5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

創価学会功罪の“功”を語ろう

1 :アルフ:2000/08/01(火) 03:25
えー、創価学会とは一体何か。池田大作という人物は何者か?
これらをより正確に考えるためには、創価学会の功罪、両面に
ついて可能な限り検証すべきだと思います。
そこで、このスレッドでは、創価学会の功の部分に焦点を当て、
いろいろと考えたいと思います。

現役創価学会員の方、元創価学会員の方、全く学会とは無関係な方、
それぞれ、良いと思う部分について、紹介したり、
語ったりして下さい。なお、事実だけを紹介するのではなく、
できるだけ、「この事実はこういう面で良い」という意見を
つけてみて下さい。どのような評価でその事実の情報を
紹介しようと思ったのか、そのことを他の人々に知らせねば、
その情報をどうとらえて良いかわかりませんから。

なお、このスレッドでは、私は純粋に創価学会の功を理解して
いただくという立場で、発言をします。ひとつくらい、
このようなスレッドがあった方が、議論が盛り上がるでしょ?

2 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 03:29
どうせ、大作が朝鮮人だと、抜かす輩が出てきて終りですよ

3 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 03:29
7月27日の聖教新聞の「UNHCR国連難民高等弁務官事務所から感謝盾」
とか、だれか語るかと思ってたけどね・・・。誰も言わなかったね?

4 :3>2:2000/08/01(火) 03:30
そりゃあ、2CHだもん。そんなのはどの板にもごろごろいますよ(笑)

5 :アルフ:2000/08/01(火) 03:39
例えばですね。
田舎の村社会の見えない圧迫感に嫌気がさして、都市部に移住して
来た人々の孤独感を癒す効果があった、とか。
刹那的になり、無気力になりそうな人々に生きる目標を与えた、
とか、ですよ。
そういうことは、決して否定できないと思います。

もちろん、上記に例えとして取り上げたものにも、功罪の罪は
伴います。しかし、あえて、ここでは、功罪の功を語ろうと
思うのです。それによって、批判すべきもの、評価すべきものが、
明確になるのでは?と、思う次第です。

6 :波木井坊竜尊:2000/08/01(火) 03:41
           ・・・・・         ・・・
やはり功と言いますと、昔の学会は、社会的弱者の味方だった、
というところでしょうか。

伝統仏教というのはどうしても差別的にです。血というものが、
やはり大きい。

学会は、そういう部分を打破しましたよね。まあ昔のことですけれども。

共産党が大衆から遊離したように、学会もここ10年で民衆から遊離した。
残念なことですが。(苦笑)

7 :アルフ:2000/08/01(火) 03:42
なお、学会から私に金が出たわけではありません。
あははは。
出ていたら、ネット上の学会批判者の各個撃破と、
学会員の議論能力向上教育に力を注ぎます。念のため。d(^-^)

8 :波木井坊竜尊:2000/08/01(火) 03:49
それと友人葬もね。評価していいんじゃないでしょうか。葬儀に
お金がかかりすぎる。これは誰もが感じていることです。

後、戒名の問題とか。

うちの波木井の本家は”信男・信女”なんですよ。御祖様御廟所を700年
護った家系だけど、大居士・大姉”なんてたいそうな戒名はつけません。

それは最近、”なんとか大院なんとか大居士”とかすごいですよね。

しかし最近の学会員さんおとこの葬儀みてもきんきらきんの御袈裟きたお坊さん
きて、色花いっぱいあげて、戒名つけちゃうのが多くなってきましたね。

あれじゃあ日蓮宗の葬儀といっしょですよ。まあ昔の学会さんは、良かったと。(爆)

9 :波木井坊竜尊:2000/08/01(火) 03:54
後、なんとか会館ね。あれも良かったよ。(過去形)

即道場という思想というか理屈があってね。講の近代化という面からも
評価できたんだがね。

今は、山号・寺号つけちゃう。あれじゃあ、日蓮宗となんらかわらん。(爆)



10 :波木井坊竜尊:2000/08/01(火) 04:03
後ね。最初の頃の学会さんの墓地分譲価格はかなり安かったハズですよ。
寺院なんかが分譲する価格の2〜3割は安かったと聞いている。

それがいまじゃあ、ほとんど価格差はないでしょ。そりゃ墓地の維持管理には
金がかかるわさ。

学会があれだけの財力あるんだから安く墓地分譲をすべきだよ。そうなれば、
全体の価格が下落する。そういうマーケット影響力があるハズだよ。


ま、学会も既成化しちゃったらしいからなあ。(爆)もう期待していないけどね。(苦笑)

11 :>9:2000/08/01(火) 10:09
>今は、山号・寺号つけちゃう。あれじゃあ、日蓮宗となんらかわらん。

会館にそんなものつけてません。つけてるのは、国内に2つか3つある、会館寺院だけです。

12 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 10:54
こんなところにも波木井の本音が出ているな。
何が何でも学会を非難して日蓮宗を持ち上げたいという我欲が
バレバレ。
せっかくお仲間のアルフくんが罠かもしれんが学会の良い点を
語ろうとやっているのにぶちこわし。
打ち合わせが不十分だぞ。(笑)

