:01/12/20 17:06

私は常に正しい。故に、私に反対する者は、間違っている。

私の正しい意見を、多数決で否決するような体制は、誤った「衆愚状態」である。

なぜなら、私は正しいのだから、当然、私に反対する者が間違っているのだ。

多数決で私の正しい意見を否決するなら、それは、私の正しい意見を理解できない
「真正馬鹿」が多数を占めている、ということであり、このような状態ではとうてい
「健全な民主主義」など運営できない。

なぜ私が正しいと断言できるかって?
簡単だ。

「死刑が悪である」というのは、私の主観から判断して、絶対的に正しい。

私は、「死刑は悪である」という正しい意見を護持しているから、絶対に
正しいのだ。

簡単、かつ客観的・論理的な証明だろう?

454 :考える名無しさん:01/12/20 17:07
追記しておくが、私は38に発言をやめて欲しいわけではない。
38氏は我々を(少なくとも私を)楽しませてくれている。
自己矛盾した理論と、ネタだろうと構わないと思わせるだけの力を持った長文。
これらの書きこみを見て、私のように相手の矛盾点を挙げることの練習としている人もいるのではないか。

38氏よ、是非これからも書きこみを続けて欲しい。

455 :38:01/12/20 17:11
>就職させたら、毎日会わなければいけなくなるので、
>怒らせないよう気を使って仕事しなければいけないと思いますし、
>怒らせるようなことしなくても突然暴れ出す犯罪者とかいるみたいですし
その場合は、非常に確率が低い、出なければ、
犯罪は今以上に遥かに増えていることになる。
客観的に物事を考えれば、確率の低いか否かを的確に判断して
行動していくことになる。
>それに例え私は全く犯罪者の人を怒らせなかったとしても、
>どこか全く別の所でその人を怒らせるようなことをした人がいて、
>犯罪者がまた犯罪を犯したら、私の会社にまで被害が及ぶのですが……。
それは怒らせた者が一番の責任を負う。そのことを大半の人がわきまえば、
そのようなことは少なくなっていく。


>断って二度とその人と会わない方が安全だと思うのですが。
実際断られただけで、恨みも持たれて被害を受ける事例もある。
礼をわきまえるのが裁量の策。

>たぶんあなたの辞書には、>>410というふうに載っているの思うのですが、そう考えて
>間違いありませんか?
まったく違います。それは私のすべてのレスから自明。
理解できなければ、自分を責めてください。


>それはつまり、「俺の考え通りに考える奴らが過半数以上居る時の多数決は正しい」って事ですね?
これも私のすべてのレスから考えて違うことは自明。
理解できなければ、自分を責めてください。

>あと、>>408は全てあなたがこのスレで定義した事に乗っ取って話をしているだけで、自らは何も定義していませんよ。
それは408の勝手な定義であって、私の定義でない。
分かりやすくまとめた定義が>>443に書いてある。
まず死刑擁護者は主観を極力廃して、客観的に物事を考えられる
人はほとんどいないと言うことが容易にこのスレで把握できますね。

456 :考える名無しさん:01/12/20 17:11
なんだよ、もう終わりかよ。
祭りみたいな物なんだからさ、誰か38になって楽しませてよ。

457 :考える名無しさん:01/12/20 17:12
あーもうすぐ冬休み始まるから38もますます寄生・・・
つーか2chでもバカにされて嫌われてる38の人生って・・・

458 :考える名無しさん:01/12/20 17:13
>>455
既に>>443の定義から来るあなたの発言の矛盾が指摘されていますが……

459 :考える名無しさん:01/12/20 17:14
>>454
相手の矛盾点を指摘する練習に本当になりますね。
38も機械のようにそれに反論して来てくれるし。

460 :考える名無しさん:01/12/20 17:16
> > たぶんあなたの辞書には、>>410というふうに載っているの思うのですが、そう考えて
> > 間違いありませんか?
> まったく違います。それは私のすべてのレスから自明。
> 理解できなければ、自分を責めてください。

あなたのすべてのレスから、あなたの辞書は>>410のようなものだということが
自明なんです。
違うというなら、「違う」と言うだけではなく、あなたが正しいと思うコトバの意味を
きちんと示して下さい。

理解できなければ、自分を教育した親や先生を責めて下さい。


> それは408の勝手な定義であって、私の定義でない。
> 分かりやすくまとめた定義が>>443に書いてある。

つまり「客観的」とは、「衆愚状態でない状態で民主主義が運営された場合」の多数決の結果を指すのですね。

んじゃ、「衆愚政治」と「健全な民主主義」との区別を示して下さい。

461 :考える名無しさん:01/12/20 17:18
愚直状態の民衆=死刑制度が間違っていないと考える民衆
愚直状態の民衆に行われた多数決=客観的ではない
愚直状態ではない民衆に行われた多数決=死刑制度が間違っていると考える民衆に行われた多数決=客観的
愚直状態かどうかを判断する人=38

38が愚直状態で無いと判断した民衆に行われる多数決=38の主観で行われる多数決=客観的

客観的=38の主観

462 :考える名無しさん:01/12/20 17:19
数式のように証明した結果、>>461のようになりました。

463 :考える名無しさん:01/12/20 17:20
>>461 まさに無限地獄・・・

464 :考える名無しさん:01/12/20 17:20
その結果、38陛下が万機を御決裁したもう体制が、もっとも民主的な制度だとの結論に至りました。

465 :考える名無しさん:01/12/20 17:22
>>459
反論すると同時に、新たな定義を出してくるから、こっちはその定義に乗っかってまた矛盾点を指摘すればいい。
かなり便利かも。

466 :考える名無しさん:01/12/20 17:22
>>465 まさに無限地獄・・・

467 :考える名無しさん:01/12/20 17:25
つーかさ、死刑制度に反対か賛成かなんてどうでもいいから、もっと論理的に話してくれよ、38
お前よかまだ>>445の方が理論が一貫しててるよ。
同じ死刑制度反対と考える人でもここまで違うとはね。

本当はお前死刑制度賛成だろ?
死刑制度反対の奴の社会的印象悪くしようと思って、死刑制度反対のフリして馬鹿な書き込みしてるんだろ?

468 :考える名無しさん:01/12/20 17:26

なんか、自説の矛盾を指摘されると

> 理解できなければ、自分を責めてください。

とだけ言って逃げる傾向が。

これって「論破」の一種ですか?

469 :38:01/12/20 17:28
まず、定義は変化はしていない。>>315でそれは記されている。
変化しているのならそれを証明しなければならない。
死刑擁護者は相手の主張を捏造することさえ満足にできないようである。

>つまりこれは、懲役刑を死刑以上の苦痛だと考えない民衆は愚直ではないという事になる。
>そして38は懲役刑を死刑以上の苦痛だと考える人は少ない、と言っている。
このへんに、無理に反論したために死刑擁護者は論理に筋が通らなくなっている。
懲役刑に関しては、そのように客観的な思考能力がある。
しかし死刑を考えることになるとサド感情が民衆感情に深く混入してくることから、
この問題を考える場合民衆は衆愚に変化することになる。
懲役刑にはサド感情は薄いそのため衆愚に陥りにくい。
以上のことはもとより指摘していることであり。
時と場合により場合わけをTPOにそって冷静に考えなければならない。
そのことを理解せねばならない。

このようにこちらの論理は完全でかつ死刑擁護者の論理は筋が通っていないことは
またもや証明された。

470 :考える名無しさん:01/12/20 17:28
>>468
彼にとっては論破なんだよ。
しょうがないよね。「死刑は否=マンセー」なんだから。

471 :考える名無しさん:01/12/20 17:32
まず、定義は変化はしている。>>452でそれは記されている。
変化していないのならそれを証明しなければならない。
>>38は自分の主張を理解することさえ満足にできないようである。

472 :考える名無しさん:01/12/20 17:35

> 懲役刑に関しては、そのように客観的な思考能力がある。
> しかし死刑を考えることになるとサド感情が民衆感情に深く混入してくる

(日本語訳)
 38は懲役刑について、日本の現状を指示する。故に、日本人は懲役刑について、客観的な思考能力を持つ。
 38は死刑について、日本の現状に不満がある。故に、日本人は死刑について、客観的な思考能力を持たない。

473 :あ、:01/12/20 17:36
×指示する。
  ↓
○支持する。

474 :考える名無しさん:01/12/20 17:37
>>38

お前、平静を装ってカキコしてるけど、もう怒り心頭だろ?句読点もままならないのか?
ただでさえ弱いおつむが、オーバーヒート寸前なんだろ?(藁

何で「死刑」を考えることが「民衆へのサド感情混入」につながるんだよ?
それはお前だけなんだって。冷静な人間はな、そんな短絡的な思考にはついていけないんだよ(藁
理由を言ってみろよ、「論破さん」♪

475 :38:01/12/20 17:38
472は他人のレスをもってそれを根拠としている。
こちらのレスで無い以上。預かり知らぬものであり
根拠とならないことはいうまでもない。
472はは相手の主張を捏造することさえ満足にできないようである。

476 :考える名無しさん:01/12/20 17:38
お前なんか死刑だ

477 :考える名無しさん:01/12/20 17:40
人の権利を侵害したものが、自分の権利を主張することはできない

ただそれだけのような気がするんですが・・・にぎやかですねこのスレ

478 :考える名無しさん:01/12/20 17:41
>>477 見物していった方が良いよ。面白すぎるって。

479 :38:01/12/20 17:41
>何で「死刑」を考えることが「民衆へのサド感情混入」につながるんだよ?
>それはお前だけなんだって。冷静な人間はな、そんな短絡的な思考にはついていけないんだよ(藁
>理由を言ってみろよ、「論破さん」♪
こちらのレスすべてが根拠である。
そもそもサド感情を肯定している時点で474はまともな知能を持っていないことが言える。

480 :考える名無しさん:01/12/20 17:42
一応言っておきますが、私は別に死刑擁護派でも死刑否定派でもありませんよ。
単に38氏の言ってる無いようの矛盾を指摘して楽しんでいるだけ。

>>469
>「客観的とは民主主義のこの社会では多数側のことを指す」と定義した。

>「客観的とは、愚直でない民衆が多数決を行った場合の多数側の立場の事を指す」
に変化しました。

>懲役刑に関しては、そのように客観的な思考能力がある。
>しかし死刑を考えることになるとサド感情が民衆感情に深く混入してくることから、
>この問題を考える場合民衆は衆愚に変化することになる。
つまり懲役刑に関して考えているときは民衆は愚直ではないが、死刑に関して考えているときは民衆は愚直になるという事ですね。
では何を持って愚直と判断するのか定義をお願いします。
客観的という言葉も、38の定義では民衆が愚直かどうかで変化するようなので。


小泉が首相を続けることは間違っている。
何故なら愚直化した民衆に多数決により選択されたからである。
民衆は、小泉のタレント性の為思考停止し、衆愚に変化する。
石原が都知事を続ける事は間違っていない。
何故なら、都知事に関しては民衆は客観的な思考能力があり、衆愚と化さないからだ。

両者のケースの差を明確に説明してくれる事を求む。

481 :考える名無しさん:01/12/20 17:42
>>475 よく見たら。君のレスだよ。

482 :477:01/12/20 17:49
>>478 うぃ。とりあえず1から読んでみよっと

483 :38:01/12/20 17:56
訂正
471は他人のレスをもってそれを根拠としている。
こちらのレスで無い以上。預かり知らぬものであり
根拠とならないことはいうまでもない。
471はは相手の主張を捏造することさえ満足にできないようである。

>480変化しておりません。。>>315でそれは明らか。
どうしても捏造したいのなら、その証拠を出してもらいます。
>では何を持って愚直と判断するのか定義をお願いします。
>客観的という言葉も、38の定義では民衆が愚直かどうかで変化するようなので。
物事を客観的に考えてこそ愚直でないと言える。
愚直でないからこそ客観的に物事を考えられる。

>両者のケースの差を明確に説明してくれる事を求む。
そもそもケースが間違っている。
そもそもTPOにそって判断せねばならないものを具体性を欠いた
ケースを出したところで間違っている。

484 :考える名無しさん:01/12/20 18:00
>>38 あなたは何を以て、客観的と言うんですか?

485 :考える名無しさん:01/12/20 18:08
>>437=38
>その行為が、恨みを持たれる温床になる。
要するにお前の場合、アブナイ奴にわざわざ自分から近付いていくわけだな。
自己防衛意識ゼロの、飛んで火に入る夏の虫ってわけネ!(はぁと

>更生を判断する職務の者である。
その判断が常に正しけりゃ再犯なんて起きないんだよ。

>そのように、恨みを持たれた場合、向こうから近づいてくることになる。
℃アフォかお前は。一切接触せず、存在さえも気取られないようにすれば
恨みを持たれることもない。これ最強。

>その結果恨みを持たれてない人までも犯罪に合う可能性も出てくる。
自己防衛意識の低い者が犯罪に遭うのは「致し方ない」

>>438
そういわず俺にも遊ばせてよ(w

486 :考える名無しさん:01/12/20 18:12
>>484
38の客観的とは、「愚直でない民衆が多数決により出した結果と同じ立場」
38の愚直でないとは「物事を客観的に考えた立場」
あれ? おかしいぞ?

客観的=愚直でない民衆の判断
愚直でない民衆=客観的な民衆

結局何が愚直で何が客観的なのかは明言してないぞ???

487 :474:01/12/20 18:14
>>38
お前は文盲か?どこをどう読んだら、そんな結論に至るんだ?
俺がいつ「サド感情」を肯定した?
「死刑は是=民衆へのサド感情混入」のほうがよっぽど論理性に欠けているとは思わないのか?
お前、どうしようもないな。

488 :考える名無しさん:01/12/20 18:17
くっそー折角38が出てきてるのに、これから仕事だ。
リアルタイムで参加できないなんてもったいなさ過ぎる……。

>>486イイ!

38よ、ここは哲学板なのよ。
例え人殺しが一般的に見てモラルに反してるとしても、悪にはならないの。
まず悪とは何かを定義して、その結果人殺しが悪かどうかを考えるのよ。
例えあんたにとって死刑制度は廃止して当然の物だとしても、何故廃止して当然なのかを、普遍的且つ論理的に説明できなきゃ駄目なの。
何で人殺しが駄目なの?って問いに対して、モラルに反してるから、って答えじゃ駄目なのよ。
モラルってのは個人の主観だし、結局節度も個人の主観。
そうでないと言うなら、絶対的且つ不変的節度を証明しないとね。

489 :考える名無しさん:01/12/20 18:22
38って何専攻?
少なくとも哲学科ではないよね。
哲学少しでも齧った人の発言じゃないし。

死刑は節度的に見てNG。懲役刑は節度的に見てOK。
その節度って何よ? 君から見た節度にしか過ぎないでしょ?
君が例え神だったとしても、総理大臣だったとしても、神から見た、総理大臣から見た、「個人的な」節度に過ぎない。
それが哲学なのね。少しは哲学勉強して、価値観の多様性について理解しようね。

あと、客観的ってのは第三者から見てどうかって話だよ。
客観的な意見が正しいとは限らない。
AさんとBさんが喧嘩してて、それを第三者のCさんがどう思うかが「客観的に見た意見」だから。
ホントはAさんが正しくても、Cさんが見て間違えることもある。
だから客観的な意見が正しいとは限らない。
そして、君が死刑廃止論者となった時点で、客観的ではなくなっているんだよ。
さっきの例で言えば、喧嘩してるAさんやBさんの立場になってしまったのだから。

真に客観性が存在し得るのかとかの問題もあるから、自分だけの考えに凝り方まってないで、色々勉強してごらん。

490 :考える名無しさん:01/12/20 18:23
38殿は人間離れした<客観性>を可能にするとてつもない中庸な人格を、
想像もできない経験から育まれたのでありましょう。
殴られても決して殴り返したりしないとか。
普段から防衛のための武器を携帯してるとか。
脅迫されようが非暴力的に説得するとか。
親兄弟が犯罪者でもイジめられないよう力強く生きてきたとか。
な、涙が。。。

491 :考える名無しさん:01/12/20 18:29
>>488
>モラルってのは個人の主観だし
モラルって社会的規範とか社会的刷込みとか世間の掟とか、そういう
もんじゃないのか?

492 :考える名無しさん:01/12/20 18:31
>>486
その通り。
38は何一つ理論的に筋道立てて会話していないのは自明。

38の論法を要約
38「死刑は節度に反するから駄目」
「じゃぁ節度って何よ?」
38「節度とは客観的に物事を見ればわかる」
「じゃぁ客観的って何よ?」
38「客観的とは、愚直でない民衆の多数決の結果である」
「じゃあ愚直でない民衆って何よ?」
38「愚直でない民衆とは、客観的に物事を見れる民衆の事である」
「だからその客観的って何よ?」
38「客観的とは、愚直でない民衆の多数決による結果である」
(以下省略)

「善って何よ?」
善とは、良識を持った人間の行動である。
「その良識を持った人間って何よ?」
良識を持った人間とは、善に基づいた行動をする人間である。
「だからその善って何よ?」
善とは、良識を持った人間の行動である。
(以下永遠に続く)

493 :38:01/12/20 18:34
もうわかったよ。
悪かったよ。
俺の言ってることが間違ってたんだろう?
ったく、そこまでして死刑を行わせたいのかよ。

俺の書いたことは間違ってたけど、だからと言って死刑はいい事だなんて思わないでくれ。

494 :38:01/12/20 18:39
↑は偽者の稚拙な煽り。

495 :考える名無しさん:01/12/20 18:40
>>494
そんなレスはいいからとっとと上の奴にレスをつけろ

496 :考える名無しさん:01/12/20 18:44

>>489

>38って何専攻?
>少なくとも哲学科ではないよね。
>哲学少しでも齧った人の発言じゃないし。

38が小学生なのは、昼間に暴露されてるよ。

あ、もしかしたら、中学生か高校生かも知れないけど、
まさか中高生がこんな日本語を使わないよね。

497 :考える名無しさん:01/12/20 18:45
>>496
小学生にしては語彙や喋り方が変だから、厨房に一票。

498 :考える名無しさん:01/12/20 18:51

38の論理は破綻している。

そのことは、ここまでの全てのレスから自明。

理解できなければ、自分を責めて下さい。



−−−−−−−−−− 論破おわり −−−−−−−−−−

499 ::01/12/20 18:52
少年犯罪板にも同じようなスレあった。

皆さん一度見てみては?

500 :38:01/12/20 18:55
>要するにお前の場合、アブナイ奴にわざわざ自分から近付いていくわけだな。
>自己防衛意識ゼロの、飛んで火に入る夏の虫ってわけネ!(はぁと
いや、危なくないものを自分から危ないものにしない的確な判断をした者になる。
あなたのほうは、自分で自分の首をしめる真性馬鹿である。
>その判断が常に正しけりゃ再犯なんて起きないんだよ。
だから、更生のプログラムの改善が今でも続けられているのである。

>℃アフォかお前は。一切接触せず、存在さえも気取られないようにすれば
>恨みを持たれることもない。これ最強。
それ自体が恨みを持たれることになる。一切接触しないという抑圧した態度をとれば、
存在をも気取られないと言うことは矛盾である。恨みをもたれた時点で存在を気取られないことは不可能である。
これであなたはまたもや真性馬鹿であることが証明された。
>自己防衛意識の低い者が犯罪に遭うのは「致し方ない」
恨みをもたれない人は自己防衛の意識が高い人である、
そのような人が犯罪に巻き込まれても責任はない。
致し方ないのは事実だが、責任は客観的に恨みを発生させた人間にある。
これでまたもやあなたが真性馬鹿であることが証明された。


>結局何が愚直で何が客観的なのかは明言してないぞ???
世の中にさまざまな事例、物事が存在する以上、
抽象化して明言化するのは困難である。
そのことを理解していない時点でTPOに沿った考え方をしてないのは自明となる。


>お前、どうしようもないな。
具体的に、死刑を是とすることがサド感情と関係ないという具体的な
反論をしない時点で、逃げていることはよく理解できる。

>そうでないと言うなら、絶対的且つ不変的節度を証明しないとね。
そのようなレベルに人間は達していません。
TPOにそって物事を地道に考えていかねばなりません。
そもそもあなたは普遍的な理論をもっているのでしょうか?
何故廃止しなければならないかは、私のレスすべてに論理だって
説明されている、特に初期のレスが分かりやすい。


>真に客観性が存在し得るのかとかの問題もあるから、自分だけの考えに凝り方まってないで、色々勉強してごらん。
それは理解している、人間は主観から離れなれないことは当然である。
しかし、いかに客観的な思考が出来るかをここで議論しながら、
議題にそった考えを示しているのではないだろうか?

501 :38:01/12/20 18:56
まあとにかくまともな日本語でさえ死刑擁護者は理解できないとは
ほとほと呆れる。

502 :考える名無しさん:01/12/20 19:00
死刑否定派の皆さん、自分や自分の好きな人が殺されても
同じことが言えますか?

503 :みなさん:01/12/20 19:00

38は小学生です。

ですから、我々オトナが過去に受けた国語教育とは、全く異なる教育を受けております。
彼の言う「まともな日本語」とは、チョコレート語や何やという、日本語とは異なる、
新たな言語なのです。

我々マトモな高等教育を受けた20世紀生まれごときが、彼の駆使する21世紀の日本語を
理解できるワケがありません。

無駄な努力はやめて、児童相談所に保護して貰いましょう。

504 :考える名無しさん:01/12/20 19:03
>>493>>38に対する最後のお情けだったな。

505 :38:01/12/20 19:03
>死刑否定派の皆さん、自分や自分の好きな人が殺されても
>同じことが言えますか?
言えます、以上。

506 :考える名無しさん:01/12/20 19:03
> > 結局何が愚直で何が客観的なのかは明言してないぞ???

> 世の中にさまざまな事例、物事が存在する以上、
> 抽象化して明言化するのは困難である。
> そのことを理解していない時点でTPOに沿った考え方をしてないのは自明となる。

つまり、普遍的な「客観的な判断基準」は、この世に存在しないということで、
なにが「客観的」かは、38陛下がTPOによって判断する、ということでOK?

507 :考える名無しさん:01/12/20 19:05
>491
ワラタヨ
488のような奴、昨日もどっかのスレで同じボケさらしていたな。
今日はネカマかよ。
よくやるよな。

508 :考える名無しさん:01/12/20 19:07
>>501
俺は死刑廃止賛成だけど、お前の言ってる事はわからん。

509 :考える名無しさん:01/12/20 19:08
>まあとにかくまともな日本語でさえ死刑擁護者は理解できないとは
>ほとほと呆れる。

お前の日本語を理解できる死刑廃止論者を連れてきたら、まあ考えんでもない。

510 :考える名無しさん:01/12/20 19:13
>まあとにかくまともな日本語でさえ死刑擁護者は理解できないとは
>ほとほと呆れる。

あなたの国語能力の低さ、論理的思考能力の無さには、ほとほと呆れる。

あなたの日本語が「まともな日本語」でないのは、今までのあなたのスレ全てから
自明です。

もし理解できなければ、自分を責めて下さい。

ま、具体的な反論をしない時点で、あなたが逃げていることは
よく理解できるんですがね。

511 :38:01/12/20 19:15
>510

あなたの国語能力の低さ、論理的思考能力の無さには、ほとほと呆れる。

あなたの日本語が「まともな日本語」でないのは、今までのあなたのスレ全てから
自明です。

もし理解できなければ、自分を責めて下さい。

ま、具体的な反論をしない時点で、あなたが逃げていることは
よく理解できるんですがね。

512 :考える名無しさん:01/12/20 19:17
くだらんレス返しは止めろ低脳

513 :しようがないよ:01/12/20 19:21

もう38のオツムも限界なんだろうし、Aum返しは他スレッドでも彼の常套手段なんだし。

これだけ大勢に叩かれて一歩も引かない(藁)だけでも、相当ぶっとい神経の持ち主か、
さもなければ、神経を全く持ってない無神経か、どっちかだと思うよ。スゴイじゃないか。

ま、たぶん神経も脳味噌も持ってないんだろうけど。

514 :38:01/12/20 19:23
くだらんレス返しは止めろ低脳という真性低脳は荒らすな。

515 :510:01/12/20 19:23

というワケで、具体的な反論をしてこない>>38は、「逃げている」ことが論証されました。

違うというなら、具体的な反証をして下さい。でなければ「真正馬鹿」だったよね?確か。

516 :38:01/12/20 19:25
もう死刑擁護者ののオツムは全く空っぽというこは前前より明らかだし、Aum返しは止めろと馬鹿みたいに
他スレッドでも言っているようだし。

これだけ大勢に叩かれて一歩も引かない(藁)だけでも、相当ぶっとい神経の持ち主か、
さもなければ、神経を全く持ってない無神経か、どっちかだと思うよ。スゴイじゃないか。

ま、たぶん神経も脳味噌も持ってないんだろうけど

517 :38:01/12/20 19:26
というワケで、具体的な反論をしてこない>>510は、「逃げている」ことが論証されました。
こちらはレスすべてが具体的な反論となっているのに死刑擁護者はしない。

違うというなら、具体的な反証をして下さい。でなければ「真正馬鹿」だったよね?確か。

518 :考える名無しさん:01/12/20 19:27

>Aum返しは止めろと馬鹿みたいに他スレッドでも言っているようだし。

あ、自分が馬鹿みたいにAum返しをしてる、ってゆー自覚はあるんだ。

あとは、自分の頭が全く空っぽだ、ってゆー自覚をもてば、まあ人並みには
近づけるんじゃないかな。


で、具体的な反論ができないアンタは、やっぱり「真正馬鹿」だってことでOK?

519 :考える名無しさん:01/12/20 19:28
586 名前:死刑賛成 投稿日:01/12/19 18:13
単純な情報や刺激から、いとも簡単にフラストレーションを増加させてしまう人間は
昔から死刑見物などによって高まった不快な感情を暴力性という形で昇華させようとする。
彼らは実に凶悪犯罪者と近い精神世界を併せ持っているのだ。

無論そのような連中が語る死刑論は死刑賛成派などと高等なものではなく。
単なる人格未形成の未熟な集団に過ぎない。
                    シェリング

520 :考える名無しさん:01/12/20 19:30
>>38 墓穴を掘ったな・・・。狂人が。(ゲラ

521 :38:01/12/20 19:30
あ、自分が馬鹿みたいにAum返しをしてる、ってゆー自覚は死刑擁護者にはないらしい。

あとは、自分の頭が全く空っぽだ、ってゆー自覚を死刑擁護者は持たなければ、まあ人並みには
なかなか近づくことはできないな。


で、具体的な反論ができないアンタは、やっぱり「真正馬鹿」だってことでOK?

522 :38:01/12/20 19:31
死刑擁護者よ墓穴を掘ったな・・・。狂人が。(ゲラ

523 :考える名無しさん:01/12/20 19:32
ついに自分が低脳児だって事を認めたね。38さん♪

524 :510:01/12/20 19:32

>こちらはレスすべてが具体的な反論となっているのに死刑擁護者はしない。
>違うというなら、具体的な反証をして下さい。でなければ「真正馬鹿」だったよね?確か。

今までの貴様のカキコのうち、どこらへんが「具体的な反論」なのか、示せ。

貴様の論理はすべて、完膚無きまでに論破されているではないか。

「貴様の論理はこのように破綻している」との指摘に反論できないなら、
それは貴様の論理が破綻しているのだ。

まず反論せよ。

それをせず、「具体的な反論をしている」と称するのは、
「馬鹿」ではなく「ペテン」だ。

525 :考える名無しさん:01/12/20 19:32
ついにオウム返ししか出来なくなったか・・・
38もここまで?負けを認めろよ低脳

526 :考える名無しさん:01/12/20 19:34
>>38に何を言っても無駄。
だってゴミなんだから。

527 :こんな:01/12/20 19:34

ただ単にコピペするだけの38はイヤだ〜。(泣

38にはちゃんと、自分の頭で必死に考えた理屈をカキコんで欲しいですぅ。

528 :考える名無しさん:01/12/20 19:35
偉そうなことほざいて、所詮>>38はこの程度。
社会不適合者はおとなしくすれば?