13 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 11:04
この波木井ってどこにでも出てくるなあ。
坊さんなら寺にこもっていればいいんだよ。

14 :倒木:2000/08/01(火) 11:10
同じ目標(夢)を持つ同志が数百万人いるという結託感が得られる事と
大きな柱が支えてくれるという安心感でしょうか?そこからくる同志へ
の気遣い(近年見られなくなってきた近所付き合い、1人暮らしの人でも
病気になったら地区の方が車で病院に運んでくれたり)。
昔の日本にあった「隣組」のような互助機能が功だと思います。
ただ、その「功」に生理的嫌悪感を抱く者もいますね。

15 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 11:22
会館と会館寺院って何が違うの?(笑)>11

16 :>15:2000/08/01(火) 11:57
無知なヤツは書き込むな!!

17 :>16:2000/08/01(火) 12:00
別にいいじゃん。疑問は聞くべきさ。

18 :>17:2000/08/01(火) 12:21
疑問をきくだけならいいが、15はからかってるだろ!

19 :佐田和成@本物。:2000/08/01(火) 12:23
>16
非学会員の学会に関する無知を1とするなら
学会員の外の世界に関するそれは100以上である。

20 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 13:05
学会には縁もゆかりもないですが彼らををエライなと思うのは、
必ず投票に行くこと。巷間いわれるその目的や手段などなどはこのさい
際度外視して、内部で継続的にコツコツ票を積み重ねてきた地道な努力、
それだけは敬意を表さねばならないと思います。

21 :つばさ:2000/08/01(火) 13:13
一人一人に真剣な眼差しで語りかけてくること。
あくまでも一人一人の可能性を追求しているところ。

彼らの激励によって人生をやりなおした方は多数存在
することも無視できませんね。

22 :倒木:2000/08/01(火) 13:24
強い意志(功徳への願望/罰への恐怖/受難者であるという確信)を持っている事ですね。
最近の若い方々が道端に座ったりして「疲れた/めんどくせー/やる気無い」とか
「人生なんか知らねーよ/てきとーでいいよ、てきとーで/どうせ何も変わらないし」という
無気力的かつ受動的な風潮である中、能動的(攻撃的)で グイグイ前に進む姿勢は
ご立派だと思います。行動エネルギーですね。 疲れているけど会合には行く
病気だろうが題目は上げる、眠いけど勤行をする。目標(王仏冥合/広宣流布)を
持ちその達成を確信している姿も立派ですねぇ。ただ、内面的主体性への追求が疎かに
なってしまいがちですよ、と少し不安でもあります。

23 :>21のつばさ氏:2000/08/01(火) 13:32
>彼らの激励によって人生をやりなおした方は多数存在
>することも無視できませんね。
反創価の俺から見てもこの意見は大筋で認めてもいいと思う。
学会にとって痛いのは、一般社会と協調していける真面目な学会員が
その普遍性ゆえに目立たず、逆に狂信的な学会員の横暴振りのみが
衆人の目に留まってしまうのではないかな?

24 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 13:36
公明党の存在が日本の政治が完全に腐り切ってる事を教えてくれました。
僕の周りの政治に無関心だった連中も選挙に取り敢えず足を運ぶ様になりました。

25 :おめおめ:2000/08/01(火) 14:01
天下無敵の反面教師

26 :おめおめ:2000/08/01(火) 14:17
いかに崇高な理念や信条であっても運用する側の知性と理性に
よって毒にも薬にもなるということを教えてくれたこと。

絶対正義である教義をもってしても2チャンネルに出没する
言論(失礼。論はなかった)テロリストたちの人格一つ矯正
出来ない→宗教では万民を正しく導くことが出来ないという
ことを存在そのもので証明してくれたこと。

27 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 14:20
万民を正しく導くにはどうやればいいの?

28 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 14:34
地域的な助け合いのシステムは高齢化社会には向いているが、強い共同体意識は若い人の流出を招きやすい。
信仰者の強い意志は認めるが、この手の組織は最高責任者を絶対視するとファシズムになりやすい。

知人の学会人でけなげに努力している奴がいたから、なんらかのすごさがあるのだとは思うし、認めたいと思う。とにかく自分の可能性にかけてる奴は宗教をやっていようがいまいが魅力的だと思う。自分は信仰は特にしていないが、怠ければ常にそう言う奴らに負けると思って努力している(つもり)。(負けて創価の奴に侮辱されたくないからね、そう言う意味では学会の存在は功だとおもう。でもあんまし政治に口出さないでね。)

29 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 14:36
喪家は恥垢

30 :おめおめ:2000/08/01(火) 14:41
>27
万民を正しく導くなんて幻想を持ってはいけない。もちろん
そうあるべきという理想は必要だがそりゃ無理だ。すべての人間
が唯一の価値観を正と判断しすべての人間が同じ方向に向かう
なんてことはありえない。ありえないからこそ最大公約数の幸福を
追求するために民主主義というものが不完全ながらも現状存在
する制度の中でもっとも優れたものとして存在している(これ
を宗教の価値観の絶対性が否定するならばやはり民主主義を
理解していないことになる)



31 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 14:56
戦後日本の左傾化を防いだこと。
これが現在共産党との対立の遠因になっている気がする。
当時九州の炭鉱で暮らしていた方から伺ったが共産党系
労組からの圧迫もあり(他にも原因はあると思うが)関
西に引っ越してこられたそうな。
ここで騒いでいる喪家は苦労知らずのアマちゃんではな
いかな。

32 :27:2000/08/01(火) 15:03
>30
まったく正論だと思います。
いや、万民を正しく導く方法があるとお考えな方なのではないかと思ったものですから。
大きな誤解であったようです。お詫びいたします。

33 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 15:20
仏法思想とは民主的なものだよ。
勉強してからカキコしようね。

34 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 15:24
思想は民主的だとしても実態としての組織に民主的なるものが
全く見えてこない。
だが組織力は民主的な組織よりはあると思う。怖いなあ。

35 :社民党支持者:2000/08/01(火) 15:24
わたしは、31さんとは逆に、戦後日本の右傾化を防いだ点が功績ではないかと考えます。
かれらが護憲・平和を一貫して主張してきたことは事実ですし、現に、70・80年初めごろまでは、
革新の勢力維持という点では、彼らの存在なくしては考えられなかったのは事実です。
最近の彼らには、盗聴法や国旗・国旗法に対する対応に見られるように、失望させられることばかりですが、
それでもなお、自公の連立は、自民党が正面から改憲を唱えたり、靖国国家護持を唱える事への抑止力として、
意味のないこととは考えていません。もっとも、この最後の点については、ゴリゴリの保守の方は正反対の
考えをお持ちのことでしょう。

36 :おめおめ:2000/08/01(火) 15:36
>33
創価学会員は自己の実体験を根拠に「この教えが絶対に正しい
と確信をしております」という発言をされ、かつこの考えが
創価学会のマジョリティとなっているようですが絶対正義を
掲げる信仰、団体のどこが民主的なものかを具体的に教えて
頂きたい。また仏法思想は民主的という以上はきちんと
民主主義を理解したうえでの見解でしょうから仏法思想と
民主主義の整合性についてのあなたの見解が聞きたい。
私は絶対正義を主張する思想は根本的に民主主義と相容れない
ものである旨を2週間に渡り問いかけてきたがいまだに
日本語として成立しうる、論点にきちっと対応したまともな
回答をもらったことがない。さあどうですか?勇気と誠意が
あったらなんか意見を述べてみてはどうですか?

37 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 15:41
ゴリゴリの保守で通していたのですが、公明党が擦り寄った
(というより自民党との相思相愛か?)ために保守のお城か
ら逃げてきました。
創価学会が一貫して右傾化に歯止めをかけていたというより
右や左へ乗り移っていた結果として大きく左にぶれなかった
のではないでしょうか。ですから社民党支持者さんの仰る右
傾化の抑止力になっていたとも言えるでしょうね。
これは旧社会党にも言えることだと思います。

38 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 15:53
個人の宗教(絶対正義)と、社会体制としての民主主義は共存できる。
整合性はあるだろ。>おめおめ君

39 :社民党支持者:2000/08/01(火) 16:00
>37
確かに、公明党の無定見、もとい、機を見るに敏いことについては、いわゆる自公民路線のころから
歯がみさせられていました。
左にせよ右にせよ、政治の先鋭化を防いだことが功績なのかもしれません。
旧社会党が極左化に対する抑止力であったとの指摘は確かにそうですね。
村山政権時に、俵孝太郎氏が自由新報紙上で同趣旨の発言をしていたのを読み、
なんだかむかついたことを思い出しました(苦笑)。
村山政権崩壊以降、いいことなしだな社民党。辻本嬢に育ってもらわねば・・・