529 :38:01/12/20 19:35
こちらのレスすべてが具体的な反論に当てはまる。よってこちらに責任は無い。
今までの貴様のカキコのうち、どこらへんが「具体的な反論」なのか、示せ。

貴様の論理はすべて、完膚無きまでに論破されているではないか。

「貴様の論理はこのように破綻している」との指摘に反論できないなら、
それは貴様の論理が破綻しているのだ。

まず反論せよ。

それをせず、「具体的な反論をしている」と称するのは、
「馬鹿」ではなく「ペテン」だ。

530 :考える名無しさん:01/12/20 19:37
おいおい、>>38よ。勘弁してくれよ・・・・。

531 :考える名無しさん:01/12/20 19:37
おいおい、>>38よ。今までお前が、どれだけ他人から突っ込まれていたか、覚えてないのか?

532 :考える名無しさん:01/12/20 19:38
>>38は自分の頭の悪さを露呈してしまったんだね。
みんな、大目に見てやろうよ。こんなアホ滅多にいないんだから。

533 :38:01/12/20 19:39
偉そうなことほざくことさえ死刑擁護者は言えなかったが、
所詮死刑擁護者はこの程度とははるか以前からしっていたが、これほど低脳とは。
社会不適合者はおとなしくすれば?

534 :38:01/12/20 19:41
死刑擁護者は自分の頭の悪さを露呈してしまったんだね。
みんな、大目に見てやろうよ。こんなアホ滅多にいないんだから。
おいおい、死刑擁護者よ。今までお前が、どれだけ正常な人から突っ込まれていたか、覚えてないのか?

535 :考える名無しさん:01/12/20 19:41
偉そうなことほざくことさえ38は言えなかったが、
所詮38はこの程度とは他スレッドからしっていたが、これほど低脳とは。
小学生はおとなしくすれば?

536 :考える名無しさん:01/12/20 19:42
え、なになに!?
>>38はもう終わったの?
もうちょっと粘れると思ったんだけどな・・・。

537 :考える名無しさん:01/12/20 19:43
>>38は素人にはお勧めできないな。
一部のマニアにならバカ受けするんだが。

538 :510:01/12/20 19:43
貴様のレスすべてが具体的な反論に当てはまない。よってこちらに責任は無い。
今までの貴様のカキコのうち、どこらへんが「具体的な反論」なのか、示せ。

539 :502:01/12/20 19:44
>>505 わざわざレス返さなくてもいいのに。
    38がそう答えるのぐらいわかってるって
    私は死刑反対派全員に、ただ問い掛けたかっただけ。
    そこまで正確に書いておくべきだったかな

540 :考える名無しさん:01/12/20 19:45
>>538
無理無理。>>38にそこまでの知能は残ってないよ。
今、知恵熱出しまくってんだから。

541 :510:01/12/20 19:46
じゃあ38は、これからお母さんの作ってくれた夕御飯を食べて、
明日は朝から学校に行って、6時間目が終わって帰ってきてから
このスレッドに復帰、ってことで。

542 :474:01/12/20 19:47
お。38は壊れたのか?
やっぱりな・・・。

543 :考える名無しさん:01/12/20 19:47
>>541
デザートは冷凍ミカンと言うことで(藁

544 :考える名無しさん:01/12/20 19:49
>>38
さぁ、早く寝なきゃね。
いつまでもカキコしてたら、明日小学校に遅刻ちまちゅよ♪

545 :考える名無しさん:01/12/20 20:15
この38って本物?

546 :考える名無しさん:01/12/20 20:18
>>545 本物の「バカ」であることは確か。

547 :阿修羅無限大落とし:01/12/20 20:40
割と粗い話になるんだけど
そもそも、どういうタイプの人間が犯罪に走るかというと
学力が低かったり、要領が悪かったり、精神力が弱かったりする人間
言い換えると、現在の社会体制から爪弾きにされた弱者であると言える。

インテリの多くは、反死刑派とまではいかないけど嫌死刑派であり
これは上述の様な認識から導かれるスタンスである。
「俺達が社会から恩恵を受けているしわ寄せが、犯罪者をつくっている」
という感覚をもっている。

現在の死刑システムは、民意よりも犯罪者に対して甘い処遇となっている。
それは、何故かというと、体制を担っている人間がインテリの一部だからであり
彼らは、犯罪者という層に対して後ろめたさがあるからである。

548 :考える名無しさん:01/12/20 20:55
社会の頂点に立てばたつほど、犯罪者の行う行為が権利として与えられる。
たとえば絶対君主には生殺与奪権が与えられるように。

彼らの願望は、自然、犯罪者と同一になるものだ。
同情か、哀れみか、後ろめたさよりも「理解」に近いと思うな。

549 :考える名無しさん:01/12/20 21:27
>>500=38
>いや、危なくないものを自分から危ないものにしない的確な判断をした者になる。
だからなんで危なくないってわかるんだ?何度も同じこといわせるなよ。

>だから、更生のプログラムの改善が今でも続けられているのである。
つまり、行政の力を持ってしてもできない「的確な判断」がお前にだけは可能ということか。

>それ自体が恨みを持たれることになる。一切接触しないという抑圧した態度をとれば、
>存在をも気取られないと言うことは矛盾である。恨みをもたれた時点で存在を気取られないことは不可能である。
スーパー℃アフォかお前は。物事の順序を勝手に入れ替えるな。
一切接触しない→姿さえも見せない→存在を気取られない→恨みを持たれない、だ。

>そのような人が犯罪に巻き込まれても責任はない。
責任があろうが無かろうが犯罪に巻き込まれたら意味ないだろ。

>責任は客観的に恨みを発生させた人間にある。
ウルトラスーパー℃アフォかお前は。客観的な恨みってどんな恨みだよ。
一切接触しないことが恨みを発生させるのなら、少なくとも数十億人の恨みを発生
させているであろうお前の責任はとてつもなく重い。よって、他の星に逝ってよし。

ほらほら、具体的に反論してやったぞ。ほらほら、おやつの時間だよ〜(はぁと

550 :考える名無しさん:01/12/20 22:19
明日が楽しみだなぁ〜☆

551 :通行者:01/12/21 03:51
必要。以上!終了〜〜
死刑廃止条約とか死刑廃止の国際世論、どうかしてるわ。
悪人には慈悲など必要ない。悪人にはただ非情に徹するべきだ。
正義、道徳の為。
汚れは除去すべし。

552 :考える名無しさん:01/12/21 10:07
>>そうでないと言うなら、絶対的且つ不変的節度を証明しないとね。
>そのようなレベルに人間は達していません。
>TPOにそって物事を地道に考えていかねばなりません。
その判断をするのは個々人それぞれであり、様々な答えがあるのは自明。
それをあなたは「私の判断した通り死刑制度は間違っている」という事を他者にも押し付けている。
人間が普遍的節度を作り出すレベルに至ってないのなら、死刑が節度的に悪かどうかも論じられない。
そこで言う節度とは、あなたが作り出したものに過ぎないのだから。

553 :考える名無しさん:01/12/21 10:18
>>552

それはみんなが再三再四言ってきたこと。
>>38のような知能の高い痴愚に、そんな真っ当な意見は通用しない。

554 :554:01/12/21 10:45
少年犯罪版にも同じスレがあります。そちらも見ましょう。

555 :554:01/12/21 11:10
「被害者や遺族の気持ちを考えたことあるのか!」と言う人へ
死刑囚の家族の気持ちを考えたことがありますか?
「死刑囚の家族の気持ちを考えたことあるのか!」と言う人へ
被害者や遺族の気持ちを考えたことがありますか?
双方とも、感情で死刑の正否を語るのはやめましょう。

抑止力の有無を語るのもやめましょう。
今のところどちらとも言えません。

少年犯罪版の589が自分の考えです。よければそちらを見てください。

556 :考える名無しさん:01/12/21 11:44
法律を勉強しているものですが、裁判は非常に
いいかげん(語弊があるかもしれませんが)なもの
である以上、法律によって国家権力に死刑の権限
を与えるのは非常に危険だと思います。
 神のような一部始終見ている人がいて、かつその人
の判断が絶対的に正しくて、という、まずありえない条件
がそろえば賛成ですが、そうでない以上は大反対です。
 ただ現行の無期懲役は15年から20年くらいすれば
でてこれるので、これでは不十分だと思います。したがって、
終身刑制度を導入することを前提に死刑を廃止すべきだとおもい
ます。
 以上です。

557 :考える名無しさん:01/12/21 12:09
法律を勉強しているものですが、裁判は非常に
いいかげん(語弊があるかもしれませんが)なもの
である以上、法律によって国家権力に無罪放免の権限
を与えるのは非常に危険だと思います。

558 :ぴかぁ〜:01/12/21 12:15
法律を勉強してるひとが国家権力っていうことばを
使うのはチョット乱暴かな。
それに法律の条文はすごく厳密に組み立てられてるところがある。
日本国憲法でさえも補弼という言葉がいくつかの条文に多層構造にもりこまれてる。

559 :考える名無しさん:01/12/21 12:29
死刑が確定し、死刑が実行されるまでに
さまざまな人間が関わるので、あえて国家権力
という表現にしました。でも死刑執行の最終的な
決定権限は法務大臣にありますので、法務大臣と
読み替えてもらって結構です。
 >日本国憲法でさえも補弼という言葉がいくつか
の条文に多層構造にもりこまれてる。
 これはどういう意味でしょうか?日本国憲法に
表記されているという意味ではないですよね。

560 :ぴかぁ〜:01/12/21 13:28
飯喰ってから気づいた!すまんぴかぁ〜。
補弼じゃなくて「権利」だった。補弼は大日本帝国憲法のポイントだ。
「けんぽう」っていれるとAtok辞書にその問題点が変換されるように登録してたんだ。

これじゃあ恭子ちゃんにアフォっていわれちゃうよ。
さらしあげ。

561 :554:01/12/21 13:30
刑罰って何のためにあるのさ。
国民に、悪いことを「悪いこと」として認識させるためでしょ。
死刑を廃止するってことは
「死という刑罰」につりあうほど悪い犯罪は無いって
言ってるもんじゃないか。
実際には犯罪に上限なんて無いんだから
その「悪さ」につりあう「刑罰」はあって当然だよ。
それに殺人を犯した罪に対する最軽の刑罰が
「3年以上の懲役」ってどうよ。間違ってない?

562 :フカキョン:01/12/21 13:31
ぴか厨(w

563 :ぴかぁ〜:01/12/21 13:43
法は掟やいましめに近いもので禁止事項をやぶった
者が罰せられる「違反の思想」を前提としてる。

本来、抑止力は重視されてない。ただ複雑な裁判の
過程を説明する責任を逃れたいマスコミなんかが、
国務大臣の署名をクローズアップしちゃうから、
そこに人が人を裁く、とか権力が、とかいう短絡
した見方が生じるとおもうぴかぁ〜。

564 :考える名無しさん:01/12/21 13:56
>>561
 確かに刑罰に応報的なものがあるのは否定しません。ただ、
>>死刑を廃止するってことは
「死という刑罰」につりあうほど悪い犯罪は無いって
言ってるもんじゃないか。<<
という発言には与することができません。そんなことはないでしょう。
死を持って償うべきと考えられるほどひどい犯罪者もいるのは確かです。
ただし、だからといって国家が合法的に人を殺すことを肯定すべきである
ということにはならないでしょう。国家が人の命を奪う権利があるので
しょうか?ただ、応報感情を満たすためだけに死刑があるとしか思えま
せんが。
 そもそも人を殺すことって憲法違反の行為ですよね。その憲法違反の
行為を、憲法によって権限が与えられ組織された国家が行うことって
矛盾してませんか?それも合法的だという屁理屈つきで。
 参考に書いておきますが、死刑制度は犯罪の抑止とはあまり関係がない
みたいですよ。まさに応報感情を満たすだけですね。刑罰ってそういう
ものなんですか?
 終身刑で十分対応可能だと思いますが。どうでしょうか?

565 :ぴかぁ〜:01/12/21 14:02
564さんの論法はよく大学でみかけるけど。
法律では「禁止事項をやぶった意志が発動してたのかどうか」
つまり「当人の意志」も問うた上での結論であって。
そこが人殺しとちがうとこなんだけど。
わかる?

566 :ぴかぁ〜:01/12/21 15:38
ちょっと過去レス読んできたけど。38って司法試験受からなさそうなやつだね。

567 :考える名無しさん:01/12/21 15:39
>>566 それは禁句。

568 :考える名無しさん:01/12/21 21:13
法律なんてしらんが、
死刑がなければ殺されたものの家族などは何処に怒りをぶつける?
殺されたものは全てを奪われ殺したものはのうのうと生きますか?
自分の立場で考えりゃア反対なんてできんだろ?
国家を正義で公正であるとしなけりゃ世の中成り立たないんじゃないの?
結局人間が腐ってるだけの問題だろ?

569 :考える名無しさん:01/12/21 21:18
↑見当違い放置ケテーイ

570 :考える名無しさん:01/12/21 21:20
>>569 君も放置決定です。

571 :ぽよん。:01/12/21 21:29
刑の形態が死とか懲役とか罰金とかいろいろあるけど、その形態の
ことはひとまず置いといて、次のようなことについての是非を民主主義的な
手続きでルールを決めてあれば、だれも文句が言えないようになるのかな、と思う。

A) 刑は被害者の復讐したいという気持ちを満足させるためにあるべきかどうか。
B) 刑は被害者の近辺の者(被害者の親とか被害者を社員として持つ会社)の復讐
したいという気持ちを満足させるためにあるべきかどうか。
C) 刑は社会の復讐したいという気持ちを満足させるためにあるべきかどうか。

D) 刑は被害者の受けた損害を補償するためにあるべきかどうか。
E) 刑は被害者の近辺の者の受けた損害を補償するためにあるべきかどうか。
F) 刑は社会の受けた損害を補償するためにあるべきかどうか。

G) 刑は加害者を更正させるためにあるべきかどうか。
H) 刑は加害者に社会から退場いただくためにあるべきかどうか。

I) 刑は未来の犯罪を抑止する目的にあるべきかどうか。

たとえば、Hを刑の目的として認めた場合に、どこまで社会がそのコストを負担するかで、
死刑にしてしまえ、とか、牢屋に閉じ込めておこう、とかが決まるのかな、と思う。

Gは現状の制度が認めている立場だと思うけど、その上には、更正が可能かどうかという
程度問題も考えなきゃいかんかもしれない。ある犯罪者の脳みそとかを検査して、
いつまでたっても更正が期待できないことが科学的に証明されちゃったとしたら(今は
そういうことは技術的にできないわけだけど)そいつの扱いはどうしようか、とか。

んじゃ。

572 :考える名無しさん:01/12/21 21:46
このスレちっとも哲学的じゃないね。

573 :考える名無しさん:01/12/21 21:57
>>566
受かってるの?

574 :考える名無しさん:01/12/21 23:03

大前提として、法は例え誰であろうと個人の肩を持つことは無い。
刑罰は罪に対して罰を与える、ただそれだけのために存在する。
「自分の立場だったら」等は法の論拠たりえない。

575 :考える名無しさん:01/12/22 08:50
死刑がどうとかなんてどうでもいい。
このスレは単に38の為だけにあるべきだ。

哲学的とは言い難く、完全に板違いのこのスレがこの板に存在し続けられるのは、38のおかげである。
38の理論の破綻した部分を指摘する事により、理論の破綻した部分を見つけるという哲学に必要な作業の練習になる。
言うならばこのスレは、議論の練習スレのようなものだ。
明らかに間違っている理論を、本気になって主張してくれる人が居るのだから。

本気で死刑とかについて語りたい人へ
法律関係の板へどうぞ。

576 :考える名無しさん:01/12/22 10:08
哲板で死刑の話なのにカントの話すら出てこない・・・・

577 :考える名無しさん:01/12/22 12:44
>575
だったら人格攻撃はやめようよ。
まあ確かに、最近は鸚鵡返しばかりでつまらなくなってはいるが…。

578 :考える名無しさん:01/12/22 12:48
>>577
俺は人格攻撃はしていない。
38自体個人ではなく複数の人間が騙ってネタとしてレスしていると思っているからな。
俺はあくまで38という名での書きこみの矛盾点を挙げ、指摘しているだけだ。

だが同時にこのスレを「矛盾したことを言う奴を馬鹿にして楽しむ為」に利用している奴もいるのだろう。
だから38に対する悪口等が書きこまれる。
俺としては、38はそんな悪口を無視してさらに自論を展開し、我々にその矛盾を指摘する機会を与えてくれる事を望む。

579 :564:01/12/22 13:00
>>565
 死刑は人を殺す意思なきもとに行われるが、
殺人は人を殺す意思で行われる、ということですか?
つまり殺意のある無しによって違うということですか?
 どうでしょうか?

580 :考える名無しさん:01/12/22 13:15
死刑制度大賛成。

581 :38:01/12/22 16:24
>だからなんで危なくないってわかるんだ?何度も同じこといわせるなよ。
このように、自分で犯罪を発生させて危ないところに近づいていることを
理解できないことであなたはただの真性馬鹿であることがまた立証された。

>スーパー℃アフォかお前は。物事の順序を勝手に入れ替えるな。
>一切接触しない→姿さえも見せない→存在を気取られない→恨みを持たれない、だ。
一切接触しないという人権無視の行動が恨みを持たれる要因となる。
このことも理解できないあなたは真性馬鹿である以前に、
脳自体が人間並みでないということが立証された。

>責任があろうが無かろうが犯罪に巻き込まれたら意味ないだろ。
本当に犯罪に巻き込まれ無いとは、礼をもって接して
恨みをもたれることなく犯罪を発生させないことである。
無意味に犯罪を発生させている時点で
あなたは脳自体が人間並みでないということが立証された。

>少なくとも数十億人の恨みを発生
>させているであろうお前の責任はとてつもなく重い。よって、他の星に逝ってよし。
少なくとも、あなたよりはまともな人間関係を築いていますけどね。
もっともあなたは引き篭もりで人間関係というものすら理解できないでしょうが。


>人間が普遍的節度を作り出すレベルに至ってないのなら、死刑が節度的に悪かどうかも論じられない。
>そこで言う節度とは、あなたが作り出したものに過ぎないのだから。
私の論理はその普遍的節度の領域にもっとも近いところにあるのは自明。
その根拠は簡単に私に他の主張が論破されてしまっていることから。

582 :38:01/12/22 16:27
578なんぞは、典型的な持論の論理に矛盾があることを
自覚できない死刑擁護者である。
そもそも578は私に論破されながら、
そのように恥知らずなレスをしている光景はまさに滑稽である。

583 :考える名無しさん:01/12/22 16:28
>>38
あはははははは!
あなたの再来を我々一同、心よりお待ち申し上げておりました!

584 :a:01/12/22 16:32
まだやってたんだ。38も頑張るねぇ・・・

ところで法律板ってどこにあるんですか?
司法試験板しか見つからない・・・だれか教えて〜

585 :考える名無しさん:01/12/22 16:41
>>584
「会社・職業」のカテゴリーに、「法律勉強相談」ってのがあるよ。
おそらくそこなのでは?

586 :考える名無しさん:01/12/22 17:17
>>38
君はすごいよ。
哲学の王道まっしぐらだね(藁
すごいすごい・・・・(藁

587 :考える名無しさん:01/12/22 17:27

あのね、38ちゃん。

「立証」とか「論破」ってゆー言葉を使うとカッコイイと思ってるかも知れないけど、
意味もわからずにカッコイイみたいな言葉を使ってみても、間違った意味で使っちゃうのは、
とってもカッコワルイことなんでちゅよ?


「立証」ってゆーのはね、駄々っ子みたいに泣きながら、自分の主張を繰り返すコトじゃないの。

「論破」ってのはね、都合の悪いことに耳を塞いで、聞こえないフリをすることじゃないのよ。

あなたのお父さんやお母さんの夫婦喧嘩はそうだったのかも知れないけど、
あなたのお家を一歩出たら、それは通用しないの。

保育園でならわなかった?

588 :考える名無しさん:01/12/22 17:31
あ、そうか。
もう冬休みだから、小学校は当分お休みだね!

589 :考える名無しさん:01/12/22 17:36
>>38
お前の理論をまとめて、法学部の教授に見せたんだよ。
そしたら、何て言ったと思うよ?
苦笑いしながら「これ書いたの、日本人?」この一言だけ。
論理も、文法も、法律知識も支離滅裂って事だね。

590 :考える名無しさん:01/12/22 17:59
38氏の意見も分からんでも無いけど、
ちょっと極端な気はするね。
確かに法に感情の入る余地は無いけど、
人間には感情が有り余ってるわけだし。

まあ、個人的に被害者の人権を一番侵害してるのは、
加害者や、人権やなどではなく、マスコミだと思ってますが。
被害者にマイク突きつけて晒しもんにすんなよ・・・

591 :考える名無しさん:01/12/22 18:08
このスレの38に対する、死刑制度否定派、肯定派の見解

死刑制度否定派
「38は死刑制度肯定派の自作自演だ。あれを死刑否定派の全てだとは受け取らないで欲しい」

死刑制度肯定派
「死刑制度否定派は38に発言をやめさせるべきだ。これ以上38が発言するメリットは何も無い。我々の敵である否定派が、あんな馬鹿ばかりだとは思いたくない」

592 :38:01/12/22 18:26
少なくとも>>583-589=>>591であることは容易に
分かるが、死刑擁護者にこんな日本語をまともに理解できなく
まともな論理的思考能力の完全に欠如しているやつばかりとは
死刑擁護者も完全に地に落ちたな。

593 :591:01/12/22 18:29
私は死刑反対ですが。
もちろん38とは全く別な理由でですけどね。
私がなぜ死刑反対について語る時には、節度も客観性も持ち出しません。
モラルも多数決も哲学的には無意味だと理解しているからです。
本当はここでその自論を述べたかったのですが、38のような馬鹿のせいで死刑についてのスレではなくなっているのでやめておきます。

594 :583:01/12/22 18:39
>>38

おいおい、勘弁してくれよ。おいらは>>589でも>>591でもねーよ。
お前がいつ論理的な発言をした?
自分の主観論を長々と書き連ね、自分の思想を認めない奴に対して、何の具体的な反論もせずに、「死刑肯定派=サド=真性馬鹿」と決めつけている大馬鹿じゃねーか(藁
俺もな死刑制度には、釈然としない所もあると思うよ。
だけどな、お前みたいな頭の悪い奴と一緒にしてもらいたくないんだよ。
自分の論理と反対側の論理を、見比べてみろよ。
いい加減気づけよ。無茶苦茶なんだよ、お前の言ってることはよ。

595 :38:01/12/22 19:16
>自分の主観論を長々と書き連ね、自分の思想を認めない奴に対して、
>何の具体的な反論もせずに、「死刑肯定派=サド=真性馬鹿」と決めつけている大馬鹿じゃねーか(藁
私の主張は非常に客観性を持っていることは明白。
それに対するまともな具体的な反論を示さない
死刑擁護者に対し「死刑肯定派=サド=真性馬鹿」と断定されることは、
非常に客観性を充分に持っている。
後は、死刑擁護者自身に極めて当てはまるので書いておく。
お前みたいな頭の悪い奴と一緒にしてもらいたくないんだよ。
自分の論理と反対側の論理を、見比べてみろよ。
いい加減気づけよ。無茶苦茶なんだよ、お前の言ってることはよ。

596 :イギ−:01/12/22 19:26
人道的に言えば否定。
ただ社会的に言えばむつかしい。
罪を憎んで人を憎まずというように、憎むべきは憎悪なのだ。
かの300人殺しのヘンリーも、罪の意識に目覚めて生まれ変わった。
しかし彼は死刑判決をうけている。

597 :丸木土さど:01/12/22 19:38
わたしの美学を、なんの色気もない首くくりといっしょにしないでください。

まあ、わたしにいわせれば終身刑よりもサラリーマンのみなさまのほうが大変だとおもいます。

598 :名無し:01/12/22 19:43
人が人を裁くのはダメとか言うけど
殺人犯した人って、勝手な理由で被害者を裁いている。
俺腹減ったから、あいつ殺して金取るのOkだな、とか。
動物ならこれでも良い、しかし社会の中で生きてるなら問題だ。

死刑になる前に反省した、みたいな美談が良くあるが
デッドマンウォーキングみたいに、自分が殺される立場に
ならないと殺したことを、悪いことしたな、って思えない奴って
やっぱり死んどいてもらわないと困るな。

ただ、産まれ育った環境とかもあるとおもうから
徹底的にそいつらの心理を分析して、殺人者が産まれないような
教育とかをもっと押し進めて研究していただきたい。

あ、そういう実験や観察のモルモットとして飼い殺すってのもアリか?

加害者の権利云々は聞き飽きたね、
反省してるかどうかなんて脳に電極うめこんで絶対大丈夫って
分かる時代が来るまで、絶対に信頼できん。

一回やったからまたやるかもしれないと思われるってのは、しょうがないでしょう。

コブラに出てきた流刑星キボンヌ

599 :考える名無しさん:01/12/22 20:00
世論も法曹界も賛成派が多数を占めているのも拘わらず、
死刑制度が廃止されようとしているのはなぜなのか?
知ってる人おせーてください。

600 :考える名無しさん:01/12/22 20:09
ほーそーかい。。

601 :考える名無しさん:01/12/22 20:11
つまんなーい。。

602 :594:01/12/22 20:24
>>38-595 何故「明白」なんだ?