40 :倒木:2000/08/01(火) 16:02
>36おめおめさん
このようなページを見つけてきました。 ただ、検索エンジンでヒットするのは
創価学会か日蓮系ばかりです(苦笑)他の仏教諸派の方々のは見当たらないです。
「民主主義と仏法」
http://www.bekkoame.ne.jp/~chumarux/zuihitsu.htm
「第三の大学……創価大学 激動の現代を生きる若者の論理」
http://www.asahi-net.or.jp/~kd6k-ymmt/daisa.html
「民主主義と宗教」
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/8451/sekai/minsyusyugi.html
「学会僧七名による「諫暁の書を」粉砕す」
http://www.fsinet.or.jp/~shibuken/SHIRYO/230.htm
「一念三千情非情にわたるを明かす」
http://www4.justnet.ne.jp/~bekkann/kang0040.htm
「学会が果たした今日的意義」
http://www.sokagakkai.or.jp/html6/Shiten/watashino-b6.html
「公明党の動き(基本データ含む)平成12年6月3日」
http://village.infoweb.ne.jp/~t5588/koumei.html
「釈尊の解」
http://www.urban.ne.jp/home/josame/osmnin11.htm
「平等とは」
http://www.alphatec.or.jp/~tochihal/hed29.htm
「公明党結党宣言/綱領」
http://www2.odn.ne.jp/~cae02800/jp/material/koumeichar.htm
【池田先生のご指導】
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/jinken/sinjitu/Bkingenkousatu.htm
「離山の書」
http://www.nichiren.com/rizan.htm
「全国地区壮年部長会へのメッセージ」
http://www2.117.ne.jp/~nakatyan/data/sounenbutyou.html
「創価学会音楽隊」
http://plaza27.mbn.or.jp/~onoakihiro/ongakutai.htm
「第24回「SGIの日」記念提言-2」
http://www.ne.jp/asahi/uss.enterprise/jean-luc-picard/Renaissance/contents/Renaissance/99sgiteigen/99sgiteigen2.html
例外「親鸞の解」
http://www.urban.ne.jp/home/josame/osmnin9.htm

いずれも「民主主義」「仏法」でひっかかったものです。
創価学会では「仏法民主主義」と言うようですが・・。

41 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 16:05
公明党は貴重な中道政党です。

それにしても土井、福島、辻本、なんか社民党で有名なのは女ばっかりになっちゃったな。

42 :倒木:2000/08/01(火) 16:08
>41さん
中道とはどういう意味かよく解らないのですが。
国語辞典のうちどれが公明党にあてはまりますか?
ちゅうどう ―だう 【中道】
(1)一方に偏らず、穏やかなこと。中正の道。「―を歩む」
(2)目的を達しないうち。中途。半途。途中。なかば。「其業―にして敗ぶれたり/日本開化小史(卯吉)」
(3)富士参詣の登山者が、富士山の中腹をめぐること。「―めぐり」
(4)〔仏〕 仏教の基本的教義の一。両極端に偏らないこと。対立する見解や態度を克服した立場。
   対立の内容については、快楽主義と苦行主義、自己を永遠とみる常見と死後はないとする断見、有と空、
   空と仮など、教派によって諸説がある。

43 :>42:2000/08/01(火) 16:16
選ぶとすれば、4でしょう。
国政の場では右でも左でもないという意味も加わりますが。

44 :倒木:2000/08/01(火) 16:20
>43さん
>対立する見解や態度を克服した立場。
これに該当すると思いますか? 僕は漠然としてよく解りませんので
中道とは断定できません。断定できる根拠を知りたいと思います。


45 :倒木:2000/08/01(火) 16:22
こくふく 【克服】
(名)スル努力して困難な状態を乗り越えること。「悪条件を―する」
つまり、克服したとなると。客観的に対立した見解や態度を乗り越えた(完了形)
となるので、具体例などがあれば 理解できると思います。


46 :>45:2000/08/01(火) 16:28
現実の政治は妥協とか話し合いですから、そんなにきれいにはいかないでしょう。
でも目指すのは、ナショナリズムでもファシズムでも共産主義でもない、中道路線てことてす。

47 :倒木:2000/08/01(火) 16:36
>46さん
厳密に中道と断定・断言するならば「完了形」でなければ
いけないのではないでしょうか? 克服した後に「中道政党である」と
宣言するならば賞賛するでしょう。
と・・・話が「功」からずれましたね。
功の部分、公明党から探し出してみます。

48 :社民党支持者:2000/08/01(火) 16:37
横レスですまんが、ムズカシイ言葉で言うと、アウフヘーベンですな?
たしか、「第三文明」というのは、左右両翼を止揚する立場というのを聞いたことがある。
わたしははっきり「左」なので、別に止揚してくれなくてもよいのだが。

49 :>47:2000/08/01(火) 16:41
断定・断言というか、理念を掲げて「中道」というのはかまわないし、あたりまえのことだとおもいますよ。
それに対して実体がちがうという批判があれば、それはそれとして受けますけど。


50 :倒木:2000/08/01(火) 16:42
>社民党支持者さん
しよう ―やう 【止揚】
(名)スル〔(ドイツ) aufheben〕ヘーゲル弁証法の根本概念。
あるものをそのものとしては否定するが、契機として保存し、より
高い段階で生かすこと。矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通
じて発展的に統一すること。揚棄。アウフヘーベン。
http://www-miyakelab.mp.es.osaka-u.ac.jp/morita/philosophy/modern/existentialism.html

つまり未来完了形なんですか???(難しくてよくわかりません)

51 :>48:2000/08/01(火) 16:43
そうですね、右でもない左でもない、第3の中道文明という意味ですね。

52 :倒木:2000/08/01(火) 16:47
>49さん
そうですね。理念と実態が違えば「批判」されますね。
ただ、理念と断言・断定では違いますから「〜である」と
する場合、具体的な根拠を提示していただかないと外部としては
解りにくくなる事もご理解ください。 理念は理念で立派だと思います。
ただ、国語辞典の(4)を解釈する場合【教派によって諸説がある】と
されているので、普遍的価値(絶対的価値)を持たないとの疑惑も出ます。
主観的な中道?と誤解されないような行動を公明党がとっていると信じます。
というか、全然公明党に詳しくないので(何も伝わってこないので)解りません。
公明党のホームページ見たほうが早いですか。

53 :おめおめ:2000/08/01(火) 17:10
>38
民主主義が個人の信仰を保障するするという関係においては共存しうる。
これは私の過去の見解を見ていただければ判るはず。
では宗教が民主主義の運用者になった場合になお民主主義の体を成すか。
過去レスですまんがこの点については
<民主手続きに則った決定がなされた場合どちらを優先するか>
ということで私見を述べさせて頂いています。

−以下−
>次の答えについてはまず日本語から始めましょう。
>私は「民主的な手続きを経た上で」と言っている以上民意の
>反映としてすでに憲法改正までなされた状態を仮定しています
>(極端な仮定ではありますが)議論の最中まで反対するのは
>当然ですし、そこで反対意見を述べる権利は死んでも保障さ
>れなければなりませんが「いったん民主的手続きを経た後に
>出された決定事項には従う義務がある」これが民主主義です。

>このときに従わずに絶対正義の教義に従ってレジスタンスでも
>なんでもして闘う。という答えをだすとすれば民主主義よりも
>教義を上位において行動している。つまり宗教が民主主義を
>受け入れないという証明になるわけです。

>ここは慎重に答えてくださいね。
>繰り返しますがあなたは民主的な手続きを経た、つまり民主主義
>の原理にのっとった決定が教義と反した場合
>・民主主義を重視して教義に反する遺憾ながらも決定を受け入れる
>・あくまで闘う
>さあどっちですか?あくまで闘うと答えたらやはり宗教と民主主義
>は相容れないことになりますよ。

私の私見は教義に反した決定を素直に受け入れたらそれはもう既に
宗教とは言えない。民主主義の理念より教義を上位に置くのが宗教。
よって宗教と民主主義は相容れないという結論です。

くれぐれも
・明確で
・具体的で
・論理的な
答えを「論点のすり替えなしで」お願いします。



54 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 17:12
>11
その昔、宗教法人とのからみで、すべての会館の正式名称にに山号をつけて、
寺院施設っぽくしようとしたことが、あったようです。

もっとも山友のプランだったので、あとで立ち消えになったかもしれません

55 :社民党支持者:2000/08/01(火) 17:16
>50
アウフヘーベン(止揚)自体は名詞です。ただ、「止揚する」という使い方をする場合は、
当然、その時点では止揚されていないことになるでしょうね。
また、厳密に言うと、止揚されてしまうと、その対象となったもの(ここでは左翼と右翼)
は無くなってしまい、あるもの(ここでは第三文明)に統一されてしまうことになるのですが、
41さんはそこまでは意図していなかったのではないかと思います。
まあ、単に、「保守でも革新でもないその中間」というぐらいの意味で使用されたのではないでしょうか。

56 :さいはて:2000/08/01(火) 17:36
>1さん
「ご隠居」さんが、ご自分のスレッドで述べておりましたが、
既成勢力に寄らない、オリジナルな「大衆思想団体」を
まったくゼロから、現状まで立ち上げたということでは
ないでしょうか。「中道論」について、
中身の論議は、かなりややこしそうなのですが、
少なくとも、二項対立的な西洋思想・文明に対して、
「是にあらず否にあらず」という東洋思想的な考え方を
この現代社会に、より実践的な形で、持ち込んだのでは
ないでしょうか?


57 :名無しさん@1周年:2000/08/01(火) 17:47
>「本当は全体主義は一番理想の形態だ」 (第61回社長会=
>昭和47年6月15日)

信仰の指導者として中枢に立っている方が率先してこのような
ことを仰っておりますが本当に創価学会の皆様は「民主主義」
という言葉を理解されているのでしょうか?それとも確信犯?