603 :考える名無しさん :01/12/22 20:59
久しぶりにきたよ。
>>599
知ってると思うけど、世界的にはそうではないから。
これは日本の刑法学の歴史的な「歪み」と関係する。
申し訳ないことに僕にはそれを論述する能力はない。
資料が見つかったら論点ぐらいは抽出してみるよ。

それよりここは哲学版なんだから、
原理的に国家が犯罪者を「殺す」権利があるのかどうか、を改めて議論しよう。

まあ某大統領のように、犯罪者を捕まえるために「戦争」を起こすのは明らかに無理があるが・・

604 :考える名無しさん:01/12/22 21:09
>>603
そうでしたっけ?
フランスなんかは世論を押し切って、強行的に廃止しましたけど。
その事で未だ物議を醸してるらしいですよね。
すごく素朴な疑問なんですけど・・・失礼しました。

605 :考える名無しさん:01/12/22 21:09
>>595
君の言う「客観性」とは「愚直でない民衆が下した決断」であり、君の言う「愚直でない民衆」とは「君が愚直でないと判断した民衆」であるから、よって君のいう「客観性」とは君の主観の事である。
式にしてみよう。
38の言う客観性=愚直でない民衆の決断
愚直でない民衆=38が愚直でないと判断した民衆
愚直でない民衆の判断=38が愚直でないと判断した民衆の決断=38の判断
38の判断=38の主観=38の言う客観性

よって、君の言う客観性は主観と同等なので全くの意味が無いことが証明された。。

606 :名無し:01/12/22 21:19
私は
真方、森、山本、松田
を死刑に処したいと希求します。

607 :考える名無しさん:01/12/22 21:21
却下します。

608 :考える名無しさん:01/12/22 21:43
>>604
いや、実はこの問題については詳しくないんだけど・・
ただ、日本の刑法学が(死刑制度を容認してることも含めて)かなり特殊なのは事実。

609 :考える名無しさん:01/12/23 02:48
>>581=38
>>だからなんで危なくないってわかるんだ?何度も同じこといわせるなよ。
>このように、自分で犯罪を発生させて危ないところに近づいていることを
デラックスウルトラスーパー℃アフォかお前は。全然答えになってねぇだろ。
なんでお前にだけ危なくないとわかるのかを書け。小一時間で書け。

>一切接触しないという人権無視の行動が恨みを持たれる要因となる。
>本当に犯罪に巻き込まれ無いとは、礼をもって接して
>恨みをもたれることなく犯罪を発生させないことである。
お前は数十億人の人権を無視して世界中から恨まれ、犯罪を発生させてる
って話だろ?それはもう分かったから、早く責任とれよ。

>少なくとも、あなたよりはまともな人間関係を築いていますけどね。
おまけにこんな大嘘をつく。盗人猛々しいってやつネ!(はぁと

610 :ミラクル☆ポンチ:01/12/23 13:28
長・・・・。

>>488

>>例え人殺しが一般的に見てモラルに反してるとしても、悪にはならないの。

って、言ってるけどさあ(かなり出遅れ)、それについてちょい質問があります。

まず、君が言ってることは

善悪は人間が作り出した。
人間社会に人間社会特有の倫理の判断基準がある。
人間は身の回りのものを善悪の対象にする。
つまり、
善悪は所詮人間が作ったものだから、絶対的真理としてのそれは存在しない。

ってことだよね。ここで私的に疑問点があるんだけど、

ある真理の中に人間がいて、
その中で独自の精神を持っているとするならば、
善悪を取り払うという行為は、
人間が善悪の判断を止めただけで、真理があらわになったわけではないんじゃないのか。

判断を止めるということは、
言葉の通り、事実だけを認識するということ。

ものが起きた事象は確かに真理だけど、
その奥にある、絶対真理として善悪があるかどうかは、掴めてないんじゃないのか。

人間が倫理を作ることに、生物的な一貫性があるとしたら、
事象の事実だけが真理と一丸に言えるか。


こんなところです。
語彙不足でよく表現できなくてごめん。

611 :38:01/12/23 14:23
>なんでお前にだけ危なくないとわかるのかを書け。小一時間で書け。
礼を接して人に恨みをもたれず犯罪を起させるような感情を発生されない
となれば、ほとんど安全にいられることは当然である。
そのようなことも理解できていないあなたは、
やはりあなたは脳自体が人間並みでないということが立証された。

>お前は数十億人の人権を無視して世界中から恨まれ、犯罪を発生させてる
>って話だろ?それはもう分かったから、早く責任とれよ。
つまり一切接触しないという行動をとるあなたは人権を無視して犯罪を発生させるので
もっとも責任が存在するのはあなたであることは自明。
そのようなことも理解できていないあなたは、
やはりあなたは脳自体が人間並みでないということが立証された。
あなたを犯罪を生み出す根源として犯罪として法によって刑罰を課せるように
明確に法を整備すべきである。あなたは犯罪者でもあることになる。
>おまけにこんな大嘘をつく。盗人猛々しいってやつネ!(はぁと
まったくをもってあなた自身のことですね。
まあこれが理解できなければ、やはりあなたは脳自体が人間並みでないということが立証されることになりますね。

>605

>君の言う「愚直でない民衆」とは「君が愚直でないと判断した民衆」であるから、よって君のいう「客観性」とは君の主観の事である。
このように主観と客観の区別が死刑擁護者は理解できないのである。
愚直でない民衆は、私の独断でなく、
客観的に考察した結果である。
それに関して具体的な反論を示すことができない
(というかこちらの論理は非常に客観性を保有しているのだから
当然なのだが)
私の独断で決めていないよいうのは、私のすべてのレスから自明。
よってこちらの論理は非常に客観性を持っていることは立証され、
605はなんの根拠持たないただの便所の落書き同然であることが立証された。

612 :602:01/12/23 14:25
>>38
おーい、俺の質問にも答えてくれよ。
さみしいじゃねーか。

613 :考える名無しさん:01/12/23 14:52
>愚直でない民衆は、私の独断でなく、
>客観的に考察した結果である。
その客観的って何よ?
結局お前が客観的だと思ってるだけだろ?
もし多数決でお前の意見が客観的でないとされた場合、お前はその多数決を行った民衆を愚直だとするんだろ?
思いっきりお前の主観じゃねぇかよ。

614 :613:01/12/23 14:56
自論がひたすら客観的であるとし、客観的である事は自明であると述べるだけで、なぜ客観的といえるのか説明しない38の理論展開は、大きく破綻している事が証明された。
よって38の書きこみの根拠にあった客観性が証明されていない事となり38の書きこみはなんの根拠も持たない主婦の噂話同然である事が立証された。

38は早急になぜ自論を客観的と言えるのか証明せよ。
客観的でない事は既に証明されている。具体的に反証できない場合、38は客観性を持たず主観の節度を押しつけているという事になる。

615 :考える名無しさん:01/12/23 15:07
>礼を接して人に恨みをもたれず犯罪を起させるような感情を発生されない
>となれば、ほとんど安全にいられることは当然である。
全く無関係の人間を殺す通り魔的犯行という物がある。
そのような犯行の存在を認識できていないあなたは、
やはり脳自体が人間並みでないということが立証された。
あなたはやはりあなたはなどと言っている時点で人並みの語学力を有していない事は自明だが。

>まあこれが理解できなければ、やはりあなたは脳自体が人間並みでないということが立証されることになりますね。
この38の論法から、自分の破綻した理論に同意すれば人間並とし、同意しない者は人間並でないとし、一切反論に耳を貸さない人物であるという事が立証された。
38には人並みの議論能力というものが決定的に欠如しており他者の言う事に一切耳を貸さない、まさに人間並の能力を持ち得ない人物であることが立証された。

>愚直でない民衆は、私の独断でなく、客観的に考察した結果である。
客観的考察とはだれが行ったのであろうか。そう、当然38自身が考えた結果である。
あくまで38が「客観的考察」だと思っているに過ぎない。
38の考える客観的考察に元づいて38が判断したのである。
つまり判断課程に38以外の人物が一切入っていない。
38の判断には違いない。つまり38の主観である。

>(というかこちらの論理は非常に客観性を保有しているのだから当然なのだが)
ここでも38は言葉の使い方を間違えている。
38の言う客観性とは、38が考える客観性、つまり38の主観であることは自明。
つまり38の破綻した論理は非常に38の主観から見た38の主観たる客観性を保有しているだけである。
万人から見た客観性を保有しているわけではない。

616 :考える名無しさん:01/12/23 15:11
そもそも、相手からの反論に「私のレスを読めば、私の主張が正しいのは明らか」なんて言ってる時点で、いただけないよな。
その主張が理解できないから、こうして反論してるのに・・・。
堂々巡りになってることに、>>38は気づかないのか?

617 :考える名無しさん:01/12/23 15:13
38の理論には大きな自己矛盾がある。

38は自身の理論を客観的だとした。
そして客観性とは愚直でない民衆の判断だとも。
民衆が愚直かどうかは客観性で判断する。
客観性=愚直でない民衆の判断
愚直かどうかの判断=客観性での判断
客観性での判断=愚直でない民衆の判断
つまり民衆が愚直かどうかは判断できないのである。
民衆が愚直かどうか判断する為の客観性は愚直でない民衆によって作られる。
つまりAはBによって作られ、BはAによって作られるのである。
AもBも存在し得ない。

618 :考える名無しさん:01/12/23 15:18
38は別スレでまた雑なこと云ってるし。
市場経済マンセー自由主義バカらしい。
「見えざる手」君なら「知識」君でもおかしかない。
計画経済破綻=構成的理念破綻=論理破綻ごちゃまぜ破綻バカ。
まあがんばってください。金太郎飴地獄が快感で楽しいんだろから。

619 :考える名無しさん:01/12/23 15:33
>>38
早く、上のヤツにレスをつけなよ。

620 :38:01/12/23 15:52
>全く無関係の人間を殺す通り魔的犯行という物がある。
極めて、その事例は低い。実際その例が非常に多いのなら、
人類は滅びてしまう。
個人の出来る範囲を各自でやれば、そのよう自体はさらに低くなる。
被害に陥っても当の本人には責任はほとんど無い。
よって自己の義務を忠実に行っている。
よってそんなことも理解できない、あなたはやはり脳自体が人間並みでないということが立証された。
あなたはやはりあなたはなどと言っている時点で人並みの語学力を有していない事は自明だが。
>38には人並みの議論能力というものが決定的に欠如しており
>他者の言う事に一切耳を貸さない、まさに人間並の能力を持ち得ない人物であることが立証された。
自分で論破されていると理解できない死刑擁護者は、
人並みの議論能力というものが決定的に欠如しており
他者の言う事に一切耳を貸さない、まさに人間並の能力を持ち得ない人物であることが立証された。

私の論理はまさに正真正銘の客観性を保有していることは自明である。
なぜなら私の独断で論理が構成されていることでないからである。

>613=602
>>443>>469
をよく読むこと。私の論理が客観性を極めて持っていることは自明。

621 :38:01/12/23 15:57
私のレスを読んだだけで、これらのことを理解できない者は、
日本語の読解力の欠如しているか、
真性馬鹿であることの証明になる。
615はその典型的なものであろう。

622 :考える名無しさん:01/12/23 16:03
もう飽きた

623 :612:01/12/23 16:12
>>38
もう一回読んできた。
でも疑問は払拭できない。

「衆愚状態でない=客観的=民衆へのサド感情が混入しない=死刑は否が当然」がお前の論理なんだろ?
この論理を満たすためには、いくつか不可能に近い条件が残っているぞ。

1.衆愚状態=客観的というからには、何を以て「衆愚状態」「客観的」というのか?この2つを=で結ぶ決定的な媒介は何か?
2.そもそも「サド感情」とは何か?
3.逆に「死刑は是」と考えることが、なぜ「サド感情の混入」となるのか?
4.お前の論理が客観的と言えるその理由は?

この問いに、みんなが納得するように答えられるのか?

624 :38:01/12/23 16:20
>1.衆愚状態=客観的というからには、何を以て「衆愚状態」「客観的」というのか?この2つを=で結ぶ決定的な媒介は何か?
当然、まともな判断が出来る状態、
例えば、サド感情のような人権無視した必要以上の私情が、
入っていない状態が上げられる。
もしこれが客観的でないのなら何故客観的でない根拠を述べよ。
>2.そもそも「サド感情」とは何か?
ひらたくいえば、人を過剰に貶める感情、
特にそれは人権を無視した感情となる。

>3.逆に「死刑は是」と考えることが、なぜ「サド感情の混入」となるのか?
死刑擁護者は他に死刑を是とする根拠が無い。
死刑擁護者が主張している表向きの根拠は
私の諸レスで論破されている。
>4.お前の論理が客観的と言えるその理由は?
以上のことから。

625 :623:01/12/23 16:40
・・・いいか。1つずつ添削するからな。

1.では、「まともな判断」とはなにか?(サド感情自体は主観的な思想だから、客観論とは言えないわな。)
2.「人を過剰に貶める感情」とお前は言うが、何を基準にして「過剰」と言えるのか?
3.それじゃ回答にならないだろう。死刑=人権無視というのは、あくまでお前の主観論なんだから。みんなが分かるように回答してくれ。
4.省略。

626 :38:01/12/23 16:48
>1、「まともな判断」とはなにか?
もう一度、>>624を読め。まずは私情を入れないことである。
(あと、演繹的に物事を考えないこと等が挙げられる。)


>2.「人を過剰に貶める感情」とお前は言うが、何を基準にして「過剰」と言えるのか?
人間のことだからどうしても私情を完全に消去できないが、
それを極力排除してあからさまに私情を介入していない程度である。
>3
もう一度、>>624を読め。そもそも根拠なく死刑を認めるのを指示するのか?

627 :623:01/12/23 17:08
>>38 怒ってるのか?冷静に冷静に。理由があって、順番通りには添削しないぞ。

2.「あからさま」じゃ駄目なんだよ。お前にとっての「あからさま」だろう?普遍的な定義を以て、回答しないと。
1.「サド感情のような人権無視した必要以上の私情が入ってない状態」って言いたいんだろ?
 でも、2.で俺が言ったように「サド感情」について普遍的な定義付けが出来てないだろう?「必要以上」って、どこからどこまでが「必要」なのかの明確な定義付けも不明瞭だろう?
 それじゃ回答になってないよ。
3.お前の言う根拠とは何だ?客観的な根拠じゃないだろう?訊くぞ。なぜ「死刑は是=サド感情の混入」なんだ?

628 :38:01/12/23 17:18
>2「あからさま」じゃ駄目なんだよ。お前にとっての「あからさま」だろう?普遍的な定義を以て、回答しないと。
辞書で調べてくることをお勧めします。
あからさまというのは客観性を持ったものです。
それをまず理解すべきです。まず辞書を調べてから反論を。

>「必要以上」って、どこからどこまでが「必要」なのかの明確な定義付けも不明瞭だろう?
 >それじゃ回答になってないよ。
充分解答になっている、必要か否かはさまざまな事例でTPOに応じて
変わってくる。それが客観性を持つ所以である。
だから抽象的な表現で定義すべきなのである。
サド感情のほうは>>624で充分述べられておりさらに説明する必要なし。

>3.お前の言う根拠とは何だ?客観的な根拠じゃないだろう?
死刑は必要ではない。なぜなら>>624で述べているように
死刑擁護者は何も根拠を持ち合わせていない。
>>626での問いかけに無視して質問することは痛いところを
つかれたのか?

629 :考える名無しさん:01/12/23 17:43
623さん頑張るなぁ。
38よ、623は38の言ってることを理解しようと努力してるんだろ。
喧嘩腰にならず答えてやれよ。

まぁ、38が言ってる事は、
「死刑が悪いのは当たり前。それを論理的に証明する必要はない」
「世界が存在するのは当たり前。だから客観的にみて世界は存在する」
って言ってるようなもんなんだけどな。
哲学板の人ならこの意味わかるよな?

630 :38:01/12/23 17:49
>「死刑が悪いのは当たり前。それを論理的に証明する必要はない」
このように死刑擁護者が私のレス全部読んでない証拠となる。
論理的に死刑の必要のなさを指摘してきたことを、
レス全部読んだ人は理解できて当然である。
そもそも演繹的に私の論理は構成されていないのは自明。
>>626で演繹法を否定していることからそれが十分いえる。

631 :627:01/12/23 17:49
悪いな。ちょっと腹痛くなってきたよ。

2.「あからさまとは客観性を持ったもの」か。
 でもな、これじゃさっきの質問に戻るだろう?
「サド感情って何?」って訊いて「過剰に貶める感情」と答える。
 「何を基準にした過剰?」って訊いて、「あからさまに私情を介入してない程度」と答える。
 「あからさまってお前の主観だろう?」と訊いて「あからさまとは客観性を持ったもの」と答える。
 これじゃ、「あからさま」の辞書的な定義付けは出来ても、お前の言う「あからさま」がどうして主観論でないかの証明になってないじゃないか?
1.「様々な事例・TPOに応じて変わってくる。抽象的な定義付けをすべき。だから客観的。」って言われてもなぁ・・・。
 それじゃお前にとっての「サド感情」「人権無視」ってのは非常に不明確な定義にしかならないじゃないか?普遍的な回答をば。
3.痛いところか・・・。でもお前の指示する・・じゃなかった支持する理由は主観論なんだろ?
 その主観論を用いて「論破」って言われてもなぁ・・・。普遍的な定義なしだろ?困ったなぁ・・。それじゃ議論にならないだろう?
 「お前の意見は主観論だろう?」ってみんなが反論しても「過去ログを見れば明らか」「私の主張が客観的なのは自明の理」とかそれだけだろう・・?
 あとな、死刑が是でも否でも俺には大して関係ないんだよ。

632 :人物批評:01/12/23 17:52
623の主張は38の言ってることは主観、
なぜなら私がそう判断しているからである。
「死刑が悪いのは当たり前。それを論理的に証明する必要はない」
と629が考えるのは、「「死刑が悪いのは当たり前。それを論理的に証明する必要はない」」ことは当たり前、
それを論理的に証明する必要はない」と考えるからである。

633 :627:01/12/23 17:52
ゴメン、本当に調子悪くなってきた。
>>38へ また後から回答するからな。つきあってくれてありがとな。

634 :考える名無しさん:01/12/23 17:58
>>632
お前も随分的外れなこと言ってるな。

635 :38:01/12/23 17:59
 >これじゃ、「あからさま」の辞書的な定義付けは出来ても、お前の言う「あからさま」がどうして主観論でないかの証明になってないじゃないか?
そう考えること自体が、あなたの主観である。
辞書的な定義で客観性をこの場合持っているのだがな。
まあ、あなたはこちらがなにを言っても主観だとあなたの主観に
よって言い張ることは理解できました。
 >それじゃお前にとっての「サド感情」「人権無視」ってのは非常に不明確な定義にしかならないじゃないか?普遍的な回答をば。
さまざまな事例に客観的に対処できるために極めて明確な普遍的な
回答になるのだろう。そのところを理解しなければなりません。
>支持する理由は主観論なんだろ?
>その主観論を用いて「論破」って言われてもなぁ・・・。普遍的な定義なしだろ?困ったなぁ・・。それじゃ議論にならないだろう?
全然主観論じゃないよ。死刑は必要でないことが立証されている
(つまり死刑を擁護する根拠が無い)
ことで極めて客観的な論理になっているのではないか?
そもそも私の主張を根拠なく否定しているだけじゃ、
議論どころか単なるあなたの馬鹿さ加減を露呈しているだけになっている。
実際過去ログを見れば明らかなのは私の主張が客観的なのは自明なんだし。
まあ、頭を冷やして具体的に私の論理に反論できるようになってきてくれ。

636 :私も人物批評:01/12/23 18:06
言ってる事はよく分かりませんが、38さんは客観主義者かとオモワレ
でも客観なんてのホントに存在するのかな。

637 :考える名無しさん:01/12/23 18:48
>38
どうでもいいがな、前にお前、他人の反論に対して具体的な反論をせずに「オウム返し」をやって、真性厨房ぶりを存分にアピールしただろ(藁
あのことはどう思ってるんだよ?厨房君?(藁藁

638 :考える名無しさん:01/12/23 20:01
お、、38復活してるね。一時来なかったからこのスレも見てなかったんだけど・・。
なんか暴力性が増してないか?文章に。

639 :考える名無しさん:01/12/23 20:05
>>638
しょうがないと思われ。
ヤツは、自分の思想を認めない人間に対して、厨房丸出しの発言しかできないクズなんだから。(ゲラゲラ
>>38のようなクズは、みんなに相手してももらえるだけでも有り難いと思うべきだな。

640 :お前死刑な!:01/12/23 22:49
ふぅ、二日かけてこのスレ読んだよ。
結論!!38=死刑!  終了

641 :考える名無しさん:01/12/24 00:43
こんなクソスレに2日も費やすお前こそ逝ってよし。

642 :考える名無しさん:01/12/24 02:13
死刑は反対だけど、どうしても死刑が執行されるのであれば、
首吊り、電気椅子ではなく、餓死刑にすべきだと思う。

643 :Iridium:01/12/24 02:32
個人的には流刑にしてほしい。
新しい世界にいけばやりなおせるかもしれないもの。
でも流刑地にできるような場所って世界に残ってないか。
かつてはイギリスにとってオーストラリアがそうだった。
あそこならそんなに悪くなかったんだけどな…。

644 :考える名無しさん:01/12/24 03:08
>>611=38
>>なんでお前にだけ危なくないとわかるのかを書け。小一時間で書け。
>礼を接して人に恨みをもたれず犯罪を起させるような感情を発生されない
>となれば、ほとんど安全にいられることは当然である。
メガデラックスウルトラスーパー℃アフォかお前は。文字が読めんのか?
何故お前にだけ危ない、危なくないの区別がつくのかを書けといってるん
だろうが。ほらほら、書かないと相手してやんねーぞ。

>つまり一切接触しないという行動をとるあなたは人権を無視して犯罪を
>発生させるのでもっとも責任が存在するのはあなたであることは自明。
自分に責任があることがばれたからといって、その責任を他人に転嫁しよ
うとしているお前はこの上なく見苦しい卑怯者であるのは明白。
恥の上塗りってやつネ!(はぁと

645 :考える名無しさん:01/12/24 03:30
思想には2つの潮流があるという。
命より大切なものがある。
命より大切なものはない。
人間は戦争を始める時に前者を理由にし、
人間は戦争を止める時に後者を理由にする。

646 :631:01/12/24 11:40
>>38 このレスで終わるわ。頼むから気づいてくれよ。

2.何回も同じ事を言わせるなよ・・・。「あからさま」の辞書的な定義付けは分かってるよ。
 でもお前の言ってる「あからさま」なんだろ?「過剰って何?」て訊いて「あからさまな私情が介入してない程度」って答えたんだろ?
 その私情はどこからどこまでが、あからさまorあからさまじゃないんだよ?絶対的な定義があるのか?みんなが納得する範囲なのか?違うだろう?
 お前の言う「過剰」の説明ってその程度だろ?

1.「死刑は是=サド感情の発露」というのはお前の思想だろ?主観論に過ぎないだろう?客観性を伴ってないだろ?
 現にここにいる反論者を、誰一人として納得させてないだろ?お前が勝手に「論破」って言ってるだけだろ?
 そんなお前が、「お前の言う必要の基準って曖昧だろ?」って訊かれて「様々な事例に対応できる客観性を持ち合わせている」って言われてもな。
 訊くぞ。なぜ「死刑は否=客観的(まともな判断)」なんだ?答えられないだろ?

3.証明されてるって・・・。何度も言うようだけどな、ここにいるヤツは、誰もお前の証明に納得してないぞ。誰が納得してるよ?困ったちゃんだな、おい。
 なぜだか分かるか?「自分の意見は客観性を持っている」という事をお前が勝手に、「前提条件」にしているからなんだよ。
 「死刑は否=サド的=人権無視=衆愚状態=真性馬鹿」。これ全部お前の思想だろ?
 この思想を絶対不変の、必要十分条件として、理論を展開してるんだろ?そりゃ納得できないわけだよ。
 法的にも道徳的にも様々な思想の違いがあるわけだろ?突き詰めれば「何が正しくて何が間違ってる?」ってところまで来ちゃうだろ?
 それをお前は全然理解してないんだよ。そりゃ意見も噛み合わないわな。
 もう少し出来るヤツかと思ったんだけどな。

あとな、反論してきた人達に対して、「真性馬鹿」だの「知能が低い」だのと一蹴するヤツが、どうして「死刑は否」だの「人権無視」だの語ることが出来るんだよ?
少しは考えろよ。冷静に考えれば分かるだろ?

 

647 :631:01/12/24 11:46
悪い。3.のレスの「」内の「死刑は否」ってのを「死刑は是」に直してくれ。
あ〜、かっこわる。

648 :考える名無しさん:01/12/24 11:58
死刑賛成、特に外国人は即死刑。

649 :38の答えを予測:01/12/24 12:07
>その私情はどこからどこまでが、あからさまorあからさまじゃないんだよ?絶対的な定義があるのか?みんなが納得する範囲なのか?違うだろう?
TPOに合わせて客観的な答えを出せば、どこまでが許されてどこまでが許されないかは自明である。

>なぜ「死刑は否=客観的(まともな判断)」なんだ?答えられないだろ?
客観的に見れば死刑は許されざる刑であることは自明である。
それがわからないのは、あなたが客観性を持ちえていないからだ。

このように631の書きこみはなんの信憑性も無い、無意味な物であることが立証された。
客観性も持ちえない人物の書きこみは返答するに値しない。
私の理論に客観性があることは、今までの書きこみで自明である。
客観性を持っていれば私の書きこみ位理解できそうな物だが。
私の書きこみが理解できないという事は、客観性を持っていないという事か。

このように、死刑制度賛成派はサド感情に支配されて客観的に物事を見ることすらできなくなっていることが立証された。

650 :631:01/12/24 12:15
>>649 あんたやるね。

651 :38の答えを予測:01/12/24 12:19
>>650
ゴメンね。悪気はないから。

652 :631:01/12/24 12:21
>>651 分かってるよ。面白かった。

653 :考える名無しさん:01/12/24 12:55
ところで今日はクリスマスイブだよね

654 :考える名無しさん:01/12/24 13:33
>>653 そうだね
どうでもいいけど、38はまた「私の主張が客観性を持っているのは明白」とか言ってくるんだろうね。
同じ事ばっかり。しかもアホだし。
ほんと低性能な「論理学練習マシーン」だよ。

655 :考える名無しさん:01/12/24 13:53
死刑賛成派は阿呆ばかりですね。

656 :考える名無しさん:01/12/24 14:21
>>655 お、38か(藁

657 :考える名無しさん:01/12/24 14:59
(藁 とかまだ使ってるなんて恥ずかしい人ですね

658 :1の彼女:01/12/24 15:02
死刑反対論者は単なる感情論で他人を攻撃するな。
冷静になれ。
基地外の叫ぶ死刑反対論が基地外を暴れさしている。
基地外に大切な身内の命を奪われたものとして言おう。
故意に人を殺す基地外に生きる資格は無い。

659 :考える名無しさん:01/12/24 15:05
>>38さんへ
もう死んで下さい
いやむしろ死ね

660 :考える名無しさん:01/12/24 15:06
きちがいだって好きでそうなったわけじゃないじゃないですか。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/24 15:08
山一證券の破産管財人で、奥さん殺されて
犯罪被害者の会を作った岡村弁護士も元は基地外擁護派。

覚せい剤やってて日航機を墜落させた片桐機長を
不起訴にしたのは、若き日の岡村勲弁護士です。
奥さん殺されてから、厳罰化主義者に大変身しました。
口先だけの人権屋なんて所詮そんなもの。
詐欺師。

662 :考える名無しさん:01/12/24 15:08
基地外ってなんですか

663 :考える名無しさん:01/12/24 15:09
>>660 どっちを批判してるのかいまいち微妙。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/24 15:12
>>きちがいだって好きでそうなったわけじゃないじゃないですか

でたね。
論点すり替えのぷろ。
人権屋の常套手段。

殺された方だって好きで殺されたわけじゃない。

665 :考える名無しさん:01/12/24 15:12
人殺したら殺されるのはあたりまえ

666 :考える名無しさん:01/12/24 15:14
ていうか、>>38はどこいった?

667 :考える名無しさん:01/12/24 15:15
>664
基地外の人は自分が何ヤッテルかわからないんですよ。
そんな人を死刑にできるわけないじゃないですか

668 :考える名無しさん:01/12/24 15:15
>664
基地外の人は自分が何ヤッテルかわからないんですよ。
そんな人を死刑にできるわけないじゃないですか

669 :考える名無しさん:01/12/24 15:19
>>668
きちがいといっても、多種多様。
一くくりにして論じるのはやめないか?

670 :A.S.A.P:01/12/24 15:19
>>38
とりあえず氏ね

671 :668:01/12/24 15:22
>669
わかりました やめることにします。

672 :668:01/12/24 15:24
>670
あなた何を言ってるんですか
とりあえず死ぬことなどできるわけないよ。
死んだらそれまでですよ。変な人ですね

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/24 15:25
この38ってのは、典型的な人権キティだな。
数年前に「仙台1億円裁判を考えるシンポジウム」てのがあった。
通り魔殺人の遺族が犯人の親に民事訴訟で1億円の民事訴訟を起こした事について
討論をする内容だった。
パネリストは、人権屋の大学狂呪やアホ弁。
「遺族は加害者の親の気持ちがわからないのか!」とか
「不起訴なんだから、公開の法廷で(犯人の)名前を公開するな!」とか
「被害者は死んで終わりだけど、(犯人は)まだ生きているのです!」とか
アホ丸出し。
人権屋を相手にすると大変だぞ。
人権屋の耳に念仏。

674 :考える名無しさん:01/12/24 15:26
>>672
句読点はしっかりと。
>>38と思われてもしかたないよ。
あと、揚げ足をとるのはやめようね。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/24 15:27
>>基地外の人は自分が何ヤッテルかわからないんですよ。
>>そんな人を死刑にできるわけないじゃないですか

何を根拠に?
俺は、人を故意に殺す馬鹿を基地外と書いたつもりだが。

676 :668:01/12/24 15:27
人権屋とは人権を売る人のことです
なので 人権屋は死刑に賛成する人になります。勉強がたりませんね

677 :考える名無しさん:01/12/24 15:31
>>676
言ったでしょう。句読点はしっかりと。
で、結局何が言いたいの?

678 :668:01/12/24 15:31
>675
きちがいの人は故意に殺してるとは思ってないのです。
包丁で料理してるとおもっているにちがいないんですよ。

679 :668:01/12/24 15:33
>677
ぼくですか・? ぼくは死刑はよくないことだと思います。

680 :考える名無しさん:01/12/24 15:35
>>678
だからね、675の言ってる「きちがい」というのは「有責性」に該当する人のことを言ってるんだよ。
心神喪失者を指してる訳じゃないんだ。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/24 15:38
>>人権屋とは人権を売る人のことです
>>なので 人権屋は死刑に賛成する人になります。勉強がたりませんね

大変だなこりゃ。
そうとう逝ッとるな。
句読点もおかしいけど、頭の中の血管に欠陥があるな。
君は直ぐに脳神経外科でMRIを撮ってもらった方がいい。
恐らく、頭の中で大変なことが起こってるぞ。

皆良く相手してたね。
でもね、犯罪に巻き込まれた遺族として多くのヴォケと面と向かって話してきたけど
こんなのばっかり。
最も遺族を傷つけるのが人権屋。
迷痔大学の菊タコ一が本村君にTVでボロカスに罵ったのは有名な話。
人権屋こそ、人の人権を踏みにじるA級戦犯なみの犯罪者。
死刑反対を語る偽善者は珍゙権屋。
我々、死刑賛成派は人権派。

682 :考える名無しさん:01/12/24 15:38
>>678
あとね、いくら故意に文体を変えようとしても駄目だよ。

683 :668:01/12/24 15:38
>680
そういうことだったんですか。しりませんでした。

684 :668:01/12/24 15:39
>680
そういうことだったんですか。しりませんでした。

685 :668:01/12/24 15:43
>681
珍にテンテンはなんと読むの?

686 :親切な人:01/12/24 15:44

ヤフーオークションで、幻の人気商品、発見!!!

今は無き「コピーガードキャンセラー」↓
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c14780984

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

687 :668:01/12/24 15:44
>681
珍にテンテンはなんと読むの?

688 :675:01/12/24 15:45
>>675の言ってる「きちがい」というのは「有責性」に該当する人

少し言葉が足りなかったな。
基地外の定義。
@故意に人を殺した。
A被害者は殺されることに善意無過失。
例としては、宅間、要するに通り魔的殺人犯のこと。

689 :考える名無しさん:01/12/24 15:46
>>685
君もおかしな人だね。
「珍にテンテンはなんて読むの?」なんて変な質問しておきながら、「有責性」の意味をすぐに理解したんだから。

690 :考える名無しさん:01/12/24 15:51
>>珍にテンテンはなんと読むの?

お前やっぱりキティやろ。
もう直ぐバスジャックでもするんとちゃうか?
理論に行き詰まったら直ぐにすり替えようとしてるのぉ。
レヴェルの低さ丸出しやぞ。
法論展開してつもりやろけど、単なる支離滅裂な書きなぶりにしかなってへんぞ。
語学能力以前に知能が低すぎるのう。

691 :38:01/12/24 15:53
>メガデラックスウルトラスーパー℃アフォかお前は。文字が読めんのか?
>何故お前にだけ危ない、危なくないの区別がつくのかを書けといってるん
>だろうが。ほらほら、書かないと相手してやんねーぞ。
礼をもって接すれば恨みを持たれず、犯罪を起させないようになり、
つまり身は安全でいられることは当然である。
つまり一切接触しないという行動をとって、恨みを持たれるあなたは、
身は完全に危険なところに置かれることは容易に考えられる。
そのことを理解できないあなたはやはり脳自体が人間並みでないということが立証された。


>自分に責任があることがばれたからといって、その責任を他人に転嫁しよ
>うとしているお前はこの上なく見苦しい卑怯者であるのは明白。
こちはら礼をもって接して恨みをもたさず、犯罪を起させないようになり、
誰も犯罪に巻き込まれることは限りなく少なくなることによって。
社会に私は貢献していることは自明。
あなたを一切接触しないと言う行動を取る犯罪を生み出す根源として犯罪として法によって刑罰を課せるように
明確に法を整備すべきである。あなたは犯罪者でもあることになる。
やはりあなたは責任を無理に根拠なく恥知らずにも責任を押し付けている時点で
やはりあなたは脳自体が人間並みでないということが立証された。

692 :690他:01/12/24 15:57
>>685

あほが立証されたところで、これ以上無駄やからバイバイ。

あほや、あほや、と書きなぶってたら
そのうち誰も相手してくれへんぞ。
お前はアホやから人の文章見ても気付けへんやろ。
他人は気付いてるぞ。
また、ヴォケが来た。って。
バスや学校襲撃するんやったら、罪の無い人は止めといたれ。
政治家か官僚をやれ。
そのときは、嘆願書かいたるわ。

693 :考える名無しさん:01/12/24 15:58
>>691
他人に対し「脳自体人間並でない」と言うことが礼を持ったせっしかたなのでしょうか?
既に私はあなたに恨みを抱いています。
その意味であなたは安全ではありませんね。
一切このスレに顔も出さず接触しなければあなたの存在すら知らないまま過ごせたのに。
あなたは私に恨みを抱かせた時点で、犯罪者ですね。

694 :考える名無しさん:01/12/24 16:05
あれ?668はどこいった?
38が現れたのと同時に消えたな?

695 :38:01/12/24 16:05

>2.何回も同じ事を言わせるなよ・・・。「あからさま」の辞書的な定義付けは分かってるよ。
> でもお前の言ってる「あからさま」なんだろ?「過剰って何?」て訊いて「あからさまな私情が介入してない程度」って答えたんだろ?
> その私情はどこからどこまでが、あからさまorあからさまじゃないんだよ?絶対的な定義があるのか?みんなが納得する範囲なのか?違うだろう?
> お前の言う「過剰」の説明ってその程度だろ?
だから何度も言っているように、事例が様々にあるのだからそれが客観的な基準となるんだよ。
あなたのおそらく考えているような「絶対的基準」は、
もはや汎用性を失っており客観性を持ち得ない。
そもそもあなたにその絶対的基準を考えており、それが私の提示した基準を否定するのなら
具体的にそのことを述べること、否定できないのなら私の基準が
客観性を持っていることの証明になるなぜなら否定できないのだから。
>訊くぞ。なぜ「死刑は否=客観的(まともな判断)」なんだ?答えられないだろ?
何度も答えているだろう。死刑擁護者の出している死刑を支持する
根拠が無いだから客観的に見て死刑は支持すべきでないと結論が出る。
そもそも死刑を擁護する根拠が論破されている以上、
死刑は否であることが客観的に認められることになる。
それが認められないのなら死刑を擁護する根拠があるのだから。
 >「死刑は否=サド的=人権無視=衆愚状態=真性馬鹿」。これ全部お前の思想だろ?
それは私のすべてのレスによって論証されている、
否定するのなら死刑を是とする根拠を述べるのですね。
このようなことを理解できないあなたは他の死刑擁護者と同様真性馬鹿とか
言われても致し方ないのですよ。
他に死刑擁護者にもまともな論客がいて以前は少しは、死刑擁護者も見直したのですが。
あなたのような議論というものをわきまえない人がいると
死刑擁護者にとっても迷惑になりますよ。

696 :668:01/12/24 16:07
>690
「のう」なんて言うのとお爺さんみたいですね。あなたは何歳ですか。

697 :考える名無しさん:01/12/24 16:11
>>696
さっきも言ったでしょ?
揚げ足とりはしない。38みたいな人になりたくないでしょ?

698 :668:01/12/24 16:14
>697
先生みたいな方ですね。でもぼくは38とは違う者です。

699 :考える名無しさん:01/12/24 16:16
>>696
あ、忘れてた。
句読点は出来たみたいだね。えらいえらい。
でもちょっと文章がおかしいかな?
38みたいにならないように気をつけようね。

700 :考える名無しさん:01/12/24 16:18
>>698
そう・・・。疑ってるわけじゃないよ。
でも38みたいな人をどう思う?

701 :668:01/12/24 16:19
>699
もしかして女の人ですか。すこしやさしい感じがしますね。

702 :考える名無しさん:01/12/24 16:21
>>701 ご想像にまかせるよ。

703 :668:01/12/24 16:25
>700
38さんは頭がいい人だと思います。でも文が長いので、読んでもよくわからなかったです。

704 :考える名無しさん:01/12/24 16:31
>>703
そうか・・・。今はそれで良いよ・・・。
でもね、「人権」だの「死刑は悪」だの言う人が、あんな暴言を吐くなんて許されることだと思う?議論の場に立つ資格があると思う?
君が大人になったら、分かるかな?本質を見抜ける大人になって欲しいな。
ずいぶんお喋りをしちゃったね。
それじゃ、よいクリスマスイブを★
じゃあね。

705 :668:01/12/24 16:46
?

706 :668:01/12/24 16:48
いってらっしゃい  

707 :考える名無しさん:01/12/24 16:55
このての話は終わらねーな。
ま、どっちにしても38は死刑だけど。

708 :考える名無しさん:01/12/24 21:19
668はネタ臭い。38は真性。

709 :考える名無しさん:01/12/25 00:38
ここまで来て、未だ38にこだわっているアホさん。
年内に入院してね。病院は分かっているね。

710 :考える名無しさん:01/12/25 00:48
死刑大賛成でーす。

711 :考える名無しさん:01/12/25 01:12
死刑大反対でーす。

712 :考える名無しさん:01/12/25 01:41
>>709
38はずっといるみたいなんだけど何か?
スレもまともに読まずレスしてる709さん
年内に逝ってくださいね。逝く所は分かっているね。(はぁと

713 :考える名無しさん:01/12/25 02:07
>>691=38
>礼をもって接すれば恨みを持たれず、犯罪を起させないようになり、
>つまり身は安全でいられることは当然である。
>つまり一切接触しないという行動をとって、恨みを持たれるあなたは、
>身は完全に危険なところに置かれることは容易に考えられる。
またもや答えになっていない。文字を読む能力が失われるほど錯乱している
のか?早く治療しないと手遅れになるぞ。(なんて親切な俺!はぁと)

>こちはら礼をもって接して恨みをもたさず、犯罪を起させないようになり、
>誰も犯罪に巻き込まれることは限りなく少なくなることによって。
>社会に私は貢献していることは自明。
壊れたレコードのように同じ文言を繰り返すだけで、しかも句読点の使い方
もおかしくなってきている。やはり、精神的な病いが進行している証拠か?
いずれにしても、もう相手してやんない!(ぷいっ

714 :コミュニケーション論の基礎:01/12/25 10:22
「発信者」と「受信者」との間に、コトバを媒介とするコミュニケーションが成立するには、
いくつかの段階があります。大雑把に挙げると、

 (1) 発信者が、自分の伝えたい事柄を、正しいコトバに変換(作文)する。(「記号化」)

 (2) 発信者が、記号化されたコトバを、受信者に正しく伝える。(「伝達」)

 (3) 受信者が、受け取ったコトバを、正しく変換(読解)する。(「復号化」)

本スレッドの38は、このうち(1)と(3)の能力について、重要な障害を持っております。
(38の「伝えたい事柄」そのものが狂っているか否かは、外部からは判断できません)

故に、38の伝えたい事柄は、正しい日本語としてカキコまれることは有り得ません。
また、他人のカキコを38が正しく読解する、ということも、絶望的なのです。

38の有する障害が(1)についてのみであれば、他人からの指摘を受けて自覚する可能性も
無しとはしません。この場合、家族の愛に満ちた自宅療養にて完癒する可能性があります。

しかし38は、(1)と(3)との二重苦を背負っておりますので、他人からの指摘を理解することさえ
できないのです。

我々としても、彼の闘病をあたたかく見守りつつ、38に対しては「復号化」しやすい「コトバ」を
根気強く与え続け、リハビリに協力していこうではありませんか。

715 :人殺しスレ651:01/12/25 14:37
>>714
んな義理はねぇ。

が、荒れるのも気分悪い。

716 :考える名無しさん:01/12/25 15:13
38ちゃん。ママがないているとでちゅよ。

717 :考える名無しさん:01/12/25 15:56
そうか・・クリスマスだから来ない気だな?見栄っ張りは嫌いです

718 :考える名無しさん:01/12/25 16:12
憲法36条は公務員による残虐な刑罰を禁じていますが、
死刑は残虐な刑罰にはあたらないのでしょうか?
ちなみに判例はあたらないとしていますが。
 自分としてはこの解釈はかなり無理があると思っていますが
(自衛隊は戦力にあたらないというのと同じくらいに)。
 「残虐」って、哲学的にはどう定義されますか?

719 :ミラクル☆ポンチ:01/12/25 16:23
俺は、無視かよ!
>>610
に、真剣な質問だから一言くれ。

720 :desyo?:01/12/25 16:43
他人の生命を尊重せずして故意にこれを侵害したものは、
その自己の所為につき、
自己の生命を失うべき刑罰に処せられる責任を負担するものといわざるを得ない。
死刑は憲法31条において是認することができるところであって、
いわゆる残虐な刑罰ではない。

721 :38:01/12/25 16:44
>またもや答えになっていない。文字を読む能力が失われるほど錯乱している
>のか?早く治療しないと手遅れになるぞ。(なんて親切な俺!はぁと)
それが答えになっている無いと言っている時点で、
あなたは日本語が全く理解できないチョンであることと
あなたはやはり脳自体が人間並みでないということが立証された。

>壊れたレコードのように同じ文言を繰り返すだけで、しかも句読点の使い方
>もおかしくなってきている。やはり、精神的な病いが進行している証拠か?
>いずれにしても、もう相手してやんない!(ぷいっ
これも同様にあなたは日本語が全く理解できないチョンであることと
あなたはやはり脳自体が人間並みでないということが立証された。


>718
これは推測の域はでないのですが、
裁判所等の見解としては、
「苦痛を長く不必要に与えながら殺す」
というのを残虐の定義にしているのではないでしょうか?
現在行われている絞首刑ならその定義に当てはまらない
と見解を持っているのでしょう。
哲学的にといっても人権などの視点が必要ですし、
また「残虐でない刑」というものを出して、比較検討を
しなければならないとおもいますね。
っであなたの考察としては具体的にどういうものですか?

>610
>ものが起きた事象は確かに真理だけど、
>その奥にある、絶対真理として善悪があるかどうかは、掴めてないんじゃないのか。
>間が倫理を作ることに、生物的な一貫性があるとしたら、
>事象の事実だけが真理と一丸に言えるか。
そもそも自然界に善悪という概念が存在しない以上、
それ以上議論する余地は無いのではないでしょうか?
飽く迄も善悪とうものが持ち出される必要があるのは、
人間の生活していく上でのシステムを問題にしていく上で
避けて通れない観点だからではないですか?
言い換えれば、人間が便宜上つくりあげた概念では?

722 :考える名無しさん:01/12/25 16:47
おはよう38。
いつも人権とか何とかいってるくせにチョンは嫌いなのね。
チョンは差別を受けてもいいってか

723 :考える名無しさん:01/12/25 16:50
>>38
お前、煽り方下手だなぁ。
句読点・文法・漢字のミスはもちろん、本質に関わること以外で、突っ込まれてどうするんだよ?(苦笑

724 :ミラクル☆ポンチ:01/12/25 17:06
>>721

自然界に善悪が存在しないというのは、どうしてわかる?
人間が、その概念を善悪として言葉に表してるだけであって、
概念自体は、全生物とは言えないにしろ、その他哺乳類ぐらいにはあるんじゃないかな。

彼らが集団の規律を乱すものを追い払ったりする行動は、
人間と全く同じなんじゃないのかなってこと。

善悪を取り払い、絶対的な世界観だと思っている世界は、
実は人間が新たに作り出した(概念化した)もうひとつの世界・・・。。
う〜ん・・。

うわぁ、かなり観念論チックだなぁ。

725 :723:01/12/25 17:08
>>38
お前、本当に「死刑は非」って主張したいのか?
それともマジレスを返すみんなをただ煽ってるだけなのか?
723にも書いてるだろう?はっきり言って「中途半端」なんだよ。
どっちかはっきりしろよ。正しい正しくない以前に一貫性がないんだよ、お前の文章は。
だからみんなから馬鹿にされるんだよ。

726 :考える名無しさん :01/12/25 17:14
皆さん過去スレに戻りすぎです♪

727 :ミラクル☆ポンチ:01/12/25 17:22
>>38
そろそろ時間の無駄だと気づけ。
君の発言が正当だろうがなんだろうが、もはや聞く耳を持っている者はいない。

反応を楽しんでる奴はたくさんいるけどね!

728 :718:01/12/25 17:38
>>720
 なるほど、よく分かりました。憲法31条には手続のみでは
なく、実体法の法定、適正も要求されるとする見解ですね。だ
とすれば、憲法31条で死刑が適正である以上、36条の「残虐
な刑罰」にもあたらない、ということでしょうか。そして、死刑が
適正であることの理由として、簡略すると、人を殺したんだから
死を持って償うのが当然だ、ということですね。
>>721
 自分の残虐の定義としては、哲学をする人のようなしっかりとした
定義というのはまだできていません。ただ、イメージとして、「ひど
い・残酷な」というのだけあります。なんとなくの域をまだでないの
ですが、死刑は「ひどい・残酷な」刑罰であると自分的には思っています。
理由はいま模索中です。

 思うのですが、死刑肯定派の方々は応報感情を満足させることにその
主眼があるような気がします。ひどいことをしたんだからやられて当然だ
というようなです。この応報感情を満足させるということのために死刑
をおくというのであれば、多かれ少なかれ人が殺されれば殺した奴を殺して
やりたいと思う人がいるでしょうから、殺人罪の法定刑を現行法のように
幅を持たせたものではなく、すべて死刑にするのが論理的に一環するように
思うのですが、どうでしょうか?

729 :38:01/12/25 19:03
>ミラクル☆ポンチ
>人間が、その概念を善悪として言葉に表してるだけであって、
>概念自体は、全生物とは言えないにしろ、その他哺乳類ぐらいにはあるんじゃないかな。
では自然界に自立的に善悪というものが存在するのでしょうか?
>善悪を取り払い、絶対的な世界観だと思っている世界は、
>実は人間が新たに作り出した(概念化した)もうひとつの世界・・・。。
となれば、人間が意識の中で想像した世界も自然界に
存在するものとしてとらえると言うことですかな?


それはおいといて、725のような何が一貫した論理か理解できない
人間は死刑擁護者に多い。
私の論理は一貫していることは私のすべてのレスから自明なのに。

>死刑は「ひどい・残酷な」刑罰であると自分的には思っています。
>理由はいま模索中です。
あとは如何に具体化することなんですか。
まあよく御考察を。
>死刑肯定派の方々は応報感情を満足させることにその
>主眼があるような気がします。
死刑は是か否かを議論しようとは、
文面からはあなたは思ってないようですが。
そのようなサド感情が法に介入してくるのは、
法の精神から言って排除すべきことなんです。
法や政治の場に私情を持ち込む事が許されないのです。
私情を排除する理由として私物化を防ぐためなのです。
まずそのことを念頭に置いて御再考ください。
あなたの目的とは離れるでしょうが。

730 :考える名無しさん:01/12/25 19:49
>>38さんへ
>>722の質問にも答えろよこのカス!差別者!

731 :ミラクル☆ポンチ:01/12/25 21:25
>>38
そうではない。言い方が悪かった。
ようは、世界観のもうひとつの側面ってこと。
捉え方の問題で、結局人間の精神に留まっているんじゃないかってさ。

まあ、なんかバカっぽくなってきたからいいよ。
考え直す。

732 :考える名無しさん:01/12/26 09:07
それはおいといて、38のような何が一貫した論理か理解できない
人間は死刑反対派にも珍しい。
38の論理が一貫していないことは38のすべてのレスから自明なのに。

733 :考える名無しさん:01/12/26 09:11

死刑は是か否かを議論しようとは、
文面からは38は思ってないようですが。

死刑をサドと決めつける感情が法に介入してくるのは、
法の精神から言って排除すべきことなんです。

法や政治の場に38の私情を持ち込む事が許されないのです。
38による法の私物化を防ぐためなのです。

まずそのことを念頭に置いて御再考ください。
38の目的とは離れるでしょうが。

734 :38(予想):01/12/26 10:18
>>732-733

>38の論理が一貫していないことは38のすべてのレスから自明
私の論理は極めて一貫しています。
それは私の主張に対して、私を満足させる反論が返ってこないこと、稚拙な反論は、私によって完全に論破されていることから明らかです。
死刑擁護者は、まともな論理というものが何たるかさえ理解できない真性馬鹿であることがはっきりしましたね。

>死刑をサドと決めつける感情
>法や政治の場に38の私情を持ち込む事が許されないのです。
「死刑」が人権を無視した法定刑であることは明らかです。
したがって、「死刑=サド的」である事は、私情でもなんでもなく、十分すぎるほどの客観性を持ち合わせているのは自明です。
あなたが、「私情」の何たるかを理解できない愚か者であることがよく分かりました。

全く死刑擁護者の稚拙な反論には、ただただ呆れるばかりです。
まともな日本語を理解できないのでしょうか?

と、反論(言い訳)してくるに一票。
もうね、透けて見えるんだよね。38の反論内容は。
日本語狂ってるでしょ、内容が極薄でしょ、自説が絶対真理だと思ってるでしょ。
もう見てらんないよ。

735 :考える名無しさん:01/12/26 10:47
>38による法の私物化
ワラタ。

736 :考える名無しさん:01/12/26 11:27
みんな聞いてください!
みんなは38さんの事を馬鹿にしてるけど、違うんです!38さんは天才なんですよ!
なぜかって?気づかないのですか?38さんは私達に「討論必勝法」を教えてくれているんですよ!

【38さんの唱える討論必勝法】
1.まず主張を唱える。(ここでは「死刑は非」ですね。)
2.その主張が何故正しいかを理由付ける。(エゴ剥き出しでも全然OKです。)
3.基本的に反論には耳を塞ぐ。(大人になっていては議論には勝てません。)
4.反論する時は、自説が絶対に正しい事を前提にした上で進める。幾つか例を挙げましょう。

「どうして、死刑=サド感情?」→「死刑は私情の介入した客観性を欠いた刑罰だから。」
「何を衆愚状態と言うの?」→「死刑を是とするような風潮が現存する体制。」
「恨みを持たせた方が悪いってどういう事?」→「人に礼を尽くさない行為だから。これは死刑にも言える。」
いかがですか?特に、3番目の反論は興味深いですね。
あらゆる行為・発言が、人によって受け止め方が異なるのは明らかなのに、「恨みを持たせる側=悪」と断じ、論点をすり替える。
自説に絶対の信念を持っていなければ出来ない技です。是非、見習いましょう。
さ、もう少し続きますよ。

737 :考える名無しさん:01/12/26 11:51
5.自作自演をする。(四面楚歌状態を隠すことが出来ます。ネットならではですね。)
6.反論するときは適度に煽りを入れる。(タブーは破るためにあるものです。相手を怒らせる効果がありますが、もう一つ大切な要素があるのです。それは後ほど。)
7.本質をついた反論にはスルーorオウム返しor過去ログ。例を挙げますね。

「こんな差別的発言をしておいて、人権とはこれいかに?」→「・・・・・。」
「お前の論理は破綻してるんだよ。」→「死刑擁護者の論理は破綻してるんだよ。」
「結局あなたの主張は主観論では?」→「過去ログを見れば客観的な主張であるのは明らか。私の主張は正しい。」

いかがですか?3番目の反論は興味深いですね。
あらゆる思想・理念・主張。これらはすべて「主観的」なものです。
それなのに「客観的」などとうそぶき、あまつさえ「過去ログ」に逃げる始末。是非是非見習いましょう。

8.文章全体をやや電波っぽくしておく。(句読点、てにをは、漢字等々。反論の隙を与えるのです。反論者が気を取られてくれて、本質を見失ってくれればしめたもの。煽りを入れるのはこういう理由からです。)
9.堂々巡りは大歓迎。(特に自分の説に自信がないときは最強です。いつまでたっても、一定の結論にたどり着かないのですから。進んでこうなるようにし向けましょう。)

いかがですか?38さんは天才です。だからみんなは38さんの事を、「馬鹿」「アホ」「氏ね」「クズ」「ゴミ虫」「小学生」「厨房」「ヒッキー」「低脳」「社会不適応者」などと低レベルな言葉で煽ってはいけないのです。
わかりましたか?

738 :38:01/12/26 12:16
>730
別に、私個人の定義としてはチョンには差別的な意味合いを持って使っては無いのですがね。
誤解を与えたのならすみませんが。

>ミラクル☆ポンチ

>捉え方の問題で、結局人間の精神に留まっているんじゃないかってさ。
ということは善悪自体の概念はやはり人間による便宜上に作り出したもの
という範囲を超えないのでは?



ということで、まだ論破されていることを自覚できない死刑擁護者がいるようなので、
説明しておこう。
>したがって、「死刑=サド的」である事は、私情でもなんでもなく、
私情である。私が私情で無いといったレスがあるのなら。そのレスの証拠を提示せよ。

死刑擁護者は日本語がまずよく理解できないようだと考えられる。

>あらゆる行為・発言が、人によって受け止め方が異なるのは明らかなのに、「恨みを持たせる側=悪」と断じ、論点をすり替える。
客観的に論証した結果であるのに、それを否定する根拠も提示せず反論する(実際には反論すらなってないが)
のは死刑は是という絶対的な真理を前提に論理を構築している
死刑擁護者のなせる技。(バレバレだけど)

まずその他の同じような部分を抜きだしてみよう。
>「どうして、死刑=サド感情?」→「死刑は私情の介入した客観性を欠いた刑罰だから。」
>「何を衆愚状態と言うの?」→「死刑を是とするような風潮が現存する体制。」
これらを否定する根拠を死刑擁護者は誰一人出していない。
こちらはすべてのレスに返答しているのに、都合の悪い痛いところをつかれた死刑擁護者は
沈黙を続けている。


>「結局あなたの主張は主観論では?」→「過去ログを見れば客観的な主張であるのは明らか。私の主張は正しい。」
その主観論だとする指摘を根拠を持ってしようとしない。
この時点で私の論理は客観性を保持していることになる。
そのようなことは過去ログをみれば自明。
そう反論する前に私の論理を具体的に否定する根拠を提示すべきである。
過去ログを見もせず死刑擁護者は「こちらは論破されていない」という真理でもって
言い張って敗走している。
全くを持って滑稽である。

739 :考える名無しさん:01/12/26 12:47
>>721(=38)
>あなたは日本語が全く理解できないチョンであることと
>あなたはやはり脳自体が人間並みでないということが立証された。

>>772
>いつも人権とか何とかいってるくせにチョンは嫌いなのね。
>チョンは差別を受けてもいいってか

>>738(=38)
>別に、私個人の定義としてはチョンには差別的な意味合いを持って使っては無いのですがね。
>誤解を与えたのならすみませんが。

38は民族差別主義者アンド自分のカキコも読解できない低能に決定。


>>738(=38)
>その主観論だとする指摘を根拠を持ってしようとしない。
>この時点で私の論理は客観性を保持していることになる。

自分の発言が客観論であるという根拠を示そうとしない(一つ覚えで「過去ログ」と繰り返すだけ)。
この時点で、38の論理が客観性を保持していないことになる。

みんなが38のレスにツッコミを入れているのに、都合の悪い痛いところをつかれた38は
オウム返しを続けている。

過去ログを理解できず38は「そちらが論破されている」という妄想でもって
言い張って笑い者になっている。

全くもって滑稽である。

740 :ミラクル☆ポンチ:01/12/26 13:07
>>38
言われてみればそうだよな。
う〜ん、参考にしてまた考えてきます。どうも。

741 :736:01/12/26 13:12
38さん!何を言ってるんですか!
私はあなたの味方です!あなたのような天才は、100年に1人いるかどうかです!
私は死刑の是非なんてどうでもいいんです!
ただ、あなたの討論術を学びたいと思ってるだけなんです!
・・・でも私へのレス、いやに中途半端ですね?
・・・あ、そのほかの部分は納得してくれたんですね!
具体的な反論を示さなければ「論破」ですもんね!
あと、みんなからのレスには全部答えた方が(・∀・)イイ!ですよ。
38さんの側で、勉強させていただきます!