58 :波木井坊竜尊:2000/08/01(火) 22:24
西洋哲学で言う所のアウフヘーベンの語彙の裏側には、相対する概念が対立的に
存在し、両者をどう対立構造から解放するかということです。では統一された両者が”中道”なのか。

仏教でいう”中道”とは、極端の両側からみた真ん中。

このあたり概念の混同があるようだ。

公明党の革新中道路線とは。


自民党=(現:自民党・民主党)自由党(吉田茂)・民主党(鳩山)・協同党(三木武夫)・改進党(中曽根)

社会党(現:民主社会党・民主党)=社会党右派・社会党中間派・社会党左派

民主社会党(現:民主党)=社会党右派

共産党=宮本修正主義(ソ連派・国際派・中国派を除名)<脱レーニン・スターリン主義>)

*社会党右派から民主社会党が分派。(脱マルクス主義・フェビアン主義)

*自民党から新自由クラブの分派。(河野派)のち合同。

(1)社会党右派、民社党、旧協同党・旧改進党は親和性。(脱マルクス・レーニン・スターリン主義)
(2)社会党左派(かなり最近までマルクス・レーニン・スターリン主義を標榜)

右 ーーーー>          <ーーー(保守より)中道ーーー>革新より          左派(マルクス主義)           

自民党(たか派)    自民党(はと派)    民社    社会党右派    社会党中間派  社会党左派   共産党     新左翼系セクト


の公明党はどこの図式に当てはまるのか。

民社、公明、社会党右派、あたりと同等の位置であったと、思う。


59 :波木井坊竜尊:2000/08/01(火) 22:54
各政党支持基盤

自民党(自民・民主党一部)資本家・中間階級・農業・漁業(企業・宗教団体・農協等)

社会党(社民・民主党一部)総評(組合)

民社党(民主党)ゼンセン同盟(組合)

共産党 共産党系組合


日本が高度成長時代を迎えてマルクス主義には、予想されなかったホワイトカラー(中間層・プチブル階級)が出現した。これは戦前
のドイツ、ワイマール時代に初めて出現した。保守層(旧地主・財閥系)に加えてこの中間層の比較的裕福な階級が自民党を支持した。

組合系は三派に大きくわかれた。民社党系ゼンセン同盟は脱マルクス主義化した組合組織であり、資本家と話し合いで共存していく
道を模索した。軍事関係企業や国策関連会社、政府天下り系企業に多い。総評はまだ内部に派閥がわかれるが、大枠でいくと、マルクス
主義を標榜していた。同盟と総評は、ブルーカラーやテクノクラートが圧倒的に支持が多かった。
共産党は独自路線であり、宮本体制になると、レーニン主義も捨てる。組合組織も独自に編成され独自に動いていた。支持基盤は同盟や
総評と同じ。

自民=体制、中間の民社、社会党左派を除いた諸政党は反体制と言ってよいだろう。
公明党の場合、初期の支持基盤は共産党と同じ低所得者層が中心であった。

現在の公明党支持者は中間層が中心になった。ホワイトカラー、プチブル階級である。

裕福になった支持者達は、反自民支持者層から離脱して、イデオロギー的に求心力が最初からなかった、公明党が
保守系側につくのは当然と言える。


60 :波木井坊竜尊:2000/08/02(水) 13:24
さて学会の”功”について続きです。

61 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 13:46
創価学会の諸君へ

黙ってないで何か書いたらどうかね?

池田大作が聞いた事も無い勲章貰った話よりは
だいぶ有意義だと思うぞ。

それとも創価学会には書き込むほどの「功」は
無いのかな?

煽るようで悪いが疑問に思ったのでね。

書く事を考えていたのならごめんよ。



62 :>61:2000/08/02(水) 14:01
学会系出版物でも読んでね!!
一杯ありすぎてわざわざ書くの大変だから

63 :なんかね、:2000/08/02(水) 15:31
仏法なるものを庶民の手に戻した、って感じはしてる。良識派の人からだけどね。
いや、俺はアンチだけどさ。そういう感じの人も居るぢゃない。いぢめないで。

64 :61:2000/08/02(水) 15:39
>学会系出版物でも読んでね!!
>一杯ありすぎてわざわざ書くの大変だから

ほんまにあるんかいな?

65 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 15:58
コミックトムは数少ない”昭和”を感じさせるマンガ雑誌だね。
あんまり売ってる所ないけど(藁

66 :佐田和成@本物:2000/08/02(水) 16:38
そろそろ「あっち」に帰ろう。クズの相手は疲れた(ワラ

67 :おめおめ:2000/08/02(水) 16:45
>62
>学会系出版物でも読んでね!!
>一杯ありすぎてわざわざ書くの大変だから。

全部書くのが大変ならあなたが「これは!」と思うものを
自分の頭で消化してからわかりやすく自分の言葉で説明する
ことが大事だと思いませんか?

「本がこれだけあるから自分で調べろ」というだけじゃだれも
納得しませんよ。反創価派が「反創価本がこれだけあるから
自分で調べろ」といって投げ出したらあなたちゃんと見ますか?