742 :考える名無しさん:01/12/26 13:24
>>38
ていうかよ、ここのスレの住人が一人も納得してないのに、何が「論破」だ!
相手が納得した意思表示をしてなんぼだろうが!
沈黙したから論破?バーカ。「呆れてものが言えない」だけなんだよっ!!
氏ね。新年を迎える前に氏ね!

743 :38:01/12/26 13:24
>38は民族差別主義者アンド自分のカキコも読解できない低能に決定。
差別しているつもりは無いと主張しているのに、
そのレスすら理解できない読解できない低能に決定。


>自分の発言が客観論であるという根拠を示そうとしない(一つ覚えで「過去ログ」と繰り返すだけ)。
>この時点で、38の論理が客観性を保持していないことになる。
そういう前に、死刑を支持する具体的な根拠を示すべきですね。
出さないと説得力を欠けます。
こちらの論理の具体的な根拠は私のレスに至る所に存在するのに。
そもそも具体的な根拠を持った反論がなければ、
その否定する主張を否定できない、つまり相手の主張に客観性を
持つことになる。つまり死刑を非とするこちらに具体的な根拠はあれど、
死刑を是とする具体的な根拠は無い。これで死刑擁護者の主張は論破
されたことになる。

744 :38:01/12/26 13:27
>ていうかよ、ここのスレの住人が一人も納得してないのに、何が「論破」だ!
>相手が納得した意思表示をしてなんぼだろうが!
なるほど自分の置かれている立場を理解せず。
「論破されてない」と言い張っておれば、それが「事実」ですか。
まるでドイツ第三帝国みたいですね。

745 :736:01/12/26 13:39
なるほどー。
「自分が差別したつもりがない」と言い張れば、公に見て明らかに差別的発言ととれるような言葉を使ってもOKか・・・。セクハラに関する法律も駄目だなありゃ・・・。
「真性馬鹿」も「チョン」も全然問題なし・・と。メモメモ。
あと・・、自分の置かれた立場を理解せず、これだけつっこみが来てるのに、「論破も同然」と言い張ってれば「事実」になるのか・・・。メモメモ。
すごいよ38さん!本当にためになるよ!(・∀・)イイ!

746 :736:01/12/26 13:42
あ、38さんの文章の句読点が、また変な事になってるー。
あ、これは「誘いの隙」か・・・。メモメモ。

747 :38:01/12/26 14:02
>「真性馬鹿」も「チョン」も全然問題なし・・と。メモメモ。
単なる事実認識というか結論ですからね。
まあ言葉のみを論って差別に関して魔女狩りを行う
現行の法整備はやはり欠陥はありますね。
言葉に惑わされず、人の差別感情を客観的に判断するシステムづくりを
法整備によってしなくては。

>あと・・、自分の置かれた立場を理解せず、これだけつっこみが来てるのに、「論破も同然」と言い張ってれば「事実」になるのか・・・。メモメモ。
自分の立場を客観的に論理的に考察した結果、
私の主張に具体的な反論が無い以上、
死刑擁護者は論破されていると判断するのは適性である。
やはりこのことから考えると、死刑擁護者は自分の置かれている立場を理解していないことになる。

748 :考える名無しさん:01/12/26 14:22

>言葉に惑わされず、人の差別感情を客観的に判断するシステムづくりを
>法整備によってしなくては。

目に見える「言葉」じゃなくて、「感情」とやらで法的な判断されたらヤだな。
「被告人38は、差別的な言葉は一切使っていない。しかし、差別的な感情を持っているから有罪。」とか。

749 :考える名無しさん:01/12/26 14:30
>>747(=38)
>私の主張に具体的な反論が無い以上、
>死刑擁護者は論破されていると判断するのは適性である。

お前、これだけ反論が殺到してるのに、どの口が
「具体的な反論が無い」なんて言えるんだ?

お前の「客観的に論理的に考察した結果」ってのは、
一体なんなんだ?

お前、自分の気に入らないものは見えないんだろ。
そーゆーのを「自分の置かれている立場を理解していない」って
言うんだ。

ま、この文章も、お前の眼には入らないし、理解もできないんだろうがな。

750 :38:01/12/26 14:32
>お前、これだけ反論が殺到してるのに、どの口が
>「具体的な反論が無い」なんて言えるんだ?
なら出してくださいね。実際に。

>お前の「客観的に論理的に考察した結果」ってのは、
>一体なんなんだ?
死刑が非であること。

要するに、死刑擁護者は自分の気に入らないものは見えないんだろ。
そーゆーのを「自分の置かれている立場を理解していない」って
言うんだ。

ま、この文章も、お前の眼には入らないし、理解もできないんだろうがな。
以上のことが的確に当てはまるな。

751 :考える名無しさん:01/12/26 14:35
>>お前の「客観的に論理的に考察した結果」ってのは、
>>一体なんなんだ?
>死刑が非であること。

それは、お前が主観的に、感情的に考察した結果だ。

自意識が過剰なのは、よ〜く解ったから、自分一人の主観が
万人に共通な客観だと思いこむのはいい加減にヤメろ。
みっともない。

752 :38:01/12/26 14:35
>目に見える「言葉」じゃなくて、「感情」とやらで法的な判断されたらヤだな。
>「被告人38は、差別的な言葉は一切使っていない。しかし、差別的な感情を持っているから有罪。」とか。
(私は差別感情を持ってはいないが)
ある言葉を勝手に差別表現として、
奥にある感情をに目を配らないで摘発したら、
差別を無くすという目的から本末転倒である。
指定されている言葉さえ使わなければ、差別できるのだから。

753 :38:01/12/26 14:36
>それは、お前が主観的に、感情的に考察した結果だ。
それがあなたの(死刑擁護者の主観である)
その前に、死刑を支持する具体的な根拠を提示して、
そうでないと反論するのですね。
それは、お前が主観的に、感情的に考察した結果だ。

754 :考える名無しさん:01/12/26 14:37

んじゃ、お前の言う

>人の差別感情を客観的に判断するシステム

ってのは、一体なんなんだ?

お前がどんな差別表現を使っても、「客観的に差別感情は認められない」って
免罪してくれるシステムなんだろ?

755 :38:01/12/26 14:38
↑付け加え
「というのは死刑擁護者に当てはまる」を下に付け加える。

756 :考える名無しさん:01/12/26 14:39
>それは、お前が主観的に、感情的に考察した結果だ。

その通り。
俺の意見は、俺の「主観」だ。

同様に、
お前の意見は、お前の「主観」だ。
違うか?

もし俺やそのた大勢の意見が「主観」で、お前の意見だけが「客観」だというなら、
具体的な根拠を提示してみろ。

あ、「私が神に選ばれた人間だからだ」ってのはナシで頼むな。

757 :38:01/12/26 14:40
>お前がどんな差別表現を使っても、「客観的に差別感情は認められない」って
>免罪してくれるシステムなんだろ?
いいえ的確に感情がどうであるか判断するシステム。
無論、そのシステムをつくる専門家でないのでその専門家に
システム作り任せるが。

要するにあなたは差別感情を持ちながら指定された言葉を使用しないで、
摘発を免れるシステムの中にヌクヌクとしていたいのですね?

758 :現代国語・問3(配点10):01/12/26 14:41
下記の文章のどこかに「というのは死刑擁護者に当てはまる」を加えて、
意味の通る日本語を作りなさい。

   それは、お前が主観的に、感情的に考察した結果だ。
   それがあなたの(死刑擁護者の主観である)
   その前に、死刑を支持する具体的な根拠を提示して、
   そうでないと反論するのですね。
   それは、お前が主観的に、感情的に考察した結果だ。

759 :考える名無しさん:01/12/26 14:42
>>お前がどんな差別表現を使っても、「客観的に差別感情は認められない」って
>>免罪してくれるシステムなんだろ?
>いいえ的確に感情がどうであるか判断するシステム。
>無論、そのシステムをつくる専門家でないのでその専門家に
>システム作り任せるが。

だから、その「的確」ってのが、お前一人だけにしか通用しない「的確」なんだよ。
専門家の作ったシステムとやらが、お前の中に「差別感情」を認めたりなんかしたら、
どうせお前は「このシステムのほうが間違っている。私のなかに差別感情などない」と
言い出すに決まってるんだから。

760 :38:01/12/26 14:42
>同様に、
>お前の意見は、お前の「主観」だ。
いや、死刑を支持する具体的な根拠が提示されていない以上、
こちらの主張に客観性が保持されることになる。

つまり私の主張が「主観」だとするなら、
反対の意見、つまり死刑を支持する具体的な根拠を提示すること。

761 :38:01/12/26 14:44
>758
それは一番下の段の下に置かれる。

762 :考える名無しさん:01/12/26 14:45
いや、死刑に反対する具体的な根拠を、お前は提示していない。
提示した根拠とやらには、反論が殺到していて、しかもお前は、
寄せられた反論に再反論できていないのだから。

だから当然、お前の主張には客観性など保持されていない。
その客観性とやらは、反論を受けた時点で雲散霧消している。
だから、再反論が成立するまでは、おまえの意見はおまえの主観だ。

それでもお前の主張が「客観」だとするなら、
死刑に反対する具体的な根拠を提示して、しかも反論にもきっちり答えろ。

763 :現代国語・問3(配点10):01/12/26 14:46
下記の文章を、主語と述語が正しく対応した日本語に直し、
「です・ます」調に統一しなさい。

  それは、お前が主観的に、感情的に考察した結果だ。
  それがあなたの(死刑擁護者の主観である)
  その前に、死刑を支持する具体的な根拠を提示して、
  そうでないと反論するのですね。
  それは、お前が主観的に、感情的に考察した結果だ。
  というのは死刑擁護者に当てはまる

764 :38:01/12/26 14:48
>762
要するに、死刑擁護者は
私の論理に対してまともな反論が出来ないことを
裏に認めているようですね。
「いや、死刑に反対する具体的な根拠を、お前は提示していない。
提示した根拠とやらには、反論が殺到していて、しかもお前は、
寄せられた反論に再反論できていないのだから。 」
なんて過去ログを見れば、嘘が容易にばれるのに、
死刑擁護者は喚いている。
よって私の完勝でこの議論は終わることになりました。

765 :38:01/12/26 14:49
反論に極めて明快に答えているのは、
最終的には私だけだったようだな。
こちらからの質問には何も応答がない。

766 :考える名無しさん:01/12/26 14:51
要するに、38は
みんなの反論に対してまともな再反論が出来ないことを
明白に認めているようですね。

「いや、死刑に反対する具体的な根拠を、お前は提示していない。
提示した根拠とやらには、反論が殺到していて、しかもお前は、
寄せられた反論に再反論できていないのだから。 」
なんて、過去ログを見れば、本当だと容易にばれるのに、
38は具体的な根拠も示さず「嘘だ、私は負けてない」と喚いている。

よって38の完敗でこの議論は終わることになりました。

あ、自分が負けたことを理解できない38は、勝手に喚いててもイイよ。

767 :38:01/12/26 14:52
要するに、死刑擁護者は
私の論理に対してまともな反論が出来ないことを
裏に認めているようですね。
「いや、死刑に反対する具体的な根拠を、お前は提示していない。
提示した根拠とやらには、反論が殺到していて、しかもお前は、
寄せられた反論に再反論できていないのだから。 」
なんて過去ログを見れば、嘘が容易にばれるのに、
死刑擁護者は喚いている。
よって私の完勝でこの議論は終わることになりました。
後は死刑擁護者はコピペ荒らしで逃げるしかないようですね。

768 :考える名無しさん:01/12/26 14:53
じゃあ、38は放置で、このスレッドは終了ってことでイイね?

769 :考える名無しさん:01/12/26 14:56
どうでもいいが、38に論破されていると言われてもしょうがないんじゃないか?
死刑を是認する側の主張が全くかかれてないのだし。
38にそのように言われても文句を言えないのじゃないかな。
こういうと自作自演だとかいう冬厨が出てくるかもしれないが、
こいう冬厨がでてくるから38に簡単にあしらわれる事になるんじゃないか。

770 :考える名無しさん:01/12/26 14:58
「38に簡単にあしらわれる」なんて噴飯物の表現を使わなければ、
自作自演がバレなかったのにね。
詰めが甘かったね。



じゃあ、38は永遠に放置で、このスレッドは終了ってことでイイね?


 

771 :考える名無しさん:01/12/26 15:03
>>769
おいおい、マジになって書き込んでどうする。(w
38も死刑支持派のまともな議論をする論客が、
居てる時は論客にたいしてまともに議論をしていて、
双方歩み寄った結論を出したりして面白かったのだが、
死刑支持派の中の一部のドキュソがそれをみて
面白くないと感じて、煽りや荒らしに回って最近のような状況に
陥ったのだよ。
だからまともな住人が寄り付かなくなっている。
またそのまともな死刑支持派の論客が来てくれれば、
面白くなるのだが。

772 :考える名無しさん:01/12/26 15:05
というか>>770のようなドキュソを放置プレイだろ(w

773 :769:01/12/26 15:07
>771さん
そうですか。静観しています。
そのうちまともな方が戻ってくるでしょうと思っています。

774 :考える名無しさん:01/12/26 15:08
38が「まともに議論をしていて」なんて噴飯物の表現を使わなければ、
自作自演がバレなかったのにね。

775 :考える名無しさん:01/12/26 16:31
あ、、38逃げたんだ・・「よって私の完勝でこの議論は終わることになりました。」なんて捨てぜりふ残して・・
これ以上突っ込まれる前に尻を捲るわけね・・
「反論がない」=「論破」という思考回路の持ち主だから、自分が論破されたと言う事を認めたってわけね・・

776 :考える名無しさん:01/12/26 17:56
結論:38=かまって君
以上

777 :777:01/12/26 18:03
777
以上

778 :考える名無しさん:01/12/26 18:13
38か…
どうせなら39にすればいいのに。
刑法39条とかかって面白かったのに。

779 :考える名無しさん:01/12/26 18:24
>>38は反論がないと喚いておるが、歴史上多くの国で死刑が採用されてきた以上は
この極刑はかなり刑法において普遍性のあるものと思っていいのではないか。
その普遍性のあるものをあえてここで覆せというのだから、論をたくましくして
説得する必要があるのは>>38の方だろう。
すべては読んでいないのだが、どうも>>38はサド感情を全面否定しているように思える。
しかし、現に少なからずの人間にサド感情がある以上は仕方がないのではないか。
法律は宗教の説教とは違って現実的に世界を鎮める必要からある技術だろう。
被害者のサド感情を過剰に押さえすぎることはそれはそれで問題はあろう。

780 :考える名無しさん:01/12/26 18:41
死刑を廃止してもサド感情は減らないだろう。

781 :考える名無しさん:01/12/26 18:46
38はイタイな。
死刑がいいか悪いかなんて論理的に結論が出せる問題じゃない。
それをあたかも論理的に結論が出せると思ってるところが
とてつもなくイタイ。
仮に今の時代に、死刑廃止がふさわしい選択であったとしてもイタイ。

782 :考える名無しさん:01/12/26 19:01
難しい事は書かない。
なんでもかんでも死刑は駄目だがどうしても死刑にすべき存在っているだろうね
個人的な問題じゃなくて世界のバランス保たせるために。

783 :考える名無しさん:01/12/26 20:13
死 ん だ 方 が い い 人 間 も い る

784 :考える名無しさん:01/12/26 20:20
>>782>>783のように考える人間がたくさんいるという事実を
>>38は重く受け止めるべき。

785 :考える名無しさん:01/12/27 00:34
つうか38はネタと思われ
どこぞの板にいた菊池という人物とカキコが似てる

786 :38:01/12/27 12:10
>その普遍性のあるものをあえてここで覆せというのだから、論をたくましくして
>説得する必要があるのは>>38の方だろう。
いやいや、それは既成事実を再考もせずそのまま認めているだけなのでは?
死刑を是とするのならそれなりの根拠の提示をやはりすべきと考えうるが、
あなたはその根拠をどう主張するのですか?
>すべては読んでいないのだが、どうも>>38はサド感情を全面否定しているように思える。
最初のほうのレスを読んでみれば、ある程度分かる思いますが。
人間に感情が存在する以上、すべてを排除をするのは至難の技と理解しております。
ここで死刑に関して議論する上でサド感情を持ち出すのは、
人の死に直結する極端なサド感情を許容する(無論極端な人権侵害となるのだが)のは、
あからさまにサド感情を認めてしまうことになり、
本来の目的である法に私情をはさむべきでないというものをあからさまに破ることに
なります。
>被害者のサド感情を過剰に押さえすぎることはそれはそれで問題はあろう。
だから、少なくとも死刑に関して押さえたことで押さえすぎることにはならないのではないのでしょうか。
他に刑罰もあるのですし。


>782、783
自分が死刑が妥当と判断されたとき潔く自分で認める覚悟は御ありですか?

787 :考える名無しさん:01/12/27 12:55

>>786(=38)

>本来の目的である法に私情をはさむべきでない

って主張と、

>自分が死刑が妥当と判断されたとき潔く自分で認める覚悟は御ありですか?

ってゆー論法とは、両立するのか?

788 :考える名無しさん:01/12/27 14:07
死刑を人権侵害ととるかどうかは、結局個人の問題でしょ?
「死刑=サド的=人権無視」ととる人もいれば、とらない人もいるわけだし。勿論いろんな思想があるわけだからね。
その主張を強化するためにいくら肉付けをしようが、自分の主張が「客観的な論理に則している」と言おうが、その主張自体が個人の思考から発生したものである以上、「客観的」とは言えないんじゃない?
現に「死刑は=是」という人がいるわけだし。
お互いの主張が間違ってるかどうかは別として、論理で片づけられる問題じゃないと思うんだけど。

789 :考える名無しさん:01/12/27 14:19
「死刑は是」=「こんな美味しい牛を、どうしてヒンズー教徒は食べないんだろう?」

「死刑は非」=「神聖な動物である牛を、なんであいつらは平気な顔して食べるんだろう?」

いや・・・、同じ事でしょ?
「人間と牛は違う」って言うかもしれないけど、「人の命」にどの程度の価値をおくかは主観的なものなんだし。
信念によって、理論なんていくらでも作ることできるでしょ?

790 :考える名無しさん:01/12/27 14:34
死刑賛成。

791 :考える名無しさん:01/12/27 15:03
>>789
もともと宗教的基盤が違ってくると死刑に対する意味も変わってくるという
ことじゃない?
ヨーロッパのようにキリスト教圏では、人間の命は他の動物と明らかに
違う価値をもっている(神の似姿が人間なのだから)のに対し、日本人のように
仏教的な、多神教的な宗教観をある程度持っているところは、人間も動物もひとしく
生命というものを尊重する精神がある。

日本人の場合、人の命とほかの動物の命の価値について絶対的な視点がない
という議論ができるわけだが、そしてそれは非常に合理的であるわけだが
ヨーロッパのようなキリスト教圏では人間に対する死刑は議論の余地なく悪
であるわけだ。

792 :考える名無しさん:01/12/27 15:14
>>38
被害者の復讐心にサド感情が含まれているとするのは妥当なのか?

793 :考える名無しさん:01/12/27 15:36
>>786
>本来の目的である法に私情をはさむべきでないというものを
>あからさまに破ることに

こういう話は聞いたことないなあ。
確かに法の適用段階で裁判官が私情をはさむのは良くないと思うが、
立法段階では人の感情的要素その他内心的傾向は加味されるべき
ものだと思うが。

794 :考える名無しさん:01/12/27 17:49
>>786(=38)

お前、わざわざ帰ってくるなよ。

> 私の完勝でこの議論は終わることになりました。
> 後は死刑擁護者はコピペ荒らしで逃げるしかないようですね。(>>767

なんだろ?

お前の勝ちだよ。
お前の勝ちでいいよ。お前の完勝だよ。
うん。死刑は悪い。廃止すべきだ。参りました。
お前の論理には一点の誤りもない。ゴメンナサイ。

そういうことで、もうこのスレッドは終わったんだよ。
さよなら。


あとは、残された俺達が勝手にコピペ荒らしを続けてるだけだから、
もうお前はここに何もカキコむな。

もう完勝したんだろ?
だったら、法律板でもどこでも行ってくれ。

795 :考える名無しさん:01/12/27 21:15
38は書き込むべきだ。こんなおもしろい奴は居ない。このスレは38の為にある。

796 :考える名無しさん:01/12/27 21:17
>>795
お、独占スレッドですか。かっちょいいですな。

797 :考える名無しさん:01/12/27 21:25
>>789 牛の喩え いい!
38の書いた文を読む気力は無いので、
もっと短い文章の死刑廃止派のカキコ求む
俺は死刑肯定派
殺人の罪を贖うことができるのは殺人者の命以外には無い

798 :考える名無しさん:01/12/27 21:39
加害者=死刑に相当する犯罪者

被害者は、法律が無かったら加害者を簡単に言えば殺すでしょう。
法律は被害者を守らなければならない。法律が被害者に代わって
殺人を起こさなければ・・

799 :考える名無しさん:01/12/27 22:44
>>798
そう考えたい気持ちもわかるが、必ずしも加害者が確定するケース
ばかりじゃないんだよな。
冤罪で死刑になる場合もあるんだよ。
死刑が妥当かどうかは裁判によって真実が発見できるか否かも
含めて論ずる必要があるよ。

800 :考える名無しさん:01/12/27 22:50
799>
冤罪はこの時点で例外。
よって冤罪についてはこれ以上は論じません。

801 :考える名無しさん:01/12/27 22:50
798ではないが >>799 確か冤罪の可能性が排除できない
という理由だけで死刑廃止を言ってる人もいるね ある意味
死刑廃止の最も有力な論拠だと俺は思う
しかし、法律板ではない哲学板だからこそ なんと言うか
死刑肯定と廃止の思想上の違いに焦点をあてたいと思うのだが
如何?

802 :考える名無しさん:01/12/27 22:52
死刑肯定派と廃止派の理念上の対決をみたいのだ

803 :極論:01/12/28 09:29
冤罪の可能性があるから、死刑には反対。
冤罪の可能性があるから、懲役刑にも罰金刑にも科料にも反対。

804 :考える名無しさん:01/12/28 11:56
あの・・・。今、「男女板」に38に酷似したヤツがいて、訳の分からないことをほざいてるんですけど・・・。

805 :794:01/12/28 12:18
ヨソに行ってくれて、よかったよかった。

806 :考える名無しさん:01/12/28 12:27
死刑賛成。

807 :考える名無しさん:01/12/28 12:34
「女尊男卑は500万年前の〜」ってやつだろ?
さっき、見てきたよ。確かに似てる。
キャラを変えてもおつむの弱さは隠せない・・・か。

808 :805:01/12/28 13:19
なんか、そのスレの1は、このスレの38ではない、と主張しております。
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1009487847/64-70

809 :考える名無しさん:01/12/28 14:28
女にコンプレックスまである情けない奴だったのか・・・気持ちワリィー・・

810 :考える名無しさん:01/12/28 14:49
よくさぁ、おれが「死刑反対」だと主張すると、
「被害者の遺族の心情を考えたことあるのか?」などと突っ込むやついるけど、
そんなことは考えたことないし、考える必要なんてあるのか?
第三者的スタンスで議論するから意味があるんだろうよ。

811 :考える名無しさん:01/12/28 15:24
>>808
似てるけど別人ぽい。
本当にエージェントなる者がいて、その内の1人なのかもな(w

812 :38:01/12/28 19:21
>787
無責任な発言かどうか確かめただけです。

「>死刑=サド的=人権無視」ととる人もいれば、とらない人もいるわけだし。勿論いろんな思想があるわけだからね。
ならば、「とらない」という根拠も存在する筈、
その根拠も聞きたいな。あなたがそのスタンスにいるか分かりませんけど。


っで、本論に戻りますけど、

>被害者の復讐心にサド感情が含まれているとするのは妥当なのか?
実際そうでしょう。死なせると満足感と優越感が生じるのだから。
では逆に含まれないとする根拠は如何に?

>殺人の罪を贖うことができるのは殺人者の命以外には無い
こういうあからさまなサド感情のみで死刑を是とする人がいるから問題なんですけどね。

>法律が被害者に代わって殺人を起こさなければ・・
結局、間接的に被害者が殺人を行っているわけで、
法の精神から私情をはさんでいる現状は変わっておりません。

813 :考える名無しさん:01/12/28 19:32
そもそも、「刑罰の目的」は何なのだ?

814 :考える名無しさん:01/12/28 19:50
あれ、誰もいないの?
マスクマジシャンでも見てるのかな・・?

815 :ぴかぁ〜:01/12/28 20:12
こういう「あまり身近ではないが、だれでもひとこと
もの申したいテーマ」は、もうあきたぴかぁ〜。

ついでに「学歴問題」「教科書問題」や「自衛隊」や
「臓器移植」なんかもまとめてやれば?

816 :考える名無しさん:01/12/28 20:17
というか、
「哲学」の問題として論じられる人がいないね。
問題の定義もしっかりしないままに、「思う」ことをだらだら話すなら、
世間話と変わらない。
そんな話をわざわざ哲学板で議論する必要は無いだろう。

817 :考える名無しさん:01/12/28 20:53
>>812 おまえ勝手に人の話を変えるなよ

>>殺人の罪を贖うことができるのは殺人者の命以外には無い
>こういうあからさまなサド感情のみで死刑を是とする
上の文は俺が書いたが、下の文はお前が勝手にくっつけたんだろ
勝手にくっつけたことにとやかく言っても無意味だろが ぼけ

・・と断った上で、まず、
なぜサド感情で死刑を是としたらいかん?
刑罰なんてみんなサド感情に訴えてるだろ?

818 :考える名無しさん:01/12/28 20:54
だから、「死刑」のそもそもの目的って何?