もしかしたら「一冊でも創価の本を売りたい」という狙いが
あるのかな?とか思われますよ。



68 :さいはて:2000/08/02(水) 17:29
「友人葬」について、他のスレッドでは、批判的だったり
学会も緊急避難的に作ったのかもしれないけど、
これが、仏教界全般においては、意外な効果というか、インパクトを
与えたと思います。

それだけ既存の仏教形式の葬儀では、お金もかかっているし、
葬儀社との契約によっては、宗派の異なる僧侶が、お経を上げにくるので
一般の人でも、矛盾を感じているのではないでしょうか。


69 :佐田和成@本物:2000/08/02(水) 17:31
>68
同感(ワラ

70 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 17:37
「友人葬」って、学会オリジナルではありませんよ。
かなり昔からやられています。
学会がその組織の内部で「友人葬」をやったからと言って、
他の仏教団にはそれほどの影響を与えてはいないでしょう。
オウム真理教を持ち上げた島田氏(日本女子大助教授)は、
創価学会の「友人葬」を「偉大な仏教界の革命」と讃えて
いたけど、目新しい事ではないのです。

学会の友人葬でも、創価学会系の葬儀社に頼めば、それなりの
お金がかかります。葬儀自体にかかる費用はあまりかわりませんね。
親戚の学会員家庭で仕方なく学会に仕切ってもらって葬儀を
出しましたが、その後の財務も含めて、400万円ほど
かかったそうです。安くはなっていないでしょうね。

ただ、お寺にべったりだった葬儀社を、純粋にビジネスベースとして
規制を緩和させたのは学会の功績でしょう。

71 :アルフ:2000/08/02(水) 18:09
おっ、思ったより、レスが伸びていますね。

ところで、学会員さん、ここにレスを付けてね。
内部からの目が無いと、わからないですよ。

72 :名無しさん@1周年:2000/08/02(水) 18:31
糖尿病の貴重な症例として医学の発展に貢献―>だいさく
精神分裂・洗脳の貴重な症例として医学の発展に貢献―>葬禍

73 :名無しさん@1周年:2000/08/04(金) 02:18
あげ。

74 :けんちゃん:2000/08/04(金) 04:09
現役の学会員から 発言させて いただくと 「大学進学率」を 上げた。
ことが いえるのではないでしょうか? 池田名誉会長は 高等部への
指導の中で「男子は全員 大学へ行きなさい 女子も高校までは いきなさい」と
指導されています。もちろん 大学へ行けば全て 問題解決とは いきませんが
すくなくとも この「2ちゃんねる」の中で よくいわれる「ドキュン」を
少なくした(学会の中で)のは 事実だと 思います。


75 :アルフ:2000/08/04(金) 04:52
現役の学会員からも、レスがつかないとわかりませんよ。
>けんちゃんさん

世間の人々のほとんどは、学会から恩恵を受ける立場には
ありませんから。

「大学進学率」の向上はしばしば言われますね。
それは素晴らしいことだと思いますよ。
もちろん、大学行ったヤツがえらいわけではありませんけど。

池田氏のその方針を裏付けるようなお話はありませんか?
つまり、組織としていろいろとパックアップしたとか、
学会として奨学金制度を設けたとか。
そういう具体的な例を紹介していただくと、功績が
明らかになります。

上記の池田氏の指導は、かなり古い時代のものだと思いますが、
ここ10年前後ではどうでしょうか?進学に関する指導は
ありますか?今はほとんどが高校へ進学し、大学、短大、
専門学校などへの進学率も著しく伸びました。
このような時代に、創価学会はどのように
対応しているのでしょうか?何かあれば、紹介して下さい。

76 :名無しさん@1周年:2000/08/04(金) 05:16
受験期間中に呼び出されて、一日2時間程度の唱題を強要された。
志望校は全て落ちて、創価大だけに受かった。
創価大に受かったのは「毎日の題目のおかげ」と周りから言われた。

経済的に浪人する余裕が無かったので、気が進まなかったが
創価大へ進んだ。でも、創価大へ進んだからこそ脱会に踏み切れた
と思う。もし、他の大学だったら池田を直接そばで見る機会も
無かったと思う。見ていなければ、今でも、池田を尊敬して
いたのかも。

創価大学で、教授も学生も「こいつらおかしいぞ」と感じたのが
脱会を考え始めたきっかけ。
寮に入らず、馬場谷戸の八王子ドゥームで生活したのが
良かったかな。まだ、コンビニがそばになくてね。
稲荷坂下まで買いに行ったよ。FAMも今じゃ無いらしいね。
協和埼玉銀行の通帳を親の仕送りを忘れないためにとっといて
あるけど、今じゃ、あさひ銀行だもんな。
ずいぶん経つよ。懐かしい。

77 :名無しさん@1周年:2000/08/05(土) 00:10
>70
風習や参加人数によっての違うのかもしれませんが
かなり高く付いてる感じがします。>友人葬

78 :>76:2000/08/05(土) 00:25
>創価大学で、教授も学生も「こいつらおかしいぞ」と感じたのが
>脱会を考え始めたきっかけ。
どう、おかしいのか教えてよ〜。できれば、今度別に板でも立てて。
必要なら、私が立てても可。