819 :考える名無しさん:01/12/28 21:00
失われたものをできる限り回復しようとすることでは?
あとは再犯の防止
死刑に再犯防止効果はないと実証されてるとか言うなよ(w
人殺しても10年で出所、じゃなくて
死刑も死刑、ノコギリ引きの刑とかになるんだったら
ふざけて人を殺す奴は少なくとも出ないだろ

820 :世界教師(冗談):01/12/28 21:54
>38
相当、混乱していますね。
立法と、司法、行政の問題が、ごちゃまぜ…
ただ、どの部署にも、行き過ぎがあればよろしくない。
しかし、純粋に立法の段階で論をはるのなら、
サドという言葉は、出てきてはならず、対等とする被害者と加害者の立場も、
ケースバイケースによるもの。
常習的暴力行為を専らにするもの、
18歳未満なら死刑にはならないからと、犯罪に暴走する少年たち…
自ら、社会の秩序を乱し、他人の人権を踏みにじるものたちは、
自らの人権をも放棄したものとみなすべきです。

死刑制度は、純粋理性に基づいて、採用されたものであり、
命の尊さをギリギリ考えた上での「法による最終判断」の筈。
被害者の報復の心理を抑制し、
法による裁きにゆだねさせる事で、感情論への「危険」と、
報復合戦という、「泥沼化」が防げるものですね。

加害者の人権も、実際には、相当、考慮されており、
人を殺しても、現実は5年間模範囚でいれば、仮釈放の日本です。
しかし、ここが大事なところです。
殺された人の命は、二度と、戻っては来ません。
この「重み」がわかりますか?
殺人者は、更正できても、いったん、失われた被害者の命は「更正」出来ないのです。
死刑廃止論は、いつも、この部分を見落としているようです。

山口県のケースが出ていましたが、
強姦目的で、昼間、アパートに押し入り、泣き叫ぶ乳幼児が邪魔なので、殺し、
その若い母親を強姦して殺しました。

殺されたこの二人が不用心だったと責めるのは、異常心理です。
残された若いご主人の怒りを否定することも、非人間的というものです。
自分が、そういう目にあっていないからわからないのか…
静かに、偏ったものの見方、考え方をしていなかったかどうか…
静慮されることをオススメします。>>38さんへ

821 :考える名無しさん:01/12/28 22:10
死刑廃止派は主張せよ

822 :考える名無しさん:01/12/28 22:13
>>819
>失われたものをできる限り回復しようとすることでは?
「失われて回復しようとするもの」というのは具体的には何だね?

>あとは再犯の防止
>死刑に再犯防止効果はないと実証されてるとか言うなよ(w
そういう問題ではなくて、
そもそも「死刑の目的は再犯の防止である」という点について、
このスレで議論している人の間には合意が成立しているのかどうかということだ。
それが無いと、「再犯防止効果があるかどうか」について議論しても、
無駄なように思う。

823 :考える名無しさん:01/12/28 22:18
>>822
お前も頭が悪いな(笑)
ちゃんと過去ログ全部読んだか?

824 :考える名無しさん:01/12/28 22:18
>>823
それが面倒だから聞いているのだが。

825 :考える名無しさん:01/12/28 22:20
>>822
簡単に言えば復讐だよ 回復しようとするのは無念の思い

後段の再犯防止について書いてあるとこは何言いたいかわからん
俺が書いたのは、死刑の目的は何?ってきかれた答えの一つ、それだけ

あと>38 なんでサドはあかんのか説明せい

826 :考える名無しさん:01/12/28 22:35
>>825
>簡単に言えば復讐だよ 回復しようとするのは無念の思い
殺人によって、
遺族関係者に「無念の思い」が発生し、これを解消することにより、
発生する前の状態に戻そうとしている、というような意味だろうか?


>後段の再犯防止について書いてあるとこは何言いたいかわからん
>俺が書いたのは、死刑の目的は何?ってきかれた答えの一つ、それだけ
私の聞き方が悪かった。

いちおう、「死刑制度の是非」がスレの議題なのだがら、
「死刑の目的」は議論の前提として「何である」ということに
なっているのか?

ということが聞きたかったのだ。

827 :考える名無しさん:01/12/28 22:46
818=822=826だったのか
訊きたかったのは「公式には」死刑の目的が
何になってるか?ということかな?

そう言えばそれは知らない
なので、法律に詳しい人のカキコきぼんぬ

なので、俺のカキコは当然俺の考え
復讐、無念の思い、殺人の罪を贖う云々、みな書いたとおり

828 :考える名無しさん:01/12/28 23:13
>>827
>818=822=826だったのか
>訊きたかったのは「公式には」死刑の目的が
>何になってるか?ということかな?

違うよ、「このスレでは」どうなっているかということだよ。

829 :828:01/12/28 23:15
まあ、「公式」の意味にもよるけれど、
このスレで議論している人たちは、どういう前提で話しているのかってこと。

830 :考える名無しさん:01/12/28 23:18
>828 スレの統一見解なんてあるのか?
それより828はどう思うの>死刑

831 :828:01/12/28 23:27
>>830
だから、統一見解というより、
議論の前提、この点について合意がなかったら
「再犯防止効果があるから賛成」とか主張しても無駄じゃないの?
ってこと。

私個人は、死刑が絶対必要とも、絶対なくせとも結論できない。
その前に、死刑のメリット、デメリットについてよく考える必要があるし、
それ以外にも考えなければならない問題が多すぎて簡単には結論は出せない。

だから、論点をもう少し絞りこんで欲しいということなのだよ。

832 :考える名無しさん:01/12/28 23:30
>>38はサディストだな。
だから他人の僅かな攻撃的態度をすぐにサドと捉えてしまう。
>>38は体罰もすべてサドだと断ずるんだろうな。

833 :考える名無しさん:01/12/28 23:37
刑罰の目的>再犯防止、犯罪者の教育、復讐
とにかく、死刑廃止派はいないの?

834 :考える名無しさん:01/12/28 23:46
38が死刑廃止派の代表的意見だとしたらお寒い限りだな。
あっさり綱領を捨てた社民党レベル。
低脳なサヨ。

835 :考える名無しさん:01/12/29 00:30
>サド感情のみで死刑を是とする

 サド・マゾって心理学のジャンルじゃないかな?少なくとも哲学で議論するべき言
葉じゃないと思うよ。
 38さんはフッサールとかヘーゲルを読んでから書き込むべきだと思う。そうすれ
ば客観と主観の区別はできると思う。
 あとね、38さんは思考停止中だね!自分の考えなんだけど、哲学の基本は「この
事象は何故なるのか?」だと思うのね。君の理論は全く自問自答が無いと思う。

頼むからもう少し哲学について勉強して欲しいぞ38さん。

836 :考える名無しさん:01/12/29 08:24
私は死刑賛成派ですが、>>38さんの意見もわかる気がします。
事件にもケースバイケースで、被害者となった人があくどかった人の場合、
加害者がどうしてもそういう事件を起こさざるを得ない感情を持つに至った場合
なども考えられるからです。
>>38さんはそのようなケースを想定して書かれたのではないでしょうか?
もちろん、加害者が人格障害者のような感じで一方的に悪い場合は加害者の感情
などは取り入れる必要もないと思いますが。
世間にはいろんなケースがあります。各々事件によって状況が違います。
>>38さんは法律的見地から見て述べられた気がします。
そういう意味に於いて、加害者がどんな状況で事件を起こしたのかを調
べる必要も当然あると思います。

私個人は死刑は抑止力として必要と思っています。
死刑に値する人間も世の中いますから。

837 :考える名無しさん:01/12/29 08:50
人間だれしも生きてる中で、一度は他人から酷いことをされて相手を「殺し
てやりたい」と憎く感じたことはありませんでしたか?
普通の人間は理性で抑えますが、もしも自分が相手にあまりに酷いことをさ
れ続け我慢がならなくなった時点で暴発してしまった時はどうでしょう。
自分がうかつにも加害者となってしまった場合を想定してみたらわかるので
はないでしょうか。
また、人殺しに限らず、頭に来たり、意見が違うとか怒れたからと言って、
他人を非難すること自体、「程度の違い」で相手を攻撃していることに何ら
変わりはないのではないでしょうか。
ただ、人を殺したに至ったか、言葉でやり返したかの程度の違いでは?
殺人は程度が大きすぎるから罪とされているわけでしょう。
「そこまでしてはいけませんよ!」と教えているだけで。
いろんな見地から検討するからこそ、>>38さんのような意見も出てくるのだと
思います。もちろん、日本の法律解釈や裁判もそうなっているわけですが。

ちなみに私は死刑賛成派。

838 :反対派:01/12/29 09:38
反対だが>>38とは根拠が違う。
人間は死ねば人生をやり直すことができない。
ゆえに、私は死刑制度に反対する。

ここまで見てきてわかるように死刑を是とするか非とするかは
個々人の死生観を反映している。
死生観が万人の間で一致しないのと同様に、死刑を是とするか
非とするかも意見の一致はみないだろう。
実際的には多数決か、リーダーシップある政治家による決断
しかないだろう。

人によっては死が救いだという人も当然いる。
死を何よりも恐れる人もいる。
生が何よりも苦痛だという人もいる。
しかし、人間は生きていれば考え方も変わりうる。
死ねば変わりようがない。
やり直しようがない。
ゆえに私は死刑に反対する。

839 : :01/12/29 11:52
反対派の多くが人権人権というが、んなもんが絶対的な真理かね?
人権という概念そのものを解き明かすことがこの議論の出発点では?

840 :考える名無しさん:01/12/29 12:27
>>838 こういうところで議論?をすると死刑賛成派の意見が
多く、また反対派に対しての中傷も行われるのに勇気のある
発言だと思います

ところで、やり直しのきかいない犯罪(殺人)を犯してしまったが
故に、やり直しのきかない自分の生命で償うしかないと考えて
私は死刑賛成派なのですが、如何?

841 :38:01/12/29 13:33
>なぜサド感情で死刑を是としたらいかん?
>刑罰なんてみんなサド感情に訴えてるだろ?
ただ、懲役刑などのサド感情が低いものならまだ
私情をはさまないという目的から多少致し方の無い面もあるが、
人を死なせると言うあからさまな極度の人権侵害であるサド感情を
認めるのはやはりその私情をはさまないという目的を
最初から否定していることになってしまうのではないのか。

>相当、混乱していますね。
いやそれはあなたの読解力不足ですよ。

>純粋に立法の段階で論をはるのなら、
>サドという言葉は、出てきてはならず、対等とする被害者と加害者の立場も、
>ケースバイケースによるもの。
だからこそサド感情を排除しなければならないことを
念頭において議論しなければなりません。
念頭すらおかないでもっぱらにしていると暗にサドを許容していることになります。
>自らの人権をも放棄したものとみなすべきです。
それでは法の無い世界と結局は同じような物になり、
法ですら報復を認めるものになってしまいます。
また少年が死刑なら無いから犯罪を起すと言う根拠は極端な発想だとおもいます。

>殺人者は、更正できても、いったん、失われた被害者の命は「更正」出来ないのです。
>死刑廃止論は、いつも、この部分を見落としているようです。
見落としているのは死刑擁護者の方ですね。
無い物ねだりの腹いせに加害者を貶める根拠にはなりません。
だからこそ、死刑を廃止して報復の概念をいっそうすべきなのです。

>殺されたこの二人が不用心だったと責めるのは、異常心理です。
>残された若いご主人の怒りを否定することも、非人間的というものです。
この考えに陥ることこそが異常心理ですね。
なぜなら、この当の被害者でる女性は、助命を嘆願するどころか、
死を自ら許容した発言をしたことが確認されております。
これこそ自ら人権を放棄したことになりませんか。
まさに無用心と指摘されても当然のことなのです。
また、被害者の遺族もサド感情剥き出しで、
マスコミ等を私物化するしまつ。
これでは遺族に対し同情すら沸いてきません。

自分が犯罪に巻き込まれた可能性をシュミレーションした上でも
同じことが言えます。死刑擁護者の方は静かに、偏ったものの見方、考え方をしていなかったかどうか…
静慮されることをオススメします。

842 :デスタムーア:01/12/29 13:34
死刑に値した者を生かし罰を与え続ける事の方が償いになる。
犯罪抑止の為の死刑ならば、現在の様な方法ではなく、
公開処刑にしたほうがより効果的である。

賛成反対ではなく何の為の罰なのか、その罪により
答えが変わってくる。

全てを一纏めにして成否を問う事はそもそも間違いである。






まあ死ななきゃ直らない馬鹿や、死んでも直らない馬鹿もいるけどな

843 :38:01/12/29 13:38
>サド・マゾって心理学のジャンルじゃないかな?少なくとも哲学で議論するべき言
>葉じゃないと思うよ。
しかし、人間の心理状態に深くつながっている以上、
避けて通れないものではないのか?
死刑擁護者も報復感情などを根拠に据えているようであるし。
また主観や客観の区別に関してそれに普遍性をもたせるのなら、
具体的な議論を通じて形成されるのではないのか、
最近までは、単なる荒らし同然のレスに私が答えているだけのようで、
それが滞っていただけの話しだと思うのだが、
しかし今は、まともな議論が出来る死刑擁護者が出てきて
それなりに議論が進められてくるように考えているのだが。

844 :考える名無しさん:01/12/29 14:30
自分の考えなんだけど、死はすべての終わりだと考えています。
 それを病気でもなく、不慮の事故でもない、人間に決められるって
いうのが最大の刑罰だと考えます。
 だから、最大の刑罰が抑止力になることで、事件の再発防止の役目
になるのでは?。

…まぁこの理論を実践するには、公開処刑や死刑囚のインタビューを
やらなければあまり効果はないんだけどね。

845 :考える名無しさん:01/12/29 14:31
俺もアメリカをいろいろ旅行してソルトレークも訪れました。
他の街に比べホームレスが少ないいい街だなぁなんて思ったら
なんのこたぁない黒人を虐待して黒人が住めない街だったというだけ。
思想に名付けられるものだと私は認識しています。しかし、私はあえてその事を
出しませんでした、なぜならば、人間が本来神の子供であるという事を信じる事
が出来る人もいれば、出来ない人もいらっしゃるからです。私は、人間が神の子
であるという事を全面的に出すよりも、世界の平和と全ての幸福をお祈りして
頂く事を全面的にお伝えさせて頂きたいと考えています。
身内がクリスチャンですが祈っても病魔から救われずなくなってしまいました。
彼女は神に見捨てられたのでしょうか。かなり苦しい思いをして亡くなりました。
毎日必死に祈っていたのに・・・(もちろん祈るだけでなく治療の努力もしました)
教会では祈って奇跡が起こった人達の話はしてくれますが救われなかった人の
話はしてくれません。むしろ信仰が薄いなどと言われ悔しい思いをしています。
私は大して信仰にあついほうではありませんが、残念ながら十分な教育と雇用が
得られない黒人がホームレスや犯罪に手を出してしまうからね。
一つ、いい話聞かせてあげます。バリバリの原液だったころ、あることで悩んでいた私は神に真剣な
祈りを捧げました。「私はひどい罪を犯しました。こんな僕は生きていても仕方ないと思います。
どうぞ、あなたの手で私をすぐに殺してください。お願いですから」
あのころは本当に純粋だったんです。ほんとうに真剣な祈りでした。
でも、私はまだ生きてます。これが答えかな。まぁ、どうでもいい話やけど。

846 :828:01/12/29 14:33
本質的に「罰」というものが「毒をもって毒を制す」という性質をもっている以上、
死刑にネガティヴな側面が全く無いわけでは無い。
実際上そういった側面が無いことのほうが珍しいわけで、
ネガティヴな側面が一つあったからといって全面的に否定するのは難しい。
要は、メリットがデメリットを凌ぐか否かということではなかろうか。

もちろん、メリットがデメリットを凌いだからといってデメリットを無視して良いわけで無く、
行う以上は、デメリットを常に意識すべきであろう。
しかし、「デメリットを意識すべき」ということは、事の成否とは別の段階の
議論ではないか。

847 :考える名無しさん:01/12/29 14:40
「個人的には無い方が嬉しい」理由は主に2つあります。
1つは、人が死刑になったというニュースを聞いたときに私個人に湧き上がる感情が嫌いだから。
ひとつ説明しておこう。あなたは、神が姿を現す方法はひとつしかないと思っている。そういう考
え方は、非常に危険だよ。
死刑にするってことで人間の尊厳を奪ってるんだから
どうせ社会を納得させるためだけに処刑するんだから。
そう考えていては、あらゆるところに神を見ることはできない。神の現れ
方はひとつしかないとか、語り方はひとつしかない、神の在り方はひとつしかないと思っていると、
毎日わたしを見ていても気づかないだろう。たとえば、一生、神を求めつづけても、「彼」を探して
いたのでは、「彼女」を見つけることはできない。
将来、脳医学とバーチャルリアリティが発達したらさ、
極刑の受刑者の頭蓋骨を切開して脳ミソに電極を取り付けて、
受刑者の記憶をもとに、事件の内容を再現させるのね。
そして自分がどんな罪を犯したのかを再認識させた後で、
今度は被害者側の状況を仮想体験下ですべての感覚器官
を実感させるの。受刑者の脳ミソに電流を流してね。
冒涜と深淵のなかに神を見ることができない者は神の半面しかわからないのだ、と言われてきた。こ
れは偉大な真理である。
神は悲しみのなかにも笑いのなかにも、苦さのなかにも甘さのなかにもいる。すべての奥に聖なる目
的がある ─ したがって、すべてのなかに聖なる存在がある。

848 :考える名無しさん:01/12/29 14:48
おもしろーくなってきたみたーい。

849 :考える名無しさん:01/12/29 15:11
人命は確かに尊いもの。それは犯罪者だとしても変わりはないだろう。
しかし、その命に変えてでも優先させるべきものがあるのではないか。
「殺人」という重罪を犯したものが、たとえどれだけその罪を悔いようと、被害者の命は決して戻っては来ない。
ましてや自分の欲求を満たすためだけの殺人を犯す愉快犯などは言語道断なのではないか?
被害者の遺族の、犯人に対する憎悪は並々ならぬものであろう。その感情は人として、ごく自然なものではないか。「サド感情」という陳腐な言葉で片づけられるものではない。
「死刑」をただの「人権を蹂躙した刑罰」とだけ捉えるのはどうであろうか。
その犯罪者が死を以て償うことによって、少しでも遺族の傷が癒えるのなら、社会に対する不安を取り除く要因となるならば、場合によっては「死刑」は大いに意味のある刑罰なのではないか?
これを「サド感情に訴えかけている」というのは安易すぎるのではないか?
38には多角的な視点を持って欲しい。

850 :考える名無しさん:01/12/29 15:16
>>838さん
私は死刑賛成派ですが、確かにあなたのおっしゃるように個人的に死刑はない方が
良いと思っています。
もちろん、あなたの言われるように、人間は変わる可能性があると思いますから。
あなたはお優しい人だと感じます。
ただ、残念ながら世の中には事実直らない人もいるのです。
それは精神科医も言っていました。
「重度の人格障害者は死ぬまで直らない」と。
例えば麻原とかカレー殺人の犯人、また殺人とは違いますが野○沙○代などのよう
なケースです。
そういう人たちは、現実に死に直面することで自分が犯した罪がどんなものなのか
体感しなければいけないケースもあると感じますので、私は死刑賛成派なのです。

851 :考える名無しさん:01/12/29 15:23
汚職役人は切腹すべし。

852 :考える名無しさん:01/12/29 15:33
38のようなヤツが「人間の本質は善」だと!?
ふざけるな!

853 :考える名無しさん:01/12/29 15:34
しかし、自然に滲み出て伝わるものを、敢えて人為的に伝えるのが「宗教」と
言われているものではないか?あるもの(人間の思惟をして)に何時でも絶対
性を持ち込む宗教の性は場合によっては辟易するが。
真理、仏法などのような大義名分を持ち出さなくても人間にはそれぞれ何か、
伝えたいものがある。こちらも大切だと私は思います。

854 :考える名無しさん:01/12/29 15:53
>>38
>この考えに陥ることこそが異常心理ですね。
あんた本気でそう思ってんの?
あんた人間じゃないよ。畜生以下だよ。
死を許容する発言をしたら殺して良いの?それが人権を放棄したことになるの?
その短絡的な思考どうにかならないの?

855 :考える名無しさん:01/12/29 16:02
38に「死刑は非」なんて主張する資格はない。
人権以前に、殺された被害者・遺族に同情の念を全く持つことの出来ないやつに「サド感情は悪」などと語る事自体狂ってる。
そうだろう?
犯罪者を殺すのは駄目。でも死を許容する発言をしたら、善良な市民でも殺されても仕方ない。だいたい「許容した発言」って具体的に何よ?
駄々っ子か、お前は?

856 :38:01/12/29 16:58
>846
そのデメリットを凌ぐメリットが死刑に存在する根拠はあるのですか


>847
被害者に過剰な擁護をしている結果となりますね。
事実被害者の私情を前面に押し出しすぎています。


>「殺人」という重罪を犯したものが、たとえどれだけその罪を悔いようと、被害者の命は決して戻っては来ない。
>ましてや自分の欲求を満たすためだけの殺人を犯す愉快犯などは言語道断なのではないか?
>被害者の遺族の、犯人に対する憎悪は並々ならぬものであろう。その感情は人として、ごく自然なものではないか。「サド感情」という陳腐な言葉で片づけられるものではない。
だから死刑にしたところで、死んだ人が帰ってくるわけでないから、
だからこそ死刑には意味が無い証拠である。
実際死刑を是とするものは上記のように単なるサド感情に立脚している以上、
サド感情というもので片付けられるべき代物なのである。


>これを「サド感情に訴えかけている」というのは安易すぎるのではないか?
>38には多角的な視点を持って欲しい。
法の精神として私情を極力排除すべきと言う精神が存在する。
そもそも刑罰にサド感情に訴えかけている現状を
被害者の私情をあからさまに認めているのは法を冒涜し、
形骸化を目的とすると指摘されても否めない物である。
あくまでも刑罰は治安維持のため教化刑を中心とすえてやるべきであることは
法の精神から当然の帰結である。
もっと死刑擁護者は社会のなかで生活する人間として、
法というものを尊重するという姿勢を持ち、
多角的な視野を持って欲しい。
結局は死刑擁護者は被害者のサド感情を美辞麗句で飾り立てるために
固執し続けているのが現状だと容易にこのスレのレスを見ただけでも受け取れる。

>死を許容する発言をしたら殺して良いの?それが人権を放棄したことになるの?
でしょうね。自ら死を許容するのは自殺するのと同じこと。
私は死ぬが嫌なのでその場に立たされたら助命を懇願し活路を見出すために
賭けますね。人権を尊重する(人命を尊重する)と言うのはこういうことをいうのは当然です。
死刑擁護者は深く考えず、短絡に考えてサド感情を擁護しますね。

>人権以前に、殺された被害者・遺族に同情の念を全く持つことの出来ないやつに「サド感情は悪」などと語る事自体狂ってる。
>そうだろう?
まったくあなたは異常な心理というか思考回路を持っていますね。
被害者がどれほど防衛意識をもって自分の命を守ってきたかという努力を
鑑みて、それでおのおのの事件において加害者、被害者の責任の所在を
裁判で明らかにするのです。
山口の事件の被害者と助命を嘆願したが拒否されて殺された
被害者と同列に同情されたら、後者の方が軽視されていると受け取られますね。
私は当然後者の方を同情すべきだと思います。

>だいたい「許容した発言」って具体的に何よ?
事件の顛末をしらないのですか?
事件の顛末がかかれているHPでも言ってください。
とくに例の遺族のコメントが寄せられているHPをね。


以上の認識があるのでだから私は死刑を非だと主張できるのです。

857 :考える名無しさん:01/12/29 17:13
別に死刑はいいでしょ?
何言っても治らない馬鹿もいるんだし。
社会に再び迷惑をかける可能性を考えたら、犯罪者の命なんて第三者の目から見たら屁みたいなもんでしょ。
命の価値も千差万別でしょ?
えっ、38の命?
あんた何訊いてんの?訊かなくても分かるでしょ?
えっ?アリの命と同じ価値だって?
失礼なことを言うな!!命を何だと思ってるんだ!!謝れ!今すぐ手をついて謝れ!!土下座だ、土下座!!!





アリが可哀想だろ。

858 :考える名無しさん:01/12/29 17:57
>38よ アムネスティの会員辺りに援軍を頼んだ方がいいぞ

要するにお前の論拠は法の精神というやつらしいな
しかし、その正当性は、社会の構成員がそれを妥当と認めている、
ということ以外には保証されないってのは当たり前だろが?

つまり、おまーの話は、法律に書いてあるから正しい、と言ってるとの同じで
ナンセンス おまーの理屈だと、法の精神が人殺しを是としていれば、
おまーは人殺しを是としなければならなくなる(w

ちなみに俺は819=825=840
人の命は尊いと考えるから、加害者にとって最も尊いものを差し出せちゅうこと
加害者を人間だと考えるからこそ、加害者の「人権を尊重して」
できる限りの責任をとってもらう
トラにかみ殺されても、トラをぶっ殺せとは言わない

849の意見には賛成

859 :考える名無しさん:01/12/29 17:58
死刑反対派もっと出て来いや

860 :考え.無しさん:01/12/29 18:37
ていうか、何回『サド感情』出てきてんだよ(w
なんか、サドって言葉が珍しくて使ってるみたいに見えんですけど。

一言言うなら、今の殺人事件全てがちゃんとした動機を持っていると思ってほしくないね。
動機も何もなく殺された被害者の命と、それを奪った加害者の命、同じ重さなわきゃねーべや。
上皿天秤が怒るぞゴルァ!

861 :Iridium:01/12/29 18:53
生命間の価値の比較で刑が決まるべきではない。

862 :828:01/12/29 21:50
>>856
私にはわからない。
むしろその点について、
はっきり示されていないからわからないということがいいたいのだ。

つまり、
メリットとデメリットについて、
死刑を否定するならば、メリット<デメリットを証明すべきだし、
死刑を肯定するならば、メリット>デメリットを証明すべきだが、
それがなされていないから私にはわからない、
ましてや、デメリットのみをメリットとの対比なしにいくら挙げられても、
それのみでは、死刑の是非について判断のしようがない、
ということを言っているのだ。

863 :考える名無しさん:01/12/29 21:56
個人的に『ユートピア』のように死刑の代りに死ぬまで強制労働させたいでし。
一日2円じゃなく(今はもっと多い?)、普通くらいの報酬を出すので
それでしっかり賠償その他をさせるが吉にゅ。
ついでに無期懲役と死刑の間に終身刑も欲しいでし。
でも単なる飼い殺しは税金の無駄なので扱いは↑と同様推奨。
>>856
「個人的には無い方が嬉しい」理由は主に2つあります。
1つは、人が死刑になったというニュースを聞いたときに私個人に湧き上がる感情が嫌いだから。
もう1つは、死刑制度が無かった場合、「死刑制度があったなら死刑になっているはずの人間が私に害を及ぼす可能性」のデメリットより、「私が死刑にならない」メリットの方が大きいと感じるからです。
いずれもごく個人的な話で、論理性に乏しいのでsageレス。

864 :考える名無しさん:01/12/29 22:04
今の社会はわざわざ競争させて犯罪を起こしやすくしている。
このような社会をつくっているのは我々一人一人であり、すべての人に責任がある。
それを理解しないから死刑制度などあるのだろう。
犯罪者と我々は関係あるのだ。

865 :考える名無しさん:01/12/30 00:28
はっきり言ってもう38には書き込んで欲しくない・・
せっかくスレがマトモに盛り上がり始めたんだ。
38のつまらないレスとそれにまたレスするつまらない煽り合いは見たくない・・

866 : :01/12/30 00:30
ーーML参加者募集中ーー
人生における悩みなど心のふれ愛を一緒に語りましょう
http://www.freeml.com/ml_info.php?ml=redsyaa

867 :考える名無しさん:01/12/30 00:40
↑ ボケ 二度とでてくんな

868 :考える名無しさん:01/12/30 00:56
>>864
>すべての人に責任がある。
>犯罪者と我々は関係あるのだ。

無責任な発言 俺は関係ない 同じ理屈で俺はお前とも関係ない

関係あると思ってるなら、お前は犯罪者と一緒に早く逝け

869 :考える名無しさん:01/12/30 02:16
死刑のメリット
犯罪への抑止効果
いや、わからんがね。

870 :考える名無しさん:01/12/30 04:49
ハイーシして。人体実験したほうがいいよ、シナスより。

871 :考える名無しさん:01/12/30 04:55
38の逝ってる法の精神って、一体どこの国の法なんだろう?
つうか、法のことなどまったく知らないド素人にしか見えんが。

872 :とある会社員:01/12/30 05:18
>>38
 結局、あなたの言っていることは現実を無視した「理想」でしょう?
 例えば「共産主義」のような・・・
 あなたの言っていることが実現されるときはこない。
 なぜなら、一般大衆の支持を受けられないから。
 もっとも、あなたは既にそのことを理解しているようだが・・・

873 :哲学ど素人 法律まあまあ:01/12/30 11:19
法に私情を差し挟むべきではないのは、その法を
執行する場合でしょう。法を定立する場合には、
色々なものが入り込んでなされると思いますが。
法は一般的に社会通念を類型化したものだといわれて
います。その社会通念には私情が入り込んでいること
は否定できないでしょう。
 したがって、私情をさしはさまないのが法の精神だ
というのは、一部分誤って使われていると思われます。
少なくとも、立法において私情を差し挟むべきではない
というのは誤っていると考えます。

874 :考える名無しさん:01/12/30 11:24
招かれた夜、
部屋のドアを開けるとそこで彼は両脚を広げて犯してくれと懇願していた。
口の中で歯が回転していると言って、彼は私に不安を訴えてきた。
驚いた私はすぐに診察に取りかかり、何か胸毛のようなうれしさに万歳した。

875 :死ねばいいのに(笑):01/12/30 11:54
>>38
死刑云々以前に、あんたは人間のクズ。虫けら以下の存在。
クズに存在価値なんてないかと思ってたけど、それは間違いだったね。
あんたがいるとさ、他のまっとうな論者の意見が際立つんだわ。
それだけでも生きてる意味があるよ。よかったね。
自分の過去ログ見てみたら?
中途半端な知識、中途半端な思想、中途半端な論理、無茶苦茶な日本語(プ
あんたIQいくら?もしかして痴愚?魯鈍?白痴?
ああ、IQは人間の価値とは無関係だったね。お姉さん酷い事言っちゃった(ゲラ
ていうか、これからもあんたみんなのレスに狂った反論するんでしょ?
「論破」?「サド感情」?「人権無視」?「過去ログを読め」?「オウム返し」?
あんたの貧困な頭じゃこの程度の反論が精一杯でしょ?
しょうがないよね、頭おかしいんだもんね。
あんたの電波な発言にはみんな興味津々。喋れば喋るほど知恵遅れをぶりを露呈する、あわれなピエロ。みんなは大喜び。
いくら平静を装って「論破だ」「客観的だ」と吠えてもしょせんはクズの戯言。だーれも聞いちゃいない。まともにクズの相手をしてたら、あんたの病気が伝染するからね。
PCの前で顔を真っ赤にして、大粒の涙をボロボロ流しながら半狂乱状態でカキコしているあんたの姿が見えてくるよ(藁藁藁
その汚い顔をさらに汚くしてどうすんのよ?(藁
クズはクズらしく遠慮して生きてりゃ良いのに、偉そうな事を言いだしたのがそもそもの間違い。
え、まだやるの?クズの分際で?これだけみんなから馬鹿呼ばわりされて?とっとと自殺すればいいのに(ゲラゲラ
やってみな、やってみな。知恵遅れにどれだけの事が出来るのか、お姉さん楽しみだよ♪

876 :考える名無しさん:01/12/30 12:47
お姉さん 文章上手

・・ところで、ハァハァしていいですか >お姉さん

877 :828:01/12/30 13:45
死刑反対派がいないというが、
ここんとことろの賛成派の意見というのは、
反対派の意見を批判しているだけのように見える。

死刑を行うべき積極的理由というのをここらでだれかまとめてくれないか。

878 :考える名無しさん:01/12/30 13:52
>死刑を行うべき積極的理由というのをここらでだれかまとめてくれないか。
眼には眼をでしょ。
権利を奪ったものには、権利を奪わなければならない
政治犯とかは、ここではとりあえず無視します。

879 :はと麦茶  :01/12/30 14:40
< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ   │ヽ  / ̄/     │ ̄─_         │ ̄─_  
  ̄ ̄ ̄フ ノ   .││__/  /_      ̄─_│          ̄─_│        _____
    / /   /        \   ______      .│\          /__    \
   <  <    /   ∇ / ̄ \  ヽ ヽ___   フ     . │ │        / /  / / ̄ヽ  \
   .ヽ  \  │凵@  \    |  │      フ /       │ └─丶    │ │ / /   ヽ  ヽ
    .\_ノ  ヽ_人__> 丿_/     /∧ ヽ       レ──ヽ ヽ   │ .ヽ_/ /    │ │
                           // ヽ \           丶丶   ヽ   /     /  /
                          /_/   \ \          丿丿    \ノ     / /
                                   ̄         ∠/              ̄
        /\                        へ
        / /              |\      _| |_
        / /               ││    <     >
       //______        ││      ̄| | ̄
      |  _  _ _  ヽ      │ │       | |
      | ││││││ │      │ │       | |
      | ││││││ │      │ │    __| |__
      | ││││││ │      │ │   / __     \
  ── ┘  ̄   ̄  ̄  └─へ   │ レゝ │|_/ / ̄\ \
  \______________\ │_/  ヽ___/     ̄

                 |  │      \               \
                 | ー十 ̄  |    ー┼-         |
                 |  |    |     | _ |   |  |         
                 | _|      ̄ヽ  |    |   |   ̄ヽ
                 | \/\  __ノ  | ー  V     __ノ
                 |

880 :名無しさん@1周年:01/12/30 18:38
38=M?

881 :考える名無しさん:01/12/30 19:11
死刑賛成

882 :考える名無しさん:01/12/30 20:38
ちゅーかさ、議論ってこんなものじゃないでしょ?
自分の主張と相手の主張をぶつけつつ、「そこは納得できるよ、なるほどね。」「でもそれはこういう理由で矛盾してるだろ?」ていう風に、お互いの価値観を認めつつ進めていくものなんじゃないの?
このスレでただの一度でもそんな事あったか?子供の口喧嘩じゃないんだよ!?
特に>>38。お前に言いたいよ。

883 :38:01/12/31 16:04
>法の精神が人殺しを是としていれば、
>おまーは人殺しを是としなければならなくなる(w
それはどうかな?私の思考過程は、それが何故是なのか?という疑問を
深く掘り下げていく態度だとおもうが。
それは私のレスをみれば明白だが。


>人の命は尊いと考えるから、加害者にとって最も尊いものを差し出せちゅうこと
>加害者を人間だと考えるからこそ、加害者の「人権を尊重して」
>できる限りの責任をとってもらう
「死刑が是」というあなたにおける既成概念を神のように信奉するから、
死刑擁護者達はいつも混乱しているんですよ。
加害者が尊い物を奪ったからこそ、法がそれをいけないことだと否定して、
加害者の命を尊重してそれを加害者に態度で示すのですよ。
あなたのやり方は法の無い無政府状態に戻して混沌とした状態を
是としているように受け取られる。

>ましてや、デメリットのみをメリットとの対比なしにいくら挙げられても、
>それのみでは、死刑の是非について判断のしようがない、
私の主張では簡単に言えば、死刑には何の必要性もないつまり、
メリットなんぞないと主張し、加害者の人命を奪うと言う人権侵害という
デメリットだけがあると主張しているのだが。

>それでしっかり賠償その他をさせるが吉にゅ。
>ついでに無期懲役と死刑の間に終身刑も欲しいでし。
いやいや懲役刑に対しても私は、賠償は政府が独自に加害者に不利益に
ならないようにすべきだと考えます。
懲役における賃金の改善と被害者の保護手段として加害者を貶める
下卑た手段からより公平な政府による独自の手段がなされるべきだと考えます。


>「私が死刑にならない」メリットの方が大きいと感じるからです。
そのように自己中心になるから死刑を非を主張する側は、冷たく見られるんですよ。

>あなたの言っていることが実現されるときはこない。
>なぜなら、一般大衆の支持を受けられないから。
そのような衆愚状態から抜け出さなければならないのですよ。
現実問題として。衆愚状態のまままっとうな社会が気づけると思う方が
夢想と呼ばれます。


>法は一般的に社会通念を類型化したものだといわれて
>います。その社会通念には私情が入り込んでいること
>は否定できないでしょう。
だから、立法においてまでも私情をはさまないという目的から
念頭もおかず無視している今の衆愚状態が問題なのですよ。
「私情がどうしても入ってしまう」と「私情をはさんでも良い」
とは別物です。だから立法の段階から私情をはさまないという目的を
念頭において遵守するという態度が重要で、
それを緩くするから施行の段階でも私情をあからさまに持ち込もうと言う
輩がでてくるのです。

857=865=875のような真性馬鹿が死刑擁護者にいると死刑擁護者も迷惑だろうなと
感じるばかりです。一時期まともに論証をやっていたのは私だけでしたが、
最近は稚拙な死刑擁護者の煽りもなくまともなスレに戻って欲しいものです。

884 :考える名無しさん:01/12/31 16:25
>>38
汚物。

885 :882:01/12/31 16:32
>>38
死刑に反対するのは勝手だが、この議論におけるあんたの発言態度はどうにもいただけないな。
自分の主張を正当化するあまり、相手の主張をただ貶めているだけのように見える。
あんたの意見が絶対に正しいとは誰にも言い切れない。
少なくともこのスレの住人は誰も納得してないんだから。
相手を納得させるつもりなら、もう少し工夫したらどうなんだ?
サルじゃあるまいし。

886 :考える名無しさん:01/12/31 16:37
被害者が良くテレビ使って被害を求めているけど
よっぽど金が欲しいのだろうね。
テレビのディレクターと被害者の家族同士で
どんな相談してんだろうなぁ〜

887 :875:01/12/31 16:37
>>38

あれだけ私が言ったのに、その程度の反論?
頭を使いなさいよ。ホントに白痴なの?
死刑のメリットがない?
あんた、それがこの議論に向かう立場の人間が吐く言葉?
考えろ。そして謙虚になれ。クズなんだから。

888 :考える名無しさん:01/12/31 16:39
>>886
賠償を求めて何が悪い?
根性がひん曲がってるね、38さん♪

889 :考える名無しさん:01/12/31 16:45
賠償なんか自分自身で奪い取ってやれ!
テレビや、法律、他人の同情なんか利用するな!

890 :考える名無しさん:01/12/31 17:11
>>38
なんでもかんでも「死刑=悪」なのか?
短絡的思考だな。
小学生の発想だよ。
様々な状況を想定した上で、そんな事言ってるの?
改悛の情が見られないヤツは?通り魔や愉快犯の場合は?社会的に大きなダメージを与えたヤツは?
刑罰は、その罪の種類・重さ、犯罪の起きたその状況、犯罪者の精神状態・改悛の情などで決定されるんだろう?
刑罰は大きく分けて、「応報刑論」「目的刑論」の二種類の理論に立脚してるんだろ?分かってるか?
「死刑は非」っていうのは「応報刑論」の存在意義を著しく損なうことになるんだよ。
そうだろう?例えば、全く同じ状況で「一人を殺したヤツ」「二十人を殺したヤツ」がいるとする。
ここで「一人を殺したヤツ」が無期懲役になったとする。じゃ、「二十人を殺したヤツ」はどうするんだよ?同じ刑罰を与えるのか?おかしいだろ。「応報刑論」に背くだろ。
死刑を行わずして、無期懲役以上の刑罰を与えることのできる具体的勘案はあるのか?
あるんなら、まず言ってみろよ。
「人権侵害」だの「サド的」だけじゃ駄目なんだよ。
仮に死刑を廃止した場合、それを補う要素をお前は提示する必要があるんだよ。
現にこの日本で死刑は行われているんだから。その法制度を否定する以上、当然だろ?子供でも分かるだろ?
死刑を行うことは、少なくとも「犯罪を抑制するための威嚇力」としての効果はあるんだから。
その効果を犠牲にしても死刑を廃止するメリットはなんだ?法的見地に立って言ってみろ。お前の感情論はもういいから。

891 :考える名無しさん:01/12/31 17:12
>>889
電波?法律を利用しない馬鹿がどこにあるんだよ?

892 :考える名無しさん:01/12/31 17:29
891>
テレビばっかり見てると馬鹿になるって本当ですか。
よく子供の頃言われたけど・・

893 :考える名無しさん:01/12/31 17:32

まぁ被害成金ってのもいることだしな。

とりあえず賛成の反対のって喚いとけばカネになるんだよ。

カネカネカネ。

世の中カネよ。

カネの為に何か考えてるフリして何が悪い。

>>890のような白痴でもマンマの食い上げにならない良い社会じゃないか。

白痴でも生きていけるユートピアなのさ。

894 :考える名無しさん:01/12/31 17:36
893>
本当にユートピアなのか?
宇宙もやばいらしいが?日本も本当にやばいと思う。
大晦日。

895 :考える名無しさん:01/12/31 17:39
>>894

ヤバイのはお前のノーミソだ。

いや逆だ。

オメデタ頭め。

  

896 :考える名無しさん:01/12/31 17:44
>>891
それはある意味本当です。
テレビは情報の一面を完全受動的に伝達しているだけですので。

897 :考える名無しさん:01/12/31 17:47
テレビは、ば〜か
テレビは、ぜんぜん期待を裏切らないからぜんぜん
つまんな〜い。

898 :考える名無しさん:01/12/31 17:53
>>897
哲学板に貼りついて、糞レスしか付けられないのに楽しいのか?
しかも大晦日に。

899 :考える名無しさん:01/12/31 17:54
あほか。

900 :考える名無しさん:01/12/31 18:00
法律も、ば〜か
ただ単に弁護士と、検察庁を太らせるだけで
まったくの能無し。
文部大臣も、ば〜か人一人殺すのにビビちゃってて
すべてCPUにまかせてしまえ!

901 :考える名無しさん:01/12/31 18:02

CPUって何だよ?

俺にまかせときゃ済む事だ。

ウダウダ言う奴は白痴。

以上。

  

902 :828:01/12/31 18:13
>>878
同害報復は論理としてはわかるが、「メリット」ってなにかあるのだろうか。
つまり、それを行うことで、誰が、どういった得をするのだろう。

903 :38:01/12/31 18:14
>自分の主張を正当化するあまり、相手の主張をただ貶めているだけのように見える。
>あんたの意見が絶対に正しいとは誰にも言い切れない。
論破されたからと言って、負け惜しみですか。
子供じゃないんだから、具体的に反論をするのですね。


>875
死刑擁護者のほとんどはこのような人間並みの知能を持っていない人間なのが
問題なのですよ。他のまともな死刑擁護者が可愛そうですね。


>「死刑は非」っていうのは「応報刑論」の存在意義を著しく損なうことになるんだよ。
その応報刑罰を否定すべきなのですよ。
それがサド感情を許容する温床になるのです。
私情を刑罰にはさみこむという冒涜行為をあからさまに
おこなうという考えが死刑擁護者の唯一の主張する根拠であり、
簡単に以上のように否定されうるものなのである。
>ここで「一人を殺したヤツ」が無期懲役になったとする。
>じゃ、「二十人を殺したヤツ」はどうするんだよ?同じ刑罰を与えるのか?おかしいだろ。「応報刑論」に背くだろ。
事件の重大性を客観的に差異を設けることを考えるのです。
先に述べたように応報刑という概念では、被害者等の感情によって述べられることになる。
冷静に感情を廃して事件の「何人殺したか」など具体的な客観的な
事例によっ差異を設けるべきである。
無論、被害者と加害者の責任の比較分析の上で刑罰の軽重をはかるのも当然の帰結だが。
>死刑を行わずして、無期懲役以上の刑罰を与えることのできる具体的勘案はあるのか?
>あるんなら、まず言ってみろよ。
だから、無期刑以上の刑罰を設ける必要性はない。
なぜなら、更生させることが究極の目的なのだから。
そもそも無期刑以上の刑を設けるべきと言う根拠の無い
主張はこのように簡単に論破されうるものである。
だからサド感情一つ取り上げただけでも簡単に、
死刑は是であることが否定されるのである。
そもそも死刑は是であるというものを主張する以上、
それなりの根拠をもって主張しなければならない。
死刑擁護者の中にはそれもせず、既成事実や感情論のみによって
死刑を是を主張するという滑稽な光景が見られることになる。
こちらの論理は極めて客観的かつ冷静な論証を行っているのに。

904 :考える名無しさん:01/12/31 20:05
38って真性馬鹿だったのか・・

905 :考える名無しさん:01/12/31 20:26
これもひとつの洗脳のテクニックかもな。
決して自分の非を認めない、自分は正しいから正しいんだ
という立場を堅持し続ける。
心の弱いやつなら騙されるかも。
どっかに一人で監禁されて繰り返し繰り返し38にこの死刑反対論を
吹き込まれれば洗脳されてしまうやつも出てくるかも。

906 :考える名無しさん:01/12/31 20:34
>>903
>その応報刑罰を否定すべきなのですよ。
>それがサド感情を許容する温床になるのです。

応報刑罰を否定するのなら、たとえば
殺人と窃盗に対する刑の軽重はどう正当化するおつもりでしょうか。

907 :考え.無しさん :01/12/31 21:27
なんだか、ある意味で38のレスが楽しみで仕方ない(w
悪いんだが38よ、>>860にレスをくれないか?
今年最後の思い出にするからさ(ワラ

908 :考え.無しさん:01/12/31 21:31

>>860のことね。間違った・・・

909 :38:02/01/01 13:10
>応報刑罰を否定するのなら、たとえば
>殺人と窃盗に対する刑の軽重はどう正当化するおつもりでしょうか。
事件の程度によって差異を設けることがより、公平性を保てるのではないのか?
単なる万引きと殺人と同じ無期刑にした場合、
万引きでとまるところが、口封じに殺人までしでかす可能性が大きくでてくるぞ。


>908
サド感情を持ち出すのが何故いけないのか?
という具体的な根拠が無い単なる煽り同然の中身の無い、
レスにどう返答するのですか?

死刑擁護者は自分達の根拠の無さを自覚もせずに、
洗脳しようとしている。
最後の死刑擁護者の足掻きでしょうな。

910 :考える名無しさん:02/01/01 15:02
>>38
どうして応報刑罰を否定するの?

911 :考える名無しさん:02/01/01 17:12
>>905
私も思ったべ。
流されるままに生きてる心の弱い人なら38の意見が「絶対的」に見えてきて洗脳されちゃうかも

912 :とある会社員:02/01/01 18:03
>>38(883の回答に対して)
 とかく「左翼の方々」は一般大衆を「衆愚」と言いますが、貴方たちは
 その「衆愚」に集る(たかる)寄生虫ではないですか?
 貴方たち「死刑廃止論者」にいつも言っているのですが、そんなに「死刑囚」の
 人権を尊重したいのなら、「死刑廃止論者」が「死刑囚」の面倒を見ればいいのでは?
   私たち「死刑存置論者」は「死刑囚」の処刑に賛成ですし
   死刑囚のために私たちの支払った税金を使いたくないのです。
   ですからまず、この主張を認めていただいて
   @「死刑廃止論者」が「死刑囚」を生かしておくすべての費用を負担する。
   A「死刑囚」が死刑廃止に伴い、有期刑に減刑され出所した場合
     「死刑廃止論者」の家にホームステイさせる。
   B「死刑囚」が再度犯罪を犯した場合、
     「死刑廃止論者」の団体が被害額を無制限に負担。
     「死刑廃止論者」の家族が被害を受けた場合でも「死刑囚」を擁護する
 「死刑囚」など擁護したくない、我々「死刑存置論者」に「死刑囚」のための
  コスト負担を強制するのは、ファシズムではないですか? 

913 :考え.無しさん:02/01/01 19:46
>サド感情を持ち出すのが何故いけないのか?
>という具体的な根拠が無い単なる煽り同然の中身の無い、
>レスにどう返答するのですか?

せっかくレスしてくれたところ悪いが38よ、文章変だぞ・・・。
前半の文と後半の文(?)がかみ合ってなくてわけわからん。句読点の位置も謎。

あと、煽ったのは謝るが、いまだに『サド感情』を多用、連呼する理由がわからな
い。
文の構造が謎のうえ読みづらく、わけわからんので、意見を箇条書きにまとめてほしい。
ヒマなときにでも。敬語と無駄な漢字もひかえてくれるとありがたい。こんがらがるんで。

ま、とりあえず、新年あけましておめでとう。

914 :考える名無しさん:02/01/01 22:58
つかさ、前の方でカキコした者ですが
38を論破(w しても意味ないよ
まともな死刑廃止論者が出てこないと議論にならない

そういうわけでアムネスティの会員
読んでたらカキコきぼんぬ
2ch掲示板はどこでも死刑肯定派が圧倒的
おれらを納得させてこその死刑廃止論だ

915 :考える名無しさん:02/01/01 23:24
 大体世の中人に迷惑かけないで生きる(少しは可)が基本でしょ
その基本も出来ない奴は世の中から出て行ってもらうに限る。
 人を殺した奴が責任とるというのは刑務所に勤めることではなく、
後悔してひたすら経を唱える事でもない、殺した人を五体満足で
生き返らしてはじめて責任を取ったといえるだろ
 ルールも守れず責任も取れないならこの世から去るのみ

916 :考える名無しさん:02/01/02 00:46
死刑囚を単に死刑にするのでなく
臓器提供と言う形で死刑にするのはどうですか?
それだったら死刑制度に賛成できる
 これから犯罪をしようとする人を
理性的志向に持ち込めると言う点でも
抑止効果が結構あると思う。

917 :906:02/01/02 00:46
>>909(38)
>事件の程度によって差異を設けることがより、公平性を保てるのではないのか?

だから、その「程度」を量る基準は何かと聞いたつもりですが。

918 :静流:02/01/02 01:20
罪人(とがびと)に死んでもらったところで、自分の失われた
何かが返って来る訳ではない。
なれば罪人には損益分の労働と束縛を身をもって行ってもらう。
しかしそれは金さえあれば犯罪を侵しても良いという免罪符に
繋がることなのだが……さて?

919 :←よこやり:02/01/02 01:20
一般的な独り言です。
もともとなぜ法律や哲学があるか。。。
本当にいろんな面から語り意見し合うのであれば、各々が日本の法律を趣旨から
理解してなけばならないでしょうね。
じゃないと話がぐるぐる回るだけだと思うよ。

根本的なものはそれはみんな人間の心を良い方へもっていくためじゃないのかな?
・・・って思うけど。
悪いことしてから初めて気づくって人もいる。
死刑になっても気づこうとしない人。これはもちろん死刑に値するだろうね。
死刑が決まって初めて自分の行為の重さを知る人。
体験する前に気づく人と、体験してから気づく人の差異だろうね。
普段でも人間は気づかずに知らずに他人に迷惑をかけていることがある。
それを許しあうのが人間。

自分達も知らない人に知らないところで

許してもらっているのかも知れないよ。。。

920 :とある会社員:02/01/02 15:34
>>919さん(よこやりに横槍)
 「許し合うのが人間」と考えることは貴方の自由。
 さらに、貴方が「他の人間」を許すことも貴方の自由。
 しかし、他の人に「許しあうことを強制する」のはファシズムでしょ?
 38もそうなのだけれど、自分が「死刑囚」を擁護したいのなら
 自分とその同調者だけでやれと言っているの、私は。

921 :考える名無しさん:02/01/02 15:54
38はいわゆる工作員さ。
38は本当は強硬な死刑賛成論者。
この場で死刑廃止論者の典型的なバカ論理を披露して
死刑廃止論はこんなにばかげたことなんだよ、と
本音のところでは主張したいんだよ。

かつて面白いマンガを読んだことがある。
死刑廃止運動を熱心にやってる弁護士がいた。
あるとき、ある凶悪事件の国選弁護人に選ばれて状況証拠的に
真っ黒な被疑者を見事弁護して死刑を免れさせた。
その直後に弁護士は豹変して実は被害者は自分の身内だったことを
犯人に明かし、オマエを弁護したのは復習の機会を国家権力に与えないためだ
と言って被疑者を自ら惨殺する。
死刑廃止運動を熱心にやっていたのも国家権力に個人の復習する権利を
簒奪されないためだったんだと告白する。

922 :考える名無しさん:02/01/02 16:00
↑モチロン復習ではなく復讐です(w

923 :考える名無しさん:02/01/02 16:23
終身刑で十分
 死刑は不要
 誤判の可能性を否定できない以上、
死刑は不可能
 死刑賛成論者は、誤判の可能性を0にする
ような完璧なシステムを構築してから、死刑
賛成と主張すべき
 だと思いまする。

924 :考える名無しさん:02/01/02 17:15
やはり人間にチップでも埋め込みますか。

925 :←よこやり:02/01/02 17:21
>>920さん 初めに言っておきますが私は死刑賛成者ですよ。

>「許し合うのが人間」と考えることは貴方の自由。
> さらに、貴方が「他の人間」を許すことも貴方の自由。

はい、>>919でも述べましたが、これは「一般論」で述べたことですから。

>しかし、他の人に「許しあうことを強制する」のはファシズムでしょ?

そうですね、私も強制は嫌いですよ。何でも強制はいけませんよね。
だから一般論と前置きして、一般的日常的なことで意見を述べたつもりですが。
なぜ、あなたは私の文章から強制してるように感じたのでしょうか?
なぜ、あなたはすぐに私を死刑反対者と感じて決め付けたのでしょうか?