79 :78>76:2000/08/05(土) 00:26
違うわ、「スレ」だね立てるのは・・・

80 :けんちゃん:2000/08/05(土) 01:03
>75 この「男子は全員大学へ 行きなさい」との指導を 私の
 本棚の指導集から 探したのですが 見つかりません。
 しかし この指導は かなり古い時期の指導にも かかわらず
 現在でも「高等部」の会合では 何回となく 言われているようです
 この為 学会では 男子部 学生部 では「高等部担当」の
 部員が 高校生の受験啓蒙を 訴えるのです。また学生部の先輩は
 体験談を話し 「強い祈りと 真剣な勉学で 勝利しよう!」と
 激励に 回ります。また受験シーズンには 日程の確認
 すべり止めの アドバイス 資金がないメンバーには
 奨学金をもらえるところを 探すなど 本当に その熱意には
 頭が 下がる思いです。(私も この体制の おかげで 大学進学を
 決意したんですから、、、)
 ちなみに 「牧口奨学資金」は 学会が創設したのですが
 対象は 会員でなくても 進学の意思が ある人なら
 だれでも 審査にパスすれば 受けられるそうです。

81 :名無しさん@1周年:2000/08/05(土) 15:55
創価に効は一切無い。功罪の罪が多すぎて効を論ずる資格無し。


82 :つばさ:2000/08/05(土) 16:00
>81
いや、良いところは正当な評価をした方がいいと思う。
やはり、どんな組織でも良い所悪い所があるもんだ。


83 :飲尿会長:2000/08/05(土) 16:29
新たに功を探すのはなかなかむつしいなあ。
自画自賛我田引水のあらしだからな葬家って。

84 :名無しさん@1周年:2000/08/05(土) 16:36
>83
誤字・脱字は無いですか?

85 :つばさ:2000/08/05(土) 16:38
でも、あれだけの人達を引っ張っている
のはやはりすごいと思う。

86 :名無しさん@1周年:2000/08/05(土) 16:38
片山あげ

87 :名無しさん@1周年:2000/08/05(土) 16:40
でも、アレだけの人達を引っ張っている
僕もすごい性欲だと思う



88 :池田大作は脱字ちゃん:2000/08/05(土) 16:40
ついさっき、創価の荒らしくんから、
こんな素敵なHNをつけてもらいました。

名付けたのは創価の人ですから。
いや、なかなかいいHNかも(笑

89 :名無しさん@1周年:2000/08/05(土) 17:23
一概に功ばかりとはいえないかもしれないが、高度成長にともなう大都
市への労働人口の移動により、地縁・血縁を基礎とした農村共同体から
切り離された者の不安感・孤独感といったものを、宗教的共同体に取り
込むことで癒したという面はあるだろう。だから、地縁・血縁がものを
いう田舎では、創価学会は浸透できず、公明党は勢力を伸ばせない。

もちろん、それが創価学会でなくてはならないという必然性はないのだ
が、現実にあるニーズを汲み取り、取り込むことに成功したのは否定し
ようのない事実。
創価学会員にとっての創価学会は契約によって結びついているものでは
なく、精神的な結び付きであるからこそ、池田批判や創価学会批判に対
して、感情的な反応が返ってきがちなのではないだろうか。
やくざな親と思ってはいても(思っていなければ尚更)、面と向かって
親の悪口を言われれば、腹の立たない子供はいないだろう。
創価学会員との建設的対話を求めるには、この辺りに留意して、いきな
り直裁的な池田批判等をするのは避けるべきではないかと思う。

マジレスでした〜

90 :名無しさん@1周年:2000/08/05(土) 17:45
>82
オウムの功罪の功は何?




91 :名無しさん@1周年:2000/08/05(土) 18:34
>89
>が、現実にあるニーズを汲み取り、取り込むことに成功したのは否定し
>ようのない事実。

どのようなニーズが有ったのですか?
可能な限り具体的に教えて欲しい


92 :89:2000/08/05(土) 18:56
>91
田舎から出てきて、親しい人間もおらず、心細い思いをしていた人間の
ココロの隙間を埋めたという意味です。
可能な限り具体的と言われても、私は当時生きていたわけではありませんので、
実例を挙げることはできないですが、これは創価学会を研究した書物等ではよく触れられています。

93 :89追記:2000/08/05(土) 19:03
>91
「否定しようのない事実」にひっかかったのでしょうか。
なるほど。では、「巷間指摘されていること」と訂正します。

94 :ししろう:2000/08/06(日) 00:19
つばささん、よく創価の人は沢山広まったことを正当な理由にしますが。
世間では本物より偽物の方が流行るのですよ。
あなたのバッグをよく見て。ヴィトンに良くにてるでしょう。
あなたの宗教も。

95 :名無しさん@1周年:2000/08/09(水) 00:11
 から揚げ

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)