自分の思い込みだけで判断してしまうと、それこそ>>923さんの意見のように
冤罪や誤判がされてしまうことになりますよね?
だから、逆にすぐに死刑にすべきではないと言う意見も横行するのでしょう。

そういう面では、確かにやすやすと死刑反対論を否定することはできませんね。
多角的に捉えないと。

問題は、人間が根本的な原因や真実を見抜けるかどうかでしょう。

926 :38:02/01/02 19:28
>人権を尊重したいのなら、「死刑廃止論者」が「死刑囚」の面倒を見ればいいのでは?
>私たち「死刑存置論者」は「死刑囚」の処刑に賛成ですし
>死刑囚のために私たちの支払った税金を使いたくないのです。
そういう誤った考えをもち無責任な税金を使いたくないなどという
人権無視の衆愚の民衆を教化、構成するのが目的なのです。
あなたのような人々を法によって犯罪者として更生すべきなのかもしれませんね。
そういう風に無責任な態度をとるのなら、
被害者の甘やかして保護する費用をすべてあなたたちが賄うのですね。
こちらはそうなれば加害者の費用をこちらが賄うことになりますね。
加害者に何も手出しはしないようにしてほしいですね。(裁判の過程を含めて)
無論まともな死刑廃止者に対して、あなたの勝手なファシズム的に
税金を押し付けるやり方は民主主義の世の中として
認められることではありませんが。


>いまだに『サド感情』を多用、連呼する理由がわからない。
その理由こそがわかりませんね。具体的な反論が無い以上
何も返答できません。煽りはもっと手の込んだ方がいいと思いますよ。


>だから、その「程度」を量る基準は何かと聞いたつもりですが。
最低、現在の法のを見ると基準が分かりますよ。
それくらいやって欲しいですね。

>自分とその同調者だけでやれと言っているの、私は。
その考え自体が、ファシズム的なんですね。
あきらかにその考えを「強制しているのですから」
民主主義かつ法治国家にいるこの社会で、
強制というものがなければ、犯罪だらけになってしまいます。
ある妥協点を見出さなければならないのが現状でしょう。

927 :考える名無しさん:02/01/02 19:55
>>926
>>自分とその同調者だけでやれと言っているの、私は。
>その考え自体が、ファシズム的なんですね。
>あきらかにその考えを「強制しているのですから」
>民主主義かつ法治国家にいるこの社会で、
>強制というものがなければ、犯罪だらけになってしまいます。
>ある妥協点を見出さなければならないのが現状でしょう。

この部分は論理が破綻してると思う。
ファシズムが悪いのか、強制が悪いのか?
俺は「衆愚」という言葉を多用するやつがファシストだと思う。
それと、「衆愚」という言葉を連発しておいてファシズムを否定し、
民主主義を肯定するあたりも違和感がある。
結論として、>>38は民主主義者の仮面をかぶったファシスト。
よくあることだけどね。

928 :←よこやり:02/01/02 20:50
私は死刑賛成者だけど、38さんの云わんとすることはよくわかるけどね〜。
38さんは頭が良くて根本的にいろんなことを知って見える人だと感じるよ。
法律的なことも知ってるからハイレベルなんだろうね。

>>927さんwrote
>この部分は論理が破綻してると思う。
>ファシズムが悪いのか、強制が悪いのか?
>俺は「衆愚」という言葉を多用するやつがファシストだと思う。
>それと、「衆愚」という言葉を連発しておいてファシズムを否定し、
>民主主義を肯定するあたりも違和感がある。

ずっと読んでると、一番こねくりまわしてるのはあなたでしょ?
いいかげんにしたら?って思うよ。

929 :考える名無しさん:02/01/02 20:57
←よこやり=38

930 :←よこやり:02/01/02 21:02
>38さんへ
私は死刑賛成論者ですけど、あなたの仰ることはよくわかります。
私も本質的に死刑はない方がいいと思っています。
が、現実問題として、どこの世界にもいろんなレベルの人間がいます。
いかにも正義の味方のような振りをして、自分の勝手な思い込みで
平気で誤ったことをする人間もいたりします。自分のエゴだけから
他人に迷惑をかける人もいます。そして死ななきゃわからないような
人間も存在するのはこれまた悲しいかな事実です。
いずれ将来は死刑は廃止されるでしょうが、現時点ではまだまだエゴを
振り回す人間がいる限り、死刑廃止は無理でしょう。
実際、カナダで死刑に相当すべき人間が釈放されてまた殺人を犯したり
した人間もいます。
死刑廃止論よりも、もっと現実的に「精神的におかしい人格障害者を隔離
するような施設とか対応策」を唱えるような社会になって欲しいもんです。

931 :←よこやり:02/01/02 21:03
>929さんへ 私は別人ですよ。
同じ死刑賛成者でもあなたとは考え方が違います。

932 :考える名無しさん:02/01/02 21:09
どんどん気持ち悪くなってくな、このスレ

933 :考える名無しさん:02/01/02 21:10
まったくだ。

934 :考える名無しさん:02/01/02 21:20
>>931
きちんと最初から読んだのか?
その上で、>>38を「頭が良い」だの「ハイレベル」だの言うようじゃ、アホも同然。
私達が>>38のような知的障害者を「おもちゃ」にしてるのが分かる?
面白いよ。君も参加したら?
まあ、彼の日本語の狂いっぷりときたら、幼稚園児同然。「あーだこーだ言う前に日本語直せよ。」って言いたいんだけどね。
それさえ我慢すれば金のかからない遊びだよ。この知的障害者が自殺するか、「論破」って言わせれば私達の勝ち。
面白いでしょ?「論破」って言わせた方が勝ちなんだから。

935 :考える名無しさん:02/01/02 22:09
>>934 確かに38をからかうのはおもろいが
38のカキコはめちゃくちゃなのでからかう以外の意味は無い

このスレでまともな死刑廃止論者は>>923くらい
彼は論拠として冤罪のみを挙げているが、
漏れも冤罪以外のまともな廃止理由が思いつかない
しかし、俺が聞きたいのは死刑廃止論の理念型
死刑をしないほうが死刑をするよりも妥当だという理由を教えてくれ

936 :←よこやり:02/01/02 22:11
>>931
>きちんと最初から読んだのか?
>その上で、>>38を「頭が良い」だの「ハイレベル」だの言うようじゃ、アホも同然。

流し読みだけど、読んだけどねー。
38さんの理論はよくわかるよ。法曹関連の仕事かを勉強してる人なんでしょーねー。
あなたこそ自分の敵対する者に対しては>アホも同然
な〜んてすぐに言うのはどうなんでしょうね?

>私達が>>38のような知的障害者を「おもちゃ」にしてるのが分かる?

要するに目的はそれなんだね。やだな〜。
そういう人間がいるからいつまでたっても世の中敵対ばかりで平和にならないんじゃないの?
理解して歩み寄るってことなど、爪の先も考えないの?

>面白いよ。君も参加したら?

いやだね。

>まあ、彼の日本語の狂いっぷりときたら、幼稚園児同然。
>「あーだこーだ言う前に日本語直せよ。」って言いたいんだけどね。

それってあなたのことじゃ.....

>それさえ我慢すれば金のかからない遊びだよ。この知的障害者が自殺するか、「論破」って言わせれば私達の勝ち。
>面白いでしょ?「論破」って言わせた方が勝ちなんだから。

はあ〜あ。退屈。
あなたってヒマなんだね。

937 :考える名無しさん:02/01/02 22:14
>>927のカキコ
>民主主義者の仮面をかぶったファシスト
こういう類は、昔々だと「スターリニスト!」とかって
罵られたもんだが、きっともう、なんのことよなのよ、なんだろな・・

それはともかく、人道主義者っぽい意見以外は聞く耳を持たないという
「民主主義者の仮面をかぶったファシスト」ってのは
実際よくいるんだぜ>よこやりくん

938 :考える名無しさん:02/01/02 22:20
もいっちょ>よこやりくん
38は要するに、法律(又はその解説書)に書いてある、
って以外のことは言ってないぞ あとは鬼畜とか論破とか、
要するに相手を罵倒してるだけ
日本語読解力をもっとつけようね>よこやりくん

939 :とある会社員:02/01/02 22:26
>>38(926のスレに対して)
 あなたが私の考えを「間違っている」と決め付ける根拠は何?
 あなたにも判るようにもう一度説明するからよく読んでね!
 38の言うように、現行の死刑制度を廃止する場合、我々「死刑存置論者」にとって
 死刑になるべきはずの人間と社会において遭遇しなくてはならないという「リスク」を
 負うわけです。ですからその新たに追わねばならないリスクは
 「死刑廃止論者」たちが負担しろと言っているわけです。
 当然、「犯罪被害者」の損害は「犯罪加害者」が負うべきものです。

940 :とある会社員:02/01/02 22:28
>>939のスレ
X追う○負う

941 :考える名無しさん:02/01/02 22:31
>>939 横槍だが・・・
死刑廃止に反対だから、廃止に伴うリスクは云々とか言い出したら
おらの家の隣に産廃処分場作るのは反対だから税金返せ
etc.で、そもそも行政が成立しないと思われ 気持ちはわかるが

942 :とある会社員:02/01/02 22:41
>>941
 だから、「死刑存置」は国民の過半数の意見でしょ?
 そういった「民意」をも「衆愚」と称して間違いだと
 切り捨てているわけでしょ?38は?(まあ大方「人権狂法曹人」だろうけど)
 民主主義を無視して、独善を押し付けるなら、
 せめて「リスク」は負担しろ!と言っているの!
 死刑廃止の実害は極めて高いよ!再犯率考えてね!
 産廃とかと同値の問題ではないでしょ?治安の問題だろ!
 

943 :死刑の是非はどうでもいいけど。:02/01/02 22:42
いい加減>>38を苛めるのやめなよ。
彼、アホなんでしょ?とっくの昔に気付いてるでしょ?哲学板じゃ常識だけどね。
馬鹿相手に本気になってどうするの?彼のレス見りゃどんな人物かはだいたい見当つくでしょ?
「精神病院で2ちゃんをやってる微軽度の患者 やや分裂症気味」
「中学生の時、左翼教師の「強制連行」「天皇制の歴史」「江戸時代の身分差別」などの話に感銘を受けちゃったヤツ」
「中途半端な知識を持っちゃってる、やや引きこもり気味の高校生 シュミレーション・パズル系のゲームが大好き」
「『資本論』『矛盾論』など左翼系の本を読んで感動しちゃったヤツ」
「2.5流大学在籍の私大生 出席はまめだが成績はいまいち 数学は大嫌い」
「身内に死刑囚、もしくはそれに該当しかねない犯罪者がいて迫害を受けているヤツ」
「3流企業勤務の会社員 典型的な指示待ち人間 同僚とは仕事以外の話が出来ない」
「『自分はIQが高い』と信じてたのに、テストを受けたら95〜110程度の数値しか出ず、『それは間違いだ』と証明するために必死になってるヤツ」
「40代の新聞社勤務のヤツ 窓際族に近い状態 主な業務はは資料室で社史の編纂」
「偽善でボランティアをしてる自称『人徳者』 人に認められないと気が済まない」
「幼い頃に極度の虐待(精神にも)を受けたヤツ 対人恐怖症」
・・・こんなもんか?どうみんな?そして>>38さん?
「全部大はずれです。」なんて言っても無駄。言ったが最後みんなの笑い者だからね。「必死だな、こいつ(藁」なんて言われるのが関の山。
いくら君が発言しようと、非難しようと無駄なの。徒労に過ぎないの。
「死刑に反対」。是非は別として、立派な意見だよ。充分、議論に値するものだよ。それは言える。
でもね、問題なのは、その主張をする立場の人間が「君」って事なんだよ。
十分な知識があって、頭の回転も速くて、相手の意見を謙虚に受け止められて、「できるな」と思わせるような人間が死刑存廃論を語るなら、私達はいくらでも耳を傾けるよ。真剣に考えるよ。
レスを見れば分かるの。本当に分かるんだよ。いくら2ちゃんねらーが、煽り好きで物事を斜めに見るような人間だとしても、そのくらいの目は持ってるの。
それに比べてあなたはどう?言わなくても分かるでしょ?他の人のあなたに対するレスを見ればさ。
もう分かったでしょ。あなたがいくら発言しても誰も誰も誰も誰も聞くつもりはないの。
「私は正気だ、まともなんだ!」っていう人間が正気だったためしがあった?

944 :とある会社員:02/01/02 22:48
>>943さん
 38が納得するまで、書き込み続けるつもりですが何か?

945 :考える名無しさん:02/01/02 22:50
>>942 だから38はよくいる典型的な
「民主主義者の仮面をかぶったファシスト」だよ

それと、賛成するならおまーらだけやればー、ってのは
気持ちはわかるが(再掲)別だよーん 学級会じゃないんだから
説得力ないよーん 実害が高い低いはしょせん程度問題だよーん

一応(w 哲学スレだからね

946 :死刑の是非はどうでもいいけど。:02/01/02 22:53
>>944
止めといた方がいいって。まともに相手をする必要もないでしょう?
歩み寄る事を知らない人間をどうやって納得させるの?

947 :考える名無しさん:02/01/02 22:58
こういうスレは社会世評板とかでやってくれ。
もう目くそ鼻くそ。

948 :考える名無しさん:02/01/02 22:59
>>943 38は「資本論」は読めない(理解できない)と思われ(w
あと、万が一でも「40代の新聞社勤務」はあり得ない(w
いくら新聞社が酷くても、日本語は読めて、普通の理屈は通じるだろ

949 :←よこやり:02/01/02 23:34
>>938
>38は要するに、法律(又はその解説書)に書いてある、
>って以外のことは言ってないぞ あとは鬼畜とか論破とか、
>要するに相手を罵倒してるだけ
>日本語読解力をもっとつけようね>よこやりくん

ご心配どーも。
38さんはね、司法試験に出てくるようなかた〜い論文形式で答えてるんだよ。
だから他の人には難しく感じるんじゃないのかな。
それが司法試験が一般の人には難しいと言われる所以でしょ。
一応、いろんな観点から述べてるとは思うよ。

まあ、こういうところでそういうかた〜い話し方をしても、受け入れられないってのは
あるかもしれないけどね。

だけど、人間誰しも完璧じゃないでしょ。ちっとは話し方がおかしい時だってあるわさ。
あなただって全くないとは言えないでしょ?
そういうのを揚足とって遊んでる方もどうかと思うよ。
わかる人からすれば、わからない人がほざいてるだけ・・って思われちゃうかも。

別に38さんを擁護するわけじゃないけどね。
私は「現時点」では死刑廃止はあくまでも反対だよ。絶対に。

950 :考える名無しさん:02/01/03 00:00
皮肉な書き方をして悪かったな>よこやりくん

でも、38は司法試験に出てくるようなかたーい論文形式で答えてはいないから
難しく感じないし、いろんな観点から述べてはいないよ

俺が言ってるのは、彼は、法律(又はその解説書)に書いてある以外のことは
論拠として何も言ってない イコール 無意味ってことだけで

彼の話し方はちっとおかしいから、彼は完璧な人間じゃないと揚げ足を取って
遊んでるわけではないよ

やっぱり、ちゃんと日本語を読もうね>よこやりくん

951 :考える名無しさん:02/01/03 00:00
おっと、00:00にカキコできたぞ

952 :考える名無しさん:02/01/03 00:02
どーでもいいけど次スレは作らないでね。
板違いだし。

それとできればsageでやって。
板違いスレばっか上がってるとウザイから

953 :考える名無しさん:02/01/03 00:03
承知>952

954 :考える名無しさん:02/01/03 00:08
>38
38氏「その応報刑罰を否定すべきなのですよ。それがサド感情を許容する温床になる
    のです」。
私  「応報刑罰を否定するのなら、たとえば殺人と窃盗に対する刑の軽重はどう正当化
   するおつもりでしょうか」。
38氏「事件の程度によって差異を設けることがより、公平性を保てるのではないのか?」。
私 「だから、その「程度」を量る基準は何かと聞いたつもりですが」。
38氏「最低、現在の法のを見ると基準が分かりますよ。それくらいやって欲しいですね」。

なんだか拍子抜けだね。何も知らないで書いてるのがよく分かる。
「現在の法」は、刑罰の正当化根拠としては相対的応報刑論(応報刑論と予防論の併合)
が通説。よって、応報刑論を否定するあなたは、「現在の法」を基準に求められないはずだよ。
刑法入門を見ると分かりますよ。知ったかぶりする前に「それくらいやって欲しいですね」(笑)

955 :考える名無しさん:02/01/03 00:15
>>954 そのとおり 刑法の入門書に書いてある
>「現在の法」は、刑罰の正当化根拠としては
相対的応報刑論(応報刑論と予防論の併合)

956 :とある会社員:02/01/03 00:15
>>38
他の人間がどうこう言っても仕方ない!
 38自身が出てきて話せ!
 運がいいことに私はたいていの法律書なら持っている。
 ちゃんと貼り付けて反論してやるから、本の題名を書け!

957 :うさこん:02/01/03 00:42
>>38
私情を廃して刑罰を決めるというのは、なんとなく正しい事のように思われますが、
そもそも私情があるからこそ刑罰が設けられたのではないでしょうか?
もし、法律に私情を全く関わりを持たないとするならば、法律または刑罰の存在の意味は
あるのでしょうか?
確かに客観的に見るのは必要な事だと思いますが、多少、客観的・冷静的に見過ぎる点
があり、結局偏った意見になってしまっていると思います。

ところで、少し話は変わるのですがビンラディン氏もやはり死刑では無い方がよろしいのでしょうか?
戦争反対の方達はよく見かけますが、あのテロ事件に関しては死刑反対の声が聞こえません。
更生させるといっても宗教で植え付けられた思想はそう簡単には変えられないと思います。
では、回答をよろしくお願いします。

958 :  :02/01/03 02:43
やっぱり、←よこやり=38だろ。
>>926>>936 >>949あたりを見比べると同一人物の文章に見える。
司法試験のような文章とか言ってるからおおかた万年司法浪人じゃねえか。
たまたま司法試験スレと哲学スレは上下に並んでるから
このスレに目が止まってヒマツブシにしつこくレスつけてんじゃねえのか?
それもぜんぜん説得力のない論理で。
そんなんだからいつまでも論文試験にも合格できないんだろ。

959 :考える名無しさん:02/01/03 02:46
>>935
 自分は923その他で、死刑を廃止すべきだということを言って
きました。
 死刑を廃止すべきだという主張に関する理念をお聞きになりたい
ということなので、自分なりに考えてみました。
 簡単にしかかけませんが、自分が死刑に関して根本的に思うところは、
結局は死刑に値すると認定された人間と国家が同じことをしているので
はないか、ということです。もちろん、国家が死刑を認定するには、様様
な法的な手続を要する、したがって、死刑に値すると認定された人間がな
したことと国家が死刑を科することは違う、ということも分かっています。
 ただ、こういう考えが頭をよぎるのです。様々手続を踏むが結局やって
いることは同じじゃないか、と。
 やるな、といっているほう(国家)がやるなということをやっていていいのかと
思うのです(もちろん刑法典には犯罪をやるなとは一言も書いてませんが、
ここは突っ込まないでください)。
 これが、自分が死刑は廃止すべきだと考える理念みたいなものです。
 もちろん、現行法の無期懲役では不十分だと思いますので、代わりにとりあえず
終身刑を導入し、その後よりいいものがあればそちらに移行すべきだと考えてます。

960 :考える名無しさん:02/01/03 03:01
別スレよりコピペ

死刑をなぜわざわざ廃止すべきなのか、の説得力のある答がでてこないじゃん?このスレにしても類似スレでも。

冤罪だったら説
  じゃあ冤罪防止措置をもっと積極的に運動したら?どうもそのへん興味ないみたいじゃん。

死刑は残酷刑である説
  判例では残酷とはなっていないし、大多数の国民がそう思っていない。首吊りが残酷なら筋弛緩剤注射でもいいのでは。

自分が冤罪で死刑宣告されたらどうすんねん説
  説ともいいがたい。他に理由ないから結局コレ主張かよ、みたいな。理知的な対応を望みたい。

どんなに法律を変えても100%はない説
  世を儚んで出家しましょう

961 :考える名無しさん:02/01/03 03:04
>結局は死刑に値すると認定された人間と国家が同じことを
>しているのではないか

難しい問題だと思うな。
近代国家というものはあらゆる宗教的規範から解脱して
すべての規範を絶対的に国家が創造するという側面がある。
当然、人間の生死に関わる事柄についても。
なので、そういう根源的、極限的な事柄については常に国家権力の
正統性というものが問われることになるだろう。
国家権力の正統性を極限まで問うた限りにおいて死刑を是とするか、
極限まで問わない代わりに極限状況において国家は判断保留するか、
いずれかになるだろう。
仮に死刑を是とするにしても死刑囚に神の如く刑罰を与えるので
あるからそれなりの覚悟をもって臨まねばならないだろう。

962 :考える名無しさん:02/01/03 03:13
>結局は死刑に値すると認定された人間と国家が同じことを
>しているのではないか

よくある廃止派の主張だが、めちゃくちゃな論理
空を飛んでれば、トンボ、蝶ちょも鳥のうちか?
誘拐監禁と禁固刑はオンナジかっての?

963 :考える名無しさん:02/01/03 03:35
>>961
現行法において死刑に正当性が与えられるのは、主権を持った国民の
多数が死刑を是としている、若しくはそうみなされているからですね。
 とすると、結局は、人が人の生死を決定することができるか、という
ところに行き着くのでしょうかね。そんな気がしました。

>>962
 確かにそうですね。でも、ちゃんと違うって書いたんですけど。
でも、逮捕監禁と禁固刑って本質的には同じだと思いますよ。ただ、
どこまでが許されるか、という問題だと思うのです。禁固刑は許さ
れると考えますが、死刑はどうかと思うのです。

964 :←よこやり:02/01/03 05:10
>>958
>やっぱり、←よこやり=38だろ。
違うよ〜って言ってるのにわからない人だね。
そうやって物事を狭い範囲で見てるから他人の意見がわからないんじゃなの?
>>>926>>936 >>949あたりを見比べると同一人物の文章に見える。
>司法試験のような文章とか言ってるからおおかた万年司法浪人じゃねえか。
それあなた自身のことじゃないの?
私は司法浪人なんかじゃないよ。目指してもいないし受けてもない。
でも、早稲田セミナーに少し行ってたことあるよ。論文試験では合格圏内に入ってたよ。
仕事が忙しいのでやめたけど。あんたよりはましだと思う。
>たまたま司法試験スレと哲学スレは上下に並んでるから
>このスレに目が止まってヒマツブシにしつこくレスつけてんじゃねえのか?
それあなたのことでしょ。
>それもぜんぜん説得力のない論理で。
それあなたのことよ。
>そんなんだからいつまでも論文試験にも合格できないんだろ。
私は司法浪人なんかじゃないよ。目指してもいないし、受けてもないからね。
けど早稲田セミナーに少し行ってたことあるよ。
セミナーの論文試験では最初から合格圏内に入ってたよ〜ん。
そんなこと言われて、びっくり〜!笑っちゃったよ。
本業の仕事が楽しいので途中で通うのも目指すのもやめちゃったけどね。

958さんってなんかかわいそうな人だね。あなたのこと哀れに感じるよ。
幸せな人生歩んでね〜。
あなたみたいな人が死刑反対って唱えても、それこそ説得力ないよ。
だって、小さな視野からしか見てないって感じるもん。
むしろ、38さんの方が説得力あるね。
私は死刑賛成者だったけど、ちょっと思考が変わってきた。
まあ、びみょ〜なところだけどな〜。

965 :←よこやり:02/01/03 05:13
>>964で文章が二重になっているとこ、あるけどごめん、許してね。
あとで消すの忘れた。。。

966 :隊長:02/01/03 05:39
           お知らせ

我が1000取り隊では、やる気有る無しにかかわらず
新規隊員を大募集しております。
あなたも、我々1000取り隊と共に日々1000取りタイミング
を磨き1000取りの喜びを分かち合いましょう。
練習はどのスレで行ってもかまいませんが、我々の
攻略目標は「もの凄い勢いで誰かが質問に答えるスレ」
です。このスレが1000に届きそうになったときはここに集結
してください。
なお、見事に1000をゲットすると隊長より素晴らしい?プレゼントが
あるものと思われます。

入隊条件は特にございません。

                                  以上

                            1000取り隊 広報部

967 :考え.無しさん:02/01/03 11:28
煽りヌキで、38の文章が理解できん。
哲学やら法律やらの前に、国語を勉強すればよかったのに。

あと、よこやりだか投槍だかって人。

>38さんはね、司法試験に出てくるようなかた〜い論文形式で答えてるんだよ。
あんな文章が司法試験に出てくるわけないっての。
助詞も指示語もめちゃくちゃな司法試験?(w
早稲田セミナーはどんな試験したのやら。

>>いまだに『サド感情』を多用、連呼する理由がわからない。
>その理由こそがわかりませんね。具体的な反論が無い以上
>何も返答できません。煽りはもっと手の込んだ方がいいと思いますよ。

『わからない』=反論だと決め付ける38、ブラボー。
質問を煽りと決め付ける38、ナイス!

・・すんません、ホントの煽りくさくなってしまった。

968 :考える名無しさん:02/01/03 12:14
死刑にすることで、その費用で他の人間が救えると考えれば
合理的です。極端になりますが、死刑囚になるべき終身刑の囚人
をまかなうお金を貧しい国に食料として与えれば、より多くの
人間が助かるので、こちらのほうがよっぽど良いです。

死刑制度廃止云々というよりも、死刑に値するような犯罪を犯さなければ
いいだけのことです。

969 :考える名無しさん:02/01/03 12:33
しつこい引用と相手に対する罵倒、
法律とか司法試験をだせば相手を煙に巻けると考える単細胞

何よりも相手が言ってないことを勝手に書いて
それに対して批判する=国語力0など等

よこやりと38は、驚くほど良く似てる!

ゴミレスすまそ

970 :死刑の是非はどうでもいいけど。:02/01/03 13:00
>>よこやりさんへ
>>38の書いている内容は「司法試験の様なかたい論文形式」って君は言ったけど、本気でそう思う?
悪い事言わないから、彼の文章を読み返してみなって。
句読点おかしいでしょ?「てにをは」もおかしいでしょ?漢字も微妙におかしいでしょ?自分に都合の良い法律の一部分だけを持ち出して、類推解釈までしてるでしょ?
「主観論」を主張の根拠として「客観的な主張」と断じてるでしょ?法律を大して理解してないでしょ?論理的整合性が見いだせないでしょ?明らかに「左寄り」でしょ?
・・・どうみても「大したヤツじゃない」でしょ?彼が司法試験の論文を書いてみ?真夏の暑い盛りにさ、彼の駄文を読まされる年寄り試験官の身にもなったらどうよ?
そもそも「論破」だよ、「論破」。こんな掲示板の一部の板の、一部のスレッドの中で「論破」なんて言って得意になってるんだよ?いかにも頭悪そうでしょ?社会適応能力が低そうでしょ?
そういう事。彼がいくら「死刑は非」なんて言っても、なーんにも変わらない。「論破」っていっても誰も何も気づかない。
彼のような人間がいくら集まったところで、何が出来るの?日本語すらおぼつかないのに。

971 :考える名無しさん:02/01/03 14:22
だから馬鹿な奴には馬鹿な奴しか近寄って来ないって事が実証された良い例ですね

972 :考え.無しさん:02/01/03 18:58
次のスレどうする?

973 :考える名無しさん:02/01/03 20:11
もうあおりとアポーな意見に付き合うのはかったるい

974 :考える名無しさん:02/01/03 22:32
>>972
パート2あれば暇潰しにはなるんだけど嫌がる人が出てくるだろうね

975 :考える名無しさん:02/01/03 22:52
命の問題とからめて 俺は法律スレよりこっち(哲学スレ)でやりたいんだけどなー

976 :考える名無しさん:02/01/04 00:24
38が出てこなければまともな議論になるのだから
38禁止にしてパート2を作ればいい

977 :考える名無しさん:02/01/04 02:30
721 :38 :01/12/25 16:44
729 :38 :01/12/25 19:03
738 :38 :01/12/26 12:16
743 :38 :01/12/26 13:24
744 :38 :01/12/26 13:27
747 :38 :01/12/26 14:02
750 :38 :01/12/26 14:32
752 :38 :01/12/26 14:35
753 :38 :01/12/26 14:36
755 :38 :01/12/26 14:38
757 :38 :01/12/26 14:40
760 :38 :01/12/26 14:42
761 :38 :01/12/26 14:44
764 :38 :01/12/26 14:48
765 :38 :01/12/26 14:49
767 :38 :01/12/26 14:52
786 :38 :01/12/27 12:10
812 :38 :01/12/28 19:21
841 :38 :01/12/29 13:33
843 :38 :01/12/29 13:38
856 :38 :01/12/29 16:58
883 :38 :01/12/31 16:04
903 :38 :01/12/31 18:14
909 :38 :02/01/01 13:10
919 :←よこやり :02/01/02 01:20
925 :←よこやり :02/01/02 17:21
926 :38 :02/01/02 19:28
928 :←よこやり :02/01/02 20:50
930 :←よこやり :02/01/02 21:02
931 :←よこやり :02/01/02 21:03
936 :←よこやり :02/01/02 22:11
949 :←よこやり :02/01/02 23:34
964 :←よこやり :02/01/03 05:10
965 :←よこやり :02/01/03 05:13

どう見ても、38=←よこやり。
毎日何度もキショイレスをつけていた38が消えて代わりに←よこやりが現れた。
こんなキショイレスを付けられるやつはそうそういない。

978 :考える名無しさん:02/01/04 13:17
>>976
38(=よこやり)専用のパート2と、38(=よこやり)禁止のパート2とを作ればいい。

979 :828:02/01/04 13:30
そんなに嫌なら発言を無視すれば事足りると思うのだが。

980 :考える名無しさん:02/01/04 13:55
>>979
いや、発言を無視して放置したら、なんか「論破」されたコトになるらしいのよ。(藁

981 :考える名無しさん:02/01/04 15:19
ネカマっつーのがまたキショいネ

389 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)